青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「その~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

そして~ そち~ そちら~ ~そっくり そっくり~ そっち~ ~そっと そっと~ ~そつ そつ~
その~
そのうえ~ そのうち~ ~そのまま そのまま~ そのもの~ その他~ ~その後 その後~ その間~ ~そば

「その~」 583499, 5604ppm, 9位

▼ その~ (13661, 2.3%)

239 はもう 200 のこと 181 の私 172 になっ 76 に私, の事 72 である 67 はまだ 62 にはもう 61 の彼 58 であった 57 始めて 53 です 52 その時 49 でした, の自分 45 はその 444342 の話 38 にお 37 だった, になる, は私 3632 は何 31 の印象 30 に彼 29 の様子 28 の気持 27 には私, の僕 25 から私, はまた 23 にこの, のお 22 どうした, にその 21 の光景, の記憶, も私 20 から彼, は既に 19 の, の心持, はちょうど, はどう 17 はお 16 に限っ, の歌, はそれ 15 に当っ, の彼女 14 が来た, になつ, にはその, に初めて, の事情, の母, は全く, は別に 13 には, にはまた, には彼, の心, の有様, の顔, はただ, は僕

12 [12件] になつて, になれ, にふと, に自分, の先生, の御, の樣子, の気分, の言葉, はすでに, は自分, まで私

11 すぐに, に僕, のぼく, のよう, のわたし, の作, の感じ, の用意, ふいに

10 [11件] その人, だつた, であつ, にまた, の二人, の君, の女, の嬉し, はこの, は誰, も彼

9 [15件] お民, からもう, から僕, が初めて, が始め, こそ私, にはこの, にはまだ, には何, に成っ, の状態, はもはや, は彼, 思った, 或る

8 [18件] お雪, からのこと, から今日, さう, その場, と同じ, にあの, に勝平, に妾, に彼女, に諸君, のさま, はいつ, はお前, はそう, はそんな, は必ず, ふと彼

7 [26件] が來, が来, が来たら, ちらと, でありました, にはお, にはじめて, には自分, に何, のその, の姿, の情景, の感情, の模様, の眼, の調子, の都合, はさすが, はすぐ, はどうしても, は丁度, まで彼, まで黙っ, もお, 少しも, 生れて

6 [40件] お種, かの女, からし, が来る, すでに私, だしぬけに, にお松, には既に, にもう, に先生, に又, に始め, に正木博士, に米友, に見た, のまま, の余, の場合, の恰好, の私達, の苦し, の議論, の驚き, はあの, はおれ, はじめて彼, は今, は俺, は又, は己, ふいと, ふと私, までまだ, もこの, もまた, もやはり, も僕, も自分, を待っ, 突然に

5 [55件] から, からこの, からであった, から少し, が初め, が最初, その貴い, でございました, でございます, にあなた, にこんな, にちょうど, になったら, にもし, にやっと, にわたくし, に今, に兵馬, に受けた, に於, に父, のあなた, の句, の問答, の夫人, の彼等, の心もち, の恐ろし, の態度, の条件, の気持ち, の父, の経験, の通り, はかなり, はきっと, はちょっと, はひどく, はわたし, は何ん, は君, は夢中, は母, は無論, は父, は頭, ふとお, もその, もまだ, よりも今, ハッと, 出て, 広巳, 思いました, 持って

4 [106件] あの人, おげん, お勢, お島, お葉, からお, からです, から今, から彼女, から既に, こそ, こそわたし, その場所, その婦人, その男, そんなこと, だその, であ, と今, と場所, どんな話, にある, にお前, にし, にどこ, にはこれ, にはそれ, にはどんな, にはわたくし, には次郎, には決して, には眼, に一人, に不, に人, に副, に君, に女, に彼等, に思った, に感じた, に扉, に既に, に日本, に死ん, に母, に竜, に至っ, に若林博士, に限らず, のあり, のうれし, のお母様, のこの, のわたくし, のリヽー, の凄まじ, の大, の寂し, の心持ち, の悲しみ, の感想, の感激, の旅行, の日記, の氣持, の火焔, の苦しみ, の表情, はこんな, はさ, はじめてその, はじめて気がついた, はすっかり, はそのまま, はどんな, はなん, はまるで, はよく, はよろしく, は二人, は何だか, は何とも, は例, は冬, は妙, は実に, は少し, は手前, は最早, は気, は知らなかった, は貴方, ほど岸本, まざまざと, まで, までこの, も, もわたし, も今, を待つ, 云った, 初めて彼, 御米, 第一, 言った

3 [217件] あの女, あの時, お信さん, お粂, からそれ, からである, からまた, から前, から思っ, から急, がちょうど, がはじめて, が初対面, こそ君, こそ自分, このお, この人, この男, さ, しみじみと, そう思った, その場合, その蕭索, そんな風, たれか, だけのこと, だつて, だと, であります, である私, ですよ, ですら, でどうにか, とは違っ, どんな顔, なん, にあたり, にあと, にしよう, にする, にちょっと, にできた, にどう, にどんな, にはあの, にはさすが, にはただ, にはちょうど, にはほか, にはほとんど, にはやはり, にはよく, には子供, には将軍家, には彼女, には必ず, には日, には私たち, には第, にもそれ, にもそんな, にもやはり, にも私, にチョット, に一つ, に一寸, に三人, に二階, に例, に兄, に出, に向う, に大, に家, に少し, に廊下, に従い, に思わず, に書いた, に来, に正木先生, に無茶先生, に玄関, に突然, に背後, に誰, に誰か, のあの, のお話, のようす, の主, の人, の人々, の兄, の吾輩, の問題, の夢, の妾, の娘, の実感, の客, の容子, の己, の弟, の心理, の恐怖, の悲し, の津田, の涙, の温度, の狂言, の用心, の相場, の眼つき, の空, の絵, の船, の苦痛, の葉子, の記念, の話題, の費用, の面白, の風, はあなた, はあまり, はあんまり, はいかにも, はいつも, はいや, はこう, はこういう, はじめてこの, はじめて氣, はじめて自分, はっきりと, はつい, はどうか, はどうぞ, はどんなに, はほとんど, はまったく, はみんな, はもうこ, はもうすっかり, はわし, は先, は別段, は前, は唯, は夏, は夜, は大, は大した, は大して, は大変, は女, は実際, は小, は幸い, は彼女, は彼等, は思った, は急い, は早, は昏, は此方, は真赤, は眼, は腰, は親, は遅かっ, は随分, は非常, ばかりは少し, ひよい, ふと, ふとこの, ふと思い出した, ふと気, ふと見る, ふと頭, またし, までお, まではまだ, まで少し, もう一人, もし, もし私, もそれ, もそんな, もやっぱり, も庸三, も思った, を得た, ガラッ八, チラリと, 初めて気, 初めて気づいた, 初めて自分, 向うから, 向ふ, 吹いて, 少しばかり, 思いがけなくも, 思ったの, 急いで, 早くも, 気がついて, 着て, 突如と, 突然, 突然彼, 聞いた話, 聞えた, 若し私, 遅くかの

2 [716件 抜粋] あのお方, あの下流, いきなりドア, いろいろの, おもて, お妙, お店, お持, お新, お秀, お銀, お雪伯母, お鶴, からこつち, からすでに, からずっと, からどうしても, から二人, から六年, から始まった, から新しく, から朱, から結合, から苦し, から見る, から貴方, かれは, がまいった, が今, が来れ, が武蔵, が私, きこえて, こう思った, こそきっと, こそは, こそは彼, こそ何時, こそ俺, こそ新しい, こそ美, こそ逃し, こつこつと, この店, この批評家, こんなこと, した, じく, すぐそば, すぐ前, すでに彼, すでに窓, すらも我, そうは, そう思いました, その中, その人影, その喉, その女, その家, その永遠, その瞬間, その花壇, その車, たまたま記憶, だけだ, だけで, だけの話, だけは妙, だったか, だったと, だ今, ちらりと見た, つかつかと, つくづく思った, で, であろう, でさ, で全く, とその, と場合, どういふ, どうする, どかどかと, どやどやと, なぜか, なんという, にいわゆる, にお母様, にくらべる, にこちら, にさき, にそれ, にだ, にならなけれ, にならね, にはいっしょ, にはきっと, にはすっかり, にはそこ, にはそんな, にはほんとう, にはもういつのまにか, にはわたし, には丁度, には九十郎, には今, には僕, には先生, には別に, には労賃, には又, には吾, には最早, には母, には浪人者, には相手, には自, には赤坂, には随分, にふさわしい, にも, にもまた, にも僧, にも香, にやあ, にわたし, にルル, に一番, に丁度, に不幸, に依, に信一郎, に備える, に全く, に出来た, に南条, に呉青秀, に壇上, に妻, に始まっ, に存分, に室, に師匠, に幕府, に弁信, に引き出された, に後ろ, に後悔, に御, に思いがけなく, に思いました, に急, に成る, に手, に斯, に新聞, に月, に校長先生, に汽車, に涙, に瑠璃子夫人, に白雲, に目, に確定, に私たち, に私達, に科学, に第六感, に美しい, に翁, に芥川, に蛙, に誤っ, に蹲, に連れ, に銀行, に鏡, に限る, に際し石井鶴三氏, に露西亜, に青年, に風, に駒井, に駒井甚三郎, のあれ, のおん, のお客, のくる, のせわ, のなんとも, のもの, のやう, のセエラ, のベルナアルさん, の一体, の不思議, の不愉快, の今, の仕方, の会, の住持, の何, の俺, の偶然, の写真, の凄まじい, の出たとこ勝負, の別当定暁僧都さま, の半蔵, の古賀, の名, の周囲, の喜び, の喧嘩, の噂, の土工, の大水, の夫, の妻, の姿勢, の子供, の小, の平岡, の弟子, の形相, の心情, の思い, の思い出, の恩, の愉快, の感銘, の手紙, の政府, の敬意, の新聞, の方, の旦那様, の有, の服装, の柳, の校長, の構図, の構圖, の母親, の気分次第, の気組, の水, の淋しい, の漱石氏, の火事, の煙草, の状況, の甘い, の男, の異常, の症状, の相手, の看護婦, の祖母, の福沢先生, の竜, の答え, の結婚登録, の給料, の綿々, の老母, の胸, の興味, の興奮, の若い, の苦しかっ, の血相, の行い, の見, の親父, の言い草, の記念写真, の記録, の説明, の謙信, の講師, の趙, の返事, の過ぎる, の都合次第, の長者, の雄吉, の雨, の騒動, はああ, はいくら, はいったい, はお前たち, はお客, はお母さん, はきつ, はこれ, はじめて口, はじめて気, はずいぶん, はそういう, はそうそう, はたしかに, はちゃんと, はっきり意識, はなかなか, はなんだか, はなんと, はなんにも, ははっきり, はほか, はほんの, はまず, はもう既に, はもちろん, はやはり, はわからなかった, はわたくし, は一, は一人, は一所, は一緒, は三等, は世間, は二階, は他人, は以前, は何気なく, は余り, は先生, は六月, は内儀さん, は別, は勿論, は周囲, は土地, は大きな, は大人, は大笑い, は妻子, は妾, は年齢なみ, は幸, は御, は御新造, は心, は思いました, は思つたの, は恰も, は我, は提灯, は日本, は未だ, は村中, は格別気, は気の毒, は水, は海岸, は涙, は町内, は病気, は白粧, は直ぐ, は看守, は私たち, は種々, は紺, は総身, は肩, は花見船, は身, は金, は阿, は雛, は雪, は食事, は黙っ, ばかりは, ばかりは天気運, ばかりは私, ひっそりした, ひらりと, ぴたりと, ふと僕, ふと思いつい, ふと氣, ふと父, ふと緑, ふと考えた, ふと自分, ほど心, ほど私, また一人, また彼, まだ十二, まだ彼, まだ生き, までが二十年, まですっかり, までぢ, までともする, までの過程, まではまあ, までぼんやり, までも私, まで一緒, まで何, まで僕, まで全然, まで待つ, まで気がつかなかった, まで知らなかった, まで知らなかつた, まで自然淘汰, まで若旦那, もあの, もうお, もう一つ, もう六十歳, もう彼, もさうだつ, もしわ, もその後, もただ, もふところ, もべそ, もぼく, も例, も前, も大川, も女, も実際, も将軍家, も彼等, も急, も成るべく, も手紙, も洛陽, も終始, やっと, よりし, よりまた, よりももっと, わっし, をお前, を同じ, を待て, を得なかつた, を楽しみ, を終わり, を見越し, を計っ, パッと, ピッタリと, 丁度天, 乗れないまでも, 住んで, 入って, 出来たの, 初めて知った, 初めて言葉, 呼んだの, 始めてこの, 実にあわただしい, 小さい靴, 少し離れた, 御世話, 御胸, 或人, 掛け香, 描いて, 既に死, 既に私, 来れば, 歩きながら, 泣いて, 漸く下, 猛きヘクト, 生きて, 知った, 突然お, 突然この, 突然右手, 突然奥, 突然若い, 突然闇, 第三, 考えたの, 考えて, 若い, 見た, 見て, 見ると, 計らずも, 話して, 護り刀, 遅く彼, 隣りの, 黒い人影

1 [7108件 抜粋] あ, あつしは, あの変事, あの空家, ありて, ある音楽会, いかなる必要, いささか得意げ, いつた, いらい彼, おうへ, おそらく将軍家, お三輪, お医者さま, お女郎ぐもの, お揃いで御, お珊, お袖, かうし, かねて校庭, からお腹, からつるつる, からの友人, からわし, から一層, から九カ月, から何故か, から十何年一足飛び, から夜鷹商売, から子供たち, から思つて, から最, から津村, から生活, から自分, から長い, があるだろう, がそう, が与えられた, が参る, が来ました, きっとこの, くぐりが, ぐるりと, こそかえって, こそはこの, こそは問題, こそは用捨, こそ二人, こそ呉, こそ得意さうに羽, こそ本当, こそ調所殿, この一切経, この女, この村方, この町, この長蔵さん, こんもりと, さっとカーテン, したよう, じつにふしぎ, すぐ行け, すっかり話す, すでに他, すでに日本政府, すらもおお, そう云う, そのまままた, その光景, その室, その時望月, その熊, その組織, その身体, そわそわし, たしかに紅, ただ私, たのんで, だけな, だけはみじん, だけは帰る, だけは神棚, だけ消した, だってお前, ちかり, ちょうど奈良, ちょうど石原, ちらりと紋吉, つとめて平気, であった中庭, である彼, でご, でしたね, です用意, では, でも凡そ, で代る代る, というもの, とつぜん潜水兜, と剃らず, どういうふう, どうして予知, どたりと床, どんなに驚愕, なぜだ, なら口, にあたって足利将軍家, にいつもそう, にお前さん, にこういう, にしましょう, にたとえば, にどん, にはありがたく, にはかご, にはずつと音, にはちょっとした, にははつ, にはもっと, にはキリシタンたち, にはペン, には世, には仲間, には僧, には助かろう, には右大将家, には土塀, には太郎, には安い, には巨大, には思わず, には携, には昼, には柵, には水, には父, には異様, には私ども, には肉, には葉, には誰, には金輪際, には雪, にほうぼう, にもう充分, にもまだよく, にも安死術, にも話し声, にやはり依然として, にわかに隣り, にケンリユウ小筆, にタッタ今, にハラム, にボートルレ, に一団, に三好, に主人, に井戸端, に会し, に作れる, に傍, に六十二歳, に別に, に卒業生, に右大将, に和武, に壁一重向う, に天川呉羽嬢, に始まる, に安治川, に小麦, に帰る, に当る, に微風, に意味, に手術, に政府, に新た, に書きませう, に松倉, に検視, に此方, に江戸, に海水, に灯, に王, に甲板, に発止, に看破, に石鹸, に稲葉美濃守, に紅軍, に聞く, に船首, に藤村, に西洋旅案内, に語らぬ, に貴方, に逃げ去れ, に銀, に隣, に頭山先生, に高い, のおかず, のかおつき, のそういう, のはずみ, のアナウンス, のゼミナール, のプラット, の一円五十銭, の不, の乳母, の亭主, の伯父, の信念, の先達, の内面, の判断, の北沢さん, の反響, の同勢, の嘉七, の執, の大矢警部補, の女王, の嬉しゅう, の宿屋, の岩城, の幸福, の当主松平石見守乗穏, の心得, の怖, の悌, の愉快さ, の憂鬱, の手術室, の採集品説明書, の断りかた, の景状, の有力, の柳村氏, の標語, の歴史, の気任せ, の法師丸, の溜息, の煙客翁, の猿沢, の申, の目, の睾丸, の祭, の笑い顔, の経験以外, の翁, の自白, の若衆, の蘭学者全体, の袴広太郎, の言い分, の諸戸, の起算点, の迫り, の道中師, の金無垢, の院主僧都円長, の面影, の顔つき目つき, の騒ぎ, の黒吉, はいかなる, はうれしかるべし, はお前さん, はからず母, はさして, はじめて, はじめてわれわれ, はじめて媚, はじめて牧野さん, はじめて腰, はすっ, はそれなり, はちがっ, はついに, はどつち, ははや, はまさか, はもうふらふら, はよくよく, はアベコベ, はタンゴバンド, はブルンヒルト, はロック, は一聴講生, は三時, は中津滞留, は二杯, は人間らしく, は何とか, は側, は公, は分らなく, は別離, は十一日, は厭, は同じ, は啓之助, は園子, は夕暮れ近く, は天地革命, は婦人, は室町時代, は将軍訪問, は山川正太郎, は平常通り, は径十センチ以上, は思ひつかれた, は愚僧, は折々, は明治二十一年, は最う, は末座, は栄輔君, は機械, は死人, は水戸, は浄善さん, は湯気, は無事, は牧野さん, は生命, は疑った, は矢張り, は祝, は窕子, は精神, は緋, は腹の中, は葉子, は見, は論じた, は轢死, は那美さん, は間に合いません, は電話, は風, は魂, は龍, ばかりは何とも, ばかりは流石, ばっかりはえらい, ひょいと全然何, ふたたびこの, ふとある, ふともう久しく, ふと卓上, ふと思ひついた, ふと注意, ふと胸, ふと駿介, ほどに運命, ほど民藝, ほんのわ, まあどんなに一摘み, またいじくっ, またもや一個, またわ, また同じ, また烈しい, まだやっと満, まだ庭, までお母さん, までちやん, までになしとげた, までに西田先生, まではそう, までは前, までは死ぬ, までまったく, までスッカリ, まで今, まで半ば, まで太田, まで延ばせ, まで時計屋, まで気がつかず, まで発音, まで虫, まで電燈, まるで夢中, むこう側, もうおちこ, もう一度葉叢, もう半ば意識, もう框, もう頭, もし全身, もたのむ, もはやあの, もやがて, も三造, も俺, も十日, も多少, も小川先生, も心, も暫く, も次郎, も白い, も笑い騒い, も行列, も鉄砲玉, やっと口, やんを, よく分らなかつた, よりその, より八年, わからなかったが, をうまく, を何, を待った, を狙っ, コツコツ扉, ポツンと, 一方吉原, 丁度平次, 丁度義雄, 之は思想, 何たる不思議, 何と清吉, 余りひどい, 全く生き, 出来たアルミ, 初めてそして, 初めて口, 初めて敬助, 初めて聞いた, 別れたなり, 又あの, 受けた印象, 同じく招待, 吹き立てる喇叭, 喚ばれたルッドイッヒ・ロンネ, 多分キッティ, 大きな鼻, 如何にも神妙, 実に恐ろしい, 小宰相殿, 居合せた人達, 強い叫び声, 得た私, 御跡改め, 忽然とし, 思いつめて, 思ったもの, 思わず竜, 悠然と彼, 憤りは, 打ち合せを, 持った, 摂, 既にこの, 既に我々, 旧宿役人仲間, 時には, 書かれたの, 極く, 残された若干, 泣いたよう, 湧いて, 激しい苦痛, 甘い露, 痛いです, 直ちに大, 示したの, 突然さつき, 突然全く思い, 突然岡, 突然次, 突然自分, 突然驚かされた, 答えなかった, 老いし王, 聞かされたはず, 若い警官, 蒼くなり, 見に, 言いました, 話し合った鎌倉, 買って, 身じろぎを, 近寄って, 進んで, 遥か彼方, 長き大息, 険しく僕, 頼まれたの, 高き音聲

▼ その~ (10875, 1.9%)

237 の一人 12396 の一つ 95 にある 43 に私 39 にあっ 37 で最も 34 にはいっ 33 に一人 32 には 31 のある 29 に自分 26 で彼, にいる 25 で一番, にいた, に入れ 24 で, でも特に, に交っ, に入っ, に彼, へ入っ 22 でも最も, で私, に何 2120 にお, のひとり 19 でも, でも一番 18 で特に, のどれ 17 から出, で自分, にあった, にこの, の二人 16 に含まれ, へはいっ 15 にたった, に生き, の一枚 14 にその, にただ, には私, に一つ 13 から一つ, にまじっ, にまた, に立っ, の或 12 でお, でこの, に住ん, に入, のもの, へ入れ 11 にはこの, にはまた, にふと, に書い, の最も 10 から, でたった, で一人, にだんだん, に交じっ, に住む, に又, に手, に特に, に身

9 [14件] でもことに, にいろいろ, にはいった, にはたくさん, にはまだ, にひとり, に大きな, に彼女, に次, に混, の一本, の二, の誰, へ今

8 [15件] からまた, でいちばん, でもこの, でも殊に, にこんな, にはひつ, には何, に人間, に入る, に出, に加わっ, に唯一人, に女, に立つ, の一番

7 [15件] から一人, にあ, にどんな, には彼, に二つ, に人, に小さな, に少し, に御, に於, に美しい, に落ち, の人物, へはいる, をどこ

6 [37件] からこの, から私, でたつた, で僕, で有名, で誰, にい, にかくれ, にこもっ, にはお, には自分, に例, に加わりたる, に含まれた, に坐っ, に姿, に日, に火, に白い, に白く, に籠め, に誰, に隠れ, に黒い, のいちばん, のどの, の一冊, の一匹, の一羽, の三人, の主, の二つ, の大きな, へお, へ入, へ這入っ, を

5 [53件] からひとり, から一本, から何, から現れた, から自分, でただ, でも私, で一つ, で人, にあなた, にただ一人, にたつた, にて最も, にはいる, にはいろいろ, にはその, には今, にまだ, にゐ, に二人, に交, に住み, に先生, に入り, に入れる, に加え, に君, に唯, に在る, に多少, に夜, に小, に居た, に居る, に或, に新しい, に最も, に水, に自然, に赤い, に金, のたった, のほんの, の一節, の一軒, の一通, の二三, の幾人, の誰か, へ入る, へ入れた, へ吸, をのぞい

4 [82件] からいい, からお, からちらちら, からどんな, から人, から大きな, から美しい, であの, でその, でまた, でもっとも, でもとりわけ, でも亦, でも彼, でも特別, で何, で比較的, にあの, にいつ, にいました, にし, にそれ, にはきっと, には人, には多分, には女, には小さな, には日本, には次, には若い, には誰, にもこの, に一, に一ぴき, に三人, に交つて, に俺, に動い, に包含, に含め, に在り, に坐り, に多く, に寝, に急, に棲ん, に段々, に毒, に浮い, に現われ, に皆, に船, に見る, に這入っ, に這入つ, に隠し, のさまざま, の一名, の一室, の一篇, の一部分, の一頭, の二三人, の多く, の幾つ, の文句, の物, の特に, の白い, は, へこの, へはいった, へもぐりこん, へ入れる, へ手, へ火, へ私, へ突入, へ米, へ自分, をお, を覗い

3 [176件] からいろんな, からたった, からどれ, からひときわ, から一枚, から出し, から姿, から小, から彼, から或, から最も, から発見, から聞え, から若い, から若干, でどう, でどれ, では, でもさっき, でも一番不思議, でも今, でも又, でも大, でも女, でも実に, でも自分, でも面白い, で二人, で今日, で君, で呼吸, で大, で小僧, で彼女, で母, で生き, で身, にあり, にいない, におさめ, にかくし, にかなり, にこもってる, にしかし, にすべて, につけ, につつまれ, にところどころ, にどこ, にはあの, にはかなり, にはこんな, にはもう, には一つ, には全, には前, には女の子, には子供, には日本一, には早く, には老人, には諸, には非常, には黒い, にまじる, にもう, にもぐりこん, にもぐり込ん, にも最も, にやはり, によく, にわたし, にタッタ一人, にヒョイ, に一寸, に一点, に一緒, に上衣, に下手人, に不, に主人, に二, に今, に伍, に何やら, に倒れ, に僕, に兄, に入った, に再び, に包まれ, に包まれた, に半蔵, に名, に吾, に四つ, に四人, に報じ, に太陽, に姉, に家, に小さい, に左, に引用, に心, に思ひ, に日本, に映っ, に書かれ, に書かれた, に有名, に本, に机, に横, に歌, に此, に武蔵, に氷, に沈ん, に没し, に潜む, に潜り込んだ, に潜ん, に父, に発見, に盛られ, に盛られた, に目, に眠っ, に眼, に種々, に突, に突然, に第, に納めた, に綿, に置く, に老, に若い, に課長, に諸, に鉄, に雑, に雨, に雪, に顔, に風, に首, のいくつ, のお, のどこ, の一, の一二, の一個, の人, の人々, の出来事, の最大, の黒い, へとびこん, へはいりました, へ二人, へ水, へ湯, へ身, へ這入る, へ飛びこむ, へ飛び込ん, をしらべ, をのぞく, を分け, を抜け, を歩い, を私, を行く, を覗き

2 [659件 抜粋] からあらわれた, からいくら, からこれ, からころころ, からごく, からなにか, からなるべく, からのぞい, から一匹, から一挺, から何やら, から全く, から四, から四人, から声, から女, から子供, から小さい, から小判, から小銭, から少し, から年, から恐ろしい, から手, から次, から水, から灯, から異様, から白い, から種々, から紙片, から絶え間, から舌, から覗い, から黄色い, が勉強部屋, が娘, であなた, でいつも, でおれ, でこちら, でこっそり, でしだいに, でどこ, でどんな, でなに, での傑作, での女, での日本, ではっと, では二番目娘, では人間, でぼんやり, でもあの, でもお母様, でもこういう, でももっとも, でもやや, でもレンズ, でも一番厄介, でも一番猛烈, でも一番立派, でも入, でも前, でも割合, でも平次, でも忘れられない, でも或, でも有名, でも梅津朔造氏, でも殊, でも第, でも純, でも芸術的価値, でも面白かっ, でも顔, でも黒, でよく, でわたくし, でわれわれ, でマッチ, で一ばん, で一句, で一番厭, で一番有名, で一番筋, で三人, で五人, で五年前, で人間, で仕事, で何彼と, で作者, で俄, で信一郎, で先生, で割合, で取り敢えず, で唯, で夏向き, で女, で子供, で実験, で尤も, で己, で年, で成長, で時々, で最初, で永遠, で波, で生活, で皆さん, で神棚, で秋草, で聞える, で苛立, で茂太郎, で衒学的, で衣服, で見, で見た, で言, で足, で鉱滓, で頻りに, で馬鹿囃子, で魚, にありき, にあるべし, にいっぱい, にいれ, にうずくまり, にうんと, におる, におれ, にお宮, にきわめて, にこ, にこういう, にこれ, にごく, にさ, にしゃがん, にす, にすっぽり, にそれ以前, にちょいちょい, にちょっと, にちらりと, にとうとう, にとじこめ, にとじこめられ, にどう, にどういう, にどうやら, にね丁度, にはあでやか, にはいったい, にはいり, にはいりました, にはきれい, にはずいぶん, にはつまらない, にはどうか, にはどこ, にはなにか, にはね, にはほんとう, にはもちろん, にはわけ, にはアメリカ, には一人, には一言, には主人, には今日, には偉大, には僕, には制服, には又, には同窓, には多少, には多数, には大, には岸本, には幾つ, には彼女, には応援弁士, には悪い, には悲しみ, には既に, には東京, には東海道, には様々, には母, には江戸中, には清子, には生命, には田舎娘, には相国寺, には神, には細かい, には美しい, には船, には薄く, には誘拐, には近江屋, には金音, には閣下, には随分, には鼠, にひそん, にひときわ, にまじ, にも, にもいちばん, にもぐりこみました, にもぐり込んだ, にもたった, にもまた, にも特に, にも皮革業, にやっと, にゆらめく, にわが, にゐた, にゐる, にバタ, に一パイ, に一人二人, に一個, に一匹, に一度, に一本, に一知, に中学, に乗っ, に五, に五十歳, に交った, に今日, に何とか, に何人, に何時, に作者, に俯伏せ, に働い, に光っ, に入り込んだ, に入るべき, に入れられ, に内儀, に凡て, に出る, に加わった, に包んだ, に区別, に却, に原因, に只, に唐, に問題, に囲まれ, に在っ, に在った, に多分, に大, に大勢, に奥様, に娘, に存, に定家卿, に実は, に寄付金, に封じ, に小さく, に少年期, に山, に巨大, に幕, に干渉, に幾分, に庭木, に強い, に彼ら, に忠, に思い, に恐ろしい, に感じた, に我, に我々, に手紙, に投じ, に投入, に指, に掌, に揉まれ, に描いた, に敵, に新, に日の丸, に時間, に晒木綿, に曰く, に最近, に月, に東京, に柳, に棲息, に横たえ, に正しく, に歩い, に死, に死体, に沈められ, に没する, に没入, に注ぎこむ, に活動, に流る, に混入, に湯, に溺れ, に漂う, に漠然たる, に潜める, に火種, に火車落, に無数, に犯人, に猪, に猿, に瑠璃子夫人, に生きた, に生きる, に用いられ, に画, に白娘子, に百本, に盲人, に真白, に眠ってる, に石油, に秋, に穂吉, に立, に立ち, に立った, に籠っ, に紀州, に純真, に細君, に絵, に置い, に美, に群集, に老人, に船頭風, に若干, に苦しむ, に草, に薄, に虔十, に行っ, に見, に見えた, に見えません, に見覚え, に象, に軽い, に辻斬, に近づい, に近所, に進ん, に道祖神, に遠く, に鉛, に鉛筆, に鏤められた, に閉じ込められた, に限り, に陣, に陷, に隠され, に隠された, に隠れた, に集まっ, に集積, に雑つて, に青年, に面, に飛び込み, に飛び込んだ, に飽く, に馬, に鳥, のあき, のいろいろ, のただ, のだれ, のどちら, の一ツ, の一割, の一句, の一員, の一棟, の一片, の一竿, の一首, の万年筆, の万物, の主人公, の主要, の二枚, の個々, の六人, の十三頭, の同じ, の四人, の大, の家, の小, の小さい, の数人, の最, の最後, の棚, の極めて, の死体, の毒死, の真, の短い, の種子, の第, の美しい, の若干, の親分, の重要, はまっ, へおと, へしのびこん, へとびこむ, へはいろう, へふみこん, へみな, へバター, へベシン皿, へメリケン粉二斤, へ三, へ先ず, へ入りました, へ入れました, へ吸い込まれ, へ寝る, へ川, へ彼, へ彼女, へ往, へ投げ入れた, へ投げ込ん, へ指, へ林檎, へ流れ込む, へ消えた, へ玉子, へ立ち入る, へ置い, へ足, へ踏みこん, へ転げ込んだ, へ辻斬, へ陥る, へ隠し, へ隠れ, へ飛込んだ, ほどのところ, ほどを開い, をかき廻し, をし, をずい, をまるで, をよく, をわたくし, を人, を何時, を例, を導い, を彼, を往こ, を抜け出し, を探っ, を掻きわけ, を泳ぐ, を潜っ, を縦横無尽, を見, を風, を飛行機, ノ大兄, 第五

1 [6052件 抜粋] あの最初, からあれ, からおまわりさん, からさらに, からでも見いだし得る, からはいい, からは機械, からびっくり, からむら雲, からグリコーゲン, からトケウ乾物商サヘタコキチ, から一両, から一羽, から三本, から二三枚択, から二階, から他人, から健全, から出されなかった, から十人, から取出した, から四十枚, から多く, から学校, から小型, から引出したらしい, から必要, から手拭よう, から捜す, から星, から桃色, から気にいった, から溢れ出す, から生れた, から眼, から突き出された, から米粒, から経験, から臙脂, から蝶, から試験管二本, から足し, から通行人, から都合, から霧, から飛び出し, から魔法使, がからっぽ, が穏, だんだん判っ, であゝ, でいへ, でおこなわれ, でぐるぐる, でじっと, でただ一人木曾礼二郎, でどことなく, でのいささか, での平均温度, での重力, ではまるで, では何人, では春, では若い, でひどく, でもあたしゃア二つ星, でもおまえ, でもし, でもま, でもシール, でも一ばん, でも一番最後, でも主要, でも仕繰, でも六角, でも可笑しい, でも多く, でも姿態, でも岡, でも恒川氏初め刑事達, でも新しい, でも本郷, でも毎晩, でも源侍従, でも玄関, でも目だっ, でも空気, でも老妓, でも菊池寛, でも貴女, でも野外田園, でも頭, でゆっくり, でエ, でシッカリ, でナガミル, でマリユス, で一寸, で一番好き, で一番鼻, で三好, で丹波先生, で五, で伊賀, で俊夫君, で僅か, で入谷, で出口, で医師, で古く, で否応, で土葬, で変り者, で天井, で始め, で宗任, で専門会議, で岸本, で庄吉, で快活, で戦い, で指紋, で敵国, で日陰, で時折翼, で最新式請合付き, で柿の木, で欧米, で毅然, で泣ける, で為朝, で父さん, で生, で甲斐, で皇族, で磨いた, で管営, で結果, で考え, で臼川の, で落ちつき, で行儀, で誠, で赤ン坊, で過す, で長岡藤孝, で非常, で骨, で鼻, なる諸, にあるらしい, にいなかったら, にうずまる, において私, におずおず, にお婆さん, にかざっ, にきょう通り, にこしかけ, にございます, にざあざあ流, にじつ, にぜひ, にだれ, について自分, にてた, にて服忌, にとじこもった, にとり入れ, になんだか, にはあらゆる, にはいらない, にはかえって, にはさみ, にはちょっと, にはどうやら, にはへんてこ, にはもと北条家, にはカヤノ, にはシューマン, にはバラ, にはミス, には一台, には万年筆, には不朽, には予期, には五助, には人間わざ, には伯爵, には何子, には先生在世中所携, には兵器, には別に, には北村さん, には印度, には古来巡礼参拝, には四十年前, には変った, には大根, には太鼓, には婆さん, には小指, には川村さん, には幾本, には心筋質肥大, には惜しむべき, には手あたり, には教主, には旅, には春木少年, には木の葉, には梅干, には歌舞妓, には死者, には洗い晒し, には瀕死, には爺さん, には王子様, には産所, には盛る, には眼鏡, には祖父, には空間漂流器, には紙幣, には職人, には舌, には蒼白, には見た, には謙讓, には近衛公爵, には郷土的色彩, には鎖, には隨分, には香具芝居, には麓, にひとり三十五六, にふだん, にほんの, にまじえ, にまるめ, にもいつかう, にもしか, にも一分の真理, にも前項, にも大根, にも心, にも殊に, にも軽業, にも首, にわかっ, にアメリカ独立戦争, にオボー, にクシャクシャ, にシャツ, にタイロード氏液, にデ・ラ・トッレ, にピカ一, にボーフラ, にヤット, にロシア, に一とき, に一団, に一片, に一面, に三体詩, に下村三左衛門, に中年, に主従, に争い, に二組, に五胡十六國, に人物, に仙エムどん, に休ませました, に住め, に余り, に備わっ, に充滿, に入れといた, に八ツ, に具する, に凹み, に到頭, に力強く, に勘兵衛, に北斗星, に南京, に友人, に口, に各, に名高い, に含ん, に唇, に四十, に土肥次郎実平, に埋め, に墺太利, に大事, に夾竹桃, に始め, に子猫, に安川, に実際, に富永仲基, に實驗, に小沢六郎三郎, に尾沢, に嵐, に布団, に年, に広い, に弁三, に当人, に忌, に息, に感情, に打ち壊れる, に押し込めよう, に挾まつた, に掛け, に摩利信乃法師, に散薬, に新聞, に日本庭園, に春, に書きこんである, に朝, に東, に柴, に楽, に欅, に歩き出し, に毎日毎日アンマリ, に汗まみれ, に泄, に流し, に浮き揚がった, に浸り, に混つて踊, に源三郎, に潜んだ, に炭, に熱烈, に物色, に玉村銀一君, に琵琶, に田島章吾, に瘡, に盗みし, に相川さん, に矢張り夢, に社長, に秋口, に突っ込む, に立てられた, に節, に糸, に紺地, に線香, に羊, に翻っ, に育つた, に自分自ら, に良う, に苦楽, に華雄, に蓄え, に虚無的, に蟠踞, に表通り, に見るべからざる, に親切, に計, に警察方面, に貯える, に赤裸, に踏み, に転げ込んだ, に追い込もう, に通っ, に道子さん, に酒, に金銅, に銅, に閃, に阪神地方, に雄大, に電車, に鞆, に風流, に飾っ, に體, に鳴い, にSMS団, のいちばん背, のこん棒片手, のひろい, のカヤノミガイ, のフランス語, の一二節, の一定, の一番根本的, の一軒家, の三四, の主要人物, の二米, の介形類, の先頭, の十中八九, の台, の喪船, の多少, の富札, の帯中津日子命, の微量物質, の揮発油, の文章, の本筋, の様子, の液, の熔岩, の男優等, の確か, の肉用鶏, の衆生, の豹, の重, の雨戸, の馬小屋, はひつそりかん, は以前, は水びたし, は透明, へうずめられた, へかくれる, へぐっと, へすーっ, へつめ, へね火の粉, へは鳥, へまるで, へサシ, へ一人, へ乗りこんだ, へ仔猫, へ入れよう, へ割り込もう, へ向こう, へ密封, へ巻き込まれ, へ惡念, へ押し込まれた, へ数, へ梅, へ沈ん, へ消え込んだ, へ漬ける, へ玉葱, へ私たち, へ置きかえる, へ薬, へ赤い, へ逃げこみました, へ釣り, へ非, へ駈けこみました, ほどにくっきり, ほどの所, また焼, より多く, をあまつばめ, をかの, をせめて, をどうにか, をのぞき込ん, をグルグル, を三階, を人々, を北, を四角, を容赦, を巧, を得る, を手さぐり, を支那馬車, を桃色, を歩道, を漁っ, を疾駆, を笹村, を荒した, を見入ってる, を走り抜けよう, を近づい, を鉄, を風変り, 一度御, 御恩返し, 次第に眠気, 突然に

▼ その~ (8669, 1.5%)

72 の顔 57 の名 54 の心 50 の姿, は 49 のため 47 のこと, の前 45 であった 33 の生活 31 は私 30 の手 29 である 26 はその 23 の性格, を見た 22 が, の, は自分 21 は何 20 ありと, を見る 19 と結婚, の方, の話, はもう 18 が何, の一生, の口, の影, の眼, の身 17 その人, の人格, の家, の頭 16 のところ 15 が私, なの, のもの, はまた, を見 14 が自分, だったの 13 だった, の声 12 ではない, の個性, の性質, の生涯, の面影, を愛し 11 がそれ, が今, のよう, の生命, は今

10 [15件] がこの, がその, でなければ, に会っ, に向っ, のお, の中, の事, の妻, の魂, はきっと, はこの, は又, は誰, を自分

9 [15件] がどういう, だと, ではなかっ, のほう, の人生, の名前, の幸福, の思想, の所, の胸, の言う, はすぐ, はまだ, は僕, を見れ

8 [19件] であつ, であります, に, に逢, に逢っ, のいう, の世話, の全, の持っ, の死, の罪, の自由, の足, はいつも, はそれ, はどんな, はわたし, は少し, を尊敬

7 [22件] がどう, がどんな, が誰, だ, です, とその, と一緒, と同じ, と為り, ならば, に似, のうち, の上, の傍, の気質, の説, の運命, はどう, は大, は必ず, もまた, を思う

6 [28件] が来, でした, というの, なん, に相違, に頼ん, のその, のそば, の子, の意志, の気持ち, の為, の真, の精神, の職業, の言葉, の責任, の趣味, の過去, はこう, はしばらく, は彼, は手, は目, は非常, も, らしい, を知っ

5 [49件] がいる, がお, がそこ, がどこ, がもう, が出, が言う, でありもう, であると, といっしょ, にし, には私, に手紙, に私, に違い, の人柄, の作, の作品, の信仰, の兄, の品格, の好, の宅, の将来, の心持, の愛, の態度, の本性, の目, の考え, の耳, の背, の身体, の面, の額, はある, はいいました, はたしかに, はびっくり, はもちろん, はやはり, は家, は帽子, は知らない, は赤い, をよく, を得た, を得る, を心から

4 [85件] がない, がまた, が悪い, が死ん, が生き, が言った, であったの, でありました, であること, であろう, ですから, ではあるまい, と, と面, なり, にあらざりき, にその, にとつて, にまた, に取っ, に好意, に就い, のあと, のいる, のす, のよ, の不幸, の云う, の俤, の像, の勝手, の命, の境遇, の夫, の奥さん, の好意, の小説, の心事, の志, の情, の懐, の持つ, の教養, の文章, の書く, の横顔, の特性, の眼つき, の私, の絵, の肩, の足もと, の足音, の身の上, の霊, はお, はかつて, はしきりに, はただ, はどこ, はひ, はほんとう, はみんな, はもと, はよく, は云, は云った, は他, は別, は大いに, は東京, は極めて, は背, は言いました, は首, を, をその, を中心, を好き, を待つ, を憎まず, を救う, を殺した, を殺す, を知る

3 [183件] から出, から私, から離れ, があなた, があの, があまりに, がいま, がここ, がし, がどうか, がどれほど, がわかる, が云う, が亡くなった, が他, が僕, が前, が即ち, が君, が問題, が大, が好き, が実際, が帰っ, が帽子, が彼, が承知, が本当に, が死ぬ, が病気, が行っ, が親切, が金, が非常, だつたの, であったから, であって, であるか, ですら, とし, と云う, にあらず, にお, にこの, にちがい, にどんな, になっ, にやっ, によく, に会う, に会わせ, に似た, に向, に對, に相談, に紹介, に連れられ, に適当, に間違い, のある, のする, のもつ, の一生涯, の下宿, の世界, の人相, の体, の作った, の側, の働き, の全身, の全部, の処, の卓子, の友達, の唇, の噂, の妹, の娘, の存在, の安否, の容貌, の弱み, の形, の形見, の後, の後姿, の恋, の息子, の愛した, の感受性, の感情, の敵, の文学, の本当, の本心, の来る, の様子, の権威, の歌, の死んだ, の気持, の物, の特色, の病気, の癖, の白い, の真似, の真実, の筆, の素質, の細君, の紹介, の血, の言, の部屋, の門, の風采, の鼻, はあの, はあわてた, はいかなる, はいっ, はいったい, はいつ, はいる, はおそらく, はここ, はすでに, はすなわち, はそういう, はそこ, はたいそう, はとうに, はやがて, はやっと, はわれ, は人生, は何ん, は全く, は別に, は妙, は実に, は急, は意外, は或, は日本, は次, は決して, は男, は町, は白い, は相, は眼, は突然, は答, は答えました, は美, は色, は言, は言った, は遠く, は黙っ, もこの, も私, も自分, らしい姿, らしさ, をお, をし, を僕, を動かす, を妻, を尋ね, を少し, を得, を得ざれ, を殺し, を眼, を紹介, を見ない, を訪ね, を誰

2 [573件 抜粋] かもしれない, かも知れない, からお金, から受ける, から直接, から遠く, があたし, がある, がいかなる, がいかに, がいった, がすなわち, がずっと, がそう, がそういう, がただ, がちょっとした, がどうして, がなくなった, がはたして, がひどく, がほんとう, がまだ, がみんな, がやがて, がやはり, がよく, がカイちゃん, が一人, が世間, が之, が人生, が俗悪, が入る, が写真, が助け, が労働者, が原作, が坐っ, が大きな, が尋常, が屹度時計, が帰った, が常に, が引き受け, が後宮, が忘れられない, が恋しく, が憤り, が或, が既に, が日本, が来る, が死んだ, が現に, が生涯, が皆, が目下, が真, が自己, が自然, が言, が訪ね, が証人, が貴い, が身, が軽蔑, が首, が駅, が黙っ, さ, その民族, だという, であったこと, でありその, であるという, でしょう, ですよ, でその, ではなく, としてのスタイル, とすぐ, とは親しかっ, とも動物, と三人, と並ん, と会う, と思う, と正式, と生涯, と社会, と私, と私ら, と話, と話し, と談, と逢, ならお, なら知って, なら私, にあっ, にある, にあれ, にきい, にこんな, にしろ, にだ, につれられ, にとって古ぼけた, にとって最も, にとつ, にない, になりきっ, には子, にもその, にわけ, に乏しく, に云, に仕え, に他, に似る, に依, に依っ, に向かっ, に在り, に存する, に対し, に対する尊敬, に就, に従い, に心から, に惹き付けられ, に愛情, に手, に死, に比較, に渡し, に縋りつい, に罪, に義, に自分, に親しく, に託し, に訴え, に逢いました, に逢つて, に面, に頼む, に馴れ, のいい, のいいます, のいた, のうしろ姿, のおかげ, のお供, のお蔭, のかたりき, のすべて, のせい, のなか, のま, のやう, のやり, のゆくえ, のテント, の一人, の一切, の一時, の事業, の人, の人となり, の人物, の人間, の仕事, の住所, の作物, の価値, の信条, の値うち, の健康, の催した, の先天的, の内, の内容, の内部, の内面, の写真, の冥福, の力, の努力, の右手, の名誉, の品性, の問い, の嗜好, の地位, の墓, の大きな, の好む, の姉, の子息, の字, の実生活, の容器, の宿所, の寿命, の居る, の属する, の平生, の弟, の弱, の徳義, の心持ち, の性, の意見, の感じた, の成功, の所説, の手柄, の手腕, の手許, の才, の才徳, の指, の描いた, の昔, の星, の書, の最後, の最期, の望み, の末, の本, の本然, の村, の案内, の概念, の正体, の歩み, の死後, の死骸, の気風, の波, の注意, の父, の特徴, の琴, の生き, の生きた, の生きてる, の生前, の病, の皮膚, の真価, の着物, の瞳, の短篇, の程度, の稟質, の積極的, の立場, の筆蹟, の経歴, の美, の考へ, の肉, の肉體, の肌, の肖像, の背中, の背後, の腕, の膝, の自転車, の良心, の芸, の芸術, の荷物, の行為, の衣, の表情, の表現, の見る, の見識, の親切, の観察力, の討死, の記憶, の評判, の詩, の誤り, の謙遜, の資本, の足跡, の跫音, の身上, の身體, の逮捕, の邪魔, の長所, の間, の陰, の隠れた, の頬, の風体, の髪, の髪の毛, の魅力, はあと, はあなた, はあまり, はいい, はいかにも, はいきなり, はいなかった, はいや, はいろいろ, はいわゆる, はうつむい, はおまえ, はお前, はこういう, はこれ, はさっそく, はさながら, はしづか, はたちまち, はとつぜん, はどういう, はどうも, はなお, はなかなか, はなん, はねいつも, ははじめ, ははっと, はびちゃびちゃ, はぼく, はまさしく, はますます, はまるで, はみずから, はよしなされ, はわずか, はわたくし, はわら, は一郎, は不幸, は云いました, は人, は人間, は今どこ, は仏, は体格, は何処, は俄, は信一郎, は俳優, は元, は入っ, は到頭, は医者, は単に, は口, は右, は同じ, は国, は外, は外套, は多分, は大きな, は大変, は女, は子供, は実は, は実際, は宮内省, は容易, は小さい, は小林少年, は屹度, は常に, は心, は恐ろしい, は愛, は愛する, は愛すれ, は持っ, は昂然, は最後, は木, は本当に, は机竜, は来ずし, は模造, は正直, は水, は王様, は現に, は生れ, は痩せた, は着物, は確か, は社会的, は穴, は窓, は立派, は笑, は笑いました, は答え, は腹, は興奮, は若かっ, は血, は裾, は詩人, は語った, は請負師, は貝, は赤ひげ, は身, は逃げ, は部屋, は酒, は長い, は顔, は驚い, は髭, は黒い, もし, もそう, もその, もどこ, もやっぱり, も出, も明治四十二年六月十九日, も無げ, も近い, やその, よりほか, らしいと, らしい影, をいかに, をいつも, をとらえ, をばか, をも尋, をより, を何, を信ずる, を先, を内側, を判断, を同じ, を名指さず, を呼ぶ, を命, を嫌う, を察し, を帰した, を幸福, を待っ, を得ない, を得れ, を御存じ, を忘れ, を思っ, を悪, を愛する, を手頼つて, を捕え, を探し, を搜, を撰, を救っ, を敵, を旅, を深く, を理解, を目, を眺め, を知った, を知ってる, を知らない, を私, を置い, を見ざる, を見たい, を見ます, を見直した, を訪ねた, を迎える, を連れ, を選び, を隠す, を雇う, を非難, を頼ん, を馬鹿, 逃げました

1 [4313件 抜粋] あたかも活ける, いかなる人, かと思った, からし, から借り, から友愛, から引受ける, から景岳全書, から肉筆, から離れたい, がありません, がいま銀床, がお父さん, がくやむ, がさ, がすっかり, がたしかに, がついに, がなお, がにっこり, がのち, がまさか, がもう少し, がよ, がカナリヤ, がドイツ, がマレー, が丁度, が不足, が主君, が云った, が今夜, が以上, が何事, が俳優, が先頃, が再び, が利口, が化ける, が卓一, が反対党, が告げた, が堅実, が大した, が奥底, が始末, が子猫, が寿命, が居た, が左右, が広い, が引越した, が従来, が応召, が意思, が押返し, が文学者, が明日お前, が最近病死, が来さうだ, が梯子, が歩き続け, が気, が決して, が演劇道, が牢, が現世, が生れた, が百年間政治, が着物, が突然, が笑顔, が緊張時, が職業, が膿, が芸術, が行け, が見, が話し, が貧乏, が軽, が過去, が鉄扇, が隣室, が風采, けの絶えた, こそは私, こそ戦軍, こそ軍艦奉行, しか書けぬ, すら動きはじめた, その書物, だけだ, だけの損, だけれど, だったらなどと, だの玉蘭, であったかも, であった事, であり雲州, であろうかと, でしかあり得ない, でない俤, でも年, で通るでしょう, とがひどく, としての世論, としての階級的, として嫌い, として生れもっ, とて肩身, との合い, との生命, とはほかならぬ, とは口, とは毎日, とも別れ, とを否定, と交わりたく, と会った, と処世上, と同等, と家, と心持, と手, と極, と無関係, と相談, と終, と見る, と語れ, と逃げ, と隔絶, と黒川博士, ならおれ, なら大概, なら面白い, なりのねうち, なりの視点, にあらずし, において認める, にこう, にしがみつく, にそう, にただ, についての描写, について書かれた, にとってその, にとっては先ず, にとっては現実, にとって歴史, にどうして, になんと, にはなん, には五人, には多少, には手, には近づく, にもうしわけ, にも聞える, によっていろいろ, によって異なる, にコン吉, に与えた, に今, に任せる, に伝える, に借り, に册, に切籠燈, に博士, に同書, に告げる, に嚴然, に奉仕, に学問, に対してこと, に対してほとんど, に対して持つ, に対する一般, に対する行為, に当たる必要, に従い荷物, に情, に戸, に捧げ, に断っ, に構うまい, に求められた, に無理, に甘やかされ, に睨められる, に笑, に罪業, に肖せる, に見, に見入っ, に言い付け, に讚めら, に返っ, に逢えます, に運命的, に降った, に頭, のあらぬうき, のうずまき, のかお, のこれ, のそば近く, のなした, のふところ, のまま, のもう, のよくも, のストリップ的, のライフ, の一挙一動, の一頃, の世, の争, の五衣, の人生観, の似顔絵, の体質, の使者, の値打, の優れた, の全身像, の冷たい, の初期, の力一杯, の匂, の友人, の号令, の味, の商売, の器量次第, の変り果てた, の天分, の好かれる, の妹娘, の婦人, の學, の実践, の容色, の将棋, の居住地, の常用, の年齡, の弟子, の役者, の得, の心一ツ, の心算計画, の思い上がった, の恋愛問題, の悪意, の意気, の戦評, の才幹, の持ってる, の損害, の料理, の日夜, の晩年, の書翰, の末路, の来た, の椅子, の欠点, の死し, の気づく, の活き, の火の車, の熱意, の物語った, の現在, の生れた, の生活史, の留守, の発祥地, の眼付, の祖先, の立場立場, の精神的, の経験, の罪深いあまい, の考え一つ, の脈, の腹蔵, の自然的素質, の良, の苛, の著した, の處生觀, の裏側, の見た, の言い出す, の詠んだ, の誠心, の豊か, の身ぶり手まね, の躯, の途中, の道, の遺族, の銅像, の限界, の非凡, の鞠躬如, の顔自身, の館, の黒髪, はあわただしく, はいない, はうんと, はお姫さま, はこちら, はさまざま, はそう, はそんな, はだんだん, はどうして, はなほ昂然, ははだし, はひとり, はぼけた, はみょう, はもの, はよし, はアンドレ, はガリレオ, はトラホーメー, はプリンス, はロボット, は一升, は一種, は三十五六, は不気味, は中, は二ヵ年, は亡くなっ, は他人, は何かしら罰, は余儀な, は健三, は八十吉君, は内緒, は別離, は北京生れ, は印度人, は右顧左眄, は君, は困らない, は変人, は大分チベット文典, は天国, は好き, は姫山, は官吏, は寝泊り, は山登り, は師匠, は広島辺, は待ち, は快活, は急ぎ足, は悉く, は愕然, は戦勝, は振り返っ, は救癩, は新聞, は明智探偵, は最も, は本郷丸山辺り, は果樹, は條虫, は機械, は正面, は母方, は江戸東叡山, は洗われた, は清, は激しく, は片手, は甚だ, は甲州勤番, は直接君, は真赤, は社會そのもの, は立, は筆者, は純粋, は続けた, は耶蘇信者, は自ら幸福, は芝浦, は落ち着いた, は行かう, は見えぬ, は詩壇, は賞, は越前, は途中, は選挙権, は銀, は静か, は頻りに, は驚いた, は黙りこん, ばかりを愛し, への自分, へ娘, へ義理, までをゆかしく, もおととい, もどうやら, もわかりました, も丁度, も入, も又, も大分上機嫌, も巴里, も思っ, も更迭, も病院, も美しかっ, も道徳, も黙りあっ, よりももっと, より自由民権, らしい天狗, らしい色悪, らしくな, らしく生き働いて, をあなた, をうたがわなかった, をかく, をこちら, をさして, をすぐ, をだまし, をながめ, をふたり, をもっ, をも混同, をわたし, を上, を人間, を使っ, を偲ぶ, を加え, を博物家, を取り巻き, を呼び馴れない, を嗾そう, を大事, を好まなかった, を客人たち, を尋ねん, を引き入れる, を得たく思っ, を忘れまい, を思い出す, を恋人, を意地悪, を慕っ, を憶, を抱き, を捕へ, を推察, を改, を日食, を欣慕, を殺人犯人, を活かす, を現す, を異, を知つて, を知りたく, を笑わなくなり, を羨ましく, を自滅, を落す, を見なけれ, を見出そう, を見送ります, を訪ねました, を説得, を責めた, を軽蔑, を通していろいろ, を門外, を面詰, を驚かせたらしかった, 去った後, 忽ち嘲笑う, 本來, 知らないわね

▼ その~ (7925, 1.4%)

439 その日 229 のうち 161 の夕方 160 の午後 78 のこと 71 の朝 56 は朝 46 の夕刻 42 になる 41 の夜, はそれ 37 を送っ 36 になっ, に限っ 32 の中, も暮れ 27 の新聞 26 の仕事, も私 25 の夕刊, の生活 24 のお, のため, も朝 21 から私 20 の出来事, の昼, は一日 19 の糧, は私 18 から彼, が来る, の晩, の晩方, の来る, はお 1716 が来た 15 の天候, の日記, はとうとう 14 の内, の暮し, はその, はそのまま, は雨, もまた 13 に, のその, の午前, の夕, の暮れ方, は風 12 のパン, の事, の午過ぎ, の夕暮, の気分, はちょうど, はどう 11 その時, はもう, を送る 10 が暮れ, のひる, の風, はいつも, は何, は夕方, は夜, は日曜 9 の夕飯, の昼頃, の正午, は丁度, は特に, もその, もやがて, を待っ, を暮し, を送つ

8 [13件] にかぎっ, に限つて, の, のお昼すぎ, の天気, の物, の生計, の私, は土曜日, は日曜日, もお, を暮らし, を過し

7 [19件] からこの, から今日, がきた, が來, のくる, のよう, の午, の午前中, の夕がた, の夜中, の昼過ぎ, の暮方, の正午頃, はただ, は彼, も, も彼, を待つ, を期し

6 [22件] から, ではない, の客, の彼, の晝, の晝過ぎ, の暮れる, の空, の話, はいつ, はそれなり, はついに, はなぜ, はまだ, はよく, は何事, は午後, は学校, は家, は暮れ, を暮す, を過ごし

5 [31件] からすぐ, から二人, であった, である, に追われ, の労働, の印象, の夕方近く, の夕食, の宵, の昼ごろ, の稼ぎ, の試合, はこの, はまた, は二人, は仕事, は前夜, は帰っ, は帰った, は来た, は珍しく, は空, は自分, まで, もとうとう, もまだ, も夜, も暮れた, を送, 帰って

4 [57件] からお, から一週間, から十日, から自分, が初めて, だ, になつて, になり, にもう, のくらし, の予定, の光, の勤め, の午後四時, の夕暮れ, の夢, の扮装, の放課後, の晝頃, の晩餐, の暮, の残り, の気持, の疲れ, の真夜中, の終列車, の記憶, の調べ, の食, はあの, はいい, はそこ, はとても, はひどい, はひどく, はほか, はめずらしく, はやはり, は事, は例, は大, は大変, は天気, は女, は早く, は曇っ, は殊に, は終日, まで彼, ももう, もやはり, も二人, も夕方, も次, より, を最後, を生き

3 [140件] あったこと, いつもの, かせぎの, からまた, からわたし, から始まった, から少年, から後, から急, から数日, から毎日, から食う, がお, がくる, が日曜日, が最初, が来, が来たら, が来ました, が近づく, ざしを, その夜, その日主義, その時刻, だった, でした, とその, となっ, と時間, になります, にまた, のくれ, のでき, のもの, の一日, の二時, の儀式, の公判, の出来, の勘定, の午ごろ, の午后, の午後三時頃, の午後二時, の原稿, の夜半, の夜行, の帰り, の幸福, の弁当, の戦, の戦い, の戦況, の散歩, の新聞紙, の旅, の早く, の早朝, の昼食, の暑, の楽しみ, の様子, の機嫌, の気温, の汽車, の泊まり, の父, の用事, の用意, の第, の節子, の自分, の薄暮, の行動, の見物, の記事, の調子, の談話, の運勢, の金, の雨, の風次第, の食物, の騒ぎ, の黄昏, の黄昏時, はことに, はこんな, はそれで, はどんより, はなんとなく, はまあ, は一日じゅう, は他, は会社, は伸子, は夕食, は外, は定刻, は宵, は寒い, は少し, は岸本, は帰, は帰り, は帰りました, は平日, は御, は折, は早朝, は暇, は暑かっ, は暮れる, は父, は研究所, は確か, は空しく, は節子, は薄曇り, は話, は非常, は非番, もいつも, もこの, も丁度, も又, も暮れました, も暮れ近く旦那つり, も自分, よりし, をたのしみ, を待ちかね, を待った, を楽しく, を楽しん, を送った, を送り, を送れる, を遊び, を過す

2 [402件] かその, からここ, からさちよ, からすべて, からその, からちょうど, からというもの, からのち, からみるみる, から仕事, から以後, から何週間, から困る, から大, から娘, から家, から寝る, から小, から幸福, から彼女, から恋, から暫く, から暮し, から村, から水, から法被, から生活, から異常, から石田家, から私達, から草, から衰弱, から賑やか, から食, かれは, か彼, がある, がき, がただ, がちょうど, がはじめて, がやって来た, がやつ, が将軍家, が待ち, が来れ, が特に, が近づい, ざしは, そのイギリス海岸, その家, だけは主人, だったか, だったかも, だってさっさと, っから, です, でたとこ, で私, となる, と同じ, と翌日, にあった, にいたる, にかぎつ, になったら, には困らなかった, には村中, にも困る, にやけた, にやはり, によって雇われ, に不自由, に何, に各, に困る, に売る, に帰京, に当っ, に彼, に書い, に東京, に死せざりし, に生き, に窮, に葬式, に貸し, に起った, に追, に限り, に食べる, のおかず, のお客, のお昼, のお昼ごろ, のかれこれ, のさまざま, のつかれ, のみは陛下, のホセ, の三日位後, の三時頃, の主人役, の事務, の会場, の会見, の会議, の光り, の光景, の公演, の出席簿, の出来ごころ, の出立, の分, の前, の務め, の午すぎ, の午前九時ごろ, の午前十時頃, の午後一時, の午後一時頃, の午後七時, の午後二時過ぎ, の午頃, の口, の各, の合戦, の吉凶, の呼び物, の場所, の夕ぐれ, の夕べ, の夕刻神田, の夕景, の夕食後, の夕飯後, の外出, の夜半頃, の大, の天気模様, の奔走, の婚礼料理, の学課, の宰領, の宿, の寒, の審問, の帰りがけ, の帰路, の平次, の式, の引出物, の当番, の彼等, の感想, の感激, の憂さ, の成績, の接吻, の料理, の日, の日光, の日課, の日附, の昏れ, の昼比, の時間, の暮らし, の暮れ, の暮れがた, の暮近く, の最初, の最後, の最高, の朝刊, の朝彼, の条件, の東京, の業務, の模様, の正午ごろ, の流行, の漁, の演奏, の演奏会, の灯, の焼亡, の物語, の特に, の状況, の獲物, の生命, の生業, の男湯, の番組, の相場, の真, の示威運動, の祝い, の神, の米, の糊口, の紙面, の舞台, の芝居, の芥川, の葬式, の行, の衣食, の記念, の訪問客, の設け, の試験, の賃銀, の通知, の運不運, の運動, の運命, の運転手君, の酒, の集まり, の雪, の音楽会, の顛末, の食う, の食費, はあいにく, はいつか, はいろんな, はおそらく, はかの, はかれ, はきた, はすぐ, はそ, はそう, はどういう, はなお, はなんと, はふしぎ, はべつに, はまず, はまっ白, はもうちゃんと, はわたくし, はわたし, はカラリ, はクリスマス, は一日猫, は不思議, は主人, は九時, は二日, は京都, は何となく, は先ず, は全く, は八方, は冷たい, は初冬, は別, は十九日, は半, は半蔵, は南風気, は商売, は土曜, は好い, は姿, は婚礼料理, は実際, は客, は家々, は工場, は幸い, は廓, は彼女, は必ずしも, は恰度, は日本, は春, は昼過ぎ, は昼間, は時候, は晴れ, は暗い, は暮れた, は暮れ方, は曇った, は月曜, は本堂, は某所, は次郎, は欧洲休戦記念, は歸つて來, は死んだ, は母, は永く, は海, は無事, は物凄い, は特別, は獲物, は王様, は珍, は生憎, は直ぐ, は神田, は私共, は秋, は竹屋, は第, は素子, は継子さん, は腹, は自棄, は英烈竜王, は葬式, は誰, は速達, は遠く, は雪, は電車, は食事, は食堂, は駄目, ばかりで, までのこと, までの約束, までまだ, までもし, まで夢にも, まで着, まで誰, もお前, もけふ, もここ, もた, もついに, もとっぷり, もひどく, もひどくいい, もぼんやり, もむなしく, もやつぱり曇つて, も一緒, も何, も例, も僕, も別段, も午, も参詣人, も土佐守, も外, も学校, も帰っ, も彼女, も快く, も暮れよう, も暮れる, も校長, も漸く, も玄徳, も留守, も相, も禅師さま, も遂に, も銀子, も非番, やっぱりおばさん, ようやく機会, よりこそ黄金斑, より宮, を, をお, をお待ち, をくらし, をくらした, をどうか, をどうやら, を何, を働い, を凌い, を境, を待ち, を楽しみ, を楽しむ, を無事, を祝う, を糊口, を送り得る, を送り迎え, を避ける, を限り, を面白く, 少なくし, 或る, 揺れ出した途端, 早くも, 来たばかりの, 突然呆気, 第一回

1 [3457件 抜粋] あいにく父, ある所, いらい静か, おそく伊藤, お千代, お当番, お種, かねて諜, からうしなわれ, からがらり, からせっせと, からであった, からでも路頭, からなんと, からはいくら, からふっと, からもう, からエミイ, からトレヴォ氏, からモーティ, から一廉, から三年, から三食, から五六日あと, から他人, から何だか少し, から光治, から初まる, から十三年, から名誉, から咯血, から土門, から太平, から始まつた, から定め, から寸分, から崖, から年, から当時, から態度, から捜査関係, から文子, から早速, から朝之助, から村上, から此方, から毎日毎晩水, から浅田, から漫画, から猛, から當時, から白鳥, から社会部, から窮屈, から締切, から老人, から芳郎, から貼り, から酒屋, から難局, から食えなくなる, か来ました, がしのげない, がへり, がようやく, が丁度, が六, が多く, が待ち遠しかっ, が昼頃, が来ましたら, が経過, が送られる, が選り, こそじつは, ことさら気分, この寺, さっそくお姫さま, すぐと, すでに功徳, その刻, その日暮し, それから青年たち, ただ一人, だけだ, だけはどう, だけは皆, だつたの, ちょうど彼女, つなは, であるに, で不思議, で順番, とう, とともに始まっ, とぶらつい, と時, どんなであった, なら塾, にあたる, にお, にかわかし, にし, にちがった, にとれた, になろう, にはじめて, にはわし, には出し, には女, には来るだろう, には用, には藤沢, にみえた, にも出帆, によって釣れ, に一スタンザ, に二人, に何等, に全市, に分る, に取った, に唱えた, に売出す事, に子規氏, に山田貿易商会, に当たれり, に念じた, に打たせます, に書かれ, に植えはて, に満期, に現れなけれ, に白米二百俵, に知らなく, に空, に腹痛, に行き合せた, に説明演説, に輝いた, に阿闍梨, に雪, のあたっ, のいきさつ, のうち獄, のかげん, のこった, のそ, ののち, のまだ, のもう, のチップ, のパリー, のレコード, の七ツ時, の上院外交委員長チャールス・サムナー, の世話係, の乗馬月輪, の二時間目, の亥, の伐木, の低, の傷, の光春, の六波羅検挙, の出帆, の初更, の前半, の勤務, の十時頃, の午後一時ごろ, の午後三時頃二疋, の午後六時, の午後埼玉県, の午後由雄, の午後魔子, の印刷部数, の取調べ, の味気, の四ツごろようよう, の坑夫, の売溜め, の夕刻七時過ぎ, の夕方六時ごろ, の夕方私, の夕暮ランチェン・カンバブ, の夜九時半, の夜更け, の天気図, の季節感, の客足, の将軍家, の小銃戦, の帰り途, の平和, の当直店員, の従姉, の御飯, の思想, の情景, の我ら, の手工, の打撃, の指揮, の放校間際, の新聞電報, の日誌, の明六つ, の昼時分, の晝間, の晴雨, の暮れ近く人, の曾根, の朝まだき, の朝牛乳, の条下, の果し合い, の歌舞, の正客, の民衆, の沈む, の浪, の演技, の焚木, の牛乳, の玄関, の用米, の疲, の相撲ぶり, の着つけ, の祝賀会, の稽古, の算盤, の終り, の結果, の群集, の胸, の舞楽, の苦労, の薔薇, の街道, の要求, の記, の評定, の講義, の質問, の追憶, の道, の釣り兼蝗取り, の集合, の面会, の風説, の飯, の髪, はあきらめた, はいい美しい, はうらら, はおり, はき, はことによく, はさっぱり, はじめての, はじめて彼, はすっかり, はぜひ, はそれら, はたうとう, はちょうどジリジリ, はどうして, はなに, ははる子, はひろく, はぽか, はまぶし, はむこ, はもちろん, はゆ, はわざと, はキクッタ, はネータン, はブラームス, はワリカン, は一匹, は一日じゅう散歩, は一日何人, は一日矢代, は一羽, は七月三日, は三平, は三里, は与謝野鉄幹子, は乙女, は二つ, は二十五日, は五月, は伊皿子坂, は何げ, は何日目, は僅か, は全部, は六里, は冬, は初めて, は別れてた, は力, は北太平洋一帯, は十五夜, は千曲川, は午後一時, は博士, は参木, は右門, は名古屋, は唯一個, は四月, は垂れこめた, は塾, は夕餉, は大徳寺, は天慶三年, は好く, は嫂, は実はまた, は寅公, は対局, は小幡, は尾州藩出身, は巴里, は帰途, は平穏, は弟, は後ろ, は復活祭, は思い, は患者, は戻っ, は携, は新た, は日本人, は明るい, は昼下り, は晃一, は暑い, は最初れい, は朝ッ, は本所, は来る, は栖方, は植木屋, は次第に, は残暑, は氷雨, は河内家, は波, は火, は熱, は猛烈, は疲労, は盛宴, は睡眠不足, は程よい, は笹, は終日がんたち, は結局, は署, は職工, は艦載機, は英文学史, は葡萄酒, は蟇, は見物, は訣れ, は講義, は貸家, は近かっ, は退廷, は過ぎた, は酒友, は銀座, は陣, は雨上り, は霞ん, は餅, は魚屋, は黒死館, ばかりは全く, ぶらりと彼女, ほど落ちつかない, まづ, までその, までにあなた, までに右馬介, までの心, までは凪, までは絶対禁酒, までも庭, まで三十年もの間渝, まで全然, まで吟味, まで待つ, まで旅, まで水, まで皇室, まで道江, もあっし, もう一枚, もこう, もし彼, もだめ, もひとり, もゆう, もハッキリ, も一日, も万福寺内, も丹後, も人夫, も体, も僅, も前, も午前, も周さん, も城門, も妾, も寄手, も岡田, も庄吉, も思つた, も新しい小さい, も時間, も有村, も桂三郎, も海, も為す, も珍無類, も確か, も素晴らしい, も腰, も葉子, も行火, も話, も豊川, も近所, も酒気, も雄鶏, も頭, やった, よっぽど当惑, より他馬皆, より滝, より魂, をいっ, をかたみに, をこの, をすごしかねる, をどうにか, をはらはら, をむなしく, をわびしく, を一緒, を享楽, を凌ぐあり, を十分, を始め, を岐, を待つべきであります, を忘れえず, を悲しく懶く, を早く, を暮らす, を歌い暮らさなけれ, を漸く, を目あて, を空費, を繰っ, を観察, を送らねえ, を送ろう, を過した, を隔離, 丁度宿直, 何気無しに, 初めてみんな, 別れた妻, 取は, 夥しい兵馬, 定助, 居合せた大勢, 御見え, 思ひ切つて此方, 既に定まり, 暮れて, 某デパート, 焦の, 用いて, 突然古藤さん, 絶えなむ, 薄暗い納屋, 貧しい生活, 逞しい身体, 長らく馴染み

▼ そのうち~ (6952, 1.2%)

166 の一人 145102 に私 98 に彼 79 にお 64 にまた 62 にふと 61 にだんだん 59 の一つ 57 に日 47 に夜 38 にとうとう, に僕 34 にこの, にその 32 に何 31 に一人 29 に又, に誰 25 に二人, のある 24 に女 21 にきっと, にどこ, にもう 20 にある, に彼女, のひとり 19 にやっと, に自分, のどれ 18 に或 16 にあの, に雨, に頭 15 で一番, にどう 14 に村 13 に三人, に人, に気 12 にみんな, の一枚, の二つ 11 にはまた, に時間, に目, に突然, に船, の二人 10 にいよいよ, にこんな, にそれ, にだ, に急, に父, に男, に秋, の一軒, の或 9 にわたし, に冬, に博士, に大きな, に子供, に雪, の一本

8 [17件] にあれ, にいつ, にいつの間にか, にお前, にふい, にようやく, に今度, に何とか, に向う, に夏, に大勢, に手, に水, に私達, に老人, に誰か, に足

7 [26件] にいい, にかれ, にはお, にわし, に一つ, に主人, に含まれ, に含まれる, に太陽, に女中, に娘, に家, に小さな, に少し, に廊下, に彼等, に春, に月, に東, に酒, に風, の, のお, の一匹, の三人, の誰か

6 [36件] で最も, にあなた, にいつしか, にこんど, にすっかり, にそろそろ, にとつぜん, には何, にほんとう, にも彼, にも船, に一, に一度, に世間, に他, に例, に兄, に先生, に大, に妹, に存する, に客, に少年, に年, に彼ら, に御, に忘れ, に戦争, に汽車, に王子, に窓, に第, に道, のいくつ, の一羽, の幾つ

5 [34件] でもっとも, でも最も, にそこ, にそんな, につい, になにか, になんとも, にはきっと, には又, にぼく, にやがて, に下, に今年, に僕等, に内在, に出, に前, に君, に含ん, に夕方, に外, に折, に森, に火, に私たち, に結婚, に良い, に話, に車, に長い, に電車, の一冊, の最も, の誰

4 [72件] たうとう, でも一番, で特に, にあたり, にあんた, にいきなり, にお父さん, にかならず, にかの, にこちら, にこっち, にこんなに, にさ, にすべて, にそう, にたった, にどうにか, になんだか, になんとか, にはある, には自然, にふたり, にほか, にもっと, にやつ, にリヽー, に一同, に一方, に中, に二, に今, に何だか, に何処, に僕たち, に十二時, に叔父, に堤, に壁, に大きく, に夫, に夫人, に女房, に妻, に妾, に幕, に店, に必ず, に意識, に敵, に時, に東京, に次郎, に漸, に漸く, に町, に看護婦, に立っ, に腹, に若, に表, に部屋, に金, に階下, に雲, に高品夫人, の一組, の一頭, の二, の五人, の半分, の多く, の幾人

3 [114件] から最も, で, でいちばん, で自分, にあ, にあんまり, にうとうと, におかみさん, におじいさん, におれ, にお正月, にお母さん, にお腹, にお雪ちゃん, にきつ, にこういう, にこれ, にたまたま, にだれ, につかれ, にとう, にとみ, にどういう, にどうやら, になんと, になんとなく, には, にはいい, にはげしい, には何とか, にぱっと, にひとりでに, にひどく, にふっと, にまったく, にみょう, にもお, にもはや, にもまた, にようよう, にれい, にわかる, にウトウト, にフト, に一名, に一年, に上, に不, に世の中, に両手, に中学, に中年, に丸木, に二階, に人々, に仕事, に仲間, に何者, に元, に八五郎さん, に初め, に反対, に右, に喉, に土, に大声, に奥, に娘さん, に存在, に寒い, に専務, に帰っ, に後, に後ろ, に怪物, に恐ろしい, に息, に改めて, に新, に日数, に時計, に朝, に木, に機会, に次第に, に気がついた, に燈火, に犬, に町内, に白い, に相手, に笛, に米友, に舞台, に親, に身体, に近所, に遠く, に長, に阿, に陽, に食事, に騒ぎ, のどこ, のどの, の一例, の一回, の一度, の一節, の一部, の二匹, の何人, の大, の幾分

2 [446件] から, からきわめて, から出, から利八, があった, でいろいろ, では形相的, でも代表的, でも特に, でも特別, でも諦めた, で僕, で外, で大きかっ, で師匠, で方谷孫, で比較的, で私, で第, で飯炊き, にあちこち, にあちら, にあと, にあまり, にあり, にいくら, にいつか, にいつのまにか, にいつも, にうつらうつら, にうまい, においてはただ, において生ずる, において私, において誤謬, におとうさん, におなじ, におのずから, におま, にお松, にお玉さん, にき, にここ, にさしも, にさっと, にしっかり, にじ, にす, にすぐ, にそこら, にた, にたれ, にだいぶ, にちょうど, にちょっと, にちらちら, にぢ, にとても, にど, にどうか, にどうして, にどうしても, になに, になん, になレコード, にね, にねこ, にねずみ, にのっそり, にはあの, にはいる, にはこの, にはっと, にはとうとう, にはどうにか, にはなんと, にはほとんど, にはもっと, にはや, にはわかる, にはわかるだろう, には下手人, には出し, には分る, には向う, には多く, には妻, には少し, には性質, には新酒, には神, には自分, には色々, にばば, にひ, にひと, にひとつ, にひょいと, にふたたび, にぽき, にぽっかり, にますます, にまもなく, にまるで, にむこう, にもこの, にもと, にも事件, にも何, にも何となく, にゃあ, にゆ, にゆっくり, によい, によく, によそ, にわたくし, にウイリイ, にガラガラ, にガヴローシュ, にクリストフ, にゴロゴロ, にチエ子さん, にトラック, にトランク, にニールス, にパチパチパチ, にフイッ, にフト気, にフト自分, にベル, にボーイ, にヤット, に一声, に一枚, に一番右はじ, に一行, に三吉, に三月, に三木朝太郎, に三男, に三輪, に上田, に下り, に下男, に不意, に世, に両, に両方, に丸屋, に乗客, に二つ, に二三人, に二日三日, に五年, に亭主, に人間, に今月, に仲, に伊織, に会おう, に伯父, に体, に何もかも, に何らかの, に何時, に何時の間に, に余燼, に俊寛, に偶然, に僕ら, に元気, に兄さん, に兄貴, に先, に入れ, に全身, に公儀, に六月, に兵隊, に出る, に初, に割烹店, に勝負, に十九歳, に十月, に半年, に吉原, に同じ, に名人, に向方, に吟味, に吾輩, に呂布, に周将, に咽喉, に問題, に噂, に四挺, に四方, に四辺, に土手, に城中, に壕, に声, に夏休み, に夕立, に外科, に大きい, に大工, に大野屋, に天下大赦, に天気, に夫婦, に奇怪, に奥さん, に姫, に姿, に婆さん, に嫁女, に子供達, に学校, に宇品港, に室, に室内, に宮中, に家内, に宿されよう, に寄手, に小, に小屋, に小幡, に小林, に小林君, に小浜兵曹長, に屋根, に山, に岸本, に島田初年兵, に川, に平次, に年の暮れ, に年老い, に座, に建物, に弟, に張, に当人, に彼女達, に彼方, に往来, に快い, に怖, に思いがけない, に思ひ, に怪人, に意志, に慣れ, に慣れる, に慶北丸, に戻りましょう, に扁理, に扉, に手足, に捜査, に支那人, に料理屋, に新しい, に新田先生, に旅, に日本, に早, に明白, に映画, に是非, に時刻, に暑中休暇, に暗く, に暮, に暮れ, に有力, に未亡人, に杉作, に李克用, に来る, に松, に松吉, に林, に椅子, に様子, に機械, に機械人間, に欠伸, に次兄達, に止め, に正太, に此方, に武蔵, に段々, に母, に母親, に気がつく, に気が付い, に江戸中, に沢田, に河上, に泥棒, に深夜, に混つた, に混入, に清明, に火星兵, に無茶先生, に父さん, に片, に物見, に狭い, に猫, に猿屋町, に王さま, に生徒, に用, に由良, に疲労, に病人, に痛み, に癒, に皆, に皇子, に盗人, に盛られた, に眠く, に眠っ, に眼, に着物, に矢, に知らせ, に神戸, に穴, に空, に空魔艦, に立派, に籠っ, に約束, に紅, に終戦, に綱, に縁側, に美しい, に翁, に老婆, に聴衆, に肉屋, に肩, に肴, に背後, に膳, に自己, に自然, に舟, に芝居, に花, に若旦那, に若林博士, に茶碗, に葉子, に葛西汽船, に薄暗く, に虚無僧, に蜘蛛, に行く, に行っ, に裏, に西, に見られる, に見物人, に見舞, に親鳥, に言葉, に記され, に話題, に警視庁, に貴方, に足許, に身, に躯, に返事, に通りがかり, に連れ, に鍋, に鐘, に門, に間もなく, に闇, に隣り, に隣組, に雷, に霧, に青, に静か, に革命, に頬, に風向き, に食堂, に食糧, に馬, に騷ぎ, に高木銀次郎, に魚, に鶴子, に麓, に黄色, に黙っ, に鼻, のいずれ, のいちまい, のかなり, のひとつ, のほんの, のよい, の一つ二つ, の一個, の一名, の一日, の一点, の一番, の一章, の一篇, の一間, の七人, の二カ所, の二三枚, の二本, の何, の何れ, の何割, の何本, の前, の商業的, の四人, の四名, の数名, の海水帽, の百八十九人, の第, の虚無僧

1 [2853件 抜粋] お伺い, からこちら, からだ, からわずか, から三人, から例, から処女作, から思い出す, から最近, から特殊, から遠く深く, がわ, その客, でいちばん真理, でたった, ではコロホニウム, でもいろいろ, でもとりわけ, でもコリー, でも人間, でも墺国, でも宮王大夫, でも忘れ, でも日蓮宗, でも母, でも碁, でも紫, でも革命前, でクリクレド, で一番私, で今, で内村直也君, で唯一人眼, で大, で幾度, で日本人, で演奏, で生長, で通俗的興味, で高粱, なんか書い, にあたし, にあなたたち, にあらためて, にいい加減, にいったい, にいつか背後, にいまロング, にうしろ, においては小さな, におしん, におどろき, におれたち, にお母さまたち, にお話, にかすか, にがまん, にきまるでしょう, にくぐり, にくまのけ, にげいこ, にこつち, にご, にささやく, にしきり, にすうっ, にそ, にその或, にたがい, にだしぬけ, にちと, につくでしょう, につめ, にでき, にとかいつか, にどかあん, にどれ, になぜ, にねタイキ, にはいっ, にはおそらく, にはお前さん, にはき, にはさらに, にはすやすや, にはだんだん, にはどう, にはなお, にはもうほとんど, にはわたし, にはサント・オーレール嬢, にはムタラ, には不可思議, には人だかり, には僕, には前途, には品夫, には大いに, には子供, には小説, には帰る, には引越す, には必ずや, には持参金, には新しく, には暇, には柔ぐ, には正法, には江戸, には男, には福富教授, には考え, には良人, には解決, には逃げる, には金吾, には雨, には麦, にひでよし, にひよつこり, にふとした, にぷーんと, にほとんど, にまぎれ, にまたまた, にみさ子, にめんどうくさく, にもうもうと, にもさっき, にもその, にも三人, にも休息, にも国王, にも小浜兵曹長, にも念入, にも時刻, にも汽車, にも秋霜, にも臭気, にも馬車, にやせた, にやむなく, にゆき, にらく, にわびしておくべしといへど, にアイニュウアイニュウ, にアラユル妄想, にエレベーター, にカステラ, にガラス戸, にギョッ, にケリム, にサイレン, にジッ, にスタンレー, にソノ子, にタタム氏, にダンダン出来, にディオニシアス, にドア, にドノバン, にニコル, にハーシュ, にバラバラ, にビラ, にファラデー夫人, にブル, にページエント, にボール, にマドレーヌ氏, にメアリゴウルド, にヤット波, にライオン, にリイ, にルリさん, にローリイ, に一つ塾, に一人物腰, に一室, に一度兄貴, に一月, に一箇月, に一週間, に丁度, に三味線, に三木城, に三羽, に上衣, に不幸, に不自由, に世界美術全集, に並ん, に丸窓, に久慈, に九月, に乾くだろう, に二三名, に二十前後, に二度厠, に二重, に五等官, に人家, に今一挺, に仕度, に任期, に会い, に伝わっ, に低, に何しろ, に何等, に侍, に保子, に偃松, に偵察, に先刻, に光秀, に八ツ, に公園, に具, に冷静, に出し物, に刃物沙汰, に初めて, に別れっちゃった, に前後, に力強い, に勇敢, に勝つ, に北京童, に医者, に十日, に午後, に半歳經, に卵, に参詣, に収穫, に取組みあい, に古い, に召使, に吉宗自身, に向, に含まれます, に呀ッ, に味方, に咳嗽, に啜り泣き, に嘔気, に囚人, に四囲, に団長, に土肥庄次郎, に地, に坊ちゃん, に城門外, に堕涙, に墓地, に声楽家, に夕立雲, に多勢, に大川, に大蔵流京笛御指南, に天地, に太史慈, に奥座敷, に奸知, に姉婿, に子, に孝ちゃん, に学徒出陣, に安心税, に客車, に寂光院, に寺侍たち, に小便所, に小学校, に小犬たち, に小関氏, に尾州家, に山木方, に川上, に左, に帆村おじさん, に帰るでせう, に平気, に年月, に幻, に床, に引き返し, に張り込ん, に彼女たち, に徐徐に, に御飯, に徳蔵, に志ん, に怖い, に怪しい, に恐るべき, に恰度, に悪運, に愚昧, に感じた, に懐中, に戸外, に手提, に押しかけ, に挨拶, に操縦者, に救助隊, に文壇, に新しく, に於ける, に旅費, に日本側, に昂奮, に昏睡, に昨日, に時日, に晩春, に曲りなり, に書かなけれ, に書記長, に月世界, に期日, に本石町, に東京劇壇, に東西, に枝, に栗野博士夫妻, に検屍, に槍, に横着者, に機関, に欲しく, に正月十一日, に武蔵様, に死人, に毒, に気泡, に氷上, に汐, に汽笛, に河童, に泣く, に浜田広介, に海面, に涙, に淳庵, に渦巻く, に源氏宥免, に漂浪, に澤君, に烈しい暑, に焦, に煮豆屋, に父思元, に片隅, に犯人, に狼たち, に玄関, に珈琲, に用意, に畠側, に疲れ, に病状, に白坊主, に白鳥会員, に盆茣蓙, に監視ら, に真珠, に着陸, に矢島, に知人, に砂利道, に破綻, に神さま, に禮, に秋田犬, に稻子, に空ッ風, に突き, に竈場, に競馬, に筋違御門, に篤と, に紀伊守, に細かい, に絵図面, に編棒, に美智子さん, に習いましょう, に耕介, に肥後, に脈, に自ら, に臭い, に艦尾, に色いろ, に花嫁, に英国, に菩薩, に蓄音機, に藤井, に虫, に蝋燭, に衆, に衣笠, に襟元, に西田さん, に見つける, に見逃す, に角さん, に訪ね, に話声, に課員, に諸, に警視廳, に豊雄, に貧乏, に赤ん坊, に越中立山, に身体中, に軍, に辞職, に返辞, に逃げ出す, に速, に道傍, に道平, に遠く加古川, に邇邇芸命, に郷里, に酒精, に酷い, に金米糖どころ, に鋭い, に鎮撫使, に長持, に闇夜, に陶謙, に隣, に雅楽頭, に雪子学士, に電熱器, に霊感, に霽, に青江三空曹必死, に鞍馬, に頸, に風老, に食卓開始, に首相, に馬超, に馴れる, に驅, に高射砲, に高野長英, に鮓, に鳴く, に鶏卵, に黄ばんだ, に黒沼伝兵衛, のあきの部, のこれ, のだれ, のひと晩, のブラック, の一つ長州萩, の一台, の一棟, の一箱, の一部門, の三千駄, の上着, の九十人以上, の二割, の二晩, の五十, の何通, の八分の一, の十七人, の半数, の四八一六方英里, の坊や, の女中さんたち, の小さい, の崋山先生, の幾許, の数枚, の正しい, の江柄三七郎, の紺, の色, の袴, の難所, はどう, へお, ほどなく, より一団, をやっ, を馬舍

▼ その~ (6700, 1.1%)

6153 にまた 30 に彼 27 にある, にこの 25 に腰 24 にその 23 の方 21 になお, に私, に立っ 18 に又, に白い, に自分 16 にお, に立つ 14 で, にまだ, に乗っ 13 にもう, に何, に大きな 12 に小さな 11 にのせ, に一つ, に更に, に身, のこと 10 に乗せ, に人, に土, に頭, に顔, に黒い, を歩い 9 で私, に足

8 [14件] でその, でまた, にのっ, には, に一人, に人間, に今, に他, に坐っ, に小さい, に板, に横, に雪, に馬乗り

7 で御, に大, に家, に寝, に水, に目, に立ち, のほう

6 あの晩, にさらに, にそれ, に手, に月, に載せ, の事, の枝, を行く

5 [21件] でこの, にここ, には大きな, にもまた, に両手, に今度, に例, に彼女, に毛布, に父, に石, に第, に紙, に置い, に胡坐, に落ち, に赤い, に青い, の, へ土, をまた

4 [59件] からまた, この頃, こんなこと, でそれ, でなら, でもし, で初めて, にあがっ, にあった, にあなた, にあの, にあれ, にいる, にいろいろ, にいわゆる, にかかっ, になほ, にのしかかっ, にはいくつ, にはまた, には青じろい, にも, にやはり, によく, に一本, に上っ, に二つ, に住む, に出, に出よう, に厚い, に太い, に女, に富士, に帽子, に年々, に建てた, に御, に新しい, に置いた, に腹這い, に自然, に藁, に詮議, に身体, に載せられた, に載っ, に金, に首, の壁, の御, の文字, の棚, へ, へまた, へ今, へ大きな, へ横, へ腰

3 [124件] お内儀, お夏, お絹, からもう, こんな事, でお母さん, でさらに, でのこと, でまだ, で人間, で改めて, で自分, にあっ, にあつ, にいつ, にかかる, にかなり, にからだ, にこう, にこれ, にすわっ, にそっと, にただ, にたっ, にちょっと, にのしかかった, にのせる, には色々, にまで伸び, にもし, にもつ, にも彼, にも綾, に一々, に一体, に一方, に上, に乗り, に乘つて, に伏せ, に体, に兄, に卵, に口, に可, に君, に君臨, に和歌, に坐り, に坐る, に小, に少し, に山, に帯, に建てられ, に影, に彼ら, に彼等, に改めて, に新, に昔, に書い, に書く, に書類, に本, に横たわっ, に歌, に浮ん, に漂, に火, に火花, に猶, に現, に生活, に男, に盆, に硯箱, に神, に立てられた, に築いた, に築かれた, に紅鶴, に置かれ, に置かれた, に美しい, に臼, に蔽, に重なっ, に金色, に鉛筆, に長い, に雨, に額, に顎, に飛び乗り, に飯櫃, に高く, に黄色い, に黒, の二階, の大, は序詞, へど, へメリケン粉, へ一面, へ上, へ坐った, へ後, へ水, へ顎, へ顔, をたたい, を回転, を歩く, を蔽う, を行っ, を走る, を蹈, を軽く, を通っ, を通る, を静か, を黒い, 困つたこと

2 [452件] あのお喜美, あの人, あの娘, あの宗匠, あの日, あの邊, あの野郎, あんなに立て混ん, お勘坊, お喜多, お店, お春, お福, お美代, お艶, お越, からお, からまだ, からキリキリ, から一枚, から両手, から二番目, から又, から土, から大きな, から小石川, から手拭, から白ソース, から臼, から蓋, から覗い, から適当, から青い, か下, が墓地, が寺, こういう発明器, このこと, この十日, この娘さん, この子, さう, すぐに, その上, その位, その頃, でいずれ, でお, でお前, でどう, でどんな, での差別, でみんな, でよい, で主人, で之, で仕事, で他, で俺, で僕, で又, で君, で彼女, で更に, で死ん, で焚火, で眠っ, で科学, で血, で話, で足, どうした, ならず馬, なる諸, にあ, にあご, にあの大, にあふむけ, にい, にいい, にいくつ, にいま, におかれ, におき, における生活, におのれ, にお松, にかう, にかけた, にかける, にかざし, にかぶせ, にきちんと, にきのこ, にこちら, にごく, にごろ寝, にさまざま, にそれぞれ, にだ, にち, にちょこんと, につづく, につもった, につもり, にどっかり, になっ, にのせられた, にのぼっ, にはあいにく, にはい, にはいつも, にはもう, にはやはり, には一つ, には七つ, には何, には小さな, には彼, には更に, には月光, には木彫, には白い, には高級, には黄金, にひろがっ, にふと, にほとんど, にもである, にもです, にもなお, にもまだ, にも景気, にも男, にも落葉, にも面白, にゆったり, にわたし, にガラス, にゴザ, にフワリ, にランプ, に一寸, に一杯, に一枚, に一葉, に一面, に三尺, に両方, に乗せた, に乗った, に乗つ, に乗る, に乗鞍岳, に乱, に事業, に二三, に二階, に人類, に今日, に仰臥, に休ん, に位する, に何ら, に作り, に俵, に倒れ, に倒れた, に僕, に出た, に刀, に初めて, に別, に前, に加, に加え, に勝平, に十字架上, に博士, に古い, に右手, に各, に各自, に周囲, に品行, に壁, に夥しい, に大勢, に大小様々, に大抵, に天, に太陽, に夫人, に妙, に妻, に妻子, に存在, に安, に家畜, に容貌, に寝そべっ, に寝られる, に寝る, に寺, に小屋, に尻, に居る, に屈み込ん, に屋根, に展, に屹立, に崩, に左, に布, に布団, に常, に幅二尺, に座, に座っ, に座った, に建てられた, に悪事, に惣八郎, に成り立っ, に抜け, に押し, に掛かった, に掛け, に掩, に描かれ, に支那, に敷き, に敷物, に星, に暖, に書物, に未だ, に材木, に枝, に根, に桜, に横臥, に橋, に次, に次第に, に此, に殿様, に泛, に波, に流線, に浮い, に消す, に漂う, に灸, に無理, に現れ, に現在, に生, に生え, に生ずる, に病人, に白布, に白木, に白粉, に相当, に真諦, に眼, に着, に着物, に砂糖, に硯, に秋, に秋海棠, に積, に突風, に立った, に立ってる, に立派, に築く, に米, に粉, に紫, に結晶, に絹, に緑色, に縁, に置き, に置く, に置こう, に義雄, に老人, に肥料, に肱, に胃, に腰かける, に膝, に臨む, に色々, に花, に茶, に荷車, に莚, に落ちた, に薄い, に蚤, に被せる, に被害者, に裸体, に見える, に誕生, に誰, に財産, に貧しい, に載せた, に輝い, に輾, に遥か, に醤油, に重い, に金網, に釣瓶, に銅, に鏡, に陽, に雨戸, に静か, に頤, に頬, に顋, に風, に風呂敷, に馬, に馬のり, に骨, に高い, に鴉, のえ, のご, のもの, の丘, の何やら, の天井, の子, の学校, の忍び返し, の望み, の枝ぶり, の格子, の梁, の細工, の者, の足跡, の部屋, の青い, の頂, の麓, は友二郎, は平地, は樹木, ひどい錆, へいっぱい, へいつも, へさらに, へのっ, へハンカチ, へ三間梯子, へ両手, へ乗っ, へ人間, へ俯伏, へ出なけれ, へ同じ, へ坐っ, へ坐り, へ家, へ幾つ, へ打つ, へ振かけ, へ本, へ板, へ横倒し, へ檜, へ瓢箪, へ白い, へ肉, へ茣蓙, へ菓物, へ落ちた, へ行きました, へ軽く, へ重ね, へ雪, へ青い, またも, もうどこ, もう一つ, もう一つ是非, やはり南側, よく見る, をうつむい, をおおっ, をこの, をさらに, をはしつて行, をバンド, を堂々, を墨, を大きな, を左肩, を彼女, を持上げ, を掩, を新聞紙, を更に, を毛布, を水, を流れる, を海鼠, を渡つた, を滑っ, を竹, を耳, を走り, を越え, を越し, を跳び越え, を踏み, を踏み越え, を踏ん, を通りすぎる, を重い, を限, を靴, 全く誰, 又例, 古い堂宇, 可哀, 困ったこと, 多少の, 寒さ, 少くとも, 少しの, 弱い尻, 強いては, 御主人, 恐ろしく剛, 悪いこと, 持って, 早く女親, 死んだ者, 滅法カン, 行けば

1 [4206件 抜粋] あいにくと, あの方, あの谷, ある種, いうところ, いつの間に娘, いや最も, うまくバランス, おたがいに公然と, お互, お父上, お薬, かういふ世の中, かの蠅男, からけし飛んだ, からという, からまっ, からカスタープデン, からネズミ色, から上品, から光つて, から厚ぼったい, から味噌, から塗抹, から帆布, から手, から日, から柿, から温かい, から生れさせよう, から石膏, から絹糸, から色々, から踏み躙る, から顔, かれは, が屋根下, が踏み固められ, こういった, このエンジン, この余りに, この夏, この怪しい, この歌, この罪過, この騒ぎ, こんな噂, ざっと見渡した, すこぶる堅い, そうした特徴, その冗文, その小, その殺人方法, その美徳, そんな, たいへん悲し, たにし, つ代, でいろんな, でお目にかかります, でここ, でそっと, でとんぼ, でのいい, での仕事, での新た, では人びと, でも, でやります, でキャバレー, で一同, で上京, で人形, で何とか, で出向い, で原稿, で君たち, で夢中, で家内, で崔諒, で彼, で戦, で文学, で普通, で本望, で次, で毛布, で火, で生徒監, で眠った, で空滑り, で罰, で自分一個, で菰田家, で言ひたい事, で躍り上った, で酒, で頬杖, とくい, と隣室, どうやら胃袋, なおよくばっ, なお私, なるべく安易, なんで巡察, にあつく, にありあり, にいかつい, にいちいち, にいろんな, にうずくまっ, において窮屈そう, におきつ, におまけ, にお願い, にかけ上っ, にかれこれ, にくずかご, にこんな小さな, にさらし出し, にすえ, にすわり, にその間, にたくさん, にちょこなんと, につけ, にて, にて奥, にでき得べくん, にとまり, にどうか, にどんな, にねかせ, にのせた, にのみた, にはさっき支倉, にはっきり, にはひろい, にはアルミ, にはティトレリ, には三人前, には今, には原稿用紙, には好み, には怪しげ, には最後, には枯葉, には氷結, には甲冑, には種々, には紺紙金泥, には色さまざま, には蜃気楼, には酒徳久利, には鋳, には風, には1, にふとん, にほか, にまばたき初める, にもあった, にもっと, にも不可思議, にも公儀, にも因果, にも快楽, にも暫く, にも砕花氏, にも銑吉, にゆれ, にわたくし, にウォーカー, にオーバー, にカーテン, にコミンフォルム, にサモワル, にジーイー会社, にトン, にハリス, にピカピカ, にペン, にマーシーディズ, にヤク, に一ぱい, に一家, に一日間, に一箇, に三両, に三輪, に下駄, に世にも, に並べる, に中途, に久し振り, に乘, に二ヶ年, に二本, に亡兄, に人間レコード, に他人, に伸子, に何やら, に作曲者, に假綴, に元禄以降大正昭和, に八つ, に再び, に処方, に別嬪, に前述, に加上し, に化粧, に半, に印度人, に又次, に古版, に各国連合軍, に向, に商標, に囚人ら, に困つた, に土鍋, に坐せまつり, に塗った塗った, に壜, に多, に大の字, に大石弁造, に天民, に女房子供, に威儀, に安住, に家族, に寒餅, に寝転ん, に将棋倒し, に尚, に山水, に差出す, に常に, に幾条, に庵平太郎, に建築, に当る, に後々, に徹頭徹尾, に思慮, に悉く, に懸け, に手まくら, に投げ落された, に拙者, に据ゑると言, に握り飯, に擴げた, に数個, に文章, に新聞紙, に日常, に昨今, に暑く, に書かれ, に木星, に村一番, に板石, に架台, に桑, に植ゑた薔薇, に楼閣, に横石, に次に, に死ぬ, に母親, に気色, に水辺, に沃盥, に活動力, に海嘯, に清十郎, に湿った, に漆絵, に火消し, に炭, に無遠慮, に照りつけ, に燭台, に狂乱, に玉虫, に環境条件, に生首, に番人, に疵口, に白梅, に盤, に真剣, に眼鏡, に短い, に砂袋, に神奈川県, に祭揚, に稀, に積善寺, に突起, に立つた, に立脚, に笠, に築かれ, に糊, に素晴らしい, に組まれた, に総本山, に置かれる, に羽, に聖水, に肝心, に腫物, に臥そ, に舶来, に花井一郎, に若旦那, に草鞋銭, に華族, に蒼天の, に蕎麦, に藁製, に行儀惡, に裝飾, に覆い, に覗き出した, に試合, に警察, に赤ペンキ, に跨が, に蹈跨, に転んだ, に載つけた, に追懐, に逞しい, に運動不足, に配っ, に重なり, に金文字, に釣合わない, に銀仮面, に長く, に降っ, に隅田梅子, に電灯, に青竹, に音, に顏, に飛ぶ, に食糧, に餓, に髭, に黄いろい, に黒褐色, のが, のシネラリア, の九つ, の兄君, の名残さ, の女の子, の寝室, の幹, の慾, の文藝春秋, の植民地風, の無数, の皮, の空気, の般若心経, の表面, の詳しい, の部, の階, はおれ, はどんな, は両刀, は千両, は手, は白状, ひどくだぶだぶ, へいつ, へこれ, へそっと, へねむるのださうで, へは登れなかった, へやわらか, へジャケツ, へヒョイ, へ一列, へ乗り, へ仰向き, へ倒れた, へ厚い, へ圧, へ好き, へ少し, へ建て, へ手紙, へ掛けます, へ横乘, へ灰, へ白身, へ確り, へ細かく, へ翳した, へ苔, へ行っ, へ跳び込ん, へ重し, へ長谷川辰之助君, へ飛び去っ, へ麦焦し, またおれ, また娘, また行つて歸, まだチベット, まづい, まるで眼玉, もう一俵, もう気, もっと忘れっぽく, ややもすれば私, より下肥, をあるい, をかすめ, をくる, をさらにすっぽり, をぞろ, をどど, をほんのり, をゆく, をトボトボ, を一目散, を二つ三つ, を光, を半ば, を吹き渡っ, を埃, を太い, を巻い, を往来, を押えた, を敬し, を板, を歩む, を漂っ, を片手, を眼白, を細い, を綿, を舞っ, を蔽, を蟻, を言い得ない, を走りすぎる, を踏め, を這, を進ん, を雁, を青い, を飛ぶ, を駱駝, 一向にうまくなし, 下ろされた腕金, 会ったとて, 何やかやの, 優れたパイロット, 出る奴, 又珍, 同じく恒子さん, 大きな茣蓙, 学ばうと, 少しは, 尚悪い, 強いて, 御化粧, 忘れて, 恐ろしく執念深い, 懸けを, 掘って, 早くて, 暫く期間, 未だ独身, 歓んで, 比較的, 泣き頻きつ, 猶川幅, 白い袖, 素晴らしい好景気, 美しいの, 聞いて, 薄暗く閉め切つた, 訊こうとも, 貸して, 近頃僕, 重クロム酸アンモニア, 隣りの

▼ そのこと~ (6184, 1.1%)

75 では 44 を考え 36 があっ 33 を知っ 31 を話し 30 か, は私 29 を私 28 をよく 25 を彼 2322 はまた 21 なん, のため, は, ばかり考え 20 が私, をお, を考える 19 がすでに, を話した 18 を忘れ 17 です, ですか, を聞い, を言っ, を話す 16 に就い, はもう, を云っ 15 である, はよく, を, を考えた 14 でも, なの, を口 13 そのこと, だけで, によつて 12 が既に, は彼, をあなた 11 がまた, が気, だが, を思い出し, を思う 10 がはっきり, が彼, ですよ, はわからない, は忘れ, を僕, を思い出した, を母, を言う 9 じゃない, で, に気がつい, はすでに, をはっきり, を云う, を云った, を報告, を知った

8 [11件] が頭, だよ, で私, ならば, は今, をきい, を云, を気, を注意, を考へ, を誰

7 [13件] があ, がよく, であった, のなか, はこの, はまだ, は又, は決して, よ, をいう, を告げた, を知らせ, を知らない

6 [36件] がわかっ, がわかる, だけなら, でご, でございます, についていろいろ, については何, については私, に気がついた, に関係, のうち, の歸結, はあと, はすぐ, は何, は彼女, は知っ, ばかりを考え, をいっ, をお話し, をこの, を伝え, を少し, を心配, を念頭, を思いだした, を思ふ, を書い, を書いた, を示し, を聞いた, を自分, を言, を言った, を証明, を話しました

5 [43件] から私, が, があった, がある, がこの, がただ, がわかった, すら益々, だったの, でお, でございますか, でございますが, ですが, で来た, と関係, なら心配, について私, になる, に應, のあった, はお, はやがて, はわかりません, はわたし, は御, をお話, をきいた, をすこし, をたずね, をわたし, を人, を伸子, を彼女, を心, を思い出す, を思っ, を思った, を感じ, を感じる, を父, を理解, を知らせた, を話します

4 [57件] あって, があなた, がどう, が一層, が伸子, が俺, が出, が変, が書い, さ, だった, でいろいろ, でした, で彼, なのよ, について何, には触れず, に於, に気, に気づい, に気づいた, に気づかなかった, に気付いた, に自分, のあつ, のほう, はあなた, はその, はそれ, ははっきり, は前, は口, は後, は忘れた, は我々, ばかりで, ばかり考へ, もちょっと, をいろいろ, をだれ, をちょっと, をつよく, をどう, を今日, を博士, を告げる, を後で, を忘れない, を思い, を思いだし, を申, を知らせました, を知りませんでした, を考えなかった, を言い出そう, を訴え, を警察

3 [132件] からし, がありません, がいかに, がかえって, がなにか, がヒューマニズム, が全く, が分った, が原因, が又, が妙, が愛, が知れ, じゃ, じゃありません, だがね, であらう, でいっぱい, でお前, でございます親分さん, ですがね, で何, で僕, で君, で彼女, で御, で自分, で頭, とは別に, なくし, ならもう, なら私, にある, につい, について, についてなら, についてはもう, には触れなかった, にふれ, によってあなた, に少し, に就, に意味, に気がつかなかった, に気がつきました, に熱中, に腹, に興味, に触れない, に関する限り, の中, の方, はあの, はいずれ, はかね, はご, はただ, はだれ, はちょうど, はつい, はわからねえ, は一向, は主, は伸子, は安心, は実は, は心配, は日本, は母, は深く, は父, は現実, は知らない, は第, は考えず, は自己, は読ん, は誰, ばかり思っ, ばかり気, ばかり考えつづけた, ばかり言っ, もまた, もよく, をあからさま, をいつも, をおじいさん, をおれ, をきく, をくり返し, をすっかり, をまだ, を一番, を云つて, を伝える, を俺, を兄, を先生, を全く, を十分, を半蔵, を告げ, を問題, を奥さん, を当時, を意識, を感じました, を感じます, を感謝, を手紙, を打ち明ける, を教え, を母親, を深く, を申し, を相談, を知らし, を知らせず, を知らせる, を知らなかつた, を知りました, を知る, を確め, を考へた, を聞く, を良人, を覚え, を記し, を語る, を非常, を頭, 云って

2 [368件] かね, かふ, からこの, からたしかに, から心, から来る, から深い, から生ずる, から私自身, から自分, がいかほど, がいつ, がいつしか, がいま, がいや, がうるさく, がこんなに, がさらに, がとり, がどこ, がまず, がむしろ, がもう, がやがて, がわれわれ, がハッキリ, が一時, が不思議, が何, が僕, が即ち, が困難, が夢, が引合い, が彼ら, が彼女, が彼等, が心配, が念頭, が意識, が明瞭, が理解, が生活, が疑い, が癪, が第, が胸, が警察, が長谷川自身, さえも意識, じゃが, じゃねえ, すらも父, そうつと裏口, だけが僕, だけでいっぱい, だけでもよかっ, だけは, だけはどこ, だけは確か, だと, であったの, であつ, でお詫び, でかいな, でございましたか, でしょう, でちよ, でなければ, でね, で今日, で夢中, で新しい, で父, で言, とヒューマニズム, と關係, なく現在, なら, ならあなた, なら僕, なら知って, にあらわれ, にし, についてお, についてご, についてはなに, については一言, については諦める, についてもいろいろ, について一言, について口, について彼, について次郎, について母, について深く, について話す, について非難, について面白い, につき一言, にどこ, にはふれず, にはふれなかった, には觸, にふれる, によってさらに, によってわたし, によってソヴェト, によって私たち, に伸子, に何, に依っ, に半蔵, に彼, に成功, に気がつかない, に気がつく, に気づかぬ, に気づき, に満足, に異議, に疑い, に私, に私たち, に自信, に触れ, に触れた, に触れる, に觸, に話, に適切, に関した, ね, のひょっと心, のほか, のゆえ, の力, の外, の性質, の無理, の究極, の良し悪し, はあたし, はいかに, はいま, はいわなかった, はうすうす, はお話し, はけろりと, はここ, はこれ, はさておい, はそれきり, はだんだん, はつまり, はとにかく, はなかなか, はなんとも, はなんにも, はまあ, はまさに, はまざまざ, はもっと, はわし, は一方, は一目, は一葉, は不可能, は予期, は云う, は人生, は人間, は今ここ, は今日, は何とも, は作家, は僕, は先程, は出, は別に, は十分, は半ば私, は即ち, は同じ, は大, は女, は始め, は娘, は存じません, は実に, は当然, は彼等, は後でゆっくり, は後廻し, は怒, は感じられる, は文学, は断念, は新聞, は既に, は更に, は書い, は書きました, は村人, は正直, は疑い, は私たち, は結婚, は考え, は考えない, は自然的生, は血, は西洋, は言わなかった, は過去, は道徳, は闇, は頭, は黙っ, ばかり心配, も, もあっ, もあなた, もあの, もお, もたいへん, もだんだん, もやはり, も一国一家, も大変, も弟, も忘れ, も面白い, や, よりもほか, よりも今, をあと, をあの, をあまり, をいい, をいいだし, をいおう, をいちばん, をいわなかった, をいわゆる, をきき, をこ, をここ, をさ, をそこはかとなく, をそっと, をその, をそんなに, をたしかめ, をだ, をちゃんと, をつい, をなす, をほか, をまず, をまた, をまったく, をもっ, をサエ, を中心, を主人, を云え, を今, を会社, を伝え聞い, を信じた, を先, を先ず, を別, を又, を反省, を君, を否定, を吹聴, を吾, を喜ん, を報道, を夢, を大学, を天皇, を夫, を妻, を始め, を実証, を宮, を岸本, を常に, を幾度, を強く, を当人, を当然, を後, を御, を心がけ, を忘れた, を念, を思い起させる, を思い返す, を思え, を思ひ出す, を想う, を想ひだ, を想像, を意味, を感じた, を憤っ, を憶, を我々, を打ち明け, を打明け, を承知, を新聞, を旦那さま, を早く, を明らか, を明瞭, を書きます, を樺の木, を正直, を此処, を決して, を洩らした, を物語った, を率直, を田舎, を申し出た, を発見, を直ぐ, を知つて, を知らず, を知らなかった, を知らぬ, を私たち, を細君, を老妓, を考えてる, を考えました, を考えよう, を考へない, を考へる, を自覚, を行動人, を西村, を言い出し, を言い出した, を言つて, を訊ね, を記憶, を話, を話し合っ, を詳述, を語っ, を論じ, を述べ, を述べよう, を電話, を非難, を頼む, を頼ん, 即ち希望, 思って, 思ひ切つて, 話して

1 [3072件 抜粋] あつて後, あるの, かその, からいい, からで, からもいい, からやはり, から与えられた, から先生, から女性, から後, から深く, から考え, から身体, か或は, があるまい, がいぶかしく, がおこった, がかの, がさまざま, がそういう, がたいへん, がちらちら, がとっさ, がない, がひろ子, がまざまざ, がやっと, がわかるまい, がジャンガラ星, が一切, が一行, が不当, が云, が今朝, が何倍, が僅か, が分かり, が判る, が南天棒, が却って, が同時に少し, が土地, が大変, が学校, が家族ら, が平民社, が影響, が心, が思っ, が悲しい, が成功, が敏子, が日本, が時次郎, が更に, が朝, が段々, が流行, が潜在的, が片づかない, が生存本能, が直ちに, が知らず知らず, が私達, が縁, が自分, が芸術的良心, が見え, が証明, が議題, が間もなく本当に, が非常, きまったん, こそ必要, さえも厳秘, じゃあ僕清水, じゃ黒馬博士, すらがよろこびだった, それでいい, たる実験, だけがつとまり, だけが私, だけじゃない, だけでもさびしい, だけでも一本, だけでも無罪, だけで彼, だけに, だけに安んずる, だけに限らず, だけはつ, だけは固く, だけは私, だけをあたし, だけを想い続け, だけを隠しだて, だったに, だとも, て何, でありそれ, であろうが, でおれ, でこそ, でございます旅, でしたら, ですかじゃ, でそういう, での倹約, でみなさん, でゆっくり, で一度, で人々, で俺, で冬子, で博士, で噂, で夫人, で尋ね, で彼等, で思い, で愛, で昨日, で歎, で浦路, で生活, で純文学, で胸, で苦しん, で講演開催, で鏡, で養父母, とあんた, として派手, とはならない, とをてらし合わせ, と兵隊もの, と旺盛, と紀久ちゃん, と連絡, どう考えた, などは墨, ならお, ならその, ならまったく, ならモオトン教會, なら大体見当, なら本人, なら落合, なんで, においていわれ, におどろかされた, にこ, にこだわる, にしろ, にちっとも, についてお前, についてこの, についてせっかち, についてのチャンピオン, についてはあまり, についてはつ, については事件, については全く, については吾が, については彼自身率直, については触れなかった, については黙っ, についてもっと, についても落, についてブランカ, について一度, について今, について作者, について別, について多く, について宮, について御, について日本, について気, について父親, について矢張自分, について自分, について話し, について誰, について遺憾, につきましては生徒, になじめなかった, にはげしい, にはふれますまい, には別に, には少し, には気づかず, には誰, にほかならず, にもおばあさん, にも一種, にも拘らず, にも責任, によってその, によって古参, によって女, によって忘れる, によって未亡人, によって男, によって自身, によつて制限, による, に不念, に信念, に十一宿, に同意, に実感, に対する私ども, に就きまし, に当たる人々, に彼自ら茫然, に思いつい, に悔い, に憧れる, に暫く, に気がつき, に気付かず, に注目, に疑念, に罰, に見られる, に起因, に関して何, に関すると穿山甲, に非常, のあくど, のおこった, のみが家臣, のみを思いつづけ, の不便, の出来る, の取調べ, の大きな, の必然, の本質, の理解, の立入つた究明, の裡, の重, はあまり, はいく, はうちの人, はおれたち, はかの, はことごと, はご存知, はさびしい, はすばらしい, はそれ以上考え, はたった今, はついに, はとり, はなるべく, ははぶきます, はひみつ, はみなさん, はもう少し, はわからねえでござん, はわき, はガヴローシュ, はハムレット, は一ツ言, は一応, は世間, は云わなかった, は今や, は会津藩, は作品以前, は俳句, は全, は兵道家, は別, は勿論, は博士, は取り, は含んどい, は外国人, は大いに, は奇蹟, は子供, は実現, は小さく, は居合せた, は幼い, は弱小資本主義, は御用所じゅう, は忘れられ, は思いとどまった, は慧鶴青年, は批評家, は文化的生, は日本画家, は時には, は有り, は構, は死, は注文主, は父親, は生きた, は痛切, は省略, は知られよう, は知識階級, は立入つて, は素人作家, は義貞, は考へない, は胸底, は菊池契月氏, は裁判所, は解釈学, は試験, は認識, は賀茂真淵, は部隊長, は雑誌, は驚異, ばかりが煩悶, ばかりであった, ばかりに私, ばかりは御, ばかりを口, ばかりを繰返し繰返し, ばかり云い暮し, ばかり恐ろしゅう, ばかり考えました, ばかり言いつづけな, ばっかりを苦, への抗議, まこと, もあったろう, もう書きました, もたえ, もつと, もはいっ, もわからず, も今, も何と, も取りきめ, も実は, も心配, も書く, も申しましたなれ, も私たち, も聴きおい, も言えません, も階級的立場, よくわかる, よりもよく, より外, をある, をいいわたす, をいわれぬ, をうらみ, をおぼえた, をお爺さん, をきかされた, をきめ, をこそ書くべきな, をささやいた, をさまたげよう, をしまっ, をしらせる, をすすめ, をそれほど, をたずねた, をちよ, をともかく, をなさずし, をはかった, をはつきり発表, をひと, をひやかし, をまかせ, をめざし, をもちだした, をもやっぱり, をも含め, をやり遂げない, をエヴァハード, をゴーリキイ, をニワトリ, をルクレティウス, を一種, を与謝野晶子さん, を中津, を乙, を二人, を云い出す, を云われ, を今井, を仰しゃ, を休, を伺っ, を依頼, を信ずる, を兎, を内所, を切実, を十一屋, を叔父さん, を吉田親分, を告げ知らせる, を命令, を喋りすぎず, を国会, を外, を大, を奥様, を娘, を実行, を尋ねた, を小鳥, を巧み, を帰ったら, を引き出す, を後々, を心ゆく, を忘れる, を怒り出しました, を思いつめる, を思い及ぼす, を思ひつづけ, を思わない, を悟っ, を想い出した, を感ぜず, を懐紙, を打明けました, を指し, を放棄, を断わっ, を日記, を星, を暗示, を書類, を木, を村尾さん, を林檎, を極, を次ぎ, を殿様, を決め, を津川玄三, を演劇革新, を焦点, を王, を由子, を申し上げました, を疑い, を白状, を相手, を知ってる, を知らせなかつた, を確かめる, を秘密, を筑摩家, を繰り返し, を翌日私, を考えたくなかった, を考えます, を考え続け, を聞かず, を能, を自慢, を船長, を苦しん, を著述, を見せ, を覚えぬ, を言い, を言おう, を言葉, を記す, を詰問, を話しあひ, を話せ, を語った, を語り合った, を諸戸, を谷川君, を質問, を近所, を進歩, を酷く, を長屋, を随分後, を領事, を願います, を高氏, 何もかも有り, 思うのよ, 死ぬまで, 考えると

▼ そのため~ (5306, 0.9%)

90 に彼 76 に私 75 である 54 にこの 5147 に自分 4232 にかえって 29 に少し 26 にその, に却って 24 です, に一層, に彼女 23 であった, に人 20 にお 19 に僕 17 にあの, にわたし 15 だった, であろう, に今, に日本 14 に苦しん 13 だったの, だと, にはまず, に身 12 かどう, なの, にまた, に彼ら 11 にあなた, には自分, にわざわざ, に心, に必要, ばかりで 10 にこれ, に人間, に今日, に女 9 さ, に努力 8 にあらゆる, にいろいろ, におれ, には, に君, に命, に死んだ

7 [13件] でもあろう, なん, にいっそう, にいつも, にかれ, にそれ, にどんなに, にはこの, にはどんな, に多少, に来た, に私たち, に非常

6 [16件] か, にいま, にせっかく, にどんな, にはどうしても, には今, にひどく, に他, に出, に多く, に大, に家, に御, に父, に身体, に頭

5 [27件] だよ, であつ, であります, であると, でした, にこんな, にできた, になお, にはやはり, にわたくし, にわれわれ, に一時, に二人, に何, に先生, に同じ, に吾, に彼等, に戦争, に時間, に死ぬ, に水, に生命, に生活, に苦しんだ, に金, もあっ

4 [44件] か私, じゃ, だろう, でございます, でもあるまい, にあたし, にある, にあんな, にいよいよ, にかく, にしばしば, にすぐ, にすべて, にたいへん, にちょっと, についに, になら, には何, には我々, には私, にみんな, にクリストフ, に一つ, に両親, に今度, に俺, に又, に反っ, に夜, に学校, に尚, に役立つ, に村, に東京, に死, に気, に目, に絶えず, に自己, に自殺, に若い, に親, に足, に随分

3 [110件] だか, だし, だつた, だという, であって, であらう, であるかも, であるが, ではない, でもある, という, にあたり, にいかなる, にいくらか, にこうして, にここ, にすっかり, にそういう, にそれら, にただ, にだんだん, につい, にです, にとくに, にどう, にどこ, にどれ, にのみ私, にはあらゆる, にはいのち, には僕, には君, にひどい, にほか, にほかならない, にほんとう, にますます, にまず, によく, によけい, にわし, にわれ, に一人, に一切, に一度, に一生, に一部, に不幸, に世界, に主人, に何物, に余, に働き, に働く, に力, に各, に外, に大きな, に天, に失敗, に奮闘, に婦人, に子供, に学問, に室, に己, に幾度, に後, に得る, に必死, に急, に折角, に文学, に文章, に新しい, に早く, に歌, に死ん, に殺された, に母, に無数, に熱, に特別, に生き, に生じる, に生ずる, に産, に立派, に罪, に老, に自分たち, に自然, に芝居, に苦労, に血, に財産, に貧乏, に起った, に酒, に顔, のこの, のもの, のよう, の不安, の運動, もあった, もある, もあろう, らしい, 反って

2 [303件] うっかり見る, かへつて, かもしれない, かも知れない, かも知れません, か今, しさ, じや, せっかくの, だが, だったん, だつたの, だろうと, であ, でございました, でしょう, ですの, ですよ, ではありません, でもあった, でもあらう, でもありましょう, と聞く, なので, ならば, にあ, にああ, にあり, にあんなに, にいく, にいくぶん, にいつの間にか, にいる, にうち, におびただしい, にお前, にお金, にかね, にからだ, にきわめて, にこっち, にこれら, にこん, にこんなに, にご, にし, にずっと, にそう, にそこ, にそんな, にたいてい, にたとえ, にだ, にだいぶ, にでも俺, にとうとう, にどうこう, にどうしても, にどれほど, になおさら, になん, にのみ早く, にはいかな, にはいつ, にはただ, にはたとえ, にはどの, にはなはだしく, にはま, にはまた, にはわれわれ, には一切, には亭主, には何より, には働かなかった, には別に, には多く, には多少, には大, には存在, には実際, には小, には彼, には従来, には必要, には思想, には戯曲, には更に, には最初, には最愛, には現在, には私ども, には随分, には非常, にひとしお, にほとんど, にまたいっそう, にまったく, にむしろ, にもし, にもまず, にもまた, にも私, にやや, によし, にわざ, にわたしたち, にわれら, にわれわれ地球人類, にオレ, にグレ, にドイツ, にバルザック, に一々, に一刻, に一家, に一寸, に一年, に一応, に一方, に一生涯, に一種, に一般, に一週間, に不思議, に不都合, に世界じゅう, に世間, に事, に二つ, に他人, に体, に作られた, に作業, に作者, に例, に例えば, に元来, に光, に入口, に入浴, に全, に全体, に全力, に内地, に出来る, に別に, に到頭, に前, に勉強, に動揺, に北海道, に十分, に却, に却つて, に去年, に受けた, に口, に可哀そう, に各種, に君たち, に吝嗇, に呼吸, に問題, に嘲笑, に国民, に國民, に土地, に圧潰, に報告, に外国, に大切, に天皇, に夫, に夫婦, に如何, に妻, に姉, に娘, に存在, に実際, に室内, に宿, に小説, に就職, に屡々, に左右, に幕府, に幻想, に彼女達, に後で, に後に, に後日, に微動, に徹夜, に恐ろしい, に息子, に愛情, に我々, に或, に手, に政府, に断えず, に新, に日数, に明治時代, に昔, に昼, に普通, に書いた, に最初, に最後, に未来, に本, に本来, に来る, に東北地方, に次, に正しい, に氏, に民衆, に気分, に永い, に決して, に泣い, に涙, に深い, に混雑, に片方, に特に, に特殊, に犠牲, に犠牲者, に犬, に狭い, に献身, に現在, に理想, に生きる, に生じた, に生徒, に用いられた, に用意, に病気, に発狂, に皆, に益々, に相手, に知らない, に破産, に私個人, に科学的, に科学的価値, に科学者, に羅馬風十字架, に習慣, に職, に胸, に腹, に若者, に苦しいおもい, に苦しまぎれ, に苦しみはじめた, に苦心, に苦痛, に葉, に見る, に言葉, に証書, に話, に誰, に諸君, に負傷, に起こる, に軽蔑, に途中, に遂に, に道徳, に適当, に長く, に闘っ, に障子, に障害, に雲, に青年, に頁, に餓死, に馬, に鼻, の会, の修練, の悲鳴, の方法, の旅行, の準備, の用意, の私, の色々, の訪問, の費用, ばかりでない, 遂に実家, 間違った道

1 [2779件 抜粋] あの人たち, あわ立つ激流, いっぽん, いろんな頭, おそろしく不利, かあるいは, かえって別れ, かえって素肌, かえつて, かそれとも, かもの, からりと, か一層, か何百年, か女子供, か度島, か暁子, か燈火, か美しい, か顏色, きわめてつまらぬ, こけおどしみたい, この一座, この地方, この日, こんな大きな渦巻, しょっちゅう復讐, すぐ身, その人, その土地特有, そんな呼び名, だけで, だけに書く, だったという, だなぞという, だろう見かけ, ちぢれて, つきおうて, であったと, でありましょうこの, であるに, であろう母, でこれ, でしょう口, でそれ, ではないでしょう, でもあり, でもなかろう, で待ち合わせ, といふの, としてわたし, とは気づかず, と言, どんなに迷惑, ならおふくろ, にああなった, にあの世, にい, にいずれ, にいつか, にいまにも, にうしろ, におおよそ, におそらく, におまえ, にお仕着せ, にお湯, にかえる, にかるがるしく, にくどい, にこ, にこそすべて, にこそ夫, にこそ日本文学, にこつち, にこれ程, にさ, にさびし, にしゃべる, にすなわち, にそうして, にその頃郷里, にたしかに, にたって, にちっとも, につかい果し, につむじ, にときどき, にと言え, になおいっそう, になぐられました, になんど, にのみし, にはある, にはいふ, にはからみ, にはさき, にはすでに, にはそのどの, にはっきり, にはどんなに, にはほとんど, にはゆくゆく, にはアマリア, にはタイプライタア, にはメリー号, には一定, には一般, には与, には二千艘, には人格, には仏蘭西, には余, には個人, には先づ世界, には具体的, には劇, には博士, には吾, には国民, には大いに, には太鼓, には女賊, には封建, には常に, には彼等, には恐らく, には戸籍面, には押し, には文部省, には日蓮聖人, には時間, には村, には正面, には決心, には漱石, には犠牲, には由利, には直観, には科学, には精密, には繰り返し, には臣ら, には血, には西洋風, には論理, には軍楽隊, には野蛮, には雪, には風呂敷, にばかり深められ, にひと, にふたり, にまい, にまぶた, にも, にもぜひ, にもやもや, にも修業, にも哲学的, にも日本, にやがて, にやむを得ず, にり, にわざと, にわれわれプロレタリアート, にイカルス, にウェスト・ポイント, にガス, にゲルダ, にシキイ, にスイス, にソヴェト作家同盟, にドイツ語, にニイチェ, にヒネクレ, にフミキリ, にベッド, にポープ, にムダ, にユーラップ川, にワザワザ白衣, に一世紀間あれ, に一定, に一日筆, に一種サディズム, に一院長, に七時, に三杯家, に下らない, に不便, に不自然, に世界的, に中毒, に主唱者, に乱れ, に争議, に二度, に互い, に五日, に亡父, に人々, に人肉, に仁清, に今度出張つて, に仏蘭西, に以前, に伊藤, に低く, に何故, に余計, に侮辱, に修辞学, に個々, に借料, に傍聴者, に僕たち, に兄弟たち, に入れた, に全部, に六波羅, に内容, に凄, に出掛けた, に切符, に別項, に削らるべし, に剥奪, に助からなかった, に勝手, に十一年余り, に十勝岳, に午過ぎ, に危害, に却つて閑散, に反, に史上, に同一, に吸い, に味わった, に問合せ, に四本, に困難, に園, に土蔵, に地方, に埋められ, に増進, に変った, に夕飯, に外観, に夜通し, に大佐, に大村, に大石, に大高, に奥畑, に女房, に妨げ乱される, に嫂, に子供達, に学校当局, に安定, に官軍, に実行的, に宮様, に家庭, に富まず, に専心机, に小, に小畑, に尽力, に山狩り, に崩壊, に左衛門, に帆柱, に平穏, に年譜, に幾日, に店, に引きかえす, に張達, に強度, に当方, に彩色画, に往生, に従前, に徳川勢, に必ずしも, に忙しく, に思はざる, に恋人, に悲惨, に愉快, に感受性, に慷堂, に成都, に戦う, に手当, に払, に投げ出そう, に挿, に授業時間, に描写法, に支持者ども, に故意, に散歩, に敵, に料理, に方々, に日常, に旦那一人, に明るく, に昨日, に時として, に暖炉, に更に, に最近九州大学, に望東尼殿, に本当に, に来, に松山, に根源, に森, に機械全体, に欲求, に正気, に武器, に歴史そのもの, に殆ど仲違い, に殺され, に毎日毎日, に毛, に気むずかしく, に水氣, に汗, に沈痛, に洋服, に海, に消される, に混乱, に湖, に演技研究会, に火夫, に無理, に焦燥, に焼死, に熊, に父憲之, に物, に特にこう, に狂的, に独逸人, に現代, に生きた, に生徒さんたち, に生産的勤労, に用いる, に画工, に畢生, に病院, に発起人会, に目まい, に看護婦, に眠られない, に着, に知らず知らず, に研究, に碁, に神, に神谷君, に私あなた, に私等一家, に科学研究, に種々, に空間座標三つ, に立ち去ろう, に笹本, に箸, に精出し, に紛糾, に経費の, に結局レームス, に絶望的, に縦, に罰せられる, に義兄, に考えきれない, に肩身, に能率, に膝, に自分等, に自由, に船, に良人, に芹沢, に苦しい, に苦情, に莫大, に蕗子, に藤村操, に行, に被害民, に西園寺侯, に要職, に見物, に観賞者, に言い寄っ, に評定所, に誤られ, に謹慎, に議論, に負債整理, に貯, に費やした, に赤十字社, に起る, に身命, に辰代, に送金, に逞しい, に進軍, に運上, に遠島, に郷里, に酔ひ, に金一封, に鈍く白い, に長煩い, に闘い, に隕石, に集まらん, に雷霆, に霊魂, に非, に靴, に額, に飛行機, に飢え, に香折, に高, に魔法使, に鴻山, のあの, のきっかけ, のみにこんな, の一人当り, の人類, の価値, の全国, の口, の執心, の学校, の専門雑誌, の役, の憂鬱, の掃除, の服装, の法則, の特効薬, の理由, の真実, の策略, の罪悪, の苦業, の訓練, の警察, の転地療養, の重税, の風邪, ばかりとも決められない, ふとした心, まずこの, みるみるうち, もう湯殿, やむを得ず神田, よくよく近, らしい由, わずか昨日, 一層その, 一層彼女, 両後見, 余計眠れず, 別に歯, 却ってみっともない, 反つて嫁, 大混乱, 延びて, 忘れて, 折角呉, 日増しに今川古流, 暫く出廷, 楽しいこの, 殆ど夜, 澱んだ水, 直ちに味, 約千五百メートル, 色んな病気, 読む気, 遅くなった

▼ そのとき~ (5124, 0.9%)

103 はもう 101 です 93 のこと 75 だった 52 になっ 47 であった 40 の私 28 にはもう 25 である 2221 でした, はまだ 20 に私 16 はその 14 はどう, も私 13 かれは 12 の彼 11 には私, はそれ, は私 10 に, ふいに, またし, 始めて 9 の気持, はそんな, 出て 8 から私, かれの, の彼女, の情景, の自分, の話, はこの, は何 7 じつにふしぎ, だ, の印象, はまた, 早くも

6 [14件] が来る, その場, でありました, どうした, になる, のお, のよう, の僕, の心, はしなく, は僕, ふと彼, もまだ, も彼

5 [14件] かの女, になれ, にはこの, にはじめて, の感情, の気分, の父, の狂言, はいつも, はそう, は又, を待っ, 持って, 突然に

4 [36件] あのや, いきなり前, お日さま, から彼, がはじめて, が来れ, この男, そのとき, と同じ, にこの, にはまた, にはまだ, には彼, には自分, に彼女, に自分, の事, の事情, の俺, の母, の調子, はあの, はじめて, はすでに, はただ, はぼく, は彼女, は自分, ばったりの, ふいと, ふと気がついた, ふと目, むこうの, 不図, 初めて知った, 第二

3 [76件] おもて, からで, から自分, かれら, がくる, が初めて, すうっと, その人, たちまちに, だけで, どやどやと, にし, にどういう, には, にはきっと, にはその, にまた, に彼, に朝太郎, の, のあり, のおどろき, のお前, のまま, のようす, のわたくし, のわたし, の二人, の先生, の光景, の怒り, の様子, の気持ち, の用意, の考え, の衝動, の表情, の記憶, の顔, はおそかっ, はお前, はすぐ, はたいへん, はどうぞ, はどんな, はなんとも, はみんな, はゆっくり, は二人, は大, は暗夜, は眼, は誰, は頭, ふと見る, また, まだ年, まで私, まで黙っ, もその, もまた, も同じ, コツコツと, ハッと, 初めて彼, 初めて気がついた, 同じよう, 向うから, 向ふ, 気がついたこと, 気がついて, 漸っと, 着て, 立って, 第一, 隣り座敷

2 [265件] あのこまっ, あのねむの木, あの人, あの子, いろんなこと, おくれ馳せに, おたき, おっか, おねえさまたち, お妃さま, から, からこの, からぼく, からもう, からわたし, からクサレ目, から後, かれが, がいちばん, がきたら, がたんと, が来たら, こそは, こそほんとう, こそ刀, こそ大いに, この不可抗, この人, この姉, こんなこと, さ, しみじみと, じつにおそろしい, じぶん, すぐに, すぐ近く, すでにひとり, そう思った, だけのでもいい, だけはあたり, だね, だよ, ちょうどお, でさ, ではない, とは何もかも, なにかの, なるほどこれ, なんともいえぬ, にあの, にお, にお前, にこれ, にその, にちょうど, にどう, になつ, にはこれ, にはさすが, にはすぐ, にはそれ, にはどんな, にはひくく, にはまたそれで, にはよく, には何, には口, には彼女, には必ず, には生きる, には私たち, にもう, にわたし, にカーライル, に僕, に初めて, に友人, に受けた, に吾, に庭, に応じ, に念仏, に私たち, に草履, に酒代, に金, に頭, のいろんな, のこの, のなさけない悲し, のはずみ, のぼく, のもの, のショック, のジェンナー, の丸木, の主, の人, の伸子, の作品, の冷たい, の十分間, の喜び, の太宰, の奇妙, の実感, の寒, の少年, の御, の心持, の心理, の思い出, の恐ろし, の情況, の感じ, の文章, の来る, の模様, の気まぐれ, の津村君, の甲斐, の私自身, の種々, の船, の苦し, の言葉, の詩, の都合, の顔つき, はいろいろ, はお, はからずもかれ, はこう, はこっち, はじめてあの, はじめてほんとう, はじめて師匠, はじめて気がついた, はじめて氣, はじめて知った, はじめて見た, はじめて高座, はどうしても, はどこ, はなに, はべつに, はもちろん, はやっと, はゆらゆら, はわずか, はわたし, は二階建て, は今, は何事, は全く, は別に, は半分以上, は堪忍, は夜, は夢中, は家, は容赦, は屋根裏, は巡査部長, は引金, は彼, は悠二郎, は早, は本, は村, は栄子自身, は格別, は殺人光線, は涙, は深く, は潔く, は相手, は知らなかった, は碁, は私たち, は見る, は酔っ, は雪, は顔, は駆逐艦たち, ばたばたと, ばったりで, ひどく頭, ふとある, ふとこういう, ふとなに, ふと右門, ふと気がつい, ふッ, へいの, ほど強く, ほど自分, まざまざと, また胸, まっくら, までおとなしく, までそんな, まで僕, まで皇后, むこうから, も, もう私, もこう, もこの, もただ, もなお, も何, も例, も尚, も母, も然し, も父, も着, も股, や, やっと気がついた, やっぱり嘱託, よほどこの, より以前, を境, を見はからっ, ハッキリと, パッと, 初めてお, 初めてわかった, 初めて声, 去定, 又し, 受けとること, 多計, 実は俺, 寒い風, 帰って, 忽然とし, 思いました, 思い出したの, 思った, 恐ろしいこと, 歩いて, 殴られるかと, 浮びでるひとつ, 焼けた, 生れて, 突然, 突然三枝, 突然私, 第三, 荒々しい雷, 見せて, 見たこと, 見て, 見はり, 話して, 起きて, 迄は全然, 通りかかったタクシー, 逸早く信長, 遅くかの, 黒い東, 黙って

1 [3152件 抜粋] ああ竹村, あこの, あのひと, あの左肋骨下, あの無, ある交響的合唱曲, あわただしい足音, いかなる立場, いささかの, いったいこの, いつた, いばって, えっという, おかくれ, おくとの, おっ母さん, おにいさんたち, おやという, お互様, お妃, お服, お町, かいちゅうでんとうでてんじょうをてらしていた井上くん, かの半裸, からあきつ, からすでに, からどうもちっと, からはじまった, からもうちっとも, から一ヶ年半, から二時間後, から信乃, から半年, から始まった, から彼女自身切つて, から由良, から米, から金, かわき嗄れた急, がなんとも, が断末魔, きーん, くれえ, こういう子供たち, こそあなたがた, こそはおれ, こそは見, こそ今日, こそ少し, こそ歴史敍述, こそ米良, このま, この土地, この学問, この恐ろしい, この紛論, この邸, こわばった胸, ご辺, さっと腰, しかしぼく, じっと目, じつに淋しい, すうつ, すぐ思った, すこし念, すっと力, すでにほか, すでに十年, すでに彼女たち, すでに義貞, すばやく犯人, そうどなる, そう言った, そのちっぽけ, その一組, その北, その山麓, その本, その瞬間, その谷あい, その黒馬, ぞっと水, たしかに女, たちまち万雷, たまらなくなっ, だけだった, だけは一体, だけ私, だちょうど, だつたの, ちゃんと前もってあたし, ちょうどかたわら, ちょうど下, ちょうど扉, ちょうど近く, ちょっとこれ, ちょっと変, ちらりと姿, つかうタオル, つみかさねて, でさえも深入り, でしたわ, です鉄, でも堀二つ, で結構, としての感じ, とつぜんドア, とつぜん扉, とつぜん船内, とてつもないこと, とんと踏みとまっ, どういう酷い, どうして気づきえたであろう, どう感じた, どろみぞ, どんなに感じた, なおも精神, などもその, なにげなく甚之助さん, なんぞお気づき, にあ, にあった, にあわてない, にかかった, にこっち, にすら, につくられ, にどんな, になほほか, にはいったいどう, にはかならず, にはすず, にはそれら, にはとにかく, にはもちろん, にはわかりませんでした, にはマン, には不幸, には人々, には光る, には前後左右, には塾生たち, には宇宙, には巨男, には彼ら, には愛し, には明るい, には毒矢, には物価, には目, には秋蘭, には罪人, には賢二君, には間者, には骸骨男, にふと, にもその, にも少し, によって違う, にわに, にビクビク, に一匹, に人間, に例, に冥想, に取った, に善, に大臣馬子, に安物, に座敷, に悪魔, に早い, に月世界, に橋浦泰雄君, に池, に田畑, に着, に第, に自分ひとり, に蝋燭, に誰, に較べ, に釣れる, に食物, ぬっと門わき, のうなずき, のおまえ, のかの, のこらずの, のため, のひょう, のもう, のカーライル, のターネフ, のミス, の一言, の下仁田葱, の不親切, の争, の人物, の何より, の信子さん, の入水, の内容, の刀痕, の千々子さま, の危険, の叫び, の商館長クッケルバッケル, の困難, の墨染, の天, の婚礼, の家, の少女, の役, の思い, の恐ろしかっ, の情熱, の感想, の戦争手段, の打撲傷, の新聞社, の有り様, の来たる, の検事, の気持しだい, の沈んだ, の漫画, の物凄, の現実, の異様, の百姓風, の眼, の石田氏, の笑み, の絶望, の膳, の花屋, の苦痛, の蒸し暑い, の観戦武官, の誰彼, の赤ちゃん, の軽軽しい, の道連れ, の長崎旅行, の雷鳴, の驚き, の黄金豹, はあなた, はいさぎよい, はいつのまにか, はおかあさん, はおまえ, はかどわかされ, はがつかり致し, はここ, はさりげ, はじまりました, はじめてこの, はじめて会った, はじめて可笑し, はじめて楽屋, はじめて瞬き, はすこし, はたいてい, はちがった, はっと気がついた, はどうして, はなに伝, ははんた, はひろ子一人, はまあ, はまっ黒, はもうそら, はも少し, はよもや, はわけ, はカフエー, はトラック, は一つ, は一生懸命, は上下, は事實彼, は二日酔い, は人々, は何だか, は何処, は儂, は六歳, は別れる, は勇吉, は十時, は叫ぶ, は吹雪, は四時, は夜な夜な, は天, は妻, は嬉しかっ, は富士山, は小池さん, は島田言葉, は幻, は心付かなかった, は恐かっ, は愛する, は我々一党, は揚げ物, は日本, は明智, は未然, は林, は歳末, は残った, は気づかなかった, は流石, は湖底, は父, は犬, は生かし, は病気, は看護婦, は知也, は空気, は第, は署長, は腹, は船便, は見あげる, は誤, は貴様, は酸味, は長官アンドレ大佐, は電車, は風呂, は鼻紙, ばかりは母, ひいさま, ひどい神経痛, ひょっと向う, ぴっしりと, ふといまあなた, ふとこれ, ふとそば, ふとわたし, ふと危険, ふと地方, ふと常陸, ふと思った, ふと新聞, ふと芥川さん, ぶるるるん, ほとんど神経過敏, ほど世, ほど際立っ, まえに, またいろ, またつづけ, またゆっくり, またポケット小僧, また学校, また来給え, また蜀, まだはしご, まだ奉公, まだ本能寺, まであなた, まですみっ, までにはビバイ, までに決心, までは不当, までもの, まで全然, まで寧子, まで毛頭, まで百余日, まで芥川, まのあたり現在的, まるで木枯し, むこうが, もういっぺん板戸, もう一度それ, もう伊代, もう彼, もう考え, もし, もし私たち, もそれ, もなかつた, もほんとに, も与平, も仕事, も博士, も娘さん, も政右衛門, も機, も笑い, も話, やって来たもん, やっと声, やっぱり震動, やはり結婚問題, ゆくりなくも, よく注意, よりはっきり, わかったの, わっと, を回想, を最後, カチンという, コトコトすれ, パラパラと, 一応は, 丁度心臓, 不図前方, 中支, 云った千鶴子, 何だか室内, 何やら早口, 使った花, 凄まじい勢い, 初めて, 初めてたん, 初めて伊兵衛, 初めて完成, 初めて怒った, 初めて祖父, 初めて雷雲, 助造じいさん, 厚い板戸, 受け取った千六百疋, 同じ十五歳, 同時に彼, 吹き荒れたあらし, 売った植木, 大きなフクロウ, 大テントの, 大通詞, 如何にも心外, 実にいや, 小さなハツカネズミ, 少し加減, 帰ること, 引きさかれるよう, 当国, 御意志, 怖ろ, 思いだすの, 思ったの, 思わず涙, 悟ったが, 愛するイエニー, 慌てて, 押しころしたよう, 撃ち取った羆, 教えて, 新十郎, 既に思った, 早くふたたび, 更に異様, 有り合わせた蒔絵, 枯れきったよう, 止まったタクシー, 死んだ人, 気付いたこと, 流しに, 深く感動, 漸と, 片眼, 生まれて, 白い帆, 相変わらずの, 砕けた小さな, 突然ばったりマルグリット, 突然何, 突然屋棟, 突然自分, 立ち上つて外套, 第二号, 美しい店, 考えました, 聞いたアマゾン, 聞きました, 若い男, 行ったの, 見つけて, 言いかわすまで, 診て, 語り合った二人, 赦されの, 迄いちど, 送られた質問, 遅く彼, 重い口, 阿闍利さま, 預ったの, 驚かなかった

▼ その~ (5056, 0.9%)

102 の顔 5337 のこと 36 の方 26 は私 25 の姿 24 というの 22 の手, はもう 20 は自分 19 のひと, の名 1715 の人 14 のため, の後, を見た 13 が何, の名前, の頭, はその, は云った 12 が私, の児, の話 11 の前, の眼, の肩, はいきなり, は何 10 と一緒, のそば, はこの, はまた 9 が云った, の様子, は彼, を, を見, を見る 8 がどんな, と女, の写真, の口, の目 7 といっしょ, のあと, の傍, の声, の妻, の家, はお, はまだ, はまるで, は言った

6 [24件] がこの, がその, が自分, が誰, だ, といふの, に, のいう, のところ, の側, の心, の態度, の腕, の顏, の首, はいった, はそう, はそれ, はどこ, は何者, は別に, は女, もやはり, を知っ

5 [35件] がこう, がとり急い, がはいっ, が来る, が言った, であった, とその, と結婚, に会っ, に向, の, のうしろ, のする, のほう, の云う, の体, の額, の風采, はいいました, はしばらく, はすぐ, はどんな, はひどく, はわたし, は両手, は僕, は少し, は確か, は背, は言, は誰, は黙っ, もまた, を殺す, を私

4 [37件] がどこ, が口, が顔, と云う, と同じ, と顔, に向っ, に声, に注意, の事, の右, の影, の正体, の立っ, の胸, の言う, の足, の部屋, はあの, はいったい, はそこ, はちょっと, はどう, はわし, は今, は帽子, は後, は急, は急い, は立っ, は答えた, は身, も, をじっと, を信用, を殺した, を見つめ

3 [94件] から眼, がこんな, がそこ, がどう, がまた, が入, が出, が声, が女, が帰っ, が手, が最初, が来, が満足, が見えなくなる, で, との間, とは顔, と口, と夫婦, と私, に会う, に会った, に向い, に手錠, に案内, に見覚え, に身, に近づい, のうち, のすべて, のほか, の人相, の外, の娘, の年, の後姿, の掌, の種, の考え, の耳, の腰, の言, の言葉, の趣味, の身, の身元, の酒, の面, の顔付, の髪の毛, の魂, はいつも, はおれ, はきっと, はきゅう, はきれい, はここ, はこれ, はすっかり, はたしかに, はなん, はほか, は一, は三十五, は二人, は今年, は刀, は前, は外, は妻, は年, は彼女, は懐中, は振り, は最初, は死んだ, は軽く, は途中, は長い, は非常, は顔, も女, をお, をゆるし, をよく, を伴, を愛し, を捉, を捕え, を睨みつけ, を自分, を見ました, を認めた

2 [325件] から受けた, があの, がある, がいつも, がお, がお前, がこ, がここ, がことし一年, がずるく, がだれ, がどういう, がどんなに, がまだ, がもう, がよく, が三人, が両手, が今, が何者, が俺, が先, が善良, が大きい, が大きな, が好き, が店, が座敷, が彼女, が意外, が所謂, が持っ, が来ました, が来るまえ, が横, が死ん, が死んだ, が水, が現に, が疲れ, が病気, が答え, が答えた, が肩, が胸, が自動車, が赤毛氈, が飛んだ, こそは今, こそ私, だと, だという, ったらがま口, てえの, であるの, です, ではない, とこそこそ, との絶縁, とは立ち, とを見, と一週間, と何, と娘, と此人形, と自分, にし, にそそいだ, についていろいろ, にはほか, にはわたくし, にはチェーホフ, には既に, に似, に去年, に好感, に嫌疑, に尋ねた, に怪しい, に手, に挨拶, に期待, に聞いた, に自分, に言った, に話し, に話しかけました, に逢います, に逢っ, に違い, に金, に馴, のあまり, のいる, のせい, のどこ, のはいっ, のもの, のようす, のよく, のテーブル, の一人, の上, の仕業, の住居, の入, の全貌, の出現, の動作, の友人, の口裡, の咽喉, の姓名, の容貌, の左, の感じた, の所, の手引き, の指紋, の敵, の村, の来る, の横っ面, の横顔, の正面, の気, の父, の父親, の生涯, の監房, の眼付, の社会連帯責任, の縄, の背中, の胸倉, の行動, の袖, の襟, の襟首, の視線, の話相手, の足元, の跡, の身体, の連れ, の運動, の選挙費用, の隣, の隣り, の面会, の頬, の頭蓋骨, の顔色, の風体, の髪, の黒い, はあなた, はある, はいう, はいかにも, はいま, はいま一人, はお前, はかう, はかつて, はきつ, はきみ, はこう, はさき, はささやん, はしかも, はした, はじ, はすこし, はそのまま, はただ, はたちまち, はたぶん, はだしぬけ, はだれ, はだんだん, はついに, はとうとう, はとても, はなぜ, はなに, はひどい, はびっくり, はべつに, はぼく, はまったく, はやっと, はやはり, はよく, はジャン・ヴァルジャン, はピストル, はマタン, はモーニング, は一体, は一層, は三人, は上機嫌, は下, は不意, は中, は二十五, は云っ, は五十年配, は五十歳, は仲間, は何処, は何時, は余人, は余程, は例, は俄, は再び, は勝彦, は勝誇つた, は博士, は又, は叫んだ, は叮嚀, は右, は商売, は四十, は多少, は大いに, は大きく, は大きな, は大股, は妙, は妙子, は富士屋自動車, は小さな, は帰っ, は常に, は庭, は思った, は息, は慌て, は憐, は戸, は戸口, は持ち前, は昨日日, は村, は東京, は横眼, は此, は歩き, は死体, は沢山, は河内屋, は激しく, は無言, は煙草, は片, は犯罪, は狼狽, は現場監督, は病気, は皮肉, は目, は直ぐ, は眠た, は石, は神, は私達, は立つ, は答えました, は紙, は至極, は色, は苦笑, は言いました, は言っ, は赤い, は車, は鉄梃, は頭, は首, は高い, は黄いろ, ばかりで, まさりの, もお前, もその, もやっぱり, も今, も真面目, も自分, も酔っ, や女, よりほか, をつかまえ, をどう, を一目, を何, を僕, を呼ん, を尾行, を引, を手, を暗室, を殺し, を泊め, を生け, を相手, を眺めました, を睨みつけた, を破滅, を見つけた, を見つめた, を見つめました, を見下し, を観察, を訪ね, を訪ねる, を誰, を近く, を送出, を連れ, を非常, を頭

1 [2818件 抜粋] いうの, からはつとめ, から三分の銭, から彼女, から捲きあげられ, から逃れる, か女, があらゆる, がいとわしく, がうっ, がかう, がこうして, がしきりに, がずっと, がそば, がだれだ, がつり, がどっち, がなにか, がね奥さん, がほし, がみんな, がやっと, がわたくし, がコルトン, がチベット政府, がマニュエル, が一人, が丁度, が不思議, が二つ, が人類, が代っ, が何処, が偽, が入っ, が出かける, が別, が医者, が又, が君, が四囲, が在俗, が多弁, が姉, が学友, が室, が居る, が巧み, が常子, が引き, が後, が必ず, が恩田, が憎い, が指した, が敏子, が明智探偵, が暫く, が本当, が板倉写真師, が森, が残し, が毎夜, が汽車, が炭俵, が物語った, が王様, が田村さん, が皺, が知らし, が福田博士, が立ち去った, が竹, が結婚, が育て上げね, が船, が莨, が行ったら, が言い付け, が談, が貴方, が近在, が連れ, が針, が阿媽港, が青く, が飜訳物, が馬鹿みたい, きつと, こそウオーキン・ミラー未亡人, こそ妙子, じゃ, その曖昧, だけは笑わなかった, だって, ちゅう, である, ですよ, とあっ, とこの, とすぐ, とつい近頃, とのどこ, との関係, とは一緒, とは誰, とも一緒, と一しょ, と五十年配, と共に無駄, と同, と妙, と彼女, と楽しく, と章三, と視線, と話, と間違え, なのよ, なら時々, にいくら, にお, にかまっ, にくれ, にじ, にた, にちがい, については何一つ, にでも力, にとびかかつた, になにか, にはついぞ, には上人, には四つ辻, には惚れ, には職業, にふさわしく, にむかっ, にも串, にやっ, にト, に不吉, に云う, に伊都子, に会わせ, に催眠術, に出会っ, に受けとめられ, に喰わせ, に多分, に嫌悪, に対してちょうど, に対して肩, に対する憎悪, に就い, に後, に悪感, に持たれ, に會ひたい, に毒, に渋茶, に用立てた, に答える, に聞きます, に若干, に見張らせろ, に言う, に訊きかけた, に詰る, に譲る, に身分, に逢いつづけ, に門, に頼ん, に魔, のいかにも, のうちの人, のかくれ, のこざっぱり, のす, のだれなるや, のひとみ, のものがたる, のよこした蒸し, のタイプ, のブツブツ, の一族, の両方, の二の腕, の伯父, の体躯, の傍若無人, の内, の切符, の半分真面目, の反対側, の向う前, の咄, の在, の執念, の太い, の好意, の容貌風采, の将校マント, の屈従的態度, の帽子, の幼馴染, の後ろ姿, の思い出, の恐ろしい, の情婦, の所有物, の手首, の担い, の指さす, の揮った, の方好き, の月給, の本性, の横, の歩きかた, の気に入る, の洋服, の熱い, の田, の白, の監督権, の秘密, の素性, の編笠, の背, の脾臓, の致命傷, の薄情, の行為, の親類, の記憶, の説, の貰った, の身ごなし, の身長, の郷里, の降りた, の隣組, の面影, の頑なに, の顔立ち, の馬鹿げた, の魂膽, はあちら, はいい, はいちいち, はいわず, はうんざり, はおちつい, はお茶, はがさつ, はくどくど, はこうして, はこの世, はさきほどあんなに, はさも, はしばし, はすっぽり, はせかせか, はそれだけ, はたった, はとき, はどうしても, はなだめ, はにじり寄っ, はのめっ, はひとごろ, はふたなり, はへえ, はまさに, はまつたく, はみんな, はもう少し, はやめなかった, はわが, はアルカージイ・イリイーチ, はカムポス, はクリストフ, はサングラス, はスパイ, はダブダブ, はトニオ・クレエゲル, はパリー, はマリー, はリルケ, は一向, は一寸顔, は一秒間, は上り框, は下駄, は丘, は中村恭安, は乗り込ん, は二郎次, は五時間, は今夕, は仰天, は住宅, は停車場, は僧院, は光一, は其処, は出来る, は剣, は労働者, は北叟笑み, は卓一, は厳格, は受け取った, は叫びました, は同居人, は向う側, は商売人, は囚人, は坐っ, は外国, は多鶴子, は大声, は夫, は如何にも, は完全, は宮田, は寒, は小さい, は小男, は少女, は巡査, は帰った, は年貢米三斗七升, は幸福, は床, は役人たち, は心臓, は思いがけない, は恥ずかし, は惰勢, は慇懃, は戯弄, は抑, は振り返っ, は放免, は断髪, は日本語, は昔, は暗, は木, は机, は来る, は株屋, は植木屋, は横目, は歌女, は歩き出した, は殆, は毛糸, は汚, は泰文, は淋しく, は減食, は炎, は父, は特別製, は猿, は甚だ, は男, は白楊, は盲人, は真犯人, は知らん顔, は神様, は窓, は立ち停, は笑い出した, は粉屋, は細く, は線路, は聞き耳, は背広, は腰, は自動車, は花, は英雄, は莫斯科, は蛍, は袖, は西, は見た, は観音様, は訊ねた, は話, は貧者, は跛者, は軽装, は追っかけ, は逞, は部分的, は酒場, は金持ち, は鉄拳, は鋭, は鍵, は関係, は附近, は階上, は離縁, は音楽家, は顏, は飛ぶ, は馳せ帰っ, は驚いた, は高輪岸, は鴉, は黒い, へであった, へ一寸親しみ, へ身, もいきなり, もこちら, もほとほと, もゐなかつた, も一寸, も倒れ, も劇薬, も実は, も引き返し, も拙者, も気がついたらしく, も真顔, も笑い出した, も越後, も馬, より身分, をおさえつける, をこっち岸, をごく, をしっかり, をそっと, をただ, をつれこんだ, をどん, をにくにくし, をはっきり, をふりあおいだ, をまいた, をもぎ放した, をやといいれ, をイス, をドクトル・ソーボリ, を下, を交番, を侮辱, を全く, を刺した, を取, を受け入れなけれ, を周旋, を咒, を天誅, を嫌っ, を家族, を年配, を彼, を怒らし, を恐れ, を慰め, を或, を押しとどめられなくなったらしく, を振り捨て, を探しだし, を斬る, を村人達, を死なせ, を気違い, を炉, を用, を眺め, を矢ツ, を突きのけ, を突っ放し, を縛っ, を背負つて, を船, を見いだした, を見まもっ, を見失わない, を見送った, を識つて, を起こし, を追い払い得る, を逃げ, を陰気そう, を養子, 実に変

▼ そのよう~ (4588, 0.8%)

348 なこと 156 なもの 148 にし 60 な事 28 な時 27 な, なお 24 な場合 23 な意味 21 な話 19 な言葉 18 な事情, な人 16 な御, にお 15 に私 14 なとき, な人間, な大 13 なところ, なわけ, な人々, な物 12 な事実, な問題 11 な気, な者, に, に考え 10 な女, な心, な文学, な状態 9 な人物 8 な不, な噂, な形, な恐ろしい, な気持, な現実, な自分, に申し

7 [11件] な作品, な感情, な態度, な方法, な点, な生活, な私, な訳, になっ, に思った, に考える

6 [15件] な不思議, な世界, な傾向, な場面, な大金, な婦人, な日, な機会, な歴史, な眼, な種類, な立場, な結果, な行為, にご

5 [22件] なお方, な事件, な今日, な場所, な夢, な大切, な姿, な家, な怖, な所, な概念, な特殊, な男, な社会, な考え, な運命, な道, な金, な関係, になった, に御, に自分

4 [43件] ないろいろ, なお話, なご, な仕事, な作家, な光景, な判断, な努力, な危険, な境遇, な失礼, な存在, な彼女, な思想, な性格, な情景, な意識, な手紙, な時代, な本, な条件, な次第, な気分, な気持ち, な理論, な目, な矛盾, な研究, な絵, な罪, な考え方, な自然, な要求, な音, にお前, にお願い, にした, に人, に人間, に思っ, に恐れる, に見, に見え

3 [88件] だな, で, でした, なひどい, な事態, な人生, な仮装舞踊劇, な何, な例, な信仰, な信念, な内容, な冒険, な効果, な印象, な可能, な名, な品, な地盤, な変化, な大きな, な大事, な奇妙, な女性, な奴, な当時, な形跡, な心持, な心配, な性質, な恐怖, な恰好, な悪, な悪い, な悪人, な悲しい, な情勢, な情熱, な想像, な愚か, な愚直, な愛情, な振舞い, な敵, な新しい, な日本, な楽, な様子, な無, な状況, な環境, な異様, な疑い, な疑惑, な瞬間, な秘密, な経験, な繁華, な美しい, な老人, な芸術, な若い, な行動, な親切, な読者, な述懐, な顔, にあなた, にあらゆる, にいたします, におっしゃっ, にする, にたやすく, になる, に仰せられ, に思われます, に思われる, に恐しい, に想像, に手, に日本, に気, に理解, に生活, に考えた, に見える, に解釈, に言っ

2 [246件] すでは, すによって, だね, でなければ, ないきさつ, なうわさ, なおそろしい, なけち, なこん, なその, なちぐはぐ, なな, なはず, なはなし, なば, なへん, なカン, なハリガミ, なバカ, な不吉, な不幸, な不覚, な主客, な主観, な予想, な人たち, な偉い, な僕, な儀, な全, な冗談, な処, な処置, な出来事, な分裂, な分類, な前例, な動き, な動機, な卑しい, な原因, な反省, な名前, な哀れ, な問い, な嘘, な器具, な困難, な境地, な夜, な大きい, な大胆, な奇怪, な奇術, な妖怪, な妙, な姿勢, な娘, な学説, な小さな, な小説, な屋敷, な山, な山の上, な幻想, な弱い, な強力, な強敵, な形而上学的, な彼, な忠告, な思い, な思い出, な恋, な悪事, な悪戯, な想念, な意志, な愛, な感じ, な感銘, な憂き目, な憎らしい, な戦慄, な手続き, な才能, な批評, な政治, な故障, な教養, な文化, な文化上, な文章, な新, な方向, な日暮し, な時期, な有様, な木, な木立, な本質, な標準, な権力, な欠点, な正確, な武士, な残酷, な母, な気休め, な気遣い, な決意, な沈黙, な深, な無慈悲, な無理, な無限, な物質, な狂気, な現象, な甘美, な生, な生易しい, な用意, な男女, な疑問, な痛み, な目的, な相手, な空気, な筈, な粗忽, な精神, な習慣, な考えかた, な者達, な肉体的, な興味, な苦しみ, な英雄, な表情, な視線, な観客, な計画, な記事, な記録, な試み, な誤解, な誰, な調査, な貧しい, な資格, な身, な透察, な過程, な遠い, な醜い, な重大, な雑誌, な雪質, な青年, な青春, な非, な題材, な類似, な風, な風変り, な馬, な馬鹿, な騒ぎ, な高級, にあっけなく, にあり得る, にいつ, にしましょう, になさる, にはっきり, には行かない, にまた, にもし, にも思える, にわたし, にわたしたち, にわれわれ, に一つ, に一人, に不, に二つ, に云った, に仰せられます, に似, に作家, に信じ, に信ずる, に優しく, に出, に努めた, に勇敢, に動い, に単純, に多数上陸, に大, に大きい, に大勢, に孔明, に彼女, に心, に怖, に思う, に悲しまれる, に感じた, に感じる, に数多く, に整理, に文学, に新しい, に新しく, に書いた, に比較的, に気軽, に泣いた, に注意, に現実, に用意, に申しました, に申し伝えられ, に立派, に美しい, に聞い, に腹の中, に自由, に若い, に荒れ, に行動, に表現, に覚悟, に言わず, に評判, に返事, に遠い, に都合, に霊魂, に非, に頭, に顫, に駄目, に高く

1 [2144件 抜粋] お手配, すで, だったら君, でありうる生活, でこちら, でございますな, です, で実用性, なあらわれ, ないわば, なおそるべき, なお偉い, なお情ない, なお腹, なかん, なげす共, なさもしい, なたおやか, なたたかいそのもの, なちょッ, なとき妻, なね, なはっきり, なひま, なほんの, なみじめ, なめんどう, なゆゆしい, なよろこばしいひろ, なる大, なわけがら, なイギリス, なカフェ, なシッカリ者, なタコ壺, なニュース, なビルディング, なプラン, なマゴコロ, なモチーフ, なロマンティック, な一つ, な一定, な一瞬間, な一郎, な上部構造, な下等, な不完全, な不敵, な不用意, な不純, な世事話, な世間ばなし, な中途半端, な亀裂, な争闘, な事物, な二次以下, な五里霧中, な交友関係, な人柄, な人間最高, な人間精神, な仕掛, な他愛, な休息, な伝説, な低, な作り事, な侘び, な便利, な俗才, な個人個人, な個性, な偶然, な像, な優し, な充実感, な公約, な内心, な冒頭, な冷淡, な出生, な分析, な利己主義, な刹那, な劇, な勇ましい, な勘, な十分の土台, な卑屈, な単線的連続, な危険性, な原理的分類, な友情, な取引, な古びない魅力, な可能性, な同胞, な君, な告発, な味噌汁, な咎め, な商売人, な善い, な喜び, な四郎, な図取り, な土地, な地方的勢力, な場合線路, な士気, な夕方, な外面如菩薩, な夜叉, な夢想, な大小不揃い, な天使, な失敗, な女々しい, な妄者, な嫌疑, な存在者, な宇宙, な完備, な官能的, な実感, な実践的機能, な客観的現実, な富士, な対話, な小説家, な屋根, な島, な差別, な常, な平常, な幸福, な広言, な庭, な引っ込んだしかし, な強い, な当世粧, な形相, な律動, な微妙, な心情, な心理, な応急工事, な思い出話, な怪しから, な怪物, な恐れ多い, な患者, な悪気, な悲劇, な情報, な意地, な意見, な感じ方, な感想, な感覚的経験, な憎, な懺悔, な或, な所謂, な手当, な才覚, な批難, な折柄, な抵抗論者, な指導者たち, な排列, な支配階級, な教育, な文化的感応, な断定, な方程式, な日々, な旧, な明るみ, な春, な時間的持続, な晴れ, な暗鬱, な暴動, な曲者, な朝, な未練, な末路, な某々, な根本過程, な植物妖異, な楯, な楽しみ, な権威, な欲望, な正しい, な正直さ, な武将, な歴史的地盤, な死にそこないの, な比較的, な気味, な水臭い, な決論, な洞穴, な流言, な海底, な深邃, な漁師ども, な火いたずら, な無情, な無稽, な煩悩, な熱く, な牡, な物理的, な特別, な犯人, な狡猾, な王国, な理, な理論的確実さ, な生き方, な生活感情, な用語, な畑, な病的, な白髪首, な盛観, な看護婦, な着物, な短い, な破綻, な社会的, な神秘的性質, な私たち, な称讚, な積み込み過ぎたボート, な空事, な窮屈, な第三者, な答え, な精神病者, な約束, な素朴, な細心, な経済事情, な結論, な絵はがき, な絶対的出発, な美的情操, な老い, な職権, な腕, な自然的砦, な舞台, な良人たち, な芝居, な芸術理論, な若々しい, な苦しい, な茶, な莫大, な著者, な虫, な行き方, な衝動, な衰微, な複雑, な規定, な親しみ, な角立った事, な言, な言行, な訳合, な評判, な詮議, な誇張, な語, な読者たち, な諧調, な謂わば, な貧弱, な足掛り, な軽卒, な返答, な進歩, な運動, な道程, な遠近法, な都合, な重荷, な鈍, な降り方, な階級的, な雑言, な雰囲気, な青二才, な非望者, な須美子, な願望, な風習, な馬鹿げた真似, な骨, な鬪爭, な鳥, にあつかい, にある, にいいきった, にいきなり, にいちいち, にいつも, にうけとった, におお, におぞましい, におびえ, にお御, にかむ, にくっきり, にこの, にさせ, にしか云い, にしか考えられなくなる, にしなけりゃなりまし, にしろ, にすれ, にそよぎ, にたくさん, にたのん, につぶやい, にとりはからいます, になったら, になりたい, になろう, にはなれない, には学ばれなかった, には扱われ, にふるえる, にまで深い, にむごたらしく, にも信頼, にも思われます, にも無力, にも自分たち, にも負かされ続けた, によく, にわからぬ, にイギリス海峡, にトルストイ, にバカ, にベエコン自身, にレーニン, に一度, に一種不思議, に三界, に不器用, に不機嫌, に世辞, に主客, に云い断れる, に云われる, に人間どおり, に今度, に他, に仲よく, に何とか, に作用, に値打ち, に働きかける, に先ず, に兵庫どの, に内部, に几帳面, に判断, に割り切っ, に助力, に北村, に反駁, に取計らわぬ, に可, に名玉, に呪詛調伏, に命じ, に問いかけた, に固く, に在らしめ, に堅う, に変る, に外, に奇妙, に女中, に好く, に威厳, に宇宙, に安易, に実践, に尊ぶ, に導く, に尽された, に市内, に幸福, に弁証法, に強力, に形式的, に後, に復活, に忌み嫌った, に怒る, に思いまする, に思わせ, に思案, に恋愛, に悪, に惨め, に愚昧, に感ぜられる, に懐紙, に戦い, に手順, に扱わなけれ, に承知, に拒絶, に捜査, に政治上, に早う, に時代, に暮させたい, に書かれる, に有, に朝, に本当に, に柿, に根気, に権力, に歌, に此方, に歪んだ, に母親, に法, に浮気, に深く, に温和, に激しく, に無用, に無視, に物, に特異, に狭く, に現われ, に甘い, に生々しい, に申された, に申し入れ, に画, に痩せる, に真剣, に睨ん, に神妙, に種あかし, に答え, に純粋, に終った, に考えさせる, に聞えました, に聞きました, に育てる, に自然科学, に苦しく, に苦しん, に血相, に複雑, に見ゆる, に覚え, に親類, に解読困難, に言切った, に訓練, に詩, に読まれるよろこばし, に豊富, に貴い, に走っ, に軟弱, に迅, に迫っ, に逃げる, に透明生気充満, に進ん, に過去, に遥か, に重く, に金費いが, に長命, に隠す, に青く, に頼母, に驚き, ね

▼ その~ (4560, 0.8%)

137 はまだ 89 のこと 74 の私 60 はもう 53 になる 33 の事 28 になっ 27 の人 25 である 24 から私 21 は私 19 の江戸, は今 1817 から彼, であった, の彼, の自分 16 の日本 1411 にはまだ 10 だ, にし, になつて, の僕, はお 9 からであった, だった, であつ, のお, の大 8 から, からもう, にはもう, の女, の生活, の習慣, は何 7 からこの, の東京, はどこ, は既に 6 だつた, の人間, の或, の文壇, の若い, はそんな, は僕

5 [17件] からし, からのこと, から僕, から妙, のわたし, の世界, の学生, の岡, の御, の新聞, の流行, の話, はやった, は一般, は日本, は東京, 或る

4 [35件] あの人, あやまちも, からお, からで, からの事, から今, から少し, だと, のある, の世の中, の事情, の京都, の人々, の人達, の妾, の小学校, の心, の書生, の相場, の私たち, の私達, の記憶, はいつも, はその, はそれ, はよく, は世の中, は今日, は学校, は御, は未だ, は自分, は随分, まではまだ, を見計らっ

3 [53件] からあなた, からすでに, からそろそろ, からだ, から女, から既に, から次第に, から父, から見る, から頭, でさ, にあっ, になつ, になれ, にはお, には既に, には皆, には私, にもう, のまま, の健三, の宗教家, の寄席, の日本人, の日記, の武家, の氏, の父, の物, の研究, の社会, の良質, の芝居, の道徳, の金, の青年, はあの, はちょうど, はもはや, は丁度, は又, は子供, は彫刻, は村, は母, は父, は珍, は電車, ほひの, まだ私, まだ若かっ, も今, を境

2 [267件] あつた, ある地方, お兄様, お酉様, からいつ, からくらべる, からであろう, からです, からなんとなく, からひそか, からみる, からやや, からわが国, からわたし, から働く, から先生, から凡太郎, から又, から各国語, から女房, から家運, から店, から彼女, から御, から急, から日本, から東京, から此, から水蒸気, から決して, から益々, から空, から自分, から苦しみ始め, から見え, から見れ, が峠, この家, この番町, この辺, すでに五十, その師団, そんなこと, だったと, であったと, であるから, であるの, でした, ではめずらしい, ではもう, では申分, でも, でもまだ, でももう, といっ, といへ, となる, なん, になります, にはこんな, にはもちろん, にはもはや, にはよく, にはわたし, には今, には子供, には庭, には日本, には江戸時代, には父, には申分, には窕子, には誰, には通りがかり, には雨, によく, にワリニャーニ, に成っ, に比べる, に秀吉, に私, に西郷鍋, のみじめ, のもの, のわが家, のわし, のドイツ, のモーツァルト, の一部, の上流社会, の上野, の世間, の中学校, の主人, の二葉亭, の人たち, の仲間, の伊香保, の住居, の元, の先生, の写真, の出来事, の出版界, の利根川, の医者, の印象, の古い, の各, の名, の周さん, の地下, の境遇, の大塚, の大川, の大砲, の大通, の好み, の娘, の実感, の宿屋, の寄宿舎, の将軍家, の小判, の山, の幕議, の役人, の彼女, の心境, の応接間, の性, の戯曲界, の文士, の新, の新宿, の新進, の旅人, の普通, の有名, の東片町, の様子, の横浜, の正, の江戸中, の湯風呂, の生徒, の生活状態, の男, の町, の福岡, の福島, の秤座, の筆者, の紅, の結改場, の絵, の美術学校, の街道筋, の観客, の貸, の車夫, の遠刈田, の遺物, の重, の長崎, の隅田川, の雑報, の領主, の風, の風穂, の高等学校, はあなた, はあまり, はいま, はおじいさん, はかよう, はここら, はこんな, はすっかり, はそういう, はそうした, はただ, はとんと, はまた, はまったく, はむしろ, はもうあまり, はもちろん, はエマスン, は一層, は世界戦争, は中央線, は何處, は先刻, は全く, は各, は名, は吾家, は外国, は大, は大きな, は大学卒業, は女, は女房, は嫌, は尋常科, は少し, は山, は幕府, は当今, は日比谷, は昼間, は時々, は普通, は横浜, は橋, は武家, は殊に, は江戸, は江戸八百八町, は浪人, は無論, は牛込, は物価, は男, は皇太子, は盛ん, は肺病, は自転車, は至って, は良く, は色, は芸者, は若かっ, は草鞋, は藤原仲麿, は角, は誰, は諸, は賭け事, は贅, は鉄筆, は雑誌, は頭, まだわたし, までまだ, まで僕, もうこんな, もう人, も青かっ, やぶれかぶれ, 乗るもの, 住んで, 始まって, 始めて出来た, 新詩社, 書きたいと, 最も新しい, 比較的健康, 流行った, 流行って, 漸く四十, 漸く江戸, 若い女, 見返柳, 読んだトルストイ, 頻に

1 [2685件 抜粋] あかるい町, あつちから, あるパリー法院長, いい気, いと寂しき, おそらく四十, お京, お悦, か, かなりに読ん, からいっそう, からこんど, からそんな, からちらちら, からにわかに, からの気, からの節子, からはこういう, からめだっ, からよくよく, からウィリアム, からチョク, からモスク, からヴィンデルバント, から一生涯, から不自由, から人, から体, から備わっ, から初めてはっきり, から勿論, から叔父, から唯, から団子坂上, から外交記者, から太田, から始まったらしい, から学校, から寅彦, から少年シューベルト, から工藝, から幻視, から強健, から心, から折々, から既にそろそろ, から春画, から最早, から東京市街, から棲む, から歩く, から毎日毎日雲, から河井, から浅草, から熱病, から独り者, から病, から盛徳, から真, から私たち, から第, から美貌, から脈, から英子, から行き始めた, から谷, から辻, から道誉召喚, から野本氏, から霙, から頬冠, から鶴さん, がなつかしかっ, が彼, が最悪, こそ, この地域, この小さな町, この牢, この近郷一帯, しきりに, しばしば国内的, すっかりウィーン人, すでに世間, すでに地方, すでに支那, すでに読者, せめてもに, その場, その煙草屋, そんな呟き, たまたま久しぶり, だし, だという, ちょうど三, ちょうど官兵衛, ちょうど称讃浄土仏, ちょっと外出, であったが, でございました, でしょう, ではさして, ではまだ, では夢中, では最新版, では珍しい, では私, でもやはり, でも変りなかつた, でも珍, でも贅澤, で河上, とかく虚弱, とはもうすっかり, とは様子, と云つて, と大した, と記憶, なくな, ならまだ, なんと慘め, にお願い, になつて南瓜, になッ, にはいろいろ, にはこういう, にはすでに, にはちょっとした, にはま, にはエキゾチズム, には一向, には人攫い, には前, には唱歌, には妻, には将軍家, には当お, には本庁, には欄間, には海, には狡い, には碁将棋, には絵本, には自室, には赤, には野伏, には電灯, には頬, にもまるで, にシャビエル, にモントルソリ家, に丹頂, に其処, に太子一行, に帰ります, に我々, に最早, に池, に盂蘭盆会, に羽蟻, に較べる, のあたし, のうなぎ, のお前, のが今, のさまざま, のとりとめ, のぼく, のやう, のアイヌ, のキリスト教婦人, のシャム国, のニージュニ・ノヴゴロド, のフランス唯物論, のベルリン風俗画, のヨーロッパ, のロンドン, の一円, の一萬圓, の三十銭, の下, の不, の両, の中等野球界, の九太, の二, の五十両, の人気, の仕合わせ, の伏見奉行小堀, の余, の俺たち, の先妻, の円山公園, の動静, の医師, の友人たち, の古谷君, の吉本連, の向う両国, の哲学科, の囚人, の城, の場代, の外科醫, の大学, の天災地變, の女学雑誌, の姉, の婦女, の学友, の宗助, の実景, の宮廷関係, の寄附画, の将校, の小林さん, の小石川あたり, の居士, の山科, の島, の市村座, の幼い, の彫刻家, の徳川慕府, の怪しげ, の愛着, の慧鶴, の我が, の手紙, の支那, の政情, の数寄者仲間, の文献, の新聞紙, の旅, の日, の旺盛, の時刻, の書家, の有力, の朝鮮人, の東京行き, の根津, の模範的, の橋, の武蔵, の民謡, の沖縄, の流行歌, の深, の火の見梯子, の父母, の状態, の理化学研究所, の生徒仲間, の町人達, の白洲, の目黒, の社交界, の社會通念, の福岡附近, の私自身, の空気, の第, の紅葉, の罪, の者, の自然主義, の芝居小屋, の若武者小勝, の草履, の著名人, の藝者, の西洋地理書, の試合, の講武所芸者, の貧乏, の近国, の進歩的, の那珂川, の釣, の陰気, の雪, の青年ロマン派, の革命運動, の風見さん, の駒込, の高田あたり, の麻布, はいかに, はうち, はくだらない, はさほど, はずっと, はたしか, はっきり断定, はどんな大きな, はひとり東洋, はまだすこし, はみんな異人, はもっと, はやつ, はアケラオ, はコドモ, はタクシー, はプロレタリヤ文学, はマダ右眼, はメバル, はロケット, は一介, は一生, は三十, は不完全, は世間, は中村福助, は九郎判官義経, は事毎, は京濱間, は人間, は伊吹, は佐伯, は何となく, は個人主義勃興, は傳通院, は児玉医院, は出, は刺身, は十七位, は半, は叔母, は合わそう, は吟詩, は四十前後, は壁, は多分, は大勢, は天下, は女子, は妾たち, は学生, は封建時代, は小学校, は少年, は川崎伊三郎, は市街, は年礼, は廓, は心, は思ひ, は意地, は所, は摩利伽, は敵影, は新聞, は日本全土, は時事新報, は暗に, は朝鮮民族, は本郷, は根津, は極地, は欲し, は殆ど初版, は毎晩, は永田町, は法律, は淡島屋, は漢文, は父親, は牡鹿半島, は猶, は生活, は男の子, は病氣, は眉山, は知りませんでした, は碌, は私ども, は立派, は管領家, は純粋, は綱吉, は胸, は舞台, は花, は英式, は薬屋, は裸, は西洋音楽, は言, は讀書慾, は赤い, は身投げ, は道, は金, は長かっ, は関東地方, は集めた, は食事, は騎馬隊, は鳰鳥, ほとんど一人, ぼつぼつ, また五番町英国公使館裏手, まだ, まだエカテリンブルグ, まだ今, まだ加茂川, まだ十二三, まだ存命中, まだ少将, まだ技術的, まだ生き, まだ給仕, まだ黄祖, までなかっ, までに古典電子論, まではこの, までは何, までは彼, までほとんど, までわたし, まで何事, まで天斑駒, まで木下家, まで決して, まで現場, まで自分, まま版行, もうお互い, もう一人私, もう十七, もう宵, もう白い, もっぱら焼酎, もはや日本画専門, も何度, も氏, も藤野先生, やっと, やっと部屋部屋, やや盛ん, ようやく開け出した, よく乞食, よく新聞, よく生ビール, よく議論, よりは減っ, より六郎酒色, より甚謹厳寡言, より衰運, わが祖先, を思い出す, を描いた如く, を見込ん, 丁度私, 互いに二十代, 作った, 全く青春, 出たフランス, 初めて千疋屋, 即ち十一代将軍, 古医方, 同じ城内, 同博士, 在邦, 大天龍, 好い友達, 小さな運送店, 少しばかり, 平右衛門, 当のヒポアリス, 思って, 拵えたもの, 新しく輸入, 既にひどい, 既に仏蘭西文壇, 既に独逸ユニテリヤン宗, 既に自分, 旧旗下, 書いた報告, 最も才気, 未だ文科大学生, 極めて価値, 殊に最近, 流行った一冊金十銭, 流行った清朝活字, 流行った音楽結婚, 流行り始めたいわゆる, 漸くに, 漸く開けかけで, 甚ださかん, 知られた大力, 考えた, 若くも, 読んだハムスン, 起った, 遠く大連, 雇った春松

▼ その~ (4080, 0.7%)

98 がいい 53 を見る 38 を見 30 に気 27 を見た 26 へ歩い 25 のこと 23 のお 21 がい 20 へ眼 19 が私 17 がかえって, へ近づい, を眺め 16 がよい 15 がお, が好い, は 14 がずっと, では 13 が都合, に眼, へ気 12 へ向い, を見ます 11 がどんなに, の事, はもう 10 が, がよく, が宜, に向っ, へ足 9 がよかっ, が気, が気楽, でも, の心配, はそれ, へ手, へ進ん

8 [14件] がまし, がよかろ, がよっぽど, が却って, が得, が面白い, のため, の専門家, の話, は何, へ目, へ行った, を先, を見ない

7 [13件] がええ, が一層, が便利, が勝手, が君, が安全, が本当, が楽, に心, は何者, へ寄っ, へ行っ, へ走っ

6 [11件] がお前, がむしろ, が僕, が幸福, が無事, に目, は御, へ耳, へ顔, を向いた, を見つめ

5 [23件] か, がいくら, がこの, がよう, が余程, が却, が大切, が彼女, が正しい, ならば, に向け, に注意, に耳, に行く, の名, の専門, の手, はどう, は私, へ向けた, へ馳, をながめた, を見ました

4 [33件] がどの, がどれ, がよけれ, がよろし, が便宜, が安心, が当然, が彼, が御, が早い, が良い, が適当, が邵大尉, が面倒, にお, にちょっと, に歩い, に興味, の前, の関係, はお, はわし, へかけ, へ往, へ急い, へ歩き出した, へ飛ん, へ首, へ駆け, を向く, を眺める, を見やった, を顧みた

3 [82件] からお, があたし, があなた, がきっと, がさっぱり, がその, がどうして, がはるか, がまだ, がもっと, がやはり, がよほど, が人目, が今, が何, が可, が合理的, が好, が好き, が安い, が寧ろ, が有難い, が無難, が簡単, が結構, が自分, が自然, が間違い, だと, と結婚, にしよう, にやっ, に向かっ, に向き, に身, に近づい, に近づく, に頭, に顔, のところ, の仕事, の如き, の家, の御, の父母, の用事, の眼, の経験, の耳, の足, はあなた, はこの, はまあ, はまだ, は一体, は今, は何故, は大丈夫, は心配, は相, へ向けられた, へ向っ, へ振向いた, へ歩, へ注意, へ行く, へ行つて, へ見, へ視線, へ話, をお, をじっと, をにらん, をふりかえった, をふり向いた, を凝視, を向い, を御, を指さし, を見たら, を見やっ, を見込ん

2 [256件] から, から写真, があの, がありがたい, がある, があれ, がいくらか, がうれしい, がかえっ, がご, がさらに, がすっかり, がたしかに, がつまり, がどうか, がどれほど, がなかなか, がよから, がよつ, がよろしい, がよろしゅう, がわたくし, がズット, が一番, が主, が先生, が利口, が利巧, が反, が可能性, が命, が国民, が多い, が好う, が姐, が嬉しい, が屏風, が己, が恥, が悪い, が手, が早, が早く, が早わかり, が普通, が父, が理窟, が理解, が申す, が申条, が経済, が結局, が美感, が胸, が能率的, が自由, が訪ね, が許宣, が診, が話, が身, が通り, が速く, が遥か, が適切, だろう, で突然, という人間, と合乗, と御, などの分際, などの口, なら確か, にし, には恋, には手, には目, には見向き, にばかり心, にばかり気, にふり向いた, にも申, に向, に向い, に向いた, に向き直る, に向けた, に向ける, に延ばし, に引かれ, に引き付けられた, に心掛け, に暇, に相違, に私, に移す, に行った, に見せた, に走っ, に起っ, に近, に金銭以上, に集められ, に頼む, のお蔭, のお話, のお話相手, の一言, の世話, の係, の兄さん, の力, の勉強, の口, の名前, の命, の噂, の娘, の學校, の御歌, の意地, の所, の手柄, の捜索, の望み通り, の準備, の父, の着物, の研究, の衣服, の言った, の言葉, の身, の金, の頭, の首, はいい, はここ, はすぐ, はすでに, はその, はどんな, はよく, は一向, は一寸, は何処, は兎角, は少し, は後, は昔, は此間, は気, は父母, は白状, は知らぬ, は見ず, は見ない, は近頃, ばかり見, へ, へお, へと進ん, へながれ, へは曲らず, へむかっ, へやつ, へゾロ, へダラダラ, へ一歩, へ一瞥, へ出, へ向, へ向いた, へ向かっ, へ向け, へ吸, へ小, へ差し向けた, へ廻された, へ廻す, へ廻っ, へ廻つた, へ引かれ, へ心, へ急いだ, へ持っ, へ振り向い, へ振向く, へ敏子, へ歩み, へ歩み寄っ, へ歩み寄った, へ注がれ, へ皆, へ相談, へ移っ, へ紹介, へ背中, へ舳, へ行, へ行きかける, へ行きました, へ行こう, へ走, へ走った, へ走り, へ足早, へ近, へ近づく, へ駆け出し, へ駆け寄っ, へ駈け, もお, も地獄, も感謝, をあなた, をこの, をじ, をずたずた, をちょっと, をちらりと, をどの, をのぞい, をのみ考へた, をみる, をやっ, をジッ, をジロリ, を向きました, を呼び, を喜ん, を悦ん, を手, を指した, を振り向い, を振り向いた, を振向い, を振向いた, を振向く, を振返る, を探し, を望む, を望むなら, を望ん, を注意, を眺めた, を眺めやった, を窺っ, を背, を見つめた, を見まい, を見よう, を見上げ, を見守っ, を見送っ, 共には

1 [2068件 抜粋] あらかじめ自分, からきこえました, からたくさん, からどんな, からは大船, からも私, からよびかけ, から先, から捜, から見れ, から貰, か又一, がいそぎます, がいらしたら, がえ, がお前達, がかの, がきゅう, がこいさん, がさ, がすぐ, がずつと不快, がずつと根本的, がそんなに, がつまらない, がどい, がなんで, がはじめて, がばったり, がほんとに, がまたなぜ, がみんな, がやく, がよございます, がよろしかろ, がわざわざ, がわれわれ, がジョーン, がズットズット, がフレッシュ, が一等幸福, が三吉, が世渡り, が中風, が京子, が人間味, が代人, が住め, が余っ, が倒れ, が優し, が先決問題, が冷涼, が利益, が労, が単純, が反っ, が同情, が味, が唖者, が土竈, が多少, が大事ぢ, が好もしく, が娘さん夫婦, が安城渡, が実は, が家, が尊い, が少納言殿, が帰ったら, が庵室, が当節, が徳, が心配, が性, が感情, が戸外, が持ってる, が敵, が早から, が昨夜, が有り, が本, が本来, が柄, が欲しく, が正直, が気がかり, が氣, が津村, が深く, が煩く, が珍, が甘く, が申す如く, が畢竟, が登山鉄道, が直截, が碁会, が祥子, が秘密, が競争, が簡單, が結局好都合, が綺麗ぢ, が聴く, が自然ぢ, が良人, が若宮君, が薄気味悪い, が複雑, が親しみ, が話し, が諦め, が費用, が路, が遁走, が遥, が間違, が面白, が預かっ, が馴れ馴れしく, こそ何奴, こそ正しい, この者, ごとき不浄端役人, じゃ, その子, だけでも可, だけは退屈男, だったの, ったら新子姉さん, でありますが, でこうして, でしてね, でだんだん, でまた, でノコノコ, で偉く, で切りぬけられる, で小説, で活動, で組合, で飲む, とお, とそれから, との結婚, とは附き, とジョウジアァナ, と二人, と御岳山中, と秋山さん, ども, どももすこし, ども商売, などが加勢, などにも財務内政, ならただ今, なら私, なれば, にあった, にある, にお目にかかりたい, にかけてはまさに, にかたむきました, にしかと, にそこ, にちらりと, にて取計らえ, になすっ, にのみ感化, にはいくら, にはせがれ, にはぼくら, には世界, には作者, には生涯年金, には自信, には金, には顔, にばかり瞳, にふさわしい, にもいま, にもほん, にも座蒲團, にも目, にゃ苦労人, にわざわざ, にイヤさ, に上京, に二人, に住まわせた, に傾け, に出席, に去った, に向おう, に向わせよう, に味方, に多い, に奮発, に家事, に対して同じ, に廻し, に引, に従う, に志そう, に急ぎ足, に懐中電灯, に払う, に擧げ, に曳, に歩み, に没頭, に申しつける, に相談, に竈, に羨し, に背中, に行っ, に見る, に記載, に譲っ, に走りよる, に転じた, に近寄つた, に逢っ, に進める, に金, に預け, に願い, に駈け, のいつも, のお力, のごとし, のはどうか, のやしき, の三男, の不自由, の事實, の仇, の仲間, の体験, の価値, の先祖, の出, の勤め, の受け持ち, の噴火口, の場所, の天庭, の奥様, の学校, の家族たち, の専門家たち, の工作, の幹事, の引力, の後, の心, の性格, の惡口, の憂い, の所業, の手懸り, の手配り, の承諾, の推挙, の曲りひねくれた, の棟, の氣取つた足, の消息, の用, の申条, の疑念, の監督者, の知る, の秘密, の端, の精神, の縁, の義理, の胸板, の落度, の要談, の見送り, の設計立派, の試験, の調べ, の講義, の趣味, の運命, の避寒, の障子, の風俗, の魔縁, はあきらめた, はあんな, はいつ, はうすうす, はおたがいに, はお姫様, はかえって, はこれ, はそれで, はだいぢ, はどうも, はねお金, はまさか, はみな偽り, はやがて, はわし一人ぢ, はアツレキ三十一年二月七日, はダンスホール, はフランス, は七面鳥, は不思議, は二年, は五体, は今度, は他, は余, は先ず, は全然, は別に, は単に, は右, は国文学, は大学, は学校, は家名継続, は岸, は幾つ, は当分, は慣れてらつ, は打首, は放免囚ジャン, は未亡人, は根ッ, は此處, は水, は泥棒, は父さん, は生前私, は町医者, は矛盾, は社長さん, は素人, は美和子さん, は若者, は西, は誰, は講釈師, は追, は間違い, は面倒, は黙っ, ばかり睨み詰め, ばっかりに掛っ, へうつつ, へお辞儀, へかけ出しました, へけわしい, へさしつけ, へすがりつい, へずん, へつかつか, へとばかり言う, へと歩い, へと踵, へなびいた, への道, へは別に, へは顏, へばかり惹かれ, へふらふら, へふり返つた, へまわった, へむけられた, へも向きかからね, へも無心, へも談, へやっ, へやっと, へよろけ, へグッ, へニューッ, へ一寸挨拶, へ使, へ出かけ, へ勇往邁進, へ匍, へ参りませう, へ向かなかった, へ向く, へ吸いよせられ, へ吹かなかった, へ多く, へ奪われ, へ少し, へ帆村, へ引き付け, へ引き込もう, へ引張られる, へ忍ん, へ惹かれ, へ押し寄せ, へ振り向く, へ振返ろう, へ掲げ, へ曲った, へ歩いた, へ歩く, へ歩度, へ泳い, へ物語, へ私, へ突入, へ立っ, へ結びつい, へ聞き耳, へ著しく, へ行かず, へ訪ねる, へ賭け, へ走りよろう, へ足音, へ近付い, へ追い行かん, へ逃げ, へ這入っ, へ進み行き, へ降り, へ集中, へ頭, へ飛び, へ食指, へ駈けだした, まで逆上, もいっしょ, もきっと, もまあ, もオジャン, も仲間, も取調べる, も安心, も手抜かり, も来い, も無事, も眼, も縛る, も覚え, も風邪, より答え, をうち, をかえって, をさし示し, をしらべきっ, をそれ, をつれ, をにらみつけ, をふりむきました, をふり返る, をまず, をも探した, をりっぱ, を一心に, を主, を信じ, を凝視め, を喜ぶ, を塚本夫人, を好き, を師匠, を心, を愛し, を指さした, を振り, を振り返っ, を授, を旨く, を望まれる, を殺した, を照, を當つて, を睨み, を穏当, を苦しめた, を見かえした, を見なかった, を見上げました, を見返す, を見返る, を見遣った, を訪ね, を透し, を鍾愛, 共百姓領民, 取上げ妻女, 暗の

▼ その~ (3428, 0.6%)

60 の晩 54 に立っ 41 の日 37 の年 32 を通る 3126 にちょっと 24 に坐っ, に私 22 にこの 21 に立った 20 に立つ 19 を通っ 16 にもう 15 にお, に彼 12 に僕, を通り過ぎた 11 にある 10 にひざまずい, に一つ, に立ち 9 にあの, に立 8 にその, は, へ往, へ行っ, を通った

7 [14件] から, にしゃがん, にもう一度, に一度, に一言, に俺, に坐った, に是非, に膝, に自分, に足, のこと, の椅子, を通りすぎた

6 [15件] にあった, にこれ, にひざまずいた, にひれ伏し, にも一度, に何, に先ず, に君, に坐り, に父, に腰, の方, へ来, を通り, を通り過ぎ

5 [17件] からこの, と後, にあなた, にひざまずき, にわし, に二人, に白い, に誰, の, のとき, の地面, の夜, の広場, まで来る, を素通り, を通らなけれ, を通りかかる

4 [29件] にいる, にし, にしょんぼり, にすこし, にちよ, にぼく, にまず, に一人, に二, に今, に佇ん, に先, に大, に突っ, に立ち塞がった, に跪い, に頭, のところ, の一章, の白い, へ, へ出る, へ立っ, へ立った, まで行っ, を往, を往復, を通つて, を通りすぎ

3 [64件] からあった, から私, で祈祷, で私, にお前, にしばらく, にじっと, にそこ, にどこ, にまだ, に一寸, に一応, に二つ, に人, に人だかり, に佇んだ, に先生, に出, に坐, に坐る, に女, に小さい, に少し, に平伏し, に座っ, に彼女, に彼等, に往, に手, に朝, に来, に椅子, に横, に煙草, に礼拝, に立ちふさがった, に立ちふさがる, に立ち止まり, に端座, に見た, に言っ, に話, に貴様, に近く, に近づい, に道, に集まっ, のもの, の大, の手紙, の日あたり, の日曜, の時, の月, の頁, はどこ, へ両手, へ出, へ大, まで来, を往き来, を走っ, を通り過ぎよう, を通り過ぎる

2 [193件] からお, からその, から二人, から他, から曲者, か後, が四年, づらだけを, で, で一人, で二人, で手, で洋服, で演じられる, で申開き, で立, で立ち止まった, で足, にあなた方, にあらはれ, にあらわれた, にあんな, にいた, におまえ, におれ, にお前さん, にお断り, にくる, にここ, にご, にさしかかった, にすわった, にすわる, にすゑ, にぜひ, にそれ, にそんな, にた, にたっ, にたった, にちと, にちゃんと, になぜ, にね, には, にはこの, にはわたし, には何, には姿, には愚か, には燈明, には誰, には黒い, にひざまずく, にむずと, にもその, にもヒューム, にも五十五歳, にも度々, にも彼, にやはり, によく, にわたし, に一通り, に両手, に予め, に人間, に仕事, に伏し, に佇む, に侍, に供え, に入られた, に出た, に出る, に化石, に寝, に小堀家, に展, に已に, に平, に平身低頭, に待っ, に御, に我々, に折, に支那, に故人, に敷いた, に書いた, に杖, に来る, に次, に気移り, に活け, に片, に男, に番所, に病人, に病院, に矢田さん, に硝子, に神妙, に私達, に突, に窮屈, に立ちどまった, に立ちはだかりました, に立ちふさがっ, に立ちふさがり, に立ち塞がる, に立ち止っ, に立ち止まっ, に立ち止まった, に立つた, に約束, に置き, に聞きたい, に聞く, に能, に花, に蝋燭, に行っ, に訊きたい, に話し, に跪座合掌, に身, に進み, に逸早く, に部屋, に長い, に降りた, に雪子, に頼朝, に風呂, に首, に香華, のお, の二つ, の二十年間, の例題, の前, の台, の地べた, の大きな, の奉公人, の子音, の岩井半四郎, の廣場, の時代, の期間, の橇, の段階, の街道, の酒, の駅, はどう, はやはり, は旗本, は甲州御坂峠, は甲府, は確か, は荻窪, は表町, へいきなり, へお, へやって来た, へ坐った, へ坐り込ん, へ現われた, へ立つ, へ線香, へ腰, へ行つて, へ跪い, までやって来た, まで来た, を, を人, を大手, を廻っ, を昔, を行き過ぎる, を行く, を行っ, を読んだ, を通りかかった, を通ります, を通り抜け, を通過, を過, を過ぎ, を音

1 [1881件 抜粋] あの妙, からあらかじめ, からお前, からすっかり, からちょッ, からとく, からの継続, からは一歩, からもう, からも度々, からスペイン王, から一つ願, から二階, から北条美作, から奥, から家, から少し, から悪く, から新免伊賀守, から會盟, から植物, から永らく, から法皇, から牛, から用意, から知られ, から節ちゃん, から若, から見え隠れ, から起き, から通り, から道楽, から非常, から驚かされ, がソルレクス, が細川能登守, すでに長い, ちょっと卑見, であること, でさういふ, です, でずたずた, でないの, では人々, でひとり, でまごついた, でも私, でロココ時代, で一心に, で人目, で例, で動かなくなった, で嘘, で多数, で少年, で彼女, で朝枝, で止る, で現代劇, で禰宜, で腕, で茶碗酒, で誦経, で遺跡相続, とあと, と兩側, と異ら, にあたし, にあらかじめ, にい, にいくら, にいつ, にうずくまっ, においては無作法, におき, にお婆さん, にお目にかかります, にかう, にかけ, にかつて, にかれ, にきたない, にくわえ, にこうこう, にごく, にざっと, にしゃがみ込ん, にじ, にすすん, にすわりこん, にたかり, にたしかめ, にたち, にたべた, にちかごろ, につきました, にてアイヌ, にともあれ, にどうして, にどんなに, になにとぞ, にぬかずい, にね旦那, にはいつも, にはげしい, にはすでに, にはどう, にはやがて, にはオランダ人, にはチベット, には一本, には人々, には会議卓子, には出, には四, には大きい, には家族, には幾枚, には支那焼, には時間, には望月, には正太, には浪士取扱, には生身, には硯箱, には空っぽ, には経机, には背, には行儀, には連判状, には陶器製, には鶴, にひと, にひと言, にひれ伏させられた, にひれ伏そう, にぼくら, にまだこう, にもうとっくに, にもすでに, にもひとり, にもジュリアス・シーザー, にも一度場當, にも二三度, にも地方, にも戯曲, にも本宮, にも男の子, にも赤彦君, にゃ乞食, にやる, にゆくりなく, にわれ, にをの, にカテリーナ・イワーノヴナ, にスクリーン, にタッタ一眼先生, にテーブルスピーチ, にヌッ, にプレリウド, にボルク号, にルネッサンス, に一つ一つ, に一ぺん, に一切, に一寸お断り, に一層, に一揖, に一燈園, に万一, に三宝, に三礼, に並べた, に九郎右衛門, に予, に二人きり, に二本, に人工肺臓, に今一回, に今日, に仮令, に伜, に伺ひます, に何ん, に供えられ, に信長, に倒れ, に傑, に先づ, に八つ橋花魁, に兵, に冷たい, に出す, に判事さん, に前兆, に動く, に十六, に十数人, に半円, に博徒磯目, に友人たち, に台所, に同じ, に和服, に四五回子供, に土地, に坐り込ん, に堀, に墨, に夜具, に大判, に大輪, に太陽, に好, に委員長, に嫌疑者, に孔明, に宅, に宿屋, に小田原, に屈した, に屈服, に山椒, に島尾, に工事場, に差, に帆村探偵, に常磐様, に平資盛, に庄平, に廊下, に引きかえ, に引据ゑた, に当家, に後架, に心得, に思う存分, に悠然と, に意義, に懐姙, に所謂体重負担性断端, に手紙, に押しつける, に拡げた, に据, に掏, に提灯, に救助船, に敢然と, に整う, に新月楼, に新郎, に日本, に映画館, に普請中, に曲者, に木, に本隊, に村, に東京, に枌葺, に梨枝子, に棺桶, に検事局, に正, に死ん, に殺人音響, に母屋, に水, に永い, に池, に泣いた, に洞白, に浮ん, に渠, に演出, に濾過器, に焼け落ちた, に燕楽, に牡丹, に犯人, に現, に生命, に申し, に男女一, に畫, に白ブラウス, に百名, に盛っ, に直接面会, に真綿, に着く, に石灰, に社長室, に穴, に突進, に立ちどまつた, に立ちどまるだらう, に立ちました, に立ち止った, に立つべし, に立札, に節子, に結び, に縁台, に置かれ, に美的趣味, に考え, に聳え, に肩, に腰縄, に臥, に自動車, に至り, に興安嶺, に花束, に英国系, に菰, に落せ, に蝋燭数本, に行った, に裁物板, に西村正一, に見え出し, に親方, に訊く, に語根, に調書, に貴国とわ, に赤黒く, に起伏, に跪く, に跼ん, に躊躇, に轉, に近付い, に連れ出し, に進み出, に遺愛, に郊外電車, に野球, に鉋, に長野県, に闡明, に隕石, に雇った, に青竹, に音楽学校, に頼みたい, に顔, に食堂, に香炉台, に騙りし, に鬼, に鷄がく, に黒い, に黙祷, に龕燈返し, のお客さま, のたより, のなお, のイス, のスタンド, のラマ, の三十年間, の中学校, の二, の五日分, の会社員, の例, の六日間, の北宋, の千年間ぐらゐも石器時代, の原始人類, の名, の図, の坂本公園, の壁ぎは, の天智帝, の宣命, の寺院, の小さき, の尸子, の平地, の年正和元年, の床, の座, の弥次, の御寮さん, の所, の数年間, の日皆, の晩シモン, の晩気, の書箋, の板敷き, の桑畑, の母様, の江戸, の瓊, の皮ばり, の硝子雨戸, の神子上時代, の空席, の絶壁, の置き, の羽目板, の芝, の草原, の車屋, の途中, の金曜日, の防空壕, の音, の齢, はこの, はまったく, は一ぱい, は何處, は初, は印度, は地方, は娘たち, は学校, は御存じ, は板橋, は永く, は畫, は谷中, は馬, へいっ, へかしこまっ, へしゃがん, へつっ立った, へひれ伏し, へゆきかかる, へ一巻, へ五人, へ出た, へ坐り込んだ, へ寄っ, へ年, へ引き込まれ, へ持つ, へ来ました, へ椅子, へ火鉢, へ種, へ立ち塞がった, へ端座合掌, へ置いた, へ蒔絵, へ赤, へ蹲, へ進んだ, へ駆け出し, まだ谷, までは刺っ子, までは夫, まで往く, まで行く, もね毎日, も更に, より, より逃げつ, をうねる, をすれすれ, をつかつか, をとおる, をはなれました, をもう少し, をズッシズッシ, を一挺, を亮太郎, を切っ, を塞ぐ, を島田先生, を往手, を急いだ, を松明, を歩い, を町駕籠, を知らぬ顔, を紋也, を自動車, を記し, を走る, を通つて使者屋橋, を通りかかったら, を通りすぎました, を通り抜けた, を通れ, を過れ, を雪, を駆け, インドの, 借金を, 常に口, 準備の, 美しく

▼ その~ (3065, 0.5%)

112 を聞く 54 を聞い 36 の主 31 を聞いた 29 のする 28 をきく 25 を聞きつけ 24 に応じ 20 の方, の調子 19 を聞き 18 をきい 17 の中 15 に驚い 13 がまた, を耳 12 に耳, はだんだん 11 が耳, はまるで 10 が, はもう, を聞きつけた 9 があまり, と同時に, はまた, は私 8 があまりに, は, をききつけ 7 が自分, はかすれ, はたしかに, は彼, をしる

6 [15件] がだんだん, がまだ, が私, が遠く, と一緒, につれ, に聞き覚え, に顔, に驚かされた, のなか, の響き, はまだ, は少し, は遠く, を聴いた

5 [17件] がいかにも, がかすか, が終る, が聞える, におうじ, におどろい, には一種, に気がつい, のうち, の下, は君, は如何にも, は震え, を聞かない, を聞きつける, を聞け, を聴い

4 [42件] からし, があたり, があんまり, がお, が妙, が少し, が彼, が聞えた, が聞こえる, が非常, です, に, にお, におどろかされ, に吃驚, に応ずる, に答える, に驚いた, に驚かされ, のした, の終る, はこの, はすぐ, はどう, はどうやら, はどこ, はどんな, ははじめ, は云った, は低かっ, は低く, は何, は又, は変, は大きく, は急, は次第に, は水, は自分, をうしろ, をきいた, を聴く

3 [59件] がこの, がした, がする, がやがて, がハヤブサ丸, が今, が大きい, が消え, が聞え, が聞こえ, が聞こえた, が高く, だけで, でお, で眼, にはっと, には何, には覚え, にびっくり, にふと, に一同, に気, に気がついた, に答え, のほう, のよう, の大きな, の持主, はあたり, はあまり, はあまりに, はいかにも, はいつも, はさながら, はさらに, はしだいに, はすっかり, は不思議, は今, は低い, は何処, は叫んだ, は嗄れ, は妙, は彼女, は時, は段々, は涙, は耳, は顫, は高い, もはっきり, もまた, も終らぬ, よく他人, をたより, を聞きました, を聴き, を追って

2 [185件] がいつの間にか, がうしろ, がどうしても, がどうやら, がどこ, がひどく, がふと, がもう, が云った, が今夜, が何時の間にか, が余り, が出ず, が出た, が前, が又, が四方, が奥, が如何にも, が小さく, が普通, が次第に, が止む, が水, が洞くつ, が異様, が真に, が終らない, が近い, きけば, したる方, その呼吸, その唄, だ, だけを聞い, で, である, ですぐ, でちょっと, でびっくり, でやっと, でやや, でわたし, でハツ, で分った, で竜, で耳, で自分, といっしょ, にぎょっと, にこの, にじっと, につられ, にはげまされ, には人, には力, には夫, には聞き覚え, には自分, にギョッ, にゾーッ, にラクシャン, に又, に含まれ, に喫驚, に夢, に引かされ, に彼, に意識, に接する, に眼, に私, に絆され, に聞き入っ, に聴き覚え, に自分, に自然, に誘われ, に驚きまし, のため, のちょうし, のぬ, のひびき, のもと, の上, の低く, の大き, の大きい, の後, の方向, の発源, の終らない, の終らぬ, の聞こえ, の聞こえた, の起った, の響, の響く, はあやしい, はお, はこう, はこんな, はどうも, はなに, はなんだか, はのど, はほとんど, はまさしく, はまったく, はむしろ, はもはや, はやっと, はやはり, はやや, はやわらか, はガラン, は一日, は一晩, は人, は他, は低くゆるく, は何と, は余りに, は八方, は叫ん, は咽喉, は喉, は塀, は夜, は夜空つた, は大変, は実に, は幸, は幼児, は彼等, は悲鳴, は明らか, は昔, は時々, は林, は極めて, は歩い, は泣く, は澄明, は玄関, は空, は細い, は聞いた, は聞き慣れた, は聞こえ, は聞こえない, は聞こえませんでした, は若き, は落ちつい, は言いました, は言った, は静か, は非常, は風, は馬, までがそっくり, も, もやがて, も今, も僕, も言葉, や霊, を, をあらゆる, をきき, をよく, をハッキリ, を合図, を大きく, を小耳, を擬, を残し, を消し, を知っ, を聞, を聞き付け, を聞き咎め, を聞こう, を自分, を自分自身

1 [1530件 抜粋] あたかも猿, いまだ訖らざる, からこういう, から女, から感じた, から遠ざかるべく, がいつ, がいわん, がおそろしく, がかすれ, がかの, がさっき自分, がしなくなりました, がしん, がその, がちがう, がどう, がどんなに, がなぜ, がなんだか, がひと, がぴんと, がほとばしっ, がまず, がまるで, がゆき渡った, がよほど, がわざわざ, がイワン, がドア, がプロレタリア, が一, が一つ, が世にも, が二度, が仏頂寺弥助, が似, が何かしら惨澹, が元気, が入らない, が切れ, が叫ぶ, が哀れ, が喉, が地面, が変, が夜空, が大きく, が好き, が嬌めかしく彼, が存外, が室中, が寝床, が屡々, が広場, が待たれる, が思った, が恰度, が感じた, が改めて, が日本語, が木村, が果して, が機, が止まる, が気, が泣いた, が洞穴, が無電装置, が物凄く, が現実, が畜生, が直ぐ, が矢, が確か, が空じゅう, が答えました, が細く細く, が絶え, が美しい, が聞えない, が聞こえなかった, が花木, が蔵, が語った, が調子, が起る, が軽い, が途絶え, が遠のく, が銀杏, が院内, が静子の, が顫, が高, が高まり, が黄昏, きこえざるに, こそ以前, こそ花世, さえも聞かれないなら, じゃありません, すらも凛乎, その代, その態度, その笑い, たとえば打ち殺さるる, だけが発砲, だけは二階, だけを耳, ちかくに, であ, であるが, でお父さん, できめつけた, でなければ, でふと, でむっくり, でセンイチ, で七郎, で勇ましい, で図書助, で安心, で少年, で彼, で想像, で朝野光男, で甚兵衛, で私, で総立ち, で裏, で覚める, で門番, で鳴りわたった, といつ, とその, とともに歓び, とどう, と光, と共に一, と共に新蔵, と共に震, と眼, と身, と闘っ, なししかれ, なり身ぶり, にあっと, にある, にいそい, にうす, におくられた, にかえって, にきき覚え, にぎょ, にこもっ, にただ事, につい, につきとばされた, にどうやら, になぐさめられ, になんとなく, にはい, にはかくせない, にはさすが, にはなんとなく, にはまるで, にはラム, には今, には何だか, には切口上, には夫人, には少し, には思わず, には惨, には憐愍, には普通, には熱, には確か, には絶望, には驚愕, にひきつられ, にびつくり, にふたたび, にふれる, にまじ, にもうつろ, にも姿, にも気がつかなかった, にも素振り, にも顫, によって容易, にハッ, にビリビリ, に一等運転士パイクソン, に主, に今, に何とも, に何気なく, に俺, に兼好, に刺戟, に半蔵, に向, に吸い付けられる, に因っ, に大隅, に威圧, に家臣たち, に巡査, に引かれた, に従う, に心, に応ずべき, に我, に振り仰ぐ, に春木, に根ざした, に欺かされ, に母親, に法水, に活気づい, に混, に特に, に疑問, に石川, に答えた, に総て, に聞きおぼえ, に聴き入らず, に莚, に覚え, に象る, に起き上っ, に近所, に送られ, に釣られ, に青き, に額堂, のあたり, のいう, のかなでる, のしずまる, のつきまとう, のひびきが, のみがこの, のみを描いた, のキメ, の上げ方, の仇, の余韻, の凄, の出所, の反響, の囮, の寂し, の弱々し, の彼方, の悲しき, の昂, の某, の正体, の清清し, の点, の空, の終わらぬ, の美, の聞こえぬ, の良し悪し, の荒々しく大きい, の質, の通り, の長, の音楽, の骨肉, の鳥, はあたかも, はいいしれぬ, はいま, はうつろ, はおびただしく, はかすか, はがんがん, はきびし, はこだま, はごく, はしおらしい, はしゃがれ, はじつに, はすべて, はそのまま, はただ, はつと, はとぎれなくつづい, はどうしても, はなお, はなほ冷やか, はにわかに, はひとりでに, はひび, はふるえた, はほうぼう, はまぎれ, はますます, はまっすぐ, はみじめ, はむろん, はもっとも, はもれず, はよしやどんなに, はわななき, はインテリ, はジャン・ヴァルジャン, はノンノンノンノン, はホール, は一体, は一撃, は丁坊, は上総介, は不幸, は中将, は乾い, は云っ, は五六間先, は今にも, は何となく, は例, は優しい, は全く, は刃, は初め, は劉備, は十年, は原田どの, は厳め, は司令室, は咽, は喜び, は地主, は墓, は外, は大きな, は天, は太く短く, は子供, は家, は寂然, は尋ねる, は少女, は山の上, は己, は床, は弦, は弱っ, は往来, は忽ち, は思わず, は悪戯ッ児, は情, は憤懣, は掻き消され, は数里, は明, は昨日, は暫く, は月丸, は机, は柔らかく, は楓どの, は次, は気味, は氷, は決して, は泣いてる, は津波, は湿っ, は漸, は濤, は熱帯地方, は狼狽, は瑁伯父, は田舎訛り, は町, は痰, は百歳以上, は真面目, は確か, は空しく, は窓, は純情, は終らう, は継立て, は耳だつ, は聞えた, は聞き覚え, は聡明, は至る, は芹沢氏, は茂太郎, は蓄音機, は見る見る, は言, は語りつづける, は谷, は近く, は逃げ, は進行, は達人, は遠方, は鈍く, は際立っ, は隣村, は雲雀, は雷, は静, は風下, は高貴, は鶴雄, ばかりが吹かれ, ばかりを耳元, また聞ゆ, までが妙, もあはれ, もおとろ, もか細く, もしなかった, もだんだん, もどっと, もまるで, もやみ, も上ずっ, も何, も出ない, も又, も嗚咽, も始め, も彼, も次第に, も気がつい, も漸く, も父, も絶え間, も自分, も途絶え, も鋭く, や態度, や誠に, や顔色, よりも稚い, をあと, をお, をおどろかし, をきいたら, をききとめた, をさがす, をそのまま, をたちまち, をひそめた, をふり捨て, をまね, をも後, をわたしゃもらいたいのさ, を一人, を京都, を何処, を俺, を分類, を半分階段, を呑ん, を大, を張りあげた, を我が, を打消す, を押しころし, を探そう, を最も, を横, を浴びた, を無視, を真似た, を聞いたなら, を聞かう, を聞かなかったら, を聞きすます, を聞き付けた, を聞き咎めたらしい, を聞付け, を聴きつける, を背後, を話さない, を迎え, を送る, を遠い, を頼り, を飲ん, を高く, 枯れて, 老鴉, 聞くべく握るべくさぐるべし, 近くなる

▼ その~ (2864, 0.5%)

89 の人 70 のひと 46 の顔 38 のこと 33 の児 28 の方 2117 の事 14 というの, のため, の家 13 の姿 12 が, は私 11 はお 10 と一緒, のところ, はその, は自分 9 の名, の声 8 が自分, はどう 7 が出, と結婚, の後, の手, を見た 6 のよう, の前

5 [13件] が彼, といっしょ, に会っ, のひとたち, のもと, の存在, の弟, の身, の面, は何者, を, を知っ, を見る

4 [35件] がその, がどこ, がまだ, が来る, だ, と云う, なの, に逢っ, のほう, の傍, の噂, の心, の感情, の様子, の横顔, の眼, の許, の話, の顏, はいきなり, はこの, はそれ, はどこ, はどんな, はまた, は云った, は何, は僕, は大, を愛し, を殺した, を自分, を見, を訪ね, を連れ

3 [47件] から眼, がいった, が何と, が君, が死ん, が気, が私, が言った, だという, といふの, とその, に, に用, のあと, のうち, のお, のなか, のやう, の一人, の一生, の中, の人相, の体, の影, の所, の美し, の美しい, の胸, の足, の身の上, の身許, の頭, はいつ, はお前, はすぐ, はなん, は今, は他, は何処, は何處, は彼, もまた, をお, をつれ, を家, を手, を殺し

2 [177件] から手, から男, があたし, があまりに, がある, がお, がこの, がただ, がとり, がわたし, が三沢, が事情, が云う, が候補者, が僕, が八兵衛, が前, が好き, が家, が小, が帰っ, が帰る, が年, が惚れた, が手前, が手紙, が来, が死ね, が殺した, が波, が犯人, が自殺, が若い, が警察, が髮, こそ彼, だから, だったの, だと, である, です, ではない, と, とこの, とすれち, とつい, とのあいだ, との間, とは裏通り, と一晩中歓楽, と並ん, と二人, と半日一緒, と同棲, と名古屋, と来, と死んだ, と申す, どろぼう, どんな身分, にありつく, にどういう, にはいつ, にはそういう, にもう一度, にもやがて, に会った, に何, に向かっ, に夢中, に子供, に就い, に恋, に苦笑, に贈物, に逢った, の, のうしろ姿, のお方, のま, の一心, の人達, の側, の兄, の兒, の力, の口, の同志, の周囲, の始末, の容貌, の屍体, の後姿, の性格, の愛, の本当, の案内, の歩い, の死, の潤み, の父親, の生活, の目, の美貌, の肉体, の背, の膝, の良人, の苦痛, の茶碗, の袖, の言う, の言葉, の貞操, の跡, の邪鬼, の酌, の霊, の顔形, はある, はかね, はきっと, はこたえました, はしかし, はしばらく, はす, はそこ, はたしかに, はまさしく, はもう, はやがて, は一, は一人, は三十前後, は信吉, は地震, は少し, は感動, は持っ, は橋番所, は江戸者, は決して, は牀, は男, は直ぐ, は競馬, は綺麗, は良人, は色, は言いました, は非常, は黒い, は黙っ, ばかりで, もその, もやっぱり, よりかいくら家, をつかまえる, をまるで, を主人, を呼ん, を問題, を妻, を憎んだ, を押, を指さし, を斬っ, を本当に, を犯人, を監禁, を相手, を突きのける, を納戸, を締め, を背負った, を識, を風呂

1 [1611件 抜粋] ありて, かと思った, からは何, から取り戻さなけれ, から夫, から手紙, から根こそぎ, から訊き, から預かっ, があちら, がいう, がいつた, がうたっ, がかわいそう, がこれから, がさう, がすやすや, がすーっ, がそこで, がたしかに, がつく, がどの, がなつかしい, がね自分, がはじめて, がほんとう, がもし, がゆうべ, がドス, が一定, が上人, が下手人, が世にも, が主人公, が云った, が亭主, が今, が休ん, が何で, が作, が倅, が八人芸, が凄い, が匕首, が可憐, が向う, が呼吸, が嘉村由子, が声, が大, が夫, が妊娠中, が寝台, が小説, が居なくなった, が広い, が彼女, が思い出されます, が息, が惨殺, が憎い, が戻っ, が手土産, が持っ, が教育, が昔, が智慧, が来た, が枕もと, が植甚, が死ぬ, が殺された, が江戸, が湿し, が片足, が現に, が生き, が病気, が直接, が立, が竜神村, が紹由, が耳, が腕, が芸者, が行, が見えた, が言う, が誰, が越し, が送つ, が遊廓, が野原, が門前, が阿, が頼春, が食堂, が麦, こそいい, こそは外, しか残され, じゃあある, だけ除けもの, だってその, っていうの, でありました向こう, でないと, ではなかつた, で何者, といかにも, とお, とが向き合, ときれい, としばらく, とです, との本当, との組, との話, とは一度, とは顔, とも今, と云, と今彼, と会わない, と共に鶴見, と別れた, と別れろ, と取引きし, と同村, と小田原, と心中, と擦れ違った, と暮し, と熱烈, と相談, と知り合い, と自分, と虎之助君, と踊, と逢引, と関係, などには惹かれた, なら私, にああ, にいつか, にお前, にかけられ, にし, にそれ, にちがい, につい, について研究, にとってどういう, になかっ, にのっぴきならない, にはすこしも, にはまるで, には乳房, には情夫, には氣, にぱつたり再会, にも別, にも祝儀, にをつと, に与えられた, に仕える, に何故, に凭れかかり, に出会った, に参っ, に向, に君, に問, に夫, に対してもつ, に対して憎しみ, に対する男, に引か, に応, に怨み, に惚れた, に惹き付けられた, に懐, に掛り, に會, に本当, に案内, に注ぎ込ん, に深い, に異常, に直接, に祟る, に背中, に衝当り, に見惚れ, に言, に誨, に赦し, に近づきたい, に送られ, に逢え, に邪魔, に関聯, に預ける, のいう, のいない, のうしろ, のうるほひ, のかおかたち, のきれい, のざんそ, のせ, のそこ, のそんな, のはなし, のふと, のみ一人除け者, のやや, のショウル, の一切, の一方, の上気, の主人, の亡くなった, の人格, の人間らしい, の仮面, の体内, の像, の内, の処置, の動き, の即吟, の句, の合理性, の唇, の圍, の大厄, の失策, の好意, の子供, の容體, の小さい, の少し, の屍骸, の希望, の幻, の後身, の悲惨, の惡徳, の手筆, の持ち物, の指, の描いた, の望み, の札, の横, の正体, の歴史, の死体, の毒気, の決心, の浴衣, の無神経, の特徴, の状, の生んだ, の生涯, の申します, の目附, の眠っ, の知り合い, の精神, の素性, の美人, の肩, の背後, の脚, の苗字, の荒い, の蝋, の行為, の裸, の許し, の詞, の話相手, の赤い, の身體つき, の近い, の運命, の遠縁, の関係, の靴, の願, の首, の高島田, の魂魄, の黒檀, はあくまで, はあまり, はいったい, はいや, はうつくしい, はお前さん, はこう, はざら, はすかさず, はそう, はそりゃ, はそんな, はただ, はちらっと, はどういう, はどうやら, はのべつ, はひ, はひどく, はへんじ, はぼく, はもうだいぶ, はやさしく蒼白く, はオリジナリティ, はグレイス・プウル, はスギ, はスルスル, はドロ, はパッ, はメリー, は一体どう, は一生不運, は万, は三十, は三度老人, は両, は事情, は二十八, は二等大尉, は亡き, は今にも, は付添婦, は伊津子, は例, は偽者, は冷然, は別品, は勿論, は十七, は千萩, は去った, は台所, は君, は地位, は夕立, は大変, は奧, は姦, は嬉し, は宗教的, は家, は小夜子, は小歌, は少く, は屋敷者, は帰っ, は幸い, は彼女, は後, は必ず, は急, は恐らく, は惘れた, は懐し, は挿絵, は日本, は早く, は昨夜あと, は来る, は死んだ, は毎晩男, は気立て, は泥酔, は淫売婦, は湯島, は炉端, は照葉, は生れ, は町医者千賀道有, は白い, は眉目, は確か, は立っ, は笑つて, は紫, は縫工員, は考えた, は臙脂, は若党, は蝮, は街路, は見高, は誰, は負い, は辻斬ぢ, は通り過ぎ, は遊び女, は長老, は闇, は顔, は體躯つき, は黒船, ばかりの集り, までどう, もお, もまだ, も一しょ, も僕, も同じ, も家, も島田髷, も恐れ, も母, も男, も走っ, や夫, をあの, をうらん, をかどはかし, をかばふ, をこっち, をしょっ引い, をそんな, をともかく, をどうこう, をながめた, をはじめて, をむき出し, をも何とか, をゆびさしました, をグヰン, を一刀, を主として, を井戸, を他人, を併せ, を信じ, を先頭, を助けよう, を取った, を取返された, を呼ばなくなる, を墓地, を女, を娶り, を家内, を小屋, を引き挙げなけれ, を弱らし, を待, を御, を忘れた, を恐れないで, を想像, を憎悪, を手先, を押える, を担い, を捕え, を探っ, を擧げ, を曾, を森本, を殺すべく企んだ, を求める, を活かし, を瀧口, を狩り出した, を皇室, を眺める, を知らなけれ, を私, を組み敷いた, を芳一, を落籍し, を裸, を見せたい, を見なかった, を見定めよう, を視凝, を診察, を請けだし, を責め殺した, を買う, を赤裸, を輕蔑, を逐わした, を連れ出し, を隣り, を養母, 富み栄え衆人, 気づいとったと

▼ その~ (2669, 0.5%)

160 のうち 81 のこと 25 の夢 19 の中 12 が明け, に限っ 11 はそこ 9 の事, はそのまま, 更けて 8 は, はその, はそれ, は私 7 から翌日, である, の内, の月, の私, はいつ, はここ, はまた, は珍 6 のお, の明け方, はお, はどう, もまた, 遅くなっ

5 [15件] からこの, にかぎっ, の二人, の宿, の泊り, の話, はついに, はとうとう, はなかなか, はまんじりと, は何, は彼女, も, ももう, も明け

4 [23件] から彼, すぐに, になっ, のでき, の出来事, の十一時, の汽車, の男, はいつも, はぐっすり, はもう, はやがて, は一晩中, は二人, は別れた, は明け, は月夜, は無事, は空, は雨, は非常, も明けた, をはじめ

3 [55件] いつもの, おそくまで, お千代, が明ける, が更け, であった, であつ, になる, の, の九時, の事件, の出來事, の十二時, の十時, の十時頃, の女, の彼, の彼女, の明方, の深更, の物語, の経験, の記憶, の酒, の雨, はおちおち, はしかし, はちょうど, はひどく, はふたり, はほとんど, はやはり, は何事, は別に, は宿, は寝, は早く, は明かした, は明けた, は月, は母, は満月, は疲れ, は眠られなかった, は自分, まんじりとも, もいつも, もそこ, も同じ, も帰っ, も彼, 始めて, 遅くに, 遅くまで, 遅く私

2 [156件] おそくな, おそく私, お雪, かの女, からだ, からのこと, から再び, から夫婦, から徹夜, から私, から私たち, から翌, から自分, から高熱, かれは, がはじめて, が始め, が既に, くろんぼを, そう云った, その夜, その女, その日, だった, どうした, どんなこと, になります, に入り, に身, に限つて, のごとき, の七時, の五ツ, の光景, の八時ごろ, の八時頃, の十二時近く, の十時過ぎ, の合戦, の夜半, の大雪, の客, の客たち, の宿直, の寒, の情景, の捕物, の散歩, の明けがた, の更ける, の泊り客, の灯, の烈しい, の父, の瑠璃子, の真夜中, の眠り, の空気, の色, の話し手, の通夜, の酒宴, の間, の闇, の靄, の食事, の饗宴, はあけ, はいくら, はきっと, はこの, はさすが, はそんな, はたいへん, はどんな, はなにごと, はなん, はむなしく, はよく, はイエ, は一向, は久しぶり, は休ん, は例, は全く, は初秋, は北田, は叔母, は夜通し, は大, は夫, は宿るべし, は寒かっ, は寝た, は寝室, は少し, は帰った, は床, は徹夜, は早め, は明方, は明日, は晴れ, は更け, は朝, は殆ど, は残り, は気分, は気温, は波, は洋服, は流石, は海上, は涙, は湯, は熟睡, は特に, は珍しく, は眠られぬ, は眼, は研究所, は私たち同室, は美奈子, は誰, は遅く, は野口一泊, は閉め, は風, ふけて, また泊っ, もそう, も三更, も二人, も兄, も勝平, も勿論, も彼女, も明けない, も更け, も月, も波, も無事, も翌日, も過ぎ, を明かし, を明かしました, を期し, を私, を過ごし, を限り, 又よみ返しました, 嬉しさ, 帰って, 遅くまでの, 遅く彼, 降りけり

1 [1547件 抜粋] ああ知っ, あの方, ある地点, いつのまにか姿, いわゆる襟, うなされおりしは, おしの, おそくなっ, おそくエキモス, おそく大月大佐, おそく帰りがけ, おそく遊撃隊, おそらくは, おとっさん, お二人, お城, お挨拶, お秋, お蒲団, かけつけた, かねての, からうなされる, からここ, からにわかに, からの異変, からひそか, からめきめき, から三人, から世間, から余, から八幡, から十一月, から執拗, から妻, から寝こん, から師, から彼女, から微熱, から数名, から旦那様, から桑, から牧瀬, から発熱, から空, から萩野, から裏手, から貴方様, から間, かりそめ, か翌朝, がナカナカ, が今, が來, が恋しく, が最初, が満月, が過ぎ, くぐり抜けたと, こごさ, この大, この従兄, この豆潜, さだまる岸, ざっと上海, しみじみ我, じっと考え, すぐ出, すぐ立とう, すでに矢田山, ずっと夜店, その半, その家, その男, その辺, ぞこひし, ただいま, たちまち並河掃部, だいぶ酒, ちょろは, ついに陥落, であるが, でも立っ, とうとう吐き出させた, と次, どういう風, どんな夢, などは碧空, なりき重井, にいたる, にこの, にでも彼地, には一度, にまぎれ, にも執行, に会, に入りまし, に小松原家, に父貞氏, に起つた, に限り, のあけ, のあり, のこころ, のさかん, のさわぎ, のため, のてんまつ, のはなやかさ, のまだ, のもの, のよう, のオペラ, のヴェール, の一部始終, の三時過ぎ, の丑刻半, の九時ごろ, の事情, の五つ半, の仔細, の会員, の佐々, の供え物, の儀装, の八時, の六時, の兼題, の出火, の勤め, の十一時前後, の十二時過ぎ, の十時前, の午前一時ごろ, の印象, の取調べ, の唄, の四ツ, の回診, の夕刊, の夜中二時頃, の夜汽車, の大変, の契, の実見, の家族会議, の宿泊地, の寒気, の小宴, の岩井繁雄, の帰り, の廊下, の当直, の後, の御馳走, の恋人, の情感, の感想, の戌, の挙, の摩擦, の敵, の旅寝, の明け, の明け方小堀義哉, の明る, の晩飯, の暁千代田城内, の暴風雨, の木枯し, の本陣, の東京, の様, の歓待, の正金銀行, の気まぐれ, の江戸, の浮かぬ, の淋しい, の準備, の烏啼組, の牧野さん, の現像室, の登場人物, の益雄, の礼讃, の空, の終り, の總, の興味, の花, の茨組, の蛍, の行手, の言, の許都, の評議, の語りもの, の講師, の貰い, の車中, の追儺, の退屈, の逸物, の道筋, の部下同士, の閣, の陣営, の難, の静か, の風物, の騒ぎ, の黎明, はあえて, はある, はいささか, はうまく, はおそく, はおもに, はかの, はこころぼそ, はご, はさしも, はしっぽり, はじめての, はじめて入室, はじめて熟睡, はすぐ, はずっと, はそれら, はついにまんじりと, はとなり, はどこ, はなんだか, はひどい, はひどく暑苦しかっ, はべろべろ, はまつたく, はもちろん, はわかれる, はをとなしく, はエンコ, はキミイ, はサクラ湾, はタクツカ, はドロレス夫人, はホテル, はマルクー, は一室, は一晩, は一泊, は一行, は三名, は三鷹, は上高地温泉, は主人, は乾いた, は二十人あまり, は二階, は人払ひだ, は休みました, は低い, は何故か, は保科, は僕, は光芒, は六波羅問罪所, は其の, は再生再会, は凄い, は別段, は前庭, は北斗, は十畳, は友田, は古関, は同じ, は君, は善照寺, は四月六日, は固い, は城中, は堺屋, は夜明け, は大いに, は大変立派, は大阪府警察署, は天幕, は女, は妙, は婆さん, は子供たち, は安着祝, は家ごと, は宿り, は宿直室, は寐, は寝かせなかった, は寮全体, は小雨, は少年, は山上, は島田, は左門, は帰路, は座相撲, は当, は彼等, は心, は快く, は急, は戸塚, は所謂地方文化, は打つ, は文字通り一夕, は昌平橋際, は明治, は昨日, は暑, は暮れ, は曇天, は書生たち, は木枕, は本当に, は格べつ, は森, は樋田駅, は歎, は殊に, は水木, は沼辺, は泊り客, は海岸, は温かい, は満悦, は濁声, は無風, は片岡氏, は狐, は珍陀, は由比浦, は留置場, は相宿, は真黒, は眠り, は眠れなかった, は睡らず, は砂丘, は神奈川, は空しく, は筵, は籠, は紅い, は絹夜具, は義雄, は自宅, は舟泊まり, は良い, は葉子, は蚊, は補助椅子, は詩人, は諸, は警察局官舎, は豚, は赤い, は軽石, は近在, は遂に, は道明寺表, は野宿, は関北, は陰暦九月, は隠れ, は雑談, は雪, は霧, は静か, は頭, は食物, は館, は髪, は鵞鳥がち, は龍樹ヶ岳, ばかりは寧子, ひとまず二条千手堂, ふっと言い出した, ほどわが, ほど私, またあくる, また会う, また悪い, また燈, また行く, まだ燃え, まで甲斐, まるで宿命説, もあけ, もう一度豹一, もおそく, もかれ, もすでに, もそれツ切り, もとうとう, もまだ, もゆっくり, もジミー, も一晩, も二更, も保, も八時, も卓, も四ツ半, も夢おだやか, も女, も家臣, も小屋, も帰り, も幽霊, も我慢, も數日來, も日, も暁方, も机, も次, も母, も深更, も煤, も甲冑, も眠り, も空しく, も興奮, も賭博, も酔っ, も防空演習, も雪, も頻りに, も高名, やっとわかった, ゆっくり温泉, より両, より深く, より雲, をあかしました, をそこ, を初め, を回想, を妾, を川添, を思い出す, を明し, を最後, を泣き明かしました, を睡, を送り過した, を過ごさなけれ, を過した, を野外, 丁度息子夫婦, 催される七夕, 再び鈴木安芸守, 初めて子供, 去りがたき, 同じ夜, 唯ひとり, 夜通しまんじりとも, 大酒宴, 実にたのしかっ, 寝ようとして, 小使い室, 帰った作衛, 帰らぬ事, 強い反抗, 思いがけなく赤ン坊, 或る, 明けると, 更に皆一つ, 某旗事, 泊った, 泣きたいよう, 激しい腹痛, 生れし牝, 疲れた足, 直ちに母様, 眠る前, 睡ろうと, 置かれて, 荒き壁, 見た映画, 諸将, 起こった事件, 送って, 遂に帰っ, 遅くな, 遅く傷, 遅く太郎, 遅く帰った, 遅く金属製, 長いあいだ馬, 阿濃, 食べるに

▼ その~ (2638, 0.5%)

91 の前 44 の中, の主人 27 を出た 22 の門 15 の人, の窓 13 のこと, を出 12 の二階 10 の娘, の戸口 9 の主, の方, の者, へ往, へ遊び 8 のなか, の庭, を見 7 の主婦, の入口, の裏手, の門口

6 [11件] から出, にある, にいる, に住ん, に出入, へ行く, へ行っ, を出る, を訪問, を辞し, を辞した

5 [13件] に住む, に至り, に遊び, のあり, の上, の人々, の人たち, の家族, の戸, の細君, へ入っ, へ行った, を訪ねた

4 [26件] づきの, であった, にお, に一人, に火, に覲, に近づい, のもの, の一間, の人達, の周囲, の壁, の女中, の屋根, の玄関, の表, の裏, の裏口, の長男, は, はあった, はもう, は大きな, へたずね, を出ました, を飛び出し

3 [50件] から出た, がある, が今, ですよ, というの, に在る, に居る, に泊った, に養われ, のあたり, の井戸, の位置, の住人, の入り口, の内, の召使, の台所, の名, の外, の奥, の女, の姓, の子供, の扉, の料理, の有様, の様子, の病人, の若い, の裏庭, の財産, の軒下, の軒先, の軒端, の近く, の近所, は今, は何, は彼, へ来た, へ行きました, へ電話, もまた, を借り, を尋ね, を相続, を訪, を訪ね, を辭, を飛び出した

2 [161件] から姿, から遠く, があった, がどんな, が後に, が潰れ, が火事, でお, ではその, で一つ, で冠婚葬祭, で君たち, で誰, で過した, で酒, とお, と庭, にあった, にあり, にい, にいた, におった, にしばらく, にどんな, にはお, には年, には潜ん, には茶代, にもう, に下宿, に入る, に出かけ, に出入り, に厄介, に夜ふけ, に帰り, に引越し, に来, に残っ, に泊め, に災害, に生まれた, に眼, に置い, に行っ, に訪ね, に迎, に送りとどけ, に連れ, に預けられ, のある, のうしろ, のお, のお婆さん, のそば, のひとつき, のまわり, のめぐり, のタイル張り, の一人娘, の一室, の一番奥, の主人公, の事情, の亭主, の人びと, の側, の内部, の勝手口, の商売, の塀, の女房, の妻, の婦人, の宝物, の客, の客間, の小, の小さな, の屋根裏, の年寄, の店, の座敷, の息子, の所在, の所有者, の格式, の棟, の構造, の模様, の歴史, の燈, の物, の猫, の用, の用事, の由来, の祖先, の窓際, の系統, の縁側, の背後, の脇, の芸, の親子二人, の軒, の辺, の風, の養子, はあつ, はあなた, はそこ, はどう, はほとんど, は信一郎, は前, は寺, は小さかっ, は昔, は村, は石井久太郎氏, は笹村, は蔵, は表, は貧しく, は赤瓦, は運送屋, は郷里, ばかりで, へいった, へお, へはいる, へ來, へ入った, へ呼ばれ, へ彼, へ往く, へ私, へ立ち寄つた, へ行つて, へ飛込ん, まで送らし, を, をしらべ, をたずねました, をよく, を借りたい, を去った, を売る, を御存じ, を指し, を特別, を畑ごとお前, を知らない, を立退かね, を訪うた, を訪れ, を訪れた, を調べ, を遠ざかる, を選び

1 [1518件 抜粋] あるいはその, からいびり出され, からこの, からはやや, からまたもや, から一番, から井上, から何, から出る, から去っ, から山, から府庁電信局, から彼女, から折々, から百碼, から若い, から赤痢患者, から逃げ出した, から離れ, がいかに, がそこ, がねつい, がめずらしくっ, がよく, がドロレス夫人, が以前, が何だか, が保存, が出来た, が在, が大きく, が始め, が小野田, が建て上っ, が手, が斷絶, が栄える, が源氏, が焼けた, が盛ん, が繁昌, が複数, が見つかった, が貧困, が通り, こそ我々, じゅうをぞよめきまわった, その寺, だ, だけで, だけの習慣, だとか, である, でどういう, での書斎, ではこれ, ではまるで, では代々, では家具, では数百金, では毎年, では衆, では金, では食事, でもまた, でも大いに, でゆったり, で不安, で何, で堀夫婦, で幾度, で死ん, で煩いつい, で生活, で縫物, で育てられた, で見付かりました, で選んだ, といふの, とし見つ, との往復, とはいかなる, と人々, と十八, と家, と畑, と総, と釣合った, なら逗子, にあ, にいろいろ, にかつぎ込む, にすこしも, にたちよる, にちなんだ, についてる, につれこまれました, にては家内, にて用, にとって必要, にとやつ, にどこ, にはいられなくなる, にはきれい, にはたいてい, にはちょうど, には一杯朝顏, には下僕, には中国人一家, には五十すぎ, には先年自害, には十六, には女学生, には婿, には客扱い, には居りませぬ, には彼等, には戸口, には未亡人, には災難, には祟り, には管狐, には這入り切れず, には首切役人, にもおりますまい, にも不足, にも大勢, にも竜泉寺小学校, によっていろいろ, にゐ, にメリイ息女, に一晩, に三人, に不幸, に両親, に今, に会し, に伝わった, に似合わず, に住みました, に住居, に入, に入り, に入浸り, に出はいりする, に到着, に十数日横臥, に古く, に同棲, に囲い, に大きな, に姿, に子, に寄食, に寢泊り, に対して重大, に導い, に属し, に幸い, に幼い, に引き移り, に強い, に従属, に悪い, に招かれた, に放火, に林, に残し, に泊っ, に泊りこん, に漂っ, に生まれたる, に異常, に相続人, に祈っ, に移る, に突然, に置く, に至りみれ, に英語, に藏むるものをいとしまば, に行き着く, に行った, に訪, に訪ねゆき, に誘ふ, に起こった, に転宅, に辿り着く, に近く, に通, に適, に還る, に銭, に附届, に集つて, に雇われた, に飮, に飼った, ぬしの, のあらゆる, のうわさ, のおもや, のお客便所, のお祖母さん, のけがれ, のじき近所, のそして, のため, のなり, のほう, のまつ, のわき, のドア, のヴェランダ, の一番番頭, の三男, の三階, の下女, の下駄, の世路, の乳母, の二女, の二間, の亭主多吉, の低空, の侍, の傍, の全盛, の処女, の前面, の十一, の南方, の古びた, の吉凶, の品, の土間, の垣根, の大木, の奧, の奴隷, の始末, の娘たち, の嫁, の子供等, の学婢, の客院, の家内的, の容子, の小座敷, の屋号, の左官, の広々, の店先, の庭木戸, の当主, の後, の応接間, の懸り, の持ち主, の改まらざる, の断絶, の明るい, の有名, の柱, の格子, の業, の横, の次女, の正面, の没落, の清潔, の為, の父, の犬, の玄關, の留守, の真黒, の福尽き常, の稱號, の窓先, の築地, の紋どころ, の縁先, の老, の老母, の自由, の舅姑, の若い衆, の茶の間, の表口, の見張り, の詳しい, の財宝, の貧富, の賑やかさ, の身上骨, の近い, の遠祖, の邪魔物, の金銭登録器, の鎧戸, の門前, の閾, の隆盛時代, の隣り, の領地, の食堂, の馬, の黒塀, はあの, はいま, はおり, はきょう, はさ, はすぎ, はちょうど, はとても, はどれ, ははや, はますます, はまるで, はもと, はりっぱ, はオランダ, はフェヤリイ, はランデブー, は一しお, は丁度, は三階だて, は丘, は二つ, は五間, は代々刀剣, は仲見世寄り, は停車場, は全, は公園, は化け物屋敷, は十五世紀, は取りつき, は古び, は可, は君, は困, は在っ, は基礎, は塞がり, は夏, は大いに, は奥深い, は学校, は富ん, は屋根, は広瀬川, は建つ, は建坪, は彼女, は成り立ちません, は所有主, は斎藤, は日当り, は日本橋裏通り, は昨夕, は木辻遊廓, は松本, は歴, は水道, は汚れた, は湯島台, は焼き払われ, は狭い, は現在, は皆, は私, は空き家, は米屋, は自然, は草屋根, は血統, は見る, は貧しい, は通り, は遠方, は鍛冶屋, は間口, は雨戸, は骨とう店, へいくら, へいろいろ, へぜひ, へと伴, への執着, へはいり, へは一人, へは梅, へは近, へも寄っ, へやった, へよく, へ京橋, へ修繕, へ入, へ共に, へ出入るし, へ奉公, へ寢泊り, へ帰る, へ引越した, へ忍び込ん, へ持っ, へ来る, へ泊まる, へ申し置く, へ着き, へ移らう, へ行, へ行きつく, へ見合い, へ買物, へ逃げ込んだ, へ運ん, へ集まる, へ飛びこん, へ駈けこんだ, へ鳥, また豕, までつい, までふたり, まで私, まで訪問, も, もかなり, もすっかり, も世の中, も内部, も大かた鍛冶屋, も富ん, も白壁, も駅, やや富有, や木, より知らせあり, らしいものの, をお, をこわし, をたずね, をたたん, をでた, をのぞき込んだ, をほろぼした, をもたたむ, をりつぱ, を一人, を三人, を与え, を借りた, を僕, を出ます, を包んだ, を去る, を取り囲む, を口, を問, を嗣ぐべく生れた, を売払う, を失った, を守り, を小伝馬町, を建てる, を引き払った, を忍び出で, を挟むだ, を探険, を教え, を明け, を毎日, を焼, を燒, を眺め, を私, を突け, を立ち去るであろう, を笹村, を表彰, を見せ, を見つけました, を見る, を見届ける, を訪ねよ, を貸す, を辞去, を逃げ出し, を遁走, を離れ, を音信, を飛出した, 富みさ, 必ず衰, 見に

▼ その~ (2587, 0.4%)

20 言葉を 12 姿を, 積りで 9 もてに, 医者さんは 8 人は, 友達は, 屋敷の, 手紙を, 顔を 7 二人の, 孃さんの, 高の

6 [14件] かたの, 侍は, 友達が, 友達の, 城の, 姿は, 庭の, 心に, 狩場の, 米の, 米を, 連れの, 邸の, 顔は

5 [17件] 人の, 人形は, 仲間に, 侍さんは, 内儀さんの, 冬という, 声は, 嫁さんは, 心が, 椀を, 気持を, 浦を, 粥を, 言葉が, 返事は, 酒を, 面を

4 [31件] めえ, 丸という, 人形さんの, 体では, 医者が, 医者の, 土産の, 坊さんの, 声が, 婿さんの, 嫁さんが, 嬢さまの, 孃さんが, 孃さんに, 子が, 弟子の, 心の, 心を, 気持は, 町という, 相手を, 祭りを, 稚子はん, 米が, 腰の物を, 膳の, 菊が, 途中で, 通が, 部屋は, 隣りの

3 [79件] せい様の, それは, はなしを, ゆうの, 乳母さんが, 人が, 人に, 人も, 仲間で, 仲間入りを, 侍さんの, 元という, 光が, 兼は, 医者さんが, 友だちが, 友だちの, 友だちは, 友達と, 吉が, 名前を, 土産が, 土産を, 城に, 堂の, 墓の, 声で, 姉さんの, 姉さんは, 姿の, 娘ご, 婿さんに, 婿さんは, 宅の, 宅へ, 小姓の, 屋敷に, 屋敷を, 帰りに, 幾の, 庇で, 役人が, 役目を, 得意の, 心は, 心持の, 心持は, 悦の, 手の, 手紙は, 旗本の, 武家は, 気持が, 父様は, 珊の, 盃を, 神さんの, 糸という, 約束は, 組屋敷の, 経を, 膝を, 若さ, 薬を, 蝶の, 覚悟なら, 言葉で, 言葉に, 言葉には, 言葉の, 言葉は, 説は, 邸へ, 部屋の, 隣りに, 顔が, 顔の, 駒が, 高を

2 [216件] あとを, うちの, かたみ, かたを, からだで, きぬさんの, こぼれに, さいが, さかなの, さむらいさん, じい様の, せいの, せい様から, そばづか, それが, てつの, とこは, ぬし, みやの, ゆるしを, よろこびの, わかれの, わりの, 一人の, 三人の, 世辞に, 二人に, 互が, 京という, 人形さんみたいな, 人形の, 人形を, 住職様を, 使いに, 使いは, 使に, 使ひ, 使を, 使者は, 侍が, 侍を, 信という, 光さんの, 八重の, 公家さんは, 六の, 内儀さんという, 内儀さんは, 刀の, 刀は, 別れの, 勢という, 化が, 医者さまの, 印に, 友達いう, 吉さんを, 吉を, 名は, 君さんが, 君さんの, 君の, 咎めを, 喋舌り, 喜代が, 国は, 土産あけなさい, 地蔵様も, 坊さんに, 坊さんは, 城には, 城は, 堂へ, 墓は, 夏さんの, 夏は, 夢が, 大の, 妃が, 妙が, 姉さんが, 姿が, 媼さんが, 嬢さまは, 孃さんと, 孃さんは, 宅に, 宅は, 安という, 小夜を, 屋敷には, 島は, 帰りが, 庭に, 徳が, 徳は, 徳をば, 心根が, 志保の, 意で, 房さんとやらに, 手に, 手を, 手引きを, 手紙が, 手紙の, 才に, 才の, 持ち帰りに, 料理だけ, 新も, 日さまも, 早という, 星さまの, 春という, 月さまの, 月様を, 武家が, 武家の, 殿様の, 比奈さんの, 気の毒な, 池の, 浦の, 浪に, 父さまの, 父様の, 狐を, 由という, 由良が, 由良に, 由良を, 町と, 痩せ方, 皿の, 皿を, 目録の, 相手に, 相手の, 眸を, 社の, 祝に, 祷りが, 秀という, 秀は, 積りに, 空骸を, 筆は, 粂の, 約束を, 組が, 経の, 給仕を, 絹が, 絹の, 美しいご, 美しさ, 考えは, 聞きに, 胸の, 膳を, 船は, 艶も, 苦しみを, 菊の, 菊は, 葉は, 蘭さんが, 蝶さんの, 蝶に, 蝶は, 袖が, 袖といふ, 袖を, 見込みは, 言葉, 説教が, 説教の, 説教を, 談話を, 請書を, 越お前は, 身なりは, 返事の, 通という, 通は, 道が, 邸で, 邸では, 邸に, 邸を, 部屋へ, 配偶の, 酒もう, 釜を, 銀と, 銀とやらに, 銀とやらは, 銀様の, 銀様は, 鎌という, 長屋の, 関所の, 雪の, 面は, 頭の, 顔で, 餅を, 館の, 駒さんが, 駒の, 高という, 魚が, 鷹は, 鷹を, 麗さんを

1 [1502件 抜粋] あとでも, あにいさまの, いのち頂戴只今参上と, うた女史が, うどんの, おかみの, かたはそう, かるの, ぎろなき慈悲に, くにはす, くに大, くに歯や, けがは, こころざしは, ことばは, ことわりを, こよさんと, さのの, さらいの, しあい祭の, しら樣が, すえに, そばやの, たずねなさる曲者, たんこ茄子が, つくりを, つゆの, つれあ, づおづしたやうな視線を, てがら, とどけ物, なさけに, ねえさま, のろけと, はなしで, はなしという, はやりに, ばばで, ひるすぎ, ふみと, へやは, べん当, ほひを, まわりは, みつの, むすめ, もくろみは, もちやを, もみを, やつれよう, ゆるしがい, ようという, よう達も, らちが, キューを, ツモリで, トンカチで, 一人と, 一人に, 一方は, 万殿とは, 三かたを, 三根は, 不動さんでも, 世辞に対して, 丸さんは, 久良が, 亀, 二方の, 互の, 人から, 人という, 人品な, 人形に, 仏像サ祠った, 仕事の, 仕事を, 代官が, 代官も, 仲間だ, 仲間とか, 仲間入りする, 休も, 住の, 余りを, 作法に, 使いにわたって, 使で, 使者に, 侍さんその, 侍と, 侍信州訛りでは, 供え物は, 信乃といふ, 偉いお, 傍に, 傷じゃ, 優しい足, 元気が, 兄さんでは, 兄様が, 八重が, 八重殿と, 六は, 内儀さんに, 内儀も, 写真は, 冬さんに, 几帳を, 出来ばえを, 別れも, 刺身を, 助けを, 勝の, 化で, 化粧が, 医者から, 医者さんに, 医者はね, 千さんである, 千代さんが, 千絵様の, 半が, 半長右衛門の, 友達こそ, 友達も, 口だ, 口よごし, 口惜しさ, 口走りは, 台場も, 叱りは, 吉という, 吉とやらを, 名前は, 后様は, 向かいに, 君でさえ, 君を, 含みで, 呪いとしては, 味噌汁の, 和歌さんには, 咲っていう, 品とは, 品も, 唇その, 喜代と, 噂です, 噺なら, 団子を, 国さんとやらが, 国へ, 園といふ, 園は, 土産に, 在すところ, 坊さまのけえた, 坊さんを, 城へ, 城下までへは, 堂に, 墓にも, 墓参りを, 墨付に対して, 声がかりから, 声の, 声思い出しました, 夏さんといふ, 多喜と, 夢といふ, 大名に, 奉行様の, 女中も, 好みには, 妃に, 妹ご, 妹御の, 妻と, 妻を, 妾さんには, 妾と, 妾を, 姉ちゃんに, 姫さんは, 姿に, 姿前髪も, 娘御, 婆が, 婆ちゃん帝政時代の, 婿さんを, 媼さんの, 嫁さんだ, 嫁さんの, 嫁の, 嫁入りの, 嬢さま, 嬢ちゃんの, 孃さんなら, 孃樣と, 子連れで, 孝が, 宅だ, 安が十歳に, 安と, 宗旨の, 定を, 家柄を, 宿は, 富が, 小僧に, 小姓は, 小言が, 尻の, 居所が, 屋敷から, 屋敷とやらは, 岩が, 島と, 島どんと今の, 島婆さんの, 差し紙は, 差紙を, 師さまは, 席で, 帰り道に, 幸の, 店が, 店まで, 庭を, 延は, 弁当箱には, 弟子さんの, 弟子なりゃ, 弟子分に, 形見が, 役人の, 役所が, 役目の, 徒歩供と, 得意様を, 心がけさえ, 心づかいも, 心でございます, 心には, 心もちは, 心持ちが, 心持を, 志が, 志なく, 志を, 怨みは, 恨みばなしは, 悔は, 悧巧な, 情に, 慄え, 慶たい, 房と, 手で, 手先に, 手判とくと, 手柄の, 手紙でございます, 手配を, 扶けを, 招伴に, 持ち帰りを, 指図に, 授けに, 提灯は, 政の, 救い米を, 敷物を, 料理を, 方様から, 方様は, 旨は, 星様を, 昼休みの, 時計が, 暇が, 暇乞いを, 書付を, 月様の, 望みが, 杉お玉両, 来客の, 染が, 桂様に, 梅さんに, 梶の, 椀に, 椅子を, 槍へ, 次の間に, 此が, 武士は, 武家方の, 歯を, 母方の, 気持ちを, 気持の, 水ここに, 汁は, 江戸の, 池には, 沙汰は, 津賀の, 浦が, 浦という, 浦儀将軍家後継者に関する, 浪が, 涙を, 清は, 湯屋の, 滝を, 濱が, 瀧を, 照さんが, 照の, 熊は, 燗の, 父さまにも, 父上は, 父様と, 牧の, 猿の, 琴とか, 琴を, 由さんといふ, 町さんとか, 町でございます, 留という, 留守居役様は, 登和さんお, 登和嬢は, 白粉気の, 百姓さんを, 盃ぐるみて, 相伴で, 相手が, 眼で, 眼を, 睦も, 石塔の, 磯は, 祖母あ, 祝の, 祝ひの, 祝物は, 神さん礼も, 祭りの, 禮だつた, 禮位は, 秋と, 稲の, 稲荷様から, 稽古の, 積りにて, 立寄りを, 竜ちゃんの, 笑ひ, 筆先きが新しい, 答次第で, 篠の, 米という, 米はわ, 粂である, 粂は, 粥は, 糸さんに, 糸を, 約束で, 紅を, 紺が, 経文一冊を, 給金の, 絹だ, 綱から, 綱を, 縄で, 美しいお, 美代を, 美野の, 考えで, 考えには, 考へを, 肌へ, 肴一盤の, 胸前が, 腰元を, 膝もとに, 膳には, 膳部を, 色気でございます, 艶ちゃんの, 艶とも, 艶の, 芝居で, 芝居ばっかりは, 芳といふ, 若い方, 茂の, 茶の間の, 茶番を, 荷物を, 華客で, 葉さんが, 葉の, 葬式の, 蓮様の, 蕗と, 薬は, 薬少し, 藤でございます, 藥を, 蘭さんと, 蘭ちゃん幾歳だい, 蘭を, 蝶さんって, 蝶という, 血を, 行儀の, 衣を, 袖さまにも, 袖という, 裁きの, 見舞いに, 覚悟さえ, 角さんは, 角は, 触書は, 言ひ, 言葉だけを, 言葉に従って, 言葉も, 言葉百万の, 許婚の, 誂えの, 説に, 谷の口を, 財布の, 身から, 身体は, 軽という, 辨當箱には, 辰の, 近や, 返辞はね, 通から, 通さんは, 通に, 通りの, 通を, 連れである, 連れ様という, 遊さまという, 道具の, 道化の, 邪魔だ, 邸が, 部屋が, 酉という, 酌に, 酒は, 里方にも, 金持ちの, 釵に, 鉄さんが, 銀様が, 銀様以外の, 長屋から, 開帳と, 附合に, 隣りには, 雑巾次手に, 電話を, 面と, 面付が, 靴は, 頭に, 頼みとは, 顔, 顔に, 願ひよ, 館に, 首の, 首領が, 馬車の, 駒を, 駕籠先で, 高からも, 高どのから, 高に対する, 髪では, 鮨の, 鳥殿とやらの, 鶴という, 黒さんが

▼ その~ (2565, 0.4%)

46 その場 22 ですぐ, の光景, の空気 17 の様子 15 になっ, に倒れ, に臨ん 14 に居合わせた 13 にいた, に居合せた, の情景 12 にたおれ, に立ちすくんだ, をはずし 11 にいあわせた, に立ちすくん 10 を立ち去った 9 にいる, のがれ 8 で自分, に倒れた, に腰, をごまかし, を去らず 7 からすぐ, で彼, に卒倒, はそれ, を去っ, を去った, を立ち去つた 6 でお, でこの, でその, に昏倒, に立ち竦んだ, に立っ, の事情, は無事, へ行っ

5 [29件] から逐電, で死ん, で気, で自殺, にあった, にい, にいない, にいなかった, になる, にのぞん, に仆, に倒れる, に尻餅, に居合, に居合せ, に悶絶, に棒立ち, に気絶, に膝, に釘, のあり, の気分, の調子, の雰囲気, を動く, を去る, を外し, を外した, を離れ

4 [28件] から姿, で, で死んだ, で気絶, で腹, で討死, で調印, にうずくまっ, にしゃがん, にとびあがった, に居合わせ, に居合わせなかった, に崩れる, に於い, に気, に立ち竦ん, に茫然, に足, のこと, のもの, の思いつき, の都合, へ昏倒, へ駈けつけ, を去らう, を去らせず, を去り, を立ち去る

3 [54件] からお, からただちに, から東京駅, から警察, で二人, で即死, で命, で封, で息, で死ぬ, で殺された, で焼い, で腰, で読ん, に, にいたら, にい合わせた, にじっと, になつて, にばったり, に佇ん, に坐っ, に坐つ, に居合わす, に残し, に泣き伏し, に立, に立ちどまっ, に置い, に臨む, に蹲っ, に釘付け, のようす, の仕儀, の気持, の異様, は済んだ, へ倒れ, をのがれ, を動かず, を動こう, を取りつくろう, を立ち退いた, を立去る, を脱, を見, を退散, を逃げ, を逃げ出した, を逃れよう, を遁, を離れた, を離れる, 去らずに

2 [158件] から府庁, から拘引, から煙, から行方, から逃げ出す, から連れ, その時, であたし, でそのまま, でそれ, で主人, で倒れ, で咄嗟, で喧嘩, で声, で声明, で射殺, で当事者, で感じ, で成敗, で手術, で捉, で斃, で斬られる, で昏倒, で書い, で殺し, で火, で直ぐ, で相当, で短剣, で破い, で私, で縄, で縛る, で言, で読めぬ, で部屋, で首, にある, にいたたまらなく, にうち伏, にうつぶし, にがくんと, にころがった, にしりもち, にそぐわない, にたおれた, にたおれました, にたたずん, にたちすくん, につっ立っ, にとびあがり, にど, にどう, にどっと, にぱったり, にひざ, にひざまずい, にひれ伏し, にひれ伏した, にふさわしい, にぶっ, にへたばっ, にへたばった, にへたへた, にぺたりと, にほうりだし, にもだえ, に一メートル, に僵, に列席, に化石, に坐り込ん, に居た, に居たたまらない, に居合せなかつた, に居残っ, に平伏した, に彼, に打ち倒れ, に散れ, に於, に泣きくずれ, に直立不動, に突っ, に立ちつくし, に立ちつくした, に立ち尽した, に美しい, に臨め, に臨んだ, に至っ, に菜穂子, に落ち, に跼んだ, に身体, に顔, のはずみ, の不快, の人, の処置, の切迫, の必要, の恋, の意味, の感情, の成行き, の樣子, の氣持, の状況, の異常, の礼儀, の空氣, の緊張, の騒ぎ, はいい, はうや, はその, はそのまま, はそれで, はそれなり, は納, へいっ, へぐったり, へ出, へ捨て, へ来, をたちさりました, をとりなす, をにげだし, をのがれた, をはなれる, を一歩, を体, を切りぬけた, を動かなかった, を去, を収めた, を取りつくろっ, を取り繕っ, を外される, を外す, を捜せ, を立ち去りました, を立っ, を立去り, を立去りました, を繕う, を繕ろ, を胡魔化, を足早, を退い, を逃, を逃げた, を逃げ出そう, を離れない, を離れよう

1 [1374件 抜粋] から, からおさらば, からことごとく, からちっとも, からです, からは忘れ, からめいめい, からフォン, から万里小路藤房, から京都, から八丁堀, から列, から力, から動くまい, から動けなくなっ, から去りはじめた, から名人十八番, から安全燈, から少し, から引っ立てました, から彼女, から抜い, から探偵小説, から日和佐, から東京, から江戸一円, から消えた, から発狂, から直ぐ, から葵, から解放, から走らせた, から車, から逃, から逃げ, から逃げ出し, から逃げ帰っ, から逃出そう, から連行, から鎌倉表, から離れた, から駈けだした, が納まらね, だけがよし, だけな, だけの話, だけは勘弁, だけを酒, であけ, でありのまま, であんた, でうち, でお金, できちんと, できれい, でことわった, でしょうち, でつきとめ, でとうとう, でどんどん, でなんとか, での主役, での誠意, ではこの, ではじめる, でははつきり, では人, では何とも, では双方, では大分心, では御, では打ちとける, では泰造, では良人, では読まない, では食わない, でひっくくられ, でひろ子, でぼく, でみんな, でもつ, でも思, でわたくし, でインキ, でナーダック, でパク, でブン打ッ, で一応, で三之助, で与えよう, で主君, で事, で二千何百円, で五銭宛受取つて袂, で人命, で令夫人, で伊予守, で僕, で兄, で兇行, で全部, で処分, で出来た, で刺し殺し, で加減, で化石, で十分, で即座, で叔母, で取押え, で叩き割り, で各, で吹, で喰, で四辺, で堂守, で売れる, で大臣護衛, で始末, で子供, で就職, で巡査, で弄殺し, で彼等, で思いつい, で悔い, で愛, で手あて, で手足, で打つ, で抱き上げられ, で押さえ, で捕えられた, で捕まりました, で控, で放し, で斬っ, で斬り捨てない, で断頭台, で暮した, で本尊, で東京, で根津, で次郎, で死に, で死亡証明書, で殺そう, で永い, で決裁, で泥濘中, で漱石氏, で燒, で狂気, で現, で男, で皮, で直に, で相手, で知ったら, で破っ, で秀吉, で移植, で立食い, で箱, で粉砕, で糸, で絶え, で縊殺, で縛り上げる, で考えた, で脱い, で自然, で色, で若し, で落第, で行く, で見る, で解き, で討つ, で話, で誓書, で読み下した, で請取, で買う, で辞職願, で迷っ, で逆さ, で連名, で違っ, で重吉, で鉄拳, で開い, で靜, で面々, で風邪, で食べる, で髻, で鬼太郎君, とりとめない亢奮, にあらわれる, にあり合せたる, にいあわせ, にいたたまれない胸苦し, にいつ, にい合せた, にうち, においてここ, においで, におさえつけられ, におどりあがらせた, におりました, にがばと, にくみふせられ, にころがし, にし, にしゃがんだ, にじつくり, にすくませ, にすわりなおした, にたたずみ, にたち, にたとへば, にぢ, にて一時, にとっておさえる, にとびだそう, にとめさせる, にどすんと, になぐりたおされた, になったら, にならなけれ, にねじ伏せ, にのぞめ, にはあまり, にはいまわる者, にはね起きよう, にはナミ子, には侍従長, には必ず, には猥雑, にひかえ, にひっくりかえっ, にぴょんと, にふさわしく, にぷツつり, にぺったり, にまとまつた, にもどっ, にも開始, によろよろ, にゐ, にゐる, にアッ, にゴロ, にハタ, にヘタヘタ, に一人, に両手, に伏せた, に佇立ん, に倒れし, に停まった, に兩替屋, に出動, に刑, に勇敢, に即し, に可否, に呆然と, に嘔吐, に地響, に坐らせ, に坐り込んだ, に外套, に女中, に寝た, に實現, に居, に居たたまらなく, に居なく, に居合す, に居合わし, に居合わせたい, に峯吉, に崩潰, に座り直した, に当, に待たせ, に心臓麻痺, に急, に慴伏, に打ち, に投げ倒された, に押したおそう, に控え, に斬殺, に明智, に服, に来合せ, に横, に正念, に残された, に泣き伏した, に泣き崩れた, に犯人, に生, に盛り上る, に眠りおった, に石川杉弥, に突伏, に立たされた, に立ちあがろう, に立ちすくみました, に立ちどまつ, に立ち会っ, に立ち止つ, に立ち竦み, に竦ませる, に絶命, に編笠, に置きました, に膝ずくの, に自分, に薙ぎ倒され, に行き合わした, に見切り, に讃岐, に起きあがった, に跪きた, に跳ね起きた, に蹲ん, に躍出し, に転がっ, に近づい, に適わしい, に釘付, に鐘楼詮議, に集まっ, に電気, に飛び上った, に飛ん, に駈けつけた, のいた, のしのぎ, のその, のつくろいだった, のなりゆき, のエポック, のステップ, の一場景, の不和, の事, の人間, の作家, の出幕以外, の効果, の厳か, の喜び, の實質, の廻り合わせ, の形, の思附, の感じ, の憤り, の成行, の智恵, の有様, の母, の気分的, の沈黙, の滞, の現実的, の異, の私, の突然, の経緯, の聯想, の言葉, の議論, の趣, の軽い, の頭, はあやまっ, はうまく, はごまかし, はすん, はただ, はどうにかこう, はひとり, はやり過ごし, はヘイヘイ, は三階, は何事, は分れ, は大, は屈伏, は承服, は栄, は照彦様, は知人, は立ち去った, は納まりました, は胸, は言い分, は逃げ出したさうである, へ, へかけつけ, へごろりと, へとまっ, へぬっと, へひっくりかえった, へふみこんだ, へへた, へゴロリ, へ七兵衛, へ人, へ伏し, へ倒れた, へ割り込ん, へ呼ん, へ坐り込ん, へ引返し, へ打ち寄せ, へ投げ出された, へ来ない, へ泣き沈ん, へ着いた, へ突俯, へ置い, へ膝, へ臨もう, へ舞い戻っ, へ行く, へ踏み込ん, へ集まっ, へ飛びかかりました, へ駈けつけた, へ駈け寄った, らしい舞台, をうごこう, をごまかす, をさしのぞい, をしばらく, をとりつくろう, をとん, をはずさね, をはずす積もりらしい, をはなれ, をひきあげました, をよく, を一, を下りかけました, を円滑, を出かける, を切りぬける, を切り抜けた, を動かない, を動けなくなりました, を去らず斬っ, を去らせず斬り捨てね, を去りかね, を取りつくろい, を取り繕う, を固守, を引きさがらなけれ, を引き揚げました, を引立てられ, を弾力的, を抜け出した, を描いた, を救う, を歩き出しました, を済ましくれたれ, を濁し, を町役人, を石, を立たせぬ, を立ち去っ, を立ち去ろう, を立った, を立去つ, を立去らなかった, を繕, を繕っ, を胡麻化, を行っ, を見た, を言い濁した, を転げ, を退がる, を逃げるだろう, を逃げ出したかった, を逃れ去っ, を通りすぎた, を運, を過します, を避ける, を飛びしさった, 去らず塑像, 去らず類推

▼ その~ (2547, 0.4%)

85 を見 63 を見る 38 を見た 30 をじっと 22 を眺め 21 を見つめ 2019 の上 18 を見つめた 17 を眺めた 12 いろを, の色, をながめ 11 を見れ 9 の表情 8 を一目, を見上げ, を見上げた, を見詰めた 7 がまた, を覗き

6 [11件] には何, の中, は何, をみる, を下, を私, を穴, を見ました, を見守った, を覗き込む, を覗き込ん

5 [17件] が, が非常, に現われ, のどこ, はどう, は急, をのぞきこむ, をよく, を差, を横, を眺める, を知っ, を見あげた, を見ない, を見ます, を見返した, を覗く

4 [13件] の前, は彼, は涙, は笑っ, を, をつくづく, をのぞきこん, をのぞきこんだ, をみ, を彼, を見つめる, を見詰め, を見返す

3 [62件] いろの, いろも, がただ, がみるみる, が口, が大きく, が眼, が美しい, が自分, が見たい, というの, にあらわれ, には一種, には恐怖, には見覚え, に向っ, に浮ん, に笑み, のうえ, の下, の特徴, の線, の輪郭, はいかにも, はいつも, はいよいよ, はお, はまた, はもう, はよく, は人, は今, は妙, は真青, は私, は緊張, は輝く, は金色, は闇, をあげ, をそっと, をながめた, をのぞい, をのぞき込む, をのぞく, をはっきり, をひと目, をまとも, をみた, をジッ, を一つ, を凝視, を向けた, を正視, を瞶め, を見あげる, を見たら, を見まもっ, を見よう, を見合せ, を見識, を覗いた

2 [176件] いろが, いろに, いろには, がいつも, がいや, がお, がくしゃくしゃ, がさも, がまるで, が何だか, が彼, が曇っ, が月, が母, が笑っ, が赤く, が頗る, その顔, だ, だちを, ではなく, とその, にあった, にどこ, にはいつも, にはこの, にはまた, にはもう, にはりつい, には一本気, には今, には何処, には少し, には微笑, には悲しい, には気, には眼, には表情, には誇らしい, には驚き, に一種, に与えた, に何, に出, に動いた, に嘲笑, に大きな, に届かざる, に巧み, に死相, に気, に浮かんだ, に浮んだ, に火かげ, に見とれ, に見入った, に見入り, に見覚え, のあたり, のところ, のまん中, の一, の何, の先, の白布, の美し, の赤い, の輪廓, の近く, はくも, はこれ, はしだいに, はすぐ, はたしかに, はだんだん, はどこ, はなにか, はま, は一図, は不思議, は人間, は以前, は何事, は全体, は実に, は少し, は恐怖, は悲し, は死, は死人, は死相, は汗, は白絹, は相, は眩しい, は眼, は穏, は約, は美しい, は自分, は色, は蒼, は蒼白, は見, は見えなかつた, は見た, は輝い, は酒気, は電燈, は非常, は頭, へ手, もその, もまた, も知らない, や体, や形, や手, や眼, をこっち, をじい, をじろりと, をすぐ, をちら, をちらりと, をながめました, をのぞきこみました, をのぞき込ん, をば見上げつ, をひと, をひょいと, をぼんやり, をまじまじ, をまた, をみつめ, を一つ一つ, を上げ, を上げた, を不意, を両手, を仰いだ, を凝, を向け, を埋めた, を子供心, を思い出した, を手, を打った, を指さし, を掩, を撫で, を昌作, を正面, を歪め, を睨みつけ, を睨ん, を見あげ, を見せ, を見せた, を見せる, を見たい, を見つめました, を見なかった, を見やった, を見下し, を見守る, を見定める, を見直した, を見知っ, を見返し, を覗い, を赧らめ, を近づけ, を隠した, を隠す, を鸚鵡籠

1 [1371件 抜粋] いつぱい, からお, からはかれ, からは何, からも湯気, から全身, から少女, から消えうせた, から湿い, から血の気, から面, があちら, があまりに, がいくらか, がいま伸子, がげっそり, がさみしく, がだんだん, がどんなに, がにっと, がはくぼく, がへん, がぼやぼや, がまっか, がみんな一種特別, がゆがみ, がよかっ, がオツトセイ, がダンネベルグ夫人, がニコニコ, がハッキリ, が丁度, が不意, が二階, が今, が何と, が充血, が十内, が咳払, が大, が始終目, が岡田, が彼女, が怖い, が急, が恨み, が揺れる, が曇り, が横, が次第に, が歪め, が浮かん, が淋しく, が犯罪者型, が現われ, が癖, が盗ん, が真白, が眼先, が破れた, が秋元, が笑み, が美しく, が良人, が見, が見えなくなった, が見たかった, が見とうございます, が解らなけれ, が誰, が近づけ, が鏡, が青ざめ, が静止, が黒板, さえ見, すらも思い出し得ない, その姿, その手, その逞, だけが, だけで, だけで存在, だけ白い, だちは, だち身, であったわけ, でした, でよく, で彼女, で癇癪玉, と, というもの, と一緒, と今日, と共に全身, と唇, と派手, と背, と頭, なら姿, なんか明瞭, にあてた, にあらはれる, にうかべ, にかすか, にその, にただよわせる, について秀吉, にのぼる, にはいつ, にはいわば, にはお, にはしかしき, にはただ, にはちょっと, にはなお, にははげしい, にはまだ, にはまるで, にはよく, には両, には例え, には冷やか, には包み切れぬ, には失望, には常に, には底, には微か, には悲し, には憎悪, には明らか, には晴々, には曖昧, には格別, には残酷醜悪, には沈鬱, には涙, には父, には皺さ, には矜ら, には窈窕, には素朴, には羞恥, には苦悶, には見おぼえ, には覚え, には貴族階級, には防毒マスク, には雲, には非常, には鬼気, にふっかけました, にむけた, にもただならぬ, にも姿, にも態度, にも現れ, によく, にギョロッ, にマリユス, に不審そう, に不満足, に仔細, に何処, に値い, に刻みつけろ, に危惧, に向け, に唇, に失望, に岸本, に強, に彼, に怒り, に或, に接吻, に昔日, に歪め, に殺伐, に注意, に浮かび出る, に浮べ, に漆黒, に灯, に烈しい, に現れ, に疵, に益々, に眼鏡, に絶望, に苦悶, に薄く, に装ってる, に見とれた, に見入りました, に覗き込まれた, に誠意, に颯と, のあおい, のあるべき, のお手本, のすぐ, のそば, のつくり, のなに, のものすご, のキズ, の一つ一つ, の与える, の何処, の向き, の変化, の容子, の恰好, の所々, の持主, の方, の本来, の様子, の涼し, の相好, の真中, の示す, の細かい, の蒼, の見えない, の見たう, の追憶, の醜, の醜悪さ, の長い, の面, の高雅, はああ, はあしゅら, はあれ, はいずれ, はいつか悪戯, はいつの間にか, はうしろ姿, はかいもく, はきえます, はこの, はさっき正面, はしかし, はじつに, はすばやく, はただ, はとうに, はなお, はなごやかな, はなん, はひっこん, はほとんど, はみな, はもうはっきり, はやがて, はわたしたち, はコゼット, はニコニコ, はポウツ, は一つ, は一瞬間, は一面, は不可, は世にも, は丹, は二目, は今や, は他人, は何ごと, は何処, は何物, は侮り, は先夜, は全く, は前, は卑屈, は可也, は和らい, は土, は多く, は夫人, は小学校, は常, は幽鬼, は引込んじまいました, は微笑ん, は怒り, は急いだ, は恐ろしく, は愉快げ, は憂わ, は日, は明, は昔, は昨夜, は暗かっ, は曾, は朝, は次第に, は母性的, は決して, は消える, は渋面, は燐光, は狡, は田村, は男, は痩せ衰え, は白琅, は皮肉, は益々, は眼ジリ, は瞬間面, は知り, は神色自若, は立ちどころに, は笑ってる, は精神的, は細長い, は能面, は色白, は苹果, は葬儀係り, は蒼く暗い, は蒼白し, は蝋燭, は裏切られた, は見なかった, は覚え, は親切, は赤かっ, は赧ら, は酒, は鈍い, は陰っ, は青ざめ, は顎, は馬春堂, は鼻, ばかりが宙, へかかる, へかむる, へじつに, へぴったり, へゆく, へペッ, へ名人, へ向, へ呼吸, へ寂しい, へ瓦, へ眼, へ笑いかけ, へ血, へ貼りついた, ほど痛切, までがどうやら, まで平生, もさだか, もひどく, もズボン, も容子, も暗澹, も死んだ, も皮膚, も稍, も見ない, も随分, やからだつき, や声, や胸, よりも美, をあ, をあらためた, をいぶかし, をうしろ, をうちみれ, をお, をおま, をおれ, をぎくりと, をこちら, をさしのぞい, をさしむけた, をしかし, をしずか, をすたすた, をそっち, をそらしました, をぢ, をとつぜん, をなお, をながめはじめ, をのぞいた, をのぞき込まれ, をのぞき込みました, をのみ眺め, をびっくり, をふちどっ, をほてらせ, をまっ先に, をみない, をもっと, をもどし, をよくよく, をクルッ, をスッ, をヒョイ, を一々, を一生, を一郎次, を上げ得ない, を中心, を二度とふたたび, を代, を仰ぎ見る, を何心, を何気なく, を依然, を冷やか, を南さん, を吉蔵, を向かせた, を坪井, を夜具, を子細, を宮子, を屈み, を市ノ瀬牧人, を引っ掻いた, を張りつけ, を彼方, を忘れない, を思いきっ, を思い起こした, を憂鬱, を打ちました, を抱えこんだ, を拭, を挙げ, を振り向けたい, を捻, を撫ですぎた, を暫く, を朝子, を模写, を横目, を気味悪く, を油, を注視, を浮き出さし, を照, を照らしました, を発矢, を盗み見ました, を眺めます, を睨み, を睨み付けた, を睨めつける, を瞰下, を知ッ, を硬め, を突っ込み, を立て, を紅毛人, を美しく, を草川巡査, を蔽いかくした, を薄, を行燈, を見おろし, を見せませんでした, を見たる, を見なおす, を見なきゃ, を見まもった, を見よ, を見下した, を見入った, を見向き, を見守り, を見知った, を見迎え, を覗きこみ, を覗き込み, を覚えとったで, を諳, を足下, を蹙め, を近寄せ, を遠慮なく, を隙, を隠し, を頬杖, 熱い炎, 見つつ, 触が

▼ その~ (2528, 0.4%)

65 のこと 43 のところ 28 の消息 25 の事情 19 にある 16 を歩い 15 の事, はよく 13 にいる 11 の様子, を見まわし 10 を散歩 9 に落ち, の地理, の空気 8 にいた 7 だ, にあった, をうろうろ, をうろつい, を見廻し 6 で, に遊ん, のもの, の人, の御, は御, をよく, をブラブラ, を探し, を見

5 [12件] だろう, にうろうろ, のお, の景色, の草, の見当, はどうも, はまだ, はもう, は一面, まで行く, を捜し

4 [29件] にい, にはかなり, には影, にウロウロ, にマゴマゴ, に人, に抜かり, に見えなかった, に転がっ, の呼吸, の土, の山, の店, の機微, の畳, の者, の若い, の藪, の闇, はどう, は一体, までお, をグルグル, を歩いた, を歩き廻っ, を歩き廻った, を見まわした, を見まわす, を逍遙

3 [45件] であろう, でお, で一, で一休み, で遊ん, に, にぬかり, には誰, にまだ, に出, に咲い, に残っ, に漂っ, に潜ん, に立っ, のい, の地面, の壁, の子供, の往来, の所, の田, の町, の石, の隅, の雑草, の雪, は, はあらかじめ, はご, はその, は心配, は私, までお送り, まで御, を, をぶらぶら, を心配, を歩きまわる, を歩き出した, を眺め, を考え, を見廻した, を通る, を隈

2 [158件] からずっと, から出, から出た, から妙, から来る, から起る, がどうも, がよく, が何となく, が曖昧, さ, であろうと, でいい, でお茶, でしょう, でマゴマゴ, で一杯, で勘弁, で少し, で水, で落とし, で見る, にいくら, にいっこう, においで, におち, にころがっ, にごろごろ, にざら, にない, には, にはいろいろ, にはまだ, にはもう, には一人, には人影, には何, には水, には見えなかった, にまごまご, にもある, に一杯毛, に住む, に何, に僕, に原因, に居る, に彼, に抜け, に気, に沢山, に理由, に置いとい, に置き並べ, に腰, に自動車, に血, に見えませんでした, に読む, に誰, に身, に軒, に転, に隠れ, に鳴りひびく, のある, のテーブル, の一冊, の人々, の人家, の処, の区別, の家, の岸, の当り, の微妙, の心配, の暗闇, の樹, の注意, の海, の畑, の病院, の知識, の空, の船宿, の薄暗い, の街, の記憶, の路地, の道, の道理, の風景, の魂胆, はお, はしかと, ははっきり, はまるで, はわからない, はハッキリ, は一切, は一帯, は何, は余程, は僕, は判然, は勿論, は妙, は心得, は拙者, は深く, は知り, は綺麗, は見渡す, は長く, へ出, へ着きます, へ置く, へ遊び, までお伴, までご, までちょっと, まで出, まで来, まで来た, まで私たち, まで行っ, もすっかり, もよく, も御, よく了解, をあちこち, をぐるぐる, をどうぞ, をぶらつい, をウロウロ, をキリキリ舞い, をジロジロ, を一廻り, を去らない, を多少, を廻っ, を往, を徘徊, を探し廻った, を探る, を歩き, を歩きまわっ, を歩きまわり, を歩き廻り, を歩き廻る, を泳ぎ廻り, を照らし, を片づけ, を行っ, を見廻しました, を走り, を通り

1 [1500件 抜粋] いかにも軍師, かも知れない, からお, からこんな, からずつと向う, からでも竜宮, からびしょびしょ, からもう, からラクガル湖, から丘, から何, から列車, から又, から堀向, から川筋, から拾い集めた, から故障, から村, から板切れ, から火事, から犬, から癪, から知るべき, から聞え, から見, から賑, から足, から飯田, がここ, がたしかに, がと思う, がなかなか, がふと, がまだ充分, がやはり何とも, がオチ, が一体, が世, が全く, が工場, が心もとなく, が明瞭, が柄相当, が止まりだ, が永年, が画室, が相当, が精一杯, が詩人, すこぶる簡単明瞭, だった, だとして, だろうと, だわね, ってどの, であったと, でおおよそ, でこっち, でしょうね, でその後, でつぎ, での豪族, ではじめて, ではセラ, では買いもの, でまごまご, でもそこ, でも彼, でも釣れる, でよろしかろ, で一つ, で一戦, で一番, で人, で休みましょう, で傭つた自動車, で向う岸, で大, で山崎, で年々小児, で彼, で心, で折り合っ, で撃剣, で枝, で津軽平野, で眠つて了, で立消え, で締め, で職業, で見, で詰め込ん, で谷中, で転ん, で遊ぶ, で降参, で黒い, とんと失念, どうか, ならば, にあったらしい, にあまり, にあるらしく思われる, にいたんだ, にいるらしい, にうようよ, にお, にお気づき, にぐるり, にしゃがん, にずっと, にだけは辛うじて, についての御, にてお尋ね, になお, になんだか, にのりかかる, にはいないで, にはなお, にはカッフェー, には一双, には今, には全く, には同じ, には姿, には居ません, には彼, には忍耐力, には水ナラ, には物, には相当, には虎耳草, には見当りません, には雌犬一匹, には駄菓子屋, には鶏, にほうり放し, にもいた, にも匪賊, にも大衆, にも礼節格式, にわたしの, にゐる, にチラチラ, に一向, に三筋, に並ん, に乗捨て, に五, に人影, に仮, に何ぞ, に倒れた, に凧, に出来た, に又, に同じ, に在り, に埃まみれ, に大, に太刀, に寄っ, に小, に小僧, に少し, に居らぬ, に山, に常呂, に張, に必殺, に悪, に投げだし, に掛念, に散らかっ, に散り, に散布, に料理皿小, に春, に来, に枝, に桜ン坊, に植え, に様子, に気がつい, に水寰区, に油, に泊る, に温泉, に滲みつい, に無数, に父, に現代日本, に生き, に疑惑, に知っ, に私たち凡人, に立ちどまる, に立つ, に立派, に網, に置かれた, に肥料会社, に脱ぎ捨てられ, に自然, に菜花, に行った, に見えない, に見えようはず, に見なかったです, に見当らない, に見当りません, に車馬, に関し, に集まる, に馬, のいい, のうと, のがん, のごく, のちょい, ののら猫, のもっとも, のケチ, のチョンチョン格子, のポスト, の一番, の上さんたち, の不潔, の事実, の五万分一, の人々いずれ, の低地一帯, の傾斜, の到る, の十数軒, の危険, の叢, の古い, の同, の否み, の商売人, の土人, の地上, の地殻変動, の堤下道路, の境界, の大, の大岩小岩, の好意, の子供たち, の家々, の寺, の小店, の小高い, の屋根, の山水, の岩, の嶮岨, の差別, の年齢, の庭木, の彼方此方, の心事, の心理, の思慮, の押し入れ, の掃除, の料理店, の暗礁, の木の根, の木陰, の枝, の格子, の森, の横町, の樽, の毒瓦斯避難所, の水, の流し, の涼台, の湖心, の然るべき, の物, の狼, の理窟, の用意, の畑みち, の百日紅, の知識経験, の砂, の空地, の竹, の籬, の細か, の艶, の茶店, の菓子屋, の薄らあばた, の西洋料理, の見通し, の言い伝え, の証拠, の諸家, の谷, の賑い, の路傍, の農具, の迷路, の逸事, の遠慮心, の野生, の闇がり, の隅々, の隠れた, の頭, の高台, はあまり人, はいったい, はきわめて, はごみごみ, はすっかり, はたしかに, はとんと, はどうやら, はぬかり, はぼんやり, はまず, はむやみ, はよろしゅう, はわし, はチト, は不断, は今晩, は何ら, は信州, は停車場, は充分, は別, は劫火, は去年, は同じ, は圃, は夜, は大分景気, は如才, は安東, は富農たち, は専門家, は屋敷町, は山崩れ, は川, は平坦, は庸三, は御存じ, は志免君, は慣れた, は支那, は旦那御存じ, は昼休み, は暗い, は未だ, は正太, は殊に, は水夫たち, は淋しい, は烏羽玉, は甚だ, は田, は皆, は相, は真っ赤, は確, は空気, は考え, は芝生, は語り, は誰, は貧民窟, は農業, は郊外, は鉱山, は震災, は馬鹿, は龍, へおし, へころがり, へは鎌, へ一つ, へ二三本, へ出向いた, へ差しかかった, へ散歩, へ来ます, へ流れ着いた, へ片付い, へ立っ, へ興味, へ見, へ迷い込ん, へ銅鈴, へ飛び出したがっ, まことに御, までしか届きはせぬ, までつき合っ, までの程度, まではわきめ, までは母, までは至極, までブラ, まで参っ, まで帰っ, まで散歩, まで様子見, まで考え, まで見送っ, まで送っ, まで顔, もありました, もす, もほじくられる, も伺っ, も分らない, も好く, も心配, も片付く, も確かめ, も道太, よ, より南, よろしくご, らしい様子, をあさっ, をいっ, をうろたえ廻っ, をうろつき廻っ, をかけ, をぐるり, をごそごそ, をさまよい歩く, をたしかめ, をなで廻し, をはばかっ, をぶらついた, をまごまご, をもう少し, をグルリ, を一つ, を一緒, を二三度往復, を保護, を再応吟味, を動いた, を取り繕っ, を咎め立て, を嗅ぎ廻り, を始終, を巻い, を彷徨, を念入り, を愚図愚図, を手探り, を捜, を捜し歩いた, を掃き, を探した, を探し廻っ, を探ろう, を撫で廻し, を旅, を暗め, を書い, を歩きだしました, を歩き回っ, を歩く, を気, を泳ぎ遊ぶ, を片づける, を理解, を眺める, を約, を舐めまわり, を行きつもどりつ歩き, を見まわしはじめる, を見回した, を見廻してた, を説明, を調べはじめた, を足, を跳ね廻った, を逍遥, を通った, を運動, を開鑿, を飛び, を駆け廻ろう, ウロウロし, 充分ご, 心得ぬいて, 掘ったら蜆, 甚だ曖昧千万

▼ そのあと~ (2501, 0.4%)

3937 を追って 23 を追った 22 に続いた, をつけ, を追いました, を追う 20 からつい 16 につづいた, のこと 14 でまた, につい, につづきます 13 についた 12 ですぐ, で彼 11 で私, につづきました 10 からすぐ, でお, に付い, を見送っ, を追っ 9 に従った, はどう, はまた, をつけました 8 からまた, で彼女, につづい, に続い, へ, を追, を追いかけ 7 から, について行った, を尾, を追い 6 で自分, に, にしたがいました, にしたがいます, につづく, に残った, に続く, を見送る 5 でこの, でその, は, はもう, を付け, を追っかけました

4 [12件] からついて行った, からもう, から付い, から出, から又, について行く, に何, に私, をつい, をつけた, を追おう, を追っかけ

3 [35件] からそっと, からはいっ, から一人, から二, から男, から白い, から私服, から続いた, から走っ, がいけなかった, がつづかない, であの, でそれ, ではまた, でふと, で三人, で信長, で急, で直義, に従い, に残る, に蹤, の言葉, は何, へまた, へ自分, をうけ, をおいました, を尾行, を見送った, を見送り, を跟, を追いかけた, を追いかける, を追います

2 [131件] おしるこ, お芳, からあなた, からあの, からお, からぞろぞろ, からだまっ, からついて行きました, からつづきます, からみんな, からヒョロ子, から三人, から二人, から今度, から佐太郎, から制服, から剣, から十五六人, から大, から溝口, から私, から續, から自分, から追いかける, から追っかける, がいけ, がいま, がひどく, が私, が言えなかった, が青い, が面白い, しばらくは, その日, ちょっと買物, でお前, でこんな, でしばらく, でそこ, でにわかに, でまだ, でもう, でやはり, でわたし, でカン蛙, でトルレス, で一人, で二人, で今度, で何, で何だか, で僕, で大きな, で女, で子供, で室内, で母, で渠, で私たち, で竜, で老妓, で船長, で近, で酒, で高い, にある, にくっつい, にこの, について, について行っ, になにか, にはこの, にはただ, にはまた, には何, には唯, には彼, にまだ, にゆり返し, に不思議, に二人, に従いました, に從, に来た, に続こう, に関運漕店, に附い, に随, のほう, の事, の二十年, の声, の方, の毛, の氣持, の沈んだ, の目, の穴, の話, の豚, はいくら, はずっと, はなん, は口, は意識, は歯みがき, は聞きとれなかった, は覚え, へつい, へは更に, へ新造, へ石, もしばらく, をお, をたずね, をついて行きました, をつけ廻し, をつづける, をぼんやり, をよく, を催促, を彼, を慕う, を慕っ, を所望, を継い, を見おくっ, を追いかけました, を追いぬ, を追わね, 善くなる

1 [1498件 抜粋] あの事件発覚後, いつもの, おトメさん, かたづけに, からうさぎ, からおもい, からかわいらしい, からしなびた, からそのもの, からついて行っ, からで, からとびだし, からにこにこ, からはたくさん, からは大小数十隻, からひとりでに, からふたり, からほこり, からまだ, からもまた, からゆっくり, からオーレンカ, からゴトーン, からサーカス, からソッ, からノロちゃん, からポケット小僧, からマント, から一台, から上らう, から不安, から二つ, から二十四差, から人形, から仲どん, から何千何万, から傘, から六人, から刀, から加勢, から千世子, から古山博士, から呉一郎, から唖然, から四人, から壮, から大きい, から大工, から寄越した, から小さい黒い, から小犬, から少年探偵団員, から岡田辰弥, から引き摺られ, から張, から心, から恭一, から抜からぬ, から来る, から正直, から段々, から水さし, から流言, から温か, から火薬庫, から煉瓦場, から狼狽, から由次, から番太, から白襟, から真夜中, から神, から穴, から笑い, から続い, から群集, から背広服, から自動車, から葉子, から蛙, から西山教頭, から賑, から足音, から追, から選り, から重吉, から長屋, から雲の上, から飛ん, から黒井博士, かれが, がいかにも, がすこし, がちょっと, がどうしても, がまるで, がパチンコ屋, が出, が好い, が歯, が相当, が続かず, が追えない, が馬場勝一派, この若い, じゃあ命脈, すぐまた, すぐ本陣, ずっと担ぎ, だ, だんだん痛ん, つぎつぎに, であたし, であなた, でいい, でいつも, でうーん, でおまえ, でおろされた, でお茶, できまって, でこっそり, でさっそく, でしたが, ですばらしい, でせいようあくま, でその見知らぬ, でどうして, でねちり, では, ではきまっ, ではすぐ, ではどう, ではふっと, ではわれら, では一足, では吐き, では太陽, では必ず, では牛蒡, でふ, でほか, でまずい, でまるで, でもっと, でも似た, でも聴きたい, でゆ, でわざとらしい, でイカンナ, でエッゲ, でクエリヨたち, でスコッチウィスキー, でニールス, でボウボウ威勢, でヴァルトマン氏, で一生物思い, で七十郎, で下女奉公, で中島安太郎, で主膳, で云, で井上くん, で人差指, で伊豆様, で何者, で信子, で俳莚, で兄, で内々, で初めて, で勢い, で千夜, で厳重, で同じ, で呼ばれた, で善助, で夕方, で大口, で妻, で子供たち, で家康, で密, で小林, で山出し風, で常陸さん, で建, で引き裂いた, で彼ら, で心, で思い違い, で感じる, で手紙, で数日続き, で暫く, で朝鮮紙, で松永久秀, で楽屋, で正造, で母親, で気がついた, で水野家, で沈思, で涙, で焼きすて, で熱い, で狐狗狸さん, で猪, で生れた, で皆, で矢立, で秀吉, で突然, で笑い, で答えた, で結婚, で絵本, で義貞, で臥病, で舌打ち, で芋粥, で荀, で薊州じゅう, で蠅, で袴, で親子四人, で言え, で訴える, で話, で課長, で警部, で越前守忠相, で里神楽, で長々, で降りる, で雨, で青空, で風呂, で高圧電気, どうする, ならはいれるかも, なん, にいちじるしい, にうぬぼれさせられ, にかいた, にくっつけ, にさっき, にしかやってこない, にしたがった, にせっせと, についておそるおそる, についてどこ, についてぺこぺこ, についてわらいました, について出れ, について山東軍, について戻つ, について来, について池, について薄暗い, について行きます, について表, について雨戸, についで, につく, につづき, になっ, にのこされた, にはいくらか, にはおばあさん, にはどんな, にはむさぼる, にはキツネたち, には一層, には人, には例, には占領下, には夕闇, には控え, には永遠, には牧田一家五人, には百姓, には費, には金兵衛, には長い, には香り, にひとつ, にぽ, にまっ, にものすごい, にも似た, にインカ, にテイネイ, に一郎, に三人, に云い足したい, に付く, に伸子, に侍医, に停車場, に六人, に別に, に勉強, に右, に名人右門, に四隻, に地方官, に堅田, に孔子, に宸翰本, に小径づくり, に巨大, に建てる, に引續, に後鳥羽院, に従いほほえん, に從つて, に恐ろしい, に拠っ, に新しい, に本文, に果し, に残される, に浅薄, に激しい, に煙草, に登っ, に知友, に穴, に第, に續, に著しき, に血判, に起るであろう, に連れ, に離れ, ねむいねむいと, のあまり, のすご, のはなし, の一番色, の不快, の人間はか, の凄, の命令, の四日間, の城中, の寄付, の床の間, の振舞, の新, の椅子, の気持, の火, の皮膚, の空気, の結果, の虚字, の表情, の邸, の雑木林, はあなた, はおそろし, はかすれ, はきっと, はこの, はしんと, はそう, はちゃんと, はとても, はなにか, はみかけ, はむかし, はよく, はガチャリ, は両, は伺えねえ, は卜斎, は壁, は大きな, は夫人, は小声, は平坦, は幾日, は忘れた, は成子, は暫く, は月, は構わず, は爆弾, は申, は続けず, は聞く, は蛇足, は誰, は郡山, は鱠料理, へお, へかけつけました, へこの, へそれ以上, へなおこう, へは清元, へほんもの, へわたし, へ一人, へ上がっ, へ乳呑児, へ人魂, へ伸子, へ何とか, へ先頭, へ出る, へ向かっ, へ大, へ夫婦, へ左手, へ幸吉, へ必ず, へ抜からず, へ掛けた, へ方一間, へ来, へ梅, へ母, へ甘, へ私, へ納, へ義雄, へ藤次郎, へ追, へ這い込む, へ駈け込ん, またほ, また二度高座, また栓口, まだ十句, もああ, もまるで, も矢ヶ島天文台, より五十あまり, ろくに塾, をいたずら, をう, をおい, をおっ, をすぐ, をちょきちょき, をついて行く, をつけさせ, をつけ出した, をつづけ, をひきとっ, をぶっ, をもつ, をウナギ丼, をブラブラ, を二, を二時間, を他, を兼ね, を受けた, を嗣いだ, を太い, を平げ, を引き取った, を彼女, を慕いぬ, を抜き足, を文代さん, を浸し, を片々, を眺め, を第, を絶つた, を続け兼ねた, を縫いあげ, を聞こう, を葉子, を見おくりました, を見返り, を言う, を講じ続けた, を赫鬚, を追いした, を追い慕っ, を追うべく立ちかけた, を追っかける, を逐う, を閉める, を雑巾, を馬鍬, 万一お, 大振舞, 必ず大, 暫くは, 本当に担ぎ, 熱くし, 突然ふっ, 間もなく徹太郎

▼ その~ (2399, 0.4%)

27 を取っ 18 に乗る 17 の中 16 に接吻 14 を握っ 13 を握った 12 の指 10 に乗っ, をとっ, を握り, を自分 9 の下, を放し 8 や足, を休め, を取り 7 にのる, に持っ, は, を, を彼 6 の先, をぐっと, をとり, を取る, を強く, を掴ん, を止め, を私

5 [14件] には乗らない, は喰わない, は食わない, をつかみ, をとった, を取, を引い, を押え, を掴んだ, を見, を見た, を軽く, を離し, を食う

4 [21件] が今, くび, にし, には乗らん, には乗りません, に乗せられ, に乗らなかった, に唇, はくわない, はすぐ, は鉄, は顫, をしっかり, をそっと, をパッ, を上, を払いのけた, を捉え, を握りしめた, を胸, を逆

3 [63件] か囁き, が少し, が盃, だ, で彼, で私, で顔, と足, に, にある, にはのらない, には黒い, に乗つ, に乗らない, に持つ, に縋りついた, に触れ, に触れた, のなか, の上, の大将, はくわねえ, はもう, は宙, は胸, は菓子, は非常, は食わぬ, は食わねえ, は食わん, をしっかと, をしつかり, をすぐ, をだらり, をつかん, をとつ, をとめ, をはなし, を休めた, を取った, を取り給い, を執っ, を執り, を引っこめ, を彼女, を後ろ, を払いのけ, を払っ, を抑える, を押えた, を振った, を振り, を振り切っ, を振り放し, を握りしめる, を握り返し, を握る, を放す, を膝, を返し, を避け, を除け, を離した

2 [171件] から短刀, から脱, から自分, から金, がひどく, がまた, が吃驚, が妙, が水, が石, が私, だけが血色, つづきを, で, であった, です, ですぐ, でまた, でやられる, で天下, で女, で膝, で自分, で表面, で襟, で送らせました, で頬杖, で頭, で飲み屋, と眼, にかかっ, にさわっ, にさわった, にしがみついた, にした, になった, にのっ, には, にはコップ, にはコツプ, にはコルト, にはピストル, には一枚, には乗らぬ, には何, にキス, にキッス, に一本, に乗らん, に乘, に力, に噛みつき, に托し, に抱え, に持つた, に持てる, に握っ, に握った, に握つ, に杖, に縋っ, に釘, に頬ずり, のふり方, の力, の動き, の弾力, はいきなり, はくわぬ, はそっと, はどう, はどこ, はどれ, はふるえ, はまた, はワナワナ, は世, は喰, は喰わん, は早く, は桑名, は次, は細く白く, は自由, へ縋りついた, も遠い, や口, より落つ, をあげ, をおさえた, をおしいた, をかけた, をそのまま, をたたく, をつかみました, をどうにも, をにぎっ, をにぎった, をのばし, をはなさない, をはらいのけ, をひろげ, をふりほどき, をふりほどく, をもっ, をやめ, をやる, をゆるく, をゆるめなかった, をグイ, をダラリ, をムズ, を上げ, を人, を今度, を以つて, を使った, を借り, を停め, を出す, を出だす, を加え, を動かし, を吭, を咋, を喰う, を喰わず, を固く, を封じ, を延ばし, を引き, を引っ, を引っこめた, を引込める, を懐, を戴く, を払, を払い除けた, を払った, を把, を抑え, を抑えつけた, を押えました, を拂つて, を持っ, を持った, を振りのけ, を振り払っ, を振り払った, を接吻, を控え, を握つ, を握らせ, を握りしめ, を握り返した, を揮, を放さず, を斬り, を止めた, を片手, を用い, を用いた, を眺め, を空しく, を腰, を蓋, を袂, を見る, を載せ, を離せ, を静か

1 [1432件 抜粋] いれを, からいざ, からするりと, からはなれなかった, からも探索, からピストル, から刀, から外らさないで, から小さい, から得意, から所持, から掬, から時計, から盃, から胸, から逃れ, から鏡, から飛びのいた, があご, がある, がいろいろ, がお前, がからのリュックサック, がすぐ, がついで, がとどきかけた, がとれかかっ, がどんなに, がねあたし, がふつくら, がほんとう, がまるく, がゆるやか, がニュッ, がワナワナ顫, が中段, が他, が入, が冷えき, が出兼ね, が動かない, が動く, が城主, が変つて, が女, が庸三, が急, が握っ, が正夫, が消えた, が無かっ, が燗, が直ぐ, が空, が続い, が胡瓜漬, が自分, が触る, が重く, が震えだした, が首, ごたへ, しほでも, じゃちょい, だが, だけが顏, だけはとつ, つづきが, であいつ, でいきなり, でいま, でおにぎり, でからだ, でこの, でさんざん, でじっと, でつかん, ではいけません, ではない, では行かぬ, でも足, でやった, でエレーナ, でマルキシズム, で二人分, で人殺し, で体, で何本, で働くべきだ, で判断, で十字, で受け止める, で口, で君, で大小, で小さい, で平, で戸, で拭い, で捉, で掻き散らした, で散々使, で日本, で桶, で汝, で無我夢中, で猫, で直ぐ, で空, で統治, で胸, で膝脇, で行く, で衣紋, で貴子, で逆, で雑巾, とあいた, と同じ, と手, なの, にあったなら, におわん, にきまる, にこんな, にしがみつい, にすがりつい, にする, にだんだん, につい, につかまりました, にてなどというもの, にとらせ, にとりすがりました, になわじり, ににじり, にはあの, にはいま, にはさきほど, にはのらん, にはまだ, にはマイダス, には乗せられない, には乗らず, には乗らなかつた, には乗る, には何かしら魚, には入らなかった, には半弓, には妹, には抜き放たれた, には昨夕気, には梃, には白ばら, には胡粉, には草の根, には誰, には長い, には黒く, にばかり目, にまた, にもてあました, にも知覚, にゆだねられ, によって適当, に一尺八寸, に不思議, に乗せられる, に乗りたがる, に乘ら, に例, に光りました, に入り過ぎた, に前日開封, に収めた, に取る, に咬み着き, に噛み付いた, に墓場, に女王, に属する, に帰すべし, に幾枚, に引き裂かれ, に従つて, に感じられる, に戻りかける, に抱, に抱かれた, に持たせた, に持った, に振, に捧げた, に握らし, に握られた, に握り, に携え, に日傘, に本書, に死のう, に殺された, に油気, に海老茶色, に渡した, に渡った, に珠数, に男, に異様, に相応, に紙, に結んだ, に縋った, に縋る, に自己, に見入る, に触れる, に負, に跳びかかっ, に載る, に重心, に限る, に震え, に飛びつい, のあれ, のお, のかすか, のさき, のそば, のひま, のもち, のヒビだらけ, の位置, の先陣, の別, の動, の周囲, の守り, の届く, の影, の指先, の捕方, の柔かい, の燭, の痩せ, の皺, の美し, の腕, の舞い, の運動, の隙間, の音, はある, はうるし, はかすか, はがたがた, はぐにゃりとさげられた, はしかし, はしびれ, はそろそろ, はどうも, はなんとなく, はひどく, はふり, はまぎれ, はまばゆく, はみんな, はクリストフ, はムズ, は丘, は乳房, は何うしたんだい, は僕, は冷たかっ, は動かなかった, は又, は咄嗟, は嘗試集, は大きな, は女, は小きざみ, は巧, は弱々しく, は怪物, は我, は抜き打ち, は暗い, は松崎, は柄, は気味, は激しく, は焼ける, は牧師, は男, は皮膚, は着物, は私たち, は細く, は絶対, は縛られ, は腹, は花台, は軟らかい白い, は鍋, は雄々しい, は静か, は骨, は麻痺, は黒髪, ぶし切落さんと, へと, へふと, へスーッ, へ握らせよう, へ槍, へ渡した, へ盃, へ腰, へ重く, もきかん, もたちまち, もまっ黒, も今, も力, も引かず, も抑えられた, も普通世間, も離さず, や胸, より出ずる, をあけさせない, をいや, をうつむい, をおしのけ, をかけ, をぎゅっと, をくつ, をぐいともう, をここ, をさ, をささえる, をさし出した, をさも, をしめたる, をすくい取っ, をすべて人間, をすり抜け, をそのままそっと, をたしかめる, をだらんと, をつかう, をつかってる, をつかんだ, をつと, をとめた, をとらせたい, をなげる, をにぎりしめ, をにぎりました, をぬい, をねじむけ, をはずし, をはなしませんでした, をはねのけ, をはらっ, をはらひのける, をひくく, をひっこめる, をひどく, をふく, をふらふら, をふりはなした, をふりほどい, をふり払い, をぶつた切る, をまじめくさっ, をみ, をもう, をもて, をやっ, をやらなく, をゆるめます, をよけた, をガッシリ, をジリ, をソッ, をハタ, を一, を万力, を下, を両手, を二本, を任せ, を伸した, を体, を使う, を僕, を兵部, を前, を動かさない, を十手, を反対, を取らなかった, を取り入れる, を合そう, を吹聴, を喰っ, を執, を執りぬ, を外套, を天, を娘, を山吹, を差しのべ, を差伸べよう, を布, を引いた, を引き寄せた, を引き込める, を引っぱった, を引つこめ, を引ッ, を当てだしました, を微か, を怖, を急, を恭, を憮然, を扁平, を打っ, を払い退け, を払う, を払つて, を抑えよう, を抜く, を押, を押えよう, を押さえた, を押し返し, を拂, を拒み, を持ち替え, を挫, を振りほどいた, を振り払い, を振り落とし, を振り離そう, を振放した, を捕え, を捻じかけた, を捻じ曲げ, を掴み止め, を掻い抱い, を握りかえし, を握り合っ, を撫で, を放された, を放ち, を曳い, を柄頭, を横, を武蔵, を氣, を泳がせ, を湯, を瀬田, を無理, を爛ら, を牛若, を王, を用いる, を病人, を直ちに, を眺めた, を磯五, を突, を突ッ, を細目, を緩めなかった, を縛り上げられ, を置き, を背, を自由, を舐めまわした, を虔, を見せろ, を見詰め, を調べた, を貸し, を追っかける, を避けよう, を銀之丞, を長半纒, を除けよう, を離す, を鞭, を頤, を馭者台, を高く, 掴みとても決して, 縛られて

▼ その~ (2314, 0.4%)

111 を聞い 103 をし 87 をする 65 をした 46 を聞いた 41 を聞く 40 による 39 をきい 26 の中, を聴い 2420 というの 18 が出た, はもう, をきいた 17 をしました 15 を聞き 13 になる, に耳, の内容 11 が出, が出る, をしたら, を聽 8 はそれ, を私 7 のうち, の筋, の間, をきく, を聞かされ, を聞かされた 6 といふの, はお, はまた, は今, をします, を聴く

5 [11件] があった, の出る, はかなり, はこう, はこの, はその, は私, をしましたら, を引き取っ, を知っ, を聴き

4 [24件] がまた, によります, の出た, の最中, の途中, はすぐ, はやめ, はよく, はよし, はわたし, は聞いた, ばかりし, をきき, をしよう, をすっかり, をよく, を始めた, を小耳, を思い出し, を持ち出し, を持ち出した, を耳, を聞きました, を詳しく

3 [39件] がある, と云う, なら私, になった, によれ, に興味, のこと, のなか, の前, の模様, の続き, はあと, はいつも, はここ, はする, はせず, はそのまま, はそれなり, はまえ, はよしましょう, はよせ, はよそう, は少し, は止そう, は聞い, は聞きました, をお, をきかし, をこの, をしなくなり, をはじめて, を中途, を信じない, を僕, を持っ, を続ける, を聞かせ, を聴いた, を避ける

2 [108件] かも知れない, からいろいろ, がありました, がおわった, がだんだん, がでる, がよく, が一段落, が一番, が伝わった, が出れ, が済む, てえの, です, ですが, というもの, ならば, にだんだん, には全然, には誰, には関係, にふと, に可, に拠る, に熱中, に私, に聞き入っ, に自分, に触れよう, ね, のあった, のあと, のほう, のロマンティック, の上, の中途, の内, の嘘, の底, の本題, の様子, の種, の結末, の進め, はあった, はいい, はいくら, はし, はそれきり, はどう, はべつ, はまだ, はもう少し, はやめましょう, はゆ, はわれわれ, は二人, は何, は別, は大した, は奥さん, は左, は彼, は後, は沙汰止み, は痴川, は長く, は面白い, ばかりで, もあった, もきいた, もしましょう, も出た, を, をある, をかね, をきかされ, をきき終る, をきりだした, をくわしく, をさ, をしろ, をすっ, をはじめた, をもちだした, を人, を半分, を君, を夫, を引き取った, を弟, を持ち出され, を整理, を極めて, を漁師, を父, を短篇, を聞かされる, を聞かれた, を聞きまし, を聞こう, を聴かされ, を聴かされた, を聴きました, を聴き終っ, を進め, を避けた, 聞かされてるねんが

1 [939件 抜粋] ありだ, かい, かと言わるる, からな, から得る, から思ひ付い, から推し, から私, から連想, か猫, があつ, がいかに, がうまく, がうまけれ, がきまっ, がきまる, がこの, がしたい, がたいてい, がたった, がつけ, がつづけられ, がでたらめ, がなんとなく, がはじまっ, がほんとう, がむし返され, がよほど, がモウパツサン, が一種サイコロジカル, が不思議, が亜米利加中, が他, が信用, が兵馬, が出さう, が出てた, が出ない, が出来る, が又, が夜, が妻, が存外, が尚, が幾分, が彼, が悪太郎連中, が持ち出せない, が本当, が次第に, が漠然, が片づい, が直接, が私, が終っ, が終つた時, が終る, が翌日, が聞きたく, が聴きたくなった, が醸し出される, が頭, が鴻造ひとり, くはし, ごえが, ごえを, さえせぬ, しないわ, しょう思, その所長達二人, だ, だけでもこうして, だけは信用, だけをぜひ, だった, だて, っての, である, でかえる, でした, でしんと, ですよ, ではあっち, ではかねて, では素子, でもちきった, でもつ, でも上田君, でわたし, で三人, で夜, で思い出した, で持ちきった, で持ちきりだ, で持ち切る, で来る, で私, で胸, というはこう, となり, とはちがっ, とも違, と事件, と今, と寸法, と言ッ, なの, ならあの, ならおれ, ならほか, なら僕, なら宅, なら知って, なん, なン, にあまり, にいわく, におどろい, にじっと, にだけはなんとなく, については久しい, について思いあたる, につけ, につり込まれ, になりました, にはあまり, にはおかしな, には一分, には乗らず, には何, には兄, には恋, には本当に, には触れない, には非常, にひきこまれた, にひきつけられ, にふれず, にも妹婿, にも言つて, にエチオピア, に一種, に久子さん, に乗らない, に乗り込ん, に乘つて, に依る, に側, に及ぶ, に同感, に因る, に容喙, に対しては私, に引き入れられ, に感動, に気, に深い, に老, に聞き, に聞き耳, に肩, に興奮, に触れ, に誘はれ, に調子, に釣りこまれ, に難船, に顔, に魅せられ, ねえ姉妹争い, のあ, のあらゆる, のおもしろ, のきこえる, のきれた, のすき, のちょっと, のついで, のとぎれる, のほか, のみならず, のよう, の一々, の一ツ, の一部分, の不潔, の主, の仕方, の伝わっ, の先, の全部, の受売り, の変化, の外側, の大要, の女性たち, の序で, の性質上, の方, の条件, の樣子, の牛耳, の猿, の發展, の真剣, の眼目, の筆者, の終り切らない, の終わり, の續, の腰, の花, の要点, の起る, の選手, の酣, はあと回し, はありません, はあんた, はいかにももっとも, はいそがない, はいづれ, はうそ, はおかしい, はおしまい, はかうだ, はかうである, はかれ, はきれ, はことわる, はこれから, はご, はしたくない, はしませんでした, はすっかり, はずっと, はそれぎり, はそれぎりにして, はそれっきり, はたいへん, はだんだん, はちょっと, はです, はどこ, はどれ, はどんなに, はなく, はなん, はほんと, はぼく, はもうし, はもっとも, はやめろ, はわかつた, はオーさん, はシルヴァー, はセエラ, はパリーじゅう, は一度, は一時, は下, は二三ヵ月前, は人々, は仲, は侍達, は信ぜられなかった, は兵野, は出るだろう, は古い, は嘘, は大体, は大変, は妙, は宋, は帰っ, は帰り, は幾度, は後で, は御存知, は慎一, は打ちきる, は敦賀港, は明日ゆ, は昔, は時間, は有りました, は本, は杉浦国友, は来週, は柴岡自身, は止しましょう, は止そうで, は決して, は浪人, は深刻, は済まない, は田舎, は異様, は知っ, は神通川, は科学的研究方法, は立, は筆録, は終, は結局私, は絶対, は聽, は茶の間, は表向き, は解決, は読んだ, は貴下, は途切れ, は通用, は避け, は酔い, は重大, は長い, は非常, は順調, ばかりで持切っ, まとまった, もある, もいつも, もうちきられた, もうよそう, もすこぶる, もまた, も二人, も又, も止みました, も結着, も耳, も聞いた, も途絶えた, やめて, よすの, よりも話, をいい, をいたしませう, をおしまい, をおじいさん, をお祖母さん, をかすか, をきいてる, をきかせたら, をききほれ, をききました, をきこう, をきり, をこ, をこわし, をさえぎった, をさした, をさっき, をされた, をしたかった, をしたく, をしてやろう, をしまし, をし出す, をすぐ, をすゝめ, をせし, をそのまま, をそば, をたいへん, をつけたかった, をつづけさせた, をできるだけ, をとりあげた, をと言, をなさる, をなるべく, をぬすみ聞きする, をはっきり, をふれまわっ, をぼく, をま, をまっ, をむし, をもっともっと, をやめ, をやり直し, をよん, をわたし, をジミー君, をヘンリイ卿, を一時, を今, を以前, を伝, を伝えさせた, を伺う, を信じなかつた, を傍聴, を先生, を出し居る, を分析, を切りだす, を切り出した, を切出し, を利用, を千久馬, を半蔵, を叔母, を取り結ぼう, を右衛門, を呈, を喜ん, を多, を女中, を妻, を始める, を嫌, を宿, を封じ, を少し, を岸本, を幸子, を彼, を微笑, を忘れる, を応用, を思い出す, を思ひ出し, を感動的, を打ち切っ, を打ち切りたくなりました, を打切つて了つた, を打切ろう, を打消し, を持ちかけ, を持ち出せ, を持つ, を掻いつまん, を教え, を昨日脇, を更ら, を書い, を書きつける, を有耶無耶, を村, を梅沢君, を次ぎ, を止める, を此処, を求められた, を洩らした, を深く, を源氏, を漱石, を為ず, を猪之, を申込んだ, を百合子, を皆さん, を真剣, を神社, を第, を終っ, を終つた, を結び, を継い, を続け, を続けた, を綜合, を美佐子, を義雄, を聞, を聞かされたら, を聞かせた, を聞かせない, を聞きすまし, を聞きまたし, を聴かされる, を聴きたがった, を聴き取ろう, を聴取, を脚本, を自分, を致し, を致します, を蒸し返し, を虎之助君, を蟻, を親爺, を記憶, を軽い, を通して見た, を達ちゃん, を避けたがった, を長次郎, を阿, を面白, を飛ばし, を飽きる, 一度あんた, 止めて, 聞きとうなった

▼ その~ (2242, 0.4%)

88 のうち 73 のこと 19 に限っ 12 すぐに, はとうとう 11 はお, はそのまま, はそれ 10 の事, は月 9 は私 8 である, は彼 7 です, になっ, の出来事, の夢, はその, はまた 6 からお, の汽車, はそこ, はもう, は無事, は非常

5 [18件] おそくまで, から熱, にお, になる, の, のよう, の夜行, の話, はいつ, は何事, は家, は寝た, は少し, も, もお, もまた, も例, 遅くなっ

4 [23件] から大, から彼, から私, に私, に限つて, の光景, の冒険, の酒, は, はことに, はこの, はちょうど, はまだ, は二人, は何, は寝, は早く, は泊め, は遅く, は雨, は雪, も彼, 遅くまで

3 [32件] おそくなっ, だった, に死んだ, のあの, のお客, の九時頃, の亥刻, の内, の十二時, の食事, はいい, はともかく, はどう, はまんじりと, はホテル, は一睡, は事, は例, は到頭, は又, は夕飯, は大, は大変, は妙, ふらふらと, もいつも, もその, も夜, ガラッ八, 出て, 帰って, 着て

2 [129件] いつもの, おちおち眠られなかった, お倉, お六, お庄, お民, お浜, お秀, お絹, お葉, からおれ, から二人, から和尚, から夜, から姿, から急, から日, から朝, から来なくなった, から翌, から自分, から辻斬釣り, か次, すぐ鍬, その女, その木曾福島, どうした, どんな細工, に, にかぎっ, には信鉄沿線, に二人, に父, に限つて何時, のお, のまだ, の七時頃, の八時頃, の冒險, の十時ごろ, の客, の宿, の帰り, の彼, の恐怖, の戌刻, の様子, の疲労, の研究会, の筋, の行先, の陽気, の食卓, はある, はいつも, はおそく, はきちんと, はここ, はこれ, はさすが, はどうしても, はどうも, はみんな, はよく, は一つ, は一緒, は久しぶり, は二等, は亭主, は何となく, は全く, は出前, は別れた, は夜, は夫, は宿, は寝る, は小雨, は山, は引, は急, は早くから, は星, は最後, は母, は水, は火, は父, は特に, は疲れ, は立見君, は線路, は老人, は若い, は講中, は遂に, は遲, は酒, は銀座, は風, は風呂, は馬道, まだ宵, もお菜, もとうとう, もゆうべ, もヨハンネス, も下宿, も人目, も僕, も冬至, も既に, も漸く, も皆, も私, も遅く, も遲, も長尾, わざわざ弟子, 仮牢, 大きな事件, 早くから, 早く床, 正亥刻半, 殺されたの, 泊めて, 深々と, 第一番, 遅くゴーシュ

1 [1346件 抜粋] あの強盗, ある人, あわてて, いつ時分, いろいろ考えた, うんと飮, おそくな, おそく別れ, おそく自分, おちついて, おッ母ア, お増, お屋敷, お父様, お芳, お葬式, お銀様, かえってくる, かねて口, からいなくなった, からこんな, からです, からど, からほんもの, からもう, からやって来, からガラツ八, からルミ子, から万吉, から九度, から二階, から住み込んだ, から天気, から寝泊り, から寢込, から小屋, から店, から徹夜, から怪しい, から押入れ, から暑気あたり, から机, から毎日夜, から源, から犬, から発熱, から翌々日あたり, から読み始めた, から赤児, から迷惑, から風邪, かれが, かれは, がお, がつい, が初めて, が彼, が火事, ぐっすり寝入っ, こっそりと, この南, この愛すべき, こんな怪しい, さっそく格子, しみじみした, すぐ手紙, すこししか, すっかり自分, そういう瞬間, その包み, その座敷, その漬物石, その翌晩, たしかに泥足, たまりかねて, だけで, だけはなんとも, だけは商売, だけ先生, だってわたしども, だつたやう, であつ, でございました, でしたか, とうとうまんじりとも, とうとう帰らなかった, とうとう眠れなかった, とうとう話しくたびれ, とてもわざとらしく, と前, どうしても昂奮, どうも頭, などはそんな, などは遂に, にあの, におこった, にお前, にこの, にたちたい, にとうとう, にはいつ, にはそち, にはセルギウス, には仮宮, には寒い, にひどい, にもかれ, にも追出され, にやられました, に亀吉, に出かけ, に司教, に大雪, に失せ物, に子分, に将棋, に巷, に強盗, に怪しい, に来た, に死ん, に球, に着, に竜, に自殺, に見た, に限つて返事, に陥ちた, に食った, ねに行くまえ, のあり, のうなされた, のお玉, のわし, のカミナリ, のフィルム, のベルネ家, の一挿話, の一部, の七時すぎ, の下足札, の九時, の九時半ごろ, の二十三, の人達, の会食, の写真, の出来ごと, の切符, の勘定, の十一時三十五分, の十一時頃, の十時, の協議, の喋る, の四ツ, の夕飯, の夜中, の夜半, の夜行汽車, の婿, の宴会, の家, の島田, の帳簿, の弘雄, の御飯, の態度, の戌刻半頃, の招き事, の斎, の早い, の景色, の有, の村松金之助, の棧敷, の様式, の正客, の演奏会, の為体, の甘美, の発見, の私, の第, の美妙斎, の舞踏会, の苦吟, の蕎麦振舞, の詞, の話題, の送別会, の部屋, の闇, の雨, の食物, の騒動, はいとど, はいや, はおち, はお伽, はお松, はかし, はぐでんぐでん, はこれきり, はさまざま, はじめてそんな, はすこし, はそう, はそれぎり, はそれつ, はそんな, はたのしく, はだれ, はつい, はとうど夜, はどうして, はなぜ, はひどい, はふしぎ, はほとんど, はまあ, はまずそのまま, はまんまと, はみんないつ, はむろん, はめったに, はもひとり兵隊, はゆりかさん, はよっぴて, はろくに, はわけて, はわれ, はカミョンスキイ伯, はクリスマス, はブレオーテ, はベートーヴェン, は一, は一晩じゅう, は一羽, は七時, は三四郎, は三枝子, は上機嫌, は中村係長, は主人夫婦, は久留馬登之助, は乾燥祝, は二十三夜, は亥, は京都地方, は仕事, は伊勢木, は体, は余程, は倉田, は僕, は兄さん, は八官町, は六太郎, は兵, は出征前夜, は別, は別れる, は加藤, は北, は半蔵, は叔父, は口, は口數, は各所, は君, は和尚, は四日目, は塚, は夏, は夜半, は夢, は天鵞絨, は女, は妙庵先生, は嫌, は子供達, は学生さん, は安心, は実は, は宵, は宿屋, は寒かっ, は寝さした, は寝みました, は寿平次, は小山, は山崎部隊長, は岸, は峠, は市, は帰らなかつた, は平気, は広い, は店, は強, は彼ら, は御所, は徹夜, は必ず, は恐らく, は我慢, は戻つ, は招かれ, は敵, は日比谷音楽堂, は明るい, は春海さん, は暑苦しい, は曇っ, は月がい, は木戸止め, は本宅, は村方, は林, は校長, は森, は次郎ひとり, は殊に, は残念, は比較的, は江戸出府以来, は泊ったです, は泊りまし, は泰造, は混ん, は炉ば, は煩悶焦慮, は熱, は物置, は狸, は王さま, は生あたたかく, は疝氣, は白地, は真, は真暗, は眠れない, は知らず, は社会批評ぬき, は穴, は窟, は笑い声, は終りました, は羊, は腹, は自棄, は葛木村, は葡萄酒, は行かず, は親子, は訪問, は読めなかった, は身, は近年, は酒塲, は金さん, は銀, は長屋じゅう, は随分, は雪割草, は電光雷鳴, は静か, は頭, は風変り, は飯田, は高尾, は鱒, は鶴子, は鹿田, は麻, は黙り込ん, ばかりは昼, ひょっくりと, ふらふらとして, ほど恐かっ, また, またこの間, また出直し, また尋ね, また昨夜, まだ宵の口, までもついぞ, まるで驅, もあいつ, もう一, もう二, もおそかっ, もきりっと, もしめやか, もそうして, もそんな, もだんだん, もちろん城内, もどうせ又, もまたそれから, もやって来た, もやはりそう, も一度, も主人, も二人, も五六人, も今夜, も停電, も初め, も又, も台所, も多少, も夜釣り, も大釜一ぱい, も宜, も寝る, も川, も帰っ, も常, も文談会, も日, も明るい, も村, も権太郎, も毎晩, も清, も滝野, も片野さん, も猪口, も男連中, も眞夜中, も美しい, も翌朝, も膳, も言伝, も近所, も醉つて寢, も隣村, やその, わあわあと, を一家, を明かした, を過ごし, 丁度暇, 会えなければ, 傭われた船頭, 入つた, 出した貸し褞袍, 初めて笑つた顏, 割れ返るやう, 却ってそんな, 同じよう, 否応なしに金之助, 夜どおし馳, 夢にもみた, 始終泣き, 寒さ, 寝に, 寝付かれなかった, 小せん, 少し酒, 帰るつもり, 帰るといふ, 御隱居さん, 忽ち悪寒, 怪しい老人, 恰もその, 招かれた十人あまり, 改まって, 新十郎, 早くねた, 早速源内, 来ましたから, 案外気, 死ぬなんざ, 死んだ, 殺すに, 泊った新宿, 泊めようと, 泊り三人一つ蚊帳, 泣いて, 珍しく内気, 直ちに急, 眠る事, 程母親, 第一悲歌, 老百姓, 聞かしった, 若夫婦, 行われた一問一答, 言われたとおり, 赤い玉, 逢うこと, 遅い電車, 遅くな, 遅く帰っ, 遅く高瀬, 隣りの, 頼まれて

▼ その通り~ (2168, 0.4%)

221107 です 101 である 67 ですよ 53 だよ 43 だと 42 にし 37 にした 34 であった 2625 さ, だが 24 だった, なの 23 でございます 22 その通り 18 でした, なん 17 じゃ 16 ですが 13 であるが, に違い 12 であります, にしました 11 であって 10 にする 9 であつ, でしょう 8 であると, のこと 7 だつた, です親分, になった 6 だから, であろう, でご, で私, になっ, になる, にやっ, やって, よ 5 だったの, でござる, ですと, で御座います, にちがい, の事

4 [11件] か, だろうと, だわ, であったが, であったの, ですから, にある, にします, にち, に実行, に違

3 [16件] して, だとも, だね, だもの, であったと, ですな, ですわ, なので, にしなけれ, になつ, になりました, に相違, のもの, の気持, を報告, 少しの

2 [77件] かどう, かも知れない, この赤い, さあの, さけれども, さこの, さ俺は, さ親分, しました, する外, だからね, だそれ, だったから, だったと, だったん, だつたの, だろうじゃ, だ下手人, だ腹, であったかも, であらう, でありました, であるか, であるかも, であるから, であること, であるの, であろうと, でいい, でおまけ, でございましょう, でございますよ, でございます親分さん, ですそれ, ですとも, ですね, ですのよ, でせう, でその, でそれから, で別に, で尤も, で彼, で手, で金杉, と思う, なんで, に, にいたしました, にお, にご, にさせた, にしてやった, にしてやる, にしよう, にで, に信じ, に勘定, に彼, に思つて, に書い, に朝夕, に致しました, に致します, に行っ, の心持, の感銘, の物, の言葉, もその, をした, を実行, 書いて, 申しますと, 訳して, 辿つて, 運んで

1 [769件 抜粋] あてはまる, あの尺八, あの方, ありゃ女房, ありや, いかに早足, いざ非常時, いつ病気, お内儀さん, お駒, かと存じます, か浪次, か覚え, が如何にも, けっしてのべつ浪漫ずくめ, こう見えた, ご短気, さう, さこんなに, さすがは, さヤレ株式組織だの, さ天童太郎の, さ此上は, した, じゃあそこ, じゃあない, じゃそれ, じゃだが, じゃない, じゃ石臼, すると, その乾児ら, その式, その日, たしかに其処, たりそれ以上, だあの, だおだやか, だからさという, だし, だったほんとう, だったよ, だつたらうし, だつたらうと, だとしても, だどうして, だらうと, だらうな, だろうが, だろうな, だホ, だ九人, だ何, だ其處, だ君, だ安普請, だ当て, だ悪い, だ愛ちゃん, だ気, だ氣, だ濟まね, だ眼, だ若い, ちょうどいい, てんで地面, であったか, であったこと, であったので, であったろう, でありまして, でありましょう, であり而, であるかの, であるとは, であるので, である処, である然し, であれ, でいやしくも, でいろいろ, でおれ, でがす, できぬはず, でこれ, でございましょうか, でございましょうね, でございますお, でございますが, でございますその, でございますだから, でございますの, でございますもうこう, でございますホームズ先生, でございます友造さん, でございます御, でございます米友さん, でございます親分, でさ, でさぞムッ, でしたがね, でしたね, でしょう親分, ですけれども, ですぜの, ですつまり, ですに, ですネ, ですヨ, です家族, です彼, です然し, です真如絶対, です赤瀬さん, です高山, でそり, でそれ, でたとえば, でちょっと, でとにかく, でないと, でなかなか, でなまじい, ではある, ではない, ではないだろう, でみじん, でもあった, でもあるまい, でもと, でわたし, でマルクス主義, で一つ品物, で一應急所々, で一般, で不思議, で之, で今, で代々, で体格, で何, で何年目, で何處, で信造, で俺, で入門書, で典薬, で凡夫, で北条家, で北條家, で半, で単に, で各自, で唯, で善ぐもならなぃで, で嘘, で変り, で外, で学理, で尤も間違, で平生, で弁証法的論理学, で御座, で恐しい, で悉く, で或, で拙者, で日本, で日本国民, で昔, で朔日十五日, で殊に, で江戸, で法律, で父, で父親, で男體, で町, で空, で空しく, で素人, で組合, で老年, で聞く, で自国以外, で若し, で落語家, で覘い, で親分, で誰, で豫定, で醤油, で長短緩急それぞれ, で青梅, で飯田, で驚く, というよう, としたら, とてもお父さん, となん, とも言えない, と尻尾, と明記, と王鎗, と見え, どう見直し, なすったの, なった人, なら十二支, なら千代子, なりと奉, な不敵者, な事, な尊氏さま, な心, な気持, な点, な考え, な肯定, にいたさせましょう, にいたした, におとなしく, にお答え, にくり返さね, にここ, にこしらえ, にさせ, にさせなされい, にされた, にしたがう, にしたら, にしてる, にしなき, にしなきゃなりません, にしろ, にすぐ, にだんだん, につづけやした, にて縞目, になったら, になってたら, にならね, になるべき, には厳行, には家, には更に, には決して, には見, には話せません, にひとしお, にふるまった, にも言えません, にやりました, にやる, にシャボン玉, にベラベラ, に二人, に二声, に人間, に今度, に伴, に住まった, に信用, に修めなけれ, に儀式張, に写し, に出, に出来ません, に分別, に勧めた, に取っ, に君, に告白, に固守, に坊さん, に大, に妻, に実在, に屋並, に弟, に御, に復命, に応対, に思いこまなけりゃいけない, に思つたの, に思われる, に感じ, に感じた, に成功, に手足, に指先, に書いた, に書かう, に書き残し, に書く, に朱符, に村重, に椋, に椿岳, に欧羅巴人, に毎朝, に決定, に決行, に溜まっ, に生産, に申し, に発音, に知らせ, に綱, に美事, に考え, に考えた, に胎児, に腕, に自覚, に荷物, に行かない, に行こう, に行われ, に見える, に覚悟, に観念, に言っ, に計らおう, に記憶, に話しました, に話す, に誰か, に請合っ, に足場, に辿っ, に近づい, に述べた, に通用, に造り, に進ん, に進行, に運ばれ, に遣れ, に金, に陽気, に面した, に高札, に黒い, ぬけるの, の, のある, のかお, のさき, のよう, のホント, の両側, の中, の二つ, の五里霧中, の人物, の先端, の入墨, の勅令, の右側, の型, の場面, の夕暮, の夢, の姿, の姿態, の娘, の子, の少年, の思い入れ, の悪, の懸, の手順, の散歩, の文字, の方向, の景色, の書簡, の格好, の模本, の歴史, の現実, の真似, の礼式, の術, の言渡しだ, の路次, の鍵, の靄, の青年, はこころもち上り, はすべて, は三色菫, は二三日前, は家具店, は通称お菓子屋人道, は電車, ほんに綺麗, まさにその, まったくその, まるで赤坊, も壁, や, やったです, やったもん, やつて, やらないもの, やるより, よお, よでも, よろめき歩く死一歩手前, よ人間, わらわを, をくり返す, をずっと, をなおも悠然と, をぶらぶら, をまねた, をやっ, をやる, をピアノ, を一生懸命模倣, を写し, を告げ, を告げた, を守っ, を宿屋, を小説, を往, を戻っ, を曲った, を歩い, を無, を男, を直ぐ, を私, を行き, を言い, を話し, を走っ, を通知, を進みはじめた, 一寸さき一筆さき, 云うから, 云うまでも, 云われること, 伝へて, 似せて, 信じ合って, 元々バカ, 元来文学主義, 出したと, 刷り上がって, 動くよう, 去り通り, 古いもん, 同じ赤い, 呼びに, 埋めて, 始終お, 守って, 崩れるよう, 常に御, 強く罪人, 心掛けましょう, 思いこんで, 我が体力心力, 戻って, 打ち明けよう, 振舞って, 支払うの, 書いた, 書きましても, 来ましたところが, 棄てられた僕ぢ, 正に一言, 歩いて, 決して違いありません, 無雑作, 申し立てもし, 申すよう警察, 真似る力, 破いたの, 習うもの, 習うよりも, 致し当分, 若し聴かれん, 行う家族, 行き過ぎたから, 行くこと, 行わねば, 言いますから, 記して, 話した, 話すと, 語ったという, 負けたらこうして, 躊躇って, 過ぐるあと, 隠喰いにゃ

▼ その~ (2163, 0.4%)

39 にある 35 の方 2513 からあらわれた, から現われた 11 では 10 のほう 9 に小さな, を通る 8 に大きな, に立っ, のところ 7 から, にいる 6 から出, で, に黒い, の土, をくぐっ 5 から現れた, から黒い, にあった, を歩い, を見る

4 [12件] から白い, にいた, にお, になっ, には, にもう, に何, に大きく, に置い, の床板, の水, ぶくれの

3 [31件] からニューッ, から現, から目, から見える, で二人, にあっ, にあり, になった, には大きな, には長い, にぼんやり, にまだ, に古い, に坐っ, に寝, に書いた, に白い, に石, に隠れ, の, の人, の地面, の寝台, の板, の波, は大きな, へ来た, をくぐりぬけ, を流る, を流れる, 蔭の

2 [131件] からは大きな, からまた, から二本, から人間, から例, から大きな, から手, から濛々, から現われ, から現われました, から眼, から竹筒, から美しい, が三ツ身, だ, でよく, で一人, で休んだ, なるもの, にあの, にいま, にかくれ, にこれ, にごく, にしゃがん, にすべり台, にずらりと, にどんな, にはその, には炭火, には生, には用心棒, には白い, には自動機械, にふたり, にまた, にも上, にも何, にも1, にゐ, に一つ, に一人, に三人, に不思議, に二人, に五字, に人間, に付い, に低い, に住む, に住ん, に何物, に働い, に働く, に十二支, に在る, に多く, に女学生, に家, に小さく, に当る, に彼, に手, に据えた, に敷い, に敷いた, に書い, に板, に棒, に水, に沈ん, に波打つ, に泥, に湧い, に漢字, に火, に猫, に白く, に白木, に眠る, に穴, に立ち, に立つ, に紙, に紺青色, に繋い, に美しい, に膝, に自分, に血判, に裸体, に見える, に長く, に飛び飛び, のあたり, の二つ, の二人, の円い, の半分, の唇, の廃れたる, の段, の沓脱, の渓谷, の町, の畳, の端, の紅蜀葵, の裸, の闇, の階級, の青い, は直ぐ, は穴, は髢, へ仰向き, へ休みました, へ私達, を三国, を彼, を往来, を流れ, を狐, を通っ, を通りかかる, を遊び, を過ぎ, 準備の, 蔭で, 蔭を, 顎に

1 [1503件 抜粋] からあかるい, からあらわれ, からお, からきこえ, からさらに, からただ, からどんな, からなんとも, からのぞい, からはみ出し, からは意外, からは野蛮人, からふんだんに, からほんとう, からまっ, からもっと, からわき, からドキドキ, からリップ, から一脚, から三百両, から五分, から仰向き, から全部, から半分, から口笛, から在来, から夜会服, から大岩壁, から少し, から山刀, から平たく, から強い, から悪意, から拙劣, から明智探偵, から果然, から毛布, から涙, から燃え出す, から生色, から直ぐ, から石器時代, から粗末, から聡明敏感, から葉書, から蛆, から西洋封筒, から覗いてる, から赤銅色, から金紋, から鍵穴, から青, から飛出す, から高い丸い, から黒, がゴム工場, がハヤ, が仮り, が坂下, が抜穴, が櫨木, が法界橋, が脛, が薄い, が赤兒用, が階段, ごしら, つ引達, でいそがしい, でおののくよう, でじっさい, でぼんやり, でアルコール, でチェホフ, で一ぷく, で人間, で停る, で僕, で副官, で十二三, で口上, で吾, で大きな, で実, で寢, で小さい, で息, で戦った, で暫く, で本, で殺された, で水鐡砲, で流れ出る血, で熟, で玉, で目まぐるし, で米, で細かい細かい, で美人, で自炊, で薪, で誰, で足, で釣る, で飴屋さん, で黒い, なるを, なる円卓, にあいた, にあらゆる, にあるべき, にいちいち, にうつろ, におけるあわれ, におしつぶされる, にかがませ, にかけてのところ, にかつ, にかわいそう, にこそこそ, にころがっ, にさがっ, にささやか, にしい, にしよんぼり, にすぐ, にすわっ, にそそり立つ, にたたずん, にちょうど, につく, につつじ, にておのおの, にと, にどうやら, にねっとり, にはあらゆる, にはいろいろ, にはからだ, にはどうしても, にはむかし, にはやはり, にはカシュタンカ, にはジャン・グージョン, にはランチェン・カンバブ, には丈, には与力, には人, には何, には依然, には六条家, には卯黄, には可憐, には四坪, には壮二君, には大川, には宋万, には幅, には数字, には映画館, には最近, には正法坊, には流れ, には深い, には煙草, には畜生, には白無地, には百萬, には稍肉感的, には紺碧, には耳, には茶色, には襦袢, には豐, には遺, には隠, には青い, には馬, にひっそり, にひらい, にぺこんとした, にみみず, にもいろいろ, にも今にも, にも狼藉, にも鍵穴, にやはり, によった, にわたしら, にウィーン, にガッ, にギョロリ, にコクワ, にスミ, にハトロン紙, にヒタヒタ, にポッカリ, にライター, にラミセウス・ナミシウス・カアル・フォン・ワイゲルト, に一助, に一枚, に一面, に三十七年宣戦, に三奉行, に三行, に両, に並ん, に中学生, に乳, に二隻, に人, に人形芝居, に今一つ心得教育, に仰向け, に伏せ身, に伽藍, に低く, に作っ, に使われ, に信心, に倒像, に僅か, に光る, に全く, に冷たい, に出来る, に別, に前, に務め, に十二字, に千両箱, に印, に古, に古ぼけた, に同心, に含む, に土瓶形, に圧し潰された, に坐し, に垂れ, に基調, に塊, に夜店, に大人, に大方, に天狼, に子供, に安, に宿直室, に寐, に寝台, に小指, に小笹, に屍, に山中湖, に左衛門, に巳年, に帳簿方, に幽か, に庇つて來, に弁慶縞, に当るらしい, に往く, に従え, に心静か, に恋人, に懸け, に扇形, に折々, に押しつぶされ, に押し潰され, に括弧, に掲げられた, に散りかけた, に数町, に文人画, に於ける, に時間, に更に, に本山, に杜鵑, に東山, に果物, に栖, に椅子, に権, に横わる曠野, に止まる, に氣難, に氷店, に法師温泉, に洞, に流れる, に海抜高度, に深い, に湧涌, に濃い, に烏丸枇杷葉湯, に無気力, に熊笹, に特に, に現われた, に生れし, に男, に番地, に白眼勝ち, に相当, に真っ黒, に眠りたる, に短い, に石垣, に神灯, に秘め, に窒息, に立った, に箒, に細い, に綿入, に續, に羅漢, に肩, に脂肪量, に膝かけ, に苦しまね, に荒波, に虎, に蝦蟇, に衣紋, に見, に見事, に記入, に議席, に貼り込め, に走り, に蹂躪, に身, に輪, に迷い子, に通ずる, に道, に金吾, に金色, に銀白色, に錦, に開けた, に阪井, に隠され, に隠見, に集まっ, に集る, に雑掌斎藤越後守, に雫, に饅頭みたい, に駈けつけました, に魚, に黄いろい, に黒, に黒猫, のうす暗い, のかや, のたんぽぽ, のぬれ, のもみ材, のコンクリート土台, のベンチ, のリンネル, の一段, の三階, の乳, の僅, の処, の卓子, の台, の土饅頭, の地肌, の壁, の女御たち, の官道, の家々, の小僧, の山の上, の崖, の平野, の広間, の弟妹, の役, の徳寿丸, の抽斗, の斜面, の明るい, の村, の柱, の水際, の河心, の海面, の湖, の畑, の相, の砂浜一帯, の窓, の籐椅子, の細道, の縁, の耶馬台, の茶色, の落口, の街道, の諸, の赤い, の部屋, の野狐城鼠ども, の長火鉢, の電線, の鞍掛岩, の高等ラマ, の黒板塀, はい, はずっと, はスリップ, は三尺四方, は二十五名, は台所, は地下室, は天井, は底, は松原, は殆, は私, は空白, は筑摩川, は貉, は錨鎖, へあてがっ, へすすみ出, へちらし, へは太平洋, へやつ, へ亀, へ僕, へ出, へ口, へ団子屋, へ坐った, へ庄三郎, へ御座, へ救い, へ灯ろう, へ行, へ赤い, へ附け, までまくれあがっ, まで行つて, より巴里, をいくつ, をお, をくぐる, をずっと, をとおっ, をほれ, をまっ白, をゆく, をランデ・ヴウ, を今, を兵隊, を千曲川, を土, を将軍家, を小ぢんまり, を川, を往, を急ぐ, を掘っ, を掘り起せ, を星, を歩きたい, を沈ん, を渦巻く, を潜りし, を潮騒, を眼, を線路づたひに西, を舟, を蝙蝠, を見た, を這い出し, を通りかかった, を通りましたら, を門前, を飛ん, を鼠色, 唇の, 工作が, 映に, 準備が, 眼瞼の, 蔭では, 袴の, 闇の, 頭小屋の

▼ そのほか~ (2099, 0.4%)

68 のこと 28 のもの 23 に何 20 いろいろの, には何, の点 18 の者 14 にもいろいろ, にもう 12 にまだ 11 に, の事 10 の連中 9 にこの, の人々 8 にも何, に彼, の諸 7 いろ, こまごました, にいろいろ, にはなん, には誰 6 にお, になお, には, のいろいろ, のすべて, の理由, は何 5 にその, にはなに, に考え, のところ, の人, の人たち, の何物, の時

4 [16件] いろいろ, いろいろある, にどんな, になに, にはだれ, にはなんにも, にはなんら, にもまだ, に一人, に特別, に誰, に道, のとき, のどこ, の場合, の誰

3 [27件] いろいろと, にあの, にたとえば, にない, になん, にはない, には人, にも, にもこの, にもっと, にも私, に人, に我々, に手段, に方法, に物, に神, の, のだれ, のどの, の何, の大, の将, の将士, の方, の部将, は

2 [91件] あらゆる意味, いろんなこと, いろんなもの, であるの, にある, にそれ, にどこ, になかっ, になかなか, になし, になにか, になんにも, にはあの, にはこの, にはこれ, にはず, にはほとんど, にはもう, には一種, には別に, には武器, には琴, には目, には自分, にもある, にもたくさん, にも二, にも二人, にも同じ, にも小さい, にも数, にも桐, にシナ, にモオパッサン, に二, に二三人, に人間, に今, に幾人, に思い当る, に懐中電灯, に或, に手, に爆薬, に瑞祥, に目, に考えよう, に薄墨草紙, のあらゆる, のこまごま, のどんな, のなん, の三人, の仕事, の兵, の反, の名, の品物, の問題, の四つ, の国, の場所, の多く, の女房, の姿, の宝石, の小, の意味, の所, の手勢, の新しい, の方々, の方法, の物, の罪, の者ども, の職人, の職業, の花, の言葉, の道具類, の部屋, の都合, の面々, はいつも, はどんな, はまるで, は一面, は神, は神様, まだいろいろ

1 [1344件 抜粋] あのあたり, あらゆるほうせき, あらゆる兵, あらゆる時間, あらゆる芸当, ありとあらゆる生活費, ありません, いかなる植物, いくらでも役, いたってかんた, いろいろした, いろいろ僕, いろいろ講演, いろんな供物, いろんな平面図, いろんな所, いろんな百姓, えんど, おおぜ, おびただしい軍需品, およそ有縁, お二人, お花見, かかる事, からいろいろ, がいた, が遊ん, こうした場合, この土地, この応接間, この種, この集, ごく安い, すること, せまい間道, その遺留品, たいていの, たしかに人骨, だいぶ見かけない, ちょっと人目, ではこれ, では琴, でも話, で數千部, で自由, ときおりは, と三万余人, どういう人, どうも大勢, どんな下らない, どんな形式, なお庭, なみいる野武士たち, なんとなく気, にあなた, にいい, にいま一つ, において初陣, におまけ, にお客, にお金, にかれ, にここ, にこれら, にさまざま, にしかた, にしろうと浄瑠璃大会, にたすかる, にだれ, にちょっとした, にときどき, にと考え, にどれ, になんら, にはあまり, にはあらゆる, にはありませぬ, にはお, にはかれ, にはけっして, にはたいして, にはちょっと, にはどうしても, にはどんな, にはまま, にはやはり, にはマレー人, には一軒, には人一人, には今, には何ら, には何一つ罪, には作家, には全く, には別にこう, には原化記, には大, には室内射的, には家, には小川氏著, には山, には往来, には手段, には明治音楽会, には暗い, には書きこみ, には死骸, には母, には水, には油, には片, には生徒, には禪, には絵, には老婆, には至って, には蝎, には近く, には部屋じゅう, には附近, には音, には鳥, にひどい, にほんの, にまだもう, にもあなた, にもいちいち, にもうひとり, にもお, にもかれ, にもこういう, にもご, にもすぐれた, にもと, にもなお, にもまた, にもむずかしい, にももう一度, にもブルジョア作家, にも一人, にも三, にも二三人, にも他, にも使ってる, にも八千メートル, にも功徳, にも可能, にも周信さん, にも墓, にも多少, にも大槻, にも奥州, にも妲己, にも安倍氏, にも少く, にも巣鴨, にも幾ヵ所, にも幾種, にも必ずなんら, にも怠らない, にも持つ, にも散逸, にも数え立てたら, にも方々, にも末期, にも椎, にも法事, にも犯人, にも発戸, にも眼, にも箱, にも色々, にも西郷糖, にも賠償責任, にも釣友谷川正夫氏, にも随従, にも面白い, にやすり, にゆき先, によく, にわけ, にアゼ・ハアーモ, にエタ, にキリシタン, にダム, にトルレス, にフランク, にマホメット教, に一定, に一枚青衣, に万全, に上野, に世間, に中庭, に久留米, に二三十人, に二階, に仔細, に仕方, に他, に何ひとつ, に何ん, に何物, に元, に全く, に公認博愛団体, に内々, に分数, に別, に前書, に十七八, に千種殿, に及ぼさぬ, に古い, に吉田先生, に名状, に君, に和太郎さん, に団員たち, に地, に声, に多く, に大事, に奇妙, に妻, に子羊, に安物, に宿内, に富貴, に小僧, に小説, に帝, に幾分, に庭, に当時世界, に心あたり, に愛, に探険船シビリアコフ号, に新しい, に新聞, に春木, に最近どなた, に有り得ない, に未知, に梅, に正月, に殆ど人影, に毎月一回, に求むることはできませぬ, に池, に法華経, に活動映画, に浅間温泉, に深い, に焼, に父, に物語類, に特別難解, に用, に男の子, に直接間接, に矢はり鬼武, に確か, に種々, に端唄, に管狐, に純粋, に繁昌, に考古学, に能登守, に芸妓二名, に茄子, に落胆, に薄暗い, に行く, に衣裳かづら, に言う, に訳, に話, に語, に警察, に貞奴, に賁鼓, に軽い, に近所, に通信費, に遊芸, に遣り, に金三, に閉門, に院外団, に雇, に食扶持, に馬小屋, に驢馬, に鮎沢賢一郎, のいったい, のお, のおりおり, のかぞえきれぬ, のく, のことば, のたいへん, のなんら, のばてれ, のやつら, のスキャンダル, のポケット, の一団, の丈夫, の上意, の中央部隊, の乗っ, の事情, の五つ, の人びと, の人見さん, の仏具, の何ごと, の作品, の側臣, の光明界, の公卿, の公達, の出入り口, の匂い, の友人すべて, の収入, の同類, の商人, の地上的, の塁, の士卒, の大将, の奥様, の女性, の子供たち, の宗派, の宮方, の家族, の實, の将卒, の小物, の山家, の帰依大名, の幸福, の店, の弟子, の徒党, の心当り, の怠けもの, の患者, の戦場, の手, の教正, の整頓, の文武百官, の旗本, の日程, の暇, の歴々, の汚れもの, の海港, の火星人, の牧場, の理屈, の生活, の異境, の皆様, の研究, の神的, の立派, の素朴, の群小刀鍛冶, の羽, の職務, の船客, の艤装, の若い, の菊, の著述書, の薬種, の行商人, の袋, の親王がた, の詰まらない, の調度, の諸君, の豪, の貯水池, の質問, の軍用品, の道, の部分, の重臣たち, の関係者, の防備装置, の隠れた, の霊社仏塔, の願, の高地, の魚, の鷄, の鹵獲, はありますまい, はいろいろ, はからだじゅうどこ, はしなびきった, はすみ, はどの, はなに, はなん, はべつに, はみな嘘, はみんなマックス, はアマーリア, はゴルフ, は一望, は二回, は勿論, は友人たち, は壁, は大して, は大概一週間, は姉たち二人, は帆, は床, は当時, は往来, は政府, は昔, は椅子, は毛, は満山, は独身, は町屋, は白昼, は真, は竹格子, は耳, は裏, は見た, は闇, は静か, は馬, ほとんど外界, まあいろいろ有益, また非常, まだその, まだ何だ, まだ景陽岡, もい, も事, も総立ち, やっぱり万年筆型, わが将士, を傷める, を客観的, を招い, を遊び歩い, を顧みない, 下らぬもの, 何かと宗教的, 何やかやと, 共に籠城中, 切っても, 古酒, 各処, 合わせて, 同藩, 大きい町, 大トランク, 大部分, 如何なる題, 小さな植木, 届きました, 後できく, 怪しいもの, 悲しい時, 捜さば, 教わったとおり, 数え切れないほどの, 極めて淡い, 気に入りそう, 物々しい軍勢, 甘いもの, 甚だけち, 目新しい細工沢山, 空しきはかなきもの, 約二千, 美しいちょう, 考えて, 色々勝手, 若い人, 行きつ, 親しかった, 諸学校学生, 跳ねあがる紙, 長連龍, 集まって

▼ その~ (2012, 0.3%)

236 では 31 に於 30 でも 18 は御 14 は安心 13 になる 12 で私 11 からいっ, は私 9 は心配 8 から云え, に就い 7 でこの 6 からいう, で彼, にある, ははっきり, は僕, は大丈夫, を私 5 から見, で, である, にあった, は, は充分

4 [14件] から云っ, から言っ, だ, だけで, ならば, なん, に於い, に注意, はどう, はまあ, はよく, は少し, は感心, を考え

3 [38件] からいえ, から云う, から推し, から考える, がはっきり, がよく, が彼, が明, が非常, です, ですよ, で御, で自分, において日本, によく, に気がつい, に特別, に触れ, の認識, はおれ, はまことに, はむしろ, はわれわれ, は全く, は前, は君, は実に, は後, は甚だ, は自信, もよく, を, をよく, を反省, を指摘, を明, を明らか, を注意

2 [103件] からこの, からし, からも明らか, から申します, から自分, から見る, から観, から言え, が, がこの, がすでに, がどうも, がまだはっきり, が俺, が当時, が腑, が自分, だけだ, だけなら, だけはご, だけは安心, だらしがなく, できっと, ででも, での誤謬, でも飛んだ, で僕, で実に, で彼女, で既に, で日本, で源之助, で特に, で限られたる, で非常, なの, なら心配, においてこの, においては確か, においては私, にかかっ, について, にはっきり, にふれ, に不満, に力, に在る, に変り, に存在, に少し, に就, に気づいた, に考慮, に行く, に触れない, に触れる, に関する限り, の問題, はあらかじめ, はい, はお, はどうぞ, はどうも, はなお, はまったく, はよほど, はわたし, はハッキリ, は不安, は今, は伏見鳥羽, は信用, は先生, は全然, は十分, は同じ, は多少, は大体, は成, は本当に, は気の毒, は深く, は現在, は申し分, は羨し, は誤解, まさに儀式, も考え, をお, をかなり, をどう, をハッキリ, を彼, を心配, を忘れ, を深く, を特に, を確かめる, を糺す, を考えない, を訊い, を説明, を避け

1 [1156件 抜粋] あつさ, あまり妥協, あるいは季題論者, いいこと, いよいよ油断, お含み, かつてこの, かの日柳燕石, からいつ, からこそ描いた, からすれ, からでもこの, からまず, からもこういう, からも今, からも日本, からも私, からも静止, から何とか, から書く, から横光氏, から申す, から考え, から考慮, から観察, から訂正, から逆, があの, がいろいろ, がおもしろい, がじつに, がちゃんと, がどうしても, がひどく, がまだ, がやかましく, がわからない, がハムレット的理由, が一般, が不自然, が世間的, が今日, が伊東氏, が兎, が厄介, が吾, が多少どう, が好色的, が実に, が川村氏, が悪い, が批評, が是, が未だ, が気, が流行, が特に, が秀, が私ども, が記してなかった, が面白い, が頼母, こそわたし, こそ出火事件, この一部隊, この往復, こまります, こわいよう, ご注意, さらになんらの, じゃ車掌, すこぶる判断, その最も, だけから見, だけがちと, だけがまだ, だけでもまさに, だけでもめぐまれ, だけでも何, だけでも彼, だけでも評価, だけで君, だけは, だけはっきり, だけはまあ, だけは信じ, だけは合点, だけは奥さん, だけは後々, だけは母親, だけは甚だ, だけは確か, だけは間違い, だけを一方, だけを源氏, だけを見る, だけを記憶, だけ浦島太郎, だという, だよ, ちっとも用, でああ, であなた, であるが, であんた, でおれ, でさかん, でずいぶん, でだけは嫌い, でつよく, でなかなか, での同感, での感想, での自然性, でひどく, でほしい, でむしろ, でも自然発生的, でわし, でニンジ, でパス, でブルジョア作家, でマイナス, で一つ暮しかた, で一部, で三斎隠居, で与えられる, で人間, で他, で作者, で僕たち, で児玉氏, で典型, で卑怯, で友情, で叩きあげ, で同期, で唯一, で大いに, で大変, で少年, で己, で幸福, で後者, で性急, で意味, で摂取, で料理, で明治期, で最も, で東京, で検事たち, で比べられない, で洋人, で満足, で父, で甚だ, で異教徒的, で登場, で私たち, で立体的, で線, で色彩, で荒れる, で親譲り, で貴女, で逆, で非難, で鮎, どうせ兵卒, どのくらい, なかなか儀礼, なども時間, なんと言っ, にあてはまる, においてあなた, においては, においてはこれ, においてはコンスタンツェ, においてはラサ, においては与八, においては全国中, においては実に, においては彼, においては第, においてむしろ語史, において一つ, において世界共通, において今, において僕, において常識, において思いがけぬ, において救われ得る, において狂人, において美濃部達吉氏, において自分, において規定, にかかわります, にかけては僕, にかけては旅, にかけては父, にかけて大阪商人, にかけて私, にこそ私, にしっかり, についてあれ, についてこの, についてどういう, についての見込み, についての記者, についてはっきり, についてはぼく, についてはわれわれ, については云, については口, については彼, については敬服, については虚子, については読者, については議論, についてわれわれ, についてドイツ, について久保さんがた, について奥さん, について政府, について男子側, について研究, について納得, について興味, について証言, につき, につきまし, につき私, になれ, にはここ, にはたしかに, には一応, には何等, には同情, には役に立たん, には考え及ばず, には触れませんでした, にまさしく, にまで到達, にもふれたい, にも今, にゆき当たる, に一つ, に上古, に主眼, に他, に及ぶ, に同情, に向かっ, に問題, に大きな, に実に, に対しては批評, に対応, に形式論理, に微力, に意, に最も, に橙, に気がかり, に注目, に焦点, に疑い, に秘密, に第, に考えかた, に自ら, に致命的, に触れよう, に言及, に説き及ぼさなけれ, に重大, に関してだけだった, に関しては潔白, に関しては諸家, に関して一応, に関するお, に関係, ぬかりは, の一般, の価値, の勘ちがい, の御, の溌溂, の統一, の詮衡, はあと, はあやまる, はいくらか, はお断り, はこう, はことによく, はご, はさいしょ, はさばさば, はすっかり, はずいぶん, はちょっと, はとかく, はなに, はなんぞや, はふれられ, はまじめ, はまだ, はみんな, はやはり, はよくよく, はわが国, はフフ, は一向, は不十分, は不用意, は主人, は事実, は伊東深水氏, は何, は依頼主, は保証ずみ, は公, は冗談, は判例, は割合, は単に, は厳粛, は友子さん, は取り, は古代日本人, は商売人, は喰い足りず, は大いに, は存じません, は完全無欠, は岸本, は平素非常, は弟, は彼以上, は徹底, は悪く, は意識, は我々, は敬服, は昔, は更に, は本人, は林町, は棒, は此方, は気兼ね, は決して, は漸く, は物, は理性的打算的, は異議, は相当, は確保, は私共, は符合, は筆者, は自分, は自転, は至極, は菊池寛, は見逃し, は許し, は証明, は読者, は諒承, は責むる由, は農場, は部下, は重々, は陸子, ばかりは甲乙, へであった, への科学的, へ眼, ほとんど自分, まことに御, まことに良寛, まったく違う, までは書き抜く, までも指摘, まで説く, むしろあ, もある, もうなに, もそち, もっと先輩諸氏, もどう, もまだ, もダンブクロ, もマアお年玉組, も今日, も何卒, も十分, も大した, も峠, も明か, も気の毒, も特別, も疑っ, も考へね, も自分, も解釈, も進歩, やはりあなたがた, よく御, わかったところ, をあなた, をいちばん感心, をおそれ, をくりかえし, をここ, をこの, をさぐっ, をさだ子, をしっかり, をちょっと, をつかむ, をつっこまれる, をとらえた, をなん, をひそか, をもう少し, をもつい, をも簡単, をよくよく, をゴマ化, を一寸, を一括, を乞い, を云, を伸子, を信長公, を健斎, を充分注目, を冷静, を利己的, を医者, を十四歳, を厳しく, を取り捨てたなら, を大いに, を嫌がっ, を少し, を得意, を忘れない, を意識, を懸念, を押し出そう, を改めて, を敲い, を明確, を曖昧, を期待, を正面, を気づかっ, を為世, を片づけ, を痛感, を看過, を究める, を突っ込ん, を素子, を考える, を表, を見届け, を誤解, を調査, を軽く, を追及, を麻, ハッキリなに, 似た経験, 全くちがいます, 全く符合, 多少とも, 大きい役割, 実によく, 実に面白い, 帰って, 御心配, 御気色, 或は一葉, 既に解決, 最も理解, 案外自覚, 注意深く心がける, 深く, 特に厳重, 特に重き, 生れた土地, 至れり尽せりだといふ, 良う分る, 辛いです

▼ その言葉~ (2001, 0.3%)

59 の意味 33 の中 27 を聞く 18 が終る 16 の調子 15 を聞い 12 のうち, を聞いた 11 に耳, の終らない, を口 10 が終らない, の裏, は彼, を忘れる 9 の下, をきく 8 による 7 が私, の内容, の通り, をきい, を耳 6 が彼, の終らぬ, は私

5 [12件] に, に従った, のなか, のまだ, は今, をきいた, をよく, を今, を彼, を心, を繰り返した, を自分

4 [17件] が口, が示す, が耳, が自分, に力, に彼, の上, の奥, の底, の終り, の終る, はあなた, をさえぎった, をすぐ, をそのまま, を残し, を聞き

3 [41件] がまだ, がわかった, が出る, が喉, が見つからない, だけで, だった, である, とその, には何, には妙, に私, に胸, のとおり, のはし, の威力, の方, の端, の終わる, の陰, の響き, はしかし, はひどく, は伸子, を, をあの, をはっきり, を伸子, を信じ, を信用, を受け, を待っ, を思い出した, を思ひ出した, を残した, を繰り返し, を考え, を聞き流し, を聴く, を胸, を遮った

2 [118件] からは無数, から受けた, から察, から過去, があの, がいつも, がいま, がすこし, がどういう, がのど, がよく, がゴーリキイ, が今, が助七, が単なる, が周平, が子供, が絹子, が聞えた, が聞えない, が舌, が言い終る, が面白く, が頭, そのリズム, で一座, で急, で自分, といふの, と同時に, と態度, と言葉, どほり, にしたがっ, にはむろん, には何となく, には同感, には女性, には相手, によって見る, にマリユス, にマン, に依つ, に偽り, に取り合わなかった, に嘘, に従う, に目, に籠る, に賛成, に頼らなけれ, のあと, のかげ, のごとく, のほう, のよう, の使い方, の品, の実感, の後, の後ろ, の持つ, の深い, の端々, の響, は, はお, はこの, はその, はそれ, はなに, ははっきり, は一応, は何等, は全く, は別, は実に, は普通, は極めて, は殆, は真に, は空, もその, も終らない, や, や動作, をいく, をき, をきける, をすっかり, をその, をまるで, をもう, をも含め, を使, を信ずる, を吐いた, を姉, を幾度, を彼女, を忘れ, を忘れた, を思い出し, を投げつける, を気, を率直, を現実, を瑠璃子, を用意, を真に, を繰返し, を繰返した, を裏書, を見出す, を言っ, を言った, を証拠立てる, を遮りました

1 [1170件 抜粋] か, からうける, からすぐ, からはじめて, からは石黒, から射す, から正月, から身, があったれ, がある, がお, がかつて, がきまっ, がここ, がするり, がそっくり, がた, がつかへ, がつくづく, がどうしても, がどんな, がなぜ, がはっきり, がぴしりと, がふい, がほとほと, がぽつり, がもれた, がわたくしたち, が一層, が一瞬, が不服, が低く, が何だか, が使, が全く, が出, が分った, が初め, が吐き, が善い, が変, が大変気, が妙, が容易, が幡江, が強く, が影響, が忘, が思い出された, が恋, が意味, が或は, が朗らか, が本当, が栄二, が次第に, が歯切れ, が段々, が気に入らなかった, が消えず, が父, が特別, が生, が発せられた, が真実, が秋壑, が終らぬ, が絶えず, が聞えなかった, が胸うつよう, が英語, が見付からなかった, が話される, が謎, が身, が通じ, が進む, が重蔵, が間違, が隠し, が麦, こそおかしけれ, さえあれ, しか残っ, すら快, その二つ, その態度, その表情, だけから考へ, だけと見, だけの意味, だけはちゃんと, だけは覚え, だけをば伝へ, だけ聞いた, でご, ですっかり, ではじめて, でひ, でぼろ船, でもう, でわたし, でジョウ, で二人, で何, で何やら, で加奈江, で周平, で察, で強いて, で感傷, で曾遊, で現実, で窒息, で美沢, で腕, とが僕, とともに王氏, とともに遠く, とを一緒, と一種, と云う, と共に簡単, と教訓, と背中, なりをねじまげ, にあい, にいつわり, において自覚, におれ, にかぶせ, にぎょっと, にこもる, にすいつけられた, にすら怖, にその, にだまっ, についで, につれ, ににじん, にはあらたまった, にはじかに, にはぢ, にはどこ, にはなんと, にはみじん, には不思議, には何ん, には元気, には初めて, には女, には少し, には無, には私, には自分, には陰影, には驚いた, にふくまれ, にまちがい, にもたとえ, にも五分の隙, にも永い, にも遊戯, によってどちら, によってまっ暗, によって何もかも, によって測り知れない, によって窺われた, によって踏みとどまった, によつてナポレオン, によりどころ, にピッコロミリ夫人, に不, に二人, に他, に似つかわしく, に何かしら記憶, に出し, に刺戟, に動かされず, に即した, に叔父, に含まれた, に呪いあれ, に嘲り, に圧迫, に多寡, に女, に妖しく, に対しては誰, に対して心から, に対して虚偽, に就い, に影響, に後, に従い家内, に従い窓, に従い酒, に従ってすぐ, に従って伴, に従って天若日子, に従って李陵, に従って翌朝, に従って酒肴, に心, に応じよう, に思わずそっと, に憤慨, に批判, に持たせよう, に暗示, に正二, に河村, に澄子, に現われ, に相当, に真実, に神道, に窮, に素直, に続い, に老, に芥川さん, に葛岡, に見出し, に議席, に赤面, に返辞, に釣られ, に間違い, に頭, に驚い, に黙り込ん, のした, のついで, のどぎつい, のまま, のアクセント, の一語一語, の何, の出所, の切れぬ, の切れ間, の力, の嘘, の奥底, の如き, の尾, の意, の持ち得る, の文字通り, の本来, の様子, の機能, の死, の理解, の発想, の真実性, の祕訣, の空虚さ, の範囲, の組合せ, の緒, の裡, の証人, の語気, の追, の連続, の関係, の魅力, はあまり, はいかに, はいちいち, はおそらく, はかずかず, はかの, はしっかり, はじつによく, はすでに, はずいぶん, はたとえ, はつめたかっ, はひと息, はまことに, はもう, はもちろん, はやや, はわたくし, はエホバ, はグレ, はジルノルマン氏, はパリー, はヒヤリ, は一句毎, は一應尤, は丁寧, は上級生, は不愉快, は事件, は人, は今日, は何時も, は信二, は全然, は凍っ, は別に, は千種, は含ん, は啓介, は嘘, は大衆, は如何, は姉, は宮中, は少し, は幾度, は彼女, は心, は忘, は思い掛けず, は手, は持っ, は日本語, は最も, は此間, は母, は毒々しい, は淀み, は温, は無, は田原さん, は直接, は真理, は私ら, は笑声, は翁, は聞きとれなかつた, は自然, は良く, は英語, は落葉, は記憶, は語ろう, は課長, は身振り, は遅く, は限り, は陽子, は響い, は麻痺, ばかり呟い, ほど小沢, または身, までが痺れ, もしくは花束, もまた, もよく, も今, も可, も外, も彼女, も忘れ, も晃, も耳, も聞こえない, も野蛮, や文字, や眼付, や音, より早く, をあたかも, をあらしめる, をいい終えない, をおっしゃっ, をきいたら, をきかぬ, をききとがめた, をくりかえさぬ, をくり返, をこう, をさけ, をしずか, をそっくり, をたずねし, をちょっと, をついで, をつぐ, をどう, をどの, をのみ込ん, をひい, をむさぼった, をもて, をも耳, をわざと, をオルガ, をハッキリ, を一つ一つ, を三度, を不審, を中途, を云い, を云う, を今日, を何時, を使う, を使った, を信じかね, を信じられない, を借り, を全, を再び, を前, を反覆, を口ずさみ, を合図, を周, を味, を噛みしめ, を地震, を声高, を奪う, を嫌っ, を学ばなけれ, を守っ, を実物, を家内一同, を少し, を引きとる, を引取つて, を弾き返す, を待ちかね, を後ろ, を忘れない, を忘れやし, を思ひだす, を思出, を悟る, を意味, を我々, を打ち消した, を押, を捜し求め, を排斥, を揉み消そう, を断わっ, を有難い, を本気, を武士, を決して, を無条件, を理解, を瑞, を用, を用いる, を発し, を発し得る, を発音, を真面目, を知らない, を禎輔, を空しく, を笑い, を素直, を結んだ, を繰返したら, を翻訳, を考え続け, を聞いてる, を聞きいれません, を聞きとろう, を聞き入る, を聞き咎め, を聞き馴れ, を聴きもらした, を聽, を背中, を色々, を落した, を裏切っ, を覚りました, を解く, を言, を言う, を言葉通り, を詠み込んだ, を誤解, を誰, を請け容れる, を辞書通り, を違えまい, を遮られ, を阮東, を静, を響そのもの, を鵜呑み, 乃至文章, 忘れるなよ, 遣ひも

▼ その~ (1927, 0.3%)

45 の前 42 の中 22 には涙 21 の色 14 の光 9 から涙, の下, の光り, を見る 8 の底, を見 7 や口, をじっと, を大きく, を私 6 で見た, のなか, は私

5 [14件] ざしは, ざしを, に出っくわす, に涙, は, はじっと, はすぐ, は異様, を, をそらし, を見張った, を転じ, を返す, を避け

4 [21件] がまた, が自分, と眼, には, に見えない, のうち, のふち, のまえ, の上, の美し, はいつも, はまた, はもう, は何, は急, は涙, は赤く, をまた, を上げ, を見た, を閉じ

3 [27件] がその, が異様, だ, で見, と口, と眉, と鼻, に, にはもう, に映った, の表情, はお, はきらきら, はしだいに, は一杯, は人間, は女, は時々, は火, をあげ, をカッ, を光らせた, を向けた, を彼, を自分, を避ける, を閉ぢ

2 [147件] から, からはらはら, からは涙, から白い, が, がきらり, がすべて, が一種間, が以前, が俺, が光る, が彼, が急, が深い, が赤く, ざしに, その口, で, である, である限り, でお, でじっと, でゲエテ, で俺, で自分, で見る, とその, にはいつも, にはお, にはかすか, にはなん, にははて, にはみるみる, にはやや, には今, には何, には恐怖, には感謝, には非難, には驚き, にまざまざ, に深い, に狂い, に見, に集めた, に頷いた, のため, のとどく, のよう, の三つ, の先, の光りで, の力, の太吉, の持主, の方, の深, の潤い, の球, の縁, の裡, の見えない, の輝き, の高, はいかにも, はいつ, はうつろ, はぎらぎら, はしかし, はするどく, はそう, はたいして, はひと, はまるで, はやさしい, はやはり, はビル, は一瞬, は一種, は三角, は充血, は又, は反抗, は多く, は大きく, は少し, は床, は彼, は彼女, は情熱, は敵, は最早, は白く, は真赤, は眼, は祈り, は空しく大きく, は細く, は絶えず, は良人, は血走っ, は達二, は遠い, は鋭く, は閉ぢ, は間断, は闇, もその, も今, も青く, も黒く, や耳, より正義, をいよいよ, をさし入れる, をし, をそっと, をそろそろ, をなお, をひらい, をひらいた, をふと, をほ, をやった, を丸く, を伏せ, を外らし, を少し, を左, を掩, を横ぎります, を注いだ, を看護員, を睨みつけ, を窓, を素早く, を膝, を見下した, を見返し, を見返した, を見返す, を見開いた, を輝かせ, を輝かせた, を閉じた, を険しく, 凝れり

1 [1156件 抜粋] からあふれた, からさける, からその, からながめ, からはもはや, からは光, からぱらぱら, からほうり落ちる, からポロリ, から何, から寧ろ, から消え, から自分, から額, があたかも, があり, がいっこう, がいつも, がうごいた, がおちくぼん, がかつて, がぐんぐん, がさいぜん, がしずか, がしら, がそして, がだ, がだんだんに, がついに, がひときわ, がまたすぐ, がよく, がキミ子, がパッ, が一人, が一同, が一種, が上, が二品, が伊勢, が俄, が同じく, が四方, が変, が妙, が宙, が射る, が微笑, が怪しく, が挑んだ, が暗黙, が未来, が次第に, が洞, が淡い, が澄み切っ, が無言, が痛快, が眞正面, が眠った, が瞬いた, が示し, が精妙, が網, が美しかっ, が艶, が血ばしっ, が複雑, が解れ, が貝殼, が輝い, が過去, が遠く, が閉じられ, が間違つて, が陸, が黒水晶, ざし, ざしが, ざしなかば閉ぢ, ざしにも, ざし襖ぎわ, すら仰げない, その唇, その眼, だけがほのか, だけは自分, だつた, づかいは, であなた, でおれ, です, でね, では美女, でまざ, でわたし, でジロリ, で俊亮, で国史, で夏彦, で安芸, で小太郎, で朝日, で桔梗様, で無言, で睨められた, で私, で義経, で見たい, で見られ, で見られる, で計っ, で豆, で農村, で靱負, とがぴつたり合, ところがる, との肥え, とろめ, と云い, と入れ替え, と同じ, と喜太郎, と小太郎, と泉, と耳, と觸手刻, なざしには, にあった, にあらわれ, にあわて, にうたれ, にうつたへられる, にうつる, にかなう, にすこし, にたいし, についた, につれ, にとまった, にはいい, にはいつの間にか, にはか, にはすぐ, にはなまめいた, にはま, にはもういっぱい, にはやはり, には一種, には人, には何だか, には何時, には同情, には客種, には底, には恋, には憐, には明らか, には時折, には極度, には泪, には物, には白い, には神秘, には纏, には血みどろ, には軍人独尊, には過去, には頼朝, には黒い, にふれる, にぽつり, にももう, にも口元, にも様々, にも見えぬ減り, にも鼻, によつて, に一寸興味, に人, に何, に入, に出会った, に力, に十分, に大きな, に宿りかけた, に彼, に応え, に怒り, に恋, に打たれ, に敵意, に昌作, に映ります, に気づい, に気づかず, に水色, に熱火, に燃やし, に疑わし, に私, に答え, に籠っ, に見えた, に見える, に見る, に見入られ, に読めます, に象っ, に逢っ, のいう, のうごき, のかわいらしい, のこと, のさき, のすず, のついた, のなおった, のまっ, の何, の傷, の先二三尺, の内部, の冷た, の動き, の大き, の奇麗さ, の孔, の意味, の構造, の水晶体平ら, の灰, の異様, の眩む, の瞳, の落ち着き, の行方, の角, の非難, はあんた, はいいえ, はいつもあんなに, はいま彼, はうるん, はからっぽ, はきらめきました, はきろきろ, はこう, はしじ, はしばらく, はすこし, はたた, はただならぬ, はつり上がっ, はどう, はどんより, はひたすら, はぶ, はまがうべく, はまったく, はみずから知らず, はむしろ, はもう間もなく, はもの好き, はやさしく, はやにわにぎらぎら, はらん, はコスモ, はテムプル先生の, はマン, は不, は不自然, は二つ, は二尺, は人, は人見, は仏, は仮面, は何処, は併, は光, は円く, は冷然, は切れ長, は前, は動, は可愛かっ, は和田, は商売生活, は埃, は大きい, は好奇心, は妙, は孤独, は寒く淋し, は小皺, は島, は平常, は廊下, は強く広く, は御所之内, は微笑, は怒った, は怒り, は怖く, は恐らく, は意外, は憎しみ, は戀人, は新, は明, は春雨, は晴やか, は暗く腹立たし, は最前, は本当に, は次第に, は歓喜, は殺伐, は殺気立っ, は母親, は永久, は決定的, は没表情, は消え, は溜息, は澄んでる, は濡れた光り, は無念, は焼, は熱く, は物珍, は犬, は狂い燃え, は玉, は生きいき, は白眼がち, は皮肉, は真面目, は瞬き, は碧, は私たち, は空, は笑い, は脅えき, は菊枝, は血ばしっ, は見え, は見開かれた, は言っ, は貪慾, は軽蔑, は輝かなかった, は迷, は道, は酔, は金五郎, は鈴鹿山, は鋭利そう, は開い, は陰鬱, は難, は音楽, は顔, は高, は魂, は黒, は黝, へきっと, へじっと, へ次に, へ篏め, までを生き生き, もたつた, もとうとう, も依然として, も怖, も昏, や嘴, や鼻, よりも口, をいっぱい, をうかがい, をうるませる, をおさえ, をおりおり, をがっちり, をきょろきょろ, をぎゅっと, をくるっ, をこらし合う, をしっかり, をすえ, をすっかり, をずらし, をそらせ, をちら, をつける, をつぶっ, をとり, をながめた, をにやにや, をぱっちり, をひそませた, をひたと, をまったく, をまわす, をみつめ, をみはりました, をみる, をゆっくり, をジロリ, をニッ, を一層, を一目, を二つ, を伏せた, を何気なく, を僧, を光らせ, を円く, を凝然, を前, を半眼, を受けとめ, を可憐, を向け, を喜劇面, を地上, を壁, を外らした, を子ども, を定綱, を射止める, を崔, を常に, を幾たび, を彼等, を忍ん, を忘れる, を思い出さなかった, を思っ, を思ひ出す, を惹いた, を愼ましげ, を慎吾, を手首, を抜い, を拭い, を挙げた, を据えた, を換わせた, を擧げ, を新聞, を昏, を更に, を正木, を比較, を河原, を洗っ, を涙, を湖上, を潰し, を燃えた, を父, を玄白斎, を盲目, を真ん丸, を眩まし, を瞋, を瞑った, を私ひとり, を突き潰し, を笑わせる, を細く, を舟, を落す, を見かえし, を見つめた, を見据え, を視詰め, を覗き込ん, を貫い, を貴子, を走らせた, を転ずる, を辿っ, を追っ, を遠ざけた, を邪げ, を閉じます, を頁, を顰, を顰めた, を食らう, を驚かす, 光りが, 射しで, 軽く結んだ

▼ その~ (1720, 0.3%)

28 に就い 12 を私 11 に就, ばかり考え, を話し 10 だ, は私 9 か, が気, その事, では, を知っ, を知つて 8 があっ, ですか, なん, を聞いた, を話す 7 を聞い, を言, を話した 6 のため, をよく, を気, を考え, を考へ 5 が既に, について何

4 [19件] あって, あるを, が心配, だよ, で, ならば, に関係, の体, は, は忘れ, よ, を, をいっ, を人, を僕, を御, を思う, を知った, を知らせ

3 [30件] があった, がすでに, がまた, が頭, だけで, でございます, でございますか, ですよ, でわざわざ, とも聞, ならもう, について少し, に就きまし, に当る, はよく, は僕, は既に, ばかりを考え, もなく, をお, を云, を云う, を思, を思った, を思ひ出し, を思出, を相談, を考えた, を考へる, を聞く

2 [106件] かい, かそれなら, から動かされた, があ, が一番彼女, が僕, が先生, が出, が又, が如何にも, が彼, が更に, が知れ, が非常, じゃ, じゃない, だけのため, である, でお, でお前, でございます親分さん, でござる, です, でね, で何日, で御座る, というの, となく, なしと, なの, ならよく, なれば, についてはもう, には気, にふれ, に対する漠然たる, に気づいた, に気づきました, に觸, に関する限り, に関連, のあった, のみ気, の実否, の性質, の次第, はいずれ後, はすぐ, はその, はぼく, はモウ, は二度と, は今, は何, は先方, は前, は口, は後, は後で, は最早, は誰, ばかりで, ばかりに夢中, ばかり考へ, もある, をいたく, をいわれる, をこの, をその, をどう, をもう, を不思議, を云っ, を何, を信ずる, を充分, を冗談, を処置, を吹聴, を問う, を報告, を実行, を家, を彼, を忘, を忘れ, を思いついた, を思い出し, を思い出した, を思っ, を承知, を果す, を此, を母, を注意, を知らず, を知らない, を知らなかった, を聞かされた, を胸, を自分, を表, を言う, を言っ, を話します, を長く

1 [1094件 抜粋] あってから, ありしよう, あるに, あ親方, いったい春岳侯, かい何, かと聞い, かなはず, からこの, からでございます, からひい, から前身, から尻込み, から思ひ付い, から益々, から自然, から駿介, がある, がいけなかった, がうまく, がおこった, がしょっちゅう, がとっさ, がなくなっ, がむやみ, がヤット, が不思議, が云, が人間, が仕事, が作品, が偶然, が出た, が出来した, が分った, が判つて, が半日彼, が反, が善い, が報告, が定, が実に, が実行, が宮川茅野雄, が實, が彼ら, が思われた, が慰め, が明らか, が書い, が本当, が皆, が私, が秋安, が終っ, が結着, が藩地, が言文一致, が誇大視, が起った, が軍馬局, が農業, が露, が館内, が鶴見, こそ臣下, この床, さえわかりません, さえ無くなりました, さらに知るべきなら, じゃあない, じゃて, すらわたくし, その物, たしかめかばね, たるや, だがな, だけが悪い, だけが結婚, だけでも並, だけでも認め, だけはお, だけは岡田, だけをわたくし, だった, だの遠い, だろうと, ちょっとも, であったいや, でおかき, でお腹立ち, でご, でござるてな, でござんする, でしたらかまいません, です警視総監, でどうか, でもちきっ, で三十三身, で今君, で何ん, で兄, で全く, で出される様, で困っ, で彼, で悩まされ, で或, で旅館, で気, で私, で警察, で賑, で頭, といふの, となる, とはまた, と一口, と思ひ出し, と言え, なくし, なく弁信, なしこの, ならあたし, ならず, ならで, ならどうぞ, ならはじめ, なら伺ふ必要, なら少し, なら放棄とき, なら聞いて, なんで, にあたり物, にあった, にあらず, にお触れ, にこだ, にた, についてある, についてお尋ね, についてたいした, についての道学者たち, についてはいろいろ, についてはなんと, についてはメ, については何ん, については少々, については気, については私, については誰, については非常, についても夫人, についてよい, について一言, について与力, について伸子, について口, について大, について影響, について恵子, について浩一, について眠る, について考えなけれ, について親しい, について言, について話す, につきその, にて候, になっ, にのみ囚われ, にはっきり, には一言, には肯定, にばかりこ, にまるで, にも言い及ん, によって世, によつて, に一生, に不注意, に与らなかった, に与聞する, に他, に係わっ, に努め, に及ばざる, に及ばな, に同意, に呆れ, に安心, に対しとりわけ, に対する欲, に強く, に当らしめ, に彼, に心, に思い耽っ, に悲しまれ, に成る, に気, に気がつけ, に深く, に異様, に筆, に與, に親しむ, に触れ, に触れない, に言い及んだ, に賛成, に関してなら, に関する書物等, に關係, に非ずし, に齷齪, のあまり, のあり得る, のお, のない, のみならず, のみ心痛, の一つ一つ, の上, の中心, の信用, の半ば, の外, の大小, の実現, の当否, の徒労, の成功, の所為, の損, の新旧, の是非, の最初, の本末, の正し, の決した, の當然, の真偽, の知れた, の終らない, の緒, の裏, の解決, の起こり, の重要さ, はあの, はい, はいずれ, はうまく, はけふ迄, はこの, はそれで, はつくづく, はどちら, はなかっ, はなく, はほんとう, はもうよく, はもはやかれこれ, はわからない, はカゲ, はホント, はローヂャース博士, は一時的, は下, は世人一般, は中絶, は二十七年二月二十五日, は云える, は何と, は何ん, は先刻, は其詩稿来青閣集, は北条殿, は同じ, は堪へ得られない, は大いに, は守景, は家中, は少し, は引受けた, は彼, は後年一家, は御, は忘れた, は惧, は我國美術, は明, は暫く, は望まない, は本当, は横浜, は氏, は河口師自ら, は漠然と, は無論, は申, は病後, は直に, は真実, は確定, は秀吉, は私達, は移し, は第, は翻訳, は自ら, は覚え, は解ら, は言い出せず, は言つて, は訊けなかった, は議し, は過去, は重大, は音楽批評家, は默つて, ばかし考え, ばかりいっ, ばかりが思われ, ばかりが頭, ばかりに気, ばかりを口走らせる, ばかりを考えた, ばかり不審, ばかり思ひ詰め, ばかり考える, ばかり話し, まで此処, もそしてまた, もなかなか, もイワン君, も僕, も堪らなく, も失くな, も存じ, も悩ん, も止みぬ, も湖水, も知らなかつた, も考え, やったらよう, よりもあなた, よりもその, よりも長吉, より何より, をあと, をあれ, をいいました, をいった, をいつ, をいわせ, をおっしゃっ, をお嬢さん, をお願い, をさえ程能, をしない, をその後, をつきとめ, をどうぞ, をなすべき, をはっきり, をば再び, をば館, をぼくら, をもう決して, をやらず, をよんだ, をわれわれ, をフンガイ, をブロクルハースト氏, を一段落, を不可能, を世界中, を丸, を云いだす, を云おう, を云われた, を今や, を仕遂げね, を仰, を伝へ, を佐々, を信じ, を僕ぁ, を兄さん, を全く, を協議, を反省, を口, を吹聽, を告げる, を哲学, を問題, を固く, を執り, を多少, を妙子, を妹, を妻君, を子爵, を実現, を巧み, を年上, を弁え, を彼女, を得意顔, を御存知, を忘れる, を念頭, を思い出しました, を思い浮べ, を思つて, を思ふ, を想い起す, を感じました, を慮っ, を手傳, を打ち明けた, を担当, を探り出された, を整斉, を新, を施行, を書きませんでした, を材料, を果し, を案じ悩み, を止し, を殿, を水晶, を決定, を洩らした, を深く, を為し, を無限, を父親, を玉子, を理解, を申し, を申し込まれ, を申し送り, を痛感, を直, を真っ先, を知らせたい, を確かめた, を秘密, を第, を答える, を繰り返さない, を群鶏, を老, を考えました, を考え及ぼし, を考へてる, を耳, を聞き, を聞きまし, を聞込んだ, を能くする, を行おう, を見, を覚え, を言い出, を言った, を計らいます, を訊く, を記した, を訴え, を証拠立てる, を試ん, を話さなけれ, を話し出す, を語っ, を語り合った, を誰, を谷クグ, を軽蔑, を轡川, を通じる, を連れ, を阿, を面白い, を願はず, を餘, を龍吉, 堅くお, 必ず起る, 既に功徳, 極めて米国, 甚だこれ, 疎に, 自體, 起るべきに

▼ その結果~ (1708, 0.3%)

59 はどう 18 がどう 1411 として 8 がこの 7 が, による 6 だ, であった, である, としてこの, としてその, として彼, はおそらく, はただ, は必ず, は意外 5 は彼, を綜合

4 [16件] があの, が今日, たるその, として多数, はかえって, はこの, は予期, は何, は単に, は同じ, は当然, は更に, もまた, を待つ, を見る, 或る

3 [25件] がついに, が恐ろしい, としてあらゆる, としてこれら, としてより, として人口, として彼ら, として私, として稀少性, として自然, に基づい, の一つ, はこれ, はそれ, はまた, は全く, は全然, は失敗, は如何, は常に, は自然, を, を待っ, を見, 分ったこと

2 [88件] あの女, かどう, から見, がいわゆる, がお, がまた, が今, が保子さん, が出, が前, が君, が如何, が意外, が自分, その子, たる労働, であったと, であって, であらう, であり活字, というの, としていつも, としてこれ, として今度, として他, として供給, として労働, として国民, として生じた, として生活資料, として結婚数, として自分, として起る, どんなもの, なの, なるもの, に對, に就い, に満足, のいかん, の上, はあたかも, はあなた, はいかが, はいつも, はきわめて, はごらん, はすこしも, はたいてい, はついに, はという, はと言う, はど, はどういう, はまだ, はやはり, はより, は予想, は云う, は今日, は再び, は却って, は反っ, は同一, は実に, は必然的, は我々, は早く, は極めて, は甚だ, は知らず, は社会, は窮乏, は自分, は要するに, をお, を小幡, を彼, を応用, を想像, を現, を生活資料, を知っ, を示す, を聞い, を豫知, 新しい詩, 知ったこと

1 [1199件 抜粋] あくまでも人間, あのよう, あの貴重, あまり効果, あらわれたロシア, ある交換者, いよいよ夢, おそらく食物, おのずから自己虐殺, お蘭, お高, かく成り果てた, からいう, からその, からガス分子自身, から云う, から出した, から生じ, から申します, かれの, かオランダ卵, があと十日, があんな, がいくぶん, がおまえたち, がかの, がこう, がこんな, がさびし, がただ後, がたとえば, がどういう, がどちら, がどんなに, がふるっ, がやがて, がよく, がわし, がビフテキ主義, が万一, が予想, が二十七日, が今僕, が他, が余, が促進的, が其頃, が十一月十五日, が原因, が史學, が奇蹟的, が実践, が幕府, が形式的, が彼等, が恋愛, が愉快, が期待, が果していかに, が極めて, が死, が気候, が満足, が現, が理想社会, が短距離, が空想, が第, が翻弄, が肺病, が良かっ, が諸君, が避けられる, が食物, こういう事, こそは刮目, こそ思いやる, この二つ, この利潤, この地区, この年長者連中, この星, この男, この自費出版, この資本主義, この頃, さ, さらに又太郎, じゃありません, せっかく新田先生, その児童, その国書, その時代, その立体美, たしかに範之丞, たるや, たる不充分, たる内国, たる分量, たる困窮, たる子供, たる生活, たる節約, たる財産, たる農業, たる高き, だけが襲用, だけを見れ, だった, ついについ今, ついに恐ろしい, ついに音, つまり互に, であったろう, でありこれ, であります, である勞働者, であろう, です, でそれでは, ではない, では大抵, でもあろう, で出来る, というべき, とから超然と, としてある, としていろいろ, としておかれた, としておもしろい, としてそこ, としてそれ以来, としてどんな, としての形式, としての悲劇, としてはか, としては前, としてまあ, としてもの, としてカトリック, としてバタ工場, として一八〇三年, として一般人, として七, として不安, として事物, として交換後, として今日, として企業者, として何年, として先ず, として全, として典獄さん一人, として出生, として初代, として労賃, として双方, として古代, として吾, として喜び, として国, として地主, として多く, として大, として大抵, として子, として家鶏, として小児, として底面, として当時太陽, として徒ら, として從來許鄭, として必然的, として技術, として支那, として文彦, として新しき, として昔, として最高価格, として望ましき, として来る, として次, として殺す, として永い, として浄土往生, として物事, として特に, として犬, として理論, として生じなけれ, として生れる, として田舎, として発生, として直ちに, として秋田家, として第, として自尊, として英国, として董, として製パン工場, として読者, として諮問員, として諸州, として起こっ, として起るであろう, として野蛮人, として非常, として飢, となる, ともかくも, とんと私, と思われる, と言っ, どうしても右, どうして手, どうなった, どのよう, どんな事件, などばかり考え, なりと推定, にあらわれた, にいまさら, においては同じ, において極貧, において比較的, におきましても小さな, についてはいずれ, については十分感謝, について幾らか, には変り, には誰, にもとづい, によっては入門, によっては至急, によってひどい, によって裁かれる, によれ, に依っ, に思い, に於い, に話, に面白く, の, のみをとら, のもの, の不, の全部, の善悪, の実際, の容易, の御, の悲惨, の敗戦, の杜撰さ, の物理的価値, の発表後数カ月, の総額, の表現, はあの, はあやうく, はある, はいう, はいかなる, はいた, はいたずらに, はいつ, はいろいろ, はお, はおのずから, はかならずしも, はここ, はさらに, はすこし, はすべて, はずいぶん, はそうした, はたいした, はただちに, はちょいちょい, はつまらぬ, はとても, はどちら, はどんなに, ははるか, はびっくり, はまことに, はまったく, はみんな容易, はもっと, はやっぱし, はやつぱし壁, はよかっ, はわかりすぎ, はわし, はわたしたち, はアタワルパ, はブロクルハースト氏, はヴェルハーレン等, は一人, は一切, は一般分類図, は三, は三十代, は不品行, は世にも, は事実, は二十五年, は亡国, は人民, は人間性, は今, は以上, は似たりよったり, は何時, は信じられない, は個々, は兎, は公平, は前役, は印度日耳曼民族, は又, は史學, は同, は君, は啻に, は四人, は国王, は壁, は大きく, は失業, は如何なる, は学, は学問上, は実は, は小石, は山, は幾世紀, は後, は心得ある, は思わしくなかっ, は悪い, は慣れ, は我, は持参人, は支離滅裂, は放漫, は明, は明日, は月々, は有限, は未成品, は村一切, は果然, は構造, は正直, は殆ど徒労, は毎日, は水夫ら, は決して, は浪漫派演劇, は清逸, は漁場主, は無数, は無論, は物質的, は現に, は田, は疑い, は益男女学生, は真に, は知らない, は研究者, は神奈川条約調印, は程度, は第, は累々, は統計学者, は義眼, は自他とも, は自由, は舞台そのもの, は蚊, は袁世凱, は要之助, は見込みはずれ, は親子共, は誠に, は貨幣価値, は輝いた, は通貨, は遂に, は重大, は電子, は非常, は駄目, ひる間, ほとんどすべて, ますますもっ, また労働, まったく劇的光景, もその, もなん, も前例, も同様, も見ず, やっぱりラツール氏, ややもすれば, や一, ようやく正造, より見れ, わが新劇史, をあなた, をきたす, をご, をなるべく, をまとめた, をもすべて, をもっ, をジッ, を一八六九年, を一口, を世に, を両, を佐竹, を公, を冷さにた, を分析, を別々, を匂, を同じく, を含め, を実地, を実験, を座敷, を待ち, を思え, を手柄顔, を持ち, を支配, を日本, を本来, を注意深く, を用い, を発表, を知らせ, を破る, を筋肉, を総合, を考え, を聞き, を肉体, を自己, を英文, を見せ, を見まし, を見よう, を見届けない, を言, を試す, を述べた, を開き, を集め, 一層まずい, 両震源地, 例えば, 入聟, 全く句読点, 凝って, 別に一軒, 大きくいえ, 大事件, 如何なる場合, 実際問題, 引き出されるもの, 当然範疇, 得たもの, 必ず不愉快, 愈自分, 捕われて, 既に著者, 書かれた意見, 次第に意識的, 殺された少年, 特に映画, 睡気, 知りまして, 約一年前, 総国月行事二名, 考え出したの, 色々面倒, 行なわれたこと, 見付け出したの, 起こったの, 遂に一つ, 遂に思いきっ, 遂に無上, 遂に自分, 面白くない, 驚くべき, 驚くべき人員

▼ その意味~ (1662, 0.3%)

130 に於 17 に於ける, を理解 16 がわからなかった 15 で, でこの, で私 14 がよく 12 がわかった, は 10 から言っ, を了解 9 がわからない 8 がはっきり 7 がわかっ, がわかる 6 からいっ, から云っ, が判らなかった, が少し, だ, で彼, に於い, は私, を説明 5 から言つて, がすぐ, である, では, を悟る, を解する

4 [12件] がお, が私, が解らなかった, で之, で僕, で又, で自分, はこう, をはっきり, を察した, を知る, を読んだ

3 [20件] あり気, がある, がどうして, がわからず, がわかりませんでした, ではこの, では人生, で日本, において私, において自分, のない, ははっきり, はよく, は全く, を失い, を悟った, を悟つた, を有, を異に, を解しかね

2 [102件] からいう, からアモラル, から云う, から言, から言え, がききとれず, がちょっと, がどうしても, がはつきり, がほとんど, がまるで, がわからなく, が今, が分った, が分らない, が分らなかった, が分る, が判らない, が呑, が知られ, が解らず, が通じなかった, でこれ, でそれ, での, での私小説, ではあの, ではない, では却って, では各人, では婦人作家, では容易, では小気味, では小説家, では日本, では民衆, では決して, でまさに, でむろん, で世界, で今日, で先生, で労働者階級, で哲学, で国家, で大, で存在, で将来, で思っ, で意識的, で感傷, で日本人, で最も, で比較, なの, においてすでに, においてすべて, においてそれ, において全く, において真に, のこと, の内容, の深, はお, はそれら, はない, はまだ, はまだはっきり, はわからない, はわからなかった, は不明, は人間, は太田, は少し, は彼, は後, は明瞭, は段々, は誰, をさっし, をどこ, をもっと, をよく, をロシア語, を判じ, を取り, を婉曲, を尋ねた, を悟っ, を悟り, を掴み得ない, を掴む, を明らか, を深く, を知っ, を私, を考え, を考える, を覚る, を解い, を解す, を追及

1 [952件 抜粋] ありげ, からいえ, からいつて, からこ, からこの小さな, からすれ, からであった, からな, からはやはり, からもすぐ, からも儒教, からも見, からわたし, から云, から今度友田君, から吾, から富士川, から悪魔払い, から推察, から既に, から曾, から独特, から申し, から第, から鮎食い, があった, がおぼろげ, がお前, がこの, がすぐさま, がちっとも, がつひぞ通じた, がなんと, がのみこめなかった, がのみこめなく, がはっと, がぼく, がみんな, がわかったらしく, がわかり, がわかりません, がジカ, が一般, が了解, が僕, が分かった, が分っ, が分つた, が分らなくなった, が判, が判らなかつた, が動機, が十分解, が君, が変つて, が形, が思い出せない, が恐ろしい, が想像, が掴める, が明らか, が極めて漠然と, が殆, が汲み取れなかった, が知りたい, が解, が解っ, が解ってる, が解つて來, が解らなかつた, が解らぬ, が訣, が誰, が變りか, が通じ, が通じない, が通ぜん, が鼻子, さえも理解, さえ分っ, するすべて, だけで, だけはほぼ, だった, であい, であって, であまり, であると, であろうが, であろうと, でいうなら, でいや, でかならずしも, でこれから, でさすが, ですでに, でそしてただ, でだけでもこの, でだけ原始化, でないと, でなんと, でのユーモア, での形而上学, での政治, での歴史性, での涙, での病気感, での直接性, での自由, での観念論, での責任, での階級文化, での韻文, ではいまベルリン, ではその, ではつかめない, ではぼく, ではまた, ではみな, ではむろん, ではアメリカ, ではカフカ自身, では両者, では丹家, では今僕, では伝統的, では全く, では円天井, では動かない, では卓一君, では却, では受賞作品, では哲学, では嘘, では女, では小菅翁, では山本富士子, では平家, では張り切っ, では彼, では彼女, では悲劇, では或, では探偵小説, では昨今, では未, では東洋的自然主義, では機械, では火野, では現在, では男, では直接, では福島氏, では稀有, では第, では職業婦人, では舌足らず, では豪傑, では部門, では風景画, でぼく, でもいい, でもう一度, でもっと, でももつ, でもバー, でも今日, でも女, でも汚, でも私, でも酒井氏, でゆかたがけ, でより, でわたくし, でイソモルフィック, でインド, でディルタイ, でハラハラ, でピカソ, でマルクス主義, でヤジロー, でリアル, で一七九六年, で一刀流三祖伝, で一文学様式, で一葉, で世界的性格, で主体的, で云われた, で今度, で仮象的, で作家馬琴, で例えば, で例外, で児童, で共産主義, で出品作家達個々, で利潤性, で剖検, で南北二朝, で印象, で反動的, で可哀そう, で唯物史観, で問題, で固く, で国防, で城, で多少, で大衆, で奨励, で存在論, で実は, で工藝, で序幕, で当面, で形而上学的, で徒ら, で思想史, で我々, で技巧的, で捜査官, で描写, で政治, で政治そのもの, で文化的自由主義, で文学感覚そのもの, で新しい, で日本国中, で明治二年長崎, で春陽会, で本, で様々, で正に, で残念, で氏, で水, で浅田氏, で深い, で漱石, で熱烈, で特徴的, で狹, で申した, で真, で真理明白説, で知識, で祝杯, で科学, で科学的知識, で立ち, で経済史的文献, で絶対的, で美術館, で苦悩, で衛生舎, で西洋映画, で見なけれ, で観念的, で言葉, で語られた, で諸君, で農村人, で適宜, で部分, で銀座, で集団的, で震災, で鞍馬, で馬忠, といえよう, として可, とはち, とをのみ掲ぐる, とを書い, と価値, なき幻影, なんかは君, においてあか, においてその, においてならば, においてはなお, においては人, においては政治, においては此本, においてもこの, においてよく, においてわれわれ, において一切, において人間, において伝統, において地代, において將來, において所謂ラショナリズム, において映画, において歌舞伎, において歴史的虚偽, において無, において私たち日本人, において自由, において軽音楽, において鎌倉以前, における科学, についての説明, にて御覧, にとりたい, には気づかなかった, に取る, に咽喉, に屡々, に気がついた, に用い, に至っ, に茄子, に違い, のうち, のわからな, のわかる, のカラクテール, の上, の事業, の力, の因っ, の好意, の広狭, の扱, の根底, の深い, の良縁, の解釋, の返事, の重大さ, はあたかも, はあるいは, はいつ, はこうした, はこれ, はごく, はすぐ, はすこしも, はすなわち, はたった, はどう, はなん, はぼく, はまもなく, はよほど, はわからぬ, はわかるまい, はウェルキン, はゴーリキイ, は一口, は一方, は一般, は七仏, は世の中, は伝, は使われる, は分からぬ, は分らなかった, は分らぬ, は判らなかった, は前, は十分, は単純, は叔父, は和合統一, は場合, は大切, は大略左, は失われ, は実は, は彼自身, は恐らく, は新入生, は時間, は普賢菩薩, は書いてない, は次, は殆, は深い, は王子, は理研, は登勢, は経験, は義雄, は耳, は自分, は複雑, は解き, は解らなかった, は訣ら, は諸君, は近頃, は通じない, は邪念, は長い, は静, もあった, もふくまれ, もわからない, も大方, も失われた, も彼女, も解らなかった, も變化, らしい, わかる, をあらわし, をお, をきい, をきかれ, をききたがる, をくみかね, をさ, をさとらないで, をさらにはっきり, をたしかめよう, をちゃんと, をつかみ, をどう, をほんとう, をむしろ, をも了解, をも解しない, をよむ, を云っ, を他, を伝へる, を何となく, を僕, を兄さん, を判然, を副, を取りかね, を受取る, を含ました, を問い返す, を問ふたら, を失っ, を学ぼう, を客観的, を察しかね, を察する, を展開, を弁解, を御存知, を忘れ, を悟ろう, を感づい, を手真似, を拡張, を捉, を捉える, を捕捉, を推しかね, を有する, を殘, を汲みとる, を注目, を測り兼ね, を猜察, を申, を発揮, を発見, を省, を知らない, を知ろう, を究めよう, を考へ, を脱化, を自分, を表, を補う, を見出し得る, を覚った, を覚らざりき, を覚ろう, を解き得ない, を解し, を解しなかった, を解し兼ねた, を解すべし, を解説, を言, を言っ, を訳そう, を詳しく, を認められ, を語れ, を読み取ろう, を読ん, を諷する, を質問, を転化, を迂闊, を追っ, を限定, を飲み込めず, 深くその

▼ その姿~ (1625, 0.3%)

74 を見る 41 を見 35 を見た 33 を現 1413 は見えなかった, を一目 12 を消し 10 のまま 9 が見えない 8 を眺め 7 がはっきり, が見えなくなっ, は見えない, をみせなかった, を見せ, を隠し 6 をあら, をあらわし, をあらわした, を見かける, を見せた, を見送っ 5 が見えなくなった, はどう, はどこ, は消え, は見えなくなった, を見せない

4 [19件] がいかにも, が眼, が見えません, に向っ, はまだ, はまるで, は見えず, は見えませんでした, を, をかくした, を彼, を現す, を発見, を眺めた, を私, を見せなかった, を見せる, を見つけた, を見失っ

3 [36件] が消え, が消える, が目, が見えなかった, が見える, が部屋, で, に, の見えない, はこの, はだんだん, はもう, は煙, は私, は見えなくなる, は見えません, もよく, をありあり, をかくして, をじっと, をどこ, をながめ, をみ, を二階, を人, を没し, を消した, を煤煙, を見かけ, を見せず, を見せませんでした, を見つめた, を見なかった, を見出す, を見失うまい, を見送った

2 [100件] いといと, がある, がない, がなくなっ, が僕, が如何にも, が山入, が急, が消え失せたで, が私, が見え, が見えた, が見えなくなる, が見えませんでした, が見つかりませんでした, が遠く, が風, その色, である, で町, というもの, には誠実, に彼, に見入る, のうち, のちらりと, の一面, の見えなくなる, はあたかも, はいつか, はいつも, はいよいよ, はすぐ, はすでに, はなく, ははっきり, はまた, はやはり, は何処, は全く, は前, は實, は幻, は朝, は消えた, は耕作, は自分, は見あたらない, は見えざりき, は見えなくなりました, は見れ, は見当らなかった, は遙, またかくれ去りつ, もまんざら, も見えない, をあらわさない, をあらわさなかった, をあらわす, をしなやか, をなくし, をはっきり, をみせなくなった, をみる, をチラ, を一人づゝ丁寧, を世間, を仰ぐ, を凝視, を変え, を失う, を心, を想像, を慥かめる, を拝, を描く, を明瞭, を東京市内, を正しく, を残し, を消す, を現した, を目, を目がけ, を美しく, を見いだす, を見せなかつた, を見せなくなった, を見せました, を見たい, を見つける, を見まい, を見れ, を見上げ見下した, を見失い, を見失った, を見知っ, を見送り, を認めた, を追った

1 [871件 抜粋] あらたまるに, あわれ, あ忘れねえ, いともあやしき, からそらした, からもうかが, から周平, から想像, から見, があった, がありませんでした, がいつも, がいまおれ, がうかん, がおりおり, がきりっと, がさっぱり, がしだいに, がじゅうぶん, がそこ, がだんだん, がちょっと, がちらつい, がつややか, がどこ, がなかっ, がなく, がひどく好もしい, がぼんやり, がますます, がまた, がまるで, がもう, がやがて, がツーッ, が一そう, が丘, が中, が主, が二階, が人見廣介, が人面獣身, が何, が全然, が前, が可哀そう, が向う, が城下, が女, が如実, が実にくっきり, が山の下, が庭, が彼, が思われます, が懐かしく尊く, が扉, が指, が揚幕, が日, が次第に, が正面, が毛氈, が水中, が波, が浮き出し, が消え去せたで, が物凄かっ, が珍, が現われた, が現実, が真, が睡眠, が終日家裏, が花, が苦, が葉子, が見えず, が見えなく, が見えなくなりました, が見えぬ, が見え無くなった, が見たく, が見られる, が見出され, が譬え, が逃げ, が遙, が重々しく, が階子段, が隠れた, が雑樹, が非常, が髣髴, こそ人間, こそ見る, その声, その歩き, その行列, その風情, だから, だけでも見たかった, だけを以て見れ, だと, でいつの間にか, でここ, でした, でしょう, でびっしょり, でソロソロ, でベッド, でミイラ, で君, で婦人記者, で弁信さん, で彼女, で戸別訪問, で文化, で植木師たち, で沓脱, で縁切り神さん, で通つた, とおなじ, とが全, とは七年, と共に橋, と共に鏡, と叔父, と相対, と顏, なしと, なの, なりに時代, にあら, にあらはる, において, にかきしるさる, にこそ却つて美, にじっと, について思ひ, にて面白う, になおさら, になっ, になる, にはくん, にはなみなみ, にはまだ, には声, には悔い, には感動, には敬虔, にふさわしい, にまで終始, にもあらわれ, にもっ, によってこの, に世間, に他, に似ず, に実は, に戦友, に手, に投げた, に摺られき, に極限, に気づい, に注意, に狭い, に相応しい, に相違, に私, に見え, に見とれた, に見出す, に逆, に集, のあまりに, のいたいたし, のうしろ向き, のご, のすさまじい, のすべて, のとおり清麗, のなかっ, のぼ, のまわり, のみを描いた, のやさし, のゆうに, の一人一人, の与える, の乱れる, の人, の優しい, の凄, の周り, の夕暮, の奇妙さ, の崇高さ, の怪しく, の悲惨, の懸絶, の気の毒さ, の浮いた, の消えた, の現前, の美し, の行く, の見えずなる, の見える, の軟か, の轍, の鋭い, の首, はあまりに, はいじらしく, はいま眼, はおり, はかつて, はかれ, はこっけい, はしげった, はじつに, はすがすがしい, はすべてこれ勇気, はその, はたった今, はちょうど, はつめたい, はどうも, はなかっ, はなかなか, はなぜ, ははた, はほほえましい, はま, はまことに, はやがて, はやや, はよく, はわからなかった, はジョン, はラ, はラシイヌ, は三十前後, は下半身, は中枢神経, は久子, は人間, は何だか, は余, は例, は出た, は別, は動かないらしく, は千差万別, は可笑し, は吾, は土人, は坐ろ, は天使, は女房, は如何にも, は宙, は寒々, は巨大, は巫女, は弱い, は彼, は悪鬼羅刹, は想像, は戸口, は抜け道, は描い, は新, は日影, は木の葉, は檻, は欅, は歌, は此処, は段々, は気高く美しく, は氷, は河合氏, は波間, は浮世, は消えうせた, は滑稽, は濃く, は無心, は煙り, は犬, は白い, は白衣, は目, は突然, は立止つて, は純粋, は経帷子, は美, は美しい, は臭気もろ共, は表, は見えなくなっ, は見えぬ, は見つからない, は遠, は郎従たち, は都塵, は鏡, は阿修羅, は霧, は露路, は頗る, へ, へいきなり, へながめ入った, へ向っ, へ日頃顔見知り, へ正造, へ鋭く, へ飛びかかっ, までを, までを氷, もありあり, もおぼろげ, も人間, も佳かっ, も好い, も派手, も見えずなりぬ, も見せなくし, も見極め, やや見すぼらしき, や動作, や寝ぼけ面, や服装, や風貌, をあの, をあらわそう, をいよいよ, をうつ, をお, をおき, をおぼろげ, をお待ちかね, をかえ, をここ, をさがし, をさだか, をした, をそこ, をそろえ, をつくづく, をつつん, をときたま, をとどめなかった, をとら, をながめる, をなつかしく, をのみ見, をば忘, をば文弥君, をひそめ, をひと目, をほとんど, をまじまじ, をまとも, をみた, をもっとはっきり, をやり過ごし, をよく, をケーテ自身, をダンネベルグ夫人, をチラリ, をハッキリ, を一つ, を一幅, を一眼, を主人, を乱さないなら, を仔細, を仰いだ, を信濃坊源盛, を再び忽焉, を写生, を出さない, を剥製, を匂い, を包ん, を吹き去っ, を周平, を哀れ, を嘲る, を地上, を変容, を失おう, を女, を守らね, を巌, を巻い, を幻想, を幾度, を形容, を彼方, を待ちうけた, を待つ, を心細, を忘れる, を思い浮かべる, を恥づる, を想い描い, を戦場, を抱き起こした, を振向い, を捜した, を捜し求めた, を掠めた, を撮らう, を改めて, を改めぬ, を明らか, を映しました, を更, を最, を本丸, を此方, を永久, を求め, を没する, を泣き沈め, を浮ばせ, を消された, を消し去っ, を照, を狙っ, を猟師, を現しはじめた, を現し出した, を現すだろう, を由利どの, を盗み見, を眺めぬ, を瞶め, を硝子戸, を窺わせた, を絵, を絵像, を縁側, を翌朝, を胸, を能登守, を落とし, を見うしなう, を見かけた, を見かけたらしく, を見せなくなっ, を見つけ, を見つけられ, を見とどける, を見ながめ, を見ませんでした, を見上げる, を見下し, を見付けました, を見入っ, を見合った, を見失おう, を見失わず, を見守っ, を見守つ, を見迎え, を視た, を覗き, を言いあらわす, を許さない, を認める, を變, を越え, を躍り立たせた, を農婦, を追っかけ, を追って, を透かし, を遠く, を重ね, を防堤, を離れた, を電車通り, を露, を青黒い, を顕した, を顕す, を鶴見, 低い欄干, 得て, 思へや, 猛きこ, 若々しい青年

▼ そのなか~ (1549, 0.3%)

32 の一人 15 の一つ 1413 で最も, の 7 にある, には, に自分 6 で, でも最も, で一番, に私 5 でただ, で女, にこほろぎ, に一つ, に一人, へはいっ, まに

4 [12件] でいちばん, で唯, で私, で自分, にいた, につぎ, にはいつ, にふと, にまじっ, にカムパネルラ, のある, のいちばん

3 [22件] でお, でひとり, でもお, でもっとも, でも特に, で彼, で或, にあ, にあっ, にあつ, にあなた, にどこ, には何, には女, に伊那丸, に何, に僕, に含まれ, に含まれる, に桐, の一枚, の誰か

2 [85件] から一つ, から変りはてた, から雪童子, でいま, でおまえ, でかれ, ですぐ, でその, でどれ, ではその, でもいちばん下, でもこの, でも重要, でやや, で仁太, で何, で古, で桃湯, で王女, で甕, で目立っ, で肩, で薬局生, で追求, で面白い, にあった, にお, にお前, にこの, にこんな, にただ, にときどき, にところどころ, にどうして, にはあの, にはいろいろ, にはわたくし, には一人, には主人公, には二尺, には右, には講師, には遊芸稽古所, にマキノさん, に一切, に一種, に交じっ, に人間, に今, に伏せ, に伏せた, に住む, に吃驚, に君, に埋められる, に大きな, に小, に当然, に彼, に彼等, に浮ん, に生きる, に白い, に眼, に自分たち, に芝居土用やすみ, に見た, に金, に隠され, のどれ, の一匹, の井部李花君, の人達, の壮年, の素足, へ入れ, へ足, まの, を, をお, をゆく, を歩い, を歩き, を泳ぐ, を自動車

1 [1098件 抜粋] から, からあの, からえらびだす, からおもだった, からしだいに, からだ, からはあった, からは時々, からふんあ, からもう一度, からミカン, から一通, から二歩, から作柄, から八冊, から同行者, から土地名物, から学問好き, から手, から新しい, から最上, から機, から浮き立っ, から濃い白い, から目, から肥料代, から脱, から茶碗, から蓬, から見出す, から覚心坊, から赤, から通草蔓, から青線, から魚, さ籠め, であの, である, であわてた, でいちばん名誉, でいっしょ, でおれ一人, でくめひとり, でこそ私, でごく, でた, でだいじ, でとくに, でとんぼ, でのお, での一つ, では, ではわれわれ, では人, では幸福, では男, でひ, でひとり土俵死, でぷっと失笑す者, でまいった, でまた, でもあの, でもいちばん大事, でもおれ, でもすぐ, でもたった, でもちっとも, でもとくに, でもわかっ, でも三年五年, でも上手, でも中学校長, でも乳母車, でも伝五郎, でも兄い, でも勝次郎, でも名高い, でも大変, でも平吉, でも指折り, でも木, でも正月, でも犬, でも盗賊, でも知識, でも經濟的, でも花鳥, でも袋蜘蛛, でも貧し, でも離散, でよろい, でわたし, でアッシャー, でエルマン一人, でサラリーマン, でタバコ, でフランス革命, でベートーヴェン, でミトローニク氏, で一きわ, で一ぱい, で一座, で一番容貌, で一番簡便, で一羽, で下僕たち, で丹後村無宿, で二人捉, で亜孟, で人々, で今夜, で代表的, で作家, で信長成功, で働い, で僕, で八番目, で其蝶, で別け, で十, で可, で和助, で唯一人, で土井勘右衛門, で変っ, で大, で大将, で天王町, で好い, で学生, で安心立命, で寵愛, で小さく, で小利口, で少し, で山住流含み針, で差し当り, で年, で幾億, で彌, で彼女, で思いがけない, で成長, で所々, で技師, で料亭, で日本人, で木戸番, で松, で殺人者, で水, で無惨, で特に, で特色, で独り, で猪上なにがし, で生き, で男妾, で病人, で真, で眼, で私たち, で空氣中, で笑い, で筆, で網, で背中, で色々, で芸者, で著者, で藤田家, で視覚, で証拠, で謙信, で近頃たんまり, で進化論, で酒, で金ハブ銀ハブ, で長与善郎君, で靱負, で韻文, で顔, で驚くべき, で高く, で高山, にあちら, にい, にいらいら, にいれさせ, にうつくしい, における一つ, にお針, にかわいらしい, にきのふ, にこういう, にこれ, にさし入れた, にすわりこん, にたたき込ん, にたった, にだんだん, につかっ, につれて大, にとりかこまれた, にどんな, にどんな大きな, ににじみ込ん, にはあなたさま, にはいっ, にはいってるだろう, にはいりました, にはいるでしょう, にはこの, にはそれぞれ, にはだれ, にはどう, にはひと, にはほか, にはまだ, にはものさし, にはやっ, にはジュネーヴ, にはマレー群島, には三河屋, には三百ルーブル, には乾した, には二三人, には人間, には他生, には倚掛り, には入る, には前, には半, には可, には商売, には嘘, には太陽, には実際, には宮, には小林団長, には島田十, には弥太郎, には怖, には恥, には成信, には文学者, には新聞紙, には昨夜, には曾, には松, には氏, には演劇そのもの, には無論, には独逸, には男, には着物, には確か, には私, には空くじ, には築地座以来一緒, には緊急, には美しい, には自分, には蛇, には警官, には醜, には金銀, には随分, には顔なじみ, には鶫, にひとり, にふくまるる, にふんじばられ, にぼつぼつ, にまじった, にまっくろ, にまれ, にもぐりこん, にもしや, にも一本, にも実に, によこ, にわれ, にゐる, にエルランガー, にサア, にドリー, にミルム, にヤヌス化粧料研究所, にリズム, に一人づばぬけて, に一社会, に一軒カーキー色, に一頭, に三匹, に下, に不思議, に世界, に久七, に二十五, に京なまり, に人形町, に仕立てあがった, に似合, に來年度, に俺, に光, に入っ, に入り, に入れた, に入れる, に出, に刀影魚鱗, に別に, に加はる, に包まれ, に包ん, に化粧品, に十歳, に卵, に取りかこまれた, に名だかい, に含め, に呂宋兵衛, に唯, に四十あまり, に坐っ, に増野氏, に大小, に夫人, に妙, に学生生活, に宮廷, に富士絹, に尽きる, に峙, に巧み, に幾棟, に志村自身, に恋人同士, に悲劇, に慥か, に打ち交わり, に押しこみ, に故, に数本, に断食芸人, に於, に日本ブルジョアジー, に春蝉, に未だ, に机竜, に某, に桜, に次, に正宗白鳥氏, に氏, に泥, に洋画家, に浮かん, に深い, に混, に港, に溶け, に溺れ, に然し, に父, に現われる, に理想, に生かし, に男もの, に白緑, に研究, に祐慶, に秋子, に積ん, に箭箆, に米, に結婚, に織りこまれ, に美しい, に肩, に自, に花, に苦り切つた, に茣蓙, に葡萄パン, に蔵, に蝸牛, に西山, に見え隱, に見る, に詰め, に警句, に谷口林助, に赤い, に蹲踞, に身体, に逃げこむ, に通知状, に過した, に遠ざかる, に金田一京助博士, に鉄道線路, に門族中, に陥穽, に集中, に青物, に顔, に飛び込んだ, に餓鬼大将, に髣髴, に鳴きしきる, に黄色, に黒い, のいい, のただ一人, のつり, のどんな, のひとつ, のふっくら, のマッチ, の一トン, の一册, の一室, の一束, の一軒, の一首, の三個, の丸い, の二三冊, の二十二, の人々, の何人, の十七世紀, の千吉, の半月街, の大, の女, の孫悟空, の小さな, の幽か, の或, の最も, の染色体, の炭, の生活, の若い, の葱, の誰, の踊り, の重大, の頭株, はまだ, はホルシュタイン風, は八方, は真暗, へかくす, へすいこまれる, へとびこん, へはいつ, へもぐり込んだ, へ仏, へ佐々伸子, へ入った, へ原稿用紙, へ埋, へ押しこむ, へ新, へ私, へ肉, へ身体, へ風, まである, まと, まには, まを, みを, をおし, をたしかに, をてらし, をとん, をまるで, を三人, を何, を先鋒, を古沢先生, を夢遊病的, を挨拶, を数, を歩き廻っ, を水, を淋しい, を無事, を犬猫病院, を着膨れした, を耕す, を覗い, を雄, を駈け廻っ

▼ そのころ~ (1502, 0.3%)

38 はまだ 32 のこと 24 はもう 23 になる 21 の私 20 になっ 13 の日本 8 は私 7 にはもう, の彼, の東京 6 であった, である 5 の, のある, のお, の人, の自分 4 にはまだ, の先生, の日記, の話, の青年, は小説, は母

3 [21件] からお, からだ, からであった, から母, から私, だった, には私, のもの, のわたし, の人たち, の僕, の女, の江戸, はお, はこの, はまた, は今, は僕, は然し, まだ東京, まだ生き

2 [71件] あった実話, お秀, からこの, からずっと, からである, からです, からどこ, からまた, からみる, からもう, からよく, から何, から小説, から少し, から有名, から父親, から自分, から非常, この国, だ, であったと, でご, でも鮭, に, にちょうど, には世の中, には男, には近所, のおも, の事, の亮, の伸子, の例, の天皇, の学生, の家, の寄席, の小学校, の弁士, の彼女, の政治, の新聞連載, の木曾路, の派手, の習い, の習慣, の葉子, の鴎座, は, はかなり, はそう, はそれで, はどの, はぼんやり, は二十, は十銭スタンド, は官吏, は山中, は左翼運動, は汽車, は無人島, は血, は誰, は電車, まだ京大, も, もいま, よりはまた, 全く馬鹿げた, 大事件, 最も悪魔

1 [1032件 抜粋] あった成立学舎, ある事情, ある大学, ある日, ある書店, ある雑誌, いろ, おしかさん, お城下, お年齢, お若い, かの黒眼鏡, から, からあの, からおば, からきゅう, からすでに, からだんだん, からのお, からの家来, からはぢ, からふっつり, からまた一層, からわし, からエゴイスト, からドイツ, からヤケ酒, から一空さま, から不可抗, から主家, から伊東, から僕たち, から医者, から喫茶室, から均一, から太田, から始まっ, から山, から彼, から心安く, から恢復, から持病, から政治, から旭川, から晴れ, から来た, から桜, から江木氏, から活動写真, から滝, から無縁坂, から狂熱的, から猜疑, から珍植物, から登別, から筆, から素子, から縁談, から胃腸, から芽ばえ, から葉子, から言, から詩, から身体, から長者, から陰気, から顔色, から飲み, かれの, がちょうど, が国木田, こういう, このあたり, この二つ, この名門, この唯一, この少年, この山峽六十戸, この村, この辺, しきりにそれ, しつけの, すっかり住み慣れた, すでにそんな, すでに彼, すでに米国, ずつと巴里, そういう金持ち, その国, その女, その町中, そろ, たいていの, だったの, ちょうどフランス留学, ちょうど旅, ちょうど東京, ちょうど駅前, つまりどうやら, であったが, でありました, できました女, でしたら末, でその, ではかなり, ではもはや, では珍, でもいわば, でもなかなか, でもモダーン, でも働き, で三百人以上, としてはずいぶん, としては作家たち, としては大金, としては目, として二円, とろとろと, と変り, どんなに花やか, なして, にあの, においてはこれ, にし, にその, にでもなれ, になれ, にはあり得た, にはおそろしい, にはかれ, にはここ, にはすでに, にはその, にはちやう, にはとうに, にはどんな, にはもはや, にはコンクリート, にはポルトガル, には両方, には人間, には何, には優秀, には博士, には夜, には夜間, には太陽, には奥, には寺子屋, には幕末期, には建仁寺, には早くから, には暗, には本郷, には熊野先生, には物好き, には画家, には神社, には自由廃業, には警視庁, にもう, によい, に一番, に何處, に初代, に守り, に延焼, に文芸, に比べる, に父, に私, に自分, に見, に起こっ, に銀子, のいわゆる, のおれ, のきかない, のけしき, のごと, のとりわけ, のねうち, のひどい, のまま, のやさ男, のわかい, のアイスクリーム, のインド, のキリシタン, のスケッチ帳, のフランドンあたり, のメーデー, のレエヌさん, の一流紙, の三井呉服店, の三歳児, の不動行者, の世態, の中尊寺, の事情, の二刻, の人々, の仙台医専, の住居, の作者, の値段, の兄, の入洛軍, の公事, の写真, の利根川, の千円, の南鍋町辺, の友人, の句, の名高い, の唐, の地球, の壮士芝居, の大宗師, の天気模様, の太郎, の女性, の婆, の学窓気分, の安宿, の官令, の寓話, の小山内君, の小説, の尖端的, の山の手, の川柳随筆, の左翼, の平土間一枡, の年寄り, の幸福, の思い出, の掟, の政客, の教授, の文化, の新, の新派三頭目舞台絵巻, の新聞記事, の日和癖, の日本百年, の映画, の春挙さん, の書生, の最新知識者, の木村名人, の本丸, の東京の, の東京市民, の柚子, の根津権現付近, の構内, の武蔵路, の殿守台, の気風, の汽車, の流行風習, の済生学舎, の源氏, の父, の特色, の生活, の田舎, の町家, の病院, の真紀子たち, の着付, の社会悪, の米, の紋様, の給仕人, の美術雑誌, の船, の芸人, の茶人仲間, の蒸気船, の血気, の西洋科学, の観客, の記録, の詩作上, の誰, の警官, の貨殖家, の軽井沢, の通言, の郷里, の金持番付, の釣り姿, の銀座, の開業医, の雨上がり, の面影, の風光, の馬籠, の高, の鴨川, はあたかも, はあなた様, はいかにも, はいちばん, はいま, はお互い, はきっとごく, はここら, はさらに, はしどい, はじき, はすっかり, はすべて, はそういう, はそんな, はたけぞう, はとっくに, はどこ, はひと, はまだかなり, はまだそれほど, はまったく, はもうだいぶ, はもん, はやはりまだ, はやり出した, はオリムピック, はタナゴ針, はドーラン, はプロレタリア文学, は一切鉋, は一応, は一般, は三杯め, は上野, は世界戦後, は中学, は二十前後, は五月, は人々, は人間, は伯爵, は児童福祉法, は初期, は加茂川, は十六ルーブル, は十四五, は周囲, は四年, は大抵, は太郎, は嬉しく, は安かっ, は官民, は将軍家お側衆, は小紋更紗, は希望, は幕間, は年, は当家, は彼女, は徳富蘇峰さん, は我々, は政治執行, は新しく, は日, は日本人, は映画, は時々, は朝ッぱら, は杉, は根津, は欧州戦争, は武士町, は毎夜, は海軍将校, は測量器械, は煙硝, は物価, は珍品中, は痩せ衰え, は知る, は私たち幸福, は空, は竹藪だらけ, は笹村, は細く, は罷り越し, は肉体労働, は臆病風, は自由劇場, は船, は芭蕉, は若干, は衣食住, は軍関係, は鋏刀, は電話, は領地ぜんたい, は題詠, は駅, は鯔背, は鹿, ひどく胃, ふるい考え, ほとんど毎月, ぽつぽつ発見, またし, また旧, また次, まだほんの, まだ三つ目, まだ僕, まだ十分, まだ博士, まだ少女期, まだ新進, まだ海, まだ独身, まだ若かっ, まだ開い, まったく母, までにはわたし, までは東京, までは淫婦的, までは見送り人, までも大学, まで水平, まで目新しかっ, まるで棒立ち, もうすでに大衆性, もう圓朝, もう店屋, もう父親, もう立, もう身重, もっぱらもてはやしたことでござりますから, もエロ, も同じ, も手帳, やっと, やはりいいかげん, ようやくわれ, よくあった, よく店, よりきれい, より少しく, より産, わがホ型十三号潜水艦, わが郷里, を境, を見計らっ, 丁度ワシントン会議, 上がりまして, 住んで, 全く同じ, 出たて, 出来たある大きな, 初めて日本, 別に一軒, 占めて, 古びた一棟, 呟いた自分, 夥しく輸出, 大地軸孔探検, 大芝居, 少しばかり, 広い太青, 建ちそめた無線電信局, 引っ越した築地, 当の金博士, 悩まされて, 或る, 折りおりに, 既に私, 時々幼い, 暫く叔父, 書き始めて, 最も高名, 未だ珍し, 流沙河, 流行った唄, 流行った客同士, 流行った白い, 流行った風俗, 流行り出した鳥打帽子, 漸く流行, 澄んだ渓水, 異人種, 盗まれた神宝, 知らないもの, 第, 聞えたる各, 若くし, 衰えて, 言われたそう, 起った綴方

▼ その一つ~ (1492, 0.3%)

83 である 28 であった 21 の例 191311 だが 9 だった, のこと 8 であります, の原因 7 であったが, は私 6 であつ, であるが, であろう, ですが, に, のあらわれ, のもの, の方, を手 5 でこれ, でした, です, の現われ, の証拠, の部屋

4 [11件] なの, には, のあかり, の前, の因子, の平, の灯, の理由, の目的, を取っ, を私

3 [21件] がこの, じゃ, だつた, だろう, であって, であると, として, に私, に過ぎない, のドア, の場合, の影, の方法, の星, の現れ, の現われである, の窓, の頭, はこの, を選ぶ, を選ん

2 [91件] から私, が, がスイ, が今, が外, が女房, が彼女, が飛ん, であらう, でありさらに, でこの, でございます, でしょう, でなければ, で三つ, で婆さん, で是, というの, として彼, と見, にこの, による, に乗る, に入る, に手, に数え, に数えられ, に数えられるだろう, に腰, に腰かけ, に腰掛け, に蓋, のあら, のい, のなか, の中, の写生, の叢, の可能性, の嘆き, の変化, の大きな, の姿, の実例, の家, の小, の心, の意味, の村, の松, の極, の極めて, の死, の物質, の現, の現象, の相, の眼, の確信, の菫, の蛤, の記録, の試み, の道, の重要, の顔, はある, はいわゆる, はすでに, はすなわち, はその, はです, は他, は凱旋門, は前, は古典, は夫人, は彼等, は御前, は普通, は海, は確か, は高い, は鮮明, をいえ, をもっ, を両手, を取り上げ, を己, を挙, を示し

1 [896件 抜粋] いかなる故に, かしら, からは小高い, からは海岸, から出たい, から小樽, か二つ, があっ, がいつも, がここ, がさつと, がぱっと, がぽかっと, がまたぞろ, が中った, が働き出す, が可, が夢想, が家, が役, が日本, が月々百枚, が本艇, が枯れ, が水分川, が生命, が眼, が私, が第, が紙, が運, が釣鐘, が頭上, さえ元, しられを, ずつに物語, そして他, それから木, だがね, だけが用いられ, だけでもやれ, だけはその, だけを取り, だけ取り離しました, だそう, だつて, だて, だろうし, で, であったので, であったろうとも, であり, でありましょう, であり又は, であり日本, であり皇室, であるという, である支那, であれば, でございました, ですけれども, ですよ, でたわい, ではあらう, では火葬, でもほとんど, でも全, でも成し遂げた, で一本, で下端, で五十六億万年, で作家, で列国間, で少なくとも, で彼, で待っ, で恋人, で有馬辺, で決して, で満足, で現在, で葛西, で遠, で頭髪, といつ, としていい, としてこんな, としてはあるいは, としてダンス, として先日, として含まれ, として宗教, として数えられ, として江戸, として注意, として私, として選ばれた, として電磁気, と云つて, と合してる, などには青い, なら熱海, なれば, にかう, にかけさせられ, にがつかりした, にこれ, にすらはっきり, になっ, にねばりつく, にはサック, には今, には医者, には口, には外国人, には毛, には石炭酸, には端, には肉入団子, には読者, には黒, にひっかかった, にやせた, にやむを得ず, にわし, にダンブリバナ, に一人, に倒れ, に冬子, に加わる, に問題, に坐りました, に大きな, に奥むめおの職業婦人, に家人, に家賃, に寝転んだ, に押しこめられ, に挙げるべきでありましょう, に数えられる, に文學的興趣, に母, に氷, に烏山行, に環境, に病気, に盛装, に真白, に着こう, に秀之進, に算, に繻絆一枚, に臥, に近づく, に違, に飛びこん, に黒ビロード, に鼠, のあき俵, のいろんな, のお手本, のここ, のさかずき, のしかも, のしわ, のはっきり, のほう, のみで, のれい, のカーブ, のクラノフェル, のコマホウズキガイ, のシーン, のストライキ, のトマト, のポケット, のモメント, の上, の両脚, の事, の事實, の作品, の例外, の便宜的説明, の側, の入口, の内容, の出口, の動機, の卓, の単語, の原理, の古い, の名前, の坑, の型, の場面, の大名屋敷, の天幕, の定められたる, の寺, の小家, の峰, の川岸, の建物, の形, の心像, の思ひ, の戸, の支流, の教室, の文芸化, の新しい, の月, の有名, の杉小屋, の枯木, の校庭, の椅子, の概念, の様相, の機会, の残り, の池, の法則, の溜り水, の点, の物形, の特殊, の独房, の理屈, の生命, の田, の症状, の発現, の皺, の破れ門, の示威運動, の秘密, の端, の節, の紅茸, の結果, の線, の縞, の船, の花, の莟, の菊廼家, の蔓先, の被害, の要素, の計量, の記念塔, の証明, の誤り, の賭場, の跫音, の車輪, の邸, の鍵, の項目, の駕籠, の魔物, はあなた, はいっぱい, はいは, はいま長浜, はうた, はお, はおそらく, はこう, はこれ, はそれ, はたしかに, はだれ, はなくなった, はねずみ色, はひどく, はみなさん, はやや, はわが国, はわずか, はイギリス兵, はオールバック, はキリイ, はジェームス, はスタンダアル, はツマベニ, はフランス, は一九四六年中, は一人, は三百余年前, は下駄箱代用, は九つ, は二度, は二月二十三日, は人民, は今, は仕事, は修学僧侶, は俳句, は借金, は偽物, は僕, は先月はじめ, は先生, は公武合体派, は兵隊, は前方, は労力, は北の方, は厨川君, は召し, は君, は唐, は国立国会図書館, は國, は土蔵, は城内, は墓祭, は多く, は大, は大川竜太郎一個人, は大義名分, は奥州, は如何なる, は子供等, は完全, は宣統帝, は家庭, は寒竹, は小さな, は小金, は崖, は川手庄太郎氏, は平常, は庭, は彼女, は御国, は必ずや, は忽ち, は怪しい, は悲運, は想定, は戦争, は所謂マルクス主義, は扇, は手取川, は抑, は故, は文字通り, は既に, は昭和初年山形県, は時折, は暗い, は最近各所, は望み請ふところ, は村, は板葺き一派, は柔かい, は権力, は次ぎ, は次郎, は歴, は死, は水底, は永井荷風, は永年, は泰軒先生, は活力節約, は滝, は灰繩千束, は特に, は獅子, は産児制限, は申す, は男物, は當時, は監獄費国庫支弁案, は直径二十フィート, は矢張り, は神社, は福島県伊達郡小国村, は科學者, は竹, は粉状, は紐, は純粋, は續資治通鑑長編, は職業利用, は臣下, は自分ら, は興味中心, は芸術, は荒田, は萌黄匂, は著者, は要, は言うまでもなく, は読譜, は議事堂, は賊, は足, は近所, は道路, は野村, は金神, は鎮守さん, は長野あたり, は間もなく, は阿波, は隠居, は青木健作氏, は頸動脈, は飮食, は馬毛, は高嶺夫人, は鵜, は鹿児島県, は黒, は黒死館, へ我々, へ腰, へ這入った, もつかまらない, も出来やしねえ, も挙げる, より他, をかたづけ, をこ, をさえ, をだ, をで, をば, をば切りつめぬ, をまた, をもう少し, をもと, をも差し押さえる, をも言い解くべき, をカンタベリー, をマキ, をヨーク, を三途河, を三階, を今日, を以て代表, を写生, を分けた, を切り, を取つ, を取り, を取ろう, を口, を味わわせ, を執りあげ, を夫婦, を学校, を小, を左, を引っぱ, を得る, を怠っ, を悲しむ, を手折っ, を択ぶべき, を拾っ, を指, を指し, を排し, を採用, を掴みとった, を撮ん, を断念, を春風ふき霞, を枝, を欠い, を止め, を歩む, を残した, を犯し, を疝気持ち, を皮, を相手, を終, を背, を著, を袂, を言え, を訪問, を読ん, を足, を逃がし, を選ばね, を選んだ, を鍵穴, を閻魔さま, を鳥, 前時代

▼ その~ (1476, 0.3%)

182 の日 113 の瞬間 2918 の夜, の年 13 の朝, の部屋 11 には 10 に来る 9 に起こった, の, の方, の晩 8 が, の日曜日, の言葉, の頁 6 の時, の次 5 にはもう, の御代, の日曜, はお, 会った時

4 [14件] である, にはお, にはこの, にはその, にはまた, には私, に起った, の室, の家, の時期, の第, の週, はどう, は紐

3 [16件] にはあの, には私たち, には自分, に会った, に逢った, の一パラグラフ, の仕事, の停車場, の句, の問題, の土曜日, の岩, の時代, の月, は何, は鼻

2 [61件] がいくら, が大学, が笊森, じゃ, だ, です, にはたちまち, には何, には何ん, には又, には口, には路上, には霜柱, に聞いた, のあぶれ, のこと, のやつ, のページ, の二挺, の人, の住僧塔, の像法, の六畳, の冬, の刹那, の土曜, の大, の妹, の実験, の幕, の年私ども, の店, の度, の座敷, の指, の横町, の機会, の男, の稽古日, の者, の行, の馬, の駅, はこの, はその, はテキ, はピアノ, は三十七八, は坊主, は山羊, は巫女, は番頭さん, は百位, は皆, は第, は肉片, は菊次郎, は薄, もだめ, を展げ, を読ん

1 [738件 抜粋] ある事, あ七年, か, からあまり, からの文, からは, からは警戒警報, から出来る, から本当, から風, がお, がかなり, がこの, がちょっと, がまた, がもう, がイチボ, がクリスマス, がシナ, がスエルテ・デ・バンデリヨ, がハドウ, がハドス, がマス, がヤマメ, が三宅さん, が亀戸, が二円七十五銭, が二十四, が二年生, が仏堂, が伊勢海老, が伺ひ, が何とか, が兵糧, が出, が加藤喜介様, が労働者, が十, が十一月二十二日, が南千住, が博士さ, が唐, が喜三郎, が外神田, が大分県, が大尻沼, が天野為之, が娘, が実に, が尚, が岡, が川, が幣原さん, が幻想曲, が想像力, が手紙, が日本, が有閑夫人亜黎子, が此の前, が油断, が浅草付近, が海軍, が片山内閣, が犬, が玄米, が現在大阪, が田楽, が留め, が登, が私, が私小説, が穂高, が第, が翌年千八百八十五年三月, が肥料, が草津, が菓子屋, が蜜柑, が誰, が豊島与志雄, が赤茄子, が足芸, が通り, が金, が音楽, が鳴り物づくし, その次, だった, でこの, では既に既に, といたしまし, とお, と六畳, と考えられる, なり, なる烏賊, にたあい, につぶやいた, にはあなた, にはいっ, にはいろいろ, にはおそろしく, にはきらきら, にはぐるぐる, にはこういう, にはこれ, にはさらに, にはそれ, にはとくと, にはどういう, にはどこどこ聯隊長何, にはふたたびひっそり, にはほとんど, にはめでたく, にはやがて, にはアンデレ, にはイエス様, にはガラガラグサ, にはシャスタ・スプリング, にはジヤコウ, にはセルギウス, にはダレ, にはフランス古典文學, には一人, には一刻, には一同, には三つ, には三日, には上, には上野介, には中央アジア, には中程, には二つ, には二人, には人, には今時, には会場, には例, には俵屋, には全く, には剣屋, には功, には北東航路, には医者屋敷, には厚い, には君江, には喜, には壁土, には多分, には夜中, には夜半堂, には大井筒屋, には大和, には妙, には安, には小屋, には尺八, には嵐, には帽子屋, には幽霊, には彼, には彼等, には御上, には懐柔策, には拙者, には旅, には晴れやか, には本職, には槌, には槌野君, には横面, には次, には歌舞伎, には正, には母上, には気, には洋学者流, には浅草, には湿っぽい, には焦げ付く, には猿, には玉, には皮肉, には皮膚病, には真珠入り, には眼, には石垣, には石山, には硝子, には科長, には笑つて, には紅矢, には紋也, には羽, には耕地整理, には肛門, には脳天, には船長, には良心, には著者, には薬罐, には見受け, には警官, には越後, には足, には身内, には車体, には軒, には遊女屋, には違つた調子, には酒, には重箱, には鉛, には陸軍, には靴屋, には頭, には食物, には高橋玉蕉, には鰻, にふり向いた, にも同じ, にも行った, に入った, に参った, に呼んだ, に坐っ, に寝ころん, に居並ん, に書くべき, に気がついた, に浮かん, に行き会った, に行く, に走っ, に起こったであろう, に起こったろう, に載っ, に驚いた, のお, のが, のただ, のでも, のところ, のわけ, のガブラシさん, のキイ, のマリヤ, の一九一〇年, の一分, の一割八分, の一室, の一寸, の一髪, の丁, の三原駅, の三番目, の世代, の世界, の中, の中入後, の二十五年間, の二十哩, の五百年, の交番, の人間, の仔, の任地, の作品, の停る, の停留所, の兄, の兄頼業, の八五郎, の写生, の写真, の前, の剣術, の十五銭本, の十六, の十畳, の午後, の右側, の号, の四疊半, の報告, の墓石, の変化, の大きい, の大尽, の大水, の姉, の子, の字, の少し, の山, の巣鴨, の年政府, の幾らか, の建物, の弟, の彼, の御, の意味, の折り返し, の支拂, の文, の文言, の方法, の日一日, の日僕, の日本労働者, の日私, の時土産, の時間, の晩方, の朝九時ごろ, の朝女将, の期間, の札, の条, の板の間, の桃, の樽, の檻, の歌, の段, の段階, の汽艇, の清太郎, の火曜, の炉, の球, の疑い, の白紙, の皇帝クラウディウス, の皿の, の真夜中, の瞬間さ, の瞬間西村, の社会主義的, の稽古, の箱車, の級, の細君, の翁, の習字, の考えかた, の自分, の舟梁, の芸, の蕎麦屋, の薬屋, の訪問者, の詠嘆, の足, の踏切, の遊星, の野外舞踊, の釣り込み, の長い, の長火鉢, の階段, の隙間, の難問題, の電報, の青い, の青森, の音, の頭, の馬上, の駕籠, の高値, の鴨, はあの, はおさつ, はさて, はしお, はすっかり, はちょうど, はどれ, はなん, はに眼, はまた, はもう, はクジマ, はケンネ脂, はスラム, はトリウム, はネパール語, はハート, はビイル, はフランス, はロシア, は一尺上, は三千里, は三次元世界, は三段肉, は下女, は二十二歳, は五右衛門殿, は井の頭, は人間, は今, は仕舞, は他, は何とか, は何ん, は何者, は余, は兎, は八幡, は凶鐘, は判, は勞働, は勾当, は十八日, は千次, は卒業式, は可愛い, は吉沢, は同じく, は味方, は商人, は問題, は四国, は土曜, は夏日咸陽, は大川, は失業者, は奇月宗匠, は妾, は子供, は宇治川, は実業, は彼ら, は御, は成上り, は拙者, は捨次郎, は敵, は文部省, は日, は日本, は未だに, は来年, は殺人, は水大, は火, は火事, は然, は熱意, は物, は物理書, は瓦煎餅, は異, は白昼, は神学部, は私営, は科学性, は立食風, は純, は翌年, は老翁, は肉, は胡楽, は脚気, は腰弁, は自ら, は芸者, は英吉利, は見物, は親もと, は詩人, は誰, は講演, は警視総監, は道教, は長刀, は電気鰻, は頭, は頼朝, は黄葉, へ, へは米国, へ八哥, へ弟, へ来た, へ群, へ親類, も雨, らしいラマ, を久太郎正俊, を付け加え, を話し, を読む, 来た時, 気がついて, 行く時, 行って, 逢った清七

▼ その代り~ (1436, 0.2%)

2117 にこの 11 に彼 10 に何 9 に私 8 にお, に自分 7 にお前, にこれ, にその, にまた 5 になる, に今度, に僕 4 に夜, に頭

3 [14件] この男, その方, でもあるまい, というわけ, にある, にわし, にわたし, に人間, に又, に彼等, に白い, に眼, 吝き事, 殺されたの

2 [77件] あの塀, あの浪人者, あんまり早く, いざと, お半, お比奈坊, このお, この三村, この家, この年, この時間, この跡始末, これからが, こんなこと, その六人, その日, その時, だ, としてこの, となるべき, と致しまし, な表, にあなた, にいま, におれ, にご, にそこ, にどこ, にはまた, には今, にみすみす, にゃあ, によく, に一方, に一本, に万一, に乳母, に二人, に今, に俺, に僕等, に天人, に妙, に娘, に子供, に少し, に彼自身, に思ひ, に我, に新, に月, に杭, に柴刈り, に浴客同士, に疵, に相手, に若い, に薪, に詩, のニセ, は動く, もうこれ, もし曲者, をつとめる, 之, 儲かつたら割前, 同じもの, 堅いの, 少しでも, 少し砂, 常に自信, 恐ろしく深刻, 或る, 押しつけられた事柄, 苦しいです, 重さ, 隣りの

1 [1105件 抜粋] ああ云う, あつしが, あの復員軍人, あの秀でた, あばれて, あらゆる昆虫, ある掬, あんまり俺, いい娘, いかなる償い, いざという, いじくり方, いつのまにか顔じゅうしわ, いつもほど, いまに大した, いろいろの, いろんなこと, うっかり信用, うるさい悩み, うんと働かう, おとなしくする, お世辞, お互ひも一, お勝手口, お吉, お國侍, お好き, お梅殺し, お紋殺し, お辺, お靜, お鳥, がくる, が審議会, ぐったりし, こういう重い, この, このあつし, このねじあげ, このよう, この三つ, この代官, この先, この品々, この女, この婆, この影, この方, この犯人, この窮屈, この蒲団, この近郷三県, この金, こまかい感受性, これからはを, こんなもの, こんな人騷がせ, こんな田舎, ご自分, さぞまア, じゃ, すぐ公判, すこぶる分り, すっかりお話し, すばらしい冒険, ずっと遠方, せめて今宵, そうした夢中遊行, その, その不, その体, その作者, その埋め合せ, その大きな柔らか, その時々, その書き, その無線電信, その粉, その色, その骨, たった一, たッ, だ見付けた者, ちょいちょいわが輩, つい近所, つめたくて, でもある, という意味, ときどき出した, としてこの度野試合, としてこれ以下, としてやはり, として只, として我輩, として旧, として私, として職員室, として裏方, とてもそつ, とても辛い, とも思つて御覧, と云わなく, どうか年内, どうなっ, どの爻, どんなに長い, どんな不, どんな善い, なにか重い, なめし賃, なるほどという, にいい, にいま何, にうまく, におそろしく, にお家様, にかれ, にくすんだ, にこうして, にこっち, にこんど, にこんなに, にすぐ, にすさまじい, にそれ, にたくましい, にたった今, にちょろちょろ, にです, にところどころ, にと夫人, になつて, になるべき, にな明日, にねお嬢さん, にはあなた方, にはおれ, にはこの, にはさあ, にはどう, にはもっと, にはアベコベ, には一つ一つ, には両, には何, には兄上, には大浦先生, には安村省三, には恒川, には悪事, には拙, には昼飯, には本庄鬼六, には気, には祭り, には袈裟, には領土一ヶ国, には頭, にほか, にまだ, にもうもうと, にもっ, にゃさっぱり, にゃ土産, にりん, にキット彼奴, にギー, にコジュウハン, にタッタ今, にトルストイ, にハンカチ, にピアノ, にブルジョア医学, にポー, にレビュー, に一つ御用, に一度, に一杯語学勉強, に一般, に万次郎, に下, に下地, に世界国家, に中学二年生, に之, に乾草, に二つ, に二十八年, に五十人百人力, に人道, に今一つ下女, に介抱, に仕付方, に他日, に伝右殿, に住職, に何とも, に何時, に信仰, に信長, に停車場, に働く, に兄, に八重, に冷, に分量, に別, に利子, に加平君, に化け, に十月, に半, に博士, に受信機, に古人, に句仏氏, に吉五郎, に君, に呼吸, に和尚鉄, に商工農業, に問題外, に四一四号, に四合, に国, に地獄谷, に変, に夕方, に多少, に大事, に大理石, に女房, に妖艶, に媒妁人, に子分ども, に学校, に守戸, に客體, に富子, に将来, に小学, に小野, に少年, に展望窓, に山, に崇文總目, に平素相当, に幾つ, に庄次郎, に度々, に強い, に彼ら, に彼女, に後, に従来賤民, に徳次郎, に必ず, に思ひき, に恐ろしい, に恭一, に情緒, に感覚的, に慰み物, に手, に手帳, に折角, に拙者日本国中, に拾い上げる, に揚がり, に数量, に文学者, に斉彬, に新た, に新聞記者, に日本留学, に早水藤左衛門, に星, に昨日, に時々, に景品, に曹操, に望遠鏡, に机もろ共, に村上質氏, に東北帝大, に東宝売出し, に栗, に楊志, に横槌, に此, に気, に汐水, に江戸, に河野, に洞穴, に海陸風, に淡紅色, に清子, に渦, に激しい, に無邪気, に父, に牛乳, に犬, に独断, に現に, に甚だ, に生者尊重, に當時彼, に白紙, に直義, に眼病, に碁, に秀吉, に私的, に種々, に空中, に範囲, に精神, に約束, に紙, に素人芝居, に義務, に考えた, に考へ出した, に聞かせ, に肴, に艶, に芸術, に苫小牧, に葬式其他死後, に蕪村, に藁, に行っ, に表現, に西洋菓子, に評議, に調子, に貞操, に買つた何物, に資本, に身振り, に軍人, に逆らう, に過程概念, に都合, に野卑, に金具, に鉄兜, に銘々, に長い, に附近, に隣り, に霧, に青い, に鞄, に頼むべき, に飮, に養鶏, に驢馬, に高給, に鳩, に鹽分, に黒く, ね今, の取柄, の女, の生命, の釜足, は犬, ひやかしたり, ふとつた白蛆, ほとんど真っ赤, またあの, またそれ以上, また下手, また危険, また後, また無口, また親, また鴉, もうキッコ, もう十一銭, もう新劇, もしも人生, もし落つ, もつと, やっぱり姉弟, よう働かし, よく人, よく可愛がっ, よく生きます, よほどの, をする, を中年, を早く, イザ蓋, 一層広汎, 一旦こうと, 丁度首, 乗ってる人間, 云わば, 人一倍心配, 何だか妙, 何だか眼, 何となく憂容, 何もかもありのままを, 使い込んだ品, 儲かるぜ, 入って, 全く別, 凡そ窮屈ぢ, 勝てば, 単なる体操, 却ってそれだけ真剣, 又別, 反對的, 同じ儒家, 向ふ, 問い詰められた口惜し, 坐ったと, 多く売る, 大した後任者, 大疵, 好い時, 始終この, 安くて, 寂しくて, 小さい虫, 少しおそく, 少しから, 少し危ない, 少し心, 少し痛い, 少し金, 帰っても, 広い二間, 引替えの, 強い弓, 当らず障らずの, 御医者, 御母さん, 御金, 心細いには, 必ずぶち壊し, 思う存分駒, 恐ろしい辻斬り, 悉皆こっち, 悪く整つて, 手堅い取引, 断って, 新しいの, 旧山道, 早く腐敗, 時々は, 時々姪, 時による, 暑い位, 更に賃金, 末始終芸, 止めますから, 正枝, 死んだと, 気むずかしい点, 汚いこと, 決してた, 治る見込, 泣いて, 満谷国四郎君, 漸く光明皇后, 焼けた大, 熱いの, 現倶楽部員, 生き戻り損, 疲れる事, 痩せ型, 直ぐ電報, 確り顏, 秀でた細眉, 第二, 第五番目, 絶えず神経, 老僧, 自發的, 見やがれお前, 見知らぬ他国, 親猿, 訊きますよ, 諦めの, 踏みつけられても, 返さなきや, 返す時, 遠, 重くるしい疑惑, 長い淡黄, 長く持ちません, 随分もて余された, 面白かつ, 頼むと, 骨折り甲斐

▼ その~ (1412, 0.2%)

14 の顔 1211 のこと 9 の母, の頭 8 のため, をつれ 7 の名, を抱い, を自分 6 の事, の名前, の家, の父親, は私, を連れ 5 の父, の身, は, を, を教育 4 が, が投げつける, その孫, の愚, の母親, の麦稈帽, はどう, はまだ

3 [23件] がまた, が或, が男, である, のそば, のちぢれ, の上, の姿, の子ら, の将来, の手, の親, の運命, はいつも, はその, はまた, はもう, は自分, は非常, は顔, も, をお, をし

2 [81件] がこれ, がそれ, がどんな, が一人, が不憫, が僕, が好き, が幸福, が笑, が邪魔, じゃ, といっしょ, と共に, と同じ, と遊ぶ, に, には何ん, に殘, のうち, のす, のよろこぶ, の代, の前, の口, の命, の士真, の声, の年, の教育, の方, の様子, の権十郎, の洗礼, の目, の相合, の瞳, の絵, の親たち, の部屋, の首すじ, の髪, はいい, はおまえ, はすぐ, はつかつか, はどんな, はぼく, はますます, はやがて, はよろよろ, は云った, は何, は勢, は声, は女, は家, は母親, は誰, もまた, もわあ, も一緒, をいじめる, をぽかぽか, をわし, を乳母車, を大, を孕み, を寺, を愛し, を愛撫, を易, を産む, を私, を置い, を育てる, を見, を見せ, を見た, を見つめ, を託した, 死にたる由

1 [996件 抜粋] あるは, から孫, か又は, か孫, があまりによく, がいま, がお守り, がかの, がきのう, がこんど, がすき, がずっと, がそんな, がたしか, がたつた, がどう, がな, がひどく, がほんとう, がもし, がやたら, がイヒカタスミ, がサダちゃん, がタヂマヒナラキ, がハヌマン, がヤソ会, が不出来, が二人, が今, が仕合せ, が十八歳, が危難, が又そっくり, が召され, が善い, が声, が大きく, が天子, が学校, が官憲, が宣教師たち, が御殿, が恋しく, が悪い, が懐疑, が授業中, が数カ月, が正当, が歸つて來, が死んだ, が泥棒, が満足, が王, が生れ, が疑わしい, が目, が相手, が私, が立派, が終吉さん, が育っ, が腹, が芥川龍之介, が芸者, が證人, が責任, が非常, が鳴らす, さえ息, たるもの, たる大友皇子殺害事件, だけがぼく, だけは命, だってどうせ, だという, ったら水, であるところ, です, ですし, でなければ, で三野国造, といふの, とが喧嘩, とし, としての心痛, としても避け, とだけいちばん, との融け合い, とは友達, とみえ, と一寸, と二人, と会っ, と喋っ, と娘, と孫, と弘教者, と称する, なども混, なり, にいっ, におしおき, にこの, にすっかり, にたとい, についていろいろ, につれられ, になっ, にはあたしたち, には和助, には将来非常, にまでこれ, にみな, にも平生, にも見学, にやった, によく, によつて, により以上夜目, にシルシ, に一円, に乳, に云つて, に仕合せ, に伊東, に会っ, に何度, に全く, に厚薄, に向, に向かい, に告, に呼びかけ, に命じ置きし, に報い, に学問, に完全, に対, に対してはもう, に対して我が, に対する愛, に心, に懺悔, に教, に歌, に殺される, に添え乳, に漢文, に狡猾, に眼, に移す, に綺麗, に聞いた, に肛門, に見物, に触る, に託しえた, に課された, に輝, に酒, に音楽帳, のあたたかく, のいまだ, のおかげ, のおとうさん, のお前, のお母さん, のかわり, のきり, のその, のちぢれた, のつつがなく, ののこした, のほう, のみならず, のアゴスチニョ行長, のコモンズス, のタケヌナカハワケ, のベット, の一番, の三次ひと日, の三郎, の上達, の不幸, の与左衛門頼綱, の中学生, の久我通光, の亀千代, の云う, の亡くなった, の人相, の代わり, の但馬守宗矩, の体, の何, の信澄, の傍, の兄貴, の入獄, の六歳, の出生, の前生, の十二代目守田勘弥, の友達たち, の司馬炎, の味方, の和助, の哀慕, の四郎兵衞, の在所, の大きく, の天皇弘文, の失せし, の始末, の孝吉, の守人, の宝物, の寝床, の対手, の小, の小四郎, の居る, の岩倉, の席画, の建沼河別命, の弟, の後, の得た, の心得違い, の性質, の惡行, の愛すべき, の成り行き, の扶, の指, の数右衛門, の春代, の服, の本, の机, の来た, の某, の正行, の死, の治貞, の注目, の源左衛門, の烏, の爲め, の版画, の猫, の生, の生れる, の病める, の癖, の真, の石川, の祖父, の秀頼, の章帝, の筆, の素行, の結婚, の美しい, の義父, の耳, の背, の背中, の腕前, の良経, の若者, の血, の親父, の誠に, の辮髮, の進, の道綱, の金平, の長い, の長門守知宣, の順吉, の顏, の首, の駈け行く, の鮪, はあまり, はいいました, はいけない, はいつ, はうす, はお, はおばさんおばさん, はお前さん, はかうし, はぐらぐら, はこっち, はしかし, はせ, はそう, はそれ, はだれ, はちゃんと, はちょんきり, はと問, はなんだか, ははじめ, はふい, はほ, はほどなく, はまず, はもどらなく, はやがてそろそろ, はよく, はガオ, はジエィン, はタヂマモリ・タヂマヒタカ・キヨ彦, はボルンホルム製, は一度, は世の中, は九月, は二度と, は今, は今日家内, は似, は何度, は兄, は出し抜け, は劫, は去年, は取立て, は命, は四歳, は夏, は夙く, は大きな大きな, は妙, は学校, は小, は小野田茂夫, は席, は幼, は当年十一, は後に, は必ず, は悲しみ, は我々, は手すり, は持っ, は救われ, は新しい, は最早, は本名, は枝, は水分, は泣く, は浪, は淵, は父, は牛, は狸, は生まれ, は生れた, は町, は病気, は盤, は着物, は私みたい, は空, は罪, は背中, は舅, は英国, は血統, は裸体, は詩篇, は豆腐屋, は近所, は部屋, は長谷, は青ば, は餓え死ん, は鬼ごっこ, は鶯笛, ばかりがし, ば引, への心持, へ問う, まずまずお, までを討ち斬る, もいなか, もその, もはやが, もやがて, も一心, も俺, も同罪, も弁護士試験, も持っ, も来, も義貞, も間, や妹, や甥, よりは大きい, をいたわりはじめた, をおい, をおくれよ, をおぶおう, をおんぶ, をかつぐ, をくう, をけっして, をじいっと, をそっち, をたたき殺さう, をだいじ, をとり巻い, をどうにか, をにらみつけ, をば全く, をへや, をもつ, をも女優, をよろこばせる, をロアール川沿い, を一晩じゅう便所, を乗っける, を人質, を仙蔵, を伴, を何, を侵せし, を俊一, を信じ, を励ます, を反, を叱る, を咎むるか, を啄みし, を囲ん, を坐らせる, を大地, を失い, を妻, を嫉妬, を学校, を守る, を小, を川, を庇う, を引き取った, を心配, を意見, を愛する, を憐む, を懐き, を折檻, を抱きしめた, を抱き上げました, を捉え, を捨てる, を探し, を攫ん, を教えし, を残し, を殺さない, を殺し, を殺す, を決して, を溺愛, を父親, を生け捕る, を生み育て, を生んだ, を監禁, を知っ, を笞うち, を縦さば, を肩車, を育つべきである, を育てない, を芸妓, を苦しめ賜う, を褒め, を見て, を討ちはたし, を許す, を詳記, を負っ, を質子, を追, を連れ帰っ, を邪険, を養い取り, を養子, 尋ね来て, 擧げ, 生まれて, 秘めに, 貴くなる

▼ その~ (1366, 0.2%)

103 の秋 58 の夏 48 の暮 46 の冬 36 の春 27 の十二月 19 の正月, も暮れ 16 になっ, の八月, の十一月 15 の三月, の九月, の五月, の十月 14 の四月 12 の七月, の末 10 の二月 9 の六月 7 が暮れ, になつて, は暮れ 5 の一月, の中, の大晦日, も暮れた 4 になる, のこと, の初め, の終り, は亦

3 [17件] が明ける, にし, の夏休み, の季節, の師走, の干支, の春さき, の春頃, はいつ, はそんな, は冬, は空梅雨, は豊年, もくれ, も終り, をし, 初めての

2 [54件] から翌年, か翌年, が丁度, が明けた, その月, に, になつ, にはそれ, にも達し, に出来た, に彼, に成っ, の, のくれ, のクリスマス, の九月十六日, の五月一日, の六月三日, の初夏, の初秋, の十月十九日, の十月末, の十月頃, の土用, の新, の春ごろ, の春大学, の晩秋, の暮近く, の末頃, の本能寺, の桜, の梅雨, の秋頃, の試驗, の豊凶, の運勢, の都, の酉の市, はちょうど, はついに, はどう, は丁度, は六月, は十月, は満, は秋, ももう, も押しつまった, も明け, も春, も暮れる, も隊務いそ, 始めて

1 [625件 抜粋] かその, から, からでも作れる, からサンタ・マリア・デル・アンティガ, から三年, から二年後, から単一化, から学校, から小学校, から平均結婚年齢, から数えれ, から數, から新た, から昼夜二十四時, から町, から知合った, から納戸奉行, から繁, から花, から隣, かれは, が年号, が明け, が暮れた, が暮れる, が終える, きっと幸運, ぐらいの子供, この村疫病, すでに日本, すなわち三十九歳, すなわち昭和十三年, すらも子供, すら数え, その思い, だけしか使用, だけ全部現地, だと, である, でお, でか, ですこし, でと審, でどうして, でまだ, でもない, で十七年, で気, で浮気沙汰, で達者, とったの, とった盲目, とつた蛇, とは長い, どしの, にあたり二十九歳, にあの, にかぎっ, にたった, になったら, になりおっ, にはストラスブルグ, には彼, には恒例, には挑戦者, には東西, には蝦夷, には配置, にひとり, にもう, によっていろいろ, にわたし, にタムソン, に三条, に中庸小学, に二回, に似合わぬ, に作つた歌, に出版, に初めて, に北海道大学, に大水, に姉, に当たりたる, に当たる, に当っ, に日本, に日本最初, に枯槁, に桑木厳翼先生, に母, に渡来, に災難, に燕麦, に疫病, に私, に第, に義母, に莫大, に華英通語, に行, に行われた, に見る, に言論, に豊姉, に起き, に震災, のおかげ, のかき, のさせる, のはじめ, のはじめて, のサフラン酒, のニウトン祭, の一の酉, の一八四九年, の一月下旬, の一月二十一日, の一月屏風岩, の一月頃, の一般気象条件, の一行, の七, の七月下旬, の七月二十一日, の七月二十日すぎ, の七月八月, の七月十四日, の七月末, の七月興行, の三月二十六日, の三月十七日, の三月末, の三月頃, の中秋節, の主力的, の乏しい, の九月ごろ, の九月下旬, の九月初め日本橋, の九月初旬妾, の九月十五日, の九月十日, の九月廿日, の九月頃, の予算, の二月はじめ, の二月末, の二月武帝, の二百十日, の五月二日, の五月八日, の五月十五日, の五月十六日, の京都, の作, の例外的, の価格, の元日, の入営者, の全国町村長会議, の八せん, の八月下旬, の八月中旬, の八月八日, の八月初め, の六月ペリー, の六月下旬, の六月中旬, の六月二十三日, の六月二十日, の六月六日, の六月末, の六月検事, の冬不慮, の冬風邪, の出来事, の分, の初めあたり, の初冬, の初雪, の前年六月, の創立記念日, の十一月九日, の十二月三十一日, の十二月三十日, の十二月二日, の十二月八日, の十二月十五日, の十二月十日, の十二月大事発覚, の十二月除夜, の十干, の十月すゑ, の十月三日, の十月中旬, の十月二十七日, の十月二十三日, の十月十七日容態, の十月興行, の収穫期, の号, の四分の三, の四月中旬, の四月中江戸, の四月二日, の四月以来江戸市中, の四月十三日, の四月十九日, の四月号, の四月頃, の変った, の夏休暇, の夏六月九日, の夏青島攻略, の多い, の大, の天候いかん, の女, の始め, の子供, の季候, の実測, の宵節句, の寒, の小学校, の小鳥, の年末彼, の年貢, の年間来訪者, の弥生, の当り狂言, の復活祭, の成績, の授業, の改造十月号, の文学評論, の文展, の新郎新婦, の日光例幣使, の日記, の日誌, の春ウィーン, の春ボストン, の春中学, の春休み, の春先, の春卒業, の春小学校, の暑, の暑中休暇, の暖気, の暮頃, の最後, の最高価格, の木の葉, の末ペテルブルグ, の歌舞伎座十一月興行, の正月二十五日, の正月二日, の正月早々, の武蔵野合戦, の歳末, の残った, の残暑, の気候, の水量, の流行, の渋柿, の生活費, の田, の盂蘭盆前, の盆, の盆暮, の盛夏, の祭, の祭り, の祭礼狂言, の秋ごろ, の秋ごろ日本, の秋マニラ, の秋ルードウィッヒ二世臨御, の秋任, の秋八月, の秋出版, の秋友子, の秋私, の秋興行, の秋船, の秋虫, の種蒔, の稲作, の第, の筈, の米, の米穀, の紅葉, の終り頃, の総, の耕作, の自分, の芋, の若い, の菊人形, の虫, の蠶, の覇者, の試験, の豊作, の貴族院, の農作物, の運気, の鎌倉, の長崎, の閏七月, の閏三月, の閏三月七日, の降誕祭, の霜, の霜月, の頃, の順二郎, の顔見世, の風水, の馬市, はお, はから梅雨, はここ五十年間, はこの, はじめてという, はじめて出, はそう, はそれきり, はそれきり顔, はともかく, はどういう, はどこ, ははっきり, はほんとう, はまだ, はまだ全然, はやはり, はウォールデン, は一度, は久しぶり, は九分九厘, は事務繁多, は仕合せ, は何処, は何方, は例年, は催, は入梅, は全国的, は冬至, は冷害, は出水, は初秋, は十何年ぶり, は十月頃, は夏, は夏休みじゅう特別, は大風, は天候, は安政, は実に, は小作料, は平, は年表, は弘治二年, は必ず, は忘れました, は折, は放流鮎僅か, は明治, は春, は是非海水浴, は暮れた, は暮れる, は最近, は月光, は木曾地方, は正篤, は殿さま, は気候不順, は津浪, は燕麦, は特別, は獲, は珍, は男子, は神田明神, は私, は興国六年ごろ, は花, は若, は英国学術振興会長, は茂七, は豊作, は豊饒, は貸家払底, は越せ, は近年希, は遂に, は過ぎた, は雪, は高, ばかりでなく, ひどく流行, まさに漢, までいまだ, までせいぜい, までどこ, までにぼく, まで一人, まで不思議, まで内地, まで学校, まで生, まで知らない, まで純潔, まで諸, もいよいよ, もおしつまつた, もぐっと, もずつと郷里, もそろそろ, もつまり, もまた, もまちがい, もようやく, もクリスマス, も京二, も以前, も六月, も凡そ二十五六人, も十一月, も十二月, も十月, も季節, も幹, も愈, も押しつまっ, も押しつまつた, も押し詰った, も明, も暮, も暮れない, も暮れよう, も暮れ翌年, も暮近く, も最, も本家, も槇, も畠, も秋, も翌年, も若葉, も越え, も過ぎ, も都合, よりが云いました, よりは他家, よりは困っ, よりも地味, よりも小僧, より前, より十一年前, より馬, をおしまい, をとった, を平安, を待つ, を最後, を終り, を考え, を越え, を越えた, を送っ, 久しい分配供与, 作ったという, 初めて東京, 即ち二十七年, 即ち千九百十年, 即ち応仁元年正月十八日, 即ち昭和十九年, 大廟, 大英学術協会, 後宇多院, 特に量, 生る, 第四番目, 若いお, 若い一人, 若い友ジャンナン, 若い婦人, 若い者, 若い詩人, 若な, 転じて

▼ その~ (1361, 0.2%)

24 の示す 16 の如く 15 を知られ, を聞い 14 のごとく 11 を, を得た, を知る 10 をお, を口, を呼ぶ 9 がある, を呼ん, を知っ, を知らぬ 8 を呼び 7 のとおり, の由来, を聞いた, を聞く 6 は, を呼んだ, を知らない 5 にふさわしい, のやう, の示す如く, を覚え, を記憶 4 が残っ, のよう, の示すごとく, の通り, は知っ, を知った, を知られた

3 [20件] が出る, が知られ, が高い, せかい, ぞ, である, に値する, はお, は彼, もその, をかく, をきい, を呪う, を呼びました, を問う, を成した, を書いた, を聞け, を言う, を記した

2 [92件] あり, からし, があり, があります, がなく, が他, が喧伝, が存, が広く, が示す, が私, が起った, が通っ, が遺っ, たかくあまねく, で呼ばれ, で知られ, に, にふさ, にふさわしい広, に憧れ, に親しみ, に配する, の, のご, の一字, の下, の何, の呼び, の如き, の相反, の起こり, はすでに, はまだ, は太田, は忘れた, は異なれ, もまた, も主意, も知らない, も知らぬ, も香木峡, も高い, も高き, をと, をとどめる, をどうして, をひそか, をよく, を九郎判官, を云う, を借用, を冠した, を列ねる, を呼ばれ, を呼ばれる, を呼びたる, を呼びつづけ, を呼べる, を問, を広めました, を忘, を忘れ, を持っ, を教え, を教えられ, を斥さん, を明, を晒された, を書き暮し, を止め, を残す, を留め, を異に, を知らなかった, を紹介, を繰返し, を聞かされ, を聞き, を見た, を見る, を言, を負う, を雨飾山, を高めました, を鯤, 世に, 判官の, 探偵の, 殘りで, 異なりと, 譽ある

1 [827件 抜粋] ありと, あれば, いよいよ中外, から判断, から推し, から考え, があ, があった, がいかに, がいろ, がおかしく, がかなり, がここらあたり, がしめ, がすき, がつい, がつたわった, がはっきり, がみえ, がわずか, が一度, が三郎さん, が世, が似, が余りに, が共通, が出, が古事記伝, が古書, が売れた, が平四郎, が幾度, が怖, が持ち物, が数えられ, が暗示, が最も屡々, が深く, が無く, が知られます, が示し, が聞いた, が聞こえ, が自分, が見えない, が記し, が記念, が轟い, が離れず, が響く, が顕, が高く, ここより, こそ大いに, こそ止めない, さえゆかり, さえ気味, さえ炯眼, さえ知らぬ, さえ言わぬ, さながらの, それから私, たちまち天下, だけが出た, だけは決して, だに伝うるあたわざりしなるべし, であった, です, ですがね, でまア, で呼ばれ通し, で呼ぶ, で称び, で連載, としておった, とともにダンテ, とともに顔, とみえ, と作品, と因み, と姓, と寄付者, と少, と年, と正反対, と顔, なし指, ならむ, において寺社本所領, において弔意, にさ, にしれし, にそぐ, にそむかなかった, にそむかぬ, にちなんだしゃれた, にはなり得ない, には構はず, にひどく, によき, によって一般, によって既に, に伴, に価する, に値い, に呼ん, に呼物許多, に因ん, に対して敏感, に応, に恋々, に比し, に気, に燃える, に甘んずる, に相応わしいも, に納まっ, に背かぬ, に背く, のあつ, のいわれ, のごとくそばだち, のつけ方, のつもり, のとおり大釜, のとおり油, のほう, のみえる, のみは美しく, のみひろ, のみを聞いた, のみ残っ, のみ美しき, のゆえ, の一区, の上, の伝わる, の傷つけられる, の出処, の半, の及んだ, の叢書, の命, の好尚, の如く出家, の岡本屋彦次郎, の岬, の意, の愛称, の感じ, の最も, の様, の権利, の為め, の町, の神, の聞え, の色褪せない, の菊, の見え, の記載, の起きた, の起り, の起原, の輝き, の通り意識, の通る, の遺った, の頭字, の高, の高き, はいちいち, はいみ, はおごり, はきい, はすぐ, はそれ, はたとへ, はない, はながく, はもう, はわからない, はわたし, はエンドレ, はキャンズ・ウー, はチャンドラ・サムシャール, はド, はドミートリイ・イオーヌィチ, はポピュラア, は世間, は中学時代, は二十年, は今, は仏頂寺弥助, は伝えられず, は何, は何と, は何ん, は信州全体, は倉庫, は全部過去, は出ない, は単に, は喧伝, は坊さん, は夙く, は大阪人, は奧樣, は宇兵衛, は家, は市野弥吉, は幼少, は弁信, は御曹子, は忘れ, は想, は房枝, は捨てず, は東京, は東京パレス, は歌, は津田憲治, は消えなかった, は犬, は玉子, は甚だ, は相, は私たち, は符牒, は粂太郎, は苔, は藤原氏, は表面, は見当りませんでした, は記録, は誰, は貴族, は赤驥、盗驪, は遠く, は郁太郎, は関矢一郎, は高く, は鳴り響い, ほど闇太郎, まえを, またかまびすし, までが無遠慮, もいろいろ, もお, もかほ, もきいた, もなき, もなまめかしく, もは, もよく, もエンジェルさん, もペタリズムス, も作品, も同じ, も夕立, も守住月華, も形骸, も書かれず, も潮流, も知らなかつた, も知れぬ, も約め, も薫, も訊かれぬ, も隠れなく, や形, や書いた, をあざける, をいう, をいえ, をいづれ, をうたわれた, をえらぶ, をおぼえ, をかず, をきく, をこの, をこの小さな, をし, をすらも知らない, をすら知らない, をたしか, をつけ, をつける, をとうから, をとつて命名, をとても, をとどめた, をどこ, をぬ, をば何とか, をば忘れ, をひびかし, をほっ, をも海運橋, をやっと, をよびけれ, をアルチュ・ツルグー, をアーネスト, をオソメ風, をガンパウダー, をコックリ, をセルシュン, をセーラブ・ギャムツォ, をチュミク・トンガア・ランチュン, をナム・ツォ・ゴガ, をニーナ, をフォース・ブリッジ, をベーリング, をポンチョ, をマンゴスティーン, をモラガス, をユームー, をルイ・フィリップ・ドルレアン, を三浦須美吉, を不朽, を与え, を世界, を二重, を云っ, を云わない, を云われ, を人々, を付け, を付ける, を以てのみ呼ばれ, を仮り, を伊平, を保さん, を俵藤太, を借り, を冐, を冠, を出し, を刻まれた, を北畠秋安, を厚く, を取っ, を受けとった, を名乗った, を名乗り給え, を告ら, を呼, を呼びかけた, を呼びかわした, を呼びたい, を呼び続けた, を呼べ, を呼棄, を唱え, を商家, を善昌, を喚んだ, を喪失, を嘗つて口, を地蔵尼, を売りひろめた, を売淫, を失ふ, を奴, を嫗, を富士, を尋, を山人, を山姥, を巾着石, を平手造酒, を平蔵, を彼, を徒に, を得たる, を御, を心得, を忌ん, を忘れない, を忘却, を思いうかべました, を思い出す, を思い出せぬ, を思ひついた, を惜しむ, を想, を憚り, を憶え, を成すでしょう, を戦争挑発反対者, を承け継い, を拡め, を推, を敏, を教えられる, を文筆家, を明らか, を昔教, を智, を書き止めた, を有効, を松吉, を梶太郎, を止めず, を残した, を汚す, を沖縄県, を法老, を混乱, を為次郎, を独り擅, を用, を用いられた, を留めず, を留めた, を異様, を知らしめた, を知らず, を知らるる, を知られたる, を知られる, を知る能わず, を私, を科学的批評, を称し, を穢麿, を空し, を粉附地蔵, を繰り返した, を繰返す, を耳, を聞かされました, を聞きて, を聞き慣れ, を聞き覚え, を胸, を芳, を英膳, を著, を表し, を表す, を見出す, を言い中る, を言った, を訊ね, を記念, を許される, を謳はる, を負, を赤, を輝かし, を轟かせ, を轟ろか, を辱めません, を追うた, を逸す, を道徳経, を遺した, を酒, を錐, を録するあり, を阿, を静, を頂戴, を高, を鳴く, を黄河, アいわれた, 不朽に, 乘つて出た, 例律の, 告と, 四方に, 失念したれ, 宰相伊豆守の, 岩島友吉こそは, 幅を, 懇親会である, 戯曲たる, 探偵帆村荘六の, 正しくその, 殘で, 殘に, 殘り, 殘を, 法医学者若林鏡太郎氏は, 海外に, 稱, 稱を, 稱本島に, 笛が, 箏も, 聲が, 聲を, 譽について, 譽よりも, 譽宗教靈魂を, 随筆家である, 顕われざる

▼ その時分~ (1195, 0.2%)

35 のこと 21 はまだ 18 になる 16 にはもう 15 の事 14 の私 11 はもう 10 になっ 9 から私, にはまだ 8 の人 7 には私 6 であった 5 にこの, の彼 4 の方, は何, は私

3 [16件] から, からこの, からもう, から少し, と今, に, になつて, にはもはや, に私, の京都, の人間, の僕, の小, は, は最早, は郷里

2 [58件] からあの, からいろいろ, からお, からまた, から何, から商売, から妙, から母親, から空腹者, から自分, から見る, この銀座界隈, すでにそうした, そんなこと, だった, だと, であつ, にあの, にその, になつ, になれ, にはあの, にはこの, にはなかっ, にはなまめかし, にはよく, には三人, には二人, には彼, には火の手, にやはり, に屏風, のお, のお客, のさま, の人々, の女, の心持, の思い出, の東西, の考, の茂吉, の話, の鎌倉, はあんな, はいわゆる, はそんな, はとても, はよく, はマダ鉄道, は今, は全く, は大, は独身者, は青かっ, もしも酒, やはり俗体, 書いたもの

1 [830件 抜粋] あたら前途, ある友人, いったん後ろ, おいおい乳, お嬢さま, お曾与, お雪, かなり熱心, かの女, からあまり, からおじさん, からおとり, からごみごみ, からしなび, からすぐれ, からそろそろ, からだんだん, からちっとも, からであろう, からとき子, からどことなく, からの国家, からひどく, からやかましかっ, からわし, からエーゴル, からゲーテ, からハイカラ, から乱暴, から人物画, から余り, から信長, から六拾円, から再び, から冷静, から千客万来, から古い, から同志小林, から土地, から大, から大概, から岩, から弟, から彼, から心構え, から成長, から敬服, から日本じゅう, から昼間, から時々, から東, から死ぬ, から気, から潜在的, から爺, から理性, から病人, から目立った, から知っ, から美穂子, から興味, から虚弱, から貧乏, から身辺, から酒, から陰気, から雷, がお, が十年目位, が懐かしく, が盛, きかされて, この, この滝壺, この辺, しきりにし, じゃある, じゃもう, すでにミュンヘン市, すら下女, そのよう, その俳諧, それ程正確, そろそろ結婚期, たしかにあの, だけ僕もち, だっけな, だったら知らないもの, だんだん衰, ちょうど河原, ちょうど西, であったらこの, でありました, でさえ小さく, ですな, でのシヨオ通, では銀座, でもまだ, でも押川春浪氏, でも母, でも脈釣, とすこし, とても下, とはこっち, とは趣, と変っ, と較べ, なし今, ならば, にいろいろ, にお, にくらべる, にそんな, にちょうど, にときどき, にどんなに, になつて眼, には, にはいくら, にはいつも, にはおそらく, にはおれ, にはこんな, にはし, にはせみ, にはそういう, にはその, にはどうしても, にはどんなに, にはほか, にはまだところどころ, にはみんなこ, にはもう安安, にはもと, にはやつ, にはアダム・ナリン氏, にはダンス, にはダージリン, にはチベット, にはフランス, にはフロオベル, にはボオト, には一介, には一般, には上野公園, には中津, には人, には人通り, には他, には何, には先, には先生, には光子さん, には冷淡, には判らなかった, には助, には印税, には土民, には夏, には大分, には天才, には妻, には小さい, には少し, には少ない, には廣介, には必要, には思いの外, には慣れ, には扉, には掃除, には昼間掃除夫, には木彫, には未だ, には本町通, には死ん, には毎年五月, には泥坊, には海岸, には漢文, には父, には片鱗, には現任大蔵大臣, には田舎, には画家, には病身, には盗みためた, には県下, には研究所, には私共, には竜, には素早い, には群集, には胴籃, には衰え, には解らなかった, には誰, には身体, には遊び, には道庵先生, には酒場, には降るだらうつ, には随分, には騎馬, には鯨飮, にひょっこり, にまた, にもう, にも二三千年前, にも殿下さま, にゃ誰か届, にやっ, にようよう, にイギリス政府, にダージリン, にネパール, に一度, に不意, に中, に仏間, に仲間, に作文, に使用, に便所, に僕, に先生, に写された, に勉, に印度洋, に向う, に国元, に多く, に大, に娘, に婀娜, に山野, に御, に念仏講, に揚一, に新, に新しく, に時計, に本, に本品, に来, に橋, に死ん, に消え失せ, に神下し, に私たち, に筆者, に肺炎, に能登守, に親戚, に貴賓, に起った, に造られた, に鎮守, に長官, に階下, に高, の, のあの, のお松, のお話, のかれ, のだらし, のひろ子, のよ, のカフェー, のゴーリキイ, のモダン, の一人, の一枚百円, の三本筋, の不如意, の不安, の丸の内, の久松, の事ゆえ, の二千兩, の人たち, の人達, の作品中, の値段, の先生, の六十円, の出来事, の初志, の勢, の南, の名前, の呼び名, の国民, の大川端, の夫, の夫婦, の女学生, の妙, の委しい, の子供心, の学校友達, の学科, の官立學校, の小学教師, の小説, の島田, の巴里, の年ごろ, の役人, の扮装, の政治, の文壇, の文学的覇心, の文科, の新聞, の日本人, の時代, の朝子, の本, の束髪, の枇杷葉湯, の様子, の橋, の正し, の気持ち, の洋行, の海老, の清子, の物価, の状態, の狭い, の珍, の生活, の生活全幅, の真面目, の研学, の社交人, の禅堂, の竹松, の絵, の老公, の花魁, の若い, の藤木さん, の記憶, の諸, の雉, の領事, はあの, はいくらそう, はお, はお婆さん, はお隣, はこっち, はこの, はさびしいさびしい, はすでに, はそれ, はた, はただ, はちょうど, はどんより, はなんと, はひどい, はみな素焼き, はもちろん, はやはり, はカシム, はジュン, はスオウ, はマダ今, はミルク, は一つ室, は一番ヒマラヤ山, は一緒, は七条, は三十位, は三十前後, は下谷, は世間, は九月, は二十四, は五月, は人物, は仕事場, は佐藤春夫, は何処, は光子さん, は八円, は到っ, は台湾, は向う, は吾家, は四谷塩町付近, は夢現, は大学, は大破, は子供, は学資, は実際, は小僧, は山の根笹, は建てた, は折節, は日, は杉浦さん, は森鴎外, は極めて, は次, は毎夜山手, は毎日, は洋服, は漢学, は火事, は父, は生徒, は男, は瘠, は米屋, は紅葉, は結城ずくめ, は芝居, は若かっ, は荒れ果て, は蕎麦, は親爺, は賑, は起き, は途中, は里村千代, は銀子, は長い, は隅田川沿い, は雨, は電燈, は青梅, は館, は高等学校生, は鴾, ひどいニキビ, ふとした話, またビェリンスキー, まだ, まだモスクワ, まだ川柳, まだ批判精神, まだ東京市中, まだ長谷, までぐずぐず, までは何, までほんとう, までもこの, まで南浜鉄工所, まで庄吉どん, まで私, もうさしもの, もうすでに僕等, もう三十, もう子供, もお, もおとなしく, もさうでした, も今, も冬, も母さん, も濁音, も異様, も肥つて, も評判, やったら夫, やはり四ヶ月, よくこの, よくこんな, よく蒼い, よく訊かれた, より仰せ付け, より弱々しく, らしい, をこの, 即ち本所時代, 同じ幼年学校, 名高い学者, 始終遊び, 当のおこの, 恐しかったり, 既にその後篇, 既に七言絶句, 既に渡来, 最も近く私達, 死にかけて, 流行って, 漸く奉還金, 珍しい言葉, 知って, 締めきった障子, 若く元気, 長い廊下, 頻に, 馴れて

▼ その~ (1186, 0.2%)

48 のお 16 のこと 12 の家 11 の名, の顔 9 というの, のため 7 が, の姿 6 がどう, が何, の父母, はもう, を自分 5 の母親, はお, はどう, は今, は私 4 だ, といふの, の口, の父, の眼, は自分, を見た

3 [15件] が急, が自分, と二人きり, と結婚, の一人, の結婚, の肩, の親, の話, は, はどこ, は何, を妻, を見, を連れ

2 [85件] から手紙, がお, がお前, がどんな, がわたくし, が今, が好き, が昼休み, が死んだ, が無事, が病死, が目, が笹, が養子, である, とあれ, とやらを拷問, と一年近く, と一緒, と口, と相, と私, と話し, に夥しく, に對, に手, に狐, に疑い, に相違, のあと, のお礼, のよう, の上, の事, の体, の出世, の命, の持っ, の正体, の死んだ, の無責任, の瞳, の私, の笑う, の美し, の行方, の覗いた, の親爺, の足, の跡, の面, の頭, はある, はいつ, はいつも, はおまえ, はお前, はすでに, はそれ, はまた, はまるで, は二, は他人, は僕, は幾つ, は引いた, は拙者, は村, は死ん, は死んだ, は母, は父親, は病気, は結婚, は誰, をお, をヌケヌケ, を一目, を乗せ, を愛し, を探し, を清水, を見よう, を見ろ, を貰っ

1 [758件 抜粋] お加奈, お富, お登世, かが墓参り, からいま妻, からの手紙, からやりこめられ, から唱歌, から瓶, から触られる, があなた, がある, がいた, がおやじ, がお供, がかれ, がかわいい, がきみ, がこちら, がしきりに, がしなだれ掛っ, がその, がそれ, がちらちら, がどうか, がどこ, がはじめて, がふい, がまた, がまるで, がもはや, がウガヤフキアエズノミコト, がスペイン, が不幸, が主膳, が二人共, が今年, が他人, が似, が住ん, が再び, が切りまわし, が古市郡, が叫ぶ, が境内, が大きく, が大反, が奉公, が実際, が家, が山久, が岸, が年々, が店, が彼女, が恭しく, が戀, が我々, が戦地, が才三, が文吉, が日華洋行, が昨夜此處, が未だに, が本気, が果たして, が桃, が欄干, が次々, が死せし, が残っ, が殺した, が毎日食後, が気だる, が気に入った, が海老原, が海軍, が父, が生きた, が病気, が確か, が絹川雪子, が線路番人, が美しい, が美しく, が肺炎, が自身, が舞踏病, が舟ば, が芝生, が花若, が落ちた, が蛇, が見つからない, が親孝行, が観音様, が貴女, が身じろぎした, が通る, が遂に, が銘酒屋, が長屋, が顔, が風邪, が齢ごろ, こそこの, ごの, ごを, たちゃ身内同然, たるもの, だけが純良無垢, だけは, だけを船中, だった, だって例外, だな, だ文金, っ児, つまり光代たち, つまり従妹, である細君, であろう父, です余所, でその, ではなく, でカーチャ, で六次三郎, で大した, と, という女, といっしょ, といふは殊, とが共に, とじかに, とするなら, とそれ, とだけになった, とともに無慈悲, とどっち, との二人, との死, との足音, とはごくひっそり, とは上の町, とは前, とは暖, とは木曾福島, とは違っ, とばったり, とを後ろ, とを知っ, と三名, と云い交した, と共にその, と共に來, と出あふ, と出来た, と同級, と外, と契り, と寄り, と後, と来, と深い, と知合い, と称する, と話した, と遠方, にあっ, にあったら, にお気, にこういう, にしきりに, にした, にその, について何, にならう, になろう, にはほか, には無断, にひとつ接吻, にひと言, にも裏切られ, に三萬磅, に中門, に乱暴, に云い寄っ, に云う, に似合, に再会, に出会い, に同年位, に声, に婿がね, に宛てた, に対して, に対してよい, に対し十分の支払, に対し氷, に対する挨拶, に就い, に彼, に従ってミサ, に思い, に投げ, に教え, に會, に求婚, に滑稽, に用, に疑, に聞いた, に薫陶, に見られたく, に言葉, に訊きかえします, に訊き返さう, に訊ねられ, に逃げられた, に適当, に頼まれた, に頼りきってる, に頼んだ, に養, に魔, のいじらしい, のおし, のおなじ, のお母さん, のころ, のどことなく, のどちら, のほし, のむしろヒステリカル, のもの, のもの珍, のよし子, のゐる, のマリー・ルイズ, のリューシー・マネット, の不幸, の世話, の人別, の代, の住ん, の像, の処女, の前向き, の匂い, の十日間, の友達, の名札, の噂, の四十九日, の執心, の如き, の妙め, の嫁入り, の子, の室, の容態, の崔英, の希望, の年ごろ, の幻像, の後, の後ろ, の思ひ, の性格, の恋人, の悲しい, の愛子, の所, の手前, の手紙, の持つ, の指さす, の方, の日曜日ごと, の春女, の来, の椿さん, の死ん, の死亡, の水, の消息, の煙ったい, の照子, の玉世姫, の琴, の生活, の産んだ, の目, の眉, の純粋, の素姓, の結婚披露, の經歴, の聟, の育て, の自慢, の自由選択, の良人, の花, の裾, の言う, の身なり, の身性, の部屋, の重病, の鈴江, の際立った, の顏, の香, の香い, の髪, はあ, はいい, はいかにも, はいま, はお答え, はかどわかされ, はかねがね, はこう, はこたえた, はすぐ, はそこ, はただに, はだんだん, はとりなす, はどっち, はなよなよ, はなん, はね長い, はのび, はまだ, はやがて, はわたし, はオオケストラ, はセレスティーヌ, は一人, は一月四日以前, は一種, は上州屋, は不幸, は不思議, は二十歳, は二階, は今に, は他, は何だか, は何者, は冷たい, は十一時, は十九位, は十六七, は君, は唇, は大股, は女中, は女性, は妊娠, は実母, は家, は寒月, は小さい, は常時, は幸い, は床几, は廿一日, は彼, は急, は拒絶, は支倉, は料理, は日がさ, は有名, は本家, は母性, は気の毒そう, は気持, は池, は漠々, は男の子, は町, は病身, は目, は真人間, は石, は第, は糺, は素早く, は紫, は美, は老婆, は臺所, は若い, は見えませんでした, は言葉, は軽気球, は金色, は間もなく, は障子, は顔, は首, は駕籠, は麻の葉, は鼻, ばかりは思う, へのある, もいつか船, もおれ, もまた, もわりに, も今, も十五歳, も心配, も気位, も男, も町, も自分, も連れ, やその, よ, らしい十八, らしい十六七, らしい小さい, らしい悲し, らしい者, らしい表情, をいくつ, をお前, をかわいそう, をさがし, をそ, をつかまへ, をのぞい, をばどう, をもう一度, をジュネーヴ, をダンスホール, をブラ, を一そう可憐, を不幸, を伊佐子さん, を借り, を僕, を助け, を医者, を受け戻す, を可哀そう, を呼び, を呼び止められました, を売り, を売る, を夢見, を妊娠, を嫁, を嫌い, を屠り, を差し向ける, を帰し, を引っ, を心, を思う, を愛した, を憎まず, を或, を手, を抱きしめる, を探しあてただ, を撲り殺し, を救う, を暗黒, を殺害, を浜村孫兵衛, を痛めつけ, を痛め付け, を知っ, を知る, を結婚, を絞め殺し, を背, を見かけた, を見つけた, を見付ける, を見初め, を見直さず, を親許, を誘拐, を貰う, を貰え, を買う, を賞め, を迎えたい, を途上, を間近, を預かろう, 御が, 御は

▼ その~ (1108, 0.2%)

36 を聞く 33 を聞い 20 に耳 17 のする 16 を聞いた 12 をきい 11 を聞き 10 のなか 9 の中, をきく 8 を聞きつけ 7 がだんだん 6 が私, を耳 5 が聞え, は, は私, も聞える, をたより 4 がする, がまた, で目, のした, の方

3 [24件] があたり, がし, がやむ, が俺, が止んだ, が耳, が聞えた, が聞える, が聞こえ, が遠く, と一緒, に驚い, に驚いた, の主, はだんだん, はワアン, は次第に, も耳, をきいた, をきき, をききつけ, を撮影, を聞きつける, を聴い

2 [64件] が, がきこえる, がした, がちょうど, が今, が低く, が余り, が止む, が消える, が胸, が自分, が近, が近づい, だ, で二人, で捕, といっしょ, にすぎなけれ, につれ, にびっくり, にまじっ, にまた, にハッ, に初めて, に夢, に引かれ, に気づいた, に目, に連れ, の形, の消えた, の聞え, の違い, はいかにも, はしだいに, はただ, はどこ, はまるで, は二町, は今度, は何, は僕, は女, は必ず, は明らか, は林, は次第, は流れ, は自分, は街路樹, は遠い, は雷, は非常, より外, をもっ, を取り, を呼び寄せ, を確かめよう, を聞きつけた, を聴いた, を聴く, を補足, を高め, 甚だ高けれ

1 [663件 抜粋] あたかも大山, いろ, かと吃驚, からし, からふと, から出た, から判断, から逃げよう, があたかも, があまり, があまりに, がいたる, がいつ, がいつかしら, がいろいろ, がかすか, がききたい, がここ, がこっち, がこないだ, がこの小さな, がさすが, がさながら, がしずか, がしばらく, がしました, がし始める, がだ, がつまり, がなかなか, がなん, がはるか山, がはるか沖, がへん, がほか, がぼつ, がまだ, がまったく, がまるで, がやさしい, がようやく, がよく, がカンカン, がガッ, がキンショキショキ, がゴーッ, がトントン, がバッタリ, がリンリンリン, がワワワワ, が一本, が七郷, が上, が下駄, が二人, が人間, が仰山, が何時, が何等, が何者, が偶然便所, が出したくなった, が出なくなっ, が古き, が可笑しい, が地, が夜更け, が夢, が大きく, が実際, が幸子, が強い, が強く, が急, が恰も, が悲しかっ, が或, が昼, が時々, が樂, が次第に, が段々, が消えなかった, が煮えくり返る, が燒けた石, が病人, が監獄じゅう, が秋, が笛, が篠井山, が結構, が聞えなかった, が聞えなくなる, が聞える思ひ, が聞こえる, が聴こえた, が臼, が観客, が近く, が近づく, が送話器, が途絶えた, が連続的, が部屋, が野原, が野面, が開幕, が間もなく, が闇, が雷鳴, が静か, が静まる, が頭, が高まっ, が高まる, が髪の毛, が鳴っ, が鳴りおわる, が鳴り止ん, こそ彼, こそ忘れ, さえ元気, さびし, すらが次郎吉, そしてその, だけがしめやか, だけが耳, だけでも写真, だけを聞かせる, だったの, で, であやうく, であろうと, でおまえ, ですぐ, でたちまち, でちょっと, ではない, でぼんやり, でも奈世, でギヨツ, でハッ, で主人, で伝わっ, で俺, で僕, で冬, で出, で動悸, で大塚さん, で床, で思ひ出した, で気, で漸, で火薬, で眼, で竜, で解る, で鳥, と, というの, といったら, といふもの, とその, とともに, とに交互, とはべつに, と何, と同時に, と石膏, と訓, などは耳, なの, なひよ歡びの, なり声, にあわせ, にいちばん, におとうさん, におどろい, におどろいた, におびやかされた, にききいっ, にききとれ, にさそわれる, にず, にせかれ, にぞっと, については変テコだらけ, について判斷, にはすっかり, には何とも, には日本帝国官憲, には記憶, にぶる, にまぎらし, にもきょう, にもつ, によって殺人, にゾウ, にダブ, に三人, に不審, に主人, に佐代子, に依っ, に促された, に俺たち, に僕, に合わし, に吸い入れられる, に和尚さん, に奥役, に室, に寝, に引き入れられ, に心, に応じ, に怪しい, に怪我処, に愕ろ, に新鮮, に気, に気がついた, に消された, に混, に漁夫たち, に眼, に私, に聞いた, に聞きほれた, に聞き入っ, に聴き, に聴き入る, に聽入り, に脅えた, に誘はれる, に調子, に貞之進, に金五郎, に鈴, に驚き, のいみじ, のうつくしい, のきこえる, のけたたまし, のし, のしずまっ, のため, のつもり, のどこ, のなんと, のひびき, のほう, のよ, の伝つて, の何物, の余波, の写真, の切れる, の区別, の原因, の可愛, の夥し, の奇怪, の姿, の工合, の強弱緩急, の忍び, の性質, の抑揚, の数, の方向, の木魂, の消えない, の消える, の源, の為, の烈し, の痛痛し, の真似, の種類, の表現, の観念, の調子, の身, の速度, の間, の音色, の響, の響き, の高まる, はあちら, はあつぼったい, はあまりに, はあらゆる, はいつも, はお, はおそろしい, はかく, はからだ, はきまる, はこの, はこれ, はさらに, はしずか, はずっと, はたがい, はだんだんだんだん, はちょっと, はなにか, はにぎやか, はひどく, はふ, はほ, はほんの, はまさしく, はまさに, はますます, はまだ, はみんな, はもう, はやみ, はやみました, はやむ, はよい, はわたし, はわびし, はガタンガタン, はドア, はモーン, は一ヵ所, は一同, は三島, は上方, は中途, は二, は人, は今や, は今井, は何処, は何故, は依然として, は俺, は全身, は兵庫開港, は凄まじい, は前, は千曲川, は南向, は声, は外, は外部, は大変力, は威勢, は孤独, は寂しい, は寝間, は小さかっ, は山々, は山ひそか, は弱々しく, は彼, は忽ち, は急かし, は拡大, は控え壁, は旗太郎さん, は春, は柔和, は楽譜, は次第にはっきり, は毎朝, は消え, は犢, は異様, は発し, は確, は粗, は絶える, は網扉, は聞え, は聞えなかった, は聞く, は荘重, は蠅, は西日, は谷, は車匿, は軍艦, は轟々と, は近く, は逃げ, は通り, は通り過ぎ, は通常音, は部屋, は部屋うち, は銀光, は長く, は門外, は間, は響き, は頭, は食堂, は高く荒々しかっ, は高まっ, まことに不気味, まで鮮やか, もさっぱり, もしなかった, もなく, もめつきり春, もハタ, も夜, も床しい, も戸外, も海, も聞い, も聞えなくなる, やショック, や景色, や聞, を, をお, をかき鳴らし, をきいてる, をきかせ, をきかせました, をききつけた, をききました, をきけ, をした, をしばらく, をせず, をとっ, をどんなに, をなお, をなつかしん, をめあて, をもとめる, を一生懸命, を低め, を区別, を取らね, を合図, を呼ばれた, を圧し, を変え, を大阪, を威圧, を彼, を待ち取った, を慕い, を慕っ, を打ち消さう, を捉えた, を数える, を楽しむ, を楽しん, を母, を洩れ聞いた, を消し, を真似よう, を睨み付け, を知る, を立てたなら, を立てつづけ, を競い合った, を縫っ, を聞, を聞いたろう, を聞かせた, を聞かない, を聞きあてた, を聞きつけたらしく, を聞きつけました, を聞きなれた, を聞き付け, を聞き付ける, を聞き送っ, を聞け, を聞取ろう, を聴き, を聴きすまし, を聴ごと, を聽, を表わし, を足, を送っ, を通してその, を陽子, を非常, を頼り, 尚かすか, 恰も太鼓, 恰も木琴, 死に通ずるが, 絶えると, 聞く如く, 謡うが

▼ その部屋~ (1085, 0.2%)

56 の中 20 を出 14 を出た 13 の窓 11 へはいっ 10 のドア 9 から出, の前 7 のなか, の内, の壁, の外 6 にはいる, に入っ, の入口, へ行っ 5 にいる, にはいっ, にはいった, の扉, の隅, へ案内 4 に入った, のまん中, の戸, の片隅, の空気, へはいった, へ入っ, へ入る, を見

3 [20件] から忍び, である, にある, にいた, に寝, のどこ, のまんなか, のもの, の一方, の中央, の方, の有様, の真中, は, は壁, へいった, を借り, を出る, を自分, を見せ

2 [57件] から逃げ出しかける, がどこ, がどんな, が急, だ, だった, でしたし, というの, と並ん, にあった, にた, にとどまっ, にとびこん, にはまだ, には何者, には兩端, に坐っ, に客, に寝る, に敷い, に父, に独り, に通された, のある, の一隅, の主, の借り手, の光景, の内部, の出入口, の周囲, の天井, の左手, の床の間, の格子, の畳, の襖, の電燈, の高い, はこの, はもう, は一方, は小さい, は東, は私, は空っぽ, へいっ, へやって来, へ入った, へ押しかけ, へ這入る, へ通ずる, をほめた, を包囲, を去る, を見上げた, を逃げ出し

1 [651件 抜粋] から, からいらいら, からそっと, からそつ, からで, からにげだし, からぬけだし, からまた, からも一ぴき, から一歩, から一筋, から二つ目, から出され, から出よう, から十筋, から夜中そつ, から天井裏, から廊下, から操縦, から洋装, から洩れ, から無数, から突然, から立ち上がっ, から素迅ッ, から警官, から転び出した, から追出さう, から連れ, から遁, から運びだし, から雨, か次, があった, がある, がこの世, がさ, がすぐ, がそう, がまた, がもう, が借りられなかった, が思った, が日本人, が明い, が男子禁制, が異様, が私, が薄, だけが三階, だけに多少, だけは百燭, でお陀仏様, でお雪ちゃん, でした, でそこ, でどんな, でなに, では上品, では伸子, では太陽, では王たち, でひとり, でぼく, でも処, で一緒, で久振り, で二人枕, で先生, で営々, で妻君, で彼女, で日, で暮し, で曲者, で氷峰, で灯され, で番, で誰, で谷中, で酒, で飯, との調和, とわずか, とマリ, と向かい合っ, と境, と崖, にい, にいつのまにか, にお, におい, におさめる, におる, におれ, にかならず, にかろうじて, にこれ, にしのびこむ, にしみつい, にすわっ, にとぢ, にとどまる, にとびこみました, にどんな, にのぼっ, には, にはいつ, にはいなかった, にはいろいろ, にはお, にはずっと, にはたいして, にはだれ, にははじめ, にはもう, にはりっぱ, にはアルコール, にはランプ, には一つ, には一ぴき, には一方, には二つドア, には何, には入口, には十人, には器械, には土, には壁いっぱい, には夜, には太平, には女房, には寝ない, には小さな, には居られない, には持主, には日, には旧式, には木製, には椅子, には殆ど, には洋服屋, には満ち, には火桶, には炬燵, には燈火, には燻っ, には狩野山楽, には祖母, には窓, には窓掛, には美しい, には舞台, には花, には電気, には電気ストーヴ, には電灯, には鼈四郎, にふさわしい, にふみこん, にほか, にも二十年, にも窓, にやって来ました, にシノブ, に一人, に一同, に三人, に今, に今度, に仔猫, に住む, に保管, に備えつけ, に入りました, に入る, に入るべき, に出来, に卓上電話, に参ります, に夫人, に寝かせ, に寢, に対する反感, に居, に居つい, に居る, に居合わせ, に居残っ, に店, に座ぶとん, に待たされた, に忍ん, に持ちこみ, に早苗さん, に机, に来, に来る, に残し, に残した, に残った, に漲っ, に火鉢, に犯人, に現れた, に盗まれ, に監禁, に神棚, に移った, に約, に続い, に自分以外, に行った, に見る, に詰め, に語り合う, に誰, に踏み入る, に退く, に送りとどけた, に這入っ, に這入る, に連れ, に連れ込んだ, に運びこまれたのですからね, に運ん, に遺, に閉じ, に隼二郎, に集まっ, に飛びこもう, に飾っ, に飾る, のうす青い, のかすか, のこと, のすみ, のぬ, のひろ, のひろい, のほう, のもう, のカギ, のカミン, のドーア, のリノリウム, の一部, の三方, の上, の主人公, の佗, の借手, の傍, の出入り口, の卓上電燈, の卓子, の口, の古風, の名, の向う, の四面, の壁際, の外側, の大, の天井板, の奧, の安否, の容量, の寝台, の常連, の床寄り, の床脇, の廊下, の廣さ, の怪奇, の情景, の戸棚, の数, の机, の条件, の椅子, の様, の様子, の次の間, の片すみ, の特別席, の用箪笥, の番号, の眞ん中, の真ん中, の短波受信機, の空氣, の簡素, の縁側, の腰壁, の薄, の薄暗い, の複雑, の近習共, の遙, の鍵, の長い, の障子, の電氣, の静まりかえった, の面積, の類, はあした, はあと, はある, はいつも, はいま二人きり, はお, はかなり, はからっぽ, はかれ, はきちんと, はすべて, はずっと, はたいへん, はちょうどいっぱい, はちょっとした, はつかわれず, はどれ, はなさけない, はなぜ, はねホテル, はほとんど, はほんとに, はぼくら, はアパート, は一室, は三帖, は中, は二つ, は二三十年前, は他, は何一つ, は入口, は全く, は前, は勿論, は北向き, は十四郎夫婦, は十坪, は十畳, は半分, は厩, は合衆国高等法院, は四方, は土蔵, は大きく, は大谷, は奇妙, は奥行きいっぱい, は女, は客間, は寝台代り, は寝所, は小さな, は広い, は広く, は床, は扇子, は日本座敷, は昔, は暗く, は書斎, は歯車, は殆ど絶え間, は目, は相当, は石牢, は稀, は窓, は章太郎君, は茫, は行燈部屋, は街道, は表, は見る, は赤見沢博士, は長年, は陸, は非常, は頑丈, は風呂場, は飾つけ, ばかりにある, へ, へいきなり, へいく, へかえって, へとおの, へとびこん, へはいったらしい, へはどうして, へはひつ, へも遊び, へゆく, へ上っ, へ上った, へ來, へ入らず, へ入り込ん, へ入れる, へ出這入りしました, へ呼ばれ, へ呼ばれた, へ引返し, へ忍びこむ, へ押籠め, へ明智探偵, へ移した, へ素早く, へ行かない, へ行った, へ行燈, へ見知らぬ, へ近づい, へ送り届け, へ逃げこん, へ這入っ, へ通され, へ通った, へ連れ, へ運ばせ, へ運ばれ, へ雨戸, へ飛び込ん, へ駈けつけた, へ駈け込む, へ駈け込ん, まで歩い, もいつの間にか, もおそろしく, もやはり, もよく, もバタビヤ, らしかった, をあて, をお, をおとづれ, をかけ抜け, をさしのぞく, をで, をとおらない, をとおる, をとびだし, をのぞいた, をのぞき, をふきぬけ, をも見舞う, を中, を中心, を使, を出でませんでした, を出ませんでした, を出られず, を去つた, を取り調べ, を四つン, を当て, を後, を念入り, を急い, を抜け出し, を抜出さず, を振り向く, を掃除, を明るめた, を楽書, を満たし, を特色, を犠牲, を眺めた, を立ちさらせる, を立ち出でた, を立ち出でる, を立っ, を脱, を自然いくつ, を見る, を見廻す, を見張っ, を覗い, を覗込み, を訪れ, を訪れる, を調べ, を調べる, を譲渡, を起つ, を退がっ, を逃げ出す, を通つて, を陰鬱, を静か, を飛びだした, 近くまで

▼ その翌日~ (1067, 0.2%)

79 のこと 22 になっ 21 になる 20 の午後 18 の夕方, の朝 16 もその 14 もまた 10 の晩 9 である 8 の夜 7 も私 6 だったか, の早朝, も同じ 5 だった, の昼, はまた 4 からこの, から私, でした, の事, は, も又, も朝, も翌々日, も翌日

3 [21件] からまた, から三日, から僕, すぐに, だ, であったか, であつ, です, となり, のお, の午過ぎ, の同じ, の土曜日, の夕刻, の昼ごろ, はもう, は手紙, は朝, もそれ, もやはり, も二人

2 [42件] からおれ, からお爺さん, からとんぼ, から妻, から忽ち, から田山白雲, から町中, か翌々日, だか, だったかも, であった, になつて, になります, には毛利, に私, のうち, の八日, の出来事, の午前中, の午後一時, の夕刊, の夕方利根川, の払暁, の新聞, の正午, の深夜, はすでに, はその, は八五郎, は夕方, は座敷, は彼, は日曜, は昨日, は雨, は雪, またひとつ首, また新しい, も彼, も毎日, 即ち二十五日, 早く起き

1 [609件 抜粋] あたかも半, あの大地震, ある山の端, いよいよ大会, おくに, おなじ道, お増, お登和嬢, お絹, お蝶, お銀様, お雪, かえらぬ旅, かねて, かのこと, かの女, から, からお, からかつて, からきん, からこつ, からすぐ, からすこし, からのあの, からのこと, からの南さん, からの妾, からはかわず, からは不思議, からは今日, からは彼, からは散歩ごと, からは東京市内, からは殺到的, からは母, からわたし, からコマ皇子, からシルヴァン・コーン, からセンイチ, からドシドシ肉, からドレゴ, からピン, からフローラ, からペルチヒ風, から一等船客, から一週間, から万葉集, から三四郎, から上演, から与八, から久作, から予算, から今日, から仙妃, から伊織, から例, から公用, から割, から卓一, から叔父, から各, から同じ, から四十八手, から国経, から大変, から妾, から妾宅, から始まつた, から小, から少し, から屹度, から幾分, から庫裡, から弓之助, から彼, から彼女, から恐竜島, から恭一, から悴, から戸野兵衛, から支柱手子, から晴れる, から朝, から本所, から李斯, から桜井先生, から殆, から母親, から毎日, から毎晩毎晩猪, から浅草, から海保帆平, から澄子, から無一文, から無理強, から甲, から町, から発熱, から登校, から磯村, から竜濤寺, から素読, から胎龍, から腰, から良沢, から葉子, から赤ちゃん, から近く, から酒屋, から非常, から風心地, から高い, から黒, がこの, が千鳥, が即ち, が大変, が愈々, が暮れ, が曇天, が謁見, が鑛山祭, こういうこと, この女房, この島, この村, この船, すぐセラ, すぐ原稿, すぐ嫁入り, すぐ訪ね, すぐ車, すなわち一昨日, すなわち七月二十五日, すなわち三日, すなわち二十一日, すなわち十一月一日早暁, すまして, その人ら, その吉報, その時以来家運, その続き, その翌々日, その通り, たしかに当て, だけは本能的, だったので, だつた, だつたので, つまり一月, であったこの間お宮, であったと, でありました, でありましたが, である為, ですが, とうとう恐ろしい, とうとう神保町, とかかっ, となっ, となりました, となれ, とやっ, と二日, と翌, と言わず, などはその, なども夜, なりは私, なん, にお, におこなわれ, にその, になった, になったら, になつ, にはあっ, にはお, にはきっと, にはもう, にはモーニング, には一年昔, には八人, には六人, には初めて, には城外土器野, には山下門内, には庭先, には彼, には彼女, には恥しい, には早速, には本田一家, には矢つぎば, には競馬, にもう, にやって来た, にジュスチーヌ, に品川, に島原半島, に成っ, に旅行, に早く, に東北, に松島さん, に第, に行かね, に養子法改正, のしかも, のひる, のフツカヨイ, の三月一日, の九日, の二十七日, の今朝, の仕事, の六日, の六月三日, の十時半, の午, の午前, の午前三時, の午後二時四十分頃, の午頃, の受信欄, の地方版, の売上金, の夕がた, の夕刊紙, の夕暮, の夕闇, の夕食, の夜カルカッタ, の夜東京, の夜種子, の大, の夫婦, の形勢, の忘れ, の新聞記事, の新聞談話, の早々, の昼すぎ, の昼比不意, の昼過ぎ, の昼過ぎ頃, の昼頃私, の昼頃電報為替, の晝過ぎ, の暁, の暁八つ時, の暮れ方, の暮方, の朝刊, の朝和歌山, の正午ごろ自分たち, の正午頃, の真夜中, の真昼, の真昼時, の私, の競馬, の練習, の行動, の通夜, はあまり, はいよいよ, はお札, はきのう, はすなわち, はそこ, はそれでも, はちょうど, はなお, はなんとも, はにわかに, はまだ, はやっぱり, はアゴスチノ会, はストリップ桜ショウ, はメーデー, は一僕, は三人, は下城, は下駄, は両方, は乗鞍, は事, は二人, は二百十日前, は今度, は何, は何物, は倉田邸内, は其の, は写真屋殺し, は別に, は又, は同業, は四十度, は夜明け前, は大雪, は太田, は寒い, は山陽汽車, は島田, は幸, は幸い, は弥勒, は当地, は心佗, は必ず, は忙しい, は意外, は日曜日, は昼, は暖炉, は東北, は東山見物, は椅子, は残肉料理, は澄子さん, は焼ける, は珍しく, は相, は祇園, は秋, は秋日和, は米原, は素敵, は綺麗, は肉, は肌着, は虚無僧, は西, は赤坂, は足, は身体, は釣台, は門, は電車賃, は非常, は食堂, ひょっこりと, ふと赤ちゃん, また, またし, またも, またキーチュ川, またギャア・カルコ, また一里, また同じ, また大河, また宗春, また山, また東南, また行つて, また隙, まだ朝, まだ疲れ, までかかった, も, もいい, もいちめん, もいつ, もう帰る, もう来なく, もお, もかえらなかった, もかの, もここ, もそこ, もついに, もつれて, もなおのこと社, もやっぱり, もゆうべ, もよっ, もわからず, も一日, も三四郎, も他, も会社, も何時, も俊寛, も修羅, も全く, も出, も出社, も十日すぎ, も午すぎ, も又次, も友達, も呉氏, も国枝判事, も夕ぐれ, も夕方, も妻, も寄せ手, も山里, も巡査, も床, も彼女, も待っ, も待つ, も必ず, も新聞紙, も旅館, も日々, も日一日庄太郎, も日取り, も暴風雨, も来なかつた, も楽しく嬉しく, も檢温器, も泊る, も無難, も熊野街道, も町, も異常, も続いた, も翌, も行つて, も見物, も踏み止まっ, も金色, も雨, も青山, も面倒くさく, も馬, もS子, やはり東, よい都合, ようやくの, よりはいかなる, より倫理学, より怪事, より方様, より早く, より病, より自らさしずし, を初め, を私, 再びやって来, 再び同, 出て, 出掛けて, 半七, 即ち八月六日, 即ち十月十二日, 去定, 同じ時刻, 大きな急坂, 実に意外, 寝ただけ, 小さくな, 帰って, 御ふた方, 必ず一杯, 忘れも, 愈々実行, 我が子, 或ひ, 或る, 打合わせた時間, 改めて出直した, 故米窪満亮氏, 断然ダンニソープ, 新政府, 旅立って, 早くも, 早く今度, 早く出立, 早速出来心, 早速女, 更に北, 来ると, 次第に人, 死んで, 殆ど全, 片眼, 特に快晴, 珍しくも, 病み疲れた枕辺, 直ちに土倉氏, 直にサラット居士, 突然休職, 立つて, 聞いて, 行った時, 見当り次第, 見送を, 解きはなたれたよろこびよりも, 訊ねられるまま, 起きると, 速かに, 進んで, 遊んだ箱根, 高賓如将軍擁立, 高雲寺御殿

▼ その手紙~ (988, 0.2%)

35 の中 16 を見 15 を読ん 14 を持っ 11 を出し 10 を読んだ 9 のなか 8 による, を手 7 の一節, をお, を書いた, を見せ 6 の主, を書く, を見る 5 というの, には, には書い, に書い, の文句, は確か, を見た 4 が私, にある, の終り, はお, は私, を出す, を持つ, を開い

3 [18件] に何, の内容, の宛名, の文字, は, は僕, は彼, をまた, をよん, を取り上げ, を受け取っ, を受取った, を彼, を渡し, を焼いた, を私, を読み, を読む

2 [78件] から眼, が書けない, が来, が残っ, でまた, といふの, についてほんの, にはこう, に几帳面, に書かれ, に期待, に添え, に自分, に返事, のあと, のうち, のこと, のため, の上, の奥, の封, の差出人, の意味, の来る, の調子, の集, はここ, はどう, はまだ, はわたくし, は一々, は下女, は中, は女, は皆, は誰, をお前, をくりかえし, をすぐ, をどう, をどうして, をどこ, をよんだ, をポケット, をポスト, を丸め, を借り, を入れた, を出した, を取っ, を受け取った, を受取っ, を受取り, を妻, を嬉し, を封じ, を彼女, を待つ, を懐中, を披, を持った, を握りしめ, を書い, を書き, を机, を示し, を見せろ, を見つけ, を見つけた, を見付けた, を読みました, を読み終る, を部屋中, を金座, を開け, を隠した, を隱, を鼻

1 [539件 抜粋] からあの, からは病苦, からわかる, から目, がいかに, がいつの間にか, がかかれる, がたしかに, がちゃんと, がどうしても, がどこ, がどの, がどんなに, がぼく, がぼーっと, がまた, がまだ, がよそゆき, がイツデモ国際問題, がトレヴォ, が三津子さん, が今, が何, が來, が倭文子, が全部, が却つて非常, が宇津木兵馬宛, が小, が届いた, が当の, が戒厳令司令部, が手, が指定, が書けねえ, が止めたくなり, が発送, が肝心, が読める, が邪魔, さえ消え, さえ見れ, すらもどうか, だけでほぼ, だけは, だけ持っ, だって自分, だつて, ってのどんな, でかの, ですが, ではもはや, では塩野, でもつ, でも見, でも解った, で中津川, で今度, で初めて, で北海道, で彼, で彼女, で私, で自分, で語っ, といふもの, とで最近, とひき, と一足ちがい, と共に大勢, と切枝, と本文, と紅雀, と行きちがい, などは取り次い, なので, なり電報, に, にあるいい合い, にくわしく, にこんな, にすっかり, にそもそも, について一々, になんと, にはいろ, にはかんた, にはこんな, にはさっき, にはじつに, にはつぎ, にはとかく, にはエドモンド, には一芸者, には一週間, には二枚, には今, には六月二日, には別に, には女, には学術研究, には小林君, には心, には斯, には極力, には甘い, には生憎, には磯野, には自分, には返事, にふう, にも, にもあります, にもその, にも今僕, にも同じ, にも書い, にも決して, によれ, に一一返事, に一番, に今, に唇, に対してどういう, に対する母, に封, に於い, に昨今京阪, に曰く, に火, に生々しく, に目, に相当, に行燈, に見る, のあつ, のあり, のいう, のお, のおせん, のおなじ, のかわり, のこしらえ, のたたみ, のつづき, のひと, のほんとう, のよう, の一つ, の上書き, の両面, の中味, の主意, の二, の何度目, の余白, の來, の備中, の入, の全体, の全文, の切れ, の到着, の前, の取次, の受取人, の口調, の吟味, の外, の封筒, の幾つ, の心, の必要, の手蹟, の文, の文中, の日附, の書きかけ, の朗讀, の末, の来た, の様子, の正確, の用事, の眼目, の筆者, の署名, の處置, の行間, の表, の表記, の裏, の要旨, の要点, の話, の走り書き, の趣, の趣旨, の返事, はあの, はあはれ, はいう, はいかにも, はいつも, はいつ出した, はこっち, はこれ, はすこぶる, はそういう, はその, はその後轉, はぞんざい, はどうか, はどこ, はどちら, はなごやかな愛情, はみな好意, はわたし, はコロンブス, はダージリン, はマリユス, は不相, は与えられた, は今, は他, は何で, は何處, は余り, は倉, は初め, は前日, は半蔵, は大略左, は妙, は少し, は届いた, は幾度, は彼女, は悲痛, は愛情, は手渡し, は拙者, は晩, は普通, は書きだし, は書き出され, は次, は此處, は殘つて, は母親たち, は白痴面, は皆んな, は確自分, は私あて, は紙, は終っ, は船乗り, は若い, は菅, は葉子, は薄ずみ, は裁判所長, は西沢, は貴女, は越前, は送られた, は途中, は長, は青楓氏, へ吐露, へ涎, またほか, もこいさん, もね, もまるで, も未だ, も着いた, も自分, も遂に, も電話, や小包, や葉書, よ, より先, を, をあつし, をあなた, をあなたたち, をあれ, をうけとった, をおとうさん, をお母様, をかいた, をかき出す, をくりかえしよん, をくれた, をここ, をこっそり, をこの, をささげられた, をさしひかえる, をさし向け, をすぐさま, をすっかり, をすつかり書き直し, をずた, をその, をそれぞれ使い, をそろえ, をだらり, をちょっと, をちらりと, をつかんだ, をつや, をともかく, をとりわけ, をとり出しました, をなくさない, をなんど, をにぎった, をば水兵等, をひきさきはじめた, をひぐらし, をひどく, をひろげ, をまるで, をみじん, をみな途中, をみんな, をもっ, をもつ, をもと, をもみくちゃ, をよく, をよみ, をわたし, をわれわれ, をサルペートリエール拘禁所, をジロジロ, をズタ, をフランソア, をブラウン, をプリュタルク婆さん, をヘイ, をマリヤ・スィソエヴナ, を一匹, を三度, を不意, を不馴れ, を丸めた, を丹念, を主人, を事務机, を五六通, を今, を仕分けた, を仕切り箱, を何辺, を使, を使う, を信次郎, を全然, を出さない, を千鶴子, を卷き納め, を取った, を取りあげ, を取りあげた, を取りおとした, を取りだし, を取り出し, を取り出した, を受けとった, を受け取, を受け取り, を受け取る, を受取つた男, を呉れた, を唯一, を奥さん, を姉, を寄越した, を封ずる, を尋ね, を屆, を届ける, を届けるべく, を差上げ, を巻い, を巻きおさめ, を巻き納め, を幾つ, を庭, を引き裂かう, を引っ, を引裂い, を弟, を後に, を忠清, を恒川氏, を感情, を懐, を我々, を投げた, を披げ, を拡げ, を拾, を拾い上げ, を拾え, を拾っ, を拾った, を持つた, を持参, を挟んだ, を捩, を捲き納め, を掌, を掴みとっ, を握, を握っ, を握つ, を握りつぶし, を握り潰し, を携え, を敬二郎, を明智, を普通, を書かれ, を村長さん処, を枝, を楽しみ, を横目, を残さず, を母, を民助, を津田, を渡した, を濡らし, を火桶, を無言, を無造作, を父, を甲斐, を直義, を眺めた, を眼, を破っ, を破ろう, を神田, を突き出した, を竹中氏, を笑い出した, を細君, を繰返し, を繰返し讀ん, を脣, を落とした, を裂きすてた, を褫奪ろう, を見せい, を見せず, を見せた, を見せる, を見なく, を覗き, を解釈, を証拠, を読ませ, を読みはじめ, を読み終えた, を読め, を読もう, を読返, を諸井看護婦, を讀み, を貰っ, を貰った, を貰つて五六日, を贈った, を贈る, を軍衣, を追いかける, を送らない, を速達, を郵便箱, を郵便配達, を重, を門前, を開き, を開きまし, を隠す, を非常, を頼んだ, を額, を黙, 同じよう, 持って, 自體, 見せて, 貰った男

▼ その理由~ (978, 0.2%)

28 を説明 17 の一つ, は 14 とする 9 は私 7 というの, は何, を知る, を私 6 がわからなかった, はわからない, を知っ, を聞く 5 が私, はこの, は後, は簡単, を, を尋ねる, を発見

4 [12件] がある, がわかる, が何, のため, はいろいろ, はこう, はすぐ, は次, は自分, を明らか, を考え, を述べる

3 [18件] がない, が分らなかった, が想像, の一半, はただ, はとくに, は前, は彼ら, は第, は説明, をはつきり, を云わなかった, を尋ねよう, を知つて, を知らない, を聞い, を訊いた, を話す

2 [73件] から釣瓶, が, がどうして, がまた, がよく, がわからない, が分らない, が分る, っての, であった, であつ, である, なの, によって人間, に就, のいかん, の一, はあと, はあまりに, はかうだ, はここ, はその, はそれ, ははっきり, はまず, はまだ, はよく, はよそ, はわからなかった, は上, は不明, は今, は分らない, は分りませんでした, は判然, は別, は如何, は彼, は彼自身, は明らか, は犯人, は知らない, は知らなかった, は言, は語らない, は誰, は雰囲気, は非常, も説明, や原因, をいろいろ, をお, をお話し, をここ, をよく, を一言, を僕, を別に, を反問, を呟い, を問う, を問え, を教え, を書い, を次, を知らず, を知らなかった, を聞いた, を訊ねる, を話した, を語らね, を語る, を述べ

1 [558件 抜粋] あって, あり, ある所以, いかにと, いまだ明らか, からこれ, からで, からであった, からもかわった, からわたし, から仏者, から居留守, から見, があり, がうすうす, がお, がおもしろい, がおよそ, がき, がげせない, がこれ, がだ, がてんで, がどうしても, がどこ, がなけれ, がなん, がはっきり, がまだハッキリ, がよう, がわかった, がわからず, がわからなかつた, がわからなく, がわからぬ, がわかり, がわかりました, がわかりません, がわかれ, が云, が今, が何ん, が僕, が分からぬ, が分つた, が分らず, が分らねえ, が分りました, が判らない, が判る, が判明らん, が判然, が唐突, が少し, が忘れられた, が正当, が武蔵, が理由, が瑠璃光, が知られるであろう, が立派, が納得, が聞い, が自分, が見いだせなかった, が解らない, が解らなかった, が説明, が近ごろ, さえ解せられぬ, その過程, だけからでもわたし, だけでも知りたかった, だけでも突きとめよう, だけを知りたい, だという, でご, でわたし, で責めたくない, で賤, というもの, といふの, としてあげ, としてある, としてこの, としてすぐ, としてたとへば, としては, としてはどうもあまり, としては山, としては彼女, としてアメリカ, としてライン博士, として古墳前期, として尊い, として少し, として帝, として慶長年間, として挙げられる, として擧げ, として男, として確証, として福沢諭吉, として自分, として解釈, として説明, として諸説紛起, として間違った, となる, とは一つ, とは何, とは私, とやらは仰し, と一緒, と共にはつきり, と動機, と原因, と歴史, と申します, と覚しい, なきに, なきもの, なき成りゆき, なく改惡, などを研究, にいわく, についての推断, についてはくどく, についてはなぜ, については何, について何, について想い, にまで遡っ, によってこの, によってまた, によって利潤, によって死ななけれ, によって種々, によって芸術, によつて人間, に基づく, に曰くここ, に気, に至り, に関して十分我々, のうち, のひとつ, の了解, の如何, の或, の是非, の根底, の第, の解らない, の説明, の追求, はあ, はあなた, はあの, はあまり, はいかなる, はいくら, はいたっ, はいつかあなた, はいへなかつた, はいまだに全く, はうなずく, はお, はかうである, はかくかく, はかつて, はかれ, はこうした, はことに, はこれ, はこれこれ, はごく, はさし当り, はすこぶる, はすでに, はそこ, はたいてい, はたしか, はだいたい, はだれ, はという, はと村長, はと随所, はどうしても, はどうも, はなかんずく, はべつにもう, はほか, はぼく, はみっ, はもう, はもし, はもちろん, はもっと, はわし, はわたくし自身, はわれわれ, はアメリカ, はニイチェ, はニーナ, はフレザー, はヤ, はリックマン氏, は一, は一つ, は一寸, は万葉, は丙午, は主として, は事, は事宮廷, は云, は云わなく, は人々, は人口, は以上, は住吉, は何かと, は何より, は何人, は何故, は何時, は俺, は個人, は僕, は先天的性質, は先帝, は兎, は全く, は出所進退, は分らぬだろう, は判らなかつた, は判明, は労働, は十分, は即ち, は原著, は反, は只, は各, は各人, は同じ, は君, は命令, は問はず, は啻に, は国史, は外洋, は夫婦別れ, は婦人作家, は実に, は実隆みずから, は家人, は家慶さま, は審, は岡本氏, は川口氏, は市場, は当, は彼女, は後で, は後日, は得心, は心理学, は成る, は捨てる, は数千里, は新九郎, は日露戦争, は明かでない, は明白, は昨年, は月光, は木崎自身, は未だよく, は本当に, は栞, は根本的, は桂, は正に, は此説話, は死んだ, は氏, は決して, は消費組合内, は無論, は現に, は用紙, は申し上げません, は申す, は疑問, は目下, は直ぐ, は矢張モウパツサン, は知れ, は確か, は神様, は福澤, は私たち, は種々, は簡単明瞭, は考え, は聞き洩らした, は色々, は若き, は菊池寛, は虎船長, は行抜け, は見当, は解らず, は訊い, は許多, は話す, は講義, は遠から, は金属, は鎮守, は長い, ばかりは思い出されない, への明察, までも説明, までをひっくるめ, まで彼女, まで申す, もあっ, もたずねませんでした, もちょっと, もはっきり, もほぼ, ももう, もわかっ, もわからぬ, もわかるであろう, もハッキリ, もパリー, も一言, も大概, も彼, も御存じ, も明白, も時間的, も汲めず, も皆さん, も私, も考え, も追, や動機, らしきもの, をあなた, をいう, をいふ, をいわない, をうかがいましょう, をお話, をきい, をきかう, をきかなかった, をきかれる, をきわめて, をこの, をさとらず, をすっかり, をただ, をただした, をつきとめ, をとくと, をどうしても, をなし, をなじった, をのべ, をはじめて, をむずかしい, をもつ, をわきまえず, をわたし, をクリストフ, を一々, を一つ, を一つ余計, を不問, を了解, を事々しく, を云い開こう, を云う, を云え, を云っ, を今日, を以て菱川, を伺う, を何ん, を何処, を作っ, を作者側, を判事さまがた, を告げ, を問, を国民, を在, を審, を尋ねた, を尋ねたら, を弁明, を彼女, を彼自身, を忘れ, を感づい, を感応, を打明けない, を指摘, を推考, を改, を教示, を新之助, を明示, を是非, を書かう, を書く, を書添え, を最も, を本人, を根, を案出, を正当, を正直, を正確, を段々, を求むべき, を深く, を演, を申されない, を申しましょう, を申し上げます, を男子側, を発表, を發見, を目的物, を知らざる, を知らなけれ, を知りたい, を知りたく, を知るまい, を知悉, を研究, を私たち, を筌, を答, を簡単, を簡單, を考えよう, を考える, を考え廻し, を考へた, を考へなけれ, を聞いたなら, を聞かせ, を聞きます, を聞こう, を苦渋そう, を見つけたら, を見つけよう, を見て取っ, を解こう, を言います, を言う, を言っ, を訊, を訊く, を訊ね, を訊ねず, を訊ねた, を訊ねたい, を詰った, を詰問, を話し始めた, を認め, を語, を語っ, を語るべき, を語ろう, を説かん, を誰, を講述, を議論, を質す, を質せ, を軍人, を載せ, を述べた, を述べたいらしい, を述べろ, を追窮, を除く, を非常, を顧みる, 明かして

▼ その当時~ (974, 0.2%)

26 のこと 11 はまだ 10 にあっ 9 の記憶 8 の私 7 に於, の光景 6 の人, の観客 5 の事, の人々, の自分 4 に於ける, のわたし, の新聞, の日本, の社会, はこれ, はただ, は私 3 にあり, の二人, の彼ら, の状況, の生活, は, はそれ, はもう, は何, を回想

2 [56件] から今日, そんな問題, である, と今, にあ, にあった, にし, に古書, の, のあり, のいわゆる, のお, のさま, のもの, のわたくし, の一村, の事情, の作, の僕, の半, の印象, の取沙汰, の堀端, の夢, の学生, の実社会, の常識, の形見, の彼, の彼女, の情景, の我々, の文化, の日記, の模様, の武士, の源之助, の環境, の翁, の芝居道, の衛戍病院, の記録, の諸, の雑記, の風習, はこの, はすでに, はむかし, はよく, は今, は東京市中, は決して, は相当, は随分, まだほか, を憶

1 [695件 抜粋] あかめが, あたかも鎌倉, あの部屋, あまりに思慮, ある夜私, ある雑誌, いい男, いわゆる公立, いわゆる各国, お元, お神さん, かの保安条例, からある, からかた, からここ, からし, からしだいに, からすれ, からそう, からその, からただ, からの専門家, から一風, から三四十年前, から交され, から修学旅行, から八年後, から婆さん, から将棋, から島川, から既に, から日本, から暗記, から決して, から決め, から知っ, から自動車, から行, から認め, から贔負, から身, から駄夫, かれは, が死すべき, こそそれ, こそ互に, こそ何かと, こそ多少, このけがらわし, この北海道, この流行, この眇目, この磯部, この附近, こんなに思つて, こんな淫蕩, さしたる評判, しばらく別れ, すでに僧門, そういう秘密通信機関, そうしたみだらごと, その春先, その流れ, それほどまでの, そんな自覚, だって穢らわしかっ, ちょうど英米, ちらと, でさえもし, でさえも返せなかった, ですら, ではこの, ではこれ, ではそれ, では大金, では死刑, では自覚, では頗る, でまず, でもすっかり, でもやはり, でも今日, でも他, でも医者, といえ, といくぶん, としてはいかにも, としてはなかなか, としてはまことに当然, としては別, としては劃期的, としては実に, として官立, とは意味, とまったく, と今日, と同じ, と致しまし, どういうおも, どんなに俺たち, どんな風, にあらゆる, においてかかる, においてかく, においてはわたし, においてはギリシア, においては余り, においては堪え得る, においては大, においては殆, においては確か, においては立派, において唱門師, において四十日間, において屈指, において珍しい, において現に, における二百円, における国家, における女義太夫, にくらべる, にこそ余計, にすらわからない, にはあった, にはありあまる, にはこれ, にはそれ以外, にはまだ, には一人, には世界, には博物学者, には却って, には和算家, には既に, には日本人, には確か, にもいささか, にもいろいろ, にも大部屋, にも既に, にニッポン, に五, に今日, に及ん, に在, に存, に存在, に帝国劇場, に当時, に文明, に斎藤松洲さん, に既にたしか, に書いた, に異国人, に立ち戻りたい, に絵葉書, に遡っ, のあそこ, のある, のいかにも, のここら, のその, のぼんやり, のまた, のまま, のわたしたち, のエタ, のコロキウム, のハイカラ, のバーグレーヴ夫人, のポジ, のユーモア, の一間, の三面記事, の不遇政客, の与八, の京城, の京都, の亮, の人民, の人気俳優福助, の似非文化者流, の佐川領, の余, の侮辱, の俳優組合規約, の共有, の典籍, の内容, の写真, の凄惨, の前後, の劇場, の劇界, の医学界, の医薬関係, の単行本, の古い, の同窓, の名高い, の呉八段, の呉青秀, の回想, の国情, の国民的自覚, の地方経済事情, の多数, の大, の大久保, の大小劇場, の大立物伊藤春畝公, の大阪, の太平記, の妻, の姿, の子供たち, の学務課, の実, の実情, の実感, の寄席芸人, の密議, の寿座, の小, の小さい, の少年, の尻尾, の市中取締役, の市民的自由, の幼稚, の座附作者, の延二郎, の弟子師匠, の従軍記者, の徳川幕府, の心情, の思い出, の思想, の悩み, の悲しい恐ろしい, の情勢, の慾望, の戦慄, の所伝, の所謂, の政府, の政府要路, の文壇, の文部次官, の新聞劇評家, の新聞紙, の新聞記事, の旗本, の日本橋文化, の日本画科, の明進軒, の書籍, の最も, の有様, の朝鮮, の朱丹, の村長, の東京日日新聞社長, の森君, の様々, の橋場あたり, の歌舞伎俳優, の歌舞伎座株式会社, の歴史, の残虐, の気層, の気持ち, の江の島参詣, の江戸, の流行, の浴客, の溌剌, の漁船, の澎沛, の煩悶焦慮, の熊本, の物, の物知り, の状態, の玄洋社員, の甲州街道, の病状, の相場, の相当, の知的階級, の社会一般, の社会的内容, の科学的, の秘蔵品, の算学書, の紀綱, の経済情態, の美しい, の群衆, の習慣, の考え, の考え方, の職掌がら, の能楽, の色々, の芝居, の苦し, の苦しみ, の苦痛, の藩閥政府, の衣服, の見聞, の言葉, の言語, の記事, の評議, の話題, の警視庁, の贔屓, の赤ん坊, の酒器, の鈍帳芝居, の銀座界隈, の隠れない, の音楽会, の音韻組織, の頃, の風俗, の風呂屋, の風説, の駒井, の駒込あたり, の高, の鶴, の黒田藩内, はあれ, はあんなに, はいま, はお上, はかなり, はげしく駁撃, はここら, はさしたる, はそこ, はその, はそんな, はたしかに, はちょッ, はどっち, はなかつた, はなる, はなんど, はほしい, はみんな道徳, はむろん, はもちろん, はわが, はインフルエンザ, はシナ兵, はマダム街, は一種, は三百円, は三芝居, は世間, は交通, は他, は作る, は僕, は先年, は全く, は内々, は北海道用, は半四郎, は卒業, は単なる, は古代, は合点, は吉宗将軍以後, は名, は夢中, は大分, は大原, は大理石, は奇麗, は子爵, は学校, は専ら, は小岩, は小田切大使, は廿四, は弁護士, は役者, は彼女, は徹夜, は思わなかった, は恍, は恩給, は文芸物, は新婚, は日, は日本古来, は日本語, は日露間, は最善, は格式, は梵語, は森木, は死屍累々, は殆, は母御, は毎週五, は気が付かなかった, は片っ端, は物価, は犬, は甚眤懇, は田, は知りませんでした, は私立小学校, は素より, は織部, は自分, は色々, は苦労, は象徴派, は逆上せました, は野辺山かいわい, は関西, は阿部, は難路, は頭, は駕人足, は高位貴顕, は黄いろい, ほどに人, まだしらみ, まだ七つ八つ, まだ不便限り, まだ二十三歳位, まだ二十五歳, まだ八歳, まだ幼, まだ幼かっ, まだ東京, まだ欧州戦争, まだ現存, まだ肩揚げ, まだ若かっ, までは仏教, までは村, まで私, まで誰, もう女学校, もまた, もエタ, も今日, も最初, も有名, よく浅井, よく近所, よりはるか, よりもずつと進歩, よりもはるか, よりも多忙, よりも衰え, より既に, を動かした, を思いだし, を思ふ, を想い出し, を聯想, 並びに以後, 主として, 使った象牙, 初めて認識, 即ち馬琴, 売り出したバリモア, 売るに, 大弁護士, 寂びれて, 少しも, 常に行われ, 往々世間, 思って, 或る, 既にトルストイ, 既に妊娠, 既に衰微, 既に辞職, 果して文学賞, 果たしたいと, 植えた松, 現に困窮, 白い入道雲, 直ちに梁, 聴いた声, 言った, 読んだ記憶, 走ること, 飛ぶ鳥

▼ その~ (956, 0.2%)

62 ですぐ 17 で直ぐ 11 で, で彼, の下 7 でお 6 で私 5 の先 4 でここ, で吉原, の裏

3 [15件] でこの, でまた, で二階, で京都, で再び, で半蔵, で東京駅, で浅草, で直ちに, で警察, で近所, の早い, の甲, の運び, をもっ

2 [62件] が地面, でお前, でさっそく, でただちに, でつかつか, でまっすぐ, で一見, で丸善, で丸屋, で二人, で何処, で信吾, で元町, で八丁堀, で八五郎, で六階, で別, で古本屋, で台所, で大, で少し, で平次, で座敷, で引き返し, で更に, で来, で母屋, で熱海, で牡蠣船, で番所, で県庁, で義雄, で薬屋, で蟻田博士, で裏, で裏二階, で酒屋, で阪大病院, で隣, と足, にはお, に接吻, に穿い, に触る, のあと, のところ, のほう, の上下, の力, の早, の爲め, の迅, の間, は人間, は自分, もどこ, をあ, をすぐ, をと, を両手, を伸し, を見た

1 [645件 抜粋] おそくわが, おなじよう, がうごかぬ, がこわれる, がさ, がさらに, がつく, がない, がぬっと, がようやく, がジリリ, がスーッ, が上がった, が以前, が冷たく, が向きまし, が家, が尚更, が床, が折れ, が早い, が消えた, が烟, が痙攣, が白い, が相手, が象, が赤く, さえもない, じゃあ本校, すらも大地, するどく反り, だけに大きな, だけを見, であたしゃ拝領町屋, であった, であに, であわび, でいっしょ, でお仙, でお宮, でかねて, でがんりき, でこ, でさっさと, です, ですぐさま, でその, でそんなに, でたたき起こし, でちょっと, でつづい, でとにかく, でとる, ではと停める, ではまずまず, でひと月余り客遊, でやっ, でやられた, でアパート, でアララギ発行所, でウチ, でカフエー白百合, でカリフさま, でタクシ, でチロヒロ, でドスンドスン, でニューグランド, でパタパタ, でパリ, でパリ銀行, でマダム, でメリー号, でヨーロッパ, でラジオ屋, で三ツ扇屋, で三崎町, で上塩町, で上海あたり, で上田, で上野, で下屋敷, で両, で両国, で中央線, で久方ぶり, で乗竹侯爵, で二三日遊び, で交番, で京, で今一度役場, で今度, で伊之助, で伊東, で会所, で伯父さん, で伺, で佐久間, で便所, で修験者覚明, で備前屋, で僕, で兄ぎみ, で先まわり, で入られ, で入隊, で八幡, で六波羅北殿, で出, で初子, で判官, で別室, で副, で勇敢, で勝重, で化物屋敷, で午後六時, で博士, で又, で吉原通い, で同, で同じ, で向う, で問題, で喬, で団六, で国, で團子坂下, で土地, で土地会社, で地下一階, で坂, で城下, で墓地, で大地, で大岡家, で大巻, で天ヶ丘, で奥州, で女良, で姥, で娼家, で孟懿子, で学校, で室町, で宮島, で寂光院, で富士, で小, で小倉, で小田原町本町一丁目, で小豆, で少年, で尚二, で山の手, で山卯, で山水楼, で岡本, で川上機関大尉私室, で川口, で市政講堂, で幇間, で幸田節三, で庭, で式部小路, で引っ, で引返し, で弟, で彼女, で御, で愛宕権現, で払, で押しかけ, で拾翠菴, で揚がられ, で文藝春秋社, で斎藤孫次郎, で新, で新宿行, で新橋, で新潟, で日光, で昔, で普光尼, で暴風雨, で木戸, で木曾, で木曾街道, で本郷, で杉田二等水兵, で村松, で来た, で東京検事局, で松本, で板橋署, で柏屋, で柿内, で根岸, で梯子段, で楽屋, で横浜, で樹幹, で此處, で歩ける, で歴史地理同人, で比佐, で江州, で江戸, で江戸表, で洲股, で浄瑠璃寺, で浅間, で浮世絵, で海軍省, で淺草, で清洲城, で熊谷町, で熟知, で父, で玄内, で玄関, で生命保険会社員, で田岡政代, で田舎, で町, で界隈, で病室, で白苧村, で目黒, で直ぐ車, で眞, で真名古, で真直, で矢野校長, で砂, で社長室, で神戸, で突破, で立っ, で竜, で第一ホテル, で筑前, で籠手田氏, で組合員, で継母, で緒方, で聖書会社, で自動車, で若者, で荊州, で荷物, で蕎麦屋, で藤間, で裁判所, で裏庭, で裏手, で製図商会, で西本教授, で西田町, で見附, で記者倶楽部, で調査, で警備庁, で警官, で豊三郎, で買い物, で走る, で軌路, で辻ぐる, で迎い, で連絡船乗場, で道場, で遠国, で部屋, で郵便局, で金剛寺, で金港堂, で釜山, で銀座資生堂, で鍵, で長崎, で長崎中, で阿部川町, で附近, で院長, で離亭, で電車, で霊岸島, で頂上, で須磨, で頭目タダオノウカン, で頼まれ, で飯盛, で館, で駅, で駿府, で高巌寺, で高飛, で鯖江, で鶴木検事, で麻布, で鼠, とをいつ, と両わき, と台座, と大地, どうかした, どうなる, に, にかみつい, にからめ, にからん, にがぶり, にくつ, にさわっ, につかまっ, にて直ぐ, にて諏訪町, にて逗子, にとりもち, にはい, にはいてる, にはおどけ者, には何ん, には大きな, には怠惰, には靴, にふまえた, にむすびつけ, にも大きな, にキス, に会釈, に力, に墨, に従い, に感ずべき, に抱きつく, に縋りつい, に繋がれた, に肩, に觸, に逐われ, に鉄棒, に関する謬見, のあたり, のこと, のさき, のつまさき, のはこび, のまま寝床, のむくつけき, のわらじ, のわるい, の上, の主, の人, の前, の夢, の大き, の小さい, の恰好, の持ち主, の指, の捌き, の方, の次第に, の歩く, の汗, の疾, の緒, の美しい, の親指, の趾, の踏ん, の辺, の速い, の運びかた, の重, はいつも, はいとも, はこの, はすぐ, はずつと長め, はだんだん, はちょっと, はなに物, はひどく, はぴったり, はまた, はやし, は何れ, は何時の間にか, は向こう, は塵, は床, は彼女, は暫く, は正確, は温かい, は目指す, は石段, は確か, は色, は血, は行きつ戻りつし, は驅歩, へし, へとたんに, へ腫物, までを少し, もまえ, も矢張り裸出, や車輪, をいましめ, をえぐっ, をお, をおそく, をぐいと, をさらに, をしかと, をそっと, をだした, をつかつか, をとめ, をなで, をのける, をはこべる, をはずし, をはっきり, をひきずらね, をぴたり, をもて, をもらっ, をグッ, をグルグル, を一坊, を一度, を三方, を上下, を不意, を両方一時, を二つ三つた, を以てスパルミエント夫人, を使う, を俄, を停めた, を停めなかつた, を分ち, を刈っ, を前の, を前後, を向けよう, を向けるだらう, を噛まれた, を外, を大地, を引く, を張, を快く, を怪我, を感応寺, を打ち折る, を抜く, を拡げる, を捕え, を推戴式, を掬っ, を撫でさせ, を早める, を止めざる, を江戸, を油, を滑らす, を火箸, を炉, を爐, を猛犬, を留める, を直ぐ, を真紅, を礼, を結び, を自分, を舐った, を血, を見ます, を覗い, を踏みしめ, を蹴あげた, を軸, を軽く, を退くる, を進める, を避けよう, を野山, を鍵穴, を鰭, 反りて, 取を, 腐つて行ぐから

▼ その時代~ (950, 0.2%)

22 の人 21 のこと 14 の人々 10 の生活 9 に於 7 に於ける, の 6 の人間, の空気 5 の事, の風俗 4 とその, のその, のもの, の人たち, の作家, の俳優, の文化, の現実, の精神, の言葉

3 [17件] が今, である, に, にある, にはまだ, に最も, に私, の彼, の性格, の日本, の最も, の習い, の舞台, の芸術, の若い, の要求, の誰

2 [55件] その時代, としては珍, にあっ, において新た, にこの, にその, にだけしか生きられない, にはもう, には一種, には書物, には温泉宿, には理解, にまだ, に彼, に新しい, に生き, に生きる, に発達, に育った, に芸術家志望者, に行なわれた, のあらゆる, のついた, の世相, の人達, の代表者, の婦人, の学者, の常識, の影響, の政治思想, の文壇, の文学, の文明, の最大最高, の枠, の歴史, の法, の演劇, の特色, の環境, の私, の習俗, の習慣, の背景, の記念, の諸, の風習, の鬼熊, は, は今, は士族, やその, よ, を代表

1 [637件 抜粋] おくれの, かあるいは, から一般, から世界, から妙, から数える, から濃厚, から牛込新小川町時代, から皆無, から続出, から辛苦, から野上彌生, から間断, がかった話, がすぎ, がとびつきたいほどなつかしく, がなかなか, が出, が分る, が彼, が日本, が深く, が漲る, が甚だ, が純, が違う, が選んだ, こういう旅人, その年頃, その時分, その社会, だ, だった, であった, であったという, ではどうもそう, ではもっとも, では不遇, では大金, でもこんな, でもその, でも少し, で一時期, とか作者, とが文学勉強, としていかに, としてはそう, としては人情的, としては何分, としては大, としては恐ろしい, としては珍しい, としては相当, としては驚嘆, としても決して, として前代未聞, として滅法界, とについて歴史書以外, とのおも, と人, と人間, と今日, と作者, と全然, と場合, と層, と常に, と民族, なの, なり場所, なり時, にあらざれ, においてこの, においてはそれぞれ, においてはなかなか, においては何, においては議論, においても少し, においてドイツ, において人間, において家, において為し尽され, において相, におけるいろいろ, におけるたしか, における徳川三百年, における硬骨, にかかわりあっ, にくらべる, にこれら, にすてられた, については, にでもどんな, にどうして, になつて, にはあらゆる, にはいい, にはがたくり, にはこんな, にはずば抜けた, にはその, にはそれだけ, にはだれ, にはどこ, にはどちら, にはよく, には一年, には一般世間, には之, には体格, には先生, には各人, には女子, には属し, には彼ら, には教師, には最も, には未だ, には林町, には物珍, には発作, には盆, には相応, には第, には精, には絞, には耽溺, には葉鶏頭, には西域人, には造船所, には頗る, には黒田, にふさ, にもこんな, にもやはり, にも大衆, にも当然, によってようす, によって好み, によって或は, によつて, により職業, にわたくし達, にゐ, にギリシャ, にノルプー・チェリン, にフルダ, に一つ, に中野秀人君, に今, に伝わった, に偉人, に入れ, に出た, に出現, に別に, に危険, に反逆, に古河藩, に向っ, に咏まれ, に墓地, に大きな, に対しての反語, に対する讃美, に屬, に引きもどす, に往々, に復, に復する, に恰も, に成立, に据ゑて, に探り得た, に文学, に於い, に日本, に日本活字, に日蓮聖人, に書いた, に束縛, に極めて, に歌人, に武田, に比べる, に活躍, に特に, に狭い, に生れた, に生れ合せ, に生命, に生存, に畏敬, に発音, に發達, に相当, に竜宮界その他, に米三君, に育てられた, に著しい, に語られた, に買入れました, に通用, に遇いましょう, に遭わなかった, に長大, に関する歴史的聯想, に顔, に高尚, に鷹司家, のいろいろ, のいわゆる, のうけ, のお, のそのもの, のそれら, のとしてもその, のどの, のふん, のまた, のもつとも, のわが国, のわたし, のアイヌ, のアグネス, のイギリス市民, のイタリー, のゲルマン人, のフィレンツェ, のヤングジェネレーション, のライブラリー, のロシア, の一切, の一般, の一般的イデオロギイ, の一葉, の一面, の三百両, の上品, の下, の世界, の世評, の主導的, の人力車, の人心, の人情, の人相書, の人類, の今, の仕事, の他, の伸子, の何處, の作, の作家たち, の信仰, の俤, の偉い, の偉人たち, の偉人ら, の僞善, の優秀, の先進国, の先駆者, の児童, の共通, の典型, の写真師, の出来事, の創造力, の劇場, の勇壮, の動静, の勝れた, の医学, の反抗, の古い, の句, の各, の合言葉, の名, の名匠良工, の名士, の哲学, の商人, の商業劇場, の善意, の図書館通い, の土偶, の地図, の地理学, の城壁, の変つた, の多く, の大人, の大衆, の天下一, の天才, の女性, の女性教育, の姿, の娘, の學問的意識, の家族形態, の左翼労働者, の巴里, の年齢, の幼稚, の建築標準, の当主, の彼等, の御, の心持, の思想, の思想家, の思想感情, の感情, の感覚, の或, の戦闘, の持っ, の探索, の支那, の政治家, の政略, の故実, の教養人, の文学一般, の文学的趨勢, の新しい, の新人, の日記, の時代常識, の暗い, の最高感情, の本所, の様々, の様相, の権威, の横波, の武士気質, の武士社会, の歴史的相貌, の殺生, の比較的, の民衆作家, の気分, の気風, の汎神論的象徴主義, の沼南, の法隆寺, の波, の波瀾推移, の流行思想, の源氏夫婦, の演劇中, の漢族, の濃厚, の熱情, の物, の特殊, の王, の理解, の生々しい, の生んだ, の生存競争, の生活全般, の産物, の男女, の畫家, の病人たち, の百姓心理, の相場, の真, の真剣, の知識, の知識層, の社交界, の社会状態, の社会生活, の社会的事情, の社会等, の空氣, の第一人者, の統一, の罪, の美人, の脚本, の自分, の芸術家達, の芸術的意識, の若々しく, の若書き, の菱田春草, の落語家生活, の藝術界, の衣服, の表現相, の西洋各国, の見解, の言語, の記録者, の詞, の詩, の読者, の調子, の謬見, の趨勢, の軍隊, の輸出陶器, の追憶, の遺物遺蹟, の鉄砲, の銭湯, の雰囲気, の青年, の音, の音韻組織, の風俗人情, の風景, の風流男, の風潮, はこの, はすぎ, はちょうど, はまだ, はもちろん, は一千年以上, は不信, は人知, は何, は八沢, は又, は島村抱月, は当時, は彼, は持たなかった, は普通, は暴戻乱雑, は最も, は生れつき, は真に, は私, は縛り上げる, は過ぎ去つた, への感覚, への抵抗, ほど具合, までのあらゆる, までは彼ら, まで殘つた書, めいたニュアンス, もどれ, もまた, もわかり, も絵, も魔窟, よりもまた, よりも幾層倍, より前, らしく仏教的, らしく芝居, をおい, をさながら, をどの, をまた, を一貫, を偽り描く, を兎, を厭う, を呼吸, を問え, を彩る, を微か, を念頭, を思い出させる, を思う, を感覚, を我, を書く, を生き, を生きた, を生活, を産む, を眼, を知っ, を知らない, を知る, を考えなけれ, を考へなけれ, を背景, を見よう, を見る, を象徴, を通過, を鐵, を風靡, 又は後世, 或地理書, 迄の世の中

▼ そのほう~ (942, 0.2%)

39 がいい 10 へ近づい 9 がかえって 8 へ歩い, を見ました 7 では, のこと 6 がずっと, がよかっ, に気, へかけだし, へ行っ, を見る 5 がよい, がよっぽど, がよほど, の専門家 4 か, がほんとう, がよろしい, は, はどう, はよく, へ目, を見ます

3 [15件] がい, が安全, に向け, に目, の始末, はお, へかけだしました, へかけだそう, へ心, へ眼, をながめました, をながめます, をふりむきました, を見た, を見つめ

2 [65件] があたし, があなた, がありがたかっ, がきみ, がむしろ, がよかろ, が幸福, が得, が御, が手っ取り早い, が早い, が本当, が気楽, が男らしい, が確か, が結構, が聞い, が自分, すぐに, でも, にむけました, にむけます, に向かっ, に手, に近, の事, の勉強, の御用, の心配, の必要, の懸念, の望み, の病気, の研究, はあと, はいい, はここ, はたいした, はなんと, はもう, は何者, へお, へかけ, へすすん, へちかよっ, へとびかかっ, へひきつけられた, へ懐中電灯, へ手, へ振り, へ気, へ行った, へ走っ, へ走り, へ進ん, へ集め, へ駆けよろう, をみつめ, をみる, を呼び招いた, を指さし, を眺める, を見あげました, を見つめます, を見ない

1 [591件 抜粋] から主人, から吹きつけ, から横撃, から進言, かッ, が, があたたかい, があたたかくっ, があの, がいくら, がいけない, がいたした, がいちばん死, がいっそ, がいぶかられ, がいろいろ, がお, がおかしい, がおもしろい, がおもしろかろ, がお前, がかれ, がこの, がご, がしあわせ, がすぐ, がつごう, がとくだもの, がどちら, がどれほど, がどんなに, がにらみ, がはた, がはなはだ, がはるか兄者, がぴったり, がまし, がまた, がまだ, がまだしも, がみんな, がむろん, がよう, がよく, がよろしかろ, がよろしけれ, がよろしゅう, がマトモ, が一段落, が上等, が事, が人, が人間らしく, が仕事, が会った, が似あうらしい, が体, が何れ, が信じ, が俳句, が俺, が利口, が効果的, が十日以内, が危険, が参っ, が吾, が命, が問題, が天下, が好, が好都合, が始末, が嬉しい, が安上り, が実際, が宿料, が寝, が帰りたて, が帰国, が御前, が御所, が心丈夫, が忠義, が快かろ, が怜悧, が成功, が我, が手がけた, が手っとり早い, が手ッとり, が捕捉, が敵, が新聞, が旦那様, が早道, が書く, が望み, が望み薄, が来る, が楽, が此方, が汗, が汽車, が温かく, が湯島横町, が無事, が生れ性, が目あて, が目的, が目立つまい, が目覚ましい, が眼目, が策, が算盤, が簡単, が結局, が肉, が良人, が虚偽, が見られる, が貧窮, が賛成, が賢い, が身, が躯, が車, が軽率, が近い, が近道, が道理, が適切, が酔, が重々しい, が重大, が預かっ, が頼もしく, が高飛車, が魚, こそただ, この娘, ごときは, ごとき生臭, だけに現実, だけははっきり, だけを騒ぎ立て, でなんとか, で心配, で江戸, で赤十字, といっしょ, と彼, どの道, どもか, どもも聞い, ども何用, なくば, なの, ならどう, ならば, なら手, なる由, にあつまった, にいる, にかかりきっ, にかけつけました, にかけてはくせ, にかれ, にさし向けました, にそっと, にその, にだけ心, にとって大事, にとって抱守, になにか, になびい, にのぞきこんだ, にはお, にはなん, には主人すじ, には乱れた, には悪い, には故障, にばかり気, にひかれた, にまかせる, にむかっ, にもわかるだろう, にも会えない, にも異存, にコールタール, に会っ, に住ん, に入りびたり, に出かけ, に動いた, に城代, に外らす, に夢中, に奪われ, に実体, に当てる, に彼, に思いあたる, に感服, に掛る, に残し, に申し残す, に申し聞け, に眼, に素早く, に罪, に船首, に苦心, に見せ, に見せた, に話, に読み聞かせ, に足, に近づい, に通じ, に連絡, に釘, に頼む, に顔, のしわざとめぼしがついたゆえ, のつら, のとくい, のところ, のめんどう, のよう, の下役, の中心, の事件, の交渉, の仕事, の仲間, の伜源蔵, の作戦, の修業, の判例, の前, の助, の収益, の名, の大物, の天狗, の奇策, の女官, の女房たち, の嫌疑, の学校, の御殿, の所番地, の手, の手のうち, の手配, の才, の才分, の掛け金, の教師, の涙, の準備, の父, の片, の版木, の理由, の知識, の終始, の経験, の考証学, の苦労, の行, の行儀, の詮議, の話, の説得, の資格, の軍配ぶり, の運, の達人, の邸宅, の風采, はいったいどう, はいま, はおさまった, はこの, はご, はさらり, はずうっ, はぜんぜん, はてんで, はとうとう, はどうしても, ははじめ, はまったく, はまるで, はむっつり, はやめ, はわからない, はピタリ, は一切後, は一身, は事実, は人, は兄, は全く, は大丈夫, は専門家, は将来, は帰宅, は当分, は当時, は心配, は忍び支度, は成功, は構わず, は残念, は気楽, は生かし, は申, は知らぬであろう, は納得, は結構, は耐えれ, は自分, は自分たち, は見向き, は誰, は諦めなけれ, は辞退, は邸近く, は順列, へ, へあこがれ, へいざっ, へいざりよっ, へいそぐ, へかかりまし, へかがみ込み, へかけつけ, へかけつけました, へかけよっ, へきょろきょろ, へすすみました, へずっと, へその, へそよがせ, へたどっ, へちかづい, へちょっと, へつい, へつきすすみました, へつき進ん, へとうつりかわっ, へと近づきました, へなだれ, へにっこり, へはい, へはいっ, へは足, へひかれた, へひきつけられ, へふり, へふりかえっ, へふりかえる, へふりむけました, へまわっ, へむきなおっ, へむけます, へもしばらく, へも内々, へも出入り, へやっ, へやった, へグングン, へ一同の, へ下っ, へ両, へ両手, へ二百七十八名, へ傾く, へ出向い, へ動い, へ向け, へ向けた, へ吹いた, へ吹きつけられ, へ多く, へ奪われ, へ子供, へ寄っ, へ差しつけ, へ急いだ, へ手紙, へ投げつけました, へ振りかえる, へ振向いた, へ曲がっ, へ歩きかけた, へ歩きだした, へ流れだし, へ皆, へ移し乗せ, へ考え, へ耳, へ自分, へ船, へ行きたくありませんで, へ行きます, へ行進, へ言っ, へ訪ね, へ話, へ走りだしました, へ走り出し, へ足, へ足ば, へ車, へ転がっ, へ近, へ連れだし, へ進んだ, へ頻り, へ顔, へ飛びつい, へ飛来, へ駈け向かっ, へ驅, まさしく乱心, までがおれ, までが思いちがい, もおろそか, もか, もこの, もじゅうぶん, もだんな, も人並, も気, も滝, も男, も知っ, も聞い, をいっしんに, をさがし, をさししめしました, をしりめ, をじっと, をどれ, をながめ, をふり, をふりかえりました, をふりむきます, をふりむく, をみつめました, をむい, をむく, をゆく, をチラリ, を先, を割愛, を加えた, を助ける, を勉強, を却って, を向かず, を呼び, を呼んだ, を器量人, を始末, を差し向け, を引き取りたい, を心配, を指さしました, を指さします, を指し, を放免, を斬らなけれ, を照らしました, を目顔, を知る, を罰する, を考える, を見あげた, を見あげます, を見あげる, を見かえった, を見たら, を見つめた, を見つめました, を見なおしました, を見はっ, を見入っ, を見廻した, を語る, を責任者, を顔, 怖れ, 紛らわしい口, 親娘

▼ その~ (920, 0.2%)

30 の中 17 の底 11 のうち 7 から彼, の奥 6 をもっ 5 の上, の動き, の奥底 4 の内, を深く 3 で岸本, に何, のなか, の奧, もその, を注ぐ, を自分, を養う

2 [49件] いかに愚, が利慾, が深い, が通じた, ぞ読まれたる, である, で自分たち, とその, と心, と肉体, ならば, にある, になっ, には家, にコックリ, に思う, に絶望, に識覚, のまだ, のまま, のキレイさ, の光景, の内部, の力, の安んずる, の平和, の愚, の持ち, の片隅, の状態, の用意, の眼, の過程, は何, は幹, は香気, も, も亦, をさておい, をじっと, をどう, を測りかね, を牽く, を理解, を破壊, を虚静, を詳らか, を食べ, 遣ひの

1 [697件 抜粋] ありしなるべしと, ありそう, あわただしくその, おこりけん事, かえって喜ぶ, からたとい, からの叫び, から光, から出た, から妹娘, から強迫観念, から湧き出る, から私, から絶えず, から袖子, があったら, があぶない, があるいは, がいかにも, がきっと, がこの, がすぐ, がつちかわれないなら, がなけれ, がまぎれ, がよく, がわかったであろう, が今, が以前, が伊勢, が働ら, が出, が君, が和歌, が土台, が寛大, が届きません, が恐し, が愛, が愛す, が昔, が木部, が正しい, が深く, が祈り, が私達, が笑い始めた, が続い, が表情, が見えすく, が解りました, が許さなかった, が読めない, が酌めなかった, が金剛不壊, が間違つて, が餘儀, が魂, こそすでに, こそすなわち, さえたしか, さえ浅から, さえ除い, せんこと, その姿, たちまち動き, だ, だけはいつ, だと, つねに真理, でい, でいた, でお, でじっと, です, でなくても, での冷笑, では私, で外, で嫂, で彼, で挨拶なぞ, で有難く, で翌朝, で観れ, で読まれん, で餘, というは観, との距, と共に確実, と眼, なかりしもの, なき者, などは人間, ならここ, ならん, に, にうけとった, においては決して, におなり, にすこし, にどんな, になったら, になんと, には何, には各々, には深い, には美し, には輝かしい, にひとしく, にほだされ, にみえる, にむかっ, にもぐっ, にもそんな, にもない, によりそった, にわかに料りかねたる, に任す, に任せける, に余程, に信ずる, に初, に動い, に十分の九, に印し, に去来, に同意, に哀, に囁いた, に変わり, に安んずる, に対する先方, に幻覚, に従いそれ以外, に従わん, に思い到る, に思っ, に悪魔, に感知, に懐い, に手, に打たれた, に投ずる, に捉えられ, に於, に映った, に期する, に来た, に歡迎, に残っ, に殖やし, に水, に消し, に激しい, に無限, に熱心, に畫, に病苦, に眞, に突き透した, に立ち帰る, に童子, に綽々, に自然, に起った, に迎え, に適いません, に釘, に響い, に駆られ, に驚き, のあた, のあたたか, のあり, のある, のいかん, のうごき, のうつり, のくら, のごとき, のすべて, のすむ, のずつと奥, のたけ, のだる, のとおり, のほど, のま, のみ真個, のリリシズム, の一番奥底, の乾かぬ, の云う, の位置, の余波, の作用皆内, の傾き, の傾向, の働き, の全幅, の冷, の動因, の動揺, の厳し, の命ずる, の問題, の喜び, の堪へ, の壁, の姿, の存在, の平生, の弾力, の影, の感動, の態度, の慰安, の手綱, の打ち身, の指図, の敬虔さ, の暗い, の構造, の欠陥, の沈潜, の波濤, の流れ, の深き, の渦, の生ずる, の病, の痛手, の相手, の秤, の空虚, の窄, の篤い, の純潔, の純真さ, の腕, の芽, の葛藤, の謎, の起った, の過ち, の邪, の鄙, の闇, の雄弁さ, の領域, の騒, の騒々し, の鬼, の龕, は, はあった, はあり, はいつの間にか, はいつも, はいろいろ, はかり兼ねて, はかり知れないなど, はこれ, はしきりに, はすぐ, はそれ以上, はそれ以来峰, はともかく, はと聞いたら, はと重ね, はどんな, はひとり, はまれ, はもつ, はやはり, は一日, は三友, は倉地, は健全, は傷つい, は冷, は出, は勇敢, は動揺, は募る, は友だち, は古い, は嘉永ごろ, は国旗, は女, は岸本, は巖, は年, は彼, は恋, は我々, は既に, は日, は正直, は武士, は沈み, は深く, は燃え, は痛々しい, は益満, は社会国家, は神経的, は窓, は臆, は自分, は解つて, は貧しく, は躍つた, は鬼, は黄金, ぼそさ, またおのずから, また奇, までも疑う, までも霊, まで達しなかった, もない, もまた, も失われかけ, も彼自身, も愉快, も抑え, も気力, も金, や, やすい名医何, よりし, よりは笑, を, をあと, をある, をうたせる, をお, をかく, をかどはかし, をかどわかし, をくまない, をくめるあり, をこそ信子, をこちら, をこの, をし, をしらず, をたまらなく悲しく, をたより, をつかまへれ, をとむるなれ, をとめ, をのべしるした, をば常に, をば讚め, をひき寄せる, をひく, をひたむき, をふさげる, をほか, をも毎日毎日洗い, をも静まらせ, をやさしい, をやわらげる, をよみがえらせた, をわたし, をわれら, をボシュエ, を両国, を亂さざらん, を他人, を以て世, を以て心, を伝えた, を伝へず, を傷, を傷つけまい, を僕, を共に, を出し, を制, を刺戟, を動かさず, を動かすべき, を収攬, を吸いとられた, を喜ばせる, を喜ん, を大切, を大方, を失っ, を奪っ, を奪われ, を媚びさせ, を安, を実に, を察し, を察した, を尽くす, を尽した, を平静, を形状, を得, を得ね, を御, を忘れず, を思う, を思った, を悉く, を悩殺, を惑乱, を慰む, を慰むる, を慰め, を憎み, を打ち明けた, を払い退けよう, を抑えられる, を持つ, を捉, を捉える, を捨てきらなけれ, を捨て去っ, を据え, を探し出し, を探り, を撃っ, を撓める, を擾さ, を明し, を暗く, を歌おう, を正し, を正視, を汲取, を決しさせ, を流動, を浄め, を深く強く, を濡らす, を無遠慮, を用, を用い, を痛むる, を眺めた, を知っ, を知らざる, を知らし, を知らな, を知り抜い, を知る, を知ろう, を神, を私, を簸い, を籠め, を紛らそう, を統一, を繞, を腐らせる, を良し, を苦しむる, を落ち着かせよう, を葬り, を裏切る, を襲, を見, を見ぬ, を覚った, を計りかねる, を許し得よう, を試みよう, を語つて, を読む, を読んだらしく, を誰, を變, を貫く, を起こす, を迎えん, を通わす, を酌む, を量りかね, を隠さず, を非, を養成, を騒がした, 和げよ, 実に日月, 常に憂いあり, 忙しい程度, 慰まぬ晩年, 懸なれば, 散じて, 易さ, 最も切, 正しければ, 躍らざるを

▼ その~ (914, 0.2%)

23 の一人 1514 の一つ 8 にふと, に彼 7 にお 6 にまた 5 にある, にもう, に僕, に私 4 にはお, に何, に入れ, に又, に女, に或, に日

3 [11件] にどう, にやっと, に一つ, に一人, に下, に夜, に我々, に於, に段々, に母, の幾つ

2 [53件] から下宿料, がわ, でも優れた, と外, にあり, にいつしか, にだんだん, にはこの, にはだ, には御, には罪人, にやあ, に人々, に何とか, に入り, に入る, に向う, に含まれ, に含まれた, に含まれる, に妙子, に小, に御, に懐, に数学, に書く, に汽車, に泰さん, に潜む驚くべき, に発見, に竹, に素戔嗚, に線路, に耳, に船, に追い追い, に遊び, に遠慮, に部屋, に鉄冠子, に鐘, に隠居, に隣, に雲, に電車, に頒, のある, の一人鶴松君, の最も, の特殊, へ入った, をのぞい, 蒙古

1 [646件 抜粋] あの本, ある日, いつもの, かあ, かつて私, からお, からまるで, から一, から一人, から典型的, から出し, から十人衆, から密通, から少し, から後に, から必要, から発展, から真っ黒, から降り立っ, きつと, この二三年, この妹, ごもり, だ, だんだんわかる, だんだん夜, で, でうなだれ, でこう, でこれ, での相当, での範囲, では螺旋型, でも云わ, でも今日, でも大学, でも更に最も, でも柴野, でも母, でも特に, でも私的, でも空也, でも第, でコトッ, でロード・ブローアム, で一番, で一等権謀, で主体, で区別, で唯, で大きな, で孵った, で左側, で常識, で文部省, で最も, で有力, で濃, で特に, で生活, で自分, で自然科学, で苦沙弥君, で都合, としてまず, と形像, どうかなるだろう, なにか書きましょう, なるアダム, なる一切, なる各部, なる罪人, なんとかなる, にあたりは段々, にあの, にあまり人, にあらゆる, にいくつ, にいつか娘, にいよいよ, にいる, にいわく, にかれこれ, にくたぶれ, にさっきミスラ君, にその, にそのおかしな, にそれ, にちよ, にちらちら, にぢ, にては進む, にて高座, にとある, にとうとう, にと思つて, にどういう, にどうにか, にどこからかい, には, にはきつ, にはじめそれ, にはただ, にはだんだん, にはちょっと, にはと手紙, にはどうか, にはもしか, にはスコットランド常識学派, にはポウル, には一人, には世間, には低能, には何とか, には便所, には俳優, には全体, には判るだろう, には勅任, には商売, には如何, には子供たち, には必ず, には必ずしも, には払い戻し, には是非君, には月, には来よう, には段々, には沢山, には田, には目, には自分, には自然, には良縁, には良訳, には菊池技師, には親, には金銀貨, には雨, には雪車哥, には非凡, には馴れ, にひょっこり, にへし折つ, にまず, にみち, にもう一度, にもう疾く, にも三人, にも最も, にも東京博物館, にも秋, にゃ慈母さん, にやつ, にや何とか, にガス, にゴーゴー, にジャン拳, にジヤン拳, にヒヨツ, にビルディング, にポピイ, にモゾリ, にランプ, に一, に一人返事, に一杯, に一箇月あまり, に一行, に三十七, に下女, に世界, に乗合, に九月, に争っ, に事務室, に二人, に二階, に五宗, に仁人君子, に今回, に今度, に仕掛, に伏見, に住み, に何時, に例, に侍従, に俊助, に信子, に偉く, に偉大, に偽善圧制卑陋, に先ず, に入, に入っ, に入りしごとく, に入れる, に八時, に六, に再び, に冬ざれ, に処女, に出し, に出る, に出雲, に分る, に初めて, に利子, に動い, に包容, に午後六時, に半, に単に, に同じく, に君, に含まぬ, に含蓄, に喋る, に囃方, に土人, に土人蜂起, に地, に坐らなけれ, に外国語学校, に多, に夜中乍ら多勢, に大井, に大原さん, に大声, に大学, に天候, に天地, に天朝, に夫人, に女たち, に女中, に女房, に妻君, に始まった, に姫君, に子, に子供, に子守, に学問, に学校, に孫策, に安, に実現, に家族, に寒い, に対岸, に小さき, に居, に屋形, に崇巌院, に崖, に川, に帰れ, に帰朝致久, に年, に床の間, に度島西方四里, に弁公, に弥勒寺橋, に役に立つ, に彼女, に彼是十間, に往来, に御酒機嫌, に徳蔵おじ, に必要, に忘れ去られ, に思案, に恋, に息苦しく, に戸籍, に戻っ, に手綱, に押機, に拷問, に拾い, に提灯, に数馬, に新しい, に旅順, に明神様, に春, に是非, に時々, に時々どうか, に時勢, に時間, に暴風, に更紗, に書い, に朝焼, に木炭, に木襖, に未開国民, に案内, に検閲行為, に横たわる, に次第に, に此方, に死ぬ, に母親, に水, に波立ち, に消え, に漸, に潜在, に火の玉, に炉, に焚火, に無数, に照子, に父, に物, に物見, に猜疑, に猜疑憎悪, に猪首, に甚七, に生まれ, に生活, に田中純, に白い, に白井喬二, に白髪小僧, に皆, に眞實性, に真, に眠む気, に眠る, に眼, に研究者, に祖母, に神父, に禿げるだろう, に突然, に窒息, に窓下, に立つ, に築かれ, に簑村, に糠, に終戦, に結び, に縁日, に翡翠, に膳, に臥さしめ, に自分, に舟, に船長, に良人, に若い, に菊水, に蒸気, に蔵人, に表象, に被害者, に計算, に訪ねよう, に読み込まるる, に誰, に誰か, に謹慎, に譲吉, に豪雨, に貴女, に身, に身体, に身体中, に追, に這入っ, に這入る, に酔, に酔っ, に野村, に金花, に鏡, に長吉, に間違, に阿, に集り, に雌蜘蛛, に雨, に雪, に電車通り, に青年, に面白い, に頭, に飛び上っ, に食料, に飾棚, に馬車, に高城鉄也, に髯将軍, の, のいずれ, のからくり, のただ一種, のたった, のなに, のほんの, の一, の一つ二つ, の一二, の一分子サ, の一句, の一度, の一方, の一枚, の一疋, の一羽, の一軒, の一遍, の七, の三つ, の三通, の主任, の二つ, の二カ条, の二三枚, の五, の五万人, の八百人, の名, の四本, の固有名, の多く, の宝石一つ, の少なから, の少なくも, の幾ら, の形像, の御, の或, の果実, の真, の神, の美しい, の藝術化, は的, ふと伊東, ふと俳句, へかがん, へはいっ, へ卵, へ行つて, へ詰め込まれ, もうどん底, もっとも崇められた, もっとも藩, も十七, も手, やって来ますよ, やって来るに, より何分, より分泌, を一目みたい気, を制す, を喰う, を改めて, を望め, を秘密, を窺い得ぬ, を臨み, 上るつもり, 僅か四五カ月, 全く夜, 前すそ, 去る者, 又, 又ペンさん, 可い処, 同じ車室, 大事件, 尋ねて, 少くも, 広がつて, 御主人, 捜して, 最もよく保存, 最も大きな, 最も激烈, 次第に暗く, 段々時日, 段々暗く, 漸く一つ, 特に桑, 特に注目, 知れやう, 篤と聞き, 聞きに, 行くからねえ, 赤いの

▼ その一人~ (911, 0.2%)

30 であった 29 である 26 だった 2410 だが 98 だと, であるが 6 であつ, です, の方 5 であったが, でした, ですが, の人 4 が私, でありました, で彼, なの, の女

3 [11件] かも知れない, が自分, だったが, だったと, であります, でしたが, でしょう, となっ, に相違, の男, はお

2 [52件] がお, がふと, が他, が伊豆屋, が待ちかね, さ, だったという, だつた, だな, で, であったと, であったの, であること, であると, である事, であろうと, でかれは, でこの, ですよ, でその, では, というの, となる, なり, なりき, なん, に加わっ, に数える, のため, の如き, の子, の子供, の私, の者, の若者, は, はこの, はたしかに, はどうも, は今, は他, は兄, は嘘, は女, は既に, は普通, は死に, は派出所, は病み, は知行所, を失ふ, を指摘

1 [572件 抜粋] か, かと思う, かと新吉, かな, かも知れぬで, かよ, からは夏, があきれ, がいた, がいつ, がいる, がこの, がすぐ, がそう, がたずねました, がつと, がとても, がともかく, がどんな, がなにげなく, がふところ, がほか, がぼく, がまぐれ当り, がもっとも, がアウグストゥス, がツカツカ, がポール・ラツール氏, が一人, が三四郎, が上品, が両国橋, が二階, が云いました, が云い出し, が云った, が云つた, が伯父, が低く, が先, が円髷, が前, が即ち, が取り, が古河君, が君, が変装, が大, が大声, が妄覚, が寂光院, が寺田先生, が崖, が広い, が座, が弾く, が彈, が彼女, が後, が恵まれた, が手, が手数, が押勝, が振り返っ, が教室, が文学者, が枕, が横合, が欠けまする, が此, が母, が気, が清水山, が犯人, が発狂, が目指される, が直接, が眼障り, が短い, が福田蘭童博士, が立つ, が答えた, が紙入, が級友会, が羽衣, が能役者, が腋, が膝, が自動車, が舎房着, が英雄, が荒田老, が血, が言った, が赤羽君, が足, が酒, が重, が頭, が食い, が黒死館中, こそ紛れ, さえ一昨年, ずつに昼夜, ずつの斬り, その一家, ぞと怪しむ, たる妻, だけでも悲劇, だけを描き, だぜ, だぞ, だったし, だったの, だったので, だったわけ, だってね, だってろくろく, だつたの, だつて, だという, だにアークリ, だに走りこよ, だに踏みあふ, だね, だよ, だらう, だらうか, だらうと, だろうと, だ扇屋丹右衞門, つづいて, であ, であったし, であったそう, であったよう, であったらしいと, であって, であられる, であり中野, であり八木千久馬, であるかも, であるという, であるの, であるゴーリキイ, である余, である先生, であろう, であろう事, でしたね, でそこで, でその後零落, でないと, でなかなか, でもいい, でシャツ, で一旦, で世, で二, で今, で今日, で仕合せ, で他, で以前, で先日, で半, で実に, で実は, で対抗療法, で少し, で平素, で或, で手紙, で暴風, で残って, で淇園, で独身, で現在, で破戒僧, で老年, で老齢, で臨時試験, で若い, で表面, で長年パンション, で鞍山店附近, で鳴子屋, としか見えなかった, として, としてあげ得る, としてあの, としてきょう, としての自分, として僧侶, として加わっ, として如何, として実川延若, として富永, として數, として料理, として混, として自分, として諸平自身, となった, となつて引, となり, となろう, とはいう, とは誰, とは貴殿, と一人, と云う, と夫婦約束, と平淡, と御, と母親, と結び, と見ます, と言う, などは嫁, なので, ならお前, ならずやと, なる莫, にた, にちがわん, にで, になった, にならう, にならなけれ, になる, になるなら, にはいる, にもと, にも当り, にパリ, にフランス人クローゼー, に久々, に兄, に入れられやしない, に加えられた, に加えられたらしく, に加える, に加わった, に十両, に向っ, に君, に対して我ら天孫民族, に将棋, に属し, に手紙, に拍子木, に挑まれ, に捉, に数えられる, に數, に新野庄作氏, に日本, に旦那, に早く, に月田まち子, に漏れない, に王子君五郎, に登用, に矢柄喜兵衛, に糸井しだれ, に考え, に訊い, に過ぎない, に選ばれた, に関する些細, のいる, のこども, のす, のほう, のやっ, のウルウオース・ビルディング, のエーディト, のフリ, のフリー, のモデル, の三須氏, の主, の事, の人物, の人間, の作家, の光明寺三郎夫人, の刀, の天, の太った, の奇士, の孤児, の小, の崎田, の年増, の怨敵小次郎, の感じた, の投手, の支那人, の敵, の新吉, の旅客, の洛娥, の潜航艇戦術, の父, の犯人, の甲, の白い, の相手, の真相, の童, の絵, の羽衣, の肩, の胸, の腰刀, の舎弟, の解釈, の豪傑, の青年, の面, の顔, はある, はいった, はいまお話し, はおそらく, はかく, はかの子さん, はきのう, はすぐ, はすでに, はすゞ子, はその, はだしぬけ, はどうして, はどうやら, はどんな, はなにか, はまだ, はまるで, はやっちまった, はやはり, はよく, はカンガルーみたい, はカンザス, はクリストフ, はジェムス・ジョイス, はニコニコ, はメリホヴォ, はラフアエル・デユボアー, はロシヤ, はロシュフォール, はワイシャツ一つ, はワシントン, は一番, は一行, は一途, は上気, は事実彼, は仕事, は以前, は佐脇藤八郎, は佐藤義清, は例, は俺, は児玉法学士, は八幡宮神主, は六郎, は其場, は前日私, は卓, は双生児, は同, は同室, は唐人, は城下, は声, は外, は大, は大きく, は大きな, は夫, は女王, は妹, は姉, は富家, は富岡先生, は寶掘り, は小学校以来, は小西行長, は小西隆佐, は左, は帆村, は年紀, は府外, は彼, は彼女, は御, は応仁, は房子, は手拭, は技術家, は持っ, は教壇, は新井白蛾, は旅僧, は明, は是非, は本来自然, は村, は東京, は柱, は槍, は次郎, は死, は死にました, は死ぬ, は死刑, は毎日面接, は民弥, は泥棒ぢ, は無事, は熱情, は猟師, は現にこう, は生れ, は生命, は盲目, は相生町, は確か, は私, は秋山男爵, は穏健平凡, は絶息, は義雄兄, は耳輪, は色, は袴, は親方, は親鸞, は読ん, は負った, は足, は近国, は追いかけ, は道場, は金伽羅童子, は電光, は静か, は静子夫人, は非常, は頬冠, は頷いた, は顔, は首領, は騎兵捕手, は高山右近, は髪, ばかりでなく, へ冷やかす, へ顔, または二人以上, むすめ, もきょう, もとうとう, もミヤコ, も後, も見, をしか幻, をつかまえ, をどこ, をのぞいた, をま, をもって鋤, を喰う, を守るべき, を家, を延, を得れ, を抱きあげた, を担任, を拾, を斬り伏せ, を梅殿, を欠かしたくない, を求め得た, を濠, を生き返らせよう, を知っ, を突き刺す, を装ってる, を見, を見出す, を見分け得なかつた, を語る, を通称金兵衛さん, 助かった者, 甚だ肥満, 立って

▼ その~ (901, 0.2%)

20 に何 14 にある, にまだ 13 のこと 12 の事 11 には何 10 にもう 97 にこの, の人 6 の人々 5 の何物, の者 4 にはなんにも, にまた, にもあった, のもの, の一切, の時

3 [18件] で, にお, になお, には小さき, にもあり, にもいろいろ, にも色々, に一つ, に二つ, に別に, に又, に私, に考え様, に色々, の口, の場合, の場所, は何処

2 [49件] がわに, が通り, くさ, にいろいろ, にどんな, には, には別に, には文治, には町人側, には誰, にもっと, にもまだ, にも彼, にも時々, にも連, にやはり, に今, に出, に出た, に十, に変った, に多く, に彼, に旗, に石原通り, に誰, に遠い, に重, の, のどんな, の人間, の何, の宝物古文書, の廊下, の弱っ, の方々, の時間, の点, の男, の語, の雑事, は何, は廊下, は机, は皆, へ平次, まだ幾つ, もう, 小さい火事

1 [592件 抜粋] あの海岸, あらゆる慾, あらゆる手段, ありましぇんか, いかにし, いたは, いつも気, いろ, いろいろと, いろんなもの, いろんな人, お調べ, からたけしくん, からと働き, から見れ, がうす明るく, が二十銭, が町, が白目, が虞, この人, この教國, しるすべきこと, ちょっと重い, であつ, では, ではあんなに, ではアダマール, では主任, で庵室, という規定, との知的関係, と云う, どの女, どんなこと, どんな形, ならざりし四年, ならし, ならぬ金公, ならば, にあつ, にあらじ, にあるだろう, にいくら, にいつも, にいろんな, にうす暗い, にかくされ, にくっつけ, にこんな, にすこし, にその, にたくさん, にちょっと, にちょっとした, につば, につぶせない, にどういう, にはあらじ, にはあり得ない, にはいうべき, にはいふ, にはいわゆる, にはこれ, にはご, にはし, にはつぎ, にはない, にはなん, にはのろ, にはイスランド, にはエゾフスマ, には一人, には一度, には一篇, には乳母, には事業成功, には二本, には亜米利加, には今, には何ん, には何一つ, には何事, には何物, には同じく, には外, には大きな, には幾枚, には建物, には御用, には想像, には手段, には才, には折々, には数年前, には春, には毎日通勤, には漆食, には灌木, には牧草風, には物観遊山, には狭い, には狹, には申し上げる, には砂浜, には私, には群集, には考え事, には能, には自分, には自分丈, には自然, には見なけれ, には見当らない, には詰襟, には誤, には諸戸屋敷, には飛び飛び, にひざまずいた, にひろ子, にまう, にまだいろいろ, にまだなんだか, にまだ何とも, にまっ暗, にまで移さね, にめんこ, にもあつ, にもいくら, にもいと, にもいろんな, にもこれ, にもこれら所領, にもし, にもなお, にもまた, にもわれわれ, にもアクロポリス, にもガス, にも人, にも仕, にも何, にも例えば, にも僕, にも入口, にも同, にも困, にも墨, にも外国小説, にも大事, にも子安観音, にも宋, にも宋以來, にも小さい, にも小さな, にも年来, にも廓通い, にも御, にも数, にも数多い, にも日本, にも昨年, にも極, にも気持, にも注文, にも海溝, にも滋幹, にも無限, にも特別, にも特長, にも生理学方面, にも町, にも私, にも約, にも結婚, にも譲吉, にも身体中, にも魯頌, にも鹿, にも鼬, にわずか, にエジプト, にオムレツ, にシッキム, にシナ, にダージリン, にノボロギク, にパン五十瓦牛乳二百瓦ブランデー十瓦, にブータン, にペン, にロオラ, にヴィタミン, に一人, に一族, に一行, に三人, に三花四花, に上, に主催者側, に二, に五人, に人影, に仏桑花, に伯爵振り出し, に何物, に使う, に例えば, に便利, に修養, に元素, に先生, に入った, に入口, に公劉, に出よう, に別, に利根川通, に利根川通い, に前, に厳重, に司法官, に吉ちゃん, に名優団十郎, に和蘭, に器械, に四三酸化鉄, に多い, に大きな, に子供, に学位論文, に宗教, に富永仲基, に小, に小型, に小玉君, に尚, に幹事, に建設決定済み, に彼ら, に待っ, に御膳, に恐るべき, に成美, に手品, に抜け出, に拓殖銀行, に提灯, に数枚, に断髪, に新聞社組織, に方法, に日本, に時々, に書状, に月, に木刀, に東北地方, に東洋, に梅, に構内別館, に死んだ, に殺人, に水口, に求めなく, に注意深い, に海外, に湯本君, に滞, に無人, に煙突, に特に, に犯人, に玄白, に玉子, に班員, に生物, に用, に畠山健先生, に皿, に監守, に眼, に石榴, に祐信, に私的, に科学, に稍, に空中, に窓, に立っ, に竜, に箱根, に紫蘇, に結晶, に考え方, に臓物料理, に自分独り, に色, に苦, に荒木村英, に著しい, に蒟蒻, に蒲鉾, に裏庭, に西洋史, に見えてた, に親類, に解き, に設けられる, に譬喩, に越えざる, に身, に農業物理学, に迎年, に近親今泉, に逃げ道, に運, に運上, に遺伝, に酒, に酒場, に鉄, に関西電車, に障害物, に難儀, に雪子, に非常, に顕, に馬背, に鮨屋, に黄金, に黒幕, のあらゆる, のいろいろ, のお, のかつかつ, のつましい, のひ, のひと, のまだ, のわかち, の一続き, の一般, の世界, の五分, の今日, の仕事, の何事, の何人, の俳句, の公羊傳, の凶歉, の労働者たち, の厭魅, の友人, の同じ, の名, の四五名, の圈内, の場処, の声, の多く, の娯楽, の実験, の寄附, の小学校, の岩, の市井, の庭先, の庭石, の役, の御, の思い出, の思想文化, の戒, の払, の批評, の挨拶, の文字, の日, の星, の晩, の月, の村路, の横縁, の洗吉さん, の浪人者, の物, の産土神, の田代以下, の盛土, の目印, の目的, の砂地, の神霊, の秀才, の答え, の職場, の花, の苦労, の衣類, の見世物, の親類縁者, の言葉, の話, の読み書き算盤, の足跡, の連中, の重臣, の野菜畠, の阮孝緒, の附属, の雜草, の雪, の食料, の鷹, は, はうしろ, はす, はただ, はたとへば, はどの, はなれ, はみな形, はもちろん, は一めん, は一切投, は一週, は不相, は中国一円, は五六軒, は供, は全く, は八字髭, は千駄木, は却, は墨, は壁, は夜分, は子供, は寝台, は小, は手職, は手近, は數, は新平, は暗い, は木蔭, は板塀, は死, は甲板, は皆ふだん, は相応, は竹矢来, は蒼, は野菜畑, は雜木, は露台, は飜訳, への動き, へは出, へ出, へ出さない, へ出た, へ泳い, へ目, へ踏み出す, へ飛出す, へ馳, まだ二, まだ何, まだ数多くあつ, まだ薄, までも脱出, まで行かれる, よく見る, をば申さず, を囲ん, を大円, を察観, を引, を波, を見たる, を通れない, 万一の, 全収入, 坐舗一杯, 大きな太刀, 小さな戦, 引きつぐべきこと, 或は鉄, 或は鐵, 数え切れない程, 特にある, 甘い物, 皆むかし, 真味, 第一段, 色々ありました, 諸國, 随分さまざま

▼ その~ (895, 0.2%)

13 を持っ 9 はどう 6 がない, は 5 の出所, を自分 4 のこと, の中, はどこ, は彼, は私, をどこ, をふところ, を利用, を手, を旅費

3 [16件] がどこ, が無い, で, の始末, の山, の工面, はすぐ, は何, は僅か, をすっかり, をどうして, を受取った, を得る, を費, を資本, を返し

2 [81件] いろの, がある, がすず子さん, がどうしても, がまだ, が出来る, が御家人, が手, でこの, です, ですが, でどう, でぼろ家, でまた, で二人, で今, で傾く, で当時, で彼, で自分, で自由, で買, というもの, にて仮に, には眼, に眼, のあり, のある, のうち, のウシ, の事, の大黒さま, の尽きた, の性質, の所在, の棒, の目, の蔓, の行方, はお, はこの間, はそっくり, は渡す, は直ぐ, も持っ, をそっくり, をだれ, をどう, をなくし, をもつ, をポケット, を何處, を使う, を使っ, を催促, を出し, を取り出す, を取る, を受け取っ, を受け取った, を受け取る, を受取り, を受取る, を土台, を奪い取る, を奪うた, を女, を庭, を懐, を懐ろ, を母, を渡し, を渡す, を町役人, を盗んだ, を茶壺, を調達, を請けた, を貰っ, を遣っ, を銀行

1 [601件 抜粋] かウム, が, があなた, がいよいよ, がおなじ, がお父さん, がきれ, がたいてい, がどれほど, がなかっ, がなくなれ, がなけれ, がのうて, がひどく, がみんな女の子, がわずか, がジャン・ヴァルジャン, が一銭銅貨, が下った, が二人, が二成, が何, が使い尽くされた, が俺, が先, が入る, が全く, が出, が太, が子供, が小, が嵐, が巡り巡っ, が廻らない, が必要, が払い込めない, が支払われる, が日本, が果して, が案外, が楽天坊主, が欲しい, が無くなっ, が百四, が盗まれなきゃ, が着く, が矢, が祟つて, が紛失, が細々, が纒, が置い, が要る, が見付, が見付かったら, が貨幣, が買い得る, が贋金, が返せねえ, が郷里, が集まっ, こそ妻, さえありゃ, さえ出し惜しまない, すらいつ, だけで埋め合せ, だけは別, だった, だツ, でありずっと, でいま, でいろいろ, でかね, でここ, でせめて, でそっと, でその, でべつに, でもう一度, でやっ, でようやく, でよろしい, でチョックラ小諸, でトルコ, でパチンコ, でパン, でモークロエ村, で一枚, で一生, で一軒, で七州, で上等, で五十余端, で仁丹, で他, で何, で何十人, で借金, で償った, で兄, で又, で向う様, で唐津焼, で多分, で大阪, で天満橋, で始末, で家族, で小, で小さな, で少し, で彼等, で息子, で戦時公債償却, で手, で手ごろ, で揚州, で日光, で日済し貸し, で暮す, で書籍, で村はずれ, で栄華, で楽しく, で毛糸編み, で気楽, で求めた, で無, で牛肉, で王成, で町, で療治, で相州小田原, で私, で米, で網, で芸者, で蒲原, で街, で親類, で転地, で辛うじて, で酒, で鍋釜, で鎌倉河岸, で食っ, で食べ物, で飲み, で飲もう, で飲んだ, で養生, で高利, というの, とに若い, と一緒, と云う, と嘉兵衛, と指輪, と朱, と権力, と男, と買いつけ, と赤児, なら取らないよ, にこまっ, にはもとより, には手, にも困った, によってチベット, に依っ, に対して病院, に物, に目, に目あて, の, のあろう, のくつわ, のすくない, のため, のなくなった, のにおい, の一部, の上ぐつ, の上ぐつの, の使, の使途, の保管, の催促, の光, の冠, の出ます, の割合, の半分, の卵, の受取渡し, の問題, の塊, の声, の多い, の大, の実る, の延棒, の役立つ, の御幣, の必要, の所有権, の指輪, の捜索, の支出入, の方, の日の丸, の殘, の毛, の為, の無くなる, の猫, の目当, の箒, の管理, の結び目, の総, の衣装, の計算報告, の話, の費, の輪, の隠し場, の隱, の隱匿作業, の額, の鯱, はいかなる, はいくら, はいったい, はおじいさん, はおれ, はこちら, はこっち, はこの, はす, はすべて, はそれなら, はちゃんと, はつい, はつまり, はどういう, はない, ははたして, はまあ, はまだ, はまだすっかり, はみんな甚右衛門, はもう, はもうとっく, はもとより, はネパール, はハアヴエー自身の, はポケツト, は一文, は一銭, は不思議, は中尉, は中野重治, は丸取り, は主人, は借りた, は借金取, は僕, は公団その他, は公用金, は口塞ぎ, は合計五十両, は同, は君, は君自身好き, は基督教信者, は多鶴子, は大抵, は天竜寺, は実は, は富豪, は小, は山, は山下町, は座員, は悉く, は手紙, は拓殖銀行, は拙者, は既に, は旦那樣, は春日荘, は是非とも, は焼失, は百姓, は盜つた, は福島, は米国, は蒙, は親, は貰っ, は貰はんとい, は費, は身共, は近日友達, は遊興費, は野々宮さん, ひっこめたらいい, ぶち眼鏡, へは手, まで内田さん, もお, もすぐ, もたちどころに, もとっく, もなんと, ももう, も不足がち, も利倍増長, も半分, も己, も自分, も非常, より外, を, をあずかる, をあつめ, をあづかっ, をあなた, をあらためた, をいただい, をうけとった, をうけとり, をお前, をお前たち, をかえせ, をかくす, をこし, をこしらえる, をこっち, をこれ, をこッ, をさも, をしらべ, をじゃんじゃん, をそつくり人樣, をそれ, をつかわした, をつかん, をどえらい, をなに, をのんき, をはらうなら, をば貧乏人, をまき上げ, をまわし, をみせろ, をみんなここ, をもらった, をやれ, をわが, をジャンナン夫人, をチビチビ, をチベット, をバラ, をパパ, をミチ, を一カペイカ, を一万両, を一時拝借, を一笑, を下さいます, を乞え, を二割, を今一度, を今手, を以て今度, を以て継母, を以て軍, を何, を何倍, を作っ, を使いはたし, を使おう, を借り, を借りだし, を借りなけれ, を元手, を兄, を全部, を八朱, を六つ, を内々, を出さう, を出す, を分配, を医者, を南アメリカ, を取っ, を取戻せない, を受けとり, を受け取らず, を受け取らない, を受入れる, を受渡し, を吉原, を君, を善覚寺, を嗅ぎつけ, を国王, を埋け, を埋め, を基礎, を売手, を奪, を奪う, を婿, を尊ぶ, を届け出た, を平生, を年賦, を広大, を床, を引き出し, を御, を懐中, を戴き, を才覚, を払, を払おう, を払った, を投げる, を投げ与えよう, を投げ返した, を押付けよう, を拂, を拵, を拾い物, を持たした, を持つ, を持て, を持て来た, を捲き上げよう, を掘っ, を握っ, を握らせ, を支払い, を支配, を敏行さま, を既に, を日仏, を景晴, を最も, を材木屋その他寺, を根柢, を此方さ, を武田藤田ら, を河岸, を煙, を献上, を用いた, を用立て, を発見, を盗み出す, を瞬く, を示した, を示談金, を神棚, を窃, を納むる, を紙, を結納, を罐, を自由, を蔵め, を融通, を見, を見る, を誰, を請取, を諸, を貯める, を貯金, を貸した, を軽蔑, を辰弥, を返さん, を返す, を送った, を送り返し, を造り出したい, を郵便貯金, を閑山, を預かった, を預り, を額, を馬鹿正直, を高利, 引くこと, 払って

▼ その証拠~ (855, 0.1%)

19 にはこの 15 である, は 11 には, にはその, を見せ 10 には今, には私 9 というの, に, をお 8 だ, にはあの, に彼 7 にこの 6 に私 5 にこれ, には彼, には自分

4 [11件] だと, となるべき, になる, にはお, にはここ, には第, に僕, の一つ, の品, はここ, をみせ

3 です, にその, にはこれ, にはそんな, には君, には現に, はいくらでも, はこれ

2 [42件] がありません, がある, がない, だった, とし, と云え, なるもの, なん, にあいつ, にあの, にここ, にこの間, にはいつも, にはこんど, にはナザレ, には一度, には京都, には人命, には人間, には僕, には同じ, には土間, には大, には奇蹟, には彼等, には手, には昔, には水面, には私たち, には青年, には頭, に今, に君, に村, に能楽, のよう, はお, はこの, をあげる, を挙げる, を見, を見た

1 [522件 抜粋] あげて, があがり, があがりませな, があがる, があげられない, があります, があるだろう, がかくされ, がきょう, がこれ, がすこぶる, がたまたま, が不充分, が云われぬ, が何, が全く, が朝倉, が歴然たる, が見つかれ, が長い長い, が陽気, が面皰云々, こそあれ, さえあった, さえそこ, さえない, じゃ, だが, だとか, だに見落さず, だよ, だらう, だらうと, であった, であらう, であること, であると, ですか, ではあるまい, としてあっし, としてかれ, としてはたとえば, としては一度, としては何, としては新約, としては衣冠束帯, としてゲーテ, として丁度, として二三, として今日, として出生, として常に, として年出生五〇対年結婚一〇, として彼, として徳川家, として所謂観念論, として掲げられ, として最近百年間, として死体, として第, として自分, として近々, とすべき, となる, とは, とやらをお, と云う, と見る, にあたし, にある, にいかなる, にいま, にいろいろ, にぐるり, にこっち, にご, にすこしも, にすべて, にそれら, にたった, にどの, にはあっし, にはあなた, にはあらゆる, にはあれ, にはあんな, にはいかに, にはいちど奨学金, にはいま, にはいろ, にはうえもん, にはおせん, にはお前, にはお茶, にはかう, にはかすり, にはかの, にはかれ, にはきょう雍, にはくるった, にはこう, にはこうした, にはこれ等, にはさしも, にはさつき, にはすぐ, にはせんだってごろ, にはその同じ, にはそやつ, にはたった今, にはたとい, にはどっち, にはならない, にはねお, にはふだん, にはほか, にはもし, にはやがて, にはやれ, にはゆうべ, にはゆっくり, にはわし, にはわれ, にはアラン, にはイギリス, にはエジプト, にはオオ, にはセヴィゴラ, にはドイツ人, にはハーグ, にはマダム, にはロマン・ロラン, にはローマ, には一寸, には三角, には下水道, には下等動物, には世間, には両国, には之, には事実上, には二一〇頁, には二人, には二流新聞, には交孳, には今ここ, には今日, には今朝, には他, には伊那丸, には伏見宮家, には佐倉, には体温, には何, には何処, には作中, には例, には備前, には僕自身, には兄さん, には先生, には入口, には全体, には内府, には内臓, には初めて, には前, には勝ち目, には去る, には去来自身, には受信電波, には同, には同じく, には同年輩, には咋宵, には四方八方, には在る, には塾生たち, には外科手術, には多く, には大抵, には大目付, には夫婦, には女, には始終, には婚礼, には子供, には実に, には実在, には家康公, には寺, には射的大会, には小, には小松原, には少しく, には尖鋭, には尼寺, には岡本代議士, には帰ったら, には平常, には底板, には当時アボット, には彼ら, には彼女たち, には後, には後半, には御, には御寺御寺, には御覧, には心霊療法, には性欲, には怪物, には息子, には我国, には或, には折檻, には押収, には拘置所, には拙者, には支那, には数年後, には料理人, には斯, には新来, には新聞, には日本, には日本主義, には日本古来, には明日, には明治, には星, には曹操, には有朋, には朝, には木, には東株, には某大, には梅若, には檻, には此処, には此子, には此方, には殆, には殺す, には毎晩, には水, には水蒸気, には水騒ぎ, には汝, には河, には浪花節, には源氏, には演奏, には熊ども, には父, には物理学的実験, には特に, には特高課, には独逸, には現代, には生産力拡充, には町奉行和泉守様, には皇太子, には盃, には直接, には相撲, には着物, には短篇作者, には祇園藤次, には神様, には立て札, には笑っ, には糞尿, には織田軍, には美々しく, には群衆, には翌朝, には翌朝エリス, には職工たち, には肉体, には肉体的, には肩書き付き, には芝居, には芸術映画, には若い, には英人, には英国, には蓋叫天, には蜂, には街頭, には衣裳, には補助, には襟, には西洋, には見舞客, には誰, には警察, には足, には軽薄, には近古史談, には追おう, には逸, には銀座, には長い, には降灰, には隠し, には隣組, には電車, には飛騨, には飯山あたり, には養子, には馬籠, には駅, には骨肉, には高輪, にひとたび, にまだ, にまったく, にもし, にもとづい, にもはや, にわれ, にわれわれ日本人, にアメリカ, にウチ, にカミィル巡査, にガリバルジ君, にサア接吻, にテイラア, にトルレス, にロシア, に一日, に一緒, に三時, に五人, に今夜, に今日, に今日植ゑしくれなゐの花, に余り, に俳優, に六つ, に別, に副, に劇場, に十時近く, に受身, に古今東西, に呉一郎, に喋っ, に堀尾君, に堺, に多く, に多鶴子, に天井, に実感, に寿枝, に小夜子さん, に少し, に彼女, に彼等, に彼等多く, に探偵作家, に支那人, に政治, に断髪, に明日, に明日明日, に最初圭介, に月氏, に本筋, に来年, に検事側, に模範的患者, に横光, に正月, に殆, に毎年, に氷屋, に焼け爛れた, に父, に犯人, に狂い, に甲, に白頭翁, に盗, に科学, に秤, に細君, に胴乗り遊び, に脚本, に自分, に茉莉, に菊五郎, に薬, に薬一服, に西洋, に見, に見た, に責任, に通り, に鼻, のない, のほう, のやう, の一, の一通, の力, の楽曲, はあります, はおまえ, はお嬢さん, はことさら, はすでに, はその, はちやん, はどこ, はどの, はない, はなにがし, はね, はみんな, はわたくし, はコレ, は両, は九段坂下, は云々, は会堂新築, は何, は何一つ, は何処, は働, は儼, は先年佐渡, は史書, は嫌疑, は己, は帝国議会, は彼, は恋い焦れ, は数々, は新聞, は明白, は昔, は昨夜, は此観念, は歴々, は歴史, は池, は海底, は物質そのもの, は眼前, は私, は結城ひろ子, は縄, は裏面, は開ける, までを釘勘, をあなた, をお前, をくれる, をごらん, をにぎっておいでなさりますか, をひとつ, をまだ, をみせつけられた, をみせる, をもっ, をわたくし, を一つ, を一つ二つ, を云え, を又, を小, を得た, を得る, を御覧, を拠げ, を持つ, を指摘, を握っ, を数, を残し, を求むる, を現在, を発見, を示しただろう, を私, を見せましょう, を見せます, を見せろ, を見たい, を見つけ, を見ようで, を見る, を見付けた, を見出す, を言おう, を記載, を話し, を貞淑

▼ その瞬間~ (847, 0.1%)

24 に彼 12 に私 10 であった 9 に彼女, に自分 8 だった 7 である 6 に葉子 5 にこの, にそれ 4 にお, にその, にもう, に於い, のこと, の彼

3 [15件] からそれ, から僕, から彼, から私, であつ, でした, に, にあの, にこれ, にはっと, に今, に何, に恐ろしい, に眼, の印象

2 [40件] あらゆるもの, から其処, が来る, が過ぎ, その真, だ, だけで, だつた, です, どうした, にいつも, にせっかく, にそう, には娘, にまた, にも私, にわたし, にバック, に二人, に停止, に僕, に兵馬, に凍っ, に右, に思い, に感じた, に於ける, に月丸, に気がつい, に白い, に起こった, の出来事, の娘, の絶望, はっとした, までのその, まではやはり何だか, まで彼等, を見, ハッと

1 [603件 抜粋] ああ彼, ああ書きたい, あの憂鬱, ある卑劣, ある神秘, いうに, いひやう, うーんと, おどろきの, おもひもかけなかつた, お光, お千鶴, お孝, から, からいかなる, からじつは, からす, からその, からたちまち, からの路易, からはじまったらしい, からはそんな, からわたし, からハッ, からバック, から不幸, から世界中, から人間, から今日, から全然, から唯物珍, から女, から子供, から已に, から彼女, から愚痴, から慈母, から憤怒, から戦う, から手, から既定, から明日, から煙草, から父, から玄斎, から現在, から異国主義者, から見切り, から諸君, から貴島勉, がおとずれた, がすぎる, がちゃーン, がどうしてこんなに, がらがらッ, がらりと, が来, が突然, が過ぎる, が隙間, ぐっと口, こそ実は, この人, この室, この少年, この老人, さながら目隠し, さむらい, すぐに, すぐ前, すこしくあわてた, せっかくの, そう感じた, その人, その大きな気味, その沈黙, その男, その瞬く, その青い, そんな恰好, ぞっとし, たもちかねたよう, だけいい, だけでも女, だけな, だけのこと, だけはひどく, だけは宗教心, だけは蜘蛛, だけは郁太郎, だったの, だった池上, だ僕, だ出て, ちょっとほっとする, ちょっと想像, ちらりと何, つと彼女, であった或, であるが, でございましたわ, ですヨ, です悪い, でまさしく, でも意識, ながらく忘れ, なにか形容, なんら憎悪, にああ, にあたかも, にあれ, にあんな, にいきなり, にいつか大村, にいながらにして, において決定, におけるのみな, における仕事, におまえ, にかっと, にかの, にかの精神異常者, にかれ, にきまっ, にこちら, にころがる, にさき, にさっと, にしかけ, にした, にじきに, にすぐ, にすさまじい, にすっかり, にすべて, にそして, にただならぬ, にっこり微笑んだ, につと, になっ, になつ, になにがなし, にのっそり, にのみ判る, にはかすか, にはじめて, にはそういう, にはっきり, にはつと, にはもう, には今朝, には彼ら, には抗, には気付く, には浴場全体, には相手, には自他共, には自分, には飛びあがる, には驚愕, には鶫, にぱツ, にひ, にふくらむ, にまさしく, にもうすでに, にもすぐ, にもみんな, にも存外よく, にも彼, にも決して, にも磁石, にやさしい, にイタリヤ, にガチョウ, にガラス, にガラス箱, にクララ, にスッカリ, にスメルジャコフ, にチラリ, にヒスパニオーラ号, にヘルマー, にロボット, にヴェリチャーニノフ, に一つ, に一個, に一足飛び, に万事, に三, に三人, に三田, に乞食, に事, に二十匹, に云い, に人間, に以前, に企てる, に似た, に作者, に使われ, に兄弟たち, に先刻近所, に先年奈良, に克子, に入口, に兩方, に六十六年, に内, に冠せた, に凡て, に刎, に判断, に刺す, に勇ましい, に勢いよく, に受けた, に叩きつけられた, に号砲, に吾, に喜ん, に園, に変化, に外, に夢, に大急ぎ, に天, に失われた, に女, に妙齢, に姉, に子供, に実は, に家, に宿命, に小, に少女, に山梨, に巌流, に差し, に幻滅, に幽霊船, に庭, に当てつけ, に彼等, に心, に心臓麻痺, に思い出した, に思った, に思つたの, に想像, に意識, に愛子, に感じ, に懸る, に或, に房吉, に所謂味噌, に扉, に持っ, に握った, に攻撃, に數年前, に文代さん, に時計, に晩, に月, に村田, に柿江, に正, に正気, に此, に死ぬ, に殺された, に気, に気がついた, に水音, に氷, に決定, に流石, に浮かび出る, に消え, に消しとん, に清次郎, に渠, に渡瀬, に滅びる, に火, に猛烈, に現, に現れた, に甚内, に生まれ, に男, に番頭, に痛い, に癪, に白狼呻, に直覚, に相手, に真理, に短刀, に石川, に神尾, に私たち, に稲妻, に窓, に立っ, に笑い, に精, に紀久子, に素早く, に組, に絶たれ, に編隊, に老師, に耳, に舌, に芳枝さん, に萬象, に著, に藤作, に見た, に見物人, に観, に言葉, に誰, に起つた, に身, に車, に過去, に遥か, に鋭い, に鏡, に閃く, に院長, に陣十郎, に霊感, に飛ん, に鱗, に龕燈, の, のお, のすぎる, のため, のなつかし, のカンテロン, の主人公, の事, の二人, の僕自身, の各々, の咄嗟, の壯嚴, の姿, の姿勢, の平和, の幻影, の影, の彼女, の後, の心, の心持, の快楽, の怖, の意識, の感情情緒, の手口, の暗, の栖方, の様, の気持, の気温, の気象要素, の波立つ, の狂, の真実, の私, の米友, の腕, の自分, の複雑, の誘惑, の豹一, の趣, の部屋, の重心, の錯綜, の錯覚, の電光, の顔附, は, はさすが, はさつき, はすぐ, はたとそう思っ, はたはた, はほつ, はスメルジャコフ, は両方, は厳粛, は口, は嘘, は意味, は長, ひときわ高く, ひょいと窓, ひよい, ふとこれ, ふと彼等, ぶるっと, ほどどやしつけられた, ほど教授, ほど明日子, ほど魚, またオーケストラ, また突然, まで, までじっと, までちっとも, までに私, までの自分, まではだれ, までは私, まで人間, まで保つ, まで夢にも, まで彼, まで心, まで殆ど, まで社会, まで私, まで私自身, まで空中, まで誰, まで金五郎, もう右, もう姿, もう荒薦, もし彼女, もし眼, やにはに起つた, やにわに起った, よりその, をすかさず, をそれぞれ合図, をとらえた, を境い, を妨げられた, を射る, を待ち合せ, を想う, を捉, を捕えた, を自分, を見澄まし, を見逃すまい, ダブつた寫眞, バーンと, パッと, 一方で, 不図室内, 丸い大きな, 今にも両, 全く皆, 全體, 出來, 又十郎, 大蜘蛛, 実に何, 実に新, 実に晴れ晴れ, 巻き付いた細引, 忽ちゴーッ, 思いがけないひとつ, 思ったところ, 思はず幽霊ぢ, 思わずド, 掘りかえした土, 早くも, 暗い長方形, 沈んで, 消えて, 激しく生活, 白けたよう, 目ざとく木村, 真に私, 第一, 第二, 第五, 老驥, 聞こえて, 苦しげ, 要介, 軽くなっ, 迄楽しく, 逃げ出すよう, 鈍く湧き起った, 鋭く輝いた

▼ そのつもり~ (839, 0.1%)

34 でい 3224 でいる, でお 14 で読ん 12 でゐ 11 でいた, になっ 9 でね, で聞い 8 です, では, になれ 7 だ, でこの, で聴い 6 で話, にし 5 でいなさい, でよく, で勉強, で支度, で来た, なん, よ 4 だったの, でいろ, でなくても, でゐた, でゐろ, で居, で待っ, で御, で私, で返事

3 [18件] だった, だったん, だつたの, だつたん, でいらっしゃい, でお前, でご, でした, でしっかり, でやっ, でゐる, で何, で充分, で先生, で居りました, で居ります, で用心, で見

2 [45件] がある, さ, だと, だろうが, であった, でいて, でいない, でいれ, でおい, でおりました, でおります, でおれ, でお金, でこれから, でござる, でという, でともかく, でなるべく, でへ, でゆうべ, で今, で働い, で味, で始終, で少し, で居る, で明日, で書き流し, で気, で注意, で考え, で腹, で自分, で船, で覚悟, で観, で足下, で辛抱, ならこちら, にする, になつ, になり, になります, になる, をし

1 [383件] かと甲斐, かも知れない, があ, があるなら, があれ, が好く, じゃなかった, じゃ話, だから, だが, だっけ, だったか, だったし, だったと, だったらしいが, だったらしく乳, だったろうが, だったんぢゃないか, だつた, だよ, だらうそして, だわ, つもった骸, であいつ, であしらっ, であしらつて, であたし, であたたかい, であったの, であったれど, であつ, であと, であなた, であの, である, であるが, であるので, であんまり, でいい, でいくぶん, でいたら, でいたんだ, でいつ, でいつも, でいなく, でいなくっ, でいなけれ, でいました, でいます, でいらし, でうち, でうまく, でおいで, でおっ, でおつき, でおとなしく, でおや, でおられたい, でおりまし, でおる, でお世話, でお供, でお話, でかかっ, でかからね, でかかりましょう, できいて, できく, できたん, でくれた, でけさ圭介, でこいよっ, でこう, でこういう, でこうして, でこさえ, でこちら, でこっち, でこれ, でこんな, でございましたが, でございまするが, でさあ, でさっき, でさびしかろ, でしきりに, でしたから, でしたが, でしたくし, でしたのよ, でしたのヨ, でしょう, でしょうよ, ですから, ですが, ですっかり, ですよ, ですわ, でずいぶん, でせいぜい, でそっと, でそつ, でその, でたのみますね, でつきあっ, でつくった, でと, でとのこと, でと三根夫, でと云われた, でと書い, でと言, でと言いわたされ, でと言われ, でどう, でどうか, でな, でなければ, でなん, でぬった, での頭数三人前, でほんの, でまるまる, でみな, でみんな, でむやみ, でも, でもう, でもう一度, でもっと, でもなかつた, でやった, でやつ, でやる, でゆっくり, でわたし, でゐたら, でゐたらしく, でゐなさい, でゐよ, でオーステルリッツ橋, でズック, でソツ, でテント, でハナヤ, で一応, で一生懸命, で一番馬力, で一足先, で万事, で下手人, で不覚, で世帯道具, で両方, で乗物, で事実, で二十両, で二十枚, で云, で人, で人間, で今後, で今日, で仕度, で付き合, で仲間, で何とか, で余, で余念, で使用, で來, で來たん, で供奉, で俺, で傾聴, で僕, で兄貴, で入れ, で内密, で出かける, で出ません, で出社, で刃物, で利用, で努力, で勇み立ち, で勇敢, で十万円, で千本杉, で參, で受取る, で口, で台本, で吉弥, で呼鈴, で喜ん, で喧嘩, で噛ん, で国, で国栖, で地底, で大いに, で大川, で大師講, で大胆, で奇抜, で奮発, で学校, で家, で小, で尾, で尾関, で居たら, で居っ, で居なさい, で居られた, で居れ, で居ろ, で差支, で平均, で平気, で年寄り役, で幾羽, で序, で彼ら, で待つて, で待遇, で後, で後代, で心して, で心得, で心配, で応対, で念, で戻ればい, で手あて, で手ほどき, で手土産, で手心, で扱っ, で持つて, で挨拶, で捜し, で捜せ, で探っ, で探り, で探偵, で數, で斜め, で旅, で旅支度, で早く, で早くから, で明け, で明朝, で書いた, で末輩, で来, で来い, で来いよっ, で東京人, で極, で楽しん, で正作, で歸つて來たん, で沈団長, で沢山, で波, で浮気, で渋温泉, で準備, で照子, で玄関, で玩具, で生き, で用意, で甲野, で皆, で目立たないよう, で相応, で相手, で相撲, で真似, で真面目, で矢立, で私たち, で秘密, で稼い, で端敵, で笠, で筆, で羽織, で考案, で耳, で聞いて, で聞かなくっ, で聞けよ, で聴きます, で職業, で腰, で自動車, で航路, で葬儀, で蕎麦, で虚心, で行く, で行け, で行こう, で見る, で見るべきであろう, で見れ, で見過ごし, で見過し, で親しく, で親切, で言った, で言ってる, で計画, で訪ね, で誓, で読まれる, で読まれん, で読み返し, で読む, で読め, で貯金, で貴さまら兄弟, で質, で身, で辛口, で通し, で通行人, で造った, で逢っ, で運ん, で運動, で邪魔, で酌, で雪子, で預つて, で頼ン, で風呂, で飯, で馬籠, で骨, で高く, で高砂, で鹽氣, で黒い, で黙っ, で黙つて, といふ, なの, なので, ならあいつ, ならいま, ならこっち, ならこんど, ならさ, ならば, なら今, なら私, なら自分, におなり, にした, にしてる, にしとけ, にて居参らせ候え, にて幾金, になつてしまつて, にならなけれ, になりゃ, になろう, にもわかるべき, に出兵, に型, に願ひたい, の腹具合, はなかっ, もあった, もなく, らしいね, らしく上体

▼ その~ (820, 0.1%)

115 部分は 45 部分が 30 部分を 14 部分の 12 多数は 10 なるもの 9 多数が 8 いさ 4 さは, ぜい, 屋根の, 變が, 體を 3 なるを, 后の, 夕立の, 学士らしい, 自然の, 蜘蛛の, 規模な, 變な

2 [45件] いさ七八尺, さその, さも, なるは, なる御, を見, ダン平の, トランクを, 丸太の, 事件に, 事件は, 事業を, 仕掛な, 剣の, 地主さんて, 多数の, 多数を, 太刀で, 女が, 女は, 学士の, 學の, 學生は, 家族の, 弥太が, 惨劇の, 手術を, 机の, 森林の, 檣の, 気魄に, 溝渠は, 火傷に, 膽さを, 膽なる, 自然に, 自然を, 蝶の, 衝突を, 躰に, 都会の, 金庫を, 音響が, 飢渇に, 體の

1 [443件] いさ細かい, いちょうを, いな, がいなり, さ, さが, さと, さなりに, さはよの, さやがて, さ大洋の, さ桃花の, さ盤の, じかけ, じゃが食べ, じゃと申します, じゃはどんな, すじである, そりから, そりは, それた交渉, それた指導者, それた桃色, だこの, だんす, ていの, どくろ, なる, なるに, なるも, なるもの一丈, なる一種, なる労苦, なる動機, なる塔, なる増加, なる富, なる手腕, なる掌, なる温良さ, なる牢獄, なる積極面, なる竈, なる美, なる肩掩, なる葉面, なる襖, な浮袋, に変ずる, の方, ふぶきの, ふりこが, らっぱは, をなす, を実らせね, を恃, を感ず, を成さず, を称する, を聞き, エネルギと, カフエに, コウモリが, コウモリという, コウモリに, コウモリの, コップを, サは, シャンデリヤが, ダイヤモンドを, ダルの, テーブルの, トランクは, バカは, ビルディングの, ヤマを, ラマの, ラマは, ワシと, 一番の, 下水の, 中小の, 丸髷が, 乘教の, 亀が, 亀に, 亀を, 事件の, 事業に対する, 事業は, 仕事が, 仕事へ, 仕掛で, 仙人は, 伯の, 佛氏が, 停車場に, 傷で, 傾斜地の, 光明に, 八洲国とは, 公園と, 兵力に, 冷気塊が, 処に, 列は, 判事の, 劇作家は, 勘定哲學から, 勘定派な, 勝利を, 勢力は, 包みを, 包囲鉄環の, 十方無碍の, 卓子の, 危険の, 原因だろう, 厦の, 反対の, 取締が, 合唱が, 名案を, 后は, 后比婆須比賣, 后石の, 吹雪の, 喜劇は, 嘗聞しめす, 団扇で, 団扇を, 団結の, 困難を, 土木も, 土木工事が, 土蔵の, 地震の, 地震を, 坂城に, 坊主は, 堤防の, 壁画の, 夕焼けに, 多数に対して, 夜会に, 奉書二枚へ, 奪掠家たる, 奮発という, 好物なる, 妖怪は, 姿見鏡の, 威徳を, 子供が, 學に, 學士らしい, 學生が, 宛征討も, 宜津比, 宴会から, 寝台の, 寝棺に, 將の, 展望の, 山守の, 山脈の, 岩魚を, 崖の, 巌の, 工事に, 市街が, 師匠という, 幹に, 広場を, 床いっぱいに, 床の, 廊下を, 建築に, 建築を, 建造が, 廻廊での, 彦の, 得意な, 得意は, 御歌に, 御田族なる, 御酒を, 御酒盞を, 念珠を, 思想を, 怪我の, 怪物は, 恩ある, 恩の, 恩を, 恩人たる, 恩人の, 恩人を, 悪を, 悪党の, 悪魔の, 情の, 愛が, 愛に, 感激の, 慈悲の, 慈悲心を, 懸賞金を, 戯場で, 戯曲の, 扉から, 手術に, 才たる, 才も, 捜索の, 揺れの, 支柱から, 改築にあたり, 方針が, 方針としては, 方針は, 旅行の, 旗を, 旗本の, 旦那が, 旦那様が, 旨を, 時化の, 景観に, 暖簾は, 暗渠は, 暴れの, 暴風が, 暴風の, 木戸が, 柔, 柱, 柱から, 棚を, 椅子の, 検事局なる, 楽源太郎の, 構想の, 樽の, 橇に, 機関は, 檢擧が, 檣を, 欠点と, 欠点は, 歓喜の, 歓迎の, 気焔を, 水引と, 決心を, 沙漠にも, 法則に, 法螺に, 泥棒が, 泥靴の, 活動は, 活躍の, 海嘯と, 海軍も, 混乱が, 混乱の, 混乱を, 混雑, 清書の, 湖沼の, 溜池が, 溝は, 漏斗を, 演習が, 潜水艦隊の, 濤から, 災禍の, 焚火を, 爆発が, 爆音は, 犬の, 独楽が, 猫を, 猿に, 猿を, 玄関は, 玄關は, 理に, 瓢箪を, 生命は, 町人の, 畧を, 番頭たちであった, 番頭の, 異の, 異変という, 発明が, 百姓が, 盃が, 盃には, 盃の, 益俗諺の, 目的として, 目的に対する, 盲谷は, 盲谷二万マイルの, 看板が, 真理なる, 真面目の, 眺望には, 睾丸を, 研究の, 破壊の, 碓の, 神出で, 神楽は, 移動が, 笑に, 箆棒といふ, 箆棒の, 籬とやらへ, 精神が, 精神に, 精神の, 紙屋に, 紙屋の, 経大, 総督に, 縣主懼ぢ畏, 群集が, 群集に, 群集や, 群集を, 聖業が, 聲の, 胸毛は, 腹中に, 膽なることかく, 膽を, 膽不敵な, 自然と, 艦隊が, 良心なりという, 芝居の, 芝居は, 花弁に, 花瓶を, 花筒に, 芸術を, 苦役場から, 荷物が, 莫迦者に, 莫迦者は, 萱は, 薙刀を, 虎は, 蚪虫の, 蛤を, 蜘蛛が, 蝦蟇を, 蟹に, 行燈を, 衍暦の, 街を, 衝動こそ, 袋を, 製造業者の, 解脱経という, 解脱経を, 誓願も, 議論の, 變だけは, 變といふ, 變を, 財宝は, 財閥が, 賓とは, 身代も, 躰の, 躰を, 轆轤の, 迂回の, 迂廻, 迷想を, 遺産を, 邸宅が, 邸宅の, 部分で, 部分であっ, 部分であった, 部分でありました, 部分と, 部分に, 部分には, 部分即ち, 部分土地の, 部分教会の, 部分特に, 部分確実には, 部隊を, 都が, 都会に, 都会へ, 酒の, 金庫の, 金庫は, 金持が, 銀杏の, 銅像の, 鍋の, 鎌だけは, 鎌と, 鏡面を, 隅と, 階段では, 階段の, 階段を, 集団の, 雑書を, 雷雨の, 雷鳴を, 霧を, 青龍刀で, 革鞄も, 音について, 音や, 音声の, 音楽家が, 頭を, 頭株に, 額面の, 顔と, 風呂敷が, 風呂敷は, 風呂敷を, 風呂敷包を, 饑饉は, 香炉の, 馬鹿三太郎を, 騒の, 魔力は, 魚の, 鮎は, 鯉が

▼ そのとおり~ (781, 0.1%)

7253 です 27 であった 25 だよ, である 22 だった 19 だと 18 なの 15 にし, にした 10 なん 8 でご 7 そのとおり, でした, ですよ, にする, よ 6 であるが, ですね, になる 5 じゃ, だが, で, であって, であると, でございます, でしょう, にしました, にやっ 4 だったの, ですが, にちがい, になった, になりました, に実行, のこと 3 か, だという, だろう, であろう, でござる, にされました, になっ, に違い, やって

2 [16件] さ, して, でありますが, であるから, でごぜ, でさ, ですわ, で人, にお, にご, にします, にしよう, に信じ, に動く, に思う, やります

1 [287件] いくの, いった仁太, うまくやっ, うまく行く, うるしに, おくれて, おも舵いっぱい, かと存じます, かと裁判長, かどう, かもしれない, かもしれなかった, このしん, さこの, さすがは, したので, しなければ, しゃべったらどう, じゃあねえだろう, じゃこれ, じゃったの, すわるため, そこでしばらく, そのままの, その通り, たとえば横暴, たまたま残っ, だああ, だおれ, だから, だけれど, だけれどもかくして, だし, だしかし, だその, だそんな, だったが, だったし, だったと, だったに, だったね, だったろう, だったん, だね, だもの, だろうその, だろうよ, だワルワーラさん, だ今, だ北海道, だ延ばすこと, だ怪しい, だ払わないん, だ斬合いに, であったが, であったこと, であったと, であったろうが, であったわけ, であっても, でありそういう, でありました, でありますぞ, であること, であるし, であるだが, であるちょうど, であるつな, であるとの, であるまいと, であるらしい, である一言, である万三郎, であろうかと, であろうが, であろうと, であろうまえには, であろう又, でいま, でいま水, でお, でおそらく, でがす, でこう, でこれら, でございますが, でございますよ, でございますわ, でござんす, でさあ, でしたし, でしたね, でしょうと, でしょうわたし, でしょう多分, ですがね, ですけれど, ですしかし, ですな, ですの, ですオンドリどの, です親分, でずっと, でその, でそれから, でと頭, でどうして, でどんどん, でどんな, ではあろう, でもない, でやっと, でやはり, でわたくし, でエスキモー, で人生五十, で今度アメリカ, で今日, で他人, で前, で原作者, で古人, で四人, で子, で宝石, で弁解, で彼, で彼女, で意外, で昼, で有, で毎朝不愉快, で源三郎, で火口状, で無知, で牛肉, で犯人, で王様, で生存競争, で甲乙二国, で発作中, で第, で良木, で賢人, で酪農, というよう, とぞんじられます, とりはからわぬにおいては, と思われます, なので, なら, なら世話, な物, にあ, にあわせ, にいたしましょう, にいたします, にいたす, にお話し, にことわられた, にこの, にされた, にしたい, にしでかしなさる, にしなけれ, につたえ, にて不思議, にとけない, にならないで, になります, にはっきり, には行かないでしょう, には違い, にばか, にまるで, にむしり取っ, にやった, にやって来た, にゆき, にゆけ, にわかに馬, にわれわれ, にアントアネット, にランチ, に並ん, に主人, に僧都様, に呂布, に告げる, に呼ばせる, に回さない, に報道, に増加, に実際, に思いこん, に思い込ん, に思召, に感じ, に手, に折れ返った, に操縦器, に日本, に書いた, に歌い, に気, に汲ん, に決着, に潮水, に球, に申し上げ, に申し上げました, に相違, に真似たい, に答えた, に精一ぱい, に繰り返す, に聴い, に行なった, に解釈, に言う, に言おう, に記され, に逃げ出したい, に間もなく, に飾っ, のじゅんび, のよう, の事, の人, の印, の字, の意見, の手配, の正義, の殿さま育ち, の男, の経過, の色男, の若, の言い回し, の記憶, の運命, ははははは, まが, まもなく次, みじかい人, やっても, やまっか, やるん, よ新さん, をいえる, をきちんと, をさる, をすこし, をまた, をやろう, を母親, を浴衣, を言った, を送り状, 云ったん, 何もかも知っ, 信じて, 働くの, 全く高屋さん, 凄んだん, 受け入れて, 呼ぶだけの, 夢みた, 大きくがっしり, 安いもん, 従った, 持って, 探すだけ, 描けばいいん, 書いたまで, 書かれた, 書くと, 直して, 真似た, 第二国民兵, 答えた, 答えたの, 行うべきである, 試みたが, 話して, 長い経験

▼ その~ (781, 0.1%)

16 を促しました 12 にある, は 11 きに 98 きは, の方 6 きを, のこと, はどう 5 をどう, を促します 4 きへ, その先, に, はもう, は何, を云, を話し

3 [14件] がどう, がまた, きの, につい, に立っ, のほう, の事, の先, の文句, はどこ, はまた, もまた, を促す, を辿っ

2 [40件] がある, が少し, が生垣, が青黒く, きには, だ, で何度, で唐紙, なんで, につけ, になる, には, にはこんな, にはもう, にまた, にもう, にもっと, に別, に大きな, に小さな, に広い, に火, のところ, の相談, の言葉, の部落, の錆, はどんな, は云, は材木置場, は桑畑, へ行く, へ進む, へ長く, をいう, をいっ, をきり, をよく, を續, を訊かなかった

1 [527件 抜粋] からくさり, からです, からもれる, からポタリ, からポタリポタリ, から今にも, から友達, から壺, から尖った, から指, から総, から誘拐, か門, があった, があつ, がお勝手, がすぐ, がちょうど, がひくひく, がまだ, がまだだいぶ, がわからない, がわからなくなっ, がコ, がポツン, が上向きかげん, が二股, が二間, が今, が八重子, が出, が分らなくなっ, が判らなくなった, が千, が問題, が地, が地中, が大広間, が天, が嫁入道具, が小さく, が当たった, が木造, が渾沌, が灯台, が焦げる, が直ぐ, が紙屑, が続かなくなった, が考えられなかった, が聞きたく, が荒れる, が読みたく, が足, が躍り上っ, が部屋, が難物, が鴫丸, きから, きく気, きにも, きま, きまで, すこしく渦巻き, だと, っぽを, です, ではしたなく, でもう一度, でアラビア人, で一株, で具体的, で右衛門, で向う, で手の甲, で近, とて街道, ともの, と出, どうなる, どれほど深い, にあっ, にあります, にいきなり, にう, にお, にお勝手, にさらに, にすすみたい, につけられた, につまつた, にどんな, になつ, になに, にはじ, にはまた, にはナスタシヤム, にはリビュア, には一着, には作物, には光, には又, には土, には山, には川, には恐ろしく, には是非とも, には暗い, には更に, には毛, には水平線, には産婦人科兼整形外科, には番頭, には白い, には薄暗い, には赤く, には道庁, には障害物, には青々, にまたもや, にも未だ, にも爲, にも雲煙, により, にアマゾン型, にイシドロ, にガラスキー村, にレンズ, に一ぜんめし, に一寸, に一尺四方以上, に三個, に並んだ, に井桁, に人形, に今一つ, に伊豆半島, に伏せ, に休み, に光っ, に内関, に出はずれ, に分銅, に別棟, に別荘, に剃刀, に匕首, に化雲岳, に十方, に十銭白銅貨, に又, に唇, に図書室, に地下牢, に墨汁, に多く, に子供, に山鳩, に待ち受け, に恒河, に戸村牛岳, に新, に新年宴会, に木の葉, に本丸, に武尊岩, に歩み, に河, に泥まみれ, に海岸, に深入り, に火葬場, に煙突, に生れませる, に目, に着い, に碧, に祈祷所, に立ちました, に立つ, に結びつけ, に続く, に縁側, に老人, に胴中, に色, に花, に若衆武士, に茶色, に血, に行かなけれ, に見える, に誰, に逃げ, に針, に鏑木雪庵, に附け, に雑誌, に霜, のいろいろ, のき, のきのう, のはし, のもの, の一軒, の二三年, の五年, の仕事, の代, の低地, の停留場, の停留所, の分, の化粧卓子, の十年, の四つ目垣, の四つ角, の地平線, の壁, の天, の奥様, の始末, の孫, の小児, の小山, の屋根, の山地, の峡, の店, の彼, の御, の御徒町, の手段, の曲り角, の木蔭, の杉, の松山, の松林, の森, の水戸さま, の煉瓦積み, の田圃, の白莓, の空, の突きあたり, の突当り, の竹藪, の細い, の維衡, の船一つ距, の見当, の角, の記事, の話, の質問, の赤く, の赤石, の輪, の辻, の連合, の酒, の鉤, の階段, の露路, の駄菓子屋, の魚袋, はあなた様, はいかが, はお, はここ, はさすが, はすぐ, はただ, はとうとう, はどうにか, ははるか, はもうどう, はもぐもぐ, はよまず, はわかっ, はスヴャト・トローイツコエ村, はボゴヤーヴレンスク, は一, は一月, は万吉, は両国河岸, は二人, は云う, は何ん, は何処, は何時も, は信州, は全く, は分りません, は判った, は判らない, は即ち, は器内, は嚴重, は困つた, は地平線, は堆積物, は寺院, は尋ねなかつた, は少し, は広, は床, は庭, は式部権大輔菅原公輔, は彼女, は御, は忘れ, は思い出せない, は急, は恐し, は戸山, は折れ曲っ, は文字どおり, は日本橋裏通り, は明瞭, は更に, は杉, は桃畑, は比較的すらすら, は沢山, は海面, は深い, は湯殿, は濃霧, は田舎, は白川, は皆目, は知らない, は石, は私, は空壜, は空漠, は美しい, は考へる, は聖武天皇, は聞いてない, は聞かす, は自然, は船壁, は若葉, は茫々, は茫漠, は葡萄畑, は見えなかった, は言, は言っ, は言わぬ, は言葉, は訊かなきゃなりません, は話す, は詳, は読めませんでした, は近代史, は造り物, は進歩, は遠慮, は醒め, は金藏, は鉄甲, は障子, は青い, は韃靼海, は頭, は高原, は高圧タンク, へいく, へかかった, へごく, へだんだん, へのばす, へは一歩, へは来なかった, へぶらぶら, へよみすすん, へハネバシ, へ五兵衛, へ五兵衞, へ仏様, へ小, へ掛け合うだろう, へ用意, へ田楽刺し, へ移そう, へ移る, へ立っ, へ読み進む, へ読み進ん, へ迫っ, へ追い越す, へ重り, へ魚, までどなっ, までもお供, まで他人, まで持ちます, まで書い, まで母, も河床, も食, をいいかけた, をいおう, をいはざりき, をうながした, をお, をお話, をきく, をついで, をつかん, をつきとめる, をつづける, をとがらせ, をなめる, をひもとい, をもう, をガンバッ, をサッと, をサツ, をヒョロヒョロ, を一人, を一生懸命, を三つ組, を二つ, を云い出した, を云っ, を云わせなかった, を何, を俺, を傘, を先, を再び, を処し, を前額, を取る, を口, を嗅い, を地面, を尋きた, を少し, を左, を建物, を彼女, を待ち設ける, を御覧, を払っ, を掴ん, を握る, を暗誦, を未然, を泳がせました, を目, を知るあた, を突きつけた, を突き詰め, を続け, を続けなかった, を続ける, を編ん, を繃帯, を考え, を考えなかった, を聞い, を聞かせ, を聞き, を聞きとれなかった, を聞く, を聞こう, を聴い, を要点, を見つめる, を見やり, を解析, を言いかね, を言いつぐ, を言い出す, を言う, を言わなかった, を話さう, を話せ, を語り出した, を説明, を読まなかった, を読み, を読み続けない, を読む, を読め, を読めなかった, を読ん, を読んだ, を讀まざりき, を起す, を越し, を越す, を食いこませた, を首, 挑みかかれない微風

▼ その様子~ (766, 0.1%)

70 を見 27 を眺め 26 を見る 12 をみ 10 を見た 9 がいかにも 7 をうかがっ 6 がどうも, を見守っ 5 が如何にも 4 がまるで, は, は何, をじっと, を眺めた

3 [14件] があまり, がない, がまた, が可笑しかっ, はいかにも, はまるで, をしばらく, をながめ, をながめた, を彼, を想像, を眺める, を見まもっ, を観察

2 [39件] から見る, がおかしい, がただ, がどうしても, がどうやら, がなんとなく, が今, が何, が何だか, が余り, が又, が可笑しい, が変, が彼, が心配, が恰度, が眼, では俺, でわたし, といい, には何処, に不審, に眼, はさながら, はただ, はどうやら, は誰, もない, を少し, を暫く, を私, を窺い, を窺った, を聞い, を見とどけ, を見れ, を見届け, を視, を話し

1 [448件] からはともかく, からみる, からも読み取れた, から七八年前, から医者, から問題, から声色, から察, から推測, から氏, から考える, から考へる, から表情, から言葉つき, が, があたかも, があどけなく, があわただしく, があんまり, がいくぶん, がいっそう, がいつ, がいつも, がいよいよ, がおかしかっ, がおかしくっ, がおそろしく, がかの, がごらん, がしばらく, がすっかり, がそう少し, がその頃, がそれ, がとても, がどう, がどこ, がなかなか, がなく, がなん, がなんだか, がひどく, がふだん, がほとんど, がほんとう, がまざまざ, がますます, がもうずっと, がよく, がわかっ, がをかし, がチョット, が不思議, が二人, が人間, が今しがた自分一人, が以前, が体, が何となく, が何とも, が俊亮, が俺, が傷心, が兵野, が内, が判然, が千状万態, が双方, が可哀そう, が可愛, が可愛かっ, が唯, が大変, が奈何, が好意, が実に, が少女, が己, が彼自身, が怪しい, が恒夫, が想いやられる, が意固地, が感ぜられた, が房一, が敏子さん, が明らか, が本当に, が森厳, が死期, が殿村, が決して, が津田, が海, が火鉢, が父親, が生々し, が異様, が病人, が相手, が真に, が知りたい, が絵, が耐えがたかっ, が自分, が自分勝手, が萎れる, が見えた, が見る見る, が近づくべからざる, が迚, が違っ, が遽, が酔っぱらい, が非常, が面白く, が順造, が骸骨, じゃ, じゃおおかた, じゃ大分一雪女史, じゃ当分約束, じゃ靄, その年配, だけでいう, だけでも知りとうございます, だけはいかにも, だけは如何にも, だけ解れ, だと, で, でその, では, ではいかがわしい, ではたった今, でははあ, ではふさわしく, では一人, では可愛い, では昨日, では諸君, では間もなくカンカン, でもない, でもわかる, でも判る, でやはり, でキリシタンたち, で伸子, で半, で察し, で感づかれた, で房一, で明かだった, で若い, で見て取った, で見る, で覚っ, と, とが少し, とにますます, とはおよそ, と兄, と刑事, と来たら, と言葉, などには目, なら君, なら汝, にさては, にその, にたがわず, につい, にどことなく, にはそう, にはどこ, にはどっかテコ, にはモスク, には一種, には作意, には先生, には円味, には口, には強, には清, には自分, にふと, にほほ笑ん, にももう, にも念入り, にも明かだった, によつて覚悟, にチエンネット, に一層, に何, に別, に周平, に声, に対して何人, に常に, に彼, に心, に思い合わせ, に怪しい, に感じられる, に樽野, に残忍, に気, に気づいた, に白井, に私, に笑いこけ, に胸, に蔦子, に藤次, に見せ, に見覚え, に訳, のあまり, のいやらし, のしとやか, の他愛, の元気, の劇, の変, の変り, の変りよう, の美くし, の見えた, の軽率, の限り, の面白い, の馴れ馴れしい, の高尚, はあたかも, はあの, はおだやか, はきわめて, はけっして, はこの, はさ, はそうした, はたとえば, はちょうど, はどうしても, はどうにも, はまさしく, はまず, はまったく, はみられなかった, はむしろ, はよく, はわかっ, はチベット風, は人殺し, は今, は何となく, は僕, は先代, は凄い, は出会う, は分明, は可, は変っ, は如何にも, は実に, は少し, は巨人, は常, は彼, は彼女, は我々, は手紙, は普通, は朝, は殆, は母, は毎日テレヴィジョン, は気息奄奄, は満更, は烈しい, は用事, は相手クリストフ, は確か, は私, は窓際, は第, は素気, は耳, は自分, は見せ申さず, は親切, は解っ, は隣人, は飾らない, は餌, ぶった鉛, までを眼, もきっと, も哀れ, も変っ, も子供, も知りたい, も見えない, やからだ, や世間, をいた, をうかがい, をうれし, をおかし, をお初, をきく, をきょう, をさぐらせられた, をさぐるべく, をさとっ, をしのぶ, をじいっと, をじろじろ, をすぐ, をそっと, をだまっ, をちら, をつくづく, をどう, をどうしても, をひそか, をほとんど, をまばたき, をみてとり, をみる, をやっ, をわき, をカメラ, をジッ, をダンス, をハラハラ, をヒョッ, を一寸, を一目, を一瞥, を下目, を中, を人, を今度, を会得, を伺っ, を何げ, を偸むよう, を傍, を冷ややか, を凝, を凝っ, を吟味, を喫驚, を垣間見, を報告, を家, を察し, を小, を少しく, を帳場, を形容, を彼ら, を往還, を心, を怪, を悦び, を憐れむ, を房代, を手真似, を探り, を描出, を日蓮聖人, を昌作, を暫らく, を杉本, を東洋流, を格子, を次の間, を母, を気, を決して, を注意, を満足, を熱心, を皆, を目前, を真正面, を眺めおろし, を眺め廻した, を睨みつける, を知, を知りたく, を知る, を示さなかった, を空色, を突伏, を窺っ, を笹村, を聞き, を聞きたげなり, を聞き合せ, を聞く, を聞置かん, を見かね, を見すます, を見せ, を見せたくない, を見つめ, を見つめた, を見てる, を見て取った, を見まもった, を見まもり, を見やった, を見よう, を見守った, を見守り, を見守り感ずる, を見定め, を見定める, を見物, を見聞き, を見調べ, を見調べた, を覗い, を覗き, を覚った, を言上, を訊きます, を訝, を訝し, を訴え, を語り, を調べさせた, を遠く, を野村, を鋭い, を阮東, を陰, を静か, を面白, を顔色, を鬼王丸, を鶴子, 怪しからん嬌媚, 感づいたらしいて, 探らせたま

▼ その~ (762, 0.1%)

10 心配には 6 主人が, 手を 5 主人の, 婦人は, 心配は, 様子が, 話を, 骨を 4 恩を, 褒美に, 親切は

3 [12件] 主人を, 厚意を, 婦人が, 心を, 恩報じ, 恩返しの, 文を, 武家の, 縁で, 縫さんて, 自慢の, 髮を

2 [61件] 一言で, 不審は, 不自由な, 両親の, 主人と, 主人は, 像を, 先祖細川幽斎の, 内儀さんは, 刀の, 判お待ち下され, 力に, 厄介ついでに, 噂を, 報告を, 姉の, 婦人を, 嬢さんは, 寺の, 当人が, 当人は, 心は, 心配の, 心配も, 恩が, 恵みに, 意見は, 懸念は, 手の, 挨拶では, 挨拶は, 支配様が, 旦那様の, 本体は, 本尊の, 様子は, 災難の, 用箪笥の, 病気の, 相談に, 神徳の, 笑ひ, 粮を, 縁を, 纂輯の, 自分の, 自身の, 良人の, 菓子を, 藤さんて, 褒美の, 親切に, 言葉を, 質問の, 遠慮には, 配慮は, 金を, 隱居さま寸白の, 靈に, 頸珠の, 首は

1 [540件 抜粋] かげで, そうだ, ついしょうを, つかひが, なごりも, ふるまひ, ようすの, ホービが, 一代に, 一周忌に, 一家だけへでは, 一方は, 一族郎党の, 一生を, 一統が, 一行を, 一言を, 一語だけ, 一身を, 不審が, 不満を, 世子を, 世話に, 両親にさえ, 丹精に, 主君の, 乗船を, 了簡なら, 事情なる, 二人が, 互だけが, 亭主が, 亭主は, 人が, 人は, 人体で, 人体に, 人数の, 人數の, 人格には, 人格も, 仏の, 仕着せに, 他聞に, 仮面を, 仲裁にも, 休處でした, 会に, 会釈は, 伝授お待ち下さい, 伴を, 体だ, 体を, 作法が, 佩の, 使いも, 使と, 使は, 使節を, 信仰に, 信心の, 信念を, 信頼は, 像の, 像は, 儀式の, 兄弟資名資明の, 先代の, 先手には, 内意に, 内意を, 処置, 処置は, 出家は, 出家を, 出生の, 分霊から, 分霊の, 分霊を, 前身に, 力にて, 勅使が, 勉強にで, 動作に従って, 勝手口へ, 勢力の, 化粧の, 半紙を, 厚意で, 厚意に, 厨子の, 友人の, 史某は, 同情の, 吹聴で, 呉床に, 告げに, 告文とやらを, 命令の, 命令は, 回向を, 在世中ついに, 在所も, 坂を, 坊丸の, 坐近く, 執心と, 場所は, 墨附が, 墨附で御座います, 声が, 夏さんな, 夏さんに, 大家に, 大家は, 夫人, 夫人や, 夫婦づれが, 夫婦の, 奉公の, 奉公も, 奉公を, 女の, 女中は, 好意だけで, 好意は, 妃の, 妹の, 妻女と, 姨飯豐の, 姫様たちが, 姿から, 姿である, 姿の, 威力を, 威勢の, 娘の, 婆さんの, 婚礼の, 婦人でございます, 婦人との, 婦人とやら, 婦人な, 婦人に, 嫡子の, 嬢さんの, 子息さまとに, 子息で, 子息です, 子息に, 子息の, 子息も, 子息夫妻は, 学友は, 孫なる, 守殿風の, 守護じ, 実験を, 客が, 客さんが, 客は, 家族の, 家来さんに, 容子だけ, 容子に, 容子を, 容態の, 寵恩の, 寺は, 尊父青山先生から, 尤さまを, 布告は, 希望が, 希望には, 平定に, 広間も, 度量の, 庭を, 廚子の, 式の, 弟子に, 当人にさえ, 当家には, 後方に, 心さえ, 心した, 心に, 心には, 心中が, 心得なれ, 心配それは, 心配では, 心配なら, 思いは, 思召なれ, 性分は, 性格には, 怪我も, 恩で, 恩人に, 恩人に対して, 恩徳が, 恩徳に, 恩返しに, 息女と, 息女やんごとなき, 悲願も, 意向が, 意志に, 意志は, 愛情を, 態度から, 憐み, 懇情だけは, 懸念はいりませぬ, 手ぎは, 手に, 手形が, 手紙を, 手背に, 扶持米が, 承諾を, 披露やら, 拝賀の, 持參の, 指図をも, 接待で, 推察は, 支配の, 支配様と, 放言こそ, 政治向きの, 教えの, 教の, 教示を, 教訓は, 散歩中ひょっと, 文は, 文も, 文章を, 斟酌には, 施設の, 旗は, 旨に, 晩年には, 曲, 書は, 書院番士の, 書面を, 最期の, 朝廷に対し, 本が, 本に, 本は, 本人が, 本人でいらっしゃる, 本人にも, 本人夫婦は, 本体を, 本家な, 本尊が, 本屋の, 本心を, 本望が, 本陣へ, 柱の, 株を, 榊の, 様子じゃ, 権幕の, 歌集を, 歓迎展に, 死顔と, 死骸を, 母さんが, 母堂なる, 母堂様が, 気力もはや, 気性が, 気性に, 気性の, 気性を, 気色の, 決裁を, 治蹟の, 注意が, 注意に, 浪人なら, 浪人の, 消息だに, 消息などを, 深切だけ, 深切に対して, 深切を, 火燒の, 炯眼を以て, 為の, 烱眼で, 無事な, 無造作に, 煎餅を, 牢人様は, 牧どのが, 狸様の, 理由を, 理解も, 琴を, 用件と, 用件は, 用心が, 用心の, 用心は, 用意が, 用意に, 用意を, 異図を, 當人は, 病人の, 病人は, 病体では, 病気が, 病氣の, 病状の, 発見に, 盃なれ, 盞に, 目出度さ, 目見の, 相伴として, 相伴な, 相伴に, 相伴を, 相談が, 相談でした, 相談は, 相談も, 相談を, 相談相手で, 眉は, 眉間疵に, 眷属が, 眼ざし, 眼に, 眼力に, 瞳の, 研究でも, 祈祷で, 祖に, 祖の, 祖を, 祖をば, 祖伊須氣余理比賣, 祖哭き, 祖御歌よみした, 祖息長帶日賣, 祖母さんが, 祖父様から, 神体も, 神拝に, 神燈を, 禮の, 秘策とは, 秘蔵の, 移りを, 立派な, 立腹に, 符で, 精力は, 精神は, 紋の, 紋服の, 紋章の, 経読誦が, 結婚には, 綺麗な, 総領が, 罰か, 羽織を, 老中も, 老体が, 老体の, 考えの, 胴を, 胸中には, 脱島は, 膳部御, 臨終の, 舎弟には, 芳志は, 苦しさ, 苦境を, 苦心は, 苦戦が, 菩提を, 著書を, 葬に, 葬式の, 葬式も, 處刑待つた, 行列を, 裁可を, 裳に, 褒美から, 褒美で, 褒美を, 見立を, 見聞を, 親切に対しても, 親切の, 親切を, 親戚とかの, 親戚は, 親類といふ, 解釈の, 言動に, 言葉で, 言葉のと, 言葉は, 言葉一ツが, 記録を, 詑が, 評議なれ, 詫として, 詮索の, 話しという, 話しの, 話の, 説に, 説明には, 説明を, 説法ばかり, 諭を, 謙虚を, 講義に, 識見に, 警固に, 警衛という, 議論は, 買上げに, 費用として, 質問が, 趣意に, 足そろ, 足は, 身体で, 身分なる, 軍に, 軍の, 辺が, 返報かと, 返礼使に, 迷惑も, 迷惑を, 逗留中と, 通知の, 通行筋に当たる, 造営奉行という, 連様という, 道筋に, 遺言でさ, 遺言には, 遺跡を, 遺蹟という, 遺骸が, 還啓の, 郷里においては, 配偶が, 配慮には, 金が, 鐙に, 長子一幡さまと, 門弟衆の, 陽光天地に, 陽気が, 隠家, 隠居が, 隠居さま寸白の, 隠居様に対して, 隠居様も, 隱居, 隱居でも, 隱居と, 面を, 面倒を, 靴は, 鞘を, 領主が, 領主様の, 領地といふ, 顔です, 顔を, 願いの, 養子さんとかを, 養父様から, 饌津より, 首席に, 首級, 骨折願ひたいといふ, 鴻徳の, 齒もちて

▼ そのやう~ (715, 0.1%)

43 なこと 24 にし 22 な事 21 なもの 65 な人, な意味, に私, に考へ, に考へる 4 な, なお, な人間, な場合, な状態, な話, に御

3 [15件] なところ, な人々, な御, な心, な時, な時代, な気持, な点, な無, な真実, な言葉, にまた, に云, に出, に言

2 [43件] であ, である, であること, でなければ, なの, なばからしい, なアルテミス型, なマヽ, な傾向, な光景, な嘲りを, な女, な方, な方法, な望み, な気, な物, な生活, な眼, な笑, な者, な變化, な類, な高言, にする, にその, にひそひそ, に今, に僕, に凄, に強く, に彼, に彼女, に思はれ, に思ひ, に歴史, に理解, に純, に考へた, に見す, に解したい, に評論家的, に駿介

1 [415件] で, であらう, であり, であれ, でしたな, でゐれ, なあきらめ心, なあやの, ないつはり, なうち, なおしやれを, なお方たち, なお歌, なきはめ, なけ, なけがら, なけしかけ詞, なしようむない茶瓶, なそれ自体, などんな, なひとつ, なひま, なほんもの, なみ, なむつかしい, なもう, なものものしい, なややこしい, なる楽, なわが身, なわけ, なゴンゴン, なヒステリック, なムスメ, な一つ, な一人, な一抹, な一時的, な一瞬間, な一般的, な下手, な不, な不仕合せ, な不吉, な不幸, な世, な世間的評價, な予言, な事実, な事情, な二人, な交, な人中, な人物, な人達, な人間関係, な仕事, な仕草, な休ら, な依怙, な依怙地, な俗, な假定, な偉い, な健康, な僕, な光, な共産党本部, な具体的, な内容, な内省自体, な冒險, な処, な出來心, な出方, な分析家, な劇, な力, な労務, な動物的, な勤行, な印象, な原始的, な原罪, な取越苦勞, な叛逆, な口吻, な名, な名前, な周子, な啓蒙的, な場面, な境遇, な声, な変化, な変態的, な夕榮, な外形, な夜, な夢, な大逆, な失敗, な奇妙, な奥様, な女給, な字, な孤獨, な學問, な安易, な對立的, な小さな, な川, な己, な市, な希望, な希臘人たち, な年齡, な幽, な底, な廢屋, な影, な彼, な従順, な御苦労, な心境, な心情, な心理, な心組, な怖, な思想, な急迫, な性格, な息づまる瞬間, な悪口, な情緒, な惡い, な惡業, な惨め, な想, な意圖, な意志的, な意気, な意氣込み, な意識, な愚劣, な愚直, な感情, な感慨, な懷疑, な我々, な或, な手合, な手数, な才能, な折, な折節, な抽象, な振舞, な推参, な故事来歴, な文學, な斷定, な方面, な曉方, な最大, な本質的, な条件, な極北, な様子, な機会, な死態, な母, な氣, な氣持, な氣振, な汚, な激し, な無益, な片田舍, な片鱗さ, な物好き心, な物語, な特殊, な犠牲者, な珠玉, な現, な理由, な生, な生易しい, な疾走, な目, な相談, な真理, な真白, な着物, な矛盾, な神, な私, な私的, な空気, な精神, な紛々, な細かしい, な結果, な統一, な統計, な經驗, な纏まらない心持, な美しい, な聯想, な胸, な腹具合, な自分, な自分自身, な自己意識, な興味, な色々, な芝居, な若い, な苦悶, な薄い, な藝妓はん, な處, な處生哲學, な表現行為以外, な被, な要素, な覚悟, な計画, な説, な談論風發, な證明, な責め, な質問, な軛, な輩, な轉換, な述懷, な遊事, な道, な野心, な野蛮, な銘酒, な關聯, な面白, な風, な風變, な馬鹿, な駒平, な騒ぎ, な高価, な鬱勃, な點, な鼻, にある, にお, にか, にかしこまり, にこの, にこれらすべて, にこんな, にさんざ, にしか思はれなかつた, にしか思へなかつた, にすぐれた, にすら卓一, にただ, になつ, には, にまで思はなけれ, にむごたらしく, にわが, にボッ, にマルクス主義, に一概, に三枝, に上げ下げ, に上野山, に乱暴, に二人きり, に云う, に云つて, に人, に人間學, に人間精神, に仰せ, に何やら, に何事, に信じ, に傲然, に優しい, に冷, に冷静, に出られた, に卑屈, に取り, に右, に呟きた, に和やか, に夜ごと, に大切, に大盗, に女, に女らしい, に嬉しい, に子供, に孤獨, に定, に家屋, に實踐, に希, に希望, に平明, に延ばし, に弱う, に形式的, に後, に御礼, に快く, に念じ抜きました, に怖, に思つて, に思はせた, に思はれた, に思ひこん, に思ふ, に恐しい, に想像力, に感じた, に感じる, に慌ただしく, に慣れた, に手, に把握, に撫でられる, に新, に新しい, に早, に映つた, に普通, に書いた, に會, に有力, に望ましい, に期待, に歪んだ, に死, に母, に毎朝, に気, に気取る, に江戸末年, に泣い, に泣いた, に浅, に海, に湧きたつ, に満足, に無情そぶり, に無感覚, に熱, に狹め, に理由, に甘味, に生き, に甲羅, に申した, に痩せ細らせた, に百姓, に目出度い, に相手, に眺める, に称し奉る, に竝, に紙面, に素早い, に素直, に結ばれ, に美しく, に考へられる, に考へるなら, に考へ直した, に肩, に自ら死, に致します, に色々, に花々しい, に芸術, に茶利, に藤村, に蜂, に見えます, に見すて, に見せかける, に言はず, に言渡した, に詩人, に話し, に語り, に誰, に諦らめ, に進ん, に運ばせ, に遠方, に都会, に長い, に限定, に隱, に雲表はるか, に非, に顔面, に顫, に首, に魘, に鼻唄

▼ その~ (699, 0.1%)

112 になっ 38 になれ 35 になり 30 になった 20 になる 14 になつ 11 になつて 10 になれない 9 がある, があるなら, もなく 8 になったら, にならない 7 だから, にさえなれ 6 があれ, でいた, にお 5 さえあれ, で来た, ならこっち, になれず 4 でいる, ならば, になりました 3 があっ, がお, が知れない, では, で一つ, なら一緒, におなり, になりまし

2 [22件] があったら, があり, がない, がなかっ, だもの, でい, でせいぜい, でひたすら, で精進, で附, なの, なら, ならあっし, ならと, なら此方, になりゃ, になれなかった, にはなれない, の弱, の弱い, の狂った, 恥ずかしさ

1 [254件] あり, ありだ, ありだから, ありで予当時動物心理学, うけは, おくれの, おのずから脳天, か, かもう, があ, があります, がしずまらぬ, がする, がなくっ, がなけれ, がまえ, がものすごく, が全く, が出る, が判らない, が多分, が有りゃ, が無くなってる, が見えなかった, が起こらなかった, が起っ, が通ずる, ぐらいを満足, さえあったら, すでに消散, すらみえない, だったかも, だったらそれで, だったん, だつた, だで, だもん, だ畢竟, で, であした, であちら, であった, であったらしいお嬢さん, であるから, でいたらしい, でいなくっ, でいるなら逢わせる, でお, でおります, でお前, でここ, でござらっしゃれよ, ですからね, ですぐ, でそち, でそんな, でつき合っ, でどこ, でなくっても, でなければ, でぬからず頼む, でぬかる, でね, でも, でもっと, でやっ, でゐ, でゐるらしい, でハニスム, でパク, で今日, で付き合う, で付き合おう, で付き合っ, で仰有ったとは, で何もかも, で再び, で勉強, で夕方, で居る, で居れ, で席, で待っ, で念入り, で手, で探し, で日, で更め, で歩き出した, で沢山, で生き, で相手, で私, で篠ノ井, で考え直します, で芝居, で行く, で行くです, で見る, で見れ, で言った, で試み, で話し, で読ん, で附合, で頬杖, で餌, で髯, な, なきにし, ならあたい, ならおれ, ならこだわること, ならこの, ならこッ, ならじき話, ならすぐ, ならそう, ならなに, ならなんで, ならなんでも, ならひとつ, ならまあ, ならもう, ならわし, ならナニ, なら代わって, なら俺, なら僕, なら娘, なら容捨, なら征服, なら慈母さん, なら憚りながら, なら生涯野村, なら自分, なら藤江, なら許さんぞ, なら話, なら遠から, なん, にかかる, にさ, にさえなっ, にさえなられるなら, にさえなる, にさえなれあ, にさせられ, になったらしい, になったらしく, になったら忍ん, になってた, になってる, にならず, にならせる, にならなかった, にならなかったら, にならなけりゃ, にならなけれ, になられた, になられる, にならん, になりかけた, になりやい, になるなら, になれない思ひ, になれなかつた, になれません, になれませんでした, になれる, になれるなら, にはなつ, にはなられぬ, にはなれまい, には大胆, にもならなかった, にもなれない, にもなれん, によった, に入り, に包まれる, に合った, に喰わない, に従う, に成っ, に成れません, に打たれる, に掛かる, に染まる, に残っ, に逆らう, のついで, のどく, のない, のふれ, のやさし, のわからない, の利かな, の利く, の地, の天, の小さい, の張り, の散ぜざる, の日, の激, の短い, の置ける, の荒い, の軽, の進まない, の配り, の長い, はあった, はありません, はい, はいが, はいに, はいも, はおのずから, はかんむり, はなくなっ, はひ, はわたし, は無い, は狂い果てなかった, もありませんでした, もなけれ, も知らず, も知れない, らしい, をつかう, をつけない, をなくす, をまぎらし, をもって圧伏, を受けざる, を失っ, を察し, を引く, を引立てよう, を斂抑, を現, を見せ, を転ずる, 不味い雰囲気, 持つてなかつたわ, 散ずれば, 既に餒, 発しては, 荒な, 重い調子, 障な, 障加減

▼ その原因~ (691, 0.1%)

18 の一つ 9 を帰, を説明 6 の大きな, はどこ, をなし, を調べ 5 は私

4 [13件] があった, がある, がどこ, ではない, となる, なの, に就い, はいろいろ, はやはり, は決して, を探究, を発見, を研究

3 [21件] がこの, がはっきり, が何, というの, となっ, となった, と云う, になった, の一半, の主, の第, はいかにも, は一, は何, は誰, を, をよく, を尋, を深く, を知っ, を考え

2 [49件] が, がなん, がひそん, が仕事, が何で, が判明, が判然, が知りたい, が知れぬ, だと, であった, であったの, で婆さん, として神, とは何ぞ, についていろいろ, につき, になっ, のある, のうち, のすべて, の一ツ, の何たる, の私, はいずれ, はいづれ, はこの, はその, はまだ, は不明, は主として, は側, は少し, は常に, は必ずしも, は明らか, は種々, や結果, をあれこれ, をたださず, を判断, を数, を検討, を知る, を破, を考究, を話し, を読書執筆, を調査

1 [413件] かしら, からこの, から墜落, から考え, があり, があるらしかった, がいつもちっとも, がおかしい, がここ, がその, がただ, がどう, がどうして, がのみこめなかった, がはつきり, がまた, がまだ, がみんな正二郎, がやっぱり, がシカ, が世間, が主として, が人間, が佐川二等兵, が何だか, が何処, が余りに, が例, が全く, が分かりました, が分かる, が分っ, が分つ, が分らなかった, が分りました, が判, が判っ, が勝者, が千鶴子, が合理的, が周囲, が存在, が実に, が幼稚, が床, が思ひ当らぬ, が明らか, が構想, が武勇, が求められね, が消える, が甲辰, が疑われた, が病気, が発覚, が白鳥会員, が社会, が私たち, が第, が自分, が親爺, が謎, が遺言書, が鏡, が風邪, が飼い, たらずんば, たるその, たる事, たる悪, だった, だったと, だという, だとは, で, であったこと, であったもの, である, であること, であると, であるという, である些細, である朱雀調べ, である男性, である自分, ででもあった, でなければ, でもある, と, というもの, とか夫, とか理由, とか解決, とされ, として, としてはどの, としては私, として中間, として其動植物, として従来, として放送網, として有っ, として申, とて他, とともに過ぎ去っ, とは一体, とは人民, とは信じ, とみなすべき, ともいうべき, と人柄, と動機, と救治, と来るべき, と称する, と称せられる, と考えられ, と見, なかるべからずなに, なれば, についてあれこれ, についてお, についてだいぶ, についての考察, についてはとても, については諸, について尋ねた, について意見, について是非とも, について根, について男, について知る, について考へ, について考察, になる, にはなっ, には多少, には少く, には目前, にふれ, にまでふれ, にも多様, によって他日, によって結果的, に候, に対してどういう, に就, に思ひ, に至っ, に適当, に関聯, のいかん, のさら, のすでに, のよう, のよっ, の一部, の不明瞭, の中, の主たる, の半ば, の多く, の大, の如き, の己, の所在, の最大, の検討, の発覚, の真相, の確か, の背景, の解釈, の説明, は, はあの, はあらゆる, はいっそう, はいつも, はおそらく, はかう, はこれ, はじつはもっと, はそれ, はたいてい, はただ, はたぶん, はつまり, はという, はともあれ, はともかく, はと言う, はどう, ははっきり, はまだはっきり, はわかっ, はわからない, はエーゴル・マクシモヴィッチ, はコックリ, はハッキリ, は一言, は下らぬ, は中平, は二つ, は人間, は今, は今ここ, は今日, は他, は何かと, は何となく, は何ん, は何処, は作家, は個人, は個性, は僕たち, は全く, は出版社, は分からない, は判った, は判らない, は前, は前時, は労働者, は勾当, は即ち, は古き, は古今, は右門, は同志, は四肢, は団菊左, は坐る, は如何なる, は実に, は宴会料理, は容易く, は專ら婦人, は市街そのもの, は幾多, は彼, は彼女, は彼自身, は御, は必ず, は必要, は思想, は恐らく, は最初, は未だ, は果して, は欅, は母親, は気候, は沙漠, は海関税, は深遠, は煙草, は燐, は狐, は猶, は玄蕃允, は皆ここ, は皆斯様, は知らない, は知れないです, は社会, は社会的, は神社, は科学, は科学的精神, は空気, は第, は精神的, は統一, は肉体的快楽, は胚種基, は膳, は菊池大麓先生, は衣子, は謙信, は近く地位, は飲み過ぎ, は首領間, までちゃんと, までを語る, まで深く, もこんな, もついで, もはつきり, もシュワルツコッフ博士, も何, も知らない, も食糧難, や加害者, や理由, らしいの, らしいもの, をあげ, をいねちゃん, をうたぐっ, をかんがえる, をきわめず, をこれ, をさぐる, をそこ, をたしかめる, をたずねし, をたずねる, をただす, をついに, をつきつめ, をつきとめる, をどう, をなす, をひと口, をわが, をバルザック, を主として, を久美子さん, を云え, を人力以外, を今日, を仔細, を個人的論理, を僕, を全部, を冷静, を分析, を剔出, を助け, を取除かう, を問わざるなり, を士大将, を尋ね, を尋ねたなら, を尋ねよう, を尋ね求める, を左, を彼ら, を御, を忘れ, を悟らなかった, を意識, を成す, を持っ, を持つ, を指導者, を指示, を探求, を推究, を改めなけれ, を政府, を数えようなら, を明, を明かし明かし, を明らか, を暗中模索, を暴行, を最悪, を某氏, を極, を正さずし, を正確, を殊, を氏, を求め, を求めずし, を物語っ, を犬神, を狐, を狐狸, を王政維新, を理科学的, を生, を申さ, を男子, を知らない, を知らね, を知らん, を知ろう, を知悉, を秋川ひろ子, を種々, を究めさせたくなる, を究めざる, を究めずし, を究明, を簡単, を考, を考える, を考え出す, を考へまする, を考察, を臆測, を自認, を覆えす, を見出す, を見極めた, を訊ね, を証明, を詳しく, を語, を調べられた, を調べる, を論じ, を論ずるなり, を論究, を講究, を辿っ, を除き, を除ける

▼ その~ (679, 0.1%)

89 一の 65 一は 28 二の 21 二は 16 三の 14 一回の 13 一に 10 三は 6 一回は 5 一日の, 四の 4 一が, 一には, 一種は 3 一回を, 一着手として, 一面の, 一頁に, 一頁を

2 [30件] 一である, 一ページに, 一作, 一印象に, 一卷を, 一囘が, 一回には, 一回より, 一回目の, 一報は, 一巻第, 一日が, 一期に, 一期の, 一条には, 一番に, 一石を, 一種に, 一階に, 一頁の, 三回目の, 三期の, 三種に, 二, 二号に, 二日に, 二種に, 六に, 六番て, 十一集で

1 [320件] を諸, 一, 一すなわち, 一だ, 一だった, 一という, 一として, 一を, 一パラグラフは, 一ページは, 一七小節から, 一世だった, 一主義を, 一会戦に, 一位に, 一作を, 一例としては, 一例なる, 一冊から, 一出版を, 一出発点に, 一切断面では, 一印象が, 一印象の, 一印象は, 一卷には, 一原因と, 一原因なり, 一原因は, 一句の, 一号から, 一号すなわち, 一名例律の, 一周目が, 一哲学たる, 一問にて, 一囘を, 一回から, 一回が, 一回公演は, 一回受賞者は, 一回戦が, 一回総会が, 一回試演として, 一回議員に, 一図に, 一報を, 一夜に, 一夜は, 一夜を, 一学期の, 一局である, 一局目で, 一巻, 一巻の, 一巻二十七節, 一帶は, 一幕であった, 一年目であった, 一年目の, 一弟子の, 一必須の, 一急務は, 一感に, 一戦に, 一戦において, 一手の, 一日で, 一日と, 一日に, 一日以後を, 一日早々から, 一日東郷青児と, 一日欅平の, 一日目から, 一日目の, 一時から, 一時間目型を, 一景の, 一期は, 一期工事が, 一期戦は, 一条だけを, 一条の, 一条は, 一条をもって, 一条件から, 一案を, 一條は, 一楽章に, 一橋で, 一次が, 一次の, 一次攻戦の, 一段には, 一殿が, 一版が, 一版については, 一版を, 一理由は, 一番を, 一番目の, 一番目のは, 一発を, 一着として, 一着手, 一着手に, 一瞥, 一石が, 一石の, 一種の, 一稿には, 一章, 一章に, 一章第, 一等に, 一策を, 一節には, 一篇の, 一組から, 一編は, 一興行地を, 一行から, 一規定である, 一規定と, 一試演に, 一詩集から, 一課の, 一部が, 一部と, 一部を, 一門を, 一関節の, 一院といふ, 一陣として, 一陣は, 一面が, 一頁から, 一頁ごとに, 一頁目に, 一頁目を, 一首, 一首である, 一騎兵隊の, 一魂は, 七に, 七巻までが, 七感が, 七日, 七日目の, 七条, 七番目の, 七章で, 三が, 三に, 三シヤボン庫と, 三ページであった, 三世は, 三中隊長だった, 三十七番て, 三十三番て, 三十二番て, 三十五番て, 三十八番て, 三十六番て, 三十四番て, 三十番て, 三命題において, 三回の, 三女を, 三子ロベルト, 三巻, 三幕の, 三幕目に, 三幕第, 三形態の, 三日曜日から, 三期が, 三期に, 三条の, 三次, 三段の, 三版に, 三班の, 三番目の, 三話です, 三通めでした, 三面には, 三頁目には, 九子義直の, 九条には, 九章中の, 九話です, 九議会も, 二が, 二だった, 二として, 二に, 二を, 二ページであった, 二七一, 二主題とは, 二代の, 二公式は, 二切断面では, 二十一番て, 二十七番て, 二十九番て, 二十二番て, 二十二編の, 二十五番て, 二十八番て, 二十六番て, 二十四番て, 二十番て, 二原因なり, 二句の, 二号か, 二回は, 二回目の, 二夫人を, 二女に, 二子は, 二巻の, 二想定の, 二戦線は, 二日目の, 二曲までと, 二期において, 二期の, 二期を, 二期運動として, 二楽章を, 二次と, 二次勧告書として, 二次的な, 二次計画は, 二歩は, 二歩を, 二段の, 二段階の, 二法若く, 二流陣などは, 二版の, 二版以後が, 二第, 二筆には, 二篇に, 二組だった, 二線は, 二線をも, 二芸術そのものに対しては, 二若く, 二話です, 二部で, 二部に, 二部において, 二隊は, 二階の, 二面には, 二面の, 五の, 五は, 五中隊第, 五列という, 五列との, 五列の, 五十三章の, 五句の, 五話です, 五話の, 五部を, 五集を, 五頁の, 何日目かに, 八及び, 八番目の, 八篇第, 八話です, 六の, 六人目には, 六番目の, 六発目で, 六篇掲ぐる所の, 六話です, 六輯では, 十なる, 十一, 十一代目仁左衛門の, 十一話です, 十三号館の, 十三章を, 十九基督世紀の, 十九番て, 十二のみ, 十五節を, 十六巻の, 十囘に, 十四巻の, 十回目の, 十巻の, 十歩の, 十話です, 参版を, 四は, 四ページであった, 四列目の, 四十二囘に, 四号の, 四年目の, 四指に, 四次元の, 四版は, 四番て, 四話です, 四陣まで, 四階級の, 四面には, 百番目が, 1は

▼ そのへん~ (675, 0.1%)

31 のこと, のところ 8 にいる 7 の事情 6 にある, をぶらぶら, を見まわし 5 の消息, はもう, をうろうろ, を見, を見まわしました 4 いったいを, なもの, にかくれ, をさがし

3 [14件] で結構, に, にちらばっ, にはだれ, に落ち, の地面, はさびしい, は大きな, は心得, まで, をキョロキョロ, を散歩, を歩い, を歩きまわっ

2 [46件] いったいが, でお茶, です, では, でやめ, で甘く, で眠れたら, で静か, な凝視, な男, にいた, にいない, にころがっ, にざら, には人, にも幾つ, にゐる, に何, に穴, の, のお, のところが, の事, の儀, の土, の外貌, の岩, の椅子, の水, の海, の立ち木, はいけ, はなかなか, は昼, は街灯, をくま, をぐるぐる, をさがしまわっ, をさがしまわりました, をしらべ, をぶらつい, をよく, を照らし, を考え, を見まわした, を見まわす

1 [405件] あんまり自分勝手, いったいの, いったいは, いったい一目, うまくたのむ, か, からおこっ, からだろう, からとび出し, からは土堤, からもう, から化けもの, から始めね, から当っ, から当然, から段々, から聞え, から裏山, から足柄明神, がお, がさわがしく, がちょっと, がなかなか, がはっきり, がみょう, がパッ, がボンヤリ, が七面鳥, が不審, が僕, が妖怪, が意味, が手ごろ, が水, が燃える, が見える, が道順, ずゐぶん曖昧模糊, だけについ, だけ底, だつたの, だなあという, だね, ってどの, で, であらう, でいい, できょう空巣, でご, でざら, ですんで, でちょい, でとにかく, でまた, でゆっくり, でよい, でよから, でよし, でよろしい, でわしたち, でキリ, でストップ, でテニス, でビール, で一杯, で人影, で休ませ, で何, で僕, で出御待ち, で彼女, で手, で掻き消す, で止めない, で気分, で泊る, で涼んで, で知りあった, で組んずほぐれつの, で落, で許し, で諦め, で降参, で頭, で飯, で黙っ, とは, と思う, と思っ, どうです, なこと, などにちょっと, な人生サイクル, な仏像, な仏像みたい, な娘, な子ども, な客, な英語, にあの, にあやしい, にあり, にいくら, にいたら, にいちめん, にいるらしい, にいろいろ, にうずくまっ, にうろうろ, にこないだ, にごろ, にし, にしかない, にすて, にたおれ, にだれ, にてよろしい, にとどめ, にどこ, になに, になにか, になる, にはあやしい, にはかげ, にはたけ, にはまだ, にはみえませんでした, にはめったに, にはわせた, にはコンブ, には家, には工場, には影, には東国武者, には桔梗, には熊, には紅い, には見あたりませんでした, には見られぬ, には見受けられなかった, には見当らず, には電灯, にひかえ, にふわふわ, にほか, にまるめ, にも, によび, にウロウロ, にクマ, にザラ, にハタキ, にペスト, に一, に下りる, に人, に住ん, に北山, に四十面相, に在る, に壮二君, に姿, に小説家中野, に居あわせた, に快, に怪老人, に散らばっ, に来, に棒, に植ゑてお, に江戸, に狩, に眼, に立ち, に竹, に耕作, に藤井紋太夫, に見えなかつたら, に見なれない, に謂, に豹, に踏切り, に転, に辻待ち, に遊ん, に遺漏, に長崎通詞一般, に隠れ, ぬかりなく, のうち, のお家, のこつ, のごく, のごみ, のそう, のてき, のところぢ, のどこ, のなにやら, のほこり, のもの, のようす, のサラリーマン, のテンヤ物, のドア, のパンパン, のビルディング, の不手際, の乞食, の人, の人々, の住民たち, の作用, の写真屋, の別荘, の区別, の区別アイマイモコ, の呼吸, の商店, の土鼠, の地理, の大道, の子どもたち, の家, の小屋, の山荘, の岸, の島, の川, の床, の廊下, の引出し, の御, の微妙, の心境, の挙止, の捜索, の新劇俳優, の木立ちの中, の枯れ草, の棚, の植民地, の様子, の標準, の機微, の決定, の海岸, の海底, の海面, の漁師, の焼, の物, の珊瑚, の町, の百姓娘, の百姓家, の皮膚, の紳士淑女, の縁, の考え, の考慮, の肉, の苦心, の草, の蝶番, の街灯, の見当, の覚悟, の解釋, の計算, の谷, の農民, の連中, の酔っ払い, の野菜籠, の金棒引き, の門, の青, の鶇, はこれ, はさ, はさびしいやしき, はすべて, はたいへん, はたれ, はとっくに, はどう, はにぎやか, ははっきり, はひどく, はほんとう, はまる, はもう平常, はやしき町, はよく, はよろしく, はカニ, は上海人, は単線, は夕方, は実に, は山の上, は念入り, は正, は海水, は田, は男女, は石ころ, は臨機応変, は船, は見あげる, は誰, は雑談, は餘程愼重, は高い, は黒山, へきたら, へぶ, へフトン, へ旅行, へ連れこむ, までで結構, まではまだ, までは史実, までは我慢, までは見当, まで我慢, まで散歩, まで来る, まで行かない, まで行く, まで送っ, まで送らう, まで送ろう, も, もありましょう, もたいへん, もたしかに, もひとつ確め, もやはり, も十分, も含ん, も實, も相当, よくは, をあるい, をいかにも, をうす明るく, をうろついてる, をくまなく歩きまわっ, をさがさせた, をさがしはじめました, をすっかり, をすーっ, をずっと, をぞろぞろ, をちと, をちよ, をつっつい, をてらし, をながめまわした, をはい, をふれ廻っ, をまごまご, をまだうろうろ, をみまわし, をもっとハッキリ, をトラック, をノソノソ, をバクゼン, を俗, を宇宙, を少し, を巡っ, を往, を徐行, を手さぐり, を捜し, を捜す, を掘りひろげました, を探した, を探し廻っ, を明るく, を歩き, を歩きはじめました, を歩きまわつ, を歩きまわり, を歩きまわりました, を歩きまわる, を歩き廻った, を歩き廻つ, を歩き廻つた, を歩く, を死にものぐるい, を泳い, を泳ぎまわる, を滝, を照らしました, を片づけ, を片づける, を見まわる, を見る, を見廻し, を走り, を走り回りし

▼ その~ (662, 0.1%)

10 がない 6 がある 5 の強い 4 がなかっ, のある, の及ぶ, の強, を弱め, を発揮, を自分, を逞しゅうする

3 [11件] が強く, のない, の下, は弱い, は強く, は彼, を利用, を失った, を有する, を用, を集中

2 [36件] がなおも, がまだ, が馬, によつて, により, に反抗, に敵すべから, のはたらき, のゆえ, の無い, はどこ, はよく, は非常, もだんだん, もまた, も尽きた, をどう, を伸, を借り, を加え, を十分, を及ぼす, を増し, を失っ, を失つて了, を心内, を感じる, を持っ, を有するなら, を欠く, を殺ぐ, を減ずる, を発展, を自, 弱きとき, 最も多き

1 [504件 抜粋] ある光勢, ある審判, かくわが, からのがれよう, から脱出, があっ, があの, があり, がありません, がいずれ, がおさえられ, がかぶさ, がどういう, がどの, がなく, がなくなった, がまだ決して, がまるで, がわたくし, がわれわれ, が一つ, が何, が僕, が全く, が具わっ, が凝っ, が出なかった, が加わっ, が厚い, が及ばなかった, が同一, が増大, が大, が失われ, が婦人, が宇宙的, が射手, が弱くっ, が弱められ, が強大, が復讐, が心交, が或, が昔, が有益, が来る, が果たして, が案外, が死んだ, が残存, が減っ, が湧く, が準備, が無, が無い, が煙硝, が現れず, が現代日本, が現在, が甚, が生じ, が生地, が生活難, が私, が立脚, が等しく, が筋肉, が絵, が続く, が落し金, が蓄積, が虚弱, が衰, が衰え, が関係者, が限られ, が雷電, こそ奇跡, こそ実に, こそ彼, こそ異なれ, こそ軍隊, さえあったなら, さえなく, さえ十分, その価, その技術, その柔さ, その生命, その美, その野心, たちまち滅, だけに働く, だって追っ払っ, だつたが, だと, つよさ, で, であった, である, でいくら, でこの, でございます, でせい子, でどこ, でぶかぶか, でぶらんこ, でもっ, でもつ, でより, でわずか, で一もみ, で二人, で他, で働い, で働く, で僕, で冬風邪, で出世, で古, で子供, で工場, で彼女, で恢復, で敵, で水, で潜水機, で膨らせます, で舟, で草の根, で近々, で逐いやらるる, で隠, で養っ, といい, というの, というもの, としてあり, とその, とともにい, となる, とはあたかも, とはどんな, とは何, とまじり, とまじりつ, と勇気, と對抗, と智慧, と物体, と申します, と美し, ない鬱積, なきとき, なき枝椏, なくし, なさ, なり方法, なん, にかな, にさえあなた, にさからわず, にじっと, にたいてい, につれ, にてバッキンガム, になっ, にのってか, には前, には及ばない, には及ばなかった, には圧服, には打ちかつ, には驚く, にまかせ, にも見られる, にも闘争, によってやる, によってようやく, によってわが, によってわたし, によってゴーリキイ, によって北方軍閥, によって奮い起たなけれ, によって押しすすめる, によって支那, によって示唆, によって私, によろめい, に一つ, に他人, に余儀なく, に働かされ, に及ぶ, に向っ, に圧倒, に存, に安, に対立, に左右, に引かれた, に引きずられ, に引き寄せられ, に彼, に従わせられ, に応じ, に恐れ, に應, に抗しきれない, に抵抗, に押え付けられる, に押され, に敗け, に比例, に気圧され, に疑ひ, に真実, に身, に食む, に驕りきっ, に驚く, のあらわれ, のいかに, のうち, のお蔭, のかぎり, のかぎり船, のこと, のこれ, のごくごくわずか, のすべて, のため, のため勇気, のとどかない, のなす, のはねかえりで, のほどにびっくり, のみは黙々, のもつ, のよって, の一切, の一端, の中, の人並み, の作用, の働く, の元, の凡て, の勢い, の十分の一, の大小, の強き, の微弱, の本源, の根原, の極, の欠け, の測定, の満ちた, の源, の源泉, の溢れる, の現れかた, の程, の総和, の逞しい, の頼み, の顕われ, はある, はいったい, はかえって, はことごとく, はしっとり, はじつに, はその, はたちまち, はたとえば, はちょうど, はどうして, はない, はなし, はねばり強く, はひろい, はますます, はまだ, はもう, はものすごく強かっ, はやっぱり, はグラチア, はゴンクール氏, は一人, は主として, は今や, は他, は何, は凡庸, は出, は分裂, は切れる, は区々, は単に, は喜ん, は声以上, は尽き, は差し出された, は常に, は強い, は彼自身, は得, は必ず, は持て, は支那全土, は文章, は歩んだ, は比喩的, は決して, は煉瓦, は物質, は猛る, は猶, は現実, は目, は直下, は瞬転, は磐石糊, は私, は自分, は若かっ, は行動, は親, は讃嘆, は谷川, は貴, は贈り得る, は間接, は限り, は饑, ほど強い, まけの, またよく, もいわれ, もなく, もなん, ももう, もやがて, も今, も全く, も四肢, も失せ, も奮う, も当時, も段々, も衰えはじめた, も資格, も遂に, や美, よ, よく冥界, よく法律, よく発達, わが視力, を, をあしらいかねる, をお前たち, をかり, をさらに, をたすけ, をたどっ, をためし, をつくす, をとらえ, をのばし, をはたらかし, をはたらかせね, をはたらかせる, をば全, をまとも, をもう, をもっ, をもつ, をもてあつかいかね, をも合わせ集める, をゆるめず, をフリーダ, をレデュース, を下, を与えた, を世に, を二十面相, を人, を以て混同, を仮り, を使, を借りなけれ, を働かせず, を働かせる, を入れ, を出し, を出す, を分散, を分析, を加える, を協わせ, を及ぼし, を反対, を受, を受け, を否定, を回復, を増す, を増大, を大きく, を大して, を大変, を失いたる, を失い行く, を失う, を失ったなら, を失つて, を失わない, を奪, を奪った, を尋常, を少し, を尽くした, を尽したる, を尽す, を尽せ, を平均, を平素, を延ばさしめられた, を弱めた, を弱められる, を強く, を強めあう, を強め守ろう, を彼女, を忘れ, を感ぜざる, を感知, を感銘, を我等, を所有, を拡大, を持たず, を持たない, を持続, を振, を揮, を摂取, を支えきれなかった, を支那人, を教え, を有効, を極めて, を残す, を殺し, を減ず, を減ぜず, を潜め, を濫用, を用い, を用いた, を用いよう, を用いる, を痛感, を発動, を相, を相殺, を知りたい, を破る, を籠め, を糾合, を綜合的, を耐え, を胃, を致し, を藉, を表現, を証示しよう, を試めし, を認めず, を貫一, を適当, を遮る, を隱, を集め, を集結, を頼り, を頼ん, を顯, を飲み込んだ, を養う, 一層これ, 利かずと, 及ばず, 及ばず到底, 多かりし, 実に強く, 最も強く

▼ その~ (653, 0.1%)

10 の色 8 の香 7 の一つ, の中, の名 6 の上, を見る 5 の下, の咲く, を摘ん 4 の一つ一つ, の前, の咲い, の形, は何, や鳥, を手, を見

3 [15件] がいま, の, のよう, の匂い, の姿, の影, の状, の蔭, の間, の頃, をいきなり, をお, をながめ, を二つ, を眺め

2 [39件] がくるくる, が一面, が何, さいた木々, という娘, と葉, に候, のす, のひとつ, のやう, の一, の一輪, の下かげ, の匂, の咲いた, の品位, の豪華さ, の鎖, の雫, は, はさち子, はしかし, は彼, は薄, は順, ばなの見事さ, や葉, をじっと, をたくましい, を一つ, を取っ, を取ろう, を持っ, を木の下, を燕, を私, を衣, を見れ, を賞翫

1 [432件] あかく根, からちり, からまた, からまだ, からも伸子, からやって来る, から一, から外らした, から放つ, が, があ, があそこ, があっ, があまり, がありましょう, がある, がいちめん, がいっぱい, がいつの間にか, がうたったでしょう, ががた, がぽ, がぽたりぽたり, がみごと, がやがて, がゆらゆら, がヒルガオ, が一つ, が今, が余り, が僕, が可愛い, が咲い, が咲いた, が咲いたら, が咲く, が大きい, が寒い, が小舟, が微, が惜し, が揺れる, が散つ, が新しく, が昨日今日ほのか, が有情, が横, が欲しい, が残っ, が気にいった, が済ん, が無益, が煙, が爽, が生意気, が白い, が白き, が白く, が目, が目立たない, が知りたかった, が空, が突然, が美しい, が美麗, が育っ, が自分, が花茎, が若い, が莟め, が落ち, が見れるだろう, が赤い, が降った, が風, さいた朴の木, さくとき, さけば, だ, だけがしおらしい, だけでもつかまえ得た, だけを眺め, ちれば, で体中, で御座いますか, で稲, で飾られた, として役目, と同じ, と茎, なり, なりに散った, にいささか, にそつ, にその, につい, について格別批評, には届く, には朝, には根, には艶, には芒, には雄性, には雄花, には風邪, には香い, にひきつけられた, にふさわしい, にまけず, にまじっ, にまつはる, にむかつ, に似あ, に何, に佳香, に凭つて, に前後, に包まれた, に取っ, に向かっ, に対し, に対する彼女等, に接吻, に暫く, に最もよく, に毒薬, に私, に美色, に群がる, に蝶々, に見とれ, に見入らず, に見入りました, に見入ります, に近づく, に逢着, に顔, のあり, のあるじ, のいのち, のうしろ, のうち, のうつくし, のかすか, のかたまり, のこと, のごとき, のごとく, のさいた, のさかり, のさく草, のしぼんだ, のじ, のそば, のため, のついた, のない, のひとつひとつ, のまた, のまん中, のみづみづしい間, のもろく, のよ, のコップ, の一茎, の下あたり, の下陰, の世話, の中央, の代り, の偉容, の傍ら, の元素, の光輝, の全体, の冠, の冴えた, の占, の受精, の向う, の品種, の唇, の多い, の姿勢, の実際, の底, の心, の性質, の感じ, の押された, の持っ, の散らまく, の散る, の数, の根, の植木鉢, の様子, の清楚, の点々, の焼けた, の独特さ, の盛り, の真紅, の種, の穂先, の積み重ね, の穗, の組み立て, の総, の美し, の群, の色香, の芯, の花冠, の花序, の茎, の莖, の華麗, の薄, の行方, の褪せた, の話す, の野原, の長, の開ききる, の露, の面影, の顔, の鮮, の黄金色, はあまり, はあまりに, はいつか, はうまい, はけっして, はこの, はござんした, はさして, はその, はそのまま, はそんな, はたいそう, はただ, はだ, はちょうど, はちょっと, はつい, はなんと, はのめ, はひとつ, はまた, はまだ, はみな裸, はみんな, はもう大方, は一つ, は円卓, は冥府, は十間先, は同, は咲く, は四花弁, は図上, は図中, は夕, は夜, は大して, は媚びた, は容易, は小さかっ, は小さく, は恋, は旦那様, は暁天, は月光, は未だ, は枝, は枯れ, は植物, は極めて, は橙色, は火, は片, は男, は白粉, は白色, は眺められ, は純, は綺麗, は老い, は花粉, は茎, は茎頂, は菊, は萎れ, は血, は見る, は間もなく, は面倒, は高く, は黄色, へ他, へ来た, へ顔, べん, むこの, ももう, も千, も咲かない, やその, や南京玉, や大きな, や実, や果実, や果肉, や莟, や葉っぱ, より雪, をあちこち, をいじくり, をいじった, をいつも, をいれる, をうつ, をください, をささげ, をさらに, をつけた, をつまみました, をつむ, をつん, をどう, をば古びたる, をむしり取っ, をめがけ, をもてあそん, をよこしなさい, をり, をテエブル掛, を一つ一つ, を一つ一つ指, を一朝, を三丁目, を下げた, を下さい, を不思議, を仰いだ, を使う, を取つ, を取り, を咲かす, を咲かせる, を唇, を喜美子, を圧す, を執る, を売る, を子供, を小, を庭, を当時小石川植物園事務所, を彼, を念, を思ふ, を感賞, を手折っ, を投げ, を折っ, を折りとっ, を折り取っ, を拾, を拾った, を持ち扱っ, を持った, を持つ, を持て囃す, を指先, を採, を採っ, を摘, を教え, を明るい, を枯らさない, を根, を欲しい, を求むる, を求め, を法水, を無残, を王さま, を異し, を盗む, を盛り上げた, を目あて, を眺めました, を示す, を竜, を簪, を耕一君, を著, を蕾, を襟, を見ざる, を見せました, を見たる, を見つめ, を見よう, を見上げ, を見上げる, を見入った, を訪ね, を認め, を買う, を買つて家, を賞し楽しむ, を送っ, を通して感じられ, を開かう, を面妖, を食用, 互に相, 何と男性的, 動く, 吹く天, 売り娘, 嫁ごに, 故に人, 最も必要, 気味悪いわ, 被皆かく, 赤く根, 開いては

▼ その~ (652, 0.1%)

16 に立っ 9 へ寄っ 8 へ往 76 にいた 5 にお, へ行っ 4 にある, にいる, に坐っ, に附き, へ飛ん

3 [11件] でぼんやり, には, には彩色, にゐた, に立った, に腰, に近づい, に青い, の小さい, を通り過ぎ, を通る

2 [45件] えを, で姉, なるうつくしき, にはまた, にはもう, にはトムさん, には小, には小さな, には明治時代, には道伴, にゐる, にゴロン, に一疋, に並べ, に二人, に別, に坐った, に寄つて, に小さな, に居る, に座布団, に歩み寄り, に眠る, に美しい, に膝, に落ち, に長く, に青年, の卓, の壁, の径, の新, へいつ, へよっ, へ坐っ, へ寄った, へ走り, へ近付い, まで来, を通, を通っ, を通り, を通り抜け, を通り過ぎる, を離れ

1 [453件] えなる, からおり, からすぐ, からまた, から岩崎, から年, から数多, から新, から砕け, から私達, から自分, から見れ, から身, から遠ざかった, が芭蕉布, だよ, でうとうと, でうま, でこう, でしや, でその, でそれ, では飯尾さん, では黄色, でまた, でまるで, でみよ, でやすが, でやはり, でシクシク, でニタニタ, で下婢, で今, で何, で光子, で初秋, で前, で十九, で千代紙, で千束守, で半, で各, で商人風, で女, で子供, で寝る, で小さく, で尹医師, で息, で朝, で汗, で父, で細い, で細君, で襷がけ, で風車, で騒い, なるかの, なる大刀, なる縁起棚, なんか歩く, にあたし, にあった, にあつ, にあやつり, にあらずし, にいず, にいつも, にいなかった, にいま墓地, にく, にここ, にこれ, にさ, にした, にすこし, にそっと, にその, にたちより, についてゐた, について仕事, について堺筋, にてわれら, にと, になに, にはいつも, にはこの, にはそれ, にはた, にはなほ一, にはぴかぴか, にはほか, にはまだ, にはもはや, にはやはり, には一人, には一寸, には一挺, には一本, には一株, には丁稚, には三尺, には下, には中年, には主人, には低い, には何, には例, には初老, には単なる, には古びた, には古白君, には大きな, には実に, には工兵, には最も, には根本家, には極, には洗髪, には災禍, には父子, には珍, には番頭, には白, には白樺, には砂利, には神道, には第, には美しい, には能樂, には荒むしろ, には菓子, には血, には証拠物件, には詩, には質屋, には赤鬼, には鉛筆五六本, には銀貨, には銅線, には隱居, には風呂桶, には高蒔絵, には黒塗, には黒衣め, にひざ, にひとところ畳一枚敷, にぼろぼろ, にぼんやり, にまた, にもう, にやっぱり, にゆきました, にゆく, にゆれ, によって行った, によりません, にゐたる, にゐない, にサン, にシヤン, にテント村, にハム, にフロック姿, に一つ, に丈, に三坪, に三尺, に三畳, に三角測量標, に並べる, に並ん, に中年老年, に主人, に九谷焼, に二, に二歳, に伏せ, に佇む, に佇ん, に佇んだ, に佐助, に侍, に俵, に備, に僅か, に内田さん, に円石, に別に, に前, に十三, に十五六, に十四五, に受付, に古風, に可愛らしい, に同人, に在り, に地蔵様, に坐, に坐らせた, に夥しく, に大, に大きな, に大型, に大王殿下, に大理石, に女, に如水, に婦人用, に寄つて來, に寄つて手, に寄つて行, に寄らず, に寄り添う, に寄生, に寝転ん, に寢, に小, に小さい, に小店一軒, に小腰, に少し, に尻端折, に居た, に山木, に峙つ, に崩, に庇髪, に店, に建てられた, に引, に彼, に心, に怪物アームメット, に押し, に持っ, に持つ, に挟箱, に挿む, に散らばっ, に敬二郎, に於, に書き添えた, に書き込まれ, に木立, に未, に札, に杉, に来, に来り, に枕, に根つけ, に桐, に植ゑられて石, に榎, に横, に此, に歩み寄っ, に流木, に添寝, に煩く, に父さん, に甚だ, に男, に番, に白い, に白木造り, に直, に眠っ, に石菖, に磯谷, に稍, に空地, に突っ, に突伏, に立, に立たせ, に立ち, に立ちし, に立ちどまり, に立つ, に竝べた, に竹藪, に細き, に絆され, に絹帽, に緑色, に縫子, に置い, に置いた, に置かれた, に老媼, に背, に脱いだ, に脱し, に腰かけた, に自分, に花火, に草, に草書, に菅公, に萎れ返つ, に葭簀張, に藩主, に行, に行く, に見た, に角度, に詩, に赤い, に走っ, に走り, に足, に跪き, に蹲り, に蹲ん, に身, に転がった, に近づかず, に近づき, に近寄る, に遊び戲, に重々しく, に長い, に附い, に附き添い, に附記, に離れざる, に青, に静か, に頑丈そう, に風呂敷包, に飯炊, に馬, に駄菓子屋, に駆け寄っ, に駿足, に驅, に髑髏, に魔, に黒, に黒羅紗, のうす赤い, のお, のところ, のもう, のベンチ, の一軒家, の人, の仏, の問屋, の小屋, の山の根, の岩, の庄亮, の所, の捨札, の文学者, の明治神宮, の机上, の松の木, の柱, の桜, の檢査係, の煤けた, の熊笹, の番小屋, の砂糖, の素焼, の細い, の緋繻子張り, の薬台, の血, の酒瓮, の黄色, は海, へ, へいっ, へいった, へすわっ, へとん, へと寄つた, へと行, へはいなかった, へは寄り付かぬ, へは寄付け, へクッキリ, へ両, へ今, へ体, へ出, へ参ろう, へ同じ, へ坐つ, へ大きな, へ大重君, へ寄つて, へ寄る, へ新しく, へ来, へ片手, へ猿ども, へ突, へ自分, へ萩, へ行かない, へ行けなかつた, へ行つて, へ近づい, へ近づいた, へ近寄っ, へ音叉, へ馬, へ駆け寄り, まで行っ, まで行つて, まで近づいた, より蝋燭, をそつ, をそれ, をちつ, をぶるぶる, をゆっくり, をスコットランド, をスチーム, を大きな, を大股, を快活, を打, を擦り抜け, を散歩, を歩い, を流れ, を狂気, を素通り, を臆病そう, を自転車, を行く, を退かん, を通つた, を通つた時, を通り抜けた, を通り抜ける, を通り過ぎた, を通り過ぎました, を通り過ぎよう, を通過, を遊行, を離れよう, を離れる, を離れ得ざるなりき, を駈け

▼ その~ (650, 0.1%)

49 の中 10 の下 8 の輪 7 に照らされ 6 のうち, 遍く一座 5 で見る, のなか, を浴び 4 に照, はなんだか 3 と影, により, の色, は次第に, は消え, を, をたより, を投げ

2 [41件] がさして, がまた, が水, が消える, が遠く, だ, であたり, でほの暗く, に, に打たれ, に照らされた, に背い, に青い, のある, の反射, の届かない, の届かぬ, の帯, の揺らぐ, の方, の流れ, の裡, はそこ, はまっすぐ, は全, は私, は訝り, は遠く, もだんだん, をまとも, を便り, を受け, を増し, を失う, を失っ, を失ふ, を浴びた, を背, を見, を見た, を頼り

1 [435件] あること金銀, ある最後, いかにし, かまざまざ, から屋根廂, から跳ね返される, から隠れる, が, がある, がかすか, がぎらぎら, がここ, がこちら, がこの, がちょうど, がちらちら, がちらりと, がでこぼこ, がどこ, がなかっ, がなんと, がはっきり, がはるばる, がまばゆかっ, がまぶしく, がみる, がめらめら, がわし, がクリストフ, がサーチライト, が一様, が一瞬, が下, が二つ, が円形, が出, が十分, が反映, が地球, が増減, が夕方俄, が如何, が妖怪, が妹, が家々, が射し, が川, が底, が弱い, が彼, が徐々に, が微, が急, が想像, が星, が枝葉, が枢, が案外, が浮い, が海中, が消え, が湖面, が湿っ, が漸く, が無数, が照り, が率八, が目, が破れ, が硝子窓, が私, が空, が窓, が筋, が老人, が花, が花やか, が蒼白く, が記憶, が赤, が逃げる, が通る, が運命, が部屋, が鐺, が附い, が陽炎, が額, が駆逐艦, が高い, さえ雷光, その匂, だけで間, だった, であって, であるが, でいま, でおぼろ, でひと目, でもう, で一度, で二人, で二階, で元気, で勉強, で周囲, で密室, で寺, で床, で暖, で枕元, で海, で猫, で目測, で目釘, で真青, で磨ガラス, で祖父ジャン, で穴, で綴じ紙, で羽子, で自分, で自然, で艦隊, で虱, で行手, で見廻し, で部屋, で長い白い, で電灯, で飯, で鼠蛙等, というの, というもの, といふの, とを朧げ, と炉, と色, と雪, なり美, におどろいた, にくらん, にてらされ, にて見る, にでも乗つた, にぬれ, には冷たい, には嚇, にみとれ, にわたし, にクラクラ, にボッ, にユラリ, に乗っ, に交っ, に反射, に対する特殊, に彼女自身, に惧, に打たれる, に映しだされない, に染められた, に濡れそぼっ, に照らさるる, に照らし出された, に熱心, に現, に當, に私, に見入り, に見直した, に輝らされ, に透かし, に道, に霑, に顔, に駆り立てられ, のあいだ, のいよ, のおかげ, のかげん, のけむる, のさした, のため, のとどかない, のひろがり, のほんのり, のやう, のよう, のよって, のスペクトル線, のリボン, の一つ, の上, の与へる, の光源, の列, の助け, の動き, の問題, の圏内, の大, の小さい, の尾, の市, の弱い, の強烈, の影, の後, の意味, の扇, の描く, の斑, の方向, の明, の明る, の晴夜, の波, の海, の源, の漏れる, の澄み渡る, の爲, の矢, の穂, の筋, の細く, の絣模様, の美し, の群れ, の聖徒, の認められない, の部屋, は, はあっ, はあっけなく, はある, はあわれな, はいや増す, はいや増すであろう, はいよいよ, はぎらぎら, はさながら, はさびしく, はしだいに, はすぐ, はすっかり, はすべて旗, はずつと向う, はそこびかりがして, はそれ, はたしかに, はちょっとぐずぐず, はとっても, はどうしても, はどんな, はなかば土, はなん, はますます, はまつ, はまるで, はみるみる, はやがて間もなく, はやみ, はやわらか, はわれ等, はアルダナ, はアンデス山中, はセエラ, はチラッ, はツンツン, はメトリヂア・ロンガ, は一, は一刻一刻, は一瞬, は一種, は下, は今, は動いた, は周囲, は嘉吉, は地, は地上, は多く, は寒く, は尊く, は工科大学, は巻き上げた, は幾百人, は弱く淡く, は必ずしも, は憐れ, は我等, は房子, は明らか, は映写機, は時計, は暗く, は暗夜, は月球, は木の葉, は森, は段々, は決して, は法水, は波間, は温かい, は濁り, は無論, は片すみ, は物影, は物象, は異常, は白味, は直ぐ, は直ちに, は眼, は神像, は空間, は窓, は笑っ, は笑つて, は結末, は聖壇, は胸, は花, は薄らい, は見, は誰, は赤い, は遥か, は部屋, は野, は銀, は鋭く, は闇, は青く, は顕著, は首, は騒然と, もまた, も一番, も次, も段々, も薄く, も風, やまた, をあら, をうつさん, をうつし, をうつした, をかく, をこちら, をしみじみ, をすぐ, をただし, をともし, をなげかけました, をふくみ, をめがけ, をもて, をも永久, をゆるやか, を一郎さん, を世に, を争, を交しつ, を他, を仰ぎ, を仰ぐ, を借り, を僕, を全然, を出来る, を博士, を厭う, を反映, を受けた, を大空, を失い, を失うであろう, を子供, を宿し, を差し, を帯びた, を広げ, を庵, を彼, を怖, を恐れない, を投げ返す, を掬っ, を支, を放たず, を放つ, を放てる, を明らか, を昨夜私, を月球, を望む, を望めり, を東, を柔げ, を永く, を注い, を浴びたがっ, を浴びました, を消える, を減じ, を減ずる, を漉し, を無くする, を爭, を現し, を直射, を真下, を瞶め, を碎かれざる, を肩, を背負っ, を薄く, を見ざる, を見つめ, を見る, を賢二君, を迎えた, を通してその, を通す, を遮られ, を金星天, を隠す, を隠そう, を隱, を頒, 何ぞ斑點

▼ そのあいだ~ (644, 0.1%)

8 に, に何 7 に彼 6 にいろいろ 4 にお, にこの, にわたし, に一度, に私 3 にみんな, に相当, に石

2 [31件] ずっと私, ちっとの, にあの, にいま, にいよいよ, にこんな, にだいぶ, にはさまれ, には上野, には旧宅, には芝居みやげ, にぼく, にも, にも増さん, にも大地, にゆっくり, にローリイ, に一種, に別, に幾分, に彼女, に支度, に武家屋敷, に立っ, に鳥, に黒い, の短い, はわずか, もひっきりなしに, を根戸川, を縫っ

1 [524件 抜粋] あき地, あるいは敵影, いぶかしい女, おっ母さん, おどおどし, おもに場所がら, お石, かの十人, かの娘, からあらわれ, からどす黒い, からまっ青, からやさしい, からギラギラ, から二本, から内, から流れ出し, から熱い, から物凄い, から草, から覗い, から赤い, から降る, かりそめ, がいよいよ, がどんなに, がひじょうに, がもう, が秀吉, この衰弱, この辺, ごくあどけない, さすがの, しじゅう楽しい, しばらくうち, しばらくここ, ずうっと, ずっとかれ, ずっとその, ずっとアンリ, ずっと休み, ずっと寅寿, ずっと暴れ, ただ千寿王, たれひとり, だけ, だけでもいっしょ, だけなりとこの, だけわかる, だけ待っ, だった, ちっとも口, で団十郎, で鋭意, ときどき口, とろけるよう, にあい, にあたり, にあっ, にいい, にいかなる, にいちど, にいま私, において別種, における僕, におすま, におまえたち, におれ, にお前, にかざり, にかなり, にかねて, にかの太吉, にきこえる, にきっと, にきゅう, にぐるり, にこそこそ, にこれ, にこれら, にさきで, にさしはさん, にした, にしょう, にじかに, にじりじり, にすわりました, にずいぶん, にせまく, にそ, にその, にそれら, にた, にたがい, にちゃんと, につれだされたらしい, にどんな, にな, になお, になんとか, になんらかの, にのっ, にはいばら, にはいろいろ, にはお, にはこれ, にはわたし自身, にはビール, には世間, には何, には例, には卯の花ぐたしの雨, には名所舊跡, には名花, には家出以前, には彼, には徒然, には横川, には海草, には父, には町屋, には畑, には皮膜, には細い, には美しい, には羽柴軍, には雨, にひと, にひとつ, にふかく, にほか, にぼくたち, にまっすぐ, にまばら, にまるで, にみぞ, にもいちど息, にもいろいろ, にもうさめざめ, にもおのずと, にもおれ, にもお節, にもだんだん, にもち, にもどんどん, にもひとり, にもパーヴェル・パーヴロヴィチ, にもフリーダ, にもモルガン, にも一種, にも何, にも叔父, にも土俵, にも娘, にも将士, にも小浜兵曹長, にも少年, にも曹操, にも毎日なに, にも気持, にも石川, にも自動車, にも花前, にも道化師, にも防空壕, にわたくし, にわたしたち, にんげん, にイカバッド, にイタリア中世期, にイワン, にガチンガチン, にキツネうどん, にグルーシェンカ, にケンプ博士, にジョウ, にゼルビノ, にテーブル, にドノバン, にネコ, にハンナ, にバルナバス, にパン砂州, にマチア, にヤッロー, にラップランド, にルミちゃん, にヴェリチャーニノフ, に一ぴき, に一変, に一日, に一点, に一軒, に万事必要, に三月, に三津子さん, に上り下り, に下, に下宿人, に世界各国, に両, に両手, に亀吉, に亀谷, に予, に二つ, に二スー, に二度, に二度三度, に二日, に五人, に五度, に些, に人びと, に今, に仕事, に他, に仮想犯人, に伊織, に何もかもなんと, に何刻, に何日, に何遍頭, に何里, に使い, に使番, に例, に侍, に僕, に克彦, に入りこん, に全員, に凸形, に剣持与平, に助, に助手たち, に労働者, に勇造, に十分二十分, に半, に向こう, に君, に唯ひと筋, に嘉七, に四つ, に国防, に城南, に変る, に夏, に多少, に夢, に大, に大阪方, に天野, に奇妙, に奥さま, に女, に女中, に女房, に好き, に妙, に妾, に娘さん, に子, に孫立一味, に宮, に家, に富田さん, に寺僧, に将士, に小, に少し, に少なから, に少年たち, に局面, に岡安喜兵衛, に川, に川端, に常葉, に幾度, に庄吉, に床, に弘子, に当座, に怖, に思いがけない, に怪物, に恋愛関係, に悠, に悦之進, に懐中電灯, に手紙, に打役, に折々, に折りおり, に探りだせ, に故, に散り散り, に新, に新月, に旅館, に日頃, に明智探偵, に曹操, に有名, に松造, に案内者, に次々, に次郎, に次郎兵衛, に武家, に死人, に残され, に母, に民部, に汗, に清兵衛, に演技, に漢学, に漬け, に火, に灰色ネズミたち, に点々, に生活, に田, に畑, に疑問, に百姓家, に目覚めかかる, に砂利, に砂塵, に祭官, に私たち, に種々, に窓, に立ち交じっ, に競争, に筵, に納戸, に紛失, に細い, に脱出, に腰, に自分, に船客切符, に良英, に荒木千, に荷, に虎吉, に蝦夷, に見せ, に角, に計画, に警部, に貞時, に賊, に賢二君, に足掛け三年, に足軽, に近所, に返事, に逃げ, に逃げだせる, に遅い, に運ばれ, に部屋片, に郵便, に酒, に重, に野上, に金蔵, に銃猟, に長久手戦, に隔て, に隣室, に飯, に餌, に馬車, に黄金, に黒猫, ぬけること, のいく日, のくいちがい, のつなぎ, のん, のジェンナー, の一夜, の七年間, の事, の五間, の傷あと, の光秀, の勝入, の勤め, の声色, の密林行, の座談, の彼, の待ち, の御, の正月, の状勢, の百マイル, の苦悩, の論争, の身の上, の静寂, はもっとも, は内, は天地, は失神, は好き, は少なくとも, は廊下, は無為, は牛, は荒木殿, は足利, は餘程, ひっきりなしに饒舌, ぶらぶらリオ・デ・ジャネイロ, へ直立, ほとんどまる, ほんの一瞬, ぼんやり立っ, ぽかんとし, まず一献, また柏, も, もいなず, もうしばらくはなし, もう一人, もかの娘, もこの, もしじゅう, もたえず, もたえずニヤニヤ, もひ, もシュロ, もフョードル・チモフェーイチ, も一団, も一座, も二人, も人輪, も何, も大, も姫山, も彼, も明智, も極彩色, も母, も父, も自分, も花岡, も雨, も音楽, も高氏, をおお, をかわし, をくぐっ, をどうにか, をどうにかこう, をひとすじ, をひとり, をまた, をよく, をジュピター, を万歳, を三尺, を大きい, を小さい, を師直, を幾艘, を心臓, を手酌, を搦手, を明瞭, を歩きまわっ, を泥, を火, を竹, を縫い歩いたら, を血, を見きわめ, を踏みわけ, を通りすぎ, を電車, 付いて, 依然としてここ, 去定, 少しもじっ, 我慢強く玄関, 暖かい屋内, 残る面々, 相見ぬ, 眠りこませるもの, 立って, 辛うて, 預けおく, 食べて

▼ その~ (636, 0.1%)

32 の前 19 の中 7 に見えない 6 で見た, の光 5 のうち, の底 4 から涙, に涙, の色, はなん 3 にはしなくも, には涙, に見えぬ, は, はいつも, は清らか, を上げ, を見た

2 [39件] から忿怒, がこちら, が作品, だよ, でじっと, で僕, で私, とその, にうつった, にはその, には不安, には遠方, には非常, に見え, のいろ, のすみ, のまえ, の先, の孔, の悪い, はたえず, はとろん, はどう, は一層, は憎しみ, は星, は涙ぐんだ, は爛々, は鋭く, ぼしい一本, や眉, を光らし, を持ち, を移し, を紀久子, を細く, を見る, を鋭く, を開け

1 [438件] かくし, からはほろほろ, からは倉地, からは室, からは木村, からは涙, からは老人, からもぶよぶよ, から口もと, から大きな, から時々, から自分, から逃げる, がいい, がいかにも, がいきいき, がいま, ががぜん, がじっと, がその, がたもと, がとつぜんぴたり, がどこ, がどんより, がなつかしく, がねえ, がねで, がはしなくも, がはつきり, がぴったり, がふと, がぽろりぽろり, がまた, がみずみずし, が一所, が三四郎, が光ってる, が凸, が出る, が前, が危険, が右隅, が名人, が大きく, が失われる, が妙, が怖い, が房枝, が手, が時々, が曇っ, が死人, が殊に, が烱, が現世的, が用, が私, が素晴らしく大きく, が自分, が血走っ, が見た, が輝き, が鋭く, が鍔元, が開い, が開きたい, が飛び出た, き, こぼしに, こぼしの, じるしという, じるしに, その口, その声, その額, だけがますます然, だけが顔, だけはまるで, だけは火, っかちの, っての, であきらか, であつ, でかい, でこの, でごらん, でじろりと, でちょい, でちらりと, でにらみつけ, ではどこ, でモスクワ, で前, で台湾, で呉用, で射すくめる, で将軍, で待合, で曠野, で泣く, で海, で笑いかけた, で見, で見られた, で見る, といっしょ, と唇, と私, と色, と髪, と鼻, なざしに, なざしには, なざしは, にあ, にあった, にいきなり, にいっぱい, にいつ, にうつ, にきらり, にぎりしめる柄頭, にくっきり, にしん, についてはごく, にはかすか, にはさびしく, にはっきり, にはなに, にはなにかぞっと, にははじめて, にはまた, にはわが, にはドロンドロン, には一種, には不吉, には友情, には怜悧, には感謝, には憎悪, には暈, には残酷, には火, には話, にひらり, にまで燃え, にもけえ, にもほほ, にも耳, にも見えぬ, にも顔, にわたし, に上った, に中り, に会う, に凝視, に同性, に妻, に姿, に射られたら, に憎悪, に捉えた, に映じる, に映った, に浮び, に爪, に物語らせ, に玉, に看護婦, に色情, に見, に触れしか, に触れた, に觸, に負けね, に輝く, に酔, に馬, のある, のうちら, のお, のさき, のつけどころ, のなか, のはたらき, のふち, のよう, の一つ一つ, の上, の仇気, の傷, の内, の出た, の合計, の回る, の夥しい, の大きな, の奥, の定まらない, の忘れざる, の恨めし, の持つ, の斷, の早, の様, の注がれる, の深, の爽, の特色, の状, の疵, の端, の表情, の見る, の輝, の遣, の類, はあかるい, はあきらか, はいきいき, はいつ, はうごかなかった, はお母さん, はかがやい, はきゅう, はぎらり, はこの, はこの世, はさっと, はしかし, はじ, はすでに, はすなわち, はすみきっ, はたしか, はたまらなく, はときおり, はとぢ, はとび出, はなおも, はなおりっ, はなにか, はふだん, はぼんやり, はまだ, はまっ黒, はむさぼる, はもう, はもの珍し, はやさしい, はサッと, は下, は丹波酸漿, は人, は光っ, は冴えた, は冷ややか, は利巧, は又, は嘉助, は固く, は外, は奇怪, は小さく, は希望, は心, は必ず, は忽ち, は怪しく, は恐怖, は悲し, は揚々, は救い手, は明るい, は暮れ, は曙, は欲, は流星, は深い, は濃い, は火焔, は烱, は無言, は熱病, は異様, は直ぐ, は相変わらず, は私, は笑つて, は節穴同然, は細君, は絶えず, は腫れた, は若者, は落ちくぼん, は血走り, は見, は計器, は賤, は赤らん, は輝い, は輝き, は輝き出した, は道化師, は野獣, は閉じ, は飛び放れ, は驚愕, へその, ぼしいもの, もあや, もすべて, もり, もり盤, も印度人, も口, も底, も木村, も清澄, も綾, や頬, より輝き, をあげた, をうしろ, をえぐり, をかすめ, をごまかし, をさまし, をしっかり, をしばたたき, をしょぼしょぼ, をすぐ, をすら疑つた, をそ, をそそい, をそそぎました, をそらさぬ, をそらした, をそらせた, をつぶされ, をつぶっ, をとぢ, をどう, をのがれる, をはなしませんでした, をひく, をひたすら, をふせました, をふたたび, をまばたき, をみつめ, をみつめた, をやがて, をやった, をフェリックス, を一学, を上ぐる, を例, を傷つけた, を動かせよう, を反らし, を反らせ, を圧, を垂れゐたる, を外らし, を外らす, を奪, を射ざる, を射た, を強く, を彼女, を後ろ, を忍ん, を懼, を或, を打ち, を挙, を挙ぐ, を捉え, を掩, を掲, を擧ぐる, を擧げぬ, を明けた, を暗く, を枕, を検, を注いだ, を洗った, を渡辺, を濕, を無邪気, を爛々, を皆, を真向, を瞑, を移さず, を移した, を空, を空く, を窃, を老人, を見, を見える, を見ない, を見のがす, を見れ, を見張った, を見開い, を識, を軽く, を迎え, を返し, を追っ, を通して何やら, を逸らした, を避け, を避けよう, を避ける, を配り, を配る, を閉ざし, を閉づれば, を開く, を開ける, を開こう, を養, 企みの, 出たい日, 出たかろうと, 清くた, 瞬かずに, 覆ひの, 覚まされかた, 醒しい学生等, 醒めを, 附きその, 黒き空

▼ その人たち~ (635, 0.1%)

9 のため, の生活 8 の中 65 と一緒, は私 4 の手, の顔

3 [14件] といっしょ, のなか, の口, の家, の心, の方, の言う, の話, はこの, はどう, はどこ, はみんな, は一斉, を見る

2 [32件] がその, がどう, がみな私ども, が大きい, が子供, と, というの, に向っ, のお, のこと, のところ, の仮寓, の前, の声, の多く, の属す, の感情, の所謂, の様子, の考え, の間, の頭, はいったい, はわたし, は二人, は夜, は大いに, は私たち, は私達, は美しい, は自分, をここ

1 [479件] かな, からきい, から何, から米国, が, がいざ, がいっ, がいふ, がいま砦, がかかる, がきらう, がこの, がしばしば, がどうして, がどんな, がにくらしかっ, がにわかに, がふと, がほんとう, がやがて, がやった, がセルビア, がモンパルナス, が世話役, が今, が何処, が共に, が出, が出迎え, が力, が十七八歳, が友愛塾, が吾, が善良, が女子, が好ん, が家, が寺, が山村少年, が席, が帰つて, が幾億万, が座敷, が庭, が引張っ, が弟, が心から, が悉く, が悪い, が惜げ, が惜しむ, が意気沮喪, が憐れまれ, が戯談, が探す, が日本人, が木, が来た, が林, が格別, が殊に, が気にいっ, が生, が男, が真中, が私, が純金, が苦々しい, が英語, が衣擦れ, が複雑, が言っ, が調査, が赤い, が近づい, が途中, が進歩的, が遠ざかる, が長く, が開港, が院, そんなふうに絶えずみなさん, だ, だけにほんと, だった, で混雑, というもの, といろいろ, とここ, としては一応, と交際, と似た, と働く, と共に十里, と別れなけれ, と別れる, と口, と外国, と寄り合っ, と対坐, と少なくも, と暮す, と私, と話, なにか悪い, にあっ, にあらん, にいろいろ, にうなずい, にお辞儀, にかまわず, にこういう, にすべて, にそう, にたいして仕方, につながる, にとってはたしかに, にとっては不調和, にとっては決して, にとっては私, にとっては郵便切手, にとっても初めて, にとって生存, にとつて一つ, にどうか, にのみ保存, にはない, には実に, には用, には私, にぶっつけ, にまかせ, にむかっ, にも二度と, にも薫, にも話, にも警戒, にやっ, によってうずまった, によって刈りとられた, に与える, に久しぶり, に会った, に優しく, に出逢っ, に別れ, に國家, に変わった, に好感, に対してお礼, に対してその, に対してもお気, に対して危害, に対して怪物, に対して誠に, に對, に心, に悟られ, に挨拶, に用, に留まった, に留めさせる, に相談, に知れぬ, に知己, に確認, に私, に自分, に見える, に見せ, に見つけられたく, に言いつけ, に言い出す, に訴え, に護られ, に道, に革命, に頼ん, のあの, のあらゆる, のいう, のいる, のいわれる, のお気, のきち, のきちがい, のしかつめらしい, のする, のつく, のどれ, のなり, のはじめ, のほう, のむだ, のもっ, のもの, のよう, のようす, のツマラ, のテント, の一人, の一度, の一行, の下, の不幸, の世間的, の事, の云う, の亡くした, の人生, の人間性, の休む, の作, の作家, の修羅, の偉大, の停車場, の光沢, の到着, の創作, の十三絃, の半, の危惧, の名, の名前, の命令, の啜り泣き, の困る, の外, の女, の姿, の娘, の子供, の子孫, の学問, の実際, の専門家的知識, の市民的生活, の帰った, の平和, の恥, の感じ, の態度, の手前, の手腕, の抗議, の折角, の指導, の推測, の支配, の数, の方言, の時代, の暮らし, の最, の未来, の歌う, の歩む, の歯, の死骸, の気分, の気持, の注意, の派手, の温良, の為, の煩悶, の父母たち, の物語, の理想, の理解, の生, の生活感情, の目, の眼, の笑い, の答, の経験, の罪, の群れ, の職業, の胸, の舟, の若い, の著書, の著述, の行く手, の行く末, の袖, の見, の見た, の親, の言っ, の言葉, の言論, の診断, の話し, の誤解, の説き得た, の誰, の買, の賑やか, の足音, の跫音, の身長, の迷った, の運命, の部屋, の都合, の離婚, の霊, の面影, の頭巾, の顔触れ, はあやうく, はあれ, はいただいた, はいつ, はお前, はごく, はしかし, はしまい, はそこで, はそれ, はそれでも, はそんな, はどんな, はなに, はなん, はね一列, はふだん私, はふるえ, はほとんど, はますます, はまた, はまんざら, はみな, はみのる, はみんな一日一ぱい勉強, はみんな奥さん, はみんな正直, はみんな草, はもう, はオックスフォード大学, はボルドー, はマルコ, は一列, は一齊, は三分, は不安, は不思議, は二人づれ三人づれ何処, は他人眼, は何, は何か村, は俺, は全体, は再び, は前, は力づけられた, は北の方, は十年前, は卓子, は厚く, は口々, は口口, は各自別々, は四辺, は姫君がた, は子供, は学校, は学者, は家庭, は小さい, は小さく, は市民的自由, は帰りました, は強盗本場, は後ろ, は急, は早く, は月, は来, は株主, は母, は気, は沼, は湖水, は源氏, は父親, は玉王, は現在, は異口同音, は疑, は病気, は皆, は皆青色, は稽古, は立派, は紫夫人, は結婚, は船室, は装甲車, は親子, は誰, は近づい, は道具方, は酒, は酒場, は院, は隣, は集められ, は青く, は非常, は頭髪, は食べる, ばかりじゃなく, への遠慮, へ渡ろう, もあなた, もそれぞれ鼻, もどんなに, もみな, もやっぱり, もやはり, も今, も劍, も堅く, も排撃, も気, も生き, も考えられる, も自分, も薫, も誰, も途中, やもの, や村, よりは西鶴, よりももっと, より私, をうらやましく, をおどす, をお客, をかくして, をどうして, をなつかしく, をひきよせた, をひとり, をみんな, をよく, を二階, を信用, を助け, を助けなけれ, を助ける, を呼び出し, を唯, を尊敬, を忌みきらっ, を押しのけ, を捜した, を故郷, を殺せ, を気の毒, を狩りたてた, を疑う, を相手, を知っ, を結びつかせた, を置き去り, を群衆, を裁判, を見向こう, を迎え, を退がらせる, を運ぼう, を避ける, 言わば素人

▼ その二人~ (634, 0.1%)

13 の男 9 の女 8 のうち, の間 6 の中, の顔 5 の姿 4 が何, が自分, の婦, の子供, の眼 3 の上, の乗客, の人, の子, の安否, の方, の様子, の青年

2 [39件] がやはり, が一人, が同じ, が私, が話してる, には下手人, のあと, のお, のお嬢さん達, のため, のところ, の人物, の仲, の助手, の娘, の子ども, の弟たち, の後, の手, の故郷, の服装, の目, の者, の耳, はここ, はどこ, はまだ, は今, は何, は前, は厚く, は既, は昨夜どこ, をすぐ, を乗せ, を取り巻い, を見た, を認めた, を踊らせよう

1 [457件] あるひ, か, からし, から先, から書物, から来た, から聞い, から膝詰, か三人, があと, がいっしょ, がいる, がいわれあっ, がおんなじ, がかくまわれ, がここ, がしきりに, がじいさん, がじつは, がそこ, がそれぞれ, がそんなに, がただ, がどういう, がどんな, がにわかにバラバラ, がはなれ, がぶつかり, がまア, がめいめい, がやっと, がやつ, がよりによって, がわたし, がハンス, がパリ全市, が一息, が一方, が一緒, が上がり口, が中庭, が五日前, が亡くなった, が今夜, が何者, が僅か, が共謀, が別室, が前, が加わっ, が坂下, が夜目, が夢中, が夫, が宝, が小型ピストル, が嶺, が川中島, が帰った, が広く, が後ろ, が御行, が怨ん, が恋, が恋人, が悪びれず, が愛情的, が成熟, が手, が抑, が抱き, が揃い, が日, が明国, が混線, が狐, が現に, が甚だ, が相当, が相手, が空っぽ, が結合, が虜囚, が行かれる, が話, が誰, が遇, が遥々, が里虹, が除かれた, が面白, が首, ぐらいな, しか自分, だけが今日, だけだらう, だけでも閻魔大王, だけで充分, だけの家内, だけはどこ, だけは生け捕った, だに離し, であったから, でお, でこの, ですよ, でないよう, でよろしい, で代表, で祕密談, というの, といつ, としめし, とすれすれ, とは別に, とは反対, とは当の, とは随分, とも, ともへん, とも今, とも同じ, とも実在, とも険しい, と他, と向きあっ, と相談, と肩, と自分, などが真っ先, なの, に, にあんま, にお, にしろ, ににじり寄られた, には何となく, には特別, には風間, にまぎれ, にも同じ, によって行われた, に並ん, に冷, に叫んだ, に同情, に向, に囲まれ, に守られ, に寺, に対して恐ろしい, に対して毅然とこう, に対して非難, に幽霊, に挟まっ, に挟まれ, に注意, に縄尻, に見せる, に見とれ, に見覚え, に託しましたれ, の, のいずれ, のいる, のうちいずれ, のうち一人, のお嬢さん, のお父さん, のかたわ者, のがっしり, のさす, のすぐ, のなか, のほか, のゆくえ, のりっぱ, のプロフィイル, のボオイ, のマドリド司僧, の一人, の一生, の主要人物, の人たち, の人相書, の仲間, の体つき, の作者自身, の使者, の側, の傍, の働い, の像, の児, の兵士, の具象化, の内どちら, の凄惨, の動作, の医師, の印度青年, の口, の叫び, の名前, の大功, の大将ハコオ, の女中さん, の奴, の姪, の婦人, の孃子, の子供ら, の学生, の客, の家, の密話, の對話, の小, の小さな, の少女, の尼さん達, の岡, の巨漢, の布陣, の幻像, の幼い, の弟, の弟子, の弟子ども, の影, の後ろ, の後姿, の息子, の恰好, の愛情, の所謂神聖, の敬けん, の旅人, の来る, の武士, の死体, の気持ち, の沈黙, の治療, の法官, の洗, の洗い出した, の潤ちゃん, の生死, の男女, の白服, の相, の相続者達, の相違, の看守, の真実, の神, の細君連, の結婚, の美, の義兄, の肩, の背, の背後, の脚, の若い, の蚊帳, の表情, の見知らぬ, の視界, の視線, の言葉, の話し声, の走っ, の足許, の足音, の身長, の途中, の連, の道ずれ, の関係, の陰気, の頬辺, の頭, の頭人, の顔付, の黒い, の鼻, は, はあやしい, はあんま, はいかにも, はいずれ, はいつか, はいま烏丸光広, はおのおの, はかえって, はきつ, はこいつ, はこの, はすぐ, はそう, はそれぞれ, はたがい, はどういう, はどうも, はどちら, はどの, はどんな, はなに, はぶち壊そう, はまた, はもう, はわっ, はシヴア, はフエドラ帽, は一同, は五階, は今晩, は今朝, は兵卒, は出, は博士, は同, は同じ, は坂, は城下, は夜, は大, は家, は寛斎, は岩頭, は島, は嵐, は巷, は帰った, は当然, は彦右衛門, は彼女, は恋仲, は憎しみ, は数年間スマトラ地方, は明, は時々なにか, は時に, は気紛れ, は池田, は決闘, は獣, は瓢箪屋, は男の子, は登雲山, は眼, は知らなかった, は立っ, は紋着の, は素縄, は腹, は自分達二人, は荷物, は谷, は賛成, は近所, は逃げち, は逸早く, は運, は道, は遠く, は防水布, は額, は馬, への赦免, へぶつかれ, へむかっ, へ神経, までがともに, まで追っ払った, もう一人の, もこっち, もまた, も一人, も乗り合わせ, も今日, も他, も傷つい, も入れた, も同じ, も影屋敷, も松崎, も無事, も見えず, も酸漿, をお召, をさしおい, をその, をたいへん, をどこ, をながめた, をなだめ, をはじめ, をまとめ, をもっと, をもつ, を不思議, を主として, を乗せた, を仕留めませんで, を何, を傍, を先, を出し抜く, を出迎える, を刎, を利用, を呼びつけ, を広間, を引きわけ, を引きわけた, を引っくり返した, を引見, を徒刑場, を御, を忘, を愛し, を打ち殺した, を抱かん, を援けたの, を改めて, を斬っ, を斬った, を斬り殺し, を暫らく, を殺した, を牢人体, を用い, を睨まへ, を睨む, を禮讃, を第, を自分, を見おろし, を見くらべ, を見る, を見守り, を見眺めた, を解雇, を貫通, を迎え, を追, を追って, を送っ, を連れ, を遣れ, を部屋, を門口, を面白, 立並んだ折

▼ その~ (634, 0.1%)

6 私は 4 の重, を犇, 彼は 3 か否, これは, さう, を得たる, を結び, を食う, 少しも

2 [24件] が挙げられる, が裂け, が赤く, それは, の一つ, の大きく, の形, の頂, ばかりでなく, をあげ, をおの, を人, を啄みなさらな, を少し, を採っ, を自分, 価の, 出来るだけ, 妾は, 決して, 猫の, 自分の, 誰よりも, 跡を

1 [547件 抜粋] あいまいな, あきらめられずあきらめられぬよう, あく迄, あなたが, あのお方, あの光景, あまり困, あまり弱っ, あらん, あるか, あるが, あんまりこ, あんまり歩い, いいえ人, いかにむずかしい, いざと, いちばんかけはなれた, いつまでも, うまうまと廣介, お客の, お腰元, かえって退い, かなりこみ入っ, かなり長い, から粘, がいくらたんと, がすっかり, がだんだん, がなくなった, がグミ, が今日, が墜ちた, が好き, が成熟, が日常どこ, が沢山, が熟し, が熟する, が目だっ, が着く, きはめて, こういうもの, こころの, こちらは, この, このお話, このまま人間, このよう, この世に, この中, この二人, この力関係, この国, この妻, この寄附金, この寺, この怪紳士, この情景, この掃除, この老婆, この話, この部落, これほど, これらは, これを, こんなに静か, さつきからも, さばかりの, さまで, しかし簡単, しんなりと, すなわち種子様小堅果, そこで, そのたくさん, その中, その人, その政治, その旦那先生, その紀行, そばひとつ真から, そんなこと, たいていは, たいへん事務的, ただの, ただフョードル・パーヴロヴィッチ, たんまりと, ちっとも諦め, ちつとも, つまらない事, で外部木質, で数珠, というの, とが二つ, との相伴わざる, との霜, とんだ贋物, と共にこの, と蓋, どうかと, どこか, どこまでも, どっちが, なかなか心, なかなか心を, なかなか用心堅固, なかなか難しい, なんらの, において既に, のおっ, のできる, のよい, の上, の入った, の円い, の力, の名, の味, の大, の妹, の姿, の娘同志, の干した, の心情, の日, の熟し, の熟する, の皮, の直径, の色, の蔕, の薄き, の表皮, の裂け開いた, はなはだ困難, はなはだ無理, はなはだ狭い, はなはだ疑わしく, はなはだ覚束, ひそかに, ひどい神経衰弱, ひどく卑怯, へも毒, へんな, まだほんの, まつたく逆, みずからは, もう一重奥, もって, も結ばず, やきもの師, やはり心, やはり正, やはり精神作用, よほど性, より尊者, わが国の, わきの, わずかに, わたしの, をあらさう, をうま, をおれ, をかかえ, をくわえ, をしらず, をたべ, をたべるべからずとおつ, をたべ始めた, をつまう, をつん, をとっ, をとる, をひと, をもい, をもぎ取る, をもっ, をバナナ, を云え, を仰ぐ, を割っ, を包む, を収穫, を取っ, を取らう, を叩い, を喰, を営実, を失っ, を奪う, を待ちかまえ, を得, を得た, を得る, を怪しむ, を成るべく, を手折ろう, を拾, を拾った, を挙げた, を挙げる, を採る, を擦っ, を日本, を未熟, を本部島, を根がた, を欣, を洗つて, を目, を着けた, を知らぬ, を知らん, を知り, を結びかけ, を結ぼう, を蒐め, を見, を見ず, を見る, を語りし, を語るべきなり, を誤る, を貰い, を質せり, を連想, を逸脱, を選ぶ, を鋏, を隅, を食らい, カルカッタまで, グラグラなん, シナの, チチコフなどとは, チベット人は, テッサリア人毎も, デモクラシーの, ノブ子さんを, ムッソリーニや, 一人碁で, 一向こまりません, 一向避雷針, 一度だって, 一番理詰めでございます, 三代目に, 三十万人くらい, 三百名しか, 上りますれば, 上等品といった, 不具者の, 不審牢に, 両方の, 中味は, 中身は, 予て知っ, 予は, 二人は, 二百三十樽だけ, 五十には, 五本だった, 人生の, 今は, 今度こそ, 今日まで, 仏寺の, 仏教そのものよりも, 仮借の, 仲, 似て, 位地を, 佐柄木自身が, 何にも, 何やらそわそわし, 何某貴人の, 余人の, 余裕の, 作者自身の, 俗人な, 保管が, 保羅自身の, 信ずるに, 俺の, 偉い術士, 僕も, 先生の, 全くこれ, 全く一種, 全く解釈すべ, 全く鼠, 公認教なり, 六七にも, 内密な, 切り離すこと, 前よりも, 前後の, 前節述べた, 劇よりは, 動かざるも, 動かないよう, 千差万別に, 半之丞の, 卑吝貪欲の, 参加しない, 又玄竜, 収穫は, 叔父は, 取り換えずに, 名古屋の, 吾輩も, 周章て, 四迷大人の, 回復の, 国事探偵であり, 国家の, 士族の, 変な, 多四郎は, 多妻なり, 大いに不自由, 大いに異なり, 大得意, 大海人, 大部分, 夫が, 女房さんの, 妻を, 存在とは, 実際の, 密, 寝惚けて, 察的な, 小さな宿場, 小児瞞し, 少し妬い, 少し薄気味悪く, 居士の, 平凡な, 平安朝時代から, 平民以上に, 弁当は, 彼らの, 彼女が, 彼女の, 彼等の, 御自身, 微妙な, 心配で, 必然である, 忘れて, 思ったほどの, 思ひがけ, 怪しいの, 恋敵の, 恐しい, 意気地なし, 感心した, 懐中に, 我等自身の, 或いは平地, 打ち取ったの, 投じてから, 拳銃は, 推古天皇十八年の, 摘み, 支那と, 政府の, 救い難い, 敢て, 文素玉の, 新しいもの, 新聞を, 日に日に空虚, 日本政府の, 旦那じゃ, 時代の, 普通の, 曲玉であるべき, 最も正しい, 有りも, 朝は, 朝公の, 木偶に, 未だ必らずし, 末寺幸隆寺の, 本当にある, 東洋人には, 柴田は, 栄養分の, 案外それほどで, 案外意久地, 森の, 椿岳は, 極めて簡単, 極めて都合, 殉死した, 永い間, 池へ, 決してさだ子, 決してそうで, 決してそうむやみ, 決して不思議, 河原住まいならぬ, 河原者をも, 泥水に, 津川子と, 浮囚と, 深いところ, 深切に, 滅亡では, 漸く四十, 無理にも, 熱心に, 物凄さ, 犯人の, 犯罪では, 狡いこと, 猶太人, 玄竜は, 甚だしく風変り, 甚だ交渉, 甚だ危, 甚だ開けた, 甚だ難, 男も, 町人でも, 町内の, 畸形的に, 病勢は, 瘠せ衰えて, 皇帝が, 皮肉な, 相場師な, 真剣な, 眠って, 眠るどころ, 知って, 研究の, 確に, 福田友作は, 私には, 私の, 私も, 立派な, 管理権を, 籍は, 精神状態には, 細心な, 絶えず嫉妬, 義仲の, 老狐, 胃の腑の, 胎龍の, 腹の, 自ら欺いた, 自分で, 自分にとっては, 自分等よりは, 自分達の, 自然法派と, 至つて短気にて, 若い美しい紫, 苦しい工面, 落第者であり, 虐待する, 融通一つにて, 蟻田老博士は, 血統の, 親切を, 解放しない, 言葉は, 訊きたいの, 許されたる権利, 詰らぬ事, 誰の, 豊かに, 貰って, 躰を, 近年の, 途方も, 通路を, 連れ込み専門, 遊人上りが, 道理あらず, 酒飲会でも, 金石の, 間竿の, 阿難, 陰険の, 隠微に, 雀が, 雲仙岳という, 非力な, 非常に, 面白い幾つ, 頼みに, 馬鹿に, 駑馬で, 高御門以下の, 鬼神の, 鮫を

▼ その~ (634, 0.1%)

10 が穢れ, に入り 7 に及ぶ, のこなし 6 のまわり 4 に穢れあり, を置く 3 につけた, を忘, を犠牲, を置い

2 [37件] こそうらやましけれ, ごしら, その身, で経験, になっ, になつて, に引く, に着けた, に穢れ, に箔, に蘿, に迫る, のこと, の今, の如何, の幸福, の滅亡, の穢れた, は何, は宗教, よりとし, を任す, を任せた, を供養, を売った, を売る, を寄せ, を擁, を棺中, を横, を終, を置いた, を覆う, を躍らせた, を過ち, を養う, 全く青く

1 [500件] いとま, おもで, おもな, からはし, から最後, があろう, がかの, がき, がさう, がその, がどう, がなにか, がもと, が一度目, が一番, が下司塵垢, が不, が不品行, が不道徳, が乳, が何故, が前科者, が地上, が悲哀, が改進党, が東京, が浮ぶ, が浸され, が浸つ, が激流, が焼かれる, が眞心, が穢れた, が立ち, が竹童, が罪, が美し, が考へ, が若々しく, が軽く, が針, が長い, が骨, こそ瓜, そのままが, そのままで, そのまま即, その身安楽, だけがさ, でぶつかり, で凌い, で知っ, で知れた, とあの, とてさう, とてもただ, とともに在し, とは反対, とは競走出來, と心, と欲, と芳子, なきもの, などにはわからない, に, にあつめき, にある, にいたる, にうつる, におこりはじめ, におそろしい, にかからない, にかつて, にかぶらなけれ, にこの, にし, にそなわっ, につい, についた, について来た, につき, につきたる, につく, につみ, にとってあり, になったら, になつ, になれ, になん, にはもはや, にはより, にはわからない, には光明, には大名, には生き, には窓掛, には量, にふさ, にふりかかる, にもたう, にも似る, にゆつくり, に付き纏わるべき, に付けた, に付そい出せい, に会せん, に何, に作用, に修, に備つた器量, に免, に切迫, に加, に加え, に及ばずし, に及ん, に取り, に取れ, に受け, に受けし, に受ける, に報い来る, に対する同情, に引きくらべる, に引受け, に感じ, に感覚, に慣れたる, に懸った, に抜群, に持っ, に接近, に数カ所, に来ぬであろう, に決して, に無双, に無用, に燃, に特異, に相当, に着いた, に穢, に穢れある, に突き当たる, に結合, に絡うた縄, に絡めたる, に縁, に纏っ, に纏はん, に芥子, に覚え, に触るる, に言, に近く, に返り, に返る, に迫っ, に迫つて, に達する, に適, に適する, に関係, に集まる, に集めなけれ, のあたり, のあはれさ, のあら, のあらまし, のいたずら, のいまや, のうへの一般的, のかばい, のさばきぐあいなら, のしろ, のたけ, のため, のはかな, のみは過, のもの, のフィレンツェ, の不, の不幸, の不当, の不徳, の不運, の中, の事, の事供打明け, の亡骸, の処しかた, の出世, の刀槍, の前妻, の力量, の功名, の半生, の卒, の危さ, の周囲, の哀れさ, の在る, の境遇, の奢, の女, の好, の安全, の害, の家, の幸, の弱点, の強弱, の恥, の悪事, の悲哀, の悶え, の意志, の意気地, の愚かさ, の愚さ, の成行, の振舞あら, の振舞い, の採, の損, の数寄数寄, の新しい, の明かり, の晩節, の有様, の望み, の栄耀, の栄誉, の棄て, の死期, の潔白, の爲, の理解, の甲冑, の皮悉, の相, の矜持, の破滅さ, の磔, の禍, の秘密, の穢れ, の素性, の置き, の老, の職分, の若, の苦しみ, の荒涼たる, の行末空, の衣服, の衰, の貌, の躱し, の軽, の軽い, の輕, の運, の過, の過去半生, の重き, の閑, の閨, の鞘, の頬, の頸, の香臭, はあたかも, はあまりに, はさまざま, はとても, はほろ, はもちろん, はもと, はもとより, はやつ, はジャム, は一兵卒たる, は万年, は上口, は世に, は中人以上, は主家, は亡ぶ, は信, は僅少, は内, は勿論, は名声, は国土, は土中, は坂, は奇しき, は子供, は客分, は帰国, は往来, は徐, は御, は息, は打ち, は政治上, は日蔽, は木, は未, は東海道, は此處, は武士風, は法師, は浜, は浮萍, は濁水, は燈籠, は片倉, は片倉さま, は猶, は獄中, は獄舎, は獅豹, は生, は皇胤, は礫, は肌着一枚, は虎, は讃州丸亀, は重傷, は釜中, は静, は非業, ばかりか生れ, へ絡み合せ, もいたく, もさ, もさういふ, もその, もた, もてなほあく, もなっ, もまた, も一度, も不治の病, も世, も二三度手紙, も倶, も刑吏, も危, も快, も我, も戦死, も数ヶ月以前, も溶け, も監禁, も行つて, も誘はれた, よりの者, よりは好く, より十, より抜け, をいとど, をおおう, をくねらせ, をこれ, をそこ, をその, をとある, をどうして, をのし, をひたす, をひるがえす, をぼろ, をまもる, をめぐらせり, をもどんな, をも失おう, をゆだねる, を与えし, を亡, を亡ぼし, を亡ぼした, を亡ぼす, を以て信ずる, を傷つくる, を僕, を僧, を凭, を切つて, を切り, を制する, を包む, を卑しい, を危険, を厳しく, を取り扱い, を喪うた, を嘲笑, を国中, を国家, を堅く, を変, を大, を失う, を失うべき, を委し, を委ね, を守る, を安, を安く, を安んずるあたわず, を実際, を害し能わざるべき, を寄, を封じたる, を小説, を屈し, を屈める, を岩, を引い, を忘れたる, を思ひ, を感じた, を慎しん, を打たれ, を托し, を托す, を扱い, を投げかけ, を抛擲, を抱かれ, を持てあつかひ, を持てあます, を指, を支えなかった, を支配, を救う, を望み, を果敢, を棄てたる, を検, を楯, を比そう, を清く, を点検, を燃やし来り, を父君, を痛め, を監禁せり, を省, を省みたれ, を社会, を窶した, を立たし, を粉, を翳し, を老, を耻, を腐爛, を與, を苦しめ, を萎み, を蝋燭, を襲うなく, を見れ, を見出す, を見張っ, を誤っ, を誤り, を誤る, を護りし, を護る, を貫い, を責むる痛苦, を責められた, を軽重, を輔佐, を近づけ, を返り射, を遠ざけ, を適応, を部屋, を金玉視, を離し, を食う, を飽満, を飾る, を黒く, 振を, 振風体, 振風態, 既に地獄, 浮ばざるもの, 蒼しと, 軽い動作, 近い者, 重き故, 長きを

▼ その作品~ (625, 0.1%)

31 の中 18 の世界 9 の上 6 のうち 5 のなか, の価値 4 に於, の魅力 3 がその, に反映, の, のもつ, の全部, の内容, の生まれた, の芸術的価値, は, を

2 [40件] が, がどれほど, が凡庸, が後世, が駄目, その作家, というの, といふの, には, にはさ, に自信, に興味, のこと, のよろしき, のテーマ, の何, の作者, の内, の基底, の多く, の本質, の根柢, の生みだした, の発表, の第, の芸術的, の表現, はいわば, は手, は決して, は無気力, は自然主義, も孤独, をみる, を一つ, を上演, を包ん, を書いた, を読ん, を論じ

1 [433件] からなん, からの不満, からはなれ, からカトリック的, から不思議, から何, から受けた, から受ける, から実際, から感ずる, から或, から肉感的, から見た, から見る, があくまでも, がいかにも, がいわゆる, がおよそ, がかち得る, がすぐれ, がそのまま, がそれ自身, がたとえいかに, がたまたま, がなっ, がぱっと, がますます, がもつとも, がよく, がわれわれ, がプロレタリア的観点, がマルクス主義的イデオロギイ, が一人, が世, が世界中, が人目, が先ず, が全体, が収められ, が各紙, が売れる, が如何に, が存続, が完全, が対外的, が常に, が当時, が成功, が拒否, が数多く, が日本, が最も, が本当に, が死ん, が殆, が治療, が活字, が淡い, が滅びる, が演奏, が熱狂的, が現われた, が総じて, が自分, が舞台上, が芸術, が芸術的感銘, が藝術度, が読みたけれ, が非常, が面白く, さえも情報局, だけから異常, での主題, で作者, で湯船, で為された, で知っ, というもの, といふもの, としてその, としての成功, として残され, とその, とによって今日, との連関, との関係, とは何, とを比較検討, とを理解, と他, と姓名, と関係, に, にあら, にあらわされた, にあらわれる, にある, においてなんら, にくっきり, についてのバイスナー教授, について謙遜, につけた, にとっては阿諛, にとびこん, になにか, になんらかの, にはかつて, にはすぐれた, には彼, には悪ふざけ, には楯, には汚す, には現世, には縱横自在, には遊蕩, にも, にも多少, にも現, によっていおう, によつて窺, にオルガン曲, に何処, に何等, に使われた, に依っ, に傾倒, に共鳴, に加, に対してどんな, に対しては老い, に対してよりもその, に対して常に, に対して明確, に対する作者, に対する愛着, に對, に幾多, に彼自身, に感服, に感激, に感覚世界, に採り入れる, に描かれ, に描かれた, に描き出す, に散見, に敵意, に於い, に最も, に注意, に現れ, に終れ, に絶対的, に署名, に美, に至る, に見, に見る, に親しん, に賦与, に通俗性, に道徳性, に関して時々, に関する批評, に附する, に高価, のお, のかかれた, のそまつ, のどう, のどれ, のねらひ, のよ, のエスプリ, のスタイル, のダイアローグ, のトオン, のネウチ, のモデル, の一部分, の万人向き, の主, の主人公, の主要, の主題, の何箇所, の佳, の価, の偉大, の價値, の公開, の内部, の分析, の制作方法, の前半, の劇的生命, の力, の印象, の厚み, の収録, の商品, の回顧的, の地位, の基礎, の基調, の声価, の変る, の大, の大衆性, の女, の姿, の存在, の完全, の完成, の実質, の小さな, の幅, の底, の後, の感覚的世界, の成功, の批評, の技術的, の收録, の数多い, の新, の方法, の日本的, の時代的意義, の期待, の本来, の材料, の核, の構図, の構成, の決定的, の準備, の滑稽, の演劇的, の特質, の独立, の現実, の生れた, の生れる, の生命, の生活, の異風, の真価, の神秘, の種類, の純, の結末, の総て, の美点, の背後, の背景, の良, の芸術, の芸術品, の芸術性, の芸術的効果, の行き, の質, の載つた, の近代性, の通俗性, の配列, の量, の顕れざる, の風貌, はうまい, はうまく, はきわめて, はそれだけ, はともかく, はどこ, はどことなく, はまだ, はまったく, はよく, はドイツ, はブルジョア, は一般読者, は世, は丸, は児童, は全部, は単なる, は嚴正, は大概成功, は大気, は嫌味, は完全落第, は完成, は實, は帰化英人, は幼時, は当時, は当時問題, は必ず, は必ずしも, は悉く, は成功, は成熟, は我々讀者, は戯曲的生命, は数万, は文学的, は李唐以上, は死灰, は沢山, は物語っ, は生き, は生きた, は皮肉, は私, は科学, は精妙, は純乎, は絵画的, は至って, は記録, は読まない, は読者, は誰, は闘争, への無, もいろいろ, もここ, もこれ, もむかし, もイタリー文壇, も変る, も所謂, も持て囃さるる, も持回, も遙, も遺憾, や傾向, や又, や思想, よりその, らしい精髄, をいい, をいつも, をいなか, をきわめて, をすっかり, をたくさん, をちゃんと, をまじめ, をみ, をみれ, をもと, をよまない, をよみ, をよむ, をよん, を一度, を一面, を下手, を世界美術全集, を何ら, を佳作, を修正, を働く, を前, を十分翫味, を厳密, を取り上げ, を味, を嘲笑, を好まない, を好む, を完成, を小品扱, を希望, を愛し, を愛読, を感覚, を批評, を捧げる, を描いた, を描く, を提出, を文語, を新聞, を暗く, を書く, を流しはじめた, を物, を特色, を生かすべく, を生き生き, を生み出す, を生んだ, を発表, を直に, を知らぬ, を研究, を禁止, を私, を箱, を終わり, を罵倒, を考へる, を聞かせる, を自費出版, を芸術的, を藝術, を表象, を製作, を見ない, を観る, を解り, を評し, を読み, を読みはじめた, を読み返し, を読む, を読め, を読んだ, を讀まれたい, を讀む, を讀んだ, を貫く, を辛辣, を通じて二百年後, を通じて公衆, を通じて新しい, を集めた, を非常

▼ そのひと~ (624, 0.1%)

8 の顔 6 の眼 5 のため 4 そのひと, の姿, の心, は自分

3 [13件] きれの, であった, によってちがった, のアパート, の家, の程度, の身, は, はそれ, はどこ, はどんな, は指, は私

2 [42件] が私, が身, けのない, だった, と同じ, にほんた, にほんとう, に似, に就い, に近く, のお母さん, のこと, のさいわい, のところ, のもの, の全部, の名, の名前, の四谷, の奥さん, の妻, の手, の文学, の本当に, の瞳, の純粋, はあなた, はすぐ, はそう, はまた, はやはり, は世にも, は伸子, は少し, は椅子, は現世, は誰, ひとの, びとによって, を好き, を妻, 枝を

1 [466件] あいてる, おもんちゃん, かけら, からじかに, から獄中, から相談, から逃げたくなっ, から離れた, があなた, があまり, がある, があれ, がいなかったら, がえらい, がけふ, がこれら, がこんど, がし, がすっかり, がすでに, がそういう, がその, がとても, がどういう, がどの, がなぜ, がひたむき, がまさに, がより, がわが, がウィーン, がカイちゃん, がパッ, がロビイ, が一朝, が一生自分, が下, が世話, が世間, が云った, が他, が仙台市, が伸子, が何, が借り, が健康, が先, が別荘, が動坂, が司令部, が天幕, が好き, が娼婦, が子供, が孤独, が差し入れ人, が席, が帰っ, が帽子, が年齢, が悠然と, が手拭, が来る, が棄てられた, が煙草, が父親, が生れ, が男の子, が脱出, が自分, が草, が蛾, が達ちゃん, が郵便物, が飲み屋, きつと, くせあり, こまには, こまひと, こまを, ご自身, さえそこ, しずくの, すぢ, すみの, そのひとり, たらしも, だけにかかわった, だったので, だったんで, だという, だとは, つきもの間火事の, である, でした, でなければ, というの, とおなじ, とはなれ, とは多分, とは思えない, とよそ, とピクニック, と一度, と二つ三つ, と何, と夏, と子供, と握手, と晴れた, と泰造, と父, と結婚, と遊び, と過す, と違い, どうした, などは砂袋みたい, なの, ならきっと, なりの前進, に, にいう, にお返し, にかえし, にかか, にき, にきょう美術館, にし, にすっかり, にその, にそんな, にたのみます, にだけきこえる, にだけはびしびし, にだけは嘘, にちがい, につい, について彼, にとって自分, には家, には往復, には気にいった, にぼく, にもコップ, によつて, にわるく, に事情, に合っ, に告げる, に呼び返され, に喫茶店, に外, に安心, に家, に寄り添う, に対しては夫, に帰っ, に心, に恨み, に惚れ, に手放し, に敬意, に書い, に索引, に脊椎カリエス, に言った, に迷惑, に通じた, に通じなかった, に通じなかつた, に逢う, に連れられ, に階下, の, のいた, のいふ, のいろいろ, のうち, のおっかさん, のおとなしく, のお嬢さん, のさ, のさい, のしあわせ, のす, のなか, のふところ, のもちもの, のグループ, のプロフィル, の一生, の主観, の事, の云, の云う, の云おう, の人格, の人間性, の住む, の作品, の個性, の傍, の全, の全身, の内部, の凉, の到着, の前, の前途, の力相応, の勤め先, の化粧, の危篤, の口, の品評, の善意, の堪えがたい, の声, の夢, の大きい, の妹, の子, の子供, の室, の寝顔, の審美眼, の居間, の屋敷, の川床, の布団, の幸福, の影, の御, の態度, の技術, の掌, の提案, の文学理論, の文章, の方, の旦那, の旧, の昔, の書くり, の本, の本心, の歩きぐ, の死んだ, の気分, の気質, の法弟, の法律事務所, の浪宅, の為, の無, の無垢, の父親, の特質, の生れつき, の生活力, の生涯, の画, の画集, の異常, の皮膚, の目, の知合い, の社会生活, の精神, の純粋度, の経済的, の線, の背後, の膝, の自慢, の自由, の苦悩, の言, の言葉, の話, の諸悪, の象徴, の近く, の道, の遺志, の間接, の階級, の階級人, の際立った, の頭上, の骨, の髪, はあ, はああ, はい, はいかにも, はいかめしい, はいつも, はおそろし, はこの, はすでに, はすらり, はそういう, はその, はそれから, はただ, はつつましく, はどう, はねえ, はひとりっきり, はひやかす, はほのか, はほんの, はむやみ, はもう, はもう決して, はよし, はわれわれ, はニヤリ, はブロンド, はホーリネス, は一向, は二週間, は云った, は仙台, は伸子たち, は何, は偶然あなた, は元気, は六月一日, は写っ, は前, は医学, は厭わし, は大人, は大変図式的, は女, は女王さま, は姉さん, は娼婦, は宿屋, は座敷, は後, は御存知, は忽まち無邪気, は情ない, は戦後, は房, は所謂貴族, は握り飯, は数学, は最後, は本当に, は格別, は横浜, は武佐子, は母, は母娘きり, は気, は水色襷, は淋し, は火, は煙, は玄関, は珍しく, は現実, は生き, は町, は病人, は癌, は百々子, は看護婦, は笑, は笑い, は第, は素子, は素直, は結婚, は縁側, は翔ぼう, は腹立たし, は良人, は若く, は蝦夷地, は見れ, は言いました, は言葉, は賢く, は身, は身分, は雄, は頭, は風, ひるは, びとに, びとを, ふきは, まことその, まだいる, も, もなく, もやっぱり, もショール, も今, も奔馬性肺結核, も度々, も時たま, も立ち上っ, も芝居, も襟, も身, も馬, やっぱり叔父さん, よ, らしい忍び泣き, らしい自然さ, らしくこんな, らしくも, らしく内気さ, をい, をここ, をご存じ, をたのもしく, をねとる, をまっすぐ, をみたい, を仮に, を信用, を利用, を前, を土地, を強め高める, を待っ, を忘れ, を悪く, を掬いあげ, を救い, を最も, を気の毒, を決して, を眺めた, を知らん, を立ちあがらせ, を素子, を縛, を見, を見なおす, を見直した, を見送り, を訪ね, コマが, 個人の, 列の, 叩きに, 寺の, 揺れごとに, 枝ゆ, 構えでした, 突きは, 笑ふ, 羽ばたきで, 自身の, 見識ある, 跳びの, 部屋を

▼ その子供~ (613, 0.1%)

9 のこと 5 がまた, の顔, はまだ, をつれ 4 が一人, が頭, のそば, の上, の母親, は, をお 3 というの, のため, の方, の父, の親, の話, は死ん, を育て, を育てる, を連れ

2 [48件] が, が出, が大きく, が必ず, が材木, が自分, が路上, ではない, と一緒, と同じ, なん, にです, には眼, に生命, のおれ, のした, のそして, のやう, のよう, の世話, の中, の助手, の小さい, の様子, の泣き声, の泣く, の父親, の生命, の笑顔, の群れ, の頃, の頬, はお, は何, は女, は彼女, らしい恐怖, らしい感情, を, をし, をそのまま, をまた, を寐, を教育, を殺し, を産んだ, を膝, を養う

1 [430件] か, から目, から至当, があげた, がいた, がいたんだ, がいつたい, がいなくなっ, がいなくなる, がいる, がいわゆる, がおそらく, がかわいそう, がき, がその, がたしかに, がつぎ, がどう, がどんな, がなか, がなんと, がばったり, がもう, がやさしい, がダボ, が三人, が中学, が九つ, が五つ, が五歳位, が今, が何処, が先日学校, が先生, が十三歳, が十五歳, が十歳, が十歳位, が即ち, が可愛いい, が咳, が唯一, が外, が大勢, が大臣, が姉, が学業成就, が実は, が幼い, が庭井戸, が復, が成長, が戦争, が手近, が推一, が旦那様, が東京, が根作, が歩き出し, が死んだ, が沢山, が波多野家, が泣い, が泣きだした, が無事, が片, が硝子, が私たち, が答えた, が継ぐ, が親, が金, が雲, が非常, が首, じみた信頼, だけからなっ, だけがまだ, だけが母, だけで, だけはどういう, だけは遊び, だったの, だと, だのまた, って, っぽい美しい顔, っぽさ, であると, である事, である二人, でございますかな, でさえ満足, です, ですら, ではなく, でイヨヒョーエ, といい, というもの, といっしょ, とは恐らくは, とをよそ, とを目付け, と仰し, と共にお母さん, と大熊, と指した, と目, と箱屋, と見える, ならゆうべ夜半, なら二つ, なり養子, に, にあらざるなり, にある, にいいかけました, にお返し, にききました, にこう, にさえもわかる, にせめて, につきあてた, になつて, にのこした, にはうまく, には不足, には実際, には皆目, には神, には自信力, には見おぼえ, にも会わせ, によってつくられ, に人生, に例, に口, に名, に君, に対する態度, に對, に普通, に梅毒, に死後, に洗礼, に狂犬, に立派, に腕, に自信力, に與, に良い, に苦労, に英語, に菓子, に見覚え, に話し掛けた, に譲与, に逢, に適当, に食べさせる, の, のあげた, のいずれ, のうち, のお, のおも, のこころ, のこぶし, のすべて, のする, のだれ, のない太, のふつ, のほか何, のほんとう, のめんどう, のより, の一所懸命, の乞食, の事, の二人, の仕草, の付添人, の代り, の仲, の傍, の前, の名前, の向き, の命, の喰, の坐りかた, の変らない, の姉さん, の姉たち, の姿, の安否, の家, の家族, の寝床, の常, の後ろ, の性, の所, の手, の持つ, の教育, の方言, の時, の時分, の智慧, の死んだ, の殖える, の泣い, の為め, の無事, の無邪気, の無関心, の生, の病気, の発達, の目, の着物, の破れる, の種類, の籍, の結婚, の継承, の罪, の群, の老人, の耳, の肉親, の行衛, の襟髪, の親たち, の親父, の親達, の言う, の記憶, の身許, の運命, の重荷, の金, の霊, の顔色, の顔面, の養育, の首, はあわてた, はいいました, はいいます, はくつ下, はこたえました, はこの, はこれら, はさう, はそう, はどう, はどこ, はのんびり, はひょっとしたら, はふり, はみんな, はやがて, はやさしく, はわずか, は一足下り, は下, は世の中, は二, は二月目, は今何処, は今年, は先づ, は助かった, は友だち, は口々, は同じ, は地主, は声, は外国, は天馬, は女房, は婆さん, は孤独, は学校じゅう, は小さい, は少し, は弱々しく, は彼, は忘れ, は戻っ, は教える, は教卓, は是非日本, は普通, は曩, は正直, は歴史, は永久, は片方足, は生き, は産まれ変わった, は盲目, は石地蔵さん, は祖父, は純粋, は芝生, は見, は見向き, は親, は赤い, は走っ, は遊ん, は雨, は驚い, までが, もやがて, も一緒, も今, も別段, も死に, も決して, も畑柳夫人, らしいまた, らしいやさしい, らしい何, らしい危険, らしい口, らしい墓, らしい尊い, らしい小さな, らしい快活さ, らしい悦び, らしい所, らしい様子, らしい無邪気さ, らしい熱心さ, らしい空虚, らしい考, らしい言い方, らしい試み, らしい顔, らしく天真爛漫, らしさ, をあやし, をある, をいましめ, をかかり, をかわいそう, をたいへん, をのみ対象, をはぐくん, をまったく, をみつける, をわざと, をニ, をラサ, を丈夫, を世話, を世間, を両親, を乗っけ, を交番, を使嗾, を入学, を全部結婚, を全部適当, を全部遺棄, を再び, を取り, を取りまきました, を可愛がる, を叱っ, を呼び起す, を大変, を奴隷, を嫌がったら困る, を家, を帯, を幼少, を弄っ, を弄び, を引, を必ず, を愛し, を愛せられない, を手, を手放し, を抱い, を抱き上げた, を抱こう, を捜し出し, を探し, を救い出す, を教え, を日没, を検する, を殺した, を母, を浮浪少年, を無性に, を犠牲, を産む, を田舎, を町, を眺め, を秘密, を育てた, を育て上げ, を育て上げる, を育児院, を背, を自分, を自分自身, を苦しめる, を見ます, を見失っ, を貰, を貰い受ける, を通じて全, を連れ戻し, を非常, を鞭, を預ける, を食べさせるでしょう, を養っ, 染みた好奇心, 迄養う

▼ その土地~ (603, 0.1%)

17 の人 8 と労働 6 に住ん 5 の名, の風景 4 にいる, のもの, の生活, の者, の耕作 3 で生れた, の上, の人々, の出来事, の大, をよく, を売っ, を耕し

2 [41件] がどんな, その年, でなければ, での悲惨, というの, にある, にい, について考え, には珍しく, に住まはせられます, に住む, に於ける, に昔, に根, のいろいろ, のこと, の一友人, の一部, の事情, の人たち, の人間, の住民, の共同墓地, の半分, の名物, の好み, の性質, の方言, の材料, の歴史, の生れ, の神, の羊羹, の象徴, の風, はこの, へ行っ, を全く, を横領, を耕す, を訪ねた

1 [436件] から, からうんと, からでなけれ, からよき, から原始時代, から咲き出し, から得, から得た, から湧く, から甘酒, から生れた, から発現, から西野郷, から追放, から逐払, から離れる, から駆逐, がとんだ, がほとんど, がより, がコウゲ, が不毛, が与える, が依然, が倍, が全く, が好く, が山陽, が懐かしく, が持つ, が本田同様, が植樹, が極点, が田, が白鷺城, が種々, が自分, が自然, が貧しい, こそ私, その藩, だけの言葉, で, であり彼ら, である, でいう, でいちばん上等, でしかも, ですね, でそこで, でその, でちょっとした, での生活擁護, ではない, ではほこら, では三保, では何物, では壮太郎, では彼女, では開墾, では顔, でも有名, でも有数, でアルギイル, で一時, で二人, で人, で住んだ, で働い, で出来ます, で大きく, で女中, で床屋, で新しい, で暮し, で求める, で温泉小唄, で自殺, で芸者, で読む, とその, と合体, と曲, と社会, と関聯, などは風, なの, ならば, なり現場, にいくら, にお, においてそして, においてまたは, においで, におけるその, における地頭, における豪族, にしばらく, につい, についた, につく, にては素焼, にできる, にとつ, にとつて, にない, になじん, にはお, にはおられますまい, にはよい, にはビッグファイブ, には伝統, には住ん, には散乱, には猿, には登記所, には興隆, にふたたび, にまつられました, にもその, にも居, にやってきた, によき, によって地質, によって長かっ, により多く, にゐ, にゐつい, に与えられた, に二日, に人間生々, に仮泊, に住, に住み, に住みなれた, に備わる, に出掛け, に出来る, に到着, に取っ, に古来, に史話, に喰い入り, に土着, に在る, に埋葬, に大水, に委しく, に存在, に学園村, に対してやや, に対して早く, に対する力, に対する成長力, に居着いた, に差し置かれ, に張鬼子, に彼ら, に愛着, に愛著, に投ぜしめ, に持った, に日々, に有っ, に有り合せだ, に有る, に来, に民族, に流行, に生れ, に生れた, に留め, に祀られ, に福島, に私, に立脚, に結びつけられ, に育っ, に育つべき, に行, に赴任, に起った, に適した, に適したる, に長く, に関する相当, に降った, に限られた, に馴染, の, のあがり, のあるじ, のすべて, のまま, のまん中, のもの英語, のニギリタケ, のユカリ, の一, の一塊, の一般的知識, の一部分, の三分の一, の主, の事, の事歴, の人みんな, の人情, の人情等, の人気, の人達, の仕事師, の仲間, の住者, の作物, の価, の保健衛生, の光景, の内, の内部組織, の冬, の半, の友人, の古い, の古昔, の只中, の司法官, の司直, の同じ, の同輩間, の名前, の名高い, の商売, の土産もの, の地代, の坊さん, の多く, の威力, の宇佐都比古, の家, の寂寞さ, の富農たち, の山, の岩質, の市場, の幇匪, の年寄り, の広, の引力, の引渡し, の形象, の役人, の性質以外, の情, の感じ, の憲兵隊, の或, の所有名儀人, の所有者, の技, の持主, の支那労働者, の改良, の新鮮, の日本, の本当, の東西南北, の林檎, の標準年変化曲線, の権威, の気候, の気風, の海産品問屋, の深山, の温度, の物語, の物資, の特色, の王様, の町, の百姓位, の県令, の知合, の神秘, の立派, の管理, の素封家, の経営, の経済的実権, の者たち, の職人, の肥厚さ, の肥膏さ, の自然, の舟以外, の花柳界, の若干, の藍, の裕福, の言葉, の調理者, の警察, の豐腴, の豪家, の起伏, の趣味, の軍政部, の農民, の道徳, の鉄道工事, の長老, の関係者, の限定, の隅, の顔役, の風光, の高低起伏, の魚, はそれぞれ, はペテロ, はモンスーン地帯, は一面篠笹, は人手, は当然, は排水, は日本, は昔ニーオーク, は白浜温泉, は知り, は空地, は繁華, は茫漠, は衰弱, は農民, へいっ, へそ, へそこ, へ太陽, へ始まった, へ彼ら, へ来, へ留まろう, へ着いた, へ移る, へ興行, へ行つて唯旅館, へ行商, へ連れ, も家, や建築物, より産, らしいにおい, をあげましょう, をある, をいま, をごらん, をすべて, をた, をもっ, をわれ, をインド, を争い合っ, を二人, を余り, を使わせ, を借り, を出, を労働者, を千束, を去っ, を去った, を去る, を取り, を取り上げ, を取る, を名づけ, を名田, を呑込ん, を喰, を坪当り月五銭, を増加, を売らん, を売ろう, を失っ, を奪い, を奪った, を奪われ, を好き, を宇陀, を己, を思ひ出さう, を想像, を愛し, を投げ出さう, を抵当, を探ね, を改善, を敬二郎, を最も, を本, を果樹園, を検分, を極度, を求め, を求めよう, を無償, を牧場, を知らない, を立ち去る, を管理, を耕しつづけ, を自分, を自分達, を自由, を荒し, を見, を語る, を買う, を買った, を購い求める, を踏ん, を踏んだ, を踏査, を転住, を農民, を逐電, を遊獵, を遊覧地化, を適当, を酷使, を開拓, を離れよう, を領する, を飾り, を高度, 又は田地

▼ その二つ~ (601, 0.1%)

37 のもの 11 の眼 10 の間 7 の世界, の心, の顔 6 のこと, の目 5 のうち, の場合, の姿, の峰 4 の人影, の声, の電気, の面 3 である, の山, の燭台, の物, の發光物質, の道, の部分

2 [37件] がまた, が一つ, が一緒, が重なり合っ, が頭, とも今, の, のため, の中, の夢, の大, の影, の性質, の扉, の村, の欲求, の気持, の点, の特異, の玉, の現象, の理由, の理論, の矛盾, の色, の言葉, の鏡, の防寨, の首, の黒い, はいずれ, は彼, は酒, よりほか, をどう, を受取っ, 啼きやめば

1 [379件] あるいは三つ, からうけた, から感じた, がいつも, がいつもかなり, がくいちがっ, がずっしり, がその, がつながり, がどうか, がどんな, がなぜ, がぽつり, がテーブル, がピタリ, が不充分, が二つ, が互いに, が互に, が交錯, が他, が作る, が別々, が力, が力学的, が合わさる, が同じ, が吹き上げる, が喚きたて, が変, が寸分, が左右, が彼, が彼女, が或は, が是非, が普通, が未だ, が混乱, が無関係, が異様, が相, が相反, が紙, が結ばれ, が結びつく, が結合, が絶えず, が調和, が讀みたく, が身, が遠い, が非常, が面從腹背, こそ光栄, しか差別, しか彼等, だけ, だけがこの, だけが如何にも, だけが彼, だけで, だけのよう, だけは吹い, だけは奇妙, だよ, つが, であるが, でござる, でした, です, でも不足, とない, とばかり思っ, ともここ, ともとうに, ともどう, とももちろん, ともわれ, ともエミイ, ともムダ, とも上流家庭, とも事實, とも何, とも自然, と無い, ならんだ一片, なり, にかかっ, になった, にのみ尽き, にはれい, によつて, にわれた, に別けられる, に割られた, に心臓, に茶色, に鶴荘, のいずれ, のうず, のかぎ, のくちばし, のつぼみ, のつよく, のどちら, のびん, のほか, のまるで, のアプリオリ, のスリッパ, の不動様, の不幸, の丘, の中心, の中間, の主峰, の事件, の亡骸, の交叉點, の交錯, の人形, の伝統, の何れ, の個体自身, の側面, の傾向, の像, の光景, の兜, の入口, の写真, の出入り口, の刀, の分らない, の切り口, の判断構造, の動機, の危險, の原動力, の原質, の収穫, の取り合わせ, の口, の叫び, の名前, の否定, の品, の品物, の問題, の国, の土地, の圧搾, の地震, の型, の壁, の天, の天狗, の奥, の孰, の安い, の実現, の家, の家宝, の家寶, の寫眞, の寺, の対峙, の居室, の屋根裏部屋, の屍骸, の山並, の岐, の岡部, の島影, の帷幕, の幻, の序, の序文, の建物, の廻転, の心もち, の心持ち, の思い出, の思ひ, の性, の悪い, の懸念, の戸, の手, の手段ほか, の手綱, の手跡, の括弧, の推察, の文化, の文章, の旗, の星, の時代, の時計, の暗礁, の曲, の最大公約数, の月, の有利, の杖, の枡穴, の根本欲, の椀, の楕円全体, の極, の極めて, の標準, の橋弧, の欲望, の歩調, の歯型, の死屍, の母音, の水, の活火口, の流れ, の海, の混, の混淆, の混血兒, の灯, の灰色, の無窮, の牛, の物体, の物質, の球塊, の異, の疑問, の白い, の眼玉, の石, の積, の穹窿, の笑顔, の符合, の管, の素質, の経典, の結びつき, の編毛, の義務, の考え, の耳, の聖像, の聲, の脚, の腕, の艀, の花畑, の若い, の苦痛, の葉, の蝶, の要素, の要素以外, の見方, の視線, の角, の計略, の証拠品, の説明, の説話, の調査, の論文, の講義, の譬喩, の資格, の質問, の足, の足型, の途何れ, の部屋, の重なりあった, の野路, の鐘, の長い, の間にあっ, の関係, の闇, の階段, の面影, の音, の音楽, の領域, の頭, の顏, の風, の食堂, の香味, の鬚, はあるいは, はどちら, はどんな, はイレネ, はバラバラ, は上手, は互いに, は俳諧, は同時に, は大, は実は, は島, は戯れ, は明らか, は蛾, は蝋着, ばかりをとっ, も彼, より他, より途, をあわせ, をかわるがわる, をくちばし, をこね合わせ, をつきまぜた, をつなぎ炉縁, をつなぐ, をプラタナス, をムザムザ, を一つ, を一挙, を一緒, を今, を個々別々, を全然, を兼ね, を兼ね具えた, を出ない, を出なかった, を出まい, を剔抉, を合した, を合せた, を和解, を喰べた, を大きな, を好みます, を宣教師, を対比, を対立, を床の間, を心, を抛棄, を抹殺, を持たね, を掘り, を正確, を殺し, を目標, を目的, を相殺, を示した, を筋, を組合せる, を結び付け, を統合, を絶対, を維持, を総括, を考え, を育む, を苦しむ, を見る, を見比べ, を貸し, を通じてすべて, を通り, を除い, を除く, を雪, を頭

▼ その~ (592, 0.1%)

8 のよう 6 では, のため, のやう, を見る 4 その事, の価値, の姿, の存在, を見 3 だ, の内部, の名, の形, の性質, 干台

2 [33件] から来る, がこの, がすでに, が悪い, が滑稽, が物, が直ちに, その人, である, であること, になつて, にも愛想, に對, の中, の味, の如き, の影, の所有, の持つ, の罪, の背後, の観察, の象徴, の音, はみ, は何物, も云はず, を一句, を軽蔑, 干の, 干竿, 欲しさ, 狂わしさ

1 [456件] うげ, からが醜, からし, からも消え, から位, から新しく, から確実, が, があと, がある, がいつの間にか, がさながら, がすべて自分, がその, がたりはこんど, がどこ, がひょっとしたら, がみな, がやはり, がよほど, がウネウネ, がコムモンセンス, が一半, が一大宝庫, が下等, が不名誉, が不思議, が並大抵, が主, が主神自身, が人, が何, が何だか, が偶然, が分解, が利き, が動く, が反対, が古い, が味噌, が唸る, が四十, が太陽, が好い, が好ましい, が如何なる, が嫌, が往, が心霊, が必ずしも, が我々, が拡がっ, が既に, が本, が次第に, が正義人道, が残る, が片田舍, が玄関, が生れる, が畏怖, が確か, が美しい, が自然, が見える, が親切, が足りない, が軽侮, が近づいた, が道徳, が長, が霧, が非常, が馬琴, が黄色い, その傍ら, その場, だけの理, だけを相手, だと, だツ, で, であった, であつ, であらね, であるかの, であるから, であるやう, であるよう, である事, である以上, でそれ, ででも, でない, でない事, でなくな, で称えた, で頭, としては意地, として愛する, とともにひと色, となつ, との交渉, との関係如何, とはなんぞや, とは互に, とは無関係, とは異なる, ともいうべきで, ともどうせ, とを神妙, と何ら, と信じる, と力, と化, と同じ, と密接, と性質, と感じられた, と絶えず, と見られる, と較べたら, なの, ならこ, ならぬところ, なりと, なるもの, なる主義, なる聖書, にかぶせる, にしつかりからみつい, にすでに, についての我々, については何, について観察, になっ, になった, になつて來, になりきりえない, になりすまし, になり済ました, になる, にはない, には何ら, には別に, には心, には新しい, には高, にまで及ぼした, にも不安, にも彼女独得, によって彩色, によつて, にアルコール分, に何物, に内, に利用, に化し, に向う, に囚われ, に執着, に大した, に威力, に存する, に対しては矛盾, に対しても尊敬, に対して仕事, に対して報酬, に対して敬意, に対するもの, に対する興味, に尋ねる, に就い, に幾分, に従い近く物事, に快楽, に怯えた, に意識, に感染, に戒飭, に托する, に捧げ, に接し, に於, に気がつかなかった, に熱中, に登る, に経験, に絶対, に至っ, に興味, に變, に貼りつけられた, に近寄る, に関する知識, に限定, のある, のいい, のうち, のうま, のおもしろ, のす, のない, の下品, の事業, の何, の價値, の光度, の光景, の内容, の内面的実質, の出処, の出来栄如何, の分量, の利用, の効果, の匂い, の化身, の十露盤上, の原義, の吐息, の吼, の変化, の外部, の如く, の存立, の実質, の寸法, の尊, の幻影, の強度, の役, の情報, の感じ, の持っ, の文章, の旅行, の最上, の最上的具現, の本来, の本質, の本質的改革, の根本的研究, の毒性, の活動, の無用, の熱, の爲め, の生命, の発現, の発達, の發展, の真, の真価, の真髄, の破, の破産, の示現, の称, の稀少性, の立場, の範圍内, の組成, の組成元子, の考え方, の脚, の腐爛, の自分, の興味, の色, の蘊奥, の表示, の表象変化, の補充, の見方, の言い方, の記録, の諷刺, の講義, の質, の転ぶ, の輪郭, の速度如何, の遺物, の重要さ, の開拓, の難き, の面影, の食べ頃, の魂, は, はかい, はきわめて, はこの, はさほど, はすなわち, はそもそも, はた, はぬるぬる, はもう, はもし, は人間以外, は今日, は体, は僅, は光沢, は公儀, は出来, は単なる, は営業本位, は夜半, は安全, は小説, は少し, は必ずしも, は恐ろしく, は我々の, は我が, は或は, は正, は正業, は殆ど全く, は潮, は無論, は独立, は玉, は白河戸将監, は皆, は真に, は確実, は私, は美し, は腹中, は薬, は貴し, は驚いた, ばかりに就い, ばかりは如何, へと段々, または幼児ら, までが固定, まで眠っ, もしくはその, もとより神, もまた, も丸, も却つて自分, も次第に, も牢, も甚だ, も発達, も良かっ, よりはこれ, よりは美くし, よりもこの, よりもずっと, よりもコタツ時代, よりも一層, よりも多少, よりも我々, よりも更に, よりも沈滓, よりも甚だしい, よりも自分, より貴重, をいわせた, をえらび, をおしいただいた, をかえって, をくわえ, をさえ得れ, をしみ, をその, をまで無視, をよく, をトテム, を与えられた, を今, を以つて創作, を体験, を作つ, を作る, を償わない, を入れ, を写せ, を写生, を凝視, を分解, を判断, を十分, を取り, を取ろう, を味わおう, を奪, を差し, を床板, を引展, を強奪, を得, を忘れ, を愛し, を愛する, を抽象, を拇指, を持っ, を指した, を捨て, を掠むれ, を探した, を掴む, を搏つや三たび, を改善, を根, を極度, を止めさせよう, を求め, を注視, を無意義, を父母, を狐, を現, を現す, を目的, を紹介, を肯定, を見ない, を見究める, を観る, を説明, を踏み裂い, を通して過去, を重く, を静止, を食いたくなる, を食い厭きる, を食う, を食べる, を駆除, ズバリだ, ズバリ的, 云いや, 固さ, 寂びた境域, 干が, 思はしげ, 未だ各種, 狂わしい場面, 盗りと, 碎かるべし, 置きに, 置きの, 置き小屋, 育ち陰れば, 足らない気分, 足らなさ, 足らぬ日

▼ その~ (583, 0.1%)

115 のため, の姿 4 の名, をこれ 3 が自分, では, の家, の手, の顔, はどこ, を, を捕え

2 [27件] がすなわち, がまた, が先, が海水, であった, であろうと, でも, と同じ, にお, にし, にはそんな, に充分, のいう, の影, の性質, の本質, の永生, の為め, の罪, の頭, の首, はすぐ, はどういう, は真人間, を後世, を憎む, を案内

1 [476件] あたかも雲, お抑え, からぜひとも, からだけ慰安, から名画, から報ら, から聞いた, から自分, から魚, が, がいう, がいきなり, がいわゆる, がおる, がここ祝家荘, がすでに, がなぜ, がなに, がわたくし, がカーテン, がハンドル, がポンボ, が不思議, が主人, が事態不利, が何用, が作者, が信仰, が信者, が俺, が兵部, が出, が出来なけれ, が別にどう, が利益, が動い, が口, が古道具屋, が右翼, が夕月, が外出, が夙く我々, が後で必ず, が或, が捜査課長, が日頃, が果して, が生き, が甲斐, が画い, が祟り, が第, が罪, が船, が見えた, が見えぬ, が賤, が迷子, が部屋, が馳せ戻っ, が高氏, こそ蜂須賀阿波守, じぶん, そののち身, たるや, だ, だけがそこ, だけが生, だけを廊下, だけ無事, だけ饒舌りつ, だった, でありその, である, でござる, です, として一切万事誠実, とともに三十名, となっ, とのお, とは何, とは余程, とは木曽, とも別れる, と二人, と喜び, と手, と結婚, と連れ立っ, どもとも計りたく, ならば, なれば, にかか, にそち, にたいしてはどんな, にたずねれ, にちがい, について官兵衛, にとって他人, にとって幸い, にとって最も, にとって衣食住, になにか, になりすまし, にはお目にかかった, にはまた, には公爵, には千金, には印可, には堅く, には小判二枚, にばかり薄く, にほめられる, にまぎれ, にまったく, にやりました, によってこの, にグレンジール城内, に与え, に云う, に仏教上, に件, に会いましょう, に会う, に修営, に叱られる, に向っ, に呼ばれる, に命じつける, に多分, に寝, に対し, に対して憐憫, に将軍, に就, に幸福, に当たらなけれ, に戦争, に果たして, に注意, に渡しました, に益あらむ, に目, に石, に與, に荷物, に行李, に裹, に討たれ, に誅, に跡目, に間違い, に非ずし, に非礼, のいない, のうくる, のおぼえ, のことば, のす, のたまたま, のまちがい, のよう, の一切, の一語一語, の一身, の一部分, の一類, の不覚, の中, の云, の人体, の人間, の人間像, の仕事, の伺候, の住居ご存じ, の体, の何者, の使者, の俗名, の兄, の刑, の勲功, の卦, の口書, の号令, の名前, の呼ぶ, の命, の圧迫, の声, の如き, の姿勢, の帯ぎわ, の年, の年頃, の幸福, の幽魂, の後, の従兄, の復命, の心, の心がら, の意識, の感動, の所為, の才覚, の教育, の月番, の未来, の本体, の本相, の本音, の横死, の横鬢, の正体, の死, の死後, の残る, の母, の消息, の深編笠, の為した, の爲, の犯行当夜, の生涯, の申す, の申述, の目, の目方, の着, の知識, の種姓, の立場, の第, の結合, の老母, の背骨, の脛, の膂力絶倫, の自, の自白, の行方, の襟, の言った, の許, の語る, の談話, の變, の財産, の赤裸, の身の上, の身分, の身長, の身體的外觀, の躯, の過去, の郷里桐山村, の酒盃, の閃き, の間違い, の靴型, の馬, の髯, の鮮烈, はいずれ, はいま江戸, はうつ伏し, はお, はかえって, はきっと, はこの, はすでに, はそち, はその後, はそれに, はたしかに, はどう, はどうか, はどっち, はどの, はなくなっ, はなんらかの, はまた, はもはや, はやい, はやはり, はわれわれ三次元, はクルリ, はチァーリントン廃院, はトンネル, は一体, は一時お嬢さん, は七穴, は三度笠, は人物, は今年いくつ, は今度どこ, は何, は何となく, は何処, は余, は先日, は到底, は剣光, は力みかえる, は動物, は十年間, は半, は司馬道場, は同, は同一, は命, は和田, は喜び, は地, は外, は夜, は大罪, は如何, は完全, は家, は屹度自分, は左右, は己, は幾つ, は廃院, は彼, は必ずしも, は怒号, は息, は或は, は手, は日本, は昔, は来ず, は来た, は来る, は棒縞, は槍, は正成, は涙, は灰黒色, は無双, は特に, は生活, は祖父, は禅僧, は私生児, は窮貧, は立っ, は筋書きどおり, は答える, は簾, は脱走, は膝, は自転車, は至って, は薄暗がり, は薄色, は行っ, は街, は袖, は規則違反者, は角矢倉, は誰, は身, は遂に, は道, は開けられた, は雨戸, は顔, は鳥打帽, は鼬, へこう, へすっかり, へつき出した, へ凝らし, へ力, へ呶, へ御, へ怖, へ手渡す, へ操, へ直に, へ見参, へ返し遣はす, までが罰せられる, もおらぬ, もすぐ, もまた, もやっぱり, も主人公, も共に, も土岐一族, も木の根, も決して, も軽く, やがて帰り参れ, よりきょう従, よりも近頃, より太子, より夷俗, より恨まれる如き, をお, をかれ, をこの, をころす, をつれ, をよく, をよこす, を一颯, を下手人, を二つ, を以て個人, を以て己, を仮定, を仲間, を侮辱, を信じ, を傷つける, を召しつれます, を召寄せた, を召捕っ, を叱咤, を呼ばせた, を呼び, を呼びよせ, を呼び出させた, を呼び出せ, を呼ぶ, を外, を家内, を尋ね, を引, を彫り上げ, を彼女, を必要, を抛り投げた, を捉え, を捉へたさ, を捕えろ, を撃った, を支那人間, を斬罪, を早速, を梁山泊, を死骸, を殺し, を洗いたて, を用いる, を疑う, を監房, を監視, を眺めた, を睨め返し, を知っ, を知らない, を知り, を稲荷, を立てる, を聴問閣, を芝居, を落し, を見かける, を見せ, を見つけ出し, を見よう, を解い, を返し, を通じてこう, を連れ, を非難, を養子, 正に前, 現に家

▼ その仕事~ (581, 0.1%)

7 をし, をやっ 6 に没頭, のため, をする 4 が何, に熱中, を, をつづけ, を続け 3 というの, にたずさわっ, の上, の中, の性質, の性質上, はなかなか, は何, を始める, を完成

2 [34件] が, が需要, であつ, で金, とは何, にか, にかかった, に携, に興味, のこと, の一つ, の価値, の内容, の材料, の目的, は, はあなた, は好まない, は彼, をした, をたのみます, をどう, をなしとげれ, をやった, をよく, を一つ, を始めた, を完了, を少し, を引き受け, を私, を續, を自分, を運ぶ

1 [431件] からとにかく, からの収入, から免れよう, から少し, から直接, から追い出し, がいかに, がうまく, がかたづいた, がぜひ, がそれほど, がつづいてる, がともかく, がどことなく, がどんな, がどんなに, がむずかしく, がやれる, がゆきづまり, がイヤ, が一ばん, が一段落, が三根夫, が世の中, が世間一般, が人間, が偶然, が出, が出来上るであろう, が十分, が叩い, が大きく, が大阪, が天意, が始まった, が始められ, が実に, が常に, が彼, が思う, が文化的, が東京監獄, が永遠, が済む, が済んだら, が終える, が終った, が終る, が終わった, が組織的, が結果, が統制的, が自分, が裁縫師, が見事, が進捗, が長き, こそ私, したら手伝, たいへんいい, だけは仕上げ, だけは手, だけれども, だった, っていうの, っての, でとれる, ではなく, では立て, でもっ, でわ, で一日いくら, で以, で使用, で早くから, といっ, としてピッチ, との綜合, と取りくん, と客観的, と申します, と職業, と自分, と言う, にうち, にうちこまず, においても抑揚, において忠実, にかかる, にかけての巧妙さ, にかける, にけち, にしたがう, についた, についやさなけれ, につかね, にとりかかった, にとりかかる, にとりかかろう, になる, にのッ, には変更, には新米, には澤山, にばかりうちこん, にふりかかる, にまたそれだけ, にまつし, にもまた, にやとっ, によく, によってある程度, に一口, に一生涯, に与かっ, に倦, に倦み疲れ, に僕, に割りこんだ, に参加, に參加, に取りかかつた, に取りかからない, に取り掛る, に向っ, に夢中, に実地, に対してその, に対して純, に対して軽率, に対し芸術的立場, に対する熱意, に対する苦しみ, に専念, に專念, に少し, に就, に就く, に尽きぬ, に引きずりこまれ, に当った, に当る, に彼, に従う, に従事, に心, に意, に愛着, に掛かり切っ, に掛った, に携つて, に携わったであろう, に来た, に欠くべからざる, に浸りきる, に熟達, に理解, に生き甲斐, に由っ, に真, に終止符, に行き詰まる, に行った, に追, に適した, に長い, に隙, に馴れ切っ, の, のあいだじゅう, のあらゆる, のいちばん厄介, のいろいろ, のしまわない, のすべて, のなか, のはかどる, のひまひま, のほう, のほか, のやり方, のスケール, の一翼, の一般, の一部, の一部分, の下ご, の中心, の九割以上, の低廉, の余りに, の余暇, の償, の光栄, の全面, の再興, の分布, の前, の効果, の困難, の場所, の多寡, の多忙さ, の大切さ, の如何, の安易さ, の完成, の客観化, の悠久さ, の意味, の意図, の態度, の成果, の手助け, の手間取る, の拭い, の文学的価値, の文芸, の方, の最後, の本体, の本国, の本質, の本質的, の正常, の現実的価値, の真際中, の種類, の範囲, の精進, の系統, の終, の終わった, の継続, の裡, の訓練, の設計, の賃金, の進捗ぶり, の進行, の進行情況, の遂行者, の過労, の邪魔, の部分部分, の都合上, の重要さ, の量, の関係, の領域, はいくら, はきっと, はきっと幾らか, はきみ, はけつ, はじつは, はずっと, はせっかく, はた, はなか, はなんとゆっくり, はひとり, はまた, はまだ, はまだこれから, はみんな変態, はむしろ, はやっぱり, はやりましょう, はケチ, はスプリング, はファンティーヌ, は一週間, は不肖, は不親切, は今日, は他, は何かと, は偶然, は先づ俳優, は全く, は出来, は初めて, は別に, は力, は単に, は危いも, は困難, は客観的, は彼女, は愛, は捨てなく, は新聞小説, は時間, は楽しかっ, は次, は水, は決して, は法廷, は泥棒, は片づい, は理屈, は私, は簡単, は蔭日向, は訳, は金粉, は鉱山, は長い, は須山, への無意識, への腰, もいよいよこれから, もおのずから, もけっして, もなかなか, もひと, も今, も大体, も始めない, も捨てた, も直情径行的, も縮尻つて, も雑多, や精神, よりも蟹, をあまり, をおぼえ, をお引き受け, をかたづける, をさかえさせ, をすこしも, をすすめ, をすませ, をすれ, をずつと考へ, をそんなに, をついで, をとりあげよう, をなさっ, をなしとげ, をなし終えた, をはじめる, をひきうけた, をひっぱっ, をひとつ, をほうり出し, をほん, をまじめ, をむしろ, をも承, をやめた, をやめない, をやりたい, をゆだねる, をりっぱ, をわたし, ををはつ, をケシン, を一つ一つあなた, を一ぺん自分, を一先ず, を仕上げる, を仕遂げる, を僧侶, を分担, を初める, を取りあげられ, を取り上げ, を品物, を始め, を始めたい, を実績上, を実行, を幾倍, を庭, を引き受けた, を引き受けました, を引き受ける, を引受けた, を彼女, を後れ, を御覧, を心から, を忠実, を思ひ止まらなけれ, を恐ろしく, を想い, を愛し, を成しとげ得た, を手伝おう, を手傳, を手傳つた, を打, を持つ, を擲つ, を旦那, を是非, を果した, を止めないだらう, を止めます, を正式, を深川, を無償, を無心, を砲弾, を社会, を終, を終った, を終わる, を継続, を続けさせた, を続けるであろう, を置い, を職工兼工店, を行っ, を補佐, を褒められる, を見, を見出した, を追求, を通じて女, を進め, を進める, を進行, を過少評価, を長引かせ, を長谷川, を靴台, 振り生活振り, 振を

▼ そのあたり~ (573, 0.1%)

5 にある 4 に動い, の光景, を歩い 3 に見えなかった, の草, は一面, へ行く, を歩き, を見廻し, を見廻した

2 [36件] からは家, が好き, が栗栖, で凄まじい, には幾つ, にも異人館, に見えない, のこと, の人々, の地理, の山, の景色, の植物, の様子, の歌, の潮, の空気, の綱, の路上, の通り, の風光, の風景, はとくに, はまだ, は浪, は雪, をあるい, をくま, をぶらつい, をぶらぶら, を掃除, を探し, を探り, を歩いた, を歩きまわっ, を見

1 [463件] あくまで東叡山寛永寺, いったいは, から, からいまだに, からで, からの錯覺, からは植物性, からは見物, からひ, からもみじ葉越し, から冷, から圓山川, から大いなる, から山脈, から左右, から形成, から徐々に, から御料林, から急, から既に, から東野, から水面, から流れ, から消え, から緑暗色, から聞え, から芝居, から見渡せる, から起った, から道, から頼信紙, がおよそ, がお母様, がきらきら, が上海, が千鶴子, が大学, が新しい, が渺々, が白け渡った, が私, が葱畑, が薄暗く, が透明, きょろきょろ見廻わす, こそ恐るべき, さ, だけは霧, だけ人, だけ海, だろうと, であらう, でさっき, ですこし, ではなかっ, では宏荘, では風, でも目, でも窓硝子, で中断, で助七, で夜, で宰相, で尽き, で左, で幅, で引返す, で影法師, で彼女, で措い, で撃滅, で東岸, で歌った, で測量, で蕎麦, で蛙, で行われた, で行われる, で野宿, で雪渓, で高地, で鳴つ, と思う, と日光, なら大気, なる第, にあった, にい, にいた, にいない, にいやしい, にいる, にいるであろう, にうずくまっ, にこの, にごたごた, にさき, にすべて, にその, にたくさん, につながれ, になんだか, にぬぎちらし, にはいくらか, にはいない, にはいられなくなる, にはいろんな, にはお, にはここかしこ, にはつきり, にはなんとなく, にはまるで, にはもう, にはもはや, にはスイカズラ, にはド, には人, には人影, には仏具, には何となく, には兎, には医者, には午前中, には古い, には埋立地, には実に, には抵抗, には明治時代, には漁夫, には無数, には玉村, には私, には空気, には絶えず, には縫物, には英国, には見あたらなかった, には見あたりませんでした, には誰, には軒, には金色, には霊泉, には鳥, にぽとぽと, にまきちらした, にもしか, にもしら波, にもっと, にもやもや, にも拡げられました, にも水, にも糠森, にも血, にエンジン, に一, に一種静か, に下り, に並ん, に並木, に亂, に五色, に人, に今にも, に伝えました, に住む, に何, に倒れ, に到達, に向けず, に固定基地, に夜店, に学生, に客待ち, に小, に山, に幟, に急造, に怪青年, に想像, に投げ, に捜し, に描き出す, に揺らめい, に搜, に散乱, に文代, に昼, に来, に柳, に棚引い, に椋鳥, に横たわっ, に樹皮, に死者, に残っ, に渦巻い, に火星人, に点在, に牛, に牧場, に立ちまよう, に立っ, に笛, に紙屑, に縁日, に耕地, に肴屋, に色, に落し, に落ち, に見つからなかった, に見とめられなかった, に見られなかった, に見られる, に見る, に足踏み, に近い, に近づく, に隠れ, に集, に頻, に飛, に駅員, のいずれ, のいろいろ, のおもだった, のけしき, のさま, のすべて, のなごやかな山, のみなぞこ, のもの, のドア, のバー, のパリー, のメシ屋, の一帯, の不審, の丘, の丹塗, の人, の人たち, の人家, の住人, の動静, の同じ, の国々, の国じゅう, の地, の地名, の地圖, の堀割, の奇麗, の女, の妖精達, の家, の寂しい, の射る, の屋根, の岩, の崖, の廊下, の戸, の戸袋, の文字, の更地三百坪余り, の杉木立, の村, の板小屋, の枯藪, の桃, の水田, の池, の沢, の浮浪人, の深, の温度, の湖, の父, の物, の物蔭, の田の面, の田圃, の田舍道, の田舎道, の畑地, の眼, の砂, の空, の空間, の美しい, の色彩, の草むら, の草原, の草木, の荒れ切, の葦, の薄闇, の谷川, の農家, の闇市, の雪, の頭, の騒がし, は, はいう, はいっそう, はいつも, はぐんぐん, はさかん, はすこし, はすっかり, はそんな, はたしかに, はとてもとても, ははげしい, はひどく, はひろい, はほんとに, はまた, はまだ数多, はまだ沢山, はめったに, はもう, はやや, はモスク, は一めん, は一帯, は両方, は人, は人家, は人気, は全く, は全般的, は再び, は冬, は前, は前後不覚, は右手, は土地, は埋立地, は城, は墓場そのもの, は大門通り, は家, は山の上, は恰度, は押し返されない, は松の木, は梅, は森, は水, は海, は湖水, は砂地, は砂糖, は綺麗, は美しく, は群れ, は耕地, は自然, は草, は軒並, は野原, は関東平野, は険岨, は雑踏, は食物店, は馬小舎, は騒々しく, ひとしほ, ひらいて, へさしかかっ, へ体, へ御座, へ散った, へ散らばった, へ来る, へ申, へ私, へ立ち寄る, へ飛び散った, へ飛び散つた, ほの, までお送り, まできな臭い, までたどりついた, までにしとい, まで溯っ, まで行った, まで進んだ, もいま, もこの, もす, もだんだん, も仄, も妙, も漠々, らしい見当, らしかったよ, をうろうろ, をかぎまわっ, をかけまわっ, をかけめぐっ, をかざし, をきょろきょろ, をさま, をさんぽ, をなぐ, をなでまわる, をまぶしく, をゆるがす, をガアガア, を一まわり, を一条, を一陣, を不案内, を二三羽, を右往左往, を吹い, を埋ず, を尋ね, を形容, を影, を彷徨, を彼方此方, を往, を思いだした, を思う, を手, を払う, を捜し, を探しまわってた, を探す, を散歩, を暗い, を歩き廻っ, を潜っ, を無間, を目がけ, を眺め, を眺望, を立て, を翔け去った, を蚊帳ヶ淵, を見つめ, を見ます, を見まわし, を見まわした, を見やっ, を見れ, を見廻しました, を見廻った, を見直した, を見聞, を讀む, を轉げ, を隈, を飛びまわった, を飛廻つた, を駈け廻っ, 明るく君, 片づけて

▼ そのたび~ (573, 0.1%)

1916 に彼 11 に私 9 にお 8 に自分 6 に彼女 4 にその 3 にあの, にいろいろ, にかれ, に今, に男, に顔

2 [44件] にいかにも, にいつも, におれ, にお礼, にこの, にそっと, にだんだん, になりまさり, にまた, にわたし, に伸子, に例, に僕, に半蔵, に口, に否定, に変っ, に少し, に少年, に年, に幼い, に徴, に息, に手記, に断わり, に新しい, に武蔵, に母, に灯, に父, に異常, に目, に眼, に秀吉, に空中, に筏, に胸, に鉄, に銀子, に雪, に頭, に風, に首, に黒い

1 [394件] おそろしいほど, お首, さっと黒い, とも限りません, にある, にいい, にいそい, にいっ, にいつ, にいや, にうまく, におかみさん, におく, におそろしい, におもしろい, にお互い, にお姫さま, にお婆さん, にお断り, にお金, にかけ合い, にかすか, にかならず, にからだ, にきっと, にきみ, にくるくる, にこう, にここ, にさがしだされ, にさけびました, にさっさと, にさらさら, にじ, にすくなから, にすごい, にすず, にするりと, にせっかく, にそう, にそういう, にそば, にそれ, にたんぼ, にちくちく, にちょうど, にちょッ, にどうも, にどこ, にどんなに, になおさら, になつかしから, になに, になわ, にはやる, にはら, にはッ, には尊氏, には気, には自分, にひ, にひそか, にひどいくろう, にひやりと, にびっくり, にほ, にぼく, にまごまご, にまじ, にまずまっ先に, にみなぎる, にみんな, にむっくり, にめりめり, にもはや, にもらった, にやはり, にやり直し, にようよう, によく, によろいびつが, にわかい, にわくわく, にわたくし一家, にアブサント, にカゲロウ, にガーゼ, にキッコ, にキラッ, にクロ, にサイラス, にタバコ, にトラ十, にドッドッ, にナポリ, にハッ, にバイオリン, にバスケット, にヒイヒイ, にホロリ, にボウト, にボーイ, にポチ, にポロ, にマスト, にレモナーデ, にレール, にワンワン吠, に一つ, に一つ一つ, に一人, に一人ふたり, に一応, に一族, に一種, に三つ, に三郎, に下, に与次郎, に中, に乱暴, に事務室, に五体, に五十円, に人生, に人目, に人足, に今にも, に他人, に体, に何, に何とか, に何とも, に何人, に何億, に侍臣, に借り, に健康そう, に催促名簿, に傾斜度, に先, に光子, に凄惨, に刀, に前, に力, に功名, に効能書, に動かざる, に勝子, に化物め, に北条, に十人足らず, に十日位づつは泊つて, に半蔵ら, に危害, に友だち, に反対, に叔母, に叩き役, に台取締, に同じ, に味噌っ歯だらけ, に和助, に唇, に唐沢氏, に喜ぶ, に喬, に四十面相, に堀, に塾生たち, に壁ぎは, に壮, に変化, に外方, に多分, に大, に大きく, に大きな, に大作, に大塔, に天幕, に天誅, に太郎左衛門, に奪った, に女の子, に好学, に妻君, に娘さん, に定紋付き, に家具, に寂しく, に小田原, に少なから, に少女, に少年たち, に尾行, に山, に崖, に崩れる, に川上機関大尉, に左, に左膳, に帝, に幾人, に幾分, に幾重にも, に庄屋, に庸三, に弟, に当て, に当惑, に徒歩, に徴集, に心細く, に心身, に心配, に必死, に思わず, に恟, に悲し, に悲しん, に悲鳴, に感動, に慚愧, に或, に或は, に扉, に手術室, に抗議, に拍手, に拘泥, に拙, に拙者, に捉, に捨てなく, に控部屋, に文次, に文科, に新, に新しいおもしろ, に新た, に旅人, に旦那, に旧い, に書斎, に書生, に木々, に未知, に机, に村人, に松岡, に松雲, に果物店, に架上, に柄杓, に柔, に棒, に森, に椎, に楠木正成公, に槍, に横, に樹間, に櫓拍子, に次郎, に次郎吉, に母ねこ, に気, に気持, に永久, に汗, に汽船, に沼間夫人, に泡だつ, に波, に泥, に泥靴, に洋燈, に洞窟, に海豚, に淡い, に深く, に渡辺芳助, に温厚, に港, に湿気, に源三郎, に漠, に激昂, に濃厚, に火, に無くなります, に無念, に無造作, に焼い, に物音, に玉太郎, に甲板, に町, に異様, に癇, に発生, に白々しい, に白痴, に皆, に眉, に真理子, に眠っ, に眠る, に砂, に礼, に穴, に立ち停った, に立っ, に笊, に笑った, に笛, に答えられない, に粋, に羊, に美濃清, に群衆, に老人達, に老母, に考えさせられ, に耳, に胸毛, に脅迫的, に脱獄, に腸, に腹, に自由, に舟底, に舵, に船, に色, に花, に花嫁, に花川戸, に花火, に苦しみました, に落胆, に蒼白い, に蛙, に見る見る弱っ, に言, に詩, に詳しい, に語り, に調剤, に豊後守, に豹一, に赤く, に身の毛, に身体, に車, に迷惑, に追い払われた, に退き, に途中, に通過, に遽, に避雷針, に都会, に重, に金, に金兵衛さん, に鈴, に間違っ, に間隔, に陰口, に陳列窓, に隣, に難儀, に雨, に露八, に青く, に青竜刀, に頭上, に頷い, に首肯いた, に黒, の裏, みつかっては, ドスンドスンと, 必ずこんな, 必ず私, 新しい悲しみ, 狭い母屋, 破られて, 負けて, 進められて, 遠い地平

▼ その人間~ (561, 0.1%)

5 のこと, の心 4 が女, の個性, の名, の姿, の性格 3 というの, の, の中, の本性, の頭, の顔, はその, は私

2 [32件] が, がなぜ, がまた, がわたし, が下手人, が星, が自分, にあきらか, には驚かない, にふさわしい, に接触, のほう, のもの, の一人, の不幸, の人柄, の体質, の価値, の大き, の弱点, の特徴, の肉體, の脳髄, の進化, は, はどこ, は機械, は自分, を探す, を支配, を発狂, を知ろう

1 [443件] から一刻, があらわす, がある, がいつ, がいや, がいろいろ, がいわゆる, がお, がかえって, がここ, がこの世, がさういふ, がすぐ, がそういう, がその, がそれ, がたかだか五十年, がつまり, ができなけれ, がどこ, がどれ, がどんな, がまだずっと, がみずから歓喜, がやく, がわざわざ, がタッタ今, が一代爪, が一変, が一日, が上等, が不審, が仕出, が仲間, が伊達, が個性, が兇器, が先祖代々, が周囲, が善, が善意, が外的, が多く, が大蔵, が如何, が宇宙, が完全, が実際, が常に, が強い, が急, が恐らく, が慥か, が採用, が果たして, が極悪非道, が欠如, が正覚, が死ん, が死んだ, が殺した, が求め, が犯人, が現われ, が現在位置, が直接人生, が真夜中, が眼, が素知らぬ, が翌, が聴いてる, が自分一人, が落ち, が複雑, が見える, が見る, が足, が軈て, が逆, が鏡, が間接, が食っ, が高められ力づけられ, が魂, が鳥, じゃなくっ, たり主体, だか, だけの小, だけはどうにか, だけを観, だったん, つまり同郷人, であった時, でありましょうか, であるの, でござる, でもやはり, という概念, としてなすべき, としての心, としての立場, としての純潔, として歩いた, とその, とても松の木, とはどの, とはどんな, とは一体, とは何者, ともあ, とをその, と一, と人生, と人間, と外界, と猿, と葬式, と馬, などはまだ, ならぬ訪客, ならば, なんとかいう, にお, にかえる, にかへる, にその, にとっての価値関係, にとってはあなた, にとって地上, にとつて, になり, になりきる, になろう, にはどこ, にはわからない, には何たる, には怖, には音, には顔, にふれ, にも非常, によつて, に一生涯, に一言, に信頼, に力, に対してであった, に対して頭, に対する厚意, に対する好悪, に対する比例, に当てはまる, に抗議, に挨拶, に接する, に有利, に本当, に気がついた, に無上, に甲乙, に触っ, に語りかける, に貴方, に起る, に迫る, に重厚, に頼る, に風格, のいろいろ, のおのずから, のかたまり, のからだ, のしあわせ, のその, のたち, のたま, のどこ, のほか, のゆく, のゆくえ, のアタマ, の一年, の世, の両脚, の主要, の事, の二つ, の云いたい, の交際, の人となり, の人生, の仔指, の他, の位置, の何者, の価値如何, の保証, の先祖代々, の全幅, の全貌, の全身, の分相応, の列, の利益, の剥製, の力, の努力, の動く, の右, の名前, の命, の器量, の塵芥溜, の墓碑銘, の大切さ, の学問, の学説, の実践, の容貌, の將來, の幅広い, の底, の廻転, の強弱, の形, の形骸, の影, の必然, の性情, の性根, の性質, の恰好, の意欲, の感情, の憂鬱, の懊悩苦悶, の手, の持っ, の文化性, の文化程度, の最も, の本心, の本質的, の歌声, の正当, の歩ん, の毛髪, の泡, の洪水, の海, の渦, の港, の為, の無意識, の物, の特色, の現, の現在, の生れ故郷, の生活, の発狂, の發展, の盗んだ, の瞬く, の知慧, の知能, の確信, の社会的, の穂, の立派, の立派さ, の第六感, の精神的, の罪, の置かれた, の美徳, の聴覚, の職業, の肩, の能知者, の腹, の自由, の自由主義的, の芸術的良心, の苦しむ, の落ちつき, の血液, の表面的, の製造法, の要求, の言葉, の記憶, の記憶力, の評論的要素, の跫音, の身の丈, の身替り, の運命, の過去, の遠い遠い, の醜悪, の間, の限界, の面つき, の頭一つ, の首, の高, の鼻, はあたい, はあなた, はあの, はきっと, はこの, はすぐ, はすでに, はそこ, はたいへん, はたしかに, はどういう, はどれどれ, はほか, はみんな, はもの思い, はわし, はズット以前, はフワリフワリ, は一向, は不正, は事実彼, は人々, は仏さま, は住ん, は何, は何もかも, は善い, は善良, は地球上, は地面, は如何にも, は実際, は役者, は徳利, は既に, は普通, は最も, は木, は果して, は次第に, は死ぬる, は死ん, は渋団扇, は狂いだし, は甚だしく, は生き, は生きもの, は眠った, は知らないらしい, は短, は私ども, は終, は美しく, は自然自分, は被害者, は見あたらない, は視力, は貝, は迂, は造れない, は達し, は遮二無二, は針目博士, は間もなく, は飛ん, ばなれ, へ, への信頼, ぽい生活感情, までも焼い, まで好き, も価値, よりも上等, より重い, を, をそのまま, をふり向いた, をやりすごし, をよく, をよそながら, を一尺, を中心, を他, を佐渡, を何, を作る, を倒す, を区別, を取巻い, を呪, を呼ん, を堕落, を安手, を完全, を専一, を巧み, を巨大, を引張つ, を忘れ, を愛する, を憎ん, を手ばやく, を抱き起した, を指し示す, を捉, を探し当てる, を斃, を書く, を根強く, を殺す, を熟視, を疑問, を目標, を知らず, を窺っ, を育てる, を自殺, を見させ, を見た, を見識, を覘, を観る, を観過っ, を責め殺した, を蹴るで, を追いやる, を連れ, を里, を除かぬ, を餓死, 全く無, 放れだが, 放れの, 臭い街

▼ その~ (558, 0.1%)

17 の下, の中 8 のあたり 6 を塞いだ 5 を塞ぐ 4 が憎い, で, に, の端, を塞ぎ, を塞ぎました, を開いた 3 から放たれました, から洩れた, から白い, に手, をふさい, を忘れる, を開けた

2 [33件] かい, から, からお, からは青い, から何, から出る, から平次, から聞いた, が大きく, にくわえ, にする, には牙, に入る, に接吻, の利き, の動き, の形, の結び目, の辺, は, は固く, は耳, へ持っ, へ耳, を, をお, を一文字, を借り, を取っ, を圧, を洩れた, を開かせる, を開け

1 [390件] うつしが, うらから, か, からあらためて, からあれ, からおそろしい, からかすか, からかっと, からこの, からこれ, からさけび, からさらに, からただ, からとびだした, からとめど, からは哭く, からは四つ, からは意外, からは憤る, からは氷, からは火花, からは艇長死体, からは赤い, からは酒, からぺろぺろ, からほとばしり出た, からまた, からもらす, からゆらゆら, からようやく, からニューッ, からハッ, からパツ, からヒョッコリ, から三斗, から二本, から人間, から代赭色, から仰せられた, から何物, から冷, から出, から出た, から出来る, から叫び声, から呻吟, から噴き出す, から報徳社, から大勢, から小野鉄太郎, から強い, から当夜, から怖, から急い, から恐ろしい, から愚痴, から探し, から本山派, から来る, から死ね, から水戸, から泣きほざかぬ, から注文, から流れ, から漏れる, から父, から片, から男, から監督, から秘密, から立ち上る, から細かい, から繰り返される, から腹, から舟, から血, から言う, から許可, から誓っ, から語り出す, から足下, から身, から軽い, から迸る, から鉤, から黄色, から黄門光圀, から黒く, があい, があった, があつ, がか, がこっち, がすこし, がすべりまし, がとがりました, がと畳, がばか, がまがっ, がキューッ, が今, が切断面, が問う, が塞がります, が外, が大変, が少し, が急, が数限り, が殊に, が焔, が煙草, が物, が私, が耳, が腐らぬ, が血だらけ, が達者, が閉ざされ, が雪, さえも八つ裂き, じゃの, その四肢, その額, だ, だけしか見られない, だよ, だらうな, つぺた, でいった, でか, ですから, ですぐ, では申されまい, でも塞ぎたい, でわたし, で勘当むすこ, で噛みつきました, で太平洋同盟, で女, で弟弟子, で念仏, で掛け, で早く, で曹操, で歩行, で細巻, ときたらまるで, とすっきり, とを包んだ, と唇, と眼, と臓腑, ならまあ, にある, にいつわり, において高, にか, にかかえた, にし, にした, になった, にはじめて, にはまだ, には優しい, には十手, には小, には息, には敏感, にふたたび, にも扉, にも金, にゃのらねえぞ, にキス, にブランデー, に一杯, に上る, に不慣れ, に乗ろう, に云い表わされない, に云え, に何, に口, に啣, に墮, に妻, に少し, に尖らし, に嵌め込まれた, に帽子, に当たる, に懸け, に旨き, に烈しく, に猪口, に目, に突っ込み, に菓子, に説く, に講じ, に豚, に近い, に隠る, に飛び入り食わる, に飲ませよう, のうごかし, のきき, のききかた, のため, のへん, のほう, のほとり, の一端, の上, の両端, の乾かぬ, の二倍, の兩方, の冷, の処, の利け, の動かし, の動く, の周囲, の大き, の奥, の形さ, の恰好, の惡, の感触, の所, の手勢, の方, の早い, の臭い, の裂けた, はいつも, はぐっと, はとン, はどうせ, はなん, はもう決して, はコゼット, はダラリ, は仰い, は別に, は到底, は川, は忽ち, は怪奇, は東方, は残忍, は爽, は窓掛, は第, は累々, は縦, は考古学, は苦し, は詛, は読売新聞, は静か, は驚き, ばかりへ眼, ふさぎですよ, ぶえ, へハンカチ, へ今や, へ何者, へ円髷, へ向け, へ唇, へ土, へ大きな, へ手, へ投げつける, へ木片, へ桃, へ棒, へ流し込んだ, へ火, へ薬, へ酒, みだりに世事, もただ, もたちまち, や鼻, よりいづる, よりお, よりまず, より一場, より出でたる, より我, らしい, をあけ, をあけた, をいきなり, をうごかす, をおさえました, をお互い, をお雪ちゃん, をきっと, をこじ開け, をしじゅう, をしっかり, をしめれ, をつねる, をとざされ, をとめる, をひろげ, をふさぐ, をもれた, をよく, をよせ, をわんぐりと, をカッ, を中, を侍, を側, を凍りついた, を出した, を出た, を制する, を割っ, を動かし, を取り, を吸い, を噤ん, を固く, を塞い, を塞がれ, を大きな, を封ぐ気, を封じ, を布, を忘れまい, を慌しく, を手拭, を抑, を抑え, を抑えた, を抑える, を押え, を押えよう, を拆きき, を拡げ, を拭かなく, を持ち続け, を捻じ上げました, を探した, を明け, を曲げ, を杯, を烈しく, を無理, を無邪気, を皮肉, を目付け, を着物, を示し, を神尾, を神經的, を緊乎, を緘せ, を縫, を老婆, を蔽う, を蔽った, を裂きました, を赤く, を通して奥, を過, を針, を長い, を閉ざした, を閉じさせた, を閉め, を開い, を開かし, を開け放した, を開こう, を隱, 封じて, 振から, 振が, 振で三吉, 振で分ると, 振は, 未だ閉ぢざる間, 籠るので

▼ そのそば~ (556, 0.1%)

13 に立っ 8 へ寄っ 7 へいっ 6 に行っ, へ行っ 5 にい, にいた, にすわっ, を通っ 4 で, に寄っ, へかけよりました, へ行つて, を通り, を通り過ぎ, を通る 3 から, で自分, にかけよっ, にしゃがん, による, に一人, に小さく, に小さな, に腰, へ行く

2 [29件] で一人, で仕事, に, にあぐら, にあり, にある, にお, にきれい, にじっと, にすわった, にはまた, に坐っ, に坐つ, に寄つて, に年, に母, に立ち, に腰かけ, に近, に近づい, に近づき, に馬, の柚, へよっ, へ横, へ腰, へ行き, を通った, を通りかかる

1 [380件] からそれ, から厚い, から大きな, から孔明, から小倉, から弟子, から抜き出た, から涙, から若者, から逃げ出さざる, でうつ伏せ, でうとうと, でじつと, ですべて, でせっせと, でだれ, でのりと, ではピート一等兵, でまどろんだ, で一つ, で七八ツ, で主流, で体, で元気, で墨, で夢想, で大きな, で女房, で家, で少年, で年賀状, で弓弦, で弟, で恭一, で手打, で新聞, で旗本たち, で書物, で木下助右衛門, で機嫌, で泣い, で眼, で私, で老母, で話し, で説明, で退屈, で雇い人, で首, にあった, にあなた, にあみ, にあゆみよっ, にいっ, にいなけれ, にいました, にいる, にうすい, にうろうろ, におかれた, におなじみ, にかけよった, にかけより, にかけよります, にきたない, にくろ, にぐつたりとつかれてその母, にこし, にさしかかった, にさまざま, にしょんぼり, にじゃがいもがわり, にすい, にすまし, にすわり, にすわりました, にたたずん, にたれ下がってる, にだまっ, にちかづい, にちかづく, につい, についてい, についてわし, について看病, にならべ, には, にはあの, にはいつも, にはくっきり, にはさき, にはたおれた, にははんぱになった貴金属製, にはめざましい, にはモミガラ, には一人, には一本, には一面, には三名, には主人公, には二番目, には伊藤俊介, には侍女, には八つ手, には四十, には団長, には国色, には堂々, には大きい白い, には大きな, には天狗, には学生服, には岩瀬夫人, には幾束, には弟子たち, には徳三郎, には心配, には恭一, には手, には播磨守泰親, には旅行靴, には机博士, には炭取り, には燕尾服, には相貌獰悪, には眼, には規律, には足軽, には鉢植え, には高, にひそひそ, にふるえ, にふん込ん, にへばりつい, にまいりました, にむしろ, にもつ, にも何, にやってき, にやはり, によってうつむい, によってじいさん, によってなにかボソボソ, によってみます, によってよくよく, によってライオン, によって上半身, によって土手, によって女の子, によって水中灯, によって紙きれ, によりほんとう, によりました, にわたし, にわら家, にウィスキー, にカルーゾー, にゲルダ, にステッキ, にニッケル製, にパン, にマンドリン, にレール, に一挺, に一軒, に七つ八つ, に並ん, に中年, に中村警部, に主人, に乳母, に二つ三つ字, に二人, に井戸, に亜鉛板, に佇んだ, に住ん, に何時も, に児守, に割りこん, に勝手口, に十, に十四金, に南部名物くま, に古, に古ぼけた, に呼び鈴, に咲い, に四, に坐つた, に坐り, に坐る, に女, に子ども, に子供, に孫娘, に寄った, に寄り, に寝, に寢, に小さい, に居, に年ごろ八, に建て, に引, に強い, に往, に御, に急, に怪人二十面相, に慶安二二, に手燭, に押, に持っ, に控え, に敗北, に文次, に新, に新しく, に春いちばんはじめ, に朝, に村井, に来, に椅子, に植わつてる, に残っ, に母親, に毛深い, に泰養寺, に煉瓦, に片仮名, に猫, に生え, に男, に白宝堂, に百姓, に立ち止まる, に立ってる, に立つ, に立て, に立寄った, に笑っ, に紫色, に緋縮緬, に置いた, に置かれ, に置かれた, に署長, に美しい, に老人, に背中, に胡麻竹, に腰かけた, に腰元, に腰掛け, に膝, に落着き払っ, に薄いふと, に蝙蝠傘, に警官, に豆腐屋, に赤い, に走り行き, に足, に跪き, に近づいた, に近づく, に進みよる, に道中下方掛り, に野々宮君, に金, に銃, に鎧, に阮東, に附い, に震え, に頭, に駆けよりました, に駆け寄りました, に駈け寄っ, に髑髏, に黒い, に黙っ, の, のみじかい, のゆか, のガラス戸, の台, の壁, の大きな, の小屋, の戸, の椅子, の肉屋, の藁葺家, の警視庁, へいきました, へいく, へおり, へかけよっ, へかけよろう, へご, へしゃがみこんだ, へすわっ, へすわりました, へとん, へと走りました, へひき, へぺツ, へやすみました, へゆきました, へよりそいました, へ二十年後, へ來, へ坐る, へ寄り, へ寄る, へ寝ころん, へ往, へ摺り, へ来, へ歩みよる, へ歩み寄ろう, へ無言, へ肱, へ腰かけ, へ足, へ身, へ近, へ近づく, へ近寄った, へ連れ, へ達吉, へ飛ん, へ駆け, へ駆け寄っ, へ駈け向っ, へ驅, まできました, までつい, までやっ, まで来ました, まで来る, まで行きましたら, まで行っ, まで転がっ, まで近, まで駆け寄つ, をうす暗い, をかけずり回っ, をじろじろ, をすりぬけ, をするりと, をだまった, をとおらなけれ, をとおりすぎ, をはなれ, をはなれませんでした, を五, を国漢, を月, を歩い, を泳ぐ, を走り, を跳びはね, を通つて, を通らなけれ, を通りかかりました, を通りたる, を通り抜け, を通り抜けよう, を通り過ぎた, を通り過ぎよう, を離れ, を離れたくなかった, を離れなかった, を離れませんでした, を飛び舞っ, を馳, 常に近く

▼ その目的~ (556, 0.1%)

41 のため 33 を達する 15 とする 11 を達し 8 を達した 6 を果す 5 は何 4 は達せられない, を達成 3 である, の為め, はただ, は何ん, は達せられなかった, を果し, を遂げた, を達し得ない

2 [30件] が他日, が僕, が達せられる, が那辺, というの, にかなう, に使用, に到達, に向, に向い, に適, の一つ, の激し, の達成, は, はとはてな, はどんな, は実に, は達せられた, も動機, やその, をもつ, を成就, を果した, を果たす, を遂げ, を遂げる, を達し得なかった, を達せ, を達せずし

1 [345件] あるべからず, からのみ養成, からは第二義的, があと, があらわ, がある, がすでに, がちゃんと, がなん, がはじめてはっきり, がまさにそう, がもう, がわからない, がわからなく, が一定, が何, が何かと, が何で, が充分, が全く, が凶霊, が分っ, が判明, が利欲, が利殖, が到達, が十分, が同じ, が同志, が吟味, が地上生活中, が多分, が大量製産, が失われ, が如何なる, が學問, が感じとれなかった, が成る, が成功, が明瞭, が果される, が柴田勝家, が根本的, が池, が盆, が訊問, が訣, が貧民, が達せられ, が達せられた, が達せられなかった, さえ果せ, すら教化, その傾向, その分け, だけははっきり, だけは完全, であったこと, であったよう, であっては, でありまた, であり動機, であると共に, であるの, である存在, である活動写真撮影, である能, であろうでな, でばかりかれ, でチブス菌, で伊都子, で僕, で出, で取っ, で扱, で拵えられ, で来た, で松, で溜めた, で独逸人, で現地, で蟻共, で通志, といたす, といふの, とし, とした, としたる, としては如何, として与えられる, としない, とす, となりし, とはなん, ともう, と全く, と危機一髪, と方法, と正体, と種, と計画, などもまるで, なの, なるもの, なる神, にあ, にうまく, において全然, にかなった, にしたがい, にしたがえさせられる, にそう, については常に, にはあまり, にはまったく, には不, には何, には隨分複雜, には霜柱, によってのみ区別, によつて, に使う, に反する, に合致, に向かっ, に向っ, に対して一心不乱, に対して組織上, に対する信念, に対する我々, に役立っ, に從つて, に応じ, に成功, に於, に最もよく, に気づかないであろう, に沿う, に添, に添う, に添っ, に添わぬ, に添わん, に照応, に突進, に背馳, に要する, に身, に軍隊, に返つ, に達し得べき, に達する, に違い, に遠ざかる, に適う, に適した, に適する, に適っ, に適った, に選んだ, のいかん, のお, のため夏, のところ, のなかっ, の下, の中, の人物, の何, の効果, の半ば, の実, の容易, の實, の政談以外, の権化, の波瀾, の百分の一, の精神的, の線, の行為, の追及, の追求, の達せられる, の限られ, の革新的, はいう, はいかん, はお, はけっして, はすこしも, はすでに, はそ, はたしかに, はちつ, はできるだけ, はなん, ははっきり, はほか, はやはり, はよく, はアカデミー, はトルレス, は一, は一体, は一変, は一定, は丁度, は云う, は京都, は他, は以上, は仮, は何処, は僕, は兄, は充分, は先ず, は全く, は判っ, は問わずし, は固, は国内, は大鐘, は宏遠, は宗春様, は定, は封建貴族, は川上機関大尉, は従来, は悪食, は成就, は我日本国中, は政論, は昆虫館, は未だ, は果さない, は極めて, は様々, は次, は死後, は決して, は珠子, は疑問, は相, は破壊, は第, は等, は絵巻物, は美, は至福, は芸術的価値, は言うまでもなく, は貿易者, は逃げる, は遂げられたであろう, は道教對抗, は達し, は達せられず, は達せられずし, は違う, は邪教, は関税, は青年たち, は養命保身, へ向, もあつし, もなく, もわかっ, も充分, も樟板, も肚, も自分, も達した, や事実, や意思, をうちあけた, をかかる, をごまかす, をたっしない, をとげ終るやい, をはたした, をはたす, をばさし当り, をもっ, を不覚, を以つて君, を以て田山白雲, を何所, を僕ら, を半ば, を変, を失う, を完全, を実地, を察する, を尋, を尋ね, を局限, を弁え, を思い切っ, を押付けよう, を持たず迷っ, を持っ, を放棄, を明, を有し, を果し得た, を果せよう, を果そう, を果たした, を果たそう, を正確, を洩らさない, を異に, を知り, を示し, を答え, を糺さね, を考える, を自分たち, を訝し, を詮索, を話し出した, を貫かざる, を貫徹, を追求, を遂げない, を遂げよう, を遂行, を達しました, を達しられた, を達し得, を達し得ず, を達し得ない破, を達し得ぬ, を達し得る, を達し得れ, を達する能わざりし, を達する能わざるなり, を達すれ, を達せなかつた, を重大視, 削がる, 果たすため

▼ その~ (554, 0.1%)

39 の上 18 の中 13 を撫で 5 をなで 4 に当る, を下げ, を見る

3 [11件] のなか, の下, の恰好, の方, の鉢, の骨, を上げ, を垂れ, を左右, を抱い, を撫でる

2 [18件] がかくれる, がもう, にある, のよ, の仁太夫, の働き, の君, は丸め, は何, をこづい, をもたげる, を下方, を打った, を押, を掉, を掌, を枕, を飛越し

1 [398件] あるいは背, かまたは, からかぶせ, からはたき出す, からぶらぶら, から利息, から感心, から抜けきらせる, から流れた, から無数, から甘茶, から肥, から背中, から足先, から踵, から青毛布, から頬, がどく, がばらばら, がぼんやり, がますます, がまた, がよく, がアスファルト, がイスキラス, がプクリ・プクリ, が中空, が二つ, が云った, が光つて來, が危ない, が取れないで, が口, が右, が坊主, が天井, が奇怪, が少なくも, が慄, が数, が横, が橋, が毎夜体, が法然頭, が煙突, が自分, が良けれ, が違っ, が騎士, が黒, ごし, その肚, だけで沢山, だけを連山, である, でおじいさん, でお前達, ですか, でなくて, では解釋, でほか, で来, で歩ける, で茶筅, で馬鈴薯, といふの, としっぽ, とその, と下, と及び, と尾, と柄, と興味, と顎, どうじゃ, などを揉ん, にお前, にかかった, にかぶさった, にこれ, にどこそこ, になげつけ, になっ, にのせた, にはおまわりさん, にはここかしこ, にはすっぽり, には万遍, には不思議, には何, には欧米, には毛, には瑪瑙, には男, には雄, には雉尾, にコップ, にポンプ, に一撃, に三, に上り, に十両, に呉公, に唾, に噛, に太郎, に宿し, に宿る, に描き出す, に斫, に新婦, に残る, に注い, に玉, に珠, に男, に砂, に立っ, に脳波受信機, に見惚れた, に触れた, に載せました, に鉄, に高貴, のあたり, のうえ, のうち, のかっこう, のくろ, のところ, のほう, のまわり, のよい, のよう, の一つ, の一部分, の処, の前, の古く, の名, の坊主, の天辺, の奥, の奥深く, の孔, の家, の左右, の幅, の形, の影, の後方, の悪, の悪い, の文字一字, の欝血, の次第に, の灯籠, の片隅, の獅子, の白い, の皮, の皿, の禿げた, の禿げ抜けた, の空, の結い, の繃帯, の置かれ, の良, の苦し, の茂み, の虱, の血角, の見え, の辷り, の重い, の鉢巻き, の鋭, の頂上, の頂辺, の飾り, の香, の高, の髪, の髷節, のP, は, はいわば, はおそらく, はけが, はちょっと, はどの, はますます, はまた, はもたげられ, はやっぱり, はマッサージ, は三十フィート, は三月前, は両, は勇ましい, は勿論, は大きな, は大石, は姓, は家, は富士, は小さな, は引つ込ん, は救主, は星, は枕木, は橋, は清, は無惨, は甚だしき, は石, は神功皇后, は空虚, は筆架, は精金, は純金, は遠野あたり, は銃, は鍛冶屋, は闇, は高く, へいちいち, へそっと, へコールター, へ刃, へ小さく, へ手, へ投げ, へ父, へ片手, へ花粉, までが埋もれ, まですっぽり, もわたしたち, も顔, やお, や尻尾, より大きな, より聖なる, より足, らしい物, を, をあと, をいつも, をうごかし, をうしなう, をうちぬい, をお, をおさう, をおさへ, をおしつけました, をおとし, をおのずと, をかい, をかかえ, をかしげ, をくだかしめよう, をぐっと, をここ, をささえ, をさん, をじろりと, をたたい, をつかん, をつまん, をどちら, をなでました, をなでる, をぬり汚す, をのし, をのせ, をひっ, をひとり, をひねくり廻し, をびたり, をふっ, をふった, をふところ, をふりかえり, をぶつけっこし, をほんの, をまた, をまろめ給, をむくり, をむっくり, をむやみ, をめがけ, をもたせかけた, をもち, をもっ, をやさしく, をわたし, をグン, をコクリコクリ, をコツン, をスープ, をビレラフォン, をプレ神, をポカリ, をポコンポコン, をマッサージ, を一つ, を一寸, を上, を上げさせた, を上げた, を下げさせ, を下げた, を下げ直し, を不, を何, を使ってるだろう, を使ツ, を働かし, を兜, を冷し, を凍った, を切りかえ, を削った, を又, を取る, を叩き, を合わせる, を咬む, を四寸, を固く白い, を地, を大地, を寝かせた, を平手, を強く, を弾い, を悩まし, を手, を打つ, を打砕かれ, を抑えつけ, を抱, を押え, を押え付ける, を拗, を拳骨, を持ち, を指さし, を挙げた, を振っ, を振り初めた, を振る, を捧げ, を捨てた, を撫でた, を撲っ, を擡ぐる, を斫, を斬り, を斷ざらん, を梳らしめ終っ, を母, を求めよ, を注意, を温め輝かせた, を獅子, を現し, を白堊, を短く, を磨り破る, を絞る, を自分, を舌, を花, を草履, を覆ひ, を見, を見あげ, を見れ, を蹴折られた, を近づけ, を重い, を長, を門, を階下, を隠し, を隠そう, を隣, を雪, を青い, を静か, を頂く, を顳, を龍頭, 低るる, 禿げゆくまま

▼ その~ (550, 0.1%)

12 の文化 9 の人 7 の王様 5 の宗教, の歴史, の言葉, をし 4 の人民, の人間, の文明, の独立, を奪う 3 のため, の人々, の文化水準, の貨物, を愛する

2 [30件] と国, にある, にはその, には癩, に於, に特有, に生れた, に起る, のある, のその, の事情, の内, の前途, の労働, の名, の商人, の歴史上, の殿様, の気候風土, の王さま, の産業, の社会, の社会状態, の祖先, の科学, の穀物, の都, の風土, はたちまち, を安国

1 [407件] いたって富み, からす, からそれ, からやはり, から生れ, がある, がかく, がかならず, がその, がどんな, がもっ, が何処, が好き, が必要, が目, が立行かぬ, が絶対的, が自ら戦争, が自己, が自身, が蒙る, が見たい, が貧乏, が静止的, すらどんな, その国民, その市, であると, でおそろしく, でそれ, でなら, ではずいぶん, ではどんな, ではみんな, ではわるい, では沢山, では源八栗, でも非常, で名誉, で朝子, で無双, で裕福, で諷刺文学, で非常, というん, と云, にあり, にいく, にいる, においてそして, においては他, において生産, における一般利潤率, における為替, における財貨, にこの, にさ, にたいして, にたいして愛情, にたいして腹, にたいして親しみ, にたいする深い, にて一人, にて政府, にて集められし, にとって持ち, にとって適当, になき, にのみ起った, にはまた, には夜, には科学, には非常, にもあった, にやられました, にコンボ, に一つ, に一個, に一匹, に事, に事物, に人材これ, に仏法, に伝来, に住まつ, に住居, に入っ, に入り, に入ります, に到り, に割当てられた, に医術, に叛, に古生層, に固有, に対して個人, に対する恐れ, に帰す, に帰り, に帰るべき, に昔, に来, に死ぬ, に流布, に深, に生き, に生ずる, に産せぬ, に盟, に移り住ん, に著しく, に行なわれたる, に適, に適当, の, のあまた, のうち, のおき, のおよそ, のこと, のさまざま, のほか, のもっと, のもの世界中, のインテリゲンチャ, のキリスト, のキリスト教的偉人, のドルイド教, のノルム, のフンツブ・チョェテン, のプロレタリア解放, の一つ, の一の宮, の一時代, の一流, の一番, の一般人, の丁年以上, の不幸, の不為, の中, の主, の主権者, の乏しい, の亡びる, の人々同士, の人たち, の人口, の人情風俗, の人民生活, の人民論理, の人達, の人間らしい, の仁徳, の仕事, の代表的, の伝統, の伝統力, の伝統的, の伝説, の住民, の俳優, の個人, の億万長者たち, の優越的悪習, の全, の全体, の公認教, の兵士, の内政, の利益, の前代, の労働人口, の労働者, の労働者農民, の労働者階級, の北の方, の北信濃, の北方, の南部地方, の原料, の友人, の反射鏡, の古, の古い, の古代芸術, の古典劇, の古典劇上演, の名誉, の君主, の哲学者たち, の国司, の国民性, の土, の地理的影響, の地誌略, の境界, の増加, の大, の大化元年, の大王, の大衆生活全体, の天然資源, の央, の夷俘中, の女, の好戦的準備, の娘たち, の婦女子, の子供, の子孫, の学, の学校, の安全如何, の客観的情勢, の宰, の富みたる, の富強, の富饒, の将来, の小麦粉, の山間, の常備以上, の平和的民主化, の年々, の広大, の形勢累卵, の役人共, の律, の思潮, の性質, の慣れ, の探偵, の政, の政府, の政治, の政治向き, の政治経済状勢, の政道明らか, の文化生活, の新教, の書, の最も, の最初, の最良, の最高, の有, の服装, の本分, の標準語, の民主主義, の民俗文化, の民族, の民衆, の沢山, の治乱, の法律書, の消長, の演劇的, の無産婦女子, の特定, の特産物, の特色, の状態, の独立上必要, の王, の王女, の王癩病, の現状, の生産物, の生産的産業, の男, の発達, の盛ん, の真, の短所, の科学発達, の穀物生産費以下, の精, の納豆, の紙幣, の結婚, の総理大臣, の置かれ, の群衆, の自然, の舞台, の船, の芸術政策, の行政機関, の衰退期, の装飾, の規則, の言語, の賢大夫, の贈り物, の起り, の輿論, の通常利潤, の進展, の運命, の道徳的, の選手, の銀, の需要, の面積, の風土的条件, の風土習慣, の風景, の食品原料, の食品補助味, の首都, はあるいは, はいずれ, はいつも, はおそらく, はこちら, はさかえた, はその, はそれだけ, はたして教論, はだれ, はどこ, はもっと, はもっとも, は優大, は動機, は右, は大, は実際, は当然, は彼ら, は滅び, は滅亡, は物産, は私, は荒野, は駄目, へかえる, へたくさん, へつれ, への聞こえもござりまする, への貨幣, へやっと, へズンズン, へ墜落, へ戻っ, へ自分, へ行つて, へ足, へ追, へ馬, もその, やその, らしい演芸的発声法, をあなた, をあらわす, をおさめ, をそれら, をののしっ, を乗っとり, を亡ぼし, を亡ぼす如き, を再興, を分かち, を分て, を分裂, を勧解処分, を呼ん, を地図, を大, を大いに, を天地世界, を天孫, を失い, を失いし, を失わなかつた, を奪い給う, を奪われた, を害した, を富ましめた, を思わざる, を憂うる, を挙げ, を攻め, を横切り, を測量, を独立, を異に, を知っ, を知らなけれ, を知り, を細作, を経過, を自分, を観, を訪れ, を重く, を鎮圧, を頒, を領, 全く盗賊, 及びその, 及び個々人, 必ず永く, 悉皆の, 終ること

▼ その内容~ (548, 0.1%)

8 に於 5 とする, となる 4 の充実, は, を見る 3 と形式, に至っ, の価値, の変化, の如何, の意味, の或, は同じ

2 [40件] がまた, が全く, が問題, が変化, が違う, である, であるか, というの, と形體, について知っ, に就い, に関わる, のいかん, の上, の充實, の物語, の規定形態, はまことに, はよく, はわからない, は一見, は先, は全く, は前, は必ずしも, をお, をなす, をみる, をよく, を公開, を吟味, を問わず, を想像, を検討, を理解, を異に, を知らない, を知りたい, を読ん, を調べ

1 [414件] おわかり, からいへ, から云え, から云っ, から尊卑, から自然, がある, がいかに, がいくらか, がきわめて, がどんな, がぴつたり表現, がまことに, がますます, がまだ, がよく, がよほど, がわかっ, が不明, が事実, が人, が人間, が充実, が前, が厳秘中, が右, が器械, が在来, が如何にも, が婆, が左右, が広き, が恐らく, が意識, が把握, が掴める, が攪, が方法的, が明暸, が最も, が果して, が殆, が潤色, が特別, が理知的なに, が疑い, が相当, が知れた, が科学, が空虚, が自分, が色々, が解けない, が解らない, が違っ, が隠され, こそ違え, して, すなわちそれ, その客體, たる, たる頗る, だが, だけで欧洲人, だけなら, だけを聞いた, だとか, づけは, であった, でありますが, であるもの, では敗北, でひどく, でも形式, というもの, とが主, とが訣ら, として, としてのスポーツ性, としては高田さん, として居る, とその, とはどんな, とは全然, とを見る, と何, と共に人物, と共に忘れられよう, と共に確實, と反比例, と實力, と意味, と意義, と文辞, と方法, と暗示, と理路, と環境, と精神, と関係, なく背, にある, にいたっ, にいろ, においては客観, において古来, において彼此相一致, についていかなる, についてききました, についての答え, についてはここ, については司令官, については後で, についてもかつて一度, についてもっと, について何, について分類, について直接当局, について種々, について考察, について話しあっ, にてりかえし, にとり入れなけれ, になっ, になる, にはあまり, には亘りませんでした, には虚偽, には触れ, にふさわしい, にまざまざ, によって名前, による, に何, に何と, に合理的, に向っ, に大事, に対しては一種, に対する作者自己, に従来, に現れる, に這入っ, に通暁, に関係, に關, に附着, に非常, のあらまし, のあらゆる, のため, のとりあつかい, のまま, のわからない, のタイプ, の一番, の不思議さ, の了解, の何たる, の個性味, の分け, の力, の区別, の危機, の取扱方, の叙述, の同, の大, の大体, の大要, の如き, の實, の幽, の幾通り, の底, の弁証法, の性質, の悲痛さ, の描写, の方面, の概略, の概要, の構造, の正当, の消化, の深い, の点, の生命, の直截簡明, の空虚, の範囲, の純正, の良, の複雑さ, の要領, の豐, の貧弱, の質, の適不適, の重大, の雑多, の高, の魅力, はあきられ, はいつも, はいろいろ, はおろか, はきょう, はきわめて, はこう, はこの, はこれ, はさほど, はすこぶる, はすっかり, はすなわち, はその, はである, はといへ, はともかく, はどう, はどんな, はほとんど, はほぼ, はぼく, はまた, はまだよく, はもうそのまま, はわかつ, はアテネ古来, はジェントル, はプロパガンダ以上, は一向, は三人, は不明, は云う, は人, は人間社会, は今, は今の, は今一寸云, は今彼, は今日, は何, は何れ, は何時, は信長記, は先刻, は別, は北畠親房, は単に, は即刻実行, は友交, は只今, は各, は各々, は大体次, は大正年間, は大江山警部, は天下, は子供等, は子規居士, は実に, は実は, は宣教師, は後, は必要, は忘, は忘れた, は成員, は或, は或いは, は支那的, は故郷, は教育機関, は明清時代, は最前お話, は最近数年間, は未だ, は林田以外, は次に, は正確, は殆, は殆ど, は殆ど四部, は段々, は毎日, は水, は洩らされ, は浅い, は消え失せ, は漢内飛行場, は白い, は白鳥, は百円札七枚, は知る, は神話, は種々, は空白, は窺い知る, は第, は結局, は結局知識社会学, は絶対秘密, は自分, は自由自在, は複雑怪奇, は誰, は貧弱, は軍事美談, は通例末梢的, は遙, は降雪, は雑多, は雑談以上, は雲泥, もしくは進境, もたんなる, もまた, も一応, も一見, も亦, も兄, も分る, も古今, も当時国, も整頓, も様式, も表現, も豊富, や字體, や新聞, や編纂方法, よりも形式, より觀察, をいっ, をいふ, をかいつまん, をごく, をとり入れなかった, をはっきり, をますます, をみずから生産, をよくよく, を一同, を一度, を一読, を二, を云い, を人々, を今日, を以, を会得, を僕, を充実, を別に, を各自, を喋々, を圧迫緊束, を大急ぎ, を如何, を学界, を実際, を察しられ, を少し, を展開, を強化, を形づくっ, を得心, を忘れ, を成し, を手紙, を打ち明けた, を批評, を担える, を整理, を日本語, を明, を普通, を有, を検, を検する, を正確, を洩らす, を深め, を深めなく, を混乱, を漠然と, を熟読, を発現, を盛り上げる, を知った, を知る, を知ろう, を私, を空っぽ, を素, を組織的, を考へる, を表現, を見比べた, を解剖, を話せ, を詳しく, を詳細, を説明, を読まされる, を論ずれ, を講釈, を豊か, を豊富, を適確, を開展, 即ち肉

▼ その~ (547, 0.1%)

9 のよう, の中 5 が大きく 4 がまた, を消し, を見る 3 のやう, はすぐ, も形, を, をとどめ, をひそめ, を落し, を見

2 [44件] が, が去る, が地上, が壁, が彼, が消え, が私, が空, が自分, が見え, が見える, が障子, さえも見えなかった, とともにたえず, の, のうち, のごとく, のため, の前, の動く, の如く, はあたかも, はまっ黒, は傘, は往来, は消え, は草, は黒く, も無し, も見えない, をじっと, をわれら, を地上, を実地, を横, を没し, を消した, を見せない, を見失った, を見送っ, を追い, を追った, を騒がせ, 見れば

1 [400件] あ, あるは滅, からぼやけた, からまた, からやがて, から俺, から出, から私, から離れ, があの, があまりはっきり, があらわれ, がありあり, がいつのまにか, がうしろ, がうすく, がお, がかすか, がくっきり, がこく, がこちら, がさも, がだんだん, がちらちら, がどこ, がぼうっと, がゆらゆら, がよろよろ, がわずか, がわづら, がツカツカ, がユラユラ, が下, が不思議, が二つ, が伸び, が何, が全部, が口, が合掌, が地, が婆娑, が少し, が山, が幽, が心, が懸った, が折戸, が押寄せ, が映し, が映す, が映った, が板羽目, が柴垣, が次第に, が歩い, が歪んだ, が水, が浮び出た, が消える, が清水, が渡りきる, が湯, が濃く, が猫回り, が石地蔵, が石段, が砂, が硝子戸, が確か, が舞台, が薄い, が薄く, が見えなくなっ, が見えなくなった, が見えませんでした, が見当らない, が走り出す, が足元, が近づい, が近づきます, が近づく, が遠のく, が鏡, が隻腕片剣, が静か, が顔, が飛躍, が黒川, こそ不敵, さえ見つけ得ないだろう, すらも捉える, すらも見かけない, すらも見る, すら感じなかった, すら無い, ぞ君, だけが親しい, だけを見, だけを見つめ, だになし, だにも捉え, だに止めない, だに見えず, だに見出す, で, であるだろう, でけん, でさえ触ったら, ですっかり, ではありますまい, ではないでしょう, で吐息, で土塀, で坪井, で子供たち, で私, で見て取った, とがある, とだ, との対話, とを見送った, と二人, と分れた, と声, と妻君, なの, なん, に, にうごめく, にかも心, にその, になっ, になつて, にはいつも, には力, には毒, には鳥渡説明, にひかれ, にむかっ, にも音, によつて判断, により, に包まれた, に千代乃, に唾, に従い, に抵抗, に棲む, に潜み隠れ, に薄, に見入っ, に見入つて, に隠れ, のあと, のあらわれた, のいたましく, のいと, のうすい, のこと, のさみしい, のそば, のとどかない, のなか, のふかい, のもと, の一騎, の上, の向こう, の我胸中, の持主, の敏捷, の正体, の淡々, の無い, の男, の留まれるなら, の端, の花, の薄い, の部分, の重き, の長, の領分, の頭, の顔, はあたふた, はいったい, はいま, はいよいよ, はうずくまる, はかの, はここ, はこれ, はじっと, はそろそろ, はたしかに, はただ, はついに再び, はつづい, はのつ, はふたり, はふつう, はぼく, は一抹, は一羽, は両端, は二つ, は二人, は人類破壊, は何処, は冴えた, は冷や, は初め, は動い, は地, は夕闇, は実にはっきり, は小布, は少し, は年老, は彼, は後向, は扉, は日ごろ, は日に日に, は暫時, は期し, は欄干, は永久, は決して, は消えた, は潜め, は白い, は眞白, は石段, は穏やか, は空, は築山, は紺屋, は薄, は行手, は見えざるなりき, は見えなくなっ, は解決, は誰, は軽い, は運転手, は野兎, は鉄, は闇, は麓, へ向かっ, へ向っ, へ移っ, へ追い重なっ, ほどの理智, までがちぢこまっ, もすぐ, もない, もなかっ, もみえない, も動く, も大人なみ, も姿, も小さく, も灯, も短い, も破, も踊る, やらん薄曇り, らしいの, をあらわす, をうつし, をうつす, をおさめよう, をおと, をこの, をさえ埋めよう, をさえ見る, をさけよう, をしずか, をしみじみ, をぞくぞく, をたっ, をつけ, をとどめず, をとどめなかった, をはやく, をはらいのける, をば滑らか, をひそめる, をひたし, をふるわせ, をみとめた, をみれ, をも私, をも見い出す, をゆるく, をコゼット, を中華全土, を京大坂, を伝い, を伸ばし, を体, を児童, を利用, を刹那刹那, を取り包ん, を取り去っ, を呼ん, を壁飾り, を大きく, を失う, を失する, を失った, を宿さなかった, を幾許, を庭番, を後, を徐々に, を慕っ, を投げ, を投じ, を拾い, を捉, を捉える, を捕え, を捕えよう, を捕捉, を探し廻ってる, を探し求め, を揺らめかし, を昔, を映させ, を映し, を映す, を暫く, を止め, を永劫, を没しかけた, を消す, を深く, を潛むる, を濃く, を発見, を白く, を眺め, を眼, を秀吉, を空, を紙, を絶っ, を絶つた, を緑波, を落す, を薄く, を見うしなっ, を見さだめ, を見せなかった, を見せなくなっ, を見せました, を見せません, を見つけ, を見つめ, を見ない, を見まわす, を見失う, を見失っ, を見送った, を見送る, を認め, を負っ, を赤, を踏まう, を踏まず, を踏もう, を踏ん, を軽, を追いつめ, を追いました, を追い廻す, を追い慕っ, を追い駈けた, を追うごとく, を追っかけ, を追って, を逆, を逐った, を長く, を間近, を除く, を隱, を黒く涼しく, 忽ち滅, 暗い筆触, 薄く時代転換, 見えず, 見やる, 黒くさし

▼ その周囲~ (528, 0.1%)

6 のもの 5 の人々 4 に立つ, に集まっ, を取り巻い 3 にある, にいる, に集った, の人たち, の地上, の様子, の空気, の色, をぐるり

2 [27件] が世間, にはいろいろ, には新しい, にゐる, に人々, に惹き付け, に繁茂, に腰掛, に集まり, に集る, の事情, の土地, の山々, の山林, の広い, の建物, の風景, へ集まっ, をぐる, をも変えた, を取りまい, を取り包んだ, を取巻い, を囲ん, を廻っ, を廻り, を神秘

1 [424件] いたる所, からまとめあわせ, からまるで, からようやく, から口ぐち, から喰, から逃げ, が歩けない, が自分, が鉛, さえ決して, だけが疣状, だけもうすっかり, だけをいくらか, でほんとう, でもすべて, でも七夕, で宮, で炬燵話, で笑っ, で自分, とにその, とに発生, とのいきさつ, とのこと, との生活, との関係, との闘争, とは結婚, とへ当時, とをとりわけ, とを出来る, とを眼界, とを私, とを考える, と戦わなかった, と闘争, なりを指示, なる杉, にあつまっ, にあつまった, にい, にいた, にいわゆる, におけるシナ, におった, におのずから, におびただしく, にかね, にきらびやか, にくっつき合い, にくつ, にぐるぐる, にそれ, にたくさん, にだらし, については正確, にとつ, になにか, にはいつも, にはこの, にはさらに, にはずっと, にはっきり, にはほのか, にはまた, にはシャンデリヤ, には一辺, には人, には人間, には今, には八番線, には北鎮岳, には単調, には厚い, には同型, には嘉永年代, には四人, には天然, には太い, には専属, には小さい, には小さな, には幾つ, には従来, には御殿女中, には手製, には数人, には春楡, には椅子, には歩い, には水, には水狐族, には水田, には深い, には深く, には滅茶苦茶, には激しい, には生命, には知らぬ, には石, には等身大, には粗末, には緑, には緑色, には縁台, には腰, には蕎麦, には親類, には輪郭, には騎兵二万, には黒く, にひとつ, にも, にもう少し, にもっ, にも客テーブル, にアルマイト, にウヨウヨ, にギラギラ, にスポーツ味, にヤナギ, にリベット, に一寸角, に七つ八つ, に上海, に世界, に五人, に人山, に何, に優秀, に光っ, に全, に円, に凍てつい, に勝手気儘, に反映, に取付, に四五軒農家, に執事, に多勢, に宮崎宮, に家族さ, に対する思いつき, に小さい, に居流れた, に展開, に幾台, に幾層, に広い, に座, に座し, に廊下, に廿四個, に引きつけ, に彼, に待っ, に待つ, に揉み合い, に数かぎり, に数本, に方形, に於, に於ける, に施した, に有能, に村, に枝垂桜, に構成, に求め得た, に注連縄, に淡, に淡い, に深い, に点々, に煌々, に現われ, に生長, に男女, に町, に白い, に皆, に監獄, に石垣, に砂糖, に稚い, に空虚, に立ちつくしました, に立ちはだかりました, に立ち並ん, に立ち並んだ, に立っ, に端坐, に紅葉, に細かい, に絶えず, に群がっ, に群がり, に老若, に耳, に蔓延っ, に蝋燭, に襤褸, に見出し得ない, に資本, に起つた, に農家, に重力, に降っ, に集っ, に集つて, に集つて端, に集つて行つて, に集まりました, に集まる, に集め, に集めたかった, に雑然と, に雑草, に霧, に飛翔, に馬場, に馳, に騒い, に高々, に高い, に鳥甲山, にDONJUAN, のお, のガス, のジャンヌレ, のタービン, の一切, の一行, の万般, の中, の事大主義, の二, の人, の人びと, の人物, の人達, の住宅, の光景, の処, の利用, の四国, の地, の地面家作, の場内, の大気, の宣伝, の山, の山脈, の帯, の幽, の情景, の情況, の意見, の所, の掛茶屋, の整理, の敷物一体, の文明, の日本, の旧, の昔かたぎ, の景色, の有為転変, の木々, の村, の森, の権力者階級, の正月ぶり, の毛, の民族, の水, の水の上, の湿地, の物, の状況, の理性人, の環境, の生きた, の生活気分, の田, の町, の町並み, の県, の碑, の神, の空地, の考, の者, の者たち, の自然, の自然界, の色彩, の芝生, の花壇, の装飾, の要所, の詰め物, の諸, の連中, の野趣, の鉱毒運動者, の雰囲気, の電場, の顔, の高い, の鬱蒼, はいつも, はすべて, はひろい, はわずか, は一方, は七マイル, は三十隻, は上部, は不善, は中等以下, は二人三人, は五, は人, は十五日, は厳重, は四町四方, は山, は当地, は棍棒, は画図, は確か, は誰, は鉄汁, は雲煙, は高, へお, への装飾, へ一人, へ二つ, へ人参, へ氷, へ細かく, へ集った, へ集まった, もじっと, も世間一般, も彼等, も恋しかっ, も終日終夜机, や庭, をかく, をかこん, をとり巻い, をひ, をまだ, をまわり, をまわるべきである, をめぐり, をめぐる, をも奇麗, をオス, をグル, をグルリ, をパノラマ, を一列, を一種, を五六人, を低徊, を刑事たち, を利用, を包ん, を包んだ, を千鳥, を取り囲ん, を取巻く, を取廻い, を叙, を同じ, を咳, を回っ, を回った, を回る, を囲繞, を変えた, を守らせ, を巡っ, を巡つ, を広く真新しい, を廻りだした, を悦び勇ん, を探した, を探し出した, を柳絮, を死人色, を焼け焦げ, を照し, を真, を真黒, を稲, を絆創膏, を美しい, を花托, を苦, を蛸樹, を見れ, を見廻した, を見渡し, を試み, を語り, を警戒, を走る, を踊り, を輪, を運行, を重役以下男女社員, を陰電子, を離れぬ, を飛びまわっ, を飛ぶ, を驚かし, 即ち自然, 約二里

▼ その大きな~ (526, 0.1%)

14 眼を 6 口を 4 ものの, ものは, 海は, 火の, 眼が, 頭を 3 ガラスの, 力に, 声が, 手を, 桜の, 男は, 眼で, 眼に, 腹を, 顔を

2 [42件] ぎらぎら青びかりする眼, たう, とうもろこしの, のを, 両手で, 人は, 全部家の, 兵隊は, 原因の, 口から, 家の, 掌を, 時計は, 木は, 松の, 柔らかな, 桑の, 楓は, 榎木の下で, 構への, 横文字の, 気味の, 犠牲に対して, 犬が, 目を, 眼は, 眼玉を, 翼を, 腹が, 舳先を, 荷物は, 足跡は, 身体が, 身体で, 部分を, 部屋の, 銅貨を, 鋏を, 顔が, 顔は, 馬に, 黒船の

1 [368件] あらわれの, おでこを, おなかを, お城, お扇子, お臀, かがやいた彗星, かごを, からだを, きたない齒莖, きり身の, こうもりは, こわれかかった白い, すばらしい光景, するどいくちばし, するどい眼, せりを, たてものの, つばさで, つやつや光る, とらは, のだ, ひろばでは, への字口, まっかな, みどり色の, もじゃもじゃの, ものが, やつで, よろいが, カップ状の, ガラス戸の, ゴムぬ, ダブダブの, ユカタに, 一つは, 下唇, 不安の, 不幸を, 不格好な, 両手を, 両翼を, 丸い影法師, 丸髷は, 丸髷を, 乳房に, 乳房を, 井戸は, 人が, 人の, 仕事に, 仕事を, 他日の, 体で, 体は, 体を, 体をね, 供養塔の, 侮辱の, 修繕半ばの, 傾斜の, 円盤が, 円筒は, 冒険を, 判を, 別荘を, 力の, 力は, 力を, 功の, 功労に, 功績は, 動きを, 動揺が, 動物を, 包みを, 半身を, 卓の, 卓子の, 卵が, 卵を, 厚い唇, 原因とさえ, 双眸の, 叡山の, 口, 口で, 口に, 同情は, 名刺を, 名誉心に, 唇が, 唐机は, 商店が, 啼聲が, 四角い額, 四輪馬車の, 団体の, 図ウ体を, 図体を, 圖體をを, 地表の, 垂葉を, 執着心を, 声で, 声の, 声は, 大鹿を, 姿は, 子供たちは, 官有林に, 客間の, 家へ, 寝台の, 寺の, 封糊が, 小娘の, 尖り鼻, 屋敷の, 屋根を, 山に, 岩で, 岩の, 岬の, 差を, 希望の, 帳面自分の, 幹に, 広間を, 庭の, 弱点を, 強い手, 形に, 影は, 役目を, 後始末が, 心持が, 急拵えの, 急流も, 恐怖に, 恩恵を, 息子さんと, 悲しみをも, 悲哀の, 愁しげな, 意図を, 愕き, 愛が, 愛情に, 成功をも, 戦争に, 戦闘の, 手が, 手でぶるる, 手は, 手柄と, 拳で, 拳とを, 拳を, 推移に, 新勢力, 方の, 明るい茶色, 星は, 星を, 時計も, 時計問屋の, 暗礁という, 書物を, 有機体の, 木の, 木の下には, 木靴で, 未来の, 本を, 本堂は, 本尊の, 朱い, 机の, 柳の, 棗の, 楽焼の, 構成が, 樫の, 歓喜境が, 池には, 沈默を, 法衣の, 波を, 波濤を, 源因に, 潮流に, 澤が, 激しい音, 火焔は, 灸の, 炭塊を, 無限の, 爪で, 片手を, 牡鹿は, 物は, 物体は, 物体を, 犬の, 玉の, 球塊は, 球形の, 理由は, 生涯を, 男が, 町の, 病院でも, 病院の, 発達した, 白い門, 白光ランプそれは, 白犬が, 百日鬘を, 目が, 目さえ, 目に, 目は, 目玉に, 目的として, 真鍮の, 真黒な, 眼から, 眼には, 眼付の, 眼玉からは, 眼玉は, 瞳が, 瞳と, 瞳は, 瞳を, 矛盾が, 矛盾の, 石は, 石を, 石造の, 破壞, 破片がど, 硝子工場の, 硝子球は, 私の, 穂先は, 穴の, 穴を, 空の, 空色の, 窓硝子を, 窯で, 立ち机の, 竹の, 笈を, 笑い声に, 筋張つた節くれ立つた, 箱の, 箱包みは, 糸の, 紙で, 紙の, 美しい眼, 羽根が, 耳が, 耳たぶに, 肉塊が, 肝臓とやらの, 肩を, 胴中に, 胸から, 胸の, 胸へ, 脹れた眼, 腕で, 腹に, 腹は, 膝の, 興奮に, 艦体を, 艶透な, 花籠の, 茶いろ, 荒れた指先, 荒地は, 落下から, 葉は, 葉を, 薄紅色, 虻を, 蛇を, 裂けめに, 西瓜を, 要因として, 見知らないよう, 解釈能力にも, 計画に, 謎を, 講堂の, 證左の, 谷あいには, 身なりに, 身体と, 身体は, 身体を, 輪踊りの, 轍の, 轢殺車を, 辻ビラの, 運命とも, 遺産を, 邸の, 部分は, 部屋には, 醜悪な, 重い鉢植, 金の, 鉄橋を, 銅貨は, 鍬だ, 鍵を, 鍵穴を, 鏡に, 鐘が, 鐘は, 門の, 門を, 階段, 階段その, 雰囲気に, 露を, 青い帽子, 青い眼, 青い門, 革トランクを, 靴の, 音が, 頭いっぱいに, 頭に, 頭の, 頭は, 額には, 顔や, 風船に, 食い違いの, 食卓の, 餌の, 餘白が, 體を, 高い白帆, 髷を, 魔物の, 鯉が, 鯨共を, 鰭が, 鳥は, 黄色い花, 黒い建物, 黒い熱情的, 黒い眼, 黒い翼, 黒い雁, 黒い顔, 黒眸がちの, 黒瞳を, 鼻の, 鼻を

▼ その~ (523, 0.1%)

17 の中 15 來の 12 を手 6 は, は私, を読ん 5 に書い, のなか 4 の著者, の頁, は彼 3 に關, の名, の序文, の表紙, はもう, を借り, を見せ, を読む, を貸し, 體の

2 [31件] がある, に反らざる, に夢中, のこと, の一冊, の上, の内容, の出來, の出版, の方, の群立, の表題, の訳者, の鉤, はまだ, は今, をあけ, をお, をつたえよう, をよん, を入れ, を取っ, を尋, を持ちだした, を持っ, を持つ, を読んだ, を買った, を閉じ, 國に, 経一つなり

1 [347件] あげましょうか, からヒント, からホン, から学ぶ, から得た, から目, から複写, があそこ, ができる, がどこ, がなく, がなくならない, がぱったり, がもつ, がテーブル, が一冊千円, が全く, が全部理解, が出, が出来た, が出版, が原形, が原稿, が収まっ, が手許, が文芸, が柿丘, が残れ, が焼かれる, が評価, が遺っ, こひしく, だけは妙, づくところ, であった, ではインファンタ, で太平洋戦争, といいます, というの, というは粗末至極, といふの, といふもの, となす, と一緒, と云, と友達, などには触つ, なの, ならお, なら去年あたり二, に, にあ, にある, にかい, につい, にはあらざるなり, にはお産, にはくわしく, にはたくさん, にはゴーゴリ, にはボンヌール, には古代ペルシア, には各, には機械, には沢山, には野生, にもいくらか, にもかわった, にもそんな, にも書いてなかった, による, に依る, に入っ, に出る, に南国, に含まれ, に序文, に戻っ, に書いた, に未央生, に用, に非常, のあちこち, のうつしたる, のおかげ, のため, のでき上る, のところ, のどこ, のにおい, のはじめ, のまね, のグルントウンドグッツェル, のロケーション, の三分の二, の上巻, の事, の体裁, の何, の内, の内容眞僞如何, の冒頭, の処, の効能, の包装, の口絵, の噂, の図解, の大, の好評, の客観的, の所持者, の挿絵, の插畫, の方法実行, の末尾, の本文, の根附, の焼けあと, の物語, の目次, の真価, の終に, の終る, の美しい, の背, の背後, の行先, の表, の解説, の解題, の買い占め, の趣意, の跋, の選択, の題, はありました, はいまだ, はいろいろ, はこの, はそっち, はその, はたいへん, はたがい, はたしか, はとうとう, はどこ, はどなた, はなお, はね昔, はばか, はみな中等, はやはり, はわれわれ, はアメリカ, は一, は人間同等, は伝, は何かと, は何だい, は作者, は出た, は初め鍔, は半紙百枚, は受取った, は古ぼけ, は名, は大伯母, は大分丹念, は少し, は店, は当時, は手ちがい, は捨て, は教会, は既に, は月曜日, は有名, は歴史家, は母, は相, は英吉利, は読本, は誰, は遠い, は重大, ひどいだろ, へさあ, もとが, も灰, も輸入, やでエホン, やはそれ, や国木田独歩, よみ, をあの, をいかに, をお礼, をかす, をここ, をしまっ, をその, をだらり, をちょっと, をと, をとじ, をとっ, をとつ, をとどける, をとりあげ, をとりあげた, をとりだした, をとりよせた, をどうして, をなり, をのぞき込ん, をば机, をひらきます, をほぐし, をまもる, をもっ, をもと, をよむ, をわざわざ, をわたし, をわたした, をチロオヌ, をラヂオ用, を一, を一ページ, を一人, を一冊一冊, を三回, を両手, を二階, を使っ, を俺, を借り出し, を元, を出し, を別, を別に, を友人, を取りのける, を取り上げ, を取り上げられ, を取り出した置き, を叩き付ける, を同, を天罰, を学校, を実に, を小脇, を届け, を展げ, を差出した, を引き出し, を復活, を心理通, を患者, を批評, を抜き取ったら, を抱い, を持ち伝えた, を捨てる, を探したい, を探しだす, を探り, を掴ん, を撫で, を擧げ, を支那, を放うり出す, を書き終る, を曾, を枕, を棚, を極めず, を楽しむ, を注文, を渡し, を父, を特に, を狙っ, を疎開先, を眺めまわし, を知らざる, を窓, を竜, を紹介, を繙い, を考へる, を膝, を自分, を落し, を蔵, を見, を見せろ, を覗い, を覗いた, を覗き, を読みたい, を読み終った, を讀みたく, を讀ん, を買う, を買おう, を買っ, を買つたの, を貸す, を質せ, を赤井, を返した, を退屈, を通読, を閉じた, を閉ぢ, を開い, を開かない, を開ぢ, を隅, を雨, を非常, 井戸なる, 國から, 國たる, 國と, 國の, 國へ, 國政府に, 売らなくても, 居の, 幹に, 弭, 據地なる, 渡して, 當の, 縁を, 舞台で, 葺赤瓦の, 読むの, 讀の, 貫波照間島を, 躰を, 辞たる, 阿弥の, 體本領を

▼ その~ (518, 0.1%)

26 の中 13 の上 8 の面 6 の音 5 を飲ん 4 のなか, の色 3 の底, の流れ, をのむ, を呑ん, を汲ん, を飮, を飲む

2 [30件] いろの, で洗面, に接する, のうえ, のうま, のほとり, のよう, の味, の増す, の深, の表面, は, はいつも, はどこ, は割合, は学校, は惜しげ, は誰, は飲めなかった, へ半分顔, も洗面用, を, をお, を呑む, を呑もう, を手, を打った, を汲み, を液量器, を細君

1 [371件] いかに清潔, いかに秋, いろとか, および酒, から湧き, から湧き上っ, から絶たれ, から離さなかつた, があ, がいかなる, がこの, がこぼれ, がとけ切らない, がどういう, がほとんど, がまた, がステージ, が何処, が僅か, が凍っ, が刻一刻冷気, が天, が小便, が川, が川水, が彼, が急, が撒かれ, が水銀, が流れ下っ, が湧い, が火, が燃えた, が目, が真っ赤, が真赤, が石, が箱, が腐敗, が自然, が菊沢川, が退い, が量, が隅田川, が集まっ, が静か, が食道, この枕, ただちに海, だけは今, であろう, でお茶, でこそ眠る, です, でも飲む, でブロバリン二百錠, で沢山, で洗わせ, で洗われた, で滑っ, で盃, で私達, で籠城四十日以来, で茄子, で身, で顔, とか泥, とに潤され, とも霧, と同様, と火, と灰, と自分, にいる, におよぐ, にしたたらし, につき纏う, にて手足, にて銭, には何, には勾配, にひたし, にも詩, によって福, に三, に住む, に何, に向っ, に夕陽, に手, に押し倒された, に映える, に汰, に洗われ, に洗われた, に浮く, に浮ん, に浸け, に溺れ, に濡れ鼠, に灯, に灯かげ, に舟, に衣, に親しんだ, に近い, に近づく, のかたまり, のきよら, のきよらかさ, のきれい, のさらさら, のしたたる, のつめたい, のながれだす, のべに, のほう, のめぐる, のカアテン, のコップ, のコップ一杯, の下, の不足, の光, の入江, の冷たい, の出口, の出所, の分析, の力, の厚み, の取, の声, の多く, の尾, の岸, の峯, の幅, の幽霊, の彩り, の影, の押し, の捌け口, の束, の果, の氾濫, の汪, の沖, の流る, の淀んだ, の清き, の清冽, の渦巻, の満ちた, の滴らん, の濁りやう, の濁りよう, の瀬, の相, の稀, の美しい, の自然性, の色さ, の華, の落ちる, の行衛, の見える, の谷, の贋物, の轟々たる, の辺, の通過, の量, の青, の魂, はいわゆる, はおのずから, はかすんだ, はきっと, はすぐ, はその, はそれ等, はたくさん, はだれ, はつまり, はどう, はまず, はまた, はわたくし, はインク, はマイダス, は一つ, は一日, は下手, は五月, は何物, は光, は利根川, は単なる, は同じ, は同時に, は四日, は地下水, は塩水, は増し, は天主閣, は実に, は山, は山裾, は御手洗川, は急, は恰も, は悪い, は押上げた, は方々, は早かれ遅かれ, は昔ながら, は歎, は海, は滾, は無限, は甚だ, は町, は砂, は私, は考えた, は自分, は蒼, は薄い, は透明, は重い, は防火訓練, は階段, は音, は飲む, は飲めない, は飲めません, は黒い, へ入っ, までは何百尺, まで燃え, も一箇所山, も昼, も濁った, をあふりました, をいっぱい, をがぶがぶ, をくみ出した, をくんだ, をこぼし, をさっと, をすく, をそこら, をついで, をつかう, をできるだけ, をとかした, をとつ, をなく, をのむなら, をのん, をひと口, をま, をよく, をゴクリゴクリ, をザブリ, をダム, をパイプ, をミサ子, をミーロ, を一, を一パイ, を一口, を一年中, を一年中平均, を一息, を与えた, を井戸, を人さし指, を使う, を使っ, を信心, を停め, を入れました, を再び, を冷す, を出, を切る, を切布, を利用, を又, を取り, を取換え, を受ける, を口, を含ん, を含んだ, を呑まう, を呑んだ, を味, を噛む, を地上, を壜, を外, を大師, を少年, を山上, を岐, を干し, を引い, を循環, を戴い, を持った, を指さした, を指先, を排水, を掠め, を掬, を掬ん, を旅人, を明け, を晒し, を普通, を桶, を水槽, を汲ませ, を汲み出す, を汲み去り, を汲み換え汲み換え, を汲む, を汲んだ, を流し, を流す, を浄め, を浴びた, を清か, を渡っ, を渡ら, を渡り, を渡れる, を潜らせる, を煮つめたら, を煽っ, を目, を絞っ, を翻し, を落し, を見渡しました, を試験, を貰っ, を越し, を銀, を電熱, を頂戴, を飲ませよ, を飲みたがっ, を飲みたがりませぬ, を飲みたく, を飲みだした, を飲みほし, を飲みました, を飲み出した, を飲むべく, を飲めなくし, を飲もう, を首, 尽くれ, 挽きの, 氷りそして, 清きこと水晶, 煙りに

▼ その時私~ (514, 0.1%)

13 の心 9 の頭 7 はふと 6 の眼, はまだ 5 はその, は彼 4 の胸, はこの, はそんな, は何, は初めて, は思いました, は自分 3 は, は先生, は心

2 [41件] がどんな, がほんと, が一寸, にこう, には六十三銭, の体, の作品集, の兄, の全く, の手, の母, の考え, はお, はこう, はすぐ, はそう, はつい, はひょっくり, は一人, は不意, は二つ, は二階, は何となく, は俄, は再び, は凡て, は四度目, は坂, は始め, は広告ビラ, は彼女, は思, は明瞭, は母, は祖母, は突然, は袂, は貴方がた, は野口, は鉄路, を呼ぶ

1 [344件] お園さん薄情, が, がそう, がその, がそれ, がたずねましたら, がちゃんと, がはげしい, がびっくり, がふと, がふとした, がへん, がもし, がハッ, がモウソン, が一番楽しみ, が何, が何ん, が先生, が出れ, が口, が只突然, が左足, が彼女, が徹底, が感じた, が感づいた, が摸した, が水, が泣く, が聴いた, が苦しむだらう, が菊池, が血, が説明, が風邪, が飛び掛っ, だけ一人, と一, と春子さん, と母, と秀子, と私, と赫子, にこれ, にさう思はれた, にはひどく, には二つ, には井伏さん, には思われた, には母, にわかった, に一番, に思はれた, に打明け, に暗示, に話しかける, に起った, のあ, のうち, のそば, のそんな, のほか, のインヴァネス, のウチ, のコップ, の不安, の付添婆, の仰向かん, の体内, の側, の傍ら, の列挙, の前, の卒業証書, の友, の受けた, の同級生, の向側, の子供, の家族, の少年時代, の左, の帽子, の後ろ, の心臓, の悲し, の感情, の懐中, の指してる, の描いた, の救い, の方, の朋友, の横, の樫, の次兄, の気持, の注意, の父, の理智, の目, の眼底, の着座, の知ろう, の秘書, の突いた, の立つ, の精神, の耳, の肩, の背後, の良人, の見た, の覚え, の許, の足音, の陥っ, の隣, の顔, の驚いた, の鼻先, はあっと, はあらゆる, はいかに, はいや, はお母さま, はかねて, はかの, はぐっと, はこの世, はこれ, はさ, はさも, はしきりに, はすべて, はずいぶん, はその見知らぬ, はその道, はそれ, はただ, はたった, はたとえ, はちっとも, はつくづく, はつと, はどう, はどうして, はどうしても, はどうも, はどんな, はどんなに, はなぜ, はなるほど, はなんとなく, はなんとも, はね, ははじめて, ははじめて少し, ははっ, ははっと, はふい, はほっと, はぽかんと, はます, はまた, はもうこ, はもう一度, はやめるだらう, はよほどぐずぐず, はわッ, はキャッ, はジャンケン, はセラ, はハッ, はパリー, はフォーデングブリッジ, はフツ, はフト, はフラフラ, はマッチ, はユダヤ教以来, は一年生, は一掴み, は一本, は七つ, は三階, は不謹慎, は中, は二十三歳, は五十一歳, は五年, は井荻看護婦, は京都, は人前, は他, は何かしら, は何気なく, は傍, は全く, は六歳, は別にこれぞ, は勉強室, は勘兵衛, は北川君, は十七歳, は十九, は十五歳, は叔父, は可, は君, は和服, は善光寺, は城介, は堂嶋, は大変大事, は大層, は大海, は太郎, は夫, は奥様, は女, は女史, は如何, は妹, は実に, は実は, は家, は家族, は屡々, は帝国劇場, は常に, は年少, は幸, は広間, は強, は彼等, は御, は御飯, は忌わしい, は思うた, は思はず, は思ひ切つ, は思わず, は急, は態, は承服, は折, は採集旅行, は斯ん, は新, は新し, は日本, は明, は明治, は時計, は暗やみ, は更め, は有, は木, は未知, は東京有楽社, は校長, は森さん, は気づいた, は汽車, は沁, は河野, は沼垂, は泣きたい, は活動写真, は海, は海底電信, は潜, は炭屋, は父, は獅子身中, は珪次, は瓦止め, は生涯, は男盛り, は病気, は白檀, は直感的, は直接, は眼, は知らなかった, は禁酒, は簡単, は納戸, は紙巻煙草, は縁側, は考へた, は聴いた, は肥っ, は背, は胸, は脇差, は腸, は腹立たしい, は膝, は英子, は菊, は蒼々, は蔵, は蝋燭, は見た, は見つけた, は観察, は誰, は趙, は逆, は遠く, は鉄砲洲, は鏡, は随分, は電話, は青年, は頓に, は鳥籠, へ障る, もすでに, もすべて, もまた, もネ寧そ, も兄さん, も坪井君, も妻, も庭, も御, も招, も父, も父様, も特に, も窃, も静か, より三, をお, を廃め, を後, を紹介, を見た, を連れ, を飛び上らせる

▼ その場合~ (502, 0.1%)

6 に応じ 5 には彼 4 にはその, に私 3 その人, にその, には, にはこれら, にもし, の彼, の感じ

2 [22件] その異常, できるだけつまらな, にこの, にこれ, にそれ, になっ, には必ず, には自分, に善く, に必要, に応じた, に於, に最も, に臨ん, のこと, のよう, の私, の雇傭関係, はそれはか, は現実, も出水, を想像

1 [418件] あくまで帆, あの大友, あの女, あの応対, あまり適当, いかにし, いつたい親類, いつも突きあたっ, かかる出來事, かかる重要, かよう, から判じ, がいろいろ, がことさら, が却つて, が思い出され, が明, が最も, が機縁, が減じた, が特に, が特殊, が違っ, きっぱり引き受けた, こそ心, この仕事, この四角, この男, そういう心理, そのいずれ, その人自身, その偶然, その勤人, その場, その場所, その巧み, その所, その方向, その時, その研究員, その第三者, その絵画, ただならぬよう, だけだ, だけに就い, だけを酒盛り, だってお, でさえ森田たま, でさえ私たち, でないと, でもその, でもド・エスコバアル, でも人間, でも他人, でも彼, でも極, でも生, でも直観内容, でも私たち, で変化, で面, といえ, とかくそれぞれ, としては不, とに因つてこれ, とに因る, と同じ, と外形, どうしてもかくかくにしか, どつち, どんな力, ない方, ならば, に, にあ, にいかなる, にうっかり, においても飽くまでも, において一つ, において学生演劇, において攻守, において警備上, におけるたった, における姉, における彼女, における必要, における興味, にかぎり, にかたき, にこういう, にこそ一切, にすら子供, にせっかく, にそなえ, にそれほど, について教, についで, にです, にどう, になかなか, になったら, になつ, になります, になる, にのみはじめて, にのみ考えられる, にはあなた, にはいやがる, にはいわゆる, にはお, にはこれ, にはそこ, にはそれら, にはそれ獨得, にはただ, にはともすれば, にはどこ, にはねえ, にはひと, にはまた, にはむろん, にはやっぱり, にはわざと, にはラニョン君, には一見, には上, には乳飲み子, には五馬, には今, には他, には何, には作品, には作家, には供給, には供給量, には価値尺度財, には冒された, には労働, には労賃, には単なる, には受領證, には四季, には四箇, には多く, には子供, には客観的, には富者, には少く, には年々, には当然, には彼ら, には御, には思想史的, には我国, には所謂, には拙者, には朋友ら, には次, には歌, には氏元, には気の毒, には沢山, には満天, には生前, には産児, には甲, には皇室典範, には皇帝, には目, には直観空間, には知合い, には社会主義的精神, には社会秩序, には私, には筆, には精神, には結婚, には結果, には英国, には要するに, には計画殺人, には読者, には造幣局, には鋼鉄, には間もなく, には随分, には需要, には餘, には首, にふさわしい, にまだ全然, にまで夫唱婦和, にもいろいろ, にもお前, にもこの, にもこれら, にもせり上げ, にももし, にもやはり, にも一門, にも当人, にも彼, にも誰, によってどうしても, によつて, にオルガ, にニウトン, にハーンたち, にフリーダ, に一々, に一人一人, に一致, に不道徳, に事, に事柄自体, に二種類, に人, に人間, に何, に僕, に処すべき, に出現, に則るべき, に前述, に圧, に大いに, に大勢, に大変都合, に奈良朝, に妹, に娘, に市民, に当, に役人, に或, に抱き, に拠, に採る, に損, に明日, に書いた, に死ぬ, に父母, に犯人, に獲られる, に眼, に競争, に精神上, に考えられた, に臨む, に自分, に自立演劇, に至っ, に良心, に芸術, に見苦しく, に論じた, に諸君, に起った, に道具, に適切, に遺漏, に醜い, に長い, に限っ, に限られ, に非常, のさる, のため, のほとんど, のやり切れない, のイズム, のジャーナリズム, のヒント, の争闘相剋, の事, の事情, の人間, の人類, の他者, の光, の光景, の処理, の原爆使用, の君, の問題, の因果関係, の園, の大事, の夫, の夫人, の女, の子規, の完成, の実践, の小山内薫, の常識, の当惑, の心, の心得, の性根, の惨め, の技術的精神, の新子, の材料, の概念, の樣子, の死神, の気温, の無言, の父, の犯人, の用意, の祖母, の福田氏, の私たち, の科学, の科学方法, の義務, の考慮, の自然, の薄い, の行為選択, の要求点, の見方, は, はうたってない, はお客, はこの, はごく, はそれ, はどう, はどつちでなけれ, はまず, はむしろ, は一応, は上空, は人口, は何かしら日本人, は俳優, は偶然, は凍, は半額, は固き, は外国人, は多少, は平気, は後, は恐らく, は承知, は文化, は昨晩の, は普通人間, は有合せ, は沼尾君, は犯人, は狐つきぢ, は現代, は百万分の一程度, は結局, は衆議院, は貴下, は軽蔑, は速, ほとんどすべて, また觀念論, まで好い, もさまざま, もし我々, もし私, もっと人間たる, もはや特に文化統制, もまた, もフロイシュ, も家賃, も詮吉, も零下一五度, よい妻, よろしくない, われと心, を仮定, を君, を御, を私, を考えなけれ, を考える, を考へ, を聯想, を見た, 主體, 云って, 仮空, 何とかし, 先ず朝鮮, 全く考えられ, 実は後者, 少しでも, 届けるもん, 御出し, 恐らく或, 恐らく無限, 或る, 持って, 早過ぎる, 最も注意, 死のうと, 決して目印, 濃き煙, 甚だ窮屈, 用いられる技術, 知らず知らず自分, 秀でたる作者, 若し現場, 見えただろう, 許せばよ, 起こらずには, 連れて, 遠慮なくわたくしたち二人

▼ その人々~ (500, 0.1%)

16 の中 4 のため, の心, の意見, の手, の顔 3 に自覚, の口, の特徴, の生活

2 [27件] がこの, であると, といっしょ, に取っ, に手紙, のなか, の人生, の健康, の働き, の前, の勝手, の名, の姿, の存在, の家, の目, の群れ, の話, の足, の運命, はこの, はその, はやがて, は確か, は自分, は誰, も今

1 [398件] からしかた, からの吉報, から一つ, から死刑, から理解, から見れ, が, がどんなに, がみんな視力, がわたし達, が五十カ条, が人生, が個人, が入り, が円タク, が出, が啓蒙的, が実践, が実際, が彼, が彼女, が彼方, が村, が欲する, が気づく, が洋装, が社会, が紫, が続々, が自ら詩人, が自身, が逆光線, が遙, が酔漢, が階級人, が駈け寄った, が高貴, こそ樹木, その夫婦たち, その持ち分, だけの問題, だんだん慣れ, でも他人, で会津兵, で各々, で生涯, といえ, とともに, とともに研究修業, とのつき合い, との会話, との時代, とはまったく, とはやや, と共に京都, と共に夜更け, と初対面, と別れ, と同じ, と同じく, と同感, と彼, と結縁, と遊ん, と闘う, なりにある程度, なりの善意, にお辞儀, にそう, について品評, にとってどんなに, にとって文学, には, にはその, にはそれ, にはよく, にほかならない, にまじっ, にも, にもたれ, にも今夜, にも通じ, によって証明, によつて標準, によめない, により, に与えつ, に乗り移っ, に人間らしい, に今日, に取り巻かれ, に告げた, に多く, に害, に対して気の毒, に属した, に持合せ, に擁され, に旅券, に日常性, に本当, に相すまん, に真偽, に礼物, に第, に見え, に見られたくない, に送るいのり, に避難所, に酒, に駈けへだてられ, のあいだ, のあと, のあるいは, のあれよあれよ, のいなくなる, のいる, のうしろ, のうち, のおどろき, のかがやく, のかわり, のこころ, のことば, のする, のその, のそれぞれ, のひそか, のもの, のジャーナリズム, のフェミニズム, の一人, の一生, の一群, の一見平凡, の上, の不屈, の主客, の主観, の云う, の人生観, の人間らしい, の人間性, の人間的真実, の今日, の仕事, の代り, の仰ぐ, の位置, の住ん, の体, の何人, の何処, の作品, の信念, の個性, の働きぶり, の全, の凝視, の力, の助勢, の労働, の勇気, の動き, の勝手次第, の印象, の去る, の吉報, の命, の商品そのもの, の商売, の喉, の境涯, の境涯次第, の声, の多く, の大事, の天分, の天性, の如く, の妻, の家族, の寫象中, の専門, の専門家, の巷, の帰着, の形而上学, の影, の後ろ, の心もち, の心持ち, の怠慢, の性格, の悲しみ, の意志, の意識, の感化, の成長, の戯れ, の所謂立場, の手分け, の持つた, の故郷, の教育法, の文化的水準, の文学的閲歴, の日記, の暗澹, の正当, の死んだ, の気持, の気立て, の為, の理性, の生き, の生きる, の生命, の疑い, の白い, の目ざましい, の直接, の直接周囲, の真情, の眼, の着物, の祈祷, の科学, の程度, の笑い, の笑う, の納得, の経済生活, の絵, の群, の考えよう, の考える, の背, の胸, の自主的, の興奮, の若, の苦闘, の藁草履, の見, の見物, の視覚, の覚醒, の言, の言葉, の話し相手, の語り合う, の誠実, の読者, の走る, の足跡, の踏みつけ, の身の上, の過ぎた, の過去, の道義, の鋭い, の間, の関心, の頭, の顏, の飼犬, の騒, の魂, は, はあなた, はいずれ, はいつの間にか, はいまだ, はそこ, はそれぞれ自分, はただ, はどんな, はなかなか, はながめました, はふたたび, はべつに, はまず, はまた, はみんな, はみんな健三, はみんな私, はみんな自分, はもう, はわれ, はクリストフ, はゲーテ, はマタギ, は一同, は一家, は下町, は中野, は五万円, は他, は伸子, は信濃, は僕, は努力, は口, は右, は大人, は実は, は実在性, は小林, は小説, は少なから, は尼さん, は彼女, は悲調, は愛, は日本, は最も, は木, は本場仕込み, は死なず, は毎年, は温厚, は生物学者, は生計上, は皆, は皆口々, は皆眸, は皆記者, は眼, は知らなかった, は競争心, は答, は組合, は縫い, は美, は群集, は考える, は虎列刺, は親子関係, は言葉, は認める, は辯護士, は闇商売, は非常, へすまない, へ乗り, へ会釈, へ何, へ布施, へ手, もだんだん, もだんだんに, もみな, も今宵かぎり, も光, も劉唐, も彼, も来, も淋しけれ, も皆, も矢, も知っ, も笑っ, も網, も肌寒, や仕事, より同地近傍, らしい会, をあと, をかきわけ, をそのまま, をつれ, をなぐりつけた, をも含め, を一通り, を使っ, を傭っ, を別に, を呼ん, を感服, を指し, を据え並べた, を楯, を気, を目下, を相手, を虐殺, を見いださん, を見た, を見つめた, を見る, を見下し, を見送る, を訪ねた, を説きまわっ, を迎え, を顧み, を養い

▼ その~ (497, 0.1%)

7 のまま 6 を異に 5 を変え 4 をし, を現, を現ずる, を見る 3 たとへば編笠, と色, は, もまた, を失う

2 [32件] からが実に, がはっきり, が法律, につかね, に似, に於, に無理, の変化, の方, の氣, はいかに, は墨流し, は多少, は山肌, は技術的, は決して, は猿, は見えず, は見えない, もかはれ, や色, をあらわした, をかえ, をとどめなくなった, をもっ, を変じ, を残し, を現し, を生存, を結ぶ, 小さく力, 見えざれば

1 [384件] あたかも鎌, いたって小さく, からいえ, からこの, からし, からで, からはいっ, から名, から呼ばれ, から推し, から毛, から考へるなら, から言っ, から飛行機鳥, か影, が, があらわされ, がある, があわれであった, がいかにも, がいろいろ, がごく, がすでに, がそう, がその, がそれぞれ, がそれら, がたいてい, がたいへん, がふる, がほぼ, がまた, がみるみるはっきり, がよく, がわかっ, がシャム兄弟, がヤクザ, が人面, が似, が位牌, が佐比様, が何とも, が円く, が円錐, が冷たく, が出, が刺さった, が前, が含ん, が大, が大きな, が太い, が奇抜, が女, が宛然中国, が幻, が時代, が最も, が極めて, が残っ, が氣, が消え, が甚だ, が目, が真理, が短く小さい, が福松, が竪琴, が筆, が腕, が自然科学, が至って, が見えなくなりました, が見える, が軍中, が達磨, が釣り鐘, が長い, が雲煙, が面白い, が高雅, が鯉, きわめて醜, こそいみじけれ, こそちがえ, その味, その大, その色, その色合い, その香, たとへば石垣, だけばさ, だけを学んだ, だけを描かう, だけを真似た, だけを見, ちが, ちは, ち屏風, ち常に, でがす, でこれ, ですなわち, ではいかにも, ではなく, では速力, でもない, でよい, で学ぼう, で室, で旅, で正真正銘, で泳い, で突, で進みきたった, といえ, とか色, と大き, と染井, と構造, と色艶, と蘆荻, と陰影, なき読者, なども画, なりにぶら下っ, なりに真黒, にあて嵌め, において現れ, において豊饒, において釉, において驚くべき, にし, にした, にその, についてもいろいろ, にて刑場, になぞらえた, になれ, になん, には市庁, にも種々, によって, によっても人々, によっても察せられた, によって圭, によって感づい, によって見れ, によって鬢長, に並ん, に似た, に似る, に呑まれ, に因った, に固執, に実質, に従って堰堤, に従つて地球, に恐れ, に支, に支えられ, に煽る, に現われない, に続い, に置く, に蔓, に見える, に顕われ, のいい, のない, のま, のみえない, のみで実質, のもの, の上, の儘, の単調さ, の壮麗, の夢, の大きく, の大小, の奥, の奧, の思い切っ, の想像, の感じ, の拠り所, の曲, の痕跡, の相似, の破れ, の確実, の端麗, の美し, の鉤状, の雪, はありふれた, はいつも, はいろ, はいろいろ, はくらがり, はさして, はたいてい, はちょっと, はどことなく, はなかっ, はなにか, はなんにも, はみえ, はむかし, はめづらし, はやはり, はわずか, はわれわれ, はラサ府, は世情, は二十年前, は人間, は人頭牛身, は何, は全く, は円く, は単に, は四角, は変わる, は夜店, は天井, は姉の, は小, は小さかっ, は小牛, は少し, は常, は幾分, は強大, は復, は想像, は披針形, は明らか, は明確, は時として, は普通, は極めて, は概略, は次第に, は正方形, は油蝉, は浮世絵師, は異な, は疑うべく, は皆, は目, は立法三角, は筒形, は美, は自分, は蝶々, は見えなくなっ, は越後獅子, は雪見灯籠, ばかりに残ってる, また異なる, むらむら波, もあるいは, もいずれ, もお, もたいてい, もよく, も光, も勿論, も大きく, も小さし, も模様, も色, も見えた, やら感じ, や厚み, や大き, や性質, や材料, や模様, や編み, よく伝説, より出でたる, わが八丈島, わが富峰, わが日本, をあくまでも, をあらわし, をいつ, をうながされ, をおかし, をかえず, をかりた, をきめる, をくずさない, をくずしはじめた, をくりかえし, をする, をつくりだす, をつくる, をと, をとっ, をとどめ, をとどめぬ, をとり, をはっきり, をひきのばされ, をみずから, をよく, をわたくし, をカフス釦, を一度, を仮り, を作った, を先, を写し, を写しける, を刻み出す, を取らね, を変えた, を変えない, を変じよう, を大きく, を失いたる, を存じ, を害, を小さく, を崩し, を強いて, を得, を心, を忘れ, を成し, を指先, を捕えた, を描き得た, を摩りへらす, を撫で, を改め, を整えた, を整えよう, を日本民族, を明らか, を朧げ, を模, を止め, を殊, を段々, を決める, を没す, を生み出した, を留め, を眺め, を眼前, を知っ, を知つて, を知ら, を知る, を確認, を示さざる, を示し, を精密, を被, を見, を見た, を見たる, を見れ, を見付ける, を視た, を認める, を調べる, を讃め, を逃, を金, を隠す, を露わし, を顕, 古き絵, 大きい皿, 打ちひしがれたる蛇, 細き珊瑚, 美しく色, 見るべくその

▼ その~ (495, 0.1%)

34 の下 20 の外 14 から外 12 の前 11 のところ 9 の中 7 のそ 6 からのぞい, の方 4 のそば, のほう, の障子 3 から覗い, から首, の一つ, の戸, を見

2 [30件] からは逆光線, から出た, から大きな, から投げ出され, から電話, から頭, がまた, にまでとどく, に倚, のある, のすぐ, のガラス, の上, の下あたり, の側, の外側, の所, の硝子, の近く, はちょうど, は閉され, へ行っ, へ行った, をのぞい, を剰した, を眺め, を見上げ, を見上げた, を開いた, を開け

1 [289件] からあわて, からうった, からお, からかれ, からこッ, からす, からそっと, からちらりと, からのぞく, からのび, からはあの, からはいろいろ, からはこれ, からはだれ, からはジャヴェリ, からはパリー, からは世にも, からは喪服用, からは山, からは数本, からは湯上り, からは白い, からは素晴, からは見えず, からひょいと, かられい, からスーッ, からパンパン, から一, から下り, から中, から僅か, から兄, から入, から入っ, から内部, から出, から出入, から半身, から古風, から向家, から夕日, から大洋, から嬰児, から子供, から室内, から射す, から少女, から巨大, から忍び出し, から思いがけぬ, から指し, から教え, から森, から法曹ビル, から洩れ, から灯, から現われ出た, から睨返, から石臼, から私, から艇内, から血, から見, から見えなくなろう, から見上げる, から見知らぬ, から見送っ, から覗いた, から覗き出した, から逃げ出した, から通っ, から遠い, から遠望, から長手, から開きかけ, から離れた, から顔, から飛びこん, から飛び降りた, から食物, があく, があまりに, がこちら, がこの, がすこし, がすっかり, がどうして, がひとりでに, がまぶしい, が一つ, が不思議, が大, が未だ, が海, が細長い, が閉まる, が閉め切っ, が開かれ, が鳴れ, したを, その屋根, だ, だけ明るく, だ曲者, でその, ではありません, で見た, という窓, とがかく, と壁, と窓, と箪笥, と箱, なるもの, に, にある, にお, にずらりと, にたまった, にとびつき, にはあたり, にはいつ, にはがん, にはなに, にはカーテン, には下, には人, には太, には小幡氏, には稗蒔, には電気, には非常, にもたらされ, によりかかってる, にわが, に並んだ, に人影, に凭れ, に向, に向っ, に垂幕, に富士, に対, に居る, に嵌め, に慌だしげ, に時々, に歩み寄る, に灯, に盲, に石, に置かれた, に腰, に蝶, に見えなかった, に輝く, に遮光幕, に附い, に面した, に飛びつい, のあたり, のかさ張つた, のがら, のすき, のまんなか, のみが四角, のみを通してその, のよこの, のカーテン, のガラス戸, のボールト, の傍, の内, の内側, の四枚, の大き, の彼方, の景色, の枠, の横, の横の, の欄干, の無い, の白い, の硝子板, の磨硝子, の紙, の縁, の羊歯, の蚊帳, の見える, の鉄棒, の開かれた, の開閉, の隅, の際, の雨戸, は, はあい, はいつのまにか, はお, はこの, はその, はどの, はもう, はもともと, はクリスマス, はジュフレノアイ街, は三十センチ四ほう, は五階建て, は僕, は内, は到底, は地上数千米, は地面, は塞がれ, は大分, は広く, は恰も, は背, は薄暗く, は閉まっ, は閉まり, は開け放たれた, は高, ばかりがはじめ, ぶちへ, へかけつけました, へピント, へ小石, へ探, へ昇っ, へ松, へ近, へ駈けつけた, もしめきった, も寢室, も屋根, も念入, も鉄棒, も閉, も閉め, も顔, より歓迎, らしいもの, をあけ, をあけ放させました, をお, をそつ, をたたい, をたたきたかった, をとおし, をとほし, をのぞき込ん, をひらき, をゆびさしました, をよぎる, を一つ一つ, を仰い, を仰ぎ, を何時, を全部, を内, を前, を取毀し, を指し, を掠め, を明け, を明けよう, を狙っ, を眺め暮らし, を突き開け, を締め, を覆ふ, を見つめ, を見ました, を見入った, を見向いた, を調べ, を通してし, を通してしつ, を通じてこの, を閉めた, を閉切, を開い, を開けました, を開ける, を離れた

▼ その~ (489, 0.1%)

47 にし 13 になっ 7 になつて 6 の姿 5 に看過 4 になつ, に保存, 帰って 3 である, で宜, となっ, に, に事實, に残っ, の形, 起きて

2 [29件] あへ, しびれて, その儘, だったと, で, であるので, でい, とどめ黒, なの, になる, に受け入れ, に地, に手, に溢れ出, に眞, に経過, に聞き流し, に襲踏, の木材, 下りて, 出て, 別れて, 少し歩い, 引抜かれて, 放って, 書いた方, 立ち去ること, 見えなくな, 通りすぎようかとも

1 [317件] あがれと, あった気, あつて, ある, いたるところ, お休み, お倒れ, お受け, お経, かの女, が, が神, きき入れられよう道理, くるりと, ぐずぐずし, こうあらわした, この病院, ごろりと横, さながらに, しかと抱き, したので, しばらくそこ, しばらく三人, じっとし, じっと枕下, じっと身, じつと, すぐに, すた, すたすた歩き出す, ずるずると, そっくり書きしるし, その事件, その人, その廊下, その楡, その草原, そんな臥所, た, ためらって, だ, だから, ださ, だったが, だったの, だまつ, つづいて, つと部屋, であった, であったから, であつ, であり, であり母, であるといふ, であろう, でいい, でいたい, でいました, でいる, でお, です, ですが, です事, でそのまま, でないもっと, でのこっ, ではなく, では一向, では不安, では世間, では何, では到底, では可, では手の, では抛っ, では措けぬ, では置かれない, では過ごす, でまるきり, でよい, で下げた, で円顱, で嫣然, で存在, で完成, で差支えない, で帰る, で手紙, で救濟, で晶子さん, で沢山, で磁石, で私, で終る, で續, で置かれれ, で苦しゅう, で茶, で行っ, で行つて, で言, で話しあっ, で身体, で通す, で面, とどまって, となつ, な, ならずや, なり而, なわが, な医者, にあらはれ, にいたし, にくつきり, にされ, にしときませう, にする, にせられ, になつた金, になり, には信憑, には受領, には差し, に一応, に之, に云いあらわし得た, に今日, に保存繼承, に信じ得た, に信憑出來, に信用, に傳統, に入, に入れた, に再現, に写し出る, に受けいれ, に受け入れなかった, に口, に可, に垂下, に声, に大地, に存在, に存置, に実行, に實行, に居れ, に形, に感じた, に戰國期, に打, に抄録, に投, に持續, に捨て置い, に採用, に支拂はず, に放っ, に放免, に文字, に日本國, に模写, に残され, に残そう, に残つて, に済む, に濟, に用, に直に, に相, に眼, に秋, に終るであらう, に綺麗, に縮小, に繼承, に續行, に置い, に置く, に處刑, に見過す, に言葉, に過ぎ, に過ぎ去りました, に過ごし, に過す, に阿部次郎, に頭, のす, のところ, のもの, の且つ, の劈裂面, の唇, の女, の姿勢, の家, の容貌, の座敷牢縁, の延長, の感じ, の昔, の暇乞, の状況, の笑顔, の處, の軍隊, の運動, の遣り, ばたりと斃, べったりと, べとべとと, ほって, ほんとに眠つて了, また俯伏, また借り, まっすぐに, もつと, を描かう, を用, を示し, を筆録, を聞く, ズルズルと, パタパタと, 下げて, 乾かして, 云った方, 付ける者, 伝えたほう, 伝へたピラミツド型, 伝へて, 但し今, 使うこと, 使う所, 倒れると, 再び大地, 出かけたら何, 切れて, 別れたが, 別れたに, 動かず地上, 又はテンポ, 受け取られるよう, 受け容れるので, 受け容れる事, 受け継いで, 唱えられた, 坐り込んで, 守らずに, 寝込んで, 居て, 帰れて, 引っ返して, 思ひ出して, 悠々と, 慌てて, 手当り次第に, 投げ出して, 持ち帰って, 持ち帰らねば, 持って, 持つて, 振り続けて, 提げて, 握りつぶしに, 早く帰し, 明るい塲所, 書くこと, 止まる筈, 歩いて, 歩き続けた, 歩み去って, 永く殘, 決してアメリカ, 泊り込みに, 泣き崩れたが, 消えて, 消え去るかと, 漫然と叙述, 現れたので, 生きて, 生やして, 白い歯, 白くなっ, 着せて, 立ち去らうと, 立ち去らうとは, 竦んで, 結びつけて, 結んで, 置いて, 聞き流して, 葬り去られようと, 薄暗い拘留所, 見えなくなつ, 見る事, 諦めて, 貸して, 載せて, 載せるべきであるとの, 逃げ出さうとして, 連れ出されて, 遠い山奥, 遠い山奧, 長く我々, 集めて, 飛び出した, 飛んで, 駈け出して, 駈け去った, 黒い雲, 黙々と立っ, 黙って, 黙りこくつて了つた

▼ その反対~ (485, 0.1%)

14 の場合 13 である 11 の側 10 だ, の方 9 のもの 8 のこと 7 だと, なの, なもの 6 に自分 4 がわ, です, に, もまた 3 だった, の意味, の方向

2 [23件] だったの, であった, で私, なん, な立場, にどんな, になっ, になる, には不当, に一種, に今, に此, に私, に興奮的, のよう, の事, の傾向, の悪い, の方角, の日記, の結果, も真, を主張

1 [312件] かを囁く, が一番, が事実, が云ひたい, が善, が大衆文芸, が真, が真理, が科学主義工業, が結果, こそ真実, この冷, さ, すなわち一人, だから, だが, だったり, だった場合, だという, だとさえ, だとも, だね, だのう, であったが, であって, であつ, であります, であるが, であるけれども, であること, であるとかといふ, であるとも, であるの, であるタキノ家, である処, であろうが, でいたる, でお, できっと, でけだし, でさあ, でさえもある, ですな, ですよ, でその, でなにか, でウバ彼岸, でチャラピタ, で一, で上流, で上田, で人, で仕事, で伝六, で体, で冴え, で喜び, で実は, で家庭, で徹頭徹尾, で気むずかしく, で現に, で甚だしい, で直ぐ, で街道筋, で越中, で野暮, で非常, で鳥, となる, ともとれる, とも云, とも申されましょう, と裏切り, と言っ, なうわさ, なくらい, なので, なのに, ならば, なる高踏詩派, な実質, な寂し, な現実, な継母, な考え, な過去, にあすこ, にあなた, にお, におぎょう, にお古レインコート, にかえって, にかの女のち, にこの, にしつかりと握つた, にする, にすれ, にすん, にせっかく, にそういう, にその, にだんだん, にどうせ, にどこ, になつて, には意外, にひよつこり, にめちゃくちゃ, にもし, にも上程, にも解される, にガアゼ, にドラフツ, にベッド, に一, に一日一日, に一番細面, に一見いかにも, に万一, に三年, に世界史, に乃木大将, に事件, に人手, に人望, に人物奮闘, に以前, に似, に作家, に先方, に入る, に全く, に六号, に出で, に出来上っ, に動機, に去来, に受け取られた, に右, に右折, に吸気, に商業展, に墨さ, に外界, に夜, に大人, に大変陰鬱, に女, に婦人団体, に学校, に実は, に寧ろ, に小熊秀雄, に小説, に少し, に屋内, に岩手山, に市之丞, に平民, に幽霊, に幾日, に庶人, に影法師, に役に立たない, に彼, に彼ら, に彼女, に後妻, に従順, に心持, に思っ, に悪, に悪く, に惜しげ, に戯曲, に支配者, に教会, に文夫, に昂, に明るく, に時に, に最も, に柳利三郎, に根本, に極めて, に権力感, に次々, に正直, に死, に気, に水銀, に決して, に煖炉, に物事, に生前栄華, に生活, に用語, に男, に疎隔敬遠, に目, に相手, に社会, に科学, に素直, に考えず, に自責, に芸術家, に茶, に茶わん, に茶事, に蓄積, に蜘蛛, に行為, に被害者宅, に角, に言葉, に逼真, に都, に開店, に飲む, のお, のげんじつ, のしょげた, のため, のはずれ, のわがまま, のプレーシュール街, の両国河岸, の中, の交通, の人, の人物, の仕方, の作用, の例, の側面, の働, の光景, の効果, の勇猛, の動き, の壁, の寛ろぎや, の山裾, の左, の性格, の性質, の意見, の慾望, の所作, の敏捷, の明るい, の最も, の条理, の東南方, の根本, の横, の機能, の消極的, の狡智, の生, の生活, の町角, の白い, の真実, の秀, の秤, の端, の結論, の背後遙, の背景, の自己, の街路, の西南, の見方, の角隅, の証拠, の話, の説, の軸, の運動, の道, の選択法, の間, の陰陽不和, の離れた, はどうも, へと歩きつづけ, へ傾きかけ, もあり得る, も当然, も現れ, をいった, をしよう, をする, をどれ, をなんと, を信じ, を信じよう, を信ずる, を共産党, を否定, を幾らか, を強, を押しとおす, を示し, を行く, を見る, を証明, を語っ, を選ぶべきである

▼ その小さな~ (485, 0.1%)

5 本を 4 きれいな, みちが, 列車の, 川に, 手を, 豆いろ 3 子供の, 村の, 顔を

2 [38件] ホテルは, 下唇, 両手を, 入江の, 坂を, 声に, 妹とを, 子が, 子は, 客間の, 室は, 家の, 家は, 島に, 弟と, 弟を, 林は, 柱頭に, 栓を, 椅子は, 町や, 画面は, 眼で, 眼と, 眼の, 窓からは, 箱を, 花の, 表面に, 道標の, 部屋が, 部屋に, 音は, 顏を, 體の, 魂の, 魚は, 黄色な

1 [371件] あかるいあな, あなの, あらしの, いい声, うちの, おばさんが, お化けが, お嬢さんを, お家は, お寺の, かなぶんは, からだを, きたない手帳, きっちり合った, くぐり戸, こわれかけた家, しなびた男, しなびた顔, そろばん, ねずみ色を, のどの, のを, ひやりとする, ふくれつ面を, ふちの, ふとん, へやの, ほこりをば, ぼろ船でさえ, また可, まるい両, まるい腕, ものが, ものさびた, ものを, やさしい鳩, やつは, カタツムリの, カマクビを, カラーを, サラリーマン住宅の, ダラコには, ドイツの, ドーアを, バーの, レンズには, 一つの, 一つを, 一つ一つが, 一事件にも, 一例は, 一囲いの, 一片一片には, 三郎さんの, 世の中には, 世帯は, 世界から, 世界の, 丘の, 両方の, 丸いもの, 丸い目, 事件は, 事件も, 五体が, 五百トンぐらいの, 人は, 人影は, 仏像を, 仏壇の, 仕事を, 仲間達とは, 伝馬は, 低い鱗葺, 体に, 光りを, 光る石, 児は, 共同墓地と共に, 円い天蓋, 円形の, 冒険は, 冬の, 凄い目, 力を, 努力が, 包みは, 印形が, 友だちに, 双腕, 口が, 哀れな, 唇の, 唇はど, 唇を, 商会内で, 固く握った, 国の, 圖書室の, 地方的の, 坐り姿を, 垂髪を, 塞いだ室, 墓が, 声には, 大理石の, 天使の, 天幕天幕の, 太鼓で, 女の, 女の子たちが, 女の子は, 女の子も, 女の子を, 女中が, 奴を, 姿を, 娘は, 孃さんの, 子がね, 子とに, 子供は, 子供を, 子供を通じて, 子供一人きりだ, 子供心にも, 孔を, 字の, 存在を, 孤独者を, 実生の, 室を, 家から, 家には, 家を, 家屋全体に, 家庭は, 宿屋へ, 専制者の, 小さなかけら, 小屋の, 山女魚奴ちゃんと, 山椒の, 岡見公園が, 島には, 川の, 川を, 巫女を, 幻の, 店さきに, 店で, 店は, 庭の, 弟から, 弟は, 弟も, 影の, 影は, 従妹にたいするくらいの, 心の, 心は, 心臓が, 念願を, 恰好の, 愛情の, 愛着と, 戦慄は, 所有地で, 手で, 手は, 手鏡に, 拳に, 掛花活を, 握拳, 損害を, 教会へ, 新居で, 方から, 旅行中路易は, 昆蟲の, 時分の, 暗い寝所, 書物には, 木から, 木ぎれでいっぱいになった, 木の根に, 木造の, 机から, 村について, 村を, 柔らかな, 柱を, 棺の, 椅子や, 楽園の, 模型に, 模型を, 樽の, 檢温器を, 毛布は, 水兵の, 汚い湿気, 汚れた卵, 江戸ッ子の, 汽車の, 沈錘を, 波が, 流れであります, 流れは, 流れを, 浮浪少年の, 深みの, 淵の, 港町の, 湾や, 満足によって, 濡った, 火が, 点を, 焔を, 焼跡は, 煙突を, 煙草屋の, 熱中した, 爪先に, 牧場の, 牧場や, 物は, 物音に, 犠牲を, 犬が, 狭い胸, 玉串の, 珈琲店は, 球は, 生命を, 甲李を, 男が, 男の子たちが, 町に, 町には, 町にも, 町の, 畫集は, 疑惑が, 白い花冠, 白い蝶, 皮肉も, 皺を, 目で, 目には, 目は, 目を, 看板にだけ, 眠りを, 眼に, 瞳を, 石が, 石塔が, 破壊者をわ, 硝子戸が, 硫黄の, 礼拝堂が, 祠の, 私立大学の, 稲妻の, 穴から, 穴に, 穴には, 空を, 空間に, 空間には, 窓から, 窓が, 窓口から, 笛は, 範囲内で, 紙片を, 紫いろの, 紫の, 細い眼, 経験でない, 綻びは, 繪も, 美しい港, 群を, 羽を, 羽根に, 翼を, 老人の, 耳を, 肺は, 胃袋は, 胸で, 胸に, 胸の, 胸は, 腹が, 臺を, 舌を, 花に, 花は, 花を, 花房の, 茂みが, 茂みそのものから, 茂みの, 茂みは, 草履を, 莟を, 葉だけで, 蒼ざめた顏を, 蕊が, 虫は, 蛙の, 行列の, 行動の, 袋戸棚を, 謙遜な, 赤い口, 足が, 足の, 足も, 路を, 路地の, 路次から, 身体と, 身体の, 身体を, 身體を, 車には, 軍艦は, 軒に, 輝いた目, 輝きが, 道綱の, 遺骨を, 部分にも, 部屋で, 部屋では, 部屋の, 部屋は, 鋭く光った, 門の, 門を, 陰鬱な, 陽を, 雑木の, 雛の, 非凡な, 鞄に, 音の, 領土を, 頭の, 頭は, 頭を, 顏いつ, 飾窓の, 馬の, 馬鹿げた目, 駅に, 骨は, 骨を, 體を, 魚を, 鳥居の, 黒い影, 黒い穴, 黒い粒子, 黒んぼうが, 鼻の

▼ その~ (473, 0.1%)

26 の前 13 を出た 8 の主人 6 の名 5 の中, の奥 4 の古着, へ入っ, をはなれました, を出 3 の名前, の方, の番頭, へはいっ, を出る

2 [30件] から出, では真珠, で売っ, で買物, にはいっ, には少年軍, に並ん, に入り, に十七歳, に特有, のお客, のなか, の信用, の者, の間, は入口, は繁昌, へいっ, へよく, へ案内, へ行く, へ行っ, へ連れ, へ酒, またはその, もこん, をのぞい, を眺める, を訪れた, を飛び出し

1 [319件] からは主家, からは斜かい, から出かけた, から出す, から出た, から出ました, から動くまい, から地方, から姿, から板, から湊, から磨硝子, から行方, から買う, から送り届け, から雨, がいくら, がちょうど, がまえ, が会場, が学校, が実は, が小松島, が戦災, が潰れた, が繁昌, が菓子屋, だけは灯, でしか賣つ, でずつと働い, では, ではおよそ, ではガラス, では煙草やちよ, では私, でひそか, でも大切, でも後で, でパン, で一日, で一部, で事務, で仕事, で僕, で八百法, で出した, で出逢った, で勤めあげた, で商品, で失敗, で彼, で煙草, で知り, で私, で見かけた, で買わなくなるだろう, で飲む, で飲食, で鳴らし, というの, といかにもぴったり, とだけ長期契約, との境, と古着屋, と家号, と彼, などは目, なら彼女, なりによい, にあつ, にあやしい, にし, にすっかり, にそんな, にて製する, にどうして, にながく, になっ, にはいつ, にはなお, にはガラス, にはガラス戸, には何一つ, には前日, には必ず, には気がつい, には珍, には珍しい, には銭箱, にまいりました, にもつい, にマチス, に一つ, に下っ, に二, に二台, に休, に住み込んだ, に何, に入っ, に入った, に入る, に勤め, に取っ, に坐つ, に寄つて行, に居る, に属する, に払う, に折々, に沢山, に注意, に現れ, に立ち, に立ち寄らず, に立寄る, に縁故, に職人, に薬屋, に行った, に身, に近づい, に近づく, に連れ, に顔, の, のある, のお, のおかみ, のおやじ, のかな物の, のすぐ, のすみ, のそういう, のため, のちょうし一本十三銭, のところ, のひと, のま, のまえ, のまわり, のもの, のよう, のガラクタ, のガラス戸, のギリシャ人, のクラーク, のテーブル, のマダム, の一つ, の一方, の一隅, の上客, の主人公, の事情, の人, の休憩椅子, の個性, の入り口, の入口, の出張所, の副, の十, の半分, の商品, の商業ぶり, の囮商略, の大きい, の奧, の女, の女中, の女中頭, の婆さん, の子飼い, の存在, の安売り, の小僧, の小僧奉公, の少女, の居周り, の屋根, の常連たち, の広, の店員, の張り方, の所在, の持前持味, の数, の整理, の暖簾, の染め, の格相応, の構え, の横, の焼, の片すみ, の牛乳, の特長, の玉子煎餅, の番地, の看板, の窓, の経営者, の繁昌, の老, の裏口, の角, の辺, の雀斑, の電灯, の養女, はあの, はあまり, はきれい, はこのごろ詩集, はなにか, はなんと, はますます, はまだ, はもう, は丁度, は三百円, は中学, は五桐火鉢, は何, は何だか, は卸し, は問屋街, は堅い, は子供, は学校, は小さい, は小汚, は店員, は必ず, は提灯屋, は渡し場, は溝, は生き, は町, は私, は罹災, は義雄, は自分, は見事, は警視庁管下, は重畳, へいった, へときどき, へはいり, へはいる, へはひる, へは藤吉, へ上った, へ二人, へ偶然ゆき, へ入った, へ入りました, へ入り込ん, へ入る, へ午飯, へ吸い込まれた, へ坐り込ん, へ売り, へ客, へ寄った, へ数日前, へ気ちがい, へ行, へ行かない, へ行き, へ行きつけ, へ行った, へ行つて時, へ責任, へ辿りつく, へ這入っ, へ通勤, へ隣町, へ雇われ, へ面, へ鳥渡薬, までつれ, までは歩い, まで屆, まで行っ, もたたみ, もなくなっ, もまた, も七, も人, も入口, も出た, も町, やル・モンド, をさがし, をしらべ, をちらりと, をつきとめた, をでた, をも鎖す, を出し, を出よう, を大正時代, を州, を廃め, を引受け, を張る, を捜した, を探した, を見, を見つける, を訪ねる, を赤木, を逐われた, を閉め, を預った, を顛覆, 仕きり

▼ その美しい~ (473, 0.1%)

12 顔を 8 眼を 7 姿を 6 顔に, 顔は 5 ことは, 目を, 顏を 4 唇は, 眼に, 顔の 3 お姿, 唇を, 夫人の, 女の, 娘の, 眉に, 眉は, 眉を

2 [38件] こと, のに, のを, ものに, ものの, バラを, 二つの, 人は, 光に, 唇から, 声の, 声は, 声を, 女を, 妻は, 姿に, 姿は, 娘という, 容貌に, 少女を, 布地の, 形を, 微笑を, 果実の, 波の, 流の, 眉宇は, 眸を, 笑顔の, 肉体の, 色に, 色や, 花の, 花を, 語を, 面は, 頬に, 髪を

1 [307件] あなた様に, いや先の, お八重, お前が, お后, お嫁さん, お嬢さんが, お客が, お艶, くちびるに, ことって, ことと, ことどこの, ことを, こと可愛い, こと女の, といふ現象的, と言う, のに恍惚, みなり, みめかたち, もがき, ものは, ものを, ナポリへ, フォームを, ミハエルの, リボンを, レビュー, 世界を, 乙女の, 乳を, 乳房を, 事, 二の腕が, 人が, 人という, 人を, 人工花園の, 人格を, 令室が, 似合いの, 傲慢な, 光景は, 円味匂いこぼれる, 函は, 初期の, 力を, 動きとを, 口は, 名の, 向上の, 呉子夫人を, 咽喉を, 品物の, 噂の, 器量を, 四つ手網に, 坊主枕を, 声が, 声と, 声に, 声音に, 声音は, 夜を, 夜具に, 夜具の, 夢の, 夢を, 大通りと, 天女が, 夫人が, 夫人それから, 女と, 女に, 女は, 女主人, 女優から, 女太夫, 女性の, 女房の, 女振りを, 女神の, 妖女を, 妻の, 妻を, 姉様たちを, 姪とは, 姫様は, 姿と, 姿容が, 姿態を, 威厳の, 娘なし, 娘については, 娘は, 娘も, 娘を, 孫嫁の, 容貌きゃしゃな, 容貌きやしや, 容貌その, 容貌を, 寝台の, 寝顔の, 寢顏の, 小函, 小間使いというは, 少女の, 少年が, 少年に, 少年にたいして, 少年の, 少年を, 尖塔を, 尼さんが, 山吹が, 市街は, 幻影が, 幻影を, 形の, 形は, 形や, 影を, 彼の, 後姿から, 後家と, 心が, 心に, 性質は, 意氣な, 愛人を, 感情を, 慣例を, 憧憬の, 我々の, 手から, 手や, 才気走った, 指を, 捲毛, 文字の, 文章に, 旋律の, 旗を, 日光の, 日本アルプスなる, 日本語は, 明るみの, 星座を, 星空を, 朗かな, 朝陽の, 木蔭が, 未亡人が, 本質が, 果実を, 枯淡を, 柔らかな, 柿の, 桃花村一帯の, 楼舎に, 模様の, 樫の, 樹木に, 歌を, 歴史を, 死に, 死体を, 死姿まで, 母子風景が, 母親の, 毛が, 気品の, 河の, 洞穴の, 海面を, 消息と, 淡紅色の, 澄みきった女, 焔の, 爪で, 特有の, 王の, 王女殿下を, 珠を, 瓦屋根です, 生涯の, 男の, 白猫を, 目が, 目で, 直線の, 相模おんなを, 眉と, 眉の, 眉も, 眉目の, 看護婦との, 真心を, 真白な, 眼が, 眼と, 眼の, 眼は, 眼前の, 眼麗は, 秩序を, 秩序正しい, 空に, 空の, 空論が, 笑顔色彩に, 笛の, 第二夫人, 糸口は, 糸杉の, 素木造りの, 細君ひとりに, 結晶や, 絵に, 絵巻物の, 網を, 線が, 繊手で, 織物の, 翅と, 者に, 聲音を, 肉身の, 肌に, 肌を, 脚を, 腰元が, 自然が, 舞台顔が, 船の, 色と, 色艶で, 花畑に, 苔庭に, 葉の, 蕨手の, 薔薇色の, 行為は, 衣の, 衣を, 表情をも, 衰えた淋しい, 褐色の, 角を, 訪客に, 訪客にとっては, 訪客を, 調和の, 調和力と, 象牙の, 貌その, 貌だち, 贈物とは, 身体の, 身体は, 遠音に, 邪念は, 部屋の, 都の, 都人の, 野薔薇の, 金の, 金属性の, 金色を, 鐘の, 長身を, 雨と, 霧か, 青年から, 青年が, 青年は, 青年を, 面に, 面には, 面を, 音に, 音ベスは, 音樂が, 音色に, 頤に, 頬の, 額を, 顏立その, 顔から, 顔が, 顔だけが, 顔で, 顔には, 顔へ, 顫音一筋に, 風景も, 首筋を, 髭を, 魂に, 魔ものを, 鳰鳥には, 鳴き声で, 黄葉の, 黄金の, 鼻っ柱の

▼ その方面~ (468, 0.1%)

26 のこと 12 の研究 10 の知識 7 の専門家 6 の話 4 の書物 3 に興味, に関係, の事, の人, の智識

2 [25件] からは何, ではかなり, では有名, では立派, にある, にこれ, には興味, に眼, に私, の人々, の仕事, の大臣, の天才, の学問, の学者たち, の學問, の御, の方々, の本, の消息, の理解, の著書, の論文, の需要, へ子供

1 [338件] からきた, からで, からなんらかの, からの有力, からの軍勢, からの送還, からも長年心, から事件, から借りた, から各種, から執行, から帰っ, から怒る, から探る, から暗んじ, から暫らく, から来た, から検討, から楠木正成, から現, から磯五, から続々, から考察, から若干, から落ちのびた, から観まし, から観る, から難なく, から飛ん, がどう, が溶けかかっ, が特にしっかり, だけは胆, で, でいえ, でお, でだんだん, での失望, での第, ではいっそう, では人, では今, では余り, では凄い, では勝れた, では取り留めた, では可, では大家, では常習犯, では彼, では成功, では技術, では正直, では病的, では絶望, では腕利, では至って, では融通, でも広く, でも高山右近, で一人前, で一週間以来, で主, で働い, で働いた, で呪い, で天才, で失脚, で将来, で尽くし, で幾多, で恐らく, で成功, で戦い, で最も, で毎晩, で求める, で活躍, で疑, で発達, で相当, で知合い, で私, で立派, で自得, で若干, で起った, とはまつたく, とはまるで, にあり, においての宗祇, において軽から, にかけての第一人者, にかけては先ず, にかけては十分, にかなり, にすゝむといふ場合, にその, についての努力, にどう, には, にはおかしい, にはさっそく, にはまるで, には何ん, には口, には専ら, には弱い, には新しい, には沢子, には特に, には風馬牛, にばかり使った, にばかり集中, にむかっ, にもつ, にもふっつり, にも伸びた, にも心, にも手配, にも日頃, にも私, にも間接的, にパッ, に二三, に交際, に休息, に何, に傾いた, に傾く, に働い, に優れた, に先, に全力集中, に力, に努力, に動機, に名, に向, に向い, に向っ, に吸い取られ, に回った, に多分, に大, に対する自己, に得た, に心, に手, に撰んだ, に敏腕, に於, に於ける, に是, に暗い, に根本的改革, に横わる困難, に求められる, に浄財, に熱心, に特別, に特別顔, に牽きつけ, に猛進, に移っ, に経験, に総動員, に聞こえた, に肥えた, に著しい, に著しく, に見える, に触れ, に詳しい, に誘き寄せる, に赤い, に超然, に通じてる, に通ずる, に造詣, に進む, に関心, に飛ん, に馴染み, のいっさい, のいろんな, のお, のおかげ, のお話, のたたかい, のひろい, のもの, の事情, の事態, の事業, の人たち, の代表的事業, の伝手, の係, の係り, の係長, の先生, の出版物, の功, の勉強, の卓抜, の卸商たち, の参考書, の友人, の受驗, の叙述, の古い, の名作, の商人, の啓示, の営業者, の図入り, の図書館, の地理人情, の城壁, の塾, の大家, の天分, の失敗, の女たち, の婦人, の学校, の学者, の学者達, の學者, の守備, の実例, の客, の専門家連中, の専門書, の専門知識, の専門科学, の少く, の山, の山林地帯, の師匠, の弊害, の心得, の心持, の情勢, の戰, の手, の才能, の才覚, の技, の捜索, の掛念, の攻撃, の教科書, の敵, の文学, の文献, の有力者, の村, の権威者, の欲望, の歴史的, の活躍, の準備, の生活, の知り合い, の研究者, の研究者たち, の社會觀, の神経, の科学的事実, の科学的進歩, の科学者たち, の策略, の粹, の綿密, の繁昌, の自由, の良き, の色いろ, の著述, の証明, の話柄, の調査, の趣味, の輝, の近隣種族, の造詣, の鎮魂歌, の間違, の防ぎ, の階下, の電車, の領域, はさっぱり, は今日, は寝返り, は御, は支那人, へいっ, へすぐ, へぞくぞく, への周旋, へはあまり, へはやはり, へは窓, へは運動, へ全力, へ出かけ, へ分散, へ加勢, へ努力, へ急行, へ掘り下げ, へ探し, へ注意, へ深く, へ行っ, へ行つた時わざ, へ足, へ運動, へ馳せ向う, も拡大, よりあらわれます, より迷信, をお, をもっともっと, を取調中, を守らせた, を念頭, を斡旋, を物色, を異に, を眺め, を聞い, を詳しく, を調べた, 調べて

▼ その~ (464, 0.1%)

28 である 11 がない, を見る 10 に洩れない 9 がある, に乏しく, に洩れず 8 にもれず 7 あり, の一つ 6 が多い, を見ず, 多し 5 だ, であるが, にもれない 4 に乏しから, に洩れなかった, に漏れない, は, はなはだ多し, を擧げ, を見ない, 少なからず 3 が無い, が見当らない, であって, であります, に倣う, に漏れなかった, を挙げ, 多し築地

2 [19件] が多々, でこれ, です, にもれなかった, に傚, に洩るる, に漏れぬ, のひとつ, の多い, はいくら, は多く, は数多く, は枚挙, を引い, を求むれ, を求める, を発見, を示し, を聞かない

1 [228件] あったもの, ありだ, ありとこそ, あり伊太利説話, あり南亜弗利加, あり埃及説話, あり太古民族, あり露西亜, あり露西亜説話, あるを, かも知れない, から洩れ, が, があっ, がここ, がとぼしく, がどんなに, がなかっ, がなく, がはなはだ, が一番読者, が全国各地, が多く, が少い, が少く, が少ない, が残っ, が特に, が甚, が適用, ことに多い, さ, じゃない, だから, だけはわかる, だろう, で, であった, であと, であらう, でありそこ, であり少し, であり山路, でこの, でしたが, ですが, でその他, でないこと, で初め, で原則, で子供, で挨拶, で普通, で畿内, としてはウェルフリン, としては割れ目, としてアメリカ, としてダンテ, としてラカッサニュ, として僕, として前者, として彼, として最, として樵, として漱石, として生産力, として私, として結婚, として飛騨国, となる, ともいえる, なかりし太政大臣, なきに, なき新, なく何とも, なし, なしと, なり, にすぎない, について考え, にとって見, になる, には女子教育家, にぶっつかっ, にもする, によった, によって問われざる, によって型通り, によつて, にトルストイ, に倣い, に倣った, に倣つて, に引かれる, に引きました, に従い産婦, に従った, に洩ない, に洩れ, に洩れなかつた, に洩れまい, に洩れる, に漏れ, に漏れざりき, に漏れず, に漏れずである, に漏れずや, に漏れなかつた, に漏れなく, に漏れません, に漏れる, に由る, に算, に習, の, のごとく, のゆゆしき, のよい, のモダン, の不感症, の中, の二三, の名筆, の小説, の手段, の眼, の豊公, の離れ家, の頭, はあります, はある, はいちいち, はすくなく, はたびたび, はどこ, はなはだ多き, はまことに, は上, は世間, は今度, は他, は先年発行, は博士, は古今東西, は国際間, は家庭, は小説, は幾ら, は度々, は日本, は映画, は晴雨, は有名, は極めて, は次編, は決して, は無数, は無限, は私, は美作, は術語的, は随所, もすくなく, もやはり, も諸方, をあげたい, をここ, をそれだけ, をただ, をとる, をやぶっ, をわたくし, を一つ, を並べ, を事欠かない, を京都, を他, を以て侍階級, を傳, を再び, を出し, を反覆, を取っ, を外国, を如実, を存ぜぬ, を少しく, を挙ぐる, を挙げたら, を挙げるなら, を挙げれ, を挙げん, を挙る, を擧ぐ, を擧げます, を数え上げたら, を本書, を求むる, を求め, を求めれ, を知らなかった, を破る, を示さぬ, を示さん, を示す, を聞かされた, を聞かず, を聞かぬ, を見かけぬ, を見せられ, を見た, を見たる, を見ぬ, を見るごとく, を見る如く, を見出し得ざる, を見出す, を言え, を詳しく, を説き終りました, を述べ, を除い, 即ちこの, 多かった, 多くある, 少からん, 少しと, 甚だ多い

▼ その生活~ (463, 0.1%)

8 の中 6 のため 5 の上, を維持 4 と文学 3 の必要, の過程

2 [29件] が健全, にはたった, に一つ, に同化, に於, に自分, のあり, のうち, の一片, の一部, の全部, の内部, の半分, の品位, の姿, の律動, の現実, の目標, の自由性, の道, の間, はその, は個人, や風俗, を二時間, を保つ, を反映, を少し, 全體

1 [371件] からはなれた, から家, から抜ける, から新しい, から決して, から磨滅, から立て直さなく, から脱, から自然, から迯, から逃れ, があまりに, がいかに, がそぞろ, がつづいた, がどうして, が世間, が二カ月, が作品, が君, が始まっ, が安易, が実在, が彼, が悪い, が悲しく, が極めて, が正しき, が歴史, が現代, が破れた, が空転, が開展, が雄大, こそ海, し方, すること, その信念, その教養, その財産, で示し, といい, というの, という言葉, といふもの, とがたぎっ, とがよく, とそれ, とには浄瑠璃, とは何, とやらいふ, とを知らしめる, とを知る, と事業, と作品, と利益, と創作, と劇場機能, と地方, と思想, と死, と社会的地位, と職業, と芸術, と風習, などにも更に, などに就い, に, における新しい, につけ, にはいらう, には多く, には始め, には山村, には張, には晴々, には歴史的発展, にふさわしい, にも懐疑, によって政党, によって証明, によつて政党, に一, に一層, に世俗, に元, に入, に入る, に取り入れ, に対してもつ, に対して或は, に対する判断批評, に対する掖導的作用, に対する漠然たる, に就, に就い, に干渉, に引入れられず, に必要, に愛情味, に於い, に有用, に湿い, に滿足, に現われる, に生き, に用途, に疲れた, に破綻, に社會的, に神秘, に耐えなく, に苦しん, に誇り, に轉移, に近似, に飛び込もう, のあまり, のいかに, のいらだたし, のうえ, のどんな, のなか, のはじまり, の一面性, の世話, の中心, の二つ, の二十日目, の仕方, の伸縮自在, の何処, の信条, の内容, の内的必然, の内面, の労苦, の卑俗, の厳粛さ, の唯一, の基準, の基調, の外面的形式, の大, の契機, の安全, の安定, の対照, の幅, の幾何, の形態, の必然, の必需, の急激, の惨め, の意義, の感化, の感銘, の手段, の放漫, の方, の日ごと, の最, の最も, の有様, の様式, の様相, の標識, の樣子, の歴史, の波濤, の活力, の液汁, の源泉, の物語, の物質的, の状態, の環, の発展, の直接生産過程, の相, の祕密, の福祉, の秘奥, の程度, の立て, の節度, の簡易, の細々, の絵模様, の総, の職業いかん, の良, の色, の色調, の落着き, の表現, の裡, の規則的, の詳細, の豊かさ, の豪華さ, の資料, の足し前, の進展, の重荷, の雰囲気, の音, の順序, の題目, の風習, はいかん, はいつか単調, はおよそ, はこの, はすこぶる, はせいぜい, はだから, はどう, はどこ, はなりたたない, ははなはだしく, はぷつりと中断, はほんとに, はむしろ, は乞食まがい, は二三千石, は人間性解放, は何處, は凄惨さ, は却って, は可, は変化, は大名暮し, は子女自身, は孤独, は容易, は小, は幸福, は彼, は所詮, は数年, は最近, は次第に, は決して, は清淨, は独自, は理想的要素, は盗まれる, は目立っ, は純一, は素朴, は経済的, は美的, は自分, は自由, は荘園, は軽薄, は頗る, は餘程一種特別, への感情, ほど気楽, また主題, までがいわゆる, も一年半, も亦, も人目, も保証, も小, も彼等, も茶人, も行き, も訣, や修業, や思想, や態度, や故郷, を, をあえて, をかい, をかなり, をきり, をこの, をさらに, をその, をそのまま, をたてる, をつくりあげ, をとおし, をどん底, をはた, をふきとばし, をまもる, をもくつがえす, をも一度, をやっ, を一年, を一応, を一般, を中心, を乱す, を伸張, を低下, を保てり, を保持, を保証, を保護, を凝視, を動かし, を包む, を叙, を向上, を呪, を味うの, を味つて, を営ん, を土台, を多少, を如何, を存続, を守り続け, を安, を従っ, を必要, を悲しん, を愉快, を懐かしく, を拜見, を掴んだ, を描い, を描く, を支配, を改良, を有, を楽しみ, を楽しむ, を楽しん, を歌, を求めた, を求めね, を深く, を物語っ, を理解, を生き, を生きかえした, を生活, を発展, を直接, を知っ, を知らね, を穢い, を空しい, を空虚, を立て, を続け, を繰返した, を膨張, を自分, を表現, を見, を覗い, を観察, を記述批判, を詩化, を豊富, を質素, を軽い, を釣り, を順応, を顧みれ, を高め

▼ そのわけ~ (459, 0.1%)

22 を話し 148 を知っ 7 を説明 6 がわからない, というの, を聞かせ 5 がわかった, がわかりました, は彼, を聞く 4 がわかる, はこう, はこの, はよく 3 はあと, は僕, をお, をたずねる, を云っ, を考え, を話した

2 [37件] か, がお, がわかっ, がわかりませんでした, が分つ, が分らない, が分らなかった, が私, だ, のわからない, はすぐ, はだれ, はもう, は主人筋, は今, は俺, は娘, は後, は火星, は私, は雲, は8, をあなた, をいえ, をいっ, をたずねました, をわたし, を問, を尋ねた, を打ち明け, を教え, を聞こう, を聴い, を言います, を言っ, を言つて, を話す

1 [259件] かい, かも知れません, から知つたの, がこれ, がやっと, がよう, がよく, がわかったらしく, がわかったらしく言い添えました, がわからなかった, がわからねえ, がわかりかけ, がわかりません, が分からない, が分った, が分明, が判っ, が判らねえ, が判明, が君, が知りたい, が知りたかつた, が聞きたい, が若松屋惣七, が解った, が解らなかった, が訊きてえ, が話したく, が読める, が追, さ, しってるか, だった, で, でありて, である, であるから, でございます, ですが, で御座います, といふの, とは, とはどんな, と申します, なのよ, についてカロチ教授, にはなかなか, の一つ, の分らない, の第, はあなた, はあれ, はいえません, はいずれだんだん, はいわれません, はお前, はかうだ, はかれ, はきみ, はここ, はこれから, はこんなにも, はさっぱり, はしま, はじつにどっさり, はすでに, はずっと, はそう, はそういう, はその, はそれ, はたいへん, はだんだん, はちょうど, はちょっと, はとにかく, はと問え, はど, はどんな, はなん, はねあすこ, はねリーズさん, ははつきり, はほか, はぼく, はまだ, はもうちゃんと, はもちろん, はもと, はやがて, はわからない, はわからなかった, はわかりませんでした, はわが, はキンギン国, はハルピン虎, はポコちゃん, は一つ, は三嶋, は丸木, は主として, は久助, は住宅難, は佐竹侯, は例, は兵曹長, は冷酷, は分らない, は分らなかった, は判っ, は前, は前述, は十月初旬, は千二, は古典人, は同じ, は塩, は大, は察し, は少しく, は工作機械, は帆村, は弟, は後で, は徳山, は怪人集団, は戦争, は手前, は手口, は政府, は新, は旗本, は既に, は杜先生, は次, は此処, は死んだ, は毎年, は渠, は物質, は申しあげられません, は知らなく, は秀次, は私たち, は簡単, は翌朝, は膠質学的, は自分, は船長, は菊亭家, は言うまい, は話した, は赤児, は近代的, は電波, は青梨, は頭上, は鳩, もお, もない, ももう, もわからず, も右同様, も悟つた, も日記, も間, を, をあと, をあの, をいいました, をいいませんでした, をいくら, をいま, をいまお話し, をおたがいに, をおっしゃった, をお尋ね, をお話, をお話し, をきい, をきかせ, をききます, をきく, をくわしく, をこれこれ, をご, をご存じ, をさ, をさとった, をさとる, をしゃべらなかった, をそっと, をたずね, をだれ, をちゃんと, をちよ, をひとつ想像, をまず, をよく, を一ばん, を一体, を一通り話, を久良, を云いふくめた, を云つて, を人々, を今ふたり, を充分, を先生, を初めて, を口取, を只今, を問う, を問うた, を察し, を尋ね, を尋ねられた, を尋ねる, を小父さん, を御, を手紙, を承ろう, を早く, を王さま, を申します, を申しませんでした, を申し上げ, を知, を知つて, を知りたい, を知りたがっ, を知りたく思わせる, を知る, を知ろう, を突き止めたく, を聞い, を聞かし, を聞きただし, を聞きます, を聞け, を聽, を自動車, を薄々, を言い, を言う, を言え, を言わない, を訊く, を訊ねた, を訊ねる, を詰問, を話さう, を話したら, を話しはじめました, を話します, を語っ, を述べよ, 聞かして, 聞かせて

▼ そのまた~ (458, 0.1%)

9 翌る 6 前の, 次の 5 奥の, 欠配つ, 翌日も, 隣の 4 次ぎの 3 前に, 向こうの, 奧に

2 [19件] おくの手, さきに, 中に, 先には, 先の, 召使は, 向うに, 向うには, 向うの, 師匠の, 底に, 底まで, 彼の, 後ろから, 昔の, 水に, 薬の, 隣も, 雌の

1 [366件] あくる日の, あくる日も, あしたに, あちらの, あとに, あとには, あなたが, いとこぐらゐには思はれ, うしろが, うしろでは, うしろには, うしろは, うへが, おかげで, おばあさんの, お友だち, お婆さん幾人の, お松という, お松といふ, お母さんも, お父さんから, お父さんが, お祖父さんという, お銀様, こっちの, しりに, すぐあと, ずっとずっと昔, ずっと彼方, ずっと後, そばには, たがへ, つぎの, となりの, なかの, ながらみ, なき機会, になった, はしごを, ふふん, ほろ酔の, むこうに, わずかばかりの, アイス, キヌ子の, チベット語に, チョビ安が, ロッペを, 一つは, 一つ一つの, 一方では, 一方に, 一枚の, 一軒置い, 一部を, 一部分と, 七八年前, 三分の一で, 三度の, 三鞭酒を, 上役に, 下手にも, 不安を, 並み木に, 中を, 中心な, 中心に, 中心の, 中間にも, 中間へ, 乾きが, 予選の, 事の, 二三メートルさきの, 二十数日の, 二十面相を, 二番は, 二階を, 五倍で, 五大力の, 人間觀にも, 他の, 代りに, 伴源之, 位牌を, 何かが, 何千億倍かの, 余技の, 余波が, 作り変えの, 作戦部の, 信者に, 候補者の, 傀儡に, 傷の, 兄さんは, 兄の, 先生でも, 先祖も, 先輩の, 共に感じ共, 内部には, 円い天窓, 円形は, 写真を, 分家の, 分配法が, 前には, 前まで, 劈頭の, 劍道釋義を, 北寄りの, 北方には, 北東には, 半面には, 卓子の, 又写し, 反動だろう, 反頤, 叔父に, 受売り屋の, 口に, 召使の, 叱られた子供, 右に, 向う角が, 向こうが, 味が, 商人の, 嗅覚の, 圓太に, 土壌の, 型の, 埃じみた, 塔の, 境橋より, 声帯模写である, 外れに, 太陽の, 奥, 奥に, 奥には, 女を, 女商人, 妹に, 姉さんの, 娘の, 婿さんの, 子が, 子の, 子供から, 子供も, 子孫は, 孫の, 宮の, 小えん自身, 小さい部屋, 小さな一部, 小噺, 小山には, 小犬は, 尽力という, 尽力といふ, 屋根の, 山々の, 山奥の, 左翼に, 師匠に, 帯の, 平面を, 幾分かが, 庇護者であり, 底だ, 弟の, 弟子入りという, 弥生が, 当然の, 影絵の, 彼方の, 後から, 後に, 後の, 後ろには, 後を, 御爺さん, 御返事を, 思ッて, 思想が, 恐らしい, 息子だって, 悪い文三, 悴が, 愛くるしさッ, 手下の, 手前の, 拡大した, 挙句に, 支店で, 支流に, 散歩する, 敷石の, 斃馬は, 文章が, 断崖の, 新らしい, 新聞記者も, 旦那も, 明くる日の, 明くる日も, 明日が, 明日は, 晩に, 景気を, 暇に, 有力な, 木戸から, 木槽たるや, 木樵り, 枕もとには, 枝に, 根本なる, 根本は, 棒示杭の, 棺の, 極北の, 横の, 欄干の, 欠片を, 欠配だの, 欠配に, 次ぎで, 次ぎには, 次に妙, 次に練習曲, 死な, 殺し方, 母は, 気味の, 法然と, 泳ぎ方が, 海辺には, 滑稽感も, 瀑の, 火かげも, 煙が, 父の, 父母は, 片っぽ, 特色は, 猫を, 獲物が, 玄関に, 玉手箱以上あけ, 珍事出来の, 理由の, 琵琶と, 瓦器を, 生命は, 生命を, 生垣の, 男雛が, 町家が, 町方の, 痣が, 百万倍の, 百分の一ミリくらいの, 皮肉を, 皿は, 真似の, 短袴時代, 社会の, 祇園の, 禁じ方, 稽古の, 穴の, 空に, 窓の, 第一, 第一位, 第一課, 答の, 細君は, 繭から, 美しい写真, 美味いったら, 美形連が, 翌々晩も, 翌十一日, 翌日お, 翌日おとよから, 翌日からは, 翌日の, 翌日は, 翌日ふと, 翌日むやみに, 翌日即ち, 翌日子の, 翌日尊者の, 翌日死んでしまつた, 習慣を, 老爺さん, 背ろ姿の, 背景の, 胴は, 腕力が, 自殺も, 舟脚の, 艶や, 莫迦が, 行水の, 裏に, 裏まで, 裏も, 見物に, 見物の, 親しい弟子, 親たちすなわち, 親という, 親分へと, 言い草が, 計画通りの, 話の, 説明が, 調子が, 買った人, 赤い緋, 起き上る前, 足もとには, 踊り方, 車に, 返事を, 返歌を, 返礼として, 逃げるの, 速力が, 道が, 適切な, 部屋の, 酒の, 酷暑の, 野ねずみの, 金歯の, 鉄格子の, 長い部屋, 闇黒の, 陰影の, 隣が, 隣にも, 隣は, 隣りに, 隣りの, 隣り村, 雑多な, 雪が, 雪白色は, 静さと, 鞍が, 頸が, 顔も, 飛び方, 養子が, 首っ玉を, 首の, 馬車に, 騒ぎが, 鬼の

▼ その~ (453, 0.1%)

23 の方 16 にある 11 に何 10 の奥 4 の暗い, の部屋 3 に, にもう, の家

2 [21件] がある, でさかん, にあった, には人影, には何, にひそむ, に十畳, に或, に潜ん, のほう, の壁, の室, の座敷, の或, の眼, の避暑地, の鼠小僧, はまっ, は一面, へ入っ, をすかし

1 [334件] からするどい, からのぞい, からひそか, からむっと, からチーズ, からムーッ, から何時もの, から出, から右半面, から堅, から声, から大, から姿, から射る, から沈丁花, から流れ出した, から生活, から真鍮, から眼, から舌たるい, から覗く, から話, から迫りくる, から鋭い, から闇, から黒髪, がいくら, がまだ, がわからない, がコンクリート, が今, が勝手, が夫婦, が小, が岩, が庵室, が果し, が楽屋, が深い深い, が知れない, が私, が稽古場, が見える, が赭, が開ける, であらい, である, でする, では哀願, で一人, で休止, で廻転, で普請, で炭火, で煙草盆, で眠っ, で私, で行きどまり, で見え隠れ, で見る, で輝い, なるアフリカ, にあ, にあっ, にあつ, にあの, にあり, にあるらしい, にいかなる, にえたい, におぼろげ, にきらきら, にし, にすべて, にその, にちがい, にちらつく, につけられ, につつましく, にともっ, にはさまざま, にはつぶら, にはまたもや, にはもう, には事務長, には何かしら神秘的, には何となく, には博士, には各種, には土鼠, には家, には小さい, には我, には控え, には浅間造, には漾虚碧堂蔵書, には煤, には玉江嬢, には白髪, には眼, には禅家, には私, には落着, には蒼々, には金庫扉, には鏡, には長屋, には電灯, には麻, にひそめ, にひと棟, にぺたんと, にまだ, にまだまだ, にまるで, にもっともっと, にもつい, にも現われ, にも部屋, にガラス張り, にグルリ, にコゼット, にテニス, にベッド, にモウ一つ, に一段, に一軒, に一間四方, に七間, に不安, に世尊, に丸太小舎, に二畳敷, に井戸, に人, に仂, に佇立, に位する, に低い, に住める, に住ん, に住居, に何物, に入, に入っ, に入る, に八畳, に共同, に円い, に冬眠, に化粧室, に十二三枚, に半ば骸骨, に反軍思想, に口髭, に同じく, に四畳半, に在った, に地, に埋め, に大, に大き, に大きく, に姿, に宏大, に宗太郎, に小さい, に居士, に帽子掛兼用, に座敷, に建てられた, に引込ん, に怖, に思いがけなき, に恐るべき, に恐ろしい, に数寄屋ふう, に暗い, に更に, に有る, に有名, に朱, に朽ちかかった, に枝, に桔梗ヶ原, に楽屋, に横, に横たわっ, に横仆, に池, に波, に洋式, に活躍, に消えた, に深い, に湖水, に潜伏, に濃い, に灌木, に無限, に燈火, に物, に甲信, に白堊, に真暗, に神秘, に秘密, に秘密部屋, に移っ, に稲荷, に第, に簡素, に粘膜, に粟稈, に細格子, に緑青, に置かれた, に聞こえ, に能楽独得, に至れ, に色彩, に蔵, に薄い, に薄暗く, に薔薇色, に蛟, に見え, に見える, に認める, に金銀, に階上, に響き, に食堂, に高座, に黒百合, のあぶなっかしい, のうす, のこと, のもっと, のガラクタ小舎, のガラス張り, のキューピー人形, のドアー, のパンパン街, のビル, の一, の一室, の一軒, の二階, の人影, の処, の十畳位, の古, の土間, の地下室, の垂幕, の墓地, の壁ぎわ, の壇上, の大きな, の客室, の小さい, の小暗い, の小歌, の屋台, の山腹, の崖, の川, の幕, の幽深, の思いの外贅, の暗がり, の書生部屋, の木, の朽ちた, の板, の根元, の森, の母屋, の沸き返る, の深, の深い, の渓, の産屋, の窓, の端, の竹, の腰掛, の襖, の門, の間, の隣室, の隣家, はがっちり, はすぐ, はひっそり, はやや, はカーテン, はマホガニー細工, は低き, は光, は前, は十畳, は土地, は埋め, は嬉しい, は山, は床, は断崖, は暗く, は畑, は空地, は鉛色, ふかく, ぶかく, へお, へ余韻, へ手, へ気楽, へ行く, へ足, へ通じる, へ通っ, まで行っ, らしいと, をつきとめた, をもう少し, を北, を台所, を探り, を考えるだろう, を若い, を覗き込もう, を透かし

▼ その白い~ (451, 0.1%)

9 顔を 8 手を 7 顔は 6 ものは, 岩の, 花を 5 手は, 柔らかな, 腕を, 花の 4 ものを, 岩に, 物を, 肌を, 道を, 頬と, 顔の 3 ものが, 影が, 影を, 手で, 花が, 面を, 頬に, 頬を, 顔が, 顔には

2 [48件] かげを, かすかな, のが, ものに, ゆたかな, カラの, パンを, 両手を, 二つの, 光の, 兜の, 埃が, 封筒を, 小さな花, 岩を, 布が, 影は, 手に, 曇りの, 柵の, 横顔を, 泥岩層を, 浴衣の, 浴衣を, 滑らかな, 物が, 百合の, 皮膚が, 着物が, 着物の, 粉を, 紙を, 線が, 肌と, 脛が, 色が, 色を, 蛇の, 蝋の, 袋が, 雲の, 面が, 面は, 項を, 頬の, 顏を, 顔も, 馬車を

1 [235件] うなじに, おしろいの, お下着, かがめた背筋, かたちを, かたまりの, きれいな, しずくの, しまの, しゃりこうべをあとかたもなく, すじにも, というの, といふ色, ところの, ところは, ところへ, ぬるぬるした, ねこは, のは, のや, ふくよかな, ふっくりした, ふろしきづつみを持っ, むねを, ものには, ものの, ものへ, エクランの, コルセットの, シャツが, シャツばかり, ジョオゼットだけは, スウェタアを, スウェタア姿の, タイルの, ハンケチにも, パンが, ヒゲ根を, フックリ, ブラウスが, ベエルを, マーガレットは, レツテルの, 一点に, 上衣を, 乳くさい, 乳房でも, 二の腕を, 二本の, 二疋のむつれあった, 光で, 光は, 光りに, 円屋根の, 冴えた面, 処へ, 処を, 刀背を, 刃が, 刃ものが, 剥落面さえも, 劇薬を, 千世子の, 唇が, 地色に, 埃の, 埃を, 城の, 壁に, 壁は, 夏の, 外套の, 大きな帆, 大きな豚, 大輪の, 太った肉附, 女の, 官服のみが, 封筒には, 小鳥は, 尖塔と, 尾に, 尾を, 屋根を, 布には, 布を, 帆影が, 帽子と, 平を, 平素着は, 幻灯の, 幽霊が, 影に, 微笑を, 怪物の, 手が, 手だ, 手紙や, 手袋の, 手首から, 手首が, 拳の, 指先を, 斑が, 料理服を, 斜面の, 新鮮な, 方を, 月が, 服装を, 朝の, 歯が, 歯と, 歯は, 歯や, 毛の, 毛布の, 水条はひめや, 汁の, 泡は, 波束は, 洋服を, 液体が, 清潔な, 湯衣地とを, 濃厚な, 瀬は, 灌木の間に, 灯が, 点の, 焔を, 煙の, 煙は, 物は, 物体の, 皮膚と, 目を, 眉毛が, 眉毛の, 眼だけが, 石を, 砂地に, 種の, 穂が, 窟の, 端正な, 笑靨へ, 笑顔を, 米粒の, 粉が, 粉薬を, 粒が, 紙片が, 紙片を, 細やかな, 結晶を, 羽根が, 肉の, 肉体を, 肌に, 肌目からも, 肩に, 肩掛を, 胸や, 胸大気の, 脛を, 腕が, 腕や, 膚が, 色と, 艶や, 花, 花は, 花崗岩の, 花瓣を, 花顔が, 菩薩の, 華奢な, 葉裏を, 藻の, 蝶が, 蝶の, 表面に, 袋と, 袋の, 襞の, 襟との, 襟や, 襟元の, 襟元を, 襟脚の, 襟首に, 西洋封筒を, 角封筒が, 豊かな, 象は, 足の, 足は, 足袋の, 身体に, 身體を, 車を, 軟いものを, 金質は, 長上衣の, 閃光を, 雨の, 雲が, 雲を, 頁の, 頑丈な, 頬は, 頭の, 頭を, 頭髪老衰した, 頸に, 頸を, 頸首にも, 額から, 額からも, 額に, 額や, 額を, 顏には, 顏は, 顔に, 顔へ, 飴が, 饅頭が, 饅頭は, 首筋に, 馬車が, 髪そして, 髪に, 鬢の

▼ その~ (449, 0.1%)

14 に彼, に私 95 に彼女, に自分 4 にお, に父, を増し 3 に勇敢, に夫, に岸本, に皆, を高め

2 [31件] にいろんな, にこの, にこんな, にしばらく, にばさ, にひどく, にまた, に人々, に何, に僕, に同じ, に家, に寒, に彼等, に思ひ, に感謝, に手, に歯, に煤, に田舎, に立っ, に筆, に節子, に羽, に薄暗い, に赤く, に身, を加え, を失っ, を強め, を減ずる

1 [313件] がしだいに, が増し, が強く, が次第に, が段々, が無限大, が無限小, が過ぎ, が過ぎた, が長, にああ, にあの, にあやつられる, にある, にいっそう, にう, にうーん, におれ, にお前達, にお客, にお家, にお母さん, にか, にかね, にかま, にがさがさ, にきまって, にぐ, にぐらぐら, にこう, にここ, にこちら, にこぼれ落ちた, にさ, にさあっ, にすみれ, にせきこむ, にそこ, にその, にそれ, にだらけよう, にちがった, につかまっ, にどっと, になんとなく, にね私, にはじめて, にびっくり, にびつくり, にぴくりぴくり, にほほ笑み, にまったく, にみんな綺麗, にもの, にやっと, にゆれる, によく, にわたくしども奥女中, にわっ, にわッ, にアン, にガラス戸, にキラキラ, にグリ, にチエン, にハーグ, にバッファー, にライター, にランプ, に一々, に一寸絵, に一斉, に一言, に七十近く, に三人, に三吉, に不安, に世間, に中道, に久助, に二三, に互いに, に五, に五十銭, に五十銭一円, に五十錢一圓, に今日, に他愛, に仰山, に伯父さん, に伴, に何かと, に何度, に作った, に作左衛門, に作者, に例, に健, に僕たち, に光君, に全, に全身, に冥想, に凡て, に函館産, に刀掛, に分厚い, に割れる, に動く, に勝頼, に医者, に十数回, に半分夢, に只, に向う, に唇, に喧嘩, に困惑, に土幕民, に圭子, に地上, に地獄, に堂内, に堪へ, に墓地, に増補, に夢, に大, に大声, に大小, に大木, に大江山課長, に天井, に太太しく, に太鼓, に女, に娘たち, に婦長, に宙, に宝丹, に実, に寝台, に寝惚けた, に屋根, に広い, に引っ, に後悔, に後方, に従って多少, に微傷, に必ず, に怒鳴った, に思い出し, に思う, に思はせる, に恐ろし, に恰も, に悄, に悪感情, に意外, に感じた, に慟悸, に憐むような眼, に戒め, に或は, に房一, に拙, に敏子, に文化, に斯程, に新, に春ちゃん, に晴れやか, に晴代, に暗い, に暗い暗い, に月影, に朝子, に杖, に東京, に椿事, に榎木, に榎木の実, に機関助士, に次郎, に歯ぎしり, に段々, に母, に母さん, に母親, に洋一, に浪子姉さん, に淋しい, に深い, に漁夫, に漁夫達, に火炎, に無数, に無言, に燭, に父さん達, に片足, に片野さん, に甲斐甲斐しく, に甲板, に町, に画家, に白く, に百姓, に皮肉, に目, に盲, に相手, に眉間, に眠い, に眼, に眼鏡, に瞳, に秋, に空中, に立ち動い, に答え, に答えた, に粃, に粗末, に紙きれ, に細く, に絶望的, に美しい, に美人, に考えこむ, に職, に肉, に肩, に胡椒, に腰, に舞, に花嫁, に若い, に若干, に苦りきっ, に苦笑, に葉子, に蛍, に衣類, に被害, に袴, に見送った, に親爺, に詑, に説教者, に譲吉, に赤い, に赤ン坊, に赤色, に赤茶けた, に足立, に躊躇, に身体, に身體, に近い, に退屈, に逆, に連れ, に過, に過ぎ, に里子, に金, に針鼠, に銀杏並木, に銭, に陸, に集っ, に雪, に露, に面白, に頭, に顔, に風, に飛び出した, に食塩水, に飼主, に首, に香車, に鳩尾, に黒吉, のあまり, の低い, の展望, の通話料, はますます, は薄い, ふと頭, もだんだん, もひどい, を加, を加えた, を失すれ, を強めた, を強める, を放越し, を深く, を減じ, を減少, を知らなかつた, を薄め, を超, を越え, を通り過ぎる, を進め, を過ぎ, を高く, を高める

▼ そのかわり~ (442, 0.1%)

107 にこの 4 にお, にこんど, にその, に彼 3 に今度

2 [14件] かれは, たった一日, にあなた, にとってかわろう, にぼく, にわたし, に今, に少女, に春, に自分, に鉛筆, に頭, のよう, よくきく

1 [378件] ああいう, あいてに, あくる朝, あたれば, あの握り, あの質屋, あらゆる軍, いいもの, いい成績, いったん, いつもしゃがん, いつも手, うまく当てれ, おそらく自分, おちついて, おぬ, おまはん, おめ, お孝, お心持ち, お洗濯, お珠さん, お種, お見すてなさる, かなり我儘, きさまたち, きたないしみ, きっと帰っ, くれぐれもご, けっしてその, けもの, ことづけたいもの, このお, このかわいそう, このつぎ, この一舟, この事件, この切符, この大役, この小屋, この救援ロケット艇, この方, この紳士, これからは, これから居士, ご新姐, ご牢払い, しきりに人, しっかりし, しばらく窮屈, しゅびよくそれをしとげれば, じっと沈ん, すこし病気, すこし雨, そう早く, そのうち土曜日, そのさよ, その子, それだけの, そんなきれ, ただ平謝り, たとえ水, だいじなさばき, だと, だ半纏着, ちつとも, ちゃんと日当, といっ, として一定, として子, として輸入, とちゅうで, とでもいう, と言っ, どうもじつに変てこ, どことなく人体, どんな事, どんな内緒ごと, な喧嘩, にあるいは, にいっさん, にいつのまにか, にうしろ, におまえ, におまえさん, におれ, にかかと, にかっこう, にからす, にかれ, にきわめて, にこう, にこうごうしい, にこれから, にこんな, にごしごし, にずいぶん, にそ, にそれ, にたぐいまれ, にただ, にたばこ, にちっぽけ, につつまし, にてめえたち, にできる, にといっ, にとうもろこし, にとつぜん, にどうやら, になにか, になにとぞ, になる, にねすばらしい, にはいっ, にはいろいろ, にはく, にはここ, にはなつかしい, には事業, には五年間, には五月, には余計, には堅い, には当方, には後者, には意味, には柴, には活動, には溜まる, には用意周到, には祭, には私, には素人, には自分, には郎女, には頸, には鱗, にひとつ, にひとり, にひろく, にふしぎ, にほんの, にほんもの, にまじめ, にまた, にまたわずか, にまれ, にもう, にもう少し, にもし, にもっともっと, にゃ今に, にゃ姉御, にやがて, にゆうべ, にわく, にわたしたち, にわれわれ, にカブトムシ, にカーン, にセシル, にタイクツ, にテーブル, にピアノ, にプラトーン, にペンキ塗り, にモオリー, に一つ, に一家手ぞろい, に一時, に一村, に一枚, に一種, に七ラゲーナ, に二人, に人間, に使った, に個々, に儀式, に八十三郎, に再選, に剣戟, に剣魁丹下左膳, に去年, に双手, に台所, に司令官, に同じ, に同種, に呼吸同化, に喧嘩, に墓地, に壮, に夜, に夜学, に大きく, に大きな, に天象, に奥さま, に姿, に姿態, に娯楽, に子供, に子分連中, に実際, に家ごと, に小, に少し, に店じゅう, に庭, に式部卿, に征夷将軍牙営, に御, に御礼, に思いがけなく, に思い切っ, に操, に政府, に教授, に斧, に新しい, に新しく, に日本映画連盟, に日本画, に旦那, に暗, に曲線図, に木ッ葉みじん, に木租, に木綿布, に本当に, に栗, に極度, に横須賀鎮守府, に次郎, に正一君, に正真, に海, に潜水服, に無言, に父, に生食, に用いる, に用意, に田舎, に番傘, に病以上, に瘴気, に白張り, に目, に私, に立派, に約束, に紙幣, に肉類, に膝頭, に自動車, に菊女, に薄汚い, に見, に見る, に謙遜, に謡, に賊, に起こった, に身体, に軽薄, に載せた, に輸入, に近く, に違約, に金唐革, に雲, に青白い, に額, に馬超, に高松城, に鷲, に黄金哲学, に黒, に黒い, ねおまえたち, ね心, ね私, の番人, ひるすぎ, べい, べん, ほんとに生, ほんのちょっぴり, ぼっちゃ, また, またちょっと, またなんとなくあっさり, またみちのく軍, また伺っ, また大きく, また次, また汽船, また芝居, また里, まとまった形, まるであたり, もしあなた, もしおまえ, もしじ, もしそ, もしもしくじれ, もし危険, もし壺, もし逃げよう, もし途中, もっとおもしろい, もっともっと可愛がる, もっとやさしい, もっとよく計算, もっと底意地, ものすごい波, やりそこなうと, るす, わざと芸妓, をつくろう, をつとめ, をふとった, ピンと, 一寸仇ッ, 一度惚れたら, 万一その, 人間らしい愛, 今母, 働いたり, 働いて, 働くひと, 儲けさして, 又大, 取巻, 呼んだら来て, 噛んで, 嚮後砲術, 増えたり, 大いに成功, 大きな声, 大した荒れ, 大規模, 大金持, 実際の, 寒さ, 寝像, 少々かたい, 少々ずるい, 少し働い, 少し大, 帰って, 当のペトローヴィッチ, 御嬢様, 忘れて, 怒った時, 恐ろしいほどの, 悟った道人, 持って, 散りかねる夕ざくら, 新しく福井県, 早くケンプ, 来る前, 死んで, 流れるコーヒー, 爾今, 甘く見すぎた, 白いタイル, 第一頁, 若い時分, 見知らぬ男, 赤いいもり, 随分道楽, 頗る鈍物, 頼まれれば, 頼もしい心

▼ その方法~ (437, 0.1%)

6 というの, に於 54 がある, をいろいろ 3 となる, の一つ, の上, の内, は簡単, を研究

2 [22件] がない, がほんとに, が研究, である, とする, にある, にとり, になけれ, の試業, はただ, はどう, は彼, を, をかんがえ, を云う, を工夫, を教え, を用, を発見, を相談, を知らない, を講ずる

1 [350件] あるいは自分, から云え, から特色, がありましたら, がいろいろ, がすこぶる, がつく, がなかっ, がはたして, がひろく, がまちがっ, がわかっ, が一切, が偶然的, が全く, が冒険的, が写実的方法, が厳密, が多少, が定まり, が実に, が家元, が小包郵便, が少しく, が広く, が持続, が振, が明らか, が更に, が書い, が有り触れた, が生き, が目付, が自然科学的, が見出される, が説明, が違う, が適確, が頗る, が高度, こそちがえ, この悲劇, さえ誤らなけれ, しか知らなかった, しか知らなかつた, すでに回転, すなわち戦い, すら知らない, たるもの, たるや, たるスコラ的形式論理, だ, だけが作者, だけを摘記, でかじりつづけ, です, ではもう少し, でもっ, でやっ, でやられ, で出来ます, で決して, で清算, で灯, で為しとげられた, で鳩, といふの, とかあるいは, とが評論, としての規定, としては例えば, としては役所, としては状態, としては郷里, としてゐる, として夫人, として封建, として専門化, として役立つ, として政体, として教育上, として私, として考える, として銀座, とならね, となり, とには或, との如何, とはすなわち, とはもう, とは諸, とイデオロギー, と動機, と実在そのもの, と時間, と表現, と言う, と順序, と體系, ならどんな, なりと教え, にいたり, においても分析, において個人, において非常, にしか求める, についていろいろ, についてはわれわれ, についてひたすら, について二週間, について全面的, について議論, になかなか, にはいろいろ, にはちょっと, にはどんな, には魔術性, にまで自覚, にも迷った, によってかえって, によってなり, によって初めて, によって単なる, によって向う所, によって規定, によって黒沼家, によつて, による時, に不安, に依, に依る, に問題, に大半, に少く, に就い, に從つて永遠, に悩み尽し, に拠った, に相当, に結果, に苦しん, に迷つて, に関する私見, のいかん, のため, のつけ方, のない, のみによっても貧乏退治, のファッション・アラ・モードぶり, の一般性, の下, の中, の人, の優越, の単純さ, の厳し, の否定, の如何, の対象, の形而上学的, の微妙, の改良, の機能, の武器, の歴史性, の淫猥, の無効無害, の発明者, の相違, の範囲外, の複雑, の誤り, の追求, の進歩性, の間, はあまり, はある, はいい, はいかなる, はいくらでも, はお話し, はこの, はすでに, はその, はたいして, はたった, はちょっと, はと云っ, はどうも, はなかっ, は二つ, は今, は今日, は何処, は個々, は全く, は内科, は分析, は別に, は創作方法, は創作的, は各々, は各種, は同じ, は唯, は唯一, は変死者, は好まない, は如何にも, は常に, は平日, は従来, は必ずしも, は我々, は手術法, は拙者, は数日, は斬首, は新, は日本, は日本固有, は昔, は未だに, は極めて, は民俗学, は水銀, は無, は物理学, は犠牲, は犯人, は理論, は第, は純真, は自分, は芸術, は記載, は誤, は貴女, は軍事技術上, は近代, は面倒, は頸輪, は風葬, は飼手, は鮎, もきまっ, もすでに, もできなかった, もなく, も一樣, も亦, も割合, も可能性, も多分, も夫人, も本人, も無い, も知りたい, や動機, や手段, や秘伝, らしさ, をあやまる, をお話し, をかんがえだし, をきめ, をご, をごまかし, をだんだん, をつづけ, をとつ, をもたなかった, をもっ, をも考え, をわたし, をテーマ, を一切, を一寸, を中止, を伝授, を使っ, を借り, を六人, を出発, を勧めた, を取, を取った, を取る, を取れ, を取ろう, を哲学的, を執った, を変, を実地, を実行, を實, を尋ねる, を当てはめ, を得ざる, を得た, を徹底, を拠り, を指示, を採った, を採らう, を採らず, を採用, を推し広め, を搜, を教えました, を教えられ, を教えろ, を明示, を案ずる, を模索, を欲, を求め, を決定, を異に, を疑っ, を発明, を知っ, を知らざる, を確立, を科学, を種々, を考え, を考えつく, を聞かせ, を見, を見つける, を見れ, を見出す, を覗い, を覚えこみ, を観察, を訊く, を試みる, を話し, を語った, を誤, を誤る, を講じ, を講じた, を講じる, を通じて反映, を適当, を除い, を頭, 甚だ簡単

▼ その~ (436, 0.1%)

20 の中 8 を出 5 にはいっ, の入口, へ往 4 にいる, に入る, の壁, の隅, を出よう 3 のなか, の一隅, の中央, の扉, は礼拝堂, へ入っ

2 [28件] からそ, が自分, で私, と室, にあり, にはいる, に今, に入, に入っ, に入り, に坐っ, に寝たら, に行っ, の一方, の三方, の光景, の前, の奥, の左手, の戸, の気分, の空気, はただ, へ入った, へ行っ, へ錠, を出た, を引き

1 [299件] からいったん, からおし出し, からは深い, からほとんど, から今度, から出, から出た, から出ました, から走り出させ, から追い出し, がたえず, がはじめ, がまったく, がむこう, がテナルディエ夫婦, が一杯, が十分, が古代時計室, が向, が小さく, が暗かっ, が有する, が私, さえ同じ, だけには窓, だけは残つて, でお, でしゃべっ, でそして, でなん, ではしない, ではしょっちゅう, では真裸, でまず, でレザール, で伯父, で僕, で千代子, で呼ぶ, で少し, で捕まる, で縊死, で言葉, で飾る, というの, と右手隣室, と奥, と宿主夫婦, と寝室, にあ, にあがっ, にあの, にある, にいた, におり, にしばらく, にだけつまり, にはいつも, にはいり, にはその, にはひつ, にはスタンド, にはピアノ, には一体, には三毛, には前方, には前部, には大きな, には女, には実に, には小さな, には少なくとも, には廊下, には微か, には本箱, には王様, には石, には西日, には電灯一つ, には電燈, にひとりっきり, にも扉, にも点い, にゆく, にゐた, にガス, に一歩, に不具者, に予定, に二人, に伸子, に佇ん, に住もう, に備えられた, に僕, に優美, に入った, に入ったつき, に寝る, に居なかった, に引っぱり込み, に待っ, に戻っ, に戻った, に招, に持っ, に残し, に泊る, に相応, に移した, に立ち, に至っ, に落, に行, に行く, に行った, に見えた, に訪ね, に足, に近寄っ, に這入, に這入った, に通され, に通ずる, に通暁, に鏡つき, に閉じ籠っ, に隠し, に隣った, に集っ, に集った, に音, に須美子, の, のうしろ, のうち, のすっきり, のすみ, のずっと, のとなり, のま, のまん中, のカーテン, のドア, のヴェランダ, の一つ, の上, の上あたり, の不透明, の二重窓ガラス, の人ども, の人数, の傍卓, の兩側, の内, の内外, の右, の右手, の名, の向, の壁ぎは, の外, の外側, の天井, の小, の屋根, の幅いっぱい, の広, の広い, の床, の廊下, の御簾, の戸口, の敷居ぎわ, の方, の椅子, の椽ごと, の構造, の様子, の灯影, の炭, の片隅, の特長, の番号, の白堊, の真ん中, の空氣, の窓, の窓際, の端, の美, の美しかっ, の至る, の襖, の角, の調度, の通路, の違棚, の長椅子, の開いた, の閾, の隅々, の階段, の電燈, はいつも, はこの, はすっかり, はどの, はどんな, はほとんど, はまき, はみすぼらしかっ, はモスク, はロイアル・ジョージ屋, は一人づゝその, は三十坪, は上田敏氏, は中央, は二階, は今, は光琳風, は前面, は台所, は同じ, は問題, は四方密閉, は広, は広々, は建物, は彼女, は応接室, は思った, は扉, は暖炉, は林, は毎朝氏, は気取った, は狭い, は狭い薄暗い, は生徒監室, は石灰石, は第, は薄暗い, は謂わ, は鎧戸, は雷文様, は電燈, は黒い, へとびこんだ, へはいった, へ一歩, へ入, へ入らず, へ出入, へ来, へ案内, へ氷塊, へ私, へ移され, へ行こう, へ行った, へ通され, もやっぱり, もピカピカ, も朝日, をあけ, をうかがう, をうしろ, をつくる, をでる, をアンナ・リヴォーヴナ, を一巡, を仄か, を借りた, を出でずし, を出る, を分ち, を去ります, を向う, を恐がっ, を指し, を整理, を易う, を暗く, を横ぎらなければならなかった, を横切っ, を窺え, を立ち去った, を立出, を背負い, を見せた, を見たら, を見よう, を見流し, を覗きこむ, を覗く, を訪れた, を通, を飾っ

▼ その~ (436, 0.1%)

108 である 5 に私 4 に又, に天才, に彼 3 に僕

2 [35件] かも知れない, か金銭, です, なの, にああ, にこの, にとうとう, にどう, にどれ, にはどこ, には全く, には勿論, には色々, にも, に一変, に一層, に一言広告, に今日, に何度, に君, に奥さん, に婆さん, に少く, に少し, に彼等, に態と, に早く, に来た, に死ん, に父, に生まれ落ちた, に生れ, に皆, に美し, に自分

1 [328件] あらゆる漢書和本, いろいろ面倒, お国表, か, かうした形, かと思います, か僕, か彼, こういう有様, こういう策, こういう齢, この薄氏, さ, しとげた仕事, じゃなかろう, すべき仕事, だが, だけでも浮, だった, だったか, だったろう, だろうとかく, であ, であった, であつ, であらう, であるか, であるかも, であるし, であるらしい, ですが, でなくば, でもある, でもあろう, で富士, ならば, なら私達, なりという, に, にあくせく, にあなた, にあの, にある, にいろいろ, にかえって, にかへつて, にここ数ヵ月, にこそ後年, にこんな, にそこ, にそれ自身, にただ, にちゃんと, にどうか, にどうしても, にどの, にどんな, にのみ蒹葭堂主人, にはか, にはこの上ない良い, にはじける, にはせめて, にはどんな, にはどんな大きな, にはもつ, にはよい, にはトリック, には事情, には今, には何, には何度, には個人, には地方文化, には妙子, には少し, には差し出しまする, には幾歩, には彼, には悪人, には数名, には新, には最も, には権右衛門, には歌, には段階, には盲進, には私, には臨時, には自分, には菰田家, には谷崎氏, には邪げ, には随分, にばかり勿論, にほかならない, にほとんど, にますます, にまた, にまた再び, にまだ少し, にもじもじ, にも同じ, にも奇蹟, にも早, にも甚だ, にも過去, にゆき子, にわざ, にわざわざ, にクッション, にシヨツク, にストライキ, にフレッシュマン, にモンペ, にヴイクトリア王朝, に一二年, に一作, に一夏舞台, に一本, に一生懸命, に三吉, に下女, に不用, に世話もの, に世間知らず, に中軍, に互に, に今, に今度, に仕事, に他, に仲, に会, に佐藤氏自身さ, に何, に作った, に作歌, に促される, に保子, に俺, に健, に健気, に僕等, に元気, に兄, に全く, に其処, に凍った, に出, に出立, に別段, に到頭, に勉, に勉強, に十二ヶ月人形, に却って, に吾, に命, に善く, に善良, に四条, に境遇, に声, に変らなかった, に変らな