青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そいつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~せられる せられる~ ~せる せる~ ~せん せん~ ぜひ~ ~そ そ~ そい~
そいつ~
~そう そう~ そういう~ そういった~ そうした~ そうして~ ~そこ そこ~ そこで~ ~そこら

「そいつ~」 5718, 55ppm, 2117位

▼ そいつ~ (2461, 43.0%)

25 大変だ 22 大變 20 氣の, 面白い 18 有難い 17 気の毒だ 15 無理だ 13 豪儀だ 11 氣が 10 初耳だ, 厄介だ, 知らなかった, 面白そう 9 ありがたい, いけない, 困ったな, 大事な 8 どうも, 念入りだ 7 よかった, 不思議だ, 有難え, 本當, 耳寄りだ 6 いけねえ, たいへんだ, 変って, 大笑いだ, 容易ならぬ, 御免を, 知らなかつた, 私の, 面白さ

5 [12件] いい, おれの, お前の, どこに, 俺が, 僕の, 危ない, 大手柄だ, 大笑ひだ, 妙だ, 本当か, 素敵だ

4 [22件] いかん, よくねえ, 人間の, 何だ, 俺にも, 俺の, 名案だ, 大変な, 弱ったな, 早手廻し, 有難て, 止して, 残念だ, 殺生だ, 気が付かなかった, 滅多に, 物騒だ, 物騷だ, 親分, 解らねえ, 面白いや, 駄目だ

3 [53件] あつしにも, いい塩梅, いかんな, いけねえな, いけねえよ, おれにも, ことだ, そこの, だめだ, ちよつと, なんの, まだわからない, まっ黒な, よくない, 上出来だ, 何か, 何んか, 何時の, 分らない, 困つた, 困りましたな, 困ると, 大事だ, 宜い, 少し, 少し変, 弱つた, 御免蒙ろう, 怪しからん, 情けねえ, 愉快だ, 放つて, 有難いが, 無理です, 知らねえ, 結構な, 耳よりだ, 耳寄りな, 虐たらしい, 話が, 誰だい, 誰にも, 誰の, 誰のだ, 變だ, 變ぢや, 變つてゐる, 銭形の, 難有, 面白いな, 面白かろう, 驚いた, 驚いたな

2 [211件] あっしも, あつしも, あやまりますよ, ありがたいな, ありがたいや, あんまりだ, いいところ, いい思いつき, いけないと, いけねえ先刻, いけません, いけませんよ, いったい何者, いつの, うまい考え, うるさい事, おまえが, おめ, おれが, おれには, お前のか, お前大した, お白洲, きつと, きみを, この私, ごめんだ, すばらしい, そいつは, それから, たしかだ, たまらねえね, とんだ面白い, どういうわけ, どうした, どうで, どうもとんだ, どうもへ, どうも大, どうも手, どこの, どの花, どんな謎, なにかわけ, ぴったりと, ぼくと, ぼくの, まあどっち, まずいな, まずかった, また有難, まだ早い, まだ解らぬ, まだ訊きませんでした, まるで雲, もうきっとなん, よからう, よくわかっ, よく氣, よした方, よつ, わかつて, わからない, わからないが, わかりませんが, わしの, マチンを, 一体何者, 一應尤も, 一番先に, 一番憎い, 三河島の, 上出來だ, 世間でも, 主人が, 事だ, 二階の, 人殺しの, 今の, 他人の, 伊太郎か, 何う, 何かの, 何よりだ, 何んで, 何処に, 何杯呑んだ, 何者だ, 何處の, 余りつまらない, 俺に, 俺も, 俺一人の, 備前物で, 八方に, 分らんですな, 判らないね, 判りません, 卑怯, 危い, 危険だ, 取らぬ狸, 可怪しい, 困ったね, 困つたなあ, 困りますどうか, 困る, 困るぜ, 変じゃ, 変だ, 大嘘, 大変でした, 大家より, 大手柄だつた, 大笑えだ, 大變ぢ, 失敗であった, 失敬した, 好都合だ, 妖精です, 始末が, 容易に, 少し變, 少し遠, 平次親分にも, 年代記ものだ, 幾つだ, 弱った, 弱つたな, 強い武者修行, 後で調べる, 御免だ, 御免蒙らう, 恐ろしい見, 悪かった, 悪魔だ, 悲惨だ, 惜しいこと, 惜しいな, 惜しかった, 惜しかつ, 感心だ, 所詮青, 手掛りだ, 手柄だ, 拙いな, 持って, 文吉に, 料簡が, 新しい英雄, 新しい術, 早速で, 曰くが, 有八, 有難いね, 有難い定吉, 有難かつ, 本当です, 気が, 気がつかなかった, 気がつかなかつた, 油断が, 海ん, 済まなかった, 災難だった, 無智, 無駄だ, 珍らしい, 生きて, 田原屋へ, 男の, 皆んなお前が, 皮肉だ, 眼の, 知らなかったが, 立派な, 糊が, 結構だ, 給金を, 罪に, 耳寄りです, 自分の, 良い狂言, 若作りの, 蓋し簡単, 薄情だ, 覚悟だ, 親の, 解って, 解らない, 解らないよ, 誰だ, 誰です, 誰も, 警官の, 變な, 豪勢だ, 豪気だ, 返して, 違や, 都合が, 錢形の, 面白いと, 面白いね, 面白い侍, 願ったり, 飛んでも, 驚いたね, 驚くぜ, 鳥だ, 鳶頭の

1 [1390件 抜粋] あきらめずに, あとで, あにいのこった, あの屋敷, あの銅像みたい, ありがたいが, ありがたいよ, ありがたい買, あんまりきこえない, あんまりザンコク, あんまり當, いいか, いいこと, いいそれでは, いいひとつ, いい考え, いかにも疲れ, いかん噛めん噛めん, いくら機関部, いけないよ, いけねえあいつら, いけねえいけねえとも, いけねえや, いけねえ兄哥, いけねえ私, いけねえ飲むなら向う, いけますまいよ, いちばん価値の, いったいどんな, いつたい何処, いつも君, いやだ, いよいよ運否天賦, うっかり踏込めません, うまく氷, ええぞ, おいて, おかしい, おかしいね, おきの, おそろしいか, おとなの, おまえを, おもしろいおれ, おもしろいという, おもしろい考え, おれも, お互いだ, お前に, お前達が, お気の毒, お骨折りでした, かつて江州城内, がんりきの, きまりを, ぐるぐると, こう考え, こつちの方, この門, これから調べる, ご勘弁, ご難題, さぞかし愉快, しかしよく, しかし少し, しめたッ, しらべて, すぐ消えた, すてきです, すばらしいじゃ, すばらしい話, すまなかったな, ぜんしん金色の, そのたとい, その後別に, そんなとこ, ただの, たぬきの, だれだ, ちっと無理, ちつと, ちと気, ちょっとどうだらう, ちょっと見た, ちょっと難問, つい討入, つまらない量, つまらねえ遠慮, でかした, とうから, とてもねえ, とんだ判じ物, とんだ間違い, どういふ, どうかな, どうしても駄目, どうとも, どうもわからん, どうも交際, どうも困った, どうも御馳走さま, どこへ, どちらな, どっちも, どんなにおどろいた, どんな服装, なお大切, なかなかむずかしい, なかなか真似, なごり惜しい, なにかへんてこ, なりませんよ, なんだかえたい, ねばっこくまといつい, ひざこぞうから, ひどく日本趣味, ぴったり身, ふつうの, ほら穴から, ほんとでございます, ぼくに, まあ好う, まぎれも, まず出来まい, また今度, また馬鹿, まだです, まだよくわからねえ, まだ可, まだ聞きませんでした, まったくの, まっ四角, まもなく項上, まるで王樣, みんな寅五郎の, みんな日本左衛門の, むずかしい, むづかしいやあなたの, めずらしいから, もうすっかり出し, もう数万年, もう非常, やっぱりあと足, やつぱり無く, やはり私, ゆかいだ, よくあるまい, よく来, よく調べ, よわったなァ, わかってる筈, わからねえが, わかりませんなあ, わかるね, わしが, わたしに, わるい知らせ, ゐないだらうなと, ウッカリし, キカクが, デタラメである, ドニェープルが, ニヤニヤと, ノソノソと, ハッキリし, ピエエル君の, ヘマを, マユツバもんだ, ロボットだ, 一つは, 一ト月の, 一寸法師みたいな, 一応有難い, 一本まいった, 一番楽だらう, 一箱いくつ這入, 丁寧すぎ, 三月ばかり, 上總屋の, 不可い, 不可ねえ, 不思議に, 世の中が, 乞食の, 了見違えな, 事こわし, 二人連れで, 二日醉ぢや, 云われない, 些面妖疑わしい, 人穴の, 人違ひだ, 今から, 今夜きっと, 今年の, 仕方が, 伊勢屋さんぢや, 体の, 何でしょう, 何でも, 何とか欲しい, 何とも言, 何の, 何んです, 何処までも, 余計な, 使は, 俺には, 倖せだった, 偶然な, 僕は, 僕を, 儲けもんだ, 先刻言つた, 全くそうです, 全く平気, 全身墨を, 公, 兵太郎君が, 凄からう, 出来した, 函の, 分りませんや, 初めて耳, 初耳じゃ, 判らん, 前から, 力が, 勘進元の, 十分調べ, 南で, 博奕でも, 危ないネ, 厄介な, 古物だ, 可哀そうに, 可怪しく, 合の手, 名文句, 君あんまり, 君一個の, 君考へる, 唐土の, 啻に周囲, 喇叭の, 四・一六の, 四十ぐらいで, 四郎さん痛快には, 困ったこと, 困ったねえ, 困りました, 固いこと, 地下室で, 堪らんな, 変だろ, 大きな證據ぢ, 大きに当惑, 大き過ぎる, 大した褒美ぢ, 大丈夫だ, 大問題, 大変ッ, 大層惡, 大手柄だった, 大違い, 天下の, 天草だって, 失敗した, 奇妙な, 女じゃ, 好いで, 好いな, 好く気, 妙案だ, 妻の, 嬉しい, 存じませんが, 宜かつ, 家の, 容疑者の, 小半次に, 少々失敬, 少しおかしい, 少しを, 少し信じかねる, 少し古い, 少し恐れ, 少し早まつた, 少女の, 尺取, 山の, 岡っ, 川崎切つての, 左足を, 師匠の, 平にご, 幹部でなきゃ知る, 廻り合せが, 引受けた, 弱りましたね, 強い磁力, 強気だ, 影じゃ, 待ちねえ, 後で当っ, 後の, 御信心, 御免蒙りましょう, 御用ッと, 御馳走だ, 心細いぜ, 忘れて, 念入に, 怖いこと, 怖い話, 思い出しても, 思い止まりましたよ, 思ひ出せません, 怪しいな, 恐く殺人犯人, 恐ろしいやつ, 悦し, 悪い奴, 惜しい事, 想像に, 意志じゃ, 感心です, 成績次第な, 扉を, 手まわし, 手廻しが, 打っちゃっては, 打殺したの, 押掛け嫁, 拙者も, 捕物じゃ, 揃いの, 放っても, 数かぎりなくございます, 敵討の, 新聞に, 早くも, 早合點, 明智に, 昔の, 是非たのむ, 是非書かせ, 普遍妥当に, 暫く言わない, 曲藝だ, 有り難い, 有難い幾月ぶり, 有難うじゃあ, 有難てえ, 本当かな, 村の, 東海道の, 栄ちゃん罪だ, 棄てて, 構っちゃ, 横町に, 止した方, 正直さうだらう, 死んで, 残念にも, 殺生過ぎる, 気がつかなかったああ, 気に入った, 気の毒だった, 気違い女や, 氣障だ, 水の, 水莽鬼だ, 泥棒です, 洋服を, 滑稽だ, 潜水艦には, 災難だ, 無理も, 無駄さ, 煙硝だ, 犯人の, 甘すぎる, 生身の, 申しあげられませんよ, 申上げ, 番屋へ, 病気だ, 痛かった, 痛快だ, 発表ならん, 皆んな借金取除け, 盗み溜めた金, 目出度い話, 相公, 眉唾物だ, 矢萩の, 知ってるが, 知らない, 知らなかったとんだ, 知らなかつたが, 知らん, 知りませんでしたな, 短気という, 確かな, 祖父様が, 私たちの, 私ども一同で, 私達にとっても, 穩か, 空砲だ, 立って, 箆棒な, 精一ぱい叫んだ, 素人料簡だ, 紳士的だ, 結局勤労奉仕といふ, 続くだらうと, 總髮だ, 考えない方, 考え物だ, 考へない方, 耳で, 耳よりの, 聞かなかつた, 聞き捨てならぬ話, 聞違えっ, 聽いた, 肩から, 脚の, 腑に, 自動車に, 臭いに, 良いこと, 良い事, 良い塩梅, 良い考, 良い證據, 芸術に対して, 若しかする, 荒鵜の, 薄情過ぎる, 行けなかつたね, 表面の, 裏切り者だ, 見なきや, 見落した, 親分あの, 解らぬが, 言いっこなし, 言ひ, 言わずと, 言過ぎだ, 訊かないで, 証拠じゃ, 認める太刀さばき, 誰で, 誰と, 證據ぢや, 豪いこっ, 豪勢です, 負けた国, 賢吉少年と, 贓品買ひだ, 蹴毬, 追いかけて, 道中師の, 違って, 適評だ, 酔っぱらいの, 重大じゃ, 金や, 金色に, 閉口です, 間違いでしょう, 間違ひだぜ, 階下の, 難題だ, 青黒い美しい背, 面喰つた, 面白いこっち, 面白いぞ, 面白いねえ, 面白い一番, 面白い圖, 面白い日本橋, 面白い誰, 面白からう, 頭から, 頼もしいね, 願い下げに, 風の, 飛んだご, 飛んだ御, 飛んだ話, 飛行機の, 駄目だろ, 驚くねえ, 高さ, 鯨を

▼ そいつ~ (1139, 19.9%)

14 持って 7 手に 6 話して, 誰が 5 つかまえて 4 おめ, こっちへ, 俺が, 殺して, 知って, 自分の, 見て, 見ると, 調べて

3 [22件] あっしは, おはずし, すぐに, とっちめて, 一と, 俺に, 僕の, 出して, 利用し, 利用した, 君に, 己に, 拾って, 教えて, 相手に, 空へ, 考えて, 聞いて, 聽か, 見せて, 見に, 連れて

2 [59件] おれが, お前が, ちょいと, つかんで, とつ捉ま, とめて, とらえて, どこかで, なぐって, にんじんの, のがして, ぽんと, パタンと, 一人で, 三つも, 三分間だけ, 云われると, 五寸釘で, 俺の, 僕が, 君は, 呑むと, 囮に, 売つて, 忘れちゃ, 忘れて, 念入りに, 捕えろ, 捜しに, 探して, 整理し, 明かして, 洗って, 焼いて, 照らして, 狙って, 着て, 知らねえの, 私が, 私に, 種に, 縛って, 縫って, 耳に, 聴かして, 聽かう, 肩へ, 見たの, 見たら孫子, 見ながら, 見ること, 見極めると, 訊き出して, 訊くん, 起したらしいの, 逃がすな, 逆に, 露骨に, 高萩の

1 [881件 抜粋] あいつが, あげて, あなたは, あの学生さん, あまり眞正面, あんたが, いけどれ, いただきたいもん, いっちまうまで, いっぱいに, いつの間にどこ, いつも自分, おいらは, おさえつけて, おっ惚れたん, おとりに, おれに, お前どうして, お前高山入り早々の, お婆さんへ, お父さま, かき集めて, かついで, からかおうと, からくりし, がりがり掻き落し, ききたいね, きれいに, くるくる振りまわし, こいつは, こうして探し, ここへ, こさへるに, このたくらみ, この支那, この際, ご存じです, ご馳走に, さつと, さア, しかし喜十, しない, しゃあしゃあと, すぐ一人, すこし裏, すっかり忘れ, すてるの, そっとあけ, そっと蹴っ, そのままお, そのまま鉄心庵, たぐると, たしかめるため, たしかめる手段, たたき出して, たべる, だんなが, ちぢめて, ちっとも白状, ちよいと, つかまえようとして, つかまへて, つくらねば, つまんで, とおして, とりのけて, どうしたら, どうにかこうにか, どこに, どんな方向, なくしたら最後, なさろうと, はいた修験者, はたから, はっきり言っ, ひき抜けば, ひっとらえて, ひっぱって, ひっぱりあげる, ひとつ, ひとつお前を, ひとつ今日道庵が, ひとつ取り出し, ひとつ片づけ, ひと潰し, ひろげて, ふんだくったの, ふんだくろうとして, ぶち込んだ, ぶつこ, ぶん殴る, ほかの, ぼやぼやと, またふりかぶり, また練習, まっ先に参観, みんなに, めいめい男は, もって, もっとチャン, もつて, やったと, やっつけるため, やっつける仕事, やらうつて, やられると, やりながら, よいしょと, よいの, よく見た, よさせるよう, イギリスの, オデコの, キュッ, グルグルとおっ取り巻き, コーカサスから, サッと左袈裟, シュッと, ズット足の, トコトンまで, ヌケヌケと, パツと, ピーと, ブーブーやっ, ボロ鞘, ムザムザ, モノに, ルピック夫人の, 一々帳面, 一々變, 一つさえ, 一つ伺いたい, 一つ取落した, 一つ巧く, 一つ話しましょう, 一列に, 一口頬張った, 一口頬張つた, 一度も, 一方の, 一杯振舞っ, 一枚とれ, 一番逆用し, 一緒に, 丁寧に, 三分の二だけ, 上から, 下に, 不安げに, 世に問う, 両手に, 中途で, 九条家の, 二日間直射日光に, 云い出さないまでさ, 五六匹も, 今その, 今俺が, 今俺達は, 今時の, 仕掛けを, 付けた油単, 付けて, 仲間の, 伯爵夫人の, 伺はうぢ, 住家と, 何とかし, 何んだ, 何気なく鍋, 使いこなす段, 使おうと, 使って, 信じたいよう, 俺ぁ, 俺あ, 俺は, 催促しない, 僕に, 僕は, 兄貴に, 先方へ, 八重梅抱きしめた, 公衆に, 出さないよう, 分らせること, 切りとって, 切り開いて, 利用してやろう, 刺殺そうなんて, 努めなかつたの, 卓子の, 原っぱの, 又親方, 取っつかまえろ, 取っ捉, 取っ捕まえなくちゃ, 取られたらうるさい, 取り次ぐだけの, 取り返して, 取り除ける, 取出さうと, 口の, 叩いて, 叩きおとさないで, 叩き伏せて, 叩き売って, 叱りつけて, 右手に, 合総に, 吐こうと, 呑み込んじまうん, 呼びとめました, 呼び出すん, 嗅いで, 嗅がせて, 噛らあ, 囲んで, 土産に, 地べたに, 地獄耳の, 変形させ, 外に, 大々的に, 大型の, 大小便の, 太陽の, 奪い合ったの, 好く心得た, 妾は, 守って, 宗徒へ, 実行しねえ, 射つん, 尋ねて, 小出しに, 川に, 左手に, 帳場が, 平凡でなくする, 幾本も, 弁解する, 引きずり倒して, 引っぱり出せるかも, 引っ込ませると, 引括れ, 引率し, 弘めるに, 当って, 彼に, 往来に, 待って, 待つて, 御存知ない, 心配し, 忘れずに, 忘れちまえ, 忘れるなよ, 応用した, 怒鳴るかも, 思いっきりひっぱたく, 思って, 怪しいこと, 怪しいと, 恐れやがって, 恭, 悉しく, 悩ませ滅ばして, 愚図愚図し, 感じたとき, 我慢すべく, 手の, 手渡ししろ, 承知し, 抓み取ろうとしても, 投げ出しちまったん, 投げ棄てる, 抜身の, 抱かせて, 抵抗出来ぬ, 押えつける方法, 押さえろ逃がすなっ, 押し分け突っ切り近寄るや, 押すと, 押へて, 抽て, 拝むよう, 拷問に, 拾われちまった, 持つて, 振払ったと, 捉えて, 捕える, 捕えること, 捕るため, 捜して, 捜し出すには, 捜すのに, 捻くった処, 探してると, 探し出して, 探り出すの, 掴まえて, 掴みそこなえば, 掴むと, 掴むには, 掴んだ組紐, 掴殺してやらう, 掻っ払っ, 握って, 搜し出す, 摘みに, 擔い, 教えては, 教へては, 斬っては, 新しい叺, 方々彫り散らす, 旅費と, 旦那の, 早く調べなきゃならない, 早速取り入れ, 明かしちまっちゃあ, 春先き, 昼間拝む, 曳きあげるのに, 書いて, 書き上げる迄は, 朋輩の, 本庄鬼六さまから, 果たすと, 某方面, 棒で, 横あいから, 横ッちょに, 機に, 機関室へ, 止めさせるよう, 止めて, 止めないという, 此小僧奴知っ, 殺した奴, 殺せ, 殺そうと, 毎日一度やっ, 毎晩アルコールで, 気づかれたん, 水に, 水へ, 注意しない, 洗ひ出される, 浅の, 消そうと, 渡せば, 湯呑み茶碗に, 滑かに使つて來た, 漢字に, 無視する, 焼きなよ, 煽てて, 熱心に, 片っぱしから, 片附け, 物置小屋へ, 狙つて撃つ, 現場へ, 甘っ, 田山白雲先生に, 留めて, 當つて見よう, 発射した, 白状すれ, 皆が, 皆わが, 皺くちゃに, 目がけて, 目的に, 盲人に, 直ぐ調べる, 直そうと, 真ん丸に, 真先に, 眺めながら, 睨みつけて, 知ってるの, 知つてる, 知らないもん, 知らねえからな, 知りたいと, 破って, 確かめに, 私の, 私共で, 称讃すべき, 究明しよう, 突いて, 突っ込んで, 窓から, 筆記し, 箱に, 素早くさっと, 索条や, 縁に, 縛るの, 縮めて, 纒めて, 置く, 考えるとなあ, 耗らす, 聞いた上, 聞かされた方, 聞かせて, 聞きゃ聞いただけでも, 聞くたんび, 聞くと, 聴こう, 肝心の, 背中へ, 自分から, 自動車の, 自由に, 船へ, 落として, 蒼白い月光, 蘭医にでも, 表に, 裏がへ, 裏の, 見かけた者, 見きわめて, 見せつけられた時, 見たいが, 見たがね, 見た侯爵, 見つけたん, 見つけだして, 見つけるの, 見なくっちゃ, 見ようと, 見るの, 見事果さねえ, 見出した時, 見送って, 覗かせたら君, 覚えて, 許さぬからよ, 証人に, 話すこと, 詳しく話し, 誑かして, 説明し, 誰か, 誰かに, 調べたら自然賊, 調べに, 調べる工夫, 調べ上げて, 讀ませて, 負かして, 貴族保護局へ, 貸したり, 貸して, 赤ん坊を, 蹴とばして, 身代りに, 身近に, 返しさ, 追いはらって, 追っかけて, 追ッ, 追越そうとして, 退治て, 逃がして, 逃さないやう, 逐い出して, 造らせるうち, 逮捕し, 遠くの, 遡った, 選手外の, 金槌で, 銘々が, 鋏で, 鎖し水平坑, 集めて, 鞍から, 鞍に, 頬へ, 頭へ, 頼って, 頼りに, 風が, 飜弄する, 食はせる, 食卓の, 飲みながら, 養うこと, 骨を, 高い金, 鼻に

▼ そいつ~ (802, 14.0%)

4 判れば, 地べたへ 3 おれの, 何か, 僕の, 気に, 癪に, 私に, 私の, 負けたん, 面白いん, 馬鹿に

2 [33件] あったん, おめ, そのまんま, むこうの, わかって, わからないん, 一つでも, 一番大事だ, 上から, 下手人で, 人の, 人間の, 何の, 分って, 咽喉を, 問題な, 困るん, 大福餅の, 女の, 当てに, 日本の, 木の, 犯人に, 知りたいもん, 私たちに, 私には, 聞きもの, 自分は, 船へ, 行儀よく, 誰だ, 車に, 頭の

1 [698件 抜粋] あいにく怪し, あたしの, あっしにゃ, あつた, あと足を, あのゴング, あの子供, あらわれたん, ある, あるとは, ある日, あればこそ, いうの, いうん, いけない, いけないと, いけねえその, いったんだ, いったん女, いまさら改めて民間, いま壊れ, いま花瓶の, いる, いるから, うずたかい層, うまくできる, うまく出来ない, うらめしそう, おありなさる, おおち, おもしろいぢ, おれには, お前お, お前さん盲目滅法界, お前の, お宮なら, お米, かくばった頭, からっきしどっち, がちがちと, きっと長く, きつい嫌い, きょうテニス, きらきら光つて, くたばってでも, ここへ, こっちへ, この事件, この土地, この塔, この室, この星明り, この頃, これだ, ころがって, こわい顔, さう生, しかし人, しじゅう僕, しつっこく, しょっちゅう御, じっとこちら, すぐ来, すっかりなくなったら, すーっと, そうだった, そこにおいて, その大, その柿の木泥棒, その正反対, そんなふうに盗ん, たおれた駕籠, たった六日間, たんだ, だまって, だんだんに, だんだん大きく, ちっと変, ちとむずかしい, ちょっと疑わしい, つまり俺, つまり謀叛人, てえそう, できそう, できんの, ですよ, とたんにき, とてもたまらない, とんだやぶ, どういうもの, どうした, どうしていい, どうしてお, どうしても金, どうです, どうもひつきりなし, どうもわからねえ, どうも事重大, どうも困る, どうも己, どうも飛んだ, どこかで, どこからか, どんなにし, どんなに荒れ狂っ, なかなか大きな, なぜか, なにかわるい, にげ出して, にせものです, ねその, はねるけしき, はやくも, ひどくぞんざい, ひどく工合, ふに, ふんだんにある, ぶらぶら下, へんな, べつの, ほんまなら, ぼうっとかすん, ぼうつと, まず第, またいう, またそこ, またなかなか, また俺, また取次, また執念深く, また白状, また竈, また筋書きどおり, まだいない, まだだ, まだ其處, まだ決まらない, まだ見当, まったく頭, まっ赤, まるで伯爵みたい, まるで黒い, みんな, みんなキチガイに, みんな揃った, みんな胆吹へ, むやみに, もうまるでまっ, もう少し念入り, やって来たという, やって来たら動けなくなるわ, やみに, やみの, よくない, よく解らねえ, わかったらな, わからないから, わからねえ, わかるまでは, わかるん, わかれば, われて, ガクンガクンと, キリキリキリ, クサンチスの, クレーンの, グワッと, コントロールが, ジリジリ下, スクリーンの, スックと, スーッと, ドウモ感心しなかった, ニッコリ笑う, ノックアウトされ, ハヤブサ丸の, ヒラヒラと, ピンと, ピーンピーンと, ブランと, ポッと, ムクムクと, モダンガールさい, モダンガールだ, リイドし, 一しょに, 一二度つれ, 一人娘の, 一味の, 一番たのしかろ, 一番よく, 一面に, 三万円の, 三人に, 三河屋から, 三郎の, 下女の, 下手人だ, 下手人として, 不意に, 世にも大々的, 世間に, 世間の, 両方とも, 中ったという, 丹波の, 乃武江って, 久我さんを, 乱暴にも, 二人も, 二十面相だ, 二年ばかり, 五メートルほど, 京都の, 人手に, 人違いな, 人類全体を, 仇し, 今です, 今夜手筈の, 今後どんな, 仕損なったら戸野, 他の, 付目な, 以前よりも, 仲間を, 伊豆守様の, 何うも, 何かの, 何である, 何で江戸表, 何と, 何んかの, 何んにも, 何処の, 何者だ, 來る, 例の, 俺だったら, 俺には, 俺の, 俺達の, 元で, 先だ, 光線の, 全然持っ, 六日間, 写真を, 冷え切ったもの, 出て, 出刃包丁を, 出来あがったとき, 分らないと, 分らねえ, 判らない, 判らないと, 判決で, 利いたと, 効験あらわれず, 動き出して, 千両した, 卑怯だ, 厭に, 去年の, 又ユリア, 又執念深く, 又驚くべき, 反対に, 古風な, 向うの, 君ちやんを, 吾輩と, 品川へ, 品物を, 喋舌る, 嘔吐した, 嘘だ, 嘘も, 四人分の, 四尺近くも, 土左衞門にな, 在るの, 塔の, 墨の, 変な身じろぎ, 外れて, 夜叉に, 大きくなっ, 大きく伸び上っ, 大きなシダ, 大笑いで, 大笑ひで, 大鳥時計店の, 天国といった, 天王寺の, 失敗った, 奇妙な, 女結びに, 奸譎で, 好きだった, 妙に, 妾の, 娘を, 婆さんの, 嬉しいの, 宝物を, 実に手, 実は厄介, 寝て, 寝台の, 小舟に, 少々おかしい, 岸壁の, 崩れたばかりの, 崩れて, 左利きときてる, 巧く, 巧く当らなかった, 己の, 帰って, 幕切れに, 年中つない, 延びて, 弟の, 弟を, 当たったり, 当に, 当り前の, 彼れ, 後悔し始め, 心臓の, 心配だった, 心配で, 忽ち人間, 忽ち渦巻, 思いきり泣く, 急所だ, 恐かつ, 恐ろしかった, 息の, 悪いん, 悪人だったら, 悪病の, 我がお, 我慢なら, 戦争中ところによつ, 戦時と, 手ヒドイ神経衰弱に, 捕まつて, 掏摸の, 探偵趣味といふ, 揃って, 支那人の, 斑剥だ, 方々で, 明けっぱなしな, 明智を, 明智探偵として, 時々ワザ, 時間中に, 曲者討ち果たす, 有名な, 来たと, 来て, 来ること, 来ると, 来るの, 来るよう, 柳沢家に, 根に, 横暴だ, 横網河岸の, 機械じ, 欲しくて, 止むと, 此間クレビリヨンの, 死刑に, 死刑執行人断頭台の, 殺したの, 殺したん, 殺られた時, 気に入らねえん, 水に, 江戸中を, 池の上いっぱいに, 沢山つくっ, 泣きっ面, 派手な, 海に, 海を, 涙を, 無限に, 爆発しない, 片手間に, 犯人か, 犯人だ, 玉村君の, 瓦煎餅か, 甲州入墨と, 當てに, 疑わしいね, 病気持ちだった, 痛いもん, 百物語が, 皆目わからねえ, 盗んだと, 目付かった, 盲目縞の, 真実なら, 真正面を, 眼を, 知りたいの, 知りてえところ, 研師の, 破れたらさらにさらにもう, 私から, 移っては, 空に, 空中に, 空腹の, 立ちあがって, 立ち去ったころ, 笑ったの, 築土, 糸を, 紀州の, 素人には, 素晴らしいの, 素的な, 綺麗に, 総体に, 群衆の, 羽撃を, 考えものだ, 聞きたい, 聴きもの, 肉薄と, 胸の, 脚の, 腕を, 腰を, 腹の中の, 膨れ上がって, 自分で, 自動車の, 舞台の, 苦手な, 草心尼さま母子を, 落第し, 見つけて, 見事な, 解らない, 解らねえ, 言いおるには, 言うの, 言うん, 訊きてえだけの, 評判な, 詩を, 読めなかった日, 謡って, 贋物だ, 赤い焔, 足にも, 身に, 身を, 転げ落ち床, 載って, 迫り合うと, 逃げると, 逆だった, 透明人間と, 通るの, 通過する, 道具な, 邪魔した, 部屋の, 醒めて, 重いと, 金を, 金座の, 鉄の, 門を, 間違って, 陣十郎とかいう, 随分面白から, 隙が, 非常に, 面白くない, 頭上を, 風船で, 飛んで, 食わせものだ, 首を, 駕籠の, 鬱して, 魔法を, 鳴いたの, 黒瀬次郎という, 鼻眼鏡を

▼ そいつ~ (285, 5.0%)

8 顔を 4 顔は 3 いうこと, 名は, 姿が, 手から, 背中を, 言うこと, 頭を

2 [21件] からだは, ことを, ために, まんなかに, 中の, 出帆に, 口から, 名を, 始末を, 姿を, 子供だって, 家へ, 居どこを, 左の, 手が, 手に, 皮を, 眼が, 頭に, 頭は, 顔が

1 [210件] あいずで, ありかさえ, いいつけ通り, いやな, うしろに, うしろ姿を, おかげで, おれたちを, からだだった, からだを, ことで, これは, ごまかしと, しまつ, すがた, すべての, せいだ, せがれので, そばから, たてた声, とけへ, ところへ, どこが, なかに, はうはは, ふくらんだ腹, ほかに, まわりには, もとの, やる仕業, ピストルを, プディングの, 一味に, 一族の, 一番得意の, 不具の, 両の, 両親と, 乾分の, 事を, 二つの, 云うこと, 亭主という, 人生観が, 人相を, 人相書きから, 仏訳を, 仕業だ, 仕業だろう, 仕業な, 仕返しを, 仲間が, 住所です, 倖せだ, 側に, 兄貴は, 内弟子の, 再検討, 写真が, 刀を, 剣で, 助手は, 匂を, 化けたの, 口さきに, 口に, 名まえ, 名前は, 呪が, 命は, 唇は, 執心よりは, 声は, 売り込んだ金魚, 大学は, 奸策が, 娘が, 娘を, 子を, 子供を, 存在を, 尻尾にも, 尻尾を, 尻馬に, 尾行を, 居どころも, 巣は, 帰るとき, 帰るの, 幅広い背, 廻し者かなんぞの, 廻し者よ, 弁当を, 弟子に, 形は, 形跡が, 影が, 得物を, 思いも, 急先鋒が, 性質から, 恐ろしい頭, 悪だ, 悪口が, 情夫志水幹之, 意志の, 懐から, 懐中を, 手がかりが, 手と, 手の, 手は, 手を, 手下に, 手助けを, 手足を, 昇り坂の, 替に, 根本は, 槍の, 槍を, 横っ面を, 横つ, 横面を, 横顏は, 正体が, 正体を, 武器を, 残忍な, 気配を, 泊った旅籠, 浴衣に, 涙も, 満足の, 演出の, 激情の, 無作法と, 熱い息, 父親も, 犯罪と, 犯罪に, 發展を, 皺を, 目玉を, 真似を, 眷属等, 眼差しの, 眼玉が, 私宅を, 突を, 素ッ首を, 縁で, 肉を, 背に, 背中か, 背後に, 胸の, 胸へ, 腦天に, 腹へ, 行った道, 衣裳を, 襟が, 襟首を, 親な, 言い分が, 言い分がい, 言い分を, 言ってる秩序, 話で, 話と, 話に, 貸元へ, 赤いくちびる, 足を, 足取りを, 足跡らしい, 足音が, 身体を, 身体検査を, 近くへ, 通る路, 道具に, 邸へ, 部下の, 部屋へ, 金と, 金を, 釦を, 鉄杖で, 鐺で, 頤を, 頭が, 頭には, 頸動脈を, 頸根っこへ, 顔へ, 顔ほど, 顔色を, 風体は, 食い欠いた残り, 首根っこを, 馘を, 馬鹿らしい機械仕掛, 骨ばつた肩を, 髭っ, 鼻っぱしを, 鼻ときたら, 鼻は, 鼻面を

▼ そいつ~ (194, 3.4%)

7 いけねえ 5 大変だ 4 よかった 3 お前の, 何う, 豪儀だ 2 いけません, だめです, どうもいけません, 不可ん, 気の毒だ, 知らなかった, 素敵だ, 面白え, 驚きましたね

1 [151件] あべこべだ, ありがたい, ありがたいこっ, あんまりだ, いい思いつき, いい所, いい方法, いい首尾, いえねえよ, いけない, いけねえよ, いったいどこ, うっかりしよう, えらいな, えらいも, おもしれ, きっと心理的, こっちで, この間まで, しかし解らねえ, すてきだ, そのはず, たいしたもん, たいへんだ, たれにも, だがまあ, ちっとも知らなかった, ちっと思い, ちっと良, ちとさっそく過ぎます, ちょっくら, ちょっと二の足, どうだ, どうでも, どうとも, どうもご苦労, どうも困りました, どうも弱りました, どんなに愉快, ひどい, まあ, まあ夢, まあ天狗, まずい, まずいや, まずかった, またどういう, まっさきに洗った, やけと, よく分らね, モダンだ, 一つ勘弁願いてえ, 一度は, 一種の, 下らない, 不可ません, 不思議じゃあ, 不思議だ, 世間に, 云えねえ, 今も, 僕が, 僕の, 兄さん俺の, 先が, 分って, 分らないが, 初耳だ, 初耳です, 勘弁し, 北方から, 十分承知だ, 危え, 君の, 問題が, 問題外だ, 啓次の, 嘘だらう, 困ったな, 困ったね, 困ったろう, 困つたな, 困つたなあ, 困る, 困るな, 困るなあ, 國寶ものだ, 大事だ, 奇妙だ, 奇縁です, 奇遇だ, 好色で, 如才の, 妙案だ, 安心しねえ, 少し變, 差しの, 師匠の, 度々の, 弱ったな, 弱つたな, 弱るよ, 当てに, 待って, 御免を, 心配する, 念の, 悪かった, 愉快だ, 拝んで, 掏摸よ, 新しい, 有難い, 有難い今夜, 有難え, 有難くねえ, 本位田の, 気が, 済まねえのう, 火に, 無理じゃ, 無理です, 無茶だ, 無駄です, 牢人が, 甚右衛門に, 疑いだけの, 皆火事場の, 知らなん, 知りませんが, 礼を, 神様ばかりが, 結構だ, 縁起でも, 耳よりだ, 行って, 表向きお上を, 親分も, 観世さんから, 豪儀な, 豪勢だ, 豪気です, 豪気な, 道楽でございます, 遠いや, 闇雲わからねえ, 阿房宮の, 頼もしいや, 飛んだ茶番, 黄米酒だろう, 鼻が

▼ そいつ~ (136, 2.4%)

2 のこと, の一人, の顔, はあの, はこの, はどう, はどこ, は死ん

1 [120件] あいい加減, からこの, がいい, がお化けみたい, がきっと, がこの世, がその, がみんな, がズカズカ, がドヤドヤ, が一どきに, が他, が会, が備前屋, が動き出し, が可哀そう, が四十六人, が坊主, が宅, が待っ, が犇, が異口同音, が盗ん, が私, が科学的, こそ真, だけで, だけでも四十人, だと, でごぜ, とはとうとう, と一, と一緒, と僕, と同級生, と張り合ってる, と戦わね, と逢い口説いた, と黒田組, どうせ地獄, にじかに, にとり, にやっ, に取っ, に姫君, に次々, に武芸, に脅された, に腹一杯, のいどころ, のため, ののど笛, の中, の仕業, の仲間, の体, の加勢, の女房ども, の害悪たる, の影, の意, の手, の旅, の糞, の細首, の逃げ道, の連名, の騷ぎ, は, はいったいなんと, はお, はお前, はそいつら, はそれで, はなにか, はまったく, はむこう, はらん, はわたし, は世にも, は人目, は何者, は大, は大きく, は妙, は本物, は正体, は死人, は海峡, は私, は紫錦さん, は自分, は蝙蝠, は行方不明, は金, は鰭, めがけて, もやられ, も芋づる, をそのまま, をなぐっ, をばか, をぽんぽん, をみんな征服, を五六名, を使っ, を助けなかったら, を引き入れた, を引っぱり出せ, を御殿, を憎ん, を戦士, を手馴, を撃墜, を殴った, を無くなし, を皆病気, を立派, を追っぱらっ, 逃げ切ったか

▼ そいつ~ (130, 2.3%)

3 違いない 2 すっかり欺, 気が, 身を

1 [121件] あの花, ありついたって, いきなりお目にかかる, いろいろな, うらみが, おなりなさいまし, お前さんが, かかずらうよう, かかって, かじりついて, きくと, くれちまえいまいましかろ, ぐわんと抗議し, この三尺, さわって, したん, その女, たきつけられたの, たたるなんて, ついてる助手, つかまったが, でくわしたらぼく, どんな物, なんにもたのまなかった, ふかふかと, ぶつかったという, ぶつかりたいもの, まかせ帰るふり, めげては, ものを, やられた, やられて, やられると, キスする, ポケットへ, 一つ命題を, 一晩ぢう, 中ると, 乗つて, 乗つてさ, 乗り上げたらおしまい, 云った, 云って, 任せて, 俺は, 入って, 出あったら正体, 出て, 出会いたかった, 出会うかも, 出会うこと, 出会したこと, 勝たれて, 勢ひ, 十二といふ, 占領され, 危く真正面から, 取っつかれて, 取っ憑かれると, 召集令状が, 呉れちまえその, 寄せつけないよう, 就いて, 引かれるよう, 引っかかるよう, 弱ってるん, 心あたりが, 思ひ知らして, 意趣返しを, 慣れて, 手伝つて船を, 手首を, 押し立てて, 掴みかかって, 日本語を, 普通の, 楯突いた奴, 極印を, 比べると, 気がつかなかったの, 気がつけば, 気が付くと, 浪が, 焼き殺されかけたの, 照らされた薪十郎, 熨斗を, 獅噛み付く, 生け捕られて, 當が, 目が, 答えるよう, 縛られて, 肉を, 背を, 脅かされるぜ, 脾腹を, 腰を, 薄栗毛, 血だらけの, 袴様が, 見せたが, 見舞われると, 訊いて, 話して, 誰が, 誰も, 譲って, 跨がって, 逢った, 逢って, 逢つて見よう, 連れて, 遅れちゃ, 違ひない, 酒手を, 釣り込まれて, 限るいったん, 非常に, 飛天夜叉めが, 食われて, 駆けさせりゃあ

▼ そいつ~ (112, 2.0%)

3 よかろう 2 いっしょに, 今は, 仕方がねえ, 手を, 眠剤の, 私には, 連れて

1 [95件] ああと, あの屋敷, あの頃ホガアス書肆, あるけれどね, あるね, いいとして, いやだ, おとなしい子, かくいう, こいつも, ここへ, これは, ご同様, ご存知ない, しばって, そうだ, ただ煮てる, ちょっと大袈裟, ちょっと手控え, ときに, なみの, にせものだ, ばちじゃ, ぼくの, まずいや, またいつ, また少し, また手, まだいい, まるっきり知らねえ, まんざら知らねえ, みんな女の, むつかしくなる, やっぱりメード, ゆっくりと, 一つタカノコモコと, 一案だ, 並の, 今に君, 今の, 伊太郎に, 側杖を, 偽物だ, 出来ないねえ, 分らん, 十七八の, 同じこった, 周章ただしい, 学の, 學のせゐだらう, 察して, 小説に, 店を, 影法師の, 御金蔵破り, 承知で, 拾って, 搦め捕ったか, 数学者かい, 斬られたん, 早くなる, 止むを, 残念だ, 殺されて, 気が, 水野を, 江戸開府以來ぢや, 江戸開府以来じゃ, 決まって, 消えて, 然し行つて, 煤の, 片輪, 生きてからの, 相当な, 真ッ平, 知って, 知らぬくせ, 知らねえかね, 確定的の, 突き止めるん, 突き留めるん, 考えたいち, 至極もっともだ, 落首では, 西洋人だ, 見つかりましたか, 覚えちゃ, 覚悟さ, 解らない, 透明な, 面倒か, 駄目だ, 魔人の, 鳴り出すの

▼ そいつ~ (58, 1.0%)

2 いい, いけねえ, いけません, でかした, よかった

1 [48件] あんまりひで, いいっこなし, いい所, いい考え, おかしいです, おかしいね, おつだ, お互, くれぐれも啓之助様, しまった, しまったなあ, たいへんだ, たしかに勝頼, ちょうどいい, とんだ失礼, とんだ鼬, どうも困りました, どんなも, なおいけ, なんとも悪かっ, また, まだ親方, よくねえ, よしねえ, よッ, 今ぢ, 今松, 偉いへえ, 判らんですが, 呆れた, 困った, 困ったのう, 困るよ, 好いな, 御挨拶, 惜しい, 断る, 有難え, 有難て, 美しい生物, 聞えません, 聞くにも, 言えねえ, 面白い, 面白い話, 面白れえ, 馴れて, 驚いたな

▼ そいつ~ (31, 0.5%)

2 なしに, 切って, 舳に

1 [25件] あの臺所, こう一旦返す, めしを, もって, やろうじゃあ, グーッと, 一杯だ, 上手に, 俺らも, 僕が, 包むよう, 君も, 四苦八苦し, 困って, 圭太を, 小一郎は, 斬って, 構わず云い続けた, 機嫌を, 毆される, 血を, 走り廻っ, 釣りに, 馬を, 鼻の

▼ そいつ~ (22, 0.4%)

4 いけねえ 2 いって, どうも, よかった

1 [12件] うまい考え, おいらも, おもしれ, すまなかったの, ちと責め, はご苦労, よく言った, 夢に, 尚更初耳, 物好きだ, 豪勢だ, 駄目だ

▼ そいつ~ (19, 0.3%)

2 咬み着くの, 火を

1 [15件] お前目を, つけ込んだの, 付け込んだの, 唾を, 干菓子を, 持って, 掛けると, 注意を, 眼を, 落っこったん, 近づいて, 金を, 飛び込んだ, 食い下がって, 食い付けば

▼ そいつ~ (18, 0.3%)

32 きゃあ云っ

1 [13件] がむずかし, が婦人, つて何だか, な, なそいつ, ねこ, ねこわい, まちげえ, よ偏頗, んネ, 居所攻めだ, 見当が, 親分

▼ そいつ~ (15, 0.3%)

1 [15件] とつ換へ, ツルんで, 二人きりで, 僕と, 分った, 切れるの, 別れたくないばかりに, 喧嘩する, 始終喧嘩, 巡り逢い討って, 必ず出会, 決めよう, 結婚し, 絶交するであろう, 身ぐるみの

▼ そいつ~ (14, 0.2%)

4 間違えっこなし 1 ちっと, ちっと困りました, どうも, どうもならねえなっ, 儲けたな, 困ったろう, 悪かった, 本当に綺麗, 間違えっこなしさ, 驚いた

▼ そいつ~ (14, 0.2%)

1 [14件] が一切, が先生, が業務, だと, の中心, の人数, の名前, の後姿, は, はかつて, をなん, を引っ張っ, を率い, を見つけ出し

▼ そいつだけは~ (12, 0.2%)

2 やめた方 1 かんべんし, どうか, どうした, ゆるして, 信じて, 出来かねますなあ, 助かったん, 勘弁し, 御勘弁, 心配する

▼ そいつから~ (11, 0.2%)

1 [11件] いま電話が, きいた話, 一番に, 億百千の, 先に, 奪いとること, 惣八に, 来て, 考えるの, 逃げ, 顔を

▼ そいつには~ (7, 0.1%)

2 大した用事 1 いつも女中, おそろしく長い, 二つの, 彼が, 頭が

▼ そいつはね~ (7, 0.1%)

2 おれの 1 三等に, 今しがたこの, 入ろうと, 本当の, 風の

▼ そいつばかりは~ (7, 0.1%)

2 ごめんだ 1 いけません, しようがないだろう, 保証が, 御免です, 誰にも

▼ そいつあいけねえ~ (6, 0.1%)

1 かあい, ぜ, そいつは, そのまんま, な, 此処へ

▼ そいつア俺~ (5, 0.1%)

2 にも解らねえ 1 が使, にも解っ, の云う

▼ そいつあお~ (4, 0.1%)

1 あいにくさまです, もしれえ, 互云わねえ, 誂えむき

▼ そいつこそ~ (4, 0.1%)

1 本当にあぶない, 現場附近に, 稀代の, 越野が

▼ そいつにも~ (4, 0.1%)

1 分けて, 弱つて, 言いたいこと, 誰か

▼ そいつはな~ (4, 0.1%)

3 雑作ない 1 雜作ない

▼ そいつさえ~ (3, 0.1%)

1 取れば, 当たりが, 男の

▼ そいつじゃ~ (3, 0.1%)

1 ないん, ねえの, 一締めに

▼ そいつ~ (3, 0.1%)

1 ことを, ツても, 気持に

▼ そいつだけが~ (3, 0.1%)

1 すばらしい事, 水面へ, 自分を

▼ そいつとは~ (3, 0.1%)

1 おなじみでし, 別にはっきりした, 半年くらい

▼ そいつはか~ (3, 0.1%)

2 あいそう 1 あいさうだ

▼ そいつ~ (3, 0.1%)

1 いよいよ腹, が人さらい, が時計

▼ そいつア大変~ (3, 0.1%)

21 だお茶受

▼ そいつあまた~ (2, 0.0%)

1 とてつもなく奇妙, 格別です

▼ そいつ~ (2, 0.0%)

1 その女, 癖だ

▼ そいつかも~ (2, 0.0%)

1 しれない, 知れません

▼ そいつがね~ (2, 0.0%)

1 だんなちっと, 浴衣の

▼ そいつだけ~ (2, 0.0%)

1 ぢや, なん

▼ そいつだって~ (2, 0.0%)

1 あぶねえもの, 乞食じゃ

▼ そいつだろう~ (2, 0.0%)

1 あとは, ということ

▼ そいつです~ (2, 0.0%)

1 ね, よ先生

▼ そいつでも~ (2, 0.0%)

1 売らせて, 飲もうよ

▼ そいつ~ (2, 0.0%)

1 のです, んだ

▼ そいつなら~ (2, 0.0%)

1 ゆうべも, ポケットに

▼ そいつはと~ (2, 0.0%)

1 なんかの, 少々逡巡

▼ そいつはよ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ そいつ~ (2, 0.0%)

1 ッかりゃ, 思い切ったもん

▼ そいつまでは~ (2, 0.0%)

1 仰しゃらずに, 聞きませんが

▼ そいつらみんな~ (2, 0.0%)

1 つかまえて, をびしゃびしゃに

▼ そいつら二人~ (2, 0.0%)

1 は今, は孫

▼ そいつアこっち~ (2, 0.0%)

1 から聞きたい, で云う

▼ そいつアほん~ (2, 0.0%)

1 とか, との渡り

▼ そいつア初耳~ (2, 0.0%)

1 だ, でした

▼ そいつア本当~ (2, 0.0%)

1 で, でげす

▼ そいつア豪儀~ (2, 0.0%)

2

▼ そいつ~ (2, 0.0%)

1 がおれ, が魂

▼1* [127件]

そいつぁあんまり無理ですぜ, そいつぁうめえこった, そいつぁお断わりだ, そいつぁおめえに似合わないて, そいつぁお前のため, そいつぁちっと迷惑だね, そいつぁまあどっちにし, そいつぁまず申分のない, そいつぁよっぽど強い奴, そいつぁわからねえがとにかくあれ, そいつぁ不可ねえ, そいつぁ乙だ一番, そいつぁ些と早い, そいつぁ勘弁ならねえ, そいつぁ大変だッ, そいつぁ己の流儀, そいつぁ思い付きだ, そいつぁ成程ひとり, そいつぁ敬遠というもの, そいつぁ次郎君少しどうかし, そいつぁ滑稽だったろうな, そいつぁ耳寄りだ, そいつぁ趣向だ, そいつぁ駄目だ, そいつあいいが待て, そいつあいいしてやろうそこで早速, そいつあご無理だ, そいつあさいわいだ, そいつあてんから無理, そいつあほんとかね, そいつあもっけもない, そいつあわからねえ話, そいつあ大變だ, そいつあ好かつた, そいつがかはって, そいつがさそいつが, そいつがさつぱり俺にや判らねえ, そいつがなその賛, そいつがなあかう言, そいつがのッそり, そいつきっと外国人に, そいつこそは地上を, そいつこの辺に, そいつこ飯も食べる, そいつそいつア秣の山, そいつた映畫に, そいつだけを尊敬し, そいつってのは, そいつごらん, そいつてくろ, そいつてもまあ丑松さん, そいつでないかと思う, そいつではないか, そいつときたらこの退屈, そいつどもの居る, そいつならむこうへかけ, そいつに対する彼女の, そいつのなわを, そいつはくない, そいつはちよつと困, そいつはね死んだら何んにも, そいつはやッけ, そいつばかりゃせっかく, そいつばかりをひどく大事そう, そいつばり勉強してる人達, そいつば打ちに行く, そいつへの見せしめにも, そいつまたわたへ, そいつまでがじぶん, そいつもてまえのいた床几, そいつよっぽど好きと, そいつよりも親切ご, そいつらふたりをやっつけ, そいつら揃いも揃っ, そいつら馬鹿だったの, そいつをがーんと, そいつをとやこういうわけ, そいつをねどうせ江口, そいつをネどうでしょう, そいつァおめえ, そいつァ御無理でげす, そいつアお前も知ってる, そいつアひでえいえ, そいつアほんとですかい, そいつアオメデてえな, そいつア一本参った, そいつア不可ねえ, そいつア仕方ねえとしても, そいつア側に竹屋様, そいつア別に大した, そいつア剛気だ, そいつア危険だ, そいつア参つたね, そいつア名案だ, そいつア向うでいってる, そいつア嘘だぜ, そいつア土蔵破としての, そいつア変ですねえ, そいつア大へん, そいつア大事だ, そいつア始めっから, そいつア強気だのう, そいつア御免を蒙りやす, そいつア旦那お誂え, そいつア是非ともお, そいつア気がつかなかった, そいつア気の毒しちまったな, そいつア無理だ, そいつア無謀だ, そいつア理屈だ, そいつア痛かッ, そいつア秣の山, そいつア苦手だナ, そいつア見物だ, そいつア逆ですな, そいつア進藤甲吾てん, そいつア鶏の啼き, そいつウーは知らなかつた, そいつセントルイスにいる, そいつ一人ぎりかほかに連れ, そいつじゃア, そいつったろう, そいつを高く, そいつ捕まえてくれっ, そいつ眠剤だな, そいつ見たさに, そいつ頃新婚旅行はどこ