青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「する~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

すべき~ ~すべて すべて~ ~すまし すまし~ ~すみ すみ~ ~すむ すむ~ ~する
する~
~するだろう ~するであろう すると~ ~するなら するなら~ ~すれ すれ~ ~すわっ すわっ~ すん~

「する~」 318595, 3060ppm, 29位

▼ する~ (37667, 11.8%)

461 いふこと 308 彼は 301 云ふ 233 すれば 173 私は 153 それは 143 いって 132 これは 124 それが 122 云って 118 なると, 彼女は 113 今度は 98 それを, 私の 95 急に 93 いふの 88 言ふ 86 そこに, 女は 85 すぐに 82 言って 81 自分の 77 彼の 69 いうので 67 いう, 思って 60 云うこと 55 そこへ 52 こんどは 50 何か, 僕は 46 云うの 43 そこには 42 いふ事, しよう, 云ふこ 40 その男 39 なれば, 次の, 男は 37 今まで, 先生は 36 いっても, 一人の, 他の 35 それに, 云う事 34 同じよう 33 どうした, 彼女の, 私が 32 そのとき 31 その中, その時, 云っても 30 例の 29 いふので, わたしは, 非常に 28 かれは, 彼等は 27 いうよりも, そこの, 老人は 26 あなたは, 二人の, 二人は, 家の, 母は, 相手は 25 いけないから, ここに, その人, 父は 24 いうが, しないとに, ふいに, 自分は 23 あの人, いうと, いうところ, する, 云うよう, 書いて, 聞いて 22 あれは, いうだけ, これも, その声, 人の, 女の, 承知しない 21 それまで, 中から, 人間の, 僕の, 同時にその, 君は, 見えて 20 妙に, 思う, 日本の, 言った 19 これが, せば, そこから, ちょうどその, ほかの, 不意に, 今の, 娘は, 思うと, 称して 18 いふ, その下, 主人の, 云った, 否とに, 妙な, 此の 17 お前は, かれら, さう, 不思議な, 同時に, 自分が, 見て

16 [16件] いうから, これを, それから, もうそれ, わたしの, 一種の, 一緒に, 主人は, 同時にまた, 向うの, 夫人は, 意外にも, 相手の, 考えられる, 言うの, 部屋の

15 [17件] あとは, あなたの, いつて, いわれて, だしぬけに, またし, みんなは, 云う, 俺は, 奥の, 思います, 思うの, 手を, 申して, 直ぐに, 自分で, 隣の

14 [20件] ある日, いい, いうだけの, いう時, いえば, そのうち, どうでしょう, ひとりの, もう一人, パッと, 下手人は, 云えば, 云つた, 何を, 同時にこの, 同様に, 女が, 彼が, 急いで, 犯人は

13 [15件] いうよりは, いった, お前の, その女, 俺の, 出て, 同時に私, 同樣, 命が, 帰って, 庭の, 彼も, 後ろから, 或る, 母が

12 [19件] いままで, お思い, お母さんは, この事件, その日, それも, それらの, どこか, どこからか, 何かの, 前の, 君の, 大変だ, 彼らは, 母の, 気が, 私も, 見るの, 飛んでも

11 [28件] あいつは, あとで, あとの, いうのに, いふわけ, いへば, こいつは, ここは, しようか, すぐその, するならば, そのま, その夜, ふしぎな, われわれは, 丁度その, 云うので, 云われて, 仮定し, 仮定すれ, 同時に自分, 外の, 後から, 水の, 第一, 考えること, 自分も, 誰か

10 [38件] ある, いうて, いうほど, いうより, いけないと, この家, これらの, さっきの, すると, その瞬間, それと, それには, たいへんな, ほんとうに, 一つの, 三人の, 下の, 不思議に, 今でも, 何の, 何も, 僕が, 先に, 同じやう, 大変な, 女房は, 子供は, 少年は, 廊下の, 彼女が, 心が, 最初は, 眼を, 罰が, 話が, 誰も, 足が, 黙って

9 [42件] いいん, いうほどの, いけませんから, いつもの, おれは, しばらくし, そのあと, その手, どうだ, どこかで, どこからとも, またその, むこうの, 二人とも, 二階の, 云つても, 人々は, 体が, 信じて, 元の, 先生の, 博士は, 同時に彼, 妻は, 思ふ, 次郎は, 男の, 私を, 約束した, 考えて, 考えるの, 自分を, 自然に, 言っても, 誰でも, 逆に, 隣りの, 頭が, 頭の, 頭を, 顔を, 驚いたこと

8 [61件] あなたも, あの女, いいわ, いうに, いつでも, いふに, いろいろな, おじいさんは, おれの, お米, ここでも, こっちが, これに, こんなこと, さすがに, さっきから, そのなか, その前, その顔, なんの, もうひとり, われわれの, 人は, 今日の, 側に, 八五郎は, 前に, 右の, 同じ事, 同一の, 向うから, 否とは, 大變, 夫は, 娘の, 子供の, 山の, 平次は, 店の, 後の, 思った, 思ったの, 思つた, 思われる, 明智は, 昔の, 母親は, 水が, 町の, 私には, 窓の, 考えられて, 考へて, 胸が, 葉子は, 表の, 誰が, 近所の, 門の, 静かに, 非常な

7 [59件] いえども, いふが, いふところ, うしろから, かの女, きみは, こちらの, これには, これほど, したならば, そいつが, そこは, そのたび, その間に, それこそ, どうなる, どこかに, なぜか, ふたりの, また一人, みえて, ガラッ八, 一人で, 主張する, 二つの, 二人で, 云うて, 云ったよう, 伸子は, 博士の, 台所の, 君が, 夜中に, 奥から, 女中は, 左の, 彼女も, 心の, 思ったから, 戻って, 扉の, 扉を, 手に, 早くも, 机の, 氏は, 気の, 法水は, 流石に, 眼が, 眼の, 私に, 約束を, 自分に, 見える, 言つた, 言つても, 述べて, 馬は

6 [129件] あちらに, あとから, あれが, いうても, いうとき, いうには, いう以外, いっしょに, いふよりは, いふよりも, いまの, いやな, おばあさんは, おれが, お母さんが, くるりと, ここで, ここの, こちらが, この女, この時, この頃, これで, したらそれ, すぐ, せっかくの, そのお, そのため, その家, その方, その晩, そばに, それにつれて, そんなこと, どういうこと, どこに, また, またそれ, みんなが, 一人は, 一日の, 下から, 世間の, 之を, 云うん, 云ったが, 云つてゐる, 云て, 云わねば, 人を, 人間は, 仕方が, 件の, 何うし, 俄に, 僕も, 先刻から, 八五郎と, 其処に, 又, 叔母は, 口を, 同じに, 同時にこれ, 同時に一方, 同時に他方, 吾, 問題は, 困るから, 変に, 外から, 夜が, 夜の, 奥さんは, 妹は, 妻の, 姉は, 婆さんは, 子供たちは, 客の, 家に, 容易に, 巡査は, 平岡は, 年の, 廊下に, 彼には, 彼らの, 彼方の, 後に, 思えば, 悪いから, 我々は, 斯う, 最初に, 森の, 死んで, 涙が, 父が, 父の, 玄関の, 王さまは, 病人は, 皆は, 確かに, 秀吉は, 第二, 約束し, 細君は, 老人の, 考へた, 船長は, 血が, 言うん, 言ひ, 言われて, 許さんぞ, 誰かが, 警部は, 足の, 身の, 途中で, 途端に, 遠くから, 鏡の, 階段の, 障子の, 顔の, 風邪を

5 [160件] あちらの, あとに, あなたが, あの方, あの男, いうならば, いうまで, いう以上, いう所, いけない, いふだけ, いふだけの, いまにも, いわれる, うちの, おまえの, お杉, お蝶, お角, お通, こういうこと, こうである, ここへ, この二つ, この人, この場合, この男, さうし, すぐ眼, すべての, そいつは, その, その人たち, その姿, その死体, その窓, その途端, その音, その頃, ただの, ちやうど, ちょうどそこ, ちよつと, とんでもない, どこから, どれも, どんなこと, なんじゃ, なんです, にんじんは, ひどい目, ふたりは, ほんとうの, またそこ, みつばち, みんなも, むこうから, わけも, ハッと, 一方の, 両手を, 主人が, 之は, 云うが, 云うに, 云う意味, 云う点, 云う風, 云ったの, 云ひ, 亭主は, 人々の, 人が, 人に, 人間が, 今度の, 仮定する, 仲間の, 信長は, 傍の, 僕には, 先の, 先刻の, 先師は, 八五郎を, 別の, 前から, 半七, 又それ, 同時に今, 同様の, 土間の, 地面に, 声が, 変な, 夫人が, 女中が, 妹が, 娘が, 子供が, 学者は, 客は, 小僧は, 小屋の, 川の, 庭と, 当時の, 彼を, 思うか, 思うて, 思つたら, 思ひます, 意外な, 承知しねえ, 日本人の, 明日は, 昨夜の, 是は, 暫くし, 曹操は, 最初の, 最後に, 月の, 朝から, 果してその, 案の, 次には, 殿下は, 水を, 犬は, 現在の, 畳の, 皆が, 目が, 目の, 直き, 矢庭に, 祖母は, 神谷は, 紳士は, 縁側に, 縁側の, 老婆は, 考えたの, 考える, 腹の, 自分でも, 自身すら, 船の, 色々な, 血の, 見る間, 見れば, 言うこと, 言うて, 言ったの, 身体を, 階下の, 雨の, 馬鹿に

4 [288件] あたりの, あちらから, あのお, あの恐ろしい, ある時, いいだした, いいと, いいの, いうでも, いう日, いきなり, いきなり後ろ, いけません, いっては, いつまでも, いふほど, いふもの, おかあさんは, おかみさん, おばあさんが, お吉, お時, お祖母さんが, お絹, かれが, こ, こうな, このよう, この島, この自分, この話, この辺, これと, した, しましても, すぐ私, その二人, その人間, その場, その娘, その子, その子供, その拍子, その火, その理由, その白い, その眼, その紳士, その結果, その翌日, それ等の, そんなら, たちまちに, だ, だれも, つぎの, つづいて, でも言, とんだこと, どういうわけ, どうで, どこかの, どこへ, どちらが, どんな事, なか, なかから, ならば, なんだ, ひそかに, ひとりで, へんな, みて, もうその, もう私, もう鷺, もしかしたら, やがてその, やはり同じ, よいの, わしは, わたくしの, プーンと, 一人が, 一同は, 一番先に, 一般である, 三つに, 三吉の, 三吉は, 上の, 不思議にも, 中に, 事が, 二日も, 云う条件, 云つ, 云はれる, 云ふと, 云ふも, 云われたの, 云われる, 今までの, 今度も, 今日は, 以前の, 仮定するなら, 何かに, 何が, 何と, 何にも, 何時もの, 何者か, 俄かに, 俊夫君は, 信ずること, 俺が, 俺も, 倭, 傍で, 兄の, 入口の, 全身の, 其奴が, 出会い頭に, 別な, 博士が, 参木は, 又その, 又平岡, 叔母さんが, 右手の, 司令部の, 同じ程度, 同時にそれ, 同時に人間, 同時に他, 同時に例, 同時に又, 同時に尊徳, 同時に日本, 向ふ, 否とを, 周瑜は, 四人の, 四人は, 四方から, 城太郎は, 塀の, 声を, 夏の, 多少の, 夜に, 夢の, 大切な, 大勢の, 大抵の, 女の子は, 女房が, 女王は, 婦人は, 宣言した, 容易ならぬ, 宿の, 寝て, 少くとも, 少しは, 少しも, 少女は, 居た, 居ても, 師匠が, 庭に, 彼等の, 往来の, 忘れて, 思はれる, 思ひがけ, 思ふと, 思ふん, 慌て, 慌てて, 成程, 扉が, 手が, 手は, 承知しません, 承知せん, 持って, 指が, 支店長は, 教室を, 新たに, 日本は, 明日の, 昔は, 普通の, 最後の, 月に, 朝倉先生が, 木の, 本人は, 東京の, 東野は, 栄子は, 横に, 橋の, 正三は, 正面の, 武蔵の, 武蔵は, 死骸の, 気に, 泣いて, 海の, 煙の, 父親が, 爺さんは, 片方の, 犬が, 犯人が, 犯人の, 猫が, 猿は, 王女は, 申します, 申すの, 男が, 番頭の, 異常な, 疾風の, 病気に, 目に, 相手に, 真面目な, 眠って, 知恩院の, 石の, 私達は, 立派な, 答えた, 箱の, 米友は, 続いて, 美奈子は, 群衆は, 翁は, 考えられるが, 考えられるの, 肝心の, 背後から, 自分ながら, 自動車の, 舟の, 船が, 船頭の, 色々の, 若者は, 茶の間の, 襖の, 見せかけて, 言い出した, 言う, 言っては, 言つ, 話は, 誓った, 読者は, 謂ふ, 警官は, 足を, 身体が, 身体は, 逃げて, 道の, 金の, 長くなります, 阿母さん, 際限が, 雨が, 順一は, 風が, 風の, 飛んだこと, 馬が, 驚いて, 魏法師は, 鳥の

3 [574件 抜粋] ああこれ, あいては, あそこの, あって, あのこ, あの娘, あの子, あの時, あり, ある夜, あんたの, いうほどに, いう如きこと, いけないし, いずれも, いたいけな, いたしましょう, いったが, いつと, いつの間にか後, いつもその, いふでは, いふでも, いふもん, いろいろに, いろいろの, いわれても, うしろの, うなぎは, おじいさんが, おっしゃるの, おばさんは, お光, お国, お婆さんは, お房, お柳, お梅, お浜, お清, お父さんや, お玉は, お祖母さんは, お粂, お蔦は, お豊, お銀様, お静, お駒, かえってその, かの男, きつと, きょうの, こいつあ, こいつの, ここには, こちらへ, こっちから, この, このとき, この国, この子, この室, この歌, こりや, これまた, これまで, これより, こんなふう, こんな風, さきに, しからば, しずかに, しぜん, したら, しまいには, しまいまで, しますと, すぐそれ, すぐまた, すぐ出, すぐ前, すぐ隣, すつかり, そうなる, そこにも, そこらの, そこを, そそくさと, そとから, そのうしろ, そのこと, その上, その刹那, その力, その向う, その場合, その大, その後ろ, その時代, その本, その次, その武士, その水, その流れ, その答え, その者, その船, その蔭, その言葉, その足, その返事, そばの, それだけで, それだけでも, それだけの, それへ, それより, たくさんの, たちまちその, たまたまその, だね, だよ, だれか, ついさっき, てめえは, ですか, でも云, でも思, どういふ, どうしてもこれ, どうだろう, どうです, どうもこの, どこで, どこも, どのよう, なにかの, なんでも, ぴたっと鳥, ふいと, ふしぎに, ふと彼, ほんものの, ぼくの, まずその, またこの, またすぐ, またやって来, また元, また別, また同じ, また眼, みせて, むす子, もう何, もう彼, もしや, もつと, ものの, ややあっ, ゆうべの, よい, よいと, よその, れいの, オルガは, ガラツ八は, グイと, コツコツと, ジャックは, ジョンは, スーッと, テーブルの, ドアの, バラバラと, ホテルの, ポチは, ローリイが, 一体どこ, 一度に, 一度は, 一所に, 一方に, 一日に, 一時に, 一軒の, 丁度そこ, 七郎は, 三吉が, 三月も, 上に, 下では, 下駄の, 不安に, 世間では, 中の, 丸で, 事件は, 事実は, 二人が, 二本の, 云い出したが, 云うから, 云うと, 云うのに, 云うもの, 云う事実, 云う時, 云う訳, 云った方, 云はれた, 云へ, 五つに, 亭主の, 人間を, 今から, 今は, 今井は, 今夜の, 今朝の, 仰有, 伊織は, 伝えられて, 何でも, 何という, 何ともいえぬ, 何処の, 何者かが, 余りにも, 作者の, 信じたもの, 傷の, 僅かに, 僕を, 僧は, 兄が, 兄は, 先ず第, 先方も, 入れ違い, 全身に, 全部の, 共にまた, 兵馬は, 内に, 内野さんが, 出会ひがしらに, 出合いが, 初めの, 前にも, 前へ, 前よりは, 前後の, 動悸が, 医者が, 十日も, 又八は, 反って, 叔父は, 叫びながら, 可哀想だ, 台の下に, 右手に, 右手を, 同じこと, 同じ様, 同時に他面, 同時に各, 同時に向う, 同時に急, 同時に手, 同様である, 同氏は, 向うでも, 向うは, 向うも, 向こうに, 向こうの, 否と, 味方の, 土地の, 圭子は, 坊やの, 壁の, 外へ, 多左衛門, 多数の, 大きな声, 大人が, 大変です, 大急ぎで, 天井から, 夫人の, 女には, 女中の, 奴は, 如何した, 如何に, 妻が, 妻君は, 娘も, 嫂も, 子供たちの, 子供に, 子供達は, 学校の, 客間の, 家が, 家を, 家中の, 實に, 小さいながら, 小六は, 小林君の, 小柄な, 少年の, 屹と, 岩の, 巡査が, 左右の, 幾多の, 床の, 座敷の, 庭を, 弟の, 彼に, 彼女に, 待ち構えて, 後には, 後妻の, 従来の, 御飯を, 思いの, 思いますか, 思うが, 思うん, 思ったが, 思ったわ, 思つ, 思はれるもの, 思ふの, 思われて, 思われては, 思われます, 思想家の, 怪物は, 想像し, 戸口の, 手足の, 折角の, 提灯の, 揚言し, 教師は, 数名の, 斯んな, 新聞の, 旅の, 日の, 日本で, 日本に, 昨日の, 時には, 時間の, 暗やみの, 曲者は, 書物から, 最後まで, 月は, 朝倉先生は, 朝野は, 村の, 村長は, 果して彼, 果せる哉, 梯子段の, 権田は, 横から, 機嫌を, 此方の, 歯を, 死ぬかも, 殆ん, 殺して, 母屋の, 母親が, 気の毒だ, 気を, 氣が, 洋装の, 湖水の, 源氏は, 火が, 火の, 火を, 為に, 煙草の, 熱が, 狐は, 猫の, 猿の, 生きて, 田の, 直ぐそれ, 相当に, 相当の, 相手が, 真先に, 眼に, 祖母が, 神尾は, 私たちの, 私と, 私自身の, 私達の, 稱せられる, 空の, 空は, 空を, 窓から, 立派に, 答へて, 米友が, 終には, 翁の, 翌日の, 考えた, 考えられる世界, 考へること, 考へるの, 肉が, 背の, 背中の, 背後の, 胸の, 腰の, 腹を, 自分から, 舌の, 若い者, 苦い顔, 荻原は, 蒙古, 藪蛇に, 虎杖の, 蚊帳の, 行手の, 見えた, 見せて, 見られて, 覚えて, 親鳥が, 角の, 言います, 言い出したの, 言う事, 言ったが, 言は, 言ふこ, 言ふて下され, 誰にでも, 誰れ, 謂つたぐらゐではすまされぬ, 貴女の, 貴方は, 賊の, 賊は, 路傍に, 身を, 車は, 連れの, 運の, 遙か, 遠くの, 部落の, 酒に, 重荷を, 金を, 金五郎は, 間もなくこの, 間もなく彼, 闇の, 階段を, 隣室の, 雪子は, 電人, 電話の, 電話を, 青い顔, 青年は, 静かな, 面倒だ, 音楽を, 顔が, 風に, 馬の, 骨が, 黒ん坊は, 黒板の, 鼻を

2 [1982件 抜粋] ああいう, あいつらは, あたしは, あった, あの上半身, あの林檎, あの袖, あま酸っぱい, ある場合, あれも, あんなに早く, いいまたは, いうかも, いうごときは, いうでは, いう為, いきなり突き飛ばしやがる, いきまいて, いそいで, いつた風, いつの間にか彼, いふだけで, いふ点, いまひとりの, いやもう, うしろに, おかしくなっ, おっしゃって, おのづか, お六さん, お前さんの, お北, お姫さまの, お徳, お椀, お神さん, お萬さん, お雪, かう言, かたわらから, かれの, がんりきの, きさま, きはめて, くつは, こうなります, こちと, この両, この侘び住居, この手紙, この法律, この言葉, この青年, これだけ, ころころと, さしあたりルリ, さつきの, したところ, したらどんな, しないとは, しましょう, しようじゃ, すぐ何処, すぐ後, すぐ足許, ずいぶんふしぎ, せぬと, そういうこと, そう云う, そのくらい, そのはずみ, その一本, その事, その先生, その反動, その度毎, その後で, その愚, その挨拶, その月, その椅子, その渦, その病人, その箱, その老人, その色, その蝋燭, その話, その返辞, その金, その頬, それからは, それでもう, そんなもの, たいへんややこしい, たちまちそこ, たれかが, ちつと, ちょっとの, つまり, つまり日本中, とろりと, どうしても君, どこの, どやどやと, なかの, なにかね, なんな, はたして君, ひどいめ, ぴたりと, ふと目, ぶらりと家, ほとんどそれ, ぼくと, まず二百円, またからり, またどこ, また一羽, また夢, また急, また逃げださなけれ, まだ先方, まもなく修三兄弟, みち子は, むこうが, もうお, もうそこ, もう十一時, もう朝, もう跳ぶ, ものに, やがて自分, やはり開かない, よく, よほどの, わずかに, わるくなる, アルコールが, カメラは, キツネは, グリーンランドの, ゲートルだ, スルスルと, チベット語が, ドストエフスキーは, パイプが, フクロウは, ベロンベロンに, ポキリと, モオリーは, ルウスは, ローリーさんは, 一つ幾らに, 一人前が, 一体犯人, 一匹の, 一寸した, 一度で, 一朱も, 一般の, 一週間の, 丁度この, 七八本の, 三十人ばかりの, 三年の, 三重子は, 下で, 下痢を, 不幸に, 丑松は, 世間は, 両方とも, 中, 丸万が, 主任は, 九時に, 事務的に, 二人がかりで, 二階から, 云うた, 云う口実, 云う話, 云ったと, 云った風, 云つた方が, 云つて来た, 云ふんだ, 五臓六腑まで, 交番の, 亭主が, 人口は, 人類が, 今までに, 今夜にも, 今日では, 仏の, 以上の, 仲間は, 伯母は, 伸子には, 体を, 何もかもが, 何んにも, 何処とも, 何時の間にか源助さん, 作者は, 便所の, 信じた時, 信ずるの, 信一郎は, 借着の, 偶, 僕たちは, 兄き, 入口を, 全く妙, 全身を, 公園に, 共に種々, 其ま, 其男の, 内から, 冬子は, 出雲屋宗次郎を, 刑事は, 加十は, 化粧を, 医師は, 十年前の, 卑怯な, 危い, 即座に, 去年の, 又する, 又声, 又縁側, 友は, 友人が, 叔父の, 可なり, 吉公は, 同じである, 同一なり, 同時にお, 同時に之, 同時に又も, 同時に小説全体, 同時に自己, 同様な, 向うに, 向側の, 呆気に, 命の, 咢堂は, 問答が, 喬生の, 四に, 困るという, 土に, 地球の, 堂の, 場合によっては, 塚の, 夕立の, 外記は, 多年仕馴れた, 夜半に, 夢で, 大に, 大体次の, 大学の, 大時代の, 大黒屋に, 天気の, 太郎さんの, 奥に, 女中さんは, 女房も, 妻に対する, 始めて僅か, 婆や, 子供らは, 孫六は, 宗助には, 実に恐ろしい, 宣告文を, 家内の, 寒さ, 寝衣, 対岸に, 小さい声, 小供, 小林少年が, 小玉氏は, 小鳥は, 尚ほ, 屋根から, 屹度痛く, 島の, 工場疎開を, 左手の, 師匠の, 帰るぞ, 平べ, 平明な, 年上の, 幽斎は, 庄之, 店に, 建物の, 当人も, 彼れ, 彼等が, 後は, 御上の, 徳松は, 必ずその, 忠相は, 忽ちその, 忽然とし, 思うから, 思えばこそ, 思つてる, 思ひ出したやう, 思や, 急ぎ足で, 怯えた猫, 恍として, 恥の, 悪者は, 想像される, 愛一郎は, 慇懃な, 戦争の, 手も, 折竹が, 指の, 損を, 支那人の, 故と, 文字の, 新十郎, 新蔵は, 日吉は, 旦那は, 明さんは, 明智探偵は, 時を, 暖簾の, 書いたの, 最後には, 朝早く, 木戸は, 本田の, 東京言葉を, 果して上り列車, 栗田郡の, 案外にも, 森から, 極度に, 樹の, 正太は, 此処から, 死から, 残りの, 母と, 母親に, 毎月幾許, 水銀が, 江戸時代にも, 沖の, 泰親は, 浮かない顔, 涙を, 清ちゃんは, 満行, 滝は, 火薬が, 焔は, 然し少女, 父上の, 牧野さんが, 狂人の, 猶不愉快, 玄関に, 王子は, 瑠璃子は, 田沢は, 甲谷は, 申すか, 画面に, 當時の, 癖に, 白は, 白髪の, 皆な, 盆に, 直ぐ日本刀, 直ちに反撥, 相撲の, 眉を, 真相を, 着物を, 知らないうち, 研究室の, 祖父の, 神様の, 私だっても, 私自身が, 称しながら, 稱し, 空から, 突如と, 突然右側, 立って, 笹野新三郎は, 節子は, 精神の, 細々した, 結局は, 結論せしめる, 縫子あの, 義兄は, 老僧, 考えなくては, 考えられる時, 考へたの, 耳に, 聞いた者, 聯盟の, 胃の, 胡摩竹の台の, 腰が, 膝頭が, 自分と, 自動車は, 興味が, 舷を, 芥川は, 芸術家は, 若干か, 草むしりを, 蔬菜は, 虚無僧は, 蛙に, 血を, 表象する, 裏木戸は, 要次郎, 見せ掛けようと, 見做, 観衆は, 言い出しました, 言うべきであろう, 言つてお先に, 言はれ, 許しませぬぞ, 話の, 説明が, 誰の, 諸将, 警官と, 谷に, 貸して, 赤ん坊の, 起きて, 蹴殺すぞ, 軈て, 軒下に, 返事を, 運よく, 遠くで, 酒の, 酷い目, 金公が, 銀ちゃんは, 鐘を, 長イス, 門を, 間もなく両親, 陰気な, 障子が, 隱れ, 離屋に, 雪は, 電車の, 青草の, 面倒な, 面白かった, 頬の, 顏を, 飛ぶよう, 馬を, 驚くべきこと, 高子は, 魚は, 鳩が, 麓近い, 黙々として

1 [19671件 抜粋] 〇・一粍の, あざむかれて, あったんで, あのままそつ, あの奥様, あの棺桶, あの青竜刀, あらあらと, ある神経質, あんな事, いいだしたもの, いうからね, いう如き薄弱, いかんとも, いきなり門, いけねえからな, いっそ辛辣, いつか夢で, いつのまにか僕, いつの間にか馬, いつも親, いふ以上, いま汽船が, いよいよ男, いわれたよう, うまい仕事, おいしいさ, おじさまあの, おとう, おふたり, おん大将の, お君, お曾与殺し, お神, お金なんか, かえってわからない, かくして道徳上, かねがねの, かれこれ二時, きっとかれ, きのふけ, くすくすくす, こいつめいきなり, ここが, このあたし, このコローボチカ, この令嬢, この場合国際文化局, この年昭和七年, この材木, この白い, この若く, この頭痛, これから小屋, こんな妙, さか, さっそく潮田千勢子, さわぎは, したらかえって, したら相当, しも, じろ, すぐばつ, すぐ図書助, すぐ浅草, すぐ起っ, すっかりかよ, すべてを, せいたかと, そういう気, そこで, そのあべこべ, そのとき野末, そのまま立ち去っ, その一度, その仔猫, その切った, その周り, その女房, その年玉, その慚愧, その時私, その死んだ, その爪先, その相手, その翌々日, その衝動, その遊び人, その頃札差, それから伊丹, それでは私, それ湯気は, そんな覚え, たしかに魚, たちまちに黒い, たちまち突貫, たまには, だれでも, ちゃんと金, ちょうど良い, ついに天上天下唯我独存, つままれたよう, ですね, とたんに人, とにかくあなた, どうしてもそちら, どうしてボート, どうも少し古風, どこやら, どんなけつ, なおはっきりすべて, なぐるぞ, なに思った, なんとかし, にわかに松薪, はぐれそう, はてしも, ぱんぱんひざがしらをはたきながらおちつい, ひどく妻君, ひろ子の, ふたりが, ぶっ放す, ほとんど同時に営, ぼけたよう, まことユーゴウの, まず汚い, またぞろわれわれ, またアメリカ兵, また例, また新しく, また義眼, また飛んだ, まだ色々の, まもなくから, まるで墓, みい子ちゃんは, みんなこの, めったに, もうみんな, もう下駄, もう夢, もう死にかかってる, もう足, もっと山, やがてまたもやオキクルミ, やがて越前屋, やっぱり伊賀, やはりそれ, やぶの, ゆりかさんを, よく分る, よほど私, わしら生き残りは, アア何という, イヤがった, オコウちやんも, カーテンが, クリの, ゴシック後期の, シムズが, スコール襲来再び, ゾオッと, ツァウォツキイは, ドイツ人が, ノックし, パイプを, ピオニェールは, ブラッシの, ペエテルの, マゴツク事や, メグも, ヨブは, ロシアの, 一たん列車から, 一伊仙分だけ, 一団の, 一層高まる, 一昨年あたりから, 一生懸命氏家竜太郎が, 一郎君は, 丁度棟木, 万物ことごとく, 三四尺の, 三輪君が, 下り口の, 不安を, 世の中という, 並進式とでも, 中空に, 主税さんの, 九十歳前後に, 予定の, 二三の, 二十世紀は, 二月一日発行の, 云い宗全, 云うまで, 云う美佐子, 云つたさうだ, 云つて慨嘆する, 云われると, 五十雄君が, 井関さんの, 人形が, 今ある, 今夜あたり猪の, 今竹わたり, 他殺に, 仰せられます, 会場を, 低く鹿爪, 何かしら異常を, 何となくさ, 何事も, 何者でしょう, 侍だって, 俊敏な, 信造が, 倭寇と, 僅かな, 元来熱狂し, 先主人中村さんは, 免さんぞ, 全く途方, 八十二州しか, 六十一に, 共犯者を, 其れ, 其頃もう, 再び以前, 凍上を, 出會ふか, 切支丹だ, 判斷するなら, 制裁に, 剣石ともに, 努力すべき, 勝手口も, 北村が, 十人がかりに, 十郎が, 千鶴子と, 卓一が, 危く此方が, 却つてたあいなく負け, 又お前達, 又地子, 又都合, 叔父が, 古い歌, 可笑しい事, 司馬懿の, 同じくその, 同じ考え方, 同時にか, 同時になんとも知れぬ, 同時に一つ, 同時に何より先, 同時に堪えぬ, 同時に心, 同時に東京市内各区, 同時に睦田老人, 同時に見捨てられ, 同様卑劣めいた, 向ふから, 否を, 周三の, 和平どんは, 商人の, 喜平さんに, 四五人も, 四辺が, 国内は, 土居画伯は, 地蔵が, 城門越しに, 塵一ッ葉も, 夏子は, 多分番頭, 夜道を, 大きな木, 大事に, 大変巧, 大抵日に, 大約之, 天つのり, 太田は, 奥様が, 女教員は, 妙子の, 娘を, 子供たちも, 学者なんて, 宗教も, 実に物事, 宣し, 容易な, 寝そべって, 将軍家には, 小使は, 小林団長が, 小鳥が, 少佐は, 居る, 山寨を, 岩吉の, 川幅も, 己という, 帳場に, 平尾の, 幸福が, 広場で, 庸太郎が, 引っ込める, 張青年は, 当然これ, 彼女から, 後で女, 得を, 復一の, 心臓が, 必ず心, 忠通も, 忽ち害虫, 怒るぜ, 思いましたが, 思えさ, 思つて誰にも, 思わずかっとなっ, 急速力, 恐らくまるで意味, 息子を, 悪く酔っちまう, 愉快でござろう, 感覚的な, 我が兒, 戦死の, 手前も, 批評され, 抜け目なき, 指一本の, 掛け声もろとも, 撥条は締まるだらう, 放肆な, 敦盛は, 文子は, 新しい火, 旅僧に, 日頃あんまり, 昂奮し, 明言する, 昨夜ちゃんと, 時すでに, 晴れて, 曙の, 曹丕皇帝の, 有難いこと, 木下さんの, 本來一時, 机に, 東京へ, 枕頭で, 果して道, 柔道か, 案じるより, 棒に, 極く, 権田原先生も, 檻へ, 欧陽詢は, 正直な, 此筵に, 死ぬより, 残ったもの, 殿樣の, 比較的外部, 気持がい, 水蒸気で, 池に, 河原の, 波に, 津田は, 浴槽に, 深い井戸, 湊は, 滑稽でも, 激しいめまい, 火鉢に, 無意識に, 煙硝倉の, 爬虫館前に, 牢番は, 犬芝居や, 狼狽し, 玉村君は, 理窟つ, 生て, 田中さんが, 申しただけで, 男はかへ, 番あけで, 病人などが, 癖で, 白井誠三郎刎ね, 百円の, 皮と, 直ぐそのうしろからのこのこと頸, 直ぐ時代, 直に花嫁, 看做されて, 眠くなる, 矢を, 短歌の, 硯友社の, 神さまは, 秀ちゃんには, 秋山さんは, 種子が, 突然, 突然快活, 立ち止まって, 笑ったよう, 答えただけ, 米連艦隊は, 紋作も, 細微な, 給金は, 緩く張った, 美和子は, 翌明治三年三月一日付, 考えながら, 考へ, 聞いてからは, 職人は, 胡散くさい, 腐つた臭い, 自信の, 自然心が, 舌でも, 色の, 花籠を, 若い木虱, 英国公使パアクスは, 荒田老人は, 落散った, 薬を, 虫眼鏡で, 蠅男は, 表道で, 襟の, 見えたるぞ, 見られるであろう, 見違, 観るの, 言いましたね, 言う考え方, 言つたら, 言つて早くから, 言出した, 試験の, 語つた, 誰やら, 謄写摺に, 谷間へ, 貫太が, 賢吉君は, 赭っ, 距離その他の, 身震が, 輿論の, 近松門左衛門作忠臣蔵の, 逃げだして, 速力の, 過ぎ去った日, 遠からず, 部分的には, 重い鉄, 金五郎が, 鈍い光, 錠は, 長史董昭が, 閉口さされる, 間もなく大学, 間もなく雨, 降りるので, 随分つまらない, 雌鶏, 雲助仲間の, 霊気が, 静山氏は, 音次郎君も, 顔は, 飛去来器使用の, 飽くまで白い, 馴れた様子, 驚くべしその, 高瀬も, 鮎が, 鷄介の, 黒川新

▼ すること~ (37582, 11.8%)

966 が出来る 803 ができる 790 になった 549 が出 488 はない 462 は出来ない 458 ができない 452 にした 438 が出来た, である 427 になっ 418 がある 416 もできない 400 になる 398 も出来ない 389 が出来ない 360 ができた 326 はできない 237 ができなかった 227 もある 216 にし 209 によつて 207 になつ, も出 201 も出来なかった 200 になりました 187 が出来なかった 185 もできなかった 183 もできません 171169 では 160 のできない 147 は不可能 140 の出来ない 135 になり 134 が必要 126 が出来 123 がない 120 の出来る 115 は出 98 もあった 96 となった 94 です, もできる 91 もない 90 のできる, は出来なかった 88 も出来る 86 はできなかった 82 にしよう, も出来ません 79 があった 78 であった 76 なしに 75 の出, もなく 73 なくし 72 ができ, にある, は困難 70 が出来なかつた, にする 69 を見 68 を意味 67 のない 66 ができぬ, になつて 65 が出来よう, に成功, はできぬ 64 ができず 63 が出来ず, は決して 61 だった 59 があります 58 となり 57 ができません, が多い, は容易, を知っ 56 にしました 55 ができます, はできません 54 となる 53 もあつ 52 が出来ぬ, だと 51 はありません, を得る 50 ができました, に於 49 なの, もできず 48 ができるであろう, によって初めて 47 は出来ぬ, は出来ません 46 ができよう 45 であろう 44 が出来るであろう, はなかっ, もできませんでした 43 であります, は私 42 が出来ます, も出来なかつた 41 を忘れ 40 だろう, にきめた, も出来ず, を知らない 39 あり, があっ, でも, は何, を得, を忘れなかった 38 になります, はできる 37 によってその, は, を得た 36 が不可能, が困難, とする, もあり 35 ができませんでした, ができるだろう, が大切, でなければ 34 が出来ました, は無い 33 がなかっ, でしょう, のできぬ, を, を欲 32 に決めた, の出来ぬ, は許されない 31 があつ, となつ, を目的 30 がなく, であって, はこの, は絶対, を許され 29 ができたら, ができれ, が可能, だから, であるが, なすこと 28 を得べし, を要求 27 か, が出来るだろう, にきめ, にしましょう, は出来る, もなかっ 26 が出来れ, が多く, が好き, によってこの, はねえ 25 ができなかつた, のできた, は彼, も出来ぬ, を許された 24 が出来ません, が私, になるであろう, に致しましょう, のできなかった, は当然, を知つて, を許さない

23 [13件] が出来たら, が最も, であつ, に決心, はあるまい, は今, は全く, もあります, もまた, も出来た, を得ず, を許されない, を許し

22 [11件] がしばしば, とした, にいたしましょう, になろう, にもなる, に努力, に決定, はその, はなく, は勿論, もできなかつた

21 が多かっ, の方, も出来, を好まない, を希望, を要する

20 [12件] あるも, が出来たなら, にします, になるだろう, に外, に決め, の出来た, はむずかしい, は出来, は到底, は極めて, は甚だ

19 [12件] あらば, があろう, が出来るなら, であると, になつたの, になれ, によって, はもう, はよく, もありました, を余儀なく, を忘れない

18 [12件] であるから, なし, なしには, に他, のある, は出来まい, もあれ, も不可能, も出来ませんでした, を命じた, を考え, を許す

17 [11件] が, がら, が非常, だが, にはならない, によってそれ, は出来ないであろう, は確か, もできなく, もできぬ, を得ない

16 [16件] ができなくなった, ができましょう, がなかつた, がよく, が彼, だらう, であらう, はある, はないだろう, は事実, もあろう, をやめ, を主張, を好む, を必要, を私

15 [13件] があり, が出来なくなった, が肝要, とし, はそれ, は実に, は必ずしも, も可能, よ, を承知, を敢, を知る, 能わず

14 [24件] がその, ができるでしょう, が何, が自分, さえある, そのこと, であろうと, なり, によって自分, に依っ, に努め, の出来なかった, の困難, はないでしょう, は一つ, は前, は最も, は自分, は誰, もあるまい, もなし, をその, を恐れ, を望ん

13 [23件] が第, となっ, なく, にあった, にきめました, によって彼, に定め, に慣れ, に興味, のほう, の多い, はこれ, はとても, はむつかしい, は少し, は日本, は無理, もできた, を望む, を注意, を発見, を禁じ, を約束

12 [20件] ができたなら, ができなくなっ, ができなけれ, が出来なくなる, が出来ませんでした, が容易, なれば, にしたい, に致しました, に致します, はいらない, はできなかつた, は出来ず, は恐らく, は非常, も必要, も忘れ, をしない, を教, を許さなかった

11 [28件] が出来なくなっ, じゃない, だね, だろうと, でその, と思う, ならん, にいたします, に全力, に努めた, の好き, はしない, はすでに, はできないであろう, はとうてい, はどうしても, はなかなか, はほとんど, は僕, もでき, も亦, も困難, をいう, をもっ, を期待, を止め, を考える, を覚えた

10 [35件] あたわず, ありと, があれ, がこの, ができなくなる, が何より, が少く, であ, なん, によって私, に定めた, に気, のほか, はあり得ない, はでき, はむしろ, はわれわれ, は出来なかつた, は吾, は大, も出来なく, も出来よう, をお, をしなかった, を命じ, を忘れなかつた, を怠らなかった, を条件, を欲する, を決して, を知った, を知らなかった, を覺, を許される, を避け

9 [44件] あるは, あれば, がどんなに, が問題, が如何, が流行, だという, だよ, でした, ですから, でせう, としよう, となるであろう, にいたしました, にほかならない, のため, の不可能, の外, はお, はすなわち, はただ, はなん, はまったく, はもとより, は人, は今日, は却って, は彼女, は殆, は殆ど, もあらん, もその, もできよう, も出来なくなった, も出来なけれ, も容易, を彼, を理想, を知り, を示す, を禁止, を許した, 為すこと, 難し

8 [56件] ができたであろう, ができなく, ができるなら, がなくなった, が出来るであらう, が分った, が多, が少い, が往々, が望ましい, が極めて, が目的, さえあった, じゃ, だけで, なくその, にしたら, にすれ, になるでしょう, にもなった, によって吾, によって自己, に依, に決した, に由っ, に話, の必要, はあっ, はいう, はできないだろう, はできませんでした, はまだ, はもはや, はやがて, は何人, は単に, は危険, は可能, は固, は断じて, は稀, もいらない, もなかつた, も一つ, も出来なくなっ, も珍しく, をし, をよく, を信じ, を好ん, を拒んだ, を知らぬ, を自分, を許さぬ, を躊躇, を遠慮

7 [72件] あるべし, あるを, がありません, がいかに, がたくさん, ができるであらう, が今, が出来ましょう, が出来るでしょう, が大事, が少し, が彼女, が決して, が絶対, さえ出来なかった, であろうか, でなくては, で満足, なかれ, なくまた, なので, にきまっ, になりましょう, によって一つ, に力, に心, に賛成, の出来なかつた, の自由, はあまり, はありませんでした, はできまい, はならぬ, はまるで, はもちろん, はよろしく, はわたし, は他, は別, は実際, は常に, は必要, は無意味, は至難, は間違っ, もできなくなっ, もできます, もないだろう, もならず, をした, をせず, をやめた, を予想, を命ぜられた, を喜ぶ, を好んだ, を少し, を得なかった, を得るなり, を忘れませんでした, を怠っ, を恐れた, を恐れる, を決意, を眺め, を知らね, を示し, を考えた, を許さず, を許されなかった, を証明, を誓

6 [104件] あたわざるは, かくの, からし, があ, がありました, があるなら, ができなくなりました, がどうして, がなくなっ, がなぜ, がまた, が全く, が出来たろう, が出来なく, が出来ん, が唯一, が急務, が普通, が気, が要求, が許される, さ, さえ忘れ, であったが, でありその, でありました, であるという, でしか, でなく, で自分, となろう, なくこれ, なくそれ, なしと, なんかない, にしませう, になつた, によって之, によって却って, によって真, によって真に, に依つ, に就い, に従事, に決めました, に熱心, に苦心, に骨, の危険, はあり, はいかに, はできず, はできませぬ, はないです, はなかつた, はめったに, は一般, は不, は之, は云う, は人間, は全然, は出来ないだろう, は多少, は思い, は日本人, は正しい, は滅多, は無論, は知っ, は自己, は自由, は許され, もしばしば, も何, も出来ます, も出来やしない, も決して, も無い, も自由, をさ, をすすめた, をもつ, を不可能, を企てた, を僕, を吾, を得ざる, を得たる, を得可, を憚, を拒む, を拒絶, を断念, を暗示, を申, を発明, を知らず, を禁じた, を禁じられ, を禁じ得ない, を避けた, を避ける, を非常

5 [151件] あらん, から来る, から起る, ができたろう, ができないだろう, ができないらしい, ができなかったろう, がなけれ, がわかる, が一番, が人生, が今日, が出来たであろう, が出来ないだろう, が出来ないなら, が即ち, が大きい, が実は, が当然, が必ずしも, が我々, が明, が明らか, が本来, が果して, が正しい, が残っ, が無い, が肝腎, が自然, が許され, が重大, さえできなかった, さえ出来ない, で, であり従って, であろうが, でこの, でございます, ですが, ですね, でそれ, となりました, とは別, に, につとめ, になりまし, にはならぬ, によってかえって, によってこれ, によって一層, によって一種, によって始めて, によって生ずる, によつて自分, にケチ, に努める, に定, に意, に成りました, に於い, に注意, に熱中, に躊躇, のうち, のでき, のなか, のよう, の可能, の最も, の誤り, はあ, はあなた, はありゃしない, はかえって, はしなかった, はすべて, はする, はそう, はそれだけ, はそれ自身, はそんな, はつまり, はできた, はできなく, はできます, はとり, はどう, はわかっ, は先ず, は出来た, は出来ませぬ, は即ち, は多く, は始め, は御免, は昔, は普通, は相当, は要らない, は覚束, は難しい, ばかり考え, も, もあ, もあるだろう, もせず, もできないらしい, もできませぬ, もできるであろう, もなけれ, もまだ, ももちろん, も事実, も多い, も知らない, も私, も許されなかった, をお許し, をだれ, をみ, を主, を云, を勧め, を勧めた, を厳禁, を好まず, を妨げ, を嫌, を彼女, を心得, を忘れず, を忘れた, を念願, を感ずる, を憚ら, を承諾, を指す, を教えた, を楽しみ, を決心, を知らなかつた, を祈る, を神, を肯, を肯ん, を覚え, を言, を餘儀, を黙っ, 多し

4 [223件] あたわざるなり, あたわざるべし, あらんや, がおでき, がそれ, ができただろう, ができなくなり, ができん, がどうしても, がやや, がわかった, が一般, が上手, が何故, が全然, が如何に, が嫌い, が屡々, が度々, が彼等, が批評, が書い, が有利, が次第に, が殆, が物, が珍しく, が真に, が稀, が肝心, が能, が行われ, が許されるなら, さえできない, さえ出来ぬ, しか出来ない, だけで満足, だけな, だつた, だもの, でありそして, でありそれ, でありましょう, であるのに, でこれ, で私, と一つ, ないわ, なくただ, なくん, なく却, などは思い, ならば, なるが, にあつ, にきまった, にきまりました, になったらしい, になってる, にならう, にならない, になるだらう, になるでせう, にはなっ, には何, には有効, によってこそ初めて, によってで, によって人間, によって却って初めて, によって同時に, によって夫, によって対象, によって彼女, によって更に, によって物質, によって社会, によって自ら, によつて自己, によつて行, にソツ, に専念, に就, に成つた, に方針, に極めた, に決し, に決議, に満足, に異存, に相談, に着手, に間違い, に馴れ, の不, の可否, の愚, の極めて, の興味, はいくら, はいくらでも, はいつ, はいま, はおそらく, はきわめて, はさ, はさすが, はさほど, はそれほど, はだから, はちょっと, はなかったろう, はなかろう, はならん, ははなはだ, はまことに, はまず, はむろん, はやめ, はやめた, は一方, は一種, は何となく, は出来なく, は出来ませんでした, は取り, は可, は大変, は実は, は實, は屡々, は彼等, は必ず, は悪い, は意味, は或は, は珍しく, は現在, は疑い, は神, は私たち, は能, は要するに, は許されなかった, は議論, は間違い, は面白い, は頗る, もありましょう, もあるべし, もお, もこの, もしない, もできないで, もできなくなった, もできなけれ, もできました, もできますまい, もできやしない, もできるだろう, もなかろう, もならない, もまれ, も今, も全く, も出来るだろう, も出来ん, も同じ, も多, も少く, も少なく, も彼, も有った, も無意味, も許される, よりほか, よりも困難, をあえて, をしなかつた, をじっと, を依頼, を信ずる, を免れない, を力説, を努め, を厭, を否定, を喜び, を外, を嫌う, を学ん, を宣言, を平次, を得よう, を心から, を怖, を思いついた, を承認, を提議, を教え, を是認, を最も, を極度, を欲しなかった, を求め, を無上, を知らざる, を示した, を禁ずる, を第, を練習, を考へ, を見る, を見守っ, を許されたい, を認める, を説く, を述べた, 及びその他, 多きが, 多時, 甚だ易し, 難しと

3 [448件] あたわざるもの, あたわずと, あるのみ, かそれ, から出発, から数字, があったなら, があったら, があなた, があまりに, があらう, がありうる, があるだろう, があるらしい, がうまく, がおそらく, がかえって, がございます, がさ, がすでに, がすべて, ができるで, ができるらしい, がどんな, がはたして, がまるで, がむつかしい, がやがて, がより, がわかるであろう, が一々, が人, が人間, が先, が六ヶ, が出来ないであろう, が出来るだらう, が分る, が判っ, が古代, が同時に, が大, が大いに, が大好き, が嫌, が少なかっ, が少なく, が悪い, が文学, が既に, が時々, が最上, が残され, が無かっ, が無く, が甚, が甚だ, が生, が真, が知られ, が義務, が習慣, が表現, が見, が訣, が証明, が賢明, が遂に, が適当, が関の山, さえありました, じゃありません, じゃな, すら不可能, すら出来なかった, すら容易, そしてその, ぞ, たしかなり, だけがただ, だけは知っ, だったが, だったの, だって出来る, でありまた, であり形成, であるか, であるかも, でございましょう, でしょうか, ですよ, でない, で初めて, で死骸, で自分たち, としてここ, とせり, となせり, となりたる, となれ, とは全く, と思っ, なきに, なくある, なくかえって, なくこの, なくば, なくむしろ, など, なのよ, なんかありません, なんかありやしない, なんかある, にかかった, にこと, につとめた, になったら, になっとる, になつたん, になるで, になるらしい, にのみ急, には, にはなった, には反対, には変り, には相違, には興味, には馴れ, にもなっ, にもなり, によっておのずから, によってである, によってわれわれ, によってイデオロギー, によって一般, によって単に, によって又, によって女, によって実在, によって実現, によって幸福, によって従来, によって我々, によって手, によって新しい, によって生き, によって益々, によって真理, によって第, によって説明, によって逆, によつて主體, によつて人, に一種, に不満, に伴う, に全, に力め, に努めたい, に勉めた, に反対, に同意, に多少, に大きな, に失敗, に存する, に巧み, に役立ち, に彼, に急, に意味, に慣れた, に極, に止まる, に決して, に決った, に決まっ, に決まった, に没頭, に異常, に終始, に肚, に致し, に非常, に願います, ね, の, の不可, の中, の他, の代り, の内, の少ない, の急務, の意味, の深けれ, の絶対, はあえて, はあまりに, はあらゆる, はあるいは, はいけない, はいつも, はいふ, はかく, はかなり, はけっして, はこ, はこれから, はございません, はさし, はさして, はさらに, はしばしば, はずいぶん, はせず, はたしか, はできなかったろう, はどこ, はどんな, はどんなに, はなに, はなはだ難し, はまた, はまれ, はやはり, はよい, はよほど, はわが, は一々, は一層, は一見, は不当, は云, は人々, は人生, は他人, は伸子, は何と, は何より, は併, は先, は公正, は出来なかったであろう, は出来なかったでしょう, は出来ます, は出来ますまい, は出来るであろう, は却, は古今, は同じ, は同時に, は国民, は多分, は大いなる, は大して, は大切, は如何, は始終, は家, は專門家, は平次, は平気, は当り前, は彼ら, は往々, は後, は必, は必然, は忘れ, は想像, は我々, は或, は所詮, は支那, は敢, は断念, は既に, は既定, は明らか, は明白, は更に, は最初, は望ましい, は歴史, は比較的, は気, は漸く, は無用, は無益, は無駄, は特に, は現代, は現実, は疑はれ, は矛盾, は知つて, は確実, は禁じられ, は科学, は結局, は肯, は若い, は西洋, は言, は許されぬ, は許されません, は誤っ, は逆, は難, ばかりである, ばかりです, もあっ, もあまり, もありません, もいけない, もいや, もたびたび, もできないだろう, もできれ, もできん, もな, もなくなっ, もなくなった, もほとんど, もやはり, もやめる, もよく, も一緒, も出来ないだろう, も出来ないでしょう, も出来なくなりました, も出来ました, も出来ませぬ, も出来れ, も尠, も差, も当然, も忘れた, も有る, も知っ, も稀, も能, も許されない, も限定, やまた, よりもむしろ, より外, をこそその, をこの, をさえ, をすすめました, をすっかり, をそう, をとても, をまた, をやめよう, をやめる, をゆるさない, を一々, を世界, を予言, を人, を今, を任務, を何とも, を使命, を免, を力め, を努めた, を努めなけれ, を努力, を勧める, を勸め, を厭わない, を可能, を同意, を命じられた, を喜んだ, を堅く, を多少, を學ぶ, を強いられる, を強制, を強要, を得し, を得ずし, を得べき, を心配, を忘れる, を思ふ, を思へ, を怠, を怠らなかつた, を恥, を我々, を拒み, を措い, を望まない, を望んだ, を楽, を樂しみ, を止めた, を止めない, を止める, を求める, を決定, を特色, を現, を生涯, を申し出た, を申し合せた, を疑わない, を研究, を確かめた, を禁じる, を考えたら, を考えついた, を考へる, を表わす, を見た, を見守った, を見張っ, を覚える, を言明, を計画, を許可, を試み, を試みた, を試みよう, を認め, を語る, を説明, を誰, を議決, を辞さない, を述べ, を選ぶ, を避けました, を防ぐ, を頼まれた, 太だ, 少なきが, 屡々なり, 極めて大, 深し, 能わざるもの

2 [1160件 抜粋] あた, あらむか此一方, ありピール, あれへん, かと心配, からその, からまた, から始まる, から始める, から生ずる, から言っ, があたかも, があり得ない, がいかにも, がいちばん, がかれ, がさらに, がすく, がそもそも, がたいせつだ, がただ, がたまたま, ができないであろう, ができなかっ, ができるでありましょう, がどれ位, がなくなり, がのろく, がはなはだ, がほんとう, がまったく, がまれ, がむしろ, がもう, がよかっ, がネチネチ, が不快, が何で, が信用, が充分, が出来なくなりました, が出来ませぬ, が分っ, が刻下, が原罪, が君, が嫌ひな, が実際, が幾ら, が得手, が御, が思想, が拒まれ, が提議, が日, が期待, が本願, が正当, が比較的, が無意味, が生じた, が盛ん, が眼, が禁ぜられた, が第一義, が美奈子, が自他, が至難, が許されない, が認められる, が起こった, が起る, が進歩的, が道徳的, が長く, が難く, が馬鹿, こそプロレタリア, こそ却って, さえあります, さえできれ, さえも厭わしく, さえ困難, さらには, しかできなかった, しか考え, じゃねえ, すらもできない, すら避け, た, だけである, だけはやめ, だけは平次, だけを考え, だし, だってわけ, だろうか, だろうし, だ岡, であり, でありまして, でありもう, であり逆, であるし, であるだから, であるよりも, である自己, でご, ですからね, ですもの, でそして, でないと, で一層, で何れ, で別に, で彼, で河野, で表現, といったら, とてもない, となすべき, との間, とは決して, とは違う, と同じく, と思います, と思われ, ないじゃ, なき, なくいわゆる, なく右, なく死ん, なく眞, なく自ら, などはこの, などはほとんど, などは思ひ, など夢にも, なら何, なんかできない, にあずかっ, にあまり, にある如く, においてのみ意味, において直接, にお願い, にきまつた, にすっかり, にそれとなく, にとくに, になったであろう, になつて來, になん, にはなく, には何等, には慣れ, には格別異存, には無理, にほかならぬ, にまで必然的, によってあらゆる, によってさらに, によってそこ, によってでなければ, によってはじめて, によってより, によって一応, によって事物, によって何かしら, によって僅か, によって先ず, によって北支, によって即ち, によって大, によって完成, によって岡氏, によって常に, によって得られる, によって思惟, によって意識的, によって或いは, によって構成, によって片づける, によって環境, によって真実, によって示される, によって自分自身, によって自然科学, によって行われた, によって諸君, によつて一つ, によつて可能, によつて実在, によつて理論, によりこの, によりてその, に一決, に不平, に何, に利益, に努めました, に勉める, に嘴, に在る, に妙, に尽きる, に役立つた, に意義, に最早, に極まった, に極度, に氣, に決り, に無理, に當, に終っ, に耐える, に腐心, に致しませう, に過ぎない, に長, のうまい, のきらい, のできなかつた, のみが生き甲斐, の不合理, の光栄, の効果, の喜び, の幸福, の恐れ, の愚かし, の熱意, の重要さ, の面白, はあの, はいかん, はいちいち, はうち, はかの, はきょう, はことに, はご, はし, はそういう, はその後, はた, はたしかに, はたぶん, はできないでしょう, はできなかったでしょう, はできなくなりました, はできやせん, はどうも, はないだらう, はなまやさしい, はねエ, はばかげた, はほんとう, はまさしく, はみんな, はむつかし, はむづかしい, はもっと, はもともと, はエホバ, はフランス, は一切, は一通り, は丁度, は下手, は不自然, は中, は事物, は今更, は何ん, は何故, は俺, は元来, は出来ないらしい, は出来ぬであろう, は初め, は勝手, は却つて彼女, は古代, は善, は変り, は大した, は女, は好き, は學者, は宜しく, は対象, は尋常, は少く, は少なくとも, は己, は度々, は当時, は恐ろしい, は悪く, は我が, は政府, は文学者, は斯様, は斷, は明, は時間, は望み得ない, は本当, は枚挙, は母, は民族, は流石, は火, は犯罪, は理解, は申す, は疑い得ない, は百害, は眞, は知識, は神さま, は禁物, は終局, は能はず, は自然, は茲, は言うまでもなかろ, は許されず, は誤り, は請合い, は谷, は近, は道, は避け, は長い, は雑作, は面倒, ばかり, ばかりであった, ばかり考へ, またその, まで何もかも, もあら, もあるいは, もあるらしい, もいらん, もしえない, もする, もそれ, もできないです, もできねえ, もできましょう, もないだらう, もなさず, もむつかしい, も僕, も出来ないらしい, も出来なくなる, も出来るで, も別に, も又, も大きかっ, も実際, も屡々, も彼女, も忘れなかった, も想像, も有るべく, も歴史, も無く, も皆, も突き出す, も興味, も許され, も許されぬ, も躊躇, も遠慮, も頭, や云う, よりもっと, よりも光彩, より考え, をいさぎよし, をいつも, をおそれ, をおぼえました, をきらった, をここ, をしませんでした, をしらない, をすぐ, をする, をそして, をそれ, をつとめ, をなぜ, をば必然的, をほんとに, をもって満足, をやめなかった, をゆるした, をわたし, を一種, を主たる, を予約, を以つて, を会得, を何より, を免れぬ, を前, を助け, を勧めたい, を勧誘, を君, を命ずる, を唯一, を回避, を夢み, を大いに, を好まなかつた, を妨げる, を委ねる, を学ぶ, を学ぼう, を専門, を希う, を常に, を強いた, を得たなら, を得ぬ, を得ん, を志し, を忘れぬ, を思いつきました, を思う, を怠った, を怠る, を恐れながら, を惧, を意, を意識的, を慎, を戒め, を戒める, を排撃, を控える, を斷念, を極めて, を欲せなかつた, を止めるであろう, を決めた, を治国, を潔し, を當然, を疑わなかった, を發見, を知つたの, を知らせる, を知れ, を禁ぜられ, を約す, を絶対, を考えず, を聞い, を職業, を能, を自身, を虞, を視, を記し, を許されません, を許されるなら, を試みたなら, を話し, を認めざる, を誓っ, を説い, を論じ, を辞退, を避けたがる, を邪魔, を除い, を非難, を頻りに, を願はず, 久し, 多きは, 夥し, 少なからず, 当然で, 成すこと, 猶ほ, 甚だ易から, 略すこと, 約半時間, 能わざるが, 能わざる可, 良久しかつ

1 [7493件 抜粋] あえてその間, あたわざる状態, あねえよ, ありとも, あるべからず, いとはやく, かあゝ, かな, からはじめられた, から住吉, から始められた, から歩み出した, から起こる, か有金, があやまりである, がい, がいろう, がかなわないなら, がさあ, がそれだけ, ができかねる, ができまし, がとり, がならぬ, がはやる, がめずらしかっ, がら以外, がズバ, がモーナルーダオ, が七分通り不可能, が世界人類, が人道上, が企てられた, が何等, が先方, が其事, が出来ただろう, が出来ぬだろう, が切, が創造, が厚い, が同, が多年, が如何にも, が定, が専門的, が常識, が彼等虫類, が恐ろしかっ, が感ぜ, が所謂国策, が数週間, が明かであった, が有効, が楽, が死んだ, が決った, が演劇, が現, が画家, が真実, が禁じられ, が終生, が美しく, が與, が行なわれ, が見当らなかった, が警察, が適切, が難渋, くらいは忘れ, こそこの, こそ学問, こそ緊要, こんなこと, さえはばかっ, さえも辞せない, さえ忘れた, さえ行われ, しか出来ぬ, じゃあないだろう, すなわち, すらしないであろう, すら彼, すら面倒, その事, ただし二人, だけが仕事, だけだ, だけで活動, だけはさし, だけは佐太郎, だけは最後, だけは誰, だったろう, だって敢えて, だろうねえ, だ野暮, であったらそれ, でありわれわれ, であり宿命, であり生存者, であり離別, であるならば, である所, でかえって, でさらに, でそういう, でないから, でまことに, でド・ラセー, で何やら, で単に, で好戦意識, で彼女, で暇, で知られ, で負け, といたしやしょう, としてその, とそこ, となし, とには遠い, とは無関係, とを別物扱い, と云え, と厳格, と存じます, と思った, と極めた, と現在, と自, と電力料, なお医学, なきぞとの, なき歴史, なくこれら学者, なくときどき, なく一挙, なく以, なく前, なく大いに, なく巴里, なく手繰れた, なく時代, なく消え去らう, なく直接, なく自己, なく超越的, なしにも, などあつ, などが考へられ, などとうてい, などはすべて, などは事実, などは断念, などは顧炎武, なども皆, などを明言, など彼女, ならよしんば, なりが一つ, なんかいたしません, なんかもうどう, なんか頭, にあったらしい, にうるさい, においてよりも僞, におきましても長足, にかけては稀有, にくらべれ, にしろ, にちと, については科学者, について相談, につとめます, になく, にならなけれ, にのみ心, にはきおい立つ, にはむり, には既に, には誰, にますます, にもみごと, にも思いました, によく, によってこうして, によってそういう, によってできるなら, によってのみ単に, によってのみ生長, によってほぼ, によってやっと, によってブルジョア, によって一方, によって主観, によって保証, によって出来る, によって十内, によって同じ, によって土井利位, によって如何, によって実物, によって小説, によって後者, によって恐らく, によって所有, によって教えられた, によって日本外交, によって検討, によって決定, によって特別, によって異常, によって矢張り, によって科学, によって結果, によって自性了解, によって表現, によって貸, によって達成, によつてもの, によつて國民, によつて所謂, によつて發展, によつて過失, によりて一層, により一人, により忘, により自在, に一変, に主張, に余念, に別れ, に務めた, に国民, に女, に対してはこれら, に小, に役に立つだらう, に応じ, に情熱的, に我々, に日, に比較, に決める, に無駄, に申し合わせた, に相成っ, に精進努力, に致そう, に託し, に遺憾, に飽いた, のいえない, のその, のほぼ, のみを強制, の不利益, の例, の到底, の大き, の少, の必ずしも, の新鮮, の歓び, の深厚, の甚, の経験, の要, の重大さ, はあくる日, はあり得ぬ, はいっさい, はおびただしい, はぎらつい, はさしさわり, はしば, はせなかつた, はたやすい, はできなくなるであろう, はとんでも, はなくなるであろう, はならない, はひどく, はみずから揣ら, はもし, はやめよう, はわが国従来, はハタ, は一人前, は一般国民, は下劣, は乱暴, は云い過ぎでなけれ, は人類, は似た, は依然として, は傍, は兩者, は其自身, は出来ねえ, は刈り上げ後, は創造, は半蔵ら, は厭わない, は各, は周知, は善かれ悪しかれ, は在, は多かっ, は大胆, は如何にも, は学問論, は寛先生, は少しく, は左, は帝王, は引証, は後世用, は忘れない, は恥辱, は愛山護法, は我, は承認, は支配者政府, は文教, は日本見物, は暫く, は有用, は東京付近, は横, は此所, は民主憲法, は法律上妥当, は炭, は特別, は生, は登山, は真平, は祖先, は空中, は統一的, は罰し, は聽, は自由主義, は著しい, は見あわせた, は許される, は読者, は資本主義, は辛うじて, は速断, は適当, は間, は雜草, は面白く, は高木氏, ばかりに囚, ばかり無かっ, ほど人, また人, までは流石, まるで今, もあるであろう, もうるさい, もございますまい, もし怪物, もだ, もできませんでございました, もなし得ないで, もまことに, もものうく, もガラス, も久しい, も信長, も出来ない困, も出来るであらう, も厭, も商売, も好まない, も巧, も必, も意欲, も改廃, も春, も根, も流行, も生れ乍ら私, も知らず, も終り, も肯んぜず, も見ず, も許されず, も軍刀, も飲む, やヨーロッパ風, や旦那方, や輸出部, よりもまず, よりも百倍, をあなた, をいったいまあ, をうれしい, をお前, をこそ批評, をさし控えよう, をじれった, をせん, をぢ, をどんな, をなんど, をはばかっ, をば虚偽以外, をまねる, をも忌避, をも許された, をゆるせ, をダマスクス, を一瞬間もち, を予定, を人生, を以て始めね, を仮り, を促す, を入れられた, を出来る, を助成, を半蔵, を同盟謝絶, を命じよう, を固く, を大臣, を好まずし, を妨げない, を子供たち, を富山房, を差し, を平, を強請, を得せしめる, を徳, を快から, を思つた, を急ぎましょう, を恥じない, を悲しみ, を感ずるであらう, を戒められ, を指した, を教えましょう, を日常茶飯事, を望みません, を案じだした, を止めよ, を求めず, を為し, を現在, を略する, を盲目的, を知らし, を確め, を禁ず, を精髓, を繰り返し, を考えよう, を聽許, を艦隊, を要しない, を見出した, を覚えこみ, を記憶, を許せし, を語るごとく, を諫め, を變, を辞せぬ, を速めた, を閣下, を願つたの, 久し僧侶課税, 出来ないよ, 即ち今, 厚く人間, 同一自己, 多く他, 如何あらん, 少なきも, 度々なり, 成す事損失続き, 既に百日, 最も厚し, 殆ど疑, 無くそのまま次に, 甚だ力め, 知って, 能わざるなり, 能わず欺きて, 言い換えると, 難きをもって

▼ する~ (33896, 10.6%)

3356 である 14641420 です 1171 では 843 であった 556 だった 458455 でした 398 であるが 350 だが 324 だと 258 であります 251 だから 194 を見 193 でも 186 であるから 151 だろう 138 ですが 122 であろう 121119 を見る 109 は当然 108 であって 107106 と同じ 104 ですか 103 であったが 95 が当然 91 でなければ 89 だつた, も無理 8887 ですから, はその 85 であろうか 80 はこの 77 でしょう 73 であるか, を見た 69 は何 66 じゃ 65 だそう 61 が常 59 でございます 58 は無理 56 が一番, を待っ 55 かね 54 だという 53 だろうと, は私 52 だったが 51 が目的 50 かい, だよ, はそれ 49 が普通, が私 48 が好き 45 であると, もある 43 だろうか, でありました 42 がこの, が例, でしょうか 4140 がいや, ですよ, はいや 39 だらう, は決して 38 は少し, を聞い 37 かも知れない, が厭, は容易 36 が最も, を待つ 35 が癖, じゃない, は自分 34 かと思っ, がその, はこれ 33 が本当, だね, はお, をお 32 かと思う, はただ, を忘れ 31 がいい, ぢや 30 はどう, はよく, は実に 29 ですね, はまだ 28 かそれ, は困難 27 は大, は誰, は非常 26 であろうと, は全く, もその, もまた, を平次, を感じた 25 がある, が自然, でありますが, はいい, を常 24 だか, ならば, を私 23 が何より, は今, もいい, を聞いた, 機会を 22 がよい, が当り前, が自分, はもう 21 は人間, もいや, 外は 20 が彼, はいつも, はやはり, は彼 19 が, が習慣, でない, はおかしい, を覚えた 18 かもしれない, がつね, が面倒, だけれど, だけれども, だぞ, だらうと, はどういう, は一つ, もやはり 17 が至当, はなかなか, は当り前, は自然, も忘れ, を例 16 かしら, かという, が第, でありますから, ですもの, は卑怯, も厭, を彼, を感じ, を聞く

15 [16件] かそれとも, がいちばん, が何, が聞えた, と同様, はあまり, は不思議, は勿論, は危険, は女, は怪しから, は愚, らしい, をやめ, を眺め, を知っ

14 [17件] かその, かな, がお, が唯一, が楽しみ, だい, だな, でしたが, はつまり, は人, は僕, は単に, は寧ろ, も亦, も同じ, も変, を避け

13 [21件] が困難, が多い, が嫌, が面白い, だもの, であろうが, でないこと, はあなた, はあまりに, はどんな, はよし, は変, は嫌, は必ずしも, は早い, は最も, は極めて, は無駄, も一つ, を恐れ, 止むなき

12 [20件] が仕事, が通例, だつたが, だらうか, ですな, でなくて, はいけない, は初めて, は悪い, は甚だ, は間違っ, もこの, もよい, も気, をじっと, を妨げる, を待った, を止め, を耳, 愚を

11 [24件] か私, か自分, が人間, が便利, が大, が愉快, だといふ, ですけれど, でなくむしろ, はいつ, はそんな, はなん, は厭, は惜しい, は愉快, は早計, は第, は誤り, も面白い, を彼女, を忘れた, を発見, を見れ, んです

10 [24件] かと思った, かと見, が不思議, が役目, が悪い, が見える, が非常, だろうが, でありまして, であれば, ですからね, でなく却, はあたりまえ, はどうも, はもちろん, は日本, は神, も, も当然, を楽しみ, を無理, 他は, 意を, 権利を

9 [37件] がかえって, がそもそも, が大好き, が常識, が正しい, が気, が見えた, であったから, に便利, に反し, に困難, に少し, はあんまり, はいかにも, はこれから, はごめん, はよい, は不, は何故, は余り, は可, は失礼, は御, は普通, は馬鹿, もこれ, もそれ, ももっとも, も悪い, も自然, やむなきに, をその, を聞き, を自分, 光栄を, 力ある, 念を

8 [45件] か分らない, か彼, がほんとう, が一つ, が上手, が事実, が今, が今日, が億劫, が即ち, が妙, が恐ろしい, が有利, が無理, だえ, だとは, だとも, ですって, とは全く, に使用, に非常, はある, はおそらく, はちょっと, ははなはだ, はやめ, は余りに, は俺, は君, は困る, は大抵, は妙, は嫌い, は愚か, は現在, は男, は畢竟, は結構, は間違, も全く, も嫌, も決して, を防ぐ, 一事に, 術を

7 [73件] かえ, かということ, かと思ったら, かどう, かなあ, かもしれません, かわからない, か知らない, があたりまえ, がきまり, がそれ, がつまり, がもっとも, がよく, が商売, が昔, が本, が習い, が関の山, が順序, じゃありません, であるけれども, であること, でしょうね, でなくその, とその, に気がついた, はあの, はかなり, はここ, はそこ, はどうしても, はなお, はまことに, は不都合, は主として, は仕方, は他, は余程, は大変, は当, は後, は御免, は正しい, は殆, は滑稽, は當然, は眼, は辛い, は面白く, は馬鹿げた, もあった, もどう, も何だか, も尤も, も悪く, も気の毒, も私, も道理, をながめ, を半, を我慢, を承知, を聞きつけ, を葉子, を見ました, を認めた, を躊躇, を面白, んが, 事情あり, 力を, 勢いを

6 [96件] かと聞いたら, かと訊く, かも知れぬ, かも知れません, か何, がいかにも, がとても, が僕, が原則, が彼女, が得意, が我々, が正当, が癪, が眼, が精一杯, が肝要, が適当, が間違, だからね, だなどと, だろうかと, であり従って, であるという, でございますが, でない限り, と, と同じく, と同一, に不思議, に必要, に成功, に躊躇, に適当, はあながち, はかえって, はすこし, はちょうど, はつらい, はとても, はまちがい, はむしろ, はむずかしい, はもっとも, はわれわれ, は一種, は今日, は可笑しい, は外, は多く, は多分, は好い, は子供, は尤も, は常に, は心, は昔, は残酷, は気の毒, は珍しい, は皆, は確か, は罪, は誠に, は間違い, もあながち, もお, もおかしい, もつまり, もひだるい, も今, も少し, も彼, も畢竟, も面倒, をたのしみ, をみ, をやめた, を不思議, を今, を好まない, を怖, を母, を防止, 傾向を, 力は, 労を, 外に, 情に, 方法を, 方針を, 栄を, 法を, 理由を, 謂に, 道に

5 [140件] かこの, かと思つて, かと思ふ, かよく, か少し, がまず, がやっと, が一般, が不愉快, が利益, が可笑しい, が大変, が如何にも, が嫌い, が少し, が常例, が得策, が急務, が恐ろしく, が歴史, が気の毒, が男, が當然, が聞える, が良い, が苦痛, が見え, が賢明, が道楽, が順当, だお前, でありそして, であるこの, であるし, でないかと, でないと, でなくては, でなく却って, なら, になれ, に不便, に似, に十分, に困っ, に大, はあたかも, はあらゆる, はいくら, はお前, はきわめて, はけしからん, はそう, はそういう, はたしかに, はどこ, はなぜ, はまるで, はむだ, はもったいない, はもとより, はやさしい, はよした, はよほど, はよろしい, はムリ, は一, は一体, は丁度, は不当, は其, は即ち, は吾, は唯, は大きな, は好ましく, は如何, は学問, は実際, は彼女, は恐らく, は恐ろしい, は支那, は明らか, は気, は水, は無論, は珍しく, は當, は良く, は訳, は身, は道, は間違つて, は面白い, もあります, もなん, ももう, も一生, も容易, も彼女, も昔, も無駄, も皆, も考えもの, も自分, や, をつね, をどう, を七兵衛, を何, を女, を妨げ, を恐れた, を憚, を抑え, を普通, を決して, を知つて, を見殺し, を見物, を覚え, を覚える, を許し, を誰, を避けた, を黙っ, 余裕を, 傾向あり, 傾向ある, 外なし, 得策なる, 情を, 意あり, 態度を, 日は, 目的を以て, 義務が, 義務を, 風あり, 餘り

4 [223件] かあるいは, かと, かと不思議, かと云う, かと私, かまだ, かわからなかった, かわかりません, か出直し, か知ら, か知らん, か見当, がい, がいけない, がいつも, がすき, がすず子, がどうも, がまた, がまるで, がよかろ, がわるい, が世間, が主, が何だか, が何となく, が古い, が学問, が安全, が実に, が常道, が当, が怖い, が急, が恐ろしかっ, が惜しく, が感じられた, が慣例, が既に, が日課, が本意, が本職, が氣, が特色, が目下, が礼, が義務, が聞こえた, が自慢, が賢い, が趣味, が趣意, が道, けえ, こうする, じゃなく, じゃよ, だからと, だがね, ださうだ, だとか, だなと, だらうね, だ相, であったならば, でございますよ, でしたから, ですけれども, ですと, でないから, とは違っ, と似た, と違っ, には, にはその, に充分, に出, に困る, に時間, に比べる, に無理, に約, に苦心, に違い, に適し, はあるいは, はい, はいう, はいささか, はいずれ, はさ, はずいぶん, はそもそも, はそんなに, はたいてい, はたぶん, はとり, はなんと, はばからしい, はひどい, はまあ, はまた, はむしろ当然, はやっぱり, はよくよく, はよろしく, はわけ, はイヤ, は不可能, は不愉快, は中, は云う, は人情, は他人, は何だか, は何とも, は作者, は例えば, は偶然, は先生, は出来ない, は別に, は勝手, は勿体ない, は危ない, は却って, は大した, は夫, は子, は当らない, は彼ら, は必, は恥辱, は我々, は手, は是, は時, は時間, は本当, は東京, は止し, は止めよう, は無謀, は猶, は真に, は社会, は罪悪, は考えもの, は自ら, は苦しい, は蓋し, は要するに, は読者, は貴君, は非, は面倒, は馬鹿げ, もここ, もまことに, もよかろ, もよく, も一寸, も大人げ, も好い, も実は, も待たず, も忘れた, も構はず, も構わず, も無, も結構, も苦しい, をあまり, をいやがっ, をきい, をただ, をひどく, をもう, をやっと, をわたし, を二人, を何より, を傍観, を制し, を奨励, を待とう, を忘れない, を恥, を手, を押え, を早く, を期待, を楽, を目, を素早く, を老人, を聴い, を見たら, を認め, を身, を遠慮, を避ける, んに, 力あり, 力量ある, 已むを, 念が, 思いを, 意なら, 意は, 愚なる, 時を, 暇を, 止むを, 点において, 理あらん, 理なし, 習慣を, 能力を, 謂である, 道は, 道を, 風が

3 [450件] お止しなさい, かそして, かといえ, かと云, かと彼, かと訊いた, かなぜ, かぼく, かまたは, かッ, か不思議, か他, か僕, か全く, か分らぬ, か女中, か知りません, か見, か解らない, か誰, がいま, がお前, がここ, がそんなに, がどうして, がなに, がほんと, がぼく, がま, がむしろ, がやはり, がよろしく, がホント, が一ばん, が一番適当, が上分別, が不可能, が主眼, が主要, が人, が人情, が仏教, が余, が便宜, が俺, が先ず, が又, が可, が合理的, が多, が多かっ, が大切, が好い, が嫌さ, が容易, が寧ろ, が小説家, が少く, が已に, が幸福, が心配, が必要, が怖, が恥かしく, が恥ずかしい, が憚, が損, が文学, が文章, が早, が最, が最善, が最後, が本来, が東京, が果, が武士, が毎年, が理, が理想, が甚だ, が痛い, が目, が眞, が真に, が礼儀, が穏当, が窮屈, が精, が習ひで, が聞え, が聞え出した, が肝心, が自由, が至當, が苦しい, が苦しく, が落ち, が見, が見られた, が見られる, が誤り, が近, が道理, が遠く, が長い, が間違い, が面倒臭く, が面白, しないの, じゃなかった, じゃア, だこの, だその, だとの, だろうという, だろうな, だネ, でありそれ, であるかと, であるかも, であるけれど, であるそして, である故に, であろうかと, でございましょう, でございますか, でござる, でしょうが, でなくかえって, でなくただ, でもあった, とおなじ, とちがっ, とは違う, と一緒, と云う, と反, と同, と同時に, と少し, ならまだ, なら私, にある, にいい, にそう, にはこれ, にはそれ, にはちょっと, にはどうしても, にもこの, に別段, に同情, に好都合, に役立つ, に比べ, に苦労, はあえて, はあと, はいかに, はいかん, はいづれ, はおもしろい, はおれ, はかう, はきっと, はけっして, はこういう, はこんな, はさすが, はさらに, はすこぶる, はすなわち, はする, はそれら, はたいへん, はだれ, はちっとも, はちよ, はとんでも, はどちら, はどんなに, はなに, はなんだか, ははじめて, はほんとに, はま, はまさしく, はまさに, はまず, はまちがっ, はみな, はむつかしい, はむろん, はやむをえない, はやむを得ない, はやめなさい, はやや, はよせ, はよそう, はわし, はわたくし, はをかしい, は一向, は一応, は世, は世間, は乱暴, は事, は事実, は二人, は二階, は云わ, は京都町奉行, は今夜, は今度, は何びと, は何ん, は何時, は例, は僣越, は元, は全然, は凡庸, は到底, は努力, は取り, は嘘, は国家, は国民, は大人げ, は大切, は好, は好く, は如何にも, は家, は小説家, は少々, は少く, は少しく, は少なくも, は尚, は年, は当り前さ, は当時, は彼等, は必然, は恰も, は情けない, は愈, は感心, は我慢, は或, は或は, は技巧, は敢, は既に, は日本人, は早かろ, は明日, は易い, は本来, は楽しい, は止む, は気持, は無益, は特に, は犯人, は珍, は現実, は理, は理由, は男性, は矛盾, は知れた, は礼儀, は私たち, は簡単, は精神, は絶対, は習慣, は自分達, は自由, は至極, は興味, は西洋人, は許し, は誤っ, は軽卒, は造作, は遠い, は適当, は酷, は野暮, は金, は難しい, は難儀, へ, もあまり, もあれ, もこういう, もさし, もずいぶん, もそういう, もない, もみんな, もむずかしい, も一興, も不快, も世渡り, も何, も億劫, も具体的, も卑怯, も又, も失礼, も奇妙, も妙, も尤, も当り前, も惡, も愉快, も憚, も懶い, も懶く, も時, も残念, も目, も考え物, も苦しく, も諾, も面白から, も面白く, やろ, をいい, をおもしろ, をきいた, をこれ, をじ, をぢ, をどうしても, をどんなに, をなぜ, をまっ, をやつ, をようやく, を一番, を主人, を傍, を八五郎, を助け, を厭, を吾, を唯一, を商売, を喜ん, を好まなかった, を好む, を嫌つて, を少し, を店, を待たず, を待ち受け, を後, を得意, を心配, を忘れなかった, を快く, を思う, を恐れる, を惧, を意識, を感じる, を手柄, を抑, を抑えた, を押, を指, を控, を暫く, を機会, を欲, を正造, を毎日, を気, を気味, を父, を男, を目的, を眺めた, を矢代, を知った, を禁ずる, を第, を聞きつけた, を聞きました, を聴く, を聽, を自慢, を見かける, を見たなら, を見越し, を覚えました, を防い, を防ぎ, を阻止, を院, を默つて, ん, んで, んには, んは, んや, 一事は, 不可なる, 任に, 余儀なきに, 力が, 力なく, 功は, 勇を, 勢あり, 勢いあり, 可否は, 域に, 外なき, 情も, 意なき, 意志を, 日が, 時あらん, 權利を, 止むべからざる, 法は, 点に, 特権を, 状あり, 精神を, 考にて, 自信を, 虞が, 要あり, 要ある, 要なし, 謂なり, 議を, 途に, 過失を, 際に, 風を

2 [1238件 抜粋] あまりそれ, いいこと, かこんな, かしきりに, かそこ, かそんな, かときく, かとたずねた, かと初めて, かと尋ねた, かと思え, かと思へ, かと聞い, かどうしても, かなん, かほとんど, か了解, か今度, か口, か急, か涙, か理論的, か知っ, があたり前, があった, がいる, がええ, がおしい, がきらい, がこわかっ, がし, がすなわち, がせめて, がちょうど, がつらかっ, がない, がなぜ, がはたして, がひも, がまだ, がやつ, がわからず, がわずか, がゐる, が一番身体, が一等, が乃ち此手紙, が人生, が何とも, が作家, が先, が分っ, が千世子, が却って, が古来, が哀れ, が変, が奇怪, が嫌ひだ, が嬉し, が學問, が定例, が寒々, が屡々, が常套手段, が幾日, が役不足, が怪しい, が悲しく, が慣わし, が抑, が文明, が早い, が望ましい, が本格, が極めて, が正義, が殊に, が毎朝, が決して, が流行, が父, が現代的サービス, が皆内, が真, が稼業, が罪, が習, が聽, が能, が見識, が辛い, が間, が順路, が馬鹿, こ, さとおかっ, じゃあない, だがネ, ださ, だすると, だっ, だとさえ, だとばかり, だ喜八郎, だ此, であったけれど, でありかく, でありしからざれば, であり創造, であるかの, であるとの, であるの, である憂, である近頃, でございました, でさえ, ですかと, ですこの, です私, でないよう, でなくそれ, でなく他者, でなく彼, でなく自然, とそれ, とそんな, とどれ, とは形, とまったく, と一つ, と仙太, と反対, と同等, と意味がち, と教場, と選ぶ, なぞ見えます, なら何程, なん, にたいへん, にね, にはたいへん, には二つ, には僕, には如何, には最も, には第, には長い, にびっくり, にもいろいろ, にも気, によい, に二時間, に出会った, に反対, に多く, に引きかえ, に必ず, に拘らず, に止め, に疲れ, に苦しんだ, に適した, に飽き, ねえ, はあぶない, はいかなる, はいったいどう, はうるさい, はおれたち, はお前さん, はかわいそう, はこうした, はこれら, はごく, はじつに, はすべて, はたまらない, はちと, はつまらん, はとにかく, はなにか, ははじめ, はふつう, はべつに, はほんとう, はますます, はまっぴら, はむずかしく, はもし, はよさう, はよっぽど, はわるい, はカンタン, はロゴス, は一度, は三時間, は不公平, は不心得, は並, は人形, は今更, は仲, は何事, は何者, は倉松, は傲慢, は兎, は其の, は利巧, は前, は卑劣, は危, は古, は可能, は同じ, は君子, は善い, は困った, は多少, は大いに, は大嫌い, は天, は失禮, は女子, は如何に, は始終, は宗助, は実は, は小, は已む, は常, は年齢, は弱い, は後世, は得意, は必要, は思惟, は恥しい, は悪, は感じ, は憲法, は批評家, は探偵, は政, は文化, は斯, は明, は最, は有害, は未練, は本望, は某, は極り, は構, は止めた, は正面, は歩行, は殆ど, は母, は民族, は江戸一番, は浅はか, は烟, は無意義, は無礼, は熱, は犠牲, は甚だしい, は生まれ, は生ビール, は痛い, は益々, は目的, は看過, は礼, は私一人, は種々, は結局自分, は考え, は聊か, は自, は良い, は苦労, は藪蛇, は行き, は見, は見苦しい, は詩人, は誤謬, は豪い, は資本家, は贔屓, は道具, は邪気, は釈迦, は陛下, は非凡, は頗る, は食慾, は餘, は馬琴, へ匕首, もあなた, もあり, もい, もいけない, もいる, もおそらく, もかなり, もさして, もただ, もちょっと, もともに, もばからしい, もへん, ももどかし, もやめ, もイヤ, も一仕事, も不思議, も主, も予告殺人, も価値, も勿論, も可, も嘘, も国家社会, も大人気, も太陽, も好く, も子供, も実に, も彼ら, も御, も恐れます, も恥, も悲しい, も愚か, も文章語, も本当, も正, も洒落, も眠る, も知らない, も穢ら, も聴かず, も草双紙, も見えた, も退, も遠慮, も面倒くさい, も面白かろ, ゆえを, わ何故, をあつし, をいかにも, をいやがり, をかまわず, をぐっと, をさえぎっ, をそう, をだまっ, をちょっと, をぼんやり, をみる, をよく, をわざと, を一つ, を一度, を不都合, を主張, を亭主, を今度, を余儀なく, を兵部, を剛情, を受け, を叱っ, を善い, を好まぬ, を如何にも, を嫌, を嫌った, を学士, を左右, を常吉, を強い, を待たずし, を待ちました, を必要, を怠らない, を急い, を感じ出し, を感ぜず, を慣わし, を抑える, を拒み, を断っ, を日課, を時間, を望む, を権右衛門, を止めた, を正吉, を法水, を瑠璃子, を甲斐, を禁じ, を禁じ得なかった, を縁側, を翁, を聞き流し, を背後, を見かね, を見て取る, を見るだろう, を見届け, を見掛ける, を見送りました, を覺, を認めます, を誡め, を貴女, を軽蔑, を道楽, を遮っ, を非難, を鬼, んと, んイヤ, ん当り前, ダ, 一事のみ, 二途ある, 人なり, 位地を, 余力を以て, 例少から, 価値が, 便宜を, 働に, 冀望ある, 内閣なりと, 决議を, 利を, 力量あら, 勇気を, 勞を, 勢いに, 口実とは, 器なく, 地盤を, 外無之, 大膽, 威信なき, 寂しさ, 度を, 弊を, 志を, 思想は, 情實に, 意, 意なし, 意志が, 慣例なれ, 成案を, 手段を, 技倆ある, 政治は, 政治家なり, 斗, 明ある, 時ま, 時代的人物なり, 権利ある, 権利は, 機会は, 欲望ある, 法あり, 状ありし如き, 理由なき, 生命ある, 目的ありし, 祈り方, 端を, 習慣性を, 英雄的思想より, 要素果して, 言を, 論客に, 謂では, 赤心を, 迹ある, 道である, 道には, 陰謀を, 非なる, 首領として

1 [7102件 抜粋] あった, あまり意, いや小母さん, かい仏, かさも, かそれだけ, かという好奇心, かとか何とか, かともかく, かと与, かと好奇心, かと情けない, かと考えた, かと豹一, かねわれわれ人類, かは明らか, かむんずと, かわかり, かナそれとも, か今, か分りませんでした, か問おう, か存じません, か怪人, か方々, か汝, か畏き, か神, か職工, か身, があせる, があんまり, がいやン, がおちだろう, がくらい行燈, がしまいに, がたのしみな, がどんなに, がひろ子, がみえ, がもつとも, がわしら, がナンセンス, がプラトン, が一時流行つて, が一番苦痛, が三度, が世の中, が久しい, が京都人, が今日國詩發展, が作家同盟, が元, が其一, が初め, が割合, が卜筮, が古代, が呪詛, が基督教國, が大臣, が好ましかっ, が学道, が家業, が少なから, が平, が当りまえ, が後者, が思い取られる, が恐ろしくむずかしい, が愉し, が我々文学者, が探偵小説, が文明的運動, が日本人, が景物, が本分, が村, が横たわっ, が此手紙, が気に入ら, が淋しく, が熟, が瑠璃光丸, が痛快, が確か, が立てまえ, が続出, が聞こえる, が若し, が行けない, が親分方, が請負師, が辛く, が遅かっ, が都合, が關, が面憎, が餘, け, さえい, さえ恐ろしく, さお, さ普通, じゃあねえ, じゃそうして, すこし早, だええ, ださうだが, だったと, だったら疲れて, だつて, だなどとも, だらうといふ, だろうつづいて, だエ, だ前, だ手前おれ, だ馬右エ門, であったその, であった私, でありますそれ, であり彼, であり見て, であるまして, である倶摩羅迦, である約, であろうむしろ, でございましたけれど, でしたな, ですかい, ですリザベタさん, です新聞屋, でないだけ, でなくこの, でなく便利, でなく感情, でなく神入り, ということ, とがばっ, ところ剪定の, とで作物, とはだいぶ, とは大, とは違います, と一か年, と今夜, と吾, と差, と新聞, と異ならない, と表面, と遠く, などと詰らん, ならそれぞれ, なら何, なら無論, なんか眺め, にお, にさえ大騒ぎ, にちょっと, にという意, にはお, にはなく, にはより, には今, には千ちゃん, には弱った, には是非とも, には特別, には適し, にまかせた, にも二人, にも応接間, にも癇障り, にも金, に一番恰好, に会った, に先立っ, に午前いっぱい, に執拗, に対して, に対して院内局側, に役だつ, に急, に朝, に気付いた, に用いた, に葬った, に躍, に鐵, ね世界文学, はあと何ヶ月, はいか, はいろいろ, はおっかさん, はかえって当然, はきみがわるい, はこぢつけ, はさぞ, はじめてでしょう, はそのまま, はたいがい四歳以上, はちがっ, はとうぜん, はどの人, はなんとなく, はひつじかい, はまう, はむしろはなはだ, はもちろん単に, はゆかい, はらんぼう, はアカデミック, はカモ扱い, はジャーナリズム, はニコル, はホン, は一々, は一番, は丁度美くし, は上代人, は不安, は不都合千萬, は主婦, は云われる云われない, は人各々, は人間自然, は企ら, は何ゆえ, は供給者, は俳優自身, は僅か, は先任, は六月, は具合, は分る, は加瀬谷少佐, は医者, は卑怯ぢ, は即座, は古代, は同じく, は君自身, は善七, は国民みずから, は塩, は夜店商人, は大夫, は天上, は奇怪千萬, は妹, は学術的, は実質, は寛典, は小判, は屡々, は市役所, は広大, は当りまえじゃ, は彼方ぢ, は復, は必竟自分, は怪し, は悪魔, は愉しかっ, は慎む, は成女戒, は手籠め, は支那一般, は文明, は日本もの, は春風, は晴天, は有難い, は本道, は根源的, は権右衛門, は止せ, は此時, は毒蛇, は沈黙, は浮世, は演出上, は無神経, は物質分子, は独断, は甚しき杜撰, は田中, は異, は皆性慾, は看護婦, は石太郎, は祖父, は私達, は竹童きょう, は純粋, は絶えざる, は縮む, は考, は胡坐, は自明, は船長, は茂子, は蛇, は西田先生, は解り切っ, は詰らぬ, は論, は貯蔵庫, は身ひとつ, は近代人, は道ぐさ食, は酔払い, は鎌倉, は隣人愛, は非常識, は食べられる, は馬鹿馬鹿しく, は髪, は鼻, もあたし, もいわゆる, もお山, もことわり, もすこぶる, もた, もどこ, もほん当, もむりではない, もやむを得まい, もオックウ, も一度, も不経済, も之, も今夜限り, も何等, も入道, も前生, も反, も商売, も大変, も宝珠視, も幕府, も心がら, も恥しい, も憚り, も故, も書き, も次郎, も気持ち, も無慈悲, も理, も病的, も石, も簡単, も肉欲的, も良し悪し, も見苦しい, も軽率, も野暮, も霧, も骨, やもっと, やろか, よりは全集, をあちこち, をいや, をおそれ, をかえって, をこ, をさえ雅, をすこしく, をちゃっ, をなる, をひとりぼんやり, をみんな, をやめろ, をオンコッコ, をドウドウ, を一日, を三次, を久四郎, を人工, を伯母さん, を保養, を入道, を分析, を助けた, を印度人, を叔父, を司令塔, を呼び止めた, を囃し立て, を堅鉄, を天職, を妨害, を宗旨, を寢, を岩井, を幾分, を張, を待ってる, を志村, を思い切っ, を恥ら, を愛した, を憚りながら, を押えつけ, を指先, を放つ, を早朝窓, を木部, を椽側, を止めさせる, を汽車, を源氏, を無理矢理, を特色, を田山白雲, を皆眼, を瞥見, を神学者, を突き出す, を網, を聞きすてる, を自発的, を藤吉, を見つけだす, を見上げる, を見届ける, を視つめ, を誇る, を足軽, を近隣, を運八美術閣翁, を醒ヶ井, を阻み, を非, を高, んではあはあ, ゲルマンロシアと, 一助とも, 主義も, 人を, 任と, 余り本妻, 余裕に, 健児を以て, 先例を, 別が, 功を, 勇気なし, 勢なれ, 可否については, 堅き者, 外を, 大方針, 奇談も, 孝子傳奇蹟人物である, 實權を, 帝を, 彈力ある, 心が, 念から, 思いです, 恐なく又, 情と, 意には, 慣行は, 手段と, 捷徑たるに, 文字を, 方略ある, 明なし, 時吾人は, 暴力に, 本当に結構, 榮譽を, 機会に, 武備と, 法いかが, 煩わしさ, 理趣を, 目的と, 積弊を, 罪惡と, 能力なく, 虚榮を, 要なか, 規則なる, 詩趣あらず, 議案を, 趣意では, 途なき, 道も, 重瞳将軍也, 際, 非に, 風に

▼ するもの~ (12075, 3.8%)

806 である 704 では 214209206 がある 157 だと 130 なり 123 のよう 117 だから 115 はない 96 です 91 であるが 90 であった 87 であること 86 もある 84 なの 82 がない 77 でなければ 76 であると 75 ですから 72 であります 70 ですか 69 でも 63 であって 60 があった 58 にし 52 であるから 46 でない 45 らしい 44 だという 43 だった 41 じゃない, だが, にあらず 38 があつ 37 あり, があっ, であるという 35 もない 34 はこの, はなかっ 32 であろう, もあった 31 なれば 30 がなかっ, であ 29 でないこと, に非, は何 28 であつ, は 2726 があれ 24 が多い, はその 22 かね, なりと 21 であらう, は無い 20 に他, はありません, は一人, もあつ 19 もあれ 18 があり, があります, だよ, とすれ, と思っ, と思われる 17 あるを, ならば, に外, のやう 16 が多かっ, が多く, であるか, と仮定, なること, はただ 15 である限り, でその, でないと, のある, のない, もあり, もなかっ 14 であるといふ, でしか, ですが, と見, の中, よ, 多し 13 あらば, とする, となる, と信じ, もなく 12 でなくては, と考え, の比率, はなく, は必ず, は誰, もありました 11 が出, でなくて, のうち, は他 10 あれば, がありません, だろうと, と考えられる, なるが, はそれ, はなかつた, はまず, は常に

9 [16件] がありました, がその, が少なく, だそう, でありそして, であろうか, でしょうか, ですよ, とし, としてその, と云, と思う, と考へ, はありませんでした, は唯, もありません

8 [20件] あれども, かい, さ, じゃ, で, でありますから, であるかを, でこの, でないという, として理解, となり, になっ, のこと, の一つ, の心, は彼, もなかつた, もなけれ, を感じた, を持っ

7 [30件] かどう, が, が何, さえあった, じゃありません, たるに, だからね, だつた, だとは, だろう, でありその, であるならば, であるらしい, である以上, ですね, として, と考えた, と考える, と言, に相違, の数, はあるまい, はほとんど, はもはや, は一つ, は今, は実に, は決して, を感じ, 少からず

6 [34件] かな, があるなら, がなかつた, だか, だろうか, であったから, でありそれ, であり従って, であるかの, であろうと, でございます, でした, でしょう, としてそれ, とす, となっ, と見える, と見る, なので, にあらざる, にあらざれ, の多い, の如く, の統一, の間, はある, は實, は私, ばかりで, もあっ, も亦, も少なく, らしかった, 以外の

5 [52件] ありと, あるに, があったら, がありませんでした, があろう, がなく, が一人, が多, が無い, だとか, だとして, だな, であったが, でありこれ, でありまして, でありますが, でありまた, であるかという, であるの, である事, であれば, でそれ, でないの, と, とされ, とした, となし, となす, と云う, と想像, と考へた, と考へられ, なし, なん, に就い, のため, はいつも, はこれ, はまた, はもとより, は亦, は個人, は即ち, は必ずしも, は日本, は甚だ, は皆, は自分, もまた, も多い, を, 豈に

4 [72件] ありあるいは, ありて, あるのみ, あるも, かということ, かと思う, かも知れない, があ, があるだろう, がいる, がこの, がたくさん, が出来, が幾人, が必ず, が示され, が表現, さえある, たる可, であったと, でありながら, であり又, であるに, であるのに, であろうが, でこれ, でせう, とがある, としてでなければ, として私, とそれ, と同じ, と私, と考えられ, と考えられた, と考へられる, と見え, なしと, なのね, ならむや, ならん, にあらずし, にあらずや, ね, の様, の真, はすなわち, はすべて, はそこ, はなくなった, はまだ, は人間, は必ら, は恐らく, は悉く, は曰く, は正に, は無, は確か, は社会, ばかり, ばかりだった, もあります, もいた, もなし, をいう, を何, を含ん, を感じる, を自分, 多きを, 甚だ多し

3 [125件] ありや, あること, あるを以て, かと思った, かと私, かよ, があったなら, があの, があらう, がいくら, がなけれ, が一つ, が人間, が出来た, が即ち, が存在, が少く, が有る, が現われる, が社会, が続出, が誰, が非常, じゃあない, じゃねえ, だし, だとさえ, だなどと, であったこと, であったの, であっては, であり, でありこの, でありません, であるし, であるとしか, であるよう, である所以, でないから, でなくても, でまた, で之, で私, という, というべし, といわざるべからず, とされる, としたら, としてこの, としてこれ, として現われる, として自分, とするなら, とである, となった, となつ, と云わね, と心得, と推定, と確信, と見なけれ, と見られる, と覚悟, と認める, と誤解, なきに, ならむ, なり故に, に, にとつて, になつて, にはあらず, には必要, に過ぎず, に過ぎない, に非ずし, の主観, の他, の大, の存在, の方, はありゃしない, はいかなる, はなし, はひとり, はわが, は主として, は之, は云う, は何時, は労働, は単に, は多く, は大, は寧ろ, は少, は少なかっ, は彼等, は恰も, は更に, は案外, は死, は民衆, は無く, は男, は神, は第, は自ら, は自己, は頭, ばかりである, もありませんでした, もいる, も出, も多かっ, らしいが, を作る, を手, を抑え, を指す, を除い, 多かりし, 多きが, 多きは, 果して之

2 [458件] あらむや, ありしが, ありて物, ありまた, あり今日, あり我輩, あり或は, あるが, あるは, ある乎, ある可, およびこれ, かあなた, かし, かしらと一度二階, かその, かそれ, かそれとも, かもしれぬ, かも知れません, から見れ, か又, か昔, か私, か見当, があったらしい, がありましょう, がいろいろ, がかなり, がかの, がこれ, がご, がすぐ, がすっかり, がそう, がちょうど, がつい, がなくなった, がまさに, がもう, がよく, がゐない, が一番, が上品, が不, が主, が二人, が今, が他, が先行, が同じ, が同時に, が少, が己, が彼, が必要, が敵, が既に, が是, が構想力, が欠け, が殖え, が段々, が混合, が無, が現, が現れた, が生じ, が生じた, が私, が続々, が綜合, が自己, が著しく, こそ, こそ本当, これから生かそう, さえありました, さえあります, さえなく, じゃて, じゃよ, すらあり, すらある, そして最後, ぞよ, たらしめざる可, たり而, たるは, たる事, だからと, だぞ, だったから, だったが, だったこと, だったろう, だつたが, だとの, だなと, だね, だの, だらう, だろうかと, だ精勤, であったかという, であったに, であらね, でありかつ, でありそこ, でありました, でありましょう, であり人類精神, であり同時に, であり吾, であり或, であり朝廷, であり社会, であり第, であり長, であるかと, であるかは, であるからには, であるけれども, であるとか, であるところ, であるとして, であるとは, であると共に, であるわい, である故に, である殊に, である筈, でいつ, でお, でご, でございました, でございましょう, でござる, でさえ, ですからね, ですけれども, ですな, でそして, でつまり, でない事, でなかった, でなくただ外, でもあった, で一定, で今, で他, で例えば, で其の, で延長, で彼, で更に, で最も, で現に, とある, という事, といふべきである, といわざる, といわね, とか, ときまっ, とこの, としか思われない, としてある, としての歴史, として七処女, として先人, として彼, として思惟, として意識, として我々, として最も, として現, として考え, として自己, として言, として説明, としなけれ, としよう, とせ, となるであらう, との二つ, とはならない, とは全然, とは思っ, とは思わない, とは想像, とは見, とみえ, と二つ, と云っ, と信じきっ, と全然, と判断, と受取られた, と大, と定, と定め, と思え, と思ふ, と想, と新, と早合点, と期待, と此説, と殆ど, と理解, と絶縁, と見えます, と見れ, と解し, と解釈, と認め, と認められ, と長州, なからむ, なかりしを以て, なき限定, などは一人, ならざる可ら, ならずや, なら大概, なりき, なりとは, なり下劣詩魔, なるべし, なるを以て, なれども, なれは, なんぞが目貫, にあらざるなり, にあらね, においては過ち得ない, にこれ, にしたい, にすぎない, にすぎなかった, につきあたっ, にとってはそれら, にとって一つ, にとつ, になる, にはあらじ, には白日, には非, にほかならない, にまで編入, に候, に就, に異ならず, のなか, のほか, のみが私, の一方, の多く, の姿, の尠, の常, の心得, の志, の意志, の手, の模寫, の無, の理想, の相, の立場, の細胞, の網, の論理, はいかに, はおそらく, はかえって, はかかる, はこれら, はごく, はございません, はたいてい, はどうしても, はどこ, はどの, はないだらう, はないです, はなかろう, はなき, はなん, はねえ, はまさに, はむしろ, はもう, はやはり, はよく, はよほど, はより, はカント, はクイクイ, はドイツ, は一, は一切, は一方, は一種, は万人, は三尺, は世界, は仕事師, は伊東巳代治, は何で, は何れ, は何一つ, は併, は信仰, は僅か, は先ず, は先づ天下, は全く, は全部, は内容, は决, は凡て, は初めて, は別, は利己主義, は前, は動, は半面紫色, は卑くせ, は各種, は吾, は哲学, は唯物史観, は多い, は大いに, は大抵, は女, は如何なる, は学者, は実は, は実在, は客觀, は家, は容易, は少い, は少く, は希望, は帰期, は常識, は彼ら, は彼女, は往々, は恋, は恐らくは, は悪い, は情意, は我々生存, は我が, は是, は時日, は暴力, は最も, は柔順, は極めて, は概して, は殆, は無かっ, は無碍, は現実, は田辺博士, は皆逆境, は直ちに, は相愛, は真, は科学, は稀, は總, は罪, は義男, は腐, は自ら自己存在, は自信, は自由主義, は自由党, は自由黨, は良心, は蝙蝠傘一本, は見つからない, は詩, は過去, は順境, ばかりです, また動物, また天使, もあるまい, もあろう, もいない, もこぞり, もこの, もそれ, もなき, もまとめ, もまれ, もみな, も公人, も尊兄, も山, も常に, も殆, やらつまらない, やら遂に, よお, よっといで, らしいと, らしいの, らしくあります, らしく思われる, らしく見えた, をこれ, をもつ, をり, を一まとめ, を世に, を介し, を他, を余, を偽善家, を出し, を出だ, を取り出し, を存, を意味, を憎む, を拾, を持つ, を捉え, を斜, を最も, を正し, を求め, を求めれ, を現実, を生産, を考える, を見せ, を除け, 亦少なから, 亦必ず, 多きに, 大抵其の, 少からざる, 少なからざりし, 少なからず, 恐らくは二三子, 相共に, 続々と, 頗る多く

1 [3554件 抜粋] あったらそれ, あらんや, ありたり, あり仏教, あり早く, あり英人某氏, あること等, あ剣呑, いったん幕府時代, およそ四回, かおいら, かこの, かだが, かという一見, かといふ態度, かとまた, かと思っ, かと考えた, かなどとおっしゃる, かね好い, かもしれない, からも疎んぜられる, から取っ, から見たら, かネ, か借り, か実際, か戦, か此奴, か知りたい, か見物, か退歩, があるで, がいくつ, がかえって, がさぼく, がずいぶん, がたちまち, がともに, がなお, がはげしい, がまだ, がやがて, がアダム, がヒューマニズム, が一切, が之, が何人, が充分, が冬季, が出来なかつた, が十一二種, が取り, が吾, が土地, が多から, が奈良朝, が実に, が少から, が平行線公理, が性格, が抱き付いた, が新劇, が書きたい, が有夫, が様子, が歴史, が民, が潜ん, が無理, が理性, が発生, が真, が種々, が結局, が聞き手, が芸術, が見えない, が説破, が道, が頻々, こそわれわれ, こそ思想, さえない, しかも彼自ら, じゃあねえよ, じゃと愚か, すごいもの, すなわち自己, すら欠け, その二, ぞという気, ぞの覇気, ただ自然そのもの, たるを以て, だけが幾何学, だけに限られ, ださうである, だったの, だといふ, だらうか, だわし, だ幾十万人, だ私, であったかを, であったなら恐らく, であらざる, でありつまり, であります但し, でありロマンティシズム, であり四十七種, であり子孫, であり掌故, であり相互, であり脚下, であるからは, であるとい, であるには, であるまい, である就中, である自覚, であろと, でございましょうな, でござれば, でしてね, ですだから, でそこ, でただちに, でないが, でないのみならず文芸, でないよう, でなくそして, でなく個々別々, でなく妥当, でなく皆自己, でみにくい, でわれ等, で一事, で二つ, で仏教的, で僕, で即ち, で埋められ, で婦人参政権, で常陸, で徒ら, で感じ, で是, で江戸時代, で満堂数千, で無慾, で真に, で結局, で謂わば, で長者, で骨, ということ, といえ, といふ考, とか物品, ときめ, としからざる, としてかつて, としてちっとも, としてのはっきり, としての個, としての環境, としてはあまりに, としては先, としてもだ, としてイデオロギー, として二度と, として信仰生活, として區別, として四つ, として対立, として役立った, として我, として攻撃, として春秋戰國, として残った, として現れた, として発達, として社會主義書類五種發賣, として美的, として聞く, として見られる, として許されない, として飽くまでも, とせらるるなら, とてはなかつた, とならない, とに対する保障, との別, との推論, との関係, とはなりません, とは思い, とは甚だしく, とは行き, とばかり思っ, とも思われない, とも認め, と一度, と予期, と交際, と何, と信じ居, と假, と判る, と反, と嚴密, と存ぜられます, と尾州継友, と必, と思はず, と思われました, と感じ, と搾取, と極, と漢, と知らす, と絶えず, と考えられよう, と聞いた, と見られなけれ, と観, と解せられたなら, と言わざる, と認めね, と迷信, と闘っ, なかりしが, なく口々, なざあありゃしやせん, などあっ, などがない, なのに, ならざるべからず物質, ならわし, なら水, なりちょう正統経済学派, なり即ち, なり泰西, なり能, なるか, なるやいなや, なる高, なんぞ入らん, にきまっ, にしなけれ, にだけ見られる, について教授, にて含水炭素体中, にでもすべて, にとっては大阪, にとっても決して, になった, にはかなり, にはまた, には内地人, には時, には自ら, にひしと, にもあまりに, によい, によつて, に一層, に事, に候う, に却つて毒氣, に堕ちた, に存, に対しては殊に, に対し奨励金, に対する殆ど病的, に打たれ, に有, に猩々, に経験性, に與, に迷信家, に違い, に非ら, のお, のはたらき, のみが眞, のみにあらず, のみを見, の上, の他愛, の利潤, の告白後, の外他, の対立, の心像, の悩み, の捌け口, の書牘, の枯渇, の涙, の知識, の総体, の行き悩む, の誤解, の運命, はあ, はあらざるべし, はあるべからず, はいたずらに, はいなかった, はおらん, はこうした, はござりませぬ, はすくない, はすべて真, はそこここ, はただちに, はてんで, はどうせ, はなはだ多, はほんの, はみな夏服, はもっと, はわずか, はオランダ, はジョン, はブルジョア作家, はルネ・クレール最近, は一層, は一枚, は三百人, は不可犯, は主, は亡びる, は人類, は何ぞ, は余, は信長勢, は倫敦塔, は元来自己, は児童, は共鳴, は凡庸, は初, は前衛, は勝氏, は南露西亜, は原理的, は史的唯物論, は同一, は哲学者, は單, は国民, は外, は大変, は夫, は妖怪, は姦通罪, は宗教教育, は富くじ, は尤も, は岡引, は幸福, は当時, は心, は快, は悲哀, は感情, は所謂爛柯, は拷訊, は故人, は数理経済学, は方法, は日頃窃, は明治, は曲率, は本来, は概念, は正義, は歴史科学, は民俗学的, は河野敏鎌氏, は洋服屋, は消防署長, は濁音, は燃えただれる, は独り僕, は玄徳, は理論以外, は申, は皆己, は盟友, は短銃, は私達, は空間知覚, は米国, は結局成功, は編集, は老人輩, は腕力, は自然的事物, は色, は落選, は袂, は視覚, は許す, は誰だい, は財貨, は軈て, は退屈, は道士, は長, は非常, は駅, は魚, ばかりを産み出す, への転化, ほど近, また出来る, また肩, もあったであろう, もあるらしく, もずいぶん, もともに, もめったに, も人間, も出来た, も多く, も少ない, も想像以上, も澤山, も自身, も飛ん, や声, ゆえ今日真理, よりかえって, よりも職業, よ汝等, らしくズズ, をいったん, をし, をつかまえよう, をにらん, をまた, をも感じ, をわれ等, を世間, を今お, を作り上げね, を充, を其処ら中, を収めた, を否定, を噛みつき, を多少, を守護, を導く, を彈劾せり, を憶, を批評, を拔, を捕まえる, を探り出した, を教育, を新た, を暗示, を植えつけ, を水温, を滲み出させる, を理解, を目標, を研究, を置いた, を自ら, を蔵, を見なく, を討つ, を輸出, を重視, を陳列, を養い得せしめ, 亦同じ, 何一つ失つて, 即ちそれ, 即ち国別比較法, 又そうした, 嘗て實, 多く多額, 夥しい数, 少なき時, 必ずしも哲學, 或いはそれ, 故竪穴, 極めて自然, 無, 甚だ多かっ, 立つもの, 終始一貫この, 豈独り

▼ するよう~ (11906, 3.7%)

870 になった 581 なこと 367 になっ 280 なもの 227 になる 210134 にし 132 になりました 127 な事 113 になり, に云った 91 な調子 90 な声, な気 69 に言った 65 では 63 に見える 5755 に思われる 51 な気持 50 な人 47 である, な態度 43 な場合 38 な心持, にいった 35 な口調, に見えた 34 だが, にその 32 な女 31 であった, に私 30 な男 29 な大きな, な眼, に彼 28 な人間, な者 27 だった, なそんな, なところ, に思われた 26 ですが 25 な恰好, な顔 24 です, になれ 23 な, な感じ, な様子, になります 22 な話, に出来 21 なの, な音, に成った, に眼, に頭 20 にこう, にまた 19 でも, なふう, にする, になったら 18 な傾向, にお, になるだろう, に云っ, に努力 17 な時, な表情, にした, に命じた 16 であるが, な風, にこの, に手 15 な気持ち, な眼つき, に自分, に言いました 14 なその, な口ぶり, な奴, な形, な気分, な言葉, にでき, に言っ 13 だから, ないい, な結果, にじっと, に訊いた 12 な意味, な日, にしなけれ, に彼女, に首

11 [11件] な生活, な美しい, な顔つき, にいっ, にしたい, にそれ, になつ, に両手, に口, に思う, に言う

10 [13件] な事件, な勢い, な口吻, な大, な目, な真似, な眼付, な笑い声, にそう, にな, にならなけれ, になりまし, に声

9 [18件] なお, なもん, な微笑, な心, な心持ち, な心配, な思い, な物, な笑い, な考え, にと云った, にみえた, に云う, に思っ, に思った, に感じた, に身体, に顔

8 なので, な仕事, な状態, な色, にそっと, にちょっと, にって, に思われ, に答えた

7 [32件] だと, で, でした, なそういう, なとき, な光景, な具合, な力, な口, な強い, な彼, な性質, な恐ろしい, な目つき, な習慣, な訳, にいいました, にうなずいた, にさせ, にとのこと, になるであろう, にもなる, にわざと, に伸子, に叫んだ, に命じ, に命じました, に命令, に少し, に肩, に見, に頼ん

6 [37件] だったが, な不思議, な人たち, な余裕, な光, な問題, な姿, な姿勢, な娘, な悲鳴, な所, な方向, な方法, な時間, な有様, な機会, な理由, な瞬間, な立場, な美し, な自分, な高い, にしたら, にしよう, にそして, にと言っ, に努め, に命ぜられた, に女, に工夫, に急, に注意, に片手, に相手, に膝, に見え, に身

5 [46件] じゃ, であったが, であります, なおそろしい, なこの, なものの, な不, な作品, な例, な元気, な大声, な心地, な性格, な新しい, な時代, な気配, な物音, な異様, な研究, な言動, な語気, な語調, な足どり, な身振り, な返事, にいう, にこれ, にすすめ, につとめる, によく, に力, に呟いた, に唇, に家, に強く, に心, に感じ, に成っ, に書い, に気, に眺め, に笑った, に胸, に見えました, に見せ, に頼んだ

4 [78件] でしたが, なあの, ないや, なそぶり, なつもり, なまた, なやり方, ならば, な一つ, な不愉快, な人物, な凄い, な動作, な勢, な卑怯, な危険, な原因, な子, な家, な工合, な形式, な御, な心もち, な思想, な恐怖, な意見, な感覚, な手紙, な気もち, な気味, な深い, な烈しい, な種類, な立派, な素, な経験, な結論, な若い, な身, な身分, な軽薄, な道, にそこ, につけ加えた, にと, にということ, にといっ, にと云っ, にと注意, にならない, にもなった, に下, に両, に今, に体, に何, に傍, に前, に前後, に勧告, に大きく, に微笑, に思え, に思えた, に思われます, に感ずる, に水, に男, に立っ, に笑っ, に第, に考え, に聞える, に腕, に自然, に言いつけた, に足, に金五郎

3 [176件] すだったが, だけれども, だし, だね, だよ, だわ, でありますが, ですから, ですね, でもあった, で気, なえたい, なかっこう, なさけび声, なしないよう, なそれでいて, なへん, なわけ, な一種, な事情, な人達, な仕掛, な位置, な何, な何とも, な何物, な俺, な優しい, な冬, な出来事, な卑しい, な口振り, な報告, な場所, な変, な姿態, な子供, な学問, な寂しい, な寒い, な小, な小説, な巨大, な平次, な年, な形態, な影響, な彼女, な快感, な悪, な意気込み, な愚, な感情, な或は, な手つき, な振舞い, な文句, な時世, な機械的, な母, な気風, な無, な物凄い, な特別, な犬, な現実, な知識, な素振り, な美人, な羽目, な自然, な興味, な行動, な視線, な親切, な連中, な金, な錯覚, な関係, な陰気, な雰囲気, な静けさ, な面, な顔付, な類, な馬鹿, な騒ぎ, な鬼気, にあくび, にあたり, にあの, にある, にいいつけた, にからだ, にこういう, にここ, にさえなっ, にさえなった, にしかし, にしばらく, にすすめた, にすれ, にそびえ立っ, にたずねた, にただ, につい, にといった, にとおっしゃいました, にと云う, にと何, にと勧め, にと私, にながい, になったらしい, にね, にぶるぶる, にもっと, にも見え, にも見えた, にゆっくり, にパッ, に一同, に一寸, に主張, に二人, に云, に仕向け, に仕向ける, に僕, に先生, に凝視, に努める, に勧め, に右手, に合図, に哄笑, に塀, に変化, に宿, に小さな, に尽力, に強い, に心がけ, に忠告, に思いました, に思える, に感ぜられる, に成ッ, に戸口, に手足, に指, に指令, に振っ, に母, に決定, に激しく, に画家, に白い, に眺めた, に研究, に窓, に美しい, に致しました, に要請, に見せかけ, に見た, に計画, に話し, に話した, に説明, に軽く, に適当, に部屋, に音, に頷いた, に額

2 [448件] すである, だけど, だけれど, だったらそれ, だな, であっては, でい, でおかしい, でご, でございます, でございますが, ですけれど, でその, でなくては, ではなはだ, でわるい, で可笑しい, で日本, で私, なあぶない, なあんな, なあんばい, ないやらしい, ないわゆる, なうれし, なお話, なこんな, なさもしい, なするどい, なただ, なたち, なたのし, なつまり, ななにか, ななんとも, なはげしい, なはめ, なひどい, なひどく, なほとんど, なまね, なもう, なやつ, なようす, なら僕, なケチ, なバカ, な一定, な不体裁, な不心得, な不忠, な不調和, な世の中, な世界, な乾いた声, な了見, な予感, な事実, な事態, な人柄, な今日, な仕掛け, な仕組み, な他, な仲, な低い, な作用, な先生, な冒険, な冷, な冷たい, な別, な動機, な化学作用, な厳しい, な友禅模様, な口つき, な口気, な叫び声, な咳, な哄笑, な喜び, な喧嘩, な回り合わせ, な国家, な場面, な夢, な大きい, な大木, な太, な失礼, な好い, な始末, な嫌い, な嬉し, な実例, な実験, な家庭, な容, な寒, な小さい, な小さな, な小細工, な山, な弱い, な弱虫, な強引, な形勢, な形相, な役目, な従って, な心境, な心掛, な心掛け, な心構え, な必要, な怖, な怖い, な怪物, な恋, な息, な悪い, な悲しみ, な情景, な情熱, な意識, な感, な感激, な慾心, な憂鬱, な手段, な折, な抜刀, な指, な教育, な文化, な文明, な料簡, な方, な方針, な旅, な早, な明る, な晩, な景気, な書物, な服装, な期待, な本当, な柄, な柔かい, な格好, な極端, な歌, な気勢, な気魄, な水, な水臭い, な汚い, な派手, な激しい, な熱い, な父, な特殊, な状況, な猛, な獣類, な珍しい, な現象, な甘い, な用, な白, な目容, な眼差し, な程度, な空想, な空気, な端麗無比, な笑いかた, な笑い方, な答, な策, な簡単, な絵, な緊張, な罪, な美, な老人, な考, な考えかた, な肉, な胸, な芝居, な若者, な苦痛, な英雄, な草いきれ, な蒲団, な蒼い, な行為, な見事, な解釈, な言, な記号, な設備, な語, な超, な趣味, な身の上, な身ぶり, な途方, な運動, な量感, な金額, な鋭い, な鋭さ, な長い, な雑誌, な面白い, な音楽, な音色, な響, な頭, な風情, な風習, な鳴き声, にあざやか, にあなた, にありたい, にいい, にいいつけ, にいきなり, にいわゆる, にうまく, におずおず, におっしゃいました, にお願い, にかれ, にくちびる, にこ, にこれから, にこれら, にこんな, にさ, にさえ, にさえすれ, にさえなりました, にさけんだ, にしてやろう, にしました, にします, にしゃべりはじめました, にすぐ, にすこし, にすすめる, にせね, にたたずん, にだんだん, にちゃんと, にちら, につとめ, につぶやいた, にていねい, にである, にできてる, にというの, にというよう, にとお, にときどき, にとすすめる, にとのお, にとの注意, にと御, にと源氏, にと要求, にと言う, にと言われ, にと説得, になっちまう, になってる, になら, になりましょう, になるでしょう, になろう, にはでき, にふ, にぽかっと, にまず, にまでなった, にみえる, にもう一度, にもなっ, にもなり, にやっ, にわたし, にわれ, にわれわれ, にグッ, にサッと, にッ, に一番はずれ, に上体, に不安定, に世話, に世間, に云われ, に互いに, に人, に人々, に仕向けた, に仕組まれ, に仕組まれた, に仕込ん, に他, に他人, に伸子たち, に何事, に何度, に作られ, に優しく, に先, に出, に努めなく, に努めなけれ, に勉める, に動い, に勧められた, に十分, に反問, に取っ, に口髭, に叫びました, に台所, に呟き, に周囲, に命ずる, に囁いた, に塗り直し, に大きな, に天, に定高, に小, に居, に強制, に彼ら, に後ろ, に従い, に心掛, に心掛ける, に心臓, に必死, に忍びやか, に念, に思, に思えたらしい, に思えます, に思われました, に急い, に恐る恐る, に息, に悲鳴, に感じられ, に感じられた, に感ぜられ, に慣らされ, に我々, に手拭, に手配, に掃除, に掌, に描い, に改正, に改良, に日本, に書く, に書け, に東京, に楽, に歯, に殆, に決して, に流れ, に消え, に涙, に深く, に溜息, に熱心, に独言, に生れついた, に申, に目, に眉, に秋山, に笑い, に約束, に素子, に経験, に絶えず, に続け, に美しく, に考えられ, に考えられた, に考える, に考案, に耳, に聞いた, に聳え, に腕組み, に腰, に自由, に舌打ち, に袖, に装置, に要求, に親切, に解釈, に言, に言いつづけた, に言い足した, に訊ねた, に話, に話しかける, に誰, に諸, に跳ね, に輝い, に迫っ, に追っ, に運命, に鋭く, に長い, に響い, に響いた, に頷い, に頼まれた, に頼みました, に頼む, に願, に骨, に高い, に高く, に鳴き, に黙っ, に鼻, ね, よ, 命じた, 命じて

1 [3448件 抜粋] いたさせまして, お計らいくだされい, じゃが, じゃ仕方, じゃ目, すすりなきの, すです, その一縷, だったので, だったら自分, であったらその, であれば, でさびしく, ですと, でなくっちゃ, で一時, で余りに, で浅間, で綺麗, と, なああ, なある, ないいかげん, ないらいら, なうるさい, なおね, なおもむき, なかたち, なぎごち, なけ, なこだわり, なし, なすねかた, なそして, なだけど, なところが, ななんら, なひそひそ, なふたしなみな女, なまじめ, なむやみ, なやるせない, ならお父さん, なら今夜, なら毎日そちら, なら退校, なわ, なアカデミック, なエッセイ, なコナシ, なタッチ, なパラドックス, なヤクザ, な一瞬, な三郎, な不人情者, な不意, な不純, な世にも, な主観的実践行動, な二重, な京姫, な人形, な仇光, な仕組, な伊部, な低音, な何ん, な作戦, な倅, な健康美, な僭上, な兇暴, な八重, な冗談半分, な凄み, な別れ, な剣幕, な労り方, な勝ち誇った色, な午後, な博士, な原始的範疇, な叔父殺し, な叫喚, な同じ, な呟きである, な咳払, な啜るよう, な噂, な固定, な地位, な埃, な夕, な大した, な大層, な大船造り, な太竹, な奇観, な女流軍事飛行家, な妥当性, な婆ア, な嫌味, な学者, な実に, な容貌, な対象, な少女, な巡り合わせ, な平常, な底, な弱々しい, な形跡, な御新, な心づかい, な思いがけない, な性交, な恋歌, な恵み, な悲しい, な意力的, な意気ごみ, な愛情, な慎重さ, な憐れ, な我, な手掛り, な手続き, な抑揚, な振を, な政府, な文意, な新鮮味, な明烏, な景色, な暗い, な書置, な望, な村, な根本原因, な極めて, な槍ヶ岳, な欠陥, な歓喜, な歴史的弁証法的, な毒々しい, な気分的結末, な気狂い, な気遣い, な沈痛, な注意, な浮気者, な清らか, な激昂, な無知, な焼塩, な熱烈, な物憂い, な狂人, な猛烈, な王侯, な甚だ, な生徒, な男らしい美し, な病気, な白蟻, な目付き, な真昼, な瞳, な破綻, な祖母, な私的一グループ, な科学論, な空想力, な笑顔, な範疇, な紅い, な組織, な緊め, な美婦人, な考察, な肉体的, な脆い, な自嘲, な舶来, な芋, な芸術的作品, な荒々しい, な萎縮, な薬物, な衒気, な要求, な触覚, な言葉づかい, な詐欺師, な誘惑, な説話, な謎, な議論, な賑やかさ, な足取り, な軟か, な輪郭的, な近代工業, な迷信的, な運命, な道庵, な遺物, な重い, な野暮, な長期計画, な阿魔女, な階級, な難, な青二才, な非我, な音楽的, な頼もしい, な香, な驚愕, な鬱勃, な鼻唄, にあっ, にあれくるっ, にいいつけました, にいたし, にいっぺんに, にいわれとった, におがんだ, におっしゃる, におもしろ, にお嬢さん, にお雪ちゃん, にかねて, にきいた, にきょう, にく, にぐっと, にこたえた, にこれ等, にさえ思った, にさけびました, にさっし, にしかつめらしく, にしたなら, にしばらくじっと, にしむけられた, にすこぶる, にすべきである, にせつなかっ, にそびえ, にた, にだ, にちょっとした, にってやかましく, につかう, につけくわえました, につぶやい, にといいふくめ, にという意味, にという訓令, にとおっしゃっ, にとこの, にとそれ, にとなだめた, にとの勅命, にとの督促, にとは切に, にとも云い, にと七兵衛, にと云つた時, にと僕, にと勧めた, にと命じる, にと少し, にと忠告, にと招き猫, にと早口, にと本部, にと祝願, にと言い残し, にと頼んだ, にどの, になぐさめ, になったらしかった, にならないであろう, になりたがる, になれる, にのし, にはからっ, にはならなかった, には呑み込めない, には理解, には計ろう, にばつ, にひと, にぴくん, にふるえた, にべつに, にま, にみられ, にもの, にも思われる, にも見える, にやけに, にゆるゆる, にわたくし, にアーン, にギロギロ, にサファイア色, にツイ, にニコニコ, にハンケチ, にピアノ, にフラフラ, にユラユラ, に一個師団, に一考, に万端施設, に三浦, に不思議, に中館, に九十郎, に二つ三つ鍵盤, に云いつけられた, に云われました, に今や, に仕かけ, に仕込期, に伯父, に何もかも, に例えば, に俥, に催促, に先刻, に全, に内容, に凝, に出来上っ, に創作, に力強く, に動き出す, に勧め勧め, に半ば口, に単に, に厳しく, に叔母, に受取, に史的唯物論, に同じく, に吹き払っ, に呶, に和歌所, に唯, に善助, に嘗つて, に囁く, に回復, に坐っ, に変動, に大々的, に大空, に夫人, に女房, に委しく, に孟徳新書, に安之助, に実行, に寄り, に専ら, に小歌, に尾根, に山, に川, に市中, に幅, に広く, に建築美, に引きつ, に強要, に彼宛て, に徒ら, に心から, に心掛け, に忙し, に思いこむ, に思われたれ, に怯, に悠々, に意外, に感じたらしい, に慢性, に我々自身, に手当り次第, に打ちおろした, に批評, に押, に振り, に控え, に握りしめてる, に改むべきである, に教えられました, に料理, に日, に昼飯, に暫く, に書立て, に末子, に板の間, に梅, に槌, に次々, に正月, に死ん, に母親達, に求められ, に注意深く, に淡々, に湖, に源氏, に激励, に烈しく, に煙草, に父, に犇めいた, に率土, に生, に生色, に申した, に申入れ, に留意, に登りかけた, に監督, に真に, に眼鏡, に知識, に社会的条件, に稀少性, に空間, に立ちふさがっ, に竜子, に笑顔, に納まる, に経, に総監, に置かれ, に群衆, に考えた, に聖武天皇, に聞き候え, に股, に脇, に自身番, に舞台, に花, に苦労, に落ちつき払つて, に藤吉, に行なわれなけれ, に複雑, に見えるだろう, に見つめた, に見上げた, に見守っ, に見通し, に観念論, に言い放った, に言われ, に計らつ, に試験, に誦経, に諾い, に貼っ, に跟, に車, に輝く, に返事, に途中, に進ん, に遍路, に適用, に重々しく, に銀子, に開ける, に陽, に雪, に青い柔かい, に響く, に頼み, に颯と, に香蔵, に駕籠, に鮮, に鼾, 一応命じ, 力めること, 命じられて, 御手配, 申して, 記されては

▼ する~ (8898, 2.8%)

322 しても 138 違いない 126 相違ない 122 当って 115 至った 99 至ったの 93 きまって 92 ちがいない 82 足るもの 76 難くない 73 及んで 67 必要な 61 至る 53 至つた 52 ある 51 過ぎない 49 至れり 45 当つて 43 足る 41 於て 40 非ず 39 至って 38 違ひない 33 あらず, 反して 32 際して 31 於ては, 至っては 30 あらざれば 28 至るの 27 あり, 忍びない, 足らず 24 余りある, 至りました 22 至りては, 足ると 21 あるの, 足らぬ, 非ざれ 20 つけて, 当っては, 至つては 19 當り 18 しては, つけても, 足りない, 足るだけの, 過ぎないの, 限る 17 あらずや, 在り 16 あらずして, よりて, 似たり, 至らば, 足るの, 連れて, 過ぎず 15 及びて, 外ならない, 就いて, 過ぎぬ 14 あたつ, あること, ちが, 余りが, 異ならず, 限ると, 難くは 13 すぎない, 何の, 至ったが, 至ったこと 12 及で, 定って, 止めて, 至つたのである, 至ること, 至れば, 越したこと, 足ること, 躊躇しない, 過ぎなかった 11 つれて, 充分な, 外ならず, 比例し, 決まって, 至ったもの, 至つたのは, 至りぬ, 違ない

10 [20件] したがって, ちがいありません, とどまって, 到った, 到る, 及ばぬ, 及んでは, 就いては, 就て, 当りて, 從ひ, 必要なる, 極って, 至らず, 至りしは, 至るであろう, 足らずと, 適当な, 都合の, 難からず

9 [14件] ありと, とどめて, 他ならない, 先立って, 如くは, 止めよう, 相違ありません, 臨んで, 至りしなり, 至りて, 足るほど, 足る可, 違いありません, 都合が

8 [17件] あった, いとま, したが, 余りあり, 先だちて, 如かずと, 忍びなかっ, 止まって, 決って, 至るだろう, 至るもの, 苦しんだ, 足りる, 足るであろう, 足るよう, 適して, 随って

7 [22件] あまりあり, いたった, いたる, かたくない, きまつて, 到つたの, 在る, 当っても, 由なし, 臨みて, 至るであらう, 至ると, 至れる, 若くは, 足らぬが, 足らん, 足るほどの, 足る程, 足る者, 過ぎないであろう, 限るの, 非ずして

6 [22件] いたったの, それは, ふさは, 及ばない, 在りと, 如かず, 従ひ, 方って, 方り, 最も適当, 當つても, 至ったか, 至らずして, 至るなり, 至るは, 至るべし, 至るまで, 足らざるなり, 足るか, 足るべし, 遑あらず, 違いなかった

5 [39件] あたりて, あまりある, あらずんば, あります, それが, まかせて, よる, 似て, 到つた, 十分である, 十分な, 同じ, 堪えなかった, 外ならぬ, 少しも, 就ては, 当たりては, 従て, 急なる, 極つて, 決つてゐる, 當つては, 當て, 至ったから, 至ったと, 至ったという, 至った事, 至らん, 至らんこと, 至るが, 至るや, 至るを, 誰れだ, 足らぬもの, 躊躇せぬ, 過ぎないから, 過ぎないと, 過ぎないならば, 際しても

4 [68件] あったの, あらずただ, あると, あるならば, あれば, いずれも, かぎる, かたくは, これは, すぎないから, すぎないの, ちげえねえ, 不思議は, 他ならぬ, 他の, 付て, 伴れ, 先だつて, 努めて, 及ばず, 及ばずして, 及ばぬこと, 及べば, 困難な, 在らば, 在りき, 在るもの, 堪へぬ, 對し, 当りては, 彼の, 彼は, 恰好な, 是は, 極つてる, 止まる, 用いられねば, 由なく, 第一, 至ったので, 至った原因, 至った理由, 至らない, 至りしや, 至るでしょう, 至るならば, 至るへ, 至るまでの, 至るも, 若かず, 要する時間, 要るん, 足らない, 足りないの, 足りるだけの, 足る人, 足る人物, 足れり, 躊躇する, 過ぎなかつた, 過ぎぬの, 遑が, 適しない, 適當な, 限ります, 非ざる, 非ずん, 餘り

3 [140件] あったという, あまりあれ, あまりが, あらざるよりは, あらざれども, あらずと, あらずまた, あらず十中, ありもし, あるか, あるという, あるのみ, あるもの, い, いたり, いたれば, いたれり, きまってる, これまた, しくは, すぎないと, すぎなかった, すぎなかつた, せよそれ, たえなかった, たるだけの, ちがいなかった, とどまった, なんの, ほかならない, やと, よし, 一の, 事を, 今日の, 付いて, 付ては, 任せて, 似たりと, 余あり, 依って, 充分だ, 充分だった, 充分である, 充分であろう, 先ち, 先つて, 到っては, 到るまで, 力を, 功あり, 努めた, 勉めたり, 十分で, 及て, 及ばないこと, 及ばないと, 及ばなかった, 及ばんと, 及んだ, 及んでも, 困難でない, 在った, 在るのみ, 地に, 堪えない, 堪えないから, 外ならざりき, 多少の, 大事を以て, 左表の, 当たりまず, 役立って, 役立つもの, 必要である, 必要なり, 急であった, 慣れて, 成功した, 手を, 於てを, 最も必要, 最も適當, 本堂の, 極まって, 止まると, 止めた, 止る, 珍らしい, 用うる, 由なかりし, 相違なし, 等しい, 終る, 結城は, 至ったかを, 至っても, 至つたのだ, 至らざりき, 至らざるも, 至らなかった, 至らなかつた, 至らむ, 至りき, 至りしこと, 至りしもの, 至りましたが, 至るだろうと, 至るという, 至るなき, 至るまでは, 苦しむもの, 越した事, 足らないと, 足らぬの, 足らんや, 足りき, 足りないが, 足りるの, 足りるもの, 足るでは, 足るという, 足るのみ, 足る以上, 足る能力, 足る証拠, 躊躇せざるなり, 過ぎざるのみ, 過ぎないが, 過ぎないという, 過ぎないよう, 過ぎなかったの, 限りますよ, 隨ひ, 難から, 難からぬ, 難くありません, 非すし, 非常な, 非常に

2 [434件] あったと, あったらしい, あつた, あひ, あまりあります, あらざるを, あらざる以上, あらず文学的, あらず耶蘇教, ありて, あるが, あるに, あるので, あるべし, あるらしい, あるを, あるをもって, あろう, あゝ年, いかなる他, いたった事情, いたって, いたつたの, いたるの, いたるべし, いたるもの, かかわらずその, かぎると, かねて, こしたこと, この文章, この法, この男, これを, さきだって, しかずと, しくはなし, したって, したところ, して, しましても, すぎず, すぎないこと, すぎないであろう, すぎなかったが, せよしないに, せよまた, せよ存在, その窓, たへ, たるもの, たれり, ちがいなく, つきその, つきては, つけ, とどまらず他方客體的, とどめた, はてしない, はや正, ほかならず, まかせた, まず目下, またはポルトガル, みなわれわれの, や, やぶさかでない, よりてのみ, より多く, 一人の, 一任し, 一方は, 七百万人が, 万歳も, 三人符を, 不便利, 不足はねえ, 与って, 之を, 了つたかに, 事欠いて, 二つの, 二人は, 二通とも, 人を, 今度の, 今後は, 任して, 任す, 会葬者は, 伴って, 似たるを, 似たれども, 体内に, 余ある, 余が, 余りありと, 余りありとも, 余りあるでは, 依りて, 価しよう, 侯の, 便利の, 傾き之, 充分なる, 先って, 先つ, 先立つて, 先鞭を, 其親父さむ, 凜乎として, 凶日と, 切なるや, 到ったが, 到ったこと, 到ったという, 到ったの, 到りては, 到るかも, 到るであらう, 到ると, 到るの, 到れるは, 力ある, 努めたるは, 努めねば, 勉めた, 十分であろう, 十分なる, 十分の, 十名の, 及ばないという, 及ばなかつた, 及ばぬかと, 及ばぬと, 及ばぬもの, 及ばん, 及びては, 及び妥協, 及び成る可, 及んだの, 古池に, 可い, 同一の, 君は, 吝なる, 因る, 困難で, 在らずして, 在らむ, 在りき然るに, 在りしこと, 在りしは, 在りしや疑ふ可, 在りたるも, 在りて, 在り侯, 在り彼, 在り故に, 在り是, 在り閣下, 在ること, 在るとに, 在るの, 在る可, 埋沒, 堪えたり, 堪えなかつた, 堪へず涙, 堪へたりと, 堪へない, 堪へぬ程, 壯者に, 多くの, 多大の, 大方は, 天下の, 好し, 如かずである, 存し, 存する, 実業家の, 小山の, 左の, 帶方郡より, 当たりこの, 当たりその, 当っての, 当らない, 当りこの, 当りその, 当りても, 当りまして, 当ッ, 役立つだけ, 役立つの, 役立つよう, 彼には, 彼らは, 彼れ, 彼女は, 徴し, 必ずしも作, 必要であろう, 必要欠くべからざる, 忍びずと, 忍びないで, 忍びなかつた, 忍びぬから, 忍びぬと, 忍びませんでした, 忍び得ない, 急であっ, 急に, 意を, 憚らない, 或る, 手より, 政治家の, 方っても, 方てや, 於いて, 於いては, 於てをや, 日も, 時間が, 暇ない, 曹操は, 最も力, 最も手近, 最も苦しんだ, 最も適した, 最も適したる, 最も都合, 格好な, 極っ, 極まつ, 極めて容易, 極力特約, 欠ける処, 止って, 止まつて, 止まらず, 止まりて, 止まるの, 止まるもの, 止むべし, 止める, 止めんと, 止りしかど, 止り未だ, 正成は, 此等の, 比して, 汲々たる, 決しその, 決したりとは, 決心した, 浅野セメント会社の, 浮世絵肉筆画は, 温乎として, 無意義なる, 無理は, 無用であるまい, 熱心で, 熱心な, 甘んじて, 用いられなければ, 用いられようと, 田舎の, 由る乎, 異ならずと, 百名で, 目の, 相違無い, 石なし, 神が, 私の, 私は, 秘術あり, 筆法は, 等し, 等しいと, 策なき, 終つた, 絶好の, 肝要な, 臨んでは, 自己の, 至ったその, 至ったため, 至ったに, 至ったのに, 至ったらしい, 至った一つ, 至った事実, 至った事情, 至った径路, 至った次第, 至った筋道, 至つたと, 至つたので, 至つてから, 至つて始め, 至ては, 至らしめたの, 至らしめたる動機, 至らしめられたところ, 至らしめるの, 至らなかったが, 至らぬうち, 至らむことを, 至りしと, 至りしも, 至りしを, 至りたるは, 至ります, 至り又, 至り易い, 至るかも, 至るといふ, 至るとき, 至るとの, 至るので, 至る以前, 至る時, 至る者, 至れるなり, 至ッては, 興味が, 苦しまざるのみ, 苦しみたる事, 苦しみました, 苦しむ, 苦しむこと, 苦しむなり, 苦しむに, 苦しむよう, 苦む, 葛野王あり, 蛾眉山は, 要する労力, 言葉なき, 言葉を, 足の, 足らざりき, 足らざるは, 足らざるや, 足らざるを, 足らずその, 足らないから, 足らないという, 足らないの, 足らないもの, 足らぬと, 足らぬ物, 足らむ, 足らむや, 足りないこと, 足りないと, 足りないという, 足りないわけ, 足りません, 足りること, 足りるであらう, 足りるであろう, 足りると, 足りる談, 足り其の, 足り而, 足るだろう, 足るとか, 足るばかり, 足るべきもの, 足るべしと, 足るも, 足るやう, 足るより, 足るよりも, 足るを, 足る位, 足る何もの, 足る力, 足る報告, 足る教育, 足る言葉, 足る詩的天才, 逢へば, 遇ふ, 過きす, 過ぎずそして, 過ぎないかの, 過ぎないかも, 過ぎないだろう, 過ぎないとも, 過ぎなかったが, 過ぎなかつたこと, 過ぎなくなる, 過ぎぬならば, 過ぎません, 過ぎませんが, 過ずし, 遑あらずし, 道を, 違ひありません, 違ひ無い, 適したもの, 適したり, 適すべきや, 適する所, 適当なる, 遭皈家を, 都合よい, 都合よく, 重大な, 閣下の, 限るので, 随い, 随ひ, 難からざる, 難からざるべし, 難からじ, 難からずで, 難くありませぬ, 難くないであろう, 難くなかった, 難くなく, 雪全く, 非ずや, 非る, 餘ある, 餘りあり, 馴れて, 驚くべき影響

1 [3262件 抜粋] ああ年, あずかりて, あったこと, あなたは, あの活溌, あらざるか, あらずもし, あらず将来, あらねど, ありされど, ありとは, あり学校教育, あるいはこれ, あるも, ある点, いいと, いずれか, いたったこの, いたった所以, いたらなかったの, いたること, いたる過程, いっそう容易, うろつきて, おそらく下手人, およばないもの, お人, かうである, かかわらずやっぱり, かかわらず来たるべきもの, かぎります, かたく常に, きまってるほどの, きまつてるわ, ここ幾日もの, この定律, この意図, この辺, これも, さきだち余, さらに水没, したがい不良不知, したところが, しのびなかっ, しろ否定, しろ途中, すぎないもの, すぎなかつたの, すこしも動ず, せよそう, せよ個人, せよ時代, そこここに, その人, その手, その江戸人, その親父, そは, それ相応の, ただもう, たぶん娘, たらぬそこで, たる人たちであった, たる腕の, ちょうど足るであろう, つきまぎれぬ爲, つけこれ, つけ妾, とどまつた, とどまりこれ, とどめたが, どういう心, どうして片手落ち, どうやら寮, なくては, なれた指, はなはだ苦しむ, ひとしいの, ふさわしい家, ぶらぶらとして, ほひの, まさると, まず涙, まだ慶喜公, むずかしいもの, もっぱらなり, やつめその間に, よいが, よい幾多, よく眺め, よろずの, アイルランドより, イワン君はもう, シドニーの, ニーチェや, ベルナルドオが, 一は, 一匹不足せり, 一層強き, 一方の, 一生懸命に, 一種の, 万全を, 三吉また, 上帝室に, 不利益な, 不適當である, 世の, 両者共, 中津は, 亀蔵は, 事欠かぬ事情, 二枚とも, 五時間の, 人の, 今は, 仏領印度支那の, 付けては, 以前よりも, 任すを, 会して, 伴つてそれの, 似たれど, 佐久間滝川などの, 何れも, 何等の, 余りあらむ, 余り年が, 余程ネチ, 例の, 価します, 便である, 便宜な, 信階筮仕の, 値しないが, 値する人, 傾きて, 優りたれ, 充分であった, 先だちここ, 先だって彼は, 先づ此追記には, 先立ちて, 児童の, 全力的に, 其の主人, 其國人の, 凍て蝶, 出来るだけ, 利他主義, 到って, 到て, 到り下級労働者, 到るまでの, 到れば, 前漢, 力めたこと, 功力ある, 努められた, 労働と, 勝んや, 十分だったろう, 十分富ん, 千年ほども, 及ばざるなり, 及ばず今日世界中, 及ばなかつたの, 及ばぬ何, 及びいよいよ, 及び七十余男, 及び政略上, 及び研究活動, 及び領事館, 及べるありしが, 反し今, 反対する, 古え, 右の, 同じく山県内閣, 同行し, 吝でない, 味方の, 喩ふ, 四面広漠たる, 困って, 国産小型自動車を, 在りしならん, 在るなり, 埴生は, 堪えずし, 堪えない卑怯者, 堪えなくなったの, 堪えられる, 堪へざるもの, 堪へたる俊爽, 堪へない精神病院, 堪へぬの, 堪へる心, 墨子を, 夏装束と, 多く伊沢柏軒の, 大いに便利, 大坂町奉行ハ松平大隅守と, 大抵わが, 太平洋沿岸の, 女の, 好い, 好い街, 好都合な, 如樣徳太郎君の, 始まり創世紀, 委せられて, 威が, 存する事, 安全の, 宜しい遂に, 実に困難, 寄与する, 寸分の, 對比し, 少くとも, 就てあつ, 山水の, 巧なる, 差し出口など, 幣の, 店員は, 強ち, 当たりかの, 当たり全体, 当たること, 当らぬであろう, 当りこれ, 当りトゥック氏, 当り先ず, 当り如何なる, 当り書肆, 当り紅絵, 当り進化論, 当るらしいので, 当時の, 役立ちます, 役立つたの, 役立つ認識, 彼岸に, 待遇の, 従が, 従つて欲望に, 從つて春が, 從つて神話に, 心を, 必ず錫杖, 必要でも, 忍びざるもの, 忍びず二つ, 忍びなかつたが, 忍びぬ下劣, 忙わしけれ, 忠実でなかった, 性理学の, 恥か, 愚堂は, 慣れ座る事, 戊辰の, 我が大王, 或は常世国, 手こずられた由, 打驚き, 拘らすこの, 拘らず洞窟, 拘わらず少し, 指を, 故国に, 数万の, 文学の, 斯る, 日外罪無して, 明敏な, 映画の, 是非とも, 普通の, 更に躊躇, 最も不恰好, 最も簡易, 最敬礼を, 有効である, 朝暮の, 本宅にも, 果して盗, 柴田党の, 極めて相応しい, 楽き, 欠くべからざる知識, 止まつたから, 止まらず分析, 止まり真に, 止まるので, 止めずして, 止めること, 止りよく, 正直だ, 此最後の, 殆ど人に, 毎に, 比すれば, 気持よい, 汲々と, 決し秘密裡, 決ってること, 油を, 浪人者は, 清僧社会に, 瀧口首を, 無数の, 熊の, 牧者は, 犬怖, 獵船八艘を, 甚だ力強し, 用いられたの, 用いる書類, 用ゆる, 由なくなりぬ, 甲の, 男手が, 留まるなり, 異ならず世間, 異らぬ, 當つて不法行爲の, 當つて最も, 當つて自治體の, 當今弓矢をと, 疑ひが, 痩せた, 皇族二千余方の, 相当その道, 相応する, 相違ございません, 眉目鼻口等確かに, 矢あり, 礼を以て, 秘密なる, 立ち到るや, 等しいでしょう, 等しきなきか, 管絃なし, 紙の, 終ること, 綾子刀自が, 義で, 耐えかねて, 耐えないよう, 聖人の, 能く, 臨み, 臨み先ず, 至ったいきさつ, 至ったとしても, 至ったら又, 至った動機, 至った形勢, 至った根本, 至った説明, 至って生じる, 至つたには, 至つたわれ, 至つた所以を, 至つた話を, 至つて先生と, 至つて戦局まつたく, 至らざるには, 至らしめた, 至らずこの, 至らずんば, 至らず隨つて我國, 至らなかった記憶, 至らなければ, 至らんと, 至り, 至りしなるべし, 至りし其不心得, 至りため, 至りたるを, 至りました径路, 至り丁髷, 至り医学, 至り居住, 至り益, 至るかの, 至るであろうが, 至るとは, 至るべきでは, 至るべしと, 至る危険, 至る歴史, 至る道理, 至れりとかや, 至ろう, 舜は, 若かざるべしとて, 苦しからず, 苦しむところ, 苦しむ眼, 苦むなり, 荒暴の, 萬能の, 蓑の, 蛙の, 袴を, 西南薩隅の, 要する字数, 見逃すべからざる材料, 言語杜絶す, 誤つた, 諸生ニ, 豫て, 費す勞力, 越中國神明村に, 足らうと, 足らざる者也, 足らずトートコ, 足らず必ず, 足らないだろうと, 足らない従って, 足らなくて, 足らぬとか, 足らぬ小説雜記, 足りさ, 足りないし, 足りない広大肥沃, 足りぬ, 足りませぬ, 足りるとは, 足りる筈, 足るあるもの, 足るしかれども, 足るであろうか, 足るならん, 足るべきもの殆ど存在, 足るべき何物, 足るべき有力, 足るべしとの, 足る一つ, 足る事実, 足る優良, 足る出来栄, 足る場所, 足る如き炭坑, 足る年金, 足る抄訳本, 足る最も, 足る法理, 足る理由, 足る確かさ, 足る紳士淑女たち, 足る職工, 足る解釈, 足る鎧, 足れる, 躊躇しなかった, 身動きに, 近い, 近日界を, 通ずるのみで, 遅い筈, 過ぎざるなり, 過ぎずしたがって, 過ぎず従って, 過ぎないし, 過ぎないらしいの, 過ぎない皆, 過ぎなければ, 過ぎぬ事, 過ぎんの, 遑あらぬ, 道なからむ, 違いないだろう, 遠くない, 適した声, 適しなかった理由, 適する目的, 適当かとも, 都合よき, 重しを, 鑑み小学校教員, 間合なけれ, 限ること, 限る江戸表, 隨つて不幸な, 難うは, 難くないで, 非るなり, 鞭を, 頗る朦朧, 頭山先生いい, 飛脚を, 餘念の, 馴れけん, 驚きたる狗, 魔は

▼ するため~ (5078, 1.6%)

9162 である 56 にこの 54 に必要 43 にその 36 に私 31 であった 30 のもの 28 に自分 22 にわざわざ 21 だった 18 ではない, にここ 17 だと, です, に彼 16 ではなく, にはそれ, に努力 15 にこんな, にそれ, にはその, には何, に来た 14 なの 13 には, に何, に生れ 12 だ, だったの, にある 11 にはどうしても, に作られた, に出, に最も, の手段 10 にあらゆる, にこれ, にはまず, には私, にわれわれ, に特に, の一つ, の努力, の方法 9 にいろいろ, にはこの, にまた, に人, に自然 8 にすべて, にそこ, には先ず 7 であつ, にお, にそして, にわざと, に他, に家, に書かれた, に生れた, のよう

6 [15件] であって, にこうして, にはあらゆる, にはどう, には吾, にやって来た, にわたし, に人間, に働い, に僕, に前, に多く, に故意, に次, の道具

5 [35件] だという, であらう, であります, にあの, にこういう, にどこ, にはすべて, には各, には彼, にもこの, によく, に京都, に今, に使用, に俺, に全力, に多少, に存在, に少し, に彼女, に我々, に或, に新しい, に新た, に書いた, に東京, に水, に用意, に私たち, に見る, に設けられた, に金, に高い, の, の自然

4 [43件] ならどんな, ならば, にああ, にあなた, にこの世, にしばらく, にで, にである, にどうしても, にどんな, にはこれ, には予め, には即ち, には彼等, には是非, には更に, には現在, にもう, により, に使われ, に口, に吾, に四人, に国家, に夜, に大いに, に女, に実に, に山, に御, に戦争, に最初, に熱, に父, に生き, に用, に用いた, に用いられる, に自己, に船, に部屋, の準備, の用意

3 [88件] か私, じゃない, だよ, であるという, であろう, でした, でもあった, でもなく, なん, にいつも, にかえって, にこそこの, にさ, にすでに, にそう, にそういう, にそんな, にときどき, にどれ, にはあまりに, にはいろいろ, にはすでに, にはだから, にはどういう, には今, には無, には第, にもし, にもまた, にやってきた, に一つ, に一切, に一種, に二人, に今日, に何らかの, に何等, に作られ, に先, に先ず, に再び, に出来る, に別に, に剣, に勉強, に協力, に右, に増加, に壁, に外, に多量, に太陽, に当初, に当時, に彼ら, に彼等, に従来, に急, に我, に日本, に映画, に欠くべからざる, に殆, に母, に江戸, に無数, に生まれ, に登場, に誰, に酒, に鍵, に長い, に関西, に随分, に非常, の原理, の口実, の委員会, の必要, の新しい, の方便, の旅行, の有効, の機関, の犠牲, の言葉, の運動, の食物

2 [329件] か, か自分, じゃありません, だか, だそう, だつた, だといふ, ついて, であ, であったか, であったの, であったろうか, であったろうと, でありました, であること, であると, でこの, でなく真に, でもあろう, でもなかっ, で平次, ならそれ, なら自分, なり, なりという, にあれ, にあんな, にいい, にいわゆる, にお話, にかく, にきた, にくちばし, にこしらえ, にこしらえた, にこそ企てられる, にこと, にころがし, にじ, にすこし, にする, にせいぜい, にせめて, にその後, にそんなに, にただ, にたびたび, にだ, にだいじ, にちょっと, について行った, についに, につくられた, にはいかなる, にはいつも, にはおそらく, にはおのずから, にはかれ, にはここ, にはこれら, にはそこ, にはそれだけ, にはただ, にはどこ, にはどんな, にはなお, にはま, にはもっと, にはやはり, にはよくよく, にはわれわれ, には一つ, には一定, には下, には世界, には両者, には之, には二日, には人々, には今日, には何人, には作家, には併, には例, には前, には勢い, には単に, には却って, には大, には妻, には実に, には心, には必然, には必要, には或, には支那, には是非とも, には最も, には極めて, には極力, には着替, には神, には科学的, には絶えず, には自分, には自己, には自然科学, には表, には非常, にまず, にもあれ, にもう一度, にもその, にもっと, にもと, にも俺, にも後, にも必ず, にも我々, にやった, にやはり, により多く, によるもの, にわし, にわたしたち, にオール, にタクシー, に一人, に一日, に世界, に乞食, に予め, に二, に二つ, に二三日, に人々, に今朝, に他人, に仮に, に会堂, に伸子, に何十万円, に使, に使う, に使っ, に使った, に來, に例, に個人, に先生, に入れ, に全, に共産主義, に其の, に出かけた, に出かける, に出張, に出来た, に勝手, に十人, に南京, に却って, に周辺, に国際関係, に土地, に地球, に大きな, に大地, に大工, に天皇, に奔走, に女等, に妻, に学校, に定, に己, に常に, に幾多, に座, に建てた, に当然, に往来, に後, に徐々に, に御簾, に懸命, に戯曲, に持ち出された, に採った, に提出, に改造社, に敢, に文学, に文芸, に新, に既に, に日本人同士, に易者, に昔, に是非, に是非とも, に昼夜, に時, に時々, に時には, に暫く, に書い, に書かれ, に書く, に書物, に最後, に来, に板, に森, に極めて, に欠く, に次第に, に此処, に死, に汗みずく, に注意深い, に無, に無神論者たち, に物, に特別, に生ずる, に生活, に用いられ, に用いられた, に用いる, に町, に発生, に発行, に目, に直, に相互, に相手, に真理, に眼, に知性, に神, に私自身, に突然, に立った, に第, に筆, に筆者, に素姓, に組織, に結果, に絶えず, に缺, に腰, に自信, に色々, に若, に蓮田, に血, に行, に行っ, に表現, に製造, に覚醒剤, に言葉, に話, に警視庁, に資本, に走っ, に起った, に足, に連れ, に過ぎなかった, に過去, に道具, に郊外, に銀座, に階下, に階段, に集まった, に雇われた, に雨, に顔, に風, に食物, のお, のこと, のこの, のやう, のピストル, のモトデ, の一種自己催眠的, の不可欠, の人間行為, の仕事, の何らかの, の修練, の前提, の口, の器械, の基金, の学問, の彼, の或, の手, の最後, の最高, の本当, の本道, の機械, の法律, の活動, の燃料, の犯罪, の理科教授, の理論, の生活, の私, の範疇組織, の経済的基礎, の絢, の論理, の軍隊, の道路, の重大, の金, の鍵, ばかりで, らしく曖昧, 急いで

1 [2669件 抜粋] あたかも水, あるいは一層, いと大, かあるいは, かとにかくほとんど, かもしくは, か却つて町, か輸入, このこと, この窟, しばらく指物仕事, そのうち, その重大光景, だけで, だったさればこそ, だとね, だろう人, であったに, であります恩愛, であるぞと, であッ, でせう, でなかったの, ではなくし, でもある, で不潔, で私, ということ, とすれ, とむらいの, と云う, と推測, ならわたし, にあ, にあそこ, にあまりケチケチ, にいう, にいった, にいろんな, においてある, におまえさま, にお祖母さん, にかかれ, にかつて, にか食べる, にこそ一旦, にこそ文学, にこそ自由, にこれら, にさまざま, にしずか, にすぐ, にそ, にその間, にそれ等, にだいたい, にだけ利用, にちがい, につぎこん, につけられた, にです, にとり出した, にどうこう, にな, になぜ, になんで, にのみコスモポリタン, にのみ發, にはあの, にはいっ, にはお母さんがた, にはこういう, にはすでに予め, にはそれら, にはだ, にはと思う, にはなんと, にはまた, にはもう, にはよつん, にはアッタスン, にはコンストラクション, にはニイチェ, にはマグロアール, には一切, には一朝一夕, には一結婚当りいくら, には不純, には五人, には人工, には他, には作者, には偶, には全, には六・三・三制, には冷笑, には創作活動, には十銭二十銭, には双方, には唯物論, には土地, には多少, には夫, には姉, には安定本部, には家老, には少し, には平次, には当然そう, には彼女一人, には急, には成長, には手, には数多く, には明, には普通, には最短路, には本能的生活中, には様々, には歌詞, には母, には民間, には清濁, には点, には焼ける, には独り, には直ぐ, には真実, には石, には空間直観, には系統的, には統計, には肉的恋愛, には自然的, には芭蕉一代, には言葉, には誰, には資材, には都合, には鎮静, には隠れみの, には駿河, にひそや, にほかならず, にま, にまるで, にめちゃくちゃ, にもせまい, にもねえ, にもわが身, にも亦, にも充分, にも君, にも幕府, にも手の甲, にも正確, にも組織活動, にも逸脱, にやせた, によこされた, にわざとできるだけ, にアナトオル, にインテリ, にオランダ人, にギルド, にコークス, にサシ, にジタバタ, にセルギウス, にダンサー, にテーブル, にノキバスズメ, にバルザツク, にパーマネント, にブルジョアジー, にベツ, にポーン, にモスク, にヨウロッパ, にリンドバーク夫妻, にワザ, に一ト月二タ月, に一割二分の約束, に一寸, に一方, に一月, に一緒, に丁子, に三十分, に上州沼田その他, に下, に世, に中井, に之, に事務所, に二七年テーゼ, に二本, に云わ, に亡家, に人為的, に今回, に今晩, に仕事着, に代表, に仲, に伐りたおしはじめた, に会戦, に住職, に何より, に余, に作った, に使い, に保留, に俳句, に借り, に働いとる, に先づそ, に光, に入学, に八年目, に公家, に兵器, に円い, に冷害, に出府, に函館, に別, に到着, に前後三人, に劇場営業者, に労働者, に勘兵衛, に化け物談, に十五両, に千, に午後誘い, に印象, に参上, に反対, に取り上げられた, に古典, に各々, に合掌, に同行, に向う, に呼ばれ, に唯一, に啓発, に四五日, に国, に園芸, に地上, に坐った, に塩化マグネシウム, に壺, に外国貨幣, に多い, に夜毎, に大友, に大平洋, に天幕, に奇蹟, に如何, に委員会, に孔雀, に学生時代, に実は, に宦官, に密やか, に封, に小さな, に少から, に尽力, に屋根, に岸本, に差し出された, に師父, に常, に平戸, に年々軍費, に広告料, に引っ返し, に弱い, に強力政治, に役だつ, に彼女等, に待ち受け, に從來公, に心細い, に念入り, に思惟, に恐怖心, に感ずる, に懐炉灰, に戦う, に手廻り, に手術, に扶, に持っ, に振興株式会社, に授かつ, に掲げられた, に支那, に政黨, に数ヵ月準備, に文化戦線, に文芸家協会, に新しく大きい, に旅館, に日本人, に明るい, に明確, に時局柄, に暫らく, に曳き出される, に書店, に有った, に朝倉先生, に本所, に机, に条項書き, に林, に桜井書店, に椅子, に楊枝, に樽野夫妻, に檣, に正確, に武器, に歳, に死ん, に残されね, に殺される, に毎日朝, に気味悪く, に池, に治安, に法律, に津田, に流行正月, に海面, に深い, に渡っ, に滞在, に激しく, に点けられた, に焼山, に片づかず, に牽き起される, に玄関, に理智的學術的, に生きる, に生まれた, に産業組合, に町方, に発動, に百姓町人, に直ちに, に着る, に矯正, に碑, に社会組織, に神話, に科学全体, に稀, に積み重ねられ, に突, に立ちました, に立寄りました, に筋道, に精魂, に結合, に緑, に罰する, に習おう, に肉食, に背, に腦, に自殺, に航空機, に芸術教育, に草履箱, に落語, に薄暗い, に血書, に行動, に裸足, に見つくろわれた, に言っ, に記録, に証人台, に詳しく, に警吏たち, に貧民税, に買った, に賞賛, に起ち上れ, に跣足, に身なり, に輸入穀物, に送る, に造りだした, に遅れた, に過去三十年, に適度, に邸, に酒精, に重税, に銀行襲撃, に鑢, に間隙, に陸, に隣同士, に雇, に電気, に震え動き, に音楽, に頼まれ, に飛びかゝつてゆく, に養, に騒いだ, に麝香, のいくつ, のさまざま, のはなやか, のより, のショーウィンドウ, のハンスト, のロケット, の上方通い, の乗物, の人間, の会議, の個人的, の公民権, の写真外交, の前置き, の勇気, の即ち, の合理化, の嘘, の執拗, の塩, の安全弁, の宣伝, の小康, の工夫努力, の平和運動, の心づかい, の思想的代弁人, の意味, の所属, の批評, の拵え事, の援助, の方式, の時代, の最上, の森, の権威, の段階, の準備層, の特徴, の用紙割当委員会, の石段, の社会学, の科學的, の策, の組織的強力, の総合, の老女, の腕力, の舟, の芸術, の行為規範体系, の規準, の誠意, の講演会, の軽, の道化振り, の配慮, の開国派, の階段, の飜訳, の鼻, ひとまず, また修業, やっと他人, よりも敬語, わざとそれなり, わざわざ鰹節, 主として筆談, 併せて, 呼んだこと, 嫌々ながら, 強く又, 新京, 次にベルグソン, 翌十三日付, 諸将

▼ する~ (5077, 1.6%)

147 が出来る 117 になった 106 も出来ない 104 が出 91 がある 84 が出来た 77 は出来ない 74 が出来ない 69 になつ 62 になる 58 にした 57 はない 52 である 51 になっ 48 も出 44 の出来ない 40 が出来なかった 37 ができる 33 の出来る 32 もある, もできない 30 だ, では 28 も出来なかった 26 が出来ず, にし, も出来ません 24 がない 23 は出 22 ができた, となった, もあった 21 が出来ぬ, になり, になりました 20 ができない, が出来ます, によつて 19 も出来ぬ 18 ができなかった, なり, もできなかった 17 が出来 16 は出来ぬ, は無い, も出来ず 15 にしよう, のない, の出, は不可能, を知つて 14 のできない, はできない, も出来なかつた 13 があります 12 あり, です, もあつ 11 が出来よう, は出来なかった, は出来ません, もない, も出来る 10 が出来ません, となり, なの, になつて, のできる, はありません, は何, を見 9 があった, があつ, が出来ました, が必要, にきめ, に致しました, の出来ぬ, は容易, もなく, を得 8 が出来るだろう, であつ, なしに, に依っ, は出来, は困難, を 7 が出来なかつた, が出来れ, が出来ん, さえある, にする, は出来る, も出来なくなった, も出来ん, を知らない

6 [17件] がしばしば, が出来たら, が困難, が多い, であります, となつ, となる, にある, にきめた, にしました, に決めた, の出来た, は甚だ, は自分, もあり, もあろう, を忘れ

5 [25件] ができます, ができよう, がなかっ, だから, だと, でも, とした, にしましょう, にもなる, のできた, はある, はこの, は云う, は出来なかつた, は到底, は勿論, は絶対, もできません, も何, も出来た, も出来なくなっ, を希望, を得ず, を私, を許し

4 [42件] ありて, があっ, がありました, があろう, がなく, が亦, が出来たなら, が出来なく, が出来るだらう, が少く, であるが, であると, とする, とせり, になります, に定めた, に決め, に決心, に致します, の出来なかった, はあっ, はあるまい, はそれ, はとても, はどうしても, はなかっ, は出来ず, は出来まい, は明らか, は極めて, は決して, は私, は至難, は誰, は非常, もできず, も出来, を得ん, を忘れた, を敢, を目的, 為す事

3 [82件] あらば, がその, ができぬ, ができるだろう, ができるなら, ができれ, がなけれ, がら, が一々, が不可能, が何, が出来なくなる, が出来なけれ, が出来ね, が出来ましょう, が出来ませんでした, が出来るでしょう, が多く, が容易, が無い, ぞ, だつた, であった, でなければ, なしには, にしたい, になつたの, にもなつ, によってこの, に依つ, に努力, に定め, に成つた, に於, に於い, に致しましょう, の不可能, の出来なかつた, の多い, の方, の無い, は, はする, はその, はできる, はとうてい, はどう, は事実, は人間, は今, は厳に, は少し, は日本, ほど醜い, も, もあります, もあれ, もならで, も出来なく, も出来ねえ, も出来ましょう, も無く, も許されない, をしない, をやめ, を一々, を好まない, を得ざる, を得た, を得る, を忘れない, を憚ら, を承知, を決して, を知っ, を考へた, を肯ん, を要求, を言, を避け, 多し, 能わずして

2 [207件] ありと, ありとも, あり南, あり此時, あるべからず, あるを, か, から出た, が, があ, があり, がいつも, ができ, ができず, ができたら, がどう, がどうして, がどうしてもまだ, がなくなった, がよく, が一番, が不, が内容, が出来なくなります, が出来ますまい, が出来やせん, が出来るであらう, が出来るであろう, が可能, が好き, が如何にも, が嫌, が尠, が彼, が批評家, が日本, が更に, が有る, が此上, が盛ん, が禁ぜられ, が行, が邦人, が難い, さえあった, じゃない, た, だけをし, だもの, だよ, だろう, だろうと, であ, であって, でございます, でした, ですから, とし, となりしか, となれり, と思う, なかれ, なく其, なし, なので, ならざりしに, なりとい, なるが, なれば, にいたしませう, にしたら, になつた, になつて御覧, によって彼, に依, に千思万慮, に定, に就, に成る, に成功, に極めて, に決し, に決り, に相成った, に相成りました, に致したい, のある, のいかに, のため, の上手, の体, の出来なくなった, の外, の好き, の必要, の能, はあ, はあった, はいかなる, はいかに, はいらない, はおそらく, はしらず, はすでに, はそう, はでき, はできなかった, はできん, はなかつた, はなかなか, はなかろう, はなし, はねえ, はほとんど, はむずかしい, はむつかしい, はもう, はやがて, はやはり, はより, は一, は余り, は全く, は六, は出来ぬだろう, は出来ん, は勝手, は卑怯, は古今東西相違, は善悪, は困難中, は大抵, は屡, は常に, は彼, は必ずしも, は思ひ, は敢, は此, は無かっ, は独り礼, は疑い, は知つて, は許さん, は誠に, は近来殆, は避け, は風, もありました, もできなくなった, もできる, もなかつた, も出来ます, も出来ませんでした, も可, も家, も容易, も必ずしも, も忘れ, も有り, も珍, も結構, も言, も言う, よ, をし, をする, をどうして, をもわたくし, を不徳義, を主治医, を何, を依頼, を切望, を専門, を強いられ, を得べく, を得るなり, を得意, を必要, を忘れなかった, を怠らなかった, を恐れ, を恥づる, を意味, を排, を明言, を期待, を欲, を気, を眺め, を知つた, を知らなかった, を知らん, を示す, を祈っ, を禁じた, を続け, を見守っ, を覚え, を許させ, を許され, を非常, 久し, 今に於, 多しと, 珍しからざる

1 [1557件 抜粋] あこらえ, あねえ, あらんや, あり或は, あるもの, あ何, いふ迄も, かしない, かと思う, かも知れない, から出来る, から救い, から知れる, から解放, か棒杭, があらう, がありません, があるなら, があろ, がいろう, がお, がお父さん, がこれ, がすでに, がそれほど, ができたであろう, ができなくなった, ができるであろう, がどんなに, がなくなる, がはやりました, がもう, がわざとらしいぢやないか, が一層, が不穏当, が世間, が二度, が今後可能, が何もかも, が全然, が凡て, が出来たであろう, が出来なかったら, が出来なくなった, が出来ぬであろう, が出来ましたなら, が出来るで, が出来得るなら, が分る, が同時に, が呑み込めたらしく, が地震学, が大分, が奇妙, が妙, が実行, が屡々, が年々, が心配, が急, が恐ろしく, が愚か, が折々, が旧い, が時々, が書い, が有, が此時代, が毎日, が流行, が無意味, が甘く, が生涯, が知れ, が私, が絶望, が自由, が読者, が躊躇, が須要, くらい容易, こそあんなれ, さう, さえしなけれ, さえ出来る, さえ許されなかった, しばしばだ, じゃ, じゃねえ, すら出来ない, すら許されない, その目, ぞとホク, だがそれ, だけである, だけはした, だけはハンコ, だけは遠慮, だけを考え, だっさ, だつたの, だろうが, だ愛惜, ったら髪, でありそして, であるとしか, である事, でく, でしょう, でそれ, でないと, でわずか, で余り六ヶ, で冬, で外面的心理学, で太, で当の, で文明, で盟, で高飛び, といったら, とが一つ, とさ, として絶対, としよう, となしぬ, となれ, との印可, とは見られない, とも高く, と世, と伝統的, と凡そ, と同様, と子, と当時, と矛盾, と考へられ, ないの, なかれと, なくその, なくて, なく一部, なく光化門, なく寧ろ, なく更に, なく理解, なく謂わ, なすこと, なぞ少なくとも初めて, などが楽しみ, などは出来, などは思い寄ら無かった, などもございまし, など自分, ならずいや, ならん, なら褒美, なるを以て, なんかは思い, にあった, にあらずし, においても人, において第一人者, にきまった, にします, にせなった, にたまらない, については寸毫, について述べよう, につとめた, にでもなったなら, になつたん, になるだらう, になるであろう, になれ, にのみ用いられた, にはたいした, には一切不賛成, には何かと, には無駄, には絶対, にふと, にもうこ, にも撮影, によっていろいろ, によってその, によってのみわれわれ, によって何, によって其の, によって効果, によって始め, によって得られる, によって活かされ, によって漸次, によって科学, によって芸術, によつてドン, によつて滋味, により, に一種, に何時しか, に依り, に内定, に努めなけれ, に勉めた, に可, に失敗, に対する反撥, に帰着, に御, に惡意, に挙動, に易つて了, に極めた, に汝, に決しぬ, に無限, に生き甲斐, に発見, に相談, に約束, に致し, に薄暗い, に談話, に逆ら, に頗る, のあり, のつらけれ, のみがわれわれ, の一つ一つ, の不都合, の出来, の到, の動機, の困難, の大切, の存, の愚かし, の本当, の気の毒さ, の為, の無謀, の甚だしい, の禁じられ, の表現, の閑事業, の馬鹿, はあの小, はありゃ, はいわゆる, はかなり, はきわめて, はさ, はしない, はすなわち, はせず, はため, はできなかったらしい, はできません, はないだらう, はなく, はならん, ははなはだ, はまだ, はまるで, はみんな, はやっ, はよっくわかっ, はわからない, はわし, はヒューマニティー, は一つ一つ倉地, は一般, は丁度, は不人情, は世間, は云, は今君達, は仲, は何人, は便利, は全体, は冒険, は出来なくなった, は判断, は勇しき, は十分可能, は即ち, は司政, は吾, は問題, は大, は如何, は子供, は寧ろ, は少く, は尚更, は幼年時代以來俺, は当然, は後世地方, は心得, は必要, は思想, は恐ろしい, は悪い, は惡魔, は慎しみ, は拙文, は文学, は新撰組, は日本国民, は最う, は有りません, は本篇, は極, は止め, は殆ど, は殊に, は氣, は無法, は独り税率問題, は珍しく, は申す, は皆人並, は短所, は祖先, は禁止, は空穂先生, は綺麗, は職業, は至って, は薩張, は見当らなかつた, は許さぬ, は許されない, は許しません, は論者自身, は身邊, は都合, は関係者, は難き, は頗る, は餘, ばかりで, ばかりに努力, ばっかりを教え込まれる, もあながち, もありうる, もありません, もあるだろう, もいう, もかなり, もしなかった, もその, もできないらしい, もできます, もとより難き, もなし, もねえと, もむづかしい, もよろしい, も一つ, も三日, も云う, も再三, も出来なかったろう, も出来ねえけり, も出来ますまい, も出来よう, も厭, も困難, も多, も奇しき, も嫁, も屡々, も御座います, も必要, も折節, も時偶, も構わん, も滅多に, も病気, も知らず, も稀, も考へ, も覚えました, も訳, も錢, も面白い, も馬鹿, やそれ等, や床ずれ, よりもむしろ, よりも旅先, より始まる, をあえて, をいつか, をおも, をしきりに, をしらず, をすれ, をそうして, をためらった, をとこ, をなんとか, をのみ知つて, をば, をも意味, をよし, を一度, を不当, を中止, を以てその, を以てわれわれ, を体, を何故か, を先がけしや, を凝視, を卑しめる, を可能, を喜ぶ, を大体, を女子, を好まなかった, を好みし, を如実, を姑らく擱, を嫌がる, を容, を巨細, を廃め, を得べき, を御, を忘れなかつた, を思い立った, を怠らず, を怪しむらしい, を恐れる, を恥ぢない, を悪く, を懺悔, を提議, を暗示, を最も, を本位, を欲する, を正直, を求め, を潔し, を父, を申し出た, を省みざるや, を矢鱈, を知らざる, を知らぬ, を知り初める, を禁じ, を禁ぜられ, を窃, を罷めなかつた, を考へ出した, を聞かれ, を自慢, を要しない, を見やっ, を見守, を覚えさせなけれ, を解し, を計った, を許さない, を許されたる, を許す, を話した, を誓, を誡め, を載す, を辞せざる, を述べた, を避けたがる, を露骨, を頼まれたらしい, を願ひで, 一方ならず, 全一年, 即ち太く逞しく, 又十二年間, 古聖人, 多きより, 夥しく, 屡有, 思ひも, 既に五六年, 極めて大きかっ, 深くし, 無くかえって, 甚だしくチノ・エス・エル・シウダッド・デル・ハボン, 約二時間半, 著る, 難くたまたま

▼ する~ (5020, 1.6%)

335 いい 152 よい 64 如きは 57 好い 51 それは 48 宜い 40 ごときは, ままに, ものは 33 これは, よかろう 32 ために 31 よいと, 如し 25 ごとし 24 いいぜ 23 いいと, それが 21 いいさ 18 いいや, 早いか 16 可い 15 いいよ, 併し, 僕は 14 それも, 如きもの, 為に, 爲に, 私は 13 それを, 如きこと 12 ごときもの, よろしい, 如くに, 彼の 10 すぐに 9 しかしそれ, ゆゑに, 私の 8 いいの, これが, 他の, 如き事 7 ごとくに, しかしこの, しかし私, よいぞ, 君は, 彼は 6 いいわ, いいん, これも, ごときこと, 女は, 好いと, 好からう, 如しと, 故にその, 物は

5 [14件] あとは, あれは, いいだ, ここでは, ごときも, さう, それより, どうした, どうだ, 何を, 如き大, 如くである, 日本の, 自分は

4 [31件] いいが, いいじゃ, いいです, いいという, ええ, ごとく, しかし彼, その中, それよりも, ためである, ためには, よいという, 之は, 人の, 今は, 何が, 兎に, 其すら, 大阪の, 如きを, 如き場合, 如き感, 姿は, 宜かろう, 實は, 故に, 日本人は, 爲めに, 私が, 第一, 誰も

3 [53件] いいか, いいし, いいそして, いいぞ, いいだろう, このよう, この人, こは, これとて, これに, これを, ごときこれ, ごとき態度, ごとき行動, しかし, しかしこれ, しかしその, そうでない, そこに, その他の, その前, それには, ためであった, ものも, よいさ, よいよ, ような, 一つの, 一般に, 今の, 僕の, 口が, 好いという, 好いや, 如きに, 如きも, 如き態度, 如く, 如くなるを, 如く人, 宜から, 宜しいと, 実を, 実際は, 少くとも, 左の, 常である, 故なり, 為めに, 男は, 目的に, 直ぐに, 自分から

2 [214件] あの魚, いいあと, いいこの, いいとも, いいなんて, いい同盟, いずれも, ええぞ, おめ, お秀, けだし彼ら, ここが, ここに, ここには, こっちの, これで, これとても, これには, これらの, こんな暮し, ごとき感, ごとき難儀, ごとくあるいは, ごとくである, さすがに, さてどこ, しかし現在, しかもまさに, しかるに穀価, そうで, そこから, そのため, そのほか, そのホテル, その代り, その実, その手, その隙, その際, それとは, それに, それ以外の, そんなこと, たしかで, たった一つ, ためで, ためです, ための, とにかくに, ともかくも, どうか, どうじゃ, なかなかうまく, なぜあの, べつに文句, ほかの, もう遅い, やめて, ゆえなり, ゆえにこの, ゆえにその, ゆえに私, よいの, よいわ, よい庫裡, ようだった, ように, よからう, よくよく聴く, よく走る, よろしいという, よろしかろう, わしの, わたしは, われわれは, アハヤと, 一人の, 一方自分, 中, 中に, 中には, 主人は, 事実は, 二三段登る, 人間は, 人間最上の, 今日の, 他人の, 何うだ, 例なる, 例外も, 価値は, 僕には, 儘にな, 其れ, 其時限りおい, 可いや, 吾, 吾輩は, 問題は, 多し, 夫人は, 夫婦っきりの, 女の, 好いぜ, 好いで, 好いよ, 好いわ, 好かろう, 如き, 如きあらば, 如きこれ, 如きその, 如きである, 如き人物, 如き俗念, 如き傾向, 如き思想, 如き有様, 如き状, 如き考, 如き者, 如き腰, 如き行動, 如き觀, 如くいづれの, 如くし, 如くで, 如くならず又, 如くなりしなり, 如く其の, 如く又, 如く和歌, 如く暴れられては, 如く見えて, 如しなどと, 如し之, 学生の, 宋の, 宜いとな, 宜からう, 宜しい, 家の, 富永は, 小人は, 少しは, 常なる, 弁慶は, 当然である, 御当人, 思い返して, 思ひ直して, 思ひ返して, 我々は, 推敲の, 支那の, 故である, 故にかく, 故にそれ, 故になおさら, 故に一変, 故に其の, 故に初めて, 故に或, 故に政治問題, 故に茲, 故に階級, 斯様な, 日露戦争後の, 昔の, 春に, 時には何, 時には萬雷, 本心は, 止して, 止まらない, 此の, 此は, 気の, 気を, 決してその, 法隆寺の, 浦島は, 淋しい結果, 為には, 然し僕, 爲には, 生の, 相手が, 相手は, 真の, 真実の, 確かな, 私も, 立派に, 第二, 細いとか, 義務と, 義理堅え, 自分が, 自分の, 自然の, 自身は, 舌が, 良い, 草鞋の, 落付いた, 行先が, 貴女は, 起きられない, 踊る人, 道徳の, 適当である, 雪の

1 [2724件 抜粋] ああし, あたかも吸い落す, あとから, あなた方は, あの怪物, あの鈴川, あるとき私, あれとても, あんまり溜っ, いいおまえの, いいさあ, いいだけの, いいできない, いいとは, いいもし, いい俺, いい広, いい無理, いい粥, いい馬鹿馬鹿しい, いかに欲目, いずれを, いつのまにかそれ, いままでの, いよいよと, うなぎ屋に, うるさいとかで, おじさんは, おまえの, おりんは, お前たちは, お情け, お隣の, かかる年, かげでは, ききめは, けだしこの, こういう悲観的, ここは, この, この中, この内出版, この実験, この支力, この油, この現場, この粗雑, この質問, この雪, これについての, こればかりは, これ程幅, こんな事, ごときあらば, ごときにおいてを, ごとき上野, ごとき口吻, ごとき怪しき, ごとき意気込, ごとき状態, ごとき者, ごとき趣, ごとき風, ごとくついに, ごとく京, ごとく叫喚, ごとく彼, ごとく愛国心, ごとく朝, ごとく見ゆるに, ごとく雄略朝, ごとし因, さてさ, さて少し, さりげなく, しかしこれら, しかしだまされた, しかしよく, しかし主として, しかし元来, しかし君, しかし天然, しかし支配階級そのもの, しかし歴史, しかし生産量, しかし自分, しかも力, しばしば遠く, すぐ以前, すでに億, すると稚い, ぜんたいの, そううまく, そうは, そこには, そのいかなる関係, そのくせ出入り, そのなか, その主, その人達, その作風, その内容, その十何年間, その同じこと, その失敗, その実は, その後で, その所有, その格子戸, その物理学的根拠, その盲動, その結合, その言葉, その間にも, その頃の, それから撚, それだけ引け目, それでもうれしい, それで特に, それなら今, それまで, そんなの作りもの, たいがいの, ただ一冊, たまたま今私, ためでは, ためにも, だれも, ちょうどその, つつみ得ない, つらくて, とかく近所, とにかく大師, ともかく三月一杯, どうしてそんな, どうしても出られない, どうせ妻子, どうにもきっぱり振り切れなかった, どうも実感, どこか, どんな人, なかなかあがらない, なかなか面白い, なにごとも, ならわし, なんでも, はいとも, ひとから, びくとも, ほんとかよ, まさかこいさん, まず先, まぜながら, またボンヤリ, また地下茎, また私, まだ今, まとまつた評論, もうソロソロ, もう世にない, もう駄目, もしほか, もっともよき, もと, ものあ, やがてそのまま下, やがて考え, やはり語原不明, ゆえにたとい, ゆえに外観, ゆえに必然的, ゆえのみの, よいおれ, よいし, よいとか, よい奥州街道, よい牛, よい隊, よくは, よさ, よりやわらかい, よろしいか, よろしい葬儀, わが生れた, わるい意味, オガという, ギリシャに, ジャーナリズムは, ソヴェト生活の, ドイツ人という, バルトウ氏の, ベソを, ムッと, ルネッサンスに, 一つでも, 一体諸君は, 一家の, 一方では, 一番迅い, 一般の, 上手な, 下士官兵に対しては, 不当な, 不義は, 世人は, 両者は, 中野好夫教授は, 乃公は, 九階の, 事実に, 二十五六の, 云うまでも, 亭主を, 人に, 人間として, 人類の, 今に, 今度の, 今日わたしほど, 仏教そのものに, 他に, 以前の, 会話が, 何うし, 何に, 何人か, 何故あの, 使命と, 便法である, 個人としての, 元から, 先が, 先決問題である, 全篇, 共鳴は, 其の以後, 其右には, 内地では, 冴えた神經, 出がけ, 刑事に, 別にその, 刻下の, 助ける必要, 勘弁し, 北国は, 千仞の, 半面おのれの, 単に京都, 去年美術院の, 又吾が, 又賢く, 反對, 古代民族には, 可怪しなこと, 合理主義と, 同時にその, 同時に彼, 向うが, 君宿の, 吾輩の, 哲学は, 商売な, 喜ばれて, 四つか, 土佐でも, 堀之内は, 塵ツ葉一本でも, 変つた音の, 外国人が, 大きすぎ, 大人前が, 大宴會, 大物と, 天下半分の, 天降り式に, 奇蹟や, 女とは, 好いこれ, 好いといった, 好い客人, 好きに, 如きさま, 如き不気味, 如き二人, 如き作品, 如き其時, 如き勢, 如き妄想, 如き家族主義, 如き快楽, 如き意氣, 如き推断上, 如き最も, 如き比例, 如き溌溂, 如き現今, 如き結果, 如き自然的衝動, 如き行爲, 如き論者, 如き間, 如き風神ヘルメス, 如くであるの, 如くなりき三年, 如くわれら, 如く低く, 如く其時, 如く嘉永, 如く実に, 如く庚午二月二十日, 如く感ずるなり, 如く斷, 如く永く, 如く磋, 如く移動, 如く膚, 如く見ゆる, 如く誦讀, 如く高く, 如し今ここ, 妥当でない, 嫌はれ, 學問に, 宜いとね, 宜しいシテ何, 実の, 実は今日瀬田, 実は私, 実質の, 実際今, 寂しさ, 對道教的の, 小便を, 少し考へ, 尚もう一度, 山川草木の間に, 左様わし, 帆村は, 常で, 年を, 幼児に, 引力の, 当りまえじゃ, 当時は, 彼らは, 彼等の, 往々五十, 後半は, 得だ, 心が, 必ずしもそう限定, 忰は, 思うよう, 性分, 恐らく酒, 悧巧といふ, 情に, 愈々本気, 憎悪の, 我国の, 戦国時代などに, 手合が, 投げるとたん, 捉つた試しはめつた, 支那人流の, 故, 故にかりに, 故にジェヴォンス, 故に主, 故に余り, 故に全部字音, 故に刻々, 故に國民, 故に尊とい, 故に形式, 故に成長, 故に教室内, 故に暫く, 故に濱田邊, 故に知識人, 故に自, 故に衆生, 故に進歩的見地, 敢て, 数語を, 文献に, 新築の, 既に支那, 日本晴とも, 早い奴, 明日は, 春は, 昼間吹く, 時には妨げ, 普通で, 暴言は, 最も適当, 最後それは, 未成品である, 本来手の, 東京まで, 根本の, 椰子が, 構は, 次で, 歌舞伎の, 正しく指, 此処では, 武士の, 死んだ若草, 段々時代, 民さんが, 水に, 池に, 決して吠えぬ, 決闘の, 泊る人, 流石順風, 海軍専門家の, 深水の, 満員ホテ・グリが, 火は, 烏賊虎さんの, 無雑作, 然し其, 然し身体, 燕麦を, 爲め經濟其他法律上權利の, 特別の, 玄人相手じゃあ, 現在の, 生きた人間, 生涯なんて, 田舎の, 異類の, 疑う者, 発表できない, 盗まれて, 目を, 直ぐにまた, 瞼が, 知れないわ, 破壊した, 社会上の, 祭りの, 私たちは, 私のは, 稿料の, 竹簡に, 答えが, 米の, 紙は, 結局寂しい, 結果は, 羅紗に, 考へられても, 職業紹介所という, 肝腎である, 腰が, 自らを, 自分自身という, 自然であろう, 至尊種姓らしい, 船長が, 色事で, 若し不正, 荒涼として, 蕃刀を, 虫酸が, 裹まず, 見えたり, 言えずユックリ, 記憶を, 詩では, 詳細に, 論語の, 貧乏人には, 賢いやつ, 足一度学校を, 身体自体が, 農具に, 近来は, 途切れること, 過不足なき, 道の, 適当です, 酔っぱらいは, 金が, 針の, 間を, 隊士を, 霊公は, 面白きには, 頁数の, 顔は, 飛騨の, 餘り, 駈けへだてられて, 鮑貝に

▼ するという~ (4739, 1.5%)

518 ことは 260 ような 197 ことが 189 のは 139 ことを 138 ことに 92 のが 71 ことも 58 のである, 事は 51 ことである 40 のも 38 ことで 32 のだ 31 ことの 28 わけで 27 ので, 事に 26 風に 24 ことであった 21 ことだ, ことです 19 のか, のです, ように, 事が 18 んだ 17 ことと, のであった, 事を 16 意味で 14 こと 13 わけには, 意味の, 点に 12 ことから, ことだった, 噂が, 意味では, 意味に 11 条件で 10 ことには, 一つの, 処に 9 のであります, わけにも, 点で, 言葉は, 訳で 8 ことでした, こととは, のだろう, ふうに, 事実が, 事実は, 意味を, 風で, 風であった 7 ことでなけれ, のなら, 事も, 噂を, 考えは, 話である, 話を

6 [13件] ことであっ, ことであります, ことな, んです, 意味が, 法は, 程度の, 約束で, 訳には, 評判が, 話が, 話だ, 風な

5 [15件] ことじゃ, ことであり, ことよりも, のを, もの, わけです, 名目の, 場合には, 意味である, 意味での, 手紙を, 方法が, 有様で, 訳にも, 風だった

4 [41件] ことこれである, ことそして, ことその, ことだけ, ことだけを, ことによって, のかね, ものだ, ものは, わけだ, わけな, 一種の, 不思議な, 事実である, 事実を, 仕事は, 伝説が, 分別も, 前の, 奇妙な, 妙な, 形を, 意味な, 態度が, 態度を, 方法である, 有様であった, 条件が, 様な, 点は, 約束を, 結果を, 考えから, 考えが, 考えも, 考えを, 規定を, 話であった, 話は, 話も, 騒ぎ

3 [50件] ありさ, うわさが, ことからも, ことこの, のだった, のでしょう, のとは, ふうで, ふうであった, ふうを, 事である, 事にも, 事の, 事件が, 人が, 仕事を, 仕組みに, 仮定に, 位に, 効果を, 口実の, 名目で, 噂も, 場合が, 形に, 形式を, 彼の, 思想は, 性質を, 情報が, 意外な, 態度に, 故を, 方が, 方法は, 方法を, 案である, 点である, 点において, 点を, 筋である, 約束が, 約束の, 結果に, 置手紙を, 習慣が, 言葉が, 風だ, 風でした, 風説が

2 [159件] あても, ありさま, ことさえ, ことそういう, ことそれは, ことだけが, ことだけでも, ことだけは, ことであろう, ことでござる, ことでで, ことにも, ことより, こと以外に, こと即ち, こと自身が, そのこと, それだけの, のじゃ, のでなく, のよ, はっきりした, ふうな, ものじゃ, もので, ものである, ものです, やりかた, やり方が, やり方で, わけか, わけに, わけは, んだい, テーマが, 中国側の, 事だ, 事だけ, 事には, 事実, 事実だった, 事実に, 事実によって, 事実の, 事実自身が, 事情が, 事情は, 人に, 人も, 仕事が, 仕方に, 仮定, 余裕が, 傾向を, 先輩師岡正胤を, 共通の, 具合に, 原則を, 口実で, 君の, 命令を, 喜びを, 噂の, 噂は, 場合は, 大きな仕事, 大事な, 大変な, 始末で, 工夫を, 広告を, 当も, 形で, 彼れ, 彼女の, 心の, 必要が, 怠けた金言, 意味であっ, 意味であろう, 意味でも, 意味において, 意味には, 手は, 手も, 手段を, 方向に, 方法な, 方法も, 日本の, 普通の, 最後の, 有様, 有様では, 条件さえ, 条件であった, 柄では, 案を, 次第, 次第です, 次第では, 段取りだ, 段取りに, 気に, 気も, 気持が, 気持の, 決議を, 特権を, 現象は, 理想の, 理由も, 理由を, 甚だ巫山戯た, 癖は, 目的は, 相談が, 矛盾に, 知らせが, 知らせを, 確信に, 確率は, 程の, 程度に, 立場に, 筋だった, 筋な, 約束だ, 約束であった, 約束も, 経済状態だった, 経験を, 結果が, 習慣を, 考え方である, 苦情が, 術を, 規則が, 観念が, 言い伝えが, 言葉も, 言質を, 記事を, 話, 話でした, 謎であるらしく思われた, 豪快な, 返事が, 迷信が, 遺書が, 電報を, 順序に, 顔つきで, 類の, 風である, 風では, 風にも, 風習が, 騒ぎだ

1 [1387件 抜粋] あいだでも, あの大きなしかし, あの有名, あやしい実験, いい伝え, うわさであった, おそろしい人物, おどろくべき黒人, お触れが, きまりです, くせが, こういう直接さ, ことからが, ことじゃが, ことそれ自身が, ことだけから, ことだけに, ことでありまし, ことであるらしい, ことでなく, こととの, ことなし, ことなら, ことに対しては, ことのみ, ことばの, ことまでが, ことをね, こと封建の, こと更に, こと芸術家の, この主観的関心, この大いなる冒険, この感じ, この文明開化, この男, この考え, この誤り, この難い, さながらの, しごと, じつに痛快, そういう人物, そういう時期, そのとき, その事, その力, その多く, その恐るべき計画, その話, た, たくみなし, ためでないなら, つもりで, つもりも, ところも, どんな理由, のさ, のであろう, のと, のに, はなしだ, ひどい御, ふうであれ, ふうにも, ふので, まことに妙, むずかしい任務, ものじゃあ, ものまだまだ, もの聞け, もんです, やつを, やや病的, やり方では, ような企み, よろこばしい活力, わけじゃ, わけだった, われわれの, アフォリズムだけ, ウスバカじみた, カルーゾーの, ギヴ・アンド・テークの, コペルニクスの, ジュンテーゼである, タノシミは, ニュースを, フィラデルフィアほどには, マイナスの, ヤリ方であった, リアリズムの, 一件であった, 一方逃避, 一番重大で, 一般的風潮や, 一言の, 一類の, 三月はじめであった, 下心じゃ, 不可解な, 不平は, 不心得な, 世の中に, 世界像を, 主たる目的, 主張を, 主義で, 予定だった, 予定は, 事から, 事だけでも, 事でし, 事とは, 事にまで, 事件で, 事実だ, 事実と, 事実や, 事態を, 二重の, 五臓丸, 人は, 人生態度であった, 人類に, 仕事, 仕末, 仕組な, 他ない, 令を, 任務を, 伝言を, 位であった, 位の, 余情が, 作業が, 作用も, 例も, 保証を, 信念に, 修辞学的の, 側面と, 傾向が, 先例は, 光りの, 光栄である, 公式発表を, 共存共栄の, 具合とは, 内容と, 処にのみ, 切迫した, 判断の, 制作の, 前と, 前振れ, 前晩, 劇的な, 力は, 励ましを, 勇気を, 動作は, 動詞に, 区別である, 卓越した, 博士の, 危険な, 厄介な, 口上でした, 口約の, 古人の, 古風な, 可能性が, 右近の, 同等の, 名案も, 名誉ただ, 周知の, 命令の, 唯一の, 問題だ, 噂, 噂であった, 噂話を, 困難な, 国風は, 坊様たちでさえ, 報告に, 報知の, 場合それは, 場合でも, 場合においても, 塩梅に, 変り方, 夢の, 大きな永続的, 大なる, 大事が, 大切な, 大奮闘, 大胆さの, 大論文, 天よりの, 奇態な, 奴だ, 好戦の, 妖しい手口, 始末に, 始末市民は, 姿にしか, 威嚇である, 婦人は, 学ぶべき習慣, 学説は, 実に恐ろしい, 実に馬鹿馬鹿しい, 実用的の, 実験を, 宣伝が, 家であり, 宿命を, 富家の, 寸法よりも, 将来の, 小柄な, 川木の, 工合です, 市民委員会の, 平和的な, 年に, 庵が, 引力の, 張りの, 当てが, 当意即妙の, 形には, 形式でも, 形跡は, 役割を, 彼らの, 御定法通り, 微視的鑑識法は, 心がけから, 心は, 心持で, 心理を, 心配が, 必然性が, 必要を, 念が, 念入りの, 思想で, 思案も, 性質が, 怪物な, 怪談としては, 恐ろしい苦痛, 悪い傾向, 情況である, 想像を, 愉快な, 意を, 意味かも, 意味だった, 意味であった, 意味です, 意味は, 意味をも, 意欲と, 意義を, 意識が, 意識に, 感じは, 態度そのものが, 態度でした, 態度は, 憂目を, 懸念も, 或る, 戦略上の, 手が, 手に, 手筈を, 手順に, 技術だけが, 挨拶であった, 放送ニュースは, 政治的役割が, 教育は, 整然たる統一国家, 文句であった, 文芸的論争が, 断腸の, 新しい課題, 方であっ, 方の, 方式, 方法によってのみ, 方針は, 方針を, 旅行の, 日は, 明白な, 春日荘の, 時代が, 晩です, 曲芸は, 最も嶄新, 有り様と, 有様だった, 有様です, 期待を, 本圧氏, 本能が, 条りでございます, 条件でこそ, 条件の, 条項も, 根本事実を, 案で, 森新之助そして, 極めて独自, 極めて通例, 楽観論は, 様に, 権威は, 機会の, 檄文で, 次第な, 歴史であったら, 歴史を, 残虐と, 比重は, 気は, 気持だけ, 気持ちでは, 気焔を, 気風に, 決心が, 決意性が, 法など, 法律が, 浪漫的な, 消息を, 準備も, 漫談ぐらい, 点から, 点だ, 点においては, 無電が, 煩雑な, 物々しい騒ぎ, 物語が, 特性が, 特有な, 特色を, 状態だ, 独占の, 現にその, 現実的な, 現象そのものの, 現象と, 現象物理学の, 理由が, 理窟に, 甚だ物々しい, 生活である, 用事の, 申しいでが, 留保条件付で, 登美子さんが, 目ざましい手腕, 目的で, 目的を, 目色痩せた, 相当必然性, 真に人, 真理です, 真理価値の, 眼付を, 矛盾した, 研究の, 破格の, 確信は, 社会状態においては, 神謡が, 私たちの, 稀有な, 程で, 程度で, 程度には, 積極的な, 立て前と, 立場だけで, 立教や, 第二, 筋であった, 筋を, 答えであった, 策を, 粗雑な, 精神でなけれ, 糸の, 約束だけは, 約束は, 細かい勘定, 組織が, 結果である, 結論を, 美術の, 美術家は, 義務を, 老木の, 考えかたを, 考えと, 考え方の, 者も, 能力を, 脅迫の, 自主性を, 自信を, 自律的な, 自覚が, 至極のんきな, 興味によって, 芸術は, 荒々しいもの, 落ちは, 藤枝の, 蝙蝠です, 行き方であり, 衝動とは, 表現で, 表面現象を, 西洋風な, 見と, 見解だった, 覚悟で, 解き方が, 言葉で, 言葉によって, 言葉を, 計画に, 計画を, 訓練が, 記事に, 訳です, 訳私も, 証文を, 評判だけで, 評判でした, 評判を, 話でも, 話に, 認識手続の, 誓言の, 説が, 誰しも, 課題それ自身が, 調子で, 論についても, 論理的操作である, 豪傑肌でした, 貿易商であった, 賢明な, 趣を, 趣旨の, 蹴上, 軽井沢附近の, 近頃の, 逆現象, 連名の, 過労が, 過程は, 道も, 達人だ, 遠慮だ, 遺書を, 配列では, 重い権限, 重要な, 金の, 間柄では, 関係である, 陰謀は, 電文です, 青年が, 非常な, 面白い現象, 順序は, 類は, 風であれ, 風も, 風評と, 飛騨地方の, 騒ぎが, 騒ぎに, 騒ぎも, 高価な, 魔所だ

▼ するところ~ (4107, 1.3%)

153 である 120 のもの 62 がある 60 があった 50 であった 46 にある 45 なり 43 がない 37 となり 31 による 30 だ, だった 29 を見る 27 です 26 によれ 25 ではない, となっ 23 であるが 21 であります 19 だが 17 でした 16 は, はない 15 があっ, なの, にし 14 もなく 13 がなけれ, が多い, だつた, であつ, であろう, の 12 があつ, がなかっ, となる 11 あり, となった, もある 10 だったが, のある, のない, を知らない, を見 9 があり, であったが, でない, なれば, をみる 8 であ, であって, となれり, を, を見れ 7 があります, ですが, となつ, に在る, のかの, はその, もあった

6 [15件] がなく, が多く, で, であるから, でその, ではありません, ではなかっ, ならん, に依れ, に存在, の一つ, の者, もない, をもっ, を知らず

5 [18件] あらんと, ありて, があろう, だったの, でありますが, であると, なし, にあらず, に人間, の人, の作家, の多い, の或, の最も, の神, はやはり, は同じ, を知らざる

4 [24件] あって, があれ, が多かっ, だから, だろう, であらう, であろうと, でしたよ, にこの, にその, に存する, に彼, の仕方, の真, はただ, は一つ, は他, は何, までする, まで行っ, らしい, を知らぬ, を聞く, を見た

3 [54件] あるは, あるべし, あるを, か, からこの, からつい, から習慣, が多, が無けれ, さ, ぞ, であったの, であるけれども, でなければ, では, ではある, ではそれ, でもあった, となれる, なかった, なきを, なれども, なん, にあった, に一本, に一種, に依る, に小説, に拠る, に於, に相違, のあの, のこの, のすべて, のその, の一切, の人々, の力, の反, の姿, の無, の物, の現象, の観念, の觀念, はある, はこの, はどこ, はなかっ, は我が, へちょうど, をお, を私, 多し

2 [183件] あった, あったの, あつた, あらしめよ, あらば, あらん, ありき, あれば, かも知れない, からこんな, からし, からすべて, からそれ, から出発, から生じた, から生じる, から生ずる, が, がありません, があるであろう, があるらしい, がたくさん, が大き, が女帝, が妙, が少なく, が見えない, が見られる, が面白い, じゃ, じゃありません, だと, だという, だとか, であったから, でありました, であり従って, である事, であろうが, でこの, でこれ, でご, でしょう, ではこの, ではないだろう, では後, で御座いました, で終り, とならず, とならなかった, となりし, となりぬ, となりまし, となろう, とまるで, と同じ, と見え, なかるべからず, なくありのまま, なくその, なく高められ, なければ, なしとまで, などは決して, などを見る, なるを, にあります, にしたがっ, に一つ, に人生, に作者, に依っ, に係る, に向, に向っ, に多く, に巡査, に彼等, に成立, に文学, に新しい, に生じ, に真, に私, に自己, に道徳, に附, に面白味, の主義目的, の何等, の信念, の光, の内容, の勝手, の命題, の土臭, の多く, の天地, の実験体, の悟性, の想像, の愛国, の我, の教育, の日本, の油絵, の特殊, の窮迫, の花売娘, の蒼白き, の衝動的, の規定以外, の記憶, の認識, の道, の革命的思想, の頭, の高, の高尚, はいかに, はこれ, はこれら, はたとい, はとり, はまるで, はむしろ, はわれわれ, は人, は今, は今日, は全く, は大, は存外, は小, は少し, は幕府, は彼, は文学, は易筮, は是, は民, は民衆, は深く, は第, は結局, は絵画, は自己, は要するに, は非常, へ, へあたかも, へいっ, へお, へきた, へくる, へ持つ, へ案内, へ行っ, までき, までしてない, まで漕ぎつけた, まで駈けよう, もあり, もありません, もまた, も亦, も友情, も無い, よりその, をご覧, を一言, を上, を今, を喜三郎, を失い, を書い, を知らずし, を知り, を考, を見つけ, を見よう, 急奔, 破るは

1 [1962件 抜粋] あっての, あの折, あらしめん, あらんなど, ありし故, あり彼, あるかの, あるに, あるべしと, あるゆえん, あるをもって, ある由, あゝこの, いわゆる曲玉, かならず貧乏人, からあの, からこれ, からはじめた, からコン吉, から世人, から其の, から同じく, から女, から始まらなけれ, から彫刻, から悲痛, から推測, から生じ, から発展, から結果, から見れ, から起つた行過ぎでありませう, から進ん, かれら, があらね, があるいは, がいい, がかえって, がすこぶる, がそれほど, ができます, がはなはだ, がよく, が一般, が似, が全然, が変, が大きかっ, が女, が少く, が果してことごとく, が無い, が画面, が薄かっ, が足りない, きわめて多き, この一行動, この土地, この武家, この追憶, ございますが, さらに趣, じゃない, そのほう, その後ろ, その示さん, ただ両派, たるを以て, だがね, だけは今日, だけ泥あと, だったと, だったよ, だったん, だね, だらう万座, ついに変態性慾中, であったと, であったろう, でありかつ, でありまして, でありますという, であり一種, であり米友, である日本政府, でございますなにぶんよろしく, でござんしたよ, でしょうが, ですな, でそんな, でないから, でなかったこと, ではあッ, ではたと, ではね, ではアイルランド問題, では三十, では大体, では彼, では日本, では水野筑後, では美人, では輸出向き, でもあったろう, でもほんの, で三千, で二階, で伊香保, で右手一面, で問題, で実際, で小さい, で後年, で最初, で校長以下教員, で熊蔵, で私, で英雄, で鑑賞, で面白い, とか思ふべき, となったらしかった, となりしなら, とはならない, とは相当, ともだいたい, と多少, と符合, どうやら, なかりしこと, なきに, なき名, なき美, なくこの, なくトスカネリ, なく二人, なく叱責, なく実利, なく押入, なく次, なく用いられ, なく血管, なく闡説, なしに, などいい, などはたしかに, などは私, なども通算, なのに, なりけれ, なるか, なるをもって, なんか十七味調唐辛子調, なんで, にあらざるなり, にあり, にいたれ, におれ, にした, にてはその, になく, にならざるべからず, にはあらず, にはちかごろ, には地藏尊, には屋敷, には矢, にまた, にみれ, にも行乞, によって壮大, によるにある, によるに学者, にわれわれ, に一人, に一渠, に人間本然, に俳諧, に儂, に其の, に味, に在った, に変, に女, に娯楽, に師, に当たり, に従ってその, に従って自由, に御, に息子, に愛, に或, に故, に日本, に早い, に果して, に横たわっ, に汝, に深浅高低, に無駄, に生じた, に由来, に真理, に罪, に背馳, に興味, に見出される, に近く, に迷っ, に道, に遵っ, に開ける, のあなた, のいとも, のごと, のたった, のみで, のもの一人, のよう, のイデア, のナチ, のヒマラヤ雪峰, のモナド, の一外國人, の一要素, の不思議, の主観的権力感, の人物情景, の人間的要素, の他, の何物, の個人, の先入観, の全部, の具體的, の出來事, の判斷, の努力, の原本, の右側, の名品, の嘆息, の国々, の土地, の堂塔幾千万宇, の多数無名, の大体, の大衆作家諸君, の好み, の始め, の学科, の完全, の実在性, の小児, の尾張, の左側, の幻影, の弟子, の後代, の心性作用, の悪党, の情緒, の戸, の批評家, の政府, の文学, の新しい, の日本的特殊, の暗黒, の朋友, の根本, の樂, の歌, の気魄, の法則, の深, の熱心, の物体的本性, の特別, の現代社会, の生産関係, の痛ましい, の直覚的認識主義, の知性, の社会機構, の神様, の種類, の立派, の簡明, の結論, の考, の自然, の芸術的, の虚榮心, の行動, の要旨, の言語, の論理學, の議院内閣, の身, の運命, の重大性, の金銭, の閑寂境, の随分, の青年, の領主, の高い, はありますまい, はうれしい, はけだし, はことごとく, はさながら, はそれ, はたった, はどんな, はなき, はなはだ大, はほぼ, はもちろん, はやっぱり, はヂド, はミジン, は一年四季, は一般財産, は世俗, は事變, は仕事, は何とも, は使う, は僕, は内藤家, は別, は劇場, は去る, は各, は唯一, は壇, は天下, は女仙外史, は婦人, は宗教, は工藝, は平凡, は度々, は徒党, は患者全部收容, は捕, は日本, は昔, は東京俳友, は概ね, は民間, は海中, は片々, は現代日本, は生理, は皆予, は神田, は練馬大根, は翌, は自分, は虫, は要約, は退屈, は重, は顔, へあわただしく, へお隣, へたま, へは独往邁進, へまるで, へ不意, へ伝六, へ出逢い, へ半, へ四十五名, へ帽子, へ戦争, へ来客, へ準, へ留吉, へ背後, へ運, へ集まっ, また社会, まで, までいった, までいや, までたしかに, まではいかなかつた, までは登る, までは行つて, までもの, までゆきました, までユックリ, まで到達, まで成熟, まで来, まで深入り, まで突きつめ, まで腰, まで行く, まで連れ, もあつ, もあります, もこれ, もとび越え, もほぼ, も似, も呼吸, も尠少, も無く, も絵, やや特異, よ, よりもはるか, より下, より起こる, らしく従者, をいっそう, をおそれ, をきい, をこっち, をそこ, をちょい, をなかなか, をふりかざす, をみました, をもって融和, をギュッ, をバッグ, を一心, を二階, を僕, を助けられた, を含ん, を善意, を夢, を好まざるなり, を実現, を帆村, を引かかえ, を待ち受け, を待機, を心, を悟っ, を抜, を挙, を探します, を掴む, を放火, を旗二郎, を是, を村, を残る, を江州人, を率直, を略した, を直ちに, を知っ, を知らなかった, を私服, を紺屋, を聞い, を肯ん, を艇長, を衝いた, を見ず, を見たい, を見つけられ, を見るべし, を言いはじめた, を訴, を読ん, を蹴あげた, を途中, を釘勘, を離れ, を高輪, をnmlk, 何と活, 単に景行天皇, 即ち是, 同じき, 多かった, 多く是非, 大地主, 少しと, 御貴殿, 必ずや全身, 既に久しく, 極めて多き, 深く近く, 無く遊びます, 甚だ遠い, 知るべきなり, 誠にいい, 追い詰められた苦しまぎれ

▼ する~ (3610, 1.1%)

986396 です 178 だよ 133 だから 126 ですか 114 だね 100 ですよ 85 じゃない 83 だが 80 だろう 72 だと 50 だな 48 ですもの 46 だもの 37 だぞ, ですね 33 でしょう 31 ですが 28 だぜ 27 だそう 20 ですって 19 ですから 18 じゃ 17 ですからね 16 じゃありません, だがね, ですの 15 じゃねえ, だからね, だらう 13 だえ, ですな 12 だけれど, だわ, ですかい, でも 11 だか, では 10 じゃあない, だなあ 9 だって 8 だからな, だつて, だねえ, だろうと, でしょうね, です親分 7 じゃなし, だけど, だっ, だッ, ですがね, ですと, ですッ, や 6 じゃなかった, だとか, ですかよ, ですわ 5 じゃあるまい, だろ, だろうね, ですからな, ですつて

4 [11件] じゃあねえ, だお, だこの, だそれ, だってさ, だなんて, だらうと, だろうが, でしょうか, ですがねえ, ですけれど

3 [18件] か, じゃないでしょう, じゃなくっ, じゃア, じや, だあ, だいと, だおれ, だからなあ, ださうです, だし, だった, だ何, だ相, ですからねえ, ですねえ, ですのよ, ならその

2 [52件] じゃありますまい, じゃがなあ, じゃございません, じゃたまらない, じゃないです, じゃなく, じゃァねえ, だおまえたち, だからって, だがな, だがなあ, だけは怺, だけれ, だこれ, ださうで, だそんな, だぞと, だっけ, だったら大きい, だってね, だってよ, だって喧嘩, だって営業違反, だという, だとは, だの, だばか, だみんな, だらうね, だろうねえ, だわね, だナ, だネ, だヨー, だ八, だ痛い, だ私, でございます, でございますが, でございますね, でしょうよ, ですお, ですかって, ですかね, ですそして, ですってね, ですとさ, ですネ, ならおれ, ならまだ, なら先, やぜ

1 [273件] かいきなり, かさ, かっ, かと心配, かなもし, かね, かッ, かネ, がたいへん, じゃあなかっ, じゃあなくっ, じゃあねえか, じゃあねえ役所, じゃありゃしまい, じゃあんめえな, じゃあ明るい, じゃいいます, じゃげ, じゃぞ, じゃという, じゃと言う, じゃなかろう, じゃねえだろう, じゃねえや, じゃもん, じゃ厭, じゃ大分, じゃ有りません, じゃ署, じゃ苦労, じゃ食べる, だあっさり, だあの, だいい, だいっしょ, だいま, だえー, だおいら, だおい君イ, だかよ, だからと, だからとばかり, だがネ, だきっと, だけどね, だけれども, だここ, だこんな, ださうだが, ださうですよ, ださらり, だしかし, だすると, だそれから, だそれで, だぞって, だちい坊, だったかな, だったと, だったな, だったら, だったらいま, だったらお辞儀, だったらこんな, だったらその, だったらそりゃ, だったら帰ってよ, だったら白雲荘, だったら私, だったら院長, だっていいます, だっておまえさん, だってこまっ, だってまるで, だって体, だって俊ちゃん, だって母屋, だって誰, だっ気, だつけ, だつたらひとつ, だつたらもう少し, だつたら出て, だつたら話, だつて拵, だつて話, だつり鐘, だとかく, だとさ, だとよ, だどうか, だどうも, だなかには, だなぞ, だなって, だなと, だなどとは, だなに, だなにか, だねと, だべか, だも, だもの五円, だやいふざけたこと, だやるの, だよほど, だらうお, だらうか, だらうて, だらうといふ, だらうな, だらう家, だらう途法, だろいったい, だろうあんな, だろうか, だろうかと, だろうから, だろうからね, だろうけど, だろうそいつ, だろうその, だろうて, だろうという, だろうとね, だろうな, だろうなどと, だろうなにか, だろうまかり違えば, だろうよ, だろう彼処, だろう水, だろう龍太郎, だエ, だキス, だキンチャコフ, だケン, だネッド, だブラッドショー, だヨーッ, だ一行, だ世間, だ二人, だ云つてごらん, だ今夜, だ今日, だ僕, だ先生, だ冗談, だ判, だ判ったか, だ危えな, だ君がた, だ孃, だ家, だ小, だ山木, だ床上げ, だ廉, だ御府内, だ怪我, だ恥ずかしく, だ放せ, だ此處, だ死なして, だ気に入らなきゃア隣, だ氣, だ汝, だ熊岡, だ牙, だ猪川, だ玉塚英信, だ生きて, だ町奉行, だ病人, だ移民, だ立てッ, だ素直, だ縛られる覚え, だ苦しく, だ見て, だ話, だ貝殻, だ質屋, だ車, だ邪慳, だ金吾, だ金歯, だ風邪, だ馬鹿ッ, だ駈けて, だ黙って, でありますか, でありますが, である, でございますかね, でございますヨ, でござんすか, でさえ, でしょ, でしょうおまけ, でしょうかと, でしょうが, でしょうねえ, でしょうやっぱり, でしょう宗教, ですあなた, ですかなあ, ですからってね, ですかれら, ですけど, ですこの, ですぜ, ですそれ, ですそれで, ですどうしてこう, ですのに, ですやろなあ, ですわね, ですエアさん, ですナ, ですミリヤアド, です大, です少し, です彼等, です待つて, です本当, です海, です生きて, です第, です胸, です課長さん, です首領, でないかな, でなくて, でなくては, でなけりゃお前, でねえ, でねえこの, でやすから, とこの, どい, なら, ならお, ならここ, ならそれ, ならだれ, ならちやん, ならと, ならまあ, ならもう少し, ならもっと, なら何故, なら弾丸さ, なら役者, なら教えても, なら無駄, なら私, なら立派, なら署, なら船, なら表, なら頭巾, のさ, も胸くそ, やけに, やさかい, やぜと, やで, やもん, やわ, や泥棒, や言う

▼ する~ (3501, 1.1%)

95 がある 78 もある 70 もあった 56 はない 54 もない 48 である 42 がない 40 もなかっ 37 があっ 35 があった, はなかっ 32 がなかっ 31 もなく 29 が多い 26 あり, では 21 なり 20 もあり 19 が多く, にし, に非, はありません 18 は一人 17 があつ 16 のない 15 があったら 14 があります, がありません, があれ, もありました 13 あらば, が多かっ, はなく 12 がありました, がなく, です 11 は, はその, は必ず, は誰, もありません 10 が一人, が出, なれば, にとつて, もあつ 9 があろう, なし, のため, はいない, はこの 8 あるを, があり, がいる, でも, にあらず, の如し, もあれ, も無い 7 ありと, あれば, さえあった, ぞ, なきに, にとつ, のある, の中, の多い, 多し

6 [14件] が出来, が少く, が尠, が無い, だ, ならば, に對, のよう, はあるまい, はこれ, もあります, もなかつた, もなし, も出

5 [12件] がその, が続出, だと, の一人, の仕業, の方, はまず, は決して, もあっ, もなけれ, も多い, 有り

4 [19件] あるに, あるも, があったなら, があるなら, がいくら, がいた, が沢山, と雖, なりと, に有, の, の大, はいなかった, はきわめて, はまた, は人, は甚だ, もいない, もまた

3 [54件] あらん, があ, がいない, がいなかった, がこの, がなくなった, がなけれ, が居ない, が幾人, が有る, が無, が無かっ, が絶えない, さえある, さえない, であること, であると, でなければ, と申し, ならん, に対しても公正, のうち, のこと, のやう, の上, の如く, の心, の手, の眼, の立場, の間, の頭, はどこ, はほとんど, は先ず, は大抵, は少なく, は常に, は彼, は恐らく, は無い, は相手, は稀, は絶えず, は自ら, は自分, もあらわれ, もあろう, もいた, も亦, も多く, も無, も無く, も随分

2 [165件] ありあるいは, あり吾人, あり現に, あり而, あるが, あること, あれど, か, が, があら, があらわれ, があるだろう, がござる, がなかつた, がなくなっ, がますます, がよく, が二三人, が今, が勝手, が増加, が少い, が居た, が悪い, が最も, が現われ, が甚だ, が生じ, が生じた, が第, が続々, が西洋, すらあった, その種々相, で, であった, であって, であらね, でありその, であるから, であるという, ですが, でない限り, で順序, といっ, としての生ける, と又, と心得候, と思惟, などは決して, などもあった, なること, なる事, なれども, に, にあらずし, にすら生命, には, にはその, にはそれ, には何もの, によつて, に向っ, のごとし, のなかっ, のなき, のみならず, のロマンティシズム, の一つ, の任務, の全部, の多かっ, の多く, の家, の必ず, の無い, の痴愚, の目, の第, の胸, の言葉, の謂, はあっ, はあらず, はありませぬ, はありませんでした, はありゃしない, はある, はいかなる, はいさ, はいずれ, はいません, はいる, はおりません, はきつ, はただ, はたんと, はともに, はなかつた, はなかろう, はなし, はひとり, はもとより, はよく, は一應, は世間, は之, は佐七, は何, は何人, は何者, は健全, は僞善者, は其の, は出, は唯物論, は多少, は大, は夫, は実際, は家, は小, は少ない, は左, は幸福, は感傷, は旅, は日本, は極めて, は正義, は無し, は現在, は皆, は盲者, は直ちに, は私, は絶えてない, は自己, は自然, は虚無, への感謝, までがいろいろ, まで出, もあらわれた, もあらん, もいなかった, もいる, もかなり, もその, もなくなっ, も多かっ, も少く, も少なく, も幾人, も極度, も次第に, も逃げよう, を, をし, をや, を持っ, を目, 及び崇拜, 多きを, 少なし

1 [1457件 抜粋] あってか, あらざりし事, あらんも, ありされど, ありとの, あり共に, あり彼, あり曾祖父, あるいは外交官, あるなし, あるの, あるべきや, あるをもって, あ一人, かする, からはもはや, か一人陸, か聞かなく, があったら申出る, がありましたら, があるなら出, がいたく, がいます, がいれ, がおらぬ, がここ, がございます, がたつた, がだれ, がで, ができました, がどこ, がどれほど, がなくなりました, がねえ己, がまことに, がめっきり, がもと, がゐる, がオメオメ, が一度, が上官, が世襲制度, が互に, が仲裁, が俺, が出た, が出る, が出来た, が十分, が合意, が商人, が四肢, が地球, が増し, が外国, が夥しい, が大勢, が家, が少し, が少年, が居る, が常に, が当然, が忠実, が恐らく, が慰労, が持っ, が時たま, が曾, が有, が木剣, が次第に, が毎日, が浮かん, が珍, が現に, が現われた, が生産, が相次い, が答える, が絶無, が興, が行政官, が訪ね, が貴顕, が輩出, が雲霞, こそこの, こそ得てして, こそ確乎, この二人, さえこの, さえなくっ, さえもまったく, さえ無い, すっかり面白, すら, すらなかっ, すら有るで, そして自己, その由, ぞ馬なお盤辟再四, だが, だけの集り, だそう, つまり湯, であったから, でありますから, であるが, でございます途中, でさえ, でない, でない人間, でなくては, でなく勿論, で天下, で無いと, で金蔵老人, といや, とかり, とが何, とが組, とさ, として, としてのはっきり, としては落第, として公, として小原氏, として銃殺, とそれ, とてはなかつた, とで舞台一面, とならし, との二つ, との小差, との立場, とは異, とも判らない, と一緒, と二つ, と人, と処刑, と外, と思うた, と新任, と暫し, と病気, と称し, と自分, どもゆえ, ないか, なきは, なき果敢さ, なくては, なく四民, なく益々, なけれども, なしとも, なし翌々年一, などがあります, などで井戸ば, などは一人, などは誰一人, なども出, なの, なら心, なりとて, なり己, なり抑, なり経験, なるか, なるを, なんかあり, にあらざるべけれ, において読書, にさえ神, にだけしか解らぬ, にてこれ, にて譬へば, にとっての現在, にとってはこの, にとっては何らかの, にとっては絶えず, にとっても甚だ, にとって実に, にとって恥辱, にとって氏, にとって非常, にどうして, にはいわゆる, にはさらにいっそう, にはなお, には一番, には免状, には同時一文庫以上, には奨励, には恐ろしく, には羔, には誰, には非, にも亦, にも現, にも見る, によってその, によって消費, に丈逢, に伝え, に共通, に向, に大, に定石, に対してははなはだ, に対して尊大, に対する需要, に彷彿, に必ず, に投票権, に東洋, に無, に示す, に至っ, に託する, に蹂躪, に高砂屋門, のいない, のごとく, のどん底, のみが多い, のみじかい, のみの負担, のみ愛, のよく, の一種, の些, の全, の前, の参与, の名, の国, の声, の如き, の少な, の尾, の年死亡, の心勞, の心構え, の快楽, の悪質, の愚, の所為, の手中, の持ち, の敏感さ, の数以上, の智巧, の有, の権利, の殆, の注意, の無かっ, の率, の生活, の用語, の相対的地位, の社会的生産物, の稱呼, の策謀, の絶対, の考え, の背後, の苦しみ, の詠む, の財布, の貪欲, の趣味, の集団, はあえて, はあまり, はありますまい, はあるだろう, はあろう, はいくら, はいみ, はいわゆる, はおおむね, はおのれみずから, はかの, はここ, はございますまい, はすぐさま, はずっと, はそれ, はたとえ, はつい, はともかく, はどんな, はないだろう, はなかなか, はなくなる, はなはだ多く, はね, はまさしく, はみな, はみんな, はもくろみ通り, はやがて, はわざと, はキリスト教, はソヴェト, は一切, は一派, は下谷一月寺, は世, は主として, は久さん, は事変, は人望, は人間界, は企業者, は何もかも, は例えば, は僞善的生活, は全く, は其の同じ, は其等, は別, は前夜, は助けん, は勿論, は単に, は反対派, は受売, は各, は名, は固, は地球出発後七日間, は多, は多く, は多忙, は大勢, は女子, は如何なる, は学者, は安楽, は実は, は容易, は居りません, は弱者, は当然, は彼ら同志, は後, は心, は必ずしも, は応仁頃, は急がなけれ, は愚楽老人, は我刃, は抜刀隊一曲, は捨て去り, は敵, は斬, は斬罪, は春秋, は更に, は未来, は本格的, は果して, は模倣, は此, は此犯罪事件, は死, は水銀石英灯, は江戸, は活きた, は無, は無数, は狂, は現存制度, は用心, は男子, は皆命, は皆無, は真実, は祖靈, は福, は立った, は結局自己, は美し, は胎内, は臆病者, は自ら禍, は自性, は芸術, は衆生濟度, は詩人, は護摩, は身邊, は速, は金銭ずく, は陰謀与党, は非国民, は須, は高く, は鼓, ばかりで, ばかりはいない, へ嫁い, またはこれら, または象嵌, また自分たち, まで顔色, もありしか, もあるであらう, もあるまい, もいれ, もございません, もずいぶん, もとがむる者, もなかろう, もなくなる, もねえ, もまたは, もろくに, も世, も住ん, も出入り, も博奕打, も多かる, も少し, も少数, も居る, も後, も政治家, も明らか, も有りません, も東京, も極めて, も沢山, も現れた, も生活難, も要は, も遙, も飜, やそれら, や事物, や密猟者, や狹隘, や職, や逃亡, よりは例へば, よりもここ, よエホバ, わが救, をかばう, をすべて, をにくん, をひき括, をも輩出, をわし, を三人, を倶, を前, を商船, を大切, を寄越します, を当市, を手, を押しつけ合い, を捕まへる, を断つべし, を残す, を派遣, を玄関払い, を直人, を禁ぜ, を置い, を見ず, を見れ, を言, を身分, を除い, を駆りだし, 即ち當時い, 及び解放, 多いが, 多く大字内, 多く従つてかなり, 多く病, 実にここ, 少なくほとんど, 必ず衰亡, 愛し憐れむ, 斬る, 決して尠, 無からしめ給はんこと, 無し, 甚だ稀也, 約三十人, 見るま

▼ するやう~ (2852, 0.9%)

266 になつ 114 なこと 7370 にな 67 なもの 52 になる 44 な事 43 に云 39 になり 36 な調子 34 にし 27 に言 21 になりました 1716 な気 15 だ, では 14 である, な氣 13 であつ, な心持 12 な場合, に思はれた, に見えた 11 な人間, な態度 10 な感じ, な気持, にその, に見える 9 だが, なの, な声, に私 8 なそんな, なところ, な人, な口調, な恰好, にした, にと云, に彼, に自分 7 な勢, な様子, に思はれ, に思はれる 6 なお, な口吻, な大, な氣持, な言葉, な風, にいつた, にさ, に出 5 な妙, な形, な物, な者, な話, になった

4 [22件] だと, であるが, です, でも, な人たち, な女, な始末, な感激, な時, な気分, な男, な目つき, な良い, な色, な表情, な身構, にする, にと言, に二人, に成つて, に言つて, に顔

3 [44件] ですが, なもん, な不思議, な位置, な卑劣, な大きな, な工合, な情景, な意味, な方法, な日, な有様, な深い, な眼, な眼付, な興奮, な訳, な譯, にお, にかう, にじ, にそつ, にそれ, にと私, になりぬ, になれ, に両手, に出来, に前, に大きく, に大きな, に感ぜられた, に成つた, に手, に斯, に笑, に笑つた, に聞える, に肩, に要請, に訊いた, に額, に駿介, に鼻

2 [115件] だよ, であ, で気, ない, なぎこちな, なその, なつもり, なまことに, なものぢ, なり, なん, なキザ, な人物, な何, な何物, な処, な午後, な口, な君, な天氣, な女性, な娘, な子, な寒, な平易, な微笑, な愚, な或, な手, な手合, な日光, な明る, な時代, な格構, な樣子, な気勢, な為事, な爲事, な状態, な現象, な理由, な生活, な男ぢ, な白い, な眼つき, な瞬間, な美しい, な芝居, な行爲, な規定, な視線, な贅沢, な趣, な身振り, な運命, な騒ぎ, にありたい, にいろいろ, にこつ, にす, にすれ, にそこ, にそれぞれ, にときどき, にと云つて, にならなけれ, になりまし, になり出す, になるだらう, にひつきりなし, にぴたり, にぽ, にぽつりぽつり, にまた, にもなつ, にわざと, にわし, に丁寧, に僕, に出し惜, に努力, に動い, に勧めた, に口, に呟いた, に小さい, に平次, に床, に彼等, に心, に思つて, に思へ, に急, に感じ, に感じた, に或は, に極めて, に此方, に法律, に激しく, に眼, に立つ, に置い, に考へ, に聞き, に自然, に菊次さん, に見, に見え, に話し, に身体, に近所, に静か, に響い, に首

1 [1081件 抜粋] お勧めする, すで前, だから, だけれど, だな, だね, で, でありながら, であり第, でうら枯れた中, ですね, でまことに, でを, で其實虐待, で恥, で極めて, で面白い, との勧告, なあぢきない, なありさま, ないや, なおそらく, なかたち, なきれい, なけち, なこたあ, なこみ入, なさげすむやう, なそう, なつまらない, なとき, なところで, なとりのぼせた思ひが, ななつかし, なはしたない, なふう, なま, なやり損, なら渠自身, なる処, なシステム, なハイカラ人種, なユートピヤ, なワヤ, な一切, な一種, な一行, な丁寧, な不安, な不愉快, な九流, な予感, な事件, な事柄, な二つ, な二次三次的, な五月, な人柄, な人間學, な仲, な伜, な低い, な何やら, な何氣, な佗, な信仰, な信用, な偉大, な偶然, な傾き, な優し, な八百長, な其様, な冒険, な冷えた笑, な出來事, な努力, な効果的, な動く舞台, な勞作, な匂, な単調, な危ない, な即席劇評家, な原始的, な厭味, な反, な句調, な名, な吾儘, な咄, な問, な因果, な國民, な堅田, な声音, な大金, な奧, な姿, な婆アぢ, な嫁, な孤独, な宏壯, な寒い, な審問, な小細工, な少し, な居候, な巧妙, な平次, な年増, な幼い, な弊害, な弱虫, な当惑, な御, な心がま, な心持ち, な心臟, な念, な性質, な恍惚境, な悠長, な悩まし, な悲しい, な惡, な惨めさ, な意気込み, な愚か, な感, な慘, な慾望, な憎しみ, な戰慄感, な手拭, な手段, な手附, な押しつけがましい, な振り, な故意, な文章, な新造, な昔, な時間, な普通, な暇, な木像, な柄ぢ, な根性, な楽, な機会, な機縁, な殊更, な毒婦, な気もち, な気味, な気質的, な氣分, な流行歌, な深切, な淺, な源之助自身, な濱村温泉, な無, な焦燥つたさ, な熱心, な爾ん, な物憂い, な物音一つ, な狡, な猪口才, な現代, な理智, な生々し, な畏敬, な疑は, な発作, な白眼, な目, な真, な眼付き, な瞬き, な研究, な神經, な積極的, な空しい, な立ち, な笑つたこと, な筆勢, な粗悪, な約束, な組織, な結果, な綺麗, な緊密さ, な罪, な美し, な美音, な習はし, な考, な者ぢ, な職業, な脆い, な臆病さ, な興味, な船, な苦し, な草原なぞ, な莫迦げた事, な蒸気, な藝術, な虞, な蛇, な術, な要素, な言動, な記憶, な設備, な誤つた考, な議論, な足, な足音, な踊り, な身顫, な軽い, な輩, な運動, な過失, な遠い, な醜い, な重態, な野趣, な鋭い, な長々, な閑, な間柄, な陽氣, な青白, な響き, な頼り, な顔付, な風趣, な食道, な馬鹿げたこと, な鬱陶し, な魚, にあなた, にいつから, にいへ, にうろ, にお話, にからだ, にぐる, にこそ, にこれ, にさせ, にしたうございます, にしとやか, にしんみり, にすべて, にせしめる, にそこら, にそして又, にた, にちよ, につく, につて云, につめたい, にでもなつ, にといふ反省, にといふ言葉, にとすゝめ, にとれ, にと争つたの, にと何度, にと堅く, にと心掛ける, にと書い, にと注意, にと祈った, にと話, にどつと, になつたか, になつたん, になど自ら實演, にならう, になりかけた, になるであらう, にはなつ, には出, には呑み込めない, には見えなかつた, にひどく, にふるへた, にぽかっと, にみえた, にも取れる, にも見え, にも見える, にやさしく, にわく, にわれわれ, にゴホゴホ, にニツ, にハナァ, にパシエンカ, にワクワク, に一つ, に一人, に一握り, に三味線, に下宿, に世話, に二三度王, に云った, に云ふた, に互に, に人指し指, に仕向けた, に仕向けます, に他人, に任期, に低い, に低く, に何, に俳人, に倒れなけれ, に優しく, に先生みたい, に光つて, に克明, に全然, に其の, に其辺, に再び, に冬ぢ, に凡て, に別, に制約, に力, に力一杯, に努めなく, に動く, に北, に卒直, に反問, に各, に吐出す, に呉葉達, に呪, に命じ, に命ずる, に喋りだした, に喜ぶ, に囚, に塀, に声, に多く, に大, に女中, に姉様, に婆さん, に容赦, に寛政六年, に寝台, に導い, に小さな, に少し, に常, に平気, に引張つ, に強制, に彼の, に後, に心持後ろ, に心掛ける, に忠告, に怒り出す, に怖い, に思はず, に思ひ, に思ふ, に急ぎ足, に愉し, に愚痴, に慌しく, に憐れまね, に成, に成らう, に扉, に手真似, に批評書, に挨拶, に振り向き, に掌, に提灯, に擽, に改造, に教, に敵, に文士, に断えず, に旦那様, に星辰, に書きなぐり, に松永, に極, に次々, に歩き, に歸, に死人, に民族, に氣, に水兵, に沸, に活かし, に浮ばせ, に濃, に火, に為, に然し, に煙草, に煮えた, に独逸, に理智的, に甘, に生じ, に生物學上, に産婆, に用事, に異教, に發音, に白眼, に盃, に眉, に眺め, に祈つ, に神様, に科, に稱讚, に積まれ, に究める, に突然, に立ち, に純, に絵入り, に羅, に美しく, に老, に考へられ, に耳, に聞い, に育つ, に胸, に膝, に臂, に臟器, に興味, に花, に苜蓿, に落ち, に處置, に蜜, に蟹, に複雑, に西, に見えつ, に親しい, に覺知, に言っといた, に言葉, に話, に語つた話, に諸人, に責めた, に赤い, に路案内, に身, に軽く, に迫る, に逃げよう, に進ん, に酒, に醜く, に銀, に閃い, に附け, に青色, に頤, に頷い, に頼ん, に風, に飲む, に馬, に驅, に骨折つて貰ひたい, に鳴り響く, のこと, の事, 次第に洗

▼ するので~ (2754, 0.9%)

504 あつた 47 あらう 40 あつて 36 私は 26 せう 18 あらうか 14 彼は 12 これは, ござります, それが 9 それを 8 驚いて 7 あるならば 6 御座います, 私も 5 それに, 僕は, 気が 4 あつたら, あらうが, これも, そこに, 之を, 二人は, 仕方が, 武蔵は, 自分は

3 [23件] あツ, さすがの, すぐに, そのたび, そのため, その日, その点, それは, なくして, はなしに, よく見る, 一度や, 他の, 困る, 困ると, 家に, 家の, 彼の, 御酒の, 思い切って, 振り返って, 目が, 非常に

2 [139件] あわてて, お仕事, お菊さん, かれは, ここの, こちらも, この名, この場合, この柳, この点, この頃, これを, ござりました, すべての, せうか, そのまま立っ, その弟, その当時, その方, その落着, それで, それには, それらの, そんな時, そんな気, だん, ちよつと, ついたまり兼ね, つい決し, どうも甚だ愉快, ないなら, なくって, なしに, はじめは, ひと休みした, びっくりし, ふっと見る, ふと気, ふと見る, まごついて, みんなから, みんなは, やりきれませんでした, わたしは, わたしも, ヒョイと, 一人で, 一度だけ, 三人の, 三藏は, 不審した, 二十枚と, 二度と同じ, 今は, 今まで, 今朝も, 伊織は, 何事かと, 供の, 僕が, 出て, 前に, 午前四時か, 口を, 和尚は, 哲郎は, 困ります, 土手の, 大体の, 大骨折, 夫人は, 女は, 子供たちは, 宗助は, 宗助も, 家内の, 容易に, 寒ければ, 己は, 庭の, 庸三も, 当分の, 彼も, 彼女の, 後には, 後の, 心の, 心細くも, 怖る, 懲りたらしい, 或る, 扉を, 手を, 振り返つて, 振向くと, 斬り付けたと, 時間が, 有った, 有つた, 有名である, 東京へ, 此方を, 死後に, 泰三は, 活動家の, 流石の, 源氏も, 男達は, 監理部の, 目上の, 省三は, 眼を, 短気な, 私が, 私たちは, 私と, 窓から, 繁昌する, 膝を, 自分の, 自暴に, 芸者の, 若い他, 行つて見る, 見て, 見ると, 言葉の, 許宣は, 読むこと, 貴方は, 貸本屋の, 足を, 転ばないよう, 院長の, 頓には, 顔を, 飯炊きの, 飲み食いに, 駅に

1 [1599件 抜粋] ああも, あたしよく, あつたらう, あの貝, あらうかと, あらうと, あらうビュロー, あらう日輪, あるならそれら, いい行儀, いかにも自分ひとり, いくらか, いけないと, いそいそとして, いつもなら, いま建増しを, いよいよわからなくなる, いろいろと, うっかりする, うつかり, うれしい, おさえつけられたまま, おばあさんは, お互いに, お参りに, お得意先, お父さんの, お雪, かえって信用, かくて, からだじゅうが, がそしてかへ, きっと世話, ぎょっとし, こういう心理, こうやっ, こっちは, この両, この人, この女の子, この方法, この紳士, この話, この邸, この霜柱状氷層, これから暁, これらが, ござんす, さうせね, さしあたり自分, さては私, しかたなし, したがって見る, しばらく続け, じゃまに, すぐとは, すっかり古い, すでにそれ, ずいぶんほねおれたでせう, せうが, せうねえ, せっかくの, そういう日, そこから, そこには, そしてその, そのぎよつとした感じ, そのままに, その一念, その出来, その口, その場合, その希望, その度毎, その忙し, その日本文化, その歓送会, その為め, その画家, その貯蓄, その都度, その間の, その音, それだけ名誉, それでやっと, それで溝一杯, それによ, それらを, それ以外に, そんな仕事, そんな特徴, たいていあけすけ, たおれた佐, ただに, たって, たわむれに, だれも, っせ, ついには, つき合い難い, できるだけ不要, とうとう法廷, ときどき階下, とても薄気味, どうした, どうしても頭, どきんとし, どの話, どんな人, なかなかどこ, なかなか取れない, なかなか金, なけれは, なるべくは, なんで建て直したら, なんの, はぐれは, はじめの, はなし自分, ふいと, ふたりは, ふと私, ふり仰ぐ, ほとんど他, ぼくの, ますますみじめ, また嘘, また私, まだ今, まったく生きた, まもなく人口, まわりの, みんなが, むしろ外国, もう一度戻っ, もう愚痴, もしそういう, もはや此方, やがてわたし, やはり読み書き, よいの, よく喧嘩, よけいに, よけい足許, よもやと, わざとしばらく近, わざと男, わたくしも, わりにいい, アメリカ型の, オーイと, ガラス越しに, キャッと, キョロキョロしたら, コーヒに, スウィッチを, ソファの, テッキリ熊だ, ドルフは, ハラハラし, フと, ムッテル, ヤと, ルイズの, ワザと, 一二文字の, 一同短, 一層さういふ, 一度本人, 一日の, 一月の, 一概にあれ, 一生面を, 一見弁証法的論理方法である, 一週間に, 七兵衛は, 三人は, 下方からの, 不思議な, 不愉快な, 世間では, 中, 中立國の, 主任に, 久保田さん自身も, 乳母が, 二三の, 二人ながら, 二大国の, 五人の, 交際いい, 人は, 人数も, 人類の, 今の, 今夜は, 今日からは, 介添の, 仙人は, 以前のと, 休業し, 伸びあがる, 何か, 何となく間, 何れの, 何処の, 何程の, 余り乗らなかった, 価格が, 信州の, 偶これに, 儲かつた金, 充分作物, 光線の, 全く不愉快, 八十人で, 共に草臥れる, 兵隊は, 其の跡, 其れ, 其後は, 内でも, 内職も, 冷吉のには, 刀の, 初めは, 別当が, 前にも, 剣士たちには, 労働の, 勢いその, 医局員は, 十吉は, 千代子が, 半数以上の, 南天棒和尚が, 博士は, 危なくて, 却つて反対の, 原文を, 又も, 口実さえ, 只だ浮ぶ, 台所の, 吃驚し, 同志者の, 名高い, 君何も, 吾, 周囲の, 呼吸が, 唇を, 喫茶店は, 嗅いで, 噪いで, 困ったもの, 困るよ, 土壁を, 地球の, 城の, 基督は, 声を, 夏目家は, 多く一筋町に, 夜中に, 大の, 大助が, 大変な, 大急ぎで, 大抵衛生舎, 大王は, 大部分, 天野源右衛門を, 夫が, 夫人だけ, 女中が, 女房が, 奴隷經濟が, 好事家に, 妻などは, 始めの, 嫌な, 子どもたちは, 孝行な, 孫兵衛は, 宇宙艇の, 安行も, 実にたまらない, 実際には, 室の, 室長は, 寝たまま首, 寺ま, 小林君は, 少々面, 少し変, 少し評判, 尚お, 山さばかり, 山陽は, 崩れんよう, 己も, 師匠も, 幅広く整理, 平常は, 年齢は, 幾らか調弄気味, 広く場所, 度々その, 庶務係に, 弁解する, 弘少年や, 弱つて, 影男は, 彼ら二人も, 彼女を, 待って, 従業者の, 御飯は, 必ずしも容易, 忙しかった, 忽ち宿役人, 思はず目, 急いで, 恐らく他, 恰で, 愈々現実, 愚直な, 慎重に, 成るたけ静, 我々は, 或はと, 扇屋の, 手の, 手順が, 折もこそ, 振り向いて, 捕手たちは, 支えるさえ, 政府が, 散歩も, 文化の, 新開地の, 既に世, 日本の, 日返り, 早くに, 明日は, 春三郎は, 是非その, 時々その, 時には私, 時間は, 暇さえ, 暗い行灯, 書生が, 有らうあれ, 有名に, 本体の, 本来意味の, 村岡は, 村民たちは, 板の間は, 桂子は, 梁や, 楽しんで, 横浜に, 橋が, 次郎の, 歓送の, 正確には, 此の, 此度は, 此船が, 死んだ気, 母と, 母上お, 毎日の, 気がついたの, 気の, 気を, 水の, 決して同時にいろいろの, 決して死骸, 油断が, 注意させる, 洋服屋に, 海岸の, 混乱し, 清濁合わせた, 湯船を, 源兵衛は, 滅多に, 漱石氏の, 灰色の, 焚口は, 無く大臣自身, 無限に, 煙草に, 父の, 狂人の, 猫かぶりだ, 王は, 生きた亡者, 田丸は, 田舎船頭の, 男子の, 町家でも, 番人の, 白い顔, 百姓たちの, 皆な, 直ぐ知れ, 相手の, 真の, 真珠塔を, 眠るわけ, 矢っ, 知らぬ間, 石楠の, 砂質の, 社長の, 私には, 私達が, 積雪の, 窓ぎわの, 童らは, 竹梅へ, 第二, 米を, 紀霊は, 納戸へ, 結局, 結局普通の, 編輯者の, 縊死する, 罹災民諸君は, 義姉さんは, 考へるやう, 耳目鼻口の, 聞えた男, 聞き覺, 肌を, 胃を, 腹を, 自分では, 自分も, 自然に, 自然足が, 舷窓は, 花時には, 若や, 苦しんだ, 荒びた軒, 蒲団から, 蜂にとっては, 行けないの, 表情の, 見あげると, 親しくなった, 言及しない, 試みに, 話を, 誤解される, 誰にも, 諸将, 講演は, 警戒の, 貞之助などは, 買えないという, 起きて, 足の, 距離も, 軟派の, 近來齒, 近頃世間, 返しに, 追手は, 逐い出されるの, 通過に, 遅くまで, 運命と, 道命が, 遠い向う岸, 邦貨を, 酷く齒, 釘勘は, 長く寝, 閉口した, 間髪の, 阿曽も, 隠し所に, 難波根子武振, 音楽を, 顆が, 風邪は, 餘り信ずる, 駅には, 驚いた, 鼎造の

▼ するには~ (2538, 0.8%)

22 及ばない 15 どうしたら 11 及ばぬ 10 何よりも 9 及びません, 当らない, 忍びない, 足りない 8 及ばないと, 相当の, 私は 7 まずその, 及ぶまい 6 あたらない, したが, それだけの, 他の, 餘り

5 [13件] あまりにも, あまり寂しい, するが, それを, どうすれ, 何か, 何の, 及ばないよ, 少くとも, 心の, 持って, 是非とも, 自分の

4 [13件] あまりに多く, あらざれども, よほどの, 不適当, 人間の, 何でも, 何を, 六日から, 及ばなかった, 多くの, 当たらない, 私が, 第一

3 [41件] あたらないと, あらず, あらねど, およばない, これに, これを, そこに, どうしてもその, なかなかの, まずこの, まだ早い, もつと, 一定の, 一般の, 他に, 何うし, 何も, 余程の, 及ばないから, 及ばないさ, 及ばないの, 及ばぬと, 及びますまい, 国会の, 当らないが, 当りません, 彼の, 彼らが, 彼女の, 日本の, 早い, 現代の, 相違ない, 私の, 素養が, 適して, 都合の, 金が, 非ずして, 非常の, 骨が

2 [133件] あたらないが, あたらぬ, あまりに縁, あまりに高い, あんまり小さ, いかなる手段, いろいろな, お越, ここに, この上, この日想観, この日想觀, これまで, これらが, こんなこと, した, しても, すべからくこの, その努め, それが, それは, それ故, たいへんな, ただの, ちがいない, ちょっと暇, とうとう飽き, ともかくも, どういう法則, どうした, どうしても農商務大臣, どうしても鮎, どこへ, どんな場合, まず第, まだ年, むろんその, もう少し周囲, もって, やはりそれ, やはり前, やや超, よい材料, わたしは, 一つの, 一人の, 一番よい, 不向, 二つの, 二人の, 人の, 今でも, 他人の, 代助, 何と, 何分俸給, 余りに距離, 余りに重大, 余りに高尚, 余程上手, 僕は, 先づ社會を, 光が, 其が, 其の智, 出席議員の, 努めて, 勿体ないやう, 勿體ない, 十分で, 十分であった, 十分な, 及ばないこと, 及ばぬこと, 及ばねえ, 及ばん, 右の, 君達の, 吾, 單に, 困難である, 困難な, 在来の, 夏の, 多少の, 大なる, 奇蹟を, 如何に, 実の, 容易でない, 少し早い, 当らないと, 当らぬが, 当らぬと, 当りませんよ, 彼は, 恰好な, 持つて, 敵だの, 早いです, 昔の, 時間が, 死から, 民主政治は, 江戸時代の, 特別な, 理由が, 男の, 當らない, 當らぬ, 直接に, 禁物である, 私達は, 種々の, 羅刹女の, 耳の, 自分で, 至らなかった, 至極都合, 良い眼, 議院法の, 足らぬ, 足らん, 足りないだろう, 足りないの, 足りなかった, 遅すぎる, 違いない, 適当な, 都合が, 非ざれ, 非常に, 頗る好都合

1 [1870件 抜粋] あたしどう, あたらないよ, あながち先方, あの老人, あまりにあなた, あまりに大物, あまりに小さ, あまりに弱く, あまりに恥, あまりに手, あまりに正直, あまりに疲れ過ぎ, あまりに突然に, あまりに良い, あまりに貧弱, あまりに鉄漿, あまり可哀そう, あまり若, あらざるなり, あらで, あんな人, いい場所, いかなる証明, いかにも邪魔, いくらか教養, いったんイス, いつも肉刀, いろ, うってつけの, おあつらえむき, おはぐろ, およばなくなる, お互いは, お松という, お館, かつて人間, かの国, きのこを, くじで, こういう衛星国的, こうして山林, こうやっ, こちらを, このよう, この位, この問題, この孤立, この方法, この物質, この私塾, この純, これから一年以上, これに関する, これより, これ以上の, こんな都合, ごく都合, さしずめ当の, ざっと次, したらしいが, しましたが, しゃぶるべき骨, すこしシェパアド, すこし暗, すっぽんに, すでに胸中, するけれども, ずいぶん複雑, ぜひその, ぜひとも比較研究, そのいわば, その一國, その二倍, その入門, その周囲一帯, その形式, その支店, その時代, その構造, その焼き, その職工, その返納期日, それから, それぢや, それによって, それ一杯も, たしかに由良, ただ一つ, たなつ, ちょうど似つかわしく, ちょっと不便, つごうが, とても紙, どういう実際, どうしても一切経, どうしても先ず奈良朝, どうしても千両以上, どうしても大杉さん, どうしても気長, どうしても犠牲, どうしても自分自身, どうする, どうも田舎, どう言ったら, どこまでも, どれだけの, どんなにか, どんな漠然と, なお多く, なかなかいたらなかった, なにも, なんの, ふさわしい場所, ほぼ一週間, まずいっ, まずともかく身体, まず備えと, まず学流, まず機械, まず胚珠, まず雌牛, また自分, まだその, まだまだ段階, まだ充分, まだ少から, まだ臆病, まづ單語, みずからそのもので, みんなずいぶん, めいめいが, もう一ぺんひとり, もう一段, もう遲, もちろん知識, もってこいの, もっと美しい, やさしい相手, やはりと, やはり一人, やはり改めて団十郎, やはり片方, やはり長い, よい気韻, よほど優しく, よろしく専門的, われ, カデイの, コルクを, シシの, トリックを, パリで, ピアノを, ミヤコよりも, ラジオの, 一つには, 一五六二年度に, 一定法則が, 一年の, 一方では, 一日や, 一歩ずつ, 一般に, 一通りハタキモノの, 丁度よい, 七日以上十四五日掛る, 三年か, 三百円の, 上記の, 不充分です, 不安な, 不都合な, 世間が, 中性又は, 主人の, 之が, 予め論証, 事件が, 二十年か, 二年の, 二重の, 五十五万以上の, 人事の, 人心そのものに, 人物試験と, 人種學とか, 仇おろそかな, 今のでも, 今暁中入りの, 他にも, 仮令落語家社会, 仲, 佐世の, 何かが, 何よりである, 何んでも, 何斯が, 余りにでき, 余りに地位, 余りに情熱, 余りに暗かっ, 余りに準備, 余りに相手, 余りに自分, 余りに込み入り過ぎ, 余りに高価, 余り私たち, 作曲し, 便利な, 保存と, 俳優が, 倍の, 偉大なる, 元来その, 元禄より, 充分であっ, 充分効果的, 先ず一本, 先ず何, 先ず女匪, 先ず被害死体, 先づ十年近くか, 先づ小学教育を, 先づ戦後国語教育学者と, 先づ第, 先づ連歌を, 光や, 全く不十分, 全体として, 六月頃から, 其れ, 具合が, 内科だけじゃ, 凄いキック, 分限を, 初等教育に, 別に勉むるところなかるべからず, 到って, 刺戟が, 前後緩急あるべし, 力の, 努力が, 勇猛心が, 勢い内面生活, 勢ひ, 勤勞精神だけ, 勿論服, 匿名でも, 十分だらう, 十分の一粍くらいの, 十四世紀式に, 十時間近くを, 千本の, 単独登山に, 却ってよかっ, 厖大な, 厳かな, 又た, 及ばないかも, 及ばないよう, 及ばない改めて, 及ばなかつたので, 及ばぬそれ, 及ばぬ仮令, 及ばぬ小姓, 及ばんお前, 及ばんぜ, 及びませんから, 及びませんよ, 及ぶまいと, 古典論を, 右手を, 各間隔, 同じ洋學, 名物切を, 君勇の, 周南先生の, 品質を, 善良の, 四日かかった, 困難が, 國内準備が, 地震や, 堪えなかった, 塵ほどの, 変らない一定, 外交家達が, 多人数で, 多少力, 夢想家に, 大へん, 大分時が, 大学も, 大變, 天気を, 太甚しい, 契月を, 女中を, 好い材料, 好き折なり, 好都合な, 如何なる国, 姉の, 字を, 季節が, 学問や, 学者に, 定まった慣習, 実に容易, 実験が, 実験室や, 宵では, 容易ならぬ, 寧ろ粗, 専門家の, 小一週間, 少しの, 少し不健全, 少し申分, 少なくとも其間, 尚お, 屠殺場の, 山へ, 岩に, 工業を, 巨人が, 常に出来る, 常識ばかり, 平地と, 幸いの, 庭先に, 弱つた, 当らないから, 当らないといふ, 当らない前, 当らなかったの, 当らんです, 当時準備が, 役立たないと, 彼女は, 往来の, 御困難, 心細い輪廓, 必ずしも帝室, 必ず孟津, 必ず必然, 必然的に, 必須の, 忍耐と, 思ひ切り村税, 恥も, 恰好の, 悪い参考, 惜しいやう, 感化力を, 懶い一日, 成るべく男, 或いはもっと, 手元に, 手頃の, 批評者の, 撮影技師の, 改めて総督, 教授たる, 教育を, 敵愾心が, 日に, 日本人だ, 早いよ, 明に, 昨年の, 是非とも呉一郎, 是非共青年という, 是非蝶子, 時代が, 智慧という, 更に十年, 最もよき, 最も適した, 最初に, 有効であった, 服従性の, 本焼きに, 条件として, 根気が, 棺も, 極めて条件, 概算し, 横の, 欝屈した, 次郎の, 止まらなかったと, 此の, 此処が, 此方の, 歴史的な, 毎日十時間も, 民族を以て, 氷峰の, 決して美味, 海外の, 混乱しました, 漠然たる焦躁不安, 無くては, 無論夫, 無駄な, 熔鉄炉の, 物質が, 特に枝, 独得の, 猛勇では, 玄関の, 現在普通に, 現金で, 理知に, 生きて, 田舎の, 痛痛し過ぎる, 白すぎる, 百五十万円寄附しなけれ, 盲人の, 相当な, 相当曲折, 相違なかっ, 眠るに, 研究が, 社会が, 私に, 科学そのものを, 竿の, 等しく有効, 籠より, 細かくざくざく, 組織の, 結構だ, 絶好の, 総代とか, 纏った金, 耶蘇の, 肉体の, 腹が, 自から, 自分達の, 自殺する, 自由主義の, 至らざりき, 至らないの, 至らなかつた, 至極宜いが, 良い折, 芸術の, 苦悶の, 荷造りという, 蓙や, 蟋蟀を, 表現者自身の, 裨, 見得, 解釈が, 訳は, 話に, 誂むきだ, 誰しもさ, 誰彼と, 講和論者の, 販売価格が, 赤松が, 足らざるに, 足らずして, 足らぬから, 足らぬというのみ, 足りないから, 足りないという, 足りるだろう, 足ること, 車が, 追っつかないほど, 通例星空を, 過去の, 違いなかった, 遠く足りない, 適しなかったもの, 適當では, 選挙の, 邪魔も, 醤油は, 鈍い物, 銭は, 長い用意, 間に合わなかった, 随分困難, 隙が, 雪と共に, 非ず, 頃加減の, 頗る妙, 頸を, 風雨の, 餘程の, 高い山

▼ する~ (2506, 0.8%)

55 どうか 36 しないか, 見て 29 どうかは, どうかを 23 それを, わからない 20 して, わかりません, 分らない 19 否かは 18 しないかは, それが 17 である, ッ, 否かを, 覚えて 15 しないかという, 然ら 14 しないうち, それは, だ 11 どうかという, 否か, 見やがれ 10 わかったもの, 二つに, 見ろ 9 はりに 8 え, しないかが, それとも, 否かの 7 しないかに, しないかの, 私は 6 この二つ, わからないの, 何う, 知れたもの, 知れない, 見やあがれ

5 [13件] これは, しれないと, そうでなけれ, です, どうかといふ, れの, 二つの, 何か, 分りません, 知る筈, 知れたもん, 知れません, 見ろと

4 [28件] いずれに, おぼえて, さもなく, しないかで, しないに, しなければ, せぬか, せぬかは, それも, そんなこと, どうかが, どうかと, どうかも, どちらか, どちらかに, わからないと, わからないので, 一切明らかでない, 分らないが, 分らぬと, 否かに, 盗人に, 知らないが, 考えて, 自殺する, 若くは, 見当が, 踊るか

3 [31件] この三つ, これが, すれば, それでなけれ, ためして, だが, とおも, どちらかの, どっちかに, またはより, わからないから, 今の, 何が, 何を, 分らないと, 判らねえ, 失敗する, 少くとも, 左する, 或は又, 日本の, 殺されるか, 知れないと, 知れないの, 知れませぬ, 私が, 私には, 自分でも, 見や, 解らない, 訊いて

2 [113件] あやしいもの, あるいはそれ, いずれか, いずれかを, きめなければ, ここしばらく, これらの, これを, しからずんば, したの, しないかでは, しないかよりも, しないかを, しらんて, しれたもん, しれない, しれません, せぬかを, そこが, そのいずれ, その一つ, それともそれ, それとも之, それとも御, それとも東京, それに, そんなもの, であった, である即ち, でなければ大きな, どうかの, どうだ, どちらに, どつち, ならずここ, のと, またはこれ, またはその, または他, または労働, または増加, または少く, または彼, または彼ら, または自分, またほした, まだ分れしまへん, みて, みてや, みやがれ, もしくはこれ, もしくは唖者, よく見, れを, わかって, わからないし, わからないよ, わからないよう, わからなくなって, わからぬ, わからぬという, わたしは, 一食は, 之が, 人は, 何かで, 何に, 何の, 分からないから, 分らないという, 分らないん, 分らなくってよ, 分りませんよ, 判ったもの, 判らない, 判らない野郎, 判らぬザイル, 判りません, 又は逆, 否かが, 否を, 如何に, 山や, 庭で, 弱者に, 当てて, 往来を, 抑圧すべきである, 日録を, 書斎で, 次の, 無礼者, 疑問である, 相談に, 知って, 知ら, 知らぬが, 知れたもんぢ, 知れないからね, 知れませんから, 知れませんよ, 知れやあ, 知れやしない, 聞いて, 能く, 自分で, 自分の, 興味ある, 解らないと, 言葉を, 話を, 誰にも, 顧みて

1 [1363件 抜粋] あ, あの仕事, あの場, あまりに判然, あるいはお, あるいはその, あるいはまた世, あるいはまったく, あるいは五年間映画界, あるいは入学, あるいは外部, あるいは布巾, あるいは排斥, あるいは本店, あるいは発達, あるいは神田, あるいは蒸し, あるいは配慮, あるいは霊魂そのもの, いい景色, いずれかが, いずれかの, いちいち見張っ, いなかは, いやがるか, うすると, え喧嘩, おだやかならぬ, おぼろげながら, おめ, おれに, お前さんにや, お坊さん, お話を, かうした声, かれの, きみは, げに磯屋五兵衛, こ, こういうとき, このふたつ, この中, この五人, この程度, これからなに, さうだ, さなく, さもなければ, さもなければしばしば, さもなければ一等運転手パイクソン, さもなければ主観的, さもなければ政治, さもなければ死ぬ, さもなければ誹謗, さらずば, しからざれば, しかり天, したあらゆる, したけれども, しないかと, しないくらいの, しないもの, しない限り, しねえかは, します, しれないぜ, しれない奴, しれやしない, し二時, すくなくも今, すること, するならさせること, せざるかは, せぬうち, せぬかといふ, せぬかの, せんか, そいつを, そうでない, そこに, そして真, そのこと, そのどのみち, そのまま吸収, その何れ, その失敗ぶり, その思案, その時, その機構, その疑, その相関関係, その美, その辛辣さ, その道を, その間違が, それから先, それでさ, それともいよいよ, それともこの, それともそんな, それとももう, それとももっと, それとも一そ双方, それとも伝統的, それとも僕, それとも吾, それとも小山, それとも怖, それとも惰性, それとも押しもどされる, それとも殉教者ホザザート, それとも甥, それとも矢ツ張り手, それとも自殺, それとも近所, それとも閉門, それについて, それらの, そんな事, た, たとえばどちら, だこれ, だ香屋, ちゃんと識, てえこと, であろう, ですが, でなけりゃ熊谷, でなければ必ず, でなければ細歯, でなければ蝶子, とにかく教室員, どうかだけが, どうかについて, どうか疑, どうすれ, どうにも去就, どこかへ, どちらとも, どっちとも, どのよう, どろんを, どんな俳句, どんな心, なかには付け文, なまじっか絹, なんとかし, はっきりわかっ, はっきり分らない, びくびくし, ほかへ, まあ, まあわたし, まえに, まず腰, またこれ, またどんな, またはそれ, またはよそ, または一人, または世の中, または仏語, または再試, または同輩, または奴隷, または弱く, または怒っ, または政治, または機械, または自動車, または英蘭銀行券, また三上, また感心, また絶食, まだきめ, まだ馬鹿, まるで考えなかった, もう今, もしくはその, もしくは当分, もしくは民衆, もしくは矢張り伴, もしくは開眼, もちろん弥十郎, もみに, ややしばらくそれ, よくごらん, よく気, よく聴いとい, れ持前, わかったもん, わからないお母さん, わからないけれども, わからないそう, わからないといふ, わからない危険人物, わからない奴, わからない血みどろ, わからない道樂者, わからぬ溌溂, わからねえから, わからんのう, わかりませんから, わかりませんよ, わかるもん, わたくしは, われわれには, われ思う, ア, エスキモー語の, ココアを, ソッシイと, ツ, ニヤニヤする, ハイ買う, ヒスパニオーラ号に, ピアノは, ボデーの, 一々見張, 一事業やる, 三つに, 三月に, 下司っ, 不敵者, 世界中に, 世間に, 並に, 乃至は, 予測し, 予測の, 二人とも, 人を, 人間と, 今朝は, 仏教国に, 他処, 代表警戒の, 但しは, 何らかの方法, 何れかを, 何事かを, 使用しない, 保証出来ない, 信用を, 俺たちが, 個人に対して, 僕は, 兄さんの, 兎に, 全く判らなかつた, 全部を, 公募し, 其の結果, 其採掘が, 冒険を, 凝乎, 出来なければ, 分ったもの, 分らないから, 分らないし, 分らないもの, 分らない人相, 分らない警め, 分らなかつた, 分らぬという, 分らぬもの, 分らねえん, 分らんこれ, 分りかねました, 分りませんからね, 分りませんでした, 分れへん, 分れへん思, 初めは, 判らないが, 判らないの, 判らない袴野, 判りませんから, 別に一軒家, 前途憂慮に, 助長する, 動物的の, 卑下し, 危ないじゃ, 原子は, 又た, 又は一つ, 又は不可能, 又は何, 又は吾輩, 又は水, 又は眼, 又は藤次郎, 又人, 反動に, 吉に, 君は, 否かによりて, 否やの, 命を, 哲學者と, 喧嘩する, 国許へ, 土の, 境界は, 増加する, 売名の, 多分きめる, 大いに熱中, 大袈裟な, 太陽が, 失敗として, 奇兵を, 如きも, 如何と, 如何にか, 妻とも, 存じませんから, 孰方なと, 定めたいと, 客観的な, 宿泊する, 少しも, 少なくとも致命的, 尻の, 屯所へ, 川に, 希望と, 廃滅する, 形式論理学を, 彼らには, 彼等の, 征服され, 後に之, 徒労に, 復興する, 心配に, 思い出すほどに, 思った丈, 恐らくその, 悲惨な, 意ふ, 感じが, 我々の, 或いは之, 或いは往々, 或いは追, 或は, 或はしみじみ, 或はどう, 或は何等, 或は初め, 或は壮大, 或は少なくとも, 或は拍子木, 或は検索, 或は母親, 或は肯定, 或は茂吉, 戦死する, 手段は, 承知を, 拝見したい, 指示しよう, 掛川の, 摂関大臣家などに, 政治的な, 敵に, 斯くする, 明日の, 昔人は, 是も, 曰く第, 最う行, 来月は, 根笹や, 様子を, 機構が, 正理, 武士は, 死んで, 殊に女, 殺されたる者, 母か, 毬栗頭という, 永い眼, 汝死する, 油断なく, 泳いでか, 活字ないし, 減少する, 溺れるか, 濁つて, 為ない, 無礼だろう, 然様される, 煙草の, 爲に, 狂人に, 理解する, 生き返るかを, 産まれた子供, 畸型化せざる, 病室へ, 監視し, 眠るに際して, 矢を, 知ってるだろう, 知つてるだらう, 知らないけど, 知らぬので, 知らんからな, 知りたくも, 知りませんが, 知れきったこと, 知れず又, 知れないから, 知れない危険, 知れなかった中, 知れぬが, 知れぬ何, 知れねえから, 知れますまい, 知れやしないし, 知れん何, 石川島田と, 破壊する, 神以外には, 私にも, 空々漠々たる, 空射を, 第三者に, 等々という, 籤を, 経験し, 続いて, 美に, 考えてるん, 聞かせて, 聽覺型に, 能知が, 腰でも, 自分にも, 自殺でも, 興味を, 芸術的に, 若しくは事實, 英雄いでよ, 葉子は, 蛤を, 衰亡する, 裾野へ, 要するに外国人, 見せて, 見たいので, 見てて, 見やがれッ, 見よれ, 見ろっ, 見ろ命惜, 見張って, 見落せない, 見遁, 解せぬ曲者, 解らないよう, 解らない隠された刀, 解りゃしません, 言つてごらんよ, 訣も, 評定役の, 試めし, 誘拐させる, 読書に, 誰かを, 謀叛人どもの, 貧乏は, 赤い羽根, 足場と, 辞退する, 追い払うか, 追放される, 逃げ出しかするという, 逐一見届ける, 進んで, 過剰生長を, 酒に, 野たれ, 針で, 鋳掛屋の, 關せぬ, 雪子と, 露国の, 非と, 頂の, 顛落する, 風雲か, 餓死する, 駈落ちか, 髪の, 黙って

▼ する~ (2482, 0.8%)

43 のよう 23 がある 20 が来た 1716 にはその 15 にその, のやう 14 にはそれ 13 はその, は必ず 11 が来る 10 にはいつも, は, もある 9 である, になっ, には必ず, はいつも 8 の表情 7 の様 6 があります, が来るであろう, だった, ではない, に於, の態度, は何 5 であつ, には彼ら, には私, によく, に当っ, に私, に自分, のこと, はこの, は此

4 [17件] があった, が來, だ, であった, でした, でも, にある, にこの, になった, になる, にはいつ, には何, には常に, に人, に初めて, に誰, もあった

3 [34件] がない, が無い, じゃない, だから, でありました, であるから, と同じ, にお, にきっと, にさ, には, にはあたかも, には人, には吾, には目, には自分, には誰, に使う, に出, に必ず, に限る, の外, の彼, の感じ, の方, の歌, の流れ, は三句切, は人間, は常に, もあり, もあるべし, も同様, 始めて

2 [156件] あやまって, かの外, があったら, があつ, がありません, がくる, が来, が来ない, が来ました, きつと, このこと, そういう時, その主張, その廊下, その手足, その時, だけ自分, だつた, だと, であ, であって, であろう, です, でなくては, でなければ, ではなく, でも剛情, でも私, とか父, と雖, なの, にあなた, にあの, にいつも, にお前, にこんな, にとなり, になつて, になり, にのみ初めて, にはきっと, にはじめて, にはただ, にはどうか, にはどんな, にはほとんど, にはもう, にはよく, には不思議, には今, には他, には単に, には友人達, には天子, には彼, には彼女, には忘れ, には我々人間, には次, には無論, には騰貴, にもう, にもまた, にもやはり, にも彼女, にも必ず, にも文章上, にも父, にも私, に一人, に人々, に依存, に全, に其の, に労賃, に夫, に始め, に子供, に彼, に必要, に持つ, に最も, に至つて, に至れ, に起る, に非常, のある, のうれし, のお, の事, の参考, の姿, の彼女, の徴候, の心持, の来らん, の様子, の用心, の直前, の緊張, の習癖, の自分, の言葉, の話, の足場, の顔, はある, はいかなる, はいかにも, はお, はかならず, はきっと, はこれ, はすでに, はそれ, はない, はまず, はアノ人, は一日, は三百戸, は中, は人, は先づ, は兎, は全く, は呉一郎, は大いに, は如何, は子供, は彼女, は後, は忽ち, は我, は或は, は昔, は水牢, は直に, は眼, は着物, は自分, は髯, まだ生き, もあろう, もそう, もその, もなるべく, やあるいは, を待つ, を狙っ, を見, 一々その, 作られるもの, 出逢いが, 即ちその, 少し手先, 潜める天才

1 [1627件 抜粋] ああまで, あついお湯, あるいは偶像, いかにこの, いったこと, いつもする, うかんで, お杉婆, お米, お辰門口, かである, かの朝顔, からあと, からであった, から前後不覚, から東二郎どの, から窓, から華中鉄道, があったら出し, がありましょう, があるであろう, がいくら, がくるだろう, がだんだん, がやっと, が参りました, が必ず, が有ら, が来たなら, が来れ, くらいのもの, こそ, この, このシグナル, この概念, この船宿, こんな風, さすがの, すぐに, そういっ, そのエンド, その事物, その出鼻, その妹, その尾羽根, その書物, その瞳, その精神的, その記者, その諸費, それから先, そんなに程度, だけだった, だけにでも全力, だけは臍, だけ保姆, だけ生甲斐, だけ頭, だよ, ちょっとうけ, つい着物, であった故に, であること, でこの, でさえひそか, でしたから, でその後, でない先ず, でもそこ, でもひそか, でも何時, でも快い, でも猶, で余, で女, とあり, という風, としない, との異なる, とは限らない, と二ツ, と商人, と妻, と少し, と自ら, どうする, どう斬り返す, どんなに自分, なぞはからだ, などにはその, などには最も, などに聴かれる, などはしばしば, などは借金, などは如何にも, などは本当に, など汽車, ならばと, なり我, なんか向う, にあいにく, にあらゆる, にいつしか, にうっかり, において始めて, にお供先, にかれ, にこういう, にさう, にすでに, にずいぶん, にそれ, にだってそれ, にです, にどこ, になれ, にのみ本質, にはいっぱい, にはおお, にはお金, にはきまつた, にはさながら, にはそうした, にはたくさん, にはだれ, にはどこ, にはね, にはまったく, にはむらむら, にはよほど, にはウン, にはソルボンヌ大学, にはリリパット, には一グラム, には一層, には一番不完全, には不運, には主体, には乾漢, には人口, には何時, には俳優, には僧家, には先方, には其憂苦, には別, には割引課, には十吉, には吃っ, には困難, には堅い, には大原, には太子, には実際かえってそう, には家禄, には寝台, には少しく, には市中, には平年, には往々, には必然的, には恐るべき, には愛好, には手の平, には提唱者, には晩, には月評, には東京, には次々, には残っ, には永生, には源兵衛, には獅子吼, には男, には白, には相手, には私自身, には竹製, には精, には老婆, には腰, には自己, には藝文志, には行なわれる, には見られず, には読者, には返し, には速力, には金銀, には間, には雪, には食糧附, にばかり全的, にぶく鉛色, にまごつく, にも, にもそういう, にもどっち, にもまして, にももう少し, にも人, にも同じ, にも少し, にも暇, にも極めて, にも礼, にも雌雄, にゃこれ, にやこれ, にわかに今, にスゲ, にムク, に一番, に万吉, に下した, に乗せられた, に乞食種族, に亞米利加, に似た, に何はなくとも, に何時, に佩かせる, に例, に元, に其夫, に出す, に動, に又もや, に取り落した, に吾, に堅く, に大切, に天, に天真爛漫, に女, に妾, に嫁, に家老, に将校団, に山, に左, に希望, に幸福, に当たっては二百何十年来, に当り, に彼等, に御, に惟光, に我, に或は, に持っ, に揉まれます, に斯, に春日明神, に最もよく, に本人, に来た, に横合い, に此, に母, に水面, に汽車, に注意深く, に漢, に玄関, に生まれる, に當つて, に白粉, に着, に矢部, に穢れる, に米友, に考えられる, に能登守, に臆病, に自然, に舳, に荷物, に表, に見られない, に訂正, に詠んだ, に貰える, に途中, に酒, に鈍い, に限ります, に際會, に風, のあの, のごとき, のすさまじさ, のため, のほか, のゾクゾク, のワクワク, の一点, の何とも, の前後, の十風, の名, の喜び, の如き, の官服, の小冠者信長, の御殿, の快感, の手土産, の手段, の早口, の有喜子, の材料, の正装, の注意, の潮鳴り, の状, の癖, の眼, の種々, の精神, の義男, の苦痛, の袴, の言葉遣い, の身構え, の重大, の静か, の音樂, の風情, はああ, はあるいは, はいつもそう, はかかる, はさばかり, はじめてそこ, はぜひ, はその大きな, はただちに, はちゃんと, はっきりその, はともに, はなかなか, ははなはだ, はぽかんと, はまるで, はもう, はや世界, はわざわざ, はチヤン, はヨブ, は一々, は一寸, は一意, は三つ目小僧, は上座, は不味く, は乃ち山, は二等, は人並以上, は他, は何となく, は僕, は全部, は其臣下, は別れる, は労し, は半年經, は原文, は古い, は右, は吾妻鏡, は命数戯曲, は啻に, は坂下鶴吉, は外省, は夢みる, は天地, は如何なる, は実に, は富士山, は小鳥, は山, は己, は当時, は必ずやっと, は忘れ, は恋, は慎重, は手, は攻撃, は日本軍, は最も, は杢, は横浜, は殊に, は永く, は法律, は爰, は物體, は猶, は生後一年, は病気, は目, は祷らず, は空氣其物, は粘着力, は組長, は肉, は胡, は臆病, は自ら兩親, は舊惡, は艀舟, は蛋白質, は詩, は議場, は跡, は近づい, は退治, は重荷, は雨, は霹靂碪又, は顔, は鹽盈, ぱらりと頭巾, ふと気がつい, ほどすがすがしい, ほど学士, まさにその, まず著者, また人, まであなた, までも琉装, まで新聞, まで預つ, もありましたなら, もいつか, もこの, もし民主主義文学運動, もついて行っ, もまず, もダリヤ, も一番, も多い, も櫻木大佐, も神戸, も芝居, も青, やはり庭先, や相手, よく浄瑠璃, よりも, より深更寢, ををく, を夢み, を得る, を狙える, を迎え, を食べ頃, 一旦戸締り, 云い換えれば, 亦, 何となく私, 使うもの, 例えば目的地, 再び人間, 初めてその, 初めて産, 初めて認識, 単に温度, 即ち又, 又もや, 又竿, 各の, 同じ模様, 大抵矢場辰, 小さい声, 小孔, 少し難儀, 常に自分, 待ちかまえとった大石軍曹, 必ずそうである, 必ず空間的, 忽ち平板, 急いで, 悲しい哉, 愛する者たち, 或いは寧ろ, 折々見た, 明かるさ, 次右衛門, 段々対照, 泣いたま, 特に奇異, 知らず知らず自分, 第一, 落ち着いて, 話そうと, 遣し, 雄鳩

▼ する~ (2407, 0.8%)

100 がある 89 もある 28 である 24 が多い 23 があっ 20 がない 18 もない 17 であった 16 だ, はない 15 があつ 14 のよう, の心, もあった 12 があります, だと, です 11 ではない, は 10 があれ, の数 9 が出, ではなかっ, はこの, はなかっ 8 あり, であつ, のこと, もあろう, を見る 7 が多かっ, のため, の中, の姿, もなく 6 があった, があり, が無い, ではありません, のやう, はその, もあり, もなかっ

5 [20件] があるだろう, があるなら, があろう, がいる, が一人, が多く, が沢山, ぞ, なん, の声, の多い, の如く, の方, の足音, はないでしょう, は少い, は極めて, もあらう, もあります, もあれ

4 [24件] があったら, がなく, が少なく, だつた, だろう, であったから, でなければ, となった, ならば, にし, ね, の影, はただ, はないだろう, はまず, は必ず, は稀, もありました, もあるだろう, もいる, も出, も少く, も少なく, も有

3 [51件] かね, があ, があらう, がありましょう, があるでしょう, がその, がたくさん, がなかっ, が三膳, が今, さえある, じゃありません, だった, でした, ですか, ではなく, というの, というもの, なし, なの, に, にあらず, になっ, のある, のない, の口, の多く, の心持, の情, の態度, の眼, の群, はありません, はあるまい, はいなかった, は一人, は他, は先ず, は多い, は少なく, は誰, もあつ, もあるまい, もなし, も多い, も無い, よ, をし, を私, を見, を見た

2 [121件] あつて, ありを, から鉄路, があるでせう, がい, がいた, がいない, がいなかった, がいます, がきっと, がこんな, がどうしても, がなけれ, がよく, が住ん, が出る, が出来る, が多う, が家内, が少から, が少く, が居ない, が随分, が飛騨, じゃない, だあんな, だけれど, だったと, だらう, であ, であったが, であること, ですが, ですもの, ですよ, ではなし, でもある, と, といふ意味, とこれ, とは思えない, と物, などはない, にあらざる, にその, にとってはそれ, には是非, にふさわしい, に真実, に聞け, に贈つた, に違, のうち, のこころもち, のごとく, のささやき, の優越, の力量, の動作, の増加, の少ない, の手, の持前, の文章, の歩み, の気, の気配, の潮, の目, の立場, の群れ, の良, の言葉, の説, の足, の頭, の顔, はあまり, はありますまい, はそこ, はたいてい, はたくさん, はどんな, はなかつた, はなく, はひとり, はほんとう, はまだ, は今, は何万人, は元, は哲学, は土地, は外, は宗教的, は少ない, は尠い, は恐らく, は格別, は水, は火, は遂に, は金, は非常, は魔, ばかりでなく, も, もありましょう, もありません, もずいぶん, もまた, も出来た, も山, も有る, も無論, も見き, らしい, をいう, をお, を眺め, 即ち鑑定家

1 [1171件 抜粋] あったかて, あらんに, ありとも, あるいは已, あるが, あるも, あれども, いくら気づいた, かしら, からさんざん, からはこちら, から見たら, から説き聞かされる, か哲学者, があら, がありましたら, がありません, があるです, があわて, がいただい, がいよう, がおます, がきらい, がさう思ふ, がすっかり, がだいぶん, がちらほら, ができない, がどの, がなかつた, がなくなった, がまさしく, がみこ, がやるべき, がゐる, がチェホフ, が一, が一番, が上達, が世界, が二人, が五, が今駅, が何ん, が先ずもっと, が其の, が出来, が勘違い, が取りのける, が土間, が変つて, が多けれ, が大分, が妻, が始めて, が定, が寡, が少し, が引切りなし, が御返事, が恐れる, が悪い, が持っ, が文学者, が時たま, が暇, が有る, が来, が来ました, が殖え, が母方, が民主民族戦線, が澤山, が現れ, が生じ, が盗む, が着る, が神経, が籠つて, が続い, が羽織, が芸術家, が草鞋, が衆愚, が見, が許多, が誰, が鋭敏, が間違つて, が雑沓, が非常, が飲みたい, こそほんとう, さえあった, さえいるだろう, さえもある, さえ少ない, じゃ, じゃったとでしょう, すなわち論理的, すら少ない, そしてそれら, そのストーン, その人自身, ぞと訊いたら, だけがほんとう, だけにこの, だこの, だぜ, だちが, だったそう, だって, だって必, だつたが, だとは, だなあ, だよ, だろうぐらいに, だ其の, であったこと, であったら師匠, でありしかも, であり約言, であるか, であるが, であるのに, でいっぱい, でけっして, でしてね, でしょうね, ですな, でせう, でないこと, でなかつたが, ではあり, ではござるまい, では無かっ, でもあったら, でもあるだ, でもこれくら, でもない, でもやはりそう, でも孝道, でも日本, でも湖南, でも美わし, でも見つけ, で仏語, で学校, で彼, で男, で若い, で非常, ということ, とかはた, とがある, とが相, としてはその, として九代団十郎, として精神病学者, とそうして, とそれ, とどんな, となれり, との二種, との間, とは思わなかった, とは雲泥の差, とも思へない, とも見えなかった, と云, と人情話, と出版, と半, と工場, と悪, と我, と然, と知合, と自分, と言うべし, と金, どう思う, なぞがあっ, なぞもある, などが矢張それ, などを考へる, ならと, ならみんな, なりという簡単, なるも, なんかいる, なんて, にうとましい, にず, にだけまかし, にてはこれ, にとっては孤独, にとっては碁, にとっては雪, にとって警戒, になつ, にならなけれ, にに, にはおのずから, にはこの, にはちょっと, には人気者以上, には多少, には如何なる, には必ず, には思ひ, には気の毒千万, には珍しい, には興味, には麦, にもお, にも一夜一夜, にも左右, によってこんなに, によってのみ正しく, によっても思った, に似た, に似たれ, に加藤武雄, に卯の花, に取り, に多く, に威嚇, に対しての希望, に対しては非常, に対して相, に対する世間, に成っ, に成功, に望まれ, に此見方, に比べたら, に無理, に画, に示す, に移入, に至ります, に行き逢った, に訴, に通有, に逢う, に過ぎない, に限られ, に非, に默阿, のあつ, のありしか, のいる, のことば, のする, のなくなる, のみが, のみ彼岸, のパイプ, の三分の二, の不幸, の人格, の休場, の作品, の側, の全, の共有, の出る, の助け, の勝手, の名前, の呼ぶ, の問題, の多から, の大, の好み, の如し, の字, の容姿, の層, の常, の当り, の影法師, の心得べき, の怒, の恋し, の意, の憐愍, の敬服, の最初, の根性, の橋銭, の母, の氣, の氣色, の浅薄さ, の渦, の無い, の犠牲, の用心, の由, の皮膚, の眼識, の神経, の笑, の範囲, の精神, の署名, の肝臓, の舌次第, の荷物, の行為, の襟元, の見識, の話声, の豊島, の責任, の跫音, の追, の避難小屋, の間, の集っ, の面, の魂, はあり得る, はあれ, はいずれ, はいつも, はいよいよ, はおそらく, はおりません, はかつて, はきま, はこれ, はさらに, はじ, はずいぶん, はそれ, はそんな, はだまっ, はどんなに, はなかろう, はばか, はほんと, はまさか, はまるで, はみんな巧い, はみんな眼, はめったに, はもと, はもはや, はよほど, はゐなくなるだろ, はをりません, はヒロイツク, は一流, は世故, は両方, は事実, は二月二十九日, は何, は何處, は借りた, は兎, は勢い, は却って, は呼べ, は四つ, は因襲的立場以上, は多少, は大抵, は大概年, は太陽, は如何なる, は嫁, は実は, は富, は専念, は少, は少なかろ, は居りません, は年, は当然, は急, は政治, は数町, は昔, は杣夫, は案外, は歌, は武甲山, は殆ど, は気の毒, は沢山, は温泉附近, は災難, は無し, は無限, は特に, は生命, は男性, は皆, は皆みこ, は相, は石, は私, は紅葉, は美人, は自ら, は自己そのもの, は親, は読書家, は路幅, は道, は鉱石, は面皮, は高, ばかりで, ばかりです, ばかり術, ほど怨恨, またはこれ, までも講堂, もあっ, もあらわれなくなった, もあるであろう, もいけません, もいない, もこれ等, もさぞ, もすでに, もその, もだ, もでき, もなくなっ, もゐなけれ, も二人, も仰山, も冠, も出来, も同じ, も困却, も或いは, も数名, も昔, も沢山, も無くなり, も現われた, も直接犠牲, も神様, も続, も見えません, も達引, も革命, やここ, やら, や勉強, や私, や赤ん坊, や駕籠, よりも欲, よりも病苦, より失望, らしかった, を, をお呼び, をそのまま, をどこ, をば千石, をも持たない, を乞索児, を伽羅, を助け, を多く, を好き, を広く, を待たず, を徳川時代, を慕わせ, を我, を數, を死王, を比丘, を物色, を目的, を笑っ, を見出す, を選抜, を避けたい, を雇い, を驚嘆, 即ち公羊學, 多ければ, 多し九鬼サン, 懐しさ, 有難い人, 殊に古代, 無けれど, 起るなり

▼ するから~ (2331, 0.7%)

260 である 5726 です 18 なの 15 であった 12 して, 私は 11 では 10 そう思え, だと 8 であります 7 いけない, いけないん, だを 6 そのつもり, それまで, だった, であって, であろう, 一緒に, 出て 5 いけないの, こんな事, じゃ, それを, そんなこと, だよ, であつ, ですよ, 見て

4 [14件] いい, これを, そう思っ, そこに, それが, それは, であらう, であると, でございます, 何か, 安心し, 私も, 見に, 覚悟しろ

3 [34件] いやだ, お前の, これは, そのとき, それに, でありまた, でした, なんだ, よろしく頼む, 之を, 今の, 今度は, 仕方が, 何も, 其れ, 吃驚し, 君の, 大丈夫だ, 妙である, 安心する, 左様心得ろ, 彼は, 待って, 従って, 急いで, 急に, 悪いん, 本当の, 気を, 私に, 罰が, 自分も, 自然と, 面白い

2 [88件] ああいう, あとで, あなたは, お, きさま, こちらも, これだけは, さしておそ, さよう心得ろ, すぐに, そういう時, そうしたら, そう云う, その前, その反動, その方, その旨, その時, その覚悟, それまでは, そんな目, たまらない, だろう, でありそして, であるが, でも, で先生たち, どうぞこの, どうだ, なので, 不可ない, 不思議に, 世間では, 世間の, 今夜の, 今夜は, 今日の, 今日は, 何でも, 何にも, 俺まで, 僕の, 僕は, 兵馬は, 却って自然的, 困る, 困るん, 外に, 大抵な, 失敗する, 妙だ, 妻は, 婦人の, 子供が, 子供は, 安心しろ, 家族は, 帰って, 彼を, 後生だ, 御脱ぎなさい, 心配しない, 心配は, 怪しからない, 悉しい, 承知し, 持って, 早くお, 時代の, 村の, 来いとの, 来て, 歌を, 此の, 汝は, 物事が, 狡猾よ, 痛い粟粒, 窓を, 緩りし, 花の, 行って, 被害者は, 覚悟を, 車を, 非常に, 面白いもの, 黙って

1 [1450件 抜粋] あした早く, あっしが, あつしは, あなたが, あの子, あまり働かず, あまり日本人, あれは, あんまり癪, いいだろう, いい加減, いかにも乱婚不倫, いかんなんでそんな, いけないという, いっそう進んだ, いつその, いつもの, いつ出食は, いまだに記憶力, いろいろと, うたって, うまいの, えげ, おかしい, おまえも, おれは, お前お, お前往って, お吉, お暇, お気に, お絹, お茶は, お頼み, かかること, がすでに, きっとうまく, きらい, くやしかったら, こ, こういうこと, こうしてぶらぶら, ここで, ここには, ここほっとい, こっちも, このまま, この二人, この夏, この種子, こらして, これが, これと, こんなこと, こんな目, こんな間違い, さあそこ, さがして, さよう心得る, しばらく居させ, しばらく神妙, じゅうぶん注意, すぐ着, すむといふ, ぜひやって来, ぜひ来, そういう, そういう集合, そう云った, そう言, そこでラジオ, そこについての, そこア男だ, そちらでも, そのこれ, そのとききみ, そのビル, その五分間, その価格, その堂内, その席, その微妙, その日, その有様, その著述, その辺, その飜訳書, それだけ, それで, それでその, それで人間, それで言, それまでの, それ迄, そんなに長く, そんな夢, そッとして, ただちに逮捕状, たつてと, たれか, ださうだが, だでは, だめな, だろうと, だ掃除, ちょいと, ちょっとご, ちよつと, ついでに, つかまったり, つて神谷に, てめえも, でありこの, でありませう, であり子供, であり自然, であること, である事, であろう自分, でしょ, ですが, でそれ, で現代日本, で造酒, とどまれとか, ともかくも, どういう時, どうか今夜, どうか私, どうしても一人宛平均三十秒, どうぞ襖, どちらへか, どんな事, なかなか骨, なるべくいい, のを, はてと, ひとの, ひどいよ, ふと立, ほんとうは, ぼてと, まあ好い, ますます不利, また肩, まだだれ, ま少し, みんな一緒に, むつかしくなり, もうこれ, もう五十銭, もう学校, もう恐ろしくっ, もし被, やかましいので, やがて酒, やはり睡られない, やらないよりは, ゆるんだに, よう封を, よく聞く, よその, よろしいと, よろしくない, わからない, わからねえさあ, わたしは, ウンと, キゲンを, コロリと, ストーヴも, チュウコと, ハッキリした, バカバカしい, ペペ山に, ボクが, ムリと, ヴォーか, 一つやっ, 一つ身命を, 一人きりの, 一刻も, 一向埒, 一寸覗きました, 一度舞台, 一応仁義, 一日延ばし, 一晩置き, 一概に咎め立て, 一町許の, 一軒の, 万事が, 三四郎も, 三石は, 上記の, 下絵を, 不安の, 不本意ながら, 世間無類な, 中平は, 之から, 乘客は, 争いが, 二人は, 云え, 五人前ほど, 五日の, 人は, 人様が, 人類全般の, 今すぐ, 今度勝利を, 今晩は, 仕事が, 他所へ, 代表者来たれ, 仲間に, 会って, 伴れ, 何かに, 何もかも売っ, 何処か, 何卒伊貝さん, 何等の, 作者の, 信助は, 修蔵までが, 俺らは, 偶, 僕に, 元は, 先に, 先生の, 全くやり切れた話し, 八五郎親分を, 其の中, 其の座敷, 其下落する, 其度毎に, 其気に, 内幸町の, 出たの, 刃物を, 初めて発見, 別に深い, 別れろツ, 到底かうした, 前者は, 割合に, 力を, 助けて, 勉強に, 勝手も, 包んで, 十三日迎火を, 十時に, 卑怯未練な, 危険だ, 却って貴様, 厄介ね, 厭だ, 参れ, 友達は, 取越苦労さ, 可くっ, 台所で, 各々方は, 同じ人間, 向うでも, 君たちは, 君のは, 吾, 呼んだのさ, 商人は, 四十代三十代分類系列苦心サンタン妖怪を, 困るぜ, 困るな, 堪らない, 塩水の, 声の, 外人も, 多分海軍側, 夢も, 大したもの, 大丈夫間違いは, 大切な, 大抵改革者, 天奏饗応役に, 夫が, 失敬だ, 奇異な, 奥を, 女は, 奴めなかなか, 妖怪が, 始めろ, 嫌だ, 嫌に, 子供にも, 安くは, 宜いが, 実に実にやり切れない心細, 実際に, 実際一日, 宵の, 容態が, 容赦すべき, 實行的手段には, 小田の, 少しも, 少し浪風, 屋台を, 左様心得, 己が, 帰ると, 帰ろうまた, 平均一日三十足宛入りやす, 年寄らしい, 店で, 弁士の, 弟子の, 当り前です, 当分安心し, 彼が, 彼家へ, 待ってや, 後でちょいと, 後の, 従つて俳優が, 御手本, 御祖師様の, 心もちが, 心配には, 忽ちドッコイ, 怖ろ, 恐らくは嘲ける, 恐ろしい, 悪いなん, 悪い耳, 悪人が, 愛情の, 成り上り者, 我々は, 我慢しろ, 戸ごとに, 手ぬかりが, 手伝って, 批判者に対して, 投つて置いた, 持つて, 掛布団の, 支度が, 数えるだけ, 新三郎は, 日光造営奉行の, 旧暦十月も, 早くおかえり, 早く西川, 昔の, 是非來て, 是非遊びに, 智能の, 暫く待て, 書かうと, 最早秘密, 朝の, 末は, 本統の, 束に, 来るよう, 案外早く, 棒か, 概念は, 構わないという, 橋番を, 權六が, 欺される, 此を, 此方は, 武者塀の, 死ぬの, 殊によったら, 気の, 水神さまに, 決して心臓麻痺, 油断も, 泊り掛で, 流動物, 湯殿の, 滅多な, 無暗に, 無駄な, 煩雑ながら, 熊も, 片刀, 物質は, 犬は, 狭い階子段, 猶予は, 玉屋の, 甘くなる, 生きては, 生徒が, 生活が, 用心が, 由公は, 男振, 画家は, 畑姉弟を, 白木の, 皇帝と, 目が, 目違いも, 相互の, 真剣だった, 眼に, 短篇では, 礫を, 社会現象上手近かに, 私が, 私家出を, 種属を, 立会つて呉れといつ, 米友も, 終局に, 結局同じ, 結局面白く, 統合の, 綺麗に, 置いて, 聞きに, 肩替りを, 能く, 脛に, 腹を, 自分には, 自然に, 自然手が, 興味が, 船の, 色彩の, 芸術家でなく, 若し復職, 英書は, 茶人に, 蔵に, 血判だ, 行くの, 行つて見る, 裏が, 見ただけさ, 見物に, 覚えて, 解つたのかと, 訣らない, 詩作を, 話せ, 誤解を, 誰も, 谷は, 貨物が, 貴様いつも, 買って, 賛成を, 起つた名, 起る所, 踊って, 車窓から, 轉じ, 迎えを, 迚も, 送別の, 速さ, 運動の, 違背なく, 遠慮なくお, 適切な, 遺失さん積りで, 部屋へ, 重吉の, 金助を, 錢形の, 間引いた, 間違えなく人夫一人準備, 闘気に, 陽が, 随つて結婚の, 雪が, 電報を, 面会と, 面白かった, 順番にもと, 頭が, 顔を, 飯倉, 馬精より, 駄目だ, 騰貴するであろう, 鬱屈し, 鶏の

▼ するつもり~ (2060, 0.6%)

150137 なの 62 です 58 なん 57 である 5242 だったの 41 はない 38 だろう 37 だと, では 28 でいた 25 でいる 24 だった 22 だったん 18 だから 16 であつ 14 で, であった, はなかっ 13 だつた, であったが, であるが, でした, で来た 12 じゃ, だったが, だな, はありません 11 だが, でしょう, ですか, でも 10 だよ, であったの, でゐた, らしい 9 かしら, だね, だろうと, であります 8 だつたが, でせう, なんだい, はなかつた 7 だつたの, であると, でしたが, もなく 6 かい, かね, だろうか, よ 5 じゃない, じゃなかった, だという, であるから, でいます, でございます, でその, はなく

4 [17件] だえ, だか, だったと, だったので, だつたん, であったか, であらう, でありますが, であろうと, でいました, ですから, ですが, ですよ, でゐる, で出, で私, ならば

3 [31件] かえ, かその, かそれ, かそれとも, かなあ, かも知れない, か自分, じゃった, だったか, だったし, だったという, だったろう, だとは, だらうと, であったかも, であったらしい, であったろう, であるか, であること, であろうか, でいたんだ, でお, でおります, でかえって, で云った, で出かけた, で出かける, で実は, と見える, になった, もない

2 [78件] かと云った, かと詰問, かな, かもしれない, か何, さ, だからと, だからね, だし, だそう, だったから, だったけれど, だったそう, だつたのさ, だとか, だなんて, だらう, だろうという, でありましたが, でありますと, であるという, であろう, でいたらしかった, でいたんです, でいろいろ, でこの, でこれ, でこれ等, ですかね, ですけれども, でまだ, でやった, でわざわざ, でフラリ, で一生懸命, で乞食, で二階, で僕, で出掛けた, で劇薬, で即ち, で取りかかった, で外, で女, で家, で寺, で居ります, で居る, で御, で書いた, で本郷, で母, で準備, で炬燵, で自分, で行った, で親類, で読んだ, で遊ん, で鍋, と見え, なので, なのに, なのよ, ならそれ, なら許して, なり, になっ, にや歌, のが, のよう, もなかっ, もなかつた, や, らしいが, らしいの, らしかった, らしかったが

1 [500件] かあなた, かあんた, かさ可哀そう, かしらとそう, かしらなどと珍問, かちゃんと, かちやん, かっ, かって, かという問題, かときいた, かときかれた, かときき, かとたずねられ, かとたずねる, かと云う, かと尋ねた, かと彼, かと思い, かと思え, かと思っ, かと考える, かと見, かと言い逆らった, かと訊いた, かなと思っ, かなどと不安, かの, かも知れぬ, かも見たく思い, かやはり, からか伝六, からろ, かわかっ, か俺, か分らん, か判った, か大股, か夫, か巳之助, か恐らく, か片手, か知らない, か知らぬ, か知らん, か知りません, か聞かし, か聞かせ, か途方, か飛ん, か鯨油, があつ, があれ, がなく, がなくし, がにわかに, がむざんや, が徳山, が逆, が運, が雲助, じゃあなかっ, じゃありません, じゃありませんでした, じゃが, じゃったの, じゃと言った, じゃないでしょう, じゃねえ, じゃア, じゃ宿, それでも同じ, ぞと又, だあと, だかな, だからこそ, だけど, だけれど, だこの, だこれ, ださあ, だその, だそんな, だったえ, だったかも, だったけれども, だったこと, だったその, だったって, だったところが, だったに, だったには, だったのに, だったのよ, だったらしいが, だったらしいですな, だったらしいの, だったら眠く, だったんだい, だった原田夫人, だった風, だって君, だって聞いた, だつたかと, だつたさうで近代僧侶気質, だつたらう, だつたろう, だつて, だとも, だなと, だなどと, だまあ, だらうか, だろうおせん, だろうそう, だろうそれ, だろうとは, だろうどうして, だろうな, だろうよ, だろう一番そいつ, だろう余計, だエ, だッ, だ一たい農業, だ何, だ何しろ, だ江戸, だ私, だ腕一本, ちっともない, ちっともなかっ, って, って何, て三人鼎坐, であ, であったかは, であったから, であったけれども, であったし, であったと, であったとは, であったに, であったのに, であったよう, であったらしいの, であった二人, であった師範, であと, であなた様, であの, でありかの, でありましたろう, でありますから, でありますほんとう, であり自分, であるなどと, であるらしく思われます, である敵, である旨, であろうという, であろうなどとは, でい, でいいかげん, でいう, でいただけ, でいたら, でいった, でいま, でいやがる, でいるらしい, でいろんな, でうっちゃって, でおりました, でお湯, でお目にかかった, でか, でかかってた, でこうして, でここ, でこんな, でご, でございました, でございましょう, でございますが, でござる, でござんしたが, でござんしたがね, でさ, でさらに, でしたけれど, でしたのに, でしたろうそこ, でしたん, でした今宵, でしょうね, でしょう平次, でじっと, でじつと, ですっかり, ですとさ, ですね, ですの, ですわたし, です自分, でそして, でそば, でそれ, でそんな, でちょうど, でないから, でなかった, でなかったという, でなかったので, でなければ, でね, でのう, でひと時, でもう, でも味噌汁, でや, でやがて, でやってきました, でやって来い, でやって来た, でよかっ, でらしくお, でわざと, でわたし, でわっ, でゐ, でをりました, でをります, でをる, でアタラ, でゴシゴシ, でドレス, でペン, でホテル, でポケツト, でヤケ, でワイゲルト中尉, で三年, で上衣, で下, で下図, で中, で乗った, で九十九里, で九州, で九時頃, で予定, で二人, で二時, で今度, で今度あらた, で仕上げ, で仲間, で伊東, で何気なく, で作りととのえた, で來, で俄, で備前, で兄, で出かけました, で出した, で刀, で初手, で勉強, で印度人, で原稿用紙, で友人, で取っ, で取つて, で取りかからね, で取懸つたの, で口笛, で台湾, で同じ, で君, で吹く, で垣根, で城山, で堅氣, で大いに, で大事, で奥, で妻妾, で妻子, で宅, で安く, で定食, で寄港地ごと, で小屋, で少し, で居た, で居ます, で居りました, で屋敷, で山, で崖, で己, で帰っ, で平林寺, で年限, で建てた, で彼, で待っ, で待つて, で志願, で急, で意気込ん, で意気込んで, で我慢, で手頃, で拙者, で拵えた, で掛けようと, で教え込んだ, で数人, で断然, で新, で新宮, で既に, で日頃自慢, で明かさない, で明け, で昼, で晴着, で暗い, で暫く, で書斎, で最初, で朝, で期日, で木挽, で本道, で朱筆, で机, で来, で来い, で東京, で櫟林, で此度, で歩い, で毎夜, で毎晩, で水底, で沖, で泊, で注射器, で活字, で海上, で湯, で無造作, で煙草, で玉川堂, で王君, で生活, で用意, で田, で男, で画紙一枚, で発つたの, で看護婦, で眼, で知らせ, で石, で石炭庫, で第, で筆, で箱根, で篆額, で組織, で置い, で羽黒, で翻案, で育て, で腐る, で腹巻, で船のり, で船長室, で船頭, で若者, で英国, で草鞋, で落ちつき, で落着, で行け, で行ったん, で行って, で袂, で裏梯子, で解釈, で言った, で訪ねた, で詩人, で読まね, で豚, で貰ったお, で貴方, で買っ, で身, で車窓, で近ごろ先方, で近づい, で進ん, で郁太郎, で部下, で醤, で銀杏, で隠した, で隱, で雇, で飛行機, で骨, で高度, とさ, とみえ, とみゆる, と分った, と勘違い, なくし, などとも云います, などはなく, などは決して, などは無論, ならこ, ならこういう, ならこの, ならさ, ならされても, ならそれで, ならぼくバス, ならもっと, ならやはり, ならわかるが, なら世話, なら体当り, なら先づ親, なら御, なら必ず, なら相談, なら街なか, なら許さぬぞ, なりしかば, なれども, なんかちっとも, なんかない, なんかね, なんぞありゃ, なんぞおれ, なんで, なン, にご, にし, にちがい, にちがいありません, になつ, にもなり, に相違, に違い, に非, のお, のところ, のなぐり書き, のラジオ屋, の出動, の峰, の文学, の細工, の金, はつもり, はなくっ, は全く, は少し, は毛頭ない, もあ, もあっ, もあり, も何, も無かっ, も相手, やあんな, やねん, やろ, らしいその, らしいと, らしいよ, らしいん, らしい身振り, らしかったの, らしかった序曲, らしかつ, らしくそして, らしく見えた, らしく見ゆ, 例へば, 諸友

▼ する~ (1867, 0.6%)

75 である 59 なり 46 のもの 43 となり 31 となる 29 にし 28 あり 26 がある 14 によれ 13 ありて, がない, となるであろう 12 であつ 11 なし 10 であった, となった, なれども 9 があつ, にある 87 ありと, が多い, であります 6 あるを, があり, だ, であるが, となつ, なの, による, のない, もなく, を見る 5 があった, だった, となりし, となるなら, とはならない, なきが

4 [20件] ありき, だが, であ, であるから, とはならないであろう, なきに, ならん, なる可, にあらざるなり, により, に候, に従, に有, のある, のすべて, の法則, の習俗, の者, を聞け, 多かりし

3 [35件] あらば, あらんと, あれば, から見れ, たり, であると, です, となっ, とならず, とならね, となれり, となろう, と爲, なくし, なりき, なるべし, に依れ, に拠る, に拠れ, の人, の人物, は, はどこ, はないだらう, は単に, は寧ろ, は彼, もあった, を以てすれ, を知らざる, を知らず, を知らない, を私, を見, を見れ

2 [111件] あらしめ終に, あらんこと, ありしが, ありしに, ありしは, ありてか, あるか, あるに, あるによる, あるは, か, から, から始まる, から起つた, があっ, があらう, があれ, がなかっ, がなけれ, が一番, が大きい, たるのみ, たるは, たるべし, だつた, だと, であらう, でありながら, であり又, であろうと, でしたね, ですから, でない, でなかったが, でなければ, ではあるまい, では京二, で有った, とならなけれ, とならぬ, とは反対, と思ふ, と為る, なから, なかるべからず, なかるべし, なき, なきの, なきも, なきや, なきを, なく特に, なければ, なしと, なり以, なり閣下, なるか, なるが, なるに, に, にあらず, には種々, に係る, に出, に存す, に存する, に就い, に文化的生, に由れ, に陽炎, に非, のあの, の一, の一種, の人格的驚異, の句, の悪魔, の敵国, の書, の経, の行爲, の詩, はある, はこれ, はない, は事, は伯, は即ち, は必ずしも, は手, へダッ, まで来, もあり, もある, もない, もなかっ, を助け, を察, を旦那様, を明瞭, を決行, を為し, を爲, を知る, を耳木兎, を聞く, を見た, 亦必ら, 全世界的空間, 多しと, 少なからず

1 [880件 抜粋] あったが, あつた, あらざる可, あらしめた, あらんや, あらん乎, ありいまだ, ありかつ, ありしかど, ありしには, ありたるは, ありてと, ありひそか, あり東西境遇, あり遂に再び, あるの, あるべきもの, あるべし, ある営業, おのずから民, かとみえる, からいつ, からだ, から倭名抄, から初まる, から北東, から多く, から悠長, から意義分化, から打連れ立っ, から梢円味, から段々, から水晶山, から私, から肝要, から貿易品的, から起こる, から軽卒, か卒然, がありました, があります, があるだろう, がそれ, がなく, がほしい, が不充分, が二様, が分る, が却つて主人, が多かっ, が多くあつ, が女たち, が少なく, が尽く, が必要, が既定, が有った, が正しかっ, が無く, が現実, が相当, が種々, が評家会心, が非常, この百合, さ, ぞ, たり自由党, たり若し, たるや, だったが, だまれ, だろう我が, だアア危, で, であったと, でありましたそれ, でありますが, でありまた, であり従って, であるがと, であるのに, である明治, であれば, でうたう, でございました, でさ, ですが, でその, でないが, ではありません, ではござりませぬ, ではない, ではなかつた, ではなかつたらしい, では出し抜け, では国語, では従来, では新聞紙, では無口, でもみた, でも見た, で叔父, で外輪山, で必ず少し, で日本, で月, で月ごと, で法律, で百枚, で第, で自分, で語り明かさぬ, で雨畑附近, といわれ, とし, とならない, となるべき, とはならず, とはならずし, とははなはだしく, ともならない, と云う, と何, と兩, と同時に, と存じます, と為り, と無, と見, と雅俗折衷体, なかりしが, なかるべからざる, なきのみ, なきを以て, なき半, なき妄誣, なく, なく中, なく勿論, なく単に, なく学問, なく從つて, なく正面, なく濁声, なく自, なく諸事, なく面, なしとのみ, などが他, なのに, ならざるべからず, ならず, ならずや, なら孰, なりし, なりしこう, なりその, なりといへ, なりと云, なりと雖, なりゆえに, なり事業, なり其言, なり我, なり義盛鬱陶, なるのみ, なるを以て, なれされば, なれど, なれバ, にあつ, にあり, にいっさい, にてはこれ, にて十人, にはおのずから, にはもう, には不釣合, には人間特有, には岩窟, には真, には表現, にも用, に三日, に付け, に会った, に価, に倉地, に先月, に八五郎, に出来, に向, に唐人群居, に在った, に坐わり, に大勢, に客観的実在, に属するらしかった, に常に, に弱, に従って, に従って二三, に従って優美, に徴, に情熱, に據, に政策, に新しく, に本渓湖, に柏軒, に歴史小説, に濃霧, に特色, に王國維説, に現代, に相, に科学, に第, に置き, に至っ, に藝術鑑賞, に要, に論理的必然關係, に迷惑, に魔王攻め, のその, のとつ, のないいず, のみを以てし, のもの自己, のアイヌ語, のアダム, の一つ, の三, の世人, の両国, の中世, の人骨, の仙郷, の作者, の偉大, の先祖書, の兵機, の典型的, の出版者, の別, の労働, の只一つ, の右側, の同, の唐代, の壽, の多, の多数, の大きかっ, の始祖, の委員会, の学, の宇宙, の客観的, の封建時代, の小さい, の少く, の廣州, の弘化丁未, の悽愴感, の意見, の感情そのもの, の憲法, の技巧的, の政令, の文章之, の日刊新聞, の景, の曲, の最後, の朋友姉妹, の木村定良, の果し, の桑生伝, の標語, の機関, の氣風, の沙汰書, の泥土, の牢固, の猫, の田中氏, の病院, の発売禁止本, の真, の社会的奉仕, の神学, の神聖, の祭田, の精霊, の経済学者, の総, の義務, の見舞物, の記事, の証拠物件, の詩文, の諸, の貨物, の趣意, の里數, の重い, の金沢文庫零本千金方, の需要, の霊枢, の音, の首二百三十四, の黄金伝説, はあ, はあり, はいかに, はこの, はさうでない, はすぐ, はた, はないだろう, はなく, はやや, はアメリカ式万才音楽, は一, は一意, は一方, は不明, は人格神, は今, は仕事, は仮令, は何より, は俗, は倉知本, は全く, は凡そ, は利害, は利害問題, は勞働組合, は勿論, は原子爆弾, は原論文, は同, は唯, は埼玉県越ヶ谷, は報, は大人, は大阪, は奈何, は学理論, は実に, は尊王主義, は少ない, は帝室, は平民主義, は庭前, は微, は思い思い, は悉く, は才, は拍節, は日本, は日本固有, は朱子, は概ね既に, は次, は正, は正弘, は此五郎, は殆ど, は洞元, は海面, は清行, は甚だ, は田地, は由來記, は當時, は皆野暮, は矢張伊太利, は空腹, は終局, は結局自然, は義, は肉交, は自, は菊五郎, は豪傑肌, は貞操, は違え, は邦国組織, は長い, は開明史上, は頗る, は高, へき, へこの, へもう, へ出たなら, へ太, へ彼連, へ斯樣, へ竜女, へ行かせた, へ貴殿, へ通された, まで出, まで立ち入り, もあります, もよく, も其大部分, も少なく, も弁護, も決して, も無い, も隨分, や大勢, よりする, より殷, らしい, らしかった, らしく袴, をいつも, をかい, をも探求, をわざと, をバツグ, を二人, を以てし, を以て家督相続, を以て所謂, を供給, を充足, を前, を半兵衛, を取る, を叙述, を呼び止められた, を咀嚼翫味, を夜具, を失, を実地, を客, を尽くさしめん, を彼女, を思ひ, を恣, を持たぬ, を捕まっ, を推し, を明, を暗, を検する, を正しい, を満たす, を満足, を溜, を爲す, を画き, を目賀田さん, を眺め, を知ら, を知らな, を知り, を繹, を聽, を自身, を興味, を行, を行った, を見ず, を観, を觀其由, を説いた, を読ん, を貴, を軍, を述べ, を道破, を鄭虎臣, を雲助眼, 亦自ら, 全く社會主義, 即ち西もち, 同じ, 多々有り, 多きに, 多ければ, 多し, 大教, 尤も酸鼻, 更になかりし, 最も広く, 有るべし, 段々その, 無く淡々, 蓋し少なから, 遂に自ら漁舟

▼ する~ (1809, 0.6%)

47 見る 43 見て 39 得ず 36 得たり 31 得べし 30 常と 27 得可し 24 要す 18 例と 16 得ば 14 目的と, 見れば 12 得るに 10 いふ, 得んや, 見たり, 見るのみ 9 得, 得た, 得ん, 要せず 8 得るの, 要する 7 待つて, 得ずと, 見るに, 覺え 6 いう, 必要と 5 待って, 得ざら, 得たの, 得て, 得べしと, 得るなり, 得可き, 敢て

4 [17件] みる, や, 云ふ, 如何せ, 得ざるが, 得たこと, 得ない, 得べからず, 得むや, 得るは, 得るもの, 得るや, 得れば, 得可から, 欲せざる, 知らず, 知りて

3 [30件] お力は, みて, 余儀なくされる, 免かれず, 喜ぶもの, 得せしめば, 得たるは, 得べき, 得べきも, 得れど, 恐れたるかと, 意味する, 憂へて, 旨と, 欲せず, 満枝は, 笑ふ, 肯ぜ, 至当と, 要しない, 要するなり, 要せずと, 要せぬ, 見た, 見るの, 覚えたり, 許さ, 認む, 須ひず, 魄と

2 [112件] えんため, みたり, モウロは, 中二, 云ひ, 任務と, 余儀な, 余儀なからしめる, 余儀なくされた, 余儀なくされるであろう, 例として, 免れぬ, 其れ, 制した, 勉めざる乎, 咎めたり, 哀み, 唯一の, 喜び又, 喜ぶの批評家, 女太夫とて, 好まず, 好むか, 宮は, 容さず, 尋ね捜し猟師ども力, 少しも, 岩居に, 希望する, 常として, 彼は, 待たず, 待つのみ, 得ざること, 得ざるに, 得ざるもの, 得ざる可, 得ず大, 得と, 得なかった, 得べきか, 得べきなり, 得べき事, 得ました, 得また, 得る, 得るか, 得るが, 得ること, 得る所, 得んか, 得可く, 得意と, 必要なり, 忘る, 悪み, 憂へずして, 憚かる, 憚らざるなり, 指して, 敬せざる, 方針と, 是れ, 暁の, 望む, 望むと, 期す可, 楽と, 欲し, 狼者と, 甘んぜざる位, 確信し, 禁じ得なかった, 第一着手, 老人あり, 聞いたか, 聞いて, 聞きて, 聞く, 胴縄ばかりの, 表は, 要すと, 要するもの, 要せざるべし, 要せんや, 要と, 見ず, 見たりき, 見たりきと, 見つけ貯, 見ては, 見ても, 見るも, 見る可, 見る是, 見る毎, 見日本人, 見逃げ帰って, 覚えて, 覚せざる, 觀る, 許さず, 許された, 許せ, 認めて, 諸臣, 避けたり, 避けて, 長者は, 面白がり, 須たず, 驚し

1 [904件 抜粋] あやしみて, あわてて, いうに, いきなりその, いさぎよしとせずして, いとどランプ, いふの, いふ滿月, いへり, うべく中, うるという, うる時, えざるなり, えざるの, えざるを, えたらん, えた程, えない事情, えむ, える類, お代が, お專, お縫, お蔦の, お許し下さい, かねてかの, げに聖者, この上, さとれりや, さは, せめての, そのつとめ, その前, つねと, ながめたり, ねがは, のみ神, はばからざるところ, ほとんど忘れん, またず, まったく心得ぬ, まぬがれぬ, まぬがれぬであろう, みきと, み遂に, もつて, やで, やめ一, ようやくこらえ, よろしと, りから, りなり, わずかに, アキリュウス, コック・シュア妻に, フアビアニは, 一字に, 三郎は, 下し視て, 不吉と, 主と, 主人は, 主旨と, 乃ち真宴と, 九郎右衞門飛懸り, 乞ふ, 事をも, 云う, 人皆, 令し, 以って, 以つて多くの, 以爲へ, 休まず, 伴左衞門は, 何でもい, 何と, 何事ぞと, 余儀なからしめられる, 余念なく, 例の, 便と, 保証す, 俟ち, 信ずるもの, 信ぜざるもの, 信ぜしむれば, 俥の, 先務と, 免かれざりしなるべし, 免かれぬ, 免れず, 免れず羽女天女, 免れぬで, 免れぬもの, 免れ得なかったが, 公許し, 六郎兵衞は, 其本分と, 利と, 前提する, 力なく, 力むべく苟くも卑野, 力めねば, 勗め苟くも隙あれ, 務め先儒, 医師は, 十余人が, 危んで, 厭いたるは, 右手にて, 名づけて, 名と, 向いの, 否むもの, 味い, 咎る, 唯継, 問わず右, 喜ばず文字, 喜びず強, 喜ぶ也, 喜んだ, 喜介は, 嘉ぶ, 国民的思想と, 堅く無用, 境に, 外す, 大岡殿見られ, 大岡殿默止汝には, 女あきれ, 女は, 女房が, 好まざるまでも, 好まずさりとて, 好まず彼, 好まぬか, 好まぬ傾向, 好み勇んで, 好むと, 好むもの, 如何せん試, 妨げる自分, 妻は, 姑は, 嫌うもの, 嬉く, 察しその, 寺院の, 屑よし, 岡村堅く, 左様遠慮, 平気にて, 幽霊と, 引き止め, 引捕へ, 強ても, 彼の, 彼是と, 待たでかた, 待たない, 待ちかま, 待ち博士, 待ち良心, 待った, 待つまで, 待てといへりおん身, 待て居る際, 得ざりき, 得ざりしか, 得ざりし力落し, 得ざるにより, 得ざるは, 得ざる人格, 得ざる俺, 得ざる孤獨, 得ざる自分, 得しめるであろう, 得しもの, 得す故に, 得ずして, 得ずとて, 得ず一夫多妻, 得ず又, 得ず彼, 得ず思わず, 得ず攻城野戦凡そ八箇月, 得ず敢, 得せしむる, 得せしめざりしは, 得せしめざること, 得せしめたなら私, 得せしめて, 得せしめるため, 得せしめ国家, 得その, 得たと, 得たもの, 得たりと, 得たるもの, 得たる国民, 得た以前, 得ないが, 得ないもの, 得なかつた, 得なかつたので, 得なり善鬼悪鬼美鬼, 得ぬ一つ, 得は, 得べ, 得べからざるもの, 得べきが, 得べきもの, 得べくもって, 得べく少く, 得べく此, 得べく被害者, 得べしトンチ, 得べし扨, 得ましたの, 得るであろう私, 得ると, 得るとは, 得るのみ, 得るをもって, 得る事物, 得る場合, 得る樣, 得る譯, 得れども, 得ん耶, 得他, 得初めて, 得心せず, 得沈紋, 得物貨, 得男, 得蛇ため, 徴するもの, 心着きし, 忌まなかったから, 忌む, 忌むにいたれり, 忌む自尊自大, 忘れざるなり, 忘れなかった, 忘れなかった学者, 念じ怠らず, 忽ちに警固, 思うて, 思ふべし, 思へば, 怠らなかった, 怪しみたるのみ, 怪み, 恐れざりき, 恥じ隠し外祖父, 恥ず, 恨む勿, 悟れり, 悦ぶ, 悪むこ, 悲しむ, 悲む左に, 惜ま, 愛し七巾, 感じ治療法, 慌てて, 慣例として, 慮りたるなり, 憂る, 憚らず, 憚りません, 憚り自ら求め, 憶えたの, 我も, 扨も, 押留め尻目に, 拒み給, 拒絶せり, 控えるであろう, 支ふ, 政府の, 敏いろ, 斥候する, 明瞭に, 暗示し, 會徳等が, 望みたる武男, 望み而, 望むは, 期す, 期待しなけれ, 本意と, 李は, 松島忽如猿臂を, 果敢な, 梓行と, 楽しみと, 楽しむ為, 楽み, 横から, 欲しない, 欲しなかった二葉亭, 欲せざら, 欲せぬであろう, 止めたまわんこと, 殺した報い, 気の毒がり, 求むれば, 浪子は, 減ずるを, 漏聞く毎, 潔しと, 為さずして, 無理に, 爾ぢ, 特徴と, 猜み, 玉虫は, 理左衞門は, 甚た, 生氣, 留めるは, 番人たっ, 番頭押止め今日は, 疊かけ, 疑いて, 発見す, 発見せる, 發見し, 目撃せり, 目科は, 看て, 看取すべし, 睥睨する, 知って, 知らざるのみ, 知らしめその, 知らず猶, 知りまた, 知り其の, 知り得たれば, 知り鶴, 知るさりながら, 知るのみ, 知るべし, 知るもの, 知る然, 知れば, 示した, 示して, 示す, 礼と, 神秘と, 禁じて, 禁じ宗教書類, 禁じ築城, 禁ずるに, 禁ずる能わず, 禁ぜざら, 福を, 窺いあるいは, 竜心と, 第一, 糸子かるく, 約す, 綾子は, 置き代え, 羨み兄, 老生すかさず, 聞いたならば, 聞かざるなり, 聞きその, 聞き此, 聞き軍, 聞くとき, 聞くとも, 聞くも, 聞けりしかれども, 聞捨て閾を, 聴き痛憤, 聴く, 肯じ, 能はず故を以て, 致せるが, 苦々しげ, 薄色魚子の, 虫焼きと, 蝮塚と, 要しその, 要しなかったという, 要すべし, 要するが, 要すると, 要するところ, 要するの, 要する人口, 要する心, 要す夫, 要せざる, 要せざるなり, 要せざれども, 要せずという, 要せむ, 要件として, 見, 見かけ慌てて, 見き彼機, 見しこと, 見し時, 見ず劇場, 見たる貫一, 見つこれ, 見て取った様子, 見ば, 見また, 見るとき, 見るや, 見るより, 見る余, 見る少, 見る時, 見仔細, 見出すべし, 見受けたりき, 見大阪, 見掛けし外, 見澄ましファッツ徐々, 見異, 見聞し, 見送りも, 視て, 覚えし文鳥, 覚えた, 覚え知識的興味, 覚ゆしかも, 観て, 觀察し, 言つた, 言ふ, 許さざりき, 許さざるなり, 許さざる建前, 許さず又, 許さず水軍, 許さないといふ, 許さぬ, 許さる, 許されて, 許されない, 許されませんが, 許されるの, 許せりこの, 評したる語, 詩人の, 認めざるに, 認めず, 認め得たり, 説くは, 説く斯, 論ず, 諷するに, 諸王宥め止む, 譏ったの, 豪いよう, 貞たり, 貫一は, 賀した, 賜はら, 越前守大音上次右衞門三五郎暫待と, 越前守殿大音揚汝れ, 躊躇し, 辞さない, 辞せざりしパピニアーヌス, 辭せざる, 迷信と, 逃がしも, 造化は, 遏めたるが, 遮りつ, 遮りて, 邪魔だ, 量り雪, 防ぐが, 陋なりと, 随一と, 難しと, 難ずるもの, 雨月は, 非難せり, 須いむ, 須た, 須ゐず, 願へる, 首を, 高田と, 高田は, 鳴く

▼ する必要~ (1738, 0.5%)

383 がある 261 はない 84 もない 76 がない 63 があった 31 はなかっ 26 のない, はあるまい 25 があります, はありません 23 もなく 22 は少し 21 のある 15 がどこ 14 があり, があるだろう, は無い, もなかっ 13 があつ 12 があろう, はある, もあるまい, を感じた 10 がなかっ 9 を認めない 8 があっ 7 があらう, が出, に迫られ, はなかろう, はなく 6 にせまられ, もなかつた, を感ずる 5 あり, がなかつた, が生じ, が生じた, に迫られる, はなかつた, もある, もなかろう, も無い, を生じた 4 があるであろう, が無い, が起っ, が起る, に迫られた, はありますまい, は更に, を感じ, を感じない, を有

3 [15件] があるでしょう, があれ, がなく, にせまられる, はありませぬ, はないでしょう, は殆ど, は絶対, もあった, もなし, も感じなかった, を感じる, を見ない, を認め, を認める

2 [46件] ありと, があったであろう, があったら, がありません, があるだらう, があるまい, がこの, がなくなった, がなくなり, が何処, が出来, が有る, が生ずる, が起つ, が起り, ぐらいは起こっ, と機會, なし, に逢着, に逼, の無い, はちっとも, はないだらう, はないだろう, はなおさら, はなくなった, はなくなりました, はなくなる, はまったく, はもう既に, はもちろん, は何処, は全然, は毫も, は無, もあつ, もありません, もなき, もなくなった, もなくなる, もなけれ, を切実, を力説, を生じ, を認めなかった, を認めません

1 [233件] ありしか, ありそして, ありとして, ありますまいいうて, あるかと, あるもの, からかと思う, からし, からである, からの便宜手段, からラジオ, から出, から同, から彼, から復登山, から急い, から手加減, から押切っ, から拵, から来る, から次第に, から比較的, から特に, から男子, から百歩, から種々, から賃銀, から起つた, から音楽演奏, があったでしょう, があったろう, がありました, がありましょう, があるであらう, があるなら, があるらしい, がいかに, がおこる, がございましょう, がございます, がそこ, がなくなっ, がなくなります, がなくなる, がなぜ, がなんで, がはっきり, がまだ, がドコ, が事実, が何, が充分, が全く, が在る, が学習教育上, が感じられ, が毛頭, が無, が無かっ, が無くなっ, が無くなり, が特に, が犬殺し, が現在, が現実上, が益々, が示され, が自分, が起こっ, が起こった, が起った, が起らない, が起ろう, が迫っ, が選手自身, が非常, が頻々, さえある, さえもあった, さえ理解, だけはなかっ, と寛容, と抱負, と機会, と相, と義務, ないと, ないという, ないん, なきもの, なくいつ, なくなりましたる故, なく感じ, なしに, などがあります, などはない, などはなくなります, などめったに, なる態度, なん, なんて無い, な證明書類, について若い, について話され, につき, にはその後一度, にめざめ, によって召喚, に何, に依つ, に常々, に本, に発し, に立たされ, に迫らるる, のため, の点, の生じた, の起った, はあっ, はあった, はあなた, はありませんでした, はおれ, はございますまい, はございません, はすこし, はどこ, はな, はなから, はなかり, はなかろうで, はなき, はなくなっ, はねえ, はほとんど, はまだ, は一つ, は事実, は云う, は些, は今, は他, は例えば, は充分, は全く, は場合, は始め, は学術上, は実に, は客観的, は感じません, は暫く, は有りません, は毛頭ない, は毛頭なく, は無かっ, は無くなりました, は無くなる, は無くなるで, は無論, は神経, は粗, は認め, は認めない, は起こらなかった, もあったろう, もありましたろう, もありますまい, もありませぬ, もあろう, もございますまい, もな, もないだろう, もなくあつ, もなくなり, もなくなるだろう, もやはり, もよく, も二人, も余地, も加はり容易, も必然性, も感じ, も感じない, も感じなくなるだろう, も感じました, も手, も有りますまい, も有るまい, も無, も生じなけれ, も薄らい, も認めない, も認めまい, も警戒, も起るであろう, も輕蔑, より典謨, をお, をその, をみる, をも感ぜぬ, をも考えない, を主張, を彼, を意味, を感じてた, を感じなく, を感じなくなるであらう, を感ずるであらう, を感ぜられた, を持たない, を最も, を深く, を減少, を生ずる, を生む, を痛感, を科学上, を見た, を見ぬ, を視ない, を覚えた, を認めず, を認めた, を認めなくなった, を認めぬ, を認め出した, を認め得なかった, 欠くべからざる要員, 無之候, 起こる

▼ するほど~ (1640, 0.5%)

18 だった 17 では 11 でも 10 であった, である 7 私は 6 いやな, であつ 5 でした, です, ならば, 彼の, 彼は

4 [13件] あって, それが, だ, だから, りっぱな, 大きなもの, 大きな声, 嬉しかった, 気が, 男子の, 立派な, 腹が, 見て

3 [15件] それは, だつた, であったが, なり, 余計に, 危険な, 厭だ, 厭であった, 彼女の, 怖ろ, 惚れて, 美しい, 自分を, 興奮し, 金を

2 [84件] あたしは, あたりが, ある, いやだ, うれしくなっ, きかされて, これに, これは, さびしく見られる, その動揺, それを, だつたが, ですから, な者, はっきりと, びっくりした, ふるわせて, みれんな, よけいに, 不安に, 人間が, 伸子は, 作者の, 偉くないです, 偉大な, 冷たかった, 凄味が, 初心な, 利己的な, 厭だった, 厭な, 可愛く笑い, 咢堂的な, 困難な, 変って, 大きい帆, 大きくな, 大きくなっ, 大きな提灯, 大きな笑い声, 大声で, 夫人は, 嫌いな, 嫌な, 嬉しく別府通い, 小さくなっ, 小さな律義者, 強くなる, 彼女が, 心の, 心を, 悪いこと, 愈鮮明, 文化は, 気味の, 気持が, 浪費する, 深刻な, 混雑し, 犬は, 痩せて, 白かった, 相手は, 眼も, 私の, 空腹を, 簡単な, 素直なひびき, 綺麗な, 美い, 美しいお, 美しかった, 美しくなる, 美しく感じ, 腹を, 自分の, 蒼かった, 身に, 通った高い, 酔って, 重大な, 風に, 馬鹿, 馬鹿な

1 [1265件 抜粋] あざやかに, あなたは, あの貧乏徳利, あらあ, あれらの滑稽, いい声, いかにフランス語, いっそうそうなる, いっぱいにつまっ, いまだ熟し, いやだつた, いやらしかった, いよいよお前, いよいよ彼, いよいよ深く, いらだたせられて, うちょうてんになり今の, うまいの, うれしくなった, おしろいを, おそろしい顔, おそろしさ, おったもの, おれは, お念仏, かえってねじけ, かえって眼, かえって長く, かなしく苦しくて, かわって, きたならしくやぶれ, きわめて拙劣, くるしくなります, ぐうぐういう, ここに, こっちが, こつちは, この趣, こみあげて, こわくて, さうし, さんざんに, しずかだった, しばらくは, しゅうねんぶかくくいさがっ, じりじりと, すぐ近く, すばらしいお, すんだ頭, そこに, そのおもい, その人待石, その価格, その光輝, その原稿, その基, その思慮, その時, その瞬間, その系統, その腕, その連続音, その髪の毛, それだけ己, それに, それほどたまらなく, たいした生きもの, たくさんな, たくさんの, たくわえて, たまらない, だが, だんだんなにもかもはっきりと, だ訪問早々, つかへつかへ, ていねいに, であるし, でさ, でしかも, でっかいまっか, でスープ, で我國, で涙, とかく敬遠, どうも己惚れ, どことなくそんな, ないん, なぐられたよう, なにかと, なので, なもん, なら女房, なりきしかして, な人々, な力, な大, な婦, な戦後人気, な活力, な胆, な麗容, のびやかな, はかりを, ひしめき合, ひっつるよう, ひどい戯言, ひどく参らされる, ふざけたがるもん, まことし, ますます了解, ますます多量, ますます滑稽, ますます考えざる, まだ墮落, まぶしいの, むつかしくなる, めちゃめちゃに, もう一度乗っ, ものすごい早さ, やがて来るべき, やすい, やり場の, よくとおる, よく中る, よく出来た, よく拭き込ん, よく肥やした, よく自制, よろこんで, わけも, わるくなる, アマーリアは, イヤな, キザな, ジャピイを, セエラは, タオルで, ナイーヴでは, ハッキリと, ベートーヴェンに, モスク, ロマンチックな, 一人前に, 一念を, 一般に, 万一の, 三野村の, 上野介は, 下っては, 不健康, 不幸な, 不快な, 不自然に, 不都合な, 世故に, 主人声で, 二十四時間を, 云うの, 人々の, 人に, 人柄な, 人目を, 人間の, 今年は, 他人から, 会話が, 似たもの, 何度も, 余裕が, 俺の, 借金を, 健ちやんの, 僕は, 元気な, 充分に, 先生は, 八の, 其處を, 冴えた顔, 冷えきって, 冷たいすべすべ, 冷たい氷, 冷たく凝り固まっ, 冷静な, 凄艶, 切れ長の, 力が, 力を, 効果が, 勇気が, 勝美夫人を, 勿論私, 卑屈で, 単純でも, 危險な, 却って運命ッ, 原田甲斐という, 厭で, 厭わしいらしい, 又四郎は, 反響は, 古い太い柱, 古代紫の, 叫んで, 叱りとばされたこと, 吉野村は, 君も, 呆気に, 味が, 呼びだして, 唯物主義的に, 善い人間, 喜びました, 噂の, 四郎さんも, 地べたばかりかい, 執念深いところ, 堪へられない, 増築の, 売れるという, 多く食おう, 多岐に, 大きいもの, 大きくなりました, 大きく裂け, 大きく見た, 大きな何, 大きな姿, 大きな眼, 大きな足音, 大きな青空, 大ぜ, 大写しに, 大袈裟な, 太いしゃがれた, 失敗する, 奇妙な, 奮戦し, 女の, 女子供まで, 好いこと, 好きだ, 姿も, 嫌だった, 嬉しくて, 嬉しそう, 子供には, 室の, 容易な, 寒いので, 寛大で, 寝ぐるしかった, 尊敬も, 小さくなる, 少時は, 尻尾を, 巨大な, 幅狭く, 平穩, 幼稚で, 広々と, 座敷の, 弱い女, 強い芳香, 強く格子, 彼から, 彼女と, 彼女への, 待ちに, 心炎は, 必死に, 快活に, 忽ち空一面, 怖毛, 思いつめて, 思想が, 恐いの, 恐らく局限, 恐れて, 恐ろしい真暗, 恐ろしかった, 恐ろしく白い, 恐怖を, 恥ずかしかった, 患いましたもん, 悪がしこくない, 悪人が, 悲しみは, 惨酷, 愉快に, 意地悪な, 愕いた, 愚に, 愛すという, 感じさせられながら, 態度や, 憤りを, 懇意に, 我々の, 我利我利でありたい, 戸板の, 手を, 扱われて, 拜まし, 持ちあつかっては, 持つてるン, 損な, 教えなかったが, 敵を, 斬れ味, 斯う, 新九郎の, 日本の, 早く大きくなられます, 早熟な, 明快に, 時代の, 暑気が, 暖まった部屋, 暗かった, 暴れわめいて, 木材が, 杭に, 東洋豪傑風の, 案外の, 楽み, 正体を, 正確な, 死にもの狂い, 殴ぐったんだ, 母親の, 気に, 気分化し, 気味が悪くなります, 気楽でない, 水を, 水辺を, 汚らしい人生, 沢瀉とかん, 治癒が, 注意深いもの, 派手な, 涙を, 淋しくなった, 深い仲, 深刻であるでしょう, 減って, 温度の, 満を, 溜るわけ, 演劇は, 潮來は, 激しい怒り, 激烈な, 火事に, 炎の, 無感情, 無慙な, 無知に, 無邪気でも, 熱いという, 熱い出來立て, 爽か, 牛頭馬頭の, 物質的には, 独りで, 率直な, 現実を, 甘たるく, 画壇に, 畳込んであります, 疲れたとき, 病人に, 痛みますが, 痛快に, 白い歯, 皮肉を, 益々喉元, 益々流, 益々私, 益々零細, 目立った外見上, 盲目な, 眞に, 真打たりたい, 真白に, 真顔, 眩しかつ, 眼に, 瞠って, 矜持を, 知りたいの, 砂を, 確かに, 社会の, 神を, 秀子が, 私に, 空恐ろしい寂莫, 窮境に, 笑つてゐる, 精巧な, 純真であり, 細かい所, 結果は, 絶望し, 綺麗だ, 綺麗には, 緊張し, 縦横な, 繁昌し, 美くしい, 美しいのに, 美しい方, 美しく思われた, 美味しさ, 美麗しきを, 聞き飽きた言葉, 肥つた女が, 胃が, 胸が, 腹の, 膨れ上って, 自分一人が, 臭いの, 興味の, 色っぽいところ, 色つ, 花子夫人は, 若がえった口調, 苦しいらしい, 苦しくなっ, 荒っぽい子ども, 荒れて, 落ちぶれちゃあ, 蒼ざめた殺された, 薄命な, 衝動的に, 衰弱し, 西洋の, 見せて, 見張って, 親しくなった, 言葉少なに, 話しぶりが, 読んで, 豊富な, 買い手が, 質の, 赤青黄紫白いろいろに, 足に, 身の毛立っ, 身持ちは, 軽はずみな, 近々と聞えます, 近くその, 近く聽えました, 近間で, 退屈に, 通俗的な, 逼って, 道徳的で, 邪見な, 部屋の, 重かつ, 重ねて, 野暮な, 針金の, 鈴の, 鋭敏な, 長い間, 長く待たされた, 間違って, 降りつもるが, 陽に, 雄大です, 雑踏し, 震えて, 青褪めた, 静です, 非凡でも, 面倒な, 面白いわけ, 音楽としての, 頭から, 頭も, 頻発しないなら, 額髪の, 食べて, 飲むが, 馬鹿で, 駈け捲くした, 騰貴する, 驚いたこと, 驚かされました, 驚きました, 高いの, 高かった, 高値に, 黒い色

▼ する~ (1473, 0.5%)

101 になった 71 はない 46 か, だ 37 になっ 32 になる 27 になれなかった 26 なの, にはなれなかった 25 なん 24 になれない, にはなれない 17 にもなれなかった 15 にもなれない, はなかっ 14 もなく 13 だろう 12 でいる, にならない 11 だな 10 がある, がない, がなかっ, になつ, にもならない, もない 9 じゃ, にもなれず 8 でも, になり, になりました 7 かな, です, は無い, もなかっ 6 があれ, だね, でいた, にならず, にはなれません, にもならなかった, はありません, はなく

5 [13件] かい, がなく, だろうと, では, にならなかった, になれ, になれなかつた, にはなれませんでした, に成った, のない, は毛頭, は起らなかった, も起らず

4 [13件] かえ, かね, でしょう, になったらしい, になつて, になりません, になるだろう, にはどうしても, にはならなかった, にもならず, はなかつた, は微塵, も起らなかった

3 [28件] かも知れない, があった, がした, がなくなっ, がなくなった, だったの, だったん, だと, であろう, でゐる, で居る, で来た, で東京, ならば, になつたの, にならなかつた, になられた, になれず, にはとても, にはならない, にはなれず, にはなれぬ, には少し, にもなる, は毛頭ない, もなかつた, も起らなかつた, 遣は

2 [50件] かしらん, かっ, かよ, があっ, があったら, がし, がしなかった, じゃな, だった, だつたの, だよ, だろうか, であった, であつ, であろうか, でいるらしい, でおる, ですか, でないので, で呼んだの, と見える, ならそれ, なんだい, になったらしく, になったろう, になれぬ, になれる, になれん, にはならぬ, にはなりません, にはなりませんでした, にはなれなかったであろう, にはなれなかつた, にはむろん, にもなっ, にもなった, にもなれません, にもなれませんでした, にも成れなかった, のいい, はねえ, はみじん, は少し, は毛頭なかっ, は毫も, もあるまい, もしない, もしなけれ, も無い, も起らない

1 [400件] あるの, おくれが, かい僕, かおと, かこん畜生, かしら, かしらんと思っ, かじっと, かそれとも, かと, かという何時も, かといふ話, かと不思議, かと云っ, かと云わぬ, かと問いかえす, かと恐れ, かと袋叩き, かなあ, かなんかで, かねと云ったら, かの, かも知れません, かよええお, から余計, かッ, かネ, か五銭, か亭主, か他, か何, か其, か切っ, か君, か彼人, か死相, か知らない, か知れねえ, か知れません, か舌, か見当, か騒い, があります, がありません, があるなら, がいたしませぬ, がおこらない, がしない, がしないです, がしれず, がだらし, がてん, がどうしても, がなくなっちまった, がなくなり, がなくなります, がなくなる, が全然, が出, が出なかった, が動き, が無い, が無かっ, が知れない, が知れやしない, が確か, が老来いよいよ, が致します, が起き, が起らず, が起らなかつた, が足り, が顕, が鬱ぐ, さ, さえ失わせる, さえ起きなかった, さえ起りました, じゃあねえ, じゃけっして, じゃござんせんでした, じゃとよく, じゃなかった, じゃろ, ぞ, ぞ火事, だえ, だから, だが, だけれど, だこん畜生, だその, だったか, だったかも, だったよう, だったらしいが, だったら先ず, だったろうと, だって, だつたら, だどう, だなっ, だなと, だねえ, だらう, だろうあさはかな, だろうが, だろうそんな, だろうという, だろうな, だろうなあ, だろう姉御, だわ, だプリンス, であったか, であったが, であって, である, であること, であるならば, であるまだ, であろうこの, でいたんだ, でいった, でいやがった, でお, でかかりました, でこう, でこっそり, でこの, でこれ, でご, でござろうかの, でした, でしたが, でしたん, でしょうね, ですかい, ですね, でそこ, でその, でないなら, でない事, でなく心, でなければ, でまいった, でやった, でゐたら, でゐら, でウロウロ, でワイワイ, で一狂言おれ, で九十郎, で九州, で云っ, で云った, で人情, で出, で出かけ, で嘘, で婆さん, で少し, で居ました, で引きこもっ, で思う所, で息, で我, で戯け半分, で持っ, で持つて, で書初め, で松一本, で殺さない, で河野さん, で泊まりやす, で泣き, で物, で狭間, で留守, で療養所, で砂, で立った, で笹, で縁側づたひに書院, で考え考え, で自分, で落ちつい, で見る, で誰, で諸方, で近郷, で飼った, と, とでうっかり, と彦七, と見え, ないかしら, なし, なぞが起こる, なぞない, なぞは更に, なぞもう, などはありません, などはない, などは毛頭, などは毛頭ない, など起らなかった, なのよ, なら, ならあの, ならいつ, ならこん夜ここ, ならさっさと, ならと, ならどこ, ならなに, ならびくびく, ならむろん, ならわたし, なら俺, なら却って, なら却つて, なら命令, なら喜んで, なら教師, なら最初, なら此処, なら母親, なら津田, なら社会部長, なら見殺し, なんかない, なんかなくなった, なんかはなくなる, なんか少し, なんだか分らなかった, なン, におなり, にさえならないであろう, にさえならなかった, にさえなりませんでした, にさえなれ, にさえなれなかった, になったら, になどなれない, になら, にならなけれ, にならぬ, になられたら, になられない, にならん, になりましたろう, になります, になりませんでした, になりゃ, になり殺した, になり立ち寄っ, になり過ぎる, になるであろう, になれず寝, になれなかったでしょう, になれなく, になれなくなっ, になれぬらしかった, になれねえ, になれません, になれませんでした, になれよう, になん, にはどうも, にはならないであろう, にはならないでしょう, にはならなかったであろう, にはならなかつた, にはならなくなる, にはなれ, にはなれないだろう, にはなれなかったろう, にはなれなくなっちゃった, にはなれん, にはまったく, にはもう, には不思議, には今, には何, には元, には全く, には成れませんでした, には成得なかった, には毛頭, にまだ, にまで進ん, にもならず打ち捨て, にもならないだろう, にもならなかつた, にもならぬ, にもならね, にもなりました, にもなりません, にもなるだろう, にもなれないらしかった, にもなれなかったであろう, にもなれなかつた, に入り, に御身自身, に成つたの, に成つて絵の具弄, に成る, に支配, に段々, に違い, のきわめて, のこと, のしない, のなかっ, のよい, の利いた, の対馬守, の張らない, の速い, はありませんでした, はある, はこっち, はございません, はさらさら, はさらに, はどうして, はないだろう, はないでしょう, はないです, はなかったろう, はなかつたらう, はなくなった, はなし, ははじめ, はひ, はまるっきり, はまるでなかったの, はわかる, はテン, は何, は全然, は急, は持たず, は更々, は最初, は有り, は此方, は決して, は沁, は起こりません, は起りよう, ばかり募った, まづさ, もあった, もあったでしょう, もありませぬ, もありません, もさらに, もしません, もする, もせず振り向いた, もなくなっ, もなくなり, もなくなりました, もなし, ももとより, も出なからう, も出なくなりました, も失せ, も失せる, も私, も致しませぬ, も致しません, も起こらなかった, も起っ, も起らなくなったらしく, も起りませんでした, やお前等呑気そう, や夜, よもう, らしい, らしいで, をなく, をもっ, を付けろ, を呼吸, を皆, を籠め, を起こしません, を起させない, を起しました, 忙しいよう, 殺, 遣が, 遣の, 遣ひの, 遣ひは, 障な, 頓になくなる

▼ する~ (1350, 0.4%)

8 自然の 6 余が, 是れ

5 [11件] これを, 何の, 則ち, 固より, 当然の, 必しも, 愚の, 樂なり, 災の, 誰ぞ, 非なり

4 人を, 何ぞや, 余の, 大なる, 容易なり, 實に, 必らずしも

3 [12件] その国, 人の, 勿論である, 手の, 無意味である, 熊のみ, 當然である, 私の, 罰あたりで無き, 自分の, 誤れり, 金持の

2 [100件] あにまた, あまりの, いよ, けだし当然の, この城, この時, これが, ただに, よいが, われらの, 不可能と, 不都合である, 世の, 主観中の, 之れ, 之を, 予等の, 亦怪む可, 人生の, 人間の, 伊藤侯に, 何を, 侯の, 全く偶然, 全然不可能, 其の甚だ, 前にも, 勿論無病, 単冊, 即ち蘭学事始, 古今の, 周易に, 和漢古今の, 啻に閣下, 單に, 国家を, 國家を, 大の, 大丈夫の, 大人の, 天下に, 妻たる者の, 宗教の, 宜しからず, 容易でない, 当らず, 彼れ, 彼等の, 必ずしも幻惑, 必然なり, 必然の, 思慮ある, 怪しむに, 恐らくは智, 愚かなり, 愚な, 所謂文人の, 政府の, 政治家の, 敢て, 明らかに, 是を以て, 是又, 更に最も必要, 最大なる, 本編に, 根本的謬見なり, 止むを, 歴史の, 毎年の, 水を, 汝らの, 無理な, 無用の, 無論の, 男子の, 疑ひも, 病人ばかり, 白玉の, 目に, 石を, 確かに, 空しき櫃, 總ての, 自己を, 至当なり, 落花を, 衆議院の, 詩人の, 詩興四分の三を, 誠に気, 誰も, 談決して, 談豈, 豈に, 軽蔑すべき, 遣るかた, 難し, 難中の, 頗る解す

1 [1011件 抜粋] あえて論, あたかも自分, あまねく人, あり得る事, いいが, いかなる旅, いかん, いずれの, いたずらに, いとおしい, いやである, いわゆる哲学的, いわれの, おもしろや, おろかな, かえって失礼, からいであります, かれ人, けだしわが輩士官次室, こうする, このゆえ, この哲学者, この好機, この議場, これあに, これも, これ即ち, これ明らかに, これ神を, これ自然の, さきに, したけれど, すなわち原語, そなた, その一致, その僻論, その名, その国法律家, その廣, その聖賢, その親たる者, そもそも何, そもまた, ただこの, ただひとつ伴流, ただ主人, ただ酒色, づはありませんでした, とくに選者, とても実際に, なお今日徴兵, なお駱駝, なんとなく夢, なんらの, はたしてその, はなはだ無理, ひとり政府の, ほとんどこの, ほとんど破格, まことに人生, まことに気, また一種, また難き, まだな, みずから資本の, みな同じ, むかし元禄時代の, むしろ当然の, めでたいこと, もちろんに, もとより, もとより人たる者, もとより厭うべし, もとより易き, もと同, もと政府, やすは, やはり同じ, よいとか, よき縁, よしと, よしや十兵衞心, わがまま者の, わけの, イロハも, キリスト教で, コロボックルの, ッ盗まれた, ルーテルが, 一に, 一切の, 一半は, 一大奇観たり, 一寸下に, 一尺底に, 一挙手の, 一方において, 一種の, 一致の, 一見極めて勇ましく, 一魔教の, 万葉時代交通路の, 上に, 上流社会の, 下女の, 不利だ, 不動明王を, 不可能の, 不合理なり, 不安の, 不必要, 不都合なり, 世界共通の, 中村屋として, 主として植物, 之を以て, 予に, 事に, 事物の, 二葉亭四迷の, 些小面倒の, 亢る, 人なだれで, 人性の, 人情の, 人意を以て, 人為の, 人間に, 仁君とも, 仁術を, 今日が, 今日開拓の, 他で, 代議政体に, 以て, 伊豫なる, 何ぞ, 何は, 何事である, 何故であろう, 何方が, 何等か, 余に, 余りに薄弱, 余り善い, 余儀なきこと, 依田窪長瀬丸子などの, 俗に, 俗眼だ, 信徒自身その, 個人能力の, 偶然に, 傲慢頑愚の, 僕なる, 元より, 先づ当らず, 免るべからず, 全くこの, 全く法律上, 六かしい, 其人の, 其凡手なる, 其小家數たる, 其心素より, 其無偏無, 其見當違ひなる, 内閣諸君の, 写して, 分家が, 刑法の, 別段なれ, 到底為すべからざる, 前に, 創持つ, 労して, 勢いの, 勿体なしとて, 勿論お, 勿論なれ, 勿論先, 勿論日本国中, 勿論神, 十の, 十二章である, 半ば仕立てたる, 単なるうぬぼれ, 単に無意味, 危険で, 即ち其集合點, 即ち国家, 却て, 受合いだ, 口惜しかろしかも, 古今其例に, 古来哲士, 只三杯だ, 可愛そう, 司政者が, 同じ二階, 同姓婚と, 君に, 否なりと, 吾ら好事家に, 吾人其の, 哲学ならびに, 唯奴隷, 商業界のみ, 善し, 善し己, 喬木より, 国家の, 國粹保存の, 地方大不, 地殻岩石の, 士の, 壬生猿, 外務の, 外部に, 多くの, 大いに尊敬, 大いに誤る, 大に, 大人しからず, 大塚を, 大間違い, 天の, 天帝に対し, 天意に, 天道の, 夫妻の, 失望者の, 女の, 奴隷の, 好手段中, 如何との, 如何にも心外, 妙だ, 娼妓に, 嫌です, 子爵家の, 孝のみ, 孝道かと, 学問の, 安寧秩序を, 宗教を, 宜なれ, 実に偶然, 実に当時民選議院論建白, 実に此岩, 実に迂闊, 実際世界, 容易いが, 容易なる, 密かにも, 寧ろ當然, 寸時の, 射利を, 尋常一様の, 少しく片腹痛き, 尚ほ忍ぶ, 山の上の, 工部に, 已むこ, 帝室が, 常に, 常に北半球, 幕府の, 幾分蝙蝠, 廟算の, 弓矢剣槍を以て, 強ち, 当りませぬ大乗, 当前, 当時既に, 当然です, 当然豈荊州, 影の, 彼國の, 後なる, 徒に奇, 御苦労なれ, 徳義上不正である, 心に, 心得違いな, 心部よりの, 心默想に, 必ずしも火, 必ずやむをえざる, 必らず, 必定であります, 必要の, 忍べるの, 忠に, 急進家なり, 怪しからぬ, 怪しまぬが, 恐らく傍人, 恐れますれど, 恕す, 恰も帝室, 悪い, 情ねえ, 惡を, 意識の, 愚なり, 感謝又は, 憚るべき, 成文神話の, 我が心, 我が輩, 我の, 我微, 我邦の, 或は其当, 所謂, 所謂木に, 手前ばかりぞよ, 抑も, 掌を, 支那文人の, 政宗の, 政治的には, 教育の, 敵と, 文士の, 文学の, 文學史を, 既に偏聴, 日本が, 日本國訪問に, 早晩避くべ, 易く道徳, 易しいです, 星亨の, 是また, 是非とも, 晝夜の, 智慧逞しき, 更にも, 書巻の, 最近の, 未だし, 本編の, 果して啻に自己, 植物に, 極めてデリケート, 極めて浅薄, 極めて道理, 概して捕鯨船, 歌非, 正しきに, 正当の, 此の, 此世界の, 此地に, 此故に, 此範囲の, 武門の, 殆ん, 毎日の, 気力乏しき, 氣の, 汝が, 決して斯様, 決して穿ち得た, 沈静不動なる, 沙汰の, 洋学家の, 澁團扇の, 無く職, 無恥なる, 無知な, 焦土に, 物を, 独りお, 独り邯鄲の, 狼藉中の, 猶ほ, 王者に, 珍らし, 理窟を以て, 甚だしき偏見, 甚だ嘉し, 甚だ狭量, 甚だ誤, 甚だ面白から, 甚面白い, 申すまでも, 男女同症の, 畢竟当世, 畢竟無学, 畢竟習慣, 異宗旨, 當時の, 當然の, 疑いを, 疑ひな, 疑も, 病人に, 病者の, 白昼多人数の, 皆其の, 皆同, 目的と, 真に張り交ぜ, 真率において, 知れた事, 確乎たる, 礼を以て, 社員たる余の, 祝すべきに, 神を, 神話の, 神話学上恐らく, 私が, 科学を, 移住に, 空屋の, 第一歩である, 第二, 第二部, 策を, 米国全体の, 精細を, 細砕の, 結構なれ, 絶望なりと, 縱令その, 羅馬の, 美妙よりは, 習慣より, 老猫, 耶蘇教説その他例多し, 聖詔を, 職務に, 能く, 自ら欺く, 自分ながら, 自然であっ, 自然なり, 至難である, 航海通市の, 花咲き, 蓮仙なり, 薫陶より, 虎よりも, 蛇の, 蝶を, 衛生上より, 要するに右顧左眄, 見やすき道理, 見当違ひたる, 見苦しかろう, 親の, 言ふ, 言語に, 許すべからざること, 詩人, 認識である, 誤, 誤りであった, 誰なりや, 論なし, 論理の, 論議の, 謬れり, 譬えば車, 豈奇怪, 豈馬琴, 賊の, 質を, 趣味の, 身の程知らずふと, 軽薄である, 辞するところ, 迂陋, 迷いじゃ, 迷惑なれ, 道理なき, 適当と, 酒のみて, 酒飲みて, 醜の, 金持ちの, 長蟲, 閑人の, 閹人の, 關東の, 離れたる親, 難易を, 静な, 非常に, 非道の, 面白き一種, 韓非に, 須く, 頗妥ならず, 高きに, 鬼神の, 鰺

▼ するとき~ (1329, 0.4%)

33 はその 15 のよう 10 は必ず 8 がある, には必ず, のやう 7 にその, にはその, には自分 6 に, にこの, にはいつも, は, はこの 5 が来た, が来る, にはこの, はいつ 4 があります, がくる, になっ, に相手, のあの, のほか, は心, は決して

3 [23件] だった, でもかくれんぼ, にいつも, にこれ, にそれ, にはかならず, にはじめて, にはそれ, にはまるで, には自己, に彼, に彼女, に必ず, に私, のこと, はこれ, はたちまち, は宜しく, は甲, は知らず, は第, は自然, 或る

2 [86件] あること, かない, かの偽善者, があるでしょう, この道得おの, その水, その類, たしかに私, だ, である, でもいっしょ, と雖, などでよく, にこういう, にそういう, にでも言葉, にはいつ, にはこと, にはすべて, にはほとんど, にはまず, にはまた, にはもう, にはよく, には下, には大抵, には常に, には彼女, には或, には犬, には私, には立派, には茶器, には誰, にばかり俺, にも過ち得る, にゆき, に中間, に今日, に最も, に来, に用いた, に限り, の, の一般, の気持, はあるいは, はお, はおのずから, はかならず, はここ, はこんな, はただ, はどう, はなお, はなかっ, はまず, はまた, はわが, は一個, は両者, は保存, は全く, は別に, は動物, は勿論, は即ち, は各, は啻に, は富貴, は往々, は忽ち, は我, は決っ, は真に, は純粋, は頼みし, ほど革命, もある, も同じ, 同時にさがっ, 如何なる男, 始めて, 持って, 第一番, 鎖したる寺門

1 [903件 抜粋] ああいう, あの緑, あらゆる人, あるいは狐, あんな声, いかに急いだ, いつもその, いつも吃驚, いつも細川ガラシヤ, いつも順序, お君, お庄, かねえ, かの女たち, かれは, があった, があるだらう, がきたら, がこの, がない, が来ました, が来るであろう, が来れ, が遠から, こういう特長, こそそれ, この人, この固執, この旅行, この映画, さえも書物, しかして五十前後, しばらく憩, すでにこの, そう幾つ, そのところどころ, そのまえ, その代わり, その側, その先頭, その地方, その師匠, その時, その炎, その田端, その結婚, その語勢, その飛躍, そんな質問, たしかに井上, たぶんかよう, だけその, だけにしか使われなかった, だけ伍長, だとか, だの夜着物, つとそれ, つと私, であつ, であること, である野獣, でさえたいへん, でさえも心情, でさえ灼熱, でなくては, ではない, でもあり, でもおもしろから, でもどうも今にも, でも三人, でも入口, でも彼女, でも聴衆, でも頭, とつぜん鯨狼, とても他, とも考え, と変り, どうかする, どんな歌, どんな討論, ながい弁髪, なしと, などなく, などにでもふともし, などに第, などは身体, など他人, など将棋, など自分, なの, なのよ, なんか眼鏡, にあたっていろいろ, にいつ, においてのみ社会, においては佐幕的開国家, においては当時, においては腕力, にお父さん, にかぎつ, にかれ, にくる, にこうして, にこわれた, にしか才能, にしばらく, にそっと, にだけ突然, にでもと考え, にどこ, にどんなに, になりました, にのみ, にのみまこと, にのみ生物学的, にのみ真, には, にはあと, にはあの, にはいや, にはきまって, にはこういう, にはこんな, にはさすが, にはすこし, にはそれに, にはたちまち, にはたとい, にはどこ, にはなん, にはひとまず, にはほそく, にはみんな, にはもうこ, にはもつ, にはカント, にはデパート, には一度, には一日, には人さし指, には今, には他, には余, には供, には僕, には元気, には全く, には前もって, には召し, には外道哲学, には夫, には安心, には宗教, には少く, には屈強, には常にこう, には役, には彼, には後進, には必要以外, には恋人, には排斥, には放, には日ごろ, には本, には歯, には母, には気, には決断力, には牛, には直ちに, には科学, には窓, には純然, には若い, には蒙, には警官, には赤く, には過度, には青い, には驢馬, にひとり, にひとりでに, にふい, にほとんど, にまね, にもこの, にもやっぱり, にもやはり, にも使う, にも又, にも彼, にも気, にも筋一, にわざと, にドキドキ, に一度, に一羽, に不意, に中途, に人間, に仏, に使う, に例, に僅か, に先生, に原, に受ける, に塾, に増大, に大変, に好事者, に媒酌, に定食, に小林君, に少年たち, に当たり, に当り, に必要, に愛する如く愛せざるべし, に感ずるで, に手綱, に敵地, に於, に於い, に朝鮮, に横溢, に涼し, に満場, に火, に現われる, に甲斐, に発する, に眼, に着用, に第, に考慮, に船中, に蓑, に虻, に西洋蝋燭, に見せる, に論ずる, に貰った, に買物, に起る, に部屋, に随伴, に頬, に風, ね帰ったら, のい, のおのずから, のす, のつみ, のつら, のひそや, のまま, のわれわれ, の一番, の一種異様, の伯爵, の光彩, の初速, の原則, の圧迫的, の変化, の展望, の得意, の心がけ, の心ぐる, の心持, の方, の栞, の死ぬ, の気慨, の用意, の百姓姿, の看護人, の籐, の自分, の見物人, の調子, の赤子, の輝かしい, の道具, の顔, はあと, はかえって, はかの, はきまって, はけっして, はこっち, はさらに, はじめてその, はすこぶる, はすべて, はそこ, はそれ, はただちに, はな人並み, はふたたび, はぼく, はまだ幾分, はみずから, はむしろ, はむずかしい, はもっと, はよく, はわが子, はわるい, はわれわれ, はジエィン, は一々, は一人, は一種, は三本竹, は上, は不調和, は世界, は世間一般, は両個, は主人, は事, は二流三流, は人生, は仏教, は伝播説, は何樣, は作者, は信教自由, は僕, は億万, は兄弟, は先生自身, は公儀, は兵力, は其中, は内地, は列, は前者, は勝手, は十三代久衞門, は又, は古来伝, は同等, は和算, は商売, は善悪, は四千年, は堅実, は増大, は夜, は大, は大体次, は天地, は天罰覿面, は如何, は始め, は宇宙, は宗久, は定, は家, は寸毫, は左, は希臘神話, は常に, は平次, は年月日時, は幾多, は当人, は後進国, は得てして, は御馳走, は必ず大いに, は必らずし, は思い, は悪因悪果, は情, は意力, は憂悶, は戰, は所謂人間, は政法上, は敵, は斯, は明白, は朝, は果皮, は概ね, は此説, は毫も, は決断力, は注意, は流れ, は溯, は父, は玄関, は産出者, は甲種, は男子, は略左表, は痛み, は白紙, は直に, は矛盾, は社会, は種々, は筆, は等しく, は細か, は総, は耳, は船, は船中, は葡萄, は見えなく, は記者自身大, は諾威国, は質, は起こし, は軍艦, は造物主, は里恵, は野蛮無為, は鍛冶屋神, は隠居殺し, は須, は香爐, は驟雨, は高い, ひどくよろけた, ふいと, ふと彼, ふと気, ふと眼, ほど女性, ほど生, または薄暮, また鶏, まっさきに口, まつて, も, もあった, もあれ, もあろう, もしくは甲, もなく, もまだ, も子供, も普通, も桃子, も私, も筆, も衆理想皆, も遊蕩, も醤油, やそれら, やはり到底親子, やめ車夫, や町外れ, よきが, よりもむしろ少し, わが聖観音, を覚っ, 万一の, 伴われそれから, 使う針金製, 再びロップ, 初めてそこ, 初めて我々, 即ちそれ, 原大佐, 同じく乘, 同時にその, 呼び出だされるもの, 坐右, 始めて心からその, 常に仲介者, 思わず驚く, 抱いて, 掃き落したん, 教える方, 最も強靭, 極めて特殊, 決して方針, 淋しい自己嫌悪, 用いる赤, 突如ごおっ, 脱ぎすてたらしい紅絹, 若い婦人たち, 薄緑, 表向媒妁, 誘ってね, 迄保たない, 過ちて, 重い大きい槌, 除かれる, 高い音

▼ する~ (1285, 0.4%)

31 しないも 16 可なり 12 これを 8 あれば 7 あり, こうする, それは 6 そは, よかろう, 程が 5 之れ, 可 4 ここに, よい, 亦可, 他の, 余は, 同じこと, 是れ, 皆明了ならしめ

3 [24件] ありあるいは, ある, い, いい, かうするも, せぬも, せんも, 亦敢, 人の, 兎に, 其れ, 前後の, 可病殺, 同じである, 彼の, 彼は, 敢て, 斯る, 書を, 決してその, 無理ならず, 甚し, 見ゆ, 詮なく

2 [70件] あった, ありか, ありとかや, いか, おつだ, これが, これ決して, しねえも, せざるも, その実, それが, でき難き, ない, ないさ, ないです, ないもん, なお二, またその, また一興, よからう, ンじゃ, 三百年ばかり, 亦憾み, 今は, 今日に, 今日の, 其の内閣一たび成立, 其の清廉潔白, 决し, 勝手次第なり, 可なら, 同樣, 吾人の, 唯だ, 多数の, 太子は, 容易に, 将来の, 少くも, 左する, 当時の, 恐るるに, 悪くする, 悪くは, 成功する, 文雅なき, 明日の, 暑くるしい, 未だ真, 此の, 此時に, 決して自ら骸骨, 無いよ, 父母の, 猶お, 猶彼等, 甚しい, 男子に, 病殺, 益なし, 知る可, 自分の, 自由党の, 自由黨の, 虫が, 行く先きの永い, 見えたり, 誰か, 貿易なり, 閣下の

1 [925件 抜粋] あえて不可, あたわざるなり, あたわざる者, あって, あとの, あにまた, あはれ也, ありその, ありました, ありませんなん, ありゃしない, ありインキ, あり乳母, あり傷, あり日, あるいは実際, あるいは止むをえざるに出ずる, あるらしい, あれぞ, いかにその, いづれも, いまだ科学的, いやしくもその, うるそう, おかしい, おもしろかろう, お傷わしいが, かなうまじむなしく, かの工匠, がきから, がきだ, きわめて稀, けがらわしいが, こういってる, ここを, この事物, この権助, この火球, これに, これも, これ天職われと, さまたげず是非此方, しかしあなた, しかしラモアニョン・バーヴィル, しかしルーヴォア侯, しばしばなるべけれ, すべて内部に, せめて新, そのものの, その一つ手前, その一派, その両方, その他の, その体, その信ずる, その全体, その勇猛, その十年, その子一代, その官軍, その弁, その心, その方, その残り, その源, その理由, その當時, その真に, その結果, その術, その製作, その運賃さ, それにしても會津, それには, それはた, そんなばかげた, ただその, ただただ家, たちまち国難, ちと狭量, とても人力, とても斬る, ともに無限, ないもの, なおはなはだ, なお且つ, なお現実, なお発汗, なく特別, なにも, なんの, な有んめえな, はなはだ嘉すべき, ほ, またこれ, またはなはだし, また人, また人為, また妙, また弱志病意, また必ずしも, また是, また束の間, また栄, また正しい, また知るべからざる, また難き, また面白から, まったく惘然, みなしか, むだである, めづらし, もとより意味, よいけれど, よいと, ようするに純粋, ようだったら三段, ようである, ように, よし又, よし新, よし茶, わたしは, われらは, アカイアの, ドウし, ベートーヴェンにたいしては, ワグナーまで, ンぢや, 一たび死んだ, 一に, 一事では, 一国の, 一年に, 一方には, 一時間に, 一興だ, 一興だろう, 一般に, 一面に, 万が一さる, 上に, 下策と, 不可なかるべし, 不彌, 不思議だ, 不憫なれ, 不祥ながら, 世人ことごとく, 丙乙二想の, 中の, 中庸が, 久しぶりじゃのう, 予に, 事すでに, 事は, 些の, 亦さ, 亦嘔吐, 亦悪辣, 亦斯く, 亦無用, 亦理, 亦謂れ, 亦類似, 人に, 人力の, 人物畫の, 人造絹糸人造酒人造染料人造肥料人造光線人造真珠人造宝石などと, 人間の, 仁君文帝も, 今日にては, 仏国の, 以後は, 何か, 何ぞ, 何だ, 何も, 何一つ記憶, 余一人のみが, 佛像を, 信ずること, 倦く, 僕の, 償いがたき, 元は, 兇殺人の, 先方の, 免され, 全く用, 全然没却, 全然無辜, 共に国, 共に憂苦, 其の意義内容, 其の清貴, 其の自, 其の英才, 其は, 其人間界に, 其儘事實である, 其変化の, 其形式に, 其意單に, 其數甚少し, 其早晩自由黨の, 其発達に, 其角の, 其間に, 兼て, 内外種々の, 再び起つ, 凡人, 出頭せず, 別になんらの, 別に説教者, 到底彼, 到底徳育, 到底自ら政黨内閣, 前と, 前程に, 力は, 勝利の, 十二日六時間を, 十年前の, 千万億万の, 半ば獨逸風に, 南樺太千島の, 単に自身一時, 原理的に, 厭悪, 又この, 反逆軍は, 可ならん, 可マツチの, 可知的, 可笑し野尻, 可能と, 右の, 同じで, 同じ義, 同前だ, 同様である, 同然じゃ, 同然である, 否定する, 哀れに, 善い誤解, 善し悪しでござる, 困難である, 国内に, 国民の, 地は, 変りは, 外に, 大きいが, 大人気ない, 大人氣なし永き, 天下に, 天下人を, 天道豈, 失礼ゆえ遠慮のう, 奕は, 女子なる, 女子の, 女性は, 好く全国, 好醜, 如何せん払え, 姐子の, 婬猥不潔の, 嫉妬の, 嫌や, 子を, 子長ずれ, 学者なりとして, 宛然たる, 宜う, 宜しいでしょう, 実に州, 実は甚だ, 実際において, 家を, 容易なり, 寒さ, 将軍義昭の, 小兒, 小生は, 少し熱かっ, 尚お, 尚且つ, 尚同一, 山腹は, 嵐雪より, 嶮崖頗る, 差し引き上零に, 差支ない, 已むを, 幸福を, 当らない事, 役人の, 彼らが, 彼等が, 後々かならず, 後者は, 得ざるもの, 得べからず, 心事の, 必ずかかる, 必ず妥協, 必要だ, 忍ばねば, 忠臣義士は, 思い極まっ, 思うに, 恥かしい, 恥づかし, 恥づるやう, 悪用する, 悲むに, 惜しい, 愍然ゆゑ聟養子を, 意識を, 愚なり, 愚痴の, 懼るる, 我が企図, 我において, 我国民の, 我等は, 或は相互, 所謂忠孝所謂任侠所謂家系の, 手間取る次第, 拘は, 捨て難き, 推測は, 支那には, 政事を, 故内府, 数十万人を, 数限りなく, 文章簡錬敍事勁拔之を, 斯う, 既に事變, 日本の, 旧教徒, 早晩いずれの, 明治の, 易し心, 是が, 是その, 是非が, 有り且那さま朝, 未だもつ, 未だ児啼女哭, 未遽, 本意で, 本来不滅なる, 東西両, 果ては, 根が, 楠公の, 樹上に, 欧州の, 歌が, 此に, 此問題に, 死し得ざる彼, 殺害の, 母上に, 毒とは, 比較神話学の, 民間にて, 汝が, 決してよくすべ, 決して人力, 決して及ぶべき, 決して当て嵌らない, 決して悲観, 決して禍, 法律の, 浄土と, 海島国の, 渇仰する, 測り難き, 漸近的に, 無いぢ, 無効である, 無理で, 無益だ, 無益ならざるべし, 無益なる, 然るべきこと, 燕雁狗猫の, 狩猟に際し, 猶且つ足らざる, 猶俺, 猶後顧, 猶非凡, 獲ざる彼, 現カイゼル, 現象の, 甚だしいで, 生前に, 産業が, 田舎住居の, 町中なれ, 異なもの, 疑うべき種, 癡なり, 百回一二円の, 皆武門の, 盆踊りは, 目くらみ, 相通問せざる, 省みないの, 真底よりの, 眠れる人間, 矢張り同, 短くする, 破顏一笑, 社会の, 私に, 稀に, 究極は, 立派なる, 第三者と絶對的他者との, 第二級, 等しく人, 精神的には, 糞も, 経済論派は, 結局主, 編述者の, 縦に, 美術としての, 耐えないよう, 耳目等の, 聽かれず, 能く, 能くせず, 能わざるが, 自制と, 自由自在の, 臭に, 興あるべし, 芭蕉が, 苟も小, 苦しげ, 英国語を以て, 茲に, 荊州益州の, 薬かと, 衆疑, 衝突すべき, 西より, 覗ふも, 親族關係あり, 解し得べし, 言語学派は, 許六より, 詐を, 誠は, 説を, 論理の, 諾か, 議論の, 豈に, 豫め天津教の, 貿易は, 起つなどという, 路傍に, 辨別し, 近づいて, 透谷の, 連想力によりて, 遁がれ難き, 遂に傳道, 運命の, 道理, 道理に, 遠國者, 遺憾ながら, 都下には, 鍬を, 阿部家の, 陸上とても, 雑忙容易に, 難からずや, 雲別るる, 霊は, 霊魂は, 非人なる, 面倒なり, 面白からず, 面目なき, 餘り, 馬糞焼芋を, 驚かざるを, 鬼の

▼ するわけ~ (1169, 0.4%)

139 では 63 である 60 でも 50 にはいかない, にはゆかない 40 はない 37 には行かない 3328 じゃない 25 です 23 がない 15 なの 14 であるが, にはゆきません, もない 13 にゆかない 11 にいかない, にもいかない, にも行かない 10 だが, にはいきません, には行きません, にも行きません, に行かない 9 なん, になる, にはいかなかった, には行かなかった, にも行かず 8 にはいかぬ, にはゆかぬ, にもゆかない 7 であります, ですね, には行かぬ, にも行かぬ, はありません 6 じゃねえ, ですが, には行くまい, にも行かなかつた, にも行くまい 5 だから, ですから, にいきません, にはいかん, にも行かなかった, はねえ 4 ですよ, にはゆかなかった, にはゆかん, には参りません, にもいきません, にもゆきません, にゆきません, に行かぬ

3 [16件] だった, だな, だろう, であるから, であろう, でこの, でございます, にいかぬ, には行かなくなった, にもいかなかった, にもいきませんでした, にもゆかず, にもゆかなかつた, にも行かねえ, に行きません, もなく

2 [34件] がある, じゃありません, じゃございません, じゃなく, で, であった, でしょう, でそれ, でつまり, で従って, なので, にいかん, にはま, にはまいりません, にはゆかず, にはゆかんです, にはゆくまい, には参らぬ, には参らん, には行かなかつた, にもいかず, にもいかん, にもいくまい, にもゆかなかった, にも参りません, にゃあいかねえ, にゆかなかった, に参らぬ, に行かなかった, に行かねえ, のもの, はございません, はないだろう, も判る

1 [156件] か, かね, があつ, がありません, がなかつた, がなく, がねえ, がぼく, さ, じゃあなし, じゃあねえ, じゃある, じゃあるまい, じゃござん, じゃなあ, じゃないだろう, じゃないでしょう, じゃないです, じゃなし, じや, だがね, だけど, だけれど, だけれども, だったが, だったと, だつたの, だと, だらうか, だらうと, であったが, であり一般, であるけれども, でいくら, でいわば, でこれ, でこんど, でござる, でさ, でした, でしてね, でしょう例えば, でしよう, ですか, ですからね, ですナ, です自分, でそこ, でそこで, でその, でない, でないん, でなお, でなくても, でひき汐, でまた, でもなかつたらしい, でインターラーケン, でガラン, で一人, で一定, で今日文学, で他, で先験論理学, で労賃, で勢い, で学校, で尾崎紅葉君, で是非, で本当, で材料, で業者, で歴史的社会的, で真面目, で而, で見苦しから, と, と感服, なぞはない, などありません, にいかず, にいかないであろう, にいかなかった, にいかねえ, にいきまへん, になっ, になった, になつ, にならぬ, にはいかず, にはいかないらしい, にはいかなかったであろう, にはいかなくなる, にはいかねえ, にはいきやしない, にはまいらねえ, にはゆかないであろう, にはゆかないでしょう, にはゆかなく, にはゆかなくなり, にはゆかなくなる, にはゆかんじゃろう, にはゆきかねる, にはゆきませんでした, にはゆくまいで, には參, には往かない, には行かなく, には行かなくなっ, には行かん, には行かんだろう, には行きますまい, にまいらぬ, にもいかないでしょう, にもいかなかったらしい, にもまいらない, にもまいりません, にもゆかなくなった, にもゆかん, にもゆきかねた, にもゆく, にもゆくまい, にも参らない, にも參, にも往かなかった, にも行かないらしく, にも行かん, にゃゆかない, にゃ行かない, にやいきやしない, にゆかず, にゆかなかつた, にゆかぬ, にゆく, に参りません, に行かず, に行かないだろう, に行かぬであらう, に行くまい, ね, はいずれ, はそれ, はないでしょう, はなかっ, は御座いません, は無い, は絶対, は自分, もないだろう, もなかつた, もねえ, もわかった, も無い, も行かない, を聞き, を説明

▼ するより~ (1110, 0.3%)

130 外に 108 ほかに 91 ほかは 73 外は 62 仕方が, 他は 34 他に 19 ほかなかっ, 外ない 13 しかたが, 外には 11 外仕方が 9 ほかない, 先に, 外なかっ 7 ほかなし 6 仕方なかった, 仕様が, 前に, 外なかつた 5 さきに, 他には 4 しようがない, ほかには, 以上の, 外の

3 [12件] しようが, その方, なかった, ほかあるまい, 他ない, 外なし, 急なる, 手が, 法は, 自分の, 致し方が, 道は

2 [28件] この方, ない, ほかありません, ほかしかたが, ほかなかつた, ほかなき, ほかの, ほか仕様が, リヽーの, 仕方ありませんでした, 仕方の, 以上に, 何か, 來る, 外ありません, 外なき, 外何も, 好んで, 心を, 手は, 手習師匠にでも, 楽に, 自分が, 自分で, 自分に, 蝋燭を, 起る, 道が

1 [299件] あなたが, あなたなら, あなたを, あるいは困難, あるまい, あんなところ, いいこと, いいです, いいという, いくらいい, いくら親孝行に, いくら貧乏, いたし方が, いっそ当人, いっそ素顔, いっそ誰, いつそ牛めし屋, いつまでも, おじさんの, おまえたちの, お嫁, お礼の, くたばって, こういう感心, ここから, こなたは, このまま, この辞令, これを, さっさと自分, さつ, しぜん, して, しょうがねえ, しようがねえ, ずっと大きな, せめて木札, せんかた, そこに, そのこと, そのほう, その本心, その運命, そんなところ, ただ一太刀, ただ珍, ちょっとずつ, ついに猴, ともかくやっ, どうしても美, どうせ死ぬなら, どころには, どころは, どころを, ないから, ないが, ないの, なおつまらない, なお困難, なし一, ならない前, のがれ道, はるかに, ほか, ほかありますまい, ほかありませんでした, ほかございませぬ, ほかな, ほかなくなった, ほかならず, ほかはねえ, ほか仕方が, ほか仕方の, ほか仕方は, ほか活動は, ほか無い, ほか用も, ほか私には, ほか致し方ないでしょう, ほか致し方も, ほか逃出す, ほか道が, ほか道は, まあちゃんと一家, ましです, ましな, まだ難し, まア御自分の, むしろあきれ, むしろその, むしろなぐられ, むしろ一種, むしろ功績, むしろ減少, もっとあらたまった, もっともっと胸, もっと内容, もっと強烈, もっと手軽, もっと生き, もっと異, もっと真, もっと面白い, やすきよう, やりやすかっ, よしんば夜店出し, よっぽどいや, れいの, わずかな, アラビア人と, ダボハゼ競争の, 一代こっ, 一層の, 一日も, 三年前の, 上着も, 上等の, 世論は, 事發り, 二人づつ手を, 今いっそ, 今着きました, 仏で, 仕かた, 仕やう, 仕事を, 仕方ありません, 仕方なかつた, 仕方も, 仕方御座いません, 仕方無かった, 仕樣, 他しよう, 他その, 他なかつた, 他為方が, 他路が, 以前から, 以外に, 以外には, 以外は, 伸子自身先ず, 來り, 例え短, 先き, 先ず物語り, 先ず自分, 先の, 先生は, 兎も, 公開したい, 内で, 出で, 前から, 助かる道, 危險が, 危險少く, 却て, 反って, 合を, 合理的に, 名誉で, 困難な, 坪井博士は, 堂々と, 変成女子と, 外ありますまい, 外ありませぬ, 外あるまい, 外しかたが, 外なく, 外へ, 外もう, 外今時化ける, 外仕方ありません, 外仕様が, 外何と, 外必要なき, 外無い, 外途が, 外途の, 多くの, 多数の, 大刀を, 大勢で, 奕を, 女根に, 始末の, 嫁に, 学問の, 宅に, 安全な, 宜いが, 客に, 宿帳を, 寧ろ彼女, 将来の, 小さい石, 小判の, 小盜人, 少しは, 少しも, 少し己, 川で, 希望は, 広い常識, 広濶, 廿四万石を, 待った方, 思案が, 急に, 情けなくなった, 愛国心など, 憎むの, 憤怒の, 成り立たない, 手癖で, 持って, 推せば, 数世紀以前に, 方法は, 早いところだんな, 早かった, 早くお金, 早くダダダッ, 早くヤマト糊, 早く三人, 早く先づ枯木, 早く外庭, 早く夜着, 早く小一郎, 早く思はず, 早く日本, 早く答えた, 早く足音, 暗かった, 書き方を, 最早や, 有力な, 有難いんぢ, 木活字に, 本人に, 来年に, 武士の, 死にたいという, 死んだ方, 氣の, 沈黙って, 浮世を, 深い且つ, 深刻な, 為様が, 無え, 爆弾で, 父の, 現象そのまま, 理智を, 生ずる結果, 生の, 生徒と, 真面目に, 神経を, 私の, 科学の, 笑いながら, 縮小する, 美しさ, 考へようと, 自己を, 致し方は, 致仕方ござるまい, 致方ありません, 芸が, 若い女, 苦しくも, 蒼くなり, 薄くよく, 見習うて, 話を, 谷中を, 象徴的な, 賃銭も, 起こると, 起こるに, 起こる言, 起ったよう, 起るが, 起ると, 起る処, 追, 逃げ惑ふて, 速い直覚的順応作用, 速く広汎, 酌でも, 限られたかつ, 風景を, 首まる, 高い段階, 黙読する

▼ するばかり~ (1036, 0.3%)

94 である 7066 だった 62 です 60 であった 59 では 27 でした 24 であつ 19 だつた 13 でなくその 10 だと 9 でなくまた, なの 8 であろう 6 であったが, で何 5 だから, でありました, であるが 4 だし, でそれ, でなく我が, なので, なり

3 [11件] だぜ, だよ, ですが, ですわ, でその, でどこ, でなくそれ, でなく同時に, でなく社会, でも, なんだ

2 [41件] じゃ, だが, だったが, だったの, で, であたり, であったと, であって, であり丹田, であること, であるという, であろうから, でこれ, でどんな, でない, でなく, でなくいそがしい, でなくこの, でなくこれ, でなくさらに, でなくそこ, でなく家中, でなく寧ろ, でなく暇, でなく清浄潔白, でなく私, でなく肉体的, でなく自己, でなに, でまだ, でろくな, で一向, で一向に, で容易, で少し, で決して, で腑, 功徳池と, 生意気な, 篠竹が, 裏の

1 [344件] くり返しくり返し読ん, この両者, この先, これも, しッ, そこに, そのうち, その喚声, それにそこら, だからね, だけれども, だこの, だぞ, だったし, だった彼, だつたが, だという, だろう, だろう余, だ大藤五郎太, だ明日, だ毒草, だ肝心, ぢや, ぢやけれ, であ, であったから, であったの, であったのに, であったろうが, でありましたけれど, であります, でありまする, であり好んで, であり正宗白鳥, であり空間中, であるから, であるし, であると, であるとして, であるので, である時代, である私, でいかなる, でいっこう, でいっこうに, でいつか, でうまく, でうんと, でお, でこちら, でございましたのに, でさすが, でさて, でしたが, でしょう, ですぐ, ですこしもはっきり, ですでに, ですどうしても, ですなわち, ですよ, でその間, でそれきり, でだれ, でちツ, でとても, でとんと, でどうせ, でなかった, でなくあなた, でなくあの, でなくあらゆる, でなくおそらく, でなくおそらくは, でなくかえって, でなくこんな, でなくしばしば, でなくすべて, でなくすべて彼女, でなくそんな, でなくたちまち, でなくとき, でなくどうやら, でなくなお, でなくエネルギッシュ, でなく一つ, でなく三つ, でなく三日, でなく中, でなく主要街路, でなく他方それ, でなく依然, でなく全く, でなく全国, でなく前, でなく却, でなく却つて, でなく君, でなく君子, でなく嘲弄, でなく女性, でなく奴隷, でなく好い, でなく妻, でなく嫌悪, でなく子孫, でなく実は, でなく対象, でなく床, でなく当時荘園一般, でなく役人同志, でなく彼, でなく徳川, でなく必ず, でなく愛する人, でなく愛想, でなく戦争, でなく手記, でなく拒絶, でなく支那, でなく政治理論, でなく文化, でなく文学そのもの, でなく昔, でなく時々, でなく更に, でなく書画, でなく最小限, でなく末, でなく殆ど目, でなく永く, でなく無辜, でなく玄徳, でなく珍しい, でなく現代式外国風, でなく現在, でなく現実, でなく男, でなく直接, でなく相場, でなく真に, でなく真似, でなく礦物, でなく翻訳そのもの, でなく自分, でなく自分等, でなく自分自身, でなく舞台裏, でなく芭蕉, でなく花, でなく若気, でなく苦味さ, でなく茲, でなく質的, でなく踊る人達, でなく近ごろ, でなく進歩, でなく遊び客, でなく酒, でなく隠居, でなく難しい, でなし, でなん, でなんと, でひと言, でほとんど, でみずから, でもう既に, でろくすつぽ, でドンナ風, でレンズ, で三万円, で三十三度半, で不用, で且つ, で世間, で久しく, で事実, で二人, で人, で人生, で人通, で今, で今さら, で今更, で他, で他人, で会はず, で何と, で何とも, で何もかも, で何ら, で何一つ, で何処, で僅, で六・三制, で共鳴, で其金, で凝つと, で別, で半, で取止め, で古本, で吉野, で周囲, で四国路, で困つたもの, で国民, で夜中, で天, で奥深, で嫋々, で子供, で家計, で己, で年増, で底, で彼女, で彼女自身, で心, で愉しい, で成, で手, で折角, で探偵, で明暸, で昨日, で普通, で本筋, で果しが, で楼観, で楽人ら, で橇, で正月, で武州, で歩き出そう, で死体そのもの, で殆ど, で母, で火, で無い, で無い此, で無く, で煤掃き, で用, で病人, で盆, で相, で相手, で真に, で真面目, で神, で福運, で私, で穏, で笑, で筋, で紙数, で素子, で結局目的地, で網一ぱい, で編輯, で縁側, で翌年, で苦し, で見定め, で言, で言葉, で誠にはや, で誰, で誰一人, で身, で辛うじて, で返事, で都加留, で釘勘, で音楽どころ, で飲むこと, とてもまとまった, とても埒, どっと笑った, なか, なのに, ならい, なりし然るに, なるが, なる歓迎, なんの, な熱風, はらはらと, へっへっへ, また足, みんな耳を, もちろん白峰, 一般に, 一面の, 世間一体は, 也, 何う, 何を, 何処からも, 俄に, 偶, 別に何物, 卑屈だった, 啼き交わして, 固い針, 多額の, 夜中不意の, 大きく云え, 大蚊帳, 如何にも気, 始終下, 家庭不和が, 山と, 息づまって, 戦いて, 戦った, 手短の, 手足を, 打つかって, 文七は, 旭の, 暗くしん, 月に, 枡田屋の, 桝田屋の, 水に, 油煙が, 波立つごとく顫動, 無数に, 疵口へ, 美き, 聞くに, 興味の, 袖の, 袖を, 誠に淡泊, 轟けり, 逃げ出す勇気, 雨に, 食物の, 黒い炎

▼ する場合~ (1013, 0.3%)

31 が多い 30 がある 19 もある 12 にはその 9 に於 8 である 6 が多かっ, にこの, になる 5 にはそれ, の方, もあった, もあり 4 がこれ, と同じ, に, にはいつ, にはこの, のよう

3 [15件] が多く, でない, ではない, にその, には, には常に, には必ず, にもその, に最も, に用いられる, のある, の如き, もあるだろう, を考慮, 何故に

2 [68件] があり得る, がしばしば, がそれ, がない, が多, が少く, たしかに或, たと, だ, です, でないと, でない限り, でも決して, とそう, となる, と本当に, ならば, にあかし, にこれ, にそれ, になっ, にはこれ, にはそこ, にはだれ, にはどうしても, にはむしろ, には今, には他, には何人, には余程, には労働, には各, には学者, には後説, には心, には最も, には自分, には誰, には道徳, には餘程強み, にも今, に一つ, に之, に似た, に多き, に立ち, に臨ん, に行はる, に誰, に起る, のこと, のごとき, のため, の事, の薬味, は, はその, は別, もちろん私, もない, も多い, を予想, を指し, を考え, を考える, を説明, を顧慮, 新生活

1 [661件 抜粋] あるいは病, いつもボオドレエル, かその他, かなり関係, かもしくは, があげられ, があつ, があり, があるであろう, があるべき, がかえって, がそう, がたくさん, がはなはだ, がよく, が可, が四つ, が少なく, が屡, が屡々, が有り得た, が極めて, が沢山, が無くなった, が起る, が遥か, が非常, この何日間, この掴まえ, こんな事, さえあった, さえ多い, そういうこと, その同類, その意識, その普及率, その純, その純粋性, その絵具, その道路, その體系的説明, たとい未だ私, たんに自然, だけであっ, だけである, だけには限らなかった, だっていくらでも, だって例えば, だつて, ちが, ついその, つねに哲學的問題, であったならば, であって, であらう, であります, でありもう, であるが, であると, であるなら, であるの, でござらぬ, でさ, でさえそれに, です之, でないから, でないが, でなかった, でなかったから, ではありません, ではなく, では難しかっ, でむしろ, でもお, でもし, でもその, でもよく, でも出先, でも嘗て, でも多, でも手出し, でも玄関先, でも結婚, でも誰か, でも頼朝, で無い, といくらか, としない, とても同断, とても御, とではその, とはなった, とは厳重, とは反対, とは大分, とは違う, とを区別, と同様, と権力, と狭く, と言っ, どうしても女言葉, どうで, どうであろう, どのくらい, なおまた私, などには却つて他, などには普通, などはずいぶん, などは一度, などは猶, など私一人, にあ, にあった, にいつ, にいつも, にお, においてこれ, においてのみその, においてはあるいは, においてもいかなる, においてもなお, においてもまた, において前代, における評価, にこういう, にし, にすらそれ, にそこ, にだけはそんな, についてであった, にでも天然現象, にどこ, にどちら, にどれ, になお, にならん, にのみ収穫, にのみ囘想, にのみ起こりうる, にはあまり, にはいつも, にはうまく, にはこれら, にはこれら商品, にはしばしば, にはじめて, にはそういう, にはだから, にはちか, にはとんでも, にはなおさら, にはなんと, にはなんら, にはぴったり, にはほとんど, にはほぼ, にはもちろん, にはもはや, にはやや, にはよくよく, にはインボデン少佐, にはエネルギー式, にはサイズ, にはハクサンシャクナゲ, には一結婚当り, には一般, には世界何れ, には世辞, には之, には予想, には亞剌比亞半島, には人種, には仕事, には何村, には例, には個人, には充分, には党, には公衆, には共産党青年団, には出生, には前日, には前者, には力量, には勢い, には同じく, には君, には国家存立, には国民本位, には圏外, には多少, には大変必要, には大正十二年程度, には太平洋, には実測加速度, には宴, には富, には寒風雨雪, には小説, には少く, には幕数, には平原, には当字, には往々, には従来, には忌, には批判, には抑揚, には攪拌, には敵方, には文化的意義, には暫時同伴者, には朝方, には本, には本書, には武力, には死刑, には死期, には殊に, には毎月, には気まぐれ, には氣, には汎神論, には演出者, には無邪気, には現在, には生産, には男, には皆開, には直感, には相当, には矢張履物, には私, には移住, には緑色, には自ら分業, には藝術, には観客, には詰る, には貧者, には避け, には金銭, には銘々, には阿諛性, には青年共産主義同盟, には静寂, には騰貴, には驢馬, には骨身, にひと, にひとり道庵先生, にほとんど, にまた, にも, にもある, にもいっそう, にもこの, にもこれ, にもし, にもっとも, にもなお, にもなほ人事, にもベルヌ条約, にも一定, にも事, にも使つて, にも働く, にも写実的, にも別村, にも劇作家, にも召使, にも同様, にも多く, にも女主人, にも学問, にも実際, にも履物, にも慣習, にも持っ, にも新旧, にも時として, にも此, にも決して, にも滅多に, にも用, にも田舎, にも立場, にも菊池芥川二人, にも説話, にも起り, にも館外携出, にややもすれば, によく, にインテリ, にシナ, に一枚一枚, に下, に主, に事毎, に仮に, に会話, に何, に何度, に何時も, に何等, に使う, に使われ, に依る, に俳句, に六七百年, に冷気, に初めて, に劣らず, に吾, に囃し, に多く, に大抵, に女, に如何なる, に姦罪, に実によく, に常に, に役に立ち, に彼, に忘れ, に意味, に我々同意者, に投機思惑, に接する, に放つ, に新た, に於ける, に時々, に来るであろう, に果して, に此信念, に比し, に求むるような人, に決して, に物理学, に生じる, に用います, に異常, に發光, に皆, に相, に社会, に神, に科学的精神, に自分, に自分達, に見逃す, に言う, に認識主観, に資料, に附き, に限っ, に限られる, に限る, に際して何ら, に非常, に飼料中, に黴, のかなり, のすばしこい, のほう, のほか, のみである, のみに重き, のみに限られ, のもの, の五ヶ所, の五種, の人間, の体験, の偵察的準備, の制限, の參考, の外, の如し, の実感, の序, の心得, の感覚, の慇懃, の最も, の村名, の気息, の深い, の状況, の独立変数, の生活, の目標, の目的, の罰, の見るで, の規準的, の覚悟, の読み方, の起り得る, の開墾地, の階級性, はあれ, はいい, はいう, はこれ, はこれから, はしばしば, はそう, はそれでは, はなるべく, はむしろ, はもちろん, はよく, は勿論, は単に, は参考書, は多い, は多く, は大抵, は實子, は少い, は少なく, は岡田三郎助先生, は当然, は必ず, は必ずしも, は指摘, は数多く, は本当に, は栃面屋弥次郎兵衛, は根本的, は格別, は水, は波多村田, は流, は無, は生, は立派, は舞台, は行先, は訣, は貴人, は遺産, は醫療, ばかりでなく, ばかりはそう, ばかりクジナ, みだりに外人, むしり取るやう, も, もあらう, もありうる, もあるべく, もすくなく, もそれ, もどう, も二人, も例, も劇作家, も又は, も同じ, も多く, も多大, も少なく, も往々, も考えられません, も詳しく, も起り得る, らしい, をよく, を予定, を云う, を写した, を形式論理, を想定, を私, を考えます, を考へるなら, 何時も何時, 例へば先般, 先ず予備知識, 即ち反省, 即ち観念狂奔, 又は笠, 屡, 常に一方, 当然しつかり, 当然そういう, 必ず其の, 時としては, 時には左的議論, 次第に浄化, 次第に淨化, 正しい方法論, 特にもの, 現に在る, 甚だ興味, 若くは

▼ するだけ~ (999, 0.3%)

96 では 7962 である 41 だった 38 であった, です 21 あって 16 なの 12 だつた 11 だと 10 でした 9 なん 8 であって 7 だが, ですよ 6 だから, でそれ, で何 5 でいい, ならば

4 [11件] であ, であと, であるが, でございます, でその, でなくて, でよい, で私, で自分, なので, 感得する

3 [16件] それだけ, だという, だよ, だろう, ぢや, であります, であるから, であろう, でいつ, でお, でほか, でもう, で実際, ならいい, 損だ, 自分の

2 [34件] あつて, して, だったが, だつたが, であったであろう, であなた, でこの, でございますわ, でさ, でさえ, ですから, でどこ, でなに, でめったに, でよかっ, で一向に, で一字, で一行, で何ん, で何等, で容易, で少し, で生, で立派, なのに, なら甚, なら誰, むしろ人間, やつたら, 利用し, 利用した, 昨日の, 若い, 野暮だ

1 [356件] あともどり, あまねく騰貴, あらあ, いつまでも, いて, いままでの, かねて, させて, した, したあと, しゃべった挙句, しゃべりなさい, じや, その先, その都会, それだけ多く, それだけ氣, それだけ詰る, それによって, それも, だあ, だからと, だからな, だからね, だけどもね, だけれども, だし, だそういう, だぞ, だったと, だったの, だったので, だつて, だといふ, だどう, だらう, だわ, だわたし, だ家名, で, であえて, であったに, であったの, であったので, であったらその, であった女性たち, であらゆる, でありその, でありますが, であり人口, であること, であると, であるならば, であるなら勤労者, であるの, である然るに, であろうから, であろうが, でいざ, でいつも, でいつ鎮静, でおこりはじめ, でおんぶ, でかの, でかれら, でけっして, でこれ, でこんな, でございますか, でしたから, でしたがって, でしょう, ですが, ですぐ, ですぜ, ですっかり, でずっと, でそうした, でそのまま, でその他, でたいてい, でただ, でただ今, でだから, でだれ, でついに, でつまり, でどう, でどうにも, でどちら, でどの, でない, でなかなか, でなかには, でなくこの, でなくさ, でなくしばしば, でなくその, でなくそれ, でなくつて, でなくイギリス, でなく他, でなく同時に, でなく大きな, でなく広く, でなく当然, でなく彼自身, でなく日本, でなく本当に, でなく火, でなく経験, でなく茶の間, でなく草, でなく親, でなく非常, でなん, でなんとも, でなんにも, でなんら, でね, でのろのろ, でほとんど, でまだ, でまったく, でみずから満足, でわたし, でコジ付け, でハッキリどう, でワナ, で一ツ, で一向, で一寸, で一歩, で三時間余, で下等, で世間, で事件, で信仰, で全く, で共同作者, で其, で内地, で別に, で到達, で動, で却つて, で口, で口いっぱい, で咽喉, で商売, で喬, で士, で声, で外, で大, で大抵, で大阪, で娘, で実行, で差出た意見, で帰り, で平ヶ岳, で幾分, で当, で役人自身, で彼ら, で後, で御, で志, で念, で思い思い, で息, で息詰るやう, で意志, で手, で文化, で日給三十銭也, で普段, で普通以上魅力, で曖昧, で此娘, で武夫少年一家, で殆ど養生, で氏自身, で決して, で波, で涜職, で無理, で無言, で父, で物, で物自体, で狸, で現代, で現在, で真, で研究心, で確か, で確実, で積極的, で簡単, で組織, で結果, で縁, で群集, で胸, で腰, で腹部, で膝, で自然, で興行者, で船頭, で蜀, で街, で表面的, で見て, で視界, で誰, で谷, で買わないから, で赤十字, で起, で身, で道徳上, で適当, で選挙民, で金次, で附き添って, で限り, で隙, で際限, で雌, で顔, で餓死自殺, どっちへ, なのよ, ならあんな, ならい, ならお前さん, ならこれ, ならなかなか, ならね, ならべつ, ならまだしも, ならよい, ならパン, なら三千両, なら三千兩, なら下着, なら事情, なら存外, なら対話, なら小党分立, なら折々, なら書物, なら構, なら構わないが, なら用途, なら紫, なら釈教歌, のちからは, のむと, のより, ばか, まだそれでも, まだ若い, まとまった反撥の, むだである, や, よいかも, ムダだ, 一向に要領, 一層それ, 不為だ, 与えられちょっと, 丸顏の, 人が, 仕事の, 会得した, 位で, 余は, 修練され, 僕たちは, 僕は, 充分史価を, 内儀の, 出世し, 勇敢であるべき, 十分ぐらいで, 十分に, 又それ以上, 反溌力, 可愛い孫, 味へ, 喫したの, 四人の, 多くの, 大都, 失礼な, 奥の, 家庭主義の, 少しずつ, 序的な, 弱味が, 彼は, 御無沙汰に, 御飯を, 性欲が, 悪どさ, 悪臭芬々たる, 我々は, 技術が, 技術的に, 接吻を, 損という, 損を, 政府及び, 書くもの, 混乱させ, 無理な, 無駄という, 無駄な, 無駄の, 猶強く, 率直で, 甘いもの, 生長し, 男を, 発見される, 礼讃すれ, 私たちの, 立体的には, 筆跡も, 自分と, 自分は, 自己の, 花や, 苦鳴, 落葉し, 裏切られるの, 記事の, 調子よく, 貯めたらおっ, 逆に, 逗留すれ, 酒を, 野暮じゃ, 野暮である, 野暮の, 野暮天素人, 間違ひであろ, 阿呆らしい, 険悪な, 面白し, 馬鹿げてるという, 駄目だつた

▼ するのに~ (885, 0.3%)

9 何の 8 骨が 7 都合が 5 忙しかった, 気が 4 一つの, 二つの, 他は, 多忙を, 気を, 私の, 骨を 3 それを, ちょうどいい, なんの, 何だって, 何も, 對し, 私は, 耳を, 自分の, 都合の

2 [37件] いろ, これほど, その日一日, どのくらい, はなはだ面白い, 人の, 人間の, 今日に, 何だか定, 何を, 力を, 和服を, 土を, 客は, 役に, 彼が, 心を, 忙が, 手が, 手を, 最も便宜, 東京まで, 枕を, 椅子の, 死んだ娘, 母が, 眼の, 眼を, 絶好の, 自分は, 自分を, 苦しそう, 街の, 費用が, 足が, 違ひない, 金が

1 [719件 抜粋] ああいう, あたし見当が, あの印, あの箭, あまり礼, あまり面白く, ある時代, あれこれと, あれほど, い, いい機, いくぶん氣, いくらいくらいった, いくらつごう, いささかこだわり, いたく骨折った, いちいち念, いちいち良心, いっぱいだった, いつも, いつもの, いつも出, いろいろ心, いろんな想像, うるさい雑音, おのずから場所, お光, お前さんは, お前といふ, お前は, お母さんから, かえって見当違, かくも, かつて危ない, かなり暇, かなり骨が, がらりと, きくもの, ぐづ, こういううち, ここで, ここを, こだわること, このグロテスク, この人, この小春, この様子, この男, この美しい, この荒熊, これこそは, これだけの, これ以上の, こんなにまで, こんな手数, こんな真夜中, こんな蛇, ござが, さまで神経, しばしば一層有利, しばしば芭蕉翁, すぐ指先, すさまじいもの, ずいぶん戸惑い, せんだってうちは, ぜいたくな, そうぞうしさ, そこを, そなた, そのお, その事, その國王, その対象, その対象物, その年, その気, その燃料, その紙切れ, その翻訳者, それが, それだけの, それでも永久, それに, そんなさんばら髪, そんな歯痒い, そんな返事, た, たいして時間, たうとう, ただひとり共, ただ切立て, たちまち鼻, たっぷり二十分かかる, たるだけの, ちやうど, ちょうど適度, ちょうど都合, ちょうど間に合う, ちょっと手間, ちよつと, つい笑った, どういう大き, どうしてこれ, どうしても滑ります, どうして家臣, どうも工合, どう云, どれくらい, どれ程の, なかなか上っ, なくては, なぜまた, なぜ私, なにが, なほよく, なよやかなどと, なんぼ男, なんらの, ひけ目, ひどく工合, ふと気づい, べたべたせぬ, ほとんどいつ, まことに便利, まことに困った, ましてこれ, まず気, まだ馴れない, まつわる何, めいめいが, もうお, もうおまえ, もう偏執, もう少し便利, もっとも手近, もっとも熱烈, もと, ものが, やさしい表情, ようやく六歳, よくお, よく似, よく声, より多く, わざと夜間, わしは, わたくしの, わたしだけが, わたしは, アドルム一錠ずつの, イタダニ, イノゴフと, キュー尻の, キヨ子の, ギイーッと, クリストフは, シベリヤ鉄道で, ステッキで, ニューコメンという, バッタリ出合う, ピストルなんて, プランスノアの, ヤンが, ワアーと, 一〇〇〇〇フランの, 一と, 一向おどろいた, 一寸と, 一心である, 一方の, 一日十里歩く, 一昨年も, 一時に, 一種の, 一等便利だ, 丁度都合, 三十四年かかりました, 三枚に, 上手な, 上皇室に, 下線を, 不幸が, 主人たる, 久美子は, 之を, 二人で, 二分にぎらせ, 五十年も, 交通事故の, 人力車を, 人手が, 今の, 今まで, 今迄の, 仕事の, 他ならない, 他国よりも, 他所の, 他方では, 他方どうしても, 何か, 何が, 何たる行動, 何という, 何よりも, 何を以て, 何んで, 何故私, 何物かの, 余り相応しく, 余り遠い, 余程苦労, 使はれる, 使用される, 例へば, 倦き, 僕が, 僕も, 先づ最初の, 全体を, 八九月頃の, 具合が, 出来上った作品, 別に不思議, 前の, 効験の, 勇気ある, 動き出そうとも, 十中八九この, 千もの, 半日を, 単にイデオロギー, 却って何, 厚い手袋, 又その, 反感を, 受人が, 口實を, 同じだ, 品物を, 哲学の, 国民は, 土台狂った, 土地馴れ, 堀江に, 塩が, 声も, 夏は, 外ならなかった, 多分などを, 多少役だたない, 多額の, 大いに役立った, 大いに興味, 大いに驚く, 大きな木造, 大した熱心, 大して骨, 大なる, 大層都合, 大袈裟な, 大道を, 女の, 女は, 女手が, 好都合な, 如何に, 如何に適切, 妙を, 季題が, 宗吉は, 実に懇切, 実は何, 実際は, 宣下式の, 家に, 家老の, 富士ぐらい, 寧ろ弁証法, 小児を, 少しでも, 少しも, 少なくとも一応の, 尤もらしい, 就ては, 山の神は, 山川牧太郎と, 岡つ, 左手を, 市場に, 師匠も, 常にこれ, 干支に, 幾たび迷った, 幾グラムかの, 幾分の, 弁証法の, 弓や, 彼の, 彼は, 彼らが, 彼独特の, 彼等は, 從兄は, 御飯だの, 心がかりが, 心は, 必要缺くべからざる, 忙しいもん, 忙しい病床, 忙しかつ, 忙しさ, 快感を, 快楽を, 急である, 恐らく最も手頼り, 恰も東京, 悲惨不快憂欝等の, 悲惨不快憂鬱等の, 愛情なんか, 應じ, 我々の, 我ながら, 或る, 扉は, 手数が, 手間が, 手間の, 技巧を, 持つ人, 指揮者の, 支那の, 支那は, 数字などを, 整輯排比といふ, 斯る, 新聞の, 方角の, 既にあまりに容易, 日本では, 日本語で, 早過ぎる, 星を, 是非とも, 時を, 時節も, 時間と, 晩には, 晩の, 暇はか, 最もはっきりし, 最もよい, 最も主, 最も多く, 最も好都合, 最も実践的, 最も手近, 最も有利, 最も有効, 最も熱心, 最も良い, 最も適わしい, 最も都合, 最も馴れた, 最上の, 最大の, 最小二乗法を, 木村の, 木綿を, 本谷の, 東北方言では, 根本的な, 極めて便利, 極めて好都合, 横波は, 樹の, 正義派的憤慨で, 正面から, 此古風な, 此方法を以て, 段を, 比較に, 氏は, 気おくれ, 気持ちが, 水が, 水の, 永いこと部屋, 決してこれ以上, 決して真ん中, 注射の, 涙に, 滋幹の, 炎熱に, 無我夢中で, 無理やり引っ, 無瑕, 父母が, 牛刀を, 犬という, 狂気じみた, 玉蕉女史に, 瓦斯も, 甚だ勝手, 甚だ吝か, 甚だ困った, 生きようと, 用ひた, 町に, 町内の, 疑念や, 百五十マイルを, 皆まで, 目を, 直ぐ能舞台, 相手方の, 眉を, 着物を, 碌々返事も, 神経が, 神速を, 科学の, 税金は, 空気が, 空間表象自身の, 竜体では, 第二, 箱一杯の, 精いっぱいだった, 精根を, 紙や, 終戦後恐らく, 結果を, 統計表の, 絵や, 絹を, 繃帶を, 考えて, 耳も, 聽き入る, 腕時計, 腹の, 自分たちが, 自分だけ, 自分だけは, 自分一流の, 自分本来の, 至極簡単, 舞台の, 若し第三者, 苦ん, 落下傘を, 著しく低級, 葦を, 西に, 見ると, 親には, 親分は, 誂え向き, 誰に, 誰も, 諸葛孔明, 警官五六人が, 負ぶさってる私, 貴下は, 跡方を, 身を, 軽い反感, 軽妙で, 辻車で, 逢は, 逸かった, 運命を, 道を, 遠くて, 適当な, 郵税が, 都合好く, 酒は, 鉄筋コンクリートの, 銘々蒲団の, 長らく苦労, 開封東京の, 院の, 陸軍大臣に, 雨が, 雲の, 需要は, 非常に, 面白いもの, 額を, 顔が, 顔だけを, 飛びかかって, 飛行艇の, 駅, 骨の, 骨折れた, 高氏へ, 默つて入る

▼ するかも~ (847, 0.3%)

141 知れない 95 しれない 42 知れないが 34 知れません 28 知れぬ 27 知れないと 23 しれません 18 しれないが 17 しれないと 12 知れないから, 知れないの, 知れぬが 11 しれぬ, 知れないし 10 しれないという, 知れん 8 しれないの, しれぬが, 知れぬと 7 知れませんが 6 しれなかった, しれぬという, わからない, 知れないという, 知れませんよ 5 しれませんよ, 知れないよ, 知れなかった, 知れんと 4 しれん, わからないと, 知れないわ, 知れんが

3 [11件] しれないから, しれないぞ, しれないわ, しれぬと, 判らないと, 判らないので, 知れず, 知れないぞ, 知れないなどと, 知れないん, 知れねえ

2 [27件] しれずまた, しれないこと, しれないぜ, しれないって, しれないでは, しれないな, しれないなどと, しれないので, しれないよ, しれないよう, しれない宇宙, しれねえが, 分らない, 分らなかった, 待たないで, 知れないけれど, 知れないところ, 知れないとの, 知れぬ口説, 知れませぬが, 知れませんから, 知れませんね, 知れんから, 知れんぞ, 知れんという, 解らない, 計り難い

1 [160件] しれず, しれずすでに, しれずその, しれずまたは, しれず頃合い, しれないあいつ, しれないからと, しれないからなあ, しれないがね, しれないけど, しれないけれど, しれないこれ, しれないしかし, しれないじゃ, しれないじゃあ, しれないすると, しれないそう, しれないその, しれないだが, しれないでも, しれないとは, しれないなどという, しれないね, しれないのに, しれないのね, しれないのよ, しれないよと, しれないわね, しれないフロイト主義, しれない可能性, しれない大, しれない望み, しれない脅威, しれなかったから, しれなくてよ, しれぬし, しれぬぞよ, しれぬので, しれぬよう, しれぬ由, しれねえ, しれねえがな, しれねえの, しれねど, しれましぇん, しれませぬ, しれませんからね, しれませんが, しれませんですよ, しれませんでは又, しれませんな, しれませんね, しれませんので, しれませんわ, しれんから, しれんぞ, しれんとは, まだハッキリ飲み込めない, わからないが, わからないの, わからない用心, わからなかったの, わからぬたとえ, わかりません, わしは, 云えない, 今は, 全く不得要領, 分らない有様, 分らなかつた, 分らん行末, 判らないよ, 存じませんが, 測られぬ, 疑問です, 知らず人生, 知らず汽車, 知らないで, 知らない誠一, 知れずそれ, 知れず何時, 知れず分娩, 知れず真赤, 知れず近き, 知れたもの, 知れないいや, 知れないからって, 知れないからと, 知れないからね, 知れないからねとまで, 知れないがね, 知れないくらい, 知れないけれども, 知れないしかして, 知れないぜ, 知れないそして, 知れないその, 知れないって, 知れないとさえ, 知れないとは, 知れないなどという, 知れないね, 知れないのよ, 知れないほどの, 知れないよう, 知れないよと, 知れないわね, 知れないわよ, 知れないフーム, 知れない事態, 知れない人間, 知れない何しろ, 知れない併, 知れない俺, 知れない実在, 知れない様, 知れない状態, 知れない稀代, 知れない約束, 知れない者, 知れない豚, 知れなかったが, 知れぬけれども, 知れぬここ, 知れぬという, 知れぬとて, 知れぬとは, 知れぬなどと, 知れぬので, 知れぬクサグサ, 知れぬ井戸, 知れぬ何れ, 知れぬ坐して, 知れぬ恐し, 知れぬ成るにも, 知れぬ男, 知れませぬ, 知れませんそれ, 知れませんという, 知れませんので, 知れませんのね, 知れませんワ, 知れやしないから, 知れんけど, 知れんし, 知れんぜ, 知れんよ, 知れん今, 知んな, 研究に, 解らないお, 解らないから, 解らないじゃ, 解らないぞ, 解らないだから, 解らないぢ, 解らないと, 解らん, 解りません, 計られまいと

▼ するだけの~ (821, 0.3%)

18 ことで 17 ことは 16 勇気が 15 ことだ 11 余裕が 10 ことである, 力が 9 ことを, ものを 8 ことです, 力を 7 事は, 事を, 労を 6 ものは, 心の 5 ことさ, もので, 余裕を, 力は, 勇気は, 自信が 4 ものだ, ものに, 事で, 事である, 勇気を, 理由が, 能力が, 金を

3 [19件] ことであった, ことな, ことなら, ことに, ために, ものでした, 事だ, 余裕は, 余裕も, 値うちある, 力も, 根気が, 準備が, 用意が, 自信も, 興味を, 若さ, 覚悟が, 金が

2 [44件] ことだった, ことであり, 丈夫な, 仕事, 余裕の, 価値は, 価値を, 元気は, 力の, 力量を, 努力を, 効果を, 勇氣が, 好い男, 実質的な, 小さな現実, 感想であった, 成算が, 所得さえ, 暇さえ, 材料が, 材料を, 条件が, 根拠が, 気力が, 気持が, 決心が, 決意を, 生の, 用意を, 目的で, 知力を, 知識を, 純潔に対する, 素養が, 自信を, 覚悟は, 覚悟を, 証拠が, 話, 誠実さを, 識見を, 頭が, 額や

1 [450件] あき地, いい素質, いわば無職, うちいつか深い, おちつき, きっぱりした, こと, ことあし, ことか, ことして, ことだったらしい, ことであろう, ことらしい, こと原始さながら, しごと, それくらいの, それくらゐ, ためだ, つもりだった, つもりなら, ときすら, ところである, ところには, なぜ大き, はずです, はたらきを, はなしだ, まさに千鈞, ものであっ, ものでございます, ものでしょう, ものです, ものとして, ものも, ゆとりが, ゆとりを, ようでした, ような, エネルギーが, エネルギーを, コカインを, ヒュウマニテも, モンキリ型の, 一代の, 一案を, 下らない金持根性, 下地と, 与太な, 中枢的な, 事あ, 事かも, 事が, 事であったらしい, 事でした, 事です, 事でなけれ, 事なら, 交際が, 人に, 人は, 人員を, 人格の, 人物が, 人物彼女の, 人生は, 人道主義を, 人間であっ, 人間の, 人間は, 人間らしさ, 人間を, 仏具が, 仕事しか, 仕事ぢや, 仕事でした, 仕事でも, 仕事を, 休息の, 位置を, 体力を, 何か, 何かが, 何らか, 余白が, 余裕さえ, 余裕と, 価値ある, 価値の, 修練を, 俸給に, 値うちは, 値打が, 値打ちの, 値打ちは, 値打も, 偉いもの, 健康と, 偶像を, 備えを, 價値が, 價値は, 元気が, 元気も, 元気を, 充分な, 充分なる, 先生では, 光輝と, 克己的努力を, 八郎潟が, 内容を, 内面的緊張感は, 出世は, 分は, 分を, 分別は, 分量を, 創造力が, 力さえ, 力によって, 力実力といふ, 力量が, 功の, 努力が, 努力さえ, 努力は, 労も, 労力で, 労力も, 効果が, 効果は, 勇気と, 勇気に, 勇気の, 勇氣と, 勉強し, 動作すら, 勢力の, 勢力をも, 十分な, 反抗心を, 古典的勢力を, 名誉を, 呆氣な, 器械なら, 器量が, 器量しか, 器量を, 国内制度社会組織が, 土地も, 堅固な, 報酬が, 変化は, 外国人だったら, 多少の, 大人と, 大將, 大胆さを, 大衆の, 天然の, 天稟が, 奇術の, 女の, 女を, 孤独を, 学資金が, 実力が, 実力と, 実力は, 実力を, 実力をも, 実行力が, 実質が, 客観的な, 客観的内容の, 家族を, 家柄である, 寂漠たる, 寛度を, 将校の, 小事業, 崕道を, 平生の, 広さ, 底力を, 度場をも, 度胸は, 度量が, 度量なく, 引け目が, 引力は, 張合いも, 強い断固, 強い熱, 強力は, 弾力と, 弾性を, 役だった, 役にも, 役割は, 復原力が, 徳義を, 心で, 心構えに, 心構えを, 心構への, 必要は, 思いやりは, 性情の, 性欲を, 恐ろしい修業, 悪い理由, 情熱と, 意力に, 意力を, 意味で, 意味でなく, 意味でも, 意味なら, 意志力を, 意欲を, 意氣込も, 意義の, 意見は, 慎みを, 或物, 戦気は, 所与は, 手引きを, 手数が, 手数で, 手数を, 手段または, 才能と, 批評家では, 技倆を, 技法と, 接着性を, 教養が, 数の, 文化的発展を, 文明の, 新しい事情, 新しい運命, 方法しか, 日光と, 明敏なる, 是非善悪は, 時間が, 時間で, 時間の, 時間は, 時間も, 時間を, 智識あり, 智識が, 智識的準備を, 暇が, 最もおろか, 最も残忍, 有用に, 材料と, 材料比較を, 根拠は, 根拠も, 根拠を, 森厳さが, 楽しさ, 楽しみを, 様式を, 権利が, 権力が, 権威ある, 機会を, 機転の, 正直さが, 歴史上の, 歴史知識が, 段階に, 毎夜の, 比率しか, 気力さえ, 気力も, 気持は, 気持を, 気概の, 気組みを, 決心は, 決心も, 決心を, 決断と, 決断も, 注意を, 洞察力も, 活, 深い静けさ, 潔癖も, 無様な, 無言の, 熱の, 熱を, 熱意も, 物と, 物好きは, 物的証拠を, 狩野直信など, 独立の, 独自な, 現実に, 理由は, 理由を, 甚しく, 生活も, 生活必要品をさえ, 用意の, 用意は, 白いフランスちりめん, 目的だった, 目論なら, 盲動力を, 相だった, 相違は, 相違点は, 真実感をもって, 真心と, 眼力が, 眼識の, 知力さえ, 知性に, 知識は, 短い時間, 研究を, 破壊的な, 確信が, 社会常識の, 社会性を, 科学的知識を, 科学的資料が, 程度に, 積極的確信を, 空間が, 立ち入った準備, 立場からは, 立派な, 精励を, 精気すら, 精神力は, 精鋭なる, 素養も, 素養を, 経済力が, 経験の, 経験も, 経験を, 結果に, 絵だ, 織物は, 義務は, 老いこんだ, 者が, 者と, 聡明を, 能しか, 能力は, 能力も, 能力を, 腕の, 腕も, 自主的な, 自信の, 自信は, 自分である, 自由さえ, 自由を, 自覚が, 良心を, 良心的な, 花火で, 芸の, 芸目を, 苛酷な, 落ち着きを, 落付きをも, 落着が, 融通は, 蠻勇も, 行為に, 街に, 補助を, 要件が, 要意, 見識が, 見識を, 視野の, 親切は, 観察力と, 覺悟は, 解決が, 言葉では, 設備が, 設備を, 証拠も, 証拠を, 証文を, 話である, 話です, 誠実を, 誠意さえ, 説明を, 論の, 論理学的惰性を, 論理機関が, 諦めは, 謂はば, 謙遜な, 講義を, 費用を, 資力が, 資力を, 資料が, 資料と, 資本に, 資格が, 資格の, 資格も, 趣味の, 足数を, 返事を, 追求の, 週期性が, 進歩した, 運命の, 道義心は, 違いだ, 違いな, 違ひであり, 金の, 釣りを, 鋭利さを, 開口の, 閑暇は, 関係に, 関心すら, 隠れ家である, 雅量に, 面倒を, 頭纏める, 餘地が, 骨折りも, 高邁さと

▼ する~ (798, 0.3%)

39 がいい 16 がよい 11 を見た 9 が好い, が宜, では 8 を見る 7 が無理, へ眼 6 へ歩い 5 がずっと, が得策, が正しい, が適当, でも, に向い, へ飛ん

4 [11件] がかえって, がまだ, がよかろ, がより, が便利, が合理的, が容易, が楽, が自然, の部, へ走っ

3 [22件] がい, がどれ, がどんなに, がよろしい, が何, が却って, が多い, が寧ろ, が悪い, が早い, が有利, が気, が穏当, が遥, が間違っ, だから, の側, の物質, へ行っ, へ近づい, を振り返った, を眺め

2 [52件] が, がお, がこの, がその, がはるか, がまし, がむしろ, がもっと, がやさしい, がよかっ, がよっぽど, が世, が他, が外務省, が多く, が安全, が安心, が宜いと, が当然, が彼, が数等, が早く, が普通, が無事, が穏やか, が至当, が近道, が遙, が遥か, が都合, だが, だった, でございましたのよ, なん, にかたむけました, にし, に縋る, に響い, の投票, の雨煙濛, へひた走った, へ行った, へ行つて, もその, をふりかえった, を屹, を振り, を振り返っ, を注視, を眺めた, を見, 宜しく候

1 [428件] かえって人, からなだれ, からは夕方揚げもの, から云え, から帰つて, があたり, がありまし, がある, がいつも, がえい, がおかし, がおそらく, がおもしろい, がかえってよく, がこっけい, がしない, がしばしば, がず, がその間, がたやすい, がとかく, がどれぐらゐ清潔, がどれほど, がなけりゃ, がなまじ, がばか, がふさわしい, がほんとう, がまだしも, がまだ幾らか, がまちがい, がみな急, がもうけ, がもつ, がやがて, がよう, がよから, がよく, がよご, がよつ, がよほど, がよろしかろ, がらく, がりっぱ, がわたくし, がバカ, が一層, が一番, が一番適切, が一番面倒, が万全, が主, が二人自殺, が二元帥, が二里, が人里, が今時, が仕損じ, が便宜, が個人, が僕自身, が先, が公娼, が具合, が出来, が刑, が割, が割合, が勝利, が北, が十倍, が却つて, が又, が双方, が古い, が可, が名作, が君, が味, が味方, が善から, が多, が多かっ, が大いに, が大きい, が好えと, が好かろ, が好き, が如何にも, が安易, が宜いか, が実際, が尤も, が希望, が幾ら樂しみ, が当り前, が得意, が御, が心, が忙, が忠, が思い出, が愚, が感, が或いは, が或は, が手取, が損害, が教育, が文学, が早, が早分り, が早道, が普遍的, が有効, が本当, が本来, が松島, が柄, が楽しい, が歐米, が正当, が正直, が気持, が気楽, が池田, が沢山, が深刻, が清潔, が濫造, が無難, が焦燥, が理窟, が當然, が確, が確実, が社会, が科学的, が穏, が策, が簡単, が精しい, が紀行, が結局, が総て, が考, が自由, が良い, が良かろ, が花々しい, が芸術本来, が苦しくつらかっ, が見事, が見物, が評家, が詩的, が負け, が賢い, が賢明, が踊り子, が身, が配合, が野暮, が間違, が間違い, が難, が面白く, が順序, が麗瑰流暢, じゃあない, じゃありません, じゃからな, じゃない, だ, だけあっ, だけな, だし, だったが, だもの, であ, であった, である, でございます, でした, です, でなくて, で内地, で手心, で気持, で統計, で聴講資格, で裸体, とされる, とは一方, と父, なの, なるが, にある, にしばしば, にしばらく, についておいで, にばかり生活力, にふりむいた, にふりむく, にまた, にも好意, にも覚え, に両手, に今, に傾い, に傾く, に全く, に出かけました, に努力, に効いた, に効果, に向, に向いた, に奇麗, に役立つ, に新, に決心, に目, に考え, に芝居気, に賛成, に走り出しました, に近づい, に近寄りました, に這, に這い寄った, に進ん, に道後少尉, に重み, に集まっ, に顔, に馳, に駈け出しました, のひと, のカデ, の一面, の丘, の主流, の人間, の作用, の作者, の兄, の努力, の即ち, の原因, の壁, の弟子, の意識, の慈悲心, の教示, の種類, の空, の立場, の者, の芸術, の説, の談, の路, の量, の闇, の障子, の驚ろ, は, はいくら, はこっち, はさておい, はつねづね, はなお, はもちろん, はブダペスト, は一人, は云わ, は何, は例外, は前もって, は大山咋神, は大概, は山犬, は幾許, は彈左衞門, は指導, は楽, は止む, は猿楽, は理想, は立ちどころに, は頗る, は飯, へ, へさそわれ, へすすん, へずんずん, へとそー, へとん, へと向かった, へと歩い, へと歩きかけた, へと音, へにじり寄った, へにぢ, へばかり盲滅法, へふりかえった, へむやみ, へものうい, へもはや, へキッ, へヒョイ, へ二三歩, へ仕事, へ伸びあがった, へ偏つて, へ動いた, へ向い, へ向き直った, へ向ける, へ向けるべきだ, へ向っ, へ土手, へ大, へ引き寄せられる, へ往, へ忍び寄った, へ急いだ, へ手, へ武士, へ歩み出す, へ目, へ私, へ突き出し, へ耳, へ行ったら, へ辿, へ辿っ, へ近く, へ近づいた, へ近寄りました, へ追っかけ, へ連れ, へ進ん, へ道, へ遮二無二, へ頭, へ顔, へ飛び込まう, へ飛び込もう, へ飛び込ん, へ首, へ駆けつけ, へ駆け出す, へ駈けだした, へ駈け出しました, も, もありません, もあるだろう, もされる, もなか, もひきずられ, もまた, もをかしい, も仕方, も共に, も在来, も実は, も無責任, よろしく候, をいい, をいう, をうかがう, をうかがっ, をしきりに, をじっと, をすかし, をながめる, をのぞい, をのぞく, をひょいと, をふし, をふりかえっ, をふり向い, をふり向いた, をふり向く, をみあげ, をみか, を両手, を伸びあがる, を向い, を向う岸, を好ん, を学問, を尋ね, を希望, を彼ら, を快し, を振り向いた, を振り向きます, を捷径, を易し, を松本, を気, を照射, を熟, を眺めやる, を眼, を睨め, を窺った, を等しく, を見あげ, を見かえった, を見ました, を見まわした, を見やる, を見れ, を見上げる, を見向きます, を見直す, を見遣りつ, を覗き込む, を辿っ, を述べある, を透し視た, 得なり, 有り赤飯, 然ら

▼ するにも~ (761, 0.2%)

20 程が 17 及ぶまい 6 都合が 4 其おま 3 あらず, どこか, ゲル, 及ばない, 及ばないであろう, 及ばないと, 多くの, 必要な, 非常に

2 [34件] お玉さんは, この種, しないにも, その時, ちやんとか, よるの, 一応自然, 上下に, 他の, 何を, 及ばないが, 及ばないで, 及ばないの, 及ばぬよう, 及びますまい, 及ぶまいから, 及ぶまいが, 及ぶまいと, 幾多の, 当らないでは, 忍びない, 手が, 拘らずそれ, 方法が, 最も適したる, 此の, 気を, 程の, 等しい, 等しかった, 足りないもの, 遑あらず, 関らず, 驚かされた

1 [619件 抜粋] あたいしないもの, あたらない, あたらないこと, あたらんと, あたりません, あたるまい, あたるまいと, あらざる雑駁, あらざる雜駁, あらずただ, あらず又, あらず唯, あらず彼方, あらず政党, あらず政黨, あれを, あんまり落ちつき, いたったの, いち, おのずから彼ら, およばないこと, およばないの, およばぬもの, およばねえとは, お京, お千世, かうするにも, かかはらず母, かかわらずいまだ, かかわらずすでに, かかわらずそれ, かかわらずだんだんはっきり, かかわらずひどい, かかわらずまたは, かかわらず外, かかわらず夜番, かかわらず彼ら, かかわらず沼津, かかわらず法水, かかわらず熱心, かかわらず言語, かかわらず誰, かかわらず起き上がって, かかわらず身, かかわらず院, かの仏蘭西戯曲, かれこれ此, こういうやり方, こだわりが, このこつ, この万年筆, この体, この内牢, この焼石, この辺, これだけの, これほど, しかねる, しねえにも, しようがなかつた, しろという, しろ僕, すみずみまで, せかせかと, せよこの, せよこれ爾, せよまず, せよ一雑誌, せよ何, せよ政, せよ机上, せよ業態, せよ百三十俵, せよ私, せよ遅く, ぜひ殿様, そう恐縮, そこには, そつの, その宣言, その手伝い, その手懸り, それだけの, それに, それは, それらの, それ丈け, そろったこと, そんな風, ただプラプラ, たとえようか, つい駈け, どうし, なお一層, のうけれども, のろのろと, ひそひそ囁く, ほかの, ほんまに, まごつく程, まず, まずひと, まず最初, また一応, また人, また隊伍, まったく金, まづあ, みんなその, もっとも多く, もっと近い, もの憂くて, やはりこの, やはり相当, ゆするにも, よく十人並, わざと感情, ゲルが, ゲルという, トコトンまで, モジモジし, ユーモラスにしか, 一々徹底, 一人の, 一年三百六十五日みな吉と, 一往の, 一斉に, 一概に他人, 丁寧に, 万国の, 下駄を, 不明で解けない, 不都合だ, 中学生の, 事を, 事務を, 二つの, 二三もしくは, 二三回休ん, 二人養う, 二十年は, 京都の, 人に, 人を, 人民の, 人間を, 人間的性格を, 仕事は, 仕方が, 他による, 似たそんな, 似たらずや, 似たり, 似たる御, 似た心持, 似た愚かさ, 似た果敢ない, 似て, 似れば, 位官等級の, 低い経机一ツ, 体が, 何ん, 何事を, 何所へ, 余りある, 余程暇, 使い働きに, 便利だ, 便利な, 係はらず, 値いしない, 偉い者, 健康が, 健康は, 働く工場, 億劫でない, 優に一日, 元気の, 先立つは, 先立つもの, 先立つ者, 先立つ金, 其おまえさますら, 其の疑い, 其口調に, 其同意を, 凄まじい意気込, 出来ないよう, 出来ない深い, 刀を, 前以, 副産物の, 劣るよう, 努力とか, 励みが, 勞働時間を, 千円近くの, 卑劣でない, 卓を, 危険の, 厄介な, 原則として, 又相当, 及ばざること, 及ばず, 及ばずただちに, 及ばずはじめ, 及ばないこと, 及ばないでしょう, 及ばないので, 及ばないやう, 及ばないよう, 及ばなかったであろう, 及ばなかったと, 及ばなかったの, 及ばなくなったよう, 及ばぬ, 及ばぬこと, 及ばぬであろう, 及ばぬと, 及ばぬ事, 及ばぬ即刻銃殺, 及ばぬ筈, 及ばねえ, 及びませぬが, 及びませぬわい, 及びませんし, 及びませんでしょう, 及ぶまいじゃ, 及ぶまいという, 及ぶまいわれわれ, 及ぶまい女, 及ぶめ, 友達に, 只金を, 号令には, 同じ事, 否定する, 吾, 周公が, 呪文を, 命掛です, 咄家自身の, 唯政治, 器物が, 困るよう, 困る程, 国土民情に, 地火風水の, 堪えがたい暗愁, 堪へぬ様, 堪へませんでした, 声が, 声は, 外の, 多人数おけ, 多少手加減, 大名の, 大方彼, 女を, 女房を, 好いこと, 姉と, 威張るにも, 子供の, 宜い, 宮は, 家の, 容易で, 容易ならざる, 容易に, 寺僧または, 寺社方の, 少くとも, 少なからざる, 岬の, 工場で, 工業的の, 差支える, 常に席, 常に細君, 平たく物静か, 平常の, 幾万言を, 廻りくどい, 弁証法的方法による, 弁道工夫する, 当たらないこと, 当たらないなあ, 当たるまいこんな, 当たるまいよ, 当らないからと, 当らないじゃ, 当らないと, 当らないなう, 当らないの, 当らなかったん, 当らぬこと, 当りませぬが, 当りません, 当るまい, 当るまいあの, 当るまいおそらく, 当るまいが, 当るめぇに, 当然或, 役立ちます, 彼でなけれ, 心にも, 心の, 必ずその, 必ず古人, 必要に, 怒号せず, 怨を, 恋を, 恐ろしく時間, 慎重に, 我夫てんで, 我慢の, 我等は, 手さぐりであった, 手に, 手先が, 手出しが, 打算的に, 抒情詩風の, 拘はらずなだめるやう, 拘らず, 拘らずなお, 拘らずまだ, 拘らずビール, 拘らず依然として, 拘らず動, 拘らず大御神, 拘らず少し, 拘らず月, 拘らず毅然, 拘らず生憎, 拘らず男湯, 拘わらず卵, 拘わらず市井, 政治運動する, 教育する, 散策を, 敬語を, 敷居一筋の, 文学そのものの, 文学や, 文学本来の, 日が, 日の, 日本人自身で, 昔の, 昵懇に, 時間割と, 更に何, 最もふさわしい, 最も自由, 朋友に, 木版では, 本当の, 材木を, 極めて余裕, 極端に, 楽しみが, 概念分析が, 歌う, 正しい科学的精神, 武器が, 武士には, 殆ん, 母親の, 比すべくまた, 比較すべき, 毛綿の, 気が, 決して一本, 決して亂暴, 決して押しつけがましい, 沈思する, 活動を, 涙が, 火花的な, 無口で, 無造作で, 父と, 父母祖父母までの, 物の, 物憂かった, 特殊の, 玄徳を, 理由が, 瑣事だ, 甚だしく不, 生々と, 男は, 當らない, 當らぬ, 當るまい, 白昼公然で, 相手に, 相手を, 真に旧藩地一般, 真剣勝負であった, 真理真理を, 知識も, 知識的で, 石臼法を, 秀吉の, 程という, 程度が, 種も, 笑われは, 等しいで, 等しいもの, 籤で, 精, 約三千万円, 組合の, 経綸を, 結局当の, 絶佳の, 綿密且つ, 美濃から, 考えずには, 聲を, 背後の, 胡麻化し, 自ら愉快である, 自分の, 自分のみを, 自動的なる, 自動車を, 至った者共, 至るであろう, 至る訳, 至尊や, 至極あっさりし, 舟による, 良いと, 芸術上の, 苦しみまする, 草鞋ば, 落付かれない, 薄化粧ばかり, 藥にも, 行く方向, 行列多少, 行列陞進する, 袈裟衣を, 計算が, 訴えるにも, 詮じつめれ, 誠意は, 讀んで, 貧富に, 費用の, 贅沢な, 足らないし, 足らない奴, 足らぬ, 足らん, 足りない, 足りない程度, 足りない荒れかた, 足りない通念, 足る新, 躊躇せざる, 身に, 身を, 身体が, 農業を, 近いん, 遊ぶにも, 遊ぶ手, 遠すぎる, 酸素発生器を, 野たれ, 野趣の, 金さいあり, 金箔を, 金金, 鈍な, 長い観察, 関はらず, 難くない, 電車賃さへ, 非ざれ, 音を, 頓着なく, 顔が, 食事する, 駄目だ, 骨が, 骨の, 高い声, 魅入られたよう, 鰹節は

▼ する~ (753, 0.2%)

22 を持っ 21 がない 20 がある, はない 17 もない, を持つ 13 をもっ, を有 12 もなく 10 を失っ 9 がなかっ 8 である, のない 7 を有する 6 はなかっ, を有っ 5 がなく, をもつ 4 があっ, があった, が無い, が自分, だと, です, のある, を欠い 3 がその, というもの, となる, はありません, もありません, をもたない, を全く, を具

2 [38件] あるもの, があるなら, がなけれ, が何, が生れ, が私, が足りない, が隠れ, さえない, であると, ですか, で潜水艦, なの, に依存, のこと, の無い, はむしろ, はやはり, は今, は何, は全然, は持っ, は誰, は非常, もある, もなかっ, もなくなっ, も出ません, も無く, をもち, をもった, をも有する, を具え, を失つて, を得, を得よう, を持たなかった, を有するなら

1 [402件] あったが, ありて, ありと, ありや, ある事, ある宗門, ある感情, いたって強く, いろいろ入り組んだ, からいっ, か遠ざかる, が, があつ, があの, があり, があるべき, があるらしい, があるらしかった, があれ, があろう, があんた, がかなり, がこもっ, がこれ, がじりじり, がつき, がなくっ, がなくなる, がなんで, がのこっ, がほしい, がほとんど, がまるで, がもう, がもと, がようやく, がニルヤ, が互に, が仏像, が他, が伴う, が信ちやん, が働い, が働いた, が働くなら, が働け, が全身, が其の, が其言語, が出来, が出来た, が勝った, が十分, が増す, が多, が大きく, が大層, が失われ, が存在, が実感, が少し, が平衡, が年, が弱っ, が弱まった, が強い, が得られない, が抜け, が拔, が有る, が極めて, が次第, が残っ, が母, が比較的, が湧き上がっ, が潜ん, が生じ, が生まれ, が私たち, が籠る, が薄く, が藻, が衰えた, が見出されなかつた, が鋭敏, が非常, が顔, さえなく, さえなくなっ, さえも失っ, さえ失った, その必要, だ, だから, だけの時期, だつた, であったの, であつ, であること, であるとしても, ではありません, ではない, では眩, でもある, で知られる, というよう, といかなる, といふもの, とうぜんベリッ, とか働き, とか認識, とが薄弱, としての自立性, として二つ, として外部, として放送委員会, として残るであろう, として虚無, として附着, とてもなかっ, となっ, となつ, となつて, との三つ, との上, との恐ろしい, との苦しい, との釣り合い, とはいかなる, とわが, とをもっ, とを奪, とを敵, とを示し, と一杯, と云った, と外, と心理, と檢事, と死なそう, と肯定, と行為, なきも, なくし, なく従って, なく身, なし, なしと, なしとて, など持っ, なり, なんかあ, なんぞ持つ, なんてもう, にとぼしい, になる, にはある, にはならない, にはならなかった, にはなり得ない, によってでなければ, によって得た, に乏しい, に充満, に向っ, に対して人間, に対して畏服, に對, に干渉, に引き戻された, に慣れない, に抗しきれない, に於, に服属, に滿, に甚, に逢着, のため, のなかっ, のなくなった, のまにまに, のゆえ, の乏しい, の優れた, の加わらぬ, の増加, の外, の大, の大き, の大小, の如何, の存在, の常住, の強大さ, の強弱, の形象化, の怖, の意識, の故, の方, の旺盛, の極度, の深, の減少, の源, の源泉, の甚だ, の程度, の積極性, の籠つた女, の速, はあっ, はありませんでした, はある, はうまく, はおそらく, はおろか, はかえって, はこれ, はそこ, はその, はそれ以上増加, はちつ, はとき, はともに, はないでしょう, はなく, はなくなっ, はなにびと, はまだ, はまるで, はもたず, はもたぬ, はもっ, はもつ, はわし, は世界何処, は今日確か, は付着力, は何で, は依然, は信仰上, は充分, は十分, は千恵造, は同日, は増加, は大きい, は失われ, は姿, は実力, は峻烈, は常に, は彼ら, は必然的, は恋, は恐し, は恐ろしい, は情熱, は持たず, は持たない, は持たなかった, は水素, は永遠, は波長, は漠然たる, は現在, は益々, は相応, は私, は脳中, は製作, まで持っ, もあっ, もうせ, もうのみ, もつきたらしく, もなくなった, もなくなりまし, もなし, もなみなみ, もまた, も同じく, も国, も大きい, も失せ, も失っ, も平凡, も引き出される, も弱き, も強い, も才能, も指揮, も望み, も無い, も無え, も脱, も道義心, も関心, も養われ, や不幸化, や人, や旅, よ, を, をくれた, をすっかり, をすでに, をそなえ, をそなえた, をはこびます, をば有せなかつた, をば殆ど全く, をまだ, をもたなけれ, をもたぬ, をもたれる, をもったでしょう, をもつた, をも骨身, をコントロール, をソロバン, を下, を与え, を与えたら, を与えません, を与えられ, を与えられる, を与える, を与へた, を与へられない, を以て反抗, を以て如何なる, を備えた, を具える, を分つ, を利用, を刻々, を反動期, を呪, を喪っ, を囘復, を回収, を増す, を増大, を増殖, を失, を失った, を失つたの, を奪, を奪っ, を帰し, を幾分はっきり, を強めよう, を形作, を得る, を応用, を思い出させた, を恵まれ, を感じます, を扱い, を持たない, を持たね, を持ち, を持ちだし, を持ち始めた, を持った, を持て, を捨てたい, を授, を棒, を欠き, を欠く, を残し, を洗い落とし, を減じたであろう, を獲得, を発揮, を示し, を示す, を社会的, を神さま, を糸切歯, を缺, を考へなけれ, を自信, を蓄, を蓄積, を言い表わす, を許す, を試驗, を身, を逞しゅうする, を阻止, を養い得た, を養わなけれ, 即ち神, 延びようと, 弱い無駄, 無き者, 逃げこもうと

▼ する~ (728, 0.2%)

73 になつ 27 になった 21 になる 16 なもの, な事 15 なこと 14 になっ 12 にし 11 にな 10 な気 8 だ, になりました, に云った 7 な人 6 な口調 5 な者, な調子, にもなつ 4 ですが, な顔, になり

3 [17件] だが, である, です, なお, な場合, な声, な心持, な感じ, な所, な話, に, に千世子, に見える, に言, に麓, を想像, を見

2 [36件] だった, であつ, ないや, なの, なり, な大きな, な大胆, な心地, な性質, な恰好, な愚, な態度, な死相, な物, な発想, な言葉, な訳, な語気, な風, にしたら, になりまし, になります, にも取れた, に云つて, に体, に力めた, に受取られる, に彼, に感ぜられ, に手, に暗い, に私, に自分, に見せ, に言った, に述べ

1 [326件] がその, が思ひ起される, が手, が明, が画い, じゃが辛抱さ, だったら又, だね, ちと可笑しく, であった, でありますが, である其の, ですから, ですけれど, でたまらなかっ, では, で心配, な, なあと, なあの世, ない, なうまい, なおごそか, なお話, なかおっつき, なかるい悲し, なしっかり, なすばらしい, なそんな, なたどたどしい, などを眺める, など見え, なので, なひどい, なひ弱い, なもん, なやり方, なレベルトアール, なワンステップ風, な一種, な下腹, な不具者, な不快, な予定, な事柄, な二十五六, な体裁, な何物, な例, な光, な光りを, な処, な出来事, な判断, な勢, な友人, な反物, な合点, な含み笑い, な呪い, な問題, な境遇, な変, な大, な大声, な大気, な女, な奴, な娘, な安易, な家出娘, な宿屋, な小さい, な形, な役, な心持ち, な快感, な恨み, な悪魔, な意気地, な意気込み, な意気込んだ調子, な手ぬるい, な打ち合わせ, な批評, な技巧, な日, な明細, な暑, な杉皮葺, な格好, な構え, な様子, な権式, な歌, な死, な比, な気合, な気持, な活用, な派手, な為事, な無作法, な無意味, な無礼, な無邪気, な爽, な物言, な犯罪者, な理論, な男, な病的, な皮肉, な目つき, な目差し, な真似, な眼, な砕けて, な破廉恥, な確信, な科学的, な立派, な笑い方, な篤志, な系統, な素振り, な美, な羽叩き, な考, な脅迫, な自由, な落花後, な葬具屋, な虚栄心, な血腥い, な表情, な親し, な言い方, な訥弁, な語感, な賤, な返事, な関係, な響, な頸, な風俗, な風潮, な騒ぎ, な騒音, な高い, な魅力, にあの, にあやつられた, にいきなりニヤリ, にうなだれ, にえき, にお, におちょぼ口, にお節, にかけ声, にかるい, にきれい, にくどくど, にくるり, にこんな, にごく, にさ, にしずか, にした, にしなけれ, にじっと, にすすめた, にすら見える, にそう, にそっと, にその小さな, にそんな, にたのんだ, につて, にであっ, にと命名, にと望むなら, にと私, にと言った, にどこ, になぐさめ, になるだろう, になれ, にひねくり廻し, にびっくり, にぽ, にまかれた, にまっか, にもう一度, にもなり, にゆすぶった, にイタワリ, にクネクネ, にグナリ, にコツコツ, にスラスラ, にソッとうしろ, にヘラヘラ, に一同涙, に一寸, に両, に二三度口, に云い, に云い渡され, に云っ, に仕向ける, に余, に依頼, に傾いた, に兄, に先ず, に八幡神, に其の, に出来上ったら, に切に, に到った, に努めた, に勉め, に勧めた, に合図, に命じた, に唇, に変った, に大仰, に居なくなった, に当り, に彼女, に得意相, に心, に心持顔, に心掛けた, に怖, に思い, に思はれ, に思はれる, に思われ, に思われたくない, に想わるる, に感ぜられる, に成つた後, に我儘, に戸, に技巧, に教えられた, に教え込まれ, に暫く, に杉山, に杉本, に東, に東京, に死人, に母親, に毒, に気, に気味悪く, に求められる, に沢山, に注意, に照り付け, に父母, に牛込区, に現代人, に男みたい, に目, に真弓, に眺める, に短, に祈る, に空, に答, に簡単, に結婚, に致したい, に苦しい, に薄い, に袂, に見, に見えます, に言ふた, に計っ, に跳ね上っ, に身体, に述べ立て, に遙, に適当, に部分, に部屋, に鏡, に隅, に静, に靴, に顋, に馴れ切った, のいじらし, の誘惑, はギリシャ, は世界, は人, は他所目, は哀切, は壮者, は得, は艶かしく, は見る, は野獣戦, は雪峰, よ, を傍, を写し, を妹, を委しく, を描かせた, を歌う, を珍しく, を神人, を蔑まず, を見た, を謳う, 命じた, 命ぜられた, 見ゆ

▼ するかの~ (715, 0.2%)

334 ように 72 やうに 44 ような 13 やうな 11 ようであった 9 様に 8 ようである 7 如くに 6 ごとく 5 やうで 4 ようだ 3 ようで, 問題を, 女の

2 [15件] ごとくその, ごとくである, ようであり, ようにも, ジャヴェル探偵にも, 二つの, 原因を, 問題, 問題が, 問題である, 如く見える, 方法を, 様な, 樣な, 輩です

1 [163件] いずれかしか, いずれかに, うとうとした, ごとき屈辱的, ごとき感じ, ごとき様子, ごとき立場, ごとき表情, ごとき錯覚, ごとくあらぬ方, ごとくいい, ごとくであった, ごとく実に, ごとく容易, ごとく容赦, ごとく思うて, ごとく我々, ごとく浮き上がった顔, ごとく片手, ごとく精神的, ごとく見える理由, ごとく見せかけて, ごとく話しかける時, ごとく青焼き人形, どれか, やう, やうな思ひ, やうな苦りき, よい例, ようだった, ような云い表わし, ような驚くべき, ようにさえ, ようにしか, ようほ, よう幾本かの, カフエパゥリスタの, バーミュダ会談を, ラグビーは, 一つを, 不安で, 二例を, 二途しか, 二途の, 二郎なり, 人たちである, 人工の, 充全の, 其処に, 分れ目だ, 動揺が, 勢い, 区別は, 去就二途の, 問題な, 問題の, 問題は, 問題も, 国家主義社会政策の, 境い目に, 境遇に, 外に, 大切な, 大略二つの, 天体の, 女は, 如き云, 如き前代, 如き勢い, 如き口吻, 如き季節, 如き嶮, 如き形, 如き意向, 如き新聞社, 如き概, 如き状態, 如き調子, 如き質実剛健ぶり, 如き非, 如き顔, 如く, 如くすごい, 如くそれ程, 如くぢ, 如くであり, 如くまことに, 如くジジジジ, 如くバラバラ, 如く両手, 如く事実上, 如く動向, 如く卓, 如く又, 如く合奏し, 如く固く固く, 如く妄想, 如く幾分, 如く徳川夢声ひとりその道, 如く思いこんで, 如く恐る, 如く感ぜしめる理由, 如く或, 如く手を, 如く方々, 如く橋上, 如く滝川一益, 如く爪, 如く目を, 如く見え, 如く見えるであろう, 如く見せ, 如く見る, 如く言いかけた, 如く評せられるもの, 如く首, 如く高氏, 定め方である, 実質内容につき, 実際, 小女こそ, 工夫だった, 形で, 志向も, 思いを, 思惟の, 情感すべての, 手段を, 方策が, 星も, 晴れやかな, 楽しさ, 樣でした, 樣に, 欲求や, 準備も, 焼香場を, 理由も, 理由を, 研究で, 程度によって, 笑ひ, 結果として, 血相に, 複雑な, 見当が, 見本とも, 見込が, 観を, 説明である, 論理でも, 貿易は, 趣ある, 道すじが, 道筋を, 違ひ, 違ひだわ, 鉄環の, 闊達恬淡な, 非大衆, 音楽以上の, 頂点に, 點に

▼ するかと~ (713, 0.2%)

77 思うと 42 いうと 27 思って 24 思えば 22 いえば 15 いうに 13 云ふ, 見て 12 思われた 11 思ふと 10 いふと 9 思へば, 見れば 8 思う 7 云えば, 思うほど 6 いふに, 云うこと, 云ふと, 見ると 5 いふこと, 云うと, 思いの, 思うよう 4 いいますと, いへば, 云うに, 云へば, 思った, 思ふほど, 思われる, 申しますと, 言ふと 3 思いのほかに, 思うが, 思ふ, 思われたが, 思われたのに, 言うと

2 [23件] いって, みえたが, みれば, 云う事, 云ふこ, 他人樣の, 念を, 思いきや, 思ううち, 思うところ, 思うほどに, 思った期待, 思はる, 思われます, 思われるばかり, 思われるよう, 毎日漠然と, 私も, 聞いて, 言いますに, 言うに, 言ふ, 訊くと

1 [263件] いいだした, いいますとね, いう, いうが, いうので, いうのに, いったらあの, いったら胃液, いひますと, いふ, いふところ, いふ事, おもいの, おもうと, おもえば, おもわれたが, お三輪, お前は, お増, お訊き, きいた, きいたら歩きながら, きいて, きかれても, さへ, しきりに降り続け, しばらく闇, じいっと盗み見, すさまじかり, そうきかれれ, そればかりを, たづねた, つても, なると, はらはらし, ひツそり, ふじこが, ほかの, みて, みるま, めいめい先を, ゆめに, 一同が, 一種の, 一途に, 不審に, 不思議に, 世間に, 二ツ三ツ瞬い, 云いますと, 云い出して, 云い出すと, 云い小娘, 云うかも, 云うのに, 云う問題, 云う大体, 云う条件つき, 云った風, 云は, 云はれ, 云ひます, 云へ, 云われても, 人が, 人に, 人見は, 今度は, 他人様の, 信じて, 俺の, 僕たちも, 僕は, 危み思ふ, 危んだ, 叱った, 叱つて承知, 向うの, 咽喉を, 問い詰められたとき, 問うラ答, 問えば, 問わねば, 問われるであろう, 固唾を, 存じ候, 審る, 尋ねた, 尋ねて, 尋ねましたら父, 小さくなっ, 帝は, 引れゆきし, 彼女の, 待ちか, 待った, 心配し, 思いのほか相変らず, 思いの外いきなり, 思いの外ええ, 思いの外みるみる, 思いの外呀ッと, 思いの外憎々しい, 思いの外真実叔父を, 思いましたハイ, 思いますと, 思いますのに, 思いますのよ, 思い様々, 思うくらい, 思うこと, 思うて, 思うばかり, 思うもの, 思うもん, 思うらしく背伸び, 思う程徹底的, 思えます, 思ったが, 思ったくらい, 思ったけれど, 思ったこと, 思ったこの, 思ったところが, 思ったので, 思ったのに, 思ったらいきなり, 思ったらまるで, 思ったらみんな, 思ったら君昨日, 思ったら部屋じゅう, 思った新子, 思ってさ, 思つたから, 思つたに, 思つたら, 思つてある, 思つてしばらく, 思つてそつと, 思つてそれとなく, 思つてみ, 思つてゐます, 思つてゐる, 思つて今朝ちよつと, 思つて付い, 思つて滅多矢鱈に, 思つて私は, 思つて見, 思はれた, 思はれるほど, 思ひの, 思ひました, 思ひますと, 思ひ見物, 思ふて, 思ふほどに, 思わしめる所, 思わしめる程, 思わせるの, 思わる, 思わるるほど, 思わるるほどの, 思われたとき喀血, 思われたの, 思われた時, 思われながら, 思われました, 思われましたが, 思われるくらいの, 思われるふし, 思われるほど, 思われる国外, 思われる広間, 思われる柔かい, 思われる様, 怪しみ想像, 怪まれました, 怪訝に, 怯えつづけて, 恐る恐る彼, 息を, 惑うよう, 惑われその, 懸命に, 春吉君が, 時々そう思います, 期待し, 案じた, 横眼で, 歎き暮した, 気が, 沿道の, 注意し, 浅ましくさえ, 独りで, 申すと, 申せば, 疑った, 疑ったもの, 疑った何, 疑はる, 疑われるほど, 目を, 相談を, 神経を, 私の, 私は, 窺って, 罵れば, 考えて, 考えないならば, 考へて, 考へては, 耳を, 聞いた, 聞いたら先生, 聞いた時, 聞かば, 聞かれた時雨山氏, 聞かれても, 聞かれれば, 聞きだした, 聞ゆる, 聴て, 苦しんだこと, 蒸し暑く, 見えたの, 見えたので, 見えました, 見させたところが, 見たり, 見ゆる瓦斯灯, 見る, 見るに, 見る間, 覚しき一種, 言いますと, 言い訖, 言う, 言うこと, 言うん, 言う学問, 言えば, 言ふこ, 言へば, 訊いた, 訊ねたところが, 訊ねる者, 訝しまれ, 詰問されるでしょう, 詰問なさる, 謹聴し, 責めたり, 質問される, 質問した, 質問する, 質問を, 近くの, 迷った, 道夫は, 醜く思われる, 驚いて, 驚くこと

▼ する~ (702, 0.2%)

38 のもの 14 である 8 がある 7 ではない, による 6 だ, となった, の一つ, の存在 5 だが, なり, の或 4 があった, がない, となる, によれ, に横たわる, のイデオロギー, の哲学, の科学

3 [13件] であった, であつ, であるが, とは異, にある, の, のこの, のない, の論理, の諸, はない, もある, を見る

2 [44件] あり, ありき, から右手, から発生, があつ, があります, があるまい, が中だるみ, が大きい, でした, です, ではなく, となり, となりし, となれり, とはならなかった, ならずや, にし, に従って合理的, に成立, のそして, のその, のものそのもの, の事実, の云わ, の何物, の作用, の優越, の古き, の夫, の平均的, の思想, の批判, の技術, の特色, の理念, の社会, の趣味, は等しい, へお, もあります, もなく, を圧, を私

1 [430件] あくまでも娯楽的, ありければ, ありしかして, ありて, あり予, あり遂に, あるは, あるを, ある流言, からであった, からまじ, から夏演奏, から大きな, から小説, から心, から来た, から果, から此, から河童, から猿楽風, から現に, から生じ, から見, から言, から進歩的, から選ばれた, から黄色く, かスッカリ, か却って, か坂井屋, があ, があっ, があるらしく, がもっとスッキリ, が今, が判る, が別に, が如何にも, が恰も, が機械論, が無い, が熊野, が関東東北, が頼もしい, じゃなん, ただ見る, たり, だが槍, だけを見た, だっけ, だった, だったの, だつた, だな, だろう, であっただろう, であって, であります, であり存在論, であるから, であるならば, であろう, でございませう, ですから, でない, ではなくし, では備前物, では女性, では我国, でまた, でもあっ, でも妙, で倒れ, で刑法課, で又, で御, で思いがけなく, で書き収め, で本集後半, で殊に, で腕車, で証人, で話, で非常, として有名, とちがった, となした, となっ, となつ, とならね, とならん, とは無関係, とを別, なかるべからず, なかるべからずと, なき涅槃, なく吐き出す, なく我々後進, なし, なの, ならん, なりき, なるが, なれど, なれども, にあらず, にあらね, にあり, において非常, にこそその, にそれ, になけれ, にはならない, には必ら, には恋愛, にぽつねんと, にも困らない, に一度, に下る, に与へられる, に之, に依る, に其の, に凡て, に利家, に創作方法, に原因, に右, に在る, に埋め, に大きな, に夫, に存する, に存在, に弟隆政, に従え, に従って之, に得られる, に成り立っ, に成り立つ, に拠る, に新, に木立ちの, に植物学研究, に特色, に独り無事, に生ずる, に発見, に目, に真, に砂山, に章魚胡坐, に置いた, に臨む, に自己, に錯列法, に非, のかかる, のそれ, のよう, のカクテル, のカント的立場, のキング式, のブルジョア的社会概念, のメカニズム, のモメント, の一人, の一片相, の一種異様, の一見, の一過程, の下位イデオロギー, の不規則, の世界, の世界直観, の両, の主体的能力, の事, の二つ, の二三, の人間, の仕事, の他, の体系, の例, の倫理学, の倫理説, の児輩, の典型, の判断, の効験あらたか, の包括的, の単純, の印象派風, の危機, の即ち, の原因, の原理的, の反, の各種, の吾, の唯物論, の唯物論的弁証法, の善導的感激, の嚮導原理, の固有, の国家そのもの, の地方地主, の報道, の声明書, の変化, の外, の大きい, の大衆, の存娼大会, の実在それ自身, の実行手段, の対立的特色自身, の封建主義, の小宇宙的太陽系, の少く, の山懐, の崖, の市街, の広告, の当の, の心理的, の悲しき, の意, の意見, の意識, の態度, の批評, の技術哲学, の技術手段, の指導者, の操作, の擬国会的存在, の数学, の文化上, の文化的風景, の文学方法, の文明, の文書, の新しい, の新渡戸博士, の新聞, の方, の方法, の方法概念, の日常性, の日本, の日本ファッシズム, の日本文化上, の時事的, の本質, の条件, の東洋画, の根本概念, の極めて, の概念, の概略, の機械論, の機能, の水, の没批判的理論, の物質, の特徴, の現象, の理論, の理論的克服, の生きた, の生活, の生物学主義, の生産関係, の発見的原理, の目的, の目的論, の眼, の知事, の社会理論家, の社会的地盤, の竜神, の精神的貴族主義, の結合体, の総体, の総体的, の線, の自然主義的, の自然科学, の芸術, の芸術的形象化, の茅氏, の虚偽, の虫, の行動主義そのもの, の表情, の要具, の言わば, の認識, の論理上, の論理学, の論理的, の資本主義, の過程, の還元性, の部曲, の部類, の重大, の間接, の集団, の非, は, はありません, はある, はいう, はその, はそんな, はないでしょう, はなかっ, はなかつた, はやはり, は一体, は之, は云う, は今, は何処, は作家, は併, は倫理, は其所, は単化, は同じ, は大, は大きい, は妙, は実, は実は, は実証的精神, は広く, は必ずしも, は恋愛, は恰も, は所謂絶対的, は東京, は正しかっ, は正に, は決して, は狐, は現存, は男女, は自己維持, は興味, は詩的感激, は路次, は通路, は進歩党, へこれ, へつくだ煮, へは日々飯菓等, へは芝居, へ三吉会釈, へ上, へ下女, へ丹治, へ五種, へ何時, へ分家, へ坂, へ塚田巡査, へ墓参り, へ少年, へ帰っ, へ此奴, へ生憎, へ盛政, へ蛇瓶, へ赤い, へ通り掛, へ通り掛った, へ馬子, まで御足労賜, もあり, もあるやらん, もし裁判権, もまた, も別, も忌, も無くっ, も重, やられたの, らしい, を, をお, をこの, をさ, をしっかり, をまた, をもっ, を一生懸命脇差, を云うであろう, を他, を仲働き, を助けた, を半, を又, を喜代松, を土足, を夢み, を大体, を大勢後, を己, を広く, を庄太, を廊下, を御用, を新吉, を理解, を矛盾, を知らなかった, を縛り上げた, を考へた, を舞台, を見, を見せました, を見た, を飛かかっ, 大きい, 少なくは, 従っていつも

▼ するうち~ (677, 0.2%)

13 にその 1211 に私 9 に彼 8 にこの 7 にもう 6 に日 5 にお, にそこ, にだんだん, に自分 4 にふと, にまた, に二人, はまだ 3 にいよいよ, にすっかり, にやがて, に一人, に今, に夏, に彼女, に春, に疲れた

2 [56件] ある日, お庄, かのもの立, にある, にいつのまにか, にそれ, にとうとう, にどんな, にふしぎ, にもっと, にもどうも, にセルゲイ, に三人, に三年, に三月, に人, に何, に停車場, に兄貴, に半, に又, に叔母, に取り調べ, に味方, に咽喉, に女, に好い, に妙, に小, に少し, に幾百組, に彼等, に思わず, に急, に悲しい, に或, に手, に日暮れ, に時, に時計, に月, に東, に栄養, に次第に, に目, に私共, に私達, に秋, に空, に突然, に節, に美禰子, に自然, に遂に, 又自分, 約一時間

1 [436件] あやまって, ある夜, うれしそう, おかしなこと, おねえさまたち, お国, お日さま, お梅, お酌, か知らなかった, が世の中, が女, きっと南, すっかり評判, そのお姫さま, その年, たしか十八, だんだんからだじゅう, だんだんそれ, だんだん紫宸殿, だんだん顏馴染, ついこの, つい昼間, つい気炎, とうとうひい, とぼ, どうかした, どうした, にあ, にあの, にあばら骨, にありとあらゆる, にいいつけた, にいく, にいくら, にいつ, にいつか, にいつかしら, にいつか一ト月, にいつか主, にいつか夜, にいつか彼, にいつしか, にいつのまに, にいつの間に, にいつも, にうた声, にうと, にうとうと, にうま, にうらうら, にえらい, におろか, におんな心, にお腹, にかさ, にかの, にかの強盗, にぐしゃっと, にここ, にこれ, にこわれた, にこんど, にこんな, にさく, にさすが, にさらに, にしまいに, にじきに, にす, にずっと, にそっと, にそろそろ, にそんな, にたしかに, にちらちら, にちらりと, についに, にても男子, にどうしても, にどしり, になんだか, になんとか, ににやにや, にはじめ, にはすでに, にはずいぶん, にはちっと, にはどうやら少し, にはまったく, にはもの, にはや, にはるか, には三時間ぐらゐすぐ, には今, には兵隊, には双方, には叙事詩, には多分, には慈悲, には灣内, には自然, には里子, にば, にふい, にほんと, にまたもや, にまもなく, にまるで, にまん中, にもいろいろ, にもうすっぺら, にもくっ, にもそり, にもど, にもどこ, にもまんざら, にもファンティーヌ, にも何度, にも子分, にも尚子, にも萬更, にやつ, によい, にようやく, にわあ, にわずか, にわたくし, にわたし, にわだかまり, にイワツバメ, にエリーザ, にオバケ, にスクーナー船, にタフト氏, にチチコフ, にハーモニカ, にピラ, にボツボツ店明, にヤット満足, にルピック夫人, に一〇〇メートル位, に一人殘ら, に一学期, に一方, に一方また, に一時昂奮, に一番川, に一艘, に七月, に七月十七日, に不, に主人, に事, に事情, に二つ, に二十四か所, に二羽, に五分刈, に人様, に今年, に似た, に住ん, に何だか, に何となく, に余罪, に例, に侍共, に侯, に信, に信長公, に先, に先妻, に先方, に兵隊全部, に内儀さん, に再び, に冬, に冷静, に凡て, に北川, に十年, に十数名, に十日, に千枝子, に午餐, に半紙八つ切り, に単調, に去年, に叔父, に各, に和田勢, に喜代子, に單調, に団子屋, に圭さん, に堂, に夏休暇, に夕映え, に外, に夜寄席, に夢, に大きな, に大体コツ, に大切, に天幕, に天晴れ野武士海賊, に天正, に太, に奥, に女中, に妙恵, に妻君, に始まり, に始終, に姫, に娘, に季節, に宮崎, に容子, に寒く, に寛永九年, に寺, に寺子屋, に尊い, に小原, に小屋, に小鳥, に少年, に山崎, に山賊, に岩村透先生, に巧まずし, に師直方, に席上, に平尾氏, に幾たび, に序戦, に店, に座敷, に庭師, に式, に弟子, に弱い, に形, に役人, に彼ら, に彼泣聲, に往来, に後, に徳兵衛, に心がけ, に忽ち, に怪物, に恋愛関係, に恰度停留場, に手拭, に持っ, に描い, に描き出した, に支度, に救護隊, に数, に数数, に文吉, に文覚, に斎宮, に新入者, に新茶, に日本出来, に日清戦争, に早く, に明智探偵, に明治七年, に昼, に昼時分, に時代的, に時間, に曖昧, に更に, に朝, に木城氏, に木山, に机, に李逵, に村会, に松, に松尾, に松村, に果たして, に柝, に根気, に模様入り, に樹明君, に機, に次第, に正月, に殿下, に民子, に気, に気候, に気分, に汽車, に泡鳴, に消えた, に深く, に湧きたつ, に漁夫, に澱んだ, に濃, に火夫, に烈しい, に無くなっ, に煙, に父, に父親, に牢死, に物, に犬, に猫, に王政維新, に町, に町与力, に病院, に百カ日, に皆んな, に盛政, に目蓋, に眼界, に知己, に短い, に神代榎, に禿げ, に私たち, に窓, に立春, に笠原, に終列車, に終戦, に組み敷かれ, に結局, に給仕, に維新, に綾さん, に繩屋吾助, に美濃, に義雄, に翌年, に背嚢, に脱線, に自己, に船, に良人, に若君, に英国, に茉莉, に菊村宮内, に葉子, に蓼, に薄暗い, に藁店, に血, に行列, に表現, に製粉所, に西山氏, に見たい, に見る, に見物人, に覚えず, に親父, に観音さま, に覺, に車, に車内, に辻, に都会, に金, に金主, に金瓶大黒, に鍵金, に鎌倉, に門前, に難波, に電車道, に頭, に頼母木, に飯, に飯時, に馬, に馬車, に馴れた, に駿河太郎, に高い, に鶏, に黒川さん, ねむくなり, の師匠, の誰, はいい, はからずも地中, はや忘れ去った, はよかつ, はイ, は實際, は結構, は落第, ふとあ, ふとこの, ふとながい, ふと一枚の, ふと何, ふと何やら固い, ふと子ども, ふと戸, ほとんど死なせ, また奥州, また這い歩きはじめた, まっくろな, むすめ, もうよかろ, やがて見覚え, をかき分け, 丁度八月朔日, 古茶箪笥, 埋められた王, 大時計, 小さい妹, 或る, 次第に得意, 殺さる, 渡るべき前方, 漸く階子段, 疲れた体, 醜く汚れつくした, 飽きて

▼ するほどの~ (654, 0.2%)

29 ことも 24 ことは 17 ものは 14 ことで 10 もので 5 者は 4 ことを, 事は, 人は, 勇気も

3 [13件] ものが, 事も, 余裕が, 余裕も, 元気も, 力が, 勇気が, 大きな声, 大事件, 年輩にて, 必要は, 気持も, 義務も

2 [36件] お吉様, ことじゃ, ところで, はげしさ, ものの, ものを, ゆとりは, 事で, 人々は, 人が, 人物だ, 価値も, 力で, 力の, 品が, 大うなぎ, 大きさ, 大それた, 幅も, 心の, 必要も, 怖るべき, 悪いこと, 悲愁を, 有力な, 物で, 物数奇も, 男が, 立派な, 綺麗さその, 者が, 苦痛を, 近くに, 重大な, 金を, 頓馬では

1 [428件] あざやかさで, いい声, いくじなし, いやな, いやらしさ, いんぎんさを, おそろしい蛮声, お前では, きりやうに, ぎょうぎょうしいこと, ことか, ことかなあ, ことが, ことであった, ことでなく, ことなく, ことに, この権勢, ご権勢, ずるさ, その出発, たわけ者が, ときには, ともがらは, ほんとうの, まことに仲, ものすごさ, ものだ, ものぢや, ものである, ものでも, ものとは, ものも, やつらでねえ, わずかの, イカモノだ, イカモノです, インテリは, クマが, ミジメな, レコードは, 不公平な, 不快な, 不熱心もの, 不義理, 不覚を, 不都合な, 世の中に, 了見でなく, 予感で, 事じゃ, 事である, 事なし, 事に, 事件でも, 事件は, 事実が, 事態を, 事柄では, 二人が, 人いきれが, 人ぢや, 人であった, 人なら, 人数を, 人民の, 人氣者に, 人間が, 人間と, 代物では, 佗しい, 余裕は, 余裕を, 作品という, 作品を, 作物を, 価も, 価値ある, 価値の, 価値は, 価値を, 信念が, 信頼と, 俸禄を, 値打ちが, 値打もねえ, 値段に, 偉物なら, 僻も, 元気な, 兇漢にも, 出来事であった, 出来映だった, 刹那を, 力も, 功能は, 効きめで, 勇気の, 勇気は, 勇気を, 勇気を以て, 勇氣は, 勇者が, 勢ひ, 勤勉家である, 危険性は, 厳重な, 友だちも, 収入を, 名剣である, 名手であった, 命掛の, 品では, 問題じゃ, 問題では, 善政を, 喜び方, 団体客も, 困難が, 図々しい奴, 地位に, 地震とは, 堅苦しい横柄, 境涯であろう, 声で, 変った形式, 変わり方, 変化が, 多量の, 大きい真っ赤, 大きななまず, 大きなふしぎ, 大きなもの, 大きな冒険, 大きな束, 大きな石, 大きな音, 大事業家, 大切な, 大切なる, 大哲学者, 大商店, 大年増, 大損害, 大病人でも, 大発見でも, 大胆を, 大胆蕪雑の, 大革命, 大音, 大騒動, 天平人が, 太い料簡, 奥様でも, 女が, 女に, 女の, 女は, 女房でも, 好奇な, 好意は, 好意を, 好経過, 妙技では, 妙齢の, 婦人が, 子供でも, 学費は, 孫や, 安売りは, 安建築, 宝石, 実力が, 容態では, 小さいローマ字, 小使銭を, 小規模なりき, 嶮しい, 平和な, 年でも, 年寄ぢや, 年寄りじゃ, 幸福感も, 広々と, 度胸が, 強い執着, 強い意力, 強い意志, 強い理想, 強い香料, 強き力なかるべからず, 強硬な, 影は, 影響を, 彼独特の, 御人数, 御身が, 心を, 心当りは, 心掛けを, 心熱が, 心細さ, 心配を, 必死の, 必要が, 必要にも, 必要を, 怒りは, 怜悧明朗の, 思いであれ, 思ひやりの, 急ぎものは, 性悪だ, 性格だ, 恐しさ, 恐怖を, 恐縮な, 恩寵に, 悩みに関しては, 悩みの, 悪は, 悪党じゃねえ, 悲哀を, 情熱を, 惡黨ぢや, 惨酷, 意地っ張りに, 意気と, 意気込みで, 感に, 感情の, 感興と, 慌ただしさ, 憎悪を, 戦いの, 手蔓も, 才ある, 才徳を, 打撃である, 拠りどころ, 拡がりを, 捨身な, 捷路では, 損害は, 政宗が, 政治形態に, 教育を, 教養も, 旺盛な, 景気に, 書物を, 材料は, 東北的な, 柄で, 柄も, 根気は, 根気も, 業蹟を, 極く, 横着げが, 機会は, 機智を, 機會は, 次第なれ, 欲望を, 武道者に, 殺気を, 気は, 気力も, 気持で, 気持には, 気持にも, 氣にも, 汗が, 汚な, 決心では, 決心は, 決心も, 波さえ, 泥が, 泥酔に, 派手な, 深い約束, 深い間, 深さ, 演奏会も, 激憤を, 無茶を, 煙が, 熱が, 熱心家も, 熱湯では, 熱誠家が, 牛の, 物でない, 物好きな, 狂言を, 独立した, 猫だ, 珈琲を, 珍しいこと, 珍らしい, 理由とては, 生活力に, 生真面目な, 用事も, 男では, 男の子は, 男性美は, 病気じゃ, 病気なんか, 発見であった, 皺くちゃ婆さんでも, 相手では, 真剣さを以て, 真実を, 知力や, 知識を, 短かい間, 神妙さだつた, 科学小説家なく, 程度に, 稚気は, 突ッ転ばし, 立腹を, 精神病者も, 紙幣の, 経験が, 縁な, 繊細な, 罪が, 罪を, 美しいの, 美しい声, 美貌です, 美質を, 老年では, 老爺じゃ, 者だけ, 者で, 者であった, 者でなき, 者なら, 耐圧構造物を, 胸の, 能も, 能力さえ, 能力は, 腕に, 腕の, 腕は, 腕も, 腕前が, 腕前では, 腕前揃い, 自信も, 自信を, 興は, 興味が, 興味を, 興奮が, 舞台でも, 芳香を, 若やいだ声, 苦しみを, 苦労も, 苦悩を, 苦悶に, 苦戦を, 苦痛が, 苦難を, 英語力は, 荒浪が, 華奢な, 血は, 行程だ, 要なき, 要件でも, 要求から, 見窄, 覚悟も, 親しみを, 訳を, 話も, 警官隊が, 警戒ぶりだ, 責任だった, 資力が, 資料も, 赤誠を, 超人的, 身上を, 軽い気持, 軽い身分, 近くでき, 迫真の, 通人では, 連中ばかり, 道楽を, 違ひ, 都会人でも, 酒を, 重々しい様子, 重大事件に, 野心は, 金でござん, 金も, 金高が, 長崎御, 間もなくすぐに, 際立った魅力, 難儀を, 霧だ, 青年男女は, 音楽の, 頭は, 頭脳も, 頼もしい典型, 食糧を, 騒ぎです, 騒ぎに, 驕慢も, 高い音, 高さ, 高弟であった, 髪毛の, 魅力が, 鼻息の

▼ する~ (645, 0.2%)

23 にまず 13 に私 12 に一応 119 にその, の晩 8 に先ず, に彼 7 にもう 6 に少し 5 にあなた, にもう一度 4 に又, に父, に自分, のよう, の日

3 [11件] にあの, にある, にいつも, にこの, にこれ, にまた, にもし, にわたし, に先, に先づ, へ

2 [40件] から梅子, にいろいろ, にお, におっぱじめた, にそこ, にそれ, にちょっと, になぜ, になんと, には誰, にま, にまだ, にもっと, にやはり, に一つ, に一度, に予想, に二つ, に何, に僕, に半蔵, に君, に地球, に娘, に安井, に己, に恋, に我々, に放火, に最後, に求められた, に狂気, に現れ, に英訳, に遊女屋, のこと, の年, は先代, は矢張己, ほんの一寸

1 [396件] あらかじめ貴下, いつぞや横浜, から, からこの, からさっと, からし, からそう, からそこ, からフランス, から一人, から一同, から世の中, から彼女, から恋人, から文通, から時々, から深く, から知, から自分, から関井さん, その年, であった, では阿, で叡山, で声, で指導的, で漠然と, といふ, にあたって一応, にあらかじめ, にいかに, にいささか, にいざ, にいっしょ, にうまく, においてアメリカ, において先ず, において蒸気船, におれ自身, にお断り, にかならず, にこういう, にこっち, にことわつ, にしばらく, にじ, にすでに, にぜひ, にそこで, にそれから, にそれでも, にたった, にたつた, にたとい, にだしぬけ, にちやん, にちよ, にちらりと, につぎ, にです, にとにかく, にどれ, にな, になっ, になつて, ににやりと, にはかならず, にはげしい, にはこれ, にはつ, にはもう, にはよく, には上州高崎, には下高井, には世界, には互に, には何者, には先生, には国, には安政, には幾度, には庭, には水垢離, には石, には神意, には種々, にひと通り, にふと, にみんな, にもうちょっと, にもお, にもっともっと, にもつ, にも金沢, にやらなかつた, にやらなけれ, によく, により, にエプロン, にガラッ, にガラツ八, にケチ, にコレラ, にタッタ一こと, にチョット, にドミトリイ, にブランデー, にプッチーニ, にボルドォ, にモルガン, にラテン語, にロイド君, にロスコー氏, に一寸, に一寸夫, に一度娘, に一應, に一時休憩, に一本, に一生, に一遍, に三本, に上着, に不義理, に世間, に中間部屋, に之, に予め, に事, に二三, に人, に人間, に今, に仕事, に仕掛け, に他, に仲間部屋, に会っ, に何事, に何人, に余, に例, に俳優, に俺, に先づ其大躰, に先づ宗吾, に先づ履物, に先づ畑浦, に先わたし, に先以つて情緒, に児童, に入ってる, に全滅, に内務省, に出, に前提, に労働, に勇敢, に医師, に医者, に十五分, に半月, に原因, に原爆, に原稿, に叩きつぶし, に台所, に吾人, に國, に地盤, に坐, に埋け, に基金, に多量, に大, に大和飛鳥, に大方田畑, に奥さま, に女性, に姉, に娘さん, に婦人解放, に室戸岬沖, に寄っ, に小型, に屑籠, に屹度, に帰っ, に帽子, に平常, に平次, に平素, に幾度, に庚申塚, に度たび彼, に弟, に当夜, に当時, に彼等, に彼等自身, に征服, に從來, に心, に必ず, に念, に感情, に我々人類, に我等, に所中, に所謂背水, に打ち克たなけれ, に抑, に捕縛, に擧げた, に教場, に数秒, に敵, に新しい, に旅行用, に既に, に日本語, に早く, に明るい, に暫く, に書かん, に月, に末期, に本城氏, に様子, に正鵠, に死ぬだろう, に死んだ, に歿, に母親, に気がつい, に気力, に水, に求婚者, に泊った, に浄善, に深, に溯っ, に溶ける, に漸く, に激しく, に炮烙, に為吉, に無理, に熊川忠範, に熊本花畑, に犯罪, に珍しく, に疾く, に眉, に眠く, に眸, に眼, に知己, に秀子, に突如, に立塞, に第, に笹村夫婦, に筆者, に等しく, に糸子, に紛失, に縁側, に縦横, に老人, に職業生活, に肉体的, に肝腎, に背, に自, に自己, に自己革命, に芸術, に苦労, に苦笑, に英語, に萌し, に蓄音機, に行った, に行為, に行爲, に褒め, に西谷, に見, に見せる, に解放, に解散, に言訳, に記録, に許婚, に証拠物件, に試みよう, に詩子, に詳しく, に読経, に読者, に読者諸君, に調査, に貧乏, に責任, に足, に身, に過去, に遺された, に部下, に金比羅神, に釣り場, に長官, に附く, に陥る, に陶, に隆盛, に青嵐, に面紗, に顏中笑, に顔, に魂, のあの, のあわただしい, のかつて, のとおり, のやう, のトヒバラシ, の一現象, の作者, の冬, の原, の名前, の圧迫的, の夜, の安彦さん, の客, の年頃, の広路, の形, の彼女, の忠寛, の悲しい, の時代, の普賢, の曾, の津田, の煉瓦, の状態, の秋, の空虚さ, の自分, の自然, の葉越し, の覚悟, の躊躇, の輸出物, の通り, の道路, の頃, の魅力, はおと, はやつぱり己, は二階, は子供, は日曜日, は神, は自分, へ手頸, までの利根川, までは, まではこの, もう覚悟, も学校, よりづっと, よりもあの, よりも更に, 一刻の, 一年間は, 一応自作, 三月に, 二三年一時千束に, 二年の, 二時間水に, 五年間も, 代人の, 以ての, 健三は, 即ち再び, 幕であった, 晩浜路が, 晩私は, 構えの, 申す通り, 追ひ廻して, 頻りに國家老大星由良之助

▼ するとは~ (641, 0.2%)

15 限らない 14 何事だ 7 思って 6 何という, 何の, 思われない 5 思えない, 思わなかった, 怪しからん 4 何事か, 思わない 3 いって, なんという, 何事である, 思われないから, 怪しからぬ, 聞いて, 限らないの

2 [43件] いえしかも, かぎらない, きまって, けしからん, これは, そもそも罪悪中, どういうこと, どうした, どうする, なんの, ふざけたもの, 云って, 云は, 云へ, 何か, 何と, 何を, 何事じゃ, 何事ぞと, 何事であろう, 何事です, 信じて, 卑怯千万, 却って意識, 品子さんと, 夢にも思わなかった, 大きな陰謀, 弱い話, 思いも, 思はないが, 思われないが, 恥ずべき行為, 意識に, 氣が, 無礼の, 知覚される, 私には, 考えられない, 考えられないこと, 自己が, 言っても, 言つた, 限らぬ

1 [457件] あえていいません, あきれた野郎, あっぱれ憎い, あには, あのお, あまりの, あり得ないこと, あるまじき事, いうもの, いうものの, いえこういう, いえこん, いえそれ, いえだからといって, いえども, いえないから, いえ国, いえ大体, いえ必ずしも, いえ直ちに, いくら盲ら, いずれが, いったいどういう, いったい村長, いつたいどう, いふものの, いへかういふ変化, いへだから, いへ実は, いよいよゆるし, いわずに, いわない, いわないであろうか, いわぬ, いわれない, いわれないであろう, いわれないであろう結合, うまく考えた, おどしつけられて, おどろいた, おもえなかった, おもへ, おもわなかった, おトンちゃん, かぎって, かぎりません, かんがえられない, きまってや, きめたが, くれぐれも期待, けしからんと, けしからん奴だ, けしからん誰が, この, このこと, この事, この定理, この知恵, これが, これ亂世の, これ如何に, さてさて武士道, さても, ずいぶんひどい, そのいずれ, その人, その命題, その結果, その罪, その講談, そもそもどう, それが, それ故, ただ一事一物, たとえ葛岡, だかで, ちめ, つと全身, つ津賀閑山, とんでもない, とんとたわけた, どういう意味, どういふ, どうしてもそうは, どうしても思われない, どうしても考えられない, どうもおかしい, どうもへん, どのよう, どんな場合, どんな感じ, なかなか勇敢, なにごとだ, なにごとである, なにごとも, なんだ, なんと云う, はたして望み得る, はて訳, ひどいオヤジ, ひどい人, まさにこれ, まさにシナ, またどう, むしろ我々, もう現代, もったいない, わしは, わたしも, われわれが, われわれの, われわれを, アッパレな, トマサンも, ナンセンスである, バカモノ, 一体どうした, 一体どうする, 一心にありがたい, 一生の, 上には, 下々の, 不埒な, 不埓, 不審よのう, 不屆, 不届きな, 不届き至極な, 不届至極, 不心得にも, 不思議だった, 不思議千万な, 不正な, 不義不仁の, 不量, 与えられたもの, 世間の, 主張し, 之を, 予期し, 争ふ, 云い得なかった, 云うこと, 云うものの, 云えぬの, 云おう様, 云ったが, 云ったものの, 云っても, 云ひません, 云ふべからざる, 云わないで, 云わぬ婆, 云われない, 云われないかも, 人の, 今から, 今日も, 以ての外で, 以ての外の, 仰せられなん, 何うし, 何ごとじゃ, 何ごとだ, 何じゃ, 何たること, 何たるた, 何だ, 何だろう, 何といふ, 何と云う, 何んだ, 何んという, 何デエ, 何事, 何事かっ, 何事ぞい, 何事ぞや, 何事だろう, 何分にも, 何等認識, 余りだ, 余りに国民, 余り意気地, 余り物好き過ぎる, 作法さえ, 保証され, 保証できません, 信じなかった, 信じられない, 俺の, 働くこと, 全く例, 全く神, 全然予期, 其の訳, 其心理作用は, 其間に, 具体的に, 内に, 内において, 决し, 凝った話, 別の, 加工する, 勢い一方, 卑劣である, 卑怯な, 卑怯に, 単に眼, 即ち自己, 却って形成, 取りも, 受け取れないと, 受け取れぬよう, 受取れぬ, 可笑しい, 同じ馬籠, 同一の, 名ばかりで, 吾我我執を, 呆れたこと, 呆れた奴, 呆れ返りたり, 商売仲間の, 因果な, 変で, 外なる, 外国の, 夢にも思つて, 夢にも思へぬ, 大不忠, 大変な, 太い奴, 太い神主, 失敬だ, 奇怪だ, 如何なる意味, 学理を, 定まつ, 実におどろくべき, 実に力, 実に怪しから, 実に犬畜生同様, 実に言語同断, 実に許し, 実は吾, 実もっ, 容易ならぬ, 容赦は, 専横過ぎる, 尊厳の, 少々滑稽, 屹度怪しい, 幕府としては, 彼には, 彼は, 徒刑場に, 從つて富を, 心を, 心外千万な, 必ずしも信じない, 思いに, 思いますが, 思いません, 思うが, 思うまい, 思えないから, 思えないが, 思えないの, 思えませぬ, 思つた, 思つていらつ, 思てえへん, 思はない, 思はなかつたが, 思はれない, 思はれないが, 思はれぬ, 思はれません, 思へない, 思へないの, 思へないのに, 思へなかつたけれど, 思わずこれ, 思わずつい, 思わずまた, 思わず実現, 思わないから, 思わないな, 思わないわよ, 思わぬ, 思われないの, 思われないので, 思われないほんの, 思われないもし, 思われないもの, 思われないよう, 思われません, 思われませんからね, 思われませんでした, 思われませんよ, 思惟する, 怪しからね, 怪しからん話, 怪しからん野郎, 恐らく之, 恐れ入った低, 恥かしくつて言はれ, 情ない母様, 惜む可き, 想像し得ないであろう, 意外だった, 意外な, 意外も, 感じないの, 感じないん, 憎いじゃ, 或種, 抑も, 捨ておきがたい, 捨てて, 操縱される, 故郷を, 敬礼の, 敵ながら, 日本一の, 日本男子として, 更に甚, 有り得ること, 未だ聞かざる, 未來の, 本望これに, 果報者だ, 格別矛盾した, 概念を, 殿様に, 気が付きませんでした, 決って, 決まって, 決断する, 海神の, 無礼, 無茶な, 片腹痛い兵力, 物の, 物を, 物事が, 物体的な, 物體的な, 猪口才だ, 生身を, 申さぬが, 申されません, 申して, 男の, 畢竟感覺的方便, 皮肉な, 直観される, 矛盾も, 知らずその, 知らず二時間以上, 知らないから, 知らないで, 知らなかった, 知りながら, 知れど, 知覺される, 神妙の, 私は, 私達も, 空間に, 筋違いで, 約束しなかった, 紳士の, 罪の, 義理知らず, 考えて, 考えられず又は, 考えられない甘汞, 考えられなかった, 考えられぬこと, 考えられません, 考えること, 考へられない, 耐忍する, 聊か怪しい, 聞捨ての, 自分の, 自己を, 自己自身の, 茲の, 虫が, 表を, 被告らの, 西洋人の, 見えず点け放しに, 見えなかった, 見えなかった自分, 見なかったでしょうが, 見ものだろう, 覚悟を, 解せん, 言いませんよ, 言うものの, 言えないので, 言えなかったが, 言えなかろうと, 言ってや, 言つたもの, 言へ, 言われぬ, 言わん, 言語道断なぜ, 詩旨においても, 誠にうまい, 誰が, 誰の, 誰も, 議論に, 豚小屋から, 身びいきにも, 身体を, 迷惑だ, 這入っても, 過去の, 道に, 違って, 遺憾である, 開化の, 限らずそれ, 限らず同じ, 限らないこと, 限らないし, 限らないに, 限らないわよ, 限らないん, 限らない逆, 限らなかった, 限らぬけれども, 限らぬもの, 限らぬ位, 限りません, 限りませんや, 限りませんよ, 限るまいから, 限るまいし, 限るまいよ, 限定する, 随分ひどい, 面白い, 面白いいひ, 面白い話, 頭が, 驚き入り候, 驚くのほか, 驚くべきでないか

▼ する~ (629, 0.2%)

89 否や 10 否やを 9 いな, 彼は 8 否やは 5 小家がち, 彼れ 4 うだつた, 公は, 否やに 3 みがたい, 久し, 否やと, 急に, 最初は

2 [42件] その説, たちまちに, 一座の, 一躍し, 一部の, 世間復た, 久し我輩, 之に, 予は, 伊藤侯は, 侯の, 侯は, 僕は, 其の後任, 其主義政綱は, 其名義の, 其堂々たる, 其扉は, 又唯, 君東都に, 否や忽ち, 大岡育造氏は, 大抵多少の, 始めて政綱, 山崎の, 彼の, 彼等直ちに, 恋しき人, 故星亨, 時方に, 最後其結果は, 清廷之れ, 清長は, 演繹法の, 猶ほ, 皇帝は, 確然たる, 自ら之を, 自ら天下に, 自ら進む, 衆皆彼を以て, 識者は

1 [383件] あたかも凱旋将軍, あっと地団駄, いきなりミヤ子, いつたん二人, いまだ生, いやでも, いわゆる和親条約, お入りなさい, お花, がぜん米国, くにたつ, ここに, この仏国十八世紀, ごくこともなげにいいました, さすが別人, さっそくこれ, さてこそ, しるべの, すうと, すぐに, すぐ一粒, そが, そのかつて, そのアルセスト, その云う, その声, その廊下, その滞留, その簡略明快, その言, その言う, その諸, その遺, その門人歌川国重自ら二代豊国, その門葉中, それは, ただちに何かしら, ただ西陲, たちまちものすごい, たとい幼少, たまたま落首, だ, つがれ小説戯作, とたんにこの, とつぜんばたばたと, どんなこと, ないか, なるほど世, のいう, ひとりとして, まかげ, まさにその, まさに以, まず気象, また投げとばされ, また自ら無謀, まっしぐらに, まるで大人, み難い, むっつりと, もとより, やがて讃美歌, よくも降る, わざと後ろ, カモ七の, ゴンクウルブュルチーゴンスギメエバルブットオの, シヤボン球の, ソビエト政府は, ヌッと, バスティユは, ブウシエその, ホームで, ポッカリ白眼, マヂニー率先し, ミカルは, モッブ化し, ライフの, リシュリヤマザリンの, リンカーン大統領は, ローマ法王よりも, 一, 一同の, 一同は, 一天麗朗に, 一年ばかり, 一斉の, 一種の, 一通の, 一部は, 七月には, 万年姥諸, 三十勝ちかく, 不思議にも, 不意も, 世人は, 丞相と, 之を, 事もと私に, 二十五頃上京し, 五大洲各国の, 人その, 人事いよいよ, 人民達は, 仏軍は, 他の, 代講者を, 以前お, 伊太利人民これに, 何し, 何の, 何ゆゑ, 何を, 余輩は, 俄かに, 保守党は, 保守論派は, 保守黨は, 倦まずして, 偶銀座の, 先ず深川永住町, 先づその, 先生の, 入りて, 全く無, 全く道理, 六月二日, 其の側, 其の全力, 其の力, 其声人を, 其声哀し, 其後席に, 其言う, 其誄辭中侍奉, 其選擧區民に, 其霊魂は, 其頭には, 冬山家, 分らん, 到底信長, 前夜の, 前年來の, 剣を, 千田平助氏特に, 半歳ならずし, 協会員中議論二派に, 協會員中議論二派に, 南の, 南泉という, 博士の, 博多喜多流関係の, 即夜参殿しよう, 即日お, 厚く美食, 又は西, 友人彼の, 反って, 口惜しがる, 右の, 右門の, 各人は, 吉田松陰に, 同十三日, 同時さえ, 同時です, 同時になんらの, 同時に右門, 否なだれ, 否やうれしく, 否やすら, 否やである, 否やなどは, 否やまず, 否やまるで, 否やわかりません, 否や一齋に, 否や心臟麻痺を, 否や次の, 否や活動女優の, 否や直ちに, 否や第, 否や這いこん, 否方々, 否早速, 否真っ先, 否蜀, 否路傍, 否面, 周作は, 周布彼に, 呵々大, 国は, 国内は, 地主神たる, 地獄彼等を, 塵霧屡, 壁間亦, 多年田舎にのみ, 大いに心, 大いに驚き, 大声呼で, 大変骨が, 大村領戸根の, 天下為に, 天狗地に, 奪い取ろうと, 女学生一同は, 奴婢と, 始めより, 姦婦姦夫倶に, 子供を, 宋祕書省續編到, 官吏と, 定めし昨夜藻西太郎, 実物の, 室の, 室内に, 寂寞幽, 屋壁疎らに, 山県首相は, 岸頭にわかに, 川島は, 巧者らは, 帝の, 帝また, 席を, 帰納法の, 年僅に, 幾つかの, 幾も, 幾多の, 庁内は, 建武の, 廿八日の, 当時伯の, 彼が, 後棒と, 後死, 後醍醐天皇は, 必ずしも田舎議員, 必ず世, 必ず愚色, 必ず文学美術演劇, 必せり, 必御籤を, 忽ち端倪, 思つた, 思ひがけ, 怪しく叫び, 恂, 恰も俳優, 悪道険峻満身汗を, 我を, 政友會の, 政府大に, 斯の, 新に, 既に避, 日既に, 日日新聞紙上に, 明治天皇は, 春を, 昨日の, 昨日まで, 時の, 時を, 時運に, 更に一段, 服部博士之を, 未だ詳, 本國, 杉野兵曹長は, 李林甫手書を, 東京に, 某地の, 極めて稀, 楼台高く, 樹, 檢事總長は, 次で, 歸納法の, 殆ん, 毛利の, 水悪けれ, 永い間, 汝神の, 江戸の, 決して, 浅識者, 浪士の, 浮世絵は, 満場皆其意外に, 満天紅を, 滿場皆其意外に, 炳文を以て, 無冠王の, 父利兵衞を, 片山氏は, 物静かに, 狂歌の, 狂歌も, 独逸復た, 猟犬の, 獨逸復た, 王立学会は, 王答うる, 當時伯の, 白雲油然として, 盛宴を, 直ぐその大きな, 直ぐ細川, 直ちにある, 直ちに穀物, 直ちに魅惑, 直に複雑多岐, 矢来に, 神と, 神を, 神話学は, 秀吉に, 秀秋の, 私淑する, 秋の, 空を, 突き進んで, 突如と, 窃に, 竊に, 筆力を, 範之丞兄妹は, 米軍は, 紛争に, 紛爭に, 細き声, 緑に, 胴を, 胸に, 膝を, 自らプレトーの, 自ら揚言し, 自ら枢密議官を, 自ら樞密議官を, 至粋は, 舌を, 芸術が, 若僧は, 英学界は, 蓄蔵の, 虞舜に, 衆彼に, 衆理想皆, 製造工事の, 西の, 西軍は, 見事に, 誠に精神的, 読者孰れ, 警官は, 豊家同様に, 軍隊に, 軽舟, 途中一片の, 進むに, 逸り切って, 逼らず, 達尊爺, 適当なる, 部下の, 郭資を, 鋭い声, 長沢松平断絶すべからず, 間もなく比叡山, 陸奥外相の, 隨が, 霊魂は, 非常に, 面を, 須臾に, 頗る大, 顔の, 馬を, 駒を, 高勾麗北方

▼ する~ (626, 0.2%)

106 はない 65 がない 2721 である 17 はありません 13 もない 12 になっ 11 もなく 10 だった, であった 9 だが, はなく 8 だと, なの 7 であつ, のもの, はあるまい, はなかっ

5 [11件] だったが, だったの, だつた, であったが, であるが, でしたが, なので, になつて, はなかつた, は無い, もありません

4 がなく, です, の, のない, もなし

3 がありません, であったから, では, のその, の事, の年, はなし

2 [21件] じゃない, だし, だったから, だつたが, だよ, であ, であるから, でございました, でございましたの, ですが, で三年前, なのに, なれば, になつ, のところ, の列車, の専務, の瑠璃子, の男, もあるまい, もなかつた

1 [134件] があります, があるまい, があろう, がございません, が無い, じゃ, だあな, ださうである, だそう, だったそう, だったので, だったのに, だったん, だった紐育自由新報記者ヘンリイ・フリント君, だつたから, だつたぢ, だつたの, だつたのさ, だつた友だち, だつた父さん, だつた谷五郎, だという, だのに, だ下館, だ存じて, だ私, で, であったと, であったの, であったので, であったのに, であった処, であった彼女, であった所謂言論, であった政治性, であった針葉喬木帯, でありながら, でありまた, であるかという, であること, であるに, であるの, であるのに, である処, である専売特許制度, でございます, でござる, でそう, でその, でもう, で場合, で大枚, で昼間, で版, で用意, で私, で親, で話題, で黄八丈, と認め, なけれど, なければ, なり, なりしを, なん, にし, に候, に決して, のお, のが来ない, のところ世俗, のなかっ, のねえ, のもん, のフェルナンデス, の一連, の上納鉄砲, の世界観, の主, の事件, の俗謠集, の元来, の刺激, の労働力, の哲学, の四人, の多く, の孝太爺, の市井性, の常藏, の延若, の役人, の彼, の插画, の握り飯, の新しい, の書店, の概念, の檀君, の武具, の民法, の無い, の目的, の研究, の神戸, の私, の者, の芸術家, の荒巻, の薬剤, の親類, の語, の諸, の通信, の金, の雑誌, はありっこない, はありませぬ, はないでしょう, はなかろう, はねえ, は御座いません, は有りますまい, は無く, もございません, もなかっ, もなから, もなかろう, も無い, も無かっ, よ, 故今, 無之, 第四

▼ するといふ~ (605, 0.2%)

87 やうな 13 風に 10 樣な 8 意味の 6 意味で, 風が, 風で 5 意味では 4 やうに, 噂が, 意味は, 有樣, 様な, 譯には 3 いつしか下駄, 人は, 思慮の, 意味である, 日の, 考へ方, 話である

2 [33件] まことに奇異, ような, 仕方で, 代物で, 信仰である, 前の, 噂の, 始末, 彼の, 心持が, 思想は, 性格の, 意味が, 意味でなく, 意味も, 感じは, 態度は, 有様で, 決心は, 法は, 特殊な, 理由からでも, 理由で, 確信を, 結果に, 習慣は, 考が, 観念に, 言葉の, 話が, 話で, 調子で, 風な

1 [353件] あの癖, ありさ, あり樣, あんばいにな, いはれも, うれしいこと, うれしいたより, くらゐ, ぐあひだ, この靈鳥, これが, こんな身勝手, さう, すべてが, その, その前, その意識, その計画, その間で, それらの, それ以前の, ぢや, はじめての, ふうでした, ふうに, ふれこみで, ほかは, ほか何物も, まつたくさうだ, まつたくだ金, まつたく常識的, みんなの, ものぐさな, やあさんを, やうな考へ, やり方だつた, やり方である, ケチな, テイタラクで, デパートの, ビムボウと, ミラノの, ワイニンゲルの, 一事を, 一例を, 一大事を, 一大事變が, 一種の, 一箇條が, 一點は, 不經濟, 不遜な, 中, 主張と, 主脳部, 事好みな, 事實が, 事實この, 事實と, 事柄だけ, 事無く, 井伏君は, 人が, 人間一般の, 今の, 仕事が, 代物氣の, 任務を, 伝説が, 位の, 位風情の, 傳説と, 傾が出て, 傾向が, 先刻の, 先生の, 光景が, 光景を, 全く信長, 公安委員會の, 共通の, 其の事, 具合で, 内容も, 内意を, 内相談, 冒険を, 処, 処まで, 出来事が, 前夜の, 劉向劉, 勇氣だけが, 動物性の, 単純な, 危險に, 口實の, 古い語, 名儀, 名目の, 名目は, 名義で, 味では, 命題は, 哀れな, 問題に, 喜びの, 噂を, 園の, 堅い決心, 報知を, 場合だ, 場合で, 場合である, 場合にも, 場合統一が, 境地にまで, 外交文書に, 大変物騒な, 大惡不道, 奇妙な, 女の, 始末だつた, 安心で, 家柄でした, 實感を, 寸法で, 工夫が, 差異が, 布令が, 席, 庶民性は, 廉で, 廉を, 建前から, 弱點, 当り前な, 形式を, 役割で, 待つて, 微妙な, 心の, 心は, 心理は, 必要は, 念の, 念をも, 思想が, 思想ほど, 性情を, 悲惨な, 意も, 意味から, 意味だけ, 意味とは, 意味に, 意味を, 意気ごみで, 意氣込みで, 意義を, 意見は, 態度で, 態度を, 我儘も, 所謂断乎たる, 手数を, 才能は, 批評家側から, 指令が, 推理でも, 文学者本来の, 文面の, 新しい意味, 新聞記者達にも, 方向に, 方向へ, 方法で, 方法なり, 方法の, 方法も, 春三郎の, 時代的な, 普遍的意味を, 暗示を, 有様であります, 有様です, 未來性の, 条件と, 柄でも, 根拠は, 根氣よ, 梅島も, 條件の, 極端な, 樣に, 権力は, 樹明君を, 機運が, 權力を, 次第で, 歓ぶべき報道, 段に, 毒を, 気持に, 氣分を, 江戸中に, 法が, 法則を, 法律が, 海関税法を, 瀬戸際に, 災難と, 無分別は, 熱中ぶりだ, 爲で, 牛も, 物語の, 特別の, 特徴を, 特權が, 特色で, 状態です, 理も, 理想の, 理由が, 理由に, 理窟な, 申し出を, 異常な, 當世風の, 百の, 目的から, 目的が, 矛盾は, 研究が, 確乎たる, 社會學的考察を, 私は, 私も, 私塾の, 程の, 程度なら, 種類の, 積極的な, 空漠たる, 立場から, 立場の, 筋だつた, 箸にも, 精神的立場が, 約束だ, 約束を, 紳士的な, 組合員が, 組織に, 結果を, 結構それ自身, 結論に, 絵画上の, 美名を, 習俗である, 習慣が, 考から, 考は, 考へが, 考への, 考へを, 耳よりな, 聖典中の, 能は, 能力においては, 脂ぎつた性質である, 自主的な, 自然的な, 自然的事實によ, 自由が, 若い男女, 英雄崇拜の, 葉書を, 葉選みの作業は, 處に, 虞れ, 蝙蝠冠兵衞の, 行事が, 行為から, 術の, 術は, 要求も, 要求を, 見こみが, 見地からも, 見解との, 規定な, 覚悟で, 親切さが, 親切な, 観る者, 観念の, 観念は, 言葉は, 言質を, 計画を, 訓練が, 記事を, 評判が, 詞が, 話, 話だ, 話だつた, 話も, 話を, 誠意を, 課題は, 課題を, 調子を, 調法な, 論理的矛盾を, 謙虚な, 譯でなく, 議論は, 豪快な, 責任が, 資格を, 身構へに, 軍事行動は, 通知が, 過程である, 道徳的悪の, 道樂者に, 達人ださうである, 遺言も, 重大な, 鍵は, 附燒刃的の, 限界内で, 難點, 電報を, 青年の, 項目も, 順序より, 顕著な, 風だ, 風だつた, 風です, 風にな, 風には, 風情に, 餞け, 騷ぎになつたが勿論, 點が, 點に, 點において, 點より

▼ する~ (595, 0.2%)

8 それに 4 女房は 3 家内に, 私の

2 [20件] おまけに, それに何, できなければ, またあの, また親方様, レモンを, 一方では, 一方は, 上方の, 世間の, 僕は, 士気は, 尻もちも, 当人も, 御亭主, 本陣問屋としては, 欠点が, 私は, 第一割, 蹴とばしも

1 [537件 抜粋] あとが, あとの, あなた私に, あの人, あの手, ある時, あれに, あ今日, いかなる豪, いくらか土地, いくらだ, いくら飲ん, いつも肩腰, いやそれ, いやだ, いやになりゃ, いろんなこと, うれしいけれど, おちついたらときどき, おのおのも, おれの, お前さんの, お前も, お妙, お客が, お櫃を, お終, お負け, かさねて府中, かなり四角, がねえ, くみと, ぐさがあつたのだ, けちな, こうなる, こう真直, ここから, ここでは, ここに, ここには, ことにこの, この世には, この辺, さうかと云つて, さきでは, さすがソヴェト同盟, さよう, さりとてロシア語, したがるの, しばしば奇怪, しまいには, しまひ, しんぞうさんは, じゅ業料, すっかり声, ずっとおもしろい, ずるずると, そういう青年, そうかと, そうした結果, そうして出す, そうでなくっ, そこの, そしたらいっしょ, そしてつや, そっちこっちへ, その, そのうえ太宰さん, そのうえ犬, そのほか, そのほか平生, その他の, その位彼, その価値, その君侯, その外, その季節, その眼瞼, その経営的必要, その言葉, その辺, そりゃおもしろい, それからまたハンドバック, それからまた中, それが, それでも時々, それと, それならこの, それに光子さん, それを, そんな季節, たとえモナコ名所犬首岩, だいであります, だいを, つづいて, づけさ, で今, で店, とうとう犯人, ときに, とくに強い, とてもきゃしゃ, どうかする, どうしてもそっち, どうでも, どうも大股, どんなつまらない, どんな嘘, どんな所, なかった, なるほど師匠, なんだか残り惜しい, なんとかできない, のぼりは, はたにも, ひどくずぼら, ひょっとする, ぼくの, まさりて, またある, またいかにも, またお, またこの, またこれ, またそう, また三国争覇そのもの, また他, また何となく, また大丈夫, また干渉, また戦い, また政治家, また新聞雑誌, また本丸二の丸, また煙突, また生真面目, また痛々しく, また直ぐ, また相応, また程度, また米国渡洋作戦, また自分, また花やか, また詩, また警衛場, また過少, また都電, また鑑賞, また雨降り, また雲霧, まだるっこくも, まつです, まねすれ, まるで廃墟, めったやたら, めつたやたらに, もしそれ, ゃくんだ顔の, やつの, ょうばいだから身体に, わざか, わざじゃ, わずか二十年, コンクリート壁だって, コンシャアルさんは, サ爆裂弾よりも, ディルタイの, ナナカマドに, ヒガミも, ベイツ医師も, ヤアギチが, ヤンキーと, 一度などは, 一族や, 一緒に, 不具者や, 不愉快, 不愍にも, 不満な, 且面白い, 世渡りも, 世界一の, 中には, 中正不偏は, 主観は, 久米でない, 乙は, 乱暴は, 二人の, 人が, 人並みに, 人穴城の, 人馬も, 今から, 今では, 今の, 今日と, 他の, 他は, 他人も, 以後から, 伊太利大蔵大臣の, 伊藤さんも, 伝染病が, 何となく社會不安, 何や, 何やら出し抜かれ, 何處から, 侠気も, 俗に, 俺は, 僕の, 僧侶は, 兄弟は, 入費は, 全く散歩, 全く獨立, 全国大会でも, 八方めでたく, 八郎太を, 八重子のは, 其に, 再勤, 出立も, 分娩の, 剽気た, 勉強し, 動物も, 勝ったって, 勤人も, 却つて気安く, 厭でない, 又さ, 又それ, 又一方, 又変節, 又家族制度, 又血, 又貴方, 又陸軍省, 反社会主義, 叔母さんと, 叔母さんの, 口それから, 号泣も, 同行が, 名古屋で, 君を, 呂律が, 呼吸も, 喋る者, 喰べ, 嘆きも, 器用に, 困ったもの, 国技として, 国民の, 土壌を, 地方の, 壁を, 夕風が, 外から, 外へ, 多少の, 夜もすがら語り明かそう, 夜更でも, 夜眠れない, 大変親しみ易い, 天下の, 太陽の, 夫人も, 奥さんの, 女の, 女房子供の, 好きな, 如何なる現実, 妹も, 妻にも, 姉が, 婦女子は, 子供達も, 子爵家の, 学校での, 学校にも, 学生は, 学生卒業生助手助教授達は, 学科の, 官吏や, 宙が, 実際また, 実際愛, 客観的には, 宮殿下の, 家に, 家中の, 家人も, 家族も, 寝床の, 尋ねて, 小前の, 小屋の, 少しぐらい, 布引氏は, 常にかよ, 年とりゃ, 年齢が, 弁明も, 弁護士に対して, 当の病人, 当然戦争, 彼は, 後立ては, 心に, 心の, 必ず富み, 必死の, 忍べるだけ, 志も, 怒って, 怒りたくも, 怒りも, 恐ろしく情けない, 悪口を, 悲しい気, 情婦も, 愚痴を, 愛しすぎ, 愛情が, 愛想は, 慶応側は, 憎むべきエゴイズム, 成績も, 戦慄や, 所望によ, 手の, 抑揚を, 披露の, 掛金を, 接待は, 攻撃に, 放慢癖, 敬吉どんは, 敵には, 旅情及び, 旅行も, 日曜には, 日本が, 日本の, 日本新聞関係としても, 日課も, 早瀬も, 春夫少年も, 昨夜親方が, 昨日まで, 時々本, 暖かにも, 更に運動, 有名な, 朝に, 本当に教化, 村, 村全体で, 東宮も, 東横堀の, 枯らすの, 柿沼さんにも, 森の, 楠正成の, 権力感情的な, 権威の, 次郎や, 正枝, 死ぬの, 死んだところ, 毒菌は, 気永に, 氣の, 江川蘭子は, 汲み取り方, 決して迷惑, 河野も, 洞渓の, 海軍でも, 淑かにも, 火を, 無ければ, 熱が, 爺さんは, 片手でも, 片方では, 物価は, 物理学では, 特別な, 猥画淫本は, 玉が, 現に大いに書きたい, 生活の, 産婆学校長の, 用も, 用事は, 男の, 疑われて, 病人が, 病院へも, 百姓などは, 百姓は, 益々記憶, 相変わらずの, 着飾ること, 短波の, 石州口は, 研究所の, 破壊され, 社會も, 神崎は, 私だ, 私も, 私達の, 積極的に, 空想の, 突きも, 笑うし, 笑声なら与し, 筆書諸道人なみは, 紹介する, 組織を, 美術家の, 習字は, 耳まで, 聴え, 胃は, 膝頭の, 膵液と, 自分の, 自分は, 自分個人としても, 自分自身が, 舵を, 若い人々, 英国においては, 草入り水晶などと, 菊池寛は, 蒲原氏も, 薙ぎも, 蜻蛉だって, 街の, 裁判が, 西陣小学校の, 見とれると, 親類も, 言つた, 記者も, 許婚からの, 誇りに, 誇りにさえも, 誤解をも, 誰も, 談論風発で, 諦らめの, 貴公らにも, 貴方は, 身分の, 車夫の, 辨當の, 農村に, 退歩にも, 退治する, 逡巡し, 連れて, 道を, 郷民は, 酒女何でも, 酔っぱらっては, 重りする, 野菜を, 金の, 金儲けの, 釜屋や, 鍍金の, 長根ぜんたいまで, 閑は, 陶器も, 随分猥褻, 雪姉ちゃんの, 面白を, 鞠子さんも, 頭は, 風が, 食べたいもの, 食事や, 食慾も, 食糧も, 飲む量, 首は, 馬方が, 髪も, 鷲尾浩が, 麝香鹿の, 黄昏で, 黒光黄光と

▼ するその~ (594, 0.2%)

5 ような, 時に 4 ために, 気持は 3 ことが, ま, 中に, 人の, 前に, 手を, 最初の, 言や

2 [31件] うちに, ことから, ことを, たびに, 事自体が, 仕方の, 前へ, 動機は, 声が, 声は, 容貌の, 彼の, 態度に, 日まで, 時だ, 時は, 時代の, 最も素朴, 物を, 目的は, 瞬間に, 社会の, 第一, 表情が, 言葉の, 財産の, 費用の, 過程に, 革命的雰圍氣を, 顔の, 鳴くや

1 [490件] あげくにゃ, あたたかい心持, あたりから, あとに, あとを, あわれ, うごめきは, おまじないの, おりおりの, おりの, お竜ちゃん, お辞儀の, お返事, かはり, きのうと, くせ滅法, ことだけが, ことだけに, ことだけを, ことで, ことに, ことは, ことばかり, こと自身は, しかたが, しかたの, しとやかな, すれ違, たあいも, たたかいは, つながりの, ときが, ときそれは, ときたしかに, ときの, とき大学は, とき寿が, とき岩本先生が, とき過去は, ところでこそ, とたん骨に, ひそやかな, またあちら, まめまめしさ, みぎは, もう一つさき, もてなしの, やうな, ように, よって, よろこびの, グラグラが, ビラを, ユアンを, 一つであった, 一つを, 一刹那に, 一刹那を, 一劃は, 一生懸命さが, 一瞬前の, 一線を, 一群へ, 一週間前に, 一郭の, 上へ, 下から, 不思議を, 不愉快さ, 不自然とわ, 不養生の, 世界は, 中についても, 中の, 予言者の, 事が, 事だけ, 事という, 事の, 事を, 事情は, 二つの, 二つは, 二である, 二十マイルへ, 交叉点だけを, 人々の, 人々をも, 人が, 人に, 人について, 人は, 人を, 人口を, 人影と, 人立の, 人間の, 仕方で, 代り岡島の, 代表者として, 企ての, 会話は, 伝説に, 何ものかの, 使命その, 価を, 価格において, 価格の, 信仰と, 健気な, 備えであった, 傲慢無作法だけは, 傷ましい心持, 傾きが, 元気で, 先生の, 光景を, 入口の, 内容が, 内的世界の, 内面を, 出来たての, 出鼻で, 刀, 分岐点にまで, 初歩に, 判断, 判断が, 前から, 前で, 前の, 前夜やはり, 前夜未だ, 前日にあたり, 前途を, 割り前の, 力は, 功労たるや, 加減によって, 努力が, 努力に, 努力のせゐ, 努力以上の, 努力自身が, 動機主題手法の, 勢いは, 勢力が, 化粧水を, 医者は, 半蔵が, 原型の, 反対の, 受容の, 口を, 同情者, 向うに, 周囲を, 器械の, 因襲的制度について, 土の, 土地々々の, 土崩瓦解を, 土間の, 地点が, 地獄の, 城下まちから, 基礎自, 報酬として, 場の, 場合訪問し, 場所に, 変化を, 夏山を, 夕焼けの, 夕焼の, 外部の, 大多數, 大榎の, 大混雑, 大盤ふるまい, 大頭, 天井の, 夫人は, 奥の, 女が, 女に, 姿は, 娘さんを, 婆に, 子の, 子も, 子供の, 子弟一族が, 季節を, 学費さえ, 安楽が, 実体の, 実績を, 害さらに, 家の, 寛度と, 屋根裏の, 屍を, 左手の, 巨大な, 希望で, 帝国主義に, 帝國主義に, 幸福感から, 店の, 度合から, 廊下の, 廣大な, 式に, 張り切つた気持, 当夜であった, 当局の, 当時は, 形気を, 径路は, 待つて, 後ろ姿を, 心は, 心を, 心持は, 心持を, 心根を, 心配を, 必要が, 必要に, 思いの, 恋愛によって, 恰好は, 悲しいと, 悲惨なる, 惧れ, 意義が, 愚直さが, 愛し方, 感性は, 感情の, 態度, 態度が, 態度の, 態度も, 態度や, 態度を, 慣れきった山道, 慾望で, 憤った陛下, 懐し味, 成心に, 我儘が, 扉の, 手に, 手へ, 手付に, 手先を, 手始めとして, 手際の, 打てば, 投げられたる一つ, 折だった, 拍子に, 指先が, 探検隊の, 推理的な, 放縦兇暴な, 教師らの, 敬虔な, 文に, 方どもが, 方便として, 方法である, 方法は, 旋風へ, 日その, 日の, 早い月日, 時, 時だけ, 時でも, 時には, 時の, 時まで, 時を, 時大きな, 時私は, 時突如, 時街路に, 時間間隔が, 晩の, 書類を, 最中に, 有様は, 木, 木戸が, 木立の, 末路を, 本を, 本人が, 本來, 本能に, 板挟みに, 根本要素は, 格闘の, 構成の, 様子は, 様子を, 横っ面に, 機を, 櫛目の, 欄干を, 欠点から, 欠点は, 次第は, 欲望の, 歓喜の, 正しい知識, 正体を, 歴史の, 歴史的推移の, 残虐こそは, 残虐さと, 母親の, 気味の, 気持ちよさ, 気持を, 水兵が, 沢山の, 法は, 泥の, 泰然たる, 深い感興, 準備が, 準備に, 火の見が, 火光で, 点で, 点に, 点吉岡の, 為に, 焚火が, 無慈悲な, 煙が, 熱情的な, 父君に, 爺余り, 片脚, 物だけを, 特徴の, 狭い宅地, 獰猛な, 理由が, 理由によって, 生き方の, 生活態度は, 生活状態は, 田圃も, 男が, 男の, 男は, 男を, 男涙を, 當てこすりに, 痛々しさ, 癖僕は, 癖田舎の, 目は, 目覚しさ, 直前を, 相を, 真情が, 眠たいまでに, 眼から, 眼を, 瞬間である, 瞳穏和そのものだった, 祈るよう, 神, 秋は, 秘密という, 秘密を, 稜角の, 積極な, 空想に, 突端に, 窓ガラスに, 立命たるや, 立山の, 第一幕, 第一歩が, 箱を, 節久し振りで, 精神は, 精髄を, 糧と, 結果が, 結果その, 結果として, 結果は, 結論に, 絶滅の, 線に, 線の, 線路の, 縺れが, 翌日は, 考えに, 考へを, 聲が, 肩を, 腕に, 腹でも, 自由という, 花の, 苛立たしい暴力, 苦しい過程, 苦しさ, 荷物を, 落第者即ち, 薄明り, 薬を, 行動において, 行動の, 行為と, 衣服部屋に, 袂を, 補給の, 要求と, 要求を, 要領を, 見掛け上の, 規定の, 規律が, 言葉つきは, 計画に, 計算に, 証人だ, 論を, 論鋒に, 超我, 跫音に, 身の, 身構えから, 身軽い, 軽便が, 軽快な, 近状は, 逃げ道を, 途中で, 途中御岳山の, 途端に, 途端ツァ・ルンバは, 逢魔の, 運動の, 道筋の, 邦夷より, 部下です, 酒を, 醜い感情, 里道を, 金は, 長所を, 間一髪, 陽炎に, 際他の, 際実在たる, 雄々しさ, 電撃の, 面影を, 音が, 音だ, 音は, 響が, 頂きを, 顔が, 顔には, 風が, 食わないメシ, 饗応の, 首謀者である, 香水の, 騒ぎは, 魅惑の, 魚を, 黒い迷雲, 點に, 鼻が, 鼻に

▼ する~ (581, 0.2%)

18 のこと 8 では, の事 7 のもの 6 だった, の人 5 である 4 でも 3 あつて, であった, であつ, になっ, の勇気, の大, の気力, 私は, 自分の

2 [29件] この町中, だ, だから, でした, です, に, にエリス, に心, に気, の人達, の印象, の山出, の様子, の権利, の気, の由緒, の関聯, 一途に, 代助, 低級趣味の, 凄かった, 大きくなり, 嬉しかった, 平岡を, 彼の, 彼女の, 本末を, 血腥い厭, 長い白浜

1 [434件] あたしの, あたたかかった, あなたを, あの子, い, いそがしいの, いやらしい感じ, うまかった, ええや, おッ, お互に, かかって, かくて, かはい, がっかりし, きかされて, きらひだ, この冗談, この普及浸透, じゃない, そうな, そこへ, そのこと, その方法, その犯人, その病的傾向, それは, それ程賢明, たらふく食べた, だもの, つめたい, つめたい小さな, であるが, でしたわ, ですから, で久作さん, で心, どうかする, なお召物, なの, なので, ならその, ならば, ならわたし, なら大牟田公平, なら己, なら死んだが, なりしが, な以前, な力, な厭悪, な欠陥, な甘い, な著述, な鮮明, な黒味, にいけない, にその, にと泣, になった, になつ, になつて, にはなつ, にはや常に, にまた, にまで強力, にもなっ, にも打解けられぬ, にわれ, にガラン, に一年あまり, に使, に六時, に其方, に再, に勢, に大きな, に学問, に少し, に市街, に強, に強く, に怜悧, に思いきり, に怪, に明確, に是, に暫し, に本当に, に正午, に民間, に浅薄, に海底戰鬪艇, に熱心, に痛い, に私, に精通, に細雨, に結び, に繁っ, に能, に著しく, に賓客, に酒, に雑沓, に驚かされた, に驚き, の, のあざやか, のあらたか, のお金, のききめ, のさわぎ, のしどろもどろ, のものぢ, のゆとり, のドエライ宝物, の一種, の丁寧, の上, の不, の不満, の主人, の事件, の事柄, の低劣至極, の余, の余地, の余裕, の作品, の価値, の價値, の優待, の兇相, の凧, の出来事, の力, の努力, の勢い, の勢力, の可, の味, の器量, の困難, の声, の変化, の大いなる, の大き, の大きな, の大事, の大声, の大胆さ, の大軍器, の大量, の太い, の女, の姿, の威力, の孝行, の實行力, の尖鋭的, の己惚れ, の年, の役, の徒, の恐怖, の悲惨, の意気地, の意気込, の感化, の慈悲, の憤怒, の所, の拷問, の数, の文学者, の新進, の暖さ, の極めて, の決心, の活力, の溌剌さ, の炎, の無礼, の無神的, の無責任, の熔岩, の熱情, の物凄い, の犯罪, の珍, の男, の病的傾向, の發見, の盛況, の相違, の知識, の積極性, の細微, の結果, の絶望的, の緻密, の罪, の罪人, の義侠心, の職能教育, の胸, の能力, の自己教養, の興味, の著者, の血迷い, の訂正, の財産, の貧血衰弱, の貴重, の費用, の資格, の近しい, の通人, の運命, の重大性, の金, の間, の隔離, の音, の頭, の頼り, の願望, の餘裕, の驚き, の骨ッ節, の高い, の高価, の魂消, はずんで, は力, は古い, ばれ易い, ひし, ひろ子は, ぴくぴく顫, までには未だ, までには発達, みっともない姿, むらがり集つて, もけばけばしい, もなく, も変っ, も誇らしく, やみくもに, ゆえお, わたくしの, アリアリと, ゴーリキイは, ドキン, ドンゲン, バルキスの, ロマンティックに, 一層烈しく, 一般人の, 上手な, 互いに歩み寄る, 今の, 何か, 何處か, 僕に, 僕の, 元気に, 光栄な, 冥加に, 凝って, 出ない, 前代の, 労働者が, 卑しいこと, 即ち実在, 却ってあの, 却って論争, 受けること, 受けるので, 口腔は, 可笑しかつ, 合わないの, 吉良の, 呑め, 壯快, 壯烈な, 変って, 夏は, 多い老い人, 大きい声, 大きい高札, 大きな声, 大きな娘, 大きな徳利, 大した金額, 大なる, 如何し, 嬉しい, 嬉しいの, 嬉しくて, 嬉し悲しく咽, 安兵衛は, 寒いもの, 寒い風, 寒くなる, 寒威凛烈, 小く, 小さい, 尻尾の, 市井の, 弱虫でした, 強い人民, 彼は, 彼女に, 彼女にと, 彼女は, 彼等は, 彼等を, 心細いもの, 快調きわまりない, 怒鳴ったきり, 恐ろしい, 恐ろしい昏睡, 恐ろしかった, 恨めしくは, 息が, 悪い, 愈よ, 意地が, 感じさせられたもの, 慌てた, 憎くて, 憤りを, 打たれたの, 打っちまって, 技術は, 拙いこと, 敵も, 新しい板, 旅行の, 早く出, 早く走る, 明日の, 明智は, 暈いが, 暖かく一隅, 暗くさせず, 朝鮮文化は, 次々に, 段々深み, 氏は, 気味が悪いの, 気違いめい, 汗くさい, 汚い嫌, 沢山あった, 沢山の, 涼しくて, 深く読ん, 混雑し, 温かい, 源吉は, 漢字の, 激しく労働, 烈しく痙攣, 牢内の, 猶更, 甲高い幾億劫來聲, 甲高い幾億劫来声, 男ばかりには, 益々し, 益々不安, 益々恐ろしく, 益々超, 直観層は, 相好も, 相手の, 相手国の, 真面目に, 眼の, 知って, 祈願は, 私の, 私共に, 科学にとって, 科學的な, 種々な, 立場を, 細かく尖った, 美しかった, 美しく見える, 胸の, 良い女, 苦心し, 茶入の, 蒼かった, 蟒の, 見たくて, 言葉という, 認められて, 資本主義的生産関係は, 賊の, 軽い酔, 近くに, 進んで, 遙か, 醜い不快, 長かったり, 長くこの, 間の, 険しい表情, 雄渾で, 雄辯, 集いて, 震えるの, 青い, 静かに, 面白がっ, 頭が, 頭脳が, 頭腦が, 食った, 食べた腹, 驚いた, 驚いて, 驚きました, 驚きましたが, 驚くに, 驚く可, 驚ろかされた, 高かった, 高く宙

▼ するよりも~ (567, 0.2%)

7 自分の 6 先に, 前に 4 もつと, 何か, 遙かに 3 これを, その方, それを, はるかに, むしろそれ, 今の, 遥かに

2 [33件] ああやっ, いくらいい, いくらか, おそらく何万年前, た, まずその, むしろ否定, むしろ官吏, むしろ意識的, むしろ減少, 一層適切, 一杯の, 一葉の, 三人自殺する, 世間の, 他人を, 信ずること, 君の, 君側に, 多くの, 大袈裟な, 天皇に, 寧ろ如幻, 彼の, 我より, 直に手, 確かに, 私の, 私は, 自分たちの, 苛めること, 遊ばせと, 銅盤とか

1 [449件] あとに, あの, あの文章, あの美しい, ある大きい, ある意味, あんなふうに客, いいこと, いきなりそれ, いざ太刀, いっそうよく男子, いっそう難儀, いっそこうした, いっそ家中, いっそ思い切っ, いっそ死んだ, いつそこの, いつそ一人, いつそ放蕩息子, おこよの, かうして, かえってドキドキ, かえってピタ, かえって心元, かえって悲しく, かかる生活, かなり當惑, けしかけるよう, こうした斉彬, こうしていつ, こうやっ, こちらの, このほう, このまま船, この国, この婆, この方, この書簡, この点, これが, これ一疋虫を, さう, さきに, さらに, さらにいま一歩, さらに前進, さらに多く, さらに潜心的, さんざんに, しなければ, しの坂の, しばしば悪, しぶとい心臓, すぐ近い, ずうつと, ずっと好き, ずっと頻繁, せめて二, ぜいたくな, そういう罪悪, そこまで, そのほう, その五十万円, その変化, その庭, その時間的, その注射代, その無知, その珍, それだけ, それらの, それ以上に, ただ早く, たやすいという, つと手輕, つと眞, ですホント, どちらかと, なおよく, なだめるよりも, なほ甚だしから, なんでも, なんとし, なんの, はなはだしい, はやく脚, ひッぱたかれたり, まあ自分, まえから, まずこれら, まず二つ, まず小梅, まず心, まず戦争, また他国, また天, まだうるさい, まだまし, まだまだ適切, まだ容易, まづ, まるでこの, まるまる生かし, みんなで, むしろある, むしろいうべからざる, むしろこれ, むしろその, むしろただ, むしろわれ, むしろマラッカ, むしろ一個, むしろ一日一日, むしろ不健康, むしろ事業的, むしろ他国人, むしろ利得, むしろ却つて親, むしろ反感, むしろ天然物, むしろ好事家, むしろ幽, むしろ幽霊, むしろ感ずる, むしろ抑圧, むしろ控えめ, むしろ星の, むしろ減殺, むしろ相手, むしろ稀薄, むしろ絵画, むしろ自分, むしろ退い, むしろ飢え死に, むしろ騰貴, もういちど, もう一年, もっといい, もっとたくさん, もっともっとだいじな, もっともっと恥ずかしい, もっと一般的, もっと人間らしい, もっと大きく, もっと大胆, もっと早呑み込み過ぎる, もっと無駄, もっと鋭敏, もはやその, やはり窮屈, よいと, よく其の物, よく眠りたい, よっぽど好い, よほど臆病, よりつよく, より分量, より少い, より深, より純, わが国の, わしの, わたしには, アナーキーに, カットの, ゴーリキイの, ズドンと, セキスピア物を, ナイフで, ボクが, マースと, モルヒネなど, 一人で, 一人の, 一刻も, 一商人の, 一寸の, 一層多く, 一層容易, 一層迅速, 一層馬鹿気, 一度の, 一瞬間愛する, 一般の, 一角先生の, 一鉢の, 三時間以上を, 乗客が, 二人の, 二人自殺する, 二等輕く, 人々が, 人を, 人心を, 人生の, 今おじさん, 他国人の, 以上に, 以上の, 低いの, 体当りサルトルの, 何よりも, 何らの, 何を, 余が, 余程お銭, 余程わかり, 佳人と, 保存を, 偉大な, 働くため, 僕は, 充分経書, 充實した, 先き, 先ずその, 先ず姫草さん, 先ず自分, 先づ博士の, 先づ権力に, 先づ權力に, 先生から, 党の, 入道さまと, 全体として, 八日拘留される, 公明な, 共通な, 冷静に, 出来るだけ, 分らないの, 初さんの, 前から, 前の, 剣によって, 努力を, 労は, 動物的な, 十圓の, 卒直に, 危なッ, 却って主我的, 却って市内, 却って弱っ, 却って無難, 却つて頼もしい, 参謀本部に, 友に, 反對者, 古い形, 同一起源, 同情を, 吾輩の, 呆れた, 告白状が, 咽喉一杯に, 喜んで, 器械を, 図で, 土地が, 地球を, 夏は, 多く徳川幕府, 多く自分, 大きい重吉, 大切であり, 大国に, 大尻沼か, 大部分, 太陽の, 好きな, 妥協しよう, 妹愛人妻母として, 嬉しくた, 孔子の, 実には, 実物を, 害毒を, 家に, 容易である, 寛や, 寧ろファッショ的隣国, 寧ろ之, 寧ろ修養, 寧ろ公理, 寧ろ憐愍, 寧ろ文部省, 寧ろ日本, 寧ろ東西, 寧ろ物質的, 寧ろ絵画, 寧ろ自分, 寧ろ読書, 寧ろ讀書, 寧ろ金剛石, 將來を, 小説に, 少し時間, 山や, 市中や, 常子の, 幾倍の, 幾層倍も, 広く文学, 広重であり, 弱さ, 彼らしく, 彼らの, 彼等の, 彼自身の, 微かな, 心で, 心の, 快よい, 思はず大, 思わず大, 急速に, 悪い結果, 惜しく思はる, 愉快な, 愚かな, 愚かに, 愛するの, 感じが, 成功しなく, 或る, 手間どるに, 按吉に, 掘割り, 敏感に, 敬太郎に, 文芸創作, 新兵器の, 方法によって, 早く何者, 早く片付きます, 時も, 更に深い, 更に潜心的, 書籍を, 有利である, 有力に, 村の, 柔らかで, 根本的な, 案外に, 楽らしい, 正直に, 死んで, 残して, 残念と, 比較に, 毛織布を, 気持の, 永遠の, 注目すべき, 海外未開地の, 涅槃に, 湖水に, 源氏の, 溝川を, 滑稽視し, 火焔に, 無罪歎願書の, 熊と, 熟語と, 熱した舌, 特に柱, 獨むつ, 率先し, 現代において, 現代精神に, 現実の, 甚だしい, 生きて, 男の子と, 直かにこいさん, 直接ここに, 直観する, 相互的に, 眼に, 示談に, 神, 私生児を, 私自身が, 突っかかって, 等しく銭, 節倹し, 粗い現実, 約束の, 純に, 罪も, 美に, 肯定しよう, 背景に, 能楽と, 自から, 自らの, 自分が, 自分たちだけで, 自分とか, 自家営業の, 自己を, 至難であった, 舅姑に, 興味が, 苔下の, 苦笑したくなる, 茫漠たる, 草鞋で, 行われざる事, 西洋菓子の, 親しいお, 観察してやろう, 解り易い, 読む働き, 読んで, 誰か, 誰にも, 諸君の, 貴下が, 賊に, 賢明な, 赤茄子の, 趣向に, 軍人に, 軍隊を, 軽蔑する, 迎いながら, 述べるよりも, 道の, 遠く且遙, 遥かにより, 都会へ, 鉄工場の, 関係者全部を, 雄弁に, 難し, 難事では, 雨露を, 静かに, 静岡や, 非道い, 順序よくかたづきます, 風俗の, 食べないで, 骨が, 高める方, 鮮やかな

▼ するまで~ (506, 0.2%)

12 である 5 だ, 私は 4 じゃ 3 しばらくの, やって, 僕は, 待って, 絶対に

2 [22件] ここに, これを, そこに, であって, でございます, やり直しなさい, わたしは, ズッと, 也, 孤立の, 少々草臥, 彼の, 待たなければ, 水牢に, 祝言を, 美しい目, 自分の, 自分は, 自分を, 色を, 見て, 遊ぶこと

1 [421件] あちらこちらうちかえし, あなたが, あの樣, いちゃ, いて, いますよ, いやそう, うまく相手, おそらく彼, おとなしくこの, お前を, お祖母様, お鯉, かたい交際, かならず生きられる, かなりながい, くわしく話す, ぐツすり寢つづけ, けっしてさわがない, このうそ, この光景, この友船, この娘, この子, この山, この部屋, こらへよう, これからなお, さしあたり寺内, しげったひのき, しや, じっとプラットフォーム, じり, ずっとこの, ずっと仲通り, そこの, そしてその, そのままに, その作用, その出欠, その友情, その古市, その家, その点, その血, それとは, それらを, そんなに思いつめ, ただの, たとい乱世, たべては, だから, だし, だという, だれも, つ, ついて, つと寄添う, つひに, であります, であるが, であると, でこの, です, で彼等, とびだしちゃ, どうぞ僕, どんなこと, なぐりつけて, なの, なり, なれば, にたか, のばすの, はしや, ひとり我唄を, ひと休みも, ふく, ぶつぶつと, ぼんやり窓から, また桂子, まだ老いぼれ, まるでそう言う, もう, もつであろうか, やまない, やらせろ, やる, ゆびではじきました, よく自分, よく釣りあげる, わしと, スキャチャード先生の, タカ子は, フロイドの, ブルジョア地主の, プリマドンナ生活四十年その間一八八八年から, ヘンデルの, マルセーユで, モスク, モレロ達三人は, 一カ月に, 一カ月も, 一万円とともに, 一両日待ちくれ, 一二時間の, 一刻も, 一子亀千代の, 一年間延期するなら, 一度も, 一昼夜たらず, 一時その, 一臺も, 一週間の, 三人は, 三年とかれ, 三木は, 下から, 不思議に, 不思議にも, 与次郎は, 世話を, 両手で, 中止せよ, 丼を, 乱打し, 二十五円を, 二十五年もか, 二千八百五十八マイルを, 二千年の, 二度は, 二晩でも, 云うん, 五年の, 五年間先生の, 京都へは, 京野等志は, 人は, 他人に, 仲よくし, 住んで, 佐藤は, 何の, 何んとか, 何百ぺんでも, 余の, 価格は, 信じなかった, 修羅の, 働きかけるの, 働くこと, 僕に, 僕等の, 先生は, 全く遁世人, 全身の, 其処に, 其単純な, 其等の, 内地に, 内密であった, 再び似た, 冷え透る, 冷く, 凝然として, 出して, 出て, 別段の, 刻苦に, 前後十七年を, 勘定奉行であった, 勝ち抜いて, 勤を, 北海道に, 十一年間彼は, 単なる, 反覆教授し, 叩きつけなくては, 叩き倒したそう, 只手を, 名なし, 向後の, 君だけの, 君は, 吸ふ, 呷らずには, 四十八回の, 国文をも, 増されは, 売れて, 変更する, 外へ, 外国の, 大胆に, 太く腰, 失業手当を, 始終口癖, 娘ざかりを, 学びつくして, 学校に, 完全に, 実にしつこい, 実に三ヶ年, 宵寝し, 家主の, 家族を, 寝て, 射的場の, 差上げて, 市の, 帰らない, 常に心, 帽子の, 年を, 幸衛門を, 庄原を, 引き留めて, 弟と, 当分むりやり, 形勢全く, 役に立たない, 彼と, 彼は, 彼女の, 彼女は, 往来に, 待たなくては, 待たねば, 待ちおるべしとの, 待ってね, 待つだけの, 待つて, 待つと, 待つとは, 待つとらうかな, 待つべきだと, 待て, 後期印象派ダヾ表現派新, 御覧なさい, 心が, 心に, 忠実に, 忠明で, 性根が, 性的に, 患者の, 情わすれた, 意識が, 愛育しました, 慎しむべき, 我慢できる, 或はという, 戦おう, 手で, 手を, 手出しは, 打ち合いたがって, 批判は, 投げる, 拝ませて, 捜査を, 掘りちらして, 探し廻ったが, 描き出そうと, 援助を, 支拂ふ, 文化, 文学を, 新吉, 日陰に, 昇りつめた呻き声, 昨日お願いした, 暮したの, 月々三十円の, 月代を, 月見の, 有明荘の, 朝夕寝起きを, 朝家に, 木の, 根気よく, 根津の, 極端な, 極貧ながら, 樋口の, 機を, 欧州の, 此光景に, 此家庭に, 此畸人の, 武器を, 歩行いた, 段々重み, 母と共に, 母親の, 母馬が, 毎夜建築構造物の, 毎日紀代子に, 毎朝豆腐と, 気がついたの, 気がつかなかった, 江戸の, 決して早まった, 決して詰まらない, 河岸の, 海路七千マイル日数四週間の, 消えて, 溝板を, 滿二ヶ月の, 漕ぎつけたもの, 火の, 火を, 焼きあげるの, 煙草は, 熱心に, 牝牛共の, 物音一つしなかった, 珈琲一杯貰へ, 生きて, 生存しうる, 生存する, 生死も, 生活を, 画家と, 留置される, 疑わしき人物, 疲れさせねば, 發達した, 眺めて, 眼前真, 瞼に, 矗, 知吉としては, 石炭を, 研究する, 磨く, 神の, 神尾に, 私が, 私には, 私を, 私等の, 空間を通して, 立廻っ, 笑ひ, 筆を, 籾の, 精神が, 約三十年, 約二十年間, 約十カ月間, 約十年近く, 約半世紀, 経過せる, 継続された, 継続する, 続くか, 練りに, 老師への, 聞いて, 育ったの, 腹も, 腹を, 自分が, 荷物は, 蟹の, 行くより, 行くん, 西半球には, 見た, 見れば, 視め, 親に, 親切に, 解決を, 言出だした, 討論いたし, 話さなければ, 話し合う事, 話し込んだ, 説き出した, 説明を, 読本巻の, 誰も, 貧しいながらも, 赦せ, 走って, 車は, 辛抱し, 迹を, 追い行けば, 追撃しなけれ, 逃亡を, 途中の, 造りあげようと, 遂に一人, 遺族だけ, 邁進しなけれ, 還るを, 郊外の, 重盛が, 釣ッとい, 院長は, 隠せるもの, 雌雄を, 震災に関する, 青く乱れ, 静かに, 面倒を, 響いたの, 響いたので, 顕治への, 飜弄される, 食事を, 飲みつ, 飲みませんか, 飲んで, 饒舌り続けた, 騎士の, 高い天井, 鳥居派世襲の

▼ するとか~ (500, 0.2%)

11 しないとか 6 云ふ 5 いって, そんなこと, 云って 4 して, しないとかいふ, 言って 3 こうする, 云うよう, 何か, 言ふ

2 [25件] いろいろの, さう, しかもその, しないとかいう, せぬとか, その人, その位, それが, それにしても度, なんとか, なんとかいう, なんとかし, もう少しする, 云うこと, 云うの, 人の, 同意でも, 居を, 形が, 武士の, 無闇に, 相互の, 筆耕を, 遺言状を, 銀行や

1 [394件] あくまで盗み, あまり長く, ありそう, あるいはお, あるいはこれ, あるいはしわくちゃ, あるいはもっと, あるいは中毒, あるいは仏陀, あるいは和女, あるいは広告, あるいは某, あるいは植えかえる, あるいは病院, あるいは追っかける, あるいは郡役所, あるいは酒席, あるいは長い, ある者, いえば, いきり立って, いくらでも仕事, いった調子, いつ迄も, いろ, いろいろあります, いろいろと, いろいろ理屈, おあい, お墓, お妾, かう言, この通り, これから修業, ごまかすとか, さうい, さうし, したとかいう, しないとかという, しないとかは, しましたけれど, しめりなく, すごい道具, するには, するらしいとか, すれば, せいぜい日, せえ, せめて, せんとかは, そういうこと, そういうつもり, そういう事, そういう状況, そうした労苦, そう云った, そのうえあるまい, その他に, その他種々の, その場かぎり, その時, その針, それから先生, それは, それも, それを, そんな事, そんな他, そんな大, ただ手紙, たまたま奮発, ちょっと考え, つまり祖先, では, で奥, で患者, どこそこの, どこの, どれかの, なすを, なまけるとか, ならば, なんかと, なんとかでなけれ, なんとかひとつ, なんとか世間並み, なんとか宜い, ひどいの, ふと考えこむ, へるさん, へるは, ほのかなし, またはオダイシ, または今, または全然, または東京, または焼き豆腐, または砲丸, または連れ, また弟さん, また思いがけない, また戦争, みなり, むっつりし, ようである, より大きな, エタが, クシャミを, ツて, テーブル上の, ハイカラとかいう, バーミンガムの, ピナ・メニケリは, マーシャが, モナコを, ヤレ自分は, ロースに, 一しきりの, 一つ一つ定まった, 一時は, 三月分を, 三越や, 下ノ関で, 不親切だ, 之に, 争うよう, 云うけれ, 云うて, 云うのでね, 云うわけ, 云う人, 云う余裕, 云う時, 云う目的, 云う言葉, 云つてゐた, 云つて出, 互に連絡氣脈, 人形を, 人間は, 人馬親昵する, 仏蘭西風は, 仕事を, 他の, 伝説を, 体格の, 何かの, 何とか云う, 何とか云っ, 何とか云つて, 何とか出来る, 何とか否応なしに決めた, 何とか唱え, 何を, 何ンとか, 何処かの, 何心なく, 何百人を, 保護者に, 兎角し, 共同に, 其の他それ, 其の者, 其他の, 其他凡ゆる, 内乱の, 分類整頓の, 労働者の, 勉強する, 勝手な, 勿論多忙, 原典批判を, 原稿を, 厳粛な, 又は幾つ, 又は指, 又は節, 又は近火, 又引き続き, 双方の, 号した, 同一の, 咳嗽が, 哲学や, 問屋の, 啓蒙文学は, 喜怒哀楽を, 土地を, 塵気を, 売り捌くとか, 変に, 多くの, 大きい人物, 大きい子供, 大さわぎし, 大変な, 大工か, 大隈党なる, 失費は, 女郎に, 女髪結の, 妻の, 始終そんな, 威張って, 婚礼の, 媚を, 子供が, 学校で, 学校に, 宗教の, 宗教団体を, 実際的, 密室の, 導くとか, 小さいの, 小商売, 少くする, 尾崎の, 左様な, 帰れば, 常人に, 座敷を, 庭で, 強い刺撃, 強くする, 形而上学四次元の, 役の, 彼女は, 彼岸へ, 従容として, 思う人, 思想によ, 思想を, 息卷い, 愚かな, 態, 或いはどこ, 或いはどっち, 或いは同棲生活, 或は主人, 或は共通, 或は又, 或は材料, 或は移民地, 或は老衰, 或は英文, 或は菓子, 或は逆, 或は金門玉堂, 或は關所破り, 或は鹿糞, 或る, 所謂武士道的形式に, 手で, 手を, 批評する, 技術が, 探偵は, 政府が, 散歩する, 敵を, 敷島一袋を, 料理茶屋でも, 新しい研究領域, 新巻を, 方法は, 是れ, 月給の, 有意義な, 朝鮮で, 木魚を, 未見の, 机を, 極端の, 槍を, 横領する, 櫓下に, 正将監, 此所の, 殺すとかいう, 氏神の, 気が, 気軽に, 池に, 決めるの, 滞在費に, 激しい口論, 無用無益な, 照れると, 犬神の, 玉を, 現在の, 瓦を, 生あくび, 生けどりに, 申しまして, 申すこと, 申すでは, 申すので, 男女の, 病気とかいう, 病気を, 痙攣する, 発見を, 目的なし, 直接フィルム会社に, 着物を, 睡眠が, 研究施設を, 碁や, 社会の, 社長に, 神出鬼没とかいう, 神社の, 福沢の, 称する現代紳士富豪, 種々の, 笑って, 糧秣の, 結婚を, 綿貫に, 線路上に, 美味くなる, 翻訳の, 老を, 考察とかなど, 考案を, 考證し, 耳に, 聞いて, 育児の, 自分が, 自動車が, 色々案を, 芸者買の, 茶を, 莨入に, 菊ちゃんが, 薬を, 蟹の, 血の道が, 表紙の, 袋に, 裏の, 西国巡礼に, 西國巡禮に, 西洋で, 西洋人の, 視察する, 親友に, 解釈され, 言うて, 言ったの, 言つて, 言つて居ました, 言つて貶され, 言ひ, 訓戒を, 評議が, 詩を, 詰り変貌, 読み書き算術を, 読経を, 諂諛する, 諸藩, 財政の, 貰い受けるとかを, 贋札を, 赤沢さんの, 足の, 身代を, 軍歌でも, 軽視する, 輕視する, 遊びに, 運動会を, 道徳が, 酒を, 里方に, 金が, 金に, 障子を, 隣の, 静かに, 非常の, 預けるとか, 頻りにいろいろ, 顏を, 顔を, 食べものを, 飮料水を, 馬市でも, 馬糞を, 體操みた

▼ する~ (477, 0.1%)

17 である 6 の中 4 の働き 3 かへ知れた, が私, の動き, は御, もない, を起した

2 [27件] あり人, から出た, から判断, があった, があつ, があり, がある, がなかっ, がベースボール, が働い, が先, であった, になった, になる, に帰っ, の傾向, の持ち主, はこれ, はなかっ, は往々, は正しき, もしたがって, をじっと, をもった, を強, を忘れ, を棄てる

1 [378件] あつた, あるいは逆, か, から, からそう, からそれ, からだ, からだけされ, からだんだん, からである, からはとかく, から一そう呆, から勝ち気, から夫人, から妹, から尚侍, から徳, から思わず, から慷慨忠直, から或は, から教部省内, から気, から琴, から自然, から覚醒, があっ, があったれ, があら, があるで, がいつか, がこもつ, がこんなによく, がごく, がじきに, がそこ, がその, がどの, がどれ, がな, がない, がなく, がぴたり, がふと, がみ, がわずか, がわびしく, が一度, が一転, が与えられない, が人間, が何, が何故, が全然, が分りません, が動い, が半ば以上言語発想当初, が同時に, が孤児, が必要, が忍び込み, が意識的, が我慢, が殘つて, が深かっ, が湧き, が湧きました, が湧く, が潜ん, が無意識, が無意識的, が燃え, が燃え上った, が真, が真情, が知らず知らず, が薄らぐ, が起こった, が起った, が起らぬ, が隔て, くばりが, くばりは, さえ薫, そういう性急, そんな点, ぞも, だ, だけが逸っ, だけであっ, だけは失はず, だけは宜しく, だつた, つつましや, つよく其数, であったか, であつ, であります, であり節子, でい, でいられる, ですが, でその, でなければ, では自分, でみちみち, でも大胆, で一杯, で上手, で小さき, で御, で碁, で静か, と, というよう, という宗教, とその, となつ, との他, との対立, との相違, とは全く, とは性質, とは決して, とは酷似, とほしい, とも知らぬ, とを知り合っ, と内, と心, と心臓, と意志, と更に, と生命, と異常, と相, と神, と要求, ながら手, なく来, などは少し, など起らぬ, なの, ならん, なり野菜畑, なるを, にある, において初めて, にし, にて羽目, にて進軍, にならず, にはあらぬ, にはそれ, には元, には大いに, にまじり, にまで陰, にも, にもなれず, にもなれなかった, にやさりとて, による, に変り, に打ちくだかれ, に残存, に燃え, に燃えた, に移っ, に累, に至って, に責められました, に過ぎなかった, に鞭打つ, のあの, のあり得ない, のけな気, のせわしく, のちかい, のときめき, のはたらき, のひたむき, のほど, のゆとり, のより, のカラクリ, の上, の乱, の亂, の人々, の作用, の傍, の傾き, の冷さ, の前, の創, の力, の動い, の動機, の友, の嗜み, の姿, の定め, の幽霊, の底, の弱み, の張り, の強い, の影, の愛燃, の態度, の所有者, の持ち, の据ゑ方, の方, の昂奮, の暴威, の望み, の柔, の根底, の波, の活ら, の活動, の深, の犀利, の状態, の生んだ, の用意, の異常, の皺, の知らない, の礼, の秘密, の空疎, の端, の絵, の自由, の興奮, の裏, の要求, の計画, の謎, の負担, の貧し, の貯水池, の贅沢, の隠れ家みたい, の餘裕, はあ, はありません, はある, はいつ, はいのち, はこの, はそのまま, はそれ, はたえず, はとう, はない, はなく, はなくっ, はむしろ, はもう, はやがて, はリアリズム, は上級学校, は仕方, は十分源氏, は同じ, は変り, は太陽, は失っ, は尊敬, は当然, は忽ち, は恐し, は恰も, は持っ, は日, は日本婦人, は未だ, は死, は深い, は獅子, は甘い, は真, は神, は科学, は自己, は至大至重, は見える, は贈られる, は起らなかった, は隠遁, ばかりが先, むなしい無表情, もございます, もて愛国心, もとかく, も手伝つて, も起る, よさ, よりも愛する, よりよい, より我判斷, よ憤激, よ自己, を, をいう, をお, をきめました, をこの, をすてない, をすてる, をぢ, をもっ, をもて, をより, を以つて人跡未到, を何, を保っ, を全く, を刺戟, を励まし, を取り戻した, を咎めよ, を大切, を失った, を心, を忘れ給え, を惡ん, を懐かず, を抑, を抑え, を抑える, を抱き, を押え, を押さえ, を持ち, を持っ, を持つ, を振ひ起こし, を曲げしめ, を最も, を次第に, を滿, を激勵, を無理, を無視, を煙草, を示した, を移し, を終局, を続ける, を聞け, を落着けるべく, を覚える, を警, を起こした, を起さしめる, を起さず, を起す, を難, を静め, を靜め, を鞭, を養成, を骨肉, 何とかし, 元な, 懸は, 持ちさ, 易さ, 深く清き若き人々, 祈らうと, 美しさ, 要は無い, 遣ひな, 附けの

▼ するはず~ (455, 0.1%)

72 はない 60 がない 25 である 15 はありません 13 もない 11 だった, になっ 9 だ, はなかっ 8 がありません, だと, であった, です 6 のない, もなく 5 だったが, であったが, のもの 4 であるが, でしたが, では 3 がある, がなかっ, がねえ, だったの, の金庫

2 [22件] だから, だった金庫, だという, だとね, であるから, であると, でいた, でございました, ですが, でその, でボツボツ, なの, なのに, なり, なるも, なれども, なれば, のところ, の人, はあるまい, はなく, もなかっ

1 [100件] ありませんよ, あれへん今, かとも考える, がございません, がなく, ござりませぬ, さ余, だおれ, だが, だけど, だったけれど, だったじゃ, だったとよ, だったね, だったん, だった男, だった船, だった谷五郎, だった際どい, だわ, だ正月, であったところ, であったの, であったのに, であった記念品, であつ, でありました, でありますが, でありまた, でありパルロフォン, であり換言, であること, であるしかし, であるという, であるのに, であろうと, であッ, でございますと, でしょう, ですな, でなかったけれ共, でやがて, で一番目, で三枚切符, で今日, で俘虜, で御座いましたが, で朝, で木曾福島, で黄八丈, ないい, ないや, なくむしろ必ず, なし, なんで, にした, になった, に思われます, のあるべき, のあんな, のお, のが, のこと, のさかり場, のじ, のよう, の一束, の二番息子, の俺, の停車場, の兵, の写真図, の土地, の塙郁次郎, の奈世, の実験, の客, の役人, の文学様式, の日本, の時, の殉死, の私, の署長, の行田, の金子, の随筆集, はあり, はありまッ, はござんせん, はねえと思う, は全然, は勿論, は毛頭, もあるまい, もございません, もなけれ, もなし, もねえ, ァなかろ

▼ する人々~ (454, 0.1%)

11 の間 10 である 9 のため 8 がある 7 の中 5 の顔 4 がその, の足音, はこの 3 のうち, の前, の心, の生活, の耳, は

2 [21件] があった, があるであらう, が何千人, が多々, ではなかっ, の一人, の休み場所, の口, の声, の姿, の想像, の手, の生涯, の頭, はそう, は之, は決して, は真面目, は茲, もいる, も皆

1 [332件] かいずれ, かそれ, からのそれ, からよりも知識, から最も, から脱, が, があ, があつ, があらわれ, があり, があるなら, がいます, がいる, がこの, がそれ, がともすれば, がなかつた, がふえ, が一方, が一日, が人間精神, が今日作品, が充分, が出来た, が到着, が勝手, が多かっ, が大概, が好, が子孫, が尠, が忠実, が押しあひ, が排斥, が文化, が殖えれ, が段々, が治安判事, が父兄, が田舎, が自身, が至る, が集まった, が集り, が鞏固, こそかえって, こそ却って, だけはこの, だけを指し, であったが, であります, であり讀むもの, であるの, であろうという, でいっぱい, でした, です, でそこ, でも孔子, で一杯, といえ, とである, とともに過ごされた, との提携, ともう, と共に歎げき, と共に私自身, と同じ, と朝夕往復, と社会, と膝, と袂, と袖, に, にお, におしつけ, におしつけよう, にきっと, にし, にぜひとも, にたいしてその, についてそれとなく, にとっていわゆる, にとってきわめて, にとってこれら, にとってしか謎, にとってはこの, にとってはこれら, にとってはその, にとってはとり, にとっては一切, にとっては如何なる, にとっては非常, にとって現在, にはさほど, にはよく, にはドブチンスキー, には余り賞, には公然, には前駆者, には容易, には左近頼該, には私, にも問合, によって必ず, によって支払われ, にスケッチ, にハッパ, に云, に先, に出会う, に取っ, に同じたくない, に向かっ, に告ぐ, に対してはもう, に対しては腹, に対しても其の, に対して常に, に対し押えきれぬ, に対する一つ, に役立つ, に捧ぐ, に見られる, に見受ける, に語られざる, に課せられた, に買収, に贈る, に馴染み, の, のあいだ, のいい, のいう, のうち曽, のこの, のす, のなか, のま, のよう, のカイナゴ, のグループ, の一刻, の一讀, の人品骨柄, の人間的, の他, の住む, の体, の作品, の俤, の其, の出, の切羽詰まった, の利益, の労, の動機, の参考, の双肩, の名前, の呻き, の呼吸, の喚き, の場合, の変遷, の多い, の多く, の多数, の存, の定評, の容易, の層, の希望, の心々, の心情, の心理, の性格, の惑, の意見, の感謝, の態度, の慟哭, の播い, の敬虔, の数, の方, の智術, の最も, の未来, の朶頤, の根本, の歴史理論, の気持, の流れ, の混乱, の燈明, の爭, の現実, の理論, の生理的, の眼, の祭壇, の立場, の群, の考, の興味, の苦しく, の苦しみ, の観点, の言, の誤謬, の説, の販売, の身なり, の長, の頭上, の髪, はあらゆる, はいつも, はおのずから, はかかる, はかく, はかなり, はこぞって, はこれ, はその, はそれら, はそれ程, はたとえ大いに, はどの, はまず, はドイツ, は一応, は世界, は冬, は口, は各々, は問題, は夢にも, は大切, は大河, は少し, は必要品, は我々自身, は手, は技師, は文学, は方言, は昔, は最も, は服装, は東京, は案外それほど, は此処, は殆ど, は沈黙, は経験, は自分, は自分等, は自己, は自然, は自身, は遂に, は非常, は麦酒, ばかりの間, へである, への心構, への忠告, またどこ, またはそういう, もあらう, もあり, もあるであろう, もいかなる, もいわゆる, もだんだん, もふえました, もゐる, もジャーナリスティック, も区別, も同じく, も多く, も少く, も少なく, も当然, も従来, も縁台, も落ち合っ, も覆い尽す, も財, も足音, やこれ, や欲望, や民族, よりも一層, よりも敵, よりも映画, より他, よ一度, よ文壇, をいかに, をしか弟子, をとめ, をも, をもそれ, を下, を信用, を凡て軽蔑, を唯物論者, を実にしばしば, を抱い, を押し静め, を標準, を眺め, を窘めた, を約, を罵ろう, を考える, を薙, を見, を見下し, を見守ってる, を覗き見, を身近, を迎, を迎え, 之を以て鬼, 即ち思索, 及びかく, 及び文学

▼ するのみ~ (436, 0.1%)

66 である 21 では 11 であった 10 ならずその, ならずまた, ならず更に 8 であるが 7 であって, であつ 6 だ, だった, であ 5 でした, です, でその, なり 4 でなく同時に, ならずさらに, ならずして, ならず時として 3 であったが, であるという, でなくまた, ならずそれ, なれば

2 [22件] だから, だつた, だろう, でありそして, でそれ, でなく虚無, でも, で他, ならず, ならずこの, ならずこれ, ならずそれら, ならず今, ならず侯, ならず公, ならず前, ならず広く, ならず東洋, ならず自分, ならん, なりと, 既にし

1 [173件] ぐすりを, これ余の, すべきでは, だったのに, だと, で, であったため, であったと, でありましょう, であります, であると, である或は, であろう, でかえって, でここ, でございます, でございますれば, でさっぱり, ですが, ですこしも, でその他, でそれ以前, でとても, でどうしても, でない, でなくかく, でなくこれ, でなく使用, でなく修辞学, でなく其文勢, でなく各, でなく更に, でなく社会的, でなく適当, でほとんと, でやわらかく, でわれ, で一度, で何等, で全, で同時に, で吾家, で土, で地上, で少し, で御, で微塵, で心みち, で挺身, で新聞, で昔, で根本義, で正確, で殆ど, で毫も, で決して, で無造作, で眞, で真に, で秀吉, で素性, で自身, で芸術的価値, で誰, で足, で足る所, で閑静, で餘, なの, ならす又, ならずあたかも, ならずかねて, ならずかねては, ならずことに, ならずしきりに, ならずそこ, ならずわが, ならず一, ならず一歩一歩, ならず世界, ならず両, ならず亭主, ならず人類, ならず其天然的基礎, ならず其學校, ならず其時代, ならず其根本, ならず到る所日本, ならず刻下, ならず労働, ならず参内, ならず又, ならず問答, ならず図柄, ならず國家, ならず土中, ならず大きな, ならず大小道路, ならず天皇, ならず夫, ならず娘, ならず安眠, ならず實際, ならず寧ろ, ならず小, ならず常に, ならず弟, ならず往々, ならず律せん, ならず必ず, ならず恋愛, ならず患者, ならず愈々, ならず我々, ならず我が, ならず戦争そのもの, ならず断行, ならず時々, ならず時には, ならず時雨, ならず棄てた以上, ならず機会, ならず次, ならず欺いて, ならず此, ならず此人民, ならず氏, ならず水, ならず火神, ならず炭, ならず生出, ならず申すも, ならず真実, ならず私, ならず脳, ならず調査材料, ならず資本家, ならず路銀, ならず追, ならず過度, ならず道庵, ならず野宿, ならず針小, ならず鉱山, ならず青年英雄, ならず順良, なりしを, なるか, なること, なるを以て, なる人間, なる墨壺, なる無限, もし餓死, 且つ言うべから, 主體, 也, 也とぞ, 人は, 何か, 僕の, 元田肇斎藤修一郎の, 元田肇齋藤修一郎の, 又誰, 国を, 子を, 射撃が, 故に若し, 曾て, 朕が, 果して其意味, 顧れ, 食い試みぬ人

▼ する~ (436, 0.1%)

116 である, のもの 4 には日常, に作つて, に彼, に私 3 ではない, ではなく, なの, にする, には, に必要, の努力

2 [30件] であつ, であらう, にいつ, にこの, にこんな, にその, にどの, にはこれ, には人間, には団十郎, には大義, には如何なる, には或, には百里, にも暴力, にやって来た, に努力, に封筒, に待っ, に御, に態と, に政府, に独楽, に用, に自分, に色々, に草, に蝋燭, に行, の世間話

1 [316件] かも知れません, か或いは, か或は, じや, だ, だちつと, だった, だつたの, で, であ, であった, であったこと, であった事, であって, であり又, であるという, であるに, であろうと, でかく, です, でそれ, でで, でもあつ, でもなかっ, とか不快, としては少し, とすれ, とそれから, と云う, ならば, なりと云, にかういつ, にここ, にこてこて, にこれ, にその後, にそれ, にそんな, にちょっと, につくられた, につけた, にです, にとり, にと言, にどれ, にのぞき込んだ, にはあちらこちらの, にはいや, にはお, にはこれ等, にはずい分, にはそれ, にはつ, にはどうしても, にはま, にはやはり, にはアルフレッド王, には一方, には一点, には五月幟風, には何等, には余りに, には偽証罪, には全然, には各, には女自身, には定, には少く, には屡々, には山陽道, には帝京, には強制的, には彼, には微妙, には技術, には文芸的素質, には方便, には模倣, には沖縄語, には犠牲者, には百個, には眼, には私, には苦痛, には親子, には錫, にばかり歪められる, にひどく, にべん, にもお前, にも畢竟, にわし, にクヾ, にジャン, にハシタテ, にマルセイユ, にミラー, にワラ人形, に一応, に一歩一歩脚, に一臂, に一部少数, に三音, に上京, に之, に予め, に事実, に亨一, に人, に今度, に仮に, に仮り, に仮作, に会合, に低級, に何千本, に何年, に何時も, に作られ, に使用, に例, に便, に俺, に倫理内容, に僕, に入込んだ, に其, に其人, に其温か, に其話, に出, に出掛けた, に出来, に出来た, に出来る, に切り替, に利用, に勇気, に午後一時, に卓上電燈, に博士, に取り, に可, に右足, に同じ, に呪詞, に品川, に商業, に固有名詞, に外, に夜行, に大, に大きな, に大衆文芸, に始終, に娘, に存せり, に季感, に実際, に家, に小, に小吏, に巧, に巧妙, に布団, に年中, に幾許, に建てた, に建てられた, に引, に当局, に当番, に後藤さん, に忙しい, に忙しく, に態とそう, に手入れ, に掛けられた, に揚げられる, に政, に散, に数十年, に文代さん, に文字通り, に日本, に時, に時々, に時として, に晒され, に暫く, に更に一層, に最も, に朝, に来, に来た, に東, に東京, に林町, に椰子, に正南, に正太兄さん, に正風会, に此, に此土地, に歩く, に残った, に残り, に毎月自分達, に永い, に江戸, に波照間, に派遣, に漸く, に烏賊, に熊本, に父自身, に犠牲心, に生れ, に生れた, に生涯, に略解, に盛ん, に目籠, に相当, に短歌史上, に社長, に神, に祭司次長, に私たち, に私等, に私達, に秘密結社, に穀神, に空間概念, に立ちよる, に端縫, に糸, に糸魚川, に紐, に置かれた, に習熟, に耶蘇教, に職員室, に胡桃, に臥薪嘗胆, に自動車, に舟運, に舶来, に芸能, に茲, に行長, に装置, に製作, に西行, に訴訟, に誰, に請, に警視庁, に赤ちゃん, に身, に軍, に軍隊, に輸出, に這麼形, に造られた, に連れ立っ, に運転台, に過去, に部屋, のあらゆる, のはし, のカルシウム分, の一つ, の一枚, の仕, の作業, の便法, の偽, の具, の制作, の勇気, の反抗語, の叙景詩中, の味覚, の嘘, の媒介物, の座標軸, の御嶽拝所さ, の改作, の斎, の最上, の条件, の様, の火, の無意義, の紅絹, の組織, の綿密, の美術品, の聖なる, の胸, の言葉, の調和, の象徴, の踊り, の辞, の金具, の長方形, の雑誌, まず裸体, らしい, 下りて, 其の宝, 早速やって来た, 時には, 起き上ったり

▼ する人間~ (426, 0.1%)

9 ではない 7 がある 54 じゃない, です, でないこと, のよう 3 ですが, のこと, の努力, はない

2 [37件] があれ, があろう, がこれ, じゃございません, だと, でないとでも, ではございません, ではなかっ, ではなく, で私, というもの, となっ, となり, なので, なんか俺, のうち, の勞働, の姿, の存在, の心, の性情, の方, の知識, の肉体, の行為, の言葉, の運命, は唯, は容易, は死ぬまえ, は滅多に, は稀, は言葉, ほどイヤ, もない, を見掛けたら, を造り出す

1 [303件] かきい, かそう, かはなか, かも知れない, から素知らぬ, から頭脳, があった, があつ, がいっ, がいない, がきたない, がしまいに, がじゃり, がすき, がすべて一代, がどうして, がどこ, がほとんど, がわたし, がゐない, がゐる, がをる, がチョイチョイ方々, が今日, が何處, が出来た, が刄物, が園田さん, が地図, が塾, が多く, が大きな, が家, が小倉氏, が居る, が屠所, が岡, が幸福, が所謂不幸, が明日, が沢山, が相当, が窓, が自分, が虚栄的, が虚榮的, が見え, が隨分澤山, じゃあねえこの, じゃなかった, じゃねえ, たあ, だから, だしかも, だった, だったの, だの急, だろう, だわし, であった, であったのに, でありそして, である, であるかを, であるとして, である事, である点, でしてな, ですの, でせう, でちっとも, でないといふ, ではありません, ではないだろう, ではなかつた, でも座談, でも書い, で些少, で只, で早慶戦, といったら, とか, としてのよ, とそれ, となる, との夢幻, との接触, とはどうしても, とは思はれません, とは思われません, とは考へ, とを, と交, と同様, と歴史, と見る, と言, と間違, なるもの, なんで, に, にえら, にかぎっ, にとってはスタンダール, になりさがっ, にのみ恵まれた, にはその, にはなりたくありません, には到底, には案外, には燈火, にも比, にろくな, に一瞬, に取つ, に多く, に心当り, に心當, に比較, に第, に職業, に衣食住, に近づく, に阿る, に限っ, の, のある, のあわれ, のいかん, のこの, のす, のたまたま, のため, のひとり, のよわい, の一人, の不断, の世界, の中, の主観, の交渉, の住民, の何者, の信仰, の個人的, の全, の内面生活, の出現, の出発, の分別, の力, の努力修養, の口, の叫び, の名前, の命, の塔, の多い, の寛大さ, の往来, の心事, の心持ち, の心等, の性格, の情, の想像力, の意志, の意慾, の感じ, の感覚的性能如何, の数, の最も, の本来的感情, の根本的性質, の棄て, の権利, の欲念, の歴史的像, の比率, の気息, の活動, の浅まし, の焦躁, の特定, の生, の生活現象, の異臭, の目, の真剣, の積極的, の答, の精神的高揚, の精神肉体, の糧, の細工, の習慣, の考, の自, の自然, の自然知, の苦しみ, の表情, の觀察, の誰, の貪欲, の賤しき動機, の趣味, の通有性, の部類, の醜, の陥入り, の非望, の面, の頭脳, の願い, はあの, はありません, はいる, はおらん, はかっ, はすべてみんな女, はそう, はそうたんと, はその, はそれ, はどう, はどこ, はどんなに, はみな遊民, はみんなそう, はむやみ, はもとより, は何處, は元来批評家, は大嫌い, は大抵, は大概顔見知り, は嫌い, は定, は彼, は必ずしも, は思いのほか人触り, は思ひ, は愚か者, は才知, は昔, は最も, は此世界, は殆, は毎日真, は気ぜわしい, は生活, は皆, は直ぐ, は老少不定, は芳古堂, は諸君, は駆逐, ばかりじゃない, ばかりを保護, への一転機, ほど人迷惑, もあった, もあるだろう, もあるまい, もこの, もしくは動物, もたぶん, もなかろう, もまれ, も少ない, も批評, も案外, も見たであろう, よりは一層, よりも余程, より見れ, らしい意欲, らしい父, らしい自由, をこの, をさらに, をすぐ, をつくります, をまだ, をよく, を呼び返す, を智慧, を書いた, を發見, を私, を積んだ, を粗末, を臆病, を見る, を見張っ, を覚醒, を象徴, を造っ, を造つて, を離れ, 即ち俳優, 飽くまで意志

▼ する機会~ (416, 0.1%)

19 を得た 16 がなかっ 8 がない, がなく 6 がある, もなかっ, も多く 5 がなかつた, が多かっ, もなく, を与えられた, を得る 4 を失っ

3 [11件] があろう, が多い, のない, はある, はない, はなかっ, もない, をもつ, を作っ, を持った, を有

2 [38件] があっ, があった, があったら, があつ, があるであろう, があれ, がなくなる, が到来, が多く, が来た, にめぐまれた, のある, の少い, はあるまい, もある, もあるでしょう, も多かっ, をつくっ, をもっ, を与え, を与えた, を与えられなかった, を与へ, を作った, を多く, を失, を失った, を待っ, を待つ, を得, を得たい, を得ました, を得れ, を持たなかった, を持ち得た, を持つ, を捉え, を早く

1 [209件] からし, があらう, がありました, があります, があり得よう, があるだらう, があるだろう, があるでしょう, があるなら, がいつか, がしばしば, がな, がなかつたなら, がなけりゃ, がなけれ, がはるか, がほんとう, がまた, がもし, が一度, が一日, が与へられた, が与へられる, が乏しい, が二三度, が全く, が失われ, が得, が得たい, が得たかった, が得られ, が持ち, が更に, が最も, が来るだろう, が極めて, が此頃, が無かっ, が私, が起らなかった, が非常, ぐらいはわたくし共, です, としてよろこん, となった, となるであろう, とはならなかつた, と意図, と熱心さ, なから, など殆ど, にあ, にあう, にその, になり, には恵まれず, にぶつかった, に佐佐木さん, に出合った, に到達, に恵まれず, に恵まれた, に接しない, に接しました, に接する, に私, に蓬, に近づい, に遇うた, に遭遇, のあった, のあらん, の均等, の多かっ, の少ない, の得られる, の来る, の比較的, はありますまい, はいくら, はいつも, はきわめて, はそう, はそれ, はそれぎり二人, はたしかに, はなん, はほとんど, はまず, はもたなかった, はもった, は今後, は到る, は多く, は少ない, は度々, は戦争, は来なかったであろう, は死ぬ, は永久, は決して, は沢山, は絶無, もあい, もあった, もあるまい, もおおい, もそれぎり, もついに, もなかつた, もなくなっ, もなくなり, もまず, もまた, も与えられず, も企て, も婦人, も少く, も尠, も思う, も来た, も此時, も無い, も無く, も絶えた, も自然, らしかった, を, をいくら, をうかがっ, をさ, をじっと, をだんだん, をついに, をつかむ, をつくり, をつくる, をとらえた, をとらえる, をねらっ, をまだ, をもたなかつた, をもたなけれ, をもたぬ, をもち, をもつであろう, をも与え, をも与えなかった, を与, を与えたおぼえ, を与えない, を与えなかった, を与えられ, を与えられました, を与えられる, を与える, を与えるだろう, を与へられた, を今, を作らね, を作ります, を利用, を均等, を天, を失う, を失うまい, を奪われた, を封じられ, を少なく, を屡々, を延引, を待たなけれ, を待ち, を待ちあぐん, を待ちかね, を得ず, を得ない, を得なかった, を得なかつた, を得ぬ, を拾う, を持たなかったであろう, を持ちませんでした, を捉, を捉えた, を捉えなかった, を捕え得なかった, を探した, を掴んだ, を攫んだ, を早めます, を有った, を永久, を永遠, を求めなけれ, を狙っ, を発見, を社会身分上, を見る, を見出さなかつた, を見出し, を見出そう, を見出だしませぬ, を逃す, を造ったらしかった, を逸し, を逸した, を避ける, 又は条件

▼ する~ (412, 0.1%)

20 もない 5 にその, もなかっ 4 にこの, もありませんでした, もち, もなし 3 がない, にも時々, はこの, はこれ, もあらせず, もなき

2 [19件] がありません, である, にもう, に三つ, に三度お産, に今年, に凡て, に夜, に水, に自分, に道, に銀, に雪, の現象, は人間, は民選議院, も勝平, も無い, も無く

1 [310件] おぼつかない手, か, からはるか, から蘆洲柳渚, がいい, がたつ, がなかっ, がなかつた, がなくなっ, がまた, が無し, さえない, しかなかっ, だ, だけは詩人, だけ仕事, だけ存在, だけ生き, だけ生活, だけ痛み, だつて, だに与えたまわざるや, ちょっと一緒, であった, というもの, といふ意, と茶, どうか待っ, どうにも髪, に, にあと, にある, にあるいは, にいよ, にいろいろ, にお前, にかえって, にかち, にかれ, にこれ, にごく, にさき, にすぐ, にず, にそう, にだれ, につい, にて口誦, にはこの, にはち, には他, には夫, には幾度, には澄む, には経験, には赤ちゃん, には遂に, にふと, にみぶ, にもこの, にもしくは, にももう, にも下, にも心, にも既, にも時間, にも異人氏, にも笙篳篥, にも素顏, にも豫備金, にハガキ, にヘトヘト, にヘナン, にロウモン街, に一人居, に一月余り, に一生懸命, に三百六十五回踵, に両方, に二三間たじたじ, に二升, に二回, に二百万キロメートルづゝこれ, に二百年余り, に京子, に今, に他, に伊太夫, に俺, に倉子, に個人, に偶然, に先生, に光, に光武帝, に其辺, に前後, に剛の者二人, に十五歳, に十度, に千里, に南支那, に受ける, に吉左衛門, に同級生, に吾人, に大きな, に奥田孫太夫, に女性, に子供, に実験関係, に室中, に小, に少し, に己, に平和, に平次, に年, に強敵, に彼, に彼女, に心配, に怪しい, に息, に悲劇, に我等, に手, に折, に指, に挿入, に敵, に於, に既に, に日本刀, に時, に月日, に朽廃, に東, に枝, に次郎, に正面, に此等, に歴史学研究, に母国, に気, に気候, に水光天色, に洋服, に浮世, に消え, に溝, に火, に無数, に熟, に獅子, に現, に甚蔵, に盃盤, に相手, に私, に秋, に美くしい, に美しい, に翌朝, に聞出し, に育った, に脳, に自ら台本, に臼井氏, に菊塢, に蘇鐵, に蝋管, に角, に討っ, に謙信自身, に貰, に退いた, に通っ, に進行, に過す, に遣る, に間, に限る, に雄, に雪田, に電燈, に養い, に高, に黄, のありませんでした, のこと, のない, のやう, の備え, の小, の希望, の心持ち, の或, の疲れ, の禁欲生活, の長期, の隠れ場所, はあなた, はあの, はいかに, はいづれ, はいわゆる, はえらい, はじっと, はそり, はそれ, はそれでも, はたがい, はだれ, はちょっとしんと, はほとんど, はまるで, はもし, はもし実に, はココ, は一人, は主人, は侵略行為, は僕, は决, は労賃, は又, は友人, は喧嘩, は常人, は幸福, は張る, は彼, は心持ち, は忙しく, は数里, は敷居, は日夜, は時間, は此事, は死, は活動, は無い, は父, は石川, は社会的, は私, は耐忍, は読書, は論爭, は遍くまた, は道庵, は醒覚, は馬方, は駄目, まっすぐに, もあらで, もあり, もおびえおびえ導い, もお歌, もちっと, もなかつた, もなから, もなくっ, ももどかし, もオチオチ, もポリニャーク, も与えず, も停止, も婦人問題, も嬉し, も安心, も彼, も待てず, も惜しい, も止まぬ, も気, も無, も環丈, も絶えず, も茶の間, も葉, も見つけ出され, も離れなかった, も離れなかつた, も静まらず, も黙契, をかき分け, をぐうぐう, をすりぬけ, を一年, を多く, を百八十回, を着飾った, を窕子, を縫っ, を縫つて, を通っ, を選ん, 出来る丈, 封ぜられます, 少しでも, 待って, 待つて, 心地よい眠り, 未後大坂城, 立って, 終始我心目, 緩こい真似, 飲んで

▼ するもん~ (399, 0.1%)

5741 じゃない, だから 40 ですか 2719 ですから 17 じゃありません 8 じゃねえ, だね 5 じゃあない, ですよ, よ 4 かね, だからね, だと, です 3 じゃあねえ, だで, だな, だなあ, だよ, では 2 かい, じゃな, じゃなくっ, じゃア, だぞ, で, ですね, でも, で親分, 寄っといで

1 [72件] あったに, かあの, かあれ, かいやッ, かお, かすぐ, かそれに, かと思っ, かと思ひ, かなあ, かねえ, かね世間, かよ, か一体そン, か人, か俺, か俺ら, か反対, か知らねえ, か突かれる, がおり, がない, けえ, けやろう, さね, じゃ, じゃけ, じゃござんせん, じゃなか, じゃね, じゃねえです, じゃよ, じや, だお, だお前達, だか, だからさ, だからな, だぜ, だちうが, だなに, だねえ, だやい平, だろう, だわ, だわね, だ朝, だ見ろ汝等處ぢ, でこいつ, でしてね, でしょう, でしよう, ですかね, ですからな, ですなあ, ですネー, でない地主, で山里, で思い出して, で酒, と違いまっし, ないやろ, なん, ね, ねえ, はいる, や, やと, やよ, やよって, やわ, 出来て

▼ するなんて~ (397, 0.1%)

18 ことは 10 いうこと 6 のは 4 そんなこと, そんな馬鹿 3 こたあ, ことが, ことを, とんでもない, どうした, 事は, 思いも, 馬鹿げて

2 [25件] あさましいこと, いふこと, いやな, ことに, そんなばか, そんな不都合, そんな悠長, どうしてそんな, なんという, 一年に, 云うこと, 人が, 何が, 何て, 何と云, 到底出来た, 卑怯だ, 大間違い, 失敬だ, 失礼な, 汚い根性, 法は, 生意気な, 罪な, 言ひやがる

1 [281件] あきれた我, あたしより, あなたの, あなたは, あのおじいさん, あの男, あまりに無謀, あまりほめた, ありゃ碌, あるか, あんたこそ, あんまりだ, あんまり大袈裟, あんまり親, いうのに, いうよ, いかな, いくらフレッドさん, いくら何, いけないこと, いたずらを, いったいどうした, いつから, いつて, いふの, いふほど, いふ事, いふ藝當, いまいましいやつ, いやしくも郡会医, いやだ, いやです, いやなこった, いやなこつた, いやらしいほどの, いわなくて, えき, えこと, えの, え物好き, え馬鹿げた, おぜいたく, お前たちも, お手, お父さま, かえって健全, かんがえて, きっと本当, きみらしく, くださるもの, けしからんじゃ, こつとら犬ぢ, ことじゃ, この島, この汚らわしい, こわいこと, じつに奇怪, ずいぶんね, ずいぶんヒドイ, そう仰っ, そう言っ, そしてたった, その悪漢, それじゃ, それそこが, それぢや, それは, それも, そんなべら棒, そんな事, そんな余裕, そんな個性, そんな大, そんな弱い, そんな恩, そんな月並, そんな茶番, そんな裏切者, そんな詭弁, そんな馬鹿げた, たちが, ちと不謹慎, ちと大袈裟, できるはず, できるもの, でたらめだ, どういうこと, どうしたら, どうしてさ, なにが, なりにも, なんだか助平, のが, はなはだもっ, ひどく矛盾, ふざけやがって, ふつうの, ほんとにいらざるおせつ, ほんとにそうお, ぼくの, まちがって, まったく不, まっぴらだった, まるで狐, まるで考へ, まるで自分, みっともないこと, みっともないわ, むだです, めずらしいな, めったにない, もし魂, もったいないわ, もつたい, やつぱし學問を, よくない, よくよくな, よくよく屈托, よっぽどつらい, よほどの, わけには, わたしと, わたしも, インチキです, カイビャク以来きいた, キット警察の, ケチな, サチ子さんまちがってる, タダの, バカげたこと, バカバカしいや, ヤケクソの, ヤワハラルも, 三吉なぞは, 下品な, 不幸の, 不自然だ, 不良でしょう, 不見識な, 世界に, 事より, 事を, 云い出しゃしなかったん, 云うの, 云つたのは, 云ふ, 人間じゃ, 今時悪, 何と, 何んな, 余り馬鹿馬鹿しい, 例は, 俺も, 偽らしい, 僕にとっては, 僕らには, 儀式は, 光栄の, 全くおもいがけない, 全くばかげきったこっ, 全くよく, 冒涜だ, 冒険で, 冗談を, 分らないわ, 初めから, 勝手の, 勿体ないじゃ, 半七捕物帳, 卑怯じゃ, 古往今来ない, 可笑いぢ, 君の, 君は, 問題にも, 嘘みたいに, 変じゃ, 変な, 大いばり, 大杉氏にも, 太い奴, 失礼千万な, 奈何いふ, 奥さんも, 女王様だって, 奴はめつた, 如何にも恐怖王, 妙な, 嫌な, 実に危険千万, 実際ひどい, 少しあなた, 少しは, 少しヤキ, 少し生意気, 常識上そんな, 平常の, 心がけが, 心細いのね, 思ひも, 怪しからんぢ, 恥かしいこった, 恰好じゃ, 悪いこと, 惨酷, 意氣地が, 憎い奴, 戦争じゃ, 時にはここ, 東洋でなく, 柄にも, 正気の, 正直な, 母が, 気が, 氣が, 氣持には, 決して安全, 洒落たこと, 滅相も, 烏滸がましいこと, 無礼で, 無茶な, 無謀な, 物好きにも, 狂気の, 猛烈に, 猫化けの, 王侯も, 珍しいじゃ, 珍らしい, 珍らしかったです, 甘いぢ, 甚だ怪しから, 生意気すぎます, 男らしくない, 男らしくも, 眞平, 真正面から, 神さまでも, 私は, 第一, 第一人手, 筋道が, 絶対に, 縁起でも, 罪悪だ, 考えただけ, 考えられんじゃ, 考えるの, 腸が, 自分の, 自分を, 芸者を, 蚕の, 蜘蛛の, 見えすいて, 見上げたもん, 言うと, 言うの, 言って, 言ふこ, 言われても, 言われると, 言出し, 言葉は, 許すべからざるこったからねえ, 誰に, 軽率きわまる, 酔興な, 酷い方, 間抜けた, 阿呆らしく, 随分腕, 頭の, 飛んでも, 餘程可笑いわ, 馬鹿, 馬鹿馬鹿しいです, 驃騎兵でも, 骨が

▼ する方法~ (388, 0.1%)

13 はない 12 である 9 がない 8 がある 5 を発見, を考え 4 なの 3 がなかっ, にし, はある, もある, もなかっ, を用いる

2 [32件] かもわかりません, があります, がすでに, が全く, が無い, が発明, だ, だと, だとか, です, について, によるもの, に二つ, の外, はありません, はいくらでも, はこの, はなかっ, をとつて, をとる, を取る, を教, を案出, を發明, を知っ, を知つて, を知らない, を研究, を講じなけれ, を講ずる, を講究, を述

1 [250件] ありと, あり譬, があった, があり, があるなら, がいろいろ, がどっさり, がなかつた, がひどく, が一つ, が何, が余り, が先, が具体化, が出来た, が即ち, が双方共, が各地, が嘘, が如何なる, が常に, が必ず, が我々の, が採られるなら, が書い, が最も, が理解, が発達, が立て, が第, が考へられ, が請, が講じ, が講ぜられてない, が貯金, しか実現, だが, だった, だったでしょうその, だとして, だろうか, であ, であった, でありまた, であり実験, であるが, である限り, であろうか, ではあるまい, ではない, ではなかろう, ではなく, でまあ, でもあった, で今日, で歴史, とある, とがある, としては目的, としてやむをえず, としてムリ, として一つ, として他, として信用, として僕, として商売, として地葬火葬水葬風葬等, として当, として徒ら, として忠, として最初, として死ぬ, として父, として考えられる, として自己プラス, として見る, として資本階級, となつ, となる, とに関する詳細, と矛盾, と見れ, などが考案, などもあった, などを教えた, などを獲得, なり前者, なり此, なり而, なれとも, なれども, にあらすし, にある, については種々, について一言, について数冊, について絶えず, について許容, にも同じく, によって求めた, によつて, によりかつ, に全く, に從, に思ひ至る, に感心, に成功, に欠陥, に気付いた, に注意, に苦しんだ, に話, に過ぎない, のこの, のごとき, のみを考えつづけた, のみ正しい, の一つ, の不, の低, の問題, の如き, の実例, の成功率, の或, の新し, の無い, の特殊, の発明, の発見, の第一歩, の誤り, は, はあっ, はあるでしょう, はいくら, はこれ, はすべて, はその後デビー, はただ, はたつた, はつまり, はどういう, はないだろう, はほぼ, はパン, は一世紀, は一体, は主知, は人, は今, は他, は作者, は刺戟, は各人, は多く, は夜中ひそか, は大, は大きい, は宗教, は屡々, は思い当らなかった, は断ち切られよう, は新しく, は日本人, は昔, は梨, は決して, は現象, は私, は端的, は絶対, は興味, は色々, は親しん, は農業者, は通常, は避けたい, は音, は頗る, まで, まで綿密, もありません, もあろう, もなく, もまた, も少年, も時間, よろし, をかえる, をそういう, をつくし, をつけ, をとった, をもっ, をもとめる, を与える, を会得, を具体的, を勤勉, を取らざるべからず, を外, を失っ, を存じ, を学ぶ, を容易, を常用, を心得, を思いめぐらし, を指摘, を採, を採らなけれ, を採ろう, を攻究, を教え, を有, を用いた, を発明, を知ってる, を知らず, を知らぬ, を知らん, を知るであろう, を確立, を立てた, を精神, を紹介, を考えたら, を考えなかった, を考えめぐらした, を考える, を考え出しました, を考へた, を考へね, を考へ出した, を色々, を見, を見つける, を見出す, を詳しく, を説く, を講, を講じ, を講じた, を講じたら, を講ぜざる, を講ぜざるべからず, を講ぜられる, を述べれ, を飲み込む

▼ する~ (381, 0.1%)

95 がある 196 だと, もねえ 5 なん, はない, もある 3 があっ, がいる, が出る, が有る, だな, に限つて, は, はで, もあれ, を

2 [17件] があった, があったら, があれ, がたくさん, じゃ, じゃない, だから, ですから, の目, はいない, はいる, は何者, は片っ端, は許す, は誰, は駄目, もなかろう

1 [176件] あり芝居, あわし大嫌, かな, かの, かもしれぬ, から退治, か往來, か往来, があつ, があの, がありましょう, があるだらう, がいない, がしばしば, がそんなに, がだんだん, がない, がなくなれ, がエライの, が一番人間, が一番罪, が出, が古金, が居る, が成功, が指紋, が有, が有ります, が潜入, が無くなる, が神様, きらひだい, この世の中, さ, さえある, じゃありません, じゃア, すなわち奴隷, すらある, だが, だぐらいに, だけが英雄豪傑, だけに頭, だけは別, だつた, だなと, だの, だよ, だろう, だドウ, であった, であるよう, ですね, ですよ, でなければ, でもいる, でもございません, とずいぶん, とイヤ, と二通り, と神様, なら我ら, なら紛れ, なんかあっ, なんかありゃしない, なんかが在る, なんぞがある, なんで, には武士道, には油断, には筑前守, に一風呂, に嗤, に往々, に撲倒し, に違い, に限っ, のこと, の前, の懐中, の懷中, の末始終, の気, の話, はこういう, はそのまま, はそ奴, はぢ, はどうせ, はどんな, はほか, はまさしく, はまず, はみ, はみんな変装, はみんな好き, はみんな泥棒, はみんな社会主義, はやっぱり, はやはり, はよっぽど, はソビエット直輸入, は一匹, は一番, は一番大慾, は一番大欲, は二十五六, は二十五六止り, は人間, は仏蘭西経済学博士, は余程, は使い道, は僕, は先祖, は内面, は冥土, は勝手, は同罪, は国, は外, は多い, は大, は大概, は嫌, は寺, は居ない, は年, は戸, は撃て, は昔, は気違い, は油断, は無い, は皆青瓢箪, は盗人, は磔刑, は箒, は親, は身體, は酒, は金運, は露, は馬, は馬田, は馬鹿, ばかり来る, へすぐ, ほど人間, ほど油断, もあった, もありました, もない, もないだらう, もないでしょう, もやっぱし, も下層, も出ませんでした, も同じ, も多い, も奴, も実際, も悪い, も文弱, をつかまえ, を乗せたら, を冷かす, を女, を引っこ抜い, を懲らしめる, を手づかみ, を検, を産ませまい, を相手, を縛, を縛っ, を辯護

▼ する~ (374, 0.1%)

12 であった 11 です 9 ではない, ではなかっ 7 じゃない, だ 6 がある, ですが 5 だった, であつ, である, なの 4 でした, ではありません, の人 3 だと, であるが, であること, や女

2 [30件] あり, があった, がいる, がブラッシュ, が五人, が出, が出来, じゃ, じゃねえ, その代り支配人, だが, だとでも, であったが, であり窮, でない, でないと, で技術, なん, なんだい, には珍, の事, の前, の声, の手, の様子, の横鬢, の顔, は大抵, をつれ, を二三人

1 [203件] あの男, いったいこんな, かとあやしまぬ, かな, から離れ, があったら, がいない, ががちがち, がきみ, がその, がつかまった, がひ, がひとり, がもう, がモヤモヤ, が万年筆, が五指, が今, が住ん, が傍, が十年, が尠, が必要, が憎らしく, が早く, が村, が来, が架空, が正さん, が現われた, が男らしく, が留守番, が登場, が社会的高位, が私, が競争, が飛込みました, さえあった, じや, だから, だけを見おぼえ, ださうで, だな, だなあ, だね, だろうか, であったから, であったの, であった岩倉, である自分, であろう, でいつ, でお金, でこれ, でこんな, でさ, でしょうか, ですよ, です下, でそれ, でそれで, でないという, ではなかつた, では有りません, では無い, でもない, でも無かっ, でよく, で商, で商売, で店, で橙色, で死, で殊に, で無, で知らぬ, で竜太郎, で肥った, で言葉, とある, というの, といえ, といっ, といった, とはしばし, とはどうしても, とチュダーク, と一緒, と出奔, と成つたの, と法科, と結婚, なぞ不, なども句, なので, なんぞの住い, にあらず, にし, にたいするご, にたやすく, にだけしか見せない, にとっては不便, になつて, には身, にめぐりあった, にも似合わず, に候, に処世術, に同情, に対する婉曲, に相違, に見せ, に見つかった, に違い, に魁, のある, のひと, のやう, のよい, の一人暮し, の例, の傾向, の児, の兒, の利己的, の品評, の囲い女, の姿, の店先, の影, の後ろ, の心, の懐, の所, の所為, の数, の書く, の樣子, の欲望, の死体, の死體, の残忍性, の気持ち, の無慈悲, の生涯, の背中, の腰車, の見得, の見栄, の誰彼, の車, の転, の配偶, はありません, はこう, はここ, はそう, はどう, はどんな, はない, はもう, はよ, はハズ, は一つ, は一人, は何時, は別に, は吃, は各, は女優, は彼女, は指, は沢山, は深い, は珍しい, は珍しかっ, は皆善人, ばかりでなけれ, へなんぞの色気, へのほのか, もあります, もことし, もない, も世に, も多い, も珍しい, も辛い, や又, や製粉工場, よ, をこの, をのぞき込んだ, をコックス・コーム, を何かしら, を余りはっきり, を取りまい, を君, を呼び止め, を呼ん, を彼, を救った, を眩惑, 或はその

▼ すると共に~ (367, 0.1%)

3 他方に, 彼は, 自分は

2 [20件] お筆, その姿, その間の, 一方では, 一方に, 伊藤内閣は, 例の, 内閣を, 出来るだけ, 又之, 又社会, 実践の, 彼に, 彼の, 発露を, 社会を, 私は, 習慣に, 道具屋をも, 閣下の

1 [318件] あまり抱擁力, あらゆる支那文化, いよ, いよいよ募っ, いわゆる鳥沢, お前自身に, かかる研究, かく和らげられたる, ことごとく差違, このもの, この人物, この小男, この物語中, この聖戦, この釣合, これが, これに, これらの, しばらく退い, すぐ明け方, そこに, その一月, その事件, その人命, その人物, その光る, その全体, その分配, その反感, その吹き鳴らす, その戸, その文化そのもの, その暢気さ, その番附, その研究, その自国内, その間に, その附近, それが, それぞれが, それにも, それは, それを, そんなら, どうしてもお前, なんだか悪い, にやりとした, ひどく三娘, ふりごと分子を, へんに, ほとんど床几, ますます守護霊, ますます幅びろな, ますます需要, またあちら向き, またこれ, またアヴェロエス派的解釈, また一方, また乖離, また光明后枕仏, また太陽崇拜, また幾多, また誰, もはやごて, やや後れ, ようやく家, わたくしも, アメリカ空軍が, サナキダに, スペイン人の, フロイスには, ブック・レヴューへの, プラハの, ベーラ・イレッシは, マホメット教國への, ヨブを, ルーテルを, 一切の, 一匹の, 一地方的に, 一夜大宝八幡の, 一方丸山, 一時に, 一群の, 一般に, 一面で, 上下に, 不調和を, 且つ今後, 世界の, 世界を, 世間に, 中央に, 主觀, 久しく欝積, 之れ, 予は, 事の, 事業の, 二三原文を, 二人は, 亦諸君ら, 人々は, 人に, 人神信仰が, 人間パデレフスキーの, 人間的問いかけ, 今まで, 今日までの, 仏説の, 他方この, 他方意識に, 他方然し, 他方知識が, 他方絶対的真理を, 他面には, 他面更生を, 体が, 何か, 何だか妙, 何だか物足りなかっ, 何でも, 何とも言い, 何事かと, 余の, 余は, 併せて, 使いを, 信念として, 倉皇として, 元服を, 先生の, 党派をも, 全身に, 其内容を, 其等は, 内職の, 再び, 別に政府党, 別に政府黨, 別室に, 労働者階級の, 半日の, 危い, 危害の, 却つてそれが, 原料資源の, 又た, 又た出来得る, 又三つ, 又子供, 又容易, 又政権, 又政權, 口の, 右に, 同じ腹の中, 味方の, 品行論は, 哲学も, 喜びを, 喜んで, 回転し, 土地の, 地質を, 基本的な, 基礎の, 堀尾君を, 塚田に対しては, 声を, 変化する, 大蔵省へ, 大陸戦争の, 大陸政策を, 天を, 女に, 婦人に, 子平の, 子規氏も, 学力の, 宋軍は, 官能の, 官軍の, 実に多く, 宮廷の, 対立せしめる, 尋常でない, 少弐父子, 己れ, 希望する, 平静なる, 弁証法を, 弁証法的な, 弟子をも, 当分この, 当然伴, 彼へ, 彼も, 彼等が, 後に, 後者の, 徐ろに, 從來内部に, 御木井家, 心を, 志岐の, 恐怖心を, 情実に, 情緒的にも, 愛媛県の, 我々が, 我意識は, 我県でも, 折々奇兵, 揚州, 支倉が, 放神状態に, 故さら, 故郷に, 教養ある, 文壇の, 断然条約改正, 新しい憤り, 新しい日本文明, 新たなる, 新興日本から, 新鮮で, 斷然條約, 日本主義に, 普遍的な, 暇も, 本来の, 杖を, 枕詞として, 果して大, 権力の, 機会さえ, 次に日本語, 歌詞は, 武から, 武器を, 殿下の, 水は, 江戸時代三百年の, 沈厚な, 浮浪の, 海岸は, 滅される, 滅びてしも, 漂客と, 無能の, 父母未生以前の, 物影そのものの, 玉藻の, 現状や, 生活する, 男子に, 病人の, 発展の, 登山は, 白雲が, 皇室尊崇の, 益, 目標を, 直ちに代用心臓, 相手からも, 県庁所在地と, 眞に, 眼は, 短歌は, 研究心をも, 社会の, 社会主義的運動は, 社会共同の, 社會主義者の, 神戸牧師は, 神祇をも, 私も, 窓を, 立ち上り瀬戸物, 細君も, 翌日から, 腹心の, 自ら第, 自分に, 自分の, 自分も, 自己の, 自己自身を, 若い日, 袖を, 見物も, 言葉を, 言論の, 詩としても, 誰もかもやさしく, 論文を, 謎の, 賄賂公行盗賊跋扈と, 路傍の, 身體を, 軽く下, 軽蔑し, 遠く江戸を, 釣られる魚, 長安に, 間接に, 隊に, 階段の, 階級的支配被, 霧の, 頭蓋骨については, 願ふこ, 飜つて廣重の, 馬琴を, 駿三が, 驚きと, 黨派をも

▼ する~ (367, 0.1%)

8 である, ではない 7 の声 6 であった, です, の顔 5 がある, だ, だと, なども居た 4 が出, だった, の人, の姿, の心持 3 であつ, でした, というもの, なの, のひと, のよう, の心, の気持, の美し

2 [22件] か, がこの, が多く, じゃない, だつた, であったが, ではなかっ, として部将, になる, に送る, に遭遇, のいのち, のこと, の人達, の常, の意地, の手, の生活, はこんなに, はまさか, もあった, をそんな

1 [215件] かと嫌い, から女, から言, か知っ, が, があつ, があります, がい, がいくら, がいなく, がこわく, がそう, がとても, がない, がみつかった, がもくろん, がゐまし, がオヤ失礼, が一人, が二十世紀, が入, が印度, が四方, が多数, が女郎, が幾人, が書かれ, が書きました, が来, が無い, が現われ, が聡明, が自分の, が要る, が讀心術, この女, じゃありません, じゃござんせぬ, じゃ無い, だけれど, だちの, だったよ, だつたよ, だつたら母親ぐるみお前, だとは, だろう, だ自分, って奴, であったの, でありました, であるから, であるに, である其の, でございますもの, でないと, ではあるまい, でもあれ, でもない, でも楢崎さん, で名, で夜具, で顔中, といったよう, といふの, とさ, としてその, としての内容, として感じる, として社会的, とどちら, とは思わぬ, と助かりた, と早合点, と月, などは其上洛, なら, なり, にその, にとつ, になっ, になったら, になりきる, にはいろいろ, にはぶつかりたくない, にも面白い, に命がけ, に子供, に対する, に對, に就職, に注視, に相違, に私自身, に適える, の, のあたし, のきわめて, のごとく, のなげかひ, のほか, の不思議, の中, の事, の人々, の児, の冷やか, の前, の困難さ, の場合, の女らし, の家, の帯, の平生, の役目, の後, の後姿, の御, の思いつめた, の恥辱, の愛, の感情, の方, の木, の洋服, の浴衣, の為め, の燃え, の率, の生き, の癖, の知人, の策略, の絶無, の総て, の美, の耳, の聲, の肩, の脚, の自我, の衣, の言葉, の計画, の許, の話, の赤い, の身, の近頃開業, の通行, の部屋, の針立, の顏, はあらぬなら, はある, はいねえ, はお, はかどわかす, はことごとく, はたいてい, はたしかに, はだんだん, はどれ, はなき, はまだだいぶ, はフイ, は下女, は不幸, は五十, は人目, は八五郎, は半, は多く俸銭, は大, は女, は妙, は恋人, は日本, は気味, は決して, は炬燵, は無い, は生存, は謡曲, は迷惑, ばかりの催し, ほど同情, も, もいた, もなかろう, もパリ, も別, も多く, や子供, や物語, や発狂, をあまり, をいや, をおめおめ, をどう, をばいかにも, をほか, をよく, をよん, を其場, を前, を助けた, を後, を愛し, を或, を抱きしめたい, を抱きとめた, を押さえ付け, を探し, を描いた, を描きだし

▼ する~ (360, 0.1%)

11 が多く 87 が来た 6 だった 5 がある, が来る, のこと, の来る 4 が來

3 [14件] が来, が来たら, だという, であった, である, ですよ, とかで, になっ, の光り, の前夜, は暮れ, もあった, を待っ, を待つ

2 [25件] があった, が到頭, が多かっ, が心待, が来ない, が来るであろう, が照り付け, が近づい, だと, だの, であったから, となった, となる, ながさ, なので, なり, には話, の朝, は何時, は熾, まで一歩, も, を待ち, を観じ, を觀

1 [212件] か, かな, からし, から向う何十日, か意味, か私, があつ, があれ, があろう, がきた, がきっと, がくる, がそこ, がつづい, がない, がほんとう, が一つ, が二日, が入れ代わり立ち代わり, が十日, が待ち遠しゅう, が暮れる, が来なかった, が来るなら, が極, が無く, が照りだし, が特に, が続いた, が落ち, が遠から, が間もなく, こそこの, こそすなわち, このとき, この首府, さ, だったにも, だつたが, だつたの, だな, で, であつ, であります, であるから, であると, である何はなくとも, である心持, でおまけ, でした, です, ですさっさと, でない, でなんだか, でも, でもあった, でもあれ, で六カ所回診, で田圃, で足, として, としてあらわれ, となっ, と雖, どりまで, など, などは足場, なの, ならペムペル, なるか, なん, なんてもう, に, にあたり慶喜, にお, にすら強い, になつ, になれ, にはこれ, にはそして, には乾き, には何, には必ず, には我, には朝, には竹村君, には絶えず, にも依然として, にゃあ, にモスクヴァ, に備えね, に出, に千世子, に学校, に彼女, に次, に空気, に迫った, に遇つて, に限っ, に非, に黴臭い, のあらん, のあり, のきたらん, のしづく, の一日, の上, の事, の來, の光, の前日, の午後, の古俗, の右手, の名, の喜び, の夕方, の外, の多かる, の影, の快, の料理, の早く, の百姓, の祭文, の美し, の草, の身, の遠から, は, はある, はそれ, はたいてい, はなかっ, はもはや, は一日二日, は今, は偶然, は僅, は元気, は刻々, は参観, は寒々, は日一日, は来った, は来ないであろう, は決して予め, は沸, は蠱惑的, は近づけり, は金, ばかりを送, ばかり続いた, まで, までお, までがなるべく, までそれ, までつづき, までには相当, までに地球, までの期待, まではあの, まではそれ, までわたくし, まで何, まで待ち, まで氣, まで私, まで身うち知合い, もあらう, もあるだろう, もあろう, もしさえぎる, もなく, もやがて, も年, も無く, も迫った, も遠く, も間近, も院主, も飽いた, よ釜, らしかった, をしばらく, をすら迎えた, をなかなか, をもつであろう, を一日千秋, を夢み, を夢想, を少時, を待ち構え, を待つてる, を急い, を急ぐ, を想いみる, を打合せ, を指折り, を望む, を期し, を楽しみ, を決め, を祝し, を私, を私達, を考える, を蔵開, を調べ, 多し, 来れば

▼ する傾向~ (353, 0.1%)

73 がある 18 を有 13 のある 11 があり 7 があった 6 が強い, である, をもつ 5 あること, があるであろう 4 があつ, がなけれ, を有っ, を生じ

3 [11件] あるは, あるもの, があります, が多い, が多く, の画風, は少し, をもっ, を持つ, を生じた, を生ずる

2 [15件] があろう, がない, が嵩じ, が生れ, が著しく, が見え, が起こっ, なきに, の強い, の者, はほとんど, は次第に, を含む, を大きく, を帯び

1 [124件] あり故に, あるが, あるべきもの, あるを, ある習慣, からの注意, がありました, があるらしい, がいささか, がこれ, がだんだん, がつよい, がつよかっ, がつよく, がつよめられ, が一時相当有力, が一般に, が一般的, が出来, が古く, が多分, が多少なりとも, が大いに, が強かっ, が彼, が最近, が極端, が深, が現れた, が現代日本, が甚だしく, が目だつ, が目立つ, が真に, が知識人, が続いた, が興っ, が著しい, が見え初め, が見られない, が顕著, さえ生じ, すらでき, だつた, で世界, で現われた, とがある, とたたかう, と並ん, と突嗟, と自分, にあり, にある, においてもすでに, になつ, にに, にはなっ, にも承服, に乗じ, に向い, に向ひさ, に基, に変っ, に対し作家, に立った, に陥り, に陷らむとしてゐた, のもの, の作品, の如き, の實際世界, の未だ, の為め, はありません, はそれほど, はなかつたであらう, はプラトン, は他, は傳教, は先, は古来, は多く, は実は, は封建思想, は文化的生, は昭和初頭以後, は目立っ, は私, もあります, もない, も漸く, も現れる, も現われた, も認められる, よりもひとつ, よりも明かな, をおび, をつよめ, をとる, をもち, をも引き起し, をも示した, を一掃, を一方, を代表, を何, を僕, を全然, を多く, を多分, を学界, を強めた, を我々, を持たない, を持った, を持つであろう, を指した, を指摘, を有つて, を生んだ, を發見, を示し, を示す, を見受ける

▼ する~ (352, 0.1%)

19 では 18 には行かない, には行かぬ 16 にも行かない 14 である 13 がない 10 には行かなかった 9 にも行かなかった 8 だ, にも行かず 7 です, には行くまい 6 なの, に行かない, に行かなかった 5 であります, には行かなかつた 4 だから, でも, にいかない, になる, にも行きません, はない

3 [13件] じゃア, だが, ですね, にはいかない, にはゆかない, にはゆかん, には参りません, にゆかない, に参りません, に行かず, に行かぬ, に行かん, のもの

2 [14件] が無い, だし, であるが, でしょう, にはゆきません, には行かず, には行きません, にもいかない, にも往かなかつた, にも行かないでしょう, にも行かん, に相成, はねえ, もない

1 [86件] あれへん, かと思われる, がありません, がある, が明らか, けでしょう, さね, じゃありません, だと, だな, だろう, であった, でありますから, であるから, であるまいから, でした, ですからね, ですからナ, ですが, ですがねえ, ですけれども, でそれ以外, でない, でないから, でもなかつた, で我々, で時々, で近頃, にいかなかつた, にいかん, になっ, になった, になり, になりました, になります, になるです, にはいかん, にはとても, にはどう, にはまいりません, にはゆかなかった, にはゆかぬ, には参らぬ, には往かぬ, には往く, には無論, には行かなくなります, には行かん, には行かんだろう, には行きかねる, には行きませんでした, には行きませんでしょう, にもいかず, にもいかな, にもいけしません, にもならず, にもならん, にもまいりませぬ, にもまいり兼ねます, にもゆかなかった, にもゆくまい, にも参りませず, にも往かぬ, にも思え, にも行かないだろう, にも行かなかつた, にも行くまい, にも行けへん, にゃア, にゆかなかった, にゆきませんでした, に参りませぬ, に行かなくなった, に行くまい, に行けしません, のある, はこの, はないだらう, はなから, は何処, は無い, もありやしねえ, もないでしょう, もなく, もなけれ, もねえ

▼ する~ (351, 0.1%)

21126 つてことよ 4 ッて, ツ 3 人の, 俺は

2 [17件] お前は, お半, くんば, これは, そのうち, ところで御, どうせ半分, むかしの, 八曲者の, 春婆大人ぶる, 時々は, 曲者は, 蛇が, 貴樣, 遊びに, 遊興を, 金策し

1 [264件] ああ小森君, あい, あいつは, あせるな, あの浪人, あれだけ, あんな高声, あゝたう, あゝ誠に, いったいあれ, いつこの, いつそれが, いつも隠れ, いまふじこの, いやい, うかつに, うっとうしい奴, おっ母さん, おまえなどまでも, おやじさん, おれたちは, おれだって, おれと, おれに, お前の, お前も, お前達, お勘子, お孝, かならず子ら, かまに, からしめいささか, からしめたと, からむこと, からんため, からんためその, きさま, けち, こちと, このちんちくりん, このわし, このスプーン, この事, この分, この田舎者, こりゃ和田呂宋兵衛, これからが, これへ, これを, こんど財政を, こんなトボケタ小娘, こん畜生, さどうだ, さような, さ木戸銭, ざまあみや, しっかり云い, しっかり僕, すっこんどれ, すなほ, そうしてもう, そのうち来るだろう, そのかわり三年, そのこと, その時, それだ, それは, それよりは, それ位の, そんなぐらいの, そんなこと, そんな小銭, た, ただし油断, たとえ北条方, たまらない, ちっと役不足, ついて, つて, つてくり返しくり返し, つてそれぢや, つてば, つて云つてる, つて他人さまの, つて合図を, とどなる, とにかく一杯やり, と腹が, どんなこと, なせそ, なぜ縛る, なるやう, なんでも, ばかな, まるでさかり, もう解, もう解った, もし, もし口外, やはり武士道, よいわ, よお, よっ, よびや, わしの, わしは, アお前さんばっかり, アよしたら, アー, ア種が, ア顔は, ア馬鹿としか, イ, オセッカイな, ソラ斯う, ッ人違いを, ッ犢鼻褌を, ナニ三晩や, バンドの, ピンピンし, フー公, ヤイ, 一杯よりは, 七兵衛, 不肖ながら, 乗て, 乱暴は, 些とは, 今云った, 今夜は, 今日は, 伊香保へ, 何でも, 何故其樣, 例という, 侠客大尽の, 俺が, 停滞すれ, 傷ついた者, 傷は, 傷を, 働け, 先ず手拭, 入り用な, 八, 出ろ, 出精し, 又四郎まだ, 叔父さんが, 口を, 古市の, 右衛門じゃ, 呼吸を, 品が, 喰べ, 堅うする, 大変な, 大根の, 奴等だって, 姫路には, 学問も, 安心し, 安心しろ, 寢なき, 山師に, 巫山戯たまね, 己に, 己は, 弾丸を, 当時人を, 彼に, 彼奴は, 往生ぎわの, 後を, 心配する, 怪我を, 恋は, 恐しいよと, 成功し, 技は, 拙者は, 捕えて, 捕まりは, 放つて, 救護班の, 散るな, 料理が, 日本国中どこへも, 早くやれ, 昔とは, 春が, 是から, 是からは, 是れ, 時節が, 曲った奴, 朝廷には, 木彫だ, 東京の, 松竹との, 林や, 梟の, 止せ不可, 死んで, 気に, 気を, 油断する, 油断を, 泥棒泥棒, 流れるま, 深入りする, 源八, 煮売屋, 現在を, 生きて, 用意怠る, 直義会う, 真剣勝負面白い, 真面目は, 着物が, 知合いの, 私は, 築いて, 精進を, 紀平高, 素直であれ, 自分を, 興奮する, 舌の, 荒しの, 荒物屋の, 見っとも, 見てから, 親仁鐘は, 誰が, 誰に, 誰にも, 誰誰だ, 負けるから, 貴公たちを, 貴様に, 踏みこえて, 転居の, 返事する, 追剥ぐらいで, 送って, 連れ出して, 遅疑する, 過労する, 違ふ, 那奴また, 邪魔に, 邪魔を, 酔ふ, 里神楽の, 野良犬めっ, 金は, 長五郎いくらふだんは, 闇を, 附いて, 雨の, 雪五郎は, 面白いわいと, 騒ぐと

▼ する~ (339, 0.1%)

87 はない 19 はありません, はなかつた 17 はなかっ 10 ない 8 なかった, はあるまい 7 に道 6 なかつた, には何, に何 4 ありません, に途 3 ないの, にない, にはこれ, はなく 2 ないから, ない私, なしと, には良い, に改良, に方法, に法, は何, は有りません, は無い

1 [106件] ありませんが, ありませんね, ある動物, ござらぬぞ, ないこと, ないさ, ないそしたら, ないで, ないであろう, ないと, ない彼等, ない歯, ない自分, なお広く, なかつたと, なき事柄覺悟, なき二つ, なき運命, なくな, なく衣食, にお互い, にお菜, にここ, にこの, にそれ, にど, にどう, にはいろんな, にはお, には何一つ, には何処, には何處, には全く, には只, には境遇, には已に, には春, には村人, には殆ど, には特色, には能, には虫, にも石炭殻, に仕, に仕方, に別に, に国威, に変化, に女, に宴会, に度々, に彼, に彼等, に歡樂, に統一, に自分, に致し方, に蒙, に術, に言葉, に身體, に軽い, に逃げ道, の何物, の内, の寒, は, はありますまい, はありませぬ, はあり得ない, はございますまい, はございません, はな, はないだろう, はなかろう, はなくっ, はなくなるだろう, はなくなるで, はなくなるであろう, はブリッジ, は一本, は万葉調, は日本, は有りますまい, は村, は殆顔, は無, は無かっ, は當然與, は眼中人, は話し, は話し声一つ, は部屋, を許されない, 云い方, 少しも, 折々酒井雅楽頭忠道, 決して食事, 無い, 無いかも, 無いから, 無いで, 無いの, 無かった, 無ければ, 詳しいこと

▼ する積り~ (322, 0.1%)

15 だ, なん 8 だったの, で, です 6 だから, だったが, だと 5 か, である 4 だつたの, であつ, ですか 3 だな, だね, だろうと, でいた, なの, なんだい, はない

2 [25件] か何, だった, だったろう, だつた, だらうと, であった, であったかも, であったの, であると, であろう, でいる, ですが, でせう, でほんの, でゐる, で三村屋, で娘, で居る, で拵えた, で木場, で逃げ, ならば, なんで, に相違, らしく口

1 [157件] かお, かどうして, かね, か少から, か庭先, か言葉, か馬鹿, がなかつた, じゃない, じゃ天満, じゃ無いだろう, じゃ馬鹿, だえ, だお前, だか, だが, だしたの, だそう, だったかも, だったけれど, だったでしょう, だったでしょうな, だったという, だったとしか, だったので, だったん, だった父上, だって, だつたが, だつたので, だつたらう, だなん, だらう, だらうて, だろう, だろうぜ, だ平次親分, であ, であったと, でありましたが, でありませぬから, であるかと, であるから, であるらしい, である何と, であろうか, であろうと, でいたんだ, でいます, でうっかり, でお, でお母さん, でこの, でございます, でございまする, でした, でしたあの, でしたが, ですつかり夢中, ですよ, でたつた, でちよい, でどさくさ, でなくつて, ではあります, ではない, でもその, でもなけれ, でやっ, でゐ, でトラック三台, で一般, で丁度, で上げ, で両側, で云った, で余分, で先生, で入っ, で其, で勅撰, で取出した, で咏ん, で哲学, で外, で夜, で嫁入, で小屋, で少し, で居, で居た, で当て, で御免, で心, で忍び入り軍治, で悪い, で昨夜此, で書き, で有った, で来た, で来てた, で東京, で東京駅, で根気, で此方, で毫も, で煙草, で田舎, で畫紙一枚, で石川啄木ら, で竹矢来, で腹の中, で自分, で落第, で行っ, で見なく, で言っ, で言った, で計画, で調達, で起, で起し, で連れ, で部下, で金, で鍵, で隠し, で馳, との事, と書きかけた, と見, と見える, どいや, など毛頭, なのよ, なら初め, なら雑誌記者, にし, にて媒酌, にや歌, に成った, に違い, のあて, はなかつた, はなく, は毛頭ない, は無かっ, は無論, は積り, もございません, やな, やゴシゴシ, らしい, らしい私, らしかった, らしかつ, 又新吉さん

▼ するこの~ (312, 0.1%)

7 種の 4 女の 3 ものは, 二つの, 商品の, 国の, 青年の

2 [16件] ことは, ような, 上も, 人たちが, 人は, 人達の, 劇団の, 地の, 大なる, 子の, 年に, 建物の, 書物の, 欲求は, 矛盾の, 立派な

1 [254件] あいだ評定役の, あたりには, あたりは, お役, ことに, こましゃくれが, たくましさは, たくらみに, ときを, ままでは, ままほっ, むごい生活, ものこそが, やり方が, ナチス崩壊の, ブルジョアの, 一個の, 一巻について, 一派は, 三位一体は, 三位一体を, 三巨匠の, 三郎兵衛の, 上なし, 不可解な, 不埒千万さを, 不思議な, 不断の, 世の中, 世界の, 世界は, 世紀の, 両年の, 二つな, 二度迄の, 二群の, 人々の, 人を, 人間の, 仏蘭西の, 仕事が, 仙人は, 令嬢は, 仮の, 仮定は, 仲間では, 企てが, 位可笑しい, 何進である, 作の, 作品の, 作家の, 俊敏な, 個人的利害への, 偉大で, 傾向は, 光の, 全く新しい, 典型的な, 劇においては, 原さんを, 叔父の, 受取人の, 古女房, 史観は, 号泣する, 命題は, 品と, 哲学に, 喜びこの, 喜を, 器の, 四五日芦の, 四名の, 国には, 圧迫は, 地方では, 場所に, 場所の, 境地を, 夢幻詩劇の, 大冊の, 大女, 大竜問答無益だ, 大都会, 太郎丸の, 奇怪な, 女たちの, 姉に, 娘が, 婦人の, 学説も, 安らかさは, 安全型に, 完全透徹な, 客は, 家にゃ, 家の, 宿直室は, 小説の, 小鉄屑, 少年が, 山の, 山は, 山を, 島を, 工合の, 巨人, 巨大な, 市電従業員達は, 平兵衛は, 庭園の, 弟の, 得体の, 御飯は, 心, 快さ, 思惟の, 急テンポを, 性質, 怪奇な, 恋を, 悪戯に, 愛すべき青年, 態度を, 慣習が, 我々を, 戦争では, 戯曲の, 手も, 批判とは, 撞着した, 文学的大阪論の, 方で, 方にたいして, 方は, 方向この, 方法や, 旅は, 旅路, 日本の, 日溜りの, 明白な, 映画製作者関係者一同の, 時の, 時代に, 時代の, 最も頻繁, 東京の, 楼の, 様子だ, 檻いよいよ, 次の, 歌は, 武家こそ, 武装せる驚く, 歴史上の, 残忍な, 母親の, 民族の, 水分川の, 永遠の, 江戸生粋の, 沈黙の, 河口の, 法案は, 泥棒詩人の, 海辺の, 淋しい過渡期, 深夜の, 無際限, 爺めを, 特徴そのものが, 独占の, 狭衝, 現段階式自由主義, 現象は, 生命哲学は, 男の, 男を, 異様なこんぐらかり, 疲れを, 病院を, 皮相な, 相互の, 短篇が, 社会の, 神代の, 禰宜の, 空想的な, 精算は, 細菌は, 美少年の, 老人は, 老獪な, 耳飾りを, 自分が, 自分の, 自由大学は, 船宿にも, 花が, 花の, 若い友, 若い男, 若い連中, 苦心は, 苦痛, 薊の, 薬でしょう, 虫の, 行軍は, 術は, 街は, 衝動に, 衝動を, 裸婦の, 要求は, 見解に対して, 規定は, 観念論は, 詩情であった, 話だ, 課題は, 論理的結論とを, 論者の, 議論の, 賞の, 軍役の, 辺は, 通り御身, 通俗小説の, 通商の, 連中は, 過去に, 過去に対して, 邸の, 部分の, 重大な, 長篇を, 関係を, 際は, 隣人の, 青年も, 青春の, 頃の, 頃は, 願に, 風, 食堂に, 飼桶の, 驚くべき幼稚, 鬪爭は, 魂の, 黒い人間

▼ するとも~ (291, 0.1%)

7 しないとも 6 なしに 3 せずとも, なく, なくガラッ, なくガラツ八, 甲斐なし, 言ふ

2 [18件] いいあるいは, いいその, がら, その日暮し, それは, なくこんな, なくその, なく八五郎, なく日, 一人の, 一人は, 云うこと, 云った, 云はれよう, 云われるの, 此の, 陰謀は, 非文学的思想

1 [224件] あに恐るる, ある, いいます, いい得るであろう, いうし, いう所以, いえるの, いかに善, いかに後悔, いはれよう, いひうるであらう, いふ, いふべきあまり匂, いへる, うその, おそし, おのれの, かくの, がらの, ここに, ここ一足も, この傷ついた, この市政壇上, この怖, さもさ, して, するとも, その人, その所生, その通知, そは, それではともかく, そんなもの, たいしてさしつかえ, ただ一日, つかず賞め, つかない仕事, つかない表情, つかぬ事, つと大きな, どっちにも, なお古人, なお苦し, なお飽く, なくおびただしい鏡餅, なくその間, なくそんな, なくた, なくたくさん, なくザワ, なくツイ, なくツイ斯ん, なく一般, なく云い云いし, なく今宵, なく其間, なく到頭, なく十九人, なく可, なく各自棍棒, なく圭介, なく夕がた, なく室, なく平仮名, なく庭, なく想像, なく敬遠, なく新年宴会, なく新聞, なく暮し, なく最も, なく泊っ, なく燃え上がった, なく白紙, なく私, なく米塩, なく自分, なく自然, なく苦笑, なく行, なく見える, なく躊躇, なく連れ立つ, なく顏, なく顔, ほとんど言い得るであろう, みだりに私憤, ものには, やはり血統, やわか小生, わからぬ今日, わが偵察隊, わたしの, 一つの, 一人のが, 一人我々の, 一度熱い, 一方国際間, 一旦嫁いだ, 云いました, 云うまいが, 云える, 云ったが, 云って, 云はれ, 云ひ得る, 云わなかった, 人は, 人世に, 何う, 何か, 何で従わね, 何に, 何の, 借金は, 借銭は, 分らないの, 判らなかったので, 判断が, 別に諷刺, 劣らざる最高度, 勉強する, 向上などは, 向上心に, 喜んで, 国民は, 大沼湖畔と, 奴隷なり, 将た, 将来の, 小莫迦, 少しはやく, 帝は, 帰るなと, 常に中道摩尼宝, 彈くに得堪えず, 彼は, 従容として, 忍び難い, 思います, 思いませんでしたから, 思えないが, 思えなかった, 思わない, 思わないうち, 思わないけれど, 思われない, 思われなかった, 我が国力, 我慢は, 或る, 故人に, 昨夜なんか, 時は, 正四位上中將, 残金五百銭を, 殺すとも, 民衆への, 決して決して自分, 決まってないので, 沖縄においてほど, 満蒙の, 潜めるエレーン, 無しに, 狐狼盗難に, 独立の, 申されて, 申出たの, 直ちにイモーヴィル, 相互に, 真綿へ, 眠るまでの, 睡る事, 知らず断金, 知らず私, 知らず蓬, 知れません, 知れませんから, 私は, 答えようと, 縦に, 美を, 考えられた, 考えられて, 考えられないでございましょう, 考えられる, 考えられるが, 考えられるであろう, 考えられるでも, 考えられるの, 考え得ないが, 考え得るであろう, 職工を, 自分に, 自分の, 自由に, 見えざれども, 見えず帙入, 見えた枇杷, 見えぬ眠り, 見える頭, 見られる, 解らず信長, 言えるので, 言った, 言はず, 言ひ, 言ひました, 言われるであろう, 許されない新撰組, 賛成する, 辻に, 退職せよ, 遂には, 運平に, 違ひ, 遮止, 都の, 限らないと, 限らないの, 限ッて, 雇われない, 非文學的思想, 風や

▼ するまでも~ (290, 0.1%)

31 ない 22 あるまい 17 ないこと 7 ありません 5 ないが 4 ありませんが, ないだろう, ないであろう, なかった, なくお 3 ありますまい, ないでしょう, ないもの, なくこの, なくその, なく彼, なく誰

2 [14件] ないと, ないの, なくあなた, なくあの, なく僕, なく垣, なく平次, なく新三郎, なく此, なく皆様, なく第, なく自分, なし, 無い

1 [139件] ありますめ, ありませぬ, ありませんでした, ありません過失, あるまいと, お前と, せめて兄上, その塒, つづける, ないお, ないくらいさ, ないじゃ, ないじゃあ, ないだらう, ないだろう従って, ないで, ないという, ないとして, ないはず, ないほど, ないや, ないやう, ないわけ, ないん, ない事, ない人, ない句, ない大きな, ない常識, ない明白, ない東京, ない波斯又, ない現象, ない私, ない至極, ない顔つき, なからう, なかろう, なかろうが, なかろうと, なくあっし達, なくあらゆる, なくいきなり, なくいやしくも, なくここ, なくここら, なくことし十六, なくこれ, なくこれから, なくすでに, なくそう, なくそうした, なくたいがい, なくただ, なくちょっと, なくどうか, なくなんらかの, なくやがて, なくエキゾチック, なくガラッ, なくマンネリズム批評家, なく一言, なく上平館, なく人間, なく今晩, なく他, なく余, なく作家, なく例, なく先方, なく光春, なく初め, なく前, なく博士, なく去年, なく古びた, なく国民, なく土筆一つ, なく地震, なく大学法案, なく大方, なく安心, なく実地, なく寺門静軒, なく小林少年, なく師, なく序文, なく彼ら, なく彼等, なく忠実, なく探偵術, なく数, なく数千里, なく方法, なく旅, なく明, なく明治以来, なく是非必要, なく東妙和尚, なく極めて, なく武器物具, なく水平方向, なく決して, なく演劇, なく現に, なく瓜生, なく病気, なく皆, なく知れきっ, なく私, なく種々, なく続け, なく能文, なく自明, なく自滅, なく自然, なく至極簡単明瞭, なく芸術理論文化理論, なく賊, なく身, なく進ん, なく金春, なさそう, やつて, 三味線を, 保存せられ, 四辺の, 完全な, 少し出発, 懸れ, 技師と, 椅子に, 無いかも, 無いとして, 無い事, 無かつ, 無くまだ, 知りませんでした, 腹の中をからに

▼ するほか~ (282, 0.1%)

69 はない 33 はなかっ 11 ない, はありません 7 なかった, はあるまい 5 ありません 4 に道 3 ないの, には何, はなかつた

2 [16件] あるまい, ないこと, ないであろう, なかつた, にさらに, にない, になす, にもう, に仕方, に何, に手, に方法, に智慧, のもの, はありませんでした, は新しい

1 [94件] あるまいと, いよいよ世間森, うとうとと, ございません, しだいに部屋, どうする, ないが, ないじゃあ, ないで, ないです, ないという, ないとまで, なかつた橋本左内, なかつた藩, なから, なくしかるに, なく質子, なしという, なりかねないので, にしかた, にその, にできる, にときどき, にどんな, にはやっぱり, には今なほ神社, には何一つ, には入り, には動かなかった, には取柄, には手, には敢, には春, には金, にも石炭殻, によけい, に下, に仕, に仕事, に余念, に名案, に姿, に巻い, に思わしい, に思案, に手段, に救われる, に生きる, に用, に盗難, に知恵, に私たち, に考えよう, に能, に言葉, に近道, に途, に遁げ路, に食料, の客, の少年, の手, の無い, はありますまい, はありませぬ, はございません, はござるまい, はないだろう, はなから, はなくなった, はなくなりました, はなんにも, はほとんど, はみな, は世間ばなし, は何, は格別生活上, は烟草, は無い, は誰一人, は里見勢, ひ, ひそりと, めったに外出, もし暇, もない, やりよう, 別に當, 来なくなったん, 汚ない, 無い, 生きかた, 色々の, 進めなくなる

▼ する~ (280, 0.1%)

13 それが 3 それの, 民の, 約束を, 絹を, 銀様の

2 [19件] げんの, ほいなる, 京の, 今に, 便りばかりを, 冬丈夫で, 吉の, 品, 富では, 延を, 新でした, 民を, 町さんを, 皆を, 絹の, 蝶を, 道, 銀の, 關を

1 [214件] うちを, かねさんじゃあ, かみさんも, きみを, きよは, げんが, さえがたい, さむらい姿, さやを, しるこは, じんさんは, すべ紙や, すゑに, それあります, それある, それさえ, それであった, それによって, それは, それも, それ及び, ちかの, ちかは, つぎの, のぶさんという, ほやけの, まじなひであります, みつも, みやの, むかえの, もざし, もての, もて座敷, もひ, もひあり, もんの, りうを, りくの, コンコン様だ, コンコン樣, ッ母さんは, 一二の, 二人とも, 二人様, 人だ, 人では, 人は, 人を, 人好な, 人柄としか, 今の, 仕事やら, 仲間だった, 体裁料理は, 使いにも, 使いの, 俊は, 信さんといふ, 倉へ, 加女の, 勢は, 化粧じゃ, 北という, 医者さんだ, 医者さんの, 医者な, 医者は, 医者様の, 千は, 千世と, 千代を, 千絵様の, 友達が, 吉がね, 君は, 呪ひでは, 国を, 土産を, 坊さんか, 城廊下の, 増に, 夏の, 大根を, 天気でした, 天気も, 女郎の, 妙を, 姿に, 娘さんの, 嬢さま, 安この, 寿は, 屋敷の, 山行の, 島の, 島は, 幸, 庄の, 役人に, 待なさい, 得意様への, 徳の, 心で, 心です, 心と, 心持に, 心算な, 志乃の, 怜悧連よ, 惣菜の, 惣菜料理の, 意じゃな, 手伝が, 手間は, 掃除番が, 政を, 数寄屋であった, 春の, 春を, 時儀の, 杉と, 染と, 梶様変死の, 民と, 浜は, 添物の, 熊が, 熊を, 物師と, 珠の, 由さんとは, 由を, 由羅を, 町の, 白粉ほど, 百姓さんの, 砂糖でした, 社は, 祭りであろう, 秋, 種, 種の, 種は, 積り, 積りです, 竹に対して, 竹婆さんとが, 答へ, 米の, 米は, 粂, 粂です, 糸さんは, 糸の, 約束じゃ, 終いの, 経の, 絹も, 綱の, 縫は, 考えから, 考えらしい, 聞済なれ, 艶栄三郎の, 荷物の, 葉の, 葬式が, 蒲団の, 蓮様に, 藤, 蘭の, 蚕は, 蝶が, 蝶夫人の, 覚悟か, 覚悟で, 角さんとは, 角の, 誕生日, 誕生日です, 説教も, 説教を, 講義を, 谷を, 身の, 通, 通を, 遍路さん, 道楽なら知らず, 邸であった, 部屋で, 酉の, 鈴を, 鉄を, 銀を, 銚子を, 長屋の, 関その, 関所を, 關その, 雛の, 雪には, 霜を, 静の, 静へ, 靜の, 靜へ, 題目を, 駒ちゃんを, 駒を, 高も, 髪が, 魚の, 鶴と

▼ する努力~ (278, 0.1%)

9 である 4 は私 3 があった, のため

2 [16件] がない, がまだ, とで靨, と苦しみ, に於, のなか, の方, の結果, の裡, は種々, をし, をしない, をつづけ, を意味, を示した, を見せた

1 [227件] から動機, から固く, から斯く, から生じた, があつ, があり, がありあり, がある, がいたましく, がかう, がこれ, がすべて, がたのし, がちっとも, がなされる, がまつたく, がボツボツ, が先, が即ち, が却つて僕, が四方, が国民自身, が學業, が少し, が常に, が当然, が必要, が新しい, が最も, が横行, が民族的, が民族的教養, が無効, が無意識, が現れ, が積ん, が著しく, が西洋, が見えすい, が試みられ, が足りなかった, こそ階級人, その一方, だけがこの, だつた, であったよう, でありその, であるから, であると, でお, でかなり, で不自然, で明子, と, というもの, という意味, とがこんがらがつ, とが伴っ, とが打ち合った, とが芸術, とこれ, としてはこの, として感受性, とその, とともに失業状態, となつ, とに由っ, とは私, とほぼ, と冒険心, と動作, と同じ, と密接, と工夫, と更に, と熱意, と笑, と笑いたい, と結合, と遠慮, などによって表わされる, などはある, にある, にあろう, においてちっとも, においてもまめ, において初めて, にすぎない, にすぎなかつた, になけれ, になつて表, にはさすが, には彼, には次第に, には涙ぐましい, に入った, に全く, に參, に向けられ, に基い, に対してはこういう, に悩ん, に成功, に於い, に氏, に気, に没頭, に疲れ切っ, に際してこの, のあらはれである, のうかがわれる, のその, のみである, のやう, のよう, の一つ, の一部分, の傍, の前, の姿, の尖端, の快感, の意図, の成功, の現われ, の痕, の第一歩, の著しく, の表現, の跡, の迹, の過程, は, はかなり, はしない, はすなわち, はすべて, はすべて皆尊重, はどこ, はどんな, はぶら下がった, はやがて, はよく, は人生, は僅か, は到る, は勿論, は実に, は常に, は当時, は彼, は必死, は必要, は忘れまい, は悉く, は本質的, は根本, は極めて, は歡喜, は決して, は無用, は甲斐, は直ちに, は確か, は絶望的, は続け, は若年, は苦しい, は見, は見られた, は言うまでもなく, は非常, もある, もし, も叡山, も失っ, も払わなかった, も空しい, も空しく, よりもその, よりも一日々, をおこたつて, をしなかった, をしなくなる, をする, をもほんとう, をも凡て, をも試みた, をやめ, を今なほ, を何一つ, を写生, を厭い, を可, を含んだ, を始める, を宗教心, を少し, を弾んだ, を徒労, を忍耐, を忘れなかった, を忘れる, を思索, を惜しまない, を持つ, を指導, を毫末, を決して, を生じた, を痲痺, を目撃, を省き, を眞面目, を示さなかった, を示し, を續, を缺, を罵り, を自身, を見た, を試み, を諦め, を通じて新しい, を閑却, を非常, 又は俗世間

▼ する~ (274, 0.1%)

16 の事 14 のこと 9 だ, なもの 8 のもの 7 だから 5 であった, である 4 つきまとうて, です 3 ですから, の時間, ゐの

2 [14件] で, でした, で心地よい, ならば, なら何, なら寧ろ, なら寧ろ依然, にし, に過ぎない, の大, は何, よく知っ, 叫びました, 辛い金

1 [156件] あり, いだ, いですから, おそろしいもの, がせき, が人間, が備わり, が精, が美味い, が落, が落ち, が関の山, くだらないので, しゃれた題, じゃあつまり, だからね, だが, だった, だつた, だろう, であつ, であります, であるから, であるが, であろう, でさ, でしたが, でそれ, でない社会全体, でなくちゃ, では面白く, で何ん, で即ち, で地声, で御座いました, で戦闘意識, で早く, で相剋, で硬派, なの, なのに, なもん, なら, ならあそこ, ならいっそ, ならその, ならはじめ, ならもう少し, なら人, なら今, なら仕ない方, なら俺, なら其の, なら初, なら初め, なら寧そ首, なら建物, なら新宿, なら日陰者, なら最初, なら汝, なら田舎, なら私, なら自分, なら苦心, なら行かない方, な事, な分量, な明る, な肝っ玉, に, にうまい, にしか評價, になった, に厳粛, に止った, に無理, に繁つて, に親しく, に逢いたく, に過ぎなかった, に過ぎなからう, ね下らなく, のつき合いかた, のつもり, の丁寧さ, の乞食, の力, の勇気, の品格, の嗜み, の大玉, の奇怪さ, の女, の奴, の嫌い, の強い, の悪酔語堀, の惡醉語堀, の意味, の意気込, の愛嬌, の所, の技巧, の根性骨, の權利, の気持, の水, の知合, の石碑, の立派, の第一義, の精進, の者, の胸算, の蒼, の覺悟, の趣味, の身軽, の農夫, の近代日本女性, の金銭, の電気容量, の静的表現, の驚き, はお里さん, は何ん, は實, は当り前, は造作, ひならば, ひ張り合, むしろ当然で, よ, よくばり, ゐだから, ゐである, ゐなの, 大きな奴, 嬉しく写りました, 張詰めて, 強かった, 強く彼等, 当然で, 御嫁さん, 愛すべき楽天主義者, 戻という, 新しい東京気分, 焼けて, 細々しい事, 美しい噺, 苦しかった, 青い, 青ざめて, 響いて, 驚きました

▼ するかという~ (270, 0.1%)

22 ことを 19 ことが, ことは 13 ような 8 ことに 6 ことも, 問題が, 点に 5 ことである, 問題に 4 ことと, ことについて 3 ことだった, ことであった, ことについては, ところに, のが

2 [13件] ことだ, ことです, んだ, 事と, 事を, 処から, 処に, 問題だ, 問題は, 問題を, 心配が, 様な, 点な

1 [112件] ことから, ことこそ, ことその, ことだけが, ことだの, ことで, ことであります, ことな, ことなどを, ことには, ことに対して, ことに関する, ことの, ことばかり, ことまた, ことよりも, こと例えば, ご注意, その何, その諸, それ自身に, つまり教育的, とき酒です, ところまで, のは, ふうも, みとおしを, んです, 一点に, 一番大切な, 不安を, 世界史の, 世界史的課題である, 世界史的課題に, 予定を, 事に, 事については, 事は, 事実は, 二つの, 人生案内の, 件であった, 伝承性の, 修業の, 入札の, 公算が, 共同の, 具体的な, 内評議, 前途多難な, 努力に, 問に対して, 問に対しては, 問題それは, 問題で, 問題であります, 問題である, 問題より, 困難に, 場合に, 場合には, 境の, 夢を, 実践的な, 実際問題, 年来の, 意図が, 懸念が, 所に, 手段に, 抱負経綸が, 新たなる, 時にも, 有名な, 期待は, 根本の, 歴史の, 段に, 点, 点だ, 点でありました, 点について, 点に関し, 点を, 特別な, 理由を, 疑いの, 疑いを, 疑問に対して, 疑問も, 真理内容に, 研究から, 社会判断に, 科学的の, 籤を, 組織が, 職業意識であった, 肝心な, 苦心の, 蔭の, 話から, 課題の, 課題は, 論理学的乃至, 議論が, 資本家の, 質問である, 速力についても, 過程に, 選択法に, 階級的根源にまでは, 題目で

▼ する理由~ (262, 0.1%)

14 はない 10 もない 9 がある 8 がない 5 の一つ 4 とはならない, にはならない, を見出す 3 である, はありません, はちっとも, はどこ, は一つ, もある

2 [15件] があった, でもある, にはならぬ, のある, はここ, はこれ, はなかっ, は少し, は明治十年度, は温度, は絶対, は見出し, を有, を発見, を私

1 [156件] からか総出, から妊娠, が, がありうる, があろう, がいくら, がこれら, がどこ, がなかっ, がなかつた, がなく, がぼんやり, がよく, がわかる, がデモクラシー, が之, が何処, が僕, が出, が初めて, が在る, が成立, が損失, が欲望, が無い, が無くなっ, が発見, が薄弱, が証明, だったが, だと, だよ, であります, であるといふ, です, ですか, でもあった, で髪, としてこの, としてとにかく, としては何, として個人主義, として帝国芸術院, として非常, となった, となりうる, とはなり得ない, とはなり得る, とも亦, とを解せり, と丁半, と云え, と実力, と日本, なけれども, など全く, になつて, になる, にはどうして, にはなつ, により自家, に對, のない, は, はあっ, はあなた, はありましょう, はあり過ぎる, はいくら, はこの, はすこし, はすべて日本人, はその, はそれ, はつまり, はなん, はみな自己, はより, はわからなかつた, は一箇, は何, は何処, は何等, は元来, は出生, は別に, は十分, は少なかっ, は左, は帽子, は従来, は恐らく, は概略前章, は毛頭ない, は無論, は男女同権論, は百姓, は種々, は統一, は見つからない, は解剖, は訣, は論理, は近世, は露, もあり, もありません, もありませんでした, もあり得ない, もここ, もこちら, もなかっ, もなかろう, もなく, もなくなる, もまた, も消える, も無けれ, も爰, も知らぬ, も頷けた, をきき, をだ, をだれ, をば私, をもちません, をもっ, をもつ, を何処, を儀規, を充分, を具備, を到底, を吾, を失う, を失うだろう, を持っ, を持つ, を数箇条, を時代, を有っ, を有った, を沢山, を知らず, を究め, を素直, を考え出せる, を見, を見つけた, を見ない, を見出し得なかった, を見出そう, を説明, を附し, 又は口実, 否な

▼ するくらい~ (260, 0.1%)

20 だから 13 である 7 ですから 6 です 5 であった, ならば 4 では, なもの 3 だった, なこと, ならむしろ

2 [12件] だ, であと, でありました, であるが, なの, ならいっそ, なら死んだ方, なら私, なら誰, な人間, な男, 美しい

1 [163件] あのころ, ありとあらゆる罵詈讒謗, あるん, あれや, いいだろう, いる, いるのに, きれいさっぱり, けとばされて, こなすので, それは, だが, だし, だったら死んだ方, だったら自由自在, だとは, だよ, であったから, であったが, でさえ, でした, ですが, ですぐ, ですし, ですむが, ですよ, です本当に, です父, でそっくり, でそのまま, でそんな, でなく肉, でなければ, で人柄, で別に, で打解けた話, で突如, で許して, で身, で面会日, で鼻面, どしたらわたし何, なら, ならあたしたち, ならあっし, ならあなたみたい, ならあんな, ならいさぎよく, ならお, ならおれ, ならくたばったほう, ならずいぶん, ならなぜ, ならなん, ならのぞかなければ, ならひと, ならまた, ならハマるだけの, なら今時, なら何, なら六階, なら君, なら始め, なら当然, なら思うまんま, なら最初, なら木の根, なら歩いて, なら死んだほう, なら毎日, なら父, なら犬, なら現状, なら用談中, なら空腹, なら美化, なら耳, なら職, なら追いかけるが, なら重湯, なら針, なら電車, なら飢え死, なら骨牌, なれバ, なんだ, な人, な仲, な効果, な声, な淋し, な珍客, な知識, な緊張, な視覚力, のこったい殺られたとき, はい, ひどく変貌, へり下, まして自然, まん丸く, むき出しの, よく縫えました, よろこんで, わけも, ナヂールの, 下女を, 両親が, 人類を, 何う, 何の, 優しい心, 凄みの, 凄味が, 危険な, 変化の, 多い所謂, 大きな声, 大きな社会, 大変よく, 女権論者である, 嬉しいん, 平気な, 年代の, 庄之, 強い青びかりの中, 当然じゃ, 心身共に, 忠実に, 恐らく私, 抱きしめて, 拭くという, 文学趣味に, 早く彼女, 早く走る, 暖かかった, 本当の, 沢山の, 涼しくなります, 激越な, 無理な, 無謀な, 無闇やたら, 熱いの, 異様に, 稀有の, 米噛み, 聞くまい聞くまいと, 脚が, 腹を, 興の, 莫迦げた者は, 藩主美濃守信邦にも, 通った高い, 鋭かった, 長い睫毛, 間を, 阿呆が, 陰欝だった, 頭が, 頭も, 骨の, 鮮明な

▼ する勇気~ (259, 0.1%)

17 もない 12 がない, がなかっ 10 はなかっ 8 はない, もなく 7 のない 6 がなく 5 もなかっ, を有 4 が出ない, が出なかった, のある 3 があった, も出なかった, をもっ, を持っ, を欠い

2 [16件] がありません, がある, がなかつた, が必要, である, と興味, なくなりました, に欠け, はなく, は無かっ, は私, は起こらなかった, もありませんでした, もなくなっ, も無い, を挫

1 [110件] があれ, がくずれる, がしぶる, がすっかり, ができ, がなくなっ, がなくなり, がなけれ, がわき起らなくなる, が出, が出なくなっ, が出ました, が有ります, が無, が無い, が無かっ, が起こった, が起らなかつた, が身内, さえなかっ, さえ有, だけが必要, とに対して先ず, とに於, と中途, と余裕, と新進作家, と熱愛, と発表, と知恵, なくなりたり, など持ち, にさえ乏しかっ, に乏し, に乏しかっ, のあり, のごとき, のなかっ, の持合せ, の為め, は, はありませんでした, はあり得ない, はあるまい, はいよいよ, はとても, はどうしても, はないでしょう, はなおさら, はなかつた, はなかつたらしい, はわし, は全く, は出, は出せない, は出なかった, は出なかつた, は容易, は彼, は持たないらしかった, は持たなかった, は持っ, は持つ, は持てない, は無い, は無論, は起らなかった, は起らなかつた, までが砕け, もありません, もなかつた, もなかろう, も出ず, も出なかつた, も才覚, も正当, も無くし, も無し, も私, をくじく, をとても, をもたなかった, をもたね, をもち得よう, をもった, をもつ, をも具え, をも生じる, を与え, を出し得なかった, を取り戻した, を失っ, を失った, を失つたの, を失わしめた, を得た, を必要, を持たない, を持ち直し, を持つ, を持つであろう, を持てよ, を振い起し得なかった, を無, を示し, を見出す, を起し得なかった, を阻喪, を鼓, 無く学生

▼ する意味~ (253, 0.1%)

15 に於 11 である 7 のもの 4 で, ではない, に於い 3 がある, であ

2 [18件] からも適当, がない, がなくなる, がよく, であって, です, での, ではなく, においてその, において存する, に取られる, はない, もある, も含まれ, をもっ, をもつ, を持つ, を持つた

1 [166件] から, からいえ, からこの, からだけでもです, からで, からもおま, からもぼく, から云, から宮廷年中行事, があり, がはっきり, がわからなかった, がわかりかねる, が十分, が甚だ, さえも失われる, じゃない, だけで, だと, だよ, であり他方, であるから, であるが, であるこれ, であんな, でかい, でこれ, でございます, でざる, でたいへん, でないこと, でなくむしろ, でなければ, での反省, での実地的方面, での対象, での小さい, での尤も, での擡頭, での支那学, での東洋主義, での社会性, での職業的, ではなくし, では甚だ, でもございません, でもない, でもね, でもゴッホ, でやはり, でロンドン, で一詩, で之, で云, で云った, で今日, で他人, で僕, で名前, で執筆, で奮鬪, で差しあげましょう, で床の間, で彼ら, で悪い, で感ずる, で我々, で斯, で新しく, で春子さん, で普請, で書いた, で歴史的, で殊更, で法華経, で無意識, で父, で百姓, で相手, で私たち, で科学技術, で稀, で署名捺印, で膝, で自分, で言つて, で警官, で遺伝学, で雪後, で黄金, といふ, とがある, と思われる, などは元々, なの, ならば, なん, なんかちっとも, においていかが, においてそれぞれ, においては文明, においても喜ぶべきである, において一部, において十分鄭重, において反対, において徹底的, において相当, において神楽, において行なわれた, について芥川, になる, にもなる, に使う, に從つて形成, に於ける, に用いる, に立っ, に考へ, に託し, に転ずるなら, に転化, に過ぎない, のなん, の保証金, の分る, の方, の神楽, の秩序, の言葉, の言語伝承, の詞, の語, の貼り紙, はあった, はいろいろ, はこういう, はとんと, はどこ, はほぼ, はもう, はよく, は前, は単に, は女, は最初, は私, は雨露, は頓, もあっ, もあった, もあつ, もありませう, も含め, も彼, も認めません, より分割, をかね, を兼ねる, を含んだ, を悟つた, を持っ, を理解, を述べた, 及び事實, 深い形, 深い言葉

▼ する~ (252, 0.1%)

13 に於 5 に必要, に最も 4 に極めて 3 に非常

2 [13件] にかなり, にこれ, にその, になく, にほとんど, にも東洋, に人, に付い, に幾分, に於い, に根本的, に重要, の一つ

1 [196件] からいえ, からいふ, からそれ, からの必然, からはかう, からはそうした, からはどこ, からは今, からもそれ, からもまた, からもゆるがせ, からも小, からも絶対, から下, から常に, から恋愛, から最も, から生じた, から申し, から申せ, から遠ざかった, できっと, でのいわゆる, での危惧, での彼ら, での或, での重要, では注意, でも色々, で何, で何ら, で幾分, で成功, で最も, で有力, で読者受け, にあるいはまた, にいかに, にいずれ, にいたっ, にお, においてある, においてお, においては決してそう, においてひとり, においてもむしろ, においてもわずか, においても君, においても大変, においても当然, において世間並, において何, において大, において学校, において幾様, において必要, において正札, において比較的, において道徳的抑制, において顕著, にかほど, にきわめて, にすくなから, については少年, についてもその, について幾らか, について西洋音楽, につき, にとっても参考, にどうしても, にどれ, にはある, には他, には何, には何ら, には判事, には大切, には従来新派, には必要, には折本, には教育, には欠点, には肉親, には自ら, には苦心, には近代, には逆, には非常, にもいろいろ, にもきのふ, にもっとも, にもまた, にもよかっ, にも人一倍, にも多く, にも必要, にも想起, にも有力, にも格段, にも私, にも興味, にも記憶, にも都合, にバター, に一層, に不思議, に付, に何, に何より, に何らかの, に何ん, に余り, に作者, に使用, に便, に便宜, に全, に全体, に剣, に助言, に効果, に危険, に又, に取巻かれ, に四人, に大, に大いに, に子, に完全, に実に, に就い, に強い, に後年, に忽ち, に意味, に感情, に拂つた苦心, に推論上, に效果, に日光, に時として, に暗示, に更に, に有, に母親, に毎日例, に消す, に満足, に無用, に甚だ, に用いられ得る, に相当, に真実, に知見, に私以上, に種々, に第一義的要件, に美しい, に至つて簡便, に致命的障碍, に興味, に袂, に誰, に警告, に資金, に遺憾, に随分, に隙, に音覚, に頑固, のみならず, の困難, の必要条件, の方, の者, の重大, はあなた, はさらに, は世, は之, は仕方, は出, は差支, は当地, は必ず, は我が, は我國, は敵, は是, は此, は母, は私たち, は西郷, もしも火星, より言, を見あげ

▼ する~ (250, 0.1%)

3 である, でもなく, の心, の感情, の生活, の顔

2 [21件] であるが, と同じ, にとつて, のこと, のこの, の努力, の思惟, の眼, の考, の自己, の足, の身体, の非, の驚きかた, は, はそこ, はそんな, は背後, は自, もおなじ, も私

1 [190件] あゝ全く, がお嬢さん, がそれ, がどんなに, が三つ目, が何方, が供養, が散歩, が旅, が自分, じや, だつたの, であった, であったなら私自身, であること, ですが, ですよ, でもこの, でもしかけ, とがボライトフル, とが火, とし, としてはこれ, としては長い, とその, とだけだらう, とは, と経験, などに煩わされ, なの, なんか女, にご, にとって当然, になります, になるでしょう, にはまるで, には一々, には盆, には致し方, には酒, にも, に低い, に気がつく, に駈け寄る, のうしろ, のこころ, のため, のやう, のやや, のよう, のパンフレツト三八九, の一つ, の下僕, の不眠, の二子, の仮説, の何時, の僻見, の前, の千代子, の句境, の同情, の名, の外, の奇妙, の好き, の姿, の学問, の宅, の心情, の必要, の忠告, の性格, の情, の意見, の愛好, の感想, の感想的, の態度, の戀, の成敗, の所, の指摘, の敵, の気配, の決心, の決意, の注文, の演劇主義, の無意識, の現在, の理智, の理由, の甥, の疑惑, の病室, の癖, の盆, の目的, の眼中, の秘か, の空想, の純情, の胸, の膝, の解釋, の計, の話, の認識不足, の調停, の豫備知識, の負, の資本化, の身, の軍兵, の郷土, の願望, の飢渇, の驚嘆, の魂, はかう, はすっかり, はその, はた, はたより, はともすれば, はひとり, はほん, はまた, はナポリ, は何心, は何故, は僧籍, は喜び, は因習, は地上, は堀尾君, は奇妙, は幾ら浴, は引き締まった, は思わず, は急い, は性来, は意欲, は東京, は永久, は泡, は生れつき浮浪人, は留守番, は目, は笑, は結論, は自分, は花柳病, は貞操, は路, は酒買, は酔, への礼心, へ慎しみ, へ背後, もその, も何心, も小学生, も此, も生まれ, も病気, も肉体労働者, より三つ四つ年上, をそれ, をただ, をはね返す, をよびとめ, をアル・ニン・ワ, をゴウマン, を内海, を呼びとめ, を学校, を強いて, を待つ, を救い出した, を殺す, を無理, を窓越し, を笑, を見つけ, を見やり, を警戒, を送る, を遠慮勝ち

▼ するたび~ (248, 0.1%)

9 に彼 6 にいつも, にその 54 にそれ, に私 3 にあ, にお, に自分

2 [12件] におもちゃ, にそこ, に五六年前, に何, に多少, に廊下, に必ず, に死に, に白い, に車外, に部屋, に顔

1 [181件] おた, にああ, にあっち, にあの, にいかにも, にいちいち, にいつも必ず, におりおり, にかれ, にきき, にきっと, にきつ, にぐいと, にぐらぐら, にここ, にこの, にこれ, にさらでだに, にすくん, にたまっ, にだんだん, につよい, にとびあがっ, にどこ, になんとなく, にはこの, にひとり, にひろがっ, にふうふう, にみな, にやはり, によく, によろこん, にわれわれ, にアイオニア, にカテリーナ・リヴォーヴナ, にクララ・ボウ, にゼリー, にバイキン, にヒヤ, にヒリヒリ, にブリブリ, にホテル, にワーン, に一の関, に七兵衛, に三, に亡き, に人々, に仲, に伸子, に何かしら恐怖, に何故, に何物, に元結, に先祖伝来, に全国, に内, に前, に動い, に勝手口, に勝重, に右, に同, に同じ, に同房, に向う, に味わった, に員数, に唾, に基地, に声, に大きい, に大きく, に大正何年組, に夫, に夫人, に女先生, に妖しく, に妙, に子供, に子孫門党, に学士, に安い, に寿命, に寿女, に将軍, に小夜子, に少し, に崩れ落ちる, に川, に川縁, に市助, に幽霊, に幾度, に影法師, に彼女, に心臓, に思いがけない, に息切れ, に悪評, に悲しみ, に捨て, に掃除, に揺れ, に敵, に春, に時間, に暫く, に月給, に極めて, に歯, に死骸, に汽笛, に汽車, に波, に流石, に海, に深く, に火の玉, に火薬庫, に燈芯, に狭霧, に猫皮, に現れ, に瓶, に申し, に発する, に眉, に看護人, に瞳, に矢, に矢代, に章子さん, に細君, に経験, に絶え間, に縞, に繰返し, に背筋, に胸, に脳, に腕, に腫物, に色, に葉子, に藁屑, に藤波, に血胸血液, に衣子, に裂ける, に襟頸, に見せる, に誰, に諸, に起す, に踏処, に踵, に身體, に車窓, に輝き, に近づく, に通る, に邪慳, に酸素, に鍵, に長兄, に阿部権兵衛, に電気仕掛, に面白く, に音, に頸, に額, に飛び出し, に首, に香蔵, に鳴っ, に鼻, に鼻さき, 始終筆者, 黒い森

▼ する自分~ (248, 0.1%)

11 の心 6 の姿 4 のす 3 の声, の方

2 [20件] が夜, ではない, に向, の世界, の体臭, の力, の努力, の思想, の意志, の意見, の気持, の考, もまた, をぎごち, をはなはだ, を呼び止める, を感じた, を省み, を見いだす, を鞭

1 [181件] から拔, がいま, がおかしけれ, がとうとう, が一番優秀, が刻々, が卑し, が少々, が幸福, が怪しまれ, が恥ずかしく, が正しい, が正気, が腹立たしかっ, が非常, こそ何と, じゃない, だから, だが, だのに, であるが, であること, であろう起こして, でもクサ, というところ, という姿, としての好み, として大, として弁信, との対照, とを伸子, と同情, にあきれ, にいっそう, になりたい, には両方共大袈裟, には判る, には望ましい, にもはら, にも当然, にも負, に何, に憎しみさ, に景気, に腹, に自尊心, に返つ, のあれこれ, のうらぶれた, のこまやか, のやり方, のわがまま, のわざとらし, のエピゴーネン, の両, の今回, の代人, の例証, の保守さ加減, の傍, の卑しい, の名, の咆哮, の商売上, の固陋, の国, の夢, の娘, の子供, の子供等, の室, の家, の家族, の容体, の履, の心持, の心臓, の忿怒, の性質, の意味, の感情, の態度, の我, の我儘, の採訪帳, の敷蒲団, の旅, の時間, の書きかけ, の未来, の本心, の本能的直感, の根本意識, の様々, の無謀, の熱心, の熱心さ, の爪先, の理性, の甘, の生, の生れた, の瘡痍, の祈祷, の立ち場, の立場, の笑い声, の精神, の考へ, の能力, の腑甲斐, の良心, の芸人気質, の行動, の行為, の見解, の記憶, の負荷, の身, の身の上, の身代り, の阿呆さ加減, の隊, の非, の靴音, の頭, の頭脳, の馬方, の鼻先, はお, はひょっと, はまだ, はパーウェル・イワーノヴィッチ, は一体どうか, は出ない, は取り, は大杉, は宛然腰巾着, は死ぬ, は胸きり, は誤っ, は黙, も嫉妬, も迷惑, をいと, をかへりみ, をさ, をし, をその, をよく, ををかしい, を今, を信じなかつた, を優柔, を切に, を卑劣, を反省, を堪え, を実感, を少し, を強いて, を悲壯, を意識, を愕, を振りきる, を目前, を私, を肯定, を腑甲斐, を自覚, を莫迦, を見いだし, を見とおし, を見る, を見離す, を認め, を距, を追いかける, を静か, を鞭打, を鞭打ち努めた

▼ するかを~ (243, 0.1%)

5 知って 3 知らない, 見て, 説明する

2 [20件] きめなければ, 十分に, 彼等に, 彼自身も, 探究する, 明らかに, 明白に, 注視し, 知つてゐた, 知らずただ, 知らないで, 研究する, 考えて, 考えなければ, 見よ, 見よう, 見るの, 覚えて, 語るもの, 述べて

1 [189件] いささか述べなく, いっそう厳密, きいて, きめるの, この時, さとった, さも面白, さらに今, しばらく見定めたい, じっと見つめた, すぐ悟った, そして何故, それは, それを, それ自身に, ぢつと, はつきりと, ほぼ説き得た, よくあじわう, よく知っ, よく示し, よく聞い, よく観察, 一層嚴密, 一目で, 不審がりました, 不思議に, 世間は, 予め知っ, 事新しく知, 云い表わします, 今こそ, 何処かで, 具体的に, 冷やかに, 凝視した, 列挙し, 前もっていう, 医学は, 厳しく吟味, 又今, 反省し, 吾, 問い得るだけ, 問う必要, 問わずして, 問わず常に, 問題と, 固唾を, 圭子は, 地方の, 子供心に, 学ぶこと大, 実際に, 実験的に, 察知し得ない, 尋ねる, 少しも, 当然理解, 彼は, 彼女は, 待ち設けて, 必ず説く, 忘れない人, 思い出すだろう, 思って, 思はずに, 思ふの, 思へ, 思へば, 思わずには, 思わねば, 怪しむであろう, 怪しむ事, 怪しむ事さ, 怪訝しつ, 恐れます, 悟ると, 想像する, 感じさせる, 慎重に, 手短かに, 指摘した, 改めて述べよう, 教えて, 教えるもの, 明かに, 明智は, 書いた本, 案じるの, 檄文で, 決めて, 決める方, 決定しなけれ, 決定する, 注目し, 物語って, 玩味すべく, 理解し, 理解した, 理解する, 用心し, 疑うもの, 直感した, 直接に, 相談する, 看よ, 知った私, 知らずに, 知らないであろう, 知らないの, 知らなかった, 知らなかったと, 知らぬの, 知らぬ人, 知らぬ人々, 知るため, 知るだけ, 知るには, 知るの, 知れり, 研究し, 確かめたり, 確かめて, 確めね, 確証すべき, 示す模型等, 私どもは, 私は, 立派に, 競争し, 第一, 篤と攻究, 細心に, 考うる, 考えその, 考えない, 考えなかったの, 考えるの, 考える前, 考へたら自分たち, 考へつ, 考へて, 聞いた, 聞いたの, 聞かされた, 聞な, 自ら尋ねなかった, 自ら指示せよ, 至極手短, 見た, 見たい心掛, 見たかつた, 見ようという, 見よだ, 見るため, 見るつもり, 見るべし, 見れば, 見詰めて, 見詰めるよう, 覚ること, 観察し, 観察する, 観察せざる, 觀察し破, 觀察せざる, 解する能はず, 試みんと, 詳細に, 語って, 語る必要, 説明し, 説明した, 説明したい, 説明せね, 読者は, 誰が, 調べて, 調べるため, 論じなければ, 諮って, 講ずる意, 辨ずる, 述べる, 集議した, 駿介は, 驚かずには, 黙想する

▼ する~ (242, 0.1%)

30 に於 13 では 11 にある 8 がある 4 である, のある, もある 3 がこの, なの, に存する 2 があっ, が多い, に於い

1 [153件] からいえ, からいつ, からも一人, から云う, から其意義, から申したら, から見, があります, がなく, が実に, が少く, が少なく, が生じた, が見つからない, がAB上, だけが悪い, で, であった, であろう, でいくらか, でその, でなかなか, でまた, でも, でよく, でフリーダ以上, でリンピイ, で一個, で一致, で不完全, で便利, で先験的統覚, で共通, で前, で可能的, で同じ, で困らせられる, で形式的主観的, で彦兵衛, で意見, で根本, で根本的, で決して, で達人, としてこの, としない, と思われる, なんかなかっ, にあった, にあるだろう, においてお, においてかなり, においてしか価値, においてすでに, においてその他, においてのみ愛, においてのみ有意義, においてはほとんど, において利益, において効, において地理上, において外来文化, において多少, において屡, において彼, において意義, において感知, において我々, において支那人, において旧来, において暗示, において物的福利, において特徴, において相似, において私, において立派, において自然, において蝉, において面白く, にその, にたのしみ, については倫理, については岡氏, について同じく, になかっ, になる, には一言, には似寄った, には大きな, にアメリカ, に元禄俳句, に意義, に綜合, に自然, に触れ, に達した, のみなら, の速度, はあっ, はここ, はこの, はこれ, はその, はたしかに, はシェリング, は中国人, は作風, は充分, は先生, は児童, は全く, は別, は同じ, は同一, は唖男, は家族, は我々, は政党的ファシズム, は正しく, は相手, は自分, は連日連刻, へは一歩, まで全く, まで打, もない, もまた, も両者, も効果, も君, も少く, も無い, も頗る, より観察, をもつぶさに, をわかりました, を一, を今, を作陶, を持っ, を指す, を捉え, を捜し出そう, を明, を明かにせられた, を有し, を注意, を異に, を見, を見つけ, を見なけれ, を通して末端, 及びこの

▼ する気持~ (240, 0.1%)

10 になった 7 になっ 6 はない 5 になる, にはなれない 4 があった, はなかっ 3 がない, だった, になり

2 [11件] があれ, がなく, が僕, が強かっ, だつた, にもならない, のほか, の方, の歌, は決して, もなかっ

1 [168件] からいう, からだ, からな, から出た, から大, から家臣, が, があっ, があり, があるらしく, がうごい, がした, がその, がそんな, がなくなっ, がまったく, がむらむら, がよく, がわかる, がシヤン, が一方, が何時も, が作歌動機, が全然, が出る, が分った, が少し, が少年, が強い, が強く, が挫け, が次郎, が湧きあがりました, が無意識, が煽られる, が生じた, が語気, が起る, が逆, こそが謂わ, しかなかっ, そっくりな, だけで, だったが, であった, である, であるから, でいま, です, ではない, でぼく, でもあっ, でよっぽど, でエリック方, で伸子, で河野さん, で砂丘, で秋, で立ちあがった, で立ち上りかけた, で鏡, というの, とはひいては, と五人, と愛する, と相, などになる, などになんとなく, などは微塵, など少し, なの, なり励み, なんかない, にさえなっ, にさえなる, になつ, になつて, にならない, になりかけた, になりました, になれた, になれない, になれなかった, にはごまかし, にはならなかつた, にはなりきれる, にはなれないだろう, にはなれなかった, には一種, には他人, にもかなり, にもならないで, に変り, に浸っ, に陶酔, に駆られ, のい, の中, の二句連歌, の余裕, の悪い, の純粋, はあります, はありませんでした, はある, はあるだろう, はこれ, はそう, はそして, はそれほど, はなかつた, ははじめ, はひき緊め, はほんの, はもちろん, はよく, はネズミ, は今, は何, は全然, は勿論, は可也, は多, は大いに, は宏子, は悪い, は悪意, は捨てた, は毛頭, は自, もあっ, もあった, もありました, もおよそ, もつよかっ, もつよく, もなかつた, もなくなっちゃった, ももっとも, もわかる, も多少, も消え失せた, も祈ろう, やフッ, をそこ, をつくりあげ, をなるたけ, をひそか, をほのめかす, をわざと, を乱し, を制した, を励まされる, を抑え, を押しかくす, を持った, を持つ, を更に一層, を汲ん, を無理, を煽り, を現, を紙, を言いあらわす, を起させる, を鈍らせる, を鴻山, 伸びるだけ

▼ する~ (234, 0.1%)

10 がした, が聞えた 5 がきこえた, が聞こえ 4 が聞えます, であった, を聞いた 3 がきこえ, がし, が聞える, だ, である, を聞き

2 [13件] があっちこっち, がきこえる, がだんだん, がひびい, が機, が聞え, が起った, さえ今, の調子, もあった, を出し, を聞い, を聞く

1 [148件] が, があがりました, があちらこちら, があります, がある, がおこった, がかみつい, がさかん, がさっそく, がしばしば, がしました, がする, がつづい, がどつか, がはげしく, がよく, が一斉, が不意, が中空, が二三, が二階, が伝わっ, が内部, が出なくなりかけ, が出る, が唐紙, が四辺, が外, が奥, が家中, が廊下, が強い, が敵, が日まし, が校舎, が次第に, が毎晩, が澎湃, が激しい, が盛ん, が絶え間, が続い, が聞えない, が聞えました, が聞こえた, が腸, が虫, が街道, が賑やか, が起きた, が野山, が陽気, が靄, が高かっ, が高く, さえがまだ, さえ一時, さえ出なかった, さえ宗助, さえ起っ, すら聞こえる, だか, だけが我々, だけはたしかに, だった, だの, だろうと, って大嫌い, で, ではありませんでした, でも聞きつける, でも解る, で愛する, で言, で言った, で遂に, としか聞かれない, と争議, と海坊主, と源四郎, と看護婦, と言葉, など, などが交錯, などが夜中, などが幔幕, など人, なの, につづい, に外, に縮み上っ, に行く, に驚き, のあがっ, のどよめき, のよう, の喧しい, の如く, の幅, の日, の聞え, の聞える, の聞こえる, の響き, の高い, はだんだん, はふだん, はほのか, はまさしく, は同様, は弦, は忍ん, は教室, は洛陽, は甲板, は糸, は聞えず, は遠く, は高い, ばかりが残った, までがよく, もある, もおりおり, もかれ, もきこえました, もひそ, も己, も立てず, も聞えた, も聞えます, も聞きました, も苦しく, も間に合わなかった, も鶯, や三味線, や太刀打ち, をきき, をし, を夢うつ, を強いて, を後, を熱心, を聞きつけ, を聞きつけた, を聴い, を聴いた, を背中, 憎しと

▼ する様子~ (234, 0.1%)

24 もなく 6 もない 5 がない, もなかっ 4 だ, もありません, をした 3 が見えた, が見える, である, です, はない, はなかっ, をし, を見, を見る, を驚いた

2 [14件] がありあり, がなかっ, が想像, であった, であったが, でしたが, で疵, なので, に, に玄徳, に見えた, に驚き, はありません, も見えなかった

1 [124件] あるを, お蘭, かな, から睨み, から見れ, があったら, があの, がありません, がうとうと, がお, がだんだん, がどうしても, がなく, がなけれ, がみんな, がよく, がアリ, が不安そう, が何だか, が何となく, が変, が女, が姫君, が思はれる, が水, が確, が美しく, が見, が見え, が見えなかった, が見えます, が顕然, が馴れ, さえもない, さえ見せる, だお, だったが, だったけれど, で, であつ, であり前途有望, であるから, であるが, である余, でこう, でしかし, ですから, です虎穴, ではなかっ, でまだ, でニヤリニヤリ, で少し, で居る, で書き, で有った, で言い続ける, で語調, などに魅力, などを思い出す, など眺め, なるも, なれども, にお, にこれ, にご, にも悲しみ, にも見えた, にミルキ閣下, に一点, に不完全, に中将, に少々, に春琴, に楊雄, のあらゆる, のない, のなかっ, の乳母, の顔, はおりおり見えた, はさながら, はとても, はなく, はねえ, はよほど, はわが国, はアラブ族, は丁度, は可愛い, は恰好, は曾, は見え, は見た, は見もの, もさらに, もどうか, もなかつた, も加奈子, も品, も無く, も知っ, も見えない, も見せない, も近く, やまた, や店頭, や近所, をお, をおもしろく, をしたくなかった, をする, をながめ, をながめる, をほとんど, をも強い, を一見, を山三郎, を年増, を拝見, を眺めた, を見かけない, を見せ, を見せる, を見た

▼ する~ (225, 0.1%)

13 が聞え 12 がした, が聞えた 9 がし 7 が聞こえた 5 がきこえた, がする, を聞き 4 がきこえ, が聞こえ, だった 3 がいっぱい, が聞える, を聞いた

2 [17件] がかすか, がしばらく, がすさまじく, が例, が筒抜け, が続く, が聞こえました, が聞こえる, が起った, である暫く, に気がつい, のほか, のよう, の中, の聞え, を耳, を聞い

1 [102件] い, かいづれ, が, がいたします, がいつ, がきこえる, がじ, がそれ, がなかなか, がものすごく, がやかましい, がゴクゴクゴク, がゴソ, がパンパン, が二三遍, が交つて, が人, が会堂ぢ, が僕, が凄まじく, が単調, が喧しく, が始まった, が室内, が寝しずまった, が時, が清音, が現代, が眉, が私, が窓, が絶える, が耳, が耳立っ, が耳立つ, が聞こえ始める, が聴, が賑やか, が近づい, が遠く, が静か, が響い, すさまじいうなり, それに護母寺, であった, でおこされたく, でふと, で私, で鋸, で鳴った, とが自分, ともう, と鋲釘, と音, なぞが何となく, などが聞える, などは家兎自身, なの, なるが, にし, につづい, にも家, による以心傳心, に一時間, に交つて, に南日君, に彼女, に続い, に耳, のなか, のみである, のやう, の全部, の外, の聞, の聞える, はお, はなく, は余計, は勿論, は如何にも, は必ず, は恐らく, は聞こえます, ばかりであった, までがお, まできこえ, もよく, も交え, も聞えない, も聞える, も鞄, や同時に色々, や茶の間, をきかせ, をまちわび, を為す, を耳元, を聞く, ガンガンと, パッと, 逃げまどう足音

▼ する所以~ (223, 0.1%)

42 である 14 のもの 11 ではない 8 なり 6 の者 5 なの 4 であります 3 だ, だと, に非

2 [12件] であって, であるから, であること, であると, ではあるまい, ではなかろう, でもある, となるであろう, なれば, の大本, は蓋し, を明らか

1 [100件] かも知れない, があった, がある, がない, が単なる, が此処, であ, であつ, でありかく, であり他方, であり左, であり惡, であり質樸, であるかも, であるが, であるといふ, であるの, であろう, です, でないと, でもあった, でもあつ, でもあり, で人, で教育, で氣絶, となる, と考えられた, なりと, なりと解す, なり故に, なるか, なるのみ, なるべし, なるを, なん, にし, になつ, になる, にはならない, にはならぬ, に反する, に従って之, の一つ, の來由, の具, の或, の第, の者皆, の途, の道, の首要, はおの, はかう, はこ, はここ, はこの, はこれ, はすでに, はただ, はともすれば, はなかなか, はなし, はヘーゲル, は上海, は即ち, は吾, は實, は所謂智慧, は明らか, は極めて, は槍ヶ岳, は正に, は無, は物, は独り学識, は茲, は高尚, もこ, もそこ, もまた, も亦, も美術的価値, をお, をも理解, を今日, を問うた, を女力役, を根本的, を知らざる, を知らず, を知らない, を知らねえ, を知る, を考へ, を見た, を解せざるなり, を説かれる, を説き, を説明

▼ するそう~ (215, 0.1%)

29 である 2827 です 15 だが 87 だから 6 で, ですね 5 ですから, ですよ 4 だね, だよ, ですが 3 だという, でございます 2 じゃ, じゃありません, じゃない, だけれども, であるが, ですからね

1 [49件] いって, かといっ, させること, したら誰, して, しても, しないで, じゃから, じゃからな, じゃてのう, じゃないです, じや, すれば, だけど, だけれど, だし, だそんな, だど, だな, だなどと, だわ, だ元, だ行って, であった, であったが, であります, であるから, ですし, ですと, ですわたし, でと, でな, でなければ, でね, で御, で此程周囲, で皆, で道理, で電車, とすれ, なったら, なった日, なると, なれば, よ, 夫人を, 書いた後, 約束を, 言った私

▼ する言葉~ (214, 0.1%)

6 である 4 がない, と人間 3 なの, の中

2 [16件] がみつからない, が一つ, が彼, だと, だらう, で, であ, であって, です, ではない, となる, のよう, の自由, は, を知らない, を聞い

1 [162件] から想像, から派生, があった, があったら, がありません, がある, があろう, がおそらく, がたくさん, がちょっと, がつい, がなかっ, がなく, がハツキリ, が一般, が丁度, が出, が出ませんでした, が咽喉, が彼自身, が我々, が明らか, が無い, が発達, が直ちに, が私, が聞えた, が荒く, が貴方, こそ, さえ知らぬ, だけが自分, だけで, だった, だったろう, だろう, であったが, であっても, であらう, であるが, であるその, であると共に, であるホイト, であんな, ですが, でない言葉, ではあるまい, でまた, でも違つた言葉, で云, で呼ばれる, で大勢, で存在, で市場, で気, で苦し, で阿蘇浅間, として, としてはこれ, としては実は, とも聞こえる, と叔父, と思想, と関係, と類し, なので, にさらに, についていへ, にどういう, になっ, には善, にもいつも, によって歌うべきである, によつて歌, により同人, に他, に印刷, に又, に喉, に押しひろげられる, に更, に相沢半之丞, に相澤半之丞, に翻訳, に苦しみ当惑, に苦しん, に転ずる, に過ぎぬ, のいきさつ, のうち, の事, の交錯, の価値, の全部, の出現, の外周, の差, の幻象, の意味, の数々, の端々, の見出せない, の領域, はそれ, はただ, はない, はオモシロイ, は不要, は多く, は多感, は明確, は此, は歴史, は気まずく, は複雑, は誰, ばかりだった, もあったろう, もおりおり洩らす, もございません, もなく黙っ, もなま, もわからず, も前夜, も勇気, も才能, も数語, も消し, も知りません, も考えず, も耳, も違, より電送, を, をかへて言, をさえぎっ, をさがした, を使つて, を便宜上, を呑み込んだ, を己, を心, を思案, を恐れた, を打ち消し, を抑えつけ, を持たない, を持たなかつた, を持たぬ, を放つ, を狂った, を発し, を考量, を耳, を聞く, を聽, を調べ, を述べた, を遣, を邪魔, を除け, 遣の

▼ するじゃ~ (213, 0.1%)

103 ないか 47 ありませんか 13 ねえか 12 ないの 5 アない 3 ございませんか, アねえか 2 ないぞ, アありません, アございません

1 [21件] ありません, あろうて, が短気, ござんせんか, て, ない, ないかと, ないかよ, ないって, ないですか, ないと, ないよ, なし, なしお, なしお前, なし碁, ねえかよ, ねえぜ, ろか, 無いか, 無えか

▼ する能力~ (212, 0.1%)

10 がない 9 をもっ 8 がある 6 のない 4 もない 3 が私, である, のある, をもつ, を与えられ, を有

2 [15件] がなかっ, がまた, が子供, です, によつて, に欠け, の私, はどんな, はない, をもたなかった, を失ふ, を持つ, を有する, を有っ, を欠い

1 [127件] あるもの, ある人々, があつ, があまりに, があります, があるだらう, があるだろう, があれ, がなかつた, がなく, がなくなっ, がひとつ, が与えられる, が停止, が備, が先天的, が全く, が全然, が出来た, が彼女, が得られる, が欠け, が無い, が無かっ, が現在, が生じ, が発達, が立ち, が育てられ, が非常, こそ若き, さえない, さえ奪われ, しか持っ, すらもない, たる感性, だけ培養, であ, であった, であつ, であること, では未だ, というもの, としてだけの範囲, としての才能, として個性, とを多分, と共に自分, と夫, と異なる, と習慣, なきもの, なしと, などという点, などなど十二項目, にどこ, には欠け, には達し, にも自信, によってで, によっては仕遂げられない, によること, に乏しい, に比べ, に長, に関しては極めて, の発達, の突如, の訓練, の謂, の高い, はおよそ, はすく, はちっとも, はほとんど, はもって, はやはり, はわたくし, は人類, は全く, は同一, は土地, は失っ, は少なくとも, は持ち得まい, は持っ, は日本, は最も, は無く, は肉, は英十, もなく, もなくし, も興味, や仕事, をあらわし, をいつかしら, をさえ失いました, をさえ奪われ, をもたない, をもたなく, をもった, をも失った, をやしない, を与える, を低減, を保留, を僅か, を判断力, を十分, を大いに, を失い, を失っ, を失ひ, を失わせられる, を奪った, を小, を彼, を意味, を持っ, を最大限, を根本條件, を殺し, を私, を習得, を蔵, を養

▼ するけれども~ (211, 0.1%)

4 これは

2 [18件] これを, さう, そういっ, それは, それを, もう女房, マルクス主義者としては, リヽーの, 二〇歳ないし, 口笛ふい, 女には, 実はリヽー, 実在する, 果してそれ, 特別の, 私は, 胡麻化す, 迷惑不安懊悩大いに

1 [171件] あなたに, あの折自分, ある時, あれは, いざとなつて声立て, いざとなつて聲, いつたいこういう, いは, お互いの, お喜び, けっきょく, ここでは, このお喋り, この綜合, この腕前, これから先, これ畢竟, しかし重要視, しかもそれ自身, しからざるもの, そこに, そこには, そしてあそこ, その主義, その姓名, その愚, その技術, その時代, その音, それぞれ多少, それでもなお, それはた, それも, それ以前及び, それ自身心理的な, ただ頂戴, だめである, ついには, つい忙, つまりは, つまるところは, どうしても, どうも味, どうも進めない, なおいっそう, なおこの, なお仮定, なかなかいけない, のましたものの, また一方人間, また支柱, まだ二里, もしこれら, やがて内部, やっとそこ, よく聞え, よほど酷く, ソメちやんの, フトンを, 一等でも, 両君の, 予防的妨げが, 二人の, 二時ごろに, 人心の, 人間それ自身の, 今は, 休む時間, 僕の, 僕は, 元禄の, 八さんの, 共同責任なる, 其は, 内容は, 利用しない, 前の, 前述し, 労働者階級の, 十五の, 半月に, 取調の, 同じ勝ち方, 同情し, 君が, 吾人の, 夕に, 外の, 外見は, 外部に対してまで, 多勢に, 大久保時代の, 大概自分の, 天帝は, 如何なる歴史家, 妻子が, 婦人は, 宗教学者じゃ, 実はこつち, 実際は, 家も, 小指は, 巴里へ, 当節の, 彼は, 心が, 忠実なる, 恐らく心情, 愛人である, 我が講義, 我邦で, 指示が, 敷いて, 日が, 是れ, 是等は, 普通の, 月に, 木から, 来世では, 東西に, 権力を, 樹の, 殺生は, 母は, 母も, 母ゆゑにはと言う, 決して相手, 混沌たる, 無道徳, 無関心な, 無限には, 物を, 生産によって, 生産物の, 男女の, 目には, 目を, 盲目の, 直径二五キロを, 真実は, 社会の, 神尾主膳は, 神樣に, 私自身が, 窪地のむ, 米友は, 結局あれは, 結局台所の, 結局彼に, 総理自ら平衡を, 織部正が, 肝腎の, 自分としては, 自身番の, 船を, 花が, 葉子は, 蒙古人, 行路の, 表面見た, 貴兄は, 貴方は, 通行は, 遥かにより, 金の, 鉄の, 難渋な, 食用に, 首が, 驚いて

▼ する~ (210, 0.1%)

5 の心, の態度, れの 3 の声

2 [13件] ではなかっ, にあっ, の, の作品, の信念, の姿, の想, の批評, の様子, の気持, の誠実, の醜怪, は三十

1 [166件] から見れ, がごとく, がどうして, が何事, が徒ら, が院長, であった, ではあった, ではありません, ではある, ではない, でもない, で彼, といえ, にとってそんな, にはだらり, には少し, には物珍しい, には金, にふさわしから, にヒステリツク, に伴, に何, に対して朝鮮農民, に黒鉛, のかう, のこと, のひとみ, のノスタルジア, のリアリズム精神, の一団, の一挙, の一連, の下心, の主張, の他, の企圖, の伝説的, の信條, の偏愛, の内, の努力, の卑劣, の原稿, の友人, の友情, の反省, の各種, の周到, の呼吸, の哲学, の喉, の執念, の変, の夢, の大原先生, の太刀先, の女, の子供ら, の学説, の家, の容子, の後ろ, の心づかい, の心持, の心構, の心絃, の心霊, の志望, の思想, の恐しい, の情熱, の意見, の意見書, の愛, の感じ, の感情, の慾望, の憎み, の所説, の旅行, の機鋒, の欲望, の気配, の決意, の潔癖, の病的, の癖, の眞意, の眼, の祖神, の科学性, の空想, の精神, の老躯, の者, の胸, の腕, の腹, の良人, の著書, の行き, の表情, の言葉, の試み, の認識論, の読書, の論拠, の趣味, の足, の道徳心, の配慮, の野心, の鋭い, の阿賀妻, の雇, の領地, の頭脳, の顔, の顔面, の魔術, の黒い, の黒猫, はいま完全, はかえって, はせめて, はそこで, はその, はそれ, はまことに, はハルトマン, は何, は其遂行, は吉川夫妻, は如何に, は故郷, は文学, は断じて, は昨夜深更, は自己, は許し, は過, もまた, れが, をおれ, をつきのける, をどことなく, をひき留めた, を両手, を出羽街道, を励まさず, を半, を堀口, を川, を待ち構え, を待っ, を御身, を抑, を押し止めた, を見かけた, を覘, を試みよう, を送り, を采女, を駅, 元右衞門

▼ する以上~ (208, 0.1%)

6 はその 4 の意味 3 はもう

2 [15件] その表現技法, に, に深く, のもの, の穀物, の重大意義, はいかに, はこの, はこんな, はやはり, は他, は多少, は嫉妬, は自分, は誰

1 [165件] あの方, あゝピカピカ, いくら日本風, おそらく同腹, かれも, このたび, この子会社, この處置, こんな風, その中身, その人, その作品, その対立, その長歌, どうしても自分, どうで, どうもが, どんな卑怯, な憎悪, にあまりに, にお, にしばしば, にできるなら, にはいかなる, には再び, には出, には売れる, によく, にわたくし, にジャーナリスト, に不, に他人, に出ずる, に困った, に外界, に多数, に夫, に奥, に工夫, に引上げ, に強靭, に感謝, に或いはまた, に推察, に敢, に更に, に有, に未來, に本能, に深刻, に理想的, に社会精神, に種々, に複雑, に豊富, に重い, のこと, の事実, の人類, の供給, の価格, の分量, の勇気, の危機, の愍情, の成功, の熱心さ, の確かさ, の程度, の資本, の辛苦, の速, の量, は, はいかなる, はいくら, はいつ, はいよいよ, はこれ, はそう, はそこ, はたとい, はどうしても, はほか, はよし, はクラシック, はチト品行, はナニ何所, はヤソ教, は一命, は一日, は一時的, は万葉集, は下っ, は下手人, は不安, は主幹, は之, は二, は今時, は他日これ, は作意, は俺, は入学, は別して, は創作, は勢い, は原因, は同じ, は同一, は向, は味わう, は善い, は因果そのもの, は堕落, は大いに, は少く, は彼, は意識, は戦争, は文字以前, は普通, は暴力, は決して再び, は泊め, は無論, は直前, は相手, は真, は神社, は立合わぬ, は自家, は自己, は致し方, は芸術, は苦痛, は藤三郎, は認めなけれ, は車夫, は運命, は顏, は顔, またもっ, もっと積極的, もつと, やはり上野, よき日本文化, を与える, 云い換えれば, 優れた翻訳, 単なる虚栄, 即ち云わ, 同時に伸縮自在, 実は夫, 当然学生, 当然有, 必ずお, 断えず進化, 既にある, 更に進ん, 残されたる江戸趣味, 決して偶然, 無鑑査制, 猶さら, 申すまでも

▼ する意志~ (207, 0.1%)

14 はない 11 がある 10 がない 6 のない 3 がなく, さえあれ, と感情, のある, をもっ

2 [11件] があった, がなかっ, が無い, だ, だけを示した, である, との間, の力, はなかっ, をいや, を醜く

1 [129件] あるいは衝動, あるものの, から生じ, が, があそこ, があふれ, があるなら, がかぎり, がすっかり, がなき, がほのか, がめざめた, が一つ, が働い, が勤労階級, が実践的, が必要, が感ぜられない, が明確, が本当に, が残っ, が見える, だけだ, だけでもきつ, だけは二人, だけは失っ, であった, であるか, であるから, であると, である又, でない, でも起っ, といふもの, とか努力, とは反対, ともなっ, とを多分, とを有する, と努力, と指示, と結合, と肉体, と開かせまい, なきが, などはない, などは無い, なども少し, など一層, など今, ならどんな, にそむく, について考えた, によっ, によって決定, に協力, に基づい, に変り, のなかっ, のみがわれわれすべて, のみである, のむやみ, のよし, の下, の不可抗力的妄動, の働く, の力学, の客體, の強い, の潜勢力, の燃焼, の特異, の表現, はあ, はあり, はある, はなかつた, はまるで, はむろん, は人間, は仲間一同, は充分, は全然, は微塵, は持っ, は毛頭, は毛頭なかっ, は私, は金輪際, もなかつた, もなく, もまた, も動いた, も発表, や感情, や此等, よりも引, より発する, をかため, をだんだん, をはっきり, をひき締めひき締め, をふるい立てぬ, をもたない, をもつ, をもともと, をもらした, を一時放棄, を保守党, を働かす, を喪った, を多く, を多少, を失, を失っ, を常に, を張りつめた, を強める役に立つ, を持った, を持つ, を明, を明らか, を示す, を肯定, を表わした, を表現, を起こす, を起こすなら, 生きる意味

▼ するよりは~ (205, 0.1%)

4 むしろ増加 3 その方

2 [12件] この方, ましだ, まだしも三千石, まだまし, むしろ促進, 一と, 一方の, 先づ之と, 増しでございます, 寧ろこれ, 寧ろそれ, 山麓の

1 [174件] あのひとたち, あのムク, あの在来, いきなり南条, いっそこの, いっそインディアン, いっそ城, いっそ実物, いっそ永久, いっそ誰, かう考へた方, かえって気, こういう輩, こうした句, こう思っ, ここらへ, この不幸, この化け物, これまで, こんなに毎日, しばしば一種, ずっともっともらしくなっ, ずっと楽, そのほう, その下, その人, その場, ただひと, どうせ行かない, どちらかと, なお一層, なかへ, はるかにくらい, ほんとは, ましでしょう, まず自分, また奥深く, むしろ, むしろいわず, むしろこれ, むしろこれら, むしろしりぞけ, むしろその, むしろそれ, むしろシュルツ, むしろ主として関野, むしろ他, むしろ促す, むしろ功利的, むしろ加重, むしろ反対, むしろ増大, むしろ引返そう, むしろ抛擲, むしろ日本, むしろ早く, むしろ木村, むしろ未来, むしろ法学的基礎知識, むしろ減少, むしろ減殺, むしろ確か, むしろ確証, むしろ腕, むしろ自費出版, むずかしい, もう一歩, もう少し根気, もっとまし, もっと楽, もつと, よいであろう, よほど楽, ゴーツと, ホンモノの, 一も, 一人で, 一人獅子, 一層烈しい, 一葉の, 不味を, 享楽が, 仕方が, 以上に, 仲好く, 会わないで, 何か, 何かしら一工夫する, 何ん, 修業に, 働いた方, 優って, 八つ裂きに, 六百の, 内を, 内的で, 出来るだけ, 前へ, 印旛沼の, 却って一層の, 却って気持, 却つて気まかせ, 友達として, 反つて, 古賀さん自身で, 同情の, 嘲笑する, 国家が, 国民の, 多くの, 大工か, 如何なる政治家, 嫉妬を, 子供達の, 学問なら, 学生として, 実際的, 宿主の, 寝ころんで, 寧ろ主, 寧ろ人, 寧ろ意味, 専業の, 少しばかり, 少数の, 履物を, 幕府にと, 平和を, 平常状態以上, 年に, 幾十倍の, 従来ごとく, 思い出話にも, 患者に, 我慢が, 手取早く, 捕虜処刑を, 探偵小説の, 放散する, 日置流の, 更に一段, 欠乏を, 死んで, 殺された方, 江戸表へ, 炮烙の, 無愛想で, 無限に, 父の, 猶多く, 生命の, 知って, 私は, 立ん, 笑う事, 箇々が, 自分の, 自分ひとりの, 舌を, 良人の, 茂太郎と, 薄物を, 読書が, 貧しく愚か, 軽部君と, 近づいて, 金助は, 離れた所, 難有, 静かに, 静に, 静止した, 頬の, 高欄を

▼ するなと~ (203, 0.1%)

6 いうよう, 云って, 言って 4 云ふ 3 いって, 微笑を, 思って, 教えて, 頬骨一撃あ

2 [14件] いう, いうこと, いうの, いうので, いふこと, いわれて, 云った, 云ったのに, 叱って, 思いながら, 書いた兼松, 書いて, 私は, 言ったの

1 [138件] あったので, あれまでに, いい得ない性質, いういきり, いういろいろ, いうたまま, いうだけの, いうモットー, いう者, いう訳, いう趣意, いえば, いったって, いふの, いふ語氣で, いわれても, いわれるかも, いわんばかり, おっしゃったって, おっしゃるが, おっしゃるの, おまえ達にも, お父, お近, くだらぬこと, さへ, しきりにモーク, とめるわけ, なんべ, サヨは, 一場の, 下らぬ事, 云い続けたが, 云い置いて, 云い聞せて, 云う, 云うから, 云うと, 云うの, 云えば, 云え万一, 云ったじゃ, 云ったところ, 云った署員, 云っては, 云つてある, 云つてみ, 云つてゐる, 云つて遂に, 云て, 云はる, 云われそう, 云われても, 仕立てる汽車, 他の, 仰しゃった言葉, 仰せでございます, 仰せに, 伝えて, 何やら予感, 力を, 勸めます, 十円とられ, 厳重に, 古え, 叱つた, 叱つて, 命じて, 喚きだしたん, 固く注意, 固く金吾, 声いっぱいに, 大うそ, 宣告した, 宰相から, 常, 常々妾に, 幹太郎は, 庇って, 彼は, 忠告した, 念じて, 念を, 思った, 思ったから, 思つたのである, 思つたら, 思ひながら, 戒めた, 手帖に, 抑えるつもり, 投げつけてこそ, 教えた, 教えます, 正休, 注意し, 涙を, 激励する, 父は, 特に戒め, 申して, 申し渡したさうですが, 申し渡したそう, 直感した, 眼で, 知人よりの, 私を, 窘める眼付, 立腹されぬ, 精神講座を, 考えながら, 聞き流して, 腹を, 腹立たしくなり, 萩原様が, 要求しはじめた, 見たら小便, 見て, 言い合って, 言うわけ, 言うん, 言っとく, 言つた, 言つてやりたい, 言ひ, 言ひたくなる, 言ふ, 言わぬばかり, 言われたが, 言われて, 説くの, 誰かに, 警告し, 警察から, 贋の, 蹴返せば, 道庵先生に, 銭を

▼ する仕事~ (203, 0.1%)

4 ではない, の分量, もなく 3 がある, がない, である

2 [17件] がはじまった, が別れる, だ, だと, であった, でした, というもの, なの, なん, に没頭, のない, の中, はなし, は何, もある, を手伝っ, を見

1 [148件] からとりかかった, があった, があつ, がいくら, がきっと, がこれ, がたくさん, がなくなった, がぴよこりぴよこり, がもと, が与へられず, が何で, が文献学, が殆ど戰爭, が比較的, が滿足出來, が無くなっ, が直ちに, じゃあねえお前, じゃなし, ぞかし, だから, だが, だし, であるため, であろうな, でこれ, でずいぶん, でないよう, では無い, でもある, でもいい, でもその, でもない, でも可, でも炭, で割, で年月, で彼等, とお父さん, とそれ, と小説, と言つて, なので, においては政治的自由, にすぐ, にちょっと, につり合った, にとりかかった, にとりかかりました, には何, には心尽し, には必ずしも, にもそれぞれちゃん, によつて自己維持, に加, に加わる, に協力, に取り掛った, に善, に対して著しい, に就いた, に必要, に極まった, に疲れ, に皆, に自分, に興味, に関して予め, に関する範囲, のある, のうち, のため, のよう, の一つ, の方, の日々, の本手, の無い, の疲れ, の目先, の関係, の階級的意義, はあ, はあっ, はいかん, はすべて, はたとえば, はつまり手, はなに, ははっきり, はむい, はむずかしく, はよい, は三分の一, は千代, は名取君, は多く, は婦人, は実は, は成功, は明日, は最早, は朝飯前, は無尽, は畢竟, は郡長, は食事, もした, もない, もなかろう, もなけれ, も並大抵, も僕, も大体それ, も氷冠, も見つからなく, も見つかりません, も運輸, を, をいふ, をくりかえし, をこの, をごく, をさだめた, をし, をとおし, をなし, をはじめた, をはじめられた, をふんだ, をもっ, をわけ, を何, を厭う, を四年, を奉仕, を好ん, を始めた, を思っ, を文芸, を有, を見張っ, を課し, を達成, 即ち経験, 殊にまた, 逃げる魚

▼ する~ (203, 0.1%)

51 がある 18 があった 12 のある 8 がつい 7 があつ 6 があっ 5 がありました 4 があり, がありすぎる 3 がついた 2 があります, がつく, が付い, だった, にあの, の私, をつけ

1 [71件] あり, ある事, から, からし, があるだろ, があるらしい, がそう, がそれ, がついちまった, がなお, がまだ, がよく, が出, が出来, が弔, が悔やみ言葉, が有り, が有りました, が當時, さえ失, だったの, だつた, です, でそれとなく, でちょっと, で新聞, で経過, で肩, で舌, という複雑, なの, にいきなり, にし, にそんな, になつて, に主税, に女房, に彼ん, に断然, に既に, に此頃鶏, に若い, に西洋料理屋, の, のあった, のあつ, のつい, のついた, のよう, の一種, の上唇, の引き続い, の故人, の通り, はもう, はハンス, もある, をかねがね, をつける, をもっ, を付けた, を我々, を承け継いだ, を持つ, を改めよう, を有っ, を知っ, を身, を附けなけれ, を除かん, を鼈四郎

▼ する態度~ (202, 0.1%)

4 を示した 3 である, をとっ, をとった, を示す 2 が變つて來, と比較, になっ, に出た, は, を, をも別, を執りし, を尊重, を露骨

1 [166件] からも来, から云, から出た, から判斷, があったなら, がこの, がごく, がその, がよく, が一般, が何, が備わっ, が強く, が必要, が新, が新八, が明, が最も, が示された, が考えよう, が見える, この存在理論, この態度, だ, だけを答, だった, だと, であります, であり客観, であるから, であろうか, でいる, でかかっ, でしよう, でそれ, ではなかろう, でぺこぺこ, で少々, で私, で裁判長, といふもの, とはまるで, ともなっ, とも解せられる, とも言えない, と兩立, と共に始まった, と共通, と兵道, と同じ, と必ずしも, と覺悟, と謂ツ, と趣味, などに就い, なども心, なること, にいとわし, においては彼ら, にかわっ, にとっつかれ, にはいでず, にはかなり, には他人, には宗教, には新, にまた一方, にもよく, にも賛成, に三通り, に上, に出たら, に出で, に出れ, に幾らか, に止まらざる, に現, に知識人, のうえ, のうち, のこと, のそろ, のなか, の人, の全く, の厳粛さ, の明瞭, の根底, の相違, の自信, の誤り, の議論, の豪気, の非常, の風景画家, はあなどり, はかく, はきはめて, はこれら, はすこし, はもつ, は世, は二つ, は今, は全く, は厳か, は友達, は意識的, は技術, は支那, は果して, は極めて, は正しい, は歴史, は漸く, は甚だ, は結局觀想, は見受けられた, は間接的態度, は間然, は非常, は面白く, は頗る, は頗寛大, は顯, または札, もあの, もその, もどこ, も夏休前, も生きた, も變つて來, やこういう, をとらせる, をとり, をとる, をみせる, を一種, を一變, を予想, を以つて, を備, を僕, を取った, を取らせた, を取り続け, を可, を思う, を感じた, を感心, を憎ん, を批判, を抜け出なかった, を捨てきれなかった, を採らない, を改めて, を斷然變, を明, を続け, を自由, を見, を見せられ, を言い, を言う, 優しく愛らしく又, 全篇

▼ する~ (202, 0.1%)

34 もなく 21 もない 15 がない 10 はない 8 がなかっ 6 もなかっ 5 のない 4 がなかつた, さえない, はなかっ 3 もなかつた 2 があったら, が自然, さえなかっ, は充分, も無い, も無かっ, を有

1 [74件] あらすして, あるや, があった, があつ, があります, がありませぬ, がありません, があるなら, がなかつたらしく, がなく, がなくっ, がなくなっ, が少ない, が無, が無かっ, すらない, なかつた筈, なかりしため記憶, なき以前, なくどう, なくば, なく激しく速い行動, なく私, なし, なしふた, なぞは日本, などなかっ, などはない, などはなかっ, などはなく, なん, なんかあった, にこの, にそれほど, にとび込ん, になぜ, には歌詞ぐらゐできないこともあるまいにと, には近辺, にわれと, に味噌, に東京表有志間中非常, に袋, のあつ, のある, の無い, はとても, はなかつた, は無い, は無かっ, は誰, もあった, もあらず, もあり, もありません, もございません, もない慌しい, もなく立ち上がっ, もなんにも, もま, も与えられず, も与えられない, も何, も惜しん, も持たなかった, も無, も考える, も金, をもはや, を与えない, を与えなかった, を与えぬ, を以て新天地, を失, を持つ

▼ するまでは~ (201, 0.1%)

5 還るもの 2 この頃, どんなこと, 如何に, 甲谷さんとは, 私は, 絶対に, 誰にも

1 [182件] あくまでもぶっつかっ, あっしは, あの笛, あらざれども, あるいはし, いかなる困難, いかなる社会, いささか安堵, おめどおり, お別れ, お勝手で, こちらから, このまま, このロー州, この一万円, この女流探偵, この破壊行動, この長, これには, すなわち宗教的気分, すべての, そう見える, その市場価格, それでもまだ, それに, それほど大きく, そんな心地, たしかに持っ, たったそんな, たと, たとえ直義, たまさかの, たれにも, だ, だめだ, ちっとも知られたくない, ちょっと期待, できるだけおたがいにそうした, とうてい満足, どうしても現在, どんな事, どんな奴, ながめられそして, のろま清次で, まあ幸福, まだ眞, まるで無知, めったに手, もっとこわい, やはり水, やはり落ちつかぬ, やむをえず何らかの, よいとして, よそに, わからないこと, サーリイさんの, ドシドシ水嵩が, ファシストを, フランスの, プルウストを, 一人たり, 一年と, 一時当方に, 一箭の, 一般利潤率を, 上人の, 下手な, 下手に, 不平の, 中途半端な, 乳母に, 二度と母, 京都へ, 今まで, 仕事を, 他の, 他へ, 体の, 何らかの著しい, 何を, 何分宜しく, 何度でも, 使役さるる, 使用され得ない, 僕は, 元気でいたい, 先に, 共同部会に, 勇ましく突き進ん, 勿論今朝, 午後から, 厭よ, 去らなかった, 君とは, 君は, 在野の, 夏の, 外國人などから, 多少往来, 大事な, 大小を通じて, 好意的である, 妻が, 安心が, 宣教師を, 家内に, 小林天龍君が, 少しは, 少しも, 山の神が, 岩松の, 帰東する, 帽子を, 幾度何十遍死生の, 序の, 彼女に, 後見人として, 思い絶たない望み, 恐らく所謂興行界, 息めない, 我々の, 手がかりの, 手に, 撃ったり, 文学は, 断じて帰さん, 断じて私, 断じて素志, 旗野に, 日本という, 是非とも留っ, 時を, 最後まで, 月々三千円ずつ, 次の, 此に, 死なれない, 死んでも, 殆ん, 毎日毎日同じ, 毎晩旧宅へ, 氣が, 永続的増加を, 決してわれわれ, 決して不義, 決して中絶, 油断が, 満足が, 無害だ, 無視され, 煩悩小僧は, 現場の, 甲板へ, 皆そのまま, 相原家を, 矢っ, 知る術, 短気を, 破獄した, 確かに, 科学的である, 秘密に, 筆を, 腹の虫が, 航路まったく, 荒い療治, 蘆荻叢生の, 見に, 見るであろうし, 許さない, 誰も, 警察も, 身を, 輸出は, 農業者のより, 進歩は, 鉱業停止の, 陽の, 離さない, 餓を, 高射砲隊の, 高段者は

▼ する権利~ (198, 0.1%)

32 がある 20 はない 9 をもっ 8 を有 7 がない 5 のある 4 と義務, を持っ 3 はありません, はある

2 [12件] があった, があります, がどこ, が与えられ, が無い, が自分, は無い, を与え, を得, を得る, を持つ, を有する

1 [79件] あらしませんけど, あり, ありと, ありや, があっ, がありましょう, があるであらう, があるであろう, がなかっ, がなく, がなくなった, が一体君, が人間, が多数, が有る, が男, くらいはあるだろう, だけ持っ, である, であると, といっ, となるだろう, とをごっちゃ, と資格, なき事, などの社会的経済的, などはどこ, などはない, なんかなかっ, においては不平等, において大悟徹底, のない, の維持, は, はあるまい, はおの, はおのずから, はだれ, はどこ, はなかっ, はもう, は与えられ, は他, は彼, は有りません, は本当, は法律上これ, は産まれない, は自分, までも失った, もなくなっ, も自由, をお前, をことに, をみとめない, をも, をもち得る, をわれわれ, を与えられ, を与えられた, を与えられなけれ, を主張, を保留, を吾, を失った, を委託, を守ろう, を持たない, を持ち合わさない, を持ち合わせ, を有し, を有っ, を無視, を獲なけれ, を生ずる, を許され, を認めるなら, 即ち, 及び責任

▼ するまでの~ (195, 0.1%)

9 ことは 7 間に 6 ことも 5 ことだ, ことで 3 ことじゃ, 事だ, 経過を 2 事を, 交際久しく, 十年間は, 彼である, 時間の, 時間を, 期間である, 話である, 間は, 間を

1 [134件] あいだに, あの切な, いきさつに, いっさいの, うち一番気もちわるく, お話は, がまんであった, こと, ことである, ことです, ことなれ, さまざまの, じつに澤山, みあれひき, ものです, ような, ランニングを, 三年間新撰組如上の, 三日間私は, 不品行などは, 不平不満であり, 事で, 事なれ, 二十六年の, 二年足らずの, 二日の, 二週間僕の, 仕事が, 仙台の, 伏線が, 便宜の, 信念を, 僅か数ヵ月の, 元の, 公憤と, 其の來歴, 出来事に関する, 前後の, 力は, 努力は, 十数年間に, 千曲川は, 名スプリンタア, 名優と, 呪われた命懸け, 四十余年を, 国内の, 変化を, 大体の, 女の子の, 姉娘に対する, 実力を, 寄せて, 専念な, 就職は, 平和を, 平均の, 平均日数が, 年数の, 径路を, 心の, 心情は, 心理的経過は, 思考の, 惨禍を, 成行は, 手はずも, 数々の, 数年間佐々の, 数日間は, 日本の, 時の, 時間が, 時間に, 暫くの, 期間は, 期間一地方において, 橋渡しを, 武家政治の, 民俗の, 氣に, 永い年月, 決心通り下女奉公を, 治乱興亡を, 熱心あわれ, 状況, 理由には, 異常な, 短期間見, 社会の, 種々の, 空白を, 約一年間, 約九十年, 約束は, 経緯を, 経路が, 者じゃ, 肚も, 背景を, 自分の, 航海中の, 苦心は, 裕福な, 視透し, 覚悟の, 親子でも, 話は, 話よと, 説明を, 費用という, 辛さ, 辛苦は, 途中の, 道楽に, 道筋として, 道筋は, 道行きとは, 道行は, 長い年月, 間だ, 間です, 間なんとか, 間における, 間には, 間の, 間夜分は, 間我々としては, 間日本人は, 間無意識に, 間苦痛を, 階梯として, 隱居の, 順序という

▼ する~ (193, 0.1%)

12 がある 10 があった 5 であったが 4 あり 3 があっ, があつ, があり, にし, もある, もなく

2 [13件] がまた, が盛ん, が行, であった, である, で姉, なので, のある, の弛張, の流行, は今, も無い, をし

1 [118件] ありて, ありと, あるが, あるは, から擴, がありました, があります, がおや, がごく, がそつ, がだんだん, がだんだんはっきり, がない, がもうよほど早くから, が不思議, が中国地方その他, が今, が出, が助長, が古来, が吹い, が吹き, が吹き出した, が吹く, が始まっ, が昔, が森, が正面, が滲み, が生まれた, が絶えぬ, が絶無, が落ち, が行われ, が見え, が見えだし, が誰, が起つ, が高い, さえあった, だった, だつた, で, であえて, であるゆえ, でいわゆる, でした, ではあった, ではない, ではなく, では少し, でもあるまい, でもなく, で低く, で何, で大事さうに背後, で朦朧, で笠, で言, と, とが, とブランデー, と同一, なかった, なの, なもの, なり土地, に, にその, には抗, にもっとも, にも取れた, にも見えず, に俺, に傾い, に吹かれ, に最, に見えた, に語りひろげる, に軽く, に青ざめた, のあいま, のあった, のない, の吹く, の変形, の老婆, の耽溺, はなく, はひく, はまだ, は伊豆, は即ち, は少なかっ, は必, は意外, は日本, は東上総, は流行, は現在, は益, もありません, もなし, も出来た, も多少, よ, をなさしめた, をひそか, をわらっ, を恥, を改めなけれ, を生じ, を示した, を装い, を装った, を裝つて話, 又名高い, 見ても

▼ する目的~ (191, 0.1%)

10 をもっ 5 をもつ 4 でこの 3 のため, のもと

2 [11件] である, でそれ, ではない, ではなく, の下, の爲, は農業者, もなく, を持っ, を有, を有する

1 [144件] から, からしばしば, からであった, からのみ書かれた, から云っ, から太平洋定期航路, から故意, があった, が卑し, じゃった, すなわち事実, だけのため, だったの, だなと, で, であった, であったこと, であったの, であつ, であんな, でいろいろ, でこんな, でした, でそうした, でつくられ, でできた, でなかった, でなく被告, ではある, ではあるまい, でまたは, でもある, でもな, でやたら, でやって来た, でやって来たらしい, でわれわれ, で一五名, で一人, で作られた, で佳き, で使用, で先, で出かけた, で切れ, で各国語, で小舟, で少し, で広い, で彼, で所刑, で改宗, で時間, で村, で来た, で法廷, で洪武二十七年, で無, で町, で百合子, で皇帝, で直ちに, で私立大学, で秘か, で老体, で股, で蒐め, で認めた, で起稿, で転出, で長安, で集合, で非常, とある, といえ, としては完全, とその, とで兵式体操, との二つ, と二つ, と云う, と仮定, と偶然, と同じく, と間接的利用, なくし, においても十人十色, にとっては適当, にのみ用いられた, にもっぱら, にも叶, に向っ, に外, に対しては有効, に至り, のあった, のはつきり, のみに用いられ, の作品, の地位, の家, の投書, の會合, の為, の科学的鑑定, の立派, は, はただ, はちょうど, はない, はなく, は一片, は三千, は人生研究, は創立当時, は同じ, は国際法, は大体, は長禅寺, もかれ, もその, も大衆, やらによりて度合い, よりはやはり, より出たる, より出でたる, らしい情報, をもった, を与えられ, を以つて自分, を以ていかなる, を以て前, を以て恐らく, を以て治安, を以て私, を以て論語, を充分以上, を抱い, を持った, を持つ, を有っ, を美事, を遂げる, を達した

▼ するそれ~ (189, 0.1%)

4 と同じ 3 が私, は 2 あまり同情, が免, こそが共産主義者, はいい, はその, は単なる, を一々, を憤っ

1 [163件] いまだ今日, かとも思われつ, からは松山, から上郷, から新しい, から軽く, がこの, がせめて, がたった, がため, がついに, がなに, がなんら, がむしろ, がよい, がわが, がウソ, がハッキリ, が一体, が一段, が事実, が云う, が何, が即ち, が又, が唯一, が変形変態, が妻, が宗教, が弁信さん, が彼等, が悪い, が来た, が柯月園氏, が次第に, が決して, が直ちに, が相, が眞, が私たち, が置かれ, が腕力沙汰, が荷風, が親, が論理, が農業者, が逆, が遊び, が間違っ, が面白, だけでも私, だけで充分, だった, だのに, である, であること, でこつち, でなければ, ではなし, で入学, で沸騰, との從つて, とは性質, とは異, とを自分, と全く, と同時に, と機智技巧, につれてアメリカ, にどうも, には嫁, にも拘らず, に与える, に對, に御方, に競馬, に誘われ, に音楽, のご, の半面, の複雜難解, の象徴, はありがたい, はお, はかれ, はこの, はこんな, はそれ, はまあ, はやっぱり, はよい, はカント, は一定, は不思議, は二人, は何, は何故, は価値, は個人, は内容主義, は同じ, は唯心論, は問い, は如何にも, は孤高, は実に, は小役人根性, は布地, は彼ら, は必ずしも, は意識形態, は愛情, は新子, は決して, は狼群, は生理的, は眞, は知っ, は社會, は科学的研究, は線, は老公, は考えた, は藪鶯, は誰, は貧乏, は障子, は香水, へ, までのあらゆる, もならず, も一通り, も方角, も祖父, も誰ゆえ, より早く, を, をお, をふと, を一途, を仮り, を実現, を引き止める, を彼, を心腎科, を或, を晶子さん, を楽, を横瀬, を歌った, を眺めてる, を眼前, を聞い, を聞き, を聞く, を自分, を舟幽霊, を設楽舞ひと, を金, を隠し, 恐るべきかな, 第三, 難からずや

▼ する~ (189, 0.1%)

3 に, に横腹, に私 2 にあっ, にある, にば, にまた, に彼, に志村, の君, へ踏込ん, をねり歩いた

1 [162件] おのずからこの, からいきなり, から五体, から思い思い, さしもの, その方, だけ母様, でさっき一空さま, でそう, でひとり, でひとり苦, でまだ, でみんな, でも長火鉢, で一日二日, で丹精, で久慈, で半ちゃん, で方角, で時平がひとり毅然, で氏, で私自身, で空, で職人, で顔色, とはなりし, にいつか, にいつか気, にいつしか, にいよいよ, にお, にかなり, にかの, にこの, にすっかり, にだ, にちらりと, につつじ, にどこ, には伊予守, には往々, には組み立て, には色々, にもこれ, にも今日, にも何人, にも出, にも同行, にも女, にも支那, にも時々, にも様々先生, にも特に, にも私, にわがまま一杯, にわれ, にコンペチション, にジョージ一世, にポックリ, に一人一人, に一定, に一点, に主人, に乱倫, に二年後, に五右衛門, に井上円了先生, に享保四年, に仮に, に伴佐十郎建部郷右衞門, に元, に先達夫婦, に其年, に其興奮, に凄い, に勲章, に午飯, に却って, に叔父, に商, に四時, に在っ, に坪十八円, に夕方, に夕景, に大戸, に妻妾同居云々, に姫, に宗像博士, に小唄, に工場, に幕, に幾つ, に影, に往来, に我儘一杯, に或, に指導役, に敏行, に救われた, に数人, に日, に春一, に時々, に暁方近く, に柏木貨一郎さん, に歌舞妓踊り, に段々, に求めた, に流石, に混, に漱石氏, に爰, に独り昇, に癇癪, に白妙唯一人, に看守, に知らず, に福山藩, に私等, に竜騎兵, に綺麗, に翌年, に聴衆, に薩摩, に薬, に計らず, に諸君, に通信, に銀, に長老, に関山, に隣, に雨, に青年, に頼ん, のテエブル, の寝息, の形容詞, は仕方, ひょいとここ, へ二條, へ菊枝, をよろめき歩く, をスイ, を六根清浄, を埃塵, を案内, を父子, を船, を葵, を袁紹, を赤とんぼ, を距, を過ぎ, を郵便局, を黄金色, を默, 又其の, 或日, 早淺草寺, 著しいの

▼ するまでに~ (188, 0.1%)

7 なった 6 なって 4 なつた 3 なったの 2 二た, 彼女の, 時間が, 発達した, 百五六十にも, 青木さんが

1 [156件] あと一ヵ月ぐらい, あぶり上げた銅線, いたらなかつた, おおよそどの, およそ三, かなり変形, この淋しき, して, しました, すべての, その情炎, その進化, それだけの, それは, たといいかなる, つめられて, づぬけて勢力を, どのくらい, どれだけ, どれ程の, どんな径路, なぜわたし, なった人, なった由来付き, ならない, なりその, なりました, なるには, なんど腹を, もう一度考え直し, イエス一言も, ズボンだけでもは, 一人一人の, 一体どのくらい, 一国到る, 一度お, 七十數囘も, 七年の, 争ったが, 事件の, 二回養子に, 二度ほど, 仕上げたから, 仕度を, 体の, 何十万年何百万年を, 使いつくされた恭介, 先づ具舍の, 先方と, 凍える, 出世し, 列強は, 到つて, 到らなかつた時代, 十六年かかる, 十兵衛はじめ秋田安部三枝たちの, 十日位しか, 厚く生えそろった, 厳たる, 吠え立てた, 呂布も, 回復する, 変つたのだ, 如何なる事, 学問が, 學習したい, 少しばかり, 平時だったら, 幾千年の, 幾度も, 座敷牢へ, 彼の, 彼女が, 愛読し, 成長した, 持って, 昇華または, 明に, 普及し, 村の, 止めます, 死んで, 残ってる働くべき年月, 毒素を, 注いだ心血, 海螢が, 深い執着, 深い影響, 深く賛成, 満足させる, 漕ぎ付けること, 無理な, 熟せない, 燃え立たせるあの, 理解された, 當時の, 登って, 皇帝を, 相当に, 相当忍苦, 私の, 私は, 立ち直った, 立ち至ったの, 立ち至る専制者, 立至ったの, 第一お前, 精確でなかった, 約二週間, 経由し, 纏り, 臓器によって, 自分は, 自分を, 至った, 至ったかの, 至ったジョゼフ, 至った動機, 至って, 至つた, 至つたのです, 至つてゐなかつた, 至らず自然, 至らなかったが, 至らなかったの, 至らなければ, 至りし頃, 至りたれども, 至るの, 華頂氏は, 葉子の, 蓄積された, 血迷いは, 衰弱を, 要した時間, 試行錯誤は, 話が, 話を, 谷崎や, 費やした辛苦, 起った露軍, 近く迫りました, 返辭, 追求した, 通例数十分かかる, 進み来つたので, 進めなければ, 進化し, 進歩し, 進歩せん, 運ぶの, 運んだので, 遍歴し, 達して, 随分さまざま, 養父の

▼ する~ (184, 0.1%)

12 はない 4 がない, ではない, を知らず, を知らない 3 であると 2 がある, があれ, が開け, である, の真中, はこれ, はその, もある, を知っ, を講じなけれ

1 [133件] からは喧騒, から拵え, が, があった, があり, がすくなく, がなかっ, がなくなった, が一つ, が世人, が交わっ, が小さい, が広く, が怖い, が戀, が無い, が無く, が積極的, が開かれた, が間違っ, さう, だ, だという, であった, であり他, であるという, であるとともに, である個, であろう, です, でその, ではなかっ, でやはり, で京都, で聞き, で銭形平次, で錢形平次, となる, とは, と同じ, なの, なり云云, において以外, において書かれ, にお力, になっ, になる, にはお手本, によらなけれ, に出逢った, に向, に当っ, に当る, に於, に既に, に誰そ, のつく, のない, の一部, の傍, の分, の方, の永遠, の石ころ, の踏み, は, はあります, はありません, はいつも, はことごとく, はすべて敵, はただ, はな, はなかっ, はむずかしい, は一本, は仏門, は多く, は小さな, は我と, は未來, は楽, は臆測, は自ら二途, は諦め, は道, もあった, もけだし, もとざされ, もまがれ, も亦, も分らん, も思案, も知っ, も立つ, も開かれ, も随分, をえらばなけれ, をえらん, をかよう, をたどらせる, をば決して, をも心得, を付け, を大型, を失ふ, を妨げる, を我々, を拓き, を教えない, を本気, を求むる, を求め, を男性, を知つて, を考, を考えるべきだ, を考へ, を考へね, を考へる, を行く, を見付けたい, を見失う, を説いた, を講じ, を講ずる, を踏ん, を通った, を進む, を選ん, を開い, を開拓, 御教訓

▼ する~ (184, 0.1%)

5 にその 4 に起る 2 であるから, に, にそれ, になっ, には, に参考, の禊ぎ

1 [161件] お助け下さら, かく粗末, きまって口論, そのまわり, その額, だから, ちょうど三菱船, であったから, でそれら, で浪士側, などにおりおり, などに弥五郎, などはその, なれは, にあたっての疑問, にいつ, にいつも, において合併, における彼, にこの, にどうして, にのみ激情的, にのみ獨創, にはいかな, にはいくつ, にはこうした, にはその, にはそれ, にはそれら, にはともかく, にはよほど, には一主義, には一人自殺, には下僚, には全く, には再び, には土地, には多く, には如何なる, には常に最も, には必ず, には必ず多少, には必要, には死んだ, には殊に, には無論, には衣服, には誰, には逆, には遺憾, には関門, にふと, にまず, にもう一度, にもしも, にもやはり, にも一人, にも学問道楽, にも學問道樂, にも彼女, にも果し, にも歴々仲間, にも自分, にも自身, にアメリカ人, にハガキ, にマザマザ, に一時的, に一番, に不覚, に互いに, に何囘, に何時相手, に兄, に労働者, に勝手, に可能, に土地, に太陽, に如何, に子供達, に家長, に尽く, に岸本, に幇匪, に形成, に役に立った, に彼, に従来同君, に思いがけなく, に感ずる, に或は, に敵, に於, に暦, に最も, に最大, に村, に欲しい, に此, に武士, に歩ん, に殊に, に残した, に比較研究, に生ずる, に生命, に甲, に発する, に白毫会, に盛ん, に考察, に考慮, に臨ん, に自然, に若い, に著者, に藁縄, に藝術, に虚心平気, に衝立, に被害者, に誰, に起こる, に量, に金槌, に隣り, に雁, に頭蓋骨, のこと, のその, のよう, の不, の不明, の内地人, の内心, の刺戟, の原動力, の可, の悦び, の明る, の杏丸, の素質, の費用, の農村, の附加的価格, の音, は, はその, は殆, は能, もし砥石, も一緒, も御, も私, も船長, 其の親戚, 初めてその, 特にどの, 着て, 終に倒れ

▼ する習慣~ (183, 0.1%)

14 がある 10 になっ 9 があった 6 がつい 5 をもっ 4 があり, をつける 3

2 [12件] があつ, がつく, がどれ丈日本, が出来, だけは得, だったが, のある, を作る, を得, を持っ, を脱, を身

1 [104件] から脱し, から若君, があっ, があったらしく, があったれ, があります, がいつの間にか, がとりまい, がない, がなかっ, がなかなか, がゆきわたっ, が一般的, が付い, が以前, が出来た, が固定, が在った, が沢山, が生じ, が絶えた, が自然, だった, だったそう, だったん, だつた, であった, であったから, であったこと, であったこと等々, であったらあれ, であって, でありそれ, でありました, であるから, であるし, でやってる, で暮し, で本当はまだ, として支那, となりました, とに妨げられ, とは反する, なの, なので, にあった, にし, になってる, になつ, になりまし, にむしばまれ, によっておそらく, によつて, のあった, のため, のない, の下, の地方, の如き, の少女たち, の起った, はこの, はすべて, はちっとも, はついてる, はまるで, はアフリカ, は久し, は明治二十年九月, は昔, は此の節, は私, は至って, は西洋, もあった, もありました, もつい, も奥ゆかしい, も我々, も戦時中女性, らしかった, らしく吹きさらし, をかため上げなけれ, をさえ持っ, をつく, をつけ, をつけね, をつけられ, をもつ, を一人, を不快, を付けない, を作つて行, を作らね, を大人, を失った, を奪, を得る, を房一, を熱心, を私, を養う, を養つた, 濡れた足袋

▼ するほう~ (182, 0.1%)

27 がいい 15 がよい 4 がまし 2 がどれ, がどんなに, がよかっ, がよっぽど, が好ましかっ, が早く, だが, をにらみつけました, を見ました

1 [118件] がいちばん, がいちばん快適有効, がいっそう, がおかしい, がかしこき, がどちら, がどの, がはるか, がほんとう, がまだしも, がまちがっ, がやさしい, がよかろ, がよく, がよくっ, がより, が一番たしか, が不合理, が不審, が何十倍, が先, が功徳, が勝ち, が勝手, が双方, が合理的, が同意, が場合, が多, が多かっ, が好き, が好ましい, が実は, が得策, が心, が悧口, が意義, が早道, が有利, が木剣, が比較的, が気持, が気楽, が潔く, が穏当, が立派, が簡単, が自然, が話, が賢明, が身, が間違い, ってない, で, であった顔, である, でつい, では, でむずかしい, と君, にサト子, に使われ, に傾い, に向かっ, に向き, に向け, に味方, に目, に走った, に送らず, に鼠, の側, の半面, の取り, の数, はどう, はなきみ, はわたしども, へ, へいそいだ, へさしつけました, へしきりに, へすすん, へとおり, へとつきすすん, へとん, へと歩い, へと這い寄っ, へ傾きかけ, へ向い, へ向かっ, へ向っ, へ彼, へ徐々に, へ懐中電灯, へ接近, へ行く, へ行っ, へ近づい, へ進ん, へ顔, も口, をさ, をすかし, をのぞきました, をふりむいた, をふりむきました, をふりむきます, をみまわしました, を受け合っ, を好んだ, を好んでる, を振り, を斜め, を見あげました, を見た, を見まわしました, を見渡した

▼ するものの~ (181, 0.1%)

10 如し 7 ごとくに 6 ごとし 4 如くである 3 それは 2 如くとき, 武士と, 私は

1 [145件] あたしだって, あったこと, あったの, あまりに豊量, あわただしき運動, いかにし, いかに僅少, この二人, これに, これらの, ごときは, ごとくすでに, ごとく何となく, ごとく口, ごとく思われるの, ごとく最後, ごとく熟慮, ごとく袴, ごとく黄ばんだ葉, ごとしと, さて禁, そのうち, その都度, それでも大阪流, だれも, だれもが, なかつたの, はたして迷信, はたで, ひそやかな, また自分, ゆうべも, よろこび, 一なり, 一人である, 一人に, 一個を, 一部分に対して, 不思議な, 不思議を, 不明が, 世話に, 二三人は, 二度の, 二法なかるべからず, 五六分立つ, 人様の, 何にも, 何も, 何人も, 傷ましきかな, 再び開く, 冒しがたき, 初雪と, 取り除きに, 喫せら, 多かった, 多からん, 夢さめ, 大体において, 大抵は, 如き眼, 如くそっと, 如くであった, 如くであったが, 如くであるが, 如くわれわれ, 如く中川, 如く信じて, 如く其顏面筋肉, 如く其顔面筋肉, 如く動いて, 如く千蛾老人, 如く唇, 如く夜具, 如く大和守, 如く後, 如く心中, 如く思, 如く思われるから, 如く病家, 如く立ち上った, 如く綸, 如く置かれて, 如く考えて, 如く考える美学, 如く見える, 如く見えるので, 如く言い伝えて, 如く説かれるの, 如く足, 如何に, 姉妹として, 実は一列, 実際は, 寂しさ, 密かな, 少くなかった, 崩れて, 常よりも, 底の, 当然の, 当然口, 彼の, 彼等の, 彼自身を, 待ち合わすべき部屋, 心の, 心は, 思ひも, 急ぐ景色, 悲しさ, 感ずる困難, 感ずる謂わば, 或は世上, 日本画の, 昔ほどの, 是非とも, 暗さ, 決して豪放, 為すべき所, 無遠慮に, 爰が, 物優しく, 特に気, 特別な, 狂わしい叫び, 猶上, 珈琲一杯と, 甚だ多い, 直に心付く, 直接自分自身の, 省作も, 眼必ず, 知らないこと, 私の, 稀な, 絶えぬところ, 綱を, 美しさ, 義であろう, 育ちは, 自分とても, 謂いだという, 遙かに

▼ する~ (181, 0.1%)

3 多数の, 檀那は, 都会の 2 地震の, 方針は, 番頭へ

1 [166件] きなかぶりを, さで, そうな, そう粋, それた冒険者, それた陰謀, なる信念, なる力, なる可能性, なる権威, なる目的, なる精神的事業, なる誘引, なる野心, の男二人, ホテルの, ホテル現出の, 事件が, 事件だ, 事件にも, 仕事を, 仕掛な, 作家と, 先輩であった, 公爵にたいする, 六と, 共同作戦も, 冒険の, 刀根岳の, 利根の, 劇場の, 助を, 効能が, 勇猛心が, 博奕的の, 原因は, 号令を, 問答です, 問題である, 問題なり, 嘘つきの, 器量は, 器量人の, 困難で, 國あり, 國の, 地図が, 地震で, 地震に, 地震は, 奸賊登庸せられ, 実験を, 家族主義が, 密旨を, 密林地域の, 小諸社各地に, 山脈に, 岩石正面に, 工事が, 店の, 度量とも, 建築それ等から, 志望を, 忠臣だ, 怪物として, 怪球, 怪魔, 悲劇に, 悲惨から, 愉快であります, 感情, 才, 抱負を, 振子と, 政商加納が, 文学者だ, 文學雜誌を, 文豪である, 方針である, 施設という, 旅行, 日本主義, 日本協会の, 日輪が, 會の, 東京の, 柱である, 校舎の, 桟橋とは, 森林に, 機関とは, 權能を, 民族は, 汗という, 決心は, 沢木の, 法律家の, 洪水の, 活劇は, 渦小渦鳴戸の, 源泉と, 潜水艦だ, 潜水艦で, 火山群だけに, 災厄の, 玄関の, 産業資本を, 町人です, 病人ちょい, 痴者めが, 発電所が, 目的に, 眼力も, 磐石も, 示威運動も, 立法官と, 管弦楽は, 籠を, 紅蓮の, 納言尊氏また, 美術書を, 腐敗の, 自然の, 興安嶺山脈の, 航空路が, 苦悶大, 英国海軍で, 著述, 虎杖の, 蜘蛛の, 蜥蜴で, 蝋燭の, 要塞が, 規模な, 規模の, 観衆の, 計画を, 論文を, 議論は, 谿谷の, 資本主たる, 遠征を, 部分に, 都会, 都会は, 野心が, 釜の, 隅を, 隈の, 雅へ, 雑誌の, 雪原, 雪原を, 電気時計が, 音楽家の, 音響が, 飛躍で, 食堂の, 馬鹿めコリヤ其大帳を, 體の, 體論を, 魔王の, 魚の, 鯉を, 鷲の, 鼓を

▼ する限り~ (181, 0.1%)

19 に於 3 ではない, においてそれ, に於い, の理論, は 2 この雑誌, でない, においての作用, においてはこれら, に於ける, は侯, は其の, は桂内閣

1 [131件] お誂, この問題, この物質的, この生活そのもの, この相対運動, この言葉, そうし, そうした所与, そこで存在, そのクライマックス, その言葉, その誠意, その部下, たとえ空間, でないから, では, ではありません, ではいかなる, ではお祖父さん, ではこの, ではといっ, では乳人, では人工的, では奥村土牛, では彼等, では支那産, では検事, では碁会所, で一種, といふ條件, どうしてもそうならざる, ない幸福, においてある程度, においていかなる, においてその, においてのみ予見, においてはまったく, においてはまつたく, においてはエピクロス, においては止む, においてプロレタリア文芸, において事情, において兵, において判断, において同一, において地主, において彼, において彼ら, において直に, において終局的, において自分, において觀念的他者, において解明, において銀価, のこの, のない, のもの, の主観, の人, の先輩, の古い, の地上, の思惟, の情緒, の意味, の意識, の政策, の概念, の歴史, の歴史科学, の現実内容, の直観, の社会心理学, の美辞麗句, の西田哲学, の解釈, の雑誌, の魅力, はあらゆる, はいずれ, はいづれ, はこの, はこれ, はすでに, はそう, はだ, はどう, はむしろ, は一日, は一言, は人, は厭, は夫婦, は婚家, は将来, は尚, は無恥残暴, は甘く, は空しき, は結局, は總, は英國人, は蒙昧, は見え, は顧みる, ほろびよう, ますます読者, まるで裁縫, 動かすこと, 即ちリアリズム, 即ち解釈学的方法, 同一座, 同時に一般的, 如何なる心理学者, 如何なる目的論, 如何に古い, 当然な, 当然に, 必ず喧嘩, 恐る可, 愛せむとする意志, 或いはそう, 或は主, 或る, 止むを, 決してマルクス主義, 決して變, 等しく, 考えられないこと, 見過しも, 非私

▼ する~ (180, 0.1%)

16 になつ 6 になつたの 5 もない 4 か, だつた, なん, になる, はない 3 づかひは, でせう, でゐる, になりました, にはなれなかつた

2 [20件] かい, ぞ火事, だつたん, で居た, なの, になつたん, にならなかつた, になられた, になられたら, になり, になるだらう, になれない, にはならなかつた, にはなれない, にはなれません, にもなれなかつた, はありません, はなかつた, は毛頭, もなく

1 [78件] あつかひも, おくれの, かえ, かお前, かな, か見, がしなかつた, がない, がなかつた, がなかつたなら, がなくなる, が向い, が更に, が濟, が起きた, だか, だから, だつたの, だつたのさ, だつたやう, だつたんで, だらうが, でいた, でいる, でお, でこの, でさらつたの, でしよう, です, ですか, でなければ, でゐました, でゐやがる, で來たん, で唯, で大, で居ました, で居る, で巧, で殺さない, で狙つたの, で用意, などは毛頭, ならあなた, なら鐡拳, なんか無く, になつた, になつたお, になつて, にならず, にならん, になりつ, になりません, になれなかつた, にはなりませんでした, にはなれなかつただらう, には些, にばかし成つて, にもならず, にもなれず, にもなれない, の馬鹿, はしなかつた, はなく, はねえ, はまるでなかつたし, は微塵, は持つ, は毛頭ない, は無, は無い, は無くし, は靜かに一處, もなかつた, も初め, も起きなかつた, らしくポケット, を失ひました

▼ する代り~ (177, 0.1%)

65 にその, に之 4 に単に, に却って, に自分 3 に私 2 にそれ, に事実, に云わ, に労働力, に文学的表象, に次, に穴, に頭, 古い祠

1 [128件] にい, にいずれ, にいっそ, におれ, にかう, にこの, にこれ, にざくり, にすぐ, にすでに, にすべて, にそっと, にたちまち, にちゃんと, にちよい, につづけ, にと叔父貴, にどの, になぜ, になんと, ににやりと, にはいったん, にはそういう, にはっ, には時に, にばね仕掛, にひと, にまた, にもつ, にわたし, にグウルモン, にピアノ, にピストル, にメタ, に一つ, に一面的, に不, に二人, に五色, に人々, に代数学, に何, に個々, に個性的, に先づ, に先輩, に其の, に内容, に再び, に別に, に前, に十倍, に即ち, に古今東西, に可能的, に同時に, に吾, に周辺, に商品勘定, に商売人, に国学的, に在府諸侯, に壁, に売店, に夫, に姫君, に実在自身, に尻, に常識, に当然, に後, に思わず, に恐怖, に患者達, に意識, に我々, に或は, に扉, に新米, に日本人, に日本紀, に木魚, に本人, に水戸家尊王論, に洗滌器, に消極的, に淋しい, に漆, に父親, に物質, に現金勘定, に生徒, に生産物, に病み, に病人, に睡眠中, に石, に砂糖店側, に福, に空間, に立上つて障子, に立場, に筆, に簡単, に籠堂, に精いっぱい, に舅, に船岡, に著者, に薬剤, に見物, に親, に赤い小さい, に起つ, に軽い, に農村自治体, に道路, に金, に鉄道敷設, に雛鳥, に静か, に頬, に頬ぺた, に驚いた, に高木君, に默, 埋めた地面, 大學病院

▼ するって~ (175, 0.1%)

7 法は 5 ことが 4 ことを, 云って 3 どんなこと, 云うん, 何を

2 [13件] いうし, え法, のが, のは, わけは, んだろう, 云うの, 云うのよ, 云わなかったじゃ, 何が, 畳に, 言われたん, 訳ない

1 [120件] ああ気六, あんだか, いうが, いうじゃ, いって, いってるが, えいう, えとあれ, えとおれたち, えとくに子, えとはるちゃん, えとゆうべ, えと岳廟, えのに, えますそれ, えわけ, え事, え旦那是, え話, おっしゃったじゃ, おっしゃるん, お前兵隊さえ, お言いだった, こちゃ, ことな, ことに, ことも, ことよ, これから東京, しきりに騒い, そいつは, そのとき, そりゃあね, それじゃあ, それは, そんなこと, そんなの, そ云ってた, ちゃんと約束, つまり身投げ, とにかくあれ, どういうわけ, どうしてだい, どうする, どうな, どこか, どんな風, ないわ, なんの, ほんとうです, ほんとに三郎さん, まるで矛盾, もう一生, やつを, わけか, わけさ, わけじゃ, わけでも, わけにも, わけの, んだ, エー雨降っ, ホテルの, 一体なん, 丁寧な添え, 事だって, 云うから, 云うじゃ, 云うやね, 云う具体的, 云う話, 云ったの, 云ってたわ, 云ってる, 云わあ, 今いった, 今に, 仕方が, 何に, 何小母さん, 俺には, 先生は, 冗談は, 初めっ, 別段どうもせん, 十日も, 口幅ったいこと, 口癖の, 君わかっ, 嘸草葉, 大悪人ガスコ, 奴が, 姉さんあたしは, 嫂さんあなたと, 希望の, 御飯も, 心にも, 怒るん, 栄ちゃん, 母が, 決った訳, 私がか, 笑うん, 約束し, 約束した, 約束しちゃった, 聞いてるから, 言うから, 言うじゃ, 言うん, 言ったぜ, 言ったでしょ, 言っといて, 訳じゃ, 話が, 話でも, 話も, 誰と, 買集め, 針も

▼ する一つ~ (168, 0.1%)

6 の方法 5 の道 43 の手段, の最も

2 [13件] のしるし, の傾向, の動機, の原因, の反省, の大きい, の実例, の感情, の条件, の理由, の鍵, の集団, は流行

1 [121件] くるりと, であつ, であろうか, のきらめき, のこつである, のこと, のだいじな, のよす, のイデオロギー, のモデル, のモメント, のリズミカル, の一般方法, の不便, の世界, の中心, の事実, の人間的活動, の仕事, の仕方, の公開的態度, の冷静, の力, の単語, の印象, の原則, の原理, の名詞, の命題, の哲学, の團體, の地帯, の場合, の場所, の声, の大, の大がかり, の太き, の娯楽機関, の存在, の学派, の宗教, の寂しい, の将来, の小さな, の尺度, の帰納論理, の年老いた, の引例, の強い, の形式的要素, の御, の心理学, の心理状態, の感じ, の態度, の手がかり, の手掛り, の挑戦, の挨拶, の教, の新, の旗印, の時代情緒, の有望, の望み, の根拠, の標準, の機会, の機縁, の機関, の段階, の気運, の漁師, の特徴, の特殊, の特殊部分的, の現れ, の理想, の理論, の理論的, の目安, の真実, の真摯, の知恵, の知的用具, の確か, の社会的存在, の社会的階, の社会科学, の穏, の端緒, の箇条, の簡単, の精神主義, の精神的社会現象, の素因, の組, の至高, の著しい, の衛星, の要点, の要項, の視線, の角, の言訳, の試み, の誤解, の變化, の連絡協力, の逸話, の道程, の重大, の階級, の雑戸, の頭, の顔, の顕著, の高尚, は緑平老, を始めた

▼ するとともに~ (167, 0.1%)

4 彼は 3 それを, 彼女は 2 いなくなったじゃ, またその, 今まで, 右の, 彼の, 東洋の, 父の

1 [143件] あの女, いっさいの, いつか煙草に, かつて女, かなりな, ここまで, このため, このもの, この問題, この外形, この寺内, この特殊, これに, さきほどからの, さっと露, そこに, そのあと, その一刻, その人々, その手, その明瞭, その砂糖, その船形棺, その霊物, それは, だんだん強く, ついには, できるだけ早く, どうやら破, ひとをも, また世帯, また人間, また当惑, また心, また至急, わが輩は, われにも, コゼットは, シャビエルも, デルブリュックと, ポツダム宣言に, 一方には, 一方美濃, 一段の, 一面で, 三日月は, 三通の, 世界の, 世話をも, 中には, 主人公の, 予て病臥中, 今人手, 今後の, 今迄, 他の, 他方恩として, 信仰の, 元気づい, 兄の, 刑法という, 労力を, 各国に, 同志の, 商工業も, 喜んだ人たち, 国民は, 多くの, 大衆を, 失せし夫婦, 姿を, 嫉んだ, 子供だいじ, 子路の, 安定を, 小西行長小早川秀秋などの, 少し顏, 山川國吉の, 平民出身の, 張詰めた気, 彼らに対しても, 復讐の, 必要に, 思の, 恐懼は, 感情は, 成功を, 或る, 敵方の, 文化住宅地に, 文盲撲滅費二億四千六百三十万留を, 文芸復興の, 新しい時代, 日本人の, 月湖の, 東京から, 栄枯盛衰は, 極度の, 機会ある, 次第次第に, 残れる一大要素, 民主化の, 海底に, 滅さるる, 激しい怒, 火を, 煙霞は, 父親は, 物を, 特にその, 玉の, 田の神を, 由緒ある, 白色テロルは, 直ちに, 着実に, 矛盾的自己同一として, 知識を, 祝いの, 私の, 科学は, 細君の, 翻って考える, 自分にも, 自分の, 自分のが, 自分は, 自己の, 芸術史上の, 裁判所を, 親夫婦, 解剖し, 解剖する, 議論を, 譲は, 讓は, 負債を, 近く現実に, 防空については, 革命的労働者の, 頻りに生欠伸, 頼家が, 麻衣という

▼ する~ (166, 0.1%)

14 になつ 7 になつて, になる 5 な事 4 なこと, な調子, に, になつたの 3 だ, なもの, な者, になり 2 だと, なので, な人, な心, な立派, にし, に麓

1 [91件] だが, だね, である, であるが, でがした, ではある, で困りませう, で薪形, なおそれ, なそして, なら俺, なれど, な仕事, な冬, な友人, な國, な國民, な宗教, な容子, な必要, な態度, な昂奮, な昇, な歴史, な空想, な粗野, な維新, な緊張, な考, な聲, な職業, な自由, な行事, な訥辯, な話, な語氣, な誤を, な足取り, な靜けさ, な響, な顏, にいきなり, にいつた, にその, にと深切, になつて行, になりました, には參りか, にひそや, に二三度口, に云, に云つて, に働く, に光る, に兩眼, に割り込まし, に力ん, に努めた, に大仰, に安之助, に寡言, に志し, に怖, に思はれる, に思ひました, に悉皆, に感じる, に成, に成つた, に成つたの, に成つて, に枕, に渠, に源本的, に灰色, に然しまた, に移る, に編纂, に聞えます, に脣, に自分, に若い, に薄い, に解せられる, に言, に身體, に連續性, はあたかも, は人, をあきらか, を見られ

▼ する以外~ (163, 0.1%)

12 に手 9 にない 7 に仕方, のこと 5 に何, に道 2 にそして, には何, には何等, に何ら, に何事, に方法, に無い, に術, のもの, の何物

1 [98件] こんなに絵の具, とるべき手段, なんにも喋れない, にあ, にい, にいかん, にいささか, にいろいろ, にこの, にどこ, にどちら, になかっ, になんら, にはありません, にはここ, にはそんな, にはどう, にはなん, にはのりと, には何ごと, には何ら, には何ん, には何一つ, には全く, には影響, には手段, には書く, には横丁, には無い, には燃料, には生きる, には興味, には身じろぎ, にふせぎ, にまた, にまつたく, にむろん, にもう, にもう少し, にやり, にザッハリッヒ, に一事, に世の中, に人さま, に他, に他意, に何等, に何等説明, に余, に余念, に信州, に具体的, に又, に在来, に外, に如何, に彼, に心, に想像, に意味, に成功, に手段, に批評家, に抜路, に最後, に東京, に植物, に求め, に法, に猿楽以下, に発展, に短剣, に築港, に自ら何等, に自分, に舞台全体, に親切, に観念, に言葉, に近頃, に逃れる, に途, に適当, のどの, の何もの, の何者, の外出, の田, はだんだん, は中学教育以上, は坐った, は大抵, は心, は閑静, 主として唐宋, 別に新しい, 少しも, 進んで

▼ する~ (162, 0.1%)

62 せう 14 あらう 12 あらうと 9 あらうが 8 せうが 6 せうか 5 あらうから, あらうこと 3 あらうやう, せうし, せうよ 2 あらうところ, せうから

1 [28件] あらうけれども, あらうし, あらうとき, あらうな, あらうなどと, あらうに, あらうのに, あらう乎, あらう外來的寄留者, あらう婦人たち, あらう幾多受驗生, あらう戯曲, あらう樂, あらう樽野, あらう父, あらう矛盾, あらう自分, あらう話題, あらう金袋, あらう間, あらう間端, せうけど, せうさ, せうその, せうだんだん, せうねえ, せう恐ろし, 此の

▼ するなど~ (161, 0.1%)

4 いうこと, 思いも 2 して, チョコザイ千万な, 云ふこ, 暖国の

1 [145件] いうの, いうも, いうよう, いう事, いう如きこと, いう毛唐流, いかに苛烈, いずれも, いふの, いふ信仰, いやであった, いろいろ喜ばしき, いろいろ計画, おこの, おびただしい味方, およそ国民たる, こ, この道, こは, これは, これを, すこぶる多用, すべては, すべて至尊に対し, そちも, その一例, その乱暴狼籍, その友人, その弊, それは, そんな非議, だんだん深味, とかく人心, どうして真, なかなか華々しい, はさむらい, ひたすら恭順, まことにすか, まことに実利的, もっての, もってのほかだ, もってのほかと, もっての外じゃ, ようやくこの, われわれ日本人から, スリの, ナンセンスみたいな, バカバカしくて, 一つの, 一人で, 一州を, 一方ならぬ, 一時西日本一帯に, 中, 乱暴狼籍名状すべからず, 云う鹿爪, 些しも, 人心を, 人情の, 人気は, 今も, 今や東国, 以ての外だ, 住まば, 何くれと, 何故近侍, 例の, 全く苦心, 其辺は, 其遺習である, 凡そ途方, 前々の, 努めて, 勉強を, 十三箇条の, 千八百九十年まで, 危険な, 又, 及びも, 呉の, 問ひぬ, 変な, 夢にも, 大いに騒ぎ立てた, 大に, 大分みな頭を, 大分乘氣に, 天人ともに, 妨害は, 妾との, 宿の, 少しばかりの, 屈辱さえ, 常識では, 広汎な, 弓矢の, 彼等の, 心ある, 応援を, 思つてまだ, 恐ろしげ, 愚の, 成程, 捌け口は, 斉彬公御, 斡旋の, 新聞社としては, 方法は, 既にただ, 明けても, 時による, 最も不利, 朝廷の, 末だ, 極めて廣, 権右衛門の, 母親に, 気振りも, 水戸は, 沙汰の, 物情騒然の, 甚だ意志, 由々しい国憲, 申上げ, 皆其の, 皆古, 皆檀家, 相当教養, 着々その, 私の, 粛清の, 義において, 船の, 苦吟長い, 言ふ, 言ふこ, 言語道断彼に, 誠に盛ん, 豹一は, 近頃以, 醜穢, 鋭意新政, 隨分女々しき, 電機工あがり, 風ふき花ちる

▼ する~ (158, 0.0%)

7 になる 4 であった, であつ 3 である, になっ, になつて, のこと 2 から貧困, だ, だつた, には二人, には彼, には私, の岸本

1 [117件] いつも加奈子, からお, からその, からはじまる, から少し, から改正道路, から曇っ, から異性, から船, そしてなお中天, だけに恋, だと, であったいよいよ, であの, であると, でしかし, です, でなければ, でふり, で一方, で昼, で梧桐, で白夜, で私, どの汽車, なくなつた, なぞには自分等, なので, なり, なり日頃, にし, にそう, になつ, になり, には, にはいよいよ, にはその, にはそれ, にはまだ, にはもう, にはもういつも, にはもうそろそろ, には予ゃ, には以前, には可, には夜, には大分仕事, には少し, には岸本, には工場, には帰国以来, には既に, には最, には此範囲, には激しい, には益さん, には自分, には裁判官, には豊世, には遂に, には鐵檻, には頬, には颱風, にも一層, に岩崎家, に必ず, に成っ, に成る, に持出された, に於, に明州, に蛇祭り, に返り咲く, に遂に, の例, の写真, の夜明け, の津村, はお, はお家, はまだ, は丁度, は人, は屋外, は帳簿, は方々, は日本, は普請中, は遠い, は飛ぶ, ほひ位, までにはエスペラント, までの期間, までは其停留場, までも世間, までも續, までゐました, まで毎日懇意, まで湯たんぽ, まで約, まで続い, みめ, ようやく木彫職人, より夜, より鹿犢豕等, を待ち, を程よき, を見計らっ, 出て, 初窯, 又は平安京最初, 寝に, 我が電光艇, 或雜誌, 漸く病, 漸く籠, 病みて

▼ する人たち~ (155, 0.0%)

5 がある, のこと 4 の中, の間 3 だった 2 があります, であった, のなか, の眼, は思い切っ, も居た, も影絵

1 [120件] から騒がれる, が, があっ, があった, がありました, があれ, がいつも, がまず, がゆく, がよく, が一層, が出立ち, が同じ, が多く, が思いついた, が明治, が歪んだ, が気の毒, が詰め, が走っ, が騒ぎ出した, だ, だけがそこ, だらう, つまりいっ, である, であるそんな, であろうと, でしかない, でしかなかっ, でしょう悪意, ではありません, でも困難, で身動き, とかを数多く, とほとんど同時に, と共にもう少し, と座談会, なぞがあちこち, なの, にあんな, にかぎらず, にこの, にそれ, にただ沈黙, にとってもこの, にとって何, にはさ, には院, によって置かれた, に向かっ, に旨, に武術, に特に, に薬剤, に言わせる, のいう, のうしろ, のその, のみがこの世, のやつ, のリスト, の休み茶屋, の働く, の命, の喜び, の声, の多い, の安心, の定宿, の悲しみ, の手, の書く, の気分, の混雑, の祖先, の立ち寄っ, の群れ, の通行, の顔つき, の飮食物, は, はあやまっ, はいずれ, はきっと, はその, はそれ, はどういう, はみんな相当, はめいめいちりぢ, は年, は得意そう, は砂山つくり, は近道, は騒い, へ絵, も, もあった, もある, もかなり, もない, もなく, もむろん, もゐた, も多かっ, も決して, も相当, も眠られない, も自分, も萎えしびれた, も進ん, やその, や家船, よりそれ, をいけ好かなく, をとめる, を侮蔑, を楽しませ, を見受けます, 何らの

▼ するけれど~ (153, 0.0%)

2 そのとき彼, それには, それを

1 [147件] あたしその, あのヒジキ, あの東洋, あんたが, いいこと, いざ旅, いずれも, おおかた美しい, おまえでは, お父さま, きみの, こうした努力, こっちが, このあたり, この人達, この信念, これは, これを, こんな男, しかし, そこが, そのくせ人形, その中, その夕陽, その大き, その実, その方面, その時分, それが, それだけに, それでは京, それは, それ以上の, そんなにしたっ, そんなの, だれも, ついては確実, つぎからは, でも自分, とうとう彌藤兵衛牛, どうしても測量, なか, なかなか手, ひとの, ほんとうに, ぼくは, まず差しあたり引き, また雨, もとより稀薄, ものには, やはりうまい, よい人, よく勉強, チャラピタは, バルナバスの, ビクとも, ラランの, 一日に, 一滴も, 一考し, 三菱財閥の, 下女にまで, 不幸は, 世間の, 之を, 人も, 人影は, 人間なんぞは, 今は, 何う, 何しろ四・半, 何せわたし等, 何だか可, 何を, 何時か, 例の, 僕が, 兎に, 兵馬は, 其の清浄潔白, 其の顎, 其丸い, 其言葉は, 又思い切った, 古人が, 同じく地, 声さえも, 夕方には, 夜にな, 奥さんは, 実際人間, 家にばかり, 宿銭と, 少年は, 当時の, 彼の, 彼方は, 彼等は, 御大家, 心の, 悪人程には, 悲しや, 戸は, 抵抗の, 押へて, 拗ねた動物, 改めて記述, 救ひ, 数世紀隔たってる, 断乎として, 日本では, 明日の, 是だけの, 時日も, 更に御, 最後は, 未だ三〇分, 未だ息, 気味は, 気立の, 決して偶像, 現代の, 生れた家, 男は, 目を, 相手は, 眞珠太夫と, 眠りながらも, 秋に, 税所邦之助は, 突き上げ突き上げ体, 竜之, 老人とか, 自分にと, 自分には, 自分は, 色白の, 若旦那の, 要するに同一, 見ずに, 見たところ君, 見奢りきった僻, 躊躇し, 車台は, 開かないの, 顔は, 顔も

▼ する~ (150, 0.0%)

12 えと 3 えとだんな, えとなん, えと今

2 [15件] えこと, えとあなた, えとあの, えとおれ, えとここ, えとこの, えとこりゃア, えとこれ, えとすぐ, えと何, えと私, えの, えので, ふかきつば, んで

1 [99件] いと, いのこと, えいうだ, えお前, えが, えとあすこ, えとあっしら, えとあと, えとある, えとあれ, えといま, えとおふくろ, えとお前さん, えとお妙さん, えとお藤, えとき, えとこいつ, えとご運, えとさっき, えとその, えとそれ, えとだうだ, えとちょっと, えとつまり, えとでき, えとどう, えとどういう, えとどこ, えとな, えとなにか, えとなんで, えとまた, えともらい子, えとやっぱり, えとゆうべあそこ, えとカケガネ, えとチラ, えとバッカス, えとロード・スタア, えと一ツ, えと三晩め, えと不意, えと井上, えと今朝, えと何時こ, えと兄, えと先生曰く, えと加十, えと受話器, えと因果, えと奴さん, えと子曰く, えと山本, えと志呂足, えと思はず, えと慾, えと推理, えと敬公, えと日出づる国, えと昨日, えと時田さん, えと最上先生, えと殺り居った, えと牢屋, えと猶, えと男, えと知らず, えと石, えと蛸入道, えと裏口, えと診療所, えと起きてた, えと部落, えと野郎, えと雨, えと電車, えと飲み屋, えと驚きました, えやつ, えよう, えんだから, え事, え訳, え話, がかりを, だったの, だてが, だてであった, だてとして, だてに関しては, はじめとして, ふことの, ふ事, ふ忝, まえなんぞに, まへなんぞに, エと, 実にどうもきれい, 役人の

▼ する場所~ (150, 0.0%)

4 がない, である 3 じゃない 2 があった, だと, であったこと, ではなくなった, になっ, の名, はどこ, は大抵, 及びその

1 [121件] あるいは六阿弥陀, あるは, から何心, があ, があっ, がいるなら拵え, がたいてい, がなくなる, がふえ, が増加, が意識, が明瞭, が無く, が無くなっ, が設け, だけあれ, だけに余計, だったの, だつたが, だつたの, だという, だといふ, であったが, であること, であるの, であろうか, であろうが, です, でたびたび, でで, でないよう, でなかなか, ではありません, ではない, でみんな, で吠え, で女たち, で礼拝, というん, ときまっ, としての社会, としてはもう, としては有名, として名高い, として屈強, として役立つ, として必要, となつ, となる, とのこと, とは別, と元木, と弁証法そのもの, と時刻, と時日, と時期, と言, なの, なれば, にあてられた, において行う, におらぬ, については記載, になつ, には三本足, には必ず, にも心, に使われ, に当て, に必ず, に自分, に近い, に過ぎない, のよう, の一つ, の如し, の文化的設備増大, の方角, の目あて, の近傍, の選択, はありません, はたしかに, はなかつた, はなる, は世俗的, は分かっ, は床, は日本, は湯本, は股, は違う, ばかり狙っ, へ一ツ, へ行っ, まで拒んだ, もあり, もきっと, もこの, も充分, も変わった, も少なく, をこし, をさがさね, をさがし, をどこ, を仕切る, を作る, を定める, を拵える, を探し, を探し歩い, を本所, を求めさせ, を生ぜる, を目がけ, を示す, を見出し, を見定め, を見廻っ, 抱き合う場所

▼ するかは~ (146, 0.0%)

4 後に 3 少しも 2 これからの, それぞれの, 以下において, 本質的に, 瑠璃子にも, 知らない

1 [127件] あまりにはっきりし, いずれ貴方, いままで色々, いま云った, いろいろ語られ, かなりむつかしい, きびしい監視, きわめて興味, こうした一般論, ここ数日長く, こっちの, これまた, これも, さっぱりわからなかった, すでに一文, ずいぶん面白い, ずゐぶん人, せみの, そう簡単, そのロシア, その上, その人, その国, それは, ただこれ, ただその, だから少なくとも, だまされまいと, とにかくとして, どうしても, どうでも, なるほど貧民, べつとして, ぼくら凡夫には, まあ俺, まだ分らなかった, まだ極まっ, まだ考慮中, わからなかったよ, わたしの, われわれの, 一層明白, 不明だった, 久光今更, 之によって, 云い難い, 云わなくても, 人によって, 人の, 人間が, 今の, 今云った, 今後に, 今更云わなく, 他人の, 何よりも, 余りに明瞭, 僕の, 全く云い得ない, 全く分らない, 全く科学, 全く茫然, 分らないが, 分析を, 別として, 別の, 勿論未知, 十年二十年後の, 厳密に, 古くイギリス, 可なり, 可なり注目, 各, 各人各様でしょう, 吾輩これを, 哲学的に, 問ふまで, 問題である, 問題でない, 喜久子さんの, 嘗て本紙, 国家として, 国情によ, 場合次第だ, 多分彼ら, 天日の, 実に驚くべき, 容易には, 専門の, 尚ほ, 平次も, 彼にとっては, 彼の, 彼らにも, 彼等の, 御存知で, 或る, 推したまわれされど, 日本画の, 明かであろう, 明らかである, 最も興味, 此からの, 殆ど全く想像, 没性格的, 烱眼な, 物指しの, 當時の, 疑問だ, 知って, 知らず随分, 知らぬ, 知る人, 神ならぬ, 私自身にも, 結局同じ, 結局如何なる, 聞く人, 船岡が, 茲には, 見えない, 言は, 計算しよう, 読者の, 貴女の, 雇う方, 非常に

▼ する時間~ (146, 0.0%)

5 がない 3 もなく 2 がなく, が遅く, だと, ではない, にあて, の中, の長, はある, は長く, を前

1 [118件] ありますねん, があった, があったでしょう, があったら, がありゃしない, があれ, がき, がきた, がこの, がなかっ, がなくなります, が余る, が出来た, が多く, が大, が大変, が少く, が必要, が揺れ, が早く, が朝, が来た, が来る, が殖え, が段々, が無い, が相当, が短, が設けられ, が長引く, さえあれ, さえもてない, さえ惜, じゃなくっ, だ, だけが追跡者, だけ会えたら, だけ余計, だけ外, だつた, で, であった, であって, でした, でしたが, では無かっ, というもの, とそれら, と力, と十メートル, と空間, と経済, なんかありゃしない, になっ, には町, に候, に出ない, に少し, に相当, の一杯, の余裕, の半, の在りかた, の少し, の幅, の消える, の爪, はあったろう, はあの, はない, はほんの, は二分間, は何, は僅か, は別に, は大した, は大抵, は後, は線路, まで三時間, もありません, もない, もなかっ, もまた, も持たない, も機会, や線路, をあたえ, をすこし, をつぶし, をもたない, をもて, をよけい, を一, を与えよう, を与えられた, を与える, を出来る, を多く, を少し, を延し, を思ふ, を意味, を打合せ, を拾い出す, を持たせたい, を持たない, を持っ, を標準, を正確, を消しかねる, を減らし, を甚だしく, を経, を置い, を聞いた, を見出しました, を誤らず

▼ するまでには~ (145, 0.0%)

4 長い過程 3 相当の 2 そしてまた民衆, なって, まだ時, 五十年は, 少くとも, 至らなかった, 至らなかったの

1 [124件] いくど, いたらないだろう, いろんな目, かなりな, かなりの, こうした大きな犠牲, この薬酒, これから先, さまざまの, しばしば容易, すくなくとも百年, ずいぶん廻り道, ずいぶん時間, ずいぶん暇, その手紙, それで湯川さん, たくさんの, たびたびそこ, たびたび戦った, できずじまい, ともかくも, どうしても六, どうにか宿場, どんな精力, なお数年, なかなか長い, なかなか間, なみなみならぬ, ほぼ三年, まだいろいろやっ, まだまだ一段, まだ一刻余り, まだ二世紀, まだ数多く, やはり永い, やや時間, 三年は, 九年から, 二十幾家という, 二百五十分すなわち, 五百人を, 今日の, 何か, 何という, 何を, 何十年という, 何百年待たなけれ, 八年立っ, 其系統の, 内證, 到達する, 前者同, 十一年の, 十分一週間は, 十日ばかりの, 十日ほどか, 半年の, 及びますまい, 及ぶまい, 口の, 四十分ある, 多分相当, 多量の, 夜の, 大分時間がか, 実に克明, 家中の, 少しの, 少なくも三四十年, 山の, 幾多の, 幾年かの, 強く仂, 当時としては, 彼も, 成育の, 数代数十代の, 整って, 時が, 時に魚, 時間が, 普通以上に, 暫くぶら, 木星の, 未だ未だ余日, 案山子の, 気の毒な, 永い間, 決して二年, 溶解する, 男爵は, 相当な, 相当に, 相応な, 相當, 秀吉の, 私たちきょうだいは, 私の, 約一〇兆年, 聞かせずに, 自分としては, 自殺を, 至って, 至らない, 至らなかったが, 至らなかつた, 至りません, 色々な, 若干の, 落ちないよ, 行かず楊鋒, 行かなかった, 行けなかった, 金でも, 長いこと, 長い修練, 長い試み, 長時間かかった, 門下省の, 関税の, 随分心, 隨分時間が, 餘程の, 驚くべき練習量

▼ する結果~ (145, 0.0%)

11 になる 7 となる 6 になっ 5 となっ, になり 4 になった 3 である 2 となり, なの, を得た, を得る, を招く, を生む, を生んだ, を見た

1 [88件] あるを, いきほひ人, かと云う, かと私, かも知れない, が一つ, が之, が己, が恋愛, が生じる, が貧乏, こんな矛盾, しか得られない, しか生まない, しばしば畸形, すでに映画制作者, すなわち自然, その調子, だけに注意, だと, だろう, ついには, であるから, であろうとまでは, です, でそして, として不可避的, として不正, として価格, として即ち, として新, として特に, として生ずる, として自然, とならず, となります, となるだろう, とのみは斷, ともなっ, とも云われる, とを通して一つ, と反対, と紛亂, にこの, にならざる, になりました, になります, になろう, にはならず, にもなった, にもなる, に外, に導き入れた, に相成ります, に終, に陥った, の一片, の譬喩, はなかなか, は価格, は出, は更ら, は滑稽, は物質, は知識, は若し, をさえ生じた, をひき起した, を伴, を伴う, を導いた, を得, を得たい, を得ない, を想う, を招い, を招かざる, を生じ, を生じた, を生ずるなら, を産む, を示しました, を考へたなら, を起す, 出て, 勢いそれ, 単に消費, 屡畸形

▼ する~ (144, 0.0%)

5 に, にその 4 にいつも 3 にそれ 2 にお, にゆく, に光る, に動い, に局所, に気, に耳, に自分, に陰険

1 [109件] が少い, が少なけれ, が違う, が違つて, きき耳, その場所, できまるらしい, にある, にきっと, にこの, にこれ, にどんぶり, にぴったり, にほっそり, にぽうっと, にもしや, にわたし, にキラッキラッ, にコンクリート・ミキサ, にスイス, にナースチャ, にバック, にムクムク, にヱキシカ, に一人客, に一同, に一方, に上海, に下, に二人, に二木検事, に今度, に伯父さま, に何かしら覚, に何れ, に何時も, に何物, に僕, に冷汗, に危い, に吃驚, に同僚, に呼ばれる, に咳, に國家, に壁, に大きい, に夫婦別れ, に奇怪, に妙, に妻, に家内中, に少し, に屹度ブローミウム加里, に左, に帯際, に幾分, に強く, に彼, に心臓, に思はず, に恐怖, に恒, に慌てた, に手, に挨拶, に斯く, に暗かっ, に有難う, に栄転, に此處, に殆ど一度, に洗面器, に潮田又之丞, に無手, に現れ, に痛む, に看護人, に眼, に瞳, に祭る, に私, に科料, に立寄っ, に筵, に絹, に縦, に耳慣れない, に背丈, に背延び, に落ち, に見, に見せられる, に見る見る, に誠実, に誰, に謝恩会, に身, に近来我が国, に鉄漿, に附近, に震, に非常, に音, に頭, に顔, は多く, を云い, 時々斯

▼ するからと~ (141, 0.0%)

21 いって 15 云って 8 言って 2 いうと, いうの, いった, いつて, いふの, いふので, 云った, 云ふ, 返事し, 頼んで

1 [77件] あれだけ, いうので, いうのみ, いうのよ, いうんで, いったの, いってね, いっても, いつたばかりに, いつた丈, いつもの, いふほどの, いふやう, うけ合ったの, くるりと, すこぶる適切めいた事, すまぬが, もちかけて, アテの, 一応引止め, 中村が, 云いながら, 云い四十何歳, 云う, 云うて, 云うと, 云うの, 云うんで, 云っても, 云つてほうつて置く, 云つて去年から, 云つて黒の, 云ふんだ, 仰言, 何度も, 出して, 勘定を, 参集を, 命じた, 喜兵衛は, 引止められて, 彼は, 御褒美, 思うの, 思つて, 懇願した, 手紙来た, 托鉢の, 招きの, 断わられたので, 時間を, 林君に, 泣いて, 無理に, 然う, 申して, 申してな, 申しましたところ, 申しましても, 申上げ, 発汗剤の, 私も, 答え得ないでしょうか, 脅迫した, 言った, 言っては, 言つ, 言つた, 言つてそれを, 言つてたつた, 言つて根も, 言ふ, 言われました, 迎えに, 送金を, 鎮撫し, 頼まれかれと

▼ するなり~ (140, 0.0%)

5 して 3 彼は, 私は 2 した上, すれば, 主人が, 涙に

1 [121件] あとは, あなたの, あるいは新, あわてて, いきなり見つけた, いろいろ準備, おすき, おのおの臨機, くるりとうしろ向き, ぐったりと, けれ, ければ, これを, こんどは, しようと, すぐに, すぐまた, すぐ働き, する, するが, すること, すると, その拵えもの, それから菓子, それぞれはっきり, だれかと, とにかくよろしく想像, と憤る, どうする, どうでも, なんなり, なんなりいたします, にっこりと, ひとりで, またはその他, また比較対照, もう素知らぬ, もしくは下男, もっと徹底的, ものには, やがて余, よい口きき, わざとがつがつする, ソコソコに, 一方が, 七の, 三蔵法師を, 丙種学生に, 云々, 井戸へ, 人が, 仏を, 会社で, 体を, 何ぞ英雄剣, 何でも, 何も, 余は, 働くなり, 八つ裂きに, 八つ裂に, 八重桜ちる, 出来るよう, 分離する, 力を, 勝手に, 即ちその, 即ち悔恨, 又あい子さん, 叫んだ, 呵す常に, 嘲笑する, 地上で, 好きな, 学資に, 定っては, 寒風膚を, 小さい旅館, 帰って, 心を, 思い知らせて, 思ひ知らせて, 思ふま, 急に, 手代の, 握手する, 早く他, 映画で, 本を, 東京で, 機体の, 武松を, 歩むは, 演説を, 然ども, 然ら, 然れ, 犬を, 生きた人間, 疎なる, 直ちに重病室, 相場を, 相当厳重, 県庁の, 眼を, 神佛に, 突然こう言う, 絞め殺すなり, 考えたこと, 耳に, 良人に, 芥川は, 若き男, 苦しんだり, 貯金を, 賛成する, 逃げるよう, 青江三空曹は, 飛んで, 驚倒せん, 黒いヴェール

▼ する時代~ (139, 0.0%)

8 である 6 になっ 4 ではない, に居る 3 であった, に於

2 [11件] がある, が来, が来たら, が近づい, であつ, です, になつて, になる, に歿, はない, を通り越した

1 [89件] からある, からこの, から受けた, があ, があります, がやがて, が來, が日本, が来る, が来るだらう, が来るであろう, が活溌, が終に, すなわちヘレニスト的時代, そして学校時代, だ, だし, だったん, だよ, であったろう, であること, であろう, でないこと, でないと, では鰯, で一定, という意味, とこもごも, となっ, となれり, と共栄謳歌, と場処, なの, ならば, なり, なん, にあ, にあっ, にある, にいたっ, においてかかる, においては地震, においてカルタ札, にそれら, にとつ, になった, にはいっ, にはその, には偉大, には偶像崇拝, には先生, には博物学, には左様, には至粋, に出, に在, に当っ, に当面, に率先, に生まれ, に生れ, のつまり, のみ残る, の來, の傾向, の典型, の志向, の波, の波濤, の流行, の生活, の近き, の長短, はあった, はあつ, はおくれ, はすでに, はもう, は何事, は何時, は存外, は屹度, ほど偉大, も来る, を嗤, を暗示せり, を運ん, 即ち藤原末期, 即ち要するに

▼ するとしても~ (136, 0.0%)

3 それは

2 [11件] お静, その増加, インデキスを, 人間の, 何う, 吾, 彼は, 決して私, 理科の, 確かに, 芸術家は

1 [111件] あと十七人の, あの婆さん, いかなる租税, いわゆる聯絡航路, おれの, この書面, この期間, これでは, これを, こんなごった返し, さて秀吉, さらに他, そのこと, その上, その人, その作家, その家来, その役, その際寸時, その題材, それによ, それらを, たとえば南海道九州, だれも, です, どうしても仏様, どうだろう, どう弁解, どこかに, なおその, なにも, また猿楽役者, まだ私, もう宿賃, わが海底超人一族, わたくしは, アパリ地区は, クラムの, 一つ家の, 一列に, 一国は, 一時は, 一音は, 二千三百四十五萬六千七百八十九枚が, 今は, 今加集, 他と, 伸子たちが, 何か, 何時風波が, 何箇月も, 働かなくなる, 元就が, 先ずこの, 冷たいと, 別荘にゃ, 利益の, 労賃は, 単なる描かざる, 名ばかりの, 君の, 和紙に, 地上の, 基礎的な, 場合によっては, 大根の, 夫と, 子供には, 實際此兩宗の, 少なくとも道元, 当今一流の, 彼が, 彼れ, 彼女は, 彼奴には, 彼奴は, 従来の, 必ずしも現実, 必ずその, 必ずわたし, 慈愛は, 換言すれ, 政治には, 昨今の, 最低一割五六分の経費は, 朝廷から, 木村氏と, 此の, 比較的に, 氣が, 湯に, 然し積極的, 猶一年, 甚だしいソフィスチケーション, 生得の, 私には, 私の, 私自身の, 築地へ, 細小な, 結局作品の, 緩慢に, 縊死よりも, 良くない, 誰も, 誰一人入院料などを, 谷川岳では, 軍需品工場は, 転移したら, 鏡の, 電気統制節約の

▼ するにつれて~ (135, 0.0%)

3 山の, 私は 2 技巧は, 異るであろう

1 [125件] あたりまえの, お客の, かかる必要品, ぐるりが, この供給, この岩ども, これらの, これらは, こんどは, さらにさらに発展, しばしは, そこも, その傾向, その内部, その取り扱う, その問題, その少年, その屏風, その心, その意見, その白い, その頃, その顔色, それは, それも, たとえば小売商人, だんだんに, ちよい, とうとう卑俗, どうにも, ひとか, より以上, アンドラダの, カラタール氏なる, ガラス面に, ソヴェトの, ソヴェト同盟の, トキが, ドンドン減っ, 一つの, 一般の, 三四粒の, 下落する, 二人は, 人民の, 個人の, 健全な, 其に, 其処に, 内部に, 到底茲, 到頭メーデー, 前に, 北海道から, 十年の, 原文に, 双方は, 反比例に, 同じ人間, 名称を, 商業が, 囘想は, 四匹の, 回想は, 変動し, 変動する, 変化する, 外題が, 夥しいあぶく, 大きなかたまり, 大きな変化, 大藏院の, 婆アさんが, 存在が, 宇宙の, 寒気が, 屠殺の, 平次の, 年々得られた, 年長組も, 彼の, 彼らの, 彼らは, 彼女の, 彼等の, 微妙な, 心は, 患者が, 悪事を, 教育上何等の, 数年という, 文化活動の, 新派に, 日本の, 是等の, 景気は, 暗い水, 最初に, 来遊者は, 枝の, 次第に可笑し, 殼を, 母の, 清正も, 父が, 物価が, 狭いあたり, 異る, 病人が, 相違が, 眼下に, 種々な, 自然な, 自然に, 諸小国, 貝の, 辛い風当り, 適度の, 鉢自身が, 鎧通しを, 開発の, 闇の, 震えるの, 霞たなびく, 騰貴し

▼ する余裕~ (134, 0.0%)

12 がない 8 もなかっ, もなく 7 はない 5 がなく 4 があった 3 がなかっ, などはなかっ, のない, はなかっ, もない, を持たなかった 2 さえなかっ, はなかつた, は無かっ, もなけれ, を持っ, を有

1 [60件] ありしゆえ, ありやと, があっ, がありませんでした, がある, ができ, ができた, がなけれ, が作れなかった, が出ない, が出来, が出来ました, が無かっ, さえ持てる, すら失った, すら覚束, その諸, と勇気, などなかっ, などはとうてい, なんかございません, なんかございませんでした, のある, のあるごとく, はありませんでした, はあるまい, はこの, はとても, はなくっ, はもうだんだん, は十分, は固, は少し, は御座いませんでした, は無い, もありません, もありませんでした, もなかつた, もなくなり, ももたなけれ, も出ず, も関心, や冷静, をうしなっ, をつくる, をもたない, をもたな過ぎた, をもたぬ, をもつ, を与えない, を与えなかった, を与える, を失っ, を得た, を得る, を持たない, を持ち得るだろう, を持った, を持つ, 失うて

▼ するほどに~ (132, 0.0%)

4 なった, なって 2 喜んで, 妻の, 小く, 怖ろ, 腹が, 身を

1 [112件] あげ脊, あの山, いつか夜が, おのづか, この話, これも, して, そうした心持ち, たよりな, なったの, なつた, なつて, ならなければ, なりました, なり二階, なるであろう, わたしたちの, デリーケートに, ロウマで, 丁寧に, 不公平な, 乱雑な, 二度倒れた, 交通が, 人を, 伝染病が, 何ぞお前樣, 値しなかったであろう, 先生の, 内部の, 冷酷寂寞荒廃では, 又も, 口惜しかった, 古びた座敷, 呆れが, 呪わしさ, 回復した, 固く決意, 圖らず, 売り込んで, 外套は, 大きい高札, 女房に対して, 子供が, 密着け, 尽力した, 希薄な, 弱いもの, 弱気で, 強襲圧倒させられ, 彼は, 彼女との, 心安くし, 怖れ, 怖れた, 思う, 急変せしめた, 恨みの, 悟りを, 愚かな, 憎まなかった, 成人した, 我国の, 持扱いも, 接近し, 日全く, 昂奮から, 明日からでも, 時を, 暗くも, 暗を, 有力な, 有名なる, 有望でない, 柔順でありません, 此通り謝罪ますほどに, 残酷でありたくない, 毛織布を, 気高い, 炒り付けます, 犬の, 異彩を, 當人氣位が, 痛快であった, 神の, 私は, 繁って, 臆病で, 自分の, 致し置きおのれ等, 若え, 苦しいもの, 苦痛を, 行き過, 袖や, 襲うて, 要点を, 覚えて, 親しくなった, 記憶が, 読んだし, 講演の, 賞揚し, 蹌踉めいた, 身も, 野卑な, 金硫黄という, 銀行の, 隆起し, 飛躍し得る, 驚かされたが, 鳴った

▼ する~ (132, 0.0%)

5 がある 4 もある 3 を出る

2 [11件] か灯, があっ, だった, であった, である, であろう, に生れた, のこと, の菓子杜氏, はない, を探す

1 [98件] あり, ありと, かはつ, かも分らなく, から, から太鼓, か誰, があり, がかなり, がこし, がこの, ができる, が何所, が出, が多かっ, が多く, が大槻, が定まっ, が少く, が少し, が必ず, が有, が相当, さえある, だけで, だけはうんと, だと, だとも, で, であります, ですか, でも生活, で下相談, で天晴れ地歩, で御, で日, で眼玉, で私, とてはほんの, とも分らない, なし, なの, に, にあれ, にまた, に生まれた, に生れ, に移った, に育った, のなか, のほう, のもの, の事情, の二階, の内, の召使, の囲炉裏ば, の壊れた, の女, の妹娘, の子供, の庭, の恨み, の方, の板葺屋根, の様, の火, の空気, の窓, の離れ, はありません, はつくづく, はつぶされる, はどこ, はほか, は一本, は一軒, は上野, は何, は漸く, は稀, は金, ばかりがその, へ来たら, へ行, へ誰, もこれから, もすくなから, も何軒, も少なく, や, をすっかり, をつなぐ, を忘れ, を焼い, を立て, を見付け, 各四

▼ する手段~ (131, 0.0%)

5 である 4 がない 3 はない, を考え 2 がある, といったら, に外, に就, もない, を取らざりし, を見出し

1 [102件] かしからず, があった, があります, があるなら, がいくぶん, がなかっ, が活発, が無い, が見出され得よう, が講ぜられました, さ, さえ考えれ, だ, だけは講ずべきであろう, だと, であ, であったかと, でありもし, であると, であると共に, である以上, です, でない, でもあった, でもあり, で他, としてその, としてのこの, としては委曲, としては永久, として上記, として人, として使用, として唱, として已, として彼ら, として暗示, として最初, として気, として相手, として絶対君主, として職務, として避, として階級, となっ, となった, となり, と見, と見なす, なの, にすぎない, について今朝, について手短, にでる, にもならない, によっては決して, によって行われた, によつて, に出, に始め, に比例, に関して詳しい, のない, のひとつ, のよう, の一つ, の蓄積, はある, はあるまい, はこの, は一つ, は一三, は宗教的方法, は恐らく, は書かれたる, は此上, は私, ばかりで, もありません, も知っ, も知らなかった, も見出せなかった, や態様, をこころえ, をととのえ, をはっきり, を一つ, を何ひとつ, を卑し, を取るべきである, を差し控えた, を有, を案出, を極力, を申し込まれた, を知っ, を知らない, を考えなけれ, を考へなけれ, を試みる, を講じなけれ, を講ずる

▼ するあの~ (130, 0.0%)

2 人の, 日の, 様は, 裸体を, 辺の

1 [120件] いかにも露助, おちついた誠実さ, おとが, かんばしい桃金嬢, しぐさは, すさまじい断末魔, すばらしいポーズ, たよりな, なんともいえない, はかなさ, まごう方, やかましく金属, コックだ, トプシンという, ニコライ, ベルトラン先生の, 三叉の, 不可抗なる, 不幸な, 二十歳前後の, 人では, 人に, 人を, 人間の, 仮構は, 俗悪や, 倫理学や, 偶像崇拝の, 児の, 南の, 向不見, 向日葵の, 吸込式真空掃除機, 四人に, 因襲的な, 圧倒的な, 場面である, 大磐石, 大鳥居と, 奇怪な, 奇抜な, 女の, 妙な, 威嚴を, 婆さんには, 実に素晴らしい, 山桜の, 崇厳な, 巨大な, 年上の, 幽かな, 心持ちが, 心理に, 快味, 怨ずる, 悩ましいフキヌケ, 悪たれ殿様の, 悪虫, 悲しむ可, 情熱は, 感じあれ, 方法が, 旅人の, 日本犬の, 明るさ, 暴君的意欲は, 書物どもの, 有名な, 未来の, 本能的な, 桃の, 業績上の, 様式とが, 止むを, 死にもの, 殺風景な, 比較は, 気もち, 永遠性は, 浪漫的の, 液体の, 清冽な, 潺渓でも, 激越なし, 無気味な, 爆音は, 牧谿猿の, 特殊な, 現象が, 男たちは, 男の, 破堂, 神さまの, 箱は, 簡素な, 羞らいだけは, 臭ひである, 若い芸妓, 苦が, 茣蓙枕の, 蔭口を, 血気さかんな, 血走つた眼, 西班牙犬は, 誇らかな, 調子を, 豪壮な, 貪慾未練の, 足どり精悍な, 辺へ, 部分だけが, 配達さんいまごろどう, 雷の, 非利己的, 面倒な, 頃, 飾台から, 馬鹿げた振舞い, 魔神の, 鶏の

▼ するまま~ (130, 0.0%)

11 になっ 8 にし 7 にさせ 6 に任せ 4 になつて, にまかせ 3 にさし 2 にさせた, になつ, になり, に任し, に委し, に左, に放任

1 [73件] その名, その恋敵, だった, でいい, なおあるいは然, に, にこの, にされ, にすべて, にそこ, になった, にまかせた, にまかせられ, にまかせる, にまた, に之, に二三枚, に二階, に人間, に任した, に任せまい, に余, に停車場近く, に内庭さき, に冷淡, に切支丹伴天連, に初め, に十四隻, に呆然, に報酬, に場内, に変幻自在, に大字小字, に女子, に委せ, に宮, に引きずられ, に彼, に応じ, に思索, に手もと, に手足, に抗議, に持っ, に揺, に暇, に書く, に歪, に注ぐ, に父, に物, に禄, に私, に肉欲, に脚, に荒され, に薬, に許し, に語りし, に躍っ, に身, に駆使, に驚き, に高い, に黙, に黙っ, のこと, の姿勢, をさせ, を一辞一句, を巧, を見, 薄暗い別間

▼ する決心~ (129, 0.0%)

24 をした 10 をし 5 をしました 4 でいる, です 3 であつ, なの 2 がついた, がつかなかった, だ, だと, であった, である, を固め

1 [62件] あるか, いたしました, がしっかり, がつかない, がつく, がますます, が昨夜, が漸, が着かなかった, さ, したのよ, して, だが, だった, だったが, だったの, だったので, だつたが, でありましたが, であります, であるか, であること, でいるらしい, でおります, でお願い, でここ, でございましたけれども, でございます, でした, ですから, ですわ, でゐた, でゐる, で今晩, で起った, と努力, なしに, になった, になりました, になれ, のつかなかった, はつかず, はどこ, は変っ, までした, もある, もつかず, もでき, らしい, をいたしました, をしたらしく, をつけた, をとった, をもつ, を取っ, を固めた, を定めた, を強めた, を抱く, を持ち, を有する, を示しました

▼ する~ (128, 0.0%)

4 藩の 3 科学の, 科学を 2 事件の, 事実の, 原理を, 問題は, 天の, 契機を, 民族の, 現象は, 音は

1 [100件] の欲境, の法則, の特徴, の要素, イデオロギエンが, テーゼを, 仮説中の, 会あり, 例を, 傾向, 先生も, 先生を, 内容が, 列侯の, 勢力の, 原則を, 原始民族の, 原理が, 問題も, 問題を, 因子が, 因子の, 国王らの, 國の, 士の, 外国の, 大人の, 大名および, 大名が, 大名の, 大名への, 大名諸公役なぞの, 大将の, 天使の, 学問の, 学校出身者の, 學科を, 宗教の, 家臣方に, 将が, 将たちへも, 将と, 将にたいして, 将の, 将は, 将も, 徴候だった, 思想の, 思想は, 恒星の, 感情の, 所の, 書の, 本が, 条件が, 条件を, 根拠, 根本概念を, 條件である, 概念である, 権利を, 権力の, 機能の, 武門の, 殿だけは, 民族は, 法則が, 法則を, 物件との, 状態は, 現象に, 理論が, 理論の, 真理を通して, 神の, 神話は, 章を, 篇を, 結果を, 美徳たちです, 藩が, 要素の, 要素を, 要素間の, 観念形態, 設備の, 論文の, 論文を, 豪族も, 過程や, 部の, 部分は, 都市の, 關係は, 陪臣の, 雄の, 音が, 音については, 香に, 高山には

▼ する資格~ (125, 0.0%)

19 がない 17 がある 14 はない 8 のない 4 は無い 3 が無い 2 がありません, はありません, はある, は少し, もない, を持たない, を持つ, を有

1 [44件] ありとは, があつ, がありましょう, がございませぬ, ができた, がねえ, が与えられ, が缺, さえない, さえ僕, さえ無い, だってない, で詩, なき者, なしね, などはない, などはなく, なんてない, に生まれ, のある, の必要, はつかぬ, はなく, はもとより, は世界, は今, は僕, は勿論, は無かっ, は私, も機関, も無い, も無し, をあなた, をその, をもった, を与えられ, を何処, を備え, を持ち合せ, を持ち合わせない, を有った, を消耗, 即語部

▼ する~ (121, 0.0%)

22 はない 4 に道 3 あるまい, ない, はあるまい 2 のすべて, のもの, の力, の原因, の民族, の諸, の道

1 [72件] ありませぬ, ないこと, ないだろう, ないの, ないよう, ない現状, なくその, なくまだ, なくやっと, なく之, なし, になに, になに一ツ能, に云い表わし, に兵法, に貸本, に髯, の一つ, の一側, の一方, の三人, の世界, の主婦, の何もの, の元子, の光象, の公理, の卒直, の各種, の四章, の団体, の図書館, の國, の國際團體, の太陽, の島々, の幾人, の患者達, の意思, の方法, の有, の業者, の汽船, の無数, の理由, の男子, の病室, の発育, の端, の者, の職場, の表現手段, の要素, の記載, の貨物, の資金, の質, の面, の領域, の願, の食, はありません, はただ, はないだろう, はなかつた, はなかつたらう, はなくなるだろう, は實踐的態度, は樽野, は自分, をダラク, を誹謗

▼ する義務~ (121, 0.0%)

32 がある 7 はない 5 があります, を負 4 をもっ 2 があり, と権利, のある, を持っ, を有し, を負う

1 [56件] ありと, かである, から解放, があった, がさっそく, がない, がなく, がなくなった, がなけれ, がまだ, が先進的, が無い, が生じ, が生じる, が絶対的, さえある, であります, として當然一日, と云, などない, なんかありません, のあった, のみが教, の負担者, はあった, はありませんでした, はある, はあるまい, は断じて, は無い, は私, もある, もなけれ, も感じ, をうっかり, をとくに, をソルティーニ, を吾, を当然, を怠った, を感じた, を明らか, を有, を有っ, を本当に, を果し, を果す, を果たした, を知らない, を要求, を説かぬ, を説かぬで, を課せられた, を負い, を負わす, を閑却

▼ するごと~ (120, 0.0%)

4 に彼 3 にその, にそれ 2 その声, に, にいつも, にかすか, にこの, に必ず, に私, に首, 遠つ

1 [92件] にあと, にいまだかつて, にいや, にお話し, にかならず, にきっと, にぐるぐる, にこれ, にそこ, にその後, にたくさん, にちゃらちゃら音, につまらない, にふい, にまず, にまたは, により, にわずか, にゼーゼーかすか, に一オンス, に一座, に上等弁当, に二, に二人, に五十度, に人々, に伊之助, に何だか, に保, に内々恐縮, に冷たい, に出, に勅諭その他, に増加, に多数, に天, に夫, に失われ, に姉, に家ぢゆう, に巨大, に常に, に往来, に後れ, に御, に思い出し, に悲鳴, に手, に拍手, に暗に, に本陣, に柳田, に案, に椅子, に楊子江, に殆ど必ず, に母, に毫も, に深い, に生産率, に発声, に皆, に相手, に知らず, に砲煙, に磨, に祖母, に細塵, に経験, に縦, に耳, に自分, に至る, に衝突, に見える, に規則正しい, に貸家, に身, に送別, に逓減的率, に那覇, に鄭重, に金, に開講, に隣, に電燈, に面白し, に食物, に鴇色, に龍山公, ねえ, 考えでる

▼ する~ (119, 0.0%)

7 である 4 もない 3 であつ, ではない 2 あらんと, が中だるみ, きと, となつ, にある, にし, もある

1 [88件] ある可, から見, から體格, か父, がある, がそれだけ, がない, がなかつた, が先人, が有, が相, が總, が面白い, だつた, だよ, で片倉, と照ちやん, なき肯定, なく男らしき公正, なし, なり, なりしが, にいたり, においてのみ永遠性, においてはそれ, においては存在以外, にては最, にてま, にてわが, にのみ不死性, にのみ歴史, には到る, には時間性, には過去, にも猶, に主人九郎右衞門, に九助, に在, に從, に心, に必ずしも, に死, に至りぬ, に認識, のあの, のない, のもの, の水, の竹木花果, の第一義, は, はどうしても, はない, は人物, は其の, は其處, は寧ろ, は患者, は樂, は樓臺亭館, は模倣, は氣, は無論, は陽王, へは芝居, へ六十, へ本城, へ父母, へ舍人孫四郎, へ行合せ其子, へ表, へ見上る如き, までたちわられし, まで話, も即ち, よりも高く, より引き, をじろりと, をソレ, を云, を其處, を天忠, を町役人等押, を絶つ, を開鑿, 即ち加藤洲也, 多きも, 遠く從つて淡路

▼ する人物~ (118, 0.0%)

6 である 4 だった 2 であるが, です, ではなかつた, なきに, にさえ時代, の存在, の性格

1 [94件] ありや, かどう, から離れ, があった, があり, がある, がいちいち, がいない, がつい, が世間一般, が先般来, が多い, が学生, が學校, が英雄, じゃない, だと, だな, であり一面, であるから, であること, であろうと, であろうという, でないという, でなくっちゃ, でなければ, で彼, で非常, というもの, としてはその, とはいかに, とも見えず, と后, なの, なるが, なれば, なん, にうってつけ, にし, には貪婪さ, にも英雄豪傑, によつて, に対して著作者, に就, に注意, の, のうち, の一人, の中, の伝記, の厳粛素朴, の名前, の外貌, の姓名職業, の思想, の性格生活, の探査, の激情, の生命, の範囲, の話し, はことごとく, はどれ, はない, はまず, はわれわれ, はキリスト, は他日人生, は十代, は多く, は子供, は実に, は少数, は概して, は紙屑屋, は舞台, は複雑, は見当らない, は誰, は諸, もその, ももう, も少く, らしいが, を, を描き出す, を文部省, を求める, を現実, を発見, を考へた, を規定, を認める, を誘いこみ

▼ する性質~ (118, 0.0%)

24 のもの 6 がある 5 をもっ 3 ではない, を持っ

2 [12件] であった, であつ, である, でもあった, と見え, の多い, の男, は悉く, をもつ, を有, を有っ, を結合

1 [53件] あること, からき, がはなはだ, が不遇, が退化, さえ持っ, だから, だからなあ, だが, だけによるの, だった, だつた, だという, だよ, であったから, であって, でいけません, でした, でしたから, ではある, で交際, で善, で大切, とは彼女, とは思われません, とは考えられません, なん, において認識, のある, のそれ, のため, のなか, のみが助長, の人, の作品, の作家, の相手, の私, はあっ, はたしかに, は根本的, をおのずから, をそなえ, を備, を含ん, を好み, を帯び, を持つた, を有し, を有する, を有つて, を見出すであろう, 又は資格

▼ する~ (118, 0.0%)

4 である 3 と人, のある 2 だと, の一切, の中, の形, はない, を吐い, を売り, 思ひかな

1 [92件] か左様, か左樣, がある, がない, が備えてなかった, が多, が多く, が我々, が散らかっ, が無, が足りない, が邪魔, が陳列, しか消費, じゃという処, ずきもの, だろう, であった, であったから, であっても, であつ, であり他, であると, ですからね, でなくなった, では, とが言葉, と信じ, と同一, と数量, と見え, などは自然, になり, に対して支払うべき, に手, に養分, のあらん, のうち, のほ, のよう, の一部, の値段, の善, の好み, の影物, の心当り, の愛, の日々, の見方, の量, の音, の餘, はある, はすべて真鍮材, はみな汝等, は一つ, は備わらざる, は其山, は只, は無, は犬馬器具, は直接, は自分, ばかりいくさ, ばかりだった, ばかりふん, へこんな, もある, もしくは実体, も心, やらもっと, や人, や使われ, をいくつ, をつくる, をもつ, を他, を入れ, を公表, を干し, を持っ, を正餐, を物質, を町, を粗末, を置い, を羅列, を見せられた, を買っ, を運んだ, 或ひ, 足らないと

▼ するなどという~ (117, 0.0%)

49 ことは 8 ことが 7 のは 5 事は 2 ことも, ところまでは, 噂も, 程度の, 考えは

1 [38件] うわさも, ことさえ, ことであった, ことに, ことについては, ことの, ことを, そんな改, ためしの, ぱっとしない, もので, ような, わけは, 主張は, 事も, 人間は, 例は, 夢は, 大きな錯, 大それた, 失敗は, 安っぽい屁理屈, 希望は, 年齢では, 強い表現, 悪手を, 方法は, 気には, 烈しい御, 理は, 理由が, 考は, 至れり尽せりで誰, 芝居じみた, 話は, 話も, 贅沢な, 陰口も

▼ する精神~ (117, 0.0%)

3 はその 2 のうち, をもつ

1 [110件] から出, から流れ出た, があっ, があつ, がある, がこの, がたまらない, がひろく, が一, が先づ演劇, が動い, が大切, が強く, が我々, が氾濫, が西洋, こそ不都合, たれと, だ, であって, でありますが, であり順応, である, でかかる, でこれこれ, で一緒, といふ, とがきり, となっ, とふくざつな仕事, と形式, と思考, と性格, と惡, なの, なり心持, において既に, にとつて, によつて, に出た, に外, に存, に惜, に抑止, に欠け, に育てられ, に違反, のある, のこと, のなか, のイデア, の一表現, の三つ, の中, の作用, の働き, の力, の姿, の実感, の後天的, の思想, の支配, の文外, の方, の更生, の機能, の欠乏, の火花, の発動, の発現, の發現, の秩序, の第一義, の第一義感, の表現, の逆上, の高低, はこの, はこれ, はさ, はよろしい, は二十世紀はじめ, は何, は全く, は勇敢, は同君, は宇野浩二, は必要, は理知そのもの, への道, もしくは生命意識, もない, や体力, や生活法, をとりあげ, をひっさげ, をもたらした, をもっ, をもっと, をも有する, を云, を具体化, を感じ, を欠いた, を欠乏, を気質, を筆, を與, を見出す, 且つ一夫一婦

▼ するだけで~ (116, 0.0%)

11 あつた 4 満足し 2 して, 何の, 少しも, 消えて, 満足する, 満足せず, 理科の, 秩序が, 足りて

1 [83件] あきらめて, あまりにあっけない, いつも慄然, いて, おそらく村瀬, かつて埒, ござります, すむこと, せう, そんな材料, たいしたこと, たりるし, どうしても思い起せなかった, どんなに美しい, はござりませぬ, まだ具体的, まるで怒り, よろしいです, タクサンだ, タクサンな, ボーイは, 一国の, 一点には, 上空を, 事足りるであろう, 事足りるの, 些つ, 交互作用には, 何も, 倦き足りない, 光輝の, 具体的の, 動かなかった, 十分だ, 十分であった, 十分である, 十分であろう, 十分な, 十分に, 十分の, 却って質, 固辞し, 地方特有の, 夕方は, 安心し, 実際は, 差支ない, 患者にと, 我々に, 文句は, 断言する, 既に余りある, 本も, 格別進歩する, 極めて悲観的, 歌声は, 止そうと, 注意が, 済むもの, 済むん, 満足される, 満足したい, 眼を, 私の, 答えないので, 精いっぱいだった, 精いつ, 精一杯で, 精一杯であったろう, 結構ぢ, 結構な, 胸が, 自らの, 蔵に, 越後平野を, 足りたの, 足りまた, 足るの, 足る程度, 足れりと, 返事を, 追い出せるならうまい, 道の

▼ するとして~ (116, 0.0%)

2 ここで, 今の, 今日は, 今晩は, 少くとも, 手前は, 遂には

1 [102件] あなたも, あの家, あります之, ある, おい岸われわれは, お前は, かりに皇帝, ここには, この頃, これで, これを, ご親友, じゃこの, せっかくくれた, そうしてねずみ, そのいずれ, そのお守り役, そのひと, その出, その前, その時間, その真偽如何, その金, それからどこ, それが, ただ今の, ただ村尾, ちよつと, ですねえ, とにかくに, ともあれ館, どうこの, どうして彼奴ら, まず可, まず商売, まず実験準備, もう二つ, もし電車, やられがち, われわれは, サテ少々, スキーを, 一たん御, 一寸窓, 三保という, 三十万本で, 世間から, 丹波の, 二人の, 二句の, 五人で, 五時三十分に, 今一つは, 今夜は, 他方早稲田の, 何は, 何れも, 僕の, 兎に, 兎にも, 入学試験が, 取敢, 同じ政府, 坂本氏の, 大丈夫でござる, 大薬, 女は, 実はお, 居る, 幾何学の, 彼が, 怪事件の, 手順が, 扨其對象を, 批評する, 技術学とは, 時にこういう, 普通の, 書物の, 本論即ち, 村の, 東京興行者協会は, 次には, 此際僕等は, 百五十で, 直ちにこれ, 相つぐ妊娠, 社会教育, 私の, 私は, 言論の, 許されようが, 認識論的な, 軟派不良少年的の, 進行したら, 遊ぶつて云, 遠藤が, 里程は, 関西の, 雜誌發行の, 面白く談話そう, 靴の

▼ する~ (116, 0.0%)

2 だった, と, にも若い, の具合, の疲れ, へ, をこすりました, をもっ, を定め, を恐ろしく大きく

1 [96件] があった, がつい, ができ, がどぎつく, がびつこになつて, がやっと, がヌメヌメ, が何処, が働い, が影, が微笑ん, が明らか, が貪婪, が違っ, ざし, ざしなの, だ, だったの, だつた, であ, であつ, でありまあ, である, であるよりも, でうとうと, でこちら, でじっと, でその, でない今, ではなく, でひなびた, で彼, で愛想, で濡れた, で空, で窓, で素早く, で絵, で草, といい, とか手足, とてもそう威厳, どっしりと, どつ, にくらべれ, になっ, に叔父, に微笑, に注意, に耳, に見えぬ, のいろ, のさき, のさめる, の下, の働き, の光, の前, の表情, はいつも, はすっかり, はむろん, は一日々, は光っ, は開けなかった, まぐる, も, もあり, も怒れなくなった, やふっくり, をこし, をこする, をし, をせわしく, をぱしぱしとまばたきさせながら, をひらい, をもった, を与へられ, を今井, を光らせ, を凝視め, を強いて, を彼, を怖, を擧げ, を晃, を有つて, を物理, を眩まし, を私, を見詰め, を身, を輕, を輝かしてる, を醒させ, 附きを

▼ する余地~ (114, 0.0%)

15 がない 14 はない 6 もない 5 がある, のない 4 がなく 3 がなかっ, がなくなった, はなかっ, は充分 2 は全然, は少し

1 [49件] があった, があったであろう, があります, がありません, がしばしば, がなかつた, がなくなっ, がなくなりました, がなくなる, がなけれ, がほとんど, がもはや全く, が与えられるであろう, が全く, が全然, が出, が多い, が多分, が存, が次第に, さえ作れ, さえ対世間的, といふもの, なきこと, なき正確, なく外, なければ, のなかっ, の十分, の自分, はあった, はあつ, はあります, はありません, はかなり, はなくなる, はもう, は多, は明, もなく, も与えない, も必要, をのこされ, を与えなかった, を持たない, を有せない, を求める, を見つけたい, を見出し得なかった

▼ するやつ~ (113, 0.0%)

19 がある 4 だ, はない 3 ではなく 2 はどこ, もあつ, もいる, もない, を

1 [73件] あねえや, あ叩, か, があった, があったら, があれ, がいない, がいる, がおれ, がたま, がどこ, がほか, がむざむざ, が出はじめた, が居, が左右整等, が現れ, が鳥, じゃない, だあっち, だが, だせっかく, だったらたいへん, だと, だよ, でうっかり, でした, でしょう, ですな, でその, で人間, で年中病気, で殊に, で氷柱, とこう, ならひもじく, なんかいる, に乗っかっ, に強い, のこと, はあるまい, はいつも, はこの, はだれ, はどう, はなにもの, はばか, はみな透明人間, はゆるす, はヘッ, は一颯, は他, は出世, は好かん, は彼, ばかりとはかぎらない, まるで鷓鴣, もある, もあるまい, もあれ, もいるだろう, もする, をきっ, をちょい, をやっと, をゴソゴソ, を俵, を好物, を小突く, を引こ抜い, を抜き放し, を見た, を馬

▼ する姿~ (113, 0.0%)

4 を見, を見る 2 も見えた, を想像, を見かけた, を見た

1 [97件] ありさま, が, がこの, がすぐ, がどうしても, が伸子, が出入り口, が半蔵, が印象的, が彼等, が悲惨以外, が描かれ, が真に, が簾戸, が見えだした, が閃いた, が間もなく, だけが所詮, だけを記録, だった, であった, であり威儀, である, でうつむい, ではありません, で立っ, で立った, という, として在る, として自然, とはどうしても, と眺めた, と見, なぞもそぞろ, などが想像, などには第, などを見かける, なの, において魅力, にしか映らない, になつ, には原則, にも似, のまま, の似つかわしい, の典型, の方, の美しい, はいかにも, はしおらしく, はぼく, はまことに, はまだごく, は決して, は無性に, は狂躁, は異なっ, は見る, もあった, もひとりでに, も見うけられた, も見た, をいかにも, をいま幸福, をかい, をちらりと, をとる, をながめ, をみ, を一切, を以て遺され, を以前, を何, を呈し, を哲学, を夢みた, を大助, を妄想, を定着, を思え, を捉え得る, を描い, を描き得る, を朝夕, を染め, を浮べた, を自分, を苦しい, を表す, を見かけ, を見せた, を見守った, を見栄, を認め, を認める, を頭, 黒い影絵

▼ する~ (112, 0.0%)

3 けで, けのこと

2 [12件] けだ, けです, だと, である, です, で言葉, のこと, のもの, の事, の心, の目的, 長い草

1 [82件] お関, かの樣, けあっ, けでも逸子, けで死に切らない, けなら, けにし, けのやう, けの体動, けの力, けの基本財産, けの基督, けの広い, けの根拠, けの気力, けの理由, けの美人, けの興味, けの辛抱, けは充分, けは我輩, けボロ, しか何事, だ, だよ, であった, であつ, でございますから, でしかも, でその, では物界, でもまし, でも充分, でも失笑, でも容易, でハッキリ, でハツキリ, で一切, で三度, で事, で其行つて, で十分, で有った, で案内者, で死者, で満足, で甞, なの, にどこ, に二時間, の予備知識, の人, の価値, の値打ち, の光栄, の入費, の刺戟, の力, の力さ, の力量, の勇気, の勇氣, の反抗心, の悟道, の意味, の智惠, の権利, の眼識, の精密, の胚芽, の能力, の自信, の英語, の見識, の解釈, の資力, の道, の金, は輸出品, 強い力, 思い切って, 高い趣味

▼ する~ (112, 0.0%)

5 が多い, になっ 4 もある 3 がある 2 があった, であった, であったから, と同じ, になつて, はたくさん, は少なく, は稀, も多い, も少く

1 [75件] あれど, があるなら, がいくらでも, がいつか, がたくさん, がまま, がよく, が二三, が多く, が少く, が沢山, が相応, であったが, であったと, であって, である, では, で御, となっ, となり, なりきといふ, なりけれ, になった, にならっ, にまでなった, によってあ, によって自然, のお歴々たち, のロシア, の如く, の怪力, の放火魔, の新派, の杭, の第, の野薔薇, はあと, はあまりに, はすでに, はない, は一再, は何程, は再三, は基礎科学, は多々, は多い, は多く開花, は存外, は実に, は幾ら, は恐らく, は滅多, は羽後, は自ら創め, は芭蕉初期時代, は薬, は貧しい, は非常, もあった, もまま, も事実一度, も少なく, も少なし, も弘, も決して, も沢山, をひい, をわたし, を僕, を屡々, を私, を見る, 多きこと, 多し, 多しと

▼ する約束~ (112, 0.0%)

11 をした 8 になっ 7 をし 3 がある, であったが, をしました

2 [14件] があった, がし, ができ, が御座いまし, が書い, だった, だったので, だとさ, でその, なん, の日, をさせられた, を実行, を持つ

1 [49件] があり, がございました, が出, が出来, が出来たらしい, が御座いました, が成立, が生じる, さえした, じゃなかった, だけれども, だったが, だったじゃ, だったん, だつた, だつたが, だつたん, であった, であったのに, であるが, でお世話, でこ, でここ, でしたけれど, でしたな, ですので, ではなく, で働い, で同氏, で夜ふけ, で掘る, で掛り人, で纒まつ, なので, なら決して, なんかしやしない, なんで, に, になってる, になつて, にもなつて, のある, のほぼ, の確証, は豫, もし, もした, をさせた, を果す

▼ する~ (111, 0.0%)

9 ういふ, うだ 6 うして, うだから 3 うした, うだが, うで, うである, うです 2 うすれ, うだけれども, うだと, うですから, うですよ, うで初めて, う云, と打

1 [50件] いずれに, ういふ告白的, ういふ安心, ういふ愛, ういふ時, ういふ生活, ういふ非難, うする, うすると, うだといふ, うだね, うぢ, うであるが, うでその, うでは, うで私, うな, う言つた具合, う言ふところ, おい苦沙弥君君が, する慰めるいたわるという, そくの, その代り, その方, だめで, つそく, へある, へが苦しく, へに心ぐる, へ容易, へ忌々し, へ恥, へ愚劣, へ愧, へ有る, へ空, へ苦しい, へ許されぬ, へ贅沢, へ邪魔, へ隨分嚴, まで, むらい, むらいだ, アそう, ア此文字は, 何事も, 奮発を, 婦人会の, 若し君

▼ する~ (111, 0.0%)

48 はざる 9 はざるもの, はずして 8 はざりき 7 はざれ 4 はさる, はざら, はざりし 3 はざり 2 はざる所

1 [13件] あらば, がある, が無, ざる時, の舞台面, はざるの, はざる一證左, はざる可, はざる時, はざる碁, はざる者, はす, はぬ

▼ する思想~ (110, 0.0%)

5 である 3 がある 2 と生活, と相, はまさに

1 [96件] からすれ, からは強, から來, から出, から姑, があっ, がいかに, がもしも, がよく, が人, が元, が生じた, が著しく, が頭, こそきわめて, さえも一見, であって, であります, であるか, でないこと, ではない, というもの, として左翼思想, と言論, と關係, なども先進篇, なり意思, なり気分, なり言説, なるもの, においてさ, によって作られた, に出会った, に外, に対して近代科学, に於きまし, に至り, の, のこと, の上, の人間, の傾向, の冷酷, の史的発達, の媒介, の媒介活動, の流れ, の獨立, の現われる, の生え上った, の神格化, の程度, は, はいつ, はない, はカント, は個人, は単に, は必ずしも, は思想, は恰も, は我国, は支那, は日本民族固有, は暫く, は最大, は皆不知, は矢張り孔子, は色, は高遠, は鷲, ほど自由, もしくはその, もまた, も危険, や信仰, や行為, よりせる, よりも共通, を彼ら, を意力, を所有, を持っ, を根拠, を無, を生じ, を生じた, を發表, を知る, を裏, を見渡し, を説明, を起こす, 即ち貞操, 及び信仰, 或は吾等

▼ する程度~ (110, 0.0%)

9 のもの 3 に應, に於 2 なの, の大小

1 [91件] から進んだ, がひどく, が原則的, が増す, が少く, が強い, が強ま, ぐらいまでは容易, だが, だけその, だけ購買者, だったから, であった, であったが, であったけれども, であったに, であつ, でさえなけれ, でよい, で声, で苦い, で薬, とその, と同じ, なれば, にあった, にある, において古, にごく, にし, にしか知つて, にすぎぬ, には好き, にまで纏った, にまで至っ, にも至つて, にやむをえず, にわが, に元気, に従って女性, に従つて, に從つて, に応じ, に愛読, に押え, に理解, に着馴らした, に至らぬ, に訪れる, に達し, に達した, に高い, のかつぎ, のこと, のなん, のスケール, の作家, の変更, の姿態, の宿屋, の差異, の強, の恐るべき, の愛着, の才能, の智識, の物, の真剣, の着物, の細字, の脚本, の賃銀, の量, の金, の間, の高, の高い, はまだ, は人間, は変異性, は米国議会, は農業国, までに進めなけれ, までは進歩, まで進歩, も区々, を出ない, を厳密, を多く, を減少, 下っても

▼ する~ (110, 0.0%)

8 を心得 6 もない, を知らない 5 はない 4 を知っ 3 がなく, なきもの, もなかっ, もなく, を教え 2 がない, がなかっ, ですよ, も知らなかった, を発見, を知らなかった

1 [54件] があります, がございました, が見出される, さえない, さえ持ち合せ, さえ知らぬ, だったん, だな, だろう, で催眠術, と呼吸, と異形身, なく娘, なり, にし, にも晦い, によってのみ我々, の事, はなかっ, はなかつた, は早くから, は江戸, は知らなかった, もある, もあるまい, もございません, も生, も知らず, も知らない, も自信, も覚えた, やまた, をこころえ, をご存じ, をも心得, をわきまえ, を会得, を伝授, を修行, を具, を失っ, を学んだ, を得た, を持ちませんでした, を新た, を松尾葉子嬢, を発明, を直吉, を知らなかつた, を知らぬ, を知る, を私, を考える, を言論

▼ するとの~ (109, 0.0%)

7 こと 6 ことで 5 ことである, 事で 4 噂が 3 うわさが, ことだ, 噂も 2 ことが, ことであった, ことでした, ことな, ことは

1 [63件] うちあけばなし, ことだつた, ことでございます, ことです, ことに, ならむや, マジナイも, マジナイを, 予感である, 事だ, 事であった, 事である, 事です, 二つに, 二条に, 仰せだった, 作業仮設の, 俗解あれ, 兩樣あり, 判断は, 判決例の, 別あり, 利害得失を, 前ぶれあり, 前置きで, 効能を, 原則に, 噂であり, 報あり, 報を, 報何を, 大評判, 大阪行に, 学説ジェヴォンスと, 届ハリキリ・ボーイズは, 差である, 布令じゃ, 御主張, 御論, 意を, 意見を, 条件の, 極めて安易, 法則を, 由で, 申し出で, 白狐をも, 約束の, 見解は, 記事であった, 評判が, 話でした, 説あり, 説が, 説も, 返事であった, 迷信である, 違いで, 間に, 風聞であった, 風評が, 風説ある, 騒ぎが

▼ する~ (109, 0.0%)

5 にこの 4 に必ず 3 に彼

2 [11件] に, にあの, にプラツト・フオオム, に不愉快, に之, に先づ, に旧式, に異様, に私, に美奈子, に自分

1 [75件] にあふれる, にいつも, にくり返し, にけたたましく, にさし, にそうした, にその, にそれら, にたらたらと, にどんな, にひどく, に一々, に三十フラン, に三十円, に世界, に並木, に乗客, に乙, に今度, に何, に儂, に各地, に坂本, に大阪, に妖氣, に寒, に小さい情ない, に少く, に尚, に常に, に幾度, に彼女, に心身, に思い浮べ, に我々日本人, に手, に手拭, に手水, に新語, に日本語, に明滅, に暑, に朝臣, に染, に様々, に正しき, に深められ, に父親, に甲, に甲其物, に痛, に痛む, に皮膚, に眉, に研ぎ, に立ちあがつ, に箔, に臍, に自動車, に自然, に自然運河, に船中, に苦しむ, に藤原時代, に衆議院議員總選擧, に裸女, に警察, に輒, に銀, に鎌, に離反, に非常, に面白, に顔形, に顧

▼ する心持~ (107, 0.0%)

3 はよく 2 がよく, だとか, になった, になつ, に引き摺られ, の影

1 [92件] からは自分, からほんま, から引戻, から演ぜられた, があったであろう, があつ, があり, がある, がお松, がした, がその, が働い, が実際, が少し, が強く, が彼, が抑, が歌, が現れ, が示され, が進みたくない, が露骨, だ, だの何ん, だろうと, でいせえすりゃ, です, でその, で眺め, で興奮, で車夫, で鰐, で鰹, とかこれ, とが他, とで自分, とを持っ, と同じ, と煙草, などもう, になっ, になりたい, になります, になれた, になれない, には単に, には女, には若い, に対する自嘲, の上, の同気相求むるところからであったろう, の底, の相違, の表現, はそれ, はなま, はなんと, は何, は却って, は却ってそのまま, は寂し, は少し, は必ずしも, は描け, は決して, は独特, は自分, まで押, もあった, もあつ, もありませんでした, もつよい, もどう, もない, も一般人, も手伝った, も持つ, も起らない, をさ, をそのまま, をつよめられる, を動かされた, を察しる, を工, を悉, を押, を捨てなけれ, を歌つたの, を現, を知っ, を碎き, 南無する

▼ する~ (107, 0.0%)

6 はない 4 がない 3 の下 2 に力, のある, もある, を休め, を止め, を瑠璃子

1 [82件] から大柄, が, があたり, がちと, がトテモ鮮やか, が乱れた, が冷たい, が外套, が現れ, が硬, が見えない, が見つからない, が非常, しかない, ずさび, つづきを, であ, であった, でした, でじぶん, で懐中, で握りしめ, で肩, というもの, とさ, に, にとまる, に一寸, に一杯, に信子, に引かれ, に暇, のむれ, の傍, の小指, の形, の指, はありません, はこの, はさらに, はないだろう, はもう, は残っ, は無えと, は震えた, もあった, もあり得るです, もなし, もねえ, もまじっ, も届かず, や足, をおさえました, をじい, をつづけた, をはらいのけ, をはらつ, をやめ, を二つ, を叩き下し, を否応なしに, を左, を心地よく, を思いついた, を感じ, を押え, を拒ん, を握つた, を握りしめる, を止めたらしく, を止める, を泳がせ, を生温い, を画家, を留め, を知らず稼ぐ, を苦, を離せ, 懸かりは, 捲き莨, 曳きを, 荒い茶色

▼ する次第~ (107, 0.0%)

41 である 16 であります 9 です 4 ではない 3 だ, だが, で御座います 2 であり又, でございます

1 [24件] であ, であった, であつ, でありて, であります義淨, であるから, であるしかし, である事, ですが, ではなく, でもない, でもなく, でも無い, なの, なり, なれども, になった, には行かない, に行かない, は何故か, は先ごろ朝廷, を叙, を考へ, を陳ぶ

▼ する通り~ (107, 0.0%)

5 にし 4 になっ 3 である 2 であるが, になし得る, になつて, になる, に作られ得る, のもの

1 [83件] あたかも阿部, かるく翼, ご辺, させて, しゃがんで, その伴, その兄弟, その声, その論理的把握, であります, であるから, ですが, な筆, におし, にかえ, にかの, にさせ, にしなけれ, にそわそわ, になす, にならう, になろう, にやる, にヒョコリヒョコリ, に余, に千世子, に受け, に口, に大きな, に女, に己, に弱い, に成立, に文章, に断髪, に気, に現, に現われ, に理解, に眞, に真, に社, に私, に立とう, に竜, に絲, に自分, に花莚, に行った, に行つた, に重, に錠穴, に開け, に頭, に飛び跳ね, に髪毛, のこと, の事, の事態, の功能, の単純さ, の句切点, の声, の強く, の形式的, の所作, の最も, の熟, の申立, の癖, の薩州人, の間柄, はなはだしい苦痛, やったの, をしよう, を真似た, 凡そ概念, 大部分無用, 少し陰氣, 本当にあの, 熱した目, 過ぎし夏, 黒い眉

▼ する世界~ (106, 0.0%)

5 でなければ 4 である 3 のこと, の中 2 だ, ではない, にのみ閉ぢ, の一角, の個物, の生産様式, はいつも, を想像

1 [75件] からその, からの刺戟, がある, があろう, がそして, が不景気, が多く, が広く, が明治東京, が来る, が現われ, だけが真実, であり従って, であり百歳, であり矛盾的自己同一的, で一方, で働く, として作られた, として感じた, なの, なん, にあまり, においてのみかかる, にはめ込まれた, には通用, にもどれほど, に不満, に対して持っ, に於, に立つなら, のすべて, のそ, の中心, の偉人, の多い, の大, の形成的要素, の形成要素, の心, の悲劇, の批評家, の拡大, の民主化, の永久, の法律, の眺望, の表現作用的個物, の諸, の諸相, はこの, はたしかに, は一面, は主として, は似, は何処, は何時, は多, は大きく, は小さく, は斯, は法律的, は現実, への没頭, へ本当に, へ這入, へ這入っ, へ飛び込ん, をかかる, を在らせなけれ, を宿す, を形づくつ, を拡張, を書かず, を認め, を透し

▼ する~ (106, 0.0%)

7 となった, になった 5 になっ 3 かと思へ, となっ 2 でありながら, ではない, となりました, となる, になつて, には同じ, のならい

1 [67件] がため, がまえ, が獣, が盜賊, こそ浮きたれ, だ, だから, だつて, であるかぎり, であると, であるとの, でもありません, で生還, として事整, となつ, となり, とはなった, とはなりけるなり, とはなり果てけり, と変つて, なの, なれば, にてあり, にとってはこの, にとつ, になつ, にならなけれ, になる, には, にはなりました, には僅, には危険, には庭, には時たま, には舊, には許嫁, にも豐富華麗, に危害, に等しかっ, のうえ, のこなし, のせん術, のまま, の今さら胸轟, の何とて, の夏, の御, の片, の痛まし, の肉, の見, はいよいよ, はなおさら, は仮令, は別, は待つ, もこの世, も心, も聊か, を危く壁掛, を失う, を無慙, を照らす, を辛く, 振である, 振の, 振は

▼ する一種~ (105, 0.0%)

2 の特別, の默聽

1 [101件] いわゆる手継文書, のポリシイ, の下心, の事業, の亢奮, の人, の仲買い, の企業家, の信仰, の修練法, の僻見, の利器, の努力, の動物的, の卑猥, の句法, の同情, の哲学的浮浪人, の喜び, の営業, の器械, の墳墓, の声, の外衣, の好奇心, の如才, の學校也, の安価, の客觀的出來事, の害虫, の常套, の年中行事, の幻覚, の形式, の徒然, の徽章, の悪鬼等, の情熱, の感情, の憧憬, の戸数割, の技巧, の抗議, の政府, の方則, の方法, の旅愁, の智識慾, の最後通牒, の本, の本能, の本能的, の死, の氣, の熊野比丘尼, の熱い, の營業, の物, の狡猾さ, の病的傾向, の癖心, の白痴性, の社会意識, の神裁政治, の秘密協約, の秩序, の童心, の競技, の第, の精気, の精神病者, の統制, の義務, の舟, の芝居, の芸人的媚態, の芸術, の芸術的立場, の英風, の草, の蜘蛛, の装置, の要求, の見解, の説話躰, の警戒線, の貝, の財産, の賭け骨牌, の踊り, の近古美談, の逆説的詩学, の道芸人, の邪教徒, の酒, の野次馬, の陰性, の霊氛, の風流団体, の骨董屋, の高級娯楽機関

▼ する~ (105, 0.0%)

2 には大, には表裏二面, に出, に自分

1 [97件] か他人, か古, か廊下, し果てない動作, だつたの, である, でもあつ, として複雜靈妙, に, にいろ, にこの, にそれ, にたび, にねぐ, にはどうしても, には久しく, には努力, には吾人, には廿位, には必ず, には手段, には支那人, には是非, には時間, には更に, には木, には未だ少し, には東洋, には虎鬚, には賊盜律, には邸内, には頑固, にもう, にも亦, にストライキ, に一人, に一生涯骨, に一足先, に之, に予, に二三度搖, に亨一, に住宅, に何程, に作られた, に僅少, に僕, に先づ郡役所, に其處, に勝手, に古, に埃及回教徒, に外國, に大, に天性, に字餘, に小間物屋, に幾本, に庭, に彼, に必要, に戀, に成立, に戰爭, に手, に新, に映, に末端, に此, に此世, に此處, に氣, に滿洲, に滿洲邊, に特に, に用意, に盛, に直ちに, に礎石, に神, に自, に船, に苦しん, に茲, に萬事昔, に身, に身内, に銛, に雜木林, に食料, の個人的形式, の必要, の教養, の本, の術策, の誇張, の道具

▼ する~ (105, 0.0%)

13 もある 6 がある 3 を否定 2 があり, が行, には反対, のある, は誤り, もあり

1 [71件] ありて, があった, があります, がま, が出た, が出たらしい, が古く, が多い, が多かっ, が提出, が有力, が正しかろ, が種々, が起っ, だ, だが, だと, であつ, である, で古今藝術圖, といろ, とがあつ, とがわかれ, とであった, とジユピター, とトルコ系, などあります, などが其, などはしなくも, などは到底, などをも生じ, にはくみし, には無論, には賛成, に帰着, に従, に從, に応援, に私, の方, の生ずる, はある, はかなり, はこれ, はその, はなりたたない, は余り, は古書, は多く, は容易, は心, は成り立たない, は成り立ち, は極めて, は誤, は近代初期, は題詞, も, もあった, もあつ, も以前, も出でた, も尚, も概念的, も生じた, をなす, を一人, を信頼, を取つ, を強められた, を聴く

▼ するの必要~ (102, 0.0%)

8 がある 4 あり, なること 3 ありと, あること, はない, はなかっ, もなく, を感じ, を見ず, 無之

2 [12件] あらむか, あると, あるとに, あるべきは, がない, なかりしに, に迫られた, を信じたる, を感ぜず, を認めぬ, を説く, 最も大

1 [38件] あらば, あらんや, あるが, あるもの, ある土地, ある所以, がありました, が生じ, が認められ, なかる, なきに, なく恐らくは, なし, なし唯, なし直ちに, などに促された, なるゆえん, なる所以, な条件, にも迫られ, に迫られ, に迫られる, のため, はあるまい, は全然, は無論, も生じ, を唱, を始め, を感じた, を感じたる, を感じました, を感ぜり, を減少, を見ざれ, を認め, を説き, 無し依

▼ する~ (102, 0.0%)

12 へ方 3 だ, へである, へな 2 は既に, へ, へだ, へなので

1 [73件] からは同じ, がなく, が著, が起らなかった, が起らなかつた, である, であるが, で七つ, で居る, で目下材料, に候, の上, はその, はつまり, はなかっ, は以前, は前, は十分, は十翼, は右, は少し, は毛頭ない, は無い, は玉海, ふべし改むべし, へかも知れない, へから出発, へから起つた, へがある, へが外来思想, へが導かれ, へが彼等, へが急, へが是, へが暦法採用以後, へが残つて, へが變, へが起る, へが非常, へすらもつ, へすら夙く, へださうだ, へです, へでもう, へで始, へで居る, へといふ, へと今一つ, へに変り, へのあつ, への出, への動い, へはもつ, へは世間, へは人, へは勿論, へは唯, へは失はず, へは寧, へは幼神, へは極めて, へは毛頭ない, へは皆, へは誰, へも出, へも載, へを等し, へを纏め, へ時間, もある, もない, も相, も變ツ

▼ する人達~ (98, 0.0%)

3 の姿 2 であつ, である, といえ, のため, の間

1 [85件] からもよく, から見れ, がいちいち, がいる, がこうした, がその, がどうも, がゐる, が今, が働い, が出来, が多く, が威勢, が巧拙, が幾組, が最も, が波止場, が路傍, が非常, さえあり, だ, だつた, だな, だわね, であらう, であろう, でもない, と全く, に, にしか求められなかった, にとってはあまり, にはクリスチヤン・コンランド・スプレンゲル, には不便, には出来ない, には誰, に帽子, に思ひ較べ, に混, に触れない, に貸し付け, のうち, のこと, の一生なぞ, の中, の丸く, の何, の側, の危険, の小脇, の後姿, の振鈴, の握飯みたい, の會, の気分, の消息, の生涯, の真に, の義務, の行列, はいつも, はこの, はさしづめ, はそれ, はつき, はほんとう, は互いに, は他郷, は多く, は所謂政治家, は時世, は正午, は種々, もあわて, もその, も多く, も私共最近, や駄馬, をちょっと, をよく, を乗せた, を可, を生れ, を目あて, を睥睨, を見

▼ する~ (98, 0.0%)

6 でした 4 です 32 でこの, ですが, で年, に食券, の嬉し, の話, の魅力, はこれ, をねエ, を一人

1 [65件] お妙, かと思う, があっし, があつし, がある, がいる, がどう, がどうか, がゐ, が幾人, が有るだ, が行く, ご, だぞ, だと, だといふ, だな, つ子, であったこと, である自分, でしょう, でせう, ではあった, として働き, にさう, には頓着, に似, に如何, に左門, のある, のいた, のほう, のやう, の健気, の唇, の姿, の手, の方, の浮いた, の混乱, の為, の特徴, の独特, の生家, の白い, の身許, の駒下駄, はたしか, はない, は張り, は張りきった, は泣き出す, もある, も少なく, よりもっと, よりもつ, らしい羞じらいと, らしさ, をつれ込ん, をふり捨て, を助け, を強, を捨てられる, を断わっ, を止め

▼ するだけでも~ (96, 0.0%)

2 なかなか容易, 容易で

1 [92件] あまり気持ち, いいそんな, いぶせい教誨, おかしくなっ, おそろしいこと, おそろしいの, おどろくべきもの, おどろくべき大胆さ, かなりごたごたした, かなりに, かなりの, きょうの, この暗い, すでに上機嫌, すでに相当, その人, その効能, それだけ倉地, それは, それを, どれだけ, なかなかの, なかなか困難, なんともいえない, ましである, まねの, みんなの, やっとこさと, よいそれ, よろしいでしょう, トムは, 一日を, 一週間ぐらい, 三つの, 不可能の, 並みたいてい, 主婦の, 二頭で, 人間一代を, 何かの, 倖せだ, 僕たちは, 儲けもの, 充分な酬い, 充分仕事が, 労働者階級の, 十分幸運じゃ, 困難を, 堪らなかった, 多少の, 大きい感化, 大変だ, 大変である, 媚液を, 嬉しい, 実に国, 寒いよう, 当時の, 彼は, 彼女は, 得ですよ, 心が, 思い半に, 恐ろしいこと, 恐ろしそう, 愉快で, 愉快であらう, 愉快な, 日々気が, 楽しみが, 気が, 溜飲が, 無為の, 犯罪発覚の, 甚しい, 異端だ, 疲れる, 相当こたえた, 相当時間, 眠くなる, 私は, 空恐ろしく気, 立派な, 美味そうです, 自然に, 致命的な, 苦しい, 苦笑を, 赤面逆上しない, 退散する, 非常な, 面白い読み物

▼ する~ (96, 0.0%)

4 つて 2 すがに, すがも, 僕は, 君の

1 [84件] あんまりだしぬけだ, いざ雪, いひひひ, おかげで, おしめり, おせんおまえに, おれは, お前さんが, お前は, かうして, きっと牛乳屋, きつと, ける留める行, こっちは, この帳面, さしでがましいが, さを, しかし君, し予, じき帰る, じゃ達者, すがは, そして降参, それから, それから何処, それが, それじゃあ, それに, それは, ちょいと, つい今しがた, つていくらでも, つてや, つまり大政, ではあと, とおも, どうかし, どうもいかん, なア, な眼, な顔, に字, ひどれ, ぼくは, やれやれこれ, ゆうが, ゆうも, わけが, ッ, ナタリイ, ハックショ, 一緒に, 不気味だ, 何も, 余りだしぬけだ, 僕が, 僕だ, 先学期からの, 全く, 八, 冗談じゃ, 前から, 君に, 大きい者, 嬉しからう, 嬉しかろう, 実は嚮停車場, 待って, 恐いよ, 教育が, 新撰組の, 普選に, 本当に, 物は, 現金では, 生蕃は, 私には, 私は, 私ゃその, 細君に, 行つて見よう, 身元を, 軍に, 餘りだしぬけだ

▼ する若い~ (94, 0.0%)

9 女の 3 男や 2 人たちは, 女が, 女は, 女性の, 男, 男女の

1 [70件] さむらいも, のは, ひとくみの, ジェネレーションの, ヂェネレエションの, ブルジョアジーの, プロレタリア文学の, ロシアの, 世代は, 二組という, 人々にとって, 人々の, 人々男の子は, 人物たちは, 人達と, 人達に, 仏蘭西人の, 作家たちだつた, 作家ばかり, 健康な, 先生に対する, 兵士と, 兵隊を, 力の, 労働者たちの, 医師に, 品の, 哲学者の, 声が, 夫婦らしい, 女から, 女とて, 女太夫一人で, 女子と, 女性たちの, 女性に, 女性達の, 女芸者が, 妻としての, 娘が, 娘の, 婦人たちを, 婦人であるなら, 学徒に, 学生達を, 学者たちに, 官吏諸君は, 弟子の, 役者が, 技術家, 殿上人などが, 母親に, 水兵達が, 男だけでも, 男で, 男でした, 男には, 男一人は, 画家たちによって, 竹内数馬の, 胸には, 芸妓, 芸者が, 記者諸君に対しては, 詩人の, 農夫が, 連中が, 霊の, 頃は, 魂の

▼ するくらいの~ (93, 0.0%)

9 ことは 5 ことで 3 ものだ, もので, ものであった, ものである 2 ことを, 人だ, 奴だ

1 [61件] お金は, ことでした, ことにて, ことにも, へんに, ものが, ものだった, ものです, ものは, 乱心なれ, 事は, 交際が, 人の, 人は, 人間だ, 体格雄偉な, 余裕は, 余裕を, 使いあるき, 僕だ, 初心な, 力が, 力と, 勇気が, 厚顔を, 可愛らしくお, 土地だ, 坂上りで, 大きさ, 女です, 奴は, 子供を, 小味な, 屈辱として, 年齢に, 強いところ, 影響を, 役には, 心持で, 心組みで, 情味が, 智恵が, 智慧の, 暖かさ, 極刑に, 権力を, 機転が, 気は, 浮気ものでございます, 用途しか, 確かさを, 程度, 美少年である, 義侠心は, 聡明さを, 覚悟が, 貧困な, 迅い, 連中が, 道楽気が, 適任だ

▼ するすべて~ (93, 0.0%)

22 のもの 3 の人, の人々, の者, の貨物 2 ではない, のこと, の思想, の物, の結果, の誤謬, の責任

1 [45件] がす, が含まれ, が幽霊, である, の, のエゴイズム, のドイツ人, の人間, の会社, の作家, の内面, の努力, の味, の問題, の善人, の声, の外國製布, の実験, の悪法, の悲しい, の態度, の改良, の文書, の機会, の機械, の欲望, の毛織布, の活動, の演劇人, の精神, の美點, の考えごと, の若い, の苦しみ, の葡萄酒, の言葉, の量, の關係, の靈魂, はもし, を世阿弥, を受取り, を寝, を彼, を賭け

▼ する立場~ (93, 0.0%)

4 にある 3 になった, に立った, に置かれる 2 が極端, である, にあった, にあつ, に立っ, をとる

1 [68件] からいう, からそれ, からはリッケルト, からも極めて, から一応, から云つて, から力強く, から懇意, から暫く, から申します, から見れ, が初めて, が従来, が異, が要求, だもの, でありあくまで, であるいは, であるが, でなく却, では国際平和, で国家, で持ち出され, として歌わせ, とも差当り無関係, にあり, にあれ, にいる, にうつる, においてである, において相, において知識, になったらしい, になつた, にのみ止まり, にもいろいろ, によつて意圖, に哲学, に廻る, に於, に止まっ, に立たなけれ, に立ち直らなく, に立つ, に立脚, の人, の人たち, の者, の銘々, はこの, はこれ, は別, は道徳的立場, までこぎつける, もある, をあきらか, をしめし, をもっ, を云, を守つて, を感じた, を持つ, を暴露, を標榜, を発見, を脱しきれない, を興した, を離れる

▼ する~ (92, 0.0%)

52 やない 26 やありません 3 やねえか 2 や, やらうが, やア, や無い 1 やがな, やなし, やらう銀紙ぢ

▼ するなどは~ (91, 0.0%)

3 思いも 2 あまり遠慮, お勝手元, 人間平等の

1 [82件] あまりに恐ろしい, いくら消毒, いたずらに人, いらないこと, おそらく同氏, およそ滝中, きわめて初歩, じつに愚か, すでに軍書, その一つ, その一例, その努力感, ちょっと思いつかぬ, はなはだ無邪気, まちがいである, みなひとたび, 一は, 乱暴極まる, 人間の, 仏教の, 以てのほかと, 何ごとぞと, 余り興, 僭越に, 先づ善い, 全く滑稽, 全然理解, 出来ない事, 勤務し, 古今に, 嘆わしい, 国辱だ, 場所は, 大害, 失礼で, 如何に, 実におおけない, 実に堕落, 実に珍しい, 実に羨し, 実もっ, 容易の, 尋常の, 幾らも, 当らない推量, 当を, 後回わしに, 忌々しい, 思ひも, 悪党らしくない, 愚の, 我儘な, 所詮できる, 手数が, 支那人の, 最も俺, 望んでも, 未来への, 武門の, 殊にいけなかった, 海上の, 滑稽さ, 狐を, 猶更無駄, 生意氣, 異例に, 白刃既に, 皆暴動であり, 皆暴動である, 穏か, 立派に, 素人が, 絶対不可能に, 罪が, 義貞ほとんど, 考え様に, 自分で, 読者に, 誰れ, 警戒すべきであろう, 食い方, 馬鹿の

▼ する為め~ (91, 0.0%)

4 に私 3 にその 2 だと, である, に来た, に生れ, に神, に色々

1 [72件] か何, さ, であらう, であらね, ではない, なり, なれば, に, にあなた, にあらゆる, にいそしまね, にこんな, につけた, にはお前, には居留地制, には決して, には流暢, にも結婚, にキチン, に一寸結城邸, に一昨日, に人類, に他人, に仮令, に作られた, に作られよう, に作家, に僕, に全身全霊, に出た, に刺青, に労働者, に同乗, に学問, に専門書, に広島, に必要, に挙げ, に数万金, に時々, に有らゆる, に東海道, に死, に殊更, に渡良瀬, に用いられる, に直ぐ, に私達, に空間性, に簡単, に紛れ込む, に結婚式, に統一的, に翻訳書, に蓄え, に行った, に街, に表, に計, に費されたる, に近づく, に難行苦行, に饒舌, に驚く, のこの, の便利, の出入口, の室, の描写, の方法, の服装, ばかりじゃない

▼ する考え~ (91, 0.0%)

5 である 3 であった 2 があった, がある, でいる, はない, はなかっ, もない, を持っ

1 [69件] かという, からかあるいは, がこんな, が一般, が女, が起こる, が足, だ, だそこ, だった, だとか, だな, だなと, であったか, であるが, であるに, でおられた, でおりました, でおります, でご, でございます, でないこと, ではあるまい, ではつまり, ではない, ではなかっ, でもあり, でもいました, で三, で兄さん, で歌, というもの, とが僕, とそれ, なの, ならば, なんぞ毛頭, にちがい, にてずいぶん, になっ, にもうなずく, のよう, の一ツ, は, はさき, はやはり, は人類, は大地, は我々, は持たない, は毛頭ない, は論外, は駄目, もなく, もなけれ, も何, やその後, らしい, らしいが, をもった, を全く, を含ん, を展開, を抱くべきである, を持ちません, を持つ, を真面目, を立て, 深いいく

▼ するしか~ (90, 0.0%)

13 なかった 12 ないと 11 ない 5 仕方が 4 あるまい, ないの 2 ないこと, ないでしょう, ないよう, ないわけ, 能が

1 [31件] ありますまい, ありませぬ, しようがない, ないでしょう私, ないという, ないところが, ないとも, ないのっぴき, ないのね, ないもの, ないわし, ない人民, ない文面, ない気質, ない水, ない由, なかつた, なかつたから, なくなった, なければ, 丹羽遠江守の, 方針も, 朝廷への, 生きる道, 生き途, 療法は, 知らないが, 能の, 術が, 途は, 道は

▼ するといった~ (90, 0.0%)

22 ような 3 のは, ふうな 2 ところで, 風である, 風な

1 [56件] くせに, ぐあいで稼ぎと, そうだ, そして美奈子さん, そのとても, その言葉, ところが, ところがここ, のを, ふうが, ふうだった, ふうであった, ふうに, やつ, バンカは, 主人は, 人柄でした, 人柄です, 伸縮性の, 具合に, 名人が, 如く形, 形で, 形に, 彼は, 性質の, 恐ろしく気, 息子の, 感じの, 態た, 方が, 時に, 有り様です, 有名な, 有様で, 有様なにしろ, 気合いだった, 派手な, 物静かなささやき, 王族の, 生活が, 男, 程度である, 立場で, 肌合いの, 能力を, 螢が, 調法至極な, 質の, 重っ苦しい, 青木は, 頑固一点張りの, 風で, 風の, 風格には, 鹽梅であった

▼ する~ (90, 0.0%)

5 である 3 がある, が出 2 があった, だ, をきい, をする

1 [71件] かもしれない, が, があ, があっ, があつ, がその, がたくさん, が多い, が多く, が政府, が載せ, じゃあないでしょう, じゃなく, だぞ, だと, だ彼等, であった, であるが, でした, です, ですが, ではない, でもう, でやはり, で両人, で他, というの, と国王, など聞く, なの, なん, にし, になつ, のき, のよう, の中, の出, の単なる, はいまだ, はお互い, はどうか, は一つ, は同じ, は実は, は普く, は秘密, は逆, は酒, は限り, ばかりだ, もいわば, もない, も種々, やつかまえる, や桜井, よりはもつ, をお, をたくさん, をついに, をもぎ, をもち, をもれなく聞こう聞こう, を一言, を受け入れさせる, を始めた, を小説, を書いた, を書かなかつた, を書きとっ, を聴いた, を聽

▼ する唯一~ (89, 0.0%)

9 のもの 8 の方法 5 の道 3 の手段 2 の力, の原因, の点, の理由, の証拠, の途

1 [52件] なる世界, な時間, のところ, のドア, の人々, の共通点, の商業, の城址, の場面, の大衆組織, の妨げ, の意識, の慰安, の政治活動形態, の文化部門, の日本語, の有効, の望み, の材料, の果実, の栄典, の根柢, の標準, の標識, の機会, の機関, の活路, の物, の理性, の異性, の目印, の目標, の目的, の真理, の科学的, の者, の臨床療法, の要点, の詩人, の話手, の認識方法, の謝礼, の財産, の貨幣, の貿易港自由都市, の通行券, の通路, の道具, の重宝, の鍵, の青年, の高度文化

▼ するどころか~ (88, 0.0%)

2 むしろ文化, 一人残らず, 私は, 自分の, 面白くて

1 [78件] あわてはためいて, あんたたちは, いかに刑罰, いたずらに昏倒, いよいよ深く, いよいよ私, お縄, かえっていっそう彼ら, かえってこれ, かえって叱り飛ばしや, かえって憤激, かえって毒する, かえって相手, かえって紛糾, きわめて急速, この家庭, この玄蕃, これぞ探偵小説, すつかり, すでにおそるべき, そのままそこ, その幼童, その浮藻, その生れ, それと, それの, それらが, そんな風, ただおそれを, てんで何, てんで頓着, できること, できるだけ姿, どんどん兵隊, ひたむきな, まことに俗, みんな自業自得と, むしろその, むしろ奨励, むしろ当惑, 下へも, 両手を, 人が, 人間の, 人間生活に, 今日の, 伊賀の, 何でも彼, 何の, 俺たちの, 却って尊敬, 反対に, 取り脱す暇, 咽が, 常にそれ, 思い切り荒立てたくなる, 悉く反対, 我慢できない, 明日の, 村人達は, 民衆の, 無事に, 玄関を, 生存を, 益々露骨, 相も, 相手に, 真実を, 私も, 私自身さえ, 衛兵の, 賛成を, 逃げまわるばかり, 逆に, 進展し, 長びくこと, 非常に, 頑固に

▼ するやら~ (88, 0.0%)

3 した 2 して, たいへんでした, 玉を, 肩を

1 [77件] いかにも丁寧, いやがる, いや全く, いろいろと, うろたえ騒いで, お茶お菓子昼食がわりの, がらりと, こん棒片手に, したあと, そうかと, その間に, それに炭屋, それを, たいへんだ, たいへんな, たいへんなさわぎでした, ただならない, てんやわんや, で, であつ, でいろいろ, どうやらこうやら, ほとんど一時, まるで曲馬小屋, むさらさら, もんどりを, ようやく般若, わかったもの, シュトルツ夫人の, テンヤワンヤする, ホッと, 一家が, 一斉に, 下にも, 二十二の, 人を, 仁右衛門は, 何やら, 全米国, 友達に, 向脛, 唱歌する, 夢の, 大さわぎ, 大騒ぎ, 大騒ぎに, 子供たちの, 寺僧が, 小半時か, 師匠は, 平胡坐, 幾多の, 建物の, 怪しむやら, 掠奪を, 時ならぬ, 村には, 村役場へ, 注射を, 洗濯を, 知れませぬ物, 祈願を, 笑ふやらで, 絨毯を, 自分の, 茶碗に, 見て, 見當, 親たちを, 計り難い, 話は, 進んだり, 金どんも, 鏡や, 障子を, 飛だり, 鼠の

▼ する予定~ (88, 0.0%)

9 だった 7 であったが 5 である, になっ 3 であった, であるが, なので 2 だ, であるから, なり, にし, のもの, を変え, を延ばし

1 [39件] が数時間, だったたくさん, だったの, だったらしいのに, だった三月事件, だった列車, だつた, だつたの, だと, ちゅうことじゃったが, であったから, であったに, であったの, であります, であること, でこれら, でしたが, でした海抜一二四四・二メートル, です, ですか, ですから, でないの, ではある, で居ります, で案内役, で決め, なの, になつて, にはなっ, のところ, の場所, の変り, の松本英子, の私, の訳本, の身, らしかったが, をたてた, をもっ

▼ する計画~ (88, 0.0%)

7 がある 5 を立て 4 である, をたて, をたてた 3 を立てた 2 があった, だ, をすぐ, を立て始める

1 [53件] からで, がありまし, があります, があるらしい, が成立, が有, が漸く, が示唆, が立てられた, さえある, だが, だそう, だった, だったの, だなと, であったと, であつ, であります, であること, でおります, でなく自由, で毛皮, で硯友社叢書, で議会解散, というもの, とその, に他, に関するステートメント, のこと, のよう, の現れ, はすでに, はやぶれ, は去年, は決して, は現代, は理想, は百年前, は破れ, は破れる, は絶望, もありません, も果されなかった, も果した, も立て, も聞かされなくなった, をし, をした, をたてはじめた, を完成, を実行, を持っ, を樹

▼ する~ (87, 0.0%)

21 るもの 2 ひは, る一つ, る受動的, る種, る習慣, る能力, 光景の, 夜悄然と, 意志の

1 [48件] は其以上, は呼吸, は既に, は根絶, ものを, るクリーア, るポイント, る一定, る不可思議, る事件, る何物, る力, る午後, る声, る実体, る實體, る小さな, る幻像, る形式, る意味, る日, る権利, る矛盾, る秋, る老人, る者, る聲, る薄暗い, る見通し, る逆説的, る霊物, る青年, 人物に対して, 反動的の, 憤懣の, 日の, 時に, 時及び, 物が, 物なり, 種の, 者が, 者とは, 者は, 者を, 船へ, 運命の, 野心を

▼ する時分~ (87, 0.0%)

3 に, にはその 2 になる, に後ろ, に既に

1 [75件] ある幕府, から幸内, だからさ, だと, だろう, でありました, であるに, でさえ他, なので, なのに, にこれ, にすれちがった, にその, にどこ, にね御, にはこの, にはだいぶん, にはつい, にはどれ, にはもう, にはやはりよく, には二人, には僞つて, には先生, には困った, には壮士坊主, には子供, には必ず, には春雨, には本, には松明, には満, には物, には現任大臣, には私, には自分, には見ちがえる, には誰, には随分, には非常, にまた, にもその, にゃあ, にゃ妙, にやっと, にピクピュス市門, に一首, に不意, に之, に同行, に尋常, に廊下, に意外, に成る, に折々, に旅行服, に神尾主膳, に私, に私たち, に端舟, に羅馬王朝, に船長, に著, に辻番, のある, の便宜, の摘み草, はまた, は吉雄, は支那, は起き抜け, まで村, よ, よりもなんにも, 或は春

▼ する覚悟~ (87, 0.0%)

7 でいる 3 だ, だと, をした 2 があっ, がある, がなく, でいた, です

1 [61件] かと訊い, があれ, がついた, ができ, が出来, が必要, が必須的条件, きめたらちょっと, であった, であったそれ, であっても, であつ, である, であるが, であるという, である旨, でいます, でおります, でおる, でござる, でじっくり, でなくては, でなければ, でなん, ではございまする, でまいりました, でやらない, でやる, で堀部君, で待ち構え, で快く, で斉斉哈爾, で江戸, で洋画, で焦眉, で私, で若い, で親しみ合わなく, で鏡, ならやって, にさえなれ, にてあらん, にまぎれ, のもの, のよう, の色, はあった, は今, は俺, は明治時代, よ, をかため, をきめ, をし, をしました, を持ちたい, を持っ, を新しき, を示し, を起こし, を養わね

▼ するあらゆる~ (85, 0.0%)

9 ものは 6 ものを 2 他の, 女を, 條件を

1 [64件] ことは, もの, ものが, 不利益を, 不運は, 主権の, 事物が, 事象を, 人々の, 人の, 人間を, 信条国王の, 個人の, 党派の, 制度に, 制度は, 努力それこそ, 努力も, 努力を, 反貴族的, 土地を, 境遇は, 変化を, 存在機能を, 小ブルジョア的日和見主義, 心的現象は, 情緒を, 意志と, 感じを, 放埓, 新聞の, 智慧も, 束縛を, 植物を, 欲望を, 物体の, 物質, 生においても, 生物の, 疑問が, 眞摯なる, 研究を, 社会生活の, 種類の, 積極的な, 筋肉の, 細心の, 肉の, 自然発生的中流的素質は, 著者は, 規定を, 規定原理を, 觀念の, 諸徳, 讒謗も, 資本使用者の, 遺跡の, 部門にわ, 都市機構の, 金鉱にも, 關係から, 音楽は, 體驗は, 魂の

▼ するんで~ (84, 0.0%)

8 せう 7 え, 親分 2 すっ, 一週に

1 [58件] い, えと, え僕, おやじは, おやと, お婆さんまで, お父, お祝いに, かえってほう, がしょうがね, がすかい, けっして自分一人, ごぜえます, さあね, しよう, しようね, せうか, せうけれど, せうね, せう打越さん, そのこと, その美人, なしに, また師範, ブランデーでも, 事業の, 今日一日プラットフォウムに, 仕方が, 何う, 何を, 克はんよ, 八五郎の, 出先に, 区別する, 厭に, 叙景文と, 可哀そうに, 困つて, 大きに色々お世話, 女は, 妾可笑しく, 小説とか, 屋根裏なんかで, 当分吾家に, 手の, 支那の, 旅の, 有名な, 止し度, 残念で堪らない, 氣味が, 皮切りに, 監督の, 私達の, 胆を, 蚊帳の, 西瓜車の, 近所隣り

▼ する~ (84, 0.0%)

19 一の 12 二の 6 三の 2 一次の

1 [45件] 一は, 一印象の, 一印象は, 一原理を, 一哲学についての, 一哲學についての, 一因子は, 一彼処の, 一条件では, 一正当な, 一段階の, 一点なり, 一番の, 一目的である, 一着手の, 一着手は, 一種の, 一要件として, 一課である, 一軍歩兵百六十大隊砲兵四十七中隊騎兵八十四中隊を, 一部は, 一門と, 三, 三つまらない, 三に, 三インタナショナルの, 三次元の, 三紀の, 三級墓地で, 三軍歩兵百二十八大隊砲兵四十八中隊騎兵十二中隊を, 三関へ, 九十九銀行は, 二に, 二十世紀の, 二命令体, 二次世界戦争は, 二流諸侯の, 二軍歩兵百七十六大隊騎兵四十二中隊砲兵六十八中隊を, 五列, 八の, 六の, 六天, 十三図と, 四の, 四次元の

▼ するそして~ (83, 0.0%)

2 いつもの, 中にも

1 [79件] あのはて, あらゆる案内書, お互, かかる任務, かれら自身, こっちの, この大衆化, この貨幣価格, しかる後食料品, しばしば決死的, すなほ, そこから, そこに, そのま, その半額, その小天地, その最初, その月, その眞下, その苔, その説明, その風, それから, それを, そんなもの, とう, どっちみち千葉, どっちも, もし自分, ヘーゲルは, 一つ父の, 一杯やる, 一食分だけの, 不快を, 世界観の, 二三十戸集つてゐる, 五時ごろうと, 人が, 今日では, 借金なんか, 別れた別れる時, 十二時の, 却って殺される, 原子野からは, 又その, 吾, 善と, 国家社会の, 宇平居へ, 安心し, 寝た寝たが, 思想研究の, 招待された, 敬坊は, 方々の, 最もよい, 最後には, 最後は, 様々な, 此れ, 毒を, 潮を, 独身者の, 相手が, 私は, 私を, 私一人に関する, 立場の, 第十七番, 蔭で, 誰が, 資本は, 資格の, 近代文化を, 返事を, 通りすぎると, 遊んで, 道路の, 長老と

▼ する子供~ (83, 0.0%)

5 のよう 4 がある 3 の声 2 に父, に近づき, の時代, を

1 [63件] から勉強, がかなり, がなか, が今一歩, が妙, が孟子, が見つかり, だから, ではなかっ, などは只, にし, にでも対する, になった, にわざと, に結婚, に見られる, の, のおさえる, のころ, のごとく, のやう, の一人, の一群, の劇, の力, の加減, の叫び, の叫び声, の客, の寝顔, の様, の死亡率, の狂的, の真, の行手, の裁判, の足, の顔, はもちろん, は半数, は幾十百人, は本当に, は疲れた, もあった, もいない, もまた, も全く, よりもその, らしい仮定, らしい好奇心, らしい法則, をつれ, を何処, を制した, を憎むまい, を抱え, を抱き取り, を産むなら, を胸, を芳公, を見る, を順に, 染みた無邪気さ

▼ する生活~ (83, 0.0%)

2 の刺戟

1 [81件] からそれ, からのがれ出る, からの呼吸, があれ, がい, がこういう, が全く, が好き, が東京人, が氣もち, だと, だの, だぼくたち, だよ, であって, であつ, であります, である, であるから, であるかを, であるなら, でなくては, ではありません, では机, といふこと, とはいえ, と思想, なども海岸, なの, なんてまるで, について考える, に入る, に固定, に堪えうる, に堪へるであらう, に対する憧憬, に愛想, に最も, に飽き飽きしました, のしあわせ, のため, のなか, のほか, のまだ, の不安, の事情, の外, の感情, の支え, の方, の様, の機微, の波, の焔, の砦, の硬化, の精神面, の肌, はない, は崇高, は隨分, へ飛躍, よりもその, をいう, をし, をする, をひろげなく, を対照的, を尊ぶ, を建てたい, を持っ, を改造, を標準, を毎日, を營みたい, を直ちに, を組立てない, を続け, を続けた, を續, を語る

▼ する~ (80, 0.0%)

2 あらば, がある, だから, である, であると, においては貧民, に依存, はいかなる

1 [64件] からそれ, から甚大, がなかっ, がほか, が世界中, が何処, が無くなった, じゃあねえ, たるスペイン, であったこと, であって, でありうつらうつら, であります, でありバター, です, ですからな, ではなくなっ, では年死亡, では生, でもさすが, で云, で有るべき, で水, という事, として御, とそう, と信じ, なの, なり, においてすらこの, においてはその, においては出生者, においてもその, において凶年, において必ずしも, にとり, に十分, の人口, の婦人, の方, の破滅, の英雄, の農業, の食物, の首府, はあるまい, はおそらく, はこれら諸国, はたとえ, はどこ, はない, はインド, はニュージランド, は何方, は啻に, は多数, は必ず, は日本, は本書, は長い, またはかかる, も人口, を粗末, を都

▼ する~ (80, 0.0%)

3 なり 2 である, にせよ, にやはり, に今, に意味, を以て其主力, 後藤伯の

1 [63件] これを, その音, たらずとせむや, なしと, なべては, なりと, に, にかへる, にかりに, にこの, にそう, にも依る, に不充分, に之, に人, に人是, に他, に何度, に倫理学, に吉野朝廷, に唐土, に外, に多から, に夫婦生活, に専ら, に山伏, に役者, に悲愴, に末, に此処, に殺され, に洗濯, に知らず知らず, に社会, に結局離背, に虚妄, に農業, に追, に郷党, に重, に階級的, に食欲, のない, もあるでしょう, をもっ, をもて, を以て生死, 不思議に, 主意の, 主體, 也, 何分云寄に, 前後を, 太く角, 女の, 山伏の, 彼方に, 後家で, 書史学者の, 樣子有ん, 盜人は, 穢濁なり, 豕ほど

▼ する二つ~ (79, 0.0%)

6 のもの 3 の契機, の領域 2 の心, の異, の考え, の銃口, の階級

1 [57件] が出, のおそろしい, のものさ, のイデオロギエン, のテーゼ, のヴェクトル, の不等式, の世界, の丸い, の事, の事柄, の信雄観, の刀, の半面, の命題, の問題提出, の國, の地質学, の基礎, の場処, の宗教, の客體, の家, の対立者, の形象, の悪例, の感情, の方向, の根本概念, の極, の極端, の概念規定, の法則, の流れ, の玉, の目的, の眼, の矢, の石, の社会機構, の科学, の立場, の精神, の素質, の組合, の群, の色ッポサ, の芽, の要素, の見方, の規定, の誤解, の調子, の資本主義国家間, の陣笠, の顏, の魂

▼ する~ (79, 0.0%)

3 である, の形代 2 と言, などは家々, のかかる, の一類, の怒り, の愛, や仏

1 [59件] ありと, がかすか, だと, であ, であったから, であり情事, で世界, で神, とした, として思兼神, として考えました, と呪言, と神行き媾, なの, に対し彼, に対する感情, に顏, のあつ, のまえ, の一隊, の住み, の住居, の信仰, の影, の御社, の復讎, の微妙, の思想, の意識, の指図, の神格, の祭場, の聖旨, の聲, の藝術化, の語, の趣旨, の陰陽, の震, はいかなる, はいは, は両者, は馬, もあり, もある, もあれ, も仏, も黄泉, や神, をきみ, を仰ぐ, を信じさせ, を待つ, を立てず, を迎, 又は天子様, 及びその, 及び伴神, 多けれども

▼ する一切~ (78, 0.0%)

6 のもの 4 の事 3 の努力 2 の完全性, の意識, の有, の障碍, は我々

1 [55件] のデモ教団, のマニエール, の一般的企図, の事務, の価値, の保守主義者たち, の傾向, の出来事, の判断, の博学, の古い, の妥協, の威力, の存在, の形, の思想, の提案, の政治的特権, の方法, の智識, の有情, の根本原理, の無用, の物, の理解, の理論, の生活活動, の生活表現, の生物, の直観説, の社会事象, の福祉, の空気, の立場, の素因, の自然, の自由主義的精神, の虫, の表象, の製作, の議論, の責任, の醜, の障礙, の馬, の點, は実際, は實際, は眞, は真, を前, を前もって, を彼, を言い尽し, を闡明

▼ するかに~ (77, 0.0%)

9 ある 4 見えた 2 就ては, 心着い, 思われた, 見えたの, 見える

1 [54件] あったの, あること, あるだろう, あるの, かかって, きまったもん, なるの, はたと迷った, みえる, 使われるが, 依つて, 依存し, 別れる, 向けられて, 吾, 在る, 存すると, 存するという, 存するの, 存せずし, 少なからぬ, 就いて, 就いては, 思はる, 思はれるもの, 拘わらず貴女, 根本問題が, 極まる, 気がついて, 決まって, 決定しなけれ, 注意を, 留まって, 答える用意, 精魂を, 考える, 耳を, 聞えて, 苦心し, 苦心した, 苦心經營した, 見えたあの, 見えたが, 見えました, 見えるけれども, 見えること, 見ゆる, 迷わざるを, 関らず, 関係し, 関係なく, 集約される, 頭を, 驚かされた

▼ する傾き~ (77, 0.0%)

20 がある 5 のある 4 があっ 3 があり, が著しい 2 があった, があつ, があります, にある

1 [34件] ありて, あるは, がありました, があるらしい, がつよい, ができ, がなく, が出, が多う, が始まる, が濃く, が生じ, が生ずるであらう, が生ずるであろう, が見えぬで, が近年こと, が非常, であった, であつ, にあった, になり, のあった, は一方, は自然, もあり, も今日, も見られる, をもっ, をもつ, を持ち, を有つて, を生じ, を示し, を見せ

▼ するこれ~ (76, 0.0%)

4 なり 2 よりはなはだしき

1 [70件] が, があなた, がいわゆる, がきっかけ, がまし, がプロローグ, が一合, が中, が先ず, が其中庵, が劇団, が大変, が妾達, が宗麟, が彼, が最高, が本物, が神月, が規則, が詩人, が高城鉄也, こそは反乱, せめてもの, だけであります, ではたして, ではとうてい, でも踏む, で一杯, で室, で日本, なら誠に, に反抗, に妨げられず, はうまし, はちょっと, はどう, はなん, はまあ, はワルツ, は一寸, は大きな, は大変, は完器, は悪い, は提灯, は普通, は確実, は確實, また細菌, までの待遇, までの無, までの苦勞, もまた, も亦, も夏, も奴隷的根性, も好い, も当然, も折々, も賭事, も身心整理, をその, を上等, を哲学者たち, を哲學者たち, を律呂, を捕らえよう, を時間上, を棒寄せ, を物理学

▼ する一方~ (76, 0.0%)

5 である 4 その以前 3 だ, なの 2 その畸形的, でついに

1 [57件] さう, そんな話, だったの, だつた, だ徒ら, で, であ, であった, であったが, であり一九四七年末, であるから, である製品, です, ですし, ではあっさり, ではさすが, ではるか, では他, では壊れた, では自分, で何故, で傘, で吾, で和歌, で想像, で方向, で普通, で東京, で水, で芭蕉, で身体, どうやら狼狽ぎみ, なん, にこの, にこれ, には叔父, には海外, には狩猟, に一錢, に人類全体, に何だか, に奥, に悪い, に東宝劇団, のもの, の人, の社会要素, はまた, また堀木, また殊勝, もしそうなら, やはり店屋, 三千挺の, 同時にまた, 独立展的な, 進んで, 長崎と

▼ する価値~ (76, 0.0%)

16 がある 7 のある 4 のない 3 がない 2 との間, はない

1 [42件] あらしめ得ないこと, ある者, ある財産, あれば, があつ, があるだろう, があるでしょう, が乏しい, が十分, が無い, さえな, であると, と正確, と言, なきもの, のなき, の十分, の形而上学, の性質, は, はある, はあろう, はそれ, はないでしょう, は充分, は食物, もあるまい, もない, もなかっ, もなし, も同様, も逓増的, をもたない, をもっ, を充分, を十分, を失っ, を感じました, を断然, を消化, を知らない, を認めなけれ

▼ する材料~ (76, 0.0%)

4 になる, もない 2 がない, にはならない, に乏しい, の一つ, はない, も無, を一つ, を持っ

1 [52件] からそのもの, がどこ, が不足, が乏しい, が何一つ, が嘘, が大, が無くなっ, さえ持っ, すでに如此, たらしめる, である, です, では史記, とし, としたい, としてかなり, として保存, として役立つ, として文学的作品, となつ, となる, とはならずし, にする, になり, にはなった, にはならなかった, にはなり, にも供する, に使うです, に織込ん, のない, のやう, の一ツ, の乏しき, の存在, の採択, はありません, はまるで, は今, は何一つ, は決して, は無い, は物質, は過去, ばかりです, もなかっ, を使つて, を僕, を持たない, を提出, を集め

▼ する~ (76, 0.0%)

9 はない 4 がある 3 は無き 2 が無い, はないでしょう, は東西とも

1 [54件] あり, がありましょう, があります, がない, が出来, が古い, が近年欧洲諸国, たる憲法, であって, である, ではなかっ, といっ, とも解せられる, ないわ, などをお伽話, なり, については色々, に丙, に近づかしめよう, のたたかいである, の精神, は, はいろいろ, はひとり小児, は久しく, は修験者, は反, は古来, は地, は数十名, もある, もあれ, もとらず, やある, をいう, をとれ, をよく, を学ぶ, を弛め給うべし, を心得, を忘れたる, を悟れり, を授けた, を教わっ, を知ってる, を知らぬ, を知られなかつた, を考え, を考えなけれ, を聞かせ, を舎伽羅呪, を見出し, を誤っ, を講じなけれ

▼ するさま~ (74, 0.0%)

4 を想像 3 を見る 2 なりしが, はまるで, を見

1 [61件] がありあり, がなんとも, がやつぱり, がやや, が壮快, が孝之助, が手, が窺, が襖越し, こそ可笑しけれ, だ, とかなり, と殊, なぞ柔情, などを実演, にそう, にて手, にのみいふ, のさながら, はここ, はた, はとんと, はわたし自身, は不審, は天界, は寧ろ, は昔ソクラテス, は江戸, は物すごい, は異国, は筆, は織る, は蛇, ひなびたるもの, めずらしき壮観, めづらしき, ものすごくだれ, もまた, も子息, も見えき, も趣味人, を, をうつとり, をじっと, をダネック, を快, を思う, を描いた, を描きたる, を描ける, を暗示, を楽し, を此時, を眺め, を眼, を見まもっ, を見兼ね, を観察, を運動場, 折々目, 既に壮絶

▼ するころ~ (73, 0.0%)

4 であった, になる 3 である 2 だった

1 [60件] おいその, からその, から何, から緑, この村, その新, だったゆえ, だらう, であ, でありました, とうとう一, とつぜん重い, となる, なりき, に, にあたる, にあちこち, にこおろぎ, にそこ, にでもなる, になっ, になり, になれ, になッ, にはいつのまにかすっかり, にはかねて, にはさすが, にはそれ, にはたがい, にはぽつぽつ, にはもはや, には健忘症, には八百二十三人, には利子, には品物自身, には子供, には御, には日々, には気, には私, には若い, には葉子, には蘭, に二人, に命婦, に左大臣家, に或, に藤, に開港, の心地, の歌, は, はかれこれもう, はそこ, はもう, は本人, は酒, は麦, までを語った, 多緒子

▼ するなどと~ (73, 0.0%)

3 云ふ 2 いって, そんな軽率, 云いながら, 云うそんな, 云うの, 云ふこ, 花好きな

1 [56件] いいました, いうが, いうと, いうので, いう気, いくこと, いった, いったが, きては, しまいには, せがれが, どんな紙屑買, わめき立てました, 下女が, 云いおったが, 云うこと, 云う離れ業, 云う面倒臭い, 云ったって, 云って, 云はれる, 云われて, 仰しゃると, 医者は, 口走る以上, 叫んで, 喧嘩を, 大いに意気込ん, 女冥利に, 宣伝する, 思ひも, 持前の, 提議する, 文字の, 望んでも, 村の, 申す事, 申す夢, 称しながら, 笑い話にも, 笑ひ, 考えたこと, 考えて, 考えるもの, 考へるの, 見えて, 言い伝えて, 言うこと, 言って, 言つて寄越した, 言ひださなかつた, 評せられたること, 語り合って, 語るけれど, 誰が, 長広舌を

▼ するひと~ (73, 0.0%)

4 がある 3 なん, もある 2 があります, があるだろう, です, びとは, もない

1 [53件] あびするとあとがさっぱりしますよ, かそれで, かどの, があったら, があつ, がい, がいます, がいる, がちいさな, がない, がアメリカ, が会話, が多い, が尠い, さえいる, じゃない, そういう人, だから, だね, でした, ではなかっ, と暮し, と自分, なの, ならなに, にとって学校, に対して子供, に研い, ね, のため, のやう, のよう, の姪, の手, はおし, はここ, はそういう, は無い, は陛下, びとには, びとにわざわざ笞打っ, びとの, びとへいちいち軽い, びとへいちいち輕い, ましまさずば, もされる, もなかっ, も少く, も有るまい, も素子, を, をあげよう, 少くとも

▼ する問題~ (73, 0.0%)

7 である 2 であること, にし, はこの, は常に

1 [58件] がいろいろ, がここ, がその, がです, がややともすると, が特に, が起こっ, が道江, だと, であった, であって, であらう, であります, であるが, であるとともに, であるに, であるよう, である以上, です, でなければ, ではありますまい, ではなく, でもある, として本気, として歌詞, と云, と直接, なの, なり, なりいわく国民的, なること, なん, に一々, に答える, に触れた, に迄な, のすべて, の中心, の傀儡たる, の立て, の解決, はすでに少し, はなかなか, はまず, は單, は尠いし, は既成的, は此講座, は現在重大, は虚偽, も自家, や死人, を取り扱った, を單, を示唆, を論究, を飽く, を鹿爪

▼ する役目~ (73, 0.0%)

3 を帯び 2 だ, である, なの, なん, をつとめる, をもっ, をもつ, を引き受けた, を持つ

1 [52件] が与えられた, が将来, が木村, さ, しかつとまりません, であるが, でここ, でこれ, でした, です, で幕府, で毎日学園内, なのに, になりました, にもなる, に当て, に当れ, に従って適当, に當, のある, のため, のもの, のボーイ, の人物, の小, の方, は十分, は大した, は大人, をいふ, をいやがっ, をうけたまわる, をさえ演じた, をし, をする, をどういう, をひどく, をほとんど, をも果し, を分担, を務めた, を務める, を勤めた, を司っ, を引きうけた, を忘れ, を思いやっ, を持たせ, を果す, を演ずる, を負わされ, を買っ

▼ する最も~ (73, 0.0%)

6 有力な 3 根本的な, 重要な 2 基本的な, 軽薄な

1 [57件] プロパーな, 主な, 便利な, 健全なる, 優れた, 効果的な, 厳かなる, 厳しい眼, 古い文獻上, 古きもの, 名残の, 壮大な, 多し, 大いなる力, 大きい物的存在, 大きな動物, 大きな危険, 大事な, 大切な, 完全な, 強大なる, 徹底した, 必要なる, 忌憚なき憎, 慎重で, 憂鬱な, 手強い拒絶, 支店長格で, 明瞭な, 時間に, 暗い影, 有力なる, 有効な, 果敢な, 根本的の, 根深い本能, 根源的な, 正当な, 永続的な, 深い苦痛, 狭義の, 直接な, 確実な, 端的な, 簡単な, 簡易な, 素朴な, 自然な, 自然的な, 良質な, 著しい特徴, 著しい特色, 貧しい友達, 近道だ, 適切な, 適確な, 驚く可

▼ する彼女~ (72, 0.0%)

2 の性質, の行手

1 [68件] がなお, が今朝, が私, が藤紫, だったが, であった, と何, にそれほど, にとってあまり, には注意, のこと, のそば, のねがい, のむっちり, の主観的, の住居, の健気, の傍, の努力, の動作, の即答, の口, の執念, の嫁入り口, の後, の微笑, の心配, の思いつめた, の悟り, の意志, の意見, の愛情, の愛称, の感情, の態度, の憂い, の所作, の手, の手首, の挙動, の方法, の母親, の焦躁, の生命, の生活, の目, の胸, の苦い, の謝恩, の運命, の顔, の高貴, の魂, の魔力, はいつか一度, は自分, は髪の毛, わざわざ東京, をも岸本, をわたし, をワルトン, を呼び留めた, を愛する, を泰親, を知っ, を神谷, を見たい, を追っ

▼ する~ (72, 0.0%)

32 になる 8 になっ 4 取に 3 になれ 2 ではありません, ではござりませぬ, とす

1 [19件] が伴, じゃない, じゃねえ, じゃねえひょっと, でなくもっと, になつ, になつて, になりゃ, には仕方, には美し, には行きません, には譬へば, を示す, を読まずし, 不屆, 取とな, 取には, 取にまで, 取まで

▼ する爲め~ (72, 0.0%)

53 である 2 に之

1 [62件] だらう, であります, であるかと, なん, にあらはれた, にこんな, にした, にそして, にその, にだ, にどうか, にのみしか生活, にはあたり, にはどうしても, には一族共有, には如何なる, には文明, には斯, には材料, には習慣, にやる, に一々, に一寸後, に何時, に何等, に使つた, に便宜上, に其必要, に再び, に勇氣, に名づけられた, に四十日程高知市, に大使館, に子孫, に專心, に小使, に急い, に戰, に換言, に文, に斯, に早め, に朝食, に母君, に泊る, に洋服, に申します, に聖靈, に自然, に過去數年間, に過敏, に類書, の俗習的見解, の假面, の古典學研究, の文弱, の材料, の消極的手段, の獨創, の著述, 借りて, 其の名

▼ するに従って~ (71, 0.0%)

1 [71件] いかに幸福, いよいよ豪商, おのが, この仕事, その二つ, その人, その姿, その巨大, その眼, その観察方法, だんだん荒い, ついには, ますます大きい, ますます悪く, アカデミズムが, バルーンの, 上向し, 世界観という, 二〇分の一から, 五六人の, 入るを, 内地の, 初めて捲取, 労働の, 労働者の, 卑しい貪婪, 可変資本, 国家も, 多分これら, 客観は, 島の, 常識は, 幾分か, 廣介の, 彼の, 愛しそして, 愛せんと, 愛は, 愛国心も, 放浪しなけれ, 次から, 次第に意義, 武男は, 武術にも, 段々内面的, 気分も, 海港には, 消防夫の, 減少する, 漸次に, 漸次跡方, 火の, 火砲の, 燕麦の, 父に, 特務部の, 特殊な, 生活費は, 異なるが, 登場する, 祖父の, 神話に, 米と, 肝癪, 自然に, 行軍は, 距離は, 追, 追い, 逐次ご, 附近の

▼ する~ (71, 0.0%)

3 政府の 2 カント派の, 助は, 時代の, 生な, 詩社に

1 [58件] らしい国民, らしい新聞, らしい神秘主義, らしい觀念, エスパニヤ, タマニー・ホール一派の, 世に, 事実として, 人物の, 住職が, 住職の, 作品への, 作家が, 作家群の, 候補者が, 元素新, 八に, 兵器の, 内閣の, 制度の, 嘉坡あたりの, 嘗と, 嘗一族の, 国家を, 官僚が, 実証学風が, 市街は, 平民の, 徴組の, 念仏踊りと, 文化は, 文学, 文明の, 日本文明が, 時代人の, 東京人, 東京人が, 極北島を, 機運に, 特攻隊を, 現象は, 理智派と, 生活が, 生活運動が, 発見の, 知識を, 社会相は, 秩序に, 素量力学の, 草も, 計画に, 記録, 詩壇は, 詩社から, 造語とを, 道徳からは, 道路が, 馬の

▼ する自由~ (71, 0.0%)

3 をもっ 2 がない, が与えられ, もある, を主張, を侵されない, を失, を持たない, を持っ, を有

1 [50件] がある, がなく, がなくなっ, がわたし, がアメリカ, が出, が多少, とともに人権, と共に, と権利, と機会, なる意志, なラテン精神, な世界, な方法, な男女関係, な組合, な解釈, な責任, な餘地, に対して支払われた, のある, の天地, の消費組合, の王國, の空気, の観念, はございません, はない, は彼, は得た, は私, は許され, は誰, への求め, への道, も, もあります, もない, ももたない, をのこし, を失ったぎり, を失わせられ, を完全, を捉, を有し, を許し, を認める, を軍人勅諭, 及び權利

▼ する事実~ (70, 0.0%)

6 である 3 がある 2 があつ, はいくら, を対象

1 [55件] からお, から見る, があります, があるなら, が記事, が認められる, だ, として描写, とはこれ, と変化, と統制, なき限り立証不能, なり, なるが, なれば, によって仲介者, によって明かである, によるわけ, に依る, に見, に論及, の余りに, の底, の性質上, の歪曲, の民譚化, の理由, の目前, はいよいよ, はかの, はそれ, はなる, はまだ少し, は二種, は人口, は到底, は明治日本, は科学的成果, は許さなけれ, も従来, も知っ, をいつも, をそれ, を否むべく, を地球内, を実に, を数, を目撃, を知つて, を知らぬ, を知り, を考える, を見ろ, を説明, を通じて各

▼ する~ (70, 0.0%)

4 のやう 3 からお 2 があった, にも私, のこと, はいつも, もあろう

1 [53件] ある部分, からこうした, から人, から展開, から後, から新, がありません, がありませんでした, があれ, がない, がなかっ, がなかつた, がなけれ, がめったに, が乏しかっ, こそあれ, しもこの, しも庭, しも枕辺, しも重井独り, すべらないため, にいう, にはお側, には持っ, には氏, にもじ, にも手, にも野口米次郎氏, にも顔, に云, に交わした, に僕, に囲碁, に感ずる, に法師仲間, に秋子, の得意さ, はその, はない, はもう, は満足, もなかっ, もなく, も少ない, も有っただろう, よく敬君, を口ぐせ, を待つ, を李, 一際はなやか, 売物, 戯れの, 考えました

▼ する運動~ (70, 0.0%)

4 が起っ 3 である 2 であると, に就, のため, の一つ

1 [55件] がある, がはじめられた, がひそか, がもう, がルネサンス, が一層, が全, が引き続い, が教育, が理想, が盛ん, が種々, が行われた, が起こった, が頭, だ, であった, であつ, でありそれ, ではなかっ, となり, と相, になっ, にほかならない, にも同情, に加つて, に名, に変わった, に対する抵抗, に權力關係, に献身, の中, の従来閑却, の機関誌, の為, の精神, の萌芽, はかの, は別に直ぐ, は女子, は理論, は相当, は非, もあった, も成し, よりも一般芸術, をおこした, をし, をやっ, を吾, を始めたがっ, を繰り返した, を起こした, 及び公私団体, 及び變化

▼ する時期~ (69, 0.0%)

3 になっ 2 が來, である, ではない, になった, を待っ

1 [56件] からこれ, がある程度, がくる, がそれ, が全盛, が来ないごとく, が来る, が盆, だと, ということ, というの, とが交互, とが距, と一致, と仕方, と少しく, と散逸, と發散, と關門, なの, においてはかならず, において倫理的要求, にてその, にならない, には本能的, にまう, に一躍, に入った, に到達, に同時に, に当っ, に来てる, に當, に遭遇, に間にあう, の早き, の謂, の近寄りたる, の非常, はあるまい, はとうに, はなく, は一般, は晩秋, は残る, は郊外, へ入っ, もあつ, も来, をば人類學者, をよく, を失し, を延ばし, を待つ, を打合せ, を通っ

▼ する作家~ (68, 0.0%)

2 がある, である, であると, なの, の意図, の精神

1 [56件] がない, が仁清一人, が今日現実, が他, が同時に, が新聞小説, だけの決め, であるとい, でした, でしょう, でなければ, ではない, ではなく, としての抵抗, としての誇り, としては当然, として見る, として誰彼, となつ, とはどんな, にはこの, にはそれ, に対してまるで, に対してよ, に相違, のみを指す, の一人, の人生的迫力, の側, の努力, の多く, の年齢, の心事, の意気, の敏捷さ, の楽しい, の祈願, の筆跡, の芸術的天分, の話, はどう, はみんなそれぞれ, はや, は一人, は例外, は小さい, は現在, は芸術的構成, もあつ, もある, も居ります, やあれこれ, を生む, 例えば川端康成, 実に尠い, 遂に我が

▼ する方向~ (68, 0.0%)

3 に向っ, に進ん 2 のもの, をとっ

1 [58件] から夥しき, がとられた, で当時, として人民的, と一致, と求めつ, に, にあった, にある, にいる, においてで, にばかり進んでる, にみない, にもっ, にも随分, に一致, に伝えられる, に使われない, に傾き, に傾く, に利用, に向った, に徐徐に, に発足, に赴かず, に転じた, に転ずる, に進む, に進むべきであろう, に進める, に進んだ, のそして, のみに向けし, の二運動, の側面, の思いつき, は反動, へお手伝い, へむかっ, へサッと, へ一時, へ転ずる, へ近, へ進ん, をとった, をとる, をもつ, を俺, を反映, を取, を指示, を是認, を源氏, を理論的, を示さない, を示し, を示した, を示す

▼ する瞬間~ (68, 0.0%)

2 があり, である, にまた, もあった

1 [60件] からこれ, から一般的, があ, がある, だ, だった, であった, であり体系, であるの, でさえ胸, でした, です, とその, に, にある, にいきなり, にそこ, にその, にたいがい, にどの, にはもう, には彼, にぱっと, にオーケストラ, に何事, に向っ, に変, に実は, に当たって運命, に犠牲者, に異ならず, に立ち, に自分, に誰, に起こるであろう, に過去, に非常, のあの, のこと, の快, の想像, の気, の自分, の順子, までいっしょ, までの間, まで傷ついた, まで妹, まで高, もあつ, も心, を出, を想像, を老練, を計っ, を頭, キラリと, パッと, 思ひがけ, 烈しい爆音

▼ する光景~ (67, 0.0%)

4 を目 3 である, を想像 2 の中

1 [55件] が一種, が何と, が残される, だけでも物凄い, だけになつ, だった, だと, であった, と音, などが最も, などをぼんやり, なの, に対して足, に思い至らね, のうつりかわり, の映画, はこいつ, はとても, はまことに, はまさに, はよく, は仲, は凄味, は勇ましい, は厳粛, は想つて, は滑稽, は獣類, は言亡慮絶, ほど信じ, までもありあり, も展開, も見えず, も見える, や繋留気球, より他, をいろいろ, を叙, を如何にも, を少年はつ, を想, を想う, を描い, を描いた, を私, を私達, を窓, を聴手, を見た, を見られない, を見る, を観る, を述べ, を連想, を髣髴

▼ するある~ (66, 0.0%)

5 種の 3 ものが 2 ひは, ものを, 事情が, 他の

1 [50件] すぐれた芸術家, の士, はっきりしない, ひとの, ものは, ものをば, を見る, ハ明々白々の, 一点に, 一貨物が, 不思議な, 偶然の, 切実な, 力を, 努力が, 団体との, 堅さ, 宗派においては, 對話, 幻想に, 復讐戰を, 必然的な, 思想が, 意味での, 成分が, 数の, 日正月の, 時刻の, 晩の, 標準を, 標識を, 毒物は, 淺薄な, 点においては, 物が, 物に対し, 特定の, 生物の, 用役の, 真実の, 瞬間が, 篤志家が, 者を, 而已, 衆愚の, 解釋と, 試みであった, 雰囲気の, 青年とが, 高貴の

▼ する~ (66, 0.0%)

2 いいでしょ, 一ぱいに, 男でも

1 [60件] あたしどうせ, あなたの, い, いくらでも, いろいろ有難う, おじさまは, おばさん, おばさんあたしより, おりこうさん, お気を, かうし, かしと, こうしちゃいられません, このピン, これから, すごいなあ, ずらからない証拠, そうしてきっと, そうすれ, そう云っ, その顔, そんな事, たとい今, だからあんた, だけどあんな, だつて, つまり安心, つめて, でもなにか, でも好き, ときどきふっとこの, なんとなくすうっと, ねえ, まあそんなにお, もう親父さん, もちろんよ, わたくしも, キヨちやん, ドローレス, フルーツ, 仲の, 其顔を, 庄さん, 擽ったがらなかったら直ぐ, 晩まで, 校長先生の, 殊にその, 殊に其の, 私, 私どうしても, 縁日の, 繁昌する, 言はれない, 詩人さん, 警視庁にも, 重さん酔っ, 野衾が, 降って, 風呂らしい, 鬼魅が

▼ する~ (66, 0.0%)

2 新聞の, 猿が, 蒸汽の, 虫を

1 [58件] つぽ, な石油, 人間を, 作男を, 使いらの, 侍を, 供の, 供も, 僮も, 六の, 冊子に, 冊子を, 册子には, 利権屋との, 動物あり, 動物は, 博物館として, 国家が, 姉の, 子が, 孔各, 工場や, 工芸を, 市民インテリゲンツィアが, 市民生活の, 市民的な, 御所の, 技が, 文治を, 旗を, 枝の, 枝は, 枝を, 桶の, 水滴の, 法師という, 溝の, 灌木, 父さんが, 物体が, 珠を, 理性の, 競合や, 義や, 芸術品で, 蒸気船に, 蒸気薄, 部屋, 部屋へ, 部落バスクに, 部隊が, 都會の, 鍋立も, 駅の, 高野から, 魚に, 魚和名は, 鳥屋の

▼ する日本~ (66, 0.0%)

2 の伝統的小説, の自然

1 [62件] では残念, でも出兵, というもの, にどこ, に打撃, に於ける, のしののめ, のそして, のプロレタリア, の人民, の代表たち, の伝統, の全面講和, の公的観点, の公衆, の取扱方改善, の商人, の固有信仰, の地名不明, の外交官たち, の女, の女子達, の好色, の官吏, の待ち伏せた, の戦犯者, の批評家, の探偵小説, の探偵小説界, の文化, の新, の新聞, の方言, の書籍, の森林植物帶取り調べ, の歌, の歩み, の民主化, の洋画家たち, の牛乳屋, の現代文学作品集, の現実, の理論物理学者たち, の生活全体, の社会, の社会的条件, の経済恐慌, の習慣, の船, の資本主義, の資本制, の近代科學, の陶器, の青年学者, の青春, の革新論者, の風景, の風習, は世界, へ来, をのみ認めよう, をぶっ

▼ する用意~ (66, 0.0%)

11 をし 3 がある 2 ができ, がない, が著しい, をした, を怠っ, を欠かないであろう

1 [40件] があった, がなく, が出来, が出来た, が変つて, が必要, が第, だけだ, だけは忘れ, であったかと, である, でやってきた, でわざと, といふの, としての奥州語, と次, と現代, なしには, にフイ, に過ぎない, はいつも, はし, はま, は充分, は常に, は持っ, もなく, やそれ, やまた, や來會者人名, をする, をととのえた, をなすべきだ, をもった, をもつ, を失わなかった, を忘れ, を忽, を持たなけれ, を論じ

▼ する感情~ (65, 0.0%)

2 の動き, もない

1 [61件] があっ, があった, がつよい, が伸子, が潜ん, が自然, だけが妙, だけが彼, だと, であるという, でいう, でいた, でせわしく, で描写, とか義理, とともに疑問, と智慧, におかれ, に任せ, に相違, に苦しめられた, のなか, の中, の人人, の修養, の入り, の危険, の底, の波, の潜ん, の百分の一, の表わし, の陰, はすぐ, はなく, は又, は取り消す, は少し, は林右衛門, は渦, は精神生活, は陶磁器, は非常, もあったろう, も交じっ, も以前, も石, も私, や, や感覚, より來, をおさえおさえし, をその, を何と, を制止, を堕落, を失, を少し, を忘れ, を抱い, を騷

▼ する連中~ (65, 0.0%)

3 だった, もある 2 である

1 [57件] ありて, があった, があと, がある, がその, がゐる, が世の中, が人間, が憤慨, が殖え, が民間, さえいる, さえもいた, だ, だが, だけに利用, だと, であります, とは根本的, と朝, なぞが士族仲間, なん, に安, に比較, に至つて, に茶の湯, のうち, のこと, のため, の中心, の名前, の団体, の團體, の奇妙, の度しがたい, の習性, の間, の顔, は, はかの, はこの, はその, はほか, はみんな不人情, はケプラー, は十二通り皆, は各々, は大抵, は大阪芝居, は暴力団, は薬, もたいてい, もない, も今日, よりは一度, を先生, を辻番

▼ する途端~ (64, 0.0%)

42 にす, にその, にトン, 精出して

1 [52件] である, で鉾, にかの, にこの間浅草, にたちまち, にだれ, にちゃぶ台, にどう, にびいんという, にふところ, によろよろ, にポン, に一度, に一本, に何, に何処, に傘, に内, に半, に周瑜, に喫煙, に四丁目一番地, に大風, に女, に寝, に左, に庄公, に店頭, に戸, に手前, に無心, に玄関口, に看護婦, に竜, に素早く, に經濟界, に背後, に腰, に腹, に蒸し, に行李, に謙信, に豊, に隠れ, に馬, の拍子, をどう, を七兵衛, を藤堂平助, 真蒼, 立ちかけた彼, 黒い人

▼ するを以て~ (63, 0.0%)

3 能事と 2 なり, 平生の, 此れ, 行政の, 足れりと, 高名なりし

1 [48件] するあり或は, その交通往来, その目的, なりと, 世に尊, 五郎を, 其不在中は, 其処に, 冬至を, 只都会, 国家の, 國家の, 土橋以西には, 夏時は, 夏至を, 大主眼, 天則を, 如何なる憂苦, 始めて人間, 威嚇する, 孝養の, 已ま, 常と, 強て, 惟一の, 我々学徒の, 日本国民の, 春分を, 昨日俄に, 時を, 最後の, 東西南北の, 死去後には, 満足する, 無余儀小屋, 猶ほ, 白衣の, 知られる, 秋分と, 臣下の, 自らの, 自ら任ぜ, 葵章鞍覆, 見れば, 諷刺家の, 輔弼の, 辺に, 馬鈴薯と

▼ する多く~ (63, 0.0%)

5 のもの, の人 3 の人々 2 の作家, の心

1 [46件] のいわゆる, のファン, の不朽, の事柄, の人民, の別種, の劇, の力, の医者たち, の危険, の原因, の問題, の報い, の場合, の天才, の子供, の学生論, の当, の思想家, の性格, の悪党共, の愚人ら, の批評家達, の昔話, の時間, の条件, の機會, の民衆, の求婚者, の法律, の牢獄, の物, の男女, の男達, の神社, の禍, の紙, の聖者, の航海圖, の観覧者, の記述, の語, の読者たち, の農家, の難点, の魂

▼ するとかいう~ (62, 0.0%)

8 ような 7 ことは 3 事は 2 ことも, のは, 話が, 話を

1 [36件] ことが, ことじゃ, ことすなわち, ことだ, ことに, ことには, では, ところまで, ところまでは, ならべつなこと, なら他, のだったら, のである, のも, 事実が, 位な, 偉さ, 噂も, 型の, 恐怖感は, 意見を, 抽象的な, 時には, 時は, 智能は, 様な, 永久の, 稗なぞの, 見地から, 評判の, 話さえ, 議論が, 都市に, 面倒な, 風であった, 風に

▼ するゆえん~ (62, 0.0%)

11 のもの 8 である 7 なり 2 であること, であると, であろう, ではなくし, の最善, の道

1 [24件] であって, であります, であるから, ではなかろう, で今度, となります, なの, にし, にすぎない, の義, はけっして単に, はこの, は一方, は人民, は何, は哲学者流, は多く, は日本映画界, は自然, も明らか, を容易, を知る, を示したまえる, を説き

▼ する以前~ (62, 0.0%)

2 にこの, にはみぬ, に彼, に於, の雪華図

1 [52件] からあつ, からその, からそれ, から初, から即ち, から密か, から恐らく, から日記, とはいくらか, とほぼ, にあらかじめ, にあらゆる, にそんな, には, にはいっさい, には全然, には少し, にまず, にも若干, にやった, にようやく, に何より, に先生, に制定, に在っ, に姙娠, に学者, に山東半島, に愛した, に戸, に既に, に日本, に早, に無地, に私, に近江路, のアトランティス大陸, のポール, の上方説経節, の事, の二日横浜発イダホー丸, の京, の出来事, の或, の物, の状態, は此, を説く, 及び後, 恐らく数百年前, 或る, 既に終っ

▼ する~ (62, 0.0%)

3 をする 2 かのはずみ, の樹, ももっ, よりも友達

1 [51件] うかして, うだ剛, うも近頃ちと, かおいしい, かがある, かがない, かだ, かではなく, かについてその, かのカーテン, かの二つ, かの意図, かの横腹, かの言葉, から何, かをぼく, か不思議, か化物, か思い, か特別, か虫, じやと, でもない, でも大豆, とかいう教会, とかいふ蟹, とはなし, のつもり, のむざむざ, のイゴイズム, の信号, の問題, の変哲, の待合所, の手がかり, の描写, の方法, の権利, の物音, の理想, の表情, の足し, ものたる, もわきまえぬ, も云っ, も何, も御馳走, や彼, を爲, を聞い, を見つけた

▼ する~ (62, 0.0%)

2 に, にお, に夜, に月

1 [54件] かの牝馬, ただその, においゼム, にこれら, にとんでも, には上手, には何, には牛車, には發達, には遂に, にぶるぶる, にまた, にも度々, にわく, にワシリ, に一同, に一月, に世間, に其惡感, に医者, に十時二十分, に午前十時頃, に又, に喇叭, に夕方, に夫婦, に姑, に娶るべき, に島, に得, に斯, に日, に村方, に横山, に此, に油, に渡邊, に火事場, に留学三年, に目, に直ぐ, に知らず知らず, に社会主義者中, に私, に箱根, に話, に近所, に追, に鱗, の細君, は何, やっと近頃西鶴, 證内證, 遂に多年蛍雪

▼ する可能性~ (62, 0.0%)

6 がある, のある 3 はない, を持っ 2 がその, も多い, を持つ

1 [38件] ありと, があった, があり, があります, がどこ, がない, が一番, が出来た, が多く, が大いに, が生じた, さえある, とを頭, に乏しかっ, のあり, の一番, の十分, の多い, の多少, の少ない, の豊富, はある, はこれ, はただ, は大いに, は少く, も多少, をいつも, をもっ, をもつ, を与える, を与えるごとく, を含有, を放擲, を極度, を激, を疑う, を示す

▼ する相手~ (62, 0.0%)

5 もなく 2 がある, がない, の本心, もない

1 [49件] があるだらう, が一人, が無けれ, が相手, じゃあねえ, じゃなかった, じゃねえ, だそして, だと, つまり男性, でないと, では却つて芽, とは私, ならば, なんてあなた, について判断, にめぐりあっ, に落ち着いた, のこと, のない, の人, の体, の力, の匂い, の姿, の役, の様子, の男, の肩, の鋭い, の顔, は, はあなた, はなし, は残酷, は行くまい, は誰, は長い, は非常, まで祝詞, もたれであっ, もなくなっ, も見付からない, をば更に, を持たぬ, を求むべく, を目前, を見つけた, を迎

▼ する興味~ (62, 0.0%)

2 が動いた, に動かされ, もない, も有, を唆

1 [52件] あるひ, が一般, が減っ, が漸く, が無い, が甚, が甚だしく, が非常, すらやがて, である, でする, と実益, につられ, にひかれ, の方, はおそらくは, はそれ, はない, はなかっ, はなかなか, はまことに, はむしろ, はガボリイ, は初め, は十分, は確, は貿易, は起らぬ, までも失ひ, もありません, もた, もなく, もなけれ, もますます, も必要, も持っ, も覚えぬ, よりも一段, よりも人間, をお, をとりもどし, をも感知, を与える, を与へる, を以て失望, を失, を失い得なかった, を失っ, を失ったらしく, を持つた, を新しく, を素早く

▼ する~ (62, 0.0%)

5 である, には行かぬ 4 にはいかぬ 3 ではない, にはゆかぬ, に行かない, はない 2 であります, には參ら, には行かなかつた, にも行かず, にも行かなかつた, に行かず

1 [24件] が無い, だから, であるから, であるが, であるけれど, です, ではある, なの, なり, にいかぬ, になり, にはま, にはゆかない, には行かなくなる, には行くまい, には行くまじ, にま, にもゆかぬ, にも行かない, に往かない, に行かなく, に行くまい, は天子, は萬

▼ するからには~ (61, 0.0%)

2 何か

1 [59件] いずれこれ, いわば男, かれは, ここが, この三名, さては汝等, する方, その文学, それが, たしかによい, ただに, たとえ敵陣, ついでの, どこまでも, まさしく深淵, まずその, むろん相当, もうあらかじめ城内, もう少し様子, もしも加十, もっと人間, やはり例, やはり艱難, ようしゃ, わけが, 主人を, 仙翁でも, 何かしくらいが, 作意が, 価額の, 俺に, 優秀な, 即ちわれわれ, 原音どおり再生できる, 反対に, 多少光秀, 大人物を, 実施の, 宿も, 少なくとも朝倉先生夫妻, 少なくももっと容易, 御納庫, 必ずこの, 必ずやその, 思いきりよくやる, 成るべく一般, 我々で, 捨身で, 敬しんだ, 条件は, 此文章は, 死ぬだけの, 疑いも, 疾しくない, 目標は, 相当に, 私も, 自分を, 間違いの

▼ するそういう~ (61, 0.0%)

2 ことは, 操作は

1 [57件] おくれかた, ことが, ときの, ところが, のばかりか, やり方で, チャンスを, マンネリズムを, 事態の, 人の, 伝統主義即ち, 傾向が, 優秀で無い, 冷酷な, 刹那の, 努力の, 告白的な飾らざる, 回り道が, 困難な, 場合に, 境地が, 声々が, 女の, 姿が, 季節では, 実証の, 工合な, 弁証法的な, 強権主義は, 役目を, 心持ちを, 恐ろしい心配, 悲劇は, 意味を, 意志的な, 感じが, 懇切な, 手段だけが, 手紙が, 折合いが, 母性愛は, 気分で, 気勢を, 気持の, 特殊な, 生きた人間, 種類の, 約束だった, 細かいところ, 職人気質こそ, 訓練は, 話題の, 身体の, 過去の, 面からだけ, 風に, 高飛車な

▼ するひま~ (61, 0.0%)

6 もなかっ, もなく 4 があったら, がなかっ, もない 3 がなく 2 がない, もありません, もありませんでした

1 [28件] があつ, がありませんでした, があれ, がございませんでした, がなくなっ, が無くなる, さえありませんでした, さえなく, なしに, にもつ, に一行, に他, に書庫, のなかっ, はありません, はない, はなかっ, はなかつた, は出来る, もない短い, もなかつた, もなし, もわすれ, も一滴, も何, も止める, も無く, も無し

▼ する有様~ (61, 0.0%)

4 を見 3 だった 2 が何処, であらわれ, である, を見る

1 [46件] があまり, が仔細, が尋常, が普通, が眼, だったの, であつ, でしたが, でその, でも知られる, というもの, となった, となりました, などを尤, なんかまったく初めて, には真剣, に相違, に立ち至っ, に良人, に閉口, はこの, はまことに, は定めし, は見た, は見られた, もあった, も同様, をしらべる, をじっと, をね, をも見逃さない, をバック, を夢中, を想像, を模擬, を目撃, を看, を真似, を眺め, を眺めよう, を研究, を見物, を言, を述べた, を驚嘆, 御主人

▼ する部分~ (61, 0.0%)

3 がある, である

1 [55件] があり, がこの, がその, がつい, が最も, が村, が特殊, が若干, が非常, が餘程, だけが今朝, だけが強調, であって, であつ, であると, で今日梵文, とがあった, とが動的, とについては極めて, との区別, と取り残された, と自分自身, にし, についてもある, には誰, の, のこと, のもの, の多い, の字数, の術語, の見える, の軌道, は今, は去年, は床, は断片的, は甚だ, は皆鉄, は磨滅, は第, は語部, は鎭火祭, へ押しやられ, もある, も多い, をば紐, をもつ, を刺戟, を後, を徹底的, を選び分け, を除き去り, 及び春秋公羊傳, 及び詩

▼ するふう~ (60, 0.0%)

5 もなく 4 だったが, をし 2 で, でも, なので, にし, をした

1 [37件] があった, がはじまり, がみえた, が盛ん, が眸, が見える, であった, であったから, である, でした, ですぐ, では, で五十川女史, で先ず, で自分自身, なの, な熱意, にさえ見えました, に言う, に言っ, のない, の見える, はなかっ, はみえなかった, は見えない, は見えなかった, は見せず, もない, もなかっ, もみえなかった, も無く, を少し, を見, を見せず, を見せず落ち着い, を見せなかった, を見せる

▼ する一人~ (60, 0.0%)

3 の男 2 であるという, では, の作家, の女, の学者

1 [47件] があった, があれ, が名前, が猪口, たること, だから, だが, だった, だつたの, であつ, であるかも, であると, でこの, です, でグリル, として自分, の代議士, の侍, の先輩, の刑事, の勇士勵, の友人, の国学者, の大学生, の女性, の婦人, の学生, の客, の少年, の支那人, の旅人, の業界人, の淑女, の無産者, の熱血漢, の畏友, の病監医員, の罪人, の老, の若い, の読者, の貴女, の青年, の鼻, はどこ, よがりの, をあらゆる

▼ する~ (60, 0.0%)

4 である 3 であつ 2 だった, をする, を私

1 [47件] があります, が一人, じゃない, だが, だけ見, であった, でありましたが, であるが, であろうが, でこれ, です, で其, で十日, で身柄, として早くから共々, とめいめい, と札, と白, などに用いられ, なん, にし, にたたなかった, にはたたなかった, には立たない, には立たなかつた, には立つ, にまわった, に居る, に当, に当る, の人形, は其人, は彼, までし, もする, をし, をつとめる, をひきうけ, を勤め, を勤めた, を引受け, を持っ, を神宮, を自分, を致し, を買っ, を除いたら

▼ する自然~ (60, 0.0%)

2 なら一點一畫, の形態, の意志, の根源的, の現象

1 [50件] が微, が美しく, とのゲイム, との関係, なきっかけ, なやりかた, なら一点一画, なるもの, な条件, な物語, に対する驚異, の中, の人, の働き役, の制裁, の友情, の叡智, の命令, の境界, の大法, の妙用, の性, の情調, の意図, の成行, の手段, の景色, の根源性, の欲望, の武器, の水墨山水図, の法則, の無限, の現象其儘, の理法, の神秘, の種族, の結果, の耳語, の衝動, の褥, の触手, の諧調, はことごとく, は私, も私, を水, を活かす, を物, を見る

▼ する~ (60, 0.0%)

3 をし 2 だ, だちだし鼻, もござりませぬ, を持っ, を見, を見る, を説経

1 [43件] いろである, がご, がその, がちょっと, がない, がねえ, がねえや, が初々しく, が私, が窓, が見える, が馬田, さえ見ゆる, だから, だちでいつも, だちですっきり, だった, だな, であった, である, でさっさと, ではありません, で年, で無く幾分, という顔, なの, にはなに, にブラウス, に違い, のやさし, の淋し, の筋肉, はない, もありません, もなく, も手, をじっと, を上げました, を疾視, を被, を見せた, を見守り, を鏡

▼ する~ (59, 0.0%)

3 が多い 2 があった, の姿, の方, はみな友達, もあり, もなかっ

1 [44件] がその, がなるたけ, が傍ら, が少く, が珍しく, であった, であるた, で混乱, となる, との間, なぞもあった, にどなられた, には変り, に売りつけ, に対してはた, に混, のため, のよう, の一人, の中, の人数, の影, の心情, の数, の肩, の野趣, の食道楽話, はあっ, はヤボ, は他, は惚太郎, は極めて, へも見せる, もあつ, もしょんぼり, もなく, もふえ, も多い, も屡々, や若い, をもてなした, を数えたら, を胡散臭い, を見

▼ する~ (59, 0.0%)

4 になっ, になる 2 それでも中, である, であるが, になつ, をとつ

1 [41件] がうっすり, が歴史的種, しかとれず, すら考へ, だけれども, だったの, だつた, だつたの, でこそ道場, で一度, で今, で居る, で文字, で時代, で書かれ, で結婚, で表, となり, なの, にほかならない, に変っ, に於, に過ぎぬ, のまま, の一種, の中, の前垂, の団体, の支配, の無くなった, の論理, は大体右, ももう少し, も筆, をとった, をとる, を捕捉, を棄て, を生じ, を私, 即ち種々

▼ する心算~ (59, 0.0%)

5 なん 3 である, ではない 2 だつた, です, なの, なら平次, はない

1 [38件] か, かと言, かも知れぬ, か知らない, じゃなかった, だ, だが, だったと, だったらしいと, だと, であった, であったが, であったらしい, でありましたが, でありますから, であるが, でいた, でいたんだ, でいた事, でしょう, ですから, でせう, で優秀, で手頃, で日刊新聞発刊, で昨夜ここ, で昨夜此處, で来たらしい, で祭壇, で起きぬけ, で跫音, で飛行機, で默つて, で黙っ, なのよ, なり, になれ, らしかった

▼ する~ (58, 0.0%)

3 の反射 2 の中, 彫鏤

1 [51件] から折々, があっ, がどこ, が井戸, が林, が現れ, が空中, が見えた, でいっぱい, でそれ, でないこと, で垂直, と生々し, なの, につき, によって世界, に射られた, に微動, に捉えられない, に照明, のない, のなか, のよう, の下, の交響楽, の偏り, の反射面, の小粒, の工合, の波, の色, の芸術, はきれ, はそれ, はだんだん, は地割れ, は大空, は左右, は拡散度, は目, は送電線, もあれ, も艶, よりその, をちらつかせ, を両, を失わない, を投げかけた, を投げ競う, を浴び, を護らん

▼ する原因~ (58, 0.0%)

2 がたくさん, が潜ん, となっ, になる, の結果, の類

1 [46件] があったでしょう, がこ, がここ, がどれ, がひそん, がまだよく, が何で, が具備, だと, だろう, であった, であること, であるもの, でしかなかっ, でした, です, となった, となつ, と彼方, と繁昌, なん, になっ, になった, になつた, になり, になろう, にもなる, にもやはり, によってのみ影響, に影響, に従ってわれわれ, の, のみを特に, の中, はこれエトナ山, はその, はまた, はまだ, は俳句等, は君, は複雑, も今, をこの, を挙げなけれ, を有しなけれ, を有しむけれ

▼ する~ (58, 0.0%)

4 ではない 2 があった, の動詞, を示す

1 [48件] ありてこそ, かと思はれ, からうつ, があつ, がまだ, が本, だ, だが, だそう, だな, だねえ, で, であった, であったところが, であらう, である, でございましょう, では毛頭ない, でも何, で兎, で千家, で女人, で手紙, で玄猪, で近松, と見える, なの, にほかならず, に後者, に用, に用い, に見られる, のある, のたし, の常用句, の相撲とり, の親, は毛頭ない, もない, も含まれ, も有, りでゐたの, をこめ, を併せ考へた, を含める, を曲げよう, を示そう, を起し

▼ する~ (58, 0.0%)

2

1 [56件] からである, から夫, か若しくは, がさう, が単に, が志賀直哉氏, が自我獨存, が薄らぐ, であった, というの, と一緒, と傳統, と感謝, と憎しみ, と温情, と理解, と聯關, と自責, と親切, において見られるであらう, にまで拡大, によつて言動, に變, の名, の存在, の徴証, の爲, の生活, の町, の目, の眞相, の童神たち, の絆, の誓, は, はこれ, は弟, は津田, は變ら, も均等, を, をも凌ぐ, を与えられたる, を再び, を受け容れました, を宇宙, を幾分, を打ち明け, を持ち得ない, を指す, を描き, を生かす, を自, を表現, を解する, を顯

▼ する~ (58, 0.0%)

2 の女, を防ぎました

1 [54件] あさぎと白, があふれる, がヤット, が怒号狂吼, が欲しい, が汚濁, であるから, で口, と燈, などのため, に五体, に比べる, に沿う, に泥, に袴, のため, のま, のやう, のよう, の上, の中, の勢, の圧力, の姿態, の底, の比重, の波, の流れる, の流れ工合, の線, の色, の迹, の運動, の面, はい, はどう, はものすごく, はよい, は二百十二度, は城壁, は松花江, は船底, は遼河, も草, を, をくぐ, をふせぐ, をわたる, を先, を利し, を思ふ, を眺め, を鋭く, を飮ん

▼ するかといふ~ (57, 0.0%)

5 ことを 4 ことで, ことは 3 ことが, ことの, やうな, 問題が 2 ことに, 問題に, 疑問について

1 [26件] ことから, ことこそ, ことと, こととは, ことなどを, のは, 事である, 事は, 二つの, 問題について, 問題の, 問題は, 大切な, 手品, 方が, 樣な, 段にな, 点に, 理由を, 疑問は, 考へに, 考も, 質問に, 非常に, 點で, 點に

▼ するだけに~ (57, 0.0%)

4 して, なった 3 なつた 2 とどめて

1 [44件] いよ, きめた, さえ三十枚, した, しよう, すぎない, すぎぬ, とどまらず私, とどまり別に, とんだ折檻, なったと, なった芸道, なるの, 一人も, 二時間余を, 人一倍金, 借りて, 寸も, 尚お, 忠興は, 思い切って, 拡大され, 既に幾分精神, 止ど, 止まらず求めて, 止まり易い, 止むべきもの, 止めて, 止めなければ, 止める, 止めるつもり, 歩み出して, 猶更, 生きて, 留めて, 考えを, 腕前は, 自信が, 進行し, 過ぎないが, 過ぎなかった, 頭を, 馬鹿馬鹿しさ, 骨組肉付は

▼ するとて~ (56, 0.0%)

3 私たちが 2 茶椀を

1 [51件] いい寄った, うづたかく饅頭, お札を, この宿, その日, たまたまここ, つけおった, わが不, 之に, 九百九十九頭の, 二人で, 五升入の, 京都に, 兄夫妻の, 其はじめに, 勝重が, 医者の, 去年にも, 又寄り, 同じく処罰, 呵られ又, 大分元気である, 大食し, 家へ, 引込んで, 戸外へ, 朋輩の, 来た, 横浜羽衣座が各所に, 涙ぽ, 畠の, 石油や, 私へ, 種々の, 紙の, 美婦を, 脱ぎ捨てた腰巻, 苦しめら, 茶の間の, 茶碗を, 草した, 西下し, 言い値で, 迎へに, 迷信的に, 長らく起き, 頑固尚古の, 額を, 顔を, 騒ぎ立てしこと, 髻落ちた

▼ するについて~ (56, 0.0%)

3 両親に

1 [53件] あからさまに, あらゆる場合, その必要, はなはだしい不便, ほとんど一, まずわれわれ, もう一つ, 一奇譚を, 一方その, 一部の, 主君の, 二夫人にも, 仕打の, 伊藤は, 会計へ, 何の, 何より都合, 保守陣営には, 先ず形, 先ず第, 入らずの, 反対してる, 困難が, 国民全体の, 如何なる見識, 家臣を, 小生の, 心配な, 必要な, 必要なる合い, 忘れて, 思想家の, 戸台さんに, 支那を, 教育課長は, 日本の, 早速臨時議会, 春信の, 朝夙く起き, 柳生但馬守の, 桜痴居士の, 標題を, 正式に, 父上努力し, 相当の, 第一, 笹村は, 至急な, 船岡どのの, 軍から, 近々本家, 間を, 高座で

▼ するばかりに~ (56, 0.0%)

12 なって 3 なつて 2 なった, なつた

1 [37件] きまって, した, したくが, したくを, して, ずんずんと, そういう, そのしたく, なったぞ, なってる兵営, なりて, はげしく鼻, ドラマティックに, 一時惚れ込まれた, 一時火の, 侮辱に, 喜んだ洞斎老人, 密接した, 愕いた, 愕き叫んだ, 愛して, 推尊する, 揺れた, 新しい風船球, 新らしく染め抜いた, 気息が, 気色ばんだが, 決つてを, 片づけたり, 狼狽した, 眺めただけ, 知らず知らず双方, 精神を, 虫が, 読み味わうべきもの, 身を, 馳せ着け御

▼ する危険~ (56, 0.0%)

12 がある 4 がない

1 [40件] あるを, からわずか, から身, があった, があります, がしばしば, が伴わない, が去らない, が多分, が感じられ, が潜む, が発生, ないや, なきざしが, なるもの, なる分子, な便宜主義, な動き, な女, な海, な行者, におかれ, にさらされ, について書いた, に陥らなかった, のない, の淵, はある, はない, は二三, は充分, は総理大臣, をもっ, を一方, を予感, を思いだした, を戒めた, を生じた, を聯想, を避ける

▼ する意図~ (56, 0.0%)

3 に出た 2 なの, の下

1 [49件] がある, がいつ, がうか, がその, が働い, が合致, が旺, が明瞭, が示され, しかない, だったとも, であったの, です, ではなく, で書く, とがそれぞれ反対, なくし, などは全く, なのに, によるもの, に基づいた, のあった, のもと, のもの, の上, の余り, の実現, の現れ, はぜんぜん, はよく, は決して, もまた, もわからなく, をほのめかし, をもって加筆, を以つて, を以て五, を作者, を喰い止めた, を床しく, を抱い, を持っ, を有する, を有った, を決して, を示し, を表示, を裏, 極めてあらわ

▼ する文学~ (56, 0.0%)

6 である 2 であった, は一応

1 [46件] がある, が従来, が成立, が欲望, が現れはじめ, が興っ, だから, でなければ, とはどうも, とは役所的, において唱えず, におけるリベラリズム, になり下る, になる, にもこの, に反抗, に在っ, に対して多大, に対して私たち, に新, の一形式, の創作, の創造力, の呼号, の善悪, の宝庫, の枠, の業, の正しい, の流派, の潮流, の特性, の発達, の質, の領域, はそこ, はそれ, はどういう, はやはり, は常に, は生活, は道徳, も論ずれ, を生活, を見る, を軽視

▼ する~ (56, 0.0%)

4 がない 3 はない, もない, もなかっ, もなく 2 がありません, もありません, もありませんでした, を与えず

1 [32件] ありき, があったら, があらう, があろう, がございません, がなかっ, がなかつた, がもう, さえなかっ, などは無い, に市九郎, に手元, に残る, に殘, に難なく, はなかっ, は全然, は幾ら, もあった, もあったであろう, もあらせず, もあるまい, も無, も無く, も與, を与え, を与えなかった, を得ん, を持たなかつた, を狙っ, を窺う, を老人

▼ するのほか~ (55, 0.0%)

17 はなかっ 12 はない 4 はありません 2 ない, はなく

1 [18件] その固有, ないと, ないの, ない事情, なかった, なきに, なく一人, なく候, にとうてい, に望み, はありませんでした, はなかつた, はねえ, は無, は無い, は無かっ, 何らの, 決して他

▼ する二人~ (55, 0.0%)

3 の男 2 でないと

1 [50件] が中, が互に, が何一言, が必死, が胸, だけで物足りない, だと, で下関, にあっ, にしかも, にもわからなかった, に云, に祝っ, の人, の人影, の前, の夢, の巨人, の影, の心, の心臓, の性格, の態度, の手代, の手元, の敵手, の沈み, の目礼, の相棒, の眼, の神尾喬, の胸, の被告, の足もと, の身体, の運動, の間, の閣老, の青年文士, の高圧, はさらに, はどういう, はもはや, をまず, を又, を困, を引き止め, を想像, を眺め, を眼

▼ する土地~ (55, 0.0%)

3 の力, の地代 2 である, はない, もある

1 [43件] から時, がある, が全国, だけに馬, で, であるから, であるが, でもその, で出来た, で麻, として地名, と言え, などによく, に人間, に対し何ら, に対する地代, のこと, の人, の人たち, の価値, の区劃, の呼称, の地主, の産物, の百姓, の神, の精霊, の紳士, の説明, は, はいい, はその, は人氣, は同一, は此, は自分, もなし, をきめね, を与えられなかった, を探す, を自ら耕作, を記入, を買っ

▼ するにつれ~ (54, 0.0%)

2 自然私は

1 [52件] その文壇, その文学, その間に, それが, だんだん常備傭兵, てかはつ, はなはだしく異, または政府, またもと, もうろうたる, わたしの, アグネスの, 両派の, 今は, 今更の, 企業内の, 何かに, 全生産物, 労働者の, 又その, 各世代, 各種の, 君たちの, 国民は, 大いに相違, 室の, 實行と, 弊害百出し, 彼の, 彼は, 彼らが, 故郷の, 文字重なり, 更に有効, 殆ど自分でも, 民衆は, 水蒸気の, 濃霧の, 父との, 生活費も, 相違する, 社会のより, 社会主義の, 純粋な, 素朴に, 結婚の, 縁日ゆきの, 育ったり, 自ら常備の, 自国の, 著しい変動, 遂にかかる

▼ する元気~ (54, 0.0%)

14 もなく 8 もない 2 がある, があれ, がない, もなくなっ, も出ない

1 [22件] がなかっ, が出なかった, さえなかっ, すらありません, なく横, なし, なし部屋, などどこ, のあった, のある, のいい, のない, はない, もなかっ, もなくし, もなくなった, もなくなり, も出なかった, も失せた, も失つて, を失った, を見

▼ する~ (54, 0.0%)

302 れと, れ我輩

1 [20件] であるから, れかれら, れだ, れって, れという, れといった, れとて, れはぐくめよと, れ全国, れ吾人, れ哀告, れ因循, れ惡, れ汝等, れ滿座, れ無調法, れ祭酒, れ自我, れ著者, れ進むべき潮水

▼ する途中~ (54, 0.0%)

4 にある 2 であった, でござる

1 [46件] この広島, この甲府, だけは昔, だった, だったから, だったという, だつたが, だと, ちょっと立ち留っ, であったかも, であったという, である, でご, でその, でにわかに, では旺盛, で二, で会った, で出逢っ, で広岡学士, で復, で必要, で急, で捕はれた, で提灯, で殺される, で病死, で窓越し, で芝田さん, で見た, で雪, において拙者, には一時頸, に何らかの, に偶然, に小さい, に待ち合わす, に於, の一波瀾, の混雑, の道草, も茂助はず, を, をはかり, 捕へた狐, 捕われたもの

▼ する間もなく~ (54, 0.0%)

2 彼女は, 私は, 雨は

1 [48件] おとよ, お石, お角, かの白い, がまの, ここへも, そこには, その弟子, ガーゼと, 三十分足らずで, 乙の, 二葉亭は, 今度は, 佐吉さんが, 佐賀藩の, 倒れるやう, 入り込んだもの, 公園の, 六日前に, 出た数, 又候夜なべ, 各自に, 噛みついて, 家が, 寝耳に, 張り切つて, 彼の, 心の, 怪しい物, 押入れの, 柘榴の, 森本先生は, 理右衛門は, 生命からがら, 眼界から, 稲妻は, 節子は, 簿記を, 茂左衛門の, 茂左衞門の, 襖が, 襲いかかって, 解散させられるだろう, 身は, 迎への, 長谷川等伯の, 障子の, 頭の

▼ するなよ~ (53, 0.0%)

32 お前の, 八俺には, 泥棒と

1 [44件] おめ, お前と, お紅ちやん, お行儀, お返し申せ, お静, この俺, この女, この日本, この阿, たけを, とてもむだ, どうせ何事, なんでも, なんとか景気, ぼくはへ, もう少し並べさし, わしの, オ, ッ, 人を, 今では, 何んとか, 俺の, 僕は, 八お, 冗談じゃ, 君らしく, 売物, 子供見たい, 彼奴と, 往来から, 据え物, 月待ちの, 気の毒だった, 源八っ, 父つあん, 眼を, 穏やかに, 網旦那んと, 長く待たせ, 長戸検事, 風を, 鳥は

▼ する大きな~ (53, 0.0%)

2 理由が

1 [51件] お城, クマが, ダイヤも, 仕事として, 仕事を, 公園が, 力が, 力であります, 厚い葉, 塊り, 壁が, 変化が, 変化に, 変化は, 岩は, 峡流を, 悩みの, 戸の, 政略の, 昔風の, 期待が, 枕に, 権限は, 機縁も, 歓びでも, 活気ある, 深い谷, 火が, 炉が, 牛乳配達車だった, 理由は, 発言を, 白丁の, 目が, 眼で, 眼玉近頃, 眼荒い, 空地へ, 綺麗な, 編成の, 自然の, 葉の, 記事が, 責任を, 超過である, 部屋が, 野心が, 間違いを, 集団的魂を, 類書册府元, 骨と

▼ する~ (53, 0.0%)

2 心が, 講凪ぎ

1 [49件] 主の, 主人は, 主人を, 主旨でも, 主旨の, 互が, 人じゃ, 佛の, 勅語軍人に, 勤めでなく, 名代の, 威勢で, 孫たちによって, 客が, 家老と, 屋敷なら, 布令でも, 徒士の, 心でも, 心持が, 心算です, 意見が, 感想を, 手から, 政道にも, 本の, 枇などは, 殿沢から, 決心の, 決心を, 法規は, 為の, 相談が, 着一城の, 約束を, 縁日でも, 覚悟と, 言葉, 許可だけを, 謀反か, 豫定で, 資格に, 起居の, 趣意を, 遊興切符なども, 達を, 金御用達何万両という, 隠居を, 饌を

▼ する~ (53, 0.0%)

4 を発表, を述べ 3 を声明 2 の遺書, を傳, を告げ, を告げた, を宣言

1 [32件] さは, なること, には, の口上, の名古屋県, の声明, の明文, をつけ加え, をのべた, を一同, を大勢, を大書, を宣告, を布達, を打電, を揚言, を満足げ, を申, を答え, を答えた, を答える, を規定, を論じた, を述べた, を述べ合っ, を通告, を関係者一同, を附, を高声, 改めて閣老連署, 申し上げた, 言渡した

▼ する機會~ (53, 0.0%)

3 もなく, を得た 2 があつ, がなかつた, がなく, が多い, もなかつた, を充分, を持たない, を與

1 [31件] あるべし, ある毎, がある, があるであらう, があるでせう, がなけれ, が生じない, が與, でもあつ, ともなつ, などもさツぱり, はこれ, はない, はまれ, は全く, は無い, もあらう, もない, も尠, も御座いませう, をうまく, をそこ, をつひ, を一々, を作らう, を失, を得, を得ました, を有, を發見, を見出す

▼ する~ (53, 0.0%)

6 です, もない 3 なり, もありません, もなかつた 2 がない, だが, もなく

1 [26件] お蝶夫人, であつ, である, であるが, でご, など話された, に候, のない, ほ水, まず団体キセイ令, まで書き添え, もなかろう, をあと, をお, をしたため, をルーサン, を予言, を伝え, を告げた, を彼, を皆さん, を記し, を記せり, を述べ, 故おとど, 聞きゐたれば

▼ する迄も~ (53, 0.0%)

5 ない 4 ないこと 3 あるまい 2 ありません, ないだろう, なく平次

1 [35件] あるまいが, ないが, ないじゃ, ないでしょう, ないと, ないの, ない氣, ない筈, なかろう, なくお, なくおよそ, なくかの, なくガラツ八, なく一般, なく世間周知, なく今更, なく大体承諾, なく巣鴨, なく彼等自身, なく旧, なく昔, なく母, なく表看板, なく誰, なく貴下, 其が, 有ません, 此際病を, 無いかも, 無いや, 無い事, 無からう, 無く一見, 無く少なくとも, 默つて居なけれ

▼ する~ (52, 0.0%)

2 がそしゃく, が嫌い, っくれえ, に似てん, のよう, の煮た, を焼き始めで

1 [38件] うで, が残, じゃあるまい, だな, とを出した, と同様, と焼米, にしめバット, に湯豆腐, に至つて, のやう, の値, の匂, の吐いた, の足, の食慾, はいぶつて匂, は多く, は忘れた, や玉蜀黍, や餡, をしゃぶっ, をち, をマッチ, を卷い, を卷く, を喰, を噛ん, を持っ, を焼き, を皿, を與, を裂い, を頬ばり, を食, を食った, 猶ほ, 臭い四囲

▼ する気分~ (52, 0.0%)

1 [52件] があります, がだいぶ, がなかっ, がなくなっ, がはっきり, がまだ, が全幅, が出ぬ, が動い, が悪く, が日本, が発達, さえあった, だの, ではなかったろう, で不偏不党, で身, で雨, としての本質理解, におかれ, になった, にならざる, になり, になりません, になれない, になれなくなる, にはなれない, にはなれなかった, に揺られ, の中, の変化, の方, の標識, の追求, の週期的反響, は, はそちら, は刹那的, は毛頭ない, もあります, もない, もルネッサンス, も強かっ, も無い, も相当, や余情, よりも一般, をひとくち, を味, を深く, を紛らせ, を落ち着ける

▼ する気配~ (52, 0.0%)

3 を示した 2 がし, が動きかけた, もない, もなかっ, もなかつた, もなく

1 [37件] あり夜立ち, かを訊ねた, があった, がある, がした, がはつきり, が感じられる, が聞かれた, が見えない, さえもありませんでした, さえ全く, すらも見えない, だ, だにない, でした, で通りかかった, とも関係, はなかっ, はまったく, は穏, もあった, もうかがわれた, もみせない, も見えず, も見せず, を, を嗅ぎ取った, を察したらしく, を感じさせた, を感じた, を感ずる, を現, を現した, を示し, を聴く, を見せた, を見せる

▼ する要素~ (52, 0.0%)

2 である, ではない, としての個人

1 [46件] がある, がなけれ, がふくまれ, がまるで, が一つ, が二つ, が少数, が映画, が根本概念, が現実界, が籠ツ, が認められる, だから, だったから, であること, であるところ, でそれ, ではあるまい, で民主化, としての人間, としての語句, として互いに, として人種, として左翼的, として第, となる, とは以上, と同じ, と芸術的価値, と要求, には一つ一つ, に分解, の中, の重なる, はそういう, は一面, は其構造及裝飾, は少く, や参考資料, や未知, をとりのぞこう, をもっ, を備えね, を出, を濃厚, を見付ける

▼ するぞと~ (51, 0.0%)

2 いって, 云って, 見て

1 [45件] いう, いうを, おどかしたん, おどかして, おどかせし, おどしながら, おもいとりて, かく書いた, ねだり返し, バックは, 云せ, 云ひも終らず, 今度は, 何とかと, 先に, 冷笑した, 叱る人, 問うと, 問ひ詰りし, 問へば, 嚴かに, 威猛高に, 宣告しました, 強引に, 心を, 思ひきりて, 意気込む, 捨て科白, 散々に, 新聞に, 来た, 決心した, 白眼付る, 私は, 脅したの, 脅しつけるの, 興奮した, 見るに, 覚悟を, 言いふらして, 言う意気込み, 言った, 言わしったこと, 誇示する, 頬を

▼ する婦人~ (51, 0.0%)

3 がある

1 [48件] がさまざま, がふえ, じゃない, だから, である, でした, でなし, とは受け取りかねる, とは衣裳, とは食物, と云, と同様, と父親, などがあった, などが手紙, なるが, に向っ, に多く, のため, の処女, の前進的, の在る, の多数, の姿, の婦人手工業組合, の客, の心持, の悩み, の気持, の社会感, の要求, の言葉, の連, はかの, はすぐ, は先ず, は彼, は果して, は無い, まで良人, もある, もない, もなんとなく, ももっともっと, も決して, を保護, を見た, を雇う

▼ する気力~ (51, 0.0%)

7 もない 5 もなく 2 の強, はない, も失っ

1 [33件] があった, がある, がなくなった, さえもない, である, と行動, になれない, にみちた, のある, のまったく, はなかっ, はなく, もありません, もその, もなかっ, もなし, も乏しかっ, も何もかもすっかり, も失せた, も失せたれ, も尽き果て, も抜け, も段々, も無い, も竭, も興味, や意識, をなお, をひき立て, を失っ, を失わない, を抑え抑えし, を正統

▼ する社会~ (51, 0.0%)

1 [51件] が違え, が違っ, こそ実に, であれば, です, でせう, では最も, では次第に, でモンテルラン, といふもの, とはおのずから, とプロレタリアート, において人口増加, にとっての遺物, には一人, にもない, に対して我と, に生活, に黄金, の一部, の事情, の他, の動き, の可能, の問題, の多数者, の形成要素, の必然的産物, の方, の条件, の歪んだ, の歴史的, の現実, の生活者, の相貌, の要素, の運営, の関係上, は, は人間, は堕落, は幸福, は想像, は是, は果して, を, をいかに, を整理統一, を毒, を率い, 乃至国家組織

▼ する運命~ (51, 0.0%)

3 を持っ 2 にある, の手, の毒舌, をもっ

1 [40件] が悲しまれる, だったと, だったの, となっ, とならなけれ, なの, なりとした, にあつ, になっ, になってる, に出, に対して, に対しても悲しむ, に対する追, に置かれ, に見舞われた, に近づく, に逢いました, の二剣, の人類, の使者, の威力, の跡, の道, はかならずしも, は多難, への片意地, もかうした, をおどろき呆れ, をひたすら, をまざまざ, を予想, を予約, を同う, を持たなかった, を永く, を自覚, を荷つたの, を豫想, を負う

▼ するくら~ (50, 0.0%)

6 ゐで 5 ゐの 3 ゐな 2 ゐが, ゐたくさん, ゐだつた, ゐである, ゐですから

1 [26件] ゐだ, ゐだから, ゐだもの, ゐであります, ゐであるから, ゐでしたが, ゐです, ゐでは, ゐなつもり, ゐならあつし, ゐならもつと, ゐならガン首, ゐなら仕事, ゐなら俺, ゐなら眠つた方, ゐなん, ゐに, ゐには, ゐは, ゐフ, ゐ二階, ゐ凡そ, ゐ正しい, ゐ貧困, ゐ違, ゐ鮮明

▼ する~ (50, 0.0%)

32 っ, ツ

1 [43件] あれは, え, ええいそこ, おれは, かし, きみは, こういう約束, しずまれ, すぐもと, っこら, どうも男, よく見, ォ, オ, ッ恐ろしい, ローセンブームよく, 一ト月で, 今日は, 八十歳以上の, 其中にも, 大先達, 定まれること, 心得たり, 急度間違, 怪談を, 悠二郎, 抜け作野郎, 放せ, 有樣, 東西の, 武蔵を, 汝が, 溝の, 無言の, 然すれ, 笑ふ, 美味さ, 美味そう, 而て, 聊かの, 隙が, 雪もて, 韓信

▼ する動機~ (50, 0.0%)

4 である, を有 3 となった 2 によって結縁, はその, は特に, を得る

1 [31件] から出た説か, であり他, となっ, となり, とミリュウ, になった, にもなっ, にもなった, によるよりも直接, に基い, に従っ, に触れなかつた, に觸, の一つ, の多く, はもし, は併, は尋常一樣, は概して漫然と, は直接, は種々, も亦, も違, をたづ, をつくり, をもう, を僕, を含ん, を持つ, を疑い, を考察

▼ する~ (50, 0.0%)

2 がある, じゃありません, であった, で容易, は, は皆それ, ほど可愛い

1 [36件] があれ, がなんで, が出ちゃっ, が無かっ, さえある, ぢや, であつ, である, でした, でして, でないのに, というもの, なりともいい, なん, にお金, には寝る, に對, に着せる, のある, の家, の態度, の面あかり, はお, はお母ちゃん, はない, は狼, もあった, も澤山, やな, を, を呼ん, を待つ, を源氏, を社会, 猶もなく, 鷲

▼ する現象~ (50, 0.0%)

9 である 2 だ, のこと

1 [37件] あるいはまた河口, からもまた, があっ, がある, が決して, が自分, が起こっ, その物, だが, だったけれども, であるから, であること, であろう, とされ, として云え, として時に, と云わね, に外, の一つ, の因果関係, の比較, はこの, はない, はまことに, は直に, は運動原因, も根柢, も生れる, よりも一層, を, を云い表わす, を云う, を吾, を喜ぶ, を注意, を見る, を面白

▼ するとおり~ (49, 0.0%)

4 である 2 になっ

1 [43件] いつも金, かれが, そっくりそのままの, その頃, だと, であるが, にあい, にさせ, にし, にした, にすれ, になさいまし, にばん, にまかせ, にめちゃくちゃ, にやっ, にやる, に一しょ, に任し, に公卿, に動く, に委せ, に振舞っ, に操縦, に柳沢, に海水, に自分自身, に行動, に計らっ, に跟, のお辞儀, のまね, の人間, の周到, の所作, の楽し, の獲得, の真似, まずそういう, 大公爵, 実際その, 寒笑, 驚いた時

▼ する工夫~ (49, 0.0%)

6 はない 3 はあるまい, をし, をする 2 は無い, をした, を講じ

1 [28件] がある, が専一, が巧いも, が必要, が成功, が有る, が次に, が無かっ, が肝要, が附かなかった, さえすれ, とまた, などは後, のよう, の無い, はつかねえ, は絶えず, もあら, もあるだろう, もあろう, をおし, をこらす, をしたい, をしなけれ, をやり出した, をやる, を始め, を無益

▼ する樣子~ (49, 0.0%)

10 もなく 5 です 4 もありません 2 でしたが, を見, を見る, を驚いた

1 [22件] から眞赤, だが, だつた, であつ, ではない, でまだ, でニヤリニヤリ, で少し, で書き, なり我, の無い, の顏, はありません, はなく, は恰好, は無い, は無く, は郡長樣, ばかり見える, もない, もなかつた, も無く

▼ する気色~ (49, 0.0%)

10 もなく 4 も見せなかった 3 もない, も見えず 2 を見せなかった

1 [27件] ありげ, がなかなか, さえ見えません, さえ見せません, だったが, であります, でむっと, とも見えた, なるを, にて唇, に見えた, のない, はありません, はない, はなかっ, は無い, は見えなかった, もなかっ, もなし, も無い, も無く, も見えなかった, も見えません, も見せない, も見せなかつた, を決して, を見せない

▼ する場面~ (48, 0.0%)

6 がある 2 が出, である, にぶつかる, を見せた

1 [34件] があつ, がはじめ, が演ぜられた, が非常, であるといふ, でページ, で終っ, というよう, との対照, との照応, とはどうも全く, と後, などと融合, などを空想, になる, にはめ込んだ, には制限, に現われ, に生き, の展開, の彼一流, の微, の描写, の時, はもう少しどうにか, は徹頭徹尾, は皆, もあっ, も与えられない, も興味, やいちまい, を想像, を註文, 反宗教的

▼ する気持ち~ (48, 0.0%)

3 になっ 2 とよく, になった, はない

1 [39件] がつづい, がない, が全然, が強く, が遽, さえも私, だ, だつた, であろう, ではむろん, で引き寄せ, といけない, とお, とさあ, にうつる, にさえ似, にさせた, になつて, になり, になりました, になれなかった, になれませんでした, にはなれなかった, にはなれぬ, のない, のよ, の変化, はあまり, はおおよそ, はなかつた, はまだ, は出, は私, は素朴, もおさまり, もなかっ, も起こりません, を湧かす, を顔

▼ する~ (48, 0.0%)

9 もなく 3 である, を見 2 あり響, がありあり, の輝き

1 [27件] あらざりき, があきらか, があった, がその, がはつきり, が殆ど, が現れ, でありました, でさえあった, なく, なく円く, なく年年, なく最, なく目, なく諸肌, などは一, などは派手, なの, のない, のコート, の濃い, は何, は眞, は真, も無い, や線, を見詰め

▼ する~ (48, 0.0%)

2 ではない, にて遙, はない, は各自, は唯, も

1 [36件] があっ, があった, がなけれ, がわからなかった, が廣, が無い, が開かれる, である, であると, ではあるまい, で会った, で彼, で湖, なの, に向っ, に從つてこれ, のある, の遠き, はこれ以外, はつきませぬ, はないでしょう, は他, は儼存, は必然, は決まっ, もなかっ, をおれたち, をまだるっこい, を持っ, を持つ, を棄て, を求め, を求める, を講ずる, を辿っ, を進む

▼ する風習~ (48, 0.0%)

4 がある, が行 2 があった, が残っ

1 [36件] があり, がしばしば, がつい, がない, が何, が多い, が所, が田舎, が行き渡る, が行われ, です, にし, に慣れ, に貢献, のあつ, のため, の存在, の移入, はいかにも, はその, はまだ, はよく, は五十年, は常に, は後, は新, は是, は非, は音楽, また次第に, もある, も各地, も生じた, を一般化, を生じた, 勿論昔

▼ するかが~ (47, 0.0%)

4 問題である 3 問題と

1 [40件] あられもな, おぼろげに, ここに, この現象, すぐわかった, ひそかに, まるであい, やきを, わかりましょう, 一応わかっ, 今云った, 今日の, 分らないの, 分る, 分るであろう, 分れば, 判らなくなる, 口には, 問題だった, 問題で, 問題に, 図書管理者の, 大作としては, 常に問題, 抑, 明らかでない, 明らかに, 次に確かめられね, 気に, 清洲会議の, 理論の, 疑問, 疑問である, 示されなければ, 結局倫理学の, 見ものなり, 見物でございます, 重大問題である, 電氣の, 非常に

▼ すること能~ (47, 0.0%)

23 はざる 8 はさる 6 はざれ 4 はざりき 1 ざれど, はざりし, はざること, はざるもの, はざる間, はす

▼ する~ (47, 0.0%)

2 の女

1 [45件] あらん, かな, であった, であった葦, となつ, と昼, どほし, なしの, などに最も, などは惣八郎, などは飼主, など鼠, なので, なり, にはいわゆる, には所謂, に軍場, のおそろし, のなごやかさ, のほう, のダム, の時間, の暗, の歡迎會, の正装, の海, の灯, の物忌み, の空氣, の窓, の罪, の街, の門, の顔, はからり, はまれ, は昨夜, は眠られない, は神祕, へ向っ, もあり, も何度, をひとり, を彼女, を蹴散らし

▼ する恐れ~ (47, 0.0%)

21 がある 3 のある 2 があつ, があり, があります, がない, と悲しみ

1 [13件] があるらしい, がなくなった, が万一, が果して, で心, なきあたわず, なしと, のない, の方, はない, もあった, もあり, もある

▼ する情熱~ (47, 0.0%)

2 はまるで, は彼

1 [43件] がこもっ, がその, がもてなかった, が何故, が前, が強く, が消え, が目ざめ, が足らぬ, こそは我々, であらう, である, であること, でなければ, とが一つもの, とこれ, と言, なしには, などが湧い, など少し, によつて個人, に燃えた, のない, の一部, の挽歌, の無, の網, はその, はそれ, はてん, はヘーゲル, は世界, は小, は物, をあくまでも, をもっ, をもつ, を人間, を喪わない, を植えつけられた, を示し, を起そう, を養

▼ する~ (47, 0.0%)

7 である 2 なの, をうたう

1 [36件] から, が俗, が紹介, ごゑ, ごゑがすつかり耳, では決して, でもあらう, でも序詞, とは不調和, と大体, などを教え, になっ, には其魂, には心, に酔うた, の文句, の神女ら乞, は, は一つ, は勿論つぎつぎ, は可, は集中, もある, も物語, も珍しい, をうたっ, をうたつた, をうたわす, を作る, を多く, を歌, を歌っ, を残した, を見る, を誦し, 少しとの

▼ する~ (47, 0.0%)

2 が何故, にせきたてられ, のやう, の姿, の真意, の魂

1 [35件] が私, が肉体的, が自分, といえ, などのつい, のあと, の声, の小言, の幻, の心, の情愛, の意, の愛, の態度, の枕元, の焦慮, の真弓, の背, の話, の調子, の身の上, の顔, は二十一二歳, は反抗, は窓, は雁皮紙, もまた, も妻, も寢, や嫂, らしい努力, を押しのけ, を無理, を遮っ, 我が敬愛

▼ する間際~ (47, 0.0%)

9 になっ 3 になつて 2 にそれ

1 [33件] だった, だったと, でございました, にきっと, にこしらえ, にこの, にどこ, になおなお, になった, になる, には屹度心, には秘密, にひ, によく, に一船客, に偶然後, に同じ, に家従, に小萩, に崩すべき, に水兵等, に自分, に近所, に駈けつけた, のさびしさ, の事, の足, まではわたし, まで何, まで水濠, まで男, まで私, を除け

▼ する~ (47, 0.0%)

3 の中 2 と回転, をおさえ, を押え

1 [38件] から火, が強く, が見えた, が重い, でさ, で二三囘ぐる, で龍吉, との時代, と手, のない, のハタラキ, の上, の前, の原点, の固い, の尖, の確かさ, の程度, の良, の赤毛, の隅, は劣っ, は重し, をしずめ, をちょい, をもった, をもてあまし, をヤケ, を以て充分, を傾け, を円め, を失わなかった, を定め, を抱, を抱える, を押, を持ち上げ, を起し

▼ するあたり~ (46, 0.0%)

2 いささか鬼気

1 [44件] あの辺, おのずから品, からおおきく, からだ, からは日光, からわたし, から下, から大門, から察し, から年, がちょうど, が残雪, であって, である, でこの, では反, でギックリ, で俄, で完全, で水, で登子, とは打っ, など実に, にその, になっ, には更に, に何, に出る, に岩, に来る, に至れ, に這い込む, の度々, の道, はひろびろ, は人情, は岩, は路, は面白い, へあおむけた, までこの, もこれ位, 特にその, 白く棚引く

▼ するさえ~ (46, 0.0%)

3 あるに 2 私には

1 [41件] あまりに不敵, いさぎよしと, いやで, こんなに大儀, はじめてだ, むつかしいであろう, 不届きな, 億劫だった, 可笑しいの, 大儀そうに, 失礼な, 好まぬ筈, 容易でない, 少なからず, 必要ない, 忌々しそう, 忌わしいから, 恐ろしいの, 恐ろしい位, 恥かしい, 恥ッさらしな, 悪寒が, 情ない気, 憚るべき, 既に危険, 汚れである, 浅ましい顔, 無礼である, 現今では, 甚しい, 直ぐ顔, 破格な, 耐えられない風情, 腹の, 自分の, 苦しい程, 苦しそう, 読者には, 身の毛が, 身の毛も, 面晴れである

▼ するどころ~ (46, 0.0%)

35 では 2 じゃない, の話 1 ですか, でなく今度, でなく見えた, ならず却って, のこと, の段, の騒ぎ

▼ するんぢ~ (46, 0.0%)

28 やない 53 やありません, やなかつた 2 やあるまい 1 やから, やまつたく, やろな, やオレ, や駄目

▼ する企て~ (46, 0.0%)

3 である

1 [43件] が成効, が最近, が極めて, すら何だか, そうした決心, だって, であったこと, であるが, とは明らか, と一致, と等しく, によって動機, に於, に過ぎない, のすべて, のみが真に, の不, の内, はかくして, はしばしば, はすべて徒勞, はほとんど, は不可能, は亜米利加, は全く, は前, は却って, は常に, は後, は徒勞, は成立たず, は新潮社, は時として, は歴史, は疑い, は罪悪, をどう, を今, を恐れ, を持っ, を絶望, を試みた, を馬鹿

▼ する技術~ (46, 0.0%)

2 が今, が必要, である, といふもの, をもっ, を習得

1 [34件] がまことにらくらく, が事, が完全, さえ教え, であるに, ではなくし, というもの, とか将棋, としてわれわれ, として創造, と精神, によって部分的, に至っ, のこと, の相違, の精粗, の進歩, の飛躍的発達, は久しく, は単に, は多年, は絶対的, も夙く, も実験装置自身, も少し, も理解, をさえ教え, をもつ, をよく, を呑み込ん, を学ん, を心得, を身, 即ち兵力

▼ する~ (46, 0.0%)

3 は欲しく

1 [43件] かと幾, がある, が二百, が出, が出来る, が十分の一, が惜しく, が百八萬圓, が自分, が電報, すらも持たなかった, だったとか, だつた, なの, なん, になる, に比べ, の事位大抵, の添えられる, の蛇, の針, の額, はすでに全く, はどこ, は一枚, は人, は全然, は兵部, は彼, は本, もありません, もなかつた, もなし, もやっぱり, も一文, よりもこの, をやった, をポケツト, を出し, を取りあげられた, を費し, を賭け, を送っ

▼ するとでも~ (45, 0.0%)

6 思って 4 いうよう, 思ったの 3 思ってるの 2 いうの, いった大, いふやう, 云うよう, 思うん

1 [18件] いうこと, いうふう, いうべき情合い, いったの, いった具合, 云いたい政治, 云うので, 出て, 取ったの, 吐くだらうと, 思うの, 思ったもの, 思ったらしい, 思ってるん, 考えて, 考へての, 言って, 評したら好かろ

▼ する事柄~ (45, 0.0%)

6 である 2 だった, に於

1 [35件] が少く, だけに熱情, だったの, であって, であると, ですから, でなければ, で有りません, といふもの, についての個人, にでも向う, によって人生, にをはらしめた, に対しては, に対して一言, に對, に就い, に心酔, に私, に耳, の體驗, は劇的, は語らなかった, も, もその, も其方法, をここ, をでも話す, をもう一度, を一つ, を同時に, を抽出, を撰, を明瞭, を認識

▼ する仕方~ (45, 0.0%)

4 である 2 がある, に即し, に應

1 [35件] が全く, さう, じゃない, その心持ち, なしに, にある, にあるであろう, にし, についての一切, について百姓たち, には作家, には厳密, によって実は, に応じ, に於, に相, に關係, のかの, の何より, の内, はすな, は三千年, は併, は個人, は変っ, は夢, は我々, は疑い, は部分的, もできた, も及び, をし, をもっと, を思い知らせ, を論じた

▼ する準備~ (45, 0.0%)

5 をし 4 をした 2 といふの, にとりかかった

1 [32件] がありえない, ができた, であるとも, としてフランス, として全国的, として同腹, として始めて, なき個所, にいくら, に作らせ, に取りかかった, に忙しい, に忙しかっ, に過ぎない, のため, のやう, の意味, の爲, は知識そのもの, もし, もそれ, もできた, もなく, も与えられる, をしました, をせい, をせね, をもつ, を始めた, を強行, を怠らない, を進め

▼ する~ (45, 0.0%)

4 である 3 であった 2 なの

1 [36件] から出, がない, が戸, だが, だったかと, づかひである, であったこと, でありますが, であるそう, であると, であれば, ではなかっ, でカイ, で山形県, で本来, で結局, となった, となり, と関係, にはいくつ, のみをもっ, の中, の語尾, の起こり, はこうこう, は通俗的, ばかりに宿しきれない, または地名, をのり越え, を下さなかつた, を正月, を物色, を用いた, を用いる, を聞こう, を述べ

▼ する~ (45, 0.0%)

1 [45件] あらゆる沿線, いるには, お苦しみ, この不安, じっとし, ずっと古河, そこに, だ, つきまとった, である, で決して, はやって, ひきつけられたの, イタリーの, 一二時間は, 一時間半も, 一種の, 休むこと, 位は, 何よりの, 好きな, 弟と, 彼を, 御出発, 愛するの, 手繰り上げた時, 斯うし, 月謝や, 東京に, 東京へは, 此處に, 此軍国主義国家主義で, 殆ど互に知らぬ, 深く契りたる, 研究を, 私が, 私の, 純潔を, 続けられそこで, 許し合つた間柄と, 読誦せる, 追跡し得られ, 進んで, 食った, 首尾よく

▼ するくせ~ (44, 0.0%)

8 がある 2 があった, がつい, に, にいや

1 [28件] があっ, があつ, があり, があります, がついた, が付き, が私, が遠い, だった, であった, でまったく, にこの, にどんなに, にふと, にもう, に一旦, に何もかも, に君, に四尺, に女中, に妙, に此等, に死ぬ, に自分, に迷信的, のある, のひたい, の両手

▼ する作品~ (44, 0.0%)

2 である, を書く

1 [40件] か楽節, が, があつ, がある, がない, がなく, が出かかっ, が新人たち, が送り出されなけれ, だ, では寧ろ常に, というもの, となった, と申します, にこと, にのみ向, に優る, に着手, に関しては, のある, のこく, の一系列, の全的, の根, の見, はあまり, はシナ, はスティヴンスン, はポー, は主, は大, もある, をさぐり出し, を作らう, を切りとらせない, を書き, を生み出す, を生んだ, を製作, を詩

▼ する~ (44, 0.0%)

2 があろう, と, の全, は

1 [36件] じゃない, だつて心配, ではない, とし, としては岩田氏, にとつて迷執, にはこれ, にはめづらし, にもこの, の中, の以前, の仮定, の幻覚みたい, の心理, の意見, の態度, の方鍼, の殺し, の父親, の矛盾, の立場, の袂, の認識, の謝禮, の頌讚歌, の頭上, の黒き, は天才, は旧, は暫く, は牢屋, も僕, をみんな, を嗤, を批判, を自分

▼ する動物~ (44, 0.0%)

3 である 2 だ, でもある, なの, なりという定義

1 [33件] がゐる, が十五六種, だろう人間, であると, であるといふ, です, でない, ではその, では多く, では生存競争, では社会中, では親, として示されね, とでは種々, となる, と単独, などを獲, ならば, なり, については生存競争, には自然, に対する一種, のやう, の本性, の私有財産, の肢體, はいかなる, は人間以外, は何, は肉, を調べ, を追いかけ, を食

▼ する地方~ (44, 0.0%)

2 がある, が多い, もある

1 [38件] がいくら, がまだ, が多く, が日本, が相当, が西域, だから, だが, だと, であつ, ではいずれ, では綿桃, というもの, などにはこんな, には森林沙漠, のある, のこと, のみじめさ, の中地主, の人民, の人道主義的インテリゲンチア, の各, の名, の小児死亡数, の有志, の有志家, の死亡数, の石屋等, の空気, の關東, はまだ間々, は別, は広く, は最大, は海, も多い, をその, 御役所

▼ する最後~ (44, 0.0%)

3 の努力 2 のもの, の時, の試み, の運命

1 [33件] であると, でしょう, の, の一枚, の一節, の一角, の交誼, の人, の人間, の仕事, の問題, の場面, の夜, の彼, の恐ろしい, の愛, の手段, の方法, の時期, の条件, の武器, の段階, の男, の目的, の者ら, の藁一本, の週, の重要契機, の防波堤, の食事, までこう, まで復活, を嘆く

▼ する~ (44, 0.0%)

3 の上 2 の中

1 [39件] がたまたま, がイギリス海岸, がナポリ, が海, が湖上, が無い, じゃねえ, だけにしかみる, であるから, でもある, で鹿児島, とて客室, と通信, になりたい, にぼくら, に乗った, に乗り込む, に乘, のす, のため, のなか, のよう, の便宜, の所置, の水夫, の水夫たち, の窓, の笛, の羅針, の舷側, の速度, はない, は十一時, は難儀, は馬の背, へかけつける, へ乗り込まね, もあった, もなんとなく

▼ する青年~ (44, 0.0%)

3 の数 2 の容子, の意識

1 [37件] ありて, がある, がいる, がつかつか, が多く, が気の毒, が続々, であった, であつ, です, で家, に会ったら, に寝, に対して済まない, に自己, の, のとりとめ, の一部, の同人雑誌, の小さな, の心, の書生, の精神, の言葉, の近く, の間, は一層, は同胞新聞, は特に, も笑い出し, よりも却って, を何かと, を再び, を怒らせ, を歓迎, を見えざる, を誤らしめる

▼ する~ (44, 0.0%)

9 に於, に於い 2 にそれ

1 [24件] ありこれ, から云, から推測, から見, が二つ, が多い, であるが, では無い, で唯物論, にあり, においてしかして, においてたしかに, において却つて, において根源的時間性, について支那, に存する, のない, は支那, は蛋白質, まで掘り下げ, よりし, を主, を眞赤, を非難

▼ する女性~ (43, 0.0%)

2 に支配的権力, の生活

1 [39件] がいく, がひとたび, がわざと, であっても, であるから, であるが, ではあり得ない, ではある, として十分, と同視, なの, になり得る, にびっくり, に無限, のねがい, のよう, の地位, の声, の奇しき, の姿, の家, の希望, の心持, の怒り, の意, の数, の理由, の生意気さ, の神, の総て, の足下, の部屋, は, は絶望, も酌婦, をも熱烈, を一層, を呪い憎ん, を誘惑

▼ する~ (43, 0.0%)

3 である 2 また山

1 [38件] あり, があつ, が悪しゅう, だ, だけに姿, だという, だの谷, でありながら, であろうこの, で高, という意味, と山, なりという, に向った, のおり口, のかげくれ, のこと, の中, の小川, の幾つ, の方角, の書割, の深谷, の町, の美し, の脊, の際, の頂, の麓, はいつも, は東京, もない, や河, を下, を前, を磯, 之助, 又山

▼ する新しい~ (43, 0.0%)

1 [43件] コートを, モメントを, 一つの, 世代の, 世界が, 世界の, 世界観という, 世界観を, 出発点と, 印絆天に, 国民運動な, 外国人が, 女, 女より, 妻を, 実行が, 對象と, 工場の, 形態の, 思想を, 情熱を, 想像力と, 想念を, 意欲を, 感情が, 戰を, 日常性が, 時代に, 木の, 民法で, 演劇は, 生活ドシドシやって来る, 白扇一つと, 県庁からの, 神道が, 祠が, 組織新しい, 表現方法が, 規定とか, 都会の, 鎖を, 開けた時代, 驚異は

▼ する日本人~ (43, 0.0%)

2 の動き, を知らぬ

1 [39件] が牧畜, である, でも動植物, というもの, という響, といふことに, などの全然, には神, のこと, の一員, の事實, の修養, の官吏, の心持, の心理, の感覚, の感覺, の或, の美食学, の芸術, の行為, の行爲, の親方, の誰か, の非道ぶり, はかえって, はこれ, はつねに, は中, は五人, は巧み, は悉, は百名近く, は要するに, は鬼, もじつに, も多く, を扶, を見はっ

▼ する要求~ (43, 0.0%)

4 である 2 を含ん

1 [37件] からやってきた, から文化, から起った, があと, があります, がある, がみられ, が存在, が強く, が烈しく, が起こる, であった, として一部, には世界, によって日満側, によって結ばれた, に出会う, に外, に忠実, の底, はいまだ, はたとい, は之, は今, は凡そ事實, は初め, は根源的, をもたない, を以つて自己, を唯一, を強く, を捨てる, を掲げる, を理解, を禁じ得ない, を私, を追求

▼ する~ (43, 0.0%)

9 を踏みしめ 2 が砂, はその, を止めた

1 [28件] が動かなかった, が痛む, が窘蹙む, くびを手, じゃからのう, だけ見える, ではござりませぬ, で出, にからみついた, の下, の先, の力, の持ち, の痛み, の踏み, の音, は玩具, へムズ, をお, をとどめ, をひきしめ, をふみしめふみしめ, をグッ, を入れる, を急い, を踏みしめる, を踏み締め, 取を

▼ する~ (42, 0.0%)

7 體は 6 體の 2 な勤め, 觀でなく, 體が, 體と, 體にと

1 [19件] なる原因, なる地震鯰, なる詰責, な動機, な要素, の忙, 翁に, 脳部が, 要素と, 觀と, 觀派である, 觀的意見を, 通風筒へ, 體しかも, 體たる, 體である, 體として, 體を, 體性は

▼ する~ (42, 0.0%)

2 がある, だと, も少なく

1 [36件] かかる店, があった, だけが, でありますから, であること, でいつも, でのこと, ではもちろんよろしく, で商, で商売柄平次, で客, として評判, と店, と食パン, なり人, には早, のもの, の一, の味, の商品, の多く, の方, の構え, の間, はあまり, はなかっ, は二, は全く, は大抵, は実際, は必ず, は決して, は間口, ばかりだ, もあり, を発見

▼ する特殊~ (42, 0.0%)

2 な信仰, な性的愛, のかをり

1 [36件] なこと, なる傾向, なる負荷, な一条件, な乞食, な仕事, な伝統, な例, な力, な因縁, な報道, な対象物, な工業, な当字, な心, な思想的泥棒, な性的煩悶, な手法, な才能, な洞察力, な眼, な臭, な諸, に色づけられた, のもの, の事情, の利害, の学科, の性格, の時期, の材料, の機能, の習性, の能力者, の角度, の音

▼ する責任~ (42, 0.0%)

8 がある 3 を負 2 をもった, を感じ, を有し

1 [25件] があります, があるであろう, だ, といふ事實, といふ点, について正, について語るなら, のある, はお前達少年, はみんな自分, は助言, もない, を, をどう, をもっ, を仲間, を国民全体, を感じない, を感じなく, を感じるだろう, を持っ, を有, を母, を自分, を輕

▼ するなどとは~ (41, 0.0%)

6 思いも

1 [35件] あまりにひどい, ちと奇観, どう考え, ばかげたこと, ふとどき, もってのほかの, オジブワや, 不孝も, 以つての, 以てのほか, 以てのほかだ, 似ても, 何と云う, 到底考えられぬ, 呆れ返った奴, 夢にも考へなかつた, 始めて, 怪しからん, 恐らく夢, 想像つかなかった, 愉快な, 時政も, 波多野家の, 滑稽な, 烏滸がましいという, 無礼にも, 筋違いで, 考えて, 考えられない, 言語道断の, 誰一人思ふ, 調子が, 身の程を, 返す返す惜しい, 飛んでも

▼ する~ (41, 0.0%)

3 の自分 2 の世, の工藝家

1 [34件] からそれ, でさえその, なの, なら不良扱い, なら襁褓, のおの, の世の中, の人, の人間, の共産主義, の場合, の学生街, の所行, の政治家, の料理, の時, の朝鮮, の競馬, の茶道, の言い草, の身の上, の軍旗, の運動, はおさまっ, はこれ, まであんな, までのなら, もかなり, も絶えない, を距, 何で, 少しく詳細, 已にその, 打った大砲

▼ する~ (41, 0.0%)

3 の人 2 に立つ, の主張, の机

1 [32件] から, からいっ, からこれ, からその, から妙, から書く, から見る, が必ず, と二派, と信仰, にある, につきます, にとって良し, にはたたなかった, にはマル, には関係, のほう, のもの, のクリティシズム, の人々, の人物, の人間, の同じ, の根, の気勢, の生活感覚, の自分, はあまり, はすでに, へ来, より見る, を見

▼ する意識~ (41, 0.0%)

2 が所謂思想, の処理, は持つ, は歴史的社会

1 [33件] がある, があるだらう, がつねに, がなく, がはるか, が全然, が彼, が徐々, が起り, する意志, だった, だという, であり或は, であるから, と共に肉感性, と実在, と暗示, なしに, にとつて妥當, によって互いに, に急, に達する, のない, のなか, の発達, の稀薄, の連続, はその, は却って, は如何程, をねじ伏せねじ伏せし, を持っ, を特に

▼ する方針~ (41, 0.0%)

4 を取った 2 だと, であった, を立てる

1 [31件] が決まり, が立つ, が立てられた, が非常, だそう, だった, だったから, であったため, であります, である, であること, であるのに, でその, で万端, で買收丈, についても県, にはむしろ, に候え, に出, に変った, に就い, に模様, の下, らしいけれども, を取らね, を取り, を取る, を捨て, を採っ, を明らか, を考え

▼ する欲望~ (41, 0.0%)

2 にある

1 [39件] から出立, があった, がある, が日本人, が諸君, が起こり, が露骨, だと, であり文学, である, で一杯, と熱心, と真面目, などを義務, にほかならぬ, に燃え, の型, の方, の歌い, の爆発, はいよ, はない, は生命, は表面, は飽く, や野心, より高から, をおこす, をなほ, をひとりでに, を填, を感じる, を捨てない, を暗く, を理性, を示し, を禁ずる, を貧, 或学者

▼ する~ (41, 0.0%)

4 數の 2 制限の, 反省な, 政府主義者の, 毛赤色の, 禮な, 邪と

1 [25件] さそうで, の自己限定, は矢張り何, 二斎は, 學者の, 役な, 批判な, 政府主義などとは, 政府主義者であっ, 政府共産主義を, 智の, 暴な, 殘な, 氣力から, 燈火に, 理解の, 翼鳥は, 職業鈴木正司という, 腸男子持参に, 興味と, 良心の, 邪氣な, 鑑札の, 際限な, 高を

▼ する空気~ (41, 0.0%)

5 の中 2 が濃厚, をつくった

1 [32件] があった, がそこ, が充満, が十分, が圧倒的, が減らされた, が部屋中, さえ灰色, すらうかがわれた, であり自分, ではない, で酔う, とも称すべき, と一緒, にひかれた, に混じ, に神, に私, のなか, のやう, の向う, の届く, の層, の震音, の音, は今やもうすこしも, は尽き, や圧迫, をみなぎらし, を一尺立方, を論ずる, 曲りくねった道路

▼ するについては~ (40, 0.0%)

1 [40件] あき家, あの茶わん, おそらく私, これを, はなはだ弱い, 一応も, 一生懸命だつた, 一言したい, 二つの, 何等の, 保守政党との, 先方から, 冬の, 判事に, 友人安倍能成君の, 口頭だけ, 大體, 天皇の, 子供らしい, 実際その, 常に共同, 平安朝文芸における, 従来の, 必ずしも彼ら, 必ずまずその, 慎重でなけれ, 文淵堂は, 明細書という, 更にそれ, 最初から, 様々の, 瀬尾教授の, 無論事, 特別の, 私の, 私は, 私も, 経費も, 陸では, 面倒でも

▼ するをもって~ (40, 0.0%)

1 [40件] これが, これを, しばらく外界, その一部分, その今日, その任, その本務, その義務, その進歩, ただちに理想, なんぴとにてもこの怪声に対し, ひとり不滅, むしろ栄光, よく感知, エボナイト天井には, 一切を, 一部分の, 人の, 人生の, 余は, 再び動作, 別に国会議員, 双方互いに, 古来, 因果相続の, 夢を, 妖怪学講究の, 学問を, 常態と, 当然の, 教育家の, 旧を, 最も賢明, 本職と, 根本と, 治し難き, 独立を, 第一手段, 足ると, 足れりと

▼ する先生~ (40, 0.0%)

2 のお伴, も先生

1 [36件] がある, があんた, がいる, がそう, がよく, が判断, だから, であったが, でありたいと, とさし, との楽しき, ともしらず, にあらずん, に屡, に若い, のよう, の努力, の娘, の御, の意志, の留任運動, の身, の返事, はありがたい, はこの, はやはり, は月割, は見て取った, ばかりとなる, もあった, もある, もまた, もをられる, も変, より學生, 決して疲れない

▼ する学者~ (40, 0.0%)

3 の一人 2 もある

1 [35件] からもこれら, がだんだん, が多い, が我が国, さえあった, さえすでに, である, でも前述, としてここ, と名, と応用, にいじりまわされる, に取っ, の中, の想像, の所置, の攷究, の研究, はこれ, はすべて国賊, はやはり, は今, は少なく, は新しい, は火星, ばかりが出来た, ばかりのしかつめらしい, また旧時, まで出, もあるだろう, もない, もなかっ, も多い, も矢張り, や義理

▼ する~ (40, 0.0%)

2 がだんだん

1 [38件] から出た, がなく, がひそん, がより, が厚く, が少し, が強, が強く, が深い, が燃え上っ, が特に, が萌し始める, が萠, とに小さな, と融け合っ, に支配, の入ったい, の募りいたる, の強い, の深い, の起る, はあるざるなり, はいよいよ, はおのずから, はなかっ, は一種, は同時に, は毛頭ない, は片時, も正直, も起こった, を捨て, を生じた, を発した, を禁じえなかった, を起こさし, を起さしめる, 深く何

▼ する~ (40, 0.0%)

5 のこと 2 いよいよ其の, の事

1 [31件] いちいち数え尽くす, すこぶる奇装, すべて仕事が, その例, その悪辣狡智殆ど言語, といふ事, とはどうしても, とはもつ, と云, と云う, なり, にし, の不思議, の仕事, の例, の動作, の市会, の方法, の時, の為, の目的, の箇条, の自, の苦心, の術, の諸費, は実に, は迚, は都, 其の権利, 実際と

▼ する~ (40, 0.0%)

5 を押え 4 をおさえ 3 の中 2 で取り止め, を圧, を抑

1 [22件] おさえながら, から聲, で棒立ち, で猟銃, にはまた, に噛む如く, に媼, に手, の呼吸, は痛, をおさへた, をじっと, を懐い, を抑え, を抑えた, を抱き, を押さえ, を押し鎮め, を掻, を撫でる, を支え, を苦し

▼ するなどの~ (39, 0.0%)

4 事は 3 事が 2 ことは, ことも, 意味を

1 [26件] ことあら, ことが, ためでありました, ひまを, 不自然と, 事なく, 事戯曲に, 仕草は, 係官の, 傾向を, 儀は, 奇談も, 役も, 心が, 必要は, 必要を, 怪事あり, 悪気が, 意味が, 条件は, 機密を, 歌は, 準備などは, 物好, 迷夢を, 風評が

▼ するにあたって~ (39, 0.0%)

1 [39件] あぶらやから, いかなる外的, いかに邪魔, けっして忘れ, この国立国会図書館, これに, これまで, これらの, その国家, その掛け算, それを, ただ単に, たとえその, ちょうど技術家, なお一つ必要, ダルガスの, 一分銀三百十一個をもって, 個人の, 先ず二つ, 前者の, 困難さが, 型の, 失望する, 彼は, 心切で, 必ず猛襲, 愕然と, 技術に, 文学的正直さに, 文語に, 明らかに, 漢字を, 理想の, 甚だしく不安動揺, 自分は, 自己の, 自我が, 諸君に, 道庵が

▼ する~ (39, 0.0%)

63 てえと, てん

1 [27件] たって, たらないん, たッ, てあたし, ていいます, てえら, てお父ちゃん, てくらいな, てこと, てそれ, てどう, てどうも, てもん, てんだい, てエ, てエの, て云う, て何, て分てるで, て噂, て忌, て武田君, て殺しっちまえ, て気, て真面目, て言っ, と上がっ

▼ する~ (39, 0.0%)

4 を利く, を押 2 がない

1 [29件] うら, から聞いた, がある, がなく, が草臥れる, じゃのう, だけを見た, で, ではちよ, では言, のお, の利き, の周囲, の蓋, はない, はねえ, は甘ったるく, は言葉, へ息, もありません, をこすった, をもがもがさせた, を堪える, を封じ, を強制的, を押えよう, を拡げ, を横ざま, を求め

▼ する~ (39, 0.0%)

6 を見 2 のなか, の中, は私, を見た, を見る

1 [23件] が何でそんなに, であった, であつ, でもあった, で眼, と現, など, など見る, なの, なんてよくよく, にほかならない, に燃え, の世界, の貯蓄, の餌, も見なかつた, をいだい, をみる, を何度, を何時, を執念深く, を自ら, を見居りし

▼ する学問~ (39, 0.0%)

2 であるが, なの

1 [35件] が大体, が我が国, が私ども, だと, だね, である, であるから, であるとも, では支那, で何, という意味, となっ, ならば, について少なくとも, にてひっきょう, には国境, には黴, に固有, のため, の不自然, の偉大, の学問性, の採るべき, の方法, の本質, の特質, の知識, は, はなに学, は人生, は夙く, は宗教, は民族学, を教える, を物化学

▼ する強い~ (39, 0.0%)

2 傾向を, 意志が, 風に

1 [33件] うなずきであった, つっぱりの, ほとばしりを, 不快が, 信仰は, 信奉は, 光芒に, 内部の, 力が, 力であった, 力としては, 力を, 声に, 張りを, 忠実な, 意力を, 意志と, 愛着で, 慾望を, 明確な, 欲望を, 永井君で, 油虫そして, 理想主義者としての, 精神そのものが, 精神感情そのものは, 義務心と共に, 者を, 興味は, 花の, 衝動を, 誘惑を, 願ひ

▼ する~ (39, 0.0%)

2 から鼻, に見えない, の前

1 [33件] がある, がだらし, が堅く, が庸三, が浅かっ, が見る, じるしに, だった, ではなく, でわたしたち, で奥さん, で彼女, で蘭堂, で諦め, と太い, と言う, に会った, に取つ, に見えぬ, のくばり, の冷, の実在, の複雑, の高, も据, も育つ, をまたたかせ, をみはる, をもった, をよく, を怒らし, を細う, を肥やし

▼ する~ (39, 0.0%)

4 です 3 ではない, なの, なん 2 だから

1 [24件] かそんな, かと私, かね, かも知れぬ, だ, だと, だとか, だなと, だらう, だらうか, であったそう, である, であるか, であると, でいた, で今日, で既に, で来た, で跪い, で高尾, なれば, に候得共, はない, はねえ

▼ する~ (39, 0.0%)

2 のよう, をぐさ

1 [35件] いぢ, がいつ, がたくさん, がない, がのぞいた, が入っ, が咲い, だったが, だと, である事, でしょう, ですな, では無い, でもっ, で私, で飾っ, にでもさわる, のちる, の一ぱい, の咲き, の咲き軟らか, の心, の散る, の猥ら, の美し, の香, は自ら花粉, よりももつ, よ灼鉄, を先, を取り, を咲かせる, を売っ, を折る, を楯

▼ する道具~ (39, 0.0%)

2 ではない, では無く

1 [35件] であ, であります, で取扱うべき, で昼間, とかを東, とても見あたりません, となつ, などで盗賊仲間, などはないっ, なりとお, にし, に使う, に使った, に使はん, に使用, に過ぎなくなります, のよう, のカンジキ, の一つ, の最も, の生産, はない, は実験的方法, ばかりでなく, や切っ, をすべて, をつくる, をとり, をひとそろい手, を大事, を展げた, を着け, を見せました, を見つけ出した, を酷

▼ する今日~ (38, 0.0%)

2 の多数, の革命家

1 [34件] ただいまで, だから, ではそれ, にまだ, に国立劇場, に於い, のいっさい, のよう, の一部歴史家, の人々, の制度, の就職難, の市政, の思潮, の戦い, の文壇, の日本, の時代, の有様, の欧洲哲学, の浪花節, の潮流, の私たち, の茶人達, の表装, は, はいろ, はきつ, はとりわけ, まで全く, まで芥川, もなお, もまた, も四時起床

▼ する作用~ (38, 0.0%)

2 のある

1 [36件] ある電氣, がある, が交錯, が先天的, が即ち, が画かれる, が附与, であり, でありかく, である, であると, で起る, となっ, と解する, にそれ, に非す, はあっ, はもっと, はデカルト, は常に, は私, も依然なかなか, をいい, をいいます, をする, をなし, をもち, をもっ, をもつ, を及ぼし, を持っ, を持つた, を授け, を有っ, を論じ, 即ち遊離窒素

▼ する心配~ (38, 0.0%)

7 はない 3 がある 2 がない

1 [26件] がとれた, がなく, がなくなる, がなけれ, がもう, だけはなくなるであろう, などは身, なんかありゃしない, に絶えず, のない, の爲め, はありません, はなかろう, はなく, はなくなった, はまず, は少し, は当分, ひは, もある, もな, もない, もなかっ, もなく, も割合, を除こう

▼ する~ (38, 0.0%)

2 に至っ, ばかりその

1 [34件] および市中, がある, が事, が少く, が居る, が相当, が続出, さえある, でございます, です, ではない, ではなかろう, という中, となんぞ選ばん, なり, にあるまじき, に向, の中, の多い, の手, の操る, の続出, は多く日本, は大抵先づ美術骨董, は常に, は慄悍, は秩序, ほど実, もない, も風俗壊乱, をいう, を嗤, を鮮, 多きを

▼ するぐらい~ (37, 0.0%)

4 だから 2 なこと

1 [31件] だ, であったが, でしょう, ですもの, で別, で大人, なの, なもの, ならここ, ならはじめ, ならはやく, ならもう, ならゆすり, なら何, なら何百万円, なら死ぬが, なら死ね死んで, なら財産半分, なん, なんでも, な覚悟, わけの, カンタンな, 余り食べない, 喜ぶん, 大丈夫だ, 嬉しいて, 容易な, 寂れはてた何, 当りまえじゃ, 感心させられ

▼ する~ (37, 0.0%)

4 えっ 2 うちが

1 [31件] ああきみ, い, いえあれ, うちの, えッ, えー, え江戸, がいから, がいが, がいである, がいとは, がいを, きっと飲ん, しかし風, しなの, するね, そしたらどう, それじゃ, どう見, やっぱり背中, ンし, 三日には, 中庭を, 何となく斯, 君, 少し休まない, 屹度, 当時豪商紳士で, 役人に, 狩屋さんたれ, 鴉が

▼ する事件~ (37, 0.0%)

3 が起った 2 と醜聞

1 [32件] がこれ, ができ, がない, が持ちあがっ, が突発, が降っ, であった, でありまして, と主人公, においても殺された, に断じて, に於, に限っ, の勃発, の常識的観察, の推移, の由, の複雜, の首, はことごとく, はない, はなるべく, は君, は決して, もとても, も求め, も警視庁, をかえりみる, を一篇, を憶, を暗示, を現実通り

▼ する~ (37, 0.0%)

2 は久方, もあらなく

1 [33件] からし, がこの, が不, ではない, としては大分変つた議論, との間, なくば, ならば, にこんな, にその, のさき, の思想, の意圖, の批評, の服, の知識, の考え, の肉体, の解釋, の言葉, の論理, の返事, の領域, の顔, は, はいつも, はさらに, はよほど, は君, は大器, は歓楽, を引きとめ, を逆

▼ する小さな~ (37, 0.0%)

2 花が

1 [35件] そして奇妙, ひよわい骸骨, 争闘が, 事にまで, 努力が, 国であります, 垢じみた, 婦人雑誌に, 子供を, 客船が, 寺院を, 小舎を, 屋台の, 島の, 市である, 店の, 慰撫でも, 新聞記事から, 村に, 板とで, 汽罐車は, 流れに, 火を, 生命の, 精霊たちの, 肉には, 自分の, 花園, 蒸汽船に, 車に, 車輪が, 道具屋の, 部落の, 音とが, 黒い奴

▼ する試み~ (37, 0.0%)

1 [37件] から新, がされ, が同時に, が歴史的, が行なわれた, さえもし, であったとも, であろう, でさ, でもしよう, ともなる, と同様, などという, なども愚か, にある, に成功, に於, のうち, の一つ, の気分, はいかにも, はなるほど, はみな, はやがて, はやはり, は夙く, は多く, は実験的, は近代マキャベリズム, もなされた, も企てた, も單, も職業屋根, らしいので, を与え, を凡そ二十段, を遂に

▼ する關係~ (37, 0.0%)

8 に於 2 の問題

1 [27件] から之, から目ざした, が意味, が有, が歴史的認識, である, であること, とちが, においてのみ僞善的, によつて, のうち, のこと, の如き, の發展, はもはや, は周制, は實, は既に, は第, も定められ, より脱, を含む, を含ん, を表, を表出, を説かん, を説き

▼ する電車~ (37, 0.0%)

3 の中 2 が苦, に巧, は何時, や汽車, を利用

1 [24件] が皆一様, が走つ, すれ交, でも毎夕, とを持つ, について行なった, にばかり乗っ, に揉まれ, に飛乗り, のトランシット, の唸り, の屋根, の床, の往き過ぎる, の方, の来る, の燈影, の窓, の線路, の行き過ぎる, の音, は相, を点検, を眺め

▼ するばかりの~ (36, 0.0%)

2 ところへ, 気勢を, 華麗な

1 [30件] ことだ, もので, ような, 一途の, 不快な, 不愉快きわまりない, 不愉快極まりない, 主人は, 事だ, 人間に, 勢ひでひ, 境地まで, 姫君であった, 広い空間, 怪獣なり, 悩み, 拍手大, 日を, 望よく, 極めて無力, 機械的運動の, 温厚なる, 激戦で, 由, 窮屈な, 罰で, 論議よりも, 警戒心が, 赭ら顔に, 頃で

▼ する状態~ (36, 0.0%)

3 であった, である, にある

1 [27件] から現, が芸術的, だつた, では事実, でもこれ, として見, となっ, と固定, などは実際, にあった, にあるであろう, についても述べた, になっ, にまでなり, に似, に変り, の中, の全体, の描写, へと移った, を写す, を吟詠, を恥じいり, を測定, を精神, を見, を見る

▼ する男女~ (36, 0.0%)

3 の結合 2 の入水

1 [31件] が多く, である, で一ぱい, で一ぱいであつた, にそれぞれ有形無形, の同胞, の営み, の囁き, の声, の姿態, の学生, の客, の市民, の恋, の旅客, の来客, の生活, の群, の者, の肉体, の芸人, の苦痛, の間, の顔, は如何, は田舍, は肉親, も多かっ, を垣間見, を当時, 即ち

▼ する~ (35, 0.0%)

2 れから, を見た

1 [31件] ありと, から國, であるが, になり切, になり切っ, に会, に伝へ, に向っ, に背かれた, の何物, の厚い, の奉公, の姿, の寒凌ぎ, の教え子, の気持, の袖, の裏側, は三つ, は妻, は珍, は科学的精神, は経験主義, れが, れは, をこらしめる, を引きとめた, を振り捨て, を捨て, を特別研究室, 故に土地

▼ する~ (35, 0.0%)

2 ではありません, でもある, でもない, の割, の春

1 [25件] さえあてた, であった, ですかね, でちょうど, ではあるまい, ではなくなっ, でもありますまい, でもないだろう, とった人, とった寺男, とつた蛇, になる, には持っ, に偶然, に当った, に至つて, に金田一京助君, のころ, の冬, の波, はとりたくない, は豊作, よりの先生, よりの女, 若き人々

▼ する感じ~ (35, 0.0%)

3 だった

1 [32件] がいつ, がつづい, がよく, が出た, が起る, だ, であった, である, であるが, でさ, ですが, でなくて, で面白い, というの, などに溺れ, におそわれた, に浸れる, に照応, に蔽われた, に違い, のところ, の形容, は一般, は少年, は昨今, は飛行機, もあっ, をもっ, を強める, を持つた, を知っ, を與

▼ する~ (35, 0.0%)

2 である, の中, の人々

1 [29件] だね, つづきにな, であつ, でありますが, ではない, で織る, に長く, のお, の人, の人達, の古道具屋, の外見, の大きな, の娘, の子, の屋根, の市場, の店, の情趣, の文房具店, の方角, の英雄, の角, の踊り, の風, もない, や村, や柳, を後

▼ する知識~ (35, 0.0%)

2 がなかっ, である, を得る

1 [29件] から以後, がこの, が得られるだらう, が絶対的意味, しかなかっ, だそう, と趣味, なども幼稚, なの, にたいしても, には不自然, の代り, の少い者, の豐富正確, はその, は憫然至極, は極めて, は絶無, は非常, も同情, をもたね, をもち, をより, を廣くし, を得させる, を持ち, を持つ, を求めず, を深めるらし

▼ する種々~ (35, 0.0%)

1 [35件] なこまかい, なる企劃, なる企画, なる技芸遊戯, なる發展段階, なる要素, な作者, な偶像, な建白, な心, な時, な注意, な煩雑さ, な重い, の不思議, の事物, の仕事器物, の出來事, の器具, の奇怪, の害毒, の屬性, の工み, の心持ち, の智識, の汚, の漢文著述, の異説, の知識, の言葉, の説明, の説話, の連想, の道具, 芳しからざる

▼ する芸術~ (35, 0.0%)

8 である 2 に於, の士

1 [23件] から下落, が張り切れる, が流行, たりうる, であったからこそ, であっても, であり得る, であるから, であるが, といふもの, と人, と官吏服務規則, と直結, の世界, の妙味, の手法, の末路, の限界, はロメン・ロオラン, は尊い, を作りたい, を制作, を私

▼ する見込み~ (35, 0.0%)

7 がない 3 はない 2 があった, がある

1 [21件] かね, があり, があるであろう, が立つまい, なり当分, のつきたる, のない, の立たなかつた,