青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「じ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しれない しれない~ ~しれぬ ~しれません ~しろ しろ~ しん~ ~し得る し得る~ ~じ
じ~
じい~ じき~ ~じっと じっと~ じつに~ じつは~ じみた~ ~じゃ じゃ~ じゃあ~

「じ~」 14363, 138ppm, 767位

▼ じ~ (2390, 16.6%)

44 いた 34 いるの 29 いる 15 ゐた 14 ゐる 12 いたが 11 いて 9 いること, いるよう 8 いると, 居る, 来て 7 いたの 6 いるが, これを, ゐるの, 之を, 可なり, 彼の, 来たの, 福と 5 ある, いるところ, 來た, 來る, 出來, 曰く, 神語りを, 身を

4 [14件] いたこと, いるもの, くれた, みれば, ゐたこと, ゐるやう, 下さい, 人に, 人を, 以て, 先に, 来ると, 追風に, 黙って

3 [38件] いたと, いたという, いたところ, いたもの, いなければ, いました, いるから, いるわけ, いる所, おいで, きて, くると, さう, しまいました, それが, ゐたで, ゐたので, ゐるところ, ゐる所, ヘクト, 事を, 云う, 他人の, 剛勇の, 各々の, 居た, 居るが, 後は, 恩愛の, 来た, 来る, 此に, 生きて, 私に, 私は, 私自身の, 而し, 行くの

2 [115件] あいつだけに, あるの, いた彼, います, いますが, いるか, いるという, いるので, いるほど, いるらしい, いる事, いる図, いる場合, いる彼, いる次第, いる者, いわく, おいでに, きた, ください, くる, くるの, こんどは, しまった, しまって, その分, それぞれに, それだけの, それは, それを, やつた, ゐたが, ゐたの, ゐました, ゐるが, ゐること, ゐる人, ダンテの, 一の, 一室に, 一生の, 世の, 世を, 之れ, 五十を, 京都の, 他の, 先頭に, 其馬を, 出て, 創作に, 力の, 勵ませ, 名を, 吾, 夜の, 天, 天上の, 天壽を, 居ること, 居るもの, 居る事, 嶺を, 己が, 影長き, 影長く, 彼を, 後も, 心に, 感情を, 慨世私言を, 懲戒を, 手代の, 放れ, 日本なんかに, 時の, 曰く子供は, 曰く我命を, 来れば, 東都に, 此の, 武家の, 死んで, 永遠性の, 汝の, 江戸に, 潛越を, 炬燵に, 獄を, 生業に, 生産を, 直接に, 相當, 神を, 種の, 精神を, 経を, 置いた, 老王, 考えて, 自ら九月の, 自分の, 自分は, 自分を, 自己を, 行つた, 見せよと, 諷経に, 谷に, 進んで, 銭を, 食うこと, 驅け, 鬼籍の, 鳴音

1 [1694件 抜粋] あえてその, あげると, あの孔雀石, あらゆる他人, ある時, いい加減な, いけないつて, いたかと, いただきたい, いたとは, いた世の中, いた時, いた琵琶, いた者, いっこう差しつかえない, いない女, いながら, いやしませんそれ, いらっしゃること, いられない心, いられる自分, いるだろう, いるとは, いるはず, いるより, いる人, いる仲間, いる別拵え, いる家庭, いる忠相, いる海, いる琵琶, いる紳士たち, いる越前守, いる輩, うそは, えお前たち, おきやんな, おくりゃれ, おのれの, おらぬこと, おりおり低い, おりましたが, おりますから, おる, おる次第, お妙さん, お爺さんの, かつ世, かんばしき閨房, くるもの, くれたに, くれば, ここに, この一生, この池田, この羽, これは, これ東京第, ご期待, さてはあの, しからず蒋氏, しまいますと, しまうの, しまふこと, しまふ傾向, すが, すぐ帝国文庫, すべてを, そうひどく, そこに, そのふところ, その健全, その夜, その存在性, その悔い, その所, その有機體説, その結果, その見解, その音, それさえも, それで, それ故に, たちまちよろこばしかるべき, ついに戸田, て一應現場, どうしても闘わさなかった, なぐり付けたこと, なれませんなと, はや一銚子更, ひとつ諸人の, まえ貴殿, ますよ, また低く, みずから土の, みたとて, みると, ものを, やがて自分, やまずに, やらうとも, ゆきすべて, ゆくと, よいぞ, よからう, よく兵法, れいを, わたしは, ゐたから, ゐたのに, ゐた彼, ゐて, ゐなくては, ゐようが, ゐられるだけの, ゐること上記, ゐるのに, ゐる光景, ゐる暇, アイア, アキリュウスた, アキリュウス双の, イーリスは, キタイロンの, ゾロゾロと, ネストールパトロクロスを, フィリップ, ヘクトールに, マザラン大学に, ヱネチアヱネチアと, 一人が, 一個の, 一小, 一時に, 一歩も, 一箭忽ち, 丁度その, 万一の, 三五郎は, 三十ま, 上げるほどに, 下さりやあ, 不可能だ, 世界新, 中洲に, 主體, 九時三十四分に, 事務官とか, 二神教, 云った, 交わること, 交渉的存在といふ, 人と, 人生の, 人間にと, 今また, 今度は, 今昔の, 仔細を, 他人なら, 代りに, 伊豆と, 住むよう, 何とお, 何人も, 何時迄, 作つたのを, 作れるもの, 來ない, 依頼せしめる, 信じて, 傍らに, 働いたとき倉, 僧と, 億万里程も, 兄は, 先立てば, 兎に, 全國農村, 八五郎は, 共同の, 其の國家, 其下に, 其勢ひ, 其所に, 其用を, 其身の, 内容は, 再現の, 処を, 出で, 出家する, 初夜過, 前後を, 剛強の, 割腹する, 勇侠者流の, 勝れし意見, 勸懲の, 北九州に, 十三夜の, 十八本の, 卒直で, 単于, 厳粛な, 参りますと, 友軍の, 受けたく思ひます, 古人の, 只管に, 台閣の, 同じく疑問, 同胞の, 君主偉人の, 君自身に, 呂布を, 呉れる婆さん, 商ひ, 單純なる, 四十五十と, 国の, 國民的運動の, 土に, 坐せしめた事, 城中に, 堤より, 塵の, 声名世に, 外人の, 外面に, 夜闌に, 大いに其の, 大事な, 大供養, 大槍, 大阪へ, 天の, 天皇皇后共に, 奇怪である, 女の, 如是本末の, 始めて, 姓名を, 嬉しく悦ばしく行末, 子に, 孔明を, 安楽豪奢余念なき, 宗教的表象は, 実家の, 客觀的時間の, 家に, 容姿温雅擧止節有り, 寂心に, 實に, 寺中の, 将軍慶喜公まず, 尊者の, 導かんと, 小作は, 少し亂雜, 少に, 尽くる, 居たの, 居たり, 居つたこと, 居つては, 居られたもの, 居られなくなった, 居ります, 居るといふ, 居る人々, 居る限り, 山の, 岸へか, 嵯峨の, 巣喰うべき, 左を, 市の, 帝を, 常に高帽, 干陸, 年十六の, 幼君の, 庭園と, 引用し得る, 張魯は, 形が, 彼女を, 征途に, 後二十余年に, 後柏軒に, 得々と, 心の, 心中不安に, 忠之が, 怖三界, 思ひません, 恋と, 恬然として, 悲涙を, 愈々激しく, 愛したの, 慇ろに, 懇ろに, 成した記念作, 我の, 戒めざる可, 戰場に, 打出しつ, 批判的な, 投槍を, 指を, 掛けさせ自分, 揃ひも揃つて親不孝者に, 改めて行かなけれ, 放膽, 政巨細と, 政治的營利の, 敵人の, 敷居の, 文化的生においては, 新たに, 新説を, 日本の, 日記に, 明日の, 是を, 晋陽から, 暴ぶ, 曰く変宗親に, 曰く我は, 更に其の, 更の, 有形無形高尚なる, 朝廷に, 期待出来る, 本草を, 来たひとり, 来ます, 来意を, 東京の, 枯らし盡さ, 梯子段の, 樓上より, 機に, 次の, 歐米の, 止まらざる生, 歴史より, 死ぬること, 殺戮を, 気勢を, 永遠そのものは, 汚辱の, 決然と, 泣きだした, 洋盃を, 浮つかり電車, 海外を, 消えさらん, 深山に, 清浄無垢の, 満蒙の, 滿洲の, 炉辺へ, 無いと, 煙霧を, 爰に, 物に, 犒いを, 狐拳, 独り心を, 猛氣殆ど當, 玄俊と, 玉座の, 生き存, 生命の, 甲乙相混ぜざる, 申したの, 畫家の, 疎ならず饗す, 疾風の, 皇族さえ, 盛んに, 盡十方の, 真実の, 眠り牛, 瞑すること, 瞳を, 確信し, 祕蹟を, 神の, 神妙に, 禍と, 禪も, 稍, 穀物と, 空坪と, 窃に, 立ちあがつた, 立って, 立上る, 竝べて, 笑いだした, 第三着, 答へる, 粗末な, 終ふ, 統率の, 經を, 置いてから, 置きたいと, 羅馬に, 習い性と, 聞くを, 胎内潜りに, 脚速き, 臍を, 自ら宗教思想を, 自ら陰を, 自国語脈の, 自己その, 自然の, 興隆せり, 色々の, 色を, 茶を, 荷物を, 蒙古, 虚構が, 蛙にな, 衆軍を, 行かれよう, 行き彼, 行った, 行方知れず, 袖の, 西史に, 見せても, 見たもの, 見ると, 規則の, 覺えず, 觀念論または, 言はる, 許可を, 詩人は, 誇らへり, 説法せしめる, 課長殿が, 諡られざる, 講演し, 證言を, 變へ, 贈られしに, 赤本を, 趺石を, 身の程を, 身長六尺五寸の, 車を, 輕, 近世の, 逃れねば, 通商に, 逝く茲, 進み行くテラモニデース・アイアース, 遂には, 遊んでは, 道徳の, 遠くで, 適當と, 郷めざし, 酒を, 金澤丹後に, 鉄衣の, 鋭利なる, 鐵瓶を, 長くあの, 長髮, 閑寂を, 闊達自在の, 階下の, 隱居に, 雪子ちゃんを, 靈は, 音楽を, 順義妥當の, 頭領を, 風の, 食い得ると, 飽く気色, 香を, 馳せ來, 驚嘆の, 骨董値段では, 高山も, 鵲と, 黄金と, 黨與を

▼ じぶん~ (2307, 16.1%)

48 のこと 32 の部屋 25 の手 22 のもの, の家 18 の顔 14 のうち 13 のからだ, の頭 12 の胸 11 でじぶん 10 のほう, の名, の身 9 の目 8 がその, の力, の考え, はもう 7 のす, の寝室, の席, もまた 6 のため, のところ, のポケット, の命, の心, の耳, の船, の首

5 [13件] で, とおなじ, のあ, のいる, のすき, の國, の声, の姿, の子ども, の意見, の馬, はその, は今

4 [29件] だ, だけで, だと, でそう, とそっくり, のお, のかわいい, のすぐ, の仕事, の前, の右手, の周囲, の夫, の好き, の影, の感情, の服, の気持, の肩, の膝, の話, の身の上, の身体, の運命, はこの, はやっぱり, もいっしょ, もカムパネルラ, を信用

3 [47件] がお, がこの, がどこ, が盗人, でいっ, でその, でもよく, でやっ, で光っ, で持っ, と同じ, に, にいい, になつて, になる, のいう, のうしろ, のき, のした, のせい, のそば, のそり, のふし, のへや, のよい, のよう, の口, の国, の大きな, の娘, の子, の寝, の手先, の方, の望み, の村, の独房, の生んだ, の眼, の立場, の腰, の船室, の足音, は, はよく, もその, をさがし

2 [154件] から, からのつきあい, から進ん, から違っ, が, がいちばん, がいま, がすでに, がちっぽけ, がどんな, がどんなに, がまえ, がもっ, がわかる, が一本, が今, が年, が死んだ, が殺った, が気狂い, が鮨売, じゃない, だが, だけせいぜい, だけのため, だった, だとは, だわ, でお, です, でそこ, でそれ, でつくった, でつくれる, でひっ, でもふしぎ, でもわかった, でも驚いた, で口, で始末, で粟餅, で見, で運転, で門, で鮨売, と磯五, と自分, なのに, なのよ, にしろ, になっ, にはいよいよ, にはまだ, にはもう, に妻, に朝食, に疑い, に罪, の, のあと, のある, のいった, のおかあさん, のお家, のかんがえ, のくつ, のし, のしたい, のせ, のぞうり, のたま, のちいさな, のほんとう, のまえ, のむかし, のむす, のやった, のベッド, の両手, の代わり, の住ん, の住居, の勉強部屋, の友だち, の名前, の営舎, の土地, の外套, の天幕, の女房, の妻, の子どもたち, の子供, の小さい, の小さな, の小屋, の居間, の巣, の年, の後, の息子, の悪い, の文句, の机, の死ぬ, の気, の気もち, の沼, の生れた, の生活, の細君, の経験, の罪, の考, の聞い, の脚, の脳みそ, の腕, の自動車, の艇, の良人, の見た, の言う, の足下, の車, の部下, の長靴, の隊, の靴, の額, の高札, の髪, の鼻, はいつか町, はお, はだまっ, はどう, はまた, は人間, は大, は大きな, は毎日, までが鹿, もすぐ, も大きな, も隣り, よと云い出した, をお, をつれ, をどう, をほんとう, をよく, をラプランド, を許し

1 [1300件 抜粋] あの犬, おみつ, かえってわたし, からいちど身の上, からいよいよ, からおじぎ, からこの, からそう, からだ, からつきあった, からはじめて, からズッ, から人, から勾配, から和田, から好奇心, から家, から幾たび, から往来, から手足, から木登り, から父, から私, から見る, から親, から近所, から頬, から馴染, があまり, がいなくなっ, がおかしかっ, がかくれ, がぎょっと, がご, がされた, がしでかしたあやまち, がじ, がすくっ, がするなら, がそこ, がただ, がてがら, がなに, がひ, がまた, がまつ, がみんな, がやつ, がわからない, がクロック先生, がパン, が主命, が人間, が先, が入っ, が出かけ, が半日, が受けついだ, が呼ばれた, が声, が大, が好い, が家, が巴里, が心, が悪かっ, が探知, が書けない, が柳生源三郎, が武田伊那丸, が死神, が母牛, が沈黙, が満足, が牛, が生きる, が真山あさひ, が秀才, が自分の, が見える, が親しく, が議事堂, が買っ, が部屋, が預かっ, きいた話, こそ下司, こんなところ, そういっ, だけおとうさん, だけがそんな, だけが異端, だけが飛行機, だけでやりゃ, だけのもの, だけはやめよう, だけは男, だけ中, だけ帰つて, だけ通っ, だったが, だって近所, であった, である, であると, でえさ, でおまえ, でかきあつめ, できめ, できめる, でこしらえ, でこてこて, でこんな, でした, でしっかり, でじ, でたべ, でてがら, でとどけで, でなおし, でなんと, ではかどわかされた, ではたいへん, では一人, では何, では思いませんでございます, では気づかないち, では科学者, でふた, でほん, でもかえ, でもそれ, でもどう, でもびっくり, でもよほど, でもカイ, でも思いだせない, でも泣け, でも虫, でやってきました, でやる, でアンデイン, でドア, で乗りこん, で作った, で処理, で判断, で勝手, で名乗る, で國会, で小使室, で御, で手, で教え, で死ぬ, で気, で注いだ, で海, で甲斐, で看病, で答礼, で考える, で自分, で致さなく, で言い出した, で説明, で起こす, で金もうけ, で電気, で鳴らしとい, といっし, とお, とした, とならん, とよく, と一しょ, と存じます, と島, と物体, と相手, なの, なりに何, なんて考えでしょう, におまえ, にかけ候ゑりなどのぬいなど, にし, にその, についてこい, にとけない, にとっての不幸, にとってもお, になつ, ににいさんたち, にはおそらく, にはかなり, にはごく, にはそのまま, にはそんな, にはちょうど, にはとち, にはふつう, にはもうずいぶんとおく, にはやなぎ, にはわたしたち, には大, には川筋, には江戸, には父, には見える, には親類, にふさわしい, にもうすこし, にもはっきり, にも必ず, にも罪, にや足, にヘリコプター, に会い, に刑罰, に半分, に家, に彼, に恥ずかしい, に民族, に濡衣, に経験, に親切, に言い聞かせた, に近づい, のあご, のあの, のいさまし, のいたましい, のいのち, のうん, のお姫さま, のかけた, のかご, のきいた, のきれい, のこえ, のことば, のさき, のしょうばい, のすく, のすわっ, のそうした, のたった, のたばこ, のちいさい, のつくった, のとんがった, のながめ, ののど, のはいった, のはなした, のひざ, のひょうたん顔, のぶよぶよ, のへそ, のぼうし, のまわり, のもう, のものみたい, のやう, のやるせない, のわかかっ, のわるい, のノート, のピストル, のランチ, の一生, の三日月パン, の下, の下駄, の中, の二の腕, の人生, の仲良し, の位置, の体, の使命, の借地, の冬, の出身, の利益, の務め, の厭世的, の友達, の口笛, の唇, の團体, の地方, の大き, の女, の妹, の安全感, の実生活, の家庭, の密事, の寺, の尻尾, の局, の属する, の帽子, の幸福, の庭, の役目, の徳, の心残り, の思う, の悲劇, の感想, の懐中電灯, の或, の手のひら, の手一つ, の手柄話, の拵えた, の持ち分, の指, の敵, の昼寝, の書斎, の本性, の楽しかっ, の正し, の正眼, の死骸, の気まぐれ, の沈んだ, の濡衣どころ, の父, の物, の瓢箪顔, の生命, の用件, の盗まれた, の相続人, の眸, の着物, の知った, の知らぬ, の社, の秋養母, の立つ, の美声, の老母, の聞く, の肩かけ, の胸元, の腹心, の自我, の舌, の花園, の蝋ざや, の行動, の袂, の見つけた, の観測, の証, の貧し, の費用, の赤心, の足がかり, の身の上話, の身長, の迷う, の都合, の野心, の鉢, の阿呆, の隣り, の食べる, の馬鹿正直さ, の魔力, はあわて, はいまカラス山, はおき, はお座敷, はきょう, はこちら, はこの世, はすばやく, はそれ, はたしかに, はついに, はとりこし, はどんな, はなに, はにげだし, はひとり, はびわ, はほんとう, はまだ, はまちがっ, はれい, はストーヴ, は一人島, は下, は京都菊亭公, は先生, は分数, は南西, は危険, は天国, は小さな, は居間, は彼, は探偵, は来ない, は死ぬ, は毎日遊び, は湖, は理性, は眼, は箱づめになって, は花, は西ヴェンメンヘーイ, は読め, は躑躅ヶ崎, は近く, は遠く, は隣り, ばかりじゃない, への私語, までたいへん, まで乱暴, もあった, もいささか, もう目, もお金, もかみ殺されるだろう, もそう, もちびちび, もどうか, もはいっ, もひらり, ももっと, もゆうべ, もチョコン, も一度, も一緒, も予定, も共に, も帯, も手つだっ, も森, も甲斐源氏, も知っ, も船頭, も行かない, も豆腐, も青く, も食べ, やま, よくそういっ, よりさき, よりもたくさん, よりもほか, よりも自分, より空中曲芸, をいい, をうたがっ, をからかい, をきたえる, をしたっ, をしりぞけ, をその, をちっとも, をどうして, をはげまし, をひとり, をもはげます, をガンたち, を乗せ, を助け起こし, を右近殿, を埋葬, を妹, を市, を彼女, を心, を恋する, を意識, を慰め, を放りこんだ, を救おう, を残し, を牢, を知っ, を突きだし, を見, を見入る, を見物, を認めさせよう, を迎え, を逃がし, 寒い, 親しくし

▼ じ~ (1314, 9.1%)

242 ないか 71 ない 65 ないの 48 ありませんか 28 ないかと 21 ないん 20 ないです 14 ないで, ないよ 12 ありません 11 ないが, ないと 10 ないかしら, ないかな, 無い 9 なくつて, アない 8 くりし, ないわ 7 ありませんよ, くりを, ないのよ, 君は 6 くし, くつて, くりながら, ございませんか, ないかね 5 あるまい, あるまいし, ないかなあ, アありません, 僕も 4 ありませんが, くしが, ございませんの, ないぜ, ないという, なくて

3 [13件] あるまいな, うぶだ, くりが, ないかという, ないつて, ないもの, ないんで, のめて, アんと, 無いか, 無いと, 無いん, 私が

2 [44件] ありませんかねえ, ありませんから, ありませんの, うずだ, うずでも, うずな, お前は, くしに, くしの, くしは, くじやく, くつた, くり, くりする, くるお, くるの, これを, せつかくの, そうだ, ちよつと, ないからね, ないさ, ないそんな, ないぞ, ないだろう, ないね, なかつたん, ねこじや, ぼけの, まに, れついた, わしが, わしは, ア, テ, 世は, 今日は, 君の, 屋, 思慕の, 無いかと, 無えや, 無かつ, 私は

1 [459件] あいつ辞令を, あしたの, あした朝オフィスへ, あじや, あすこの, あたしたちは, あたし歸ろうつと, あとで, あとでやす, あなりすと, あのあり, あのシマ, あのノンセンス, あの二人, あの日, あの旭座, あの朝鮮人, あの金魚, ありますまいね, ありませんかと, ありませんからね, ありませんでしたね, ありませんですの, ありませんな, ありませんわ, ありませんセンイ類, ありやしない, あるには, あるまいか, あるまいからな, あるまいと, あるよ, あんたと, あんたも, あんな大, いかんから, いけない, いけないの, いけないよ, いずれまた, いつかご, いや, いらつし, い何, うきよゆうに, うずでした, うずに, うちとも, えんりよ, おかしいくらい, おさきにごめん, おばけ見た, おやすみなさい, おや俺ちの陸穂, おれを, お互に, お入り, お前おれで, お前たちは, お前に, お前の, お前様も, お前真喜の, お大事, お客さんは, お茶は, お部屋, か細き鬢莖, きく, きゆうくつ, くしか, くしを, くって, くにした, くりの, くりは, くり乍ら娘の, くり乍ら素直に, くる, くるやう, くる声, くる多, くる幼, くる者, くる聲, くろ口, こうか, こうしたまえ, ここへ, こたえるね, このまるきり, この会社, この荒尾, これから私, これじ, これで, こんどは, ございません, ございませんあたくしは, ございませんかしら, ございませんけれど, ございませんのよ, ございませんよ, ごめんなす, ご機嫌よう, ご迷惑, させた小母さん, さつ, さつきの, さらに懲りず, すぐまいりまし, すぐ行きます, すぐ行こう, すこしきゆう, すべてアベコベだ, すまないけど, すまないのよ, すまんが, すると, ず, そいつを, そうしまし, そうします, そうしよう, そうするとどれ, そう願いまし, そのほか, その是非そち, その時駿太郎, そりや, それが, それを, そんな気配, たまに鐡, だが, だれだつ, だん, つまらない誰, つまり新聞記者, できないよ, でな, で御, で思慕, とても今日, とても美智子さん, とても駄目, ともかく東京駅, どうして, どうしても駄目, どうすれ, どうも御苦労, どこに, ないかいな, ないかって, ないかつ, ないかといふ, ないかなと, ないかねえ, ないから, ないからい, ないきつと, ないけども, ないけれど, ないこと, ないこんな, ないしあゝ, ないだらう, ないつて言, ないでし, ないどうして, ないな, ないなんて, ないに, ないのう, ないのに, ないのね, ないもしか, ないわね, ないわよ, ないジョン, ないバカ, ない二十五, ない亡びた, ない何, ない僕, ない其處ら中, ない君, ない吾, ない問題, ない此方, ない決して, ない現に, ない開校記念日, なお清坊, なかつた, なかつたね, なかつたの, なかつたン, なかろう, なくあなた, なくいかに, なくなつち, なくツ, なく消防, なさそう, なしお, なしさ, なしそんなに, なし大, なにかい, なんか, のまされたと, ばらの, ひとつ心を, ひとの, ひろ子は, ぶして, ぶと水の, ぶと水を, ぶと湖水に, ぶと除草器を, ほかの, ぼくは, ぼくも, ぽん国, まあ, まあ五時半位, まさか荻窪, まずい, まずいかね, まずいから, まずいの, まず四月十七日, またあと, また怒, また明日, まるであたし, まるでぼく, まるでサツマ琵琶, まるでヴァン・ダイン, まるで君, まるで放浪, まるで話, ま待てやい, ま立て, もうこ, もう唯変, もう湯, もう遅, もの, やさしいことば, ゆつくりし, よこさんよ, よろしい, りつと, れつい, わからないけどさ, わからんこと, わかりません, わかりませんね, わしら生き, われは, アうんざりする, アお, アお前明日にも, アと, アベコベじ, ア失礼させ, ア御, ア御座いません, ア手前, ア母に, テそれなれ, テ先方の, ハ, 一体われわれ, 一体犯人は, 一先拙者が, 一日だ, 一旦療養所, 下伊那は, 不足だ, 世の中の, 久やを, 了見せん, 云つて見給え, 五十人と, 五時半位に, 亭主の, 人の, 人元太郎で, 今日の, 伊達は, 伊達君が, 何うです, 何か, 何ぞ好えと, 何です, 何でも, 何も, 何を, 何為高利か, 余計な, 來る, 例を, 俺も, 個人の, 僕からき, 僕が, 僕ここで, 僕じ, 僕だけ, 僕等も, 僞り, 全体おま, 其様に, 出るの, 力に, 勘忍せい, 又來, 又僕, 名を, 君に, 君には, 君もがい, 君僕は, 君女同志だ, 吹き出して, 味噌などこそ, 商売は, 土地の, 埓明かぬ, 声を, 変だ, 大変大臣の, 大家に, 大變顏, 失敬, 失敬だ, 奥様これで, 娘に, 嫌疑が, 存じたるや, 安閑として, 家へ, 封じ目に, 小川さんあなたが, 尾沢先生に, 屋の, 己れ, 幸福ものじ, 廓でも, 形式は, 役者, 彼が, 御座りません, 御座んせんか, 御機嫌よう, 御足勞, 御邪魔, 悪う取, 惡い, 愛人として, 憑司之は, 房ちやんも, 抑も, 探偵小説なんて, 昔の, 昨日秋川の, 智慧の, 暮しを, 村の, 東劇へでも, 松の, 此方にも, 此石も, 殺人の, 汝に, 江戸が, 滅多な, 無いけど, 無いの, 無いのよ, 無いよう, 無いよ君, 無いわよ, 無いんで, 無いカラダ, 無いルリさん, 無い眞面目, 無い飯, 無えよ, 無くつて, 無けなし, 無しさ, 無し気だて, 然し猶, 父母様やあに, 牡丹剪らせ, 犯人は, 生きてること, 申しますわ, 畫室の, 病院どこだ, 直接師事したい, 相談し, 矛盾じ, 矢張りご, 知らない縁談, 破戒ぢや, 社へ, 私も, 私会いまし, 秋川ひろ子という, 竹針で, 結局徳子の, 絵かきを, 繁茂し, 繰つて, 考えの, 耐らん惱亂する, 肝心の, 舟へ, 船で, 艇長に, 花に, 薄き花びら, 行つ, 親の, 言ふ, 言わない筈, 訓練が, 許して, 話しも, 謝罪る, 貴島と, 貴方は, 赤樫様と, 赤貧洗ふ, 足りないか, 車を, 追懷, 逃げ出してど, 途中で, 逢はれぬ, 野は, 金に, 長女に, 間, 閻羅と, 随分大した, 障子を, 雲助は, 飯炊婆さんの, 駄目だ, 駄目な, 高利貸を, 高圓寺, 黙つて

▼ じつと~ (782, 5.4%)

48 見て 24 眼を 20 見つめて 15 立つて, 耳を 11 考へ 10 それを 9 眺めて, 自分の 8 坐つて, 目を 7 聞いて 6 私を, 見た, 辛抱し 5 私の, 見ま

4 [11件] それに, みて, 待つて, 息を, 手を, 眺めた, 見つめた, 見つめながら, 見守つて, 見詰めた, 頭を

3 [13件] ながめて, 一ところを, 何かを, 動かずに, 彼女を, 我慢する, 涕を, 眺められて, 空を, 耐へて, 見ました, 見詰めて, 身を

2 [51件] お嫁さん, こらへ, そこに, その灯, みつめて, りと, 下を, 二人の, 傾げて, 兵卒の, 凝視し, 凝視めて, 動かない, 動かないならその, 北原ミユキの, 呼吸を, 唇を, 堪へて, 堪へること, 外を, 姉さまの, 尻を, 彼の, 彼を, 後の, 心を, 押へて, 水の, 注がれて, 涙を, 無心に, 男が, 相手の, 眺めながら, 眺め入, 睨まへて, 石碑の, 立ち通し, 立つたる驢馬, 聴いて, 聴耳を, 自分を, 見たとき, 見ながら, 見まもるまでの, 見ると, 視つめ, 身に, 遠くどこ, 鍬の, 静かに

1 [385件] あの, あの鳥, あらぬ方, いきんで, うか, うずくまつ, うつむいたま, うづめしからすなり, おとなしくし, お月さま, かれは, がまんし, きいて, こちらを, このぼけ, この画家, この行き倒れ, この運算書, こらへた, さうし, さしうつ向い, じいつと, すわつて, そこから, そこらを, そつちの方に, そのそぶり, そのまつ, その女, その後姿, その恐ろしい, その扇面, その早く, その独眼, その生活, その疲れ, その眼, その石刻, その花, その頭, その顏, その顔, その風景, それから, つけて, つぶつた, とまつ, ながめ向, のぞきこんだ, ばかり眺めし, ひそんで, ひとつ処に, ひとところに, ひろ子の, また抱きしめた, みた, みつめた, みつめました, もひとり, やうすを, りよ, わたしの, わたしを, われの, われを, チヤーチルの, トゥロットが, ノドキリ氏を, ピチ公の, ポン公の, 一つところに, 一と, 両手で, 両手を, 二人は, 人間の, 今打ち, 仰向けに, 体を, 何か, 何ごとか, 何を, 何をか, 俯向きながら, 俯向く, 停って, 停つて, 僕の, 光琳の, 其方を, 其辺を, 兼家の, 内を, 内部を, 写真に, 冬の, 凝らされて, 凝視て, 凝視むる薄あかり, 凝視めた, 凝視め續けた, 前方に, 剽軽な, 動かなくなる, 動かぬ池, 包みこんで, 包んで, 北を, 十吉の, 千代子の, 南は, 博士の, 友達の, 反省し, 同じ蒲團, 哀しく張り詰める, 嗅ぐ, 噛みしめ, 噛みしめて, 噛みしめ口惜し, 噛み堪へながら, 四圍の, 坐つて相手, 坐つて考, 坐り続けて, 坐り込んで, 坐を, 堤に, 堪えて, 堪へてを, 堪へ六右衞門, 堪へ忍んで, 堪らえて, 堪忍し, 大きな牡鹿, 大柔, 天井に, 天井を, 夫人を, 奧さんの, 女は, 娘を, 婦人の, 嫂の, 客人を, 宰相を, 家の, 寂しく聴き入れ, 富豪の, 寝たまま, 寝て, 寢て, 寢ようと, 少年を, 尻の, 山田を, 帰るの, 庭の, 延岡を, 引込んで, 当つて, 彼に, 彼女の, 往来に, 徹して, 心の, 忍へ, 忍んで, 忍耐致しませう, 怨めしげ, 怺へて, 愛し, 我慢した, 我慢の, 我慢を, 手の, 手綱を, 打仰ぎ, 抑制する, 抱きしめて, 抱き締めました, 押さえて, 押しこら, 押へ, 持ちこたへて, 持ちつ, 持つて, 据えた眼, 握りしめた儘, 握ると, 教師に, 文字に, 斯うし, 暮れかける, 書物に, 書物を, 有島氏の, 木乃伊を, 本尊の, 枕元に, 椅子に, 様子を, 横臥した, 此の, 此方を, 母親の, 気持を, 水を, 汗ばむやう, 波を, 注いで, 注意ぶ, 注視し, 泳ぎ澄んで, 洪次郎の, 流れる雲, 海を, 涙に, 淋しさうに池, 深く考, 深く見入つて, 港町を, 滅入つて, 火の, 火事を, 火箸を, 炉傍に, 煉瓦の, 煙つた霧, 照る月, 爐傍に, 父の, 物うれ, 物思ひ, 犬の, 生徒を, 男に, 画の, 疑ひ深, 病室に, 目をと, 相手に, 眠りつづけて, 眸を, 眺めたこと, 眺めぬ糸子何心, 眺める, 眺めるだけで, 眼下に, 睨みながら, 睨めて, 睨んで, 瞑目した, 瞬かずに, 瞰んだ, 社員の, 祈つて, 祈祷を, 私が, 空間に, 空間の, 突つ立つ, 突立つてゐた, 窓の, 窓口で, 窕子の, 窕子を, 窺つてを, 立ちたる馬, 立ちつくして, 立ち竦む, 立ち竦んで, 立止つて思索に, 立盡した, 立竦ん, 箱を, 紅玉の, 經過を, 締めると, 考えこんだ, 考えて, 考へた, 耐えて, 耐へ, 聞いてるん, 聴きとれながら, 聴きながら, 聴き耳, 肉体の, 脈搏に, 腕を, 腕組みを, 腰かけて, 腰を, 膝に, 膳の, 良人の, 芍薬を, 芥川の, 苦痛に, 苦痛を, 落附い, 落附いて, 葉巻を, 蘚苔の, 虫を, 蛇の, 蛙の, 衝立つてゐた, 見おくるの, 見おろして, 見すかさうとでも, 見た時, 見つむる, 見つめたのち, 見つめたもの, 見つめたり, 見つめた眼, 見つめちやあ, 見つめまた, 見つめるぢ, 見つめるの, 見つめ乍ら私, 見とれて, 見まもりながら, 見る, 見れば, 見乍ら續けた, 見入つた, 見入つたとき, 見入つたもの, 見入つて, 見入つてゐた, 見入らうと, 見入りしつかと, 見入りながら, 見守るの, 見極めて, 見比べた, 見物し, 見詰めたま, 見詰めながら, 見詰めよ, 見詰めるやう, 見込む, 見送つた, 見送つて, 見送りました, 視線を, 覗きこみでも, 覗込んで, 観, 読みはじめたの, 読み耽つたもの, 跡を, 跨倉, 踞んで, 身うちに, 身ゆるぎ, 身体を, 身動きの, 身動きも, 辛抱するだらう, 遠くから, 酒場で, 醒めて, 鋭い眼, 鏡を, 長いあ, 隙を, 電報の, 静止し, 頭の, 顎を, 顔を, 顫へて, 食卓について, 驚いたやう, 鳥右ヱ門を, 鳴りを, 默つて立つ, 默んだ, 黙して, 黙つて, 黙つて観察

▼ じ~ (725, 5.0%)

7 思ったか, 思へば 6 欲するも 5 やうに, 思ひて, 思ふに 4 心を, 思はる, 見て

3 [15件] いふ, うつ向きたる肩, こしへに, するに, ならば, 云ひ, 包むに, 声を, 思ひしげ, 思ふ, 思へど, 思へども, 誓ひ, 誓ひし, 追って

2 [30件] ありければ, いふに, いふもの, おん犬の, し, する工藝, する風情, すれば, その手, それに, 云ふ, 伴に, 噛んだ唇, 存じ候, 後を, 思いまして, 思うところ, 思ふなり, 思へる身, 思案に, 急ぐ, 杉丸太を, 縁側に, 見ゆ, 見ゆる小林, 見張って, 言ひ, 言ふ, 言ふと, 詰め寄るの

1 [573件 抜粋] あからさまに, あって, あとから, あの通り, あまり違わぬ, あらば, あるべきところ, ある限り走り, あわてて, いいたいが, いいたり, いいまた, いい晩年, いい聞かすを, いう, いえる人間, いたはり, いでましし日, いひければ, いひたり, いひたるに, いひて, いひぬ, いふので, いふを, いへば, いへるもの, いわんばかりに, うまいこと, おいすがる咲耶子, おかしな顔, おほふ, おぼえて, おもは, おもほして, お聴きなされ, お雇い人夫, かきつばたとの, かねておも, かねて思へ, こころ碎く, こみ入れば, ご叡慮, さしもげに明く, しがみついた, しました, します, しりうごと, し給, すねたる折, すらん麝香撫子, する, するこそ, するだけ, するほどに, するを, する人, する債権者, する十兵衛, する句, する幕府方, する悪者, する枷, する模樣, する樣子, する氣, する習, する骨折, せざらめ, そちが, そっと稲, その夜, その無辜, その茶碗, それを, たえず心, たたせるみ, ただ黙っ, ちかうよう, つとむるかたくなな眼, つとめる涙, とたんに身, なったに, なられた事, ならんも, なりながら, なるの, なるを, はつねの, はら, ひそかに, また余人, また急いだ, みえあたかも, みえしところ, みえその, みたらし川に, みゆ, みゆるおの, やうやういふ, カメは, サルトルは, ドノバンも, ハンカチイフに, バクスターが, レヤチーズは, 一そう身を, 一向に思, 一字一字ちからを, 一旦は, 一生懸命と, 一生懸命に, 一言交せ, 三行半の, 中垣堅く, 丸顔の, 主にも, 主人の, 主從兩人寄擧, 乗るわが, 争う力, 争う敵手, 争ひ, 争ひたる, 二尺余の, 云ったので, 云ひし, 云ひ出す, 云ふべき, 互の, 五郎藏が, 亡き母, 今までに, 他の, 伸びて, 伸べし腕, 佇むかと, 余の, 偸んだ, 傍より, 働かせながらも, 先へ, 六人の, 其居間に, 其跡に, 冊くなりけり, 冬木の, 出陣の, 分別せるなり, 剃髪し, 前に, 前夜こっそり, 前横うしろから, 力むる者, 劣らじと, 勇み勵, 勉めたるに, 勘次が, 務めしなりけり, 北門へ, 千三も, 又引, 取り沙汰されおる, 口に, 口を, 史渙は, 吊皮, 同く, 吠え拒むもの, 吾が向, 呼び我指, 和尚について, 品川の, 哭いて, 唇を, 嘉傳次も, 囁く様, 四方八方から, 四足にて, 固め, 圍ふ, 堅く誓いし, 大事に, 大刀膝わきに, 大地に, 契りしこと, 契りし者, 契り合ったに, 奮闘を, 妻は, 妾は, 始に, 姑息し, 守る夜あまた, 定めながらも, 宣いて, 家内の, 家内中総掛かりに, 家来どもにも, 察したらしく六条, 対手が, 専念する, 小さき笠, 小波の, 少しは, 左千夫君の, 帰省かな, 年が, 引き下がって, 張飛は, 彼に, 彼の, 彼は, 彼奴との, 待って, 待わたる, 後より, 徐州城へ, 従いて, 御手洗川に, 心して, 心づかひする又, 心に, 心安ん, 心牽るるなり, 心着るなり, 忍びて, 忍び足, 怖れ合った, 思いしに, 思いつつ, 思いますゆえ, 思いもうけてぞ, 思い合うたる職人ども, 思い定めて, 思い最初, 思う, 思うて, 思うの, 思うべし, 思う坂道, 思う糸七, 思えど, 思える参謀本部, 思し召, 思ったもの, 思って, 思ひかねては, 思ひき, 思ひけるに, 思ひければ, 思ひしもの, 思ひしわが, 思ひし人, 思ひし旅ゆ帰り, 思ひつつも, 思ひぬ, 思ひ候, 思ひ候もの, 思ひ合, 思ひ定めたり, 思ひ定めつさてはかく, 思ひ返さざること, 思ふは, 思ふより, 思ふ口, 思ふ坂道, 思ふ山里, 思ふ幾筋, 思ふ程, 思ふ身, 思わる, 思われる市民, 思召し, 思召是れ, 思定め候早早, 思案し, 急いで, 急ぎしも, 怯む者, 怺へ, 恐れゐる身, 悲願を, 惟う, 想ひし, 意気ぐみ長い, 意気張っ, 愛惜し, 感じたまひ, 戒むる沙門の, 或日彼, 戦きが, 手当しだいに, 手軽な, 抑えしは, 抑留める, 投げぬれば, 抱緊めて, 振舞うたので, 捨身に, 擬勢は, 攀じのぼる, 教へ, 敵を, 日の, 書かせたま, 書せり, 末の, 杉の, 李逵は, 杖を, 来ちゃあ, 某政治家, 梯子段を, 棒読みに, 構へ, 横間より, 權勢を, 欲し, 此家を, 此度金七百兩を, 武男は, 歸阪に, 死力を, 母の, 毎朝天道氏神を, 気味悪く乳鉢, 水盃を, 江戸へ, 決心し, 決心しました, 決心致した, 泣きぬ夏, 泳ぎけり, 洋服論書き, 深く深く心, 清少納言の, 満枝, 満枝は, 為るを, 烏有先生は, 焦き込みました, 焦れども, 然り, 爬ひまは, 爭ひ, 爰に, 物かげに, 独り合点せり, 猶よく見れ, 猿臂を, 玄関へ, 珠數推もん, 甲冑の, 男の, 発心し, 白昼は, 皿を, 盗みに, 目と, 直樣此處, 直行は, 相談でも, 眞似, 真似した, 真赤に, 瞼を, 知るべきを, 石垣を, 砂に, 確信しいた, 祓い清むる重大なる, 神澤子帽を, 私は, 称するもの, 空行く, 立てた高張, 競って, 竿を, 笑へ, 筆を, 籍も, 細井は, 罵りて, 罵る, 罵る故, 美しい女, 老の, 考え張昭, 耳を, 聞く身, 聞し阿彌陀佛, 聲を, 肯わる, 自ら晦ませ, 自慢の, 自負し, 自軍の, 茗荷福神漬らつきよう, 茨葎の, 葉隠れて, 蠅男の, 行燈吹き, 衣の, 裂けも, 裏長屋の, 製作に, 見えたまうが, 見えつるが, 見えに, 見てか, 見て取つた, 見ゆべし, 見ゆるすぐれて, 見ゆる程, 見張つて, 覚悟し, 覺ゆ, 言いそえました, 言い放ちて, 言い眼, 言つて自害した, 言ひ来る, 言へ, 言立て, 言者は, 言葉を, 計り誠に, 訪ひくる, 誓いしこと, 誓いし事, 誓う如く男, 誓って, 誓ひたり, 誓ひぬ, 誠の, 説くべき過程, 調べ抜いたの, 調べ拔いた, 請合けれ, 諍ひし, 諭せば, 護衛に, 貞盛は, 貫一が, 貫一は, 貴嬢, 走りかけるが, 走る, 跡を, 踊り出でました, 躍りこんで, 身は, 追いかけて, 追いかけます, 追いつめて, 追うて, 追う城太郎, 追って出た, 追駆け, 逃出せ, 逆う, 進まざらむや, 遮るの, 郤け, 醫師も, 金珠珍宝丹漆薬種香料耕牛獣皮戦馬などを, 鉄桶の, 鋭気を, 鎌倉武士の, 門の, 門を, 閉ざしたれば, 防ぎに, 降りて, 階をば, 隙を, 雨に, 静枝に, 鞭打って, 領承した, 頭を, 頼めば, 顔そむけた, 願ひ, 飛んで, 飛蒐り, 馬を, 馬脚を, 馳付け, 駆けつける残り, 駈けつけるもの, 駈け競って, 髭の, 鳴りました, 鳴り返しました, 鴫沢は, 黄金丸は, 黒川記者が, 鼻孔を

▼ じ~ (364, 2.5%)

63 して 7 持って 6 帰って 4 されて, しなければ, しまって 3 かかえて, するの

2 [16件] おうち, おかえりに, してやらなければ, すみました, なって, もどりました, 君も, 告ぐ一厘, 呼ばひぬ, 家に, 核吐き, 毛の, 濁せど, 生れつつ, 足を, 闌けゆく芹

1 [238件] あけわたされましたが, あげられること, あそばすの, あつかって, ある, あるか, いって, おさまりゃしあわせ, おふたかた, おもうよう, おわるの, かくして, ききました, けり, ここに, こじて, このあ, この地球, ささげまする, されたひと, されてるやう, されますが, され愛し, ざわめきたちました, した, したいと, したの, したまえ, したらどう, した小さな, してからの, してね, しても, しなくて, しなくても, しなさい, しました, しますよ, しませんでしたから, しまつ, すぎさったかと, すぎて, すぎました, すくいだすこと, すごした, すごして, すみましたが, すりゃア一生, する, すること, するという, するひと, するよ, するよう, するん, する人, する子, する習慣, する花前, すんだこと, すんだの, せよ, そだてました, そっとし, その所在, たすかったその, たすけられた, たすけ出されました, たたんで, ためて, だいじに, だき上げながら, だれだ, つかまえて, つけて, つづけること, でて, とつて, どうしてああ云う, なさい, なされますところ, なすって, なった, なりました, なる, なる気, にげて, ふところに, ふりそそぎ, ぶら下げて, ほごされて, まいらすべき一品, また折, みな仰天し, むこう岸, めんじて, もたなければ, もって, もどって, やみみんな, よくお, カナリヤを, サンフランシスコに, ニュージーランドへ, ニュージーランド川に, パッと, プラーグへ, ポケットに, ワーッと, 一同を, 一目会いたい, 一階まで, 中の島に, 乗って, 乱して, 乱刀の, 任務を, 凱歌を, 助かったの, 助かっても, 助かりました, 助けること, 十六人が, 参いらする, 参ったの, 参るまでは, 取りもどした, 取りもどした功労, 取りもどして, 取り扱われも, 口先だけで, 回転しいく, 地上へ, 地球へ, 報いたまうべし, 報い給うべし, 変って, 大空へ, 失いでも, 姿を, 学校へ, 安堵させ, 家まで, 小脇に, 岩に, 岩の, 布に, 帰すば, 帰っただけ, 帰ったと, 帰ったの, 帰られたの, 帰りついたの, 帰りました, 帰れれば, 弛んだ思ひが, 後家を, 御奉公, 忠兵衞は, 思ふ博士, 思われたから, 惑いも, 扱われて, 抱えて, 探偵事務所へ, 改良し, 救うこと, 救われたという, 散りま, 日本へ, 早くお, 明智先生の, 東京駅に, 棟を, 横浜上陸と, 横蔵慈悲太郎を, 残った, 気やすめ, 水でもが, 済ませたこと, 港へ, 濡れぬ, 燃ゆるも, 爆発させた, 爆発する, 父母を, 甲板に, 申し聞かすすじ, 男の, 発したもの, 着いたか, 祭って, 穴の, 立ち明かして, 立って, 納めること, 紙入れの, 育てあげたため, 育てた鉢, 育てて, 舟に, 船に, 荷物が, 荷物を, 落ちて, 行きなよ, 行く身支度, 襲った, 言う起きよ, 話しかけるの, 警官の, 贈る, 越したろうか, 越せるか, 足れり, 踏まれて, 蹴あ, 送りとどけるっていう, 逃げられますからね, 逃げること, 通りすぎたこと, 通りすぎて, 通りすぎようと, 通りぬけて, 通りぬけました, 通りぬけると, 過ぎて, 避難が, 醒める気, 門の, 陸地へか, 離宮の, 雲を, 青むを, 顔を, 飯たべられた, 飼つてやらう, 駿河湾に

▼ じ~ (297, 2.1%)

4 ことばは, ものなれ, 女王は, 父は 3 ような, ように, 敵を, 筆の, 花が, 親の

2 [14件] ことは, だいじ, 中に, 垢ほどにも, 悪いこと, 施しの, 焼けない方, 生命ヲ, 罪は, 美術家, 花は, 裾を, 足の, 額に

1 [235件] あかるい旅館, ある室, うえにて, うちに, うまいあやしげ, おどろきから, お命, お方が, お花畑へ, お蔭で, かんざし, くずれから, くわえぶり, した陰鬱, する態度, たつの, ために, つり看板です, ときと, ときに, ところである, ところと, ところは, なかに, ほとりに, ぼつて, ぼろも, まあかな, みなは, むすこを, やうに, ゆきとどいた大きな, ようじゃ, ようです, わが頼み, わるいお, わるいおばあさん, わるいにいさんたち, わるいにくみ, わるいのろいの, わるいふたり, わるいもの, わるいよろこび, わるい問い, わるい大波, わるい頭, を, 一人むすこに, 一番いい, 上に, 上の, 上申上たく, 下から, 下に, 下へ, 中だ, 中で, 中には, 中程が, 予言の, 今宵かな, 価も, 俗名を, 個処さえ, 側に, 元氣, 入口から, 出現から, 刺は, 剣を, 力で, 勝利は, 勢の, 包みを, 口も, 古狸めか, 右の, 品玉は, 嘆きは, 境は, 大じ, 大谷さんが, 大部分, 女と, 女房と, 女王さまは, 好むよう, 妄念幾たびか, 妻の, 娘の, 子どもを, 子らを, 子供らを, 孝養も, 守から, 宝の, 宝冠, 宝冠は, 宝冠を, 家にても, 家は, 家族は, 寝ぼけ眼に, 小僧でした, 尖ばかりが, 尺八, 山, 崩れの, 巻毛の, 帶の, 年増に, 幸福を, 座に, 弟船木頼春の, 張りて, 強い連中, 影地震の, 御つとめ, 御輿に, 心なりけり, 心の, 心は, 心より, 心を, 心遣ひからで, 忠節を, 恥をも, 悩みは, 悪いおばあさん, 悪いばあさん一人, 悪いほど, 悪いまね, 悪い乱暴者, 悪い娘, 悪い母親, 悪い海鳥ども, 悪い雲, 愛慕とを, 態度を, 我に, 所有なり, 扁桃腺です, 手から, 手は, 捜査本部に, 教育したる, 教育に, 文いつもくり返しくり返し, 文の, 旅には, 昂奮に, 昏倒で, 時より, 書斎より, 木の, 末も, 板と, 枝に, 柁師たり, 柄は, 椅子を, 死を, 母の, 洩らした咽び泣き, 流れを, 満代さんをよ, 溜飲が, 漿を, 灯火を, 燃立つ, 父な, 片足を, 物で, 玉の, 王は, 環を, 生業を, 男衆に, 番人に, 病気じゃ, 相識, 眞盛りの, 知る通り, 碁は, 神を, 福島の, 立つも, 端を, 笑顔を, 節も, 精神なかるべからず, 罪科を, 罪障は, 罪障を, 美を, 美術家は, 老境を, 背高い, 舟を, 舟子たり, 花びらを, 花を, 萩植ゑにけりさ, 薬味が, 袂石, 袂石という, 見分け木曾街道の, 言を, 計略に, 話でも, 調子に, 警備に, 貿易を, 赤さ, 身にも, 身は, 身内の, 身柄と, 車止の, 近き者, 過去を, 道の, 道は, 部屋で, 部屋には, 部屋へ, 釣り看板の, 闘渦に, 隣人を, 霊魂を, 頭は, 願いは, 願を, 馬上姿を, 鳥居の

▼ じ~ (238, 1.7%)

11 きも 7 い顔 65 きすらも, っと見 4 く見え, っと見た 3 がらん洞, き一つ, っと庄吉, つと見, と見

2 [18件] い月夜, い波, が, がその, き夜, き月, き照り, くうご, くほ, く湿ん, し野平, っ, っと眺めた, っと眼, つと見た, と林冲, と眼, にし

1 [145件] い外れ, い姿, い学生, い影, い新月, い春, い男, い笑顏, い紙, い霧, い頸, い顔一つ, い駅長, い黴, かりし, がず, がない, が人, き, きさえも, きながら, きひとつ, き水, き石粉, き神, き胡瓜, き衆, き酔ひざめ, き頬, き鱶, くあ, くあえ, くいろ付く柚子, くうかびあがり, くお会式桜枝, くたび, くたびにかれもえだ, くはざま, くひとみ, くほとばしるいな, くわたくし, く光る, く冴え, く動いた, く向, く吾, く接骨木, く明けん, く浮い, く浮かん, く湖水, く燃え, く身, く隙, しくもあ, じろ, だと, っとあたり, っとこちら, っとこっち, っとすべて, っとそっち, っとその, っとそれ, っとながめ, っとながめました, っとにらみつけられる, っと一度, っと一座, っと一瞥, っと一郎君, っと不機嫌, っと久光, っと信長, っと内匠頭, っと吉兵衛, っと声, っと小林君, っと山内, っと振向い, っと数右衛門, っと斜め後ろ, っと睨ん, っと睨んだ, っと私, っと見られる, っと見る, っと見返す, っと鋭く, っと陽子, っと顔, つと横目, つと横顏, つと見ました, つと見る, つと見直した, つと駿介, であ, であつ, でいらっしゃいます, で端正, とかうぐいす, とこっち, とそっち, と一通, と久し振り, と冷たい, と地上, と小六, と差出す, と彼, と振向い, と燕青, と睨ん, と瞬間, と碧眼, と見つめた, と見届け, と道三, と額, に, にたてこもっ, に一定, に大塔, に官憲, のうた, のさえずり, の川水, の猿, の眼, の踝, の馬, の鹿, はどこ, は下谷西町, は両方, は自分, は鼓, ひたきう, み, みたる昨, み秋晴れ, よこれ, をきめ, を飼

▼ じ~ (220, 1.5%)

12 の香 5 なって 3 彼の, 暮して, 聞こえて

2 [15件] あばれて, ぞ, ぞ雪, て, とか理窟, の香ぐ, 嘶いて, 怒鳴るや, 聞えた, 至極円満, 荒れた, 見えるの, 語って, 音を, 響くの

1 [164件] あたりに, あらせられましょう, ありけれかの, ありけれ只今さやう, あれと, おびえたり, おまけに, がきみ, この家, この河, されるまま, ざっと遠近, しかも深い, すると, する事大切, そして正しく, ぞ雨, づるる音の, てめでたい, ても大野木, て私, て近寄るべく, という旧時, とも色好, ないもの, ながれき, ながれた, なければ, なつて, なりけむつるみ, なりたれば, なる我々ども, なんかなれる, のあいだ, のり出した崕, の上, はござる, は見えなかった, ぶっ突った, やがて優しい, やって, やつて, や葉, ゑめるさま, をみ, を以て仔羊, キラキラ反射, 一家中の, 一度に, 一所を, 一本の, 一生埋木と, 上る, 下七字は, 両側の, 両手に, 二人で, 二羽啄ん, 云った, 井戸の, 交際つて貰は, 人々は, 何か, 候え共, 光って, 入り乱れ喚いて, 公然と, 共棲しなけれ, 剣槍の, 取って, 吠えて, 吠える犬, 吹いて, 吹きしく嵐, 吼える声, 吼え狂うと, 咲き野茨, 哀れに, 噴きあげて, 四十に, 地を, 増水した, 外縁を, 奇麗に, 室の, 家に, 寄り集まっ, 幸福に, 幽かなる, 当つた, 後段落合の, 御茶, 心に, 忌みその, 怒號, 思われた, 感じた, 成つて搖れ, 打ちかわり板敷, 押寄せて, 搖ぐを王は, 映った, 暮した, 暮したが, 暮したと, 暮らして, 暮らすつもり, 暴るる, 暴れる音, 望まれた, 朝の, 木葉を, 次の, 波が, 波の, 波を, 流れる, 渡らせられなば, 渦を, 湧き上つて, 照らし出して, 燃え上る火, 猛烈に, 生活する, 白雪紛々と, 目を, 真水と, 祖母は, 稼ぎけり斯, 笑ったが, 籠り侍らん, 罵り言葉, 罵り騒ぎながら, 聞えければ, 聞える, 聞え出した, 聞こえるその, 育てるもの, 致して, 荒れては, 荒れ果て, 荒れ果てて, 荒狂ふ, 街上に, 見せて, 話しこんで, 語つてゐる, 語らいながら, 転げ, 迸り出でて, 追いかけた, 連添って, 遊ばして, 遊んで, 降つて, 降り頻つて, 面を, 顔を, 風冷やかなる, 鳴く蝉, 鳴つた, 鳴つて, 鳴つて燒けた, 鳴り渡ったが

▼ じ~ (153, 1.1%)

8 して 4 使って 2 しに, するとき, つかって, 審判人に, 暫時がほども, 書くこと, 罪に, 訴うる

1 [125件] ああなどて, あやぶむ方, いうに, いたして, いだかせら, いつたり, うたじエホバ, うたず夜, おぞや, おぼえたる人, お臍, かく事ほか, かみ砕きながら, きいて, きれいに, この浮舟, さらして, したり, した事, してね, しないし, しました, すまして, すると, そもや, つかひます, つついて, つとめながら, ぬかすない, ねらった荒くれ漢, ひっ捕えて, みつけたので, もとの, や, やって, やらして, やりなおすうえ, よしや目覺しき改革, よろこぶの, よろこんで, りて, ヒヨイ, 亂し, 二心ない, 仰せつかりますたびになみだにくれておりましたところ, 何とてさ, 使いますかな, 使いません, 使っても, 借りて, 入れたもの, 入れて, 凝視した, 出して, 出し今度, 出て, 出るや, 加藤清正に, 十字架に, 取って, 取つて家, 取りに, 取り上げて, 受取つた, 呼ばわりぬという, 喜び苦労, 噛んだより, 因果と, 垂れて, 垂れるが, 堅めて, 太夫姿に, 妹が, 完全に, 宿せし母胎, 島田に, 度々思い出しました, 建造する, 引脱い, 待てること, 後に, 思い候, 怪しの, 憎むもの, 手折って, 折つ, 持ったまま, 持って, 持つて, 挾んだ左右, 斬ったの, 杣人の, 果敢な, 植ゑつけた, 汚す者, 渡世に, 燃え立つよう, 父は, 相待所ナリ, 称えん, 称賛す, 穿いた, 笑ひし, 精一杯見せた, 虐遇迫害する, 覆い纏うところ, 見こんだの, 見た時, 見失うたら途方, 見込んで, 言うの, 言った, 言って, 討ち取って, 詛うもの, 買わせた奴, 踏みしめて, 蹴飛ばし蹴飛ばして, 送つて貰, 遣うよう, 鏤めた大, 頼む人, 養いし乳頭, 高々と, 黒く丸め

▼ じ~ (142, 1.0%)

8 と見 7 とし 5 と眼, と耳 4 と見つめ 3 とこちら, とその, とみつめ, と見つめた 2 とうつむい, と吉里, と坐っ, と考え, と自分, と見た

1 [89件] きお, きやわ, くり考えるかな, せえ, たと, たな, ている, て俯, とあたり, とあわだつ, とかたず, とがまん, とここ, とこの, とした, としてい, としておいで, としてさえ居れ, としてはいません, としてはいられなくなっ, としてもいられなかった, としゃがみこん, とじッ, とそうして, とそこ, とそのまま, とそれ, とねらい, とみ, とやみ, とわたし, と件, と伊那丸, と先方, と冷智, と冷静, と動かない, と動かなかった, と十方, と取付, と噛みしめ, と地べた, と壺, と女, と寒烈, と平田, と彼, と待っ, と思案顔, と戸外, と手もと視, と挙動, と控え, と暮し, と机, と止まっ, と爪先刻み, と物思い, と異様, と畳, と白島山平, と相手, と眸, と睨む, と瞠め, と私, と立っ, と聞い, と聞き耳, と聞耳, と腕ぐみ, と落ち着い, と落つい, と襟, と見くらべた, と見つめました, と見る, と見上げ, と見入った, と見据えた, と見詰め, と見送った, と視入っ, と読みつづけ, と踏みこたえ, と身, と釘, と闇, と鷲

▼ じ~ (140, 1.0%)

12 りの 7 にし 3 なもの

2 [15件] にされた, にしよう, にする, になり, り, りかな, りが, りこの, りした朝, りで火, りひぐらし, り散りたる花, り水, る野, 企んで

1 [88件] え, えてえと, えば, おそろしそう, が聞える, すぎる, ずついに, その不肖, たり手足, っている, てつかれ, て也, て呱々, である, です, ですね, という料理, としての作家火野, となった, ともない, と党閥, ないここ, ない猫みたい, なの, な姿, な形, な有様, な無花果, な状態, な苦しい, な身なり, にご, にした, にしたかった, になる, には何やら, にりんどう, に戸, に捕まった, に植えたる, に死ん, に演奏, ぬらしい, のつもり, のまだ, のシャンシャンシャン, の三味線, の上, の場所, の弥生, の机, の派手, の煙草入, の褥, の音, は, はすれ, ば北, も投げやり, られては, りいとど, りして, りでぬれたの, りで文字, りに, りへ, りも, りゆ, りを, り秋, り落葉, り薔薇, り道, り馬頭観音, り馬頭觀音, るから, るわが, るを, る家内, をあげつ, をきりりと, をとったら, を直した, 大コーセット, 御悟, 推量られ右島, 知らせて, 積み俵

▼ じ~ (117, 0.8%)

6 に告ぐ 4 の父 3 とした, の天父, み, 互いに愛せよ 2 がわがこの, と流れる, と淋しい, に無く, の中, の報い, の義, をや, を遣, 我が名

1 [75件] えだが, おさな子, がこの, が聞きし, きづく, こそ下, この一事, ごとき者, ごとき草賊, とかかり, とさし, とせる, とて文盲, となっ, と七つ, と乾いた, と光っ, と光つて, と共にあれ, と咲きみだれ, と夕餉, と日, と明け, と明るく, と秋かぜ, と立っ, と立つ, と笑い消した, と細か, と輝いた, と鍵盤, と閃かせ, と黙りこくっ, につき, にはこの, に加え, に告げ, に就き, に居らん, に新しき, に書き贈る, に示す, に要, のうち, のうちだれ, のうち最大, のもてる, の中罪, の使用人, の意志, の指導師, の清から, の頭上, の馬鹿げた, の髪の毛, はこれ, はわれら何, は世, は倖, は多く, は我, は暫時, は順次, ばかりいう, み袖振り合, もしおさな, も命ぜられし, も家, も神妙, る, を孤児, を自由, 云わんと, 悪しき者, 祈るとき

▼ じぶんたち~ (113, 0.8%)

2 が心, のよう, の仲間, の命, はその

1 [103件] から南蛮寺, がいかに, がいつか, がいない, がいま血眼, がきつね, がきふ, がきゅう, がきょう刑場, がその, がとんま, がどんな, がどんなに, がながく, がはいりこんだ, がまだ, がローレンス, が使い, が南京攻略, が名, が大きな, が独断, が生きる, が看病, だけの美しい, であろう, でお, でしまつ, ですき, で食べ, とおなじ, にくだされた, にとびかかっ, にはこれから, にはね, には狂人, にもよく, に指図, のいなか, のいもう, のいれられた, のうえ, のきょうだい, のこの, のざま, のため, のつくった, のつとめだ, のなか, のながした, のなき声, のふてい, のほう, のまわり, のむれ, のもの, のやった, のロケット旅行, のロマンス, の一味, の位置, の名誉, の場所, の姉妹, の幸運, の挙動, の権利, の歌, の王さま, の生活, の田舎, の眼, の研究, の自動車, の行く, の親類, の跡, の身代り, の部屋, の領地, の食べる, は, はあいかわらず, はけっして, はすっぽかされ, はすつ, はとりかえし, はほそ, はロロー殿下, は彼ら, は愚, もあの, もいま, ももう, もやりだす, もリカ, も助かり, も同じく, も失敗, も気づかれやしない, も泣きたい, をさがし, をたずね

▼ じ~ (110, 0.8%)

1081 ふかく, ふアスクル

▼ じ~ (106, 0.7%)

3 僕の 2 ギョッと, 主なりや, 断食する, 獄に

1 [95件] あの夕方以来, いそがしそう, いつの間にか理髪店, いつ盗賊, うまくゆく, おどろいたよう, かすかな, かっとなりました, げにわが, この家康, これなる, こんな考え方, さいぜん和田呂宋兵衛, しないかと, しなかったか, しばし私, するけれど, ずいぶんやつれ, ちがったかと, つらかったでしょう, なお手もと, なさりませんか, なしかくれたる, なんとお, ひとり, まことに幸い, もう君, もちろん先生, もち直す, ものすごいもの, ゆらぎ, よくもあれ, わしの, われらと共に, サタン悪の, ネルチンスクの, ベドウスから, 一方は, 一通りわかった, 下葉, 不要じゃと, 二十人を, 云った, 今わしの, 仕事の, 仕方なし, 何者だ, 元来何者だ, 出來, 初めから, 到る所, 十字架に, 国定忠治や, 大戦そのものの, 天正の, 奈良朝なら, 家中ぜんたいが, 富士の, 座が, 我が大, 掛札三席まで, 日ごろ我が, 日本橋にも, 昔から, 曲者に, 次の, 正し, 気づかぬであろうけれど, 気の, 海門に, 源内を, 狐狸か, 盗賊であった, 相当に, 砒石の, 砕けたる悔し, 碁の, 祭物を, 私の, 秋野屋の, 窓より, 終日籠居し, 脆き世, 自分の, 草鞋の, 訴訟に, 誰か, 誰が, 誰の, 跡型も, 阿古屋の, 鞍馬の, 食べつけねえんで, 鬼検事という, 魏の

▼ じかけ~ (101, 0.7%)

6 のよう, の人形 5 があっ 3 で動く 2 では, なおと, の大きな, の機械

1 [73件] がほどこされ, じゃない, だ, だった, だったという, であるく, であるくの, である方面, でこんなに, でした, でしまっ, でしめつけられる, でしょうその, でその, でてんじょう, ででも, でひとり, でふた, でカギ, でクルッ, で下, で動いて, で手, で拍子, で男, で艇の, で走る, で遠く, なあな, なの, なんてありっこない, な奥の手, な子ども, な実演, な小説, な発電系, な盗賊団, にびっくり, に反応, に掘りあて, に日常生活プログラム, のある, のお, のおとし, のき, のくだらない, のその, のはしご, のびっくり箱, のもの, のわる者, のアクアラング, のオモチャ, のガンドウ, の作り物, の半分, の土木工事, の大蛇, の工場, の恐怖事件, の気, の猟, の玩具, の落とし穴, の蛙, の装置, の製粉所, の非常, はちょうど, をお, をじゅうぶん, をすっかり, を調べなけれ

▼ じまり~ (87, 0.6%)

18 をし 5 をした 4 がし 3 をする 2 が厳重, して, そりた, のこと, の音, をよく

1 [45件] がされ, がしてない, すること, でもし, と火, ないかにも, など充分, に三十前後, に廻る, に異状, に粗, のふじゅうぶんなところや, の前, の大いなる, の悪い, の慥乎, の鎖, はあの, はどう, はみな木, はわし, は厳重, は大事, までひとり, もいい, も充分, よく二階, をあけ, をかい, をくぐりぬけ, をしつかりし, をしなかった, をしました, をし忘れる, をせず, をなおす, を厳重, を命じた, を手伝っ, を手分け, を終えた, を置かない, を見, を見おわった, 別に工夫

▼ じょう~ (82, 0.6%)

16 だん 2 だ, にでき

1 [62件] あの娘, あんなにわけなく投げ飛ばされた, お八重, からロック鳥, きび色, この先, この兵隊さん, じばんじょう, その, そのかげ, その夜, その文, その男, その車, そらとぼけて, それから程なく, だけで, だった, だよ, ついいまし, であった, である, であるけれど, ですか, で一番, というところ, とつぜん左右, なくさんぜん, などきこゆるゆう, についてじっと, にはいなか, に出来, に包まれ, に向け, に成, に成功, に見える, に鉄, の上, の動く, の奥, の岩, の方, の白壁, の知恵, へ, ほどの小さい, ほどの洋室, また与右衛門, もある, もしだいしだい, もみんな, やがてその, やがて薪木, をパチ, を仰い, 叱られちま, 悪路, 直ぐ承諾, 答え渋って, 若い頃あれ, 黒いふしあな

▼ じまひ~ (73, 0.5%)

10 をし 7 になつ 5 であつ 3 になつて 2 して, である, になる, をした, を直し

1 [38件] した, だ, でした, です, ですよ, でせう, でただ, ではなから, で結婚式, などもおろそか, なりて, にすんだ, についての私, になり, になりました, に歸つて, に終つたの, に終つて, に終り, に終りました, のあたり, のあと, のつもり, のよ, の小, はせ, は勿論, は子, は私, ますよ, や花, をし帰るしたく, をする, をただす, をまだ, を直す, を終, を見せ

▼ じ~ (67, 0.5%)

2 いいの, つてゐる, 一枚風呂場の, 施しを, 消えた

1 [57件] ありましたよ, ありますが, あり古い, あんな無頼漢, うちの, うまいの, おこりました, おに, かかった, かけつけて, して, じしたいやらしい, じした岩, じした頭, じして, じと, すすむ, すむと, そういう風, たかろう, たしで, とどかないな, ないと, なさずのこすもの, ゆきとどいて, トラ十の, 一パイに, 一山の, 一面には, 中空で, 六人石村の, 冷か, 医者に, 千種を, 叔母に, 咲きみだれ燕, 始まるの, 強いの, 強うご, 待合室の, 悪いには, 悪くって, 愛おしく, 橋を, 死にそう, 空に, 窓に, 立ったよう, 立つの, 縦横に, 落ちて, 蒸された空気, 見た父, 足りませんでしたかと, 路を, 隠したに, 霜の

▼ じ~ (66, 0.5%)

3 の記 2 の小袖, の袴, やがった, れて

1 [55件] つたのよ, つた者が, つてた, つて後の, となる, と名, どに身, ない他国, なかつた, にて古, ぬこと, のお召, のやや, のモンペ, の上っぱり, の下, の前掛け, の右筒そで, の季節, の手甲, の木綿の, の波枕, の田舎料理, の越後上布, の郡内, の野良着, の雨, はうかと, はうと, は髑髏島, ふ, ふか, ふから明日は, ふもの, ふんだ, ふ中, ふ典型, へう, へと言ふんぢ, やあ苦しか, やしない, やアそれッきり, や幸手屋, よ, を着た, ッたら, ッてから, 九郎次郎き, 九郎次郎の, 守様御, 弟じ, 明石に, 母の, 袴は, 透綾の

▼ じ~ (64, 0.4%)

86 かくかくで 3 づけに 2 こういうこと, れ, 何か, 我鬼はわ, 斯

1 [37件] うぶり, おんぶし, かくかくこいつ, かくかくせがれ, かくかくであった, かくかくと, かわひらめす, げろふ, これこれと, さを, しと, たびの, だった, ったらしい, つたに, づけであるのに, であったしかも, であるところ, であるならば, でなけりゃ嗅げねえよう, なに兵衛の, ねるの, ねる場合, り, りき, アない, コ, 云々, 卸しの, 取引きである, 奥つ, 女の, 後福島正則が, 火に, 肌と, 足袋の, 附けに

▼ じない~ (64, 0.4%)

3 のだ 2 ところの, ならば, のである, ものは, わけには, 人は

1 [49件] うちに, がそういう, が其足利時代, し人, それは, という, ということ, といふこと, といふの, といふ話, とする, とすれ, と云う, と云えましょう, と思った, な, なら斷, なら武力, の, のであります, のです, のは, ばかりか心, ばかりか辱しめ, ものが, ものです, ものの追放, ようで, ように, んです, 不敵な, 事件で, 人たちが, 処だ, 利己主義と, 勞役したい, 十七名を, 娘さんたちの, 容姿だった, 彼の, 心もちは, 振舞から, 江戸屋敷方の, 生きんと, 生命の, 申し合せで, 積りだ, 臆測である, 訳に

▼ じやあ~ (62, 0.4%)

6 ないか 5 ない 3 己れ, 無いか 2 ないかと, ないが

1 [41件] ありませんか, あんな人, いはう昨, このへん, これからでも, これで, その返事次第, ちよつと, とかけはりまし, とこかい, どうにも気色, どう扱, ないかな, ないだろう, ないで, ないの, ないよ, ないわ, ないん, なくつて, ねえや, ねえわし一人, ひろ子さんどうか, まだ横濱, やつぱり僕と, やつぱり犯人は, モウ何とも, 一人一人が, 一体どうする, 今日は, 仕樣, 其爪さきも, 君よろしく, 度々会っ, 無いん, 盗人の, 私も, 稀れ, 行け, 行つて来る, 鮟鱇博士と

▼ じよう~ (60, 0.4%)

20 だん 4 とする 2 だんぢ, では, とした

1 [30件] か, ごがた, じゃあねえか十五番地, じゃありません, だの古く, だんで, だん口一つき, だん言, で, とあま, という心, としてゐる, として大声, とするなら, とすれ, とはさすが, とはせで, と夢中, と試みる, なお, な手, にいくぶん, になされ, になる, に楽, はいろいろ, は鶏, ひんで, を待ちました, 寧ろ一切

▼ じては~ (59, 0.4%)

4 ならない 2 いけない, いけないと, いなかった, ならぬ

1 [47件] いかぬよ, いけない父, いたが, いない, いないが, いません, いませんでした, いられぬの, いるが, その終り, たまにうすい, ならんぞ, なりません, べつべつな, ゐたけれども, ゐなかつた, ゐられないが, ゐられなくつて, 一切の, 一種の, 世上を, 何恨むべき, 単に語り, 博物学と, 叔孫家の, 口にこそ, 各自の, 天賦人権自由平等の, 居ようと, 居られないだろう, 帰ること, 強いが, 我れ, 戦陣の, 抜き誦, 抜くに, 斯かる侘しき, 更に具体的, 浮世いや, 父に, 玄徳に, 當今で, 策動も, 結局さびしく, 老い老いては, 自ら学識を, 謂は

▼ じ~ (52, 0.4%)

15 じょ 5 じょうだんじゃねえ 3 に吹く 2 ごじ

1 [27件] ご冗談, じょう, じょうだん, じょうだんいっちゃ, じょうだんいっちゃいけねえや, じょうだんいっちゃこまるよ, じょうだんじゃありません, じょうだんじゃござんせんぜ, じょうだんだろ, じょうだんだろう, じょうだんでげしょう, じょうだんでしょ, じょうだんではない, じょうだんを, じょうだん言ッ, じょう談, じょウ, で勤め, にし, にしよう, に到達, に考える, の嗚, はぶらんこ, を追っかけ, を追っかける, 立った大

▼ じけのう~ (51, 0.4%)

7 ござる, 存じまする 5 ござります 4 ぞんじます 3 ござった, すること, 存じます 2 ございます, ございますが, 存じますが

1 [13件] ござりまする, ござりまするっ, ござるが, ござんす, せり, はござりますけれど, 存じますわたくし, 存じ奉りまする, 存ずる, 存ずるぞ, 御座り, 思います, 頂戴つかまつりまする

▼ じそう~ (47, 0.3%)

4 にかかえ 3 に両手, に持っ 2 に話し

1 [35件] にかかえた, にかざっ, にこわき, にさし, にその, にそれ, にだい, にだきしめ, につまん, にとりだした, にひざ, にもっ, にわた, にポケット, に並ん, に喋っ, に小, に小わき, に引取り, に忍ばされ, に懐中, に拝ん, に本, に水, に百合子, に立っ, に縛っ, に聞こえ, に茶がま, に見, に見えた, に見えました, に酒, に雛, ハギに

▼ じ~ (42, 0.3%)

6 うぶ 4 冗談ぢや 3 じよ 2 うぶな, 二十よ, 冗談で, 冗談を, 十よ

1 [19件] あじい, うかと思案, うかんねん, うず, うずな, うずに, うぶだ, うぶで, うぶです, うろもて, じゆん港, じよう, でんなど, ふじて, 冗談云つ, 秋, 自身も, 花すみれ, 近ぺん大迷惑

▼ じしん~ (39, 0.3%)

2 のよう, の姿

1 [35件] からし, がすでに, がとおく, がはいっ, が乗っ, が人, が何だか, が先手, が明, が縄張り, が魚類, にふりおとされる, にもむちゅうであったにちがいない, に一つ, に実行可能, に言いきかせた, に課する, のうち, のお, のむすぶ, のもの, の意思, の手, の経験, の自覚, は, はべつに, は何ら, は堺町奉行, もあの, もそういう, も心から, も漁師, も知らない, を発見

▼ じても~ (39, 0.3%)

1 [39件] いいであろう, いたが, いない, おりますれば, なお人, もう遁, よい文章, よろしゅうございましょう, わかる, わらじを, 僕にも, 兎角埓, 天命は, 夫壻なき, 宜候, 座布団を, 役には, 彼れ, 御身の, 我は, 持ち出したくなかつたの, 改え, 是なる, 書付を, 最早逃れられぬ, 本國, 此空虚の, 歯を, 猶ほ, 盗られた六十両, 直ぐ相手, 羞じ, 羞じ足りない, 自分と, 花に, 遁れる, 遁れん処である, 飽くまで生き, 馬肉と

▼ じって~ (35, 0.2%)

4 いた 2 いる, いるの

1 [27件] いたり, いる鼠, おる, ときおり若い, ふざけながら, みても, もとの, やろう, よく聞い, よっくき, 一すじだけ, 咲いて, 居たの, 居るの, 承われ, 数人の, 来たか, 毎朝の, 水を, 相手の, 立って, 笑ったり, 聞いて, 聞いチくん, 胸の, 見たが, 野球を

▼ じたり~ (34, 0.2%)

2 しが, して, 生活の

1 [28件] けん焦がる, した, した挙句, し事並, し有様, すること, するといふ, するほどの, する者, なんどする, また謙信, わざと除いた, 久しく我ら, 久しく我等, 口の, 失ったりは, 嫉視し, 廟の, 悔やんだり, 慢心を, 気焔を, 絶対に, 虚空に, 行き掛りの, 講演の, 賤しんだり, 馬丁に, 龍に

▼ じかの~ (33, 0.2%)

2 事を, 対象と

1 [29件] いは, こ, ことにて, ことを, ほうが, ものが, アリバイが, 事件が, 事情に, 事業は, 人間が, 人間で, 価値を, 儀にて, 冷酒を, 処を, 口上, 名鳥, 地主で, 所だ, 次第で, 理想に, 理由で, 者が, 薬を, 話を, 部分だ, 関係が, 鼠取りと

▼ じ~ (33, 0.2%)

2 それを, ア遠慮する

1 [29件] うだつた, うに, うに乳房を, が目, が真に, すには, だ, だった, であつ, である, であろうか, でもって, で帽子, で海, で茅野雄, にたへ, まと, わしは, をじっと, を忘れ, を感ぜざる, を眺め, を見る, を訴え, 思ひも, 白昼と, 譬へて, 速かさ, 闇を

▼ じとて~ (32, 0.2%)

2 かくは, 堅く心, 文学にも, 諾ず

1 [24件] こぼてを, さまざまなる, とある街, どうする, なりよしや, ソーツと, 不孝と, 二椀を, 人智を以て, 令孃も, 再び羅馬, 切腹の, 天じ, 妾の, 屋の, 心を, 木を, 柴を, 歎き, 漸くひねくり出し, 生きながら, 答ふらく, 糞に, 身を

▼ じょ冗談~ (32, 0.2%)

5 じゃありません 4 じゃない 3 じゃねえ, でしょう, を 2 言っちゃ

1 [12件] いうねえ, いっちゃ, じゃあねえ親分, じゃございません, じゃねえわっ, じゃねえ銭形, じゃア, ですよ, はよし, を言っ, 云うな, 云うなよ

▼ じ~ (30, 0.2%)

3 顔を 2 あきびとの

1 [25件] うらわかみ, おなじ袖, されたかと, されましたかい, されますか, されませ, じなと, ふを, わすれたま, ジャックの, 動けば, 君, 夕時雨明日の, 多かれど, 姿を, 悲しみの, 愛の, 昼も, 海士の, 湧き返り岩, 羽を, 茶わんを, 親は, 語らじなと, 路次の

▼ じゃあるめえし~ (29, 0.2%)

2 なぜ蹴っ

1 [27件] あば, あわてて, いいだろう, いい年, いちいち口, こうるせえにもほどが, ここんところ, こりゃまた, こんなちゃち, こんな四国, そういつ, そうぐうぐう鳴き音, そうヒョコヒョコ名人, そう大きな, そんな細長い, のそのそほ, ふむよけい, 出て, 好い機嫌, 年がら年中こんなに働い, 未だおいら泣き死, 沈んだところ, 良い若え, 若い娘, 震えて, 食い切った小指, 馬鹿馬鹿しい

▼ じーん~ (29, 0.2%)

4 と耳 2 と熱く, と熱っぽく, と痛く, と響い, と鳴り

1 [15件] とこみ上げ, とする, となった, と時間, と来る, と沈み込ん, と沈ん, と胸, と血, と電鈴, と音, と頭, と頭じゅう, と鳴つ, と鳴る

▼ じその~ (26, 0.2%)

2 子珂瑠皇子は, 罪を

1 [22件] すべてを, やうな, 一夜, 六月十二日に, 墓を, 外形より, 天幕の, 字を, 学問の, 寂光の, 寺号を, 弟の, 手弱女の, 折の, 日記も, 晩は, 杯を, 業を, 熊を, 組織に, 縁によって, 魏

▼ じ~ (24, 0.2%)

1 [24件] あれば, うただ, おんこちャ, ここを, したが, しないし, しないで, する見崩れ, せんで, その一人, たしかにその, つけ候まじく, なかった, まだ寝ず, 侍者と, 剣の, 古りぬ, 恐れも, 早咲きが, 琴の, 眼が, 筑前の, 致し申さず御, 降りて

▼ じ~ (22, 0.2%)

2 ないこと, んが, 眺めて

1 [16件] えんだ, た性格, た顔, ない儀, なき事, なしとも, なし私, ねえやだ, んは, んまで, んも, エもんは, エろ, 心を, 見詰めたぎりだそうだが, 首を

▼ じ~ (21, 0.1%)

2 ひの

1 [19件] いっちまうん, うべ, かつえて, ここへ, これで, さっさとやんねえ, そのつもり, ないか, ねえ, ねえお, ねえか, ねえせっかく, ねえとんだ, ねえや, ねえん, りんを, われ軒の, 一つ見, 燐をの

▼ じわが~ (21, 0.1%)

3 心これを 2 きざまれて

1 [16件] おもひそ, たらちねの, 三本も, 三筋寄り勝ちの, 二三本出來た, 基業を, 映って, 来ると, 沒理想, 波の, 生涯の, 目立って, 見えます眼, 軍イリオンを, 邦国威の, 邦独立の

▼ じ~ (20, 0.1%)

3 とこちら 2 と見つめた

1 [15件] として, としては居られない, としてゐ, として見た, とながめ, とのぞき込む, とまた, と力強く, と太, と寂しく, と沈んだ, と睨みつける, と考, と見, と辛抱

▼ じとぞ~ (19, 0.1%)

13 思ふ 2 見えし 1 おもふ, 思う, 思えるを, 思はれける

▼ じながら~ (19, 0.1%)

1 [19件] いっときも, うたい始めた, おどおど奥, お尋ねする, なお飽きない, ひそと, また危機, 今は, 今また, 今度は, 何だか寂しい, 博士は, 唯勢に, 微笑んだよう, 息づえをそろえて向島の, 手で, 生煮えの, 能楽を, 遂に奈落

▼ じまた~ (19, 0.1%)

1 [19件] ことごとく邪淫, その憐, 不幸災難の, 人間を, 他の, 先代岩てこバンカラ辰三郎に, 千度わが, 古今の, 太子の, 敵の, 燔祭をも, 玄徳を, 発足の, 職業に, 自ら軽んぜん, 辭書の, 鞏志に, 風雲の, 鰻の

▼ じヶ原~ (19, 0.1%)

4 の一軒家 2 の斬合い

1 [13件] がある, でわたしたち, で持ち出された, には灰色, のちょうど, の方, の時, の真中, は山路, は空々寂々, へすり抜けました, へ行こう, を再び

▼ じどう~ (18, 0.1%)

3 しゃを 2 しゃの, しゃは

1 [11件] しゃがとまっ, しゃがとまったところは, しゃに, しゃにのって, しゃにのり, しゃにのりました, しゃにのると, しゃにのろうとしたとき, しゃのうしろの, しゃのうしろのとらんくの中, しゃのとまるおとがしました

▼ じ~ (18, 0.1%)

3 じー

1 [15件] いッ, うら, つ, つと抓つた, つと耳, と波, と眼, と胸, と見, と鳴っ, のー, をー, 鳴いて, 鳴きながら, 鳴り始めた

▼ じぶんひとり~ (17, 0.1%)

2 の責任

1 [15件] あの部屋, いるつもり, ではどう, ではまにあわぬ, でほしい, でも平気, で助かる, で本, で空想, で翼, のつまらない, のもの, の心, の意想, の気づまりさからのがれようとでもするように

▼ じやう~ (17, 0.1%)

3 だん

1 [14件] がない, が島, しゆかく, しゆかくた, だんばつかし, とうしやうがく, としてゐる, とする, な考, にゆく, に上げ, に打ちつけ, やど, をし

▼ じ~ (17, 0.1%)

2 から新しく, に賣

1 [13件] が切, だ, では息子, に, にも橋, に女, の拂, の看板, へはいっ, へ寄つて, へ這入, や鍛冶屋位, を搜

▼ じもの~ (16, 0.1%)

3

1 [13件] がうえられた, ぞと, でないゴロツキ, とつづい, と取り縋り, と従い, もいはじ, や恋, をと南, をと祓, を山, 吾が独子, 降りる朝

▼ じかつ~ (15, 0.1%)

3

1 [12件] これを, その理由, たぜ, 口に, 彼に, 意志の, 歌ひませう, 父祖代々の, 疑った, 眠らん, 笑って, 飲み中倉翁

▼ じという~ (15, 0.1%)

2 ような

1 [13件] あだ名を, お勝, ことを, のが, のは, ものの, ように, 勢いで, 大切な, 歌を, 男これを, 足で, 風に

▼ じやと~ (15, 0.1%)

1 [15件] いひて, いふが, すぐに, 人は, 仰せに, 初手から, 口髭を, 大不興, 尋ぬる, 思はつし, 思ひ給, 生えて, 真黄色, 言ひたいが, 謂ふんじや

▼ じやら~ (15, 0.1%)

1 [15件] くらの, されては, し, しに, しにいぢつて, し吹く風, ついたり, つきの, つき過ぎるなど, つくやう, なもの, りと, るるも, んと, 銀の

▼ じ~ (15, 0.1%)

2 ひぬ, へ

1 [11件] ひけり中将, ひけるぞ, ひし時, ひて, ひぬいま関東, ひ妄言綺語, ひ畢ん, ふとも, ふべきには, へと傍人, へど

▼ じさは~ (14, 0.1%)

1 [14件] つつみきれない, まどの, もう一度壁, ドームへ, 何んと, 凡そ想像, 少しも, 思い出すさえ, 昔, 時々切っ, 末期の, 自然と, 言語に, 逆巻き寄

▼ じての~ (14, 0.1%)

2 事人間二人の

1 [12件] お告, 事とのみ, 戦語りに, 方が, 死であった, 發心ぞや, 知盛の, 義経が, 語が, 責任と, 輝く様, 青年たちの

▼ じ~ (14, 0.1%)

3 いて 2 いるでしょうか 1 いたかい, いたんだね, いること, おいで, せう, ひょっこりかえって来た, ふちどったしんぶん, まけて, 手放せないわけ

▼ じまる~ (14, 0.1%)

8 の木 2 の大樹 1 の下枝, の樹, は熱帯植物, ような

▼ じゆう~ (14, 0.1%)

2 のもの

1 [12件] がむずがゆく, なきご, にさせ, の窓, 吐いて, 大きい靴, 寝て, 御睦, 涙ぐんで, 見つか, 隠れた危険, 黙つて

▼ じとの~ (13, 0.1%)

1 [13件] お心, すさび憎く, たくみなり, 事し, 心配大方には, 意, 意と, 決心は, 決心を, 熱心より, 聖旨より, 親心に, 誓文も

▼ じ切り~ (13, 0.1%)

2 の下手人

1 [11件] か, だとか, ではない, でもあった, でもない, でも押える, と申しまする, なの, のうわさ, のやつ, はし

▼ じかに~ (12, 0.1%)

2 話しました 1 ここで, ことの, 会って, 報告しました, 射して, 心に, 知らせたあと, 話して, 話すこと, 語り

▼ じーッ~ (12, 0.1%)

1 [12件] とごらん, と内攻, と吉次, と思い出されました, と服し, と此方, と眼, と籠っ, と耳, と見, と視つめた, と鋭く

▼ じ~ (11, 0.1%)

4 とてち 2 のの夫 1 して, とあぶら, のやう, の根もと, の花

▼ じ~ (11, 0.1%)

4 れば 1 し方行く末, りて, り訪, り誦し去つた時, ると, れり, れること

▼ じかと~ (10, 0.1%)

1 いままでの, ちゃんと極り, ふと思ひけり, 千二少年の, 書いて, 聞いては, 詫びを, 認められぬ, 説明し, 頼んだきり

▼ じこれ~ (10, 0.1%)

1 が彼, が自ら印, でよい, に従って行動, ほどの履歴, も傷, をもって慰安, を浮世, を育て, を貧者

▼ じとお~ (10, 0.1%)

4 もはる 2 もひぬ 1 もひき, もひしか, もふ, もふと

▼ じとは~ (10, 0.1%)

2 汝は 1 云うまでも, 勉めけん, 夫人が, 始て, 念ひ, 思へど, 申されませんな, 知れるもの

▼ じなど~ (10, 0.1%)

1 かけて, すべて日常生活の, たん場だ, たん場です, 少年の, 心忙き, 独言ち, 罵り合, 美しく釜沢, 言う奇談

▼ じやの~ (10, 0.1%)

1 さきの, といへば, 刈手どもが, 彼の, 杖を, 毛髮を, 貝に, 顔でした, 顔を, 鬣に

▼ じ一つ~ (10, 0.1%)

1 だけは締め, だけは締めて, でふざけ, でストーブ, で上, で寝, にされ, になっ, に茶呑茶碗, の下女

▼ じ~ (10, 0.1%)

1 がやってきました, が共々, なの, にだまされた, の恨み, はごみため, もあらじまし, をも招かじ, を殺す, を議する

▼ じ~ (10, 0.1%)

4 を堅く 1 に祈り, の意気張づよく, の意氣張づよく, の者, を尽くし, を尽し

▼ じ~ (9, 0.1%)

2 ほかた 1 へんどっせ, むかしく, 国だいじ, 気に, 糸よ, 落ちなされて, 連が

▼ じゅく~ (9, 0.1%)

5 の木 1 はたくさん実, はとても, は庭, は日当たり

▼ じょうな鉄~ (9, 0.1%)

2 の扉 1 のこう, のひも, のよろい戸, のドア, の戸, の格子, の錠

▼ じ~ (9, 0.1%)

2 に曰 1 にたいしては主君, の松岡恕庵, はセル・ブランカ・ドーリア, は必ず, れは, を慕, 今すべて

▼ じ~ (9, 0.1%)

1 ながら未練, ならじその, の彼, はあたかも, は秀頼, れを, わが言, をし, を指

▼ じ難し~ (9, 0.1%)

1 であっちこっち, で江戸, という, といひ, といふわけ, と言った, の譬, 御府内で, 江戸は

▼ じきり~ (8, 0.1%)

1 にもたれ, のかげ, の唐紙, の戸, の網様, の衝立, を距, を閉め

▼ じけの~ (8, 0.1%)

4 うす 1 うし日本料理をもって, うせしは, うせるは, うせんこと死者

▼ じこの~ (8, 0.1%)

2 寡婦と 1 不満足を, 兩派の, 場所に, 悲嘆の, 文を, 鳥木を

▼ じさに~ (8, 0.1%)

1 かえって一層ひしひしと, グウ, 予は, 剛気の, 奥へ, 実を, 耐えるため, 耐える行者

▼ じ~ (8, 0.1%)

1 い, とびだし二階, とびだすなり, はいって, もぐりこんで, 口移しの, 捨てること, 来るべし

▼ じめん~ (8, 0.1%)

1 からにゅうと, からぶ, におちました, にすっくと, にたたきつけ, につい, に小林くん, をはなれ

▼ じょうだん~ (8, 0.1%)

3 言っちゃ 2 言ってるん 1 云っちゃ, 言って, 言わないで

▼ じょうなドア~ (8, 0.1%)

2 ですから 1 がありました, がしまっ, がつい, のついた, は叩きやぶられ, をひらい

▼ じわを~ (8, 0.1%)

2 よせて 1 きざんで, 二三す, 寄せて, 現した, 誘はれること, 額に

▼ じ~ (8, 0.1%)

1 ありません, ありゃしない, いねえの, ないかしらと, ないです, ね, やっちまうか, 道へ

▼ じ~ (8, 0.1%)

2 ありませんか 1 ありません, あるまいし, さよなら, すっかりお話し, ないか, 無いし

▼ じ~ (8, 0.1%)

2 れ其の 1 に於, は正しき, れ迄の, 故にまたその, 故に天使, 故に眞

▼ じ番所~ (8, 0.1%)

1 のご, のやつら, の下っぱ連, の小役人, の小役人たち, の者たち, へ知らせ, より急達これ

▼ じ~ (8, 0.1%)

1 からたそがれ, から裏庭, があっ, がある, のところ, はある, よりにこの, を通し

▼ じかな~ (7, 0.0%)

1 むき出しな, もっと親しく, 情熱と, 愛しかた, 愛情の, 真実の, 親しさ

▼ じから~ (7, 0.0%)

1 おじょうさまたちのお居間の, めだけは, めに, 事情を, 崩れたり, 申し入れ先方, 食事万端なにくれとなくやる

▼ じさが~ (7, 0.0%)

1 あって, この少女, 思はれる, 思ひやられる, 思われる, 眼から, 腹の中を

▼ じさと~ (7, 0.0%)

2 云つたらございません, 言つたら 1 いったらまるで, で彼, 恐ろしさ

▼ じされど~ (7, 0.0%)

1 いそぎの, かしこに, わがかしこ, 他の, 我善く, 是我に, 此時苦患の

▼ じぶんら~ (7, 0.0%)

2 の生活 1 でしっかり, にある, の暗い, の武門, はラム

▼ じやらの~ (7, 0.0%)

1 口へ, 大男の, 大肌脱ぎ, 脹れた腹, 親仁が, 頚に, 顔を

▼ じょうだん半分~ (7, 0.0%)

1 でよこした, とも思えなかった, と心得, ならそんな, にそれ, に杖, のあらそい

▼ じ~ (7, 0.0%)

31 ふべき時, ふほど, ふ兩將胸, ふ思念

▼ じ~ (7, 0.0%)

1 こし, よろこび, 如才は, 減省且御家禄之, 自らまた, 自愛第, 身代は

▼ じ~ (7, 0.0%)

3 れて 1 れた, れては, れるの, れ隠れずに

▼ じ~ (7, 0.0%)

5 みに 1 み, みお

▼ じ~ (7, 0.0%)

2 ひたるは, へり御 1 ふな, へ, へ忙しい

▼ じ~ (7, 0.0%)

1 となり, との試練, の金持たち, は全, をもった, を確固, 祭るて

▼ じあるいは~ (6, 0.0%)

1 妻妾一処に, 政治に, 来を, 竃鬼を, 避忌する, 集まりて

▼ じそして~ (6, 0.0%)

1 いんぎんに, それは, 一念ただ清涼無熱悩の, 十八節以下において, 此弊風は, 自然療養あるいは

▼ じたま~ (6, 0.0%)

1 いて, しいの, ひて, ふさま, ふ王, へ

▼ じつくり~ (6, 0.0%)

1 とすぐれた, と勉強, と取組んだ, と苦労為, と見せ, と解い

▼ じつつ~ (6, 0.0%)

1 あつた, あるや, ゆくわが, 彼等も, 後ろ退り, 日月星宿も

▼ じつて~ (6, 0.0%)

2 ゐた 1 から最近, ゐたり, 居た, 聞きや

▼ じてから~ (6, 0.0%)

1 あとを, 今日は, 四人を, 四月の, 甲府の, 長崎まで

▼ じとばかり~ (6, 0.0%)

1 傍の, 引きしりぞく, 握った袂, 満枝は, 追いかける, 齒にて

▼ じみち~ (6, 0.0%)

1 なあきないや, な生活, に発展, に稼ぎ, も新道, やいない

▼ じもの者~ (6, 0.0%)

1 に煮, のところ, のなさる, はみんな受難者, は何度, は目

▼ じょあん孫七~ (6, 0.0%)

1 じょあんなおすみ, の養女, はそれ, はとうに, は苦々し, を始め三人

▼ じょうな板戸~ (6, 0.0%)

1 があり, がしまっ, にかえ, をはめた, をピッタリ, を外

▼ じ~ (6, 0.0%)

1 ありませんいじめると, ない, ないか, ねえか, ひいふう, もの

▼ じ去る~ (6, 0.0%)

3 ことは 1 は厭世者, 烏臼の, 者こそ

▼ じ~ (6, 0.0%)

3 れども 1 すれば, るべしと, れ雖余

▼ じ難く~ (6, 0.0%)

1 して, なつて, 何うかし, 又帰りたくなっ, 折ふしまた, 黒坂一齋の

▼ じ駕籠~ (6, 0.0%)

2 なん 1 でも仕立てます, はつじ, を呼びとめ, を雇っ

▼ じがらみ~ (5, 0.0%)

1 にし, にした, に縛っ, に逢つて身動き, やこの

▼ じけと~ (5, 0.0%)

2 眺めて 1 見た, 見入つてゐた, 谷崎氏の

▼ じそれ~ (5, 0.0%)

1 つきり林太郎, に父親, に綺麗, の消え, を自分

▼ じたる~ (5, 0.0%)

1 が如し, に比すべき, もまた, も公然とかく, を形容

▼ じには~ (5, 0.0%)

1 いて, おさまらずハシ, どうしてもいい, ほかに, よい和子

▼ じはじめ~ (5, 0.0%)

31 がすむ, 遂には

▼ じ~ (5, 0.0%)

1 きかじ棒, きの, つてしまへ, つてやらう, んを

▼ じぶん自身~ (5, 0.0%)

1 その写真, に言いきかす, の目, をどう, を戀

▼ じもし~ (5, 0.0%)

1 きかなければ, 命に, 悔いも, 愛なる, 此等の

▼ じやに~ (5, 0.0%)

1 させて, させながら, ゆく中井氏夫妻, 因つて, 見着

▼ じやらな~ (5, 0.0%)

1 口で, 大きな背, 無数の, 背を, 顔で

▼ じゆうに~ (5, 0.0%)

1 はなるまい, ぶたれたあと, 円盤を, 毛が, 泳げるの

▼ じょうだんを~ (5, 0.0%)

1 云いながら, 言いながら, 言いますと, 言うの, 言われました

▼ じょきじょき~ (5, 0.0%)

1 まあこれ, 切って, 切りはじめました, 切るよう, 鳴らす刃物

▼ じょぶ~ (5, 0.0%)

2 だよ 1 だと, です, など外人

▼ じ~ (5, 0.0%)

3 までのやう 1 かくの, アカイアの

▼ じ~ (5, 0.0%)

1 はば何やう, へば私, も今, も如何, 御返答可有

▼ じ~ (5, 0.0%)

1 が住む, ですよ, の力, の徘徊, は濃

▼ じ~ (5, 0.0%)

1 があらう, でここ, によっては甚だ, の解釈, をした

▼ じ漸く~ (5, 0.0%)

2 老い漸く 1 來意を, 老い終に, 語りて

▼ じ~ (5, 0.0%)

2 疎んずるならば 1 互いに怨ん, 對し, 願ひ

▼ じ~ (5, 0.0%)

2 はすて 1 は遙, を佐治川, を留む

▼ じ難い~ (5, 0.0%)

1 もの, 愛着を, 所以だ, 時代に, 火宅と

▼ じかでは~ (4, 0.0%)

1 あったが, なくっても, 畏れ多いと, 痛いや

▼ じかねて~ (4, 0.0%)

2 居るの 1 ゐた, 行きつ還りつ塀ぎわ

▼ じがたい~ (4, 0.0%)

1 といま, のが, 心持の, 私は

▼ じくに~ (4, 0.0%)

1 あたる金, はめれば, やなぎ, 急いだ

▼ じくも~ (4, 0.0%)

1 なって, また貴, 引つくり, 美しい死骸

▼ じこく~ (4, 0.0%)

1 がはやい, のみだ, のみです, のみは三十二

▼ じごく~ (4, 0.0%)

1 かな, があの, のかま, のよう

▼ じさて~ (4, 0.0%)

1 かしこに, 殿軍が, 酒を, 金庫を

▼ じざる~ (4, 0.0%)

1 の大, を得なかった, を想見, を感ず

▼ じつめた~ (4, 0.0%)

1 ところあなたの, ところは, ところ今日の, ところ夫人の

▼ じてからは~ (4, 0.0%)

1 そんな人間, 三人の, 藩の, 軍隊に

▼ じでも~ (4, 0.0%)

1 いってな, やんな, スミ子ちゃんには, 書いて

▼ じとも~ (4, 0.0%)

1 なるもの, 呼ぶを以て, 思ひ立つ哉, 我によ

▼ じとや~ (4, 0.0%)

1 いよいよ真顔, おも, 思ひけん念仏者, 思ふ

▼ じなく~ (4, 0.0%)

1 てはならない, てはならん, ても自分, なつたの

▼ じにも~ (4, 0.0%)

1 つてを, 久々にて, 彼女を, 御なおし申さなくっ

▼ じねば~ (4, 0.0%)

1 ならない, ならぬと, ならぬといふも, 俊基この

▼ じぶん私~ (4, 0.0%)

1 はもう, は古い, は大叔母, は片面盤

▼ じぶん達~ (4, 0.0%)

1 のなま, のまえ, の笑い, もそれ

▼ じまあ~ (4, 0.0%)

2 だ, だぜ

▼ じまつ~ (4, 0.0%)

1 たかも, たし, たべと, たん

▼ じ~ (4, 0.0%)

1 ちょうが, ちょうは, 蝶なんか, 貝を

▼ じもに~ (4, 0.0%)

1 何の, 冷えし通草, 冷えては, 凍てし榧

▼ じゆうじざい~ (4, 0.0%)

2 に空 1 に鉄ごうし, に飛びまわる

▼ じょうな戸~ (4, 0.0%)

1 が立て, が締めきっ, じゃからぶち, ですから

▼ じより~ (4, 0.0%)

2 母上へ 1 じよりと, れい申候べく

▼ じらみ~ (4, 0.0%)

1 をとつ, をひとつひとつ, をぶつ, を握つ

▼ じら断食~ (4, 0.0%)

4 するとき

▼ じりつ~ (4, 0.0%)

3 いて 1 いても

▼ じわの~ (4, 0.0%)

1 あるひたい, 深い梅干, 見える門田与太郎, 額に

▼ じ且つ~ (4, 0.0%)

1 歌う, 食ひ, 飲みながら, 飲んで

▼ じ~ (4, 0.0%)

1 うかして, なりとも, を知り居, を笑い

▼ じ~ (4, 0.0%)

4 つてゐる

▼ じ其の~ (4, 0.0%)

2 俗を 1 儘酒を, 趣むきの

▼ じ~ (4, 0.0%)

1 アヌンチヤタの, 悲しみ又は, 熱疫を, 狹き

▼ じ~ (4, 0.0%)

1 のドレス, の照明, の紛お, をうしなった

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 肥えたるが, 遊んで, 降りつ

▼ じかかる~ (3, 0.0%)

2 命と 1 命とは

▼ じかという~ (3, 0.0%)

1 ような, 定型への, 理

▼ じかも~ (3, 0.0%)

3 わが心

▼ じくせ~ (3, 0.0%)

1 えとかいう, えを, しむる者

▼ じくり~ (3, 0.0%)

1 と刺された, や好奇心, 返された

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 うじとくと, ぼさ, 徳政を

▼ じさま~ (3, 0.0%)

1 か, な一件, の浮かれだ

▼ じさよ~ (3, 0.0%)

1 その時, 水づく, 濁れる酒

▼ じしんと~ (3, 0.0%)

1 ボウイさんのとを, 人々が, 考へた

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 はその, は他, は愛欲

▼ じたて~ (3, 0.0%)

1 のもの, の作物, の手ぎわ

▼ じたりと~ (3, 0.0%)

1 云へ, 聞くより, 覺し

▼ じといふ~ (3, 0.0%)

1 但し湯巻, 恩なら, 面持で

▼ じとこそ~ (3, 0.0%)

2 悶えしか 1 云へ

▼ じとして~ (3, 0.0%)

1 ゆうべの, 心ふたげば, 端坐し

▼ じとのみ~ (3, 0.0%)

2 ひたすら手足 1 思へるなりけり

▼ じながらも~ (3, 0.0%)

1 オレは, 口に, 手際の

▼ じなを~ (3, 0.0%)

1 つくりあげました, みますと, 見せて

▼ じにでも~ (3, 0.0%)

1 い, いいよう, なって

▼ じにとって~ (3, 0.0%)

1 おいたん, おいた書生, おかなければ

▼ じにを~ (3, 0.0%)

1 されて, しようと, 心がけるよう

▼ じぶんわたし~ (3, 0.0%)

1 が部屋, の家, は同い年

▼ じまで~ (3, 0.0%)

1 さしかかると, させられました, じゃ

▼ じゃああるめえし~ (3, 0.0%)

1 そんなにお, そんな事, なま身

▼ じやご~ (3, 0.0%)

1 ざりませぬ, ざりませぬか, ざんすまい

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 の木の下, もちょうど, を耳

▼ じゆばん~ (3, 0.0%)

1 の模樣, をぬい, を衣桁

▼ じょうな~ (3, 0.0%)

1 力強い肉体, 大きなわな, 大きな岩

▼ じょう裏~ (3, 0.0%)

1 はいい, や縁, をはいまわっ

▼ じょう談~ (3, 0.0%)

1 ではございません, ばかりおっしゃります, をいっ

▼ じょく~ (3, 0.0%)

1 であった, を受けた, を感じた

▼ じよの~ (3, 0.0%)

1 一人から, 人たちが, 唱へ

▼ じら己~ (3, 0.0%)

2 のため 1 を愛する

▼ じろぎ~ (3, 0.0%)

2 もしない 1 の様子一ツ

▼ じろッ~ (3, 0.0%)

1 と呉用, と崖下, と阿賀妻

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 じと, よせながら, 非常に

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 っと宋江, と耳, わり味わうと

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 さりませ, の和楽, 唇を

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 に恥じ, の物, をかねる

▼ じ~ (3, 0.0%)

2 れを 1 に向

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 だ, により, はいとけなき

▼ じ二人~ (3, 0.0%)

1 ともに無事, はこの, は小さい

▼ じ人前~ (3, 0.0%)

3 をば物識

▼ じ今日~ (3, 0.0%)

2 の変事 1 よりは

▼ じ何れ奉公~ (3, 0.0%)

1 の祕傳, の秘伝, の秘傳

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 はつて, はふこ, ふことの

▼ じ実に~ (3, 0.0%)

1 怪しからん, 手前勝手な, 美味なる

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 の許, れが, を守る

▼ じ役人~ (3, 0.0%)

1 にいたる, のかたがた, のひとり

▼ じ彼女~ (3, 0.0%)

1 と話す, は舞い, も田舎

▼ じ悪い~ (3, 0.0%)

1 ばあさんが, 動物は, 数頭の

▼ じ或は~ (3, 0.0%)

2 曰く末松謙澄男主として 1 悪の

▼ じ政治~ (3, 0.0%)

1 に關, の理想, を誹議

▼ じ更に~ (3, 0.0%)

1 下りて, 自疑, 進んで

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 に變, の没, を力づよき女神

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 だと, のお, まで

▼ じ~ (3, 0.0%)

2 ともいわじ 1 を急ぎ

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 に焔, の問, 久しく在

▼ じ特に~ (3, 0.0%)

2 其記性非凡に 1 予が

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 にのこり, の月, 収まるの

▼ じ縛め~ (3, 0.0%)

1 となっ, にした, の目

▼ じ自ら~ (3, 0.0%)

1 その救はる, 憤った, 足る事以外

▼ じ自分~ (3, 0.0%)

1 の庭, はもう, も一憩みと

▼ じ~ (3, 0.0%)

2 のない 1 もいらじ

▼ じ難き~ (3, 0.0%)

1 までに実に, ものあり, 金額なりき

▼ じ~ (3, 0.0%)

1 なり, に, の目元

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 いいかい, ないよ

▼ じぁ俺~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ じあなた~ (2, 0.0%)

1 の質問, は軽騎

▼ じあまり~ (2, 0.0%)

1 といえ, を三河国

▼ じぃっ~ (2, 0.0%)

2 と座っ

▼ じいや~ (2, 0.0%)

1 が田舎出, に土手

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 ている, ないこと

▼ じええ~ (2, 0.0%)

2 ずすまり

▼ じおま~ (2, 0.0%)

2 へんの

▼ じかけな~ (2, 0.0%)

1 お金の, 秘密の

▼ じかじ~ (2, 0.0%)

1 かした, かと朝日

▼ じかぜ~ (2, 0.0%)

1 はつねに, 起りて

▼ じがたく~ (2, 0.0%)

1 乃ちこの, 詫言を

▼ じ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ じくき~ (2, 0.0%)

1 こえる, こえ蚊群

▼ じくし~ (2, 0.0%)

1 て夫, て居られた

▼ じぐさここらの墓~ (2, 0.0%)

2 の陰

▼ じぐざぐに~ (2, 0.0%)

1 乱れて, 歩いて

▼ じけて~ (2, 0.0%)

1 そして胸膈, イヤに

▼ じけねえの~ (2, 0.0%)

2 ケチを

▼ じけれど~ (2, 0.0%)

1 そこへ, 我が戀人周旋

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 な囁き, な調子

▼ じげに~ (2, 0.0%)

1 美わ, 肩を

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 が囀つ, は恐らくは

▼ じこう~ (2, 0.0%)

1 なされては, 夜は

▼ じこそ~ (2, 0.0%)

1 ただの, 不滅の

▼ じこと~ (2, 0.0%)

1 だ, を繰り

▼ じさえ~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ じさも~ (2, 0.0%)

1 忘れて, 推察される

▼ じしかして~ (2, 0.0%)

1 その手段, 悟るべし

▼ じしかも~ (2, 0.0%)

1 北方の, 因襲と

▼ じじっと~ (2, 0.0%)

1 何処かで, 雑音が

▼ じすなわち~ (2, 0.0%)

1 これなる, 府門に

▼ じずり~ (2, 0.0%)

1 かかるとき, がある

▼ じたく~ (2, 0.0%)

1 ができる, が要る

▼ じただ~ (2, 0.0%)

1 のぞ, 我れ

▼ じたち~ (2, 0.0%)

1 がかけつけ, につかまっ

▼ じたらしく~ (2, 0.0%)

1 曇つて日の, 曇ツて

▼ じたりなど~ (2, 0.0%)

1 したらいかなる, して

▼ じたりなんか~ (2, 0.0%)

2 して

▼ じつた~ (2, 0.0%)

1 とうとう傘, と思

▼ じつと抑~ (2, 0.0%)

1 へる心もち, へ左柳これ

▼ じてからも~ (2, 0.0%)

1 家中の, 瘋癲の

▼ じてと~ (2, 0.0%)

1 かけるなむ, 言ふ

▼ じてに~ (2, 0.0%)

1 なつて, なると

▼ じてや~ (2, 0.0%)

1 まびととした時代, 首を

▼ じとか~ (2, 0.0%)

1 詞をかへて, 蹴出しとかいう

▼ じとても~ (2, 0.0%)

1 叶は, 矢はつがへ

▼ じなと~ (2, 0.0%)

1 巻緊められる, 思へば

▼ じねんに~ (2, 0.0%)

2 お寺の

▼ じふぐ~ (2, 0.0%)

2 と汁

▼ じぶん一人~ (2, 0.0%)

1 だけ和助, で墓

▼ じぶん勝手~ (2, 0.0%)

1 な僻みで, のむくいだ

▼ じぶん秋山~ (2, 0.0%)

2 は二度

▼ じぶん編集~ (2, 0.0%)

2 を担当

▼ じぶん門~ (2, 0.0%)

1 のある, のま

▼ じまたは~ (2, 0.0%)

1 政談の, 是に

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 ほど伊織, までこの

▼ じむ所~ (2, 0.0%)

1 までおいで, をはなれる

▼ じめさん~ (2, 0.0%)

1 っていう, ねーえ

▼ じめ二三本~ (2, 0.0%)

2 の徳利

▼ じめ其千太郎~ (2, 0.0%)

2 の宅

▼ じめ自分~ (2, 0.0%)

2 の花押

▼ じもの弓矢~ (2, 0.0%)

2 囲みて

▼ じもの我~ (2, 0.0%)

1 の坐しけり渇く, は掻き

▼ じもの縄~ (2, 0.0%)

1 とりつけ畜, とりつけ鹿

▼ じゃあるめえかと~ (2, 0.0%)

1 思ったと, 思って

▼ じやじ~ (2, 0.0%)

2 や馬

▼ じやつ~ (2, 0.0%)

1 たのう, たもん

▼ じやぼ~ (2, 0.0%)

1 じやぼ, と湯

▼ じゅうのごったくやの女たちみんな~ (2, 0.0%)

2 が嫉妬

▼ じゅうのにんきを一人占め~ (2, 0.0%)

2 にした

▼ じゅす~ (2, 0.0%)

1 の上着, の細い

▼ じゅ山脈~ (2, 0.0%)

2 というの

▼ じゆう屋~ (2, 0.0%)

1 があつ, の店

▼ じゆずだま~ (2, 0.0%)

1 の実, の秋風

▼ じょうそこ~ (2, 0.0%)

1 に突っ, へ旋風

▼ じょうだんいっちゃ~ (2, 0.0%)

1 いけねえ, 困る

▼ じょうだんめかして~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 言った

▼ じょうだん口~ (2, 0.0%)

1 もきかず, をたたい

▼ じょうとうのジャム~ (2, 0.0%)

2 はどう

▼ じょうな人~ (2, 0.0%)

1 ではあった, に会っ

▼ じょうな塀~ (2, 0.0%)

1 が立っ, にかこまれた

▼ じょうな板~ (2, 0.0%)

1 ででき, のドア

▼ じょうな腕~ (2, 0.0%)

1 がサッと, がニューッ

▼ じょうな靴~ (2, 0.0%)

1 のあと, をはい

▼ じょうに一枚~ (2, 0.0%)

2 のレコード

▼ じょう彼~ (2, 0.0%)

1 が来, は例

▼ じょう老人~ (2, 0.0%)

1 は喫茶店, は悪者

▼ じょなことでも~ (2, 0.0%)

2 為んす

▼ じょウ~ (2, 0.0%)

2 だん

▼ じょ浄瑠璃~ (2, 0.0%)

1 によう, 習うても

▼ じようせい~ (2, 0.0%)

2 くわつ

▼ じよく~ (2, 0.0%)

1 経書を, 論じながら

▼ じよと~ (2, 0.0%)

1 言ふいち, 陰陽師との

▼ じよという~ (2, 0.0%)

1 のだろう, ので

▼ じら何~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ じら明日~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ じろいもの~ (2, 0.0%)

1 が始めて, が幻

▼ じろきの息~ (2, 0.0%)

2 のみぞ

▼ じろぎもせず~ (2, 0.0%)

1 眺めて, 見とどけて

▼ じろさ~ (2, 0.0%)

1 に変化, はただ

▼ じろむ指~ (2, 0.0%)

2 のさき

▼ じわれ~ (2, 0.0%)

1 は真顔, も和毛

▼ じをも~ (2, 0.0%)

1 そばに, 自分の

▼ じッさい~ (2, 0.0%)

1 あの時分, に配置

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 は早くから, 宿す

▼ じ一貫~ (2, 0.0%)

1 のまま, の丸裸体

▼ じ万古不朽~ (2, 0.0%)

2 の洪福

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 に十字架, を敬

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 にも能分り申候, 臣連胤蔵古

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 へやがて, りて

▼ じ仁王経~ (2, 0.0%)

2 を講ぜられしか

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 て其の, て諸仏

▼ じ伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 は自己

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 だ自由党, だ自由黨

▼ じ候処~ (2, 0.0%)

1 もこれ, 気に入不

▼ じ~ (2, 0.0%)

2 はる

▼ じ僞證~ (2, 0.0%)

2 するなかれ

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 にこれ, には智徳

▼ じ凡て~ (2, 0.0%)

1 の不和, の偶事

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 を尚, 井戸の

▼ じ古今~ (2, 0.0%)

1 の物語, を一括

▼ じ合せ~ (2, 0.0%)

1 をいたします, をふくみ

▼ じ~ (2, 0.0%)

2 も亦

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 こそ人笑, を

▼ じ~ (2, 0.0%)

2 て石

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 だ余一個, 死ねかし

▼ じ坤軸動~ (2, 0.0%)

2 がす

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 からぬすみださなく, の電気ストーブ

▼ じ境涯極~ (2, 0.0%)

2 に入

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 にし, に聟

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 は明け, は碁会所

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 は世界, 悪その

▼ じ天地~ (2, 0.0%)

1 のこころ, の世

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 ならば, より後

▼ じ如何~ (2, 0.0%)

1 せしぞと, はせん

▼ じ妹等~ (2, 0.0%)

2 と共に詩作

▼ じ威望~ (2, 0.0%)

2 次第に高き

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 にても其通り何時, にもどり

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 のほう, れど

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 ひ兄, ひ方様

▼ じ役人ども~ (2, 0.0%)

1 がうろうろ, の五

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 べくむ, 或は非

▼ じ恐ろし~ (2, 0.0%)

1 と思へ, やと雨夜

▼ じ悩み~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ じ悪く~ (2, 0.0%)

1 兄の, 動かす

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 に附, を話

▼ じ憂き~ (2, 0.0%)

2 事の

▼ じ承知~ (2, 0.0%)

2 せじ今日

▼ じ抵抗~ (2, 0.0%)

2 に強く

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 に對, 思想の

▼ じ易い~ (2, 0.0%)

1 のである, 思索を

▼ じ時には~ (2, 0.0%)

1 梵天の, 獣身を

▼ じ未だ~ (2, 0.0%)

1 世に, 半時ならぬ

▼ じ来る~ (2, 0.0%)

1 とき作品の, 気は

▼ じ板一枚~ (2, 0.0%)

2 の吹きめくられ

▼ じ根性~ (2, 0.0%)

1 がむらむら, を通じての自己

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 は土陰陽, やと言

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 をうた, を唄う

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 がつい, に語らひ

▼ じ氣性~ (2, 0.0%)

2 は勝手

▼ じ永遠~ (2, 0.0%)

1 に, の生

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 の体面, は長柄

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 が我, と云

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 てえ事, べく候

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 をぼんやり, を閉じぬ

▼ じ~ (2, 0.0%)

2 には笑み

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 は遙, を戴くなら

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 し關東, に適

▼ じ~ (2, 0.0%)

2 遠く

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 三に, 二に

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 が洞窟, に善政

▼ じ精神~ (2, 0.0%)

1 を強く, を重んじる

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 うして, して

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 きに, く

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 に十字, の焔

▼ じ自己~ (2, 0.0%)

2 は徹頭徹尾

▼ じ~ (2, 0.0%)

2 をたて

▼ じ落葉~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ じ~ (2, 0.0%)

2 の一様性

▼ じ親方様~ (2, 0.0%)

2 は怒らする

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 も相当, よ肴

▼ じ酒食~ (2, 0.0%)

2 を供

▼ じ釣り~ (2, 0.0%)

1 にし, に行く

▼ じ鈴川源十郎~ (2, 0.0%)

1 に相違, は老

▼ じ雑念~ (2, 0.0%)

1 あっては, あつて

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 の浮かぶ, はトマト

▼ じ非分~ (2, 0.0%)

2 の課役

▼ じ~ (2, 0.0%)

2 ふに

▼ じ~ (2, 0.0%)

1 の如く, も

▼ じ香木~ (2, 0.0%)

2 に不相応

▼1* [1673件]

ぁその逢着よう, じぁないと思った, じぁないのお客さんかも知れない, じぁ二人でこの, じぁ山へ登ろう, じあいの挿絵, じあとがへる, じあなおろかや, じあねえかもしれねえ, じあの人は, じあるを見あてた, じあんに居すくまつて, じいいッと, じいかなる事より, じいかにたたえて, じいっぱいにふり, じいと思ひつらう, じいまだ青きに, じいまや曹操一門でなけれ, じいま早や渠, じうしていつ, じうじゆつ, じうそろつてお茶を飲む, じうたを詠む, じうなむふる, じうに波を打たせ, じうまくいったわいと, じおばさんはちり一つ, じおまかせします, じおもむろに算木を, じかいに障子, じかくあへる, じかしこより來, じかつて曰くわれは, じかで汚なくなっ, じかでとまさか頸飾り盗難, じかといふやうな, じかなた見よアレース, じかにおいて縁側の, じかにて間違えられし, じかる所なれ, じがいなすったこと, じがたきに, じがたくこくめいに, じがねをあらわしむき, じきよしなきをや, じき戯かな, じぎょうしよ, じぎらいも物質的には桁違い, じぎをしたもうこれ, じぎをしたまま眼は和助, じぎをして人が入, じくううおおと, じくから唐日本の, じくし玉い第, じくし自分の身, じくつて弱, じくに匂ひぞ, じくに楽しかるべし, じくに黄な薬, じくも壮大なもの, じくも押出していちょう, じくやんごとなきかたちあり, じくらないで, じくり出づるを忍び, じくり返し積み上げたコンクリート道路工事, じく寂しい怒が, じく寒いからと言っ, じく寒きに思ふ, じく心もとなきままに, じく暑さ日なり, じく暗くなった, じく涙ぐましくなるほど, じく淋しそうであった, じく淋しくかえって勝利者, じく清き猩々が, じく無くなつた, じく美しき恋は, じく脆い花である, じく青く光つて舟は, じく面白き枝の, じもはぐ, じぐさなわ, じぐざぐにこの途を歩い, じぐざぐの屏嶺は墨色, じぐちにすぎなかった, じけで見えんでしゅ, じけなやな, じけねえん, じけねえ貞太郎だが, じけねえといふと, じけのうこそ候え明朝, じけむ余の, じけむもの夜ぞ, じけんでぼくたちし, じげむの話, じこういう席にさえ, じこんだりした, じごろのこと, じさきの世, じさだ俺の騒ぎ, じさてはたのまじあこがれじ秋ふく風, じさながら知行取りか, じさに対して熱意ある, じさの他何も, じさびしきものを, じさまでを冗談交じりに, じさむき冬の, じさや吉五郎お, じさらに花を, じさることも, じざる者であったの, じしかする時, じしめてそれから申します, じしゃくに引きよせられる, じすべて蛇は一切, じせつをまつべし, じせつになると, じそうして地味の, じそこに人類, じそのかみのわが, じその他さまざまの幻術, じその後二百五十年の間, じそもそもこの登竜, じそれから弥陀本願の, じそれでしばらくは, じそれではこれからどうしよう, じそれでも先方が, じそれ以外の古書, じそんなことを, じただらを踏む, じたちがまどとへい, じたちまち一座が, じたって何の, じたまたま一言を, じたりといふ觀音木像丈九尺幅二尺餘纖に, じたりとぞ聞えし, じたりもする男, じたる者の内, じだいがまた, じだけだぞ, じだけは書かずば, じだけを下巻の, じだの髷形などを, じちというわけ, じっきりと言, じってようく聞け, じついぞ見懸けたこと, じつけが巧い, じつた戀と何處, じつて蒼鷺をつけ, じつとこんなに赤くし, じつとまだ眠つてゐます, じつとわいわい騷い, じつと暫く眺めて, じつぶさに秦明の, じつま呼ぶ, じつれなしとても一向の, じていたいのだろう, じていらしったので, じてかの聖なる行列, じてからの貧苦漂泊あらゆる, じてが却て, じてさえ居りますれば, じてだけのものである, じてとが何の, じてひどく自分で, じてまで神童だった, じてよかありません, じてるとの噂, じでんがくの, じといはま, じといったものでなく, じとしての栄養価が, じとすらむ, じとてこそ人の, じとでもいうの, じとなつて, じとはてもさても, じとまで出世を, じとりと濡れ, じとりの地に据えた, じとをすれど, じどれ俺も一緒, じなお進んでは, じなくっちゃあ, じなつかしくも思っ, じなどがいっぱいかけ, じなどの間に, じなどをしましたから, じなはとなかいの, じなみたいていの, じなり誰ししらず, じなんでも精神, じなんかさせられるの, じなんぞする者, じなんぢ我とともに在せ, じなんでげす, じにあたりをいろどって, じにかはいがりました, じにが洒落て, じにくぎじあまとんつ, じにのよしを, じに対してもまた家庭, じねもごろに, じのうえ, じのうへ山々御, じのにほひが, じのみ愛の, じはがよる, じはじめ主人は白鳳時代, じはなのえ, じばかりになりてぞ, じばかりの柔和なる, じばっちまへ, じひいては藤吉郎も, じひじょうにこうつごうに, じひたすら国力を, じひとの嘘, じひとりして, じひとり立てどもわが爲めいま, じひどい出血の, じびきをひらい, じぶと云ふ料理, じぶりもまことに, じぶんあたしをぶった, じぶんあれは神戸, じぶんおかあさんといっしょにその, じぶんおふくろにぶたれた, じぶんおらあ車力, じぶんおれは元, じぶんお家の門, じぶんたちきょうだいが怪物, じぶんたちのよりももっと, じぶんたちみんなをなぐり殺す, じぶんたちガチョウによく, じぶんたち三人の気持ち, じぶんたち母子の願い, じぶんたち親子と女中さん, じぶんどうしようってのさもう, じぶんどこかこの, じぶんはにわのすみっ, じぶんひとりきりだと, じぶんまちの縣立病院, じぶんみたいな者, じぶんら一家の平和, じぶんジョリクールは肺炎, じぶんマダムに云われた, じぶんマチアはギリシャ語, じぶん一きれの, じぶん一人ごろり横, じぶん一番鋭く春, じぶん上手でひょうばん, じぶん上野公園から谷中, じぶん人の言葉, じぶん仙台へ来る, じぶん伊豆の温泉各地, じぶん八十ぢかかつ, じぶん八頭だての白馬, じぶん十三四さいでいらっしゃいましたでしょう, じぶん半三郎のからだ, じぶん古木邸の裏門, じぶん夜中に火事, じぶん姉の使い, じぶん学校の教科書, じぶん御前にひかえ, じぶん急にはあ, じぶん成信が起し, じぶん捕鯨帆船は一年, じぶん捕鯨船では小笠原島, じぶん敵か味方, じぶん時には少々, じぶん有名な志士, じぶん楽壇でひそひそ, じぶん樂壇でひそひそ, じぶん正確にいう, じぶん殿様のお供, じぶん気まぐれにしばらく, じぶん火事のため, じぶん父母に死別, じぶん独りで見, じぶん用のとり, じぶん秩序もなく, じぶん筑紫といった今, じぶん膝の上, じぶん舟は漕いだ, じぶん花畑になっ, じぶん花菫を抜い, じぶん親に叱られる, じぶん誰に姿, じぶん誰彼にいひきかされました, じぶん釜無川の下, じぶん銀太と金太, じぶん附添って, じぶん饅頭や菓子, じぶん高雄はしきりに, じぷともどきの本が最後, じへとはいった, じほうれんさ, じほしう思さる, じほのぼのとして交らふか父, じまして箕裘を, じまだ便々と, じまひ恩になつ, じまやぁがった, じまやあいいん, じまやあまのと, じまりそりたたして, じまり一重次になった, じまり厳重な屋内, じまり火の用心, じまるや梯梧についてたずねた, じまアの, じみさかえあれ, じみちょうははねがあまりつよくなかったので小川のふち, じみやが正直, じむがごとき甘さ, じむらさき人うつくしき, じむ末黒の文字, じめいにつき投, じめくんって光子, じめしめした雨, じめだか鹿子絞りだか, じめちりめんの赤い, じめった草野へ跚蹣, じめりする草, じめりやや手, じめ五月一日といつ, じめ前生の功徳, じめ向て進むべき, じめ宿泊する土地, じめ念を押し, じめ祕藏せし昔, じめ縮緬を打合せ, じめ縮緬緋の長襦袢, じめ腰下げ草履, じめ自由党に入党, じめ自由黨に入, じめ草履にいたる, じめ資格を作っ, じもうた, じもからいっさい租税を, じもしくは不感性, じもっぱら日記や, じもに対してこれほどまでに, じもの人民たちがみんな皇子, じもの往きかよひ, じもの景気世のうつりかわり, じもの朝立ち出で, じもの者たちはなんと, じもの膝折ふせながらは, じもはふり, じもはや再びこの人, じもを置くころ, じゃああしたもかなりあったかそうだから行っちゃあ, じゃああたじけねえとムク, じゃああるめえし今どきふたり揃って, じゃああるめえし棒を持っ, じゃああるめえし犬っころ, じゃあおいそれたあ出ねえわけ, じゃあおれたちはどうしようもねえ本当に首, じゃあおわかりになりますまい二つで真剣, じゃあごきげんよろしゅうさようなら, じゃあござんすまいが相当によく, じゃあござんせんしたまにはなま, じゃあせっかくのおひいさまも半分はきりょうがわるくなるって, じゃあついでにさいそくしとくといいねジャガイモは二十位, じゃあとてもおかったるいだろうどうだ, じゃあとてもかないっこねえあべこべにのされちまう, じゃあどうもめりはりが合わなくて, じゃあないのおかあさまよ此, じゃあないんだかわからないからしようがないとしてネ, じゃあなかったんだけれ共いつの間にか思っ, じゃあめりはりってものが合わねえじゃ, じゃありませんてばさ私にも隠し, じゃあるまいしなんだい自分じゃ鼻, じゃあるめえしいいかげんにおしなすっ, じゃあるめえしおもとなんぞとにらめっこ, じゃあるめえしおれにきいた, じゃあるめえしこれがこう, じゃあるめえしさ年寄が酒, じゃあるめえしそいつらののど笛, じゃあるめえしそれ位のこと, じゃあるめえしだれの足跡, じゃあるめえしだんなほどの人気男, じゃあるめえしちゃきちゃきの江戸, じゃあるめえしと言ったの, じゃあるめえしどっちを向く, じゃあるめえしべら棒め濡れて, じゃあるめえしまごまごして, じゃあるめえし一丁一丁ごていねい, じゃあるめえし一人で蕎麦切三十ぱい, じゃあるめえし上州の叔父, じゃあるめえし中からお, じゃあるめえし人聞きのわりい, じゃあるめえし侍が竹槍, じゃあるめえし傷口にただ, じゃあるめえし増長しや, じゃあるめえし夜中に踏み込まなく, じゃあるめえし嫌ならいつ, じゃあるめえし子の心配, じゃあるめえし帯とにらめっこ, じゃあるめえし振りもぎッ, じゃあるめえし汝定九郎, じゃあるめえし江戸にゃ羊, じゃあるめえし用もねえ, じゃあるめえし皆さん俺を親分, じゃあるめえし益満さんいくら貴下, じゃあるめえし矢鱈に走る, じゃあるめえし箱根山を背後, じゃあるめえし観音さまはいつ来た, じゃあるめえし言葉も通じ, じゃあるめえし鍋に入れた, じゃあるめえし陰女に会おう, じゃあるめえし離れが気味悪かっ, じゃあるめえし飼料せえ, じゃいじゃいあたりゃいいんだ早くし, じゃいちばんえれえお奉行さまがおっしゃる, じゃおとっさんにすまないじゃありませんかと言いそう, じゃかなわねえことあわかり切って, じゃからおぬしどもの耳は留守, じゃがいもにあきあきしているおっかあに食べさせて, じゃがいもはなまにえ白ジェリイはぶつぶつだらけ, じゃくねんのみぎりより武勇のほ, じゃくぶじんの言いぐさでしょう, じゃけえるめえと思ったからこそ, じゃけんにはげしく顔のまっただなか, じゃげえせんか万事コレでげす, じゃげえせんそこへ持っ, じゃこいつをおめえに半分くれて, じゃこちとらの身につい, じゃこちとらは陪臣の又家来, じゃこちらがすっかりかたずいたうえで札幌にも出, じゃこっぷの中途から救われ, じゃこはどておますと云うよう, じゃごあはんかなあ山木さん, じゃござんせんかよゆうべ夜中までかかっ, じゃござんせんか一年知らぬま, じゃごぜえめすめえおおかたマニロフカ, じゃそうにござりまするがわたしも二の丸様付き, じゃそなたの云う通り, じゃちうのはお前さんも承知, じゃちっともあせったつもりはねえんだがどうもあばた, じゃちゅうのに一度も食べ, じゃったそうにござりまするが日の暮れ, じゃったぞといってやるつもりだったけどそれはやめた, じゃったちゅうけ今に痴話喧嘩, じゃとおぼしめしますでござりましょうが若いころ, じゃないあたりまへなんだが本が菊田, じゃないかねずつなしだよって喚きたてた, じゃないがこちとらは人様の袖, じゃないちゅう訳で, じゃなえけゃお前は妙, じゃなくひとがらがそうなんだわおたみ, じゃなるめえからすぐに, じゃなんぼかせいだとて米のめし, じゃねえかってきいてやったらあたりめえだい, じゃねえけんどさ子供だから, じゃねえとぼけるなってんだおめ, じゃねえんでがすがわっちの方, じゃのべったらに寝てるん, じゃぼじゃぼお湯を掻きまわし, じゃぼじゃぼという奇怪な音, じゃぼじゃぼという音ばかり絶えま, じゃぼじゃぼとこぼれる音がどうも, じゃまがありましてもありませいでもまとまる道理はご, じゃまされるまどろみのことも知って, じゃまどろっこしい眼の廻る, じゃもうはぬけの様になっちゃった, じゃもじゃひげとふとったからだが老人に見える, じゃやらわかりませぬゆえ毎朝お斎, じゃらこっちりこぱあぱあと鳴物入, じゃらじゃらじゃらんとたいそうなひびきを立てて, じゃららんとまた一組が後, じゃらんじゃらんじゃらんじゃらん駈け廻ったもん, じゃらんじゃらんと号鈴が鳴る, じゃらんじゃらんもことごとくこの婆さんの腹の中, じゃれつきよると競争に行く, じゃれをまる呑みに, じゃろうそうじゃろう寝ろ寝ろ, じゃわからねえのがあたりめえですが今さっきそこ, じゃんけんなしで仲間入りをした, じゃんじゃかじゃんじゃかと三味線をひっぱたく, じゃんじゃんぼうとやりだしそうな夜ふけでした, じゃんすいじゃんすいほうすいほう, じゃんとくるにきまっているのさそれにしてもれっきとした, じやあ無かつたらしい, じやうお前にも料簡, じやう官などのゐる, じやう日ににはとり, じやがてまたこう, じやがのごく小粒, じやさうだか, じやしか書けないとき, じやずつと御機嫌は, じやちよつとはい, じやはどうぢ, じやばじやばと, じやました男です, じやまであるから, じやや暗くなった, じややもすれば上を, じやゆつくりと, じやわからないけど, じやァね, じゅあんお客さんですよ, じゅあん君のロマン, じゅうあせだくになって目をつむり, じゅうあるきどおしにあるいてもう夜, じゅううむことのないそのしなやかさ敏捷さを使役, じゅうおっそろしく臭って, じゅうおなかのへっていたこともきょう一日の失敗, じゅうおもしろそうにかけまわってべちゃくちゃおしゃべり, じゅうかれはただの一課をすら教えなかった, じゅうがひっくりかえるさわぎになったろうと考えて, じゅうきゃんきゃんいって火のまわり, じゅうこんなふうにしていなければならないなんてなんという, じゅうしているぶかの男がみょう, じゅうしめこまれていた夏の夜, じゅうじくや葉をゆらゆら, じゅうじゅくじゅうじゅく鳴らす, じゅうでじぶんがいちばんうつくしい女にならない, じゅうでよろこびをあらわしながら廊下のところ, じゅうとどろとどろでおまけに寿江, じゅうなのかわからないほどひろがり激烈になった, じゅうにおふれをまわしてたれでも, じゅうにこころよいつかれをおぼえながらしっぽをふり始めた, じゅうねんのとしもくれまして正月をむかえました, じゅうのくにぐにから旅行者が皇帝, じゅうのこらずのたからをあげるからといっ, じゅうのさぎがいっせいにぱたぱたと池, じゅうのしごとをなにからなにまでやって年がら年じゅう灰だらけになっ, じゅうのどんなすみずみまでも調べたつもり, じゅうのなわをといてただうしろ手, じゅうのものがげんかんにおくってでて手をつい, じゅうのものはいろりばたに集まりまして, じゅうひげだらけでまっ黒ですから, じゅうひげでうずまったきたない男, じゅうひげにうずまったおそろしげ, じゅうひげにうずまったえたいの知れない, じゅうひげにうずまったきたない男がそっと, じゅうひっちらかしたまま自分のふと, じゅうぴたりとしまったままでいる客室のドア, じゅうぶんにかわきゝっておりましたところへ五重の窓, じゅうまっかなおばけカブトムシです, じゅうやぶいりをしているようだがきょうはおまえ, じゅうをこぶだらけにするのをどうしても免れる, じゅくがくらべもの, じゅくじゅく音を立て, じゅくにんじんごぼうでしいたけ, じゅく玉子のよう, じゅこくさんで太鼓に指, じゅさげしたまがりてん, じゅしゃげを手に持っ, じゅしゃげを雨と降らせたまい, じゅじゅというひびきがつづいて起り急, じゅじゅ音がした, じゅすと鹿の子の帯, じゅすの帯をしめ, じゅつだよ, じゅりあのと申す名, じゅんけいどのも日ならずうらぎりを, じゅんじょがメチャメチャになっ, じゅんびはすっかりできました, じゅッじゅッ, じゅンと悲鳴, じゅーっと肉, じゅーッと焦げた, じゅ業料もおさめられない, じゅ玉ででき, じゆうぎよつと, じゆうじゆうと, じゆうじざいな魔法の力, じゆうじゆう焼けるの, じゆうの如き呪, じゆうむつつりとし, じゆうやつた, じゆうわう, じゆうわうに柳は芽ぶく, じゆうバックを見てる, じゆう一緒にゐられない, じゆう僕らの眼, じゆう學校をやすん, じゆう留守をさせられた, じゆう紛争が起り, じゆう誰かやつ, じゆずをならした, じゆばん角帯羽織帽子足袋下駄手拭鼻紙にいたる, じゆッと焼きつけられた, じょあんなおすみまりやお, じょあんなおすみもやはり心, じょあんなおすみ中央にじ, じょあん孫七左にまり, じょあ的諧謔は彼, じょあ階級の凝り屋, じょうあさい縫殿助なかじま, じょううまく通ったの, じょうからさがっている電灯のガラス, じょうがかけられました, じょうがござりましたときに美作どの御子息, じょうがどしんと落ちて, じょうがなくて着陸できたもん, じょうがの対手を一つ, じょうがふつうの部屋の倍, じょうきげんで二人の水夫, じょうきに乗って, じょうきみはわな, じょうきをたきあとはただ, じょうくせ者は塀, じょうくらいのいどの, じょうぐらいの部屋が二つ, じょうけいさつでは川におちた, じょうけいさつのおまわりさんはすぐに, じょうこ痺れて, じょうさいかめしさ, じょうさい屋が通る, じょうさっそく予告を見た, じょうさと負けん気とを持つ, じょうすこしでも陸へあがっ, じょうずにくふうがこらしてあってそれにはて, じょうそうな家がくちゃくちゃ, じょうそうな小柄な男, じょうそこへ入ると, じょうそれは驚くべき, じょうだしガラスは厚い, じょうだんいうなおれなんぞのでる, じょうだんいってもらっては困る, じょうだんいッちゃ困る, じょうだんがおもしろくて, じょうだんがわからないしおかあさんには心配, じょうだんごとではないのだぼくはたしか, じょうだんしかけいつともなく我物にし, じょうだんじゃありませんまったく, じょうだんじゃあねえ御三家の若殿, じょうだんじゃありませんかりにも, じょうだんじゃありませんよこの頃, じょうだんじゃござんせんぜこうみえ, じょうだんじゃないこれから往, じょうだんじゃないおれたちのなか, じょうだんじゃないこれを食われ, じょうだんじゃないそればかりはかんにん, じょうだんじゃねえおいらだから, じょうだんじゃねえやおれなんか裾野, じょうだんじゃねえやと俺は口, じょうだんじゃねえよまったく, じょうだんじゃアねえいいかげん, じょうだんだけはつつしまなければ, じょうだんだと思って, じょうだんだとして受け取る余裕, じょうだんだよじょうだんだよ, じょうだんだろうがそういう意味, じょうだんだろ武大さんよ, じょうだんでげしょうドル旦のお, じょうだんでなくほんとうに主人, じょうだんではございませんただいまこれ, じょうだんでやっているのならこちらだけしん, じょうだんとも本気ともつかない, じょうだんなそんな暇, じょうだんにした事とほか, じょうだんにそういってその日, じょうだんにちょいと肩をたたきました, じょうだんにもそんな事をおっしゃっ, じょうだんに占いなどを立てる, じょうだんに家の中, じょうだんに違いないなら, じょうだんのつもりでくるって, じょうだんのようにだんだんね, じょうだんのようにつぶやきながら懐中から銀色, じょうだんのように建の太刀, じょうだんのように手をふりまわし, じょうだんの様に, じょうだんはおよしになって下さいよ, じょうだんは云いっこなし, じょうだんめいて聞えるかも, じょうだんも云い下らない, じょうだんもそれが本当に, じょうだんも大概にする, じょうだんや嘲笑のささやき, じょうだんをあそばしちゃいけません御入用, じょうだんをあそばしてはいけませんどうぞお, じょうだんをいえばすぐほんとにして鉄っさん, じょうだんをいったのを真にうけ, じょうだんをいったりふざけたり, じょうだんをいったりそればかりか手まめ, じょうだんをいって笑いました, じょうだんをいってからかうので小林君のほう, じょうだんをいって坊ちゃんにほおずり, じょうだんをいって小林君をからかっ, じょうだんをいって食堂から出, じょうだんをおっしゃってそんなお, じょうだんをしたりして家に帰る, じょうだん一つ言うもの, じょうだん口一つきけない, じょうだん言ッちゃ困る, じょうちゅうが火のきえた, じょうちゅうのひろまにおいては上段の間, じょうづくりのナターシャは艷, じょうで分厚でたたきつけ, じょうで目が細かかっ, じょうで脚が短, じょうと聞いても, じょうとありましてはなおさらの, じょうということばをすこしばらまい, じょうとうな布をもちいる, じょうとうのきれでその上, じょうとうのブドウ酒がいまにも, じょうとうの道具がそろっ, じょうと浜へ, じょうどのは経かたびらを着, じょうどの小島わかさのかみ, じょうどの若狭守どのなどお, じょうなあぐらを組みながら, じょうなかぎのかかっている不審な木まくら, じょうなく生きて, じょうなくこぼした涙のこと, じょうなく目の前, じょうなじいさんがニコニコし, じょうなその手を画家, じょうなよろいびつですからふたをしめる, じょうなよろいびつの中へ閉じこめられたら, じょうなよろいびつはびくともしません, じょうなよろいびつもめりめりと, じょうなわなをこしらえてもあいつは逃げ, じょうなんだからいっそ引き, じょうなんてへんな名, じょうなコンクリートづくりなので, じょうなブイが急, じょうなブリキ製であったが, じょうなボーイ長と同じ, じょうな三河武士横柄に頭, じょうな五体はさすが, じょうな体躯をどっしり, じょうな元気な児, じょうな前足におさえつけられ, じょうな器械を押し当て, じょうな四郎五郎さんは煙草, じょうな奴ですから, じょうな娘たちの中, じょうな岩はだ, じょうな岩山の洞窟, じょうな広田がくも, じょうな手をし, じょうな文鎮になっ, じょうな木のワク, じょうな木箱の中, じょうな木組みを見せ, じょうな木造りの檻, じょうな柩を大勢, じょうな桶の蓋, じょうな檻の木格子, じょうな渋びきの麻糸, じょうな犯人ならば, じょうな男がひかえ, じょうな男ざかりになっ, じょうな竹が七本, じょうな胸の奥, じょうな船をつくろう, じょうな船板もひどく, じょうな良人と並ん, じょうな若者はかれ, じょうな褐色に染められた, じょうな身体をした, じょうな鉄ごうしがはめ, じょうな鉄格子へすがりつい, じょうな鉄筋コンクリート造りで一つ, じょうな錠まえが, じょうな錠前がぶら下っ, じょうな顔にしろり, じょうな麻なわすらも, じょうにおっしゃっておんなみだを, じょうにかぶっていた頭巾をはねのける, じょうにできていてどうする, じょうにまでとどいてぜんぶで十段, じょうのあかるいでんとうがだんだんうしろ, じょうのおんあるじおおきは, じょうのかくれ家は世間, じょうのすみを見あげて, じょうのないのが今の世, じょうのひくいまどの, じょうのまえの日にふた, じょうのまん中からぶらさがっ, じょうのれんの下, じょうばんと称する机, じょうひんかそれについて話しましょう, じょうひんかということを考えて, じょうひんでやさしくって, じょうひんで手先も器用, じょうひんなお話がお, じょうひんな宴会に行っ, じょうひんな歩きかたともの, じょうひんな顔は思いうかべよう, じょうひんぶって立って, じょうぶそうなぞうりにはきかえて外へでた, じょうぶなきぬひものなわばしごをするするとほどいてその一方, じょうへつれていかれてどんなめ, じょうへとどくとそこから二人, じょうほどのひろいちかしつでした, じょうみんながさあっ, じょうめが通るから, じょうめは上馬の義, じょうもあるようなコンクリートのへや, じょうもなく黒い土, じょうりくしてくさ, じょうりくしてきみのぶかにばけ, じょうるり語りが家内六人連れ, じょうをおまねきになりまして小谷のおく, じょうをおろしてしまったのでヘンゼルは出る, じょうをおろして帆柱の間, じょうをこしらえて待ち受けて, じょうをしかけて待ち受けて, じょうをなめながらのたくりまわった, じょうをのばしてぼくたちがはいった, じょうをはずさせいきなり逃げだす, じょうをはめられそのままひったてられ, じょうをはめられたままイスから立ちあがっ, じょうをはめられた怪老人がやはり, じょうをはめられていてはおよげやしない, じょうをはめられてボートのかんぱん, じょうエレベーターが二階, じょう一方な木製, じょう一色党の幕舎, じょう一面にはそれ, じょう下落合の家, じょう中村だった, じょう二人は新, じょう二階の一室, じょう人の気, じょう今じゃア家, じょう今朝城門に迎えた, じょう伊作はどこ, じょう兄は安心, じょう半ほどもある, じょう吉野朝時代の作, じょう大勢囲炉裏の傍, じょう天皇にお, じょう太郎の手, じょう孫権は苦りきっ, じょう客は栗原山, じょう小幡軍学所の門下生たち, じょう山名豊国はその, じょう師匠の面, じょう戦闘装備を持たない, じょう時も時, じょう木場の甚, じょう武大はただ, じょう武蔵が最前, じょう死を選ぼう, じょう殿を起こしましょう, じょう母屋には百姓, じょう毛屋勢は追いつい, じょう海の月, じょう源氏物語の人情物, じょう狂女のよう, じょう獄司は態度, じょう田川夫人のこの, じょう礼なるもの, じょう秀次が立っ, じょう穴がある, じょう義貞は不快, じょう背中あわせの, じょう蘭丸は国次, じょう見覚えのある, じょう許しなくし, じょう買い物らしく青扇, じょう近所の川春, じょう近郷の悪声, じょう道は深い, じょう野陣の寄手, じょう集福寺へは戻らず, じょう電話のベル, じょう龍興はその, じょきじょきはさんで行きますと, じょきりじょきり, じょきりと庖丁で刎, じょきり惜しげも無く, じょぎじょぎに剪ってしまった, じょくしたと君は考えたらしい, じょくしてはいけないと思った, じょくをおわすれなく淀のおんかた, じょさいあるべしとも露ちり思わず申すに, じょさいのない中老店員の一人, じょさいのない処で将, じょさいはないだろうが今夜のこと, じょしゅの小林しょうねん, じょただしいぎせい的, じょたんでもかけてその中へ置く, じょだ匂あ, じょって奴等あ暮してん, じょでこいじょでこい, じょなんていう悪賢こい四ッ足小僧, じょにわがかたへも延長し来たれるなり, じょぶよもし時間, じょもついて来ました, じょもないのですが加能作次郎と云う, じょるがどげ, じょろうぐもや脚がからだ, じょろじょろ聞えるざんざという, じょろじょろ流に擽, じょろで水をまい, じょろのうしろにかくれているとかげを六ぴき見つけて, じょッちゃんわたしゃ糸をつむい, じょーあタオセ, じょ戯談を, じょ景などになかなか, じよう舌のなか, じよう誰か面白い, じよう談などまじえ, じよさいなくあつ, じよなじよなと, じよなと長衣, じよにしぺ, じよはやぼさ社に, じよりと富岡は, じよりはまだしも, じよりも灸の, じよろずよや, じよを知らなかつたの, じらむ曙の, じらイスラエルの町, じら争でゲヘナ, じら二人とも天皇, じら取りて食せよ, じら数珠つなぎとなっ, じら明けから日没, じら皆追放人の高, じれつたさは, じれつ度さに閉口, じろうぐいすならば, じろぎもしない憧れの, じろぎもしないですたすたと捏ねて, じろぎもせずに悠々と, じろぎもせずにこう言うの, じろぎもせずにこちらを見あげて, じろぎもせずに何か想い耽っ, じろぎもせずに窕子は深く, じろぎもせず徘徊する, じろぎもせず必死の構, じろぎもせず男の顔, じろぎもせず註文を待っ, じろぎもせぬ七体の石像みたい, じろぎ出でぬ年木樵, じろくなって言った, じろくものか, じろしめかざりといふもの, じろそれは何, じろっ子ようい, じろツと眺める, じろ末は吉, じわたしがいい, じわと真に受け, じわれらが憲法, じをさお前さんと, じをと我罪恐ろしく, じんでいたの, じアカイア軍の救援, じアメリカに着陸, じアヽと歎ずれ, じアヽ否なの, じア何んだと, じア喫ってみましょう, じア旦那が一等, じア私たち恋を囁やく, じア私百磅入要なの, じア道具が釣る, じイッと相手, じイッ聞き耳を立て, じエホバは汝, じオークランド湾についた, じカンインするなかれとか, じカンヂンスキーが繪畫, じないか, じギボンは眞實, じギャーギャーおみやさん, じサクラ号に帰る, じスタンレイ・ランドルフ大尉と別れ, じセイス先生のこと, じチチレトツツルツンツツンツこずえ木の葉のさら, じッくり聞いて, じッとりと染み出る, じツロよ, じ左様右様, じトレーポレモス更にその, じトロイアの軍勢軍馬一齊, じトロイア軍を嘆かしむ, じニ出勢仕候, じホーマアを吟じた愛す, じポレンタの鷲これ, じマンホールの中, じを別室, じモイゼ諸, じャこれではどう, じャ旦那様も, じヤアありませんネー, じョノいのに, じリキエーよりし, じンじじじン, じ原方面, じ一切群生を傷害, じ一夜の歓, じ一年を爲, じ一心に浄土を, じ一擧兩得とはこれなんめ, じ一日城内を巡視, じ一書を寄せ, じ一村のこらず引越すなら, じ一株を盗ん, じ一見旧の, じ一言として本邦, じ一言以て仏教史家, じ一路まどわず急ぐに, じ一転して, じ一道の坦途, じ一部に悪, じ一靈ダンテの爲, じ七遊星の間, じ万が一にも無礼, じ万たん心懸け候わでは, じ万有の神, じ万有自然の数理, じ三度われを否まん, じ三略を胸, じ上げそれから茶, じ上磨きだけを東京, じ下座に着い, じ不和になった, じ不意討の卑怯, じ不断の研き, じ不老長生の術, じ且盛に哄笑, じ世に不思議にも, じ世代の藩主, じ世俗に従わざる, じ世界の力, じ世相がうんだ, じ世間を痛罵, じ世間一切の種, じ両人を御前, じ丸善へ行く, じ久々にての對面, じ乗りうつること, じの思想, じ九月七日には, じ事実の堆積, じ事毎に異端, じ事避くべきに, じ二十九歳にし, じ二十年におよんだ, じ二岩相連なりて, じ二本の杉, じ云々と看, じ五十年はおろか, じ五日四夜にし, じ亡妻をおもう, じ亡婦の腹, じ交際上手でエンゲージ, じ一日十数首に, じ人事を観じ, じ人命を相する, じ人情の弱点, じ人種見崩れ人種, じ人類中心の説, じ仁宗の子大位, じ今に後悔します, じ今日此頃に到り, じと顕れ, じ仏教のこの大いなる, じに四五人共, じ他人の所有物, じられ仕方, じ付けをやつ, じを更, じ伊豆守真田信之は徳川家康, じ会者は還り, じ伯圓は義士伝, じ伴藏は慇懃, じ佐藤仁右衛門と娘, じ何とぞ一旦兩人の, じ何とて柄にも, じ何とも申さじ, じ何らの恥辱, じ何方へ成, じ何時でも召集, じ余りといへ, じ余り物もてこ, じ使いだから, じの正面, じ例えば熊お, じ信仰力弱きもの, じ俳號を花咲爺, じ俳諧に遊び泥画, じ候よう致し候えば, じ候上は表裏, じ候如くに道, じ候所ハ唯天下国家, じ候所天下の事ハ危共, じ候旨承知いたし候, じに六晝夜, じ僞はるに於, じ僧侶ひとり貧なるあたわず僧侶ひとり愚, じもまた, じ元亨利貞の四字, じ元田氏また發言, じ先輩を侮る如き, じ光武の中興, じ軍を, じ全力を盡くし, じ六人をつれ, じ共に笑い同所, じはこ, じ兵車と馬, じ其他の穢物, じ其他雑芸雑学に通じ, じ其内には天一坊, じ其前面には横, じ其家を經濟的, じ其後半は伊東氏, じ其時たのむは, じ其組織の整然條理, じ其邊の風, じ再び寝台の, じ再三ご諫言, じ再縁再度の, じ冷評されたよう, じ凌ぎとし, じ出世間の一切賢聖みな, じ出家にならね, じ出家遁世するの, じ出陣を見合せた, じを守つて, じ切りめ腕ききばかりの藩士, じ切り事件が最初, じ列席の武士, じ初めたよう, じ刻下の社会事情, じち天一樣御出世, じ前後矛盾するよう, じ剣道槍術馬術は師範格, じある者, じは後世, じ動作困難にし, じ勝手にがらす, じの片隅, じ十住心論十卷を作りたる, じ千登世の情人, じ刻ほど, じ卑しむ行為をも, じ卜占をたてさせ, じ卯の花の多き, じ厚くもてなした上, じ又は大佐の, じ及諸般の条約, じ友誼に厚く, じ古郷を出, じ可愛がって, じ史書を読む, じ右大臣を贈られた, じ右岸の農夫, じ十町を, じ合せ他の港, じ合せ自身に糸, じ合言上に及ん, じ吉兵衞は嬉しい, じ同じ業を, じ同人同道一条殿へ参殿, じをも惜しまじ, じ向け相にしました, じ君あさりとしきゃ思いません, じ君たちの群れ, じ吾等は只, じ周公の勲, じ和女を育て, じ和歌のうら, じ咲き殘り黄ばんだ六月, じ咲殘り山藤松, じ哨戒の一小隊, じを閉じ, じ唯調めたる人, じ嘘言を責め, じのない, じ四境清平なること, じ四方を眺め, じ国体を破る, じ国家を経営, じ国民人文の進捗発達, じ國讓りの, じのつ, じへたる戸, じ地球を一地球, じ垂髪ゆすれを, じで鼻, じの木, じ墨家が儒家, じ壇ノ浦合戦の曲, じな小説, じの夜半, じ夏侯楙は檻車, じ多く金穀を得, じ多年の盟国, じ多芸多才今日の川田義雄, じ大いにエロを, じ大島小學校, じ大概察しられ如何, じ大穴牟遲の神, じ天下の風雲, じ天志は義, じ天食を王, じ夫人一族にも席, じ夫婦の縁, じたじ, じ奇妙な熟語, じ奇怪至極に存じ, じ奇瑞が絶, じ同士が, じに挑戦, じ惡の, じ好き機もがなあれ, じ如何に七助有, じと思せ, じ妻妾の媚言, じ妻覓ぐとつげぬは蓋し忘れ, じ始めは君主, じ始め政府やユダヤ人, じを東夷, じが婬, じ娘千代といひし, じだとか, じの母, じに愚か, じ孤寂な老師, じ学識は孔孟, じ宇宙に存在, じ宇津木兵馬が立, じ守将水野帯刀以下山口海老丞柘植玄蕃などの部将, じ実際の通知, じ家斉十五歳の少年, じ寂寞として水晶, じ寛永の士風, じ寝言に発する, じ将来の志, じ專心一意の勉強, じ庸に, じ小さく安らかに, じ小さな孟宗竹の, じ小役人私利のため, じ小才覺やえせ, じ小池義清さんの弟, じ小田村は両人, じ小身者はよく, じ尤も多く人世の, じを出し, じ尾上小勝であったと, じ居候市中金持の町人ども, じ屋さんが店, じ屋さん店を出す, じ屏風を距, じ山人たちはむしろ, じ山南に退っ, じ山吹を鏤め, じ山翁は法, じ山賊を業, じより岩, じ島津氏に征服, じ峻嚴酷烈其度を超え, じ左右へ回転, じ左門洞につく, じ差し当りの用談, じ差上申べしと, じ布陣の対峙, じ帝國の制度, じ帝釋は掌, じ師直よく我, じ帰国したぞ, じはこの, じはせ, じに變, じ年輩の男, じ幸福に生きる, じ鳥は, じ広大無暗に, じである, じ座客を驚, じ建文帝猶在り, じのほう, じ弱い嫂を, じの怪物, じ形相的のもの, じ彼曰ふ, じ彼等は恰も, じ彼顏といはずして, じ待ち駕籠屋へやっ, じ詩は, じ後世いかなる學士, じ後世赤毛織りが外国, じ後半は一転, じ後日を期する, じ後者は之, じ徐歩逍遥せる或, じ徒らに行, じ得々として貴顕栄華, じ得て妙だ, じ御前みんごと抜けられたではござりませぬ, じ御家おばさまも御, じ御覧ぜよやとさし出す, じ微かな悦び, じ微吟に万葉, じ微笑して, じ心理もしくは體驗, じ心臓の鼓動, じ必ず真人なら, じ必らず深き, じ忠義の一派, じ忽然念起名づけて, じれた, じ思慮の深き, じ急ぎ平の, じれて, じる聖僧, じと伝, じ恐れを慰め, じをかけたら, じ悠然として頭顱, じ悪者がい, じ悲しんだ, じ悲しみて弟, じ愛兒を去り, じ慊堂は略, じ慎ましくなるか, じに一日, じ我が宿は, じ我子を助けられし, じ我師の教, じはしほり戸に, じ戦争から帰っ, じ戦評定をする, じ戸外へ出る, じ所長は必ず, じをのし, じひて, じを競べあった, じ折らさじと注, じ抱懐を話し合っ, じ拝借しただけで, じつ可, じ支那の儒者先生たち, じ故に地方漫遊の, じ敬虔な心から, じの爲, じ文学者に非, じ断念して, じ断食するとき頭, じる折名乘, じ新しき兵理を, じ新免宗貫に仕え, じ新聞社の飛行機, じ新規まきなおしだ, じ新野へ伴い参らせ, じ新鮮さを澁面, じを重んじ, じ日々御傳馬役相, じ日々富を論じ, じ日常のようす, じ日頃の疎遠, じ旦暮に乳, じ早速の伺候過分, じは訴え, じ明年二月廿二日甲戌の夜半, じ明日にも心地よく, じ明朝まで休息, じ明治憲法第一條乃至第四條, じ易からん, じの焔, じの輝く, じの夜, じ昨夜はまたもや, じといわず, じ時代の悪, じい喰, じ暖かい喰べ, じ暗き音響, じ暫く御待有, じ曲三度めぐった, じを能くした, じ朝廷もご, じの果, じ木火土金水の五つ, じ本国に帰る, じ本願寺婦人会の救済事業, じ李中行五十歳前後肉と菓子, じ李応を出せ, じ村内でも屈指, じ束髪峨々として緑, じたるを, じ東屋にうたて, じ東洋軒にて食事, じ東雄といつた, じを門, じ林中に尋ね入っ, じは自ら, じ果て申した, じ果てたるにも拘はらず, じ果て爆発して, じ柏軒の立場, じを払, じ梅咲国トランクとふろしき包ゴテゴテ, じしからずば, じ様かわりのういつも, じ横地半九郎, じ横毛といふあり, じ横浜に上陸, じ横浜入港ができる, じ横笛も亦, じに臨み施す, じを耳, じ次に目を, じ歡樂喜悦の光景悲憤, じ正座に据えた, じ此儀今一應私し三河町, じ此度こそは打ち取りてん, じ此方から手出, じ此旨江戸へ申送り, じ此末共に親類, じ此處に夫, じを講ず, じ武勇の士, じ武村兵曹は木像, じ武術に身, じり掛, じ殊に天下の, じなるが, じ母子の知遇, じ毘沙門の異名, じと和楽, じ民族の名, じ気性は勝手, じに見え, じ去りて, じ汚名を負, じ汝自らこれをたづ, じの東, じ治乱興廃外国に関すること, じ治兵衛は今, じ法然も聖覚, じの下, じを取, じ洗いものをやる, じ流れはふつ, じ浮世は夢, じ清兵衛は云った, じ清朝最後の皇帝, じ減かじ神の親しく, じの匂, じ満足してる様子, じの水冷, じ濠端でひっくり返った, じのない, じ炬燵の中, じ無事に渉, じ無名氏の非, じ無慮二千餘の, じ無言の言, じ無辜の良民, じ然るに天未, じの道具, じ燈火の恩, じには白珠, じ片手では雉, じの来る, じ王道政治の復古, じ珠数を爪繰っ, じ現在に満足, じ現実を直視, じ理解の鈍き, じ琵琶を弾, じてだに, じとは異名同人, じ用件を聞いた, じ用意はおばさん, じ田所五郎左の首, じ由井正雪もう一人, じ申度とて金二百兩, じを描き, じること, じ番小屋の中, じ薬を, じ痛切な憎しみ, じ発憤以てこれ, じ白玉を戀, じ白足袋を穿かされた, じ百方牽強附會の辭, じ皇太孫立つに, じあらじ, じ目前に其亂鬪, じの日本主義, じ真夏の午, じ知るべし我, じ知力に長, じ知行取りか乗り物, じ石川に雲立ち, じ石段下を一杯, じ碓日嶺の嶺, じを撃った, じ祈祷なしには, じ神威人心の復帰, じ神符を焼き, じ禍難素より小, じ秋ふく風に秋たつ虹, じ秋自ら後に傳はる, じ秣陵には味方, じ種々饗應なしける, じ立ちどころに全軍, じ立ての上がりば, じふこと, じ笑いをし, じ笑談に紛らさう, じを真直, じ策論も單, じ箇々の御, じ篤く之を, じ米国人の乏しき, じ米塩を説い, じ紅皿の, じその秋, じ紹巴没し豊臣氏尋い, じへ坐, じ終つたとすれ, じを誦, じ経文一巻をよみあげる, じ絶望に轉, じ經濟界の状勢, じいて, じは我身, じ罵倒に變, じ羊神パンは笛, じ美作吉野郡の竹山城城主新免氏, じ羞恥を抑え, じを重, じ義党へお, じ義雄の申しわけ, じ齡の, じのみ今に, じ肉体を去れ, じ肢體の各部, じを撫で, じ見せじと, じく解し, じ腐敗分子の攻撃, じをくん, じ腹蔵ない話, じ自ら小鼓をうっ, じ自ら苦み自ら出来るだけ, じ自ら賤しむこと, じ自己肯定の己惚れ, じ自由党の壮士, じ自身の道, じの中, じ良主をほか, じ良人は放蕩, じ良民の, じ芍藥あやめ牡丹, じの雨, じ花さき実るに, じにし, じ若くは疑ふ, じ若し男性用の, じ茂兵衞悴吉三郎を追返し, じ茶菓を出し打ちくつろぎ, じ荀子に至る, じの葉, じ菓子屋をし, じ著者の傳, じ葡萄牙ではバランソ, じ蓮杖などよりも率先, じ薊ルピナス躑躅いちはつなどのよう, じ虚心平気のもの, じ虚無に帰, じけるは, じ其の縫, じ蛇瀑の上, じの勇氣, じ衆中に, じ衆生を憐れむ, じ行住坐臥暫くも, じ衣食に足り, じ表面は浪人御召抱え, じから子供たち, じ西は鬼界屋玖, じ西鶴を論じ, じ見えな, じ見物の人たち, じ見聞の亡者, じ覺りえじ世に, じ觀音さまのお, じ解脱の道, じ討論会の花形, じ記憶に強き, じ訴えを捌く, じて来ます, じ語りもせじ, じ説教を聴聞, じ読書人を軽侮, じ諸侯薨じた場合, じ諸公も薨, じ謡曲の作者, じ警視庁の地下室, じ議員諸君の御, じ議論をすれ, じに遭つて, じ讚めもせじ, じ豊臣家にはなん, じを宿す, じ財産を塵芥, じ貴人面前にその, じ賢二君をしんせき, じしめたよう, じ賤むる色はその, じする言辭, じ赤面して, じ身大なるに, じ軍略剣法方術に達す, じ軽快し清水町, じは兵, じ追って行くわ, じ途方もなく, じ逞しげなる, じ疾得果の, じ遂に月天使に, じ遊び半分に朝食前, じりぬ, じぎはしまいか, じを楽しん, じ達士世を観ずる, じ部下をさとし, じ部類を分つ, じ酒肴をさしあげ, じ醉ひもせず, じを美, じの小犬, じ金襴モールの類, じ釣竿売る家, じ銃獵を好み, じ銘々の精神, じ錦衣玉食するを以て, じじては, じ長久の治策, じ長岡頼母等の面々, じ間にあわせに別, じ閼伽の水, じ陽性の人, じの勇氣, じ隣人のため, じ難かろう私, じをかいた, じ雪柳紅白の椿, じは零, じ青春の如く亢奮, じ静かなるところ, じ韓國の各地, じ音信をせざれ, じが烟, じ頭上の鷲鷹比翼, じふは, じ願上參らせ候かしく, じ風雲の将来, じ食事をともに, じ飽くまで生きんとて, じ首相は智者ゆえ, じを焚き, じ高山寺本には, じ魂人羨み出来ぬ事, じ魯粛を走らせ, じ鹿本嘉助は偏屈もの, じ黄金の鋲, じ黙想に耽り