青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しれない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しよ しよ~ ~しよう しよう~ ~しら しら~ しらべ~ ~しるし しるし~ ~しれない
しれない~
~しれぬ ~しれません ~しろ しろ~ しん~ ~し得る し得る~ ~じ じ~ じい~

「しれない~」 3468, 33ppm, 3524位

▼ しれない~ (1038, 29.9%)

18 それは 14 私は 8 自分の 7 これは, しかしその, それを, ともかくも, 私には, 私の 6 自分は 4 しかしそれ, それが, 彼の

3 [11件] おれは, これが, さう, しかしこの, しかしこれ, しかしそう, そこに, その代り, とにかくそれ, 事実は, 日本の

2 [52件] いずれに, がまんを, こういうこと, ここでは, しかし, しかしかかる, しかしたしかに, しかしとにかく, しかしもし, しかしもしも, しかし自分, そういうこと, そこは, そこを, その代わり, その思想, その時, それにしてもその, それより, それらは, ただただ天, とにかくあの, とにかくかんぷりはなかまの輿望, とにかくこの, とにかくその, ぼくは, まあそんな, もしその, われわれには, われわれの, パリで, 一つには, 中には, 人間としては, 人間は, 今では, 他の, 僕の, 僕は, 実際に, 実際は, 少くとも, 或る, 昔の, 本人の, 直に又, 私に, 私にとっては, 私も, 私を, 自分には, 誰であろう

1 [801件 抜粋] あいつは, あたしには, あたしの, あだ, あちらでは, あとの, あなたが, あなたという, あのグルストン街, あのゴタゴタ, あの冷淡, あの批評, あの時代, あまりよく知られ, あまり普通, あらゆる生き, あるいはまた持っ, あるいはやみ, ある一人, あれでは, あれを, いいかねあんた, いい心持, いくら商売, いちがいにそう云い切っ, いって, いわゆる伊勢, うそは, おそらくしん, おそらくはやがてこの, おそらく馬, おまえたち自身で, おれが, おれと, おれには, お代の, お銀様, かなり信用, かんしやく, きみが, けちな, こういう例, こういう種類, ここで, ここでの, ここらは, ことしから, このまま, この三人, この事務局長, この区別, この場合国内, この岩, この忍耐, この映画, この本, この無情, この石, この空想, この繪, この署長, この要素, この話, この間死んだ, これからの, これで, これには, これも, これを, こんなふう, こんな夜更, さもない, しかしあばた, しかしいくらか, しかしけっしてもうそのままそっくり, しかしそうした, しかしたい, しかしつ, しかしともかく, しかしまた猫, しかしもう, しかしやはり, しかしわれわれ, しかしドミトリイ・カラマゾフ, しかし一面, しかし両者, しかし他, しかし他国, しかし兼好法師, しかし口, しかし同じ, しかし味方, しかし審理, しかし必ずしも, しかし日本俳句, しかし概して, しかし現在, しかし石川五右衛門, しかし芸術家, しかもその, しかもそれ, しきりにそれ, じきにイギリス語, すつかり, すべて都会風で, そういうお, そういう夢, そういう時, そうしない, そうで, そうなった, そう思う, そう簡単, そこまで, そしてそう, そなた, そのかわり, そのかわり物理, そのよう, その事, その再生, その坂, その後この, その或る, その暗い, その獲得, その禁止, その翌年, その荷, その隣り, それから太郎, それだけ自然さ, それであり, それでも他, それでも天然痘, それでも寝た, それでも言葉そのもの, それでも輸入超過年額, それとてもまだ, それにしてもこれ, それにしてもどうもぴったり, それにしても今度, それにしても今日, それにしても時間, それには, それにも, それはど, そればかり, それまでは, それ丈の, それ等の, そんなこと, そんな匂い, たいしたこと, たしかに或, たしかに来る, ただ少し, たとい地球, たとえばその, だが寝, だんだん新聞小説独特, ちょっと五年, ちょっと考えられない, つい今, つなと, つるの, できたらついに, でもやはり一応, とてもこの, とにかくある, とにかくすっきりし, とにかく事件, とにかく僕, とにかく外, とにかく感激, とにかく或, とにかく非, ともかくある, ともかくこの, ともかくごまかした, ともかくその, ともかく実社会, ともかく酒, ともかく非常, どうしてもわたし, どうする, どうもいたし方, どうもそうじゃ, どうもそこ, なあにだいじょうぶだ, なあにやっつけ, なお遡っ, なんだか旧式, のちに, はたで, はっきりした, ひどく困っ, ひょっとしたら貝鍋, ふたりの, ふと通りすぎる, ほうぼうに, ぼくが, まあ大体, まあ引ける, まずおれ, まずまず平常は, また他, また関係者, まだコンコード, まだ死んだ, まだ私, みたまえ, むしろ之, もうそんな, もうインスブルック, もう一部, もしあの, もししばらく従来, もしそうでない, もし滝沢氏, もし率直, もし違った, もっとくわしく, もっと重大, やって, やっぱり兄弟, やっぱり彼, やはりこの, やはり働く, よくは, よしたほう, わけの, わしたちは, わしは, わたしには, わたしは, われわれとか, アパートに, アメリカでは, クリストフが, グリム自身の, ジュネーヴの, ソヴェト同盟にとっては, トムは, ハリマ屋の, プラチナを, マアちよつと, 一九一七年の, 一二年前に, 一体どこ, 一年を通じての, 一応先ずそれ, 一方には, 一族の, 一生の, 一種の, 一般には, 一般映画観賞者の, 一風宗匠なき, 丁度原子爆弾, 三十年前の, 三十男の, 三条の, 三番目の, 不幸に, 中村君の, 主として詩, 了解し, 争われないの, 事実そうな, 事実だ, 事実だった, 事芝居に関する, 二万フィートの, 云いだす決心, 亡き吉左衛門, 人々は, 人力車や, 人間または, 今は, 今日の, 今日は, 今日までは, 今日文壇の, 今考え, 他人の, 令嬢の, 仲井天青の, 伊兵衛は, 伸子の, 低い鼻, 何かい, 何となく奇怪, 何に, 何物も, 作家を, 作者は, 例えばカザリン・ヘッバーン, 俗に, 俺の, 假名など, 偶然みたいで, 傷は, 僕には, 先刻から, 六百の, 其の当時, 刑務所の, 初めから, 到底全部, 前後に, 剣術は, 努力の, 効果は, 十メートルとは, 卑怯な, 即日アンドルウス警部が, 去年以来の, 又何, 古川氏は, 同じ顔, 同時に日本, 吾, 問題は, 四軒五軒と, 土地がらに, 地上では, 地震は, 地震を, 坐り直すと, 外に, 夜が, 大体昨年の, 大体疑問の, 大正十二年以前に, 天皇が, 太胡さんという, 奮発し, 女が, 女も, 妙に, 妾たちの, 始めから, 始めて知ったまる, 子供にも, 実に困った, 実はこれら, 実は読者自身, 実質的に, 家庭で, 寝食を, 小劍, 小説の, 少し角, 少なくともその, 少なくとも今, 少なくも原理的, 尾張宗春が, 岱水の, 川上機関大尉にとっては, 左様な, 左舷前方だ, 差当っ, 平安朝時代には, 平手家にとって, 年の功とやら, 年を, 幸か, 庭の, 庸之, 強い態度, 強くはっきり, 当時の, 彼が, 彼は, 彼等の, 後の, 御免なさい, 御幣など, 心から感服, 必ずしも間違ひで, 急に, 恥しい思い, 情欲の, 意味が, 愚痴を, 愛の, 我々仲間では, 戦局の, 戯曲の, 撃ち損じを, 改訂の, 教わらなかったよう, 数の, 敵意を, 文句を, 文学って, 文武の, 於通にたいしては, 既に体, 日本人が, 日本人には, 明日に, 明晰無類の, 昔から, 昨夜までは, 時候が, 書かねば, 有名な, 本当にこの, 本当の, 本来は, 桂正作の, 極秘の, 楽屋へ, 次の, 次第に内臓, 正月の, 正真正味消費せられた, 武士の, 武蔵は, 歴史の, 死体には, 殺すという, 気がついて, 気を, 気鬱を, 決してその, 浅学な, 浅瀬の, 海水から, 淋しくない, 深く考察, 潜在する, 火星人対地球人の, 燭の, 爆発の, 牛丸は, 現にこうして, 現在人々は, 現本願寺, 甘みの, 生じい親切気, 生産が, 由来戯曲が, 白を, 百姓や, 皆んな合は, 盛んに, 監獄じゃ, 目下の, 直接自分達の, 知らない, 社会的には, 私から, 私たちの, 私としては, 私有林の, 私達には, 科学という, 立派に, 米州連邦と, 粗暴で, 純粋に, 結局は, 結果においては, 絶対に, 線の, 職業と, 肝心な, 自分だけ, 自分としては, 自分自身が, 至難だ, 舞台で, 花を, 菊池さんが, 落付いた, 蓉子は, 蕪雑さは, 藤村には, 行けないと, 西沢には, 要するに庶民, 要するに西洋, 親も, 認めて, 読者の, 論理以外に, 躯に, 追われたねずみ, 重態と, 金が, 防寒の, 阿Qは, 雑草に, 音と, 音楽家としては, 頭の, 餘り

▼ しれない~ (651, 18.8%)

47 思って 46 思った 20 思われる 18 思うと 16 思う 15 思ったから 14 思ったので 13 いうので 12 私は 11 思いました 9 云って, 彼は, 思ったの, 思われた 7 思ったり 6 思うこと, 思うの, 思ったが 5 云ふ 4 云った, 思つた

3 [15件] いう, いった, おもったから, すると, 思いながら, 思います, 思うから, 思うが, 思うよう, 思ったほど, 思われるの, 考えた, 考えたの, 考えました, 言って

2 [29件] いったんです, いって, いふので, おもいました, おもって, それを, ひそかに, ぼくは, 云ったこと, 伸子は, 心配し, 思いますが, 思うので, 思えば, 思ったん, 思ふ, 思ふと, 思われて, 思われるほど, 想像される, 書いて, 源氏は, 矢代は, 考えて, 考えては, 考えながら, 考えられる, 考へた, 臆測される

1 [262件] あまりに見栄, あやぶんで, ある, いいました, いうのに, いうほどの, いうんで, いつて, いひました, いやな, うわさを, おっしゃったそう, おっしゃるの, おばあさま, おもいことば, おもいましたが, おもうん, おもったの, お思い, お父さんの, お雪ちゃんは, かかれて, かんがえたから, かんがえたらびっくり, こんなこと, こんなふう, こんな事, したら私, そういう不安, そうも, そう思う, そう思った, そう思われる, そう葉子, そこに, そっと顔色, そのま, その後も, それだけを, そればかり, そんなこと, そんなに思っ, そんな感じ, そんな気, そんな細い, たびたびそう思っ, つまらぬこと, とめたけれど, とりとめも, なって, なんか思えた, ひとり思っ, びくびくし, ふと思いつきました, ふと私, ゆき子は, わかったならこの, わたしは, ドサ貫は, パリの, 一週間も, 下を, 不安が, 不安な, 不安に, 不確, 丹三郎は, 予想した, 二人で, 云い残して, 云い置いて, 云うこと, 云うよう, 云う事, 云う思い, 云う手紙, 云う漠然と, 云う状態, 云ふこ, 云われて, 仰しゃったではございませんか, 伸子が, 信じて, 信じられたので, 先刻大次の, 冗談を, 前触れし, 勇吉は, 勘次が, 匂だけを, 医師が, 博士は, 可笑しがった, 君は, 喜兵衛は, 国男が, 多助が, 夢の, 大将は, 女が, 女らしい敏感さ, 女中の, 女王は, 妄想は, 始めは, 存じます, 宇乃は, 家を, 宿の, 山嵐は, 岡安喜兵衛は, 彼が, 彼女は, 待って, 後悔さえ, 得耐えず, 御心配, 心づいた, 心の, 心待ちに, 心配した, 忠通は, 思いだした, 思いだした人間, 思いついた, 思いついたの, 思いついに, 思いつきました, 思いつまらぬこと, 思いなおしました, 思いましたが, 思いましたので, 思いましたもの, 思いまして, 思いますがね, 思いますけれど, 思いまた, 思いやられも, 思い余, 思い出したもの, 思い出すと, 思い前後, 思い始めたが, 思い始めて, 思い始めると, 思い居間, 思い彼, 思うくらい, 思うだけ, 思うのよ, 思うほどの, 思うわ, 思うセツナ, 思う本, 思う様に, 思う西洋人, 思える, 思えるの, 思ったかも, 思ったこと, 思ったときそこ, 思ったもの, 思った伸子, 思った次第, 思った瞬間, 思つたから, 思つた人も, 思つた瞬間彼は, 思つても, 思つてゐた, 思つて口を, 思つて私が, 思つて聞き, 思はれ出した, 思ひだした人間, 思ひました, 思ひますと, 思ひますとぞ, 思ふ気持, 思われたから, 思われますよ, 思われること, 思われるもの, 思われる方, 思われる水管, 思われる町, 思われる筋, 思召す, 悩みを, 悲しまれた, 惧れる, 想う念, 想った, 想像してる, 想像する, 感じたらしかった, 感ずること, 所用も, 断つて, 新子は, 曰くあり, 期待し, 木は, 末摘花は, 本当に考え込ん, 栄二は, 正太は, 正成は, 気遣って, 注意された, 清逸は, 用心し, 由良は, 申しました, 申しまして, 疑われた, 直感された, 私が, 私も, 笑いました, 笑ひました, 約して, 考えたから, 考えた方, 考えましたから, 考えます体, 考えられるので, 考えるだろう, 考えると, 考え全身, 考え出した, 考え院, 考へたところが, 考へて, 考へては, 聞かされての, 聞き耳を, 職工達は, 胸を, 葉子に, 虫の, 見たの, 見ないわけ, 覚って, 言いおいて, 言いだした, 言うよう, 言った, 言ったいろいろ, 言っただけ, 言つていられました, 言われて, 言われるの, 語り合ったの, 誠一は, 論ぜられて, 警戒し, 邪推した, 金持ちは, 頼みに, 顔色が, 黒川隆三は

▼ しれない~ (308, 8.9%)

10085 である 33 です 9 だよ 7 だが 5 であった, であるが 4 だった, であります 3 だから, ですから, ですよ 2 だけれども, だつた, ですからね, ですが, では

1 [37件] がわからない, が人生, が恐ろしく, だいや, だからな, だからなあ, だからね, だけれど, だけれどと, だことに, だしかも, だと, だという, だろう, であったが, であって, でありますが, でありまするが, であるから, であると, であるという, であるとも, でございます, でございますよ, でした, でしたが, ですいつぞや, ですその, ですって, ですね, ですもの, に行け, は人間, をそう, を二人, を御, を防ぎ止める

▼ しれないという~ (167, 4.8%)

13 気が 10 ことを 7 ことは 5 ことである, のは 4 ことだ 3 ことが, ことも, のだ, ような, 可能性を

2 [12件] ことだった, ことでした, ことです, ことに, のが, のでした, ふうに, 事を, 嫌疑が, 心配も, 気も, 考えが

1 [84件] おそれ, お覚悟, かなりな, かなりに, ことくらいは, ことさ, ことさえ, ことで, ことであった, ことな, ことばかり, そういう不安, その思い, その怪少年, ちょっと甘い, つもりで, つもりであった, ところから, のかね, のであった, のです, ぼんやりした, わけだ, わけだった, んです, 一種の, 一縷の, 不信頼, 不可思議な, 不安から, 不安な, 予感に, 事だ, 事に, 五, 今日の, 伝言も, 信じがたい, 印象を, 危惧不安が, 可能性の, 宛が, 希望を, 彼女を, 微かな, 微妙な, 心配が, 心配を, 怖れ, 恐れが, 恐れも, 想像を, 意味が, 懸念さえも, 新しい哲学, 望みを, 未練が, 条件とともに, 気で, 気に, 気もちさえ, 気持さえ, 溶, 滑稽な, 激しさ, 生活の, 疑いを, 程度である, 空想が, 空想も, 考えから, 考えで, 考えは, 考えを, 脅迫観念から, 話が, 話だった, 話も, 説が, 説である, 説も, 車掌の, 邪推も, 願いの

▼ しれないから~ (94, 2.7%)

18 です 7 である 62 注意する

1 [61件] あまり無, あれほど, いくらでも, いっしょに, うちへ, うっかり出られない, うつかり, おとなしくありがたいと, おまえは, お前たちは, きみを, これは, すこし待っ, ぜひお嬢さん, そのつもり, そのときシャヴァノン, そのモデル調査, そばに, それは, だれか, どうぞあしからず, べつな, まず大, みんな注意し, もう一つ, もしそうだ, よく注意, よく見張っ, スペクトル分析も, 一つの, 一週間ばかり, 事務所を, 二三の, 二階で, 今度の, 借金生活は, 全ての, 其時は, 分家戸主の, 前線に, 君は, 問い合わせようそこ, 喰べ, 完成され, 彼には, 戻るに, 晩が, 案外自分, 止めると, 気の毒です, 気を, 水の, 油断は, 無邪気に, 用心しなく, 百五十枚ほどに, 皆さんその, 耳を, 行って, 警戒を, 貸して

▼ しれない~ (84, 2.4%)

2 そうでない, それを

1 [80件] あと四半年か, あやまちに, あるいは全く, いざと, いま静かな, うまくできれ, おそらくそれ, ことによる, さもなく, そうなれ, そのうち, そのお, そのところ, その世界, それが, それでなく, それとともに, それともただテルソン銀行, それどころか全然, それなら, それに, そんなこと, たぶん同様, だいいち自分, なか, ひとりで, ひょっとする, ほかの, またああ, またいない, またその, またそれでもよい, またはあなた, またもしか, また写真, また場合, また姉, また少々, また歯, また私, また自分, また自分たち, また蜂谷, また雪, また雪子姉さん, まだなか, まともな, まわりで, もう少し高尚, もしかする, もしそうなら, もし帰っ, より一層われわれ, わしらが, 一切が, 一度たたき倒されたなら, 一軒の, 作者も, 僕は, 又ゆうべ, 唯黙っ, 大阪へ, 少なくとも他, 彼女自身も, 或いはそういう, 或いはまだ, 或いは兄弟とも, 或は今日, 明後日かも, 棺の, 犬の, 生活に, 男を, 私たちは, 私は, 自分が, 自分でも, 誰かに, 警報装置に, 風評の

▼ しれないけれど~ (69, 2.0%)

1 [69件] あたしなにか, あたしの, あとは, あなたの, あなたは, あんたが, おそば, お宅, お気の毒, かれこれ二十年, がっかりしない, きみたちは, きょうは, さう, しかしわたし, すきに, そういつ, そうじゃ, そこが, それでさえ, それよりも, それを, そんなこと, でも, でもわたし, でも本当に, でも生き, どういうわけ, なにぶん父, なんだか君, なんにも, もし私, よく想像, わたしたち普通の, わたしとしては, わたしは, 一生つき合う, 世間は, 二人いっしょだ, 二十年の, 今朝の, 何とか出来ない, 例へば此処, 偶には, 僕は, 全く知らない, 十月三日から, 器械で, 実際の, 少くとも, 少なくも私, 強ち, 彼は, 往来に, 心配だ, 快感なんか, 日本は, 時による, 書かずに, 最後の, 栄さんが, 此頃は, 決してお, 父上や, 生娘にも, 病気に, 私は, 規則の, 誰の

▼ しれない~ (67, 1.9%)

286 だよ 5 ですが 3 だから, です, ですもの 2 だからね, だもの, だわ, ですよ

1 [11件] じゃない, だが, だし, だぜ, だそう, だぞ, だってさ, だね, ですね, ですのに, ですわ

▼ しれないけれども~ (59, 1.7%)

3 それは, 私は

1 [53件] あのうるさい, あの何, あんなすさまじい, きょうは, この害悪, この間うちから, さらに心, しかし後, しかし突然, しかも国家, そこには, その中, その子供ら, その形跡, それが, それにしても過去, それも, どうぞあしからず, ほんのしばらく, まあもし気, やつぱりシェークスピアの, やつぱり戯曲を, よく考え, わたしは, プロレタリア文学理論の, マア今の, 一つほめられ, 不可能な, 今の, 何だか私, 作品の, 作者も, 僕は, 十分足り, 女って, 妻としての, 実際ずいぶん複雑, 少くとも, 彼女は, 感覚の, 成素形態なんて, 文学が, 新しい文学, 櫓の, 民主主義文学の, 決して調和, 父母の, 相手に, 第三者の, 絶えずひと, 自分が, 自分に, 苦しんで

▼ しれないこと~ (36, 1.0%)

632 を意味, を承知, を暗示

1 [21件] しかもお, だという, であるし, などは気, なんかは考え, について弁護士, に気づい, はこの, はまえもって, は明かである, は百, やにはあまり, よりもよそ, よりも重要, よ但し, を一寸, を彼, を思いついた, を惧, を考えない, を話し

▼ しれないよう~ (28, 0.8%)

4 な気

1 [24件] だ, なある, なこと, なそんな, なもの, な事情, な人間, な冒険, な古い, な塩梅, な慓悍, な新しい, な活火山, な消息, な男さ, な積極的, な顔, な食物, におもえた, にしっかと, にも見られました, に決定, に生きる, に警察

▼ しれないけど~ (26, 0.7%)

1 [26件] あたしゃあんな, いやです, お父様, こっちは, この家, こんなふう, しかし気らく, そう思っ, それじゃ, でも大概, とび出して, どちらも, なんでもね, もうすん, わかるよう, 人間の, 今の, 今日まで, 子供たちが, 家族の, 山チイは, 油虫となんて, 私の, 私淋しい, 行くなと, 裏切るほどの

▼ しれないもの~ (22, 0.6%)

3 でした, です

1 [16件] が司っ, が激しい, が頻々, だつた, である, といえ, にさえ深い有難, に左右, に突きとばされ, に見えた, をあえて, をこちら, をそれ, をまあいわば, を悪い, を救い

▼ しれないなどと~ (21, 0.6%)

3 思って

1 [18件] むしゃくしゃするものですからありうべくもないことまで忖度しました, ヤケの, 云って, 云ふ疑, 吹聴し, 大胆な, 思いやりの, 思ったもの, 思ったら酔い, 無責任な, 焼かれた秋刀魚, 考えた, 考えること, 聞いて, 言われて, 話し合ったこと, 語り合いました, 説明し

▼ しれないので~ (19, 0.5%)

2 はっきりは

1 [17件] いっそ常陸, おちつかずまた, かれは, ここで, そうなれ, そのとき, そのほう, ほどよくあしらっ, 一しょに, 充分に, 商売の, 山頂小屋の, 暫く黙っ, 水を, 物価が, 狐は, 騒ぎは

▼ しれないのに~ (19, 0.5%)

1 [19件] あなたの, あなたは, いきなりびっくり, これから先, そういうもの, それを, どうしてこんな, やっぱり私ら, やはりあと, グウグウ寝, 今日は, 何かしらそれを, 刑事たちを, 寝すごして, 物隠しを, 私が, 私を, 窓から, 麗人に

▼ しれないしかし~ (18, 0.5%)

1 [18件] この伝統, これは, さう, その光景, その席, それは, それを, どうにもならない, なんの, もし愛子, 人間には, 北君僕は, 半面に, 子供を, 当然の, 新左衛門が, 深夜の, 退いても

▼ しれないじゃ~ (18, 0.5%)

7 ないか, ないの 2 ありませんか 1 ありませんの, アない

▼ しれない~ (18, 0.5%)

1 [18件] あたしの, あんなと, いいえ本当にもっとも, え, それが, それは, だけど早い, でもそれ, どんなに幸福, ほかの, 何もかも自分, 吉見さんは, 堪忍し, 好ちゃん, 孫だ, 心持の, 新型の, 貴君に

▼ しれないとも~ (14, 0.4%)

5 思った 2 思います 1 いわれた, 思えます, 思える, 思われる, 考えた, 考えます, 考えられるが

▼ しれないその~ (13, 0.4%)

1 [13件] ときは, みちを, サファイア色の, 危険な, 夜の, 女たちの, 方が, 時には, 時子供らと, 点な, 男の, 肚に, 軌道は

▼ しれないだが~ (11, 0.3%)

2 日常生活では 1 うまくゆく, おれの, お石, その必要, よく世間, 侍は, 死んで, 逆に, 酒も

▼ しれないほど~ (11, 0.3%)

2 である 1 おわかれ, しんねり泣きつづける, だった, ふかい, やって, ムラムラし, 名を, 大ぜ, 虚栄心が

▼ しれないそう~ (10, 0.3%)

2 すれば 1 おもって, だと, だよ, だろう, で, 思ったので, 思ったもの, 思って

▼ しれないぞと~ (10, 0.3%)

1 おじいさんは, おもいつきました, だんだん心, また周章て, 壮太郎氏は, 思いつきました, 悟浄は, 書き加えた, 私は, 蝶太夫は

▼ しれないって~ (10, 0.3%)

1 ことだの, ことを, んだ, 一人で, 云うより, 云ったねえ, 云ってたが, 言ってたけど, 話きい, 長謙が

▼ しれない~ (9, 0.3%)

51 お前の, ほるかも, クラマールの, 世間ずれの

▼ しれないそれ~ (8, 0.2%)

1 がただ, がやりきれなさ, がわからない, が女, だから, でいい, は暗示, よく見ろ

▼ しれない~ (8, 0.2%)

51 うん蕨, 或は今, 足を

▼ しれないといふ~ (7, 0.2%)

1 かすかな, ことである, 八十歳の, 噂です, 微かな, 疑ひは, 考へが

▼ しれないとは~ (7, 0.2%)

1 いえそれ, なんという, 思いましたが, 思うものの, 思って, 正に驚くべき, 考えながら

▼ しれない~ (7, 0.2%)

2 は小身者 1 が作りごと, にあまり, の写真, の所, も私

▼ しれないそういう~ (6, 0.2%)

1 ところへまで, のは, 人間成長の, 危険な, 希望も, 漠然とした

▼ しれないそんな~ (6, 0.2%)

1 うまいくちは, ことに, ことまで, ように, 勝手な, 気が

▼ しれないなんて~ (6, 0.2%)

1 いう考え, そんなこと, のんきな, 冗談を, 幼稚な, 思うと

▼ しれないわね~ (6, 0.2%)

1 そして却って, その方, ふりがなが, 何しろ椎, 何年もの, 杉田屋さんの

▼ しれないからと~ (5, 0.1%)

2 思って 1 いって, 大姫君, 差配に

▼ しれないこの~ (5, 0.1%)

1 わたしから, 不思議な, 秘密を, 若いいのち, 豪壮な

▼ しれないへんてこ~ (5, 0.1%)

4 なもの 1 なできごと

▼ しれないほどの~ (5, 0.1%)

1 ものである, 一つの, 放埒と, 構えが, 誇らしさ

▼ しれないまた~ (5, 0.1%)

1 いないかも, そうにも, なにも, 自分を, 若い年齢

▼ しれない~ (5, 0.1%)

1 ああそう, さようならもう一度, しかし僕, そこに, ドクトル

▼ しれないわけ~ (5, 0.1%)

21 だが, だよ, ですね

▼ しれないそして~ (4, 0.1%)

2 私は 1 もしかしたら, 弾機は

▼ しれないでも~ (4, 0.1%)

1 やっぱり芳古堂, 下谷には, 今日は, 決してあなた

▼ しれないとか~ (4, 0.1%)

1 あるいは自分自身, 思って, 考えないで, 自分が

▼ しれないなどという~ (4, 0.1%)

1 ことは, ことを, 考察は, 興味も

▼ しれない~ (4, 0.1%)

2 しても 1 かかわらず山本氏, しろ

▼ しれない危険~ (4, 0.1%)

1 からあなた, にさらされ, のこと, はつねに

▼ しれない怪物~ (4, 0.1%)

2 です 1 だよ, でしょう

▼ しれない~ (4, 0.1%)

2 がし 1 がした, がする

▼ しれないあの~ (3, 0.1%)

1 とおり気丈な, パイパンの, 痛ましいグレーヴ

▼ しれないがと~ (3, 0.1%)

1 いう, やり手は, 云って

▼ しれないがね~ (3, 0.1%)

1 きみこんな, それにしても死神, アリョーシャ僕も

▼ しれないこれ~ (3, 0.1%)

1 は偵察, は小野, も天命

▼ しれないただ~ (3, 0.1%)

1 このこと, ほんの一瞬間, 一つ仙台六十二万石が

▼ しれないといった~ (3, 0.1%)

1 のです, 不安が, 何か

▼ しれないところ~ (3, 0.1%)

1 で極めて, の歴史, へ来た

▼ しれないとさえ~ (3, 0.1%)

1 報じた, 思う, 思ったの

▼ しれない不安~ (3, 0.1%)

1 が吉田, と恐怖, な部分

▼ しれない人間~ (3, 0.1%)

1 に見え, の云う, をぼく

▼ しれない動物~ (3, 0.1%)

1 がえ, といっしょ, は

▼ しれない~ (3, 0.1%)

1 宝庫を, 火柱が, 規模地震に対する

▼ しれない恐ろしい~ (3, 0.1%)

1 ことを, やつです, 原因は

▼ しれない戦争~ (3, 0.1%)

1 と戦争準備, に反対, を挑発

▼ しれない気味~ (3, 0.1%)

2 のわるい 1 の悪い

▼ しれない~ (3, 0.1%)

2 さです 1 さに

▼ しれない~ (3, 0.1%)

1 が出ました, でした, なので

▼ しれないあいつ~ (2, 0.1%)

1 の攻撃, はくせもの

▼ しれないおびただし~ (2, 0.1%)

2 さで

▼ しれないおまえ~ (2, 0.1%)

1 が使い, はおれ

▼ しれないおれ~ (2, 0.1%)

1 は東市正, も投げる

▼ しれないきみ~ (2, 0.1%)

1 の悪い, の方

▼ しれないこんな~ (2, 0.1%)

1 ごたついた場所, 事が

▼ しれない~ (2, 0.1%)

1 うして, うと

▼ しれないしかして~ (2, 0.1%)

2 私が

▼ しれない~ (2, 0.1%)

1 あんなイソップ爺, 男が

▼ しれないたぶん~ (2, 0.1%)

1 係り官が, 語学の

▼ しれないだから~ (2, 0.1%)

1 人間を, 自分は

▼ しれないとの~ (2, 0.1%)

1 ことでした, ほのかな

▼ しれないどう~ (2, 0.1%)

1 か味方, なるか

▼ しれないなと~ (2, 0.1%)

1 思ひながら, 私の

▼ しれないねと~ (2, 0.1%)

1 云って, 目玉を

▼ しれないふか~ (2, 0.1%)

1 さに, さを

▼ しれないへん~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ しれないもう~ (2, 0.1%)

1 ここらで, 二度も

▼ しれないもし~ (2, 0.1%)

1 こっちが, またさう云

▼ しれないやつ~ (2, 0.1%)

1 だから, は早く

▼ しれないよと~ (2, 0.1%)

1 云うのよ, 言つた

▼ しれないわたし~ (2, 0.1%)

1 の含み, の感想

▼ しれない~ (2, 0.1%)

1 が考えられる, だけはよく

▼ しれない人達~ (2, 0.1%)

1 その中, を自家

▼ しれない倭文子~ (2, 0.1%)

1 にすまない, の姿

▼ しれない~ (2, 0.1%)

1 なの, よりも幸運

▼ しれない化けもの~ (2, 0.1%)

1 がすん, はどこ

▼ しれない可能性~ (2, 0.1%)

1 は十分, をもっ

▼ しれない問題~ (2, 0.1%)

2 である

▼ しれない場合~ (2, 0.1%)

1 がある, なの

▼ しれない大きな~ (2, 0.1%)

1 まるいブリキかん, ものが

▼ しれない~ (2, 0.1%)

1 と同棲, よりもなほ厄介

▼ しれない宇宙~ (2, 0.1%)

2 の外

▼ しれない彼女~ (2, 0.1%)

1 のため, は子供達

▼ しれない慥か~ (2, 0.1%)

1 にほか, に森

▼ しれない~ (2, 0.1%)

1 だと, にお目にかかる

▼ しれない~ (2, 0.1%)

1 のあ, の人間

▼ しれない望み~ (2, 0.1%)

1 があった, に私

▼ しれない本当に~ (2, 0.1%)

1 待ったなし, 結婚は

▼ しれない~ (2, 0.1%)

1 が亡くなっ, のため

▼ しれない状態~ (2, 0.1%)

1 で十五年間, にある

▼ しれない理屈~ (2, 0.1%)

2 だなあ

▼ しれない~ (2, 0.1%)

1 に限らない, や女たち

▼ しれない~ (2, 0.1%)

1 に射られ, は的

▼ しれない自分~ (2, 0.1%)

1 じゃ覚え, はむしろ

▼ しれない非常~ (2, 0.1%)

1 な気づかいの, に結構

▼ しれない魅力~ (2, 0.1%)

2 が感ぜられます

▼1* [345件]

しれないあとは何もかも, しれないある質問を, しれないあるいは骨と, しれないあれから五年, しれないあんたには但し, しれないあんな男を, しれないあんまりきれいだ, しれないいや僕を, しれないうちからその, しれないうまいことを, しれないうわさの高い黒い, しれない艶ちゃんにも, しれないおそらくもう会うこと, しれないおそろしいことでした, しれないおばけどもが一つ目小僧, しれないおもしろい因縁だ, しれないおらあここ, しれないお前に心当り, しれないお化けです, しれないお母様だけれど, しれないかくて貨幣, しれないかっこうに髪, しれないかなりの痛快, しれないからこそ小説を, しれないからってわたしたちへ, しれないからねえお前達二人も, しれないがかあちゃん, しれないがさ玉葱と, しれないがなどと思いながらも, しれないきたならしい喫茶店の, しれないきみょうなことがおこりました, しれないびじろさぞ, しれないくらいだ, しれないくらいのものです, しれないぐらいのところが, しれないけだし一部分は, しれないけれどねとにかくぼくたち, しれないこいつかもしれない, しれないこう考えて, しれないこう何となく思われたので, しれないさびしく此土地に, しれないしかも労働者の, しれないしろいやはら, しれないじゃあないの, しれないすなわち平等主義が, しれないすると間もなく日本, しれないそういったような, しれないそうして中でもいちばん, しれないそこで結局ここで, しれないそこもとの云う, しれないそれでもまあ仕事さ, しれないそれともまったく無心, しれないぞという脅迫状が, しれないたかさに, しれないためにもう, しれないだがそれでもその個躰, しれないだがそれならどこへ, しれないだがそれにしてもなにか方法, しれないちっとも腕車が, しれないっていうことなんぞ, しれないつもりで夜具, しれないというまでなの, しれないといったくらいの予想が, しれないとおもふ, しれないとこうどなろうと, しれないとしてもそんな風, しれないとにかく助手の, しれないとにかくさしむきちいさい人たち, しれないとにかくたちまちのうち, しれないとにかくたとえ眼ちがいにも, しれないとまで別れを, しれないどうかそんな評判, しれないどうも助けに, しれないどこが悪い, しれないどちらであったかは, しれないどっちともきめ, しれないなぞといううわさが, しれないなどとは思いも, しれないなにそんなにせかず, しれないなんだ, しれないなんらかの古い関係, しれないこの色どり, しれないねえ小父ちゃん, しれないのにと思う気持, しれないのね草にだって, しれないばか念の, しれないばかしか大納言家でも, しれないばかりでは, しれないひとつ旅へでも出, しれないふとそういう気, しれないほとんど暗誦する, しれないまああの指導標, しれないまして母君の, しれないまたはその各, しれないまっ暗な穴, しれないまっ黒な怪物, しれないみょうな気持ち, しれないむしろいま捕まっ, しれないむろん幕府に, しれないや, しれないもちろんもっと実験室を, しれないやうにおも, しれないよく聞いて, しれないよくそうなりがち, しれないんでひとつは, しれないんでというのは, しれないアドバルーンなどで逃げる, しれないキリッとした, しれないグロテスクなこと, しれないセエラ・クルウのこと, しれないタンクがぎっしり, しれないチャンスが残っ, しれないていうこと, しれないナイチンゲールが訪れ, しれないハンブルな人, しれないフラテリニ兄弟の喜劇座, しれないフロイト主義こそ意識, しれないプラスを得た, しれないモメントを自分, しれないルンゲのほう, しれない一つの不幸, しれない一両拾ったなら判るが, しれない一人の巨人, しれない一片の古紙, しれない三人ほどすれちがった, しれない三十郎と一緒, しれないだ, しれない下駄を突っ, しれない快気な, しれない不思議な悪い, しれない不気味な性格, しれない世の中には律, しれない世界共通の音階, しれない世紀の暗い, しれない世間に漲った, しれない両親のこと, しれない九歳の知恵, しれない事実はいたましく, しれない事実それに違い, しれない事柄をすなわち, しれない二十日夜のクウ・デタ, しれない交際がそれ, しれないなら別, しれない人々にたいして一種, しれない人たちがコソコソ, しれない人並みに出世, しれない今日は外, しれない仏教のことば, しれない以上に教師, しれない何れにし, しれない侍奉公の嗜み, しれない価値のある, しれない信仰上の破滅, しれない全快はしなかった, しれない全編の終局, しれない公案や一喝, しれない別れの最後, しれないだつた, しれない十六にもなれ, しれない南画形式といふもの, しれない単に時間を, しれない危ういものだ, しれない危ないぞと繰返し叫び, しれない危機に立った, しれない危機的現象が内在, しれない偏狹である, しれないがわからなく, しれない吐息をついた, しれない決してかかる, しれない圧迫や不, しれない地上唯一の人間磯屋平兵衛, しれない地殻の内皮, しれない坂本八郎左などは, しれない堀端を歩く, しれない報道は愛国者, しれない場所へも行くだろう, しれないに声, しれない夜更しをする, しれない大空のどこ, しれない太田道灌の落胤, しれないだから, しれない始めの独唱, しれない姿を見せ, しれない子供の誕生, しれない子供たちの将来, しれない安心をおさせ申す, しれない宝石が電灯, しれない実際もう半年以上も, しれないに気分, しれない客観的にはそれ, しれないを恋しく, しれない害悪をも忘れ, しれない害毒とを誇張, しれないへ帰っ, しれない少し柔らかくなっ, しれない少なくも私の, しれない屈辱を感じます, しれない屋敷の構内, しれない五の, しれない幸福はみな, しれない幸運の期待, しれない幾たびも云う, しれない座敷牢といっ, しれない建物だ, しれない廻転の深, しれない弥四郎頭巾の武士, しれない役割をもっ, しれないはそう, しれない彼那家に取り越し苦労, しれない微妙な動機, しれない心理だった, しれない忍耐の修行, しれない怪事件ですね, しれない怪球であった, しれない怪鳥のこえ, しれない恐れに臨んだ, しれない恐怖の大, しれないだくみ, しれない悪念がこもっ, しれない情勢であります, しれない想像もつかない, しれない感奮に血, しれない感慨がわい, しれない慈愛をもっ, しれない憂いの下, しれない懸崖で頭上, しれないるふるぼけた本, しれない或は事実として, しれない戦災者たちはひきちぎられ, しれないではこの, しれない手紙を郵便局, しれない探検記の著者, しれない政治性に影響, しれないの襲来, しれない敵愾心が胸いっぱい, しれない敷物のやう, しれない旦那がお, しれない早く行って, しれない早速離縁すべきだ, しれない明日の夢, しれないを発見, しれないである折りが, しれない智慧才覚が徒ら, しれない書き方である, しれない荘の, しれない未来の名誉, しれない板一枚の彼方, しれない果肉がくっつい, しれない構はん方がい, しれない構図の油絵, しれないな冥想, しれない様子だと, しれない機構の中, しれないの木虱, しれない殺気が漲った, しれない母親次第だと, しれない江戸へ伴, しれない河原なら万右衛門, しれない波瀾万丈は小説家, しれない泥坊の詮議, しれないひがけ, しれないの上, しれないと不幸, しれない淋しさだった, しれない深い谷底に, しれない満足とをもっ, しれない烈しい寂寞と, しれない無数のおもい, しれない焦燥が私, しれない父君と衝突, しれない物差で割りつけた, しれない物慾を一切, しれない物騒な面魂, しれない理由がわかった, しれない生命ということ, しれないもしそうできたなら, しれない由私はできるだけたびたび, しれない甲野さんには私, しれない男らしい朗らかな, しれない留守で帰っ, しれない異形な超人, しれない疑惑が胸, しれない白いものです, しれない皇子にまで禍い, しれない真珠のたま, しれないをそむけず, しれない知恵をもっ, しれない秀吉の眼, しれない稚く美しく哀れな, しれない種々な有利さ, しれない空しさと, しれない立場にあった, しれないで夢中, しれないとお, しれないの上, しれない経過のせゐだつたの, しれない結果を恐れた, しれない絶望のふち, しれない群犬の声, しれない魔術師という, しれない脅威として漂っ, しれない芳古堂ではずっと, しれない苦しくてもやむを得ない, しれない荒々しい一塊の, しれない蒼白いものの, しれない薄氷みたいなもの, しれない虚無僧ずれに生, しれないれが, しれないのよう, しれない衰退期の顔, しれない見込みがある, しれないのこと, しれない親類などへ僅か, しれない言葉である, しれない計略にはさすが, しれない記憶を笑う, しれないであるが, しれない診察室の中, しれない証跡が歴然と, しれない読者もこの, しれない豊かさでこんな, しれない貞良は確信, しれない赤いヘビが, しれない迷惑な話, しれない通信をかく, しれない遅くとも今夜は, しれない運命なの, しれない道具が破損, しれない遠慮である, しれない部分例へば, しれないの中, しれない金持はケチ, しれないの声, しれない長い旅路に, しれない電球の花, しれない友好的な, しれないをきく, しれないを力, しれない風味の妙, しれない駱駝の背中, しれない高い地位の, しれない魔法にかかっ, しれない魔法使いですからね, しれない鳥たちがみんな, しれない麻布一聯隊の兵舎