青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しょ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しまふ しまふ~ ~しみ しみ~ ~しみじみ しみじみ~ ~しめ しめ~ しめた~ しめる~
しょ~
~しよ しよ~ ~しよう しよう~ ~しら しら~ しらべ~ ~しるし しるし~ ~しれない

「しょ~」 2556, 25ppm, 4755位

▼ しょ~ (2026, 79.3%)

83 なって 25 行って 17 来て 14 出て 13 して 12 なった 11 暮して 10 来い 9 住んで, 歩いて, 食事を 8 いるの, 外へ, 行くと 7 散歩に, 死んで, 連れて 6 いると, 帰って, 暮らして, 遊んで 5 いって, いて, おいで, それを, つれて, 持って, 歩くの, 見て 4 ついて, なれば, 乗って, 働いて, 寝て, 寝ること, 手を, 来たまえ, 私は, 行かないか

3 [31件] いたの, いること, うつって, お城, かれは, くらして, ここへ, ここを, させて, したよう, なったの, なる, なると, 入れて, 参りましょう, 叫んだ, 大声で, 帰った, 店を, 来ないか, 来ると, 横に, 立って, 考えて, 行くの, 話を, 走って, 起きて, 都へ, 銀座へ, 飯を

2 [91件] あつまって, い, いたい, いる, いるという, いる時, うずめられるの, お暮し, お茶を, きて, すること, なくなって, なったが, なっては, なるもの, なる時, はたらいて, やって来ました, コーヒーをのみに, パチン, 上がって, 上って, 並んで, 乗せて, 仕事を, 会場へ, 伺って, 何か, 僕の, 入口の, 出るの, 包むなんて, 口を, 君の, 坐って, 大溝, 学校を, 宝蔵を, 家を, 寝た, 居た記憶, 居ること, 山へ, 席を, 帰ったの, 彼の, 御飯を, 散歩し, 散歩を, 映って, 来たこと, 東京に, 死なせて, 死ぬこと, 死ぬの, 死ぬるの, 河内へ, 浄ま, 涙を, 熱海へ, 生活し, 發見される, 目を, 砂の, 組んで, 緑の, 船へ, 英吉利海峡を, 落ちて, 行きましょう, 行きましょうよ, 行きます, 行く, 行くから, 行こうじゃ, 行ったの, 行っても, 行ってよ, 裏の, 西巻は, 解放された, 遊びに, 遊ぶの, 釣に, 附いて, 集まって, 集めて, 音楽会へ, 頭を, 顔を, 飲んで

1 [1390件 抜粋] あがって, あそこの, あたりの, あの僧形, あの鵠, あるいて, あるカッフェ, ある場末, いいました, いかがです, いずれも, いたこと, いただけすぐ, いた人, いた千二少年, いた撫子, いだすと, いては, いますうち, いよいよ二度め, いらっしゃいな, いらっしゃる方, いるさ, いるなんて, いる拾得, いる親類, いろんな附箋, おいでに, おかれ次に, おしでは, おそろしいこと, おどったとか, おはこび下さいませぬ, お供, お供致しました, お出かけです, お出でに, お咄, お寺へ, お時宜, お立ち下さいまし, お邪魔, かえるとこ, かすかながらも, かれの, きてよ, くっついて, くらすこと, くるんだ, こういう天才たち, こうして寝, ここに, ここも, こっちの, このたび訂正, この流れ, この界隈, この美しい, この部屋, これから帰っ, ごはんを, させること, させ長男, さっそく高島町, したうす暗い, したところ, しない, しばらく芝居, しらべて, すぐ行っ, するの, すれちがって, そう云いました, そこを, そのころ, そのボート, その家, その根, その竹, それが, そろそろもう色, そんな田舎, たましい, だんなは, ちょうど白椿, ついて行った, つつましい朝夕, つまったという, つれに, です, とびおりた, とびまわって, どこかへ, どんと腰, なったもの, なった事, なった夫, なった貞盛, なってからも, なりその, なりでも, なります, なり同じ, なり重い, なるなんて, なる事, なれるのに, なれる日, にげ出したの, ねらわれたの, のぼった小林くん, はいられません, はじめて見た, ひしお, ひょいと姿, ぶちこみました, ぶらぶら仲店, ほかへ, まいって, ますます喚き, まわって, みちのく, めんこを, もう一度話頭, もう眼, やしの, やって, やはり一, やりましょう, ゆかないか, わき上った, われらを, ウィインへ, オデコか, カイミアラの, キャジノを, グロリア, ゴルフ場へ, シネマを, スポリと, タンスへ, チラついて, トッジイを, ドカドカと, ハマ子も, フトンの, ホテルを, マルドナーダーへ, ライ麦を, ロイド眼鏡も, 一人, 一夜を, 一本の, 七十円くらいまでは, 三人飛越す, 三輪神社の, 上陸し, 下りて, 下山する, 両国橋を, 中学を, 主人も, 乗ったメリーさん, 乗り込むん, 二人の, 二時間ばかり, 二階へ, 交って, 人影が, 他室の, 仲よくくらし, 伊東まで, 佇んで, 住むこと, 住めるなら私, 何かを, 何処へか, 作曲した, 供えるの, 修学旅行に, 偃松の, 働きもし, 僕も, 先生の, 全員が, 六七人である, 凍らして, 出かけたと, 出かけるから, 出かけること, 出たあの, 出ましょうか, 出ると, 出会ったその, 出来ないだろうけれど, 到着した, 勉強しました, 勘定し, 化石してる, 十三糎砲が, 卓子の, 博物館や, 参らずに, 参り吉野氏, 参ッた, 取つくろって, 召し上って, 台所へ, 同居し, 吹きとばされて, 吹き込んで, 味方の, 呼出されたの, 唄ったが, 喜ぶこと, 喰べた, 嗅がせられる, 四人が, 土工を, 堕落しない, 声を, 夕闇を, 外に, 夜遅く, 大原さんの, 大川の, 天使や, 太守の, 失うよう, 奥を, 好いもの, 妨げて, 学び一しょ, 宛てたの, 宮殿から, 家に, 家名断絶の, 寄って, 寝ころびました, 寝てさえ, 寝ました, 寝る白い, 寝藁の, 小倉と, 小学校へ, 小川の, 尾い, 居て, 居り度, 居るよう, 屋根へ, 山を, 岩に, 岩代を, 峨眉山の, 崩れるよう, 差し上げた手紙, 巻煙草を, 帰っただけ, 帰らんかい, 帰ります, 帰るなら行っても, 帰ろうよ, 広間へ, 度々この, 庭園の, 弓を, 引っ返して, 引越して, 当て身を, 彼に, 往くべし, 往く筈, 御奉行様, 御飯は, 心の, 心を, 忽ち又, 思い出させるもの, 思わず声, 急いた, 悪いこと, 愛宕山に, 戦死者の, 手拍子を, 打った無電, 抑えられて, 抱かれるよう, 押し込んで, 拝殿の, 挽回策を, 控所の, 撮った何枚, 放して, 教会へ, 敵を, 斬り死する, 旅に, 旅行する, 早苗さんの, 昔の, 映画を, 晩の, 晩餐の, 暫く立っ, 暮しを, 暮すだろう, 暮すよう, 暮せない, 暮らした, 更闌け, 最初別々に, 最期を, 朝夕入っ, 木曾から, 本当に幸福, 朽木の, 来いと, 来い来いと, 来た, 来たの, 来た平田さん, 来なかったの, 来ますわ, 来るか, 来るの, 来れば, 東にも, 東劇観劇と, 柄の, 栄華も, 梅雪の, 楽しく暮し, 横みちへ, 機嫌を, 歌う文句, 歌舞伎座の, 歩いたって, 歩いたり, 歩きたいと, 歩き出した, 死なせるの, 死ななくては, 死にたいの, 死にましょう, 死ぬべきはず, 死ぬる積り, 死の, 死のうそんな, 死ましょう, 死んでも, 殺しつづいて, 殺りましたと, 毛家へ, 水は, 水底に, 永遠に, 江東梅園などへ, 泊った女の子, 泣いて, 注射を, 洋行した, 洲崎へでも, 流し込んで, 浮いたり, 海岸全体が, 海水が, 消化し, 湖水に, 溶け込もうと, 滅びに, 滝田君の, 演技する, 火を, 無事に, 煮つけた肉, 熱いもの, 片づけて, 玄関まで, 現れ相, 球根ごとそっくり, 生きたの, 生活を, 申しあげたとおり, 町の, 畳の, 登って, 皿に, 目まぐるしくクルクル, 相当眼ざま, 眠れるん, 砂糖の, 磯山へ, 神信心を, 神様の, 私に, 私共の, 移住した, 空気銃を, 立たざるを, 立ちましょう, 立ち騒いで, 竜神の, 竹村書房へも, 笑い出した, 笑った, 箱づめにされ, 籠って, 純粋な, 絨鍛の, 置いた, 置き並べて, 老臣も, 聞えたの, 育った従妹, 腰を, 自分に, 自宅まで, 至らない者, 舞台に, 舟を, 船に, 色街から, 若い娘, 苦み悶え, 茶の間の, 茹で上った玉子, 落ちこんで, 葡萄の, 蕪湖の, 薩摩の, 蝋を, 蠢いて, 行かれたでしょう, 行きたいと, 行きましょうか, 行きやす, 行くって, 行くわ, 行けと, 行こうか, 行ったものの, 行っちゃ, 行ッてる, 裳着の, 見えるもの, 見た菖蒲池古墳, 見ながら, 見ました石器時代, 覗いた, 観に, 言葉が, 訪問記事を, 話した画家, 論じられませんわ, 警察の, 買い取った時, 走りながら, 起って, 躍って, 辷り出て, 退治られた, 逃げたと, 逃げること, 通った, 連れ立って, 遊ばない事, 遊ぶこと, 遊べば, 運ばないの, 遠くの, 酒が, 酒を, 里へ, 釣上げて, 銀座に, 鍋に, 門の, 門附け, 阿弥陀如来の, 陣どって, 雨に, 電話帳を, 青山を, 頭上の, 飛び出すの, 飛んで, 飛鳥の, 食べて, 食べやう, 食事したい, 食堂で, 飲みましょうこッ, 飲め飲め, 飲りましょう, 飼って, 馬上の, 馳走に, 騒いで, 鳥に

▼ しょ~ (72, 2.8%)

9 うちは 2 ころは, 時は

1 [59件] あるご, あるもの, ある時計, うちこそ, お話, しょの, ときに, ところなんか, にやけ男, はずです, ふしぎは, ほうで, もので, カニ円盤は, ガンを, 光が, 共同生活が, 共和声明の, 墓に, 大男が, 大男の, 子どもは, 家に, 小鳥が, 屋根の, 島々に, 広間に, 床には, 恋人の, 息ぎれで, 意図とは, 文字を, 日は, 日も, 日本の, 時だけは, 晩は, 書き出しの, 根拠地と, 気持である, 汽車で, 発見者である, 相手は, 約束が, 級に, 藁葺きで, 行動が, 試作品として, 負け手は, 部屋が, 階段に, 食事であった, 食事を, 養子は, 駅で, 駅を, 鳥が, 黄色い花, 黒の

▼ しょ~ (50, 2.0%)

11 曳いて 6 ちゅう 2 曳かれて

1 [31件] ちゅうそんなことをしていては, ちゅうそッ, ちゅうというわけではないが, ちゅうのことで, ちゅうシェパード, ちゅう一つ事, ちゅう出入, ちゅう噂, ちゅう座席, ちゅう意識ぼんやり, ちゅう戸外, ちゅう放心, ちゅう東西, ちゅう気, ちゅう皆, ちゅう目, ちゅう額, ちゅう鷹狩, ちゅう鼻, ている, ておれ, てちゃア, てという気, てやがら, て教えた, 引いて, 引かせよう, 引かれて, 曳いた, 曳かれた, 曳くよう

▼ しょうち~ (48, 1.9%)

18 しました 5 して

1 [25件] ができない, させて, させました, された, した, したと, したの, したので, したらきみ, したん, しないあの, しないだろう, しないの, しなかった, しましたが, しませんでした, しませんでしたが, すれば, だ, だと, できぬ, でぜひ, のうえ, の上, をした

▼ しょさん~ (40, 1.6%)

7 の家 2 のうち, のため, の前

1 [27件] がお嬢さん, が寝, が小言, が若かっ, が髱, だった文字春さん, とお, どんな姿, にもやらない, の出京, の姉さん, の派手, の若い, の近所, の連合, の邪魔, はその, はどんな, はなんと, は今年, は夢中, は当地, は袋, は誰, まいりましたよ, も女, やお

▼ しょ~ (40, 1.6%)

1 [40件] おばあさんの, お団子, からっきしだめ, そう思った, その洋画家, ただ臨時, たぶん階段じゅう, なし艶子, ふとん, みんな顔を, もっと長く, ブラック, 一回だけ, 伊賀屋の, 十日ばかり, 噂を, 城のや, 夢を, 大八車か, 奥方様の, 居眠りし, 影の, 彼の, 怪物の, 折目摺れ, 旅に, 正直に, 気の, 瓦を, 疲労と, 福松を, 約束の, 腹立しく, 自分の, 見当も, 躯の, 軽業の, 魚を, 黒ネズミたちの, 鼠かと

▼ しょ~ (22, 0.9%)

7 ない 3 ありません, ないな 2 あります 1 あるだけ, ないから, ないので, ない奴, ない貸す, なし, 良う利い

▼ しょから~ (16, 0.6%)

1 [16件] うその, しきりに言っ, そうだった, その用意, その男, なんでも, ニコラ博士は, 二ヵ月という, 人見という, 出て, 出来損いであった, 屁っ, 梅吉と, 片づけられては, 金を, 頼りない

▼ しょ~ (13, 0.5%)

1 [13件] いいから, この帳面, ひょいとあたし, ピッタリ合っ, 伺ったん, 呼ぶ母, 呼んで, 外へ, 弟子入りした, 拳を, 書くこと, 起きる, 転がし出した

▼ しょ~ (13, 0.5%)

1 [13件] あげ穴倉, おォ, 上へ, 下げて, 思うが, 急いだら, 打つや, 抜き放ったる業物, 掛声を, 書くひと, 村の, 立ちあがった, 腰を

▼ しょには~ (12, 0.5%)

1 [12件] いたくない, いって, いる, ならないでしょう, なりません, なれないよ, なれるでしょうに, 居られません, 扱わない, 死にたくは, 行かないという, 騒がないまでも

▼ しょ~ (9, 0.4%)

1 からその, といい, ということ, とおっしゃる, と仰しゃいます, と円タク, ね, もの逃げ, よ

▼ しょ~ (9, 0.4%)

21 のさあ, のだ, ので恥, ので自然, のに, ものであっ, ものの

▼ しょだった~ (8, 0.3%)

2 という見 1 か, が, が二仙山, ね, のだ, 村田君は

▼ しょについて~ (7, 0.3%)

1 おいで, きた, まだ朝露, 来たと, 来た警官, 来て, 来ました

▼ しょであった~ (6, 0.2%)

1 が, が現実, ことから, そうです, ために, と思う

▼ しょわっ~ (6, 0.2%)

3 しょという 2 しょ 1 しょかつぎ上げ

▼ しょさい~ (5, 0.2%)

1 ではおそろしい, にいます, においてある, にとじこもっ, へ行っ

▼ しょじゃ~ (5, 0.2%)

2 ないか 1 いけませんか, なかったかと, はずかしいの

▼ しょでは~ (5, 0.2%)

2 なかった 1 ありません, なくわかれ, グアイが

▼ しょなら~ (5, 0.2%)

1 とにかく女性ひとり, 二人で, 何でも, 矢っ, 野の

▼ しょ~ (5, 0.2%)

1 そえたもの, グッと, 知って, 見つけて, 見つけられて

▼ しょうろ~ (4, 0.2%)

2 を流し, 流しの

▼ しょでした~ (4, 0.2%)

1 が上京中, ね, よ, わね

▼ しょという~ (4, 0.2%)

1 ときの声が, んだ, 力の, 地鳴りの

▼ しょでない~ (3, 0.1%)

1 とよく, のは, 時は

▼ しょぼけた~ (3, 0.1%)

1 形を, 目で, 草鞋で

▼ しょうばい~ (2, 0.1%)

1 両親や, 第一

▼ しょうろ船~ (2, 0.1%)

2 が流れ

▼ しょ~ (2, 0.1%)

1 え, 三浦も

▼ しょからの~ (2, 0.1%)

1 化物だ, 知り合いである

▼ しょけんめい~ (2, 0.1%)

2

▼ しょここ~ (2, 0.1%)

1 で点, は大

▼ しょだろう~ (2, 0.1%)

1 ぜ, と後

▼ しょでなく~ (2, 0.1%)

1 てはこんな, ては面白く

▼ しょとしては~ (2, 0.1%)

1 海の, 綱に

▼ しょへん~ (2, 0.1%)

2 なたん

▼ しょめ節~ (2, 0.1%)

1 で, の唄

▼ しょカーク~ (2, 0.1%)

1 と二人, と逢った

▼ しょッ中~ (2, 0.1%)

1 ごろついて, 小まめ

▼ しょ見つかれ~ (2, 0.1%)

1 しょ二股の, しょ己の

▼ しょ~ (2, 0.1%)

1 のよう, をしゃべっ

▼1* [86件]

しょいれられたカニの, しょうとく福運の, しょうむ無え, しょうめムシャクシャし, しょかごの中, しょかつぎ上げて行った, しょくんおちつきたまえ, しょぐらいによその, しょことがない, しょこれらの虫, しょごめんなんしょ, しょごらんなさい松, しょさん今年のお, しょさん六喜美さんは眼玉, しょさん夫婦は種々骨, しょさん芦須賀さんはその, しょじいさんのうち, しょじゃあないか, しょたりと裾長, しょってな素っ, しょ何しただす, しょてから睨んで, しょでございますね, しょでしょうな, しょですよ, しょでなかったことを, しょでなければ東京, しょでもいいじゃ, しょなら行けるんです, しょにと膝を, しょにとも書いてない, しょになッて, しょになんか来れば, しょにも乗ったし, しょぴき出すから, しょぼけ返って, しょみんなは石垣, しょやしょめ, しょもうすると, しょもつがまた, しょろしょろちゃぶりとこれ, しょろちゃぶりとこれ, しょてはあんた, しょわけを知りつくし, しょッぴいて馬の小便, しょッぴくつもりなんだろうが俺の推察, しょッ中呶鳴られて, しょッ中異人のお, しょバッジをひろっ, しょペテロのつもり, しょ一つの高い, しょがない, しょ二股のおんばこ, しょ同じ蛇の目のから, しょ名刺を見た, しょ商業学校も一しょ, しょ四十面相を追っかけ, しょ奇面城へしのびこんだ, しょ小人はあなた, しょの目, しょが年, しょ幾太郎と間違えた, しょ幾松が臭い, しょは声, しょてそら, しょ悪人に引き摺られた, しょ持ちだという, しょ旦那様は私, しょ東洋製作会社へやってきた, しょ正しき煙管屋の, しょていました, しょ田舎の小学校, しょ申しつけたように, しょ発見した学者, しょ石見銀山の毒死, しょ竹馬の友, しょ細刃の匕首, しょにいれた, しょ芽桑がちょっと, しょ話みたいな低い, しょ酒しょが良う, しょ銀座の空, しょ関口の太助, しょ集まった十五人の, しょ風邪を引いた, しょ魔法博士が野球