青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さて~ さては~ さながら~ さびしい~ ~さま さま~ ~さまざま さまざま~ さも~ さよう~
さら~
~さらに さらに~ さり~ さる~ ~され され~ ~された された~ されど~ ~されない

「さら~」 1020, 10ppm, 10874位

▼ さら~ (72, 7.1%)

3 に午後, の曲者, 北廓全盛見わたせ 2 の, のやう, をしてた, をする

1 [55件] お梅どの, がありました, がゐる, が何處, が又, が流行つて, が流行る, て印旛沼, て後, て逃げぬ, ながら, などに行く, にき, にも磯五郎殺し, に來, に來たんぢ, に来る, に行つた覺, に逢つて, の仕業, の会, の如き, の役者, の後, の手柄話, の會, の江戸開府以來, の活躍, の狙, の種, の罪, の記録, の評判, の話, は顏, ほど罪, や寶搜, や強請, をし, をしたら, をやつ, を催す, を看る, を観る, 一枝会, 事件と, 事件といふ, 地に, 女房に, 小説四五枚かき, 帳, 捨つる時, 翌日の, 野郎に, 雨戸を

▼ さら~ (61, 6.0%)

17 ように 6 ような 2 ものを, 上に, 下着を, 中で, 中に, 中へ

1 [26件] こと, ことだ, こととも, こと一年に, こと今よりは, こと孤立する, こと富ん, なかで, なかに, やうに, よび名で, スープを, ヨコビラ, 上で, 上へ, 下宿屋でした, 中を, 事美事通し, 取柄も, 如き打棒, 如く倅周平, 封筒を, 度合いが, 木綿の, 白い面, 者入り

▼ さらつて~ (52, 5.1%)

2 いつて, この溝, ゐた, ゐるの, 行くの

1 [42件] あの母親, あるき薄, いつたぞ, いつたのに, その有, つつころばした, とん, どろ, まるでアペタイザ, も, も江戸開府以來, やつて, やらうといふ, わからずに, ゐたの, ゐるし, ゐる大, をります, 居ります, 居るくせ, 居る音, 愉しい月日, 来なければ, 殺した曲者, 置いて, 腐つた流しの, 行かうと, 行かうとして, 行かれるので, 行きました私, 行くからさ, 行くつもり, 行くので, 行くよ, 見たところ, 逃げたやう, 逃げて, 逃げましたよ, 逃げるところ, 逃げ出すに, 飛び出して, 飛んで

▼ さらなり~ (44, 4.3%)

2 [11件] 凡物の, 前後の, 双親, 大木大石も, 春に, 武事にも, 武家の, 紙一束藁にて, 親類縁者朋友よりも, 諸国の, 迫

1 [22件] あのとき, いぶかしき手紙, かの大膳大夫, くぎの, この辺, わが文部省, 下人も, 人の, 又心, 夏より, 夜は, 天神人ある, 媼は, 我が国家, 批評の, 新希臘, 海岸へ, 籘の, 蔦かづらの, 言葉までが, 近在の, 頭痛眩暈何ぞ

▼ さらはれ~ (34, 3.3%)

3 てし 2 てお, てしまふ

1 [27件] たり何十年, ちや, て, てあつ, てから急, てさすが, てしまつて素寒貧, てもよい, てアツ, てバツタリ, て仕方, て來, て倒れました, て十日, て地下室, て歸つた子, て海, て淵, て紡績工場, て船, て行く, て行つたの, て道中胡麻, はしない, もうだめ, ものの気狂, 江戸中に

▼ さら~ (33, 3.2%)

4 雨が 2 落つるその, 降る中

1 [25件] さら, した流れ, そよぐ音, なりいつ, ふりかけるみぞ, 何やら書い, 分かれて, 動く松, 動く葉影, 打明けぬな, 摩れ合う音, 散らし虱, 書く, 書くと, 歌とが, 流れるやう, 流れ落ちる小さい, 葉ずれの, 音する, 音を, 響く音, 鳴って, 鳴るの, 鳴る下, 鳴る陰惨

▼ さらはれた~ (27, 2.6%)

3 のは 2 かのやう, となる

1 [20件] のでせう, ので丸藥, のも, のを, やうに, んぢや, んでまだ, 一つの, 二人を, 娘と, 子が, 子供と, 子供達に, 子供達も, 形に, 後の, 時には, 時の, 知己を, 親の

▼ さらさら~ (24, 2.4%)

3 と鳴る 2 と書く, と降る, と雨

1 [15件] か, という音, といふ音, とした, として意気, とそよぐ, とはしら, とふりかける, と動く, と摩れ合う, と流れ落ちる, と葉ずれ, と音, と響く, の度合い

▼ さらって~ (21, 2.1%)

2 行ぐ, 逃げたの

1 [17件] オデッサから, テーブルの, 一ところに, 仁王立ちし, 又夜, 口に, 姿を, 室を, 我がちに, 文学的精励文壇出版たつきと, 旅に, 木綿糸が, 行こうと, 行こうという, 身に, 逃げたという, 食い市中

▼ さら~ (20, 2.0%)

3 れるの 2 れ, れること, れる筈

1 [11件] うと, さるの, せた迄は, せ天, むぐらもちがさがしてきたどんぐりの実の, むとて老妓延園を, もうそこ, れるところ, れる猿, 新の, 空の

▼ さら~ (19, 1.9%)

2 持って

1 [17件] こわして, さげた召使い, じぶん, すって, すりながら, そのままに, つかんで, わたしの, 二つあわせた, 二つならべた, 出して, 好んだ時代, 平らげると, 手に, 洗ったりなどを, 洗って, 牛乳屋さんの

▼ さら~ (17, 1.7%)

1 [17件] かけた布, さらに美しい, すぐれて, はなはだしいもの, 入れて, 勉めて, 増して, 大きな世界, 幾足と, 恐るべき大敵, 或る, 激しい愛情, 知れざること, 著しい特徴, 薄い葉, 見過ごしがて, 詳しい説明

▼ さらない~ (15, 1.5%)

2 でね, ように, んだ 1 ことを, ですか, のなど, のなどと冷やかされる, ゆえ仕方が, ようです, 奴で, 故仕方, 樣です

▼ さら~ (15, 1.5%)

3 やうに 2 やうな, 実質的な 1 なんてむごい, のでありました, のです, のにかへつて, 手立を, 燕その, 稀代の, 角鹿の

▼ さら~ (13, 1.3%)

1 [13件] あった, あるならどれ, うやうやしく置い, かさなりあって, かざって, こわれて, すっかりさげられ, た錦, ちょうど貝がら, つぎつぎと, はこばれ小林君, ひ, 見たくなりました

▼ さらなく~ (12, 1.2%)

2 ては 1 ちゃせっかく, ちゃなりません, つちや, つて, つては, てはなりません, ては殿様, てもだいじょうぶ, ても私, ッちゃ不可ません

▼ さらぼう~ (12, 1.2%)

1 [12件] た同郷, た尼僧, た後, た成れの, た祖父, た翁, た翁媼, た老婆, た老翁, た者, てその, て呉れたなら

▼ さら~ (12, 1.2%)

2 が可, になにか 1 かそも, かった, がいい, ければ, とや, のだ, ぱらんになりそうですよ, もんで

▼ さら~ (10, 1.0%)

2 三番叟 1 て, て薪, 場な, 物が, 物に, 物の, 物を, 餡を

▼ さら~ (9, 0.9%)

4 て行く 1 しよる, てしまひました, てゆく, として柔かく, パアと

▼ さら~ (9, 0.9%)

1 いい方, くつたつ, ものに, 想いの, 扇使いに, 残夜を, 装い, 言い方業腹も, 銀杏返

▼ さら~ (8, 0.8%)

2 さら 1 いろいろの, かわいいさかずき, さじならべた, まとうただ, コップなどを, 竹籠を

▼ さら~ (8, 0.8%)

1 ちまうの, てごろごろ, てはど, て往こう, て楽しみ, て行った, て逃げた, としていらっしゃいます

▼ さらつた~ (7, 0.7%)

2 と言 1 か半日, と思ふ, なり酌婦, わけで, 與三松は

▼ さらつたの~ (7, 0.7%)

2 はお 1 だらう, ならまだ, は源太, は矢張り今度, は親

▼ さら~ (7, 0.7%)

2 とりみだしたる年賀 1 こするよう, ごちそうを, 洗い流したよう, 磨いて, 食べあなた

▼ さらけて~ (6, 0.6%)

2 見せたつもり, 見せて 1 いた, 見せること

▼ さら~ (6, 0.6%)

1 ういふ, のえんじ, の布, の布売, 形木綿等取, 間東しまあるいは

▼ さらさらに~ (6, 0.6%)

2 何の, 冬の 1 とどめを, 我名は

▼ さら~ (5, 0.5%)

1 出いて, 出せるか, 出せるだろうと, 合って, 留めて

▼ さら~ (5, 0.5%)

1 て見, る, 出して, 出すこと, 出すの

▼ さら~ (5, 0.5%)

1 から始末, せんだまかろしやだ, ね, 南無成田山不動明王, 白い白い雪

▼ さらぼい~ (5, 0.5%)

1 てその, て仕舞う, て居りました, を表面, 枯木に

▼ さらつて行~ (4, 0.4%)

1 つた, つたこと, つたので, つたやう

▼ さらひと~ (4, 0.4%)

2 られて 1 は關係, られるやう

▼ さら~ (4, 0.4%)

1 かうと, かうは, 穴堀等を, 聞かせたる

▼ さら~ (3, 0.3%)

1 あつとして, なる物, 茶わんを

▼ さらこれ~ (3, 0.3%)

3 は取とまらぬ

▼ さらさらさら~ (3, 0.3%)

2 と雨 1 チャンチャンチャンチャンランチャンラン魔風とともに

▼ さらつて來~ (3, 0.3%)

1 たやう, た袷, るやう

▼ さらとは~ (3, 0.3%)

2 云えね 1 しらする

▼ さらぼいたる~ (3, 0.3%)

1 ものなれ, 作平は, 本人の

▼ さら~ (3, 0.3%)

3

▼ さら~ (3, 0.3%)

2 と置きぬ 1 めく青

▼ さら~ (3, 0.3%)

1 厚意蔑に, 心配なされます, 熟練と

▼ さら浮いた~ (3, 0.3%)

3 心では

▼ さらおっ~ (2, 0.2%)

1 さら押し, さら曳きずっ

▼ さらから~ (2, 0.2%)

1 ひとか, 口へ

▼ さらきらきら~ (2, 0.2%)

2 と霜

▼ さらさらした~ (2, 0.2%)

1 ものに, 塵と

▼ さらさらしたる~ (2, 0.2%)

2 枕に

▼ さらさらに何ぞ~ (2, 0.2%)

1 この児, この女

▼ さらしも~ (2, 0.2%)

1 する也, めんや

▼ さらずつ~ (2, 0.2%)

1 ぐみなく, のみました

▼ さらその~ (2, 0.2%)

1 台本製作者の, 影響が

▼ さらつた池~ (2, 0.2%)

1 できれい, ですが

▼ さらつて來たん~ (2, 0.2%)

2

▼ さらづゝ豆~ (2, 0.2%)

2 の粉

▼ さらである~ (2, 0.2%)

1 かというちがい, がそれ以外

▼ さらでは~ (2, 0.2%)

1 我も, 我を

▼ さらでもの~ (2, 0.2%)

1 あの手負, 御病氣

▼ さらといふ~ (2, 0.2%)

1 如く女性, 音とは

▼ さらどう~ (2, 0.2%)

1 だつて, でもい

▼ さらなくっ~ (2, 0.2%)

1 ちゃ, て

▼ さらなけりゃ~ (2, 0.2%)

1 いけませんな, 云いましょうか

▼ さらねエ~ (2, 0.2%)

1 し今日, でしたよ

▼ さらはれひろげた~ (2, 0.2%)

2 両手を

▼ さらはれる~ (2, 0.2%)

1 ぞ, ほどの水勢

▼ さらばい~ (2, 0.2%)

1 その上, または野

▼ さらひだ~ (2, 0.2%)

1 から塚田八段, よ

▼ さらふこ~ (2, 0.2%)

1 とは案外, とも出

▼ さらへる~ (2, 0.2%)

1 のかな, 隊家々へ

▼ さらへを~ (2, 0.2%)

2 して

▼ さらぼえた~ (2, 0.2%)

1 山人に, 雪道を

▼ さらぼひたる~ (2, 0.2%)

1 ファウスト沈思しつ, 姿に

▼ さらまでと~ (2, 0.2%)

1 数馬に, 殺す気

▼ さらむさ~ (2, 0.2%)

1 ら, らな

▼ さらよく~ (2, 0.2%)

1 ないし, も言

▼ さらよろしく~ (2, 0.2%)

2 ありません

▼ さららしい~ (2, 0.2%)

1 稚拙な, 苦笑を

▼ さらんでも~ (2, 0.2%)

1 宜しかろう, 宜しゅう伯父さん長屋

▼ さら也人々~ (2, 0.2%)

1 もはじめて, もよろこび

▼ さら也北国~ (2, 0.2%)

2 の人

▼ さら也此しば~ (2, 0.2%)

2 ゐを

▼ さら也浅間~ (2, 0.2%)

2 の烟

▼ さら出來~ (2, 0.2%)

1 ない, ないの

▼ さら売り~ (2, 0.2%)

2 の成上り

▼ さら大きく~ (2, 0.2%)

1 なった, みはった

▼ さら大名~ (2, 0.2%)

1 という者, の言

▼ さら故障~ (2, 0.2%)

1 はござりませぬ我ら二人, はござりませぬ我等二人

▼ さら散財~ (2, 0.2%)

2 知らん人

▼ さら~ (2, 0.2%)

2 りを

▼ さら~ (2, 0.2%)

1 が塞がふ, が重

▼ さら淋しく~ (2, 0.2%)

1 て仕方, 思へば

▼ さら~ (2, 0.2%)

1 に見え, に遅れ

▼ さら~ (2, 0.2%)

1 の家, はまた

▼1* [272件]

さらあつめて煮よう, さらあの家の, さらあるわけが, さらいたはりを, さらいつそう美津江, さらいねんだ, さらいらないの, さらうごきもゆらぎ, さら懷かしい, さらお見舞を怠っ, さらかかる完全性を, さらきれいでした, さらけやがるじゃ, さらこの決心は, さらさらさらさら唐黍だ, さらさらさら唐黍だ, さらさらなること, さらさらに何ぞさらりと棄て, さらさら唐黍だ, さらさんよりは, さらしかもしらねえが, さらした駒を, さらしだうせろ出て, さらしだいそのザマ, さらしてやればよかつ, さらしなことばかりなさる, さらしなんですまあ, さらしなんだからね, さらしな事件がつ, さらしな目にあった, さらそいつが早く, さらそう見るに, さらそうした化粧は, さらそれを見せつけた, さらだなうまくさんまん, さらだのさかずきだの, さらだろうじゃない, さらっては足を, さらつく同様紙に, さらつた上障る者, さらつた子供は船, さらつた平次は中腰, さらつた後同じやう, さらつた後大儀さうに炉側を立ち上つた, さらつた所で人眼, さらつた者の人相, さらつた雪之助, さらつた饅頭のやう, さらつて人買ひに, さらつて何千人と入り込み, さらつて兩手のサツ, さらつて大垣へ渡した, さらつて大学生と駈, さらつて大川に沈めた, さらつて姿を隱, さらつて富岡と逃げたい, さらつて山の中, さらつて山王樣の森, さらつて投り込んださうで, さらつて森の中, さらつて此處から飛出した, さらつて自分の妻, さらつて菊次郎のところ, さらつて薄命な一生, さらつて行きさうな気, さらつて行つたと見る, さらつて行つた人間のたま, さらつて行つて生膽, さらつて行つて内金を持たし, さらつて貰ひたり, さらつて逃出したと, さらつて金を奪, さらつて雲を霧, さらであるして見る, さらですから人間, さらでもさかずきでも, さらという音あり, さらとして意気な, さらとも鳴らさず何者, さらどの色に, さらない可愛いそれだ, さらなきや好い, さらなくなった私からは, さらなけやなりませんでせう, さらなどにこしらえたごちそう, さらなんとおつ, さらにも深け渡りしが, さらにゃあわたし, さらによりおくれた部分, さらもんです, さらぬですか, さらば永阪教会, さらねえんだ, さらねばいけません, さらはせて了つた後, さらはせるとわけ, さらはれかけてゐた, さらはれすとんと日本, さらはれまいとして身, さらこの旨, さらばいたお母さんの体, さらばいつるかと中国武士, さらばった老僧, さらばった年寄りの女, さらばと云ひし, さらばも尚あ, さらひありと聞き, さらひそかになる, さらひそこねたはははは, さらひたしとの事, さらひだつてあれぢや磨きやう, さらひとる不思議な, さらひなら江戸から出さない, さらひもしたし, さらひも長崎や堺, さらひ出すのに就, さらへて食べたあと, さらへに過ぎません, さらほさらかな, さらほどの大きさ, さらほどもある大きな, さらへた馬の, さらぼいた姉ぽう, さらぼひた媼の, さらぼへたこの肉身, さらぼへる風情かな, さらまことに簡に, さらまで事の, さらむや嘆き思ふは, さらめきに角, さらめくは青数珠玉, さらもってくる, さら此んな, さらよなあそりやさうとお, さらわからないわけだ, さらの水, さらんで一挺お, さらんと見えるわ, さらあんまりおれ, さらッたんじゃあるまい, さらがのよく, さら一向僕には, さら万力の世話, さら不安になっ, さら不思議である婆者, さら不愉快が増した, さら世間体を気遣う, さら中央と地方, さらしたしき人々, さら也あたりよりはせ, さら也万事雪を禦ぐ, さら也下人も頭, さら也寡なる者, さら也平日も往来, さら也庵室もなし, さら也極品の誂物, さら也田圃も渺々, さら也男も十人, さら也聞しほどの, さら也裾へも雪, さら二タ心は持たぬ, さらはるべきでないで, さら五月蠅く厭, さらに語る, さら他人のやう, さらといふうれしい, さら何人の描いた, さら作家は絶對, さら使ふといふ, さら千鶴子が傍, さら半月の療治, さら可笑しかつた, さら吹出してしまいたくなった, さら哀れに見, さら唐黍だ, さら商売の田楽役者, さら困つたもんさな, さら執権の下, さら大きな欠伸を, さら大尽ばさら尼さてはばさら商売, さらじょう, さらに対する理不尽, さら始末が悪い, さら嫌ひでもあるまい, さら存ぜざりしなり又, さら安心にて, さらさも, さら寒い夜ふけの, さら小言かるる, さらさてはばさら商売, さらの阿媽, さら屯所の生活, さらの巻, さら市人ばさら大尽ばさら尼さてはばさら商売, さらをとじよ, さら幼少より備, さら広がり易いもの, さら御家人ばさら市人ばさら大尽ばさら尼さてはばさら商売, さら思い設けなかったのでそれ, さら怪しまれるのです, さら悪く思うよう, さら悲しげに, さら感じるわけも, さらなども厭, さら打っちゃっては置かれねえ, さら承知しません, さら押していく, さら探偵七ツ道具を忘れなかった, さら日本の医者, さらかつた, さら曳きずってまるで, さら書齋號などはあ, さら本物か贋物, さら樹木の多い, さらや笑い声, さら此せつは主人, さら此人を良人, さら残りをしい, さら殺されなければならない, さら気付こうはずも, さらの毒, さら沢庵漬問屋とは呼ばない, さら河門水かれて, さら沽券にかかはる, さらの寄せる, さら波輪形の皺, さら注意せねば, さら流れが急, さら無い奴で, さら無理にといふで, さらだ, さら生命も定, さら目方もしつかり掛ん, さら眞面目に滿洲, さら知ず失敬の, さら知らずやはり眠剤, さら知る由も, さら石川を立てる, さら禁物だ, さらの杖, さらをほし, さら精神というもの, さら結構であります, さら美しかつた, さらへもの, さらのばさら精神, さら聞えよがしに談, さら臆病風が染みこんでしまつた, さら自分のま, さら致すまじけれど金ゆゑ閉ぢ, さらがあらう, さらを迅, さら見えるのかも, さら見つかりさうもない, さら見なくてもわかる, さらえなき, さら解ける音は, さら言わなくたって誰, さら論ずるまでもなく, さら賑やかでだんだん, さら贅沢である, さら踏み込んで首根っこ, さら辺りの闇, さら返してもらはう, さら連ねし姿も, さら遊びが目的, さら遠く思はれたの, さら現実の, さらと言, さら高く賣りたいの, さら多し旅, さら魔法使だといふ