青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さよう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さつき~ さて~ さては~ さながら~ さびしい~ ~さま さま~ ~さまざま さまざま~ さも~
さよう~
さら~ ~さらに さらに~ さり~ さる~ ~され され~ ~された された~ されど~

「さよう~」 1156, 11ppm, 9743位

▼ さようでございます~ (162, 14.0%)

4619 とも 15 かな 1286 かね 52 かそれでは, ねえ

1 [47件] お見忘れ, かあて, かありがとう, かその, かだ, かですご, かと甘え, かどうも, かないえ, かねえ, かねえこれ, かよく, かよろしゅう, かハイハイ, かフ, か直々, がそして, がだんなさま, こちらは, この華子, ずいぶん久しく, その鸚鵡蔵, それが, そんなかんじょう, ともははははは, とも仰, とも大納言家, とも旦那さま, とも道人様, とも魔, な三枚, ねえあの, ねその, ねエ, ね何しろ, ね木地師, の, またでございます, もうこの, もと南蛮寺, もはや十年, よ殿下, 尊い旦那様, 旦那もし, 旦那様も, 清元が, 確かに

▼ さようさよう~ (70, 6.1%)

5 その通り 3 それが 2 大違い, 申すまでも

1 [58件] あなたの, あのお荷物, あれを, おあきらめなされ, お前様だ, この爺, これで, そのとおり, その内訌, その晩, その書画気違い, その母, その生地獄, その貧乏神, その道でござる, その難, それと, それ前夜あなたが, そんなよう, そんな時代, またご, もねえ, わしは, アラの, キリシタンで, ヘボ医者のな, ポンメルシーです, モカさん達と, 一刻も, 三十五になんか, 以前の, 体のな, 何も, 只今の, 同校生, 外して, 夜に, 大欲望, 宿ま, 嵌めこまれて, 差し上げます, 打ち見たところ, 拙者という, 毒薬でござる, 瀬多の, 猫に, 現われまする, 理詰めと, 痕跡が, 真似事のな, 硝子の, 縁が, 繁昌させます, 血吸病, 親戚の, 許婚で, 驚きましたよ, 鷲見与四郎じゃ

▼ さよう~ (59, 5.1%)

16 ござります 4 ござりまする 3 ござりました, それは, はございません

1 [30件] お泊まり, お約束どおり, こいつア面妖だ, ござえんすと, ござり申す, ご一緒, それが, それも, そんな塩梅, と云う, はございましょう, はございます, はございませぬ, はござらぬ, はごわせん, はなかっ, は有りましょう, もあろう, もございますまい, よいお, 一向存ぜず, 今夜は, 弱い兵, 暗愚の, 最も古, 泥棒のね, 疑いなく, 福島へね, 私も, 立場の

▼ さよう~ (44, 3.8%)

2 うむそれ

1 [42件] あねご, あの男, あんたは, あんたらの, いささかは, いつもは, おくさん, こいつは, これは, その箱, それならよろしかろ, それは, それも, たっしゃでおいでなさればよいが, ちょうどお前, とんと存じません, と気, どっちへ, な, はじめの, まず世間並, まず申し, わたしは, ナア, 三つほうる, 両刀たばさん, 九ツ十, 二人は, 人間四十歳に, 何か, 全く不思議, 全く打ち見た, 共進会も, 噂は, 外れたら, 拙者が, 拙者も, 瓜が, 私は, 私みた, 若年に, 鼓が

▼ さよう~ (42, 3.6%)

5 それは 2 さようか

1 [35件] ありがたい, お上りなされ, しかししばらく, そうかも, そうしてお, その筈, それで, それではお願い, それでは役に立つまい, それでは聞かぬ, それましたね, ではしばらく, では引き揚げよう, では源女殿, では苦しゅう, なにより, なるほど, ひざまずかれたか, よいお, よいこと, よくわかった, よろしい事実不在, よろしい受け取りましょう, 何に, 働きたいと, 写山楼で, 分かった, 夜が, 失敬失敬, 御苦労と, 無理も, 物を, 神妙ない, 自分自身割腹なさる, 藩隨院長兵衛

▼ さようです~ (42, 3.6%)

10

1 [32件] かい, かいな解り, かでは, かね, か暫く, か私, か答えた, さようです, そのお嬢さん, とも, ともその, とも玉子, な, なあ, なお, ね, ねその, ねシチュー, ねメリケン粉一升, ねモー, ね菓物, ね雉, ケズレーの, ナあの, 中段に, 何の, 健胃剤を, 寒いところ, 留守番に, 老鶏, 職業で, 雉なら

▼ さようでござる~ (33, 2.9%)

65 かそれ 4 かな 2 かなこれ

1 [16件] かおねがい, かなでは, かなどれどれどこ, かなやむを得ませぬ, かな一向, かよろしゅう, か前田氏, か大儀, さようでござる, な, な明, ハッキリとは, 孫娘で, 愚老が, 普通に, 頼宣どんにな

▼ さようでございましょう~ (23, 2.0%)

9 とも 71 かへい, が, が禄, ともで, とも女, な, なあ

▼ さようなら~ (22, 1.9%)

32 と云う

1 [17件] とそこそこ, とそれ, ともいわず, と云, と云っ, と申しましょう, と自分, ばこれ, ばこれから, ばご, ばたずね, ばと後声, ばどうぞ, ば御免, ば御機嫌, ば提灯, ば月子様

▼ さようその~ (21, 1.8%)

2 通りで

1 [19件] とおりでござる, ほかに, 儀に, 内訌じゃ, 日から, 時その, 晩に, 書画気違いの, 武士は, 母と, 生地獄へ, 落魄感を, 貧乏神じゃ, 通りそこの, 通りだ, 通りでござる, 通り簡単で, 難剣, 頃には

▼ さようそれ~ (18, 1.6%)

3 がよろしい

1 [15件] が今日, が何, が困難, が木下, じゃカフェー, だけで, とても知れた, と反対, と同じ, に違い, はお, は知れた, もふたり分, も御, をお話し

▼ さようでございました~ (18, 1.6%)

9321 かその, かつい, か赤尾, よ

▼ さよう~ (12, 1.0%)

1 [12件] あきらめなされ, 伺いし, 取計らい下さらぬか, 城から, 小夜です, 屋敷の, 島様と, 心得ください, 慈悲によって, 父上に, 角さんとか, 通いくだされます

▼ さようなれ~ (12, 1.0%)

2 ば私 1 ばお, ばお嬢様, ばご, ばほんの, ば事情, ば吾, ば御, ば此, ば百両, ば皆々様

▼ さよう~ (11, 1.0%)

1 [11件] ことなき, ことに, 事出来まする, 事申し立て, 人をこそ, 号も, 悪運命, 痴言申そうより, 者とも, 訳で, 賤が

▼ さよう拙者~ (11, 1.0%)

2 は存じ 1 という男, は上海, は久木直二郎, は平手造酒, は正義, は浪人, は皆伝, は銀之丞, も同じ

▼ さよう~ (11, 1.0%)

1 [11件] でございます, ならうっちゃって, にとってはこの, は, はもと, は下手, は五月, は日本人, は浅草, もそう, もそんな

▼ さようなお~ (9, 0.8%)

1 催しなら, 取上げは, 安い命, 心持でありました, 情けを, 歌の, 沙汰は, 考えは, 言葉を

▼ さようでござった~ (7, 0.6%)

7

▼ さようかな~ (6, 0.5%)

2 それは 1 お聞かせくだされ, その意味, なんでございましょう, 俺は

▼ さようかも~ (6, 0.5%)

2 しれませぬ, 知れませぬ 1 しれません, 知れませぬが

▼ さようこの~ (6, 0.5%)

1 事件でも, 六体は, 小柳雅子に関する, 爺の, 諏訪の, 頃木地師の

▼ さようこれ~ (5, 0.4%)

2 でよろしい 1 はため, は適任, は魔法

▼ さようでござん~ (5, 0.4%)

31 すか, すかそれじゃ

▼ さようあの~ (4, 0.3%)

1 ホーホケと, 娘でござる, 尖った山, 時でございます

▼ さようあれ~ (4, 0.3%)

1 が命, は十宮伝, も代表的, を守護

▼ さようさな~ (4, 0.3%)

1 お銚子, もう話し, わしは, 乗っても

▼ さようさようそう~ (4, 0.3%)

2 だそう 1 であったな, であったの

▼ さようそう~ (4, 0.3%)

1 して, だそう, だったと, であったの

▼ さようで御座います~ (4, 0.3%)

1 か, か承知, ね, 先生様

▼ さよう~ (4, 0.3%)

1 問題は, 見えて, 見える, 言う態

▼ さようわし~ (4, 0.3%)

1 はあいつら, はそう, は外し, は観世

▼ さようここ~ (3, 0.3%)

1 には必ずや, へ丹生川平, まで来た

▼ さよう~ (3, 0.3%)

3 からば

▼ さようしから~ (3, 0.3%)

1 ば, ばそう, ば顔

▼ さようたしかに~ (3, 0.3%)

1 ありますな, おとついの, お尋ねの

▼ さよう~ (3, 0.3%)

1 おぼえは, 人道に, 妾の

▼ さようまさに~ (3, 0.3%)

1 その通り, 一本の, 永続無

▼ さよう~ (3, 0.3%)

1 はな今, は流行らない, までのこと

▼ さよう~ (3, 0.3%)

1 という新聞社, ならもう, も主命

▼ さよう~ (3, 0.3%)

2 違いで 1 欲望でござる

▼ さよう~ (3, 0.3%)

1 というもの, に対する自然, の声

▼ さよう心得る~ (3, 0.3%)

1 がいい, じゃぞ, ように

▼ さよう意志~ (3, 0.3%)

3 の弱い

▼ さよう申し~ (3, 0.3%)

1 ておった, てご, て集めね

▼ さよう申す~ (3, 0.3%)

2 までもござらぬ 1 でご

▼ さよう親戚~ (3, 0.3%)

1 というもの, のよう, の方

▼ さようあなた~ (2, 0.2%)

1 のよう, はわれわれ

▼ さよういかにも~ (2, 0.2%)

1 気の毒, 稽古槍穂先の

▼ さよういずれ~ (2, 0.2%)

1 も拙者, 後日に

▼ さようおおかた~ (2, 0.2%)

1 はわかりました, は突き止め

▼ さようこんな~ (2, 0.2%)

1 ようにな, 事が

▼ さよう~ (2, 0.2%)

1 自分で, 身分が

▼ さようざっと~ (2, 0.2%)

1 その通り, 五六町は

▼ さようじゃ~ (2, 0.2%)

1 な, なあそん

▼ さようそこ~ (2, 0.2%)

1 がトウシロー, のある

▼ さようそんな~ (2, 0.2%)

1 ようで, 時代も

▼ さようであった~ (2, 0.2%)

1 か, な

▼ さようでござろう~ (2, 0.2%)

1 がな, 恩地

▼ さようでした~ (2, 0.2%)

1 かいさよう, がさきごろ

▼ さようでしょう~ (2, 0.2%)

1 か, 私には

▼ さようどうしても~ (2, 0.2%)

1 あれです, 出来ないな

▼ さようなる~ (2, 0.2%)

1 事実は, 軽率な

▼ さようまさしく~ (2, 0.2%)

1 一昨日の, 幸臣星宗春卿に

▼ さようまだ~ (2, 0.2%)

1 そのほか, 御滞在

▼ さようもう~ (2, 0.2%)

1 二十年にも, 御封地

▼ さようもし~ (2, 0.2%)

1 ただ濡れない, 君が

▼ さようわたくし~ (2, 0.2%)

1 の一世一代, は名誉

▼ さようわれわれ~ (2, 0.2%)

1 に似, のこの

▼ さよう一刻~ (2, 0.2%)

1 に, も早く

▼ さよう~ (2, 0.2%)

1 校生じゃ, 眼でござる

▼ さよう実は~ (2, 0.2%)

1 おまけでござる, 捕えたがな

▼ さよう宿~ (2, 0.2%)

1 まら, を求め

▼ さよう左門~ (2, 0.2%)

1 でござる, はその

▼ さよう明日~ (2, 0.2%)

1 帰ります, 行くつもり

▼ さよう江口~ (2, 0.2%)

2 の遊女

▼ さよう理由~ (2, 0.2%)

1 がもう, は一つ

▼ さよう申しました~ (2, 0.2%)

1 か, ように

▼ さよう自分~ (2, 0.2%)

1 の本, は看護員

▼1* [360件]

さようあけたところで, さようあしからず御承知, さようあったら一枚売っ, さようあとは申す, さようあなた方は, さようあなた様に対する目, さようあのお荷物を, さようあらゆる人間にはな, さようある年の, さよういささか心得て, さよういたしまする, さよういたして置きました, さよういたせばあなた, さよういつか私が見た, さよういろいろの秘伝, さよううけたまわっておりました, さようおっしゃらずにお, さようおっしゃらなかったのです, さようおっしゃりましてはお可, さようおまえが物ごころ, さようお伝え申すよう, さようお前様だ, さようお尋ねを蒙りました, さようお触れおき願いたい, さようかく言う私, さようかさようか存じ, さようかせぬか, さようかねとは何, さようきらいなほうじゃござんすまいね, さようこいつで, さようこう云ってな, さようこういう時世です, さようこうした私の, さようこころえよ, さようこっちはそんなに, さようこのごろはずっと, さようこれッきりだ, さようさすが大臣邸の, さようさね何から, さようさもう十二三にも, さようさようこう云ってな, さようさようさようそれ前夜あなたが, さようさようちっとも聞かない, さようさようなにしろたくさんな, さようさようまだそのほか, さようさよう七日になります, さようさよう二十一匹じゃ, さようさんざん苦しみ抜いた挙句, さようさネ菊見, さようじつのところ, さようせき込まずとユックリお話, さようそちは山, さようその道でござる, さようそれ前夜あなたが道, さようたしかに申しました, さようただロシヤにおいてのみ, さようただ今も捜索中, さようそうでございます, さようちっとも聞かない, さようちと説明し, さようゐた, さようでありますか今日, さようでござんしょうとも, さようでしてあなた様, さようですからより一層, さようでないかは存じませぬ, さようでなければなんで, さようというふうに, さようとうからこの際, さようとつぜんの出火, さようとても素晴らしいもの, さようとにかく群臣も, さようとは存じませずまあ, さようともいいやとも, さようどこか見覚え, さようどのみち三人の, さようどんなものでしょう, さようなあ悪いとは, さようないかも知れませぬ, さようなにしろたくさんな, さようなまいないがましい, さようならして家畜扱い, さようならだ馬鹿に, さようならって僕, さようならばお静, さよう西洋ものに, さようにござりましょうとも, さようにござります玉置の, さようのうまず四角, さようひとりならば, さようひどい降りでございました, さようへぼ論理なの, さようべっぴんという, さようまあ長くても, さようまあそろそろという, さようまことに見事な, さようまたご出世, さようまたとない幸運と, さようまったく神秘的な, さようまる四十一年です, さようみんな学校の生徒, さようもっと大切な, さようやっぱりあなたです, さようやはり足跡だ, さようゆるがせない方法のみ, さようなア, さようよいかも知れません, さようよくないかも, さようよろしいかもしれません, さようらしくもある, さようわっしたち, さようアナーキストだけど, さようアラの神, さようアルメニアン教徒の書籍, さようイブセンの劇, さようキリシタンで, さようコルニコフというの, さようだがここ, さようゾイリア共和国です, さようヘボ医者のな, さようポンメルシーです, さようモカさん達としばらく, さよう一幅でいい, さよう一昨年でございましたよ, さよう一時頃でございましたろうか, さよう一概にはいえませぬ, さよう一篇一章一巻となる, さよう一風宗匠のいう, さよう三十五になんかなる, さよう三度も参った, さよう三社まえの, さよう似合いでござる, さよう不具者の花嫁, さよう不思議なご, さよう不良青年ですが, さよう世にも稀な, さよう九ツ少しまえだった, さよう予めご計画, さよう事実そうなの, さよう二つの場合, さよう二人で目付け, さよう二十一の年, さよう二十枚の上, さよう二度目の時, さよう二日とたたない, さよう二時を二十分, さよう云ってもよい, さよう互いにその一事, さよう五つの頃, さよう五六百はあるでしょう, さよう五分ばかりでした, さよう五十歳変質説もこの, さよう五日の内, さよう五月でした, さようは他人, さよう人間の歯, さよう今年すなわち慶応, さよう仏法の修行, さよう仕ろうか敵, さよう他国のこと, さよう以前のこと, さよう仰せられても筒井, さよう仰せ下されましたと, さよう似たような, さようのな, さよう余り取留めなくも, さよう価値をも知っ, さようか, さようは二ヵ所, さよう先夜あの邸, さよう全くそのとおり, さよう六足ばかり線路, さよう典木はやはり, さよう出来ぬ訳が, さよう剣術の道場, さよう割文じゃ, さよう加賀まで参る, さよう十手をいただいてる, さよう十日に一度, さよう十時ごろでしたな, さよう千古の秘密, さよう卒業なさると, さよう即ち秘密の, さよう即座には申し上げられぬ, さよう参らねばなりませぬ, さよう只今の名, さよう同類と信じ, さよう君のは夜, さよう嘉門はネットリ, さよう地震ではなかっ, さよう外して来, さよう多人数を集める, さようになった, さよう大いに勉強し, さよう大分ありますな, さよう大勢いるよう, さよう大和の鶯, さよう大森海岸あたりの古, さよう大砲鋳造法も愚老, さよう太郎は眠りました, さよう如何にもはあさよう, さよう姉上さえお許し, さよう存ぜられますが, さよう存分に斬った, さよう宋思芳と云った, さようのあり, さよう実に御気の毒, さように自分, さよう藤清郷先生の, さよう寝床へスープ, さように城壁, さよう尊敬して, さよう小名木川の五本松, さよう少々仕る, さよう少くも幼名, さよう少しく変でござる, さよう山葵のきいた, さよう島原城之介, さよう嵌めこまれている, さよう帆船ではあった, さようを割っ, さよう当方の都合, さよう当然そうなりましょう, さようの房, さよう彼らがこの, さよう承知を, さよう復讐をしなけれ, さよう心得てい, さよう心得ろとある, さよう心得宥免状を渡し, さよう思いたまうか, さよう思うて御覧, さよう思われるか, さよう怪しく思われてな, さよう恋人誘拐引き受け業でございます, さよう恐らく女中でござろう, さよう恐らくまだこの世に, さよう恐懼して, さよう悪い夢に, さよう懲らしてやりました, さよう戦うより仕方, さよう打ち見たところ貴殿には, さよう打身にご, さようわって, さよう抱朴子にありました, さよう拙者お引き受け致す, さよう持っていました, さよう推量いたして, さよう教師ですからな, さようの片, さよう日光山から四十里, さよう日本のお茶, さよう早く饒舌る, さよう明治五年の春, さようはそんな, さよう時にあすこに, さよう末期の銅兵衛殿, さよう本栖の湖, さよう松平越中守様はご, さよう桃生郡小野の館主, さよう業平だと, さよう此品は幾ら幾ら, さよう武辺者の足跡, さよう死んではおりませぬ, さよう殿の内命, さよう毒薬でござる, さよう江戸から来ました, さよう沙汰されるもの, さよう沢山あります, さよう治平と云う, さよう浅草境内から自分, さよう浪江殿と拙者, さよう海岸へおいで, さよう湊川の古戦場, さよう潰瘍ではこれ, さよう濠州の方, さよう瀬多の蜆, さようになりました, さよう無分別もあながち, さよう無残な物語, さよう無論医者の, さようらばが, さよう物質的国土はなしかし, さよう独立的と言います, さよう之松, さように行水, さよう猿橋で捕えた, さよう現実においてさえ作り話, さよう理詰めと云う, さよう生き残った三人の, さよう生れて三十日, さよう用心棒で, さよう田沼侯のお, さよう田沼殿は非常, さよう上げて, さよう申されておりました, さよう申し入れたならばおおよそ, さよう申せば相, さようの日, さよう病人が病名, さよう病気だとの, さよう痕跡がなかっ, さよう百日ばかり運びました, さよう相等ござります, さよう真似事のな, さよう知らぬことに, さよう硝子のかけら, さようからお, さよう競争者でも出来ましたら, さようの橋, さよう筆者の記憶, さよう範覚の尋ね, さようの値, さよう続々と店, さようがある, さよう繁昌させます, さよう置毒です, さよう美男の武士, さよう胡乱な者, さよう致しましょうか, さよう臼杵九十郎という悪友, さよう興味を覚え, さよう航海は無事, さよう芸妓を入れ, さよう草津か大津, さようでございますよ, さよう行なうことによって, さよう行方は不明, さようには清冽, さよう西洋に負けん, さよう見慣れない足跡が, さよう親分にお知らせ, さよう親子とおぼしき, さよう訓んだもの, さよう許婚で, さようのご, さよう讐敵でござる, さよう貝十郎が見かけた, さよう貴所様と同じ, さよう貴殿にお, さよう近藤右門と申す, さよう近頃のよう, さよう送り入れている, さよう逸見氏も存じ, さよう遊ばしまして, さよう遊説を致します, さよう過去のこと, さよう乗と, さよう遺憾ながらあなた, さよう金塊が釣るし, さよう長浜の方, さよう陰謀の仲間, さよう非常な大, さようなんか使わず, さよう願いたいもので, さよう驚きましたよ, さよう骨無しで無ければ, さよう阪郡兵衛な, さよう高山へ参る, さよう鷲見与四郎じゃ