青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ごとく ごとく~ ~ごとし ~ごらん ごらん~ ごろ~ ~さ さ~ さい~ ~さう
さう~
~さうな さうな~ ~さうに さかん~ ~さがし さがし~ ~さき さき~ ~さげ さげ~

「さう~」 4623, 44ppm, 2609位

▼ さう~ (459, 9.9%)

55 つた 21 ふ事 19 ひながら 14 はれると, ふの 11 ふもの 10 つて, はれて, ふ風 8 ふこと 5 ふ感じ 4 つたやう 3 つたこと, つたもの, ふことは, ふと, ふ名

2 [35件] つたけれど, つたま, つてるん, はう, はなけれ, はれても, ひながらど, ひました, ひますの, ひ放つと, ふ, ふすべては, ふと彼, ふので, ふやう, ふわ, ふんだ, ふ人達, ふ声, ふ平和, ふ幻, ふ心がけ, ふ悲し, ふ態度, ふ所, ふ景色, ふ欠点, ふ物, ふ種類, ふ策略, ふ考へ方, ふ言葉, ふ貴君, へばこの, へば僕

1 [193件] つたか, つたかと, つたぜ, つたとき, つたね, つたので, つたよ, つたらいい, つたらう, つたわ, つたんぢ, つちや何, つとく, つとけ, つとつた, て下さる, はうと, はせない, はせるの, はれた, はれたの, はれた場合, はれては, ひかけたま, ひかけると, ひさうである, ひたいの, ひながらかの, ひなさい, ひは, ひましたすると, ひましたよ, ひましてね, ひますから, ひませうか, ひ乍ら手, ひ出さぬお, ひ出されて, ひ切つた, ひ張るから, ひ捨てると, ひ掛けた, ひ放つた, ひ放つて, ひ渡されたこと, ひ聞かせた, ふあなた, ふうち, ふお返事, ふすべての, ふぢやあ, ふとお, ふとお母様, ふとすぐ一人, ふとちやん, ふとの, ふと健ちやん, ふと勇ましく, ふと勝, ふと大沼博士, ふと女, ふと妻, ふと宜道, ふと庄吉, ふと日和下駄, ふと立ち上つて, ふと紙入, ふと給仕, ふと金太, ふと銀色, ふなら頼むだ, ふなり, ふに, ふには, ふのに, ふはなし, ふもんだから, ふもんですからな, ふわたし, ふんだから, ふイズム, ふ一つ, ふ一切, ふ一時逃れ, ふ一面, ふ丁寧, ふ上流, ふ不安, ふ不気味, ふ不法, ふ世の中, ふ事さ, ふ事実, ふ事情, ふ人, ふ人人, ふ位置, ふ使, ふ例, ふ傾向, ふ兄, ふ処, ふ切實, ふ危難, ふ口吻, ふ古蹟, ふ告白, ふ四阿, ふ國, ふ場合, ふ場面, ふ境地, ふ女たち, ふ奴等, ふ始末, ふ姿, ふ家, ふ小説, ふ巧, ふ希望, ふ幸福, ふ弊害, ふ彼自身, ふ心もち, ふ念, ふ思ひに, ふ悧發, ふ情景, ふ意味, ふ愛読者, ふ技巧, ふ掠奪, ふ斷はり, ふ方向, ふ方面, ふ書生, ふ有様, ふ末路, ふ條文, ふ様子, ふ権利, ふ權能, ふ歎, ふ母, ふ気, ふ気ぢ, ふ気分, ふ気持, ふ気持ち, ふ為, ふ無理, ふ父, ふ現象, ふ男, ふ皮相, ふ盛り場, ふ目, ふ空想, ふ立場, ふ紅毛, ふ者, ふ職業, ふ萩原さん, ふ薬, ふ表面的, ふ要求, ふ訴, ふ話題, ふ説, ふ譯, ふ賑, ふ連中, ふ道具, ふ達し, ふ金箔, ふ鋳物師, ふ間違つた考, ふ養育法, へば, へばお, へばさつき私達, へばもう, へば今年, へば何時, へば好, へば子供, へば岡, へば私, へば隣, へるんぢ, やいい, や支那人, や陽気

▼ さう~ (391, 8.5%)

40 つた 38 ふの 29 はれると, ひながら 16 つて 11 はれて 8 ふ風 7 ひました, ひ乍ら 6 ひましたよ, ふもの 5 つたが, ひます, ふ言葉 4 つたん, ふと, ふんだから 3 ひかけて, ふが, ふこと, ふ世事, ふ事

2 [12件] つたこと, つたぜ, つてる, はれたの, はれる, ふ, ふだらうと, ふと私, ふので, ふんだ, ふ人達, へなあたま

1 [128件] つたか, つたさうですよ, つたので, つたよ, つたらいい, つたらしく, つたら向, つたわけ, つたわよ, つちや, つちや何, つちや惡, つちや惡いが, つちや變, つてるの, つとい, つとつた, はせた, はせて, はね, はれた, はれたので, はれつけて, はれても, はれるが, はれる迄, はれる迄も, ひかけたま, ひかけながら, ひきかせた, ひきつて, ひすてて, ひつけたの, ひながらも, ひますから, ひますよ, ひ切られると, ひ放つたとき, ひ終つて, ひ聞かせて, ひ送るの, ふがい, ふことの, ふだけの, ふつもり, ふても, ふてよつた, ふて私, ふとお, ふとこの, ふとそのまま彼, ふとソオル, ふと九鬼, ふと初め, ふと坊さん, ふと女, ふと宇津, ふと熱病, ふと考, ふなよ, ふならあつし, ふなら隨分縛つて, ふなり, ふなり怖, ふのに, ふのよ, ふばかり, ふぺきだつたのだ, ふやう, ふらしい, ふんだよ, ふ上, ふ世間, ふ人, ふ人たち, ふ傾向, ふ器具, ふ外, ふ女, ふ妻, ふ彼, ふ心持ち, ふ感覚, ふ手, ふ方向, ふ方式, ふ橋, ふ激越, ふ異常性, ふ相手, ふ簡単, ふ芸術味, ふ見きはめ, ふ解釈, ふ語り物, ふ語感, ふ迄も, ふ連中, ふ間, ふ領域, ふ類, へ, へば, へばお, へばこの間, へばさ, へばまつたく, へばソンナ話, へば一人, へば一應歸す外, へば三月十二日金曜日, へば五郎次郎, へば今, へば先刻, へば可, へば坊ちやん, へば巽斎, へば彼女, へば祝言, へば私, へば義太夫, へば芝口, へるだらうね, へると, へツ, やあ香代ちや, やはりました, れるから

▼ さう~ (346, 7.5%)

15 すれば 14 した 7 したの, する, するの 4 したが, する光景, 僕は, 思つた 3 いふの, したもの, すると, するもの, 云ふ, 思へば, 知つたら

2 [13件] いふこと, このわたし, して, しなかつた, するよりは, わたしは, 僕の, 妾は, 思つてどうぞ, 氣づいた, 知つてゐたら, 考へて, 言ふ

1 [233件] あしたは, あたしの, あなたたちお, あなたは, あの女, あの忌々しい, あの格子, あんた, あんたもう, いひ尽くされぬ主従, いふん, いふ事, いへば, いや俺, うちの, お光さん, お前は, お前山むかふ, お妹さん, お宗旨, お目出度い, お金は, かういふ一風変つた道, かうして, このグウスベリ, この傾向, この次, これからの, これを, さつきの, したつて, したので, したん, した人, した動機, した古典絵家, した古典繪家, した筈, しつ, しない, します, するたんび, するとき, するには, するので, するのに, するはかなき, するや, するやう, する上野山, する不思議, する人々, する何物, する作家, する埃, する心, する本能, する樣, する樣子, する気, する精密, する者, する聲, する肉慾, する處, する鋭い, そなた, その後ご, その頃私, ただ一人村, ぢやあ, どういふ風, なんだつ, なんの, ほんに詰らない, ぼくは, みんなは, もう二三日, わたしあなたに, わたしも, われわれは, セント, ラヂオ・ドラマも, レヴチェンコは, ヲダハラの, 七時に, 万五には, 三月二十二日も, 乘る, 二人の, 云はれた, 云んです, 今日の, 今日私買物の, 今晩は, 今朝は, 住居不定の, 佐佐は, 何なら, 信じかねて, 信じら, 俺の, 俺は, 先生は, 先生方そんな, 八あれは, 冬和服に, 分つて, 力めた痛ましい, 力め乍ら, 努めた, 努めたが, 努めたの, 努力した, 勘付きまし, 勘付けど, 勝手に, 千久馬君は, 叔母に, 君が, 君は, 告げる筈ぢ, 土屋君いよ, 外は, 大庭常子は, 妻は, 子供の, 学校は, 家の, 小川正子女史の, 少しは, 己の, 帰つて来た, 御出發, 御祝言, 御腹, 御飯は, 忘れない内, 応待中主人は, 思うたが, 思つ, 思つたが, 思つたつて下宿屋ぢや, 思つたのだ, 思つたのです, 思つた所を, 思つても, 思つてや, 思つてゐ, 思つてゐる, 思はないの, 思ひ立つた覺書, 思ふ, 思ふこと, 思ふなら, 思ふの, 思ふよ, 戯曲家山本有三の, 打つけ, 承諾した, 折角の, 押入を, 敷島さんは, 断言する, 斯うし, 斷定も, 斷定出來ません, 日本では, 日本にも, 晩飯の, 最近あなたにも, 有り体に, 村瀬は, 柿田さんを, 極つたら, 極めるには, 正直には, 此度は, 此間の, 母たいさう, 氣が, 氣に, 決めかかつて, 油は, 流れ星が, 照ちやんは, 猥雑なる, 申出したの, 疑を, 相談し, 真船豊の, 瞞される, 知つては, 知つても, 知つて頭を, 知らず離縁, 知らせない時代, 知りつつ, 石原の, 私が, 私の, 私は, 私も, 稽古の, 答へ, 純ちやん, 続いて, 職域奉公即ち, 肉体的健康は, 背中と, 致しましたが, 薬に, 裏も, 西班牙つて實に, 要点は, 言つ, 言つた考へから, 言ひ, 計画中だ, 試みその, 試みた本, 論文は, 諦めてでも, 諸君の, 貴方これから, 貸家も, 鈴村博志は, 雑誌, 雲の上, 靴には, 饅頭を, 馬鹿に, 駁論の

▼ さう~ (221, 4.8%)

91 あつた 39 せう 13 あらう 7 あらうが 6 あらうと 5 あつた如く 3 あつたらう, あつたり, あらうとは 2 せうとも, 言へ

1 [47件] あつたせゐ, あつちや, あらうか, あらうけれども, あらうこと, あらうだが, あらう二十年, あり得ると, ござりまする, せうあなた, せうか, せうが, せうけども, せうけれど, せうけれども, せうそれ, せうてなあ, せうな, せうね, せうねえ, せうほん, せうもう, せうマリオ, せう一緒, せう五郎さん, せう千種さん, せう大野さん, せう第, せう設, せう雀部さん, なけにや, なしに, ならないと, ならなかつた, ならぬぢ, ならんから, なりませぬ何卒, なりませんでした, ゐて, 何も, 出來, 可け, 堪らなくなりました, 堪らなくなる, 御在, 泣いてるの, 逢へ

▼ さう~ (186, 4.0%)

18 思はない 10 行かない 6 いかない, 思ひません 5 行きません 4 思つても 3 云ふも 2 いかなかつた, いきません, いふものの, 云は, 思つた, 思はれぬ, 思ふが, 行かないの, 行かん, 行くまい

1 [114件] いかずしよつちゆう泣き言, いかないぞ, いかないよ, いかなくなつ, いかぬ, いかぬが, いかぬと, いかぬところ, いかねえや, いかんと, いかんやう, いはないで, いふもの, いへまいのう, させません, したくないんでね, して, しないで, つきりわか, とれまい, ならずその, ならん, なりたくない, なれないもの, なれん, ゆかない, ゆかない一, ゆかなかった, ゆかぬ, ゆかぬて, ゆきませんでしたね, ハリキれない, 一寸出來まい, 一應頭の, 不可ぬ, 云つた, 云つて置いた, 云へ, 信じなかつた, 出來, 利かんさ, 参らぬ, 参らぬぞや, 參りません, 口に, 可哀, 問屋が, 問屋で, 容易に, 往かない, 思うて, 思つてる, 思つてゐた, 思つてゐない, 思つて居りませぬ, 思はないかい, 思はないの, 思はないわ, 思はないん, 思はない不幸, 思はない半信半疑, 思はない既に, 思はなかつた, 思はぬ, 思はぬであらうか, 思はれなかつた, 思はれませんか, 思はん, 思ひながら, 思ひながらも, 思ひませぬ, 思ひませんか, 思ふ, 思へないなあ, 思へない千家氏, 思へなかつた, 断定しない, 書けない, 書けなかつた, 概括し, 歩けも, 歩ませまいと, 治らぬ夜, 理窟で, 簡単に, 考へさせないもの, 考へませんか, 考へられない, 考へられまい, 聞いたが, 行かず次々, 行かないもの, 行かないよ, 行かない求めても, 行かなかつた, 行かぬ, 行かねえな, 行かねえよ, 行かんぢ, 行きさ, 行きませんよ, 見えなかつた, 覚悟し, 角力へ, 言つた, 言ひ, 言ひよらん, 言ひ得ない, 言ふも, 言へ, 赦されない, 身体が, 間に, 飮めない

▼ さう~ (175, 3.8%)

10 言つた 3 して, 云つた, 違ひない, 首を

2 [15件] いひました, かう云, ちよいと, 叔父の, 尋ねた, 春三郎の, 眺めて, 空二を, 立つて, 笑つた, 見えた, 言ひました, 訊いた, 青丸, 鼻を

1 [123件] あんな女, いふ, うつむいたま, うなると, おさ, お夏, きくと, ぐつと一と, ぐつと顎を, こつちの方, こんなこと, さう云, さう言つて盤, しかも緊張, した, するの, それでもむり, それに, それを, ちが, ながながと, なつた, なるの, なる声, ぶるぶるふるへ, ほほ笑んだ, やさしく訊ねた, ゆれこぼれんばかりの, 一つの, 三田を, 両手を, 主人の, 云つてる, 云ひ, 云ひました, 云ふ, 人聲が, 促し立てた, 偏に鮨, 傍に, 内証で, 凝と, 出して, 又冷笑的, 口を, 叫びました, 呟いた, 唯つい通り, 唸るばかり, 大小の, 娘聟の, 宇津を, 小走りに, 平次に, 引返へ, 彼の, 彼は, 彼を, 彼女の, 彼女は, 後ろから, 後ろの, 思つた, 思はれる, 思はれるだけ, 思ひ乍ら, 思ふ, 扱いて, 持つて, 指で, 斯う, 木々の, 木節が, 様子を, 止めるの, 正吉を, 浮ばれまいぜ, 演じて, 澄んで, 煙を, 申しました, 眼を, 短い腕首, 示す書畫帖, 私に, 空を, 立ちあがりました, 笑つたものだ, 笑つて, 答へ, 細君の, 縁側から, 美しい眉, 美緒を, 義雄に, 聞いて, 聞きました, 聲を, 背中をか, 胸を, 腕組みを, 膨らむだ懐中, 自分の, 蒲團から, 見せて, 見た, 見ま, 見張つた, 覗きました, 覗くの, 言つた言葉も, 言ひ, 言ひかけた, 訊くと, 貌を, 近寄つて, 違ない, 雛児を, 順吉の, 頷きました, 首について, 鳴いて, 默讀した

▼ さういふ風~ (111, 2.4%)

11 にし 3 にお 2 な考, になつ, に僕, に出来, に思ふ, に教, に考へ, に言, に言つたの

1 [79件] が起つ, であつ, である, でなし, で思潮, ないろいろ, なこと, な仕組, な味, な彼, な状態, な男, な神さま, な考えかた, に, にあつ, にきこえた, になつて, にならなけれ, になり, にむき, にもつれあ, にわるく, に仕上げる, に仰, に作つて, に刺戟, に向, に君, に否定, に呟く, に命じてる, に外, に大神宮, に子規, に密接, に寛い, に専門化, に度々, に引つける, に思つたの, に思つて, に思はせられ, に思ひこみたくなる, に意志, に感じ, に感ぜられ, に或, に教育, に整頓, に旅, に日増, に時代, に柄杓, に極められぬ, に歌, に死んだ, に物, に理解, に真似る, に空間, に童貞, に考へられ, に考へられる, に育てられ, に自分, に船, に行, に見える, に見る, に言つて, に讀み, に變調, に資本家, に身, に運命, に隠したい, に食, をなさる

▼ さう言つて~ (105, 2.3%)

6 ゐた 4 ゐるの 2 よ, ゐたよ, 居ましたよ, 置いて

1 [87件] あの不幸, あるから, うんと笑, おくれ, おくれうち, おね, お在, お葉, お霜婆さん, からいた, からバサウリューク, から今度, から先刻, から祖父, から私, けれどもお, こくり, こぼして, しまつたか, そのひと, そのままお盆, その人, それからまたヴァンデラー夫人, た, たな, た言葉, は何, は困る, は濟, ひどく硬, ふと立ち上り, まだ手, やつたの, やつて, やらう, やるが, やると, やるの, やれ, よく革, よろよろした, ゐたつけ, ゐたと, ゐた後, ゐた風早さん, ゐましたが, ゐましたよ, ゐますよ, ゐるから, ゐるん, ゐる様, ゐる間, 下さつたので, 下さらないと, 下すつたん, 促した, 出て, 呉れないぢ, 固く逢, 少し後, 少し早午, 少らく椅子, 居たよ, 居ました, 居ましたが, 居りました, 居ります, 居る, 居るぜ, 居るよ, 居る確か, 居れど, 引渡して, 本当に頼ん, 来て, 止めるもの, 歩くと, 泣き喚かずには, 直ぐお茶, 絶え入るやう, 織匠, 置く, 老主婦, 聞かせた, 誘ひ入れて, 起きて, 遣つたらさあ

▼ さういふ~ (86, 1.9%)

4 思ひが 3 考へ方 2 であらう

1 [77件] おもしろさ, お心掛け, からそれ, が早い, きざしを, きつかけ, このお家, すぐれた力, そして感, だいまいの, だけである, とツル子, と顔, と鶴子, のどけさ, むつかしいの, ものぢ, やさしいこと, より仕方, より言葉, 一々の, 乏しい時世, 低い声, 冷たいもの, 冷たい眼, 冷めたさ, 勝れた凧, 古い文語, 古い種族, 古ぼけた京都, 呟きを, 呼び方, 図太い了見, 大膽さ, 好さ, 尊い鳥, 強い印象, 御氣性, 御目附, 御考, 怖れ, 思ひは, 思ひを, 思ひ出, 恐ろしい行爲, 悲しむべき位置, 我慢強さ, 撰び方, 新しい癖, 新しい習慣, 新しい變化さ, 新社會, 旧い名家, 旨い者, 本當, 正しさ, 死に方, 深い越ゆ, 焦, 焦れつたさ, 疑ひを, 白いもの, 目立つた活動, 知らない部分, 短かい, 細かい夜, 美しさ, 老僧, 薄汚い話, 詳しい事, 諸篇, 重々しい慟哭的, 重い病気, 重苦しい心, 際どいところ, 非度, 面白くない

▼ さう~ (75, 1.6%)

18 うして 5 知ら 3 それは 2 ぢや, やつぱりさうだつたのか, 今日は, 知らと

1 [41件] あつち, あの友達, あれが, うま, え, この面, これは, さう, さうい, さうなの, さくも, そいつあ, そこい, そこでお産, それでは俺, それでは見, そんなら, そんな事, たあ, でも, どうか, よし面白, ツて, 一寸と, 丁度往診, 二十二ね, 人類ぢや, 仕方が, 何う, 何だか滅多, 又か, 君の, 否かも, 呉葉は, 失敬, 意識しない, 矢張君はくは, 知らなかつた, 知らん, 私は, 結婚した

▼ さうでも~ (72, 1.6%)

7 しなければ 4 なかつたが 3 して, なかつた 2 あらうが, ありませんがね, あるまい, しないと, しなきや, ないか, なくちや, ねえが, 言は

1 [37件] あつたらう, あらうけれど, あらうと, あります, ありますまい, ありませんけども, ありませんでした, ありを, あり一, あるまいがと, あるまいぜ, あるまいと, お母アさん, ございませうが, ございませんでしたが, しないこと, しなかつたら承知, しなけりや, するより, ないかな, ないかね, ないだらう, ないで, ないので, なかつたか, なかつたけれど, なかつたよ, なかつたらしいが, ねえけんど, やはり女, 主義は, 為なく, 申さなければ, 考へて, 能が, 言へば, 飼はんものには

▼ さう云つて~ (68, 1.5%)

3 ゐるの, 呉れ 2 ゐる, 呉れたが, 見た

1 [56件] あるん, お呉れ, から, くれ給, ずん, その男, にこ, は祖父, ましたの, ましたよ, また小切れ, も決して, も源, も駄目, やるかな, よあたし, るよ, わざと自分, ゐた, ゐたから, ゐたぜ, ゐたわ, ゐた母, ゐました, ゐましたつけ, ゐるから, ゐるやう, ゐる中, ゐる時くら, 一寸聲, 上げるわ, 借りたんぢ, 凝と, 力づけるもの, 取り寄せて, 呉れた, 呉れたこと, 呉れる事, 居る, 急がず騷, 明るい晝間, 来たよ, 歩きだすと, 渡すと, 然し酒, 白い蚊帳, 立ち上つた, 聞かせた, 腰掛けさせました, 見ろよ, 訊くと, 話すと, 走つて, 走りかけて, 近づいて, 頼んで

▼ さうかも~ (67, 1.4%)

22 知れない 6 知れません 5 知れないと 4 知れぬ 3 知れませんね 2 知れないが, 知れないな, 知れないわ, 知れぬと, 知れん

1 [17件] しれない, しれないしかし, しれないと, しれないわ, しれぬ, しれませんが, しれませんね, しれん, 知らないが, 知れないさ, 知れないそれなら, 知れぬが, 知れぬとは, 知れませが, 知れんと, 知れんどうせ, 知れんな

▼ さう思つて~ (67, 1.4%)

5 ゐた 3 ゐる, ゐるの, 居た 2 ゐたの, ゐるやう

1 [49件] いらつしたの, お在, こんな山, さぞ恨ん, ただ單純, たのよ, はゐる, は熟, は見る, も子供, も彼, やつたの, らしつて, るやう, る許, ゐたか, ゐたに, ゐたん, ゐた訳, ゐますの, ゐますのよ, ゐら, ゐられるには, ゐること, ゐるさ, ゐるため, ゐるよ, ゐるらしかつ, ゐるわ, ゐる者, ゐる間, をりました, 出来る限り, 堪らない後悔, 大きな二日月, 宜い, 居ます, 居りましたが, 居るから, 居るが, 悲しが, 見たの, 見て, 見ると, 見る故, 見れば, 見上げた空, 訊き返し, 追ひ立てられ

▼ さう~ (58, 1.3%)

22 やない 9 やありません 64 やア 2 して, やが, や無い

1 [11件] やありますまい, やあるまい, やあんめ, やがな, やつた, やと思う, やな, やなく, やに早く, やナ, や近い

▼ さう~ (54, 1.2%)

16 つし 6 思ひに 4 答へ 3 言ひ 2 きみへ, もつて

1 [21件] いひ, いひで, ききに, きみは, たづねに, もひ詰めた, もふてゐ, 云ひ, 云ひかな, 互に憎ん, 信じなさるん, 信はんは, 思ひんか, 末は, 由が, 祖母さまも, 見えに, 言ひです, 言ひ棄て, 謂ひだから, 願ひしたい

▼ さう~ (49, 1.1%)

24 つた 3 つたが, つたこと, つたね 2 つたので, つたわ

1 [12件] つたきり, つたつて, つたとたん, つたもの, つたよ, つたら嬉し, つたりなんぞ, つたん, つた途端, つて, つてる, つてるん

▼ さうとは~ (37, 0.8%)

2 思はない, 知らずに

1 [33件] しない, しなかつた, しなかつたの, つきり解, つきり言, ゆかないが, ゆふまぐれ, 一言も, 云は, 云はれぬ, 八五郎思ひ, 取れない, 存じながら, 存ぜず私, 思はないそれ, 思はなかつたらう, 思ひませんが, 思ふまい, 思へないん, 極めか, 気が, 知らず, 知らずつい, 知らず富公, 知らず暫時, 知らず隨分, 知らない, 知らないから, 知らなかつた, 知らぬ秀吉, 考へて, 考へなかつたので, 言へ

▼ さういふ事~ (34, 0.7%)

4 があつ 2 がある, になる, を言

1 [24件] がなくなりました, が出, が出来る, が少く, が幾度, が盛, が解るでせう, にかけてはひどく, にした, には余程, に慣れ, はあまり, はご, も分つ, をお, をする, をちつ, を事こまか, を云, を好まない, を必要, を志す, を懸命, を聞く

▼ さうとも~ (32, 0.7%)

3 せられなかつた, 言へ 2 しなかつた, 知らずに

1 [22件] しないばかりか, しない氣風, しない程, しなかつたこと, しなかつたの, しません, しませんでした, せず俯向, せず彼女, せず斯, せず言葉少な, わたしの, 思はれませぬまた, 気の毒が, 決しかねて, 知らずジウラ王子, 知らず刺身庖刀, 知らず茂作, 知らないで, 知らない若い, 見られる程, 限りません

▼ さういふ意味~ (29, 0.6%)

3 のこと 2 ではなく, に於, のもの

1 [20件] から全部, が幾島, だと, でそれぞれ, でないので, での呼吸ぬき, での生活, で使用, で利用, で卑俗, で恰度現在日本, で決して, で言つたの, で造形性, において旧, の一条, の彼等, の記録, を明らか, を汲ん

▼ さう~ (29, 0.6%)

62 う云

1 [21件] いま二晩ばかり, うあの, うあれ, ううち, うこ, うさ, うさつき, うそれから, うそれで, うだとも, うだ笛, うまくやつ, うイブキジヤカウサウさ, うレオポール君, う先日, う年齢, う御馳走, う此処, な, 眞とは, 英吉利人は

▼ さう~ (25, 0.5%)

2 あれへんが, おまへん, つてゐ, つて何とか話付け

1 [17件] つてお客樣が, つては, つてふざけ散らし, つてゐた, つて一巡する, つて一年間に, つて何時を, つて土蔵へ, つて居, つて崩壞し, つて心もちの, つて提灯を, つて時間を, つて窓に, どこで, ないか, わしも

▼ さう~ (24, 0.5%)

8 へた 2 へました, へると

1 [12件] へさ, へざる, へてゐる, へて今度, へて純, へて葉藏, へながらヒーヴリャ, へながら夫人, へながら教父, へる, へること, へ落書

▼ さういふ人~ (22, 0.5%)

2 がゐる

1 [20件] こそ眞, だよ, でありました, です, ではない, とはまるで, なの, になれん, に使, に出, に絶対迷惑, のため, の好い, は沢山, もある, も応, を妻, を羨ましく, を見受ける, を通じて伝へられ

▼ さういふ話~ (22, 0.5%)

2 をし, をした

1 [18件] から歌舞伎, があつ, がある, がすぐ, がなかつた, が出た, になる, のある, のしかた, の折, は出る, をある, を幾つ, を注入, を私, を聞い, を聞いた, を聴い

▼ さうとして~ (21, 0.5%)

4 ゐる 2 ゐるの

1 [15件] いつの間にか夏, ゐた火, ゐるなんて, ゐる時, 僕は, 大立廻りと, 彼も, 急に, 懶い臀, 戯弄する, 持つて, 故意に, 梯子段から, 蟇の, 道法の

▼ さう~ (20, 0.4%)

1 [20件] いぢけた顔, しを, つてしまつたのである, つて居る, つて行く, のんびりした, 人柄では, 人生の, 厳格な, 唯の, 姿を, 安川の, 懷手の, 朗らかな, 毒にも, 看板だつた, 自分を, 見込みも, 風采で, 鴉が

▼ さう大して~ (19, 0.4%)

1 [19件] すぐれて, ひどい方, 上等の, 多くを, 大きいもの, 年を, 振つた文学, 明るくない, 深いところ, 深いとは, 深い山, 深くは, 深く積ら, 減りませんから, 畸人とも, 苦にも, 誇るべきもの, 違ひ, 難かしい

▼ さういふ時~ (17, 0.4%)

1 [17件] おつぎ, がある, が来ます, が来る, その日, にいつも, にはいつ, には又, には幻術, には病氣, には驚く, に出, に魅, の先生, の顔, は暗い寂しい, もある

▼ さう~ (16, 0.3%)

1 [16件] あたしの, い, こつち, さう, さうだ, しつかりした方, その日暮し, それで, はじめやつぱり見本を, 二言目には, 云つ, 今, 何と謂, 時代が, 私は, 私も

▼ さう~ (15, 0.3%)

2 云へ

1 [13件] ありません, ありませんし, ありませんよ, ない三十男, ない人間, ない感情的, ない男, ならず小, 思はないがね, 無いね, 無い爺, 無い額, 言へ

▼ さう~ (15, 0.3%)

3 がつく, 附くと 1 がつい, がついた, が付い, が付いた, が注, が附いた, にならない, 附きましたが, 附けば

▼ さういふ生活~ (14, 0.3%)

2 が自分

1 [12件] があつ, として完成, にこそほん, について母, に疲れ切つ, は想像, へ私, をもつ, を仕, を生き, を繰り返し, を續

▼ さう~ (14, 0.3%)

3 てるところ 2 てると, ます 1 つけて, てかたま, てくづれる浪, てるあなた, てるうち, てる処, ますつて云つたの

▼ さうまで~ (14, 0.3%)

3 して 2 いはれると 1 されて, 云ふ, 人気を, 仰し, 甘やかすの, 自分に, 言はれる, 言ふ, 言ふくらゐなら

▼ さう言つたの~ (14, 0.3%)

5 も無理 2 である 1 かお前, か分らない, が始まり, ですもの, はそれ, は矢ツ張り眞個, を私

▼ さう~ (13, 0.3%)

2 ほんとに

1 [11件] あたしいつまでも, あたしな, かうなり, きつと, つて云つたの, んだ, ジエィン, 不思議よ, 田舎は, 若し有つたら, 貴方と

▼ さう~ (13, 0.3%)

1 [13件] がさつき語つた階段, なども始め, に囁く, はいつ, はうまれ, はその, はたしかに案外, は君, は團子, は心, は思つて, は此, を視

▼ さういふ声~ (12, 0.3%)

1 [12件] がうしろ, がざはめきの中, がやつ, がイワン・フョードロ, が彼, が微か, が戸外, でありたい, といつ, と共に女, にも知り, を幻聴

▼ さうとしか~ (11, 0.2%)

2 思はれないの 1 わたしには, 思はれない, 思はれません, 思へないこと, 思へなかつた, 思へぬほど, 考へられなくな, 見えなかつたに, 見られなかつた

▼ さう~ (11, 0.2%)

1 [11件] はあたり, はこ, はひとりごと, は云, は人間らしく, は歯, は答, は考へた, は言, は辺り, れは

▼ さう云つたの~ (10, 0.2%)

1 ですが, でなければ, に對, に變, は私, は附添, も全く, よ早く, を源吉, を駿介

▼ さう思つた~ (10, 0.2%)

2 だけで 1 かも知れない, が相手, だけである, だけな, であらう, といふ, に過ぎない, ばかりでなく

▼ さう決心~ (10, 0.2%)

3 して 2 した 1 したの, した事, しながら, すると, をつけ

▼ さう遠く~ (10, 0.2%)

1 ない, ないから, ない場所, ない小高い, ない港, はあるまい, はない, へ引かない, へ送る, 離れて

▼ さういふ心~ (9, 0.2%)

1 が残つて, に成つたの, のまとまり, の境, の時機, の空虚, は男, をかたちづくる, を持たぬ

▼ さう云つた~ (9, 0.2%)

2 と云, 迄で 1 と云つて, と語つて, はかなさそのもの, もの, ものさ

▼ さう思つたの~ (9, 0.2%)

2 だ, である 1 お庭, かを自分, であらう, でございます, よ

▼ さういふ名~ (8, 0.2%)

2 であつ 1 が出た, であ, になつて, のお子さん, のお寺, の人

▼ さう云つて彼~ (8, 0.2%)

2 の父 1 はちよ, は急, は肱掛椅子, は茶の間, は鍵, は馬

▼ さう多く~ (8, 0.2%)

1 あるまいと, ない, なかつた, はあるまい, はなく, は見, 口に, 殘つてゐない

▼ さう簡単~ (8, 0.2%)

1 にあきらめる, にはいかん, には行きません, にひとり, に使, に考へられ, に説明, に逃げ出し

▼ さうあの~ (7, 0.2%)

1 おやぢ, 二つの, 人は, 女を, 子が, 時刻, 聖天樣男女兩體の

▼ さういふふう~ (7, 0.2%)

2 にし 1 にしかその, にもとらず, に作られる, に考へた, に自分

▼ さういふ処~ (7, 0.2%)

1 がある, が見え, に現, に行き, に達し, へ出入, まで来

▼ さういふ形~ (7, 0.2%)

1 からやはり, でおの, で生き, になつて, にまで大きく, の雲, をとらう

▼ さういふ点~ (7, 0.2%)

2 に触れ 1 が解決, で人間, にもあつ, に於, をこの

▼ さうだに~ (7, 0.2%)

1 しねえでも, 厭な, 押廻すな, 減る程, 荷厄介に, 飮むべぢや, 騷ぎやがつて五月繩え

▼ さうといふ~ (7, 0.2%)

1 世にも恐るべき, 仕組みで, 努力を, 息込みで, 敵の, 欲望が, 考への

▼ さう大した~ (7, 0.2%)

1 ことでも, ことも, 区別の, 慾望では, 懸隔は, 變り, 違ひ

▼ さう言つた~ (7, 0.2%)

2 でせう 1 からそれ, だけぢ, といふ, と笹野, 無氣味

▼ さう言つて來~ (7, 0.2%)

4 たの 1 たよ, ました, るが

▼ さう言つて彼~ (7, 0.2%)

1 が節くれだつた, の前, はしやん, はその, はひたと, は彼女, は悪魔

▼ さうある~ (6, 0.1%)

1 ことによ, のを, もんぢや, やうに, んだ, 人々は

▼ さういふ仕事~ (6, 0.1%)

1 がある, が幾ら, にそんなに, に興味, の一つ一つ, をし

▼ さういふ問題~ (6, 0.1%)

1 が起る, に熱心, も加, も醫者, を一つ提供, を考察

▼ さういふ場合~ (6, 0.1%)

1 うるさくなつ, に, には泣かず, に実際, の事, は起きない

▼ さういふ道~ (6, 0.1%)

2 を踏まない 1 に激しく, を幾曲, を憎ん, を行かね

▼ さうかと~ (6, 0.1%)

1 云って, 思ふと, 思ふやう, 思案した, 漸く純, 苦が

▼ さうそれ~ (6, 0.1%)

1 が君, はまだ, は一羽, は大層, は正しい, は確か

▼ さう挨拶~ (6, 0.1%)

2 して 1 した, の代り, をくり返し, をし

▼ さう~ (6, 0.1%)

2 の付いた 1 が咎める, づいて, のつく, 取らないの

▼ さう沢山~ (6, 0.1%)

2 はあるまい 1 はない, は持つ, は生え, 無いよ

▼ さう深く~ (6, 0.1%)

1 ないところ, ない従つて, はお, は切り込めない, 恋といふ, 知つてゐる

▼ さう長く~ (6, 0.1%)

2 は續 1 そこに, 居なければ, 待つには, 持つて

▼ さういふ人達~ (5, 0.1%)

1 がゐ, に見せ, のまん中, の會合, も私達

▼ さういふ君~ (5, 0.1%)

1 の手, の氣持そのもの, をのぞむ, を憎みはじめた, を發見

▼ さういふ所~ (5, 0.1%)

1 から出た, がある, にある, にはない, に止まつ

▼ さうやつ~ (5, 0.1%)

2 てゐる 1 たわ, て上げる, て靜

▼ さう云つて彼女~ (5, 0.1%)

1 の顔, は先, は家, は猶, は静か

▼ さう~ (5, 0.1%)

1 をかけ, をかけた, をかける, を掛け, 高く叫ばず

▼ さう大きく~ (5, 0.1%)

1 ありませんね, ない稲荷, ない頭髪, なつて, はない

▼ さう心配~ (5, 0.1%)

2 して, すること 1 するにや

▼ さう思つて私~ (5, 0.1%)

2 は心底 1 は不気味, は微笑, は藤田

▼ さう悪い~ (5, 0.1%)

1 人ぢや, 影響を, 感情を, 気持では, 顔だちで

▼ さう早く~ (5, 0.1%)

1 あんなに慣れ切, きまりの, は行かなかつた, 兩親に, 行くもん

▼ さう言つて教~ (5, 0.1%)

2 へてくれた 1 へてくれました, へてやれ, へられた

▼ さういふ方~ (4, 0.1%)

1 がお母さま, には喧しい, のやう, の人

▼ さういふ経験~ (4, 0.1%)

1 おあり, などをも考へ, はない, をだれ

▼ さうかなあ~ (4, 0.1%)

2 ここが 1 あのひと, さうだつ

▼ さうこの~ (4, 0.1%)

1 リヴィエェルといふ, 人生である, 土地に, 家の

▼ さうとばかりも~ (4, 0.1%)

2 云へ 1 行かぬやう, 言ひきれず

▼ さう~ (4, 0.1%)

2 やうで 1 やうだ, やうである

▼ さうばかり~ (4, 0.1%)

3 では 1 でも

▼ さう云つて遠野~ (4, 0.1%)

1 が不意, は強く, は笑, は道助

▼ さう~ (4, 0.1%)

2 の中 1 ばしつ, を入れた

▼ さう~ (4, 0.1%)

4 深く溜め息

▼ さう容易く~ (4, 0.1%)

1 捕まるやう, 棄てたくも, 死ぬもの, 行く藝當ぢ

▼ さう~ (4, 0.1%)

2 亭主に 1 親切に, 迷惑に

▼ さう~ (4, 0.1%)

1 のうち, の中, の底, 易う話せる

▼ さう~ (4, 0.1%)

3 輕に 1 輕には

▼ さう~ (4, 0.1%)

2 へた 1 へてある, へるある種

▼ さう易々~ (4, 0.1%)

1 たる事, とは行, と仕遂げられる, と運ばれる

▼ さう確か~ (4, 0.1%)

2 に其時 1 な見込, に斑猫蕪作先生自身

▼ さう~ (4, 0.1%)

1 へさせる, へついた, へ出す, へ自分

▼ さう説明~ (4, 0.1%)

2 して 1 した, するの

▼ さう~ (4, 0.1%)

2 はない 1 ひの, ふなら違

▼ さう~ (3, 0.1%)

1 たまから, つては, つても

▼ さうあつ~ (3, 0.1%)

1 たから, たよ, て欲しい

▼ さういふ一人~ (3, 0.1%)

1 だつたの, であるべき筈, であるらしい

▼ さういふ噂~ (3, 0.1%)

1 はともかく, はもう, を聞い

▼ さういふ家~ (3, 0.1%)

1 が二三軒, に出入り, に立つた

▼ さういふ目~ (3, 0.1%)

1 にあ, にあふ, にはこた

▼ さういふ空想~ (3, 0.1%)

1 に耽り, に走る, をも何處

▼ さういふ結果~ (3, 0.1%)

1 が生じる, になつ, を招いた

▼ さういふ表現~ (3, 0.1%)

2 を用 1 をし

▼ さういふ要求~ (3, 0.1%)

1 が皆無, を心, を持つ

▼ さういふ訓練~ (3, 0.1%)

1 がない, も伝統, を与へよう

▼ さういふ運動~ (3, 0.1%)

1 から転向, があつ, に投じた

▼ さういふ間~ (3, 0.1%)

1 にもじ, に循環, に會つた人々

▼ さういふ類~ (3, 0.1%)

2 ひの 1 のもの

▼ さううまく~ (3, 0.1%)

1 ならなく, 行くとい, 行くもの

▼ さうおも~ (3, 0.1%)

1 ふだけ, ふと涙, ふと途端

▼ さうおれ~ (3, 0.1%)

1 あことし三十七さ, は考へた, は言

▼ さうかしら~ (3, 0.1%)

1 あたくし, ひやかしちや, んと

▼ さうかな~ (3, 0.1%)

21 ちつと

▼ さうかね~ (3, 0.1%)

1 大きくな, 尾山清之助先生の, 成行きの

▼ さう~ (3, 0.1%)

1 ない, のんだくれにな, 温室の

▼ さうざら~ (3, 0.1%)

1 にあらう, にある, にはゐない

▼ さうぢやつ~ (3, 0.1%)

3

▼ さうとしても~ (3, 0.1%)

1 それがさ, 水車小屋の, 泡鳴式の

▼ さうとでも~ (3, 0.1%)

2 云ふより 1 するやう

▼ さうばかりは~ (3, 0.1%)

1 云はれぬ, 行かぬ, 言はれない

▼ さう~ (3, 0.1%)

1 いつか来, こないだ雑誌で, それでも此金貨

▼ さう判断~ (3, 0.1%)

2 して 1 した

▼ さう叫び~ (3, 0.1%)

1 つづけた, 出した, 出すなり

▼ さう~ (3, 0.1%)

1 鳴りながら, 鳴ると, 鳴るバサウリューク

▼ さう富之助~ (3, 0.1%)

1 が思, が思ふ, は考へた

▼ さう思つて彼~ (3, 0.1%)

1 は怖, は清々, は自分

▼ さう悪く~ (3, 0.1%)

1 ないさ, ないと, は育つ

▼ さう注意~ (3, 0.1%)

1 されたこと, した, した時

▼ さう~ (3, 0.1%)

2 ひながら 1 ひ度い

▼ さう自分~ (3, 0.1%)

1 で申しました, で自分, の事

▼ さう言つて祖父~ (3, 0.1%)

1 は壺, は眼, は腹立ちまぎれ

▼ さう高い~ (3, 0.1%)

1 山が, 方で, 會費を

▼ さうあなた~ (2, 0.0%)

1 だつたらこの, は云

▼ さうあらう~ (2, 0.0%)

2 筈が

▼ さういい~ (2, 0.0%)

1 のを, 地位には

▼ さういくつ~ (2, 0.0%)

2

▼ さういふ一種~ (2, 0.0%)

1 の假死, の浪漫的反語

▼ さういふ一面~ (2, 0.0%)

1 もあ, もある

▼ さういふ不安~ (2, 0.0%)

1 が蟠まつ, に思ひ

▼ さういふ二人~ (2, 0.0%)

1 の向う見ず, の戀

▼ さういふ人たち~ (2, 0.0%)

1 のおかげ, を採用

▼ さういふ努力~ (2, 0.0%)

1 も吝, をし

▼ さういふ動作~ (2, 0.0%)

1 をし, を間断

▼ さういふ困難~ (2, 0.0%)

1 がある, が出

▼ さういふ国~ (2, 0.0%)

1 であるから, のやう

▼ さういふ型~ (2, 0.0%)

1 に嵌, の男達

▼ さういふ役~ (2, 0.0%)

1 に遭遇, を振られる

▼ さういふ彼等~ (2, 0.0%)

1 と同じ, をつく

▼ さういふ心がま~ (2, 0.0%)

1 へで生き, へで生活

▼ さういふ性分~ (2, 0.0%)

1 であるらしい, に生れついた

▼ さういふ意図~ (2, 0.0%)

1 だけは示された, は持つ

▼ さういふ意見~ (2, 0.0%)

1 を信じない, を発表

▼ さういふ意識~ (2, 0.0%)

1 で観察, のなか

▼ さういふ時ちよ~ (2, 0.0%)

2 つと我慢

▼ さういふ柄~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ さういふ歌~ (2, 0.0%)

1 を作らう, を歌

▼ さういふ決心~ (2, 0.0%)

1 をした, を裏切つ

▼ さういふ特殊~ (2, 0.0%)

1 なもの, の風俗

▼ さういふ癖~ (2, 0.0%)

1 である通り, に最初

▼ さういふ研究~ (2, 0.0%)

1 はし, も専門家

▼ さういふ約束~ (2, 0.0%)

1 がある, を母

▼ さういふ絵~ (2, 0.0%)

1 があり, を見せられる

▼ さういふ観察~ (2, 0.0%)

1 は出来ない, をしまし

▼ さういふ質問~ (2, 0.0%)

1 の追求, をした

▼ さういふ面~ (2, 0.0%)

1 から指摘, の有益

▼ さういふ頼り~ (2, 0.0%)

1 ない文子, ない状態

▼ さうお話し~ (2, 0.0%)

1 いたした事, しなくちや

▼ さうかしらと~ (2, 0.0%)

1 思ふだらう, 考へた

▼ さうかとも~ (2, 0.0%)

1 思つた, 言は

▼ さうかねえ~ (2, 0.0%)

1 そりや, まだ小学校

▼ さうがたがた~ (2, 0.0%)

2 鳴るんだい

▼ さうけち~ (2, 0.0%)

1 な催促, な店

▼ さうさな~ (2, 0.0%)

1 五抱も, 矢張り唯物論者と

▼ さうすると~ (2, 0.0%)

1 もう聞かせないで, 僕は

▼ さうその~ (2, 0.0%)

1 なかの, 通り

▼ さうでもな~ (2, 0.0%)

1 ささうで, ささうである

▼ さうとばかり~ (2, 0.0%)

1 はいへ, 私信じ

▼ さうとばかりは~ (2, 0.0%)

1 云へ, 思はない

▼ さうなぞとは~ (2, 0.0%)

1 今日迄, 思ひめさるな

▼ さうひと~ (2, 0.0%)

1 びとはいまも信じ, りつきり呑気に

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 の自然花, の花

▼ さうぼう~ (2, 0.0%)

1 としてゆふけむる月, として街

▼ さうまあ~ (2, 0.0%)

1 王朝時代の, 聞いたかも

▼ さうめん~ (2, 0.0%)

1 の涙, をよそ

▼ さうよく~ (2, 0.0%)

1 分つて, 知つてゐる

▼ さうより~ (2, 0.0%)

1 仕方が, 外には

▼ さうわたし~ (2, 0.0%)

1 の顔, を見詰め

▼ さうオクサーナ~ (2, 0.0%)

1 が口早, が答

▼ さうポンポン~ (2, 0.0%)

1 やられちや, 切られて

▼ さうロチスター~ (2, 0.0%)

2 がジエィン

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 人情に, 似合では

▼ さう云つた女~ (2, 0.0%)

1 にでも共鳴, もあつ

▼ さう云つた時彼~ (2, 0.0%)

1 は思はず, は突然

▼ さう云つた積り~ (2, 0.0%)

2 だつたの

▼ さう云つてしまつて~ (2, 0.0%)

1 はいけない, はお

▼ さう云つて手紙~ (2, 0.0%)

2 を出しました

▼ さう云つて注意~ (2, 0.0%)

1 して, するもの

▼ さう云つて父~ (2, 0.0%)

1 は一寸顔, は煙草入

▼ さう云つて私~ (2, 0.0%)

1 が鉄工, の顔

▼ さう云はず~ (2, 0.0%)

2 にはゐられなかつた

▼ さう何時~ (2, 0.0%)

1 まで好い, 迄もべん

▼ さう信一郎~ (2, 0.0%)

1 が云つた刹那, の耳

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 が思つて, は平次

▼ さう俺達~ (2, 0.0%)

1 の敵, はな

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 は確信, を勸誘

▼ さう~ (2, 0.0%)

2 置し

▼ さう前置き~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ さう受け合~ (2, 0.0%)

1 へばいい, へば構

▼ さう古い~ (2, 0.0%)

1 ことで, 言葉では

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 なり優しく, 塩梅に

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 の御, は思つて不愉快

▼ さう問題~ (2, 0.0%)

1 にし, になつ

▼ さう執着~ (2, 0.0%)

1 がない, する必要

▼ さう大きな~ (2, 0.0%)

2 もので

▼ さう安く~ (2, 0.0%)

1 はない, 出來

▼ さう容易~ (2, 0.0%)

1 には融合, に食客

▼ さう幾度~ (2, 0.0%)

1 もある, もあるだらう

▼ さう彼女~ (2, 0.0%)

1 が言つた時, はきり出した

▼ さう思つた時~ (2, 0.0%)

1 かりそめ, せまつた彼

▼ さう思つて來~ (2, 0.0%)

1 た, たの

▼ さう思つて聟養子~ (2, 0.0%)

1 を貰つた婚礼, を貰つた婚禮

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 のつ, の長い

▼ さう意識~ (2, 0.0%)

2 して

▼ さう手取~ (2, 0.0%)

1 早くキメつ, 早く出来る

▼ さう手軽~ (2, 0.0%)

1 には決し兼ねる, るに

▼ さう批評~ (2, 0.0%)

1 されて, をしない

▼ さう旨い~ (2, 0.0%)

1 方で, 訳には

▼ さう極めて~ (2, 0.0%)

1 居ります, 居るん

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 けりや, 暗とげら

▼ さう甘く~ (2, 0.0%)

1 は考へ, 行ものかと

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 上げて, 上げれば

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 さねば, せる筈

▼ さう直ぐ~ (2, 0.0%)

1 には浮ん, に手つけら

▼ さう~ (2, 0.0%)

2 につく

▼ さう称ん~ (2, 0.0%)

2 でゐた

▼ さう簡單~ (2, 0.0%)

1 に得られる, に言

▼ さう絶望的~ (2, 0.0%)

1 にその, に口走る

▼ さう~ (2, 0.0%)

2 の寛袴

▼ さう良寛さん~ (2, 0.0%)

1 は思, は考へ

▼ さう親しく~ (2, 0.0%)

1 ないが, もない

▼ さう覺悟~ (2, 0.0%)

1 したん, をきめた

▼ さう言つたぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ さう言つてやつ~ (2, 0.0%)

1 たら錢形, たんで

▼ さう言つてカテリーナ~ (2, 0.0%)

1 は扉, は背ら

▼ さう言つて僕~ (2, 0.0%)

1 には大役, の名

▼ さう言つて彼女~ (2, 0.0%)

1 は振り, は言葉

▼ さう言つて私~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ さう言つて縁側~ (2, 0.0%)

1 に手, に近い

▼ さう言つて自分~ (2, 0.0%)

1 にも意外, も十字

▼ さう言つて高橋~ (2, 0.0%)

1 は無遠慮, は苦笑

▼ さう言はず~ (2, 0.0%)

1 に入, に擧げ

▼ さう言ひざ~ (2, 0.0%)

1 ま斧, ま村長

▼ さう言ひな~ (2, 0.0%)

1 らして, 近頃少し評判

▼ さう言ふか言~ (2, 0.0%)

1 はない, はぬ

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 つたが, つたこと

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 はなく, ふ慾望

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 な奴, りの

▼ さう~ (2, 0.0%)

1 いはなくたつて, 考へなくても

▼ さう返事~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ さう高く~ (2, 0.0%)

1 はない, 賣れつこ

▼1* [782件]

さうあくまでも散文と, さうあてにしきっ, さうあれは雪, さういつか医者に云, さういふお話がでた, さういふぎごちない姿勢, さういふさまを見せ, さういふロシア人達の困つ, さういふ一切の煩悩, さういふ一時代もあつ, さういふ一特色が強く, さういふ一途な性格, さういふ上品な世の中, さういふ了簡なら己, さういふ事実があ, さういふ事實は一再, さういふ二人づれがいつてゐたら何分よろしく頼む, さういふ些細な部分, さういふ仄かな気休め, さういふ今まではこんな, さういふ伊貝の變化, さういふ会話はいつも, さういふ位置にのぼつ, さういふ何かの角店, さういふ作劇法のうへにだけある, さういふ作用を營ん, さういふ修行に暮した, さういふ側の作物, さういふ僕等と彼等, さういふ凡てを凉, さういふ出來事らしかつ, さういふ判断にはどうせ, さういふ別の文明, さういふ刺戟を与へた, さういふ力の源, さういふ勝利からは生れません, さういふ卑近なもの, さういふ単純な意味, さういふ反省をする, さういふ口の下, さういふ名裁判をやつ, さういふ命令が出, さういふ哀れな女, さういふ噂話を耳, さういふ場合ちよつと相手, さういふ墓の下, さういふ外来客が多く, さういふ多くの人, さういふ大騒ぎをする, さういふ威あつて猛, さういふ完全な方法, さういふ実用方面のこと, さういふ実行力を持つた, さういふ対立の感情的, さういふ小むつかしいこと, さういふ山の木, さういふ島がある, さういふ差が生じた, さういふ年がお, さういふ店さきはことに, さういふ度に彼, さういふ式だつた, さういふ彫刻的な美し, さういふ影響を殘, さういふ彼女は死に, さういふ後進者の原稿, さういふ微笑は君, さういふ微苦笑劇の一シーン, さういふ忠告を与へた, さういふ忠実な狗, さういふ性の女, さういふ恐怖を子供, さういふ悲惨な境遇, さういふ想像を抑制, さういふ意味ぢやない, さういふ意味深長な諺, さういふ意外なこと, さういふ意思が相手, さういふ愛を深め, さういふ感化を各, さういふ感覺が限り, さういふ手加減でもつ, さういふ折檻のあと, さういふ挨拶の言葉, さういふ捕捉しがたい, さういふ教育を受け, さういふ料理がお, さういふ新鮮な雰囲気, さういふ施策はない, さういふ旅行が幾分, さういふ旅行者に其の, さういふ旅行者達を余り, さういふ日附に関係, さういふ時タバコのこと, さういふ朗読風なせりふ廻し, さういふ期待に副, さういふ次第ならば, さういふ段取りがきめ, さういふ比例であるの, さういふ水がある, さういふ水帳といふもの, さういふ沈黙がつづいた, さういふ注意を最後, さういふ温和な方法, さういふ潔癖家には通俗小説, さういふ無理を云, さういふ玄妙な感覺, さういふ生活気分だつた, さういふ用意が出来, さういふ疑問も起るであらう, さういふ病にか, さういふ発表方法を選ぶ, さういふ皮肉な影, さういふ相似が何處, さういふ相反したとは, さういふ相談に應, さういふ石があれ, さういふ社會へ出, さういふ私達の午後, さういふ突飛なおもひ, さういふ立派な態度, さういふ策謀のない, さういふ粗暴な生き方, さういふ約束ごとの把握, さういふ素樸な好ましく望ましい, さういふ素直な人, さういふ組織とは無縁, さういふ結婚後の肉体上, さういふ罪のない, さういふ翻訳をする, さういふ自殺の例, さういふ自負をもつ, さういふ芝居をもう少しどうか, さういふ苦辛の間, さういふ行動を取らせた, さういふ行為の常習犯, さういふ衝動を諸君, さういふ解釈を許さない, さういふ訓育を受け, さういふ記憶が全く, さういふ訳でないこと, さういふ評論家です, さういふ詩作をもし, さういふ話いやですか, さういふ誤解が私, さういふ説が行, さういふ説明を聴き, さういふ議論も澤山, さういふ貧血性の美し, さういふ質の人ぢ, さういふ辛抱もできない, さういふ通信を受ける, さういふ過去の藝術家, さういふ酒を飲ん, さういふ鍛練中の一日, さういふ閑寂な風景, さういふ間違も時々, さういふ限定によつて, さういふ音がする, さういふ顔が好き, さういふ顧慮や見, さういふ馬鹿気た贅沢振り, さううつろな嗄がれ声, さうおそらくさうし, さうお礼を言, さうかいそりや, さうかてな今更何うに, さうかなあと思ひながら, さうかなあとも思ひ蟻台上, さうかなと思つて手を, さうかねと私も, さうかの女に, さうから可いか, さうかれこれ七十には, さうかわかつた, さうきつぱりと云ふと, さうきまって見ると, さうきれいに銀髪, さうくだんの背, さうくどくはなかつた, さうくどくどと嘆きなさる, さうこっちをにらむ, さう心配は, さうさねだが, さうざうしくなつたので清三が扉口, さうしかできないと, さうしかしそれより, さうしただらうと, さうした者を探し, さうしろって云, さうじつは分つて, さうすゝめるので, さうそして分つたか, さうそれだけだつたの, さうそれでまだ望み, さうそんな風に, さうたしかに一縷の, さうたやすく這入る事, さうだから彼等の, さうだのツて, さうちっぽけな智恵, さうつんつんしないでさ, さうでねえと周圍, さうでもねえ明日から, さうとおもふ, さうとのみ力を, さうなあ交際つて別に, さうなおまへの, さうなぞと思へばこそ, さうなどと云つて高座へ, さうなり絶えず追, さうなんてえ卑怯, さうににこ, さうねえ今朝起きた, さうねえと云つた, さうはいふが娼婦性, さうはつきりと書い, さうばかりも言へ, さうひそかに彼, さうひとこと呟いたかと, さうひとりごとを云, さうひどいものだ, さうひどく悲しまないの, さうふうな事, さうまた来て, さうまでのことを, さうまでは干渉される, さうみたいでつい, さうむつかしいこたあ, さうむつかしい方で, さうもう四時頃だつたらう, さうもうこのへん, さうものが間違つて, さうやかましく考へなくつて, さうやすやす捕虜を, さうはれても, さうゆゑ家の古い, さうよくもなしわるくも, さうよんでゐた, さうわるいことばかり, さうわるくない, さうカン違ひを, さうクリストとは知らず, さうザラには捕れる, さうジロジロ見るの, さうスラスラと出る, さうノンセンスな, さうパパもさう, さうヒーヴリャは気づか, さうホントにお, さうリード夫人よあなた, さう一々新しいもの, さう一ことその少女, さう一台ぢや窮屈, さう一度は昼, さう一概に言へる, さう一気に急いで, さう一致して, さう三面の下, さう不便な場所, さう不幸では, さう不快なもの, さう不思議な形, さう両方から逆, さう主人役の校長, さう急ぐ旅, さう了解がつく, さう予想せられた, さうが決まる, さう事實を設定, さう云つたカフエなどと云, さう云つた人に見える, さう云つた場合に来る, さう云つた声は一寸, さう云つた後から直ぐ, さう云つた性分が妾, さう云つた意識が新しい, さう云つた方がい, さう云つた方法も行, さう云つた時には恐らく, さう云つた氣持でもある, さう云つた父は云, さう云つた私は照子, さう云つた自信の言葉, さう云つた虚無的な否定的, さう云つた言葉は今, さう云つた訳でボール, さう云つた譯合ひの, さう云つた青年の顔, さう云つてお前はその小さな, さう云つてそれ以上は何, さう云つてつゆのそば, さう云つてとみ子が彼, さう云つてなか子の首, さう云つてみんなを笑, さう云つてらあ, さう云つてクルリと背後, さう云つてグラスをゆき子, さう云つてコポオは吹き出した, さう云つてスタスタと歩き出した, さう云つてストーヴのそば, さう云つてボーイが私, さう云つて三平が一目散に追, さう云つて二人を送り出し, さう云つて今度は頭, さう云つて傍に黙, さう云つて僕の部屋, さう云つて兄達の顏, さう云つて先に湯殿, さう云つて刑事は歸つて, さう云つて判事を見上げた, さう云つて叔母は私, さう云つて口を噤んだ, さう云つて同意を求める, さう云つて周子は苦笑, さう云つて家を出, さう云つて宿を引上げ, さう云つて寄すから頼む, さう云つて富岡は林檎, さう云つて工藤が笑つた, さう云つて後向きに坐つ, さう云つて微笑した, さう云つて心配して, さう云つて握り飯をこし, さう云つて村の子供等, さう云つて母はセヽラ笑つた, さう云つて滝本の胸先, さう云つて滝野は一寸, さう云つて煤煙の入, さう云つて爐邊で足袋, さう云つて由が出前, さう云つて男は神棚, さう云つて町の方, さう云つて画家の, さう云つて畫家の, さう云つて直接訊いて, さう云つて眉をよせ, さう云つて私達は或, さう云つて答へると, さう云つて納屋に入, さう云つて自分の居間, さう云つて自分自身を慰める, さう云つて芋を二つ三つ, さう云つて落魄時代の私, さう云つて身體を半分後, さう云つて返事をした, さう云つて通つて行つた, さう云つて道助を見返した, さう云つて遠野はちよつと考へた, さう云つて青年は一寸, さう云つて頂戴ね, さう云つて龍吉を引張つ, さう云ひたい衝動を彼, さう云ひだしたよ, さう云ふかと云, さう云ふところだつたが, さう云ツておけ, さう今朝ほどはどうも, さう處に, さう仮想して, さう低い声で, さう何でせう, さう何とかしてやらうと, さう何もかも一ぺんに, さう何事をも実験, さう何年も, さう何度云ひ聞かしても, さう何気ない風で, さう何處にでもある, さう何遍断つたつて, さうつてるわけぢ, さうなくちや話, さう依然として身の, さうかに, さう傍若無人に振舞, さうも角員数, さう人格的に, さう八五郎もその, さう六ケ敷ことばかりもいはれなくなるだらう, さう六時頃としとく, さう処理できないからと, さう出世すると, さう出來たとしても, さう出来上つてしまつて, さう切實では, さう初めから旨く, さう初めて口を, さう判定して, さう判然たる区別, さう別に奬勵する, さう助役は戸, さう努めて穏かに, さう勉強もし, さうしたの, さう単純に行く, さう危殆の感じ, さう厳密に考へなく, さう反感を以てあゝ, さう口々に叫び, さう口もとと満足, さう古くない熔岩, さう叫びざまカテリーナは良人, さう叫びざま娘たちは驚い, さう叫びざま若者は娘, さうの端, さう合点して, さう乘られる, さう君ひとりで喋, さう呑氣な怠けもの, さうやいて, さう周囲で考へる, さう周圍が眞, さう呶鳴つて村長は着物, さう哀願して, さう唯今の雲行, さう問題ぢやない, さうですよ, さう喧しくは選, さう喧嘩するなよ, さう嘆声を漏らし, さう嘉助は駿介, さう四葉の苜蓿, さう固定するに, さう堅く歯を, さうへ許, さうの中, さう聲で, さう大してやきもきしては, さう大切にしなけれ, さう大勢避暑客のやつ, さう大根か, さう大臣はみんな, さう大谷君はいつ, さう太つたでせう, さう失望すること, さうに云つて彼, さう始終といふ, さうはなかば口, さうふの, さう子供達もどんなに, さう完全にはわからない, さう宣告した, さう宣言せられて, さうの娘, さうるの, さう将軍はやさしく, さう小さい声で, さう小さな聲で, さう少くとも一見, さう少しでも, さう山村さんに云つてやつ, さうに曲げる, さうくは, さう希望して, さう干渉しなくな, さう平安朝や戰國期, さうの頃, さう幼い心が, さう広い楽しみ方, さう引き退るより, さう引揚げだからと, さうにし, さう彼等は異口同音, さう徹底し得るか, さうへた, さうつたん, さう念入りに考へ, さう怖いんです, さう思つた事がよく, さう思つた彼は咄嗟, さう思つた時彼は彼女, さう思つた美奈子は電車, さう思つた通りにはいきません, さう思つてうつちやつては行きたくなし, さう思つてたんだよ, さう思つてんだが, さう思つてツイ口を出し, さう思つてペトゥローは片手, さう思つて一應八五郎を押, さう思つて五年も八年, さう思つて列車の端, さう思つて子供ご, さう思つて安心したもの, さう思つて旦那やお, さう思つて栄蔵は小声, さう思つて此處に參つて, さう思つて涙が滲ん, さう思つて滿足して, さう思つて目あての家, さう思つて胸を掻き, さう思んですの, さう思出したら毎日, さう思索する, さうに熱心, さう恐くないけれども, さう悄気てもすまい, さう悟空は思ふ, さう悪態ついた, さう悲しさうにわたしの, さう悲しくなつたの, さうくはなつ, さうはせること, さう想つてくれ給, さう意固地になつ, さう感心しないけれど, さう感情に走らない, さうた, さうへて胸, さう懸隔れて, さうをし, さう手際よく実際に, さう批判したので, さうき出て, さう拙者の主人, さうじたので, さう提議すると, さう揚つてゐないのに, さう改竄させたぬきさ, さう故ま相談には, さう教父はいつ, さう敷衍して, さうへ上げられる, さう文字通りはつ, さう断言する方, さう新太郎ちやんは平気, さう日光の御, さう旨く出来ない二十滴, さう昂奮ばかりし, さう明白に意識, さう春団治の, さう昨夜も物, さう暑くもない, さう最後の詞, さう仰つて, さう期待できないけれども, さう未婚の男たち, さうなど讀んどりやせん, さう本気に吠える, さう東京へは聞え, さう果敢なく楽しんで, さう極めとくに限る, さう楽しいもので, さうから口, さう横柄にチラ, さうの瞬間, さう正直にかの女, さう正面から訊かれる, さう武助さんは思, さうされて, さうの喪失, さう母親が分る, さうが少い, さう気の毒さうに答へてその, さう気持ち悪くし, さう気軽に云つて, さう水戸光圀の行状記, さうといへ, さう永く轉地なんか, さう永続的でないの, さうを掻く, さう決意すること, さう淋しくはない, さう深い森林が, さう源吉が勝, さう演出者の語, さう澤山ないもの, さう激しく流れては, さうはしばらく, さうたら私, さう無性におなりなさつた, さう熱いアスファルトを, さう熱心でなくな, さう父上御自身, さうよりすぎた, さう物驚きをする, さう独断で簡単, さう独語を云つて, さう率直にやつ, さう珍しがるにも, さう珍しくはありません, さう理不尽にとめる, さうく風變, さうやさしいもの, さう生易しく否定し, さうみかけられると, さう痛感しました, さう痛痒を感じない, さう覺した, さう相づち打つた, さう相談して, さう眞劍にとりあげる, さう眞面目になつて憤慨, さう真珠の釦, さう矢鱈に存在, さう神田に行く, さう神谷が問, さう私どもに向, さう突き込まれると, さう窮屈に考へず, さう米国で人, さう素直に現実, さう細い声で, さう細く深くはない, さう絶対の権威, さう絶望したやう, さう緋奈子を呼ん, さう繁くないやう, さう美しい人間では, さう美人は胸, さう老体といふの, さうくの, さうを据ゑると, さう肥つた主人が呶, さうの奥, さうのなか, さう腹黒い勇三郎樣に, さうまづい, さう自分自身に云, さう芋錢子のもの, さう樣に, さう若い男の, さう苦しさう, さう苦痛は私, さう華奢な出來, さう萩原さんはさも, さう著しく現はれ, さうに興味, さうへても見えない, さう被告は云, さうへぬ, さう見知らぬ友が, さう覚悟をし, さう解説して, さう解釈した, さう解釋せられて, さう言つた丈けぢ, さう言つた上こちらでどうにか, さう言つた如何にも愚者, さう言つた心持で禿茶瓶, さう言つた方がよく, さう言つた時お菊, さう言つた時彼はさすが, さう言つた相です, さう言つた者が有, さう言つた見物気分が, さう言つた訣である, さう言つた調子です, さう言つてあわた, さう言つておとうふやさ, さう言つておれの罪障, さう言つてぐつと帽子を目, さう言つてこれを返し, さう言つてすき手の女, さう言つてそこらに呀, さう言つてちよつと考へ, さう言つてもの怖ぢ, さう言つてオクサーナが笑ひだ, さう言つてキャツキャツ笑ひ出すなり, さう言つてスケツチブツクをぱちんと閉ぢ, さう言つてブルリバーシュは自分, さう言つてミルクの茶碗, さう言つてレヴコーは館, さう言つて一杯つけさして, さう言つて人人が舌, さう言つて仕舞つたが, さう言つて参謀に褒められました, さう言つて參りました, さう言つて反駁したが, さう言つて唐棕櫚の葉, さう言つて夫人は彼, さう言つて女は併, さう言つて妖女は彼, さう言つて家を出る, さう言つて将棋盤を真中, さう言つて帳面から手前, さう言つて年増の別嬪, さう言つて念の爲町内, さう言つて手紙をよこされた, さう言つて打伏いた, さう言つて掌で額, さう言つて支配人は二人, さう言つて教父は肩, さう言つて数枝はしづか, さう言つて明日にも決心, さう言つて此處へ來, さう言つて母に酒, さう言つて無理に笑, さう言つて無遠慮に安井, さう言つて煙草をくゆらし, さう言つて盤に向か, さう言つて眼をぱちくり, さう言つて祖父はちよつと休んだ, さう言つて祭司の息子, さう言つて笑ふ聲, さう言つて美奈子は口籠, さう言つて耳を澄まし, さう言つて肩を叩いた, さう言つて腰繩のま, さう言つて菓子鉢にする, さう言つて襖をあけ, さう言つて貰ひたかつた, さう言つて賛成した, さう言つて赤ん坊をつれ, さう言つて踏臺から下りる, さう言つて達つて勧めたり, さう言つて邪魔でも寐, さう言つて鉛筆を取り直し, さう言つて鍛冶屋は立ちあがつた, さう言つて門を閉めさせ, さう言つて間違ひの, さう言つて雀部ももう, さう言つて額を叩い, さう言つて鼻の良い, さう言ひきかし, さう言ひも終らぬうち, さう言ふかも知れない, さう言ふからそれを許し, さう言ふから皆んな物眞似を, さう言ふから與七見たいな, さう言ふから間違ひは, さう言ふより外, さう言明しろ借金, さうへるひと, さう誓つてゐながら, さう語つて私の視線, さう誤り伝へられたの, さう謂つたのでは, さう謂つた一種の歴史劇, さう謂つた警戒の樣子, さうがない, さう議論どほり, さう變つてゐるべき筈, さう貧しくなかつたので, さう貴いものに, さう貴女ほどの, さう賑やかに言葉, さう贅澤に貸, さう越前屋の番頭, さう身体の方, さう軒輊が在る, さう軽く見たくは, さう軽蔑したり, さう辛いだらう痛苦, さう込み合ふことなど, さう近くないし, さう述懐した, さう追求されても, さう上しては, さう連続的に絵, さう遂に心に, さう遅くはならない, さう道助は思つた, さう違つてはゐなかつた, さう鄭重に言, さう酷く有仰れ, さう重きを置かなく, さう重く見られようとは, さう重大なこと, さう野暮に知らない, さう野蛮な人間ぢ, さう金六は追, さうされて, さう鏑木さん御自身, さう鑑定されても, さう長い後では, さう開きなほると, さう阿漕なこと, さう陽気な話ぢ, さう隠蔽さうとして, さう映げに, さう面白がつて, さう面白い義の, さう頻繁に上京, さう頻頻とではない, さう顔立の悪い, さうひます, さう駿介は主張, さう高井へ行きませう, さう高所から達観, さう鬼頭が紹介, さう鸚鵡返すと, さう默つてゐるの