青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こっち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~こころ こころ~ ~こし こし~ ~こしらえ こしらえ~ ~こちら こちら~ こっそり~ ~こっち
こっち~
~こと こと~ ~ことごとく ことごとく~ ことし~ ことに~ ~ことば ことば~ ~こない こない~

「こっち~」 10927, 105ppm, 1034位

▼ こっち~ (2527, 23.1%)

134 来て 68 来い 55 おいで 44 出て 42 近づいて 38 歩いて 32 走って 30 向って 29 近寄って 26 いらっしゃい 24 向けて 21 向いて 20 よこせ, 来た 19 来たり 18 来たまえ 17 寄って 16 はいって, 顔を 15 帰って, 持って, 来いと, 来る 14 きて 13 いらっしゃいよ, 来るの 12 逃げて 11 来たの, 来ると, 行ったり 10 入って, 進んで, 飛んで 9 お入り, こっちへ, 向かって, 来てから 8 おいでよ, やってくる, 上って, 来ては, 来なさい, 来るよう, 来給え 7 いったり, むかって, やって, やってきた, 向けた, 廻して, 戻って, 来な, 連れて, 駈けて 6 はいれ, やって来た, やって来る, よこして, 入れ, 寄れ, 来るが, 来ること, 流れて, 通すが

5 [13件] きたり, くるんだ, こい, こいよ, やって来て, やって来るの, 向き直った, 急いで, 来たん, 来ても, 来ましたので, 渡して, 眼を

4 [17件] おはいり, お入りなさい, やったり, やってくるの, 呼んで, 廻って, 来いよ, 来たと, 来ました, 来る人, 来れば, 移って, 背中を, 見せて, 貸して, 這入れ, 駆けて

3 [45件] あるいて, いらし, いらっしゃいな, おしよせて, おりて, お上りなさい, お出で, お出でなさい, お寄り, お寄りなさい, お通し申せ, かけて, きな, きなさい, くる, くるの, ついて, とって, とんで, のぼって, まわって, むけて, もどって, やって来るぜ, よって, 下りて, 伸びて, 出せ, 奪って, 手を, 来う, 来た筈, 来ねえ, 来るから, 渡せ, 登って, 立って, 背を, 越して, 近づくの, 近よって, 近付いて, 進みまた, 降りて, 集って

2 [96件] いっしょに, いらっしゃいと, おいでくだ, おいでこっちへ, おいでな, おいでなさる, おはいりなさい, お上がり, お上り, お出し, お向き, お這入りなさい, きます, くるが, ござれ, ちかづいて, とびついて, なげつけたとき, はいりたまえ, やってきたの, やって来たが, やって来ました, やって来ます, やって来るか, やって来ると, よこした, 乗り込んで, 侵入し, 入りたまえ, 出しな, 出掛けて, 動いて, 参りまして, 取ろうという, 向く, 向けたまま, 土堤の, 坐りなし, 寄こして, 寄せて, 寄りたまえ, 寄越せ, 寝返りし, 山羊が, 廻すよう, 引き取って, 引っ返して, 当って, 御出, 急ぎ足で, 振返った, 搬んで, 攻めて, 来いこっち, 来うこっち, 来うと, 来せえま, 来そう, 来たか, 来ちゃ, 来ないか, 来ないで, 来なよ, 来や, 来るかと, 来るところ, 来るな, 来るについて, 来るもん, 来る前, 来る様子, 来る気, 来る者, 歩き出して, 歩みよって, 泳いで, 渡る, 突進し, 行くん, 貰って, 貸しな, 貸せ, 足早に, 踏み込んで, 転がして, 近づくよう, 追いかけて, 送られて, 逆に, 這入って, 這入ン, 通して, 進行し, 隠れて, 電話を, 預けて

1 [1001件 抜粋] あがって, あがれ, いただきな, いら, いらしたらどう, いらして, いらっしゃいさあ, いらっしゃいましな, いらっしゃいません, いらっしゃい黙って, いらっしゃらない, うばいとったら第, おいでいっしょに, おいでくださる, おいでそんなに, おいでなさいませ, おいでわたしこそ, おいでわたしは, おいで文句が, おいで高い安い, おくれ, おされて, おっ母さん, おはいりください, おはいんなせ, およりなさい, おりるん, お上がんなすっ, お乗りください, お入れなせえまし, お出しなさい, お出でな, お出でなさいませ, お出でよ, お出むき, お出よ, お寄せ, お寄んなさい, お弟子, お撒きくださいっ, お渡しなさい, お越しに, お返しなすっ, お這入り, お通ししな, かえしして, かえせ, かえった当時, かえっては, かえって来る, かえるの, かかって, かけだして, かけ出して, かしな, かたづけて, かたまろう, きたこと, きたまえ, きてから, きますよ, ください, くるぞ, くるという, くるらしい, くるんだよ, こい力, こちらへ, こない, こなければ, こられなくなったからね, こんか, ござれッてい, ごろごろごろんと, さして, さし出して, しまって, すぐ報告, ずっと入っ, そのままよこす, たずねて, だ, だして, ちょいと, ちょうだいする, ちょろちょろと, つくが, つけねえか, つけろが, でかけたと, でて, とびかかって, とまると, どいた, どうぞこっち, どきな, なんとなく眼, ねじ向けて, はいだした, はいるん, はって, ひかれる寸法, ひっかかりはじめたらそれ, ひっぱって, ひっぱり出して, ひょこひょこ歩い, ひろがりながら, びちゃびちゃ岸, ふらふらやっ, ふり向けた, ふり返り, ふん奪, ぶつかりして, ぶつけたの, まいりました市内, まがったね, まがって, まっしぐらに, まよいこんだの, むいて, もう一月, もって, ももう一杯, もらいたいの, もらったはず, もらって, やってくるぞ, やってくるところ, やってくるらしい気配, やってくる人, やってこないこと, やって来たら和服, やって来るかも, やって来るだぞ, やって来るな, やって来るよ, やって来るん, やって来る彼女, ゆくぜ, ゆっくりと, ゆらいで, よこしねえ, よこせと, よったり, よるん, よれるし, よろよろするあり, よろよろとして, わたせ, わたろうと, クルリと, セカセカと, ニッコリ笑った, バタリたおれ, ヒョイと, フラフラよろめき歩き, ヘシ合い, ヨハンさん, 一しょに, 一団隊送っ, 一年ほども, 一応来たら, 一方横向き, 一方飛び飛び, 一諸に, 上りゃァ, 上んな, 下って, 乗って, 乗りうつれ, 乗り込みのっ引きならず責めるので, 二三度かけまわる, 五年とうとう, 人を, 人間隊に, 休暇旅行が, 伸して, 何かを, 何の, 來る, 依頼を, 倒れて, 傾いて, 入ったり, 入らっし, 入らんか, 入り給え, 入るん, 入れて, 入れば, 入んねえな, 内々に, 出い, 出かけて, 出したまえ, 出しなよ, 出せなどと, 出たまえ, 出なさい, 出るが, 出るん, 出ろ, 出ろッ, 出動した, 出向いて, 切りこんで, 到着しない, 割れて, 動かして, 動きだしたの, 十年遂に, 千両箱を, 参りましたどうも, 参るが, 又入りたい, 取っちまう方法, 取りして, 取り上げること, 取り返して, 取付くかも, 吉良から, 向いた, 向いたまま, 向いた三人, 向うむき, 向きかえた, 向きなおったが, 向き直ったと, 向き直って, 向くん, 向けそう, 向けたが, 向けた時, 向けました受け入れようという, 向けりゃいい, 向直った, 吹きよせられて, 告げ口に, 呼びかえさ, 呼びよせ逃亡, 喘ぎ登って, 回って, 固まれ, 塊っ, 売れと, 変った, 大勢の, 奪いたいもの, 奪り上げ, 姿を, 寄せつけまいと, 寄ったり, 寄らしゃれ, 寄りな, 寄り集まれ, 寄れこっち, 寄ろうじゃ, 寄越した, 寄越すよう, 寄越せ僕, 寝て, 小手を, 尾い, 巡って, 差出した, 帰ったの, 帰ったん, 帰る前, 建て直す, 廻したまえ, 廻りいわゆる, 廻りその, 廻れといった, 引かれて, 引きずること, 引き出しました, 引き寄せて, 引き寄せるやう, 引き摺って, 引き移って, 引っこん, 引っぱり廻す, 引っ張って, 引っ越しましょう, 引ッたくっ, 引取って, 引取る, 引寄せられた, 引越し, 引返して, 当てがっ, 往くの, 御上り, 御出しなさい, 御用風が, 急派し, 患いして, 懸れ, 戻して, 戻りかけた, 戻るまで, 手むかっ, 手招ぎし, 手紙を, 投げ飛ばされ冷やか, 抱きこんだの, 押しつける, 押しよせて, 担ぎ込んで, 招くこと, 招くよう, 指さしを, 挨拶も, 振りかえった, 振り向きました, 振向いた, 振返って, 振返ってに, 捲き上げるのよ, 掴んでるから, 提灯の, 攫われて, 攻めのぼって, 救援に, 既に七日, 早く渡しなせ, 曲げて, 曲り二年昔, 曳かれて, 替れ, 来いここ, 来いという, 来いッ, 来い抱いて, 来がけ, 来して, 来たいと, 来たが, 来たこと, 来たぞ, 来たついで, 来たというくらい, 来たのにな, 来たばかりへ, 来たらしいと, 来たらその間, 来たらば, 来たら倉橋さん, 来ちゃったの, 来てからも, 来てはば, 来てるん, 来ない, 来ないと, 来ないん, 来なかったやう, 来ながら, 来なさいこれ, 来なさいよ, 来なさるが, 来ねえ松, 来ましても, 来ますよ, 来ます高度四千五百, 来やした, 来ようと, 来られますか, 来り暖香園, 来るかも, 来るその, 来るとき, 来るについてだって, 来るべき男, 来るまえ, 来るまでには, 来るらしい, 来るん, 来る人影, 来る始, 来る所, 来る時分, 来る気持, 来る由, 来る紋附羽織, 来る間, 来三人がかり, 松明を, 構えること, 正方形を, 此処が, 歩き灼けつくよう, 殺到し, 決心された, 注文してる, 泳ぐよう, 流れよったり, 渡すに, 渡せと, 渡って, 温和しく返し, 漂ったり, 火さきが, 灯を, 焼けて, 玉を, 現れて, 用が, 疎開し, 直して, 着いたの, 知らせる役目, 移されちゃったん, 移して, 移ったっていう, 移みかえたもの, 移転した, 立ち上って, 笑いかけた, 細長い顔, 緑色の, 縫いつつ, 置くの, 耳を, 聞きあわせに, 脱けし, 舞いもどって, 舟を, 蔓が, 行きましょう, 行きフジアイス, 行き時には, 行くの, 行った, 行って, 行っても, 襲せ, 見当を, 話しかけたのよ, 貰ふこ, 貰ッて, 貸しなよ, 走ったり, 走り両手, 越すまでは, 跫音も, 踉, 軍配を, 転出, 近くなっ, 近づいた処, 近づくぞ, 近づけて, 近よる, 返して, 返って, 追い出して, 追っかけて, 追付いて, 追駈け, 送りかえせ, 逃げして, 逃げたと, 逃げまどうの, 逃げ出して, 逆戻, 這って, 這入ってから, 這入らせて, 這入らないか, 通しちゃ, 通ずる小, 通りたまえ, 通抜け, 進み出た, 進め, 遣って, 避けて, 酒も, 金博士が, 附いて, 陽当りの, 静かに, 靡かせたり, 鞄その他あずけ, 頂いて, 預かって, 預って, 頼んで, 飛びする, 飛び掛りて, 飛び飛, 飛んでは, 馳けだし, 駆け寄る, 駈けずりまわる周章, 駈けまわったよう, 驀進し, 高ごえで, 鬼が, 鳴り騒いで

▼ こっち~ (2074, 19.0%)

51 ものだ 50 方が 35 方は 34 方へ 23 方を 20 ものに 15 ほうが 13 手に, 知ったこと 12 ことだ, 方に, 部屋へ 11 顔を 10 手で 8 いうこと, 方の 7 ものです, ものと, もんだ, 勝手だ, 手へ, 様子を, 気の 6 もの, 云うこと, 命が, 姿を, 岸に, 方から, 方だ, 方で, 話を

5 [11件] ことで, ことは, ほうは, ものじゃ, 事で, 味方に, 岸へ, 物だ, 秘密を, 船へ, 部屋で

4 [15件] ことです, ものな, 仕事の, 手を, 気持が, 真似を, 端に, 肚を, 腹も, 舟へ, 言うこと, 話だ, 道だ, 部屋の, 麻綱を

3 [36件] しょうばい, もので, ものという, ものよ, 体が, 内幕を, 勝ちだ, 声が, 女は, 室の, 家の, 家へ, 庭へ, 弱味に, 心が, 心の, 思うまま, 手が, 方じゃ, 方です, 方も, 方角だ, 方角へ, 気が, 気も, 気を, 番だ, 眼を, 窓から, 腹を, 袂から, 負けだ, 身に, 身分を, 部屋から, 隅で

2 [99件] おねえちゃん, お手々, お母さんの, からだは, ことなんか, せいに, ふところへ, ほうで, ほうに, ほうにも, ほうへ, ほうも, ものである, テーブルで, 三人が, 両に, 云い分, 人間は, 仕事が, 仕事を, 付け目な, 切符は, 力が, 勝だ, 勝手じゃ, 名を, 商売が, 喉が, 大きいの, 女が, 女の, 奴に, 奴は, 好意を, 姿が, 室に, 家に, 岸から, 岸の, 左の, 後ろへ, 思い通りに, 思う壺, 態度を, 手落ちだ, 手落ちだった, 方, 方には, 方にも, 方まで, 方向で, 方向に, 条件が, 様子でも, 正体を, 油断を, 為に, 無言の, 物に, 生活が, 用意は, 申立てを, 男と, 男の, 画家は, 白いの, 眼の, 箱には, 縁側に, 者に, 耳に, 胸に, 胸へ, 腕が, 腹が, 自由に, 舌も, 船の, 船は, 落度に, 計画の, 訊くこと, 訊ねること, 話に, 質問に, 足もとを, 連中つまり, 道から, 道で, 道は, 選手の, 部屋, 都合も, 附け目, 隅へ, 頭が, 顔の, 顔色を, 首が

1 [1223件 抜粋] あとを, あばたも, いうだけの, いう値段, いがみ合いから, いった言葉, うちは, うどんよし, おしゃべり者でした, お乳, お口, お嬢様に, お師匠さん, お慈悲, お手の物だ, お祝い酒で, お蔵, かまったこっちゃ, からだが, からだに, がいい, が丹沢, こっちゃあねえ, ことさ, ことについて, ことを, この世界, この墓地, この若い, ご機嫌, しょうばいにゃなりません, すみで, すみまでの, せいで, ためだ, ちっこいの, つけ目さ, ところへ, とを比べ, どさくさまぎれ, はおれ, はどう, は天, は滅茶滅茶, は絶壁, は芝居, は雉子, ひと早熟だ, ふたりを, ほうから, ほうだ, ほうの, ままで, もかなり, ものこれ, ものだった, ものでございます, ものでない, ものを, ものビューッと, もの俺の, もの捨蔵様の, もんです, やりたいこと, ゆだんでした, ようすを, よりは全く, を差上げましょう, イタリー街の, オペラグラスを, カフェは, カーキ色の, ゴロ石へ, ショウ, スキーは, ストライキを, チャブ台の, テイブルに, ドアから, ヒキダシ頭の, プラットフォーム, プロレタリア美術家連盟へ, ベランダで, ペンを, ボケが, マルチネの, メムバーが, ラジオが, レノックスでは, ロシア人が, 一両は, 七人は, 三下野郎イヤに, 三人の, 三枚分だけが, 下心も, 不行届きは, 不運だ, 中軍にも, 乗組員の, 了簡を, 事ばっかり, 事件に, 二人には, 二人も, 云い値以上, 云う事, 五枚ザラザラ, 人じゃ, 人の, 人数は, 仕事として, 仕事ぶりを, 付け目だろう, 仲働きが, 企みを, 会社の, 伜が, 体じゅうが, 作戦が, 価の, 便所の, 信号が, 候補者だって, 倫理道徳から, 側の, 偵察艇は, 先生の, 入るとき, 兵が, 内兜, 冬という, 出かたを, 出方では, 出道を, 出鱈目を, 列車も, 別莊, 刺し子は, 劇場で, 動きが, 勝手さ, 勝手であり, 勝負は, 化けの皮が, 去就は, 収入も, 口が, 口へ, 古本の, 名が, 名も, 味方じゃ, 味方だ, 呼出符号は, 命までが, 商会が, 問屋や, 善い所, 四つは, 四千両に, 国々に, 土手の, 城だ, 執るべき手段, 壁ぎわで粗末な, 壁へ, 声を, 壺に, 大い, 大きい方, 大きな山葵, 大勝ち, 大損である, 大負け, 天運と, 失態です, 女こっちの, 好意も, 姿に, 威勢に, 婆様も, 子に, 子供は, 存在を, 宅が, 安い方, 実力が, 室だけ, 室とに, 家, 家だって, 家との, 家も, 密談を, 寝ざめ, 寝床に, 小さい室, 小屋掛けは, 屋形船へ, 山の, 山笠に, 山麓から, 岩角から, 岸にも, 岸枝の, 崖に, 川を, 工事場で, 布団, 幹に, 庇の, 店の, 座員の, 庭が, 引出しいろいろ, 弥生と, 弱点を, 強要と, 役に立つん, 心がけが, 心へ, 心を, 心持を, 思いなしかも, 思うとおり, 思う壷な, 思惑通りジョンめ親父の, 恐怖にも, 息だ, 悪戯事, 悶着に, 惚れる男, 意を, 意志だけ, 愚昧であった, 感情も, 懐に, 懐中物を, 我儘な, 戯けに, 戸惑いという, 所謂旦那の, 手でや, 手の, 手はずを, 手前も, 手廻しを, 手脱りだった, 手落だった, 手遅れで, 手配が, 手際である, 才も, 抜かり, 抜かりでございました今夜, 押入を, 捜索は, 撃って, 救援隊の, 数の, 文字の, 料簡が, 新しい地下都市, 方からも, 方でしょう, 方については, 方のは, 方便ここらで, 方向を, 方策を, 方角とは, 方角を, 方面を, 旦那お前さんは, 時計は, 暗い遠い所, 暮しを, 書道三昧に, 有信亭の, 木と, 木の根へと, 木蔭からも, 本を, 本職だ, 机が, 村まで, 杯で, 松明の, 果まで, 枝にも, 根負けである, 格子先だ, 棟梁に, 椅子から, 業が, 様子に, 横町や, 橋は, 機嫌が, 機織場と, 檻へ, 歩が, 歯など, 殴った手, 段取りが, 気に, 気力が, 気心も, 気持も, 水が, 決意は, 油断じゃ, 油断は, 海へも, 港には, 準備は, 災難を, 無電は, 煉瓦の, 片棒を, 版本の, 物よ, 狙ひ, 瓶は, 生命が, 生命に, 生垣の, 生活を, 用事も, 用件を, 田畑を, 甲斐の, 男性は, 町尽頭の, 畑に, 番手桶は, 病人よりは, 病院を, 白いほう, 皮へ, 監房で, 目の, 目的太刀槍棒何へ, 直観に, 相手は, 看護婦の, 眸に, 眼が, 眼では, 睨みが, 知識が, 石段を, 碧い, 秘密が, 種が, 穴の, 空も, 空気を, 空魔艦から, 窓へ, 窓一パイに, 窪田に, 端, 端とで, 符牒が, 箱へ, 紅毛人は, 紫糸毛が, 組は, 絹が, 綱を, 縁に, 縁談滅茶, 罠に, 群れから, 羽振りが, 習慣として, 考え方にも, 者と, 者は, 聞いた知らせ, 聞誤りで, 職業が, 肉感を, 肚の, 肩の, 肱掛椅子に, 背中を, 胴を, 胸中が, 腰の, 自動車に, 自由な, 興味に, 舟に, 舟団に, 舵器の, 船体に, 船室まで, 艇までには, 色も, 芝居が, 芝居の, 芳原かぶりなん, 茶屋や, 落ち度, 落度だ, 落語家さんは, 葬式を, 虫の, 蜂も, 行と, 行商を, 袷を, 裏を, 裏通りを, 襖へ, 要求通りに, 見物には, 視線に, 親分が, 親分に, 親玉, 角の, 言い分だ, 言い条どおり十円ずつ, 言ひ, 計りを, 計算に, 詞が, 詮議立てばかり, 話で, 話な, 誠意や, 誰かは, 談話にも, 警察から, 谷, 負けです, 財産を, 責任で, 贋という, 越度だ, 趣向じゃ, 足が, 足もとが, 足手まとい, 路地へ, 身がらは, 身の上にも, 身を, 身分が, 車室は, 軍刀に, 返事が, 返事の, 通りだけは, 連中は, 遊仙窟から, 道にも, 達人の, 邪推かも, 部下を, 部屋と, 部屋には, 都合が, 都合だって, 都合を, 野心を, 鈴も, 鍬は, 間抜けを, 隅では, 隅には, 随意たるべき鳴く, 零に, 露路口から, 静かな, 面目丸つぶしです, 音楽堂で, 領分を, 頭に, 頭を, 顔いろ, 顔が, 顔色う, 風が, 風景を, 飛行機が, 食卓へ, 餌じきこっちが, 首っ玉へ, 駕籠が, 高慢税の, 魂が, 鰻丼, 黄色い封筒, 鼻にまで, 鼻先へ

▼ こっち~ (1000, 9.2%)

184 見て 100 向いて 46 見た 22 見ながら 20 向いた, 眺めて 12 睨んで 11 のぞいて 10 にらんで, 覗いて 8 振り向いて 7 ながめて 6 うかがって, むいて, 見つめて, 見ました 5 みて, 向きました, 呼んで 4 見たが, 見たり, 見る, 見るの, 見上げて

3 [16件] じっと見た, ちょいと, のぞいた, ふりかえって, 向いちゃ, 向かなかった, 向け, 振り向いた, 振り向きました, 振り返って, 振向いて, 焼ぐがらな, 突ッつけ, 見ては, 見まもって, 覗きこんだ

2 [50件] お向き, じっと見, じろじろみ, じろりと見返ったらしかった, ねめつけて, ねらって, ふりむいて, ふり向いた, みつめて, むいても, よくよく眺めました, ジロリと, 侮って, 先に, 向く, 向くと, 呑んで, 待って, 急に, 指さしたり, 指さしながら, 振りかえった, 振り顧, 振向いた, 探し廻って, 攻撃する, 注視し, 相手に, 睨むよう, 窺って, 見あげた, 見あげて, 見おろして, 見たけれども, 見たところ, 見たの, 見たよう, 見ても, 見ないで, 見るだけ, 見るよう, 見向きも, 見廻しながら, 見張って, 見据えて, 見詰めて, 見返って, 視詰めて, 覗いた, 馬鹿に

1 [343件] あがめて, あげましょうと, あんな眼つき, うかがった, うっちゃ, うつ気, うろうろした, うろついて, おそろしい眼, おびえた顔, おびきよせる囮, おむきなさい, お伐り, お向きなさい, お廻り, からかいながら, きちんとやった, きっと睨みつめ, きめると, ぎょろぎょろ見る, くれるん, ごらん, ごらん可愛い, さがさせた, さがしたり, さがして, さして旅行, さして追跡, さんざん嚇, しずかに, しばるよう, じっと眺め, じっと窺っ, じっと見つめ, じっと覗い, じろじろし, じろじろと, たてて, たてると, ちゃんと向, ちょいちょい御覧, ちょっと振り返りました, ちらっと見た, どうする, どきりとさせる, ながめ, にらみつけて, にらみつけました, にらむ, にらむに, にらむの, にらんだこと, ぬすみみる, ぬすむよう, ねめつけながら, のこのこと, のぞきこんだでは, のぞきこんで, ふりかへって, ふりむいた, ふりむいてから, ふり向いて, ほっつき廻りようやく, まともに, まわって, みたが, みつめたの, みても, みてる, みる, みると, むいたり, むくたんび, やったほう, ジッと, ジーッと, トーシロと, ポンチに, 一つと, 一噛り, 一度に, 三時の, 不愉快に, 伐って, 休み, 侮蔑した, 信仰, 先へ, 凝然と, 出かけるとき, 出しさて, 出したいん, 出しと, 出揃はせる, 出迎えて, 刺すよう, 叩きつけもう, 向いたが, 向いたこと, 向いたと, 向いたところ, 向いたの, 向いたので, 向いたまま, 向いたら面, 向いたり, 向いたろう, 向いた声, 向いた女体, 向いた素子, 向いてでも, 向いてね, 向いても, 向かせるほど力, 向かない, 向かないで, 向かれました, 向かんか, 向きざま, 向きたまえ, 向きな, 向きながら, 向きなさいよ, 向きねえよ, 向きましたの, 向きヒューッ, 向き直った, 向くねえ, 向くの, 向くも, 向くや, 向けい, 向けどうも, 向けない堕落, 呼びそう, 呼んだ, 嘲るよう, 困らせるため, 執拗に, 奨励せ, 嫌って, 嬲りに, 子供扱いに, 安く買いはたこう, 射撃し, 屹と, 巡覧し, 差覗く, 引くと, 引けと, 引っかけあくどく, 引張りして, 引張れば, 往っ, 征服し, 後目に, 御覧下せえ, 忘れなさるとは, 思いやって, 恐れるが, 恐れるよう, 悪く受けない, 戸惑いさして, 手伝って, 打った場合, 払ったの, 抑えれば, 押しただけ, 担げる奴, 招いた, 招いて, 拝んだ, 指さしそして, 指さして, 指して, 指差しながら, 振りかえって, 振りむいて, 振り向いた白衣, 振り向いた顔, 振り向くか, 振り返った, 振り返ったり, 振向いたの, 振向くの, 振返って, 探しても, 探せば, 摺り抜けた時, 散々廻っ, 斟酌し, 旅に, 明い方, 明けっ放して, 望んで, 本当にやっつけ, 束縛し, 根底から, 正しく見つけ, 正面に, 歩いて, 歩くの, 洗えば, 満足せしめる, 溜池へ, 無視し, 焼直したり, 照し, 照らした, 物珍しそう, 狙いうち, 狙って, 玩具に, 甘く見る, 目がけて, 目ざして, 目指して, 目掛けて, 目掛け狂信者, 直せと, 眺めながら, 眺め側, 眺め囁いて, 眼がけて, 睨まえ, 睨まえた, 睨まえて, 睨みかえしたの, 睨みそうして, 睨みつけて, 睨みつめながら, 睨みながら, 睨みやがった気がついて, 睨み詰めて, 睨む, 睨んだ, 睨んだが, 知って, 知らないだろうが, 知らないん, 確かめて, 立てて, 立てれば, 筆記し, 繩張に, 聾と, 背に, 若年者と, 苦しめようと, 荒らして, 行かう, 行こう, 袋の, 裏切って, 襲って, 見くびるの, 見しかし, 見すぐ, 見すまして, 見ずに, 見たかも, 見たぞ, 見たなり, 見たので, 見たまえ, 見たもう一段と, 見たゆうべ, 見たらしいそして, 見たらまた, 見たろ, 見た事, 見た姿容, 見た新九郎, 見た気, 見た男の子, 見た目つきは, 見つけたと, 見つづけて, 見てさえ, 見てるぞ, 見てるね, 見てるわ, 見てるわよ, 見なおし籠, 見なかった, 見ましたが, 見ましたけれども, 見ます, 見まわした後, 見まわして, 見まわしました, 見も, 見やりながら, 見ようとも, 見られると, 見るから, 見ること, 見ると, 見るべつに, 見るらしい気, 見る時, 見る眼つき, 見る表情, 見ろ, 見上げそして, 見下して, 見下ろすに, 見守って, 見廻して, 見廻わ, 見物し, 見給えずっと, 見詰めながら, 見返して, 見返しました, 見返った, 見送って, 視て, 視め, 覗いたよう, 覗いては, 覗きこんで, 覗きだした, 覗き毒々しい, 覗き込むよう, 覗き込んでるところ, 覗くよう, 覗くん, 覘って, 計る必要, 贔屓に, 走りまわって, 透すの, 避けて, 重んじて, 銑吉の, 隙かす, 頼みます, 顧みて, 飛びまわったあげく, 飛びまわって, 駆けて, 騒がして

▼ こっち~ (893, 8.2%)

9 こっちで 5 大丈夫だ 4 こっちだ, これで, それどころで, 一人だ 3 お前の, これが, そうは, どうだ, 何も, 四人だ

2 [34件] おかげで, こっち石原の, すぐ喰, その裏, その間に, それどころじゃ, それどころじゃあ, それを, そんなこと, ただの, ちっともいいおもい, とても助ける, どうする, 人数が, 元より, 北側でも, 南と, 商売だ, 営業じゃあ, 大助りだ, 女の, 女湯です, 少しも, 旅の, 本当に毒, 本気で, 橋の, 気が, 流紋凝灰岩, 若い男, 警視庁の, 酔って, 金が, 馴れてるだから

1 [777件 抜粋] あいかわらずどんどん, あくまで強気, あくまで彼, あなた任せの, あの時代, あれから, いいかげん待ちくたびれた, いいが, いいぞ, いい迷惑, いかにも駕籠, いくらか, いぜんの, いっこうよく, いって, いつでも, いつまでも, いまそれどころで, いよいよ図, いら, うごくこと, おさまらぬ尚, おとよ, おばあさんに, おまえのに, おめ, おれと, お前河岸で, お客さまで, お客の, お徳, お祈りを, お茶屋の, お馴染, かなわぬ, かまわないから, くすぐったいもの, こうじゃ, こうなっ, こう場合, ここで, こっちです, こっちの, こっち組自然さっと, こっぱみじんだぞ, この体, この老ぼれ, この通り苦労, これでも, これまでの, こんな落付, ごたごた家庭的, しに, しんから, じりじりし, じりじりと, じれて, すぐ賛成, すっかり化けの皮, すること, すんだぞ, そういうわけ, そうかと, そこへ, そこまでは, そして自分, そのため, そのほう, その有様, その金, それだけ, それで, それに, それよりも, そろそろ仕事, そんな事, そんな窮屈, ただこっち, ただそうかと, ただめし, ただもう, たった二人, たぶん大丈夫, だね, ちっとばかりの, ちっとも知らない, ちゃんと親, ちゃんと調べ, てめえ達を, てんでに上着, とうに来, とにかく景色がい, とられまち, とんだ目, どう, どうせ閑, どうせ食客, どうだろう, どうなる, どえらい, どこまでも, ないの, なにぶんかけだし, なま物を, なんにも解らん, なんば敵が, ぬっと海面, はんご, ひどい大雨, ひどく情けなく, びくびくもの, ふき矢を, まあいい, まじめだ, ますますおじけづい, また探す, また気, まだ大, まだ頑是, まっくら, まるっきり儲からねえ, まるで化粧, まるで気, まア運, むずかしいぞ, もうさんざんつかれ切っ, もうみんな, もう一生懸命, もう仕事, もう冬, もう泣き出したい, もう自分, もっと急ぎ, やけだ, やっぱりおなじみ, やはり大した, ゆくりなく漂泊, わけが, わざわざ高い, わたし共で, アメリカ連邦の, アルコールが, ウイをの, カモシカ中尉どのからの, クサリ鎌も, クロだ, クーパーだ, ケロリと, シメタものです, スピードが, スマトラ, ソンナ事とは, タムソン部長の, ハッキリ諦らめ, ヒネクレて, ボロ自動車, メリー号だ, ワケが, 一人で, 一人である, 一人な, 一人に, 一人漫談で, 一億円の, 一吹きで控えた, 一字一字なかなか, 一所懸命に, 一時間ぐらいで, 一本の, 七分だ, 七本槍で, 丈夫だ, 三人だ, 三時間も, 三木です, 上山と, 下手に, 不便だ, 不良少年の, 不誠意, 中納言様中納言様と, 丸窓と, 九時や, 予測も, 二人の, 二人連れだ, 二階の, 人一倍躯, 人並の, 今と, 今まで, 仕立職から, 仙台陸奥守だ, 佐々刑事であった, 体を, 何でもやる, 何にも, 何一つ向, 何度も, 余計迷う, 例の, 俳句に, 僅か十人足らず, 僕と, 先刻御, 光子さん, 兎に, 全然学, 全身が, 八坂寺を, 兵隊だ, 内務省な, 冷えること, 凱歌を, 出来て, 切られたとは, 初めて道中, 判って, 別に凝り, 別れ話を, 勝手な, 勾股を, 化け物は, 十一吋砲, 十時半から, 千五百フランの, 千軍万馬の, 半七, 半人めえ, 却って厄, 厭な, 友田の, 口から, 古手屋で, 只一つ, 叫んで, 台所から, 台所です, 合せた, 吉原じゃねえと, 名も, 名僧でも, 向かず行きました, 吻と, 呆気に, 命を, 和蘭陀語のく, 商売先は, 商売慾張っ, 嚇し半分に, 囚われの, 困まって, 土台せりふ, 土方職次は, 城へ, 堅気な, 夢中に, 大いに構う, 大丈夫です, 大丈夫よ, 大人の, 大助り, 大勢だ, 大変な, 大川だす, 大隅, 天下の, 天然自然に, 太宰の, 女子供だ, 好意を, 妃たちとも, 委せて, 嫌で残し, 子わかれ, 子供客が, 学が, 安全である, 安心だ, 客間の, 家来むこう, 寝ぼけて, 寝耳に, 小浜, 小浜兵曹長です, 少くとも, 少しく不意, 居職だ, 山羊と, 岸隊長以下すこしも, 左か, 市場で, 師匠の, 平気じゃ, 平靖号の, 平靖号を, 店こそ, 座敷を, 廂を, 引き受けたぞ, 引受けたから, 弾薬だ, 役目で, 待つのみ, 徒歩, 徒歩次第に, 御殿の, 心中どころじゃ, 心配だ, 忘れたこと, 忙しいの, 忙しいん, 急いで, 急ぎだ, 急ぐ体, 恐くなり, 恥をか, 悔悟し, 感づいて, 手出しは, 手練の, 払うもの, 拙者が, 振袖源太もう, 捕虜に, 損大の, 敗け色, 斉彬公が, 新田先生であった, 新田先生と, 旗本屋敷だ, 旗本相手は, 日本盛だ, 明礬を, 晩に, 暗いの, 暴動仲間の, 曽我貞一です, 服役中の, 木喰でも, 木独楽だ, 本当に始め, 本職の, 東に, 東京の, 東京放送局の, 枕を, 栄ちゃんおらあさ, 案内知らずの, 案外に, 構わないよ, 構わないわよ, 檜といった, 止さう, 止そう, 正直足も, 武松, 気がつかなかったけれど, 気な, 決して悪気, 決まったが, 河童だ, 泊って, 法律向うは, 洋食ムシャ, 派手を, 浅草も, 海月だ, 清々しい鷺, 清を, 準備し, 溯って, 演出も, 潜水兜なんかを, 潮十吉だ, 無けなし, 無礼講に, 煙に, 爆弾と, 版料が, 物の, 特別の, 狐に, 独身者な, 玉屋糸子だす, 現に江戸市中, 生意気ざかりの, 用事の, 田舎まわりと, 甲賀流, 男が, 町人の, 畜生の, 病知らずだ, 痛い, 痩せたすば, 皆あっけに, 皆シャッポや, 相変らず, 眼を, 知ったこと, 知ってるん, 知らないもっと, 知らねえもの, 神尾主膳だ, 神田の, 私だ, 私も, 租税の, 稽古の, 穏やかに, 空腹な, 空身である, 突ッ立った, 窓に, 立派に, 竹刀の, 簡単でい, 素寒貧で, 経験が, 総掛りです, 繋留気球第, 美津子ほど, 翻訳し, 聞き役だ, 肚を, 能く, 腹へ, 自分が, 自雷也, 船手不足の, 艇長たる, 艦長だ, 艶, 花川戸から, 若いの, 苦手だ, 英文の, 蒼空動く, 蔑視んで, 蜂須賀家の, 蝸牛, 蠅男だ, 行って, 見ずに, 見ず知らずの, 見届けて, 覚えてるぞ, 覚悟だ, 親方から, 角で, 計略で, 話が, 話に, 誰だ, 課長の, 警察だ, 議論ばかり, 貧乏し, 貴方一人の, 贋物の, 踊りの, 身ぐるみが, 身に, 身軽, 辞めてないもん, 返事も, 逃げようと, 逆だ, 透かさず高飛車, 進退法にかの, 避けて, 酔い痺れて, 酔ったまぎれに, 針の, 銀座から, 開いて, 閑人だ, 隊の, 雨なんか, 雪の, 雲を, 青々と, 非武装, 面喰いました, 頑張っとるな, 頤髯が, 願ったり, 飯田さんが, 飲めない口, 飽くまで抜かず, 馬鹿なら, 駕籠屋の, 骨を, 高い運上, 高が, 高度五千メートルぐらいまでを, 高見の, 鮒か, 鯨の

▼ こっち~ (643, 5.9%)

14 向けて 13 来て 9 いて 5 ある, あるから, 向いて, 向って 4 あるん, きて, して, 向かって, 歩いて, 立って, 近づいて 3 あるの, 一かたまり, 五つの, 何の, 向き直りました, 油断が, 背を, 見えて, 走って

2 [41件] あって, あるこの, いたいん, いても, いると, いるの, いるよう, いるん, おいで, おる, お上がり, かくれながら, した, つかまって, とれば, は種が, もっと大きな, ゆだ, マッチが, 取って, 坐って, 子供が, 居て, 帰って, 必要が, 手を, 散らばって, 来た, 来たまえ, 死んで, 残って, 用が, 疚しいこと, 相談に, 確かな, 置いて, 背中を, 見せて, 連れて, 顔を, 首を

1 [450件] あった, あったん, あった無産者託児所, あっても, あらあ, ありは, ありましたが, あります喰, あり大きい, あるあるいは, あるが, あるそう, あるばかり, あるもの, あるよ, あるらしい, ある上, ある売るの, ある竹やぶ, あれば, いあっち, いい池, いい道, いくらでも手, いくらも, いたいと, いたとき, いたの, いたん, いた時, いた蛾次郎, いちゃ, いって, いないこと, いないほか, いないもん, いましたか, いましょうね, いら, いらしてね, いらっしゃいと, いらっしゃいな, いらっしゃる予定, いらっしゃる間, いらっしゃー, いられると, いるか, いるかれら, いるが, いるじゃ, いるぜ, いるだろうか, いるでしょうから, いるという, いるとき, いるほう, いる他, いる連中, いれば, いろんな木, いろんな物, いわせると, うつって, うねって, おっくり返し, おはいりなさいまし, おりたとこ, おりますんで, おんぶする, お入り, お出し, お出で, お出でよ, お出なさい, お前の, お咎め, お客さんの, お尻, お知己, お貸し, お通し, かかわりある, かくれ住んで, かたまり断片的, きかかった姉, きたまえ, きてから, くれたまえ, こうし, こうして室, こう富士, こしらえて, こっちに, こづきした佃, こないか, このまま, ころがして, さつきの, すこし用事, すると, ずっとい, せまって, そのシギ, その糸, そんな企み, そんな気, そんな騒ぎ, だいじな用, だんだんと, ちらちらと, ちらばって, ついたの, ついて, つきあって, つくると, つみあげて, できて, とぐろを, どうもあつらえ, どう仕向けよう, ないので, ないもの, なくして, なければ, なって, なにか起これ, なりますね, なる, のばして, はなして, ばら撒い, ひとかたまりはるかに, ひとつと, ぶちまかれ, ぶっつかりしながら, ぶっつけるもん, ぶつかり真逆様, ぶらさがって, ぶら付いて, べたべたと, ぽたりと, ぽっかりうかん, まだ半分, まだ多勢, まだ残っ, まわして, むかって, むけたり, もう一つ異体, ゃあちっとばかり当りが, やったり, やってくるの, やってくる時, やって来たばかり, やって来ること, ゆくうち, よく見えなかった, よこせ, わかるので, ア化物あ, チラリと, テントが, テーブル, ハンス・ハンゼンが, バラバラ落ち, ブンブンと, ムラヤマ貯水池が, リンゴの, 一から, 一つと, 一ならび, 一ぱい食わせた, 一人二人で, 一円二円と, 一団切り結ん, 一団取り組み合っ, 一団露路に, 一塊り, 一塊り立っ, 一幅の, 一本クレーンが, 一組自由に, 一群庭師と, 一言も, 一語も, 一軒いろいろ, 一頭と, 三組, 上がるよ, 上ったん, 不利だった, 乱れて, 二三軒だ, 二百円儲けた, 云い分, 五人十人ぐらいずつ, 五六人ずつも, 人が, 任せるとの, 住んで, 何か, 余裕が, 使って, 便宜な, 信用が, 倒れながら, 借金は, 借金を, 備えが, 元気が, 充分の, 先に, 入用に, 八匹そっちに, 出しな, 出て, 分けなさる, 分って, 分ってるから, 分る, 割が, 勝ちみの, 勝ちめが, 勝ち目は, 危険を, 取ってしも, 受け答, 台所が, 同情する, 向いたの, 向き直ると, 向くでは, 向けその, 向けた, 向けた妙, 向けた顔, 向けつぶら, 向けました, 向け賢く, 呼ぼうと, 回ったり, 図書室が, 在る, 声の, 売りさばかなければ, 変が, 変ったの, 外したり, 多くの, 大木は, 安心を, 安普請の, 実力が, 害を, 家を, 寄って, 寄っと, 寄れと, 寄越したまえ, 寝て, 寝返りし初めるの, 射がけ, 少しあっち, 尾けられた, 居たらどう, 居ないとか, 居なくなっても, 居りますから, 居るつもりだい, 居る積りだい, 居着いて, 山籠り, 差押へが, 幾かたまり, 廻して, 廻って, 廻りするの, 引き取って, 引け目あります, 引張りつけようと, 引掛る, 弱みが, 弱味が, 張って, 張り出したので, 弾丸が, 待って, 御厄介, 心得が, 心配かけない, 心配を, 忙しそう, 怪我人が, 恨みが, 恨みの, 悪い尻, 戸を, 手応えを, 手抜り, 投げて, 折れつつ, 挟って, 振り向いた顔, 振り向けて, 掛引きが, 揺られまた, 揺れ動いて, 損得は, 救援で, 教えられて, 散ばって, 散らかって, 散らして, 斜に, 曲りして, 有り余る品物, 有るん, 木立と, 未練と, 来い, 来いって, 来い来いと, 来たがって, 来たの, 来たッ, 来た右側, 来な, 来ないか, 来ないの, 来なさい, 来なさらないか, 来なせよ, 来るぞ, 来ると, 来るに, 来るの, 来る前, 来る時, 来る時分, 来給え, 構うな, 横丁も, 歩きして, 歩きながら, 歩く眼, 殺されて, 気がついたもの, 気がついて, 気がつかないらしい, 気がつかぬらしい, 永住か, 油断させる, 油断を, 油絞り, 泊るところ, 注がれた, 泰造の, 海を, 海坊主の, 渡さなきゃ, 渡したわたした, 渡して, 渡って, 準備し, 潜水艦が, 点在し, 無いって, 無かった, 煙が, 燃えて, 現れたの, 理が, 生えて, 生活の, 用意が, 画架を, 留めおくただし, 留守し, 疑いが, 発生しました, 登って, 白い繭, 目が, 目に, 着いたです, 石を, 硬い氷, 碁石が, 祟られるよう, 立った一帆, 竿が, 糺す筋, 級長始め高谷君と, 続き, 聞えて, 腰掛けたら, 膝を, 臥て, 自分あっちに, 芝口の, 落付く, 行こうと, 行って, 見えたよっ, 見えるの, 見える模様, 見せること, 見世物小屋が, 親戚でも, 言い分が, 話の, 責任の, 責任は, 赤い泥水, 赤線が, 起った, 足が, 躊躇心慮する, 近づこうと, 近寄って, 逃げて, 逃げ道が, 這いかかって, 通路が, 遊んで, 運んだり, 道理が, 遠慮は, 都合の, 重大事件が, 金が, 鍬が, 長くいるなら, 長く居りまし, 閃, 附着し, 隠れして, 隠れ廻って, 離れて, 電話でも, 風が, 飛ばして, 飛び散り床, 食はれ, 駈けて, 驀進し, 高い煙突, 黄金色した, 黒い屋敷, 黒ぐろと

▼ こっち~ (627, 5.7%)

5 先に 3 あぶなくなった, あべこべに, いいでしょう, 先だ, 悪いの, 狼狽し

2 [23件] あいつに, しっかりし, ほんとの, やられて, やるん, わの, 三人で, 乗り気に, 借りたいくらい, 先を, 厭に, 可い, 恥ずかしくなる, 損を, 目が, 知って, 空地で, 精製した, 聞きたいこと, 負けて, 頼みも, 顔を, 風上に

1 [558件 抜粋] あいつらを, あくまで受動的, あせって, あせれば, あっけに, あぶない仕止められるであろう, あめりかという, あれを, いい, いいさ, いいだろう, いいと, いいとか, いくらよく, いくら歩行, いっこう相手, いっそう滑らか, いやしく見える, うたないと, うてなくなる, うろたえて, ええ面倒くせ, おかしくべたべた, おさまらぬぞ, おしいれの, おとなしくし, おとなしく出る, おとなしければ, おりさえ, お願いする, かえってギュウ, かえって面負け, かたまってれば, きじ毛より, くやしくなるじ, ぐらついて, こっちだけに, こっちです, こんな心配, しずかで, しずまったと, したつもり, しとめられる, する気, せっかく面白い, そのうち, そのつもり, そのハズミ, その拳, その錫箔の, それだけに, それを, ぞっとし, たいせつじゃワ, たが, たしかにわっし, ただ見物, たまらねえからな, たまりませんね, ちっとも見えなかった, ちょっと親切, つい固く, つかまえて, つかまえると, つよいこと, てれて, てれるよう, てんで子供, ですか, とけて, とりおさえられるから, どう細かく, どんなに用心, なにか話しかける, なんにもいわん, のぞむところ, のぼせてること, はかられたの, はげまされようとは, はっきり四方木田鶴子, はまったこと, ひっこみで, びっくりしました, びっくりします, ふくれまん中, へらへら笑ってる, ほかの, ほしいおばあさん, まけるに, ましという, またわからない, まだ返辞, まんまと負け, もっとかけ, やはり黙っ, やられそう, やられるぞ, やりきれない, やりきれないこと, やるんぢゃなくて, よけりゃなお, よければ, よっぽどお慰み, よほど元気, ろくに返事, わから, わかり過ぎてるから, わがマッちゃん, わになにか, わにも, わに入りっきりに, わに塀の, アジアで, アプアプでも, イノチがけに, ギューと, クラリオネット, ケチな, シキだ, ダマしてやる, ドジを, ドン助教授, ハニカミ恐縮する, リアルで, 一ぱい騙られたらしい, 一定の, 一生懸命でも, 一足お先に, 三人なら, 三年生な, 上だ, 上に, 上手を, 下に, 不安に, 不都合だ, 乗り出した恰好, 乞食の, 二万ポンドで, 二三枚悪党が, 五十で, 今度は, 仕掛けた喧嘩, 位負けし, 低いせい, 住み安い, 何ものだ, 何時間と, 何様じ, 侍なら, 侮辱される, 償うこと, 先かも, 先や, 先刻御, 先生恩に, 先達だ, 入って, 全速力を, 其便を, 写生し, 凄味を, 出し抜いて, 出そこなったり, 出て, 出なければ, 出るには, 分ったらしく顔, 切られる, 判官で, 利用する, 前だい, 前で, 助けを, 労れ, 動かない今, 勝ったよう, 勝つに, 勝利を, 勝手な, 勝手に, 勿体ぶって, 北だ, 北で, 半分は, 半艇身, 危くなる, 危ないの, 危なかった, 危険の, 却ってじれったく, 却ってその, 厄介者, 厚い練塀, 又一人, 取らなけ, 古いいろんな, 古狸で, 叩きのめして, 可哀そうだ, 可愛がると, 右俣谷である, 吃驚し, 名乗ったん, 向こうを, 呪縛に, 呼ばれて, 呼んで, 命を, 品物を, 嘔吐し, 嘘の, 困りますから, 困る, 困るぞ, 困るよう, 困るん, 坐睡を, 基督教徒らしくない, 増幅器で, 変ってれば, 変な, 多人数なら, 夢中に, 大の, 大事がっ, 大事だ, 大家では, 大恥, 大損な, 大次郎で, 失敬し, 奥へ, 女な, 女主人, 女敵討ち, 奴に, 存外泰然自若, 完成したら, 客だ, 宥めて, 宮方京師方で, 寄りつかなくせしゆえ, 富士子じゃ, 寝てるうち, 寝込んじゃったもん, 小さくなっ, 小ボシ, 小声で, 小娘だ, 小説を, 少し安心, 少ない, 尻尾を, 峠を, 干乾しに, 干乾に, 平次の, 平気で, 年上だ, 幽霊に, 庇わなければ, 引き込むと, 弱るよう, 弱虫で, 彼奴の, 彼奴ばかりに, 征服され, 得手で, 御免な, 御用の, 徴発され, 心配だ, 怒るまで, 怖い, 怖がるから, 急行道路だ, 怪しくなる, 恋いしくなったもの, 恥かしくなる, 恨めしいくらい, 恩を, 悪いけれど, 悪いと, 悪いよう, 悪い意気地, 悪い第, 悪かった, 悪るいの, 悲しくなる, 惚れて, 惨めに, 感極まって, 慌てて, 所有し, 手を, 手剛い, 手詰りに, 投げて, 押しかけてもと, 押せば, 持たねえよ, 挨拶しなかった, 損損の, 撃退される, 撮出されるまでも, 攻めて, 故意に, 敗戦し, 教えて, 敵の, 敵を, 斎木に, 斬られる, 日本人で, 早かった, 晩い, 普通の, 暖いわ, 暖たかく, 暴徒の, 有頂天に, 望みで, 朝九時ごろ起き, 本職である, 机博士の, 東で, 極りの, 極端な, 権十郎息子という, 横取りした, 横目で, 歌川先生の, 正直に, 正義に, 武家方鎌倉方です, 武蔵の, 死ねば, 殺されようと, 殺されるか, 殺したから, 気が, 気がつかなければ, 気にも, 気を, 気味が悪いん, 気抜けし, 沈められるかの, 油断し, 油断を, 泣いても, 泣き出さんばかり, 洋灯の, 海です, 海賊なら, 淋しくて, 清らかで, 清鑑堂から, 火災で, 火除地に, 災難を, 無鉄砲に, 焦れるほど, 熱くなり, 爆撃せられ, 牢の, 特別に, 王様の, 生きて, 用が, 田舎者, 田舎者あつかい, 申し出たの, 町人でなけれ, 異常に, 疲れるの, 相手に, 相手を, 真剣でかかれ, 真剣に, 真面目な, 真面目に, 眠って, 眩しくなる, 知るかなあ, 破算する, 神尾主膳で, 祟られるよう, 私の, 積極的に, 空いて, 窮屈でいけねえ, 立たず, 立停, 立派に, 端迷惑だ, 笑って, 第一, 納めて, 紙屑籠こっちが, 素直に, 結婚しましょう, 継電器です, 綱を, 縛られ地蔵, 羞恥を, 聞きたいところ, 聞き手でありました, 肥料負けが, 背イ足らず人間と, 脱かれ, 腕を, 芝居に, 芝居出来ない, 苛められるの, 苦しい, 苦しい卓子, 苦しくって, 茫然と, 行くまいとしても, 表沙汰に, 西さ, 西だ, 西と, 見あらわされる恐れ, 見えない, 見えないと, 見たと, 見て, 見世物に, 見出したとき, 言うそば, 訴人として, 話しかけない限りいつ, 話し手で, 説教日なら, 豪いん, 負けそう, 負けたら私, 負けた時, 負けだ, 負けです, 負けないよう, 負けると, 買手で, 赤面し, 足を, 路頭に, 踊らされて, 辛い, 辞退する, 迂濶, 近い, 迷惑を, 追いつけなければ, 追っ駈けこっち, 退こうと, 逃げだそうッ, 逃げちまわないと, 逃げると, 逆に, 進むに従って, 遠くから, 遭難船を, 避ければ, 邪魔に, 都合が, 酔うよ, 重ねて, 金を, 鉄砲の, 長良川博士こっちが, 関羽に, 降参した, 降参したくなっちゃった, 陸で, 青くなっ, 面倒を, 風下だ, 風邪を, 飛び上がったから, 食事が, 飢え死する, 飼主よ, 飽きたり, 餅なら, 首領ウルスキー氏だ, 馬鹿に, 騒げば, 驚いたの, 驚いて, 高くとまっ, 魚雷を, 鮒で, 鮒であり, 鮓屋の, 鯉であり, 麻綱に, 黙って, 黙りこんで

▼ こっちから~ (595, 5.4%)

11 見て 10 進んで 8 見ると 7 何か, 声を 5 先に, 手を 4 行って, 頭を 3 云って, 出向いて, 行くと, 話しかけて

2 [28件] お礼を, お願いする, くれて, それを, どう思った, やる本, 云えば, 人が, 会いに, 伺ったのに, 先を, 出て, 口を, 問いかけた, 大利根博士の, 恩恵を, 手紙を, 打って, 持って, 挨拶に, 挨拶を, 縁を, 行く, 行くの, 見えた, 話を, 起こった, 迎えに

1 [466件] あいさつの, あげると, あっちへ, あの野郎, あべこべに, あやまって, あれこれと, いいましょう, いうには, いう方, いくら電波, いって, いっても, いわれて, うつべきよい, おこった, おしていっ, お入り, お断りします, お為ごかしに, お目, お辞儀した, お頼み, お願いします, かける, きくわけ, きっと訪ね, くれったって, けんかを, こう云っ, ここまでは, こっちの, こづかれて, ことを, この日本人, これだけ, これまで, ご免蒙った, さいそくを, さり気なく, しが, してやったん, じろりと眼, すすんで, すでに絶交, そうは, そう穏便, そう願いたい, そっちへ, その中, その姿, その眺望, その知識, その頸筋, そんなこと, たずねること, たちのきを, だして, つっつくから, つつかれ吟味, でましょう, とうとうその, とうとう弟子, とっちめて, とびこんで, どうだ, どなった, どんな模様, なかなか風, なんと答えた, にぎやかに, のぞいて, のぞみに, のぼれば, はこんで, はずして, ひと泡ふかせ, ぶっつけたとたん, ほどこす業, また一人, また二十両拝借, また同じ, まだ何, まだ正式, みると, むこうへ, めぐんで, もう一遍会見, もう謹慎, もちかけるまでもねえ, やりたいくらい, やるとき, よく見える, れんらくしよう, ろ半へ, わかるはず, わざわざ何, わざわざ出掛け, わざわざ届けなけりゃ見, わざわざ踏込む, インテリゲンツィアとして, カイゼルを, ケツ割っ, コツコツコツと, シネマパレスで, シベリアまわりに, ノーマ号へ, ハドルスキーの, ペコペコお辞儀, 一々取上げ, 一人が, 一思いに, 一撃を, 三つ目の, 三十人の, 上げるよ, 上げるわよ, 上山と, 下りて, 不意討ちを, 世話に, 中の, 中途で, 丸木の, 主水, 乗り移って, 乗り込んで, 乗込みの, 二つめでは, 二番めです, 二階に, 云い出しさえ, 云うこと, 云う事, 云う文句, 五百両と, 京大阪へ, 人を, 仕かけた軍, 仕かける壮途, 仕向けた争い, 仕掛けては, 仕掛けるよう, 仕送りを, 休んだり, 伺いたいくらい, 伺ひたいですな, 何とも云っ, 便々と, 促すよう, 俺が, 俺は, 催促し, 催促する, 元気に, 先には, 先も, 先方へ, 先生の, 兎の, 入った客, 入りこんで, 入ると, 公然に, 出かけたからっていう, 出かけて, 出した模様, 出して, 出しゃばったこと, 出しゃばると, 出す奴, 出るのよ, 出向くの, 出掛けるから, 切りだそうと, 切り出した, 切り出しました, 別の, 助けに, 医者の, 印度へ, 取りに, 口の, 合図を, 吉川夫人を, 名のっ, 名乗って, 名乗りかける必要, 名乗りさえ, 名刺でも, 向うへ, 呼びとめたが, 呼び出しても, 呼び戻すという, 呼び返す事, 和解の, 咎めた, 品物は, 問い返した時, 問うの, 喜んで, 喧嘩を, 声が, 声だけ, 売ったおぼえは, 大きな眼, 大声で, 女の, 女を, 女中が, 媾和を, 嫁る, 寄って, 寄場へ, 察して, 尋ねて, 尋ねんの, 少しという, 届けるよう, 帰ろうと, 広告し, 廻ると, 当りを, 役人を, 役所へ, 彼を, 往こうかと, 往っても, 往来が, 待ち受けて, 後を, 後光が, 御免だ, 御免を, 御母さん, 御覧に, 怒鳴られて, 思いきりいいののしっ, 思ったん, 恐れて, 惚れて, 愛嬌を, 慰藉料請求の, 憐を, 憲兵隊へ, 或は自然, 戦争を, 手の, 手出しを, 手真似を, 打ちが, 打ちつけても, 打ち込まなければ, 投げ出した百両, 投函に, 押さないで, 押し寄せたり, 押し掛けて, 押すん, 押掛けるか, 招待し, 持込という, 挨拶し, 捜すと, 探した事, 探しに, 推理的に, 改めて掛け合いめいた, 攻め込め, 故と, 教えて, 敬意を, 文句の, 斬って, 斬りつけて, 斬ッ, 日参いたします, 昂軒を, 時々に, 暇を, 暇乞に, 暇出す, 書いて, 望んで, 来たん, 来た封筒, 来て, 根穿り, 棹を, 植木鉢が, 橋に, 歩き出して, 死に, 殺して, 求めさえ, 求めて, 求めなければ, 決して喧嘩, 波が, 泣きついたって, 注意する, 浴びせかけられる, 海の, 渡して, 無理に, 無礼を, 煽動し, 熱を, 父の, 理窟を, 申し込んだ方, 申上げましょう, 画家を, 療治を, 目を, 相手の, 相談を, 眺めたり, 眺めて, 眺めるよう, 睨んだところ, 知らせたいこと, 知らせぬ間, 石を, 磁力砲を, 礼を, 福岡の, 私が, 秦豊吉を, 積極的に, 空罐の, 突当ったらな, 立ち戻って, 立てて, 竹屋, 紹介し, 絵の, 絶えず聞えた, 罠へ, 美女と, 考えた上, 聞いて, 聞えたね, 聞えます, 聞きたいところ, 聞くが, 聞く勇気, 聞く場合, 聞こうと, 腕を, 自分の, 葉書や, 蛍光幕を, 血気の, 血道を, 行きたいよう, 行きたくも, 行きましょうよ, 行くぞ, 行くよ, 行く伸子, 行けそう, 行けば, 行こう, 行こうよ, 行ったもの, 行っても, 裏切りを, 褒美を, 襲って, 見えました, 見えるけれど, 見える程, 見たり, 見ても, 見る人間, 見舞いを, 言い出す分, 言う処, 言って, 言わせりゃあ, 言わなくっちゃ, 訊いて, 訊かなければ, 訊きたいの, 訊きほじる, 訊きも, 訊くから, 訊ねようと, 訪ねて, 訪ねようかと, 訪ねる場合, 訴え出て, 話しかけたのに, 話しかけても, 話しかけるよう, 話し出さねば, 誘い出すまでも, 誘っても, 説明しない, 請求し, 警備の, 責め立てて, 買って, 貸せでは, 質問した, 質問を, 贈ったビラ, 赴くの, 足跡が, 身を, 辞を, 辞退したい, 近づきたがって, 近よれない, 近寄ったよう, 返報を, 迫って, 迫り詰めて, 追っかけて, 送ったり, 送られて, 送りましょう, 逃げる考え, 逆捻じ, 逆襲しなかった, 透かして, 逐ん, 這いこんで, 通りぬけ, 通信で, 連れて, 連絡に, 運んで, 酒さかな持ち出しで, 鉄砲も, 阮小二が, 附けてやらに, 障子を, 集めること, 雑然として, 電話し, 電話を, 霧を, 露骨に, 頼まぬのに, 頼みが, 頼みは, 頼むよう, 頼むん, 頼む奴, 頼めば, 頼んで, 頼母を, 顔出しを, 願いたいよ, 願って, 飛び出すと, 飛び込まなかったかと, 飛んで, 食って, 馬子が, 駆けて, 騒ぎを, 黄色い外套, 鼻を

▼ こっち~ (510, 4.7%)

7 こっちだ, そのつもり 5 気が 4 こっちで, 腹が, 負けずに 3 向かずに, 困る, 窓から

2 [14件] がんりきだ, こうだ, こぶしの, それを, みちは, ダレて, 出て, 十分に, 向うも, 忽ちニヤニヤし, 望むところ, 気に, 甘くなっ, 眼を

1 [442件] あぶねえから, あまり握り, あらかた覚悟, あるか, あわてて, あんまり口, いい心持ち, いくらかつきあっ, いくらか困る, いけねえ, いたずらを, いつも操縦席, いよいよ剛情, うなずかれた, うわさなんか, えげつないほど, えらいところ, お上に, お咲, お江戸, お祝いに, かなり苦戦, かゆいの, かれこれ同じ, がっかりし, がんりきの, きいて, きつねに, くさり十円怒り賃, くたばりそう, けんかずき, こうしては, こうしてはおられぬ, こうじゃ, こけ猿, ここで, ここに, ここを, こっち, こっちと, こっちよ, こっち彼奴の, これから前途相当, これが, こんどは, さすがに, したくない返事, しばらくねむる, しまいに根負け, しゃくだ, じつは誤解, すぐ立とう, すっかり赤面, ずいぶん虫, せっかくだ, そういう御仁相手, そう願いたい, そのほう, そのツモリ, その意, その日ぐらし, その気, その要心, それくらいの, それだけ強硬, それっ, それと, それどころじゃ, それに, そろそろ受持ち, そんな場合, ただでは, だまっちゃ, だらしが, ちょっと返答, ついぞそんな, つい叱れなくなっ, つい好戦的, つい釣込まれ, つきあひの, つり込まれて, つんつるてんに, ときどき変, どしどし撃っ, なかなか強い, なるたけ世間, なるべく当らず触らず, なんだか詰まらない, にっと笑っ, ねこに, ねむくなり, のむ, のんきだ, ひとつお嬢様という, ひとつその, ひどく損害, ひろく手, びっくりした, ふざけ切って, ぼんやりし, まじめでいこう, まじめに, まずいが, また出, また分別, また変, また葭簀越, まだ涙演, まんざら目算, みんなで, みんな一度に, めいめいに, もう僅かの, もう焦れ, ものの, やはり何, やはり兵士, やはり同じ, やはり火星人, やりにくし, やれやれ浅ましい, よろしくと, よろしゅうございます, わがまま勝手な, イヨイヨたまらなく, ガッカリした, キマリが, ギンネコ号の, グ, グズグズの, セット入りと, ゼヒ有, ナッチョランかっ, ニヤニヤし, ハナシカである, フライを, ヘドモドし, ヘリコプターを, ホッと, ママヨ, ミミ族の, ルーズだ, 一つその, 一つ釜の, 一口乗っ, 一寸妙, 一挺なくなっ, 一本に, 一杯機嫌で, 一緒に, 三重腹に, 上わ, 下から, 世話が, 中ッ腹, 中学時代の, 丸く, 丸く行か, 乗って, 乗りかかった舟, 了見を, 二人づれ早く, 二人前と, 二葉などは, 亦その, 人が, 人に, 今夜は, 今年は, 今度は, 仕事に, 他人の, 仲, 伊吹の, 会なぞ, 似合うだろう, 何も, 余まり重く, 使ひ, 働くの, 元々手, 兇状持ちに, 全くテレ, 全く戦い甲斐, 八丁堀お, 内々それ, 出来るだけ, 刀を, 刃物で, 別に損, 別に文句, 前同様, 力が, 功徳に, 加勢し, 助かった船頭親子, 助かるがねえ, 助かるん, 助かる思, 動けないぞ, 勝つか, 勝手だ, 勢懐中から, 北に, 半分よ, 危い, 危く凍え死ぬ, 危ね, 却って工夫, 口が, 同じこと, 同じ言葉, 同格だ, 吐きそう, 向うの, 向うを, 命がけでした, 咽喉少々, 商人それなら, 商売だ, 商売です, 商売の, 商売弟子が, 四次元跳躍術を, 土が, 墓場の, 多勢力を, 夢中で, 大いに乗り出し, 大いに出, 大きな劇場, 大さわぎ, 大事の, 大人しく眠り, 大勢いる, 大勢と, 大味小味に, 大変便利だ, 大真面目さ, 大胆で, 天下の, 夫婦で, 女の, 女性の, 好きこのんで, 好むこと, 妙な, 安心, 安心した, 実が, 実はこの, 宣戦布告を, 容易に, 容赦しねえ, 容赦は, 宿題を, 対抗しました, 小味むっつり, 少し無理, 少し逆上せ, 屁を, 山男の, 平気な, 年が, 年の, 底が, 底を, 式の, 引抜きを, 引裂け甚だしい, 強情を, 彫って, 影法師, 彼の, 待ってや, 御同然, 徴兵忌避の, 心の, 心得の, 必死だった, 必死必勝の, 忙が, 忙しいから, 快速が, 思わず笑い出した, 急いで, 息が, 息を, 悪くなっ, 悪の, 惚れさせられて, 意地だ, 意地だす, 意地である, 感じて, 感染した, 慌てて, 戻りだから, 手が, 手伝うもん, 手分けし, 手練の, 押しかえして, 招かれた法事, 捕まえる気, 提灯を, 撃って, 撃とうとは, 放つきまわって, 整理したい, 早に, 暑い, 暗闇に, 暴力や, 書いて, 本当だ, 根負けが, 構わねえ高飛車, 横を, 武士の, 武家出つい, 死に物狂い, 気がつかない風, 気の毒に, 気まぐれに, 気息を, 江戸っ子で, 法度に, 泥棒でも, 注文, 活気が, 浮気, 渡世と, 準備を, 溜息もし, 漕ごうという, 災難主人も, 無暗に, 無論エムデン, 無限の, 煙の, 燃えてるらしい, 物騒と, 物騒な, 狂人の, 生きと, 生身の, 田舎ふうの, 男でございます, 男の, 疲労れよう, 病みつきそう, 病人だ, 病気で, 癪だ, 皆揃ふ, 皆眼が, 目を, 盲目の, 相手が, 相手の, 看破って, 真剣で見, 知って, 知らないの, 知らなかった, 礼を, 社会を, 秘密を, 空惚けて, 笑って, 答礼として, 緊張し, 罪を, 翌朝は, 考えて, 胡瓜の, 自分が, 自然それで, 芸術家だ, 若いもん, 若い勢い, 莫連の, 蓙でも, 行って, 要領を, 見える, 見つけられんで, 見ろ, 見物に, 覚悟せね, 言って, 言葉が, 註文を, 話して, 調伏で, 調子づいて, 謎の, 負けず言い返した, 負けない気, 負けられない, 負けんくらい, 貧的どうして, 買うという, 走り出て, 身が, 身元が, 身構えを, 迷惑内々で, 退った, 退屈し, 逃げやがった, 逃げ出すわけ, 逆の, 途端に, 通行ど, 道中よけいな, 遠慮なく戦う, 都合が, 酔って, 重宝で, 釣り込まれて, 間に合わせたいの, 附きあいきれない, 随分寒く, 難船だ, 雨じゃ, 面倒臭いから, 順当に, 領主だ, 頭で, 頼みてえこと, 飽きが, 駆けつけ三杯, 駒形の, 驚いたよ, 高いところ, 高い金, 魔法を, 魔法使いに, 鸞帯は, 黙って

▼ こっち~ (439, 4.0%)

8 見て 4 云うこと, 勝手に 3 きいて, 口を, 水を, 言うこと

2 [18件] いうこと, いう事, いつまでも, ご免だ, やったこと, やるかな, 休んで, 働いて, 利用する, 彼の, 聞いて, 育てる, 花嫁が, 言って, 身を, 金を, 頼んだわけ, 騒ぐと

1 [375件] бус, あがって, あなた様が, あべこべに, あれから, あんまり良, いいよう, いうことば, いくら思っ, いけなきゃ, いて, いろいろな, いろいろ反対, おとなしく控え, おやすみなさいね, お前さんの, お前さんを, お断, お断りします, お米, お紋さん, お育てなさる, かかって, かくたちどころに返答, かってに, がやがやと, きくこと, こしらえた着物, こそこそ深く, こづき廻されて, これだけ, これを, ごめん蒙りたい, さがすから, させて, さんざん疑心, じっと見, じろじろ視れ, ずいぶん流行っ, そう信じ, その帳面, その立派, それぞれ忠実に, それで相手, それを, そんな時間, たくさん, だして, できないうち, どうでも, どう出, ないと, なんとか都合, にげだすの, ねいや, のぼせれば, のろけて, はじまると, はじめて騒ぎまし, はっきりした, ひしと女, びっくりしちゃった, へい, べつの, またいたずら, まっぴらだ, もう一割, もう十四人, もって, もの言っ, やや男, やりますと, やるが, やるはず, やるより, やる事, やる約束, やれるもの, ゆこう, ゆっくりお話, よいと, よく寝, わたしを, ガールスの, クスリ一度に, ケースへ, サイレンが, パッと, ピカリ揺れ, フタンする, ワザと, 一つの, 一人前以上の, 一団と, 一度経験ずみ, 一番有名な, 一緒に, 七千円近くとる, 三人も, 三十分ばかり, 上から, 下手を, 主題を, 二人向こうで, 二人選ぶ, 云いたいこと, 云いたい事, 云いも, 云うせりふ, 云うばかり, 云う通り, 云われて, 井崎八郎と, 交わされる, 人を, 人声が, 人手が, 人格の, 仕事し, 仕事しよう, 仕事を, 休みましょう, 会うべきはず, 伺いたいくらいの, 何か, 何となく物足りない, 何とも言いよう, 何も, 作って, 作品に, 使えそう, 使われたん, 侍史と, 停まれ, 傍聴券貰いましょう, 先に, 先方の, 先生よりも, 入れかえて, 入用な, 入院してた, 八月で, 六兵衛が, 内所で, 出した条件, 切り上げるよう, 助けて, 勝手な, 十しゃべる, 十万部読まれた, 取って, 取りに, 取り上げりゃ向う, 取り合う必要, 取れたの, 取做す, 口へ, 各々抵抗, 名を, 名主へ, 吏党と, 向うの, 向かう, 吠え廻ってさ, 呼ばないのに, 呼びも, 呼ぶまで, 問題を, 喰われ身, 売った喧嘩, 変な, 外套ぬい, 夜まで, 大いに作っ, 大使館と, 奉迎だ, 奔る, 嫌だ, 嫌われ仕官, 子供の, 寄り添おうと, 察して, 封切りされるらしい, 封書を, 尋ねも, 小六さんの, 小説を, 少し大きく, 少し歩き出し, 巧く, 巧らむこ, 帰って, 帰り支度が, 平伏でも, 引くり返され端, 引取り, 引鉄を, 当分店を, 待ってるん, 御免だ, 御免を, 御遠慮, 心配すべき, 心配する, 心配を, 思うと, 怯け, 恥ずかしくなっちまう, 息張っても, 惚れた覚, 我ま, 或る, 所帯を, 手を, 手前の, 打明けた時, 払うもん, 払は, 承って, 投げた捕縄, 投げる松明, 招いて, 拵えて, 持って, 持ついわれ, 持つの, 持とう, 振出した手形, 捉まえた, 捕まえるやら, 捜しだして, 捨てられやしないからね, 接ぎあわす, 掴みあう, 揉め事が, 攻めだす用意, 数えないで, 斃れ, 文化サークルや, 斬りかけるとたん, 断はり, 新規に, 日本に関して, 早く小野さん, 暮し次, 暮す気, 暮らしたいらしいよ, 暮らすわけ, 書いて, 書かうと, 書類を, 本当の, 桶を, 検べて, 業を, 極めるの, 楽しんで, 模様を, 欲しいの, 欲しがってる, 正餐を, 此方の, 武芸を, 死ぬほど, 段々健康, 気を, 気合を, 油断し, 泊るかも, 泣いて, 洗ったり, 洗濯ものを, 洗濯を, 為て, 為事を, 片着く, 犬を, 独り角力を, 生れた紅, 用が, 申し訳ない, 登記し, 盛んに, 相当の, 相当成功し, 相談してる, 真実な, 真面目に, 睨めっこしたり, 知って, 石炭を, 私たちが, 積あげた, 積荷し, 穿きてえや, 立て替えて, 立停り, 竹箆返しに, 笑ったから, 笑って, 第一, 素直に, 缶詰事件が, 罰金とっ, 羨むん, 考えが, 考えて, 考えてること, 聞えた, 聞えて, 聞きて, 聞違えた, 肯く訳, 自発的に, 芝居してる, 苦笑した, 虐めて, 虫が, 行くだけの, 行われて, 裏は, 要る期日, 見たり, 見はずしたか, 見ると, 見るの, 見付けますから, 見覚えの, 覗いて, 覚悟を, 解ってるん, 言いたいね, 言いたい科白, 言いたい言葉, 言いてえこった, 言うこったい, 言わせて, 訊いたこと, 訊いても, 訊きたいくらいの, 訊きたいん, 許さない, 詫びたい, 話しかけないのに, 負けて, 貰いたいそういう, 買うん, 買占めるの, 質素な, 起る, 路普請や, 辛棒し, 逃げさえ, 道を, 長い竹棹, 閉めてからも, 開かねば, 開けろと, 降参する, 随意に, 領主が, 頼んだ事, 頼んで, 顔を, 食うつもり, 食べて, 養うこと, 騒いだ, 騒ぎを, 驚かせて, 高声で, 鳴いて, 鳴り出すと, 鶏の, 黙って

▼ こっちにも~ (149, 1.4%)

9 覚悟が 6 了簡が 3 ある, 大変な, 子供が, 料簡が, 燐光の 2 あっちにも, あるという, あるん, うろうろし, ない, 了見が, 奥の手が, 用意が, 考えが

1 [101件] ああいう, あらわれて, ありました, ありますよ, ありません, あるの, あるのに, あるやつ, あるよ, い, いくらも, いるぜ, いるよう, いるん, いろいろ面白い, うち開けたい, おいて, おのずから別, きた, こっちの, ころがって, こんな物, そのつもり, それが, たくさん標本や, ちっとお, なさそう, ならびそこら, にんげん, はみ出しおまけ, ひとりおります, ぽかんと口, また路用, まだ行先, もうそこらいっぱい, もう一つ, やり方が, よくない, ウロウロし, ガンの, キラリと, ドッサリあります, 一ついい, 一つ心当りが, 云い分, 五六人乃至, 五六人手が, 伝えられました, 何か, 兵隊が, 出た, 出ようが, 別荘が, 又なにか, 又考え, 君には, 咲いて, 喚声と, 多少の, 大きな四角, 大事が, 客あしらいが, 客が, 少し悶着, 少し用, 廻して, 廻せよな, 弱味が, 微かな, 忙しく聞こえだしました, 援軍が, 散らかって, 時計の, 柳沢家の, 桃色の, 殆どこの, 段が, 殺人が, 水面に, 派手な, 浪士を, 火の手が, 異議は, 相当に, 立って, 羊の, 考へが, 自信が, 色々の, 落度が, 藻の, 言いたいこと, 言分が, 訳が, 転がって, 関所が, 雪に, 面白くない, 魂胆, 鳥が, 黄金いろ

▼ こっちでも~ (132, 1.2%)

2 ちょくちょくそういう, 号令を, 手を, 負けずに

1 [124件] うたなくて, えらく開墾, お仙ちゃん, お祈りの, かすを, ききとって, この触角, さも四辺, しずかな, して, しゅうっ, じゅうぶんの, すすりなきの, する, そうする, そのこと, そのつもり, その不思議, その女, その度, その訳, その黒い, だんだん情, どなり声が, ぬかりなく, ばったばったと, ひとしば, ぶつぶつがらがら口小言, ぶつぶつぶつぶつつぶやい, ぶん撲っ, もう聴かねえ, ものすごい怒号, やさしくする, やりよう, わざと声, ガチャガチャ騒ぎと, キーイキーイと, ダンスを, ドカドカと, パシフィック・パクト, ヒドイ選手難に, ビシンと, ブウブウその, ブツブツ言いさわぐ, ムチャクチャに, 一どに, 一切構わない, 上の, 下足札の, 云うこと, 人間が, 何か, 何だか知己, 充分に, 切られた, 判然とは, 又, 取り交されて, 受けると, 向うでも, 啜泣く声, 噂された, 困って, 声を, 大いに警戒, 大さわぎ, 大乱闘, 大砲や, 太い唸る, 婦人記者と, 寝て, 帰されるもの, 幾らかの, 強盗火つけ押しがり, 彼女を, 思うばかり, 恐縮ばかり, 恩を, 悲劇を, 戦争ごっこを, 戦武者押しの, 拗ねた風, 探して, 探り出して, 支那人らしい, 救援隊を, 断るより, 昆虫館, 曖昧味を, 此処より, 気の, 火星兵が, 点滅し, 犬どもの, 狭いテエブル, 眼を, 破牢破牢という, 立停る, 笑って, 簡潔に, 組みうち, 繃帯を, 考えて, 茶酒米飯肉等いろいろの, 虚偽でなく, 裸体の, 見つめて, 言って, 誰か, 調べるだけの, 警官が, 議論, 讃美その, 起った, 近頃に, 酒の, 野呂松人形を, 量見, 金が, 障子の, 頼まないと, 馬の, 騒ぎ出した, 高射機関銃が

▼ こっち~ (87, 0.8%)

2 しちゃ, 探して, 歩いて, 歩きまわった

1 [79件] あっちとに, いっては, いわれたほども, うつること, およぎまわりました, かえして, こっちとが, さがしまわった, さがし回って, さまよって, しきりに触っ, したらはやく, すっかりあけ放したら, すっぽん専門の, せせったあげく, とけ合って, どちらが, どれが, なりそう, まよい歩いて, むやみに, 一ぺんに, 一緒に, 両側を, 両方に, 云う気, 俵の, 出歩いた, 出歩いて, 同じ剣道家, 同じ方向, 同じ百姓家, 同時に叫び声, 同時に立て直し, 同様人間離れの, 向うとに, 向うの, 周旋し, 土を, 垣根を, 奔走しました, 家中を, 対陣する, 小家の, 引張り廻し, 引越すこと, 従来関係の, 捜しまわるの, 推察する, 揺り上げられる重, 散在し, 散歩した, 歩いた, 歩いたが, 歩きだしました, 歩きまわって, 歩き廻ったけれ共, 歩き廻って, 江戸の, 異りなかった, 移り住んだ, 衝突し, 見て, 見るよう, 覗いて, 親しい口, 訊き廻って, 貸間を, 走りまわった, 身分の, 近所の, 追いまわされて, 逃げまわりますと, 逃げ廻る鳥, 通り又は, 連絡を, 運んで, 駈け廻って, 鯨を

▼ こっち~ (87, 0.8%)

3 の窓 2 からのぞい, から見える, で手, と同じ, に居る, の椅子, の歩道, の部屋

1 [68件] ある者, からそれ, からと草刈り, から一寸, から書い, から棒, が日本居留民, が海, だけ垂, だけ白く, でたけ, ではハーマン・メルヴィル, では恐し, では村, で互いに, で煉瓦, で聞い, で認識不足, とばかり梃子, と向, と向う側, と池袋, と間, には船着, には集団牧場, にやっぱり, に動い, に坐っ, に客, に座っ, に立っ, に立った, に立て, のあなた, のお前, ので, のはし, の一羽, の二階, の人, の人だかり, の半径, の回転窓, の岩間, の岸, の考え, はああ, はお, はその, はソヴェト同盟, は土佐, は平, は昌平橋御門, は稀, は綺麗, へと一列, へと昇っ, へばかり来た, へわざと, へ来る, までつれ, まで二時間, まで着いた, を一噛, を中, を少し, を歩いた, を走る

▼ こっち~ (82, 0.8%)

24 こっちだ 123 こっちへ, ッ 2 こっちの, な, ねえ

1 [34件] おめ, からいいかげん, からその間, が, しかし気, し会社, っけはッ, ということ, といったふう, と上演禁止, と云い, と云っ, と妙, と思ったら, と書いたら恨まれましょう, と聞い, どうせ堕ちるなら, はははは, ものお, よう, よお, よとさも, よとっつかまえた, よと叫び, よ往来, よ按摩さん, ア, ッこっちだ, 三郎, 外套は, 役所の, 橋の, 此処に, 裏から

▼ こっちには~ (80, 0.7%)

2 ロンドンタイムス大理石の, 都合が

1 [76件] ある, あるから, あるので, あるん, いたので, いないだろうと, おくの手, おみの, お前らより, こうやっ, さらにはなはだしい, すっかりわかっ, すっかり種, それを, そんなふう, そんな報告, ちゃんとお, ちゃんとたま, ちゃんとわかっ, ちゃんとわかってる, とっくにわかっ, ないぞ, ないの, ねえ装甲馬, ひびかない, まだおく, よくわかっ, よくわからない, モスク, 一向腑, 下卑た連中, 世間体が, 亡者が, 仕事の, 付き纏われる覚え, 何の, 何分にも, 十五人の, 同時に同じ, 向いて, 向こうの, 変ったこと, 大木が, 妻子も, 寄こさないの, 幕府御用の, 幾らでも, 後藤運転手の, 微塵勝ち目は, 手強いの, 明智先生が, 暗い露路, 曲線が, 曲者の, 来ないつもり, 松山の, 桝本の, 気に, 決して決して来ない, 皆目見え, 確かな, 確かに, 神聖を, 祭日の, 背を, 蟹の, 見えませんよ, 親戚と, 計画が, 証人が, 証拠が, 責任が, 貴重品だ, 送って, 長く御, 面白くおかしく話し

▼ こっちからも~ (69, 0.6%)

3 電話で 2 聞こえて

1 [64件] いちいち祝福, こみ入った話, ご祝儀, さっきから, しなきゃならないの, それに, どうか早く, なぐり込みを, ねずみが, ばさばさと, よくみえた, カチュウシャの, スパイが, バラバラッと, 一ツ払い, 三々五々男女, 云われるという, 交わされる, 以前から, 便りを, 信号を, 半蔵の, 同じよう, 同じ調子, 同時に見上げ見下し, 子供の, 寺の, 小柄へ, 川が, 引っぱられて, 必死の, 必要に, 愛したって, 感謝状や, 手が, 湯気で, 激しくふり, 火事を, 煙が, 物資兵力を, 狼が, 直ぐたゝきかえしてやる, 相互に, 相手に, 笑いで, 笑って, 約束の, 群を, 聞いた, 自分の, 船長の, 苦情が, 苦情を, 行きやす, 見えるじゃろう, 覗き始めて, 誰かを, 路傍の, 遠慮のう, 金の, 集って, 騒々しいジャズ, 高射砲は, 黄色い悲鳴

▼ こっちでは~ (68, 0.6%)

1 [68件] お許, かえってすっかり恐縮, きせるを, さすがに, さほどにも, そういうこと, そういう勇ましい, その人, その呼び声, その電波, それを, だいぶ雷, ちゃんと見当, ない, ないかえって, ないので, なく木戸, なれて, ひばりの, みんなそう, めったに頭巾, もう決議, わからなくなって, エマリ, ドンちゃんが, 一人の, 一家五人が, 丁度昼休み, 上ると, 二千米ぐらいの, 五疋が, 何とも思っ, 分って, 動物流行の, 十分に, 四人の, 夏は, 大江山課長が, 娘の, 存外そこ, 工夫が, 左のみ, 忘れずに, 思いつめて, 悪いと, 拳を, 支那人が, 整って, 断わられと, 既に偵知, 梢の, 歓迎する, 気狂いの, 水は, 治安妨害とか, 泣き寝入りの, 無理も, 玄卿めを, 瓦町と, 皆涙を, 耳を, 足袋なし, 鐘の, 随分毎日仕事, 電熱炉で, 頑張った, 頼まぬぞ, 黒の

▼ こっちへも~ (36, 0.3%)

2 早く下さい, 来るし

1 [32件] いらっしゃる学校出, お呉れ, お裾分けを, くれ, だんだん来る, ていねいに, できるだけていねい, なびきました, はっきり聞えた, ひとつ, ひとつ頼みてえ, ひろがりました, 一冊, 出ろ, 勧めあっち, 勧めて, 口を, 回せよ, 坊主は, 少し廻し, 廻って, 引っ越して, 手配りが, 来て, 来るだらう色々, 済むまいと, 渡るだろうな, 聞えたので, 解った, 解って, 近づいて, 遊びに

▼ こっちじゃ~ (34, 0.3%)

2 ない

1 [32件] ああする, ありませんか, あんまり難, こんなにとりこん, それほどにも, ないお前, ないかな, ねえや, また向う, めったにゆかない, もうちゃんと心得た, ゆっくりお, わかりませんよ, アあんまり, ア大切な, ファジェーエフの, 一生懸命粒よりの, 五ヵ年計画を, 今目を, 先刻承知な, 全く覚え, 分からなくって, 分らないから, 別にこれ, 向が, 御存じない, 時代ものしか, 構えない, 私の, 立鍬を, 笑ったり, 紙で

▼ こっちへは~ (29, 0.3%)

2 いるが, 来ないん, 眼も

1 [23件] いつ来る, いること, おみやさん, はいらなかったの, もう三四年, 一が, 下りて, 何の, 再度の, 初めて来た, 堀井, 姿を, 客を, 帰って, 持って, 来な, 来ないかね, 来ないで, 来ないと, 滅多に, 背中を, 見えぬぞ, 這入らないのでね

▼ こっちだって~ (28, 0.3%)

2 黙って

1 [26件] あるん, あんまり強く, いうもん, いつの, そりゃ一つ, それに対して, そんなに嫌がる, ただ死ぬ, ときどき絞っ, デパートの, 一粒選りだ, 十二三艘の, 反省し, 味方が, 大仕事, 当てが, 心配で, 必死だ, 感情害しちゃう, 殿様御, 生命がけ, 的に, 相当に, 相当の, 腕ずくなら, 薄情で

▼ こっちです~ (23, 0.2%)

1042 から, こっちです 1 かね, のに, よいくらか, よと云っ, わ

▼ こっちからは~ (21, 0.2%)

1 [21件] それを, つかわず, どうしても開かなかった, めったに出かけ, 乗出させぬ, 出られないの, 出向かずと, 怪星ガン人の, 手出しを, 板と, 皆声を, 自分の, 見えない, 見えなくさせて, 見えるの, 貴様の, 赤い舌, 車体は, 返事を, 遠い方, 黒天鵞絨の

▼ こっちまで~ (18, 0.2%)

2 来て

1 [16件] てれて, やってきましゅぞ, 堕落し, 届きませんでした, 斬られたり, 暴力団かぶれし, 来ると, 知れて, 突き通されてるよう, 聞えて, 艦隊の, 行って, 逆せ上っ, 金が, 飛んで, 飛んでも

▼ こっち向き~ (17, 0.2%)

1 [17件] だったの, にし, につくんつくんし, になっ, に丸卓子, に傾い, に傾き落ち, に咲き変る, に坐り, に寝かされた, に居坐り直っ, に干し, に抱え, に相良桂一郎, に眠っ, に立ち, に跼み

▼ こっち~ (14, 0.1%)

1 [14件] お祖父さんから, ぐッと, たかだか恩, ちゃんとめど, ねえおれ, 台所まで, 命がけの, 商売だ, 小児だ, 屋敷が, 早耳の, 書けなん, 蒼くなっ, 蚯蚓みた

▼ こっちへと~ (13, 0.1%)

1 [13件] いくどもに, おいなさる, すべりこむの, ゆすられて, 出て, 宣示す, 帰って, 武蔵野を, 砂を, 積みかえながら, 言うところ, 言われた時, 賑やかに

▼ こっちこそ~ (12, 0.1%)

2 いい面 1 うんと, ほんとかいと, 仏頂寺に, 助けて, 夢じゃ, 怨みの, 本当の, 見当が, 訊きてえところ, 追っかけても

▼ こっちとら~ (11, 0.1%)

1 [11件] がし, が宜, が汗, が社会, が行っ, とは泥亀, に出来るなら, は行こう, は買わない, も奥山, を助け

▼ こっち向い~ (11, 0.1%)

2 て, てだまっ 1 ている, てえ, てだってと云っ, てひょいひょい, てひろがっ, てぴたッ, てやっ

▼ こっち~ (10, 0.1%)

1 がした, へ見れ, 寄って, 持って, 来う, 来て, 来るど, 来るどい, 這入れ, 遁げだ

▼ こっち歩い~ (10, 0.1%)

2 てみた, て見 1 ていた, てその, てみ, て全く, て居る, て本

▼ こっち~ (9, 0.1%)

2 ている 1 て, てい, ていた, てくれ, てロンドン, て相当, て調べ

▼ こっち~ (9, 0.1%)

2 の水 1 ではとある, で降ろされた, と向う岸, の岩, の河原, の石垣, へ渡し

▼ こっち~ (8, 0.1%)

1 てあるき, てなさっ, て奇麗, て待っ, て御覧, て歩き歩きした, て歩こう, て深く

▼ こっちからの~ (7, 0.1%)

1 お出入り, テレビジョンが, 委員は, 応答信号を, 無電を, 申し入れを, 話が

▼ こっちにゃ~ (7, 0.1%)

1 あまた滝公, あるん, ないん, まだまだ奥の手がちゃあんとあるんだとばかり太郎, アちゃんと, アねえ, ウントコサ用が

▼ こっちい来~ (6, 0.1%)

2 て市役所 1 たり, てみろ, て仲間, て食べ

▼ こっちばかり~ (6, 0.1%)

1 でお, でなくそっち, なんだ, 一人で, 見る, 試されちゃ

▼ こっち~ (5, 0.0%)

1 ことは, でまわし, ので駈けつけ, んだ, んです

▼ こっちより~ (5, 0.0%)

1 ずっと金, たしかに一枚上, 出て, 向こうの, 完全だ

▼ こっち持ち~ (5, 0.0%)

1 だ, だという, でその, でなくそっち持ち, でほか

▼ こっち~ (5, 0.0%)

2 持って 1 そのまま辿っ, 惹き入れられさ, 現わ

▼ こっち~ (4, 0.0%)

2 へえっ 1 お出でよ, さ

▼ こっち~ (4, 0.0%)

1 上りと, 入りんか, 向きよ, 藤は

▼ こっちさえ~ (4, 0.0%)

1 寄り付かなければ, 平然と, 強くなりゃ, 見れば

▼ こっちじゃあ~ (4, 0.0%)

1 ねえだ, みんなそんな, 思い出しました位, 雪の

▼ こっちだった~ (4, 0.0%)

3 と思う 1

▼ こっちにとっては~ (4, 0.0%)

1 それが, 一生の, 性が, 朝飯前と

▼ こっちもと~ (4, 0.0%)

1 さしずされ, ぼとぼと死場所, 下知なさる, 思って

▼ こっち~ (4, 0.0%)

3 こっちの 1 それどころじゃ

▼ こっち~ (4, 0.0%)

1 こっちよ, 大山へ, 根くらべ, 私たちの

▼ こっち二人~ (4, 0.0%)

2 ぐらいあるでしょう 1 で嘗めあった, とも私

▼ こっち廻っ~ (4, 0.0%)

1 ていろいろ, てみた, て来た, て歩き

▼ こっち方面~ (4, 0.0%)

1 はてんで, はどこ, は月末, へ著しく

▼ こっち歩き~ (4, 0.0%)

1 ながら手足, チューチ・プラーカラ, 夜試写を, 非常に

▼ こっちい来い~ (3, 0.0%)

2 ってば 1

▼ こっちさがし~ (3, 0.0%)

1 てがっかり, てみた, て歩いた

▼ こっちずっと~ (3, 0.0%)

1 お部屋, このあたり, 元気を

▼ こっちという~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 もの時々

▼ こっちとは~ (3, 0.0%)

1 どこだ, 全然方向, 身体が

▼ こっちなら~ (3, 0.0%)

1 ば何, ゆったりと, 電車が

▼ こっちに対して~ (3, 0.0%)

1 効力が, 快く思っ, 気を

▼ こっちまた~ (3, 0.0%)

1 なかの, ぽそ, 少し気

▼ こっちまでが~ (3, 0.0%)

1 悲しくなる, 酔ったよう, 里心が

▼ こっちよりも~ (3, 0.0%)

1 それ相当の, 向うを, 強い虫

▼ こっち~ (3, 0.0%)

1 が今お, の務, 歩き種々

▼ こっち~ (3, 0.0%)

1 に並ん, に舌, に跨り

▼ こっち当っ~ (3, 0.0%)

1 てみよう, て見, て見た

▼ こっち探し~ (3, 0.0%)

1 ていました, ています, てみた

▼ こっち~ (3, 0.0%)

1 と出, の心, は

▼ こっちあけ~ (2, 0.0%)

1 てスダレ, て様子

▼ こっちあすこ~ (2, 0.0%)

1 にいます, に旗

▼ こっちあたり~ (2, 0.0%)

1 からずっと, で食う

▼ こっちいおい~ (2, 0.0%)

1 でなさい, でんさい

▼ こっちからこそ~ (2, 0.0%)

1 いうべき筋, ごめんだ

▼ こっちだけ~ (2, 0.0%)

1 で一日, 見て

▼ こっちだけに~ (2, 0.0%)

1 なった, 仲

▼ こっちだけの~ (2, 0.0%)

1 片想いである, 空想に

▼ こっちだ知る~ (2, 0.0%)

2 もんか

▼ こっちでございます~ (2, 0.0%)

1 こっちでございます, わ

▼ こっちでしょう~ (2, 0.0%)

2

▼ こっちでばかり~ (2, 0.0%)

1 親切を, 言うこと

▼ こっちとの~ (2, 0.0%)

1 極では, 間の

▼ こっちにだって~ (2, 0.0%)

1 いすぎたぐらいの, その一切

▼ こっちにとって~ (2, 0.0%)

1 それほど貴重, 苦手の

▼ こっちにばかり~ (2, 0.0%)

1 物を, 都合の

▼ こっちにまで~ (2, 0.0%)

1 八つ当りを, 発展し

▼ こっちへの~ (2, 0.0%)

1 お菓子を, 流言蜚語の

▼ こっちまでは~ (2, 0.0%)

1 当らん, 聞えて

▼ こっちもう~ (2, 0.0%)

1 二十日に, 少い

▼ こっちゃない~ (2, 0.0%)

2 だまって

▼ こっちゃろと叔母~ (2, 0.0%)

2 は同情

▼ こっち一人~ (2, 0.0%)

1 お膝, で喋った

▼ こっち不思議~ (2, 0.0%)

1 にそんな, に誰

▼ こっち~ (2, 0.0%)

1 の工合, 動かして

▼ こっち側いや~ (2, 0.0%)

1 に建物, に淋しい

▼ こっち半分~ (2, 0.0%)

1 は庭, は猛獣狩

▼ こっち向く~ (2, 0.0%)

1 その薄, 度に

▼ こっち向け~ (2, 0.0%)

1 で抱きあげた, にする

▼ こっち嫁入道具~ (2, 0.0%)

2 などを持ち込んだ

▼ こっち~ (2, 0.0%)

1 のザンギバール人, の勝ち

▼ こっち~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ こっち歩く~ (2, 0.0%)

1 のすきです, 靴の

▼ こっち石原~ (2, 0.0%)

2 の兄哥

▼ こっち行きし~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ こっち行く~ (2, 0.0%)

1 んだ, ンじゃ

▼ こっち行っ~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ こっち見まわし~ (2, 0.0%)

1 てから少年, ながらそこ

▼ こっち~ (2, 0.0%)

2 の畑

▼ こっち~ (2, 0.0%)

2 の野郎

▼ こっち返し~ (2, 0.0%)

2 て見

▼ こっち飛ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, で歩く

▼1* [325件]

こっちあっちと迷い続け, こっちあな表に三十人, こっちあの怪電波は, こっちあまた串戯じゃねえ, こっちあんな激しい気性, こっちいくっついたり昨日, こっちいこいよ, こっちいじりして, こっちいそがしくって帳面どころ, こっちいっこう目ぼしい事件, こっちいっぱしの大人, こっちいつの間にやらミマツ曲馬団, こっちいつもかよの, こっちいのぼって来ただ, こっちいやってみい, こっちい出て来い, こっちい向かせて見せず, こっちい呼んでおや, こっちい来てること姉ちゃん知り, こっちい来るだよ, こっちうらにあたっ, こっちうろつきながら何, こっちおせんはいちど, こっちおそろしくキチガイが, こっちおもいがけなく戦友の, こっちおんじゃらこっちりこ, こっちお前達にもひどい, こっちかって利用し, こっちかと云ふんです, こっちかに迷いますからね, こっちかも知れねえ, こっちからだけ提灯が, こっちからでも書かれて, こっちからもの注進で, こっちきいてみる, こっちぎらぎら引かれて, こっちくっついている, こっちくりかえしてよん, こっちこそぞッと, こっちこっちほほほ, こっちこっちあすこにいます, こっちこの谷奥の, こっちこれほどの城, こっちこんな気持に, こっちこんなにも酔いを, こっちござれと謂う, こっちしてたのだ, こっちしてる間じゅうこの, こっちしみじみお礼も, こっちしょうばいが, こっちじっとして, こっちじゃねえそっちです, こっちすっかり身を, こっちする段階を, こっちずいぶん人が, こっちずうっとラジオ, こっちせずそちらに, こっちだけが神田明神の, こっちだけで気に入ったの, こっちだったら六甲の, こっちちっとも口を, こっちちらちらと陽炎, こっちぢゃ煮切らないという, こっちぢゃない帰れ帰れって, こっちしまいました, こっちでこそ汝らの, こっちでござるさあ参られい, こっちでさえ去年の, こっちでしたね, こっちとがよけいに, こっちとしては当然の, こっちとて同じこと, こっちとんと屋敷にも, こっちどういうわけか, こっちなんかね木と, こっちなんぞは当分の, こっちなんだかおじの, こっちなんだかいつもだまされて, こっちにかけかまいなく, こっちにだっても了見が, こっちにては村人らいかなる, こっちにとっても飯の, こっちにばかりもいられません, こっちのうめばちそうなどは, こっちのけはひ, こっちのてぬかりから, こっちのにのる, こっちのみちがい, こっちのもンや, こっちはちゃあんと, こっちはと言って, こっちはとて暮れに, こっちははだか, こっちはよけているのに, こっち向いて, こっちばかりが悪いの, こっちばっかりを見合せて, こっちばらばらと返し, こっちひそかに計画, こっちひろって居た, こっちふうにやっ, こっちぶらつきますうちに, こっちへだってよこすべきさ, こっちへ迄はまわらないうち, こっちほっつき歩いたんだろう, こっちほほほ, こっちほりかえされ土肌を, こっちほんとうにあの, こっちまったんだ, こっちまでも聞えた, こっちまるでめちゃくちゃだった, こっちめくってみた, こっちもちょうどどうかしなければならないのを二人背負い込んでる, こっちもって歩い, こっちもというわけには, こっちもへ手紙を, こっちゃあないかばかばかしい, こっちゃあないって断わったのよ, こっちゃあねえか大鍋へ出張っ, こっちゃあるめえそれに右手, こっちゃいの咽喉ア塞って了, こっちゃござんせんか参覲交替で尾州さま, こっちゃござんせんといいてえが今夜のところ, こっちゃないと思う, こっちゃないと何か救われ, こっちゃないやなあ, こっちゃないやおまけに風呂, こっちゃないわけだなあ, こっちゃないんだから放っといて, こっちゃねえかおめえさ, こっちゃねえからあっしに洗わし, こっちゃねえからなするて, こっちゃねえが火事と聴く, こっちゃねえが親切も度, こっちゃねえってんだざまァ見やがれ, こっちゃねえんだが八人ともに水, こっちゃねえんでやっと用意, こっちゃへずっとお入りやしと, こっちゃら近所の体裁, こっちゃろうこいつは一番兜, こっちゃろうと思うとります, こっちゃろうなしかしいつ, こっちよこしなさい二十歳にもな, こっちよりの細川邸の, こっちらしい風です, こっちと縮まり, こっちさわさ歩いて, こっちをも仕切ボール, こっちお前はん一本槍で, こっちアイヌ村を歩いた, こっちア面当てに乙, こっち這入って, こっちカフェーやバー, こっちカフエーやバー, こっちスケッチして, こっちステッキはどこ, こっちハルトゥリナ通りの方, こっちバラバラの寄せ集め式計算, こっちポケットを探っ, こっち一週間あまり経ち, こっち三四人大きな蟻, こっち上ればいい, こっち不祥だ, こっち不通です, こっち三年悪い, こっちには奥, こっち二三軒寄る, こっち五十日の余, こっち五年という長い, こっち五日も六日, こっち五郎吉はあの, こっち仕事らしい仕事, こっちが何やら, こっち何十万年はたっ, こっち何時の汽車, こっちの気密扉, こっち側あっち側に緑郎, こっち側のだぞ, こっち働いている, こっちは完全, こっち光子さんが別人みたい, こっち入って来る, こっち入れて置いた, こっち潰れでさあ, こっち凹み先方様むくれ, こっち出来すぎて共倒れ, こっちに対するそれ, こっち動いていた, こっち動かすのも, こっちい足元, こっち取りかえたりしました, こっち取り抜いて分り, こっち可哀そうに死んじゃった, こっち右往左往して, こっち同じような, こっち向いてちゃ負われない, こっち吹聴して, こっち土地の貴族連中, こっちの手入れ, こっちに相談, こっち多少風浪と, こっちのよう, こっちは私, こっち夫妻に川口, こっち奔走して, こっちは気楽, こっちにやっ, こっちの手紙, こっちになっ, こっち室内は春, こっちが真直, こっち家内を一度, こっち寄りして, こっち専心で来る, こっち少し痛い位, こっちの中, こっち山中に至る, こっち工夫して, こっち市中の料理茶屋, こっち帆村探偵がいろいろ, こっち平凡よ, こっち幾たびとなく, こっち幾つ火葬を見ただろう, こっちを見廻した, こっち引っ越した果てずっと, こっちの胸, こっち彼奴の素姓, こっちを引い, こっち御覧になった, こっち徹夜でもっ, こっち心当りへ掛け, こっち怪塔ロケットは思う, こっち戸惑いして, こっち扇子を売り, こっち手前はそいつ, こっち手違いだらけだ策動, こっち打ってまわらなけれ, こっち抵当に入っ, こっち拭いて取る, こっちあげて, こっち捻ってみた, こっち探したが見えません, こっち探しまわっている, こっち探索のした, こっち掻き廻していた, こっち支離滅裂となった, こっち放浪して, こっち政府が引越し, こっち散々索しまわったお, こっち散歩するに, こっちと名, こっち旅行はしました, こっち早くからたたき起され, こっち本家の方, こっち材木置場や町家, こっち来るんじゃ, こっち植木の根, こっちのまわり, こっち止るうしろも, こっち歩きまわって見た, こっち歩きまわりましたがどこ, こっち歩き廻った祖母も, こっち歩き廻りやっとおくり, こっち死んだように, こっち毎晩空は美しかっ, こっちをかく, こっち泳ぎ廻って, こっち流して歩く, こっち烏路ついた最後, こっち無茶苦茶によごす, こっち無駄足をし, こっちっぽだけ, こっちの子一匹, こっち生噛りですからね, こっち田舎を考える, こっちに東京見物, こっち留守番暮しというの, こっち病みつきの麻雀, こっちこの景気, こっち皮羽折や皮, こっちをなおし, こっちを通した, こっち眼移りがした, こっちしただけ, こっちだと, こっち窓明りさえ見れ, こっち組自然さっと国境, こっちの家, こっち耳ッこすりを, こっち聞き合わせたあげく杉窪とかいう, こっち自分でいい, こっち菜ッパの切れッパシ, こっちご紋, こっち行李を持ち廻っ, こっち見せよかった, こっち見てるわ, こっち見ないんだ, こっち見るひとたちは, こっち見守って寝息, こっち見廻している, こっち見知越の, こっち覗いてから神保町, こっち覗き歩いて, こっち触っていた, こっち話しまわらなければならない, こっちか留守番, こっち贅沢な旅行, こっち走り廻って, こっち身軽に逃げ, こっちを降り, こっち転々して, こっち転がし回り押しつけてみ, こっち追いかけてとうとう, こっち通行するです, こっち部屋のなか, こっち銀二郎は姿, こっち長屋内にいざこざ, こっちが洩っ, こっち雨戸を閉め始めた, こっち面白いこたぁさっぱりなくなった, こっちをとばし, こっち飛びまわって遊ん, こっち飛び歩いている, こっち飛歩いてい, こっち駆けまわっています