青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ここ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~こい こい~ こいつ~ ~こう こう~ こういう~ こうした~ こうして~ こえ~ ~ここ
ここ~
ここら~ ~こころ こころ~ ~こし こし~ ~こしらえ こしらえ~ ~こちら こちら~ こっそり~

「ここ~」 62173, 597ppm, 159位

▼ ここ~ (17391, 28.0%)

162 来て 161 ある 159 至って 152 於て 148 いて 136 いるの 125 一つの 115 あるの 80 立って 71 待って 62 一人の 58 住んで, 持って 56 いる 55 いること 47 いたの, こうし 44 書いて 40 いると, 残って, 至っては 39 始めて 37 置いて 35 あると 33 いては 32 いるん, 私は 31 いても, 坐って, 至りて 30 いたって, 集まって 29 あり, 於いて 28 不思議な, 泊って 26 いるよ, 我々は 25 して 24 来たの, 至ると 23 おいでに, これを, 出て, 寝て, 居て, 彼の, 隠れて 22 あった, います, きて, 私の 21 於てか, 私が 20 あります, おいで, 到って 19 ありと, かうして, 云われて 18 いますよ, おります, 集って 16 あったの, あるもの, いた, いれば, 吾, 姿を, 至れば 15 いるから, それを, 困ったこと, 天の, 残して, 注意すべき, 記して 14 あって, 在る, 居るの, 控えて 13 いるという, ひとつの, また一つ, もう一つ, ゐる, 問題と, 落ちて, 連れて

12 [13件] ありますよ, おる, かくれて, じっとし, ゐて, 入れて, 妙な, 居る, 帰って, 或る, 掲げて, 滞在し, 生きて

11 [13件] あなたの, いるこの, いるぞ, いる者, 二つの, 哀れを, 留まって, 紹介する, 言って, 述べて, 逗留し, 集めて, 集められて

10 [12件] いたっては, いる間, 二人の, 人間の, 伊耶那岐の, 問題が, 天照らす, 居るん, 来ると, 次の, 止まって, 自分の

9 [18件] あるこの, あるよ, あるん, いるか, いるが, いる三人, とどまって, ゐるの, 一種の, 僕の, 到りて, 天皇その, 引用した, 暮して, 来た時, 現われて, 腰を, 足を

8 [19件] ありて, あるじゃ, いたか, いないの, いるじゃ, しるして, 一の, 一言し, 並べて, 並んで, 倒れて, 又一つ, 奇妙な, 奇怪な, 御歌よみした, 書くの, 来てから, 立てば, 踏みとどまって

7 [30件] あるが, いう, いたと, いたん, いつまでも, いなければ, いる人, いる人たち, おいて, ただ一つ, 一個の, 人の, 何か, 先生の, 到っては, 到着した, 及んでは, 問題は, 困った事, 居たの, 居ること, 書こうと, 止って, 示されて, 移って, 立つと, 至るまで, 至る海路, 説明する, 速須佐

6 [50件] あつた, あらわれて, いたこと, いない, いらっしゃるの, いるみんな, いるもの, いるよう, いるわけ, いる船員, おいででした, おって, おっては, おられるの, おれの, お話ししよう, このまま, これが, その后, その御, もう一人, 一場の, 一本の, 一泊し, 三つの, 二三の, 人あり, 人が, 住みついて, 住むこと, 例の, 働いて, 入って, 出して, 咲いて, 建内の, 我々の, 手を, 於いてか, 日本の, 書かれて, 来たり, 来る, 根ざして, 根を, 滞在する, 置かれて, 落ちついて, 訳出した, 重大な

5 [87件] あなたが, あらざれば, あること, あるという, ある物, いたいん, いちゃ, いるつもり, いるほう, いる人間, いる以上, いる限り, おいでです, おいでの, おれ, かけて, かしこに, これだけ, すわって, その兄, その全文, たった一つ, なると, ヨブの, 一例を, 三人の, 人を, 住する, 何の, 來て, 入ると, 入れられて, 到つて, 到ると, 厄介に, 及んで, 名を, 君の, 呼んで, 天つ, 天皇は, 天皇詔り, 存するの, 存在する, 家を, 居ります, 居ると, 店を, 引用する, 彼が, 戻って, 挟んで, 描かれて, 新たに, 於ては, 書いたよう, 来ては, 来るの, 来れば, 横たわって, 横たわる, 死んで, 泊めて, 泊ること, 潜んで, 特殊の, 現れて, 用意し, 着いて, 立つて, 第二, 筆を, 簡単に, 繰り返すまでも, 至ってその, 芸術の, 見て, 詔り, 詰めて, 身を, 述ぶる, 逗留する, 重要な, 関係が, 隠して, 非常に, 顔を

4 [126件] あったと, あらば, ありました, ありますから, あるかと, あるから, あるこれ, いたいの, いたれば, いようか, いらっしゃい, いるうち, いるぼく, おったか, おるぞ, おれば, お前の, お見え, かくされて, かくして, きたの, ぐずぐずし, こうやっ, こんなもの, ござつたのかい, すなは, その最も, それらの, ついて, とじこめて, なかった, ひとりの, もって, われわれの, 一つ不思議な, 一つ困った, 一切の, 一夜を, 一枚の, 一言を, 一軒の, 主權, 亡んだ, 人間が, 仏教の, 休んで, 再録, 列挙する, 君と, 問題な, 在り, 在ると, 在るの, 坐つて, 坐り込んで, 埋められて, 変な, 大后, 大長谷の, 天皇いたく, 奉公し, 存すると, 存在し, 完全に, 家が, 寝泊りし, 居りまする, 居るよ, 居る人, 展開された, 引用し, 当時の, 彼らの, 必要な, 忍んで, 捨てて, 斬られて, 断って, 新たな, 更めて, 書かれた君, 来たりて, 来りて, 来ること, 来る前, 来る奴, 棲んで, 残る, 氏の, 泊ったの, 泊まること, 注意し, 海の, 滞留し, 火遠, 無し, 現われたの, 生えて, 留まること, 留守し, 発見される, 眠って, 眠る, 私共の, 突如と, 第一, 答へて, 納まって, 終りを, 至ったの, 至る, 至るまでの, 見えるの, 見たの, 見るところ, 軍を, 述べるの, 遊んで, 運んで, 違いない, 鍵が, 長居も, 附記し, 隠されて, 頑張って, 首を

3 [259件] あるので, あるわ, あるわけ, いくつかの, いたよ, いたよう, いたると, いた人, いた方, いてよ, いないで, いないん, いながら, いました, いましたよ, いますから, いらあ, いらっしゃると, いらつし, いるって, いるとは, いるので, いる事, いる人々, いる女, いる御, いる気, いる私, いる若い, いろいろの, うつって, おいでか, おられるは, おりますから, おりません, お坐り, お泊り, お集まり, がんばって, くること, こうして生き, これだけの, これらの, ころがって, しゃがんで, その一例, その人, その例, その大略, その神, つきて, つれて, とまること, なお一つ, ならんで, のこって, ひそんで, ふくまれて, ぼくの, まごまごし, また, また不思議, また思い, まって, やってきて, わたしの, われわれが, ゐると, ゐる人, チャンと, ブラブラし, 一つある, 一ツの, 一人いる, 一匹の, 一泊す, 一泊する, 一言すべき, 一言する, 一道の, 一頓挫を, 不思議が, 不思議なる, 二柱の, 二重の, 云うの, 人類の, 今日の, 会して, 住し, 住居し, 何を, 何等かの, 余の, 來る, 來集した, 初めてこの, 別荘を, 到れば, 参って, 参詣する, 又ひとつ, 収容され, 収録する, 各種の, 君が, 吾人は, 告白し, 喋々する, 困るの, 困難が, 在ること, 坐して, 大きな岩, 大なる, 大久米の, 天皇歌よみした, 存する, 実を, 寄って, 寝泊りする, 尽きて, 居たら, 居ても, 居るか, 居るが, 居る間, 居れば, 居を, 屯し, 左の, 己の, 席を, 平和の, 引き合いに, 彼と, 待ち受けて, 待ってて, 心の, 志毘の, 忘れて, 思金の, 意外な, 我あり, 手紙が, 抄録する, 持つてを, 掛けて, 採録した, 掲げたの, 掲げること, 掲げるの, 新たなる, 新らしい, 新島原, 於ても, 書いたの, 書き添えて, 書き添える, 書く事, 最後の, 来た, 来たとき, 来って, 来ました, 構えて, 止めて, 死すとも, 殺されて, 気がついて, 沈んで, 泊まって, 泊るの, 注意しなけれ, 流れて, 渾然たる, 源を, 火を, 焚く火, 現わし, 生まれて, 男あり, 男が, 留って, 留めて, 番を, 登場する, 目を, 相当の, 相違ない, 真実の, 着いてるよ, 社会の, 私たちの, 私を, 秘密の, 移されて, 突っ立っ, 突立って, 端なく, 答へ, 細叙する, 紹介し, 終った, 終る, 絵画の, 置いたの, 置いては, 置いても, 臨んで, 自分は, 至ったもの, 至つてその, 至て, 至らば, 至りましては, 至ッて, 舟が, 芸術家の, 若干の, 落着い, 落着いた, 蜀の, 血が, 見えた, 見えて, 見られます, 見られる, 言ふ, 言わない, 計らずも, 記すこと, 記す必要, 話を, 詳説する, 説くこと, 誰か, 論じて, 諸君の, 謹んで, 贅せず, 起って, 起因する, 述べること, 述べんと, 部落を, 重ねて, 金が, 長くいる, 閉じこめられて, 関係し, 陣取って, 集めたかの, 集る人たち, 雇われて, 面白いこと, 面白い事, 鴎外の, 黒

2 [842件 抜粋] あげて, あったこと, あった事柄, あら, ありながら, ありますが, あり土のう, あるここ, あるし, あるぞ, あるならば, あるひと, あるべきはず, あるを, ある一片, ある新聞, ある治政, ある筈, ある者, いいもの, いう二つ, いさえ, いさせて, いたければ, いたぞ, いたっても, いたという, いたならば, いたほう, いたんだな, いちいち説明, いったよう, いないでは, いなさい, いふ日本, いますぞ, いよう, いようと, いらっしゃいます, いられること, いられるの, いられる方々, いるここ, いるすべて, いるだけ, いるのに, いるはず, いるふたり, いるロロ, いる一同, いる中, いる人数, いる俺, いる僕, いる吾, いる大尉, いる客人, いる方, いる自分, いる訳, いる連中, いわゆる, いわゆる物, おいででございました, おしゃべりする, おちつき草萌, おられる少年, おりますが, おりまする, おる者, おれと, お前を, お待ち申し, お話しいたしました, お邪魔, お雪ちゃんが, かかって, かかれたこと, かかれて, きたこと, きわまる, くどいくらゐ, くるよう, こうしておいで, こうしてじっと, こうして寝, こうして立っ, このよう, このベーコン, この問題, こもって, こんなこと, ございます, ござりました, ござる, ごろごろし, さっきから, した, しよう, しるすの, すべての, すんで, その, その一, その一節, その原因, その大, その大前小前, その妹伊耶那美, その時, その根拠, その起源, それに, そんなもの, たて籠って, ちがいない, ちゃんと持っ, つかまって, つづいて, つないで, でえ, でて, とぐろを, とどまるつもり, なって, なんの, ねて, はかの, はじめて男, はっきりと, ひとは, ふしぎな, ふたりの, ほかの, まず第, またその, まだめらめらと, もうひとつ, もう一つ不思議, やってきた, やつて, わたくしの, ゐたつて, ゐる人たち, オホハツセの, ピストルが, マットとは, マルクス主義が, マルサスの, 一つどうしても, 一つ残念な, 一つ面白い, 一二の, 一人居る, 一変した, 一大事件が, 一日の, 一時の, 一生の, 一緒に, 一群の, 一説が, 三代の, 三個の, 上の, 不正な, 与えて, 両足を, 乗捨てられて, 事務所を, 事新しく述べる, 二百年その間出, 人々の, 人々は, 仆れ, 付言し, 付記する, 仮定した, 伝わって, 低い片羽, 住むもの, 住む人たち, 住む者, 何かが, 余が, 作者の, 使用いたします, 例外と, 借録, 倭建の, 停船する, 働く人間共, 僕が, 僕は, 先廻り, 入りて, 入る者, 全くその, 公に, 兵を, 再現し, 写して, 写すまでも, 出した写生図, 出現した, 出雲の, 初めて, 初めて本格的, 到らしめたもの, 到着し, 加わって, 匿われて, 千両近い, 参ったの, 参考として, 反省を, 取り立てて, 口子の, 右の, 含まれて, 呉の, 哀れな, 唯ひとつ, 営まれて, 嘆き清躯鶴, 囚われて, 図らずも, 土を, 在るん, 坐す, 坐ったきり, 坐れよ, 大きな問題, 大勢の, 大山守, 天下に, 天下の, 奇蹟あり疑ふ, 女鳥, 始て, 子供の, 存し, 存す, 学びて, 安置され, 完成を, 定まりて, 寝かして, 将来の, 小屋を, 小説の, 少憩し, 居たって, 居たん, 居ちゃ, 居なければ, 居ましたよ, 居られるの, 居られる方, 居りますか, 居るこの, 居るでしょうか, 居る事, 居れ, 居残って, 屋敷を, 展開せられた, 山と, 山を, 岩が, 工藝が, 市の, 帰着する, 年を, 年久しく, 建てたの, 引用させ, 当然起る, 待たして, 待ち伏せして, 待つて, 後までも, 御輿を, 思うところ, 急に, 悲劇の, 想起し, 意を, 意外の, 慶州石仏寺の, 成立する, 我慢を, 打明けて, 披瀝し, 拳ぐるの, 指摘し, 指物師の, 挙げた数字, 挿入する, 掲げた図, 揃って, 提出し, 放棄せられ, 政府の, 敢て, 散らばって, 散乱した, 文化の, 断るまでも, 新しい巣, 日の, 早くも, 明らかな, 明智先生が, 時の, 暫くの, 暴露され, 書きつけて, 書きつける, 書き止めて, 書き留めて, 書くまでも, 書けない, 最も興味, 最終の, 月明に, 杉の, 来たかという, 来たって, 来たん, 来てるん, 来に, 来るまで, 来るまでの, 来るん, 来る時, 枕を, 果敢なく枯れ果て, 枯れたる小, 棄てて, 橋が, 欠けて, 止まるべし, 此の, 歴史の, 死なんと, 死骸を, 残ること, 毎日集つて乙姫さまの, 永遠に, 池を, 泊つてゐる, 泊まろうと, 泊らせて, 泊ると, 法律を, 洩らすわけ, 浮いて, 消えざる身, 涼んで, 深い穴, 淵源する, 滞泊, 漂着する, 演劇の, 無残な, 燃えて, 物を, 特筆し, 王子が, 珍らしい, 琵琶が, 生きてるん, 生れて, 生活資料の, 用なし, 用は, 甲が, 留意すべき, 略す, 発表する, 登って, 白骨を, 皆さんが, 眼を, 着いた, 着いてから, 着眼し, 着眼した, 碁会所を, 示す, 祀って, 神産巣日御, 私という, 私達が, 移りて, 移住した, 空き腹を, 立ち寄ったに, 立ち至っては, 立ったまま, 立ってさえ, 立つ人おのおの手燭, 立派な, 竹杖が, 管, 籠って, 納めて, 終わりを, 縛りつけて, 織江は, 繰返して, 置くよ, 美夜受比賣, 聞える, 腰かけて, 自分が, 自分を, 自然の, 至っても, 至つて全く, 至らしめたもの, 至るごと, 至るの, 至る海, 致せば, 舟木が, 色々の, 花の, 花柳界も, 落ち合った, 落ち着いて, 落着く, 蒐めた, 虚心と, 見えたの, 見えないが, 見ると, 見る宇治山田, 見当らない, 言う, 言わんと, 言葉の, 記すの, 記そうと, 記憶すべき, 訪ねて, 許されて, 証人が, 話して, 詳述可致候, 認めて, 説くまでも, 論ずるところ, 論ぜず, 講究し, 識す, 貧民の, 貴方がたの, 赴かしむべしと, 起る, 起立し, 足あとが, 踏み止まって, 転載し, 辛抱し, 近い領地, 述べたこと, 述べたの, 述べようと, 迷信の, 逃げこんで, 遂げた, 道元の, 道元は, 道得は, 遺憾な, 遺憾なく, 金を, 鉛筆で, 鐘は, 長く住む, 長居する, 長居は, 開けて, 阿知の, 降って, 限ったこと, 陣し, 隠れ家を, 集まる, 集められたもの, 雌雄を, 雑器とは, 電話器が, 頭を, 駈けつけて, 骨を, 鳥籠が, 鼠が

1 [9453件 抜粋] あいつが, あずかって, あった次第, あの, あらずとも, ありける時, ありも, あるからは, あるでしょう, あるべくして, ある亀田たち, ある問題, ある御礼, ある注意, ある複雑, ある鯛, いう制度, いう要, いささか内密, いたったと, いたらしめたもの, いた仙太公, いっしょに, いないじゃ, いなさったのけ, いふ沈默, いますという, いらしった, いらっしゃるなら私, いられないよう, いるおれ, いるじいさん, いるには, いるッ, いる人間同志, いる右馬介, いる姫, いる広, いる村, いる私たち, いる買手ども, いれたの, うづめます, おいでなされ, おこる, おとしたもの, おられたん, おられる大垣殿, おりましょうよ, おりゃ大野さん, おわしたの, お出, お堂, お気の, お茶を, お館以下, かぎらず新田方, かつて神, がまんし, きました, くらして, こういう岩石, こうして今, こうして消えたい, こう旗, この七人, この場所, この机, この追悼, こんなかき, こんな目, ご臨席, さらに提出, しばらくおい, しるそう, すこし隨筆, すでに根本的, ぜひともいい添え, そのひと, その二, その処方, その太子正勝吾勝勝速日天, その当否, その暴き, その清き, その真相, その苦悩, その長歌十七篇短歌二百五十三首, それであの, ただ一人城門の, たるが, ちゃんとその, ちょっと余事, つかのまの, つぶさに請ひま, とじこめきみ, とどまるならそう, どうしても他人本位, なおいささか, なすべきこと, ねえから, はいれるよう, はじめて, はじめて我が, はぶく, ひとりいる, ふかくお詫び, ふる夜毎, ぼろぎれの, まず問題, また一年余り, また天満浪人, また時勢, また策, まだ老臣旗下以外, みなさんと, もう一つ障子一枚, もとづくの, やって来たわけ, ゆくりなくも, よせるべきである, わが親愛, わめいて, ゐなきや, ゐる一同, アメリカニズムが, ウォールデンが, カリフォルニアの, ゴザが, ズラリと, テチス來り, ハッキリと, ビジテリアンという, ブロズキーの, マジナイと, ヨブを, ヲド姫の, 一つはっきり, 一つ弁当が, 一つ相談が, 一グラムの, 一人出, 一兵も, 一城を, 一寸おもしろ, 一年中住ん, 一時間から, 一決す, 一筆し, 一言ご, 一郭の, 万国に, 三十三分使つた, 三弗入, 三週間ほどを, 上陸する, 不思議に, 世にも稀, 並んだ五人, 久延毘古とは, 乾雲丸の, 事柄の, 二十万円の, 二商品相互の, 二群の, 云う生活資料, 五十万年前ない, 五百三百ずつ, 人ありだ, 人獣争闘の, 今の, 今書くべき, 他の, 件の, 休息し, 伝わるの, 住すれ, 住み通して, 住もうて, 何だか物々しい, 何疋かの, 使い残り, 例示した, 保護の, 個人別に, 停止し, 僅かに, 元亨釈書, 先年仙台の, 入らっしゃいよ, 入れられたまま一昨日, 全く進退, 八十神見, 六月の, 内泊中, 再び明治政府, 写し出されて, 凡愚の, 出づる所, 出没する, 初めてその, 初めて大衆, 初めて時, 初めて落着, 別社会, 到るまで, 剣妖丹下左膳白日下の, 加はる, 勤労大衆の, 十一名出席し, 十名の, 千人の, 南十字星が, 却って一種, 参りました, 又左様, 反映する, 取り出した生きた心臓, 古代生理学の, 司馬懿を, 同じ集団, 名生の, 吾その, 呼びなさい, 哲學の, 問いたい何故, 四ツの, 回を, 国民性が, 在りて, 在る如く, 坐っといで, 城を, 報國の, 夕陽の, 大いに一つ決心, 大きな機, 大后石, 大敗を, 大衆に, 天下という, 天皇問ひた, 太刀川青年は, 奇態に, 如く所は, 始まると, 子を, 学ぶ, 安心すべからざる, 定めて, 実在する, 宣旨が, 宿営を, 密告状が, 寝たあげく, 寝泊りも, 将門の, 小ぢんまりした, 小穴, 少し忍ん, 居させようと, 居た天狗, 居なさる博労衆, 居られるお, 居りまする林蔵, 居るほどの, 居る私, 居坐りでも, 展開し直す, 岩波書店出版物の, 差支なし, 帰ったの, 平家人, 幽棲の, 庄内川が, 建設される, 引きとめるの, 引合いに, 強大なる, 形式と, 彼女らの, 待伏せ, 從祀し, 御披露, 徳川時代からの, 必要だった, 思いこの, 思想という, 恋ひ, 悠々と, 意気に, 憂き年月, 成ったの, 我はしも, 戯曲といふ, 手仕事の, 打ち込んで, 抜いた理由, 担いだの, 持ちつづけます, 持上った, 挙げた四人, 挿入し, 掘立小屋, 掲ぐるを, 掲げました, 掲記す, 提出したい, 摺物と, 改めて感謝, 政教の, 散りこぼれ, 数学の, 文化が, 文芸評論の, 断言を, 新しく厳然たる, 新官僚, 旅費が, 日本人の, 旧著, 明言す, 時計を, 暗示され, 更めていう, 書きしるすもの, 書き加える価値, 書く必要, 最も哀れ, 最期を, 有名の, 木菟の, 本町一丁目の, 来させるため, 来たるや, 来とること, 来りはからずも, 来れり, 板が, 柴進救出の, 桑盛次郎右衛門とて, 棲む鰍, 極めて微妙, 模写という, 橘八郎の, 止まる, 正札が, 死なんかと, 残ってるが, 殘つてその, 毒が, 気の毒千万な, 水鳥が, 求める, 決心しまし, 泉州堺の, 泊りたかった, 法の, 注目されなけれ, 流れ込んだの, 浴衣も, 深い根柢, 測らずも, 滅亡する, 漸く本然, 灰が, 無用の, 熱いお湯, 牛豚開店と, 特記し, 玄竜が, 現れたこの, 現われた旅, 現象と, 甘味さうな, 生りもの, 生物を, 用事は, 申上げる, 留まるべし急ぎて, 異なるところ, 痛さ, 発達を, 白木の, 百円残っ, 盗賊あり, 盲天狗が, 省くこと, 眠つて居る, 着きます, 短い刀, 破れ国交, 示したの, 神官を, 私印偽造の, 科學力の, 移つて以來夫婦らしい, 種々な, 突っ立った, 立ちこれ, 立った一個, 立てられてる反照燈, 竜之, 第九師団衛戍病院, 簡單にかの, 約四カ月滞在, 紙燭や, 紹介状を, 経済世界の, 絶えた, 綺麗な, 繁殖する, 罠を, 置かれては, 署名してる, 群生し, 耿紀字を, 育った者, 腰かけが, 自ら経歴する, 自然省い, 至ってか, 至って金蔵, 至らしめたるもの, 至り四人, 致すとき, 舫うて, 花山といへる, 苦笑を, 草鞋を, 落ち付いたもの, 落着か, 葬りたれば, 薬師三尊は, 蟻地獄の, 行われた兇変, 袁紹の, 西田哲学の, 見えなかったならば, 見せたは, 見られるさ, 見る羽柴家子飼, 見出すべくも, 規定された, 解決の, 言う新, 言及する, 記したよりも, 記入いたしおきます, 設けて, 評説する, 詩集の, 詳しく説い, 認めること, 語る必要, 読み到って, 論ぜられたもの以外, 警官ジャヴェルの, 貴兄に, 質問に, 赤猪子, 起り家, 跪いて, 軍隊が, 載せること, 辿りついたこれら, 近代社会の, 述べた私, 述べるプティー・ピクプュス, 追記し, 通されて, 連れの, 遊学した効い, 過るもの, 遣い残り, 遺産を, 配偶を, 野陣し, 鉄線うずら梅馬酔木どう, 録するのみ, 鐘を, 長兄の, 開かれるので, 関八州を, 降る, 陳列せられ, 雁の, 集まった男女, 集まれ, 集中され, 難儀の, 露骨に, 面白い私, 預り証書, 風邪を, 養神論と, 駐蹕, 高度国防国家日本建設の, 鳥の, 黄金めが

▼ ここ~ (8952, 14.4%)

109 待って 92 私は 86 横組み終わり 38 何を, 彼は 31 問題に 26 私が 25 お別れ 20 休んで, 私の 18 自分の 17 何か, 働いて, 見て 15 失礼します, 我々は 14 一緒に, 彼の, 死んで, 終って, 罫囲み終わり, 話を 13 二人の, 急に, 段組み終わり, 注意すべき, 腹を 12 二人は, 僕は, 問題と, 考えて, 言葉を, 話して 11 始めて, 酒を 10 それを, 君に, 表終わり, 話は, 遊んで 9 いい, お話ししよう, ちよつと, 一つの, 死ぬの, 私たちは, 話が, 降りて 8 なにを, 物語は, 聞いて, 自分が, 食事を

7 [15件] お待ちに, お話を, やって, よい, われわれの, 一夜を, 二人が, 別れる, 声を, 彼を, 気を, 筆を, 簡単に, 言って, 註を

6 [23件] いって, いつまでも, お前の, お目, お目にかかったの, ちょっと断わっ, ちょっと言葉, われわれは, 云うの, 僕の, 別れて, 君の, 問題は, 夜を, 大切な, 寝て, 手を, 死んでは, 泊って, 米友は, 見ると, 説明し, 説明する

5 [29件] あなたと, お礼を, ぐずぐずし, こうし, しばらく待っ, 一と, 二人を, 仕事を, 会ったの, 僕が, 先生に, 変な, 失敬します, 女を, 完全に, 彼女は, 待つて, 断わって, 暮して, 最後の, 泣いて, 番を, 米友が, 終る, 茶を, 身を, 述べて, 降ろして, 2段組み終わり

4 [70件] あなたが, いいん, いう, いうの, ええ, おれが, お前に, お支度, お角さん, このよう, こんなこと, ござります, その武士, そんなこと, ひとりで, また私, やめて, よろしい, シンドバッドは, チチコフは, 一人で, 一生を, 一言し, 不意に, 二つの, 会おう, 会ったが, 余計な, 冬を, 別れよう, 口を, 右の, 命を, 大きな声, 失礼いたします, 失礼させ, 弁当を, 弱味を, 彼が, 彼女の, 必要な, 手伝って, 断って, 止めて, 死なねば, 殺されて, 煙草を, 生まれたの, 白状する, 眼を, 私を, 秋の, 立派に, 第一, 結構でございます, 結構です, 聴いて, 育ったの, 腰を, 自分は, 草鞋を, 見張って, 視野を, 読者は, 逢ったの, 遊ぶこと, 道庵が, 顔を, 飯を, 黙って

3 [140件] あなたに, あなたの, いいよ, いちいちその, いっしょに, いつまで, おめ, おろして, お前を, お待ちし, お暇, お詫びだけ, お話し, お銀様, このまま, この人, この女, この時刻, この男, これを, しずかに, しばらく話, しようとは, すぐに, すこしばかり, そなた, たくさん, たくさんだ, ちょいと, ちょっとお断り, ちょっとことば, ちょっと注意, はっきりと, まって, ゆっくりやすん, ゆつくり, わたしが, わたしと, 一同は, 一泊し, 一行は, 中食を, 九州の, 事を, 事件を, 云えない, 云って, 云は, 人を, 今まで, 仮りに, 休まして, 何も, 俺が, 倒れては, 偶然に, 兵馬は, 出逢ったの, 切れて, 別れると, 前の, 助けて, 勇気を, 勉強する, 午飯を, 又一つ, 口笛を, 君たちに, 吾, 問題を, 多くの, 大声を, 天上よりも, 失礼する, 失礼を, 女の, 少しばかり, 彼に, 彼らの, 彼等に, 待たせて, 待ってて, 忘れて, 思い切って, 我々が, 或る, 斬り死, 日本の, 昼食を, 書いて, 最初の, 横に, 機を, 次の, 段組終わり, 水を, 沈黙した, 注意したい, 注意しなけれ, 注目すべき, 演説を, 焚火を, 琵琶を, 生活し, 田部井氏は, 申上げる, 白状し, 皆さんに, 皆に, 睡って, 私たちの, 私に, 私達は, 第二, 終らぬ, 舌を, 落合って, 葉子は, 著者は, 見た, 見物しよう, 計らずも, 話すこと, 話題に, 語るの, 読んで, 議論を, 負けては, 足を, 車を, 逢うの, 逢ったは, 降りなけぁ, 降りるの, 非常に, 面を, 面倒を, 食べて, 飲んで, 馬を

2 [488件] あそんで, あなたは, いいから, いいです, いいのよ, いいわ, いい気持, いうには, いふ, いろいろな, うたたねを, うちあけて, うっかりした, うろたえては, うんと働い, おあがり, おしまいだ, おりて, おりなけぁいけないのです, おりる, おれの, おれは, お主, お前が, お君, お地蔵様, お好き, お待ちくださいまし, お待ちくださいます, お待ちや, お待ち下さい, お泊り, お燗, お目にかかること, お目にかかると, お目にかかるとは, お目にかかろうとは, お見送り, お話しする, お話しましょう, お逢いしました, お降り願います, お雪ちゃんが, かかるもの, かの女, がんりきの, きれいに, ことばを, この事件, この位, この場, これらの, こんどの, こんなにし, こんな苦労, こんな風, ご思案, さきに, さすがに, しばらく仕事, しばらく沈黙, じいいっ, すぐ様問題, すべては, するの, その一生, その全部, その姿, それが, それだけの, それに, たくさんです, ちょっと, ちょっとばかり, ちょっとブル船長, ちょっと御, ちょっと申, ちょっと私, ちょっと記し, ちょっと話, ついでに言う, つけ加えて, とまって, とめて, なにも, はじめて廃墟, はじめて正三, はじめて言語, ひかえて, ひそかに, ふたりが, ふたりは, ふれたい問題, まず最初, またも, またもや沈黙, また夜, また新しい, また梶子, また話, また道庵, また酒, みごとな, みせて, みんなの, もう一つ, もう一度相手, やるの, やるん, ゆっくりと, ゆっくり話, よほどの, わしの, わたくしの, わたくしは, わたしの, わたしは, われわれが, アーヴィングが, ガラリと, グルリと, ジロリと, スキーを, ニヤリと, ニールスは, ハタと, ピストルを, プツリと, ベンノ・ライフェンベルグが, ペンを, ホームズは, ポツンと, ムービー, 一しょに, 一つれいの, 一つ問題に, 一休みし, 一休みしよう, 一休みする, 一切の, 一句分った, 一寸断っ, 一寸言葉, 一座の, 一応の, 一息ついた, 一日の, 一服, 一服犯人を, 一段落に, 一泊する, 一番自分の, 一行が, 一言わびる, 七兵衛の, 七兵衛は, 下ろして, 下手な, 下手に, 不安と, 不思議な, 不破の, 与えられて, 中絶し, 主人の, 主張し, 主殺し, 九十郎は, 二人で, 云う, 云うまでも, 云われて, 人々は, 人と, 人に, 人間は, 今の, 今までの, 今私が, 他の, 以前に, 仲間の, 休まう, 休息する, 休息を, 会う約束, 会おうとは, 会ったとき, 会って, 伺って, 何してた, 何とかし, 何な, 何の, 何時まで, 何等かの, 何者にか, 例の, 俳優の, 俺は, 停って, 偶然お目にかかった, 催され藍玉, 充分に, 先生と, 先生の, 全軍, 六段目と, 兵庫は, 其の人, 具体的に, 再び蕭々, 再乾燥, 冬籠り, 出会うて, 出会ったん, 出来る, 出来る品, 刀の, 分析する, 切って, 切り上げて, 切れた, 切腹する, 初めてこの, 初めて口, 初対面の, 別れた, 割り注終わり, 勉強し, 勉強せられ, 匙を, 医者を, 博士の, 口論したくねえ, 右近丸は, 吉次は, 君と, 君を, 吾輩は, 和木清三郎氏に, 問題である, 喧嘩を, 喰べ, 困ること, 図表下部解説文終わり, 地の, 場面は, 変調を, 夕飯の, 夕飯を, 大胆に, 天皇は, 夫婦は, 夫婦差し向いの, 失敬する, 奇異なる, 女は, 妙に, 孔子は, 存分に, 寝ること, 寝んで, 少し私, 尺八を, 平気で, 年を, 幾度か, 幾日か, 序でに, 弁信に, 弱気を, 当時の, 彼らは, 彼女が, 彼女に, 彼女を, 彼等の, 待ち伏せて, 待つが, 待つこと, 待とう, 御用を, 御話, 思いきって, 思い出して, 急いで, 怪塔王に, 息を, 悪事を, 想像し, 想像した, 感謝の, 我々の, 我慢を, 我等の, 戦死した, 手紙を, 打明けて, 抜からぬ面, 拝見し, 持って, 指摘する, 改めて述べる, 敵を, 斬られて, 旅の, 旅装を, 旗を, 明かして, 明らかな, 明らかに, 昼寝を, 昼飯を, 時間を, 普通の, 暮します, 暮すの, 暮らしても, 暮らすこと, 書き添えて, 有名な, 本を, 次郎の, 歌を, 止まったの, 正式に, 死にたい, 死にたいと, 死にたくは, 死ぬ, 死ぬこそ, 死んだこと, 死んでも, 死刑に, 殺されたの, 殺されます, 殺されるの, 殺して, 民弥は, 気が, 気の, 氷水を, 永遠の, 汝の, 決心を, 汽車を, 沈黙を, 沢山です, 河豚を, 泥を, 注意し, 注意せね, 注意に, 注意を, 消えて, 渋面を, 測らずも, 湖と, 溜息を, 無数の, 焼いて, 燗を, 特に注意, 甘酒を, 生きて, 生れたの, 生れて, 用心しなけれ, 用意し, 申し上げて, 申し上げても, 疲れを, 白柄組の, 百両の, 目を, 相手は, 相手を, 相撲を, 相見た, 眼に, 眼は, 祖父は, 神に, 神の, 神様の, 福島か, 秀吉に, 私も, 穴を, 突然に, 立ち停まる, 立ち話も, 竜之, 笑うたらブチ, 終った, 終つ, 終りと, 終ること, 終止符を, 結構だ, 結構と, 絵を, 繰り返す必要, 老儒者は, 考えたって, 考えなくちゃ, 考えねば, 考慮され, 聞いた, 聞きましょう, 聴かして, 自分を, 自動車を, 自害する, 自害を, 自然の, 舌打を, 船の, 船長に, 芸術の, 荷を, 荷物の, 落ちあって, 落ち合う約束, 落合う約束, 落着い, 血を, 行われた, 行われて, 表組終わり, 表罫, 見たの, 見たもの, 見つかっては, 見ては, 見ようとは, 見られるの, 見るの, 見る通り, 見れば, 言うの, 言おうと, 言わなくても, 話の, 詳しくお話し, 詳しく説明, 語って, 語調を, 読者に, 読者の, 誰か, 誰かと, 誰かの, 誰の, 諸君は, 謹慎を, 議論し, 贅言を, 起ったこと, 起って, 辛抱し, 述べること, 逃げて, 通夜を, 逢いました, 逢ったが, 逢わなきゃ, 逢曳きする, 遇ったの, 過したか, 道が, 道庵先生が, 道徳という, 重太郎に, 金の, 金を, 針路を, 鉄水母を, 関守の, 降りなけぁいけないのよ, 降りるん, 雨さえ, 霧の, 靴を, 頼母は, 髪を, 黙った

1 [5899件 抜粋] 〇・一分まで, あたかもこの, あの女性, あらためずには, あんまり何, いい出すもの, いう人造人間, いう無定形, いかなる天才犯人, いけなければ, いちいち報告, いっそう馬力, いっぺん懐中した, いよいよチベット, いろんなクルジョーク, うかうか妻, うるさい郷士ら, おきき, おせい様, おぬし, おもしろいの, おわかれ, お休みなされた, お冬さん, お千絵様, お弁当代り, お待ち下す, お暮し, お泊まり, お目にかかり大幸, お聞過し, お見せなさい, お説教, お館, かりに, きいたん, くどくどと, ぐいと調子, げしょう, こうしてひろげ, こうして焼き捨て, この, この不等式, この問題, この工事, この痩せ, この謎, こまかに, こんなにへりくだっ, こんな気分, ごゆ, さらに嘉門, しかし私, しばらくしん, しばらく御, しばらく間, じっと宗春, すこしこの, すでに何より注意, すんなりと, ぜひはっきりさせ, そうやっ, そのまま逃げ出し, その品物, その方, その者, その首, そんな考, たぶんこうだろう, ちょっとした談話, ちょっと二人, ちょっと思い出しました, ちょっと笑った, ちょっと言いたい, ちょッと, つかまるか, てめえの, とぎれた, とやかくいう, どうかせね, どう区別, どんな言語, ならいえるであろう, なんらかの行動, ねるが, はじまること, はじめて参事官, はじめて試みられ, はね何, ひとつこの, ひとつ拙者が, ひとり一行から, ひと言いっ, びっこの小使いが, ふり返っ, へこたれたら先方, ほとんど無意識, ぼんやりと, またうたがっ, またむらむら, またフランスヤ, また七つ道具, また夫人, また怯まされた, また泣きやん, また舞台, また金兵衛, まれな, みんなを, めぐり会ったという, もうひとつ, もう一度不思議そう, もう二度とあんな, もし人間, やがて行なわれ, やつてる, やる, ゆるがぬ御, ようやく相談, よろこんだの, わかれるの, わざわざ英語, わるいこと, アメリカにおける, インテリにつき, カントに, キラキラと, グンと, サンドウィッチなどを, ソオルは, チョットお断り, トボンと, ニッコリ微笑, ハナガラと, パンクしなきゃ, フックに, ベラベラしゃべった, マキ割りしてた, モオリアックは, ラボートニッツ・クレスチャンカに, ワラビを, 一つあなたを, 一つ問題が, 一つ東軍に, 一つ鍋の, 一ト雨来れ, 一人抜い, 一勝を, 一夜の, 一寸一休み, 一寸芥川, 一平と, 一応ぜひお話し, 一応誤解, 一日ずつ, 一時間半八百や, 一本の, 一段落ついた, 一生けんめいに, 一番手短に, 一考えした, 一行何十人の, 一言申しのこすなら, 一週間も, 万一の, 三人は, 三晩明かした, 下りようと, 下駄を, 両山脈, 中部と, 乃聞いた, 乞わずに, 争って, 二ひきのとなかいと, 二人までは, 二百両撥ねよう, 云う唯物論, 云ふこ, 五年ばかり, 人が, 仁科六郎を, 今一歩退い, 今申し上げられます, 付加と, 仲間へ, 休むこと, 休んだ時, 会うの, 会ったとは, 伝吉の, 何かを, 何人稼い, 余念も, 使うという, 係長は, 俳優と, 倫理学の, 働きたいの, 僕を, 充分察しられる, 免業の, 全部物語りまし, 兵太郎君と, 再びこの, 再び物語, 再吟味, 出あった生徒たち, 出来たもの, 出逢うこと, 切り合いを, 初めて, 初めてハッキリさせられた, 初めて咽, 初めて成り立つ, 初めて行われる, 判り易い, 別れりゃ因果テキメン, 利兵衛と, 前途に, 努力し, 動揺し始めた, 包んで, 十円足らずの, 午後十二時半今日は, 単独に, 厳正な, 又三回, 又残り, 取っ組みを, 取り消す, 受取ったもの, 可え, 合点し, 同行中の, 君等が, 呑むこと, 咽びくやんで, 商売を, 営むの, 四国屋の, 圏を, 坂田と, 基督の, 壬申の, 外延利用という, 大いに喜ぶべきである, 大そう, 大和が, 大東亜, 天然の, 失礼しましょう, 奉納の, 妖怪談を, 始めに, 婦人を, 孤独な, 宋江が, 実地を, 客引と, 宿を, 寝なさるん, 寝転んで, 専門家達の, 小五, 小枝ちゃんの, 少しく筆路, 少し弁解, 尻でも, 屈まり聞いて, 山越し像に, 島田の, 左右両翼に対する, 帰らないと, 幸いに, 幾分かの, 弁解し, 引用する, 張りきって, 当年の, 役人に, 待たして, 待ったかい, 待つよう, 後光厳に, 御免蒙ります, 御母堂, 御軍議, 微笑と, 心を, 忍従の, 怒ったって, 思い出したの, 思わずぞっとした, 怺え, 恨みを, 悪化させない, 想像された, 慌てずに, 戦う, 戴くつもり, 手先に, 手足を, 払う, 抑留される, 折返しに, 拝見した, 持前の, 捕まるもの, 探して, 描写は, 支度を, 改めて断る, 故国が, 教師を, 数え上げること, 文化の, 斬られては, 断層を, 新九郎と, 方則の, 日本兵は, 明かしたい, 映画や, 昼間を, 暇を, 暫く生活, 暮す, 暴露された, 書いたの, 書画骨董店を, 最大の, 朋党の, 木を, 本所へ, 材木を, 枕並べ, 柏翁は, 根という, 梯子の, 検疫が, 横組みの, 歌いますから, 正成が, 武者揃え, 死なしても, 死にました, 死ぬ決心, 死んだって, 死んだ軍人, 段組罫囲み終わり, 殺す方, 毎夜耽溺し, 民俗博物館との, 水に, 求めた新しい, 決闘を, 河村さんと, 泊らう草, 泡鳴と, 洗うと, 浦島太郎が, 涼んだ, 渋いよう, 源吉が, 演説した, 火星人に対し, 無惨にも, 焼いても, 煮るよう, 片づけて, 物質の, 特徴を, 独自の, 率直に, 理論と, 生まれて, 生徒を, 用いるべきであるという, 申して, 申し述べる必要, 番人を, 疲れた身体, 発表しよう, 白状させ, 皆様が, 直接おいでを, 相良十吉は, 真相を, 着更, 知り得るだけの, 砕いたもの, 社会主義という, 神谷如き, 私へ, 科学者として, 突き放して, 立ち入るだけの, 笑いが, 第三者たる, 算へ, 約束しよう, 紫煙草舎解散の, 終つてゐる, 組打ちを, 結構よ, 絶頂に, 縛らなきゃならないそれ, 繰り返し得るよう, 美しい二, 習った, 老酒を, 考えるより, 聞えた, 聞く, 育たれたの, 脇から, 腰元濡衣橋本屋の, 自分たちの, 自動車でない, 興行を, 良人は, 芸づくしを, 苦戦に, 荒らだって, 落ち合うこと, 落命致す, 藤吉郎の, 血の, 行なわれて, 行詰まった, 袴を, 西洋医学の, 見せるという, 見た西洋, 見てからと, 見られる事, 見上げて, 見張番, 覚める, 親孝行と, 触れずに, 言うが, 言った言葉, 訊くこと, 記念サツエイを, 試して, 話したの, 話そう, 詳しく話す, 誓っときます, 誤解を, 読者諸君の, 論じて, 論理と, 謎が, 豹一の, 貴方を, 質問を, 起るなと, 跳びはねるの, 身投げを, 転廻する, 辻斬が, 述べたいの, 述べるところ, 追い付き申した, 逃い, 這奴にの, 逢うという, 逢ったもん, 遅れ天, 過ぎたいきさつ, 道人手を, 遭遇した, 配給と, 野上さんに, 金十郎を, 釣を, 錠を, 長三郎は, 門内西南の, 開眼供養という, 降りたいな, 陣替えとは, 雑巾がけを, 電燈が, 静養する, 革命を, 頑張っても, 頼宣薄ら笑いを, 食いとめる防壁, 食べた鰹, 飲みあるいは, 飽くまで眠り通す, 香潮に, 騒ぐん, 高徳の, 鰻を, 黒い服

▼ ここ~ (6773, 10.9%)

583 来て 135 来たの 112 来ると 97 持って 96 連れて 89 来てから 67 出て 66 帰って 62 呼んで 60 きて 47 入って 46 つれて 43 はいって 38 戻って 34 来た 33 置いて 31 来ては 30 おいで, 来い, 来たこと 28 来るの 27 来る前, 来る途中 25 来ること, 訪ねて 24 来たん 22 来ても, 遊びに 20 やってきたの, 来るよう, 来れば, 移って 18 何し 17 やって来たの, やって来て 16 出して, 姿を, 来た時, 落ちて, 運んで 14 おいて, 來て, 来るまで, 来るまでの, 登って, 集まって 13 上って, 坐って, 寄って, 来たとき, 来るまでに, 飛んで 12 お連れ, きたの, 入れて, 来てからの, 着いたの 11 お坐り, 來る, 来いと, 来たか, 来たもの, 泊めて, 足を, 通せ, 駈けつけて 10 もどって, 忍んで, 残して, 置くよ, 通して 9 おいでに, おかけなさい, くると, 伴れ, 來た, 泊って 8 やってきた, 入ると, 尋ねて, 引越して, 押しかけて, 来る時, 近づいて

7 [15件] お泊り, きたこと, きてから, もって, よんで, 出せ, 参って, 来てからは, 来るはず, 来るまでは, 来るん, 殺到した, 着いて, 送られて, 集めて

6 [17件] お出でに, やってきて, やつて, 一人で, 下りて, 乗込んで, 呼べ, 探しに, 書いて, 来ての, 来ました, 来られたの, 案内し, 移ってから, 逃げて, 通って, 馳け

5 [34件] あがって, いらっしゃい, いらっしゃるの, かけて, くるまでの, 一緒に, 入り込んで, 呼び出して, 呼んだの, 寝かして, 廻って, 押し掛けて, 掛けて, 来たと, 来たという, 来たわけ, 来てからも, 来なければ, 来る, 来るとき, 来るには, 来る道, 泊るの, 火を, 現れて, 現われて, 着くと, 立ち寄って, 置きますよ, 行って, 襲せ, 越して, 身を, 駈けて

4 [59件] いらつし, おりて, お出で, お坐りなさい, お泊まり, かけても, きたんだ, くるの, くるまでは, こい, つれられて, でて, はいるの, やってきたん, やって来たもの, やって来たん, やって来る, よこしたの, よこして, よって, 上がって, 入院し, 出ろ, 出入りする, 出向いて, 参りましたの, 坐れ, 引っぱって, 引っ越して, 引張って, 引返して, 散歩に, 来たからには, 来たところ, 来たので, 来たまえ, 来たろう, 来た最初, 来ちゃ, 来てまで, 来なさい, 来や, 来るもの, 来る人, 来る間, 案内した, 様子を, 現われたの, 着いたばかり, 私を, 移して, 置かして, 自分を, 見物に, 誰か, 避難し, 降りて, 顔を, 駆けつけて

3 [116件] あずけて, あの方, いら, いらしたの, おかけ, おかけに, おじゃ, おはいり, おびきよせたの, お出でなさい, お出でよ, お坐んなさい, お帰り, お掛けなさい, お膳, お見え, お誘いした, きた, きたとき, きても, くるかも, くること, くるとき, くる途中, くれば, ござれ, ご案内, しょっぴいて, たずねて, だして, ですか, とんで, なにし, はいれ, ひっぱって, まいったの, まいりましたの, やってきます, やってきますよ, やってくると, やって来ますよ, 上陸し, 世話を, 並べて, 來てから, 入るの, 出入する, 参ったの, 参詣に, 向って, 囚われて, 奉公し, 寄れ, 届けて, 店を, 引っ返して, 引移っ, 忍び込んで, 戻つて, 持ち出して, 持ち込んで, 持つて, 指して, 攻めて, 来いよ, 来がけ, 来させたの, 来させて, 来たからにゃ, 来たに, 来たのよ, 来たばかり, 来たばかりの, 来たよう, 来た事, 来た以上, 来た当時, 来た目的, 来な, 来ましたの, 来ようと, 来るが, 来るたび, 来るなり, 来るに, 来るのに, 来るまでには, 来るよ, 来る途, 根を, 案内された, 横に, 気が, 着いた, 着いてから, 石を, 立って, 籠って, 置いたの, 置きますから, 聞えて, 腰かけて, 腰を, 見えたの, 貰われて, 貸して, 転げ込んで, 載せて, 迎えに, 送って, 這入って, 這入つて, 運ばれて, 道を, 避難した, 隠して

2 [267件] あいつが, いらして, いらっしゃいよ, おいでと, おいでの, おかけなすっ, おかけ下さい, おくこと, おくぜ, おびきよせて, お上り, お使い, お呼びした, お客に, お就き, お蒲団, お這入り, お通し, お金を, かえってきた, かけつけて, かよって, きたまえ, きな, くる, くるだろう, くるまえ, くるまでに, くるみち, くるよ, くるよう, くる前, くる道, ここへ, こして, こられたの, さして, しょびいて, ついたの, つるして, つれこんで, なにかぶっ, ねじ込んで, のぼって, はいったと, はいりましょう, はこんで, はやって, ひいて, まいった, まいって, やって, やってきたとき, やってきました, やってくるかも, やってくるに, やってくるの, やってくるん, やって来た, やって来るかも, やって来ること, やって来ると, やって来るの, よこしますから, 一なだれに, 上陸する, 乗りこんで, 二人が, 仕事に, 伝えて, 伴って, 住んで, 何を, 使に, 俺が, 倒れて, 兄さんが, 先まわりし, 入っては, 入っても, 入ること, 入れたの, 入れられたの, 入院した, 出ると, 出張って, 出現した, 初めて来た, 加勢に, 参った, 参られた, 参りました, 参加し, 呼ばれて, 呼びだして, 呼びましょう, 呼び出したの, 呼ぼうか, 坐らせて, 埋めて, 奉公に, 女が, 嫁いて, 嫁いで, 子供を, 家を, 寄せて, 寄った, 寝て, 導いて, 巣を, 帰ること, 幽閉され, 引き立てて, 引っ張って, 引っ込んで, 引移って, 引越してからも, 待たして, 後から, 御出, 御厄介, 御案内, 忍び込んだ奴, 急いで, 急を, 手を, 担ぎ込まれて, 招待した, 持ち出したの, 持ち出すの, 捕えて, 捨てて, 掛けさせて, 掛けねえ, 暫く泊る, 曳いて, 書かれた人, 来いここ, 来いッ, 来いバラバラ, 来かかって, 来たいと, 来たから, 来たかを, 来たが, 来たころ, 来たじゃ, 来たって, 来たのに, 来たはず, 来たら, 来たり, 来たアグニ, 来た人, 来た初め, 来た女, 来た娘, 来た者, 来た路, 来ちゃあ, 来てからに, 来てるん, 来なかった, 来なかったの, 来なくちゃ, 来なすったの, 来は, 来ましたか, 来ましたが, 来やがって, 来ようとは, 来られたという, 来られること, 来るじゃ, 来るその, 来るため, 来るだろう, 来るつもり, 来るとは, 来るほどの, 来る以前, 来る口実, 来る夜, 来る度, 来る日, 来る気, 来る見物人, 来合わせたの, 案内する, 止りますかね, 歩いて, 死にに, 気がついた, 泊ったの, 泊り込んだの, 泊り込んで, 泊るか, 泊ること, 泊ると, 泊んなさるの, 湯治に, 漂着し, 疎開する, 着いた日, 着いてからは, 知らせて, 移されたの, 移ったの, 移植した, 移転当時の, 稼ぎに, 立ち寄ったの, 立ち寄ると, 立寄って, 立寄るので, 置くの, 臨んで, 舞い込んで, 茣蓙を, 落ちこんだの, 落ちれば, 行くと, 襲って, 見えるの, 訪れて, 詰めて, 話しに, 誘き出して, 誘って, 辿りついて, 迎えようと, 近寄ること, 迫らば, 迷い出た, 追いついて, 逃げこんで, 逃げれば, 逃げ込んだと, 逃げ込んだの, 逃げ込んで, 逃込みました, 逗留し, 通したん, 通すが, 通ふ, 通りかかったの, 逢いに, 連れ込んで, 遁れ, 遊んだこと, 運ばれたの, 遣って, 酒を, 降りるの, 集って, 集まつて, 電話を, 非常な, 飛び出して, 飛び込んで, 飛込んで, 食事を, 養子に, 駆り出して, 駈け上がって, 駈け付けて

1 [2656件 抜粋] あいつらが, あたったの, あの女, あらわれたの, いって, いらっしゃいもうすぐ, いらっしゃらないん, いらっしゃるよう, いらッ, うっちゃらかしても, おいでお前に, おいでもし, おいとくからね, おきますからね, おくよ, おじさんを, おちたの, おっつけるの, おびきよせたもの, おびきよせる手, おまいり, お伴れ申せ, お出し, お参りし, お園さん, お客と, お広く, お招びして, お掛なさい, お水, お洗濯, お移りに, お置きなさる, お訪ねあった, お越しだろう, お通し申せ, お銀様独流, かい, かきますよ, かけたら, かけつける, かけましょう, かして, かの黒い, きたばかり, きた旅人, きての, きなすった, きやはり, くるため, くるわけ, くる時, こういうもの, こうして突然, こうヒョッコリ, こないか, この, このオカマ, この猿ヶ京, こられるじゃ, ころがしとくわけ, こんな調子, ご滞在, さしてくる, しけ込んだ, しのびこむ以前, しのびこんで, しまっときなさいネ, すごい常設館, その事情, その返事, そんな影, たとえば毒殺, だ, ちょいと, ちょっとまいりました, つかまえて, つれこまれて, でろおいら, とどいた直後, とまって, とりに, なぞ来ませんでした, ならんで, ねむると, はいったこと, はいった堺, はいり込んだからには, はいれと, はこんだの, はずして, ひきとって, ひっぱりあげて, ひとつ隠れ, ひもの, ぼくは, まいっては, まいるまで, またお, まともに, みえる書家, もう出とる, もしか私, もどったの, やってきたという, やってきちゃあ, やってくるといった, やってくるわ, やって来たので, やって来た二人, やって来ては, やって来ました, やって来られましてね, やって来るもの, ゆけば, よこしたほう, よし来, よび出されて, わたしと, オツネサンを, シャコを, テントを, ヘルムショルツ先生の, 一う, 一人ずつ, 一冊, 一寸腰, 一時派遣され, 一目入れ, 三人で, 上がると, 上げたもの, 上杉勢が, 下向いらい, 中央の, 乗りつけて, 乾分の, 二分ずつ, 二十四五の, 人と, 人間の, 今夜お, 付けて, 休まれる前, 会して, 伺うまでは, 伺候し, 住む気持, 何でも, 併記し, 來たり, 來ます, 信長の, 借用しました, 僧都の, 先生を, 入ったとき, 入った阿能十ひとり, 入らぬ前, 入りまするの, 入り込んだもの, 入るならば, 入れたはず, 入れば, 入れると, 入ッ, 入院致しました, 再び来る, 出い, 出したの, 出す出すと, 出せ十八文, 出ては, 出よとは, 出る角, 出入し, 出勤する, 出稼ぎに, 切符を, 別の, 到着いたす, 刺さって, 勉強の, 医者も, 卸して, 参った訳, 参りましたか, 参りました時, 参りまするまで, 参るついで, 参れ, 又八が, 収容され, 取寄せるよう, 召し連れますか, 合の手が, 名を, 向かって, 吸い寄せたの, 呼ばれたかと, 呼びこんだとは, 呼びます, 呼び出されたの, 呼び込まれましたの, 呼ぶこと, 呼べと, 呼んだん, 呼出したの, 啓示され, 囲ったの, 土着した, 坐っても, 坐りこんでから, 坐り白髪を, 坐れと, 城を, 墜ちた時, 売り込んで, 大伏樋の, 奉仕に, 姉が, 娘を, 字を, 宮は, 寄こしたの, 寄ったとき, 寄りつきも, 寄り道した, 寄ろうなんて, 寝かしましたの, 寝ないか, 寝るべしと, 寝泊りし, 封じ込めて, 導いたの, 尼様が, 届けに, 川が, 工場を, 巻き込まれて, 帰ってからも, 帰らなけりゃどこ, 帰山した, 庭樹の, 廻されて, 廻るので, 引きつけられて, 引き取って, 引き越して, 引っ張り出されは, 引つ越して, 引寄せた, 引擦り出し給え, 引越しました, 引返したところ, 彷徨い着いたよう, 待たせて, 御供申した, 御帰邸, 御着, 忍びこんで, 忍んだん, 怪しい二人づれ, 懸け給え, 戻っては, 戻るの, 打込んで, 投げ込まれてから, 抜け出して, 押しかける, 押し出して, 押込んだ, 担ぎ込み, 招いた重点, 拠った侍, 持ち出すと, 持て, 挙げて, 捕手が, 捨てられた, 据え付ける場合, 掛けろよ, 掲げて, 提供する, 擲って, 攻め寄せて, 放り込まれたの, 敵が, 斯う, 新鮮な, 日本船が, 昼寝する, 暑を, 書いたもの, 書くつもり, 朝早う, 来あわせ又, 来い牢, 来かかりましたが, 来させるよう, 来たおかげ, 来たため, 来たとき通り, 来たばかりには, 来たらす, 来たらまず, 来たら大変, 来たろうか, 来た三, 来た伝六, 来た年寄, 来た当座, 来た日, 来た甲斐, 来た翌日, 来た頃, 来てしも, 来てるしっぷ, 来ないか, 来なかったかね, 来なけりゃあ, 来なすったん, 来ねえか, 来ましょうと, 来ますよ, 来よう, 来られた動機, 来られまして, 来られるの, 来りゃいい, 来るか, 来るずっと, 来るついで, 来るとしても, 来るなんか, 来るもん, 来る一里あまり, 来る前日, 来る太陽, 来る手筈, 来る機会, 来る筈, 来る途次, 来る門辺, 来出して, 来合わされ御, 来客が, 板倉殿の, 棄てに, 検証に, 止めて, 死体を, 母や, 水を, 沢山まい, 泊った番頭, 泊つたつて, 泊めなけれゃいけないのかしら, 泊りますか, 泊るなら, 泊ろうかしら, 流されて, 流れ集まっては, 渡って, 滞在するで, 潜入し, 無下に, 犬や, 現れたの, 現われただけの, 現われるの, 生れかわって, 男を, 留守番に, 痩枯れた, 登ると, 皆さんお, 目指して, 真直に, 着いたもの, 着いてからでも, 着くぞ, 着く前, 石塔を, 神尾主膳の, 私の, 移し台石を, 移ったとき, 移つてから, 移り住んでからは, 移動し, 突きだせ, 立ち入ったこと, 立ち寄りますが, 立ち帰って, 立つであろう公儀, 立寄らせて, 立戻っ, 算盤を, 納めた時, 素ッ飛ばせ, 縁付いて, 繰り込んだという, 置いたよ, 置いといたら部屋じゅうヘドだらけ, 置かせて, 置きますお, 置くこと, 署名した, 考えが, 臨むたび, 臨んだ, 自然な, 船を, 茶壺がへ, 萩乃を, 落ちたん, 落ち着いた後, 落とされて, 葬ったとか, 蘇鉄の, 行かなくなって, 行けば, 被入しっ, 見えたこと, 見えない女, 見えられたの, 見えるであろう, 見廻りに, 親分とこから, 訪ねに, 詮議に, 誘い込みました, 誰かが, 豹が, 買わされに, 走せ戻ったかが, 越してから, 足踏みしなかった, 踏み込んだらしくしたがって, 躍り込んで, 轉げこん, 辿りついて行ったの, 迎えの, 近づいた, 近寄った, 迷い込む由, 迷れ, 追い上げられた者, 追っかけて, 送らせた旅嚢, 逃げこむ, 逃げこんだ男女, 逃げ込むと, 逆もどりしたい, 這入ってからも, 這入る時, 通う者, 通しねえ, 通せとは, 通りかかって, 通知人ナシと, 連れまいれとまで, 連れ戻すの, 連れ込んだの, 運ばせて, 運び入れたの, 運ぶの, 達するであろうこと, 避難する, 配置し, 野々宮さんを, 釣りに, 関羽も, 陣した, 隠したと, 隠れるん, 集まった者, 集まるよう, 集まる諸国, 集め金座, 集合した, 雪が, 電蓄を, 露営する, 鞭を, 頼って, 顔出しも, 願います, 飛び出したの, 飛び降りると, 食いに, 飴を, 馬蹄を, 駄目を, 駈けつけようと, 駈け込む途中, 駒を, 高貴な, 鹿の

▼ ここ~ (4863, 7.8%)

89 家の 62 家に, 家へ 40 家は 35 ところを 31 主人は 25 うちの, ところは 24 家には 18 方が 17 主人の 16 家で 15 主人に, 家を 14 ところが, 主人が 13 ご主人, ところで, 生活は 12 門を 11 うちに, ところに, 主の, 家も, 空気は 10 家から, 御主人 9 おかみさん, ことだ, ところだ, 生活の 8 人々は, 家では, 店の 7 ところの, 主人と, 主人も, 人は, 女主人, 店へ, 所を

6 [14件] お庭, ことです, ところへ, ように, 主は, 二階に, 二階へ, 土と, 土に, 娘の, 家にも, 店を, 御亭主, 理窟だ

5 [13件] お屋敷, お店, 主人を, 人たちは, 人達は, 仕事は, 勘定を, 家でも, 店に, 景色は, 柳は, 生活を, 空気が

4 [28件] うちには, うちへ, お墓, お寺の, ことを, ほうが, 二階で, 二階を, 人が, 人たちの, 処へ, 勘定は, 名物の, 家じゃ, 屋敷の, 庭には, 所で, 所は, 料理は, 村では, 殿様は, 玄関へ, 生活に, 田の, 花園の, 連中は, 陣を, 領主の

3 [64件] うちは, おやじの, お住居, お内儀, お料理, お神さん, ことは, この道近道ぢ, ところから, ほかに, ような, ウチに, ウチは, ホテルに, マダムは, 世界は, 二階の, 二階は, 井戸は, 亭主は, 亭主も, 人々が, 人達を, 住人たちの, 住人たちは, 住民は, 先生の, 共同生活の, 前を, 名は, 囲みを, 土壌に, 城主は, 女の, 家へも, 家族が, 家族の, 屋敷へ, 店さきで, 廊下に, 御社の, 息子が, 旦那に, 村の, 松の, 林の, 柳の, 水は, 水を, 河原で, 海の, 海は, 海岸は, 温泉は, 生活では, 神様は, 窓から, 者は, 舞台で, 街は, 道理を, 酒は, 陣所を, 障子は

2 [236件] あたりは, あるじが, あるじの, うちが, うちを, おじいさんは, お代官, お宅, お客様に, お家に, お家の, お家は, お寺は, お山は, お池の, お百姓, お邸, かみさんの, こと, ことで, ことな, この塚, この川, つ, ところがどうも, なかま, はほんとう, ほかには, まつかぜ, もの, ものは, ウチじゃ, エハガキは, オヤジが, ストリップは, トンカツは, ドアは, マダムに, 一家の, 一廓は, 一軒だけは, 世話を, 丘窪明る, 中で, 中には, 中二階の, 主人から, 主人だ, 主人という, 事だ, 亭主に, 人じゃ, 人たちとの, 人たちにとって, 人に, 人への, 人達に, 人間は, 仕事の, 住居も, 住民たちの, 住民を, 傷痕から, 先生は, 内儀さんは, 処に, 前で, 前へ, 助手さんたちは, 動揺は, 十字路を, 厄介に, 古本屋には, 名物は, 和尚も, 問題に, 土を, 土地の, 土地へ, 地形と, 地形は, 地獄は, 埋伏の, 堂守と, 場所を, 塔の, 夜天の, 大使館の, 大学の, 大池の, 大軍は, 天井は, 夫婦は, 奥さんに, 女たちは, 女房は, 女給は, 奴等は, 娘は, 婆さんは, 子供は, 学校に, 宅は, 客が, 客は, 宮光る, 宮椎の, 家が, 家での, 家なら, 家にゃ, 家まで, 家中は, 家人が, 宿の, 寺へ, 小学校の, 小学校へ, 小屋でも, 屋敷に, 屋敷を, 岸で, 川原に, 工事を, 師匠は, 常連に, 常連の, 常連らしい, 床へ, 床下へ, 店から, 店で, 店は, 庭に, 庭は, 庭ひろびろ, 建物は, 建築は, 息子の, 感じは, 戸は, 戸を, 旦那は, 旦那を, 明りを, 書棚を, 有名な, 木陰の, 本であった, 本陣で, 本陣へ, 本陣も, 机の, 村長は, 校長の, 桜の, 梅の, 様子は, 様子を, 橋の, 気分は, 水之尾樋の, 汽車は, 海で, 海に, 海岸に, 海岸を, 渡しを, 港は, 湖畔の, 湯は, 準備は, 王じゃ, 理窟が, 理窟を, 生活が, 生活で, 町の, 町は, 畑の, 番を, 神主は, 私たちの, 空を, 空地は, 空地へ, 空気に, 空気の, 紐結ん, 細君は, 細君を, 繁みかしこの, 腕の, 自然は, 芝居は, 茶店の, 草の, 薄墨の, 裏の, 製作所に, 要所を, 親方は, 設備は, 警察の, 谷地冷えはなはだし, 谷灯かげ全く, 軒から, 辻は, 追求が, 通りは, 連中が, 道を, 部屋は, 部屋へ, 都に, 配所に, 配所へ, 長屋を, 門から, 門が, 門へ, 門も, 門前へ, 門弟であった, 陣地も, 隣組は, 雨戸を, 雪の, 電燈は, 領民は, 風呂の, 風呂へ, 養子に, 駅路一夜寝, 高さ, 高窓

1 [3201件 抜粋] ○○町の, あるじから, いっさいは, うちで, おうち, おくさん, おばさんに, おやじすなわち, お上に, お偉, お可久, お嬢さんに, お家厠は, お座所も, お扱い, お父さんに, お神, お蒲団, お陣屋, かくしボタン, かみさんが, きまりな, ことじゃ, ことでした, この坂, この木牌室, この野原, ご内緒, さびしい田舎, しずけさ, すったもんだも, そば鮨という, つづきの, とこしばらく, ところがずきん, ところずっと, ところな, ところよそへ, ところ内部的にも, ところ少し, ところ方面を, ところ私も, と同じ, どんどん焼, ねごこち, はすべて, はとばへ, は仕事場, は吸えん, は日本一, は洲, は眼, は血, ひとたちに, へいと, みよちゃんにだって, も一つ, よさ, を第, アユこそ, ウチが, オペラ, カールは, クーデンホフの, ストリッパーが, トンビは, ナンバーワンは, パンパンは, ブフェートは, ベルリイナア座で, ホールの, マダム・ロアは, ママさんは, メムバーでは, リンクスには, 一人の, 一堂で, 一家を, 一書院に, 一水も, 一番大きな, 一軒のみが, 一隅に, 万年雪を, 三階の, 上杉殿で, 下へ, 下宿料は, 世帯を, 世界や, 丘を, 中に, 中軍信玄の, 主という, 主人からか, 主人だった, 主人らしい, 主任だ, 主夫婦, 事じゃ, 事ばいと, 事務所にも, 二万余勢の, 二代目胤舜は, 五年は, 亭主が, 人々のみにて, 人たちと, 人だかりに, 人家の, 人足たちが, 仏を, 仕事場へ, 仮の, 仲間であり, 伊太利料理を, 伯父さんと, 住まいを, 住人として, 住居へ, 住民が, 佐々木も, 余熱を, 侍部屋でも, 俊ちゃんが, 修羅場の, 倅を, 健康道場場長田島医学博士その, 僧兵を, 兄さんよりは, 先手本多出雲守忠朝の, 先鋒部隊では, 入口に, 八幡さまの, 六波羅の, 兵も, 兵士町は, 内が, 内へ, 内緒へ, 几帳の, 出立は, 列車が, 別院は, 前門に, 加勢を, 勘定ぐらい, 勝手を, 北塔の, 匿れ, 印度人たちに対しては, 参右衛門の, 叔父さんが, 古い砦型, 句に, 台所を, 名所と, 名物なりと, 吹雪の, 呼吸で, 品には, 善哉は, 図書には, 国主は, 園内へ, 土器と, 土壌の, 地べたに, 地主という, 地勢を, 地点で, 坑夫は, 城下の, 城市の, 堂守ラザレフの, 場所ここの, 場面が, 塁壕を, 境内の, 墓地へ, 壇ノ浦と, 売物, 外には, 夜間用の, 大土間, 大局では, 大戦捷, 大石段, 大難を, 天嶮は, 天神の, 夫婦には, 奥か, 奥の, 女は, 女中は, 女將, 女房の, 女達は, 妓じゃ, 始末は, 娘たちが, 婆あ, 嫉妬騒ぎが, 子供衆は, 子息さんは, 学術雑誌に, 守備は, 官吏の, 定連たち, 客室つきボーイです, 室から, 宮殿では, 家だ, 家に対する, 家へばかり, 家並みは, 家主中島五郎作が, 家庭で, 家族は, 家督を, 家造りは, 宿は, 寂光院に, 寄手に, 寒の, 寺には, 寺中に, 将士は, 小さき花, 小家から, 小市民たち, 小瓶に, 少女団の, 居住者だ, 屋敷は, 屋根にも, 属国に, 山も, 山姥の, 山巒の, 山河を, 山門から, 岩殿寺で, 岬は, 岸辺には, 島には, 崩壊地である, 川長だけは, 工人と, 巫女にも, 市長の, 帰りに, 幌みたいに, 平凡さが, 幹事は, 広い閑寂, 床の間を, 床几へ, 店では, 店頭に, 座敷の, 庭で, 庭をも, 廃園の, 廓は, 廻廊に, 当主が, 往来で, 御一戦, 御堂は, 御家に, 御庭, 御本丸, 御神, 御雪太夫, 心理を, 急斜面は, 患者は, 感官を, 戦は, 戦捷を, 戸口の, 所一寸そういう, 所長に, 扉口は, 手際の, 抑えは, 持船で, 掛声を, 支えは, 支配者を, 政庁の, 教師に, 敷居は, 文句に, 料理屋には, 新聞社に, 方は, 旅籠に, 旗を, 日日の, 旦那様という, 映画などは, 時計屋は, 暁に, 暗闇の, 書生から, 月よと, 朝夕を, 木地師たちの, 木蔭にまで, 末院宝泉院の, 本文が, 本通りを, 村か, 村へ, 東京だ, 松寿園に, 松風波音を, 果実という, 柳沢君に, 株式の, 桑畠へ, 梅雨時, 植木は, 楽屋で, 樹下に, 櫓全体を, 正月を, 殿, 毛が, 気分の, 水亭の, 水族館の, 池の, 河原にも, 治安に, 泥土は, 浜では, 浴場は, 海岸には, 海辺で, 淫売窟には, 清水で, 渡舟は, 温泉も, 温泉風呂の, 湖上までは, 湯舟だけ, 漆喰だけは, 濠にも, 火を, 炉に, 烏も, 煙草工場が, 爺や, 牧は, 物蔭に, 特色であった, 独房の, 猪は, 玄関先まで, 現場を, 理髪店の, 生命を, 生徒は, 生活に対する, 用語を, 田舎へ, 町に, 町内のは, 留置場を, 番人の, 番太郎を, 番頭を, 疎林から, 病舎で, 発掘場から, 白骨温泉の, 皇居に, 盲人は, 県令と, 眺めは, 矛盾と, 石の, 研究所の, 破格な, 社会とが, 社殿に, 神さんと, 神楽殿の, 禅寺の, 私娼を, 税金で, 空に, 空気だった, 窓が, 窯場には, 端舟の, 箇所に, 節級さまと, 糞壺は, 細君です, 経営者は, 絵馬を, 縁の, 繁華に, 美しさ, 群衆の, 老祖母さん, 者じゃ, 者へ, 職人であった, 肩の, 自分の, 自身番へ, 船でも, 色々の, 花は, 若いクリスチャン, 若先生, 茶館に, 荒地には, 菅の, 蒸饅頭は, 薄暗い燭, 藤氏の, 蚊うなり, 衆は, 街では, 表の, 裏よ, 裏門から, 見ものは, 親戚へ, 親爺の, 角屋敷でござる, 詮議は, 説明には, 警固すべても, 警察曾根崎署という, 谷を, 谿間の, 資金を, 足場は, 路地まで, 車の, 軒でも, 農家では, 辺に, 近くに, 逗留を, 造船係の, 運動場にも, 道場へ, 遠くを, 邸は, 郡代に, 部屋に, 部落へ, 配所が, 野ほど, 金庫でない, 鉄錠に, 鎧材料を, 長屋は, 長陣に, 門内へ, 開戦は, 関守を, 闇は, 院主行祐が, 陣, 陣中は, 陣所だけは, 陣門に, 隅から, 階段上は, 雅会で, 雑木林は, 雪を, 電灯も, 電車は, 露路も, 静寂を, 須弥壇の, 頼母し, 風の, 飛び領, 食堂へ, 飯場の, 館だけに, 館も, 駅では, 高い煙筒, 髮は, 鰊場アはじめて, 鳴動は, 麦酒じゃね

▼ ここ~ (4161, 6.7%)

40 どこだ 29 どこな 25 どこだろう 23 いったいどこ 19 私の 18 どこです, どこの 17 何という 16 山の 13 何と 11 お国, 一体どこ 10 お前の, どこ 9 地獄の 8 どこか, 僕の, 私が, 自分の 7 おれの, どの辺, わしの 6 あなたの, わたしの, 人の, 人間の, 東京の, 海の 5 あたしの, いいところ, なんという, 俺の, 君の, 日本の, 昔の, 有名な, 非常に

4 [24件] いいから, これは, さすがに, どうあっ, どうした, どこじゃ, どこでしょう, カチカチ山だ, 何処, 何処の, 勾配だ, 厚い立派, 安全な, 容易に, 我慢の, 昔は, 本州の, 東北の, 沿海州の, 深川の, 町の, 誰の, 誰も, 近江の

3 [51件] あんたの, いい, いい所, いったい何, いわゆる, おまえの, お前さんの, お前たちの, ここは, これで, ただの, どこだい, どこだらう, どこで, どこであろう, どこでございます, ほんとうに, もとの, ケンタウルの, コロラドの, 一体どこな, 上野の, 今は, 佐久間町の, 何を, 何んという, 何処か, 何処な, 冬の, 四方の, 地獄だ, 場所が, 夏の, 宿屋です, 彼の, 拙者が, 拙者の, 日本だ, 東京, 根岸の, 江戸の, 滅多に, 火星の, 甲州街道の, 甲斐と, 百二十万年前第, 箱根の, 紙帳の, 都に, 館の, 駄目です

2 [178件] あなたが, あんた方, いいです, いいわ, いけない, いつでも, うばガ谷の, おめ, おれと, お城, お引, お茶の水の, きたない, きれいだ, きれいに, こうし, このまま, この世か, こらえて, ご辛抱, すべてが, そちらの, その場所, ちやうど, どう, どうしてもうばガ谷, どうしてもたいまい, どうしてもメデウサ, どうだ, どうも一つ, どこかしら, どこも, どこよりも, なにを, なんていう, なんでも, なんといふ国, ひどいです, やすいからね, よい, よほどの, わたしに, パチパチの, ビルデングの, ヨルドベリヤの, ランカシャイヤだ, 一体何処, 一歩も, 一番あんたが, 七つ森だ, 世界で, 丘の, 両国の, 京の, 京都の, 人殺しの, 人目に, 人間が, 仏蘭西の, 仮の, 伊勢の, 伊豆, 伊那家の, 何事も, 何処だ, 何処だろう, 何者の, 先の, 先手を, 兵を, 冬が, 凡夫衆生の, 助かると, 半島で, 危いです, 原子爆弾以来多くの, 古風な, 司馬家の, 吾, 地獄です, 地球の, 城の, 城中の, 大切な, 大阪の, 天狗党本隊が, 奉行所の, 女の, 宝隆寺から, 宿屋じゃ, 密な, 富士の, 寛ぎの, 尊氏の, 小石川の, 居心地が, 屋敷の, 山間の, 岡っ引きの, 岩の, 峻厳とか, 帰りに, 常陸の, 広々と, 廊下です, 建物の, 彼らの, 往来が, 往来じゃ, 御存じの, 御自分, 御賢慮, 徳川家の, 必ず八字, 必死で, 恐ろしいところ, 我慢し, 戦場だ, 手前の, 敵地だ, 旅人の, 日が, 日本じゃ, 早や, 明智探偵事務所の, 暗いん, 暗うござる, 木曾川で, 杉の, 東京から, 松山, 柔道の, 森の, 正しいとか, 死人の, 殿中さまで, 水に, 水溜りな, 沢山の, 洞窟の, 流石に, 浅草の, 浅間の, 涼しいです, 爆心地より, 牢獄に, 犬の, 生かして, 甲州の, 男の, 目を, 眼を, 確かに, 私たちの, 私に, 窓が, 自動車の, 船の, 茶の間で, 街道の, 見なれないところ, 警視庁の, 貝の, 道が, 部屋の, 野原の, 金剛山の, 銀座の, 長安の, 閑静で, 間もなく戦場, 陽気で, 階段式に, 雨が, 静かな, 靴を, 音楽会を, 風景は

1 [3153件 抜粋] あがめられ尊敬, あさくさ竜泉寺町, あとに, あなた様方の, あぶないあれ, あまり収入, あるいは大麦, あんた部屋に, いいにおい, いかにも学者清談, いさぎよく責任, いちおう引, いったいなんという, いつだって, いと静, いろいろ今日, うごかぬ, ええところ, おさまった, おなじみの, おまえたちの, おもしろい家, お上の, お兄様, お前武蔵の, お宅, お手伝いさん用の, お立ち退きある, お軽, かうしよう, かなめだ, からっぽです, きっと象, こうこうな, ここと, この向う, この海岸, この頃皆腰かけ, こんど直治の, こんな低い, ご寛大, さりげのう, しばらく兄さん, すいて, すっかりだ, すでに梁山泊下, すみよしか, ずっとまえ, そういう人, そうらしく, その下, その磯節, そも何, それより, た, たしかに地獄, ただ暗い, だいたいすんだ, だれも, ちっとも陰気, ちょうどこの, ちょうど追分, つまり火葬国, とにかく美しくもなけれ, どうしてもお前さま, どうしても李逵, どうな, どうやらクラパム, どこい, どこである, どこへ, どんなところ, なかなかむずかしい, なるほど, なんとかぜひ一言, のがれ出て, はや解散, ひとつあいそづかし, ひとつ無条件に, ひとびとをひきつけて, ひとまず私, ひどく薄暗くて, ふかい山, ほかの, ほんの振出し, ぼくひとりです, まさしく怪星ガン, またなんと, また広い, また茶店, まだみそ, まだ冬, まだ山手, まだ船, まったくかなわない, まともに, まるでノア, まア負け, みんな普通の, もう, もうそろそろ天狗界, もう一応ご, もう五台山, もう北曲輪, もう平ヶ岳, もう栗, もう生, もう荒川区日暮里九丁目, もう野放し, もとアイススケート場, もんくなし, やっぱり筏, やはり普通, よいあちら, よい土地, よし, ろうや, わしらの, わたしたちで, われわれ皆一つに, アメリカかも, オーバアフロウだの, カラリとして, キャバレエや, ゴタゴタし, セーヌ河の, ツて, トロイ谷である, ネコや, バンドが, フィリップ殿下の, ホテルの, ポンチが, モスクワ行三等列車の, ルソン全島の, ローマ帝国の, 一つあなたの, 一つ古, 一つ目の, 一万一千五百尺程, 一体何, 一兵たりとも, 一場の, 一年生か, 一応こらえたまい, 一昨日出来上がった, 一生の, 一番大, 一番清水の, 一番道庵も, 一草だに, 一頭や, 万事が, 三四代前からの, 三条の, 三途の, 上松だ, 上野から, 下屋敷の, 不幸に, 世田谷の, 世界中で, 中之島公園と, 丹後宮津城の, 久能山な, 予測の, 二つ三つずつ, 二人だけに, 二条京極の, 二階以上の, 井の頭公園の, 京丸だ, 京都四条坊門南蛮寺が, 人中拙者と共に, 人生の, 人通りも, 今にも雪, 今朝に, 仏様の, 他日を, 代代足軽といふ, 仲間の, 伏見だ, 伝統派の, 佐女牛の, 何ぞ縁由, 何の, 何処だらず, 何室の, 何門と, 便利に, 信州の, 俺たちの, 借家よ, 僕一人だ, 兄上の, 先生が, 全くパリ, 全南, 八ヶ嶽の, 八重梅の, 兵法で, 冥土か, 冷えますともかく, 出ても, 初鹿野伝右衛門のや, 前が, 前面には, 加賀の, 動かせないの, 動かん, 北回帰線熱帯地方の, 北陸の, 十五世紀初頭から, 千葉県市川市から, 南町奉行の, 危いところな, 厄介だ, 去り日, 参考標本室であった, 又雨, 取分け陽, 古い歴史, 古戦場だ, 司令艇の, 吉良邸の, 名の, 名高い古本屋, 君島の, 呉竹の, 和殿の, 嘗て金五郎, 四季を通じて, 図書庫らしい, 国防上ずいぶん, 土曜日が, 地上二万五千メートルの, 地下道かな, 地獄に, 城な, 場末に, 士族の, 夏でも, 外海の, 夜鷹が, 大きな道路, 大丈夫です, 大体の, 大地主, 大将の, 大日本, 大津の, 大策を, 大鍋, 天国みたいね, 天草商事の, 太田媛神社の, 奇遇, 奥庭口の, 女一人でございます, 妙義山を, 始めてかい, 孟安仁の, 学説の, 安全だ, 宗春と, 実に散歩, 室町の, 家号を, 宿屋だろう, 寂しく人気, 寒いの, 寝に, 寺子屋では, 将監橋の, 小仏, 小春の, 少なくとも東京, 尾根が, 屋上である, 山だ, 山中の, 山家だ, 山浦清麿の, 山門だ, 峡中の, 川, 巣鴨では, 巨き, 市場町の, 平だ, 平城しかも, 年の, 広い畳, 広島湾の, 庭は, 引き受けた, 当り前の, 役人の, 後宮でない, 御岳の, 御簾の, 微妙だ, 必死どもりどもり, 忘れられた場所, 思案の, 恐ろしい岩山, 悪以上, 我々だけの, 戦の, 戦場です, 戦陣の, 手付の, 打ちすてて, 捨てよう, 播磨路, 支那街でございます, 数十里を, 敵地かと, 料理場と, 新しくて, 新大橋と, 新興の, 旅舎そろそろ, 日下部の, 日本でね, 日本全国から, 日比谷よ, 早く切り揚げ, 明りが, 明朝立つ, 昔この, 昔沼だった, 昼なお, 暑いから, 暗黒アフリカの, 曲輪でない, 曾我部どのの, 月世界では, 朝日も, 木之本賤ヶ嶽にも, 木曾路を, 本を, 本当に高燥, 村と, 東京に, 東京湾と, 東華門の, 松平忠房の, 柏野の, 格式ばっ, 梁山泊と, 森林の, 極東だ, 楽園だ, 横六畳で, 橋本という, 正午の, 死ぬか, 殆ど岩を, 毎晩の, 毛利で, 気密の, 水底の, 氷峰の, 江戸を, 汽車の, 法廷では, 泥濘の, 津軽藩の, 浅草雷門隅田を, 浮き世の, 海岸から, 海部代官の, 涼しそう, 深い海底, 淵の, 温なしく通り越した, 湖水の, 満洲航路, 漢家歴代の, 火星国だ, 無人島です, 煙が, 熱海別府なみ, 牧場です, 特に朝, 猪が, 王立に, 琵琶の, 生涯の, 甲山の, 男女の, 画家文壇人などの, 疲れたとき, 病院と, 白根三山の, 皆さんお, 目明し万吉の, 相当年月, 真冬の, 知らねえ者, 研師の, 神変夢想対月輪一刀の, 神田の, 神童子越え, 禁漁区だ, 私たち津軽人の, 私共の, 穴ぼこだ, 空中の, 空気の, 立つの, 笠岡, 第二十会場, 笹が, 節ちゃんと, 紀州家の, 納戸の, 紫野の, 経験が, 絶望の, 縁起が, 義太夫のさ, 聚楽の, 胆吹の, 胸突き坂だ, 自分が, 自治的に, 興津だ, 船橋だ, 良い宿屋, 芝居を, 若々しい青葉, 英領インドと, 荒川近き, 萩原への, 蒼ぐろくてがらんとしたもんだ, 藻と, 蜷川家の, 行止まりの, 街道を, 裁きの, 西側に, 要害だ, 見ぬ振り知らぬ振り, 観念論の, 許しが, 誘惑が, 論外である, 谷川が, 豚箱や, 貴様の, 赤穂城の, 足場が, 路地の, 辰巳の, 迷信を, 退屈で, 通り道じゃ, 運河づたひに走つ, 道具屋と, 遠くない, 郊外の, 郷党の, 都塵を, 重力平衡圏だ, 野菜の, 金殿玉楼の, 鉄壁だ, 銀河の, 鎌倉でも, 長し, 長田村距離は, 開かないから, 開墾賃も, 関ヶ原の, 闇市の, 降りられない, 陸中宮古の, 隅田の, 隠士の, 隻眼山一目寺と, 離亭です, 雪国だ, 電燈も, 青塚の, 静かに, 音に, 頼山陽の, 風波が, 飛鳥の, 馬車の, 駿河の, 高原の, 高距凡そ千九百メートル, 魏の, 鳩の, 麓の, 黒姫の

▼ ここまで~ (3001, 4.8%)

185 来て 141 来ると 75 来れば 50 来たの 36 書いて 35 持って 34 話して 29 考えて 27 出て 23 くれば, 連れて 22 くると 20 きて, 来たもの 19 来たん, 歩いて 18 云って 14 読んで, 進んで 13 いって, 来る間, 語って, 足を, 運んで 12 来ても, 送って, 逃げて 11 来ては, 来るの 10 おいで, 来た, 聞くと, 走って 9 いうと, つれて, 来た以上, 登って, 聞いて, 飛んで 8 ついて, やって来たの, 來る, 来ながら, 来るうち, 落ちて 7 もって, 出向いて, 来たが, 来たところ, 漕ぎつけて, 落ちのびて, 話すと, 運ばれて 6 つけて, やって来て, 参りました, 来い, 来たこと, 来たのに, 来るには, 無事に, 言って

5 [12件] きたの, です, 上って, 云うと, 云えば, 尾行し, 来たという, 聞えて, 聞こえて, 話が, 辿って, 追っかけて

4 [21件] いえば, お出で, お話を, きた, きては, でも, やってきたの, 下りて, 帰って, 戻って, 来たお, 来た時, 来ました, 来るあいだ, 来ること, 来る途中, 眼が, 練って, 話したとき, 説明し, 述べて

3 [47件] いっしょに, いった時, おいでに, お連れ, して, つづいて, である, はいって, ひと息に, やって来たところ, やって来ると, 下って, 乗って, 事を, 仕事を, 來た, 呼んで, 喋って, 女を, 引っ張って, 忍んで, 抜けて, 押して, 担いで, 書いたの, 来たもん, 来た上, 来た序, 来なければ, 来りゃあ, 泳いで, 生きて, 研究し, 筆を, 聞けば, 聴くと, 自分の, 自分を, 行かなければ, 行けば, 言いかけると, 話を, 語つて来, 跟い, 踏み出して, 駆けて, 黙って

2 [136件] あがって, あとを, いったとき, おいて, おいでと, お呼び申した, お話しすれ, かぶって, きこえて, きたとき, きた以上, きた時, きながら, くりゃア, こぎつけたの, こぎつけて, こらえて, たどり着きました, たまは, ついちょ, なんの, はって, ひっぱって, まわして, やってきたかい, やってきたん, やって来たが, やって来たに, やって来たよう, やって来たん, やって来る, やって来ること, よくその, 上ると, 主客の, 事が, 云いかけると, 付いて, 伴れ, 何十年か, 入って, 出かけて, 出張って, 分れば, 分析し, 到達した, 参ったの, 取りに, 口を, 呼び出して, 堕落する, 導いて, 尾けて, 尾行て, 底本では, 延長し, 廻って, 引っ返して, 引張って, 彼の, 後を, 従いて, 従って, 思案を, 急いで, 手が, 手を, 押寄せて, 拡がって, 推理を, 敵を, 日本の, 書いたところ, 書けば, 来たから, 来たからには, 来たじゃ, 来たついで, 来たと, 来たに, 来たよう, 来た事, 来た天狗党, 来た旅, 来た甲斐, 来てから, 来ないと, 来は, 来られたの, 来る途, 案内し, 案内した, 案内を, 歸つて來る, 漂流し, 漕ぎつけたこと, 漕ぎつけたん, 漕ぎつけるには, 漕ぎ付けりゃあ, 漕ぎ付ければ, 申せば, 発達し, 私が, 私の, 私は, 稲田は, 突きつめて, 突破し, 突込んで, 考えた時, 聞える, 育てて, 背負って, 苦労し, 行くと, 行って, 見て, 誘い出して, 語れば, 読まれた方, 読み下して, 読んだ時, 調子に, 跡を, 踏み入ること, 辿りついて, 追いつめたの, 追いつめて, 追い詰めて, 追い込んで, 追跡し, 運ぶには, 道を, 降りて, 離れて, 響いて

1 [1265件 抜粋] あいつが, あなたを, あんよが, いくぶんか, いっぱいだ, いらっしゃったわけ, うかうか来申した, うたって, おあと, おし詰められれ, おっしゃって, おびきよせ参りました, おびき出したに, おびき寄せて, おまえと, お供, お出で甘酒進上だ, お引き立てくださいました, お打明けした, お杉, お話しした, お話しを, お誘い申した, お越しに, かついで, かつぎ込んで, かんがえて, きいて, きたついで, きたもの, きたん, きた友だち, きた途中, きましたの, くるうち, くるみちみち, くる勇気, くれは, ぐらゐなんでもねえよ, こぎつけた, こぎつけみんな, こぎつけるのに, この少年, こられるの, さし入る, しつこく追っかけ, しのびこんで, しや, しらべたもの, すすんだとき, すつかり, ずっとリップ, ずるずると, せつせつと歩行, それが, たぐって, たづね, たどりきたったの, たどりついて, たどりつくの, たもちつ, だ, だという, ちょうど半分, ついぞ離れなかった, つきとめたこと, つよく生きさせる, でさえ, では, とどいて, とどけたの, とんで, なかなかいかない, なの, にげのびたいさましい, のばせ, のぼって, はいのぼっ, はきやしまいと, はっきり聞える, ひきおろして, ひっぱりこんだこと, ひと言も, ふらつきながら, まいって, まいりました, みんなを, もう一度参木, もどって, やったもん, やってきた, やってきたね, やってきた一行, やってくると, やってくるの, やってくる間, やって来たと, やって来たようやく, やって来た松浦民弥, やって来た者, やって来られたの, やって来るん, やっと来た, やりとげれば, よこされて, わかれば, わざわざ踏み出し, わたしを, オフレが, ボロボロに, マリ子さんを, 一座を, 一所に, 一日の, 一時間以上も, 一気に見事, 一気に雲煙, 一直線に, 一貫目以上も, 三四町しか, 下りちゃ, 世の中から, 丹羽兵蔵が, 乗せて, 乗りつけて, 乗り切つて, 予想し, 二十一丁, 二木検事は, 云いさすと, 云った時, 云つてぢつと, 人を, 人間の, 仕上げたん, 以上には, 会いに, 伝説の, 伴れ出した, 低級に, 作った, 信念を, 信用を, 俺を, 傷一つ受けず, 光春を, 克明に, 入り込んで, 八郎は, 出かけた平靖号, 出して, 出たついで, 出会う人ごと, 出来たん, 切迫し, 判れば, 到達する, 剋ちと, 努力し, 動座を, 北州の, 十二三町くらいは, 千鶴子に, 卵を, 参って, 参りは, 参りましたの, 参りまして, 参り何者, 参れば, 及ばなければ, 取って返して, 取り運んだ両家, 口に, 同乗し, 同道し, 吹き寄せかとも, 呼びよせたの, 命冥加に, 喋ったの, 喋ると, 喧ましく響い, 四半刻と, 回顧し, 墜ちて, 売りに, 夜詣り, 夢中に, 大事を, 女の, 子供を, 宇宙艇を, 宙を, 家宅捜査に, 尾行した, 届いて, 届かねえ, 届けば, 崩れたと, 己惚れて, 帰して, 床しい匂, 延びるには, 引かせ一部, 引き寄せて, 引き返したじゃ, 引っぱり込むため, 引つぱつて, 引出されたの, 引張り出して, 引見の, 当りの, 彼に, 御出, 御覧に, 心を, 思いきって, 思い続けると, 急いだ仕事, 怪しいもの, 怺えた, 息せき案内を, 悪用される, 想像し, 態, 成功し, 戦ったほう, 戻つて, 投函に, 抜けがけを, 押しつけて, 押し転げて, 持たないもの, 持ちこたえたこと, 持ち込まれて, 持来し, 探し当てて, 提鞄に, 搬ん, 支へて, 改まって, 教訓した, 数えて, 斬りつける隙, 新聞に, 旅行に, 日参の, 明暸には, 暮したけれど, 曲者が, 書いたこと, 書いたらお客さん, 書いたら不, 書いたら夕飯, 書いたら珍しく, 書いたら背中, 書いた以上, 書いた時, 書かないと, 書き終った時, 朗々と, 本心を, 来かかると, 来さえ, 来たかと, 来たかは, 来たこの, 来ただけ, 来ただろう, 来たところ十数名, 来たとは, 来たので, 来たのにと, 来たらお前, 来たらその, 来たらなに, 来たら不意, 来た力, 来た感情, 来た木槌山, 来た訳, 来た阿賀妻, 来てさえ, 来ないで, 来なかろうと, 来ますと, 来られたか, 来られたなあ, 来られた健康, 来られないで, 来られるか, 来られるよう, 来るからには, 来るて, 来るまでは, 来る人間, 来る気, 来る航行, 来る馬車, 来ればと, 極端な, 槍を, 歌い来った茂太郎, 正直に, 歩いたばかり, 歩け, 歩み出した一葉, 歯を, 残忍に, 気負い抜いて, 汝を, 沖氏が, 注進を, 流されたと, 流して, 浸み出そう, 消耗し, 深入りさせ, 深入りを, 源三郎を, 漂い来ること, 漂って, 漕ぎつけたところ, 漕ぎつけた写楽先生一代, 漕ぎつけること, 漕ぎ付けた計画, 火中から, 無理無, 父親が, 物蔭で, 特殊的に, 狎れさせる手数, 玉井組が, 甚しか, 用心ぶ, 申したならば, 申したら万事推量, 申し上げたらあなた, 画き上げるの, 疲労困憊を, 癒って, 発達しない, 登りつめた, 登り着いた, 登れば, 的確に, 目あてに, 省略される, 着いたぞと, 知って, 私に, 秘かに, 究極すれ, 穿鑿を, 突っ込んだ, 突進させ, 立派に, 筆が, 籠城を, 紀介様は, 素早く身, 統率し, 総ざらいなんての, 纏めて, 罵倒されれ, 義雄は, 老の, 考えたら眠く, 考えついたけれども, 考えるには, 考え続けて, 考へを, 聞いた時, 聞えたので, 聞えない声, 聞えるぜ, 聞えるもの, 聞こえた, 聞こえるよ, 聽える, 育ち上ったもの, 臨みながら, 自分たちを, 自動車で, 舞い戻って, 舞戻り再び, 良平が, 苛立たしげに, 苦楽を, 落ちつくよう, 落ちのびたおれ, 落ち延びましたに, 蛇を, 蝶が, 行きたいと, 行き着いて, 行く事, 行ッて, 裏の, 見た源十郎, 見届けてから, 見当が, 見透しの, 親切に, 観察し, 解剖し, 言いかけて, 言うた時, 言えば, 言ひかける, 言ふと, 訪ねて, 訳し来った駒井甚三郎, 話した, 話しといて, 詳しくは, 誘い出したの, 誘き寄せられたか, 誘惑よせいたしました, 語つ, 語つて来る, 語つて自分の, 語り合った時, 語り続けた時, 説かれて, 説明が, 読みすまして, 読み来りし人, 読むと, 調べに, 論じつめなければ, 講義し, 貯めるには, 買いに, 走っては, 足労を, 踏みこえて, 踏みこんで, 踏み込みたる上, 転落すれ, 辛い思い, 辿りついたが, 辿りついたん, 辿りつくの, 辿り参りました, 辿り着くの, 返しにゃ, 迷いこんで, 追いかけた火星, 追いつめたが, 追いつめられずに, 追いつめられながら, 追い詰めたの, 追い込まれて, 追つかけ, 追ひつめ, 追蒐, 追跡する, 逃げては, 逃げのびたがんりき, 逃れて, 這いだして, 通り越して, 連れこんだ彼, 連れ出したん, 連れ出そうため, 連立って, 進めるのに, 進んだ新, 進んでは, 進展し, 運ばせて, 運びこの, 運び得たに, 運ぶな, 運んだのに, 運んだ祝言, 運搬し, 道が, 達するの, 達せずに, 遡った, 避難し, 長い旅, 闖入者を, 陥し, 集まり来った, 集約される, 露骨に, 頑張って, 飛ぶよう, 飲まず食わずに, 馬車で, 馳せつけ参ったか, 駆けつけるのに, 駆け抜けて, 駈けて, 駕籠を, 骨を, 高まらなくては

▼ ここ~ (2598, 4.2%)

91 出て 49 先途と 40 以ち 32 どこだ, 通って 27 出た 21 あけて 20 立って 17 去って 13 開けて 12 出ると, 離れて 10 せんどと 9 通ったの 8 のぞいて, 出てから, 出発し, 出発する, 捨てて, 発って, 過ぎて 7 歩いて, 立ち去って, 脱け, 落ちて, 退いて, 通るの 6 去るの, 自分の, 見て, 逃げて, 通ると, 通るとき, 開けろ

5 [15件] お通り, ごらんなさい, どこと, 出ては, 出ること, 出る時, 動いては, 動くこと, 占領し, 抜けて, 立ち退いて, 立つの, 覗いて, 読んで, 通過し

4 [28件] でて, もって, センドと, 中心として, 中心に, 出ましょう, 出よう, 出発した, 動きません, 去らなければ, 呼んで, 守って, 引上げる, 引揚げ, 引揚げる, 無事に, 立ち去った, 立ち去ると, 立去って, 立去ること, 立退いて, 見ろ, 逃げ出して, 通すこと, 通ったとき, 通らなかったかい, 通過した, 通過する

3 [50件] あけろ, ごらん, たずねて, はなれて, よく考え, よく聞い, 仮りの, 何と心得る, 何処だ, 出たい, 出たの, 出ても, 出なければ, 出ませう, 出ようと, 出るく, 出るとき, 出れば, 出立し, 出立する, 去ること, 放して, 曲って, 照らして, 発つこと, 目当てに, 破って, 立ちの, 立ち去ろうと, 立つ, 立つと, 訪れた時, 訪問した, 讀んで, 越ゆべからず, 足場に, 辞して, 通った, 通ったもの, 通らなかつたかい, 通らなければ, 通るから, 通るたび, 通るん, 通れば, 遁れ, 過ぎると, 遠巻きに, 選んだの, 飛び出して

2 [129件] おあけなすっ, お掃除, お立ちに, お落ち, たのむぞ, だして, どことも, なんとこころえる, ひとつやりとげ, また蜜柑, やって, われに, パスなされ, 一歩でも, 三度も, 上って, 上下する, 下れば, 中心と, 何と心得, 何処と, 借りて, 借りること, 再び訪ねる, 出たあと, 出た方, 出ないうち, 出るって, 出るに, 出るの, 出発しました, 動いて, 動かずに, 動かない, 動かないこと, 動かないよう, 動くな, 占領しよう, 去ったが, 去らない, 去らねば, 去りたいの, 去ると, 去れ, 取って, 固めて, 基地として, 巣に, 左の, 引き上げて, 引き上げること, 引き揚げて, 引き揚げること, 引払って, 御通行, 忘れては, 掃除した, 掘って, 新富町だの, 晴れの, 最後に, 本陣として, 根城として, 根拠として, 根拠地として, 歩行い, 死に場所と, 死に場所に, 永久の, 海岸と, 消せば, 港に, 留守に, 発つとき, 的に, 目ざして, 真直ぐに, 知って, 稼ぎ場, 立たねば, 立ちぬ, 立ち出でて, 立ち去るより, 立ち退くが, 立つこと, 立つぞ, 立つん, 立つ時, 立とう, 立とうと, 立去らねば, 立去るの, 脱して, 脱出し, 脱出する, 落ちろ, 見せて, 見ても, 見張って, 見給え, 訪ねたの, 訪ねて, 訪れて, 訪れる人々, 読まされると, 起点に, 越えて, 逃げ去って, 逃出す, 通ったこと, 通った時, 通りかかって, 通りかかると, 通り過ぎて, 通るかも, 通るが, 通るもの, 通る時, 通ろうと, 通行の, 遁が, 遁れ出る, 過ぎぬ, 過ぐれ, 選んで, 開け, 開けと, 離れては, 離れること

1 [1478件 抜粋] あああそこ, あけては, あけなけりゃならないの, あけろきみ, あずかって, あっちこっちぎらぎら, あらためた時, いうの, いずこと, いったの, いひを, うごいては, うったん, うまく操る, おあけくださいませ, おいでに, おすと, おとずれる目, おひきあげなさい, およみ, おりるん, お別れ, お守りあっ, お放し, お暇, お突き止めなされた, お立ち出でに, お立退きくださいまし, お越えなされる, お通し下さいまし, お開けねがいたい, かう直したと, かたづけてね, きれいに, くぐること, くみ候わば, こうしてち, こうする, こう参る, ここを, この日, ごらん字が, さがしたって, さよならする, さわって, しめて, すぐあけろ, すっかり出払っ, すみかと, ずっと行く, そそって, ぞろぞろ人通り, たたんで, たちます, たのむ, ちょっと貸し, つきぬけなければ, つきぬけると, つれられて, でる時, とぶ気, どういうところ, どうかした, どうして伝うだろう, どうする, どくおれッ, なぜ締めた, にげだすこと, ぬけださなくっちゃあ, ぬけだして, ぬけだすこと, ぬけなければ, ねらうに, のぞく気, はなれかねるおまえ, はなれ道普請, ひきとる精神, ひと突き, ひらいては, ふらっと行き尽せ, ほじくれば, まがったん, まっすぐ北, めざして, もちて, やめても, やられると, よくきき分け, よく聞け, よろしと, わが家として, わが物, われらの, キンセイと, トルコ帽を, ノックし, ブチ破る, モデルに, リンピイの, 一つ曲っ, 一人歩きは, 一年の, 一旦出, 一本やられた, 一町ばかり, 一茶の, 一頁読ん, 三縁山と, 上州の, 下りたらおいら達, 下ります, 下りるより, 下山と, 主力とも, 乗打ちが, 五番から, 仕事場と, 他に, 付け込んで, 伊勢駕の, 住居に, 何んと, 使うの, 価値の, 俯瞰する, 借りうけて, 借るにも, 充分気, 公会堂とばし思っ, 写生し, 処分し, 出かけて, 出かける時, 出すよう, 出たいの, 出たくない気, 出たとき, 出たらいちばん先, 出たらそれ, 出たらひとつ, 出たら曲芸, 出た後, 出た波多野家, 出てからの, 出なかったと, 出まして, 出ません, 出ようよ, 出られないの, 出られるの, 出るころ, 出るや, 出る折, 出る訳, 出入りする, 出港と, 出立しました, 出立致そう, 切られた時, 切りとれば, 切り上げて, 切り開いて, 切抜けて, 初めて見る, 利用し, 力源と, 動かさなくてよ, 動かないで, 動かぬかも, 動かねえん, 動きは, 動きますまいここ, 動き出したい心, 動くの, 動けない理由, 十人ばかりの, 南へ, 占むれ, 占有し, 去ったもの, 去ってしめえば, 去っても, 去なずに, 去らずに, 去らせようと, 去らぬ, 去りかしこ, 去りたがって, 去りますから, 去るから, 去るに, 去るまいと, 去る事, 去る半兵衛, 去れッ, 去ろうという, 取り分け丁寧, 取囲んで, 叩いて, 右の, 向うへ, 品よく, 噛まれたん, 囲んで, 国境に, 地上の, 城方の, 堂々と, 境界に, 外すこと, 夜追, 大御所と, 契機として, 奪われれば, 嫌って, 守り難し, 守る中川隊千人, 守る滝川儀太夫, 安全な, 宿として, 密画に, 将来有望の, 少しコウ, 居城と, 川下に, 左に, 建てて, 弁えるの, 引きはらって, 引き上げよう, 引き取って, 引き払って, 引き揚げたが, 引き揚げぬからには, 引上げようと, 引取ろうでは, 引揚げられい, 当分の, 往復しただろう, 徒渉した, 御自分, 御覧遊せ, 必死と, 忘却の, 怡しんでを, 愛用, 我が身の, 戦場と, 手伝って, 抑えこの, 抜かれては, 抜け出しあの, 抜け出すまで, 抜出して, 押して, 拓いた祖先, 拝借しましょう, 持ち出す時, 指しながら, 指月ヶ岡という, 捜して, 掃除し, 掘ってるところ, 採り去ったという, 推して, 掻いて, 握って, 摺り抜けて, 支えて, 攻めるのに, 放さないよ, 放免されなすっ, 教えて, 敬遠し, 斬られてしも, 旅立った時, 早駕, 晴と, 曠の, 曲りましては, 書く, 最期と, 本営と, 本拠に, 村の, 根と, 棄てて, 極楽の, 横切るという, 檀風城という, 歩いたもの, 歩いてるの, 歩き廻った, 歩くこと, 歩み去ること, 死に所, 死場所に, 毎日往き通いした, 水田にねえ, 汲み分けて, 汽車の, 波止場の, 流れでてから, 深く相, 渡った当時, 渡ること, 渡るん, 温泉が, 漂って, 災難の, 爆弾の, 片づけ初めるから, 牢では, 生き抜くとき, 申陽洞と, 発し今, 発つた頃, 発つ前, 登りつめた空地, 目がけて, 直槙, 眼を, 知らないの, 知る筈ア, 破ろうとの, 私に, 称して, 突き崩されては, 突破しなけりゃ, 立たないの, 立ちましょうぞ, 立ち七時, 立ち出るには, 立ち去らう, 立ち去らば, 立ち去りなさい, 立ち去ります, 立ち去りますゆえ, 立ち去るという, 立ち去る前, 立ち去る気, 立ち去れい, 立ち退いたところ, 立ち退かないの, 立ち退かれい, 立ち退き明日, 立ち退くそれ, 立ったという, 立つからな, 立つという, 立つ意思, 立てという, 立去ったの, 立去るつもり, 立去る前, 立退いた後, 立退くについて, 筆耕した, 紋太郎が, 素通りなさいました, 終えたら俺たち, 綺麗に, 締め直せ, 繕らうて, 羽鳥の, 耕して, 脱がれるん, 脱出しましょう, 自分に, 自転車や, 苦心した, 落ちのびろ, 落ちる御, 蓬莱の, 行き過ぎた, 行くこと僅か, 行っては, 見せどころと, 見たまえこの, 見つけた由, 見まもって, 見ること, 見る意味, 見ろと, 見捨てて, 見棄てて, 見舞ったと, 覗いた折, 覗く, 解かれて, 言い抜けるぐらいの, 記者倶楽部に, 訪うて, 訪ねたであろう, 訪ひ, 訪れたの, 訪れた怪美人玉枝, 訪れよう, 訪わんと, 話して, 読まれたし, 誰の, 買って, 走って, 起っては, 超ゆ, 越せば, 踏みつぶさぬうち, 踏ん張ろうという, 辞すや, 追いまわる, 追い返されて, 追われて, 追出されたればと, 退いたばかりの, 退がって, 退くな, 退出した, 退散いたせ, 逃がして, 逃げだすけれども, 逃げだす工夫, 逃げのびて, 逃げよと, 逃げると, 逃げ出しその, 逃げ出したくなって, 逃げ出しました, 逃げ出すの, 逃げ去ってから, 逃げ落ちて, 逃出したい, 通う取り次ぎ, 通して, 通ったか, 通ったはず, 通ったらお前さん, 通ったろうが, 通った女子, 通った阿賀妻, 通つた時には, 通らないという, 通らなかったかね, 通らなくなってからは, 通られたはず, 通られるとき, 通りかかったという, 通りかかったもの, 通りかかった時分, 通りかかる女, 通りながら, 通りましたよ, 通ります, 通り合わせること, 通り過ぎたはず, 通るだろう, 通るとさ, 通るは, 通るやつ, 通る二人, 通る切符, 通る旅, 通る百姓, 通る船, 通る鰯売鯖売, 通航する, 通行致す, 通過すれ, 遁げてから, 遁れ出ようで, 過ぎたの, 過ぎるまで, 過ぎ蘇武, 過る者, 遡って, 選んだこと, 避難し, 重点に, 長吉が, 開いて, 開けい火急, 開けなければ, 開けましたる次, 開ければ, 開拓し, 降すには, 降りろとは, 限りの, 離れがたく, 離れたところ, 離れないから, 離れませぬ, 離れるの, 霊場に, 頼むぜ, 願います僕, 飛び出したくなった, 飛び出せば, 首府として, 魂の

▼ ここでは~ (2172, 3.5%)

11 それが 7 主體 6 それは, 人間の, 問題に, 話が, 話も 5 あなたが, お話が, それに, ない, 一人の, 問題と, 私の, 簡単に, 誰も 4 お話も, その必要, 主に, 何も, 彼の, 明らかに, 私は

3 [20件] これらの, その点, それを, なにも, ふれない, みんなが, もう一つ, 一つの, 二つの, 人目に, 十分に, 完全に, 家の, 彼は, 普通の, 特別な, 省略する, 自分が, 触れない, 過去の

2 [91件] いちおう実現, いわない, くわしいこと, この問題, これで, これと, すべての, すべて人間的な, そのよう, その議論, その鳴く, それらの, そんなこと, ただこの, ただその, ただそれ, ただ何となく, たとえ税金, つきり, ないが, ほかに, ほかの, ロシアの, 一例だけ, 万事が, 主膳が, 二十種類位の, 二重に, 京都の, 人間社会から, 仏事などは, 他の, 仮りに, 何と, 何ものも, 何を, 作者の, 到底その, 前に, 単にこの, 厳密に, 反対に, 同一律, 吾, 哲学は, 問題でなく, 国民の, 太陽と, 妙に, 完全な, 少くとも, 少し遠く, 山の, 意識は, 折角の, 採らない, 散歩と, 文学と, 日常茶飯事として, 時の, 村の, 横に, 次の, 武器の, 残念な, 演習を, 特にその, 珍しいこと, 生ずるは, 略す, 略する, 発明は, 皆が, 省いて, 私も, 科学という, 科学の, 空間は, 罹災者に対して, 肩を, 自分の, 自然科学が, 虫の, 言及しない, 誰かが, 越の, 述べる必要, 運動する, 都湯という, 酒も, 防空要員の

1 [1809件 抜粋] あえて原因, あてはまらないの, あの意地, あまりわたし, あまり言及, あらゆる歓待, ありませんから, ある一つ, あんまり内密, いい商い, いえる, いかん, いくら泣い, いずれも, いちばん多い, いっさいこれらを, いつもの, いろいろな, いわぬこと, おいしくない, おまえが, お初と, お洒落な, お茶も, お話し申されません, お銀様, かりに同じ, こういうお, ここで, この制度, この操作, この日本人固有, この短い, この論証, これという, これ以上及ばない, これ等の, ごくあたりまえ, ございません, ご苦労を, さしもの, さすがに, ざっと両人, しばしばあり得る, しばらくお, すぐ目の下, すでにゾルゲル, すでに科学者, すべてを, すべて正二位から, ぜいたくな, そういう問題, そうする, そとに, そのカット, その人, その問題, その店格, その方法, その渺々漫々, その禁, その詳細, その鐘, それも, それらは, それ以外の, そんな技師, たいていの, ただかく, ただエピキュリアン, ただ一つ, ただ先の, ただ将来, ただ次, ただ科学的, ただ表題, たまにルーレット, だれもが, ちと申し, ちょっと脇道, つきりと, できませぬが, とても新しい, どうかしら, どうしても城下, どこへ, どのよう, どんな無理, ないよう, なかの, なしは, なにを, なんです, なんとも云え, ばかばかしいよう, ひもじいめ, ふとスレ, ほとんと, ほぼ確実, まじめな, まず古い, まず末法時, またいろいろ, また布施, まだない, まだ人間, まだ大衆, まだ底, まだ肉, まったく役, みかどの, みんないっしょう, みんな前世の, むしろだれ, むしろ避けられるべきであろう, もうあと, もうまぶしい, もう十日先, もう時候遅れ, もう繰り返さない, もう誰, もっとひろく, もっぱらマルディブ, もはや一人, やがてそれ, やや世間なみ, よく世話, よし子と, りっぱな, わが艦長, わたし一人だ, アイヌの, イギリスとは, インテリゲンチャなる, オクビにも, カルト・ディダンティテ, ガラスの, クルクルという, ゴルロフカ全体の, ジードは, タクシという, デカルトが, ニジュウソと, フロマージュと, ベェリヴェヤワ一家の, ポルトガル艦隊の, マラッカまで, リズムの, レスパネエ夫人の, ワニ氏の, 一さいの, 一つな, 一体的な, 一切が, 一切何の, 一層その, 一度に, 一旦は, 一番よく, 一粒ずつ, 一言も, 七五調が, 万雷の, 三十余名の, 三面六臂の, 下に, 不動の, 不孝な, 不馴れな, 世すでに, 世界観の, 中国に, 主としていは, 主として男, 主君の, 予算や, 事情は, 二人腹を, 云う必要, 云って, 五人相手に, 交響曲の, 人々の, 人口も, 人通りが, 人間存在なる, 今なお, 他人の, 他者性は, 仮に井上君, 企業形態其の, 伝えは, 低温な, 何でも, 何らの, 余り失敬, 作戦に, 使者の, 侍女の, 俄な, 個々の, 偶然にも, 傷負い, 働くもの, 優しく取扱われる, 充分な懸け合い, 先づこ, 先へ, 光, 全く智力的高度, 全く逃げ場, 全体社会の, 八人の, 兵士の, 内輪同士の, 凡てが, 凶兆で, 出なかったし, 分業の, 初め売上げに, 別に述べない, 別段に, 利用の, 前者の, 割愛せね, 効果が, 勢いどうしても城内, 十二時間の, 千代次と, 半年も, 単に山の上, 単に美人, 博奕は, 原則として, 参考の, 反って, 取除かれ僅か, 口を, 只一つ, 各人が, 同じに, 君尾を, 咳払ひ, 哲学的範疇の, 唯敬意, 啄木鳥の, 問題では, 問題外として, 啓示の, 噂は, 四季と, 困ります, 固定した, 土地の, 地勢も, 城兵の, 塚本夫人では, 声を, 外に, 夜と, 夢の, 大して必要, 大事である, 大工の, 大童で, 天平五年後の, 天頂近くに, 夫に, 女も, 妻覓めを, 嬌羞み, 子供も, 孤独でなかった, 守るべき法, 定座, 実在という, 家々も, 家庭の, 寒さ, 寧ろ緑色, 対立する, 將に, 小ダイ, 少しも, 少し騒がしけれ, 尨大の, 居眠るほか, 山口と, 岡戎と, 岩石と, 巨人の, 己も, 市民社会の, 常人と, 常陸鹿島や, 平常の, 幸四郎の, 床が, 店の, 庭の, 建設の, 当然奴婢, 役, 彼等に, 往来に, 後者を, 御休息, 御話, 心や, 必ず数寄屋, 必然性との, 忍びの, 快い意外さ, 思うさま誰, 怠けては, 恋愛などは, 悠久に, 悪玉は, 意味ある, 意味を, 慈母の, 成功不, 所持金を, 手出しし, 手近な, 批評は, 技術家の, 掘ったり, 揮発性と, 政権と, 故国とは, 数の, 敵味方の, 文字通り王座から, 文献学という, 斬らぬから, 旅人が, 既に作者, 日本の, 早くより, 春の, 時計専門などとは, 晩から, 普遍的法則の, 暢, 暴風雨に, 書くまい, 最も尊い, 最初の, 月は, 有の, 朝の, 未だ死, 本式の, 本音を, 村上博士の, 東西雲仙の, 栗の, 案内を, 極めて著しい, 極めて露骨, 橇で, 次男に, 正当にも, 歴史が, 死ねない幸内, 死んだ人, 殆ん, 殿様の, 比喩的に, 気安く種々, 水を, 求めざるに, 沢山よまれた, 河烏の, 泥田の, 活動としての, 海の, 深いという, 混合に, 源平争覇の, 滝そのものを, 焚火を, 無気味な, 無視する, 焼酎の, 熔岩隧道が, 牛乳でなく, 物は, 特に, 特に大衆文芸, 狐が, 現にブシャオコナイ, 現實的, 甕でも, 生きるか, 用な, 申しませんが, 申し上げられません, 申上げられません, 男の, 略しましょう, 略するが, 白馬だけ, 皆沈みこん, 皮は, 目頭が, 相当の, 省きますが, 省略します, 真理と, 矛盾ばかりが, 知識とは, 礼儀であり, 社会的富を, 神は, 福井藩という, 私が, 私なども, 稀にも, 空間性は, 立ち入るべき余裕, 筆者の, 簡単な, 粉雪という, 約束の, 細かいお話, 経済という, 経験的, 統制は, 絶対権を, 総てが, 繰り返しませんが, 美も, 聴衆という, 腰きり外套などは, 自分を, 自然的根源的時間における, 自身と, 舎監と, 色漆で, 芸者が, 若い二人, 落ちついて, 蔓芋の, 藤夜叉の, 衆生の, 街とは, 西洋の, 見えんな, 見遁, 観念は, 解決いたしません, 触れないこと, 言えないがね, 言って, 計を, 記述の, 評価と, 話して, 詳しく話し, 詳細の, 語る時機, 説明する, 誰ひとり本当の, 論じないこと, 諷刺劇場コルシュ劇場などが, 議論の, 貴君と, 足も, 身分の, 近在から, 述べないこと, 迷惑だ, 通訳では, 運動は, 過去完了として, 遠くから, 適用され, 都合が, 酔漢の, 重力が, 野中という, 釜は, 鈴木松年社中を, 鋭い問い, 関心は, 防寒靴の, 隠れて, 雪だ, 電線が, 非常に, 韓非は, 頭から, 頼尚, 食慾の, 馬鹿者なれ, 駅長さんが, 鰌の, 鴬も

▼ ここから~ (2122, 3.4%)

86 横組み 48 出て 28 見ると 18 出して 17 2段組み 16 罫囲み 11 ページの, 遠くない 10 先は, 表, 見て 8 では 6 だと, 帰って 5 そう遠く, 一歩も, 先の, 出たの, 出発し, 来て, 眺めて, 逃げて

4 [12件] すぐに, でて, 一里ほど, 出ること, 南の, 南へ, 外へ, 来る, 江戸へ, 生じて, 見れば, 2段組

3 [22件] でも, どこへ, のぞいて, はいって, はねおりて, 上がって, 上に, 判るよう, 呼べば, 始まる, 始まるの, 川を, 程近い, 程遠からぬ, 葬式を, 見える, 見ても, 身を, 逃げたん, 逃げだして, 這入って, 遠からぬ

2 [112件] あすこまで, あまり遠く, いかなるもの, きて, さき電車, だ, とんで, にげて, はじまる, ほかへ, まっすぐに, よく見える, パラオへ, 一種の, 上へは, 下の, 下りて, 下りるの, 二つの, 二マイルばかり, 二十里も, 二百メートルほど, 五六里の, 京都まで, 何か, 余り遠く, 先が, 先に, 入って, 入りたいの, 入りました, 入るの, 内へ, 出すこと, 出せ, 出ても, 出るの, 出立しなけれ, 別れて, 割り注, 北へ, 受ける感銘, 吉原まで, 図表下部解説文, 声を, 始めて, 姿を, 学校に, 家内の, 山二つばかりを, 川の, 左へ, 帰して, 帰ること, 帰れ, 底本では, 引き出され得る他, 彼の, 後押しを, 御殿場の, 思うと, 急いで, 抜け出すこと, 拝んで, 新らしい, 来たの, 来たん, 江戸まで, 海が, 火を, 無数に, 生じるの, 生ずる, 生まれるの, 発足し, 直ぐに, 真っ直ぐに, 眺めると, 私の, 程遠くない, 結果する, 結論せられ得る, 聞えて, 脱出する, 自分の, 船に, 花火を, 行くの, 街道を, 表組, 表罫囲み, 裏の, 西北に, 見えて, 見えますあの, 見えるあの, 見えるの, 見おろすと, 見ること, 覗いて, 起る, 近くに, 逃がして, 逃げること, 通って, 道が, 道は, 階段を, 雲巌寺まで, 飛び降りて, 飛び降りますよ, 馬を

1 [1459件 抜粋] あすこまでの, あちらに, あの向こう, あの窓, いうと, いそいそ出, いよいよ山中, いろいろの, おあがり下さいませ, およそ半, おれが, お出, お動き, お帰りなさい, お弟子さん, お池, かしこへ, くる動揺, ここに, ここまでという, この前, この辺, ころがり落ちたら命, こッち, さきは, さして遠く, さほど遠く, さらに二十キロ, しばらくの, じっと下界, すぐな, すぐ但馬, すぐ前, すぐ御, すぐ津軽, すぐ郷里, すべり落ちて, ずっとさっき, ずっと奥, ずっと遠く, ずーっと南, そこまで, その存在論, その岩壁, そばを, たいへん遠い, たちさるの, だいぶあります, だして, だらば, ちょうど二日, ついじき, でたという, でるん, どう浮び上っ, どけて, どちらに, どんな勢, なき声が, ならすぐ, なら一番無事, なら歩けるの, にげたと, にげようと, ぬけ出すこと, はかった距離, はさのみ, はじまる訳, はなしかけて, はやく出し, ひき摺り上げ, ひと跨ぎだ, ほかに, ほど遠くない, ほんの地続き, またバス, また左, また訴, まだ遠かっ, みとれて, もうすぐである, もう一遍規定, もう足形, もっと上, もとへ, やり直し, よっぽど遠い, わずか五里, わたしは, アゾ原へ, エダンまで, コウモリが, コブレンツまでも, シカゴまでは, スズ竹が, ソバケーヴィッチという, チベット第, トンネルが, ドボンと, ヒノキの, ベルギイの, ホンの, マルクス主義の, モスク, モン・ブランの, 一つの, 一ツ橋の, 一一〇三メートルまでは, 一人別れ, 一度外に, 一時間ばかり, 一段と語気, 一番近く, 一目に, 一里あまり山の, 一里ほども, 一里半ほども, 一里近く山の, 七里ある, 三つめの, 三十キロほどの, 三吉は, 三日も, 三百ヤードほど, 三百露里ばかり, 三里は, 三里北方に, 上が, 上がるん, 上つていい, 上る小作料, 上庸の, 上湯島へ, 下って, 下まで, 下り坂を, 不仕合せが, 丑寅の, 両国方面へ, 中津川まで, 久助君は, 乗って, 乗合馬車に, 乾の, 二タ筋目の, 二三町先に, 二停車場ほど, 二十六七里離れた, 二町ほど, 二里ばかり, 二里奥の, 五丁とも, 五六里離れた, 五十里許ある, 五百露里でございます, 井戸を, 京華に, 人力車に, 人間全体に対する, 今あちらへ, 仏間に, 付いて, 伊吹の, 何くれと, 何百キロ先の, 供給されます, 信州の, 倒閣運動へ, 僕を, 先き, 先へ, 先本軍は, 入ったと, 入ります, 入る者, 入口の, 八里くらいも, 公園の, 六哩ほどは, 円タクで, 出かけたん, 出したいん, 出すとしても, 出そうと, 出たという, 出たらしい様子, 出た例, 出でたという, 出なけりゃならねえん, 出られたのに, 出られないから, 出られなくしたん, 出られようとは, 出られるはず, 出るため, 出るわいと, 出んよう, 出入りする, 出発させよう, 出発する, 分れたもの, 初まる, 初めて意味, 別れるの, 割りだしたの, 助け出すこと, 動かなくなりしたがって, 動くこと, 動けないという, 北が, 北の方へ, 医者は, 十二三町のぼった, 十五分ばかり, 十五里ばかりの, 十町くらい, 十里ほど, 千里の, 半里, 南瓜の, 去って, 去る, 去ろうと, 又極めて, 取って返して, 取材され, 叩き出されるの, 叫びたくなった, 各方面, 同時に見透し, 向うへ, 君と, 吶喊し, 味噌漬も, 命ぜられる多方面, 唐時代に, 四五町ばかり, 四人称という, 四十里余り隔たった, 四里ばかり, 困りもの, 土曜日の, 地球は, 城の, 堤を, 外に, 多大の, 夜な夜な市中, 大変な, 大蓮華, 夫に, 失笑の, 奥の, 姉の, 始まるといふ, 姿の, 学校の, 宗像までは, 実は一種, 宮まで, 家までの, 導かれるの, 小石川柳町もっと, 小諸へ, 少し外れる, 少なくとも三人, 居場所を, 山東の, 山道は, 巡礼落ちを, 左折し, 布を, 帰らう, 帰らなければ, 帰りたくないと, 帰る, 帰るの, 帰る方, 帰れないのよ, 常識は, 幾度も, 幾里も, 庭を, 引き立てられでも, 引っぱり出すと, 引っ返すこと, 引上げない, 引越して, 引返す, 弥生町へ, 彼岸会の, 後戻りを, 心の, 応援に, 急を, 恵那山脈の, 意識の, 我等人類の, 戻れと, 手招きでも, 技術の, 抛り出して, 抜け出られると, 拍手を, 持って, 掘り出し, 提げて, 摺り足に, 故郷の, 救い出す工夫, 教へ, 整形術の, 文学が, 断じて何人, 新聞現象の, 日本の, 明らかな, 映画に, 曲がって, 更に汽車, 最初に, 有田その他の, 望見した, 本国に, 村まで, 東の, 東京へ, 東北四五里の, 東北東微, 東南十五六浬の, 柏木までは, 根津へ, 横光の, 横浜までの, 正成の, 歩きますから, 歸る, 母親の, 汝南へは, 汽船に, 汽車広軌と, 沼沿いに, 洩れて, 浅草橋まで, 浜坂駅まで, 海は, 海上三里の, 海溝へ, 消えて, 渡良瀬川を, 湯を, 潜って, 火事に, 煙の, 犬だけを, 現代自然科学にとっての, 生じた, 生じること, 生ずるの, 生まれる, 生れて, 申して, 町を, 発せられた, 発つの, 発足した, 発達した, 白壁を, 百五十里は, 百里ばかり, 監視なさる, 直接に, 真っ下, 真先に, 眺めたもの, 眺めても, 眼に, 砂運びを, 秀吉の, 空の, 空気の, 立ち去ったの, 立ったと, 竜宮は, 第一歩の, 第二常識, 精進口の, 約十余里, 結論出来るだろう, 綱を, 繰り出しただけでも, 聞えた, 聞えるの, 聴いて, 胚胎する, 脱けられる, 脱走する, 自動車で, 自由に, 花巻までは, 落すこと, 落ちて, 薫の, 虹は, 行くよりも, 西すれ, 西航し, 見えないやう, 見えぬが, 見えますか, 見えませんがね, 見えるその, 見えるといふ, 見えるもん, 見える限り, 見ただけ, 見た打出, 見た琵琶湖附近, 見はって, 見りゃまだ, 見るの, 見る久住, 見る太陽, 見下す町, 見当を, 見渡すと, 覗く冒涜的, 解かれること, 証明出来る, 話を, 語気を, 説明される, 読む人, 論戦が, 警官が, 買って, 起すといふ, 起り, 足が, 踵を, 車馬も, 輪島の, 近い, 近いの, 近い利根川, 近い敵, 近い甘南備, 近い鯖江, 近く望む, 追い出されるところ, 追い出すため, 追い払おうと, 退散すれ, 逃げさったのに, 逃げたらしいですね, 逃げだしたこと, 逃げだすつもり, 逃げましょう, 逃げよと, 逃げるご, 逃げ出したと, 逃げ出したの, 逃げ出します, 逃げ出すもの, 逃げ戻れも, 逆戻りしまし, 這入ったと, 速達で, 連れ出されたの, 連絡艇が, 運ばれて, 運び出して, 道を, 遠いところ, 遠い東, 遠くて, 遠望し, 選抜きで, 部屋の, 金毘羅までは, 鉱山への, 長い石段, 門の, 関東平野を, 降りるん, 離れて, 離散し, 電車で, 青梅の, 頂上まで, 領事お, 飛びたって, 飛び込んで, 飛んで, 飛出す時, 飛鳥山まで, 駈けだすから, 高野へ, 黙って, 2段組上段

▼ ここには~ (1612, 2.6%)

9 略する 8 ない, 何も 7 いって, 何か 6 いない, それを, 一つの, 省く 5 これらの, 略するが, 誰も 4 いないの, いません, だれも, 何の, 持って, 煩を, 省略する, 私の, 述べない

3 [19件] いないが, いる, おられぬ, くりかえさない, これを, そのよう, ただその, ないの, なかった, 一人の, 多くの, 構わずに, 水が, 海の, 用は, 略して, 省くこと, 第一版, 見られない

2 [70件] あらゆる人間, ありません, ある, いないと, いないよ, いろいろな, おらぬ, おらんよ, ここの, これだけを, そんな事, たくさんの, たべもの, だれが, とても杉, ないと, ないのよ, なんの, わしの, われら不断の, シベリアから, 一人も, 一切の, 乗りものは, 人が, 人も, 人を, 人生の, 代表的な, 住んで, 何にも, 何人かの, 何等の, 前に, 古くから, 右の, 女の, 居りません, 往来の, 或る, 明かに, 明らかに, 更に一つ, 書かないで, 本当の, 様々の, 氷峰の, 沢山の, 無い, 生き返る可能性, 男は, 略さして, 略します, 略す, 病原が, 省いて, 省くが, 私が, 秘して, 繰り返さない, 美しいもの, 花が, 見えませんでした, 言うまい, 言はず, 記しません, 詳記しない, 説明しない, 避難者が, 非常に

1 [1301件 抜粋] あいかわらず彼, あたかも交響楽, あったの, あなた様しか, あの紫, あまりよい, あらゆる華やかさ, ありあまるほど, ありませんちょっと, あるまい, あんまりくる, いくつと, いたずらな, いっさい省略し, いつか庭から, いないけれど, いないつもり, いないでしょう, いないわよ, いない母親, いなかったもの, いませんよ, いやしない, いらっしゃらないと, いらっしゃらないん, いられないと, いられぬ, いられねえん, いると, いるには, いる間, いろんなしかけ, いわない, おいであるまい, おいでなさらねえ, おはし, おられないし, おりませぬ, お下げ髪の, お前の, お手紙, お秋, お見えなさいませぬ, かくの, かしわかば, かような, きみたちの, くどく繰り返さない, こういう生活, こともなげに書い, この年代, この日記, この物語, これだけ, これも, こんなふう, ごくその, ございませんが, さびと, さんご, しばらく別, しょっちゅう来ます, すずめが, すでに玄武池, すばらしい邸, すべて省く, そういう只, そういう気分, そのほか, その三人, その中, その内容, その寒, その手数, その本姓, その歌, その燕石雑志, その相違, その親玉, その須弥世界, そもそも奈何, それと, それにも, そんな強い, たくさん道が, ただかかる, ただこんな, ただひとつ, ただ一つ, ただ事実, ただ右, ただ支那学, ただ桃太郎, ただ結論, ただ苦痛, ただ雪, ちょうど試験, ついて, とうてい述べる, とりあえずその, とり立てて, どうしても彼, どこより, ないが, ないやうぢ, ないよう, なお侵すべからざる, なお幾多, なくただ, なささうだ, なにがしを, なるべく特殊, なんにものぞみ, はぶくとして, ふしぎと, ほかに, ほんの一つ, まい年, まずこういう, またいろいろ, またすべて, また勧める, また物言, また龍, まだ一度, まだ匿, まだ紐, まだ非常, まるで少女, むしろ反, もういなく, もう光秀, もう安部, もう水害, もちろん今彼, もっとべつ, もはや莚, やたらに, やはりなかなか人生的, やはり勘介, やや比較, わが志, わざと云わない, わざと省い, わしひとりしか, わずか半年, われわれの, ゐづらく, アポローン的な, ウェセクス賞杯戦に, カーの, ゴドウィン氏が, ソクラテスを, チェーホフの, テントが, ナチス, バンドは, ブナの, プラトンは, ベートーヴェンは, 一つしか, 一九三二年の, 一匹の, 一地方一つの, 一文も, 一本の, 一種の, 丈夫そうな, 三万の, 三十軒ばかり, 三層の, 三週間しか, 上顎腫瘍の, 不義も, 中世も, 中宮, 主として歌舞伎, 主として節子, 主に, 主人も, 主要なる, 乱れる憤りと, 二個の, 二十軒ばかりの, 云い尽せない程, 云わないこと, 五尺五寸五分と, 亡き馬超, 人と, 人傑が, 人喰い, 人間の, 今それらしい, 今の, 今日一部の, 今誰が, 仕合わせと, 仲間を, 会議後遅ればせに, 似合わぬくらいの, 住むぞ, 何たる力, 何んの, 何事が, 何時も人, 何者かが, 余計は, 例の, 便宜の, 倉庫が, 個性への, 僅少の, 元の, 元鉄, 光が, 光秀以上適任な, 全文を, 公儀から, 六匹しか, 具体的に, 円卓会議が, 再言, 出さない, 分って, 前田利家父子が, 剛子の, 割愛する, 加茂川の, 動力線が, 勿論今彼, 北に対する, 十一人だけ, 十何種類かの, 十名ほどの, 千余の, 千穂子達の, 単に平安朝中葉以降東国, 印度教徒も, 又その, 又左衛門, 友だちひとりいる, 古い足利文化, 只吾輩, 只私, 各国から, 同じ宗教的日本主義者, 名高い城跡, 君よりも, 吸い口, 和漢の, 唐, 唯其梗概, 問題だけ, 問題も, 喧嘩したらしい, 四十余の, 四疋しか, 国営という, 土居を, 堂守などの, 壮麗な, 夕方まで, 多かった, 多言を, 大きな姿見, 大きな西洋, 大事な, 大体一週間ばかりの, 大勢いる, 大岡忠相という, 大蟹, 天下選抜きの, 女一人きりおりません, 女給が, 妻からは, 姫様の, 姿を, 嫁と, 子供ばかりを, 存在しない, 宋朝の, 定まった名, 実力の, 宣教師は, 宿将の, 専らこの, 専ら骨董趣味, 尊敬する, 小さなカニ, 小説の, 少しも, 少女あり, 居ないという, 居ねえ, 居られない大門町, 居りましたが, 届かずあたり, 山門の, 岩戸村が, 岩魚釣の, 左馬介光春の, 市十郎は, 帳内, 幡随院の, 年老いた樹, 幽霊は, 幾艘と, 弁務官が, 弓隊だけ, 弱くて, 彼が, 彼以前に, 徒な, 御免を, 復写せぬ, 必要が, 思いも, 意識した, 感じられる, 我々五人の, 戦場の, 手軽な, 持てる者, 敗れても, 敬遠する, 数知れずある, 文部大臣あるいは, 新大陸の, 旅行者たちが, 日本じゅうの, 日本人の, 日高国沙流郡新平賀村で, 明るい清らか, 明師なし, 明智なんて, 昔すでに, 春の風によって, 晁蓋統領以下寨の, 時雨堂の, 暑い国, 書かない, 書かない罵り言葉, 書き切れない程, 書くべきでない, 書架を, 朝日が, 本を, 本能的な, 杉の, 来りしなりけり, 東京の, 柏屋という, 柳生様が, 森が, 椅子も, 極く, 榎町の, 標準語に, 欠落した, 正味の, 武力も, 武士中高等なる, 母の, 民主主義も, 気づかいなくお, 水軍の, 江戸ッ子の, 沢山な, 法師の, 泳ぎの, 活気が, 流布本の, 消散し, 渡し舟も, 満潮痕跡に, 灌木や, 火星の, 灯も, 焚火も, 無かつ, 無名の, 無明業識の, 無論その, 煽風機, 熊八氏の, 爽快な, 物という, 特に挙ぐる事, 特殊な, 独自な, 獅子岩が, 生きた生活, 生活は, 用の, 申しません, 男殺しは, 町名主か, 略させて, 略すること, 番人どもも, 疾うにいない, 白い花, 百年前の, 目立つ, 相当多かっ, 省く事, 省略します, 真が, 知事閣下も, 石樋が, 祖父の, 神棚が, 秀吉との, 私は, 私語と, 空掘りの, 空虚な, 立会えねど, 竹竿を, 第二, 簡略に, 米一丸の, 精神の, 約束の, 素敵に, 結核肋膜炎関節炎胃病心臓腎臓等, 総督の, 繋い杭, 置いとけないの, 置かれぬ, 置けぬ, 美しい寂寥, 聴き役, 腐るほど, 自分の, 自然の, 興福寺五箇所唱門の, 航海者ヘンリ, 色情は, 芸術的形式を, 若党仲間など, 茶の湯の, 菌が, 落とし穴が, 蓬莱山という, 虎が, 蚤が, 行方不明に, 裁判の, 西洋から, 見えないそれ, 見えない木, 見えなかつたが, 見えぬなれども, 見のがすこと, 解兄弟の, 触れないこと, 訂正せず, 詐欺偽りは, 詳細な, 説明を, 誰か, 誰と, 諸国の, 議論が, 豊かな, 貧しくよる, 貴様の, 越後の, 輪郭だけに, 近所という, 述べますまい, 述べ悉, 道具が, 選ばれた者, 酒も, 重複を, 野営地が, 釜焚き, 鉱脈が, 鎌倉時代そのまま, 長きその, 長く皇居, 門の, 関係ない, 降って, 集まって, 雑誌月評家の, 雲霧四ツ目屋ふたりの, 電灯が, 霊妙なる, 静かな, 面白いもの, 顧慮せられる, 駒井能登守も, 高山植物が, 魯粛孔明という, 鳴かず, 麻酔剤が, 黒死舘風景は

▼ ここ~ (1017, 1.6%)

9 私の 7 いい, 大事な 6 我慢の 5 大事の 4 おれの, こうと, 大切な 3 いちばんいい, ちくしょう谷と, どこである, わかったの, 千番に, 思案の, 肝心な, 辛抱の, 重大な, 非常に

2 [57件] あの小太郎山, いいだろう, いいわ, おまえたちの, おわかり, かい, この女, この男, そうです, そうな, どこだ, むずかしいところ, もう第, わかったん, わしの, ネオン, ノヴァミルスキーの, パチパチの, 中心に, 俺の, 僕の, 先生の, 問題な, 大事だ, 大事と, 好きだ, 好きでした, 好きな, 妾の, 家康の, 少し, 山の, 巴里な, 巴里よ, 彼らの, 悪いと, 捜索本部と, 昔の, 有名な, 本当の, 東京で, 東京の, 気に, 海底の, 漢権守の, 男のみ, 痛い, 白娘子の, 百八高地という, 真の, 肝心の, 自分の, 苦しいから, 見て, 赤沢です, 重要な, 銀座です

1 [827件 抜粋] あたくし, あっちこっちに, あなたの, あの嬰ハ音, あの野郎, あア, いいいま, いいてめえ, いいです, いいところ, いいん, いかさまばくちの, いけん, いちばん文化も, いちばん美しく, いとも面白い, いわゆる鳴海, えらかった, おしまいだ, おじいさんの, おまえの, おもしろいの, おもしろくなりかけた, お分り, お前方, お千絵様, お宅, お室, お父さんの, お部屋, かしこい商人, かんじんな, きょうは, こちらの, このメモ, この公卿, この大谷, この屋敷, こわいのよ, こんなで, こんなにうす暗い, こんなに暗く, こんなに面白く, こんな風, しまるまで, しめくくりとして, じぶん, すなは, すなわち僕, すなわち津田生, すべてだ, ずうっとつちの底, せんべの, そうかい, そうかね, そうらしい, そのお, そのだい, その又五郎, その少々, その時, その藤原家, その馬環, その鳴海, それほどの, そろそろ空襲, そんな場所, だいじでも, ちと言い, ちょっと, つまり困るところ, とりも, どうしてこう掘れる, どうして江戸, どうなる, どうもま, どこで, どんなところ, どんなに恐ろしい, どんな風, なかなか面白い, なぜ世界, なんとなく不安, のっそりだ, はずれで, ひしゃげて, ひとたびは, ひどく切ない, ぴかりと光った, ほんとの, まさしく美濃, また案外ゲリラ神経, また短い, まだすこしいかん, まだホテル, もうけドコロ, もう大日道, もう富田, もし疎開, ものすごい洞窟, ものの, やけてからの, やっぱり昔, やつらの, よいかと, よくいう, よくわかった, よろしい, よろしいと, よろしかろう, わかったねえ, わからない, わからんであたし, わが国に, わたしの, わるくな, われらの, アカデミックな, アナタの, エタ最初の, オックスフォード通, カンヌキ山の, クエンスローだ, グッと, シンビールスク県でない, ジーキル博士の, スイスじゃ, スミレ地区だ, ツールーズの, ディト街です, ドウかなっ, バクチ宿の, パリでなく, ビジネス, フィロロギー・文献学の, ヘーゲル哲学全体の, ヤッパリその, ユフカで, ヨーロッパに, ロシヤの, ヴェランダに, 一つの, 一ぺんに, 一体一つの, 一日の, 一番いい, 一番むづかしい, 一番よろし, 一番和気藹々と, 一番多く, 一番安い, 一番広い, 一番日本らしい, 一番物騒です, 一番見晴が, 一番近く, 一番風通しが, 丁度押入, 七十郎の, 三十尺です, 三方ヶ原でございます, 三棟の, 三越だ, 上野という, 下りる所, 下妻の, 不破の, 世にいう, 両手の, 両脚にあたる, 両足の, 中仙道中の, 九十九里浜で, 乾山の, 二〇九番地だ, 二人の, 五分でござん, 人の, 人影まれで, 人界の, 人間力の, 今宵の, 今日の, 仏語の, 他と, 仙人辻という, 伊太郎の, 伐採本部で, 会所に, 何という, 何なら, 何処である, 何病に, 作者の, 俺膃肭臍の, 先駆であったらしく, 入口に, 全く正反, 八九人の, 八幡様でございます, 出口だ, 出口です, 分らないもの, 分倍河原という, 切れて, 前申した, 割烹旅館の, 助かるか, 動坂三郎の, 勝敗の, 北条氏康氏政の, 医者の, 千柿老人の, 午後八時左近の, 危機一髪相互の, 即ち俳優教育上興味, 厄介な, 原本には, 参謀らしく, 又丁度, 古里な, 可さそう, 可懐, 可訝しい, 台所と, 名人じゃ, 名誉と, 君大事な, 唯一の, 問題に, 嘘か, 団栗林に, 地上の, 地下の, 地下数十尺の, 地獄行きの, 垣根の, 堪らぬよ, 境いでございます, 売りに, 外交の, 多摩川でございます, 大いに微妙, 大いに魅力, 大事で, 大事でしょう, 大切だ, 大切の, 大加美神社, 大和魂の, 大問題, 大好きな, 大殿様時分, 大津だ, 大藪地で, 大門で, 大阪の, 天井だ, 奈良井の, 奉公の, 奥パプアの, 女の子の, 好い, 好いぞ, 好くって, 如何に, 妙に, 始めから, 姫路と, 安全なかくれ, 完成し, 実に面白い, 客観的に, 富士山の, 富田, 小仏, 小太郎山とは, 少し僕, 少し理窟, 山, 山県大弐の, 峠という, 峠の, 島津藩の, 左心室です, 帆村の, 常に誤られ, 常盤御前の, 常識という, 年号使用圏の, 庭だった, 弥三郎の, 当分私たちの, 当館の, 役場に, 彼女らの, 待合室です, 御奉公, 御註文, 徳川家の, 心に, 忍耐だ, 怖いと, 急所です, 怪人団の, 怺え, 恐く行止り, 恐ろしい点, 恥ずかしいところ, 患者の, 悪いの, 悪いん, 情ない, 我家だ, 我慢, 戦場であった, 戦場に, 戯曲の, 手紙を, 抜け道の, 振りだしに, 支那流の, 敗れれば, 教祖の, 斯様に, 日光に, 日本で, 日本の, 明かに, 明暸に, 昨日まで, 時代精神である, 暗いん, 書斎です, 最も大事, 最も豊饒, 最初に, 最初の, 最高等, 木下の, 木挽町か, 未亡人の, 本土の, 本宮か, 本所か, 杉窪の, 条坊の, 松島と, 松長の, 板橋と, 果ても, 柳沢さんの, 桜痴先生と, 森の, 楢山なら, 極楽だ, 楽屋です, 機関室だ, 正念場だ, 死にどころ, 死に場所だ, 殺人容疑者の, 毒瓦斯発明院だ, 毛利にとって, 気に入ったので, 気に入つたわ, 気軽で, 江戸かと, 治療の, 流通な, 海の, 海底牢獄の, 海底都市である, 涼しいわ, 淡路に, 深海の, 渓流中色の, 源三郎の, 漱石の, 火星です, 無数の, 然し問題, 焼けて, 爬虫館です, 牡鹿半島の, 物騒がしいから, 特別研究室だ, 現世の, 琵琶湖の, 甘酒茶屋に, 生活する, 町に, 町人の, 異教徒の, 痛いかね, 痛いの, 痛みますか, 痛んで, 痛んでね, 白虎隊の, 皆な, 目的の, 眼目な, 知れましたなあ, 知事室か, 石田村である, 破れて, 福士それから, 空いて, 空いてるじゃ, 窓で, 立山温泉, 竜宮な, 第一, 第五会場, 第五會場, 第十五會場, 米友の, 米相場の, 精神病院だ, 紀さんなり, 級友や, 終点かも, 結構で, 美術室です, 老執事, 考え物だ, 聞かせどころかと, 肝腎かなめな, 肩だ, 胎内くぐり, 自宅の, 至らぬとか, 興津か, 船長室で, 芸術の, 苦しいの, 苦労した, 荒物屋呉服屋では, 荷物の, 落ちれば, 著者の, 蔡温の, 蘇州の, 行けると, 行止りだ, 裂けるよう, 西小寺でござる, 見せて, 見晴, 観音の, 言出す, 話じゃ, 話の, 象徴派と, 賑やかな, 路子の, 辛抱だ, 迷惑致す, 追分手前で, 通れなくなって, 逢坂山の, 運転席で, 道了塚附近の, 道庵先生の, 達人芸な, 邸でございます, 都だ, 重大問題である, 金の, 釣れますから, 長の, 開いて, 間一髪の, 間違って, 関門よ, 闘牛の, 阿蘇なら, 陸上なら, 隅田で, 難所という, 面倒を, 面白い, 面白いと, 面白いの, 面白いのよ, 革命までは, 革命博物館だ, 音に, 須田町ここが, 頭梁の, 風土と, 食堂な, 首なし, 首府の, 駄目だったら, 駄目に, 魂の, 鳴いて, 鶴岡の

▼ ここにも~ (901, 1.4%)

19 ある 7 あった, かしこにも 5 私の, 見える 4 あると, 一つの, 人の, 何か, 彼の, 見えた, 見られる

3 [12件] あすこにも, あるという, 一人, 一種の, 我々は, 来て, 梅の, 現れて, 確かに, 聞こえる, 草の, 誰も

2 [34件] あらわれて, あるの, いたるところ, 一人いる, 一人と, 人が, 人影は, 人間の, 僕の, 反映し, 問題は, 娘盛りが, 客は, 彼を, 支配し, 新たに, 死骸が, 沢山の, 現われて, 現代の, 相当の, 眼を, 神の, 罪悪や, 自分の, 茫と, 訪れて, 読まれるでは, 谷が, 起こった, 起った, 遊べるか, 長居は, 顔を

1 [726件 抜粋] あったと, あったの, あって, あなたの, あらわれたもの, ありありと, あるぞ, あるといふ, あるので, あるは, あるよ, あるらしく見えるが, あるわけ, あるジャベ, ある六歌仙, ある時期, ある柔皮花, ある誰, ある近代人, いた, いたましい犠牲, いたよ, いない友造, いなさる, いられないよう, いられませんね, いるが, いるぜ, いろいろな, うかがわるるであろう, うかがわれる, うぐいすが, うその, うまいもの, うろうろし, おちて, おべ, おるまい, お互に, お俊, お茶屋が, かくれるわけ, かしこにもといった, かっ, ぐずぐずし, このよう, この地方人, この親子, これまでの, ころがって, こんな物, ごろごろし, さくらさくらさくら, ささやかれた, し, じゆずだま, すこぶる興味, すでに批評, そういうよう, そういう考え, そこにも, その内訌, それぞれの, そんな事, たくさんいる, たくさんな, たちて, ちちちちと, てふてふが, ですって, どしどし降っ, どんづまりに格子が, ないからね, ねむれないもの, はめて, ひとり, ひとりの, ひとり居る, ひと渦, まさかのとき, まざまざと, またあっ, またこの, またひとり, またみょう, またルネサンス, また一難, また不思議, また人生, また伝統, また前, また勘, また厳重, また吾人, また国際性, また夾竹桃, また孔明, また幼き, また幾分, また心, また意外, また改革, また新た, また日本人, また日本現代文明, また旺盛, また永遠, また火術初期, また生命, また眼, また裏切り者, また見られる, また解し, また誤解, まだ伝統的, まだ残っ, むろんいや, もと散, やっぱり悪魔, やつぱり生き, やはりひそか, やはり古い, やはり政治, ゆき渡って, よく記憶, よし切り, わが党, わずかばかり, エントロピーや, カギを, カチカチと, クリストの, ゴーリキイその, ジイドが, ゾッとする, トンカツや, パハマンと, ヒラヒラと, フランスで, ベニスが, ボルシェビキが, リアリズムに対する, 一つプロレタリア文学の, 一つ死ん, 一つ落ち, 一ツ死骸を, 一人いた, 一人おります, 一人可愛, 一人同業が, 一人斬られ, 一人死んでる, 一人自分を, 一切の, 一団に, 一塁やがて, 一揆の, 一本そこにも, 一羽と, 三人殺し, 三通りの, 不可解な, 不必要, 不思議さよ, 世の, 世界的文明は, 主人として, 乙類が, 二十家族に, 二十面相の, 二陣の, 五人の, 亦同じ, 亦国家, 亦新しい, 亦明らか, 亦複雑, 享楽の, 人麻呂の, 以前は, 仮小屋, 伏兵が, 休息の, 伝統が, 伝統の, 住む人々, 何かが, 何だかいくつ, 何の, 例の, 個性を, 倦き, 僧人書の, 先生の, 入って, 全身に, 其発足点を, 写しが, 出て, 出現し, 出発前の, 初冬の, 別の, 劣らない難, 動いた, 化け物が, 十九に, 卒堵婆や, 南荒の, 南都北嶺争覇の, 原因が, 又八, 古代らしい, 同じく近代物質文明, 同じょうな人間, 同じよう, 君の, 君側から, 問題に, 喧嘩が, 噫が, 土が, 土地の, 地と, 基督敵産まれた, 墓の, 墓標新らしき, 変ったこと, 変な, 外部から, 多分な, 多種類, 大きな, 大きな奇蹟, 大きな蝶, 大事が, 天が下の, 天然の, 太陽の, 夫妻反目と, 奇妙な, 女にとって, 女帝の, 妻女と, 始まりかけて, 孔子が, 孔子学派における, 守衛が, 安住を, 官服私服の, 宝の, 実にいきいきと, 家康と, 家族の, 寄り集まっ, 寄ること, 寝台が, 小笹屋, 小説は, 小鳥が, 居た, 居ねえの, 居得ないくらい, 山の, 山門という, 島, 崔子と, 差引残高が, 希望された, 常に進歩, 平次に対する, 幾つか, 底光りが, 庵居する, 弟殺し, 張りこんで, 当嵌るべき, 当時の, 彼等が, 彼等の, 後醍醐の, 御奉公, 御座います通り, 微かに, 徹底的な, 心中者が, 志を, 思ひを, 怪しい男女, 怪我人が, 悪魔の, 情熱の, 愚劣蒙昧の, 感情が, 我々を, 戦乱は, 戸締りが, 手入れを, 手掛りは, 技工すぐれ, 抜くの, 持主が, 掛け物が, 掛茶屋が, 揉烏帽子や, 政府の, 教会が, 散らばって, 散所民, 数を, 数学の, 数言を, 敷布の, 文学の, 斬ッ, 新しい人間関係方面, 新興勢力の, 日本の, 明らかである, 明らかに, 昔の, 映って, 春風の, 昨夜の, 昨日の, 晴れやかな, 暗示され, 書きつけて, 有ろうでは, 有効供給及び, 木村の, 村, 来た園山君, 枯れた茅, 根本的な, 格子の, 梅が, 検疫の, 樅ノ木が, 樹木が, 次の, 歓喜の, 残ったと, 残って, 残念だ, 民有の, 水を, 泥田の, 活字と, 浮び來つれ, 浮世の, 清盛塚が, 満ち充ちて, 無く外, 無影響, 無性が, 熊手を, 父の, 犯人の, 狐の, 獣の, 班田制が, 現に一人, 現れ切符, 生まれて, 生活は, 生物の, 用ゐし, 用ゐられ, 田植えの, 田舎で, 画が, 畑が, 異常が, 異様な, 疑問が, 病人の, 癩人が, 白い杏, 白い泡, 白や, 白馬浅葱や, 目に, 目笊片手の, 直接産みふやし, 県が, 真理の, 知性や, 石楠花が, 私たちは, 科学者が, 窓という, 窓は, 窺はれた, 窺われた, 立ちおくれ, 立ち話が, 立って, 立派な, 立淀む, 竹の, 竹の子, 箇人的人格は, 紅に, 細小農の, 細流に, 絡みついて, 絶大なる, 継橋が, 緑の, 緑林, 置いて, 美と, 群臣の, 翻訳権の, 考へられると, 聞えた, 聞えて, 聞こえ出した, 聞こゆ, 肉塊は, 胸の, 自分を, 自然に対して, 與へ, 船の, 芸術と, 若ものの, 若葉が, 茂太郎が, 茶が, 華やかな, 華奢な, 著しい異質, 著るしくあらわれ, 蒼蠅いほど, 蕪村の, 蘇我の, 螢が, 行なわれるから, 裏木戸が, 裸形の, 西洋ぎらいがあると見えます, 要望される, 見えず湯, 見えたので, 見えないよう, 見えなかった, 見えませんでしたが, 見られると, 見られるの, 見上げるよう, 見出されるの, 見方に, 見落すこと, 証明され, 認められる, 読んでる人, 誰か, 論ずるを, 赤浪が, 起こる, 足跡らしい, 身を, 軽い意味, 軽業芸を, 通詞が, 造化の, 過去の, 道元は, 適用する, 都鳥が, 酒亭や, 重い層, 野衾居, 釣れる魚, 銀とも, 鍾縉鍾紳と, 長い, 門前の, 閃光を, 開展の, 降りたりと, 随分通いつめ, 集合し, 難点を, 雪の, 雪を, 青年会館が, 非常に, 靴まで, 顧み期待, 飛交う螽, 首なき, 駒平のに, 骸骨みたいな痩せ, 高く低く, 魯文と, 鯉が, 黒い社

▼ ここでも~ (827, 1.3%)

10 私は 6 彼は 4 ない, また, 人が 3 かしこでも, また何, また彼, また私

2 [33件] うるさいこと, がんりきの, して, そこでも, それを, またお, またこの, またわたし, また同じ, 亦そうした, 人間が, 仕事は, 他の, 個性が, 充分に, 同じよう, 吾, 問題と, 大切な, 家の, 容易に, 我々の, 我々は, 日中は, 明らかに, 書斎でも, 梯子は, 水が, 火を, 私に, 繰返して, 船員たちと, 進行不能の

1 [721件 抜粋] あっちこっちに, あまりお, いいが, いいけれど, いいだろう, いいで, いいん, いささか金, いちばん苦しむ, いつか人の, いつもあり, いろんな買物, うんと稼い, おしゃべりを, おのれ自身の, お喋り坊主の, お役目がら, お節句, お糸, お話しした, かなりそういう, かなりの, からくって, かれは, くりかえした, くりかえしていう, こうだ, ことわつて, このごろは, この間の, この頃矢張治療主義, さかんに, しきりに鳴きつづけた, しゃれて, し二名, し徹底, し真実, すでに明らか, ずいぶんあります, そういう自由主義的心情, その文書上, その本質, その静か, それらしい, たいてい, たくさんな, ただ先生, ただ漫然と, たのしそう, たまらなくなっ, つい書かざる, どういうわけ, どうしても新, どうしても道, なかった, なかなか発車, はっきりしない, はなはだ多く, ひと区切りはか, ひどい大間違, びっくりしました, ぶじには, ほとんど抵抗, まずい, またあっ, またいう, またいよいよ, またどちら, またなにか, またひと, またルネッサンス, また一つ世界記録, また並行, また二十世紀, また二狼, また五月, また人死, また例, また俺ひとり, また兄, また兄さん, また千魂塚, また口, また同様, また呆気, また変化, また女たち, また好い加減, また宗因, また実際, また底, また思いがけなく, また急ぎすぎた, また掲示, また新, また春曙抄本, また東照宮, また歌人, また正月, また潰滅, また激しい, また物凄い, また狼狽ぶり, また社会, また禍, また私たち, また約半, また終局, また置去り, また芝田さん, また見ない, また言葉, また運動継続, また阿蘇家, まだ文学, みょうな, みんごと置い, みんなの, むしろ同時に妨碍者, やって, やっぱりだめ, やっぱり人肉, やっぱり客観的, やっぱり浮世, やはりこの, やはりすさまじい, やはり勝目, やはり哲学思想, やはり桃, やはり紐, やはり週期決定因子, やはり高い, やぶれたらわれら, よく知られ, よく臭います, よそから, わからずそんな, わざとしからぬ, わずかな, わたしは, われわれが, われわれは, アラビア人だろう, カフェーの, コソと, サケの, シャンデリヤの, ストイックの, ソリスベリーの, ダブって, チュウチュ, ハタハタ日の丸の, ハッキリ指摘, ベルリオーズは, ポルトガル人を, レディメイドな, ロシアの, 一が, 一つ理屈の, 一ツどじを, 一句を, 一度顔が, 一戦ごとに, 一方を, 一日立ちづく, 一歩先へ, 一種の, 一足とび, 七カ月の, 七兵衛ほどの, 七里ヶ浜の, 三等室の, 上原に, 上手の, 不義理を, 世間へ, 主人が, 主人に, 事件の, 事實としての, 二人の, 二月以後の, 二階ででも, 互に他, 亦この, 亦だから彼, 亦クリティシズム, 亦一つ, 亦一騷動, 亦二つ, 亦何, 亦公吏, 亦単に, 亦反覆, 亦国体観念, 亦多少, 亦弁証法, 亦心理学, 亦技術家, 亦抽象, 亦数種, 亦本当, 亦林内閣, 亦氏, 亦決して, 亦社会学的, 亦神秘的, 亦神秘説, 亦統計的, 亦自然, 亦見物, 亦論理, 人さえ, 人ッ子を, 今までに, 今年最後の, 今日は, 仕事の, 他者の, 似合った, 何か, 何ごとか, 何にも, 作者は, 作者自ら, 併し, 例に, 例によ, 依然として解釈哲学, 依然粗忽者, 個性という, 健康は, 元気すぎる, 充満し, 先づ馬の, 全くあり得ぬ, 公の, 兵船が, 内部と, 再び物質, 冨山房でも, 出來事, 列について, 判る通り, 別にかわり, 別れるに, 前に, 前同様, 勇敢な, 勝敗決せず, 募兵は, 北国の, 千種忠顕の, 却ってその, 却つてその, 又何, 又前夜, 又巡査, 又異分子, 叔父の, 古戦記, 合槌を, 同じく華燭, 同じこと, 同じ様, 同じ活用形, 同様であった, 同様に, 同窓に, 吠え猛って, 吹込みの, 哲学的観点と, 唯物論と, 喜劇という, 喧嘩に, 四辺に, 図書室を, 圓朝の, 土方か, 地名が, 坊主の, 埃を, 塚を, 外国と, 多分に, 多分小学校, 多分特別待遇, 夢は, 大事な, 大抵一つおきの, 大普請, 大河内君は, 大部分, 天気の, 失礼な, 奈良の, 女の子と, 女房は, 妻及び, 姦通劇が, 媾曳が, 嫉妬の, 子供の, 孔子の, 孔子は, 宗教に対する, 実用的な, 実践が, 客體としての, 容器は, 寝台は, 寺子屋の, 寿女は, 専門的な, 小あたま, 小さいながらに, 小原だけは, 少しいっ, 崩潰された, 師匠の, 平身低頭の, 幾たびか, 床の間に, 当分その, 形の, 役立った, 彼の, 復た, 復活は, 必要な, 念を, 思いも, 思想, 悔む心に, 悪態を, 悲しまねば, 感じた, 感じますが, 感情は, 成績を, 戦ごっこが, 手形を, 承りますの, 抜け目なく, 押えて, 押すな, 採用し, 控え目になど, 故意に, 散々に, 数十戸を, 文句なし, 新たなる, 新皇, 新鮮な, 日和見が, 日本なりに, 日本人は, 日野資朝と, 早く熊野, 早速内地, 昔あった, 昼は, 時々鳥井さん, 晶子さんと, 曖昧に, 書かずに, 書きもの, 最初からの, 月下の, 木棚の, 木版と, 未だ運, 本流支流の, 本線の, 村民の, 東屋という, 柚味噌の, 柳田平治は, 根よく, 格段な, 案内の, 様々と, 様々な, 権五郎の, 正六位以下, 殆ん, 毎日東洋通いの, 氏が, 気づくこと, 気持は, 水車を, 水騒動, 沈めっこ, 沢山の, 泣かれちゃあ, 洗濯に, 津田の, 海軍基地を, 源氏の, 火の番の, 為事は, 無論あり得なかった, 煙に, 父へ, 爺婆は, 物語の, 玄関へ, 王さまの, 理論は, 用は, 異説が, 白い物, 直観は, 県知事の, 眼を, 矢張り年六分の配当が, 砲火を, 確かに, 社会は, 神酒を, 祭に, 秋の, 稲刈後の, 空き腹へ, 筮竹で, 約束通りに, 経済的な, 結局愛の, 統制は, 綴じ目, 罪を, 羊飼が, 義経と, 老母と, 考えさせられること, 肝心な, 胆沢あたりと, 胸を, 腹が, 自分の, 自在に, 自然科学の, 般若の, 船は, 色紙短冊など, 芝居と, 花や, 芸術の, 若い地鶏, 葉之, 蓆を, 虫の, 蛙が, 襯衣一まい, 見せる, 見逃せない, 観て, 言いもらしては, 証拠立てて, 評判ほど, 話の, 語学の, 諸将, 謂いまた, 警報は, 豹一の, 貧乏を, 超俗的な, 軽便を, 送り迎, 逃げ惑って, 運の, 運転手は, 道元は, 遠い松林, 遠く啼く, 野球戦の, 金の, 釣り自慢に, 銀子五十両を, 長い間, 開けて, 隠密の, 電気温床を, 非常に, 音楽浴の, 頭に, 食い物に, 飢餓の, 飼って, 首は, 駄目に, 駿介は, 魏勢は, 鳴く, 鵞鳥が, 鶴という, 鹿児島その他に, 1時間待っ

▼ ここ~ (434, 0.7%)

2 [14件] あぶない, いいけれど, いけない, お江戸, かしこも, ここも, たしかに宇宙, ねえん, 一種の, 世の中です, 危険です, 彼の, 浮世の, 都だ

1 [406件] あぶなくなっ, ありあし, あるいはかれら, いっぱいね, いやおうなく, いろいろ調べ, うき世, うまい, おさらばし, おそらく追い立てられるであろう, おどりは, おなじよう, おびただしい人出, お休み, お山な, お父様, お許, からっぽじゃ, からっぽ少し, きっと窓, きれいに, ことしは, この世かを, この春, こよい, これで, これまで, こんで, さすがに, さっきの, しまって, すぐやめた, すこし昔, すっかり鎧扉, すてきな, すでに春, そうだ, そこも, その一軒, その上層部, その石見国, それと, たいへん壊れ, たちまち敵, たとへ, だめじゃ, ついに容れられる, つなぎ烽火の, つまりは, できたこと, とある料理店, どうせ空部屋, なお千里, なかなか人目, なかなか暑い, ぬれちまいますね, ねじくれてけ, のんびりし, はや余りに敵, ひどい, ひどい暑さ, ひどく誇張, ふつうに, またかつて, またコンクリート, また一杯, また人間, また同じ, また呑み, また堀, また塁, また天井, また寂, また店, また決して, また洪水, また火宅, また申し合せた, また空しく, また絶壁, また聖降誕祭, また肩, また腕, また華やか, また観ずれ, また鉱毒関係者, まだ夏, まだ朝, まだ陥ちぬ, まわりよった, みな葭簀を, みな頑丈な, みんなあの, みんなわたしたちの, みんな捜した, むかしの, むずかしい, むやみに, むろん静か, もうその, もう黄昏, ものすごい人, やがて信者, やしきあと, やって, やっぱり内, やっぱり少年, やっぱり金比羅勧請, やつぱり少年の, やはり前室, やはり房州あたり, やはり浮世, やはり満員, やられたという, よく乾い, ガッチリと, ガランとして, キチンと, キラキラと, クビ, グッショリと, タクシーが, テーブルの, ドアに, 一ツ川だ, 一個の, 一勝一敗を, 一家族残し, 一帯に, 一時非常に, 一杯の, 一杯よ, 一瞬の, 一面の, 三四ヶ月で, 三日の, 上杉武田北条以後戦乱に, 不可ない, 不如意な, 世の中, 世の中が, 世間の, 乱の, 乾いた感じ, 二階も, 互いの, 五分, 亦あて, 亦往来止め, 人で, 人手が, 人数で, 人気すく, 今すっかり, 今なお, 今やつらと, 今代の, 今夜かぎりに, 今日は, 今晩あたり霙でも, 他と, 他国と, 以前は, 伊勢の, 伊賀者衆が, 伏魔殿の, 住みよい, 住み憂い所, 佐渡に, 何か, 何やらかう乾いとる, 何らの, 使って, 例の, 例外なく, 働かせるの, 元は, 元禄の, 凍りついて, 出られぬ, 出入が, 到るところ, 削いだよう, 削ぎ取ったよう, 前の, 前田一門の, 動かん, 勘定が, 北国の, 北国名代の, 博士の, 危うし, 危くなっちまった, 危ない, 危急に, 危険と, 又よ, 又学校, 双方共あまり先を, 古い別荘, 古く火災, 合戦の, 同じく人, 同じな, 同じよう, 同じ事, 同じ人間, 同じ公園, 同様昼な, 名物だ, 名筆雅句の, 四条の, 因果ひといろ, 団地と, 国府津も, 圓太郎は, 地の利であるまい, 墓場の, 変った, 変らない新開地的, 夜店で, 夢野と, 大にぎやか, 大世話場, 大事だ, 大入満員だ, 大寒から, 天下の, 天領で, 妙法寺の, 娑婆だ, 学費は, 安からね, 安住の, 安心ならず, 宛たる, 実際汚い, 客種が, 家の, 宿屋という, 寂れに, 寂寞し, 寐静まっ, 将来を, 小学校から, 小幡民部と, 山国とは, 山城な, 山寨の, 峠の, 工場町と, 左トラバースである, 平らで, 広やかな, 庭内だ, 廊下と, 忍ぶ者, 忽ち炎, 急ごしらえの, 恐ろしいところ, 悪いところ, 悪いの, 悪いよう, 悪くない, 惡き, 戦の, 戦場だった, 戦場です, 戦場と, 戦災復興の, 戸じ, 所得は, 扇風機が, 手ぜま, 手ぜまやら, 折から, 抜け出したの, 持主の, 按摩が, 捕手の, 掘りかえされたよう, 搦手の, 敗色の, 散らかって, 文字通りの, 新刊は, 新政府, 日本辺, 明智勢の, 明朝は, 暑い, 暖かに, 暗く闇, 書出は, 有らまし柘, 村寺で, 東北に, 松田殿の, 案の, 桑畑に, 梅雨の, 模範だらけの, 次第に寂れ, 歌, 歓迎の, 武家宮方の, 武者草鞋や, 段々寒く, 水の上, 水害で, 水渉る, 江戸表も, 汽車に, 洛内進駐軍の, 海は, 海辺と, 消えて, 消え失せて, 淋しかった, 混乱のるつぼ, 湧揚る, 濤音の, 灯が, 災後の, 炭坑の, 然るべき殿上人, 焼けて, 焼けるか, 焼の, 煙いここ, 牧場であった, 物騒です, 男くさくっ, 男の, 白井屋の, 白紙で, 盛り場富士見原遊女屋蔭間茶屋葉茶屋の, 相変らず, 矢張り住み, 石川島き, 社会の, 私の, 私は, 秋口から, 積雪期は, 空家で, 空港を, 窓に, 素通りだった, 紫檀の, 終ったな, 結構な, 絶対に, 続かなかった, 締めて, 縁が, 義理を, 臭い, 芒が, 花房の, 芳ちゃんが, 荒るる, 華奢なら, 行き止りか, 行き詰りだった, 行詰りに, 見ますか, 見収めかと, 見納めだ, 見透しで, 角閃花崗岩, 解除, 谷中村の, 貧乏の, 貸間に, 贅沢とは, 路面が, 近年一部の, 迫ッつけ戦場に, 追い出された, 追ッ, 通ったよ, 通らなければと, 通りに, 道の, 道幅が, 道後も, 違うあそこ, 違って, 長い不規則, 長くは, 門扉は, 閉めきって, 関興張苞の, 闇市, 阿蘇だって, 随分賑, 難なく通り, 難なく通路, 雪が, 雪も, 露天で, 馬関の, 馬鹿らしい, 駄目だ, 驛遞の

▼ ここにおいて~ (351, 0.6%)

9 彼は 8 私は 5 自分は 4 予は, 余は 3 われらは, 彼らは, 我々は 2 かこの, はじめて自ら卜筮家, われわれは, 余初めて, 余輩は, 卑見を, 古蹟の, 妾は, 拙者は

1 [294件] あかの, あまねくその, あまねく林野藪沢, あまりの, あるから, いよいよ深く, いよいよ落胆せり, いわゆる武士, いわゆる違勅, おおいに激昂, おん身の, お登和さん, お登和嬢, お鯉, かぐや, かの良民, このマタ・アリ, この両極, この巨大, この村, この特別, これを, さらに, さらにこれ, さらに云わね, さらに六十五組, さらに問題, さらに小杉先生, さらに我が, さらに絃妓, さらに考, さらに考えさせられる, さらに進ん, さらに遡っ, し顛沛, するを, そのこと, その夢, その意, その法, それぞれに, ついにわれら, ついに李明植, である, とうてい済度, なお全国, なんだ, はじめてネック, はじめて秘密, ぱっちりと, ほっと安心, またかの, また尽せり, むっつり右門, もし諸君, やむを得ず万死, ややくつろぐ, ようやく小, わが国は, わが輩は, わたくしは, われらの, アーニイ・パイルについて, エタという, エタの, ビールも, ブラッセルの, プロレタリアは, マタ・アリは, マルクスは, ヨブは, ラムネを, 一九四八年末から, 一国衆人の, 一戦は, 一撃を, 一方には, 一転語を, 万人の, 万人は, 三友は, 三月六日切開手術を, 上帝より, 不覚作用起こる, 世あるいは, 世に, 世人皆驚い, 両人大いに, 事の, 事件は, 事情は, 五月六日庸書檄を, 人々の, 人の, 人心の, 人民は, 人間の, 他に, 何千円何万円出す, 作家なく, 俗臭は, 信仰に, 債務者と, 僕の, 僕は, 先に, 全快した, 兵を, 内なる, 写生文家の, 分明ならずや, 初めておおどか, 初めてその, 初めて僕, 利を, 前回に, 前後の, 前者は, 協力あら, 又四郎としては, 古人その, 右門の, 同勢約, 同年十月徳川政府は, 君臣の, 問題と, 喜ぶ者, 堀田氏は, 境遇が, 変遷生滅ある, 大分揺れる, 大問題, 天地間の, 天文方高橋作左衛門は, 天武天皇の, 天災の, 天皇が, 夫は, 夫婦雑居は, 失望あり, 夷神すなわち, 奮然一起し, 妖怪と, 始めて, 子が, 孔明は, 守らざるべからず, 安政六年十月二十七日午前十時, 宗教に, 定まり生涯, 定まるもの, 実に容易, 実に興味, 将軍大いに, 尊とい, 小生は, 少しく心, 居士が, 岡部伍長は, 庸俗の, 廟堂は, 役人と, 彼の, 彼ら復た, 従来妨害を, 必要な, 志を, 思うに, 恨みは, 悲惨は, 憤然と, 我が第, 我邦の, 或る, 推古天皇の, 描写という, 支那画の, 改進論派は, 攻めざるべからず, 政府の, 政府は, 政論社会は, 数分間窓を通じて, 文殊師利維摩詰に, 料理は, 断然意, 新三郎同様その, 日本の, 日本主義の, 旧仙台領, 明かで, 明瞭である, 昔の, 曰く僧侶の, 書にも, 最も強力, 最も純正, 最後の, 有てい, 枉げて, 某は, 某やむをえず, 檄文を, 欧州人の, 欧州諸国は, 歴史的屈折を, 死せざるべからざる, 氏の, 民権論派は, 民間放送局の, 汝実に, 江戸児は, 江戸時代と, 決するところ, 法を, 法例という, 法則の, 法華経の, 泰助も, 浅草観音堂の, 父やむをえず, 牧羊犬と, 狼狽し, 王言う, 現代の, 現実と, 申すが, 男性として, 番町さんの, 異国船を, 白雲は, 盧俊儀も, 真の, 真実は, 真怪, 眠息起こる, 硬軟両論の, 神に, 秀吉が, 私と, 竜を, 第二回, 米友は, 精神界と, 繩屋一家は, 羅摩自ら総, 老僕輩は, 老女の, 肉体は, 落雲館事件を, 蕪村は, 蘭学の, 蛇来っ, 衆客は, 行くから, 行詰まる, 被告は, 裁判官は, 要駕策, 見られるの, 親鸞に, 親鸞の, 親鸞は, 解決せられる, 評家の, 試みに, 認識なる, 誰が, 諫大夫王褒を, 諸君は, 諸屯邸, 貴族の, 趣味の, 足利時代の, 蹉, 迷信に, 遍満行き渡らざる, 道元は, 開港論派と, 隅田堤の, 霊魂不死説が, 霊魂不滅の, 霊魂問題が, 青くなり, 青年は, 非常に, 飛耳長目の, 首尾の, 首尾よく, 駒井甚三郎は, 髯将軍たちまち, 鳥獣目を, 黒雲掩い, 黙々先生

▼ ここまでは~ (278, 0.4%)

5 よかった 4 来たが 3 いいが, 何の, 来ましたが, 来るべしここ

2 [13件] いいとして, いいの, いいん, やって来たが, トントン拍子に, 上首尾だった, 五郎さんの, 付いて, 手が, 来たけれど, 私の, 自分の, 芸術として

1 [231件] あっしと, あの大蟻, あまり長い, おそらく多く, お前たちを, お嬢さん, お話が, かくべつ不思議, かなりに, この物語, こられまいと, さして来ない, すいすいと, すべての, すらすらと, すらすら事, そう思っ, ただ老公, たった五里, ちょいと, ついて, とどかない, とどかない会話, とどきません, とどくまい, とにかく地図, とにかく無事, どうしても一本道, どうでしょう, どうにかうまく, どの歴史, なるほどと, なんともありません, はからず口, ひと通りの, ほとんど後先, ほんの二三町, ほんの広がる, ほんの序の口, まあ初歩, まずいい, まず妥当, まず息休め, まず無事, まだそれほど深刻, まわって, もう解けた, やって来たという, やって来ました, ゆるして, ゆるすが, ようやく漕ぎつけた, ようやく逃げ, よろしかった, わかったが, わたしが, インドの, カワカミらしき, カンタンでした, スフィンクスの, ニールスは, ノータイム, ビュッフォン, レースを, 一と, 一人も, 一切が, 一帯の, 一本道です, 一気に喋っ, 一途に, 七八十里も, 万事が, 三百メートルぐらいしか, 不思議ない, 世間も, 丹波の, 事件の, 事実を, 二人の, 五里と, 交換の, 交換方程式を, 京都の, 人の, 他愛ない, 会社の, 何でも, 何れに, 何百里と, 使いの, 侵入し, 信濃川の, 俺が, 僕も, 入って, 共に来た, 内容に, 冗談らしくいった, 出て, 出来た, 分別浅い, 前に, 半額の, 単に懲罰, 参りましたが, 参りましたの, 参りません, 同行した, 君たちの, 吾人と, 圧倒的に, 堕落せん, 変りは, 夢中であった, 大した損害, 大てい誰, 大丈夫という, 大分正気らしかった, 好かった, 好くない, 子細は, 宜しいの, 届いて, 届かず月, 届かない, 届かないので, 届かない閑寂, 届きませんが, 岩魚釣りが, 巧く, 幸吉が, 序の, 彼の, 彼は, 彼も, 彼を, 往程と, 御無事, 徹底し得ない, 忍びこんだ, 思い出したが, 息も, 息を, 意外な, 成功だ, 手紙は, 押し寄せて, 持って, 探偵の, 推察できた, 攻め入ったが, 敗走一路を, 文学同様常識であり, 明らかに, 明快な, 曳いて, 本心の, 本社と, 村人が, 来たなれど, 来たの, 来たのに, 来たもの, 来て, 来ないから, 来まいが, 来まいと, 来まいもの, 来るを, 林田の, 林田は, 桂田君の, 歩いて, 歩が, 毎日一回定期航空便が, 水軍編成に, 氷河期と, 海野三右衛門や, 無賃の, 父が, 独り空想に, 登って, 登りづめであったのがあとは, 目が, 知られず平次, 知己を, 確かに, 私は, 私も, 第五, 第五版, 第六版, 筆を, 簡単に, 約十三里, 約束に, 納得した, 紛れも, 縦令たどたどしい, 聞えない, 至極わかり, 至極尤も, 至極結構, 舞い込んで, 荒れ狂う波, 落ちられないと, 複式簿記に, 襲せ, 解釋は, 許して, 誠に上出来, 誰が, 誰でも, 誰も, 調子づいて, 足を, 足早に, 辿り着いたが, 近い道程, 近頃人が, 追いつくまい, 通らない, 連れられ遁, 進めまいと, 進んだが, 遠かったろう, 長道中そう, 響かなかったもの, 馬に, 黒吉少年の

▼ ここ~ (194, 0.3%)

521610 よここ 7 と思っ 3 ぞ, と云う 2 かなしき女童, て, といい, という, ともいう, と思う, なと思いました, ね, よおっ, よォ

1 [83件] がお前, がね, が今頃, けど男, ぜ, ぜ虎, ぞウ, ぞ早く, っけ, ておれ, てなお, て親分, というところ, というの, というわけ, という事, という合図, という掘当てる, という時機, という風, といふ合図, とおれ, とでもいう, とばかり力, とばかり女, とばかり猛烈, と下, と云, と分かった, と午前中, と心, と思い, と思いやした, と思い切っ, と思い切り, と思った, と思ったら, と思ふ, と我慢, と敵機, と確信, と私, と立ち留まっ, と答え, と腕, と顎, なここ, なこの, なという考え, なという顔, なとかれ, なと思う, なと思っ, なと思った, なと感服, なと戸, なと私, なと肯く, な俗, な弟, な無念無想, よお, よきみたち, よこっち, よこの, よすぐ, よといふやう, よとまっ, よほら, よセエラ, よ井桁, よ今, よ今度, よ兄さん, よ君, よ小野さん, よ弥助, よ馬, よ馬鹿, わ, わよ, ナここ, 下凍む

▼ ここへは~ (178, 0.3%)

3 いる時, だれも, 帰って, 来て, 連れて 2 いるとき, 姿を, 帰らないの, 持って, 来たぞ, 来ません, 滅多に, 顔を

1 [147件] いけないあたし, いったんだ, いつまた, いらっしゃいません, いるお許し, いるところ, いるほどの, おいでに, おくまい, おれの, お渡り, お顔, けわしい小道, こないで, こなかったよ, さして, しかし日, しばしば来られます, そんな鳥, ただ一度, たどりついて, とめて, どういうゆかり, どうしてここ, なにか用, なんに, はいりませんでしたそれに, ひんぴんと, べつに, ほとんど影, まいられた, まだおいで, めったに言う, もう誰, もっと水桶, もつと, やってこないから, やって来たの, やっと昨夜, よく遊び, ツァーラン地方の, 一団の, 一度も, 七月二十三日に, 三四十回も, 上りきれないもの, 人に, 人を, 人知れず大蔵, 今後も, 他人が, 何か, 何し, 何らの, 何人かの, 何度も, 來ない, 來る, 入りなさい, 兵力も, 凩の, 別々に, 北の, 夕立を, 多く七輪や, 大兵を, 天水から, 女の, 始めて, 始めての, 始終来られない, 委員が, 安心し, 寄らずこれ, 寄りつかなかったが, 寄りつけまい, 届けずに, 帰らないん, 帰られないといったに, 帰りますまい, 引けませんね, 従えて, 従って文学, 忍び込まれたな, 戻って, 新しい建物, 時折遊びに, 来ずよそ, 来たけれど, 来たこと, 来たの, 来たもの, 来たられしとぞ, 来てても, 来ない, 来ないほう, 来ないよ, 来ないよう, 来ない方, 来なかったそう, 来なかったの, 来なくなって, 来ぬま, 来ませんが, 来ませんぜ, 来ませんよ, 来られたねえ, 来るの, 来れないん, 来給, 毎日無数の, 水が, 決してやってきません, 決して人, 決して帰っ, 泊らぬ, 流を, 清らかな, 湧いて, 災厄の, 燕麦を, 登ること, 登れないの, 私の, 立ち寄らず林町, 立ち寄らなかった, 立寄らないで, 米国コロンビア大学の, 紛れ込めません, 置けない, 苦情の, 草が, 落ちつかない, 虫けら一匹も, 見えませんよ, 親分が, 訪れるの, 誰でも, 走り寄りたい, 近づかなかった, 通る, 遊びに, 関所を, 非常に, 響かなかった, 馴染で, 駅長さんも

▼ ここからは~ (159, 0.3%)

3 見えないが 2 京の, 城下といった, 早や, 眼と, 見えぬけれど

1 [146件] あちらまで, あまりに遠く, いやそれ, いるん, お乗物さし止め, お互によく, お館, すぐ北, すぐ道, ずっと離れ, そう見えた, そう遠く, その先, その峰, それが, たいそう遠い, たった一晩, たった一本, だいぶ離れ, だれも, つい五六丁, とうてい上がれない, とおいかなた, とどかずただ, なれない約束, はや半, はるかな, また道順, まともに, もうまっすぐに, よく見えた, よく見えない, フランス行きの, 一と, 一歩も, 一足だ, 一部が, 一面の, 上と, 下に, 乗物か, 二条の, 二里あまりすぐ, 五百メートルも, 人と, 何の, 僅かに, 先頃の, 入れそう, 入れません, 出られぬこと, 出られぬはず, 北の, 北へ, 北大和の, 十七里です, 南に, 四五間の, 国の, 土手を, 地中に, 地面に, 妙見山や, 容易に, 容易の, 小石川牛込一帯の, 少し安らか, 川の, 平次も, 往けなかったの, 微かなある, 忍び込めまい, 急坂です, 怪しげなあじろ, 悪沢, 戻れぬから, 所謂, 手が, 指呼の, 斜に, 新しく書く, 日本橋は, 暗く石, 有名なる, 望見する, 東京中が, 梯子が, 正面に, 殆ん, 民衆の, 池と, 池袋へ, 決して煉瓦, 浅草が, 浦上が, 海は, 淀の, 淀も, 火星人の, 牛車と, 独断に, 病気の, 眺められます, 神田橋の, 私どもの, 私達の, 程遠からぬ, 竹屋の, 聞こえないけれど, 脱け, 草で, 草の, 衣川の, 見えない, 見えないだろう, 見えないところ, 見えないの, 見えない奥, 見えない峻急, 見えない崖, 見えない白い, 見えない筈, 見えない遠く, 見えなかった, 見えぬが, 見えぬ入口, 見えません, 見えませんよ, 角田山で, 誰も, 近いので, 近い感じ, 道が, 道も, 遙かに, 遠い町, 遠くへだたっ, 遠く隔たっ, 遥かに, 鉄砲でなけれ, 降りて, 障子を, 離れて, 靴を, 風刺文学の, 駅が

▼ ここ~ (156, 0.3%)

4 決めて 3 同じよう, 思う所 2 ここと, ここに, 全く没交渉, 思うところ, 歩きながら, 無関係で, 違って

1 [132件] あの足, いい武者所, いえば, いっしょに, いったら, いって, いへども, おっしゃりまして, おっしゃるの, おぼしい横丁, かけまわって, きまったもの, きめた巣, きめて, きめるか, けなげにも, ここが, ここらあたりという, ここを, これであります, して, そこだ, ちがって, なくあばれまわり, なくお, なく探し, なく見廻し, ひきよせながら, まつたく同じ, みえる, めぐって, もう一軒鍛冶屋, シェキスピアとを, バタバタと, 一本一本分散し, 三十分以上も, 二ところに, 交渉し, 京都九州, 仔細らしく, 他処, 位置を, 信念され, 共通した, 別れて, 利根川を, 動かして, 原つ, 口を, 同じくらい, 同じこん, 同じだけ, 同じで, 同じところ, 同じに, 同様きれいな, 向い合った同, 嗅ぎ廻ったが, 場所は, 大手町との, 定めたらここ, 家の, 尋ねあぐんで, 少からぬ, 巣鴨の, 思い違えた群衆, 思うあたり, 思うたところ, 思うたまでよ, 思ったところ, 思って, 戦時中の, 手伝見舞に, 抑えて, 押しかけて, 拾い読みに, 指さすと, 捜し, 探りもと, 換って, 握り直した脇差, 教へ, 方角を, 木の, 本能寺との, 検閲し, 極った, 殊なる, 気に入った土地, 水を, 決めると, 法成寺との, 洛中洛外の, 流れ渡って, 湖水とは, 照し, 特別の, 狙った三軒, 申さずに, 申す住所, 町内の, 目当の, 眼が, 知つてはるや, 結びつくの, 考えめぐらして, 聞き廻って, 聞けども, 聯絡を, 肚の, 胸を, 見下すとある, 見定めて, 見廻して, 言って, 調べおわると, 足の, 近くて, 退屈なく, 逍遥し, 透かして, 都と, 都との, 配れる眼, 銚子とは, 鎌倉ここと, 長安の, 隣りの, 馳け, 高千穂町とで, 鶴岡とで, 麓の

▼ ここより~ (144, 0.2%)

9 して 6 ほかに 3 ほかには, 進みません, 遠からぬ 2 何町と, 内へは, 外に, 望むべきザックセン平野, 觀れ

1 [110件] いいところ, うまいウナギ, お運び, かしこに, かなり下に, しても, ない, ないと, のがれること, ひどいって, ほかにゃねえ, ほど遠からぬ, まだ苦しい, もっと奥, もっと広い, もっと高い, わしらの, サンチアゴ市まで, サントス港まで, ベルリンの, ボルドーまで, メキシコ市に, メキシコ湾に, 一の, 一切登山を, 一歩でも, 一歩先へ, 一直線に, 三十里彼方に, 上に, 上の山の, 二十五丁の, 二十町余り行き, 五十ばかりの, 人を, 他に, 以西は, 低いよう, 何里か, 來る, 先御, 入り給え, 入るべしと, 入る勿, 内にな, 内には, 出づ, 出づと云, 別るる, 前の, 北に, 十町ほど, 南の, 南へ, 却って来る, 呉へ, 唐津に, 地の, 坊主は, 壮観な, 外には, 外へは, 大きな原, 天野山金剛寺の, 少しばかり, 少し高い, 幅數間長, 広い海, 庭が, 悪い所, 抜出で, 数町先の, 日本の, 旭川までは, 望めば, 本所停車場までの, 東, 東二里余の, 校舎に, 歌人としての, 比良を, 気に入って, 海は, 澳に, 父孝高の, 申そう程に, 登りたること, 盛に, 直ちに人数, 空しく領巾ふり, 自由な, 舞鶴城の, 花車, 蓑生, 薬師堂の, 行くところ, 裏面, 見て, 貧しくても, 起ったに, 足を, 車を, 追いやりつ自己, 逃げ場は, 進まば, 響けど, 飲用水を, 首府メキシコ市まで, 高いとか, 高い所

▼ ここかしこ~ (142, 0.2%)

2 さが, に散在, に見える

1 [136件] いづくもわたくし, からもいちどに, から城中, から夜, から手, から断片的, から白い, から谺, から軽い, から集う, この縁, さだめなく飛び散らう落葉, たまって, である酸鼻, でも一瞬, で互に, で敵, で早い, で私語騒然, で聞こえた, で葉子, とさがし見る, とねらい, と五七軒, と学校中, と岩, と捜した, と探し始めた, と歩き, と立つ, と索, と蜘蛛, なる断崖, なる木下蔭, なる窓, に, にあっ, にうろつい, において自然科学, にこの, にその, にたちおこる, にちらつい, につまれた, にてきえぬ, には暗い, には鄙びた, には面白い, にぴかぴか, にぼたぼた, にまきました, にまたたい, にむら, に一団, に不思議, に作っ, に作りあっ, に併べた大広間, に俗悪, に出後れし, に卓, に喚き, に地図的, に坐っ, に壊れたる, に射立てられ, に小さな, に屯, に山桜, に年々建て, に広く, に思い, に意味, に手, に日, に最も, に本流, に枝, に歯朶, に残し, に浮かん, に溺, に漂わせ, に点々, に無数, に無限, に牡丹, に犬, に現われたれ, に生籬, に病人用, に白き, に白雲, に眠た, に短い, に立つ老いた, に芝居小屋, に藁葺, に褐色, に見え, に見られた, に見上げる, に見世物小屋, に見物, に赤い, に起っ, に違った, に陳列, に飛び火, に黒い, の屋根, の山間渓間, の潜水器, の短檠, の穴, の舷燈, の荒野, の谷あい, の軒下, の鉢植, の門, の闇, は破れ, もしは, をまるで, をも見物, を意味, を抓りましたり, を能う, を菰, を駈け, を駈け回る, 御な, 掻き, 見て, 見ま

▼ ここぞと~ (115, 0.2%)

9 思って 5 思うあたり, 思うところ 2 厳しく突っ込んだ, 思った

1 [92件] おもって, お経文, こぶしを, さりげなくもてなし, すかさずひも, たきつけること, たくみな, ねらいを, もはや面, われを, カスパルだの, ガス弾を, グレーテルは, 三本の, 乗り出し, 云はんばかりに, 互に擦れ違った, 共に情, 切りこんだ, 勇気百倍一念力を, 十郎太が, 博士に, 取って置きの, 口汚く吐きちらし, 吉兵衛さんは, 吾輩の, 周善は, 呼吸を, 土俵に, 声を, 富士司を, 帆村は, 張均は, 強がった, 強く相槌, 強く馬力, 当たりを, 微笑し, 心も, 心得て, 必勝の, 念を, 思い, 思うと, 思うとき, 思う大, 思う室, 思う富豪, 思う山の根, 思う工場, 思う時, 思う科白, 思う空間, 思う筋, 思う見当, 思う辺, 思う間際, 思ったので, 思った黄竜, 思つた, 思ふところ, 思ふやう, 思ふ空, 思わしむ, 思われる一間, 怪物群と, 怺えた, 戦機の, 押した力, 持った刀, 正せば, 正介, 気合いを, 熱弁を, 熱意を, 熾に, 神妙に, 突っ込んだが, 笑つた, 罵言, 腕により, 膝を, 見計って, 許り, 語気を, 迫って, 鏡の, 隠されて, 青江三空曹は, 飛びかかって, 飛附き, 飽くまで押した

▼ ここなら~ (113, 0.2%)

6 大丈夫だ 5 誰も 3 大丈夫と 2 いいの, だいじょうぶだ, だれも, ば, 人に, 大丈夫です, 安全だ, 誰にも

1 [83件] あたしだって, あたし誰に, あんなに安心, いい, いいだろう, いいでしょう, いいね, いくら寝ぼけた, いくら泣いた, いろんな商売, お父さんの, きっとカキ, この前, これで, それも, で御手洗, どうかと, どんな話, ね, ばあるいは, ばいい, ばまずぜったい, ば両手, ば五六日, ば京大阪, ば何, ば大いに, ば死人, ば祖父, ば長く, まず大丈夫, まだまし, みんなの, めったにお客, もう暴民, もぐらを, ゆっくり話, ゆるりと, よからう, わても一ぺん, アパルトマンの, インゲの, ガムを, ピカドンも, ヘリコプターが, 一泊三円を, 世間へ, 二三時間待つ, 京都へ, 人目の, 人眼も, 会社の, 先ず安心, 内海君と, 危ないこと, 唄を, 嘲弄も, 四方に, 外へ, 夜ッぴて飲み明かした, 大丈夫, 大丈夫だろう, 大丈夫でしょう, 安全と, 安心だ, 安心なんでも, 寂しくし, 寧ろかう, 平気です, 幾ら日が, 往来の, 新宿から, 普通の, 暖かいし, 栽培できる, 炉も, 自動車が, 舟を, 表を, 警固方から, 邪魔も, 長期滞留に, 雨も

▼ ここにおいてか~ (98, 0.2%)

2 極る, 社会の, 私は

1 [92件] いうところ, いぎりすの, いやしくも現代, いよいよ熱心, いわゆる水平運動, いわゆる牛捨場馬捨場, これを, さらに妾, さらに幇間, せっかく降りよう, その区別漸次, その罪, たちまちに, やや見識, わななく, エセルレッドは, ゲーテの, ヨブは, 一城下には, 一子相伝とかいう, 万里超, 世の, 主人たる者は, 主人は, 乖離が, 予は, 事に, 人に, 人を, 人身御供と, 代表者数名を, 何か, 余輩の, 余輩は, 保守論派は, 先に, 初めて大陸的気風, 初めて実際に, 剣術の, 勢い幕府を, 勢い被, 十二月復た, 各種の, 同じ所, 吾人は, 天下の, 奸物共は, 妾を, 官兵衛が, 密集部落と, 少々尻, 幽霊が, 強固なる, 彼れ, 彼等は, 折角エタ非人の, 改善が, 政府は, 政権は, 政治家は, 教育の, 時の, 最年少の, 最後の, 有為の, 東方論なる, 橘媛は, 機会均等が, 無事石橋を, 牛捨場馬捨場なる, 物持筋すなわち, 特に, 獣すなわち, 生が, 目下の, 知る彼, 社会に, 第四, 紫の, 結婚は, 自分は, 芭蕉は, 衛生状態に, 警察部長は, 貧困を, 足れり, 近頃水平社の, 遂に開国, 階級意識の, 食物衣服の, 鬼と, 鼠の

▼ ここへも~ (95, 0.2%)

3 聞えて 2 伝わって, 出て, 姿を, 持って, 知れて

1 [82件] あの人たち, あばれ込み, おまいり, お寄り, お灯り, お銚子, お顔, かならず年, さして來, それを, ちょいちょいダーヴィシャ宛, ちょくちょく忍ん, ちらほらと, どこへも, ほうって, やって, やってくるかも, やって来た, やって来たもの, やって来ますよ, 一つ置かし, 一人の, 一瓶持っ, 三軒目に, 二日三日続け, 二本, 仮装の, 何か, 何かとはや密, 入来ゃる方な, 出たの, 出席し, 分って, 勘定, 参りましたか, 唐突な, 大きな金剛石, 女子供は, 寄って, 射して, 屡, 帰って, 帰らなかった高麗村, 弘法大師が, 当然風説, 従軍し, 恋猫の, 拂ひ, 拙者一人で, 持つて, 教会の, 方々から, 早馬で, 曹洪夏侯惇の, 朝飯を, 来た, 来たが, 来たこと, 来て, 来ないとは, 来るぞ, 来るの, 来れないん, 江州奉行所の, 燈明が, 現われた老人, 現われる, 私は, 稀にしか, 紛れ入りましたか, 藤村が, 見えました, 見えるでしょう, 詮議に, 調べに, 遽しい賑, 降りそそいで, 雪崩れかかろう, 響いて, 顔を, 顔出しを, 飛んで

▼ ここじゃ~ (92, 0.1%)

52 ここじゃ, 話が

1 [83件] ああいう, ありません, あるまいよ, あんまり取り散らかし, いかん, いけないの, おいそれと象, お泊まりなん, お話し, ここの, ここへ, このくずかご, こんな喧嘩, それほどでも, それ前にも, そんなもの, だめです, ちっとも知らん, ちょっと云い, ちょっと言い, どんなにし, な, ないか, ないじゃ, ないの, ないよ, ない八, ねえな, もう売, やはり腕達者, よわし, れっきとした演劇組合, ろくな水, わしも, わるいし, アしかし, アニュータが, ドッタンバッタン, ポンチに, リアリズムが, 一度も, 一番小さい, 一番悪い, 二百五十も, 仕様がねえ, 他の, 何だ, 何だか人, 何ともお, 作って, 俺は, 僕らの, 兄は, 具合が, 困ります, 困るから, 困るわ, 大変損です, 子供を, 工合が, 撃たれれば, 攻めて, 教えられないわ, 日本の, 朝の, 横柄な, 水沫が, 理想とか, 留守に, 相変らず, 膾より, 見えない, 解らねえ, 話し悪い, 話も, 詳しいこと, 誰だって, 調べも, 譲らねえぞ, 貧乏人は, 身動きも, 駄目だ, 鶏って

▼ ここでの~ (91, 0.1%)

4 生活は 3 問題は 2 問題では, 私の, 自分の, 話は

1 [76件] お仕事, お酒, お館, できば, ジードは, パリを, ロオマンスを, 一夜を, 主人と, 乱闘は, 事で, 事である, 二人の, 二年間を通じて, 仮りの, 会合を, 俺の, 先ず何よりの, 半艇身, 古賀の, 名所一本松と, 吏道振, 問題だった, 問題な, 問題に関する, 在職は, 埋伏は, 大勢を, 大勢力, 大衆が, 孤立持久の, 小憩も, 弁証法は, 形は, 御不幸, 情景は, 我々の, 戦備は, 教育は, 文学は, 時間は, 最も確か, 最上官, 最上級士官として, 最初の, 最年長者で, 楮幣は, 死闘は, 消費物資では, 犬の, 生活で, 生活と, 生活について, 生活の, 生活ぶりについて, 生活も, 禅院生活を, 私達の, 紫の, 結果に, 習慣に, 見られかた, 話でっ, 説明は, 論議は, 議論は, 起居は, 起死回生と, 追憶の, 退き貝, 週末への, 遊びほど, 道誉は, 関心の, 雑魚という, 高氏の

▼ ここです~ (88, 0.1%)

25103 ここです 2 おは, が, どうぞ, ね, のよ, よ親分, わ

1 [36件] お待ちし, かいの, かここ, かそれとも, かでは, から, から後, か貴方, があなた, が何, が家, この場所, じゃわからない, てなるほど, と看板, と答えた, の, のよわたし, のよ小母さん, のよ平一郎さん, のわたし, もの, よう, よここ, よこの, よと内, よほんとに, よガチョウさん, よレストラン・ボアソン, よ向う, よ恐らく, よ藤次さま, ビレラフォンさん, 僕の, 問題は, 旦那

▼ ここまでの~ (83, 0.1%)

2 ところは, 事は, 経過は, 距離は, 遊覧客は, 道を, 間に

1 [69件] あいだに, いきさつ明日への, お話の, ことで, ことは, ことを, つきあいが, ところで, ところでは, ほうが, みちすがらに, ように, ドライと, 予期さえ, 事しか, 事じゃ, 六パラグラフは, 努力も, 友達だった, 句は, 吾, 坦々たる, 山坂を, 帰結や, 彼は, 戦績を, 所においては, 所作を, 指手を, 推移と, 攻略作戦には, 文章には, 旅また, 旅籠代が, 書が, 気運だけを, 汽車の, 深謀が, 無事廻航は, 理屈は, 生涯も, 真意を, 第二版, 筋道は, 経営が, 経過と, 統業を, 自覚に, 苦を, 苦艱も, 草鞋を, 蜀は, 行程が, 親切なら, 話を, 話分る, 護送使の, 距離を, 跡を, 辛抱を, 途, 道中で, 間で, 間という, 間には, 間の, 間黙っ, 難儀さが, 高氏の

▼ ここ~ (69, 0.1%)

7 とこに 6 とこで 5 とこを 4 とこが 3 とこ, とこへ 2 とこずっと, とこだ, とこまで, 泥掻き

1 [33件] おかあ, とこあら, とこしばらく, とこその, とこでは, とこどうしてこう, とこの, とこは, とこひとつ折れ, ところ, ところが大いに, とこコントロールが, とこ不眠不休で, とこ五年十年日本人は, とこ十年二十年日本は, とこ城内には, とこ変に, とこ女にゃ, とこ少し, とこ押せ押せ, とこ毎日の, とこ泊中には, とこ街の, まう, 中でも風邪, 処が, 処ずっと, 処に, 処の, 処へ, 処を, 処精進よ, 殿様あ

▼ ここしばらく~ (66, 0.1%)

11 の間 2 のあいだ, は命がけ

1 [51件] あてなし, おいでに, お見え, がんばるよう, そぼろ助広にも, のこと, のご, の彼, の見もの, の討ちつ討たれつ, の辛抱, はやめ, はわたりたくない, は不便, は大丈夫, は夫人, は奥様, は妻子, は思いがけない, は急, は私, は釘抜藤吉, は雲, は静観, は顧みられず, ほんのわ, も立話, マリは, 京都に, 京都紫竹村の, 住み具合, 何の, 原稿を, 孔明は, 宗七めに, 彼の, 忘れられたよう, 忘れるとも, 持ちこたえて, 暇だった, 本家との, 無断帰国は, 生活を, 稼業に, 自分から, 落ちついて, 裾野の, 見えて, 軍旅の, 非常に, 顔も

▼ ここにて~ (59, 0.1%)

2 淡き黄緑, 珈琲の

1 [55件] あわずんば, おいと, およそ五里, お別れ, お待ちうけ致し, お待ちねがいまする, お待ち下さいませぬ, お待ち下され, お袖, この条条, ご生害, その響, はじめて, ふりかえって, また左, 一休みすべし, 一大事を, 一望すれ, 下駄を, 久しぶりに, 乗りかえて, 予が, 事足るなり, 人数を, 使い捨てぬ, 切る, 初めに, 問い糺せば, 四ほうを, 始めて, 孵しし雛, 帰来を, 待ちましょう, 待ち受けたり, 御確約, 念入りに, 思いき, 昔の, 朝鮮行の, 槍術を, 歩みとどめつ, 決したる議事, 満枝, 礼法の, 考うれ, 聴けば, 船は, 血の, 見物せられい, 誅戮す, 謡えるなりき, 身を, 軍議を, 辛抱しろ, 馬を

▼ ここだけの~ (57, 0.1%)

13 話だ 11 話です 3 お話です, ことで 2 話, 話な

1 [23件] ことに, ことや, ことを, 内密な, 咄だ, 夢物語でも, 特色では, 状況で, 現象では, 秘密だ, 秘語で, 話しじゃけれど, 話じゃ, 話でしょう, 話と, 話として, 話とにかく, 話や, 話よ, 話を, 語です, 遊び名前, 関係では

▼ ここ~ (54, 0.1%)

6 んです 5 んだ 2 の, のです, んでございます

1 [37件] うっそりども, この木彫師, のかと, のかね, のここ, のだ, のだった, ので, のである, やつが, ややさん, 不つつか, 不埒者様, 不届き者っ, 二階から, 人非人めが, 卑劣漢め, 呆ぼけ者奴が, 命取り, 大ぬ, 大泥棒め, 大逆犯人めが, 奥さんを, 女と, 嬢ちゃんや, 家庭が, 小僧めが, 性悪者め他し, 意気地な, 慾張り小僧, 慾張り小僧めッ, 文壇の, 日本人の, 没分暁漢, 署長なんか, 馬鹿者めが, 鼠に

▼ ここからも~ (48, 0.1%)

2 判るよう

1 [46件] あがった, かけ出して, かなたからも, その花火, なお三千仞, 五六人の, 亦天下, 仰いで, 何も, 光りの, 内密に, 出て, 出るの, 判ること, 判ると, 判ろう, 吾, 安らかな, 尊氏は, 小さく見えます, 手配を, 打って出れば, 抜け出せぬこと, 早暁に, 月が, 朽ち果てた髑髏, 湯が, 無数の, 理解されよう, 由來する, 知られる通り, 私たちの, 科学的法則を, 竜燈の, 聞こえて, 菊が, 血が, 襲いかかる苦痛, 見えた, 見えます, 見える, 見えるあの, 見えるわ, 見える眼, 起った, 遠くは

▼ ここだけは~ (46, 0.1%)

1 [46件] あくまで静か, いつまでも, せめて樹, そんな景気, できるからね, ほんとの, まだ冬, まったく日, ゆっくりと, 主として全く別個, 人足の, 余分です, 値上げせず, 充分の, 六畳の, 切り離されたよう, 別世界江戸の, 別天地だ, 変な掘り, 大入満員の, 娑婆が, 実に盛大, 巧く, 平安朝の, 必ず通ったであろう, 戦災の, 戸籍の, 拭き忘れたの, 日本式な, 早春の, 末期の, 欄干が, 永遠に, 汚しては, 無事に, 無作法にも, 父の, 生きて, 知らせなかった, 税金の, 素通りに, 自分の, 蝶も, 誰も, 通風孔が, 開けて

▼ ここ数日~ (44, 0.1%)

3 のうち 2 のご, の間

1 [37件] いかに彼, が名残り, が大事, すこし身体, そんなこと, だけ読経, でその, どうした, にわたってまた, のあいだ, のつかれ, のびのび手足, のま, の御, の情勢, の惨敗, の暴風雨, の様相, の清洲, の鬱, の齟齬, は, はつづい, はなお, はまだ, は京口一切, は入り浸, は支店長代理, は極端, は矢一つ, は絶えました, は花聟, ぱったり顔, を逸すべからざる, 不図, 泣かんばかり, 長くて

▼ ここにこそ~ (40, 0.1%)

2 ある, 潜んで, 現代に, 自分の

1 [32件] あると, あるべきはず, あれ願わくは, はじめて生れ, ソヴェート哲学の, ディレッタントの, 俺の, 具体的な, 再び検討, 吾, 工藝と, 工藝の, 平和が, 幽鬱, 座は, 弁証法が, 思い合わされるわけ, 恐怖は, 推古仏の, 文化的批判の, 新聞の, 本来の, 死を, 痛みが, 矛盾が, 社会に, 科学的精神という, 純粋経済学全体の, 自然科学と, 自然科学の, 見るべき発芽, 近代ヨーロッパ文化の

▼ ここだけ~ (39, 0.1%)

5 では 2 だ, だぜ, だった

1 [28件] こんな何, だが, だぞ, だと, だろう, であ, でさながら, でしかし, でなくほか, でなく下, でなく小屋, でなく時宗, でなく石山寺, なの, ならスキー, ひどく薄暗い, めぐる山懐, よその, アいっしょに, 妙に, 小さな声, 残されて, 無事に, 特に自分, 畳を, 部屋の, 針ガネを, 開いて

▼ ここ~ (35, 0.1%)

3 考へて 2 来て, 来れば, 考えて

1 [26件] きて, でも, 一マイルばかり, 云いさすと, 云うと, 云ったら誰, 抉り付けて, 昨夜二時帰宅後五時まで, 書いた時, 書いて, 来た人, 来た以上, 来ては, 来ようとは, 来る途中, 来る間, 様子を, 疑ふの, 聞える程, 言って, 話して, 読んで, 辛労を, 辿り着いた一件, 追い詰めて, 追って来た

▼ ここぞとばかり~ (32, 0.1%)

2 しゃきり, 彼は

1 [28件] ずいぶん彼, その手, たちまちやかましく早, つっこんで, ふだんの, わめきたてるの, ヒステリカルに, 三の, 三びきいっせいに, 丸太で, 之に, 仕事を, 僅かばかりの, 力を, 口を, 口幅ったくも, 嘲笑し, 圓朝狂えりと, 大音, 太鼓を, 客呼び, 息せき切って, 玄正の, 発矢と, 膝を, 親不孝声を, 言った, 追いかけて

▼ ここばかりは~ (32, 0.1%)

1 [32件] かつて天然痘, そのままに, ともに日本, なつかしき故国, ひそやか, まるで天国, ややセザンヌ, 今年の, 他の, 全く別世界, 冬とも, 岡崎では, 常春の, 平生から, 往来も, 拗者, 斑鳩の, 明るい光, 春でない, 時を, 暗くかげり, 森閑と, 涼風の, 燃えて, 畳に, 百難, 真盛りの, 自分の, 華やかで, 譲れないという, 陰に, 障子にも

▼ ここ数年~ (32, 0.1%)

5 の間 2 のあいだ, のうち, の私

1 [21件] かれの, ご父子, であります, というもの, ならずして, に光秀, のあ, のお, の将門, の少年期, の戦, はとんと, は大洋, は守る, もこころもとない, をほとんど, を出でない, を実に, を見較べる, 互いに不和, 何かと自分

▼ ここばかり~ (30, 0.0%)

12 では 3 でない

1 [15件] であろうも, でなくお, でなくおよそ, でなく乱闘乱戦, でなく但馬境, でなく偽, でなく十字形, でなく恐らくは, でなく枕橋, でなく洛中洛外, でなく行く先々, 広くする, 米が, 銭が, 食うの

▼ ここ~ (28, 0.0%)

1 [28件] かねての, この町並, まだ児女, カンニンの, スヴァーネホルムその, 一世一代とばかり, 一生の, 万全を, 余の, 内侍所らしい, 出世の, 勇を, 城内の, 大事と, 天の, 宮居, 御自分, 日頃の, 松平元康の, 正成との, 海抜三千三百三十三尺高, 狙いどころ, 生死の, 相の, 究竟の, 若君にとって, 詰問の, 陸軍の

▼ こことは~ (26, 0.0%)

1 [26件] おさらばだ, そんなに遠く, ちがい洛南洛西方面, ちがった野, ちがって, ついに気づかず, とても木, まったく世界, まるでなにもかも違っ, もっとも緊密, よほど離れ, わずか五十町, わずか数里, 五町ほどの, 全然かけ離れた, 少し離れ, 幾つもの, 想わざりし, 方角違い早く, 朝晩に, 比べものに, 誰も, 距離に, 違い泣き惑うては, 違うよう, 違った歓楽郷

▼ ここまでに~ (26, 0.0%)

10 して

1 [16件] いたれば, なすった家, なったか, なったの, なって, なると, なれば, 到れば, 到達すれ, 成れば, 示されて, 至っては, 至りながら, 至る部分, 致して, 解剖する

▼ ここよりは~ (25, 0.0%)

2 ハヤ家に

1 [23件] あちらの, あれなる, いいからねえ, いいん, すべすべし, ましかな, よっぽど涼しい, 一層静か, 一段高い, 二里も, 全軍, 土地が, 小川加唐の, 少しきれい, 広い露台, 水の, 病室にて, 登らず, 表方の, 路も, 辺りの, 頭上にあたる, 馬の背にて

▼ ここ~ (21, 0.0%)

1 [21件] え, かしこか, かしこかと, きつういたむ, ここに, ここは, こちらか, そこかと, ちょうど好い, でなければ一段下, とうかが, とかず枝, わるように, ッ, 俺の, 兄貴の, 六角か, 安喜県, 座敷は, 桔梗吉次も, 検事局に

▼ ここ~ (21, 0.0%)

2 来て

1 [19件] お坐り, お客様の, はあこん, へパス, もう危, やって来てたら水車, わけるん, 下りて, 博奕打ち, 博奕打ちに, 呼んだの, 来うまず, 来た, 来たの, 来たん, 火でも, 落すと, 連れて, 酒くらっ

▼ ここよりも~ (20, 0.0%)

1 [20件] ずっと住み, そこから, 一層懸絶, 便利かも, 八十里ほど, 動きようが, 向うの, 善かろう, 多いという, 大分奇麗で, 山奥の, 早くそれ, 明くない, 浅く水, 減った量, 窮屈に, 舞鶴の, 輝りきらめけるなり, 難路と, 高かった

▼ ここ~ (20, 0.0%)

4 三年の 3 三年は 2 三日は

1 [11件] 三年とんと, 三年ほとんど, 三年を, 三日から, 三日の, 三日も, 三日を, 三日三峡の, 三日中は, 三日小さな, 三日来見つけない

▼ ここ暫く~ (20, 0.0%)

2 の間

1 [18件] つづいた敵中, の勝負, の演技, はその, は寒い, は死んだ, は知っ, を通り越し, アリョーシャは, 二人の, 創作の, 期間を, 来ないん, 来ません或は, 機会が, 江戸から, 途絶えて, 関東の

▼ ここを以て~ (16, 0.0%)

1 [16件] 今諸侯, 児ら将に, 児私かに, 句に, 君子は, 周遊の, 智不, 東は, 果たさず, 治めば, 窃かに, 終っては, 終らずして, 終結と, 講習は, 高利は

▼ ここ十年~ (16, 0.0%)

2 の余, の間, や二十年 1 か二十年, か十五年間, の内, の足利家, ばかりに, ばかり仕え, ばかり彼, も立たぬ, も続いた, を境

▼ ここ過ぎ~ (16, 0.0%)

2 て, てきびし

1 [12件] てかの高山, てきびしく, てなにか, て官能, て幾度涙落し, て我が, て曲節, て江戸, て神, て神経, て草, て雪

▼ ここだく~ (15, 0.0%)

2 づれしさざんくわの花, の書ほこりつもり暑き, の釘, 新しぼり 1 の, の小さき, の年を, の蔕, 樹てり, 雫線引く, 青く頻吹きはね

▼ ここだった~ (15, 0.0%)

2 な, ね

1 [11件] けな, なあ, なと思っ, なと私, の, のか, のだ, のである, のに, わ, んだ

▼ ここまでが~ (15, 0.0%)

3 第一版 2 第三 1 こちらの, この世の, つまり都新聞紙上に, 前奏曲, 報告だ, 真正の, 第一場, 第三版, 第五版, 難事と

▼ ここまでも~ (15, 0.0%)

2 届いて

1 [13件] たいへんな, めぐり逢, よく戦っ, 別れに, 参りません, 及ばないの, 届き空, 来る, 死人の, 油ぎって色も, 聞えて, 賑やかに, 遠きたより

▼ ここ一週間~ (15, 0.0%)

1 [15件] ぐらいのうち, たらずの, でおしまい, でパリ, の中, ばかりなおざり, ばかりのお, ばかり前, ばかり急, ばかり毎晩, ばかり熱病, ほど反目, ほど雨, も経ったら, よく晴れ

▼ ここ二三年~ (15, 0.0%)

1 [15件] でおれたち, で元服, のうち, のま, の生活, の私, の経済界, の間, はいつも, は何とか, は働く, をまだ, 読んだこと, 頑張れば, 養って

▼ ここからの~ (14, 0.0%)

1 [14件] お送りは, ように, 使いで, 俯瞰を, 告白を, 姿に, 孫分家であった, 展望も, 帰り途に, 歸り, 私の, 街の, 陸路を, 飛脚舟で

▼ ここじゃあ~ (14, 0.0%)

1 [14件] いけねえから, ここじゃがのう, しんみり話, ない, ないよ, 仕様が, 冗談ひとつ云え, 却ってこの, 君も, 止しとこう, 話が, 話に, 鉄の, 頼りに

▼ ここだって~ (14, 0.0%)

1 [14件] ずいぶんいい, そう大して変らない, まだずいぶんと, むしろ旗, 云や, 労働者が, 市内だ, 普通の, 東京だって, 空いてるじゃ, 自分の, 蒸暑いや, 霊場です, 面白いこと

▼ ここもと~ (14, 0.0%)

4 御覧に 1 しばらくの, に唯一人, へまいり, へまいるべく, へまかり出, や須磨の浦, 園八節の, 大出来, 急に, 田野浦沖へ

▼ ここ二三日~ (14, 0.0%)

3 のうち

1 [11件] か三四日, が命, とてもお, のところ, の内, の後, の食糧, は大丈夫, は良い, 何となく敵方, 遅れたらもう

▼ ここかと~ (13, 0.0%)

2 探し廻った, 提灯を 1 あらためてそこら, きいた, しきりに探し廻っ, たずねさした, 尋ぬる, 捜しも, 聴けば, 見回るうち, 詮議した

▼ こここそ~ (13, 0.0%)

1 [13件] あのラプンツェル, ついの, やがて完成, わびしい雲, 上野介の, 乗ずべき虚, 仏教の, 以前シャンヴルリー街といった, 充分見通し, 男子として, 畑に, 自分の, 黄泥岡と

▼ こことの~ (13, 0.0%)

2 間の

1 [11件] ありさま, バランスそして, 三軍が, 中間敷浪にも, 事, 二軒で, 往来には, 聯絡が, 距離地勢その他いろいろな, 間には, 間を

▼ ここほど~ (13, 0.0%)

1 [13件] けっこうな, さぐれば, その仕事, 了解し, 低いところ, 完全に, 容易に, 感じさすところ, 林が, 清潔な, 視野の, 適切な, 高麗人

▼ ここまでで~ (13, 0.0%)

2 精一杯だ

1 [11件] おしまいね, その半分, 一区切, 二十五字と, 大丈夫です, 宜しゅう御座います, 程よい生き方, 終って, 終りに, 結構です, 話は

▼ ここ久しく~ (13, 0.0%)

1 [13件] ご相愛, 会わなかったが, 出なかった仕事, 合戦も, 城下にも, 戦に, 日の目も, 朝廷に, 絶えて, 藤吉郎は, 軍議も, 陣地に, 音信も

▼ ここのみ~ (12, 0.0%)

1 [12件] じゃ, でなく摂津, ならずこうした, ならず何処, ならず外濠, ならず孟州, 寺より, 拗音が, 残す夕陽影, 空は, 赤き氈, 闇の

▼ ここはね~ (12, 0.0%)

1 [12件] いわば地下, おい誰, たいへんな, ドイツ軍に, ニュウグランドの, 九ツ谺という, 九ツ谺といふ, 俺の, 僕の, 単なる宿屋, 地の, 旦那様と

▼ ここだけが~ (11, 0.0%)

1 [11件] まるで取残された, メリンスな, 二階家である, 安住の, 店を, 戦場に, 抉り取られて, 明らかに, 明りが, 特別に, 甚だ映画的

▼ ここ~ (11, 0.0%)

2 や, やあ物, やア 1 やなく, やよく, や人員, や幸田さん一人, や私

▼ ここである~ (11, 0.0%)

1 [11件] からだ, からと世界的, がそれにしても, しまた, のは, ままに, ような, 年上の, 明朗な, 男が, 諸君に

▼ ここ~ (11, 0.0%)

1 [11件] かしこで, かしこに, かしこ玉の, 岡崎や, 杉の, 東京や, 町屋の, 秩父あたりでは, 秩父の, 花房の, 裏岨

▼ ここ四五日~ (11, 0.0%)

1 [11件] があぶない, だな, というもの黄蓋, といふもの, と見た, にわたり刈る, に埓, のこと, は奴さん, は必ず, は様子

▼ ここさえ~ (10, 0.0%)

2 無事に 1 パスすれ, 一歩越え, 出ましたら大丈夫, 出れば, 去れば, 守れば, 越えれば, 越せば

▼ ここでした~ (10, 0.0%)

51 あの卑屈, かさっき, が路, よ, 君との

▼ ここをも~ (10, 0.0%)

1 いそいで, また辞し, やはり煙草畑, 出でて, 去って, 固めねば, 焼き滅ぼして, 走り過ぎて, 踏み潰し, 開城し

▼ ここ一年~ (10, 0.0%)

1 か半年, に仕遂げ, のあいだ, のこと, の内, の間, ばかり伯爵, ほどのこと, ほどは旅, ほど黙々と

▼ ここ以外~ (10, 0.0%)

1 ではめったに, で捕った, にどこ, になかっ, にはどんな, にドア, に私, のところ, のまた, は中軍

▼ ここ十日~ (10, 0.0%)

1 か二十日, の間, ばかりといふ, ばかりの間, ばかり店, ほどの間, ほどは鬼, ほど仲垣, も経ちましたら, も頑張れ

▼ ここ当分~ (10, 0.0%)

1 うごく人, この男, の間, はた, はとうとうと, は大きな, は留守, は静養, 動く人, 書けさうに

▼ ここでございます~ (9, 0.0%)

2 よ親分 1 か, かここ, が, の, よ旦那, よ親分さん, 親分さん

▼ ここなる~ (9, 0.0%)

1 をアガメムノーン敵, 一人と, 二ひ, 未成の, 池で, 美術学校に, 花の, 花も, 華と

▼ ここにゃ~ (9, 0.0%)

1 あ三人, それぞれ掟が, ちっちゃなお客, フリントの, 五人も, 何一つ残っ, 持って, 日本の, 生活は

▼ ここへと~ (9, 0.0%)

1 云いながら, 云う席, 催促した, 呼びに, 呼べ, 最初から, 申しふくませて, 申せ, 飛んで

▼ ここへの~ (9, 0.0%)

1 あいだ行軍中に, 入国は, 参陣を, 常連の, 払いも, 書状には, 登り道を, 輸送路には, 通路は

▼ ここ数年来~ (9, 0.0%)

1 かれが, のこと, の日本, の経験, は信州林檎, を通じてそして, 互いに相, 借りて, 欠かしたこと

▼ ここぞという~ (8, 0.0%)

1 あたりへ, ところで, 一念を, 一枚にだけは, 急所を, 時の, 極めが, 見得

▼ ここ~ (8, 0.0%)

2 ここよ 1 お兄様, ちょいと, ルナアト, 人に, 後を, 虎吉で

▼ ここ三年~ (8, 0.0%)

1 が間, つづきの, のあいだ, の信玄, の聖業, は暮し, ほどのあいだ, 越しほとんど

▼ ここ幾日~ (8, 0.0%)

1 かを休養, のうち, の間, も, もの大雨, も雪, も魚, を共に

▼ ここ数日間~ (8, 0.0%)

1 にその, の動静, の東福寺本陣, の興行, の行動, ひどい風, を楽しく, 帰らないと

▼ ここからが~ (7, 0.0%)

1 一入だ, 云いにくい, 全額の, 坂だ, 変だ, 本題であった, 田舎よ

▼ ここだけで~ (7, 0.0%)

1 よその, 切りあげて, 力を, 女を, 握手し, 行きどまり, 行こうっての

▼ ここだけでも~ (7, 0.0%)

2 四百坪に 1 うかがわれるのみならずそういう大きな, 一つに, 下野を, 八万余, 若干の

▼ ここでこそ~ (7, 0.0%)

1 こうしてお話, 固有に, 技術という, 文字通り蓮台の, 無に, 私は, 突破が

▼ ここでなけれ~ (7, 0.0%)

1 ばありません, ばどんな, ばならない, ばならなかった, ばならぬ, ばならん, ば他

▼ ここという~ (7, 0.0%)

1 のは, 場所を, 意味で, 捉え所, 確信が, 置きどころ, 金の

▼ ここどこ~ (7, 0.0%)

3 でせう 2 でしょう 1 ですの, なの

▼ ここにおいては~ (7, 0.0%)

1 唯一の, 彼は, 明らかな, 決定的肯定を, 特に顕著, 神の, 統制主義は

▼ ここにを~ (7, 0.0%)

1 さまり, つて工面すりや, られま, られます神谷仙太郎君, られる方, られる田丸さん, りかねて

▼ ここのみは~ (7, 0.0%)

1 そう解せず, 冬の, 庭園だ, 明けやらぬ昨, 育つもの, 頑強だった, 黄泉なる

▼ ここわずか~ (7, 0.0%)

2 両三日 1 なまだ, な平和, な年月, 十年とも, 戦陣も

▼ ここ七日~ (7, 0.0%)

2 ばかりというもの 1 のあいだ, ばかり伏勢, ほどで, ほど会わない, ほど微熱

▼ ここ半月~ (7, 0.0%)

1 ぐらいの間, ばかり前, ほどの間, ほどは外出, ほど業, も固め, や一月

▼ ここからでも~ (6, 0.0%)

1 あいつの, 吹矢が, 引き返せるん, 彼等が, 良え, 見えるくらい

▼ ここしばし~ (6, 0.0%)

1 のご, の暇, は家康, は戦い, は日月, 暇を

▼ ここだけに~ (6, 0.0%)

1 へばりついて, 海と, 精写を, 許して, 限られた特産種, 限られようとは

▼ ここにさえ~ (6, 0.0%)

1 おれば, これ程な, その日, 待って, 立って, 逃れれば

▼ ここ二年~ (6, 0.0%)

1 ばかりの台所奉行, ばかりは飽きちゃっ, ほどまだ, ほどイワシ, ほど絶えてなかった, や三年前

▼ ここ十数日~ (6, 0.0%)

1 の南町奉行所, の憂色, の苦労, の間, も役宅, も手出し

▼ ここ半年~ (6, 0.0%)

1 くらいは発表, にも一年, の間, は行かれない, ほどのうち, ほどの間

▼ ここ数ヵ月~ (6, 0.0%)

1 その試合, にわたって何, に変っ, の以前, は令, は四辺

▼ ここ数年間~ (6, 0.0%)

1 に取潰された, に営々, に長足, の地球物理学, の軍官民, 全く母

▼ ここここ~ (5, 0.0%)

1 だって云, でがす, と馳, にこんなに, よ虎吉

▼ こここの~ (5, 0.0%)

1 場に, 時に, 秋と, 身の, 通りと

▼ ここでさえ~ (5, 0.0%)

1 こんなだから, こんなに蠅, ペンを, 大気は, 高さ

▼ ここでし~ (5, 0.0%)

1 ている, てこうして, てしまう, てもらい, てゐる

▼ ここでと~ (5, 0.0%)

1 おもう処, 云った巨, 思うが, 池田を, 申したところ

▼ ここにおいても~ (5, 0.0%)

1 またヨブ記作者, 竜之, 美術と, 見せましたので, 認められるもの

▼ ここにか~ (5, 0.0%)

3 かつてゐる 1 かぐ, へりみすれば

▼ ここにだけ~ (5, 0.0%)

1 あっては, ある訣, 爛漫と, 見られるの, 限ること

▼ ここはな~ (5, 0.0%)

1 あんたさんとは, おい, とりこに, むむ, 柳が

▼ ここばかりが~ (5, 0.0%)

1 ホテルでは, 世界じゃ, 円い広場, 天地では, 自分の

▼ ここへまで~ (5, 0.0%)

1 おいで, のぼって, 打って, 来て, 調べに

▼ ここまでと~ (5, 0.0%)

2 きめて 1 いたしましょう, 云えば, 区分し

▼ ここ一つ~ (5, 0.0%)

1 しかない, だ, です, ではない, にも問題

▼ ここ三四年~ (5, 0.0%)

1 で蟹, のあの, の兇状, はつぶさに, 行って

▼ ここ三四日~ (5, 0.0%)

1 がかんじん, つづきます, のうち, の中, の間

▼ ここ何年~ (5, 0.0%)

1 かそれら, かのあいだ, にもない目ざまし, にも何十年, もこの

▼ ここ幾年~ (5, 0.0%)

1 というもの, は思わず, は戦陣, も帰った, を経

▼ ここ掘れ~ (5, 0.0%)

1 ワンワンか, ワンワンだ, ワンワンと, ワンワンという, ワンワンを

▼ ここ~ (4, 0.0%)

1 お嬢さんの, たちの, 一つ早く, 俺の

▼ ここあたり~ (4, 0.0%)

1 によく, の物, をこの, を通った

▼ ここ~ (4, 0.0%)

1 よろこびが, 互に出入り, 明け下され, 開け下されい

▼ ここからじゃ~ (4, 0.0%)

1 とどかないん, わかんねえ, 裸足に, 遠いて

▼ ここすぎ~ (4, 0.0%)

21 て夕立, て悲しみ

▼ ここだけには~ (4, 0.0%)

1 あったと, ほのかに, 正味です, 独自の

▼ ここだろう~ (4, 0.0%)

1 といい加減, と同じ, と思った, と睨んだ

▼ ここでなく~ (4, 0.0%)

1 ちゃいけない, て他, とも家康, 途中でない

▼ こことても~ (4, 0.0%)

1 時間に, 武蔵野の, 油断は, 相当に

▼ ここなれ~ (4, 0.0%)

1 ばいい, ば人, ば人目, ば満

▼ ここにぞ~ (4, 0.0%)

1 天心先生は, 生ふる, 発見されたる, 立て籠る

▼ ここにては~ (4, 0.0%)

1 かもめ海浜独唱砂山の, 仙家也, 古今東西に, 大雪山

▼ ここにまで~ (4, 0.0%)

1 及んで, 自分を, 至らしむることは, 裸体の

▼ ここのみに~ (4, 0.0%)

1 必要な, 生ず, 生ずと, 産する

▼ ここまでを~ (4, 0.0%)

1 ほとんど一息, 封じて, 想い描いて, 来し水

▼ ここンとこ~ (4, 0.0%)

21 で飛び込もう, に弾丸

▼ ここ一二年~ (4, 0.0%)

1 がところ, のうち, の間, は戦時景気

▼ ここ一時間~ (4, 0.0%)

1 のうち, ばかりそんな, ほどおそなる, を無事

▼ ここ一月~ (4, 0.0%)

1 のうち, の余, の後, ばかり以内

▼ ここ三日~ (4, 0.0%)

1 と出る, のうち, ほど市会, も入洛

▼ ここ五年~ (4, 0.0%)

1 がところ, にわたる中国陣, ばかり石山本願寺, ほどでざっと

▼ ここ五日~ (4, 0.0%)

1 は転役, ばかりあぶれつづき, ほどの間, ほど不在

▼ ここ四五年~ (4, 0.0%)

2 と云う 1 の間, もずっと

▼ ここ数回~ (4, 0.0%)

1 の, のテーマ, は清盛, を割い

▼ ここ数日来~ (4, 0.0%)

1 ずっと快い, の敗戦, は羽柴軍, まったく狼狽

▼ ここ生涯~ (4, 0.0%)

1 のわかれ目, の大事, の浮沈, の門

▼ ここ~ (4, 0.0%)

1 でやめ, にはあまり, にも大分, の昔

▼ ここ迄は~ (4, 0.0%)

1 妙子は, 深林中の, 聞かなくても, 逃げて

▼ ここ開け~ (4, 0.0%)

1 てくれ, てよ, てよずっと, 給へ

▼ ここかね~ (3, 0.0%)

1 ここかね, ここは, それともこの

▼ ここぐらい~ (3, 0.0%)

1 いろいろな, なもの, ハッキリ示され

▼ こここそは~ (3, 0.0%)

1 お案じ, 屈強の, 足利氏が

▼ ここしか~ (3, 0.0%)

1 ありませんが, ない, ないで

▼ ここぞとばかりに~ (3, 0.0%)

1 小浜兵曹長は, 爽やかな, 犇

▼ ここだけしか~ (3, 0.0%)

1 ないという, ないん, 見られなかつた

▼ ここだけを~ (3, 0.0%)

1 所得顔に, 覗くべき誘致, 面白がって

▼ ここでという~ (3, 0.0%)

1 のとは, 用意が, 計画だったらしく

▼ ここでない~ (3, 0.0%)

1 ところ, 所へ, 筈だ

▼ こことて~ (3, 0.0%)

1 いつ恐ろしい, ただの, 仮御所

▼ こことばかり~ (3, 0.0%)

1 なお面, な手具脛振り, 斬ッ

▼ ここにしか~ (3, 0.0%)

1 ないだろう, ないの, 問題の

▼ ここにだって~ (3, 0.0%)

1 あるさ, 台所は, 来るわ

▼ ここについて~ (3, 0.0%)

1 いて, いましたのに, 云われて

▼ ここにのみ~ (3, 0.0%)

1 人性の, 日は, 機械の

▼ ここにばかり~ (3, 0.0%)

1 いるので, 凝って, 好意を

▼ ここにわかに~ (3, 0.0%)

1 キビキビと, 大鵬の, 帝位に

▼ ここばかりに~ (3, 0.0%)

1 あるの, 引籠って, 日が

▼ ここらしい~ (3, 0.0%)

1 ぜ, ぞ, 激しい波浪

▼ ここン処~ (3, 0.0%)

1 が, だ, まで参りやす

▼ ここ~ (3, 0.0%)

2 と月 1 けんです

▼ ここ一両年~ (3, 0.0%)

1 のうち, は姫柚子, を支え

▼ ここ一両日中~ (3, 0.0%)

1 とさえ見えた, には大蔵, の洋上

▼ ここ一寸~ (3, 0.0%)

1 もとおす, も退かぬ, を遁

▼ ここ一年余り~ (3, 0.0%)

1 というもの, の間, を越し

▼ ここ一番~ (3, 0.0%)

1 という娑婆ッ気, の勇気, の持ち

▼ ここ七八年~ (3, 0.0%)

1 のうち, もゆき来, 全く消息

▼ ここ二三年来~ (3, 0.0%)

1 めきめき活況, 少しも, 珍しいこと

▼ ここ二三日中~ (3, 0.0%)

2 に圭吾 1 にはこの

▼ ここ二月~ (3, 0.0%)

1 のご, ほどご無沙汰, も毎日菜園

▼ ここ五十年~ (3, 0.0%)

1 の間, やっと一つ処, 程前

▼ ここ五稜廓~ (3, 0.0%)

2 に凝集 1 に立っ

▼ ここ~ (3, 0.0%)

1 か自慢, てとこ, でしょう

▼ ここ十年来~ (3, 0.0%)

1 の大雨, の奮闘, は忘れ

▼ ここ十数年~ (3, 0.0%)

1 の兵戦変革, の烈しい, を意味

▼ ここ~ (3, 0.0%)

1 岩山を, 評議場の, 鍋の

▼ ここ天上~ (3, 0.0%)

3 へ行く

▼ ここ少し~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, の辛棒, ユカイ

▼ ここ数旬~ (3, 0.0%)

1 にし, にもなかっ, の滞陣

▼ ここ梁山泊~ (3, 0.0%)

1 の浅春二タ月, の聚議庁, も芦荻一水

▼ ここ~ (3, 0.0%)

1 一ヵ月, 五世紀の, 半年あまり

▼ ここ~ (3, 0.0%)

1 ておる, てまわっ, てもらいたい

▼ ここからという~ (2, 0.0%)

1 形を, 蓬莱橋から

▼ ここさっき~ (2, 0.0%)

2 の汽車

▼ ここそこ~ (2, 0.0%)

1 に二番茶, に悲しき

▼ ここちょっと~ (2, 0.0%)

1 手もとが, 途ぎれていた血臭い

▼ ここであった~ (2, 0.0%)

1 がもっけの幸い, なと思い

▼ ここであろう~ (2, 0.0%)

2 と長屋窓

▼ ここでこそと~ (2, 0.0%)

1 守るわけ, 横須賀行の

▼ ここでさえも~ (2, 0.0%)

1 私が, 食卓を

▼ ここでだけ~ (2, 0.0%)

1 太鼓の, 手を

▼ ここででも~ (2, 0.0%)

1 即座に, 暮そうかしら

▼ ここでのみ~ (2, 0.0%)

1 絶對者の, 與へ

▼ ここでまで~ (2, 0.0%)

1 うちどおりに, 女だ

▼ ここなし~ (2, 0.0%)

1 に世界, に撒きちらし

▼ ここなどは~ (2, 0.0%)

1 まだ小規模, 平仄の

▼ ここならおちつい~ (2, 0.0%)

1 てくらせる, て小説

▼ ここな痩せ~ (2, 0.0%)

1 牛よく, 牢人めが

▼ ここにおいてや~ (2, 0.0%)

1 明治四十一二年の, 通俗小説の

▼ ここにかへ~ (2, 0.0%)

1 つてき, らん

▼ ここにでも~ (2, 0.0%)

1 いなければ, 残して

▼ ここにと~ (2, 0.0%)

1 こしへに, 渦巻く水

▼ ここはい~ (2, 0.0%)

2 つたいどこ

▼ ここはずッ~ (2, 0.0%)

1 と盆地, と離れ

▼ ここはと~ (2, 0.0%)

1 ころがらですから, 思われるよう

▼ ここはなんて~ (2, 0.0%)

1 そうぞうしいやかましいところ, 美しいの

▼ ここはよう~ (2, 0.0%)

1 ございますから, ない土地

▼ ここ~ (2, 0.0%)

1 読んで, 讀んで

▼ ここばかりじゃ~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ ここばっかりは~ (2, 0.0%)

1 大丈夫じゃ, 邪間する

▼ ここへか~ (2, 0.0%)

1 こっちへか, この庵

▼ ここへさえ~ (2, 0.0%)

1 おりて, 来りゃかならず

▼ ここへでも~ (2, 0.0%)

1 一つあたっ, 連れて

▼ ここまでしか~ (2, 0.0%)

1 悪魔の, 暗示し

▼ ここまでとは~ (2, 0.0%)

1 第二版以後, 考えて

▼ ここまでには~ (2, 0.0%)

1 もちろん寺元村, 到らずと

▼ ここみたい~ (2, 0.0%)

1 な村, にエハガキ

▼ ここもう~ (2, 0.0%)

1 一ところと, 一ト押し

▼ ここもが~ (2, 0.0%)

1 しいんとした, 眞青です

▼ ここもとは~ (2, 0.0%)

1 そもじ思うて, 茅屋でも

▼ ここよと~ (2, 0.0%)

1 云いながら, 問合は

▼ ここよりか~ (2, 0.0%)

1 却っていい, 美しく咲い

▼ ここよりぞ~ (2, 0.0%)

1 富士は, 暗くなる

▼ ここよりと~ (2, 0.0%)

1 云えるか, 議

▼ ここをば~ (2, 0.0%)

1 あなたがたの, 語るには

▼ ここを通して~ (2, 0.0%)

1 おくれね, 下せまし

▼ ここ~ (2, 0.0%)

1 かけさしてね, 帰って

▼ ここ~ (2, 0.0%)

2 ところ

▼ ここ一ヵ月~ (2, 0.0%)

1 ほど大坂城, も前

▼ ここ一ヶ月~ (2, 0.0%)

1 は京都, ばかり彼

▼ ここ一二日~ (2, 0.0%)

1 の生命, は

▼ ここ一日二日~ (2, 0.0%)

1 の後, は講中

▼ ここ一足~ (2, 0.0%)

1 はなれたら, も動きません

▼ ここ一週間私~ (2, 0.0%)

1 は助手, は物

▼ ここ七八年來~ (2, 0.0%)

1 のこと, はさ

▼ ここ七日間~ (2, 0.0%)

1 の逗留, ばかりのうち

▼ ここ三百年~ (2, 0.0%)

1 このかた, や五百年中

▼ ここ二三ヶ月~ (2, 0.0%)

1 というもの消息不明, の内

▼ ここ二三世紀~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ ここ二十年~ (2, 0.0%)

1 かかる, にわたるでしょう

▼ ここ二十日~ (2, 0.0%)

1 ほどであらまし, ほどの間

▼ ここ二日~ (2, 0.0%)

1 のうち, の間

▼ ここ二日間~ (2, 0.0%)

1 のつもり, の彷徨

▼ ここ二晩~ (2, 0.0%)

1 か三晩, というもの

▼ ここ五六年~ (2, 0.0%)

1 のうち, は帰らぬ

▼ ここ五六日~ (2, 0.0%)

1 ほど毎日, も湯

▼ ここ以上~ (2, 0.0%)

1 には通ろう, に人

▼ ここ何年間~ (2, 0.0%)

1 もあの, も疎遠

▼ ここ作爺さん~ (2, 0.0%)

1 のもと, の住居

▼ ここ六波羅~ (2, 0.0%)

1 に在っ, の足利どの

▼ ここ動かん~ (2, 0.0%)

2 と待っとっ

▼ ここ十年來~ (2, 0.0%)

1 の僕, 絶えず過去

▼ ここ十数年来~ (2, 0.0%)

1 のこと, の畜生保護法

▼ ここ半年以上~ (2, 0.0%)

1 もたえ, も伺候

▼ ここ四年~ (2, 0.0%)

1 というもの筆一本, ほど前

▼ ここ四百年間~ (2, 0.0%)

1 の人, は一般性

▼ ここ妻女山~ (2, 0.0%)

1 の裾, の陣中

▼ ここ幾月~ (2, 0.0%)

1 か前, となく

▼ ここ彼処~ (2, 0.0%)

1 に千住あたり, に同じ

▼ ここ数十年~ (2, 0.0%)

1 の演劇史, の間

▼ ここ数年前~ (2, 0.0%)

1 からはやはり, から殆ど

▼ ここ数日中~ (2, 0.0%)

1 には一服, には変るだろう

▼ ここ数日間私~ (2, 0.0%)

1 の料理人, は陶器

▼ ここ數年~ (2, 0.0%)

1 といふもの, 出て

▼ ここ新教~ (2, 0.0%)

2 のザックセン

▼ ここ旬日~ (2, 0.0%)

1 の間, を坂本

▼ ここ明け~ (2, 0.0%)

1 て, て天正十三年

▼ ここ昼夜~ (2, 0.0%)

1 その人, 肝嚢

▼ ここ病院~ (2, 0.0%)

1 でしょう, の古手

▼ ここ百年~ (2, 0.0%)

1 とか二百年, の間

▼ ここ百日~ (2, 0.0%)

1 は足もと, も恵まれ

▼ ここ祁山~ (2, 0.0%)

1 での序戦, の野

▼ ここ笠置~ (2, 0.0%)

1 の城, の行宮

▼ ここ辺り~ (2, 0.0%)

1 は入江, を彷徨

▼ ここ~ (2, 0.0%)

2 ぐと人は

▼ ここ鎌倉~ (2, 0.0%)

1 で越年, を

▼ ここ限り~ (2, 0.0%)

1 でお, の話

▼ ここ~ (2, 0.0%)

2

▼1* [884件]

ここあけて頂戴, ここあすこ思う所, ここあたい達のコーバ, ここあたしんち, ここあらゆる行事や, ここあるのみと同時に, ここあるいはあそこという, ここあんまりせまくて, ここ光子さん呼びます, ここいささか快速を, ここいずれも敵味方三方, ここいつでもいらっしゃいます, ここい来るちね, ここうろぬきながら覚え, ここえ御出に, ここおもしろい見ものである, ここお上やしき, ここお前たち五人はここ, ここかしこ丸太組みの塔, ここかしこ二ツ三ツ岩があった, ここかしこ仙台藩士の色めき立っ, ここかしこ修正にをはつ, ここかしこ光射かへす, ここかしこ夫人をしとう, ここかしこ数丈の水煙, ここかしこ日は照っ, ここかしこ枝をかさね, ここかしこ死者は地, ここかしこ流亡の日, ここかしこ蔦紅葉のよう, ここかしこ関羽の兵, ここかしこ陣屋の炊煙, ここかという失望である, ここかよと思ふかた, ここからかいちっとも知らなかった, ここからしか出て, ここからだって見えるの, ここからと思われたあたり, ここからといふ場所を, ここからのみ取り出される, ここがの金沢の, ここきりの話, ここくぐるべきや立ちすくん, こここうしてかしこまって, ここここここでがす, ここここ飯田町の先生, こここそが第一, こここと写真にさわり, こここれあけて, ここさいねえで酒幕, ここさえもなほ子が, ここさすがの玄蕃, ここさつきの汽車, ここしきりに舟で, ここじゃあたり前の, ここじゃというように, ここじゃろうてて捜し当て, ここすくなからずあるらしい, ここすこし足を, ここッと, ここずいぶん会って, ここそうそう三人で, ここそのままの光景, ここそれからお金は, ここぞかの人形の, ここぞくぞくと入洛中, ここぞとばかりやにわと横から, ここだく落ちて齢, ここだく鳴くも, ここだけじゃない月世界, ここだけでなんてやれるかい, ここだけにも千二百人も, ここだけはと思うて, ここだけや云いよって, ここだしのばく知ら, ここだっ賊は, ここだったら面白いわね, ここだに陥と, ここだのここだの, ここちがってやしません, ここぢゃァ何ん, ここっきりなんぞでやっ, ここであって他人, ここでありますか, ここであろう見給えと言い, ここでか外へ, ここでかの第四, ここできさまたちふたりを, ここでくはしく話しなさい, ここでござるか, ここでござんしょうか, ここでしょう白桃と, ここでだけは病気怪我で, ここでだってセイヌ河から, ここでなきやならん, ここでなくっても少し, ここでなさるのは, ここではじめて行き, ここではじめようとおもう, ここではどいつもこいつ, ここではのことだった, ここでははだかで, ここでばかりつとめあげて, ここでぶざまな酔い崩れ, ここでぶッくらけえった, ここでへんな声, ここでべんた, ここでもしもこうしたマニーロフ, ここでもってこの槍, ここでもと気軽に, ここでもというふうに, ここでもやはり分を, ここでんねん, ここといった具合に, ここといふのは, こことかその程度, こことしては御本尊, こことても決して易々として, こことでは何という, こことまでは分らないが, こことも仲良く交際, こことを見くらべた, ここどう打てば, ここどういうのかしら, ここどうして分ったのよ, ここどうやら二月ほど, ここどころじゃない, ここどれほどの高, ここなどずいぶん立派, ここなどでは半分きりです, ここならではと思われる, ここならぬ奥の, ここなら死にたくなる美しさ, ここなら汚してもかまわぬ, ここなら知っている, ここなら至って気楽そう, ここなら誂え向きその, ここなら開かれると感じた, ここなら頂けますか, ここなら飲んでもよう, ここなりと頼まれ, ここなんか子供相手が, ここなんかには来やしません, ここなんざあ安い賃金, ここなんぞはあいつ等の, ここなんだかあき家みたい, ここにおいてかかの保護貿易なる, ここにおいてかの折衷民権派たり, ここにおいての味方の, ここにおいてほど痛切に, ここにかがまったきり, ここにかけ給え, ここにしも植物園の, ここにちゃあんと, ここについても語られて, ここにつれきたり, ここにてはなよびの, ここにても雲居の, ここにとってどんな意味, ここにとに角公式と, ここになあおッ母, ここになぞ来るの, ここになによりまして奇異な, ここになんぞ立てん, ここににほひの, ここにね昨夜あたしが, ここにのみは軽く塵たち, ここにはから竿や, ここにはも早や, ここにばかりは魔法が, ここにぶッ潰した, ここにもと三吉は, ここにもというふうに, ここにもをられませんぢ, ここによってその木, ここのだけはその幾通り, ここのちひさい孔, ここのちゃぶ屋や小料理屋, ここのみか城の, ここのみには止まるまい, ここのみをせめてもの, ここのやしきの, ここはかえッて, ここはがされて, ここはしも山口巴秋簾, ここはじめてでしょう, ここはじゅくじゅくの湿地ですから, ここはてまえの, ここはといううちにも, ここはどどうしても軍, ここはなつのの, ここはぶいてあった, ここはみ国の何百里, ここはもすこし抜け目, ここはやッぱり何とか, ここはよつぽ, ここばかりかも知れぬ, ここばかりからほとんど仙境, ここばかりじゃあないこの, ここばかりの事件では, ここばかりへ押して, ここばかりをお力と, ここばっかりに天とう, ここひきつづいておもしろから, ここひっそりで諸政, ここひとつです, ここぶっちゅけて, ここへそーっと一人, ここへだけでも三百人ぐらい, ここへでござります, ここへではなくまっすぐ, ここへというような, ここへとの指定です, ここへはと恃んで, ここへばかりは寄りつかない, ここほっといていい, ここほどの接戦には, ここほれワンワン, ここほろりとなりし, ここほんの暫くの, ここじゃあ俺ら, ここまたとない取做しどころ, ここまったくバスティユみたいじゃ, ここまでじゃあ話が, ここまでってはっきり空中, ここまでという努力の, ここまでとして後へ, ここまでやつて来た, ここまばらに住む, ここめきめきと江戸市井, ここもちの木坂の一地点, ここもという風に, ここもととほうも, ここもとまで押し寄せは, ここもはや騒然だ, ここやられてのう, ここ見る不二, ここゆ出でむか, ここようやく彼も, ここよか良いと, ここよとの便りも, ここらしくからりと, ここらしほじむ身と, ここぶと, こころかくて驚く, こころばへやさしき, ここづか天下一統, ここわがままに生え, ここわたくしのうち, ここをずつと行つた右手の, ここをなおとよ, ここ別に白洲, ここァお稲荷様の, ここカフェーというん, ここガリラヤのナザレ, ここキカイだよ, ここギャア・カルコまで来た, ここクック村の護謨園, ここクレムリンへ入る, ここコンコードにおいてその, ここ来なされたらそのまま, ここジャッキーちゃんのお家, ここチャアルス・リジェント街の角, ここニージニでないところ, ここバルチック海の咽喉ズイランド島, ここパリなの, ここビルディングの屋上, ここプンタアレナス市は世界中, ここベルリンの建物, ここボリシェヴィキの家, ここユーコン河の岸, ここンちの自転車だろう, ここン所坂野医院大繁昌, ここ一か年休学して, ここ一つところに集められた, ここ一カ年のうち, ここ一カ所か, ここ一カ月ほど前, ここ一カ月來たえてなかったこと, ここ一ト息ぞ, ここ一ト月も田舎, ここ一ヵ所では, ここ一ヵ月あまり悠々と, ここ一ヵ月半ばかり糧車, ここ一世紀の間, ここ一世紀余にわたる栄華, ここ一両年野霜で出来る, ここ一両日はたしかに, ここ一二ヵ月じゃない, ここ一二年侍の化物, ここ一二年前に噂, ここ一二年映画界にあまり, ここ一二年横山城にあっ, ここ一二年水害をまぬがれた, ここ一二年経済界が一先ず, ここ一二時間の裡, ここ一個所であった, ここ一先ず落着を, ここ一刻ほどの間, ここ一城に集め, ここ一山を中心, ここ一帯は, ここ一年あまり博士とはほとんど, ここ一年以来の民自党政府, ここ一年余に生命, ここ一年余り自分では何, ここ一年半ばかりはちょうど, ここ一年毎月いっぺんずつ繰り返し, ここ一年調練させて, ここ一日か二日, ここ一時間以内の出来事, ここ一月余りは身, ここ一月分ばかりぜんまい, ここ一月旅にばかりせかせか, ここ一点に充血, ここ一生の命がけ, ここ一番度胸をすえ, ここ一番改革の必要, ここ一番雄心ふり起こして, ここ一箇所に血, ここ一角は庭, ここ一軒でま, ここ一週間ミミズみたいにどこ, ここ一週間余り毎日のこと, ここ一週間化学地質学古生物学, ここ一週間逢はなかつた, ここ一道だけでなく, ここ一郭の陣座, ここ一門だけが何とも, ここ一面に撒い, ここ一髪のあらそい, ここ七八十日は悪夢, ここ七八年来そのうち, ここ七十英町の変化, ここ七年間逢わなかった昔なじみ, ここ七日以内に, ここけへ言っ, ここ三ヶ月ばかりというもの, ここ三代が間, ここ三十年の間, ここ三十年来欠かすこと, ここ三十年魚のウロコ, ここ三十幾年安心というもの, ここ三四年來夏期には目立つ, ここ三四年来捲き起って, ここ三年間に始め, ここ三年間毎年冬になる, ここ三日二晩というもの, ここ三日間の報告, ここ三月ばかり事件, ここ三週間ほど仕事, ここ三面は山, ここ上海市の地下二百メートル, ここ上野の池, ここ下総市川の里, ここ下谷の裏町, ここ不利な戦い, ここ中軍の幕舎, ここ丹波島とよぶ, ここ久しゅう便りが, ここ久保本の高座, ここ乱れたところを, ここ乾坤一擲真剣以上の捨身, ここた月, ここ二カ月びた一文だってあいつ, ここ二カ月間というもの, ここ二ヵ月のあい, ここ二ヵ月余もその, ここ二ヵ月間のあと, ここ二三十分内に税関, ここ二三十年の近い, ここ二三十年前までは続け織られた, ここ二三十年来どこの田舎, ここ二三年お客が一人, ここ二三年結婚なんてこと, ここ二三日こちらはいくらか, ここ二三日便秘し脚気気味, ここ二三日前からこっち, ここ二三日宿酔の気味, ここ二三日徹夜しなければ, ここ二三日滅多に在宅, ここ二三日調子が良く, ここ二三日鳴りをひそめ, ここ二三時のあいだ, ここ二三時間のうち, ここ二三百年間まずこれ, ここ二三箇月を支うる, ここ二代や三代, ここ二十一日間はその, ここ二十年位の事, ここ二十年大学それ自身の発展, ここ二十年来もしのん, ここ二十年間にこの, ここ二十数年にもわたる, ここ二十日あまり吉岡拳法の門, ここ二十日余りの間, ここ二回ほど甲斐守自身, ここ二年ぼくは眼, ここ二年三年のうち, ここ二年余にわたる不眠不休, ここ二年前の冬, ここ二年間は東京医科大学, ここ二日旅に出る, ここ二星霜のあいだ, ここ二晩山の背後, ここ二月余りも便り, ここ二番目の世話舞台, ここ二週間はこの, ここ二週間私は米, ここ五ヶ年のヒルミ夫人, ここ五丈原にその, ここ五六十年間の通し矢, ここ五十年間のうち一番良質, ここ五年越しの打続く, ここ五年間は大石先生, ここ井伏さんの家, ここ交通どういうこと, ここ京城の陋屋, ここ人生の最盛期, ここは主, ここ今日思い起されるの, ここ以上のを食った, ここ以下は皆無人, ここ伊丹城内の獄中, ここ伯耆の大山, ここい不便, ここ住み馴れた鶴ヶ岡も, ここ佐世保の病院, ここ佐久間町と両国, ここ何らかの大機を, ここ何カ月も手, ここ何カ月ぶりのこと, ここ何事にも後輩, ここ何代というもの, ここ何十里一軒の人家, ここ何川か何と, ここ何年何箇月かの間, ここ何年來ずつとさういふ, ここ何時間の後, ここ何週間かは家, ここ余市の道立水産試験場, ここ信州も北の方, ここ備忘録の頁, ここ僅か半年ばかり, ここ八ヶ嶽の中腹, ここ八ヶ月餘りの, ここ八九年の間隔, ここ六七年もあの, ここ六年のあいだ, ここ其処に突, ここ内紛を醸し, ここ内陣の灯火, ここ出ようよ, ここ切りだがと, ここ切羽詰まった金井一角は, ここ刻々な憂慮, ここ前線をへだつ, ここ加州家裏門としるした, ここ動いちゃ駄目, ここ勿来の古関, ここ北日本でも同国, ここ北極の海, ここ十一年間の推移, ここ十一月から十二月, ここ十一月初旬まで日, ここ十五分ほど前, ここ十何年といふもの, ここ十余年の久しき, ここ十四五日の間, ここ十年あまりの歳月, ここ十年以前には大衆文学, ここ十年前まではうら, ここ十年来隠岐出雲鳥取など各地, ここ十年間の恐慌, ここ十数回を費やした, ここ十数年日本水泳は長距離王国, ここ十数年来盗難など一度, ここ十数日毎朝三田八幡へ参詣, ここ十數年あるひ, ここ十日以上も雨, ここ十日余りも赤坂, ここ十日間くらいのうち, ここ十町ばかりの間, ここ十里と隔たった, ここ十里四方には山, ここ千早の城下, ここ千番一番のかねあい, ここ千葉というよう, ここ千載一遇の大事, ここ千金の一刻, ここ千駄ヶ谷の植木屋, ここ世紀の, ここ半年余り嫌な顔, ここ半月位で多く, ここ半月余は先帝, ここ半歳か一年, ここ南シナ海の真只中, ここ南京虫もひどい, ここ南陽はべつ, ここ博多の探題所, ここ危機一髪を誤, ここ厩橋城を本拠, ここ参右衛門の一室, ここ叡山のうえ, ここ古市は和泉野, ここ各地の合戦, ここ合戦の場面, ここ合点小路の目明し親分, ここ吉野の山上, ここ向きの作品, ここ呂布は連戦連勝, ここ周瑜の得意, ここ四五十年のあいだ, ここ四五十日お目, ここ四五年前からです, ここ四五年変り種漁りに憂身, ここ四五年来の長谷川伸, ここ四五日うちに京, ここ四五日前から御, ここ四五日新九郎さんが帰らねえ, ここ四五日間をふつう, ここ四五日青空をみせ, ここ四囲の情勢, ここ四日ののち, ここ四日間というもの, ここ四日間私はズブ濡れ, ここ四谷谷町の家, ここ四週間もその, ここ坂本におけるかれ, ここ境内一帯はまた, ここ大きく狡く変って, ここ大入りつづきでほくほく, ここ大原の里, ここ大垣の城, ここ大宝郷へ蝟集, ここ大宮市の一隅, ここ大当りの光景, ここ大通寺の玄関, ここ天下の諸相, ここ之院, ここ奥まった部屋の, ここ学校の建物, ここ安房の洲崎, ここでよう, ここ宝珠寺の破れ本殿, ここ宮川の岸, ここ富岡の三カ所, ここ寸間の時, ここ梨平無名の, ここ小さな三角点に, ここ小屋掛けやら飾り付け, ここ小康時代の平和, ここ小梅の里, ここ少々尻痩せ, ここ少くとも百圓, ここ少時大洪水前, ここ尼ヶ崎の地, ここ尾山城にこの, ここ犬児の, ここ山塞も丑, ここ山東の天地, ここ山陽に見る, ここ島の内汁屋の狭い, ここ嶮峻なる絶壁, ここ工場にしよう, ここ市川の田舎道, ここ常にあたま, ここ平井山の陣所, ここ平湯で平, ここ平等院の北, ここ年々の合戦, ここ幾夜もお, ここ幾年夢にのみ見, ここ幾年間の文壇, ここ幾日さまざま按じて, ここ幾晩も夜ふかし, ここ府中の宿, ここ度々の陣務, ここ廊下にい, ここ建設工事中の飛行島, ここ当分あと口の染め上げ, ここ当分三十年や五十年間, ここ当分劇映画などどこ, ここ当分幸臣星は無事安泰, ここ当分玉乗の一座, ここ当分百姓は目, ここのまわり, ここ彼方の家庭, ここ待合でしょう, ここ房の, ここ必死斬り辷った身, ここ忍ぶべきところでは, ここ忍沼のほとり, ここ志賀の浦波, ここ忘れがたい, ここ潮に, ここ急激に進歩, ここ急速にその, ここ意味不明原城乗入れの, ここ懸命になっ, ここもはかばかしから, ここ戦陣もなく, ここ手伝うて行かう, ここ打って, ここ捜してあるいた, ここ捜査課はいつも, ここ掘返されていた, ここ揚子江に近い, ここ放さないわ, ここ敗報しきり, ここ数カ月のむだ, ここ数カ月岩のあたり, ここ数ヵ月兵馬も鍛え, ここ数ヵ月葫芦谷に入っ, ここ数ヶ月の気分, ここ数ヶ月前のこと, ここ数ヶ月血の出る, ここ数世紀のもの, ここ数代のわが家, ここ数十分後に犯人, ここ数十年来吉岡一門というもの, ここ数十日の懈怠, ここ数十日深刻な悩み, ここ数十里の地域, ここ数夜この界隈, ここ数年中央政府は純, ここ数年中止して, ここ数年五穀のみのり, ここ数年今川家の勢力, ここ数年市民たちのあいだ, ここ数年来一度もない, ここ数年来危険な状態, ここ数年来寝食を忘れ, ここ数年来年あらたまる毎, ここ数年来日本映画界の前線, ここ数年来産金額も九州, ここ数年来私の迎へた正月, ここ数年来誰にも逢わぬ, ここ数年来講談社の諸, ここ数年来輸入物の仕入れ, ここ数年禄を離れ, ここ数年経過いたさば日本, ここ数年織田家が信秀, ここ数年誰も来ないらしく, ここ数年間執拗な攻撃, ここ数年間彼に会わなかった, ここ数年間日本で起らなかった, ここ数年間映画というもの, ここ数年間毎夏必ず山, ここ数年間毎朝納豆の呼び, ここ数年間病少年の習, ここ数年間窯場に居る, ここ数年間翻訳探偵小説が大いに, ここ数年間飢饉がつづきました, ここ数年間麻の手巾, ここ数年雨につけ風, ここ数日かなりの努力, ここ数日それに奔命, ここ数日らいの難局, ここ数日らい衣笠のお, ここ数日主従喧嘩づらの, ここ数日以来激しい発熱, ここ数日前から約, ここ数日勝頼父子をめぐる, ここ数日大活動をし, ここ数日天候を観, ここ数日姿をみせない, ここ数日床の中, ここ数日彼のいる, ここ数日敵は静まりかえっ, ここ数日朝廟にもその, ここ数日来友人の許, ここ数日来高原地方の天候, ここ数日秋の空, ここ数日聚楽第の空気, ここ数日間本物の荷づくり人, ここ数日間蜀の軍船, ここ数日雲のたたずまい, ここ数日鯛が品切れ, ここ数時間の中, ここ数月の間, ここ数町の間, ここ数箇月間世界中の新聞, ここ数週間たった一人, ここ数週間一日に何十遍, ここ数週間私は昼飯, ここ数里にわたる北山峡一帯, ここ數ヶ月新しい生活, ここ數年來のこと, ここ數年青年は動搖期, ここ數時間の中, ここ新宿に店, ここ新野を去る, ここを追う, ここ日本橋にひとつ, ここ旦夕のうち, ここ旭川の明治, ここ易州の軍旅, ここの国, ここ暫らく辛抱して, ここ最前線の先鋒, ここ月余にわたる主君, ここ木曽の福島宿, ここ木曾の中心地, ここ木曾川をはさん, ここ本地垂迹説は全く, ここ本所割り下水といえ, ここ本陣に来, ここ東京の丸の内, ここ東勝寺の山門, ここ東海浜松を中心, ここ松島の観瀾亭あたり, ここ柳営の台閣, ここ植甚の庭, ここ楼桑村の住民, ここ楽田を発し, ここ構わずにソレ, ここ次々と家康, ここの村, ここ武蔵と相模, ここ死すは今, ここ残る花は, ここ毎夜毎夜僧正ヶ谷の闇, ここ毎日役署の行き帰り, ここ毎日登城の列, ここ毎日読書に耽っ, ここ懸りなので, ここ永らく泊って, ここ永生の脈精氣, ここ汚れていた, ここ江南に臨ん, ここ河北の首府, ここ泊りで明日乗船, ここ洗いにかかっ, ここじゃない, ここ海ぢやない, ここ海上も春凪, ここ消息もない, ここ深川富ヶ岡八幡の社前, ここ清水沢の丘, ここ渡りけむ, ここ温かいよ, ここ漢朝の宮廷, ここ尾の, ここ瀬田の橋口, ここ烈石山からながめ, ここ無動寺の林泉, ここ熊野なる故郷, ここく祗候, ここ父祖の地, ここ特別室がある, ここ独特の仕掛け, ここ独龍岡の城門, ここ王子なるを, ここ琵琶湖を一方, ここ瑠璃ヶ岳のひと, ここ瓦町の露地, ここ瓦罐寺と呼ぶ, ここ甚だあがらないので, ここ甚だしく生彩を, ここの本屋, ここ當分搜して, ここに透い, ここ痛いけん, ここなりと書い, ここ白骨に冬, ここ白骨温泉の客, ここ白鳥の巣, ここ百余日の期間, ここ百年来一時中絶して, ここ盆地の内側, ここ真っ直ぐ行けば, ここ矢足は椿, ここ知らないわよ, ここ石巻を策源地, ここ砂地でも花, ここ社殿へ住居, ここ祝家荘におけるあなた, ここ神楽坂ではそれ, ここ神秘なる昆虫館, ここ福井の街, ここ福良を発し, ここはイタリア歌劇, ここ私たちの部屋, ここ秋本さんの宿, ここ魅力に, ここ穂高岳に列なっ, ここ空家かしら, ここ竹童そッくりの大, ここ笠屋町ですが, ここ等辺の人, ここ箱根の険, ここ篤と利運の, ここ紙帳の外, ここ終えたら今日は, ここ絶好な機会, ここ維康や, ここ織田方の旗色, ここ罷めることは, ここ美作の高原, ここ美濃の国, ここ翠屏山における, ここ聚楽第の主, ここ聚議庁から指揮, ここ肥前長崎港のただ, ここね, ここ脱文ありと, ここはあなた, ここいッぱい, ここ自動電話だから, ここ興亡のさかい, ここの一帯, ここ芝生の上, ここ花見の酒宴, ここ若い女学生が, ここ苦心さんたんで, ここ茅屋の宮廷, ここ荒海の岸辺, ここ華州華陰県のすぐ, ここをはらっ, ここ蝦夷にもあった, ここ裾野へ来る, ここ西山の山ふところ, ここ西山荘の庭, ここ西洋菓子の間, ここ見られないのかしら, ここ見返している, ここの酒屋, ここは養家, ここ許昌の都, ここはそこ, ここ谷中の草道, ここ谷川の船頭, ここ越えてゆか, ここ越前と近江, ここ足かけ三年間に足利義昭, ここ輦溜りの供待ち, ここを少し, ここ迄で清算, ここ迄に至ると, ここ迄を昨夜女郎に, ここ処を, ここ退くな, ここ退散のおしたく, ここ逆転して, ここ通しては足利党, ここ通ってるんだ, ここ連年にわたって祁山, ここ連年越後遠征にその, ここ連戦連勝の勢い, ここ連日の苦闘, ここ連日増加して, ここ連日黄は日参, ここ遊女屋の楼閣, ここ過ぎり街に, ここ道了塚へ参り, ここかに何となく, ここ坐村, ここ長くとも五六年, ここ長浜の城, ここ長門の府中滞陣, ここ開けよ開けよと云うなら, ここ関東から上方, ここ附絡うを, ここ随一の流行妓, ここ隠者の兵学眼, ここ離しおれと, ここ離庵の左膳, ここのない, ここ雨宮の渡し, ここ霊山を発足, ここ青山長者ヶ丸の谷あい, ここ革新軍の首脳部, ここに聞く, ここ音づるる何故か, ここ須臾の間, ここ頼みありきたまひ, ここ食堂の光線, ここ飯田町の先生, ここの陣気, ここ鳴りをひそめ, ここ麻生う山, ここ黒血川辺のすすき尾花, ここ龍泉寺山はその