青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ける~ ~けれ けれ~ けれど~ けれども~ ~げ げ~ げに~ げん~ ~こ
こ~
~こい こい~ こいつ~ ~こう こう~ こういう~ こうした~ こうして~ こえ~ ~ここ

「こ~」 10849, 104ppm, 1040位

▼ こ~ (1988, 18.3%)

45 ありません 43 して 38 ない 25 如何に 16 ごは 13 ありませんよ, そもいかに 12 かつた, ないの, ないん 10 されて, 人の 9 ばつて 8 くて, ないよ 7 いかに, いわ 6 いもの, した, したり, 逍遙子が 5 すの, ないから, なかった, ねえが, 彼の

4 [15件] いかにと, いの, い目, さない, したこと, したの, しに, ないと, ねえよ, 云った, 奴隷ど, 實に, 意外な, 無い, 黙って

3 [23件] ありませんが, あるまい, いことは, された, し, したやう, しました, ないが, ないさ, ないし, なしに, ねえん, 世に, 何事, 何事と, 固より, 日の, 汝の, 無いね, 無い好いや, 生の, 確に, 自分の

2 [142件] あたりを, あとから, ありゃしない, ありゃしないよ, あれど, いかにそこ, いだらう, いとけなき我が, いはでもの, いもんか, いよお父さん, いるだよ, いんですもの, い顔, うちへ, お兼, かくれ遊び, かれが, がらなかつたか, がるには, がるの, くもない, ございません, さうに, さずに, されたといふ, されたり, される, しだよ, しにか, し方, す, すさまじき姿, すっかり人嫌い, すと, すに, すばらしい手札, そうで, そっと呟いた, そもいかなる, そもなんと, そも如何, そも怎麼, ただおのおの, ちゃんと自分, ときどきうち, どうし, ないけれど, ないでしょう, ないわ, なにか, ねえから, ばらせて, ばるやう, ふるえて, まことなりけり, また笑った, やの, ゆっくりと, らが, れる音, ポツジヨが, ヱネチアの, 不思議な, 中将の, 予に, 人を, 仕掛を, 何の, 何事に, 余が, 北沢村の, 午めしの, 友達の, 古の, 右手の, 吉野の, 唸った, 啻に予, 固い決心, 夙に永井荷風氏, 夢か, 大なる, 大蝶丸, 好き獲物よと, 姫君の, 専属の, 専門家である, 小尼公, 小屋の, 山代の, 当時は, 彼が, 心外な, 心霊学協会の, 怎麼に, 怪しと, 情の, 成語を, 我がため, 我に, 我も, 手まねを, 抑いかなる, 掌の, 時間を, 月の, 朝かげの, 本に, 本を, 森か, 死んで, 母の, 水の, 水面を, 沖着のぼった, 溜息を, 無いと, 片岡中将の, 畫工の, 硬ばった顔, 科学者の, 終の, 続けた, 縁台から, 考えこみやや暫く, 膝が, 自分を, 船宿, 芸術を, 訝しそう, 話を, 足を, 跼んで水, 跼んで草, 踏んだ魚, 踵を, 車の, 釣りの, 頷いて, 頸の, 鰈を

1 [1238件 抜粋] あえて本書, あたかも土佐狩野, ありませんからなあ, ありませんこの, ありませんね, ありません本人, ありゃしねえ, ありゃしません, あるまいから, あるめ, あわれと, いお顔, いかにすでに逃げ, いかにその, いかにとて, いかにわれら, いかに乞食体, いかに他, いかに前面, いかに城, いかに宝丹, いかに彼等, いかに我身, いかに新九郎, いかに洞窟, いかに紛, いかに赤き, いから, いからゆくな, いくらゐ, いくらゐです, いつと, いづこ, いと妙, いと思つて, いと言つて檻, いなあ, いは, いぶかしと, いもんだ, いわねえ, いんですから, いナ, い声, い病氣, えせ風流, おしませんよ, おもしろきこと, おん身の, お情けなし, かく帶, かぐは, かつたん, かなわじと, かねて新聞広告, かの光, かぶとむしの, がって, がらせないやう, がらないので, がらなつた, がられるが, がること, がるタチ, がる事人, きこと, くっくっと, けれど遁, ここに, このまま, この嚢, この大, この碑, この麻, これが, これただの, これなる, これまったく, これわれこそは, これ何の, これ公園地内に, これ我が, ございませんが, ごはながら, さうだ, さうな毛, さと, さねえ方, されことごとく, されたの, された事, された人, されましたが, されるだけでも, されるわけ, さ半分, しせん頃久しぶり, したと, したん, した不体裁, した場合, した後, した物語同様, しだそつと, しちや, しっこは, しです, しなあけすけ, しな惡口, しましたので, しや, し始めたの, し工場, し損, し熔鑛爐, すが, すし, すでに多く, すとも, すべきもの, す勝手, す気持, す音, その中, その前年, その富登, その発見者自身, その薫, その際兇器, そもいづくの空, そも不思議, そも何, そも其, そも如何なる, そんな初心, たが, ただ他人, ただ便利, たふとき, たまらじと, つとめて, とても駄目, どう思う, ないお, ないだろうな, ないで, ないとも, ないのに, ないよう, ない何とか, ない少女, ない筈, なかなか困難, なさけない仰せ, なに, なにを, なに事を, ねえ, ねえぜ, ねえだろうと, ねえや, はこきつね, ばつたまま動かなかつた, ばつた筋が, ばつた表情で, ばらせでも, ばりは, ばる病, ひとむかし, ひとりハルトマンが, まことに其故, まことに然も, また不思議, また如何, まだよくも考えぬ, まだ始め, まみあげ, みなで, めざましき誇り, めづらしきもの, もつべき筈, もと, やがて香玉, やまとのとは, よき朝, よく煮立つらし, よもすがら心, らしい人, らを, れるぢ, れるもの, わがその底, わがもの, わが個想, わが出納, わが彼, わが期しいたる, わが聞かん, わが讀みたる, わが願ひも他, われ一人に, アヌンチヤタが, エーネアが, キリスト教が, サラチーノ人または, テルラチナの, ディオニュシオスの, トレーケー郷の, ナルコムプロス, ハルトマンが, ピストイア附近の, フラア・マルチノの, マカロニだけ, ミケーレが, ヱスタの, 一の, 一二九五年ギベルリニ黨が, 一人の, 一日籠城, 一月以来夜と, 一般に, 三たり, 三野の, 下七五の, 不忍, 不思議と, 世の常の, 両手で, 乃ち我より, 久米の, 乱心し, 予てよりの, 予も, 事難う, 二重に, 亮軍師には, 人に, 人倫の, 人物の, 今こそ, 今ゆきし, 仏の座と, 他人の, 仮字, 伊太利第, 似顔の, 何ここに, 何と, 何なりや, 何を, 何事かと, 何事だ, 何事やらん, 何処の, 余りな, 例外で, 偸安と, 兄者らしく, 光の, 全き, 全く誤謬, 兩端に, 其はじめ此七個月間の, 冷なる, 分明に, 刹利, 前日の, 割合に, 勿論に, 勿論娼婦型, 十五に, 千九百十一年, 千百人中の, 単に富士神仙説, 単に車, 去年の, 又意外, 口惜くも正なき, 古き語り草, 君なりしかと, 吹きや, 唯だ, 問題の, 單に, 嘗てその, 因明に, 國史の, 堅城の, 塵芥だ, 外つ, 多分トリゴオルト, 夜業を, 夢魔のみ, 大きくなりました, 大伴の, 大后, 大理想, 大阪未決監獄入, 天つ, 天に, 天上より, 天使ガブリエルが, 天照らす, 夫子みずから言う, 奧妙深遠に, 好きことを, 如何な, 如何にと, 子らよ, 宇陀の, 実に, 客に, 家の, 富山県の, 寧ろ寥々, 審美上に, 専ら十九世紀, 小林君の, 小説に, 山蔭の, 山靈への, 工神ヘファイストスの, 已むをえざるにいづれば我は, 帽を, 年老いたる旅人, 幽世, 廣義の, 当楼の, 彼れ, 彼等海に, 往日これの, 御在, 徳川時代の, 必ずしも交友, 必ずしも我関, 必ず君, 志都歌の, 思いがけない殿様, 思いも, 思ふに, 怪しやと, 怪やと, 恐らくは世俗, 恐らくは八方, 恒に, 悒き, 悲劇に, 情愛を, 憲宗時代に, 戀の, 我が子, 我が幼, 我が抒情, 我が決して, 我これを, 我には, 我姿を, 我等の, 我評を以て, 抑いかに城壁, 抑も, 拿破里又, 支那の, 政府より, 敵わ, 文書と, 既に日の入りはて, 日蝕の, 明治における, 明清時代には, 昔われらの, 昔春の, 是れ, 時論の, 最大切, 有様と, 有難しわれ, 朝鮮から, 本所なる, 条件の, 案外と, 棄ておくべきに, 槍持ち, 欧羅巴の, 正々堂々が, 正にアルプス山脈, 此等と, 武男が, 歩いて, 死を, 殺さるるに, 殿の, 母上の, 比較的佳句, 水牛を, 永久よりも, 汝より, 決して誇張, 沒却理想の, 泣きました, 泥ばめる, 活版業大村某の, 浦島説話の, 浮世絵のみ, 海岸寺といふ, 深き憂, 湖水の, 漫なり, 濫用し, 無いお, 無いし, 無常の, 無明なり, 父上らしく, 牟宜都の, 特別の, 狐の, 独り春信のみ, 猛き, 玉と, 現とも覺, 理ある, 生ある, 田打を, 畏れ多いこと, 異しき事, 癈疾と, 白く子供, 皆君等が, 皆横死し, 直に移し, 眞の, 眼鏡の, 知らしめじとの, 神うれづく, 神仙説の, 神産巣日の, 福一なりと, 私が, 稻羽の, 篠原子爵が, 素より世, 終に一題, 縁の, 罪の, 美濃の, 老侯の, 聖火にて, 聞くもの, 膳の, 臨終の, 自分が, 自然の, 若い男, 荷田大人の, 葦原色許男の, 虚實の, 衣を, 裴松之が, 見落したり, 訝かし, 詩人に, 詩的形容に, 誠で, 誰なりし, 誰人の, 論外として, 諸天, 謄寫の, 謬る, 譬へを, 貴女ないしは, 資本家の, 路あり, 轂から, 近に, 迷惑な, 逆上召された, 遊覽の, 過分なる, 道子等の, 還矢, 都にて, 重詰から, 鉄の, 長きも, 門地なく, 阿陀, 陸上にて, 難波の, 霙の, 面妖な, 面白き業, 颶風の, 驚の, 高田駄平とて, 魂なり, 魏略に, 鷲を, 鼓の

▼ こ~ (670, 6.2%)

129 して 13 したり, しながら 10 持って 98 するの, ろ 7 した, する, ろに 5 しよう, ろこを 4 しても, しました, するよう, もらって, 取り出して 3 さがして, したこと, したま, しましょう, し乍ら, すること, すれば, もって, やつて, 見ても

2 [37件] ころすぞ, したの, しようか, しようと, すると, するん, する小学生, せいの, だいじそう, とろことろ, どりを, みせて, もらう事, やって, やつた, カタンと, チヨンと, 一つだけ, 一家族寄つてする, 出して, 吹きならしました, 抱きよせようと, 押えて, 捺して, 曳いて, 濡らしちゃ, 登るの, 着て, 知らず, 行かば, 見せて, 見たが, 見よと, 言つたのだ, 開けて, 飲んで, 飼いたいの

1 [325件] あけて, あげるわ, あさましとい, あやしと, あらためて見なけれ, あんなこと, いきなりチヨン, いたしましょう, うけとりそれ, うちならし, うべな, うら, うら口の, おきて, おくつた, お見せ, お見舞い, かう家, かかえて, かけて, かさし, かってから, かついで, きせられほつぽ, くべて, くれるの, くれれば, これよ, さけようとして, さして去る, さして往かん, させなければ, させられて, させれば, しきりにさがし, しごきながら, したいと, したが, したって, したという, したところ, したのよ, したばっかりに, したまま, したもの, したよう, した学生, した方, しちまいやがった, しっかりかかえ, してから, してたん, しては, してるいつも, してるところ, してるの, してるのにな, してを, しない, しないか, しないでも, しながらに, しはじめたの, しましょうや, しましょうネ, しますからね, しませうか, しませうや, しませうよ, しませうよう, しようね, しようよ, し始めた, し組打ち, すえて, すつなさけ, するから, するくらいに, するし, するつもり, するなんて, するに, する会, する位, する大将, する婆さん, する時, する根, する遊び, する青蛙, たくさん飼っ, たたけ, ただと, たった一匹, ちらすよう, ついて, つかまえた, つかんで, つける事実, つらまえて, つれ出して, とおって, とりかえしたの, とりかえして, とりまきました, どうした, どこへ, どりした, どりして, どりしました, なさい, なさるの, なしつつ, なにに, なんとかし, ぬすみそこなったあわれな男, ぬすみました, ぬすみ出して, のせて, はかと, はじめたの, はじめました, ば家と, ひきかえに, ひとつお, ひろい候, ふいたの, ふいたので, ふろしきに, べつの, まわって, みごとに, みせるつもり, むいて, むきました, もどすとき, もらいに, もろ, やったりなんか, やらないか, やりだした, やります, やり世間, やるぞ, よろよろしょっ, れるを, わきに, アレースの, ギューと, テーブルの, 一つ持っ, 一つ買う, 一羽食っ, 七匹ばかり, 上座と, 並べ尻, 乾して, 人家ある, 今共に, 仕過ぎて, 作って, 作らされ海軍, 作りに, 作れと, 入った路地, 入れた鳥籠, 入れて, 全部二人の, 兩軍に, 出させようと, 出すと, 出そうと, 出よう, 利用した, 力いっぱいにぎりしめられ, 協同で, 取って, 取らしめて, 取りて, 受けしは, 叩いても, 叩く水音, 向いて, 向いても, 吹いたの, 吹きながら, 吹くん, 善くす, 嗅ぎて, 噛み伏すしかれども, 固む, 報ずべくわれ, 大きくし, 如何に, 妹に, 始めた, 始めると, 室内に, 家へ, 寫し畢, 尋ねても, 川に, 帳面に, 床の, 延ばして, 引鹿猿たぬききつね鳥類物数の, 強いた, 念ふ, 恋人と, 愛しとお, 抑えて, 抱えて, 押えたの, 押え降参, 押へ, 担いだ百姓姿, 拒けて, 拔き, 拔き食む, 拭きながら, 拾ひ上げ, 指さしながら, 指すとも, 捉えて, 捨つてそつと, 捺したよう, 掘ったの, 探って, 掴んだ, 携へて, 摘んで, 擔ひ, 攫む, 攻めても, 救ふべく, 散すやう, 敷きその, 曳きながら, 書いて, 植うべき, 残して, 殺しつとて, 気味わるがっ, 汲み乾せば, 沢山とりあげ, 流しに, 混じ與, 燒き棄てん, 率ゆ, 盗みに, 目がけアキルリュウス, 目的に, 看たる記念, 真とな, 眺め, 眺めたるアテーネー, 眺めたるヘクトール憤然, 着てるでね, 着なくつて, 知らないん, 石の, 確かに, 神の, 神明の, 私共は, 突いたので, 競争する, 納めて, 納受する, 繋ぐ, 繰り返すばかり, 置いては, 罵った, 聞きつけて, 聞きながら, 自分の, 與ふ, 著て, 見せたまえしょうこを, 見せました, 見せよう, 見せられては, 見せること, 見た, 見つけなければ, 見つけに, 見つけよう, 見て, 見よ帚草, 見よ笑, 見ると, 見るにも, 見守りながら, 覗いただけ, 言つて朝日靴など, 言ふ, 訝りて, 試験管を, 請はる, 貰って, 賞でずや, 走るやらんしばらく, 載せな, 輕, 輸入した, 追っかけて, 通るからね, 過ぎて, 遣ったと, 遣ってもな, 遣つたり, 酒の, 重吉は, 開くと, 陣營の, 集めて, 雷霆の, 頂戴する, 飲まば, 飼う箱, 飼って, 首尾よく, 馬に, 驅くる, 鷲攫み

▼ こ~ (648, 6.0%)

43 なって 20 ありや 14 して 6 立って 5 ありやと, あるか, なつて, 置いて 3 ありしや, なる, なれば, 入れて, 取つて, 身を

2 [40件] あったか, ある, あるかを, あるやを, いるか, おりるだし, これも, するて, たって, ちぢこまって, ついて, とびました, なった, なったという, なつた, なると, ひっこんで, ましますか, ビールを, 並んで, 云った, 出て, 去るや, 取って, 四十面相の, 坐って, 声を, 寝て, 居て, 手を, 発見され, 睨んで, 私を, 空いて, 立ったまま, 精を, 組みあわせて, 結って, 見て, 首を

1 [447件] あぐらを, あっても, あつた, あとで, あの子, あやされた, あらむかと, あるかという, あるぞ, あるであらうか, あるの, あるもの, ある掘ッ立て便所, ある菩提樹, いいました, いたほう, いた中村警部, いついかに, いつかの, いて, いよるなあと, いる, いるの, いるもん, いる青年, いれば, うごかした, うずくまったまま, うずくまって, うそを, うつむいて, おいて, おきました, おさめて, おしやられて, おじょうさんを, おなりなさらぬ, おらるるか, おらるるやら, おるやらん, お在せられましょう, お小用, お母さんらしい, お遊さん, かいづこにか, かきたれ, かぎを, かくれると, かけさせて, かけたまま, かしいで, かじりついて, かなお貴, かなづさふべしや, かもの, かわして, かわれは, か月の, きみは, くれた, くれるという, けぶる黒髪, このごろ悪い, この心, この極端, こむ, ころがって, ころがるたる, こんなことば, ご臨席, さぐりよって, さし出て, さわったの, さわっては, した, した君, しましょうか, しゃがんで, しや, しようと, すがって, すべるよう, すめるも, すり切れて, する事, すわって, すわりこんで, ずっとすき, そういう流, そこに, そのままに, その寝台, その黒い, それから, そんないい, そんな所, たくさんなら, たち止まっては, たらして, だき合って, ちがいありません, ちは, ちょこりん, ちょんと, ついてる狐, ついの, つくられた列, つけ彼, てむかいを, とっちゃ, どなる, なったきり, なったまま, なったり, なった国内事情, なった自分, なってからは, なってたのに, なっても, なでて, なりかけると, なりがち, なりましたが, なります, なりめずらしく, なり耕平, なり自分, なり足, なるから, なること, なるであらう, なるよ, なる口調, なる心地よ, なれるの, ねること, のこる, のびたまま, はいったあの, はなつて, はねつけて, はりめぐらして, ひがし西の, ひく日本ふう, ひそんで, ひっかかって, ひっかけられるの, ひとつ丹下様に, ひとつ鈴川さまに, ひらいて, ひらくと, ひろがって, ぴょっこり顔を, ふった, ふって, ふとった人, ふりました, へたばって, ほこりを, ほとけさま, ほらごらん, ましますや, まみれその, まわって, まわりなか, みんなで, むかふと, むけて, むずかしい顔, もうしろ, や, やっと三人分, やもいかで, やるの, ゆきぬらむこよ, ゆくも, よませるもの, わきたって, ゐしや, カピを, サービスを, シャツ一枚に, ハッキリとは, ピストンの, ワイシャツに, 一人坐り, 三つの, 三四軒は, 下を, 与えられた, 世話を, 丸めて, 二つなら, 二人分の, 五つなら, 人に, 人を, 人指し指と, 会って, 伸子が, 似たもの, 住めりや, 住もうと, 体を, 何か, 何だかわけ, 作蔵じいや, 価しないそれ故, 候, 候日向ぼつこは, 傾くの, 光る月, 兩足を, 出たと, 出ました, 前に, 前方だけ, 動乱の, 勝そうだった, 南の, 取られなぃように, 取るには, 取るの, 取るよう, 口を, 口説いて, 向かうの, 向けた, 向けて, 向って, 向つて, 向ひし, 呑牛が, 和一郎の, 和太郎さんは, 喉も, 土を, 在すか, 在るか, 坐ると, 墨で, 墮ち, 売って, 夜具に, 大い池, 大きなキルク, 大きな金庫, 大奮闘, 大月玄蕃と, 大煖炉, 失せて, 如何なる爆発, 存するか, 定められて, 家々を, 家じゅう病気し, 家郷は, 宿する, 寝るだけで, 寝台の, 寝室から, 小さくな, 小林君は, 少しも, 居たと, 居らるるやら, 居ること, 居る娘, 屹立し, 巧に, 己れ, 帰って, 帰るぞ, 平家の, 座を, 引きつけられたり, 当の看護婦, 彼の, 彼らある, 御者が, 徹夜を, 忍んで, 思ひ出しながら, 息を, 惚れられて, 成って, 我を, 戦っても, 手下の, 投げこんだ, 投げつけた, 抛出した肖像畫, 持って, 持つから, 指の, 指導原理あり, 指揮者に, 挙げさ, 振りながら, 捨つべきや, 据えた機, 敵のか, 於ても, 施さん, 明智探偵と, 時計を, 曲つてその, 書類に, 木の, 木片を, 木造の, 本の, 来ると, 染めて, 梭の, 梯子段を, 横に, 櫂の, 歛れり, 止まるならん, 正直な, 正観は, 此騾馬と, 死處を, 民主的団体の, 気を, 氷を, 永く人, 求むるや, 求めても, 沸らせ, 泊り歩いて, 洗いっこしよう, 海水が, 湯と, 源を, 濃藍, 炬燵に, 為てるん, 無限の, 熱中し, 牢舎された, 物を, 生ける屍, 生しやすからなあ, 用いるの, 田沢の, 男と, 留守居を, 番み合っ, 番人が, 白くぬった, 白布の, 白雲の, 盃形の, 目鼻を, 直すの, 直接または, 真っ黒な, 着ませうよ, 瞬いては, 石の, 石橋山で, 私は, 秋を, 秦皮の, 積み重ねた, 積んで, 空虚の, 窓から, 立たされるところ, 立ちてたづぬべき葡萄, 立ち迷ふらん, 立つて, 立てて, 筆を, 筆をと, 紙の, 組みあわせたろうやの, 結いつけて, 結うて, 結ったの, 絹の, 緑ちゃんも, 線が, 繋がれたる, 罐詰の, 置いたの, 置きしかを, 置くため, 考えて, 肥を, 脚を, 腰かけたの, 腰かけると, 腹を, 自分が, 至って, 至っては, 色の, 花の, 若い女, 荷物も, 落ちこむし, 落ちこんだの, 落ちつきしかど, 葦が, 蔵めて, 薄赤く, 蚤を, 行かんとは, 行きその, 行きぬらむこよ, 行くもの, 被って, 見いって, 見くらべて, 見比べて, 言いはった, 話を, 走った, 走って, 近づきそくど, 迷えるかを, 逃る, 逼ひあが, 酔って, 重い背嚢, 鉛の, 銀杏返しの, 隔週の, 隙見し, 集まつた自分達, 露命は, 青年の, 静かに, 音痴と, 飛びついていぢくりまはした, 食ひつい, 食われるの, 飯を, 養って, 餌を, 馴れて, 駄目な, 黒くて, 鼠の

▼ こよい~ (518, 4.8%)

18 のうち 5 はお 4 のこと, 一夜は 3 の夜半, の御, の用心布令, はもう, は悠々, も彼, 限りの

2 [29件] ここを, こそ, こそは, にかぎっ, にも, に限っ, のお, のご, のよう, の夜襲, の宿, の彼は, の敵, の暴挙, は, はここ, はことに, はその, はどうか, は一, は上元, は充分, は城内, は寝, は帰れぬ, は星, は酒, を最後, 亥の

1 [408件] あたりひとつ黒木の, あたりまた, あたり城下の, あなたは, お出立, お別れ, お縄目, お連れあった, お館, か, かぎり, かぎりよそへ, かぎり腹心の, かぎり西山荘の, かな, からさっそく, からはあれ, から余, から夜, から明け方, から某, から陣, が初めて, が最後, ここの, こそおのれ, こそとそれ, こそはいかにも, こそは抱懐, こそ一気に, こそ司馬仲達, こそ吉良上野介, こそ張飛, こそ彼, こそ追詰め, この城, この絶景, この附近, これから私, これに, そっと伴, だけで, ついに光秀, でみんな, で終った, とのさま, になっ, にも動きかけ, にも武総, にも訪れ, に迫る, に限り夜空, のいくさ, のうち二万金, のうち室, のお客様, のお迎え, のそうどう, のため, のぶな, のみはこの, のや, の一挙, の下手人, の不慮, の丑, の中, の中入り, の事, の二人には, の亭主, の人数, の企て, の会の, の八刻の, の兵食, の出来事, の初, の勝ち軍, の叛乱, の名代媒人, の命, の喧嘩, の地獄, の夜半あたり, の夜更け, の夜討, の大, の大事を, の大雪, の奇襲船隊, の婚礼, の宴, の宿直, の宿舎, の寝ずの番, の座, の御馳走, の急襲, の恥, の態, の手配, の攻め, の敗れ, の晴れ, の暴風雨, の曠, の曹操, の最終, の木枯し, の様を, の横山攻め, の歓喜, の武器, の武運, の灯, の燈下, の物語, の玄蕃, の用向き, の目的, の眉, の祝言, の私情, の空, の紹介役, の縁, の罪, の聟どの, の肱, の花嫁, の血祭もの, の行動, の襲撃, の言, の計略, の試合場, の豪華な, の貧し, の責め, の貴賓, の足利軍, の途, の門, の関羽, の霧, の顛末, はあなた, はうち, はおもしろい, はおろか, はおん身, はお前, はお迎え, はからずもこの, はかれ, はこうして, はことさら, はこの, はこの世, はこれ, はご, はご苦労, はそち, はそもじ, はそれ, はちと, はどこ, はなにゆえ, はほど近い, はほんの, はまだ, はもとより心から, はゆうべ, はイイダ姫きのう, はイギリス, は一つ充分, は一つ説明, は一世一代, は一人, は一半兵衛重治, は一月十五日, は一身, は三島明神, は久し振り, は亡君, は仕方, は休み, は休め, は何ぞ, は何となく, は何事, は何処, は何村, は何館, は侍従宿直, は内々, は参籠, は又, は土饅頭, は多少, は夜もすがら, は夜露, は大, は大勢, は如何, は嫁方, は実に軽々と, は宿陣, は将士みな, は少し, は常, は年, は当家, は得, は御苦労, は忍び, は快い, は恐らく, は悠, は愛宕, は懐かしい, は戦い, は戻る, は戻れ, は扇ヶ谷, は改めて, は旅, は旅舎, は早目, は星明り, は是非, は時親どの, は曲げ, は月, は櫓, は欣しき夜哉, は正季, は水, は泊っ, は法師野, は洛内, は海津, は満月, は灯, は灯影, は特別丹念, は珠, は皆, は祝杯, は祭, は秀吉, は私, は約束どおり十本勝負, は義貞ひとり, は聟, は臥房, は花聟, は藤吉郎, は諸所, は谷, は近侍, は遊ぼう, は遊蕩, は野宿, は鋭い, は雪, は頼朝, は風, は飲ん, ばかりはその, ばかりはむっつり, ばかりは直義, ひそかに, ほどおもしろかっ, また余り, また泥舟, まで父, も, もいい, もお, もお客方, もここ, もその, もまた, ももう, も佐渡, も出陣触れ, も土圭, も堂, も大きな, も宿直, も岐阜, も時刻, も更ける, も濠, も評議待ち, も鄒氏, も錦霜軒, わしどもが, われわれが, をかぎり, をはずし, を出でず, を過ごし, を過ごせ, を限り, 一夜でも, 一夜と, 一夜を, 一度に, 一晩休んだら, 一際らんらん, 万里の, 三人が, 不死人, 世話し, 久々で, 九天玄女の, 九月九日の, 乾の, 二更の, 五つ半までに, 会えなければ, 伝右衛門は, 六百人と, 初めて伺いました, 初めて沁, 初雪見参の, 劉延の, 助太刀三名疾く, 十一月十三日の, 十時に, 千種殿の, 周瑜が, 四更の, 四月十九日から, 四高弟の, 国賊を, 城中で, 城中に, 変装し, 外濠に, 夜に, 大垣から, 大賓, 天を, 子に, 客として, 家康が, 寄る堺, 寝て, 尊氏の, 尊氏は, 少華山, 常在寺の, 幕府の, 弥右衛門に, 待ち合せて, 御父, 急に, 戌の, 所用あっ, 手前は, 摺る臼, 敵が, 日頃の, 本意を, 来いとの, 来い会うて, 正月十五日の, 此方の, 武蔵と, 武蔵どのの, 汁講の, 深夜の, 無事で帰る, 父の, 父義朝の, 玄徳様が, 異変でも, 矢矧へ, 石母田外記の, 祁山の, 祐海が, 秀吉を, 秘かな, 絵手本でもと, 織田どのは, 義元は, 脇本に, 自分から, 董太師に, 見聞きし, 足利家に, 部下の, 酉の, 酒宴の, 門ごとに, 限りで, 限りでございます, 限りです, 限り勘当した, 限り又, 除夜の, 集まるという, 高徳の, 黄巾賊の

▼ こちと~ (436, 4.0%)

120 らの 65 らは 36 らには 21 らが 17 らに 12 らと, らも, らを 10 らあ 8 らとは 5 らでは 4 らから, らじゃ, らだって, らにも, ら仲間の 3 らだ, らにゃ 2 らで, らでも, らにや, らへは, らァ, ら気が

1 [80件] が利用, は出入方, は命がけ, らあしがね, らあなるほど, らかけ, らこう, らこんな, らじゃあ, らじゃねえ, らずれの, らその, らだけ, らだけで, らだけは, らだつ, らづれ出家が, らでなけれ, らとも, らなど, らなどは, らなら, らなら知らぬ, らのは, らはな, らやくざだ, らより, らアもらった, らアナ何も, らア写真を, らゴンゾも, ら一生懸命に, ら三十近くな, ら下々の, ら人足の, ら人間さまの, ら兄弟じゃ, ら同様細い, ら夜遁を, ら夫婦が, ら小石川麻布は, ら年中腰を, ら式がと, ら引っ込みが, ら悪太郎の, ら旗あ, ら日稼ぎの, ら早出だ, ら明日から, ら時計の, ら無筆が, ら無筆だ, ら猪八戒は, ら白浪渡世, ら真っ赤に, ら真珠とりにや, ら知った, ら臨時工夫を, ら見たい, ら親子がな, ら貧乏の, ら貧画生には, ら迄, ら風情には, ら風情は, ら馴染だ, 借りるうち, 彷徨うて歩き廻り, 捜しまわった, 探した, 探して, 歩かせた, 歩んで, 汗ばんで, 百姓が, 等の, 等は, 見廻は, 読むと, 長い汽車

▼ こ~ (387, 3.6%)

50 ちへ 4932 ちは 22 てす 17 ちを 13 ちが 10 ちに, ちも 6 ちから 5 たから, たね, たろう 4 たと, ちで

2 [14件] そりその, たな, たなあ, たよ, ちじゃ, ちだって, ちですよ, ちでは, ちでも, ちで勝手, ちにも, ちゃア, ている, てりと

1 [127件] から先, こう, こうまで, この棒, こらっ, そりここ, そり出ようとしても, そり次序, そり足利家, たい, たいくら, たいこいつ, たいヘッ, たが, たし, たぞ, たっていう, たつまらん小, たという, たねえ, たの, たのよ, たぱんぱんッ, たまた, たやがて, たよく, たら, たらもの, たら事, たろうここ, たろうねえ, たろうナ, たイ, た人違い, た僕, た内証, た分, た女, た折角, た拙者, た断念, た東奉行所, た湯, た現に, た竹, た紳士, た行くにも, た衛生髯ッ, た詰らない, た豪い, た遊びながら, ちがわが, ちだこッ, ちだったの, ちだね, ちだよ, ちだよと, ちです, ちですが, ちでののしれば, ちでムリヤリ, ちで一服, ちで恩, ちで手出し, ちで身, ちで音, ちと遠く, ちにゃ, ちはも, ちへと, ちへも, ちまった好い, ちゃ, ちゃあなかっ, ちゃあねえ, ちゃあねえや, ちゃあねえよ, ちゃあね一家, ちゃありゃ, ちゃある, ちゃあ可, ちゃあ女, ちゃい, ちゃござんせん, ちゃったら会わん, ちゃろ思, ちゃァ, ちゃ年, ちゃ思, ちゃ来やしません, ちゃ様子, ちゃ電話, ちバクチ, ち側, ち先生自身, ち向き, ち四分三十三秒, ち学校, ち引越して, ち手当り次第, ち遁げ, ち隣りです, つこッ, つと時, てえせめて, てお, てがす, てげす, てご, てございました, てございます, てごす, てさ話し, てすから, てどう, てな, ても持ち上がった, てり塗り, てるの, てる今日, て気, て身体, と笑う, と笑った, と笑顔, と鳴い, 殺されて

▼ こ~ (224, 2.1%)

26 ひだの 8 ひだから, ひだも 6 たへ, みじんに 4 やさん 3 ひだは, や, やのむす

2 [12件] たよりは, のよう, ひだお, ひだほら, ひだまで, ひだ助け, ひだ私に, も灯, ゆき, 微塵に, 白粉の, 雪が

1 [133件] いこじな, いまに, がえろ, が少し, が眼, こといわない, ことして, ことを, たかなし, たで声, たで薄暗く, たへ君を, たよりいひ, たよりかなたへ, たよりも, たより参る, たより呼びたまひぬ, たより啼きしきる, たより啼きしきるなり, たより奉行所へ, たより推参仕る, たより攻めるでござろう, たより現れ出でた, たより絃し, たより船差し出し, たより薬の, たより訪は, たより遣わす, ところが, なえ, なえらい, なぬくとい, なんだ, な旨い, な田圃, な赤樫, のね, のは, ひだ, ひだあちらを, ひだあの, ひだいい, ひだうちの, ひだちよつと, ひだぢゆう, ひだぢゆうの, ひだもな, ひだナラエが, ひだン所で, ひだ一人この, ひだ一晩に, ひだ三幕の, ひだ三幕物の, ひだ三河屋で, ひだ中からは, ひだ亡くなつた, ひだ亡くなられた, ひだ京都で, ひだ京都の, ひだ他の, ひだ内から, ひだ内の, ひだ内少し, ひだ出, ひだ坊ちやんと, ひだ大杉栄氏が, ひだ大水が, ひだ大雪の, ひだ奥さんに, ひだ履い, ひだ平河さんへ, ひだ府の, ひだ急用で, ひだ指輪拵へる, ひだ書いた, ひだ此處へ, ひだ渡した, ひだ町で, ひだ神戸の, ひだ私見つけ, ひだ竹さんに, ひだ自, ひだ芝耕の, ひだ見, ひだ變な, ひだ豐彦の, ひだ閑を, ひだ電話の, ほこりや, もなんだか, ものか, やがありました, やで, やにやあめ, やのおじょっちゃん, やのきれい, やのむすめふ, やの店, やの話, をお, をかつて, をすこう, をなすっ, をぬった, をふりかけ, をまきちらす, を傷, んだ, ア芸者子にも, 主人は, 事は, 人たちが, 人だ, 偏見と, 兵たち欲も, 兵どもが, 夜は, 惨状などは, 炭は, 煙管を, 爺い, 百姓たちが, 目がねを, 農村の, 道にも, 都の, 雪, 雪で, 雪の, 雪ふりしきる, 顔色を, 鮭皮靴の, 黒服を

▼ こ~ (212, 2.0%)

10 あねえ 6 あどう 5 ない 4 あ, あない, あなかっ, ねえ, ァねえ 3 あおれ, あねえぞ, あねえや, あるめ, アどう

2 [15件] あありません, あこっち, あちつ, あねえさ, あわかってる, あ何もかも, あ子供, あ屁, どうでも, ねえだ, へました, ァ分ってる, アない, アねえ, ア知らない

1 [126件] ぁありませんや, ぁさっぱりなくなった, ぁしねえよ, ぁどうだっていい, ぁない, ぁないよ, ぁねえ, ぁ俺の, ぁ出来ねえ, ぁ構う, ああと, ああなた, あある, あいう, あいけない, あおと, あお前, あお茶の子, あござんすまい, あさんざん, あしたか, あしたく, あして, あしねえ, あしません, あだめ, あできない, あできなくなら, あね, あねえから, あねえだ, あねえだろう, あほか, あまあ, あもう, あよし, あヒラメ, あ云, あ云わねえ, あ佳, あ出来ねえ, あ出来ん, あ勝手, あ古臭い, あ大きな, あ嫌, あ嫌ひだ, あ心得, あ心配, あ慥か, あ我慢, あ有りやし, あ構, あ止めた, あ気, あ清さん, あ滅多, あ爲, あ知っ, あ知らない, あ知らねえ, あ知らん, あ素人, あ聞きたく, あ覚えてる, あ言, あ言っ, あ近頃, あ関係, ええです, おらだ, かまはん, それゃ我慢する, それゃ日本人の, どでもええ, ないだ, ないよ, なかった, ねえよ, へに満足, へもなし, へ哥, わしゃ知らん, ァありゃしない, ァいわなかった, ァごわすまい, ァどこ, ァない, ァなかっ, ァ俺, ァ朝飯前, ァ東京, ァ知ろう, ア, アあとで, アありません, アありゃ, アしねえ, アそりや, アできない, アな, アなにも, アなら, アね, アねえかと, アねえでやす, アねえや, アまあどう, アわしも, ア俺だって, ア問題じゃ, ア百も, ア真平, ア知らねえ, ア知りません, ア知る, ア私ゃ知りません, ア言いっこなし, ホヤホヤの, 俺れ, 全然知らなかった, 内地へ, 安いわけ, 皆目知らんじゃ, 迎に, 迷信じゃよ

▼ こ~ (191, 1.8%)

21 云った 6 訊いた

2 [18件] あるか, いつも赤い, ごかいを, はいって, また訊いた, 云って, 先生って, 呟いた, 子供を, 抱いて, 暢びりと, 考えぶか, 落ちるにと, 蛇を, 足を, 通っても, 通りかかって, 頷いた

1 [128件] あちらこちらと, あったら取って, あって, あつくなっ, あつた, あつて, あまりおもしろい, ありました, ありますからね, ありません, ある, あるかも, あるの, あるもの, あれば, いいとか, いかぶせ阿弥陀, いなええ, いもない, いも家に, いよいよ上がりかけた, うれしい, えいと, おに, おほほほほ, おを, お文公, くさ, ぐんぐん大きく, さすや, すぐ通れる, するするつと滑つて, そっちに, つくとこ, つてゐた, つめたん, できて, できるよりも, どうしよう, どんなに喜ん, どんなに軽蔑, なれば, ねいろを, はじまってるか, はやり出しそれ, はら, ひ, ひっかかって, ひとふり, ひらかれるの, ましいやう, ましい氣, ましい申し分, ましい自分, ましさ, むきに, むこうの, めずらしかった, ゆっくりと, よいの, らしの, るるが, るるその, るるだけ, るるともした, るるより, るる蔦, るる衆, れいも, れこが, イヤに, バタであっため, モスク, 一しょうぶ終った, 一つある, 三輪の, 上に, 下にと, 二人昨日も, 二列に, 五つ並ん, 使はれ, 僕が, 入る, 入院した, 出て, 出来て, 出来るよう, 前から, 動き針, 原, 原安倍の, 反問した, 口から, 口を, 囀つて, 四五枚散, 多いから, 大嫌ひだ, 大空いっぱいに, 始まったの, 始まつたので, 寝て, 形似, 得手で, 御殿では, 意味する, 朱肉に, 来た, 来て, 流行って, 深川で, 物見に, 猛烈に, 生まれ両方, 異様に, 祭りにでも, 空いて, 立って, 考えなかったこと, 行くの, 見たいという, 通ったん, 釀した, 門の, 開いて, 飼って, 飾って

▼ こ~ (190, 1.8%)

26 へた 3 へ, よ 2 に御, に面, へたん, へてあつ, へ葡萄酒

1 [148件] あ俺ら, があっ, がこの, がたまらなくなつかし, が働くなら, が惜め, が見える, が鼻, こうして, こしらえて, さう, ためたさい銭, だのというもの, ちょこっと寝せ, であった, であつ, でかれ, でした, でしなやか, でそこ, でその, でそのまま, で九時, で句稿, で寝床, で引き出す, で昇級, で橋, で次, で牝牛, で牡蠣, で続け, で見つ, で迸出, で逃げ出しやれ, で這, で酌, で頭越し, というよう, という白痴, といったらありません, とおろし, とのいれまじった, とひ, と一日, と乗つた, と入れ, と出, と反る, と強烈, と愚かさ, と持ち込まれ, と教養不足, と無, と立ちあがっ, と立ち上つた, と綿, と背中, と言いねえ, と起き出し, と鞄, と魚, なぐられたらもつと, にすっかり, にそそられ, にもう一度, に七兵衛, に三田, に似あわず, に壓倒, に多少, に矢代, に見えた, のおそろし, のみでした, の事, はさすが, は世俗的, は八五郎, へさせ, へたらしい, へたりし, へた室が, へた柵が, へて, へてあそぶ, へておけ, へてくれ, へてさ植物学, へてそこ, へてね, へては下さらない, へてもらつた, へてやつ, へてやらう, へてやる, へてゐる, へて上げたつ, へて下さつた, へて吐く, へて置い, へて置く, へて見よう, へて遊びし, へて遊んだ, へなけあいけない, へなけれ, へました, へます, へられる, へるため, へるつて, へると, へるのに, へるもん, へ面白い, へ風船, もぐり込んだずおん, もない, も刷り物, も愚かさ, やってきたぞ, や愛, を少し, を思はせます, を感じない, を有, を観察, 人間らしくよろこび, 働かして, 出来るぞ, 即ち小説, 大きなお, 持つて, 早くお, 獲れるん, 積まさつて, 積んで, 落ちてる糸屑一本, 行くん, 行っちゃ, 見えた, 見える, 連れて, 遊ぶに, 集めて, 青い新芽, 食えの

▼ こじき~ (169, 1.6%)

31 むすめ 12 のよう 3 です, にばけ, の体験, の子, の顔 2 か, がひとり, でした, の子ども, をいたわる

1 [101件] が, がうずくまっ, がうつむいた, がこんな, がすわっ, がつくっ, がどう, がのっ, がむしろ, がもどる, がジロジロ, が松葉杖, が男, が立っ, が美しい, が諭吉, が近づく, が鏡, だからって, だってばか, だと, ってない, であっても, でしょう, ではない, でも, でもお姫さま, でも住ん, でも正しき, となっ, となり, とまでいわれ, と少年こじき, なん, におちぶれた, にお礼, にきせかけた, にした, にてつだわせ, になっ, にばけた, に化ける, に善根, に施, に行きちがった, に見える, のくせ, のしかも, のなき, のボロ, の体, の前, の太郎, の子みたい, の寝, の少年, の服, の狂態, の癲癇, の背中, の親分, の足, の銭, はかた, はけげん, はしなかった, はする, はそう, はその, はため息, はつきとばされる, はとうとう, はどこ, はにせもの, はへいきです, はべつにどうも, はみょう, はやがて, はよっぽど, は先生, は光子, は名, は心から, は心配, は手, は門, は鳥, もそれ, もみんなただ, をいす, をし, をつれ, をらんぼう, を三日, を三面鏡, を思い出し, を自動車, を見, を見る, を門, 呼ばはり

▼ こ~ (161, 1.5%)

48 はつて 16 はりも 13 はりの 6 はりが, はりなく 5 はりを 3 し, はつた 2 はしで, はつ, はつた気持, はり, はりなし, はりは, はるなかれ, はるのは, わッ, 船が

1 [41件] おしに, おれに, から構わない, それでもおれ, ぞ, ちのう, ちの中へ, ちの中まで, ちの御山の, てなけれ, ては榎本武揚, と思つて, なのよう, ね, ねえお客さん, はけ, はって来た, はつたの, はつた生活, はつてる, はつて云, はつて回想, はりかたが, はりつ, はりに, はり方が, はり締めきられた, はり通しに, はることは, はるな, はるわけぢや, はる所も, はる気持が, はる気持も, はる色も, はれる, よ, よおこす, よウ, わ, わね

▼ こ~ (128, 1.2%)

8 りくの 4 つてを 3 おそそ, つてゐる, 恋に 2 そこには, つた声で, つてばかり, つて來た, つて来た, 包の, 包みの, 私を, 行が

1 [89件] いいかげん白, いつか在らずなり, いづこ, いと理, ええが, おのが, かつての, きょうは, そう, だれ姫以上, つた, つたうつくしい, つたのも, つた像を, つた痺れる, つた見馴れぬ, つた話は, つた語調の, つて仕事を, つて力と, つて居る, ないでしょう, ない間柄, なくなって, なく立往生, なし, なしだ, ひいきも, ふさはず, まくら宝ある, まことに楽しい, またを, また和ぎたる, また徒, また心, まだ寢, やった, インフレ景気の, ッた唄い, ッて, 亦拿破里, 人の, 今では, 例の, 俵に, 僧の, 六尺は, 出なかったという, 包とを, 包に, 包は, 包みが, 包を, 千兩箱も, 参詣人多く花屋の, 同じな, 向かずに, 土かたし, 変りません, 天堂にて, 子の, 定数とや, 宜はず, 家つ子と, 家に, 宿賃二三百円を, 戀に, 戦場と, 掃き清めて, 散策の, 明け放ちてやすら, 暑気非常なる, 暗黒同様な, 朝廷との, 松の, 槌の, 樂な, 次へ, 洗濯に, 田や, 目に, 私の, 緊縮で, 肉闘の, 茂って, 荒涼たる籠城, 行方知れず, 詰らない, 道は

▼ こやつ~ (125, 1.2%)

3 のため 2 いったい何者, が, が担がれ, の仕業, の顔, を何者

1 [110件] いつのまに, いつ江戸, いよいよ, か, か血祭り, があでやかさ, があんまり, がこんな, がしゃべった, がまた, が入門, が喋った, が将来, が振りました, が敵, が曲者, が正客だい, が殺し, が空, が軒下, こそ財宝, じゃありません, でご, ではとても, でも立ち上がっ, でプツリ御見舞い, とてもあの, と一味, と察し, どうし, どうする, どうも臭い, なんとか有効, にあれ, にかかっ, にはルイ・ベッケル, にフウッ, に切支丹宗徒, に立腹, に足枷, ぬらりくらりと, のざま, のしわざだということだけはわかったが, のつら, のな, の差金, の目, の罪, の行状, の親爺, の身, の配下, はいか, はほか, は一羽, は不とどき, は不敵, は二番, は何と, は博徒, は尻尾, は店賃, は感心, は敵方, は武士ら, は狂人, は珍重, は目明し, は素人, は肉, は袁譚, は近ごろ入牢, は道場破り, まざまざと, もきょう, も今, も刺客, も敵, も楮幣, も水, も火あぶり, も親子諸共, も閑人, よくよく生まれながらの, を, をからめ取っ, をくく, をすぐ, をふん縛れ, を一気に, を介抱, を帰す, を庇う, を引離せ, を抛りこめ, を挫, を捕え, を狙, を狙うべき, を生かし, を西山, を討つ, 喰わせ者, 少し血迷っ, 引っ捕えい, 怪しからぬ, 斬れ, 止めぬな, 見えるの, 見たこと

▼ こ~ (120, 1.1%)

7 の清 6 のである, のよう 3 ができ 2 が出, だらけの, なりかつお, の出汁, の表面, はそう, は掛矢, を湯, 人若し, 寺うら

1 [78件] えと, えを, がある, がいなくなる, がくせ物, がしくしく, がつい, がとれ, がどう, がよい, が覗き, だけな, だらけだ, だらけな, だらけに, などはなお, なんかにびた一文, にささえ, にし, にはちがい, には鷲, に腰かけ, に足, のくそ, のごとく, のほう, の上, の八兵衛, の家, の底, の清さん, の稼ぎ, の話, の野郎, の顔, はこの, はしいたけみたい, はすぐ, はずいぶん, はまた, はもう, は手, は油, は油小屋, は眼, は重大, は顔, ほどの馬鹿, ようにも, をこしらえる, をしょいこん, をしょわされ, をとる, をもった, を使う, を出汁, を抜きだされ, を水, を熱湯, を突き出し, 不浄な, 人あり, 人こそ, 人で, 人であった, 出汁の, 出汁を, 己の, 巻ご馳走と, 巻は, 旨が, 泥, 泥じゃ, 泥た, 泥通っ, 甲斐も, 諸神, 顔を

▼ こ~ (103, 0.9%)

4 である, を聞く

2 [11件] がした, の互, の立ちき, は竹, をかけました, を聴き, 暑し, 渋るも, 湧きは, 澄みぬる際, 遠退きゆけ

1 [73件] ありがたしありがたし, がする, がよく, が今僕, が加はつ, が可愛, が幾つ, が急, が聞えだした, が聞えない, が賑やか, が走, が起りました, きかま, に耳かす, に鎖され, の, のこと, のみ我, の乱れ, の亂, の今, の凪, の大, の大いなる, の寂し, の意味, の愛し, の我, の美し, の遙けさ, の韻脚, は, はあれ, はときどき, は丹, は囁きつ, は夜かぜ, は幾たび, は既に, は秋, は雷, ふかき水, ほと, をのんだ, を古賀, を嚥む歟, を夜, を心もち, を思はせた, を急先鋒, を挙げ, を改めて, を求め, を窓下, を絶ち, を聞いた, を聴いた, を聴く, 寂びて, 愛し寝返り打て, 曇りたる, 深き苦悶, 湧きおこるしののめ, 粗き朋ら, 細く, 聞きし日, 聞きつ, 聞けば, 聴き倦みて, 透り来て, 高く嘶け, 高く透り

▼ こ~ (96, 0.9%)

3 行かうと 2 いづこ, おっことされるよう, 去るやを, 流れて, 行くか, 行くの

1 [81件] あんな太い, おさまるの, お出でなされた, お前お前さん君と, お父さんが, お落ちなされ, こ御, しみわたるやう, その手綱, それたと, それより, つめこむ手, であるか, なげこむとともに, なさ, なりと, なりとも, なり身, はいると, ひっこむよう, ひとり出で, ひッ, まいる, まわって, むけながら, もぐもぐと, ゆきますか, 三と, 乗っかりました, 乗りました, 伴い参らすぞ, 出かけて, 出しザクザク, 出た, 参り候, 参る, 参るの, 参ろうとて, 坐った, 坐って, 大あぐら, 大勢の, 奔る, 女房の, 寄つて承知しないらしい, 往くか, 心配な, 押しつけて, 捨てに, 放りだせ, 来て, 棒を, 歸る, 消え去ったの, 私の, 突抜けて, 置き直した, 臨んだとき, 落ちたとて, 行きし, 行きしか, 行きました, 行きましょう, 行くかという, 行った, 行ったの, 行ったもの, 行つて見る, 記入し, 誘うの, 走ったところ, 赴いたぞ, 赴くべきであろうか, 身を, 迷ふと, 逐電した, 連れて, 降りて, 頭が, 飛ばせようという, 黒い背広

▼ こほろぎ~ (86, 0.8%)

6 啼ける 4 の聲, の鳴く 3 が鳴い 2 が鳴く, のやう, の今朝, の恋, の歌, の音, は時雨, 啼く

1 [53件] いつの間にか見えなく, から始めろ, がゐました, がチル, が単, が女, が来まし, が身, が鳴き, が鳴きはじめる, でありました, である, と同じく, などが鳴きしきる, に鳴かれ, の一行, の交尾, の傍, の啼く, の夜すがら, の奴, の子, の汗, の髄, の髓, の鳴ける, の黝朱, は, はころころ, はそれ, はぼ, は床, は彼奴, は最も, は益々, は答, は粟畑, は野牛, は鳴く, までが恐ろしい, も今日, も鳴かぬ, も鳴く, をその, を待つ, を捕へよう, を聴く, を診察台, 啼きぬ, 啼くや, 夜もすがら, 近し廚, 鳴かぬ茅生

▼ こ~ (79, 0.7%)

3 一度龍華寺, 捺したやう, 捺したよう 2 まりの, 押したよう, 相撲を

1 [64件] あごの, あつた, いつのまにやら, お母さんを, からだつきこ細く, けっこうだ, げほう好みだった, こわい顔, ござります, しようがない, せう, そんな国際的寺小屋, ちょこちょこと, つかまって, ひっきりなしに, また歌ったず, ままごと遊びを, みな無口で, やった, ダンス, ブウブウ言っ, プッと, マロサマば, 一体に, 一等飛行士は, 丁と出たら, 七八年過ぎた, 主張し, 伸子は, 働哭した, 凝と, 勘定高かった, 受けたわけ, 口が, 四方を, 夜さり寝よう, 寝るぜ, 寝るッ, 寝る眼, 居るわいな, 平気な, 強情で, 急に, 担いで, 捺した如くキチン, 晩には, 果てるやら, 果てるやらって, 歩行い, 気の, 独りチビチビ飲ん, 狭い道徳趣味, 百舌鳥が, 皆の, 皿小鉢を, 立ち停ったが, 竹の, 終わるの, 縁日なんぞ, 聞いて, 自由気楽に, 茶漬が, 謡ばかり, 鉄屑の

▼ こ~ (78, 0.7%)

3 ている, てし 2 ていた, ても死, て溺れ, 徒の, 徒は, 方の, 等へ

1 [58件] から聞く, がさいぜん, が出来, が欲し, が画, が言った, こそじゃ, そうな, そう僕は, てしまい, てしまった, てしまふ, てしまふだらう, てその後, ても居ない, て來, て向, て困つ, て来さう, て死ん, て泥, て血鱠, て顔, でもした, になり, には及ばない, にもいれ, にも考え, にも銃聲ぱち, に散らばっ, ねえ, はちゃんと, はどう, はな京野君, は何しろ, は劉洋行, は貧乏, へこち, へ御, へ来, へ来りけり, まで病気, めばる, ようだ, を見おろし見すくむる, 向け日が, 向け日も, 向け牝牛供養の, 器用に, 岸に, 徒にとっても, 徒にも, 徒も, 徒らへ, 徒ら一同畑荒らし, 村と, 田と, 高い峰

▼ こちゃん~ (75, 0.7%)

2 が一緒, だってそう, どうした

1 [69件] おいて, おきて, がいい, がかりに, がこれ, がまた, がモスク, が亢奮, が書く, が病気, その方, だいぶ神経質, だけが物知り, だってまさかよく, だって家具, だって買え, だの, ちょっとまっ, ちょっとパッサージ, ですよ, としてはほんとにそう, どうして夫婦, どうする, なかなかいい, に, にがらっと, にはわたし, にもなかなか, にも人, に進呈, に都合, のはあと, のひっこみ, のロシア語, の予定, の方, の本, の気持, の自然さ, の趣味, の軽業, の顔, はああ, はうち, はきっと, はそう, はそれ, はそんなに, はたまさか, はどう, はわかった, はデイリー, は何, は品, は帰らない, は要するに, また忘れてる, まだ仕度, もう一つ, もねるだろう, も大分, も行く, らしい, をくれる, 何とかお, 出かけるよ, 殺されるの, 行って, 見るだけ

▼ こ~ (72, 0.7%)

764 ゆゑに

2 [11件] こそつみ, て死, て死なん, に, にあらず, には親, のみゑへる, の牢獄, を泣きぬ, 人よ, 初めしはじめ

1 [33件] がい, が悉皆, こひ, ぢから, ぢを, のうれひ, のくるしき, のみち, のみねぎ, の中, の戸板, の支度, の櫻, の簾, の緋モーセン, の藁, はにほへる, は又右衛門, は手紙, は状筥, は魂乞, びとだつたあなたに就い, びととひとめみることでさへさうでないか, びとなんかにしてしまつたこのことばかりは生れ, びとにあふやうに, や發心, をし, を繞, を造らせ, 女の, 慕ふ, 殿の, 衣装を

▼ ことして~ (64, 0.6%)

2 なぶるわと, 居て, 済むと

1 [58件] あきるまで, あたりが, あの女工さん, いいん, いやへん, えいことかなあ, おめ, お通, お金儲け, けるよ, それから国, たこと, たつて, どうするだ, どこか, もろたら困り, やっさもっさやっ, らちが, ゐたの, 一椅子横へ, 一生過ぎる, 一體何に, 下すっても, 今は, 仲悪なった思いなさったら, 兄さんはずゐ, 出でに, 叔父様なんかには, 大丈夫かな, 孟達の, 居りますもの, 平地に, 悪いと, 手を, 手古ずらし, 摺って, 書いて, 法律の, 泣いたり, 疵一つない, 答えた, 終いに, 罪を, 肚を, 自ら苦労を, 見せた, 貰うたて, 貰うと, 貰たら, 貰って, 賣つたこと, 遊びま, 避雷針の, 金持と, 附け込まれ手間, 雨まじり, 霞に, 飲もやないか

▼ こたび~ (63, 0.6%)

2 は途

1 [61件] こそと思う, こそと思ふ, こそはい, こそはと勇むつ, こそは正中, とてもまた, の上京, の和殿, の大, の工事, の論, の路用, の道づれ, の集, は, はこども砂糖屋, はさ, はしも汝達, はすべて, はほんの, はわたし, はアヌンチヤタ, はエネエアス, は主, は供奉, は別れ, は北伊太利, は原稿料三拾円, は又, は嬉し, は宵, は彼, は我これ, は我脊, は汝, は泣顔, は湖, は潮, は燃え, は牛, は生き, は直に, は聖母, は自ら, は貫一, は遊佐, は鋸, は青年手, ばかりは終に, もまた, もモラ, も姿, も強, も彼, も矢張ハムレット曲中, も絲, 初めての, 尋ねし勝概, 早稻田文學, 来たまひ, 讀むべき詩

▼ こはい~ (57, 0.5%)

4 ことは, 顏を, 顔を 2 のだ, のです, 事なんか

1 [39件] お母さんです, からつて, ことで, ずくの, ぞオ, ぢや, なぞといふ, には違, のである, のでお前, のでしかた, ので何, ので庭, ので本当, のと, のよ, やうな, やら, ゆめばかり, よ, クロック先生を, ツ, 世の中だ, 人でも, 先生が, 口髭に, 夢みたのよ, 夢を, 婆さんだらう, 幽霊かい, 御用, 御用で, 手術室から, 現実の, 眼を, 聲を, 顏で, 顔してらつ, 顔な

▼ ここれ~ (53, 0.5%)

3 は, はその 2 はどうも

1 [45件] がお母さん, がしっかり, が北, が眠り病, だ, っ, っ又, できみ, です, ではいかが, でもいわねえ, でも立派, とうとう, に覚え, はあんち, はあんまり, はいかん, はいっ, はいつか, はしかし, はなん, はまあ, は何, は失礼, は妙見, は戸倉老人, は痛い, は私, は触れない, は貞盛, は飛ん, は鷺江お雪, へ参れっ, まで敵, もよく, やあ父上, を, をひい, をもろう, を俺, を種, を見なさい, を見ろ, ァどう, 待てッ

▼ こぼるる~ (53, 0.5%)

2 ような, を, 木が

1 [47件] あたり目の下近く, あだし貴人, がごとし, が如し, こと, さえ道, ぞ, とある, といふ態度, なのでは, に, のみ, のも, ばかり, ばかりの世話女房, ばかりの仇ッ, ばかりの色気, ばかりの表情, ほどなる, ほどの抽出, ほど厳粛, もみじの, ようじゃ, よと見え, よ乱, 中に, 城ヶ島人間ひとり居らざり, 庭に, 日ざしなる, 月の, 月読の, 松に, 次第である, 次第なり, 涙は, 畦路に, 白無垢小袖の, 美談ぞ, 自然に, 花かごの, 茶の, 蜜, 血しお, 許りだつた, 露の, 風情これはと, 鬢の

▼ こはれ~ (52, 0.5%)

4 てゐる 3 か, てし, てしまひ 2 て, てゐ, て消えた

1 [33件] ごはれ, さうな美しさ, さうにな, たりした, たり戸, たり狂, ちやゐない, てしまった, てしまつて, てしまふ, てそこ, てばらばら, ても好から, てゐた, て了つた, て兩手, て大, て廻らなくなり, て水, て燒けた, て途中, て針, で造, と鐵漿, の機関銃, ものを, も直り, やうも, やすい, を御存じ, を詰める, 掛つた椅子にも, 易い陶器

▼ こ~ (51, 0.5%)

2 つめが, 山の, 独楽の

1 [45件] かけっこや, かへる, きつつきが, ぎたちはそれをみつけて, ぎのなくこえか, こや, ころころげろげろ, こん棒や, そのほか, つめさては, つめです, つめわしの, つめを, つめ答えぬ, つら三人, つら二人, つら二人父, つら二人逆怨み, つら何, なぎの, なア, ぬれと, ねの命, ねは神, ねは興言台, みなく, ツなにするかっ, ツ隠密じゃっ, 世に, 世の, 人に, 変な, 子供らしい, 小だいこ, 山, 平太の, 忍藻, 忍藻おれは, 敬虔の, 生糸の, 秋風の, 追いかけっこ, 鉛の, 阿駒, 鮭棒だら

▼ こちょう~ (49, 0.5%)

3 はいいました 2 が人間, でありました, に出あいました, のこと, のよう, の姿, はせみ, は死ん, は足

1 [28件] が昔, されて, にふたたび, にまがった, のご, のようす, のマンホール, の物語った, の野, はいっ, はおくれ, はまた, は勇ん, は彼, は心配げ, は怖, は抱かれ, は破れた, は空, は飛ん, は黙っ, もいました, よりもきれい, をかわいそう, を不憫, を見ず, を見たい, を追いかけ

▼ こより~ (47, 0.4%)

4 來る 3 來し 2 來り, 来れる, 汝の

1 [34件] いづこ, かいと, きたり, きたるや, きたれるか, でつ, もっとうわ, 來たであらう, 借り来たり, 先菊池博士は, 入來れる, 又いかに, 得て, 投ぜしか, 曳く愁, 月の, 来し水, 来たか, 来たりしか, 来たる, 来たるや, 来たる声, 来て, 来りいづこ, 来る, 来れるや, 生れ来り, 登りしとも, 秋は, 紙を, 語り始めむかと, 軽く扱う, 連れて, 飛来れる

▼ こ~ (46, 0.4%)

24 いて 2 くと

1 [20件] いた, いたぞ, いては, いて使, いて使つたあと, えて土手, かうと, かなき, かねえ, かれたといふ, かれても, かれますよ, きですよ, きでも, きました, き月, くの, く暇, けば, をやつ

▼ こ~ (45, 0.4%)

2 の姿

1 [43件] かな, かねがね楓, かびっくり, が, がおれ, が踏み, が転, だけはどう, だけはなかなか, なかなか喰らえぬ, なん, にかかっ, にかぶりついた, にはたまらん, のため, の仕業, の厚い, の落ち, は, はおれ, はすこぶる, はただ, はどう, はなかなか, はひょっと, はファッショ, は分析力, は唯, は大した, は平素地下, は知性, は遅刻, は邪魔, までピストル, まるで知性みたい, も無頼漢, も阿呆, をこの, をチッキ, 困ったこと, 怪しいなと, 殺して, 黙らぬか

▼ こ~ (44, 0.4%)

146 ちへ 3 ちに 2 ちは, といひ

1 [17件] そり其の, そり自分, たな, たらう, たらうねえ, たわ, ちこそ, ちでとまるか, ちで出し本人, ちで見つけなければ, ちにも, ちを, てりと, てり塗り, と叩い, と鳴き, ばかり云いよる

▼ こにか~ (43, 0.4%)

2 敵の, 鵯は

1 [39件] ある, ある彼等一, ある漫, うち囃す, うち狂ふ, さは, すずろげる, そのため, またも, もの甘き, ナロードニーキの, 一脚の, 何かを, 到らざらん, 去り波, 夜芝居の, 失踪し, 妨げられずば, 姿を, 彼を, 持去れる, 早鐘すら, 林檎の, 泊て, 洩るる鉄, 洩れきたる, 濡れて, 物賣, 猾き, 生きて, 病児啼き, 立ち寄られてか, 薄日さし, 赤い花火, 身を, 運び去られて, 鈴の, 隠れて, 鷄の

▼ こ~ (40, 0.4%)

3 ちゃんの, ちゃんは 2 えたし, えられねえ, えられねえなあ, え続けただ, ちゃん

1 [24件] えましょう, えやすへえ, えられたもんぢ, えられねえや, えられめ, えられ無, しらべだと, しらべで, しらべとして, しんぼうしなはって, だと, ちゃんが, ちゃんとか, ちゃんと一つお座敷, ちゃんと呼ん, ちゃん一件に, で延ばし, で焼いたら, ふにも, まりもち野茨, 今頃は, 仕残したこと, 当か, 板とか

▼ ここの~ (38, 0.4%)

1 [38件] お公卿, たわけっ, ていたらく, とおりあやまりやす, とおりお願いです, とおりで, とおりでございます, とおりに, どれか, ような, よ鎧櫃, 中です, 乾雲の, 人達に, 俺が, 俺を, 包みに, 女が, 婆め沙汰の, 子が, 家へ, 小輩め, 橋板に, 死人という, 濡れ燕はナ, 生れぞ, 私に, 私の, 証人に, 通りああありがとうご, 通りお詫びいたします, 通りで, 通りに, 通り証文を, 通り證文を, 阿女, 餓鬼い, 騒ぎは

▼ こつて~ (37, 0.3%)

53 すよ, りと 2 ゐる

1 [24件] ござんせう, したぜ, したなあ, しまつ, すな, すなあ, ねえか, はありません, はいけない, ばかりゐる, も, もありやしめえ, もあんめ, もい, もさせます, も何, も忌, ゐた, ゐますか, をります, 出て, 来ましてね, 死んだらしいんで, 死んだら身体

▼ こつんと~ (36, 0.3%)

2 音が, 額を

1 [32件] かたいもの, こづいた, した感じ, それきりある, たたいて, たたきました, つきあたった, ひとつくはす, ひびいて, ぶつけ天井, やったの, やって, やつた, 一つうなづい, 一つ頂戴する, 叩いて, 叩きました, 床を, 弾く, 当たった, 当たりました, 打ったはっと, 打ったら猫, 打って, 拳骨で, 殴った, 軽く叩いた, 障子の, 音の, 音を, 頭へ, 頭を

▼ こ部屋~ (36, 0.3%)

7 の者 4 の人足たち 2 のこと

1 [23件] からも五, から島, がこんな, だ, だけに限れ, だって, では栄二, で次郎吉, には人足, には全部, のなか, の中, の人間, の小頭たち, の掃除, の残された, の空気, はおれたち, へはいっ, へまわされた, へ帰った, へ帰る, をこんな

▼ こごと~ (33, 0.3%)

4 を言っ 3 を言い 2 をいい, をいっ, をいわれ, を聞き

1 [18件] が出, で空, なんて聞きたくない, はいうまい, はじゃま, は受けないでしょう, も言いませんでした, をいう, をし, を云わなく, を思っ, を聞い, を聞かされる, を言いました, を言います, を言い始めた, を言わなかった, を頂戴

▼ こはれた~ (33, 0.3%)

2 ギタアの, 窓から, 笛の

1 [27件] あとが, お人形, のが, のな, のに腰, のも, のを, んです, オペラグラスで, 丈で, 人形の, 凧と, 姿が, 心の, 恰好の, 扇の, 板塀に, 機械で, 機械の, 烏が, 硯の, 窓や, 竈は, 肋骨を, 自働電話, 蓄音機, 鐵瓶や

▼ こ~ (32, 0.3%)

3 せて 2 したり, ひが, を歯

1 [23件] うす, うず, しきこと, しそう, した, したので, しましたら下, しまた, せた, せ最後, せ申, つてゐ, でこッぴどく, ないはな, なかった, な屋, のめくれ, へず, を結んだ, を鑿, 屋根に, 梁は, 石を

▼ こじき少年~ (31, 0.3%)

2 はトランク

1 [29件] がはらばい, がひとりごと, が地下室, が思わず, です, にばけ, に変装, の乗った, の前, の小林君, はあたり, はいう, はくすくす, はその, はそれ, はだいた, はだれ, はどう, はびっくり, はやっぱり, はバラック, は三人, は両手, は木, は足音, は運転手, もずっと, も腹話術師たち, よりももっと

▼ こにも~ (30, 0.3%)

1 [30件] いずただ, きみが, その城, たてにも, ないよう, ない恐るべき, 今や戰利, 兩契機の, 六波羅者の, 塔らしい, 如何なる所, 宇治山田の, 心とまら, 成立ち得ないの, 更に大きな, 民族的問題が, 浮ばざりきしかれども, 矯飾らしい, 籍を, 罅生じ, 見いだすこと, 見えませぬ, 見られざる国, 見られるよう, 貴方の, 進歩發展を, 開かれて, 陽が, 隠されて, 青山あらむ海外にて

▼ こだはる~ (29, 0.3%)

54 やうな 3 ことが 2 ことを, ところが, ものが

1 [11件] ことに, ことや, とある, なこ, なと私, な物, ので, ものは, やうだ, やうで, やうに

▼ こはく~ (27, 0.2%)

6 ない 3 はない 2 の洋服

1 [16件] しばし止る, て仕様, て為方, ででき, ないが, ないぜ, なくなりました, なって, なり出したと, なる, なるくら, なるだらう, の服, の窓, はありまへん, はある

▼ こばやしくん~ (26, 0.2%)

4 とポケット小ぞう 2 とみずのく

1 [20件] がきみ, がだい, がへや, とみずのくん, にいわれ, のくびまできました, のむね, はこころ, はし, はすぐ, はすっかり, はせんこうてい, はどう, はびっくり, はむせん, はドスン, はロボット, は手, もここ, やポケット小ぞう

▼ こ~ (25, 0.2%)

32 やくだい, んこー

1 [18件] い水飮, うー, くすの, くす状, くす状鎔岩, つ, とあ, るえー, るの, れはさ, れよく, れ危, れ声, んこつ, んち, んと凍っ, んなに, 話しかけて

▼ こ~ (24, 0.2%)

6 れて 2 あけて, つけて

1 [14件] あける音, たけれど, つけた見方, つけ腹, や, る, れた心, れた気分, れもつれるばかり, れると, 明て, 開けたに, 開けようとして, 開ける程

▼ こちる~ (23, 0.2%)

2 と勢

1 [21件] かも知れぬ, ことが, たって私ゃ縁起, といかん, といふこと, といふのはね, とうとう半分, ところだ, どこに, なんて普通, ので, ものかね, やうに, ように, んです, 人間だ, 心配が, 心配なんか, 心配も, 若しかして, 覚悟で

▼ こひし~ (23, 0.2%)

8 さに 2 こひしと, 母こひし

1 [11件] かつた, さうにクン, さの, さも, その日, の人, も, や東京浅草夜, ゆては, ゆふ, 鼓の

▼ こほり~ (23, 0.2%)

2 て座敷, と訓, にむすぼれし

1 [17件] ついたぼろ, ついた靴, ついて, て, て地, て岩, といふたるひと, なく胎む事, なく身支度, にあえ, にし, にてする, のやう, の早苗, の道, を移し, 無く屆

▼ こ~ (21, 0.2%)

4 めの 3 遠江灘

1 [14件] ありしここ, ありしそこ, ありしひともと薄, ありしほとり, いづこ, かなしいオルゴル, つて丹後の, つて徹宵額を, めしら梅人ふたりおなじ, 夢の, 憂愁にに, 泣かなかったが, 破れ, 花とも

▼ こ~ (20, 0.2%)

2 この

1 [18件] かうなり, こそ, この婆め, この家, この橋板, この証人, この通り, こりゃいかん, こりや, これからおれ, こんなうまい, そんな物, という風, 殺さないで, 殺される前, 殺して, 殺すぞ, 苦しいあに

▼ こだはらず~ (20, 0.2%)

1 [20件] たえず何かしら現実, どこまでも, どんな事, に, にありのまま, にい, にいちどに, になされた, にゐられぬ, に一肌脱い, に始末, に映, に立退き, また旧式, 仕事を, 入道さま相州さまと, 右顧左眄しない, 天地自然に, 立上つて自ら太平に, 語り合へる

▼ こ~ (19, 0.2%)

12 ちやない 2 ちやねえ 1 ちやありません, ちやから, ちや俺は, ちや止めた, ちや無い

▼ こ~ (18, 0.2%)

3 りこぽ

1 [15件] こだ, こと, こといふ, ことした白茶けた, こと乾いた, こと人歩むらしき, こと感ずる, こと歩く, こ揺れ, こ来る, こ驢馬に, って坊主, り, りと, れて

▼ こたま~ (17, 0.2%)

6 だ, だこたま 2 だと 1 だッ, だツ, 狐虎たつの

▼ こでも~ (17, 0.2%)

3 して

1 [14件] あつて, ありません, い, いいから, したよう, してるやう, すると, するよう, なすったん, われら二人の, 取って, 叩いて, 咎められは, 始めそう

▼ ことり~ (17, 0.2%)

3 とも音, と音 2 と幽か 1 ことり, とその, と一つ, と云, と鳴る, になつ, のはなし, のひな, の音

▼ こには~ (17, 0.2%)

2 眼も

1 [15件] いこんで, いつて, さな, なかった, なん台も, やっぱり恥ずかしく, やっぱり鉄, ミミガーを, 動物学者も, 家へ, 海底国では, 海水は, 特別な, 病気に, 空とぶ

▼ こひしき~ (17, 0.2%)

2 に此里すぎ, ま, やなぞ甚五郎, 塵に, 雨よ 1 まどゐ, 人も, 人を, 家に, 時を, 暁星の, 曉星の

▼ こほる~ (17, 0.2%)

2 とも, にいたれ, 冬の

1 [11件] が参加, なみだはしる, な自己, ばかりにてなく, ほどの寒, やらむ, 冬のよ, 夜嵐に, 故水流れ出でず, 月に, 真夜の

▼ こむら~ (16, 0.1%)

5 がえり 3 がへり 1 がかえって, で椅子, に焼ける, の役, の部分, は筋金, ひかがみ, をふる

▼ こッちゃ~ (16, 0.1%)

2 で, ない

1 [12件] から打っ, から死ぬ, が命, さかい誓約書さい, ないな, ないねん, ないや, ないん, ない放, なかった, ねえと思う, ねえよッ

▼ こ~ (16, 0.1%)

2 をしめ

1 [14件] がひとり, がふたり, のちょい, のふらふら, の中, をかけ, をきりきり, をし, をひきさい, を前, を張り縊死, を後ろ, を締, 送って

▼ こちゃ~ (15, 0.1%)

1 [15件] しらぬ, そう思っ, ただ飛魚, やりわ, ゴジャゴジャだ, 厭やせぬ, 困るわ, 泣きは, 登り詰めたるや, 知らぬ, 知らねえ, 知らねえこ, 知らんて, 知らんわ, 苦界

▼ こつき~ (15, 0.1%)

2 ながら, なますあれ

1 [11件] があり, ながら飯, ながら髮, に近い, のもどき, の一種, の出さう, の型, の連続, を屡, を見る

▼ こ~ (15, 0.1%)

2 とら子

1 [13件] こ, この日本, こ三味線, とらこが, とらこだらおれ, とらこに, とら子に, とら子は, なんだ, ひんぬかれん, オマエの, サクラ喜こ, 出るやろか

▼ こつた~ (14, 0.1%)

1 [14件] お膝元, かな, から, から此, がその, がそれ, こんなくだらない, と思, と竹刀, に過ぎない, へいき, よ, 要らねえよ, 阿母さん

▼ こへとも~ (14, 0.1%)

2 なく走り去った

1 [12件] なく去って, なく森, なく立ち去って, なく走り出た, なく逃げた, なく逃げ失せました, なく逃走, なく飄然, なく飛びゆきました, なく飛び去っ, なく駆け, 無く二人

▼ こゆる~ (14, 0.1%)

2 時此二タ股野郎覺悟を

1 [12件] な, に任す, は勢, まで生きたれ, をもってのゆえ, 人なり, 心地ぞ, 時この, 牛まだ, 足柄の, 道と, 頃とも

▼ こツちや~ (14, 0.1%)

2 ないか

1 [12件] ありません, いいこツちや, おまへん, がなお前, さかいな, さかい朝, どえらいこ, どつ, ないちい, ない全体, ない果して, また放蕩

▼ こかげ~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] いづる鶯, にかく, になにか, にトニイ, に手, に招い, に机, のベンチ, の岩かげ, の庭, の石

▼ こから~ (13, 0.1%)

1 [13件] はさみを, ふとや, 乗って, 何十という, 出た風説, 学び得たの, 描いたもの, 来たとも, 来てるん, 渡って, 現れて, 眺めながら, 見ながら

▼ ここんな~ (13, 0.1%)

1 [13件] うまいもんどこイ, ことには, とこに, ところへ, なされ方, ものを, ボロ垢面, 娘っ子体も, 御縁, 有様で, 物が, 石榴の, 苦労しねえ

▼ こはが~ (13, 0.1%)

1 [13件] つちや, つちや嫌, つてあらん, つてなんか, つては, つてばかり, つてるのよ, つてゐ, つてゐた, つてゐる, つて決して, つて泣いた, つて遠くから

▼ こはれない~ (13, 0.1%)

4 方しつかりし 2 といふ評判, 方万歳, 瓦 1 よ, 物は, 瓦だ

▼ こみち~ (13, 0.1%)

4 をどんどん 2 を歩き 1 から人間, が往来, に, にうかみでる, にもりんどう, に槍立て, をお

▼ こッそり~ (13, 0.1%)

2 と帰っ

1 [11件] でしたばい, とかくれ, と屋敷裏, と爪, と自分, はいっ, 出て, 呼んで, 渡して, 聞いて, 逃がして

▼ こここ~ (12, 0.1%)

1 [12件] こんなうまい, でいい, ですっ, とここ, にいる, にはおりませぬ, の善哉, へ, へお, をどうぞ, 殺して, 苦しいあに

▼ こちん~ (12, 0.1%)

2 とした 1 した無愛想, とお, とかたまった, としてゐた, と凍っ, と固く, と固まった, と心, と機械, と立っ

▼ ことりことり~ (12, 0.1%)

2 とあ 1 という死, と下, と叩く, と戸, と歩, と淋しい, と長い, と音, と飄逸, と鳴る

▼ こひび~ (12, 0.1%)

6 とよ 3 とよこひび 1 と, との窓, とも心變

▼ こへか~ (12, 0.1%)

1 [12件] 二三通の, 去って, 去つて, 喪える, 埋め隠したの, 奪ひさつた, 立ち去って, 自分を, 身を, 陣所を, 飛び去って, 飛んで

▼ こなら~ (11, 0.1%)

5 の実 1 かしは, くぬぎ, の丘いちめん, の灌木, む, やさる

▼ こにな~ (11, 0.1%)

2 つた所に, つてし, つてゐた 1 つてしまつ, つてせかせか, つて親んで, つて飽き, つて驚かないだ

▼ こひいき~ (11, 0.1%)

1 [11件] がある, して, します, するよう, なく一様, なしに, などはしませんでした, な判断, もせず, をし, を懲らしめる

▼ こやの~ (11, 0.1%)

1 [11件] えびらに, すぐそば, なかへ, 中に, 中には, 前に, 屋根に, 山の, 持ちぬしに, 軒ばの, 軽いの

▼ こッちの方~ (11, 0.1%)

1 [11件] から頬ッペタ, がもっと, がバカバカしく, が大きい, で顔見知り, にできました, には小豆, は助からない, は永久, は私たち, へ往ッ

▼ こつくり~ (10, 0.1%)

2 さんの, と頷いた 1 さんといふ, とした, と出來, と垂れ, をした, をする

▼ こツそり~ (10, 0.1%)

2 やつて來 1 かの女, した家, と, と小舟, と自分, 出て, 讀んで, 賣つて貰

▼ こ~ (10, 0.1%)

2 だで 1 だろうと, でテコ, で来やがった, なとこ, なものさ, な事, な人, れ

▼ こさめ~ (9, 0.1%)

7 ひたき 2 のふる

▼ こだはらない~ (9, 0.1%)

1 こと, で自分, のは, やうな, 一面が, 恬淡な, 方が, 氣もちで, 野村と

▼ こてを~ (9, 0.1%)

1 あてた田舎, あてまき上げて, あてるというの, あて首, うごかしながら, かつてき, さげて, 取り上げて, 振りまわされては

▼ ことったら~ (9, 0.1%)

1 どうで, ない, ないじゃ, ね, ほんとに見せたい, 仕方が, 小羊, 無かった, 鶏さ

▼ こ~ (9, 0.1%)

2 つこいよい 1 つこい肩, つて, つてことあの, つてこと変な, でございますから, ない欲しが, 葡ん

▼ こなた~ (9, 0.1%)

1 そこまで, には近き, に凍土, の入江藍, の影, の汚い, の片瀬, へ立ちかかる, まで来た

▼ こぬい~ (9, 0.1%)

1 たりする, たり動かし, ている, てくん, てこけ, てハナ, て掠, て焼きすて, て焼きすてた

▼ こやつら~ (9, 0.1%)

1 が不埒, が企らん, の首, はさっそく, はそう, はその, は悪漢, を放せ, を斬り散らし

▼ こゑも~ (9, 0.1%)

2 墓地にと, 月に 1 あはれに, こそ聞け, てみ, よく徹る, 得立てね

▼ こ無し~ (9, 0.1%)

2 です 1 さ, だ, という, という事, にしよう, に逢いたい, を望む

▼ こ~ (9, 0.1%)

1 がある, がつうじ, がつきる, ができた, になりました, にはいっ, の石ぐみ, はやっと, へ逃げこん

▼ こちご~ (8, 0.1%)

8 ちに

▼ こつい~ (8, 0.1%)

1 たりし, たりの, たり踊, ていた, てゐる, て居る, て眺め, て見せた

▼ こはし~ (8, 0.1%)

1 が續, が起つた, である, の土工, の雄, は大阪, は天狗, を初める

▼ こひしく~ (8, 0.1%)

2 家の 1 お祖母様, ても出, て春日七日, なつた, なつたんだ, 碧梧桐の

▼ こひとり~ (8, 0.1%)

2 いなくなって 1 いない, いない広い, いなくなった道, いは, 見えない, 通りません

▼ こひも~ (8, 0.1%)

2 するとは 1 さとる哉, してあつ, そうきまる, とむ, とむるもの, にこと

▼ こぼるれ~ (8, 0.1%)

2 そのかみの, 午さがり, 夏なかの, 神無月

▼ こまで~ (8, 0.1%)

1 いきますと, からから山の下, ゆかんと, 出て, 来たときニキータ, 歩けんこと, 行かざるを, 長すぎ

▼ こもの~ (8, 0.1%)

1 らしくブーム, 上にも, 下が, 下には, 問に, 方へ, 端から, 端に

▼ こ~ (8, 0.1%)

7 うし 1 うして

▼ こ~ (7, 0.1%)

2 兒ちやんの 1 たがい野火, はなを, やり, 児ち, 児ちゃんの

▼ こかに~ (7, 0.1%)

1 ひそかに, 動いて, 在る徹也, 或は右衛門, 盲者の, 蟄居の, 進発し

▼ ここりゃ~ (7, 0.1%)

1 いかん, いけねえ, その何で, ゆうべと, 亡者の, 女の, 間違いは

▼ こしかた~ (7, 0.1%)

1 が徒労, こそ人, にお, には信頼, のくら, をかへりみれ, を二つ

▼ こぜに~ (7, 0.1%)

1 して, し涙, なって, なりますけれども, なり時には, 勧められたが, 幾つか

▼ こそう~ (7, 0.1%)

1 でないの, でなん, でも, で東洋人, なの, に皮肉, に誰

▼ こちゃこ~ (7, 0.1%)

2 ちゃした 1 ちゃこちゃこちゃ, ちゃやっ, ちゃ働い, ちゃ持ち込まれ, ちゃ色とりどり

▼ こつと~ (7, 0.1%)

1 やつて, 時計の, 杖の, 耳を, 遠くまで, 重い足音, 音が

▼ こという~ (7, 0.1%)

2 一人は 1 恰好で, 舞妓が, 風な, 魚が, 魚は

▼ こなった~ (7, 0.1%)

1 というの, ね, のである, のは, 大物いかに, 砂馬は, 自分への

▼ こひしい~ (7, 0.1%)

1 か, つくつくぼうし, なあ, の, 事も, 妻と, 星が

▼ こへと~ (7, 0.1%)

1 なくみんな, なく出, なく思い思い, なく歩い, なく消え去っ, なく飛び去っ, なく飛ん

▼ こほし~ (7, 0.1%)

1 かもこの, けむ, み, み寄り, む, も, もわが

▼ こほろぎの声~ (7, 0.1%)

1 がだ, がほそ, が近く, に彼, のみ高く, のよう, を沁み沁み

▼ こもを~ (7, 0.1%)

3 かかえたお嬢さん 2 はねて 1 といて, 敷いて

▼ こ~ (7, 0.1%)

2 がした, わい子 1 とし, ひしやァ, れでよ

▼ こッぴどく~ (7, 0.1%)

1 叱られたん, 叱られましたな, 懲らされた旦那, 懲らしめて, 打ち負かしおったもの, 払いつけて, 泣かして

▼ こ一人~ (7, 0.1%)

1 いないわけ, いない国技館, いない雨, おらぬそう, とおらない青葉, 見た, 通らない閑静さ

▼ こ~ (7, 0.1%)

1 が密生, にひびく, に蔽われた, のかげ, のやう, ふくらむ汝, 立つさし穗

▼ こ~ (6, 0.1%)

1 お煙草盆みたい, はでら, ッたでしょう, 何か, 何かで, 遠い扉

▼ こがら~ (6, 0.1%)

2 がさ 1 がつて, でやせこけ, で力, もくる

▼ こちの~ (6, 0.1%)

1 あらゆる農村, お嚊, 大きな川, 大時計, 知ったこと, 高い屋根

▼ こつり~ (6, 0.1%)

1 と大地, と嵌, と息, と手, と落ち, と鼠

▼ ことしても~ (6, 0.1%)

1 いいわ, いいん, 入れぬこと, 可笑しくも, 自分たちより, 誰も

▼ こなど~ (6, 0.1%)

1 して, なんだ, ねえん, 思ひも, 耳に, 肴に

▼ こにて~ (6, 0.1%)

2 見し路 1 いかにし, お会い下さろう, 死なむもよしとあきらめて行末, 造りしか

▼ こにても~ (6, 0.1%)

1 あれこの, よし親類縁者, 一般に, 同じため, 有付く, 縊り死すべし

▼ こぶら~ (6, 0.1%)

2 の三毒蛇 1 にはあばら骨, に力, の辺, 二つ三つ

▼ こぺん~ (6, 0.1%)

2 たらこっこ, はあげん 1 はあ, はあげんだ

▼ こぽん~ (6, 0.1%)

2 のぽん 1 お前も, と腹鼓, にふくれあがる, の歌

▼ こよりとも~ (6, 0.1%)

1 なく壮漢, なく浜づたいに, なく発しきたり, なく突然, 知らず幾人, 知らず題目太鼓

▼ こ抜い~ (6, 0.1%)

1 てみせた, てやる, て与る, て人, て使う, て発矢

▼ こ~ (6, 0.1%)

1 があっ, さそれ, だ, にそれた, をしたい, を通りすぎ

▼ こ頭巾~ (6, 0.1%)

1 から眼, の下, をかむせられ, をかむっ, をすっぽり, をぬい

▼ こいかなる~ (5, 0.0%)

1 ところに, ところにおいても, ところを, 僻地でも, 戦いであろう

▼ こかへ~ (5, 0.0%)

1 去りいらい, 姿を, 手を, 消え失せて, 飛び去って

▼ こここれ~ (5, 0.0%)

1 に覚え, はしかし, は戸倉老人, をもろう, を俺

▼ こちない~ (5, 0.0%)

2 のでせう 1 か, たんぼらめ, のは

▼ こっきり~ (5, 0.0%)

1 じゃ済みません, なんてみっ, の家, の生き, を出し

▼ ことぎれ~ (5, 0.0%)

2 ていた, てしまった 1 ている

▼ こぬき~ (5, 0.0%)

1 にいらした, に失敗, に成功, の話, は金額

▼ こひしと~ (5, 0.0%)

2 泣く声 1 かこつもの, て, も思はじ

▼ こひする~ (5, 0.0%)

2 ときと, なかれ 1 ひとの

▼ こひつじ~ (5, 0.0%)

31 というところ, よ

▼ こぶと~ (5, 0.0%)

1 いって, いっても, して, の仲, り爺さん

▼ こわが~ (5, 0.0%)

1 つてゐ, ッて, 冷たさ, 脣の, 静かさを

▼ こッぴどい目~ (5, 0.0%)

1 にあわせ, にあわせた, に会わされた, に遭ってる, に遭わせ

▼ こ~ (5, 0.0%)

1 であった, というもの, など唄っ, の歌詞, を口誦ん

▼ こ遊び~ (5, 0.0%)

1 に夢中, に飽き, は良い, をし, をはじめた

▼ こ~ (5, 0.0%)

2 を見つめました 1 がそっくり, が見えた, が黒

▼ こいっちょう~ (4, 0.0%)

2 ぎりのちょうぎりの, ぎりのちょうぎりのち

▼ こがい~ (4, 0.0%)

1 なひどい, なもの, な棚ボタばなし, にしよう

▼ ここいつ~ (4, 0.0%)

1 がお, じゃ火事, はきもの, もかッ

▼ ここんち~ (4, 0.0%)

1 じゃア人間, にゃア便所, の親玉, へお化け

▼ こじき姿~ (4, 0.0%)

2 の光子さん 1 をジロジロ, を見

▼ こじき婆さん~ (4, 0.0%)

1 がぐる, が太い, です, はふところ

▼ こじゃ~ (4, 0.0%)

1 ないか, ないのよ, 百姓にも, 駄目です

▼ こぞの~ (4, 0.0%)

1 ものみな, 秋われ思はず, 罪, 道徳いまいず

▼ こたあい~ (4, 0.0%)

2 やだ 1 るよ, わねえ

▼ こだはらぬ~ (4, 0.0%)

1 にも拘らず, 性格だつた, 態度を, 氣象が

▼ こちさ~ (4, 0.0%)

1 うで, うである, がした, つさる

▼ こちの人~ (4, 0.0%)

1 おひとつ, とでもいう, は京町, 措いて

▼ こちの村~ (4, 0.0%)

1 で営まれ, で聴い, で行, にはあった

▼ こちゃ買~ (4, 0.0%)

4 ってな

▼ こつくりした~ (4, 0.0%)

1 光で, 煤色の, 白で, 艶は

▼ こづみ~ (4, 0.0%)

1 にする, の風習, も木, 込むの

▼ こてと~ (4, 0.0%)

2 だらう 1 いうそう, 入つて

▼ こてに~ (4, 0.0%)

1 まはります, 小さな石, 年よりの, 物置小屋が

▼ こての~ (4, 0.0%)

1 先から, 壁に, 森の, 裏口の

▼ こである~ (4, 0.0%)

1 か, かも暫く, と説明, よりはやはりはっきり

▼ こなどを~ (4, 0.0%)

4 して

▼ こなに~ (4, 0.0%)

1 おそくまアまア, しようと, なつて, まぶれし

▼ このみ~ (4, 0.0%)

1 であったの, であらゆる, で佃, で自分

▼ このみを~ (4, 0.0%)

1 きらいながら, 御利用, 持つて, 食べたため

▼ こはく色~ (4, 0.0%)

1 のなめらか, の液体, の球根, の雲

▼ こはま~ (4, 0.0%)

1 からすこし, にも行か, に浜中氏, のまち

▼ こばかり~ (4, 0.0%)

1 して, で, はじいて, 云つて

▼ こばっ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 ていた

▼ こほろこと~ (4, 0.0%)

2 啼くこゑはここの御寺 1 まねて, 吹きし日

▼ こぼん~ (4, 0.0%)

1 と叩く, と音, ぼこぼん, を入れる

▼ こやう~ (4, 0.0%)

1 か, それからあれ, と思ひだした, 喧しいからな

▼ こやつ何~ (4, 0.0%)

1 かゆすり, か細工, を, んじゃ恩知らずめ

▼ こ凍み雪しんこ~ (4, 0.0%)

2 しかの子ぁ嫁, 硬いお

▼ こ奴ら~ (4, 0.0%)

1 なの, は一体, は悪者, を叩き潰せ

▼ こ河内~ (4, 0.0%)

4 の麦畠

▼ こ~ (4, 0.0%)

2 でみ 1 でイワノフ博士, も遥

▼ こ~ (4, 0.0%)

1 にほひ, の, もいつの間にか, をなつかしみ寝

▼ こ豆腐~ (4, 0.0%)

1 で辛抱, とビール, はうまい, よりもまだ

▼ こ過ぎ~ (4, 0.0%)

2 それに 1 てこまる, て姑

▼ こありません~ (3, 0.0%)

21

▼ こある~ (3, 0.0%)

2 ひは 1 もんです

▼ こいづ~ (3, 0.0%)

2 ば鹿さ呉 1 葡萄だ

▼ こおばちゃん~ (3, 0.0%)

1 が国府津, のおじちゃん, の御

▼ こおび~ (3, 0.0%)

1 という無, をまきつけ, を締め

▼ こかの~ (3, 0.0%)

1 片すみに, 野邊に, 陸影が

▼ こかは~ (3, 0.0%)

1 てら, わからないが, 存じませぬが

▼ こさ金~ (3, 0.0%)

1 があった, がほしい, を作っ

▼ こたち~ (3, 0.0%)

21

▼ こだて~ (3, 0.0%)

1 が, にとる, に取る

▼ こだはらなく~ (3, 0.0%)

1 つても, とも貿易さ, なつて

▼ こだらけ~ (3, 0.0%)

1 だから, の嶮, の道

▼ こぢつけ~ (3, 0.0%)

1 であらう, や解釈, を加

▼ こです~ (3, 0.0%)

1 か, な, ねといっ

▼ こでは~ (3, 0.0%)

1 つまんないや, つるやら, 僕の

▼ こ~ (3, 0.0%)

1 いいおっちゃん, ちがい手もと, 見とがめられその

▼ ことしては~ (3, 0.0%)

1 いけないん, いけませんと, いけませんよ

▼ こない~ (3, 0.0%)

2 せえ 1 いうねんけ

▼ こなみ~ (3, 0.0%)

1 が, じんとなる, と言う

▼ こなんか~ (3, 0.0%)

1 したもの, しちや, 捲くるもんぢ

▼ こにでも~ (3, 0.0%)

1 なったん, 極めて, 隠れるつもり

▼ こぬれ~ (3, 0.0%)

2 に花 1 のゆれ

▼ このち~ (3, 0.0%)

1 はや, ひさ, へやって来た

▼ このみで~ (3, 0.0%)

1 名が, 彼女は, 着て

▼ こはれたる~ (3, 0.0%)

3 やうに

▼ こはを~ (3, 0.0%)

2 ぢの 1 かし柔か

▼ こばやし~ (3, 0.0%)

1 だな, だん, だんちょう

▼ こばやしくんたち~ (3, 0.0%)

1 がおいかけ, だけがお, は二十めんそう

▼ こひしう~ (3, 0.0%)

2 なつたの 1 て夜蝉

▼ こひね~ (3, 0.0%)

2 がはく 1 がふこ

▼ こびっちょの男の子~ (3, 0.0%)

2 はなんで 1 がつくられた

▼ こふむれ~ (3, 0.0%)

3 とありし

▼ こへでも~ (3, 0.0%)

1 身の, 酒瓶を, 馳せ向わす

▼ こほろ~ (3, 0.0%)

1 ぎさんと, ぎすだく磯際, に故国

▼ こみたい~ (3, 0.0%)

1 なもん, な車, に瞬き

▼ こもが~ (3, 0.0%)

1 ムクムクと, 捨てて, 話しかけた

▼ こもは~ (3, 0.0%)

1 そうつぶやい, 余りの, 元の

▼ こやは~ (3, 0.0%)

1 たいそうみすぼらしく, パンで, 家に

▼ こやへ~ (3, 0.0%)

1 つれこみました, もぐりこんで, 入れるわけ

▼ こやみ~ (3, 0.0%)

1 であったが, になっ, になりました

▼ こやを~ (3, 0.0%)

1 みつけて, みつけました, 出ると

▼ こ~ (3, 0.0%)

1 つくり, なしで, むらさき

▼ こよぶ~ (3, 0.0%)

1 のこよぶ, のほんと, のよ

▼ こよりか~ (3, 0.0%)

1 来れる, 枕もとの, 烟は

▼ こよりの~ (3, 0.0%)

1 一本を, 様に, 籤が

▼ こよりも~ (3, 0.0%)

1 よほど複雑, 早く作られた, 赤え

▼ こッくり~ (3, 0.0%)

1 して, と脳髄, と頷い

▼ こツこツ~ (3, 0.0%)

2 といひ 1 と叩い

▼ こーん~ (3, 0.0%)

1 とぶつかっ, と一つ頭, な大きな

▼ こ~ (3, 0.0%)

2 三郎 1 よそで

▼ こ官吏~ (3, 0.0%)

1 だつて, になつ, には六ヶ

▼ こ小判~ (3, 0.0%)

2 は天下 1 ですよ

▼ こ~ (3, 0.0%)

1 からみつ豆, の末娘, の注文とり

▼ こ山の下~ (3, 0.0%)

3 まで行っ

▼ こ役人~ (3, 0.0%)

1 てえなあ, ではね, といつたら

▼ こ~ (3, 0.0%)

21 にもない

▼ こ書け~ (3, 0.0%)

3 と仰しやれ

▼ こ~ (3, 0.0%)

1 にかけました, につかまっ, や鉄瓶

▼ こ~ (3, 0.0%)

2 もせで 1 もせず

▼ こ殺される~ (3, 0.0%)

3 前に

▼ こ盗み~ (3, 0.0%)

2 に行く 1 に出掛け

▼ こ茄子~ (3, 0.0%)

1 がおじさん, だ, の於福

▼ こ~ (3, 0.0%)

1 いたし, が気に入らない, の工合

▼ こ~ (3, 0.0%)

2 にしない 1 も食べる

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 もくら, 風みたいに

▼ こああ~ (2, 0.0%)

1 ここに, たんゆきこん

▼ こあめ~ (2, 0.0%)

1 にかぁわる, にかわり

▼ こあるまい~ (2, 0.0%)

2 そしていろ

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 きけば, だった

▼ こえむ~ (2, 0.0%)

1 と大, と木津川

▼ こおっちゃん~ (2, 0.0%)

1 あっこはんぶんはんぶん, におん

▼ こおら~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ こおんな~ (2, 0.0%)

1 にし, の願い

▼ こかしげ~ (2, 0.0%)

2 て分別

▼ こかにて~ (2, 0.0%)

1 一覽の, 世を

▼ こくさい~ (2, 0.0%)

1 様な, 香が

▼ こくり~ (2, 0.0%)

1 して, のみこみ

▼ こぐるみ~ (2, 0.0%)

1 で年児, で研究

▼ こけら板~ (2, 0.0%)

1 だけをさしかえ, というもの

▼ ここここ~ (2, 0.0%)

1 の善哉, へお

▼ こここ小判~ (2, 0.0%)

2 は天下

▼ ここりゃあ~ (2, 0.0%)

1 どうした, 妙だ

▼ ここれから~ (2, 0.0%)

1 おらあ, おれが

▼ ここれ何~ (2, 0.0%)

1 をしくさる, を云う

▼ ここ小判~ (2, 0.0%)

2 は天下

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 もく, んごろ鐘が

▼ こさへた馬~ (2, 0.0%)

1 がおい, さ

▼ こさま~ (2, 0.0%)

1 にといへる, に見

▼ こさむ~ (2, 0.0%)

2 三月の

▼ こざま~ (2, 0.0%)

1 にはらった, にばらばら

▼ こじきたち~ (2, 0.0%)

1 がかれ, の興味

▼ こじきみたい~ (2, 0.0%)

1 な少年, な男

▼ こじき根性~ (2, 0.0%)

1 が抜けない, と衷心

▼ こぜにも~ (2, 0.0%)

2 のしたる蕪村

▼ こそち~ (2, 0.0%)

1 がへともに, がへ各々

▼ こそっと~ (2, 0.0%)

1 おらにだけ, 会ったり

▼ こたふる~ (2, 0.0%)

1 声も, 山の

▼ こたへる~ (2, 0.0%)

1 ものだ, やうに

▼ こだけ~ (2, 0.0%)

1 であったから, オリガさんがかりに

▼ こだって~ (2, 0.0%)

1 大丈夫な, 気が

▼ こだはらせる~ (2, 0.0%)

1 のか, 場合も

▼ こだはらね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ こちごちの濃霧~ (2, 0.0%)

2 のなびき

▼ こちごちの石~ (2, 0.0%)

2 の濡れ

▼ こちごちの靄~ (2, 0.0%)

2 は落葉

▼ こちさうに~ (2, 0.0%)

1 なつて眠つて, 搖れるけに

▼ こちとらみ~ (2, 0.0%)

1 てえ, てえな生え抜き

▼ こちの人家~ (2, 0.0%)

1 からはうすい, ばかりとが水

▼ こちの小竹~ (2, 0.0%)

2 のむら笹

▼ こちの峰~ (2, 0.0%)

2 から峰

▼ こちの扉~ (2, 0.0%)

1 から出, がきしみ

▼ こちの方~ (2, 0.0%)

1 がヨッポド, へご

▼ こちの洗い~ (2, 0.0%)

1 などは充分, も二

▼ こちの雄鷹~ (2, 0.0%)

2 をば呼び返す

▼ こちゃこちゃ~ (2, 0.0%)

1 とかたまっ, に入り

▼ こちや~ (2, 0.0%)

1 がった, 困る

▼ こちょ~ (2, 0.0%)

1 とやる, のよたろう

▼ こちょうさん~ (2, 0.0%)

1 だんだん秋, でしょう

▼ こちょうと~ (2, 0.0%)

1 楽しく話, 花は

▼ こちんこちん~ (2, 0.0%)

1 した無愛想, と機械

▼ こちんと~ (2, 0.0%)

1 よどんで, 石の

▼ こぢら~ (2, 0.0%)

1 せた下, せて

▼ こつづ~ (2, 0.0%)

2

▼ こつん~ (2, 0.0%)

1 こつん, と六尺棒

▼ こつんこ~ (2, 0.0%)

1 つんとひびい, つんと障子

▼ こてから~ (2, 0.0%)

1 井戸へ, 風を

▼ ことさか~ (2, 0.0%)

1 のめ, のめやっこ

▼ ことむ~ (2, 0.0%)

2 けむ秋今

▼ こどん~ (2, 0.0%)

1 ぶらこと, ぶらことどこ

▼ こなかむら~ (2, 0.0%)

1 ぎしやう, ぎしよう

▼ こなと~ (2, 0.0%)

1 一所に, 負せつ

▼ こなどが~ (2, 0.0%)

1 きれいな, 捕れたそれら

▼ こなんて~ (2, 0.0%)

1 どこにも, 無え

▼ こにおいても~ (2, 0.0%)

1 同じである, 隅田川の

▼ こにかけて~ (2, 0.0%)

1 あつた, 羽織を

▼ こについて~ (2, 0.0%)

1 不思議な, 歩く彼

▼ こにと~ (2, 0.0%)

1 疑はる, 聞けば

▼ こにとって~ (2, 0.0%)

1 こっちから, 集団農場に

▼ こによ~ (2, 0.0%)

1 こと出, びつゞけました

▼ こぬかれ~ (2, 0.0%)

1 たり首っ玉, て行つて

▼ こねえ~ (2, 0.0%)

2 はで呉れ

▼ このろく~ (2, 0.0%)

1 でも, でもねえ

▼ こはさ~ (2, 0.0%)

1 に泣きました, までもよ

▼ こはれかか~ (2, 0.0%)

1 つた古, つた墓ばかり

▼ こはれかけた~ (2, 0.0%)

1 人形などが, 椅子を

▼ こはれる~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ こばつ~ (2, 0.0%)

1 たる剣客刺客, てゐない

▼ こばれ~ (2, 0.0%)

1 て若き, 餌の

▼ こひより~ (2, 0.0%)

2 もさらに

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 らくのくで, 大口斗ヘヽラ

▼ こふかく~ (2, 0.0%)

1 こもり鳴る釜無川, しずんで

▼ こふこひ~ (2, 0.0%)

2

▼ こふと~ (2, 0.0%)

1 おもいしニ, ハおもわな

▼ こぶこぶ~ (2, 0.0%)

1 だらけの, になつて皮膚

▼ こぶっ~ (2, 0.0%)

2 ていう仇名

▼ こぶで~ (2, 0.0%)

1 ござりました, もピン

▼ こぶめいた~ (2, 0.0%)

1 鼻の, 鼻は

▼ こぶん~ (2, 0.0%)

1 だね, を呼んだ

▼ こへなと~ (2, 0.0%)

1 身を, 遠くに

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 こほ, と控えめ

▼ こほら~ (2, 0.0%)

1 ざらしむ, む寒き

▼ こほらざる~ (2, 0.0%)

2 は湿気なく

▼ こほりし~ (2, 0.0%)

1 まひには, 胸の

▼ こほりたる~ (2, 0.0%)

1 インクの, 雪の

▼ こほろぎぞ闇~ (2, 0.0%)

2 に鳴くなる

▼ こほろぎと~ (2, 0.0%)

2 寝て

▼ こほろぎよ~ (2, 0.0%)

1 がちやがち, 食べるもの

▼ こほろぎ生~ (2, 0.0%)

2 の唄

▼ こぼこぼ鳴る~ (2, 0.0%)

1 やうな, 上を

▼ こぼる~ (2, 0.0%)

1 や高み, 味噌汁の

▼ こむらげえり~ (2, 0.0%)

1 がする, がするだ

▼ こやけ~ (2, 0.0%)

1 あした天気にな, をうた

▼ こやつ卑怯~ (2, 0.0%)

1 といったな主, な

▼ こやつ等~ (2, 0.0%)

1 といのち, に思い知らせ

▼ こやつ胡乱~ (2, 0.0%)

1 と引っ, と見ました

▼ こやに~ (2, 0.0%)

1 はこばれて, やもめの

▼ こやぶ~ (2, 0.0%)

2 のかげは

▼ こやり~ (2, 0.0%)

1 も, を入れました

▼ こよう~ (2, 0.0%)

1 もしれぬ, やら知れ申さず

▼ こよりとは~ (2, 0.0%)

1 告げがたし, 問ひもせで

▼ こよりに~ (2, 0.0%)

1 して, 書くの

▼ こゑい~ (2, 0.0%)

1 と子, やさらに

▼ こゑうらめづらしとあらなくに~ (2, 0.0%)

2 大霜

▼ こゑえごの木の芽~ (2, 0.0%)

2 もひらきたるらし

▼ こゑきけばおほに~ (2, 0.0%)

2 澱めり霙

▼ こゑきけば夕日~ (2, 0.0%)

2 ごもり

▼ こゑきけば氷雨~ (2, 0.0%)

1 すさまじくふり乱, すさまじくふり亂

▼ こゑきけば草~ (2, 0.0%)

2 ごもり

▼ こゑごゑもをはりに~ (2, 0.0%)

2 近し

▼ こゑしづもる山~ (2, 0.0%)

1 の昼, の晝

▼ こゑじんじんときこえ今日~ (2, 0.0%)

2 も久しき

▼ こゑぞ森~ (2, 0.0%)

2 にとほれる

▼ こゑの~ (2, 0.0%)

1 可愛い, 明るくきく

▼ こゑのほそく~ (2, 0.0%)

2 立ちたる

▼ こゑはここの御寺~ (2, 0.0%)

2 の鳩

▼ こゑまだ~ (2, 0.0%)

2 あかつきの

▼ こゑもせなく~ (2, 0.0%)

2

▼ こゑも立ち~ (2, 0.0%)

2 てゐ

▼ こゑをあげてなく~ (2, 0.0%)

2 おやも

▼ こゑをきけば夏~ (2, 0.0%)

2 がこ

▼ こゑをきゝて念仏申~ (2, 0.0%)

2 てゐ

▼ こゑ墓原~ (2, 0.0%)

2 ごもりひびきゐる

▼ こゑ夕~ (2, 0.0%)

2 づきに

▼ こゑ汽車~ (2, 0.0%)

2 の笛

▼ こゑ纎~ (2, 0.0%)

2 き月夜

▼ こゑ野天~ (2, 0.0%)

2 にひびく

▼ こをは~ (2, 0.0%)

1 ばの, 彼が

▼ こをも~ (2, 0.0%)

1 やらるる覚悟, 広げた

▼ こをや~ (2, 0.0%)

1 ッたり, ッて

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 だらうが, だろう

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 来た, 来たがんこア

▼ こア來~ (2, 0.0%)

1 た, たがんこア來

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 このつ, れ返事

▼ こッこ~ (2, 0.0%)

1 すっこッこ, だ

▼ こッちの手~ (2, 0.0%)

1 に這入っ, へはいらなけれ

▼ こッちの話~ (2, 0.0%)

1 さえ纏まれ, をきこう

▼ こッつり~ (2, 0.0%)

1 で小児, と入りまし

▼ こツちや僕さ~ (2, 0.0%)

2 つぱり見当

▼ こン畜生~ (2, 0.0%)

1 はまあ, はまア

▼ こーら~ (2, 0.0%)

1 出て, 老いぼれ馬め

▼ こーら誰~ (2, 0.0%)

1 がひきかえせ, だ

▼ こ一徹~ (2, 0.0%)

1 な武人, の老

▼ こ七寸五六分形図~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ こ今夜~ (2, 0.0%)

1 から釘抜, はお

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 はいつた, は経験

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 て返事, の養分

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 りを, り素肌

▼ こ凍み雪しんこ狐~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ こ向き~ (2, 0.0%)

1 になった, にねぢ

▼ こ呉れる~ (2, 0.0%)

2 はで飛ん

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 その参事官, は更に

▼ こ奴不良~ (2, 0.0%)

1 だと, にならん

▼ こ奴等~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ こ少し~ (2, 0.0%)

1 おなかの, 仕事

▼ こ居りません~ (2, 0.0%)

2

▼ こ張っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てのみおる

▼ こ張つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 堂々と

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 の草原, を打っ

▼ こ抜き~ (2, 0.0%)

1 クロを, 捕手を

▼ こ抜く~ (2, 0.0%)

1 が早い, ことを

▼ こ来ません~ (2, 0.0%)

2

▼ こ来る~ (2, 0.0%)

1 かやと, のは

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 まぜて, よ引け夜

▼ こ町字~ (2, 0.0%)

2 を式部小路

▼ こ白い~ (2, 0.0%)

2 お餅

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 をそらおぼえ, をよせる

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 の, の飯

▼ こ細い~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 だの, の親父

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 とかんどり, に乗っ

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 に袴, をいいかげん

▼ こ詩人~ (2, 0.0%)

1 であるが, などが作つた恋歌

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 とは娘ッ子, やかつ

▼ こ過ぎる~ (2, 0.0%)

1 女だ, 女の

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 かな, といふ名

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 は, もみんな随

▼ こ~ (2, 0.0%)

1 が二, をさい

▼ こ~ (2, 0.0%)

2 の団子

▼1* [1077件]

、ぺんたらこ, こあいから口, こあじな気分, こあたるしか, こあっちへ行った, こあながつづい, こあみ町にいたじ, こありゃしないわよ, こいうことに, こいちゅはその, こうどをさげました, こええ気持や, こえと黄塵が, こ言った, こぉゆう使い分けわ鮭, こおどけた調子で, こかいの手, こかうなりや, こかも知れない, こかわりないか, こがって汝が, こきざみに手毬, こきっときっと持ち参るでご, こきつこきいこ, こきゅうがだんだん, こきょう長浜へうつられまし, こきりでお, こきりょうのくらべっこをし, こきり斑鳩なげく, こぎてはすぐにでてこないで枝とわら, こぎりやらかんなやらでバット製作にとりかかった, こや, こくさう言ふ, こぐちから燃やす, こぐち切の葉, こぐったって橈もなんにも, こぐひゞきの牡丹咲いて, こぐふねは浪, こぐらうみえわたりて近きたちばな, こけちの庭, こけらの先, こけら葺の家, ここいつぁ勘弁ならねえ, ここいつアいけねえ, ここいつア悪かあねえ, ここうしちゃ, ここけ猿を, こここいつじゃ火事, こここいつア悪かあねえ, こここここッてな, ここここれ何をしくさる, ここここッてな, こここだッ, こここれ乱暴な, こここれ何をしくさる, ここころの裡, こここッてな, こここ小森さんすすすまんことし, ここそこの世の中, ここっきしないの, ここの世の, ここら慎作なんで, ここりや, ここれあなたもいっしょ, ここれらにシャベル, ここれッここな呆ぼけ者奴, ここれッ加山指切りの郁次郎, ここれ乱暴な, ここれ阿呆するな, こころがろうといたしおる, こころりころり差違えるごと, ここわかった, ここわくなった, ここんだ来るぞ, ここんちブルジョアだね, ここんち竹藪がある, ここんど歌わねば, ここんど三十俵だけ馬, ここんなには要らん, ここッてな, ここ公武合体は筑波, ここ小森さんすすすまんことし, ここ此通りあゝ有り難う, ここ独楽をかえせ, ここ独楽廻しのお, こごと一つ言わずに, こさうにも見えない, こさお昼の三時頃, こさお辞儀しなくては, こさげて来る, こさそりを引き, こさったげましょうか, こさとつーぼんだ, こさへたみちと, こさへた人もさみし, こさらふ, こさわしらも一緒, こさ一人で行っ, こさ一度で取っ捕まっちまわ, こさ一杯やりに, こさ乘りますと, こさ値打のある, こさ初秋の爽かさ, こさ四俵はとれる, こさ夢さめて, こさ大丈夫だ先, こさ奥まで行, こさ奴さぁすぐにほれやがて, こさ婿養子になつたん, こさ寄つてもいい, こさ御馳走をこしらえ, こさ春風駘蕩たる気分, こさ書籍も持っ, こさ歸つて來た, こさ残酷さを感じる, こさ気持の落ちつき場所, こさ河原に降り立つ, こさ火をつけ, こさ甘みこく, こさ眼に物, こさ私は自分, こさ自分で目付け, こさ自身のベツド, こさ行つて頼まうと, こさ褒美にあずかろう, こさ雪子の勝, こさ額をぶつけ, こざつぱりした住居ぢや住居, こざつぱりした夜具が三枚, こざつぱりした菜つ葉服, こざつぱりした部屋だつた, こざつぱりした階下の部屋, こざつぱりと服を替へ, こざはさぞあつたであらうがはじめ同商業, こッこな, こしく軽率の, こしぼね, こしもとしゅうにきゝましても, こごくの, こじきこぞうかひどい, こじきになる, こじきひとりはその, こじき孤児になる, こじき小屋にかえる, こじき法師の群れ, こじき浪人の偉丈夫, こじき行者じゃ, こじき野郎と来, こすすき野菊などもあります, こすずめまで, こすっこッこ陸へ, こすなわちこのこ, こすべては型, こすみれしろば, こすらむ, こずく者がある, こずつてゐるらしい有様, こずるには力, こせっからくカングッた, こせっせことあるい, こりあい, こそぎ取った肉が, こそくな百姓達, こそこはがり給はめ, こそんな物を, こたあこちとら百, こたありまっせん, こたありあんすめえね, こたありゃしまい散々思いあっ, こたうるものは, こたしか當時事新報の, こたしきらんとたか, こたすまいけんど, こたてに大きい, こたできねえそんなこと, こたならんど, こたび二の君, こたび医学館にて其, こたび南のお, こたび大正天皇の奉, こたび女を呼ばう, こたび家に歸, こたび巨勢君ここなる美術学校, こたび引説數行を添, こたび書状なし, こたび県の負債, こたび觀るべきめでたき, こたび身を以て逃れたる, こたび開化せんため, こたへて亡夫九郎右衞門, こたれる品物と, こたわからんな, こたんばつたりしよ, こた仕なくつ, こた喋らずに帰ろう, こた知っとるだろうね, こた知らなかつたつけが, こだいなる花, こだきにしました, こだけでい, こだったがね, こだにの蔓などを, こだはらうとする, こだはらずくるまも食事, こだはらせなくては承知, こだはらない躓くことを, こだはり方を, こだはりすぎてゐる, こだはりすぎるとなにか, こだはりたいのを, こだはるまいとしてこ, こだはればどう, こだふれにもがきあばれ, こだんなほどの腕, こちうへ, こちからの, こちからお願い申さなければ, こちから明日じゅうに確答, こちがお弱かつ, こちごちの波の來, こちごちの畑に人, こちさうになつてこはいのだ, こちちと足早に, こちつかんなそう, こちてるお客を, こちで鼻を, こちですと必ず, こちで歌ったどもし, こちなければならない, こちなすつたんで, こちのひとへだ, こちのテントや小屋, こちの二か処, こちの勝手じや, こちの囁きがわいた, こちの女に通った, こちの好きで離縁, こちの家ごとに行渡った, こちの家毎に行渡つた, こちの小城を攻め取っ, こちの小筒で, こちの形勢がまだ, こちの押入を開け, こちの揚巻さまが大当り, こちの新関は撤廃, こちの方図ではやたら, こちの森のす, こちの気を飲み込み, こちの水際から底, こちの泉石のほとり, こちの澤や谷, こちの煙のなびき, こちの私の許, こちの群衆の上, こちの落合ふ川, こちの葬式に出かけ, こちの記録をとっ, こちの貫七爺は済まし返っ, こちの路地から聞え, こちの身内に江戸ッ子一人, こちの途の邊, こちの間遠な瓦斯燈, こちの面をつぶす, こちましたが大胆, こちゃあ新造でない, こちゃいとやせぬ, こちゃんあっちで暫く, こちゃんいつがいい, こちゃんこれ切手はらないでいい, こちゃんさっきから黒川君, こちゃんと盛に, こちゃんなにきて, こちゃんみたいな人間, こちゃんわれわれがかたまっ, こちゃん前へ立つ, こちゃん厄介なこと, こちゃん失敗しちゃった, こちゃん心配いらないさ, こちゃん散歩に行こう, こちゃん朝は早い, こちゃん次第さ, こちゃん自分からカルルスバード, こちゃん自身で書く, こちゃん見物がてら買っ, こちゃん電報だ, こちゃん電気つけようよ, こちやうもんなら, こちや先刻にから坐つた, こちや畜生になる, こちや神様に頼み, こちょうさんあなたのお家, こちょうさん今夜をお気, こちょこちょとやる, こちよにハイ七階, こちよこちよ走りつきながら何, こちりめんといふこれ, こちるだろうと思っ, こち向いて巨籟, こち寄れ枕枕さへ, こぢあけ二百兩の金, こぢこと笑がお, こぢさもあつ, こぢ明て入來, こぢ明けなどす, こついた菊五郎を, こつきはじめると芸, こつき役である場合, こつくりこつくりと頷きつづけ, こつくりさせる時, こつくり澱んで照度, こつくり頷くやうに, こつけいをふりまい, こつけいなことに, こつたうちのロマーン, こつたそれが玉, こつたなさう, こつたのが不思議, こつた俺も懲りつ, こつた朝めし前の腹ごなし, こつた素人に鋸, こつた芸当のあと, こつてすが, こつて了つたんです, こつて來た町奴, こつて家を揺がし, こつて生計が出, こつて腦天を碎いた, こつて蘇生へつた, こつどつせ有難い, こつば云うたッ, こつば仕出来ゃ, こつみの話, こつめいたものが, こつも少しは, こつやなどを呑みこもう, こつらからも其, こつり下駄が足先, こつんこつんこつんと弾く, こつんだって, こづみといふ方言があつ, こづむとは積み上げる事, こづめは石, こづめと言はれる様, こづめなる山本の雲, こづめ塚の様, こづら憎げに, こづら憎いはなし, こづんだ赤松が一本, こていをさぐり, こてが冷たいから, こてこにいけ, こてっとぶたれ, こてへ回って, こであるやを知らない, こであんめいし喰われっか, こでございます詳しいこと, こでで船底の, こでの何とも, こでんこの遊び, こでんでん太鼓にピイヒョロヒョロ, こといったきり江戸っ子魂の, こといふ約束で, ことうとうタキこと貰る, こときの目, ことき天然を害する, ことこという音, ことことことこと, ことさつぱり知らない, ことしゃ午の年, ことっことっと, ことともに氏の, ことりことり叩くもの, ことりことり向うへ見まわっ, ことりことり荷馬車を引い, ことんとはめ込むよう, こどうして, こどでもねえべか, こどりしたので, こどんぶりこのどかに海上, こないして人, こなうだけだ, こなかひに, こなからは缺, こなくても俺, こなくって, こなぐりに並木, こなたなるほの暗き闇, こなって今日, こなったら世の中に, こなどと並べて, こなどといふ嘆を, こなるかについて諸説, こなをにかわ, こなんぞ居ないもの, こなんどいるのし, こにおいて来たの, こにかの石塔が, こにかもり行く輝き, こにしか見えないよう, こにともなく城下, こにゃわしの, こによって秋田訛りである, こぬかれるとかこの世, こぬく力も, こぬけたる長さ, こぬれしみみに, こねっきばいなどという, このどかに海上, こはいふまでもなく, こはかた足, こはかったのです, こはくてこはくて弱らされた, こはくなつた, こはげの立つ, こはげ立つたる余は, こはたのみち, こはと小児に, こはや足を, こはやまつつじ丘丘の, こはれおちてゐる, こはれかかったらんかんを, こはれかかつた氷室が, こはれかけてゐた, こはれたら辨償する, こはれましてね, こはれ出した上の, こばいをする, こばかりは些と, こばつたやうに見せ, こばつた足に草履, こばなしを申しあげ, こばやしさんがしんぱい, こばやしさんあいつへんだね, こばやしさん二十めんそうはつかまった, こばらめがけて, こばると, こひあれびまさを云々, こひえてはあふ, こひざらんとよみし, こひしかるべし何も, こひしくありを類推, こひしくおなりにまだ, こひしやな, こひすてふ, こひつて云ふん, こひであり其次第に, こひと称して, こひと寧子は又右衛門, こひなる語である, こひなれば, こひまをす, こひもまこともあす, こひわたるかな, こびうたはれるやうになつたこともそれは早, こびごときのふとのみおもひはべりしにはや御着帶の, こびさらるゝ食物のごとく, こびっちょの子供は, こびてけふひねもすをうち誦じけり, こびとののぞむままの約束をし, こびとみたいなやつがあっちへ走っ, こびにいっておんなはる五円なおくれん, こびにぞくぞくしてゐるらしいけはひがさう, こびにゆくなむて義理だつて, こびのまっさいちゅうにヘンデル先生はふとした, こびもこんなだつたらうとひとりで微苦笑, こびり附いて, こびりかすびり等賞よ馬鹿, こびり付ている, こぴいーんこ, こふきさやえん, こふたかたの腕こと翼, こふる夢の, こぶごとくにすぐ, こぶさたを私, こぶだぜ, こぶだったよ, こぶだらうと思ふ, こぶった振舞いを, こぶつきじゃ, こぶですつて, こぶと思いのほか, こぶと話でもする, こぶべきか歎, こぶん達が数間, こぶ如くにすぐ, こぶ立っていた, こを上り出した, こへのお使い, こへのたり込むの, こへまで陥れた私, こへも行かないッ, こべって知ってるわね, こべよ知ってるん, こほしきあまり縁に, こほど単純な, こほりかれがちからには, こほりつき足が木, こほり菓子に匙, こほり霜むすびて, こほれる利根の, こほろぎあゆむ畳には砂糖, こほろぎあゆむ疊には砂糖, こほろぎがたいへん樵夫, こほろぎがきれいな声でないて, こほろぎが力いつぱい雌, こほろぎでも入れた, こほろぎといつしよに寝て, こほろぎと一しよに, こほろぎと問へど, こほろぎの鳴やあ, こほろぎのうたお地蔵さま, こほろぎのうたが冴えて, こほろぎのこもれる穴は雨, こほろぎのこゝろ鳴くなべ淺茅生, こほろぎのしとどに鳴ける真夜中, こほろぎのしめらに鳴けば, こほろぎの声もととなう, こほろぎの家よ, こほろぎはお金がない, こほろぎははかなき虫か柊, こほろぎはひたすら物に怖, こほろぎは死し, こほろぎまでがやつてきてにぎやかなことだつた, こほろぎもたべる彼等は私, こほろぎも欄干に, こほろぎや人になかせ, こほろぎよあすの米だけはある, こほろぎを外に連れ, こほろぎ一つ急に歌, こほろぎ奴まだその, こほろぎ横ざまにかも瓜, こほろぎ橋を横, こほろぎ歌ふ, こほろぎ潮騒のとどろ, こほろぎ甲翅虫など飛び立つ, こほろぎ私も眠れない, こほろぎ絶間なく, こほろこほろに故国, こほんこほんと咳, こほんこほん咳をし, こほんと咳を, こほん咳をし, こぼうず, こぼこぼ下駄の, こぼこぼといっぱい注いだ, こぼるるなり鳥と, こぼるる見れば春, こぼんこぼんと音, こぼん先生だそう, こぼん君の拍子一つ, こぽした, こまぎれ肉でさえ, こまさにやならん, こまたは水の, こまっかく一口に, こまでか登り得ざること, こまでが腹立たしかつ, こまでとは言ひ, こまねだ, こまめやかなる者, こみやますみれどうな, こみようねえ, こむぎパンをです, こむぞといゝきかされていた美津子はいけしゃ, こむつかしい意味も, こむづかしいものを書かうと, こむづかしく名目にこ, こむとかこまぬとかの話では, こむのでぢきに間違へてとられ, こむのもいゝのではないかと思つた, こむばかりでなにひとつそれらしいけはいは感じられなかった, こむまえのいろいろなできごとを思いかえして, こむらびとなどではない, こむるかぎりは日の射し, こむんぢやないかと私も素人考, こめんこい顏, こめんどうな理屈, こめんどうくせえ, こもつたまさかり, こもろいと言, こやう叔父とこからはそれだけ, こやって口, こやつたちは玄王, こやつとんでもない奴, こやつどこまで正気, こやつなにをいう, こやつやつやつこ家の子家ツ子だと, こやつわしを老人, こやつイマニエルめ細工をやった, こやつテッキリ犯人めと千鳥波, こやつテンカンもちの発作, こやつ一人は最前, こやつ一匹ぐらいわけ, こやつ仮面を剥い, こやつ俺の上手, こやつ凡庸作家に非, こやつ日ごろは敬四郎, こやつ明日のこと, こやつ昔はいずれ, こやつ欲情に目, こやつ気が狂った, こやつ気狂いにそう, こやつ皮肉なこと, こやつ相当に呑気, こやつ眼の色, こやつ等左までの心得, こやつ言葉巧みに, こやつ遠慮せずに, こやつ邪教徒しかも人さらい, こやつ陽気の加減, こやなどがあったり, こやも務めつくせり垂乳根, こやらきゃッ, こやるこやり, こゆい附けたようだ, こゆかれその酒, こゆびくひきり, こゆびのさきほどばかだといったらわしはこれ, こゆるぎ戻る春の, こゆれば熊野社, こゆ八尋の柱, こゆ厠に起きし, こよい何気なく天文を, こよりを引いた結果, こへにこら, こらちに, こわっぱが喝采, こわっぱめにはかられた, こわっぱパパは串談, こゑあな寂し外, こゑあやしき音に聞きなさるれ, こゑありて見れば, こゑうなりましたが間もなく何もの, こゑおろかながらに春ぞふけたる, こゑかけいかにさむから, こゑがはたと途絶える, こゑがうるみ彼は鼻, こゑがかういふ山の中, こゑがきこえて來た, こゑがしてひとりの童子, こゑがその山道あたりから聞こえる, こゑが庭をわたつ, こゑが西の方, こゑが間をおい, こゑきいてゐるといふ心, こゑききつつ愛し強ひられ, こゑききつ罪あらぬ日, こゑきけば霜こごるらし笹, こゑきこゆ角を吹け, こゑこちごちに明る遠の, こゑごゑ溢れあざわらふ, こゑしづけき森のここ, こゑして蟲がなく, こゑしめやかに稜廓にした, こゑす病むしはぶきの, こゑそれかと聞ゆ, こゑて北の方四里はかりく, こゑでええんええんと忍びなきを, こゑでもあるまいと思ひながら, こゑで一口だけ言, こゑで云ひ憲吉君, こゑで子守歌をうた, こゑと肯ける, こゑとりよろふ港の天, こゑなきと思出のあと, こゑなき夜のくだ, こゑなき風も泣く, こゑなつかしき時にはなりぬ, こゑならねその白砂の, こゑなり正直といえ, こゑにして賜はれと, こゑにて病を語る, こゑに一種の勢, こゑに心牽かれるやう, こゑのくゎくこうを聴く, こゑのこゝかしこにきこゆるは寅の針, こゑのするのに氣がついた, こゑのないことばをわたしのむねにのこしていつた白薔薇の花, こゑのみ庭にあり, こゑの下から急, こゑの夜に聴け, こゑは低くそして, こゑはいとはね住み古りて, こゑはすがすがし広間徹りて, こゑはそろひけり陸ひとつ見ぬ海, こゑはなめらかな砂のうへをはしる, こゑはほら貝のやう, こゑはまぼろしの地面に生える, こゑはむなしく息あへぎ, こゑは塔に, こゑは興奮にふるへ, こゑひくく呼ぶ夜, こゑひとつ止みては, こゑひびかふきけばおほかたの若葉は和ぎ, こゑひびかふ卓に, こゑまぢかに, こゑまで似てゐる, こゑもきかであるべき, こゑもきれぎれ, こゑもしをれ, こゑもたえゆく小田の, こゑもほえないで黙, こゑも沈まつてゆく, こゑも聞こえずきりぎりすの, こゑやすらんと耳を澄し, こゑや京の町, こゑや都の苞, こゑをあげていへば夫これをき, こゑをあげて哭になき, こゑをかけますとだまつてうしろをふり向いた, こゑをきいてわたしも何だか, こゑをきいてゐるのは私の影, こゑをそろへて一どに笑, こゑをひとり聴きゐる, こゑをひとり聽きゐる, こゑ叮嚀に叮嚀, こゑ哀など思ひやる, こゑ夕焼の頃, こゑ外一篇は当時, こゑ夜の厠, こゑ幽かにきたる, こゑ微かにゆらぐ, こゑ朝な夕なを隣り, こゑ水のこゑ, こゑ獄に聴きぬ, こゑ空に澄みゆき, こゑ立ておちに, こゑ給へばまことに, こゑ耳につき, こゑ連れつつ明る, こゑ長閑にきこ, こゑ鞆の音, こをか視る, こ行ったはる, こイあんた行きはりま, こイ行きなはれや, これ, こウ雲助どうこんた, こォろぶな, こォんなふう, こっと, こオんな具合, こサイサイというもの, こッきり僕に握られ, こッくりこッくりと脳髄, こッこれだッ, こッこッと鳴い, こッこ陸へ百里, こッそりそれを嗅い, こッそり一座を抜け, こッそり二階のはしご段, こッそり単独で穴ぐら, こッそり夜遊びに出る, こッそり姿をかくしました, こッそり寐間をぬけ出る, こッそり工場長に色々, こッそり恋をした, こッそり羽根田へお前, こッそり蔵いこんで, こッそり裏の方, こッそり起上ッて坐, こッそり跡をくらまし, こッそり長島を出, こッそり闇の中, こッそり阿波へ探索, こッちからもあたい, こッちからお客の好き嫌い, こッちからユックリ眺めて, こッちから匂いをさせ, こッちから反対に前, こッちから名探偵に助け舟, こッちから顔を持っ, こッちのバラバラは, こッちのもんだ, こッちのツイデも考え, こッちの九千円はタイコモチ, こッちの事情の方, こッちの二十五座に神楽師, こッちの人間を見ましょう, こッちの仇がたきだ, こッちの仲間へ入れ, こッちの健康も衰, こッちの公平な判断, こッちの力がじゅうぶん, こッちの勝手だ, こッちの南京虫は, こッちの命があぶねえ, こッちの坊やから誘い, こッちの夫婦は入間玄斎, こッちの女の子をハダカ, こッちの女中にまわされた, こッちの山からで, こッちの岸から笑い返す, こッちの年をとった, こッちの店へ色目, こッちの意志に関係, こッちの態度によって噛みつかせない, こッちの方寸は, こッちの方寸どおりに行く, こッちの旦那方がアプレゲール的, こッちの棒は先方, こッちの様子を眺め, こッちの気持人間の気持, こッちの水は甘い, こッちの用がすむ, こッちの男は石川淳, こッちの眼だ, こッちの端にある, こッちの舟に気がついた, こッちの英語の効能書, こッちの蔭から人間, こッちの襤褸も出る, こッちの言葉に耳, こッちの詮議にぐあいが, こッちの身一つも危く, こッちの身命を完, こッちの運動のこと, こッちの都合で護国寺, こッちの隅にかたまっ, こッちの首が落ち, こッちやいうの, こッちりと固く, こッつりこッつりと入りまし, こッとらァか, こッとら初手からいわねえ, こッぱずかしい事がある, こッぴどい運上やら助, こッぴどくいじめてオドカすんだよ, こッぴどくいって追い払った, こッぴどくほうり投げて, こッぴどくやっつけられたらたいてい詩人, こッタラ如何ヅラァ, こッ此の野郎ッ, こツそりさきへまはつて, こツそり其處らを夜歩き, こツそり家にいれた, こツそり家根へ出, こツそり廣げて見る, こツそり机の引き出し, こツそり氷峰に聽, こツそり罪惡でも犯し, こツちのから紙, こツちの來たの, こツちの恨みが少し, こツちの本妻に立ち直らう, こツちの用は濟ん, こツちの範圍内に立ち入らせた, こツちの雪はぱさ, こツちやらう柿, こツちやろかい, こツちやアやり切れないよ, こツちやツた, こツぴどくやつ付けて, こツぴどく批評し内心, こツんと戸田老人, こツ恥かしくて見せ, こドクトルそのままで, こハムレツトが来や, こバスなんかに轢かれなや, こフロせんたく, こペこに空い, こリヤ樒の葉, こン唐人打挫いて, こン爺い汝, こーこはどー, こーらそこにいる, こーッと五十七丁目, こーンとたたい, こ一丈二尺一頭三面の鬼, こ一文も持たねえ, こ一羽はなし, こ一銭けるど, こ三万円とられる証文, こ三人住んで, こ乗せて外, こだ, こ二升しか買わねえ, こ云々というの, こ五つに岐, こ五六人に塞がれ, こ五寸厚さ三寸, こ五月の泥濘道, こいずこ, こ今夜子の刻前, こ付きながらかの, こ体工合がわるく, こ何とうら, こ先生といふあだ名, こ公武合体は筑波, こづかしやは, こ冬眠のスッポン, こつて, こ切って行く, こ前川伊豆栄がある, こ剣玉べい独楽というふう, こ助手さ, こ勘定で往く, ここだ, こ取りにも会わねえし, こ右目にもの, こ向い格式が, こが払う, こ吾田のや刈束稻, こを持っ, こなどといっ, こ四十フィートの納屋, こ困りますね, こ困るんです, こなどももと, こ堕落との紙ひと, こ墜落との紙一重, こでいい, こ夕顏の宿, こ夢中になっ, こ學生に, こ大いに奮励一番し, こ大幅こけるども, こ大水で行かえない, こ奴いやに威張っ, こ奴め良きカモ, こ奴ら二人はてつきりひとつ穴, こ奴乱心したな, こ奴僕をどっか, こ奴共も六松, こ奴敵だからな, こ奴極悪非道な奴, こ奴治部太夫の名, こ奴魔法つかいか, こ如何なる部面にも, こ子息の氏職どの, こ実に馬鹿らしくて, こ家の子家ツ子だと, こ小松のした, こ小森さんすすすまんことし, こ小橋っ, こ小殿っ, こもせで, こ居たかやと, こ屋中塗りめぐる, このもの, こ師団の歩兵聯隊, こ師団以下合計九こ師団の歩兵聯隊, こ帯ちよつと見, こ帯はちよつと奇妙, こ帯帽子も被らず, こ帰りつく日, こ帶握りぎんたまで, こは薄氷, こ引くのも, こ張つたところがあり, こ張つてまん丸な眼玉, こ張つて背中には重石, こ張つて言ふことも, こ彫る爺の, こ彼方へ往け, こ辞儀を, こ御飯にしよう, こ心得ぬことを, こ心持ちや池, こ心残りなく行けっ, こ忘れず忘れたくなくこの九十九円七十五銭, こ恋しゅうござります, こ憎らしい仏蘭西人が, こ或は幟竿の, こと申す, こ抜かれて, こ抜かれたんだ, こ抜かれようとした, こ抜きかけたが思い直した, こ抜け侍, こ押してさ, こ持たせて拾わせ, こ捺すみたいに, こ揺れていた, こ擂ってるって評判, こ擦り合わせている, こつくと, こじゃお, こ昼寝したば, こ時計がはいっ, こ暗い雑木林の, こ書簡をご被, こ材料になっ, こ来いッ, こを使った, こ架けて飛ん, このぢ, こ此武村をお, こ此通りあゝ有り難う, こ歩むや, こ殺さないでくれ, こ殺して呉れ, こ殺したのじゃ, こ殺すぞ, こ毛密なる蹠, この矢, この朝かぜ手, このあたり, こ治こと見とがめられ, こあびせて, こ流えて行かえない, この松風, こ海さ捨てるだ, こ溶けふろいふ, こ溶けかけた黄はだの, こ瀟洒した家, こ無し黒の羽織, こ無体に引っぱっ, こ煙草の割前, こ照らしに向, こ独りなら纒, こ独楽をかえせ, こ独楽廻しのお, こから火, こ理くつが多く, こ生えたらおかしかんべ, こ甲府へ逃げた, こにまがりました, こ百合ならむ, この椀, こで姫, こ知らずてお, こ砂糖です, こ硝子の飾り, こ穢い茶碗の, こ突かれたやうな, こになつ, こ算用で部分品, こをしらず, こ細くてかそ, こ細工でもやっ, こか絵草紙, こ縮緬の腹合せ, こ肥りの身体, こ胃痙攣みたいだったこと, この人, こ自身を破る, こ船捕手のかざす, こ芝居といつ, こ芝居以来五十年の経歴, こ苦しいあによ, こ草鞋を脱がし, こを処々, こをひかえ, こ見たやうな, こ見つかれしょ, こ見なかったかね, この通り, こ記者に對, こ貫いて如何にも, こ貯まるばかしで, こるん, こ貰っためんこ又, こ買物をし, こ贔屓のない, こののり物, こ踏みいかに帰ら, こをつくり, こ迄もながまさ公, こ連れでて, こ道具大工道具などを売っ, こ部屋のぶしゅうだ, こ醫者へつれ, こ金看板と言っ, こ鎌麻呂むろの樹, こへ百里, こ隠居のところ, この寒げ, こ雲といへるは, こやこんこ, こ香烟の漲り, こ驢馬にまた, こ高僧の著作, こかわかしカン, ここい, こ鶏二番が南伝馬町, ここっこ実に