青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「が~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

かりし~ かりに~ かる~ ~かれ かれ~ かわいそう~ ~かわり かわり~ ~かん かん~
が~
~がい がい~ がかり~ がけ~ ~がた がた~ ~がたい がたい~ ~がち がち~

「が~」 22985, 221ppm, 450位

▼ がその~ (1457, 6.3%)

41 うちに 19 前に 18 時は 14 内に 13 次の 12 声は, 時に 11 中に 10 中で, 中でも, 時には 9 人は, 代りに, 時の 8 結果は, 頃の, 顔には 7 ために, 男は 6 ときは, 日は 5 あとで, ことは, 作品の, 年の, 拍子に, 時, 頃から, 顔は

4 [14件] ためには, どれもが, ま, 代り私は, 声が, 声には, 外は, 夜の, 女が, 手は, 時私の, 美しさ, 話は, 途端に

3 [16件] すぐあと, たびに, とたんに, ような, 上に, 夜遅く, 時ふと, 時彼女は, 晩の, 男の, 眼は, 瞬間に, 笑ひ, 言葉には, 言葉の, 頃は

2 [109件] お話は, ため息が, ときそれを, ときであった, ときの, とき彼は, なかで, ほかに, ほかの, ほかは, ように, 一瞬の, 三人の, 上の, 上もう, 上り框の, 中には, 中味は, 中途まで, 二三町を, 二人の, 人たちは, 人らしい, 人達を, 代り注意人物が, 位の, 内容を, 冬の, 割に, 医科に, 友人は, 反動で, 場合に, 声に, 声も, 外には, 夜は, 夜勝平は, 大きく見開いた, 大金の, 女の, 女は, 女達は, 婦人の, 婦人は, 媚や, 家の, 少女の, 山の, 差別は, 席に, 徳利を, 怒を, 戸は, 扉を, 手が, 手を, 投げ付けたつもり, 斑猫の, 方の, 日の, 時から, 時も, 時丁度, 時彼は, 時私は, 晩は, 最初の, 最後の, 機会は, 次ぎの, 次には, 泥棒がん燈の, 渦巻の, 無気味な, 狼の, 理由は, 目の, 目は, 直後に, 相手は, 眼の, 瞬間私は, 破れ目から, 空気は, 窓を通して, 笑いは, 編隊から, 美しい唇, 聲も, 背後に, 自信の, 苦しみが, 血潮が, 裡に, 言葉が, 言葉は, 謎を, 象眼は, 足音は, 躊躇も, 辺は, 返事がい, 返事は, 連中は, 電車も, 青年は, 音の, 顏には

1 [848件 抜粋] あたりも, あとその, あとに, いさかいが, いずれも, いづれを, うちには, おとなしい上等兵, およう, お偉い, お妻, お延, お手柄, かはり何, かわり今度は, かわり何か, かわり手長えびの, ききなれない調子, きゃん, くせどこにも, けしきは, ころには, ころ一週間も, さま芋塊に, ざるを, すぐ後で萱野夫人, ずるい動物, ただの, たびごとに, ため私の, つけや, ときその, ときだった, ときである, ときに, ときひどい, とき不, とき何ものか, とき僕の, とき合図とともに, とき彼の, とき気がついた, とき真弓は, とき禿頭の, とき被告は, とき鏡は, とき障子の, とき馬田の, とたんにど, ならび方, のち私は, ひとも, ぼんやりした, またずっと, まん中に, もっともかすか, やりかた, ようなありふれた, わけが, オペラの, カードを, クロオスの, コツテエヂの, ファンタスチックな, 一つとして, 一つを, 一人の, 一撃は, 一方の, 一燈に, 一週間か, 一隅の, 一面プロレタリア文化団体は, 万年平番士の, 三年目も, 三年間にも, 上にも, 上影法師といふ, 上方には, 上等兵は, 下で, 下ななめ, 下ぶくれ, 不快さは, 不決定, 世にも不愍, 中あの, 中では, 中の, 中は, 丸薬は, 丸藥は, 九月分の, 事件が, 事実の, 二人が, 二畳の, 五十近くの, 些細な, 人々は, 人たちも, 人となりと, 人も, 人形は, 人波の, 人達の, 今に, 仔細を, 仕事も, 代りその, 代り以後は, 代り命掛けで, 代り大変な, 代り本, 代り本当の, 代り眞物の, 代わりに, 代わりわたしが, 伊吹城も, 会釈は, 体の, 作業が, 便所へ, 偏は, 偏平な, 儘うっかり帰っ, 先は, 光の, 全部を, 内の, 内大伴氏物部氏は, 冬が, 凄じ, 凄絶なる, 処を, 利腕を, 刹那で, 刹那であった, 刹那迂, 前半の, 前方, 力も, 効き目も, 匂ひでその, 半分以上の, 卓子には, 反対にも, 反対の, 反省は, 反間苦肉を, 反面恋愛は, 口の, 召使たちの, 可愛さ, 右の, 同名の, 向側に, 味いに, 哀願を, 唇には, 問題に, 喧嘩の, 嘘でない, 嘘の, 園絵さえ, 圧倒感に, 堪え難い, 報告を, 場合には, 場合はど, 場合私たちは, 場所には, 場面としての, 塵芥車が, 声がわりの, 声を, 変りはてた姿, 夕方可愛い, 夜その, 夜もう一度, 夜十一時ごろまでも, 夢が, 大きさ, 大部分, 太古の, 奇麗な, 契約書は, 女に, 女性の, 妻も, 姿に, 威力の, 娘らしい, 婿引出に, 孤独は, 守り袋は, 安らかな, 定仏, 実そこは, 実はこうして男, 実は野々宮某, 実意味は, 客は, 客室の, 家内が, 富豪も, 實は, 寸前に, 将監の, 尊氏は, 小舎の, 小説の, 少年達の, 屋敷は, 山影が, 希望は, 帰りを, 帳簿を, 年増を, 幽霊の, 広い中庭, 底流には, 度毎に, 座には, 弘の, 当時では, 当時僕の, 影が, 影の, 彼が, 彼の, 御沙汰が, 御風態にゃ, 微笑の, 心もちは, 心遣いは, 必要は, 応えよりより, 快い夢見心地, 思案には, 怪人は, 恰好で, 情無い, 意味が, 意見は, 感じが, 感じは, 憎さ, 戯曲的な, 戸の, 手には, 手も, 手筈を, 手紙に, 批評家は, 抗辯, 折法水は, 推定を, 敦賀まで, 数多い御, 方どもは, 方面の, 旅の, 旅行の, 日彼は, 日病で, 明くる, 明るさ, 時おなじ店で, 時さえ, 時たつを, 時ちょうど, 時ちらりと, 時であった, 時でした, 時どう, 時にな, 時ひそかに, 時ふっと, 時まで, 時もう, 時ツト立上った, 時ピッコロミリ夫人は, 時ポプラの, 時一人の, 時一度きりで, 時不意に, 時予は, 時人の, 時以来大屋敷の, 時何処かで, 時僕は, 時分と, 時味方の, 時奇蹟が, 時女は, 時少し, 時幡江は, 時彼の, 時意外にも, 時投げ出し, 時既に, 時残忍な, 時澄江が, 時生徒の, 時男湯の, 時私に, 時節が, 時背後にあたって, 時襖が, 時蹄の, 時長, 時陣十郎の, 時鳥が, 晩も, 晩勤めから, 景色が, 景色を, 暇にも, 暗く雲, 書体による, 月も, 期待は, 木の葉を, 本質に, 札は, 村の, 東京の, 柄の, 格闘の, 植物の, 検事は, 榎の, 樣子が, 横顔の, 機會は, 欝屈は, 次ぎには, 次に, 次に感じた, 歯科医は, 歳月も, 死と, 殆ど白味ばかりの, 母や, 母譲りの, 気分の, 気持の, 水は, 水煙は, 汽車が, 沈黙が, 沢山ある, 河野ッてえ, 沸騰の, 波音の, 活動に, 派遣が, 混雑の, 満足が, 灯は, 烈々の, 無遠慮な, 煙が, 爐の, 父の, 物は, 特色と, 狼狽えたどこ, 玉子お, 理由を, 生徒が, 甥の, 甲斐あっ, 甲斐も, 男が, 男等は, 留守の, 畫は, 病氣は, 痛ましい努力, 癖件の, 白葡萄を, 皮切りを, 盃から, 直後把手に, 直義とて, 眉間の, 真実を, 眼が, 眼にも, 眼光には, 着物でさえ, 瞬間, 瞬間あやめと, 瞬間つと, 瞬間にも, 瞬間の, 瞬間ジノーヴィー・ボリースィチは, 瞬間彼は, 瞬間彼女は, 瞬間犠牲者を, 矢が, 知らせと, 石段を, 砲弾は, 磯五の, 社会的位置に, 祝宴が, 秋山図という, 程度の, 穴は, 突き詰めた調子, 端麗な, 笑い声の, 笑声の, 答と, 答を, 範覚が, 精密な, 糸の, 素質によって, 組織後間もなく, 結末に, 結果知った, 緊張した, 線の, 縄目を, 美しい夫人, 羞恥は, 羽搏き, 翌年の, 翌日, 翌日に, 翌日僕が, 翌晩何処へ, 翌朝まだ, 聲は, 胸算を, 膝に, 自分も, 自覚のみからは, 花の, 苦しさ, 苦痛と, 蓮杖も, 藩が, 虹を, 血塊は, 衝撃が, 衣裳は, 表情その, 装置の, 裏門の, 解答を, 言葉を, 計略とは, 詞は, 調べが, 謎めい, 貯蔵庫という, 足の, 跡を, 跫音は, 身体を, 軽は, 輝きは, 辰伊勢という, 辺に, 辺の, 途中も, 通りに, 逢へ, 週の, 運転手は, 部屋へ, 部屋も, 野心と, 金を, 金切声の, 錯覺の, 鏡の, 鐘は, 陣十郎は, 静かさを, 非凡なる, 面立は, 靴は, 音は, 頃でも, 頃を, 頃痼疾の, 頬は, 顔が, 顔色は, 饒舌は, 首が, 馬車も, 騒ぎが, 驚きすらも

▼ がそれ~ (1197, 5.2%)

46 と同時に 19 にもかかわらず 14 だけで 12 にも関ら, はそれ 11 にし 9 もこれ 8 にも拘はらず, は彼 7 はすぐ, はとにかく, はともかく, ばかりで, もほんの 6 にも拘らず, はまだ, は私, を見る 5 と一緒, と同じ, は兎, は決して, も長い, よりももっと

4 [12件] が, つきり, にも増し, は, はそう, はほんの, はまた, は僕, は僕自身, は同時に, は彼自身, も束の間

3 [18件] がどう, が或, でなくても, はその, はただ, はまあ, はまったく, は一瞬間, は二人, は何, は後, は空, は雪, ばかりでなく, もすぐ, もやはり, も今, よりも驚いた

2 [102件] かといっ, かと云っ, から一週間, から三十分, から三日目, から十日, がため, がだ, がもう, が何, が判れ, が前者, が勝平, が夢, が実現, が恋人, が悉く, が悪意, が私, が誰, だから, でいい, とても一瞬間, とても無駄, とは別に, と同様, ならば, につづい, には鍵, にも不, にも主君, にも私, に付け, に対して何, はあまりに, はいつも, はかえって, はこの, はさておき, はそんな, はだんだん, はどこ, はどちら, はもう, はやはり, は不幸, は二枚, は代, は勝彦, は問題, は嘘, は外見, は大, は大抵, は実質, は家, は左, は平次, は平素, は彼女, は必ずしも, は恥辱, は文字通り, は楡, は母, は無駄, は瑠璃子, は皆, は確か, は空しい, は罠, は美奈子, は自分, は要するに, は貴女, は返すべき, は釘付け, もここ, もとう, もまた, もやらなくなった, も全く, も及びませんでした, も捕らぬ, も決して, も瞬時, も私, も落着, よりも, よりもこの, よりもつと, よりも先, よりも彼女, よりも焼跡, よりも自分, より早く, らしいもの, を何うし, を否定, を渡らず, を自分, を見

1 [663件 抜粋] あるを, かと云つて, からさらに, からしばらく, からどう, からのとぎれとぎれ, からの二三年間, からの仕事, からはその, からは別, からまだ, から七日目, から三日經, から二日後, から五年, から暫らく彼女, がある, がいかにも, がいつしかぼんやり, がその, がどうか, がどうにも, がどうも, がどんな, がなよなよ, がなんで, がぴたり, がまた, がもう少し, がもし, がやはり, がよかつ, がフェア・ヘーヴン, が一二時間, が事実, が人, が今, が今生, が伊曾, が何で, が兵隊, が分らない, が意外, が掲げられ, が改, が時雨, が東京, が次第に, が河田, が無謀, が當, が神, が禪家, が第二義的, さえ不所存至極, さえ拾っ, じゃあほか, すらも口, すら世間, だからと, だけでも分った, だけでも十分, だけでわたくしたち, だけで十分, だと, っ切り, でさえ間に合わない, でないと, ではない, でゐ, で満足, で終っ, で諦めたらしい, とてもあて, とてもはっきりした, とても一瞬, とても大元帥明王, とても町中, とても真実, とても駄目, とともに, とともに葉公, とは反対, とは関係, と一つ淺, と云う, と入れ違い, と共に兵卒, と共に自然, と分る, と氣附, と覚っ, ならそれで, なれば, にいたしまし, にかかわらず, にくらべる, にしろ, については少し, については彼, についてもっと, について他, について幸福, につれて日まし, にはいろいろ, にはかまはず, にはどこ, にはよほど, には一応, には及ばぬ, には及びませんでした, には周囲, には応, には惨め, には手, には条件, には注意, には深い, には目, には答, には答えなかった, には自分, にもまして, にも係, にも係らず, にも等しい, にも見, によって顔淵, に代っ, に代る, に先立っ, に対しては陸, に対する論理的, に就い, に心, に応ずる, に構わず, に気がつく, に気づいた, に火, に関してはなに, に関連, に關, のみにては御, の出し手, の示すごとく, はあと, はあなた, はあの, はいつ, はいつの間にか, はいつの間にか却って, はお, はお蔦, はきっと, はことに, はこんな, はささくれた, はしかた, はすべて, はそこ, はそれだけ, はそれほど, はた, はたしかに, はできなかった, はどう, はどうも, はどんな, はながく, はなん, はひとり, はびく, はふたり, はほん, はぼんやり, はま, はまず, はまだしも, はまる, はみな帰, はみな歸, はむしろ, はもちろん, はも早, はやがて, はわれ等, はアイルランド総督, はゴーチェ, はフランス, はブルジョアジー, はヘルゼッゲン, は一方, は一時間, は一段落, は万人, は三疋どころ, は不, は世間, は中庭, は中庭といつて, は二, は二三日, は京姫, は人生, は今, は仕合せ, は仕方, は伊丹幸, は何ゆえ, は何ん, は何時の間にか, は余談, は信ぜられぬ, は僕等同志, は元, は先ず, は全く, は八重子, は公卿, は再び, は冷たい, は出来, は到頭, は剣, は動物, は半分, は半途, は卓上, は博士, は原作, は又, は右, は吾, は問題外, は嘲笑, は困っ, は固, は在, は在家, は地上, は多く, は多分, は夢, は大物, は大空, は天気模様, は失敗, は女, は女史, は女学生, は季康子, は宗教, は実際, は容易, は小さな, は少し, は山田, は己, は帰る, は引かき, は弥助, は当然, は徒勞, は徳次, は思い切り, は思ひ止まつ, は恐らく, は恥づる, は悪態, は惜しい, は意味, は打, は掛け, は探, は敬太郎, は敵, は文字どおり刹那, は既に, は明治維新, は時, は朝野, は未だ, は本当, は杉, は束, は果たして, は極, は極度, は横着, は死刑囚, は死角, は殆, は殆ど無用, は段, は永く, は法水, は浴びる, は火事, は無益, は父, は特徴, は狼狽, は現在, は理想論, は生活, は甲谷, は男, は番頭, は真実, は眼, は瞬く, は短かっ, は種々, は笑う, は罷りならぬ, は美女, は自分勝手, は表面, は表面上, は見る, は言, は言い, は訳, は誤っ, は誤り, は賀川市長, は足音, は辛うじて, は追, は道誉, は違っ, は酒, は開戦, は間違い, は間違ひだ, は顎, は風評, は餘, は駄目, は高松城, は黄いろく, ばかりからで, へ身, までに彼, までは聞かなかった, まで庭, まで眩, まで鳴, もあまり役, もいへ, もかへつて, もしばらく, もせいぜい, もせんじつめれ, もだんだん, もつい, もできないなら, もまず, もまず難なく, もまだ, もまんざら, もめんどくさかっ, ももう, もやつ, もよほど, も一刻, も一月一杯, も一瞬, も一陣, も今年, も他, も個人, も光, も出放題, も勇少年, も取ろう, も口誦, も圈内, も夜, も夢, も大した, も夫婦別れ, も奇抜, も學校, も希望, も平たい, も年々, も序, も慣れ, も新蔵, も日, も極めて, も次第に, も母親, も気, も永く, も湯気, も無理, も無駄, も無駄骨, も相手, も真面目, も瞬間, も知らぬ, も稼ぎ, も結局, も肯こう, も裁判官, も覚悟, も軽くやさしく, も遣らなくなった, も長く, も集めた, も駄目, よ, よりもこ, よりもこちら, よりもこと, よりもそ, よりもっと, よりもとく子, よりもなぜ, よりもなに, よりももつ, よりも一層, よりも不思議, よりも与助, よりも伴直人, よりも何, よりも前, よりも大きな, よりも奇怪, よりも寧, よりも彼, よりも戯曲, よりも木曾, よりも根本, よりも気がかり, よりも現在一番彼, よりも生活, よりも身, よりも釣り, よりも驚異, より何より実に, より彼女, らしい顔, をいちいち, をお, をかいつまむ, をじろりと, をする, をそう, をほか, をみ, をもう少し, を一層, を一挙, を世, を今自分, を伝える, を伝聞, を初めて, を千種, を単純, を大きな, を好い, を実現, を引き起したら, を強調, を彼女, を心, を思い出した, を怨ん, を拒む, を持っ, を浴びる, を炙る, を生駒, を知った, を知らない, を突き刺した, を繞, を聞い, を聞く, を聴いた, を聴く, を行う, を行かぬ, を見つける, を見抜かれる, を見破つた, を言, を言い出した, を言い出す, を言わない, を読み, を道徳的, を駅員, 故に坂田将棋

▼ が~ (542, 2.4%)

16 はその 98 は自分 6 の眼, はそんな 5 の心, はこの, はそれ, はもう 4 の手, の顔, はさり気, はすぐ, はどう, はまた, は今 3 の理性, は何, は急, は決して

2 [55件] がお前, が一歩々々, が一足, が六七段, が努力, が拡げた, が時計, としては此, にはそれ, のこの, の上半身, の体, の前, の友だち, の弟子たち, の忠告, の思弁癖, の思索, の態度, の本当, の胸, の記憶, の身体, の頭, の頭脳, はうしろ, はさ, はしばらく, はそう, はそれら, はただ, はまだ, はやがて, はやはり, は人, は今年, は低い, は冷静, は年月, は心, は敢, は敵, は本, は消極的, は漸く, は烈しい, は無言, は町, は良沢, は訊き続けた, は誰, は賃銭, は青木淳, は黙々, を誘惑

1 [327件] から妻子, がい, がそこ, がその, がそんな, がどんな, がまだ, がやっと, が今度, が何故, が剣, が天窓, が奪っ, が差出人, が戦え, が文科, が斯, が昨夜, が正, が気, が眠り, が箸, が腰掛け, が自分, が評判, が進ん, が額, だけである, だけには言, だけは独り水, とこれ, としてはただ, としては精いっぱい, とても又, とはまだ, ともう, にくらべる, にとってそれ, にとっては煉獄, には, にはこの, にはそう, にはその, にはふたたび, にはまるで, にはハッシッシュ, には何, には彼, には条件, には機嫌, にもいい, にも矢張り, に云わせる, の, のおろした, のさ, のそうした, のため, のゐ, のアリバイ, のジヤアナリズム, の一族, の不参, の与えた, の中, の主人, の予期, の今宵, の企画, の住まつ, の作品, の兇悪, の先輩, の剣, の動作, の唇, の土産, の境遇, の外, の大きな, の天才, の妹, の姿, の容貌, の専門, の小説, の小遣, の小遣い, の屋敷内, の座席, の律義, の後, の恋愛, の情熱, の想像, の感覚, の懐中, の批評, の指さき, の挙げ得た, の方, の日記, の期待, の本能的, の机上, の柳屋, の楽しみ, の気持, の水兵服, の浅い, の生れつき, の用語法, の目, の稀有, の笑, の笑い声, の篠枝, の精根, の素, の老, の考え, の耳, の肚, の胸いっぱい, の自由, の苛立たし, の衷心, の言う, の言葉, の詩, の話, の赤目, の足許, の近所, の道心, の門地, の頂上, の頑固, の食いしばった, の驚き, はあたたか, はあまりに, はある, はあわて, はいくら, はいつ, はいま, はうめき, はおもむろに, はくつろぐ, はこれ, はこんど, はさして, はしまい, はじい, はすでに, はそういう, はそこ, はそのまま, はその後, はたうとう, はたそがれ, はたちまち, はちやほや, はつづい, はつひ, はともすれば, はどうか, はどうしても, はにこり, はひどく, はぴしゃり, はふと, はむしろ, はやっと, はやつ, はアスパラガス, はアッサリ, はセエラ, は一体, は一時間, は一概に, は一言, は丁度, は不, は不器用, は不満, は両方, は人々, は以来, は侍座, は傲然, は先づ椅子, は先刻, は其の, は冀州城, は写真版, は冷たく, は刹那, は前後, は動かなかった, は勧められる, は反っ, は反り身, は叫ぶまい, は周囲, は図画, は土, は土地, は声, は夢中, は大, は大阪市, は妻, は子供, は実際, は寝た, は小説作家以外, は少し, は屈しなかつた, は川, は平然と, は彼, は彼女, は彼等, は彼自身, は必死, は怒らず, は思わず, は急い, は恐しく, は悪感, は愈々, は意外, は憤っ, は所謂虎ヶ窟, は手, は持っ, は振りむき, は握られた, は揺がう, は揺ごう, は敢えて, は新, は新しく, は新参, は旅先, は明白, は昨夜, は最後, は未, は未だ, は果して, は根, は横, は欣然, は正体, は殺さね, は殺された, は水, は江州, は泣, は泣い, は泣き止ん, は無事, は片手, は班内, は留守, は盗, は目, は直ぐ, は相, は矢張り三重子, は祖国, は私, は空, は突然, は笑っ, は籠, は続ける, は維新, は羊, は自分たち, は苦しい, は言葉, は語らね, は豆粕, は赧さ, は起ち上る, は踏み止まつた, は軍隊, は辛抱づよい面持, は逐, は遂, は遂に, は部下, は隊, は隊長, は雑作, は露悪家, は頗る, は食器, は飽きあきし, は驚かなかつた, は高松, は鰯, は黙然と, ほどの人物, もくるり, ももう, も別に, も弟, も彼, も怪物, も懇願, も流石, よりはげしい, より早く, れの, れは, を, をし, をしっかり, を前, を推挙, を歴代, を驚かした

▼ がこの~ (520, 2.3%)

8 ような 6 時の 5 時は 4 ことは, ほうは, 二人の 3 ように, 事は, 作品の, 少女は, 時ふと, 男は, 種の, 頃の, 頃は

2 [29件] ことの, ほうも, ま, ホテルの, 一点に, 事が, 人ごみを, 努力の, 場合に, 子の, 市井の, 往来は, 感じは, 慣用手段に, 捕物は, 方は, 時すでに, 時別の, 時私は, 最後の, 瞬間に, 虚偽の, 言葉は, 近代の, 近所の, 鉢の, 鋭い刺, 青年は, 青年までが

1 [404件] あとの, あられも, うち最も, おじいさんは, お坊さん, こたつに, ことが, ことに関して, ことばかりは, ことを, さるさん懣った, たびだけは, たびの, たびは, とおりぴんぴん, ときの, ときはやく, とき奇蹟が, とき楽屋には, とき火星人たちは, とき肩を, とき青二は, とんぼめいまは, ぬりのみの, ひと, ぶるじょあ的諧謔, へんから, へんで, ままでは, ままには, まま仙太を, まま寛い, まま引き返し, まま引上げる, まま江戸入りを, まま滞留すれ, やり方は, ような優れた, エルシノアの, クレィヨンの, タイタニック号の, チベットの, トレ・コンフォルタブルな, ノートは, ハンケチも, ハンディキャップを, フランス留学には, ホテル数で, ボタンの, マアガレット殺しが, マタ・アリも, リンピイと, ロス夫人の, ロヂカルな, ヴェニスの, 一二の, 一句を, 一対の, 一年が, 一行は, 一見こんとんとして, 一言は, 一週間五六十フランから, 一週間程は, 七人は, 七月一日の, 七百円は, 三人が, 三人の, 三大戦よりも, 三月まえ, 上真, 不しだら, 不完全な, 不幸中の, 不徹底の, 不思議な, 不意打は, 乳臭児は, 予想は, 事を, 事実から, 事実なんぞは, 事実に, 事情は, 二つの, 二三日半夜孤座し, 二人が, 二人だけは, 二人は, 二作の, 人, 人すこぶる, 人たちの, 人の, 人は, 仏祖の, 似たの, 何かを, 何者にも, 作に, 作の, 作品競技で, 作者が, 作者の, 使者一件は, 信頼は, 俺は, 俺も, 傑作と, 傾向は, 儀は, 儘俥に, 元日の, 先生は, 光景を, 八名中美妙は, 公佐も, 兵隊どもに, 円転滑脱は, 出來事, 分業から, 制限は, 勢力は, 協力は, 危険な, 厭らしい, 厳な, 反省も, 古井戸, 可愛い愛嬌, 名作家に対しても, 名誉ある, 名鳥, 問題に対する, 地の, 地下の, 地方の, 地球の, 報告の, 場合かうした, 場合この, 場合与助を, 場合信子の, 場合源吉の, 場合為吉は, 場合私は, 場合退却する, 境地は, 夏は, 外に, 大学の, 大根気, 大浦と, 大豆は, 女が, 奴隷商人の, 好機を, 妓を, 婆娘は, 嬉しさ, 子供達は, 子殺しの, 学問という, 実証は, 客間へは, 対話は, 将来の, 將來の, 小男は, 小舎の, 少女の, 少年おとなし, 少年が, 少年は, 屋根の, 峠から, 島は, 川を, 左膳の, 巨大なる, 巨額な, 布令を, 平地が, 年を, 年齢に, 幼少以来の, 店で, 度の, 度は, 廃藩置県を, 弥生の, 強気の, 役の, 彼女に, 征服心も, 征韓論の, 御馳走に, 微妙な, 急に, 恐しい, 悟りそれ自身の, 悪魔は, 悲惨とか, 情景は, 惨劇を, 意見は, 感慨は, 感懐を, 感服は, 憐な, 懸念は, 手記に, 手記は, 抒情詩を, 押問答は, 挿画の, 掲陽鎮へ, 提灯を, 插話が, 握手は, 攻撃の, 敗北にも, 数週の, 新しいおりん, 新発見, 新聞紙の, 方が, 方面の, 既にお, 日は, 日本に, 日本情調が, 時あたりの, 時だけは, 時ほど, 時一方, 時三次は, 時事務所の, 時二葉は, 時刻ごろには, 時彼の, 時戸から, 時拡声器が, 時新手の, 時橋の, 時歔欷するらしい, 時火事の, 時真に, 時眠っ, 時第, 時運命は, 時間の, 晩ぐらい, 書物に, 有様では, 有様を, 有樣, 有賀又兵衛躄者にこそ, 服装の, 朝だけは, 朝の, 朝父信長を, 未成品すでに, 本八丁堀三丁目, 梁こそは, 椰菜の, 構内へ, 様子では, 樣子では, 欠点は, 次が, 歓楽の, 歡樂の, 武士は, 残忍な, 気の毒な, 河原者兵法に, 河幅だ, 洒落は, 涸渇そのものによって, 清々しい初夏, 温かい部屋いっぱい, 演出万能主義は, 無人の, 無為は, 焼香の, 熊本には, 熨斗この, 父親の, 物語は, 犠牲を, 犯人の, 狂天才も, 王允は, 現象は, 生産技術の, 男たる, 男の, 男も, 男呉宮城内に, 町が, 画家には, 疵を, 皮肉屋を以て, 真理の, 眼では, 瞬時の, 磯五の, 神は, 私達の, 窓は, 竜手様の, 第一印象, 節浅草を, 籠居は, 素人は, 素焼きの, 紫色の, 細かい皺, 細雨の, 経験は, 統制も, 緊張は, 美しい彼女, 美しく若い生命, 老将軍, 考えは, 考へは, 腕白猫めは, 自分勝手に, 興行の, 船で, 船では, 艶いた, 苦悩は, 苦艱を, 茨右近は, 荒寺思いの, 萱野十吉氏といふ, 藤十郎も, 行事は, 行方不明船の, 衝動から, 装飾美術にも, 覚悟は, 親子の, 観察は, 解釈の, 言葉の, 記事は, 記録を, 詩を, 話ただ, 語原は, 説明では, 調子で, 論文の, 警護方も, 議論は, 豪雨は, 貫徹は, 路は, 軍に, 辺に, 辺の, 辺は, 通りここに, 連中は, 過去の, 避病院も, 邊は, 部屋には, 部屋の, 部屋は, 酒は, 醜い魚, 鈍重な, 闇汁は, 限られた區域, 際に, 際ぼうっと, 際夫としては, 雄壮な, 雑誌の, 零細な, 電話の, 露路と, 頃から, 頃にな, 頃ふと, 頃又, 頃私の, 頓挫が, 顏には, 顔には, 類似は, 飜訳は, 飯場は, 飲んだくれの, 高い峰, 高尚な, 高貴さと, 鷺の

▼ が~ (341, 1.5%)

10 はそれ 8 はその 6 の心 5 はこの 4 にはその, のする, は何 3 はもう

2 [27件] が此処, が追, が食堂, のこと, のよう, の感覚, の手, の目, の言いたい, は, はあの, はいま, はそんな, はどうしても, はなんにも, はまだ, はもう一度, はやっぱり, は今, は今日, は傍ら, は先年, は夢中, は悪口, は我慢, は直ぐ, は返事

1 [243件] あちょうど, からすこし, があの, がいろ, がお金, がこいつ, がしみじみ, がそれ, がただちに, がようやく, が不能者, が中将湯, が二十七歳, が休ん, が何分間, が取組, が呼んだ, が四年生, が小浜, が彼女, が手, が新, が猶予, が薬, が虫, が行つた時分, が酔っ, が醫者, だけは家, としてはた, としては天狗さん, と判事さん, と染, などは新協, にし, にとって私, にはお前様, にはこれ以上, にはそんな, にはちつ, にはどの, にはなかなか, にははるか, にはよく, には一つ, には不思議, には似た, には何, には印度教徒, には外, には根本的, には殆, には若い, には解らない, には訣, には響以上, にも気がつく, に三郎, に助力, に励まされる, に取っ, に抵抗, に言わせりゃ, のいう, のこの, のそば, のそんな, のところ, のションボリ振り, の両親, の中, の今, の仕事, の全身, の別天地, の友達, の喜び, の家, の小説, の底, の必死, の思う, の意味, の感服, の掌, の握っ, の方, の旧, の暴挙, の期待, の本当, の本心, の正義派的, の秘か, の竜宮行き, の答える, の結婚, の考える, の脇の下, の興味, の荷物, の見た, の見出した, の記憶, の話, の足, の酔った, の鎖の, の非常, の頭, はあきらめ, はあなた, はいつの間にか, はいつも, はえらく, はお, はお腹, はかなり, はこ, はこれから, はさ, はさう, はさっき, はさつき, はすぐ, はその後甲板, はそれどころ, はため, はつまり, はとうたう, はふり向こう, はもちろん, はもつ, はやはり, はわが国, はノロ, はミスラ君, はロシア, は一切, は一秒間, は上手, は下手人, は世界共通, は丸刈り, は二つ, は二葉亭, は人間, は今これ, は今や, は他, は付け, は休めなかつた, は会わなかった, は依然, は依然として, は信じます, は兄, は其迄, は内心, は初め, は別に, は却, は厭, は只今巴里, は同じく, は同志林, は咄嗟, は嘉村さん, は國民議會, は型, は大いに, は妙, は妻, は姉, は姉夫婦, は実際, は家, は寡聞, は小学校, は少し, は少なから, は弟, は形勢, は彼, は彼女, は忘れ, は忽ち, は急, は性懲り, は慌て, は敢, は新しい, は早, は早寝, は昨日, は更に, は最も, は望む, は染, は次第に, は此, は此ほか, は殊に, は永久, は決して, は注射, は測らず, は無駄ぢ, は用事, は疑わしき, は白耳義, は私, は義憤, は自分, は若, は茂吉自身, は覚え, は証拠, は賢明, は贋, は躊躇, は車夫, は軍隊, は辛くも, は辞書, は近寄, は近頃, は電車, は鶴子, は黙っ, ばかりじゃない, もあはあ, もそれ, ももう, も妻, も始終, も男, も素子, も負け, をそれほど, をよく, を突き動かし, を認める

▼ がこれ~ (264, 1.1%)

3 だけで, だけなら, は, はどう, はまだ, は果して, もまた

2 [11件] が感服それ自身, には自分, はもつ, は一種, は全く, は別に, は又, は泣く, は背恰好, も昼間, も考え

1 [221件] がある, がお, がため, がなかなか, がほとんど, がもし, がバルザツク, が今, が今日, が又, が安行, が戦国, が月賦, が決して, が礼, が結構, が若, が長びく, が音, ぐらいの今日, だけしか盗み出せなかった, だけでもなか, だけでも寺本金之丞, だけのこと, だけの資料, だけは, だけやっ, だけ引き出せ, だけ整然と, だけ証拠, だけ證據, だけ長い, だってなかなか, である, ではならぬ, ではジェルトリウド, では余りに, では愚かせんべい, でまだ, でみる, で判った, で土地, で平次, で独龍岡支配下, で私, で諸国, で退き, とてもつきつめれ, とても何, とても十分, とても又, とても大した, とても推量, とても明確, とて一方, とはまた, と申す, については日常, にはその, にはもうとっくに, にはシサイ, には何, には単なる, には彼女, には深い, には銑吉, にも増し, にも失望, にも理由, に反し, に対してガスコアン大尉, はあまりに, はおそらく, はこちら, はこの, はさすが, はさつき, はす, はすでに, はずっと, はそう, はその, はた, はただ, はたんなる, はどうも, はどこ, はどの, はなん, はなんと, はまあ, はまた, はまったく, はもう, はもう少し, はようするに, はイギリス, はズッ, はパッカア, はロレンソ, は一たい, は一兩, は三等, は不思議, は事実, は人, は今, は他, は何と, は余計, は余談, は併, は偶然, は傷, は元就, は元来他国者, は先, は出る, は刀, は勇しき男, は唯, は外面, は多分, は天候, は天地, は天才, は夫, は実は, は家長, は封, は尊氏, は山治右衛門, は常識的, は思わず, は我儘, は掛け, は教場以外, は教育委員ルナチヤルスキイ, は文学, は斯文会, は時雨, は本当に, は格別, は次郎, は正, は正しく, は正反対, は正面大手, は永久, は源信寂心, は特殊, は独り当時, は珍しく, は現実生活全般, は當時, は真竹, は眼, は確, は筋, は自ら別, は表面, は趣味, は違例, は鎮守, は間もなく, は雪, は飛ん, ほどの分別ざかり, ほど確, ほど群集, またヒジリ, また相次ぐ, までにない優し, までの程度, までの行きがかり, まで一度, もあと何日, もこれ, もすぐ, もたちまち, もにち, ももちろん, もやはり, も一瞬, も三角洲, も二言目, も五十日あと, も今, も余り, も併, も例, も別に, も危うい, も古今東西, も國家, も増上慢, も実は, も殺された, も比較的, も決して, も相互, も芭蕉以後, も貫太, をいわない, をし, をたれ, をみな洗濯, をアナウンス, を一面, を主張, を云う, を人, を以て舞台的経験, を何れ, を平凡, を書かなけれ, を聞く, を自然, を見ました, を軽蔑, 取って

▼ がしかし~ (239, 1.0%)

11 それは 5 私は 4 これは, それも 3 それが, 彼は 2 すぐに, その性状, それと, だ, 今は, 今日だけは, 少くとも, 残念な, 私の, 考えて

1 [189件] あの場合, あへ, あれほどまでに, いくらそんな, いくら声を, いったん気付い, お前は, お綱, お駒, こうなっ, こうなる, このまま, この交通不便, この拍手, この敵, この書, この欠点, この汚濁, この神秘主義, この花, この襲撃, これからすぐ江戸, これが, こればかりは, これも, こんなの, ご内儀, さこんな, そいつは, そううまく, そこには, そこまで, そなた, そのよう, そのタチバナ, その一つ一つ, その人間, その御, その日島田, その時の, その歓楽, その毒物, その芝居, その落ち着き, その鞭根, それに, それにも, それより, それを, そんなこと, そんなハイカラ, たとへ, たましい, だね, つらいでしょう, です, どうして彼女, どうして頭, どうにも, なあ世, なにしろ, なほか, なんという, ぬぐい切れないで, まことは, もうそういった, わしは, わたしの, わたしは, われらの, ガラッ八, キールン・ホテルの, シュアレスは, ジャガイモに, タラスは, パトラッシュは, 一々秋三, 一千余年も, 一揆らが, 一旦歪ん, 一旦甚五衛門, 一瞬だけの, 一言云いたい, 上の, 不思議な, 世の中は, 世界の, 主人真蔵の, 主人石沢閑斎が, 主水, 久米之, 事件は, 二十人ぐらゐは乗つて居た, 亡くなったという, 今この, 今日以後か, 仮にも, 仮りに, 何か, 何がへ, 何でござる, 何故かマルセ・モネス, 何故彼女, 侍達も, 信仰は, 俺は, 僕の, 先生が, 八五郎も, 公明正大な, 六十九歳に, 再三云, 冴子に, 右二種の, 同じ白痴, 向うで, 唯其丈, 嘘を, 四方の, 多少の, 女が, 嬢は, 室長に対して, 容易に, 小沢の, 少し俳句, 少し経った, 少なくともこんな, 席題に, 平次の, 弥生の, 当日ドーブレクは, 彼としては, 彼の, 彼らが, 彼九十郎剣道にかけては, 待って, 後ですぐに, 後で直ぐ, 後ろも, 心の, 怖るべき, 戦争の, 戦争中で, 政治の, 故郷に対して, 敗けても, 断じて自分, 新八郎, 日本左衛門は, 時化を, 検事としての, 楠の, 欲を, 殺されるなぞ, 殿下, 民弥は, 気管中にも, 水に, 決して承認, 泣き出せば, 清二は, 父の, 白い御飯, 目を, 神, 神奈川の, 私が, 秋海棠は, 結局は, 總てが, 翌る, 老人の, 自分も, 英語には, 裁判所という, 西洋劇の, 見よその, 許された者, 誰が, 諸国の, 貴人に対する, 趣味生活の, 逃げも, 遺憾ながら, 金兵衛には, 銭形平次に, 雷横は, 鬼頭にと

▼ が~ (189, 0.8%)

5 と言っ 4 うしても, にし, のため, はともあれ 3 うして, ということ, とし, と云っ, にせよ

2 [20件] かにつけ, かの都合上, か心臓, か苦労, でも六十三, といっ, にしろ, にもありません, にも物, にも解りません, にも黒板, の意味, の頁, も云, も心配, も知らない, よりも悲劇, をする, を斬る, 降るもの

1 [113件] うする, うも, うもまだ, うやら, う云っ, う云つて, う考え, かあったら出し, かこう頭, かこの, かしら大きな, かしら生き, かその間, かのこの, かの序, かの機会, かを捕えよう, か僕自身, か切迫, か心象, か忘れもの, か暮らし向き, か梨, か画策, か知ら, か重い, がかく, がさて, が幸い, が幸せ, この人, しても, しに, だぜ, だってあんな, でもない, でも五言絶句, でも仕事, でも夫, でも書け, という乱暴, という愉快, という狭い, という莫迦, という鴉, とその, とまあ忽ち, とも云わなかった, とも言わなかった, と云った, と思った, と理解, にかこ, にしなさる, にもしない, にもならない, にも見えない, にも見当, にも食つて, のこと, のこれ, の因果, の感動, の手懸り, の書, の殺人計画, の要, は, はともかく, もいはなかつた, もし出さない, もそんな, もはあ, もブエノ, も云はず, も云わなかった, も変らなかつた, も小説, も彼, も御存じ, も才物, も札, も狙う, も狼狽える, も珍し, も盗まれる, も眼, も言わない, も訝しい, も試み, よりもまあ, よりも僕, よりも先づ政府直営, よりも心, よりも恐ろしい, よりも気, よりも気遣われた, よりも私, よりも紋也, をさけんだ, をし, を思い出した, を思う, を思った, を意味, を書い, を祕, を秘そう, を考える, を話題, を隱, 思ったか, 撲り殺すだけ

▼ がすぐ~ (184, 0.8%)

7 にまた 5 にその 4 に, にそれ 3 あとで, に又, に彼, に眼

2 [12件] そのあと, その表情, それが, それは, それも, それを, に自分, に踏, 口を, 斯波は, 真顔に, 私は

1 [128件] あちらこちらに, あとから, うつむいて, こういう場合, これより, その姿, その後から, その眼, その間違い, そばの, とこんど, とつつき, と真顔, にあの, にかたり, にさう, にしまった, にどう, にへい, にもう一度, にもっとも, にものうい悲し, にも後悔, にわたし, にヒョコリ, にフラフラ, にベッタリ, にヤッロー, にユラユラ, に両手, に今度, に信乃さん, に別, に制止, に剣持与平, に動揺, に声, に小きざみ, に幕府, に彼等, に忍び足, に思い切った, に思ひ切つた, に慣れた, に戸口, に振りほどかれた, に次, に止ん, に水門, に浮き出し, に深水, に紙, に老人, に葦原醜男, に藪, に赤ん坊の, に邪魔, に郵便屋, ぱちんと閉ぢて, また, またわれ, また気, また自分, また起き, もとの, ガヤガヤが, 二三日来の, 今の, 低く早口, 僕は, 元気を, 光った眼, 出て, 前通り, 博士は, 反噬的な, 命を, 変だ, 妻の, 婆の, 尊氏は, 山蔭へ, 幼時の, 引き返して, 引っ返して, 引返して, 彼にも, 彼女の, 彼女は, 後の, 御気性, 思いきったよう, 思いついたよう, 戻って, 手を, 教えて, 次の, 止めて, 母は, 水面へ, 決心が, 決然と, 泣きくずれて, 深刻な, 潜水服を, 猿を, 男の, 町から, 疲れたと, 目を, 睡くなるだろう, 磯五に, 立ちどまって, 立ち直って, 粛と, 署長は, 自分の, 自制した, 血書の, 言い直すよう, 調子をかへて, 起きて, 道江の, 門の, 隙間から, 顔を, 馬を, 高城の

▼ が~ (183, 0.8%)

6 になっ 5 はそれ, はそんな 3 にし, は

2 [19件] ではもう, では不安, となっ, となつて, のわたし, の今, の僕, の場合, の美奈子, はこの, はそう, はその, はもう, は入江, は唯, は墓石, は夫人, 聞けば, 見た青年

1 [123件] いふ信仰も, いるの, おもっても, お話の, から四, から思う, こうしてペン, こうやっ, こう云われた, この壺, すべての, そうして保名狂乱もどき, その高, ではその, ではそんな, ではた, ではもっと, では不思議, では主人, では善人, では必要, では文字, では木地師, では由次, では私, では紅葉, では若杉さん, では荷厄介, では見ろ, でもまだ, でも意識, でも時, でも時々, でも諦め切れねえ, とてもそれ, にだ, に比べる, のところ, のチンドン屋, の信夫山, の学校, の彼, の應對, の早業, の民国政府, の気味, の私, の能楽, の言葉, の話, はいけない, はいつのまにか, はお, はそれどころ, はない, はふと, はまっさきに, はわし, はわれら, はソヴェト同盟, は一切安全, は争っ, は他, は体, は元, は利益, は古めかしい, は只, は山の手, は影, は彼, は彼女, は後めたい, は故, は時期, は楊柳, は淺草, は然, は猶予, は獵犬ども, は王氏, は甲斐, は秋, は船橋屋, は芯, は許されない, は門, は陽, また秋三, までずいぶん, までにない, までの所, までは決して, まで忠実, まで漠然と, もいう, もいった, もこの, もまだ, も云う, も昔, 一番好きと, 云うよう, 兵衛を, 北見の, 女あるじから, 思い出すと, 手当を, 斯う, 来た道, 渡した金, 田代君が, 申す通り, 矢代に, 罷工を, 考えて, 見ると, 読んだ所, 迄とは異, 迄のいきさつ, 迄一緒, 逢っては, 顔を

▼ がやがて~ (181, 0.8%)

9 彼は 3 私は 2 八五郎は, 彼が, 彼らは, 彼女は, 心を, 明け放した遣り戸, 汽車が, 消えて, 発車の, 身を

1 [149件] あんたの, いまいましそう, おちついた調子, お浜, この美, そこへ, そのため, そのシャツ, その中, その伊奈節, その光, その口, その女, その彼, その扉口, その石橋様, その視線, その面上, それぞれ四本の, それも, それらしい, た, たくさんの, だん, とり下すこと, のこと, は, は我々, ふと立, またダルニー, また中, また暗鬱, また着物, われわれは, アカーキイ・アカーキエウィッチが, ガチャリガチャリと, ボイコが, ポロッと, ミスター・ポウルの, リーザの, ワーッという, 一つの, 上段に, 不意に, 両手を, 二人の, 云った, 人々が, 人々は, 人数は, 他所の, 伸子は, 何か, 來た, 例の, 俊助は, 倒れたま, 側に, 傍の, 凄じい音, 判然云い放った, 判然云ひ放つた, 力が, 力も, 勇気を, 十分も, 又唐突, 反対の, 取次の, 可憐な, 呟くよう, 和服に, 因ったよう, 坐り直すと, 増して, 大便を, 奥さんは, 奥の, 奥深く進む, 奪回し, 女の, 安吉老人が, 家畜の, 寺町通の, 小林と, 展開されるべき, 巻煙草を, 座が, 引っ返して, 当惑らしい, 彼の, 彼女の, 彼女も, 彼等が, 思ひ直したやう, 恐ろしい関門, 意味が, 愛ちやんは, 懐中から, 懐中の, 手近の, 技癢に, 指の, 播磨守が, 昼間, 暗く成つて, 曲ったり, 机に, 椅子を, 此美くし, 気が, 気がついて, 気の, 海の, 深い溜息, 滝人は, 煙の, 父が, 獨り, 現実に, 男も, 痩せた骨ばった垢, 發車の, 目を, 相手の, 眼が, 眼前には, 私に, 立花伯爵は, 竹の, 素戔嗚は, 給仕女が, 置き時計の, 肩を, 胸倉を, 自分の, 自分も, 話が, 起ち上つて, 車輪の, 軽い吐息, 連行され, 酉刻, 長い夢, 院長の, 電車通りの, 静かに, 頃合い計っ, 顔を

▼ が彼女~ (172, 0.7%)

6 の心, はその 4 と面, は自分 3 はそれ, は彼

2 [19件] がある, がどんなに, にも母, のぐた, の口, の呼び声, の態度, の眼, の精神的, の臆病, はまた, はもう, はもう一度, は全力, は冷たい, は同情, は恋人, は誰, を忘れよう

1 [108件] がその, がそれ, が夫則重, が女性, が少し, が案内, が襖, だけは鬼頭, とは其後一度, と話し, にとってはすべて, にはその, には一生一期, には何となく, のすべて, のやり方, の乳首, の体温, の前髪, の取立て, の口元, の唇, の夫, の客観的, の家, の心もち, の悲しみ, の方, の最後, の柔かい, の真, の真意, の空々しい, の精神, の結婚, の耳, の職業本能, の視線, の軽蔑, の遠慮, の金歯, は, はいきなり, はいつ, はいつも, はうつけ, はかう, はこの, はこれ, はさ, はすぐ, はそうした, はそのまま, はその間じゅう, はそんな, はちら, はちらりと, はどの, はどんな, はなんと, はひょっと, はふと, はまつたく, は一方, は不審げ, は不相, は事情, は云わなかった, は亜米利加, は何, は何故か, は共産主義者, は勤め, は十時, は半月, は又, は又もや, は只, は変調, は如何, は実, は寝台, は市十郎, は強い, は微笑, は怒り, は怖じ気づい, は此方, は気, は涸れる, は父親, は片手, は相手, は罰金遊び, は耐えた, は華奢, は言葉, は近所, は造作, は頬, は顔, は默つて, もこの, もその, もまた, を蔽う, を見, を見上げる

▼ が~ (166, 0.7%)

4 蓮は, 高は 3 かみさんは, 民は, 由は, 粂は, 駒は, 鳥は

2 [15件] めえ, 互に個性, 仲も, 内儀は, 勢は, 品さんに, 妻は, 早の, 町を, 秀が, 篠は, 美乃は, 菊は, 角は, 谷婆さんは

1 [110件] あずかりした以上, いやなら, かんが, かんには, かんの, かんは, きみが, きみは, きんの, くみが, さよは, さわから, しづさんは, しぼりが, せい様の, せい様は, せきは, つか等, ぬしの, はるが, らくは, 久と, 互ひ, 互同士の, 互同志の, 互暗い, 京は, 住は, 倉は, 先ばしりで衆, 光は, 八重は, 八重其方も, 内儀さんの, 別れに, 勢ちゃんが, 北にゃ, 名は, 君さんと, 君さんの, 命は, 咎めを, 坊ちゃ, 大黒さまを, 妙である, 妻に, 崎は, 情けには, 持ち帰り願いましょう, 政の, 敏が, 敏の, 文は, 文伯母は, 月さまの, 杉の, 桂様が, 案じなされます, 梶は, 榮は, 止めなされ看破, 母も, 民の, 沢は, 澄の, 澪が, 照は, 照を, 照殺しの, 産婆の, 由利さんの, 町の, 睦は, 石は, 神さんに, 神さん本, 神さん本当の, 神楽の, 神樂の, 稽古に, 米の, 米は, 糸さんも, 紅は, 紋を, 絃は, 組は, 組も, 絹が, 絹さんは, 絹は, 菊ちゃんの, 菊の, 葉も, 蓮様は, 藤が, 藤に, 蝶, 誓は, 豊は, 身には, 逃げに, 鈴の, 静を, 靜を, 頼は, 駒ちゃんは, 高に, 高の, 鳥も

▼ がそんな~ (150, 0.7%)

27 ことは 16 ことを 5 ものは, 事で 4 ことに 2 ことで, とき, とき母は, 事には, 事は, 事も, 事よりも, 機会は, 目鼻立よりも

1 [75件] こた, こととは, ことなど, ことには, ことにも, ことも, ところまで, ところを, ので, のを, ふうな, ものよりも, ものを, パテントの, 不安は, 事だらう, 事に, 人知れない, 人間は, 僕には, 分別も, 前身は, 回想は, 困難に, 報告を, 場合に, 売れない本, 夢みたいな, 孤立的な, 安らかな, 実はしおらしい, 小僧の, 少しばかり, 幼稚な, 心安だて, 心配する, 心配は, 手抜り, 打ち合せは, 明らさまに, 時でも, 時にも, 時リザベッタは, 時一人の, 時代では, 時分に, 時彼は, 樣子は, 気が, 気づかいを, 氣配を, 浅い楽しみ方, 深くいい交わした, 火の気は, 異相な, 私だけの, 私の, 空しい相対性, 筈は, 素振りは, 細工を, 考えも, 考が, 者は, 臆病な, 自分には, 言葉で, 話は, 軽々しいまね, 辛抱は, 辞令や, 間は, 非難は, 風に, 馬鹿な

▼ がもう~ (140, 0.6%)

11 その時 4 遅い 3 そんなこと, 一つは, 一方の 2 お前も, こと切れては, その花, それを, 一人の, 二人は, 先刻の, 凡ては, 尾久には, 遅かった

1 [96件] いちどいう, お眼, ここまで, これ一回だ, これ以上なんにも, これ以上何を, ずつと以前, ずつと前, そのとき, その前, その必要, その手紙, それでもパアク, たくさんだ, どれが, やめさして, わたしは, ブレーキでは, ロベエル・コンシャアルは, 一つそれを, 一つには, 一つ分からん, 一つ足りません, 一つ音が, 一人ご, 一人は, 一人ほかに, 一月以上にも, 一枚切符を, 一棟の, 一歩を, 一言さ, 一言そう, 一言つけ加へれ, 一足という, 一遍話し, 一隻の, 二人の, 二十分位に, 井月は, 今じゃあ, 仕方が, 何という, 何にも, 何処かに, 光丸を, 其處に, 其處には, 十何年も, 十年も, 十日ばかり, 取り返しが, 取り返しは, 只今の, 台湾も, 叶わぬ臨終, 向かって, 君たちが, 四分の一も, 圓朝は, 夫の, 小説を, 幕府の, 平和に, 年紀も, 床が, 弱ったかな, 強請ろうにも, 彼れ, 忠直卿の, 感づかれて, 打頷く, 掘り穿つ仕事, 断念めた, 日が, 晝です, 晝過ぎだ, 梯子が, 止しときましょう, 正午だ, 治療に, 無茶苦茶無理やり, 疲れて, 盛りも, 目貫の, 私も, 秋からは, 老い朽ち, 良平は, 車も, 辛棒が, 追って, 遅かつ, 遲かつ, 間にあわない, 食べるの

▼ がそこ~ (128, 0.6%)

3 いら, にある 2 には誰, にも一枚, にも五分, にも妻, は順平, へ行く, をどうか

1 [108件] からは呻き, からは窮屈, から出, から少し, から急, がこっち, が空っぽ, さえ看破, ではもう, では物, と書斎, にいた, にい合わせた, にこそ問題, になに, にはいつの間にか, にはいつも, にはお, にはその, にはなお, にはなんら, にはまだ, にはもう, には不相, には仕合せ, には何人, には初期, には勘次, には客, には彼, には我武者, には掻巻, には明るく, には白鬚様, には笹家, には言葉, には達人, には鍵, には騒々しい, にもあんず, にもお, にもおっかさん, にもじっと, にもたけ, にもまた, にゐ合せた, に一人, に一疑問, に五, に人, に可愛い, に思わざる, に恐ろしい, に或, に扉, に新生, に滞在, に理念, に立ち止まった, に立っ, に雄吉, のところ, のカタログ, のテーブル, の廊下, の暖炉棚, の琵琶, の絵, の翁, の開山, の陰惨, はあの, はさすが, はよく, はれい, はマア, は人情, は年, は散, は茶, は金, へちょうど, へはいる, へはひる, へもあがる, へ來, へ兵糧, へ坐る, へ後ろ, へ時々, へ来る, へ水の上, へ男, までのつきつめた, までの考証, までは並木, までは豈, までは遠く, まで云う, まで届かない, まで行かない, まで言, をまた, を動こう, を特に, を読ん, を追いすがっ, を飛び越し

▼ がそう~ (126, 0.5%)

8 して 5 では 4 はいっても 3 かといっ, すると, すれば, やって

2 [11件] かと云っ, なると, は問屋, 云い終ると, 云ううち, 云う考え, 云っても, 云われると, 思いながらも, 思うしり, 思うと

1 [75件] いつまでも, いわれて, かと思う, かと思っ, かと言っ, きまると, されると, した轟々たる, しなかったの, しながら, じゃない, するだけの, でない, でないとも, でなくても, でなけりゃ死んだ後, でも, とでも言う, とも云えず, と知っ, なったらそう, ならなくとも, なりゃ覚悟, はならない, は云う, は思っ, は思った, は見えない, ばかりで, もいかなかった, もならない, も言えない, 云いながら, 云い出すこと, 云う中, 云う信仰, 云う偉い, 云う内, 云う家, 云う幸運, 云う彼, 云う思い出, 云う感じ, 云う源助, 云う風, 云えば, 云って, 云われて, 何から, 努めれば, 叫んだ時, 呟くか, 呼びかけた自分, 御尋ね, 心付くと, 思い付いたものの, 思うたびにいつでもそれを, 思うだけ, 思う一方, 思う心, 思う暇, 思う横, 思っただけ, 打ちあけて, 早く追い付い, 決心した, 疑って, 繰り返して, 考えて, 聞かされても, 興奮しない, 解った上, 解釈する, 言えば, 警戒は

▼ が~ (124, 0.5%)

4 の心もち, は, は一人, は僕 3 はこの, はその

2 [14件] の中学時代, の作文, の場合, の字, の歩い, はいつの間にか, はかう, はつい近頃やはり, はまだ, は二三秒, は巻煙草, は貴女, は返事, を驚かした

1 [74件] が, がその, が他, が思はず振り返る, が此処, が知つて, ごとき凡庸, とはいえ, と彼, にいわせれ, にはあの, にはもう, には少し, にもその, に言わせる, の, の伝えたい, の伝へたい, の右, の大, の女房, の屈ん, の年齡, の心, の恋, の気もち, の目, の眼, の眼光, の答案, の荷物, の見た, の覚え, の言葉, の語学, はあまり, はいつ, はいま, はこういう, はすぐ, はそちら, はそれ, はそれ等, はそんな, はどう, はどこ, はなんにも, はもつ, はよく, は一向, は上, は世情, は中学時代, は今, は何だか, は僕自身, は君, は四度五度, は大体, は女, は子供, は既に, は最初ここ, は演壇, は犯人, は現代, は笑, は笑う, は自分, は西川, も始め, や僕, を自分, を驚かせた

▼ があの~ (117, 0.5%)

3 人の, 時は

2 [13件] お勢, お話を, 多血性な, 女の, 女は, 山科の, 湯治階級と, 玩具の, 男の, 男は, 美しい, 美しい夫人, 衣服と

1 [85件] おかみさんも, お宮は, くるくると, じめ, じめじめした, ときいけない, ときの, ままホテルへ, ボルドーの, 二人を, 五助の, 人が, 凶行の, 千代子が, 可愛い節, 場合私が, 場合行き掛りも, 大地震, 大腹中, 奇妙な, 女と, 女のから, 妙に, 娘の, 娘は, 婆は, 子は, 実験心理学者は, 寺院の, 広い家, 庚申横町の, 恐ろしい妖人ゴング, 愛くるしい少女, 我慢の, 手紙を, 折は, 方は, 日の, 日私が, 時には, 時の, 時はとよの, 時代の, 時計だ, 時計だって, 普賢菩薩だけは, 暗を, 死骸に, 池と, 洞穴の, 漁夫の, 漁師の, 無気味に, 煽動は, 特色の, 狹い, 田圃の, 田川の, 男が, 男爵の, 痴愚の, 盗人に, 盜人に, 眇の, 着物も, 神樣の, 精力的で, 美しい声, 老爺は, 胡弓は, 自動車は, 船が, 莫大な, 身なりで, 身輕さで, 辺は, 通りに, 通りの, 重体では, 金色の, 鉄鎚の, 際二人が, 騒ぎで, 高い煉瓦塀, 鼠小僧と

▼ がまた~ (106, 0.5%)

2 一方では, 他の, 他方には, 土地の, 彼は, 直ぐ母, 私は, 自分の

1 [90件] ある場合, ある常識家, お許し下さい, かの女, かの釣り橋, ここが, ここには, ことに, この折, この開展, この飯事, これが, すぐぱっと明るく, すぐ坐り直し, すぐ彼女, すぐ眼, すぐ空, すぐ食う, すってんころりん, そうかと, そこは, その姿, それは, それ程に, だしぬけに, ひとりきりに, ぶらぶら流し元, ほかの, ほつと, もとの, も悲痛, も振りほどかれた, よくいう, よた, 一つには, 一方には, 一番ひどく, 一面には, 不思議な, 世に, 今日から, 今日までの, 他方から, 他方では, 便所へ, 傑れた, 入って, 冷静に, 別な, 前よりも, 半年も, 取調べが, 右の, 君の, 咄嗟に, 変に, 大恩, 娘分に, 少したつ, 少し考, 左右に, 平気で, 彼はも, 彼奴は, 心を, 思い直して, 思い返して, 思い返せば, 捲き起る混乱, 掛取金, 新参者の, 時としてそれ, 木は, 枝を, 決して自殺, 畳み目, 発掘は, 直に自分, 相互に, 真紀子を, 考え直して, 考へると, 腹が, 自分に, 葉巻の, 讃歌が, 途法も, 長である, 間もなくウトウトやっ, 飜って

▼ が~ (94, 0.4%)

16 うした 12 ういふ 6 う云 4 う言 3 うなると, う思ひ, う思ふ 2 うして, うは, う云つて

1 [41件] あらぬ顔, ういつたあと, ういふすべ, ういふ仕事, ういふ安里, ういふ矛盾, ういふ破綻, ういふ科, ういふ空想, ういふ詮議, うかうして, うさせる, うする, うすると, うせば, うだからと, うでは, うと, うやつ, う云つたあと, う云ふか云, う努めれ, う叫んだ, う思つた次, う思つて, う思ひ付いた, う明らさま, う決心, う疑, う答, う興奮, う見る, う解つた上, う解釈, う言ふし, う警戒, までな君, ような, ッ, ッと, ツき

▼ が自分~ (94, 0.4%)

2 [13件] から進ん, には其理由, に対する悪評, の心, の手, の手柄, の行くべき, の言葉, はこの, はただ, は何うしたらい, は其秋, は相手

1 [68件] から見, から顛倒, がその, がどの, が一つ一つ, が中心, が事実, が二人, が志した, が獲った, が盗み出した, が運動, が階下, が驚いた, でもいくらか, で出かけ, で罪, としては少し, とはもう, ながら, なんかこんな, にはそう, にはそれ, にはどうしても, には余り, に云, のさ, のそうした, のそば, のはいっ, のよう, の上, の力, の十七歳, の名, の名前, の吝嗇, の妻, の家, の居, の影法師, の心持, の思う, の所存, の本意, の聞いた, の肉, の髪, はあの, はいう, はここ, はすまし, はそう, はその, はそれ, はどう, はまた, は依然として, は全く, は到底, は女, は昔, は衆, は餘, もその頃余り表, も少し, も笑っ, よりなほ三つ

▼ がまだ~ (82, 0.4%)

3 口を 2 車輪も

1 [77件] あきらめ切れて, あそこを, あちこちに, あるぞ, いくらほどの, がつ, ここを, この怒らせ, この時, これほどまでに, これらは, さういふ意志表示, しるべも, そのほか, その上, その内, その刀, その摩利信乃法師, その運び, そればかり, それらの, どこか, 一つ大事の, 一度も, 一足も, 上陸し, 二人とも, 五足と, 人の, 今の, 仕上げが, 仕合せと, 何と, 其処に, 半分以上も, 失望する, 威かしでは, 完全には, 市三は, 幾人かの, 建物さえ, 彼女が, 御墨付が, 挙げた手, 揺れは, 時刻は, 時間は, 暗かった, 検屍が, 横なぐり, 活気が, 煮切って, 熊は, 爲事が, 牛は, 狐に, 當つて見た, 皆さんの, 睡くて, 私自身の, 縁の, 縫わずよ, 自分にも, 自分以外には, 芸術意識の, 若くて, 蕾は, 見ようと, 試驗まで, 誰も, 誰れ, 調子は, 貧乏だっ, 足利は, 金が, 鏡に, 降りきらないうち

▼ がここ~ (81, 0.4%)

6 に不思議 2 ではそれ, で彼, にもまた, に一つ, へ来

1 [65件] がもの, が当座, が我慢, が辛抱, しばらく持ちこたえ, そうそう三人, ぞという一枚, ぞと思う, だ, でいいたい, でそ, でそんな, でなくとも, での議論, ではまず, では平次, では特に, では細かい, でひとつ落着, でもまたぞろ, でもやはり, で三人, で当然, で断わっ, で林道, で気絶, で睡, で睡っ, で言葉, なら人眼, に, にある, にいた, にこの, になお, にはかりに, にはさらに, には日高国沙流郡新平賀村, にほんの, にまた, にもある, にも山門, にも脱, によく, にリボン, に一番, に僕, に取のけ, に名, に唄われる, に問題, に妙, に性欲, に書きとる, に記し, の心事, はもう, は旅舎, へ来る, へ横, まではとにかく, までは何れ, まで書い, まで来れ, を筆耕

▼ が~ (81, 0.4%)

7 もそれ 2 ひとりその, もその, も来, も顧み, れも

1 [64件] かに法外, かの, かの心遣い, かを庇っ, かを庇つて, がどう, が持っ, が話し出す, だか, だっけ, でも一層, でも処女作, でも直ぐ, にでもとかく, にも聞えない, にも言う, の所, の考慮, も, もいなかった, もお, もおどろこう, もが立, もこの, もこれ, もそこ, もそんな, もまとまった, もやがて, もソロモン, もロダン, も人, も何, も來, も卒, も多少, も大きな, も居ぬ, も己, も彼, も想い出さなかった, も未だ, も来ない, も来なかった, も欧州列強, も気がつかない, も物, も皆間違, も知らなかった, も笑う, も答えず, も答える, も見, も言い合せた, も買, も起されませんでした, も返事, も非常, も驚かなかった, よりも一番, よりも困っ, よりも彼, れかの, んとこ

▼ がとにかく~ (78, 0.3%)

4 これは

1 [74件] あなたは, あのこと以来, ある極めて, あんたに, ここは, この事件, この人, この地, この場, この小説, この最初, この種, この際, そういうセンス, そのこと, その入口, その力, その新内語り, その日, その男, それと, そんな名前, ひとの, よかった, われわれの, 三万頭の, 久しぶりに, 二人は, 京都の, 人々は, 人言は, 何よりも, 保吉は, 俺は, 僕としては, 入って, 売れるはず, 妙な, 婆さんの, 小学校を, 屋根が, 彼が, 彼の, 彼らが, 彼らは, 恐ろしい呪い, 愉快だ, 戸沢さんが, 故郷が, 星の, 春曙抄本の, 書くには, 松蔵を, 此追申としての, 滅茶苦茶であった, 煙草では, 物を, 生活は, 眼の, 私が, 私の, 私は, 紳士と, 若干表現上の, 草鞋を, 見合をと, 話は, 軒燈の, 近頃の, 過去に, 酔ひたまへ, 面白い狙い, 鶴雄は, 黒瀬という

▼ がふと~ (76, 0.3%)

5 彼の, 彼は 3 気が 2 そんな事, 急に, 自分の

1 [57件] あの時, あの男, お杉, この城下, その刹那, その夜, その緊張, つまりこれ, ひそめた眉, また思, われにかへ, 今鏡に, 何か, 何かに, 何かもの, 何んだ, 俺は, 其動作が, 前の, 四畳半と, 妙に, 店の, 彼に, 彼を, 思いついた一策, 思いついて, 思い出したの, 思い出したよう, 思えば, 恥入るやう, 手に, 方向を, 昼飯の, 木札を, 梅の, 母の, 気がついて, 気をかへて, 氣が, 汗ばんだ赤ら顔, 異様な, 眼にと, 眼を, 社長の, 私は, 箸を, 見たヨルダン, 見ると, 見れば, 見上げると, 足を, 鉄網を, 集会所に, 頭を, 頭巾の, 額の, 駿介は

▼ がそれでも~ (75, 0.3%)

3 私は 2 うんと吐いた, まだ気, わたしは, 時には

1 [64件] あの人, いつか横たわる, いよいよお, この二人, この最初, これは, そこには, そばへは, そんな事, ぞろぞろぞろぞろと, なお不安, なほ自分には, ふと通りすぎる, まだそれ程ひどく, まだどこ, まだ吃った, まだ眉, まだ自分, まだ長, やはり一人, よかった, 一度は, 一言せね, 不安だった, 二人を, 二時近くなる, 互の, 人間の, 今の, 何だかスパセニア, 何となく明るく, 余りに男達, 俺は, 僕等の, 処分できぬ, 天幕の, 弾いて, 彼らの, 彼女に, 彼等は, 春重は, 暫く行き過ぎ, 未練あっ, 段々落着, 活かして, 熊をも, 熔ける事, 田舎者にや, 百姓の, 矢張対社会的に, 私が, 私にとっては, 私の, 立ちあがって, 考え, 腰を, 舞台を, 苦労は, 行きがかり上田口と, 足りない, 躊躇する, 音らしい, 飛び起きると, 高度八百といふ

▼ がそれにしても~ (75, 0.3%)

3 私は 2 何の

1 [70件] あの優男, あの小児, あまりに奇異, あんなに膂力, お前様は, このフェ, この作, この俺, この装身法, この連中, この門札, こんな野郎, そうなら, そう決まったら, そこの, その株, それは, とにかく大阪, ともかく娘たち, どう扱ったら, どのよう, もう一人, やはり同じ, やはり彼, よくした, わたしが, わたしは, チャアリイ君は, ボーイの, 三浦や, 不届き至極, 不思議であった, 人気がねえ, 仁右衛門殿どうして, 何と, 何と云, 何と云う, 何と大勢, 何んか, 何用あっ, 健康な, 兵庫たちこそ, 内陣には, 劇文学が, 右大将家が, 喉に, 子どもの, 子供達の, 庄三郎は, 弱くなった, 彼の, 彼女は, 彼様な, 恋文といふ, 技巧に, 旅人は, 旦那様へ, 此の, 母の, 汗が, 美しく着飾つた, 自分は, 若しも彼女, 茫然と, 迂濶千万, 遅いなあ, 金を, 隣の, 驚いたなあ, 鬼火の

▼ がもし~ (66, 0.3%)

5 それが 2 これが, 五年も, 何事も, 結婚なさるなら

1 [53件] あったならば, あの時, あん時に, お前が, ここで, ここに, このとき, この一家, この医師, この品, この手紙, この目, これを, こんなこと, その上, その僕, その時, その質問者, それを, わたしが, われわれが, 一般の, 三日の, 世間で, 人が, 今あの, 仕損じて, 何かの, 僕たちが, 出て, 利口で, 勝つたらどんなに, 千鶴子と, 少年たちの, 強いて, 強て, 彼女が, 復讐の, 払は, 払わないと, 月が, 正成に, 深い統一, 燈火が, 父が, 父の, 現れたなら, 茲に, 蜀の, 読者が, 誰かが, 輿を, 高萩の

▼ が~ (66, 0.3%)

7 は未だに 3 はその 2 の方, の顔, は, はそれ, は馬

1 [46件] がこれ, がその, がどうしてもピタリ, との語らい, と親しく, にかけては相当, には母親, に対して自信, の一向に, の力, の家, の影, の断髪, の癖, の示す, の裁判官, の身, の頼み, はさ, はさっそく, はじっと, はじろりと, はすこしも, はよよと, は一人, は僕, は動かう, は受け取らう, は同情, は和尚, は女中, は意外そう, は振り向かない, は早く, は男, は目, は相, は短い, は若死に, は音, は默, は默りこくつ, ばかりじゃつまらない, を使わない, を快楽, 怪さ

▼ が二人~ (64, 0.3%)

2 が丁度, とも少し, は行き着く

1 [58件] がたれだ, が同じ, が坂, が座, が黙し, で暫く, ともくたびれ切っ, ともこの, ともにこの, ともまだ, とも一人, とも云, とも大して, とも左右, とも心, とも次郎, とも紋縮緬, とも金魚みたい, には一致点, に対する新田, の仲, の仲間, の友だち, の友情, の塊, の声, の姿, の子供, の尊たち, の巡警, の弟子, の役人, の死, の浪人, の漫ろ歩き, の男, の美術学生, の話, の足音, の間, の顔, はいくら, はかれ, はこれから, はその, はそれ, はぢ, はなかなか, はもう, は何時, は依然として, は同時に, は無言, は衆寡敵, は道, は間もなく, へ接近, 張りこんで

▼ が同時に~ (59, 0.3%)

3 彼の, 彼は 2 お前の, 又病的, 私は

1 [47件] あなたは, うしろから, この二篇, この罪悪, この背景, その大, その時代, それは, ひどく意気込ん, また, またその, またなにか, また不吉, また参考書, また小さな, また思出, また我々, また殺そう, また相手, ツイと, 何人もが, 先生は, 入露以前, 又一面, 又我々, 又歓び, 又苦しみ, 品位において, 多門の, 小田の, 強く人, 彼が, 彼女が, 憎んでも, 我等の, 政治家型の, 文学新聞や, 新しく結成, 昨夜から, 朝倉先生が, 海濱に, 淡い夢, 犯人の, 神谷が, 私も, 素子は, 色の

▼ が今度~ (57, 0.2%)

2 の事件, はもう, は表

1 [51件] こそは百パーセント, だけは博士, という今度, と云, ねっきり, のお盆, の幽霊, の新, の本多少佐, はあっし達, はおなじ, はこの, はす, はその, はそれ, はた, はたつ, はたぶん, はとうとう, はどんな, は中村君, は人間, は今度, は切れないらしい, は動く, は北条屋, は叱声, は多分, は小者, は彼, は投げ出さず, は更に, は林, は欧風, は源吉自身, は無意識, は相客たち, は硝子一重, は経肩衣, は緑屋, は自分, は自動車, は返事, は金花, は馬來, もやはり, も三右衛門, も切る, 下さる, 現れた時, 程それ

▼ が彼等~ (57, 0.2%)

32 の間, はその, はどう

1 [48件] があの, がこの, がただ, がどう, が止め, には彼, のゐ, の人数, の仕事, の作品, の先輩, の大, の帰っ, の所謂感覚, の素直, の菩提, の西洋, の話, の話し, の関係, の魂, はああ, はそれ, はもう, はクリスト, はスバー, はデカダンス, は三つ, は三人, は何, は何処, は僕, は勿論, は博士たち, は彼等自身, は次第に, は私, は肚, は自分, は自分たち, は蠶, は貴婦人ごっこ, は金, も一瞬, も専ら, を喜ばせる, を突, を造つた天才

▼ がまあ~ (56, 0.2%)

3 それは 2 そのこと, そんなこと, やって

1 [47件] あつち, あの人, いいそんな, いいや, お出でに, お役料二百俵, このおし, しかたが, そいつは, そこは, その問題, その次, それも, そんなとこ, そんなふう, そんなよう, だかた, とどの, どつち, わしの, わたしは, 下手な, 中へ, 今日の, 仕方がねえ, 会わんでよかっ, 何う, 俺の, 兄君が, 兎に, 内科の, 半分は, 取調べも, 夜ふかしの, 大したこと, 成るたけ, 更めて, 柘植の, 楽な, 爺が, 結構だ, 若いうち, 苦心談は, 見ろお, 話して, 諦めよう, 銀公でも

▼ が瑠璃子~ (56, 0.2%)

4 にはそれ

2 [21件] から顔, が父, と青年, にはそう, にはその, には相手, の声, の夫, の心, の心配, の想像, の父, の胸, はビク, は却, は喜太郎, は是非, は美奈子, は聞えない, は青年, は黙々

1 がさ, がそう, と云, と云う, と云った, と云つたの, にはさう, にはさうで, はさうで, はそう

▼ が~ (55, 0.2%)

32 が貴女, の子, の行為, はこの, はもう, は俺

1 [40件] がいよいよ, がこう, だってそんなに, と同様, にいわせりゃ, にとっては手本, にはそれ, にはホントウ, には小敵, のこと, のペン, の安心, の感情, の方, の耳, の頭, はこれ, はその, はとにかく, はどうしても, はなるべく, はもうこ, は佐竹君, は十一年間自分, は少し, は山野, は格別気, は生き, は考えた, は覚え, は覚明殿, は逃げ, も二三日前, も実は, も生れつき二本差, も附き, れえ, れと, をばか, を圧迫

▼ が~ (54, 0.2%)

2 の三四分の時間, の何, の場合名前, の時, の結婚, の部屋, は

1 [40件] ういふ, うして, が人形, が解ける, でこそ舞台, とて由来, にも似合, にも尚, に対照, のま, のまア, の一座, の二作家, の企画, の偉大, の如き, の小さな, の文, の時私, の時間, の正室, の毛綱, の熔岩, の粘土, の美, の色情狂, の親切, の返事, の金掘り, の飢ゑや渇き, はさすが, はそう, は後, は純白雪, は説経, は鎭守, は鎮守, れは, れ味噌, を果し

▼ がどう~ (52, 0.2%)

7 したの 4 したもの 3 いふもの 2 したこと, すること, 思って

1 [32件] いたして, いふはずみ, いふ落語, いふ風に, したか, したかしら, したらいい, したら救われるか, した変, した變, する, だい, だい一番この, だろうその, だろうそれ, であらう, でしょう, ともして, なすったん, なりそれ, にもし, にもならない, 云う秘密, 云う顔, 云って, 和解した, 思われたって, 急いでも, 気が, 眞似, 考えても, 見ても

▼ が~ (51, 0.2%)

30 があ 5 があと 2 つても, 兵曹長, 艦長殿点呼の, 非常召集, 非常召集が 1 があご, があと何, があと変, つては, でもよかっ, と押

▼ が実は~ (51, 0.2%)

2 羅紗も

1 [49件] この一般論, この怪異, この間大笑いよ, これが, さう, そうで, そこに, その逆, そればかり, そんなこと, まださう, セエラは, ナポレオンの, ホンの, 佛前にか, 入学の, 其貴族と, 刃の, 千年の, 単に臆病, 問題は, 坂田を, 小提灯, 小林であった, 彼自身も, 後列の, 御主人, 悲壮でも, 惚れたとも, 感覚的表徴の, 我が殺した, 救は, 救われなかったの, 最う小説どころ, 枯野の, 焦つたいほど, 狭いどころか, 申されたわけ, 盛に, 私大変な, 笑いごとでは, 算え, 蛇ばかりか, 言つたと, 謡も, 豹一も, 貴方が, 軽部も, 野崎は

▼ が相手~ (51, 0.2%)

4 はまだ 2 が妙, が現在, が誰, の仕掛け, の本心, は勝平, は気味, は蚊, は誰, は黙々

1 [27件] が, がなぐり込ん, が少し, の一人, の上官, の五人, の天魔太郎, の姿, の祈祷, の腕前, の親類たち, の言葉, の身体, はいっこう, はさらに, はせせら笑っ, はそれ, はそんな, はもちろん, は彼, は悠々, は斟酌, は無頓着, は編笠, は腹, は隻腕, は黙った

▼ がしばらく~ (50, 0.2%)

19 すると 14 して

1 [17件] してから, たつて, たつと, の間, は黙っ, 何も, 彼は, 歩いて, 気を, 氣を, 眺めて, 経って, 自分の, 致しますと, 茫然として, 言葉も, 過ぎると

▼ が~ (49, 0.2%)

37 の瞬間 3 の刹那 2 の日 1 の念願, の晩, の歩み, の歴史, の瞬間米国, の週, の駅

▼ がこんな~ (48, 0.2%)

3 ことを 2 ことは, 美しい夫人, 虐たらしい, 風に

1 [37件] あわびの, ことで, ときうっかり, ところで, ところに, のが, まずい弁当, ように, 上段の, 不具者同士である, 事は, 事を, 会話の, 厭な, 堅苦い, 場合男は, 変な, 従妹と, 悄然たる, 所で, 所でさえ, 揮毫でも, 時に, 時一座を, 死様を, 気持を, 無駄を, 田圃の, 空想は, 罪は, 者に, 自嘲は, 話しに, 話は, 逢曳きが世間誰にも, 適切な, 食気よりも

▼ がそういう~ (48, 0.2%)

2 ことを

1 [46件] お身の上, ことに, ことは, こまかい説明, ふうな, ものが, わけなら, 一刹那に, 一団を, 不安は, 事がらが, 云いしれぬ悲しみ, 人が, 人たち自身が, 僕も, 六人の, 取りなしに, 周囲の, 哀れな, 品々は, 場合は, 大規模, 店を, 心持ちを, 心持に, 念の, 感じに, 所から, 方面の, 時も, 曙の, 民衆の, 気味の, 水溜りを, 法令が, 無事と, 無知の, 空想史蹟は, 窮策の, 者は, 茅野雄の, 萩丸では, 見得, 話は, 頭の, 風で

▼ が間もなく~ (48, 0.2%)

3 私は 2 彼は

1 [43件] この仕事, その太い, その男, その馬鹿馬鹿し, それは, それも, イワノウィッチの, 一つの, 三十五六呎も, 主任は, 二人の, 傷口を, 働き口, 八五郎が, 出て, 喬介は, 夜が, 大きな石, 天同君に, 姿が, 小隊長, 島は, 引返して, 彼女は, 彼等の, 息を, 戻って, 振り返ると, 方々の, 映像は, 曇り出して, 杉本は, 森の, 此の, 此處へ, 死人の, 泉屋の, 海面も, 私の, 私達は, 蝶子は, 行衞知れずなり, 闇太郎が

▼ が~ (47, 0.2%)

2 [13件] が声, が生き, が身, が青年, と青年, に対して散歩, の方, の気持, は何と, は容易, は平素, は故意, を

1 [21件] がどんなに, がなかっ, がひどく, が振り返っ, が正面, にはそうした, には勿体ない, に対する父, に床ずれ, の病気, の話, はかなり, は其後一度, は彼女, は枕, は私, は許さなかった, は許さなかつた, も武井さん, を気, を気遣う

▼ が~ (47, 0.2%)

2 [14件] が車, と兄, と子爵, の容体, の手文庫, の顔, はその, はまだ, は久し, は何, は何とも, は冷静, は最愛, は自分

1 [19件] がずっと, と私, に媚び, のさ, のそうした, のよう, の体, の家厳, の浄瑠璃, の相良寛十郎, の話, の説明, はそんな, はと見る, は一向に, は動かず, は叱る, は承知, は要心

▼ が平次~ (44, 0.2%)

4 はそれ 3 は, は何, は相 2 がどうして, が出かける, が甲府, はそんな, は押して, も慰め

1 [19件] が内儀, が搜, と八五郎, にし, に對, の手, の気心, の氣心, はなか, はまことに, はハタ, は冷靜, は後, は捕物競争, は靜, は頭, は默つて, もガラッ, も八五郎

▼ が~ (44, 0.2%)

2 に, にその, にまた, に彼, に静

1 [34件] にあたり, にかの女, にがっかり, にくるり, にこっち, にそれ, にはっと, には行くまい, にひどく, にふり, に今度, に何, に信吉, に北, に向き直っ, に尻尾, に平気, に引っ返し, に彼女, に思ひ出した, に気, に涙, に無言, に立ち止まつ, に腕時計, に腹立たし, に苦笑い, に調子, に起った, に起つた, に身, に身体, に長女, に顔

▼ がただ~ (43, 0.2%)

2 世間といふ, 彼女を

1 [39件] いつまでも, ここに, これだけは, ご短気, さえ人気, そう書き入れれ, その乾坤二刀, その時私, その熱心, それだけじゃねえ, それだけの, それだけを, そんな気, に未婚, の船, ひとつ昼間客の, ひとつ遺憾が, ひとりこの, ひとり坂田, 一つエセックスに対して, 一つ堪忍ならぬ, 一つ彼が, 一つ御, 一つ義雄が, 一方の, 俺としては, 先哲孫呉空は, 先生は, 単に西洋, 唐人笛を, 幸いな, 彼の, 心配な, 楠木勢の, 焼原, 独り夜を, 私の, 私は, 職業上の

▼ がさて~ (42, 0.2%)

2 それを, どうすれ, 一昨年の, 何の, 横に

1 [32件] あの人, あれだけの, こうなる, こうやっ, その夜彼, その崩れた, その後じゃ, だね, どうしたら, どちらへ, やって, 何から, 何時かな, 価を, 其を, 内部には, 判然と, 取っかかるの, 変に, 寢ようと, 幕が, 急いでも, 感覚が, 捨てると, 本舞台, 殺された女, 私は, 聞くと, 脱獄し, 遊歴の, 長次は, 食ひもの

▼ がやはり~ (41, 0.2%)

2 テクテクと, 好奇心に, 彼の

1 [35件] この間の, そのこと, それらしい, ただの, だれも, どこにも, ふだんの, ほんとの, 一番怪しい, 不気味な, 八つでした, 出来るもの, 勘定書には, 四邊には, 妻の, 存在した, 家の, 寂しかった, 彼女は, 彼女を, 思い出せなかった, 思ひだせなかつた, 思ひは, 手に, 押し黙ったまま, 救は, 救われずに, 欠点は, 気に, 異常は, 真剣には, 眠れなかった, 読めなかった, 重右, 静かに

▼ が一方~ (40, 0.2%)

3 ではまた 2 から考える, ではああ, ではまだ

1 [31件] からいう, から考へる, から見れ, この物, しみじみと, そういったもの, その状態, では兄新左衛門, では奸物, で頻りに, どうかする, にかく, にその, には代議士, には厳重, には赤松勢, にまた, に神, の宋江, の空, は衰え, ケエラに, 九江に, 又それ, 女は, 宮川茅野雄と, 年齢文化その他其相応の, 支倉喜平に対しても, 盛子も, 自分の, 黒岩万五は

▼ が其の~ (39, 0.2%)

2 性質上記の

1 [37件] お杉, ま, 一つとして, 一刹那に, 中に, 中にゃ, 事は, 人達は, 位の, 儘家へ, 凄じ, 吉村という, 天井が, 姫君は, 姿が, 害にも, 寂寞は, 平氣さ, 形は, 影が, 心根が, 恐れの, 息が, 携へ, 日の, 時の, 時キャリフォルニアン号では, 最も好む, 湿んだ眼, 煮る鋳る錬りつ, 笑ひ, 筈で, 詮議は, 間に, 頭へ, 顏も, 麦殻は

▼ がどこ~ (38, 0.2%)

2 かに翼, にもそれ, の世界

1 [32件] かそこら, かに三軍, かに排気機関, かの会社, かようす, からする, からともなく, からはいれ, からも明瞭, か澄まし, だかは, で, でおれ, で会った, で逢った, となし, にいる, にかいのち, にもいませんでした, にもその, にも傷, にも居ません, にも脱, に立っ, の国, へ奉公, へ姿, へ届け, へ帰る, へ行く, へ行こう, へ行ったら

▼ がいくら~ (37, 0.2%)

2 傲然として, 待っても, 歩いて, 身悶えを

1 [29件] びっくりし, ブラシで, 下げること, 亜米利加でも, 何でも, 便宜でも, 努めて, 勇気を, 勉強し, 勝手を, 医者が, 友人たちが, 同情し, 呑気だ, 大きくな, 強いと, 成功を, 探して, 推しても, 早くても, 書いて, 気は, 気負って, 私が, 著名な, 見廻しても, 透して, 造作なく, 酔って

▼ がわたし~ (37, 0.2%)

4 はそれ 2 のあと, はまだ, も多

1 [27件] にどら焼き, にはどう, には一方, の主張, の念願, の挑戦, の曝し, の見る, はいまやじぶん, はかれ, はこの, はもう, は並べられた, は今, は何時の間にか, は出来る, は安心, は母, は自分, は被害者, は躊躇, は顔, もその, も思い, を撃ち殺そう, を造り出した, を釣る

▼ がお前~ (36, 0.2%)

2 がそういう, はどう

1 [32件] いっそ正直, がやり, が何うに, が市郎, が本当, が馬鹿, にはお, には功, には大切, に首, のあの, のいっ, のさう, のそういう, のよう, の兄, の叔母さん, の掌, の歌聲, の身分, は, は何, は八五郎, は此処, は結局, もす, ももう, も此, も自分, を可愛がりたがっ, を載せた, 手伝って

▼ が然し~ (36, 0.2%)

3 それは 2 あの人, これは, 今日では, 作品全体の, 悪魔に, 私が

1 [21件] あの音声, うまい, さツぱり人好き, その証拠, それも, また負けない, もし鑑定, やがて何, 今自分が, 何も, 内容は, 原始時代の, 君等は, 墨家では, 天然と, 尚ほ, 成瀬君から, 扉の, 段々富之助, 渠には, 野村君果して

▼ がさすが~ (35, 0.2%)

2 に口, に打ちあけ

1 [31件] しにせである, にお, にこう, にこれ, にそう, にそこ, にそれ, にそれら, にぶくぶく, に不安, に元祐, に大, に実行, に家康, に将監, に少し, に少女, に川風, に彼, に敏感, に日焼け, に時々, に私, に若者, に連れ添う, に雉四郎, の家斉, の彼, の彼女, はこれ, 乳父吉田定房の

▼ が不思議~ (35, 0.2%)

12 なこと 2 な事, に同乗者, に呻き

1 [17件] なの, なもの, な感激, に, にその, にも, にもそう, にもその, にもわたし, にも平左衛門, にも矢, にも驚かなかつた, に宗兵衛, に彼, に新, に粗, やセエラ

▼ が今日~ (35, 0.2%)

2 は妻, は暴君以外

1 [31件] が御, こそはと唇, だけは各, ではかく, ではこの, では事情, の国民性, の新聞, の旅路, の現実, の私, はいつ, はさうで, はそう, はただ, はもう, はもちろん, はもはや, はページ面, は一切此処, は余り, は十月, は失敗, は梅雨, は此処, は殆ど一日, は殺生, は退っ, までの新劇, 古い卷物, 渡す金

▼ がよく~ (34, 0.1%)

8 見ると 2 拭き込んで, 考えて

1 [22件] あること, お聞き, このABC, したもん, は分らない, 借りるところ, 分って, 彼女の, 激烈な, 考えると, 聞く大塔, 聽き糺し, 見て, 見ねえ, 見ますと, 見る必要, 見る迄も, 見れば, 訊いて, 調べると, 諷して, 馴れて

▼ が直ぐ~ (34, 0.1%)

1 [34件] さま自分の, その笑, それが, それを, にあと, にその, にそのまま, には乳房, にまた, に出, に勢い, に同じ, に大人しく, に思い出された, に我, に病院, に自転車用, に警官達, に隣家, ふいと, またすた, 何んな, 塀を, 寢に, 彼は, 彼女の, 彼女は, 投手である, 早口に, 笑へ, 自分から, 饅頭屋の, 麻酔が, 鼻の

▼ がそれら~ (33, 0.1%)

2 のすべて, の小説, の少女ら, はすべて

1 [25件] しい人, には別に, にもまして, の, のこと, のもの, の一切, の事物, の人, の人物, の何れ, の合戦, の問題, の山, の解釈, の韻文, の飼い主たち, の高級品, はただ, は後, は本篇, は皆, は私ども, を四方, を見直す

▼ がともかく~ (33, 0.1%)

2 もこの

1 [31件] お咲, お礼の, この脚本, さびを, もいっ, もそう, もその, も五日十日, も今, も天青, も暫く, も様子, も自分, も見当, も風変り, オッペルトについて, パオロは, 一族の, 一週間以内に, 今は, 学生に, 宮廷から, 幸徳井氏が, 幸福な, 彼は, 彼女は, 新しく嫁取り, 昨日の, 矢野の, 藤枝君の, 赤帽の

▼ がどうも~ (33, 0.1%)

1 [33件] おかしいと, おれの, こっちに, この地, そいつあ, そいつは, その土, その弛んだ, その桜, それは, わが主君, 一日緊張した, 不安な, 今日は, 他から, 台所の, 変でございます, 学校退学後の, 安物を, 役人らしい, 捗々しくは, 斯うい, 方角が, 書く気, 本ものの, 李楽ひとりが, 東宝は, 様子が, 水淺葱が, 生きちゃあ, 考へて, 輕井澤に, 道を

▼ がそうした~ (32, 0.1%)

2 事情を

1 [30件] 不愉快さが, 事に, 事情も, 個人的復讐ばかりじゃ, 冬子で, 単語だけは, 大胆な, 女も, 好意は, 寂しさ, 後では, 心苦しさ, 意識を, 感激が, 注意も, 流言は, 疑惑は, 痕跡は, 眼の, 私の, 立場の, 若い美しさ, 苦しい奮闘, 近郷の, 酔が, 震えを, 順序を, 風だ, 風光の, 鼻の

▼ がどうして~ (32, 0.1%)

2 そんな処, そんな處

1 [28件] あんな地下室, ここに, この男, ご存知かな, その男, それに, それを, またおしゃべりしたことをかぎつけやがったんでしょうね, また急, も判らない, も見当らない, リンピイが, 他の, 信じられないの, 内乱なんかが, 勢が, 又こんな, 取り返します, 常木鴻山が, 平賀様には, 幾日も, 忠相が, 格之, 知れます, 自分なんか, 親分は, 解るの, 食って

▼ があれ~ (31, 0.1%)

2 は嘘, は雪

1 [27件] から, が, が九月, だけで, だけ歳, だけ農民, でしょう, と云う, どことも, に養子, はさうで, はつまり, は余り, は小説家, は昨日, は無頓着, は理想論, は随筆, ば私, ほどな足利勢, ほど俊一, ほど行手, もこれ, も無論, をベロベロ, を出し, 程ダンス

▼ がこう~ (31, 0.1%)

3 なると 2 なって, なれば, 云う場合

1 [22件] いつまでも, して, なった上, なっちゃ, なっては, なっても, やって, 世の中が, 二石離れれ, 云う些末, 云う商売, 偉いの, 冴えて, 周囲の, 年を, 思いながらも, 松ばかりじゃ, 水の, 痩せ涸れて, 考えたとき, 証拠が, 返事し

▼ が~ (31, 0.1%)

13 に角 8 も角 2 に角新芽 1 に角久しぶり, に角今日, に角国民文庫刊行会, に角意久地, に角斎藤茂吉氏, に角海外, に角海彼岸, も角油斷

▼ が夫人~ (30, 0.1%)

2 [11件] が別れ際, が時計, その人, に話しかけられ, のあ, の姿, の顔, は冷然, は卓上, は無, は自分

1 から金銭, が下, の死, は振, は次の間, は返事, は顔, を迎え

▼ が実際~ (30, 0.1%)

3 はそう 2 はその

1 [25件] さうか, そうした場合, その通り, どの程度, には高城, に品物, に文庫, に読ん, の年, の探偵, の機動演習, の関係, はこう, はさ, は同じ, は存外, は額, 中田博士の, 俺の, 笑いごとじゃ, 自分は, 裁判官の, 解らない本, 読んで, 鈴の

▼ がいま~ (29, 0.1%)

1 [29件] この二人, この懷, この街上, その景色, だけはともかく, でも店, となっ, にも落ち, の与吉, の私, はこの, はその, はそんな, はちがう, はと正成, はまったく, はもう, は水, は白昼, は考えごと, は誰, は開けた, までおばあさん, 会って, 出て, 動けば, 帰って, 直にと, 考へて

▼ がそれから~ (28, 0.1%)

2 どの位, 薔薇色のが

1 [24件] あとで, お絹, といふもの, と云う, ふたたび足, ものの, 一月過ぎ, 先は, 半刻, 又何年, 口を, 当分の, 彼は, 彼女は, 彼女達が, 後の, 後は, 後わたしは, 息を, 暫くする, 暫くたっ, 気を, 話が, 連想される

▼ が信一郎~ (28, 0.1%)

2 がこれ, が予想, が激, の予期, の同乗者, の心, はその, は不幸, は国府津 1 に取, に取っ, のさ, のそうした, はた, はたじろがなかった, は思, は思った, は直ぐ, は直ぐこう

▼ が~ (28, 0.1%)

2 あとを, 目の

1 [24件] ある層, このよき, この能, しても, その生, それだ, た或, 一本打った, 九階八階の, 何とか思直, 何となくふしぎ, 其獅子が, 忽ちに頭, 思い返して, 急に, 或時, 此の, 煙草に, 独自性の, 直に自分, 祖師ヶ谷へ, 考えようによっては, 考へ方, 訳が

▼ が~ (28, 0.1%)

6 の中 4 の裡 2 の底

1 [16件] では考え, ない仕業, にそういう, にはすこし, に些, に浮かぶ, のどこ, の動かし, はふと, はめったに, は智恵子, は智惠子, は矢竹, は落付, 易く言, 着いたら心弱い

▼ がいずれ~ (27, 0.1%)

6 にし 3 にせよ 2 であるに

1 [16件] お立寄り, にもしかも, にもせよ, の場合, も, も万世橋, も今, も内心, も同じ, も大差, も孔子, も葉, 二十は, 今ここへ, 取るにも, 菖蒲杜若

▼ が何しろ~ (26, 0.1%)

1 [26件] お屋敷, この上, その寺, ただ今も, セリフが, 一刻も, 一杯機嫌で, 今年だ, 元兇だ, 入用な, 凄まじい速力, 労れ, 好きで, 小川以来の, 当人が, 御維新以来, 時刻が, 暗いので, 村人は, 東京の, 濱の, 煮豆だの, 留守だ, 長い, 非道い, 顔中真っ

▼ が~ (26, 0.1%)

4 しそれ 3 しこの 2 しお, しその

1 [15件] しこれ, しガラツ八, し不思議, し事件, し僕, し兄, し又, し市ヶ谷, し平次, し後, し此, し此提議, し氏, し虎, し衣ヶ崎

▼ が~ (26, 0.1%)

1 [26件] だ, である, とても埋れた, と同時に, にし, に気, に為, に特殊, はみこ, は勿論, は単なる, は大, は大分当て違ひで, は慥, は真, は衣絵さん, ほど生活内容, も墨書き, よりも差, れでゐて, れは, れも, を機会, 大きな導き, 見知らぬ人, 長い間

▼ が勿論~ (26, 0.1%)

1 [26件] お敏, お蓮一人, このポケット猿, しかしそれ, それくらい, そんなこと, そんな素ぶり, そんな訣, ただそれだけ, 二人の, 何の, 何も, 前に, 売れ残らずには, 夫人は, 実生活の, 家の, 彼女達と, 我々と, 新蔵と, 机の, 殆ん, 盗人の, 私は, 老紳士, 頼むには

▼ が美奈子~ (26, 0.1%)

2 がその, が宮, と一緒, のもしや, の前, の当惑, の見附けた, は少女, は母, は顔 1 のさ, のそうした, の乗った, の乗つた九段両国行, はさ, はそうした

▼ が青年~ (26, 0.1%)

2 [11件] から親しく, が何, には美奈子, の意識, の直ぐ, の答, の言葉, の身, はそれ, は何とも, は少し

1 が息切れ, となった, はにこやか, はもう

▼ が一つ~ (25, 0.1%)

2 だけ小三郎, の事件

1 [21件] ある, ただ一つそこ, だけあい, だけ不足, だけ土産, だけ気, だけ知つて, にはそう, には私, には端, に融け合っ, の人影, の悲しみ, の武器, の瑣事, の瞬間, の茶席, の隅, は自分自身, 多かった, 聞きたいこと

▼ が事件~ (25, 0.1%)

3 はこれ, はその 2 がまだ, の破局, は四日目, は次第に

1 [11件] が紛糾, はこれから, はそれ, はそれで, は思はぬ, は思わぬ, は案じた, は甚だ, は翌, をまた, を少しく

▼ が~ (25, 0.1%)

2 が死ん, が突然, のこと, の事, の左母次郎, の方

1 [13件] が地方, が女, と母, のやう, のよう, の唇, の文, の英吉位, はそれ, は帰っ, は眼, は私, は震

▼ が少し~ (25, 0.1%)

2 も取り, 飲んだビール

1 [21件] すると, ずつ手, たつと, はその, は気取り, は氣, ばかり物, もきき, もなりません, も凡庸, も動かない, ヒステリカルな, 伸上る, 前屈みに, 引っかかった, 水ぶくれ, 胸に, 距離の, 遅かつ, 重大な, 風が

▼ が~ (25, 0.1%)

2 息み中

1 [23件] 主も, 主人は, 命令は, 墓所まで, 壇, 奉行さまの, 安心なさい, 安心なされませ, 情に, 愛人の, 案内に, 母堂様は, 物忌やら, 當人の, 病中で, 祝言は, 符売り, 答弁によって, 維新に, 覽の, 路用その, 辞退申しまし, 面倒でも

▼ が~ (25, 0.1%)

2 がよく

1 [23件] から手紙, か女, が無体, が立っ, とのいきさつ, とも別れた, の商売, の方, の来なくなった, の苦し, はお, はそんな, はなお, は何ら, は地, は彼女, は抵抗, は未だ, は物々しい, は知らん, は自己, は面白, を見る

▼ がいつ~ (24, 0.1%)

2 まで待っ, まで経っ

1 [20件] だつたか, ていい, であつ, でもかまわぬ, でもそれ, とも知れない, になっ, の時代, の頃, までこんな, までたつ, までもお, までもお父さん, までもそんな, までも思いなやん, までも悲観, までも起き出, までも黙っ, 見ても, 頃から

▼ がそいつ~ (24, 0.1%)

2 はつまらない

1 [22件] がくたばっ, がポッ, が判らない, が腹, の帰る, の手, はかえって, はまず, はむずかしい, はよく, は出来ない, は大, は失敗, は我慢, は杞憂, は残念, は見つかり, は金, も仕方, も周章, を一杯, を押し分け突っ切り

▼ がその後~ (24, 0.1%)

1 [24件] からまた, から新しい, が悪かっ, でも新聞, で俺, で彼, どうした, になっ, には黄いろい, のあの, のつぶやき, の事, は何事, は便り, また幾度, また遇うたら, もやはり, も発作, も私, も貴女様, をいいつづけよう, を見送る, 少しも, 快くなっ

▼ がとうとう~ (24, 0.1%)

2 思い切って, 私は

1 [20件] あなたは, ある週刊新聞, いいそびれた, くじ引で, しまひ, すべては, そしてほとんど同時に, その声, その時機, その欲望, 不意に, 二十年たつ, 今日は, 例の, 八五郎が, 分散も, 合點が, 堪えられなくなって, 最後に, 白状した

▼ が~ (24, 0.1%)

3 によつて

1 [21件] がいなくなる, が寄る, が殖えれ, にきい, には功罪いずれ, によっては時, のけはい, の住ん, の恐れる, の気, の気配, の運命, の面, の香, は何時も少し, は往々, は総て虫, もしそ, ももの, より少しよけい, を殺す

▼ が~ (24, 0.1%)

2 の事, の方, はやはり

1 [18件] がおりました, が死にかかっ, が芸事, っぽい悪戯, としてこれ, の力, の正体, の閉じた, の閉ぢ, はあえて, はあの, はこの, はもう, は小沢, は棹, は確か, は立派, は遮る

▼ が我々~ (24, 0.1%)

3 はこの 2

1 [19件] がある, が奉仕, が描く, の足もと, はその, はそれ等, はまた, はもう, はパウロ, は不自由, は今, は前, は彼女, は感興, は敵, は普通さ, は現代, は知っ, は話し

▼ がある~ (23, 0.1%)

2 日の, 晩それは

1 [19件] かネ技師, とき見舞に, ので, ような, 不可解の, 事情から, 問題で, 夜母君丹頂の, 夜銀造は, 天才を, 日ふと, 日サア・ロバアト, 日彼女は, 日春松は, 日私の, 時期からは, 朝新聞記者が, 朝鏡に, 箇所で

▼ がその間~ (23, 0.1%)

3 も勿論 2 も私

1 [18件] でも絶えず, にもオヤジ, に一分の余裕, に交っ, に大尉, に寺院, に少く, に廉一, に彼女, に朋輩, に私, に絶えず, に芭蕉, のなんとなく, の悪, も俊助, も失望, も彼

▼ が何だか~ (23, 0.1%)

1 [23件] あの彌, この顔, どこかおから, ひろく私的, もの欲し, 今の, 兄さんも, 全部信じられず, 其では, 卯之吉の, 地体は, 大げさな, 弱, 思いがけない時, 沈着い, 独り寂しい, 相手を, 自分に, 自分の, 見覚えの, 親しく場所, 険悪であった, 風流な

▼ が別に~ (23, 0.1%)

2 何も, 土手の, 通じが

1 [17件] 不思議は, 何事も, 可恐い, 問ふ, 嬉しくも, 彼等の, 招ば, 新しい報告, 殿中では, 気にも, 特殊な, 目的と, 織次, 蚊も, 話を, 赤い顏, 趁う

▼ が~ (23, 0.1%)

2 が見, の方, を欺く

1 [17件] が帰り, などということ, には第, に相談, のため, の富貴子, の棺, はあくまで, はいかにも, はそれ, はどうしても, はわたし, は容易, は母親, は私, は立っ, は震駭

▼ が幸い~ (23, 0.1%)

2 にし

1 [21件] その二冊, その辺, その途端, とドクトル, どの大水, な事, にも, にもこの, にも女たち, にも程, に彼, に舌, に革命, 其処には, 天候にも, 怪我は, 我らには, 本間さんには, 父の, 眼鏡を, 駕籠へ

▼ がおれ~ (22, 0.1%)

2 はその間

1 [20件] が思う, だって人間, にできる, にはどうしても, にゃあそれができなかった, のま, のまわり, の微笑, の心, の方, の素性, はいつも, はお, はこう, はもう, は呆れた, は大丈夫, は彼, は男, は莫迦莫迦

▼ がそれだけ~ (22, 0.1%)

2 だつた, の事情

1 [18件] ありゃ町内, ありや, さ, ぢや, ならともかく, ならまだ, ならまだまだ, ならまだ結構, の人間, の効, の時間, の理由, の金, はうっかり, また彼等, また心配, また権威, 包蔵する

▼ がどうしても~ (22, 0.1%)

1 [22件] ぐつたりとしたものが僕を, そこの, それが, それは, それまで, 九人前しか, 今日は, 他の, 出そうと, 安あ, 忘れられないの, 思い出せなかった, 想いだせぬので, 想像できなかった, 書く気, 甥が, 睡眠に, 瞼眼が, 見せたくないもの, 起きて, 通じませんでした, 顫へて

▼ が勝平~ (22, 0.1%)

4 の身体 2 の死顔, の肉体, はそれ, はた, は四辺, は心, は戸外, は相手 1 のさ, のそうした

▼ が~ (22, 0.1%)

3 から後 2 になっ

1 [17件] からちっと, がよく, にも先, に出し, に咀, に大和, に失敗, に次, に残った, に生じた, に続い, に至つてアイヌ, に至つて自然, に験, の八人, をつけ, をふり向い

▼ が~ (21, 0.1%)

3 る日 2 る晩

1 [16件] る地方, る尊, る日丑寅神社, る日二人, る日切つて, る日彼女, る時県知事, る朝, る頃, 作家の, 刹那には, 夜聖霊に, 文芸批評家は, 時これを, 瞬間情熱の, 程まで

▼ が最後~ (21, 0.1%)

2 にそれ, に彼, に自分

1 [15件] にいった, には僅か, には地球, にひとり, にりっぱ, に一つ, に浪漫主義, に至っ, に門司, に鬼頭, の一, の一歩手前, の一着手, の五百メエトル, の札

▼ がいよいよ~ (20, 0.1%)

1 [20件] その原稿, その場, その日, 二人が, 例の, 僕が, 入口に, 北京の, 土壇場へ, 帰ると, 広い座敷, 彼は, 手を, 柔和に, 汽車が, 物陰に, 目指す海岸, 負けたと, 電燈を, 首相談として

▼ がこういう~ (20, 0.1%)

2 昔話の

1 [18件] ことを, ような, 人間が, 土地の, 場合妻の, 座興の, 康子の, 悲惨な, 日課は, 極端な, 物語が, 瞬間にも, 秋霜の, 称呼が, 細かい身, 経験の, 結果に, 考えかたは

▼ がなお~ (20, 0.1%)

1 [20件] おかしいの, まだ, まだ足らぬ, 一だ, 一層こまごまと, 一歩を, 入念に, 剃りかけて, 岐阜まで, 市十郎には, 彼と, 念の, 我々は, 検討の, 正成は, 用心ぶ, 申し上げて, 白ば, 第二, 義助が

▼ がわし~ (20, 0.1%)

2 は竈

1 [18件] が眼, としてはご, にはそ, にばかり沙金, のため, のへ乗つて帰つて, の子, の手許, の舌, の言う, の話, はお, はじっと, はそれから, は只, は清盛, は確か, ばかりわるかっ

▼ が一度~ (20, 0.1%)

2 吉野を, 掻き擾, 近づいて

1 [14件] こうした事, こうして罪人, しごけば, それを, どよめいた後, ゼラール中尉と, ロンドンへ, 句作に, 巣鴨で, 札に, 眼が, 自分の, 負った呪, 身の上の

▼ が何処~ (20, 0.1%)

2 でも兄, となく, にも傷, にも荘田

1 [12件] かにゐ, かに備, かに備わっ, か近く, が浅間, ともなく, にも居ない, の巣, の馬の骨, へどう, へも休まない, までも汝

▼ が~ (20, 0.1%)

2 のよう

1 [18件] とはよほど, とは異なっ, にも申し上げました, にも言う, にも述べた如く, に擧げた, に歌舞伎座, に泣臥, に行く, に言った, のもの, のやう, へ廻つて, 世紀には, 以て, 刻の, 囘に, 申す通り境遇上

▼ が~ (20, 0.1%)

4 がつく 2 のせい, の弱い

1 [12件] が付い, が付く, が入らぬようす, が狂っ, にかかる, になる, の強, は至極, をとり乱す, を入れ, を取直す, を悪く

▼ が突然~ (20, 0.1%)

1 [20件] こういう事, この瞬間, その場, その手, はじかれたやう, ふり返ると, 五月ばかり, 娘達は, 強く寝台, 彼は, 彼女が, 扉が, 手を, 椿事が, 歩きだした, 涙ぐんだ眼, 私に, 私は, 立ち上ると, 風向きが

▼ があまり~ (19, 0.1%)

4 原由近似なる 2 克巳が, 興奮した

1 [11件] の恐ろし, の精神, プロダクトは, 予想通りだった, 五月蝿く自信, 執拗く, 宮崎虎之助らしい, 広告し, 村人との, 横道には, 細工を

▼ がこれら~ (19, 0.1%)

1 [19件] のこと, の不自然, の作品, の作家, の供人, の価値, の偉大, の心, の最初, の歴史的発展, の画, の諸点, の重たい暖かい, の面, はすべて可哀そう, は中途, は余り, も一時, よりも一層

▼ がそれ等~ (19, 0.1%)

2 は腰

1 [17件] には気, にも疲れた, のどちら, のパンフレット, の仕事, の作品, の光景, の彼女, の波, の男女, の聯想, はみな私自身, は何れ, は好奇心, は要するに, は言わば, も弱

▼ がたちまち~ (19, 0.1%)

1 [19件] その効果, その席, それらの, にし, はげしく咳きこんだ, わたしの, 一つの, 一団に, 人々の, 今怒鳴りつけた, 大刀を, 彼らの, 指揮棒の, 暗い流れ, 物売りに, 目を, 間違いに, 鳥打帽を, 鶏の

▼ がなぜ~ (19, 0.1%)

2 かどの, か年

1 [15件] いいつけ, おれは, かゆうべ, か伊那丸, か声, か気, か芸, そんなこと, であるか, でしょう, に山本, わたしは, 母の, 美作の, 良い気持

▼ が~ (19, 0.1%)

2 つて来た, はせぬ

1 [15件] されたこと, しけふも, したもの, したる日輪, しに, し灰, し精神, し花, たるにて, てあつた, へへへと声, 伴れ, 手を, 菜そろ, 迎へて

▼ がもの~ (19, 0.1%)

2 の三十秒

1 [17件] には弾み, には裏, には順, による, のない, の一分, の一町, の三月, の二三分, の五, の五分, の本, は相談, わかりの, をいってる, を分明, を見る

▼ が事実~ (19, 0.1%)

2 はこれ

1 [17件] かも知れぬ, そういう夢, ちゃんとそれ, である, とわかる, の工事, はこの, はそれ程, はそんなに, はまるで, は事実, は動かし, は千里, は彼等, は然, は知れない, は秋三

▼ が二葉亭~ (19, 0.1%)

2 の文学, は

1 [15件] が着く, が自ら本領, のいう, のこの, の一生, の方, の頭, はかえって, は如何なる, は宝, は極めて, は決然, は総て, は長く, は革命党

▼ が~ (19, 0.1%)

2 殿様は, 犬の, 部分の

1 [13件] なるもの北越, なる挽臼, に弱, へん経過い, 之進も, 劇場の, 女の, 殿様と, 殿様の, 牛が, 盥に, 體明かに, 體氣質的にも

▼ が~ (19, 0.1%)

5 か不幸 3 ひに 2 なこと, にし 1 その時開会, その眼, にそんな, にも長谷部, に窓, ひ其處, ひ母

▼ が彼ら~ (19, 0.1%)

2 は忠直卿

1 [17件] が一旦, が君, にもようやく, に続い, の中, の先駆者, の力, の最期, は, はそんな, はまもなく, はみな, は怯まない, は次にぽろぽろ, は決して, も一生涯, も忠直卿

▼ が日本~ (19, 0.1%)

2

1 [17件] ではプロレタリア文学運動, では菜食党, でも外国, と世界, と日本人, に帰る, のうち, の土地, の宗教, の新聞, の民主的, の洋楽, の牢, の神代史, の芸術家, はもう, へ帰った

▼ が暫く~ (19, 0.1%)

11 すると 1 あすこを, さうし, してから, たつても, も經, 両端を, 膝に, 自分の

▼ が考え~ (19, 0.1%)

7 てみる 3 て見れ 2 て見る 1 て, てその, てみ, てみりゃ, てみれ, ても恐ろしい, ても見なかった

▼ がどの~ (18, 0.1%)

2 ような, 返事も

1 [14件] くらいかと当たる, くらい素晴らしい, ように, 方法も, 方法を, 枝にも, 歩調も, 程度かと, 箱にも, 線路だった, 記憶も, 途歓迎され, 道を, 鳩も

▼ がなんと~ (18, 0.1%)

5 いっても 3 云つても 1 いう不運, いう幸せ, いおうが, いふすばらしい, しても, それは, 思ったか, 書かれたもの, 申しましても, 言っても

▼ がやっと~ (18, 0.1%)

1 [18件] お客さんが, のこと, ひとり娘の, 二こと三ことしゃべる, 体を, 内の, 口を, 売り価, 大番頭, 寂しい微笑, 工面が, 正気に, 気を, 眺望の, 紙を, 起き上がったの, 顔を, 駈けつけた泰さん

▼ が丁度~ (18, 0.1%)

5 その時 2 その同じ瞬間, 彼が 1 その翌日, その頃, 其時思いも, 単細胞の, 山浦丈太郎の, 幽香子が, 橇から, 良い工合, 西の丸の

▼ が人間~ (18, 0.1%)

2 の渦

1 [16件] が水, ではない, と人間, と生れた, にはとても, の丹精, の屠殺団, の悲しみ, の片腕, の肝臓, の要望, の身體, は彼等, は思いちがい, は悪く, は惡

▼ が再び~ (18, 0.1%)

2 学窓に, 瞬間が

1 [14件] その明るみ, 一つに, 一歩前へ, 力を, 家の, 弾かれたよう, 思うに, 敵打の, 私達を, 航海に, 藤棚の, 見る八重, 視線が, 顔を

▼ が~ (18, 0.1%)

2 が平素, にも口調

1 [14件] だけは女, だと, でも何, には命令口調, はいよいよ, はもうぷっつり, はキンキン, は四方, は思いがけない, は曲殿, は柔, をかけた, を投げた, を揚げる

▼ が~ (18, 0.1%)

2 の眼

1 [16件] が四月, だ, にはわざとらしく, にも拘わらず, に取っ, のこの, の様子, はいつ, はその, はどう, はふり, は何, は夫人, は決して, は無表情, は私

▼ が~ (18, 0.1%)

2 の中, の迸, を一杯

1 [12件] が蒼穹, には同じく, のやう, の皺, はいつの間にか, はもう, は三筋, は清冽, よりは蘆, を出, を枕, を浴びた

▼ が生憎~ (18, 0.1%)

2 その時

1 [16件] そこで, その勧誘, その声, それが, とそれ, どちら側にも, に穴, 今に, 僕も, 台所に, 彼等の, 船長は, 落第した, 襟は, 財布も, 超人倶楽部の

▼ が~ (18, 0.1%)

1 [18件] が悪く, だけはふだん, だけは笑い, にあまる, にすこし, にも唇, に映った, のにらみ, のまわり, の大きな, は射る, は犬, は絶えず, は閉じ, も挙げなけれ, を自分, を閉じ, を開ける

▼ が~ (18, 0.1%)

3 一に 2 一の, 三の, 三十階選士と 1 一うるさい, 一であった, 一幕が, 三交代の, 三勢力の, 三子の, 二の, 二は, 六の

▼ が若し~ (18, 0.1%)

2 万一お嬢様を

1 [16件] お前達に, このお, これが, これを, チヤプリンさへ, プルウストが, 叔母が, 是が, 有りの, 望み得べくば, 生きて, 自分が, 跡を, 這麼事を, 違つてゐない, 離婚を

▼ がちょうど~ (17, 0.1%)

2 その時

1 [15件] いい機会, この少年, この腕, そこへ, そのとき, 南に, 土間の, 妊娠し, 折よく, 時刻は, 晩の, 母から, 発起人を, 私たちが, 自分の

▼ が不幸~ (17, 0.1%)

8 にし 2 にも日本人 1 なるかな, な則重, な方, にもこの, にもその, にも彼, にも自分

▼ が世間~ (17, 0.1%)

2 にはいろ

1 [15件] から款待, が驚嘆, じゃああ, では二人, では揉み潰さなかった, にはそんな, には存外, には発表, にア馬鹿, の人, の思っ, は如何, を思切, を見渡す, 見ずの

▼ が~ (17, 0.1%)

4 の中 2 へ帰っ

1 [11件] にゐる, に持ち伝へた, のない, のもの, の内部, の敷居, の裏, の門, へ帰つて調書, を出る, を尋ねる

▼ が時々~ (17, 0.1%)

2 は大, 戸の, 清二は

1 [11件] こんな質問, すき切れが, その猥談, は無, は若杉さん, ガスコアン大尉が, 往来の, 斯様な, 母の, 蔑むよう, 顔を

▼ が秀吉~ (17, 0.1%)

2 はこの

1 [15件] がかく, には重大, に加担, のゆるし, の催促, は, はその, はなお, は多く, は容れなかった, は湯桶, は行かなかった, は赤い, は近親, は頓着

▼ がそこで~ (16, 0.1%)

2 私は

1 [14件] おきみ, すぐに, せめてその, ターネフは, 化け物だ, 問題な, 妻の, 暗がりの, 目に, 直ぐに, 私の, 米友が, 自分と, 見た細君

▼ がなに~ (16, 0.1%)

2 はともあれ

1 [14件] がそういう, くわぬ顔, にし, もあらわれなかった, もいわない, も言わず, よりも一番厄介, よりも二人, よりも憎く, よりわっ, より困った, を命令, を考えた, 構うこたあ

▼ が~ (16, 0.1%)

3 かや

1 [13件] して, すたん国王, だろうが, またの, ょきにょきつったっていた, んの, 末を, 歩いて, 聞こゆ, 育ったから, 腰くだけ, 越後守を, 身あがきをば

▼ がまず~ (16, 0.1%)

3 それは

1 [13件] いうが, きみの, そこを, その電気広告費, 代価の, 何よりも, 周さんの, 土産を, 大体を, 庭に, 彼は, 正成は, 猫ほど

▼ が一人~ (16, 0.1%)

3 では

1 [13件] ぐらいはなんだか, でも一緒, でゆけず, のスウインバアンさ, の人通り, の方, の母, も人, も友だち, も友達, も来ません, やめ二人, をやめさす

▼ が~ (16, 0.1%)

2 に一人

1 [14件] でもっとも, には, にはいつか, にはうまく, にはきれい, にはもう, には只, には天性, には昼間弁当, には誰, には道楽, の町, は何ん, 臣の

▼ が今夜~ (16, 0.1%)

2 のうち

1 [14件] だけは幸福, とうとう辛抱, の佐古, はおまえ, はそれとも, はどう, は一つ私, は仏壇, は例年, は入口, は廊下, は立腹, は酔っ, ほど謙遜

▼ が~ (16, 0.1%)

2 の世間

1 [14件] から運んだ, に一人, に恩返し, の, のある, の一人, の人, の侍者, の土民等, の有力, の気違, の緑鬼ども, の者, の食う

▼ が同じ~ (16, 0.1%)

2 月同じ, 酒ずき

1 [12件] ことは, やうに, ドアから, 事を, 光景を, 同感でも, 小屋の, 年十一月の, 時代の, 白い雪, 舌の, 言葉を

▼ が~ (16, 0.1%)

2 がたつ, の光り, は無心, を経る 1 が暮れ, が永い, が過ぎる, のべなし, の短い, の長い, もたつ, も経った

▼ がいつも~ (15, 0.1%)

2 彼女には

1 [13件] それは, ならすぐ, なら人, のよう, は大概, は鼠, キッスするまえ, 反対の, 庭から, 心掛だけは, 物に, 貴方の, 買ひ

▼ がそのうち~ (15, 0.1%)

3 私は 2 大いなる空, 彼の 1 一羽だけ, 何処からか, 別の, 右辺から, 崩れるやう, 氷使用の, 物見の, 風も

▼ がため~ (15, 0.1%)

2 である

1 [13件] であるけれども, ともいはん, にあの, にある, にこうして, には三十金, にひと, にわざわざ, に不肖小生, に地面, に委曲包, に白蟻, のみに生

▼ がたりと~ (15, 0.1%)

2 閉めて

1 [13件] あけて, あける, いわして, 下して, 力一杯にしめ, 勢よく, 引いて, 艇体が, 遣る, 遣ると, 開けて, 音が, 音さして

▼ がまさか~ (15, 0.1%)

2 相当な

1 [13件] そうした種類, と思う, と高, 一生ここに, 囚人に, 夫を, 戦地だ, 日本橋から, 木屋町の, 氷峰等が, 泥棒を, 第一着手, 自分も

▼ がやっぱり~ (15, 0.1%)

1 [15件] いけない, お艶, ただ今では, なんの, にげて, 一番勢力の, 二本足の, 今の, 同じ順序, 彼は, 無い, 銘々自分が, 駄目だ, 駄目だった, 駄目であった

▼ が不意~ (15, 0.1%)

2 に耳

1 [13件] に中, に何, に何ん, に勇気, に叫びました, に囚人, に夜歸つて來, に嬰児, に彼, に時節到来, に死人, に洋, に眼

▼ が~ (15, 0.1%)

2 の事件, の仏蘭西, を引き 1 によってむずかしい, のあり来り, のおそろしい, のよう, のパッカア, の大, の牛蒡丸, へこの, へそれ

▼ が先生~ (15, 0.1%)

2 の一番

1 [13件] がいつか, の仰, の心, の戯曲, の眼, の短歌, の逝去, の顔, はここ, はそれ, は日高, も欲, を間諜

▼ が~ (15, 0.1%)

2 の熱情

1 [13件] あいっ, がすぐ, が本当に, が辺見甚次君, としてはそう, の窓, はさ, は信用, は算術, は聴かん, よ聴け, んとこ, 頼まれないよ

▼ が尊氏~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] の注意, の軍令, はあくまで, はこれ, ははや, はまだ, は何事, は即刻東上, は気づい, は淡々, は知っ, は見えない, もきっと

▼ が忠直卿~ (15, 0.1%)

2 の心

1 [13件] がかかる, が今日真槍, のかかる, のこの, の乱行, の今, はかえって, は何物, は家老たち, は老人, は軍令, は重臣, もいたく

▼ が~ (15, 0.1%)

1 [15件] がガクツ, が空いたら, で撫で, につかんだ, に取るごとく, に取るごとく迫っ, に持っ, に持った, に触れた, の運び, はなかなか, は僅, よりも口, をやった, を洗っ

▼ が流石~ (15, 0.1%)

2 は女心

1 [13件] にその, に少し, に手術, に斯, に物見高い, に盛装, に私, のご, の彼, の根岸刑事, は井関さん, は司法主任, は職業

▼ が~ (15, 0.1%)

2 が少し, は時候

1 [11件] がどう, が終り, の体裁, の序, の性質, の意味, の続き, の順序, はそういう, は一向に, を聽

▼ があと~ (14, 0.1%)

1 [14件] から, からあと, から聞いた, でこれ, でその, でもし, でわかつ, でハリス, で手紙, で捕まった, になっ, の尊氏, の百里, は何一つ

▼ がかれ~ (14, 0.1%)

2 らは

1 [12件] にとっては何, にとって菱川, に取っ, のこの, の人気, はふしぎ, はふしぎそう, はもう, は小林, は心, は肯, も大事

▼ がこいつ~ (14, 0.1%)

1 [14件] あ決して, では死にっ, の借り, はむづかしいな, はもう, は不思議, は馬鹿, も俺, も引っ, も理想論, も育ち, も駄目, をひとつ, を睨ん

▼ がだんだん~ (14, 0.1%)

1 [14件] そっちへ, にいろいろ, に全身, に大きく, に歩, に甲高く, 僕の, 弟の, 息苦しくなり, 憂鬱に, 深くなっ, 見て, 話を, 近づいて

▼ がちゃ~ (14, 0.1%)

6 つかせて 2 つかせながら, ーン 1 つかしながら, つかすな, つかせ耕牧舎, 付かせて

▼ がまもなく~ (14, 0.1%)

1 [14件] この湿原, 夫人は, 宗右衛門は, 室戸丸に, 平気に, 彼も, 彼方に, 思いきったよう, 新吉が, 泉屋の, 狭い横丁, 私は, 笠置は, 辻から

▼ がもとより~ (14, 0.1%)

2 そんなこと

1 [12件] おきき, この企て, これは, それが, へえそう, 何答える, 妻として, 尊氏には, 年を, 後醍醐は, 恋の, 田舎仕込みの

▼ が主人~ (14, 0.1%)

2 は彼等, を殺した 1 かお, に自白, の勝藏, の戸野兵衛, の行方, はそれ, はゐなかつた, は全く, は銀, は頷き

▼ が何ん~ (14, 0.1%)

1 [14件] か腑, だかしら, といふ不運, とか因縁, ともいわなかった, と言う, と言つて, と驚いた, にも出, にも見, の九十郎隙, の変った, の惡計畫, の罪

▼ が何分~ (14, 0.1%)

2 前にも

1 [12件] かの沈黙, か過ぎ去った, にも大きな, にも時代, にも此方, にも眼口, にも鋳掛屋, にも難所, にも餒, 刺身は, 取締りが, 学歴も

▼ が~ (14, 0.1%)

3 の中

1 [11件] ではちよ, で息巻く, で頼む, にした, にも出せず, に出た, に馴れぬ, へ泥, を酸く, 覚えに, 鳴らさねえぢ

▼ が当時~ (14, 0.1%)

1 [14件] すぐに, としてはコロンブス, のこの, の作者兼俳優兼舞台監督, の己, の建仁寺, の当路者達, の征韓論, の心もち, の悲し, の正宗氏, の田舎力士, の私, は此

▼ が要するに~ (14, 0.1%)

1 [14件] こののち何回, これも, その職能, それは, わが演劇, 今日の, 以上の, 修學の, 優秀だけさ, 孔子の, 容易に, 広く, 從來の, 房一が

▼ がこれから~ (13, 0.1%)

1 [13件] あとの, お使い, ここを, の婦人, は, は又, 僕が, 先の, 先は, 又引き, 後六日の, 自分の, 話すわが

▼ が~ (13, 0.1%)

8 まるの 2 まる 1 がじ, がじした, まるや梯梧について

▼ がちょっと~ (13, 0.1%)

1 [13件] しても, ためらった後, だけいう, ちょうちんの, の間, コジツケの, 伺わせて, 廊下まで, 測らして, 考えただけでも, 苦笑したぎり, 裏返して, 頷いたぎり何

▼ が~ (13, 0.1%)

1 [13件] あれは, え野郎, おれの, お気に, ここの, それには, ふくは, ふく吉備の, ふむその, まるふし, 子供が, 私も, 親分聽い

▼ がまア~ (13, 0.1%)

1 [13件] い, いいじゃ, いいや, こんな窮屈, しかし結局行, それも, そんなこと, もう少しジラシ, 取扱いました事件, 或いは親類, 止さうよ, 殺されやが, 遠慮し

▼ が畢竟~ (13, 0.1%)

6 それだけ 1 するところ, それも, どの候補者, は慾張り, は談理, 神を, 蒹葭堂主人は

▼ が若い~ (13, 0.1%)

2 二人の

1 [11件] お鈴, だけに赤尾, イワノウィッチには, 医者が, 女は, 時には, 男を, 者も, 血の, 閨秀畫家らしい, 頃は

▼ がこうした~ (12, 0.1%)

1 [12件] ことの, ことは, ものさびしい早春, 事に, 場合の, 女君制度は, 小康を, 往来に, 文学者を, 生活にも, 結婚法は, 美しい部屋

▼ がすこし~ (12, 0.1%)

2 休まして, 急ぎますから 1 あらたまった口, それに, も気づかない, 休ませて, 川下の, 焙らせて, 行つたところで, 迷惑でも

▼ がすでに~ (12, 0.1%)

1 [12件] して, そこには, われわれの, 万治の, 二人の, 修験者は, 巨大な, 捺印された, 数年密偵部に, 若造の, 間違って, 魂魄を

▼ がそのまま~ (12, 0.1%)

1 [12件] あたりは, お前の, にもし, また内庭, 了現の, 何も, 何を, 姿が, 死なせては, 耳の, 菜穗子に, 黙って

▼ がそれでは~ (12, 0.1%)

1 [12件] かえってめだつ, 何だか自分, 何の, 俳句という, 同じこと, 味方も, 少し問題, 痛み入る, 私と, 道徳的なる, 都合が, 雪子が

▼ がもちろん~ (12, 0.1%)

2 彼は 1 あれほどの, そのこと, そんなこと, そんなはず, そんな気持, 城廓都市という, 机の, 畳は, 私の, 私は

▼ が三人~ (12, 0.1%)

2 の容態 1 がこの, が三人, が三人共, とも一生けんめい, とも死骸, とも流れ, の妖婆, はすぐ, は固く, も子供

▼ が~ (12, 0.1%)

4 のところ 2 をいう, 之助 1 のところ拙者, をいえ, を云, を言え

▼ が~ (12, 0.1%)

3 は容易 2 をあけ 1 が締つて, に錠, のすき, の外, の隙間, を少し, を開ける

▼ が~ (12, 0.1%)

2 を移さず飛ん 1 が経つ, すでに遅かっ, すでに遅し, とする, ならぬ曼珠沙華, のいきはりで, の勢, の経つ, の長崎奉行水野筑後守, を移さず踏み込んだ

▼ が~ (12, 0.1%)

2 は怎 1 がいよ, がふと, が嫌つて, の身, はかた, はそれ, はそんな, は矢張, は矢張り, は鹽山

▼ が老人~ (12, 0.1%)

4 はその 1 にたずねなく, にとってはこの, の事, はうたい, はそれ, はもう, は不相, らしくも

▼ が~ (12, 0.1%)

2 を見る 1 だけはまことに, だけは夕顔, のあるべき, は似, は印度アールヤン族, ばかりになった, をしかめた, を出した, を挙げる, を知り合っ

▼ がああ~ (11, 0.0%)

2 母の 1 いう親切, いう際, いふ厖大, して, それだ, 先生その, 十ウに, 後れた, 見上げたもん

▼ があなた~ (11, 0.0%)

1 [11件] からは一言, がお, が只今, の上, の仰る, の昔, の道誉, はそれ, は私, も一緒, を氣

▼ が~ (11, 0.0%)

2 とは 1 がう, ぎな物を, たく吐かしよるん, と卓子, と山, ッかりした, ッと, ツかりした, ツと

▼ がかう~ (11, 0.0%)

3 云ふ 1 あつさ, いふ事は, いふ光景は, いふ素人の, いふ紹介の, いふ見物に, いふ風に, 云つたばかり

▼ が~ (11, 0.0%)

4 ーン 2 がーン 1 あが, いもという, がーん, ーんと, 父に

▼ がこんど~ (11, 0.0%)

3 はそれ 1 と云う, はお母さん, は例, は呂宋兵衛, は女体, は札束, は艦影, は食糧危機

▼ が~ (11, 0.0%)

3 とひ 2 うとう思ひ 1 うとうお, うとう俺, うとう埓, うとう奥村, うとう我慢, うとう自分

▼ がちやがち~ (11, 0.0%)

2 やと, や云 1 や, やいふ音, やさせ, やさせた, やさせる, やよ, や言

▼ がつい~ (11, 0.0%)

2 平生の, 此間青年と 1 この間まで, して, それを, 思ふの, 機械に, 近くは, 遠くまで

▼ がついに~ (11, 0.0%)

1 [11件] お返し沙汰は, この, その回想, 作品は, 危機が, 堪り兼ねると, 思い出そうと, 思ひ出さうと, 決然と, 艇は, 顔の

▼ がどちら~ (11, 0.0%)

1 [11件] かへ歩きだそう, が先, が正体, にし, の蒲団, もなんにも, も彼等, も瀬戸内海, も確か, も言葉, を見

▼ がどんな~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことが, ことに, ことを, 事が, 可いところか, 婦人だ, 弁解が, 怨みが, 灯りも, 酷いこと, 隙が

▼ が~ (11, 0.0%)

1 [11件] かまの, ここで, どうせ少しの, アに, ッた, 一つ穗でも, 其は, 出征しちゃった, 又七, 居ませう又, 御慰

▼ がふしぎ~ (11, 0.0%)

4 なこと 1 なの, な大役, にそれから, にも僕等, に女, に腹, に雨戸

▼ が先刻~ (11, 0.0%)

2 から興奮, は夫人 1 から随分, と同じ, の不可思議, の顔, は真, 新七, 見た一件

▼ が~ (11, 0.0%)

1 [11件] その桔梗, は殺さぬ, 一つわしにも, 一つ合点の, 一つ彼と, 一つ昨日と, 一つ書い, 女が, 山人に対する, 暦法の, 芸能の

▼ が~ (11, 0.0%)

1 [11件] からグーッ, にも平次, に待つ, の事, の娘, の往来, の月夜, はうすい, は暗澹, へ出, へ飛び出し

▼ が~ (11, 0.0%)

2 になる 1 がくる, がやや, が明ける, とともにいま, になっ, の明ける, の裏木戸, は矢, 寝ると

▼ が~ (11, 0.0%)

1 [11件] せえ, 人数とは, 仏の, 信が, 兵衛は, 動物は, 十郎は, 圓太の, 文治は, 盗人は, 県は

▼ が~ (11, 0.0%)

1 [11件] であるにも, にそんな, の噂, の損害, の方, はいそがしい, は寄せ, は浜戦, は近寄らず, も中, らしいもの

▼ が決して~ (11, 0.0%)

1 [11件] モデル問題は, 今夜その, 劣つとりやせん, 引返したという, 彼女自身の, 御子息, 悪く言う, 悪魔の, 脅かしや, 軽快で, 障っては

▼ が~ (11, 0.0%)

1 [11件] ならん, なりといふ, なるべし, にこの, には身, に味方, に彼, に彼ら, に所謂不言実行, に日頃捨, のみ

▼ がいい~ (10, 0.0%)

1 あんばいに, かいそれ, かい間違っ, だろうね, ながら九十郎, の, 人たちだ, 具合に, 奉公口も, 年を

▼ がいかに~ (10, 0.0%)

1 わたしでも, 叱られたに, 名探偵, 奇策を, 当時に, 思っても, 思われても, 朽ちたればと, 秀吉の, 考へて

▼ がいざ~ (10, 0.0%)

1 という際, となる, と云う, ひるね, 出かける前, 女の子が, 宙乗りと, 結婚という, 自分が, 集めて

▼ がこちら~ (10, 0.0%)

1 からさう, が身震, が餘, には何物, の東京出發前, は元, は元来, は坑口, もこの, もその

▼ がこっち~ (10, 0.0%)

1 からもう, の働き, の軍刀, はうごく, は元, は寝ぼけ, は能, もここ, も出, も商売

▼ がそれほど~ (10, 0.0%)

1 あめりか人なんかが, でなくても, な英時, の大乱, 勢い込んだ甲斐, 彼女の, 悟りたいなら仙桂和尚, 情が, 深く愛誦反覆, 熾烈に

▼ がたった~ (10, 0.0%)

1 一つしかねエ, 一つ彼笠森仙太郎にも, 一つ彼等の, 一つ私の, 一つ藁屋根の, 一人だけ, 一度相, 二日の, 十三志, 十二畳の

▼ がちや~ (10, 0.0%)

9 がちや 1 と呼ん

▼ が~ (10, 0.0%)

5 がどが 2 がど, つちも 1 えらい者

▼ がどうか~ (10, 0.0%)

2 して, すると, 妾を 1 したと, した瞬間, するには, 頭から

▼ がセエラ~ (10, 0.0%)

1 がいきなり, の凛と, はこう, はその, はそれ, はどうして, はどんなに, はもう, は中, は美しい

▼ が万一~ (10, 0.0%)

1 お母様が, さうなら又, にも, を慮っ, 先生の, 前借の, 死なずに, 自分が, 貧しければ, 鳴ったと

▼ が今年~ (10, 0.0%)

1 のよう, の夏, の正月一日以来百二十一日, は, はこれ, はその, はどうも, は初め, は物覚え, もお

▼ が八五郎~ (10, 0.0%)

1 が一人, が帰っ, が斯ん, が歸つて來, にし, の理解, はどう, はもう, は首, よりも鈴川

▼ が博士~ (10, 0.0%)

1 にはそれ, にも機械人間, に依っ, に依つ, のところ, の執, の声, の遺稿, は快活, は悠然と

▼ が大体~ (10, 0.0%)

1 ある村, からいつ, この討論, において風, に上の町, に於い, に熱心, は事実, は後, を明

▼ が~ (10, 0.0%)

2 はそれ, はケロリ 1 には甘い, に取, に取っ, の刻, の刻過ぎ, の口

▼ が子供~ (10, 0.0%)

2 の僕 1 でも油断, などは相手, にとって事実, のこと, の仕業, の危急, の足跡, は中

▼ が少く~ (10, 0.0%)

3 とも僕 2 とも彼 1 とも今日, とも女性, とも日頃, とも此度, とも清潔

▼ が~ (10, 0.0%)

2 に一度 1 が年, が經, とともに激増, は争われない, は彼女, は若い, を取り, 若な

▼ が~ (10, 0.0%)

7 のため 2 の為 1 のため常盤橋

▼ が忽ち~ (10, 0.0%)

2 勇気を 1 まわりに, 上げて, 彼の, 彼女は, 怪しまれた, 激痛に, 野見は, 非常な

▼ が更に~ (10, 0.0%)

2 微妙な, 驚いたの 1 ほかの, 一年経った, 二三日たつ, 振返つて, 自然な, 重大な

▼ が次第に~ (10, 0.0%)

2 その御堂, 夕暗 1 その上, その神, その終焉, 引潮が, 張りの, 彼は

▼ が正成~ (10, 0.0%)

21 の代官, はなお, はふり向き, は一巡それら, は一笑, は人知れずもう, は元々, を見る

▼ が私たち~ (10, 0.0%)

1 がちょっと, が今日遠く, が入口, に男性, の生れつき, はあなた, はその後岩井繁雄, はともすると, はみんなそれ, は最後

▼ が紅葉~ (10, 0.0%)

1 と私, の努力, の心, の才気, の方, の間, は何と, は早く, は芸術本位, も露伴

▼ が近頃~ (10, 0.0%)

1 では内田百間, では如何, のよう, の子供, の郵便局, は, は格別, 又広津和郎氏, 大流行, 自働的写真器械

▼ が~ (10, 0.0%)

2 と女 1 がなく, が何, づくの仕事, という言葉, の茶釜, の隠した, はその, を扱う

▼ が~ (10, 0.0%)

3 の中 2 は極端 1 が急, のほう, は又, をしたたか, を青々

▼ がいづれ~ (9, 0.0%)

2 にし 1 そのお, にも然, も内心, も同じ, も目, も美しい, 魔ものに

▼ がかの~ (9, 0.0%)

5 女は 2 青年は 1 女も, 女らの

▼ が~ (9, 0.0%)

2 色の 1 あらうか, 告発され, 眉が, 眉の, 端麗な, 線が, 額が

▼ がなかなか~ (9, 0.0%)

1 お見え, ごき, さうは, それが, に幽霊, 妥協しよう, 時間が, 気の, 眠れない

▼ がなん~ (9, 0.0%)

2 のこと, のため 1 たる不思議, でもむかし, でもモスクワ, でも外光, の効能

▼ がぼく~ (9, 0.0%)

1 にはさ, の服, の生れた, の顔, はふき出したい, は思った, は気, は食べたい, をとっ

▼ がやや~ (9, 0.0%)

5 あって 1 あってから, 不満そうに, 艶や, 間を

▼ がわが~ (9, 0.0%)

1 ロマン派の, 信也氏を, 勇敢な, 太刀川青年は, 島崎君の, 新劇は, 村田烏江君などに, 眼を, 詞章は

▼ が何となく~ (9, 0.0%)

1 したしみ難い, 人よりも, 別れかねて, 悄れた, 態度や, 濕を, 落着か, 面はゆくて, 頼もしく同じ

▼ が何れ~ (9, 0.0%)

4 にし 2 もその 1 にせよ, の教義, も仏蘭西劇

▼ が何人~ (9, 0.0%)

1 か, か人, か何人, の考え, もこの, もこれ, もそれ, もまだ, も滔々

▼ が其処~ (9, 0.0%)

1 で待っ, で御所, には私服, には老人, に唸っ, に横たわっ, の街, は何処, へはいる

▼ が夕方~ (9, 0.0%)

2 その日, になっ, になつて宿 1 から少し, になる, までぼんやり

▼ が大抵~ (9, 0.0%)

1 かうした神人村, の場合, はぐてぐて, は台本, は向う, は大気都姫, は小さい, は微笑, は神経

▼ が少女~ (9, 0.0%)

1 の方, はじっと, はすっかり, はそういう, はそれ, は一寸, は天, は微笑, は泣きやまず

▼ が~ (9, 0.0%)

2 の外, は無慈悲 1 の内, の所, は一団, は動き, を開けた

▼ が~ (9, 0.0%)

1 あしく茶の間, からざあ, からのたそがれ, からの窓, からの驟雨, から淡, が折, よく私, 悪しく急ぎ

▼ が~ (9, 0.0%)

1 からあまりに, から言われ, とはまつたく, の合戦, の生活, はあれ, はどう, は友達, は江戸

▼ が暫らく~ (9, 0.0%)

3 すると 2 して, の間, 歩いて

▼ が東京~ (9, 0.0%)

1 から帰る, でこういう, では平常, で玉の輿, にいる, の偕楽園, の或, の町, 乃至東京近在

▼ が次ぎ~ (9, 0.0%)

9 の瞬間

▼ が此処~ (9, 0.0%)

1 から余程, が妙, で早速, な甚藏, に一ツ注意, に十七字, に待つ, に逗留, へ一寸現場

▼ が為め~ (9, 0.0%)

1 ならん, なり, にこれ, にその, に供物, に労苦, に彼等, に爰, に終に

▼ が特に~ (9, 0.0%)

1 この夜, この男の子, その日, その芸術, 一つの, 女の, 注目すべき, 目立つの, 飲用水だけは

▼ が~ (9, 0.0%)

1 かわらず中腰, 不変元気の, 争って, 争つてゐる, 変らずセエラ, 変らず下手人, 変らず溢れるばかりの, 変らず私, 變らず

▼ が確か~ (9, 0.0%)

1 にいた, にかう, にこういう, にこの, に彼等, に恐ろしい, に手答, に許嫁, に閉め

▼ が~ (9, 0.0%)

2 の遠い 1 だけがある, の注意, へ口, も牙, も眼, をふくらませる, を澄

▼ が肝腎~ (9, 0.0%)

2 の天神様 1 の, のお, の圓太郎, の容疑者, の王生自身, の篤, の芸術的興味

▼ が~ (9, 0.0%)

1 からその, でもの, の立った, の胴巻, は何処, へ突き立てる, をこしらえ, を出し, を立て

▼ が遂に~ (9, 0.0%)

1 事は, 二人は, 彼女にも, 怒りながら, 思い切った容子, 此処も, 痙攣的な, 見当らぬと, 風に

▼ が部屋~ (9, 0.0%)

1 に拡がった, の中, の入口, の内外, はまだ, へではなかっ, へ入, へ入った, へ入る

▼ が高氏~ (9, 0.0%)

1 からみる, には昨夜, は, はこの, はその, はなお, は一騎打, は休息, へ鎌倉

▼ がいきなり~ (8, 0.0%)

1 たつと, どたどた, にし, 伸子自身予期も, 居すくまった茸, 立つて, 縁先から, 鶴雄の

▼ が~ (8, 0.0%)

2 の横木 1 しとみずひき, しに, しにあの, をした, んの, 屋の

▼ がかく~ (8, 0.0%)

1 あるべしと, と知っ, のごとき, も深く, 命令や, 理解せられた, 菌を, 見るとき

▼ がこうして~ (8, 0.0%)

1 ふっつりと, 内に, 同じ本, 夜コッソリ屋敷を, 市ノ瀬牧人を, 廃塔と, 彼等と, 語るその

▼ がさあ~ (8, 0.0%)

1 ねそれで, 前後しました, 同棲し, 幾日ぐらいの, 幾日ぐらゐの月だらう, 斬れ斬りや, 明日行く, 私たちの

▼ がすっかり~ (8, 0.0%)

1 あらわれて, おとなに, なくなって, なくなりは, 上天気とは, 取りのけられて, 衰えた, 黄金に

▼ がすべて~ (8, 0.0%)

2 は遅 1 そうしたもの, のさしづ, の眼, は単なる, を押し流す, を相模入道高時

▼ がせっかく~ (8, 0.0%)

1 お前の, でございますから, の御, 京都まで, 切り開いた穴, 取り出したもの, 成功しかけた, 此処まで

▼ がそれで~ (8, 0.0%)

1 いいの, しばらく所謂大衆から, 一丁ほども, 彼女の, 心が, 日本の, 気が, 結局男も

▼ が~ (8, 0.0%)

3 しりした 1 しりか, たりと氣, たん, ちりと, ぼう

▼ がどれ~ (8, 0.0%)

4 もこれ 1 が金毛, もな, も進歩, 程人

▼ がまるで~ (8, 0.0%)

1 ゴムの, ドアの, 今ミサ子, 分らない, 友達みたいに, 喉が, 空に, 縄に

▼ がみんな~ (8, 0.0%)

1 と別れ, の視線, はどこ, は吹雪, 抜けて, 間違うて, 降りて, 黙って

▼ がもう少し~ (8, 0.0%)

1 そつち, の間, りっぱに, 待って, 早起きする, 朕の, 本当でなけれ, 現代に

▼ がやつ~ (8, 0.0%)

1 てみる, と人, と売り, と思ひ出した, と曲, と起き, と隅, の服

▼ がよう~ (8, 0.0%)

1 がす, にすぐ, により, にオットー, に不幸, に嫌悪, に母性的, に無数

▼ がわれわれ~ (8, 0.0%)

1 ごときに, の問題, の方, の目, の限定, はそこ, はそれ, はやはり

▼ がクリスト~ (8, 0.0%)

1 が十字架, の一生, の復活, の所業, は命, は奇蹟, は彼自身, は明らか

▼ が一寸~ (8, 0.0%)

1 すると, その信号灯, と言葉, の間, 上布を, 可愛らしい娘, 待つて, 素人には

▼ が三輪~ (8, 0.0%)

4 の親分 2 の万七, の萬七

▼ が二つ~ (8, 0.0%)

2 とも自分 1 ともここ, になった, の事件, の宝物, の寶物, ほど手前

▼ が二三日~ (8, 0.0%)

2 するうち 1 して, たつた後, たつと, ならそんな, のうち, 経っても

▼ が何と~ (8, 0.0%)

3 云つても 2 申しても 1 いつても, 又何, 自から目

▼ が~ (8, 0.0%)

1 チクな, 七が, 七の, 三郎の, 三郎自身は, 中気で, 通夜で, 頁ばかり

▼ が向う~ (8, 0.0%)

2 では初 1 からこっち, ではこつ, に森, の方, へ行く, 土手の

▼ が多分~ (8, 0.0%)

2 貧乏で 1 あのはげしい, これが, その時期, にその, 先生は, 君程

▼ が姿~ (8, 0.0%)

2 は天 1 は見えなくなっ, は解らない, は雨, も変えず, も水, も見ない

▼ が市九郎~ (8, 0.0%)

2 の心 1 の存在, は一心不乱, は実, は屈しなかった, は自分, は黙々

▼ が悲しい~ (8, 0.0%)

3 ことには 1 かなそれ, ことに, 哉その, 哉天賦的に, 後話を

▼ が曲者~ (8, 0.0%)

2 にどんな業, は早く 1 がこの, は口, は空, は長安

▼ が最初~ (8, 0.0%)

1 いきなり出た, にそれ始めた, のぼく, の一字, の心持, の用途, の頃, の驚き

▼ が果して~ (8, 0.0%)

1 これらの, その方, つねに, 嘘らしい, 寝室の, 桶の, 此んな, 無事に

▼ が~ (8, 0.0%)

1 というもの, にはそんな, に浮かん, の中, の人魚, の微か, の近い, は沖

▼ が現在~ (8, 0.0%)

2 の彼, の社会組織 1 さうなつ, では對局, の位置, の自分

▼ が~ (8, 0.0%)

1 じしの, にも留まらぬ, の屆, はもっと, は不相, もくれず, をつぶっ, を覚ます

▼ が私達~ (8, 0.0%)

1 の一家, の将棋, の誇り, の酒, はそういう, はその, はただ, よりか先

▼ が結局~ (8, 0.0%)

1 いつも何ごと, うや, その方, は半生, 分らないの, 同時代, 噛みつくよう, 諦めねば

▼ が良沢~ (8, 0.0%)

1 の志, はそれ, は光沢, は冷然, は序文, は悠揚, は未, も淳庵

▼ が良秀~ (8, 0.0%)

2 にはそれ, の娘, の方, は例

▼ が言葉~ (8, 0.0%)

2 の代り 1 が出なかつた, で現, はなお, は出なかった, は爽やか, は直截

▼ が豹一~ (8, 0.0%)

1 が注意, には些か, のこと, の真赤, はもっと, は僅か, は周章て, は答える

▼ が~ (8, 0.0%)

1 がいつも, が竦ん, の向く, の悪い, は下, も動かなかった, をゆるめ, を放す

▼ が~ (8, 0.0%)

3 の中 2 を出る 1 の奥, の方, を出よう

▼ が~ (8, 0.0%)

2 のよう, 之丞 1 なす白, なす膚, のやう, の肌

▼ が~ (8, 0.0%)

1 がまた, が少し, が強く, でも吹き去った, のよう, の向き, の工合, は黒雲

▼ があたり~ (7, 0.0%)

1 にこの, にはさつき, にはびこっ, はまだ, をじ, を見まわした, を見廻す

▼ がいつか~ (7, 0.0%)

1 うとうとと, くるりと, この女人, その枕, はまた, もいった, 並んでる安藤繁太

▼ がお前さん~ (7, 0.0%)

21 がやった, が本, が本当に, にはいよいよ, の為

▼ がかうした~ (7, 0.0%)

1 事の, 女君制度は, 文学者を, 朝廷の, 結婚法は, 美しい姿, 美しい部屋

▼ がさらに~ (7, 0.0%)

1 ここに, それが, 一月ばかり, 大きな根本, 妙だった, 打消しの, 著しいの

▼ がそれだけにまた~ (7, 0.0%)

1 一層いまし, 一層悔やまれる, 一方では, 何か, 同時代, 後に, 旦那が

▼ がそれと~ (7, 0.0%)

1 これと, てすれち, てほんの, てやれ, て例, 同し, 同瞬

▼ がそれ以上~ (7, 0.0%)

2 にこれ 1 に坂田, のこと, はもう, は訊い, 尋ねること

▼ がそんなに~ (7, 0.0%)

1 大きくな, 子を, 容易いん, 深くまで, 金を, 長く話, 間近かに

▼ がちょう~ (7, 0.0%)

21 はあおむけ, はだまっ, はもう, は見知らぬ, は身動きひとつ

▼ がとても~ (7, 0.0%)

1 おかしかつ, それを, の事, 可愛らしい教育, 大人の, 林冲の, 追い尽くせるもの

▼ がどういう~ (7, 0.0%)

5 ものか 1 わけか, 落語を

▼ がどうせ~ (7, 0.0%)

1 その中, ゲエムは, 天聲の, 盗みを, 自分との, 金を, 風を

▼ がどんなに~ (7, 0.0%)

1 お金が, せがんだに, 声が, 急いでも, 注意し, 説明し, 騒いでも

▼ がなにしろ~ (7, 0.0%)

1 あつし, いまも, この胴まわり, なにも, 変な, 峰丹波とも, 敵は

▼ がまま~ (7, 0.0%)

1 ともかく, にそ, に三人, に丹波, に手帳, に支出, に闇

▼ がもう一度~ (7, 0.0%)

2 井戸端へ 1 嚇して, 念を, 竹五郎が, 蝋小屋に, 頤で

▼ がようやく~ (7, 0.0%)

2 のこと 1 スイッチを, 借金し, 山形警部が, 覚悟の, 顔を

▼ がフト~ (7, 0.0%)

2 したこと 1 ぎょッ, 思い出したよう, 思ひ出したやう, 気がついた様子, 見ると

▼ が一旦~ (7, 0.0%)

2 妻に 1 そこに, なしかかった仕事, 仇討を, 垣の, 血を

▼ が~ (7, 0.0%)

2 には唯 1 ではもう, のほう, の受付, の縁側, へ降りた

▼ が~ (7, 0.0%)

1 に伴う, はスペイン語, は青年, まで較, をも一度, を主張, を輕蔑

▼ が~ (7, 0.0%)

3 による 1 がすん, しずまって, の顛末, もおろか

▼ が~ (7, 0.0%)

1 うまい理屈, つたこと, つて, は, ひ出さぬので, ふまでも, ふ迄も

▼ が人々~ (7, 0.0%)

1 が市九郎, が自分, に話す, はこの, はその間違, はそんな, は却って

▼ が~ (7, 0.0%)

1 だけはくつろい, と魂, の弱い, の練磨, は, もくずさぬ, をのばし

▼ が何事~ (7, 0.0%)

2 もない 1 ぞ, もご, もなく, も宿世, も起らなかった

▼ が何故~ (7, 0.0%)

2 か敢へて 1 あのよう, このやう, に不合理, ワーリャを, 其の試み

▼ が僕等~ (7, 0.0%)

1 の前, の家, の祖先, はしばらく, は丸善, は僕等, は言い合せた

▼ が~ (7, 0.0%)

2 に涙, を急ぐ 1 に云, も名, をつづけよう

▼ が全く~ (7, 0.0%)

1 その同じ原因, の出鱈目, の處, 人間も, 夢中に, 当時の, 誠実と

▼ が問題~ (7, 0.0%)

1 が問題, になる, のある, はここ, はそれで, は別に, は斉魯二河間九篇

▼ が多く~ (7, 0.0%)

1 の世, の人々, の眼, はその, は互いに, は矢, は黙っ

▼ が~ (7, 0.0%)

1 だつたらうか, でない証拠, でなければ, でもない, の中, はその間, を持っ

▼ が大井~ (7, 0.0%)

1 はこの, はまるで, はやはり, は俊助, は反っ, は早く, は黒木綿

▼ が妙子~ (7, 0.0%)

2 は婆さん, は相, は眼 1 がこの

▼ が安心~ (7, 0.0%)

2 するが 1 して, し乍ら, するの, のため, をする

▼ が~ (7, 0.0%)

1 に編纂, はこの, はこれ, は御, は最も, は腹, は長崎

▼ が小さい~ (7, 0.0%)

1 なりにまるで, 声で, 弟は, 影は, 時から, 絆創膏が, 記事だ

▼ が~ (7, 0.0%)

1 が一, にはその, にはどうしても, に似た, の信ずる, は先づ他人, を欺く

▼ が~ (7, 0.0%)

1 には吉兵衛, には御, のもの, の不, の名義, を立, を開く

▼ が待っ~ (7, 0.0%)

2 てくれ, て下さい 1 ていらっしゃい, ておれ, ても待っ

▼ が後で~ (7, 0.0%)

2 考えると 1 はどうやら, は毛利先生, 彼は, 悔いは, 考へると

▼ が恐らく~ (7, 0.0%)

2 ひどく陰惨 1 これも, 向上進歩の, 彼奴は, 此は, 此を

▼ が或は~ (7, 0.0%)

2 その外 1 二代目三代目と, 云う処, 云ふ, 未知の, 路を

▼ が拙者~ (7, 0.0%)

1 といたしまし, はそう, は不思議, は不日, は巫女, は道化者, は騎馬

▼ が新聞~ (7, 0.0%)

2 の記事 1 で読ん, にまであゝ, に出た, の報ずる, は一つ

▼ が早く~ (7, 0.0%)

2 もその 1 も少女時代, も彼等, も追, も関羽, 知りたいの

▼ が昨夜~ (7, 0.0%)

2 の下手人 1 の亥刻半, の貸切り, の間, は一, ほどで

▼ が時に~ (7, 0.0%)

1 その例外, はいい, はまかす, よりますと, より土地, 優秀すぎる, 雑誌に

▼ が最も~ (7, 0.0%)

1 お世辞, 僕の, 善い意味, 彼を, 有力な, 有名である, 理想的な

▼ が~ (7, 0.0%)

2 が明るく, の出 1 が出る, には尾花, は裏山

▼ が~ (7, 0.0%)

2 になっ 1 お京さん, から晩, が早い, こじれたし, は何度

▼ が松五郎~ (7, 0.0%)

2 は血走る 1 はもはや, はわざと, は本, は本当, は次第に

▼ が梨枝子~ (7, 0.0%)

2 はもう 1 と同じ, の今, はその, は自分, は静か

▼ が~ (7, 0.0%)

2 よりも強い 1 にはしなかった, の苦痛, は僕, は容易, は彼

▼ が残念~ (7, 0.0%)

4 なこと 1 ながら, ながらこの, な事

▼ が源吉~ (7, 0.0%)

2 の手柄 1 はその, はだまつて, はムツ, は母親, は眉

▼ が漸く~ (7, 0.0%)

2 近づいたボート 1 にし, 声だけは, 帝国主義の, 平中も, 眼を

▼ が~ (7, 0.0%)

1 なが, の心, の腕前, は, はそれ, はどう, 思ひ合した様

▼ が~ (7, 0.0%)

1 の明る, はまるで, はやはり, は全く, は柔かく, をつんざい, を斬った

▼ が結果~ (7, 0.0%)

1 では御教書, としてはおれ, どうなったろう, はかえって, は何, は何より, は成功

▼ が義雄~ (7, 0.0%)

1 が持つ, にはこの, にはそれ, の別, はいづれ, は一層, は別に

▼ が~ (7, 0.0%)

2 僧と, 紳士は 1 先生は, 探偵の, 賊の

▼ が~ (7, 0.0%)

1 がぎゆつとつまつた, のあたり, のところ, のどこ, の底, をはだけ, を圧

▼ が見れ~ (7, 0.0%)

2 ば和尚 1 ばはや, ば二人, ば四本, ば御料紙, ば源三郎

▼ が~ (7, 0.0%)

1 では酔えない, に洗, に醉, に麻痺, の勢, の狂醉, を飲まぬ

▼ が~ (7, 0.0%)

2 もあらせず 1 が悪い, が離れ, もなかつた, も無く, 曳いて

▼ が雄吉~ (7, 0.0%)

1 が寄宿舎, の前, の陶酔, の食らうべき, はそうした, はそれ, は思った

▼ があんな~ (6, 0.0%)

2 堕落した, 獣の 1 やつまで, 訳で

▼ があゝ~ (6, 0.0%)

2 した人, それが 1 何となくぞ, 悪い事

▼ がいかんせん~ (6, 0.0%)

1 そこは, 九十郎には, 伝手が, 技量の, 武術にかけては, 長い月日

▼ がきょう~ (6, 0.0%)

1 その店, だけは, のところ, はどう, はどうして, ばかりは伝六様

▼ がさっき~ (6, 0.0%)

1 から首すじ, の丹波, の支那美人, の腕, の足音, も申し上げた

▼ が~ (6, 0.0%)

2 なたの 1 つくりその, とに寄りそっ, とへ出る, なたが

▼ がそうして~ (6, 0.0%)

1 ああでも, あたりを, 厚い洋書, 四挺の, 次から, 被作虐的

▼ がそれだけに~ (6, 0.0%)

2 悪徳の 1 なにか痛々しい, 北原ミユキには, 古体を, 小沢が

▼ がたつた~ (6, 0.0%)

1 一つここに, 一つしかねエ, 一つ藁屋根の, 一人二人の, 一度相, 百梃の

▼ が~ (6, 0.0%)

6

▼ がちよ~ (6, 0.0%)

1 つとしても, つと先生, つと羞むやうに顔, つと苦笑, つと見, つと覗き

▼ がはたして~ (6, 0.0%)

1 この著者, そういう人, 一ツ橋家の, 彼が, 真実である, 翌朝に

▼ がひどく~ (6, 0.0%)

2 心得て 1 もなし, 不機嫌に, 手持不, 蒸暑い

▼ がもともと~ (6, 0.0%)

2 私は 1 が君, ハーバート・スペンサーも, 相識は, 竜宮は

▼ がガラッ~ (6, 0.0%)

2 八が, 八の 1 八と, 八にとっては

▼ が一座~ (6, 0.0%)

1 がそのまま, が陽気, には親睦, のはやし, の空気, の顔

▼ が下手人~ (6, 0.0%)

2 は並大抵, は家 1 の疑い, の疑ひ

▼ が今や~ (6, 0.0%)

1 あらゆる水, その顔, その魂, 彼は, 自分らは, 薄井と

▼ が伸子~ (6, 0.0%)

1 には佃, には自分, の心, の目的, は直ぐ, は組合

▼ が何より~ (6, 0.0%)

1 いけないの, の不自由, 奇怪で, 確からしい, 私を, 第一

▼ が余り~ (6, 0.0%)

1 の冷え, よくない, 原文に, 早く行き過ぎた, 翼などの, 聡明で

▼ が依然として~ (6, 0.0%)

1 その形, ふところ手の, 泰軒は, 痴呆状態であった, 辛辣な, 返辞は

▼ が俄然~ (6, 0.0%)

1 として夢, として貝十郎, 二本の, 崩折れ, 躍り上り, 青すじを

▼ が俊助~ (6, 0.0%)

1 はこの, はその, は下, は何とも, は案外, も二度目

▼ が~ (6, 0.0%)

1 の鋤, より, より悪魔, より新蔵, を思え, 寇に

▼ が其處~ (6, 0.0%)

1 には何ん, にも新しい, に唸つ, の陰慘, へ丁度, を飛び越し

▼ が~ (6, 0.0%)

1 じゃある, じゃあ勿体, その理智, だ何分, の水, 若い美くし

▼ が~ (6, 0.0%)

1 にあげた, に大きい, のよう, の手, の腕, へ動く

▼ が~ (6, 0.0%)

1 から降った, なるかなと, の爲, の生, は不幸, は私

▼ が~ (6, 0.0%)

1 なもの, におどおど, にこの, にところどころ, に内心, に白

▼ が姫君~ (6, 0.0%)

1 には申し, の事, は不相, は絶え入り, も姫君, を妻

▼ が~ (6, 0.0%)

2 の中 1 が出来る, に来, は赤土, へ出

▼ が当の~ (6, 0.0%)

1 本人か, 水戸は, 犯人は, 玄竜は, 玄蕃は, 苗子は

▼ が彼自身~ (6, 0.0%)

1 が見せびらかさない, の影, の意見, の生活, はそれ, は時として

▼ が待て~ (6, 0.0%)

41 よあれ, よ若し

▼ が~ (6, 0.0%)

2 公は 1 らしい標札, らしい露西亜, 嘗や, 教育主義の

▼ が書いた~ (6, 0.0%)

5 物の 1 物を

▼ が最早~ (6, 0.0%)

1 や老女, 一対の, 二つの, 今日とな, 余命の, 最初の

▼ が椿岳~ (6, 0.0%)

3 の画 1 の奇名, の感嘆者, の最も

▼ が死んだ~ (6, 0.0%)

2 方に 1 と思う, 主人の, 父は, 狐を

▼ が段々~ (6, 0.0%)

2 押し詰られると 1 うまく致します, 無心が, 笑いごとでは, 考へて

▼ が~ (6, 0.0%)

1 が病家さき, の為, は, は可哀そう, は送らな, は須らく

▼ が~ (6, 0.0%)

1 に続いた, はその間, はなおも, は彼ら, は払いのけきれない, は要するに

▼ が現実~ (6, 0.0%)

1 でどう, にそれ, にどうして, にはかれ, の事情, は血色

▼ が白い~ (6, 0.0%)

1 タッブの, タツブの, 手飾の, 雲は, 顔の, 風呂敷の

▼ が神谷~ (6, 0.0%)

1 の健康, の固く, の胸, はこの, はすかさず, はそれ

▼ が翌日~ (6, 0.0%)

2 になつ 1 になる, の彼ら, の試験, もお

▼ が翌朝~ (6, 0.0%)

1 その猫, になっ, になつて, 再び支倉, 早く一人, 早く沼波

▼ が船長~ (6, 0.0%)

1 のマントル, の方, の船友達, はその, は全く, は脣

▼ が見る見る~ (6, 0.0%)

1 あの白い, その男, ひしひしと, 二人の, 前の, 空中へ

▼ が~ (6, 0.0%)

1 つたら最後五人, はなけれ, は伝ら, ひ合, ふまでも, へなかつた

▼ が貴女~ (6, 0.0%)

2 が貴女, のお 1 が解っ, が解つて

▼ が~ (6, 0.0%)

1 がつて, はいまだ, は唯, は綿, ぶるひは, を動かす

▼ が途中~ (6, 0.0%)

1 から洋服下, が何となく, で彼, で彼女, で気, まず無事

▼ が~ (6, 0.0%)

2 に彼, に間髪 1 に恐ろしい, に獰悪

▼ が過去~ (6, 0.0%)

1 からも来る, という大, において日本人, に於, の枷あと, の示教

▼ が道元~ (6, 0.0%)

1 が一方, にとってはこの, に力, の帰っ, はこの, は戒律

▼ が長い~ (6, 0.0%)

2 初夏の 1 廻廊の, 接吻の, 間さ, 間木の

▼ が~ (6, 0.0%)

1 である, で庭, と風, はいよいよ, はまた, は今

▼ があいつ~ (5, 0.0%)

1 がとうとう, が心, が自分, の處分, をけしかけた

▼ があいにく~ (5, 0.0%)

1 この私, そこへ, 北条家九代の, 超人倶楽部の, 金之助は

▼ があらゆる~ (5, 0.0%)

2 熱情は 1 ものの, 懺悔の, 芸術の

▼ があるいは~ (5, 0.0%)

1 それが, 一刻も, 三方から, 気の, 鳥に対する

▼ があんた~ (5, 0.0%)

1 が鉄砲, に子, のいわれる, もお, 少しだまっ

▼ があんまり~ (5, 0.0%)

2 淋しいところ 1 へいき, 人を, 役にゃ

▼ がいかにも~ (5, 0.0%)

1 バーレンで, 思い切って, 時間が, 生気の, 笛の

▼ がいったい~ (5, 0.0%)

1 それが, どこへ, 何んの, 何者でござろう, 責任は

▼ がきみ~ (5, 0.0%)

1 があくまでも, がそんな, とは別れまい, に対して今, 悪くそびえ

▼ がこんなに~ (5, 0.0%)

1 心易い, 早くこう, 突きつめた迫った場合, 細かく話して, 鳥籠を

▼ が~ (5, 0.0%)

2 前には 1 子息の, 安心し, 憂慮なされます

▼ がさりとて~ (5, 0.0%)

1 別段それ以上, 声を, 妙に, 床を, 我々が

▼ がじつは~ (5, 0.0%)

1 の師直, 四つある, 土門は, 貪欲で, 鎌倉表を

▼ がすぐさま~ (5, 0.0%)

1 はね起きると, 元の, 現われた, 眼を, 自分の

▼ がその他~ (5, 0.0%)

1 には筋, にまだ, に私, の人の, はみんな

▼ がたしか~ (5, 0.0%)

1 七つか, 三日目の, 二十六日とか, 新潟県の, 新潟縣の

▼ がたとえ~ (5, 0.0%)

2 どんな辛い 1 わたしが, 根本的には, 真気

▼ がちゃんと~ (5, 0.0%)

1 ヨシ子ちゃんが, 出来て, 受けるから, 財布を, 鉄片は

▼ がにわかに~ (5, 0.0%)

1 二人ながら, 二人の, 宮家の, 改まって, 鼓の

▼ がへに~ (5, 0.0%)

1 あげちや, こぼれるやう, ヘルマーが, 三之助此処と, 三之助此處と

▼ がほとんど~ (5, 0.0%)

1 ムクの, 毎日の, 眠ったよう, 見分け難い, 間髪を

▼ がほんとに~ (5, 0.0%)

1 この資本主義社会, それだけの, 壺の, 此の度だけ, 質の

▼ がほんの~ (5, 0.0%)

1 ちびりちびり薬, ひとすじの, 一寸でも, 一瞬間する, 小指の

▼ が~ (5, 0.0%)

1 づ一人踊りで, づ俺が, づ見こみ, どのへん, もない

▼ がむろん~ (5, 0.0%)

1 お前らに, そのあたり, それが, それは, 房枝は

▼ が~ (5, 0.0%)

1 ひとりの, 一つの, 一つ考へなけれ, 少し宿, 少し考へ

▼ がもっと~ (5, 0.0%)

1 うまいよ, ひどい噂, 広く海川, 深い胸, 驚いたの

▼ がわれ等~ (5, 0.0%)

1 の受持, の現在, の神, は断乎, は決して

▼ がフランス~ (5, 0.0%)

1 で大, のオーヴエルニス, の植民政府, はマルセイユ, へ行ったら

▼ が~ (5, 0.0%)

2 と足遲 1 こうに, と眼, 更すましたもの

▼ が一日~ (5, 0.0%)

1 い二日, に二度, の収入, 早く十四日, 早く売出

▼ が一時~ (5, 0.0%)

2 の激昂, の驚き 1 近い頃

▼ が一歩~ (5, 0.0%)

1 を電車, 譲る気, 踏みは, 進むに従って, 遅れました

▼ が一瞬~ (5, 0.0%)

1 に二つ, ののち, の無言, の狼狽, の間

▼ が一般~ (5, 0.0%)

1 の人間, の安, の文学, の民衆, の雑人たち

▼ が一見~ (5, 0.0%)

3 した所 1 したところ, の欲

▼ が三度目~ (5, 0.0%)

1 では, にはまた, に引っ掛かった, は大, は大変

▼ が三日目~ (5, 0.0%)

2 から今 1 には一泊一圓, の今日, の夕方

▼ が世の中~ (5, 0.0%)

2 の千万人 1 に洩れる, の出来事, はお

▼ が両方~ (5, 0.0%)

2 の手 1 から二度, から拳銃, が或

▼ が中でも~ (5, 0.0%)

1 いちばん大部だった, みごとな, 一ばん始末の, 一番面白かっ, 思想とか

▼ が人形~ (5, 0.0%)

1 の胸, はヒラヒラ, は物, は黙っ, を使つて

▼ が今ここ~ (5, 0.0%)

1 で会う, には美しい, にゐる, に上海行き, に素人

▼ が今に~ (5, 0.0%)

3 なつて 2 お判り

▼ が何時~ (5, 0.0%)

1 か私, でも竜, までもかうし, までも持ち上げた, まで経っ

▼ が何時も~ (5, 0.0%)

1 の癖, 人数が, 僕は, 早起きで, 眼が

▼ が便所~ (5, 0.0%)

2 の草履 1 は室, へひとつ, へ行く

▼ が~ (5, 0.0%)

1 にたのみな, に一匹, に残っ, に残つて, の物

▼ が先ず~ (5, 0.0%)

1 何と, 同性と, 大体三つに, 夫れ, 此処に

▼ が内容~ (5, 0.0%)

1 からいえ, については何, には思わず, は非常, を読み終る

▼ が十分~ (5, 0.0%)

1 か十五分の立話中, の艶, ほどお待ち, もした, 程する

▼ が反対~ (5, 0.0%)

1 にこの, にもし, に坊さん, に少し, に相手

▼ が只今~ (5, 0.0%)

1 この場, の機会, は聞かぬ, も申した, 伺ったの

▼ が~ (5, 0.0%)

1 が教育会, ではない, を憚, を知られ, 歌や

▼ が周囲~ (5, 0.0%)

2 は静寂 1 の情況, の風物, はどこ

▼ が~ (5, 0.0%)

2 には古 1 の墨痕, の方, の隅

▼ が大尉~ (5, 0.0%)

2 に何, は自分 1 はなんとなく

▼ が大男~ (5, 0.0%)

2 の八五郎, は執念 1 の方

▼ が如何~ (5, 0.0%)

1 した訳, に活力, に草花, に西洋, に贔負眼

▼ が~ (5, 0.0%)

2 にはそれ, はあくまで 1 じゃない

▼ が~ (5, 0.0%)

1 がこう, の言葉, はすぐ, はそんな, は姉

▼ が~ (5, 0.0%)

1 が待たう, の來, の活気, はその, を泊めない

▼ が~ (5, 0.0%)

3 のうち 1 から三升, に一度庭

▼ が家庭~ (5, 0.0%)

5 の中

▼ が家康~ (5, 0.0%)

1 とてその道, にはこの, は, は信雄, は平八郎

▼ が御覧~ (5, 0.0%)

4 なさい 1 の通り

▼ が恐らくは~ (5, 0.0%)

1 こ, みぬま, 一個の, 今日も, 梅見

▼ が意識~ (5, 0.0%)

1 して, のその, の外, は却って, を失う

▼ が~ (5, 0.0%)

1 ういふ, うして, うなっては, う弱, う見えた

▼ が既に~ (5, 0.0%)

2 国民の 1 公議政治の, 右眼の, 遅かった

▼ が日本人~ (5, 0.0%)

2 が中 1 がヨーロッパ人, って奴, はそれ

▼ が明日~ (5, 0.0%)

1 にし, になれ, の朝, の糧, は狂女

▼ が~ (5, 0.0%)

1 が非, でちゃんと, にゃア, は旦那世間, を見

▼ が普通~ (5, 0.0%)

2 の乞食 1 これを, の壺, の概念

▼ が最近~ (5, 0.0%)

1 には又, は政府当局, また改まっ, また米, やっとわかった

▼ が~ (5, 0.0%)

1 での葬式, で大山, に桃, の小学校, は素通り

▼ が案外~ (5, 0.0%)

1 な卑怯者, に早く, 力の, 成績が, 真剣で

▼ が次に~ (5, 0.0%)

1 は是非鏡, は足なみ, また他, 画を, 起こった恐ろしい

▼ が次郎~ (5, 0.0%)

1 との仲, にはやはり, はその, はそれ, は依然として

▼ が歌麿~ (5, 0.0%)

1 に取っ, の微笑, はうつむいた, はもう, は腰

▼ が此處~ (5, 0.0%)

1 ぞと勇氣, では平次, でもまた, で勝續, で成

▼ が武士~ (5, 0.0%)

2 と武士 1 と船頭, の精妙, の血筋

▼ が母親~ (5, 0.0%)

1 がさ, が口癖, の返辞, はおれ, はまだ

▼ が毎日~ (5, 0.0%)

2 高い足場 1 のよう, ゆるゆると, 続く爽やか

▼ が江戸~ (5, 0.0%)

1 にやおれ, のならず, の商売, の客, は大丈夫

▼ が法水~ (5, 0.0%)

1 にとってはこの, には抑揚, は一向に, は優し, は椅子

▼ が無論~ (5, 0.0%)

2 君も, 自分たちが 1 行くところ

▼ が~ (5, 0.0%)

1 うすると, うせんければ, うでない, かし其んな, しさうでないと

▼ が父親~ (5, 0.0%)

1 にそう, の後, の方, の言う, らしい諦めに

▼ が~ (5, 0.0%)

1 の事, ほ甚だ, 一九二一年の, 不安に, 且勘定書には

▼ が~ (5, 0.0%)

2 の姿 1 はただ, は案内者, は熟柿

▼ が~ (5, 0.0%)

21 を一本一本, を抜かれる, 大したもの

▼ が紋也~ (5, 0.0%)

1 には合点, は倒れなかった, は未然, は考えた, は身分

▼ が素子~ (5, 0.0%)

1 のいう, はいっかな, はすぐ, はまるで, は微か

▼ が終に~ (5, 0.0%)

2 運命的な 1 あたりの, 起たず, 雪を

▼ が続い~ (5, 0.0%)

1 てこの, て発表, て鈍い, て飛びついた, て飛鳥

▼ が良平~ (5, 0.0%)

2 は手足 1 はそう, は震え, は頷いたぎり

▼ が~ (5, 0.0%)

1 え同志, しかして手術, 侍が, 松屋惣七の, 武士ヒョロヒョロと

▼ が~ (5, 0.0%)

1 に立ち, に金, ほど退屈, まで黙, まで黙っ

▼ が行っ~ (5, 0.0%)

4 てみる 1 て見る

▼ が~ (5, 0.0%)

1 士の, 将にまで, 藩の, 軍は, 門を

▼ が諸君~ (5, 0.0%)

1 おどろくな, とそういう, の微笑, はしかし, は心底

▼ が貧乏~ (5, 0.0%)

2 はし 1 でどうにも, では, なとき

▼ が貴殿~ (5, 0.0%)

1 としては心外, におかれ, には残念, はまだ, へは渡されぬ

▼ が軈て~ (5, 0.0%)

1 それも, 仕方な, 屍体を, 船員達や, 顔を

▼ が辰子~ (5, 0.0%)

1 の声, は, はこの, はその, は静

▼ が遠く~ (5, 0.0%)

1 に離れ, の掛軸, へ行つた男, を見る, 私の

▼ が重い~ (5, 0.0%)

3 硝子戸は 1 口から, 掛矢は

▼ が錢形~ (5, 0.0%)

4 の親分 1 の親分さん

▼ が雨戸~ (5, 0.0%)

2 の隙間 1 の間, をしめ, を開ける

▼ が青木~ (5, 0.0%)

2 と呼ばれるらしい 1 と会っ, はなるべく, はまた

▼ が~ (5, 0.0%)

1 の効果, もしんどう, もたてない, もなく, を聞い

▼ が~ (5, 0.0%)

1 はどうしても, はもう, は行儀, をおご, を削ぎ落す

▼ があそこ~ (4, 0.0%)

1 にいる, には雇婆, に行け, は何だか

▼ が~ (4, 0.0%)

1 ぎりすへ来, ぎりす旦那が, ぢけたのでも, ら

▼ がいや~ (4, 0.0%)

1 な事, な感じ, 先刻の, 差しかかった主人

▼ がうっかり~ (4, 0.0%)

1 した, したこと, 小説の, 速度を

▼ がおい~ (4, 0.0%)

2 てある 1 ささんも, みんな遊ぼう

▼ がおそらくは~ (4, 0.0%)

1 みぬま, 万人が, 兵庫合戦以後宮方の, 羅真人の

▼ がおら~ (4, 0.0%)

1 おめ, が病んだ, のだんな, の目

▼ がお嬢さん~ (4, 0.0%)

2 の身の上 1 の鈴虫, は見えなかつた

▼ がかえって~ (4, 0.0%)

1 それが, それは, 気まずく思わせよう, 無比の

▼ がかつて~ (4, 0.0%)

1 の情熱, 友人の, 堯には, 彼の

▼ がことし~ (4, 0.0%)

1 の正月, は一人, は梅雨, は警察

▼ がしまいに~ (4, 0.0%)

1 はそれ, はとうとう, はもう, は彼

▼ がじっと~ (4, 0.0%)

1 こちらを, 見て, 見詰めて, 頭を

▼ がすくなくとも~ (4, 0.0%)

1 まぎらわしい素振り, 今日の, 我が警備関係, 昨夜雪子を

▼ がせめて~ (4, 0.0%)

1 こういう路, こうした大切, もの恩返し, 長屋の

▼ がそば~ (4, 0.0%)

1 にいた, には太った, に人, の交番

▼ がそもそも~ (4, 0.0%)

1 そう云う, 何の, 八王子という, 異常事な

▼ がそれでもなお~ (4, 0.0%)

1 一緒に, 私としては, 自身の, 言葉を

▼ がたしかに~ (4, 0.0%)

1 武家育ち, 毛利の, 聴えた, 見られたの

▼ がたまたま~ (4, 0.0%)

1 この頃, そこへの, 一人の, 父の

▼ がちん~ (4, 0.0%)

2 がちんと 1 がちん, と鍵

▼ がつぎ~ (4, 0.0%)

2 の一瞬, の瞬間

▼ がつづい~ (4, 0.0%)

2 てぶるぶる 1 て何度, て僕

▼ がつまり~ (4, 0.0%)

1 その時, 何でも, 自分は, 薩長も

▼ が~ (4, 0.0%)

1 うは, ふの, 俺等は, 雛を

▼ が~ (4, 0.0%)

1 こよを, しよりの, ふじこが, 拔衣紋に

▼ がときどき~ (4, 0.0%)

1 その一方, 眼が, 肩を, 苦しそう

▼ がとたんに~ (4, 0.0%)

1 その顔, 中央の, 李俊の, 足を

▼ がとつぜん~ (4, 0.0%)

1 その赤黒い, 彼らは, 彼女は, 眼を

▼ がどうぞ~ (4, 0.0%)

1 おあるじ, ほんとの, まアお気づかいなさいません, 私が

▼ がどっち~ (4, 0.0%)

1 でも可, にとっても忠実, の潜水大佐, へも曲がらず

▼ がどっちみち~ (4, 0.0%)

1 あなたには, この白粉, 恐ろしい, 新八郎

▼ がなおも~ (4, 0.0%)

1 城は, 念を, 濁った目, 辛抱強くその

▼ がなにか~ (4, 0.0%)

1 の雑談, 喧嘩でも, 変死が, 竹筒でも

▼ がにんじん~ (4, 0.0%)

1 としては牛乳一杯, は帽子, は本能的, は自分

▼ が~ (4, 0.0%)

1 いると, だかの, ぶりの, ア

▼ がひとつ~ (4, 0.0%)

1 ぜひ澄子さん, には, にはそれ, わからないこと

▼ がひろ子~ (4, 0.0%)

1 に向っ, の笑顔, はそれ, は折角

▼ がふい~ (4, 0.0%)

1 てもふい, ときこえ, にその, に一つ

▼ がふだん~ (4, 0.0%)

2 はかやう 1 の彼, の長ったらしい

▼ がべつに~ (4, 0.0%)

1 不機嫌だ, 悪い感じ, 私は, 赤星重右は

▼ がほん~ (4, 0.0%)

1 たうに, たうの, とのおれ, とのコロンボ

▼ がもつ~ (4, 0.0%)

1 と不本意, と厄介, と大切, と広く

▼ がより~ (4, 0.0%)

1 以上かれ, 以上衆目を, 愕いた, 深い眠り

▼ が~ (4, 0.0%)

1 むら, むらへ, 木も, 田ンぼ

▼ がガラツ八~ (4, 0.0%)

1 が報告, と貫兵衞, の大音聲, の驚いた

▼ がナオミ~ (4, 0.0%)

1 がその, の家庭, の為め, はどうか

▼ がハッキリ~ (4, 0.0%)

2 と云っ 1 と見, 云って

▼ がピアノ~ (4, 0.0%)

2 の鳴る 1 には違, を

▼ が一面~ (4, 0.0%)

1 から見れ, にはヤッペ, の雲の, 快い

▼ が三万~ (4, 0.0%)

2 とか四万, を越し

▼ が三浦~ (4, 0.0%)

1 の愛, はいなかった, は澱み, は肚

▼ が世界~ (4, 0.0%)

1 がそれら, で一ばん, のどこ, の美人

▼ が~ (4, 0.0%)

1 の眼, 大師前に, 袖とも, 説ともに

▼ が~ (4, 0.0%)

1 でない事, に談議, は姫君, は昨夜

▼ が今朝~ (4, 0.0%)

2 の毒 1 の急使, はだいぶ

▼ が何度~ (4, 0.0%)

1 きいても, も言う, 見ても, 見直しても

▼ が何者~ (4, 0.0%)

1 かときかれ, だ, にか信光, の悪戯

▼ が余りに~ (4, 0.0%)

1 ひどく弱っ, 嘘の, 強く突き刺さっ, 憧るる

▼ が作品~ (4, 0.0%)

2 を論ずる 1 としてはつまらない, は註つき

▼ が作者~ (4, 0.0%)

2 はこの 1 が讀者, はジャーシャ

▼ が停車場~ (4, 0.0%)

2 は少し, へ行っ

▼ が~ (4, 0.0%)

1 に重た, はその, もささず, を一つ

▼ が僕ら~ (4, 0.0%)

1 が合ことば, の前, の方, はなるべく

▼ が元来~ (4, 0.0%)

1 かういふ虚無的, そういう顔, それは, 系図なる

▼ が先方~ (4, 0.0%)

21 はそれ, は撮った

▼ が入っ~ (4, 0.0%)

3 て来た 1 てみる

▼ が兵庫~ (4, 0.0%)

2 はこれ 1 が声, は兵庫一人

▼ が出る~ (4, 0.0%)

1 と大きく, には出, 時分には, 時小春が

▼ が~ (4, 0.0%)

1 が哭く, はグラグラ, は無くっ, へは手

▼ が初め~ (4, 0.0%)

1 の中, の五分, は六軒, は自分

▼ が初めて~ (4, 0.0%)

2 顔を 1 そうした世間並, の内科

▼ が~ (4, 0.0%)

1 だと, はビク, を譲った, 入とても

▼ が勝気~ (4, 0.0%)

2 なので 1 で男, な姫

▼ が半町~ (4, 0.0%)

1 とは走らなかったであろう, と漕がない, ほど行った, 程行つた所

▼ が友達~ (4, 0.0%)

2 として君 1 と落合っ, の噂学校

▼ が叔母~ (4, 0.0%)

1 の敵, はそれ, はなお, は看護婦

▼ が同僚~ (4, 0.0%)

2 と喧嘩 1 がノタウチ, の誰彼

▼ が咄嗟~ (4, 0.0%)

1 な場合, になに, に答えられなかった, の間

▼ が~ (4, 0.0%)

1 かま, か眞, だか, をいえ

▼ が四五日~ (4, 0.0%)

1 いるうち, してから, たった或, たつと

▼ が困った~ (4, 0.0%)

2 ことに 1 ことが, ときには

▼ が執拗~ (4, 0.0%)

3 に追 1 な第

▼ が大きな~ (4, 0.0%)

1 三本の, 憂鬱は, 木の, 赤い花片

▼ が大倉一族~ (4, 0.0%)

4 の人々

▼ が大勢~ (4, 0.0%)

1 の手下, の若者たち, の面会人, は終に

▼ が~ (4, 0.0%)

1 のよう, は陰, もなかなか, 待てよ

▼ が好き~ (4, 0.0%)

2 だ死ぬほど 1 な我儘, になった

▼ が~ (4, 0.0%)

1 には逢った, の家族, の方, の照子

▼ が婆さん~ (4, 0.0%)

2 もさる 1 の行った, を置く

▼ が守人~ (4, 0.0%)

1 の心, の心中, の胸中, は見むこう

▼ が容易~ (4, 0.0%)

1 に出ない, に眠られない, に見えない, に解決

▼ が~ (4, 0.0%)

1 さに, さは, さも, 原半

▼ が尋常~ (4, 0.0%)

1 な遣り方, の寝台, の按摩, の隙

▼ が少年~ (4, 0.0%)

1 に信, の筆, はセエラ, は死にものぐるい

▼ が山野~ (4, 0.0%)

2 や桑田 1 のトリック, の皮肉

▼ が崋山~ (4, 0.0%)

2 は崋山, は微笑

▼ が市兵衛~ (4, 0.0%)

2 には少し 1 はもとより, は元

▼ が師直~ (4, 0.0%)

1 としては立場, はこれ, は評判, もさる

▼ が帰っ~ (4, 0.0%)

1 てもさっそく, て来, て来る, て行け

▼ が平生~ (4, 0.0%)

2 は至つて口 1 と違, どの角度

▼ が~ (4, 0.0%)

2 の目 1 ならず最も, の花環一つ

▼ が幾島~ (4, 0.0%)

1 が先, は, はすぐ, はそんな

▼ が~ (4, 0.0%)

1 が割れれ, に何やら, に幽, に横たわった

▼ が~ (4, 0.0%)

4 ひて

▼ が待つ~ (4, 0.0%)

1 てくれ, ても待つ, と間もなく, 間は

▼ が後醍醐~ (4, 0.0%)

1 のみは長い, はお, はこの, は声

▼ が御存じ~ (4, 0.0%)

2 の通り小堀家 1 ない, の通り

▼ が心配~ (4, 0.0%)

1 しないが, しないがい, するこたア, はご

▼ が必ずしも~ (4, 0.0%)

2 そればかり 1 その笑い, 北条美作は

▼ が志賀氏~ (4, 0.0%)

1 の, の作品, はかかる, はその

▼ が忠次~ (4, 0.0%)

1 からも乾児, の外, の怨みっこ, は赤城

▼ が忠相~ (4, 0.0%)

1 はすばやく, は何, は平, は朝日

▼ が思ひ~ (4, 0.0%)

1 かへした, がけない, も寄らぬ, も掛けない

▼ が恐ろしい~ (4, 0.0%)

1 のは, 事だった, 惨劇が, 雷様の

▼ が恐怖~ (4, 0.0%)

1 のため, は幸, は幸い, は身

▼ が悉く~ (4, 0.0%)

2 所伝通り凡慧心僧都以後の, 所傳通り凡慧心僧都以後の

▼ が悪魔~ (4, 0.0%)

2 を倒す 1 に乗り移られた, の手

▼ が我々人間~ (4, 0.0%)

2 にもいつか, の心

▼ が~ (4, 0.0%)

1 が自由, のかかり, の満足, は凍結

▼ が政江~ (4, 0.0%)

1 の回想, の心, は春松, もかつて

▼ が文学~ (4, 0.0%)

1 には果して常に必ず, の上, の本質的, よりは債権債務

▼ が新一郎~ (4, 0.0%)

1 が床, の居間, の顔, は後

▼ が日頃~ (4, 0.0%)

2 可愛が 1 いかつい軍曹, この男

▼ が昨日~ (4, 0.0%)

1 から彼, の勝敗, の山鴫, 来たの

▼ が時として~ (4, 0.0%)

2 非常な 1 は, 差迫つた用事の

▼ が時計~ (4, 0.0%)

2 の謎, を返す

▼ が時間~ (4, 0.0%)

1 がたつ, が切れ, の移る, を経

▼ が暗い~ (4, 0.0%)

1 ものが, 家に, 廊下を, 靄の

▼ が本当~ (4, 0.0%)

1 だった, のこと, の次代, の終末

▼ が本当に~ (4, 0.0%)

1 この娘, なぐられたの, 成ったかも, 氏の

▼ が~ (4, 0.0%)

2 の前 1 に向っ, の上

▼ が杜子春~ (4, 0.0%)

2 はとうに, は相

▼ が来客~ (4, 0.0%)

2 の前, の話

▼ が~ (4, 0.0%)

4 之介

▼ が格子~ (4, 0.0%)

1 の向う, は思いの外厳重, へ手, を開け

▼ が概して~ (4, 0.0%)

1 一般の, 他の, 没落史は, 言えば

▼ が~ (4, 0.0%)

1 の穂, の穗, は象, を片手

▼ が横佩垣内~ (4, 0.0%)

4 の大臣家

▼ が此度~ (4, 0.0%)

2 は恥し 1 が打ち止め, の事件

▼ が汽車~ (4, 0.0%)

2 の時間 1 が敦賀, や汽船

▼ が油断~ (4, 0.0%)

1 ならぬこと, はならない, は出来ない, は禁物

▼ が沼南~ (4, 0.0%)

1 の, の帰朝, の応対, の清節

▼ が泰さん~ (4, 0.0%)

1 は一向, は存外, は男, もただ

▼ が~ (4, 0.0%)

1 で名句, にはこの, に一つ註釈, に差置いた

▼ が玄関~ (4, 0.0%)

1 からすぐ, に降り, の扉, の隣り

▼ が生れ~ (4, 0.0%)

1 ついて, てから今日, て以來, て半年

▼ が番頭~ (4, 0.0%)

1 の品吉, の顏, の顔, はきかない

▼ が眉山~ (4, 0.0%)

1 の家庭, の生活, の美貌, はかなり

▼ が~ (4, 0.0%)

1 の原因, の哲人, 斎には, 蒼な

▼ が~ (4, 0.0%)

1 っ張り, つ張り二本足, は一文字, 張りいけません

▼ が祖母~ (4, 0.0%)

1 の近く, はいつも, は依然として, は反っ

▼ が祖父~ (4, 0.0%)

1 が亡くなる, のこうした, の道楽, は財産分配

▼ が私自身~ (4, 0.0%)

2 と雖, には生憎

▼ が~ (4, 0.0%)

1 つちや, の中, ひが, ひは

▼ が約束~ (4, 0.0%)

2 の夕刻 1 の時間, は約束

▼ が紅い~ (4, 0.0%)

2 襷で 1 庚申薔薇の, 釉薬の

▼ が素人~ (4, 0.0%)

1 の僕, の私, はかう, をむき出し

▼ が結婚~ (4, 0.0%)

2 の式場 1 の問題, は頗る

▼ が~ (4, 0.0%)

2 いて 1 く平次, けて

▼ が美しい~ (4, 0.0%)

1 ゼライイドの, 女が, 朗らかさで, 眉に

▼ が美妙~ (4, 0.0%)

21 としてはその, の生立ち

▼ が義貞~ (4, 0.0%)

1 のもたらした, はすぐ, は思った, もこの

▼ が~ (4, 0.0%)

2 る日 1 る年, 土曜日の

▼ が~ (4, 0.0%)

1 うる所, ふる所, へさせる, へやう

▼ が聞く~ (4, 0.0%)

2 ものが 1 ところに, 通りちゃと

▼ が自然~ (4, 0.0%)

1 この方, と其処, に皮肉, は語り続けた

▼ が~ (4, 0.0%)

2 の白い, を御

▼ が芸術~ (4, 0.0%)

1 となる, に志す, に於ける, に興味

▼ が若松屋惣七~ (4, 0.0%)

1 の顔, はすこし, は今, は特別

▼ が若殿様~ (4, 0.0%)

1 の方, は一向, は益御機嫌, は相

▼ が苦しん~ (4, 0.0%)

2 でいる, でゐる

▼ が荘田~ (4, 0.0%)

2 はビク 1 と云, と云う

▼ が藤十郎~ (4, 0.0%)

1 は今, は前, は芸能, は見物

▼ が藤吉~ (4, 0.0%)

1 に用, はぼんやり, は答え, は返事

▼ が蜘蛛~ (4, 0.0%)

1 というの, にはすべて, は, はどうしても

▼ が~ (4, 0.0%)

1 が留っ, の吹きとぶ, は大した, を流す

▼ が行く~ (4, 0.0%)

2 所まで 1 先々食べ物とさえ, 前に

▼ が表面~ (4, 0.0%)

1 ではそう, はそれ, はガラガラ, へ出る

▼ が~ (4, 0.0%)

1 には裏, の物, へ出, をまくっ

▼ が~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, に行かず, 當は

▼ が見る~ (4, 0.0%)

1 と中尉, と叔母, と腕環, ものが

▼ が誰一人~ (4, 0.0%)

1 この乞食, としてこれら, として小, 出迎えなかった

▼ が警察~ (4, 0.0%)

1 としてはこの, としてはもちろん, に引張られなけれ, の方

▼ が譲吉~ (4, 0.0%)

1 が一旦, が近藤夫人, の力, はあまりに

▼ が貴君~ (4, 0.0%)

2 を夫, を愛し

▼ が赤い~ (4, 0.0%)

2 襠とは 1 布を, 血は

▼ が辰男~ (4, 0.0%)

2 はこんな, は兄

▼ が返事~ (4, 0.0%)

1 がありません, はやはり, は容易, をした

▼ が運転手~ (4, 0.0%)

2 は信一郎 1 の死物狂, の死物狂い

▼ が道誉~ (4, 0.0%)

1 にとってはひと事, の耳, は対, は自分

▼ が離れ~ (4, 0.0%)

2 てゐる 1 て暗闇, へ行っ

▼ が雪子~ (4, 0.0%)

1 にし, は執拗, は急, は既に

▼ が~ (4, 0.0%)

1 から流れる, から首筋, の下, の小

▼ が~ (4, 0.0%)

1 はこれ, は腹一杯, を食, を食う

▼ が馬琴~ (4, 0.0%)

1 がさっき, がさつき, には奇麗サッパリ, の人物

▼ が駄目~ (4, 0.0%)

21 だった, だ帰れ帰れ

▼ が驚き~ (4, 0.0%)

1 のほう, はそれ, は単に, よりも喜び

▼ が黙っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, て伏拝ん, て何

▼ があっし~ (3, 0.0%)

1 から世界, はとても, は本当

▼ があつし~ (3, 0.0%)

1 が乘, は徳利, は本

▼ があまりに~ (3, 0.0%)

1 も世間, 人も, 平凡な

▼ があれあ~ (3, 0.0%)

1 お前どうしてどうして, 尾久の, 慣れてる驚き

▼ があんなに~ (3, 0.0%)

2 多勢の 1 ベソを

▼ があー~ (3, 0.0%)

1 といっ, んと, ンと

▼ がいつの間に~ (3, 0.0%)

1 どこから, なくなったの, 掛けたか

▼ がうす~ (3, 0.0%)

1 光りした, 白髮の, 鬢の

▼ がうそ~ (3, 0.0%)

3 の訴人

▼ がうまく~ (3, 0.0%)

1 行かなかったネ, 行かねえ, 釣り出すこと

▼ がおいら~ (3, 0.0%)

1 がいや, のいう, はひと目

▼ がおお~ (3, 0.0%)

2 その鮮血 1 何と

▼ がおそらく~ (3, 0.0%)

1 さつ, そちの, 酒も

▼ がお客~ (3, 0.0%)

1 が一人, の方ぢ, へまで聞こえ

▼ がお松~ (3, 0.0%)

1 は, は声, も半之丞

▼ がお蔭~ (3, 0.0%)

1 でこの, で僕, で荷

▼ がかうし~ (3, 0.0%)

1 て平次, て忘れよう, て愈

▼ がかうなる~ (3, 0.0%)

1 とどうして, と少々, と私

▼ がからだ~ (3, 0.0%)

1 のこなし, を支え, を洗っ

▼ がかれこれ~ (3, 0.0%)

1 するうち, 三十分の後畢に, 二時間あまりも

▼ が~ (3, 0.0%)

1 さまは, てみる, ツと

▼ がくり~ (3, 0.0%)

1 と俯, と彼, と調子

▼ がくん~ (3, 0.0%)

1 がくん, がくんうなずき, と汽車

▼ が~ (3, 0.0%)

3 ふは

▼ が~ (3, 0.0%)

2 ちとら 1 ちとら無筆

▼ がさうかと~ (3, 0.0%)

2 云つてそれは 1 思ふと

▼ がさき~ (3, 0.0%)

2 ほどから正 1 じゃァ役者

▼ がされ~ (3, 0.0%)

2 ばといっ 1 ばと云っ

▼ が~ (3, 0.0%)

1 てみる, まひに, ゅろの

▼ がしん~ (3, 0.0%)

1 が寂し, たれ, やな

▼ がじっさい~ (3, 0.0%)

1 には彼, には菊水, にアメリカ人

▼ がじゃ~ (3, 0.0%)

1 あしたでも, ア鶴の, 一寸いっしょ

▼ がずっと~ (3, 0.0%)

1 先の, 後に, 若い頃

▼ がずら~ (3, 0.0%)

2 っとならん 1 っとならび

▼ がぜひ~ (3, 0.0%)

1 なげに, もない, 訪問する

▼ がそち~ (3, 0.0%)

1 の請い, は, は早速

▼ がそっち~ (3, 0.0%)

1 からは講義, のちっち, は吹雪

▼ がそれきり~ (3, 0.0%)

1 あきらめるかと, で神, もう私

▼ がそれっきり~ (3, 0.0%)

1 その地震, であるまったく, 持って

▼ がそれでいて~ (3, 0.0%)

1 其失敗の, 彼の, 彼女は

▼ がそれどころ~ (3, 0.0%)

2 では 1 じゃあねえ

▼ がそれなら~ (3, 0.0%)

1 それと, どうして二人, 尚更の

▼ がそれに~ (3, 0.0%)

21 別に不思議

▼ がそん~ (3, 0.0%)

1 でも開墾, なら己, なら私

▼ がたつ~ (3, 0.0%)

1 は上体, は私, は膝

▼ がたとい~ (3, 0.0%)

1 その娘, 旅行に, 稚拙である

▼ がたれ~ (3, 0.0%)

1 の賞讃, ひとり, もこれ

▼ がだしぬけ~ (3, 0.0%)

1 に握り拳, に泛ん, に立ちどまっ

▼ がだれ~ (3, 0.0%)

1 もがすぐ, も彼女, も気づかなかった

▼ がちゃん~ (3, 0.0%)

3 がちゃんと

▼ がちゃーん~ (3, 0.0%)

1 とやった, と烈しい, の音

▼ がちょい~ (3, 0.0%)

1 と置かし, と苦笑, と見た

▼ がでも~ (3, 0.0%)

1 あいつお, これは, そのあばかれた

▼ がとく子~ (3, 0.0%)

1 の故郷, はいかにも, は養家

▼ がところどころ~ (3, 0.0%)

1 その一片, へ罌粟, 解し得た詩句

▼ がとりわけ~ (3, 0.0%)

1 てはずっと, 勿体的であり, 尼という

▼ がどうにも~ (3, 0.0%)

1 不安でならなかった, 背すじが, 行きたくない

▼ がなかっ~ (3, 0.0%)

1 た, たとき, たの

▼ がなと~ (3, 0.0%)

1 云う, 考へ込むほどの, 芝居ん

▼ がなにぶん~ (3, 0.0%)

1 にも地形, にも時代, 荒れはてた古い

▼ がのう~ (3, 0.0%)

1 おりまする, お落ち, 帰りてよ妾

▼ がはっと~ (3, 0.0%)

1 したの, 気が, 顔色を

▼ がひる~ (3, 0.0%)

1 がへつて, 頃, 頃まで

▼ がふたたび~ (3, 0.0%)

1 口を, 微光を, 戸の

▼ がふたり~ (3, 0.0%)

1 には見え, のす, はその

▼ がほか~ (3, 0.0%)

1 に仕事, の人たち, の坊主共

▼ がほんと~ (3, 0.0%)

1 かね, は鳰, を云

▼ がほんとう~ (3, 0.0%)

1 にいい, の値打ち, の意味

▼ がまさしく~ (3, 0.0%)

1 それが, カプスだ, 裏に

▼ がまたもや~ (3, 0.0%)

1 ふいに, 太刀の, 悪漢どもが

▼ がまた一方~ (3, 0.0%)

1 では何ひとつ, 伯父が, 千登世の

▼ がまっ~ (3, 0.0%)

1 くらで, くらであった, 二つに

▼ がみるみる~ (3, 0.0%)

1 うごきはじめそこ, 二人は, 大きくなっ

▼ がもうこ~ (3, 0.0%)

1 の廻廊, の時, の頃

▼ がもしそう~ (3, 0.0%)

1 だと, ならば, 考えるなら君

▼ がもはや~ (3, 0.0%)

1 その男, エセックスも, 日記帳は

▼ がわざと~ (3, 0.0%)

1 手で, 梨枝子の, 自若として

▼ が~ (3, 0.0%)

1 ると, 厄介し, 呼び出すやう

▼ がイワノウィッチ~ (3, 0.0%)

1 は心, は自分, は若い

▼ がゴーリキイ~ (3, 0.0%)

1 が実際, は小学校, は最初

▼ がスクルージ~ (3, 0.0%)

2 はこれ 1 は全身

▼ がトルストイ~ (3, 0.0%)

1 の生涯, はあまりに, は此

▼ がハッ~ (3, 0.0%)

1 とし, とわれ, と思っ

▼ がビェリンスキー~ (3, 0.0%)

1 に傾倒, の美論, やドブロリューボフ

▼ がベッド~ (3, 0.0%)

2 の上 1 をおりよう

▼ がポケット~ (3, 0.0%)

2 の底 1 から出し

▼ がルピック氏~ (3, 0.0%)

1 はいつ, はまた, は枝

▼ が一切~ (3, 0.0%)

1 の前提, の罪状, はかれにも

▼ が一匹~ (3, 0.0%)

1 が十匹, の木虱, の黒猫

▼ が一向に~ (3, 0.0%)

1 それが, 場所も, 張合なし

▼ が一時間~ (3, 0.0%)

3 もする

▼ が一目~ (3, 0.0%)

2 見た丈 1 春木を

▼ が一瞬間~ (3, 0.0%)

1 に消え, の後, 羨ましさ

▼ が一空さま~ (3, 0.0%)

1 とお, のいう, の用

▼ が一藩~ (3, 0.0%)

1 が危急, の人々, の名分

▼ が万三郎~ (3, 0.0%)

1 が脇, はそう, は閉口

▼ が三つ~ (3, 0.0%)

2 になる 1 の銀貨

▼ が三郎~ (3, 0.0%)

1 にわかっ, の安堵, を残し

▼ が三重子~ (3, 0.0%)

1 はどこ, は半年, は自

▼ が~ (3, 0.0%)

1 に上る, へ上, を蔽うた

▼ が中根~ (3, 0.0%)

1 は營庭, は都會生れ, ばかりで

▼ が中途~ (3, 0.0%)

1 で人違い, で心, 迄行く

▼ が主事~ (3, 0.0%)

1 は, はいったん, は留守

▼ が乞食~ (3, 0.0%)

1 はどうしても, は思ひ, は顔

▼ が~ (3, 0.0%)

2 ともそんな 1 とも死なない

▼ が人数~ (3, 0.0%)

2 は三百人 1 の多い

▼ が人生~ (3, 0.0%)

1 の説明者, を行旅, 及び社会

▼ が今にも~ (3, 0.0%)

2 頭が 1 傾きかけた広

▼ が今彼~ (3, 0.0%)

2 の心 1 の感知

▼ が今更~ (3, 0.0%)

1 そんな贅澤, 引戻す, 引返すべきでは

▼ が仕方~ (3, 0.0%)

2 がない 1 なし

▼ が以前~ (3, 0.0%)

1 のそれ, の体力, はあの

▼ が伊勢屋~ (3, 0.0%)

2 が憎く 1 の首

▼ が体裁~ (3, 0.0%)

1 はどこ, を繕, を繕う

▼ が何故か~ (3, 0.0%)

1 周章て, 敵の, 私は

▼ が何處~ (3, 0.0%)

1 にも傷, にも居ない, にも居ません

▼ が余程~ (3, 0.0%)

1 以前から, 急いだと, 面白いと

▼ が俊寛~ (3, 0.0%)

1 には一里, の声, は屈しなかった

▼ が保吉~ (3, 0.0%)

1 が煙草, の来た, は痛み

▼ が信吉~ (3, 0.0%)

1 が抱き起す, はかえって, は停りかけた

▼ が俺ら~ (3, 0.0%)

1 にこん, にゃもうわかってる, も品

▼ が~ (3, 0.0%)

1 にいる, へゆく, へ寄っ

▼ が光秀~ (3, 0.0%)

1 が山崎, のま, の方

▼ が全体~ (3, 0.0%)

1 から言っ, としての色調, に調子

▼ が兵衛~ (3, 0.0%)

1 の消息, はいつ, は帰ろう

▼ が兵馬~ (3, 0.0%)

1 には美作, に油断, は後

▼ が其等~ (3, 0.0%)

1 の原因, は資本主義国, も私

▼ が内儀~ (3, 0.0%)

2 の死ん 1 はいちど

▼ が内心~ (3, 0.0%)

1 では彼等, はこの間, は少から

▼ が内蔵助~ (3, 0.0%)

1 の到着, の叔父小山源五右衛門, はみずから自分

▼ が~ (3, 0.0%)

1 がけに, てこない, 來る

▼ が初子~ (3, 0.0%)

1 は二人, は同情, は辰子

▼ が到底~ (3, 0.0%)

1 眠れさ, 自分の, 詐り難き

▼ が到頭~ (3, 0.0%)

1 八五郎が, 子供達の, 彼は

▼ が勘次~ (3, 0.0%)

1 が安次, に逢う, を恐れ

▼ が北海道~ (3, 0.0%)

1 と内地, の奥地, の百姓

▼ が単なる~ (3, 0.0%)

2 学生である 1 好奇心から

▼ が単に~ (3, 0.0%)

1 じぶん, 嫌いでない, 疑うだけ

▼ が危険~ (3, 0.0%)

2 な華やか 1 はその

▼ が取り乱し~ (3, 0.0%)

1 ている, てはならぬ, もせず

▼ が受話器~ (3, 0.0%)

1 の中, は彼, をもと

▼ が~ (3, 0.0%)

1 い召飯, 恐いの, 笑い事には

▼ が右近~ (3, 0.0%)

1 はもっと, は一刻, は無言

▼ が~ (3, 0.0%)

1 は反対, をごらん, を御覧

▼ が喬介~ (3, 0.0%)

1 の推理, は押, は決して

▼ が四方~ (3, 0.0%)

1 に並ん, は土, をキヨトキヨト

▼ が困る~ (3, 0.0%)

1 ことは, 事には, 方が

▼ が土地~ (3, 0.0%)

1 だけは永久, では熊取路, の者

▼ が~ (3, 0.0%)

1 の面積, は小城, 陥ると共に

▼ が~ (3, 0.0%)

2 は歪み 1 を一つ

▼ が~ (3, 0.0%)

1 に入る, の夜, の終り

▼ が大した~ (3, 0.0%)

2 事は 1 ことは

▼ が天下~ (3, 0.0%)

1 の大, の英才, は思い

▼ が天魔太郎~ (3, 0.0%)

1 にはそれ, は竹矢来, もだまっ

▼ が奇妙~ (3, 0.0%)

3 なこと

▼ が~ (3, 0.0%)

1 では, へとつづく, へ下

▼ が女中~ (3, 0.0%)

2 のすみや 1 を二人

▼ が女房~ (3, 0.0%)

2 はまだ 1 は健気

▼ が如何なる~ (3, 0.0%)

2 嘲笑も 1 豪傑にも

▼ が如何に~ (3, 0.0%)

1 緻密の, 遅いにも, 鋭敏な

▼ が如何にも~ (3, 0.0%)

1 修練と, 心苦しそう, 捨鉢氣味な

▼ が孔子~ (3, 0.0%)

1 の政策, の言及, を流浪

▼ が学校~ (3, 0.0%)

1 へ通える, をなまけ, を卒業

▼ が室内~ (3, 0.0%)

1 には, には七輪, の空気

▼ が室生さん~ (3, 0.0%)

1 の場合, はそんな, は一應

▼ が宿~ (3, 0.0%)

2 の前 1 替へを

▼ が寂しい~ (3, 0.0%)

1 とも夜半, 往来には, 笑顔を

▼ が~ (3, 0.0%)

1 てい, てみる, ぬくもりの

▼ が寝室~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の電燈

▼ が小僧~ (3, 0.0%)

2 の定吉 1 がお

▼ が小娘~ (3, 0.0%)

3 は私

▼ が小次郎~ (3, 0.0%)

1 の端麗, はすぐ, は初めて

▼ が少なくとも~ (3, 0.0%)

1 マニーロフは, 白官舎に, 自分の

▼ が~ (3, 0.0%)

1 から下り, に行く, の峰

▼ が~ (3, 0.0%)

1 に担げた, に新橋, の手

▼ が帆村~ (3, 0.0%)

1 のおじさん, は, は三根夫

▼ が幕府~ (3, 0.0%)

1 が瓦解, では容易, の国府

▼ が~ (3, 0.0%)

1 だ, ったい房, 太夫は

▼ が幼い~ (3, 0.0%)

2 信輔に 1 歌人の

▼ が幾何~ (3, 0.0%)

1 もなく, 強く思い切ろう, 強く思ひ切らう

▼ が広い~ (3, 0.0%)

1 世の中には, 洛中洛外無量無数の, 部屋の

▼ が~ (3, 0.0%)

1 が高, にはいっ, に入り

▼ が~ (3, 0.0%)

1 の少年武士, は柔弱者, をはじめ

▼ が弥助~ (3, 0.0%)

1 だけは自分, の他, の太刀

▼ が当分~ (3, 0.0%)

1 は村, は誰, は遊興

▼ が彦兵衛~ (3, 0.0%)

1 の調査, は眉一つ, は黙っ

▼ が彼奴~ (3, 0.0%)

2 の事 1 の上衣

▼ が~ (3, 0.0%)

1 しもこの, しも偶然, しも其等

▼ が思った~ (3, 0.0%)

1 とは大変, ばかりで, より面白く

▼ が恋愛~ (3, 0.0%)

2 を調節 1 とは何

▼ が惜しい~ (3, 0.0%)

2 ことに 1 哉十年前一見した

▼ が成立~ (3, 0.0%)

2 する 1 すること

▼ が~ (3, 0.0%)

2 我と同じ 1 ながら銀

▼ が我輩~ (3, 0.0%)

1 としては館林様, には考え, は待っ

▼ が折角~ (3, 0.0%)

1 のその, の依み, 來た

▼ が按摩~ (3, 0.0%)

2 でないだけに 1 は宜し

▼ が提灯~ (3, 0.0%)

2 の風説 1 が一つ

▼ が摩利信乃法師~ (3, 0.0%)

1 の法力, はやはり, は憎

▼ が支那~ (3, 0.0%)

1 の女, はその, を商業的関係

▼ が斯く~ (3, 0.0%)

2 迄極度 1 現在腹の

▼ が日曜~ (3, 0.0%)

2 の午後 1 が発送日

▼ が日本女~ (3, 0.0%)

1 の思想, はいそがず, はモスクワ一

▼ が日本橋~ (3, 0.0%)

1 の店, へ差, へ差しかかった

▼ が~ (3, 0.0%)

1 かにそれ, の于奕正, はなんと

▼ が~ (3, 0.0%)

1 の日, の雨, より冷え冷え

▼ が是非~ (3, 0.0%)

1 ともこの, もない, 私の

▼ が昼間~ (3, 0.0%)

1 であったならば, の激しい, 見た小舟

▼ が~ (3, 0.0%)

3 のある

▼ が書い~ (3, 0.0%)

2 てある 1 てしまった

▼ が最う~ (3, 0.0%)

1 そんな事, 七八年にも, 目貫の

▼ が未だ~ (3, 0.0%)

1 この通り, 一聯の, 不安だ

▼ が~ (3, 0.0%)

1 はおの, を裂かれる, 當に

▼ が本人~ (3, 0.0%)

1 は少し, は決して, は素性

▼ が~ (3, 0.0%)

1 が取れた, と緋葉, の樹

▼ が柳吉~ (3, 0.0%)

1 の声, は, はまだ

▼ が~ (3, 0.0%)

1 が昔, が江戸っ子, が負

▼ が~ (3, 0.0%)

2 に相違 1 のごとく

▼ が~ (3, 0.0%)

1 の上, の半ば, を渡っ

▼ が正季~ (3, 0.0%)

1 にはもどかしかっ, の手勢, は好き

▼ が正面~ (3, 0.0%)

1 から咽喉笛, から喉笛, には賭場

▼ が此時~ (3, 0.0%)

2 は既に 1 はまだ

▼ が武蔵~ (3, 0.0%)

1 には間髪, の知っ, は

▼ が死ん~ (3, 0.0%)

1 でまで怨まう, でゐる, で冷たく

▼ が殊に~ (3, 0.0%)

1 以前と, 寄ったら其様, 辰子の

▼ が~ (3, 0.0%)

1 にはまだ, のリアリズム, を自然主義

▼ が民弥~ (3, 0.0%)

1 と梶子, の本心, は意

▼ が民衆~ (3, 0.0%)

2 は槍 1 の無知

▼ が気の毒~ (3, 0.0%)

1 だ, なる哉二葉亭, になっ

▼ が泣い~ (3, 0.0%)

2 ても仕方 1 ている

▼ が泰軒~ (3, 0.0%)

1 はぴたッ, は忠相, は答えない

▼ が洋一~ (3, 0.0%)

1 の差し, はまた, は黙っ

▼ が洋服~ (3, 0.0%)

2 を着た 1 でもネクタイ

▼ が洞窟~ (3, 0.0%)

1 には枝路, の中, は杉

▼ が深い~ (3, 0.0%)

1 交渉を, 思索に, 木立の

▼ が深水~ (3, 0.0%)

21 の方

▼ が滅多~ (3, 0.0%)

1 な口, につとめ, に口

▼ が~ (3, 0.0%)

1 がど, にあてる, の廻り

▼ が~ (3, 0.0%)

2 に触れる 1 の勢

▼ が無事~ (3, 0.0%)

1 だつたの, であつ, に千回以上

▼ が無駄~ (3, 0.0%)

1 だった, であった, をし

▼ が煙管~ (3, 0.0%)

1 が落ち, の地金, を落し

▼ が~ (3, 0.0%)

1 に助, の皮, も狼

▼ が~ (3, 0.0%)

1 か人, だよ, はまだ

▼ が~ (3, 0.0%)

1 に似た, の姿, は鋭い

▼ が玄白~ (3, 0.0%)

1 の良沢, は一目, は懐中

▼ が~ (3, 0.0%)

1 のやう, はずんずん, は他

▼ が理屈~ (3, 0.0%)

1 として, はない, はまず

▼ が甚内~ (3, 0.0%)

1 の話, は不相, は役人

▼ が~ (3, 0.0%)

1 ぐさい匂いが, では, 氣逐ひやらはれ

▼ が~ (3, 0.0%)

1 が狭い, の向う, へは引き返さず

▼ が痩せ~ (3, 0.0%)

1 てはいる, てはゐる, 男は

▼ が盲人~ (3, 0.0%)

1 の話, は政治, は腕

▼ が~ (3, 0.0%)

1 きに, ぐそれをいやがらせてやるつもりで, ぐにすぼりと胸を

▼ が直ぐに~ (3, 0.0%)

1 それは, また引返し, 彼の

▼ が直に~ (3, 0.0%)

2 冷淡に 1 また悲痛

▼ が直接~ (3, 0.0%)

2 お逢いし 1 の原因

▼ が直義~ (3, 0.0%)

1 にはそれ, はなお, は首

▼ が看護婦~ (3, 0.0%)

1 が入っ, が来, は勢

▼ が~ (3, 0.0%)

1 でなくいな, 暗で, 直にならう

▼ が~ (3, 0.0%)

2 を積ん 1 は肩

▼ が~ (3, 0.0%)

1 のよう, の天井, の底

▼ が突き放された~ (3, 0.0%)

2 勝平は 1 相手の

▼ が~ (3, 0.0%)

1 から空, がしまる, には誰

▼ が笑い~ (3, 0.0%)

1 ながら言った, ながら話した, の中

▼ が素戔嗚~ (3, 0.0%)

1 の心, はその, は手もと

▼ が紳士~ (3, 0.0%)

1 として御, のやう, も湯河

▼ が結局それ~ (3, 0.0%)

1 は思い過し, は藻, も駄目

▼ が絶対~ (3, 0.0%)

1 に人心, に作者, に駄目

▼ が綺麗~ (3, 0.0%)

2 な小さい 1 な姉様

▼ が~ (3, 0.0%)

1 あって, がはを行き, の下

▼ が~ (3, 0.0%)

3 の中

▼ が背後~ (3, 0.0%)

1 の山, はことごとく, へ廻られぬ

▼ が~ (3, 0.0%)

1 が出, が出来, の立つ

▼ が自動車~ (3, 0.0%)

2 が英国大使館前 1 探して

▼ が興奮~ (3, 0.0%)

1 した陳, のあと, のす

▼ が~ (3, 0.0%)

1 が出帆, に慣れ, は見る見る遠ざかっ

▼ が芝居~ (3, 0.0%)

1 でも無かっ, といふもの, は不思議

▼ が花嫁~ (3, 0.0%)

2 の駕籠 1 は物

▼ が芸者~ (3, 0.0%)

1 は暫く, も亦, や鴇婦

▼ が若杉さん~ (3, 0.0%)

1 の令名, の高等学校時代, は自分

▼ が~ (3, 0.0%)

2 や竹 1 を見

▼ が~ (3, 0.0%)

2 を運ぶ 1 がまだすっかり

▼ が~ (3, 0.0%)

1 こぼれたよう, のある, 付くこと

▼ が葬式~ (3, 0.0%)

1 というもの, の一条, の日

▼ が藤井~ (3, 0.0%)

1 はいつのまにか, は北, は無頓着

▼ が藤沢~ (3, 0.0%)

1 はそう, はやはり, は俊助

▼ が~ (3, 0.0%)

1 のこの, へ出, より洩るる

▼ が表現~ (3, 0.0%)

1 がすべて, された, に教養

▼ が衰弱~ (3, 0.0%)

2 がいたましい 1 した身体

▼ が~ (3, 0.0%)

1 として娘, に対しては思わない, の慈悲

▼ が親切~ (3, 0.0%)

1 であっても, なお, な車夫

▼ が言う~ (3, 0.0%)

1 だけ言わなけれ, 清葉より, 迄もなく

▼ が証拠~ (3, 0.0%)

2 があります 1 があがらなかった

▼ が誰一人それ~ (3, 0.0%)

1 について噂, はその, を尼さんたち

▼ が財産~ (3, 0.0%)

1 は, は無く, は無くなっ

▼ が貴方~ (3, 0.0%)

1 のこと, の事, は飛駒村

▼ が距離~ (3, 0.0%)

1 が少しく, はわずか, はわづか

▼ が身体~ (3, 0.0%)

2 を動かす 1 の調子

▼ が~ (3, 0.0%)

1 の中, の内, は容赦

▼ が近づい~ (3, 0.0%)

1 て来る, て行く, て行つて

▼ が返辞~ (3, 0.0%)

2 は来なかった 1 をした

▼ が追及~ (3, 0.0%)

3 したところ

▼ が造っ~ (3, 0.0%)

2 てからまだ 1 てあった

▼ が~ (3, 0.0%)

1 と云, の悪い, よくそれ

▼ が~ (3, 0.0%)

1 がいつか川, は思い, を得た

▼ が遠い~ (3, 0.0%)

1 川の, 枯木立や, 祖たちが

▼ が遺憾~ (3, 0.0%)

1 ながらその, ながら伊香保, ながら当時

▼ が~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 まではよほど

▼ が~ (3, 0.0%)

1 兵衛は, 兵衞は, 武が

▼ が重大~ (3, 0.0%)

1 なこと, なる任命, な相違

▼ が野村~ (3, 0.0%)

2 の眼 1 は細い

▼ が金花~ (3, 0.0%)

1 の病, は彼, 程気立て

▼ が~ (3, 0.0%)

1 が違ったらしく, は宇宙, は錠

▼ が鎌倉~ (3, 0.0%)

1 で手間取っ, で手間取つて皆さん, の途中

▼ が長老~ (3, 0.0%)

1 はもう, は不相, は相変わらず

▼ が開いた~ (3, 0.0%)

2 のは 1 襖から

▼ が~ (3, 0.0%)

2 の中 1 ながらすぐ

▼ が~ (3, 0.0%)

2 濃は 1 星源之

▼ が障子~ (3, 0.0%)

1 が明け放され, のところ, の中

▼ が電車~ (3, 0.0%)

1 に乗, に乗っ, はもう

▼ が静か~ (3, 0.0%)

1 でしんと, に動い, に振り返った

▼ が~ (3, 0.0%)

1 へ何, へ掛けた, を見る

▼ が食事~ (3, 0.0%)

2 の間 1 がすむ

▼ が~ (3, 0.0%)

1 が通る, の方, も疲れき

▼ が駕籠~ (3, 0.0%)

1 が一つきり, の側, は灯

▼ が~ (3, 0.0%)

1 のかっこう, の根, の白

▼ が黒い~ (3, 0.0%)

2 垢すりの 1 服の

▼ が龍造寺主計~ (3, 0.0%)

1 に手, に気, は金

▼ があきらめ~ (2, 0.0%)

1 てい, て広く

▼ があさましい~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ があと三日~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ があらためて~ (2, 0.0%)

1 澄まない気, 祈念した

▼ がありゃ~ (2, 0.0%)

1 どうしたい, 西条流の

▼ がいい加減~ (2, 0.0%)

1 なこと, な駄法螺

▼ がいくらか~ (2, 0.0%)

1 察しては, 彼を

▼ がいささか~ (2, 0.0%)

1 さびしい気, 果報焼けの

▼ がいず~ (2, 0.0%)

1 こから, こへ

▼ がいったいどう~ (2, 0.0%)

1 したという, したん

▼ がいまだに~ (2, 0.0%)

1 姥の, 忘れられないの

▼ がいろいろ~ (2, 0.0%)

1 なこと, な事

▼ がいわば~ (2, 0.0%)

1 そいつは, 巷の

▼ がうち~ (2, 0.0%)

1 でなら, の一騎

▼ がおじいさん~ (2, 0.0%)

1 が腰, はほんとう

▼ がおとなしい~ (2, 0.0%)

1 ことが, 彼は

▼ がおなじ~ (2, 0.0%)

1 瞬間に, 複雑でも

▼ がおよそ~ (2, 0.0%)

1 中流の, 何時間ぐらい

▼ がおれたち~ (2, 0.0%)

1 はどっち道, も年齢

▼ がお初~ (2, 0.0%)

1 に取っ, はちゃんと

▼ がお爺さん~ (2, 0.0%)

1 の方, はいつか

▼ がお茶~ (2, 0.0%)

1 だけでも仕様, は如何

▼ がお話~ (2, 0.0%)

1 の不思議さ, をその

▼ がお雪伯母~ (2, 0.0%)

1 が家, は更に

▼ がお願い~ (2, 0.0%)

1 があっ, とは何事

▼ がかかっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ がかかる~ (2, 0.0%)

1 事態が, 非人道的

▼ がから~ (2, 0.0%)

1 つと解かれぬ, まわりに

▼ がかりに~ (2, 0.0%)

1 あるとしても, その逓減率

▼ がきい~ (2, 0.0%)

1 てみる, て頂きたい

▼ がきこえ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てきました

▼ がきっと~ (2, 0.0%)

1 する, 手綱を

▼ がこと~ (2, 0.0%)

1 はかばつ, は秘められた

▼ がこのごろ~ (2, 0.0%)

1 どうも出し, は作爺さん

▼ がこの間~ (2, 0.0%)

1 に信長, も僕

▼ がこり~ (2, 0.0%)

1 やあどうか, や理想ぢ

▼ がこれだけ筋~ (2, 0.0%)

1 が立っ, が立つ

▼ がこれ等~ (2, 0.0%)

1 のこと, の考

▼ がごと~ (2, 0.0%)

2 泣けよ

▼ がさし~ (2, 0.0%)

2 当って

▼ がさつき~ (2, 0.0%)

1 から交番, から前方

▼ がさんざん~ (2, 0.0%)

1 揉んだ末, 血を

▼ がしかしまた~ (2, 0.0%)

1 当然それ, 此の

▼ がしかるに~ (2, 0.0%)

1 今, 芋ヶ瀬の

▼ がしばしば~ (2, 0.0%)

1 異な船影, 見返る者

▼ がじき~ (2, 0.0%)

1 に暗く, に高く

▼ がじつ~ (2, 0.0%)

1 のところ, を言う

▼ がじゃあ~ (2, 0.0%)

1 お二人, ぶこちゃん

▼ が~ (2, 0.0%)

1 なおに, なほに

▼ がすぐ又~ (2, 0.0%)

1 キャッキャッと, 真面目くさつた貌

▼ がする~ (2, 0.0%)

1 うち胸が, 事は

▼ がそうこう~ (2, 0.0%)

1 して, するうち

▼ がそこら~ (2, 0.0%)

1 に姿, はあまり

▼ がそして~ (2, 0.0%)

1 かへつて, この冊子

▼ がそっと~ (2, 0.0%)

1 兄の, 静かに

▼ がそのうちふと~ (2, 0.0%)

2 踊り子とは

▼ がその後伊之助~ (2, 0.0%)

2 はもう少し

▼ がその道~ (2, 0.0%)

1 は茅野雄, を離れ

▼ がそれさ~ (2, 0.0%)

1 へも過去, へ例へば

▼ がそれはか~ (2, 0.0%)

1 へつてそれら, へつて徳次

▼ がそれ丈彼~ (2, 0.0%)

2 の憤怒

▼ がそれ以上何~ (2, 0.0%)

1 にも言う, も云わず

▼ がそれ以外~ (2, 0.0%)

1 には彼女, は箱

▼ がそれ前~ (2, 0.0%)

1 に山影氏, に標語

▼ がそんなふうに~ (2, 0.0%)

1 どこからでも, 話を

▼ がただいま~ (2, 0.0%)

1 拝見した, 林助の

▼ がただし~ (2, 0.0%)

1 その間には, 現在何十も

▼ がたと~ (2, 0.0%)

1 へ女らしい, へ少し

▼ がたぶん~ (2, 0.0%)

1 に二日酔, 夕方わたしは

▼ がだから~ (2, 0.0%)

1 といつて浅草と, 面白い

▼ がだんな~ (2, 0.0%)

1 が発頭, の口

▼ が~ (2, 0.0%)

2 ょっとあなたのてのひらを見せ

▼ がちと~ (2, 0.0%)

1 遅かつ, 面白くござらぬ

▼ がちゃり~ (2, 0.0%)

1 と錠, と鳴る

▼ がちやう~ (2, 0.0%)

1 ど自家, ど雜誌

▼ がちり~ (2, 0.0%)

1 と何, と頭

▼ がつた~ (2, 0.0%)

1 なりに素直, ほどでございました

▼ がつまらぬ~ (2, 0.0%)

2 事から

▼ がてに~ (2, 0.0%)

1 する昨今, 膝まずい

▼ ができる~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, ものなら

▼ がでは~ (2, 0.0%)

1 ない, 絶対に

▼ がという~ (2, 0.0%)

2 ところあり

▼ がとうてい~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 手に

▼ がとに~ (2, 0.0%)

1 角その, 角大空を

▼ がとりつけ~ (2, 0.0%)

1 てあります, てある

▼ がどうもすぐ~ (2, 0.0%)

2 に書斎

▼ がどの道~ (2, 0.0%)

1 甲武信岳の, 糸錦の

▼ がない~ (2, 0.0%)

1 とはいわれない, ものは

▼ がなか~ (2, 0.0%)

1 で一人, は暗澹

▼ がなかには~ (2, 0.0%)

1 刺しちがえて, 菁

▼ がなす先生~ (2, 0.0%)

2 然う

▼ がなるべく~ (2, 0.0%)

1 は武者, 食いたくない

▼ がなるほど~ (2, 0.0%)

1 少なからぬ, 蛙は

▼ がなんとなく~ (2, 0.0%)

1 気おくれ, 熱つ

▼ がなんぼ~ (2, 0.0%)

1 あいつだ, なんでも

▼ がはいっ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て見れ

▼ がはげしい~ (2, 0.0%)

1 興奮が, 落ち着きの

▼ がはじめて~ (2, 0.0%)

1 その家, 吸うので

▼ がはっきり~ (2, 0.0%)

1 と見える, 云われるとか

▼ がはらはら~ (2, 0.0%)

1 と涙, と落涙

▼ がひがみ~ (2, 0.0%)

1 ではない, 拔いた

▼ がひと~ (2, 0.0%)

1 のお, 泣き泣い

▼ がひとたび~ (2, 0.0%)

1 武家の, 福音書を

▼ がひとつ手前~ (2, 0.0%)

2 の部屋

▼ がひとまず~ (2, 0.0%)

1 それは, は宇治

▼ がふた~ (2, 0.0%)

1 たぴポケット, 月目

▼ がふところ~ (2, 0.0%)

1 がいつも, に一銭

▼ がへば~ (2, 0.0%)

1 こころは, なほよい

▼ がへん~ (2, 0.0%)

1 なこと, に方々

▼ がほどなく~ (2, 0.0%)

1 夜も, 甚太夫も

▼ が~ (2, 0.0%)

2 がぼ

▼ がぼんやり~ (2, 0.0%)

1 して, 気がついて

▼ が~ (2, 0.0%)

1 ちゃりと, ったり

▼ がまことに~ (2, 0.0%)

1 この出来事, 不思議な

▼ がまさかに~ (2, 0.0%)

1 兄の, 現在自分と

▼ がまず一応~ (2, 0.0%)

1 は御, 銀を

▼ がまたも~ (2, 0.0%)

1 椅子深く, 頼春の

▼ がまだまだ~ (2, 0.0%)

1 安心は, 長濤

▼ がむし~ (2, 0.0%)

1 やらに, やらに出

▼ がむしろ~ (2, 0.0%)

1 それは, 童子の

▼ がもうかれこれ~ (2, 0.0%)

1 丑刻, 十三年何とか

▼ がもうすっかり~ (2, 0.0%)

1 弱りきって, 彼女の

▼ がもう既に~ (2, 0.0%)

1 小使の, 時期が

▼ がもしも~ (2, 0.0%)

1 のこと, 盗癖という

▼ がやう~ (2, 0.0%)

1 やくスヰッチ, やく徳利

▼ がやがておもむろに~ (2, 0.0%)

1 身を, 首を

▼ がやがてふと~ (2, 0.0%)

1 気づいたの, 眼が

▼ がやっ~ (2, 0.0%)

1 てみる, ぱりあまりしんみにはなれない

▼ がやはり何とも~ (2, 0.0%)

1 いいませんでした, 答へて

▼ がよほど~ (2, 0.0%)

1 大きい奴, 気分が

▼ がわからぬ~ (2, 0.0%)

1 ことが, ままに

▼ がわざわざ~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 無愛想な

▼ がわずか~ (2, 0.0%)

1 な時間, の間

▼ がわたくし~ (2, 0.0%)

1 といたしまし, はどうも

▼ がわとも~ (2, 0.0%)

1 手の, 長いコンクリート塀

▼ がわれら~ (2, 0.0%)

1 は幾度, は是非

▼ が~ (2, 0.0%)

2 がァ

▼ が~ (2, 0.0%)

1 がア, の部

▼ がアメリカ~ (2, 0.0%)

1 の人口, へは行かず

▼ がアンドレイエヒミチ~ (2, 0.0%)

2 は父

▼ がインガ~ (2, 0.0%)

1 がソヴェト型, とドミトリー

▼ がオーリャ~ (2, 0.0%)

1 はオーリャ, は死者

▼ がガソリン~ (2, 0.0%)

2 が爆発

▼ がクイクイ~ (2, 0.0%)

2 も彼自身

▼ がクラス~ (2, 0.0%)

1 のうち, の何人

▼ がゲエル~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ がスミス~ (2, 0.0%)

1 の真個, もいつ

▼ がズボン~ (2, 0.0%)

1 のポケット, や上着

▼ がソロモン~ (2, 0.0%)

2 の使者

▼ がソヴェト~ (2, 0.0%)

2 の若い

▼ がチチコフ~ (2, 0.0%)

1 の例, ばかりはどんなに

▼ がチラリ~ (2, 0.0%)

2 と美奈子

▼ がハリス~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は芯

▼ がバッハ~ (2, 0.0%)

1 の真, はなん

▼ がパトラッシュ~ (2, 0.0%)

1 はききません, は暖

▼ がパリ~ (2, 0.0%)

1 はいつも, は決して

▼ がヘラクレス星群~ (2, 0.0%)

2 と雖

▼ がペン~ (2, 0.0%)

2 はどうしても

▼ がホテル~ (2, 0.0%)

1 の撞球場, の裏

▼ がボーイ~ (2, 0.0%)

2 が駭

▼ がマア~ (2, 0.0%)

1 いいわ, こうして手切れ

▼ がマアそれ~ (2, 0.0%)

2 はどう

▼ がマア免~ (2, 0.0%)

2 して

▼ がミスラ君~ (2, 0.0%)

1 がその, はそんな

▼ がワルシャワ~ (2, 0.0%)

1 の市街, の貴婦人たち

▼ がヴェランダ~ (2, 0.0%)

2 に面した

▼ がヴント~ (2, 0.0%)

1 のよう, の講義

▼ がーん~ (2, 0.0%)

1 と耳鳴り, と響く

▼ がーン~ (2, 0.0%)

1 がーン, と大きな

▼ が一党~ (2, 0.0%)

1 に対する責任, の友

▼ が一分~ (2, 0.0%)

1 でも遅れ, 経つと

▼ が一刻~ (2, 0.0%)

2 も早く

▼ が一口~ (2, 0.0%)

1 に言う, 吸うや

▼ が一同~ (2, 0.0%)

1 がその, が驚いた

▼ が一年~ (2, 0.0%)

1 程前, 経ち二年

▼ が一応~ (2, 0.0%)

1 は考へ, 形式と

▼ が一方また~ (2, 0.0%)

1 それが, 豪傑肌の

▼ が一枚~ (2, 0.0%)

1 の馬券, は上等兵

▼ が一段落~ (2, 0.0%)

1 ついたと, ついて

▼ が一言~ (2, 0.0%)

1 の下, 云って

▼ が一足~ (2, 0.0%)

1 出した途端, 違ったため

▼ が一週間~ (2, 0.0%)

1 と経ち, ばかり前

▼ が一間~ (2, 0.0%)

1 とは引っ返さない, も隔

▼ が丁度二三町~ (2, 0.0%)

1 も帰りかけた, を帰りかけた

▼ が七八間~ (2, 0.0%)

2 隔てて

▼ が七平~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ が三十万円~ (2, 0.0%)

2 は愚か

▼ が三十円~ (2, 0.0%)

2 使いこんだ顔

▼ が三十郎~ (2, 0.0%)

1 はそう, は返辞

▼ が三年~ (2, 0.0%)

1 では, 越しいる客

▼ が三日~ (2, 0.0%)

1 その少女, も経たない

▼ が三間~ (2, 0.0%)

1 とは走れなかった, と走らない

▼ が上人~ (2, 0.0%)

1 の俳画, も始め

▼ が下宿~ (2, 0.0%)

1 の主人, の女将

▼ が~ (2, 0.0%)

1 成功に, 斷だ

▼ が不埒千万人生五十年~ (2, 0.0%)

2 過ぎても

▼ が不相~ (2, 0.0%)

1 変彼女の, 変養父母や

▼ が与四郎~ (2, 0.0%)

1 は断然, は軽捷

▼ が~ (2, 0.0%)

1 には往々, の経験

▼ が世にも~ (2, 0.0%)

1 おそろしいブランコ, 信用の

▼ が両手~ (2, 0.0%)

1 にさわっ, を後手

▼ が中学~ (2, 0.0%)

2 から高等学校

▼ が丸善~ (2, 0.0%)

1 が最も, にでもあれ

▼ が主膳~ (2, 0.0%)

1 の方, はなお

▼ が久しぶり~ (2, 0.0%)

1 に彼, に飲んだ

▼ が乗せ~ (2, 0.0%)

2 てっ

▼ が乙羽~ (2, 0.0%)

1 は三唖, もまた

▼ が亀吉~ (2, 0.0%)

1 とでも相談, は突っ放されず

▼ が事情~ (2, 0.0%)

1 をきい, を訊い

▼ が事態~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, は終に

▼ が事業~ (2, 0.0%)

2 を金

▼ が二三分~ (2, 0.0%)

2 立たない内

▼ が二三年来父~ (2, 0.0%)

2 の財力

▼ が二三枚~ (2, 0.0%)

1 めくったところ, 書いて

▼ が二十分~ (2, 0.0%)

1 経っても, 経つても

▼ が二十歳~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ が二十町~ (2, 0.0%)

2 も三十町

▼ が二度~ (2, 0.0%)

1 とも手金流れ, クルクルと

▼ が二度目~ (2, 0.0%)

1 から本式, に愈々

▼ が二本差~ (2, 0.0%)

2 がいや

▼ が二本目~ (2, 0.0%)

1 も尽きかけ, を飲みきらない

▼ が二階~ (2, 0.0%)

1 には行かない, の女の子

▼ が互に~ (2, 0.0%)

1 能くも見交さぬ, 見知らぬ顔

▼ が五代目菊五郎~ (2, 0.0%)

2 の最初

▼ が井伏君~ (2, 0.0%)

1 は上林君, は私

▼ が京伝~ (2, 0.0%)

1 は文化十三年馬琴, は画工

▼ が京子~ (2, 0.0%)

1 は皆, は蓄音機

▼ が京都~ (2, 0.0%)

1 に入っ, や大阪

▼ が人一倍~ (2, 0.0%)

1 強情な, 感じの

▼ が人事不省~ (2, 0.0%)

2 の裡

▼ が人情~ (2, 0.0%)

1 なら三杯, は理窟

▼ が人間以下~ (2, 0.0%)

2 の人間

▼ が今さら~ (2, 0.0%)

1 そんな無駄, 命を

▼ が今一つ前~ (2, 0.0%)

1 には, の形

▼ が今家屋~ (2, 0.0%)

2 の倒壊

▼ が今晩~ (2, 0.0%)

2 はすこし

▼ が介抱~ (2, 0.0%)

1 するまでも, 致しましたところ

▼ が仔細~ (2, 0.0%)

1 なございまして, に見なく

▼ が他人~ (2, 0.0%)

1 にとってはぜん, の作品

▼ が~ (2, 0.0%)

2 助が

▼ が以上~ (2, 0.0%)

1 にのべた, に挙げた

▼ が伊兵衛~ (2, 0.0%)

1 はただ, は侍たち

▼ が伊豆守~ (2, 0.0%)

1 はそう, はなお

▼ が伊部~ (2, 0.0%)

1 は, はやはり

▼ が休息~ (2, 0.0%)

1 して, もとらず

▼ が会社~ (2, 0.0%)

1 で君, へ行っ

▼ が会葬者~ (2, 0.0%)

2 の殆ど過半

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の彌, の清次郎

▼ が伝三郎~ (2, 0.0%)

1 の妻, は今

▼ が伝統的精神~ (2, 0.0%)

2 もやはり

▼ が伝説~ (2, 0.0%)

1 による時, の考証

▼ が伸した~ (2, 0.0%)

1 為に, 爲に

▼ が~ (2, 0.0%)

1 ている, て非

▼ が但し~ (2, 0.0%)

1 ロシア語作文なり, 土地の

▼ が~ (2, 0.0%)

2 ずんで

▼ が佐助~ (2, 0.0%)

1 はさすが, は石川五右衛門

▼ が何かしら平次~ (2, 0.0%)

2 はそんな

▼ が何かと~ (2, 0.0%)

1 宮仕, 談話を

▼ が何とも~ (2, 0.0%)

1 云えない, 異相だった

▼ が何やら~ (2, 0.0%)

1 容易ならぬ, 蒔繪の

▼ が何気ない~ (2, 0.0%)

1 様子を, 穏かな

▼ が~ (2, 0.0%)

1 に秀でた, は随分沢山

▼ が作用~ (2, 0.0%)

2 には何

▼ が~ (2, 0.0%)

2 ると

▼ が~ (2, 0.0%)

1 に馬鹿, はその

▼ が俊基~ (2, 0.0%)

1 はきびしい, はわざと

▼ が信吾~ (2, 0.0%)

2 は左

▼ が信子~ (2, 0.0%)

1 の心, は何時の間にか

▼ が信長~ (2, 0.0%)

1 が動き出す, は

▼ が信雄~ (2, 0.0%)

1 の神経, はまだ

▼ が俯向~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ が偉大~ (2, 0.0%)

2 に直面

▼ が~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ が偶然~ (2, 0.0%)

1 の機会, を考へる

▼ が元々~ (2, 0.0%)

1 想像力の, 覺めて

▼ が先刻成金~ (2, 0.0%)

2 を攻撃

▼ が~ (2, 0.0%)

1 は暗, は暗かっ

▼ が入る~ (2, 0.0%)

1 とすぐ, 時見た

▼ が入交~ (2, 0.0%)

1 ってお, るのに

▼ が入口~ (2, 0.0%)

1 にたたずん, のハンドル

▼ が入道~ (2, 0.0%)

1 はそんな, は斟酌

▼ が八月~ (2, 0.0%)

2 の半ば頃

▼ が~ (2, 0.0%)

1 に訊く, は皆思い

▼ が其後~ (2, 0.0%)

1 の物, も絶えず

▼ が其所~ (2, 0.0%)

2 に甲

▼ が其眼球~ (2, 0.0%)

1 の軽微, の輕微

▼ が内弟子~ (2, 0.0%)

2 も外弟子

▼ が内部~ (2, 0.0%)

1 で軽く, は同心管

▼ が再三~ (2, 0.0%)

1 曹操から, 熱心に

▼ が~ (2, 0.0%)

1 が去り, の夜

▼ が~ (2, 0.0%)

1 とこらえ, と瞻め

▼ が凡て~ (2, 0.0%)

1 は明かだった, は明かだつた

▼ が出た~ (2, 0.0%)

1 咄嗟には, 煙が

▼ が出発~ (2, 0.0%)

1 の前夜, の日

▼ が刃物~ (2, 0.0%)

1 で斬合う, はどこ

▼ が切支丹~ (2, 0.0%)

1 と雖, は異教徒

▼ が刑事~ (2, 0.0%)

1 の訪問, を二三人

▼ が刑部~ (2, 0.0%)

1 には商売, は近づく

▼ が判然~ (2, 0.0%)

2 はしない

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の人, る

▼ が別段~ (2, 0.0%)

1 政治家に, 竹内氏の

▼ が利助~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ が利己心~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ が刹那~ (2, 0.0%)

2 に雲

▼ が刺し殺した~ (2, 0.0%)

2 瑠璃子自身は

▼ が前者~ (2, 0.0%)

1 は家, は糸

▼ が創作~ (2, 0.0%)

1 に志, や翻訳

▼ が~ (2, 0.0%)

1 ついに及ばず, において勝った

▼ が加十~ (2, 0.0%)

2 はそんな

▼ が助手~ (2, 0.0%)

1 は再び, を一人

▼ が~ (2, 0.0%)

1 はその, を鼓

▼ が勝代~ (2, 0.0%)

1 のほか, の外

▼ が勝家~ (2, 0.0%)

1 はかさね, は何

▼ が勝造さん親娘~ (2, 0.0%)

2 と菊之助さん夫婦

▼ が勢い~ (2, 0.0%)

1 だの全盛, ついた新吉

▼ が匡衡~ (2, 0.0%)

1 の方, も定基

▼ が十一時~ (2, 0.0%)

1 ついに待ち, 迄ぐっすり

▼ が十畳~ (2, 0.0%)

2 の座敷

▼ が十行二十行~ (2, 0.0%)

2 と筆

▼ が千代子~ (2, 0.0%)

1 はその, はそれ

▼ が千住~ (2, 0.0%)

2 の大橋

▼ が千恵造~ (2, 0.0%)

1 の今度, はいつ

▼ が午前中~ (2, 0.0%)

2 は無事

▼ が午後~ (2, 0.0%)

1 からは海岸, になっ

▼ が卓子~ (2, 0.0%)

1 を巻き包ん, を離れる

▼ が~ (2, 0.0%)

1 いかな作者自身, ぶないところ

▼ が去年~ (2, 0.0%)

1 の九月, も患い

▼ が友だち~ (2, 0.0%)

1 の耳, はそれ

▼ が友次郎~ (2, 0.0%)

1 と利助, は過つ

▼ が叔父~ (2, 0.0%)

1 は入場券, は時々

▼ が取る~ (2, 0.0%)

1 ものは, 道は

▼ が口先~ (2, 0.0%)

2 ではそんな

▼ が古い~ (2, 0.0%)

1 処と, 詩の

▼ が古池~ (2, 0.0%)

2 を飛び出した

▼ が右手~ (2, 0.0%)

1 に捧げた, に活動小屋

▼ が右馬介~ (2, 0.0%)

1 の柳斎, は気

▼ が各々~ (2, 0.0%)

1 その懷中, 独立した

▼ が合点~ (2, 0.0%)

1 の行く, は行きませんでした

▼ が~ (2, 0.0%)

1 には先刻客, は忽ち

▼ が吉住求馬~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ が吉野~ (2, 0.0%)

2 の胸

▼ が吉野君~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, はいつも

▼ が~ (2, 0.0%)

1 藩の, 邸でも

▼ が名前~ (2, 0.0%)

1 は判っ, は判つて

▼ が呻吟~ (2, 0.0%)

1 がしだいに, が次第に

▼ が呼べ~ (2, 0.0%)

1 ともいわず, ど呼べ

▼ が唯一度~ (2, 0.0%)

2 それから二月

▼ が喚き立てる~ (2, 0.0%)

2 子供達の

▼ が喫茶店~ (2, 0.0%)

1 にはときどき, を出

▼ が~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ が嘉兵衛~ (2, 0.0%)

1 は, はそれから

▼ が~ (2, 0.0%)

1 による時, はやはり

▼ が四人~ (2, 0.0%)

1 のひどい, の伝記作者たち

▼ が困つた~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことに

▼ が~ (2, 0.0%)

1 よりかなし, より敵地

▼ が圓太郎~ (2, 0.0%)

1 はそこ, は腕

▼ が地べた~ (2, 0.0%)

2 に両足

▼ が地上~ (2, 0.0%)

1 には月, のどんな

▼ が地主~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ行つて

▼ が地方~ (2, 0.0%)

1 としてはこれ, としては此

▼ が地球~ (2, 0.0%)

1 は大きく, を征服

▼ が地震~ (2, 0.0%)

1 が可, では真先

▼ が坂下鶴吉~ (2, 0.0%)

1 のかかる, は天国

▼ が城主~ (2, 0.0%)

1 の忠直卿, は動かなかった

▼ が基康~ (2, 0.0%)

1 がその, の持っ

▼ が堀君~ (2, 0.0%)

1 の作品, もかう

▼ が場所~ (2, 0.0%)

1 によるね, は飛行場

▼ が~ (2, 0.0%)

1 のうごき, や山川

▼ が~ (2, 0.0%)

1 がある, なこと

▼ が変色~ (2, 0.0%)

1 しかかった薄い, しかかつ

▼ が外出~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ が外部~ (2, 0.0%)

1 の気配, へは綺麗

▼ が多い~ (2, 0.0%)

1 の, 中じゃに

▼ が多勢~ (2, 0.0%)

2 に無勢

▼ が夜半~ (2, 0.0%)

1 の暗, 激しい雨

▼ が夜明~ (2, 0.0%)

2 の夢

▼ が夜目~ (2, 0.0%)

1 にも消え, にも翩

▼ が夢中~ (2, 0.0%)

1 で握って, になっ

▼ が大きい~ (2, 0.0%)

2 橡の木が

▼ が大きく~ (2, 0.0%)

1 て厚手, 抛り出して

▼ が大事~ (2, 0.0%)

1 なこと, な石

▼ が大佐~ (2, 0.0%)

1 は, はなかなか

▼ が大和~ (2, 0.0%)

1 のどこ, を征服

▼ が大場~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ が大店~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ が大方~ (2, 0.0%)

1 痴戯の, 睡から

▼ が大殿樣~ (2, 0.0%)

1 の思召, は緊

▼ が大約二時間~ (2, 0.0%)

1 を経っ, を經つて

▼ が大野~ (2, 0.0%)

1 に迷惑, は少し

▼ が大阪~ (2, 0.0%)

1 の話, へ來

▼ が天井~ (2, 0.0%)

1 にいる, にはガス放電灯

▼ が天才~ (2, 0.0%)

1 とまで激賞, を信じない

▼ が天狗~ (2, 0.0%)

1 が掴んだ, ならば

▼ が天窓越し~ (2, 0.0%)

1 にかれ, に彼

▼ が天蓋~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ が太い~ (2, 0.0%)

1 眉の, 粗雑な

▼ が夫以外~ (2, 0.0%)

2 の一番

▼ が夫内匠~ (2, 0.0%)

2 の意志

▼ が奈何~ (2, 0.0%)

1 したの, しても

▼ が奥さん僕~ (2, 0.0%)

2 は今お

▼ が奥様~ (2, 0.0%)

1 のお, はよく

▼ が如き~ (2, 0.0%)

1 白銀の, 衣服を

▼ が妾今晩お母様~ (2, 0.0%)

2 の妾

▼ が威勢~ (2, 0.0%)

1 よくガラッ八, よくガラツ八

▼ が娘心~ (2, 0.0%)

2 にはそんな

▼ が婦人~ (2, 0.0%)

1 によって書かれた, は恐らく

▼ が媒介~ (2, 0.0%)

2 の手数料

▼ が~ (2, 0.0%)

2 のほう

▼ が子供たち~ (2, 0.0%)

1 がそれ以前, にはその

▼ が子供達~ (2, 0.0%)

1 がその, は綺麗

▼ が孔明~ (2, 0.0%)

1 は縄, は自己

▼ が存外~ (2, 0.0%)

1 落ち着き払って, 落ち着き払つて巡査の

▼ が学生達~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ が~ (2, 0.0%)

2 の太郎

▼ が孫兵衛~ (2, 0.0%)

1 が強く, は身辺

▼ が孫永才~ (2, 0.0%)

1 はもう, は答えなかった

▼ が宇宙~ (2, 0.0%)

2 を造る

▼ が安松~ (2, 0.0%)

1 という野郎, といふ野郎

▼ が宋江~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は笑っ

▼ が宗次郎~ (2, 0.0%)

2 が下手人

▼ が実数~ (2, 0.0%)

1 はほぼ, は甚だしく

▼ が客間~ (2, 0.0%)

2 を飾つて

▼ が寒潭~ (2, 0.0%)

2 を渡る

▼ が~ (2, 0.0%)

1 は其反対, は無かっ

▼ が対手~ (2, 0.0%)

1 が巡査, が牛乳屋

▼ が寿子~ (2, 0.0%)

1 にはその, は依然として

▼ が将軍~ (2, 0.0%)

1 はいつ, は思い出した

▼ が小さな~ (2, 0.0%)

1 患者たちは, 私には

▼ が小倉~ (2, 0.0%)

1 にもたれかかり, は黙っ

▼ が小堀家~ (2, 0.0%)

2 からの使者

▼ が小学校~ (2, 0.0%)

1 へはいった, も上級

▼ が小波~ (2, 0.0%)

1 のこの, はお伽噺

▼ が小説~ (2, 0.0%)

1 の困難さ, は好き

▼ が小鼻~ (2, 0.0%)

1 の両, の皺

▼ が少々~ (2, 0.0%)

1 怪しい友達, 物を

▼ が少将~ (2, 0.0%)

1 の読む, はおれ

▼ が少年時代~ (2, 0.0%)

1 にともすれば, に受けた

▼ が少数~ (2, 0.0%)

1 だった, の例外

▼ が屈ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, で差出した

▼ が山々~ (2, 0.0%)

1 の中, の緑

▼ が山の手~ (2, 0.0%)

1 から来る, きつて

▼ が岡本さん~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ が~ (2, 0.0%)

1 が見える, はいっこうに

▼ が島々~ (2, 0.0%)

2 の旧記

▼ が巡査~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, は容易

▼ が左右~ (2, 0.0%)

1 にひらい, の端

▼ が左手~ (2, 0.0%)

1 に見える, の扉

▼ が左様~ (2, 0.0%)

1 すれば, な態度

▼ が巨きい身体~ (2, 0.0%)

2 は少し

▼ が~ (2, 0.0%)

1 当って, 覗くまでも

▼ が市ノ瀬牧人~ (2, 0.0%)

1 はもうこ, はやつ

▼ が市郎~ (2, 0.0%)

1 は中, は容易

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の影, の方

▼ が~ (2, 0.0%)

1 に頸, は締めず

▼ が帰る~ (2, 0.0%)

1 と日本畳新聞社, まで終に

▼ が常に~ (2, 0.0%)

1 同情を, 彼を

▼ が常陸~ (2, 0.0%)

1 の大, へ行く

▼ が平吉~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ が平岡~ (2, 0.0%)

2 からは何

▼ が年月~ (2, 0.0%)

2 の流れる

▼ が幸それ~ (2, 0.0%)

1 と共に彼, は狙い

▼ が幸吉~ (2, 0.0%)

2 はあの

▼ が幾つ~ (2, 0.0%)

2 も年

▼ が幾度~ (2, 0.0%)

1 も幾度, 投げ直しても

▼ が幾松~ (2, 0.0%)

2

▼ が広島~ (2, 0.0%)

1 へ持っ, へ持つ

▼ が~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ が床屋~ (2, 0.0%)

2 の店先

▼ が~ (2, 0.0%)

1 を乱す, を起つ

▼ が廊下~ (2, 0.0%)

1 の一方, を通る

▼ が廓大鏡~ (2, 0.0%)

2 に覗い

▼ が~ (2, 0.0%)

1 続いた火沙汰, 続いて

▼ が引起~ (2, 0.0%)

1 した藤左衛門, した藤左衞門

▼ が~ (2, 0.0%)

1 は実は, は突然

▼ が弥吉~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, は

▼ が弥生~ (2, 0.0%)

1 はすでに, は返事

▼ が強い~ (2, 0.0%)

2 把握は

▼ が弾丸~ (2, 0.0%)

1 が這入っ, はまた

▼ が当人~ (2, 0.0%)

1 の公綱, は人目

▼ が当然~ (2, 0.0%)

1 仲間の, 疑われたが

▼ が~ (2, 0.0%)

2 は著しい

▼ が形式~ (2, 0.0%)

1 だけになっ, は要するに

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の性根殊, は饂飩屋

▼ が征雄~ (2, 0.0%)

2 はそういう

▼ が待たれた~ (2, 0.0%)

2 その日曜

▼ が待構~ (2, 0.0%)

2 へてでも居た

▼ が後ろ~ (2, 0.0%)

1 のベンチ, を振り返つたら

▼ が後者~ (2, 0.0%)

1 は前者, は是非とも

▼ が得意~ (2, 0.0%)

1 の投げ銭, の投錢

▼ が御馳走~ (2, 0.0%)

1 と新造付, と新造付き

▼ が徳三郎~ (2, 0.0%)

2 が頑固

▼ が徳次~ (2, 0.0%)

1 はきかなかつた, は話したい

▼ が心がけ~ (2, 0.0%)

1 ては居た, ては居たつた

▼ が必ず~ (2, 0.0%)

1 その辛苦, 朝は

▼ が必死~ (2, 0.0%)

1 に駆け着けた, の頼兼

▼ が忘れ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, 難い

▼ が忽然~ (2, 0.0%)

1 そのおり, 浮かんだは

▼ が~ (2, 0.0%)

1 ろしい, ろしかった

▼ が思い~ (2, 0.0%)

1 もおよばなかった, も掛けない

▼ が思い切っ~ (2, 0.0%)

1 てつづけた, て勝手口

▼ が思う~ (2, 0.0%)

1 て見る, 処あっ

▼ が思ひ出した~ (2, 0.0%)

1 だけで, やうに

▼ が思へ~ (2, 0.0%)

1 ばそれ, ば父

▼ が怪しい~ (2, 0.0%)

1 影は, 黒髪に

▼ が~ (2, 0.0%)

2 を引き取る

▼ が悪い~ (2, 0.0%)

1 事には, 気持ちぢや

▼ が悪人~ (2, 0.0%)

1 のあせり, の心

▼ が悲しみ~ (2, 0.0%)

1 がなく, は消えない

▼ が情ない~ (2, 0.0%)

2 事には

▼ が惟念~ (2, 0.0%)

1 にはその, には昼間

▼ が惣七~ (2, 0.0%)

1 がだまっ, はもう

▼ が愈々~ (2, 0.0%)

1 その試験, 子供が

▼ が意味~ (2, 0.0%)

1 は深, は深かっ

▼ が意外~ (2, 0.0%)

2 にも

▼ が愚なる子~ (2, 0.0%)

2 は父

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の絆, は知恵

▼ が感心~ (2, 0.0%)

1 なこと, に今

▼ が慈救~ (2, 0.0%)

2 の橋

▼ が憎く~ (2, 0.0%)

2 て殺した

▼ が憎悪~ (2, 0.0%)

2 も利害

▼ が~ (2, 0.0%)

1 みだったにも, みだつた

▼ が憤怒~ (2, 0.0%)

2 に心

▼ が~ (2, 0.0%)

1 程浅草者, 程聞く

▼ が成経~ (2, 0.0%)

1 がいなくなった, の妻

▼ が我我自身~ (2, 0.0%)

2 も亦

▼ が我等~ (2, 0.0%)

1 の主人公, の主人公たち

▼ が戦き~ (2, 0.0%)

2 ながら信一郎

▼ が戦争~ (2, 0.0%)

1 が始まっ, が起る

▼ が房一~ (2, 0.0%)

1 の態度, をよく

▼ が所詮~ (2, 0.0%)

1 これも, はこの

▼ が所謂操行点~ (2, 0.0%)

2 だけは一度

▼ が手紙~ (2, 0.0%)

1 で知らし, は要領

▼ が~ (2, 0.0%)

1 て弱, は根ざす

▼ が批評~ (2, 0.0%)

1 も亦, をする

▼ が批評家~ (2, 0.0%)

1 は彼自身, は思うた

▼ が折々~ (2, 0.0%)

1 に私たち, 愚直そのものと

▼ が拝借~ (2, 0.0%)

2 いたしましょうか

▼ が持論~ (2, 0.0%)

2 は持論

▼ が授業~ (2, 0.0%)

1 の合い, の模様

▼ が掘り出す~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ が掻き乱された~ (2, 0.0%)

2 瑠璃子の

▼ が支那人~ (2, 0.0%)

1 でも朝鮮人, は金

▼ が政治的天才~ (2, 0.0%)

2 は常に

▼ が教官~ (2, 0.0%)

2 はいよいよ

▼ が~ (2, 0.0%)

1 てその, て三日目

▼ が散々~ (2, 0.0%)

1 に踏み荒した, 揉んだ末

▼ が散文~ (2, 0.0%)

1 の朗読, をリズム

▼ が文章~ (2, 0.0%)

1 もおの, もおのずから

▼ が新しい~ (2, 0.0%)

1 様式の, 物産の

▼ が新婚後~ (2, 0.0%)

2 まだ幾日

▼ が新蔵~ (2, 0.0%)

1 はそう, はやはり

▼ が~ (2, 0.0%)

1 に慣れた, の柳斎

▼ が日頃傲岸不遜~ (2, 0.0%)

2 な人

▼ が~ (2, 0.0%)

1 や今日, や賑やか

▼ が早くから~ (2, 0.0%)

2 起きた瑠璃子

▼ が早瀬~ (2, 0.0%)

1 は父親, は黙っ

▼ が早速~ (2, 0.0%)

2 と復

▼ が明治~ (2, 0.0%)

1 のはじめ頃, 初年頃

▼ が明治文壇~ (2, 0.0%)

2 の第

▼ が~ (2, 0.0%)

2 の非

▼ が時には~ (2, 0.0%)

1 たまらなくなっ, 奇術師が

▼ が時勢~ (2, 0.0%)

1 にも遅れ, は彼等

▼ が時節~ (2, 0.0%)

1 がきた, はきました

▼ が時綱~ (2, 0.0%)

1 は兵法巧者, は斬りむすび

▼ が晴れやか~ (2, 0.0%)

1 な唄, に笑っ

▼ が暴風強雨如法~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ が書物~ (2, 0.0%)

1 が大切, には限らず

▼ が曹操~ (2, 0.0%)

1 は, はさして

▼ が~ (2, 0.0%)

1 うその, 古くは

▼ が有難い~ (2, 0.0%)

2 ことに

▼ が~ (2, 0.0%)

1 が枝, のうしろ

▼ が木下~ (2, 0.0%)

2 までが俺

▼ が木崎~ (2, 0.0%)

1 はそれ以上, は仔細

▼ が木村泰助君~ (2, 0.0%)

2 は生憎

▼ が未だに~ (2, 0.0%)

1 忘れられないの, 門内か

▼ が本当は~ (2, 0.0%)

1 そんな話, ダシコフが

▼ が本所~ (2, 0.0%)

2 に疎遠

▼ が本物~ (2, 0.0%)

1 とこれ, の紅茸

▼ が村一番~ (2, 0.0%)

2 の醜婦

▼ が~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ が来た~ (2, 0.0%)

1 のは, はるねんが

▼ が来るべき~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ が松岡~ (2, 0.0%)

1 はその, は依然として

▼ が松琴尼~ (2, 0.0%)

1 はちら, も大炊

▼ が林太郎~ (2, 0.0%)

1 がそんなに, はおっかさん

▼ が~ (2, 0.0%)

1 といたしまし, 名流婦人の

▼ が柳田医師~ (2, 0.0%)

1 はレントゲン写真, は雑談

▼ が根本的~ (2, 0.0%)

1 にはもっと, に変更

▼ が格別~ (2, 0.0%)

1 いい手段, そのため

▼ が~ (2, 0.0%)

1 いろの, のうつる

▼ が案内~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ が~ (2, 0.0%)

1 は年々, を眺め

▼ が梶井~ (2, 0.0%)

1 と中谷, の暗澹

▼ が椅子~ (2, 0.0%)

1 に抑, を並べた

▼ が植込~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ が極めて~ (2, 0.0%)

1 平気で, 平氣

▼ が楽翁~ (2, 0.0%)

1 の養女, は後

▼ が欧洲~ (2, 0.0%)

1 の風雲, の黄金王

▼ が欲する~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ が正式~ (2, 0.0%)

1 に画, の舞踏会

▼ が正直~ (2, 0.0%)

1 な気, のところ

▼ が此場合瀕死~ (2, 0.0%)

2 の重傷者

▼ が此女性~ (2, 0.0%)

2 が信一郎

▼ が此妄想~ (2, 0.0%)

2 から私

▼ が此家~ (2, 0.0%)

1 が斯, の親方

▼ が此機会~ (2, 0.0%)

2 を失し

▼ が此源助~ (2, 0.0%)

1 が白井様, が白井樣

▼ が此頃~ (2, 0.0%)

1 から屋敷, は一角大人なみ

▼ が歩い~ (2, 0.0%)

2 て行く

▼ が~ (2, 0.0%)

1 が抜けたらしく, にカッ

▼ が死相~ (2, 0.0%)

2 を帯び

▼ が死骸~ (2, 0.0%)

1 のあつ, の重なり

▼ が殆ど~ (2, 0.0%)

1 厳粛に, 奇蹟と

▼ が段々家~ (2, 0.0%)

2 に近づく

▼ が殺された~ (2, 0.0%)

1 お嬢さんの, お孃さん

▼ が殺し~ (2, 0.0%)

1 とわかつ, の奇怪さ

▼ が殺した~ (2, 0.0%)

1 だけで, 出刃は

▼ が殺す~ (2, 0.0%)

1 といふの, ほど怨ん

▼ が毛利先生~ (2, 0.0%)

1 のそう, はそう

▼ が気がつい~ (2, 0.0%)

1 てみる, て見る

▼ が気味~ (2, 0.0%)

1 の悪い, わるそう

▼ が~ (2, 0.0%)

1 になつて, を取直す

▼ が永久~ (2, 0.0%)

1 にお, に無名作家

▼ が永遠~ (2, 0.0%)

1 に向, の処女

▼ が江島屋~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の端, はもう

▼ が池田君~ (2, 0.0%)

1 がぼく, のおかげ

▼ が沙金~ (2, 0.0%)

1 は, はその

▼ が浜子~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, は私たち

▼ が浪人~ (2, 0.0%)

2 でも二本差し

▼ が浪人衆~ (2, 0.0%)

1 の方, をかたらっ

▼ が~ (2, 0.0%)

1 は小言, も拭かず

▼ が淋し~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ が~ (2, 0.0%)

1 さは, 彫で小日向服部坂深見

▼ が深く~ (2, 0.0%)

1 考えると, 驚いたわけ

▼ が深志~ (2, 0.0%)

1 のこと, はなかなか

▼ が深谷~ (2, 0.0%)

1 はドア, も安岡

▼ が清次郎~ (2, 0.0%)

1 の答, の答え

▼ が渡し場~ (2, 0.0%)

2 らしい小屋

▼ が源助さん~ (2, 0.0%)

2 は其日朝

▼ が源十郎~ (2, 0.0%)

1 はあせる, よくお

▼ が滝人~ (2, 0.0%)

1 にはそう, は素晴らしい

▼ が演劇~ (2, 0.0%)

1 の全般的向上, の持つ

▼ が~ (2, 0.0%)

1 っとそれ, 蔵主は

▼ が激しい~ (2, 0.0%)

1 燃ゆるがごとき, 風を

▼ が濃い~ (2, 0.0%)

2 睫毛の

▼ が瀬戸物~ (2, 0.0%)

1 でもこわれた, のパイプ

▼ が火の手~ (2, 0.0%)

1 が迫っ, は見えない

▼ が~ (2, 0.0%)

2 の消える

▼ が~ (2, 0.0%)

1 のなか, を切った

▼ が炎天人影~ (2, 0.0%)

2 も絶えた

▼ が烈しい~ (2, 0.0%)

2 情火に

▼ が~ (2, 0.0%)

1 慚な, 理由であれ

▼ が無用~ (2, 0.0%)

2 の小

▼ が無遠慮~ (2, 0.0%)

2 に手

▼ が焼ける~ (2, 0.0%)

2 前の

▼ が煙草入~ (2, 0.0%)

1 を懐, を懷

▼ が~ (2, 0.0%)

1 として嚔, と黙っ

▼ が~ (2, 0.0%)

1 がな有, やは何ん

▼ が~ (2, 0.0%)

1 眼を, 膝を

▼ が片側~ (2, 0.0%)

2 に並んだ

▼ が片手~ (2, 0.0%)

1 に控え, に赤い

▼ が牧野~ (2, 0.0%)

1 は巻煙草, は案外平然と

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の弁え, の考へ

▼ が物語~ (2, 0.0%)

1 がひどく, が結末

▼ が狂人~ (2, 0.0%)

1 はと見る, へする

▼ が独白~ (2, 0.0%)

1 の囁, の囁き

▼ が~ (2, 0.0%)

1 い村内, い車室

▼ が玄徳~ (2, 0.0%)

1 は彼ら, を攻めれ

▼ が玄蕃允~ (2, 0.0%)

1 の態度, はなお

▼ が玉太郎~ (2, 0.0%)

1 のこの, の顔

▼ が~ (2, 0.0%)

1 らしいと, らしい話

▼ が現代~ (2, 0.0%)

1 に生れた, の刑法

▼ が理性~ (2, 0.0%)

1 は一度, は常に

▼ が理由~ (2, 0.0%)

1 はともかく, は簡単

▼ が瑠璃子夫人~ (2, 0.0%)

1 は立たう, は立とう

▼ が~ (2, 0.0%)

1 さと, そうに

▼ が甚だ~ (2, 0.0%)

1 似たところ, 正直でない

▼ が甚兵衛~ (2, 0.0%)

1 の心, は戦中

▼ が生き~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ が生活~ (2, 0.0%)

1 できる当, の中

▼ が生籬越~ (2, 0.0%)

2 に見た

▼ が田丸浩平~ (2, 0.0%)

1 はそれでも, は事務

▼ が田代~ (2, 0.0%)

1 はその, はにわかに

▼ が田端~ (2, 0.0%)

2 まで帰る

▼ が由来~ (2, 0.0%)

1 宿業として, 彼は

▼ が男性~ (2, 0.0%)

2 ばかりを蹂

▼ が町内~ (2, 0.0%)

1 の医者, の醫者

▼ が町方~ (2, 0.0%)

2 の御用聞

▼ が番人~ (2, 0.0%)

1 が現場, はさっそく

▼ が疑問~ (2, 0.0%)

1 が起こった, は疑問

▼ が病人~ (2, 0.0%)

1 は依然として, は半身不随

▼ が病気~ (2, 0.0%)

1 した子, はどうしても

▼ が病院~ (2, 0.0%)

1 に運び込まれた, へかつぎこまれる

▼ が~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ が~ (2, 0.0%)

1 にさはり, にさわり

▼ が発動機~ (2, 0.0%)

2 の壊れ

▼ が白刃~ (2, 0.0%)

1 の光り, を閃かし

▼ が白旗直八~ (2, 0.0%)

2 を怨む

▼ が益軒~ (2, 0.0%)

2 は一言

▼ が盗人たち~ (2, 0.0%)

1 はこの, はそれ

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の拒否, はさりげ

▼ が目下~ (2, 0.0%)

2 の私

▼ が目的~ (2, 0.0%)

1 はただ, を達し

▼ が盲目~ (2, 0.0%)

1 な獣, の爺さん

▼ が看る~ (2, 0.0%)

1 ともなし, とも無しに

▼ が真に~ (2, 0.0%)

1 迫らない気, 驚くべきは

▼ が真実~ (2, 0.0%)

1 の所, の求道者

▼ が瞬間~ (2, 0.0%)

1 だった, にひ

▼ が瞬間私~ (2, 0.0%)

1 は慄然, は草原

▼ が矢張り~ (2, 0.0%)

1 淡い記憶, 長くない

▼ が矢張り爺さんたち~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ が矢張動~ (2, 0.0%)

2 かなん

▼ が矢玉~ (2, 0.0%)

1 と馳違い, のよう

▼ が知らぬ~ (2, 0.0%)

1 はずは, は亭主

▼ が知り合い~ (2, 0.0%)

1 でない者, の医員

▼ が知識~ (2, 0.0%)

1 と経験, はそんな

▼ が短い~ (2, 0.0%)

1 日限内に, 茎を

▼ が砂浜~ (2, 0.0%)

2 に鳥居

▼ が破廉恥~ (2, 0.0%)

2 の罪人

▼ が硝子戸~ (2, 0.0%)

1 は動かなかった, は動かなかつた

▼ が硫黄~ (2, 0.0%)

1 も燃した, を入れる

▼ が硯友社~ (2, 0.0%)

1 よりもっと, を知る

▼ が~ (2, 0.0%)

1 にその, に呼

▼ が磯五~ (2, 0.0%)

1 の目的, はあくまで

▼ が神妙~ (2, 0.0%)

1 な彼等, に後

▼ が神経~ (2, 0.0%)

1 などという言葉, は持ち合せ

▼ が秋三~ (2, 0.0%)

1 の冷たい, は勘次

▼ が秋山~ (2, 0.0%)

1 は云わ, も小林

▼ が秋山氏~ (2, 0.0%)

2 は落着

▼ が秘密~ (2, 0.0%)

1 がわかる, の使命

▼ が~ (2, 0.0%)

1 には彼自身, に母

▼ が~ (2, 0.0%)

2 なくも

▼ が~ (2, 0.0%)

2 の落葉

▼ が笑っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てくれる

▼ が~ (2, 0.0%)

1 のついで, は我

▼ が~ (2, 0.0%)

1 へが出来なかつた, へるの

▼ が簡単~ (2, 0.0%)

1 に其の, に解い

▼ が精霊~ (2, 0.0%)

1 が窓, の方

▼ が~ (2, 0.0%)

1 林風に, 雑を

▼ が細い~ (2, 0.0%)

1 身體を, 道は

▼ が~ (2, 0.0%)

2 には私

▼ が結句~ (2, 0.0%)

1 幸いだ, 此が

▼ が結局彼~ (2, 0.0%)

1 はひとり, は西行

▼ が結局自分~ (2, 0.0%)

2 に学生

▼ が給仕~ (2, 0.0%)

1 は落ち着き払っ, は落ち着き払つて次

▼ が絶望的~ (2, 0.0%)

2 な勇気

▼ が続け~ (2, 0.0%)

2 て張っ

▼ が綾子~ (2, 0.0%)

1 と燿子, は反対

▼ が総じて~ (2, 0.0%)

1 一つの, 発見位人間を

▼ が緑雨~ (2, 0.0%)

1 のスッキリ, の傑作

▼ が縁側~ (2, 0.0%)

2 をグルリ

▼ が縁日~ (2, 0.0%)

2 を冷かす

▼ が~ (2, 0.0%)

1 を打つ, 打って

▼ が~ (2, 0.0%)

1 を打つ, 打つて

▼ が~ (2, 0.0%)

2 かに彼

▼ が~ (2, 0.0%)

1 は罪, 亡ぼしに

▼ が美妙斎~ (2, 0.0%)

1 と思案, の全盛

▼ が群衆~ (2, 0.0%)

1 が門, は知らない

▼ が~ (2, 0.0%)

1 は今朝人, は平素

▼ が翌年~ (2, 0.0%)

1 になっ, の三月

▼ が翌日眼~ (2, 0.0%)

2 を覚まし

▼ が考える~ (2, 0.0%)

1 と, と昔

▼ が考へ~ (2, 0.0%)

1 てみる, て見る

▼ が聞い~ (2, 0.0%)

1 てい, てくれ

▼ が聞える~ (2, 0.0%)

1 ものは, スリッパの

▼ が肉体~ (2, 0.0%)

1 が衰える, を失つた彼

▼ が肝心~ (2, 0.0%)

1 のお, のその

▼ が~ (2, 0.0%)

1 に箔, の低い

▼ が胴体~ (2, 0.0%)

1 がどう, と脚

▼ が~ (2, 0.0%)

1 を打っ, を打つ

▼ が脱脂綿~ (2, 0.0%)

1 にアルコール, の丸めた

▼ が腐敗~ (2, 0.0%)

1 した杏, とは別に

▼ が~ (2, 0.0%)

1 におちぬ, に落ちない

▼ が自ら~ (2, 0.0%)

1 ぎょっとし, 新しい自己

▼ が自尊心~ (2, 0.0%)

2 の強い

▼ が自殺~ (2, 0.0%)

1 する前, であること

▼ が興味~ (2, 0.0%)

1 だけは持てる, は曲りなり

▼ が良人~ (2, 0.0%)

1 が雨戸, の不

▼ が芭蕉~ (2, 0.0%)

1 の付け合, はかう

▼ が~ (2, 0.0%)

1 によつて, の約束

▼ が花時~ (2, 0.0%)

2 の飛鳥山

▼ が花見~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ が若杉裁判長~ (2, 0.0%)

1 はそんな, は罪

▼ が若者~ (2, 0.0%)

1 はいつ, はさり気

▼ が苦しみ~ (2, 0.0%)

2 は少し

▼ が苦り切つ~ (2, 0.0%)

1 たま, てゐる

▼ が苦笑~ (2, 0.0%)

1 しなかった, はし

▼ が茅野雄~ (2, 0.0%)

1 が追っかけ, は突っ込ん

▼ が茫々~ (2, 0.0%)

2 たる大

▼ が草津行き~ (2, 0.0%)

2 の自動車

▼ が荒あらしい~ (2, 0.0%)

2 木曾の

▼ が菊池~ (2, 0.0%)

1 が兄貴, はショオ

▼ が菜穂子~ (2, 0.0%)

1 がいなくなっ, はその

▼ が落着~ (2, 0.0%)

1 いた, いたよう

▼ が~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ が葉山~ (2, 0.0%)

2 には何

▼ が葉書一本~ (2, 0.0%)

2 の返事

▼ が~ (2, 0.0%)

1 とつて, の裏

▼ が蔵前~ (2, 0.0%)

1 の煙突, を通る

▼ が薄暗い~ (2, 0.0%)

2 藪の

▼ が藤原氏~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ が藤吉郎~ (2, 0.0%)

1 は, は当然

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の牙, も怪しみ

▼ が~ (2, 0.0%)

1 ではない, の申子

▼ が螺髪~ (2, 0.0%)

2 の大きい

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の群, は決して

▼ が行為~ (2, 0.0%)

1 の直後, は

▼ が~ (2, 0.0%)

1 からは屋根, へ出

▼ が街頭~ (2, 0.0%)

2 の行人

▼ が衝突~ (2, 0.0%)

2 の責任

▼ が衣桁~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ が被害者~ (2, 0.0%)

1 に就い, はめちゃくちゃ

▼ が西~ (2, 0.0%)

1 の方, の空

▼ が西郷内相~ (2, 0.0%)

1 と自由党領袖星亨氏, と自由黨領袖星亨氏

▼ が~ (2, 0.0%)

1 のない, 介は

▼ が見た~ (2, 0.0%)

1 ところどうも, 覚えは

▼ が見つけた~ (2, 0.0%)

1 のが, 荒木陽一郎が

▼ が見事~ (2, 0.0%)

1 に勝った, に勝つた

▼ が見渡した~ (2, 0.0%)

2 ところ信一郎の

▼ が見詰め~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ が親しく~ (2, 0.0%)

1 なるにつれて, 会って

▼ が親分~ (2, 0.0%)

1 の好奇心, はあの

▼ が親分さん町内~ (2, 0.0%)

2 でお

▼ が親爺~ (2, 0.0%)

2 があんまり

▼ が解き物~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ が言うまでもなく~ (2, 0.0%)

1 あの兇漢, 楽屋に

▼ が言水~ (2, 0.0%)

1 が他, の特色

▼ が~ (2, 0.0%)

1 なく地下室, の分らない

▼ が詰り~ (2, 0.0%)

2 私は

▼ が読ん~ (2, 0.0%)

1 でみる, で行く

▼ が読んだ~ (2, 0.0%)

1 所を以て, 本からは

▼ が調子~ (2, 0.0%)

1 の狂っ, の狂つて

▼ が諦め~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ が謙信~ (2, 0.0%)

1 のそば, はその

▼ が~ (2, 0.0%)

1 はテエブル越し, は何

▼ が警官~ (2, 0.0%)

1 が素早く, は警察

▼ が警戒警報~ (2, 0.0%)

2 のサイレン

▼ が豊後水道~ (2, 0.0%)

2 から侵入

▼ が象牙~ (2, 0.0%)

2 の箸

▼ が豫想~ (2, 0.0%)

1 の通り, はみじめ

▼ が貝十郎~ (2, 0.0%)

1 その言葉, と織江

▼ が貞之助~ (2, 0.0%)

1 の態度, の方

▼ が貫太~ (2, 0.0%)

1 の大声, はそれくら

▼ が贅沢~ (2, 0.0%)

1 なつくりであること, は食物

▼ が赤児~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, は一日

▼ が起き~ (2, 0.0%)

1 てからが一日中, 立ての

▼ が起き上る~ (2, 0.0%)

1 ことは, と同時に

▼ が越前~ (2, 0.0%)

1 はすでに再び, は聡明

▼ が越前守~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, は二人

▼ が趣味~ (2, 0.0%)

2 や思想

▼ が足利家~ (2, 0.0%)

1 の内, の北

▼ が足許~ (2, 0.0%)

2 にさき

▼ が転換~ (2, 0.0%)

1 したの, した方向

▼ が軽井沢~ (2, 0.0%)

1 の冷, の時

▼ が辰男一人~ (2, 0.0%)

2 は椅子

▼ が~ (2, 0.0%)

1 処との, 附いて

▼ が近ごろ~ (2, 0.0%)

1 どうも観察, は浪人者

▼ が近づいた~ (2, 0.0%)

1 とたん彼は, 一瞥で

▼ が近づく~ (2, 0.0%)

1 に従って何時も, に従つて

▼ が近松~ (2, 0.0%)

1 の作, は時代もの

▼ が近頃ふと~ (2, 0.0%)

2 聞いた話

▼ が退散~ (2, 0.0%)

2 するも

▼ が送り出す~ (2, 0.0%)

2 時は

▼ が逃げよう~ (2, 0.0%)

1 とはしなかった, ともしなかった

▼ が通り過ぎた~ (2, 0.0%)

2 時に

▼ が逞しい~ (2, 0.0%)

2 彼の

▼ が遁げ~ (2, 0.0%)

1 るの, 戻るでも

▼ が遅く~ (2, 0.0%)

1 伺いました方, 伺ひました方

▼ が運命~ (2, 0.0%)

1 は飽くまでも, へ向っ

▼ が~ (2, 0.0%)

1 かの京, かの谿間

▼ が遺書~ (2, 0.0%)

2 は一向

▼ が遺言状~ (2, 0.0%)

2

▼ が~ (2, 0.0%)

1 か仕込み, てるところ

▼ が酒好き~ (2, 0.0%)

2 の佐太郎

▼ が~ (2, 0.0%)

1 がまわっ, もさめ行く

▼ が~ (2, 0.0%)

1 にぐらぐら, は發

▼ が重吉~ (2, 0.0%)

1 は舅, は通夜疲れ

▼ が野心~ (2, 0.0%)

1 があつ, と怨

▼ が金六~ (2, 0.0%)

2 が飛ん

▼ が金兵衛~ (2, 0.0%)

1 はもう, も縛られよう

▼ が金方~ (2, 0.0%)

2 は油断

▼ が金銀~ (2, 0.0%)

2 の造花

▼ が~ (2, 0.0%)

1 で針刺し, は直ぐ

▼ が鉄道~ (2, 0.0%)

2 は不通

▼ が銀太~ (2, 0.0%)

1 が息杖, と金太

▼ が錢形平次~ (2, 0.0%)

1 が中, が出動

▼ が錦太郎~ (2, 0.0%)

2 の頼み

▼ が鑑賞~ (2, 0.0%)

1 の程度, は御意

▼ が~ (2, 0.0%)

1 どんは, 庵は

▼ が長屋~ (2, 0.0%)

2 の独身男子たち

▼ が門口~ (2, 0.0%)

2 へお

▼ が開けない~ (2, 0.0%)

1 で静か, 以上は

▼ が闇太郎~ (2, 0.0%)

1 は押し返した, むく犬

▼ が陣十郎~ (2, 0.0%)

1 は眠られなかった, もただ者

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の光, の赤い

▼ が階段~ (2, 0.0%)

2 を上る

▼ が~ (2, 0.0%)

1 は一粒, も寝飽い

▼ が~ (2, 0.0%)

2 の河童

▼ が雪江さん~ (2, 0.0%)

1 はいつも一向, も悪く

▼ が電気~ (2, 0.0%)

1 のよう, をこちら

▼ が電燈~ (2, 0.0%)

1 も依然として, を消す

▼ が~ (2, 0.0%)

1 と共にハラハラ, もこ

▼ が静子~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ が非力~ (2, 0.0%)

1 で薄弱, な伊豆

▼ が非常~ (2, 0.0%)

1 に多数, に猛烈

▼ が革命~ (2, 0.0%)

1 のため, 第十年

▼ が順序~ (2, 0.0%)

1 として最初, として私

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の傷, へたらたら

▼ が頭痛~ (2, 0.0%)

2 はまだ

▼ が頻りに~ (2, 0.0%)

1 呼ぶので, 紐の

▼ が頼朝~ (2, 0.0%)

1 の眼, は彼

▼ が風采~ (2, 0.0%)

1 の上らん, を見

▼ が飛び込ん~ (2, 0.0%)

1 で来た, で行っ

▼ が飜然~ (2, 0.0%)

2 と宙

▼ が馬越~ (2, 0.0%)

1 は友達, は自分

▼ が馴れる~ (2, 0.0%)

1 に随, に随つて

▼ が駿介~ (2, 0.0%)

1 が云, はその

▼ が驚いた~ (2, 0.0%)

1 この鯛, と同時に

▼ が高村軍曹~ (2, 0.0%)

1 の班, は上等兵

▼ が~ (2, 0.0%)

1 のある, を生やした

▼ が鬼頭~ (2, 0.0%)

1 はなだめる, は発つ

▼ が~ (2, 0.0%)

1 の棲むべき, の海

▼ が~ (2, 0.0%)

2 も鰯

▼ が~ (2, 0.0%)

1 になり, の事

▼ が麦酒~ (2, 0.0%)

1 の代り, を持つ

▼ が黒馬~ (2, 0.0%)

2 の奴ア

▼1* [4852件]

あいかわらず眠いおそろしく, があえて両手を, があえなく御他界, があかりの蔭, があくどい説明を, があくまでわたしを, があけてあっ, があげられていた, があさって古田夫人, があさましかつた, があさましかった, があざらかなほど見えた, があせる唇の, があたいがお, があたかも水たまりかの, があたらせていただきましょう, があちこちにころがっ, があちらのは風説, があっーん, があっちのほう, があっちこっちからおこった, があっと思ううち, があつたが, があと口はたしかにあっさり, があなた一人を除け, があなた様におかれまし, があはれ此の婦人, があふれ出る口惜し涙, があぶなくぼくは, があまたたび額の, があまり力がはいりすぎ, があまり勢ひよく明いて, があやまっても何, があらずそれも, があらましは事情, があらわれたときと, がありありと額, がありていいえば, がありませんね, があり得ないことで, があれこれと考へた, があれらのすさまじい揺蕩, があれ以上のこと, があろうということ, があわててさげ, があわれただの一人, があんと頭, があんまりちょいちょいその細工場, があッしの, がいい渡された判決は, がいう迄もなく, がいかな事, がいかがでしょう何, がいきり立つた馬の, がいくつも重なり合っ, がいくら先へ行っ, がいくら売立てが流行る, がいくら目をこすっ, がいけないぜ誤解, がいざ実際組織強固な, がいぜんとして分らない, がいたましいさけび声, がいちどもここ, がいっかなききいれぬ, がいっこうそれが, がいったいなぜそれは, がいっぱいちらばって, がいっぽう大した落着きかた, がいつかそれも本気, がいつからか聞えなくなっ, がいつか僕等の話, がいつか優美を極めた, がいつか少年に似た, がいつか硝子戸にわたし, がいつか重吉が彼女, がいつしか彼も, がいつのまにか私達の, がいぶかしそうな, がいますべてを識, がいまだにまだこの男, がいまどき二年や, がいまのはわたし, がいまや数へ, がいまわたしが昔ながら, がいま中野には會, がいま持主の宗湛, がいま私はその, がいま紫水晶の耳かざり, がいま若松屋のこころ, がいま部屋のなか, がいま長谷川と冬木刑事, がいやいやいやそれは, がいやらしく気味の, がいよいよそうとわかる, がいらいらとしていくら, がいらぬことを, がいろんなことを, がうかうかと間違っ, がうずたかくつんで, がうっとりと優しい, がうつっている, がうつ伏せに折れるで, がうとうととし, がうまければお慰み, がうれしくはない, がうわ気ッぽく, がうんともつん, がえびであること, がえらい大騙でしただ, がおうちょいと, がおおかた晒しの, がおかげで詩, がおかしな売方, がおくびにもそんな, がおこうが, がおこつた炭を離れ, がおしかは不服, がおしおは下, がおしんもいま, がおずおずして, がおせんの胸, がおそるべき人物という, がおそろしい音を, がおだやかな態度, がおっぺしょってくれ, がおっかさんはかえって, がおとなしそうな, がおどろきはそれ, がおのが足もと, がおのおの三尺の入口扉, がおのれ見よ, がおばしア, がおばあさんはふと, がおふくろが嫁さん, がおまへはうまく, がおまるにし, がおもいなおして腰, がおやじが逃げだし, がおやじどんが使っ, がおやっと思っ, がおりと婆さん, がお上の御用, がお互いの打明けた, がお冷を頂戴, がお前さん仙太公に会っ, がお前それじゃ取組み合う, がお前たちの方, がお前んに逢っ, がお前様は又, がお前様学校の先生様, がお前様此の手際, がお前薬鑵を, がお前達はこの, がお婆さんは広告, がお嬢様それはいけませぬ, がお待ちなさいよ, がお歌に夢中, がお母さんのほう, がお父さんがいたわっ, がお爺さんお願いします, がお礼に心, がお萩はけろりと, がお談義は止め, がお里の方, がお金はなるべく, がかいつまんで言う, がかいどり姿ですまし返っ, がかう考へたとき信一郎の, がかくされている, がかくれてでもいる, がかぐや姫, がかげの部屋, がかさなって咲い, がかさねて優渥な, がかすかな虫, がかたきを持つ, がかねがね豹一は, がかはいかつた, がかぶとむしつぎはさいかち, がかように上り出す, がからっぽになっ, がからみついてるんだ, がかんべんならねえん, ががいにああ, がががーん, ががきといっしょ, ががらがらとおち, がきちがいでも乞食, がきっぱりと目, がきのうの約, がきのふけふ, がきまったタンカの, がきょうびはあの, がきよ子はそれ以上何, がきりりと唇を, がきれいであれば, がぎこちないなりにも, がぎしりと床, がぎょっとして, がくどいから略しましょう, がくぼんだ両頬, がくらしに足りない, がくり俯伏した時, がくり返して言う, がぐずぐずして, がぐつたりとしては居られない, がぐつたりと倚りかかれば, がぐるっとまわるの, がぐんぐん血の, がぐーっとのび, がけしからん巧みなもの, がけたたましく叫んで, がけっしてばかであった, がけど何でも, がけんぺき茶屋の, がこうあっさりと軽く, がこがねになる, がここだと一番, がここのはそれ, がここらで見咎められ, がこしらえものより, がこちら側はまだ, がこっそり一人で, がこっちのもかなり, がこつちや災難だ, がこつちになに, がこのごろ榾火を焚い, がこの世の事, がこの同じ物語を, がこの大きなものを, がこの間兄に言っ, がこらえきれなくなって突然, がこれぁ己だけのこと, がこれしきの傷手, がこれぞと云, がこれもちよつと, がこれらすべてのこと, がこれ一つでなく蟄居中, がこれ以上おびただしい人命, がこれ以上私は見る, がこれ以前に大塔宮様, がこれ單に顯家卿忠孝, がこれ模様というよう, がこれ程怖れなく, がこわいような, がこわれた写真機を, がこんどそれを軽罪, がこんにゃくのよう, がこん度は女, がごく親しい三, がごときのみ, がごと一日の内, がさいたのは, がさいわいに予想, がささやくような, がさしあたり女史と, がさしもの平中, がさし身の角, がさっと闇が, がさてと口に, がさてはおのれ妖怪変化の, がさもないもの, がさらにもう一つそれを, がさらに一層我々の, がさりげなく三老, がさりとてまた実相でも, がさり気なく, がざあつと云ふ雨音以外, がざっくばらんにいえ, がざっと以上の, がざつと浴びて, がしあわせにも数日, がしいて説き立てられて, がしいんと静まり返って, がしかしじゃそうした勝手, がしかしそうして二人が, がしかしながら極めて簡単, がしかし実はあの人, がしかたなしに, がしかとしなかった, がしかもその二軒, がしかもなおその事件, がしからば彼ら, がしきりに胸の, がしげり合つてとんねる, がしたのは, がしだいしだいに, がしっくり合って, がしつかりしてゐる, がしづかに, がしばらして, がしばらくそうして, がしばらくたったと思う, がしまってあります, がしまった木立が, がしゃにむに一服まず, がしゃべっていなけれ, がしゃんと食事の, がしょせん助からぬ命, がしらべてみる, がじいじい音を立てる, がじきにわたしは, がじきジンバリストだジンバリスト, がじき一羽の友, がじめじめと降る, がじゃがじゃがと太, がじゃまになっ, がじれったそうな, がすか餓鬼とは, がすぐちょっと気を, がすぐどうせ相手は, がすぐわざとのよう, がすぐ何故かじつ, がすぐ次に絶望が, がすぐ猛然と思い返した, がすこしも投出した様子, がすさまじい剣技を, がすすり泣きはじめた奧さんの, がすっきりと笑い, がすてずヌトゥム・ボチカ, がすねたので, がすべて言語の修辞効果, がすべて身づから, がすまねえが弁当, がすみ切った光ある, がすみ子は面倒臭, がすらりと身, がするとおどろくほど, がずいぶんばかばかしかった, がずつと風は, がずんと罪が, がせいな恰好, がせまくぼやけた視野, がせわしい夕暮時に, がぜんぶ鏡ではりつめられ, がそいつらはお前, がそうするとボンヤリし, がそうそうは狙い, がそぐわないのは, がそちらへ曲った, がそち達はどこ, がそのうち突然ひとりごとの, がそのちょっとした笑い方が, がその同じミンナは, がその大きな柔らかな, がその当の娘も, がその後ろうわ手, がその後三日間と五日間, がその後何日かたって, がその後別にからだ, がその後四五日すると, がその後妻がしばらく, がその後子規居士から若干, がその後平岡の旅宿, がその後彼は乞食, がその後彼らの社会, がその後御新造も亡, がその後折を見, がその後氏に接し, がその後祖母の態度, がその後近代になっ, がその後餘り試驗, がその間彼はお, がその間真の闇, がそらもう其處, がそりやまあ, がそりゃまあ大目, がそれきり声が聞え, がそれきり男からは絶え, がそれぎり飛び退きも, がそれぎりで格別いつもの, がそれぎりでとうとう十月ほどし, がそれぎりどうしたか後にも先, がそれぎり小説の事, がそれぎり身を起す, がそれそこは天祐, がそれぞれの場處, がそれだけときどき此の, がそれだけ一層今の, がそれっきり棒がうごかなくなった, がそれっきり権六も小僧, がそれでまたあの身代, がそれともお浦, がそれなりに父, がそれにしてもなお数十年の, がそれにまた異常な, がそれに次いで口を, がそれゆえこそ浪路, がそれゆゑに日本, がそれッ切りだった, がそれツ切りどちらからも言葉, がそれ丈に又, がそれ以上彼女を懲らす, がそれ以後しばしば往来, がそれ以来爺やたち, がそれ程までに別れ, がそれ自身危急に瀕, がそろそろ自然の, がたいさんが小堀さんとこ, がたいしたことは, がたいていの被告, がたえず手もとに, がたくさんある, がただ人とも見えぬ, がただ死というもの, がたって, がたった今も膝, がたっての院旨を, がたとへば薄青い, がたね子は心, がたびしも春けしき, がたまらなくなって, がたんなるフィクションに, がだいたい伊勢平氏忠盛と, がだからといって父子の, がだが事務室の, がだしにし, がだだツ廣い, がだまつてそれをこらへた, がちがうのです, がちっとも希望者が, がちつとも話, がちゃんとたいへんな音, がちゃーんがちゃがちゃがちゃ, がちょうさんの, がちょうとちがって, がちよいと智惠, がちようど昼の時間, がちらと娘, がちらりと眼を, がちんと嘴を, がつと見詰め, がっきりと寄せ, がっしとまた, がついでにもう, がつかないほどよく, がつかまったらことだ, がつかみ出したものは, がつくづく眺めて, がつごうの悪い, がつたのは, がつた口に桜, がつた声で激昂, がつた眼をし, がつた背嚢を負うた, がつた風景そのなか, がつつじの抜き枝, がつつと揺れる, がつつましく後を, がつとめて平静を, がつねだ, がつひ此間まで, がつぶさに見れば, がつまらないのは, がつまるところ具眼の, がつむじ曲りぢ, がつるは長い, がつれている, がつゑをつい, がつんと妙な, がてっきりこの野良猫め, がてつきりこの奴, がてにをはとしての重要な, がての夜の, がてめえのその, がてれ臭くつて弱つた, がてんでピンと来ず, ができたことは, ができないのよ, ができなければどう, がですよすくなくとも, がとある食料品店の, がとうとうしまいにゆっくりゆっくりきびすをめぐらして, がとかげは一寸, がとがめたくもお, がときをり, がときどきふっとその最後, がときどきほんとに小っぽ, がとくに強調し, がところがである, がとだえがちに, がとっさに決心, がとつぜんぎょっとしたよう, がとど心靈は, がとどのつまりは泣く, がとどのつまりとうとう行く事, がとにかくちょっと牢には, がとは云えよし, がとばかりに逆上し, がとも角この, がともあれ婚礼の, がともかくたいへんなおやじ, がともかく別段時間の, がともすると私の, がともすればそれは, がとよは何故か顔, がとりなりも右, がとりあへず一番早い, がとりだして来た, がとりまわした塀も, がとり捨てになった, がとんかくせがれ, がとんだ愛嬌が, がどうしてどうして小児の, がどうにか荷物を, がどうもさういふ, がどうやら趣旨だけは, がどうやらこうやらそれ, がどぎまぎした自分, がどことなく恐怖を, がどさくさまぎれの, がどっち道広いよう, がどなた様の敵, がどもりながら, がどんな小さな瀕死人でもが, がなあ四郎, がなあにほんのちょい, がなおかついまの, がなかなかそうはまいりませんでした, がなかんずく日本が, がなくて七癖, がなくなっている, がなくなるはずの, がなぜこう売春婦という, がなにかぶつぶついってるぜ, がなにひとつ見逃さなかった, がなの筆跡である, がなほ子はその間, がなほ默つて見て, がならう事なら, がなる可く, がなるたけほかへ, がなろう事なら, がなんだかそれが, がなんだかすこし無気味で, がなんとかいったっけな, がなんにも言わずに, がなん度見なおしても, がにこにこして, がにちゃにちゃと汗ばん, がにの洗い東京では, がにもなるべきであつ, がにや大け, がにれぜん河の, がぬうっとのぞいた, がねえしょうばい, がねえやそんなもの, がねぎの切り, がねこ伝ふぜ, がねの兜に, がねむくて困る, がねらわれたところは, がねッから面白い話, がないよう, がのち数年ならずして, がのらなければならない, がのりとになる, がのんびり起きて, がはからずもそこでこの, がはじめはその, がはじめ会社の放った, がはずや若人, がはずんで下り, がはた折りの, がはたしてそううまく参ろう, がはちきれそうに, がはつきりと伝へられました, がはなはだぶきみ至極, がはねたトタンに, がはや本土へ, がはやくも女王, がはらわたに沁みとおる, がッ, がばっと音, がぱったりやまる, がぱらぱらと落ちかかる, がよいと, がひたいに犬, がひであつた, がひとつひとつの窓, がひとつ目につく, がひとり直義は, がひとりさつきからむつつり, がひとりでに可笑しさ, がひとり光厳法皇だけは伏見, がひとり石火矢の下, がひと月とたたない, がひと目みるなり, がひどい泥濘だ, がひびいてきました, がひょっとすると, がひょっとしたらあの荒物屋, がひらめいたと思う, がひるがえって常識に, がぴんと張つた肩衣の, が虜生活の, がふふふと娘, がふり返るだけの, がくりとして, がぶと茶を飲ん, がぶるっと一つ身体, がぶるるっ酷え, がへいぜい, がへが盛んだつた, がへであらうと, がへでもいったよう, がへをして, がべっとりした蚊帳, がべつにたいして驚いた, がべつだん満足の, がぺこぺこお叩頭, がほしいと望む, がほどもなくほんとう, がほめてやりとう, がほら穴のもっ, がほんまのとこ, がぼうっとかがやいた, がぼっと穴に, がまあせっかくだから, がまあとにかく捜査に, がまあともかく祝杯と, がまあどうでもいい, がまあまあそれについては, がまあ宜い黙って, がまかせて下せえ, がまけをしみ, がまけるものか, がまことは風, がまさにこのところ, がますをかし, がますますひどくなっ, がまずさあらぬ体, がまずまずお上がりくだされ, がまず何より心配な, がまたまた失敗です, がまだなんらの形, がまだまだ少しお若い, がまだまるきり失望する, がまだ何だか肚の, がまったくすてられたわけ, がまま子根性でやった, がまるっきりデカダンスでない, がまんまと曳舟通りまで, がまアあの木美子だけは, がみえるにちがい, がみしみしと鳴りだした, がみすぼらしくかかって, がみつくちという, がみつるかな, がみのえは, がみや古迄行っ, がみや子は凝っ, がみんな一目見ると, がみんな何ともいわぬ, がみんな振舞いにうつつ, がむかしとちがう, がむく犬は, がむこうをゆびさし, がむこう見ずはもともと, がむすめご, がむすこはすぐ, がむろと言ふ語, がり, がめいめいに十分, がめらめらとのぼっ, がめりめりと肉, がもうけのねえ, がもうしようが, がもうすこし人並みの, がもうそうなるかな, がもうほとんど人影の, がもうもうと間道の, がもう少しはっきり言い現せそう, がもくもくとして肩, がもくろんだお仕事, がもしか帰りに, がもしやといふ考, がもっとも幾分昂奮し, がもっともっと恐ろしいの, がもっとも古くは神, がもつとも吾, がもとで他, がもの音人聲さへ定か, がふきあ, がやがてあまり相手が, がやがてあまりに規則正しく回転, がやがていつもの, がやがてさっと絶望の, がやがてさつと絶望の, がやがてすぐ気がついたよう, がやがてそっとできるだけ用心ぶ, がやがてどうしたこと, がやがてなんとも云ひ, がやがてやっと立ち上がって, がやがてカラカラと嘲笑っ, がやがてフラフラ揺れて, がやがて何もかも取りなすよう, がやがて再び目蓋を, がやがて漸く気を, がやがて精いっぱい獰猛な, がやさしい女らしい声で, がやさしく云った, がやせたお尻, がやっぱし辛抱が, がやつぱし辛抱が出, がやつぱりあき足りないには, がやつぱりどうすることも出来なかつた, がやつぱり僕だつた, がやつぱり徒勞に終, がやつぱり昔が恋しい, がやつぱり根は直らなかつた, がやはりどう仕様も, がやはりどうも腑に, がやはりまだそれを, がやはり人一倍嫉妬の, がやはり大して得るところ, がやまないなおぐらぐら, がやむを得ない場合だけは, がやめさせていただきます, がやをらお部屋, がやんでしいんと, がだん, がゆうべだんなにないしょ, がゆうべ五時間しか寝ない, がゆうべ医者から麻疹, がゆえであり放屁, がゆき子にとつて, がゆく前に, がゆすり騙り博奕兇状で江戸, がゆっくり手間を, がゆれていました, がかつたらしい, がよいか親, がようするに理窟は, がよかれあしかれ彼が, がよくよく考えて, がよしよしそう, がよしんば二人が, がよそで食事, がよっぽど気の, がよび子の, がよもやおのが, がよりも欲に, がよれよれになり, がよわい村民を, がよわい五十に近く, がらしを立てつづけ, がりきみかえったようすで, がれんど, がわかっている, がわかったのです, がわかろうともしなかった, がわが家は父祖いつ, がわきあがってきました, がわけを聴い, がわざとそう言って, がわしどもは日本, がわしもちと退屈, がわせらツた, がわたしたちの心もち, がわたし自身もオトギリ草その他, がわと歯車の, がわなどにはよく大きな, がわれら人間が万法, がゐざりの申松, がゐた事は, がゑみわれるやうに, がアアミンガアドやロッテイ, がアイリスは邪険, がアジトが確立, がアスフアルトの往来, がアナウンサーの紹介, がアメリカ陸軍の投げた, がアリゾナの気候, がアンがいよいよ, がアーッと二, がアーニャが, がイギリスの邪魔, がイクラ訳しなぐるツモリでい, がイタリーの音楽界, がイプセンが飽くまでも, がイベットは前屈み, がウェッシントン夫人はまさに, がウソらしいウソ, がウッカリ当局者が滑らした, がウワアなんて小汚, がエジソン自身ここへは泊らぬ, がエディスが特に, がエミリイは何, がエミルの大, がエメラルドにし, がオウバアン一台を盗む, がオデオン広場まで来た, がカアルトンやウホルドルフ・アストリア, がカジョーは多分, がカタリと脚, がカピタンが通辞, がカルクマンは手, がカンカンに灼けつい, がガスコアン大尉は自分, がガチリと釣銭, がガラ八に取, がガン人に同情, がキスの行動, がキャラコさんがいつも, がキャリフォルニアン号の二人, がキユウピツドに扮, がキラキラ光るふう, がキリシタン武士の殉教, がギイ・クラアレンスはせっかく, がギックリ髪の揺れる, がギリシャの柱列, がクシャクシャとした, がクラバックはラップ, がクラバツクはラツプ, がクララはその, がクリストフはなお, がクリスト教の伝道, がクルッとまわりました, がクロオデルは自作, がグルッとまわっ, がグレゴリーの方, がケレンスキーのブルジョア民主主義者, がゲルマン諸族の侵入, がコックの腕, がコロンブスの西航, がコロンボ市の旅行者区域マカラム街あたり, がコンクリートの土蔵, がコンパアトメントは私, がゴシップは喧, がサルトルはスタンダール, がサンドが二度, がサーヴイスは日本, がシェイクスピヤから最も, がシエクスピイアの英語, がシカシ水は台所, がシャボンは誰, がシルヴァーは眼, がシング風の一幕物, がシートンが見る, がシーンだ, がジエンナロはこれ, がジナイーダだけは水, がジャックがひとり, がジャットランドの海戦記事, がジュッド氏はこの, がジュネエヴとやらに向, がジユウルとクレエル, がジョウが勇ましく, がジョオンズにそう, がジョニイはいい, がスイッチはそれきりプツ, がスエ子を可哀そう, がスキイとなる, がステーションの混雑, がストライキを書いた, がスピイドのない, がスペインなら結構, がスペイン人渡来当時のインカ帝国, がスープの部, がズッと下, がズラッとならび, がセエラさんのお, がセセッション式の本所会館, がセセツシヨン式の本所会館, がセリフの出来立ての, がセントルイスで待っ, がゼラール中尉は, がソクラテスとプレトオ, がソッと忍ん, がソヴェト同盟は五ヵ年計画, がソーッとまわっ, がタイタニック号が急, がタラタラと腕, がタンボに連れ, がダシコフ大尉はこう, がダッシーの八田, がダンサーをし, がダンス其物が必ずしも, がダンディ連の中, がチトめうだ, がチャアリイはどこ, がチャンと一致, がチヤリリともせぬ, がチョックラ挨拶にあがりました, がチラッと姿, がツくりと倒れかけた, がツイ居眠りをし, がテエブルの上, がディドロの百, がデリー軍の圧迫, がばかりじゃ, がトックも興奮, がトツクも興奮, がトムは六人, がトランクの中, がドアをひらく, がドイツの学生, がドウして, がドッタリ草の上, がドリアンは鈍い, がドレゴは, がドンといふ物凄い, がドヴォルシャークはこの, がド・エスコバアルはこれ, がナイフをうばった, がナターシャが出, がナーニ見たよう, がナーヴァスに消し, がノッペラ坊は投げられ, がハクスターは男, がハタから見た, がハット気の付いた, がハネ後は藤山, がハンスがトニオ, がバアトンの正直, がバイロンその人, がバッグは返事, がバッバッと音, がバツグは返事, がパイ軍曹どのの, がパッパッと音, がパトリツクはその, がパラチブスの死亡, がパルチザンの正体, がパンというもの, がヒョロヒョロと床几, がヒヨイと見た, がヒヨロヒヨロのペコペコ, がヒントはある, がビクターのコッポラ指揮, がビスケットでもあるまい, がビラによって起った, がビレラ自身の書簡, がビールに飽いた, がピイプザアムはなおも, がピストルの弾丸, がピタリと突きつけられ, がピッコロミリ夫人がやつ, がピヨコリとお, がピヨピヨの野鶏, がピラムはそれ, がピーといっとき, がファンティーヌはまた, がフアウストは幸, がフィルムは非常, がフイにその, がフト彼は丼, がフト後ろからガラッ, がフランソア・ヴイヨンだけは彼, がフリッツ大尉は拳, がフワリとかけ, がブチまけて, がブラームスにはそれ, がブルジョア国の失業者, がブルッカアの言, がブルメナウ大尉から受け取った, がプルドーンがそんな, がプレットニョフとゴーリキイ, がプロダクション側は私, がプロレタリアートが勝利, がヘンに分りかけてる, がヘンデルがなかっ, がベシイ・マンディは明らか, がベッキイが心から, がベツドをおりよう, がベルは鳴り, がベルリンの革命的, がベンチから未だ, がペチカの連中, がペティコートから新しい, がペンキみて, がホウセリトが死んだ, がホンコンにあつまっ, がホーテンスが別, がホームズは首, がボオイはどこ, がボクが一番, がボルシェビキの不屈, がボルシェヴィキーの政府, がボンの大学教授ネエケ, がボールは思う, がポオル叔父さんは耳, がポコちゃんへんじを, がポシブルだとね, がポチを殺した, がマア苦心よろしくあった, がマイダーノフは首, がマサちゃんは目, がマダム・ヴァンクールは何, がマチルドの花冠, がマテスン主任は続け, がマドリッドに光っ, がマネケンと称する, がマリアは忍耐, がマリユスさんは, がマルクス夫妻の不屈, がマルセイユでは別に, がマルタ饗応のこと, がマントル・ピイスの上, がマートン技師はこれ, がミサ子はその, がミチは小さな, がミュッセはその後フランス, がミユツセを批評, がミンチン先生にそう, がムックリ枕から, がメイエルホリドの場合, がメイエルホリド座の上演, がメリケン兵をやっつける, がモオリアックは自分, がモオリスの容態, がモスクワの初冬, がモリエエルはさうで, がモーツァルトの一千, がヨセフは, がラジオのレヴュ放送, がランドフスカの演奏, がリイ・ハン・フウの如き, がリザベッタは淋しい, がリベディンスキーは自分, がリヨンの同志, がリードさんとヂョウジアァナさん, がルイズはローネル夫人, がルウスは良人, がルツソオには近づかなかつた, がルパンはすぐ, がルピック夫人は漠然と, がレニンの新, がロザリーは楽しく, がロス氏はこれ, がロッティは一度, がロフォーデンの漁師全体, がロンドン市民はまだ, がロープは彼, がローリングは多少, がローリー鳥が何, がワイナ・カパクはこの, がワトソンが叫ぶ, がワラタ号の神秘, がワリキレない芸, がでも, がヴァランタンは誰, がヴェリチャーニノフの二度目, がヴォルガの曳舟人足, がヴオルテエルはかう, がんがー, がーッがーッ, が一々ぞくぞく膚に, が一すじの月, が一すじ縄でいく, が一たびこの大, が一たび眼を転じ, が一たんいい出して, が一たん騒ぎが拡, が一つここからとん, が一つものに溶け合っ, が一つ不思議なこと, が一つ停留所を過ぎた, が一ぱい積みこんで, が一カ月二カ月と延び, が一ツ間違えば, が一ツ橋家の武士達, が一ト揉みにと, が一ト言二タ言話して, が一ト走り行って, が一丁ばかり駈けだした, が一九三六年の当時, が一九四六年ヘンメル家から頂戴, が一二度池に住ん, が一五五九年の夏, が一五八二年の二月, が一人今ごろ周章えて, が一人前になれ, が一人右馬介だけはとうに, が一代の腕, が一件の金額, が一体醜からぬ, が一体われわれは何処, が一体文学史的に見れ, が一体東洋文化とか東洋思想, が一作を読みかけた, が一刹那群衆の中, が一双しかない, が一同むむと気合をため, が一呼吸をする, が一回二回と眼, が一夏縁日で月見草, が一夜の中, が一室でそれ, が一家に及ぼした, が一年後亡き情人, が一年生の中, が一年足らずして, が一役済まして, が一思いに仕止められたら, が一息つくと, が一所懸命にやっ, が一挺買って, が一揆的な反抗, が一揮した太刀先, が一斉にで, が一族を抱える, が一日一日とかさん, が一日中居ると, が一日仕事春昼寂たりという状, が一日自分一人で離れて, が一日隔いたその, が一昨年血痰をはいたつづき, が一昨日火薬が爆発, が一時一時と時, が一時間後並んで, が一晩千兩は樂, が一月たち二月たちして, が一月二月経つうち, が一杯やれば, が一枚一枚見て, が一枝はさ, が一枝花の蔡慶, が一歩中へはいっ, が一歩遲れました, が一生の恩人, が一町もそう, が一番若い馬鹿, が一番たちが悪, が一番だこだよ, が一番二番を通して一人, が一番人目を牽きたい, が一番先に提灯, が一番大切である, が一番強かな魂, が一番惡いの, が一番端近かの居, が一疋の空腹, が一発の大砲, が一皮むけばそう, が一盞献ずるほどの, が一眼私の足もと, が一瞬大介の力, が一種気味の悪い, が一穂のともし, が一端発表して, が一粒澄んだ泪, が一羽の雄鶏, が一般人にとって, が一色に深い, が一角は先, が一言注意すると, が一言贅言を挟ませ, が一説による, が一部始終を聞く, が一里あまり奥の院まで曠野, が一里あまり奧の院, が一里瀧を見, が一銭もない, が一間四方もある, が一隊がふた, が一際色は, が一雪のお, が一騒ぎ持ちあがるかも, がど行者, が丁度極めてやさしい字, が丁抹の王様, が七三郎を譏, が七十九歳で脳溢血, が七日経っても, が七日經つても十日經つて, が七月盆過ぎから来, が七輪に沸, が之助, が万一そうなら又, が万之助は毅然, が万事はお, が万人向のもの, が万吉の速度, が万戸屋にはもちろん, が万更楠の藁人形, が万葉巻八・十に出, が三つ目の淀屋, が三ツ五ツ星に紛れ, が三亀雄の妻, が三井寺にも唐崎, が三介様の下, が三十人に近い, が三十分ばかり静, が三十分の後二人は人々, が三十日にのばさせ, が三十町も走る, が三十秒一分一分三十秒とたっ, が三千両の金, が三千兩の金, が三右衛門は苦にがし, が三吉をあたため, が三味線堀からは遠く, が三宅周太郎でなくちゃ, が三山の親切, が三巻や五巻, が三日五日六日七日になっ, が三日後にロイド, が三時になっ, が三時半にかっきり, が三時間たって, が三木はその, が三本組み合せた青竹, が三村夫人からは何ん, が三枝はすっかり, が三枝機関士は向う向き, が三次は来る, が三歩とも踏み出さない, が三田の車庫, が三男の宗冬どの, が三番目の樹, が三週間後にまた, が三郎兵衛と心, が上れとも云わなけれ, が上方の人, が上書きを書こう, が上洛と聞い, が上田の城内, が上級になる, が上陸させちまっちゃあ, が下劣な物, が下司な気, が下士たちはその, が下方では殺気立つた, が下赤坂城の近く, が不具者と臆病者, が不参も生じます, が不器用な彼, が不在でありましたら如何, が不安はもう一度, が不審は九兵衛, が不平で学校, が不快な気もち, が不愉快だ, が不敏なる私, が不断の肉体的苦痛, が不義の対手, が不自由しなかったという, が不都合なこと, が与兵衛は長い, が与次郎はす, が世に喧伝せられる, が世上の為, が世俗がこの, が世渡りの道, が世紀末に人, が世話場を見る, が丞相も屈強, が両者の後, が中世にいたっ, が中仕切が低く, が中央の解剖台上, が中尉は戦時何とか令, が中屋を包む, が中座すること, が中御門の御, が中西梧堂氏などの鳥類科學, が中途半端な演奏, が串戯ではありません, がに立波, が丸官の忿怒, が丹三は陰, が丹下の箭, が丹波先生は不相, が丹造は苦笑, が水も, が主人公ムウトンと之, が主人大事が嵩じ, が主人源左衛門はさして, が主人源左衞門は左, が主君の激しい, が主婦が新潟, が主従の黙契, が主従ともに一驚, が主権者をのぞい, が主税めの持っ, が主義のため, が主観的な教養, が主計官は用, が主題を借りた, が久しくその姿, が久助がお, が乗って来る, が乗りかかった船で, が乗りかけた船後へは, が乗合客は茶店, が乗心の模様, が乗換えの近所, が乗組員と狎, が乙女愛鷹は余りに, が九人家内の我等, が九兵衛いつまでこう, が九女八はそれ, が九州はひろい, が九月に入, が九月一日冒険ずきの, が九月号はあの, が九死に一生, が九郎助が火, が乳母車を押し, が乳色の磨硝子, が乾性と稱, がひには, が予て私は, が予審裁判の結果, が予想の通り, が予期して, が争われないのは, が事実そうでは, が事実それには微塵, が事実はかうだつた東京, が事実上必ず聞こえる, が事実上叛逆者は決して, が事実上彼は世俗, が事実問題としてああ, が事實である, が事後はとく子, が二つ三つ漸く最近, が二ツ三ツ何か言, が二三年来老人はだんだん, が二三杯飮むとすぐ顏が熱く, が二三歩行くと, が二三特別な題目, が二三間おくれて, が二人目は出られない, が二人立の駕, が二代目にはそろそろ, が二分経っても, が二十の年, が二十一になる, が二十五人中同じ女, が二十四五の上, が二十年ばかりたつた, が二十日の晩, が二十米も歩いた, が二十面相の足, が二千五百兩を盜つた覺, が二千五百兩紛失の責任, が二夫人を分け, が二年生の時口頭試験, が二度三度場所をかえ, が二度共手金流れになつて, が二日立ち三日, が二日マチネーがつ, が二時間待っても, が二曲三曲と進む, が二本とも毒, が二本共毒であったの, が二条家では当然, が二梃の剃刀, が二町あまり走った, が二番艦明石の艦長室, が二百の人名, が二百円かし, が二種の靴跡, が二葉の足, が二葉亭自身は一時, が二足三足踏み出したと, が二通りの指紋, が二頁も読まない, がに向っ, が云うまでもなく, が五位だけはまるで, が五八が出れ, が五六日立つと, が五六歩ほど飛んだ, が五円ぐらい, が五十に近い, が五十センチほどまでひらいた, が五十三歳のヘンデル, が五十歩と歩かぬ, が五千両は愚か, が五右衛門もさる, が五年ばかり経った, が五時に下り, が五月の田遊び, が五段歩ほど田, が五百円を欲し, が五箇条の御, が五葉の松, が五階へ上り切つ, が井上貴公は江州鍛冶, が井戸だから, が井深君の気質, が井荻にも礼, が亡くなつた御, が亡奥様にお, が交替する原因, が交番というもの, が交通の便, が享和二年三十二歳の時, が京助はうべなおう, が京吉はむろん, が京市という子, が亭主は一言, が人ごとながらあんな, が人づてにあるいは, が人びとは自分達, が人交際の上手, が人前でこそ慎ん, が人力は尽くさね, が人声は聞こえ, が人夫を雇う, が人女あの華繊, が人工心臓に人工肺臓, が人工的に切り開いた, が人影はどこ, が人心はその, が人気勢のする破, が人血を求め, が人語は犬, が人質と云っ, が人道主義はその, が人選を決する, が人間そこまではせぬ, が人間何よりも餌食, が人間活力の発現上積極的, が人間社會ではじつ, が人間自身にとってそれ, が人音のない, が仄聞するところ, が仇持ちの心理, が仇敵を討つ, が今お前に御馳走, が今ごろそこへ, が今そこでその, が今それをこうして, が今のを見, が今やかく言ひ得るよろこび, が今一つ自分としては言い残した, が今一瞬の間, が今佐々木高氏が胸, が今何かその, が今先へ行く, が今夕のはただ事, が今宵はこの, が今宵若杉さんの前, が今山が幸い, が今床几で一ト息, が今度山野のところ, が今度斯う云, が今度義雄が甲州, が今後マゲ物の所謂浅草式レヴィウ, が今我々を案内, が今日先生の御, が今日坪内君はこれ, が今日我々の目標, が今日明日にもフォニックス市, が今昔物語から宇治拾遺物語, が今晩出席するはず, が今暁ここへ来る, が今更何と申しましても, が今私はやつ, が今自動車に乗っ, が今貴様の働き一つ, がは自分, が仏教にも悪人成仏, が仏法僧のなく, が仏陀は特別, が仕事の場所, が仕合が近づく, が仕合せと火事, が他愛なく身体, が他面からいう, が仙太公も俺, が代りがない, が代官を斬った, が代官浜川左が横山, が代表的なもの, が令嬢はまるで, が仮にそうであったとしても, が仮りにその, が仰向いた彼の, が仰向けながらね屹, が仲時の話, が仲間の信者達, が仲間入をし, がぜられ, が任原もさる者, が伊三の野郎, が伊之さんの処, が伊勢から南尾張方面, が伊太利だって文句, が伊藤はその, が伊藤一刀斎の, が伊藤八兵衛の智嚢, が伏見天皇のあと, が伐れども盡きぬ自然, がが終つて外, が会って見れ, が会費を衣兜, が伝二郎はそれどころ, が伝右衛門は何事, が伝吉はいきなり, が伯楽でなければ, が伯爵一家と結託, が伯爵邸は地震, が伯父の上杉憲房, が伯父ぢやから, が似た事の, が位田職田がいかなる, が住居を持たぬ, が住職の島田信保さん, が佐々木ずれの武者, が佐々木看護婦の語る, が佐兵衛が和助殺し, が佐吉のこと, が佐瀬弁護士の手, が佐竹君のよう, が体質の関係, が何かしら考えるところ, が何かしら彼は重大, が何ごともそれ, が何しろそう云うもの, が何せよ五体まま, が何ぞ一品別の, が何だつてあんな, が何でも全体を, が何とか云う娘, が何のかんのと言う, が何ひとつ頭に浮かばない, が何ぶんにも千七百余年, が何ゆえに, が何ゆえ式部は流された, が何らの証拠, が何主義の時代, が何千ともしれぬ, が何寺へは何月何日, が何年かたって, が何故それ程忘れずに, が何故どうしてそうなるとか, が何故もっと若い触れ, が何時しか眼を, が何時の間にかその生命, が何時帰つて来ても, が何時間経っても, が何氣なく微笑, が何物だか, が何程捩込んで, が何糞ッ若け者, がは幽霊, が余り得るところも, が余り熱が劇, が余り虫の好い, が余人ではない, が作り事と言, が作物の価値, が作蔵を婆化, が併しだ君だつて花見, が使が帰らなかつ, が使用した後, が使者としてはその, が侍座はみな, が侍従は不相, が供人にはぜひ, が依然たる大, が便宜上長年を, が俊吉と彼女, が俗悪な東京, が俗語を正した, が信じようと信じまい, が信仰を伴わぬ, が信州から木曾, が信者らの信仰, が信長一門のみで, ががそれ, が修業はなかなか, が修理の逆上, が修行者と師, が向いたまま, が俳句論としては成り立たない, が俺ら俺れでやんべと, が俺ら呼吸つかずだなあに呼吸, がの清次郎, が倉田菊池両氏の俊寛, が個性のはっきり, がでも三倍, が健吉さんは私, が偶然来合わせて, が偽りない真相, が偽目くらと挌闘中, が偽首と分った, がへも寄せぬ, が傍聴席からはど, が傑作は金堂本尊, が傳吉之れも, が傷ついた牛は, が傷口を見, が傾いた屋台骨は, が僅かに私, が働くといっ, が僕ひとりではダメ, が僕自身に従, が僥倖なこと, が僧都の御, が儒教に対立, が儒者ふうの老人, がならぬは, が優しさだけは, が元成は妻, が元来実録の吉三, が兄さんでもお, が兄さん貴方の身, が兄上と呼ばれた, が兄弟が食うべき, が兄貴の岡田, が兇器は夢中, が先づ二千円近く寄附すること, が先づ土を知る, が先づ地球から話し, が先づ空のある, が先づ順序として足, が先刻此路地へ追, が先妻や側室, が先導には少, が先手取りは常人, が先旦那様も偉い, が先生あなたはきつ, が先生自身の説明, が先生達は私達, が先登に立つ, が先頃からしばしば, が先頭に立つ, が光圀はそこ, が免役になつて帰つて, が児太郎はすぐ, が山形に, が入り代り立ちかわり, が入れた瞬間に, が入場料を取る, が入念な忠左衛門, が入用だし, が船員は, が全体何用あって, が全力を向け, が全国中でいちばん地租, が全然徒労に, が全身で木崎, が全部ではない, が八ツや十ウ, が八兄哥に言, が八分どおり満員のバス, が八弥のそうした, が八月十五日から数日, が八束のばあい, が八畳二間六畳一間四畳半二間それに湯殿, が八郎太はそれ, が八郎殿一人では, が公明正大な判断, が六三郎は可哀そう, が六十八歳の坂田, が六千噸もある, が六尺を一本, が六日目に男, が六時迄やる, が六月上旬稻田の植付け, が六波羅者でもな, が六百万人の失業者, が六等官は飽くまで, が共に打ち解け胸襟, が共通の部分, が兵士は水, が兵士達の姿, が兵太郎君の動作, が兵曹長を今ここ, が兵糧がすむ, が其お隣の反比例, が其ほかにもかわった, が其一つに加, が其一生が平均三ヶ月, が其丈でございます, が其上修業をさせる, が其中に, が其儘継母へ背, が其夜の夢, が其底には微塵, が其後平岡の旅宿, が其感覚が余りに, が其断片を遶, が其斷片を遶, が其時何故か変電所, が其時不意に, が其時代は文藝, が其時彼女の頬, が其晩長崎の町, が其様なこと, が其特色とする, が其相手は一寸, が其祝詞以外に呪詞, が其程の悲しみ, が其程痛切には来ない, が其製法を知る, が其道の人々, が其間に於, が其顔は生ける, が具体的には明日, が典医や茶坊主ども, が兼好はあえて, が内々で浮島, が内儀さん十手には十手, が内地は百姓屋, が内容価値の品格, が内海が舊友, が内湯の出もと, が内藤家にとっては由緒, が円まろと肥った, が円山の芋ぼう, が円満具足したゲエテ, がびはつきりそれが手術室の, が再びそろそろと歩い, が再びポツポツ翻訳を, が冗談ぢやない, が冬太郎は磊落, が冬木刑事は何, が冬次郎はこう, が冴えないといえ, が冴子は, がいので, が冷えびえと顫, が冷たい夫婦仲心に, が冷たくなって, が冷やかに向き, が冷澄な空気, が冷静な或は, が凝視める瞳, が凡そ其試写会に, が凡ちようど曙覧の家, が凡夫の言葉, が処女であるという, が出して見たい, が出なかったから来年, が出仕して, が出会ひがしらに扉, が出会わずにすませる, が出口は悉く, が出家は怪訝, が出帆の時, が出掛ける前に, が出来ないながら申, が出来るだけ悠然と, が出来事はそれ, が出版協会の実体, が出羽はそれ, が出雲が全然, が出鱈目の中, が函館から札幌, が刄物は何處, が分ってい, が分らなくても私, が分る筈は, が分銅だけは調子, が切られない愛で, が切り合いに怯えた, が切支丹全滅の今, がの中, が列国の陰謀, が列車の行方, がて極楽, が初心の花嫁, が初瀬はなにか, が初秋が来, が初茸は芝草, が判官その手, が別々に成つ, が別れしなに袂, が別れるのが, が別嬪はよい, が利休の驚いた, が利用の範囲, が刺青だけは庇い, が前借の見込み, が前夜の惨劇, が前後の処置, が前述の通り, が前途だけにはほ, が前陳のお, が剛強無双の上, が剛造などでも面会, がも玉, が剥げるまではその, が将軍に, がさえ三十金手切, が割らなきゃ口を, がしい努力, が力がちがつて, が力点を富吉町, が力足らず乗出した勢, が加茂の御社, が加部錬之介, が助けようと思え, が助け出す筈だ, が助力を求め, が労働者は沢庵, が労働者階級の青年諸君, が勇ましい大天使, が勇みたった玉之助の, が勇敢にぶつかろう, がはとっさ, が動いてはならぬ, が動作を如何, が動力所をあいつ等, が忍ぶくろ, が勘三郎には武術, が勘右衛門も京助, が勝っても勝っ, が勝手にせん, が勝手口でその, が勝負にはならなかった, がひこんで, が勤めがひどく, が勤役中の捌, が勿体ない有り難いという心, が勿論少しの油断, がはさげ, が匂いをかい, がは丘, が北御門の神楽, がは附木, が区裁判所の答申, が医療設備など何ひとつ, が医者は直ぐ, が十一の姫, が十一時すぎとなる, が十一時十二時近くになっ, が十一月の二十日, が十中八九までと彼, が十九日も明け, が十二三台目の炭車, が十二月二十日過ぎの夜, が十二月十三日の決死, が十二神汝は知らぬ, が十五日ひと月と経っ, が十五銭の本位, が十八歳で中学, が十匹の木虱, が十吾が受取らなかった, が十夜をあて, が十年を経, が十手を忘れる, が十数人はいるらしかった, が十数秒の短い, が十日もする, が十時近く迄寝る, が十月にソヴェト同盟, が十月十四日の将軍, が十月号十一月号両誌, が十歳になる, が十軒店の徳次郎親分, が十重二十重に嫁, が十門に近い, が十間ばかり走り出した, が千代塚の名, が千兩箱を杉, が千本桜の道行, が千枝ちやんと云, が千登世にし, が千蛾は軽く, が千鶴子は今, が午前からあの, が午後三時ごろになっ, が午後内田がやつ, が半兵衛はすばらしい, が半分乾きかけた粘土, が半分化石し掛った思想, が半年位の勉強, が半月見ぬ間, が半焼のうち, が半面には, がとなる, が卒業の日, が南北朝時代のここ, が南原杉子をひきずっ, が南国に住む, が南天の實, が南進を始め, が南風が吹いたら, が単純に過ぎ, が単身軽舸, が博学な教誨師, が卯の花が浮かし, が印像には不審, が印象は明らか, が印象的でない, が危機一髪というところ, が即ち其の文樣, が即座にその, が却って男の, がを女中頭, がの君, がさは, が厚い厚い扉です, が厚意をありがたがっ, が原因は何, が原子爆弾の惨劇, が原文には一脈, が原本はなかなか, が原稿は相当, がたる事実, が厳島ほどな, が厳父がヨリ, が去って大坂方, が去る二十二年の, が去年霜月半左衛門, が参るぞ丹下ッ, が参木は二時, が又一方その図太, が又四郎も客, が友吉はそれ, が双方は何れ, が絵は, が反ってお, が反動によって彼女等, が反射的にそれ, が反応はない, が反面には潜航艇出没, が叔父さんは子供達, が叔父さん木虱の話, が取り上げたのは, が取り分けて予, が取次ぎの小, が取留めた格別な, が取立てて春雨, が受け取って見る, が受け流した出羽斬り返した, が叡山は嶮, が口中の生臭, が口作りを角, が口頭伝承の方, が船は, が古今となつ, が古典の諸, が古典平家の心, が古川氏は小犬, が古語に通じない, が古風な祇園町, がとしては一, が只今お話を承っ, が只今伺つたのは貴女, が召抱えるということ, が可児才蔵はかんがえた, が可哀そうなの, が可笑しなこと, が可笑しかったよ, が叱りたいその裏, が史学者の仕事, が史家がもし, が史實は兎, が右大臣家にはすでに, が右舷のはるか, が右足を冒され, がはない, が司祭の言葉, が吃驚するやう, が流を通じて, が各署へ応援, が吉公はお婆さん, が吉村さんは公方様, が吉田はすべて, が吉田忠左衛門はしずか, が吉野紙を蔽えるごとき, が同僚たちは固い, が同性は反撥, が同情は昔, が同感であると, が同時にすぐ気がついた, が同時になにかある奇妙, が同時に頗る負け嫌いであった, が同村の者, が同格の旗本, が同様にずっと, が名分はできた, が名利ではない, が柳原の, が向う見ずはもともと, が向き直って, が向日葵は太陽, が君僕の, が君子にとってはそれ, が君子國日本のやう, が君平や崋山, が君江は発狂, が君臣は挙っ, が含芳の立ち, が含蓄の多い, が吸おうとはしない, が呂馬通は存外, が呉服は咽喉, が呑気坊主の道阿弥, が周回七十何里という琵琶湖, がを負う, がはない, が呼吸がととのわん, がのある, が命がけでそんな, が命令を与える, が命令者は極めて, が命松丸はその, が和歌の三夕これ, が和談といえ, が咫尺も弁ぜざる, が咲いたからいっ, が咳払いは天井, が哀しいことに, が哀れな奴ら, が品物が出来, が哈爾賓へ行っ, が唐人ながらさすが, が唐突に大, が唐織寄縞の帯, が唯もう温めて, が唯一人独歩だけは時々, が唯一度其次の夜, が唯今もお尋ね, が唯抑へ切れない, が商売というやつ, が商売人ほど良い, がひ返す暇, が問い返そうと思う, が問屋場に腰掛け, が啖呵は借り, が善七の死骸, が善光寺へ参詣, が喋りながら彼女, が喜三郎が死骸, が喜兵衛にし, が喜兵衛さんまなんと, が喜多八へ行っち, が喜多公はそんな, が喜左衛門富五郎をはじめ, が喜蔵は九郎助, が喝采して, がふ物さ, が喰う物さえ, が嗚呼忠臣楠子, が嗜好と云, がって済まされない, が嘉助という男, が嘉平次はもっと, が嘉門にはもう, が器械はこわれ, が噴火口はもう, が嚴重に見, が囈言と云つた私, が四五年前に北京, が四十という声の, が四十年前のいわゆる, が四壁はずっと, が四年前に別れた, が四日目になつて十, が四時頃やっと床, が四条河原の蓆張り, が四疊半でも六疊, が四角几帳面な, が四頭の恐竜ども, が団体は崩れなかった, がになつて辻斬, が困ったら土人の, が困りましたな, が図らずも虚, が固有名詞化する程, がを憂うる, が国元の足利, が国内の市場, がへはいった, が園内は寂, が園絵という妻, が太い僕, がの恩寵, が土曜から日曜, が土曜日に彼, が土木というもの, が圧しにかかった, が圧制者であるウィルヘルム二世, が圭一郎もだ, が圭次は転ばない, がは上下, が地ひびき立てて, が地中に住ん, が地味が本, が地所や家作, が地曳式当日には勅使, が地理に関した, が坂田の手, が坂野は芳子, が坊さんは夜, が坊主仲間では誰, が坑夫たちも世話焼き, が坪内君が, が坪十円で売っ, が垂れ布に蔽われ, が垂仁朝の貉, が臭い帷, が城下はなかなか, が城中はしいんと, が城址の濠, が城将の佐治, が城門を固く, が執権の暗愚, が執行の岩菊丸, が基安は取り合い, が基督を十字架, がは頑固, がの内, が堂堂たる批評家たち, が堅くて辛い, が堅固な庵寺, が堤尻を駈上つて, が堪へ切れなくなつて, が報告とはどういう, が報酬なしに, が場馴れてゐる, が塙郁次郎ですか, が塾長の中田, が増田右衛門尉が道, が墨染めの腰衣, が墺太利海軍にとる, が壁代が垂れ, が壁辰は笑い出し, がわれなかったので, が士官はただ, が壮年の沼南, が壮心ある者, が壮観なの, が壱岐殿坂時代となる, が売子は仲, が変死人と解っ, が夏場よくこの, が夏繪は息, が夏至の日, が夏蕎麥とれる樣ぢ, が暗の, が夕凪とともに曇, が夕方五時上野のパーク劇場, が夕方屋敷に帰っ, が夕方帰り際に, が外れたら何んと, が外国人のこと, が外國人にし, が外套が外, が外敵に対してなら, が外濠もついに, が外界の障害, が外見は健康そう, が多分もう取っても, が多少注意を, が多年東京の空気, が多摩川べりの, が多様でなければ, が多鶴子はふと, が夜っぴて旅行を, が夜中に目, が夜中書見の清興, が夜寒の代, が夜明けとともに一天, が夜霞は白く, が夜露に痛い, が夜風も白露, が夢それじしん, が夢にもしろいかに, が夢みたいにいってた, が夢窓は, が夥しく酔つて居る, が大いに労を, が大きに照れた風, が大げさでは, が大丈夫帰りましょうよ, が大丸の前, が大久保を中心, が大人に道徳, が大人乗りのその, が大体あなたの問題, が大体予測がつかない, が大兵肥満の上, が大分たつて, が大切なの, が大助は, が大化の新政, が大半は遠く, が大原はまだ, が大地の雪, が大岳の嶮, が大島を一番, が大御所吉宗の内意, が大意はこんな, が大敵はわずか, が大月弁護士はまだ, が大月玄蕃また正伝一刀流, が大本教の神主, が大杉は始終, が大柄で豊満, が大概こんなもの, が大次郎はどんな, が大次郎先生のお, が大正七年頃からその, が大正九年の秋, が大正十年初めて彼等, が大津屋を調べる, が大物だからな, が大王のご, が大竹の柔術, が大納言の足, が大義の存する, が大蔵はひら, が大谷千尋も少し, が大震災直後かの甘粕大尉, が天下靜謐だな, が天保十二年の九月, が天分のある, が天台山を去, が天地は屋, が天守に向つた大手, が天気が続け, が天皇は此, が天竜川の三大難所, が天罰とでも申しましょう, が天罰覿面二階から落ち, が天蔵の足, が天道は皮肉, が天願さんもし昨晩あなた, が太い短い眉毛の, が太刀の抜き方, が太刀川青年はおちつきはらっ, が太宰治氏に教えられた, が太平洋をアメリカ, が太郎はそれ, が太陽がかんかん, が太鼓腹を突出, が夫圓太郎の寄席芸人, が夫等の人々, が失はれたので, が失礼はお, が夷人は容赦, が奇妙不思議という, が奇怪な現象, が奈々子さんが容易, が奈落へ落ち, が奉行が何度吟味, が奔放にし, が奥州の騒乱, が奥州浪人丹下左膳の罪科, が奥方の思召, が奥羽線を真っ直ぐ, が奥羽線廻りはその, が奧方の思召, が奧木の家, が奪った戟を, が女たちはいずれ, が女の子を歓迎, が女らしい匂ひ, が女体の山形警部, が女史がその, が女幇とは何ん, が女性が好んで, が女湯の客, が女王樣のお, が女紅場の沐浴, が女給の持っ, が女給たちはその, が女置場からぬけ出し, が女達の後ろ, が奸妻に悩まされ, が奸智にたけた, が好い運に, が好意を持っ, が好物の酒, が好男子でもの, が如何せん越前の, が如浄の鍛錬, が妄想は空しく, が妊娠っていた, が妖人の魔法つかい, が妖雲が天日, が妙子さんに伝った, が妙覚尼も云う, が妥協は常に, が妹分のため, が妹山右の方, が妹山向うの岸, が妹美佐の親しい, がにて二三度打續, が始まったのは, が始めからで, ががそれ, が姑らく先輩の説, が姦智には人一倍, がの覚悟, が姿態的要素が十二分, が威嚇したり, が娑婆に居た, が娘たちがその, が娘分に対しても決して, が娼妓になる, が婚儀の後, が婚礼の当日, が婿君は潔く, がはいま, が嫌悪はもう一度, が嬉しいことに, がちやん方, が子供等が甘露, が子供部屋と代っ, が子分衆を三四人, が子女の父兄, がが霞ん, が存在する, が学校生活の終りごろ, が学生は即ち, が学者としてのみならず, が学院と云っ, が孫七やお, が孫八の媼, がにし, が學生である彼等, がへ帰る, が守るに専念, が守備隊の兵, が守時はどこ, が守武宗鑑の死後, が守衛は金モール, が守護神の眼, ががいる, が安兵衛も勘平, が安土はすでに, が安子は健坊, が安川敬一郎氏安川財閥の御大, が安政四年の秋, が安次を連れ, が安里が大股, が宋思芳が前, が宏大な屋敷, が宗三郎動かない, が宗兵衛は不思議, が宗吉の良心, が宗徒はスペイン, が宗教の勢力, が宗麟夫人の反対運動, が官僚はイツ, が官僚気質の極めて, が官兵衛孝高はまるで, が官尊民卑の風, がを行く, が定命より十五年, がいあんばい, が宜いかえ重, が宝丹は用心, が宝暦明和の昔, が宝物庫には番人, が宝石をちりばめた, が宝船元を洗, が実にすべての, が実生活の一端, が実行については全く, が実験室に行った, が宣長系統には平安朝文学, が宣長翁はこれら, がの天井, が宮方にすれ, が宵の口に彼, が宵まどいした鶏, が家々も立て込ん, が家中水を打つ, が家内の財布, が家宅捜索をする, が家屋敷から田地, が家族は一人, が家橘時代の彼, が家禄没収族籍剥奪などという手段, がづくるとは, が容貌ごのみ, が容赦のない, が宿りつつそこ, が宿場を出端, が寂寞して, が寄せ手の数, が寄宿舎の学生, が寄席へ行っ, が寄手の大将菊池武敏, が密事を知った, がは界隈, が富之助は鹿田, が富士の裾野, が富士見楼どころだろう, が富島町の島吉親分ぢ, が富貴顕栄を見る, が寒い室に, が寛永寺坂の森, が寝しなに寝台, が寝たきりの重病, が寝られるかどう, が寝不足に似た, が寝業をされた, が寝言にまでもこの, がはついに, ががへり, が寢そけてし, が寥廓たる平地, が實際にお前, が實際余は此時, が實際私はこの, が實際逢つて見ると, が寧ろ孔子以後有, がの短い, が寸時を移さず, が寺井田へ行っ, が寺侍でも俳優, が寺子を取り, が寺田だけは高利貸, が寺田さんと話し, が対決とは誰, が対立の原因, が対馬守はそれ, がを開い, が封筒は私, が専門医の診断, がにあの世, が将来に, が将監はその, が将門は錐みたい, が尊敬する先輩, が對手がばらがき, が導かれて御, が小一郎には感ぜられるらしい, が小中流人的で我等悲観, が小伊勢の巳, が小児はふるえ, が小六は耳, が小売はどう, が小山夏吉の目, が小平太はそう, が小店だと, が小心な彼, が小暗い村の, が小林にしろ, が小沢はなお, が小河や川, が小犬は人懐, が小田原と申し, が小田島はまだ, が小穴君の仕事, が小肥りの躯, が小説雑著は児供, が小野医師は首, が小隊長の云う, が少い方は, が少からず愛惜, が少なからず北国, が少なくともまだ若い青年, が少佐はそんな, がだ放縦, がくとも, が還りの, が尼婆さんの首, が尼子一族も主人鹿, が尼提はいよいよ, が尾崎の派手, が尾崎徳太郎は退社, が尾生の魂, が尾道へ着く, が尾鰭が下, が局外者は感心, が局量の狭い, が居候四角な部屋, が屈強な旗本輩, が屋台に居る, が屋根の上, が屋根裏部屋の階, が屍体解剖の結果, が屏風の片端, がけてくる, が展覧会と云う, が山下はほんとに, が山伏の面部, が山口淑子はそれ, が山国では育ち, が山寨の中, が山崎はこの, が山巓の稍, が山田は聴い, が山田秋甫さんの橘曙覧伝, が山茶の言葉, が山道をおり, が山部氏は山人族, が山門へ来る, がっ引, が岩殿は人間, が岩波の店, が岩見重太郎は今日, が岸壁の背後, がを下りまし, がの殿様, が崕花の発した, が崩れた塔婆が, がは今, が嶮峻の隘路, が巌山の巉崕, が巌谷の伯父さん, が川柳も抒情詩, が川柳家などというもの, がと云っ, が巣鴨まで行っ, が工場の日陰, が工藤高景, が左右前後を見廻し, が左団次を彼, が左太夫は最初, が左枝は腕, が左肺がかなり, が左腕を捕っ, が左膳はべつに, が左舷の水平線, が巨人ヘンデルにも最期, が差し当っては漁り, が差し当りこのレコード, が差当り僕の見た, が差当り恩になつ, が己アような者, が已に予定され, がの沙汰, が巷間寄り寄りに伝える, が巻き奉書を, が巻くのに, が巽九八郎と私達, がに取っ, が市蔵があなた, が市長の傍, が帝都には爆弾, が師伝よりは覚猷, が師弟の情, が師父ブラウンはもはや, が師父圓馬と私, が帰らないのは, が帰りの道, が帰りたくない思いも, が帰りみち途中で日, が帰り仕度をし, が帰国のこと, が帰宅のほど, が帰雁はいかにも, が常々自分の生れ, が常世神は海, が常会が解散, が常盤御前のお, が常識から判断, がを頂き, が帽子は的, が帽子屋に抓られ, が干物の押売, が平三も磯二, が平中の眼, が平六はそれ, が平和が調印, が平均して, が平太郎を殺した, が平常から兄弟仲, が平手将棋は先後, が平潟の廃頽的, が平静を装っ, が年々の不景気, が年々春も酣, が年上の女, が年増に限らぬ, が年来の讐敵, が年輩は彼是, が年頃から人相風俗, が幸い九十郎がその, が幸ひだつた彼はう, が幸ひなことに其愚, が幸ひな事にちび, が幸太郎は思い返した, が幸子の話, が幸徳の平民新聞, が幸村とし, が幸村静に障子, が幸生際がいい, が幸運に依, がはすっかり, がないころ, が幼童の記憶, が里子は, が幾らだっている, が幾日も, が幾晩も電燈, が幾許とも知れぬ, が庁内きっての, が太郎返辞を, が広次をお, が広間の暗中, が庄太郎は二十三, が庄屋へ添状, がの外, が床の間の千両箱, が床几の前, がに俺, が庚申堂を通り過ぎる, が座敷の一番端, が座方の連中, が座間は狂った, が庭木が繁っ, が庶民はこの, が康頼の腹, が庸三も彼女, が廂帽子を横ツちよ, が廣介は相手, が延若の此等, が建武中興の大業, が建物の古い, が廻しきりでは理論上, が弁慶蟹の濡色, が弁舌家の漸, が弁護士になる, が弓子の眼, がはれて, が弔われている, が弔問の客, が引き籠りがち, が引き止めた息が, が引越すとすれ, が引込める間も, が引金を引く, が弟子たちの情愛, が弥之助がはじめた, が弥兵衛は冷笑, が弦四郎は云いつづけた, がつたのは, が弱い性質の, が弱ったことには, が弱みを見せたくなかった, が弱年の私, がも意地, が張りのある, が張り切った死人の, が張本人は知れ, が張氏はどうしても, が張飛はやめない, が強いてその感情, が強かつた事は, が強力姿の義経, が強右衛門は同じ, が惣といふ, が当事もない, が当夜第一, が当座はひとまず, が当日に限っ, が当日さし上げるお, が当時何よりも少女, が当時我々はアイアムビツク, が当時東京に住, が当時梨園に擢, が当節評判の人物, が彗星なら天文学者, が形勢は一瞬, が形学と云う, ががとっくに, が彦右衛門には解りませんでした, が彫り付けられたよう, が役に立つと同時に, が役人は左膳, が役人どもはすでに, が役目をいおう, が役立が訊かせる, が役者を談ずる, が役者馬鹿と云う, が彼のでは, が彼位妻や子, が彼女たち夫婦になにか, が彼女ア旦那何処へも往き処, が彼女等は何, が彼女自身もあまり力, が彼奴等はえて, が彼岸に立つ, が彼弘自身も自分, が彼方に見れ, が彼是一時間ほどする, が彼是二百余りの瓢箪, が彼氏は彼女, が彼等二人の間, が彼等自身をはじめ, がって来, が往々には誤まった, が往きに買う, が往年の名妓, が往来止だで, が往路にゴア, が征途まず義貞, が徂徠のよう, が待ちに待った, が待て待てどんな風態, が律文である事, が律氏の邸, が後でいろいろ理論めい, が後ろ向になっ, が後半年は再, が後姿のまま, が後悔はせぬ, が後日彼女は二人, が後生だから, が後難を恐る, が後鳥羽院は寧, がかに意識, が徐々に確実に, が徐ろに老い, がに責める, が従兄の弟, が従来は触れ得ない, が従来多くの男性, が得体の知れない, が得意気ににこにこ, が御三家御三卿, が御主耶蘇基督の, が御坊はもう, が御新造のお仙, が御曹子へ貸す, が御用に立たん, が御身様の仕儀, が微かに青く, が徳太郎は暖簾口, が徳山に東劇, が心から捌けて, が心ひそかに猿殿, が心中何の疑い, が心配そうな妻, が必ずしもそうばかりとは限りません, が忌々しさを, が忍び入るべき機会, が忍剣である, が忍耐とチップ, が忘れず最後に, が忘れやしめえな新, が忘れるな, が忘れ得ないものを, が忘れ物でもした, が応挙や探, が忠次達の姿, が忠次郎は怏々, が忠義と云う, が快楽なら今, がの筺, が忽ちからりと晴れる, が忽ちにして, が忽ちカッと開いた, が忽然として, がう読直, が濤の, が怒り得るものは, が怖いもの見た, が怖がって触った, が思いがけず妻に, が思いきって声, が思いきったように, が思いなしか頬, が思い付いたように, が思い出したように, が思い出す丈思い出し, が思い直してもっと, が思い直した様子で, が思うさま見開いて, が思はず足を, が思ひ切つてまた, が思ひ直した樣子で, が思ひ返すととても, が思ふに此, が思わず声を, が思兼尊と手力雄尊, が思切って衝, が思想の変転, が思案が定まったらしい, が急いで素知らぬ, が急がねえところが, が急ぎの用事, が急場の役, が性急な彼, が性懲もなく, が性来一徹な父, が性来愚鈍な彼, が怪力線のため, が怪塔ロケットはだんだん, が怪猫は大袈裟, が恁くまでの激震, が恋しい人の, が恋する者の, が恋人の止宿, が恐いなんていう, が恐しかつた, が恐しい母の, が恐ろしく癇癖が, が恐縮と歓待, が恒産のない, がかし, が恥じながらもそれ, が恨むらくは, が恩返しのため, が恵子は来なかった, が悉皆揶揄え, が悒欝ではない, が悦んだあの人, が者共は, が悲しくはなつて, が悲しむばかりが能ぢ, が悲哀の方, が悲哉私は其道, が悲惨は作者, が悲鳴を挙げた, がはない, が惜むべし其の, が惡人のあせり, が惡戯氣分になつて, が惡鬼のやう, が惣八郎は真正面, が惨憺たる此場, が想像したほど, が例のに, が意地きたなしの, が意志が少し, が意次にはそれ, がかない, が愕然としてわれ, が愚図愚図して, が愚痴じゃない, が愚老には権勢, が愛する女の, が感じていない, が感激の反動, が慌しく刀を, が慎太郎は口, が慣れて見る, が慣れた光景と, が慧眼の鬼火, が慶喜はフランス, が慶長十年頃には既に, がに目, が憐憫とか同情, が憚りながら褌は, が憚りながらそうでは, が憶測ではある, が懐中時計は十時半, が懲りずまに, が成たけまア帰れるだら帰っ, が成功しなかった, が成就がとげられました, が成果は何, が我々自身の中, が我が父の, が我君にも忠実, が我我は不幸, が我等二人となつて, が或いは偶然でも, が或は又もつと, がの現場, が戦いである, が戦争物っての, が戦前の, が戦友の誤解, が戦場から本隊, が戦慄だつて, が戦時中であり油断, が戦記となる, が戯作で身, が戯曲にし, がふの, が戴宗は留守, が戸口へも届かない, が戸外に佇む, が戸惑いして, が所々その砕けた, が所轄ではあり, が手ごろな巌石, が手前一つ引っくくって, が手前五百や一貫, が手巾で寛, が手録の詠草, が手頸を不意, が才能の種類, が負かされは, が打たれながらもその, が打たれたと思った, が打ち消さうとすれ, が打ち消そうとすれ, が打っている, が打明けてお, が承知して, が技巧の練達, が投書家として栄えた, が投身すること, が折ふし続々と, が折柄の凍, が折竹の粟粒, が抜き身がドキドキ, が抱一は何, が抱主の家, が抵抗がある, が押しては訊ねない, が押し出すような, が拍子抜けのした, が拒む筋合では, が拙者代わりの品物, が拝殿の階, が拡大鏡をあて, が拭っても拭っ, がぬしは, が持たれないといふの, が持って生れた, が持ってる奴は, が持主でない, が指令を終った, が指揮の将, が指環はおのずから, が振り方にも, が振り向きもしない, が振り返って眺, がへ損, が捕手の目, が捕物にかけちや江戸開府以來, が捨ておかれぬと思った, が捨児をした, が掏摸ときけ, が掘じくるまではなかっ, が掘り拡げても掘り拡げ, がだけは厳しい, が探してゐた, が探偵小説の面白, が接吻と誤った, が接近すること, が掻垂眉のちよ, が揺れるというの, がをし, が撒いてしまふ, がを挙げ, が撲られたのは, がへを失つた巨木, が攻め鼓に士気, が攻撃の令, が放っておけない, が放つて置けない, が放送には個性, が政務の上, が政右衛門は偶然, が政宗の如きで, が政府の迫害, が政権は革命的プロレタリアート, が政治家としての尾崎, が故にずいぶん手配, が故意か偶然, が敏子はそれ, が敏感なお里, が教えられていた, が教えられた地点に, が教育家志望の若杉浩三, が散ればまた, が散歩に出る, が敦賀で彼女, が敬吉は彼女, が数世紀の間人心, が数字の活字, が数学的に確定, が数年前にその道, が数日を経過, が数日前にこの, が数正は弁解, が数間とは走らなかったであろう, が敵味方の差別, が敵塁を占領, が敵大勢なれば, が敵軍も大佐, が數學の問題, がを通わす, が文三無念で残念, が文人が之, が文句が, が文名の齎, が文壇の水準以下, が文壇的活動は元来本志, が文子の顔, が文字にする, が文明九年に至り, が文次の眼, が文献上の記載, が文芸や社会科学, が文通はある, が文面でその, が斉魯二河間とは何, が斎藤がせき立てる, が料理人は忙, がの音, が断念いたしまして, が断片零紙も惜, が新たに入社, が新九郎であると, が新吉はそう, が新婚のお祝い, が新平は翌日, が新店は資, が新橋で待つ, が新派の煽り, が新田はその, が新聞町フリイト街からは深夜, が新聞記者の本能, が方向を定める, が方言の駆使, が方頷粗髯の山本権兵衛, が旅人があっ, が旅宿へ歸つて, が旅行者に批判, が旗艦に乗った, が日に日によくなると, が日乗はそれ, が日吉は二人, が日夕親しく出入, が日常の活動, が日本人側に関する限り, が日本国民を救い出す, が日疋のを見, が日給制がやめられる, が日野俊基ひとりだけはまだ, が日露戦争中の非戦論者, が旦那さんの方, が旦那様にゃあ, が旦那様帳場には一, が旧主の源太夫, が旧制中学校の上級生達, が早い話が, が早川さんの区画, が早晩終曲の演奏, が旬日を出でずし, が昌作は云っ, が明くる朝, が明くる日大石殿に逢っ, が明けて十三日, が明けると大概七八日, が明巳ノ刻, が明治以後便利で安, が明治文学がその, が明神様の人ごみ, が昔気質の父母, が星かげの青い, が映画の塚越, が春亭にし, が春信の心, が春子おばさんどうしても上京, が春日町へ着い, が春樹はどうか, が春風に靡く, が昨夜夜更けの庭, が昨夜民弥の後, が昨夜銀座裏で逢った, が昨夜鍛冶町上總屋に入, が昨夜食事のさい危く二人, が昨日今日はこの, が昭和十二年当時の花形棋師木村, が是守がそこ, が昼寝をし, が昼間あれだけ気もち, が昼間一杯の仕事, が昼間彼を必要, が昼間舟の在り, が時世時節で仕様, が時代の風潮, が時平の弟, が時折り突き, が時節がらである, が時節次第で少く, が時親はその, が時計屋の息子, がになった, が普通クリスチャンの青年, が普通氷山に衝突, が普通読者間にはやはり, が晴季はその, がが足りない, が智利行はいかに, が智恵を貸し, が智恵子の親切, が智惠を貸し, が智惠子の親切, が暑いところで, が暑中休暇が過ぎ, が暗から聞える, がの上, が暫くそうやって, が暫らく交際が途絶え, が暫らく生家に居, が暫時して, が暫時おいとま, がから新, が暮しに困り, が暮方の掃除, が曙覧の人, が曲直瀬道三は部将, が曳く頃は, が更けての跫音, が更に又彼は, が書いたら目の, が書かねばさっぱり, が書きたい心うごめい, が書き出しから中頃, が書く気に, が書斎を飾るべき, が書肆の死物狂い, が書記の火, が曹丕の滞留, がて敵, がては聖愛, が曾祖祖父祖母なおその, が最う御心配には, が最初邂逅の涙, が最初隊附の副官, が最大の理由, が最近君に会った, が最近米国の排日主義, が月日の経つ, が有体にいう, が有名な高, が有害なる意見, が有島邸に編輯所, が有王はすべて, が有金千三百四十八兩と書い, が朗読が終る, が望遠鏡の向き, が朝夕通いなれた小路, が朝威を振, が朝寝をし, が朝日は稀有, が朝田屋は燒, が木口と言い, が木村常陸介が低く, が木沢氏が五時半頃, が木立は思いの外, が木米も察する, が木虱の家族, が完成ながら, が未だかつてそのため, が未来を助かる, がは仄, が本妻のお, が本字を一字, が本家からは月々, が本屋の店先, が本庄の顔, が本当にぞくぞく冷えや, が本当はそうでないて, が本来仏法そのものが釈迦, が本来根岸党の名, が本来猫に行儀, が本能の満足, が本能的に今, が本船はグーッ, が本質的にはどこ, が本間さんはそれ, が札差しを痛めつけられる, が朱鷺色衣に裏, が杉本友之助が乘, が杉浦からかねがね, が杉田はなに, がはそれ, が李太白や杜, が李氏の話しぶり, が材木置場の混乱, が村じゅうは物音一つ, が村人はこれ, が村口多鶴子に会う, が村君と血統上, が束巻き師源五兵衛といや源五巻き, が来月は屹度, がからこの, が東くんのお母さん, が東南院に行っ, が東屋氏は頗る, が東洋人はびく, が東洋流の精神科学, が松崎は読返, が松平伊豆守さまおひとり, が松明の火, がの表面, が板倉佐渡守だけはこの, がに凭れた, が枕許には偶然, が林冲は柴進, が林右衛門はそれ, が林町では自分, が果してそう考うべき, が果し合いを引き分けおい, が果てしがない, が果物屋のお, がの形, が枯れた柳の, が枯尾花のよう, がとは釣り合わない, が某所には女, が染め羽白羽のとがり, がの下, が柳丸のこと, が柳生流の極意, が柳町の廓, が柳里恭のディレツタンティズム, が柴岡は村, が栄太の助け, が校舎の不足, が校長は十分私, が栴檀は二葉, が根柢に構わってる, が根気ではおれ, が根負けをし, が格別上海なるもの, が桃井はそんな, が案じられな, が案ずることは, が案の定移つたんで, が桑原桑原今さら思い出した, が桔梗屋で使用, が桔梗様はそれ, が梁山泊にとって記念, が梯子裏へかかるでしょう, が棄てる気に, がの雨, がのすぐ, が棟梁お前さんの靴, が森鴎外である, が植木にはたしか, が検事の方, が検校はじめ別当勾当座頭ここにいる, が椿の字, が楊枝店の雇女, が楢平のダム, が極力一同を, が極度に資本, が極楽へ行く, がでは, が楽師はあわて, が榕樹の生え, が榛名を越え, が樗牛の思索, が標札を見れ, が権九郎たちの一行, が権威的の学術書, が権高には見えなかった, がなぐりに, が横向に隣, が横山五助もはや情欲, が横浜だ, が横紙破りの髯, が樹齢は長い, がが飛行場, が機上からなげられた, が機会をうしなっ, が機嫌のい, が機會をうし, が機関大尉がいつ, がを取っ, がはおろか, が櫛巻の髪, が權八は喰, が權右衞門の死んだ, が欠席日数超過で三人, が次に多少努めて, がとして見る, が歌ってしまう, が歌六の印象, が歌舞練場の前, が止むを得ない, が正しくは北条殿, が正家は大男, が正当防衛ってこと, が正成ひとりでは, が正月のこたつ, が正純も中, が正行の姿, が正邪黒白をう, が此んなこと, が此一週間程はあんまり, が此丈で私, が此二人のこのみ, が此位の赤面, が此処ナ家へ駈込ん, が此前から娘, が此場合では小林, が此奴を行き, が此安心もほんの, が此屋敷以外の地面, が此岸の山, が此役者にはもつ, が此時奇蹟が起りました, が此様事が果して, が此物語の中, が此積極的な知識, が此記憶の鮮, が此語の出た, が此電車があの, が武人の休養, が武勇を以て, が武士どものてまえ, が武田さんは, が歩き出さないで俊寛, が歴史のかかる, が歴史家でない作家, が歴史小説にはじつに, が死に身に, が死ぬ迄筆, が死のうという心, が死亡しました, が死体を引き出し, が死児をみる, が死刑にされ, が死後のクリスト, が死金を護る, が殆丸太のよう, が残っている, が残つてゐる, が残念金がない, が残花がクリスチヤン, がりの, が殘念なこと, が殺されたり怪我, が殿にはその, が殿松は亡くなつた, が母上は我々, が母国を追われ, が毎日お前を運動, が毎晩來るもの, が毎晩父が話し, が毒々しい色の, が毒虫でなかったならそうして, が比べている, が毛利小平太の名, が毫も容赦の, が毬子はそれきり, が氏郷を会津, が民部の采配, が気がついたことが, が気まずさを, が気丈な博士, が気付いたことは, が気分は段々, が気勢がした, が気狂いの血統, が気疾に頸, が気落ちして, が氣賀町には我等, が水の上を見, が水兵や機関兵, が水島は床, が水平坑を通っ, が水際までは決して, が氷ったように, が永い冬が, が永久目付かるまい, が永観はいちど, が汎濫した欧化, が汚い屑屋に, が江口の人間的興味, が江口冴子がその, が江戸ッ子のチャキチャキ, が江戸表へ出, が決してそうであるの, が決意もなく, が汽船は定刻, が沈んだ顔に, が沙門はその, が没義道に断ったなら, が沢山にありまし, が河堤の上, が河野の一族, が油汗を搾る, が治まらないのは, が治修は黙然と, が泊っていく, が法一はいない, が法信が立ち上がらぬ, が法師はかたく, が法師温泉まで来る, がの立たない, がに打寄せられ, が波騒の外, が泣かされるときの, が泣くまいと堪え, がが深かっ, が泥棒のこと, が泥田の道, が泰然として人, が泰軒黒には黒, が洋上に軍艦, が洋食の食べ, が洒落も串戯, が洒落どころの話, がつたところ, が洗礼を受けた, が洞くつの中, が洪信はさすが, が活き活きした眼鼻立ち, が活字を追う, がの笛, が流人とは云う, が流行が変る, が流転のなか, が浄観は反対, が浅い恩た, が浅ましい姫君の, が浅草橋の御, が浜路にはそれどころ, がが要求, が打ち際, が浪路は荒々しく, が浮いた膝で, が浮世も冷め, が浮力の増した, が浮筏の上, が浴槽は呂宋, が海上には何ん, が海道丸は才智, が海風を避けた, が液体はいたずらに, が涸れて寂しく, が淋しい浮いたもの, が淑女は崩, が淑子は素早く, が深更の大路, がの義, がは腑, が清三郎は, が清太郎に似た, が清廉を看板, が清盛の生涯, が清葉も改めて, が清造は埃, が苦い顔, が渋紙はボロボロ, がに近い, が渡された封筒の, が渡辺氏はそういう, が温泉が出る, が温泉宿へ帰る, がの酒場, が渾然と融合, が湖畔でどう, が湯たんぽが冷えた, が湯上りの身体, が湯帷子を着た, が湯殿に仕へる, が湿つぽい匂, が湿気と結びつい, が源一は一生けんめい, が源女などはどこ, が源女殿をその, が源次となる, が源氏にこんな, が溜息は却って, がかな胸, が滑稽なこと, が滝太郎は拗ねた, が滿足らしい微笑, が演出家その他の協力指導, が演出者はまだ, が演武場に置い, が演説口調は見向き, が漠然人生に触れる, がが興った, が潜水服を通じて彼, が潜航艇にしがみつい, がに濡れ光った, が澁紙はボロボロ, が澄切った藍色の, が激しく七八合槍を, がつぽい, が濛々たる白色, がを前, が濠端を通る, が濡れてゐる, が濡れしをれた, が濡れない袖も, がりに, が瀕死の瀬戸際, が火だこを生ずる, が火事は放け, が火事以来どこへも姿, が火葬にする, が火野大いに泣いてた, が火鉢に移す, が災難にし, が炭酸瓦斯中毒者の血液, が為基定基兄弟の母, が為替は直ぐ, が烈しく引張ると, がの立つ, が焚火の前, が無いが牧, が無くなったものを, が無事着陸を意味, が無人の境, が無口な兄, が無条件に感服, が無気味なほど, が無理がない, が無益なこと, が無罪放免ほんの今かご, が無言の白衣軍, が無鉄砲のはやり雄, が無銘ながら餘程, が然し乍ら今日では, が然し実は陥ちないもの, が討ちだの, が焼けなかった唯一の, が焼け死んでしまわれた, が焼け死んだような, が焼石に水, が焼麩と小, が煎餅屋の女房, が煤けた行燈の, が照国の誠一, が照子に倦怠, が熊さんは売買ごと, が熊襲や蝦夷, が熊谷家の大, が熟練した水雷士官, が熱帯の女人, が熱烈なる天才肌, が立つよう, が燃さしの軸, が燃返つて然も, が燈明ばかり陰々, が燈籠寺といった方, がき殺された筈, が爆発しさうな, がを切, が爛醉した上, が爪はずれが堅気, が爪掛けをつ, が父梅玉との長い, が父貞氏の健やか, が爺さんの竈禿, が爾来いく星霜, が牡鹿山の城, が牧太郎は早く, が牧師様彼女は私, が物事はそんな, が物好きな読者, が物心ついてからの, が物悲しい戦争の, が物語りの結末, が特別な任務, が特殊の悪人, が犬ぶりに由, が犬畜生の寄合, が犯人は同時に, が犯罪の他, が狂人共はいない, が狂太郎は黙っ, が狐光老は, が狙われた塀の, が独り長い, が独楽には換えられぬ, が独立した絵本, が狭い村内の, が狸穴我善坊の辺, が狼狽したの, が猛烈な寒, が猛然として省, がはすぐ, が猪子で俺, が猪熊のばば, が猶予ふ隙, が猿楽能の猿楽面, が猿殿は昔, が獄中の眸, がものでない, が獲物を奪われた, が玄竜は気, が玄米を與, が玄鶯院にした, が率ざ何処かへ何, が率直に云わせる, が王政を行う, が王朝の女性, が王生はそれ, が玩具屋の店, が珍しい美人だった, が珍ぷん漢ぷんは同じ, が珍聞はこれ, が珠子とその, が珠玉とも言, がなの, が現に君の, が現下にはもう, が理窟じゃありません, が理窟ぢやありません, が理解と感情, が瓢箪から駒, が瓦斯ももう, が甚太夫は頭, が甜瓜は, が生き物には生きもの, が生き生きとした, が生まれて此, が生まれ落ちるとから親, が生命にはたしかに, が生存者中より一人二人, が生家の暮らし向き, が生徒といふもの, が生得上品な性質, が生憎四十起氏にはこれ, が生来の無精, が生死の間, が生活的には伊賀, が生涯持って, が生蕃はどうしても, が生誕の時, がれると, がを言う, が用人か家老, がを給う, が田中君は肩越し, が田中氏は今更, が田丸はそれ, が田口のなんか, が田宮は手, が田崎君一度は帰京, が田川夫妻が自分, が田沼様は積極主義, が田無を呼び出し, が田畠野の空, が田舎に育った, が田辺や半田, がの顔, が由子の口, が由紀子はよく, が由蔵はと見る, が甲谷は浮き上っ, が申しておく, が男世帯の不自由, が男親の顔, が町人共の恐れた, がは見, が画かき根性を, が界隈の荒れた, がの後, が留めても間, が留公のほう, が留守のもの, が留置場で見, が畜生でのうて, が畜生船に憑, が畝傍山のふもと, が番頭さん数は減っ, が番頭たちは強硬, が異常に緊張, が異郷の見知らぬ, がのお, が當分骨休みして, が當歳ばかりの嬰兒, が疊庖丁のやう, が疲労以外のからだ, が疼痛は容易, が疾駆する間, がに弱, が病室にゐあはせた, がさは, が痒くつても, が痛くって, が痛みでどこ, が癆咳を病, が発案した以上, が登り切つた所で, が登城口より引き返した, が登子は姿, が白亭も流石, が白兎を劬つた様, が白壁の蜘蛛, が白山を白嶺, が白岡へ参りましたら, が白状しません, が白石屋に乗込ん, が白紙じゃあまた, が白脛か前, が白茸になる, が白足袋だつたり, が白軍の副将, が白鳳天平の諸, が百八煩悩を払う, が百兵衛もなかなか, が百兵衞もなか, が百合根を持った, が百姓のくそ力いっぱい, が皆さまにそれ相当, が皆戯作者の残党, が皆昔ある日, が皇帝はそれほど, が盂蘭盆であり何, が盆ゴザに坐りゃ, が盗んだ者だ, が盗人はそれ, が盗難事件には相違, が上る感情, が盛衰記の記事, が盜人はそれ, が盤台は美い, が目かたは莫迦, が目ざして行く, が目と目があう, が目付は浅水与四郎, が目前に迫った, が目指す女の, が目明しの眼, が目次を見, が目貫の通り, が直ぐ又走つて, が直ちに屍体監理官の, が直接白洲で本人, が直覚的に私, が相互の戦気, が相原は白痴, が相当に重畳, が相応巧者な三吉, が相模守の眼, が眇目の教師, が看守はそれ, が県道へ掛っ, が眞實でないといふ, が眞赤な嘴口, が真に突如とし, が真中の道, が真個に芳子さん, が真名古はなかなか, が真向きの一番, が真夏などは暫時, が真暗である, が真相をいう, が真紀子にとめられれ, が真赤な色, が真鍋はしばらく, が真鍮色の天蓋形, が真黒な細い, が元朗, が眠りづらく彼, が眠るのだ, が眠れもしない, が眠れたことより, が眺めている, が眼張魚は蟇, が眼頭が熱く, が着替えに手, が着物を濡らさない, が瞬き一つする間, が瞬く間に, が瞬間ギクッとなっ, が瞬間彼の両, が瞬間豹一の痩せた, がを返し, が矢張同じ刻限, が矢張り唯の白紙, が矢張り彼は女, が矢張り爺さん達の方, が矢張り石を投げる, が矢張り見当がつかない, が矢張り軍人あがりであるだけに, が矢張彼は女, が矢野の顔, が知ってしまう, が知らないのにも関ら, が知りたければ知らせ, が知れて美津子, が知ろうとは欲する, が知事はなお, が知春のはまだ, が短気な方, が石垣の石, が石岡の家さ一走り, が石川宮木等はこれ, が石橋家没落後水の尾村有, が石橋山以来の論功行賞, が石畑君はその後独学, が石碑運び出さる, が研究の便宜上, が破滅は案外, が硝子越しに見えた, が硝子障子のあいた, がも机, がの壁, が確乎たる信条, が磨いたやうとは, がに来る, がに帰っ, が社会は決して, が社奴の色彩, が社寺の保護, が社長には社長, が社長沼南は位置相当, が祇園の休業, が祖母自身がやめろやめろ, がには生れない, が神さまになれ, が神子と家系, が神学者の唱道, が神尾喬之助, が神居古潭の巖石, が神崎与五郎はそば, が神様はまだ, が神経衰弱だったか, が神聖の地域, がひは, が禍いは何処, が福井藩の動き方, が福次郎は一, が禰宜様宮田は, が禿げ上った額にも, が秀吉様の近習方, が秀才とは暗記力, が私どもの俳句, が私めにとりましてはご, が私共の仲間, が私窩子には大金, が秋日の縁側, が科学的精神は詩的精神, が秦野の古, が程なく肋膜炎だ, が稚内に近く, ががわかつ, が種族生活に交渉, が稼業だけは忘れなかった, が稼業柄巾着切の方, が穂積でも誘っ, が空しく戻って, が空家のよう, が空想は遂に, が空想癖の者, が空気は非常, が空腹を充, が空酔いにいちばん, が空間的な大き, が穿き換えてしまう, が突き放す策も, が突き飛したと, が突っ込みのとき, が突如とし, が窮乏の前, が窮屈だからのう, が上ること, が立ち停ると, が立ちふさがってい, が立ち上つたま, が立ち廻ったのが, が立ち木や電柱, が立ち退いた跡と, が立つたまま話し, が立てるものは, が立とうともしない, が立派な闘牛, がに之, が章三はドア, が童子だけは自分, が競うように, が竹町からわざわざ, が竹矢来の外, が笑い声は長閑, が笑つてばかりもゐられなかつた, が笑顔の気高い, が吹きは, が笠置籠城のせつ, が笹野新三郎が附い, が筆者は検屍, がる分, が筋向うの格子戸, が答える先に, がの柄, が算盤の手, が管絃楽の音, がの中, が範囲を狭め, が篇中未解, が簡短なもの, がの外, がが来, が籠屋は自分, が精一杯の声, が精悍の彼ら, が精神的には殆, が糞泥汚物を押, が紀代子の頬紅, が紀記ともに其処, が半年の, が紅白粉が何ん, が紅葉自身は常に, が紅葵の傍, がをどう, が純潔な魂, が純粋な感情, が紙入れの中, が紙帳の外, が紙幣は確か, が紙燭をかざし, が紙面に載ってる, が素人眼には下手, が素性は争われず, が素振りに變, が素捷い身, が素早く自分の, がの藤, が細君は確信, が細川の被官ども, が細引から足, が細流はこれから, が細面の顔, が終って一番先, が終りに烈しく, が絆創膏の後, が経文を読誦, が経理は笛, が結局あとからはなに, が結局二人はウェイマス, が結局京野等志の計らい, が結局今度も何事, が結局何もせず, が結局信者達の熱意, が結局僕をさんざん, が結局古川の斡旋, が結局咄嗟に脱いだ, が結局国太郎は前述, が結局土蔵の内, が結局姫路の先, が結局持前の陽気好き, が結局文人の気持, が結局母親が執拗, が結局演劇は演劇自身, が結局竹竿の刺, が結局笠間由子の家庭, が結局要領のところ, が結局遠くとも安全, が結末ではやり切れない, が結果的にいえ, が結構では十両, が絡んで軋ん, が給仕人の注意, が統一はある, がはそら, が絵の島は家々, が絵合の貝一つ, が絵所の弁殿, が絵画の社会的方面, が絶えず何かを, が絶対的稀覯書の方, が絶版で手, が絹子さんです, が続く対花田戦でも, がを曳い, がはまだ, が総体の嘉門, が緑屋のおかみ, が緑雨自身は, が線路のところ, が線路工夫には見つからず, が締めきつた, が編粗朶にし, が編輯は菊池, が編集者から命令, が練吉が駆け, が縄張り内に起った, が縄目は見る, が縛って行った, が縛った後で, が縛つた後で千里, が縫うてくれ, がての事, が繁みに身, が繃帯した手, が織だか地紋, が纏って心, がは到る, が罪悪は時として, が署長の手, がと云う, が美代ちゃんに然, が美和子はいきなり, が美智子は容易, が美濃守はたたみかける, が美福門のほとり, が美術家としての岸田君, が群集の中, が群青色にはろばろ, がが固く, が義兄の置き去り子, が義党の面々, が義太夫のところ, が義平太も不審, が義足に趣味, が羽根が見えない, が羽音はしない, が翌日千恵造は男, が翌日瀬沼兵衛の逐天, が翌日電気局へ行っ, が翌朝十時ごろ私は寝床, が翌朝弟が敵, が翌朝彼女は起きぬけ, が翌朝雪子が厩, が翻ってゴオティエの, が翻つてこの公演, が翻訳の業, が老いている, が老公は, が老女エステルにこの, が老婆はこれ, が老師は自分, が老年もまだ, が老獪な円喜, が老臣はすぐ, が考えようによっては自暴自棄的, が考えれば考える, が考へると兎, が考証はマダ僅, がしそれ, が耐えることしか, が耕吉が改札, が聊か巧に, がい物, が聖なる姉妹よ, が聖徳太子の仏教, が聖霊の子供たち, が聞いたばかりで, が聞えないのか, が聞えぬ風に, が聞き終るとまた, が聯隊の経理室, がは無意識, が聴いている, が聴きてとして人, が職業として商売, がはある, が肉自体元金を食っ, が肉親の父, が肉體にも或, が肌身をほか, が肥料なしに, がを並べ, が肺臓切開が約, が胃の腑が丈夫, が胃潰瘍の痛み, がが太, が背むしはふり, が背丈はすくすくと, が背景を換える, が背面の藁戸, が胴ッ腹で受けた, が胴元も張手, がく調査, が能楽渡来以前既に念仏者等, がは反, が脚がかりなどといふもの, が脚下をごらん, が脚絆のあいめ, が脛囓りぢ, が脱営兵の殆ど凡て, が腕ずくでも手, が腦震盪を起し, がぼったき眼, ががふらつい, が腰っ骨が男, が腹の中の身動き, が腹立紛れに人, が膏薬を求め, が脱ぎに, がもすんなり, が膿盆の中, が自らさう標榜, が自ら思索するのみで, が自分のはひつ, が自分ひとりは覺悟, が自分一人でやった, が自分正直に失望, が自分眼っかちだしきのう, が自分達の合議, が自国語による簡単, が自我はただ, が自治委員の言い分, が自然国中全体に此組織, が自然科学のそれ, が至上の善行者, が至当であるか, が致し方もない, が致方は無い, がへるその, がに乗じた, が興行の折, がは動かなかった, が舌打して, が舞台全体としては観ない, が舞台外ではかれ, が舞踏のほう, がは容易, がで風, が船べりを舐め, が船客の中, が船底が高くっ, が船橋上の高級船員, が船頭は一向, がは近付い, が良い了簡で, が良子の脚, が良寛の書, が良寛さんが溺れ死ん, が芝田要の熱情, が芥川の書いた, が芥川氏は窓硝子越し, が芭蕉のはどう, が花房一郎はそんな, が花束を渡さない, が花栄はその, が花簪が傾い, がの精髄, が芸苑の春, が芸術化の過程, が芸術家は, が芸風は彼等, がだったあまり, が苟も支那たる, が若い衆が案内, が若しもつと想像力が, が若しも実際に妻, が若手のさ, が若殿樣の方, が若草の浮ぶ, が辛した, が苦しい生活の, が苦しかった, が苦し紛れに噛んだ, が苦り切っている, が苦り切ったま, が苦心努力は空し, が苦諫の効, が英一君はその, が茂公はこの, が茉莉の顔, が茶碗の中, が茶谷金弥は極めて, が草臥れ抜いたからだにこれから, が荒れた厩の, が荒川より近く, が荘厳にも優しい, が荷作りの合間, が菊之丞の心, が菊子は案外, が菊池党のよう, が菊王はなつかし, が菓物屋のお, が菜の花や薄, が華やかな人通り, が華厳の滝, が華奢じゃありません, が華奢ぢやありません, が菱川はかれ, が萌黄の金入, が萩原の地面内, が萬兩分限の藤屋, が落すように, が落ちないのだ, が落主が直ぐ, が落日に対して真に, が落書きにも国宝級, が落款があっ, が落莫たる人生, が葉子の美しい, が葛飾のもの, が葡萄棚の入口, が葦原醜男は彼, が古人即ち, が蔵人は少し, が薄化粧に口紅, が薄墨色に空, が薄墨華魁に入れ揚げ, が薔薇はむしられた, が薩張りわからねえ, が薬屋らしい山気, が薬缶ののっぺり, がの如き, が藍子は夕方小石川, が藤六はいい, が藤兵衛の代理格, が藤原の心, が藤夜叉はすぐ, が藤子私を堅く, が藤孝は組, が藤屋氏は近々, が藤次郎は息, が藤沢以外の同人, が藤波金三郎とお, がをつけられます, が藥王品を誦しつ, がの衆, がのかげ, が藪木の花, がの丈, が蘇我氏のか, が蘇鉄の大, が虎共は一時間, が虎髯の生えた, がの音, がの姿, がだ蛾, が蛾次郎もここ一生, が蜀軍の内, がはまだ, が蝋燭の燈, が蝶鳥の几帳, が蝸牛の鼻, がすという, が血だらけのナイフ, が血みどろの海鼠綿, が血液の中, が血紅色の龕燈, が血色よく胸, が衆人環視のなか, がつたかと, が行きはちゃんと, が行きたいけれどいつも, が行きつれ立ち交る, が行った先は, が行動性にとみ, が行届いた愛情と, が行灯が消える, が行者は相, が行路の人々, が行進曲の調子, が行長の投げつけた, が衛兵長の靴音, が衛養療法や静座法, がを牽き, が衣類に対しては無感覚, が表紙を開けた, が表面ここに集まった, が表面奇怪な丈, が衰微し行く教権, が袋井を通り抜け, が袋探偵は腕力, がに羽織, が裏門の戸, が裕佐はもう, が褒賞の方, が西村はパイプ, が西村家にとってはこれ, が西洋人の書いた, が西行として見れ, が要するにちょっとやれば, が要領を得た, が見えたのは, が見すぼらしい風采で, が見ず知らずの方, が見た目のさしわたし, が見事撃退された, が見合いの日, が見掛けた目にも, が見晴らしはどこ, が見栄坊の父, が見物は相, が見物人の沢山, が見物席にいる, が見知らぬ男は, が見識の高い, が見透しのどこ, が覗いただけで私, が覚兵衛はお, が覚者にはそう, が親友がしっかり, が親譲りの秘伝もの, が親達は子供, が親鸞においては, が覺束ない足取り, がにも留まらず, が角井にし, が解らなくても構わない, が解らなくなってしまいました, が解る気が, が解決が出来た, が言ったら最後五人とも, が言つていいだらう, が言つてしまつてから言, が言わなければ本当に, が言わねば卑怯, が言われなくても種吉, が言わん方なき, が言戦い無用なりと, が討つ気は, が討死の覺悟, が託磨中村などを諭す, が記録にはただ, が訝かしい事には, がり易く, が設備のある, が許可を得る, が許由受けず之, が訳してしまっ, が診察を受け, が註文通り火鉢に湯沸, が詞章の部分, が試みに手, が試合の時, が試験は別, が試験場を出る, がが詰っ, が詩人芭蕉は又, が詩界から散文界, が詫びを云い, がじつめると, が詮方がない, が詰るところ天一坊の, が詰手は幾つ, が詰襟と帽子, が話しかけたその瞬間, が話せなければ話せない, が話中の人, が話題は彼, が詳しく云えば, が誠にご不運, が誤解なさらないで, が説教日は度々, が説明をきく, が読めば読む, が読書すること, が読本と出席簿, が読者は私, が誰かがその, が誰か一人が身じろぎ, が調のため, が調べてみる, が請求書という巧, が論点が混乱, が論理を待つ, が論理的に現, が論理的形式として末, が諧謔的精神は少から, が諸君ここの戸, が謀叛を企てる, が謀叛人の妹, がを掛けられ, が謙造の用, が講義は教授, が謝肉祭の扮装舞踏, が謹んでその方, が證據が一つ, が警護の武士たち, が警部は最初, が議会も会社, が議論はともあれ, が譲治には何, が護衛兵の一件, が讀み終つてそれ, が讀んだものは, が讀後何かしらん一篇, が變死人と解つて, がの入り口, が谷五郎は強か, が谷底にはすぐ, が谺返しに, が豆太郎は豆太郎, が豊島の人間, が豊麻呂は待ち, がの上, が豪傑は我々, が豪傑肌の父親, が豪傑自身の着物, が豪奢なウッドワード, が豪快蒲生泰軒深くみずから, がての覺悟, が豫てこの大, が貞勝の与えた, が貞子は至って, が貞子さも仕事, が貞氏はついぞ, が貞顕はたたみかけ, が負けてゐない, が負けじ魂から滅多, がと不幸, が貧民と病人, が貨幣はその, が貫目というもの, が責任はあっ, が貴下の言語, が貴島君今どこに居る, が貴方お金があります, が買つた時は千八百八十七年, が買手がつかず, が銀が, が賀川市長は島村, が賀節朔望二十八日の登城, が資本だの搾取, が資本家にとってはまだ, がは更に, が賢俊御坊にはこれぞ, が賽日でもあろう, が一位は, がでも小判, がんぼ, が赤ン坊の叫び声, が赤井の発作, が赤旗を捲い, が赤穂の浪人めら, が赤穂浪人だという, が赤銅色を帯びた, が赦免の下らぬ, が走り出す前に, が起き出て土間, が起き出でたものは, が起ち上がりから, が起居が石臼, が起稿後半月を過した, が起訴方法はどう, が起請文が自分, が超現實主義者らが, が越王勾践は会稽, がのこの, がが違, が趣意もつけられねえ, が足音を聞く, がいて, が取ってから, が跫音を忍ん, がは一本, が路易はそれ, が路頭に迷う, がって岩下, が踊りの下地, が踏みつけても踏みつけ, が踏切りの見える, が踏臺が無い, が躊躇しては, が躍起となっ, が身ども息のある, が身なりはちゃんと, が身体中になん, が身体中疵だらけで夜露, が身扮は大した, が身綺麗な服装, が身許照会をし, が身軽るくさ, が身震いを一つ, が身體を廻, がはいう, が車内にもプラツト, が車夫はその, が車輪の周囲, が軍事援護係の楯夫人, が軍人特有の四角ばつた文章, が軍旅の費え, が軍部の奴ら, が軒先に, が軽く会釈を, が輕業娘の輕捷さ, が輿入れしてから, が轟玄八即時左手を放し, が轢死者の衣類, が辛いといったら, が辛うじて足を, が辛夷は似, が辞令も革鞄, が辞典を片手, が辭典を片手, が農業と工業, がはまた, が辻堂の前, が近づきになっ, が近づけませんいや寄っ, が近世に到る, が近代の画家, が近代日本のこの, が近代科学者ではなかっ, が近年初演の伊勢物語, が近年都に住もう, が近所の本道, が近江之介, が近習その他は逃げ, が近藤はそんな, が近藤夫人の譲吉, が近藤家の勝手, が近藤憲二が僕, が近郷の人々, が返すにゃおよばねえぞ小僧, がも忙しかっ, が迷いを断っ, が迷惑にも拘らず, が追い追いその沈黙, が追っかけて見た, が追加された二幕目, が追貝村の書上, が逃げもしなかった, が逃げられるほど追いたくなる, が逃げ足は早い, が逃亡のつもり, が逃足も早い, がにあまり, が逆立ちすると, が透かさず指を, が透明人間は博士, が逐一犯罪は, が途方もない, が途端に怪訝, が途途どうしても梨, がにひと, が通された部屋は, が通れるのなら, が通常の場合, が通路は塞がれ, が速度のついた, が逢おうと思った, が逢ってみ, が逢つて見て, が連れ添う女房では, が連中には同じ, が連絡だけで, が遁傷でご, が遅かった, が遅れてはいっ, が遅れたのは, が運用の仕方, が運転室におさまっ, が過まッた, が過渡期である, が道場から母屋, が道士の無口, が道夫は大きな, が道子へは愛嬌, が道普請は昔, が道程の遠く, が道綱の元服, が道行にしろ, が道行きは茶の湯, がつたところ, が違うらしいのだ, が遠路でも駈けた, が遺言のやう, が邪魔するは, が郁子はやはり, が郡山へ着いた, が部下の者, が部下どもの探り, が部落への曲り角, が郷土史家の一史眼, が都会の散歩者, が都民の愛賞, が酒井は困っ, が酒呑根性で今一盃, が酒屋に一ッ, が酔うとすぐ, が酔ってはい, が酔ってるとこ故, が酔夢朦朧とした, がならば, が酸素の鉄管の, が里好はそれ, が里見氏は姑, が重太郎の冒険, が重科を赦免, が重荷を積んだ, が重量がかかる, がの景色, が野分のあと, が野蛮極まりないブルジョア, が野釣りは玉網, がと質, が金そのものよりも鍛冶富, が金三郎を許した, が金吾は, が金州方面に達した, が金庫のとび, が金持だろうねえ, が金持ゆゑ極我儘, が金梃なら出來, が金棒曳らしい中年者, が金歯を嵌め, が金氏は怒, が金田はもう, が金蓮はいつ, が金貸をした, がの音, が釘付けにされた, がは鳴らなかった, が釜吉は健康, が針さしの下, が針助の手, が鈴子よりも鶴雄, が鈴江と駒雄, が鉄心道人はどうして, が鉛筆の色, が銀ちゃんはどこ, が銀二郎の行動, が銀座日本橋をはじめ, が銀座通は昼間, が銚子を持参, が銭占屋も年, が銭形の親分さん, が銭形平次が中, が鋤先にはいい, が鋳たものが, がが確か, がで刺す, が錦絵のお, が錯覚と笑, がと焜炉, が鍛冶町へも来ない, がは思う, が鎌倉行きの祟り, が鎮子には慇懃, がじゃとても, が鐘釣温泉から猿飛, が鐵心道人はどうして, が鑑定の結果, が長からぬ内, が長くは続かなかった, が長さんの仕事, が長三郎は此時, が長兄の武重, が長唄においては言葉, が長崎を立つ, が長崎渡りの珍菓, が長政は妻, が長江の水, が長火鉢の前, が長男は使う, が長羅の身体, が長袴に附いた, が長襦袢一つのお, が門亡者にした, が門司から船, が門番の答, が門閥のない悲し, がったばかり, が元七年, が開いてみる, が開き直って今晩, が開けばたちまち, が開け閉てされ, が開場時間が切迫, が開巻第一, が間もなくこわごわ素直に, が間もなくまたやって来て, が間もなくフッと思い切った, が間抜け奴は挨拶, が間近に来た, が間違ひに, が間違いでめでたいめでたい, が間違えたんだ, が間違ひもなく武家, が関の山だろうじゃ, が関わぬもはや関わぬ, が関東の将士, が関羽は常識家, が関西五路の顔役鄭, が閣下山木は閣下, が防疫官たちのあらゆる, が阿呆以上の阿呆, が阿波守重喜だけは当面, が降るとしてもさてさて, が降ればよい, が限りなく深い, がにはさ, が陣中だし, が陣痛はだんだん, がの袖, がは敏捷, がに近い, が陸口に着い, が陸地へ行くなら, が陸奥の北畠顕家, が陸軍では知らない, が陸軍病院の慰安, が陽炎に乘, が隊長はいなかった, が階上にも階下, が階子段の下, が階級として搾取者, が随分大食と, が障子越しの廊下, が徳の, が隠された良い面, が隠してももう, が隠れるにし, が隠者の歌, がの御店者, が隣家からは誰, ががねの臆面, がが二度, が雑誌の正月号, が雑駁な作家, が雜煮へは釜, が離れたと思う, が雨垂とも血, が雨期は低迷気味, が雨風の音, が雪明りに見た, が雪江は何, が雲南府で学生, がか地震, が電文は意外, が電話が済む, が霎時経つと, が霎時經つと眩い, がや雪, が露伴の名, が露国へ行っ, が露悪家を装う, が露柴はうん, が露西亜の革命党員, がとか緑, が青っぽい羽二重の, が青年団や消防組員, が青年部一向評, が青桐の芽, が青葉の茂み, がかに顧み, が非人や代, が非公式に出る, が非常管制となり, が非業に殪, が靡きかかる煙の, がは覚え, が面倒くさそうに, が面白え怖, が面白いな, が面白くない先生, が面目ないの, が面食つて居るから, が革命力の高揚, が靴下を吊る, が靴足袋をはい, が鞦韆に乗っ, が韓遂はまったく, が音樂が僕, が音次郎を殺した, がを追って, が順慶の告白, が頑固な叔父貴, が頓智で, が頭上に山, が頭巾も被らぬ, が頭髪はそれ, がを含ん, が頷く状にて, が頼みに思つた父, が頼むべき親戚も, が頼もしい変化だったでしょう, が頼るべき何人も, が頼宣気がつかない, が頼春は動かなかった, が顔つなぎなら酒, が顔立ちには特色, が顔色の変っ, が顔馴染みの番頭, が顕家の南下, が願えますものなら, が顧みて何人, が風の音は次第に, が風体を見る, が風呂からあがり, が風呂場へ入っ, が風説は雲, が風邪を引いた, が風雪の夜, が颯と翠に, が颯然とその, が附いた手先, が飛びかかっては行かなかった, が飛んで行く, が飛鳥川の淵, が食ってしまっ, が食べ物の関する, が食事窓がそれ, が食堂を出る, が食後の顔, が食慾の中, が食欲はしっかり, が食用の紅茸, が飯場の若い衆たち, が飲めないものは, が飽くことない, が飽くまでさりげなく, が飽くまでも探し出して, が飾磨の浜, が養子の賢三郎, が餌箱の中, が餓鬼をしょっ, が餘程急いだと, がの大, がえた動物, が馬市も明日一日, が馬車は急, が馬鹿馬鹿しければ馬鹿馬鹿しい, が馭者はそれでは, が馴れない仕事に, が駄弁はこの, がの西端, が駅舎から全, が駈けつけて来た, が駒ヶ岳は東, が駿介以外の者等, が騒々しい酒宴の, が破と, が驟雨の凄, がの細い, が骨相学や人相術, が高い方の, が高宗本紀を驗, が高山の羊飼, が高木はなおも, が高橋にさう, が高田郡兵衛のこと, が高輪筋へはいっ, が高野はこの世, が高野豆腐を一つ, が高音いま一度考え直して, が髪の毛の薄い, が髪長彦はまず, がの梅, が鬱憤はなかなか, が鬼神の瞳, がの窓, がの国運, が魔王の浅間, が魔道の酌, が魚芳は相, が魚軒は推重, が魯迅さんに会いたい, がを遁, がでも釣った, が鰐淵寺の寺船, がの催促, が鳥打帽を阿弥陀, が鳥旦那は, がを入れ, が鳳閣寺の女, が鴈治郎の精力, が鴎外は非, がの丸兵庫, がの意図, ががまた, が鶴子からも雪子, が鶴見あたりまで来た, が鶺鴒はどう, が鷲尾老人は又, が鷺玄庵と聞いた, が鹿鳴館, が鹿の子の姿, が麻布の仲の町, が麻雀は忽ちに, が黄河を渡っ, が黄色鮮やかなレモン, が黒い小さい生きものは, が黒塗の巖乘, が黒塗りの巌丈, が黒岩万五は実, が黒田官兵衛はすぐ, が黒田東陽か, が黙り込んでゐる, が黙阿弥の, がに抛つ, が龍太は咄嗟, が龍太郎はもう, が龜さんにはひどい, がH21もいくらか, がは他人