青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~かかった かかった~ かかり~ ~かかる かかる~ かかわらず~ かき~ ~かぎり かぎり~ ~かく
かく~
~かくし かくし~ かくして~ ~かくれ かくれ~ ~かけ かけ~ ~かけた かけた~ ~かける

「かく~」 15569, 150ppm, 707位

▼ かく~ (3686, 23.7%)

143 如くに 84 如くし 82 如きもの 78 ごとし 70 如きは 65 如し 64 ごとく 58 ごときは 55 ごときもの 41 ごとくして 31 ごとき, ごときこと 20 如きこと, 如くである 18 ごとき場合 16 如きの 14 如き人 13 如き大 10 ごとしと, 如き意味 9 ごとき人, 如き, 如き有様 8 ごとき例, です, 如き場合, 如くその, 如くんば 7 ごとき社会, ごとくん, 如き事, 如き状態, 如く, 如く彼, 通り 6 ごとき事実, ごとき意味, ごとく人間, 如き者 5 ごとき事情, ごとき問題, ごとくその, ごとくわが, 如き事態, 如き純, 如くなれば, 如く歴史, 如しと

4 [11件] ごとき想像, ごとくである, ごとくに, 如き事情, 如き人物, 如き姿, 如き態度, 如き生, 如き社会, 如くば, 如く私

3 [58件] ごと, ごときの, ごときの類, ごとき人物, ごとき夢, ごとき大陸, ごとき性質, ごとき懐疑, ごとき方則, ごとき方法, ごとき時, ごとき次第, ごとき現象, ごとき論者, ごとき運命, ごとき重税, ごとくすみやか, ごとくすれば, ごとくだんだん, ごとくなって, ごとくなるが, ごとくなれば, ごとくば, ごとく人類, ごとく己, ごとく自, だ, だと, である, ですが, 如きも, 如き人々, 如き人間, 如き力, 如き境地, 如き境遇, 如き婦人, 如き思想, 如き性質, 如き時, 如き構造, 如き聯關, 如き自然, 如き諸, 如き議論, 如き變化, 如き類, 如くいわゆる, 如くで, 如くなるべし, 如く一方, 如く人の, 如く人間, 如く將來, 如く路地, 如く面倒, 如しだ, 如しである

2 [197件] あごひげが, あごひげを, ごときありさ, ごときところ, ごとき事, ごとき事業, ごとき人間, ごとき他, ごとき作用, ごとき信仰, ごとき単純, ごとき地, ごとき境涯, ごとき多数, ごとき大, ごとき奇怪, ごとき差別, ごとき市長, ごとき平等性, ごとき広告, ごとき心, ごとき怪事, ごとき態度, ごとき抽象的, ごとき教育, ごとき新, ごとき標準, ごとき欠陥, ごとき毛虫, ごとき永遠, ごとき無, ごとき状況, ごとき祭事, ごとき等, ごとき絵画, ごとき考え, ごとき要求, ごとき観念, ごとき言葉, ごとき誤解, ごとき迷信, ごとき非, ごとき類, ごとき風習, ごとくあらん限り, ごとくこの, ごとくだから, ごとくつねに, ごとくなるに, ごとくなるは, ごとくなるもの, ごとくにまで, ごとくに生を, ごとくまた, ごとくや, ごとく不可思議, ごとく世界, ごとく人, ごとく分れて, ごとく動物, ごとく地名, ごとく多から, ごとく多く, ごとく女, ごとく実隆, ごとく悉有, ごとく氏, ごとく盛ん, ごとく能, ごとく莫大, ごとく論究, ごとく進歩, ごとく道元, ごとしいわんや, だそう, だろうと, では, でも, とおりである, はそっち, は珍, も無理, を忘れた, を見, 倅の, 如きか, 如きかと, 如きが, 如きさもしい, 如きに, 如きのみ, 如き不幸, 如き事實, 如き人波, 如き人生, 如き今, 如き他, 如き偉大, 如き優秀, 如き全, 如き内在的, 如き刑罰, 如き制限, 如き創造, 如き勢力, 如き卑小, 如き始末, 如き存在, 如き客體, 如き小, 如き形式, 如き微細, 如き意義, 如き感激, 如き時代, 如き本質, 如き条件, 如き根源的, 如き極端, 如き次第, 如き歌, 如き歴史, 如き汚辱, 如き物, 如き現在, 如き現象, 如き相違, 如き神, 如き私, 如き種々, 如き精神, 如き結果, 如き美, 如き自信, 如き自然的, 如き舞台, 如き要求, 如き觀念, 如き論, 如き論難, 如き道徳律, 如き量, 如き顧慮, 如くする, 如くすれ, 如くそれ, 如くともかく, 如くの, 如くは, 如くわれ, 如くン, 如く三個の, 如く不安定, 如く主, 如く二つ, 如く今日, 如く何事, 如く使用, 如く候, 如く全く, 如く困難, 如く外国, 如く客體, 如く常に, 如く必要, 如く忠実, 如く我, 如く我々, 如く我が, 如く戦争の, 如く日本語, 如く本能, 如く民衆, 如く汝, 如く海, 如く現在, 如く甚だ, 如く生きる, 如く異常, 如く立派, 如く経済関係, 如く考える, 如く虐待され, 如く複雑, 如く西洋, 如く見, 如く言, 如く調子, 如く馬鹿げきっ, 如しです, 如しという, 月も, 画を, 返事は, 通りだ, 通りに, 通りの

1 [1966件 抜粋] いい朝, お母さまの, かまるで, がこの, が唯一, が癖, が遅筆, ごとか, ごときありさま, ごときこと二時間以上, ごときなんら, ごときはみ, ごときカイゼルひげ, ごときマジナイ, ごとき一系統, ごとき不親切, ごとき主義, ごとき交渉, ごとき人格, ごとき仏像崇拝, ごとき休止, ごとき信仰家, ごとき偶像, ごとき優等, ごとき全一, ごとき前, ごとき動物, ごとき卵, ごとき名作, ごとき哲学者, ごとき困阨, ごとき地名, ごとき境遇, ごとき夜, ごとき奇現象, ごとき始末, ごとき学問理念, ごとき実, ごとき小, ごとき履歴, ごとき差異, ごとき弁解, ごとき形, ごとき微々たる, ごとき思想的, ごとき悲惨, ごとき愉快, ごとき愚弄的, ごとき成功, ごとき打開, ごとき推移, ごとき文人, ごとき方針, ごとき明らか, ごとき時勢, ごとき最大不幸, ごとき有様, ごとき末世的時代, ごとき本質的, ごとき格別, ごとき正しい高い, ごとき比較, ごとき汝, ごとき淫蕩, ごとき状態, ごとき現, ごとき理想, ごとき理論的意識, ごとき生意気, ごとき申し訳, ごとき目安, ごとき碩学, ごとき禍害, ごとき立派, ごとき紋切形, ごとき細毛, ごとき練習, ごとき美, ごとき肖像, ごとき自由性, ごとき菩薩, ごとき行動, ごとき複雑, ごとき解釈上, ごとき言語道断, ごとき認識的, ごとき説, ごとき越後産, ごとき軽き, ごとき逸話, ごとき遺伝世襲, ごとき重大, ごとき関係, ごとき電子, ごとき風, ごとき驚くべき暗合, ごとき鷲, ごとくいう, ごとくいかに, ごとくかく, ごとくこれら, ごとくす, ごとくすること三, ごとくするのほか, ごとくたくさん, ごとくであったけれども, ごとくであるかを, ごとくであるゆえ, ごとくと, ごとくならねば, ごとくなりきそ, ごとくなるべし今日, ごとくに先から, ごとくはなはだしき, ごとくわれわれ, ごとくチベット進入, ごとく一か所, ごとく一切, ごとく一掃, ごとく三顧, ごとく不幸, ごとく中央, ごとく予期, ごとく二回三回数時間, ごとく人たる者, ごとく今日歓迎, ごとく伏して, ごとく信じて, ごとく個性, ごとく光栄, ごとく公然, ごとく処置, ごとく利他心, ごとく効験, ごとく博物学, ごとく叫んだの, ごとく名声, ごとく問答, ごとく団体動物, ごとく多数来会者, ごとく天使, ごとく威儀, ごとく宇宙, ごとく実際, ごとく尊き, ごとく山の端, ごとく幼稚, ごとく形勝, ごとく彼自身, ごとく微, ごとく必要, ごとく意識, ごとく憐, ごとく我儘, ごとく抽象, ごとく推究, ごとく敬神, ごとく数字上, ごとく明らか, ごとく期限, ごとく格, ごとく正像末, ごとく歴史上, ごとく水, ごとく法的正義観, ごとく深い, ごとく漸, ごとく無産者的労働者, ごとく特別, ごとく生き生き, ごとく申し上げまするぞ, ごとく異なり, ごとく盛粧, ごとく知的直観, ごとく神仏, ごとく種々, ごとく筋肉, ごとく美妙, ごとく聖武天皇, ごとく自然, ごとく虚栄心, ごとく西洋, ごとく解するとき, ごとく詩, ごとく語り伝えて, ごとく論じきたる, ごとく趣味標準, ごとく迷信, ごとく遠慮, ごとく限定, ごとく順次, ごとく鬼門問題, ごとしされば, ごとしといひけれ, ごとし神竜, ごと壁は, しあわせなり, だね, であった, でしょう, でなくて, とおりであっ, とおりもうじたばた, とおり立ち会っ, と同じく, には, に十一月十日ごろ, はおれ, はただ, はよろしい, は大小, は或, は田舎者, もいち, もやっぱり, も物憂く, をたのしみ, を四十枚かき終り, を恐れ, ヱノケンも, 依頼で, 口に, 命名に, 大挙湯山行は, 如きこと六反, 如きところ, 如きはた, 如きインテリゲンチア, 如き一切, 如き上, 如き不充分, 如き不覚, 如き中古時代, 如き乞食, 如き二つ, 如き交渉, 如き人格者, 如き人造人間, 如き他者そのもの, 如き何等, 如き偉人, 如き僕, 如き先科學的, 如き全面的合一, 如き共同, 如き内面的, 如き分野, 如き劣勢, 如き勢い, 如き博士, 如き厳重, 如き同志小林, 如き否定的, 如き善良人, 如き国家, 如き場所, 如き増大号, 如き外的, 如き多数, 如き奇怪, 如き委嘱, 如き家, 如き實有, 如き小心翼々, 如き平安, 如き幾人, 如き形勢, 如き彼等, 如き徹底的象徴性, 如き心柄, 如き忠烈, 如き恋愛, 如き情勢, 如き慣習, 如き我儘者, 如き所謂運氣論, 如き指導精神, 如き政治上, 如き文化性, 如き文學, 如き日和見主義的動揺, 如き日本酒, 如き時機, 如き景色, 如き木の実, 如き根底, 如き権威, 如き歟, 如き毛深い, 如き江山, 如き没音律, 如き浩瀚, 如き溝, 如き無, 如き無遠慮, 如き特に, 如き特長, 如き獨立, 如き理由, 如き生活, 如き画, 如き痕跡, 如き監獄, 如き直観, 如き真正, 如き短時間, 如き神聖, 如き稟資, 如き空虚, 如き竹類相集り, 如き精力, 如き統制力, 如き繁昌, 如き考え, 如き能力, 如き腥臭く, 如き自己欺瞞, 如き自然的時間, 如き至大, 如き色調韻律, 如き草, 如き衣服, 如き見地, 如き観念, 如き解決法, 如き詠み方, 如き誤解, 如き變革, 如き輩, 如き遊芸者, 如き過, 如き道徳的, 如き重大問題, 如き長大, 如き関係, 如き階級, 如き隠れた上手, 如き青年, 如き風潮, 如き騰貴, 如き高次的, 如くありたいもの, 如くいかなる, 如くお, 如くかの, 如くしばしば, 如くそこ, 如くただ, 如くであった, 如くなすべしと, 如くならざるべからざるか, 如くなりきこれ平和, 如くなりたい者, 如くなるべからず, 如くなればこそ, 如くもと, 如くわれら聖徒, 如くトンチンカン, 如くマックス, 如く一定の, 如く上下ともに, 如く不敵, 如く主張する, 如く二十五年に, 如く互に, 如く人生, 如く仏教文学, 如く伝達せられ得る, 如く佛教, 如く修行しゆく, 如く健在, 如く先生, 如く兩者, 如く其能楽, 如く内憂外患, 如く冷酷, 如く処罰する, 如く利用, 如く労働と, 如く化合物, 如く南洋, 如く反省そのものが, 如く名実相違, 如く善き, 如く国を, 如く国民間, 如く地下千メートル, 如く増進, 如く多く, 如く大なる, 如く天下, 如く婦人, 如く學問, 如く客体, 如く富岳, 如く小心, 如く峻厳, 如く平和, 如く平民的平等的, 如く延べ, 如く形式上, 如く心, 如く思いあきらめ, 如く性質上, 如く愉快, 如く應仁, 如く所謂間人, 如く指し示され軍人, 如く支那全土, 如く文学以前, 如く旅行は, 如く日本アルプス, 如く昼夜両面, 如く普遍的, 如く月, 如く朝, 如く東西, 如く此人, 如く殿御自身, 如く気, 如く法が, 如く法言を, 如く浜町の, 如く温か, 如く為さんと, 如く無限, 如く爲, 如く物質, 如く献上物, 如く甚, 如く生死, 如く用いられた資本, 如く町人, 如く痛激なり, 如く目的概念, 如く相手, 如く短命, 如く破りました, 如く神は, 如く神的な, 如く秀吉, 如く空間性, 如く簡単, 如く純毛純綿, 如く結婚数を, 如く縦横無礙, 如く罪に, 如く考えるなら, 如く胡応麟, 如く自分, 如く至る所, 如く英国, 如く薄汚, 如く要するに, 如く見るならば, 如く解せられん, 如く試驗, 如く誤解を, 如く變化, 如く資本, 如く辛苦し, 如く迫るその, 如く進めねば, 如く遺棄, 如く都会, 如く鑑賞力, 如く開けた, 如く難い, 如く音楽, 如く首, 如く髯, 如く黒い, 如しこれ豈, 如しで, 如し今さら, 如し外交問題激起せざる, 如し然, 如苦難の, 学業も, 御好意, 感動も, 持ち金, 最後の, 機会だ, 次第と, 海氣館と, 眷族へ, 篤農家も, 考へも, 行くだけの, 通, 通りお願いする, 通りでござる, 通り伝右衛門両手を, 通り摺上も, 通り用意が, 通り誰様にも, 通り食べ酔いまし, 陰から, 食慾を

▼ かく~ (3523, 22.6%)

63 彼は 35 私は 21 二人は 2018 彼の, 彼らは, 我々は 11 最後に 10 ここに, 私の 9 それは, 人々は, 彼等は 7 すべての, 彼らの, 彼女は, 社会の 6 これらの, その日, 一切の, 主體

5 [11件] かれら, その年, それが, ついには, われは, クリストフは, 一般に, 二人の, 多くの, 存在の, 科学の

4 [14件] また我, わが, 今日の, 問題は, 大藤村の, 妾は, 彼が, 彼れ, 我は, 我等は, 日本は, 穀物の, 遂には, 道元は

3 [38件] あるべきに, いふ, これ等の, その人, その夜, その翌日, それの, またこの, われ, ジャン, トロイア軍勢は, 一定の, 世界は, 両者の, 凡ての, 労働者は, 国の, 地代は, 夜の, 始めて, 子供は, 孤り, 帝の, 彼に, 彼女の, 彼等の, 我等の, 日本の, 時刻も, 最初の, 最後の, 氏は, 永久に, 物質は, 真理は, 空間は, 自然科学と, 資本は

2 [177件] あなたと, あらましを, あること, あるべきならねば, あるまで, あれども, いそぐほどに, いまや我々, いよ, お銀様, かれの, ここから, この事件, この場合, この方面, この日, これと, しばしばこの世, すべては, そこには, その人々, その徒, その御子, その意味, ともかくも, どんどん進ん, はからず時, わが命, わが目, わたしは, われわれの, われわれは, われ第, アカデミーは, アントアネットは, イデオロギーの, カントの, ジャーナリズムは, プラトンの, ヘーゲルの, マリユスは, ヨブは, ヨーロッパの, ルパンは, レンズを通して, 一二年の, 一定形態の, 一方には, 七兵衛は, 七十五にも, 三年の, 三年ばかりは, 三日作業を, 三日目の, 不毛を, 世の, 世も, 之は, 予は, 二十頭の, 二將は, 二月の, 五分時を, 五日と, 人生の, 人間の, 人間は, 人類が, 仆れぬ, 今松, 余は, 作家は, 個性に, 僕は, 先生は, 兩者の, 其冬雪中に, 判断は, 刻々と, 前の, 劫初の, 労働の, 十分許り, 各個人, 后弟別家する, 君の, 吾人は, 唯物論と, 問題の, 器の, 地上には, 坐れり, 堂々と, 外国貿易は, 多数の, 夜に, 大沼の, 学問は, 学問性は, 安けし, 屍體を, 山へ, 弁証法は, 後に, 後には, 後我は, 徳川時代に, 心持受け口で, 思想の, 思想は, 意識の, 我々二人は, 手工の, 批評は, 新聞は, 新聞紙は, 日の, 日も, 日曜日の, 映画の, 時の, 時を, 暮れゆく, 暮れ晩には, 村の, 某は, 次の, 此あり, 此の, 此日一日は, 武松は, 歴史の, 母の, 氏の, 涙の, 渠は, 湿らば, 無数の, 現在の, 現實的, 理解は, 生命の, 目を, 破滅を, 社会人の, 社会学は, 神の, 私が, 私どもは, 答へて, 米友は, 綺麗な, 自分は, 自殺した, 自然の, 自然は, 自然科学の, 芸術に, 虹汀は, 表現は, 見よ遂に, 見恍, 親しく燦爛, 資本主義下の, 起きゐて, 車臺の, 軍部日本人合作の, 轟の, 退院と共に, 途も, 遂に自分, 過ぎた, 陣中に, 願はくは, 香に, 魏は, 黄金丸は

1 [2641件 抜粋] あたかも假面, あな暮れ, あらゆる場合, あらんや, ありなむ, あるも, あれか, いくたりか, いつしか親, いまの, いよいよ十四日, おいしい腹, おとづれるだらうといふことをわれわれは信じ, およそ宮廷人, お角さん, かかるま, かしこにて, かなりの, ここにも, この一廓, この両手, この地球上, この島山, この敵対, この荒れ, この難事件, これら予備の, さしも新, さらに進みゆく, じゅうぶんに, すなは, そういう作品, そのかみ伊弉冊が, そのスミレ, その優良, その単なる性格, その坊, その多数, その家人, その思想, その月十六日, その生産物, その給仕頭, その資本, その随身, それっきり今日まで, たいがい空間に, たとえば, ちょうど私, ついに警察, つまらない失策, どこにも, なほ声も, なやめど, はても, はや青白く, びつこをひいてゐたのでその, ほ, ますます加わっ, またすすり泣き, また一週間, また五年, また吾, また暗き, また薄らぎ弱る, また顏, まるでパン, むしろ死, もし右, もし必要品, もし貨幣, もはやジャックリー, やむべきに, ようやく皆, よく分らん, わが世, わが永久, わが身に, われらなお, われ憂ふる, アカイアの, アカイア軍勢を, アガリは, アフリカの, アレースに, イバンスと, エホバと, カムヤヰミミの, カント学派的問題, クスバの, ゲルマン人は, ゴンサロ・ピサロは, シスモンディ氏及び, シルヴィヤの, スペンサーは, タケシウチの, デパートに, ドイツが, ドーブレクの, バーユー将軍が, ビルダデは, フィヒテ自身の, フランスの, ブリュジョンは, ブルジョア社会科学は, プラグマティズムは, プロレタリヤは, ベートーヴェンが, ポーランド王位継承戦争, マルコ, メジチ家其の, ヨブに, ラスクに, レンブラントは, ロンドンから, 一つの, 一七五七年には, 一九一七年十一月七日は, 一八一〇年に, 一同は, 一寸二寸と, 一方を, 一日は, 一段と輝かしく, 一箇の, 一葦帯水の, 七人また, 万事うまく, 三乗三従の, 三十分ばかりにて, 三年ばかり, 三楽の, 三路から, 上陸し, 不定の, 不破の, 世が, 世代の, 世間からは, 両方で, 中門を, 久ふし, 乾くか, 事件は, 二〇〇〇〇〇磅に対する, 二上山の, 二十三節以下の, 二年の, 二虎の, 五六十年の, 交渉的存在の, 人は, 人形は, 人目も, 人間的心情は, 今では, 今や二つ, 今や科学主義工業家, 今日は, 今日彼の, 仏像作家に, 他国民, 以前と, 伯爵と, 何だか一生懸命, 余が, 作る者, 例えば断続量, 例の, 供給は, 信忠と, 修道院は, 倒れ伏, 偶人劇の, 僕を, 元来一定文化内容であった, 先づ石門, 全き, 全人口数, 全衆これに, 兩山相仄し, 兩軍相對し, 八月長谷川小倉三枝及び, 六世紀に, 六月十七日に, 兵船の, 其の年, 其時太祖に, 内より, 冬の, 出雲の, 初代の, 刻みを, 前後十二年を, 努力の, 労賃の, 勝尾寺の, 匈奴の, 北沢事件はとに, 十一時すぎインシュリン打たせ, 十一歳の, 十五夜に, 十六世紀の, 十日の, 午前十時を, 午近く, 南郡襄陽荊州の, 単に行政上, 原敬が, 又自然的生, 友人の, 取引所の, 古門村には, 司馬懿父子は, 同じ運動, 名号に, 呉の, 和帝は, 品性を, 哲学的範疇による, 唯物論は, 問題選択に, 單に, 四五疋殺した, 四月十日に, 国民的衰退に, 地の, 地表の, 基本的の, 声も, 夕闇の, 多衆概念, 夜中の, 大人の, 大川に, 大捷を, 大詰迄, 大騒ぎを, 天子は, 天皇が, 失敗に, 女性は, 妾の, 威圧的に, 嬢の, 存在と, 孤児の, 学界は, 宇治山田の, 安直と, 宗教は, 官渡の, 実用主義の, 実践的原理の, 実験期間を通じて, 客體は, 宮内省からは, 密集は, 實際に, 將た, 小暗き墓, 少女は, 尾張の, 山を, 山治家の, 岡を, 島田三郎と, 左京之, 帝釈は, 常識, 年は, 幻影消えゆけ, 幾月かを, 広義国防という, 庭園事実都会の, 引き別れ, 彼においては, 彼を, 彼女はか, 彼等においては, 彼足を, 後は, 後時の, 徐々に酸素, 御一代, 御旅装, 徳大寺様おつきの, 心のみ, 必然性といふ, 忠も, 思ひ棄てんは, 思想局も, 性格的真理は, 悉有仏性の, 意味が, 感情の, 懷疑論や, 我々病人は, 我らは, 我曰ふ, 或る, 戰利を, 所謂世論や, 手前らは, 技術は, 折角の, 振り返り首台, 支那では, 政治という, 敗れた魂, 散木集, 数日の, 敵の, 文化的内容と, 文学は, 文芸は, 新カント派流, 新築の, 方法の, 日ならず, 日和下駄蝙蝠傘と共に, 日本問題が, 旧社会, 明和四年に, 明朝こそ, 明治六年キリシタン禁制の, 春は, 昼日中でも, 時間も, 暗いランプ, 曰ふ, 書かれた, 曽ては, 最優等地, 月日に, 朗々の, 木幡の, 本当の, 本質的生活に, 杭州に, 東晉の, 東海道を, 果てしなき風, 梶川少年は, 極度の, 構成される, 橘樹は, 次へ, 正しき合法, 此岸性, 歴史と, 歴史的時間とは, 死ぬとき, 殺しぬ突き刺しぬちぎりなすりぬ, 民の, 民衆の, 水上の, 永い年月, 汎アジア主義が, 汝を, 沙漠をも, 泉流豐か, 法然は, 流れて, 浮き世の, 消滅する, 清水隧道は, 湯作新は, 滞留する, 漸く一五二七年, 激しいもの, 無上の, 無時間的永遠的, 熊の, 父から, 物いふ, 物理的に, 物質が, 犯人久五郎と, 狭義に, 猛烈な, 王莽は, 現代に, 現在する, 理論と, 生きるため, 生まれたる子, 生命は, 用役と, 由比ヶ浜を, 留るた, 瘡の, 白糸は, 皆乾き, 直ちに清兵衛, 相共, 相方満足する, 眞先に, 瞋恚の, 知識の, 石の, 研究は, 社会的関係が, 神以外の, 神林伐採の, 秀吉の, 私には, 秋月九十郎は, 科学的精神は, 程近き, 空く埋るべきか, 空間概念が, 立つ場合, 端なく, 第三等地, 第二等地, 答ふらく, 米友と, 約一時間, 純粋経済学の, 紳士の, 終日彼の, 経済的発展の, 結局シェーラーの, 絶えなむ, 綿竹関も, 續い, 義弘は, 翌二十五日, 翌日まさに, 老媼が, 聴水は, 能の, 自ら身分の, 自己の, 自滅を, 自然的行程により, 與へ, 良き夫, 芸術家が, 英人は, 英米独仏の, 華麗の, 蓉子を, 虚偽意識, 蝋燭は, 衆人口腹の, 衆軍炎々の, 行くこと百余里, 製造業者が, 西方より, 西田哲学は, 要素的ヒューマニズムという, 見よ世, 見物の, 観念的要求といふか, 詩は, 論理が, 論証の, 諸神, 豊臣秀吉が, 貧しい埴生, 貧民は, 貴族の, 資本制社会における, 趣味という, 軍事界は, 農業の, 近代の, 近時に, 追懐は, 進んで, 遂にまさしく確實, 遂に生活資料, 過ぎて, 過去は, 道徳的実践という, 部屋に, 都城に, 重ねて, 野生の, 金髮メネラオス飛箭に, 鐙小屋の, 長安寺の, 開闢以来空前の, 阿弥村に, 陣中牛屠り, 階級性は, 雀の, 霊地の, 静子の, 革命の, 顏囘の, 食事を, 飽くまで我, 駄目夏も, 驚くべき勢力, 高坂甚内は, 魏蜀戦え, 麓の

▼ かく~ (925, 5.9%)

21 多くの 10 多数の 4 尨大な, 急速に, 明晰に, 私の, 美しいか, 長い間 3 お前の, すみやかに, 怖ろ, 易々と, 深刻に, 見事に, 豊富な

2 [53件] あったろうかと, あらんかと, かくも, はっきりと, はやく燃焼, わびしき野, 一人の, 一般に, 一般的ならしめる, 健康が, 判明に, 執拗に, 多数に, 多額の, 大きな比率, 大なる, 奔放な, 妬げに, 密接に, 巧みに, 幸福に, 強大な, 彼の, 彼を, 恐るべきもの, 悲哀な, 悲惨な, 慣れて, 懦弱に, 揃って, 明晰で, 明瞭に, 民衆に, 決定的な, 深く憤り, 無惨に, 無数の, 眞心から, 私たちの, 美しいの, 美しき姫, 美しく見せ, 自然な, 色よき, 見事な, 親しき, 親しむとは, 辻ツマの, 迅速に, 醜くさせた, 長くその, 青く, 頻々と

1 [743件 抜粋] あからさまに, あさましき迷路, あつたら, あらうか, あらま, あり短, あるの, あるべき, あるべきもの, ある道, あれその後, あれ実際, あろうお, あろうか, あろうかとの, あわただしく騒ぐ, いたいけなる, いつまで, うるわしくかく, うるわしくついに, おそく定めた, おちくぼませる力, お尋ね致した, お心づくし, かたい愛着, かなしき, くどくどと, くるおしくわが, こういう身性, この事件, この辺, ご憐憫, さみしく口ずさみ, したしと, しばしば世界, しばしば挙げた, すさまじくかく, すべての, するの, その社会的地位, その門口, たびたび死地, たやすく仇敵ども, だしぬけに, つまらざるもの, なしだ, なし香, なるくらいの, なれ子, にわかに方向, のし侍る, びっしゃり圧しひしゃがれ, ふしぎな, また廉白粉, また汝, まぶしく, みこと, みづから, むなしき石人, もろく潰滅, やさしきこの, やさしくいだかれ, やすやすと, ゆかしく名, ゆたかな, よい教え, よく保存, よく入り乱れ, よく回る, よしわれら, りっぱな, わが目, わが肩, わが血, アキリュウス其親友の, アキリュウス激しく, オヂュシュウスチュウデーデースもろともに, チベット人は, ネー若し, 一堂に, 一心不乱に, 一応先方, 一旦は, 一時に, 一目散に, 一般的な, 一遍往って, 万人に, 不均衡, 不思議な, 不測な, 不真面目, 世界に, 世間を, 主人光秀を, 久しくまた, 乱らが, 二丈も, 二人切りに, 二百五十石の, 人を, 人心を, 今おも, 仏道を, 他人の, 仰天し, 伺ひませう, 似寄りまた, 低い貧弱, 余すところ, 余儀なくさせる, 來せる, 侍ふたりである, 偏狭な, 傲然として, 優れた作, 優美な, 光沢美しく, 全く相異, 兵たる, 兵馬が, 冷やかに, 冷静に, 凡庸な, 削減され, 労苦に, 勢いづけて, 単調に, 印度王族の, 厳秘に, 反する主張, 古くさい様式, 古書畫の, 古風な, 叫びつ, 叫び曰ふ, 台所の, 吾妻鏡を, 周知の, 命の, 商売を, 問題的と, 善くかく, 善良で, 喜んで, 嘆きに, 地方の, 城の, 執拗な, 堅く離婚, 墓地に対して, 壮絶な, 変らせたまうもの, 外国の, 多いという, 多いといふ, 多く用ひ, 多勢の, 多数を, 多数者が, 夥しく焚きなされ, 大いなる, 大きい希望, 大きな一団, 大きな尊敬, 大きな広告, 大きな目的, 大きな社会, 大なりき, 大切に, 大多数者, 大胆に, 大規模, 奇妙な, 奧深い, 奸黠に, 如上の, 妻を, 安穏で, 完全な, 完全に, 家の, 家へ, 容易く応諾, 容易すく, 寄せんとは, 寛大な, 尊い一瞬, 尊きもの, 小幡に, 少ないの, 峻烈に, 巧妙な, 巾広き, 布引氏を, 平らかなる, 平凡きわまる, 平和な, 平常の, 幻妖なる, 幼く打出, 幽邃な, 幽邃なる, 広大に, 広大無辺な, 廻ったの, 弁論の, 強い好戦欲, 強い頭, 強く感ぜられてる, 強く持っ, 強大に, 強硬な, 彼らを, 御熱心, 心あつき, 心持よく, 必死に, 忘れし祕めごと, 忙しくその, 思つ, 思はれる, 思へるなり, 急に, 急激に, 急病の, 性懲りなく, 恐るべき特権, 恐ろしき, 恐ろしき事情, 恩人でありました, 息子の, 悦ぶ人たち, 悩ましく胸, 悩乱せしめた, 悪魔の, 想いて, 惹きつけかく, 愛してると, 愛せら, 感奮せしめる, 慇懃に, 憂愁の, 憔悴しきった, 成りいづ, 我らを, 我を, 我儘なる, 戦々兢々と, 手ぎわよく, 手の, 手間取らずに, 拙劣である, 捉え得たの, 捕り手, 擦破するの, 故ら, 教育は, 整然と布置, 文芸を, 斬新を, 日が, 早くいっ, 早く愛兒達, 早く支那, 早く死滅, 明日召連れ, 明白に, 昔から, 春の, 昼間は, 普遍的なかれ, 曰ひつらむ, 有利な, 有名なる, 望ましいもの, 朧げに, 本質的な, 本質的に, 果しなく, 果敢なく人, 栄えたの, 楽しき恋, 楽しき酒, 榮ゆる, 樂しき歌なら, 樂しき酒なら, 樂しく, 欧米の, 歌ひ, 歎く, 正しく現世目前, 正確に, 此二書を, 死なんばかりに, 死闘し, 残虐な, 残酷に, 氏が, 気儘に, 氣高く, 求むる所, 汚されん, 汚れた女子, 汝努むれ, 江戸へ, 決死の, 沁, 注意深く觀察, 活, 浦上に, 淋しく別れ別れ, 深い悔い, 深い溝, 深くかく, 深く空虚, 深刻な, 深遠な, 清らに, 温く愉しそう, 満足に, 漸, 激しく怒る, 火の, 炎天に, 無性な, 無情よ, 無意義に, 無意義の, 無能低劣なる, 無邪氣, 熱望され, 熱望する, 熱誠を, 燃えたって, 狂おしく弾み出した, 狡智な, 狭い御府内, 狼狽し, 猛威を, 現しく, 現実主義に, 現実的である, 甘く考へられる, 甘美で, 生々たる, 生かされては, 生は, 生れながらの, 男らしい力, 畏しく, 異なれるそれら二つ, 異国的な, 異教の, 異様な, 病むかを, 痛き人, 的確とは, 的確に, 盛んに, 盛大に, 盲目的に, 相当厄介, 相手は, 相違せる, 眞實な, 真心もて, 眠るかな, 矢つぎ早に, 短い時間, 研究や, 確実に, 神秘な, 神秘的に, 神経質で, 神變不可思議なる, 科学的に, 積極的な, 突如と, 突然に, 立てられるかと, 立派な, 端厳ならしめた, 精密な, 精神的に, 純美術, 素晴らしいもの, 素朴な, 素速く, 細く長く切れた, 絶えず使用, 絶対に, 緊密な, 締りの, 緩慢であった, 纖細な, 美が, 美しい, 美しい名前, 美しい紋様, 美しい結晶排列, 美しきもの, 美しき優位, 美しく生まれ, 美しく組み, 美しく飾り立てられ, 美わ, 聞きたださるるか, 胸騒ぎが, 腑甲斐ない, 膨大な, 自分に, 自分を, 自在な, 自暴に, 興味の, 舌を, 艶麗な, 花咲き輝かし, 若く美しき娘, 苦しいもの, 苦しき日, 苦しみなき, 苦しめた人, 苦心し, 荒れはてた棲み家, 荘厳な, 莊嚴に, 莫大な, 著しく生産費, 薄きもの, 虐待する, 行動と, 衒傲の, 裏切られた処女ごころ, 複雑な, 見苦しき有様, 親しい主従, 親しみ深い, 解しまた, 許しがたい, 詠み得たので, 諸国の, 謙讓であり, 譽を, 變らない, 豊かな, 豊かに, 豊臣家の, 豐な, 質量ある, 趣味ある, 身も, 身を, 軽蔑された, 軽蔑すべき, 辱しむ, 迅速なる, 近い一標準, 途中で, 運命の, 遠い将来, 適切な, 遲れた, 酷きか, 醜いか, 重大な, 重要なる, 鋭い批判, 長々と, 長い月日, 長い間私, 長い間胸, 長期に, 長期の, 闇黒を, 雄大であった, 雄弁な, 露骨に, 静粛であり, 静静と, 靜かに, 面白いヨーロッパ近代社会成立, 頼むに, 風変りな, 館を, 馬の, 驚き, 驚くべき激変, 驚くべき速力, 驚くべく恢復, 驚天動地の, 驚異する, 高いオランダ村落, 高くそばだっ, 高らかに, 高貴な, 鮮やかな, 黄色く古びたる, 齟齬したるや

▼ かくにも~ (248, 1.6%)

4 彼は, 私は 3 当座は, 自分の 2 かなの, この場合, この家, 一藩の, 當座は

1 [224件] あたらない, ある私立中学, いろいろと, いわゆる旗下八万騎, おちついて, おぬいさん, お峯, お弓, お浜, かくの, かような, がんりきの, こうした人参畑, ここで, ここ明け, このイカモノ音楽師, この藤六老爺, この道楽, この階級, この首尾, これこそは, これだけの, こんな風評, ご用心, そういうよう, そちたちの, その一面, その場, その実用性, その日, その末, それでは, それを, そんな生活, どうしても私, どんな人, なる, ほんとうの, むずかしい漢文, めでたい日, よい雨, ようあるべき, ガラッ八, ソンナ調子で, フランスの, ベートーヴェンの, ペンの, ホテルの, 一つの, 一つ話を, 一ヵ寺の, 一国の, 一夏の, 一定の, 一室一燈一人は, 一家の, 一往の, 一流を, 一軒の, 三年の, 三艘の, 不思議です, 不思議な, 世に, 主夫婦, 事実そんな, 二人の, 二本まで, 二等大尉の, 京都と, 京都の, 人の, 人格を, 今までの, 今一目, 今後の, 今日会わん, 信ぜら, 倉地と, 偉人である, 先輩でした, 八五郎ほどの, 公爵令嬢とも, 公道に, 其等の, 凡人では, 出来上った上, 出版業者が, 到らぬながら, 前例の, 劬めて, 医者が, 十人並優れ, 十年に, 千石という, 半蔵の, 古より, 名古屋まで, 吾, 吾輩の, 地べたに, 地図に, 地橙孫さんは, 城持ち, 報告を, 塀外に, 大村歯科医を, 大洋を, 大義を, 女御は, 女流興行界に, 好者は, 宗太に, 宥め励まして, 家の, 小僧を, 屋根の, 平穏な, 引揚げました, 形に, 形式通り大, 彼の, 御引受, 御用商人と, 御直参, 復讐を, 成功であった, 成瀬屋の, 或る, 手に, 手を, 救済の, 散策を, 文化哲学を, 新しい政治, 日を, 日本の, 早くその, 明るく楽しく後味, 明治四十年代以後の, 昔なつかしい, 昨日までの, 昨日半日寝込んだ, 暫くの, 最初は, 有名な, 未亡人は, 本当らしく聞えます, 本能の, 松五郎を, 此時正しい, 歩かう歩かなければ, 歴史の, 死海の, 殺されたお, 民間の, 水神の, 永遠を, 泣けた青春時代, 注目に, 泰さんの, 漢字同様の, 澱んだなりで, 為んと, 無事で, 無事に, 特殊の, 犯人の, 理智の, 生きつ, 生きつづけて, 生きのびて, 生き抜いて, 生みの子を, 異性相惹き, 皆それぞれに, 相反する, 真佐子に, 私一人の, 純然たる, 終止形は, 美しい娘盛り, 肉情の, 能登守が, 自ら祖を, 自分が, 自分等の, 自暴自棄的な, 良いもの, 芝居の, 若干の, 葉子に, 薩長あたりが, 蛇が, 行き尽すところ, 裏門外の, 要害は, 親子の, 言は, 試みよ, 話の, 話術を, 論文の, 豹吉の, 起きあがって, 近来益々, 進歩と, 過ぐる三百年, 過去一切を, 道を, 道場だ, 達磨大師は, 遣過せし, 長崎よ, 開山大師將來の, 震災後間も, 露の, 靈代としての, 飛んで, 飛躍的で, 食いつないでは, 食卓に, 馬鹿な, 鶴見は

▼ かくまで~ (242, 1.6%)

4 心を 3 自分を 2 して, 人を, 大事を, 手を, 盛んに, 自分に, 親切なる, 豊かな

1 [219件] ありましたが, いたはりたま, いって, お艶, かかりそう, かくの, この子守唄, この赤子, したらば, するの, その容体, それが, ためらいなどは, つめかけられた人数, ならずば, はっきり軍歌, ひどく嫌われた, まざまざと, まって, わが子を, われわれを, クリストフが, コーヒーが, 一同身命を, 一致し, 下物は, 不快を, 主張を, 亂れ, 事を, 亡夫に, 人に, 人の, 人は, 人間の, 仰せら, 似て, 便宜に, 信じながらも, 信用の, 信長の, 働かなければ, 働きつつ, 優雅軽捷画の, 兎を, 入念に, 全国に, 全篇, 冷か, 力弱く, 力強く鮮明, 匈奴を, 十分に, 卑屈に, 厚遇を, 同一に, 名古屋人士の, 呪われた恋, 喘ぎつめて, 困難なる, 地の, 執ね, 執拗に, 堕落した, 変ったの, 変つたのかと, 多くの, 多数の, 夥しい材料, 大なる, 大衆小説を, 大騒ぎを, 天上の, 奮戦し, 奸智に, 威張った武家, 宏壮だった, 家中の, 家庭の, 密, 密教の, 寝て, 尊くけだかき歌, 尊ばれた支那, 屈服し, 嶮しい, 巧に, 巧みなる, 平気に, 広漠なりしも, 強いの, 御心労おかけ, 御憂慮, 御本分, 御護り下された, 御身に, 御養育, 微臣, 心からの, 心意気が, 心痛は, 忠義の, 急に, 怨むか, 恐れて, 情ある, 意気地なき, 愚弄され, 慕う, 憎みかく, 懇到慇懃その, 我らが, 我を, 戻って, 手きびしく, 手管を, 手配が, 技巧ならぬ, 支倉を, 敢然と立ちあがっ, 散々の, 旺盛な, 昂上し, 明に, 晩なはりし, 暗い半生, 書道を, 来たッ, 極端なるべし, 機敏な, 欧米に, 欧羅巴を, 殖えただろうと, 殺戮を, 汝を, 海が, 深いお, 深き, 深き思, 深く人, 深切なる, 淺はか, 清き媛, 満足せしめた, 澄まし返って, 激しい信号, 激烈に, 無頓着だ, 焦れあがいて, 熱心に, 熱心の, 熱烈な, 熱烈に, 物は, 物遠く, 犬を, 現実と, 生長した, 用意した, 由来記の, 男の, 発達しおる, 発達せしめた, 白く滑らか, 白雲を, 百方に, 的中し, 盲目なる, 眞物に, 睦んで, 私を, 私心が, 穏和なる, 突然なん, 細かなる, 美しい孔雀, 美しき手, 美艶に, 羽目を, 膝を, 自己の, 良心を, 良臣を, 芸術化し, 苦めかつ, 苦心させ, 苦心する, 薄くかく, 薄命な, 薔薇を, 規則正しく刳りぬいた, 語らい寄る父, 誠実に, 諸氏の, 謀りたる甲斐, 謹厳に, 貧しくなられ得べく, 足繁く, 身上を, 辛苦した, 辱めなくても, 農民が, 近代を, 通信を, 速かに, 速く走る, 進歩する, 道を, 遠く海, 鄭重に, 酷く心痛, 重大な, 重要な, 野球が, 静な, 頑強だった, 騒がなければ, 鮮やかに, 鶏に

▼ かく~ (228, 1.5%)

3 妙に, 清らなれ

2 [11件] あったろうと, こもらふ靄, させたの, それを, ないの, 左う, 心を, 急に, 我を, 汝を, 陳じぬ

1 [200件] あらじ, あるが, あるまじと, いえその, いつ迄, いのちを, いふもの, うすバラ色, うつくしき, おあと, おかめ, お出先, お託, お跡, ことわりおくのみ, この地, ご軽装, ご高覧, させたか, さまよう, しい夜, しばしば徂徠, その看護人, そんな持病, ない, ないと, なかりしもの, なりたりと, なるべき運命, ひ合, ふるまいしまで, ぶくりん, ぼツ, もうぐでりんの, もう私, よそながらご, よみませしなるべし, われ曹を, キャッと, ラツキヨウ坊主ネギ坊主と, 一つ家根に, 一同用意に, 一時に, 一朝に, 一流を, 上京したるなれ, 上着を, 両腕, 丹治を, 乱るるなり, 乱闘の, 予と, 云うなりけり, 云也, 今は, 今日, 今汝, 仕ると, 代筆された, 何んな, 何故かぐ, 信一の, 俺の, 健全な, 傷めたる, 先生の, 出たり, 初孫を, 勝家の, 勢揃いいたし, 勵ましぬ, 厳重に, 參上, 取り斗らわれ, 取留めも, 口では, 吉保の, 名づけたの, 名づけたるなりとは, 名づけ給, 呟きぬ, 命下す, 咲きしなれ, 問うたりき, 啼くめ, 変らせたまうぞ, 大乱に, 大殿の, 太平逸楽の, 失礼も, 姑息の, 子供が, 子供を, 学び得つる, 學び得つる, 宣ぶらむ, 家督を, 寄り寄り対策協議中, 屍体を, 差し向けて, 帰着の, 微臣, 心怡しまぬ, 急いで, 悪党で, 悪魔の, 悲しく生きん, 悸と, 愚痴つ, 戦場の, 手を, 打ち明け申したの, 抱きあげること, 捕へんと, 推参いたした, 推参申し, 教へ, 断乎として, 旅窓に, 早打ちを, 昔から, 書き留めて, 木戸を, 未だ鐘つき堂, 来ますこと, 植木屋に, 歌ひつづけ, 正成が, 死んだよう, 死亡率が, 水脈の, 決せるなり, 油を, 法印が, 泡の, 波風を, 注解的に, 流浪の, 浅ましきと, 浮び上ったもの, 深夜も, 烈しく囲み給う, 無頓着なる, 物し, 用いしもの, 田市と, 男を, 直々お, 禁札を, 私と, 私も, 移ろひ變, 窓の, 窮地に, 立なら, 粉ひきの, 綺羅を, 縁起話に, 美しき, 臣洪信を, 自分を, 自然に, 花見に, 蒼白く, 見て, 親しゅうお召, 触れやすき, 觸れ, 言上し奉る, 計らいたる事, 計ろうて, 詣づ, 話を, 誘ひまつり, 諸君の, 諸戸屋敷調査の, 警官にでも, 警戒し来れる, 譯しつ, 豪奢を, 貴僧の, 貴様の, 赴任し, 身固め致し, 軒を, 転じきたりたるなり, 迷ひ, 逡巡ひしが, 遅かりし, 遅き心もとなきこと, 遽に, 鉄砲玉と, 陳んずれど, 雄々しいに, 離れ離れに, 青いの, 願ひ, 馬揃いまで, 高利を, 齡老い

▼ かく~ (209, 1.3%)

8 見るより 7 見て 5 聞いて 4 些し 3 すれば, 聞くより

2 [13件] いうが, いって, こんなふう, 不取, 云って, 処罰される, 心に, 知って, 知らば, 知ると, 聞くや, 肌おしひろげ, 見るや

1 [153件] あっしの, いいん, いうでは, いうと, いけないから, いつて, いひわけ, いふ事, いへば, いよいよ短く, えいわず下りける, ええなどと, おんなじという, お楽, お樂, がぶくりん, ききては, きめたん, さっぱりする, さも可笑し, したらあまりに, したら白描, しみじみと, しみて, しも, しらすれ, しらは, する, すると, そこが, そこに, そのままお蔦, その日, その石, それが, それを, そんなに違つて, たい, とても皆さん, ともかくも, どういう状態, どうしても西洋, ふたたび吉野, まだすこし頭, まったく間髪, みるみるや, もう普通, もっと軽薄, もっと逼, ギロギロと, スタンダールは, 一字一字は, 一歩進める, 下から, 不意に, 中間馬丁達の, 予自身に, 争ひしか, 事の, 二三言会話を, 云う, 云ったら, 云へば, 五円ばかし, 伝え聞くや, 伝六に, 何だか剽軽, 何も, 信じたる事, 全く途方, 八畳の, 取るもの, 口笛を, 叫びぬヘクトール, 可怖い, 同じ様式, 告げた, 告口した, 城内城下に, 大変誤解が, 女房の, 定つて, 家へ, 小さい息子, 平凡の, 微笑を, 心づくや, 心眼が, 忽ち脳症, 思つて二枚から, 思ひ定めたれど, 思ふ處, 急いで, 悟りしも, 惜しいです, 披露された, 故郷の, 文章で, 早稲田演劇図書館お, 明かせぬ切な, 村内へ, 殿軍の, 気の, 決めた心, 沖を, 照るとい, 甘き辞, 申ける, 申す女, 申す母, 申合せる, 目を, 眺めしヘクトール, 眺めて, 知らぬ王女, 知りたる妾, 知るべしアテーネー, 知るや, 知れかしアテーネー, 知れてからは, 秘中の, 称んで, 答えないという, 結婚の, 絵が, 聞いては, 聞えたが, 聞けば, 聞ける直道, 聽いた, 胸の, 自分が, 見た同, 見た敵, 見た暖簾, 見ては, 見よりも, 見る, 見るアカイア衆人, 覚え候, 評しあ, 認めし双眼, 認めて, 誓った日, 説き勧むる, 談判の, 論ひしか, 赤ン坊は, 越前守忠相そう, 陳ずるアテーネー, 非常に, 高木は, 魯粛から

▼ かくては~ (130, 0.8%)

4 紅も 3 ならじと 2 日本は, 果てじと, 貴殿に

1 [117件] あなたに, あらぬ物, いかなるご, いかに横着, いよいよかの, おん身我に, お役目, この原, この家康, その災害, その神, たちまち糊口, ついに世, とうてい夫婦, ならぬと, なるまじいと, はてしがない, またも秀吉, もはや人間一人前, やがて命終, やはり南宋, わが熱心, わが身にも, わたくしが, われ汝が, 一城の, 一夜に, 一大事と, 与し易から, 世に, 乞食待遇せられ, 二陣の, 京都への, 人生の, 人生は, 仁者と, 今日東京市中の, 何日か, 余りに見ぐるし, 凍死べし, 前に, 前途の, 千里の, 南海に, 却ってあまりに過ぎ, 参政権も, 取り返しの, 名折れ, 君臣の, 固より, 国内市場の, 埒も, 大切なる, 如何なる言, 帝国の, 当物療科, 彼も, 彼を, 御西上, 御身が, 復た, 志も, 思ひ置くこと, 性命の, 意気なし, 慄然日ごろ, 我身の上の, 我身をも, 戦い得る態勢, 所詮我業, 手ずから三味線, 持續としての, 日に日に退, 明日の, 是非も, 時の, 此度の, 歴史科学も, 永遠に, 決して天下後世, 清方画伯ならず, 清逸が, 無理が, 熊にすらも, 現在の, 生けるか, 用を, 甲斐なき, 益も, 相互の, 県庁の, 真珠も, 瞬間なる, 社会総体の, 空間は, 筋骨逞しく, 紙屑拾も, 維も, 罪まつたく, 自分の, 蜀の, 行く末大器と, 襖の, 誰が, 誰を, 謀逆も, 警察の, 貲に, 身躰の, 送られず, 送る, 面白かるまい, 風よりも, 飢死すべし, 餘り, 骨の, 龍の

▼ かくいう~ (110, 0.7%)

6 私が 2 次女の, 百々子は, 私で, 私も

1 [96件] あたしも, うちにも, おいらは, こそ雪太郎, ことを, このハッチソン君, それが, てまえ, といかにも, とさながら, となにやら, とのこと, のだ, のである, のは, は三家, は先夜, は守将, は蜀第一, もこの, わたくしであった, アンポンタン・ポカンの, ヴァレイ氏, 万太郎一人きりだ, 九助だ, 九鬼弥助か, 作者の, 俺と, 俺は, 僕などには, 僕を, 十内又, 単独行者は, 司馬懿の, 吉平自身である, 吾輩も, 呉用が, 周瑜の, 姜維は, 宗易を, 官兵衛な, 平四郎に, 弓削田宮内じゃ, 張遼である, 張飛だ, 張飛の, 徐庶が, 意味は, 戀人, 我は, 手前が, 手前の, 手前も, 拙者だ, 時人は, 曹休も, 曹操であっ, 朱桓だ, 某も, 武蔵も, 殿下御, 牛骨私と, 白頭の, 百々子だった, 百々子と, 百々子などの, 百々子の, 禰衡を, 私, 私だ, 私であります, 私である, 私でさえもが, 私とても, 私などは, 私を, 私自身な, 私自身も, 筆者も, 筑前か, 義平太も, 者は, 臣孔明が, 自分である, 自分とても, 自分は, 自分も, 蒋幹が, 言回しを, 許攸が, 趙雲の, 雲長に, 高氏も, 魏延が, 鹿之, 黒旋風が

▼ かくこと~ (109, 0.7%)

3 がある, にし, にしました 2 ができません, がよく, が出来ない, であつ, になる, もできた

1 [88件] から導い, があります, ができた, ができなかつた, ができませんでした, ができるでしょう, が出来, が和一郎, が塾生たち, が愉し, が許されない, きっと生涯, さえあろう, さえが恐ろしい, さえ時間, さえ知らなかった, しか学ばなかった, だから, だろう, だろうよけい, であった, であったし, である, でした, でその, で新聞小説, で有名, で自分, とそれからまた, と並ん, などという恐し, にきめた, にこそ意義, にしよう, になっ, になった, になり, になりました, になります, になるでしょう, のできない, のない, の出来ぬ, の得, は, はいくらでも, はお話, はない, はなかっ, はまことに, はめったに, は出来ません, は別に, は却, は好き, は容易, は私, は話す, ばかりが続いた, ばかり突発, もある, もかなり, もできなけれ, もない, もやっと, も出来, も出来ず, も出来ない, も可能, も日短, も益, も苦しけれ, も許されなかった, も馴れない, をすすめられた, をはじめた, をもっ, をやり出した, を一生懸命勉強, を仕事, を何, を善く, を教えた, を根本, を欲, を潔し, を続け, 有るべき女人

▼ かく~ (91, 0.6%)

21 して 8 をきめ 5 をし 4 をきめました 3 をきめた 2 はして, をきめる, をした

1 [44件] がにぶります, したこと, したと, しました, せい, だそれ, だったと, だな, でいました, でした, です, ですそれ, でふたり, でぶっつかったの, でやりだした, で中の島, で第, で藩権, ながら万一, なくば, なれバ, にて, にはすこし, のうえ, のほど, のほどが, のほどを, のまえだ, のやう, の前, はある, はいい, はおなじ, はよい, をあらた, をきめられ, をきめられました, をしなけれ, をしました, をしろ, をはっきり, を決めなきゃならん, を致し, 猶予の

▼ かくまでに~ (87, 0.6%)

2 あやしくも, 我を, 老ひし, 高く揚示した

1 [79件] あるべしとは, うら寂びて, うれしそう, かたくなにて, この秀吉, すごい勢い, その美, まじめなる, われを, ドル臭き, 丈夫な, 不器用であった, 不幸に, 人々が, 何人も, 信任した, 元気旺盛な, 冴え渡った展望観, 力強い, 勉めし甲斐, 参って, 堕落すべし, 塗抹した, 多数を, 多種多, 女の, 定まって, 寛容なり, 尊い音楽, 工藝の, 工藝を, 師は, 広く上下, 彼等が, 怒らせるに, 恩には, 悩まさるる不幸, 情篤から, 戦機は, 描き得るであろう, 整然と, 明瞭に, 模様の, 死といふ, 涙を, 濁るも, 無念と, 無情なる, 無謀であろう, 焼物を, 熱望する, 物さびしく物悲しき, 生けるが, 真摯に, 私が, 穿たれしや, 紙を, 絵画的に, 美しくした, 老いしかな, 膨脹したる, 自由な, 苛むとは, 要求されたろう, 誤れるにや, 躊躇なく, 軽蔑を, 進んだもの, 進んで, 進歩した, 遇はれ, 遊ばさなくて, 酷く情なければ, 重宝なる, 金田家の, 鈍重で, 零落したる, 零落れて, 領略し

▼ かく申す~ (81, 0.5%)

2 拙者が, 拙者の, 拙者は, 清澄の, 生も, 私な, 私なども, 私は, 自分も

1 [63件] がんりきは, この妾, それが, ときは, となんだか, とのこと, とまた, と仏教, と唯物論者, と禅宗, と頓教, なども白洲, ので, のは, は憚りながら, めの, ものの人相, わたしだって, わたし自身だった, 也と, 伊豆守に, 僕なんぞも, 判官三郎が, 吾輩である, 吾輩は, 吾輩殿軍としては, 孔明は, 家老の, 師直が, 彦左ヱ門みんごと, 愚僧梅庵, 拙者こそ, 拙者である, 拙者奴に, 本人すら, 某が, 某だ, 某は, 樫尾の, 熊楠のは, 神尾喬之, 私だけは, 私で, 私とを, 私などは, 私にこそ, 私の, 私までも, 私も, 竹屋有村御, 羽村の, 者は, 自分が, 自分すら, 自分に, 蒲生泰軒の, 迷亭も, 遠藤主膳は, 鐚助, 長兵衛でございます, 青眼虎が, 駒井では, 黒田如水この

▼ かくばかり~ (77, 0.5%)

2 なる吾こ, 楓あり, 胸の

1 [71件] うるさくおつき, これを, たふしても, だ, だと, ぢや, である, なお頼みあらせ, なるさいなみ, なる悲嘆, なる瀧, な苦境, な蔭, 不可思議なる, 不穏なる, 互ひ, 偽り多き, 公然と, 前方に, 善く釣り得る, 堪へ防ぐを, 完全に, 寛大に, 小竹, 幽かなる, 当惑し, 御喜悦, 御艱難, 思ふと, 恋ひ, 悠々閑々たる, 我が放埒, 我に, 文字に, 新鮮赫奕鋭利沈痛なる, 早く唱えだされた, 楽き, 正直に, 深くもとづい, 清しき, 滑らかに, 激憤した, 照れる月夜, 熱き涙, 熱心に, 物は, 申す越前, 白き色世, 盛んな, 直に, 私は, 純粋な, 細かな, 経高く, 緊張した, 美しく荘厳, 肩がわりを, 臣下に対して, 自然が, 行きもまど, 衰えたこと, 覊軛ある, 見えすいた徒労, 謀った明智, 身に, 軽々しく思, 迫り合った空気, 遠くは, 鄭重な, 醜く卑劣, 露骨と

▼ かくよう~ (74, 0.5%)

12 になった 4 なこと 3 に, になっ 2 な声, な表情, にし, にたくさん

1 [44件] だ, であったが, な, なあいそ笑い, なに, な事, な事件, な動方, な口つき, な才能, な時代, な気, な気分, な気持, な白い, な目, な笑い, な笑いかた, な笑い顔, な観念, な音, な顔, な顰め顔, な風, にあざけり, にした, にする, にというそれ, にと云われた, にどり, になり, になりました, にふりまわしはじめた, に他人, に僕, に優美, に唇, に坐り, に大きく, に怪物, に歪ん, に気, に笑っ, 出来て

▼ かくてこ~ (68, 0.4%)

4 の事件 2 の, の一行, の二人, の家, の特定職業, の租税, の種

1 [50件] のあはれ, のこと, のまま, のままマドロス君, のパリー, の一場, の一家族, の一般者, の不幸, の主従, の二つ, の十三名, の危機, の原理, の和賀以北, の問題, の四つ, の国, の国書, の大軍, の天, の島国, の崖地, の師弟, の年十二月平城京址調査, の新, の日, の期, の期間, の本質, の混成隊, の演説会, の為政家, の無感覚種族, の猴夜分毛布中, の町, の社会現象, の結合, の網, の苦痛, の處, の裁判, の見方, の課役忌避, の路, の身, の逆説的精神, の面倒, の高徳, の鬼

▼ かくなる~ (66, 0.4%)

22 上は 6 ものと 5 うえは 3 以上は 2 のを

1 [28件] からはこの, からは死に, こ, こととは, ことの, ことを, ということ一切知るべ, といふこと, とお, と悲しく, と直接, と竹, と羊, と高山, ほどプロ, までこんなに, までに麁末, までの彼, ものである, もんだ, も己, ようだ, ように, わけも, 外は, 時に, 歳を, 美しさ

▼ かくあるべき~ (61, 0.4%)

6 姿 3 ものと 2 はずで, もので, ものである, 恋愛の, 政治, 日本人の, 物ぞ

1 [38件] か, から発足, ことで, すがた, ところである, にとてさらに, はずと, はずの, もの, ものかく, ものであり, ものという, ものとして, ものなどといふ, ものまた, ものをと, もの女房は, やうな, 下心で, 人生, 人生を, 人間, 人間でない, 劇場が, 天下の, 女性としての, 姿を, 戦争観に, 旅館, 日を, 時代における, 最上の, 未来との, 未来においての, 社会生活との, 自分, 農村, 音樂會と

▼ かく~ (60, 0.4%)

2 到った過程, 町か, 育英舍とて

1 [54件] あるもの, あれ余, いたれるもの, かかわりますから, くっついて, してからが, しても, しろ夜昼, どこへも, なったが, なって, ならず又, ならない黒, ならぬ地味, なるか, なるが, なん, はなすと, ふと目, もっともっと思いがけない, 不自由しない, 与へた私, 人の, 今日まで, 仕事部屋を, 会つて私が, 会ふと, 其の窓, 地面を, 坐りながら, 好い所, 寝て, 就いて, 就いての, 年寄りを, 彼女が, 御難義なら, 戻ると, 教へて, 斯う, 最も好い, 江戸時代を, 清吉にとっては, 火災を, 猛き, 畳まれて, 育てられた赤ン坊, 育てられました, 育英舎とて, 自分と, 通じる筈, 限らず町, 雨水を, 類した感じ

▼ かくても~ (55, 0.4%)

2 あられねば, 夢は, 憂身の

1 [49件] ありぬべし, い, いい, おくつき, お糸, この外, なおその, なおヨブ, なお他, なお我等, なお特殊部落, なお続け, まだその, やまぬわが, わがこころ, われに, 三十分は, 世には, 人の, 人を, 何分と, 俺は, 命の, 天草の, 失心の, 始末は, 媚びて, 尚心, 思切れず, 我に, 捨る, 未だ怒, 猶籍, 猶自ら辯護, 経なむ, 羅馬の, 聊か動ずる, 興味の, 芋ヶ瀬の, 見て, 誓に, 談理を, 貫一は, 踊れこころ駒, 逃れぬ場合, 過して, 霍乱に, 頭重そうに, 鴎外は

▼ かく~ (48, 0.3%)

6 ひて 5 へり 4 ふ間 3 ひつつ 2 ひかく, ひては, ひ放ちき, へば

1 [22件] は, はるべきである, はれしもの, はれて, はれる, ひければ, ひしかば, ひしのみにて, ひたるもの, ひ争, ひ得るよろこびよ, ひ放ちて, ふ, ふおれ, ふそれ, ふのみ, ふは, ふや, へばあの, へり人, へるなり, へるなるべし

▼ かく~ (46, 0.3%)

2 があります, がたんと

1 [42件] からでしょう, がいる, が出る, が四十位, が多い, が現代文学, が筆, が醜婦, そのほか, だという, である, であること, でした, ならかきたいだろうと, なるに, なん, にことならん, によって意見, に美人, に見せ, のある, のこころ, の歌, の觀念, はいません, はいや, はこれ程, はしばしば, は同じ, は大, は屡々, は無い, は眉, は誰, へ, も多い, らしい環境, を友, を母, を罵る, を葬る, を食み

▼ かく~ (41, 0.3%)

3 めがねを 2 あなが, つて行く, 切れ目が

1 [32件] この, さ, せり, せるは, せるも, せるや, つたこの, つたとけ, つたなあ, つたな途中, つたのである, つたのは, つた山口行は, つた朝晩の, つた本格的春景色だつた, つた私にも, つた蚊も, つた蚊もめつ, つた雨が, つてゐ, つてゐた, つて今落ち相にな, つて來た, つて口髭に, つて左肩下りの, めがねが, ガラスま, グチを, 切れ目から, 穴が, 背嚢だ, 規律の

▼ かくある~ (38, 0.2%)

2 うちに, ことが, とすれ, 姿を

1 [30件] が故に, ことによつ, ことは, ことを, こと半, という事実, とのみ思へる, と信じる, と単純, のが, は覚悟, ものだ, ものと, も道理, ようにと, を見つ, 人間, 可し, 姿, 後に, 御恩, 必要は, 我も, 故に, 現前の, 者ぞ, 者は, 自分, 身は, 間も

▼ かく~ (35, 0.2%)

2 あらんと, ありけむ, 木が, 神さび神, 苦しかるべき, 蕭寂たる, 馴れけむ

1 [21件] あらむ, あらん, あらんかと, あらんという, あるらん, すらんの, たうたうと, でいくら, とき, むくろ, ヘクトール, 命の, 夕づけ, 姫の, 恍惚として, 春眠さめし, 泣きけむ, 病みけむ, 聴くらむ, 製作の, 軟かかつ

▼ かくすれ~ (32, 0.2%)

5 ばかく 2 ばその, ばはや, ば人

1 [21件] ば, ばこの, ばもし, ば代々優者, ば侮り, ば個別的因果, ば前段, ば吾, ば家庭生活, ば常に, ば常識, ば心願, ば忽ちに, ば日光方面, ば此敵, ば物理的空間, ば目的, ば真田安房守, ば空間, ば蛇, ば部落民間

▼ かくてこそ~ (32, 0.2%)

1 [32件] あるべけれと, かの成巧者達, これからなお, その愛, はじめて女性, はじめて無, また芸人, めでたき聖母, わがむっつり, われは, われらは, われわれの, 一家は, 二つの, 人の, 倫理学の, 初めて国民全体, 呼び出しに, 善き子, 始めて, 始めていわゆる, 愛は, 文化形態も, 日本の, 暫時を, 書物の, 法師たる, 真の, 石井翁の, 美に, 聴け艶女等, 音羽なる

▼ かくという~ (32, 0.2%)

3 ことは 2 ことを, ような

1 [25件] ことだけは, ことです, ことに, ことにだけ, ことについて, ことには, ことに対して, ことまで, ことも, ことよ, そのこと, 人は, 例も, 名前に, 婆アだ, 婆アでございます, 彼女にとっても, 悪婆, 意と, 欠点を, 気分で, 生き方の, 要求の, 風でなく, 風に

▼ かくいひ~ (31, 0.2%)

2 て身, て顏, て默

1 [25件] いふ間も, がたしヤーコモ, つつ被りし, て, てかれ, てとりおとせる, てのち輪, てまた, ても好かるべし, て再び, て右, て彼, て後, て心足, て我, て指, て日, て橋, て目, て眺めつ, て自らわが身, て見えず, て隱, ベアトリーチェの, 畢りし

▼ かくなっ~ (30, 0.2%)

5 ている 2 ていた, て行く

1 [21件] たり真面目, ています, てそれ, ては, てはあからさま, てはお, てはかねて, てはもはや, ては三友人, ては人, ては御身, ては早い, ては春, ては無用, ては高僧, て口髭, て大抵, て我まま, て来た, て破れ畳, て誰

▼ かく~ (30, 0.2%)

1 [30件] ありげ, がある, がよく, が出来ない, でさ, においては毎日毎夜筆, にし, にした, にしたら, にしよう, にする, には時々, に依っ, のいきさつ, の隱微, はお, は口, は神, ふるも, もなく, も出来ぬ, も度々, も詩, も跪坐, をすすめ, をせめて, をのみ芸術, を好まない, を好ん, を運んだ

▼ かく云う~ (27, 0.2%)

3 のは 2 私の

1 [22件] ことが, ことは, と彼, と直観, のだ, は批評家, 僕であった, 僕な, 吾輩も, 吾輩を, 吾輩自身の, 妾こそ, 我らは, 時今の, 時工藝において, 時次の, 時民衆的工藝にも, 私と, 私なぞも, 私自身を, 開拓使権中主典たる, 飯島平

▼ かくまでも~ (26, 0.2%)

2 印象深い街

1 [24件] かくまでも, その芳香, 不明に, 佗しい, 侘しいもの, 刃に, 同じきもの, 変化する, 度を, 彼は, 心の, 思いわずらう名, 惨酷, 我を, 昨日の, 燦然たる, 理想と, 発達完成された, 端正に, 虐げようと, 行き詰りを, 親しみを, 静粛に, 黒くかなしき色

▼ かく~ (26, 0.2%)

3 ふ私 2 ふこと, ふの, ふ僕, へども人われ

1 [15件] は, ひて, ひ給, ふと或は, ふには, ふは, ふ意味, ふ私自身, ふ論者, へど人これ, へど永き, へば, へば一緒, へば人, へば話

▼ かくいふ~ (25, 0.2%)

2 をきき

1 [23件] あひだ, か, ことは, と全く, と問, は, は元弘元年八月二十四日, は参議, は故意, ひとは, やつがれの, をいかなる, をき, を聞きし, ロイド・ジヨウジぢや, 中にも, 先生の, 先生も, 故は, 聲す, 自分は, 蜜蜂飼ルードゥイ・パニコーの, 記者である

▼ かくなった~ (25, 0.2%)

2 かは私, のは, ようだ

1 [19件] からにはうそ, がわたし, こととて, という非難, と奥様, なあ, ねえまア, のが, のであった, のである, のでびっこを, ように, 原因を, 弱い身, 時すでに, 暁に, 秋の, 線香の, 葉巻を

▼ かくまでの~ (25, 0.2%)

1 [25件] お扱い, お義理, わたしの, 不幸の, 事情とも, 傾倒を, 切なる, 力強さ, 取りなしに, 壮語を, 大事を, 大仕掛け, 妙技は, 工夫と, 師直の, 御心配, 御諚では, 心入れを, 浮薄漢とは, 煩わしい手続き, 男同士の, 苦患に, 苦悩は, 苦痛を, 雪の

▼ かくこそ~ (24, 0.2%)

3 ありけ 2 あらま, 有るべけれ

1 [17件] あらめ, ありたけれ, あれも, かくべ, なけ, もがけそもしばし, 了せりや, 思ひしか, 敵團を, 曰はめ, 染むれメネラオス, 流れん, 海原闇き, 秋の, 胸は, 豊かに, 送れ

▼ かくその~ (24, 0.2%)

1 [24件] あとを, あなたと, いずれか, うちに, へんの, 以前の, 処女の, 半ズボン服, 帶の, 意に, 抱負を, 暗い階段, 様子を, 気が, 波を, 犬の, 生徒の, 眼を, 言葉を, 足で, 軸を, 連中を, 部分を, 顔色を

▼ かくもの~ (24, 0.2%)

1 [24件] ありあるいは, からの感想, が栄さん, だから, だと, つぴき, ですから, としてオミット, との考え, などはそれら, にとって一流, には刑務所, にも入用, に依つ, に古典, のうち, のこと, の心持, の自然, はドガ, は地方文化的自得, をよむ, 優しいたおやか, 細かいもの

▼ かく考え~ (24, 0.2%)

4 てくる 3 て来る 2 ている, てくれ

1 [13件] てこの, てみ, てみる, てみれ, てパナマ, てマリユス, て彼, て来れ, て自分, て見る, て見れ, 來れ, 躊躇を

▼ かくなり~ (23, 0.1%)

1 [23件] こうすれ, てかの, ては一路植物性, ては一轍, ては日本, ては極めて, てより, とうとう斧, と甲斐, まさりゆきひじ, またちょろちょろ, 世間の, 候を, 天井を, 太陽が, 子供の, 愚痴っぽく, 果つるように, 果てし上は, 玉ひ, 疑問を, 薬代は, 行は

▼ かく言う~ (23, 0.1%)

2 私も

1 [21件] うちにも, うちも, おれと, ことが, ことにおいて, ことも, だけだった, て己, と, ともいう, のは, はあえて, ものの賺し, 僕が, 僕も, 我々の, 拙者は, 拙者を, 沼田正守が, 私だ, 自分も

▼ かく~ (22, 0.1%)

1 [22件] あること, いいそして, いい里見老, うつった, その轡, そんなに叫んだ, のこつて, はけで, ぼんやりと, ぼーっと浮かびあがっ, 何である, 入口が, 出て, 口を, 後ろに, 昔の, 書は, 汝エ連れ, 為である, 知って, 空中に, 見えるばかし

▼ かく~ (22, 0.1%)

4 です 2 じゃない, だ, ですか

1 [12件] だから, だからな, だが, だとしか, でございますか, でしょう, でしょうね, ですが, ですもの, と梅, ならできるよ, なら矢張りこれ

▼ かく大いなる~ (22, 0.1%)

1 [22件] ことを, ものをば, 不和の, 光と, 光を, 勞苦を, 善を, 國, 圓形の, 平安を, 幸を, 御業, 恩惠いまだ, 恩惠汝の, 愛を, 技を, 武士を, 神業, 群飛交しつ, 謙遜を, 邪惡の, 隔と

▼ かく見れ~ (21, 0.1%)

2 ば美

1 [19件] ば, ばこの, ばわれわれ, ばローマ帝国崩壊後, ば両者, ば五十, ば個々, ば前者, ば十字軍, ば困難, ば孔子, ば当観, ば東大寺造営, ば河間七篇, ば班田収授, ば白鳳天平, ば神話, ば紫式部, ば耄及愚翁本

▼ かくあり~ (20, 0.1%)

2 てこそ

1 [18件] かく帰, そうに, て, てこそとチャーミオン, てこそと云う, てこそはじめて, てこそ大村, てこそ日本全国, てこそ瘠我慢, て彼, て我が, て鋤, て雲沈み, と見, なんとの, なんと思はれた, ねあり, 度いものとして

▼ かく~ (20, 0.1%)

1 [20件] おもとの, びたゞしくふることはしばしにて止み, もへる, やりに, らちを, れき, 互ひ, 仕事という, 供いたし, 取り上げこれなくとならば, 妨げ申し, 帰りにな, 手厚い御, 杉婆の, 用ひある, 目前を, 見掛け申したる, 譲り申さう, 集まりを, 驚きなさった

▼ かく~ (20, 0.1%)

2 相舞, 詠じ給, 響きて

1 [14件] ありけるその, あれ, あれか, ざまア見やがれ, そぼちつつのみ, ダナオイ軍勢を, 世にある, 思いつづけける, 戰へる, 振舞へる, 生きぬく, 軍人は, 道理, 陳じたる

▼ かくつもり~ (20, 0.1%)

5 です 2 である

1 [13件] かもしれない, だったかも, だったの, だったのに, だと, だといふ, で, でした, でその, でやっ, なら僕, の由, よ

▼ かくあるべし~ (19, 0.1%)

3 と自ら

1 [16件] かくあるべからず, という一種, という範, とねがひ, と強く, と待ちかね, と待っ, と思いし, と思う, と思ひ遣り, と想定, と推定, と期し, と期待, と決定, と聞いた

▼ かく~ (19, 0.1%)

2 が助け, に尋ね

1 [15件] がをれ, が啓発, にせまり, に取り計らえ, に近づい, のいう, のよう, の提議, の病み痩せた, の詩, は信ずる, は歌口, は私, を困らす, を打ちまもり

▼ かく考える~ (19, 0.1%)

2 ことは

1 [17件] ことで, ときなるほど, とわれわれ, と他人, と伝統, と実に, と民藝, と睡眠, と私, と美, と齷齪, ように, 時この, 時レンズと, 時工藝の, 時画布の, 時空間が

▼ かくこの~ (18, 0.1%)

2 書を

1 [16件] 仕事にも, 六里が, 問題に, 婦人と, 巨犬には, 暗き國, 曲を, 本に, 林冲の, 空気を, 評論家は, 話は, 趣向の, 重役の, 頃の, 麦門冬を

▼ かく多く~ (18, 0.1%)

2 時を

1 [16件] のよき, のアナクロニズム, の事柄, の代, の天使, の折際, の新, の歩履, の者, の聲, の色, の苦しみ, の請, の鏡, 読むという, 驢ある

▼ かく~ (18, 0.1%)

1 [18件] うつぶせに, この解説, にでも私, にとく, にはこの, にはそれ, には同じ, には必ず, には細君, に応じ, に或, の音, はやはり, は一字, は一生懸命, は当人自身, は蝋燭, を遅れ

▼ かく~ (17, 0.1%)

3 に曰 2 にいひ

1 [12件] にいふ, にいへり, にいへる, にかく, に思はしめし, に語りて, は漸く, は自ら了, をう, をし, を忘れさせる, を視る

▼ かくとも~ (15, 0.1%)

1 [15件] その領有, たったひとり, ちゃんと一人, 夜が, 日は, 知らずいま曹操, 知らずしきりに, 知らずただ, 知らず更に, 知らず迷い, 知らない曹真, 知らぬカルペンコ部下, 知らぬ主人, 知らぬ様子, 知らぬ與八

▼ かく~ (15, 0.1%)

8 ひて 1 の始め, ひたまひ, ひつつ, ひ終ると, ふと見え, へること, へるとい

▼ かくする~ (14, 0.1%)

1 [14件] うち諸所より, が善く, が正しく, と, ところへ, と一生嬶旦那, と世人, と臭み, と蛇の目, には一瞬時間, には地震, には多, に如く, を里言

▼ かく~ (14, 0.1%)

1 [14件] が最も, が言つて, に彼, の作家的力量, の取り, の所有物, の生活, の脣, は力強く, は自分, は頭, を叱責むや, を苦しめよう, 論じて

▼ かく~ (14, 0.1%)

1 [14件] いたはりなさるべく候, まち候可候, 厚志に, 厚遇を, 取戻しに, 心男々しき, 殿様の, 無事なる, 無事を, 老中から, 老役列座の, 贔屓に, 軽装にて, 願いかく

▼ かく見る~ (14, 0.1%)

2 ことによって

1 [12件] ことが, ことだ, ことの, ことは, ときには, とき天平様式が, と同時に, には一つ, のである, のは, や, 時それには

▼ かくあらね~ (13, 0.1%)

12 ばならぬ 1 ばならない

▼ かくてか~ (13, 0.1%)

2 の憎むべき

1 [11件] の不, の中津川, の密室, の尊き, の沒落, の父, の玉梓, の畑, の記者, の靈, の魂等

▼ かく~ (13, 0.1%)

2 を休め

1 [11件] が落, が落ち着く, にかけて歓迎, にとめた, にもなく, のま, の内, の底, をこめ, をとむるをみていひけるは, を平静

▼ かくため~ (12, 0.1%)

1 [12件] かの, に, にかそれとも, にはそれ, には一旦, にモデル, に三四時間, に家, に役員, に早々, に街頭スケッチ, の燈

▼ かくなれ~ (12, 0.1%)

2 ば世 1 ばかく, ばせめて, ばなる, ばもはや, ば他人, ば彼, ば日ごろ, ば是非, ば金柑, ば飽くまで

▼ かく~ (12, 0.1%)

4 へり 2 はむ 1 は, ひき, ひしまでにて, へり彼速, へり是, へるか

▼ かく自分~ (12, 0.1%)

1 [12件] で気長, と共に出発, に対して何等, に満足, のひとことひとこと, のゆく, の体, の準備, の職業, の身, の面, を保っ

▼ かくあれ~ (11, 0.1%)

2 かし, とも教 1 だけの大船, といふ, と念ずる, ばどんなに, ばひと, 十年の, 早や

▼ かくいえ~ (11, 0.1%)

2 ばとて自分 1 ばあるいは, ばとてこの, ばオマール・カイヤム, ば何で, ば怜悧, ば感激, ば知的直観, ば私, ば頼む

▼ かく~ (11, 0.1%)

1 [11件] たるを, はいらし, まだ分りません, 分らないの, 分らなくて, 大読書, 天潤い, 女に, 少々見たい, 携へて, 自分には

▼ かくところ~ (11, 0.1%)

2 だった 1 からたか, だったの, だったほんとにほんとに, だったよ, であった, でしたな, です, ではない, というとき

▼ かくとは~ (11, 0.1%)

1 [11件] 不埒な, 云いながら, 少しも, 思い懸けざりき, 思い懸けず慎みながら, 思わないので, 知らず孝助, 知らなかつた, 知らぬ魏軍, 知る由, 限らん

▼ かくるる~ (11, 0.1%)

1 [11件] ごとし, さまながら, により, ばかりとなし, 吾友よ, 小狐, 征矢の, 持主をさえ, 梅の, 牡丹の, 黒髪娘は

▼ かく~ (11, 0.1%)

1 [11件] お園, たてて, つかまえたと, どつて, 一息に, 先に, 思うと, 浮かせて, 置いて, 表わす, 調べる研究

▼ かく言い~ (11, 0.1%)

2 てその 1 しわが, つつ他, つつ浪子, つつ珍し, つつ美人, て二郎, て家, て少時, て振り返りみ

▼ かく~ (11, 0.1%)

1 [11件] 人を, 他の, 似たる女, 受けたれば, 実際に, 廉き, 惱せり, 戰ふ, 整然たる凖備, 相親, 踏張つて中之島の

▼ かくこれ~ (10, 0.1%)

1 だけの土地, で三角, と殆ど同時に, をばらばら, を安坐, を己, を東彼岸, を読ん, を賤むものがあっても, を飽かし

▼ かくてぞ~ (10, 0.1%)

1 あらんすべ, いやはて, ただ愛, われは, 人のくらいは, 吾儕は, 喜びを, 母様は, 漸くに, 花の

▼ かくとき~ (10, 0.1%)

1 にはその, に不, に成つて, のこと, はいつも, はにくい, はもと, は一番, は益, 或ゆとり

▼ かくなつ~ (10, 0.1%)

41 たから, たので, たもの, たやう, た事, てるなら好い

▼ かくまつ~ (10, 0.1%)

2 てゐる 1 ているらしい, てし, て下さい, て下さいつ, て呉れ, て寢, て居る, て置く

▼ かく主張~ (10, 0.1%)

2 すること 1 したと, して, し得る道徳的根拠, するからには, するに, する根拠, する權利, せざるを

▼ かく~ (10, 0.1%)

2 働けども 1 が父, と語らし, にゆく, に福, に與, に論決, の目, の鏡

▼ かく考えれ~ (10, 0.1%)

2 ば詩, ば詩人 1 ば前掲, ば所謂客観主義, ば所謂空間知覚, ば日本人, ば科学, ば興福寺

▼ かく~ (10, 0.1%)

2 ている, 來れ 1 てきました, てその, て行く, はりを, まつりて後, まは

▼ かくあらん~ (9, 0.1%)

2 ことを 1 かと思われ, とおも, とは兼, と思われる, と想像, と敵, と用意

▼ かくありたい~ (9, 0.1%)

2 もの, ものだ 1 と予定, と望む, と望んだ, と神明, もののう

▼ かくから~ (9, 0.1%)

1 しきりにさぐり, だが, よいので, 不思議な, 別でしょう, 大分よく, 漂って, 盗られたもの, 自分の

▼ かくそれ~ (9, 0.1%)

2 を否定 1 に妻子, をおろし, をきい, をなでる, をひらい, を眺め, を黄蘗山

▼ かく~ (9, 0.1%)

4 ひて 21 はで, ひけり, ふ見れば

▼ かくわが~ (9, 0.1%)

1 世より, 事を, 心は, 日本で, 朝鮮事件に, 耳に, 自然に, 親に, 額の

▼ かく思う~ (9, 0.1%)

2 だに滑稽 1 とき性欲は, と左, と無頓着, と負けた, のである, も無理, 所以は

▼ かく思ひ~ (9, 0.1%)

1 て其の, でなるほど, に耽り, まどひ, を其處, 定めし如く, 惑ひつ, 煩ふ, 續くれ

▼ かく~ (9, 0.1%)

1 が物質, に似し, に対して呟く, の命, はヨブ, を事実上, を怨み, を成れ, を正解

▼ かくいひた~ (8, 0.1%)

8 まふ

▼ かくそう~ (8, 0.1%)

2 かくそうと 1 です, となされた, となんか, と思つて, にもかくしきれず, 答えて

▼ かくてあら~ (8, 0.1%)

2 ば云々, むこ 1 ば, ば女王, むは, ん

▼ かく~ (8, 0.1%)

1 あつた, あらまし皆元気を, はない, みたいといった, みた宇宙女囚, もない, 雨さへ, 雨は

▼ かくには~ (8, 0.1%)

2 彼等が 1 それ相当の, わざわざ南洋, 夜の, 必ず出, 極めなくても, 私として

▼ かくので~ (8, 0.1%)

1 わたしも, グレート, 一緒に, 上林へ, 外へ, 天瓜粉でも, 純文学的作品と, 頭に

▼ かく~ (8, 0.1%)

1 はれあれば, はれしもの, はれし明智, はれて, ふと云, ふの, をした, ッて

▼ かくやう~ (8, 0.1%)

2 にな 1 な口つき, な声, な手合, にし, になつ, に幅広く

▼ かくやと~ (8, 0.1%)

1 思い合わされた, 思ひ遣る, 思ふ斗, 思われるだが, 思われるほど, 思われる眉目, 思われる顔触れ, 思知れ

▼ かく我等~ (8, 0.1%)

1 に答, に語れる, のため, の導, は二, は我等, を唆, を見る

▼ かく~ (8, 0.1%)

1 がお, がかえって, が気楽, だとか, なのよ, なんかみんな, にし, はどうしても

▼ かく~ (8, 0.1%)

2 をかね 1 がせず, でいます, です, ながきこと, にはならなく, をつけ

▼ かく言え~ (8, 0.1%)

1 ばとてそれら, ばとて乾山, ばとて彼ら, ばとて我輩, ば人, ば僕, ば前, りか

▼ かくあたり~ (7, 0.0%)

3 を見まわし 2 を見まわしました 1 に目, を警戒

▼ かくヨブ~ (7, 0.0%)

1 の禍, は三友, は人間, は友, は年老い, は心, は苦

▼ かく云え~ (7, 0.0%)

1 ばある, ばおそらく, ばとてしから, ばとて自分, ば人々, ば恐らく, ば空間

▼ かく人々~ (7, 0.0%)

1 と知りあふ, に信頼, に告ぐ, のいひさわぐ, の思慮, の頭, を育て

▼ かく~ (7, 0.0%)

1 はれし魂, はれても, ひし, ひ掛けられて, ふことも, ふであらう, へる時

▼ かく~ (7, 0.0%)

1 が昼, で有ります, と同類, に一刀, に出遇い, に逢いました, は顔色

▼ かく~ (7, 0.0%)

2 ひしを 1 しその, べる, べ牲, まへば, らしかく

▼ かく感ずる~ (7, 0.0%)

2 者和歌社会には 1 だけで, とは断言, 瞬間の, 者是なら, 者非なら

▼ かく~ (7, 0.0%)

1 もある, も考へられ, をあぶっ, をいっこう, をつけはじめた, をとりあい, を出し

▼ かく~ (7, 0.0%)

2 へし 1 ふべ, へてまた, へて我, へむとおもひし略, へをえ

▼ かく解釈~ (7, 0.0%)

3 して 1 された直観形式, すること, すると, するに

▼ かく言っ~ (7, 0.0%)

1 ている, ても仕方, ても宗教的問題, て唸り出した, て恐れ, て船中一同, て遠慮なく

▼ かく語る~ (7, 0.0%)

1 うち車の, ことによって, までに彼, 処へ, 我身すら, 所以を, 男が

▼ かく説明~ (7, 0.0%)

2 して 1 が多く, されて, するの, するより, する僧侶

▼ かく~ (7, 0.0%)

2 がする 1 がした, が何処, が妙, を聞いた, を超え

▼ かく~ (6, 0.0%)

1 がめを, ざやかならざりしなるべし, つまつてとんぼの, とじさりしながら, へる人, また

▼ かくあら~ (6, 0.0%)

1 しむべき方向, はる, ば面白から, びかくしげれる, む, むとも

▼ かく~ (6, 0.0%)

1 からならし, から貰, がおれ, がもう, が京野さん, けど

▼ かくとか~ (6, 0.0%)

1 こうそら, 始終こざっぱりした, 字を, 建築の, 物を, 言って

▼ かくなく~ (6, 0.0%)

4 てはならない 2 てはならぬ

▼ かくひと~ (6, 0.0%)

1 が訳した, ですから, としての壺井栄さん, の到達, の生活, の頭

▼ かくふう~ (6, 0.0%)

3 して 1 がついた, がつかなかった, をし

▼ かくやく~ (6, 0.0%)

2 として牡丹, と射る, の夏の

▼ かくよりも~ (6, 0.0%)

1 あたい達に, こいつア楽です, なんにも言わず, はかなきは, もっと熱中, 間遠に

▼ かく人間~ (6, 0.0%)

1 が書く, としての自分, には却って, に生れ合わせた, の理想, を愛づること

▼ かく信じ~ (6, 0.0%)

2 ている 1 ておった, て疑, をる, サタンの

▼ かく呼ぶ~ (6, 0.0%)

1 かと言う, のかと, ので, のである, のは, ように

▼ かく必要~ (6, 0.0%)

2 はない, もない 1 があった, がなかっ

▼ かく思い~ (6, 0.0%)

1 かく考え, かく考え来るなら, つつ常に, ていささか, てはやる, ながら悲しく

▼ かく思ふ~ (6, 0.0%)

1 とき, とき日は, と共に身うち, につけ, 我や, 時早く

▼ かく時間~ (6, 0.0%)

1 がすく, が出来, の少なく, をもっ, を区切っ, を得よう

▼ かく決心~ (6, 0.0%)

2 をした 1 がついた, した冬次郎, して, と見えた

▼ かく申し~ (6, 0.0%)

2 候とて 1 て其殿内, 候, 候ところその, 候は

▼ かく種々~ (6, 0.0%)

1 ありて, の事物, の名, の天象, の形, 怪物の

▼ かく言葉~ (6, 0.0%)

1 で先, よあれ, をかけた, をつづめる, を視覚形象, を選び

▼ かく~ (6, 0.0%)

1 じまひ, の証し, をか, をやつし, を重く, を隠す

▼ かく~ (6, 0.0%)

1 かにこ, かにアポローン, かに展開, かに通過, かに開くべからず, に己

▼ かくいった~ (5, 0.0%)

2 からとて僕 1 からとてわが輩, からとて人間, からとて何事

▼ かくいわば~ (5, 0.0%)

1 あるいは一つ, あるいは異論, きのうはじめて, 君達は, 諸君は

▼ かくさん~ (5, 0.0%)

1 がため, として酔, とやらお前, なぜ他, や

▼ かくしゃく~ (5, 0.0%)

2 とし 1 たるもの, たる原因, たる太陽

▼ かくそして~ (5, 0.0%)

1 おもいきって, それを, もっとすばしこく, もつと, 傷つける部下

▼ かくての~ (5, 0.0%)

2 後は 1 一言を, 世に, 取締り故に

▼ かくとう~ (5, 0.0%)

1 かがひ, が始まりました, して, はおわったらしく, をあと

▼ かくなら~ (5, 0.0%)

2 ばもう 1 おかく, ばそれ, ば覚悟

▼ かくのみに~ (5, 0.0%)

2 あり経しもの 1 ありけるもの, つれなきもの, 心は

▼ かくはかなき~ (5, 0.0%)

2 文字沙た 1 事し, 罰を, 身と

▼ かくやの~ (5, 0.0%)

1 体落だった, 形相で, 新香も, 漬物で, 血相で

▼ かくやら~ (5, 0.0%)

1 のぼせ上って, む, むと, 命が, 大失態

▼ かくより~ (5, 0.0%)

1 あくが, こね, ほかは, 形や, 手間の

▼ かく一方~ (5, 0.0%)

1 から考える, では人形, には他, に注意, の硝子窓

▼ かく~ (5, 0.0%)

1 に生き, の努力, の親たち, をも思ひすて, を紅

▼ かく二つ~ (5, 0.0%)

1 の動因, の異なった, の芸術, の言語, の魂

▼ かく二人~ (5, 0.0%)

2 の物語 1 ならんで, をなか, を見くらべ

▼ かく~ (5, 0.0%)

1 の今, の成行き, まで辛抱, 探しあてたスリッパ, 翔る

▼ かく刈った~ (5, 0.0%)

1 のだ, 余の, 口髭の, 紳士などの, 薄い明色

▼ かく~ (5, 0.0%)

1 に數, を切りました, を利かず, を揃, を輕くせ

▼ かく場合~ (5, 0.0%)

1 でもそう, にはいつも, には半紙, にも机, を想像

▼ かく~ (5, 0.0%)

3 のひと 1 の皮膚, の看護

▼ かく~ (5, 0.0%)

2 を出 1 が立派, の内部, をすこし

▼ かく彼等~ (5, 0.0%)

2 のあと 1 のいへる, を導け, を痩せし

▼ かく~ (5, 0.0%)

5 ひば

▼ かく日本~ (5, 0.0%)

2 に於 1 の代数記号, の文明, の詩

▼ かく深く~ (5, 0.0%)

1 くだるもの, 悟るに, 我と語る, 沈めしもの, 沈めるは

▼ かく~ (5, 0.0%)

1 収穫で, 定義に, 智に, 雑作に, 雜作に

▼ かく白し~ (5, 0.0%)

1 たまふ, てその, て其殿, て出雲, て御

▼ かく~ (5, 0.0%)

1 か, ですから, は天下, は自己, や喞

▼ かく聞い~ (5, 0.0%)

2 てみれ 1 てくれ, て学友, て胸

▼ かく観察~ (5, 0.0%)

2 した 1 して, すると, すれば

▼ かく解し~ (5, 0.0%)

1 てこそこれら, てこそその, てのみ吾, ても憲問篇, て歴史

▼ かく語り~ (5, 0.0%)

1 て口, て明, て絶對, ながらしかし, をはれる

▼ かく論じ~ (5, 0.0%)

1 きたるとき, ている, てみる, て人間, 來れ

▼ かく~ (5, 0.0%)

1 じて, じアカイア軍, じトレーポレモス, じヘクト, じ衆

▼ かくあれかし~ (4, 0.0%)

1 と念ずる, と思っ, と望む, と期待

▼ かくあろう~ (4, 0.0%)

1 かとも覚悟, かと思われる, として平生, ともなおなお

▼ かくうち~ (4, 0.0%)

1 には出来, に度胸, まもられ我, よどめり

▼ かくこそと~ (4, 0.0%)

2 嬉しきに 1 思ひしとて, 近辺の

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 かさま, で照せ, のやま, へも願

▼ かくしかた~ (4, 0.0%)

1 だ, だという, なん, を考える

▼ かくすべて~ (4, 0.0%)

1 が大, に滿, の人, の点

▼ かくだけ~ (4, 0.0%)

1 だろう, である, です, で一字

▼ かくてかれ~ (4, 0.0%)

1 その直, はなぐられね, は教理, は終生

▼ かくなんて~ (4, 0.0%)

1 すすめて, なかなかいい, もう少し話せる, 人も

▼ かくのに~ (4, 0.0%)

1 いか許, よっぽど骨, 他から, 枕頭に

▼ かくのら~ (4, 0.0%)

21 ばヽヽヽ, ば占象

▼ かくほど~ (4, 0.0%)

1 で血族, にぎりしめ赤, よくうるむ, 悠長で

▼ かくほどの~ (4, 0.0%)

1 仕事でも, 心の, 活動を, 道では

▼ かくれつ~ (4, 0.0%)

3 して 1 しながら

▼ かくわけ~ (4, 0.0%)

1 でしょう, です, ね, はわたし

▼ かくわれ~ (4, 0.0%)

1 から咽喉, のみが彼, は言, をし

▼ かく今日~ (4, 0.0%)

1 のコース, の下水道, の漱石先生, も暮れ

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 に祟ろう, の丁稚等, の総て, の諸

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 か弱点, か書いた, のた, んな

▼ かく刈り込んだ~ (4, 0.0%)

2 のを 1 当世風の, 柔かい毛

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 がない, はまだ, をあら, を用

▼ かく区別~ (4, 0.0%)

1 した上, した後, して, する時

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 これと, 来ますよ, 案じ煩へる, 汝ら敵軍と

▼ かく叫ぶ~ (4, 0.0%)

1 とき心の, とともにばらばら, 時一本の, 者の

▼ かく問う~ (4, 0.0%)

1 ことが, なり, に得た, に至り

▼ かく多数~ (4, 0.0%)

1 となっ, の人, の方々, の結婚

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 が名, が罪, が非, にも神

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 け訖, れ伏し讃美, 掌で, 穩に

▼ かく想う~ (4, 0.0%)

4 時どうして

▼ かく想え~ (4, 0.0%)

4 ば工藝

▼ かく想像~ (4, 0.0%)

1 しかく感じ, したの, すること, するは

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 があろう, がさす, ですが, よけをおろし

▼ かく早く~ (4, 0.0%)

1 こそと御, 否これ, 大軍を, 途中三十余ヵ城の

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 のこころ, の宵, の草, らしく

▼ かく~ (4, 0.0%)

3 けば 1 きつつ

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 し, し給, すなるべしか, をえ

▼ かく申さ~ (4, 0.0%)

2 ば一方 1 ば唯物論者, ば讒謗罵詈礼

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 だって実物, には怪物, はそれ, もどれ

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 ていました, て何処, て何處, て帯

▼ かく積り~ (4, 0.0%)

1 だが, です, で居る, に候

▼ かく答える~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことによって, と共に死, 時已に

▼ かく簡単~ (4, 0.0%)

1 なもの, ならぬ競争意識, な場合, に答

▼ かく織り上げた~ (4, 0.0%)

4 上帛を

▼ かく美しき~ (4, 0.0%)

2 車を 1 さに, 色ある

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 うべきはず, うるとき, うるに, へ來

▼ かく考へる~ (4, 0.0%)

1 ことも, と大師, と始皇, 場合吾

▼ かく行く~ (4, 0.0%)

1 あひだ, と, 先々の, 十歳下三人

▼ かく観ずる~ (4, 0.0%)

2 ことによって 1 自分さえも, 裡に

▼ かく観ずれ~ (4, 0.0%)

1 ばこの, ばそれ, ば彼, ば立派

▼ かく言った~ (4, 0.0%)

1 からとて僕, と解した, 時に, 東洋人には

▼ かく言わば~ (4, 0.0%)

1 それは, 人あるいは, 人或いは, 童蒙を

▼ かく~ (4, 0.0%)

2 や小説 1 には祈祷, や俳句

▼ かく~ (4, 0.0%)

4 りて

▼ かく~ (4, 0.0%)

1 さわぐ, のない, はさむい, ふせぎを

▼ かく高く~ (4, 0.0%)

1 かく厚く, 天に, 飛ばしめしかの, 飛ばしめんため羽

▼ かくあと~ (3, 0.0%)

1 からつい, を尾, を追っ

▼ かくありし~ (3, 0.0%)

2 と知りしなら 1 と涙

▼ かくいい~ (3, 0.0%)

1 てまず, 考へが, 酔ひ心地に

▼ かくいひし~ (3, 0.0%)

1 句の, 場合明瞭ならざれ, 意は

▼ かくいろいろ~ (3, 0.0%)

1 と考え, にその, の形

▼ かくうた~ (3, 0.0%)

1 ひかの, ひて, ひ且つ

▼ かくおのれ~ (3, 0.0%)

1 に近い, の前, を謎

▼ かくかも~ (3, 0.0%)

1 しれない, しれません話, 知れん

▼ かくしおおせ~ (3, 0.0%)

1 てお, てきた, てこの世

▼ かくしかし~ (3, 0.0%)

1 それは, できるだけの, 晩めしの

▼ かく~ (3, 0.0%)

2 やが 1 やありません

▼ かくてはと~ (3, 0.0%)

1 われと, 三人は, 馬超は

▼ かくない~ (3, 0.0%)

21 という証拠

▼ かくながら~ (3, 0.0%)

1 参られさうに, 日の, 私の

▼ かくなりまし~ (3, 0.0%)

1 ては万事あからさま, ては万事万端, ては戦う

▼ かくなります~ (3, 0.0%)

1 からね, とお婆さん, ように

▼ かくなん~ (3, 0.0%)

1 いひやりたる, かいつけつ, 申す有村

▼ かくにわかに~ (3, 0.0%)

1 力が, 臣を, 顔色を

▼ かくまた~ (3, 0.0%)

1 かの喜べる, 左手の, 我は

▼ かくまでには~ (3, 0.0%)

1 ならなかったはず, 傲りたる, 十七八分も

▼ かくまね~ (3, 0.0%)

1 をした, をしました, をする

▼ かくまひ~ (3, 0.0%)

1 してあつ, その徳, 申し百人

▼ かく~ (3, 0.0%)

2 冬さり 1

▼ かくやっ~ (3, 0.0%)

1 ています, てみる, て発見

▼ かくわが身~ (3, 0.0%)

1 に近づける, は恩, を繞

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 てくれた, る, るを

▼ かく信ずる~ (3, 0.0%)

1 ことの, ということ, にいたれる

▼ かく~ (3, 0.0%)

2 けし 1 きを

▼ かく~ (3, 0.0%)

3 あげて

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 にきのう, に人形, の気分

▼ かく双方~ (3, 0.0%)

1 でかくし, で空想空想, のあいだ

▼ かく叫び~ (3, 0.0%)

1 て町, ながら彼, 呼び喚きながら

▼ かく同じ~ (3, 0.0%)

1 一樹で, 家に, 自由詩が

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 けける, 稱を, 附けたもの

▼ かく名づけし~ (3, 0.0%)

1 なり, もの, ゆえんは

▼ かく名づけた~ (3, 0.0%)

1 のかも, のが, もので

▼ かく呼ばれ~ (3, 0.0%)

1 ている, てもいっこうに, てよい

▼ かく呼んだ~ (3, 0.0%)

1 のである, のであろう, のは

▼ かく~ (3, 0.0%)

2 だ其の 1 白骨と

▼ かく唱うる~ (3, 0.0%)

1 ことと, に至りたるならん, は足利義政

▼ かく在り~ (3, 0.0%)

1 て千五百万, て千五百萬, て趺坐

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 いならざりしなるべし, なる樂, 失態を

▼ かく天上~ (3, 0.0%)

1 に神, の群神, の諸

▼ かく~ (3, 0.0%)

3 がある

▼ かく婦人作家~ (3, 0.0%)

1 が二人, が将来, である

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 であった事, のお, はいや

▼ かく完全~ (3, 0.0%)

1 なプラン, な模型, に融和

▼ かく密接~ (3, 0.0%)

2 であるから 1 なもの

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 と云, に生じ, をなし

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 にそっ, の草, の額

▼ かく強き~ (3, 0.0%)

1 光, 光ある, 戀の

▼ かく恐ろしき~ (3, 0.0%)

2 大暴風雨 1 贈物も

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 かしめ, も若旦那樣, をかく

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 つたな, 行くは, 行く上

▼ かく成行~ (3, 0.0%)

1 しも誰ゆゑか, ぬる事, も宿世

▼ かく戦争~ (3, 0.0%)

1 が一般的, にめぐり, の弊害

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 の上, をしめる, を開ける

▼ かく手紙~ (3, 0.0%)

1 から伸子, のおしまい, のこと

▼ かく揺り~ (3, 0.0%)

1 その緒張り, もて行け, 桶舟に

▼ かく書い~ (3, 0.0%)

1 てある, ている, て与

▼ かく書いた~ (3, 0.0%)

1 これより, は宛字, 紙の

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 なこと, にしろ, になつ

▼ かく汝ら~ (3, 0.0%)

1 は預言者, を拘引, 遂に審判

▼ かく爲す~ (3, 0.0%)

1 は, をう, をえしめ

▼ かく理解~ (3, 0.0%)

1 されること, すること, せられたもの

▼ かく申せ~ (3, 0.0%)

1 ばその, ばなお, バ御

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 だけれども, と云っ, に生れつい

▼ かく秀吉~ (3, 0.0%)

1 であつ, と不和, の優遇

▼ かく答えた~ (3, 0.0%)

1 ので, のであります, 予の

▼ かく美しく~ (3, 0.0%)

1 なった彼, 歌ひ出され, 邑の

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 に入る, をすました, を傾け

▼ かく~ (3, 0.0%)

2 に掛け 1 を奪

▼ かく自然~ (3, 0.0%)

1 にその, に眞, を思わせる

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 が重なる, をつかっ, を揃

▼ かく色々~ (3, 0.0%)

1 と疑い得ら, に部類分け, の方

▼ かく苦悩~ (3, 0.0%)

2 を受ける 1 を重

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 はれる, ひ定めて, ふも

▼ かく行動~ (3, 0.0%)

2 した 1 したかが

▼ かく見つめ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ていらっしゃる, ている

▼ かく見まわし~ (3, 0.0%)

1 ていた, ていました, てから帯

▼ かく見守っ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 ていなけれ

▼ かく規定~ (3, 0.0%)

1 された学問, された運動, すること

▼ かく観じ~ (3, 0.0%)

1 て長政, 来るとき, 青春の

▼ かく解する~ (3, 0.0%)

1 ことによって, ことを, も猶多少

▼ かく~ (3, 0.0%)

2 りたま 1 り別けたま

▼ かく迄も~ (3, 0.0%)

1 いちじるしく奮起, 一般的に, 後進の

▼ かく遠く~ (3, 0.0%)

1 までやって来, 記憶に, 連なりたれど

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 だけはやすみたい, もない, 待たせて

▼ かく静か~ (3, 0.0%)

2 にする 1 なれど

▼ かく~ (3, 0.0%)

1 をもちあげ, を斬りつけられ, を横

▼ かく~ (3, 0.0%)

2 ひ奉る 1 いたもう時

▼ かくあきらか~ (2, 0.0%)

1 にさとれる, に八文七分

▼ かくあっ~ (2, 0.0%)

1 てはならない, て下さい

▼ かくあった~ (2, 0.0%)

1 又現実, 間柄である

▼ かくあつ~ (2, 0.0%)

1 たらう, てほしい

▼ かくあまた~ (2, 0.0%)

1 たが, の人

▼ かくあらしめた~ (2, 0.0%)

1 と考える, のである

▼ かくあらゆる~ (2, 0.0%)

1 ものに, 方面から

▼ かくありける~ (2, 0.0%)

1 は道理也, 身ぞ

▼ かくありたき~ (2, 0.0%)

1 ことと, ものだ

▼ かくありぬ~ (2, 0.0%)

2 かく貧しき

▼ かくあるべきであった~ (2, 0.0%)

2 という孟子

▼ かくいひ終り~ (2, 0.0%)

1 て彼, て彼等

▼ かくいひ終れる~ (2, 0.0%)

1 時スペーレント・イン・テーま, 時尊き

▼ かくうる~ (2, 0.0%)

1 はしかりし, はしき絆

▼ かくおいで下~ (2, 0.0%)

2 さつて

▼ かくかくして~ (2, 0.0%)

1 持つべしなど, 避け得られるし

▼ かくかたる~ (2, 0.0%)

1 うち一は, 間も

▼ かくかと~ (2, 0.0%)

1 思へば, 面白うございました

▼ かくかという~ (2, 0.0%)

1 事を, 前に

▼ かくかの~ (2, 0.0%)

1 燃ゆる, 神の

▼ かくからの~ (2, 0.0%)

1 手紙, 紙入れまで

▼ かくきい~ (2, 0.0%)

1 てくれる, てそれ

▼ かくくらい~ (2, 0.0%)

1 であった, ならそんなに

▼ かくぐつすり~ (2, 0.0%)

1 睡つた, 睡れたありが

▼ かくごする~ (2, 0.0%)

1 がいい, がよい

▼ かくさびしく~ (2, 0.0%)

1 暮らすを, 死する

▼ かくしおおせる~ (2, 0.0%)

1 もので, 事で

▼ かくしばし~ (2, 0.0%)

1 ょのひみつをきっと, ょをおしえてくれたのかもしれません

▼ かくしばしば~ (2, 0.0%)

1 予を, 感歎を

▼ かくしばらく~ (2, 0.0%)

1 ようすを, 考えて

▼ かくしめ~ (2, 0.0%)

1 てからふた, の外

▼ かくしも~ (2, 0.0%)

1 怪しく震え, 重々しい初

▼ かくじつに~ (2, 0.0%)

1 ここへ, ひらいて

▼ かくそこ~ (2, 0.0%)

1 にわざと, へ来

▼ かくそそり~ (2, 0.0%)

2 聳やきぬれ

▼ かくそっと~ (2, 0.0%)

1 引くと, 近づいて

▼ かくぞと~ (2, 0.0%)

1 いって, 詈り

▼ かくだんだん~ (2, 0.0%)

1 と見, 論じくれば

▼ かくてい~ (2, 0.0%)

1 となつかしき, よいよ

▼ かくてこそと~ (2, 0.0%)

1 そを, 微笑まる

▼ かくてとに~ (2, 0.0%)

1 角一応, 角原始仏教は

▼ かくてもへ~ (2, 0.0%)

1 ぬる, ぬるもの

▼ かくであろう~ (2, 0.0%)

1 ことの, というわけ

▼ かくです~ (2, 0.0%)

1 が僕, が歓迎会

▼ かくとく~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ かくとでも~ (2, 0.0%)

1 いうよう, 振仮名を

▼ かくどこ~ (2, 0.0%)

1 かなまめい, までも追いかけ

▼ かくどころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ かくなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばなりません

▼ かくなじ~ (2, 0.0%)

1 でかいた, のおり

▼ かくなせる~ (2, 0.0%)

1 ことを, を食はんため

▼ かくならぬ~ (2, 0.0%)

1 前に, 日頃の

▼ かくなりたい~ (2, 0.0%)

1 ということ, とかねがね

▼ かくなりと~ (2, 0.0%)

1 相模より, 駿河の

▼ かくなりました~ (2, 0.0%)

1 ぜ, なあ

▼ かくなり果てる~ (2, 0.0%)

1 のなら, よりもむしろ

▼ かくねん~ (2, 0.0%)

1 ごろに, ごろには

▼ かくはする~ (2, 0.0%)

2 ぞと問

▼ かくばかりで~ (2, 0.0%)

1 全然補足, 返辞が

▼ かくばかりの~ (2, 0.0%)

1 御艱難, 魅力が

▼ かくふと~ (2, 0.0%)

1 昼間小耳に, 私は

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 かりけり, かりけれ

▼ かくほか~ (2, 0.0%)

1 の用事, はないです

▼ かくまじめ~ (2, 0.0%)

1 な落ち着いた人物, にまた

▼ かくまだ~ (2, 0.0%)

1 こっちの, 前の

▼ かくまつた~ (2, 0.0%)

1 徳庵レオナルド木村ポルトガル人ドミニコ・ジョルジュ朝鮮人コスモ竹屋ショーウン等が, 行懸り

▼ かくまでと~ (2, 0.0%)

1 あれば, 思わぬから

▼ かくめい~ (2, 0.0%)

1 という大戦, も何

▼ かくもうす~ (2, 0.0%)

1 それが, は駿河

▼ かくやとお~ (2, 0.0%)

1 もはる, もはるれ

▼ かくやらん~ (2, 0.0%)

1 とばかりに思はれ, と思われ

▼ かくゆき~ (2, 0.0%)

1 さまよ, て徑

▼ かくようす~ (2, 0.0%)

1 の変った, をうかがった

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 と限られる, ば

▼ かくアオノクマタケラン~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ かくエタ~ (2, 0.0%)

1 という名称, の名称

▼ かくタチバナ~ (2, 0.0%)

1 と名づけた, の名

▼ かくトロイア~ (2, 0.0%)

1 の襲撃, の軍勢

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 の善, の源

▼ かく一人~ (2, 0.0%)

1 が投函, に對

▼ かく一同~ (2, 0.0%)

1 に注意, に語ろう

▼ かく一旦~ (2, 0.0%)

1 は立ち, 身分が

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 で体得, で常態

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 や松菊, れるは

▼ かく不幸~ (2, 0.0%)

1 なる境地, に陥りし

▼ かく不興~ (2, 0.0%)

2 なる面もち

▼ かく世間~ (2, 0.0%)

1 から見放された, の妖怪

▼ かく久しく~ (2, 0.0%)

1 全から, 断食した

▼ かく云い~ (2, 0.0%)

1 て内, て直ちに

▼ かく云っ~ (2, 0.0%)

1 て出かけ, て笑

▼ かく云つた~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ かく互いに~ (2, 0.0%)

1 仇敵たるべき, 連結し

▼ かく交渉~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ かく人情~ (2, 0.0%)

1 の大体, をかく

▼ かく人民~ (2, 0.0%)

1 の貧窮, を子供

▼ かく仄か~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ かく今夜~ (2, 0.0%)

2 は大湯換え

▼ かく仕上げられた~ (2, 0.0%)

2 鮒とを

▼ かく他人~ (2, 0.0%)

1 の作つた本, の話

▼ かく以前~ (2, 0.0%)

1 の詩學, の身

▼ かく何ん~ (2, 0.0%)

1 でも好き, なもの

▼ かく信ず~ (2, 0.0%)

2 ゆえに他人

▼ かく信ずべからざる~ (2, 0.0%)

2 根拠が

▼ かく信ぜり~ (2, 0.0%)

2 何となれ

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 嚼み, 嚼みかく

▼ かく偉大~ (2, 0.0%)

1 であくまで, ならし

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 に丈, に起き

▼ かく健やか~ (2, 0.0%)

1 なる顔, に大きく

▼ かく働い~ (2, 0.0%)

1 ていました, てさえ居れ

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 が蒲原先生, が蒲原氏

▼ かく全く~ (2, 0.0%)

1 ゆが, 籠りつ

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 と外, に動揺

▼ かく内在~ (2, 0.0%)

1 せしめられるの, せしめられるもの

▼ かく内心~ (2, 0.0%)

2 にさけび

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 ったまま, り大きな

▼ かく冷酷無慙~ (2, 0.0%)

2 であるけれども

▼ かく分離~ (2, 0.0%)

2 して

▼ かく切っ~ (2, 0.0%)

1 てすぱすぱ, てやれ

▼ かく切られ~ (2, 0.0%)

1 ている, 明らかに

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 はある, や枝

▼ かく剛勇~ (2, 0.0%)

1 のトロイア, のヘクトール

▼ かく助け~ (2, 0.0%)

2 てやつ

▼ かく勇將~ (2, 0.0%)

1 の斃, を欺けり

▼ かく勇猛~ (2, 0.0%)

1 にあら, のアイアース令

▼ かく動作~ (2, 0.0%)

1 した各, の後

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 に対する無情, を責めし

▼ かく反対~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ かく取扱~ (2, 0.0%)

1 つた, ひかく

▼ かく取揃えし~ (2, 0.0%)

1 山海いや, 山海の

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 の淑女騎士, も和し

▼ かく古り~ (2, 0.0%)

2 てかく

▼ かく叫び出す~ (2, 0.0%)

1 と共に例, のも

▼ かく名づけられ~ (2, 0.0%)

1 たりとの傳説, ている

▼ かく名づける~ (2, 0.0%)

1 ことが, だけである

▼ かく名付けた~ (2, 0.0%)

1 のであらう, のであります

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 の一挙一動, の要求

▼ かく吼え立て~ (2, 0.0%)

2

▼ かく命令~ (2, 0.0%)

1 が急速, や意志

▼ かく品川~ (2, 0.0%)

2 の景色

▼ かく哭き喚べ~ (2, 0.0%)

2

▼ かく囁い~ (2, 0.0%)

2 て置き

▼ かく圧迫~ (2, 0.0%)

2 を余儀なく

▼ かく在りき在り~ (2, 0.0%)

2 て生き

▼ かく地方~ (2, 0.0%)

1 によって種々, により種類

▼ かく~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 をかけた, をととのえ

▼ かく多人数~ (2, 0.0%)

1 が居る, の捕吏

▼ かく多量~ (2, 0.0%)

1 の血, の音楽

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 は長く, は長し

▼ かく夜中~ (2, 0.0%)

1 に歩い, わざわざ詮議

▼ かく大事~ (2, 0.0%)

1 を打ち明けしなる, を明かした

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 深き事, 深き疑ひ

▼ かく始末~ (2, 0.0%)

1 しながら, だったが

▼ かく婦人~ (2, 0.0%)

1 と児童, の力

▼ かく子目~ (2, 0.0%)

1 の種類, は多い

▼ かく存在~ (2, 0.0%)

1 する関係, のモデル

▼ かく学問~ (2, 0.0%)

1 する人, は長い

▼ かく安心~ (2, 0.0%)

1 したる上, して

▼ かく安楽~ (2, 0.0%)

1 でいつ, に贅沢

▼ かく定め~ (2, 0.0%)

1 たりしか明らか, ておきたい

▼ かく定めた~ (2, 0.0%)

1 ので仏人, まふ

▼ かく定めたる~ (2, 0.0%)

1 ゆえんは, 上は

▼ かく実際~ (2, 0.0%)

1 には絶無, の作者

▼ かく宣ら~ (2, 0.0%)

1 ば, ば兆

▼ かく宣んし~ (2, 0.0%)

1 て將卒, て疾風

▼ かく容易~ (2, 0.0%)

1 な航海, に勝利

▼ かく小さい~ (2, 0.0%)

2 が居付鮎

▼ かく小鳥~ (2, 0.0%)

1 は楽しく, は語りました

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 をひい, 切れた蛇

▼ かく市郎~ (2, 0.0%)

1 だけは穴, の身

▼ かく希望~ (2, 0.0%)

1 するそして, をかけられた

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 夜往時に, 若で

▼ かく幕府~ (2, 0.0%)

1 の施設, の権威

▼ かく平穏~ (2, 0.0%)

1 なる間隙, にみえる

▼ かく広く~ (2, 0.0%)

1 多くひろまったであろう, 行き渡って

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 よく生れたる, をゆがめた

▼ かく待つ~ (2, 0.0%)

2 てゐ

▼ かく心づき~ (2, 0.0%)

2 てみれ

▼ かく心持~ (2, 0.0%)

1 の上, は本当に

▼ かく応用~ (2, 0.0%)

1 された言葉, されて

▼ かく念じ~ (2, 0.0%)

1 かく闘っ, てわれ

▼ かく思え~ (2, 0.0%)

1 ば世の中, ば大津絵

▼ かく思ひ定められしなり~ (2, 0.0%)

2 汝また

▼ かく思へ~ (2, 0.0%)

1 どもよそ, ば舟子

▼ かく急激~ (2, 0.0%)

1 な変化, に成立

▼ かく悩まされ~ (2, 0.0%)

1 ている, て彼

▼ かく意味~ (2, 0.0%)

1 がある, が生じる

▼ かく感じ~ (2, 0.0%)

1 たり, て読ん

▼ かく感じたる~ (2, 0.0%)

1 ことあれ, 事あれ

▼ かく感じないで~ (2, 0.0%)

1 はゐられない, はゐられなかつた

▼ かく感じ得る~ (2, 0.0%)

2 状態を

▼ かく感ぜし~ (2, 0.0%)

2 むる者また

▼ かく成り果てた~ (2, 0.0%)

1 わが身の, 顛末を

▼ かく我々~ (2, 0.0%)

1 が問, と同一

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 揃うたが, 驚きて

▼ かく拙者~ (2, 0.0%)

1 が姿, が近眼連中

▼ かく振舞~ (2, 0.0%)

1 は, ふ女

▼ かく描写~ (2, 0.0%)

1 しがち, の研究

▼ かく支那~ (2, 0.0%)

1 との通商, の椿

▼ かく政治~ (2, 0.0%)

1 が文明史, と学問

▼ かく教え~ (2, 0.0%)

1 ています, ている

▼ かく数え~ (2, 0.0%)

2 てみまする

▼ かく整理~ (2, 0.0%)

1 されて, した荷物

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 して, に出

▼ かく早速~ (2, 0.0%)

1 な捕手, 伴って

▼ かく明るい~ (2, 0.0%)

1 感じの, 色の

▼ かく時代~ (2, 0.0%)

1 は去, をへだてた

▼ かく暗く~ (2, 0.0%)

1 なりしなるべし, なると

▼ かく書籍~ (2, 0.0%)

1 の内容, を四部

▼ かく有るべき~ (2, 0.0%)

1 ものであります, 事ぢやらう

▼ かく有意義~ (2, 0.0%)

2 に月日

▼ かく東京~ (2, 0.0%)

1 から出, の学生さん風

▼ かく東洋~ (2, 0.0%)

1 では平等無差別, は王道文明発育

▼ かく果敢なき~ (2, 0.0%)

1 かあるいは, 物にて

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 へると, へ込んだ

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 にとの事, にと長崎氏

▼ かく次に~ (2, 0.0%)

1 は五寸, 來た

▼ かく次第~ (2, 0.0%)

1 して, です

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 せつ遣し候, の物語

▼ かく歩い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て線

▼ かく~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 になる, の差

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 がし, の沈ん

▼ かく決意~ (2, 0.0%)

1 したとき, するに

▼ かく沈黙~ (2, 0.0%)

1 してること, を守っ

▼ かく法師~ (2, 0.0%)

1 という名称, という語

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 紫の, 處に

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 く平らか, ましき躰

▼ かく漂浪~ (2, 0.0%)

2 の雛形

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 と雪, をつけ

▼ かく為させ給う~ (2, 0.0%)

2 事を

▼ かく無造作~ (2, 0.0%)

1 にありたい, に説き得た

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 つたのである, を吐く

▼ かく燦爛~ (2, 0.0%)

1 と日, と輝ける

▼ かく爲め~ (2, 0.0%)

1 に旅, に特別

▼ かく~ (2, 0.0%)

2 の尊

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 の種, を思ふ

▼ かく物あはれ~ (2, 0.0%)

2 なる

▼ かく物語~ (2, 0.0%)

1 する時間, の発展

▼ かく物語る~ (2, 0.0%)

1 のでした, 私とは

▼ かく物騒~ (2, 0.0%)

1 なの, な女

▼ かく現代~ (2, 0.0%)

2 の首府

▼ かく生きね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ かく生命~ (2, 0.0%)

1 に満ちた, を保ち得られる

▼ かく生活~ (2, 0.0%)

1 し動作, ということ

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 ても私, ます

▼ かく申します~ (2, 0.0%)

1 と人, と文化部担当者

▼ かく画家~ (2, 0.0%)

1 でした, の事

▼ かく~ (2, 0.0%)

2 つて居る

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 がある, がおます

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 な身ぶり, 疲れず抱くという

▼ かく盛つて煙草盆~ (2, 0.0%)

2 の側

▼ かく目的~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ かく直接~ (2, 0.0%)

1 なる神, に意味

▼ かく直観~ (2, 0.0%)

1 すること, するその

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 見ては, 集まらなければ

▼ かく相討ち~ (2, 0.0%)

1 のごとき, 遂げて

▼ かく相談~ (2, 0.0%)

1 して, をした

▼ かく相讓~ (2, 0.0%)

1 りたま, る時

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 や鼻, をひそめ

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 に信仰, 似を

▼ かく真似~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ かく真直~ (2, 0.0%)

1 で先, な上

▼ かく眺め~ (2, 0.0%)

1 ていた, ながら休憩所

▼ かく着物~ (2, 0.0%)

1 をき, をぬぎ

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 が立っ, の催促

▼ かく祈り~ (2, 0.0%)

1 つつ美わしきみ手, ながら僕

▼ かく称する~ (2, 0.0%)

1 とも言われ, のを

▼ かく空想~ (2, 0.0%)

1 すること, や聯想

▼ かく突然~ (2, 0.0%)

1 光が, 訪れて

▼ かく窮屈~ (2, 0.0%)

1 なる法度, な女

▼ かく立つ~ (2, 0.0%)

1 浪に, 陽炎を

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 につながつ, を傳

▼ かく罵詈~ (2, 0.0%)

2 がましき

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 の身ゆえ, 将を

▼ かく考えます~ (2, 0.0%)

1 と時間的, と東北人

▼ かく考え来るなら~ (2, 0.0%)

1 ば人間, ば諸君

▼ かく考へ~ (2, 0.0%)

1 て注意, て見れ

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 して, も海

▼ かく聞き~ (2, 0.0%)

1 相槌を, 誤りたるなれ

▼ かく聞く~ (2, 0.0%)

1 や秀吉, 上は

▼ かく聴き~ (2, 0.0%)

1 取りぬ, 彼女らの

▼ かく腐敗~ (2, 0.0%)

1 して, し尽せる和歌

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 をひくめ, を掛けた

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 ふとくも, 太く羅馬拿破里

▼ かく自ら~ (2, 0.0%)

1 叱し, 慰めて

▼ かく自制~ (2, 0.0%)

2 して

▼ かく自己~ (2, 0.0%)

1 に課した, の圧力

▼ かく自生~ (2, 0.0%)

2 もあれ

▼ かく自由~ (2, 0.0%)

1 に執筆, に美しき

▼ かく致し~ (2, 0.0%)

1 てお, ておきました

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 が帰り, の時

▼ かく~ (2, 0.0%)

2 を離れ

▼ かく芸術~ (2, 0.0%)

1 の内, は衆生

▼ かく荒れ果てたる~ (2, 0.0%)

2 小堂

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 つぱ, の交代

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 が匿, を霊怪視

▼ かく~ (2, 0.0%)

2 を更め玉

▼ かく表現~ (2, 0.0%)

1 され得るもの, の技巧

▼ かく装わせたまえ~ (2, 0.0%)

1 ばいわんや, ば明日

▼ かく視る~ (2, 0.0%)

1 ことを, にいたる

▼ かく解すれ~ (2, 0.0%)

1 ば仏, ば位田

▼ かく解放~ (2, 0.0%)

1 する, せられたので

▼ かく言い懸け~ (2, 0.0%)

1 て伯爵夫人, て振り返りぬ

▼ かく言捨て~ (2, 0.0%)

1 てお, て蒲田

▼ かく設け~ (2, 0.0%)

2 備へて

▼ かく詠む~ (2, 0.0%)

1 もの千鳥の, もの月は

▼ かく詰まつ~ (2, 0.0%)

2 てゐ

▼ かく話し~ (2, 0.0%)

1 つつ立, ている

▼ かく語っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て徐ろ

▼ かく語りし~ (2, 0.0%)

1 ものを, 時彼の

▼ かく説き~ (2, 0.0%)

1 來れ, 勸められ

▼ かく読ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, で自身

▼ かく調子~ (2, 0.0%)

2 でさらさら

▼ かく諭し~ (2, 0.0%)

1 たりし, て日夜妻女山々上

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 所に, 聖徒を

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 えりしまで, へる宮

▼ かく謂い~ (2, 0.0%)

1 つつ伯爵夫人, つつ立上り

▼ かく警戒~ (2, 0.0%)

1 して, しながら

▼ かく貧しき~ (2, 0.0%)

2 が故に

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 を包ん, を燒

▼ かく迅速~ (2, 0.0%)

1 に敵, に端嚴

▼ かく述べ~ (2, 0.0%)

1 ていられる, てフォイエルバッハ

▼ かく述べ来る~ (2, 0.0%)

1 とそれ, と当時

▼ かく迷信~ (2, 0.0%)

1 が深い, は次第に

▼ かく進ん~ (2, 0.0%)

1 でゆく, で行くべきであり

▼ かく道元~ (2, 0.0%)

1 の説く, は衣食住

▼ かく部下~ (2, 0.0%)

1 のよう, をたしなめた

▼ かく醜く~ (2, 0.0%)

1 ともわれら, ならぬ内

▼ かく重き~ (2, 0.0%)

1 ものほか, 任務を

▼ かく重大~ (2, 0.0%)

1 であるので, な個所

▼ かく長い~ (2, 0.0%)

2 秋の

▼ かく長く~ (2, 0.0%)

1 我を, 書いたの

▼ かく限定~ (2, 0.0%)

1 されること, せられた場合

▼ かく雑然と~ (2, 0.0%)

2 書いて

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 がまえ, やつれ

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 となった, に雪

▼ かく願う~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことは

▼ かく駿介~ (2, 0.0%)

1 が耕す, のどん

▼ かく高野山柳~ (2, 0.0%)

2 の糸

▼ かく鳴かしめ~ (2, 0.0%)

2 てうき

▼ かく~ (2, 0.0%)

1 が神, はよく

▼1* [2308件]

かくあえぎ苦しまなければならぬ, かくあえぐような, かくあけかかったときうしろで, かくあさましきさまに, かくあさましく十字に, かくあざやかに新しい, かくあしき毒を, かくあしく耕すこと, かくあしざまに名, かくあなたさまに見つけられた, かくあの物体に, かくあまりに顕著な, かくあらざりしことの, かくあらしめている, かくあらしめし後火の, かくあらしめたいといふ願望, かくあらしめたまえアーメンアーメン, かくあらせば, かくありありと彼, かくありしなり基督教を, かくありて後と, かくありてしきものの, かくありのままに捉える, かくありましたとそれ, かくあるいは長く, かくあるいはまた不意を, かくあるごとく見つつ安ら, かくあるべからずとていねい反覆, かくあるべく予期し, かくあるべくありしなり阿園には, かくあわてて推参, かくあんでもはあ, かくあゝやつて, かくぢけさせ, かくいいかげんにしろ, かくいいし若者は, かくいい放って誘惑, かくいい渡されたのでありました, かくいうならん, かくいえるのである, かくいかだをくれ, かくいくつか選び出した, かくいずれの方向, かくいたく歎くにいたる, かくいたしましたはしょせん, かくいたわること自体いたわり, かくいっている, かくいっしょに縛られ, かくいったならばあるいは, かくいとめてはいた, かくいとも畏るべき, かくいにしへも和し, かくいはねば感情, かくいはれてはこれ, かくいひけりこの時, かくいひしならば, かくいひてかれその斷腸, かくいひゐたるを我, かくいふ者ありければ, かくいぶき放ちてば, かくいま一度検視に参った, かくいらつしやる, かくいれ足を, かくいわねば感情, かくいわれて初めて, かくいわれれば心細く, かくうかっかっかっ, かくうかんでゐた, かくうつったのである, かくうらぶれ出でたに就い, かくうらむ彼女は, かくうれしさが, かくうろたえている, かくうろたえるのが, かくえらぼうとかんがえた, かくおいて, かくおこぼれば, かくおしはかりて既に, かくおそろしくは吹鳴らさ, かくおつもりか, かくおどろいている, かくおなりなすってねえ, かくおもひぬ, かくおもいぬ, かくおりながらその, かくおれの息, かくお化けの顔, かくお揃いで此処には, かくお話をし, かくお辞儀をした, かくお銭の集まりましたる, かくかいの音, かくかかぬなんどの, かくかかれている, かくかきながら云った, かくかぎをかけ, かくかくれたる眞をば, かくかけていた, かくかしらと云って, かくかたりし時牧之, かくかたりて後涙を, かくかつ動いて, かくかはりて, かくかぶって顔, かくかまどのふた, かくかまたはその, かくからげた着物の, かくからと云って, かくからにはほかならない, かくからは女も, かくかりにも名取さん, かくかろがろしく懷ける, かくかわかした着物を, かくきかずにゃいられないことなんだ, かくきちんと整頓され, かくきびしきわが責, かくきりすぎてある, かくきる鰊を, かくきれいな手, かくぎょッと, かくくしゃみをする, かくくびれ上った一種の, かくくりつけてしまった, かくぐらゐならあたしは死ぬ, かくぐらゐ尊敬して, かくけいこが出来, かくけれどこんな夢, かくこそは見め, かくこたあない, かくこっちの足どり, かくこつや文学, かくこといま一つは自分, かくことなる事なき人を, かくことばをくぎり, かくことわり知らぬつら, かくこんないい朝, かくごしろッ, かくさえすれば, かくさつき千恵が片寄せた, かくさびしきなり, かくさまざまである以上, かくされどその言, かくさわぎのとき, かくさわられても痛い, かくとおすこと, かくしおおせぬ場合であります, かくしおおせられるやら, かくしか急いで, かくしかも驚嘆すべき, かくしがないのです, かくしげいには感心, かくしげく汝に, かくしされてるから見えません, かくししても何時, かくしする必要は, かくしずかにのぼっ, かくしだいにつぼんでる, かくしづかなる木かげ, かくしとるんだろう, かくしなさってもいけません, かくしなされて, かくしのかげに伏, かくしぶくろから, かくしまいには何, かくしらべる必要が, かくしるせるか云々, かくしんみりしたはなし, かくじろりじろりとにらみつつ, かくすくふうを, かくすぐ口を, かくすぐれた脳を, かくすごして来た, かくすすんでいきました, かくすべもわからなかった, かくすまされては何とも, かくすらむ, かくするどい光を, かくずっとあとを, かくせがれに相談, かくせめてくるので, かくせり合ってついに, かく爺さん, かくそこらをあらためました, かくそれぞれの言葉, かくそろそろと斜面, かくぞいへる, かくぞとてきらきら異彩, かくぞとのみ思ひ込みて, かくへなる, かくたいまつれども, かくたくわえておかなく, かくたたき込まれた彼らの, かくたたずみて居たる, かくたちでしょう, かくたちどころに返答される, かくたとい談話の, かくたのしさそれは, かくたのしみだけで大勢, かくたびに重吉, かくたべてゐる, かくたまさかに取出る, かくたまたま豚を, かくためらったことが, かくたよりに現れる, かくたる地獄の, かくだけが膜の, かくだけでも随分骨, かくだけはわかって, かくだけを動かして, かくだれて来た, かくだんな距離ができ, かくちばしって出, かくちゃんとした作品, かくちょっとナイフの, かくって困ると, かくっと動かしましたので, かくついてきた, かくつぎの一歩, かくつげるものだ, かくつつましい感じに, かくつつましく不安げに, かくつつむありがたいまことに, かくつて何ともかん, かくつと動かしましたので, かくつぶやきながら, かくつぶやくに, かくつまって心もち肉, かくつらき御よがれ, かくつれてこ, かくておもての, かくてくわりん, かくてしも畑みな成り, かくてたづねて, かくてなし遂げられる, かくてのみ有りて, かくてほどへてある夜枕辺, かくてや人の, かくてやはあると, かくてようように, かくてよりは我いつ, かくてわたしたちは, かくてをのこは, かくでしたが八百何圓, かくではございますが, かくというのも気が, かくといったぐあいだったがこの, かくといふ体言的の, かくとうになりました, かくとかいふのは, かくときどき鼻を, かくときひとは少く, かくとき印象から脱する, かくとき季節のこと, かくとき山上元は英語, かくとき彼の筆致, かくとき手頸のやけど, かくとき数人の友人達, かくとき理由がなく, かくとき私はどこ, かくとくすることが, かくとぐでりん, かくとざされていた, かくとしてとにかくこの, かくとすればそのところ, かくとて其は, かくとまであって, かくとみし鬼いづれ, かくとりまくあなたの, かくと共に家を, かくどうして良人に, かくなおりかかつていた, かくなかなか木の, かくなぐの如き, かくなさずにはおられぬ, かくなさったのも, かくなさるのかと, かくなされては如何, かくなされれば天下無比, かくなさんと種々, かくなしたではありません, かくなしたるや, かくなすがご, かくなせしもみな, かくなだめられて本来おっちょこちょい, かくなったでは所謂特殊民, かくなつかしい私どもの, かくなどということは, かくなどにじっとし, かくなどは鎌倉武士の, かくならざるを得ない, かくならず食事も, かくならせ給ふ, かくならないでは居れない, かくならねば研究, かくなられたのは, かくなりかけるのを, かくなりきっている, かくなりしこと何をか, かくなりはてたのは, かくなりまするまでには印度, かくなりゆくものに, かくなりわい出たもの, かくなるらしいにしへもしか, かくなんざ近頃の芝居見物, かくなんとおろかで, かくにあたってもまず裸体, かくにおいて突然ドエライ音響, かくについてもこの渾沌時代, かくになつたのは, かくにの御両親, かくにもねぢけ, かくにもも一度深夜, かくにらみ合っておっ, かくうちよく, かくねらいをさだめ, かくねらったか, かくのそのそと近づいた, かくのべつ同じ場所, かくのぼりついてくる, かくのぼる人々の, かくのよいづみ子の, かくのりたまひ竟へて, かくのんびりとした, かくはいすすんで, かくはいふ事ぞと委敷, かくはかなさの, かくはかなくも, かくはげしく打懲す神, かくはずですが, かくはたらきかける意味換言すれ, かくはちきれそうな, かくはっきりならしめた所以, かくはなはだしい間違いを, かくはやからず貨幣, かくはやきはいまだ, かくはやくは唱, かくはるばる蛮土に, かくはわれ小銀, かくばかりかと思うほど, かくばかりと夜逃げし, かくばかりに眉を, かくひき下るの, かくひそひそ囁きあって, かくひそやかにおこなわれた, かくひたざまに, かくひとりごちて武男, かくひどい取り扱いを, かくひめあすなろうと, かくひらめ村へみんな, かくひろつたぞ, かくびじろを見たの, かくふかく戀の, かくふせいくにに, かくぶっきら棒に, かくへの義理合ひ, かくがらか, かくほどに食欲が, かくほどまでとは思いも, かくに踏みへらされた, かくぼうをかぶった, かくぼうしをかぶっ, かくぼくに電話, かくぼっちゃん, かくまきで包み背負い, かくまことにしたため, かくまじめくさって怒った, かくまずその尻ッ尾, かくませこの脊, かくまちまちな所説, かくまでとは夢想も, かくまでな懸命の, かくまでにも不遜軽躁に, かくまでは行届くまいと, かくまとまって色, かくまひ翌朝は護衛, かくまれ疾くやり, かくまれブラ公をブラ, かくまれ敵といひ, かくまれ身を投げる, かくみずから誓ったの, かくみずながしといっ, かくみづからに, かくみやたりはあに, かくむしろ士気を, かくむすび玉に, かくかでひとがら, かくめせとあはれ, かくめんして, かくもう死ぬる蝿, かくもかはれば, かくもがとも同じ, かくもぐり込んだのであろう, かくもつれなきものかな, かくもてんてこ舞を, かくもとばかり足, かくもみごとに結晶, かくやいなや懐中から, かくやがて死ぬる虫, かくやぎのよう, かくやくたる光に, かくやさしく來れ, かくやすらけく寝, かくやでもこしらえて, かくやに刻んで, かくやは人の, かくやむごとなき, かくやらないかね, かくやりてえと思う, かくやるせないものに, かくゆきくらして泊, かくゆく間目を, かくゆっくり云うの, かくゆれ心は, かくさしまつりし, かくよい工合ひ, かくよばはればかの, かくよびならはせし, かくよべるは塔, かくよみたり, かくよめりと見る, かくよるべなき, かくはこの, かくるいなびかりらしい, かくるれど我, かくびしれたるものどもありくかと見れ, かくわざと書状など, かくわたくしから湿, かくわたしを見つめ, かくわねーアハハハハ, かくわれらあらん限り, かくわれ曹が計略, かくアカイアを勵, かくアカヌガワラと呼ん, かくアキリュウス目ざしつ, かくアルコールに勝て, かくエホバの審判三友人, かくオチクボに連れ, かくオパアルの様, かくカナで日本名, かくガゴは申出た, かくガンドウのよう, かくガンピとサクラガンピ, かくキョロキョロとあたり, かくキリスト教が理解, かくギリシアと日本, かくクリストを見る, かくグローコス退くを, かくゲルダをしっかり, かくゴムの手袋, かくサルヴァトル・ローザもこれ, かくシャツやズボン, かくシャビエルは, かくシリベシを後方羊蹄, かくジナイーダを見張っ, かくソロソロと降り, かくゾーとする, かくダレースの二人, かくチュッチュッと啼き, かくッきりと白い, かくツルゲーネフが上述, かくドイツ政府のため, かくハガキの文体, かくハセガワ尚来る, かくヒルという, かくファラデーが辛棒, かくファラデー自身が研究, かくプラトンはいろいろ, かくプロレタリア文学運動の荒い, かくヘクトール大石を抱きおこし, かくヘクトール烈々の勇氣, かくヘクトール隊中を進み, かくボテレンに仕上げた, かくボンボンやら何やら, かくマガリャンスが日本, かくマルチノの心, かくムクゲの花, かくモデルは仮説, かくユリという字, かくラファエロが現われた, かくラ・トゥルの氷河, かくリアリスティックであろうと, かくロマンチックになりかけた, かく一〇〇〇メートル余も迷っ, かく一つ一つ丹念に読む, かく一一分類法の誤り, かく一介の自分, かく一休しようと, かく一切の表現, かく一口にたべられる, かく一変したの, かく一宮ずつ星宿, かく一山になっ, かく一応の御, かく一族中の卑幼, かく一時に夏景色, かく一枚一枚点検する, かく一様のこと, かく一様式と観ら, かく一樣ならざれども, かく一気に捷てる, かく一派を他派, かく一生懸命に見つめ, かく一般について観察, かく一般的な法則, かく一葉毎に五七語づゝ, かく一藩が党派, かく一足一足近づいて, かく丁寧にする, かくずの, かく万国交際の世の中, かく万遍なく天路歴程, かく三つの特色, かく三年といへる, かく三甚を付け狙っ, かく上げることを, かく上下を一挙, かく上京参内を仰せ付けられた, かく上人との昵みの, かく下りながら鉢巻, かく下ろされて窓, かく下劣な言辞, かく下水道と悔恨, かく下船者を目撃, かく不吉と思い込んだ, かく不埒千万な野, かく不安なればこそ, かく不思議にもめぐり会った, かく不意に信玄, かく不明瞭であるにも, かく不遜なる魂, かく与へられた好機会, かく世に有用な, かく世の中が忙しく, かく世界をころげ回り, かく世間並の挨拶, かく両川にも申し伝え, かく両度までわれ, かく両方から柔, かく並べるま, かく中古に草臥れ, かく中央にある, かく中流市民的にし, かく主観主義と客観主義, かく主顔をし, かくは悪い, かく執と, かく亂箭にアイアース惱む, かく亂軍のただ中, かく予定です, かく事ほかしらない方, かく事件發生毎に會議, かく事実の上, かく事実上内地雑居の自由, かく二人きりの愉し, かく二十枚ほど続篇, かく二宗經僞教と云ふたもの, かく二度の食事, かく二本の指, かく二様になる, かく二歩進んで, かく二種の社会, かく云いかけられたので彼女, かく云い直すことが, かく云うべしかく考えるべし, かく云つてゐるの, かく云われて全然, かく云われたのである, かく云われるのも, かく五分五分に眼, かく五經全體に手, かく亡き俤に対する, かく亡霊にあいし, かく京都守護の予備, かく人々字をかく, かく人たちに考え, かく人世を観じ得る, かく人劇を書こう, かく人心の一致集注, かく人情本に引用, かく人手を煩, かく人文に關係, かく人材登傭の途, かく人格が分解, かく人物揃ひの, かく人物画のコツ, かく人生を捨て去る, かく人畜を残害, かく人達の混雑, かく人魚のおねえ, かく今彼は勇, かく仏性をアートマン, かく仏法では殺生肉食, かく仔犬の腹, かく仕えべきものと, かく仕事をやらう, かく他国の永年, かく付きまとって来, かく付け狙うほどの事, かく以上カタリを書く, かく仮名した, かく仰ぎ上げる頂上を, かく仰せられねばならぬ, かく企んでの事, かく伏目がちなイエス, かく会釈して, かく伝うるに至った, かく伝えられていた, かく伸びむとする梢には, かく伸子を見た, かくて非, かく似たることの, かく声に, かく低唱しつつ, かく佐々伸子がソヴェト, かく佐々伸子日本の民間婦人, かく何事も金, かく何家何家といふ風, かく何日までも世間, かくに進言, かく余り性の好く, かく余裕も出来, かく作りし者あり, かく作事場を見まわった, かく作家も疎外, かく作戦である, かく作者にはなれない, かく使いふるされ何らかの, かく來たんだから, かくしての, かく供物を捧げしなら, かく侠気からあえて, かく係助詞にて止め, かく促さるれどももし, かくに変っ, かく俊敏に感得, かく保護するよう, かく信じおれるが如くなる, かく信じきたったことゆえ, かく信じ居る標準なり, かく信ずべき理由は, かく信ぜらるべき, かく信ぜよと命令, かく俯向いて, かく俳句の表現, かく個々別々に主観的, かく個人の認められざる, かく個人的の立場, かく個性の発展, かく倚頼したるか, かく偉なる業は, かく停車場にお, かく健全の男子, かく側ぢかく侍, かく偽っている, かく傀儡師たらんこと, かく傾けて, かく傾向です, かく傾斜せずして, かく傾聴はした, かく僧たちの力者法師, かく僧侶の登山, かく僧形で顯, かく高き罪, かく儂ら同感の志士, かく儉約せるもの, かく優良なる人々, かく優遇したの, かく兄弟倶に高位大官, かくに触れ, かく先帝の代, かくよあれ, かく光つてゐる, かく光榮のメネラオス, かく光秀がお, かく光線をうしろ, かくを見つけ, かく児童は教化, かく入るるべからざるところに, かく入れた馬の, かく入婿の久次郎, かく入念に扮装, かく全国にこの, かく全島が山, かく全身が痛む, かく公武の間, かく六ヶしいもの, かく其はじめヘクトール嚇し進みて, かく其わざのさかえ行こと, かく其処に一種, かく其小僧の尻, かく其胸に心肝, かく具体的で写象, かく内側へおり, かく内外より深く, かく内金としてこれ, かく円内に三円, かく円形の塔, かく再び請へ, かく再三脱帽し, かく冗長なる述懐書, かくを凌い, かく冷然としてしかも, かく凍らぬ港でも, かく凛々しき壮夫を, かく凝り固まったような, かく処置しました屍体, かく凭れか, かく出来て居, かく出来るのを, かく出来上りかけて, かく分け入ると谿川, かく分つことなし, かく分化作用で吾, かく分外の奢侈, かく分布せし際, かく切った髪の毛に, かく切つてはぱ, かく切つて一つ振ると, かく切られた瓦斯管が, かく切り上ぐる事は決して, かく切り詰める事が, かく切上げる事に, かく刈られ鋏で, かく刈り鬚を, かく刈りこみ色眼鏡を, かく刈りこんでいる, かく刈り拓き日ごろ蓄えおきました, かく刈り込まれた頭髪に, かく刈込んだところから, かく判明せる原因, かく判然たる記事, かく別々に測る, かく別ちてわが, かく別ぶろをしつらえる, かく別れ難くいひ, かく制裁を加えなけれ, かく刷りて幾百億円, かく剃られたチヤン苅り, かく前おきをし, かく前本文の終り, かく前言つたやう, かく割って御, かく創造せられた動作, かく劇しきはなし, かく劇しき渇なく且つ, かく力もないくらい衰弱, かく劣等なりと, かく助勢のうえ, かく努力して, かく励ますような, かく労働して, かく勉めて交, かく勉強のつもり, かく動揺されるとき, かく動機になった, かく動物の種類, かく勸むされどこれら, かくへ迂回, かく北南と西東, かく區別する時, かく十二禽から切り離し, かく十六付きたるが, かく十四五年の間, かく十字を切, かく十字架につくべき, かく十州の通路, かく十日まえに, かく世紀以上も, かく半ばは放心, かく半身を起こし, かく卑しき價を, かくに北, かく南半球の孤島, かく単に自活自営の, かく単純にあらわされた, かくく雑多, かくった, かく危險思想の蔓延, かく厚くなさ, かく厳しきは故, かく厳しく訓誡し, かく厳格な態度, かく厳重に監督, かく友僚の斃, かく双手さしのべて, かく反動的に小さい, かく計ふ, かく取り交されていた, かく取り扱いにくい, かく口先だけでも反対, かく口汚く罵るもの, かく口説き落とそうとした, かく古代に於ける, かく叫ばしめつまり, かく叫ばれたこれらの, かく叫んで直ちに, かく可哀相だと, かく叱られ心に, かくの問答, かく方面に, かく各人各説, かく各自自分の家, かく合せしむるものは即ち, かく同一のもの, かく同乗の女, かく同姓婚を忌んだ, かく同情すべき情態, かく同時により普遍的, かく名けし所以は蕪村, かく名づけている, かく名づけられしなり, かく名づけられたのであらう, かく名乗りかけられて卑怯, かく名乗る処の, かく名誉座員になつ, かく名高くなったの, かく向けられております, かく君独り愁え多きや, かく吟ずるの日, かく吠えつづけている, かく吹けりはや敵, かく告げてしずか, かく告げたので係官出張人夫等, かく呟きつつ庭下駄, かく呟くや否, かく呼ばれたのである, かく呼ばれるので, かく呼び做す如き, かく呼びかくること穩當ならず今, かく呼びかけつつ混乱, かく呼びかけざるを得ませんでした, かく呼びかけたものであります, かく呼びかけるべく教育された, かく呼びしにあらざる, かく呼び換えてみた, かく呼ぶならば, かく呼べることあり, かく呼べるならんと, かく呼んでいた, かく命じたのである, かく命じると突如, かく命ずアキルリュウスを, かく命名したので, かく和らげられたる乾坤に, かく和名でショウブ, かく和歌には四季, かく和算家は支那, かく咬んで口, かく咲きたらばいた, かく唐代に多, かく唐風の衣裳, かくへその, かく唱えしとかといわれ, かく唱えるのだ, かく吐けるなり, かく商売である, かく問いかく答える, かく問い詰めたが十吉, かく問わねばならない, かく問われかく答える, かく問われる時私は, かく問出でぬ, かく喋々しますけれども, かくめいたと, かく喜んだのは, かくじたと, かく嘆けば, かく噛み噛みたるためにや, かく噴いては止み噴い, かく嚇すしかして其事, かく嚴しきは故, かく四周をみまわし, かく四方を巡行, かく四觀四隅にあれ, かく囲まれし上からは, かく固き意志極めて, かく国々に御幸, かく国法を軽蔑, かく國體や國情, かくに浸み, かく土能く諸物, かく在りしか, かく在るか, かくを離れる, かく地べたにうつりました, かく地下茎の節, かく地球の第, かく坐してトロイア軍, かく坐しき天皇, かく坐せば, かく坐らされて汗ぐつしよりになりながら今, かく垂れさが, かく垂老の日, かく埋められてある, かく城壁の高き, かく執念く愛せ, かく基督教を以て徳育, かく堕落し果て, かく報道されて, かく場合私たちは一々, かく塾生たちの顔, かく境界の定められぬ, かくをあらす, かく墓内に葬る, かく墓場の多く, かく増加し得ようとは, かく増大する速度, かく増長せしめた近来, かく墜ちるは何故, かく墮落して, かくをせ, かく壊されしことの, かくれしなりき, かく売りにきた, かく売行の多い, かく変動する必要, かく変化せられては, かく変容された概念, かく涼しき土窖, かくから叫んだ, かく外界との交渉, かく數を, かく多きかくあしき, かく多勢を相手, かく多忙を極めね, かく多様な形, かく夜ふけておん身, かく夢みて, かく夢中になっ, かく大々的に扱われる, かく大きなる旅館, かく大会社だけれど, かく大切な事柄, かく大勢の中, かく大原の僧院, かく大声を発しとう, かく大空の下, かく大脳が発達, かく大蒜が外, かく大袈裟に営業, かく大観して, かく大陸的に出来, かく天子崩じ諸侯薨, かく天才だつた, かく天文暦術とすらも密接, かく天然を見, かく天王の宮, かく天皇に対し奉り, かく太くなり耳, かく夫婦の契約, かく失ふにいたれる, かく失主狗となれ, かく失礼なこと, かく奇しき笛に, かく奇計をめぐらし, かくへ入, かく女らしい欠点の, かく女子とし, かく女性の粘り, かく奸計をめぐらしたる, かく好んで読む, かく好意を持つ, かく妖怪を説明しきたり, かく妙達は自分一人, かく妙齢の身, かくは入獄中毎日読書, かく姿を変じ, かくを男, かく娘さんより一寸, かく婆さんじゃない, かく婆アは飛出し, かく婆羅門僧の居催促, かく婦人たちが洋画, かく婦女の無, かくな反省, かく嬌瞋を発し, かく子供を放棄, かく孔子は智慧, かく孔明の召還, かく存じている, かく存命へて今日, かくれかの, かく學問に心身, かく守られていた, かく安らかに地獄, かく安全にかつ, かく安直に風景, かく安穏に渡世, かく宏大無辺である限り, かく宗吾に刺戟, かく宗教上の一大偉人, かく宗教観に情操, かく宗祇を禁裏, かくむるもの知りた, かく定かにせん, かく定められたものである, かく定時に教会, かく定義を下せ, かく実用語として閑却, かく宣ぶる忠言, かく宣まひし上帝, かく宣給ふときは, かく宣長がこの, かく宦官は諸, かくのうち, かく家並の線, かく家事世事には無頓着, かく家庭問題が八釜敷, かく容貌が悪相, かく宿下がりをいたしました, かく寂しい気配の, かく寂しきことを, かく寄しき物かつてあらはれし, かく寄って来る, かく寄り來ね, かくを得たる, かく寐入つて居るらしい起しては, かく寐言のやう, かく寒い思ひを, かく寛文時代で女, かく寝ついた所だ, かく寝付きましたがその, かく寝間着の襟, かく寡居して, かく寸刻をのばし, かく対処あるべし, かく対陣の長びく, かく封書の封, かく専門的の攻撃, かく射す庭芝を, かく尊くかく偉なる, かく尊ばるるかという, かく尊ばれて智馬満足, かく對立せるにも, かく導き来った大きな力, かく葉が, かく小さな角を, かく小ざっぱりとかき上げられ, かく小声で言う, かく小娘から勇敢, かく小川さんです, かく小説を入れます, かく小説体というもの, かく少からず出るの, かく少しずつ話, かく少年たちを見守り始めた, かくの丸い稚, かく局限されたる場所, かくながら事, かく屋号は大切, かく屋敷堀楊は寒し, かく屍体の頭, かく展望的により高い, かくへ衝突, かく島ぜんたいをしらべ, かくを蹴った, かくのまわり, かく川止めの泊り, かく巣立ちけるぞと思ふ, かく左右を見まわし, かくに思ひ, かく差し引をなす, かく巻いて頭巾, かく市井風俗との気稟, かく帆村のまわり, かく師匠の手, かく席暖まるいと, かくするもの, かく帰し給ひしみ, かく帰りが遅れる, かく帰るとも秋風, かく帰納したく思う, かくして, かくのおりる, かく平体に復せられた, かく平易なるもの, かく平民に, かく平然自若たるを見, かくなく我等, かく幸福ならん, かくをつたわっ, かく幼少よりあこがれ, かく幽霊の髪, かく幽霊論を結びきたれ, かく広く長く続いて, かくがある, かくの鶯, かく度々あること, かく廿一羽になつたの, かく弁別力を具え, かく弁解すると, かく引き裂り, かく引き取られぬる帯なれ, かく引上げては来た, かく弘まれりと, かく弥平兵衛宗清と見られた, かく弱き人ご, かく弱き者とは知らなかった, かく弱ったて, かくひて, かく強権の保護, かく強烈な誘惑, かく城に, かく当りでもしやす, かく当夜謹慎して, かく形容するの, かく形式的直観に帰, かく彫んだ象牙の, かく役所の話, かく彼一人に満足, かく彼女は考え, かく彼我に語り, かく待ってるあいだに, かく後れたり責められ, かく後向きになつて舌, かくした, かく御沙汰ありしもの, かく御身の心, かく御身装のやつやつしき, かく御酒を一つ, かく徹底の傾向, かく心づいて見れ, かく心付くとともに余, かく心境の変化, かく忌み嫌わるるもの故諸, かく忍んで来た, かくを貫く能わずし, かくる, かく応えることにおいて, かく応答するかと, かく忠実にその, かく快きことありし, かく快楽多きに, かくへる貫一, かく怒りの声, かく怒り肩で丈, かくろしき夢を, かく怜まれつつも宮, かく到りて, かく思いつづけて青年, かく思いつづけし武男は, かく思いましたので, かく思い定めて男, かく思い定めたれども渠, かく思うならば誤信, かく思おうとおもう, かく思しめす也, かく思ひついたことが, かく思ひなやむやといふわれ, かく思ひなりてさて, かく思ひめぐらして彼, かく思ひゐたり, かく思ひ浮ぶると斉, かく思へることの, かく思惟したるのみ, かく思慮の足りない, かく思案をし, かく思考えた, かく思議する間, かく気癖の, かく怠らず綴られし文は, かくに引っ越した, かく急いでいた, かく急がれている, かく急所をのみ捕え, かく性欲を無視, かく怪しい魔物が, かく怪しき旅し, かく怪我しはべると, かく怪物同士が本性, かく恐るべきものとして, かく恐れがある, かく恐ろしげな, かく恐ろしくはあった, かくなきぞ, かく息つきあへず, かく悄然と華麗, かく悉く現はれしならず, かく悟りてこそ, かく悟ると馬, かく悠々閑々たるそぞろ歩き, かく患者等は理髪師, かく悦びごとを言いました, かく悩むときに, かく悪血をしぼり, かく悲哀催すや, かく悲観的暗黒面ばかり見た, かく悶々たる痛涙はながした, かく情痴作家ともあらう, かく惚苦めたまひし, かく惚苦めたまへ, かく惜しい事を, かく惜しまれて急がなかった, かくしくなりし處, かく惡劇せば, かくへり, かく想いやりし幾年の, かくひかく, かく意志をもらし, かく意志決定するという, かくなりしを, かく愚痴が困苦, かくに等差, かく愛しなはれと教訓, かく愛惜して, かく感じたことであったろう, かく感心したとも, かく感情の必然, かくしみて, かく慇懃に福村様, かく慈善事業の発達, かく態度として云われ, かく慌しい折には, かく慌しくこけつまろびつ, かく慎重に筆記, かく慣れてくれ, かく慣習のなか, かくと為す, かく憂き處に, かく憂ひに刺さる, かく憎しみと怨み, かく懇篤なる世評, かく懺悔の隙, かくひ慕, かく戀ひじすべての人, かく成つたと思つて來, かく成つたつけな此, かく成つてからさ, かく成りしは実に, かく成りますぞ, かく成り果てし吾身を, かく成り果てました以上は, かく成り果てるとまた, かく成り行きぬと, かく成り行き候上は官軍賊兵, かく成る樣ぢや, かく成るべき物が, かく成功したこと, かく成就したこと, かく我が皇室の, かく我友をいた, かく我藩も恭順, かく戒めると楊儀, かく罪悪を, かく戦勝を汚す, かく截らる, かく戯れたまひし, かく戯曲的であり誇張, かくへる兩軍, かく戰陣を荒らし, かくをしめる, かく戸棚の隅々, かく戸籍に傷, かく所有者を変える, かく手がかり足がかりの岩, かく手だてを考へた, かく手厳しく譴責された, かく手心は心得た, かく手掴みで食い, かく手紙父がいた, かく手足長き人, かく手違いをまねいた, かく手間どったのは, かく才能はない, かく打ち謝罪る, かく打ち続き二度までも, かく打ち過しそうろう間さだめて, かく打つもの結び様は, かく打明けるのが, かく扮装して, かく批判したわけ, かく承認する舗石, かく技術とか自動車, かく抓み上げて白い, かく投込みに活けた, かく抗弁する人, かく抱いている, かく抱きて疲, かく拙なき運命を, かく拡大されようと, かく拡張されたもの, かく拭き取ってからお, かくひ上げては, かく持つて三本指, かく持て麦は, かく持参のこの, かくも切る, かく指図をし, かく挑発されて, かく挨拶しつつ, かく挫けしことは, かく振れ舞うのだ, かく捉らへて待つ, かく捕はれしこそ嬉しけれ, かく捕物名人はいつ, かくを翻, かくすずり, かく探しながら坂, かく探検をきわめ, かく推参つかまつったが, かく推察するの, かく推測しつつも, かく推理し圧倒, かく推移する道程, かく推論の結果心理学者, かくひて, かく描いている, かく描き出す時は, かく描く処の, かく搗け然見せ, かく摘み白麻の, かくひ治めて, かく撫で這いそして隙間, かく操るものと, かく擢んでらる, かく擧げ來れる, かく攀じ登って行った, かく支那人を捕虜, かくえると, かく改まった委嘱を, かく改めたに過ぎない, かく改めたるなるべく又, かく改作したの, かく政府の無為, かく國の, かく救いを求め, かく教えるのが, かく教会がよい, かく教育に熱心, かく散斬りにし, かく敬わるるは当然, かく敬神したきも, かく数多の例, かく数学の原理, かく整然として用意, かくに駆けみだされた, かく敵將のなき, かく敵營を襲, かく數多の船, かく數字の上, かく數度の障礙, かく文事の一方, かく文字には消極的, かく文学者は単に, かく文明の世の中, かく文章なんてむずかしい, かく文芸家を真, かく料理して, かく斬りさげられたのか, かく断じたがその, かく断わった上で, かく断乎として宣言, かく断定しその, かく世界を, かく新しい国や, かく新手の兵馬, かく新聞や雑誌, かく新陳代謝が行われる, かく方便として泰軒, かく方法はいかが, かく方面やらいろいろ, かく既に詩としての, かく日々に切, かく日出時に蓮花, かく日本人自身の内, かく旦那が留守, かく早からざりせば, かく早朝から整っ, かく昆虫に努力, かくかに分ち得べき, かく明々白々なる事実, かく明からさまに, かく明けて外, かく明らかに見る, かく明治の代, かくをながめつ, かく星天の美妙, かく星宿の名, かく映じたのだ, かくに於, かくを端折っ, かく時笑ひ顔, かく晩くも源が舟頼み, かく晴々しくいでたちしかと, かくがあったら, かく暗黙のうち, かく曇れば寒い, かく曲がり折れて疵痕, かく曲りくねってつけ, かく曲りくねった岸に, かくりゆくが, かくれぬ今日, かく書かうと思つて彼, かく書かせて元, かく書かなければいけません, かく書かれてある, かく書き送る心の, かく書くのは, かく書けば良い, かく書物が好き, かく書面仕りました, かく小さきもの, かく最中家の雑用, かく會社の連中, かくの巻頭二十枚, かく月日ばかり重, かく月日斗重ぬるなれ, かく有らでは慊ら, かく有名になった, かく有様でおのれ, かく有機體説が觀想的態度, かくから晩, かく朝子はアンナ・カレーニナ, かく朝野の名流, かく朝鮮の器物, かくりて, かく未だ目が, かく未來への展望, かくの上, かく朽果てし姿を, かく材料が小説家, かく杜氏の唄, かく束縛せられては, かくていただい, かく来たもの聞きなさい, かく来意を告げる, かくと南, かく東京滞在の日, かくやしひの, かくれる世, かくを高う, かく林之助はこうした, かく林檎を盛った, かくないが, かくより枝, かく枯らす物は, かく枯れて皮, かく枯枝をひろう, かくを箝め, かく栄二が答えた, かくをとどめけん, かく根元がつい, かく根本に帰, かく根気がぬけ, かく根津や谷中, かくの字, かくの花, かく植物界のこと, かくべてから起ちあがった, かく検査官中の老, かく楓林のそ, かくより業, かく構成性を有, かく揚げて, かく様々の動物, かく権右衛門の姿, かく権威づけられた政治, かく権限を決定, かくはれお, かく横着にも敢, かくより橋, かく機糸を断たれし, かく檀那の御名, かく檢査官中の老, かく次々と少し, かく次第に接近する, かく次郎の諭旨退学, かく欺いてまで武士, かく歌えと教えられる, かく歌つてその歌, かく歌ひまゐ來, かく歌声に聴き入る, かく歎聲をいだす, かく歡びてこの處に同郷人, かく止められまゐ, かく正してみる, かく正直にいっ, かく正面から乗り遅れまじ, かく此処まで来た, かく此等を完, かく此節遣候, かく此處まで來, かく武士の恥, かく歩ませて供養の, かく歴々多き中, かく歴史小説というもの, かく歴然と現品は, かくぬるに, かく死ぬことも, かく殆ど無視して, かく残り尠なの, かく残雪の少い, かく殘忍なる振舞, かく殺人器の進歩, かく殿の枕辺, かく毎日毎月同事, かく比喩をもっ, かく比較して, かくの各, かく気保養にと思ふ, かく気楽に取扱われた, かくはすゞ, かく水色の襷, かく求めている, かくの玉, かくる, かく江戸時代には池袋, かく決して男の, かく決ったとして次に, かく決定するため, かく河原住まいの丹下左膳, かく河口に船体, かく法然自身に様々, かく泣き止むの, かく注意を受けた, かくはれしわが身, かくにのみ垂籠め, かく流れでるもので, かく流行し出したの, かく浄土教と実隆, かく浅からぬもの, かく浅くなり頭, かく浅ましく汚れし身, かく浅間敷き乱, かく浪人無宿者なども何十人, かく浪漫派は内容, かくゆるや, かく消極的に活力, かくを流す, かく涙ぐみしを, かく深夜の葬式, かく混同されること, かく清新な写生, かく清浄界に出入, かく渠自身の好き, かく渡世すと, かく渾然たる作品, かく滅ぼすや, かく滑らかに語りいでし, かく船し, かく漆桶を抜く, かく演ぜられるとき何んと, かく漢化の時代, かく漢名を用いた, かく漢字制限を使用, かく潔く答ふる, かく澄んでゐる, かく澄んだ眼を, かく濡れたるま, かく火声は焦れ, かく火花を散らし, かくの暗号, かくば人, かく為しうる人は, かく為したるものを, かく為すことが, かく為世は四季それぞれ, かく烈しく叱られしこと, かく無名の師, かく無念な思い, かく無情の処置, かく無疵なる聖賢, かく無知である, かく無責任なるにも, かく無風流に旅行, かく然し快活に, かく焼け残つた私らの, かく煌めくは何, かく煩悩を解脱, かく煩悶した結果, かく熟考のうえ, かくするかを, かく熱しと雖, かく熱心に牛乳, かく熱烈なる末尼教, かくゆべきか, かく燃えしめると言, かく燃えひらめいた心の, かく燃え上がらなくてはいけない, かく燃え落ちたろうそくは, かく燃してから火箸, かくるによりて, かくをきりつ, かくひ合つてやつ, かく父母と常に, かく父親の眼, かく爺さん嬢さんと語呂, かく版図いよいよ広く, かく牧場の牛, かく物凄いものが, かく物淋しいあじきない世の中である, かく物蔭からこなた, かく物言ふ, かく特性づけることによって, かく牽制するところ, かく状態を異に, かくはしむる, かくを人, かく狡智に富む, かく狡猾な脱税方法, かく独語ちて, かく狭義に解釈, かく猛烈の戰, かくの頬嚢, かく獄中生活の荒, かく獅子も虎, かくりなるにより, かくは涙, かく王莽のこと, かくらしい伊豆紫, かく現われるにし, かく現実を孕ん, かく現実的でなければ, かくを談ずる, かく理想の減じゆき, かく理科の知識, かく甘い眠りを, かく生えた口を, かく生きてゆく, かく生きなければならない, かく生きのこったのが, かく生き永らえておっ, かく生き返つても, かく生れ來た身, かく生存して, かく生成したもの, かく生活能力ともちがった, かく生涯を楽, かく生糸は安い, かく生育したの, かく産婦が祭る, かく産後ではキツ, かく用いることによっては, かく用向あって, かく田丸さんがす, かくなき妄想, かく甲斐甲斐しく炉辺の, かく甲田がしばしば, かく申さばお分り, かく申さば讒謗罵詈礼を知らぬしれ, かく申しあげると甚だ, かく申しおったといえ, かく申したならば唯物論者, かく申しましても私, かく申し上げてる私です, かく申し入れられてそれでは, かく申し渡した時に, かく申し立てるところの, かく申し込まれた上は, かく申せしを韓人, かく申そうと思う, かく申上げ候わば, かく申候処その人, かく申込んだのは, かく男ひとり来て, かくの糞, かくになる, かく異境に散り失せ, かく異教徒と戦う, かく疎外排斥せられる結果, かく疑ひをいだき, かく疑ふをば事, かく疑わるるは現代, かく疑惑にとざされ, かくからじ, かく痛ましくあらんと, かくするも, かく痩せた女郎花が, かく発問すると, かく発展を遂げた, かく発生の根原, かく発育して, かく登場したけれども, かく登志子の様子, かくしぬ, かく白旗を掲げ, かく百姓は即ち, かく百舌鳥のするどく, かく皆様の多大, かく盛りあがった寝床を, かく盛りあげてあった, かく盛り上ったように, かく盛んな増殖率, かくうのに, かく盲目と成さ, かく相互に睦, かく相対し得たと, かく相違して, かく省くを責めざるなら, かく真相が曝露, かく眺めるというは取り, かく眺望も狭く, かくをあい, かく眼前に貴方, かく着せ飽くまで食, かく着替えをした, かく瞑目り給, かく瞬きもせず, かくにしみた, かく矛盾するもの, かく知ったせつなに, かく知り感謝の, かく知識の堆積, かくかいやう, かく短く簡単には, かく短時日の間, かく短時間に落城, かくを投げ尽したらしい, かく石段の上と下, かく研究をする, かく破られた連續性を, かく社会が倫理的動物, かく社会上からすべて, かく社会主義的な施設, かく社会的にとりあげられ, かく祈る所以の, かく祕めらる, かく祖父は訊いた, かく神仏の助けるある, かく神功紀の細注, かく神妙に首, かく神明はペ, かく神様がお, かく神社を乱合し, かく神経作用の鋭い, かく神經質な子, かく禅以外にもいろいろ, かく鋭たぐい, かく秀でその頂, かく秀でしめし威徳とを, かく私芝居の勉強, かくを呼ぶ, かく科学的精神に滲透, かく秘蔵中の秘蔵, かくを軋ましむ, かく称えたものだろう, かく称したるものなり, かく称讃せしは, かく移転されるに, かくとなった, かくへられ, かくえて見る, かく積つてゐた, かく積み上げられた貝殻は, かく積み重ねられた黄色い紙, かく積んである, かく積んだ五六十帖の, かく積極消極両方面, かく穢れた事は, かく空しくも舟, かく空想的なるところ, かく空腹を感じ, かく穿つもの, かく突きとめた雑貨屋, かく突き刺さるとブルン, かくを固める, かく窮迫して, かく立ちまたは坐っ, かく立働いている, かく立派な家, かくてふ, かく竣成した以上, かく童貞の純潔, かく端折った裾から, かく端的に見, かく競い読むという事, かく競うように, かく競技の行われた, かく笑うときにも, かく笑つて平手で顔, かくがよい, かく答えて眼, かく答えさせたいと思う, かく答えんとおもいし, かく算盤の形, かく範疇そのものを言葉, かく簡易にし, かく居して, かく粗末なる木戸, かく精密に記述, かく精根を注ぎ込ん, かく精神は落ち着き, かく精細に婦, かく精鋭を尽し, かく約束しました, かく約束上とりきめたまで, かく約言すること, かく純正の牛乳, かく純白の薔薇, かくだの, かく紛々とアカイア, かく紛糾すると, かく素子がそれなら, かくなく障, かく細かに注目, かく細心して, かく終日食物を探しまわり, かく経れば降りつづく, かく結び合はす, かく結わかれている, かく結果となる, かく結構なる民, かく結論して, かく絡みかかるお絹, かくのやう, かく絵かきはしかし, かく絶叫する予言者, かく絶望のほか, かくれば, かく続々と前後, かく総ての点, かく緑色は植物, かく編輯されて, かく練りに練つた案, かく練習です, かく縋りかくや, かく縛められし事の, かく縫っていった, かく縺れ絡んだ物を, かく繁りに茂つた枝, かく繃帯を巻きつけた, かく繕いしのみにて, かくに縛られ, かく繪具をぬりたてた, かくに応, かく缺處あるを, かく罠目の恥辱, かくなき仏, かく罪せられたまふ, かく署名する以上, かく罵ったことばも, かく罵ることばを, かく羅摩に精忠, かく美しい声が, かく美味である以上, かく美文めいた趣味, かく美装したかと, かく群衆を集め得, かく羨しく思えた, かく翔るかの童, かく耀ける青銅に, かく老いて今さら, かく老朽して, かく考えきたらば世界, かく考えきたれば応仁以後, かく考えた方が, かく考えねばならぬ, かく考えられた土地の, かく考えられる自己は, かく考えるべしと多く, かく考え得る根拠と, かく考え直した結果夫人は, かく考へたのは, かく考へたら船頭は, かく考へれば日本今後, かく耕して, かく聖歌をうた, かく入った, かく聞えていた, かく聞えしをこの, かく聞き入っていた, かく聞こうとしなかった, かく肖像畫を思ひ浮べ, かくがずんぐり, かく肩身の狭い, かく能力はもたなかった, かく脱帽して, かく膏油もて艶麗, かく臆することなく, かく臆病であるからこそ, かく臨時無理想, かく臨終に近づい, かく自信力の厚い, かく自分勝手の理屈, かく自流ばかりで, かく自然主義の道徳文学, かく自然派の意志, かく自由主義の標語, かく自由詩は表現, かく致せああせい, かくもあれ, かくへられたる, かく興味を起し, かく興福寺と云, かくを捲かし, かくひ落ちた, かくのあと, かく良友に対し, かく良寛はうた, かく色彩のある, かく芭蕉の紀行文, かく花やかだつた詩壇, かく花嫁の行列, かく芸術上に於ける, かく芸術的の要素, かくむせる石, かく若い娘さんたちが, かく若き程に, かく苦しみに落した, かく苦患に負, かく英武のアキリュウス頭, かく草深い里の, かく荒く口ひげの, かく荒れし路を, かく荒廃するに, かく荘重なるべしと, かく莊重なるべしと, かくを嗜む, かく華やかなるもの, かく萌えわたる若葉の, かく萬有の次第, かく落ちつかなくなったものを, かく落ちぶれて暮し, かく落付きながら彼, かくるしい鼻, かく著明なる現象, かく著者が樗, かく葬ったり, かく蓮花と旭日, かく薄く別離の, かく薄暗くすること, かく薄暮の明るみ, かく藩地に住む, かくの辱, かく虜囚の日, かくがき, かく虫けらのごとく, かく蛇足して, かく蜘蛛などを捕え, かくのやう, かくは父殺し, かく螺線的運動をする, かくがとびだした, かくを超え, かく衆人のさわぎ, かく行いかく言った, かく行うた者あり, かく行うべしかく云うべし, かく行かんとする, かく行き袖ふりたま, かく行けばかく, かく行つた茶庭の精神, かく行わなければならない, かく行楽日降らなければ, かく街路狭く家屋, かく衛生学者が反対論, かく表わすのが, かくひづるをりはなかりき, かくを穿いた, かく裁きたるなんじは正し, かく裁き給へ残らず, かく装い給えばまして, かく装うことを, かく装わせ給えばいわんや, かく裏口へ首, かくして, かく複雜なる情, かく褒賞をもらう, かく襤褸下がり濡れしまま, かく西暦九世紀の半頃, かく要約して, かく覆面姿の浪人者, かく見えたんだ, かく見えるものを, かく見おろした時自分は, かく見しことより, かく見たまふ, かく見まもっている, かく見まもりながら, かく見ゆるのである, かく見定めて客, かく見廻して来, かく見張っている, かく見来るときには, かく見破っていました, かく見苦しい所へ, かく見苦しく敗亡する, かく規則的なる韻律詩, かく覗いた上, かく覗きこむの, かく覚めたれど満枝, かく覚悟はした, かく覚禅房は出家, かく覚醒すると, かく親しい集会に, かく親しき顔が, かく親しく物言はる, かく親切に私, かく親父が攫われた, かくかく取扱, かく観じ得て霊台方寸, かく観じ来れば広田氏, かく観ぜんと思い詰めたる, かく観想を重んじた, かく覺束なき信徒, かくじ來, かく觀察されて, かく解すべきものでなく, かく解せられるときその, かく解るのは, かく解析せる標準, かく言いかけて俯向きたまえり, かく言いしかば欺かえ, かく言いて後ヨブ再び, かく言いますと庵, かく言い得るや否や, かく言い捨てて乗り込み, かく言い来たりて老, かく言い送って後, かく言うたのである, かく言ひまどひ, かく言わしむることなればもし, かく言われても肝, かく言わんとする, かく言争ひつつ, かく言出でし宮, かく言挙げ君ひたすらに, かく言教へたま, かく計算の基礎, かく訊ねしは猿芝居, かくんで学界, かく訓示して, かく訓練せられたる少年, かくするさえも, かく記せる間に, かくにも行かず, かく訳したもので, かく訶詰の態度, かく証拠になる, かく証明し来ったところ, かく評判もいい, かく詛うたは宿主, かくの自由, かく詠んだのであります, かく詠歎を初句, かく詮方ありと, かく詰めている, かく詰責せる間, かくもでき, かく話頭を轉, かくにはしるし, かく誇らしめたるはひとえに, かく誇りかに告げ, かく誇りたもうぞと, かく誇る汝を, かく認めましたがもし, かく認められて來, かく認める以上は, かく誓いしも直ちに, かく誓って合掌, かく誘ふものの何で, かく語ったコンブフェール自身孤児では, かく語つてどてらに包まつた, かく語らねばならぬ, かく語られてゐる, かく語られることによって, かく語り得るものだ, かく語れる時一の, かく誠実なお, かく誤解されて, かく分る處, かく説いて彼, かく説いたのじゃと, かく説き来らば平民社界, かく説き来れば中村屋, かく読まるべきものな, かく読まれなければならない, かく読み終れる妾の, かく読んだがはたして, かく調べて見た, かくふとも, かくへりまた, かく論じ去るのである, かく論じ来れば日本, かく論じ終る暇も, かく論ずるのは, かく論議せしめるであろうという, かく諦めながらもそれでも, かく諦めた顔つきで, かくんで美新, かく諸侯列座のまえ, かく諸国を経巡っ, かく諸方に多い, かく謂うは誰, かく謙信の前, かく謙遜したならば, かくするところ, かく譬喩されるよう, かく譲りてばかりい, かく譲り譲りして, かくをうる, かくるあたは, かくかなる, かくを表わす, かくが甚, かくのあと, かく負うところ多い, かく負軍で逃げこん, かく貧くみゆれど, かく貧しからしめしは, かく貪り見るや我彼, かく責めることも, かく貰つた優勝旗をとりあげられた, かく貴い身には, かく貴き医師の, かく貴重なるもの, かくのあと, かく賞賛するの, かく贅沢な褥, かく赤くみゆるは, かく赫耀ながら幾度, かく走りトラファルガア広場では, かく起稿の年月, かく超越を極めた, かく足音を忍ばせ, かく跛者を装いし, かく踊ったり跳ね, かく踊りを覚えた, かく踏みしめながらほんとに, かく躍らしめたのは, かく身体はいかめしく, かく身分ある者, かく身勝手にし, かく身命をつくし, かくの中, かく軍勢の將定め, かく軍艦に乘組ん, かく軽井沢辺で芋, かく軽便であるべきもの, かく軽快に車, かく軽率に追いはらおう, かく軽蔑したよう, かくくは, かく輝いている, かく輝くによりてなり, かく辛労はせん, かく辱めたな, かく迂回して, かく迄に至らんとは, かく迎えてくれた, かく近々と拝させ, かく近くを昔河, かく近づいて来た, かく近づいた跫音は, かく近づきたることは, かく近寄ってくる, かく近江近江とよばれ, かくぶるとともに, かく述べたてると山城国, かく述べたならば前項, かく述べられた太子の, かく述べる牧野富太郎が, かくふや, かくつかけて, かく追いかけて来た, かく追いまわす必要も, かく追って来たの, かく追跡して, かく退歩せるに, かく送りながら立つ, かく逍遥して, かく透明な声, かく逐電したので, かく途方もなき, かく逗留る間, かく通りの用語, かく通り越し来たことは, かく連日連夜したい三昧, かく進めてゆく, かくれて, かく遇せられたことは, かく遊離せしめられた事物, かく運動の必然性, かくぐるまでは, かく過失にみち, かく道伴れと, かく道具は持つ, かく道得がイデー, かく道徳的情操は本質, かく遠方にいる, かく選まれそして省みられた, かく選定された箇々, かく傳した, かく那伽はもと帽蛇, かく部分を順次, かく部署を定め, かく郵便馬車をぬらす, かく都会に喧騒, かく都合のよい, かく酷き犧牲の, かく酷く我等を, かくの内, かく重なる不幸に, かく重んずべく貴ぶべき身命を, かく重井と共に諸所, かく重罪を科し, かく野猪の毛, かく金髮のメネラオス, かく金鼓のあ, かく鈍くも足, かく鉛筆でかきまわし, かく銀弓のアポローン, かく銃声をり, かく鋭いおうち, かくせるに, かく鎌倉時代における武士, かく鎖国と決する, かくから離れなかった, かく長々とお, かく長い長い手紙, かく長き階をば, かく長たらしく書いたこと, かく長引くのは, かく閉されてより既に, かく開けても更けた, かく間文使をまたせ, かく闘うこと六七回, かく闘っていた, かく關係の著書, かく防寨を築き, かく防戦するでは, かく纏って, かく限ったものも, かくをしいた, かく陣營の中, かく陰惨な争闘, かく陳ぶるに至, かく陵戸は時として, かく陶器もやく, かくのさし, かく階段をおり, かく隔たれる二の, かく隔て圓より, かく隔りの末, かく隔離されて, かく隠してあった, かく隠れ家をたしかめ, かく隣国へまで人騒がせ, かく隻脚の不具, かく雄大なもの, かく雑多な沈痛, かく雑誌にかく, かく離婚して, かく離隔せられしにや, かくになつた, かく零落したの, かく電流を用い, かく電燈の位置, かく電球の口金, かくの濃く, かく露骨に模倣, かく青い車の, かく静穏な彼, かく面白からぬ状態, かく面白しと浮世, かく韻文という言語, かく順々に送り上げたる, かく順当に受容, かくをくだる, かくもしかりし, かく頼みに参った, かく頼もしき伴侶を, かくれて, かくの下, かく類別せられた経験, かくへてゐた, かく顯著なる相違, かく風俗上に厳重, かく飛ばすのか, かく飛び飛びにいくつ, かく飛札して, かく飛行しながら, かく飛行しなが, かく食いついている, かく食い込まれると飛んだ, かく飲むのでした, かくばかり食べ, かく餘暇なし, かく饑ゑしやを我今異しみ, かく香代ちやん程, かく馬鹿もねえ, かく駈けてきた, かくりて, かく騒ぐまじきにと生絹, かく驚かすは宜, かく骨身をけづつた金, かく骸骨となりたれ, かく高き地位を, かく高まった地価という, かく高らかに物言, かく高価な丸帯, かく高値を払う, かく高利貸の方, かく高唱しつつ, かく高橋氏の書道観, かく高言すること, かくさえ短, かくこまれたアン, かく魅力のある, かく魯達の大, かく鮮やかに映った, かく鵙屋家の墓地, かくより眺, かく黒部遡行が容易, かく黒髮のポセードーン, かく山同道にて, かく鼓舞しなければ, かく龍済さんにしろ