青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いわれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いれ~ ~いろ いろ~ ~いろいろ いろいろ~ いろんな~ いわず~ いわば~ いわゆる~ ~いわれ
いわれ~
~いわれた いわれた~ ~いわれる いわれる~ ~う う~ うい~ ~うえ うえ~ ~うけ

「いわれ~」 3152, 30ppm, 3854位

▼ いわれ~ (2141, 67.9%)

414 いる 102 いるが 101 いた 54 みると 42 います 41 いるの 27 みれば 25 いること 19 いたが 18 おります 16 いるもの 15 いました 14 いたの, いるよう, 見ると, 見れば 13 いるから 12 おる 10 いるほど 9 いる人 8 いても, いるし, 私は 7 いますが, いるそう, いるので 6 いましたが, いるこの, いるものの, おりますが 5 いたこと, いるとき, いるところ, いるのに, いるほどの, いる人々, いる人間, 居る, 来た 4 いたので, いて, いるくらい, いるん, きたの, 彼は

3 [20件] いたくらい, いたところ, いた扉, いるお, いるかの, いるけれど, いるけれども, いるとおり, いる人物, いる所, いる男, いる者, おるの, きたが, こんどは, しまえば, 居ります, 居るの, 正吉は, 気が

2 [61件] いたし, いたよう, いたん, いた人, いた女性, いた男, いた私, いた頃, いないが, いますし, いるあの, いるお方, いるすべて, いるだけに, いるでしょう, いると, いるという, いるカール, いる事実, いる位, いる勇将, いる大, いる彼, いる日本, いる留さん, おりましたが, おりますから, おりますよう, おりまする, おるが, きた, ぎくりとなった, しまいました, びっくりした, みたい, みて, みますと, ホッと, ポケット小ぞうは, 人魚の, 今度は, 僕は, 兵曹長は, 古藤は, 大いに恐縮, 女の子は, 始めて, 嫌疑は, 少年は, 急に, 日吉は, 来て, 武蔵は, 気がついて, 漁師が, 老女は, 赤ずきんちゃんは, 運転手は, 道夫は, 順平は, 黙って

1 [847件 抜粋] あっしも, ある, ある当惑, いいよう, いい気もち, いい気持, いい筈, いたことば, いたしかし, いたその, いただけに, いたでは, いたという, いたとき, いたに, いたのに, いたほど, いたやつ, いたらしい, いたらしくは, いたわし, いた世論, いた事が, いた保持白雨氏, いた側近たち, いた同, いた大塔, いた天堂一角, いた夫人, いた安値, いた山稜上, いた当時, いた彼, いた故, いた植物, いた正成どの, いた法善寺横丁, いた清左衛門, いた直後, いた者, いた行親, いた誓いを, いた豪族, いた通り, いた酒井忠次, いた野幇間, いた駒井, いた黄金, いた黒吉, いつも行動, いないから, いないこと, いばって, いましたし, いましたの, いまして, いますけれども, いますよ, いません, いまでは, いよいよ壁際, いるあたり, いるありきたりな概括, いるいわゆる, いるうえ, いるうつくしい, いるからな, いるけど, いるじゃ, いるため, いるだけ, いるだろう, いるとおり三年がかり, いるとんだ, いるとんぼ, いるに, いるほんとう, いるやつ, いるわねえ, いるアメリカ, いるインド, いるコンコード河, いるタッチ, いるボッチッチェリー, いるメッテルニッヒ, いるローベルト・ムージル, いる一人, いる一叢, いる万兵衛, いる世界最深最大, いる中, いる久留米, いる井上, いる今日, いる仏師, いる休, いる伯母, いる作兵衛爺, いる例, いる促織, いる保, いる僧, いる別棟, いる剽軽, いる加賀見忍剣, いる半, いる南西部, いる南風楼, いる吉兵衛, いる味噌久, いる品, いる困難性そのもの, いる地域, いる場合, いる大刀, いる大沢治郎左衛門, いる大発見, いる大衆性, いる大隅, いる天皇天智, いる如くまた, いる娘, いる学問, いる学校, いる実感, いる家老, いる対馬典六, いる小島君, いる山名, いる岩石, いる巨大, いる幻術, いる強情者, いる彼女, いる志賀直哉, いる扉, いる折, いる敵, いる文学作品, いる文学的意図, いる旨, いる昨日今日, いる最も, いる本尊, いる杉本教授, いる梧竹翁, いる横瀬夜雨氏, いる武者修行, いる気, いる水久保係長, いる沖田さん, いる無双, いる熊太郎, いる牢役人, いる状態, いる玄徳, いる玉村宝石店, いる甲軍中, いる眼光, いる私, いる程, いる紀伊, いる組, いる総監, いる老, いる自分, いる舶来, いる芸者, いる菊之丞, いる蒸気, いる蟹寺先生, いる言葉, いる誠意, いる賊, いる通り, いる通り岩, いる重点, いる闊達自在論, いる頭領, いる顔, いる顧客, いる駿足, いる高時, いる黒い, うちの, うれしく思いました, おおかみ, おかめ, おこう, おったが, おったん, おはま, おばあさんは, おりましたそれ, おりました道成寺, おりまして, おりますし, おりますところ, おりますの, おりませんが, おりまた, おり新田義貞, おり鎌倉, おるので, おる人々, おる海, お供に, お妃, お宅, お綱, お蔦暗黒を, お角, お金を, お駒, からかれは, がっかりし, きたとおり, きたもの, きたよう, きた熊蔵, きた通り, くれましたこの, けなされた彼女, この折, この朝, これが, これを, さすがの, さっきの, さらにこの, しばしば貴人紳商, しまったから, しまったん, じいさんは, じっと横, すぐに, すでに知っ, ずらかって, そこで, そのきたない, その上, その五人組, その期, その道においては, それが, それを, そんなもの, そんなり, たしかその, たっていう, ていしゅは, できなければ, どのくらい, なぜか, ななめに, なるほどと, のどかな, はいよろしい, はじめて知った, はっと顔, ひどくうれしがった, びっくりし, ふりかえれば, まごついたの, まして, ますゆえ, またひどく, また前, みじめな, みても, みりゃあ, みりゃきょう, みんなが, みんなと, もう一度振りかえる, もみの, ややも, ようやくの, よく見る, わからないん, わしの, ゐた詩人, ウーンと, オジオジし, キンチャコフは, ジャックは, タヌも, ネコどもは, ハイロは, プンプンと, ポコちゃんが, マンマと, レントゲンだ, レールは, 一二度お, 一年の, 一生懸命に, 一通の, 丁坊は, 万人に, 三人の, 下士待遇以上には, 丸ノ内署を, 丹念に, 二つ三つの, 二十面相は, 二重三重に, 交渉成立しなかった, 亭主は, 人見が, 今でも, 今ふい, 伊織も, 伝右も, 伸び上がって, 何やこう, 何事かを, 信吉は, 俺は, 倭文子は, 兵馬は, 内地の, 内心あごを, 出かけて, 初めて, 初めてはっと気, 初めて同僚, 初めて気, 初めて真, 初め袁紹の, 勘蔵の, 医者に, 十八間という, 半信半疑で, 博士の, 却って稟議, 友吉が, 取って, 台所で, 右門も, 否とは, 喜んだり, 喜造ブツブツ, 四人の, 四少年は, 四月の, 図に, 城太郎は, 堪忍ならぬ, 塔の, 夕方酒匂の, 大きくうなづく, 大きな存在, 大事な, 大男は, 大笑いに, 天下第, 夫は, 奥が, 妙に, 始めて気, 婦人を, 子供の, 孫兵衛の, 宗義の, 官僚全盛時代であった, 家じゅう泣きの, 寺内氏は, 小さい紙切れ, 小仏, 小林少年は, 小浜兵曹長は, 小馬田, 少し顔色, 居たから, 居ったもの, 居ますけれども, 居る其紺, 居る狩尾博士, 左膳は, 帰って, 帰られるもの, 平生むつかしい, 府下の, 引きとめられて, 張飛は, 当時大阪では, 得々と, 得右衛門, 徳川家康に, 心細くなった, 怒りも, 思い出しましたが, 思わず眼, 恐がられて, 愉快そうに, 我に, 戦前の, 手に, 指さされた時, 掛け物は, 探し歩いて, 故老の, 文三はさも, 文彦は, 新教派, 早々に, 早くから深刻, 明るいうち, 昨日も, 本所割下水南二葉町に, 来たいわゆる, 来たが, 来たの, 来た彼, 来てから, 林崎夢想流麾下の, 林田と, 案内につれ, 検校は, 櫛まきお, 正直に, 正雄は, 殿内に, 母たちの, 気がついたん, 気づき仙太, 気は, 気を, 池田良斎先生が, 沈黙し, 法印ちょい, 渋々手, 湖水の, 源助は, 溶け弛んだ, 漸く起出す, 焼けた当座今度, 熱情を, 甚だ困惑, 甚三は, 田口巡査は, 男たちは, 男の子が, 町, 発揚状態は, 皆佐吉の, 目を, 相手の, 瞳を, 矢野は, 社会の, 私たちは, 私も, 秘蔵され, 空家に, 突然の, 米友が, 紅燃ゆる, 絶体絶命の, 翌日自分で, 考えて, 職業の, 胸を, 腹を, 自分でも, 自分達の, 若い旅, 萎縮し, 落着いた, 藤吉郎も, 行った事, 見てから, 見比べると, 誠にこの, 誰も, 諸国の, 豪勢な, 貝十郎を, 貞世は, 貴船行の, 足もとの, 身体の, 転封ごと, 近藤平六は, 通った浪士, 造酒は, 還俗を, 金五郎は, 金五郎も, 銀子も, 長戸検事も, 門外に, 雲平, 音羽は, 顔が, 餅を, 驚いたこと, 驚いた田代, 魚河岸で

▼ いわれても~ (260, 8.2%)

24 仕方が 4 それは, 僕は 3 仕方の, 私は 2 いるが, しかたが, だまって, よい, 今は, 帆村は, 弁解の, 甘んじて, 返す言葉

1 [204件] あした卑怯者でなけれ, あんたと, いいのがれるすべ, いい抜け, いたが, いたしかた, いちど武蔵の, いつかわかる, いつもはっきり断った, いつも往き, いやでござん, いるの, いる所, いわれたとおり, ええの, おいそれと信じられる, おとよは, おれは, お駒ちゃん, かえす言葉, かめへんけど, がんばって, きっと余所, ぐうの, こういう手合い, この部屋, この金貨, これで, これにたいして, さして動揺, さっぱりがてん, さア, しくしくしくしく泣い, しゅっこは, しようが, じろりと冷たい, すぐそれ, ぜひあるまい, そう思えまい, そのこと, それが, それじゃあ, そんなもの, たいして動じない, ただ, ただうんと, ただ大人しい, たのんで, ちっともうれしい, ちっとも嬉しく, とてもわからない, とても住めない, どういう風, どうしていい, どうしてねらったら, どうする, どうだ, どうにも, なおわずか, なるべくは, なんとも弁解, なんと聞い, にわかに二人, ののしられても, はいはいッ, はげみに, はじめから, ふてぶてしく黙り込ん, べつに気, ほとんど臣下, ほんとうの, ほんまか, ぼくは, また翌, まだわからなかった, まだボンヤリ, まだ相手, むしゃくしゃした, もうツンとも, もっと熟慮, やっぱり黙っ, やはり国家, やむをえない, わからない自分, わたくしは, わたしらの, エミリイは, オルガンが, セエラは, 一切聞えなかった, 下を, 世の, 世間にゃ, 世間は, 中, 二千円は, 二郎は, 仕方ない, 仙太返事を, 以前の, 仲間とは, 伺候を, 何ごとも, 何と, 何の, 何を, 俺を, 克子は, 入口に, 出来ぬと, 切腹でも, 劉備は, 動かないこと, 勝手を, 反抗も, 口を, 唯々として, 唯々諾々として, 困る, 困るの, 外は, 大丈夫だろう, 女性は, 安らかな, 安場は, 尊氏自身弁解の, 小林君は, 少しも, 尾上町に, 師直は, 帰られれば, 平常の, 平気な, 平気の, 年ちゃんは, 弁明の, 引出す金, 強ち, 当って, 彼らは, 後の, 御先祖, 心中と, 心配しない, 心配は, 忽然と腹, 怒らずに, 怒りません, 恐いことあれ, 悔いなかった, 手落ちです, 承服し, 播磨は, 教わること, 敵は, 斬れないはず, 日ましに, 是非が, 末代までの, 本気に, 次の, 決してそれ, 決して口, 決して誇張, 決して迷っ, 泣かずに, 無感動, 申し訳あるまい, 白い眼, 真面目に, 私には, 立派な, 筆者が, 納得した, 聞いては, 聞かれても, 聞こえなかった, 腹が, 自分の, 致しかた, 致し方ない, 致し方は, 見舞いに, 言いかえすこと, 詩の, 誰も, 負けられは, 負けるこっち, 貴方は, 賢彌, 赦して, 辛いとは, 返事が, 返事する, 逆に, 逆らわずに, 重荷な, 青二は, 頭目は, 飲むの, 馬鹿げて, 駄目な, 鴆毒では, 黙々として

▼ いわれ~ (71, 2.3%)

19 ない 3 ないの 2 こうです, しないか, ないが, ないよう, 少しも

1 [39件] あながち甲府, ありません, ありませんからね, ある, いろいろの, かくと, こういう乱戦, こうだった, ございませぬわい, ございません, ございません鈴慕, しないでしょうか, しまいか, しまいかと, しますまいか, ないこと, ないはず, ないわけ, なかった, なかろう, まあ他人, みのお, よくも, 一つも, 一向にない, 世間に, 久しく切所, 俗説に, 分らないが, 可哀, 多分に, 大に, 季節産地河川によって, 徳川の, 昔川中島合戦の, 知らない, 知らないが, 絶対に, 脇差坤竜丸と

▼ いわれては~ (64, 2.0%)

2 おれの, たまらない, 仕方が, 困る

1 [56件] あとへ, あなたの, あなたは, いくら彼ら, いないの, いのちも, お互に, かえって迷惑, ずいぶん名代, たのみを, ちょっと赤面, とまって, どうも没義道, ならぬという, もう我慢, もう衆臣, われわれも, 三蔵も, 予が, 何う, 何事たり, 僕も, 全く阿呆, 口は, 呼延灼たる者なんで, 和泉に, 四隣の, 四馬頭目も, 困るという, 困る貴様, 土人の, 寝ないわけ, 少年探偵団の, 尠なく, 帰る者, 心外だ, 恐縮します, 恥辱ぞ, 数正も, 断りにくい, 武士の, 武芝も, 武蔵の, 死にきれない, 流石に, 浜松の, 男の, 矮虎も, 答えられん, 自分が, 舞わずに, 茶人の, 親類の, 貫一たる, 辛い, 黙して

▼ いわれ~ (45, 1.4%)

11 ない 3 あるの 2 あって, ありません, あるだろうか, ないと

1 [23件] あった, ありましょう, ありましょうとも, ある, あるか, あること, あるらしいが, あるらしく尋常, あろう, あろうと, あろうとは, この場, しるされて, ないから, ないでも, ない其の, なくして, なくも, 分ったか, 分るよう, 多い, 裏書きされ, 説明として

▼ いわれ~ (39, 1.2%)

5 なしに 2 ないし, ないのに

1 [30件] ありません, ありませんけれど, うちあけたところ, しそう, しませんでした, ないじゃあ, ないの, ない不安, ない罵り, ない血潮, なくこの, なくなった, なく不意, なく両親, なく何で, なく停車場, なく山の手, なく後, なく感じた, なく早くから, なく素町人風情, なく胸, なく自, なし, ねえ縄目, もっては, 無い嫉妬, 無くして, 聞きたさ, 聞きたし

▼ いわれ~ (39, 1.2%)

4 聞いて 3 聞けば

1 [32件] おたずね, お雪, ただせば, 一度きい, 一言し, 一通り説いた, 一通り説明しなけれ, 問うて, 妙な, 形に, 御存じな, 探し出すため, 明らかに, 書いたこと, 書くよう, 書こうと, 朧気ながら, 知って, 知らない, 知らぬ一頭, 知り自己, 考えて, 聞いたこと, 聞いては, 聞かされたこと, 聞くと, 見出すこと, 詰りはじめる, 詳さに, 語り伝えて, 説明し, 説明せられ

▼ いわれ~ (37, 1.2%)

13 ないこと

1 [24件] あること, あるさだ子, あるところ, あるらしい雷, ある古戦場, ある名刀, ある油絵, ある言葉, ございましたこと, ないりっぱ, ないわけ, ない不信, ない事大思想, ない反感, ない悪口, ない意趣, ない所, ない攘夷派, ない激怒, ない者, ない苦情, ない鶴, 品だ, 無い恐怖

▼ いわれその~ (21, 0.7%)

2 ためか, はらいせに

1 [17件] とおりに, どっちへも, 中でも, 中に, 八諸侯は, 姿の, 所属や, 方面は, 旗幟を, 日には, 時は, 母は, 理由は, 直根, 眼界の, 窈窕たる, 麾下には

▼ いわれたり~ (21, 0.7%)

4 して 3 すると

1 [14件] した, したが, したけれど, したん, した父, しながら, するの, するんで, する危険, する資格, また奥蔵院, また正直, 憲兵隊へ, 法螺ふきと

▼ いわれながら~ (16, 0.5%)

1 [16件] あとから, いろいろの, そのむす, その実, そんなに気, どうしてもおろす, なかなか幅, やっとそれだけいった, 一代に, 一心不乱に, 京吉は, 使われた, 初めて白髯, 家庭の, 着物の, 食ったん

▼ いわれてから~ (14, 0.4%)

1 [14件] せっかく来た, では, もう一刻半, よく見る, 一年が, 一年半ほど, 二ツ三ツ大きく, 全く人間, 初めて彼, 四時間も, 官兵衛は, 急に, 気がついたの, 馬に

▼ いわれそう~ (11, 0.3%)

2 して, である 1 だが, だの, なので, な気, な気分, もない, やよって

▼ いわれそれ~ (11, 0.3%)

2 は小 1 から一層, が三浦父子, が大々的, が新聞小説, が行われ, に南枝, はみんな彼女, は作品行動, もそう

▼ いわれちゃ~ (11, 0.3%)

1 [11件] あたしだって, お刀, ちょいと, どんなに迷惑, ア, 俺も, 恥だ, 気恥かしい, 江戸っ子から, 私たち夫婦が, 面目ねえ

▼ いわれまた~ (8, 0.3%)

1 そうで, クロトンの, 人手の, 六十四歳であった, 同じく敵方, 店舗として, 種々の, 自分でも

▼ いわれ~ (6, 0.2%)

1 なるほどと, 及ぶ, 大切の, 富む名所, 帰ったよう, 触れるの

▼ いわれ~ (6, 0.2%)

1 からな, が先以, が昔, が長い, けんど, 淋しい気持

▼ いわれ因縁~ (6, 0.2%)

2 のある 1 があっ, を知らず, を縷々低音, を聞く

▼ いわれこの~ (5, 0.2%)

1 サナカズラが, 二ヵ所は, 場で, 時代には, 理由から

▼ いわれちゃあ~ (5, 0.2%)

1 がまんできない, なんだか酒, 面目でも, 面目ない, 面目ねえ

▼ いわれから~ (3, 0.1%)

1 先に, 坊主と, 話さねば

▼ いわれこれ~ (3, 0.1%)

1 に対して客観, は, も目出度い

▼ いわれ~ (3, 0.1%)

1 この結果, その解釈, 云へば

▼ いわれどんな~ (3, 0.1%)

2 場合にも 1 困難や

▼ いわれながらも~ (3, 0.1%)

1 それを, 氏の, 癒った

▼ いわれなんか~ (3, 0.1%)

1 ありません, あるもん, たしかに

▼ いわれ~ (3, 0.1%)

1 にもやはり, の諸, はようやく

▼ いわれ~ (3, 0.1%)

2 も川獺 1 はそれ

▼ いわれいずれ~ (2, 0.1%)

1 にせよ, も高名

▼ いわれ~ (2, 0.1%)

1 師匠様と, 賤は

▼ いわれ~ (2, 0.1%)

1 ような, 知りませんが

▼ いわれがち~ (2, 0.1%)

1 ですが, にきまっ

▼ いわれ~ (2, 0.1%)

1 ざりませぬ, ざりませぬゆえ

▼ いわれしも~ (2, 0.1%)

1 強ち, 怪しきに

▼ いわれすぐ~ (2, 0.1%)

1 に正, に誰方

▼ いわれそして~ (2, 0.1%)

1 その極, 久米長目という

▼ いわれてもは~ (2, 0.1%)

1 ぎれのいい少し, ッと

▼ いわれ~ (2, 0.1%)

2 さを

▼ いわれなお~ (2, 0.1%)

1 愛嬌も, 説諭方等の

▼ いわれなるほど~ (2, 0.1%)

1 その趣, 先生の

▼ いわれはじめて~ (2, 0.1%)

1 気がついたよう, 気がついて

▼ いわれへえ~ (2, 0.1%)

2 出来まっせと

▼ いわれ~ (2, 0.1%)

1 は醍醐, は闇

▼ いわれ初めて~ (2, 0.1%)

1 おきせは, ぼくも

▼ いわれ~ (2, 0.1%)

1 が乱れ, をおさめる

▼ いわれ実際~ (2, 0.1%)

1 の原因, の票

▼ いわれ悪漢ども~ (2, 0.1%)

1 はあゝ, も相撲取

▼ いわれ~ (2, 0.1%)

1 の死後, の眼

▼ いわれ自分~ (2, 0.1%)

1 でもそう, の腕前

▼1* [249件]

いわれあまりに需要が, いわれある点や, いわれあればこそと大人しゅう, いわれあんな風に, いわれいまは焼け, いわれいまや重態だ, いわれお前にも意見, いわれお守りを受け, いわれお茶の嗜み, いわれがっかりして, いわれここに一樹, いわれこっちでは悪い, いわれこんなもので, いわれさえなきいろもの, いわれしごとき性質を, いわれしごとく一念死後に, いわれずっと前の, いわれそのうち婦人有権者は, いわれその後でイザ, いわれそれでクルミに, いわれそれではという, いわれたりな孔明先生, いわれたるに予, いわれとこの, いわれついで小倉への, いわれつつ必ずしも文学, いわれつつも当時北條民雄の, いわれてからでも昼は, いわれてからはがぜん恐い, いわれてさえ腹を, いわれてなりはしたものの, いわれてねくさって, いわれてまでかれを, いわれどうにもならず引き, いわれどうしても分らない, いわれなき非難に, いわれなくして, いわれなしには来ない, いわれなどしたら母, いわれなどについて少しも, いわれなんだが, いわれには単に雲竜相引, いわれのねえ非業, いわれぼくにはもとより, いわれまたあるいは毒を, いわれまわりが紅葉, いわれめでたく公職を, いわれもう一名は, いわれもし聞かれも, いわれねぶります, いわれやけ気分も手伝っ, いわれやっと私たちの, いわれようやく安心し, いわれよく占卜を, いわれより疾翔と, いわれるせつの新, いわれアメリカで一万一千三百, いわれオデュッセウスは非常, いわれギリシアの芸術心, いわれグッと頤, いわれビルマの泰緬鉄道, いわれピカソ辺りの表現派絵画, いわれフランス人とオランダ人, いわれ一方で恋愛論花, いわれ一時上ノ山へ隠れた, いわれ一言で愚者, いわれ七草粥にする, いわれ三十七八年の戦争, いわれ三十七八軒の下等, いわれ上下みなおおらかに日々, いわれ且それが五万分一図, いわれ世界の楽壇, いわれ世間にもち, いわれ両替屋だけで, いわれには福音書, いわれ乍らもなんとなく, いわれ事実それだけの, いわれ事実秀吉の容子, いわれ二階から妹たち, いわれ五百個ぐらい描く, いわれ京浜地方の住民, いわれまじわりが, いわれの二女史, いわれ以来典韋と呼ばれ, いわれ伊予宇和島で出来た, いわれ佐々木道誉の城府, いわれのこと, いわれ何故民族文学が, いわれ余儀なく三年間そのまま, いわれ作藏は少し, いわれ使節も陛下, いわれ俵藤太とも書かれ, いわれは赤鞘, いわれは大名府, いわれ元来持戒者であるべき, いわれ兄弟子たちにもいわれ, いわれ先祖は兄弟, いわれ公儀の御, いわれ六波羅殿の声がかり, いわれ兵馬はちょっと, いわれ内々御代がわりの議, いわれ内外倉庫の主簿, いわれ冬中あちこち歩き廻ったが, いわれ出来がよかっ, いわれ刑囚の身, いわれ別しては無, いわれに頼んだ, いわれ前途の大計, いわれ教の, いわれ医者に見, いわれ十七歳のとき, いわれ単に通訳である, いわれ参内には内覧, いわれ古記録の類, いわれ吉田総理のワン, いわれ県に, いわれ同じ老中の, いわれ同じくその二版, いわれ四国の小豆島, いわれ回教の大学生, いわれ土佐の人々, いわれ地理的にも近い, いわれ士民の尊敬, いわれ多年チュウ勤の功, いわれ大声で泣き出す, いわれ大学から, いわれ天下の大器, いわれ奈良の霞, いわれはコンキュー, いわれと私, いわれ婦人自身その要求, いわれ子供たちはみな, いわれ孝助は間, いわれまで送る, いわれ完全に見えすい, いわれ宮中の定評, いわれにい, いわれ寛永中から鎖国, いわれ武は, いわれ少しこわれかけて, いわれ山川さんもほぼ, いわれ巴里のルゥブル博物館, いわれ平塚さんも同様, いわれ平等の選挙権, いわれ年々岡崎藩から幕府, いわれ幾年も幾年, いわれ弟さんもありました, いわれ之洞, いわれ当人はかえって, いわれには仏法双六, いわれ後醍醐光厳後村上, いわれ後鳥羽院が隠岐, いわれ微賎の産, いわれわれて, いわれ恵林寺のおおきな, いわれ悪人だと, いわれ悪筆で辞退, いわれも我もと毎日見物, いわれる一定, いわれだ, いわれがあっ, いわれ教団の最高幹部, いわれ文さんは, いわれ文学の民主性, いわれ文治武治ともにすぐれた, いわれ文荷斎どのとおなじ, いわれ文部大臣森有礼が刺された, いわれ断じてなし, いわれ日本の民主主義, いわれ日本最後の仇討, いわれ晩年は大いに, いわれ智略の嚢, いわれ暗い劇場裏に, いわれ書物の氾濫, いわれ最年長の老人, いわれ有理数とは全く, いわれ本堂から長い, いわれ本当か俺, いわれ村重からも誘われ, いわれ植物学上では, いわれでは名人, いわれ孝は, いわれ正太ももちろん, いわれ正雪いくらか興ざめたらしい, いわれ武具の新調, いわれ武蔵はまた, いわれ毎年十二月には将軍家, いわれ民衆に多大, いわれ気分に左右, いわれに住ん, いわれ津婦良沼又はツウラ沼, いわれ清三郎は驚い, いわれ滞米中にクロスビー, いわれ漁期になる, いわれ漱石先生は傍ら, いわれ為子がそれ, いわれ無しに詰腹, いわれ父上もあれ, いわれ父劉焉が封, いわれ犯人の逃亡, いわれ現に病気で, いわれ現代の新, いわれ生母はその, いわれ伝すこぶる, いわれが列, いわれ相模入道高時にも日ごろ, いわれ矢野も大いに, いわれ知らずに書けない, いわれ石見に隠れた, いわれ確実なこと, いわれ神算鬼謀の大将, いわれ私たち自身やはりその, いわれに見る, いわれ立山爺岳五六岳槍ヶ岳乗鞍岳御岳と合せ, いわれ笠岡玉島の辺, いわれ結婚しただけ, いわれ胸突き坂の一方道, いわれ航行不能になっ, いわれ良暹法師の旅, いわれ莫蓮女のよう, いわれと等しく, いわれ萩原束は怒気面, いわれ蒐集する者, いわれ衣食の苦労, いわれ見識高明のきこえある, いわれがある, いわれ誰かが一手, いわれといわれる, いわれ貴族院議員をなさっ, いわれ足蹴にされ, いわれ身体の毒, いわれに立っ, いわれ遺骸は江戸, いわれ都心を遠く, いわれ音片言かなづかい, いわれ鍛冶塚の荘, いわれ長いこと預っ, いわれに行われ, いわれ非常に恐れられ, いわれ面白く手折って, いわれ面目ないからと, いわれ頼もしく覚えて, いわれ飼い主が移転, いわれ首班指名に七十八票, いわれ馬体は真っ赤, いわれの棟梁, いわれ魚類にも富ん, いわれ鹿児島に待機, いわれはいちど船