青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いへ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いない~ ~いなかった いなかった~ ~いなけれ いなけれ~ いのち~ いひ~ ~いふ いふ~ ~いへ
いへ~
~いま いま~ ~いました いました~ ~います います~ ~いません いまだ~ いまだに~ いも~

「いへ~」 2648, 25ppm, 4581位

▼ いへ~ (1995, 75.3%)

25 それは 17 私は 15 それまで 10 私の 8 侯は 6 さう, 之れ, 彼は 5 それも 4 これは, それが, 伯は, 唯だ, 大隈伯の, 子供の, 日本の, 米国では

3 [30件] あいと, あきれたもの, さうで, それらの, た, たと, ほろりと, 人も, 人を, 今は, 例の, 僕の, 大げさだ, 夫れ, 床しけれど, 彼の, 必ずしもさうで, 我が事, 折角の, 更なり, 有るほどの, 滑稽者と, 眼口に, 私が, 私も, 西洋の, 見たら吃驚, 誰も, 謂へる, 高ちやん

2 [104件] あいつの, いい, いづれも, いまの, えに, えらい歌人, おや左樣, これだけ, これほど, これも, すぐ英語, その人, それを, どれも, もつと, よい, わらの, イヤあれ, 一つの, 三十五年度の, 三歳の, 世間漸く, 世間直に, 事の, 人は, 人らし, 人生自然の, 今の, 今よりこそ, 今度の, 今日の, 伊藤侯と, 伊藤侯は, 伯の, 伯を, 何より大事, 何人も, 余は, 公は, 其是非得失を, 内に, 千代の, 去年の, 可のか, 君の, 唇寒き, 変つた, 多くは, 大隈伯が, 大隈伯よりも, 天下第, 女は, 實に, 實は, 寧ろ後者, 小さいやう, 小さい時, 小劍, 少年の, 幾多の, 彼れ, 徐元, 心の, 必ず行く, 怎うせ, 恰も日本人民, 成るほど, 我輩は, 或る, 戸外へ, 支那人は, 新内閣, 明治政府は, 昨年の, 末松江原等の, 植村樣が, 次の, 此の, 歴史に, 殆ん, 母は, 毎日が, 決してさうで, 火浣布も, 直ちに陳腐, 石中に, 第一, 箕浦青, 米国で, 粗暴なる, 自ら進で, 自分の, 自分は, 西園寺侯遠く, 言ふ, 説明する, 越後の, 郡でも, 金の, 長くそして, 閣下の, 閣下は, 陰雲暗き, 餘り

1 [1567件 抜粋] ああいふ, あざやかに, あたかも種紙, あなたは, あのへん, あの古, あの藍, あらゆるいのち, あらゆる誹謗, ある時近松門左衛門, あんなにや, いいのに, いたましきかも, いつぞや平次, いつも, いつも際限, いふで次々, いへるが, いやに, うつかり, おそらく非常, おん二人の, お前あの, お子樣もつ人, お蘭樣, お饅頭, かう早く家, かつて兵庫, かなり聞えた, きまつて, ここに, こつちの足, このデスク, この人, この廃墟以外, この時期, この気違, この畫, この處, この間日本橋の, この静か, これに, こわす意志, こんな便利, さうし, さうでも, さうもいはれる, さつきから, しよつちゆう利用, すぐ藤壺, すでに日本, すべて幕府の, せいぜいジプシイ, そつけない, そのこと, そのやう, その優良葡萄, その初期, その執政官共, その影, その最も, その當時, その自分, その踊り子, その頃私, それぎりだ, それでなく, それには, それはた, それより, そんで, そんな莫迦げた眞, たけを, ただもう, たんだ, ちよつと, つい五六日前, つまり平和, とかく尻込みがち, どうしても西洋, どこの, どのやう, どんな婦人, どんな片田舍, なげし鏡の, なほ人の, なるほど若い, なんとなくその, はいさうですかと, はや察せられる, ほかの, まああつ, まあ綾足くら, また帰り行く, まだしも能, まだ十三銭残つて, まだ色, まづ体言, まるでそれ, ま顔, みんなウソだ, むかし西蕃から, むしろ下世話風, むろん若い, もうすぐでお, もう一つ仕掛け, もう既に今日, もう解決ずみ, やつと, よいだらう, よきほどに, ろま, わかるだらう, わけも, わたしも, アイ, イリリヤの, ガスコンロの, ギルド的な, コーモリを, シェークスピアに, ジヤケツも, ゾラが, ダンテの, デリケエトな, ニコニコの, ハイカラな, ビスマークも, ポンチ絵の, ヨシエが, ラジオや, ワンと, 一つ村落に, 一人の, 一列一体に, 一幕物を, 一方において, 一昨日からの, 一歩進んだ, 一種の, 一般観衆に, 一重ばかりも, 丁度い, 七月に, 三日を, 上州あたりには, 下町娘は, 不折氏は, 世の中を, 世間には, 丸の内から, 主體, 久保田君は, 九百年前その, 事足ります, 二ヶ月さきの, 二人ある, 二人は, 云ふ, 五音が, 亜米利加では, 京都博物館の, 人に, 人柄や, 人生を, 人間の, 什, 今しがたの, 今では, 今年は, 今日まで, 今水, 仕事の, 他人から, 低俗な, 何だか皮肉, 何となく先刻, 何となく済まぬ, 何よりも, 何処だらう, 何時も眼, 余りな, 余裕の, 俗物ば, 俳優の, 俺も, 僕には, 僣上だ, 元の, 先刻トラックに, 先生の, 兎角足, 全くを, 全快を, 共にマントヴァ人, 其は, 其間に, 兼吉は, 冬にな, 出來, 列車内の, 別して婦人, 前に, 前代議士, 割合に, 勞働者が, 北寿の, 北西百八マイルの, 十四日である, 千葉に, 卒倒で, 南都では, 危険な, 原始生活の, 反対者は, 古い家, 古代的精神を, 古語の, 只白, 可憐の, 各自勝手に, 同じブルヂヨア文明, 同温度, 名こそ, 名高い, 君が, 呑気な, 哲學する, 商業劇場は, 嘗て日露戦争後, 四六版の, 四番目物である, 困りもの, 国香の, 在るもの, 坊やん, 堤の, 壯の, 変らん場所, 多々あります, 夜に, 大きいやう, 大きにち, 大体以上の, 大変な騒ぎ, 大學, 大岡越前守にと, 大師よろこび, 大抵無, 大概この, 大略河南省の, 大袈裟だらう, 大野登志といふ, 大體, 天下の, 太平洋岸の, 奥様も, 女を, 好きな, 妻を, 子の, 学問芸術は, 宅の, 完全に, 実の, 実物は, 家々の, 寂念モーローの, 實質の, 寶澤は, 專ら樹皮麻頭敝布古網等を, 小包郵便の, 小径の, 少しお, 少し言草, 局面にも, 屑屋の, 山県公爵は, 山縣派に, 岩根さくみてな, 左手の, 己も, 平俗に, 平家と, 年は, 幾らか怖, 店は, 強ち, 形が, 彼ぐらゐ未来への, 彼等が, 往時からの, 後の, 御者また, 心いたし, 心細いけれど, 必ずこれ, 必ずしも恐れる, 必ず買つて, 必然に, 忠魂塔の, 怪我の, 恐らく拒否, 恰も蘭, 悲しく流れる, 想ひ出します, 意地の, 慊らざる, 憐み, 我らの, 或は連体, 所謂客觀的世界, 批判とは, 拷問は, 描かれた世界, 支那の, 故小山内薫さん, 敷島を, 文化の, 文学者は, 斯道の, 新劇団ピトエフ一座, 新橋梅田の, 旅先の, 既に人間, 日曜日に, 日本に, 日本人が, 日本服には, 旧自由党, 明かに, 明治三十年頃です, 昔は, 春が, 昨年一時そんな, 昭和に, 時々都, 時間性は, 智識階級の, 最早その, 服從の, 朝の, 未だ苦, 村, 松の門三艸子といふ, 松田は, 林長二郎だの, 桃花よりも, 植字製版に, 楽しいもの, 概して復讐, 横山町筋と, 櫻を, 歌は, 正しい判斷, 此處から, 此處北海の, 武骨す, 歴史よりも, 死生を, 殆ど漢, 氏一流の, 気難かしい, 水には, 水田も, 永くみない, 江戸にては, 決してさうでない, 沈んだ聲, 河の, 洲崎は, 流れに, 深山が, 済んだもの, 湖水を, 滿足感の, 火を, 無理に, 無責任な, 焼酎しか, 爲永春水の, 物事何となく, 特別いやな, 猟犬は, 現代において, 理窟なし, 甚だ簡單, 生も, 田村麻呂その, 画品の, 畫伯三十一歳の, 當代の, 痕蹟或は, 白洲の, 皆が, 皮膚の, 目に, 直ぐこの, 直ぐ眼, 直ちに何等, 直に破, 相当に, 相手を, 短いその, 社会が, 神が, 福永の, 私たちは, 私にはずつと, 私達の, 稽古など, 立ちて, 立憲政友會は, 竹の, 第八, 米国の, 粥にでも, 純粋な, 紫にも, 終りに, 絲も, 絶対的に, 縱波である, 繰り返すこと, 美しい方, 羞し, 翻案者に, 聞えた遊び好き, 聴水頭を, 肩の, 自分に, 自分自身に対して, 自己批判, 至極温順, 與四郎は, 舞台化された, 色の, 芸術的にも, 若い時, 英国の, 茫洋として, 莫迦だ, 華奢な, 落語に, 蓋し高等動物以下, 蚤を, 蛮風です, 蟻一疋見出せない, 衆議院は, 表向きは, 複式火山經歴から, 西洋的である, 親しみを, 言へる, 記録された, 詩集, 認識論における, 誤解が, 誰かに, 論語の, 講談物や, 谷川にか, 豪いもん, 貧乏世帶の, 貴族政治が, 跡へ, 車夫が, 農家の, 近年での, 近頃の, 逍遙子は, 遊郭は, 道別傍らより, 遠い古い時代, 邪悪な, 酌婦の, 酒癖が, 醜美, 野性味である, 金錢が, 銀座も, 鐘の, 長島萃が, 闊達乱暴狼藉なる, 附き物, 階上に, 隣近所誘ひ, 雪中庵某夜雪庵誰およそ, 露西亜生れの, 青磁以外の, 非常な, 面白げなれ, 類似の, 食べる物, 餅菓子の, 香は, 驚く可, 鶏を, 鷹揚な, 黒子は

▼ いへども~ (366, 13.8%)

3 何宜, 冬の

2 [17件] つくすこと, なほ民族過去の, むくひを, 一は, 之を, 人これを, 其思想感情は, 徹頭徹尾扇子, 悪を, 摘み取るべからず, 新規の, 汝の, 油断が, 流石に, 渓に, 而も, 聖人の

1 [326件] あなたの, あにさばかり意気, あはん時, ありと, いくばくも, いざ手切金の, いたく腹, いつでも, いづれの, いまだ着目, おのづか, おのれに, およそ初雪, かたきは, かたじけなくも, かつてこの, こと訪ふ, この人, この外, この戯言, この批判, この河, これだけの, これなほ過去を, これに, これによりて, これより, これを, しかもかく, しかも唯, しかも海軍, しばらく両, すでに是, そのはやき, その一笑, その僭越, その初め, その功徳以上, その印象, その塔, その多く, その嫉み, その実, その實感, その年, その意匠, その意匠句法, その板画出板, その沒却, その漕運, その熱適, その片足, その裏面, その証跡, その該博精通, その語る, その輝, それに対する, たちどころに軍卒一万余, たと, たもつ所, ない, ないでは, なほこれを, なほわが, なほ日本画の, なほ浮世絵板物を, なほ私かに, はるかに, ひとの, ふだんの, ふるひつきたくなる水, まことの, またけ, またそれ, またみ, また勢, また画, また聊一驚, もしこれ, もし一般, もちろんかかる, もとほる, やすく閑, ゆふ, よきは, よくこれ, わが最終, わが現在, われこれを, われ嚴に, センチメントは, タッチダウンの, ハルトマンが, ベースボールの, 一たび地下に, 一切二階へ, 一度その, 一度も, 一度水に, 一棒の, 一王国の, 一茶は, 一草一礫といへ, 二度用ゐれ, 五十の, 亦然, 人々の, 人々は, 人間それ自身が, 人間だ, 今の, 今もつ, 仏教とて, 仏法儒道の, 他国を, 仲秋の, 伏すの, 会釈も, 何か, 何ぞ旧主, 何も, 何人か, 何日は, 何等かの, 余の, 依然としてもと, 信用できず, 俳句に, 停止を, 傍聴できる, 傘を, 僅少の, 光は, 全く去ず, 其作物を, 再度下向, 別に記録, 利の, 前に, 効無き, 勸懲の, 北は, 千年の, 千曲と, 半人一人の, 又見る, 反顧, 古を, 同じこと, 君の, 唐人の, 唯賞讃の, 喜んで, 固より, 国本培養に, 地上においては, 坤輿の, 堂々日本, 多少の, 大地に, 大山を, 大抵片言隻句, 大景, 大雨の, 天和年間菱川師宣が, 天帝の, 太祇に, 奴等よりは, 好きは, 如かず進んで, 始終これ, 姐御, 子と, 子供の, 孔子の, 孰か, 守護国司の, 実は水, 実際柱, 家に, 容る, 容易に, 實は, 尊と, 尋常の, 小人に, 少からず, 尚且解, 山村の, 常に左, 幕府の, 平地なし, 平然として, 幻影として, 幾回幾百回かう, 彼が, 後便ニ一つさし出し, 得て, 御三家の, 徹底的な, 必ずしも他人, 必ずしも頭, 恐らくはこの, 悉く処刑, 意匠といふ, 我や, 我等の, 所詮は, 扱ひ, 敍する, 文学に, 斯界の, 新様に, 既に叛, 日を, 日常性を以て, 日本画家の, 日記では, 春信の, 昧者に, 是を, 時としては, 時にはやむをえない, 普通の, 更にその, 有りは, 有り得ない, 朝日に, 未だ弱冠, 未だ曾, 未だ本望, 村中を, 概していは, 歌舞伎劇に, 此ごとき, 此の, 此を, 此島元, 歩きたくない, 比ぶる, 毫も國家海防, 毫も変る, 気配が, 水の, 江戸大納言加賀宰相然して, 決して不義不徳, 決して例外, 決して変, 決して変り, 決して大, 決して大損, 決して油断, 決して滑稽諧謔, 決して現実, 決して自由自在, 油斷が, 活動しなけれ, 涼しきことかぎり, 澆季の, 独り恐らくは, 独り歩きを, 猶これ, 猶凡て, 玄海灘の, 理窟が, 百味作字の, 百姓の, 皆叙情詩人なり, 皆善く, 皆客観, 皆尽く, 皇后に, 直に日本堤, 眞淵の, 真なる, 真情に, 知らず山, 知らなかつた, 石と, 神聖な, 私なりに, 私の, 私等の, 空飛ぶ, 立派に, 結果たる, 総ての, 繁華の, 罹つたが, 聖人又, 胸に, 自分が, 自分の, 自由の, 興味などといふ, 良からず, 良心を, 芭蕉の, 芭蕉または, 芸術である, 草賊と, 行末の, 要するに江戸演劇, 見えずなりぬと, 觴を, 読書が, 読書慾全く, 誰人として, 譬喩奇抜に, 身が, 返り見る心, 退いて, 逍遙子が, 逍遙子は, 逢はむ, 進むに, 遠からずである, 門た, 門構への, 間々これ, 隨ひ, 雪途を, 霧ながら, 類に, 馬鞍牛車と

▼ いへ~ (61, 2.3%)

3 まこと放蕩を, 我は 2 そこにしも, 拙なる, 汝が, 羅馬の

1 [47件] あが為, あた, かういふ, ここ新教の, これも, さは, そのひと時, その薊, そは, そも恃, どうも何, ひねもすは, まだ寒, まだ本当, もてふは, わかき身, われは, ゾラが, 一昨年の, 先づ大佛へ, 又つら, 名のみにて, 君が, 夜もすがら, 女は, 常の, 待つ歳月, 思ふに, 思想は, 所謂沒理想は, 日本の, 昔し, 未だ船影, 染いだしたる, 梅も, 欠唇なれ, 母の, 汗に, 活差別相即活平等相は, 猛きもの, 病ある, 目は, 秋の, 老の, 若譬, 還らず, 門構への

▼ いへこの~ (7, 0.3%)

1 ま, 和尚さん相手では, 女の, 忿懣はう, 橋は, 記録の, 辺りでは

▼ いへそれ~ (7, 0.3%)

1 だからと, だけで, はた, は畢竟, ももう, も骨董価値, を以て

▼ いへしかし~ (6, 0.2%)

1 それは, それ自身において, レオ十世の, 作者の, 多くの, 觀念に

▼ いへその~ (6, 0.2%)

1 反撥の, 成人に, 登場は, 破片は, 背後には, 血肉を

▼ いへ~ (4, 0.2%)

2 うした 1 ういふ, うして

▼ いへ~ (4, 0.2%)

2 も亦 1 の持つ, 甘き雫

▼ いへ~ (4, 0.2%)

1 によつて構像, の居間, の意志, ばかしひどく

▼ いへこれ~ (3, 0.1%)

1 はしかし, は単に, ほど破壊的

▼ いへだから~ (3, 0.1%)

2 といつ 1 といつてこの

▼ いへ~ (3, 0.1%)

1 いつたといふ, みるに, 命ず是

▼ いへとて~ (3, 0.1%)

3 責めるむづかしうござんすね

▼ いへ~ (3, 0.1%)

2 いすが 1 いい

▼ いへしかも~ (2, 0.1%)

1 ひとたびそれらすべて, 私は

▼ いへそこ~ (2, 0.1%)

1 は同僚, は大人物

▼ いへとにかく~ (2, 0.1%)

1 之も, 自分の

▼ いへどこ~ (2, 0.1%)

1 とも見えぬ, の世界

▼ いへまあ~ (2, 0.1%)

2 結構な

▼ いへやはり~ (2, 0.1%)

1 これに, 母の

▼ いへ~ (2, 0.1%)

1 はこの, 語り得た以上

▼ いへ今日~ (2, 0.1%)

1 に於, のめぐりあひは

▼ いへ同じ~ (2, 0.1%)

1 ふるさとの, 人間である

▼ いへ実は~ (2, 0.1%)

1 これは, 新華道界

▼ いへ~ (2, 0.1%)

2 且つ当時

▼ いへ日本人~ (2, 0.1%)

1 であること, 同樣潔癖

▼ いへ~ (2, 0.1%)

1 人々は, 其の釋しかた

▼1* [147件]

いへあの通りに, いへあんな馬鹿, いへいささか西洋の, いへいざ戦ひと, いへいまはもうすつかり, いへいまさらの事, いへいろいろ牡丹屋の, いへおとなし過とは, いへおのづから粛穆, いへおまへの助け, いへこの世の生活, いへこんなことを, いへその後私とお, いへそれで午餉の, いへそんなに人通りの, いへたいへんな蛮声, いへたしかに信なき, いへただ出鱈目に, いへつい此間の, いへ舞台に, いへといふ我乃ちその, いへとに角主, いへともかく新鮮な, いへどもかの者の, いへどもの歌は, いへどもべちの事なき也かたき, いへどをりを, いへなくなつて, いへなほ彼方の世界, いへばかへつて不審を, いへばこそ仏なり, いへばずつと先へ, いへばと跡は, いへばとてそれでもつて, いへばなア, いへばよかつた, いへばわづか二十畳, いへばをかしな, いへひとたびゼーロンとしての, いへひとりの人物, いへほかに恋人, いへまた多數, いへまるでお醫者, いへみな醉つて騷ぎ廻つてゐること, いへアしない, いへようそして人間, いへようそれを指導, いへわれわれ凡俗にはあ, いへ一方演劇全般にわたる, いへ一種の過失, いへ三十歳前後然も, いへ上皇室の御, いへの人, いへには私, いへ體客體の, いへ九十三歳の頭, いへ事実この古典的, いへ人肉を食, いへ人間的主體, いへ今や私は, いへ他人の住み, いへ仮名にも羅馬字, いへ作家とは心臟, いへ作者の生活, いへ個人の私生活内生活, いへにとつ, いへ先生が私, いへ光琳梅だの椿, いへ内侍所に仕へる, いへ分量の大, いへ副作用として雪子, いへ千五百名に近い, いへ単なる通話機械と, いへ若しかな, いへ反動的に意外, いへ古河に水絶, いへ哀さうになります, いへ同じく感覺から, いへを聞かう, いへの一本, いへ喪婚娶, いへ大事なところ, いへ天下の書籍, いへの恥辱, いへ如何なる時代にも, いへ学識あり才能, いへ學識あり才能, いへ実におろかに, いへ密閉された空気, いへは都市文化, いへ實際疑は, いへ寧ろ安全である, いへ導者いづこ, いへ小さな個人病院には, いへ少し狼藉が, いへ少なくも当時, いへの温泉, いへ山葵をまぜ, いへの道, いへ已にいけに, いへ布団ときたらば, いへ幕府のあつ, いへ幽霊を見る, いへひて, いへ彼女達が言, いへ彼自身生れながらに, いへ忽ちのうち, いへ我々すべてがキリスト, いへ或はまた酒飲みが, いへ戸外の闇, いへ所謂新時代, いへ抽象的な厭世観, いへに与, いへ文筆にも達し, いへ旅愁を誘はず, いへ昔馴染の君, いへ暑い日の, いへ書手が再, いへ未だ本土空襲も, いへ銀行の, いへ極めて單純で, いへ此男の存在, いへ此離れ島に漂着, いへと人間, いへ法律は尚, いへの香, いへ無い酒を, いへを傷けた者, いへ独りオクサーナだけが鍛冶屋, いへ現今のヂヤアナリズム, いへ現在私は確か, いへ石段の隅々, いへ私自身のうち, いへ稚きより淵瀬, いへ章學誠獨自の極めて, いへ結局最後に性格, いへ義村さまほどの名門, いへ聖書は教, いへ船着きがよくない, いへ芥川氏においてさ, いへ貴重なるべき自己, いへ過剰にすぎる, いへ感な, いへ長い期間顔を, いへ隨分手嚴しいもの, いへ非常に手, いへ養嗣子の分担