青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いっそう いっそう~ ~いった いった~ いったい~ いったら~ いったん~ ~いっぱい いっぱい~ ~いつ
いつ~
~いつか いつか~ いつしか~ ~いつた いつた~ いつのまにか~ いつの間にか~ ~いつも いつも~ いづれ~

「いつ~」 29482, 283ppm, 341位

▼ いつまでも~ (6145, 20.8%)

271 いつまでも 67 黙って 45 ここに 39 私の 36 そこに 34 自分の 27 それを 23 続いて 22 待って, 立って 21 こうし 20 生きて 19 そうし, 私を, 見送って 18 眺めて, 見て 17 残って 16 彼の, 泣いて, 覚えて 15 忘れること 13 そんなこと, つづいて, 耳に, 見つめて 11 ぐずぐずし, 起きて 10 一緒に, 今の, 動かなかった, 心に, 顔を 9 出て, 帰って, 手を, 昔の, 目を, 眼を, 頭に 8 して, それが, だまって, 僕の, 動かずに, 坐って, 子供の, 気に, 私は, 繰り返して

7 [11件] あなたの, ここで, そこを, そのままに, つづいた, ぼんやりし, 口を, 彼女の, 歩いて, 笑って, 考えて

6 [20件] いて, かうして, かくは, こんなところ, そのままで, つづく, 一人で, 佇んで, 同じよう, 床の, 彼を, 忘れずに, 戻って, 此処に, 空を, 立ちつくして, 続けて, 若くて, 遊んで, 頭の

5 [26件] あとを, いっしょに, いつまで, お前の, こうやっ, ぢつと, ながめて, ひとりで, 下へ, 同じこと, 同じところ, 寝ないで, 忘れないで, 持って, 放って, 斯うし, 根気よく, 気を, 消えなかった, 独身で, 続いた, 続くの, 続くもの, 胸に, 酒を, 雪の

4 [50件] いるわけ, うっとりと, こ, このまま, このよう, この家, じっとし, それに, そんなところ, そんな風, つづくもの, つづけて, ねむれなかつた, 何か, 借りて, 僕を, 同じ姿勢, 夜の, 大事に, 家に, 家の, 寝て, 居残って, 強情に, 彼女を, 心の, 民族の, 消えずに, 消えない, 渋って, 無言で, 目に, 眼に, 睡れなかつた, 私に, 笑いつづけて, 続きました, 耳の, 耳を, 聞いて, 聞えて, 腰を, 見えて, 見たの, 見詰めて, 見送った, 誰も, 飲んで, 飽かずに, 黙つて

3 [95件] ああし, あきずに, あなたを, うろついて, お側に, お前を, かかって, くっついて, くどくどと, ぐづ, ここの, これを, こんなこと, じっと佇ん, じっと動かない, じっと坐っ, じっと立っ, そのま, そのままの, それは, ついて, つけて, どこまでも, まごまごし, やつて, わたしの, わたしを, 人の, 人を, 人形を, 他人の, 仲よくお, 休んで, 住んで, 俺の, 倒れて, 先生の, 入れて, 其処に, 動かない, 動かないので, 可愛がっ, 固執し, 変らずに, 外に, 女の, 妙な, 子供で, 子供に, 子供を, 尽きなかった, 居て, 居ると, 強情を, 彼らの, 彼女に, 彼女は, 忘れられなかった, 忘れ難い, 息を, 愛して, 戸を, 抱かれて, 押し黙つて, 来ない, 残った, 気長に, 海を, 消えねば, 物を, 目の, 相手を, 眠って, 砂の, 空虚に, 笑いが, 続く, 自分が, 自分と, 自分に, 苦しんで, 見えた, 見惚れて, 覗いて, 記憶に, 話して, 身を, 閉じられて, 隠れて, 静かな, 静かに, 頭を, 騒いで, 黙りこくって, 黙然として

2 [364件] あいまいな, あそこに, あなたが, あなたと, あの子, いつしよに, いやな, いられるもの, いるん, うごきません, うつくしく, うつむいて, お傍, お前に, お変わり, お嬢さんの, お延, お引き, お待ち申し, お手本の, お殿様, お父様, お筆, お若い, お達者, お饒舌, かわいがって, かわらないと, きりが, ぐるぐる廻っ, ここへ, こちらへ, こっちに, このま, この世に, この土地, この暗い, この通り保存, この部屋, これでは, こんな所, こんな状態, こんな稼業, こんな風, こんな馬鹿, さめずに, しゃべって, じっと一つ所, じっと人, じっと見つめ, そうは, そう思っ, そこで, そこの, そなた, そのお, そのとおり, そのぶ, そのよう, その人, その仕事, その厚意, その姿, その少年, その方, その時, その木の下, その気, その男, その辺, つかって, つづくこと, つづくの, つづくはず, つづけば, どこへ, なんの, のんべんだらりと, ぶらぶらし, へんに, ぼんやりと, ぼんやりとして, まわって, やみません, やる仕事, わしの, われわれの, クドクドと, ケリが, ジッと, ハッキリと, 一つところを, 一つの, 一人の, 一種の, 不安そうに, 不安な, 不幸な, 不老不死で, 世の中に, 世間に, 両手を, 中途半端な, 丹念に, 人々の, 人間の, 他人行儀ね, 付きまとって, 仲好く, 何とも, 何も, 何事かを, 何時までも, 使って, 保存し, 信じて, 僕は, 元気よく, 其の儘, 冴えて, 凝と, 凝然と, 凝視し, 凝視した, 処女で, 出で, 出會, 判らないこと, 前の, 動いて, 動かないの, 動かない星, 動くもの, 印象に, 口笛を, 同じやう, 同じ事, 同じ処, 同じ場所, 同じ所, 君が, 周囲の, 咳を, 唇を, 啼いて, 噂に, 坐りこみお, 坐り込んで, 埒が, 執念ぶ, 執拗に, 執着し, 変らないで, 外気に, 夢の, 夢を, 大人に, 大江戸の, 奇妙な, 好きな, 姉妹の, 姿を, 姿勢を, 子供が, 子供たちの, 子供っぽい, 安閑と, 実家に, 室町期以後の, 家を, 寂然と, 寝つかれずに, 寝られなかった, 寝床の, 封建的な, 小さいまま, 小供, 小首を, 少女の, 尽きなかつた, 尾を, 屈み込んで, 平の, 年を, 廻って, 引き留めて, 役に立ちまた, 彼が, 彼等の, 待つと, 後から, 後を, 御奉公, 御逗留, 心が, 心痛し, 忘られない, 忘れない, 忘れないよう, 忘れなかつた, 忘れられない, 性懲りも, 恋々と, 恨めしそう, 悩まなければ, 愚に, 愛します, 或る, 戸の, 戻つて, 手元に, 打っちゃって, 投球の, 抱きあって, 持つて, 持続する, 捨てずに, 捨てて, 旧態依然, 暗いところ, 月の, 月を, 机に, 机の, 来て, 来なかった, 東京に, 果しが, 植民地的存在に, 檻の, 止めて, 止らなかった, 此の, 此家に, 残して, 残つてゐた, 母が, 母に, 永く狗子, 江戸の, 汽車の, 沈んで, 泊まって, 泣きつづけて, 消えないで, 涸れないので, 無断で, 無言であった, 無邪気で, 無限に, 煮るの, 父の, 独りじゃ, 独りで, 生き延びて, 田舎の, 男が, 畳の, 病気で, 白いまま, 相逢はず平行びゆくもの, 眠つかれなかつた, 眠らないで, 眠れないで, 眠れなかった, 眠れなかつた, 眸を, 眼の, 知らずに, 知らん顔を, 石の, 研究を, 硝子戸を, 私が, 空々しい夢物語, 空洞な, 突っ立っ, 突つ立つ, 窓から, 窓に, 窓の, 立ちつくす, 立ち話を, 立つて, 童顔, 竹の, 笑いの, 笑い続けて, 答えない, 紀久ちゃんを, 素人の, 終ること, 継続する, 続くわけ, 続く筈, 続けば, 続けること, 緊張した, 繰返して, 耳から, 聞く, 聞こえて, 聴いて, 肩を, 胸の, 胸を, 膝に, 膝を, 自分は, 自分を, 花の, 若い日, 茫然として, 茶に, 落ちて, 葉子の, 蛇を, 裸で, 見とれて, 見上げて, 見送つて, 言葉を, 記憶され, 記憶し, 話しこんで, 話に, 話の, 話を, 貸して, 赤い縞, 起きないので, 起って, 足を, 身動きさえ, 身動きを, 返事し, 返事を, 追って, 退屈しない, 透明な, 途中で, 道の, 遠くから, 野晒し, 金を, 開かなかった, 離れない, 離れないで, 離れんと, 青年に, 青年の, 響いた, 響いて, 頑張って, 頭から, 飽かず眺めて, 飽ざる, 首を, 馬の, 默つてゐる, 黙らせて, 黙り込んで, 鼻に, 鼻を

1 [3538件 抜粋] あ, あきませんでした, あたし達の, あなたさまの, あの劇團, あの男, あられる気, あれでございます, あんな情欲, いいん, いたいと, いなくては, いらっしゃいあなた, いるの, うしろを, うまくならない, うろうろし, おいでなさる, おこりながら, おずおず彼, おど, おまえと, おれを, お互に, お前と, お姉様, お帰り, お待ちします, お母様は, お立たせし, お辞儀を, お附き合い, かかずらって, かくれが, かつぎを, かれの, かんで, がんばって, きみの, くいついて, くよくよする, ぐずぐず云っ, ぐづぐづして居る, けんかばかり, こういう規定, こうしておられない, こうして放っ, こう動かず, ここは, このあたり, このふう, この二階, この女王様, この御殿, この村, この状態, この空気, この野原, こぼれて, こんなだったら, こんな具合, こんな気味, こんな裏長屋, ごめいわく, さくこと, しくしく泣い, しまらねえやつ, じいっと覗き込む, じっと動かなかった, じっと瞳, じっと顔, ずる, そういう遊び, そうして泣き伏し, そう一家, そう父さん, そこへ, そのしずかさ, そのまま嗚咽, そのデリケート, その儘, その場, その後姿を, その文章, その楽し, その画, その約束, その言葉, その青, そばについて, そんなお, そんな姿勢, ただの, だ, だめです, ちゃんと消えず, つかまらずに, つづいたならば, つづきませんでした, つづく林, でれでれし, とまって, どうしてかう, どちらを, ないてる, なかよくしろ, なつかしく読める, なんらかこ, ねだつて, のこって, はずまして, はてし, ばち, ひっそりし, ひびいて, ふしぎな, ぶらついて, ほつき, ぼくと, ぼんやり眺め, まじまじみつめ, みつめて, むだに, もぐもぐやっ, もの, やまぬ, やりましょう, よい人間, よそよそしくし, わかりませんでした, わすれなかった, アジア的生産様式に, オルガンを, キリが, グズグズ考え, コダハルやうな, ゴタゴタさせない, ジインと, ソバケーヴィッチの, ドアを, ハンカチの, ピーピー風車で, プンカハリュウを, ボンヤリし, ラジオを, ルンペンで, 一つ日を, 一人立ちしない, 一箇所に, 三つの, 上で, 下の, 下碑に, 不快な, 世界の, 両親を, 久我の, 予審に, 二分した, 云わずに, 亢奮し, 人は, 今市の, 他に, 仮説として, 仲よくしなく, 休まれる, 伸びられずに, 住んでるなんて, 何を, 侍の, 保たせること, 保護関税の, 俺たちは, 借家住いで, 側に, 僕達の, 兄上を, 光る春, 全く死んだごとく, 其のまま, 内気そうに, 冬の, 凝つと, 処女性を, 出来ない方, 初めて屋根裏, 到著せぬので, 努力の, 動かなかつた, 動揺を, 医者で, 卑下ばかり, 単調に, 去らなかった, 友達よと, 取り除くこと, 古い形, 可笑しそう, 同じだ, 同じ年頃, 同じ樹, 同じ調子, 向う向きたる, 吸いつけられて, 呑気に, 呼んでる, 咲き, 唐紙の, 啜り上げて, 喜んでるん, 噛み合って, 固有名詞のみを, 土の, 地主が, 地球の, 垂れたまま, 執念深いところ, 境を, 声を, 変えないわ, 変らぬであろう, 外国の, 大きな支援, 大挙上京を, 大笑いだ, 天下を, 夫婦は, 失わず忠実, 好いこと, 妻の, 姫君の, 子どもと, 子供では, 子供扱いに, 存えて, 守人は, 完成せず, 宣べ, 容易に, 寒い年, 寝そべって, 寝ない奴, 寝返りばかり, 尊くありがたく涙ぐましく仰がれる, 小劇場, 少さい子供, 居たい事, 居られるん, 居酒屋を, 山城屋の, 崇拝されるだろう, 川砂の, 市廻りで, 帰らないもん, 帰り来たらず, 幅を, 平静に, 広目天の, 座敷へ, 廣い, 引きとめて, 引止めようと, 当時の, 彼へ, 往来の, 待ち続けるだろう, 待つちや, 後嗣を, 徘徊し, 御病気, 微笑し, 心置きなく, 志保子の, 忘れかねるの, 忘れないもの, 忘れぬ癖, 忘れられないよろこびの, 忘れられませんでした, 念頭に, 思い出されて, 思つてゐた, 恋々として, 恥ずかしいスッポカシ, 悟れぬところ, 悪玉とのみ, 悲しみを, 愚図, 愚痴は, 愛の, 感心し, 憂鬱が, 成仏出来ぬ, 或いは何, 房枝の, 手に, 打ち切ること, 抜かないの, 拭われないの, 持続し, 捨てないで, 掴へて, 撫でて, 放さない, 放ったらかしである, 故人を, 敵は, 新さんの, 新聞や, 日に, 日本画は, 昆虫館に, 明るかつ, 春子の, 普通学校ばかり, 暗かった, 暮れゆく陣地, 書生生活を, 望む結果, 未完成, 本当にし, 来たの, 東洋館の, 栄える事, 梳でつけて, 植物が, 横着を, 歌って, 止まない私, 正当な, 此方を, 歩きたいよう, 歴史上の, 死なないの, 死んで, 残つた, 残ること, 母の, 気の毒だ, 氣に, 永久に, 江戸に, 沙汰なし, 治らないよう, 泣きかかつて, 泣き伏して, 泣くよう, 津田の, 流離し, 浮浪民として, 消えないほど, 消えませんでしたが, 涙が, 淋しい涕, 深雪深雪と, 清らかに, 渡らぬと, 湯底を, 溢れ出して, 漬って, 火星の, 無事であろう, 無意味なる, 無駄話を, 煮えきらぬこと, 燃えるよう, 爭を, 片付かねば, 物に, 独り笑い, 狭い納屋, 獨身で, 現在の, 甘いだろう, 生きては, 生臭坊主の, 甲斐ない, 町角の, 留守城を, 疣蛙みたいに, 癒す暇, 白ば, 皿の, 目先に, 相手に, 真実に, 眠られなかった, 眠ること, 眠れるの, 眺め飽かないの, 眼近, 睡れなかつたアブラ, 瞼に, 知れずに, 硫黄のに, 秀吉を, 私達を, 稚な, 空に, 窮屈で困る, 立ち上らうとも, 立ち止まつたまま, 立派な, 童顔の, 笑い続けるの, 笹屋に, 節旄を, 納涼んで, 終らないもの, 結婚せず, 絵葉書を, 続いては, 続くため, 続けかし, 縁の, 繰り返した, 纏らない, 置けるもの, 美しい画, 老いずに, 考え込んだ, 聞くから, 肌寒くて, 胸が, 腑に, 膳の, 自転車は, 舐って, 花莚の, 若いの, 若き日, 若わかしい緑色, 苦しそう, 茶の間で, 草地の, 落着しなかったであろう, 薄汚いのんだくれ, 蟇の, 袂の, 西瓜売りじゃいねえ, 見おくってから, 見まもって, 見守って, 見捨てないで, 見逃がしては, 覗きこんで, 親の, 解決しきれない, 訪客の, 話しつ, 話し込んで, 誤解を, 謡はれ, 谿谷に, 責めさいなむに, 貼いて, 赤く曇るべき, 起き上ろうと, 跳びこんで, 蹴りつづける, 身辺に, 軽く撫で, 農耕時代に, 返辞は, 追ひつ, 透かして, 通じないらしいので, 連呼し, 道夫が, 遠い他国, 部屋の, 醒めない悪夢, 重荷なり, 野蠻な, 鋭く残された, 長う鳴く, 門口に, 関り合っ, 附纏っ, 際限なく, 隠せるもの, 離れようと, 電灯に, 霧の, 静まらなかつた, 面白がっ, 頑ばって, 頼りない, 顔が, 飛びかわして, 食べる人, 飴売り, 餓鬼で, 馬鹿扱いだ, 高天原だけを, 鮮味を, 鳴る, 黒く突, 默つて歩いた, 黙りこんで

▼ いつでも~ (4469, 15.2%)

33 自分の 20 私の 19 それを 16 何か 13 いつでも, 自由に 12 喜んで 11 そうな 10 すぐに, 好きな, 彼の, 私を 9 おいで, どこでも, 来て 8 これを, して, 帰って, 彼は, 死ねる, 私に 7 ここへ, 出て, 持って, 私は, 自分が 6 いいから, 一人で, 一緒に, 人の, 僕の, 思って, 死ねるやう, 相手に, 遊びに

5 [24件] あなたの, こうな, ここで, そうだ, そうである, そこに, そのこと, できる, ひとりで, 何かの, 僕は, 先生云う, 先生云ふで, 先生言うでない, 同じよう, 同じ事, 命を, 彼が, 手を, 来い, 死ねるという, 湯が, 自分で, 黙って

4 [28件] あったん, い, いいのよ, いいん, いって, おくの手, きまって, それが, それに, よい, 云って, 人が, 使えるよう, 出来る, 同じこと, 君の, 問題に, 彼女の, 御案内, 必要な, 楽に, 物を, 目を, 私が, 自分は, 見せて, 言葉の, 訪ねて

3 [65件] あなたは, ある, いいが, うちの, うてるよう, お相手, ここに, このよう, この手, こんなこと, こんな調子, そうする, そう思っ, そう言っ, そこの, つかえるよう, できて, できるだけ, またどこ, やる, ようござんす, よろこんで, 一定の, 人を, 今日の, 僕が, 右の, 子供の, 家に, 家中まだ, 寝られるよう, 帰れよ, 御都合, 心を, 手に, 換えて, 教えて, 斯う, 日が, 来いと, 極りの, 次の, 此の, 死にます, 死ぬ覚悟, 死ねる草, 殺されて, 母の, 気の, 沸いて, 無数の, 眼に, 結構です, 考えて, 自分を, 自然に, 葉子の, 行って, 近所の, 返して, 都合の, 頭の, 風呂が, 飛べるよう, 黙々として

2 [262件] あたしの, あなたが, あなたを, あの人, あの人たち, あの翼, あの聲, ありますよ, あると, あれや, あんなに無口, いいって, いた, いっしょに, いろいろな, おいでに, お供します, お前の, お前達の, お店, お母さんに, お返しいたします, かうな, かまいません, かれに, きまり切って, きゅうりや, こうです, こう云っ, このやう, この通り, これで, こんな風, しまいには, すきな, する様, せっぱつまって, そういうふう, そうし, そうです, そうね, そこを, そしていつ, その時, その気, そばに, それぞれの, それは, そんなこと, そんな事, たつた二人ぎりの, だが, ちゃんとした, ついて, とりだせるよう, どうぞ, どきん, どこででも, どこにでも, ならせること, はいれるよう, びくびくもの, ふり続く雨天, ぼんやりし, みんなの, もうすぐ起っ, やって, やって来たまえ, ようございます, わたしには, わたしは, わたしを, われわれの, アグニの, ゴロツキである, ハッハハと, ヘンと, 一ばんである, 一杯に, 一種の, 一肌脱いで, 一遍すう, 三四人多い, 下さるの, 二三人は, 二人で, 二十の, 二階へ, 五六人は, 人から, 人に, 人間が, 今までの, 仕事に, 他の, 低い方, 何でも, 余分の, 作品は, 俺が, 俺の, 俺は, 僕に, 優しかった, 先に, 出して, 出せる, 出られると, 出來, 出来て, 出来るが, 出来ること, 出発出来る, 別の, 動いて, 勝手に, 十時過ぎます, 又必ら, 口を, 吉ちゃんの, 同じもの, 同じ文字, 同じ泉, 同じ温か, 君に, 呼べば, 地面を, 夏の, 外から, 外で, 外に, 大変な, 失敗だった, 女が, 女の, 妙に, 妻に, 娘が, 存在する, 安心し, 完全に, 定って, 宜しい, 客の, 家へ, 容易な, 少し眼, 帆を, 幸福に, 庭の, 弱いもの, 影の, 役に, 役所が, 彼に, 彼を, 彼女は, 彼等の, 得られるもの, 御挨拶, 御紹介, 御遠慮なく, 心に, 心の, 必ずそれ, 忘れて, 思い出す, 思う事, 思ひだす, 思ふの, 戦争の, 手水鉢の, 打突かつ, 持つて, 新しくいつ, 日の, 春の, 曇って, 最悪の, 朝の, 朴訥な, 机の, 村の, 杖を, 来るが, 東都なるべし, 枚数を, 機嫌よく, 正直に, 正義の, 此処の, 歩いて, 歴史的に, 死ねるといふ, 死のうと, 死んで, 気持の, 水が, 永久に, 涙が, 淋しそう, 清貧に, 満ち足りず不平, 父樣と, 爺さんは, 犠牲に, 生命を, 用意し, 疲れて, 病院に, 目に, 目の, 相談に, 眉を, 眼の, 眼を, 知らぬ振り, 知らん顔を, 私たちの, 稚純, 笑って, 第一, 純白である, 結婚する, 結局此の, 胸の, 自分自身の, 自由で, 蝉が, 行く, 西の, 見に, 覚悟が, 親切だ, 言って, 討って, 証人に, 証拠を, 話を, 誇り申候へども, 誰か, 誰でも, 誰にでも, 賭け試合, 超越し, 身に, 退院し, 逃げだせるよう, 連れて, 遊んで, 運が, 過冷却, 都へ, 酒が, 酔って, 酔っぱらって, 金に, 雲が, 非常に, 面白い, 馬車を, 鬼メが

1 [3177件 抜粋] ああいう, あいてに, あたしは, あとで, あの坂, あの沼, あの鼓, あらわれて, あるだけの, ある点, あんたは, いい, いいさ, いいよ, いい頼んで, いかなる場所, いさぎよく斬られ, いつて, いやと, いるが, いわゆる洋服, うまい工合, おいしいお, おしりっこけ, おとう, おなじ音, おまえは, おんなじこと, お伺い致します, お出かけなさい, お友だち, お客様に, お引き換え, お払, お構いなくお出で下さいませ, お祭り, お茶を, お話しに, お送り出来ます, かうだ極めて, かかげるもの, かならず話, かれら, きっとあたし, きまったよう, きみが, ぐしやりと, こいといったよ, こういう話, こうさ, こうして聞かせる, こう言いなさる, こつちは, この二つ, この周囲, この帳場, この気密兜, この茶入, この隅, これからは, こんなどう, こんな乱暴, ござんなれとばかり, ご遠慮なく, さし出しまする, しかし念頭, しまわれるよう, しんみりと, じつにき, すぐ何, すこし疲れた, すべての, する事, そういうウソ, そういっ, そうであった, そう思う, そこが, そのくらい, その中, その債権, その埋め合わせ, その後ろ, その楽しい, その特別, その芝居, その途, その顛末, それだけだった, そんなふうに申し出る, たくさん手に, ただわれわれ, たといどんなに天気, だめだ, ちゃんと歯車, つきものの, できまする, できるよう, とても悲し, とりとめなく生きて, どこかで, どちらでございます, どんなこと, なさいまし, なるべく早い, なんらかの意味, はたらく, ばかとりこ, ひっぱり出して, びくびくし, ぶらりぶらりとある, ほしい時, ぽっかりと, またどんな, また新, まもつ, みんな渡し, もっともらしい, やっかいに, やって来い, やめる粕谷さん, やれる, ゆがんで, よいなどと, よく洗ってるだ, よろしおま, わけも, わたしに, アフリカの, インスビレーションが, エレベーターの, グーグー喉, ジェリーを, ソルティーニの, チェルノマゾフです, ニコニコし, ハンケチが, パアッと, ピストルの, フレッシュな, ホテルや, リアリズム対ロマンティシズムという, 一しょに, 一元では, 一時間でも, 一番たくさん儲けさし, 一言い, 三人きっちり, 三十分か, 上の, 上京の, 上等の, 下級人民が, 不思議な, 不破伊吹など, 両手を, 中立の, 主事に, 乗って, 乱雑に, 事務員が, 二三十円くらい, 二人の, 二日酔いの, 二階だの, 云ひました, 井師の, 人々へ, 人民増税を, 今の, 仕舞って, 代表的な, 仰有って, 会えまさあ, 会われます一旦, 伴内みた, 何かしら人を, 何にでも, 何処へか, 作曲する, 例外なく, 保守的な, 俺を, 偶然平らに, 僕たちが, 優勢な, 兄弟に, 先刻の, 先輩の, 入れる様式, 全身で, 共に悲しみ, 其処に, 再会し得る, 出かけて, 出し抜かれた平次, 出られるの, 出勢, 出掛けられるの, 出来る事がら, 出発する, 切って, 別れなければ, 前者が, 功を, 動くところ, 勘定づくで, 勤務の, 十五か, 十日分ほどの, 千里の, 半分風邪を, 南国の, 即座に, 去年の, 友達に, 叔父の, 取出せるん, 受けるが, 叩くぞ, 可能である, 合図に, 同じ一本, 同じ道具, 同盟し, 君が, 君を, 周囲の, 命令あり, 唄った, 善かれ惡, 喧嘩や, 四五人位で, 国に, 國民に, 在庫品が, 坐が, 埼玉県の, 場所を, 変らずそのまま, 外すこと, 外部から, 夜おそく, 夜を, 大いなる厄介, 大切な, 大抵宅に, 大道占いの, 太陽と, 失われた時間, 奇妙に, 女中が, 好い加減に, 如何に, 妾と, 婦人に対する, 嫌に, 季節の, 学年試験の, 宜いんだ, 実証的に, 家には, 家族の, 寄り合うよう, 寝め, 対手を, 將軍の, 小机の, 小説が, 少くとも, 少歳, 屠殺される, 山裾に, 川の, 己が, 帰りは, 帰ろうと, 平和です, 幸子は, 庇い合って, 店先で, 廂, 弓矢を, 引き上げられるよう, 引き合いに, 引下らせ, 弱い者, 当所の, 役立てましょう腕, 彼女を, 後手ばかり, 御勝手, 御所望, 御腹, 微かな, 心持よう行つてくらつ, 必ず邪魔, 応援を, 怒ったよう, 思い捨てるよう, 思つてる, 恁う, 恨みつらみで, 悲しげ, 意の, 意識し, 感じないでは, 憎い憎いに, 懸って, 我ままに, 戸惑いを, 手伝いの, 手足を, 打金, 折悪しく, 拭いて, 持てるという, 捕えられて, 掘り起して, 探し出したげるわよ, 描けるが, 撞木を, 政府に, 敵に当たる, 文句を, 断片を, 新聞を, 旅行せよ, 日本を, 早く床, 明瞭であっ, 時を, 暇を, 暗くなる, 書いて, 最も多く, 最新な, 有るもの, 朝風呂場で, 木村は, 本気な, 来いの, 来ても, 来られる人みたい, 来給え, 架けて, 柳橋の, 案内の, 椅子を, 楽しくにぎやか, 構いませんから, 橋の, 欲するとき, 止ったり, 正一を, 此, 此所の, 武運を, 死ぬべし生きて, 死ねるさ, 死ねるよう, 死身と, 母親の, 気楽で, 水道門の, 江戸に, 汽車に, 泊めて, 泣きます, 津田の, 流す血, 海を, 清水が, 渡辺若狭守が, 湛へて, 漆を, 火ぶたを, 為が, 無心で, 無遠慮に, 煙管の, 燃え上る前, 父様と, 物蔭から, 独りぎめだからなあ, 狼狽しない, 玉ちやんを, 現在その, 現金に, 用の, 田川夫人の, 申し上げて, 画いて, 疑いの, 癒る, 白布を, 目だたぬふう, 真っ赤に, 真剣真面目で, 真赤に, 眼が, 睡眠不足な, 知らせなさい, 研きぬいて, 社會全體の, 禍の, 私には, 秤にかけて, 空とぼけて, 立たせて, 立ち退かせること, 立てるが, 笑ったよう, 簡単な, 紐が, 細かすぎる, 結婚の, 絵を, 締つてゐる, 罠を, 美しく水, 羽虫の, 聖賢位に, 肌身は, 脅かしに, 膝を, 自分と, 自動車で, 自由自在に, 興奮的な, 船へ, 良民に, 若い娘, 苦い顏, 茶位入れられる, 葉子で, 薄暗く見えた, 蝋燭の, 行える用意, 行くよ, 行けるよう, 袖無しの, 見える状態, 見ること, 見分けが, 覗ける様, 親密な, 言いたい事, 訊けると, 詩が, 誇り申候え, 読まない本, 課長の, 警察へ, 貧乏を, 貴女の, 買い戻せると, 買戻しが, 赤裸で, 起せる, 跳びつけるよう, 身体に, 軽度の, 近寄れるはず, 退っ引きならない, 逃げ出して, 速達を, 逢える, 逢ふと, 進上致す, 過去と, 遣って, 還れそう, 酒に, 野原へ, 金米糖を, 銅壷の, 鐘が, 閉つ, 関は, 附着し, 陣頭に, 隅田川から, 集まるわけ, 雨を, 霞が, 青白い不精髯, 靴を, 頬を, 頭巾を, 願を, 飛びだせるよう, 飛行機へ, 飲ませる, 養子に, 首席を, 騰ろう騰ろうと, 高定, 鮮やかに, 黒くきたない両側

▼ いつ~ (4094, 13.9%)

103 ゐる 68 ゐた 61 来る 54 しまつ 51 ゐるの 42 来た 41 よい 3933 来て 32 行つた 18 いい, しまひました, 來た 17 居る 16 それを 15 ゐたが, ゐました, ゐるが 14 きて, ゐます, 彼は 13 きた 12 いる, よからう, 行くと 11 ゐるので, 來る, 私は, 笑つた, 見ると 10 ゐたの 9 いつた, しまふの, それは, みれば, やつた, 来ると, 自分の 8 しまふと, しまへば, ゐて, ゐること, 居ります, 私の 7 それが, みた, ゆきました, よいの, ゐるやう, 見て

6 [17件] いいの, いきました, いつて, おいで, くる, くれた, ことよ, しまつて, そこに, みると, ゐたので, ゐたもの, ゐると, ゐるん, 出て, 居た, 来ました

5 [18件] ある, いいくら, いた, きました, くれと, ごらん, わるければ, ゐますが, ゐるから, 何も, 女の, 居るが, 急に, 態, 来たの, 私を, 腹を, 見た

4 [34件] いらつし, いるの, くると, くれるの, これは, しまふ, そこの, ましたが, みますと, やらう, やりました, ゆくと, よいか, よいで, よいと, よろしい, ゐたこと, ゐるか, ゐるもの, 來ました, 又, 女は, 好い, 居るの, 彼を, 日本の, 朝から, 来るの, 私に, 細君は, 見ますと, 見れば, 話を, 貰ふ

3 [42件] いること, おくが, おります, お前の, お猫さん, きたが, さつ, すぐに, ちよつと, みたり, みても, やらうと, ゐたと, ゐたといふ, ゐるうち, ゐるけれども, ゐる位, 下さい, 下さいと, 來て, 別れられる物, 反對, 喜んで, 居りました, 山の, 悦んで, 来たが, 来たドア, 来た時, 水を, 無理に, 畢つた, 私が, 私も, 笑つてゐた, 茶店の, 行く, 見せた, 見りや, 読んで, 部屋を, 顔を

2 [145件] いいか, いいだらう, いいほど, いいもの, いい位, いて, いました, おいよさん, おかう, おつぎ, お文, お聞かせ, きかせたが, きかないの, きたから, きたの, くるの, くれた津村信夫, くれなければ, くれるな, くれるので, これを, ごらんなさい, そこで, そつと, その日, それで世間全体, どうした, なか, ほかの, ほめました, まんなかで, みやう, みよう, みりや, みんなが, やがて女, よいくら, よいほど, よい程, よく故, ゐたから, ゐたさ, ゐたその, ゐたよ, ゐた事, ゐた時, ゐた頃, ゐても, ゐない, ゐないといふ, ゐないん, ゐなかつた, ゐなければ, ゐましたが, ゐるし, ゐるでは, ゐるところ, ゐるとは, ゐるよ, ゐる人, リヽーさへ, 一から, 一封の, 一緒に, 下すつたらい, 云つた, 他の, 何か, 何の, 何處へ, 來ても, 例の, 僕は, 先生は, 其れ, 凝つた箪笥, 別に, 動きません, 勘次が, 十八に, 単にそれ, 可い, 呉れるな, 喜びました, 外から, 大いに憤慨, 女が, 女に, 好いの, 好かつた, 寝て, 小かめ, 小説を, 居たから, 居りますが, 居合は, 彼が, 彼の, 彼女に, 彼女は, 待つて, 感心し, 慰めて, 我々の, 或る, 手を, 昔の, 更に, 杉村は, 来ても, 来ない, 来なかつた, 来られたの, 東京に, 気に, 泣く程, 涙を, 淵の, 漁師たちが, 特別に, 現在の, 生れたの, 男は, 矢鱈に, 窓から, 聞かせた, 聞かせて, 自分ながら, 良かつ, 若い人たち, 行きました, 行きますと, 行くの, 行こうが, 見せて, 見ても, 見なければ, 誰も, 貰ひたう, 阿波の, 非常に, 頭を, 騒いで, 騒ぐの

1 [2385件 抜粋] ああいふ, あげませう, あげる飲まないで, あなたは, あの温泉, あらはれて, あるやう, いいくらい, いいんぢ, いい此, いかけ, いきカタンコトン, いくら意識, いけ年, いたり, いつしよ, いつた家, いつも私, いないぜ, いひどころ, いま北京に, いるが, いる事, いる竹行李, いろんな人, うまくけい, おいたの, おかみさんが, おきながら, おくより, おしまひに, おつて, おらに, おりますの, お前には, お尻, お母さん, お琴, お聞かせだ, かういひました, かざりつけを, きかせながら, きかせるので, きたといふ, きた芥川, きまつて, くるに, くる和蘭船, くれ, くれたので, くれました, くれるもん, くれる船長, ここの, ことわられたと, このバイオリン, この工場, この無数, こぼしたものぢ, こられるもんぢ, これまで, ごちさ, さがす手, さんざとめた, しばらく水, しまつたそれからまた, しまつてなく, しまはうと, しまひさうな, しまふまで, じろじろと, すぐ切, すみませんが, そこで物凄い, そして一杯ひつ, そのつもり, その儘成仏, その埃, その女, その後, その晩, その為, その自分, その都度足, その首, それからどやどや, それでそれ等, それはど, それらが, ぞうさんは, たしかな, たのんだ, だして, ちやんと, つかまえて, てつの, とめたくらい, とんでか, どうしても生, どこの, どん, なかなか信用, なだめすかし代官さま, なほも, のけたといふ, はじめての, はなす相手, ばらばらに, ひと休みしたら, ふくやは, ほかに, まさか地獄, ますん, また新規, また菫, まるでほか, みせたが, みたくなつ, みな, みようか, みる, みんな大概レストランか, もうよ, もらいたい小菊ちやん, もらひさ, もらへる, やがて私, やつて, やらないの, やりな, やる人, やれ泣くでねえぞ, ゆきその, ゆくこと, ゆつくり近づい, よいほどに, よい然るに, よい程記憶, よくわずか, よこさぬけれど, よこして, わからなくなり氷袋, われわれ子供には, ゐたけれども, ゐたね, ゐたり, ゐた位, ゐた妻君, ゐた時分, ゐた蓮見, ゐなかつたね, ゐられたやう, ゐるかたはら, ゐるだけ, ゐるで, ゐるばかりか, ゐるんぢ, ゐる人物, ゐる勿論, ゐる天, ゐる木, ゐる看守たち, ゐる穴, ゐる金, んだらう, カバンの, コップを, ドヤ銭と, バケツの, ベルさんが, ムルックの, 一ばん大きな, 一人に, 一升桝へ, 一寸首, 一度に, 一所に, 一曲ひい, 一聲更に, 丁度五日の, 三十分も, 三百円ばかり, 三重丸を, 下さいませんか, 下さるお, 下ろして, 不思議な, 世間が, 中世以降徳川時代まで, 了うかと, 事実, 二つの, 二人に, 二度三度, 云はれた, 五十余年の, 五合借りる, 亭主の, 人も, 人間で, 今べつにまだ, 今後嘘を, 今田舍は, 他人よりは, 仲間の, 伯父の, 何が, 何事でも, 余の, 作つた人の, 依然として火, 俳優が, 偽悪的かと, 僕を, 先斗町に, 全く彼等, 其の癖, 其日から, 其邊を, 再び戯曲界, 凧を, 出る時, 初めて歡喜, 別に取柄, 別れた敬坊, 別段物言, 割り込まうと, 勘次は, 北原ミユキの, 十歳に, 博識の, 原稿が, 参謀本部が, 又それ, 又失笑, 取つて置, 受けないで, 口を, 台湾から, 吉備の, 名刺を, 君子さんは, 呉れたま, 呼ぶの, 哲學を, 喜んだ, 嘆いて, 四十卷にも, 國會は, 土藏の, 坐りな, 報告する, 壞れ, 外では, 多くの, 大きなビスケツト, 大きな鳥籠, 大事な, 大層な, 大木の, 大變元氣, 大阪を, 天国へ, 失望する, 女そのもの, 好んで, 始めるので, 威張る人, 嫌ふ, 子供を, 学士は, 學校を, 宗教にも, 宜しかつ, 宴會を, 家人を, 寄越した, 寒い國, 寝ましたが, 將來は, 小さな紙包み, 小包の, 小籬, 少しも, 尻目に, 居たに, 居た位, 居なかつたこと, 居や, 居られるの, 居るぢ, 居る位, 居る立春, 展覧会が, 山陰方面では, 工場に, 巴旦杏の, 帽子を, 平生の, 庇護つ, 庵の, 張家口に, 役者は, 彼女が, 後に, 御案内, 御覧いくら, 徳利の, 必ずしも文士, 怒つた, 思ひ當, 息子の, 悲しむこと, 意義を, 態と長, 憤慨した, 我々を, 戸口に, 手摺を, 承知し, 拒絶した, 捨てるさうな, 搜し, 攻撃する, 敢て, 文子の, 新しく一般投票, 新風を, 日が, 早々川魚, 昔のと, 是迄の, 普通のより, 暫くむざんな姿, 更に語りつ, 書画代用の, 最後に, 朔太郎の, 木綿の, 杏葉と, 来たさだ子, 来たり, 来た彼, 来ては, 来やしないかと, 来るだね, 来るもの, 来る道, 杼は, 格安な, 棗の, 極つた用, 櫻木大佐の, 歌の, 正直さも, 此宿の, 此猛狒ほど, 歩きだす, 歸り, 死んだ人, 殿樣が, 毎晩語学を, 氣づかつ, 求めて, 沢村源之助の, 泣いた, 泣き出した, 洞眞洞元洞神の, 浦賀奉行戸田伊豆守と, 淡如, 渡して, 漢の, 無を, 無論熱心, 熱い接吻, 爾来二ヶ年水薬, 牛を, 物足りない氣, 狸が, 現實立所, 甚だしく卑, 生れながらに, 産婦は, 男の, 畢つたのが, 畫家に, 痛いところ, 百両の, 皆の, 直ちに三共會社, 相手に, 眇目の, 眠ること, 睡りに, 社員には, 私たちより, 私語いた, 空想に, 窓掛の, 立ち去つた, 立退いて, 竹田に, 笑つたんです, 笑つて居らしやる, 笑ふ, 米粒を, 系図を, 純然たる, 細道を, 続いて, 置いたからね, 置くが, 義足をは, 老境に, 聖マイケルを, 聞かせたい仲間, 聞かせる, 聴きいれずたうとう, 背の, 脹れる, 臆病ものだ, 自分で, 自分は, 自然に, 興じてる者, 船醉は, 芥川に, 苜蓿を, 苦情を, 草むらの, 荒々しく音, 蓄積の, 虔ましくお, 蝋燭一挺買つてネ, 行かなければ, 行くあて, 行く悟達, 行つたと, 行つた時には, 行つていやに, 行つて村民と共に, 裏口から, 褒められた, 西石垣に, 見せる人, 見たかつた, 見たところ, 見たり, 見ました, 見ようと, 見るの, 見物が, 觀念の, 言へ, 詑びてゐたさ, 話しかけました, 誇つて, 誰かが, 謝罪つて来る, 讀みたいの, 責めるの, 貰ひた, 貴方の, 賄ふ, 贔屓目に, 足の, 身震を, 軽薄な, 辭退し, 近隣に, 述べて, 逃げだした, 逃げ出しました, 連れ立つて, 遊んで, 違つた処には, 邪魔に, 酒に, 野営の, 釣りたての, 鍬を, 長いひ, 閉めるとき, 間違だらけでは, 階下から, 雄を, 雨蛙の, 青い影, 非存在, 頂戴よ, 頑として聴き入れず, 頼めば, 風呂敷を, 食堂に, 馬は, 馬鹿七が, 騒がれて, 驚いて, 高くさし, 鳴いたやう

▼ いつまで~ (2148, 7.3%)

416 たっても 201 経っても 78 待っても 68 たつても 32 立っても 27 でも 21 もじっと 18 こうし, 待って, 経つても, 行っても, 見て 15 ここに 14 続くか 11 そうし 10 たったって 8 こんなこと, もさうし, 何を, 寝て, 生きて 7 いても, 待つても, 立って, 経ったって, 続くこと 6 そんなこと, つづくか, もじっとして, やって 5 こんなところ, 經つても, 続くもの 4 かうして, 待ったって, 続くかは, 耳を

3 [21件] いたって, かかっても, こうやっ, このよう, しても, つ, つづくの, つづくもの, もうつけた, もじつとして, 坐って, 幕府の, 待たせるの, 懸りても, 眺めて, 続く, 続くと, 続くん, 續く, 聞いて, 顔を

2 [73件] ああし, いっても, いて, いるの, おいでに, かかるか, かくて, こ, こうしていたって, こっちに, この部屋, こんな生活, して, それが, それに, それを, そんなところ, たって, ついて, つづくこと, つづくこの世, なりと, ねぼけて, まっても, もじつと, もじッ, もつて, もやって, やっても, わかき, 云っても, 人の, 何の, 保存の, 俺たちも, 僕を, 嘆いて, 大阪に, 寝てるん, 川水を, 己れ, 待たせるん, 怒って, 恋ある, 愚図, 持続する, 捨てて, 旅する, 昔の, 書いて, 根に, 根を, 歩いても, 殻を, 水風呂に, 泣いても, 父に, 独身で, 猫を, 私が, 立ったって, 立つても, 続きますこと, 続くかという, 続くかを, 続くの, 続けよう, 考えて, 自分を, 草の, 起きて, 踊っても, 野宿を

1 [826件 抜粋] ああしてる, ああやっ, あいつの, あそこへ, あの人, あの方, あの躁, あると, あんなに怒, あんな恰好, あんにゃもんにゃなの, あゝやつ, いい気な, いきる蜻蛉, いつまで, いまの, いられるかい, いるもの, いんだ, うたふ, おいても, おいであっ, おうち, おかわいい, おちても, おっても, おなじところ, おまえたちを, おまえの, およいで, おろかな, お体, お千代後家, お家に, お待ちし, お晝寢, お爺さんにばかり, お神輿が, お見送り, お許, かうした生活, かかって, かかってるよう, かかり合って, かくにらみ合っ, かして, かんで, がんりきの, きいても, きみは, くりかえすの, ぐうぐう睡っ, ぐずぐずしちゃいられねえ, ぐづ, ぐづぐづしてるんだ, こうしてたっ, こうして安房, こうして居, こうして絶望, こうして電波囚人, ここで, こだ, こちらです, このお, このしろの, このつめた, この両, この墓, この島, この幼い, この湯, この花, この苦しみ, この退屈, この野原, この頼み甲斐, この風, これが, こんなつらい, こんなままごと, こんなやく, こんな世, こんな中, こんな商, こんな気持ち, こんな気楽, こんな若い, こんな風ぢ, ご交際, さがして, しぶっても, しゃべるん, じっとし, せせって, そういう自分, そうして歩く, そうも, そうやっ, そこに, そこも, そのうすぎたない, そのま, その厄介, その灯, その策, その身, そんなたわけた, そんなに拗ね, そんなに笑, そんなほッつきあるい, そんな人情, そんな偽装, そんな廻り冗, そんな所, そんな敵, そんな馬鹿, ただ遠巻き, たったってや, たった所, たつてもかへ, だか, だつたかは, だろうかと, つかっても, つづく, つづくかと, つづくだろう, つづくであろう, つづくと, つづく状態, つまらんこと, つン, とっては, ない袖, なかぬ, ながらえられる憂き, なにを, なんの, にらみあって, ねて, ねんねし, はっきりと, ひねってるん, ぶら, ぷかりぷかり煙草ばかり, ぺちゃくちゃやっ, ほかを, ぼんやりと, まいっちゃあ, まごまごしてる, むだ口たたい, めしを, もうしろ, もさうい, もさうや, もしやくり上げ, もじぶん, もじゃじゃばっていられずと, もそなたの, もた, もたふれたまま, もつ, もつれなく機会, もつん, もとつとき, もとめて, もと其表, もと貪る, もどき, ものいわぬ秀吉, もはやさ, もまもつて, も写つてゐた, やったって, やってるもの, やらないと, わが身を, わしを, わたくしも, わたしを, われに, われわれは, ゐたとて, ゐたツ, ゐるも, キリンを, クヨクヨと, ケチな, シクシクシクシクと, シベリアに, ヒャラヒャラと, 一体, 一兵卒には, 三下同様に, 不幸は, 不遇で, 世上に, 世話に, 世間が, 丘の, 丞相の, 主従の, 九ツや, 争って, 二人の, 云つてても, 交際って, 人と, 人を, 人心の, 仕事してるだ, 付いて, 仰向いて, 休みな, 休んで, 佐々の, 何し, 何らの, 余所へ, 保つか, 保つかは, 保養を, 俺達は, 借して, 停って, 働いても, 働けるもん, 児供と, 六位, 共に嘆き, 冬母子病棟の, 出鱈目を, 勘定し, 化かされて, 北陸の, 区々たる, 厄介に, 友だちを, 叔母と, 叔父甥同士で, 可愛が, 各, 同じところ, 吐ける死刑囚われ, 君の, 呼吸し, 唖の, 喧嘩し, 嘆願を, 噛み合せても, 坐つて, 埒は, 埒も, 堪えて, 変らないもの, 夕刊売りを, 夜の, 大阪表に, 奉公させ, 女形で, 女給を, 妙な, 妾に, 嬰ンぼ, 存命し, 守る積り, 安全に, 家に, 寝るや, 寝台に, 小姑の, 居たい, 居て, 居ること, 崩れない寛, 己たちは, 師の, 延ばして, 引きづら, 引留めて, 強情が, 彼らの, 往つても, 待たせるつもり, 待ち合して, 待ってて, 待ってれば, 待つたら返事, 待つん, 待てと, 後味わるく, 御用の, 心に, 心の, 心配を, 忍び得ん我ら, 応接の, 思いを, 怨みと, 悩んで, 惜しんでも, 意地っぱりを, 愚図愚図し, 感心ばかり, 我々は, 戻らないところ, 手間を, 手間取ってるか, 払き出せ, 押し問答を, 持ちつづけられるはず, 持ち耐えなければ, 持つか, 持続された, 指先の, 振って, 捫著し, 掛かるの, 控えて, 描いて, 放漫に, 数えても, 斯くては, 新鮮な, 日和見を, 旧の, 旧慣に, 是れ, 普門院に, 曖昧な, 有ると, 未処分, 未練の, 村の, 果てしなく見えました, 枯れずには, 根気に, 森ン中で, 楽しむって, 正月を, 此ところに, 此処に, 歩きいつ, 死骸が, 死骸と, 残暑の, 殿の, 気がついて, 水の上に, 汝われに, 沈んで, 泣いてや, 泣くぞ, 泣こうかと, 消えずに, 深刻な, 漂ッて, 炬燵に, 焚くん, 無事でいよう, 無言で, 焦らすんだい, 燃えつづく情炎, 狐つかひ, 狐使いの, 獨りでゐる, 現状を, 甘えて, 生きつづけても, 生きてて, 生きよう庵, 生きるか, 生きるつもり, 生きるもの, 生きる三日月, 生きる曼珠沙華, 生くる, 甲も, 甲府の, 男の, 疑われて, 病床から, 病院へ, 相手を, 真の, 眼にか, 睨み合って, 知って, 知れずに, 石など, 社会の, 私たちは, 私を, 稚い私, 突っ立っ, 立たせて, 立ちつくしても, 立つて, 立話しで, 笑いつづけて, 笑ひつづけ, 笹の, 籠の, 経ちても, 経ったってで, 経つたつて, 続いて, 続きどんな, 続くであらうか, 続くもんぢ, 続くやら, 続く事, 続く自分, 続けたとて, 続けられるか, 続けるん, 続こうが, 綿々嫋々と, 繰り返して, 繰返して, 置いても, 置かれても, 老いさらばえて, 考えだされる筈, 聴いては, 胴に, 自分の, 自分は, 良人の, 若くて, 若さ, 苦に, 草深え, 落付い, 血なまぐさい辻斬り稼ぎ, 行ったって, 行ってもな, 行商で, 衝突合ふ, 表現に, 見えは, 見てても, 見ても, 見送って, 親父が, 解れようとも, 言ひあ, 訊ねて, 詮なき, 話も, 誇らすべき忍ぶべきだけ, 誤魔化して, 調べて, 論じあって, 論議し, 貧乏を, 貰うこと, 賊飯に, 足洗てな, 足腰の, 踏んでも, 躊躇し, 軍勢を, 返して, 迷夢から, 追ったって, 遊ぶぞ, 遊んで, 遊んでるの, 過ぎ去ったこと, 過去及現在の, 遠廻しに, 邪魔を, 邸に, 郷土に, 醒めよう気色, 野営を, 長い, 降らない蕗, 降るの, 陳い, 隠して, 隠しても, 面なんぞ, 頑張って, 頼って, 顔も, 食べてるの, 食わせずにおける, 飲んでも, 飼われて, 饒舌つて居や, 馬鹿ヅラを, 駅夫を, 鬱ぎこんで, 魯鈍でなけれ, 鳴く, 鳴らして, 黙って, 黙ってるわけ

▼ いつ~ (1155, 3.9%)

62 なっても 18 なつたら 9 なく元気 8 なって 7 ないお, なくお, なく彼 6 ないこと, なく, なくその 5 なく機嫌, なく気, なるか, なれば 4 なくよく, なく峻烈, なく顔色, なったらお, なったらこの

3 [25件] しましょう, ない上機嫌, ない深刻, ない猛烈, なくあわて, なくしみじみ, なくしんみり, なく人, なく厚化粧, なく厳粛, なく強気, なく快活, なく早起き, なく沈ん, なく沈んだ, なく真剣, なく真面目, なく真顔, なく自分, なく落着, なく頭, なったらあの, なったらそれ, なったらそんな, なるやら

2 [67件] ない事, ない寒い夜, ない愉快, ない激色, なくあわてふためい, なくお前, なくき, なくこの, なくこんな, なくすぐ, なくつかれ, なくにこにこ, なくはっきり, なくはればれ, なくひっそり, なくニコニコ, なく丁寧, なく上ずった, なく今夜, なく何, なく元, なく光, なく冴えない, なく出, なく博士, なく口, なく口数, なく声, なく大きな, なく大変, なく妙, なく少し, なく強硬, なく心, なく怖い顔, なく慇懃, なく改まった, なく昂然, なく昔, なく晴れやか, なく晴れ晴れ, なく机, なく殊勝, なく母, なく沈みこん, なく深刻, なく激して, なく熱し, なく私, なく空, なく腹, なく融け合った, なく酒, なく酔っ, なく顔, なく首, なったら, なったら兵隊たち, なったら意識, なったら望み, なったら自分, なつたつ, なつたら懐く, 似げ, 変らず御, 変らぬニコニコ顔, 比べても

1 [770件 抜粋] あいなるべきや, いたしましょうか, いたるも, かれの, かわらぬほがら, かわらぬ明智小五郎, かわらぬ肥満, しませう, しようか, するつもり, するの, ないあたたかな, ないあらたまった, ないおめかし, ないするどい調子, ないその, ないたのしい気持ち, ないとりつくろった, ないまじめくさった, ないむつかしい顔, ないやさしい口調, ないやさしい声, ない三毛, ない上々, ない不安, ない世帯, ない主人, ない乱暴, ない仏心, ない優しい声, ない其許, ない冷やか, ない出来事, ない初, ない力づよい調子, ない厚み, ない厳しい声, ない厳粛, ない叱り, ない各, ない図, ない堂々たる, ない大ど, ない女衆, ない安易, ない寂しそう, ない巻舌, ない師匠, ない弛緩, ない弱い心持ち, ない御, ない怒りよう, ない怖い顔, ない愛素, ない感傷的, ない手, ない打ち解けた, ない早い出仕, ない早い黄, ない早起き, ない早足, ない暢びり, ない槍, ない浮き立った, ない激越, ない烈しい母, ない無口, ない煙, ない物哀れ, ない生気, ない真剣, ない真面目, ない石田氏, ない神妙, ない私, ない素気, ない緊張, ない美しい, ない興奮, ない若々しい元気, ない荒々しい言葉, ない荒っぽい口調, ない華, ない藤掛三河守, ない表情, ない話, ない豊作, ない迷宮, ない酔艶, ない鋭いお, ない雄弁, ない雷, ない静かさ, ない髪, なきお, なきふけ, なき上機嫌, なき別, なき歩行説, なくあ, なくあっさり, なくあらたまれる, なくいい天気, なくいささか, なくいや, なくうす白く脂, なくうるさそう, なくおえふ, なくおしつける, なくおそくまで, なくおち, なくおどけた, なくお喋り, なくかたくなっ, なくかれ, なくがっかり, なくきちんと, なくきっぱり, なくきびしい顔, なくきんきん, なくくっきり, なくくつろい, なくくるくる, なくくろねこ, なくけわしい顔, なくこう, なくこだわらなかった, なくさからわれました, なくさびしい, なくしおらしい, なくしばしば, なくすがすがした, なくすぐれ, なくすばらしい大当たり, なくそわそわ, なくたいそう, なくぢ, なくつくづく, なくと, なくどもっ, なくのんびり, なくはいらない, なくはっと, なくはれや, なくひがん, なくひどく真赤, なくふざけ, なくほがら, なくまじめ, なくまじめくさっ, なくまっ黒, なくみな, なくむさぼる, なくむっつり, なくめかしこん, なくもったいらしい顔つき, なくやさしいセンチメンタル, なくやさしく, なくやさしく長謙さん, なくわざとらしい高笑い, なくアルコオル, なくカビ博士, なくキッパリ, なくナンドリ, なくハッキリ, なくポーデル博士, なく一斉, なく上出来, なく上機嫌そう, なく上気, なく下品, なく下宿人, なく不機嫌, なく乱酔, なく人出, なく人通り, なく他人行儀, なく余り素直, なく信長, なく優しい声, なく優しい良人, なく優しかった, なく優しさ, なく児太郎, なく其の, なく冗談, なく凛, なく切上げ, なく勇気, なく勝則, なく厳か, なく厳しい眼付, なく口早, なく古い事, なく可憐, なく叱りつけなかった, なく同情, なく吐き出す, なく和服姿, なく喜ん, なく困っ, なく多きよう, なく夥, なく大きく胸, なく夫, なく奮激, なく奮然, なく家, なく富士見町, なく小夜子, なく小走り, なく局部, なく屈託顔, なく左後ろ斜め, なく帽子, なく広言, なく庭, なく引きしまった, なく弛んだ, なく弱, なく強い語調, なく強い調子, なく強情, なく弾みあがっ, なく後悔, なく微笑, なく心細気, なく忙しげ, なく忙しそう, なく怒っ, なく怒った, なく思ひ出された, なく思わせぶり, なく性急, なく怨ん, なく恐しい, なく恐ろしい顔, なく悲しい唄, なく愉快そう, なく意気地, なく感じ, なく感傷, なく憤り, なく懇願, なく戦い, なく戦法, なく手, なく手強く言い返した, なく手障り, なく打解け, なく揶揄, なく敵, なく新田先生, なく旅行, なく早いじゃ, なく早く, なく早く富之助, なく早く眼, なく早く起き, なく早速, なく明るい声, なく明るく青白く見られた, なく春めい, なく晴々, なく暗いお, なく暗い顔, なく曇っ, なく朗, なく杯, なく枕, なく極めて, なく楽しい汽車, なく欝ぎこんだまま, なく正面, なく気楽, なく水戸, なく永いの, なく沈鬱, なく沢庵, なく浮かない, なく浮立つた, なく深くお, なく温和, なく激しい調子, なく激越, なく烈しく吹いた, なく熟睡, なく熱意, なく物, なく物哀れ, なく独りあれ, なく狼狽, なく珍, なく生々, なく疲れた, なく疲労, なく白木, なく皺くちゃ, なく盛ん, なく直ちに, なく真剣味, なく短くなっ, なく短気, なく硬ばった顔, なく神妙, なく穏, なく穏やか, なく笑, なく筆, なく糊目, なく紅くなった, なく細々, なく統一, なく羽織, なく老け, なく考えこん, なく耳朶, なく職業, なく腰, なく自, なく若々しく装った, なく苦い, なく茶の間, なく荒々しい調子, なく荒荒しく押入, なく菊, なく落付, なく藤二, なく藤吉, なく裏表, なく親しげ, なく親切心, なく親身, なく調子, なく論理, なく賑やか, なく賑わった, なく赫, なく身ぢか, なく身支度さ, なく軽妙, なく迫る, なく遅かった, なく遅くなった, なく遠い静か, なく遲, なく酔払っ, なく醉, なく量, なく鋭かった, なく鎧, なく開いた, なく開け放された, なく陰鬱, なく険しい声, なく険しく眼, なく露西亜, なく静か, なく靜かに, なく頻りに, なく風, なく駈けこん, なく高い声, なく高談, なく黙っ, なさいますか, なったって, なったらあっしゃもっと, なったらいったい, なったらお金, なったらかえって, なったらここ, なったらこれ等, なったらその, なったらだねえ, なったらなおるか, なったらはっきり, なったらまた, なったらもっと, なったらやるつもり, なったらりこう, なったらカタ, なったらコロラド, なったら一緒, なったら三次, なったら人々, なったら人間, なったら俺, なったら僕, なったら僕ら, なったら入荷, なったら再び, なったら出来, なったら出来るか, なったら埓, なったら売り出せるの, なったら女房, なったら奴ら, なったら実, なったら帰ったという, なったら平和, なったら彼女, なったら我が, なったら救いだされて, なったら斃ばり, なったら明るい, なったら昔, なったら晴らす事, なったら晴れやか, なったら書けるか, なったら木, なったら本当に, なったら来るん, なったら楽, なったら止むという, なったら母親, なったら津軽, なったら浮気, なったら涸れるの, なったら滅亡, なったら登って, なったら相手, なったら精神病学, なったら終わるか, なったら耕一郎, なったら良い, なったら西洋, なったら金色, なったら鐘巻, なったら馬鹿囃子, なったら鶏, なつたらやりきれる, なつたら引越し, なつたら米の, なつたら讀める, ならば, なりましたら, なるかな, なるだろうと, なるでしょう一月, なるの, なるん, なろうと, なろうとも, ねえこった, よらず彼, よらず相手, 似あわない叱言, 似ずたいへん, 似ずゆ, 似ず柔和, 似ず真面目, 似ず青黒く, 似ず非常, 似ぬ不誠実, 似も, 似合は, 似合わず針, 似合わない滑, 出るの, 変った身なり, 変らず世辞, 変らず愛吉, 変らず裏, 変らない艶冶, 変らぬあの, 変らぬご, 変らぬ九十九里浜, 変らぬ亭主, 変らぬ体, 変らぬ平和, 変らぬ快活, 変らぬ義心, 変らぬ親切, 変らぬ雑沓, 変わらずよかっ, 変わらず御健勝, 変わらぬにこやか, 変わらぬのんき, 変わらぬ女, 変わらぬ寛容, 変わらぬ美し, 始まって, 学者の, 安部君の, 待つべきか, 成ったら母親, 歴史であり, 無いウロタエ方, 無いムシヤクシヤ, 無い御馳走, 無くこ, 無く無遠慮, 無く熱心, 無く話す, 異らず, 終るという, 終るといふ, 限らずたつたひとつ, 限らずだ

▼ いつ~ (1148, 3.9%)

75 日か 48 時代にも 43 ことだ 42 頃からか 39 時代でも 36 場合でも 34 頃から 27 日にか 22 時代に 18 世に 17 ことか, ころからか 16 世でも, 世も, 場合も, 日に 14 頃よりか 13 場合にも, 時代の, 頃か 11 ことです 10 世の 9 ころか, 世までも, 事だ, 時でも, 程にか 8 ことやら, 頃に 7 ことだろう, 世か, 世から, 時代から, 時代にか 6 こと, ことだつた, ことで, ことな, 時代よりも, 頃より 5 ことであった, ことであろう, ころから, 世にか, 事か, 時も, 時代にでも, 時代も, 頃にか

4 [11件] ことだった, ことでしょう, ことに, ときでも, 世からか, 世からとも, 世にでも, 事です, 名残りを, 日の, 頃の

3 [12件] ゆふ, 世にも絶えない, 年も, 幾日に, 時か, 時にも, 時代か, 時代だって, 時代どこの, 頃だった, 頃で, 頃であった

2 [44件] ことかと, ことかね, ことでございます, ころからとも, ころであった, ころよりか, ときも, ときよりも, 世い, 世いかなる, 世においても, 世にも, 世にもある, 世にも温泉場, 世の中でも, 世よりか, 事で, 事でしょう, 事やら, 場合にでも, 夏の, 夜の, 夜も, 戦いでも, 日, 日いづ, 日かに, 日ぞ, 日にも, 昔か, 昔に, 昔の, 時に, 時にか, 時代からの, 時代を, 晩だった, 月でも, 朝でも, 朝も, 汽車で, 頃からとも, 頃とも, 頃どういう

1 [247件] おわばり, こった, こって, ことかな, ことかは, ことじゃ, ことだい, ことだったろう, ことであったろう, ことでありましょう, ことでござん, ことでした, ことですやろ, こととも, ことなり, ことや, ころからかは, ころが, ころだ, ころだつた, ころであろう, ころと, ころとも, ころにか, ころの, ころ讀んだ, そして表面漠, ときか, ときに, ときにでも, まか遠く, まか降りて, よいかに, ように, よの, よまでも, 世いずれの, 世ぞとは, 世だ, 世とて, 世どこと, 世どこの, 世にだって, 世にな, 世にもある遣, 世にもい, 世にも乱心者, 世にも人間, 世にも夕ぐれ, 世にも存在, 世にも必ず棲息, 世にも必ず生じ, 世にも忘れ, 世にも愛読, 世にも我国ぶり, 世にも有り得べからざる, 世にも正しく生きよう, 世にも秘密, 世にも論じられる, 世にも貴い, 世にも軽々, 世にも都人, 世の中にも, 世より, 世代の, 世何人が, 世如何に, 世誰によって, 世誰人の, 乱世にも, 事かと, 事からか, 事じゃ, 事だい, 事だろう, 事であった, 事であろう, 事でございましょう, 事でござる, 事でした, 事とも, 事な, 人だ, 人間として, 休暇の, 会議でも, 何日, 何日の, 何時には, 例会にも, 公卿僉議にも, 冬も, 別れとも, 前に, 勘定だ, 原始から, 古い形, 吟味の, 問にか, 場合かに, 場所でも, 夏で, 夏にも, 夜でも, 夜にかは, 夜を, 夜中にでも, 大晦日に, 天皇の, 委員会でも, 季節に, 季節よりも, 年か, 年から, 年だって, 年で, 年でした, 年に, 年代にも, 幾日, 幾日にも, 御対顔, 御造営, 憐れに, 手紙でも, 手紙にでも, 手紙にも, 折かに, 文句を, 新聞だ, 新聞だった, 旅立にも, 旅行の, 日あなたに, 日いかなる, 日いず, 日かと, 日かなどと, 日かには, 日かの, 日が, 日この, 日それが, 日だ, 日で, 日であろう, 日でしたろう, 日です, 日でも, 日にかと, 日にかは, 日も, 日やら, 日わが子の, 日会う, 日帰る, 日彼の, 日機会が, 日荊州が, 日誰が, 日誰によってか, 昔からか, 昔からとも, 昔だ, 昔にか, 昔開業以来はじめて, 春だった, 昼で, 時いつかこう, 時いつの, 時かに, 時からか, 時であろう, 時にでも, 時より, 時世い, 時世にも, 時代かの, 時代からか, 時代であった, 時代である, 時代であろう, 時代においても, 時代にだって, 時代のと, 時代まで, 時代何人の, 時代頃からの, 時候でなけれ, 時候の, 時期でも, 時期にも, 時期も, 時期より, 時期よりも, 時間も, 晩か, 晩だつた, 晩には, 晩にも, 月も, 木曜でも, 未来だ, 未来まで, 本かという, 正月で, 正月を, 歳にな, 歴史にも, 汽車に, 生れかと, 目覚めにも, 瞬間か, 祭りの, 秋, 秋だ, 秋で, 程よりか, 筆法にも, 編輯会議にも, 試験にも, 車夫だ, 逆証, 限無く, 隙にか, 雨に, 頃いかなる, 頃かの, 頃からという, 頃からの, 頃この, 頃だ, 頃でありました, 頃でした, 頃どこで, 頃には, 頃まで, 頃やら, 頃よりの, 頃事で, 頃何人の, 頃何者によって, 頃因縁を, 頃枯れ朽ちた, 頃誰が, 頃誰に, 頃誰によって

▼ いつしよ~ (607, 2.1%)

4112 に街 9 になつ 8 に暮し, に私 6 にお, に寝る, に歩い 5 に出かける, に寝た, に帰庵, に散歩, に連れ, に飲む 4 けんめいに, にし, に出かけ, に寝, に居る, に遊ぶ

3 [11件] にしばらく, になる, にゐる, に云, に出, に出発, に声, に来た, に湯, に行く, に食べる

2 [33件] にくるしむ, にこの, にした, にそこ, にその, にとぢ, になつて, になれ, にまた, にやつ, にゴロツキ, に來, に学校, に宿, に帰つて, に御馳走, に戻, に持つ, に昼寝, に柿, に棲ん, に歸, に町, に白い, に空, に芝居, に行かう, に貝, に遊ん, に酒, に里, に飲み, に飲んだ

1 [358件] けんめいでみつめ, けんめいで握, けんめいは, ぢや, にあそぶ, にあそんだ, にあたし, にあと, にあの, にあまり, にあらん, にいつ, にいる, にうたう, にうなづかせ, においおい, においしく, にお伴, にお寺, にお針, にかうし, にかくれました, にがつ, にきいたら, にくり, にこ, にここらあたり, にこた, にこちら, にことこと, にこぼれる, にごろ寝, にさ, にさそつ, にしみ, にしよん, にすこし, にすすめ, にする, にそこら, にそしらぬ, にそだつ, にそつ, にたかく, にたたせ, にたべました, にだいぶ, にちや, につれだつ, にでも死ぬ, にど, になくなる, になつたん, になつた目, になど住める, にならなけれ, になり, にぬくうねる, にね, にのぼる, にのむ, にのめりかかつた, にはりつめ, にひい, にひえびえ, にひきだし, にひよ, にひらひら, にびつしより汗, にぶくぶく, にぶらぶら, にぶら下げ, にぺつたりと, にほい, にほどよく, にぽか, にまつ, にめまひ, にもう, にゆ, にゐたく, にゐたなら, にゐない, にクリミヤ, にスー, にズボン, にタクシー, にタンバガン, にチャペル, にトム商会, にトロ, にドシン, にムチヤクチヤ遊び, にモンペ, に一つ, に一つ二つ, に一人, に一杯, に一番あと, に三時, に三田君, に上京, に下田, に下関, に不動, に中園, に丸薬, に二人, に二十年さき, に井上さん, に人, に人生, に今, に仙波さん, に伝, に伸べ, に伸べた, に住み, に住ん, に住んでる, に例, に働い, に働ら, に僕, に入浴, に冬, に冬村居, に冷たく, に出かけなかつた, に出掛けなかつた, に出立, に前, に北, に友, に叔父さん, に同じ, に向, に呟いた, に呟いだ, に呶鳴, に咲く, に囁いた, に四方八方, に国外, に在家宿泊, に埋め, に場所, に塩風呂, に変人ぶり, に夏山, に夕潮, に外, に夜, に大, に大きく, に太郎, に失望, に女, に女房, に娘, に学び, に學校, に宝石探検, に家, に家そのもの, に寢, に寢卷姿, に寺, に小さい, に居, に居られ, に居られた, に山, に山口, に山海關, に帰るべく, に幾分, に廊下, に建築材料, に引き吊られ, に彌生, に往かう, に往来, に心底, に怯けた顏, に悔み, に悪霊ども, に或, に戸, に戻つ, に戻る, に所謂虫声喞, に扉, に手, に拭いた, に指, に支那料理, に旅, に旅立つ, に明かさう, に明滅, に暮らさない, に書く, に朝食, に朝飯, に本船, に来, に来なかつた, に東, に東京, に東京中乘, に松山, に果さう, に棲む, に椅子, に横光君, に樹明居襲撃, に櫓, に歌うた, に歌つた, に止まりませう, に此処, に歩かう, に歩きだした, に歩く, に歯, に死に, に死ぬ, に死ん, に死んだ, に死んでしまつた, に死んでしまつたら, に殺され, に氷, に汽車, に泊つた, に泊らう, に波, に泣きました, に洗, に浜, に渡し, に湧い, に湯屋, に湯田川温泉, に湯豆腐, に演習, に火星, に炊出し, に焼かれ, に焼け残つてる, に爆弾, に父, に生え, に生活, に田丸浩平, に田沢, に田端, に男, に畑, に療養院, に盆, に直角, に眼, に神, に稍武張つた音声, に突然, に笑, に笑いました, に笑ひだ, に笑楽, に筒井レイ子, に箒, に米屋, に繋い, に老人, に考へ, に耳, に育ち, に背中, に胸, に脚場, に自分, に自炊, に苹果, に茂君, に茸狩, に草, に落ち, に蒲団, に蕎麦粉, に薯, に藤岡, に蜜飯, に行, に行きなさい, に行きませう, に行けない, に行けよう, に行つて, に裏山, に補祭, に見た, に見る, に言, に訊ねた, に記念写真, に話し, に警察, に讀んだ, に赤倉, に踊ら, に踊る, に踊れ, に踏んだ, に車, に軍歌, に農学校, に近所, に近頃, に追, に遊ばう, に遊ばなけれ, に遊べない, に遊べる, に遊べん, に遊ぼ, に遊んだ, に郵便局, に酔つて, に錢湯, に閼迦流山, に防空壕, に障子, に静か, に面白, に頸, に食べ, に食卓, に飮, に飲みあるいた, に飲みあるき踊りつ, に飲みたい, に飲み歩かなかつた, に飲ん, に駅, に駈け去, に騒ぐ, に鮒釣, に鵠沼, に黎, に黒岩万五, にO屋, のこと, の広間, の方, の暮らし, の船

▼ いつ~ (463, 1.6%)

25 なしに 9 しも 7 なくその, なく二人 4 なくこの, なくそれ, なく私, なく髻, 見て 3 なく彼, なく閉ぢ

2 [23件] なくそう, なくた, なくだ, なくどこ, なく互, なく人, なく元, なく団九郎, なく後妻, なく感得, なく我, なく木立, なく村, なく次第に, なく水量, なく消え, なく睡, なく薫染, なく風, 云って, 目を, 立つて, 耳を

1 [343件] いいやう, いうだけが, いって, いで, うなだれて, かれるの, きめても, この山, これを, ご推測, しなく僻んで, しらず自分, せ早, その時計, その顔, それらに, てか限り, どなりたかつた, なく, なくいつのまに, なくいと, なくいとけなき日, なくいわゆる, なくうっかり, なくお前, なくかげらす, なくかの, なくぐっすり, なくぐつすり, なくこつ, なくこれ, なくさ, なくさくら, なくさび, なくさめかかつて, なくしづんでいつた, なくすがた, なくすたれ, なくたいそう, なくたそがれ, なくたっ, なくながれ, なくなぜ, なくひつそり, なくふり, なくへん, なくまた, なくみじか夜, なくみんな乞食根性, なくもっと, なくやみけり, なくわが国, なくグルグル, なく一つ, なく一人, なく一人一人, なく一通り, なく上条, なく下り, なく世間, なく並ん, なく中止, なく之, なく事実, なく互いに, なく互に, なく五, なく人々, なく人心, なく仏, なく仏教, なく伝えられ, なく何家, なく何物, なく佗助, なく作用, なく侘助, なく僕, なく儀右衛門, なく入っ, なく六波羅, なく其処, なく出来た, なく前後不覚, なく動悸, なく即興詩人, なく去りゆく, なく取り落し, なく受け損じ, なく商家, なく嗜好, なく噂, なく土台, なく堅い果物, なく堺港, なく境遇, なく変っ, なく夕涼, なく夜, なく大分, なく大宮人, なく夫, なく奇怪, なく妖怪変化, なく姿, なく婆, なく子供たち, なく学校, なく宮, なく家号, なく寂しく秋めい, なく専攻, なく小さいの, なく小出, なく少年, なく山扁, なく島内, なく左右, なく帽子, なく年少, なく幻, なく廃れおわる, なく引き入れられ, なく徳性, なく忘れ, なく忘れられ, なく思い, なく思い出, なく思想, なく悲しい思い, なく情交, なく感じさせ, なく感じた, なく態度, なく懇意, なく我が, なく手, なく抜け, なく推移, なく文法書, なく方便化, なく日, なく明るくな, なく春, なく昼酌, なく晴れ, なく暗誦, なく暮, なく曇っ, なく最初, なく有為, なく机, なく村中, なく東助, なく森, なく植物学全体, なく模糊, なく次々, なく此規約, なく歯, なく死, なく死相, なく殆, なく段々, なく毎年, なく気持, なく氣, なく沁み, なく沖, なく波, なく洗い, なく消え去る, なく満, なく源氏, なく溜った, なく滑, なく濁, なく火鉢, なく無, なく無くなりまし, なく燕石十種先生, なく爛々, なく物, なく生別れ, なく田舎, なく町人, なく町年寄, なく疎遠, なく白くなった, なく白ん, なく皆, なく目立っ, なく眠った, なく眠つて, なく知らず, なく知らず知らず, なく知られる, なく祖父様, なく秋めいた, なく突き当った, なく突然, なく竜宮, なく笑顔, なく箱屋, なく米, なく米穀, なく純然, なく細くな, なく総崩れ, なく老子, なく考え込ん, なく聞き伝え, なく腹, なく自然自然, なく船員, なく若い院長, なく草, なく荒ん, なく薄れ, なく虞, なく融け, なく親しむ, なく覺, なく解消, なく記憶, なく評判, なく誘ひ入れられ, なく賑わっ, なく足もと, なく輪廓, なく近づく, なく退治譚, なく遠ざか, なく遠耳, なく部屋, なく酒, なく鉄, なく銀座, なく長い秋, なく長州人, なく闘争, なく陽気, なく雄弁, なく集った, なく青木さん夫婦, なく静か, なく領主, なく頭, なく飽き, なく駒, なく魔夢, なく鳴りはじめた, なく黄ばみかける, なく黄ばん, なく黒い幕, なく鼻蔵, なしあれ, なしこま, なしにか, なしわかって, なし佃, なし寝入りこんでしまつた, なし店, なし強制貯金, なし手触り, なし日光, なし物, なし玄関わき, なし登場, なし眠り, なし習慣, なし自分, なし自身, なし薄らぎ血色, なし足, なし遠ざかること, なりましょうか, はっきりわからぬ, はなし地に, はなし心が, ばらに, まつの, 一つところを, 三田の, 不安な, 云うて, 云うと, 云う限り, 他の, 似合ひ, 佇んで, 信一郎の, 信一郎を, 冷めたく広い, 分らぬ時間, 危険な, 同じだらう, 堪へて, 夜の, 女中の, 店の, 彼を, 彼女を, 忙は, 怖ろ, 掌の, 明確申上げかねます, 暗い一点, 暮して, 最後の, 期限は, 決めて, 油の, 注いだり, 無くこの, 田部の, 直吉を, 真剣で, 眼を, 瞑ぢ, 知てか, 知てかといふも, 知りてか吾が, 確実に, 約しました, 純粋に, 考へて, 自分に, 自分を, 茫然黄昏の, 見つめた, 見凝め, 覗いて, 覗き込んだ, 覗き込んで, 言えないかぎり, 言って, 言ひ, 踊子の, 関係が, 頼まん, 頼りなく, 顏を

▼ いつても~ (411, 1.4%)

104 よろしい 3 いい, これは, そこには, よい, よからう, 自分の, 過言では

2 [15件] いい位, こ, それは, なか, 二人の, 今の, 其の策略, 宜しいと, 差支へ, 彼は, 津村君の, 私は, 第一, 米と, 返辭

1 [346件] あなたは, あの, あまりい, あやふやな, ありつたけ, あれだけの, あれは, あれを, あんなに死亡率, いいかも, いいくらい, いいの, いいやう, いいコポオ, いい涙ぐましいほどの, いつも親しくなつかしい, いまの, うれしい, うんうんとよく, おお, およそ軽蔑, お兄さま, お孃樣方, お年が, お次には, お留守居, かういふ面倒, かういふ風, かのセクショナリズム, かよわい女, からすの, きく病人, きれいな, この広い, この集り, これまで, ごく稀, さう, じつに時代, すぐれた人, すぐれた技巧, すでに不可能, そこに, そのあと, そのため, そのスマート, その人, その住ん, その句, その名称, その後の, その猛烈, その質, それでは北京, そんな筈, つひに, ともかくあれ, どうぞ恐ろし, どつて來, どんなを, どんな人間, なあんだと, なかなかなくならない, なかなかねつかれなかつた, なにより, はつきり違ふ, はなはだ効果的, へえへえいつ, まさか泥棒, まず第, また同, まだまだ明治時代, まだ写実, まだ十三, まだ米, もうだれ, もう虎髯, もとの, やつぱり僕は, やまない, よいかと, よいこの, よいほど, よいほどの, よい程, よろしくない, わかり易い, わたしは, ジャック, タイピストの, ダグラスが, ピヨトル大帝以來の, フランス製品には, ヨーロッパにおいて, 一つの, 一と, 一国の, 一枚も, 一番いけなかつた, 万事に, 世の中で, 中國, 中学の, 中途半端で, 主に, 二年この, 二日か, 二科展では, 人の, 人間は, 人間的親し, 今では, 今と, 今上の, 今石塔, 仏蘭西風の, 伊達は, 住心地の, 何も, 余りに芸術的低調, 例の, 俳優の, 個人としては, 健康第, 僕は, 僕を, 優に地理學者, 兄さんの, 先づ門口へ, 先に, 先方は, 先生の, 兎に, 入浴ほど, 八十歳なら, 六十八歳である, 出版の, 判ること, 別に, 別段用事, 劣悪醜, 勘次は, 匡救事業は, 十一世紀から, 十代の, 千金に, 午後の, 半四郎と, 半年や, 単なる伯父, 又私たち, 及び難い, 古い事, 可い, 可嫌, 各事件毎, 各時代, 名前は, 君たちだ, 君は, 呉れないのよ, 嘘だ, 土田氏の, 垣ひとへ, 堂々たる名前, 変則だ, 多いの, 多くの, 夜の, 夜は, 大きな間違, 大劇場向き, 大学の, 大年増, 大潮の, 天草である, 奉公中の, 女は, 好い, 好いなら, 好いやう, 好い老女, 好きだ, 妻といふ, 子や, 子供だ, 安子は, 安眠第, 宜い, 客が, 家柄が, 實に, 寳, 專ら東洋で, 小作人は, 少年は, 山は, 山を, 山田の, 差支ない, 差支なく, 干物の, 年は, 年若い, 度々見舞, 廣大な, 当の相手, 当時人気の, 彼を, 後に, 快く返事, 悪くなかつた, 悪口を, 情熱である, 惚れる自由, 惜しい, 戦争は, 承和, 招かれざる客, 接触した, 敗けない, 新しいと, 新しい時代, 日本が, 日本の, 明らかに, 明治二十六年の, 明治十三年生れである, 春は, 昨夜は, 是を, 晩年熊本に, 書籍の, 朝晩は, 朝酒は, 木活字は, 本た, 本家分家の, 東海道ほどに, 枕としては, 桂月氏の, 樹明兄の, 機械的で, 正義という, 此処が, 武田軍二萬に, 殆ど東京の, 民政との, 江戸時代から, 決して人, 決して贅沢, 洒落た人, 浪漫主義的で, 海岸に, 淋しいこと, 源の, 源助と, 滿點では, 無理な, 無理に, 無關係, 照りつける日, 熊本は, 現在に, 現在の, 現在身を, 甚だ漠然とした, 生活程度が, 生涯の, 用字法から, 皮肉な, 直ちに天皇暗殺, 相應, 相手に, 眠りません, 矢つ, 矢張り俳諧師でござる, 砧手である, 私が, 秋の, 窶れた卯平, 竭きない, 竹刀に, 第二册目あたり, 箱根だけ, 素晴しい, 細君一人が, 總ての, 美しくて, 義理が, 翻案の, 老人同志の, 考へなければ, 考へると, 肯き入れません, 自分よりは, 自殺の, 自然に関する, 自由でございました, 舊い, 良いほどに, 芥川さんは, 若い女, 若かつたの, 苦しまぎれの, 英国首相ロイド・ジヨウジ氏を, 菖蒲が, 落ちついて, 落着く, 葡萄畑の, 藤崎専造より, 藤村君の, 製鉄所の, 親の, 親は, 観察からい, 解き方の, 言はれます, 言ひす, 言ひ過ぎで, 誤りでは, 誰か, 講壇上の, 返事を, 送ると, 過言でない, 道路が, 違ふも, 部屋の, 郷土風の, 酒が, 酒は, 金は, 間違ひ, 雨らしい, 雲鶴手三島手の, 霜で, 露骨に, 頑として受け付けない, 食料品として, 養子の, 體が, 髪床や, 鮎釣りが, 鳥右さんは, 齢は

▼ いつぱい~ (402, 1.4%)

118 になり 7 に受け 6 の人出 5 でした, になる, 飲んで 4 です, 咲いて, 溜めて

3 [11件] である, でございます, に吸, に感じ, に生え, のもの, の仕事, の日かげ, の笑顔, 食べて, 飲んだ

2 [24件] だと, になりました, に呑ん, に噴きだし, に射し, に射しこん, に引きあけ, に振舞, に横, に流れ, に浴び, に溢れた, に漂, に照る, に生き, に自分, に飾つて, の努力, の表情, 入れて, 射しこんで, 湧いて, 溢れて, 飲むこと

1 [262件] ありがたう, ある大きな, うまい, うれしいこと, しこたま詰めこまず, その林, だよ, でしたが, でしたので, ですから, で押される, で眠られる, ならば, にある, にいたずら, におみ足, にした, について赤, になります, にほとんど, にツチ, にヒヤシンス, にラケツト, に交錯, に今, に仕上げ, に伸び, に例, に俳句, に働かす, に働き, に入れた, に八月, に出さう, に列, に動い, に匐, に叫ん, に叫んだ, に吠, に吹き込みました, に咲い, に咲き充ちた, に喚びおこす, に四谷, に埋まり来る, に場所, に奥, に密雲, に岩, に張り, に張りつめ, に張りひろげ, に彩る, に快い, に思ひだされた, に愛し, に憎ん, に懸け並べ, に投げつけた, に抱き, に押しつぶす, に擴大, に散ら, に散らばつ, に敷きつめた, に昇る, に明け放す, に書い, に書類, に朝日, に枝, に椿, に楽しい, に注ぎ, に流れました, に流れ出した, に消えかかつ, に渦, に渦まい, に湧きました, に湯, に溜, に溢れ, に滴る, に潜み, に燃, に現, に白い, に百雷, に眞, に眺め, に眼白籠, に瞠つて, に積ん, に立ちこもつた, に立ち匂う, に笑, に笑つて, に籠つて, に粘土色, に紅, に絡みつい, に繁つたポプラ, に罫, に肩, に脱ぎ, に腕, に膨らまし, に膿, に花子, に若葉, に蒲団, に見えた, に見せ, に詰り, に貴方, に赤い, に蹴あげた, に透, に銅羅, に開い, に開いた, に開け, に電灯, に頑張つ, に鼻汁, のお世話, のお爺さんお婆さん達, のお願い, のこと, のこの, のところ, のやう, の人だかり, の光, の動作, の塵, の大き, の崖, の帆, の廣さ, の怪物, の情熱, の日向ぼつ, の春, の春江, の月, の朝日, の朝日影, の楯, の樂しみ, の氣持, の水, の涙, の液体, の物, の生き方, の皎, の空, の空想, の笑, の背のび, の蓮, の藤棚, の言葉, の誇張, の謝意, の輝き, の辛抱, の返事, の金歯, の金色, の閑, の靜, の馬, の鮮血, の麦飯, はりさけるやう, はりつめる, は手元, は釣れる, より良く, を伊豆西海岸, 並んで, 出て, 出てを, 出来て, 分けて, 動かすと, 古い悪いしきたり, 叩いた, 叫んで, 呑まして, 咲いてるし, 咲き乱れた菜園, 坐つて, 塗りたくつて, 大きな声, 孕んだ朱船, 実つて, 居るし, 平茸, 引きしぼると, 引つかけた態, 当る下, 彫り込まれて, 微笑みながら, 愛してを, 投げつけた, 投げ込んで, 抱きしめる, 持つて, 振りながら, 掬んで, 放り投げた, 散らかつて, 書く役, 泣きだしました, 浴びた死者, 浴びて, 浴びながら, 溜めた眼, 溢れたとき, 生えて, 生えてるの, 生きて, 盛られて, 積んだ荷車, 積んで, 立ちこめそして, 立ちこめその, 立ちこめて, 立ち塞がつて, 立並んで, 経たないと, 見える, 見せて, 詰めこんだらす, 詰めこんで, 詰め込んだ, 赤い小さな, 走りだして, 踏んばれ巌, 載せて, 開けて, 附いて, 集めた, 青い絨氈, 食べさせて, 食べたいと, 食べたそしてまた, 食べても, 飲みたいなあ, 飲み小声, 飲むうまい, 飲んだこと, 飲んだこんなに, 飲んだそれ, 飲んだ水, 飲んだ蒲団, 黒い烏

▼ いつ~ (348, 1.2%)

14 のこと 7 お帰り 6 から始まった, ですか, の事 5 から 3 か, からある, からここ, からこの, からこんな, からそんな, からだ, から来, 帰るの, 書かれしもの

2 [23件] お求め, からお, からか, からか道鏡, からその, からどうして, から出来た, から初, から始めた, から江戸, だか, だったの, だつたか, でしたろうか, です, なん, になる, の作, までいる, まで滞在, 帰って, 帰りますか, 訪ねて

1 [228件] あくので, いかなる人, いったら彼, いらっしゃいますの, おかえりに, お亡くなり, お出来, お帰宅, お手, かしらと思つて, かとなお, かねそれ, かはつ, からあった, からあの, からあれ, からあんな, からおから, からかしきりに, からかそれ, からかという, からかといふやう, からかはよく, からかまた, からかよく, からか人前, からか兄, からか分らない, からか小宅, からか彼, からか後学, からか私, からか薬餌, からこうして, からそういう, からそこ, からだったろう, からである, からでしょう, からのお, からのこと, からの事, からの創始, からの山づとかは, からの建物, からの約束, からの風俗, からはじまった, からはじまつた, からわるい, から世の中, から住ん, から出, から出た, から君, から周助, から太閤, から宝蔵院, から廃れた, から弄ばれ, から当家, から悪く, から惡, から我国, から文学, から来てる, から水戸, から泊まった, から流行, から無くなった, から然, から當寺, から疊替, から発達, から眠れなく, から眠れなくなった, から私, から置きなすった, から行かなく, から行われ, から見えぬ, から親しく, から起った, から転じ, から通っ, から闇, から雨, か一人, か一本, か不明, か北国, か夕刻, か忘れた, か知らぬ, がほんとう, このお寺, この像, この辺, ご出府, ご帰館, じゃ, じゃったっけな, すむかしら, その里, だ, だいと, だそれ, だったか, だったかいな, だったかも, だったけ, だったろう十時半頃, だな, だらうと, だろうか, だろうねえ, だろう実際, っから, であったか, であったかは, であったの, であつ, できたん, でございました, でございましたか, でございますな, でした, でしたか, でしょう, ですかな, でせう, とまでその道, ともしれない, と思う, と思っ, どういうふう, どのよう, なくなったん, なくなりけん形見, なの, にこの, になったら帰る, になつ, になりやしょう, になれ, にや, にヴァイオリン, に出, に帰国, に投げ, のお客さん, のことだい, のもの, の今しがた, の作やつ, の本, の知識, の開墾, はじまったいつ頃誰, また出かけられるだろう, まで, まであっち, までうち, までにその, までに出来上がる, まで信州, まで存, まで市場, まで持つ, まで残っ, まで生き, まで石器時代, まで雪, まわるか, もどるか, やる, よりの事, より開かれたる, を背景, 亡くなりなすったので, 亡び去ったか, 伺って, 出るでしょう, 出來, 出来たの, 出来たもの, 出来た言葉, 出来ましょうか, 出来上るつもり, 参ったらよう, 咲いたかしら, 始まって, 帰ったの, 帰られるやら, 帰るか, 帰るかといふ, 建てたもん, 御亡くなり, 御入用, 御出張, 御参府, 御帰り, 来た, 来たの, 来て, 来られた, 来られます, 死ぬの, 殺されたん, 殺されるん, 済むだらうか, 渡らせられますか, 登って, 着くだろう, 終ったか, 行くん, 行ったらよい, 行われたか, 見えるの, 覚めたろう覚めた後, 起こったの, 起されまた, 起ったか, 起ったかと, 送って, 這入ったやら, 食べられます, 飲んだの

▼ いつとは~ (341, 1.2%)

210 なしに 5 無しに 3 なくこの 2 なくその, なく二人, なく口, なく私, なし伸子

1 [113件] なく, なくある, なくそう, なくそこ, なくそれ, なくそれら, なくだんだん, なくひとり, なくふたり, なくほとんど, なくぽ, なくまぶた, なくやきが, なくわが子, なくわたくし, なくパンスケ, なく両国, なく人々, なく何, なく全く, なく又, なく奉行所, なく宵明り, なく少年探偵団員たち, なく屋内, なく引きつけられて, なく彼, なく徃時, なく忘れ去られて, なく愉快, なく意識, なく持って, なく日, なく時, なく根, なく梁山泊, なく次第, なく比べて, なく気づき訝かしく, なく泰西, なく津軽海峡, なく父, なく物心, なく特に, なく盆, なく眉, なく社会, なく突き当った私, なく米飯, なく紙屑, なく考え込ん, なく草鞋, なく藩邸, なく血縁, なく行宮, なく観察的, なく話, なく諸, なく諸方, なく踏みならした, なく輪, なく農山村, なく遠のいて, なく集り住みて, なく非常, なく頼朝, なしくっきり, なししみこんだ, なしその, なしの, なしはじまっ, なしひろがっ, なしみんな, なし今, なし作用, なし半, なし即, なし吹きわける, なし均平, なし女, なし宮田一族, なし導き込ん, なし崩れ, なし影響, なし悟った, なし文学, なし日々, なし時, なし淡い懐かしみ, なし甘く見られる, なし米沢, なし腐っ, なし自己, なし自然, なし若い竹内, なし衰弱, なし話, なし鈍らされ, なし音信, のう思い, 云えない, 決めないから, 無し破り, 知らず在天, 知らず深き, 知らず若い, 知らない間, 知らね, 知れずその, 知れず再び, 知れず割れ落ちて, 知れず心魂, 識れず

▼ いつから~ (268, 0.9%)

9 ここに 5 来て 4 そこに 3 いつまで, ここへ, そうなった, だ, だか, 乗って

2 [11件] こ, こんな, さう云, そうな, だい, だね, 人間の, 分って, 始まって, 家へ, 此の

1 [210件] あの城塞, あんなしゃれた, あんなになった, あんなに変, あんなに赤く, あんなに飲み助, あんな病気, あんな病氣, いいまして, いたん, いつまでと, いないの, おまへは, おれだ, お乗り込みなされた, お宅, お戻り, お菰, お見え, かこの, きまつて, こういうふう, こういう癖, こうしたの, こうなっ, こちらに, こっちへ, この京都, この仕事, この家, この店, この庭, この船, こられますか, こんなに気, こんな事, こんな気もち, こんな状態, こんな目, そういう噂, そう云う, そう見える, そして又, そなた, その感情, その治療, そんなもの, そんなボーイ姿, そんな不便, そんな信念, そんな学者, そんな律儀, そんな法令, そんな無法, そんな物知り, そんな薄情者, そんな関係, だつたか, だと, だといふ, だろう, だろうそれ, であったろう, であろうか, です, ですか, ですの, どうしてこの, どうしてそんな, ないの, はじまつたもの, はじめられた, またいかなる, みせに, ものを, やって, るす, わたしを, エキストラになんか, スプラクナクなど, ソンナ事を, 一緒に, 乗換えたか, 乘つてゐた, 休暇を, 使い始めて, 使って, 來て, 來てる, 俺は, 俺達は, 働いて, 僕は, 入って, 入場し, 其処に, 出て, 出払って, 初まった, 初めたの, 初めや, 参るの, 又どこ, 叔父は, 取りかかったん, 喰い初め, 大学生に, 奉公し, 奉行の, 始まったかは, 始まったこと, 始まったという, 始まったとも, 始まった事, 始まった戦い, 始まりますか, 始まりますかと, 始まるはず, 始まるん, 始めたか, 始めたの, 始めるつもりだい, 姿が, 家が, 寝なすったん, 尽きようとは, 居たの, 居るの, 山寨へは, 巣鴨へ, 店へ, 彼女の, 待って, 御上洛, 御奉仕, 御移り, 御飯を, 御養子, 悪いこと, 懇した, 我邦に, 手を, 持って, 支給される, 斯様に, 新憲法, 旅館を, 日本に, 是が, 来たん, 来てるの, 来る気, 次郎ちゃんは, 此処に, 此処の, 此店に, 此方へ, 気が, 江戸へ, 江戸表へ, 泥棒稼業に, 浜さんと, 渡って, 湧いて, 煉瓦積にな, 獨立された, 町奉行の, 痛い, 眼鏡を, 知つた, 知り合いか, 知り合ったとも, 禁止に, 私は, 私を, 移るの, 稽古し出した, 積んで, 空いて, 空に, 笠に, 考へ, 腫れたの, 膨れたの, 臭って, 蜂谷は, 行ったら好い, 行って, 行方不明に, 見えないん, 見ないか, 見ぬいて, 記憶が, 試作に, 誰が, 警察の, 貴様は, 赤旗を, 起きてるの, 足が, 都に, 附けて, 雇われて, 雪子ちゃんの, 青蛇団に, 静岡へ, 食べないの, 飲み初めて, 飲み始めて, 鳴き出したの

▼ いつごろ~ (238, 0.8%)

16 のこと 6 お帰り 5 ですか 4 帰って 3 か, からあった, からそんな, からだ, からのこと, じゃ, の話

2 [16件] からある, からそういう, からで, からでしょう, から始まった, から来, から落伍者, がいい, であったか, でご, でしたか, どうしてできた, のもの, の事, の作, 帰るか

1 [154件] おひま, おやすみに, お会い, お宅, お米, かえれるだろうという, かという, かということ, から, からいかに, からいったい, からいる, からかあの, からか一人, からか持ち始め, からか男竹, からか禁酒同様, からか釣殿専門, からか隠し神, からここ, からこちら様, からそこ, からそれ, からだれ, からだろう, からであった, からできた, からでござった, からです, からという確, からともなく, からのいいならわし, からの事, からの仲, からの店, からの習慣, からもう, からわるい, から人, から僕, から出来た, から始まっ, から存在, から宮様, から家, から居た, から当, から当地, から後醍醐, から恋, から悪い, から来た, から流れ込んだ, から深い, から用い始めた, から聞かれなくなった, から調子, かわからない, が第, こんなところ, ご出発, その温泉, そんな商売, だ, だえ, だそれ, だったか, だったでしょう, だったね, だつたの, だね, だろう, だろうか, であった, であったかを, であったろうか, であつ, できて, でござった, でござる, でござんす, でした, でしたつけ, でしたね, でしょうか, です, ということ, とだけもお, となく, と言います, どの時分, どんなふう, なん, に, になります, のご, のつもり, のにん, の人, の創業, の朋輩, の物, の産, の風, ひきしおに, までありました, までお, までおいで, まででした, までには返す, までに出来る, までゐた, まで仰向き, まで横濱村, まで船, やすむの, より患い出した, 乗捨てたもの, 亡くなったの, 亡くなられたの, 出かけたんだい, 出かけて, 出かけられたの, 出したの, 出て, 出られるとも, 出來, 咲くの, 差し向けられると, 帰ります, 帰る, 帰るん, 帰る予定, 建つの, 廻って, 彫ったもの, 御奉公, 御帰京, 御発足, 書かれたもの, 来た, 来て, 済むつもり, 用いたの, 発つの, 盗んだの, 着きましたか, 着くん, 立ちたもう, 落したの, 行われたもの, 見つけたんだい, 起こるか, 食べると

▼ いつどこ~ (209, 0.7%)

12 でどんな 105 から出 4 から来た, で何 3 でどう, でどの, で道 2 からともなく, からどんな, でそんな, でどうして, でも何人, でスナップ, で会った, で覚えた, で誰, へ行っ

1 [145件] からあらわれた, からいつのまに, からくま, からこの, からだれ, からでも十分観賞, からとも知らず, からとりだした, からどう, からなに, からのっ, からはいっ, からやって来た, からわい, からわき出した, から不意, から入っ, から切られる, から嵐, から忍びこんできたのかわからないが, から持っ, から来る, から森, から洩れた, から火, から現れ, から現れた, から現れる, から聞い, から跟, から飛ん, であったとも, であつ, でいかに, でいっ, でお, でおぼえた, でお話し, でこの, でこれ, でこれら, でそういう, でそれ, でだ, でだった, でだれ, ででも主張, ででも死ねます, でということ, でとまっ, でと云っ, でぴかっと, でもできる, でも出来る, でも自分, でも誰, でバッタリ鉢合せ, で事件, で今夜, で伊達家, で何国人, で使われた, で停車, で出, で別れた, で宇宙怪人, で寝こむ, で怪我, で手, で拙者, で拾った, で捉えた, で掏, で探し出される, で敵, で最後, で殺された, で求めた, で決心, で爆発, で犯した, で相手, で私, で秋水, で窮死, で紛れ, で結婚, で聞いた, で聞いたろう, で茂太郎, で茶, で行われた, で見かける, で調べ, で起こった, で開い, で雪崩, で飛び出した, なえて, にい, にいくら, にいよう, においても地代, におっ, にてもお, にスパイ, に倒れ, に合戦, に墜落, に生き, に男女, の世, の地方, の客舎, の戦野, の路, へお年, へです, へでも出向い, へでも呼び出し, へでも好き, へでも好きかって, へでも飛びこん, へでも飛び出せる, へでも飛ん, へどう, へ仕舞, へ出, へ姿, へ幾ら, へ引こ, へ引越し, へ持っ, へ泊る, へ立つ, へ落した, へ落ちる, へ行っちゃう, へ行つて, へ逃げ, へ配達, へ集まる, へ飛ばなきゃならない, をどうして, を歩いた

▼ いつだって~ (208, 0.7%)

6 そうな 4 そうだ 2 あなたの, わたしを, 同じこと, 同なじ

1 [190件] ああな, あたしを, あっちで, あなたへ, あにいの, あのひとたち, あまり知慧, ありますよ, あるの, あんなにはっきりと, いいさ, いいでしょう, いいの, いいわ, いいん, いやだ, おいらは, おじさん近い, おやつ, およろしい, おりるぜ, お前さんの, お友だち, きまって, ぐずぐずな, こうじゃ, こうだ, この種, この闇太郎, こられないこと, これな, しっかりしてる, して, してるん, そういっ, そうし, そうだった, そして恐らく殆ど, そつが, そのドーア, その場, それを, たのしいのに, だれにも, できるの, できるもん, できるん, とりのこされて, どういう時, どこからとも, どこにも, どこの, どこへ, なんにも云, ひとりよ, ぶこ, ぶつかって, ほとんどありません, ほんとに生きてる, ぼくを, やさしいこと, やさしい神さま, よかった, わたしたちの, わるい気持, グウグウ鼾ばかり, サヴェートの, ナイフを, バルナバスの, ペーチャは, 一つの, 一日も, 一杯だった, 丈夫じゃ, 上着の, 下へ, 不時収入です, 乞食の, 予告なし, 二重の, 仕ますもの, 仕事の, 他人に, 何にも, 俘に, 俺あ, 僕は, 僕らに, 元気で, 充分いかさま師です, 入口の, 全身で, 六十五銭より, 出どころが, 出来そう, 別れるじゃ, 利口な, 勉強が, 十五カペイキか, 印象的に, 同じ大きな声, 向って, 君から, 君は, 味方の, 喜んで, 多いん, 夜なかに, 女な, 存在を, 家で, 寝場所, 小ツル, 少しは, 居ると, 己は, 平気だった, 後の, 復活祭の, 心配よ, 忘れたこと, 思い出さないで, 憎たらしい婆, 手数が, 手紙を, 捉まえられる, 描ける, 文学で, 明けまして, 明日は, 晩にさえ, 暇な, 替えられるからね, 最前列, 机の, 机ん, 東京へ, 案内も, 棚罫ノートは, 構や, 構わねえ, 此処を, 気の, 気持ちが, 気軽に, 汚いなりを, 江戸へ, 浮いて, 満員でない, 災難きりだ, 物好きな, 現実を, 生き物は, 白状する, 私たちの, 私は, 窮すれば, 立派な, 素寒貧な, 素面で, 縄を, 考えて, 行くが, 行けるん, 行列が, 見せて, 親分に, 警察に, 警察へ, 貧乏です, 起りうること, 車に, 軽く云う, 轢かれるほう, 返せるの, 逃げられるよ, 逢いたいとき, 酒の, 金に, 金儲けを, 鉄騎士よ, 間に合うの, 陽気な, 雁来紅は, 青空から, 願い下げに, 飲むがね, 騒動おっぱじめる, 高みから, 黙って

▼ いつ迄も~ (188, 0.6%)

20 いつ迄も 2 きら, こうし, しんかんとして, 一緒に, 泣く, 私の

1 [156件] ああやっ, あっては, あとを, あなたの, おちつかずその, おぼえて, お互いに, お話が, ぐずぐずかかっ, こ, こっそりと, そうしたまんま, そうして強者顔, そう云う, そこら中の, その前, その子, その手, その有り難い, その貸家札, それが, つづいた, ながく立つ, ひら, ひらひらと, ぶつぶつ云っ, ジーッと, タンクを, ツベコベ吐かすなら, マゴマゴし, 七月二十七八日の, 上げなかった, 上げなかったきょう, 世の, 交際し, 人から, 休ませる訳, 働き度, 其子の, 其處い, 凝と, 出血が, 別れずに, 動かず見えて, 動かない, 動こうとは, 印象され, 収容所に, 同じところ, 呟いて, 啜り泣いて, 喝采が, 噛り付き, 坐り込んで, 夜更けの, 夫を, 子供と, 宿屋の, 寒そう, 寝付かなかった, 小屋者で, 少女の, 居さして, 工合わるく, 席を, 延ばす様, 引け目を, 彼らは, 彼を, 往来に, 御家の, 忘れずに, 忘れないだろう師匠国芳, 忘れは, 忘れられないであろう, 忘れられない事, 恢復出来ない, 悲しみ嘆き泣きじゃくり合っては, 折れた刃, 日本の, 暑いの, 暗黒状態に, 暮れないん, 植込の, 橋の, 止まらなかった, 止めなかった, 此方を, 死ぬるまで, 死共に, 死骸を, 残るもの, 母の, 母を, 気に, 永く伝えられる, 泣いて, 泣きつ, 浮かんで, 無言で, 無言の, 熱狂的な, 片目に, 片目の, 物音も, 狩を, 独りで, 疼痛が, 盃を, 真弓を, 眠れないと, 眺めて, 眼を, 眼底を, 眼覚め, 知らぬ顔を, 私と, 秘蔵の, 笑いだした, 笑いやまないの, 細い路次, 続いて, 続かなかった, 縋って, 繰り返した, 繰り返して, 續き, 續く, 美しい新, 老耄れない, 考えた, 考へて, 耳に, 聞こえて, 色気を, 若くては, 苦しんでるの, 草の, 蒼い顔, 蝦夷だ, 見つめて, 視詰めて, 親子の, 記念を, 話し込んだり, 調法する, 釣って, 闇の, 附けて, 青年氣取りで, 非文化的, 響き渡つて, 頭に, 騷亂が, 黙って, 黙りこくつた儘

▼ いつだった~ (151, 0.5%)

103 か先生, か父, か私 2 かこの, かそう, かその, かそんな, か伸子, か兄さん, か千々村, か寿衛子, か彼

1 [114件] かあたい, かあなた, かある, かいい, かいっしょ, かいったろう, かうかと, かおかあさん, かおじいさん, かおとうさん, かかず子, かかの, かこわい, かこんな, かこんな同じ, かさ, かしら, かしらあたし, かな, かにある, かに素子, かね, かねえお伝, かのよう, かの大嵐, かひろ子, かふい, かふたり, かも主人, かろん, かわたくし, かわたし, かカジノ, かケンブリッジ, かコレージュ・ド・フランス, かスリコギ, かデパート, かニース, かヒマラヤ山脈, かフロムゴリド教授, かブルジョア, かポケット, かルシタニヤ号, か一所懸命枕, か五, か俺, か偶然峯子, か元, か先斗町, か兎, か出入, か千々子さま, か印刷工, か叢書, か古い, か君, か夜一寸, か大隈伯, か奥さん, か子供, か密書, か彼女, か御, か徳さん, か忘れた, か感心, か或, か掃除, か支那, か政宗, か新潮社, か春雄, か昼, か本格的, か村松梢風氏, か正司君, か此家, か歯, か水芭蕉, か泌尿病院, か海岸公園, か渡辺崋山, か照子, か父母, か現代作家, か生れ, か病気, か盛り場, か目黒, か矢, か知らねえ, か素子, か結城哀草果氏, か考え, か自分, か西, か貴女, か足柄, か近所, か近頃, か通りがかり, か遠い, か部屋いっぱい鳥だらけ, か銀, か長唄, か陸軍飛行機, か雨上り, か食事, か鷲尾, か黒川, っけ何でも, ね, の, のでしょう

▼ いつ~ (138, 0.5%)

8 ても同じ 4 ても, てもこの, ても美しい 3 てもお, ても変らぬ, ても年, ても若い 2 てもいい, てもすばらしい, てもその, ても変わらない, ても平和, ても悪く, ても楽し, ても薄暗い

1 [90件] あらは, てもあの, てもいかにも, てもいったい, てもうまい, てもええ, てもかたわら, てもきちんと, てもきびきび, てもきれい, てもさも, てもしみじみ, てもそう, てもそれだけ, てもちいせえ, てもつまんな, てもよい, てもわからず屋, てもコック場, てもコドモさん, てもズボン, ても一つところ, ても上機嫌, ても乳房, ても何と, ても初物, ても十六七, ても厭かぬ, ても古い, ても土, ても多少, ても大, ても好, ても好い, ても客, ても寢そべつ, ても小犬, ても少し, ても彼ら, ても必ず, ても快い, ても悪, ても悪い, ても戦国, ても整然と, ても斬れ, ても新開地, ても明るく, ても春風駘蕩, ても晴れた, ても暗澹, ても気持, ても気持ち, ても水, ても水の上, ても汚い, ても沈ん, ても油, ても活活, ても煮え切らない, ても燦, ても爽快, ても片足, ても物思い, ても皮砥, ても真直, ても眺望, ても眼, ても破れ, ても神主, ても私たち, ても納屋, ても絶望, ても腐れ切った, ても舞台, ても良い, ても艶, ても草鞋, ても蒼, ても蘭, ても見とれる, ても見厭きません, ても親切, ても貧相, ても軍艦, ても青い, ても面白い, ても頭, ても飽かぬ, ても麗しい

▼ いつとも~ (122, 0.4%)

16 なしに 5 なく誰 2 おっしゃいませんでした, なくこの, なくその, なく忘れ, なく私

1 [91件] あての, いわれないが, うつとも, しらず全く, しらず睡りこけて, しらず虚脱, しらぬ今日, しれずこの, しれず大, しれず庇, なく, なくずんと, なくたつ, なくたまっ, なくふかいね, なくまた, なくウトウト, なく世田ヶ谷, なく低い処, なく其, なく別れた, なく古式, なく呼, なく夕闇, なく天魔太郎, なく奇, なく形, なく心置き, なく快方, なく感じとって, なく木食仙人, なく栄二, なく極めて, なく毒, なく水, なく沈み, なく沙汰止み, なく洋行, なく海, なく消え, なく涼しくな, なく湧いた, なく疎遠, なく相当, なく相手, なく相槌, なく知った, なく禰宜様宮田, なく緑紅, なく緩められ, なく胸中, なく臆病, なく自分, なく菊亭右大臣家, なく薄, なく見馴れぬ, なく解い, なく話, なく遠ざかつて, なく避妊具, なく黒川, なく黙祷, なしネジ, なし足袋, はかり知れません, わからん, 分かぬ雪, 分らないと, 時候の, 書いてないがね, 果てしが, 測り難い, 知らずに, 知らず乗せられて, 知らず庄三郎, 知らず相手, 知らず睡りこんで, 知らに, 知れずこんな, 知れず不意, 知れず人情, 知れず親族達, 知れないから, 知れないその, 知れない命数, 知れない時, 知れぬある, 知れぬと, 知れぬ再会, 知れぬ危険, 知れぬ次

▼ いつ~ (116, 0.4%)

432 え, かあの, かも伜, か見た, つたかも, つて同じ, と甲斐, ッた

1 [93件] あて, いつだ, かいい, かおっしゃった, かお書きに, かこういう, かこわい, かこんな, かその, かはつ, かは分からない, かもすっかり, かもそんな, かも脅迫状, かわからない, かわからなくなっちゃった, かクレエル, かロシヤ人, か五助ちゃん, か佐々刑事あて, か僕, か僕等, か六十銭, か分からない, か分る, か博士, か君, か川北先生, か忘れ, か教わった, か新聞, か昼飯, か木見さん, か歌舞伎座, か消え, か深く, か知らぬ, か私, か老人, か藤村, か解らない, か言っ, か銀座, か雑誌, か鬼河原さん, か黙っ, が持っ, それは, っけかしらそう, っけな, っけね, っけ参観, つて, つてあの, つてあらう, つておなじな, つてかう, つてこの, つてたいてい, つてちやんと, つては, つてよく, つてカイユース, つて二升の, つて今月こそ, つて十二時前にや, つて外方むい, つて大将が, つて大手ふつて, つて寒が, つて平, つて日蔭の, つて暑い, つて死ねる, つて泥だらけの, つて笑つたことの, つて紙は, つて素直に, つて言つてる, つて貰つて来れる, つて金らしい, つて飲める, と, というの, とその後, とて借用, とて良き, とて魅力, と叫んだ, と言った, と訊いたら, な, 先方へ

▼ いつまた~ (115, 0.4%)

5 お目 3 人を 2 それが, 人間に, 来るの

1 [101件] あうこと, あはれる, あれが, いかなる変, いっしょに, おじいさんと, お会いできます, お会い出来る, お煩い, お眼, お見え, お逢いする, この前, この灯, こられるだろうかと, それに, そんな人, そんな哲学, だれによって, どこから, どこへ, どんな境遇, どんな弾み, みんなが, みんなに, めぐり会われるかも, わしらは, わたしが, ドイツ機の, フランスへ, ルパンを, 一号艇の, 世に, 乗れるという, 乞食に, 二人は, 五重塔の, 他の, 会う日, 会えるか, 会えるでしょうかしら, 会えるの, 伴れ, 何を, 共に味, 再来する, 冷いものが, 出かけて, 出て, 出来心が, 出逢うもの, 前の, 危険に, 合戦が, 吉川勢が, 呼ぶかも, 呼ぶこと, 坊ちゃんの, 坊に, 変わるかも, 天に, 女中が, 始めるかも, 張飛が, 彼の, 彼女を, 忽然と物騒, 思いも, 意外な, 昂奮し, 暴れだして, 暴れ出さないとも, 月蝕の, 来られるか, 来られる旅, 来れるか, 東京へ, 歌が, 気が, 活動を, 特急原爆の, 知事が, 祖父江出羽守に, 私たちは, 絡みついて, 絵筆を, 行けるか, 襲来する, 誰が, 諸君と, 逢うか, 逢えるかも, 逢へる, 逢る, 逢われるだろうネー, 連れに, 遇うやら, 離ればなれに, 頭の, 飽きが, 黒い壁

▼ いつどんな~ (109, 0.4%)

12 ことが 11 事が 6 ことで 4 ことに, 目に, 風に 3 変化が 2 ことを, ときにも, ものが, 場合にも, 時に, 物を, 病気に

1 [51件] お咎め, お客が, ところから, ところででも, はずみで, ばあい, へまを, キッカケで, 不心得を, 事で, 事に, 事情で, 人間に, 助けに, 勘違いを, 危険が, 向こう見ずな, 嘘を, 噂を, 場合でも, 場所で, 変が, 変動が, 夕立が, 女を, 御用の, 怪我を, 悲しいこと, 所からでも, 所にでも, 手段で, 時でも, 時代に, 時代にも, 時首が, 本で, 梟雄が, 注文が, 災難を, 用事が, 病に, 症状が, 祟り, 者に, 聲を, 船が, 苦い経験, 触込みで, 逆変, 隙に, 騷動が

▼ いつ~ (102, 0.3%)

6 死んで 2 今斯, 思ひきつて東京, 歩いて, 殺して, 腐つてどろどろ

1 [86件] あそびとおもつてしまへば, あたくし, あの女, あの日, あの時, あの障子, あんな奴, おた, かうい, このま, このままハノイ, このまま帰つてしま, この十日前後, この田圃道, この職業, これから銚子, こんな佗, さつ, せつない, そのお, そのま, そのやう, その無言, その電話通り, それではお, そんな時, と彼女はさ, どうだい, なたを, はかなく情, ばたばたと, また堪へ, また官吏, また輕井澤, もつと, もの日, わかればなし, 下りて, 今帰つて, 再び僧籍, 出して, 分らない方, 反つて無器用, 古ければ, 可笑しくも, 墜ちて, 大きなところ, 大聲, 威張つてるん, 寝るの, 引つこぬいて, 思ひきつ, 思ひきりデカダン, 思ひ切つて, 思ひ切つて伴, 情なく浅間, 打明け話さうか, 描かない事, 放りつぱなしにしてゐる, 早い時機, 早く行つて了, 更に小, 書くならばと, 最少し, 未だ照子, 本当に会はず, 止して, 止めて, 死んだらずゐぶんせいせい, 死んだ方, 死んでしまつたなら, 泣き出した方, 深くと, 潔く死んだ, 濁つて, 無くな, 焼けて, 絞め殺させて, 自烈, 諦めて, 超然と相手, 遣らうと, 離れるなら少なくも, 難有, 飛び込め, 食べてる

▼ いつ~ (100, 0.3%)

22 よにな 9 よになつ 7 よに 6 よくた 3 よに街 2 よにそこ, よにその, よにやつ, よに伴, よに喰, よに行

1 [41件] いづれの, ていました, やうあかるく, ゆ, よだつたん, よだつたエルズワースはじめ, よだつたルリ, よだつた八田義之, よにあの, よにこの, よにそれ, よにそんな, よにま, よにまた, よにみんな, よに來, よに便所, よに句作, よに土肌, よに帰庵, よに広, よに待宵, よに後, よに戻つ, よに房一, よに散, よに散歩, よに欠伸, よに深い, よに燒, よに病院, よに笑, よに苦し, よに買つて房州, よに近郊散策, よに遊び, よに長い, よに露, よに飲もう, よに馬鹿, よに鵠沼

▼ いつその~ (82, 0.3%)

3 ような 2 ことそうつと, ことそんな, 事に

1 [73件] こと, ことあの, ことあや子を, ことあんな, ことすて, ことその, ことそンな, ことみんなの, こともう, こともつ, ことわたしの, こと厭な, こと女房も, こと年末の, こと彼の, こと思ひ切つ, こと早く, こと是は, こと此處に, こと此處へ, こと活動の, こと澄江が, こと自分で, こと路傍の, こと郷里へ, こと鳥羽に, ときが, スペースが, 事この, 事さつ, 事博士に, 事崖へ, 事此家に, 事賀蘭山の, 器械を, 地に, 大事を, 失業群につき, 女に, 姿が, 娘を, 実を, 家は, 島へ, 底に, 心を, 戸口を, 手腕の, 日が, 根本的手術を, 構えは, 機会を, 櫛が, 気に, 牢屋から, 猫に, 瞬間が, 秘密が, 籔睨の, 約束した, 缶の, 脱衣場へ, 腐れ奮鬪, 腐れ縮緬着物で, 腐れ逃げやう, 逆の, 道具立ては, 遠いところ, 長いの, 限界に, 颱風路を, 髪を, 鼓を

▼ いつ~ (82, 0.3%)

10 たっても 8 たつても 5 経つても 4 待つても, 経っても 3 でも 2 待っても, 立っても, 經つても, 荒物屋渡世を

1 [40件] あいまいに, お酒盛り, くさ, こうし, このよう, この儘, こんなな, その子供, たつたつて, ついて, まって, 云うて, 入院し, 噺ひとつ稽古しない, 帰ろうとは, 廊下に, 待つて, 悠長な, 斯うし, 暗闇の, 未練げに, 此処に, 漬かっても, 玄庵の, 王朝の, 眺めて, 眺めても, 立って, 立つても, 經つたとて, 続くか, 続くこと, 続くだらうな, 続くもの, 縛って, 續きます, 續くんだ, 逢は, 顔を, 馬鹿に

▼ いつそう~ (81, 0.3%)

3 なるか 2 ひどかつ

1 [76件] あはれで, くつろいだ樣子, くろいし, この連作, さうなつた, さやかな, されるか, しつとり, たまつてゐた, つまらないであろう, なったでしょうか, なったとも, の生々し, びんば, むごく残され, むづかしいことでした, 不具に, 不憫でござる, 俳優の, 傷けられた, 傷つけられた, 勉強し, 厳しく留守, 受賞者の, 合理的だ, 堪ま, 多くの, 大きくなつた, 奇麗でござんする, 寒さ, 強く刻まれ, 強く夜歩行, 彼の, 恥かしくかなしい, 悲しくさせる, 我が身の上, 戻るか, 敗戦の, 散りぎはがいい, 暗いみじめ, 暮しにくく, 書きにくい, 有力な, 正確である, 浮かぬ気持, 浮かぬ氣持, 消えて, 深くなり, 深くなる, 激しくなつた, 激しくなり, 熱心に, 白い影, 白白しい心地, 皇子さまを, 目立たせて, 目立つて, 私を, 簡潔に, 美津江は, 腹が, 苦しいの, 評判が, 詞を, 賑かな, 跳つた, 身軽に, 遊びに, 重大化された, 陰惨な, 隔ての, 静かな, 靜かにな, 頼りなく, 魅惑的に, 鮮やかに

▼ いつだつた~ (81, 0.3%)

4 かアメリカ, か私 2 か, かある

1 [69件] かお腹, かこの, かこんな, かしらあたし, かしら春, かな, かなあ吉寅, かね周子さん, かのやう, かの九州行き, かの所, かの歌うた, かの淡窓, かの雨声会, かはまた, かまだ, か一度, か中島博士, か主人佐渡守, か五六度, か京都, か今, か僕, か六本木, か利休, か博士, か同国, か君, か四五人, か大いに, か大阪, か大阪教会, か女史, か女成金, か小説家, か忘れた, か態と, か或, か新潮社, か新聞, か日暮, か有島武郎氏, か横山大観, か氏, か法廷, か洒落者, か演説, か理由, か相国寺, か相馬氏, か福田博士, か福田徳三博士, か秋月, か米国, か紐育, か結城哀草果氏, か自分, か自国, か英国通, か茶話, か莫斯科, か蒙, か謙道師, か變態心理, か谷丹三, か越路, か近松秋江氏, か野口, か陽春

▼ いつてる~ (79, 0.3%)

7 んだ 63 のを, よ, んです 2 ことが, ぜ三十日, ぢや, のか, のさ, のです, のよ, やうに, んだい

1 [39件] うしろ, からおら, から用心, が, がね, けどさ, ことお前知らない, ことは, し弁当, だけだ, だけで, だけな, ところを, とほり, と町, のあたし, のと, のは, ものと, よりも水, よ大事, わ, んだらう, んぢや, ツ昨日も, 下男が, 位な, 場合でも, 奴は, 姉様が, 意味での, 所が, 方です, 浴室に, 癖に, 通り唯に, 野猪も, 隙が, 顔してる

▼ いつにも~ (79, 0.3%)

7 増して 2 そんなこと, ないこと, なく, なく際限

1 [64件] あたしァ, こんなこと, そんな姿制, そんな晴れやか, ないそっと, ないほど, ない冷めたい, ない家兄, ない平次, ない怖い顏, ない訴える, ない鋭い顔, なくあばた, なくあわてた, なくいろめきた, なくこう, なく右門, なく大, なく平次, なく彼, なく御用名, なく無口, なく疲れ, なく突きつめた, なく立ち上がり自分, なく羅門, なく羽織, なく腕, なく足早, なく遲, なんにも毎晩, ぬけよう, ぶくりん, ましてクリストフ, まして主, まして強く, まして版圖, まして現に今, 三多摩からは, 似げ, 似ずおせん, 似ずワナワナ, 似ず早く, 似ず父, 似ず雄弁, 似ない戦略ぶり, 何んな, 俺は, 口に, 変らぬその, 彼は, 斯んな, 明るみに, 機嫌の, 気を, 父親の, 爽やかな, 用が, 穿いたこと, 衰へを, 覚えたこと, 覚えの, 高座の, 鶏肉を

▼ いつからとも~ (75, 0.3%)

3 なく 2 なくどこ, なくみんな, なく私

1 [66件] ない仕来り, なくあの, なくおじさん, なくきらわれ, なくけ, なくここ, なくこの, なくさ, なくそこ, なくそれ, なくにぎやか, なくひまわり, なくほか, なくませた, なくカナリヤ, なく一つ, なく一度, なく三方子川, なく不思議, なく乞食, なく二十人, なく亡くなられました, なく他人, なく向う, なく命, なく奇妙, なく家, なく屋根裏, なく強盗, なく彼女, なく懷疑, なく晩, なく松原, なく枯れそめし, なく柏屋, なく棄てられた, なく民間, なく気, なく気がついた, なく江戸, なく決まって, なく津々浦々, なく消えうせ, なく物思い, なく相場, なく磯五, なく空, なく絹, なく繁くなった, なく背中, なく自分勝手, なく衣かけ, なく表紙, なく近眼, なく遁世, なく鉄心道人, なく鐘, なく離ればなれ, なく音信不通, なく鼠, なしに, のうダラダラ, わかりませんが, 無くつまらなくイヤ, 知らず耳遠く, 知れず謡い伝えられたこの

▼ いつぺん~ (69, 0.2%)

3 に言 2 に何もかも判, に増水, に散り, に顕, 読んで

1 [56件] いつたこと, だけで, だけ踊, にいきか, にここ, になく, にもちあが, にブチ, に一つ, に何もかも, に信じられなく, に入, に判る, に判るだらう, に吐き捨てる, に咲い, に塞がつ, に幕, に思い出した, に悲しく, に戻, に散, に消え, に涙, に爆發, に真青, に膀胱, に自分, に血, に解放, に言つたの, に訪れ, に變, に跳ね返す, に軽く, に釜, に音, に飛躍, に駈け上り, に鬱, の, の御, の愛情, の感情, の挨拶, の気軽, はこんな, は母, もういつぺん, もかかさず, も死ん, も聞い, 叱られたこと, 吐き出して, 来て, 見た事

▼ いつたり~ (63, 0.2%)

12 して 7 きたり 3 した, 夢を 2 来たり

1 [36件] いじけ込んだり, いたしました, いろいろである, おほ, がら, こちらへ, さう, しそう, しないでも, する, するの, するので, するもの, する人, どなりちらし, サンタ・クララ渓谷で, 冬の, 冬は, 出たり, 助七は, 又能, 君と, 念仏をとなへたり, 息の, 時には何, 時時左, 暑中見舞を, 書いたり, 疊を, 私の, 自分の, 話したり, 読みたて, 軍醫長の, 辻で, 進行中の

▼ いつ~ (61, 0.2%)

2 がした, がどう, がどこ, がどんな, が持っ, が測量, が訪ね

1 [47件] かに殺される, かもわからず, からだろう, からもらつた, から訊いた, がある, がいひ出した, がき, がしめた, がする, がとくであろう, がとなえだした, がどうして, がなった, がやった, がわたし, が上げた, が出, が埋めた, が始, が懐中, が戻っ, が払う, が拾い, が提出, が来, が来る, が殺した, が私, が考案, が貼っ, が踏み, とくっつい, と消え失せる, にどこ, にねらわれる, に何処, に出逢う, に危害, に見付けられ, に陰謀, の仕業, の口, の場合, の手, の眼, の種

▼ いつ死ん~ (58, 0.2%)

21 でもいい 16 でもよい 4 でも悔いない 3 でも惜しく 2 でもそれ, でもよかっ, でも悔い 1 でもい, でもえ, でもええ, でもかまわない, でも同じ, でも家, でも惜しから, でも憾み

▼ いついかなる~ (57, 0.2%)

4 場合でも, 場合にも, 時代でも 2 場合に, 場合も, 場所で, 時でも, 時にも

1 [35件] ときであろう, 世界においても, 事が, 事で, 人をも, 傷害を, 処でも, 問題が, 土地なりと, 場合とまでは, 場合なりとも, 場合にでも, 場所に, 場所にでも, 場所へ, 変で, 形で, 思いも, 戦場でも, 所に, 手を, 手順で, 時の, 時代が, 時代と, 時代に, 時驟雨沛然として, 機会から, 状態に, 社会にも, 社会の, 程度の, 者から, 謀計を, 運命に

▼ いつさい~ (52, 0.2%)

7 がつ 6 のもの 32 の點, を盡

1 [32件] しないこと, しないで, だと, に叛, に哀しみ, に峯, に蔵せり, の付属品, の信仰, の御, の批判, の機能, の生成, の縁, の職務, の行きがかり, の陰謀, は祕密, は萌え, より靈智, を含め, を支配, を越え, 任して, 奪われました, 好いの, 御眼中, 無く, 知らないから, 絶ちきりたいの, 避けなければ, 飲み食

▼ いつ何時~ (51, 0.2%)

2 でも自分, 死ぬかも

1 [47件] あらわれて, いかなる事変, お嫁, からという約束, くつがえって, この車, これこれこういう, たおれるかも, たりとも, だつて, でも, でもすぐ, でも世間, でも入院, でも奥様, でも応戦, でも応援, でも手, でも時間, でも暇, でも朝廷方, でも湖, でも煙, でも用意, でも神, でも老人, でも裁判所, でも身, でも辛い, でも通れる, でも鞘走る, とお触れ, どういうこと, どういう御用, どうなる, どんなところ, どんな事, どんな変, どんな窓, どんな誘惑, まいるかと, また神妙, 大地震, 如何なる災難, 御世話, 描く気, 来るかも

▼ いつ来た~ (50, 0.2%)

126 んだ 4 のか 3 ものか 2 のさ, んだい

1 [21件] お手紙, か, か一箇, か今, か小, か賭場, っていや, ってもう, って同じ, のお前, のここ, のその, のだらう, のだろう, のでしょう, のです, の僕, ものとも, んじゃ, んです, ンです

▼ いつ~ (47, 0.2%)

11 て見 6 てみ 2 て, てくれる, てもこの, ても同じ

1 [22件] たん, ていい, ていた, ていつ, ていつ帰った, ておった, てくださる, てそこ, てもいい, てもかかし, ても三日, ても僕, ても大丈夫, ても息子, ても昼寝, ても時男さん, ても来, ても絵, ても訊く, て下さいます, て下さる, なますえ

▼ いつ~ (45, 0.2%)

15 あつた 2 せう, もさうだ

1 [26件] あらう, かけるの, かけるん, ござります, せういつ, もうしろ, もえい, もぐでん, もぐる, もごん平, もさういふ話, もさうお, もさうする通り, もさうだが, もさうでなければ, もさうよ, もさう思つて, もさも, もしゃばへ, もしゅっこしゅっこといふ, もすぐいくというふうにはきめられていないのです, もちが, もちやんと, やる, 俺は, 終わりますかを

▼ いつ帰る~ (45, 0.2%)

43 のだ 2 かわからない, か分らない, か分らねえ, とお, ともなく

1 [28件] か, かということ, かと問, かね, かまるで, か分りません, か判らねえ, か判りません, か帰る, か知れない, か解らない, ことに, ぞと問いました, というわけ, ともいや, とも云い置い, とも定め, とも書い, とも解らない, とも言っ, のか, のかしら, のかね, のじゃ, のやら, のよ, やら分らん, んだい

▼ いつ来る~ (45, 0.2%)

4 か, かわからない 3 か分らない 2 かもわからない, であらう, んだい

1 [28件] かあやふや, かいっそ, かいつ, かという問合わせ, かときかれ, かとそれ, かと兢々, かと思つて, かと気, かね, かも知れない, か全く, か判り, か解らない, ことが, っていうん, とおっしゃる, ともなく, なお前, ね, の, のか, のかと, のだ, んじゃろ, んだ, 姉ちゃん, 時も

▼ いつ~ (42, 0.1%)

2 いい, いいかな, 来ても

1 [36件] いいか, いいかと, いいだろう, いいでしょう, いいと, いいん, いちばんひくい, いちばん高い, いつでも, いつまで, ええの, およろしい, きたならこの, な充分, よいか, よくて, 一番すきか, 一番より, 五むが六の, 何時再発する, 修業の, 初對面, 効果の, 吉日か, 大好きだ, 宜しゅうございます, 寅毘沙だ, 最後とは, 来たら日の目, 果しとも, 真面目な, 縁日だ, 良いかと, 起りという, 送ったん, 都合が

▼ いつこの~ (42, 0.1%)

4 村へ 2 ような

1 [36件] おばば, お城, ところへ, カフェー, 三助私の, 兄や, 光る大事, 写真を, 卜斎が, 土の, 土地へ, 地へは, 地を, 大坂城, 大阪へ, 家へ, 島へ, 川辺の, 悩みから, 木の, 東海の, 林の, 棒が, 次にお, 武州へ, 水門尻の, 生活が, 町が, 私が, 缶詰を, 西にまで, 道を, 部屋へ, 鐘太鼓が, 間者牢へ, 飛騨の

▼ いつはり~ (41, 0.1%)

2 のたくみ, のない

1 [37件] がある, がこの世, でかためた, と此の世, ない苦惱, なき世, なき御, なき表情, なくやみ, なく傳, なく立, なく紙上, に, には有らで, の, のごとく, のため, のねえ, のぶどう酒, のよそ, の初夏, の姉, の戀, の歌, の涙, の濁る, の第, の電話, はお前さま, はない, を, をなし, を言, 来て, 薄き寂寥, 記すこと能はず, 誤魔化すこと

▼ いつ死ぬ~ (41, 0.1%)

4 かもしれない, かわからない, か分らない 3 かわからん, かわかりません, か分らぬ 2 か判らぬ, か解らない

1 [16件] かとばかり思っ, かもしれなかった, かもしれぬ, かもしれません, かもわからない, かも分らない, かも知れない, かわからぬ, か分からない, か分らねえ, か分らん, か知れない, か知れぬ, と云, やら, やら計られず

▼ いつであった~ (40, 0.1%)

2 か, かその, か月

1 [34件] かそうそう, かそんな, かな, かなにがし, かひさし, かよく, かセルバンテス, かパリ, か一度, か主膳, か久しぶり, か先生, か初夏, か四月, か国鉄, か土橋, か大坂表, か少年, か探検隊, か数年前, か新聞, か明, か歌舞伎座, か源吉, か父, か現実, か琉球人, か町, か街燈, か買物, か辰吉, か銀座資生堂楼上, か電信柱, ということ

▼ いつては~ (35, 0.1%)

2 ならない此お方

1 [33件] いかん, これ一枚きりない, そこで, ならないこの, ならないよ, なりませんよ, よく揶揄, ゐられない, ゐられないの, 一つも, 不可ぬ, 二言三言彼等に, 何一つ出, 先づ校正書位の, 各々の, 大きい掌ぐらゐのものであらうか, 少しばかりの, 居られまいといふ, 座を, 引き留めたがるが, 彼に, 拜殿の, 横に, 氏の, 気の毒だ, 泣いてるん, 申譯が, 笑ひ, 興味が, 言葉が, 話に, 陰で, 雉子などを

▼ いつどうして~ (35, 0.1%)

2 どこに

1 [33件] あすこへ, きまったとも, このか, この間に, こんないた, こんなもの, できたもの, どこへ, どんなところ, なしとげられるでしょうね, スリ替える, 人生が, 其馬車に, 判るん, 宿の, 帰ったか, 戻つたかは, 斬ったの, 木曾を, 来たの, 死んだの, 死んで, 殺されたか, 殺されたの, 気がついたの, 聞き出したかさえ, 自分の, 葉之, 薬を, 誰が, 都へ, 開いたか, 鯰に

▼ いつそんな~ (34, 0.1%)

6 ことを 5 ものを 2 ところに

1 [21件] いたずらを, からだに, ぐあいにその, ことが, ことに, こと云いました, ふうに, 事を, 人が, 人殺しの, 刺青を, 口を, 同意を, 嘘を, 孫が, 様を, 殺されるよう, 目に, 社会に, 約束した, 考えが

▼ いつまでか~ (33, 0.1%)

2 かくて, かくてあら, 一少女の, 全く迷, 長き日あし, 飛びて

1 [21件] かくも, またと, ような, われの, 判らぬ沈黙, 忘るべき, 抱れ, 斯くて, 日は, 栗の, 殘らむ, 浜に, 生の, 立ち尽して, 紅きこの, 續かむ, 能く, 西行芭蕉の, 貧しき我, 面輝く, 骨に

▼ いつたつ~ (32, 0.1%)

2 けな

1 [30件] てあの, てあれ, ていつか, てお母さま, てお母さん, てすこし, てたんと, てちよい, てともお, てどう, てどれ, てどんな, てほんとに, てもう, てれ, てろくな, てキエ, てシェークスピア, て上方, て今時, て別に, て動物, て十錢位, て君, て広告, て普通, て漱石, て頭, て頭の, のだ

▼ いつ~ (32, 0.1%)

4 てるとも 3 いって, りて

1 [22件] あれものうき, いったの, いったんだい, いるといふ, いれるか, ずれるか, つべしとも, つるなし, てると, どこに, どこにと, やぶるでまた, りか, りぞ, りと, りとは, 二子を, 土産だ, 後世み, 眉唾ものだ, 立ち退いて, 驚いたな

▼ いつ~ (31, 0.1%)

2 をく

1 [29件] が, があなた, がこの世, がハンカチ, が不義, が嘘, が威張, が嫉妬, が手, が椅子, が泣き, が淫売, が管, が薄情, が行っ, が足利党, が金さん, にやってきた, にやつ, に指環, に来, の事, の様, の身, はあの, はおまえ, はその, は再び, を斬ろう

▼ いつ帰っ~ (29, 0.1%)

7 て来た, て来る 6 てくる 2 てきた 1 てい, ていつ出, ておいでた, てもお嬢さん, ても上がりし, ても賑やか, て来ます

▼ いつ~ (28, 0.1%)

3 が起る 2 をやりだす, を話し

1 [21件] うして, うなるか, が出, どきいかなる, どきでも, どきどんな, どき襲って, どき見る目, どき魚, によってドコ, の役に立つ, の御, の時, をしでかす, をどう, をやり出す, を感, を申し触らさぬ, を見る, を言い出す, んどき

▼ いつにても~ (27, 0.1%)

2 一命を

1 [25件] あれ将門討伐, お目にかかります, お越しくださいませ, ご相談相手, さし上可, すぐ參上, 予が, 会おうと, 剃刀が, 助勢を, 可能, 幕府の, 廃学の, 役人より, 御知らせ下, 御郵送申上, 思ひの, 新九郎殿が, 独立し, 自説を, 藤吉郎が, 調練の, 身を, 電報を, 首を

▼ いつ行っ~ (27, 0.1%)

8 て見 3 てみ 2 てくれる

1 [14件] てものぞく, てもまるで, ても二, ても古い, ても大抵留守, ても大概, ても天井, ても失望, ても宿, ても寄港中, ても屋根裏, ても文女, ても絵, て見ます

▼ いつ~ (26, 0.1%)

11 んどき 43 んです 1 のその, のそれ, のついた, んどきやっ, んどき帰る, んどき晴れる, んどき来, んどき飛び込ん

▼ いつどう~ (25, 0.1%)

8 なるか 4 変るか

1 [13件] いふ形, かわるか, したか, したの, した便宜, した機会, なっても, なるかも, やって, 作ろうと, 変るかも, 変るやら, 納まるかも

▼ いつなり~ (24, 0.1%)

32 とお

1 [19件] けむ, けむ母上, とござれ, とそれ, とどうぞ, ともおいでなされ, ともお世話, とも半兵衛推参, とも望み, とも用立て致す, と受取り, と地, と差し出す, と御, と慌てぬ, と旗, と犬馬, と訪ね, 改めておいで

▼ いつせい~ (23, 0.1%)

2 に田植, に窓

1 [19件] にあげ, にお, にそつ, に並んだ, に動きだし, に吹き出した, に家の子郎黨, に引き揚げ, に棄権, に浴びせかけ, に煙り, に生き返つた, に私, に笑いこけ, に芽吹かう, に解きほぐす, に認め, に身装, に釣り手

▼ いつ果てる~ (23, 0.1%)

6 とも見えない 3 ともなく 2 ともみえない, とも知れなかった, とも知れぬ 1 か知れない, ことか, ともしれぬ, ともつかなかつた, ともみえなかった, とも分らぬ, とも知れない, とも見えなかった

▼ いつからか~ (22, 0.1%)

1 [22件] いちど水無瀬の, ぼんやり望ん, らんが, 一本の, 一般人の, 住み馴染んで, 合議し, 持って, 文学者とは, 母が, 病死者の, 癖に, 知って, 確信する, 置いて, 自分には, 萌して, 蓬莱和子は, 言おうと, 貴郎, 郊外へ, 館に

▼ いつからと~ (22, 0.1%)

2 なく私, 云ふ

1 [18件] いふこと, なくうっすら, なくそういう, なくその, なくついた, なくはっきり, なく一条草, なく妙, なく尻からげ, なく我々, なく描き, なく早く寝, なく石, なく米, なく自分, なく裏, なく野鼠, 云う事

▼ いつまででも~ (22, 0.1%)

2 いい, おいで

1 [18件] いらっしゃい, くっついて, ここに, つないで, 彼等は, 待ちます, 待って, 御用立て, 持って, 来ると, 歩きつづけるの, 泣いて, 泳いで, 生きられるの, 立つこと, 遊んで, 飲んでるが, 黙って

▼ いつそこ~ (21, 0.1%)

4 のま 2 へ来た

1 [15件] から抜けでられる, に, に建てられた, のおばアさん, のまま, の儘, の川, の指, の指環, の森, へお越し, へやっ, へゆける, へ帰られた, へ来

▼ いつここ~ (20, 0.1%)

3 へ来た 2 へかえって, へ戻っ, へ来る

1 [11件] から出られる, で会おう, に来た, へいらした, へきたん, へくる, へ入っ, へ帰っ, まで来た, を出られる, を通る

▼ いつそれ~ (20, 0.1%)

1 [20件] が, がおしまい, ができた, が与えられる, が中止, が取りのけられた, が命取り, が襲つて, が見られる, が誰, が鞘走る, に這入つ, は金, も陥ちる, をきいた, をごらん, をする, を云っ, を拔, を見た

▼ いつぱし~ (20, 0.1%)

3 の芸術家 2 の茶の湯好き

1 [15件] のインテリゲンチヤ, の主婦, の優男, の劇作家, の努力, の口利, の専門家, の書家気取り, の画家, の藝人, の見解, の長い, 大きな顔, 生き生きと, 良い思案

▼ いつぴき~ (19, 0.1%)

1 [19件] くみあげた, となつ, となりおちつかない, とんで, にさ, のあ, の孕んだ, の烏賊, の猫, の痩せこけた, の蟻, の鳥, の黄色い, の黒く, ふりすて, ぶうんと, 居るの, 押しつぶされて, 浮いて

▼ いつてよ~ (17, 0.1%)

17 かつた

▼ いつちや~ (16, 0.1%)

2 困ります

1 [14件] あいけ, あいけない, あなりませんつ, あアノ笑顔, いけないつてお母様, いけないと, いけないよ, いけません, つたな, つたよ, つたら又, わるいが, 勿体ないけど, 悪いから

▼ いつぽん~ (16, 0.1%)

3 の道 2 めぐんで

1 [11件] ある中庭, かかつて, かたすみのみつまた, すぎは, ぬいて, の桜, の樹, の蝋燭, をのぼりつくだ, 動かさなかつた, 薙ぎ倒した

▼ いつ~ (16, 0.1%)

2 つたやろ, まるの

1 [12件] あんた家い来, あんなりに, お姉さんの, つて來る, の, 二人が, 光子さんが, 出血騒ぎの, 姉ちゃんに, 知らん間, 私が, 笠屋町で

▼ いつ~ (16, 0.1%)

3 て来た 2 て来

1 [11件] ていかれた, てきた, てくる, てみえる, て來, て参ります, て来る, て来れます, て行, て行きましたろう, て行った

▼ いつ東京~ (16, 0.1%)

2 から来た, へ帰る

1 [12件] からお出で, から帰った, にたつ, へいっ, へ出, へ出られる, へ着く, へ行かはるやろ, へ行かはるやろう, へ行きます, を, を引

▼ いつどの~ (15, 0.1%)

10 ような 2 ように 1 女と, 街角から, 辺から

▼ いつ何処~ (15, 0.1%)

1 [15件] からこの, から我が, から現れた, から誰, から這い上がる, だの, ででく, ででもする, でというよう, でとられた, で作られた, で弾かれる, で見た, に落した, へ行く

▼ いつ如何なる~ (15, 0.1%)

2 方法で, 時でも

1 [11件] ことが, 場合でも, 場合と, 場合にも, 変を, 所ででも, 断崖に, 日本の, 時にも, 機会に, 現世に

▼ いつ帰った~ (15, 0.1%)

52 ともなく, んだ, んだい 1 かということ, か姿, か戸締り, のか

▼ いつ~ (15, 0.1%)

11 つべしとも 3 つべくも 1 つとも

▼ いつころ~ (14, 0.0%)

1 [14件] お国, から, からかシナ思想, からか知らぬ, から初めた, だろうあんな, であったか, でしょうか, ですか, となく, のお, はじめてたい, 人知れずに, 行けばい

▼ いつ~ (14, 0.0%)

3 いその

1 [11件] いいは, いかけないよう, いすて, う, うはつきり意識, うみぢん, う小鳥, う心細, う苦痛, や, ツさアと

▼ いつさん~ (14, 0.0%)

2 に倒れ, に馳 1 にきみ, にころころころころころころ, にすべ, にその, ににげ, ににげだしました, に自分, に落ち, に重りあひ, に馬

▼ いつ~ (14, 0.0%)

1 [14件] 上京で, 主人を, 催しが, 出陣でございます, 卒業です, 城下に, 帰り, 帰館なされます, 恩返しが, 生れに, 立ちか, 粧した, 買いに, 都合いい

▼ いつこっち~ (13, 0.0%)

1 [13件] に害, に来た, の番, へい, へいらした, へおい, へお越し, へ上っ, へ帰った, へ来た, へ来ました, へ魚雷, を振り向く

▼ いつたい~ (13, 0.0%)

3 なん 1 がこの, が加茂家, にあの, にその, に夏場, に寂しい, に慢性病, に義士たち, に職業, を阿寒地帶

▼ いつ~ (13, 0.0%)

1 [13件] むかしの, 何度も, 唱いながら, 問わずセーラムその他我国, 娶り今, 後妻に, 日待の, 昔の, 期すべきと, 楽とも, 歌つた, 畢り, 限りとも

▼ いつ~ (13, 0.0%)

1 [13件] から火ぶた, がどこ, が上陸, が妨害, が飛びかかっ, とまみえ, になる, にブスッ, に包囲, に廻る, に逢える, の襲撃, の魚形潜航艇

▼ いつあの~ (12, 0.0%)

2 白痴が 1 あちらの, ような, 女たちが, 女は, 御書斎, 星が, 月見橋を, 生徒たちを, 老婆の, 部屋に

▼ いつにな~ (12, 0.0%)

11 つても 1 つてを

▼ いつやむ~ (12, 0.0%)

1 [12件] か見当, か解らない, ともしれない, ともなく, ともみえなかった, とも知れない, とも知れなかった, とも見えない, とも見えなかった, と見えぬ, 気色も, 気配も

▼ いつ出る~ (12, 0.0%)

4 のか 1 かと問い, か判らない, つもりかね, とも知れぬ, ねん, のでござんしょう, んだ, んだろう

▼ いつ終る~ (12, 0.0%)

2 ともない 1 かも知らず, か分りません, か見当, ともつかない, ともない長い, とも知れない, とも知れねえ, とも見えず, とも見えぬ, のか

▼ いつしん~ (11, 0.0%)

2 ですよ 1 なれば, にお祈り, にたべ, に働き, に廻つて, に押し, に研究, に聴い, に雨

▼ いつたん~ (11, 0.0%)

1 [11件] お孃さん, からだ, しめた障子, その線, 出来て, 別れて, 取つつ, 惚れたと, 掴み合, 見せて, 降りた

▼ いつとき~ (11, 0.0%)

1 [11件] あつち, ごそ, じっとし, でもがまん出來, でも守一, もぢ, も我慢, グッスリ, 寝るだよ, 流しに, 遊んで

▼ いつなん時~ (11, 0.0%)

1 [11件] この条約文, でもこの, でもスグ, でも命, でも国, でも意志, なりとも, の変, 倒れるか, 出逢うかも, 返り討たれん

▼ いつ自分~ (11, 0.0%)

1 [11件] がそんな, が言っ, にもほえつく, に好意, に迫る, の気に入らない, の腕, の身, の頭, もその, も荒木村重

▼ いつ読ん~ (11, 0.0%)

3 でもおもしろい 2 でも読む 1 でもいく, でもなんど, でも小さい, でも感動, でも面白い, でも飽きない

▼ いつぞは~ (10, 0.0%)

2 正氣 1 この川, 仇する女, 問はんと, 打とけ, 正気に, 用に, 行ても, 覺めて

▼ いつだろう~ (10, 0.0%)

21 いつだろう, かと思っ, ってうるさく, と, とこいつ, なあ, なあ早く, ねえしかし

▼ いつでもと~ (10, 0.0%)

1 こなたへ, 出陣を, 待って, 心がけて, 思う, 思って, 死を, 答えただし, 答えると, 落着きすました

▼ いつなと~ (10, 0.0%)

1 お召し給わりませ, お越し賜わる, 六七千の, 心に, 抜かりなく, 持って, 殺して, 気ままに, 赤穂へ, 馳せ参ずるが

▼ いつこんな~ (9, 0.0%)

4 ところへ 1 いたずらを, ふうに, 悲劇なんて, 油の, 習慣が

▼ いつよりも~ (9, 0.0%)

1 いつと, やや出席, よけい人の, 余計に, 安堵できる, 少し早目, 早く目, 暖なり, 紫の

▼ いつ~ (9, 0.0%)

2 るか 1 てもいい, ても同じ, ても御, て見, るかと, るの, る事

▼ いつ出来た~ (9, 0.0%)

32 んだ 1 ともしれぬ, のでしょう, んだろう, 規則だ

▼ いつ~ (9, 0.0%)

1 いかにし, た何ん, どこから, 僕は, 君に, 寄りしとも, 彼を, 逢へる, 降り出すかも

▼ いつ爆発~ (9, 0.0%)

3 するか, するかも 2 がある 1 するやら

▼ いつだれ~ (8, 0.0%)

1 がこしらえた, がだれ, がどんな, が入っ, が死, にされる, に殺された, の身の上

▼ いつてから~ (8, 0.0%)

2 近いうち 1 かつた, かつちや, 何月何日に, 東へ, 相當, 第二

▼ いつでもという~ (8, 0.0%)

4 わけには 1 ように, 仰せでござった, 準備が, 訳で

▼ いつどういう~ (8, 0.0%)

1 ことが, ふうに, ハズミで, 事に, 危ない目, 時に, 目に, 風に

▼ いつぱい涙~ (8, 0.0%)

3 をため 2 を浮かべ, を溜め 1 をためました

▼ いつまでだって~ (8, 0.0%)

1 いられると, こうしてここ, しないよ, そこに, 一緒だ, 帰らないよ, 待ちますよ, 飲みやしないよ

▼ いつまでの~ (8, 0.0%)

1 うかれ心, ことであろう, またたきか, 事かい, 吾が命, 御予定, 猿真似だ, 老が

▼ いつ尽きる~ (8, 0.0%)

2 か涯, とも知れない 1 か分らぬ, か判らない, か果てし, とも知らぬ

▼ いつ帰れる~ (8, 0.0%)

1 かいつ, かと問い糺した, かもいや, かわからない, ことやらと, とも解らない, と帰る, のだろう

▼ いつ着く~ (8, 0.0%)

2 ことやら, のかと 1 かあて, とも知らせなかった, な郁次郎殿, のでしょう

▼ いつ聞い~ (8, 0.0%)

1 てもさび, てもしみ, てもそれ, ても余り気味, ても幾度, ても悪く, ても胸, ても面白い

▼ いつ行く~ (8, 0.0%)

2 か, んです 1 かと私, のか, んだ, んだい

▼ いつからでも~ (7, 0.0%)

2 這入れと 1 つかえるよう, 出すが, 始めること, 家へ, 構わないよう

▼ いつちく~ (7, 0.0%)

5 たつちく 2 たつちく太右衞門どん

▼ いつ会っ~ (7, 0.0%)

2 て下さる 1 てくれる, てもその小さな, ても何, ても平気そう, ても玲瓏

▼ いつ~ (7, 0.0%)

2 るの 1 られるか, るか, るかとも, るだらうツ, ると

▼ いつ~ (7, 0.0%)

2 ぬるかも 1 に倒れる, ぬるか, ぬるかといふ, の床, 別れたとも

▼ いつ死んだ~ (7, 0.0%)

1 かわからない, って惜しく, のか, のかい, のだ, のです, んだ

▼ いつ結婚~ (7, 0.0%)

2 するか, するんだい 1 して, しても, できるか

▼ いつある~ (6, 0.0%)

1 かということ, かといふこと, か知れぬ, のです, んだい, 事か

▼ いつそもう~ (6, 0.0%)

2 小刀で 1 この儘, この辺, この邊, 手紙も

▼ いつそ今~ (6, 0.0%)

3 の中 1 から京城, の中一, 死んだらどう

▼ いつ~ (6, 0.0%)

1 いうたげよ思, いかにと, そない, わたくしから, 一ぺん絵エ出来上る, 松の木の

▼ いつである~ (6, 0.0%)

21 かその, かということ, かは分らない, か知らない

▼ いつであろう~ (6, 0.0%)

21 といま自分, となげきました, とも心, とも眼

▼ いつでもは~ (6, 0.0%)

2 あはあ笑っ 1 あ枝, つきり, つきりと, 安井が

▼ いつやら~ (6, 0.0%)

1 ちょっとお話, ひどう煩つた時, 何かで, 兄さんも, 身に, 途中で

▼ いつわたし~ (6, 0.0%)

2 がそんな 1 がいたずら, が糞, に来る, はこんな

▼ いつ~ (6, 0.0%)

1 が俺, が屁理窟, が暗闇, が許さない, をこんな, を殺す

▼ いつ~ (6, 0.0%)

2 が肱 1 がお前, が拾, のポケット, をバカ

▼ いつ出発~ (6, 0.0%)

2 するの 1 しましょうか, するか, せねば, を触れ出す

▼ いつ戦争~ (6, 0.0%)

2 が起る, になる 1 が勃発, が終った

▼ いつ~ (6, 0.0%)

2 が暮れた, が暮れる 1 かう言, わが船

▼ いつ時分~ (6, 0.0%)

1 からわたし, この家, だろう, でも返す, にどこ, になっ

▼ いつ晴れる~ (6, 0.0%)

2 か知れない 1 とも思われない, と云う, やら分らない, 事かと

▼ いつ江戸~ (6, 0.0%)

1 から, へお発ち, へまい戻った, へ立たれます, をお, をたった

▼ いつ~ (6, 0.0%)

4 をさまし 1 を覚ました, 覚めたの

▼ いつ立つ~ (6, 0.0%)

1 とある, ね, の, のです, んだ, んです

▼ いつ見た~ (6, 0.0%)

21 か, ことも, のか, ゆめか

▼ いつ~ (6, 0.0%)

2 が飛ぶ, になる 1 をキラ, を絞められる

▼ いついかに~ (5, 0.0%)

2 して 1 歸る, 誰が, 造られたり

▼ いつ~ (5, 0.0%)

1 会いでした, 伺いできるか, 城へ, 帰りやら, 袖さまが

▼ いつこく~ (5, 0.0%)

1 なところが, な奴, な平尾氏, な風貌, 者の

▼ いつちやア~ (5, 0.0%)

1 いけないと, いけないよ, いけないわ, いけませんわ, 行けませんお

▼ いつって~ (5, 0.0%)

1 ちゃんと及第, まだ一昨日, もう昔, 今日か, 国へ

▼ いつてね~ (5, 0.0%)

1 いまの, おいおいそこ, スタンドの, 來い, 吉原へ

▼ いつという~ (5, 0.0%)

2 ことなく 1 ことも, 事は, 時も

▼ いつとても~ (5, 0.0%)

1 千秋楽は, 帰り来, 恋しからず, 懐に, 痩せゆくが

▼ いつぱいで~ (5, 0.0%)

1 そのまん中, その石, ところどころ運び出した, とても其顏, なんにも云

▼ いつまでと~ (5, 0.0%)

1 それを, やこうと, 自分は, 規定が, 限らずに

▼ いつやる~ (5, 0.0%)

1 か, かはおれ, ことに, のです, んだ

▼ いつ~ (5, 0.0%)

1 が来る, にお目にかかった, の気持, はのし上げた, は鎌倉

▼ いつ大阪~ (5, 0.0%)

1 から来た, の道路, へ帰っ, へ行かはる, を立つ

▼ いつ~ (5, 0.0%)

1 に帰っ, の人, へ帰った, をお, を飛び出し

▼ いつ寝返り~ (5, 0.0%)

2 を打つ 1 をうつ, を打たない, を打っ

▼ いつ~ (5, 0.0%)

1 がその, が兵, が捕えられる, の全, の部屋

▼ いつ日本~ (5, 0.0%)

1 に渡来, へお, へ帰っ, へ来た, へ舞いもどっ

▼ いつ~ (5, 0.0%)

1 をコタツ, 耽つて, 騒然となる, 黙つて, 黙り込んだ

▼ いつ殺され~ (5, 0.0%)

5 てもいい

▼ いつ殺される~ (5, 0.0%)

2 かもしれない 1 かも知らない, かわからない, か分らない

▼ いつ~ (5, 0.0%)

2 がついた 1 がかわっ, が変わっ, が静まった

▼ いつ~ (5, 0.0%)

2 の中 1 がいっ, が見える, の藻屑

▼ いつ消える~ (5, 0.0%)

1 か分らない, となし, とも分らぬ, とも判らぬ, とも見当

▼ いつ~ (5, 0.0%)

2 はれるか 1 ふても, へよう, へるか

▼ いつ逢う~ (5, 0.0%)

1 か, かわからない, か知れない, ても汚らわしい, やら心細く

▼ いつ頃ここ~ (5, 0.0%)

1 に来た, に来られました, へ来た, へ見えました, を出かけました

▼ いつあなた~ (4, 0.0%)

1 とお話し, にお, はお立ち, は部屋

▼ いつおれ~ (4, 0.0%)

1 が, がお, が貴様, が貴様たち

▼ いつお前~ (4, 0.0%)

1 のもの, の大根, の店, は薩摩様

▼ いつこちら~ (4, 0.0%)

2 へお 1 にこられた, へ着い

▼ いつしらず~ (4, 0.0%)

1 不良に, 人間界の, 私は, 鈴蟲鳴く

▼ いつそ一~ (4, 0.0%)

3 思ひに 1 と思ひ

▼ いつそ安心~ (4, 0.0%)

4 だがなあ

▼ いつそ私~ (4, 0.0%)

1 のに喰ひつ, はこの, は君, を誘つて手伝つて貰

▼ いつそ結婚~ (4, 0.0%)

2 を申込ん 1 して, の話

▼ いつそ自分~ (4, 0.0%)

2 がゐない 1 の方, の気持

▼ いつ~ (4, 0.0%)

1 からつて, やうな, 意味である, 空虚な

▼ いつだつ~ (4, 0.0%)

1 たかかれは, たかね, てい, て僕

▼ いつていう~ (4, 0.0%)

1 ことも, 気持も, 証拠を, 返事を

▼ いつできた~ (4, 0.0%)

1 と思ってる, の, のかなあ, のだろう

▼ いつなに~ (4, 0.0%)

1 がある, をされる, をしでかす, をはじめる

▼ いつはれる~ (4, 0.0%)

1 かもわからない, ともなく, 上面の, 楯に

▼ いつぱいになつて~ (4, 0.0%)

1 いつそ船, た, 参りました, 思わず後

▼ いつぱい飮~ (4, 0.0%)

2 みたま 1 まうか, みましよか

▼ いつまでに~ (4, 0.0%)

1 どこへ, どこまでへ, やれば, 歸らね

▼ いつより~ (4, 0.0%)

1 きたない面, ここには, 前の, 早くお

▼ いつ二人~ (4, 0.0%)

1 があわれよう, だけで逢える, の婚儀, をはなれ

▼ いつ会える~ (4, 0.0%)

1 かと冗談, かわかりません, か知れない, ことだろう

▼ いつ先生~ (4, 0.0%)

1 が汽車, が銭, と再会, のお世話

▼ いつ出來~ (4, 0.0%)

1 あが, るとも, 上がること, 上ること

▼ いつ動き出す~ (4, 0.0%)

1 か分らない, か分らなかつた, のだろう, んだろう

▼ いつ卒業~ (4, 0.0%)

2 です 1 したかと, するか

▼ いつ~ (4, 0.0%)

1 が実母, が消え, の手, は云う

▼ いつ~ (4, 0.0%)

2 の姿, をくい

▼ いつ~ (4, 0.0%)

1 がご, が来なくなる, とどこ, を乗せる

▼ いつ帰つて~ (4, 0.0%)

2 来られるか 1 来るか, 来るの

▼ いつ幾日~ (4, 0.0%)

1 かにせ, と答えました, にはその, に何斗何升

▼ いつ戻っ~ (4, 0.0%)

1 てきたら, てくる, てくるでしょう, て来る

▼ いつ止む~ (4, 0.0%)

1 とも見えない, とも見えなかった, とも見えぬ, ものとも

▼ いつ~ (4, 0.0%)

3 の中 1 をやった

▼ いつ~ (4, 0.0%)

2 るん 1 るか, るかしら

▼ いつ~ (4, 0.0%)

2 をさまし 1 が醒めた, を眠つて

▼ いつ行ける~ (4, 0.0%)

1 かわからん, か知らん, のでしょう, ように

▼ いつ行つて~ (4, 0.0%)

1 みても, もきちんと, もゐない, 見ても

▼ いつ覚えた~ (4, 0.0%)

1 か, ともなく, の, 唄の

▼ いつ起る~ (4, 0.0%)

1 か分らない, か分らん, のやら, やもしれぬ

▼ いつ退院~ (4, 0.0%)

1 しても, できるですかね, できるもの, 出来るか

▼ いつ~ (4, 0.0%)

1 がき, がくる, になっ, 之丞

▼ いつあいつ~ (3, 0.0%)

1 がひもじい, が出, を殺した

▼ いつあんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, 小娘を, 約束を

▼ いつ~ (3, 0.0%)

2 らしたの 1 らして

▼ いつおいで~ (3, 0.0%)

1 なので, になっ, になりまし

▼ いつかな~ (3, 0.0%)

1 やって来そう, 敗けては, 離れる模様

▼ いつこういう~ (3, 0.0%)

1 偶然が, 力が, 過失を

▼ いつこれ~ (3, 0.0%)

1 だけの人, へお越し, を貴方

▼ いつ~ (3, 0.0%)

1 戦端を, 持参ある, 都合が

▼ いつごろどこ~ (3, 0.0%)

1 から這入っ, へお, へ行った

▼ いつしよで~ (3, 0.0%)

1 あつた, あつて, 佐々は

▼ いつそういう~ (3, 0.0%)

1 できごと, 機会が, 決裂が

▼ いつそさ~ (3, 0.0%)

1 うして, うもしたらばと, つぱりと

▼ いつそひと~ (3, 0.0%)

3 思ひに

▼ いつそ何~ (3, 0.0%)

2 も聞かない 1 も彼

▼ いつそ俺~ (3, 0.0%)

1 あ嬉しい, は思ひ切つ, をシン

▼ いつそ家~ (3, 0.0%)

1 にと, にをる, へ歸つて了

▼ いつそ東京~ (3, 0.0%)

1 にでも行, に帰つて了, へ行つた方

▼ いつだっても~ (3, 0.0%)

1 このとおり, このとおり筋道, 見られるが

▼ いつてさ~ (3, 0.0%)

2 うして 1 娘たちの

▼ いつできる~ (3, 0.0%)

1 かわからない, んだろう, んです

▼ いつでもしか~ (3, 0.0%)

3 なりと

▼ いつでもね~ (3, 0.0%)

1 あなた, 修治が, 肇君の

▼ いつでもよ~ (3, 0.0%)

1 お母さん, だかの, 例えばこの

▼ いつでん~ (3, 0.0%)

1 見えとるのに, 金ば, 金光様に

▼ いつといふ~ (3, 0.0%)

1 ことなく, のとか, 事なし

▼ いつとして~ (3, 0.0%)

1 しまつ, 居たが, 意地悪く

▼ いつなおる~ (3, 0.0%)

1 かわからない, と云う, ようすも

▼ いつなりに~ (3, 0.0%)

2 けむ 1 けん

▼ いつなん~ (3, 0.0%)

1 どき, どき来るかも, どき現われるか

▼ いつなんめ~ (3, 0.0%)

1 り, り元治元年, り延元

▼ いつはるこ~ (3, 0.0%)

1 との出來, とは出, と知りぬ

▼ いつぱいだ~ (3, 0.0%)

1 さて私, もう一時間位, わづか

▼ いつぱい心~ (3, 0.0%)

1 いつぱいになつた, いつぱいになつて, に溜め

▼ いつぱい機嫌~ (3, 0.0%)

1 だつた, で小説家, で若い

▼ いつぱい花~ (3, 0.0%)

1 をつけ, をひらきました, を抱

▼ いつぱん~ (3, 0.0%)

1 に弁舌, に暴力, の育児法

▼ いつふたたび~ (3, 0.0%)

1 巡り逢えるやら, 御危険, 逢えるか

▼ いつまでもか~ (3, 0.0%)

1 あいがられて, はりませんでした, アんか

▼ いつやつ~ (3, 0.0%)

2 て来る 1 てきた

▼ いつやむべし~ (3, 0.0%)

1 とも見えない, とも見えぬ, と見えなかった

▼ いつやらの~ (3, 0.0%)

1 御不在, 恋愛問題や, 暴風に

▼ いつ~ (3, 0.0%)

1 つた, つてらつ, てら

▼ いつ~ (3, 0.0%)

1 なったらくるんじゃ, なったらよく, なったら明るく

▼ いつ上京~ (3, 0.0%)

1 したの, する, なされた

▼ いつ~ (3, 0.0%)

1 がはいっ, へやった, を詐譌

▼ いつ~ (3, 0.0%)

1 はない, ふだらう, へるかしら

▼ いつ会う~ (3, 0.0%)

1 という見当, やらいつ, 日が

▼ いつ何日~ (3, 0.0%)

1 に死ぬ, の何時, の船

▼ いつ何者~ (3, 0.0%)

1 が盗んだ, にぬすまれた, を射殺すか

▼ いつ~ (3, 0.0%)

1 どおりに, の双眼鏡, の焼跡

▼ いつ再会~ (3, 0.0%)

2 が期し得られよう 1 の日

▼ いつ出かけ~ (3, 0.0%)

1 ていつ, ても酔っ, て行っ

▼ いつ出帆~ (3, 0.0%)

1 するか, するの, するん

▼ いつ別れ~ (3, 0.0%)

2 てもいい 1 ても良い

▼ いつ到着~ (3, 0.0%)

1 しても, するという, するの

▼ いつ動く~ (3, 0.0%)

2 となく 1 かと思っ

▼ いつ勝負~ (3, 0.0%)

2 がつく 1 の日

▼ いつ召集~ (3, 0.0%)

2 されるかも 1 がある

▼ いつ合戦~ (3, 0.0%)

1 が起こる, が起る, の巷

▼ いつ命令~ (3, 0.0%)

1 がくだる, をうけました, を受ける

▼ いつ咲いた~ (3, 0.0%)

2 のか 1 さくらまで

▼ いつ~ (3, 0.0%)

1 が彼, が明ける, になっ

▼ いつ~ (3, 0.0%)

1 事件を, 坂へ, 女が

▼ いつ子供~ (3, 0.0%)

1 が産まれた, をひねり殺す, 持った覚

▼ いつ学校~ (3, 0.0%)

1 の方, へ移っ, へ行く

▼ いつ引越し~ (3, 0.0%)

1 ていらつ, でも出来る, をする

▼ いつ~ (3, 0.0%)

1 が這入った, でケツ, にはいる

▼ いつ旅行~ (3, 0.0%)

1 からお, から帰っ, するの

▼ いつ~ (3, 0.0%)

2 るべしとも 1 るの

▼ いつ~ (3, 0.0%)

1 が骨折った, に縛られた, を呼んだ

▼ いつ生れる~ (3, 0.0%)

1 のでせう, んだ, んだい

▼ いつ用意~ (3, 0.0%)

1 したかと, したとも, して

▼ いつ病気~ (3, 0.0%)

1 で頓死, になった, を罹る

▼ いつ発つ~ (3, 0.0%)

3

▼ いつ発見~ (3, 0.0%)

2 されるかも 1 したん

▼ いつ約束~ (3, 0.0%)

2 を破る 1 の金

▼ いつ結つた~ (3, 0.0%)

3 の今朝

▼ いつ訪ね~ (3, 0.0%)

1 てもきっと, ても周二居, ても部屋

▼ いつ逢つて~ (3, 0.0%)

1 もかはらない, も笑つて, 見ても

▼ いつ逢われる~ (3, 0.0%)

1 かしれない, か知れない, ことやら

▼ いつ部屋~ (3, 0.0%)

2 の主 1 をあける

▼ いつ離縁~ (3, 0.0%)

2 されても 1 になる

▼ いつ頃どこ~ (3, 0.0%)

1 で作られた, で獲れた, へ行つて

▼ いつ頃誰~ (3, 0.0%)

1 が植えた, によって称え, の手

▼ いつあたし~ (2, 0.0%)

1 があなた, があんた

▼ いついる~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ いつうい~ (2, 0.0%)

1 と泳い, と飛ん

▼ いつおまえ~ (2, 0.0%)

1 なんぞに買われる, を妹

▼ いつおれたち~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ いつお発ち~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ いつかけ~ (2, 0.0%)

1 てもあなた, ても南京

▼ いつからとは~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ いつこわれた~ (2, 0.0%)

1 のか, んだ

▼ いつこんなに~ (2, 0.0%)

1 だいじな膚, 降つたかな

▼ いつごろこちら~ (2, 0.0%)

1 へお, へおいで

▼ いつごろ私~ (2, 0.0%)

1 は死にましょう, は死にませう

▼ いつさめる~ (2, 0.0%)

1 ともなく, とも見えなかった

▼ いつさら~ (2, 0.0%)

2 むさら

▼ いつしよう~ (2, 0.0%)

1 けんめいあの, けんめいです

▼ いつする~ (2, 0.0%)

1 の, のは

▼ いつそこつ~ (2, 0.0%)

1 ちから, ちも

▼ いつそこれ~ (2, 0.0%)

1 はわたくし, を全滅

▼ いつそそれ~ (2, 0.0%)

1 よりも本当, をいい

▼ いつそち~ (2, 0.0%)

1 が左様, に向っ

▼ いつそどこ~ (2, 0.0%)

1 かの神様, かへ遁走

▼ いつそもつ~ (2, 0.0%)

1 と早く, と独得

▼ いつそんなに~ (2, 0.0%)

1 お世辞, 小さくなった

▼ いつそ一人~ (2, 0.0%)

1 でどこ, で大

▼ いつそ僕~ (2, 0.0%)

1 の許, はもう

▼ いつそ妾~ (2, 0.0%)

1 にならう, は家

▼ いつそ手紙~ (2, 0.0%)

2 を書く

▼ いつそ斯~ (2, 0.0%)

2 うした

▼ いつそ明日~ (2, 0.0%)

1 の予行練習, の朝来

▼ いつそ極端~ (2, 0.0%)

2 な不自由

▼ いつそ此処~ (2, 0.0%)

1 で泊らう, で続けよう

▼ いつそ此處~ (2, 0.0%)

1 からでも引返さう, まで來

▼ いつそ死~ (2, 0.0%)

2 にてえ

▼ いつそ汽車~ (2, 0.0%)

1 へでも乗せ, をよし

▼ いつそ浦島さん~ (2, 0.0%)

2 を小笠原

▼ いつそ男泣き~ (2, 0.0%)

2 に泣い

▼ いつそ船~ (2, 0.0%)

1 の出, もろとも

▼ いつそ身~ (2, 0.0%)

1 を下げ, を海中

▼ いつぞと~ (2, 0.0%)

1 しのび花, はよう知れぬ

▼ いつたいこ~ (2, 0.0%)

1 の定期市, の相州さま

▼ いつたた~ (2, 0.0%)

1 ぐひの, ぐひの話は

▼ いつたべ~ (2, 0.0%)

2 てもうまい

▼ いつたらし~ (2, 0.0%)

1 かつた, まひにや

▼ いつたんそこ~ (2, 0.0%)

1 まで行, を辭

▼ いつだってへ~ (2, 0.0%)

2 えるだ女ども

▼ いつだらう~ (2, 0.0%)

1 か逢, ねえしかし

▼ いつてらつ~ (2, 0.0%)

1 しやい, しやり

▼ いつでございます~ (2, 0.0%)

2

▼ いつとき默つて~ (2, 0.0%)

2 ゐた

▼ いつとける~ (2, 0.0%)

1 かわからない, やら

▼ いつとて~ (2, 0.0%)

1 かぎりない, これという

▼ いつとられる~ (2, 0.0%)

2 や知れない

▼ いつどちら~ (2, 0.0%)

1 でどんな, へ流し

▼ いつどっち~ (2, 0.0%)

1 から歩き寄った, の方

▼ いつなくなった~ (2, 0.0%)

1 か覚え, ともわからない

▼ いつなにごと~ (2, 0.0%)

1 がある, が起こる

▼ いつなめた~ (2, 0.0%)

2 歯跡である

▼ いつなれる~ (2, 0.0%)

1 かと思った, のやら

▼ いつなん刻~ (2, 0.0%)

1 でも逃げられない, にてもすぐ

▼ いつにのう~ (2, 0.0%)

1 けったいな, 胸の

▼ いつに対する~ (2, 0.0%)

1 すつが, 再語根

▼ いつのみ~ (2, 0.0%)

1 たま, 手もち

▼ いつはやく~ (2, 0.0%)

1 時親の, 自領上野

▼ いつはる~ (2, 0.0%)

1 とはさて, より推し

▼ いつぱいしめつた草原~ (2, 0.0%)

2 に夢

▼ いつぱいと~ (2, 0.0%)

2 思はれる背

▼ いつぱいにして~ (2, 0.0%)

1 素早く身, 訊いた

▼ いつぱいの~ (2, 0.0%)

1 その単純, 美しい水

▼ いつぱいの力~ (2, 0.0%)

1 で調子, をこめ

▼ いつぱいの声~ (2, 0.0%)

1 で, でうたう

▼ いつぱいはまりこんで~ (2, 0.0%)

2 長く伸びた

▼ いつぱい娘さん~ (2, 0.0%)

2 の厚ぼつ

▼ いつぱい手~ (2, 0.0%)

1 をあけ, を振

▼ いつぱい残つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる, ゐる時

▼ いつぱい水~ (2, 0.0%)

1 を飲ん, 飲んで

▼ いつぱい物~ (2, 0.0%)

1 のつかへた, の這入

▼ いつぱい腹~ (2, 0.0%)

2 に力

▼ いつぱい食~ (2, 0.0%)

1 つたかな, ふなと

▼ いつぱし物~ (2, 0.0%)

1 の言, 持ちらしい顔

▼ いつひょっくり~ (2, 0.0%)

1 出くわすか, 姿を

▼ いつぺんやつ~ (2, 0.0%)

1 て見, て見せ

▼ いつまでもかの~ (2, 0.0%)

1 娘の, 椅子を

▼ いつまでもという~ (2, 0.0%)

1 意である, 風に

▼ いつまでもべ~ (2, 0.0%)

1 ちゃべちゃしゃべってるのんや, んべ

▼ いつまでや~ (2, 0.0%)

2 つてゐたつ

▼ いつむう~ (2, 0.0%)

1 な, なな

▼ いつやっ~ (2, 0.0%)

1 て参ります, て行っ

▼ いつやった~ (2, 0.0%)

1 かあの, かこの

▼ いつやってくる~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, のでしょう

▼ いつやめる~ (2, 0.0%)

1 かわからない, んだい自分で

▼ いつやられる~ (2, 0.0%)

1 かわからない, か知れやしない

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 こすか, されるとも

▼ いつよりとは~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ いつわし~ (2, 0.0%)

1 が不養生, が敢なく

▼ いつわれわれ~ (2, 0.0%)

1 の棲ん, は飛行機

▼ いつオレ~ (2, 0.0%)

1 の頭上, を殺す

▼ いつ~ (2, 0.0%)

2 マキに

▼ いつ一片~ (2, 0.0%)

2 の灰

▼ いつ一緒~ (2, 0.0%)

1 になれる, に死ん

▼ いつ上陸~ (2, 0.0%)

1 して, するの

▼ いつ不具者~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ いつ主人~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, のもの

▼ いつ人間~ (2, 0.0%)

1 の利慾, の身の上

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 の艦艇, へ移動

▼ いつ会った~ (2, 0.0%)

1 かその, 人だ

▼ いつ会社~ (2, 0.0%)

1 の都合, を退出

▼ いつ伸子~ (2, 0.0%)

1 が書いた, が通っ

▼ いつ何事~ (2, 0.0%)

1 か起らぬで, が起る

▼ いつ何時どこ~ (2, 0.0%)

1 で佐助, で取った

▼ いつ何時私~ (2, 0.0%)

1 が重態, に如何

▼ いつ侵入~ (2, 0.0%)

2 して

▼ いつ俺ら~ (2, 0.0%)

1 が欲しい, が身投げ

▼ いつ倒れる~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, やもしれぬ

▼ いつ先方~ (2, 0.0%)

1 から襲撃, の知れる

▼ いつ入っ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ いつ入った~ (2, 0.0%)

1 の, んだろう

▼ いつ再び~ (2, 0.0%)

1 あうべきぞ, 弾丸が

▼ いつ出す~ (2, 0.0%)

1 のか, のかね

▼ いつ出ます~ (2, 0.0%)

1 かその, とそれ

▼ いつ出来る~ (2, 0.0%)

1 か解らない, な

▼ いつ出来上る~ (2, 0.0%)

1 ことやら, んです

▼ いつ分る~ (2, 0.0%)

1 か, のだ

▼ いつ別れた~ (2, 0.0%)

1 のか, 女子か

▼ いつ動きだす~ (2, 0.0%)

1 やら判り, んです

▼ いつ博士~ (2, 0.0%)

1 になる, はこんな

▼ いつ危険~ (2, 0.0%)

1 が来る, が逼

▼ いつ友達~ (2, 0.0%)

1 になった, の女たち

▼ いつ収まる~ (2, 0.0%)

2 ことやら

▼ いつ同じ~ (2, 0.0%)

1 女の, 運命に

▼ いつ名古屋~ (2, 0.0%)

1 へやって来た, をお立ち

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 が終る, に糸目

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 に行っ, へ帰る

▼ いつ地球~ (2, 0.0%)

1 へとつぜん, へ向け

▼ いつ~ (2, 0.0%)

2 ならむと

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 へいったら, を脱出

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 を下り, を下りた

▼ いつ売れた~ (2, 0.0%)

1 の, んです

▼ いつ売れる~ (2, 0.0%)

1 か知れない, ともわからぬ嵩張った

▼ いつ変る~ (2, 0.0%)

2 ともなく

▼ いつ夜襲~ (2, 0.0%)

1 して, の主命

▼ いつ大森~ (2, 0.0%)

1 がベル, に行く

▼ いつ夫婦~ (2, 0.0%)

1 になった, の固め

▼ いつ失敗~ (2, 0.0%)

2 するか

▼ いつ如何~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ いつ始まる~ (2, 0.0%)

1 かハッキリ, か分らず

▼ いつ始める~ (2, 0.0%)

1 お考え, ともなく

▼ いつ~ (2, 0.0%)

2 がなる

▼ いつ宿~ (2, 0.0%)

1 へつくん, 変えするの

▼ いつ寝た~ (2, 0.0%)

1 か知らなかつた, やら一切合切不明

▼ いつ寝返る~ (2, 0.0%)

1 か知れない, やらも計りしれない

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 信が, 女郎に

▼ いつ崩れる~ (2, 0.0%)

1 かそれ, か揺らぎ出す

▼ いつ帰られる~ (2, 0.0%)

1 かわからない, か解りません

▼ いつ帰国~ (2, 0.0%)

1 されますか, できるかという

▼ いつ廊下~ (2, 0.0%)

1 を走った, を通っ

▼ いつ建った~ (2, 0.0%)

1 のかしら, ものか

▼ いつ建つ~ (2, 0.0%)

1 かわからぬらしい, 草の

▼ いつ弾丸~ (2, 0.0%)

1 がとびだす, の餌食

▼ いつ往きつかん~ (2, 0.0%)

2 も否

▼ いつ復員~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 が変っ, が変る

▼ いつ忍び込ん~ (2, 0.0%)

1 でいつ, でき

▼ いつ思ひ出し~ (2, 0.0%)

1 てもホ, ても澄んだ

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 にありあり, にどんな

▼ いつ恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 人間の, 武者嵐に

▼ いつ恢復~ (2, 0.0%)

1 するの, する見込

▼ いつ愛情~ (2, 0.0%)

2 がうつる

▼ いつ戻った~ (2, 0.0%)

1 か, ぞ

▼ いつ戻る~ (2, 0.0%)

1 か判らぬ, の

▼ いつ拙者~ (2, 0.0%)

1 が不人情, が人

▼ いつ攻撃~ (2, 0.0%)

1 するの, を受ける

▼ いつ故郷~ (2, 0.0%)

1 へ歸, へ立発ん

▼ いつ斬った~ (2, 0.0%)

2 のか

▼ いつ新聞~ (2, 0.0%)

1 に現れ, は来た

▼ いつ時眼~ (2, 0.0%)

1 のやり場, を据ゑて

▼ いつ暮れる~ (2, 0.0%)

1 ともなく, とも知れぬ

▼ いつ最後~ (2, 0.0%)

1 でした, の時

▼ いつ本当に~ (2, 0.0%)

1 出来るか, 着物なんか

▼ いつ~ (2, 0.0%)

2 に漲り

▼ いつ果つる~ (2, 0.0%)

1 とも覚えません, なし心

▼ いつ~ (2, 0.0%)

2 からポカリ

▼ いつ止むべき~ (2, 0.0%)

2 ものとも

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 のよう, の飛騨

▼ いつ歸つて~ (2, 0.0%)

1 いらしつて, 入らつし

▼ いつ歸つて來~ (2, 0.0%)

1 たの, るか

▼ いつ死のう~ (2, 0.0%)

2 かと逢う

▼ いつ江戸表~ (2, 0.0%)

1 へお, へ着く

▼ いつ汽車~ (2, 0.0%)

2 で通つて

▼ いつ沈む~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, か分らなかった

▼ いつ没落~ (2, 0.0%)

2 するかも

▼ いつ消え~ (2, 0.0%)

1 てしまつて, てなくなった

▼ いつ湧いた~ (2, 0.0%)

1 ともない, のか

▼ いつ~ (2, 0.0%)

2 を噴く

▼ いつ火の手~ (2, 0.0%)

2 があがる

▼ いつ火事~ (2, 0.0%)

1 を出す, を起す

▼ いつ炸裂~ (2, 0.0%)

2 するか

▼ いつ爆弾~ (2, 0.0%)

1 が上, にやられる

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 のそば, の胸

▼ いつ父親~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, の手

▼ いつ現れ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来る

▼ いつ現れる~ (2, 0.0%)

1 かも知れなかった, のだろう

▼ いつ留守~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ いつ~ (2, 0.0%)

2 心を

▼ いつ眠る~ (2, 0.0%)

1 のだらう, のであろう

▼ いつ知らず後~ (2, 0.0%)

2 べのみ見る

▼ いつ破れる~ (2, 0.0%)

1 か判りません, か知れぬ

▼ いつ私たち~ (2, 0.0%)

1 が御, はあなた

▼ いつ私ら~ (2, 0.0%)

2 は森

▼ いつ~ (2, 0.0%)

2 から恐ろしい

▼ いつ立った~ (2, 0.0%)

1 のだ, の昨日

▼ いつ立てる~ (2, 0.0%)

1 かしれない, か解りやしない

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 にし, に入れ

▼ いつ背後~ (2, 0.0%)

1 から怪光線, から組みつい

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 に深く, の中

▼ いつ自分たち~ (2, 0.0%)

1 が生んだ, の眼

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 が著い, を出た

▼ いつ行った~ (2, 0.0%)

1 のだ, んだろう

▼ いつ襲っ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来る

▼ いつ見えた~ (2, 0.0%)

1 か, んだ

▼ いつ見せ~ (2, 0.0%)

1 てくれます, てくれる

▼ いつ覚え~ (2, 0.0%)

1 てちょい, て稽古

▼ いつ詣っ~ (2, 0.0%)

2 ても感じ

▼ いつ貰ろ~ (2, 0.0%)

2

▼ いつ貴方~ (2, 0.0%)

2 に背きました

▼ いつ買う~ (2, 0.0%)

1 てくれる, 気だ

▼ いつ買った~ (2, 0.0%)

1 のだ, のよ

▼ いつ起つ~ (2, 0.0%)

1 てもびく, 時が

▼ いつ迄でも~ (2, 0.0%)

1 待つと, 御ゆっくり

▼ いつ返せる~ (2, 0.0%)

1 かわからん, か当

▼ いつ逃ゆき~ (2, 0.0%)

2 しや

▼ いつ通っ~ (2, 0.0%)

1 てみ, ても神田川

▼ いつ逢える~ (2, 0.0%)

1 がも判がん, こととも

▼ いつ逢っ~ (2, 0.0%)

1 てももう, ても元気

▼ いつ連れ~ (2, 0.0%)

1 ていっ, て来られた

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 に迷った, をまち

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 をよこせ, を送っ

▼ いつ鎌倉~ (2, 0.0%)

1 からお, から指揮

▼ いつ降っ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て湧い

▼ いつ陣務~ (2, 0.0%)

2 を急

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 が鳴っ, にやられる

▼ いつ頃こちら~ (2, 0.0%)

1 へお, へ雇われ

▼ いつ頃当地~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ いつ頓死~ (2, 0.0%)

1 するか, をしねえ

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 の上, を出し

▼ いつ飛ん~ (2, 0.0%)

1 でき, でくる

▼ いつ食べ~ (2, 0.0%)

1 ても, てもうまい

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 の子, の腹

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 を剃った, を剃りなすった

▼ いつ~ (2, 0.0%)

1 が打込ん, の餌食

▼1* [1830件]

いつああして, いつあいてがふりむい, いつあうべきやを知らず, いつあくんだ, いつあたしたちがへや, いつあっちからかえって, いつあつたらう, いつあなた様にお目にかかりましょう, いつあやめは席, いつあらたな武器, いつあらわれたのか, いつあらわれるかとビクビク, いつあるいはどうしてという, いつあんたがたをいじめ, いつあんなに動きだしたん, いついくら借りたん, いついく日にはそれ, いついっかの何時, いついっかオペラをやります, いついつかの何時, いついつも乱暴や, いついや明日にでも, いついらつしたの, いつうけとれるんです, いつうせにけん, いつうだつの上る, いつおいらとめぐりあえる, いつおかえりになった, いつおこるかわからない, いつおじさんはけいこ, いつお前等に蹴込まれる, いつお立ちんなる, いつ夢中で, いつかけましたか, いつかけるような, いつかちひさな, いつかと待ちし秋, いつかとうさまの入, いつからかうなつたの, いつからの百年, いつからも何も, いつきりこみがある, いつくずれるか分らない, いつこう云う悲しい, いつこさえたのお, いつこの世を終わる, いつころりといっ, いつごまめを喰った, いつごらんになる, いつごろうちに来る, いつごろお作りになつ, いつごろお産するの, いつごろ何処で夫婦, いつごろ在宅じゃ, いつごろ嫁に行く, いつごろ宇治へおいで, いつごろ安房守に叙爵, いつごろ家出しましたか, いつごろ就任ですか, いつごろ帰つて, いつごろ帰郷したの, いつごろ散歩からお, いつごろ日本へ帰る, いつごろ東京へ越す, いつごろ此処から去った, いつごろ此所へ來, いつごろ氣がつく, いつごろ父といっしょ, いつごろ竣功の見込みかね, いつごろ花を咲い, いつごろ誰によって創成, いつごろ退院です, いつごろ金を盗んだ, いつごろ雪乃さまとお, いつご用に立てます, いつさいごめんなの, いつさいすべてが目下, いつさいわたくしの責任, いつさいボーナスに手, いつさい万事その者, いつさい万端お前が指揮, いつさい原型のま, いつさい口にしない, いつさい合点が行かぬ, いつさい干渉しないよ, いつさい廃止されるに, いつさい役にたちません, いつさい水が飲めなく, いつさい無頓着にて腮, いつさい省略して, いつさい行ツちやア悪ひと, いつさい親戚づきあいはしない, いつさい議論はぬき, いつさい関係がない, いつさしすてしか, いつさらわれるかしれた, いつさん走りに豆畑, いつしたとも見えない, いつしばの落葉, いつしば原のいつもいつも, いつしぼったのか, いつしよだつたマルソに, いつしよである酒は, いつしよなのか, いつしよならそれくらいの, いつしんふらんにみつめ, いつじっと注がれるか, いつじゃ夏か, いつすべり落ちるかもわからない, いつ彦, いつそあざやかなオノボリさん, いつそあしたでも直ぐ, いつそあたしの子供, いつそあれは遣, いつそういやであつ, いつそうおそろしく思はれます, いつそう身の味気, いつそく飛びに, いつそけつこんしようか, いつそここで酒, いつそさうして了, いつそしてどこで, いつそちらへ伺いましょう, いつそはじめからさ, いつそひとつ石井漠にでも弟子, いつそほんとに貝, いつそむきだしの動物同志, いつそれ程大な, いつそわけをお話, いつそわたしは思ひ切つ, いつそコーヒーでも置いたら, いつそサバサバしたが, いつそシュルリアリスト的方向に進む, いつそドイツ語でも教, いつそピストルにし, いつそベドゥインの村, いつそマル公のこと, いつそルリの書置, いつそワッカナイまでのすか, いつそ一家をあげ, いつそ一思いに事実, いつそ一緒に行く, いつそ七百円か八百円, いつそ世界ぢゆうの文学者, いつそ世間並に北山, いつそ事情を打明け, いつそ二人が今夜眠つた, いつそ二階の講堂, いつそ京都の警察, いつそ今夜の火事, いつそ今年は泊ろ, いつそ今日から書, いつそ他へ移らう, いつそ代りの人, いつそ伊奈まで行きませう, いつそ何処かへ行つて, いつそ信州へ参ります, いつそ光悦や探, いつそ全てを自分一存, いつそ兩方の目, いつそ切腹して, いつそ初めから倉田山, いつそ別冊にし, いつそ匂といつた, いつそ十手捕繩, いつそ千種にでもこの, いつそ午前に一寸行つて, いつそ却つて家内の頓馬, いつそ叔父の勧める, いつそ口が見つからなかつたら, いつそ君のところ, いつそ否応なくお, いつそ周りへなんにも, いつそ外国人と結婚, いつそ外家へ行, いつそ多摩川べりまで範囲, いつそ大声で叫ん, いつそ大水でもと私, いつそ大胆になつ, いつそ天井に張つて, いつそ失礼だの生意気, いつそ嬰児時代のこと, いつそ学校の先生, いつそ実家へ返さう, いつそ寛闊な様式, いつそ寿美子さんを断, いつそ山の中, いつそ山仕事の方, いつそ幸福な御, いつそ廃めたらどんな, いつそ当分しばらくこ, いつそ彼家を出, いつそ御前様の手籠, いつそ心の底, いつそ怨恨の涙, いつそ息拔きに, いつそ悪魔と接吻, いつそ愁しい方, いつそ感傷的になつ, いつそ慶長桃山足利期あたりの放, いつそ懐古趣味を発揮, いつそ捜索願を出し, いつそ揉上を短く, いつそ換へるなら私, いつそ放蕩息子となつ, いつそ文法の時間, いつそ料理屋へでも呼びだし, いつそ日本の姿, いつそ旦那さまのお, いつそ旧式に女書生, いつそ昨日と同じ, いつそ是は丑松, いつそ月の方, いつそ有の儘, いつそ木兎の図とり, いつそ本堂の方, いつそ東洋主義に轉向, いつそ松江の人, いつそ正月をこ, いつそ正直に一部始終, いつそ此の娘, いつそ此の際前衞侯, いつそ此人の奥さん, いつそ此儘この沼津, いつそ此足で神楽坂, いつそ歩行不随意, いつそ死のかと楽し, いつそ気軽になにか, いつそ氣樂でいい, いつそ氣輕である, いつそ氣輕げに海, いつそ沼の中, いつそ流れに托し, いつそ淳朴な面白味, いつそ滅茶苦茶に引ずり回し, いつそ滑稽感に誘はれ, いつそ火葬にし, いつそ熱海か箱根, いつそ牛めし屋の方, いつそ独りで朝, いつそ生命も盡, いつそ田原まで行, いつそ田舎に, いつそ番頭の徳三郎, いつそ異様な位, いつそ皆な買, いつそ監獄に囚, いつそ目の前, いつそ直ぐにも出かけ, いつそ真実のこと, いつそ眼の前, いつそ石屋の主人, いつそ社長のハゲアタマ, いつそ穴鑿りで引使, いつそ筵に巻い, いつそ築地の兄弟分, いつそ簡素な田舎ぐらし, いつそ細君を呼ん, いつそ結婚媒介所へでも行つてマネキン, いつそ美奈子は此, いつそ翻案にしたら, いつそ自害致候てなり, いつそ色をば増しませう, いつそ花の散つた, いつそ英吉利の俳優, いつそ裸で笛, いつそ裸体の全身像, いつそ親子心中でもしよう, いつそ診察も断らう, いつそ誰か子ども, いつそ赤倉へでも行, いつそ身投げにし, いつそ輕井澤まで出掛け, いつそ辻が現, いつそ連書でなり, いつそ運動場へ行つて練習, いつそ道具方が腰, いつそ邸内に踏み込ん, いつそ郷里で小, いつそ都をはなれ, いつそ醜女にし, いつそ里子とは別れ, いつそ重役にし, いつそ金茶に, いつそ金藏を殺さう, いつそ鉢叩きにでもなります, いつそ雨を止め, いつそ雲はない, いつそ飛こんだ方, いつそ首でも絞つた, いつそ髪だけ結つて, いつそ鰈になつて, いつそ默つてゐた方, いつぞのむかし吉原の, いつたいさういふ言ひ, いつたいじぶんがどこ, いつたかがその, いつたけかよ, いつたことした, いつたさうで与力に, いつただんべ, いつたとてそれら, いつたままで動かず, いつたらそれで, いつたらしくもあつ, いつたりとも提供し, いつたりの子等が, いつたんかうと, いつたんこれに小説, いつたんぢやア, いつたん世間の黙殺, いつたん二人は山梨縣, いつたん他の人, いつたん佐渡まで泳ぎ, いつたん作品ができあ, いつたん使者は立帰り, いつたん儀礼の世界, いつたん南端の進発基地, いつたん収容されてから, いつたん執心を掛けた, いつたん女優が靜止, いつたん家へ帰つた, いつたん寢どこに入, いつたん工しようのさつき, いつたん帰郷し当分父, いつたん復讐を決心, いつたん心が閃いた, いつたん意識して, いつたん拔いたら人, いつたん敵味方に分れ, いつたん晋の世界, いつたん有馬へ退い, いつたん横濱の港外, いつたん此世にあらわれた, いつたん浜に出, いつたん渾名をつけられた, いつたん煙突から飛び出し, いつたん物を言いはじめ, いつたん異国へ逃れ, いつたん目が覺め, いつたん眼を伏せた, いつたん窓に近づい, いつたん精神病院の患者, いつたん興に乗る, いつたん藝術に惚れこん, いつたん追放されて, いつたん道がひらかれた, いつたん郷里の実家, いつたん長平の部屋, いつたん顔を出した, いつだい何の用だい, いつだったであろうか三十五年, いつことも, いつちやう買ひに, いつちや何だけど, いつちや何一ツ出来やうじ, いつちや僕だけでせう, いつちや失敬だが, いつちや駄目だよと, いつちんだら出して, いつつきにけむ, いつつけたのです, いつつて日を限つて, いつづみの与吉, いつてかはるが, いつてことはりました, いつてこそ役柄は, いつてずつと旅まわりを, いつてでも過失を, いつてと始めて, いつてにはかに, いつてにはとりさんと, いつてもさびしいおもひは消えない, いつてやすらかに目を, いつてるだらうか, いつてる人で母様, いつてをんどり, いつてんのさあんたの, いつできあがるんだい, いつでもかうえ仕方, いつでもからだが, いつでもけえって, いつでもさう思ふ, いつでもずつと低い處, いつでもぞつとする, いつでもちゃあんと, いつでもとのお言葉, いつでもの女だった, いつでもへえれる, いつとう好いからな, いつとおつしやつ, いつとかは驚かすべきあけぬ夜, いつとかも刈りて, いつとききよとん, いつときだしを取る, いつときんの眼, いつとき僕が見ます, いつとき女の眼, いつとき會社勤めをし, いつとき横にお, いつとき波止場で船, いつとき表情を硬, いつとき躊つてたうとう, いつとき道ばたに立ちすくんだ, いつとげられるか, いつとつたこと, いつとどろくかを確か, いつとられましたものか, いつとりかえせるやらわからない, いつとるじやない, いつどうしてなんと思って, いつどうせ日本へ, いつどき煉瓦壁に, いつどこでぶッくらけえっ, いつどころじゃねえ, いつどっかでその, いつどれをどれ, いつどんなに吠えるの, いつなくなつたの, いつなくなるか知れない, いつなぜそうなったか, いつなまけたということ, いつなら都合が, いつなりけん途すがら立寄り, いつなりしか媒妁の, いつなるべきか絶て知る, いつなれますやら, いつなんどきとも, いつなんらの目的, いつなん時卒中で倒れる, いつなん時常識の大河, いつなん時故郷の上州, いつなん時香線の様, いつにおいてもどこにおいても, いつにかはらぬ御, いつにでも金である, いつぬき川と詠まれ, いつその絵, いつねたかはほんとう, いつのちわきにち, いつのっそりの頭, いつのろい参りがやって来, いつはくのです, いつはじまったかお話し, いつはっきりわかるの, いつはてしが, いつはといふの, いつはとは月日も, いつはらざる感想を, いつはらずに, いつはらぬ余命の, いつはりぢやない, いつはりなるべきやう浅ま, いつはり事を知り, いつはり聲のだみ, いつくちを, いつばい刷り込んだ五寸平方, いつばい漾うてゐた, いつばらされたかもまるで, いつばれるか知れねえ, いつぱいあたゝかい視線を送つた, いつぱいあるやうな気がし, いつぱいある森で掘, いつぱいある草双紙をぶちまけ, いつぱいあれもこれも話しが, いつぱいいたゞいたもう桜, いつぱいうろつき廻つてゐるでは, いつぱいお愛嬌がある, いつぱいお正月の御馳走, いつぱいお茶づけでも, いつぱいかゝつてゐて方々にいろんな, いつぱいくつついてる犬じらみ, いつぱいすれすれに部落の軒, いつぱいせつせと, いつぱいその珍しい果物, いつぱいその腕をふりはらおう, いつぱいそれから栄山公園, いつぱいたまつてきらきらと光つてゐる, いつぱいためて来ない奴, いつぱいためて自動車の窓越, いつぱいたゝかひますみんなみんなあなたのお, いつぱいだつたので植木屋の云, いつぱいだといふ風な人物, いつぱいだと云ひ共同菜園, いつぱいだわどこもかしこ, いつぱいだ売家が二つ三つ, いつぱいだ港の風景, いつぱいだ花と酒, いつぱいちからいつぱい叫んだとき, いつぱいついた外套を着, いつぱいつけた名も知らない, いつぱいつまつてまだ外, いつぱいつまつてゐるやうな工合になつて, いつぱいつまつてゐるやうな気がした, いつぱいつめてあるがそのうち, いつぱいづつ貰つてあるかうよ, いつぱいであつたことが苦しくて, いつぱいであつたのがこんどは頭自身, いつぱいであつた事に旅人, いつぱいであつた筈だ, いつぱいであの家を引き, いつぱいで丁度人から稱讃, いつぱいで何にも食べたくありませんでした, いつぱいで危ふく涙ぐんで, いつぱいで寝返りを打つ, いつぱいで月々雑誌にのる, いつぱいで東京都の露店, いつぱいで河が見えませんでした, いつぱいで目ぼしい原料, いつぱいで空気中のエーテル, いつぱいで車の中, いつぱいで鶴石の熱い, いつぱいといふ始末のわるい, いつぱいといふ風に満腹感, いつぱいなので裏の隠宅, いつぱいなのと例のうす暗い, いつぱいなのは敢て私一人, いつぱいなのをみて市ノ瀬は現役将校, いつぱいならべてあつてどれにもみんな金, いつぱいなんぢやないか知ら, いつぱいなんですが思ひつき, いつぱいなンでせう, いつぱいな円筒の中, いつぱいな志望と愉悦, いつぱいな爽かな初夏, いつぱいな野はらも, いつぱいにあたる冬なり, いつぱいにあふれ落ちるであらうか, いつぱいにあふれてゐるやうなそんな便りにしたい, いつぱいにうけて真赤になり, いつぱいにうつつた方へぢ, いつぱいにして一息に飮ん, いつぱいにして帰つて来る, いつぱいにたてこめかくれて, いつぱいにたまつた眼をじ, いつぱいにためていた涙をはらはら, いつぱいにたゞよふまつたく幸福, いつぱいにちらばつた時の面目, いつぱいにつめ込むの, いつぱいにつめこみ二つの手さげ袋, いつぱいにつめた袋みたいなもの, いつぱいになつたしかも酔, いつぱいになつたけれど御飯を食べない, いつぱいになつたこれ以上は貪る, いつぱいになつたところを今度はお向, いつぱいになつたやうな悦びをかんずる, いつぱいになつたやう私の肉体, いつぱいになつた事などの思ひ, いつぱいになつた感慨無量で胸, いつぱいになつた松ぼつくりと心, いつぱいになつてた胸がからり, いつぱいになつてゐたしまた講演, いつぱいになつてゐるやうな近代娘が都会, いつぱいになつて來ます, いつぱいになつて巣をかけ, いつぱいになつて蚊帳も吊らない, いつぱいになつて財布がからつ, いつぱいになつて頬の上, いつぱいにならうとするころみよは私, いつぱいになりながらも自分の躯, いつぱいになるといふところで日も暮れ, いつぱいになるやうな感じである, いつぱいになる気持を知つて, いつぱいには歸れまいから, いつぱいにひろがつたのを認めた筈, いつぱいにひろがつてそのま, いつぱいにひろがつてゐる軍艦に, いつぱいにひろがり部屋いつぱい, いつぱいにふりかけてそれから例, いつぱいにふるまつて来ました, いつぱいにふる夕景に, いつぱいにぶらさがつた首くくりの姿, いつぱいにぶら下つた着物の幕, いつぱいにぶら下つてゐる, いつぱいにむれ飛んで, いつぱいにらつきようが盛つてある, いつぱいにゑがかれて群青剥げし独立ち, いつぱいに二度も三度, いつぱいに光つて過ぎて, いつぱいに口を開い, いつぱいに差込む日脚, いつぱいに日をこぼし居り, いつぱいに目を見ひらい, いつぱいに舞ひおりて, いつぱいに虫の音, いつぱいに風をいれました, いつぱいに骨を折, いつぱいのお米はお, いつぱいのかなしみに似た新, いつぱいのことができませんしそれではまた先, いつぱいのところへ急にまた, いつぱいのひかり寝るには, いつぱいのやうなあまの川, いつぱいのやうにまつ白に光つて波, いつぱいの人で見た, いつぱいの愉快に仕事, いつぱいの水しか出ない, いつぱいはげしく胸をうつ, いつぱいひたしかぶと, いつぱいひつかけようと思いたち電話, いつぱいひろがり蝋燭の火, いつぱいふりため青草を敷い, いつぱいぶら下げて, いつぱいみなぎらせところで中井さんと朝酒, いつぱいもつてるのを半分よこしたから, いつぱいよばれて戻つた, いつぱいゐてそのうち, いつぱいゐる修道院で長老, いつぱいゐる室のまん中, いつぱいゐる家で育つた, いつぱいサイレンならしつ, いつぱいノートに滿, いつぱいペダルを踏む, いつぱいランプをさげ, いつぱいリンタクのペダル, いつぱい上から竹樋, いつぱい両方の角, いつぱい乗つてゐた乗客たち, いつぱい人を乘, いつぱい人だかりがしました, いつぱい仕事に向ける, いつぱい使ひきつて考へこむんぢやないかと私, いつぱい俥を列べ, いつぱい充滿して, いつぱい光つて, いつぱい光つてゐるの, いつぱい反りあがると, いつぱい口笛を吹け, いつぱい可能な範圍, いつぱい吸ひこんだ身心, いつぱい吸つた坑夫達は, いつぱい唾がたま, いつぱい喝采をおく, いつぱい喰ふこと, いつぱい喰べたからと云つて, いつぱい夫の顔, いつぱい嫁入のうつくし, いつぱい子供を主として, いつぱい彼の手, いつぱい御馳走になつた, いつぱい慾がつかへ, いつぱい戰つてゐる姿, いつぱい扉をひきました, いつぱい抱へて痩犬, いつぱい持つてをられる, いつぱい新らしい力, いつぱい日光を吸つた金剛石, いつぱい書きちらしてあつ, いつぱい本のある, いつぱい本気で殴つ, いつぱい水兵さん大持てである, いつぱい汗をため, いつぱい沈澱して, いつぱい浮世の花, いつぱい溜つた, いつぱい溜つたからポンプ, いつぱい溜つてた涙, いつぱい灯の点, いつぱい無数の小坊主, いつぱい煙草を吸, いつぱい犬じらみ, いつぱい率直であらう, いつぱい琥珀をはつ, いつぱい畳へ叩き付けた, いつぱい白飯をいた, いつぱい百ぢかくあつ, いつぱい皮肉を言つたつもり, いつぱい盛つてくれたくれやう, いつぱい盛つて布巾を添, いつぱい盛りでキレイ, いつぱい砂がはい, いつぱい積つた長持に凭れる, いつぱい空気を吸, いつぱい立て混みレコード, いつぱい繁つてゐて, いつぱい胸にため, いつぱい自分の力, いつぱい茂つてどこを曲, いつぱい蒲圃を敷きちらし, いつぱい蛙のやう, いつぱい血をお, いつぱい詰つてゐるだけで, いつぱい辨当行李には御飯, いつぱい這ひくねらせて, いつぱい道の上, いつぱい鍬を入れる, いつぱい陽をあび, いつぱい雌を呼ん, いつぱい頂戴した, いつぱい頭につめ込んだ, いつぱい風はひつきりなし, いつぱい飛行機の姿, いつぱい食つて二フラン七十五サンチームであがる, いつぱい飮むあてが飮む, いつぱい飮むあんたがいつ, いつぱい首を長く, いつぱい麦飯を食べた, いつぱう妹は飛鳥, いつぱここらには熟, いつぱしで出來ないの, いつぱしのお歌人になり澄まし, いつぱしのど偉い人間, いつぱしのやくざに見えます, いつぱしの苦勞人だと, いつぱしはつきりとした自分の, いつぱしフランスの新しい, いつぱしフランス人気取りで日本側, いつぱし一人歩きをし, いつぱし世間に通用, いつぱし人生を生き, いつぱし伊達で通, いつぱし土地に慣れた, いつぱし女事業家を気取つ, いつぱし慈善家になり, いつぱし画家の積り, いつぱし登山家気取りでまた, いつぱし碁打の専門家, いつぱし肩を怒らし, いつぱし自らの情意, いつぱし自分の軌道, いつぱし見舞顔に燕尾服, いつぱひに押寄せ, いつひっくりかえるか知れた, いつひつひ, いつひど辛いみそ汁を, いつひょっこり眼前へ, いつひらきなむ柔, いつびっくりするよう, いつぴき水におぼれ, いつハいの, いつふりだしたのか, いつふりだすかわからない, いつぶり返すかも知れない, いつぷう變つて, いつぷう變つた物語をし, いつぷう變つた雰圍氣もこの, いつぷう變つてゐると, いつぷすりと継ぎ目がぬける, いつぺえゐて, いつぺえ通つてよ, いつぺしゃんこになる, いつぺんきつねうどんを食べた, いつぺんきりよこんな, いつぺん会つて, いつぺん來てくれ, いつぺん処女を奪, いつぺん千種からの手紙, いつぺん打開けると, いつぺん捨子にし, いつぺん母親に連れられ, いつぺん眼を通しとい, いつぺん言つて, いつほかに僕, いつほぐれるかもわからない, いつぼくがかえ, いつぼけるか分らない, いつぼっくりと, いつぽう私は, いつぽっくり行かないもの, いつまあ私が, いつまいたとも知れない, いつまたいやそういっ, いつまたたく間かど, いつまだたつても, いつまでかもとほる鹿, いつまでからだが, いつまでが練習で, いつまででもそないして, いつまでということなく, いつまでといふ期限は, いつまでとも考は, いつまでなりと逗留と, いつまでねんねえで, いつまではだかに, いつまでもにが虫を, いつまでもやつてを, いつまとめるかをはっきり, いつみえるかね, いつなな, いつむかしの汚染, いつむらさきの色, いつもらえるね, いつもらったものか, いつやって来たのか, いつやって来るか知れない, いつやみそうも, いつやむであろうか, いつやめさせられるかもしれない, いつやらな金さんの, いつやらは夜おそう, いつやらも鶯聞ぬ, いつやられたか当人, いつゆっくり話される, いつよくなるん, いつよりとなく, いつよりはしめやかに, いつよんでも同じ, いつを以て極みとは, いつアルフレットさんが着くだろう, いつイタリアを解放, いつカイちゃんはやってきた, いつカキの殻, いつカンシヤクがバクハツ, いつガンベに小, いつクラウデがロシア, いつクリスチャンになった, いつサッと斬りこんで, いつサンヂカリズムなどいう, いつジャックとぼく, いつジャンボーになる, いつスパイクを買っ, いつスパイ団にとりもどされる, いつスリ替えられたの, いつターヘルアナトミアを取り出し, いつからそんな, いつデッキを通ろう, いつトランクの男, いつドイツへ一人, いつドウいう風, いつドンナ処から自分, いつナイフをひろいました, いつネマキに着替えた, いつハミルトン氏は帰る, いつハレツするか, いつバッタを入れ, いつバルコニーから頭上, いつヒマをとっても, いつファイロ・ヴァンスになった, いつフランスへ来た, いつブラジルに行ける, いつブローカーになった, いつんよく, いつペチャクチャ詰らん事, いつペラペラとしゃべる, いつホールを脱, いつポリがふみ込む, いつヤングが消え, いつと雷鳴, いつ一フランだって下さい, いつ一人で帰れる, いつ一体やるの, いつ一日休息ということ, いつ一番鶏二番鶏が啼いた, いつ万年筆と記念芳名録, いつ丈五郎が土蔵, いつ三伝が来る, いつ三階へあげます, いつ上げられてもい, いつ上っても都合, いつ上つても新聞雑誌, いつ上使を受け, いつ上昇がやむ, いつ上洛するか, いつ下さるかと窓, いつ下りたともなし, いつ下りるとなつて, いつ下宿の女房, いつ下野へ火の粉, いつ不孝という名目, いつ不意打に出, いつ不潔なこと, いつ不良になった, いつ不覚な最期, いつ不通になる, いつ世界の人, いつ腕が, いつ両親は寝, いつ中国の飛行機, いつ中断されるかも, いつ中毒するか, いつ乗り込んで来た, いつ乞食みたいにお金, いつをのむべき, いつ乳房を噛み付かれる, いつが起っ, いつ事件を知った, いつ云いだそうかと迷っ, いつ五千円下さるの, いつ亡くなったんで, いつ亡くなられるかわからないあり, いつ亡んでもかまわん, いつ交尾しいつ穴, いつ交渉を始める, いつ人並みの娘, いつ人影に突き衝, いつにあの, いつ仕事仕舞いをした, いつ仕官が協, いつ他人から人違い, いつ仮面をぬぎ, いつ任命されたもの, いつ休むのだろう, いつ休もうといっさい, いつ休業するか, いつ会うたばかりであろう, いつ会えるだろうか, いつ伝わるともなく, いつ伝染しないとも, いつ伸子さんはお立ち, いつ伺えるかわからない, いつの来る, いつだから, いつ何で豐臣秀次が, いつ何と言ふ, いつ何びとによってこの, いつ何んな事, いつ何ん時どのよう, いつ何人がこの, いつ何刻でも此方, いつ何日どこで, いつ何時あなたの所, いつ何時うちなんぞもどんな, いつ何時おれの所, いつ何時お客があっ, いつ何時これがこの世, いつ何時ほかのお客, いつ何時プイと死ん, いつ何時今の家, いつ何時他の止宿人, いつ何時何事が起つ, いつ何時危険を齎らすか, いつ何時吉良家上杉家のお, いつ何時変化がある, いつ何時変心せぬと, いつ何時大蛇が参る, いつ何時妹の秘密, いつ何時対岸から弾丸, いつ何時彼のため, いつ何時御部屋様などへも危害, いつ何時心が魔道, いつ何時意外な現象, いつ何時捕吏の手, いつ何時撥をもつ, いつ何時敷居にふらっと, いつ何時機械の間, いつ何時気候の劇変, いつ何時自分が火, いつ何時隣の肺病患者, いつ何時頃どこへ行く, いつ何時頭蓋骨が破裂, いつ何時髪剃が, いつ何時鼻唄を唄い出さぬ, いつ何物がいずれ, いつと入れかわらない, いつ余所の男, いつ作ったものか, いつ作品の上, いつ使うか解らない, いつ使用しても, いつ使者が臨ん, いつ來さしやつた, いつされるとも, いつ便所から帰つて, いつ俊亮が次, いつ修羅の巷, いつ停って終, いつ偶然のチヤンス, いつへよっ, いつ僕らの健康状態, いつ免状をお, いつ入れたか分りません, いつ全く失われつくすか, いつ八五郎に脅かされる, いつ六尺棒が襲いかかる, いつ六歳を數, いつ兵火の災, いつが実現, いつ其の實を, いつ其方達は上洛, いつ其許へ寧子, いつ其那ところへ芽, いつ具足を脱い, いつ内地へ帰れる, いつ内通して, いつ円く崩れ出さないとも, いつ再現されるかも, いつ再発するか, いつ処分されても, いつ凹むか, いつ出かけられるかという, いつ出かけるつもりだ, いつ出きることか, いつ出せるか未だ, いつ出でてもゆく, いつ出ましたな, いつ出られる事か, いつ出ッくわすかも, いつ出動命令がかかる, いつ出張しないとも, いつ出来ますか, いつ出来上がったんだ, いつ出発命令が出, いつ出發するの, いつ出程かは少し, いつ出航ですか, いつ出船するか, いつ出逢うか分らない, いつ出食はすか, いつ分ったんだ, いつ尖が, いつ切られたか知らない, いつ切るんだい, いつ切れるかわからない, いつ切符が出来る, いつ切迫したこと, いつ切通してならぬ, いつ初めてジョージ, いつ初日なの, いつ判ったのだ, いつ到来するかも, いつ刺されるかも知れん, いつ刺客の兇刃, いつ剃りを当てた, いつ割れるともかぎるまい, いつ創作ができよう, いつ剽掠を蒙る, いつ加納副部長, いつ勇ちゃんの叔父さん, いつ勉強したか, いつ勝手に認定, いつを盛り返し, いつ北条の寝刃, いつ十吉に見染められる, いつ十手捕縄が飛ん, いつ単身で乱入, いつ危急を聞きつけ, いつ危険状態に陥る, いつ原稿用紙が払底, いつ去るともなし, いつ参ったの, いつるの, いつ友田の若い衆, いつ反乱が起るだらう, いつ取り替えたかほとんど, いつ受けまさむ, いつ受け取ったのか, いつ受け取れるかね, いつ受取つたん, いつ受渡しを, いつに出し, いつ口ずからお話が, いつ口銭稼ぎに夢中, いつ只今の状態, いつ召し戻されるやも知れぬ, いつ召し抱えられたのであろう, いつ召し捕えられるか知れた, いつ合戰が起る, いつ吹きはじめたものか, いつ吹き倒されたかを知らなかった, いつ吹雪にあう, いつ呉れるのだい, いつ呉王を覘, いつ味方が味方, いつ呼んでも来, いつ呼んだつてゐやしない, いつ咲いていつ, いつ咲くかいつ咲く, いつ問題にされる, いつを刺される, いつ喧嘩して, いつを発する, いつ喰いこまれるや知れない, いつ噴き出すかわからない, いつ噴火するか, いつ回復するとも, いつ団子屋が臼, いつ国王に行き会う, いつ在っただろうか, いつ地震があっ, いつを越える, いつ壊れるか分らない, いつ売ることに, いつ変ったんだろう, いつ変わったものか, いつ変化が来まい, いつに伝はつ, いつ外出しようと, いつ夜中に俄然, いつ夜明が来る, いつ夜討を掛けられる, いつ大きくなれよう, いつ大きな発火点と, いつ大同に着く, いつ大将が巣鴨, いつ大尉に会える, いつ大戦が果てる, いつ大水を起し, いつ大納言ちうもの, いつ天機はある, いつ太夫のひろめ, いつ太子の手, いつが帰っ, いつ奥さんを御, いつ奥州へ行, いつ奪略されるか, いつ女御さんの所, いつを迎えた, いつが云, いつまつたか, いつ始まっていつ終る, いつ始まったのか, いつ姫君を御, いつ威嚇したか, いつ娑婆へで, いつ婚礼をした, いつに去られる, いつから兄, いつ嫂さんに詫, いつ孕ませられたかどうして, いつ学者が娘, いつ宇宙怪人がやってくる, いつ安定するか, いつ完成するとも, いつ実現されること, いつ実行しますかな, いつ宣戰布告がある, いつ家康の足もと, いつ寄せてくる, いつ密議したか, いつ富籤から黄金, いつ寝返らないとも限らない, いつ寝首を掻かれる, いつ対局の機会, いつ射撃を再び, いつ小屋を葺く, いつ小樽へお, いつ小説が書ける, いつ居催促だと, いつ屋根から瓦, いつの木, いつ山寨へ着く, いつ島流しにされる, いつ川端氏のところ, いつ巡ってくる, いつ巡査に見つかる, いつ工場主が気づくだろう, いつ左近少将になった, いつの性命, いつ市長が出来た, いつ帝都となり, いつ席上に現われる, いつえって, いつ帰りても機嫌, いつ帰りたくなるが判んねえ, いつ帰りましたか, いつ帰り来て見ん, いつ帰るだろう網走へ, いつ帰るだろう帰るまでまっ, いつ帰るべき旅ならん, いつ帰れなくなるかも知れなかった, いつ帰れるだろうか, いつ帰京するとも, いつ帰宅したん, いつ帰省なさるの, いつ平和の保護, いつ幾億の人類, いつ幾日どことかで, いつを出られるだろう, いつ座敷にはいっ, いつをかへた, いつ廃刊になる, いつ廃帝を奪還, いつ建てられたのでしょう, いつ建前があった, いつ廻つて来ること, いつの學風, いつ取らなくては, いつ引いたのでしょう, いつ引き払うことに, いつ引き払って行く, いつ引っ越して来る, いつは観察, いつ張り換えたか, いつ弾く時でも, いつ当地に寇する, いつ当家へ奉公, いつ当面の困難, いつ影響を及ぼし始める, いつ役人が押しかけ, いつ彼らのもと, いつ彼女がヤン, いつっても人, いつ後ろを見せた, いつ従五位になり, いつ御所へはいる, いつ御返事願えましょうか, いつ御馳走になつ, いつ復讐されるか, いつ徳川の手先, いつ徴集されるか, いつ心得たなんてそんな, いつ心臓が停っ, いつ心臓マヒを起す, いつ心臓麻痺が起る, いつ忍び込んだのか, いつりよぞ, いつ忘れるともなく, いつ応召するか, いつ応接室を出られた, いつ忠兵衛が弱音, いつ快くなるか, いつ忽然と第三, いつ怒鳴り込んで來, いつ怖いなんて言いました, いつ思いだしても夢, いつ思っていただろう, いつ恋しいお顔, いつなき子, いつでも引き取る, いつ息気を引き取る, いつ悪いことを, いつ悪くなって, いつ悪者どもが官庁, いつ惑溺するかも, いつ感づくか知れない, いつ態度を強化, いつ成るとも判らぬ, いつ成仏するか, いつ我々が同じ, いつ死なされるか, いつ戦端を開く, いつ戦雲が捲き起らない, いつをあけた, いつ戸外からはいっ, いつ戻られたのか, いつ戻れるか正直, いつ手紙かいて, いつ打たれたのだい, いつ打ち切られると言う, いつ打ち明けようかとこの間うち, いつ払いおとされたかぽろり, いつ払うんだ, いつ扶持にはなれ, いつ折れるか解らない, いつ抜いたのか, いつへつ, いつ押しかけて来る, いつ押収されるか, いつ押籠められたか, いつへよう, いつ拝見致される事, いつ拝謁しても, いつ拵えられどこに, いつ持ちだしたものやら, いつ持ち出そうか, いつ持ったか若者, いつまるか, いつ捕えて拷問, いつ捕まえられてしまう, いつ捕われたのであろう, いつ捜査にふみ込まれる, いつ捨てても大して, いつ捨てられるかわからない, いつ掃除したとも, いつ掛ったんだい, いつ採ってお出で, いつ推薦状をもらっ, いつ揃えなさるの, いつ描くとしても幾度, いつけたる, いつ撤廃するか, いつ撮りに行っ, いつ撮影したん, いつ撲られたのか, いつ攻めて来る, いつ攻め来んも知り, いつ放り出されるかもしれない, いつ放送になる, いつ政夫さんに隔て, いつ政治家に成り下がった, いつ故障が起る, いつ敢然と自殺出来る, いつ散ったものか, いつ敵名乗をし, いつ敵国の軍艦, いつれるか, いつ断ち切られるかわからない, いつ断わられたところで, いつ屋敷を, いつ新しい落磐を, いつに出る, いつ早くどこかへ, いつ旭川からかえった, いつ明けるともなく, いつ明日の敵, いつ時あたりを見廻す, いつ時ぢつとそれ, いつ時代の僧, いつ時分帰つて見えますか, いつ時分歸つて來るの, いつ時康子は途方, いつ時窓から外, いつ時腕を腰, いつ時腰を折られた, いつ時計を買う, いつ時足がすくんだ, いつ時雑談がつ, いつ時鬼頭は眼, いつ普請を終る, いつ晴れて夫婦, いつ暖簾を分け, いつ暗い湯殿の, いつ暴れ出すか知れない, いつ暴動が起る, いつ曲がったのか, いつ書いて貼った, いつ書いたとも知らず, いつ書きこんだか, いつ書くのか, いつ書捨てたとも知れぬ, いつ替えたって惜し, いつ最悪な立場, いつ會つて見ても, いつめしあがれな, いつ服煙草を喫つて, いつが来, いつ朝鮮へ行く, いつ訓練の, いつ縄に, いつ本性をあらわす, いつの人たち, いつ村重どののうわさ, いつ束髪に結った, いつ来られるかと云っ, いつ来襲するの, いつ東京大阪にない, いつ果すのか, いつ果せるかまた, いつ果つるらむ童とし居る, いつ果てしないこの主従, いつ染めておいた, いつが絶たれ, いつ根底的に歯, いつ棄てられても困らない, いつ棒立ちになっ, いつ椅子を用いる, いつ検問を受けない, いつを突い, いつ楽屋へ這入りました, いつ構成されたかは, いつ横ざまに薙ぎつけ, いつの蔭, いつ欝金の掩, いつ次のが来る, いつ欧風エティケットの表面性, いつ歇むとも思えぬ, いつ歇んだかを, いつ歌ちゃんをお, いつ止す事か, いつ止みそうな, いつ止むとしもあらなくに米ひた惜む冬, いつ止むべしとも見えない, いつ止めるのでしょう, いつ止るともなく, いつ正中ノ変みたい, いつ正義を主張, いつ此責を免, いつ武蔵が旅籠, いつ歩いてみ, いつ歸つたのだい, いつ死なぬとも限らず, いつ死なねばならぬ, いつ死ぬでしょうか, いつ死ねか分らない, いつ死穢の家, いつ歿ったの, いつ殺したかその, いつ母上と会う, いつ毒死しても, いつ毒殺されるか, いつ比御座候やも奉, いつ気狂いになった, いつ氷河がやってくる, いつ江陵へ着くだろう, いつ池田京水の門, いつ汲取りに行っ, いつ沖合にあらわれる, いつ沙汰をし, いつを離れた, いつ治つたともなく, いつ治まるか見込み, いつ治りますか, いつを犯した, いつ波間からとび出し, いつ泣き出すかと思ひ, いつ泣くことが, いつ泥君が現れ, いつ洋服など身ぐるみ, いつ洋行なさるの, いつ洗ったとも知れず, いつ洗礼をお, いつ洪水になる, いつ流れたとも心づかぬ, いつ流氷に舳, いつ流行して, いつ浜松へ行っ, いつにさらわれる, いつ浮くべしとも見えぬ, いつ海中へ投じられた, いつ浸水するか, いつ消えたともなく, いつを流す, いつ深い雪が, いつ深けるとも知らぬ, いつ清洲からいかなる, いつ済むとも見当, いつ済むだらうか, いつ減退するとも, いつ渡來せぬとも, いつ測量に来ただろう, いつ漕ぎ抜けたか忘れ, いつ潰れたのかい, いつ濡れ燕が羽ばたきした, いつ火星人たちに襲われる, いつ災難が来, いつ点いたか見えぬ, いつ無くなるともなく, いつ板へ, いつ焼き残したる煙の, いつ煙草を吸った, いつ煤けたともなし, いつ煩ってもごまかし, いつ煩ろうていつ, いつむか大きく, いつ燃えだすかもしれた, いつ燃して好い, いつ爆破するか, いつ父さんや母さん, いつ片づくとも見えない, いつ片づけられるかわからない, いつ片手をもぎ取られる, いつを生じ, いつが途, いつ犬殺しにやられる, いつ独立して, いつ独逸へおいで, いつ狭心症を起す, いつが消える, いつはれるの, いつ現れたか二人, いつ現われたのか, いつ現われるのである, いつ現実に得られる, いつ生ずるかという点, いつ生るべきかといふ問題, いつ生れたのこの, いつ生命を失う, いつ産まれたの, いつうるとも, いつ用いたのか, いつ甲州へ来, いつ留さんに惚れた, いつ番頭に誘惑, いつ病死するかも, いつ痛くなるかも, いつる見込み, いつ発作が起きる, いつ発生しないと, いつ発覚するか, いつ発足するつもり, いつ発送されるか, いつ登場するか, いつ白刃の下, いつ白状するかも, いつ白骨からおいで, いつが同じ, いつ盗まれたのやら, いつ盗まれるか知れない, いつ盗んだのでしょう, いつ盗賊を止めたい, いつ盗難を発見, いつ目付かったろう, いつ目蓋が開いた, いつ目覚めても私, いつ目覚めるとも分らない, いつ目通りを与える, いつ盲目になる, いつ直るか分らない, いつ相州屋を出た, いつ看守が扉, いつの絹, いつ真剣を抜くだろう, いつ眠ったっていい, いつ眠ったものか, いつ眠るべしとも知られず, いつ眠ッたか, いつ眺めても同じ, いつ眼鼻がつく, いつ着いてどこ, いつ着いたの, いつ着くでしょうね勿論, いつ着せる時が, いつ着るんだ, いつ着物を脱がされた, いつ瞬きしたの, いつ知ったんです, いつ知らずうと, いつ知らず三吉の膝, いつ知らず二人の聲, いつ知らず時間がたっ, いつ知らず私は野原, いつ知らず聖賢の心境, いつ知らず身に沁みこん, いつ知られましたかな, いつ知れず彼女の, いつ矯正出来るか, いつが底, いつ研いだ事も, いつ砕けたとも知れない, いつ破れて流れ出す, いつ破壊せられるか, いつ破綻を来す, いつ神主サンが高山, いつ神奈川へ出向い, いつ神様から召され, いつ私どもに愛, いつ私達を待ち受け, いつ秋蘭の足音, いつ移るともなく, いつ移れるのかと, いつをまかれた, いつにでた, いつのなか, いつ空いたのだらう, いつ空襲がある, いつ突き落されるか, いつ突っ立ったか, いつ突風がおこる, いつから外, いつ立ちますか, いつ立ち消えになる, いつ立てたか, いつ競売になる, いつ二第, いつを引く, いつ粉碎されるかも, いつ納めたか元結, いつ紙屑同然のもの, いつの雲, いつ終になるの, いつ終るべしとも見えない, いつ結晶を始め, いつ絶えるとも知れない, いつ綜合の美, いつるかと, いつ締まるのか, いつ縫って来る, いつ繃帯を取り除け, いつ纏ったか宗助, いつを巻き, いつ罷りかえるか分らぬ, いつ羽衣の落ち沈み, いつ習いおぼえたもの, いつ習い覚えて来た, いつ習うともなく, いつ習ったんだ, いつ老公が帰られ, いつへたでせう, いつ考えても語源, いつ耕されいつ種を, いつ聞き伝えたか, いつ聞き覚えたのか, いつ聞くともなく, いつ聴いても, いつ肉身に死に別れ, いつ肥料を何回, いつ背いてもフシギ, いつ脅迫暗殺の白刄, いつ脱いだもんだろう, いつを抜かしました, いつ自分達の傍, いつ自動車が通れる, いつ自宅に帰った, いつ自殺して, いつ自首して, いつ舞いこんだか床, いつ舞台にかけられる, いつが破れ, いつ良くなるの, いつを刈り始める, いつを咲かせる, いつ花巻に着ける, いつが出る, いつ苔香園との話, いつ松屋へ, いつ荊州の背後, いつ荒わしの足, いつ荒土と, いつ荒木と出逢っ, いつ落ちないもので, いつ落とされるか気, いつ落としたか知らない, いつ薩摩や長州, いつ蘭丸にのっそり, いつ蜂起するか, いつ蜂雀に夏, いつになる, いつ行かれるか判らない, いつ行きじまいと, いつ行き着けようぞ, いつ行こと行こまい, いつ行われようと無慙, いつ表面に現れる, いつ衰えるかを誰, いつ入るの, いつ裏切りをし, いつにされた, いつ襲うやも知れない, いつ襲つて来るか, いつ襲撃されても, いつ要るとも限らぬ, いつ覆るか判らなくなりました, いつ見かけても心, いつ見つけたの, いつ見ましても御府内, いつ見られても役に立つ, いつ見られるとも測られない, いつ見知っていた, いつ見知ったのか, いつ見納めになっ, いつ見習士官の家, いつ覗いても店, いつ覚むべくもない奇仙泰軒, いつ覚めるとも分らない, いつ親たちの許し, いつ親元へ行っ, いつ親父様の, いつてもま, いつ解けるかわかりません, いつ解散されるの, いつ言い出されるかわからない, いつ討死を遂げる, いつ訣れなければならなくなる, いつ訪ねるとも知らせてない, いつても目立つ, いつ評定役になられた, いつ試合っても劣った, いつのはずむ, いつ話しても構わなかろう, いつ説教が終る, いつ説明し得たか, いつ調和がつく, いつ調所が声, いつ請求されるか, いつし合したもの, いつ警官が来, いつ警官隊がおしかけ, いつ議院のため, いつ讀んでも新た, いつ貧乏を誇りました, いつ貰えるかだ, いつ貴島をとらえる, いつひ物, いつ買いこんだのだい, いつ買ってもらった, いつ買手がつく, いつがもどっ, いつ賑々しく木戸が, いつ赤い帽子を, いつ赤ちゃん産むん, いつ起きたのか, いつ起きようと家賃, いつ起きるかしれない, いつ起き上がったらいいの, いつ起き上って良い, いつ起こったのかと, いつ起って君ら, いつ起ったかわからない, いつ起らないとも限らなかった, いつ越えたのか, いつ越したのだろう, いつ越すかわからない, いつ踏んで, いつをのぞん, いつ身上を渡す, いつ身震いするか, いつ車力になった, いつ軍務のため, いつ軍艦が出帆, いつ轢いたか知らぬ存ぜぬで押し通し, いつ辞めても天下, いつ辻斬に逢う, いつ辻村さんが歸, いつ迎いに来, いつ返してくれる, いつ返すんだ, いつ返済できるか, いつ追いつけるか判らない, いつ追い出されるかも分らない, いつ追い越してしまった, いつ追われつする様を, いつ追放となる, いつ退出したか, いつ退職なんていったん, いつ逃げこんだのじゃ, いつ逃げたんだ, いつ逃げられるかわかった, いつ逃げるなんて云, いつ逃げ出すかしれない, いつ逆襲して, いつん出される, いつ途中で敵, いつ這入って来た, いつ這入ったところが, いつ通じたか冷たい, いつ通りぬけられるか, いつ通り抜けたとも感じず, いつ通ることか, いつ通過しても, いつ造ったかそこ, いつ逢いに来る, いつ逢えるだろうなんて思っ, いつ逢ったのだ, いつ逢ふか知れない世界, いつ連絡使を送る, いつ遇うともしれない, いつ遇われるやらと別, いつ運ばれたものか, いつ遠い外地から, いつ遠方から泊り, いつ遠洋航路につく, いつ遠近と夜, いつ遣ってくる, いつ遭つても, いつ避難命令が出ます, いつへ出る, いつ配給になる, いつうこと, いつ酬えつ酒を飲ん, いつ醜い戦争が, いつ里春を殺った, いつ里村が出, いつ重吉のため, いつ金沢からもう一度, いつ鉄拳がとぶ, いつ銀平の来かかる, いつ鎮静の時, いつ長崎から帰っ, いつ長沙へ来た, いつ長野へ出向い, いつを出, いつ閃くのでしょう, いつ開いたのか, いつ開こうかと待っ, いつ開通するとも, いつにか, いつ間違ひが, いつ間違えて他人, いつ降りになる, いつ降り出すかもわからず, いつ降伏致すと, いつ陥没しないとも, いつへ上がれる, いつ陸地にめぐりあう, いつ険しい顔を, いつをねらっ, いつ隠れていた, いつ隠れるか判らない, いつ集まったか盛ん, いつ雑賀屋からお, いつ離されるかわからない, いつ離れて行く, いつ離れたかわかりません, いつが降っ, いつ電話で連絡, いつ露顕するかも, いつれ上るかも, いつがぬがれた, いつ靴音が能舞台, いつ頃あちらへ帰られました, いつ頃あなたのお, いつ頃うちへかえる, いつ頃お前は追分, いつ頃お気がつかれた, いつ頃これを慥, いつ頃それが感じられ始めるでしょう, いつ頃シンガポールへお, いつ頃上京して, いつ頃世間でもつとも, いつ頃乗合馬車がその, いつ頃乘合馬車がその, いつ頃使ひ始めたもの, いつ頃來て呉れる, いつ頃僕はこんな, いつ頃出発致候や, いつ頃出立するな, いつ頃厭になるじゃろう, いつ頃姿を消す, いつ頃帰宅しましたか, いつ頃御覧になれる, いつ頃御覧済になりましょう, いつ頃手帖にかきとめ, いつ頃掃除したの, いつ頃朝鮮へ着かれるだろう, いつ頃歿したかなども, いつ頃演らはりまんね, いつ頃目白にかえる, いつ頃私のところ, いつ頃約束済になった, いつ頃結婚なさいましたな, いつ頃花聟さんの方, いつ頃逐電いたしたか, いつ頭領から籠城, いつなんか真赤, いつ風呂に入った, いつ風邪を引込む, いつ風雲によってどう, いつ飛び出すかわからない, いつ飛び火がした, いつ飛行機から爆撃, いつ食事をし, いつを食べられる, いつ飲んでもうま, いつ飲んだんか, いつ飾磨の家, いつをつく, いつ餌壺が満, いつ首切役が来, いつになる, いつ馬賊に出会す, いつ駆けだすかわからないあり, いつ驀進して, いつ驟雨が来る, いつ高家衆になられた, いつ高氏がいいつけた, いつのもと, いつ鴎外から弟子, いつや兎, いつのごとく飛ぶ, いつ龍平を殺しました