青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いちばん~ ~いっ いっ~ いっさい~ ~いっしょ いっしょ~ いっそ~ ~いっそう いっそう~ ~いった
いった~
いったい~ いったら~ いったん~ ~いっぱい いっぱい~ ~いつ いつ~ ~いつか いつか~ いつしか~

「いった~」 10329, 99ppm, 1099位

▼ いった~ (1917, 18.6%)

230 です 196 である 9260 であります 58 では 48 でした 37 だった 33 であった 3225 でしょう 24 であるが, ですが 22 だろう 20 だが 19 であろう 15 だよ, でありました 14 だと, でしょうか, ですよ 13 はこの 12 はその 11 さ, であろうか, は 9 だから, だろうか 8 かしら, だそう, にちがいありません 7 だろうと, はそれ 6 かい, であったが, ですか, はお 5 かもしれない, かもしれません, だという, でありますが, と同じ, を見た 4 じゃ, じゃない, だね, でしょうが, でしょうね, はこれ, はほんとう, はもう, は彼

3 [27件] かす, かその, かと思う, かと思っ, かも知れない, が, だけれど, だな, だもの, であろうと, でしたが, ですから, はここ, はどういう, はまさしく, はやはり, は何, は嘘, は女, は私, は自分, は誰, を, を名人, を思い出した, を見すます, を見送り

2 [58件] かいくら, かいった, かかげ, かそれとも, かな, かなかなか, かもう, かも知れません, か自分, がこれ, だい, だろうが, だろうという, であって, であるから, でございます, ですからね, ですけれど, ですね, でない, でも, と入れ違い, にはすこしも, はあの, はいい, はいったい, はおそらく, はおれ, はこいつ, はそう, はそういう, はそんな, はたしかに, はちょうど, はどうやら, はべつ, はよく, はイスラエル, は二人, は君尾, は岡八, は後, は新, は昔, は柴田三郎兵衛, は死ぬ, は気, は水戸光圀, は竹童, は第, は長崎左源太, は頬髯, もこれ, もその, も彼, をきいた, を不思議, を見

1 [524件 抜粋] いけなかったでしょうか, いわぬの, お絹さん, かいっこうに, かいつ, かいない, かこいつ, かこの, かさっぱり, かしらそれとも, かすがたが, かそれ, かそれっきり, かそんな, かという, かとたずねます, かとみんな, かと下, かどう, かどっち, かね, かはっきり, かへや, かまあ, かまくらもと, かまた, かまだ, かまるで, かもうす, かも知りません, かも知れなかった, かわかった, かわからなくなった, かわかりませんでした, かわけ, かわれ, かわれわれ, かネ, か一ぴき, か判らぬ, か姿, か少し, か沓, か洞窟, か海面, か理解, か番人, か病気, か知らず, か知らない, か知りません, か答える, か群集, か見えない, か解らなくなっ, か誰, がありったけ, がある, がお, がおれ, がかえって, がきっかけ, がきっぱり, がこの, がそう, がそれ, がそんなに, がちょうど, がなんだか, がなんとなく, がはげしく, がふと, がほか, がまっさきに, がむかし六郷様, がやはり, がようやく, がよく, がわたし, がプルースト, が七日目, が今, が分った, が分らない, が即ち, が原因, が始まり, が当っ, が心, が忘れ, が忽ち, が思いのほか, が怪物, が悪い, が新聞, が気がかり, が終り, が縁, が聞える, が聞き終った, が評判, が運, が頭, が馬上, が鷲尾, さえふしぎ, じゃありますまい, じゃがきょう, じゃその, じゃな, じゃないでしょう, だか, だからね, だがね, だけれども, だとも, だろうかと, だろうかという, だろうね, だろうッ, だろう戻って, だろう私自身, だろう茂次, だワ, だ万事, だ清七, でありますけれども, でありません, であり民衆, であるか, であると, であろうが, であろう艶, であろう道, でしたよ, でしょうしばらく, でしょう今朝, ですかと, ですって, ですもの, でないと, でないの, でなかったか, とちがっ, とで二百五十万人, とは反対, とは違い, とまったく, と少し, と虫眼鏡, ならどんなに, ならひょっとしたら, ならまだしも, にはいう, にはこれ, にはびっくり, には呆れました, にひきかえ, に対してこの, に対してそれ, に対しやさしく, に対し平靖号, に従っていい, に答え, に驚い, はあながち, はあなた, はありがたい, はありゃあ, はある, はいう, はいかが, はいつ, はいつです, はうそ, はおじさん, はおり, はお婆さん, はお茶の水, はかく, はかつて, はからかい半分, はけだし, はけっして, はけろりと, はこのごろ, はさき, はじ, はじつは, はすぐ, はそのいわゆる, はそれから, はたかちゃん一人, はたしか, はただ, はたぶん, はだれ, はちいちゃ, はっきりと, はついに, はです, はとめ子さん, はどう, はどんな, はなぜ, はなん, ははたして, はふたり, はほか, はほんと, はまえ, はまさに, はまた, はまだ, はみんな, はみんなうそ, はみんなほんとう, はみんな根, はむしろ, はもうそろそろ, はもっとも, はやけど, はやさしい, はゆか, はよい, はよほど, はわたしたち, はギリシア語, はプロペラ, はモーリス・マーテルリンク, はラウダ, は一代, は一向, は一種, は丁坊少年, は万吉, は万太郎, は三ちゃん, は三十年輩, は三時, は与力, は世辞, は乞食, は事実, は二, は二年, は今, は代官松, は伊賀, は伊那丸, は何となく, は何事, は何故, は何者, は作者, は使い, は使屋, は例, は供, は僕, は先棒, は冗談, は冬次郎, は凡て人間, は初日, は別々, は十日過ぎ, は十時, は午前二時頃, は印象的, は又助, は友吉, は取り消し, は古語, は同じ, は同心, は名人, は向島, は君, は呉用, は四月十八日, は団八, は土塀, は大, は大津絵, は天正十八年五月, は好, は好い, は妄語, は姿, は娘, は学校, は宇野, は実に, は実際, は家老岡新左衛門, は宿, は将, は将門方, は小松屋, は小次郎, は少し, は屋敷, は平戸, は年嵩, は延せ, は建札, は弟, は当の, は当然, は待合, は心地よ, は忍剣, は忠三, は性交, は憶え, は戯れです, は故意, は早足, は明智探偵, は最上家, は月, は有名, は木村, は本所, は朱舜水, は東京, は松坂甚吾, は柄杓, は校長さん, は此歌, は武ちゃん, は武士, は武蔵, は歯茎, は母, は池谷医師, は注目, は浜町河岸, は浦島太郎, は淡谷君自身, は無, は無論, は熊太郎, は玄徳, は田辺, は町, は町娘, は皆, は皆嘘, は直義, は砲弾, は秀朝, は竹, は範之丞, は築, は米, は紀州頼宣, は純潔, は素直, は総髪, は羅傘, は舌, は舞二郎, は舟, は花魁, は若い, は若き, は著者, は薄, は蛾次郎, は蜂須賀家, は血, は袴姿, は話, は警部さん, は豆腐屋, は赤川大膳, は距離, は進退, は運転手, は邸内, は重ちゃん, は重傷, は針屋, は鉄扇, は銀二郎, は錯覚, は隅庄, は雲仙, は雲霧, は馬車, は駕籠, は鳥屋, は黒い, は鼻柱, もあった, もあながち, もあの, もある, もうるさく, もお, もここ, もこの, もそう, もそれ, もたべられなくなっ, もまた, もみなにせもの, もむろん, もムリ, も不思議, も両家, も仕方, も全く, も勿論ずっと, も嘘, も天女, も家持, も小太郎, も山口, も恨めしく, も扶桑, も月, も構わず, も気がつかず, も気づかない, も無理, も記憶, も道理, も顧, やらあの, やらまた, や若い, よそへ, わるかった, をいう, をいっこうに, をいまだに, をおぼえ, をおぼろげ, をかすか, をがん, をきい, をききます, をしかし, をその, をてっきり, をどうしても, をはっきり, をぴかりと, をぼんやり, をまた, をみる, をやめ, をわしら, をズバリ, をムキになっ, を人づて, を倶楽部長, を傍, を兵馬, を内心得意, を婦人, を子供, を川上, を己, を当時, を彼, を振切っ, を早く, を桂子, を横溝氏邸, を止めた, を水夫ども, を清逸, を父, を着, を知っ, を知った, を私, を第, を糸, を聞い, を聞いた, を聞かなかった, を肯, を自己, を薄々, を藤房, を見かけました, を見眺める, を見送っ, を見送る, を覚え, を退屈男, を部屋, を鷲尾, 大きな犬, 総和であり

▼ いった~ (1227, 11.9%)

30 それは 10 急に 8 これは 7 私は 6 これも, そのうち, 彼は 5 あれは, その言葉, それが, どうした, 私の 4 そのとき, その声, 女は, 彼が, 甚内は

3 [14件] しばらくする, すぐに, すぐまた, その後で, それも, どこへ, 万吉は, 何か, 平八は, 彼の, 父は, 言葉が, 誰も, 貝十郎は

2 [51件] いいか, いまは, お駒ちゃん, これが, しかしそれ, しかし彼, しかし結局, そこには, そのあと, その中, その帰途, その意味, その時, その男, その眼, その途中, それから, それと, それに, ために, どうにも, なにを, ぼくは, もうおそい, もう遅い, 七郎は, 今は, 今度は, 伊織は, 僕も, 出て, 口を, 声を, 夜に, 実はその, 広太郎, 彼女の, 彼女は, 振り返った彼, 早引, 正吉も, 気がついて, 法水は, 玄徳は, 生絹は, 竹見は, 終りの, 老婆は, 考えて, 自分が, 黙って

1 [965件 抜粋] ああ去年, あとの, あのとき, あの七草, あの娘, あの男, あまりいい, あらゆる超越的, あるいはきょう明日, あれ以来, あわれ身, いい, いいの, いかにも今日, いかにも聞き取り, いくらさがし, いっこうそれ, いつに, いまおまえは, いまの, いみじくもよく, うちに, おおかた彼女, おそかった, おそらく猿, おのずからな, およそ十間近く, おれは, お兼, お前何か, お安, お由羅, お袖, お雪, かえらない, かけはし, かたわらに, かぶりを, かれら, きゅうに, こいつも, ここから, このこと, このときトラ十, この予言通り, この時更め, この瞬間芸術的, この終戦後, これくらいの, これまで, こんなスリバチ, こんな会話, ごとくそれ, さあと声, さてはあの若, さらに中門, しかしその, しかし何処, しかし新子, しかし正勝, したたか耳たぶ, じれったそう, すぐそれ, すぐひきかえし, すぐ帰っ, すぐ引返し, すぐ語, すでにひとつ, するとポーニン, そいつは, そういう義理, そういった後, そうしてむざむざ, そうでなく, そこでなんと, そこで鞭, そこにも, そこへ, そちの, そのうちどこ, そのす, そのときドクトル, そのとき帆村, そのとき彼女, そのままに, そのまま水, その一方, その人たち, その光, その北条坂, その味, その失敗, その差, その年, その忌む, その感, その時スミス中尉, その期日, その様子, その直接, その瞬間, その立て札, その調子, その適当, その顔, そりゃ本当, それから鬱々, それぎり帰っ, それっきり何時まで, それでもまだよほど, それでも一方, それでも息ぎれ, それなら, それまでの, それを, そんなこと, そんな詰らん, たえて, ただそれ, たちまち馬, たった今瞳, たぶんあの, たまに乗る, だからぼく, ちょうど食卓, ついには, つまりこれ, ではその, とうとう力, とうとう終い, とくに月, とてもダメ, どうして着る, どうも不安, どうやらきりぬけた, どこかで, どこから, どこに, どこを, どの辺, なおも笑いつづけた, なぜか, なにかがたがたやり, なに思った, なるほどその, なんぼとは, はいりそびれて, ひたすら伝授, ひとりでも, ふたりは, ふっと不審そう, ふっと眼, ふとしんみり, ふと詠嘆, ふふふん, べつに悲しみ, ほんとうだ, ほんとか, まことにふしぎ, まさか夢, まさか猿殿, ますます都合, またたく間に, また一度, また面, まだ不安そう, まだ諦めない, まったくかい, まったくその, まもなく五十がらみ, まもなく顔色, みんなみんな, もう, もうこの, もうそろそろ正午, もうなんにも聞こえない, もう三島たち, もう母親, もう誰, もう追いつかない, もう電信柱, もちろんそれ, もともと二人, やがて, やがてその, やがてみんな, やがて二人, やがて彼, やがて横, やがて索, やがて降り, やがて顔, やっぱりクリカラモンモン, やっぱり間にあわなかった, やはりそうでなく, ややあっ, よかろう, りっぱな, わざと冷たく, アマーリアは, エルランガーが, ギャレージの, ザムザ氏を, ドアを, バチバチ火の, ヒラリと, フト声を, モルガン一族は, ヴィテルに, 一九五〇年あたりから, 一体何の, 一方には, 一週間ほど, 三上の, 三吉は, 三尺ばかりの, 三日後に, 三郎は, 下りようと, 与八は, 世俗は, 世子は, 世馴れず両親, 主人は, 久米之, 乳の, 二の句が, 二人だけ, 二品は, 二度と来る, 五十万年たった, 人間に, 今井は, 今夜の, 今日では, 今日出海氏の, 今朝から, 他人の, 仲間の, 伊賀之, 佐賀藩の, 何となく人, 何に, 何の, 何条悪い, 作歌動機の, 例えば十二, 侍たちは, 信長は, 倭文子は, 僕から, 元来ココアの, 先へ, 克明な, 全くそれ, 八橋が, 六兵衛が, 兵太郎君は, 円朝の, 出発し, 初めから, 劇場主は, 北条修理亮英時と, 十月の, 午後三時に, 半九郎, 却って念, 又の名全, 叔父は, 受話器を, 古事記の, 右手に, 吉田は, 名残り惜しい, 呂布も, 商人が, 啓之, 嘘であろう, 四十五分ほど, 四年ぶりに, 地下墓所へ, 坐り直っ, 塩野だけは, 夏侯淵は, 夕方帰っ, 多病で, 大して病気, 大吉は, 大成は, 大町の, 太陽の, 女が, 如何した, 妹は, 始めは, 姿を, 嬰児の, 子供の, 孔明は, 学生は, 孫兵衛は, 守護職松平肥後守の, 実にその, 実の, 実はカリフォルニア州, 家に, 富三郎は, 将校たちは, 小さな声, 少しも, 少し考え, 少年は, 山岸中尉が, 左倉少佐からも, 巧い, 帆村は, 幕が, 平八には, 平手造酒は, 年とった, 店員は, 式部が, 弓之助は, 影も, 彼女が, 彼自身新しい, 後ち, 後の, 心の, 忠三には, 忽ちたまぎる, 思う処, 急病の, 悠二郎たちは, 悪魔は, 憎く思っ, 懶け, 我々の, 我にも, 或る, 戦争に, 房枝の, 手首は, 拍子抜け犬も, 探すと, 掻巻と, 政府は, 教師は, 数時間の, 文八には, 斉彬の, 新島八十吉では, 旅行者は, 旗二郎, 日吉が, 日除笠す, 旧式な, 明るい自転車, 是は, 晩成先生は, 暫くたっ, 曖昧であった, 書かれたもの, 最もよく理性, 最後この, 最後に, 朝廷を, 本来破落戸であった, 村川には, 村川は, 東野は, 松次郎の, 果してお, 果して彼女, 枯木林の, 柄から, 栄玄は, 横網寄りの, 次にそれ, 次には, 次郎にとっては, 歌うという, 正三君は, 武蔵は, 残った品, 母親には, 気持が, 江戸の, 沢庵も, 河村は, 治六は, 泥坊が, 流れが, 浄土の, 涙を, 渋江氏を, 源吉は, 火の, 災難仲店で, 煙に, 熱の, 片野さんは, 犬も, 玄徳には, 玉藻は, 生きた鶏, 田村軍曹に, 甲斐の, 町角や, 病後だ, 皆王の, 直接には, 相手の, 真実であった, 眼に, 矢代は, 石ころばかり, 石黒少佐は, 祝日には, 福島から, 秀吉また, 私が, 私どもの, 私服だ, 科学も, 空を, 端なく, 第一, 答えが, 築山を, 糸, 紀州藩士の, 紋太郎は, 納得の, 結局とらない, 結局三万五千円で, 続いて, 綾子は, 美しさ, 老人は, 耳を, 聞こえない, 肘を, 脹満で, 腹の, 腹立つ下, 自分の, 芝浦館と, 若い者, 葬式の, 蒋と, 薩州藩では, 藤木家一族の, 蘇武は, 蛾次郎は, 街灯の, 表現する, 裏の, 西洋料理で, 見たところ絹坊, 見ると, 親方には, 言を, 詳しいこと, 読者が, 誰か, 誰を, 警察へは, 足の, 軈て激しい, 軽く立った, 返事が, 返辞を, 速水は, 連日勅使ならびに, 部屋を, 重たそう, 野枝さんも, 銀之丞は, 長野が, 間もなくそれ, 間もなくコソヴオ橋, 間もなくピアノ, 間もなく没, 降りと, 階下で, 雪之, 電線の, 露を, 静かに, 頬に, 飛び道具を, 食事の, 食糧課員の, 首を, 駄目でした, 駕の, 高い屋根, 高雄の, 鴎外の

▼ いったよう~ (704, 6.8%)

52 なもの 18 なこと 17 でしたが 159 にこの 8 だ, な意味 7 な感じ, な気 6 である, でした, なわけ 5 です, な, な事情, な人, にその 4 であった, ですね, な訳, な顔

3 [11件] だが, な事, な意識, な考え, な言葉, にあの, にいいました, に思った, に自分, に覚え, に長い

2 [30件] すです, だな, ですが, なところ, なの, な動作, な問題, な場合, な女, な志, な態度, な服装, な様子, な次第, な生活, な男, な者, な話, な趣, な顔つき, におれ, にこれ, にし, にしきりに, にやはり, に人間, に今, に哲学, に子供, に私

1 [411件] すいっぽう, だった, だったが, だったね, だと, であります, でご, ですがね, ですちょっと, ですな, でひどく淋しく, でめっきり, でも, で心苦しい, で焼, なあんな大きな, ないで, なお, なおそろしく, なおもむき, ながさつ, なたいへん, なただ, なたとえば, なとら, などこ, ななんとも, なね, なふう, なみえ, なものの, なやかん, なやや, なゆるぎの, なインデペンデント, なクラシカル, なセセコマ, なパリ, な一抹, な一揆, な不満, な世間, な中心主力, な事柄, な人生観, な今日流行, な何, な作者, な働き, な内容, な内的感覚, な出鱈目, な利益, な制限, な動物, な勢力, な原始的, な厳格, な反対, な句, な可愛らしい, な史実, な名優, な名前, な君主, な呻きが, な商人, な国風, な地下組織, な場面, な多く, な夢, な大きな, な大まか, な太い, な夫婦喧嘩, な奇跡的, な奇魚, な奥深い, な女房, な妙, な季節的気候的環境, な宣伝, な工合い, な幻, な幾つ, な形容詞, な形態, な御, な御利益, な御大層, な心, な心像変換, な心持, な心持ち, な応答, な忠臣, な急, な性質, な怪奇, な意味以上, な所, な押えること, な拷問, な探い傷, な文句, な文型, な文法形態, な方法, な方程式, な日常必須, な景岡, な有様, な杖, な枝葉末節, な気分, な気持, な永久機関, な注意, な浮世ごと, な海港都市, な淡, な点, な無邪気, な物すさまじい, な物理的研究, な特別, な玻璃, な珍客, な男女, な異様, な盗み, な知らせ, な稀有, な種類, な空気, な突飛, な笑い, な結論, な絵画彫刻, な美術品, な臆測, な行い, な行動, な複雑, な要求以外, な観察, な触れ, な言いあらわしよう, な計画, な記憶以前, な記述, な話し合い, な誠に, な誤解, な調子, な議論, な身, な身なり, な身装, な返事, な追分文句, な退屈さ, な遅疑, な金言, な陽気, な雑草, な頭, な風, な風体様子, な風説, な騒ぎ, に〇・二七秒, にあま, にあまりに, にあらゆる, にある, にあんな, にいい, にいったん, にいつも, にいま, にいわば, にうしろ, にお, におこじ, におちつい, におぼえ, におもいました, にお初, にお寺, にかりに, にきっと, にけろりと, にこう, にこっち, にさえ思われた, にした, にしばらく, にすこし, にそのまま, にた, にたくさん, にたちまち, につぶやきました, にです, にとても, にどんな, になかなか, になった, になに, になにか, になるほど, には思った, にひと, にひどい, にひどく, にぶらりと, にほんとう, にもう, にもし, にわし, にわずか, にわたし, にわれら, にカント, にデンマーク新報, にドライアイス, にハッチソン, にフランス哲学, にフーラー教授, にベルナアルさん, にマウナ・ロア, にルアーブル, にロケット, に一つ, に一丁, に一人, に一八七四年, に丁重, に万巻, に三十歳, に世の中, に並べた, に中村屋, に丹沙, に二時間, に五人, に五月, に今度, に今日, に付き添う, に仮想, に何, に例, に修辞学, に俳優, に個人, に兄, に兇器, に全く, に北海道, に十人前, に半径, に単純, に博士, に去り状, に古い, に吃驚, に同じ, に問題, に噂, に国際法, に地球, に地球上, に外気, に外界, に夢, に大きい, に大きな, に大村組, に天然, に太平洋, に夫婦, に奇妙, に女, に子爵家, に安直, に実在, に密偵, に寒冷, に対象, に小, に少しねっとり, に岡, に帽子, に形成, に彼ら, に彼女, に彼自身, に後, に徐々に, に必ずしも, に思う, に思われない, に思われます, に思われる, に思想そのもの, に恋愛, に恋愛現象, に悠々, に悪魔, に慈音, に戦後, に戦意, に指一本, に挙兵初期, に探偵眼, に損耗, に敷い, に文字, に日, に日光廟, に日本, に明智, に映画, に時折, に晩, に晴れやか, に最善, に有効需要, に有名, に有明荘, に本船, に朱色, に条, に東, に松谷鶴子, に根本, に棺, に歌壇全体, に止ん, に死にたかった, に死ん, に気味, に気流中, に水, に氷, に決して, に決定, に浅草, に無口, に無関心, に煙管, に物的価値, に特殊, に理屈, に琉語, に畑, に百姓, に相手, に知識, に石, に石舟斎, に秀, に科学, に空, に第, に米, に精密, に絶望, に美人, に美女, に聞いた, に聞こえなくなっ, に自ら, に自殺, に自然科学, に色彩, に芝居茶屋, に芸妓, に芸術論, に菓子, に葛飾在, に蛇管, に見えます, に覗く, に親, に観念聯合, に言う, に診察, に誤った, に諸口さん, に進物駕籠, に遥々, に鉛筆, に鏡, に閑静, に雑木林, に霧粒, に頷い, に飛び道具, に食わせ, に首, に馬車, に馬道, に駅, に鬼頭, に黄金メダル, に黒っぽい, よ

▼ いったこと~ (606, 5.9%)

52 がある 17 があった 12 である, でした, もある 10 があります 9 です 8 がない, のある 7 がありました, だが, はない 6 はうそ, はほんとう, をほんとう, を思い出し, を思い出しました 5 だろう, であろう, はありません, は嘘, もあります, を思い出した, を思い出す 4 がなかっ, のない, もあった, もない 3 がわかる, だった, なの, になります, を, を覚え

2 [32件] か, があたっ, があるだろう, があるでしょう, がほんとう, がよく, がわかった, が彼, が間違っ, だ, だけは本当, だったの, でしょう, に同感, のため, はたしかに, はなかっ, はみんなほんとう, は自然, ももう, をおぼえ, をきい, をよく, を今, を伝えた, を忘れる, を思っ, を真に, を知っ, を自分, を話した, を頭

1 [282件] かお前, からすこし, からである, からはじまります, から始まっ, から脊伸び, から離縁, から駒, か出, があたった, があったでしょう, があったらしく, がありあり, があるらしい, がいい得る, がお, がお前さん達, がお気, がけっして, がすぐそのまま, がそっくりそのまま, がただ, がなかなか, がなん, がほぼ, がまことに, がみんな, がイェレミーアス, がテッキリ自分, が丸, が今, が何, が充分, が判明, が原因, が嘘, が寺田さん, が心, が思いあたるでしょう, が思い出された, が思い合わされた, が愚かしく, が改めて, が本当, が正しかっ, が正に, が母親, が氏, が気, が耳, が聞えなかった, が聞えぬ, が記憶, が重要, さえあった, さえどうも, さえない, その消息, だけしか後, だけで, だけである, だけを頼んだ, だし, だぜ, だろうと, ちがって, であった, であの, でありましょう, であり第, であるが, でお, でしかし, では, でまた, でわかった, で新子, で第, とそして, とどちら, ともくいちがっ, と書い, などがあるだろう, などがわかる, などが作者, などが思いだされ, などが思い出された, などまったく, などを多く, などを夢, など思い出されました, など思い出しました, など思い合わす, なら何, なんかてんで, なんかない, なんかまだ, についてはみんな, について少し, になっ, になった, には, にはこれ, には品行方正, には返事, にまるで, にもなっ, にもなるまい, にも研究, に嘘, に変わり, に多, に寸分間違い, に対しての理屈, に対して責任, に於, に気づいた, に満幅, に疑い, に相違, に答えました, に耳, に胡散, に自分, に賛成, のあった, のある苔むした, のいきさつ, のねえ, の中, の意味, は, はあまり, はあまりに, はありませんでした, はある, はいう, はいちど, はおもしろい, はかならず, はかならずしも, はけっしてそんなに, はごく, はすこしも, はすっかり, はただ, はだいたい, はちゃんと, はつぎ, はとり, はねえ, はほんと, はまた, はまちがっ, はまったく, はみな, はむしろ, はやはり, はよく, は一時, は一見, は佐多稲子, は内緒, は分っ, は前, は多分, は少く, は必定, は新田先生, は日本人, は村, は植物学上誤り, は正しい, は正しかっ, は気づかない, は水戸, は申す, は私, は耳, は自我, は虚, は言質, は誰か, は豊島屋, は近年, は間違い, は驚くべき, までお, まで一, もあたい, もありました, もありませんでした, もいま, もなかっ, もまんざら, もみな, ももとより, もわたし, もフミエたち, も事実, も全く, も別, も幾たび, も思い出される, も曲り角, も満更, も漸次, も珍しく, も門弟達, やら秀吉, やキミ子, をあらためて, をいいつけなく, をいくら, をいわれた, をききます, をする, をそして, をその, をそのまま, をたしなめる, をつい, をどう, をどの, をまことに, をまず, をも忘れ, をわかっ, をわし, をわすれる, を人々, を今度, を今本気, を他人, を伝え, を信じた, を信じたろう, を北風, を友田氏, を取り消し, を取消す, を口, を口走り, を多, を夜どおし, を太郎, を娘, を少し, を平塚さん, を幾回, を彼, を後, を忘れ, を忘れず, を忘れよう, を思いだし, を思いだした, を憶え, を木, を残らず訴えました, を毎年継続, を疑い, を知った, を秘密, を立証, を義ちゃん, を考え直し, を聞い, を聞いた, を聞きとがめ, を聞きわけた, を自責, を興がる, を裏書き, を話題, を読者, を附記, 中ったぞ, 分らなえ, 帰って, 忘れるな, 知ってるわね

▼ いったもの~ (520, 5.0%)

60 である 56 です 3214 でしたから 12 があります 11 もありました, もあります 10 で, でした, らしい 9 だから, であろう 7 だと 6 がありました, がある, では 5 だった, だろう, であった, ですから 4

3 [11件] かな, があった, だが, だという, であります, であろうと, ですが, と思われる, と見える, に違い, はなかっ

2 [17件] かいずれ, かどう, がない, だそれ, だとは, だね, でありまして, でしょう, でしょうか, でなければ, とみえる, と解せられる, なの, に相違, のよう, の方, を

1 [160件] か, かいくら, かいっこうに, かおじいさん, かそれ, かそれとも, かたかが, かと思っ, かと考えました, かなあ, かは青空, かまた, かめったに, から出でた, から弁護側, か一寸, か世にも, か月, か機密, か消え, か見つからない, があるでしょう, があるらしい, がいつ, がそれ, がそれほど, がつかっ, がどうやら, がみんな仕合わせ, が一つ, が並ん, が二, が今, が今晩ヴァン・タッセルさん, が幾人, が感じられた, が感じられる, が持運ばれ, が描い, が流行った, が満ち溢れ, が突如, が諭吉, ごしを, さ捉, さ近江, じゃない, じゃよ, だな, だなるほど, だろうかと, だろうそんな, だろうと, だろうという, だ実は, だ軒下, であったが, であったと, でありますが, であろうが, でけっして, でご, でございましょうか, でございます, でさんざん, ですか, ですなあ, ですなわち, ですね, ですよ, でなに, でなるほど, でなん, でも, でパッ, で勝利, で大, で岩滑新田, で斉昭, で村方, で樹立, で父, で落語, で陛下, とおもいこん, とさとりました, とする, とすれ, とはおよそ, とは別, とみえます, とみなす, と信じ, と同等, と思います, と思われます, と睨ん, と結び付け, と考える, と見る, と見れ, と解し, どころか創作それ自体, ならだれ, なら先生, なんで, にしか過ぎない, にすぎない, にちがい, になろう, に不信, に刺戟, に対して原始人, に支配, に脚色, に過ぎない, のうち, はいう, はいつぞや, はおばあさん, はどこ, はみんな, はようやく, は不調和, は人, は大きく, は大野木村, は実に, は目, は神田神社, は笑っ, までが知らせた, までみんな, もあっ, もある, もそれきり, も食べた, よ, らしいので, らしい大岡さばき, らしい画箋紙, らしかった, らしく経路, をあなた, をかれ, をただ, をたれ, をと編輯者, をやります, をコケ, をハリス, を一つ一つ, を伴った, を好む, を描出, を見た, を誰, を買っ, を返し, 馴れるに従って

▼ いった~ (263, 2.5%)

21 いう 15 思うと 6 ある 5 いうが, いうので, すれば, みえましたが 4 思う, 見えましたが 3 いって, すると, 伝えて, 思います, 思って, 思われましたが, 聞いて, 覚えて

2 [14件] あれば, したならば, する, みえます, みえる, 伝えられて, 心の, 思えば, 思ったが, 答えた, 考えても, 聞くと, 見えて, 見ゆ

1 [141件] あります, ありますが, あるが, あるは, いいましたね, いうか, いうかど, いうから, いうごとく今度, いうじゃ, いうだけ, いうだけで, いうな, いうならば, いうのに, いうまで, いえば, いったらだれ, うなずける固, おせい様, おっしゃらないばかり, おばあさんの, お伝えください, お思い, きいて, きくが, こういうん, これは, さっきの, したらそして, したらその, したらどう, したらなおなお, したら主人公, したら仁太, したら可, しよう, するもの, せえ, その後屡々, ぼくに, また同じ, みえて, みえまして, みえるな, みえるね, みえ何度, みえ風, みなに, みると, みるより, やかましく噂, わかると, アメリカで, サ, 云うが, 云うその, 云うの, 云って, 云われる, 仰しゃるんですか, 仰有るの, 仰言, 僕は, 先方の, 叩頭する, 同じこと, 同じ欠点, 同じ言葉, 同時に酒屋, 同様な, 告げたそう, 告げなさい, 嘘を, 夫に, 安心を, 小田原城の, 弥吉は, 彼は, 心中躍りあがらん, 思いなおして, 思うが, 思うの, 思うのに, 思うまもなく, 思うや, 思うより, 思うわ, 思うん, 思う今日, 思う方向, 思う相手, 思った, 思ったの, 思ったので, 思ったひょう, 思ったらしかった, 思ったらぱたり, 思ったらも, 思ったら五分間, 思われました, 思われる, 思われるじぶん, 急に, 想像する, 正直に, 理屈こねる, 申しますこと, 申すか, 申立て, 畳懸け, 相手に, 知ったので, 知っても, 知れる, 称して, 笑って, 考えた, 考える, 考えること, 考えると, 考えるより, 聞いた, 聞いたとき, 聞いた時, 自分でも, 見え, 見えますね, 見える, 見ると, 覚える, 解するの, 言い子ガニ, 言うたは, 言うん, 言って, 詠みあったと, 話して, 語った, 語りつたえられた張赫宙, 誰かから

▼ いったので~ (254, 2.5%)

8 私は 3 みんなが 2 これは, ぼくは, 二人は, 人々は, 後に, 皆の, 順平は

1 [229件] あたしは, いくらか, うっかり女房, うれしくて, おかあさんの, おかあさんは, おかしいやら, おじいさんは, おせい, おぬい, おばあさんは, お君, お家騒動が, お延, お槙, かえってお, かえって不審, きさ, くすくすと, こうして柳, こちらを, ことごとく首, この点バーンス, この頃, ござりましょう, ござります, さお, さぐって, しかたなく, すぐさまそこ, すぐに, すこし不安, そういう突拍子, そして宵, そのこれ, そのとおり, そのほう, その一例, その主人, その人無罪, その土産, その御, その日, その漁夫, その申訳, その須磨, それから佐助, それは, たいへんに, たき火に, たちまち早雷, たちまち賛成, つい油断, つまり私ども, とうとう私, なにもかもわかりました, はじめて人, びっくりし, びっくりした, ふたりは, ふるい考えかた, ほかの, ぼく元気が, まさかのとき, また一つ, また群衆, みなその, みんなは, みんな笑っ, もう寝, やがて島, やがて彼, やっとう, やっと一回, ようやく気がつい, りすは, わたしは, キャッと, ジョウは, ノロちゃんが, ブルック先生が, ベスは, ホームズと, ミドリちゃんは, メグはじぶんの, 一人で, 一座は, 一番茶目助の, 万事は, 三ルピーで, 三根夫は, 下役の, 不審げに, 中に, 久能は, 九日の, 二人で, 五人の, 五助作平腰を, 五十川女史と, 五十川女史の, 人呼ん, 今日寝坊し, 伝六の, 伸子は, 何という, 何濤は, 元日なり二日なりに, 兵士と, 初めは, 初めジャン・ヴァルジャンの, 初乃は, 別に聞かなく, 別れた夫, 副島も, 助九郎は, 勇吉は, 博士は, 即座に, 口惜しくて, 台所に, 右門は, 吉村は, 吉次が, 同じ一つ, 呉懿は, 変事前から, 外務卿アルムストは, 外部の, 夜半ふい, 夜明けに, 夜遅く, 大喜び, 大笑いに, 太郎は, 女ちょうは, 女は, 女中たちは, 始めて何部, 子爵は, 子規氏も, 学生さんは, 安堵した, 安心した, 実に天, 客の, 家が, 小唄の, 小坊主は, 小次郎は, 小泉の, 帆村は, 席は, 帰りに, 年郎くんは, 店の, 弱虫と, 当然その, 当然の, 彼は, 彼らは, 彼女は, 往来の, 後には, 怺え, 戸山少年は, 敏ちゃんは, 曹操も, 朝が, 朝倉先生も, 木之, 木戸の, 朱実の, 村川は, 款を, 正二くんは, 正吉は, 民部も, 気むずかしい顔, 気を, 河合は, 泣く泣く女中, 洋一は, 浦島は, 為守は, 烏兎匆々と, 無実の, 熱烈に, 父は, 狂喜し, 狂瀾を, 王すなわち, 町へ, 皆は, 皆笑いだした, 看護婦たちは, 眠って, 石村さんは, 祖母は, 私にも, 私も, 私を, 突嗟に, 笑い出して, 細君も, 老人を, 肌着のみ, 自分が, 若松屋惣七を, 葉子が, 蕗子も, 薫も, 藤木さんの, 話が, 象は, 身内の, 車輪は, 遂には, 金も, 長い間情趣, 門弟達は, 陽子は, 風体怪しき, 騒ぎに, 驚きその, 高くなる, 高一, 黄泉まで, 黙って

▼ いったところ~ (142, 1.4%)

3 でただ, は意外

2 [11件] がまた, だと, でそれ, で彼, で道, にある, はいわず, はお, をみます, をみる, を見る

1 [114件] えらくしかられた, か, かね, かも知れない, からみる, から判断, から推測, か見え透い, がむだ, が何, が味噌, が始まらない, じゃない, そこでまったく, そこで急, その穴, そんな筈, だ, だった, だという, だよ, で, であの, であるから, でおい, でおおく, でかならずしも, でこの, でこんな, でしかた, でした, です, ですわ, でそりゃあ柳, でたぶん, ではじめて, でもちろん, でキャラコさん, で七郎, で三娘, で中間, で丹三郎, で二人, で今ごろ, で刀, で四人, で夜, で女, で小さな, で小舟, で師父ターネフ, で幹事, で格別女主人, で決して, で湯, で無益, で立, で縁, で老婆, で金, とたいして, とどこ, と頼房, にあった, にあなた, にすぐ, にその, にひろっ, による, に一台, に人造人間, に多少, に新井薬師, に有名, に清く, に立っ, に綺麗, に間馬川, の二階家, の昔, はあちらこちら, はあまり, はいかさま, はいまし, はそこ, はなぞ, はガヤガヤ, は一瞬前, は二階, は今, は司令官室, は大きな, は奥, は奥書院, は妹菊路, は平家一門, は日, は最初, は水芸若衆歌舞伎, は牢同心詰め所, は社務所, は老中御用都屋, は話, は軒並び, へゆうべ出, へ手代ども女中, もあった, らしい, をたれかみ, をばっさり, をほか, を散歩, を考え合せる, 同じその奥山

▼ いったという~ (139, 1.3%)

9 ことである 6 のです 5 ことが, ことです, ことは 4 ことであった, ことを, のだ, のは, 話が 3 ことだ, ことも, のである, んです, 話, 話を

2 [12件] ことで, ことであります, ことに, ような, わけだ, ハガキが, 話だ, 話です, 話は, 話も, 顔つきで, 風に

1 [47件] うわさでした, うわさを, こときり芳枝さんは, ことだけ, ことでした, ことでしょ, そのこと, その距離, その駕籠, のかい, のであった, のでありました, ふうであった, ものも, ものよ, ように, わけ, わけです, わしの, んでしょ, んなら, 一つの, 事実が, 便りなどが, 十七八の, 噂であった, 夜の, 大塔, 帰還者の, 悲報を, 所に, 断末魔に, 方が, 書物が, 柴田勝家の, 様な, 段取りに, 父の, 聞きこみが, 角助の, 言葉が, 訴えが, 説に対し, 説も, 道を, 顔を, 類の

▼ いったとき~ (121, 1.2%)

9 のこと 3 にはもう 2 その中, です, と同じ, のあの, はもう, もこの, も二人

1 [95件] いきなりドア, お日さま, かの怪外人, がかれこれもう, が五晩, この二人, こわくなっちゃった, じつにふしぎ, ずっと前, その入口, その姿, その犬, その言葉, ただ自分たち, たまたまそれ, だ, だけ目, だった, ちょうどベル, ちらりと見えた, つなは, である, でしたが, とはみちがえる, とびら, どうした, どやどやと, どんな着付け, なるほどこれ, に, におじいさん, にこの, になっ, にはこの, にはひじょうに, にはペペ山, には二人, には僕, には四十歳, には女たち, には木靴, には村, には母, には自分, にもその, に偶然, に先, に女中, に彼女, に見つけた, に震え, ねおれ, ののぼせた, のまだ, のまま, のよう, の沖田刑事, の第, の話, はあなた, はいつも必ず, はじめてその, はじめて父, はそう, はみんな, は丁度, は六七人, は名人, は所内, ふたたび電灯, ふとその, ふと気, またもやくらい, もさけとう, もしも悪者, も帯刀, も泣い, やっとまた, やっと二人, やっぱり奥, 丁度なに, 初めて火, 別に経料, 呼びあげられた家士, 呼んだけれど, 大きな魚, 御隠居さん, 思いがけなく小太郎, 思わずその, 日ごろの, 案の定あばた, 突然そこ, 突然思いがけなく, 若い婦人, 驚いて

▼ いった~ (115, 1.1%)

5 わからない 3 姿が, 見えなくなって 2 どうか, わからないが, 行方が

1 [98件] いつどんな, いまだに, いまだに行方, いわないかの, いわなかったか, えりに, お久美, お米, かいもく姿, かげも, きみ想像が, こなくなりました, ご存じ, しかしそれ, しらべて, しれたもの, しれない, しれません, すがた, すべてが, そいつばかりは, そこには, そのあと, そのか, そのこと, そのなぞ, その内容, その姿, その年, その影, その目撃者, その眼, それからまたドクトル, それともみぞ, それとも雨, それについても, それによっては, それを, つての, とにかく東蔵, どっちか, はしらないが, まだ行方, まだ見えない, もうおらなかった, ような, わかって, わからせないよう, わからないでしょうか, わからないので, わからねえか, わかるもの, 一しょに, 今なにを, 今は, 僕にも, 冬木は, 分らない, 分らなかった, 分らんの, 動かぬ足取り, 勘定し, 十万と, 図書助は, 土地の, 如何かという, 姿は, 姿を, 子どもに, 影も, 忘れたよう, 忘れて, 掘り荒されて, 方角だけでも, 死んじまったもん, 河童と, 現存すれ, 白状し, 皆目手懸り, 皆目行方, 知らない, 知らないが, 知らんか, 知らんが, 知れないでは, 研究し, 私も, 筒いっぱいに, 肉眼では, 肝心かなめの, 行方しれず, 見えなかった, 見えなくなったの, 見えぬよう, 見えませんよ, 見ましょうね, 記してないが, 飛ばして

▼ いったかと~ (114, 1.1%)

68 思うと 15 おもうと 3 思うまもなく, 見えたが 2 いうと, いうに, 思う

1 [19件] いうのに, いえば, しかって, みえたが, 云や, 仰しゃるんですか, 思いましたが, 思うが, 思うま, 思うや, 思ったので, 思って, 思われましたが, 申しますと, 見えるや, 見ると, 見るま, 覚えて, 訊ねたん

▼ いったそう~ (94, 0.9%)

25 である 18 です 10 だが 95 であるが 3 であります 2 だった, で, ですが, ですね

1 [16件] じゃ, だし, だへび, であると, でお松, でこの, でございますよ, でさ, でした, ですぞ, でとうとう, では, で夕餉, で数人, で殿さま, な

▼ いったとおり~ (91, 0.9%)

96 である 4 です 32 だった, だろう, でした, のこと

1 [61件] あの見えない, ありましょう, いつもの, けっしてこの, このうち, この空缶, この話, こんな目, しょせんが, するもの, その中, だったね, だったよ, だったろうと, だという, だよ, だッ, つぎつぎと, であった, であって, でありました, であるから, であるが, であろうどうも, とはどういう, なかなかの, なの, なので, にいっ, にごく, にし, にしました, にする, にすれ, にちがい, になされ, になにごと, になる, にやりたまえ, に安積艮斎, に道路, に違い, に顔, のことば, のにせ, の月, の気もち, の海中風景, の言葉, ひとりでにいっさい, まだその, ゆるしが, よ, をもう一度, を報告, を実行, 味わう物, 帰ること, 生島屋七郎兵衛方, 若い頃, 萎びたる万吉郎

▼ いった言葉~ (87, 0.8%)

5 を思い出した 4 に, の意味, を思い出し 3 である 2 だった, であった, を, を思いだした

1 [59件] があります, がここ, がこびり付い, がその, がよく, がよみがえっ, が全部いい加減, が妙, が心, が思いだされた, が思い出された, が恨めしく, が気, が葉子, が達夫, が遠雷, が金, だ, だが, であきらか, であるから, であると, で因縁, で総て十分, とはちがった, などあれ, にはどんな, に同意, に対してさっそく, に従って一人ぽっち, に応じ, のきれ, のなか, のふし, の中, の偽り, はその, はたった, はほんと, はやさしく, は今や, は立派, は結婚, までがいまだに, もお, もひとりでに, も葉子, らしい声音, をいつ, をつくづく, を一度, を子路自身, を忘れない, を思いだし, を思い出しました, を思い出す, を意味, を知らない, を裏切らない

▼ いったから~ (85, 0.8%)

11 です 7 である 2 だ, であります, 相手は

1 [61件] いいや, いきません, いまお, いまに, いわれない, おのずからこういう, きっとこれからもちょくちょくいらっしゃるだろうが, この名, この災難, これも, さあおあがり, じゃもったいない, すぐ帰っ, すぐ来る, そこで子, そこを, その罰, それじゃ, それで, それであの, それを, だが, だった, だろう, ついて, ついでに, であった, でしょう, ですよ, で魚, はて, ほら抜いた, ぼくは, みて, もう帰る, もう心配, もう起き, 三河島の, 人が, 伝六が, 信祝は, 僕は, 元は, 全く恐ろしい, 大森までと, 孝吉は, 家の, 当時アヲウマと, 悪いん, 持参し, 掛かったんで, 来たの, 来ましたと, 松平隠岐守家来何の, 此歌でも, 注文どおりやった, 珍らしく, 直ぐ飛ん, 筆記し, 終に大, 高官たちまでも

▼ いったのに~ (65, 0.6%)

3 ちがいない

1 [62件] ありゃなん, いい加減な, いうこと, いわなければ, おせい様, お前たち女は, きさま, ここから, これでは, しょうの, その沈黙, それにも, それも, たいし好感, ちがいありません, ちがいあるまい, どうした, どうしてもいう, どこを, なんたる, なんだって, のこのこと, まだお, まだやめない, まだ出, まだ駄々, イヤに, クロだけは, サリイは, 三びきくれました, 二人だけ, 二円と, 今の, 今文明, 伝六の, 何故よばなかった, 力を, 博士は, 反して, 受付の, 君が, 呼び戻さなければ, 嘘は, 大蛇位な, 女は, 富士男は, 帰れと, 庄吉が, 根も, 気がついて, 満足した, 生ネギ, 病では, 相違は, 答えないで, 聞えぬふり, 腹を, 自分は, 行かせなかったの, 行方不明で, 過ぎないの, 違いなかった

▼ いった通り~ (65, 0.6%)

4 である 2 だが, だった, にし

1 [55件] いかなる人材, お喜び, お神さん, お経, この日, その危, その座敷, その戸, その時分, その書き物, その祖父, その頃, そもそもの, だ, であった, でお, でしょう, です, で社交的方面, な櫃, にしない, にしろ, にちがい, にちょうど, に何, に周瑜, に市十郎, に話せ, のこと, のもの, のわけ, の事, の戸毎, の気持, の言葉, の酒代用品, の青天白日, まあ大丈夫, まだ考究, まんまと敵, もしその, もっともこれ, バタバタ打ちやがる, 一寸すまし返っ, 一度妻恋, 切っても, 大きな松, 大多数, 実際の, 広い東京, 御城下, 第三篇, 見せる方, 近頃この, 運ぶよって

▼ いった~ (63, 0.6%)

2 でした, と同じ, にはすでに

1 [57件] いきなり激しい, いずれと, お島, から折々, その相談, たまに省作, です, でもした, とはすっかり, にその, にはおれ, にはまざまざ, にはウケ半分, には家, には店, には彼, には熊太郎, には矢柄源兵衛, には荒涼たる, には葉子, にもはや, にもやはり, にハッキリ, に俳優, に僕, に初めて, に取っ, に唐茄子, に奥, に学校, に小次郎, に最初, に鳥安, のきれ, のこと, のまま, のよう, の一座, の伯父, の変梃, の様子, の白雲, はいつも, はぶら下げ, はもう, は両, ふりかけられて, またその, もう一木, もう兵頭, もなんだか, も包紙, よく自分, 取散して, 少なからず, 隣りの, 騒ぎ立って

▼ いったその~ (62, 0.6%)

3 伝六が 2 時の, 顔

1 [55件] あげくに, あらあらしい音, いちん, うつくしい菊, お首, ことが, ことばで, ことばでした, さきである, しかたは, すきに, すこし前, とたんです, なまめかしい朱, まっ黒な, みやげを, 一せつな, 一語を, 人込みの, 使い, 先は, 出会いが, 千種屋が, 口が, 声が, 声に, 声は, 大辻二等水兵だった, 奥山の, 女の子の, 姿を, 娘という, 家に, 帰りです, 御前の, 情緒の, 日の, 曲がりかどに, 炭車は, 當夜に, 目が, 舞台の, 草香流柔術の, 菱形屋でありました, 表の, 裏通りへ, 言葉しか, 言葉に対して, 言葉までが, 調子は, 足もとの, 足取りは, 辺りいっときは, 隙を, 鼻先へ

▼ いっただけ~ (56, 0.5%)

10 では 6 であった 4 である 3 であと 2 でその, なん

1 [29件] だ, だったそう, だよ, であっさり, であったそう, であります, であるが, であるし, でした, です, ですが, ですぐ, ですし, でもどって, で他, で助光, で大して, で子供, で手紙, で格別七夕, で直に, で笑い顔一つ, で若し, なの, なので, なのに, なのよ, ならよい, 入用だ

▼ いったあと~ (53, 0.5%)

2 でした, で女, のこと

1 [47件] いいにくそう, からことこと, からだれ, から伝六, から名人, から宿居, がひらいた, すでに一年以上, だ, だった, で, であった, である, でかぎ, ですっかり, でその, でもどっ, でも取つき, で丁度, で三浦, で云った, で判事, で型, で女の子, で存分, で家人, で寐, で殊, で玄関先, には三本, には春木少年, に私, に西田, のテント, のドア, の化物屋敷, の道, はぜったいに, はたまらなく淋しかっ, は却って, は腹心, までも忠相, を見送っ, 今松, 必ず慰め, 来合わせた, 高い身分

▼ いったあの~ (44, 0.4%)

1 [44件] あばたの, おそろしい人食いワシ, お嬢さま, きつねが, ことばも, ごとき愛, さっきの, ときの, ロボットと, 乞食少年です, 人は, 作阿弥を, 北緯四十度圏と, 地下室です, 夜は, 娘に, 娘は, 子, 学校に, 宮志多亭の, 小公園, 巨大な, 役侍達二人です, 怪物が, 恐ろしい殺人法, 悪者の, 惨めな, 拳銃を, 斧田又, 時その, 時見た, 男から, 白々しい言葉, 者共を, 背景は, 若い農林技師, 萱や, 虚無らしい, 蠅男の, 謎の, 赤い道化師, 足軽の, 道化師と, 駕籠み

▼ いったわけ~ (44, 0.4%)

7 です, では 4 である 3 じゃない 2 だ, だが, でも, なん

1 [15件] が急, さ, じゃありません, じゃなかろう, だったン, だよ, でありますが, でいい, でございます, でわたし, でヴェリチャーニノフ, で茂助, は, は息子, もあらまし

▼ いった~ (42, 0.4%)

10 違いない 9 ちがいない 4 相違ない 2 違いなかった

1 [17件] きまって, くむべき犯人, しても, しろその, しろ一週間, すぎないし, すぎなかった, せよその, ちがいありません, ちげえねえ, ちげえねえです, 決まってるじゃ, 相違ありません, 相違ご, 相違ござるまい, 過ぎないの, 過ぎぬの

▼ いったじゃ~ (41, 0.4%)

25 ないか 5 ありませんか 3 ないの 2 ござんせんか, ねえか 1 ない, ねえかよ, アありません, アない

▼ いった~ (41, 0.4%)

9 がいい 2 がふさわしい, がよい, が穏当, が適当

1 [24件] がかえって, がどうも, がよかろ, がより, がよろしい, がハッキリ, が一番, が分り, が判り, が妥当, が恥, が意味, が我々, が相応しい, が相応しかっ, が試験, が近い, が遥, が適切, では, にはその後, へといった, へ貧困, も間違う

▼ いったきり~ (38, 0.4%)

4 であった 2 だまりこんで, である, です

1 [28件] あのかた, いまだにけ, いまだに帰っ, いまだに帰らねえ, かえって, くるりと, さすがの, しらん顔, だった, であくまで, であっち, でいまだに, でそのまま, でちょっと, でぼうぜん, で今どこ, で息, で腰, で顔, どうし, なかなか帰っ, のこと, ふけても, ふたたび口, まだ帰っ, 帰らない門, 待てど, 戻って

▼ いった~ (38, 0.4%)

11 がある 4 もある

1 [23件] があった, がない, が一人, が加勢, が家, こそかの, であり仕事, でも, で生きて, にきい, に一層, の四尺上, はいない, はしいて, はそれ, はない, はまぎれ, は偽証罪, は消息不明, もあった, を憐, を東京くん, を貰っ

▼ いったことば~ (37, 0.4%)

4 である

1 [33件] から明智先生, がその, が少し, が思い出された, が思い出される, が耳, が辛く, でお, ではない, で双方, で自白, にいそいそ, にも, による, に合掌, に希望, に老, の通り, は, はすこしも, はそれ自体意識, は例, は嘘, は易行道, は次, をそっくり, をまた, をみな, をもう, を思いだし, を思い出した, を胸, を誰

▼ いったものの~ (36, 0.3%)

1 [36件] あとの, あるいは之, あること, お高, これまで, しおしおと, そのとき僕, その実, それを, なんだかへん, なんだか心配, やはり身動き, 勿論ここ, 北条左内は, 千三屋は, 孔明は, 実は巧み, 尻込みを, 広太郎, 影でした, 恐ろしいの, 新十郎, 旗二郎化かされた, 村川は, 模様や, 正雪にとっては, 率直には, 男の, 秋田藤作は, 群集は, 自分でも, 表現を, 輪郭を, 長吉は, 霜の, 黒人は

▼ いった~ (35, 0.3%)

15 です 6 ですよ 5 ですが 2 ですか 1 ですから, ですけれど, ですって, ですな, ですね, ですもの, です亡くなった古い

▼ いった~ (34, 0.3%)

7 がある 2 があった, のある, はない

1 [21件] から見れ, がない, が正しい, ぐらいでな, けれどもお母さん, じゃない, なん, なんぞありゃしません, になる, はありません, ははっきり, は或, は決して, も真面目, を喜びます, を思いだす, を総て確証, を聞い, を聞いた, を言う, を話さね

▼ いったけれど~ (33, 0.3%)

1 [33件] あなたは, おとよ, おらは, お父つぁんも, お豊, これから墜落, じつはおまえさん, その後の, それは, そんな金, たいてい二時間, ところどころ青空, どうだ, どんなこと, なしの, また抱き込ん, まだ時計, わたしは, ガチョウ番の, 丙は, 何だか薄暗い, 大隅の, 夫人も, 小僧さんは, 工夫には, 彼女は, 明智は, 暫くし, 最後に, 田代には, 舟を, 良一は, 貞雄は

▼ いったまま~ (29, 0.3%)

3 黙って

1 [26件] あんまり帰り, いまだに帰っ, おもん, さっさと坂, じっと前, ずっと手許, そのままの, だった, だとの, ちょっと段階, であった, です, ですが, ではらはら, なかなか帰っ, の服装, の洋封筒, またべつ, また暫く, まだ帰らない, まだ帰らぬ, もう二ヶ月以上, 小藤次, 帰らないと, 暫く見物達, 消えて

▼ いった~ (29, 0.3%)

1 [29件] から一人, から自身, ずんと年上, で, でかさね, でその, でどう, でひょっと, で三娘, で原っぱ, で恐竜, で木材, で皆, で私たち五人, で長い, にはチョーク, には意外, に一体, のこと, のもの, の安らかさ, の麗わし, はどうにも, へ秋三, まで私, も一人机, を追いました, 半七, 比較的早く

▼ いった調子~ (28, 0.3%)

7 です

1 [21件] で, であった, である, ですが, ではなかっ, で始めました, で彼, で美和子, で耕吉, で話し, で追求, で鞭撻, で鼻, なん, にはしゃにむに, に相当折り紙つき, の三十, の書物, の滑らか, の男, は少し

▼ いったばかり~ (27, 0.3%)

4 では 3 である 2 だ, であった, です

1 [14件] これは, だもの, であったにも, であり岩石ヶ城, でした, ですが, ですよ, でぜんそく持ち, でなくいっしょ, でなく今, でなく帆船時代, で別に, で畢竟, なのに

▼ いったふう~ (24, 0.2%)

2 な話

1 [22件] であるいや, な冗談, な意味, な漢, な状態, な諸君, な顔, に, にさ, にその他, にだんだん, になっ, にまったく, にモンタージュ, に声, に旧領, に牛, に至極おっとり, のこと, のもの, の人間, の婦人連

▼ いった~ (24, 0.2%)

3 がある

1 [21件] があった, がありました, がひきかえし, である, でした, なの, にも頼んだら, に後来, の祖父さん, の顔, はなかっ, は一人, は二階, は失言, は片腕, は馬鹿, もあった, もある, も多い, を怨む, を探す

▼ いったほう~ (23, 0.2%)

10 がいい 2 がよい

1 [11件] がはええ, がぴったり, がほんとう, がよかあんばい, が呑みこみ, が時間, が至当, のあと, の人, の弟子連中, へ去っ

▼ いったからとて~ (22, 0.2%)

2 僕は, 私は

1 [18件] この冊子, しかたが, そう情愛, だからお, よもやあなた, わが輩は, 一人前として, 一時の, 不思議は, 五十近かっ, 人では, 人間の, 何の, 何事に, 決してこの, 自分が, 誰も, 遠慮すれ

▼ いったもん~ (22, 0.2%)

84 です 1 だから, だが, だと, だろうじゃあねえか, だろうね, だろかい, でしょう, でも, で忘れ, なんか捜し

▼ いった~ (22, 0.2%)

2 がなかっ, のこと, の人相

1 [16件] がそのまま, が一人, が只, が喰わせ, だ, に出会った, の右手, の影, はかつて, はとかく, は何, は別人, は報告, は帰らない, は年, をひどい

▼ いったけれども~ (21, 0.2%)

2 私は

1 [19件] おじさんが, お京, これは, その時, その要素, とうとうジープ, なかなか丈夫, ぼくは, もう彼処, 一面で, 伊緒は, 何の, 園は, 実によくわからない, 少しは, 彼も, 新しい旅, 時計を, 誰も

▼ いった~ (21, 0.2%)

3 のもの

1 [18件] であるから, で手, なあの手この手, なところ, な女, な感情, にはもう二度と, には二度と, に声, に抜足差足, に眼, に眼瞼, に私, に考えられます, の恩, の渋い, はいくら, も幸太郎

▼ いった~ (20, 0.2%)

1 [20件] あの女, あの言種, いいん, うそな, おまえに, お甲, お通, こいつ, そうじゃ, もう長い, もしこの, ッ, 九郎右衛門か, 二年目に, 大井という, 後生だ, 支度を, 林冲後刻眼にもの, 諭吉, 貴様は

▼ いったとて~ (17, 0.2%)

1 [17件] いつも単調, お前に, けんかに, これぁ立派な, これが, それは, どうして理解, よもやこれ, 一度前方, 何の, 別に面白い, 夫れ, 帰らぬ事, 拙者は, 汽車が, 百までは, 高が

▼ いった~ (16, 0.2%)

2 の方

1 [14件] が扉, が明治五年, に対して至って, のアイデア, の不幸, の不思議, の仕事, の修行, の取り決め, の家, の檀那寺正宗寺, の経験, の質問, の顔

▼ いったとか~ (15, 0.1%)

2 その場

1 [13件] あア, その金, でいませんです, ですっかり, で母, で紀一, なぞと, 九頭竜に, 噂を, 実家の, 自信も, 言って, 酒を

▼ いったはず~ (14, 0.1%)

32 だが, である 1 じゃがそこ, だな, ですよ, のにせもの, の今, の門, はない

▼ いった~ (14, 0.1%)

2 がありました

1 [12件] がする, が特に, には鬼気, に力, は存分, は陰気, は青天, も奇怪, も顫, をかけた, をきい, を張り上げました

▼ いった~ (14, 0.1%)

1 [14件] に話したい, のことば, の呼吸, の声, の心持, の理由, の盗癖, の眼, の誓い, の調子, の頭, の顔, は下足番, は襯衣

▼ いった~ (14, 0.1%)

1 [14件] からいちど, からぷつっと母, から一日, から三日め, から流行歌, がつづい, でまだ, には世間, には子供, には誰, にゃお父さん, のこと, の夜, みたこと

▼ いった~ (13, 0.1%)

1 [13件] 公卿さまが, 嬢さまが, 秀は, 粂の, 糸は, 艶の, 菰が, 葉なる, 藤が, 藤については, 駕籠の, 高が, 高だ

▼ いったつもり~ (13, 0.1%)

2 だったの

1 [11件] じゃない, だ, だが, であったが, であろう遠慮, でいましょう, では, でも, なの, なのに, らしく川島

▼ いった様子~ (13, 0.1%)

7 でしたが 1 がちと, が如何にも, だった, であった, である, をチラリ

▼ いった~ (12, 0.1%)

3 の声 2 の人 1 がある, のあと, のこと, の後姿, は当て, も寝, を見た

▼ いったかも~ (11, 0.1%)

1 [11件] しれないぞ, しれないのにと, しれない三人, しれなかった, しれぬ, しれぬが, わからない, 知れない, 知れないが, 知れません, 知れません望月君

▼ いったこの~ (11, 0.1%)

1 [11件] 一言金弥の, 二人の, 仔猫の, 少年は, 怪紳士の, 田島の, 砦は, 老婆が, 言葉を, 話が, 魂の

▼ いったため~ (11, 0.1%)

2 である 1 かそれきり姿, しがないの, しもある, だった, なの, にかえって, に先方, に窮, に老母

▼ いったとの~ (11, 0.1%)

2 ことだ, ことである 1 こと, 事であります, 伝承が, 家人の, 森口君の, 解釈も, 説も

▼ いった~ (11, 0.1%)

1 [11件] あの人, あれあんた, お前さんの, みっちゃ, やつに, よせば, カン, 何度も, 真影だ, 謹聴, 貧乏だ

▼ いった~ (11, 0.1%)

1 [11件] いった先, から電話, で伝令, で彼女, にこれ, の店, は, は松平壱岐守邸, ほどのあの, も日本橋通り二丁目, を探させた

▼ いった~ (11, 0.1%)

1 [11件] な事, な商才, な桁外れ, にあるいは, にこれ, に三千子, に下手人, に幼い, に本当に, に温雅, に私

▼ いった連中~ (11, 0.1%)

1 [11件] がひとかたまり, がみな, が帰っ, だった, にはあり, のうち, のこと, の食い気, はいや, は昔, もある

▼ いったかという~ (10, 0.1%)

2 ことが, ことです 1 ことだけは, ことだった, ことは, ことを, 事実を, 理由は

▼ いったくらい~ (10, 0.1%)

1 だ, で, であった, できく子, でした, ですからね, では, なもの, なん, なんだ

▼ いった~ (10, 0.1%)

2 それに 1 ある人, いつも父, われわれも, ヤソの, 友吉は, 声も, 小屋へ, 祖父ちゃんが

▼ いったとしても~ (10, 0.1%)

1 さっき煙の, そこで何, その場所, それを, どうしてそれ, のぼるの, よういに, わたしは, ゾウの, 誰が

▼ いったほど~ (10, 0.1%)

3 だった 1 あっさりと, だ, であった, である, 信玄の, 強い意味, 強くは

▼ いった~ (10, 0.1%)

2 それた野心 1 ぜい, 仕掛けな, 孔の, 旅行隊を, 芝居は, 金庫の, 長者格の, 風呂敷を

▼ いった感じ~ (10, 0.1%)

2 です 1 がよく, が失われ, である, できちんと, のする, のもの, の借家, の黒い

▼ いったっけ~ (9, 0.1%)

2 世間でも 1 あれに, うん油屋, がありゃ, そうそう大津絵師, そうだ, アド, プラトニック

▼ いったとは~ (9, 0.1%)

1 いうものの, いえないの, おかしくない, 受け取れない, 外骨氏の, 思えないが, 意外です, 考えられない, 考えられないの

▼ いった~ (9, 0.1%)

1 がある, です, とは育ち, なんか捜し, は, はあの, は大した, は損, 逃げるの

▼ いった帰り~ (9, 0.1%)

2 で洗い晒し 1 だけだった, だなと, でもこの, なので, にし, に徳次郎, に明日

▼ いった時分~ (9, 0.1%)

2 にはもう 1 だ, にはまだ, には五匹, にも母親, にシナ, に彼, 大きな笑い声

▼ いった~ (9, 0.1%)

2 による 1 になる, はあなた, はどの, は芝山, やまた, をわれわれ, を知っ

▼ いったところが~ (8, 0.1%)

1 いかにも伝六, こんなもの, その人, ドドの, 取得と, 古里な, 理事は, 目と

▼ いったのみ~ (8, 0.1%)

3 だった 2 である 1 であり御, で何, で理由

▼ いった~ (8, 0.1%)

2 もいる 1 だ, にもう, の声, の家, はもう, や養子

▼ いった子供~ (8, 0.1%)

1 が怒りました, のこと, の奴凧, は恋しい, は繰り返し, をいつ, を探し, 若い日

▼ いった意味~ (8, 0.1%)

1 での恐れ, での核, で僕, の別れ, は信濃, を, をはき違えた, をはっきりさして

▼ いった自分~ (8, 0.1%)

1 のほう, の予感, の列車, の家, の心, の言葉, は恥かしく, を責めるだろう

▼ いったころ~ (7, 0.1%)

2 は殆 1 この, にぎょっと, にはこれ, は毎晩宴会, 元刑事

▼ いったまで~ (7, 0.1%)

2 だった 1 じゃ, だ, であって, なんだ, はおて

▼ いった種類~ (7, 0.1%)

2 のもの, の男同士 1 の心, の現実的知恵, の男

▼ いった~ (7, 0.1%)

1 から推量, だ, についてひどい, は基督降誕祭前, は少い額, も半分弱, を湯水

▼ いったかは~ (6, 0.1%)

1 だれひとり, 今は, 何人と, 我々の, 次の, 私には

▼ いったからって~ (6, 0.1%)

1 こんな火, なにも, 何も, 泣かなくっても, 熊は, 通り一遍の

▼ いっただけの~ (6, 0.1%)

2 ことは 1 ものだった, もので, 事でありました, 事でした

▼ いったやつ~ (6, 0.1%)

1 がある, がこっそり, だな, のけえり, はいない, はたしかに

▼ いった~ (6, 0.1%)

1 えいつか, おさしみ, 人殺しする, 土が, 煙突の, 白木屋の

▼ いった~ (6, 0.1%)

1 であなた, でも裂い, で二人, に, に人, に修繕料

▼ いった人たち~ (6, 0.1%)

1 が岩, さえ音楽, の名前, の邸, ははる, はやはり

▼ いった~ (6, 0.1%)

1 が故郷, に気付いた, のたこ, の友達, はもう, をどんなに

▼ いった~ (6, 0.1%)

1 であった, の当, の数, は意外と, は或, を出

▼ いった方面~ (6, 0.1%)

1 から, が不幸, により多く, の研究, の確, はいずれ

▼ いった留守~ (6, 0.1%)

1 で酔いざめ, なの, にすずめ, に何, に或, に探検

▼ いった~ (6, 0.1%)

1 だ, だから, だのに, です, の大辻, の機関車

▼ いった~ (6, 0.1%)

1 して, である, で慷堂, の怖, の青い, をし

▼ いったついで~ (5, 0.0%)

1 だから, にあの, に今一つ国益, に例, に郵便局

▼ いったとしか~ (5, 0.0%)

1 思われないの, 思われませんね, 考えられないじゃ, 考えられないの, 考えられません

▼ いったばかりの~ (5, 0.0%)

1 あかり窓から, あの弥太一, だった, 二三日は, 者まで

▼ いった三人~ (5, 0.0%)

1 がなぜ, のうち, の出資者, の団員, の鼻

▼ いった~ (5, 0.0%)

1 ツルは, 侍の, 婢が, 態な, 旋風柴進さまという

▼ いった工合~ (5, 0.0%)

1 でなくッ, で事々物々, で雪, に何, の表情

▼ いった方角~ (5, 0.0%)

1 がまた, がわかりました, とは違った, へ暗闇, を見ました

▼ いった最初~ (5, 0.0%)

2 の言葉 1 の日, の旦那, の遊学生

▼ いった~ (5, 0.0%)

1 がすこぶる, でズット, についてどう, についてブハーリン, を考える

▼ いった~ (5, 0.0%)

1 と母, は健三, は寝台, もすぐ, や母

▼ いった程度~ (5, 0.0%)

1 であった, なの, のもの, の意味, の流言

▼ いった若い~ (5, 0.0%)

1 そして貧しかっ, ヘルメスの, 助手の, 女が, 女の

▼ いった~ (5, 0.0%)

1 にそして, にその, にふっと, にインド諸島, に僕

▼ いった~ (5, 0.0%)

1 から第, すでに小さな, そのひと, にあたる, には異常

▼ いったかしら~ (4, 0.0%)

1 ないが, んが, アシクリゲ, 野口じゃ

▼ いったからと~ (4, 0.0%)

3 いって 1 いうて

▼ いったかを~ (4, 0.0%)

1 教えて, 物語りたいと, 知って, 見ること

▼ いったそして~ (4, 0.0%)

1 その苦しみ, 切先と, 松子は, 源次郎に

▼ いっただが~ (4, 0.0%)

2 かれは 1 いまき, 翌日も

▼ いったとおりそれ~ (4, 0.0%)

1 が誰, には三カ所厳重, にピオ, はいつも

▼ いったとき一同~ (4, 0.0%)

1 の目, は万歳, は沈黙, は階段

▼ いったとも~ (4, 0.0%)

1 いうが, 云った, 吾輩が, 書いて

▼ いったなあ~ (4, 0.0%)

1 それだ, もう一人, 俺に, 管営

▼ いった~ (4, 0.0%)

2 いいが 1 いわずと, このて

▼ いったまでの~ (4, 0.0%)

2 ことだった 1 ことさ, 期間は

▼ いったカフェー~ (4, 0.0%)

1 がありました, に陣取っ, を思い出しました, を見たいだろう

▼ いった一人~ (4, 0.0%)

1 なの, の兵卒, の女, の弟子

▼ いった事情~ (4, 0.0%)

1 があった, にあっ, によって著しく, の眼

▼ いった二つ~ (4, 0.0%)

1 の幸福, の意味, の操作, の社会

▼ いった~ (4, 0.0%)

1 が此, が解らなかった, にあった, によく

▼ いった右門~ (4, 0.0%)

1 のその, の姿, もまた, も伝六

▼ いった名人~ (4, 0.0%)

2 の姿 1 がひょいと, の口

▼ いった姿~ (4, 0.0%)

1 がくるくる, が目, を見ながめ, を見る

▼ いった~ (4, 0.0%)

1 がバラック以来, にでき, のあと, の食料品

▼ いった~ (4, 0.0%)

1 との関係みたい, の保之丞, の兼三, の薬丸大

▼ いった形跡~ (4, 0.0%)

2 がある 1 があった, は

▼ いった彼女~ (4, 0.0%)

1 の目, は仕事, は急ぎ足, は行く

▼ いった~ (4, 0.0%)

1 が解らなかった, が解らなくなっ, その手紙, は広縁側

▼ いった時代~ (4, 0.0%)

1 があった, である, の様子, を公平

▼ いった~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 の恐るべき, の言葉

▼ いった次第~ (4, 0.0%)

1 さ, でわたし, で御座います, によるの

▼ いった途端~ (4, 0.0%)

1 である, に, にわたし, に背後

▼ いった類い~ (4, 0.0%)

1 のこと, のつまらぬ, のアタピン, の紳士

▼ いったお母さん~ (3, 0.0%)

1 の目, もつかまったら, やねえさん

▼ いったかな~ (3, 0.0%)

1 あの変, わしは, 先ほど

▼ いったからには~ (3, 0.0%)

2 金輪際口を 1 敵では

▼ いったくせ~ (3, 0.0%)

1 して, に, に忘れっぽ

▼ いったさき~ (3, 0.0%)

1 が不明, で喧嘩, は江ノ島

▼ いったすると~ (3, 0.0%)

1 城を, 新庄へ, 頭の

▼ いったそれ~ (3, 0.0%)

1 にわし, は丁度, をお話し

▼ いったたぐい~ (3, 0.0%)

1 の娘, の短い, の質問

▼ いったっけな~ (3, 0.0%)

1 二両二分, 大名小路広小路伊勢屋稲荷に, 女勘助

▼ いったっけなあ~ (3, 0.0%)

1 だがそれ, てめえ日参してた, よく覚え

▼ いったとたん~ (3, 0.0%)

1 に三頭, に真上, ふっと鬼

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 い, その怪人物, それだ

▼ いったばかりじゃ~ (3, 0.0%)

2 ないか 1 とても足りない

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 ようである, 同様な, 多く柳橋

▼ いった一家~ (3, 0.0%)

1 につき廿俵, に表門, の者

▼ いった主人~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の言葉, の顔

▼ いった事実~ (3, 0.0%)

1 の多かっ, は先駆的, を知る

▼ いった人間~ (3, 0.0%)

1 でさえいよいよ, の性格, を探しだし

▼ いった伝六~ (3, 0.0%)

1 がなかなか, はさあ, を見送り

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 だから, でありました, の無垢清浄玉

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 かのカラクリ, かを持っ, を分り切った

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 がない, は記憶, もたくさん

▼ いった具合~ (3, 0.0%)

1 にどれ, に口, に息

▼ いった博士~ (3, 0.0%)

1 である, の艇庫, はどう

▼ いった同じ~ (3, 0.0%)

1 言葉も, 言葉を, 調子が

▼ いった四人~ (3, 0.0%)

1 とそれ, のうち, のほか

▼ いった場合~ (3, 0.0%)

1 すでに武士, だけに行われる, でもこの

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 が順じゅん, なる者, は来なかった

▼ いった手紙~ (3, 0.0%)

1 から体, がときどき, はいったい

▼ いった~ (3, 0.0%)

2 だとか 1 である

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 の, のときどき, の後

▼ いった母親~ (3, 0.0%)

1 に彼女, のこと, の言葉

▼ いった父親~ (3, 0.0%)

1 が赤児, の両, の姿

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 が一本, に出処, の手合い

▼ いった白い~ (3, 0.0%)

1 きれいな, 怪物です, 氷の

▼ いった着物~ (3, 0.0%)

1 の風呂敷包み, を大きな, を片づけ

▼ いった竹童~ (3, 0.0%)

1 がどうして, と地上, の手

▼ いった~ (3, 0.0%)

2 一の 1 四の

▼ いった経験~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, の増加, の多い

▼ いった考え~ (3, 0.0%)

1 がご, に近代科学, もことに

▼ いった自動車~ (3, 0.0%)

1 のこと, はおりません, は分かりましょう

▼ いった覚え~ (3, 0.0%)

1 がある, のある, もありません

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 につれ声, に彼, はナニ

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 であー, でちょくら, なん

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 の悪漢, の数々, の言葉

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 が窓, のはるか, の木

▼ いった~ (3, 0.0%)

1 をゆかず, を急がず, を調べる

▼ いった部屋~ (3, 0.0%)

1 はネロ, は廊下, をなぜ

▼ いった関係~ (3, 0.0%)

1 から鉄作, は私, へ配れ

▼ いったあさ子~ (2, 0.0%)

2 はべか舟

▼ いったあとなに~ (2, 0.0%)

1 かに引っぱられる, も云わず

▼ いったあれ~ (2, 0.0%)

1 はどう, をあげる

▼ いったあんばい~ (2, 0.0%)

1 でございます, でどの

▼ いったいろいろ~ (2, 0.0%)

1 の感情, の抜書

▼ いったうわおい~ (2, 0.0%)

1 ぐつがそこにありました, ぐつのことをおもいだしました

▼ いったおかず十七歳~ (2, 0.0%)

2 で美貌

▼ いったおれ~ (2, 0.0%)

1 はいった, は聞かなかった

▼ いったかなあ~ (2, 0.0%)

1 あの横町, シュニッツラアとかいう

▼ いったかの~ (2, 0.0%)

1 女は, 観が

▼ いったからな~ (2, 0.0%)

1 こいつ屋敷の, 拙者が

▼ いったきりたより~ (2, 0.0%)

1 がありませんでした, はおろか

▼ いったくらいの~ (2, 0.0%)

1 強い愛, 強さ

▼ いったこう~ (2, 0.0%)

1 いったと, しろ

▼ いったこれ~ (2, 0.0%)

1 じゃァ怪談会, までの厭味

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 容子だった, 相談です

▼ いったせい~ (2, 0.0%)

1 かいつのまにか, かもしれない

▼ いったそうして~ (2, 0.0%)

1 うまく入学, またさけんだ

▼ いったその後~ (2, 0.0%)

1 から矢代, へ美術商

▼ いったそれから~ (2, 0.0%)

1 ご飯の, 手に

▼ いったそれら~ (2, 0.0%)

1 の少女たち, の言葉

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 このこのしれ, っ

▼ いっただけじゃ~ (2, 0.0%)

1 だめだ, ないか

▼ いっただけで~ (2, 0.0%)

1 ござります, 説明にも

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 まえ読者, 今は

▼ いったとかいう~ (2, 0.0%)

1 ことです, 話です

▼ いったときそこ~ (2, 0.0%)

1 には六七人, の港

▼ いったとき向う~ (2, 0.0%)

1 から走っ, に提灯

▼ いったとき彼~ (2, 0.0%)

1 の足許, は心

▼ いったとき自分~ (2, 0.0%)

1 の裸, はまだ

▼ いったところそこ~ (2, 0.0%)

1 で思いがけなく, にこの

▼ いったとでも~ (2, 0.0%)

1 とったか, 言おうか

▼ いったなん~ (2, 0.0%)

1 のため, の用だった

▼ いったにも~ (2, 0.0%)

1 かかわらずこの, かかわらず庭

▼ いったひと~ (2, 0.0%)

1 でね, はいなく

▼ いったひとり~ (2, 0.0%)

1 がむんずと, の見物人

▼ いったふたり~ (2, 0.0%)

1 の子ども, は大通り

▼ いったまた~ (2, 0.0%)

1 キッパリと, 父の

▼ いったままそこ~ (2, 0.0%)

1 に倒れた, に蒼白

▼ いったもう~ (2, 0.0%)

1 一つの, 十時過ぎだ

▼ いったより~ (2, 0.0%)

1 ここには, 女は

▼ いったわたし~ (2, 0.0%)

1 のことば, はそれ

▼ いったんで~ (2, 0.0%)

1 がす, ごぜエやす

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 ていけませぬ, てだれ

▼ いったドア~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, のほか

▼ いったヘリコプター~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, はどこ

▼ いったロケット爆弾~ (2, 0.0%)

1 らしいもの, を一眼

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 だぜ, だろう

▼ いった一同~ (2, 0.0%)

1 は等しく, は路地口

▼ いった三つ~ (2, 0.0%)

1 のかげ, の影

▼ いった不審~ (2, 0.0%)

1 な死に方, の駕籠

▼ いった不思議~ (2, 0.0%)

1 な快感, な置手紙

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 でも千鶴子, に一通千鶴子

▼ いった~ (2, 0.0%)

2 水之

▼ いった事件~ (2, 0.0%)

1 についての正しい, は

▼ いった事柄~ (2, 0.0%)

1 がどういう, にべつ

▼ いった二人~ (2, 0.0%)

1 のポオランド, の友だち

▼ いった五つ~ (2, 0.0%)

1 の条件, の部屋

▼ いった亭主~ (2, 0.0%)

1 のそば, の言葉

▼ いった人物~ (2, 0.0%)

1 になりすまし, は

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 の話, 松は

▼ いった仕事~ (2, 0.0%)

1 には僕, をお

▼ いった仲間~ (2, 0.0%)

1 では殊, の一人

▼ いった企て~ (2, 0.0%)

1 が甚だ, を心

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 の値, の倪雲林

▼ いった先祖~ (2, 0.0%)

1 の与左衛門, の城

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 に天宇受売命, らしくないでは

▼ いった刑事~ (2, 0.0%)

1 がおよそ, が木

▼ いった~ (2, 0.0%)

2 纒を

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 もあり, もある

▼ いった友だち~ (2, 0.0%)

1 のこと, までが語り合いました

▼ いった史料~ (2, 0.0%)

1 どう, の批判

▼ いった品物~ (2, 0.0%)

1 だけなりと置い, は二束三文

▼ いった唯一~ (2, 0.0%)

1 の慰安, の条件

▼ いった四五人~ (2, 0.0%)

1 が束, の子供たち

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 を太い, を見る

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 には草, のこと

▼ いった地下室~ (2, 0.0%)

1 のひみつ, はまっ暗

▼ いった地下街~ (2, 0.0%)

2 はまったく

▼ いった地方~ (2, 0.0%)

1 があるらしい, までも従軍

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 をさまされた, を見

▼ いった大きな~ (2, 0.0%)

1 料理屋で, 男が

▼ いった女中~ (2, 0.0%)

1 が岡持, のおきぬ

▼ いった女房~ (2, 0.0%)

1 で薫, などに遠慮なく

▼ いった~ (2, 0.0%)

2 に間接的

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 があまりに, が帰っ

▼ いった子ども~ (2, 0.0%)

1 ではありません, をのぞい

▼ いった家士~ (2, 0.0%)

1 が戻る, の八巻三五郎

▼ いった容子~ (2, 0.0%)

1 でしたが, をした

▼ いった小さな~ (2, 0.0%)

1 子どもたちの, 黒点は

▼ いった少年たち~ (2, 0.0%)

1 のうち, は先

▼ いった川柳~ (2, 0.0%)

2 の茂み

▼ いった帆村~ (2, 0.0%)

1 がついに, はなかなか

▼ いった庄吉~ (2, 0.0%)

1 の言葉, は眼

▼ いった座敷~ (2, 0.0%)

1 というの, のお銭

▼ いった当時~ (2, 0.0%)

1 の有り, の避難者

▼ いった後姿~ (2, 0.0%)

1 だけが何時, は見た

▼ いった後彼~ (2, 0.0%)

1 は一人, は前

▼ いった後私~ (2, 0.0%)

1 はその, はなお

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 居間方の, 評議の

▼ いった忍剣~ (2, 0.0%)

1 と龍太郎, の禅杖

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 ずれの, の勝利

▼ いった感情~ (2, 0.0%)

1 をもっとも, を今ここ

▼ いった態度~ (2, 0.0%)

1 で平次, を今

▼ いった戸口~ (2, 0.0%)

1 から客室, の方

▼ いった戻り~ (2, 0.0%)

1 ですぐ, にふと

▼ いった手記~ (2, 0.0%)

1 がその, によって考えれ

▼ いった文句~ (2, 0.0%)

1 が東北, 覚えて

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 五番町や, 宇宙艇が

▼ いった方向~ (2, 0.0%)

1 がだいたい, を指し

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 制度の, 旗下の

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 さ, 鉄漿の

▼ いった時南玉~ (2, 0.0%)

1 が, は頭

▼ いった時背~ (2, 0.0%)

1 の高い, を見せた

▼ いった書物~ (2, 0.0%)

1 はもう, は計画的

▼ いった~ (2, 0.0%)

2 い尾

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 のわか, の有志家

▼ いった栄三郎~ (2, 0.0%)

1 の姿, はじつは

▼ いった栄二~ (2, 0.0%)

1 は三日め, は板の間

▼ いった格好~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 になら, のふれた

▼ いった気分~ (2, 0.0%)

1 も手伝った, を詠んだ

▼ いった気性~ (2, 0.0%)

1 でありこの, の女

▼ いった気持~ (2, 0.0%)

1 なぞは鵜, をあんた

▼ いった気持ち~ (2, 0.0%)

1 がいくら, は割合

▼ いった江戸~ (2, 0.0%)

1 にただ一人, へ送られた

▼ いった汽罐車~ (2, 0.0%)

1 があった, はトンネル

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 が取り乱され, の礼

▼ いった理論~ (2, 0.0%)

1 の群れ, 即ち働く

▼ いった田圃~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ いった男たち~ (2, 0.0%)

1 の多く, は矢鱈

▼ いった百姓~ (2, 0.0%)

1 がはいっ, は代表

▼ いった相川~ (2, 0.0%)

1 がかえって, が意気揚々

▼ いった相手~ (2, 0.0%)

1 の敬四郎, を苛立たせる

▼ いった短い~ (2, 0.0%)

1 ことばも, 句形を

▼ いった秘密~ (2, 0.0%)

1 からやがて, はそこ

▼ いった立木~ (2, 0.0%)

2 や塀

▼ いった立派~ (2, 0.0%)

1 な人達, な目的

▼ いった結果~ (2, 0.0%)

1 ついに博士たち, はどう

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 はおよそ, はそこ

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 は見えない, や兵糧

▼ いった藤吉~ (2, 0.0%)

1 はさっさと, はすぐ

▼ いった記憶~ (2, 0.0%)

1 がある, がかすか

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 ですなわち, に顔淵

▼ いった誰か~ (2, 0.0%)

1 が思いがけぬ, が戻っ

▼ いった警官~ (2, 0.0%)

1 のこと, の顔

▼ いった質問~ (2, 0.0%)

1 が代表的, にまず

▼ いった赤い~ (2, 0.0%)

1 木造の, 電灯小さな

▼ いった退屈男~ (2, 0.0%)

1 のその, の眼前

▼ いった通りお父さん~ (2, 0.0%)

1 の殺されなすった, の生きてる

▼ いった通り人力車~ (2, 0.0%)

1 に突き当たっ, に突き当っ

▼ いった通り番町辺~ (2, 0.0%)

2 は殊に

▼ いった通り私~ (2, 0.0%)

1 の家, はこの

▼ いった遠く~ (2, 0.0%)

1 に殆, の稲積

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 に幾らか, まで遣っ

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 なん, を一

▼ いった長い~ (2, 0.0%)

2 指に

▼ いった陳述~ (2, 0.0%)

1 により意外, はいよいよ

▼ いった隣人たち~ (2, 0.0%)

2 の叙述

▼ いった音色~ (2, 0.0%)

1 はあちら, は波

▼ いった順序~ (2, 0.0%)

1 にどこ, を踏ん

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 である, の声

▼ いった風情~ (2, 0.0%)

2 に忍冬

▼ いった~ (2, 0.0%)

1 の光, はこの

▼1* [1529件]

いったざけりをあてつけられようとはあさましい, いったああいったの, いったあげくの果て, いったあげくこれほどまで申しあげ, いったあげく三名の影, いったあげく入場券を渡した, いったあとそちらとは家, いったあとチャン老人は黄金メダル, いったあと大石先生はしばらく, いったあと太郎左衛門が新一郎君, いったあと小圓太は思わず, いったあと源一は一坪, いったあと炉端へあがった, いったあと留守になった, いったあと皆はこの, いったあと秀之進はなにげなく, いったあと縫物を膝, いったあと自分が置いてきぼり, いったあと道具の取り払われた, いったあなたの一生, いったあの大きな変な, いったあの小さな弟の, いったあばたの敬四郎, いったあるいは武者絵を, いったいいところが, いったいきさつをえぐり出し, いったいちばんひどい悪口, いったいっしょに来い, いったいま素裸でいられます, いったいわゆる万葉人のと, いったうえにあんな, いったうぐいすの言葉, いったうしろへいった, いったうしろ姿へ, いったえらい音楽家は, いったおかげで晩, いったおせんは夜空, いったおたがいにこれは, いったおっ母さんの, いったおっちょこちょいどもがいい, いったおともでした, いったおまえさんがこんど, いったおりのその, いったお前だもの, いったお召を着た, いったお客に二度, いったお方だろう, いったお菓子を食べた, いったお話を申, いったお雪さんの言, いったかきやまたたび, いったかっきり丑満, いったかとばかり驚きに, いったかなと余は, いったかもめは二度と, いったからこそあわてけ, いったからにゃおれも, いったかわりにちゃんと, いったがとはいっても, いったがとも角共同生活には, いったがね何かい, いったきりいつまでも帰っ, いったきりどこにも姿, いったきり一樹が熟, いったきり不快げに眼, いったきり乾燥室へ戻っ, いったきり今に帰らない, いったきり全身から汗, いったきり夜になっ, いったきり平六はもう, いったきり母親はもう, いったきり無心である, いったきり畳の上, いったきり目をつぶっ, いったぎりで帰っ, いったくしだん, いったぐあいでしだいに路地うち, いったぐあいで手前がひと, いったぐあいに口々に叫びだした, いったぐらいで済むもの, いったぐらいの感想を, いったけっかわかったこと, いったけどこうなる, いったけれどねえボルネオから, いったけれどもと語って, いったこいはいまごろどう, いったこうした言葉が, いったこころの過程, いったことこれは印度, いったことば日本左衛門の黙りこん, いったことほんとうか知ら, いったこと仏壇に酒, いったこと以上なんにも知っ, いったこと妙な音, いったこと座蒲団に人, いったこと形でやっ, いったこと彼女が結婚前, いったこと部屋の中, いったこんなことが, いったしずは, いったさい彼が途中, いったさい襖に一寸手, いったさきざきのこと秋から冬, いったさすがに相応以上, いったさまで新助, いったじいさんがその, いったじゃあありませんか, いったじゃァありませんか, いったすえに私, いったすきのあと, いったすぐあとの, いったすこしさきに, いったすしや, いったすべてのなぐさめ, いったせがれはそれぎり, いったせりふだが, いったおい, いったそうした多くの, いったそぶりにもそれ, いったそれほどおっしゃるなら妹, いったそんな事を, いったたこはとうとう, いったただ一つの, いったためしはない, いったためそれにおどろいた, いったためみさおが五郎, いったちょうしで勉強, いったちょっとした交換条件とは, いったっきりであった, いったっけねえとっつかまえた奴, いったってなんだ, いったつつましい人柄に, いったでたらめかい, いったというくらいの酔いぶりであった, いったというとほうも, いったといったような, いったとおりあごひげをまさぐりまさぐり, いったとおりあっしだってもこの, いったとおりあれが本物, いったとおりかっぱだ, いったとおりすずめぐらいの大き, いったとおりだれにも送っ, いったとおりわしは闇, いったとおりわたしはそれ, いったとおりツバメが低く, いったとおりバンドをとい, いったとおりヘクザ館は人里, いったとおりレンズのはたらき, いったとおり一つの譬喩, いったとおり一ポンド入りの空き缶, いったとおり一角は孫兵衛, いったとおり三人の若い, いったとおり下へ着い, いったとおり事件はすぐ, いったとおり二つの洞門, いったとおり二天という落款, いったとおり二日以内によく, いったとおり五町六町の沖, いったとおり人が復讐, いったとおり今はウラル丸, いったとおり信玄の死後, いったとおり俺の手, いったとおり光武帝の神霊, いったとおり剣を持っ, いったとおり南蛮の混血児, いったとおり地底のすみか, いったとおり垢もつかない鋳き, いったとおり大男どもがじ, いったとおり天保十一年に七十八, いったとおり宇宙塵のでかい, いったとおり小林君はすこし, いったとおり小間使だが, いったとおり平家蟹をゆでた, いったとおり平面である写真, いったとおり彼の家柄, いったとおり従来の人間, いったとおり教育としては全く, いったとおり昭和二年のこと, いったとおり書生に化けた, いったとおり果樹園に通じ, いったとおり森様へ用向き, いったとおり樽ロケット艇は気持, いったとおり殿には無稽, いったとおり気球の上方, いったとおり火のよう, いったとおり王家の従僕, いったとおり石見守さまのお, いったとおり社会面の大, いったとおり神さまはさいごま, いったとおり肉も骨, いったとおり荷を担い, いったとおり門前を通りすがり, いったとおり陶器のこと, いったとおり首尾よくいけ, いったとおり魔の海, いったとおり龍田山の麓, いったときあとにのこった, いったときあなたは待合室, いったときあやの母親, いったときいつか彼女は短銃, いったときうしろから辻駕籠, いったときおかみさんでなく三つ目, いったときそこここに百姓, いったときそばへよっ, いったときひとりの天使, いったときぼくたちはまどから, いったときエミイはずっと, いったときツルリ小圓太右足を踏み滑らした, いったときドアの両側, いったときベスが目, いったとき一階の廊下, いったとき丘の下, いったとき久慈は突然, いったとき二人はすべる, いったとき二郎ちゃんに上げよう, いったとき五人の操縦員, いったとき伊緒と共にかれ, いったとき伸子は雰囲気的, いったとき何に駭, いったとき何人かの者, いったとき傷がいたむ, いったとき先方も, いったとき勉強した航海術, いったとき半兵衛の胸, いったとき呂宋兵衛の前, いったとき圓朝自らおみね, いったとき垣根のきわ, いったとき墓石の上, いったとき大学は城中, いったとき女王はひょいと, いったとき妻はまさに, いったとき姑は座敷, いったとき家の人たち, いったとき寺の日鑑, いったとき小林君はこじき少年, いったとき少年はなぜ, いったとき崖の上, いったとき帆村は向う, いったとき庭のほう, いったとき彼女の部隊, いったとき従僕がその, いったとき日本の国民, いったとき横丁から走り出, いったとき母はそんな, いったとき注進があった, いったとき津田庄左衛門から注意, いったとき海面に碇泊, いったとき犯人らしいもの, いったとき生島屋の店先, いったとき番頭がぬかした, いったとき登はぞっと, いったとき百姓が抜き捨てた, いったとき知合いになった, いったとき私の心, いったとき腹話術を見た, いったとき藤井又右衛門が, いったとき貴公は自分, いったとき越徳の主人, いったとき躯をこわした, いったとき途中で気, いったとき頭の上, いったとき首をうなだれ, いったとき駕籠舁から息杖, いったとき騒動のさなか, いったところ主人の所浜次郎氏, いったところ和田喜兵衛が笑っ, いったところ城太郎は地獄, いったところ塩山家で貯金, いったところ子供が石, いったところ師直はその, いったところ鹿之介, いったとさえ思って, いったとてがいうたとてに, いったととくいに, いったとにこつきながら, いったどうしてもベートーヴェンの, いったどれも三寸, いったなということを, いったなどと悪く気, いったなどという取手山も, いったなどとはどうしても考えられない, いったなりまた立っ, いったなり下を向いた, いったなんぞとうぬぼれるには, いったなんていうこと, いったなんとも言えないその, いったについては何か, いったには種々の, いったに対して程子は, いったのちにぜったいに, いったのちあしたもまた, いったのち人さしゆびをたかくさし上げて, いったのち毒味がすん, いったのでなおおかた破牢罪人, いったのよオ, いったけもの, いったばかりでしばらく黙っ, いったばかりにこの家, いったひと間は薄暗い, いったひびはそのまま, いったびっこの馬を思い出しました, いったふところにさっき, いったへやというの, いったほどにあまり腹, いったぼくは思わず, いったことと, いったまことまごころ, いったまでに過ぎなかった, いったままいつまでたっ, いったままそれを飲もう, いったままどこかへとん, いったままクワの木の下, いったまま一刻ちかくも, いったまま一本のたより, いったまま作事監督の両, いったまま便りがなかっ, いったまま俯向いて, いったまま口をつぐん, いったまま喜平おやじしばらく対手, いったまま家へ帰らなかった, いったまま平八は首, いったまま後も見ず, いったまま忠直卿は心から, いったまま拳を顫わせ, いったまま昼飯まで帰らなかった, いったまま武蔵はもう, いったまま白蓮女史は旅館, いったまま私は急い, いったまま紫檀の大, いったまま自分は用達し, いったまま行方不明になっ, いったまれなほとんど, いったみじめでいや, いったみたいな微妙, いったむかしの女, いったもっと大きなもの, いったもと宋朝の, いったもどかしさや, いったものたちの帰り, いったもののなあ山木君旦那の, いったもの同様彼等の気勢, いったもの河岸へ出る, いったもの自身に対して特別, いったやくざの寄合い, いったやっぱり息はずませ, いったやも存じませぬ, いったやらあひるの, いったよう芸名小圓太, いったよと答える者, いったりっぱな男, いったりんごをかじった, いったわいと心の, いったわかものの, いったわかものたちの, いったわが邦中国の, いったわが子の言葉, いったわけ隔てのない, いったわってマリは, いったわねあたい嬉しい, いったわねえ目付けろって, いったわよといって, いったわる口を忘れ, いったわれわれの祖先, いったアブミを回収, いったイデオロギーが最近, いったイムピリアル平原の開発, いったカクテール時代という言葉, いったカロチ教授のゆくえ, いったカントのよう, いったガクガク入れ歯を噛み鳴らし, いったガニマールが叫ん, いったガラス戸を透し, いったクダラヌ廉価本などは双方, いったコゼットは愛, いったコップを持っ, いったゴムだこみたいなもの, いったショパンがパリ人, いったジューベールは常識家, いったジョウの声, いったステッキを右手, いったセラネ山頂にある, いったゼムリヤ号は六十パアセント, いったタクシーの運転手, いったダイアナ号であろう, いったダブダブの外套, いったツルゲーネフの, いったテントの裏口, いったトテナム号の一支那人火夫, いったドノバンはそれ, いったニュヒテルンな性質, いったニュースって, いったちょいと, いったハイカラなもの, いったハムレットを描いた, いったハンカチを再び, いったバンドで自分, いったフィルムは何ん, いったフハンはちくちく, いったフランス一の美人, いったペダルの順序どおり, いったホームへ降り, いったホームズの言葉, いったホールももの, いったボートが戻っ, いったマクリイのこと, いったマジソン会社へこれから, いったマスクのこと, いったマハツブの笑い話, いったマラスピーナ氷河やジュノウ, いったミドリモ君てえの, いったヤリウスからその後たより, いったユンカースの重, いったリットンの, いったレンズを仲, いったロジェル・エ・ギャレの友達, いったロップ島の酋長, いったワイシャツを着よう, いった一千万人の婦人, いった一声もそれから, いった一女性が雪中, いった一益の臣, いった一般に見落とされ, いった一行は生駒, いった一見科学論的な見地, いった一言である, いった一言一句に注意, いった一語しかなかっ, いった一陣の異風, いった一面も見なけれ, いった七つの桝, いった七八歳の少女, いった七草の絵, いった万人をひきつける, いったけで, いった丈夫な建物, いった三ツ木の言葉, いった三万円だ, いった三十号がスパイ, いった三層どころでは, いった三浦と酋長ロロ, いった三郎は背筋, いった上等の智恵, いった上衣の釦, いったの新鮮, いった下村さんと内野さん, いった下男が家, いった便利だらけの, いった不幸な轉向, いった不快な印象, いった不知火銭たあ, いった不自然感不合理感, いった世辞である, いった世間の何とか, いった中学のポプラ, いった中年男は良, いった中村老将軍, いった中村鶴蔵が油屋, いった中浜万次郎とはなしあっ, いった中谷やその他, いった中頃の変化, いった丸薪はその, いった丹下左膳から栄三郎, いった久我は那須, いった乾坤二剣夜泣きの刀, いった事故から免役, いった事項も書きこまれ, いった二度の災難, いった二時間のちのたより, いった二番めの娘, いった二等運転士が報告, いった二行の予言, いった交通機関の発達, いったの子, いった京山は仲蔵もどき, いった京橋あたりの旅店, いった人々の愚, いった人品と当面, いった人工的のもの, いった人数扶持の制法, いった人達が新興, いった人間共生と共, いった人類の夢, いった仁太はよほど, いったの一個, いった仙場甲二郎という男, いった以上は十中八, いった以外でも日本料理, いった仮想というの, いった伊三郎の目, いった伊吹大作である, いった伊牟田が, いった伊那丸がどんと, いった之助, いった伝あにいです, いった伯父さんの息, いった佐渡のことば, いったに吹聴, いった何もかも到着というの, いった何ものも持たず, いった何人かがドア, いったであったと, いった作物などより珍重, いったの袴, いった侮蔑という一言, いった信徒たちも武士道, いったは第, いった個人の生活過程, いった停車場から帰っ, いった健康な馬, いったではない, いった僅かに二年間, いったがある, いったぼろぼろと, いった元来生蕃は, いったの身の上, いった兄さんが, いった兄弟子たちの姿, いった先生が僕, いった光一ははじめて, いった光景を見, いった全力をつくす, いった八ぴきの鉄, いった八幡神社の前, いった八花形のあの, いったの暢気そう, いった六七人の生徒, いった六回だけ奥, いった六年生のコトエ, いった六時が来, いった兵士が帰り, いった兵粮兵器等を孟達, いった兵隊さんに対してなんとなく, いった兵隊さんたちが道, いった其声は顫, いった典侍でいい, いった典医の孫, いった内側はすべて鉄壁, いった冒険劇のよう, いった冗談はあたっ, いったのまた, いった出世を躓かせる, いった出会いがしら, いった出処進退が出来る, いった出征兵員一行の消息, いった分子構造の実験的研究, いった分岐点がその, いった分科を主管, いった切りである, いった刑場でいったい, いった初めの一句, いった別荘の意味, いった刹那変装して, いった刹那池上が, いった剃刀の刃, いった前代未聞の圧迫, いった前置きをくどくど, いった副長が電文, いった加藤嘉明がこの, いった加賀見忍剣と巽, いった助言がそれ自体, いった勇士の前途, いった勘定奉行になっ, いったをあけ, いった匕首がささっ, いった化け物が長浜別院, いった鳴少年, いった北国五色墨の若鶴, いった北野家の伝統, いった医学は君, いった医者の言葉, いった十一歳で江戸, いった十二号の新兵, いった十五人組以下の無, いった十円札確かにここ, いった十郎太の陣刀, いった之介, いった千古不滅のあの, いった千枚分銅をはじめ, いった千歳座などもその, いった千鳴りの伝六, いった半分を買いもどしたい, いった半四郎の答え, いった博労もありました, いった印象は全く, いった厄介なお, いった原っぱに建ってる, いった原因を思う, いった参木の後, いった又八のあの, いった友人の久保君, いった友軍の姿, いった友達がはなした, いった反古を見つけ, いった反対の方, いった反省がわたし, いった反駁が有力, いった取り換え児だろうと, いった口吻に違い, いった口癖でもある, いった口調は返答, いった古風な家, いったである, いったの鞄, いった叫びとが一つ, いった可憐の宝玉, いった史料批判が歴史家, いった右手に, いった司馬道場の弟子ども, いった吉さんを殺した, いった吉宗のことば, いった吉田ははじめてそう, いった吉見勤の娘, いった同じその行学院の, いったもない, いった名作が日本人, いった名前だ, いった名士となんら, いった名札へ目, いった向こう横町の, いった君公の御, いった呉服屋やその, いったで, いった呵責に押しつけられ, いった和本のなか, いった和歌子が女学生, いったである真名女, いった品々は妹多根, いった商業家の取引, いった問答があった, いった問題すなわち工藝, いった善金と伊孫, いった嗜眠性脳炎の問題, いった嘲笑を吐きかける, いった噂話が一片, いった噴水が反対, いったの粟, いった四天王の面々, いった四月の嘱目, いった四次元生物の切り口, いった四男の五郎兵衛, いった四面楚歌の中, いった図書館の考え方, いった土地に格安, いった土焼き人形の多く, いったの北隣, いった地形の処, いった地方官会議の随行, いった地歩をも一瞬間, いった地盤の変動, いった坂口の疲労, いったのいわゆる, いった之介, いった報償でもない, いった場所へ道路, いった場末の屋敷町, いった塩梅なん, いったはおおかた, いったが, いった声音に当てはまる, いったの箱, いった変態は誰, いった変態心理なの, いったの日, いった外人セツルメントで土地, いった外国の昔話, いった多くの例, いった夜明けの日本, いった大久保の奥様, いった大家でなくては, いった大工のお, いった大晦日の夕日, いった大望もある, いった大村昌作はギョッ, いった大河がいよいよ, いった大男だった, いった大衆はどう, いった大部屋の残党, いった天平二年の旅人宅, いった太平洋新聞を左近, いった太田氏の計算例, いった失敗だ, いった奇怪な舟, いった奇抜な看板, いったの座敷, いった奥さんの様子, いった女の子のこと, いった女子選手達のうち, いった女房これと童女, いった女房たちが二三人, いった如くにそこ, いった如く一戸に二十俵, いった如く人の行動, いった如く藩の船, いった如く邸内の畠打, いった妙テコレンなアイクチ, いったはすぐ, いったは客, いった委員から報告, いったの縁談, いった娘たちが山, いったの声, いった婦人の後姿, いった孤独のなか, いった学校の生徒, いった学生服に着か, いった学者たちの一行, いった宇宙の猛獣使い, いった安場は答えなかった, いった宋代の例, いった宏大な家, いった宗教家なる知人, いった定家の感覚, いった朝の, いった実際見るもの, いった客たちのもの, いった客観的関係が畳み込まれ, いったの言葉, いった宮侍吉岡鉄之進と申す, いった宮内のようす, いった宮崎県より更に, いった宮本武蔵という者, いった家康はとき, いった家来が帰っ, いった宿番の時, いった富士見の将右衛門, いった寺男が求める, いった対象になる, いった小姓の采女, いった小娘を道案内, いった小学校を出, いった小屋でもちろん, いった小幡民部とほかふたり, いった小林君と五人, いった小林少年とそっくり, いった小犬をもう一度, いった小田刑事がはあはあ, いった小野田が失望, いった小鳥を見送った, いった少々頭の, いった少女と入れ, いった少女たちのこと, いった少年こそもちろん, いった少年探偵団のバッジ, いった梳きの, いった屑金を直ぐ, いった山の上にコンクリート, いった山奥の温泉宿, いった山岡も後, いった山本勘助などは武田家一番, いった山県蔦之助, いった山越しの阿弥陀像, いった山里でひとたび, いった山麓附近を目がけ, いった岡田武松君の細君, いった岡部の顔, いった峰丹波の一味, いった崔英という女, いったの下, いった崖下をのぞきこんだ, いったの音, いったはいま, いった川上機関大尉はどこ, いった川止などと共に街道筋, いった巡査と松島, いった工場みたいな建物, いった巧みなこと, いった差別的の言語, いった巴里という言葉, いった小文治, いった市九郎は美人局, いった布団の中, いった布片は静か, いった帆村探偵は一体どう, いった師匠の圓生, いった帰り途なにか殿帥府, いった帰途チープサイドの喫茶店, いった平三郎はやはり, いった平凡なこと, いった平凡無事なそして, いった平岡定太郎という人, いった平素温和なかれに, いったを越し, いった年ちゃんッて人, いった幸吉を心, いった幸太がなに, いった幸子はそこで, いった幻想は例, いった広い波長帯を, いった庄屋は洗足, いったに大急ぎ, いったがあっ, いったを出, いった康雄の額, いった建碑の外, いった弁公という若者, いった弟子たちの安危, いった弥生さまへの義理, いった当人は孤独感, いった当番をせね, いった形見でありました, いった役人連のあいだ, いった役割でで, いった往来の女, いったが右手, いった後がらんとした, いった後七時を報じた, いった後今まで持ち扱っ, いった後兼好は次, いった後占卜をとらせた, いった後孝太郎は何, いった後彼女は包まず, いった後父も機嫌, いった後見人の伯父, いった従弟の山本新三郎, いった心地がした, いった心境は彼自身, いった心持になる, いった心持ちがある, いった心根をあわれな, いった心理的にも原作者, いった快活な女性, いった怜悧なこと, いった思いがけない種々な, いった思い出もあり, いった思想に徹したなら, いった性分の人, いった性急な調子, いった性格にはどこ, いった怪屋を検, いった怪星ガンの内部, いった怪物が関係, いった怪自動車の内部, いった恐ろしい運命に, いった息子と若い, いった恰好で逃げて, いった恰腹のいい, いった悪いことばかり, いった悪者が大胆不敵, いった悲しげな, いった惨事が実にたびたび, いった想念がまるで, いったか, いった意図とは逆, いった意地もある, いった意気組みでがんりき, いった意義での, いったにもつかぬ, いったの生活, いった愛人と見合い, いった愛宕下の上屋敷, いった愛馬のジュール, いった感激的な心持, いった我らの客, いった戒めです, いった戦友の言葉, いった房枝の父親, いった所属不明の靴跡, いった所謂古美術, いった手代は, いった手型の写真, いった手段を, いった手落ちのため, いった手術着の人, いった手袋を発見, いった技術美としての中国, いった抜け道とはどこ, いった抱月氏との合葬, いった拳銃だったろう, いった挙句いや応なしに持っ, いった振舞いはよけい, いった探偵小説や捕物, いった探検中止の報, いった探検隊員をさがし, いった探索の者ら, いった推理測定の正統, いった提灯の連中, いった揚句いつかは最後, いった政府の文書課長, いった政府以外のもの, いった敬四郎の姿, いった敬四郎たちを見ながめ, いった数々の謎, いった数人の人, いった数本の竿, いった整形外科へ案内, いった文化的批評の把握, いった文壇的なもの, いった文子の声, いった料理屋の跡, いった新しい人間像な, いった新聞紙を包んだ, いった新邸が出来, いった方法を少し, いった施与を求める, いったの日, いった旅芸人は入れ替わり立ち替わり間断, いった旗本奴はもう, いった日常の様, いった日曜日の丁度, いった日置流の日置弾正, いった日記の形式, いった日記帳を発見, いった旦那にこの, いった早櫓がまもなく, いったの青味, いった昆虫のこと, いった明るい美しい海岸から, いった明徳年中南北両朝の和議, いった明神の万定さん, いったの痕跡, いった昔気質の生き残り船頭, いった昔話の成立, いった星明りの中, いった春のやおぼろ, いった春子さんににこやか, いった春生の言葉, いった昨年の大改革, いった時ことこと走る音, いった時さっき見た幻, いった時はき物をぬぐ, いった時ぴたぴた泥を踏ん, いった時ジフテリアで死んじまった, いった時一梃の駕, いった時例の離れ家, いった時入口から, いった時八人仕立の輦台, いった時八郎太と小太郎, いった時勝負はきまっ, いった時呉の家, いった時国分猪十郎の首, いった時女狩は側, いった時子供心にその, いった時字の拙い, いった時山田が, いった時広太郎は案外, いった時庚娘はそっと, いった時庭石に音, いった時彼はただ, いった時彼方から早馬一騎, いった時忠相のそば, いった時急激な脳溢血, いった時提灯の灯, いった時板戸が埃, いった時柴折戸の辺, いった時森閑と静まりかえった, いった時橋の下, いった時次の間の襖, いった時泥溝板に音, いった時照彦様はきっと, いった時牧は痩せた, いった時生家ではもう, いった時皆クスクス笑った, いった時確かに松岡, いった時祖父が帰っ, いった時私は一生, いった時米屋の横, いった時群集の後方, いった時翌朝帰って, いった時表の雪, いった時袋持が, いった時襖を開け, いった時訳の分らない憤り, いった時赤山靱負が, いった時足軽だの人夫, いった時逞ましい栗毛, いった時遥かに広縁, いった時邸の軒下, いった時鈴の音, いった時間は四分の一, いった書きかたで作者, いった最初発見の句集, いった月丸の声, いった有り様がなお, いった有名なプリマドンナ, いった有馬温泉の方角, いった服装だ, いった望遠鏡で男, いったはなん, いった朝田隼人は檜林, いった朝顔の結んだ, いった隠木, いった木彫の観音, いった木村助手が顔色, いったにりゅうと, いった本当の気持, いった札差とかあるいは, いった村人たちもまた, いった条件にあてはまる, いった杢さんほかに友達, いった杭州人形や水銀剤, いった東洋人爆撃機からの落し物, いった松江であった, いった林檎までが今朝, いった染井川の流れ, いった栴檀刀を目がけ, いった格子口にいた, いった桂子のあと, いった桑名楽翁公の甥, いった桜井君がまもなく, いった桟敷は花道寄り, いったは今, いった椅子にもたれ, いった植源の家, いった椿姫の美しい, いった椿山君が, いったの穂先, いった模写画というの, いった之助, いった権利と義務, いった権力者の権力, いった権謀術策の跡, いった橋本にし, いった機械的類推で有機的, いった機関に向かっ, いったに次, いった欲望のうち, いった歌団治といい, いった正直なたま, いった武子さんは自分, いった武知先生の塾, いった死相うんぬんのこと, いった毎日新聞の, いった毒薬のびん, いった毒虫がポカリポカリ, いった比較上の台湾, いった毘沙門前の停留場, いった民族が未だ, いった気がかりをいっぺんに, いった気合に二人, いった気性者も親譲り, いった気配である, いった気風なの, いったの神女, いった水気のたくさん, いった水番の六蔵, いった水芸でぽたりぽたり, いった水蒸気がいつの間にか, いった永遠の男, いった沢山の自分, いった河童なの, いった河竹作物の傾城遠山, いった治乱の説, いった治太夫の人柄, いった法水の超, いった波江さんが手, いった泥土の中, いった泥坊は私, いった注文だったもん, いった洋食屋の二階, いった洞窟の陶土, いった活東が弁慶橋, いった駐訓導, いった派手好きの素人, いった浅ましい女にたいしては, いった浜村孫兵衛との縁談, いった浜辺に酒倉, いった海中です, いった海藻の林, いった海面が一面, いった涼しさうな物で, いった淋しい気持などを, いった清吉は耳, いった渋い味の, いった渋谷は手塚, いった温厚な老, いったは勢いよく, いった湯島の玉岸, いった湯沸かしはこの, いった信までは, いった源十郎はその, いった源吉の前, いった科学の, いった滝太郎の声, いった滝泉寺門前の料理屋角伊勢, いった漠然とした, いった潜水艦や駆逐艦, いった瀧泉寺門前の料理屋角伊勢, いったを見つけ, いったであった, いった為政者の罪, いった焚場の棚, いった無分別な愚行, いった無情なことば, いった無数のそれら, いった無聊さを思い出した, いった無色透明の態度, いった煙草を下品, いったすべきもの, いった爆弾が傘, いった父上とどっち, いったのこと, いった牛丸平太郎少年だった, いった物語の粉本, いった特異な風土, いった犠牲は免れない, いっただという, いった犯人の意志, いった狡智機略聰明の資質, いった狸囃子のそれ, いった猪山勇八というの, いった玉太郎たちの姿, いった珊瑚の玉, いった現代の娘気質, いった現在や過去, いった球面と平面, いった理想の土地, いったと活花, いった環境の中, いった生死のこと, いった生活欲を何かと, いった生涯にもまた, いった用人を二人, いった用心深い建物な, いった田中は戻っ, いった田代のその, いった田畑というもの, いった田舎町でけっこう, いった田舎藤氏の末, いった由井とか錦織, いった甲州の山本勘助, いった男先生はみょう, いった畜生のまま, いった番入と同じ, いった番頭がいう, いった番頭十兵衛の影, いった疑問がしじゅう, いった痣蟹をみすみす, いったに自分, いった登山電車があり, いった白羽の矢, いった百合の花, いった百四万キロワットの電気, いった百姓家だと, いったを呑み, いった目的はハッキリ, いった直接創造と比喩, いった相場師のため, いった相良寛十郎はお, いっただった, いった看護婦のすこし, いった真ん中に一本, いった真田源次郎というの, いった着付じゃない, いった瞬間もう安心, いった瞬間夢からさめた, いった矢代一族の帰る, いったがいっぱい, いった石垣だとか, いった石段から三軒目, いった石油罐をブラ, いった石灰でした, いった石見守の顔色, いった砂糖の不足がち, いった砂金の半分以下, いった研究はどんな, いった硝子屋はまだ, いった碧梧桐虚子の二氏, いった社会の女, いった社会的リアリティーを想定, いった稀少性に他, いった税関吏はいま何処, いった積りだったが, いったの真上, いった穴山方の郎党, いったをながめ, いった空っぽの舞台, いったによじのぼり, いった竹童岩と岩, いった竿も餌, いった笠原さんはなに, いった第一高等学校の試験, いった笹木光吉の真意, いったをとる, いった答案なの, いったをついに, いった糧食の尽きる, いった約束である, いった純真な悲劇, いったに包んだ, いった紙きれと同じ, いった紙包の紐, いった紙幣入れを取戻そう, いった紙片を渡された, いった素豆腐式若旦那調子で雅号, いった細かい物事には, いった細君の胸, いった経歴があります, いった結城左京がこっそり, いった結婚法がやはりだんだん, いった結果今ではなん, いった給仕はあたふた, いったを納め, いった絶望のため, いったがあろう, いった編成でした, いった缶詰にまつわる謎, いったからは避雷針, いった美しい旅の, いった美作の声, いった義侠的の人, いった翌々日の午前, いった翌日から雪, いった翌晩祇園町の方, いった神官を, いった老人は気, いった老朽の後藤先生, いった職業人として表, いった肉体的な要素, いった肌合いの女, いった肝腎なこと, いった背中にくっつける, いった自然に死ぬ, いった自然科学の影響, いった自由権だけで, いった自転車の尻, いった舗石にひどく, いった般若丸をたずさえ, いった船員風の男, いった良人や父, いった色合いはあの, いった色彩の感覚, いった色白のいい, いった芝居見たまま, いった芝居小説の草双紙, いった花々しいようすで, いった花筏の脚色, いった様な, いった若様もいらっしゃる, いった苦痛ばかりでなく, いった英之助は十日, いった英雄はこの, いったの一つ, いった茶坊主大無, いったぼうぼうの, いった草稿に筆, いった荒凉たる神秘的, いった荒法師玄長に関, いった菅沼と従弟, いった菊之丞のこえ, いった菊枝はまっ, いった萬朝が, いった葬式のやり方, いった薄刃の短刀, いった薔薇を喜ん, いった薩摩の行列, いった薪割りが済む, いった藤田九万氏高橋二郎氏などは随分, いったの援兵, いったん中, いった虚無的な人間, いった蛭田博士のこと, いった蛮将は幾手, いったの群れ, いった蛾次郎はやがて, いった蝮退治のよう, いったをたたきつけた, いったのしみ, いった血なまぐさいやり口まで, いったには果てし, いった衣山を通る, いった表情は作った, いったを拾い上げ, いった裏庭にむかっ, いった裏木戸が雑木林, いった裏町のアラビア風, いった裸馬にはまだ, いったの向う, いった西羽黒の堂塔, いった要路の人たち, いった覆面姿をながめ, いった見世物がちょうど, いったはない, いったのある, いった親切ぶりをみせた, いった親戚がようやく, いった観客が一番, いった観察が全, いった触れ込みでまず, いった言葉尻と比べ, いった訓戒がまた, いった記念の書, いった診察なん, いった証拠であると, いった評判のもと, いった詩稿なの, いった語尾には肉親, いった誤謬の典型, いったというの, いった調査的な聞き振り, いった諭吉ですから, いった諸口寄せ手の敗報, いった諸君の言葉, いったはみんな男, いった警官たちはことごとく, いった警部補がハンケチ, いった護送車はほんとう, いった谷中村という行く先, いった谷博士はいったい, いった谷間に一つ, いった象徴主義という世界, いったの皮, いった財布を出せ, いった貧乏を共に, いった貨幣量との差, いった質屋の隠居所, いった賭博の資金, いった赤ん坊がひどい, いった赤インクの大きな, いった赫々たる謁見室, いった走り道具を持った, いった趣きが心, いった足あとをさがし, いった足利時代の, いった足助主水正, いった足形ばかりで出た, いったでもやっぱり, いった身体の崩れた, いった軈て低い春日, いったやつれ, いった軽いものの, いった軽率さを認め, いった轎夫の賃銭, いった辛苦のなか, いった農婦です, いった農村工業につい, いった農村電化問題もまた, いったまでをどうやら, いった辺鄙な長い, いった追憶が何百, いった途中でかどわかされ, いった途方も無い, いった途端小太郎が, いった途端揚心流奥義の生んだ, いった途端益満が, いった通りあゆというもの, いった通りおいらァおめ, いった通りおれはジョニイ, いった通りことを大きく, いった通りそなたを, いった通りねこの子一匹, いった通りわたしは本所, いった通りアイヌも分らない, いった通りキングス・パイランドへ帰った, いった通り一寸類がない, いった通り五宝布で蔽われ, いった通り京子はもっと, いった通り今入って, いった通り今夜に限っ, いった通り今度の事件, いった通り伊勢参宮をしたい, いった通り何人にもあれ, いった通り俺の釣堀, いった通り先生は始終, いった通り初夏とはいえ, いった通り博士は非, いった通り口でお話し, いった通り古市加十が代筆, いった通り史書そのものからし, いった通り名主の幸右衛門, いった通り向うも忙しい, いった通り君の雇い人たち, いった通り城頭にはもう, いった通り多摩川の岸, いった通り女はちょうど, いった通り子供を育てる, いった通り小名路の宿, いった通り山家のよう, いった通り張角良師のご, いった通り彼が死ん, いった通り慶応元年丑年十二月十四日の夜, いった通り戦火に脅かされ, いった通り捕物帳が初めて, いった通り文学を大衆, いった通り明智小五郎はそこ, いった通り時節の来る, いった通り暇さえ出し, いった通り暗殺者を, いった通り杉箸の通る, いった通り材料がいろいろ, いった通り東側に立っ, いった通り松山を立っ, いった通り松次郎は乞食, いった通り格別抱負があった, いった通り横綱の陣幕, いった通り次の間の六畳, いった通り母方の伯母聟, いった通り毛沼博士の死, いった通り気管支である, いった通り浅草寺の入相の鐘, いった通り湖畔亭の庭, いった通り瀕死の病人, いった通り無精髯を伸した, いった通り犯罪者の高, いった通り狸が尼僧, いった通り生やさしいご, いった通り異様に森閑, いった通り秩父山脈の余波, いった通り稀には敏捷, いった通り窓は南, いった通り糸をたぐる, いった通り紳士の様子, いった通り継母で実母, いった通り美術の元, いった通り自分自身をすら十分, いった通り自慢物なの, いった通り草のなか, いった通り覗き眼鏡で見る, いった通り説は成る, いった通り豊臣太閤伝来徳川非常の軍用金, いった通り足跡などは残っ, いった通り足骨を打ち折っ, いった通り道もわるい, いった通り釈迦牟尼如来の本堂費, いった通り陽春の五月, いった通り雷でも鳴り出し, いった通飯田良清というもの, いった逸民的存在なる望月辛吉, いった運命に落され, いった運転手はいよいよ, いった過激党はまだ, いった過飽和の度, いった道すじについていろいろ, いった道中に於, いった道具や習慣, いった道理とお, いった道筋が前夜, いった遠出をする, いった遠慮をする, いった遺児だ, いった遺書を書く, いった邸内の人物配置, いった部下に命じ, いった都市である, いったの連, いった醜聞は子供ッ, いった野天の巨像, いった野郎が出, いった野陣の野風呂, いった金一封を前, いった金吾さんと春さん, いった金森徳次郎氏に会った, いった金貨の大箱, いった鈍い重みを, いったの小, いった銀貨をみつけました, いった長女長男の外, いった長崎の禅寺, いった長崎地方の方言, いった長老がまだ, いった長老株のボーイ, いった閑枝は吸付けられる, いった間マリユスはコゼット, いった間私は煙草, いった間道とはちがう, いった闇太郎室内にはいっ, いった防毒面をどんどん, いった限りの動作, いった陸鳥が言いました, いった隆起に伴われ, いった階段の下, いったに一郎, いった隣藩の領内, いったは姫垣, いった隼人が引返し, いった雑誌をひろげ, いったは月, いったは, いった雲助馬士も時々, いったにそれ, いったざしの, いった青い鞭の, いった青年が, いった青春を歎, いった青根の宿, いった青髪山の魔神, いった靱負はそこ, いった靴屋のおじさん, いった靴跡に合わせた, いった音楽会のこと, いった頃あそこにいた, いった頃彼はさっき, いった須磨子は自分勝手, いったが風, いった顔付で深く, いった顔付きになっ, いった風体であり女, いった風船球は思いきり, いった飛行島の試運転, いった食べ物の話, いった食卓の菜類, いった食器ぼんには小さな, いった食料はミドリちゃん, いった首府なの, いったの蹄, いった馬車の影, いった馬鹿な味, いった馴れ馴れしさから, いった駕籠宿伊予源から洗いはじめ, いった騎馬は目付役, いった驚きから哲学, いった高い山岳も, いった高田連隊の高射砲隊, いった高畑のあたり, いった高重の苦し, いった高音の家出, いった髯博士も知らない, いった鬼心仏手というやつ, いったの麻痺, いった魔物だが, いった魯達はそこ, いった鮮やかな芸当, いった鮮明な跡, いったは水際, いった鶴さんの行先, いった鶴たちが笛, いった鹿島なにがしとかいう名, いった麦粉を水, いった麻布笄町への転宅, いった黄忠というの, いったぬりの, いった黒塊は行手, いった黒影の人物, いった黒眼鏡ね, いった黒箱をちょっと, いった黒衣のかげ, いった黒釉のほか, いったの与吉, いった龍夫はその, いったV2号の発明者ブラウン博士