青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いっしょ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いたる~ いち~ いちいち~ いちど~ ~いちばん いちばん~ ~いっ いっ~ いっさい~ ~いっしょ
いっしょ~
いっそ~ ~いっそう いっそう~ ~いった いった~ いったい~ いったら~ いったん~ ~いっぱい いっぱい~

「いっしょ~」 6316, 61ppm, 1895位

▼ いっしょ~ (5979, 94.7%)

273 なって 44 行って 42 して 41 いて 35 来て 33 つれて 32 出て, 歩いて 27 いること, 住んで 26 いるの, 連れて 24 帰って 22 いって 21 暮らして 20 食事を 18 なった, 伴れ 17 寝て, 持って, 遊んで 16 いると 15 きて 14 死んで, 酒を 13 暮らすこと 12 ついて, なると, 外へ, 旅を, 行こう, 集まって 11 暮して, 飯を 10 いた, くらして, それを, なったの, なること, 仕事を, 出かけて, 家を 9 なってから, 乗って, 声を 8 いらっしゃい, なるの, 出かけた, 散歩に, 散歩を, 来いと, 行くこと, 見て

7 [18件] いても, おいで, そこに, やって, 坐って, 往って, 旅に, 暮すこと, 来い, 来た, 来たまえ, 生活し, 町へ, 苦労を, 行きましょう, 行くの, 話を, 食卓に

6 [12件] いたの, いるとき, お城, ここへ, 働いて, 来たの, 泣いて, 私の, 立って, 表へ, 遊ぶこと, 飛んで

5 [28件] いさえ, いたいと, いては, いるよう, かたまって, こい, ここに, なったよう, なっても, なる, なるという, なるよう, ダンスを, 一人の, 住むこと, 家に, 家へ, 手を, 来たよ, 笑い出して, 笑った, 自分の, 行かないか, 行こうと, 走って, 起きて, 逃げて, 部屋を

4 [53件] あがった, いくこと, いこう, いこうと, いたこと, いられるよう, いるところ, いれば, うたいました, おいでに, きたまえ, くるの, こいよ, ここまで, した, したよう, なったところ, なった時, なる時, なる気, なれば, 何か, 働くこと, 先に, 入って, 出かけました, 出た, 出ると, 勉強し, 勉強する, 動いて, 北海道へ, 叫びました, 家の, 山の, 府庁へ, 彼の, 待って, 御飯を, 残って, 汽車に, 流れて, 煮て, 父の, 現場へ, 笑って, 落ちて, 行くつもり, 行くひと, 読んで, 遊びに, 遊んだり, 過ごした

3 [121件] あっちへ, あの世へ, あるいて, あわてて, いくん, いなければ, いるから, いるという, いるに, いるん, うたうこと, うちに, お墓, お家へ, お暮らし, きえて, くっついて, くらすこと, ここで, ここを, こっちへ, こないか, こないかい, この家, ご飯を, さがって, さそって, されちゃ, したもの, しばらくむしゃむしゃたべました, するつもり, するの, つづいて, でかけました, どこかへ, なったもの, ならんで, なりたいと, なるため, なるつもり, なるもの, なる前, なろうと, のって, また幾万, やって来た, ゆこう, ゆこうと, わたしの, パッと, 一枚の, 下の, 並べて, 乗せて, 二階に, 住むの, 出かけるの, 出たの, 出ようと, 夕食でも, 夕食を, 外に, 家まで, 寝た, 寝る短編, 居たが, 山へ, 帰れば, 帰ろう, 帰ろうと, 彼は, 往来を, 戻って, 手紙を, 散歩し, 散歩した, 散歩しよう, 散歩で, 晩飯を, 机の, 来ないかと, 来なさい, 校門を, 歩いた, 歩きだした, 歩きながら, 死にたいの, 死ぬの, 江戸へ, 泣いた, 涙を, 湯に, 生きること, 空へ, 笑い出した, 絵を, 自動車に, 舟に, 船に, 花を, 茶を, 行きたいと, 行くが, 行くん, 行こうか, 行こうじゃ, 行った, 行ったの, 行っては, 街を, 読んだ雑誌, 走りながら, 踊って, 車へ, 追っかけて, 遊ぶの, 運んで, 雪の, 音楽を, 顔を, 馬に

2 [317件] あがって, あすこへ, あそびました, あなたの, いきたいん, いきました, いきましょう, いくと, いくの, いく気, いこうよ, いたあの, いたいの, いたころ, いただけ, いたと, いた友人, いったんだ, いました, います, いらっしゃいな, いる, いるのに, いる時, いる間, うずくまって, うたいだしました, おいでよ, おうち, おしゃべりを, おなりに, おりますこと, おること, おれば, お乗り, お供を, お帰り, お茶を, お願いいたします, お駒, かかって, かけて, かついで, かれの, くらそうと, くるが, こう言いました, こちらへ, こなかったの, さけびました, さけんだ, させて, されて, すべって, する, すること, するため, するという, すれば, ずばりと, そこへ, そこまで, そこを, そのほう, その家, それに, たこを, だんだん頭, でて, とまること, とんで, どこか, どこからか, どやどやと, なかよくくらしました, なったか, なったそういう, なったので, なったり, なってからは, なってからも, なりほか, なりましょう, なるとか, なるはず, なるわけ, ねました, のせて, はたらいて, ひとりの, ふたりは, まいりましょう, みんなで, めしを, やりましょう, やれば, やろうと, ゆくの, ゆくん, ゆっくりと, わかります, わたしは, わたしを, アムステルダムへ, エレベーターに, ゾウの, ドアが, ドアを, ポケットに, モスク, 一つの, 上海へ, 上野へ, 下へ, 下流の, 乗りこみました, 乗りました, 二人の, 京へ, 仕事に, 付いて, 伸子の, 住まわせて, 住むよう, 働いたこと, 元気よく, 先頭に, 光君の, 入れて, 冷たい暗い気, 出かけたの, 出よう, 出掛けて, 前の, 力を, 北へ, 午飯を, 博士の, 去って, 参りましょう, 口に, 向島へ, 君の, 吹きつける桟橋, 國の, 土堤へ, 地下室に, 地下室の, 城へ, 墓の, 外出する, 夜警を, 夢を, 奥へ, 女も, 子供たちの, 学校へ, 宅を, 客間に, 宿に, 寝ようと, 寝ること, 寝るの, 寝るん, 寝床に, 岸がんの, 崖から, 崖を, 帰った, 帰ること, 帰るよ, 年を, 店の, 廊下を, 廓の, 往こう, 悩んで, 愉快な, 感じた, 戦って, 投げ込んで, 捉まっ, 教鞭を, 旅する, 旅行しよう, 日光へ, 昼飯を, 暮すん, 暮らさなければ, 暮らそうと, 書いて, 朝の, 来たと, 来たもの, 来たん, 来な, 来なかったの, 来なければ, 来るの, 来るよう, 東の, 椅子の, 次の, 歌った, 歌って, 歩くこと, 歩くの, 歩く時, 歩こう, 歩調を, 死にましょう, 死にましょうと, 死ぬこと, 死ねと, 死のうと, 母の, 気が, 水の, 水泳を, 沈んで, 泳いで, 浜へ, 海の, 海辺へ, 消えうせて, 消えて, 混じって, 湖心寺へ, 湯にへ, 湯へ, 焼いて, 玄関へ, 現場に, 生きて, 生きては, 生まれた兄弟, 生まれて, 生活を, 町に, 白い岩, 県庁に, 眼の, 石を, 砂を, 私は, 積んで, 穴を, 空に, 空の, 空を, 立ちあがって, 立ち去って, 笑いながら, 笑いました, 縛って, 置いて, 考えて, 考えること, 耕作する, 聞えて, 聞こえて, 育ったが, 自炊を, 船へ, 芝居を, 苦しんで, 草の, 行かんか, 行きましょうよ, 行くと, 行くよ, 行くわ, 行けと, 行こうよ, 行っちゃ, 行っても, 見た, 言って, 話しながら, 読むの, 讃美歌を, 走りっこ, 起きふし, 足を, 踊ろう, 車で, 近くの, 逃げること, 逃げれば, 通って, 通船に, 連れ立って, 進んで, 遊びました, 遊びましょう, 遊びましょうと, 遊べるから, 遊べんぜ, 遊ぼうと, 遊んだこと, 道を, 郊外を, 部屋へ, 鎮江へ, 降りた, 階段を, 随い, 青銅の, 頭を, 風呂へ, 食って, 飲みに, 飲んだん, 飲んで, 馬車に, 鬼ごっこを, 黙って

1 [3283件 抜粋] あかりが, あそびたくなりました, あちこちと, あつくおじいさん, あなたを, あの小さな男の子, あるいたの, あるくの, あんさんお, いきかけました, いきますよ, いけたらすてき, いじめるから, いたいん, いたこの, いただくこと, いたら, いた六羽, いた船室, いったもの, いつも見出せる, いなかで, いますわ, いらっしゃいね, いらっしゃるわ, いられるあの, いられる身の上, いるよりか, いる室, いる者, うしろむきに, うたわせて, うどんの, えに, おいでくださる, おかしくなっ, おじさんの, おつゆ, おのり, おまえの, およぐ, おりて, おれの, お互に, お出でな, お姫さまを, お払い物という, お祖母さんの, お詣り, お遊び, お風呂, かけずりまわったの, かせいで, かまえとって, きた人, きっとおとうさん, きめるの, くぐり戸, くらしたの, くらす考え, くるしむ時代, ぐるぐるしばっ, こうし, こっそりふたり, このだれ, このロープ, この大, この木の下, この路, こもった法師たち, ころされて, ごろり, さがしますから, させれば, さらわれたの, しずめました, しっかり勉強, してやろうとお, しばらくパリ, しゃべった, しらべて, すぐかけつけます, すごし同じ, すばやく大和, するやつ, すんで, そういう雰囲気, そこの, そのお, そのトラック, その切り開いた, その常連席, その本字, その磯五, その荒くれ者, それぞれ自, たいそう慌て, たずねて, たのしんで, ため息を, ちゃぶ台に, ちょっと出よう, ついて行ったこと, つきましょうと, つなぎ合わされて, つめるよう, でかけたらどう, でんと, とどまりその, どうした, どこへ, なかしたらさぞ, なすっては, なったたくさん, なったばかりの, なったら気, なった場合, なった形, なった鳥, なってると, ならできるだけ, ならないよう, ならぬにも, なりたいから, なりてえ知って, なり一番前, なり新た, なるだろうかと, なるべき線, なる気もち, なれないと, なれるこの, なれるん, にこにこし, ねるの, のもう, はいりその, はさみこんで, はやって, ぱんぱんと啖呵を, ひとつこの, ひょろりと舞いこん, ふくろ, ふと正気, ふる小雨, ほうり込んで, ぼくの, まいりましたの, まじって, また縁側, まっさき, まぼろし, みんなどっと, めざめさせたの, もう一, もぎとられたよう, やったこと, やってきた老, やって来ましたが, やりたいと, やるん, ゆかい, ゆきながら, ゆくぞ, ゆこうかな, ゆれて, よこ, りっぱな, わたしが, イギリス人は, オテル・ド・パリで, カラスが, グッと, サッサと, スイスを, タクシーを, テレビの, ドイツの, バタバタ楽屋, ピアノに, ブドリの, プロシアへでも, ホールは, マドロンネット拘禁所に, モスクワに, ルケアーノフの, ロンドンへ, 一つ蒲団に, 一時に, 一杯やる, 一膳めしに, 七八名の, 三方に, 上がって, 下宿へ, 両手を, 並んで, 丸く集まってる, 久しぶりに, 乗らなければ, 九柱戯を, 二つの, 二梃の, 云いました, 亡びるつもり, 人力車に, 今度こそ, 仕止めたでございましょうそう, 仲よく暮らし, 会ったの, 伸子を, 住まって, 住むほう, 住んでるん, 何にも, 使用できる, 修道院長の, 借りて, 働いたと, 働こうじゃ, 先生の, 入りこんで, 入れ彼, 六吋半の, 冒険を, 冷静を, 出かけまして, 出かけること, 出ましょう, 出奔しました, 出来ないよ, 出頭し, 初恋の, 剥げ落ちて, 助七郎, 動くの, 十人ばかりの, 南へ, 原杏花が, 参りましょうよ, 双手を, 口の, 台所から, 同宿し, 向ふ, 吹き出した, 呑んだ伊賀屋さん, 唱え出した, 喰べたいんだ, 四谷を, 土まみれに, 地獄へ, 坐れ, 埋めるつもり, 売り払い僅か, 夕食に, 夜の, 大きな声, 大国主神の, 大成功, 大雨の, 太陽の, 奇面城を, 女王の, 始めましょうか, 娘を, 学校に, 客間から, 宿屋へ, 寝かして, 寝たらしぜん, 寝ようすぐ, 寝る父親, 寝泊り出来る, 小さい笊, 小僧が, 小舎を, 少し歩こう, 居るうち, 届く, 山城正忠の, 島めぐり, 巡査を, 差上げます, 希望者を, 帰ったらいい, 帰りました, 帰るよう, 常に自分, 幸太も, 床の, 座敷を, 延期する, 引き抜かれたなら家, 引っ返して, 弟を, 彼女は, 往っても, 御出かけ, 御飯の, 忘れようと, 思いだすの, 息が, 悲鳴を, 懐中に, 戸の, 手つだって, 手近な, 払って, 投げ出したい気, 抜き書き, 拍手を, 持ちあげられその, 捜しに, 探して, 揺らいで, 操縦室を, 教会の, 散歩する, 新しい好奇心, 旁の, 旅行する, 日田に, 昇降器へ, 映画を, 昼食を, 暗い納屋, 暮したが, 暮しましたが, 暮すうち, 暮そうじゃ, 暮らしたところ, 暮らしは, 暮らすと, 暮らせるよう, 有名な, 朝飯を, 木賃宿を, 村の, 来たところ, 来た女, 来た見馴れぬ男, 来るであろうと, 来る事, 東海道を, 架空的な, 梯子段を, 棺の, 楽しむこと, 機関車から, 歌いながら, 歌の, 此処に, 歩いてるの, 歩きませんか, 歩き回るの, 歩け, 死なせて, 死ぬほう, 死ねたのに, 殺されたの, 気がかりな, 水掃礼を, 汽車の, 沙俵を, 波の, 泣きながら, 泰軒小父ちゃんに, 泳ぐ事, 洞熊学校には, 流しに, 浜まで, 海底に, 深川かなめ橋の, 渡しました, 湖の, 源十郎の, 漂流する, 火の, 焼き殺すぞ, 焼香を, 煮るもの, 父と, 犯人を, 猿ヶ谷へ, 現像する, 生きうめ, 生徒監室に, 田舎で, 畑を, 登ればよかじゃ, 白痴の, 盗人の, 相談し, 真面目な, 眺めて, 矢筒も, 破って, 祈りいっしょ, 神坂村を, 秀之進はつとうしろへ, 移動し, 積まれて, 空腹で, 立ちどまって, 立ち上って, 立働いて, 笑いだすこと, 笑ったの, 筆を, 籃の, 紛れて, 結びつけるには, 継子に, 縛られた四足, 署まで, 羽生村まで, 耳を, 肉弾相打っ, 育てられて, 腐るわい, 臥り, 自炊生活を, 舞って, 艦長室まで, 芽ざした, 英国に, 草花の, 落ちこんで, 蒙古, 薬師町の, 蜂谷は, 行かないよう, 行きな, 行きましょうね, 行くのいや, 行く気, 行けるの, 行ったそう, 行った女, 表から, 裏で, 西洋から, 見たの, 見ること, 親しく晩餐, 討って, 話さしたり, 読んだ, 談笑した, 負傷者を, 賊の, 走り出しました, 起きるもの, 踊ったその, 踊ろうとさえ, 車の, 退却する, 逃げながら, 逃げ出す気, 通るの, 連弾した, 遊ばなかった, 遊びだす, 遊ぶって, 遊ぶ部屋, 遊んだもの, 運転手と, 過させて, 道場から, 遠国へ, 酌みかわさないうち, 酒飲み, 野々宮の, 鉄人, 録音放送を, 長屋を, 防空ごうに, 陳列され, 障子が, 集まった群れ, 雪が, 電車を, 青っぽく漂いわたっ, 頼みを, 風呂に, 飛び込みましたが, 食べさして, 食べてる時, 食べるの, 食卓について, 飲み彼, 飲んだが, 飼わせて, 馬車を, 駆け付けて, 骨を, 高野登りを, 鯨飲し, 鶏を

▼ いっしょ~ (65, 1.0%)

3 ところを, ように 2 ところへ, ようでした, 方が, 汽車で, 部屋を

1 [49件] うちに, お部屋, ことだ, ときには, はずだ, はずでした, ほうが, ようで, わたしの, アメリカの, カネーとともに, 仏様も, 卓へ, 墓には, 声が, 声だった, 声で, 室で, 室に, 室へ, 寝室でした, 小松の, 居室に, 席について, 座に, 御主人様, 扱いなどを, 数でしょう, 方角に, 旅に, 日でござる, 時だけ, 時であった, 時よりも, 書肆の, 気持ちに, 汽車に, 王室馬車に, 生活に, 生活を, 穴に, 空気を, 組に, 蚊帳の, 道だった, 部室に, 部屋に, 食卓に, 馬に

▼ いっしょ~ (29, 0.5%)

4

1 [25件] からさと言った, からすぐ, からと云う, からどう, からよ, から一同, から僕きたん, から平気, が張り, し知っ, し酔っ, ぞ, とします, とすれ, となお, とアンナ, とウルサイこと, と一層, と伺いました, と六人, と思っ, と思った, と男, ものです, わきっとそう

▼ いっしょだった~ (29, 0.5%)

2 マルソに

1 [27件] あのころ, か, かね, から高田君, が, がそれ, が支店長, が秀之進, し仕事, し頭梁, そうです, とな, ね, のか, のでしょう, ので御, ので憂い, ので源三郎自嘲的, ので秀之進, のにいや, まだむす, よ, ように, んです, マルソ, 上山満之進という, 目礼を

▼ いっしょには~ (25, 0.4%)

4 いって 2 ゆかなかった

1 [19件] いったって, いってる三等病室, いない, いられないでしょう, いるん, おられないので, おられません, なったけれど, ならないん, なれぬ, なれませんよねえ, なれるの, まいれませんこれ, 成れないん, 暮らせませんとても, 来れんからな, 決してならなかった, 行かないこと, 行かないよ

▼ いっしょ~ (23, 0.4%)

3 のだ, んだ 2 ところを, んでしょう, んです

1 [11件] ことだった, の, のか, のが, のである, のでそこ, ので多少, のよ, のを, のバルナバス, んだろう

▼ いっしょ~ (22, 0.3%)

1 [22件] きりきりと, ここで, たまるもん, だれか, まったく形式的, めで, よかった, 一番先に, 二人とも, 他の, 伝六辰の, 伝通院の, 別段なん, 寄せなべ, 御主人, 心意気一つなり, 果然上張り, 次郎も, 決まったよう, 湯煙たてながら, 男の子の, 警保局の

▼ いっしょについて~ (17, 0.3%)

2 ゆきました, ゆき三人の

1 [13件] あるくの, おいで, おいでよ, かけながら, きた木の葉, きた警官, ゆきますけれど, ゆきますよ, 出たが, 出掛けて, 来た, 来た典獄, 来て

▼ いっしょなら~ (12, 0.2%)

1 [12件] けっしてよそ, だいじょうぶだ, どこへ, どんなさ, どんな苦労, ひとりでは, ぼくこわく, ぼくも, まず安全, 一文なし, 地獄へだって, 心配は

▼ いっしょじゃ~ (10, 0.2%)

4 なかったの 1 つまらない, ないか, ないかね, ないだろうかと, なかった, なかったよ

▼ いっしょでした~ (9, 0.1%)

2 って, の 1 か, から汽車, から誰, がすぐ, ね

▼ いっしょでは~ (9, 0.1%)

1 ありませんでしたの, いやだ, どっちの, ないかと, ないと, ないの, 目だつこと, 眼に, 都合の

▼ いっしょけんめい~ (8, 0.1%)

1 にがまん, にきいた, になっ, にはしっ, に地面, に泣きすがっ, に豆, に逃げだすであろう

▼ いっしょでなけれ~ (8, 0.1%)

1 ばいや, ばきのうここ, ばしない, ばやってこられなかったろう, ば出さない, ば歩けなかった, ば水の上, ば音楽会

▼ いっしょです~ (7, 0.1%)

1 か, からあす, の, ので夜, ものね, よ, 湯も

▼ いっしょであった~ (5, 0.1%)

1 けれどた, のが, 女学校の, 柄杓さんは, 米国の

▼ いっしょにと~ (5, 0.1%)

1 いいたいところ, この中, 位牌を, 思ったが, 招かれたもの

▼ いっしょでも~ (4, 0.1%)

1 いいし, すこし遠く, やはり腹, 宜しゅうございましょう

▼ いっしょでさえ~ (3, 0.0%)

1 あるならば, あれば, ございましたら高

▼ いっしょでない~ (3, 0.0%)

1 ことが, ときは, のに

▼ いっしょ~ (2, 0.0%)

1 あるいはや, ッ

▼ いっしょである~ (2, 0.0%)

1 が日本人, ような

▼ いっしょでなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃ困る, てああ

▼ いっしょ~ (2, 0.0%)

1 いうので, 口にこそ

▼ いっしょにという~ (2, 0.0%)

1 ふうに, わけにも

▼ いっしょになんか~ (2, 0.0%)

1 いけませんよ, なったん

▼1* [32件]

いっしょかと思うとったけんど, いっしょかもしれぬと, いっしょ厭なら, いっしょごろになります, いっしょが浅, いっしょしたいのは, いっしょじゃあなかった, いっしょだったらどんなこと, いっしょだろうか, いっしょであってもその, いっしょであったら会ってもその, いっしょであるならばはいる, いっしょでなかったけれども東京, いっしょとも伯父さんが, いっしょなら出るもいっしょ, いっしょなら逢いたいが外, いっしょにおいてありました, いっしょにかけて来た, いっしょにしもの上に, いっしょにだけはなりたくない, いっしょについては行きません, いっしょにな留, いっしょになどなりませんよ, いっしょにねいっしょにね, いっしょにはははと笑った, いっしょにばかりいた母, いっしょにぶツかって, いっしょにへえっても, いっしょにべんきょうしましょう, いっしょによそうです, いっしょにより合わされて, いっしょよりも楽だったろう