青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いたし~ ~いたしました ~いたします いたずら~ いただい~ ~いただきたい いたら~ ~いたらしい ~いたる いたる~
いち~
いちいち~ いちど~ ~いちばん いちばん~ ~いっ いっ~ いっさい~ ~いっしょ いっしょ~ いっそ~

「いち~」 2142, 21ppm, 5564位

▼ いちめん~ (629, 29.4%)

48 のな 6 に咲い, の雪 5 に, に生え, の星, の火 4 にひろがり, に夢, に流れ, に草

3 [11件] につい, にひろがっ, に古, に咲いた, に星, に植えられ, に生, に白い, に白く, の芝生, 生えて

2 [43件] がじつに, な芦, にある, にきらめい, にし, にしげっ, にちらばっ, にとまりました, になっ, にはえ, にひろ, にみなぎらし, に出, に張りつめ, に彫刻, に春, に濛々, に灰色, に生えたれ, に石灰粉, に空, に網, に落ち, に輝き始めた, に雪, に霧, に静か, に黒い, のかわら, のや, の原っぱ, の大, の星座, の畑, の白い, の花, の蓮, の銀世界, の雲, の青, の青田, まばゆい雪花石膏, 咲いて

1 [414件] あかるく降っ, かちかち鳴りました, かっと赤く, から喚きかかっ, から犀川千曲, から雨上がり, がほ, がま, がイリドスミン, がヌラリ, が平家五万余騎, が春, が火, が灰色, が花火, が金色, が閃光, が露, きらきらきらきらする, きらきらし, きらきらと, ぎらぎらひかる, そよいでは, ぞっとする, ちらちらちらちら白い, ついて, である, でその, とぶ, どくろ首, なので, なり, なる雲, な敷き砂, な星, な枯野, な泥湖, な濛煙, な火, な煙, な磯松, な篠, な葭, な薄, な血汐, な阿鼻叫喚, な霧, な露, な青, な青田, な顔, にあい, にあぐら, にあけられ, にあな, にあら, にいぶき, にうごい, にうすき, にうすぐらく, にうちあがっ, にうちわ, にうっとうしい, にお, におおいかかりました, におどっ, におびただしく, におり, にかがやい, にかけてあつ, にかすんだ, にかたい, にからまっ, にき, にきれい, にくつ, にくもっ, にぐしゃぐしゃ, にぐらぐら, にぐるぐる, にこころよく, にこぼれ, にこまかい, にこもっ, にころがっ, にさわがしい, にしっとり, にしるしつけられた, にすごく, にせい, にその, にた, にたたえ, にただよっ, にたまっ, にだ, にちらばった, についていました, につく, につける, につながつ, にてっ, にとざし, にどす黒い, にならべ, になん百, にぬりつける, にねずみ, にはやした, にはりつい, にはわせ, には寒, にばらばら, にひろがった, にひろがつ, にひろがつた, にふかく, にふくらみ, にふしぎ, にふっ, にふりしきっ, にふりそそぎました, にぼうッ, にまっしろ, にまっ黒, にまゆずみ, にまるで, にみなぎっ, にむらがり浮かん, にもうもうと, にもくもくと, にわたって日本全土, にイバラ, にガラス, にガラス扉, にキラキラ, にマツヤニ, に三角テント, に不二, に人, に伸び, に充満, に光, に冷たい, に吹雪, に咲かせた, に咲き, に咲き乱れた, に土ほこり, に地, に塗りたくり, に塗りつけ, に塗りつぶされ, に塗りつぶした, に夕, に夕焼色, に夜光塗料, に大きく, に実った, に実りたる, に小鳥, に展げ, に展戦, に山県隊, に山肌, に巧み, に平ら, に広がっ, に広げられた, に庭, に廣茫, に引き伸ばした, に拡がっ, に拡がり, に掻き曇っ, に揃っ, に揃った, に握りこぶし, に散りしい, に敷かせ, に敷きつめ, に春蘭, に暗い, に松, に桜, に植ゑ, に植ゑられてさやさや風, に楽しい, に武蔵野之図, に水気, に水霧, に氷, に氷洞, に河, に洪水, に浮きだし, に浮沈, に深い, に滲ん, に漂う, に漂っ, に濃い, に濃く, に火の手, に火玉, に灯, に点, に無精, に煙っ, に照り輝かせ, に片, に瑞々しく, に生えてる, に發射, に白, に白みはじめ, に白墨, に白浪, に百個, に眞白, に真, に短, に石, に石ハゼ, に砂, に砂利, に磨ぎだされ, に秋草, に積ん, に立っ, に粉, に紫, に紫色, に細か, に翩翻, に聞え, に舞っ, に花, に花畠, に苔, に茶色, に草いきれ, に萩, に萱, に落ちる, に蒲団, に蔽い, に薄, に蟠っ, に血, に見えた, に見おろした, に見渡し, に見渡した, に貝がら, に赤い, に赤紫, に起こった, に躍った, に透い, に這, に這っ, に通行, に野, に野路, に鉄, に鉄板, に降り, に降りそそい, に雑草, に雲, に霜, に霜柱, に青, に青い, に青白い, に顔, に風, に飛ん, に高射砲陣地, に魚, に麥, の, のあばた, のいちめん, のうめばちそう, のきら星, のしばふ, のつけ, のひかっ, のまっ白, のもみじ, のわすれ, のカイセン, のクラゲ, のススキ原, の五月, の原野, の土煙, の夏草, の如法闇夜, の小松原, の山絵図, の山谷, の左翼, の幼い, の愁嘆場, の戦塵, の斑雪, の明鏡, の晝顏, の暗, の暗い, の暗やみ, の暗雲, の杉森, の松, の松葉ぼたん, の枯蘆原, の武家, の氷, の泥湖, の流木, の深い, の湖, の濃霧, の灌木林, の無精, の焼け跡, の煙, の甘蔗畑, の異様, の白, の白扇, の白波, の白雪, の秋草, の稲穂, の竹林帯, の細字, の緑, の芒, の花菜, の花菜田, の草, の草野原, の菜の花, の落葉松林, の蔦, の蔦紅葉, の薄, の血, の襖, の諂曲模様, の送電塔, の野, の野晒, の釣鐘草, の鉄板, の長い, の雑草, の雨雲, の雪景色, の霧, の高原植物, の鮮血, の鳥, の黒煙, はいつ, はまるで, はられた, は不可思議, は冷たい, ひろがるよう, ぼうっとかすんだ, まさに灼奕, まるで砂浜みたい, まッ白, もうもうと立ち上がった, もまれて, もむなしかっ, やっぱり銀, ゆらゆらのぼっ, ゆれそれから, ゆれてさ, を, を前, を晦, を真, を砂けむり, を被っ, を豆つぶ, を隈, 作りあげたから, 倒れ, 吹き落ちて, 感じやすい, 拡がって, 暗いからくさ, 枯れた葭, 植えました, 水っぽい秋, 浅みどり, 渦巻いて, 生えた少し, 病みほうけたよう, 白い微粒, 白い雲, 白く咲き出した, 腫れあがって, 赤い痘瘡, 青く平ら, 鳴って, 黄色い煙

▼ いち~ (183, 8.5%)

20 んの 17 いけませんよ 14 んは 7 いけないよ 5 つきを, んが 4 いけない, いけません, ついて 3 ゐません, んに, んを 2 いけないん, つき合, ふうらふら, ゐないやう, んには, んも, ツた, 叶は, 駄目だ

1 [76件] あ足袋, いかな, いからいけないのよ, いかん, いけないつたら, いけないと, いけないな, いけないやう, いけない下女, いけねえ, いませんよ, お気毒な, お氣, くれなかつた, くれません, くれませんよ, くれません綺麗, ついたり, つきばかり, つけ和尚が, つた, つたわね, つてわけなく, つて今日から, つて身体が, どうです, なんねえ, ふわ, ま, まの, ま二階, もう私, ゐないがね, ゐないぜ, ゐないな, ゐなかつたか, ゐられないよ, ゐられまい, ゐられません, ゐられませんよ, んにと, アいけませぬ, アみんな僞善者で, アを, 下さらないだらうし, 下さるまいと, 付いて, 付いてや, 何時病気に, 出ねえでが, 危ないぜ, 厭よ, 大変だ, 大概の, 大笑ひだ, 好けない, 小遣錢位は, 居ない, 居ないぜ, 居ないだらう, 居ないで, 居ません, 居ませんでしたよ, 居られないぢ, 居られないと, 年中役者騷ぎをしてゐるんぢやないか, 悪いけど, 悪いだらう, 惡いと, 放つて, 放つても, 涙の, 相濟, 風が, 駄目よ, 默つてを

▼ いち~ (121, 5.6%)

11 んまえ 6 ちは 5 ち, ち風 3 んも 2 ちとし, ちふつ, ち白い, ち蟻, ち誰

1 [81件] おいち, ちいち, ちいちりんの, ちいっぱいよもぎのなかにはたらいて, ちいつ, ちいよす, ちすわつて, ちだまつて小鳥, ちです, ちとやせ細り, ちと弱っ, ちと迫る, ちどなられて, ちのを, ちの役目も, ちの汗を, ちの泥を, ちの行程は, ちの運命を, ちの風がを, ちも, ちもの, ちわたし, ちわれ, ちを, ち中, ち中うち, ち働ら, ち僕, ち啼き暮すこと, ち土手草, ち大きい, ち孫, ち寢, ち山, ち山あい, ち座して, ち彼, ち掘る音, ち敬坊, ち日, ち日向, ち暇, ち暮しても, ち木, ち机, ち樹, ち歩いたが, ち歩いて, ち泊って, ち涼しい, ち物, ち瓦斯, ち生きて, ち石, ち胸, ち花, ち薄い, ち谷戸, ち降り, ち陽, ち雨, ち雨ふり, ち雨ふり一隅, ち雨ふり故郷, ち雪, ち風ふき誰, ち風ふく風, ち飽きる事, ち鸚鵡, ち黒蜂, とつて, ど拝見, ょ, んに, んまえだ, 七日ほど, 会って, 縁談を, 苦労させる, 言いながら

▼ いち~ (92, 4.3%)

6 ろく 5 ゅくの 4 ゅくは 3 ろき 2 に爆発, はギョッ

1 [70件] お落ちなされ, こうなされ, そうハギ, にあたりをいろどっ, にお, にざわめきたちました, にで, にやみ, にパッ, にプラーグ, にワーッ, に乱刀, に凱歌, に失い, に姿, に弛んだ思ひ, に水, に父母, に男, に発した, に落ち, に襲った, に醒める, のおどろき, の昂奮, の溜飲, の計略, はうまく, はおどろいた, はかっと, はずいぶん, はちがった, はもち, は二十人, は大戦そのもの, は家中ぜんたい, は富士, は座, は掛札三席, は日本橋, は曲者, は気, は相当, は訴訟, は鬼検事, やや暗く, ゅくがくらべ, ゅくにんじんごぼうで, よと言, よと陰陽師, よの一人, よの唱, よはやぼさ社, よ自身, ろかりし, ろくいろ付く, ろしくも, スタンレイ・ランドルフ大尉と, マンホールの, 不和に, 凌ぎと, 戦争から, 拝借した, 断念し, 濠端で, 色を, 菓子屋を, 賢二君を, 軽快し, 間にあわせに

▼ いち~ (86, 4.0%)

2 云つた, 妹に, 泣かずに, 襖の, 言った, 起きて, 長太郎の, 門の

1 [70件] うなだれたまま頭, おとなしく立ち留ま, おとなしく立ち留まっ, かねて, こう云っ, さされた方角, さらに美しく, しなかったが, そういうなか, そこを, そのよう, その声, ちの花字の, とびたつよう, どう思っ, はいと, ひとりだつた, ほとんどこうなる, まえから, まえに, まずこう言っ, また同じ, まだ十三, まもなく戻っ, もう三之助, や, やぶる, ようやく身, 三之助とは, 乏しい銭, 先づかう, 八九歳の, 冷めたく決意, 初めて高雄, 勘当を, 又同じ, 声を, 大助, 大助の, 家に, 小声で, 小聲, 彼が, 彼の, 悲しそう, 成瀬先生を, 拒むこと, 持ちこたへて, 指された方角, 森家の, 権八の, 死に登, 殆どかうなる, 泣いて, 泣きながら, 泣く泣く結婚, 父と, 猿ヶ谷の, 紀平家の, 結婚を, 縫い物や, 縫い物を, 耳が, 自分の, 荒く息, 身ごもって, 身を, 陰陽師の, 青みを, 青木雄策に

▼ いちゅう~ (65, 3.0%)

13 でした 4 です 2 だ, でしたから, に足

1 [42件] この二, こんなこと, だったが, でありました, でしたが, でしたので, ですよ, なので, に, にきみ, にこの, にその, にたぶん, にとつぜん, になにやら, にひとり, にまた, にわかにずし, にコスモ, にランプ, に何, に信州蓼科山麓, に前田玄以斎どの, に多根, に婚約, に決まっ, に王さま, に私, に血, に誤っ, に軍人, の作者, の曠野, の田圃, の道場大広間, はお前等, へその, へそれ, へ秘書, をてらしました, 取次ぎの, 眠って

▼ いち~ (63, 2.9%)

51 くさんに 2 くさんにかけ 1 くおいて, くおくよう, くさん, くさんいち, くさんでした, くさん膝, 森も, 洗礼を, 重い苦しい荷, 震えて

▼ いちばい~ (57, 2.7%)

2 強めさせて

1 [55件] うれしかった, おさかん, おそろしいお, お声, お眼, こたえたもの, ごうじょうときています, ご精進, その背, その骨柄, だった, な健康, な凝視, な悲劇, な敬神家, な方, な智, のもの, の功, の御, の必死, の情熱, の権威, ひしと朝臣たち, 働くには, 優れて, 勝れて, 厚くうけ, 厚ぼったい唇, 大きいの, 大きいので, 奮い立ッ, 奮う一族, 寝つき, 小さいぼく, 強いあの, 強いほう, 強い煩悩, 強かった, 強く感じる, 強しとか, 御精, 感じて, 憎さ, 拡げて, 持って, 淋しがりやで, 烈しい感情, 生々しい実感, 篤う受け, 細かい心, 読み理性, 賢うございます, 辛かった, 鋭い感受性

▼ いち~ (50, 2.3%)

2 かみどの, 向うに, 態度が, 手から, 手に, 最後の, 父は, 願意は, 願書と, 願書は

1 [30件] あとを, ことを, したこと, つかさ, みや, 中には, 仮名遣ひ, 兄左門で, 半生の, 告白の, 声は, 婚約は, 心を, 意識を, 戻ること, 持って, 歎きよう, 気持だ, 理想と, 理想は, 立って, 罪の, 肌に, 肌は, 腹の, 親の, 贈物を, 躯の, 顏を, 顔を

▼ いち~ (49, 2.3%)

2 丁寧に, 先に, 十六歳二女まつが, 調べられた

1 [41件] あと, いたので, かう申し立てると, こう申し立てる, そのこと, たずねた, たづねた, ついて, つたり, つた空間に, ときどき夜なか, どんなに大事, や, やで, ゐたので, ッて, 云った, 云つた, 何やらふと, 何やら布團, 初めてこの世, 十五歳の, 去った日, 四歳お, 孤児に, 寝て, 寢て, 心配そうに, 必要な, 戻るかも, 棚岩へ, 欲しいならやっ, 病死した, 立ち聞きを, 立ってから, 立聞を, 答えた, 答へ, 自分にとって, 言った, 鼻声を

▼ いちよう~ (37, 1.7%)

2 ではなかっ, にで

1 [33件] なもの, な灰色, に, にうす明い, にこの, にそう, にもらされた, にカーキ色, に修身科, に大きく, に失望, に好奇心, に宿命, に小さく, に小刻み, に彼, に心, に気, に深く, に笑い, に納得, に背のび, に色, に葉先, に薄みどり, に見える, に豪く, に赤く, に身ぶるい, に間口, に青く, のガス, を捕り

▼ いちやん~ (30, 1.4%)

3 人形を 2 ぢや, てば, ばア, 勘忍し

1 [19件] お祭は, お茶, お茶が, お酒, がもの, が機場, が病気, といふそれ, とこに, とした, と一緒, と喧嘩, と御, と稱, どう思つて, のは, 僕が, 酒殘つ, 馬鹿だ

▼ いち~ (29, 1.4%)

4 んの 3 ん声を 2 ん高く

1 [20件] ということ, なとし, んいちだ, んすぐれ, んたかい, んゆうゆう, ん上に, ん下の, ん下等な, ん以前と, ん加はりその, ん墨光を, ん声たかく, ん寒く, ん愛想よく, ん澄みわたる, ん物々しく, ん進んだ, ん野槍の, ん鈍剣を

▼ いち~ (29, 1.4%)

3 ち, ち猟 2 ち家

1 [21件] ちあくせく, ちいい, ちおん, ちがかりであ, ちじゅう休み, ちじゅう夜, ちじゅう目色, ちその, ちだけ, ちは, ちひと, ちぶらぶら, ちへ, ちよ, ちわるい, ち一晩, ち戸口, ち昨夜, ち歌つて, ち集団農場, ろまだ

▼ いちかば~ (17, 0.8%)

5 ちかの

1 [12件] ち, ちかで, ちかと, ちかとにかく, ちかの瀬戸ぎわへまいったのじゃ, ちかやっ, ちかを, ちか彼に, ちか行く, ちの戦場の, ちの決戦の, ち命がけ

▼ いちぶし~ (16, 0.7%)

12 じゅうを 1 か見えません, じゅうの, じゅうは, じゅう話した

▼ いちりん~ (14, 0.7%)

2 咲いて

1 [12件] あやまちなく, しづかな, のお正月, のその, の花, の菊, の薊, の赤, の風, ほんとうに, 動かさずすべて言葉, 風が

▼ いち~ (13, 0.6%)

2 申す娘

1 [11件] いふ, ことばを, 二人に, 云ふ, 口が, 大乱あら, 言はれ, 言はれました, 言はれる, 言ひました, 語を

▼ いち~ (13, 0.6%)

1 [13件] が目配せもろ共, が血刀, が長々, こそはまさしく, じゃ, とすれ, のみを引き, の妻妾, の旅僧, の非人, は断じて, を供, 突如と

▼ いちまつ~ (11, 0.5%)

2 た, の殺気 1 たがなあ, たな, たの, たよ, て困つてる, と洒落れ, の不安

▼ いち~ (11, 0.5%)

1 [11件] 失なった, 奪い取りたいと, 娘分として, 少しも, 巧みに, 弄した, 抱きこの, 本当には, 殉教者の, 自分が, 配偶に

▼ いち~ (9, 0.4%)

2 いちりん 1 のすき, のスキ, の人士間, ぶんが, も思い違い, 一什は, 始終を

▼ いちやつ~ (8, 0.4%)

2 た, たわ, たん 1 たところ, たよ

▼ いち~ (8, 0.4%)

1 にワツハツハツ, に三つ, に噴火, に楽々, に献納, に費, に踊る, に酔

▼ いち~ (7, 0.3%)

2 くの 1 く畠, く若葉, るしく, るしく唸りはじめて, るしく暮れ

▼ いち~ (7, 0.3%)

2 の葉 1 がまっ黒, の, の囲み池, の木いち, ひびけりふかき

▼ いち~ (7, 0.3%)

1 お廂, があけました, たりとても, のご, の宿, はおろか, 泊めて

▼ いちじるき~ (6, 0.3%)

2 横雲の 1 光に, 効験を, 明暗や, 神の

▼ いち~ (6, 0.3%)

1 に只ひと色, に物凄く, に肉豆, に膿, の深い, の濃い

▼ いちめん風~ (5, 0.2%)

4 にさらさらさらさら 1 に波立っ

▼ いちれつ~ (5, 0.2%)

1 すまして, に, の柱, ひかる雪, 浮ぶ防雪林

▼ いち~ (4, 0.2%)

1 も分別, をかし, をひねりだしたい, を持っ

▼ いちから~ (4, 0.2%)

1 でかの, ですからねえ, で虚空, 聞いたの

▼ いちじる~ (4, 0.2%)

1 きものを, く, く寒け, く見え

▼ いちばい心~ (4, 0.2%)

1 では直義, をかため, をひきしめよう, をふるって

▼ いち~ (4, 0.2%)

2 さな 1 ささ, 津の

▼ いち~ (4, 0.2%)

1 ちょ, はア, ふぜ, ぶい

▼ いちめん銀~ (4, 0.2%)

3 や貝殻 1 や貝殼

▼ いちめん黄いろ~ (4, 0.2%)

4 やうすい

▼ いちやく~ (4, 0.2%)

1 あたたかい部屋, 八万の, 洛陽の, 諸侯の

▼ いち~ (3, 0.1%)

1 と言, は南方, 神といふ

▼ いち~ (3, 0.1%)

2 やの葉 1 のはな

▼ いちじるく~ (3, 0.1%)

1 むら小竹が, 現れを, 生際

▼ いちそれ~ (3, 0.1%)

1 を拾っ, を持ち帰らした, を見

▼ いちどうしろ~ (3, 0.1%)

1 でにしばられ, へまわった, を見返し

▼ いち~ (3, 0.1%)

1 いお忙し, の河岸, めが

▼ いち~ (3, 0.1%)

2 話が 1 位の

▼ いちめんたくさんたくさん~ (3, 0.1%)

2 集って 1 集まって

▼ いちめん雪~ (3, 0.1%)

2 のなか 1 を散らした

▼ いちもつ~ (3, 0.1%)

1 ありげ, がある, 四が

▼ いちやう~ (3, 0.1%)

1 に淨化, に白く, に雪

▼ いちらし~ (3, 0.1%)

1 てしまった, ても持ちこたえ, を子供達

▼ いち~ (3, 0.1%)

1 だけで, とはかどる, に何辺

▼ いちおいら~ (2, 0.1%)

2 はまだ

▼ いちくわ~ (2, 0.1%)

2 らくわ

▼ いちその~ (2, 0.1%)

1 おまえが, 婆あがい

▼ いちという~ (2, 0.1%)

1 のが, 者を

▼ いちについて~ (2, 0.1%)

1 いろいろな, 問答を

▼ いちには~ (2, 0.1%)

1 彼を, 長く忘れる

▼ いちにん~ (2, 0.1%)

2 めえ

▼ いちねん~ (2, 0.1%)

1 牙を, 祈願した

▼ いちばい才~ (2, 0.1%)

1 はじけたところ, はじけた於通

▼ いちめんきれい~ (2, 0.1%)

1 なお, に清掃

▼ いちめんぬかるみ~ (2, 0.1%)

1 のひろい, の街道

▼ いちめんの~ (2, 0.1%)

2 かはら

▼ いちめんまっ白~ (2, 0.1%)

1 な雪, にマグノリア

▼ いちめん火~ (2, 0.1%)

1 の塵, の海

▼ いちめん網~ (2, 0.1%)

2 になっ

▼ いちめん花園~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ いちめん銀色~ (2, 0.1%)

2 にやって来ます

▼ いちやんおき~ (2, 0.1%)

2 いちやん

▼ いち婆さん~ (2, 0.1%)

1 が迎え, が頑張っ

▼ いち~ (2, 0.1%)

1 お訪ねし, もそんな

▼ いち~ (2, 0.1%)

1 盃の, 道理に

▼ いち~ (2, 0.1%)

1 に申し, に白

▼ いち段落~ (2, 0.1%)

1 ついた, ついたと

▼ いち速く~ (2, 0.1%)

1 この船, 絲の

▼1* [336件]

いちあの声が, いちじゃねえ, いちうたらまア聽, いちうたんやが, いちうて泣いたもんや, いちうであつたの, いちうのだったか, いちいち, いちばちか, いちかぞえられる程であった, いちかは小港の, いちからが生れたの, いちからはどのよう, いちからを身に, いちぎりとまではゆかないけれども一人の男, いちわらか, いちぐんだいなどといふ名を少し, いちげ淡紅色のいはか, いちこの船は, いちかき, いちしばの林, いちじゆくの枝, いちじ立替えて頂く, いちんを以て, いちぞんで採決できる, いちだい大きなそり, いちだろうと云った, いちだんこえを, いちちよツちよツで, いちぢくにからまつた, いちつて見た方, いちに酔つて, いち見たらお前, いちてめえのよう, いちとの関係を, いちどう何事かと, いちどうはっといたしまして, いちどこのお, いちどちらと顔, いちどれが善い, いちなどにひっかかる人物, いちならわかって呉れるだろう, いちにと呼んで, いちにはなど言ふ, いちにもかれに, いちにんでこざいます, いちねじ金兎の糞, いちねんがとどいて, いちねんにもなりませぬ, いちはの家鴨の, いちはんいいか, いちはんてっぺんだ, いちばいお気をつけられませい, いちばいここは励まなけれ, いちばい不安に蒸され, いちばい体も小さく, いちばい備えにお, いちばい切れの長い, いちばい力をいれ, いちばい勉強いたします, いちばい勢威を加えた, いちばい合力に力, いちばい哀訴をこめ, いちばい堅固にと島後, いちばい声もひそまっ, いちばい多感にした, いちばい太平記もふかく, いちばい好学温雅なるため, いちばい嫌いである, いちばい尊氏に優遇, いちばい忠節と信義, いちばい想を凝らした, いちばい意識に濃い, いちばい旺んな志慾, いちばい明敏な彼, いちばい明晰な理念, いちばい有効で短い, いちばい根が御, いちばい権をふるっ, いちばい気をよく, いちばい汗かきのほう, いちばい汗性らしい顔, いちばい派手にし, いちばい激賞して, いちばい無口な表情, いちばい無学の其方, いちばい目をかけ, いちばい目的への希望, いちばい眼はしのきく, いちばい綺羅な武家, いちばい綺羅星の陣, いちばい繊細でもあり, いちばい美う見ゆる, いちばい肥満して, いちばい自分の激発, いちばい自我のつよい, いちばい色には動き, いちばい苦労をし, いちばい行房にはお, いちばい要心ぶかい, いちばい謙虚に見うけられました, いちばい警戒を密, いちばい貪欲なくせ, いちばい達者だから, いちばい長面なので, いちばい関心をもっ, いちばい頭の低い, いちばい鹿之介, いちひさい家で, いちふってよこしました, いちふでな, いちぶんが立たない, いちへの思慕に, いちまひ未だハッキリと, いちえますぜ, いちめいを許し, いちめんいちめんももいろの, いちめんいちめん海蒼のチモシイ, いちめんそこらの雪, いちめんたくさんたくさん集つてぼうつと青白い, いちめんなんマイルと先, いちめんにきびを潰した, いちめんふきでものがした, いちめんふしぎな微, いちめんほたるが, いちめんほのかにこめ, いちめんまっ青になった, いちめんみどりのなか, いちめんもの臭いところ, いちめんももいろの, いちめんウジョウジョと這い廻っ, いちめんグロテスクな味覚, いちめんビショビショに水びたし, いちめんラムネのやう, いちめん三味線習うて, いちめん人間の姿, いちめん回答文で足, いちめん固体のよう, いちめん埃りの, いちめん墨のよう, いちめん大刀で切っ殺いだ, いちめん大地は朽ち, いちめん妙な腫物, いちめん展開されて, いちめん岩窟の道具, いちめん嵐に吹きちる, いちめん得もいわれぬ, いちめん微細な文字, いちめん悪魔的とまで言いたい, いちめん散点する, いちめん朦朧としてふかい, いちめん朱金色にかがやき, いちめん林檎の花, いちめん梅の名所, いちめん楊の花, いちめん殺戮の坩堝, いちめん水銀をなす, いちめん汀石の控え, いちめん海蒼のチモシイ, いちめん漂ひ鳴いて, いちめん火の粉が舞っ, いちめん狂瀾のよう, いちめん男の匂ひで, いちめん白布を敷いた, いちめん真っ白な大根, いちめん真赤だった, いちめん禅機に富む, いちめん空は黒, いちめん純情なところ, いちめん紺いろの, いちめん肉のこげる, いちめん芒の穂, いちめん茫々とひろい, いちめん茶色になる, いちめん草の葉, いちめん葩を滲ませ, いちめん蓮の葉, いちめん貝がらをしいた, いちめん金をちらした, いちめん雀ばかりです, いちめん雀斑が出来, いちめん雨の脚, いちめん雪雲が懸っ, いちめん霧がぼし, いちめん露をおびた, いちめん頭の悪い, いちめん食慾をそそる, いちめん高時と共に在る, いちめん鳴きたてて, いちめん麦がみ, いちめん黒煙である, いちもうぼろを, いちもつかれの狂酔, いちもんだから, いちもん雛と数, いちゃあみっともねえから夜警の番, いちゃいちゃしたければ芝居なんぞ見, いちゃくちぢこまっていなければならない東部ではそんな, いちゃぼひば美しくうるおう, いちゃらよこう見え, いちゃらよ文句があるならやっつけちまう, いちゃんだのおしげさんだのが綿摘みの稽古, いちゃんとふざけまわって遊ぶ頃, いちゃんぽんうどんや尾道の千光寺, いちゃんむやみに表へ出, いちやあいけませんよ, いちやくして有数, いちやらな顏を, いちやんだの吉公, いちやんちやんこのおばあさん, いちやん待つてよ, いちはその, いちゅうおみえになりましたが何をお, いちゅうたら来い, いちゅうだからいずれ寸暇, いちゅうて寝ちょ, いちゅうて大目付から矢, いちゅうでもし家, いちゅうでんとうがぱっとそこ, いちゅうでんとうでその中, いちゅうでんとうでてらしてみますとそれは二十, いちゅうでんとうでてらしながらそこをすすん, いちゅうでんとうでてんじょうをてらしていた井上くんが, いちゅうでんとうでてんじょうをてらしてみるとまるいつつは, いちゅうでんとうでよくしらべてみましたがへやはまったく, いちゅうでんとうで台所のスイッチ, いちゅうでんとうのわがぶるぶるふるえ, いちゅうでんとうの光がさっと, いちゅうでんとうを出して, いちゅうでんとうをつけ井上くんがさき, いちゅうでんとうをてらし長いあいだ, いちゅうでんとうをてらしてきたいの, いちゅうでんとうをてらしてへやじゅうをさがしまわりました, いちゅうでんとうをてらしてみますとそこは十, いちゅうでんとうをもったまままるいへや, いちゅうで矢来はなかっ, いちゅうと申すしらせ, いちゅうということにならなければなりませんでしたから事は迷宮, いちゅうどこから忍び込ん, いちゅうなんだいそがしいん, いちゅうに思いがけなく越前, いちゅうにあんな騒動が降っ, いちゅうにさえこの人たちが附きまとっ, いちゅうにゃあ婦女はふっと, いちゅうによねえあんた, いちゅうに事が起きた, いちゅうのその師範代を恨み, いちゅうのは信じられま, いちゅうの四年前でそれから, いちゅうめがねにまっくろな, いちゅうもんじゃけ見舞にやりました, いちゅうらしくなんのもの音, いちゅう不審です, いちゅう人焼く煙, いちゅう奥でなにやら, いちゅう法がごわす, いちゅう結果になります, いちゅう話じゃが, いちゅう釈を聞い, いちゅう雪と氷, いちょうがえしのごとく束ねて, いちょちょうのはねをあつめて縫いあわせたもの, いちれつみんなはのぼっ, いちわの小鳥とは, いちゐのかれ葉, いちっとニャク, いち乗りこんで来, いち二十一日目に神官, いち二日をかわし, いち人あとの四人, いち人前の二本差, いち人斃すの要, いち人見事に刺客, いち伝六の問題, いちの身寄, いちにい, いち切りでもしたら, いち博奕は御法度, いち合っている, いちがある, いちでうけ, いち報告する一種, いちに臭く, いちにあんな, いち夜妻のその, いち夜遊興して, いちは云った, いちやとお, いち婆さん頭をはたらかした, いち冷を, いち少年自身にし, いちの人々, いち念頭にきざし, いち思いあわせると彼, いち思い出させる環境から, いち意味さえ解らない, いち打ち砕くより他, いちをさして, いち日じゅう眺めて, いち日中そこから劇, いち日男の事, いち時間がない, いちのくっきり, いち引っかけたまま, いちに悪い, いち横丁等一寸考え出し, いちのいち, いち死んだ所天へ, いちとやかましく, いちへもぐっ, いち水道ん栓, いち流のがあすこ, いち淀みなしに, いち点けっ放しで, いち申さずともお, いち番手近かなモデルぢ, いち番適切だった, いち盗まれた品物が, いち群のぶよが, いち老人に相談, いちのすく, いち自分の年, いち見透かしている, いち親子が喧嘩, いちで申せ, いち訴えという言葉, いち詮議立てしたら今夜, いち警察へ報ら, いち出して, いち路番町に急ぎました, いち身上持が好い, いちの不安, いち通じないんです, いちがちっとも, いち高い樹の, いち黄金になった