青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いえる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いいます ~いう いう~ ~いうべき いうべき~ ~いえ いえ~ ~いえない いえない~ ~いえる
いえる~
いか~ いかが~ ~いかない いかなる~ ~いかに いかに~ ~いかにも いかにも~ ~いかん いかん~

「いえる~」 1071, 10ppm, 10419位

▼ いえる~ (218, 20.4%)

106 である 2116 です 7 であります, では 64 だった, であって, であるが 3 だろう, だろうか 2 だが, であろう, でしょう, ですが, はそれ

1 [27件] かもしれない, かもしれなかった, かも知れない, かわたし, がある, が精, じゃ, だと, であった, でありまして, であろうが, であろう平方式暗号, でしょうが, でしょうけれど, でしょうよ, ですあなた, でもあったろう, はここ十数年来, はしかし, はそういう, は他, は平尾, は御, は皮肉, も落第, んか, んやろ

▼ いえるもの~ (73, 6.8%)

16 では 5 だった 4 か, である 2 あり, がある, であった

1 [38件] かは, かもしれません, か今日, か彼, があきらか, がたま, がまざまざ, が四つ, が少ない, が既に, じゃない, ぞ, だ, だったが, だと, だろうか, だろうかという, で, でございましょうか, でしょう, ですか, でなかろうか, でなくて, でなし, で仏家, で思えば, と思った, になっ, の理想, はないだろう, は三百年, は元来勘定所, は少い, は皆人間, は軍書, まで数え, も身, を見

▼ いえる~ (64, 6.0%)

2 ごとし, しかしその, しかし真

1 [58件] いくらあきらめよう, このあたり, このよう, この種, この逸脱, ごときは, ごとく多く, ごとく夜中南京虫, ごとく重荷, さて行う, しかしまた一方, しかし少し, しかし慾, しかし政党, しかも人間, そういう伝説, そこに, その創案, その道義, それとは, それにしても信玄, なるほど近ごろ, ほんとに三千万ボルト, またやさしい, また一方, また特殊, ままが, みんな鼠色に, むしろ春分, もし自分, やはり最初, 一処ならず残れる, 一般に, 主君の, 事実宮方の, 内地へ, 同じよう, 同時にその, 外交官としては, 多くの, 如くである, 実否を, 家事万端の, 専門以外の, 尼子一族と, 彼の, 彼女の, 悪く解すれ, 文展出品は, 時間を, 月の, 権門や, 武蔵にも, 相手の, 眼先の, 私と, 自分で, 馬超の

▼ いえるよう~ (60, 5.6%)

11 なもの 2 な事, な気, になった, に思います

1 [41件] だが, であった, な, なきびしい, なこと, なこの, なひと, なほのか, なぼんやり, な一列, な一徹短慮, な一面, な体質, な作品, な侍, な光, な冷静, な史料, な問い責め, な子供, な宏壮, な山着姿, な弁証法的, な御, な微妙, な態度, な所, な時間, な生ぬるい, な盛儀, な瞑想的, な研究, な細, な者, な薄暗い, な趣, な軍隊, にし, になっ, に御, に音楽

▼ いえること~ (58, 5.4%)

5 だが 4 あり, である, なの 3 であって, では 2 は, はわたし

1 [31件] あり方今政談, か, かどう, だし, だと, だろうと, だ又, であった, でありしかも, であるし, であろう, で億劫, なので, なりなんぞと論じ出し, なる可, になる, にはそこら, はその, はどこ, はナイフ, は前, は名前, は実相, は感情, は智識, は無策, は職業生活, は自分, を他, を以て意, を誇り

▼ いえる~ (37, 3.5%)

15 思う 7 思います 4 思うの 2 思うん 1 おもう, また同じ, 大差なけれ, 思うね, 思った, 気づきはじめた, 私は, 自分で, 説き彼女

▼ いえるかも~ (30, 2.8%)

12 知れない 11 しれない 2 知れないが, 知れません 1 知れない挑んだ表情, 知れなかったが, 知れんけど

▼ いえる~ (26, 2.4%)

1 [26件] かたも, これけだし, これも, その見, むかしの, やはり新島辺, 余りに強, 名代の, 名立の, 大神の, 富士山の, 御影石にや, 文武臣僚の, 椰子を, 毎度伝聞する, 海軍少尉男爵川島武男と, 牝犬が, 目蓮等が, 真淵集中, 竜の, 米国に, 英雄も, 荒川の, 蚤く, 謙遜の, 馬の

▼ いえる~ (25, 2.3%)

10 どうか 7 どうかは 1 いやとも, どうかという, どうかについて, どうかを, またいわね, 知らんしかし, 知らん単に, 被告人は

▼ いえる~ (23, 2.1%)

1 [23件] ここの, そうで, それが, それを, だれも, また劉玄徳, また唯一, また抱擁, また花世, また道義, むしろ予期以上, 京吉を, 他面には, 又国語, 少年期の, 徒歩でも, 現今の, 現代の, 職務にも, 自己分裂である, 解けたとも, 道徳家とも, 雑居期とも

▼ いえるほど~ (17, 1.6%)

4 だった

1 [13件] ですがね, では, な繁昌さ, ゆっくりした, 厳格だ, 幼時から, 控え目だった, 正しいだろう, 正直な, 江戸湾に, 目立つ侍, 簡単な, 非常な

▼ いえるわけ~ (17, 1.6%)

3 だが 2

1 [12件] がない, で, である, でしょう, です, でただ, でない, ね, は, はありません, は他, は吉野

▼ いえる~ (12, 1.1%)

2 あり 1 があるなら, がみつかる, が多かっ, はおそらく, はかの, はこの, はもし, はよほど, は一人, を医師

▼ いえるほどの~ (11, 1.0%)

1 [11件] ものは, ものを, 何かを, 冷たい眼, 富を, 慢性の, 積極的な, 綺麗好きで, 緊張した, 者は, 蒼ざめた顔に

▼ いえる~ (10, 0.9%)

1 ありしが, がいる, が世界, であろうか, に構う, の国家理論, はいつごろ此処, はない, は案外, は気

▼ いえる~ (9, 0.8%)

41 だと, でございま, です, ですが, ですわ

▼ いえる~ (8, 0.7%)

1 あらずや, や, よく似, 合い南詔国, 宿りしが, 比すれば, 的中せり, 藤原夫人の

▼ いえる~ (8, 0.7%)

1 とりて, わたる, 修したりきそれ, 相手の, 聞き余, 聞く, 見ても, 顧みざるが

▼ いえるところ~ (7, 0.7%)

1 がどうやら, によるに怪声, に静か, の悦楽, の浮世絵末期的, の見世物, はある

▼ いえるので~ (7, 0.7%)

1 あつて, すこし薄気味, 大きい氷, 年来鬱積, 藪を, 訳文の, 頭が

▼ いえる~ (7, 0.7%)

2 だった 1 けわしいもの, な人物, な相思, の若い, 折に

▼ いえるくらい~ (6, 0.6%)

1 だ, であるが, でまた, 深刻無味の, 短い時間, 見栄も

▼ いえる~ (6, 0.6%)

1 かの水蛇, この間の, その故, その頃そうであった, 極めて拙く, 竜に

▼ いえるもん~ (6, 0.6%)

2 じゃない 1 か, け, じゃいや, をわざと

▼ いえるかと~ (5, 0.5%)

2 思う 1 もう少しで, 反対し, 思うの

▼ いえるけれども~ (5, 0.5%)

1 問題を, 女として, 子供たちの, 実社会には, 彼の

▼ いえるはず~ (5, 0.5%)

1 がありません, がない, だのに, はありません, はない

▼ いえるこの~ (4, 0.4%)

1 体それらを, 嫂は, 欲求を, 種の

▼ いえるという~ (4, 0.4%)

1 ことは, ことも, のです, のと

▼ いえるけれど~ (3, 0.3%)

1 それだけでも, 彼の, 肉体を

▼ いえるだけの~ (3, 0.3%)

1 確信が, 者が, 風貌は

▼ いえるのに~ (3, 0.3%)

1 こう断っ, 往年の, 心もち両

▼ いえる人間~ (3, 0.3%)

1 はかれ, はその, をほめ

▼ いえる問題~ (3, 0.3%)

2 ではない 1 はどうも

▼ いえる程度~ (3, 0.3%)

1 に過ぎなかった, に過ぎなかつた, のこと

▼ いえる~ (3, 0.3%)

2 を頼り 1 ではない

▼ いえるから~ (2, 0.2%)

1 である, です

▼ いえることば~ (2, 0.2%)

1 か, ではない

▼ いえるだけ~ (2, 0.2%)

1 でその, 申し上げて

▼ いえるにて~ (2, 0.2%)

1 その意明らけし, 知るべし

▼ いえるには~ (2, 0.2%)

2 蛇多き

▼ いえるほどな~ (2, 0.2%)

1 おなじ鋭気, 持ちまえの

▼ いえるまで~ (2, 0.2%)

1 いいますよ, 仰っしゃってください

▼ いえるものこれ~ (2, 0.2%)

2 なり

▼ いえるものの~ (2, 0.2%)

1 けっして個性的, じつは左膳

▼ いえる~ (2, 0.2%)

1 がある, を一寸

▼ いえる二人~ (2, 0.2%)

1 あり倶, の恋愛

▼ いえる~ (2, 0.2%)

1 なパーセンテージ, に挨拶

▼ いえる勇気~ (2, 0.2%)

1 はだれ, もない

▼ いえる可能性~ (2, 0.2%)

1 が出, が多分

▼ いえる~ (2, 0.2%)

1 が幾人, であった

▼ いえる姿~ (2, 0.2%)

1 であった, で大仰さ

▼ いえる実名~ (2, 0.2%)

2 を与うる

▼ いえる~ (2, 0.2%)

1 になっ, を付し

▼ いえる微妙~ (2, 0.2%)

1 な意志, な点

▼ いえる~ (2, 0.2%)

1 にし, は天下

▼ いえる感じ~ (2, 0.2%)

1 である, に優る

▼ いえる~ (2, 0.2%)

1 には左, を購い

▼ いえる有様~ (2, 0.2%)

1 である, の歴々

▼ いえる気持~ (2, 0.2%)

1 のよろめき, も抱い

▼ いえる社会~ (2, 0.2%)

1 がここ, ではもう

▼ いえる積り~ (2, 0.2%)

2 であろうか

▼ いえる~ (2, 0.2%)

1 がない, だのに

▼ いえる~ (2, 0.2%)

1 さだ, さの

▼ いえる~ (2, 0.2%)

1 がある, は数世間経験

▼ いえる連中~ (2, 0.2%)

2 はいる

▼1* [222件]

いえるかしらと心配な, いえるかなア別荘の, いえるくらいにまで増大するだろう, いえるぐらいな美人は, いえるけどとにかくあたし, いえることこれ縁起の理, いえるしかしそれと, いえるじゃないか, いえるずんぐりと低い醜い, いえるそういう雰囲気が, いえるその地図を, いえるだけでも年まだ, いえるつまりたる語, いえるつもりなの, いえるとしての話です, いえるどよめきが流れた, いえるなどよほど女, いえるなり老懸, いえるにも其の風格, いえるに対し他邦民, いえるのみならず実は, いえるばかりで生涯, いえるひとりである, いえるほども似て, いえるまことにさも, いえるものどもに借財, いえるもの一日天狗にさらわれ, いえるやも知れない, いえるより其の方, いえるわよ幾ら穢い, いえるセキはない, いえるデルタ地帯ではなかっ, いえるフランスから移植, いえるフランス人たちは戦争, いえるルチアノ一派の実力, いえる一事は信盛, いえる一個体一霊魂一可燃性の存在, いえる一大怪物が目前, いえる三井寺を攻めつぶすやい, いえる三角形の建物, いえる不愍ともいえる, いえるに足, いえる中宮寺を訪れる, いえる事体蛇よりは欧亜, いえる二種の元素, いえる五臓の精, いえる人々だったの, いえる人うめの家, いえる人たちは多い, いえる人体解剖の行われた, いえる人先々代蝶花楼馬楽が谷中浄名院, いえる人妻と男女二子, いえる人家来の檜熊, いえる人気なさ, いえる人花都の産, いえる仕事もし, いえる以上はその, いえるでして, いえる位置にあった, いえる低い二階を, いえる住居なの, いえる何らの他, いえるも居る, いえる侠客の徒輩, いえる俗伝を古蹟, いえる豪傑連よりは, いえる兵数だが, いえる力自慢の者ども, いえる力逞ましき叔父, いえる医師あり, いえる占い者があっ, いえるさえあれ, いえる口幅ではない, いえる古い小さな仏像, いえる右馬允貞盛が立ち廻っ, いえる名人あり, いえる名跡考の言葉, いえる名門いつかは北条, いえる呪文を三, いえるしさえ, いえる和合と結束, いえる品格にまで高められた, いえる唯物的の論, いえる啾々の松かぜ, いえる困惑と自己苛責, いえる地勢にある, いえる地方にもあり, いえる城南の興行, いえる多能いわゆる玄徳, いえる大尽云々六十を過ぎ, いえる大軍であったの, いえる天覧の光栄, いえる女丈夫にてこの, いえる女乞食今この処, いえるで十日, いえる妖巫英語でウィッチ, いえるな吸引力, いえるの愛情, いえる子爵なり, いえる存在だった, いえる宗教の信徒, いえる宿痾ならまだしも, いえる対陣だった, いえる将器である, いえる尊き信念の, いえる小娘であった, いえるの真下, いえる山寨を築造, いえる工合であった, いえる幽霊とは魂魄神, いえる廃藩置県以下の諸, いえる役者ではなかっ, いえるの体, いえる彼女の宣言, いえるの東山水墨, いえる復古とはいい, いえる思想が国家, いえる性質がある, いえる怪談である, いえる悟道に近い, いえる僕一人を, いえる悲しく苦しく不安の, いえる感性の動き, いえる感情だったが, いえる憎悪が積り積, いえる成年中年の時代, いえるにて催されし, いえる掠奪の光景, いえる放言と正直, いえるの水軍, いえる発見の, いえるの二人, いえるもあるまい, いえるの題, いえる時代がかつて, いえる時期ではありません, いえる書類で手, いえる最高の嗜好的, いえるに, いえる林家及びその他, いえるじゃあねえ, いえる業績を遺した, いえるである, いえるはなかなか, いえるは彼, いえる正直一図の男, いえる母子お二人, いえる母里与三兵衛は語気, いえるがした, いえる気品もあらそえない, いえる活玉依毘売其容姿, いえる浪子もおどる, いえるの男ども, いえる清潔さを保っ, いえるの波, いえる無邪気な顔, いえる物理学に役に立たない, いえる率直さで娘たち, いえる現状になっ, いえる現象なの, いえるあれども, いえる理由は, いえるが世に, いえるの群れ, いえるだった, いえる眼差を総監, いえる神経痙攣の経過, いえる秀吉の性格, いえるですなわち, いえるだった, いえる立場にある, いえる筋あいのもの, いえる筋目の者, いえる群魚でしかなかっ, いえる僧が, いえる老婆なり, いえる者仁慈博愛の武士, いえる者朝茶を売り, いえる者社会に出, いえる者補任されて, いえる職人町の横丁, いえる自然の感情, いえるな美, いえる花草にし, いえるはこれ, いえる藩籬を忘れしめ, いえる虚言を伝えたる, いえる血液は信長, いえるであった, いえる記事は即ち, いえるでこれ, いえるを忌み, いえるがある, いえるを用い, いえる語気を以てこう一先ず, いえるにはあえて, いえる調子でそう, いえる諢名を呼び, いえる警語を用いたる, いえる護符だったの, いえるの豆ガラ, いえるをもっ, いえる辛苦をなめ, いえる迷信よりかく, いえる通りで正しく, いえる道衍が一語, いえる邪視の字, いえる部類のひとり, いえる金額であるだろうか, いえるの橋, いえる関係やあれ, いえる関東地方などへ流し, いえる陣装を構え, いえる雰囲気の中, いえる青年をお, いえる風貌を一層, いえる飼犬はこの, いえる養家の仕打ち, いえるは牡驢, いえる高等の団体, いえる魅力を持った, いえる魚介の新鮮