青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ある~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ありましょう ~あります あります~ ~ありますまい ~ありませぬ ~ありません ありません~ ~ありませんでした ~あり得ない ~ある
ある~
あるい~ あるいは~ ~あるだろう ~あるでしょう あるなら~ ~あるべき あるべき~ ~あるまい あるまい~ ~あるらしい

「ある~」 348571, 3348ppm, 25位

▼ ある~ (42976, 12.3%)

751 これは, それは 391 私は 358 それが 221 それを 195 ために 191 併し 181 これも 152 彼は 147 今は 146 これを 133 私の 129 それも 119 これが 107 その中 98 ままの 96 その時 94 彼の 89 しかしそれ 88 自分の 80 それに 71 それには, 此の 69 ままに 67 しかしその 64 日本の 63 今の 60 今日の 59 あれは 57 他の, 自分は 55 私が 54 さう, しかしこの, 実際は 53 これに 52 ここに, それらの 51 それと, それよりも 50 之を 49 その頃, 今日は 48 ともかくも 46 いずれも, この人, それにも 45 為に, 私には 44 この場合, そんなこと 43 これらの, そこに 41 僕は, 多くは 40 ここでは, 如し, 或る 38 之は, 今度は 37 しかしこれ, 彼女は 36 現在の 34 こ, そのとき 33 中には, 事実は 32 いまは, この頃, 今では, 兎に, 日本では, 此は 31 ここには, これらは, 彼が 30 この時 29 このよう, そのうち, その当時, 何分にも, 当時の, 昔は 28 如くに 27 さすがに, 是れ 26 この, この歌, これには, よい, 何か, 僕の 25 その結果, それだけ, わたしは, 普通の, 而も 24 そこは, その人 23 ここで, この男, そこには, そのため, そのほか, 一つには, 人間の, 多くの, 後には 22 その日, それらは 21 ここは, しかし, しかし彼, そのこと, 中に 20 ごとし, その実, 今日では, 吾, 女の

19 [11件] ここの, しかし私, その, どこか, 人の, 右の, 当時は, 後に, 昔の, 私も, 第一

18 そこへ, それから, どうした, 之に, 前に, 是は, 非常に

17 このこと, この二つ, この方, この種, その上, 一つは, 今度の, 大抵は, 子供の, 母は

16 [13件] いずれに, この句, これと, そのよう, それで, どれも, ゆえなり, 前の, 同時にまた, 彼も, 彼等は, 本当の, 爲に

15 [11件] これで, さてその, その点, それより, た, 今夜は, 其は, 実際には, 我々は, 真の, 自分が

14 [13件] あれも, あれを, そうでない, その他の, 人間は, 今まで, 今も, 何よりも, 何を, 幸いに, 次の, 為めに, 私たちの

13 [23件] いづれも, かくの, このとき, しかし自分, そこから, そのなか, その代り, その方, それとても, それとは, ためである, 中にも, 人が, 何の, 何も, 何れも, 作者の, 先生は, 其れ, 処が, 大体に, 宮は, 故に

12 [31件] この問題, この際, これでは, さればと, そうかと, そうで, その外, その後の, その間に, それ以上に, どこの, もとは, わたくしは, 一般に, 不幸に, 世界の, 以前は, 何が, 余は, 前にも, 問題は, 実際に, 少くとも, 心の, 心は, 惜しいこと, 我々の, 最初の, 源氏の, 源氏は, 父は

11 [19件] この日, これなども, しかもその, その夜, その意味, どちらも, もう一つ, 中の, 二人の, 作者は, 例の, 兎も, 大部分, 実はこの, 実を, 彼等の, 現実の, 結局は, 自分には

10 [34件] この中, この話, これこそ, これ等の, しかもそれ, そこの, その内容, その前, その場合, その声, その多く, たいていは, なか, 一般の, 一面には, 不思議な, 之が, 之も, 今から, 何と, 何に, 元来が, 君は, 日が, 最後に, 東京の, 現代の, 相手は, 私たちは, 立派な, 考えて, 話の, 途中で, 遺憾ながら

9 [43件] あの時, これなどは, これにも, これまた, さうし, しかし今, そういうこと, その内, その女, その朝, その男, その目的, その際, それによって, それの, そればかり, そんな事, だれも, なおその, またその, よく見る, 一種の, 主人の, 今でも, 今年は, 他に, 他は, 先生の, 同時にその, 大体において, 妙に, 実際の, 幸に, 彼らの, 彼女の, 従来の, 支那の, 日本には, 明治の, 来て, 相手が, 誰も, 雪の

8 [62件] ああいう, ある時, あれが, かれは, きょうは, ここでも, ここへ, この辺, これだけの, これとても, これまで, さてそれ, すべてが, そこが, その一つ, その原因, その大, その後は, その方法, その第, それだ, そんなもの, どういうわけ, どうかする, ほんとうに, ゆゑに, われわれは, 一つの, 一方から, 一方では, 上の, 予は, 人は, 今その, 代助, 仮りに, 余り長く, 僕には, 前者は, 君の, 單に, 多少の, 大体は, 大體, 小説の, 山の, 後の, 惜しいかな, 日本に, 日本は, 東京に, 止むを, 此が, 父の, 男の, 眼の, 私と, 筆者は, 聞いて, 自己の, 西洋の, 頭の

7 [76件] ある人, お前の, かれの, かれら, けさは, こうなっ, こうなる, この家, この時代, この点, これについては, これらも, こんどは, すべての, そういう人, そこまでは, そのかわり, その事, その年, その父, その眼, それでも私, それとて, ただの, つまりは, どういうもの, なぜか, ぼくの, また一方, ままを, われらの, われわれの, 一は, 丁度その, 今に, 今日も, 他方に, 何う, 何かの, 何という, 何んと, 元は, 内容は, 去年の, 問題が, 外国の, 大概は, 女に, 女は, 娘は, 実の, 実はこれ, 彼と, 彼らが, 彼らは, 彼女が, 後者は, 我国の, 手を, 故なり, 故にこれ, 故にそれ, 敵の, 時には, 此処では, 此処は, 母が, 無理も, 特にこの, 現在は, 相手の, 社会の, 肝腎の, 自分も, 親の, 試みに

6 [122件] あとで, いい, いつでも, いまの, けれども私, こう云う, この事件, この二人, この外, こは, ごときは, ごとくに, さてこの, しかしここ, しかしこれら, しかしそういう, しかし事実, しかし人間, すると, そうする, そこでは, そこを, そしてその, そのあと, そのころ, そのやう, その下, その人たち, その他に, その他にも, その名, その家, その時代, その正体, その生活, その言葉, その途中, その間の, それだけの, それと共に, それなら, ためか, ためなり, とにかくに, どこかに, どこに, どこを, なんの, ほかに, ほかにも, ほんとうは, また, またそう, また一つ, ゆえに, わが国の, 一人の, 一人は, 一方は, 不思議にも, 世の中の, 中, 二人は, 人々は, 人に, 人間が, 今夜の, 今日でも, 今日に, 仕方が, 余の, 俺は, 假に, 僅かに, 出て, 初めの, 前述の, 半七, 博士は, 同時にそれ, 困ったこと, 土地の, 夏の, 外の, 夫が, 妙子は, 娘の, 婦人の, 完全に, 実はそれ, 家の, 山は, 巧みに, 年の, 後世の, 念の, 持って, 故にその, 普通に, 最初は, 本来は, 歌の, 正直の, 此処に, 此等の, 殆ん, 気の, 然しその, 父が, 特にその, 田舎の, 私としては, 私に, 私のは, 科学の, 翁は, 肝心の, 自身の, 若い時, 著者は, 見て, 近頃は

5 [175件] あの中, あの立派さ, いざと, いよ, いわゆる, おれは, お定, かかる場合, こいつは, ここが, ここにも, ここらも, このあたり, このへん, この上, この作品, この作者, この度, この方法, この書, これだけ, これだけでも, これだけは, これほど, これほどの, こんどの, こんなこと, こんなの, さらにその, しかしあの, しかしいずれ, しかしそこ, しかし我々, しかもこの, しからば, そういう方面, そうし, そう云う, そう云え, そのあいだ, そのお, その他は, その底, その晩, その理由, その瞬間, その話, その辺, その顔, それさえ, それすら, それでもその, それでもなお, それとこれ, それまでは, それ以外に, それ等の, ただそれ, とにかくこれ, とにかくその, どういふ, どうだ, どうもそれ, なかには, なにぶんにも, なんでも, ほかの, まま, もうその, もしこの, もしその, もと, ゆえにその, よく考え, わずかに, わたくしの, わたしが, わたしの, アメリカの, 一体に, 一方には, 一方の, 一般には, 上に, 上述の, 下の, 不幸にも, 不思議に, 世の, 之れ, 二つの, 二人とも, 今までの, 今度も, 今日まで, 他人の, 以上の, 何かに, 何故に, 儘に, 全體, 其の中, 其中で, 冬の, 初めに, 前者の, 博士の, 只一つ, 同時に又, 夜は, 大体の, 大抵の, 夫は, 夫人の, 奥に, 妙な, 宿の, 實に, 實は, 小むつかしい, 少くも, 左様な, 年は, 形の, 彼には, 彼れ, 彼を, 後から, 後代の, 後者の, 急に, 我々が, 我輩の, 支那人の, 支那人は, 故に却って, 是を, 最初から, 最後の, 本人は, 此, 此を, 此方は, 武蔵の, 残念ながら, 母親は, 氏は, 演劇の, 為なり, 然しそれ, 然も, 爲めに, 現在では, 生きて, 當時の, 相当に, 確かに, 秀吉は, 私達は, 第二, 翁の, 自分で, 自分を, 茲に, 言葉は, 話を, 誰の, 身に, 近年は, 進んで, 頭が, 餘り, 驚いたこと, 魚の, 鮎の

4 [267件] あとの, あなたの, あの辺, あれで, あれほど, いつまでも, いま, いろいろな, おかげで, お前は, かうして, かなりの, かような, こういうこと, ここまで, こっちの, ことしは, ことにこの, このほう, この両者, この作家, この女, この御, この書物, この期間, この本, この村, この機会, この老人, この道, これだけを, これの, さのみ, しかしこういう, しかしそれら, しかしとにかく, しかしまだ, しかしやはり, しかし何, しかもこれ, しみじみと, すべては, そういうところ, そういうの, そういうもの, そういう中, そうは, そこも, その原理, その子, その後に, その後も, その折, その時彼, その注意, その目, その私, その線, その説明, その起原, それかと, それから先, それだけでも, それでは, それでもこの, それでもやはり, それにしても, それらを, それ以外の, そんなとき, たとへ, たま, ためでは, ための, だいたいに, ちょうどその, つ, とにかくこの, どこで, どちらかと, なおこの, のちに, ぼくは, またこれ, またそれ, また一面, また同時に, ままという, ものの, やはりその, よく見, よろしかろう, われらから, われわれが, われわれには, フランスの, レコードは, 一と, 一度は, 一説には, 世の中は, 世間の, 中味は, 云うまでも, 京の, 人間には, 今この, 今一つには, 今回は, 今日から, 伊兵衛は, 何うも, 何でも, 何れに, 何処か, 余が, 余計な, 作者が, 俗に, 假り, 僕に, 僕も, 兄は, 先生から, 全体の, 其が, 其より, 単純な, 却, 反対に, 叔母の, 古いもの, 古くは, 古来の, 可なり, 同じやう, 名は, 君も, 周囲の, 地方の, 場所が, 夜の, 大多数, 大阪は, 夫れ, 夫人が, 夫人は, 夫妻の, 如何に, 子を, 学校の, 孰れ, 実にその, 実はそう, 実は私, 実際を, 家へ, 容易に, 實際は, 少しも, 帰って, 幸か, 店の, 弟の, 彼に, 彼自身の, 御自身, 心理的には, 恐くは, 成績は, 我国でも, 我輩は, 或時, 戦争が, 戦争の, 手紙を, 扨て, 故にこそ, 故に一層, 故に簡素乍ら, 故に貴し, 文学の, 文学は, 斯う, 日本人が, 日本人の, 日本人は, 是には, 是の, 是亦, 時代の, 最近に, 月の, 有名な, 次には, 正直な, 此に, 此には, 此等は, 此頃では, 気が, 気に, 気の毒な, 水の, 注意すべき, 流石に, 源太は, 滅多に, 火の, 然しこの, 然しこれ, 然し僕, 然ら, 物の, 物を, 猫の, 現実に, 男が, 相変らず, 相手に, 私にとっては, 私にも, 私を, 稀に, 窓は, 紫の, 結句の, 結局の, 結果は, 老人は, 考へて, 脇士, 自分では, 自分と, 自然の, 芥川は, 花の, 若しこの, 茲には, 蓋を, 薫の, 行って, 見たところ, 見ると, 言葉の, 話が, 読んで, 誰が, 誰でも, 誰れ, 諸君は, 越後の, 身を, 近ごろは, 近頃の, 逆に, 通常の, 過去の, 部屋の, 金を, 長くなる, 雪子は, 電車も, 非常な, 顔の, 風が, 黒鯛の

3 [588件 抜粋] あなたは, あの時代, あの男, あまりの, あるいはその, ある夏, ある夜, ある日, あれでは, いうまでも, いって, いつに, いつの, いつもの, いは, え, お染, お民, かくも, かの女, けっきょく, こうし, ここを, こちらには, こちらの, こちらは, ことしの, このお, このたび, このやう, この下, この事, この像, この分, この前, この地方, この大, この年, この店, この意味, この文章, この方面, この曲, この程度, この第, この結果, この習慣, この説, この部落, これくらい, これぐらい, これだ, これでも, これによって, これまでの, これより, これ等は, こんなふう, こんな人, さて, さて何, さよう, しかしいくら, しかしおそらく, しかしそんな, しかしよく, しかし一般, しかし一般に, しかし世間, しかし他, しかし作者, しかし単に, しかし実際, しかし支那, しかし決して, しかし深い, しかし父, しばらく見, しまいには, すぐに, そうすれ, そうでなく, そうやっ, そこで彼, そして私, そちの, そのかんじん, そのせい, そのどれ, その一節, その事実, その二つ, その二人, その他には, その価値, その傷, その前後, その割, その古い, その各, その土地, その変化, その姿, その意義, その故, その文章, その時分, その時期, その時私, その根本, その様, その水, その灯, その用途, その癖, その程度, その種, その精神, その紙, その絵, その船, その色, その落下速度, そもそもこの, それから後, それだけで, それだけは, それでも, それでも少し, それでも時々, それでも自分, それにしてもこの, それに対して, それはとに, それほどに, それよりは, それを以て, それ以上の, そんなら, そんな人, そんな意味, そんな時, ただこの, ただその, ただ彼女, たと, ためだ, ためであろう, ためにより, だからと, ちよつと, ところどころに, とにかく, ともかくこれ, どうかし, どうする, どうも自分, なかなかに, なかに, なるほどさ, なんという, なんといっ, はじめは, はっきりと, はなやかな, ひとつには, ふしぎに, ほかから, ぼんやりと, まあその, まずこの, まずこれ, まず第, またある, また別に, また同じ, また彼, まだこの, まだその, ままが, もしこれ, もしそれ, もし彼, もちろんこれ, もつと, やがて彼, やって, やはり, やはりこの, やはり永く, ゆえにこの, よいか, ように, よく考へ, よろしい, わが輩は, わしは, われらは, コロムビアの, ジイドの, ドイツの, 一体この, 一度も, 一日の, 一月の, 一般的に, 一部の, 三つの, 上手に, 不幸な, 世間が, 世間で, 世間では, 世間は, 両親は, 中で, 之等は, 乙姫の, 予の, 事実だ, 事實は, 事情は, 二葉亭は, 二階の, 京都に, 人類の, 今それが, 今と, 今また, 今までに, 今やその, 今宵は, 今年の, 今年も, 今後の, 今後は, 仔細に, 仕事を, 他にも, 以前の, 仲, 何うし, 何事も, 何処に, 何処の, 何等かの, 余輩は, 作品の, 信長の, 信長は, 僕が, 儘の, 元の, 先づ, 先へ, 先代の, 先生も, 兔に, 全体としては, 兵馬は, 其に, 其の他, 其の所謂胡語, 其を, 其処に, 内部に, 内部は, 冬に, 冬は, 分けても, 別に, 前掲の, 動いて, 勿論これ, 半分は, 厄介な, 去定, 又八は, 取り立てて, 古くから, 古代の, 同じよう, 同時にこれ, 同時に之, 向うの, 君子は, 否植村, 吾人の, 吾人は, 味は, 和尚は, 和歌の, 問題の, 四方の, 図の, 國語の, 土の, 土人は, 地方に, 場合によ, 変化の, 夏は, 夕方から, 外で, 大てい, 大に, 大師は, 大概の, 夫の, 奇抜な, 女三の, 女房の, 女王は, 如きである, 如きもの, 如き観, 如くなきが, 妹の, 姑く, 娘が, 子供が, 子供に, 季節も, 学問的に, 完全な, 実は, 実際その, 実際問題, 宮の, 家に, 家康は, 島の, 左う, 己れ, 常識は, 幸いにも, 幸ひ, 幸子が, 底に, 当時に, 当時私は, 形が, 形は, 彼にとっては, 彼女も, 彼自身は, 往々に, 從來の, 思うに, 思えば, 急には, 意外にも, 愚かな, 憶良は, 成程, 或はその, 戯曲の, 所々に, 所謂, 手に, 手の, 抑も, 折から, 抽象的な, 故にこの, 故に他, 故に保存, 故に常に, 故に我々, 故に正に, 文芸の, 斯うし, 新らしい, 日中の, 日本が, 日本で, 早くも, 明治時代は, 春の, 昨夜あたりから, 昨夜に, 是に, 是も, 昼の, 時間が, 普通には, 普通は, 更に進ん, 書を, 最も普通, 朝から, 朝の, 朝は, 本の, 本人の, 東京から, 東京では, 東北の, 果してこの, 根本は, 樹木の, 正直に, 正直を, 正確に, 此れ, 此処の, 武家の, 歴史が, 歴史の, 死んで, 残念な, 殿下は, 比較的に, 氏の, 水は, 江戸の, 江戸時代の, 決してそうで, 海の, 漸くに, 潜在した, 爲なり, 片手を, 牧野さんは, 特殊の, 犬の, 現代に, 現代には, 理窟を, 生活の, 町の, 画の, 當時は, 病院に, 皆が, 目を, 目下の, 相当な, 相当の, 瞳を, 知って, 確実に, 礼を, 祖父の, 私たちに, 秋の, 稲の, 米国の, 紙数の, 素人の, 細君は, 結局その, 聞けば, 胸が, 能楽の, 腰を, 腹が, 自分たちの, 自分にも, 自然科学に, 良人の, 色も, 色白の, 芥川が, 若しこれ, 若干の, 英国の, 蒙古, 衆を, 表面は, 見たこと, 見るからに, 親愛なる, 親戚の, 訊いて, 読者に, 誰にでも, 調子が, 貞之助は, 足利時代の, 路の, 近年の, 途中に, 週期的な, 道が, 道の, 都の, 酒を, 酔って, 金が, 金は, 鎌倉時代には, 霧の, 青年の, 静かな, 面と, 風は, 馬琴の, 鶴見は, 鹿の

2 [1989件 抜粋] あさ子の, あちらでは, あのよう, あの窓, あべこべに, あまり似すぎ, あれから, あれほどに, いかにもその, いずれその, いづれに, いまやその, おせんは, おそらくその, おりんに, お千勢, お綱, お通, かかる, かつて私, かれを, きのうの, けだしかかる, けれどもやはり, こういうもの, こうした, こうまで, こっちが, このなか, このピント, この一首, この交点, この兩者, この国, この奥, この学名, この当然, この戦, この新, この最後, この概念, この町, この章, この結句, この虫, この詩, この運動, この點, これらが, こんなところ, ごときこれ, ごとくである, さすがは, さて今後, しかしか, しかしたとい, しかしもし, しかし二人, しかし信長, しかし多く, しかし存在, しかし彼女, しかし極めて, しかし第, しかもなお, して, すべてこの, そういう事, そういう場合, そういう表情, そうなった, そこでこの, そしてこれ, そのいずれ, そのたび, そのとき父, そのほか他, その一句, その中間, その以前, その傾向, その出来る, その半分, その反面, その問題, その基調, その夫大海人皇子, その実現, その屋敷, その彼, その性質, その手前, その推定, その最も, その根元, その死, その準備, その画, その矛盾, その祖先, その繁昌, その著書, その言, その語, その逆, その都度, その間厘毫の, その面白, その黒, それから半年, それである, それではその, それでもいよいよ, それでもなお且つ, それでも一週間, それでも夢中, それでも時に, それでも頭上一尺ぐらゐの, それなら何人, それについても, それのみ, それまでには, それ以前から, そんでも, そんな話, たいていの, ただもう, ただ此, たまには, だが決して, ちつとも, ついに一度もまぬ, とうてい流れ, とにかく私, どうしてここ, どうです, どうもそんな, どうも私, どこでも, どちらが, どの顔, どんな方法, なお新訳, なかなかの, なぜこんな, なんとなく一種, はつきりと, ひと月か, ふと気がつい, ほとんど全部, ほんとの, まさかそんな, またもう, また今度, また西洋, まだ充分, まだ枝, まつたくそれ, みなこの, もうそれ, もし, もとより採る, やっぱり必要, やはり手, ゆえにという, ゆえの, よいと, よその, わしの, われらが, エンゲルスに, キリスト精神への, スサノオの, ソーローには, トリックや, ボオイが, ヨタモノとは, レンズの, 一として, 一口に, 一国の, 一戸建の, 一時に, 一般人の, 一面甚だ, 三十五で, 上にも, 下に, 不思議と, 世が, 両者は, 中天皇, 中途で, 主人は, 之に対する, 乳母は, 事実が, 事情が, 二三人の, 二天記に, 五日の, 京都の, 人と, 人力車の, 人生の, 人間業で, 今ここに, 今より, 今度はじめて, 今日それは, 今晩は, 今私が, 仏蘭西の, 他方においては, 伯父は, 何から, 何方に, 作品は, 信一郎は, 俺も, 個人的な, 偶, 優しい声, 充分に, 光一の, 全くの, 全体として, 全然頭, 其だけに, 其の代り, 其他は, 其狼狽方が, 具体的に, 内儀は, 内部の, 写生を, 凡ての, 刀を, 別に説明, 利潤の, 前衛の, 力が, 動詞は, 勿論この, 医者に, 十勝岳の, 卒業後は, 単にこの, 印度の, 又ごく, 叔父の, 口の, 古い記録, 句としては, 同じ立場, 同時に戦争, 名を, 君江は, 周りの, 味が, 和蘭カルタと, 商売は, 噴火の, 団体を, 国の, 土堤に, 地名の, 城から, 声を, 夏過ぎた, 外出の, 多数の, 大きくなる, 大体この, 大勢は, 大好きの, 大将の, 大臣が, 大阪には, 天子は, 太田は, 失敗した, 女性としての, 女連ばかりとは, 如き心持, 如くこの, 如く無きが, 如何にも深, 妻としての, 始めから, 子が, 存在する, 学生の, 學問の, 宝塚の, 実は不思議, 実は逆, 実行し, 客に, 家には, 容貌の, 富の, 實際に, 将来の, 小なりと, 小説は, 少しは, 少年たちは, 屋敷を, 岩が, 崩れる自信, 巧く, 師直の, 常に新しい, 平気で, 幾何学の, 庭を, 強い酒, 当分は, 彼とても, 彼らを, 彼等が, 待つか, 従って, 心を, 必ずしもそうでない, 忘れて, 性質が, 息が, 悲しい事, 惜むらく, 愛情の, 成るほど, 或いはこれ, 戦後は, 所在が, 扨その, 技術の, 持ち前の, 推賞する, 支那では, 故である, 故にそこ, 故に中心, 故に侯, 故に又, 故に子, 故に忠孝, 故に無産者, 故に赤道, 文化の, 文明人としては, 斯かる, 新しい八丈擬, 既にし, 日本のは, 日記に, 明らかな, 昔に, 是とても, 是非が, 時と, 時には失礼, 時勢に, 普通スキーヤーの, 暫らくし, 書は, 最も大切, 最愛の, 最高峰の, 朝凪の, 木造の, 本人が, 本望だ, 本質的には, 来年の, 東歌は, 果してさう, 某一人, 根は, 棒の, 楽な, 欅の, 歌は, 正二郎は, 此人は, 此時は, 此歌は, 武勇の, 歴史そのものの, 死の, 母や, 毎日の, 民族生活とか, 氣が, 水温が, 江戸に, 河津有田両氏は, 注目すべき, 流石の, 深さ, 清潔な, 溝口医師は, 漱石先生の, 火元は, 為と, 然しさ, 然し彼, 煎じつめれば, 熱と, 父親の, 牛は, 特に心, 狂言だけは, 玄関の, 王儉の, 現代人に, 現実は, 理想の, 生前に, 男鹿の, 留さんは, 疑は, 病気の, 百貨店の, 直ぐに, 眉や, 真実の, 眠って, 知性の, 社会科学では, 私たちには, 秋に, 科学的の, 積極的な, 窓の, 笑うと, 第二版以下, 簡に, 精密な, 紀州に, 紙面の, 結婚し, 結局これは, 絵の, 美人の, 老人の, 耳の, 聞こえて, 腰の, 自分でも, 自分達の, 自然に, 舞台の, 良田も, 艶な, 苔虫類は, 若し然云, 茲では, 荷が, 菊千代は, 薫は, 蘭軒は, 表の, 裏畑の, 西から, 要するにその, 見に, 規模は, 角度は, 訓示や, 詩に, 詳しいこと, 誤りである, 誰しも, 貧富の, 赤や, 路は, 軍隊の, 近ごろの, 近年に, 近江の, 逢って, 道教の, 郊外の, 長い間, 門の, 隙の, 雨が, 雪に, 震災の, 静物は, 音が, 順平さんの, 頭部と, 風の, 馬場は, 高山の, 鬼の, 鳥の

1 [22757件 抜粋] 〇・〇三粍位の, あたらぬとき, あの可哀そう, あの身体, あまり勉強, あり場所, ある日一人, あゝし, いかにも鮮明, いざ旧い, いったんそれ, いつの間にとりよせた, いまだかつて現存, いや中, いわゆる爆発, おおかみ, おの, お伽草子の, お紋, かういふ詩人, かかる町, かつて江戸, かりにこれら, くわしく話し, こういう問題, こうした無数, こう見くらべた, ことに近来, このまま筆, この一枚, この二年三年, この写真, この命令, この夜, この山中, この志丈, この旅, この歌舞, この爲, この瞬間, この能動精神, この記録, この部, この順序, これとは, これ維新前の, こんな所, ごとくいささか, さあそこ, さてさ, さて振り返っ, さらにつまびらか, しいて赤児, しかしそれ以上, しかしまた日本国民, しかし一九三〇年代, しかし伝宸翰本, しかし各, しかし好都合, しかし形, しかし暇, しかし特に, しかし自律的, しかし門下生, しかも全盛期, しかるにも, じっと注意, すでにこの, すると私, そういうとき彼女, そういう時私, そうした世帯, そう寒く, そしてまたそれ, そのありふれた, そのかん, そのひま, そのノンセンス, その三厩竜飛間, その人夫たち, その修業, その凍っ, その印西, その嘶く, その夢, その家庭, その店独得, その後亜米利加へ, その必要, その描写, その時刻, その根, その淡, その現実的, その知死期, その経済的基礎たる, その芹菜堡子, その規定, その足利尊氏, その長篇, その非礼, そばを, それだけになかなか, それでいて表現能率, それでもあらゆる, それでも主人, それでも女, それでも氣分, それでも颶風, それにしても国民経済, それはど, それ将, そんな取持ち, たいてい成功, ただなんとなく, ただ意地, たとい年, ためにと, だんだん聴い, ちょぼちょぼと, つまらない, でもせっかく, とてもまだ安心, とにかく山の上, とにかく身上相談欄, ともすれば危, どうしても着, どうもメシ, どうも薄, どの娘, なおその他, なかなかそう好都合, なだめすかすよう, なほ説明を, なんとかいう, はからずも地獄沢, ひとたび自分, ぴつたり体言の, ほとんど昔, まあ爆薬, まさに寒, まず聞く, また不逞, また機械, まだしも蛇, まだ善, まだ聞いたおぼえ, まま悪意なく, みるみる奥, もうすでに時, もう寒, もしもそんな, もちろんその, もともとこの, もの蔭に, やがて軌道, やはり外聞, やむを得ないわけ, ゆえに不正, ゆえに運命, よく味, よもぎはともかくとして戦争中雑草, わざとじみ, アカマツの, イナゴの, オモリは, ガグリシチや, コイツが, シナの, ストライキなどは, チップ次第が, ドコか, ハヴェロック・エリスが, フィヒテが, ベットリ塗りつぶし, マラリアに, ヤカンを, ルンペンの, ヴァン・ダインの, 一丈ほどの, 一例を, 一天雲なし, 一度夏目先生, 一方純粋, 一杯飲まつ, 一種類唯一部に, 一路を, 丁度いま暑中休暇, 万暦から, 三宅雄二郎井上円了有賀長雄大西祝清沢満之高山林次郎などという, 上代史では, 下品な, 不良も, 両君の, 中山氏の, 主ら能として, 久馬の, 乱採, 事実上そんな, 二人を, 二度目に, 于吉の, 五月という, 京極へは, 人格化され, 人間社会を, 今や事情, 今取り出し, 今後とても, 今日立っ, 今読ん, 他人種, 以前横浜の, 伎楽の, 低く狭く垂れ, 何さま一とか, 何といつ, 何より第, 何故かはじめ, 余りにうるさく, 作次の, 例へば単に, 保久呂村の, 俳優の, 倭寇と, 働く者, 元が, 充分意志, 先づ幹だけの, 先生夫妻の, 入江にな, 全峡谷, 八王子が, 共に曹操, 其の原因, 其の規約, 其割には, 其擦れた, 其處の, 内面的に, 冷蔵庫や, 出来上ると, 列車が, 別に大した, 前々からの, 割れ目に, 勇気の, 勢自作の, 北村君を, 十二三の, 十銭切手を, 南さんは, 単純で, 厚い苔, 又こんな, 又訓練, 取り急ぎその, 古人は, 台湾の, 各殺人, 同じ一族, 同国人たる, 同時に工藝, 同書は, 君より, 呼ぶの, 唐墨の, 商売柄だけに, 嘘だろう, 四月ものは, 国学では, 圓右の, 地球の, 堅い基督信者, 壮重な, 外国奉行から, 多夫, 大いに伸びよう, 大事を, 大地震, 大根おろしの, 大義の, 天保四年癸巳には, 太夫の, 奇拔である, 女子供を, 好奇心は, 如くであるが, 如く思はれるの, 如し注意, 妻女が, 婿を, 孔明には, 学術は, 完本では, 実に寒く, 実は他人, 実は死, 実方は, 実際多く, 宮中からの, 容易でない, 寛政十二年に, 寺院は, 小さい時, 小林君から, 少しく苦味, 少なくともその, 尚侍の, 居留邦民中の, 山家に, 岩野氏に, 左大臣の, 市街は, 常世の国を, 平安朝に, 年毎に, 幽居, 底光りも, 式部卿の, 強硬に, 当時古本屋が, 役として, 彼自身にも, 後添え, 御家の, 徳富蘇峰さんの, 必ずしもさう, 忠孝と, 思つたよりは, 恆に, 恐らく方技, 患者に, 情況証拠と, 愛嬌が, 成信の, 我武蔵野の, 戦後男子は, 扉は, 才彈けた男です, 折悪しく, 挙手礼の, 搜す, 政宗の, 故にである, 故に併, 故に安心, 故に歴史的, 故に許されない, 教科書通りであれ, 敵方の, 文学者では, 断然動かなく, 新聞でも, 既にサ, 日數の, 日本精神運動にも, 旧訳を, 明代で, 明石は, 春曙抄本では, 是非とも, 時にブリジマン, 普請は, 暗号が, 更に引取人, 書風においても, 最後は, 有三氏は, 木も, 未だ労働力, 本家の, 本能的生活は, 来年学校を, 松園さんは, 果して旧, 栂, 桜桃畑の, 椿岳の, 榧の, 橋田君は, 次第に夕闇, 正しく敬虔, 此処だけで, 此猛烈なる, 武者小路實篤は, 死体は, 残る一部, 毎週一回必ず, 気の毒でも, 水色の, 江畑君の, 決して悪意, 沼や, 洋服の, 流行あるいは, 海舟に, 深刻な, 測定する, 滝の, 潮沢は, 灸所々, 無常を, 然しこんな, 然し普通, 煙波渺茫風静に, 父のは, 物理学を, 特に英國, 独特の, 玉太郎は, 現品を, 理由は, 生きた肉体, 生活難の, 田沼の, 男には, 畢竟それ, 疑いない, 登って, 百姓達に, 皇女に, 目録學として, 省いても, 真宗には, 眼光と, 知らぬ男, 砂糖が, 礼に, 神仙に, 禮樂制度は, 秋が, 稗貫郡地方における, 突飛で, 第一文書, 筍は, 粗雜, 紋太郎の, 終りの, 結局人間という, 絶えず他, 緒口だけで, 美しいもの, 翌日の, 考へざるの, 肚の, 脱出の, 自分らは, 自由は, 舊約全書の, 色彩が, 芸術家では, 若しまた, 苦難は, 菊千代が, 葛西善蔵の, 薬のか, 蛇責めの, 行者のは, 裴緒の, 西洋風に, 要するに日本, 見も, 親だ, 角の, 計画通りの, 試しに, 語頭音たる, 課役規避の, 諸説一定せず, 谷村の, 貯って, 質量が, 身体を, 輝子に, 近ごろ辻村太郎博士からの, 追撃の, 通用の, 運命の, 遙か, 邦人に, 酒飲みで, 野村胡堂と, 釣りに, 鎌を, 長子かと, 開業, 関東地方では, 陣中の, 際限の, 雪舟の, 露風氏一派の, 革命以来別れ, 頭髪は, 風守は, 養女の, 駈けると, 高朗, 鮫島大学は, 鹿島踊と

▼ ある~ (29538, 8.5%)

2265 です 2248 である 22181485 では 920745 だから 730 だが 399 だと 392 ですが 362337 であります 279 かい 273 だろう, ですから 243 ですか 228 であった 212 を見 184 だった 167 かも知れない 161 であるが, でしょう 160 だろうか 150 かね 143 であって 142 であろう 135 を見る 134 ですよ 118 でした 117 だよ 116114 かもしれない, を見た 113 でも 112 を知っ 104 でございます 100 であるから 99 でしょうか 93 を発見 88 だらう 86 だそう 85 だろうと 84 かしら 818078 であろうか 70 はその 66 かな 63 じゃ 62 と同じ 60 だという, ですね 55 はこの 53 かない 52 は当然 50 に気がついた 49 を私 48 だけれど 46 じゃない, を感じた 45 だし 44 かえ 43 かも知れぬ 40 だつた 39 かそれとも 38 が目, だけれども 37 が眼, を見つけた 36 が見えた, に反し 35 だね, でなければ, を知った 34 を, を忘れ, を知る 33 だらうか, ぢや, は云う, を感じ, を見れ, を見出した 32 がそれ, だろうが, はそれ 31 は事実, を見つけ 30 かどう, が普通 29 かそれ, かも知れません 28 だか, ですもの, はこれ, は不思議 27 でありますが 25 か私, が当然, だらうと, はいう, は何, を幸い, を知つて 24 かその, だからね, はただ 23 だな, でしょうね 22 か知らない, でしょうが, ですからね, はどう 21 か無い, でございましょう, にちがい, は勿論 20 か知ら, を知らない 19 かもしれません, が見える, でありまして, んで 18 であろうと, と同様, は私, は誰, もある 17 かと思う, かと思っ, かまた, ですけれど, に違い, を彼 16 だろうかと, でありますから, でございますから, は無論, を思い出し, を知り 15 かよく, だったが, であったが, でございますが, ならば, に気づいた 14 がその, が私, はもちろん, は自分, をよく, を感じる, を發見, を自分

13 [14件] か分らない, か知らん, が, だがね, だぞ, であろうが, でございますよ, に気がつい, に気がつく, は彼, は面白い, もまた, をお, を思ひ出し

12 がある, であらう, に驚いた, を平次, を認め, を認めた, を読ん

11 [19件] かこの, かしらん, かと思った, かなあ, がこの, が不思議, が本当, だなと, だもの, であるか, はどういう, は即ち, は確か, もその, も面白い, を見つけました, を覚え, を認める, んです

10 [23件] かと, かという, かわからない, が多い, だからな, だらうが, であると, ですし, ともう, に相違, はそこ, は全く, は明らか, は自然, は言, をみつけ, を思い出した, を思ふ, を承知, を知, を見ました, を読んだ, んや

9 [27件] かこれ, かと不思議, かと思つて, かもしれぬ, があります, がわかった, が事実, が気, でありました, ですって, ですと, でなくて, でなくむしろ, にかかわらず, に比べ, はお, は一つ, は当り前, も無理, をその, をみつけた, を不思議, を幸, を御存じ, を忘れた, を源氏, を誰

8 [29件] かと思, かと思われる, かまたは, かも知れなかった, か何, か見当, がそう, が発見, が面白い, じゃありません, でございましょうか, でしょうから, ですがね, ですけれども, で御座います, とない, に私, はよく, は他, は言う, も当然, も見える, や, をどう, をみ, をみる, を今, を知らず, を見付けた

7 [30件] かと思い, かねえ, かも知れん, か知らぬ, があの, が通例, じゃから, だい, だからと, ださうだ, だそれ, だとも, だわ, でございますか, とその, なら, に気がつきました, ねえ, はあたりまえ, はあの, は事實, は大, は女, は決して, は言うまでもない, もあった, も不思議, をこの, を思う, を聞い

6 [50件] かあるいは, かさっぱり, かまるで, か分らなかった, か彼, がいかにも, がせめて, がつね, が妙, じゃな, じゃないでしょう, だぜ, だその, だといふ, でありそして, ですな, ですわ, と全く, に気付い, に氣, はさすが, はつまり, はもっとも, はやはり, は何故, は偶然, は別, は前, は単に, は唯, は多分, は妙, は寧ろ, は少し, は恐らく, は申す, は知っ, ほかない, もこの, もこれ, もやはり, も忘れ, を前, を思ひ出した, を感じます, を知ってる, を知りました, を聞いた, を見出す, んに

5 [78件] かちょっと, かということ, かネ, か今, か判らない, か女, か誰, がこれ, がよく, が何だか, が常, が是, が自然, が見え, が証拠, じゃよ, ださうです, だとか, だろうから, でございまして, でござる, でしょうな, ですかと, でない, でないかと, でないから, でなくては, でなく却, とそれ, と一つ, と同じく, に感心, に目, に驚かされた, はある, はいい, はすぐ, はすでに, はもう, は一, は例, は判り切っ, は変, は如何にも, は實, は尤も, は或, は昔, は止む, は注意, は無理, は畢竟, は當然, は知らぬ, は第, は遺憾, も, もあり, も目, も知らず, も私, やらないの, を予期, を信じ, を免れない, を待っ, を御存知, を欣ん, を残念, を気, を注意, を確かめる, を聞く, を見て取った, を見付け, を見出し, を遺憾, 故を

4 [117件] かそう, かそして, かちっとも, かといふこと, かと思ったら, かと疑った, かと私, かと聞く, かと訊いた, かのう, かはっきり, かは知らぬ, か不思議, か僕, か全く, か判断, か少し, か或いは, か明瞭, があっ, があつ, が今, が今日, が即, が大, が氣, じゃなく, だからなあ, だなど, だば, だろうという, だろうね, であったから, でありその, であるけれども, でございますの, でしょうし, ですかな, ですその, でないか, でなく, とおなじ, とこの, と同, と同時に, ないの, なに, ならこの, にもかかわらず, にも拘らず, に引きかえ, に気, に気づき, に自殺, に過ぎない, に驚かされる, はいつも, はおかしい, はそういう, はだから, はどこ, はなぜ, はなん, はなんと, はまったく, はよろしく, は上, は人間, は今, は他人, は何ん, は却って, は如何, は嬉しい, は実に, は実は, は家, は必ずしも, は意外, は感心, は或は, は此, は珍しい, もあります, もそういう, もそこ, も事実, も眼, も知らない, やが, らしい, をさいわい, をわたし, を以て見れ, を利用, を取り出し, を嬉しく, を宮, を少し, を心得, を思え, を意識, を持っ, を自覚, を見かける, を見のがす, を見付けました, を見逃す, を覚える, を認めました, を読む, を院, を面白い, を頼り, サ, 何のと, 見た

3 [228件] かある, かといふ, かとお, かと彼, かと考え, かと訊く, かなア, かは知らない, かもしれなかった, かもわかりません, かも知れなかつた, から見, かわたくし, か但し, か分りません, か別に, か否, か真暗, か知りません, か知れない, か自分, か近頃, があたりまえ, があった, がいい, がお, がおかしい, がすぐ, がはっきり, がひどく, がみえた, がむしろ当然, がよい, が一つ, が一般, が何となく, が分った, が初めて, が即ち, が唯一, が夫, が当りまえ, が彼, が感じられた, が感ぜられた, が有名, が決して, が沢山, が異様, が癪, が皆, が第, が見, が見えました, が見つかった, が誰, が身, が違, が非常, だいい, だかも, だがと, だけど, ださ, ださうである, だなどと, だろうとは, だろうな, だ私, でありましょう, でありますけれども, でありませう, でございましょうね, でございますね, でございまする, でしょ, でしょうと, ですかい, ですかね, ですからな, ですけど, ですってね, です私, でないと, でなくって, でなく却って, でもなかつた, と, とまた, と何, と又, と無い, ならいい, ならそれ, におどろいた, にち, にちがいありません, には感心, にびっくり, にみ, に不思議, に対してこれ, に気づい, に気付く, に驚い, に驚く, はあまりに, はあるいは, はあれ, はい, はいつ, はおそらく, はお前, はきっと, はこういう, はここ, はない, はなお, はなにか, はまことに, はまさに, はまだ, はむしろ, はよい, はわたし, は不自然, は人, は何と, は何処, は僕, は元, は分っ, は古, は古い, は君, は否定, は喜ばしい, は困る, は多く, は実際, は常識, は平次, は御, は日本, は明かである, は明白, は普通, は本当, は母, は父, は珍, は現在, は甚だ, は疑う, は社会, は結構, は致し方, は興味, は間違, は非常, もあつ, もあれ, もお, もおもしろい, もそれ, もみんな, ももと, も同じ, も実は, も必ずしも, も是非, も決して, も結構, も興味, も道理, よそして, をいつ, をしばしば, をじっと, をぢ, をながめ, をまだ, をみとめ, をみれ, をむしろ, をよい, をわたくし, を何, を僕, を初めて, を夫人, を常, を引い, を思いだした, を思っ, を思ひ出す, を想像, を感じました, を指した, を指す, を明らか, を痛感, を看, を知らなかった, を知り抜い, を知れ, を示し, を私達, を考える, を自慢, を見かけた, を見たら, を見つける, を見ない, を見ます, を見まわし, を見出します, を見受けた, を見受ける, を見落し, を見附け, を覚えた, を記憶, を読者, んと, ん何, 士は, 理なく

2 [708件 抜粋] かあるいはまた, かあれ, かいつか動物, かいつも, かい鼻, かお, かお松, かし, かしばらく, かしらと毒, かしらない, かすこしも, かすら一向に, かそういう, かそんな, かっ, かというよう, かという点, かとおもう, かと不審, かと云う, かと信一郎, かと尋ね, かと思ひました, かと思ふ, かと思われた, かと淋しく, かと考へ, かと聞いた, かと言, かと詰問, かなと思っ, かなと思った, かなん, かな師匠, かはた, かひどく, かふしぎ, かまだ, かもよく, かも知らず, かも知らぬ, かも知れず, から, かわかっ, かわからず, かわからなかった, かをさえ知らない, かを知らね, かナ, か一向, か他, か全然, か分からなかった, か分らなくなっ, か判らなかった, か又, か君, か大きな, か平野君, か彼女, か想像, か昔, か栄子, か水, か烏, か耳, か見えない, か言, か遂に, か顔, がいつか, がお前, がしばしば, がそもそも, がそれでも, がちょうど, がどうも, がどんなに, がぼんやり, がわかっ, がアリ, が下駄, が人, が今宵, が他, が何より, が例, が其の, が出る, が分っ, が問題, が多く, が好い, が好き, が少く, が少し, が居た, が慣, が明らか, が本, が正しい, が気がかり, が特に, が現状, が笹野新三郎, が美しい, が自分達, が薄, が見つ, が豚, が通常, じゃが, じゃございません, じゃろう, じや, だえ, だがネ, だこの, ださうでそれ, だぞと, だだから, だつたが, だとの, だなあ, だのに, だらうけれど, だらうね, だろうかしら, だろうよ, だ勿論, ぢやあない, でありましたが, であり夢, であるかという, であるからと, であるし, であるまいか, である故に, である真, である而, であろ, であろうし, であろうという, でございますそれ, でございますねえ, でござるか, でござんす, でしょうかね, でしょうよ, ですがねえ, ですぜ, ですそして, ですぞ, ですつまり, ですとさ, ですまた, ですわね, でない限り, でなくその, でなくただ, でなくまた, でなくタイプ, でなく大勢, でなく我々, でもあった, でも知れる, で御座いますが, とこっち, とでかたがた例, とでまだ, とに人好き, と一週間, と之, と似た, と同一, と変らない, と後, と木口, と本人, と根柢, と正反対, と比較, と相, と腕, と自分, と見くらべ, ならあると, ならおれ, ならなぜ, ならわたし, なら乞食, なら午前中確か, なら私, なら遠慮なく, なん, にお, にくらべ, にそう, にと思う, になぜ, には少々, にぶつかっ, にも拘わらず, に一驚, に云々, に似, に似た, に出, に宗助, に引かへ, に慊, に比し, に気がつかない, に気がつき, に気が付いた, に気付いた, に注目, に邂逅, に驚き, ねその, ねでも, はあたかも, はありがたい, はあんた, はいかん, はいささか, はいずれ, はいや, はうれしい, はかう, はきのう, はすなわち, はすべて, はそれだけ, はたいてい, はたしか, はたぶん, はたまたま, はちょうど, はとりわけ, はどうも, はふしぎ, はほとんど, はみな, はみな河原遊び, はむしろ当然, はやむをえない, はやむを得ません, はトルストイ, はフシギ, はフランス, は一体, は一種, は三吉, は不, は不審, は争われない, は事実無根, は亦, は今日, は何とも, は何れ, は何人, は俺, は健康, は僕自身, は先ず, は全部, は分つ, は労働者, は危険, は口説き, は只, は可, は同じ, は周知, は唯十二三行, は墨, は声, は外, は大抵, は夫, は奇妙, は存在, は岩, は已む, は常に, は幸い, は幼い, は建築中, は当たり前, は当山, は後, は従来, は必ず, は必定, は怪しむ, は惜しい, は愉快, は意識, は愛, は承知, は折角, は抽斎, は新吉, は日, は明, は是, は有難い, は朝廷, は本当に, は榛軒, は構, は正しい, は正に, は此處, は殆, は残念, は沢山, は涙, は當時, は疑, は疑えない, は皆, は真に, は碁, は私一人, は私達, は美しい, は腰, は薬剤車, は虚無, は見逃せない, は諸君, は貴方, は金, は長い, は雪, は震災以前, は驚いた, ほかなかつた, ほかは, もありました, もいい, もおかしい, もおなじ, もかまわず, もつまり, もなかなか, もよく, もわかる, も一間二間, も不審, も之, も何, も何だか, も凄まじく, も分った, も判らない, も参考, も哀れ, も妙, も実際, も彼, も快く, も愉快, も承知, も此, も民族史国民史, も珍, も發見, も祖先, も美しい, やおぼろ, やその, やて, やを一々, ゆえを, よお, よきっと, よ一つ, よ先生, よ八五郎親分, よ私, をあの, をかれ, をきき, をご, をしみじみ, をすぐ, をそこ, をそのまま, をそんな, をたまたま, をたより, をちら, をつくづく, をはずし, をひろげ, をふと, をまた, をもっ, をわざと, を上, を下, を二人, を今日, を仕方, を他人, を信ずる, を出し, を切, を区別, を取っ, を取る, を右, を否定, を喜ぶ, を喜んだ, を大層, を天神, を如何, を妬い, を子供達, を家来, を察した, を届け, を屡, を彼女, を御用聞, を御覧, を忘れよう, を忘れる, を怖, を思いだす, を思い出しました, を思つて, を思わせた, を悟っ, を悟った, を想い起した, を感ずる, を感ぜず, を我々, を手, を指さしました, を指摘, を擧げ, を既に, を明, を気づい, を気づくであろう, を深く, を清逸, を漸く, を珍, を珍しい, を疑う, を痛く, を発見けた, を皆, を目, を相当, を眼, を知ったなら, を知り得た, を確かめ, を私たち, を第, を義雄, を聞き, を聽, を葉子, を薫, を見いだす, を見せた, を見せられ, を見なかった, を見まし, を見るだろう, を見るであろう, を覚ったらしく, を誇り, を認めない, を車中, を透し, を除い, を隠し, を非常, を鼻, んか, んやつ, んやろ, 兆しと, 心地す, 故を以て, 理を, 着手に, 際手もとに

1 [4858件 抜粋] ああ云う, おもひがし, かあっ, かいじ, かい妾, かかくして, かこちら, かさり, かしらと疑った, かしら天国, かすら分らない, かたまたま, かつまらな, かという風, かとうとう, かときく, かとちょっと, かとも考へる, かと不安, かと僕, かと問, かと尋ねた, かと怖, かと思はれる, かと憤怒, かと段々, かと疑われる, かと考えられ, かと言う, かと謂, かと非常, かどちら, かなど, かに就い, かね手紙, かは不明, かは知りません, かほぼ, かもう, かもわからず, かも知れねえ, からでも想像, から見る, かわたし, かを現実, かを覗い, かドンドン, かヴァイオリニスト, か不審, か今日近藤勇, か作人, か八五郎, か分っ, か判然, か収入, か君子, か地, か外部, か子供, か室内, か己, か底, か怪しい, か押し, か日本ダイバー倶楽部, か朝子, か此三人, か決してそう, か熱心, か登, か知らねえ, か私たち, か納屋, か考える, か自然科学, か西門, か覗き, か詩人, か道理, か陰影, か静, か鼻, がいずれ, がうれしい, がかえつ, がくんくん, がざっと, がすらすら, がだんだん, がなんとなく, がみの, がわからなかつた, がイスレエゼン, がブラ, が一寸, が三つ, が不審, が九月號, が仕合せ, が僕, が内, が分つ, が動かされぬ, が印象的, が口, が呼吸作用, が垢だらけ, が大層, が定石, が少しく, が幸, が弟, が微笑まれる, が怖く, が悟道化, が感じられます, が捨て, が日本民族, が晋, が本当に, が業腹, が気に入った, が浮かぶ, が無慈悲, が特長, が當時, が目立った, が短い, が終に, が聯渓梅, が良く, が薄暗い, が見えない, が見られます, が見附, が誇なら, が辛い, が釣れる, が電気, が鬱陶しく, これから真面目, さえ見えた, しか知らない, じゃありますまい, じゃろ, そのときあたし, だお家, だけれどね, だすぐ, だったと, だったり, だつまり, だなぁと, だらうがね, だろうくらいに, だろうとかいう, だろうヴォー州, だろう所, だわし, だ何で, だ己, だ武州沢井, だ神様, だ金袋, であったのに, でありだから, でありません, であり佐助, であり課税, であるといふ, である上下, である未来, であろうけど, であろう角, でございますからね, でございます其, でござんすおいで, でしょうえ, でしょうねえ, ですいち, ですさ, ですよい, です併, です必ず, です目だたぬよう, です間歇遺伝, でないよう, でなくどうも, でなく唯一句, でなく持って, でなく逆, で御座いましょうか, とあまり, とか理智一方, とちがい, とでミサ子, とで綾子, とはあたかも, とは訳, とも一つ複雑, と並ん, と元来, と向う, と大きな, と少し, と指示, と母, と異, と色, と近所, と随筆風, などが一寸, などを眼, ならすっかり, ならよそ, なら共通, なら或いは, なら東京, なら鉄砲, にうす暗い, にし, にと云い, にねえ, には九州, には自分, にも心, による, に予習, に今日, に僕, に反対, に壊し, に対してこの, に対して大助, に対して石堂右馬, に対し和歌, に屹, に待っ, に思いつい, に拘らず, に比例, に気づくであろう, に激, に田島, に脅かされた, に観覧者, に進化論, ねあの, ね何, はあ, はありふれた, はいづれ, はおもしろい, はくさった, はこれら, はしかた, はそちら, はたのしい, はどうしても, はにらい, はふつう, はまるで, はもと, はやむを得ない, はゐない, はイスレーゼン, はサンチイムぢ, はヅキ式, はブクブク, はメモ, はロンドン, は一切衆生悉有仏性, は一目リョウゼン, は三陸沿岸, は不便, は中徒士町, は予備, は二十枚, は云わず, は人類, は以上, は何かいな, は作者, は偏見, は光緒四年, は六月十五日, は其処, は円形, は分りきった, は刺身, は勿体ない, は却, は友達, は右, は否めない, は善良, は困った, は国語, は塾, は大事, は大正大震災後英国, は太秦形, は好ましい, は学, は富士, は小町, は山崎, は希有, は庶民, は当りまえです, は彼等, は念, は恐く, は想, は憂うべき, は手, は政治権力, は新しい, は明かだ, は晴れた, は有力, は本人, は松山さん, は桃子, は次, は此船, は毎度, は気づよい, は泰春院さま, は深田先生, は滅多, は火, は無意識, は父親, は特別, は現代, は産児制限, は町人持ち, は疑ひ, は百二十両, は皆趣向, は相模国小田原, は知れきっ, は神代当時, は種々, は籠城, は経済学, は羨ましい, は聟入り, は腮, は良い, は茂吉, は褐色, は覚え, は訝し, は誰々, は貝, は身分, は運命的, は酒類, は野鍛冶, は長者鹿島龍蔵, は際立つ, は頓, は香気, は黒薙, まではつきり, もいくら, もこういう, もたしなみです, もみなこれ, もゐます, も万一, も人間存在, も何となく, も兼盛, も只しばし, も土, も嫌っ, も宿屋, も床し, も恐らくは, も日本, も有る, も正月仏事, も浅草, も熟知, も目先, も繊細, も西方, も見逃せない, も面白く, やそれ, やらそれに, やら分らなかった, やら腑, や海老, よあっち, よこの間, よとまるで, よりいい, よダーシェンカ, よ四次元世界, よ抱い, らしいが, をいい, をうっかり, をお待ち, をかの, をこらえ, をそこで, をつい, をどうにも, をはじめて, をほじくった, をみとめました, をやっと, をセエラ, を一枚引, を中将, を二人共, を交番, を仰い, を信じた, を免れなかった, を出勤, を勿体なく, を参酌, を取り返し, を否み, を咎める, を嘆いた, を地方語, を夢みさせられた, を奇, を始め, を字引, を寒い, を小布施, を左弦, を建て増し, を役人, を後進, を思いついた, を思はせ, を思ひ附いた, を恐れ, を悪く, を感じさせられます, を感覚, を懐, を披, を振り上げ, を擧げなけれ, を日本流, を最も古く, を柄長, を止めさせる, を毎朝, を江馬務氏, を溺れる, を父親, を玉, を痛切, を省いた, を矢代, を知らないだろう, を破滅, を稲荷様, を細君, を考慮, を背後, を行く先, を見かけます, を見つけ出しました, を見ましたなら, を見付け出し, を見破っ, を見馴れ, を観破しました, を話さなかった, を説こう, を論ぜられた, を買収, を辰弥, を通行中, を鋭敏, を静夫, を食う, んも, サ詳く, 事實は, 修辞学の, 地を, 婆さん, 御存じでしょう, 故も, 時北斎漫画は, 秋巨人鈴, 説は

▼ ある~ (25135, 7.2%)

1209 すれば 864 思う 541 いう 428 云ふ 377 思って 314 思ふ 307 いって 302 思います 270 私は 232 いうので 214 云って 199 信じて 198 思った 167 言って 165 見えて 142 考えて 141 思うの 137 言ふ 136 云うこと 132 する 125 聞いて 119 思われる 104 思うと 102 すると, 云うの 101 いふ, 彼は 96 思ひます 94 するならば 92 いっても 89 云う事 87 云う 81 思つた 78 いうが 73 みえて 67 云った 65 いふので, いわねば 62 考えた 61 見える 60 いわれて 59 見て 58 考えられる 56 云っても 55 いつて, 信ずる 54 考へて 53 いえば 52 同様に, 書いて 50 いった 49 云われて, 思いました, 考える 47 して, 思うが 46 いうから, 主張する 45 いうだけ, 云は 44 されて, 云わねば 43 思ふの 42 云ふこ 41 同時にまた 40 いうに, 仮定し, 知って, 言った 39 思うん, 答えた, 言っても 38 したならば 37 いうて, 思われた, 考えるの 35 源氏は 34 思えば, 考えられて, 言うの, 言われて 33 いえる, いわなければ, さへ, 云わなければ, 仮定すれ, 思ふが 32 したらそれ, 思われます 31 いうだけの, 思ふと 30 主張し, 云つた, 伝えられて, 思つてゐる 29 いうのに 28 信じます, 言わなければ 27 いえよう, それを, 存じます, 思ったの, 思ったので, 考へた, 言う, 言は 26 云うので, 申して, 聞いた 25 いふこと, 彼女は, 思われて, 思われるの, 述べて 24 した, するの, 云うよう, 云へ, 私が, 見なければ 23 云える, 云へる, 仮定する, 言うこと, 言うて, 言はれ, 言わねば 22 いうならば, いわれる, 云はれ, 同時にその, 思いますが, 感じた 21 みえる, 僕は, 思ったから, 見做 20 お思い, きいて, 同じよう, 思ったが, 思ひますが, 感じて, 考えたの 19 します, 信じる, 思いながら, 思うから, 思うて, 称して, 聞く 18 主張した, 考えます, 自分の 17 いうと, いうよりも, いふが, 云つても, 考えること, 考へる

16 [11件] いいん, いうばかり, いわれるであろう, すぐに, それは, 思われるが, 答へ, 考へたの, 見るの, 言えば, 言つても

15 [12件] いいます, いうよりは, いはねば, するも, わたしは, 云うから, 云えない, 云えば, 思はれる, 想像する, 自分で, 言ったが

14 [14件] いったが, したらどう, 云ひ, 云へば, 信ずるの, 信ぜられて, 思うか, 思うね, 教えて, 聞いたが, 薫は, 話した, 説いて, 謂わねば

13 [21件] いいました, いうより, いえるであろう, いけないから, いふよりも, すること, ないとに, わかって, 云うが, 云つてゐる, 云われる, 信じた, 同時に又, 思つてゐた, 思はれます, 想像し, 斯う, 申すの, 考えられるの, 聞くが, 言つてゐる

12 [15件] いふから, したところ, それが, 云うならば, 云えよう, 同じに, 同時に, 否とに, 宮は, 思うよう, 思える, 断言する, 考へられて, 自分は, 院は

11 [19件] おもう, したの, したら, したらその, 云ったが, 人々は, 思いながらも, 断言し, 申します, 知ると, 私には, 私の, 考えられた, 考へられる, 見れば, 解して, 言えよう, 言ふも, 認められて

10 [17件] いうし, いふの, いわれるの, おっしゃるの, しなければ, みて, 云はれる, 信ずること, 半七, 彼等は, 思うよ, 思つたから, 思ふん, 思わなければ, 知りながら, 見られる, 言つ

9 [33件] いうても, いけないと, いはれて, こんなこと, される, 云うかも, 云うて, 云った方, 人は, 仮定しよう, 思いこんで, 思いますか, 思うわ, 思わざるを, 想像した, 断定し, 断定した, 父は, 申しました, 申しますが, 申すか, 答えると, 考えるよう, 聞いたので, 聞いては, 自信し, 見ること, 解せられる, 言う事, 言ったの, 言われる, 語った, 論じて

8 [38件] いうだけで, いけませんから, いへば, それに, みえるな, わたくしは, 云うだけ, 云う言葉, 云ったよう, 他の, 信じたの, 分った, 同じやう, 彼らは, 思い込んで, 思ったん, 思ひ込んで, 思ふから, 思われるから, 思召し, 思惟する, 急に, 教へて, 断定する, 書いた, 申さねば, 知った, 確信し, 私に, 答へる, 結論した, 考へるの, 聞くと, 解する, 解釈し, 言い伝えられて, 言つた, 非常に

7 [49件] いうでは, いうの, いわれた, きめて, さう, し, したら彼, せねば, そういうこと, ないと, なると, わかった, 云います, 云い得よう, 云うん, 云う意味, 云ひたい, 云ふと, 人の, 伝えられた, 信ぜざるを, 判った, 判断した, 告げた, 土地の, 大将は, 彼の, 思いますね, 思うこと, 思はれた, 思へば, 決めて, 知つた, 確信する, 私も, 聞いた時, 見えまして, 見えます, 言える, 言へ, 言われた, 記して, 話して, 認めて, 説くの, 説明し, 説明する, 誰も, 述べた

6 [78件] いいの, いい得るであろう, いうだけでも, いえるの, いつたが, いはれる, いふと, いふに, いふのに, いふ事, お考え, かれは, しよう, するならそれ, 云うに, 云うよりも, 云う事実, 云う人, 云う他, 云う時, 云う訳, 云う話, 云う風, 云ったの, 云ふなら, 仮定した, 伝えて, 何か, 信じるの, 先生は, 公言し, 分って, 判斷する, 力説し, 同時に彼, 同様である, 喜んで, 喝破した, 夫人は, 心の, 心得て, 思いますから, 思うほど, 思えた, 思えばこそ, 思っても, 思つ, 思はれるの, 感じます, 感じる, 感心した, 教えられて, 教へ, 理解した, 申すこと, 申すもの, 知った時, 考えざるを, 考えたから, 考えても, 考えられるであろう, 考へること, 聞かされて, 聞きました, 聴いて, 聽い, 自負し, 見ねば, 言うん, 言つてよい, 言ひ, 言ふこ, 言へる, 言われたの, 記憶する, 説いた, 誰が, 謂って

5 [91件] いい, いいそれ, いいたい, いいなあ, いうかも, いうべきであろう, いうほど, いえないこと, いつた, いはなければ, いひ得るであらう, いふより, いわれるかも, おっしゃって, かないとか, された, しある, したならその, したらこの, し従って, するに, する説, せられて, そう人々, にらんで, ひそかに, 一般に, 云うべきである, 云うもの, 云う噂, 云う様, 云つてよい, 云ひ得る, 云ふかも, 云わざるを, 信じられて, 信じ切って, 信ずるから, 信ずるもの, 假定する, 公言した, 分ると, 判断する, 前に, 同時にこれ, 同時にそれ, 同時に一方, 同時に他方, 同時に私, 吾, 告白した, 大変だ, 御承知, 心に, 思いますよ, 思うた, 思えるの, 思ったこと, 思つたのは, 思つて居た, 思はなければ, 思はれて, 思はれるが, 思ひました, 想像される, 感ずるの, 気が, 申された, 申しましたが, 知らして, 知れた, 私どもは, 答えて, 結論し, 考えたので, 考えなければ, 考えねば, 考えられたの, 考えられます, 考えるから, 聞けば, 見た, 見ても, 見られて, 解釈する, 言うので, 認められる, 語って, 説く, 説明した, 誰かが

4 [146件] いいだした, いいまた, いうけれど, いうじゃ, いうだけに, いうんで, いつたやう, いつでも, いはれるであらう, いわぬばかり, いわれること, おもいます, お前は, お思ひ, このよう, これを, こんなふう, しかつ, しそれ, したなら, したならそれ, したもの, したらこれ, しましても, するよう, そのよう, ないとは, なして, ほかの, ぼくは, みえまして, わかったので, わかれば, 主張され, 主張される, 云うか, 云うじゃ, 云うと, 云うより, 云う外, 云えないでしょうか, 云った風, 云つ, 云ふも, 云われた, 云われても, 云われるの, 信ずるが, 信ずるよう, 假定し, 傳へられ, 分つた, 口を, 右近は, 同じ程度, 同時にお, 同時に日本, 同時に超, 同樣, 否とは, 告白する, 固く信じ, 堅く信じ, 多くの, 大臣は, 姫君は, 存じますが, 家の, 察したの, 彼が, 彼に, 後に, 思いその, 思いましたが, 思いますわ, 思うし, 思うもの, 思ったけれども, 思っては, 思つたら, 思はれるから, 思わずには, 思われました, 思われるかも, 思われること, 思召す, 悟った, 感じたの, 感じたので, 感じられる, 或る, 承知し, 指摘し, 推定され, 推定し, 教えられた, 断じた, 斷言し, 昔から, 書かれたの, 書かれて, 歎い, 申したそう, 申しても, 目を, 直ぐに, 知ったとき, 知ったの, 結んで, 結論する, 考えたいの, 考えては, 考えられねば, 考えられるから, 考えられるよう, 考えるが, 考えるに, 考えるもの, 考える人, 考へられるの, 考へるやう, 自白し, 自称し, 自覚し, 見えた, 見えるの, 見ると, 解つた, 解釈した, 解釋し, 言いました, 言うから, 言うべきである, 言うもの, 言う話, 言えましょう, 言えるの, 言った方, 言つてゐた, 言はれる, 言へば, 誤解し, 説く人, 諦めて, 謂はれ, 述べたが

3 [271件] あなたは, いいが, いいこれ, いいと, いい得られるの, いうけれども, いうだけを, いうであろう, いうには, いうほどの, いうものの, いうよ, いうを, いえましょう, いえます, いえるかも, いえるであろうか, いけない, いったの, いったり, いはれること, いふて, いわるるか, いわれても, いわれるが, うなずかれた, おもうの, おもった, お光, お父様, お言い, お霜, かれら, きいた, これが, これは, しその, したらそんな, したらどんな, したら私, したり, した所, しまた, し第, する信念, その中, その人, その時, でも思つて, でも言, なし, なれば, みえます, みなければ, わかると, わしは, カントは, 七兵衛は, 世の, 中将は, 主張するなら, 予は, 二人は, 云いながら, 云い伝えられて, 云うべきだろう, 云うわけ, 云う品物, 云う感じ, 云う気, 云う点, 云う考え, 云えるだろう, 云つたら, 云つた方が, 云つてある, 云つていい, 云つて居る, 云て, 云はれた, 云はれよう, 云はれ得る, 云ふで, 云われること, 云われるよう, 人が, 今でも, 今まで, 今日は, 伝えられる, 何う, 何かの, 余は, 信じまた, 信じられる, 信ずべき理由, 信ずるに, 信長は, 僕が, 先生の, 全く同じ, 出て, 分ったとき, 判ったの, 判って, 勝手な, 又次郎は, 吉五郎は, 同じである, 同じ様, 同時にこの, 同時に他, 同時に何, 同時に大, 同時に我々, 同時に直観, 同時に空間的, 同時に自分, 同時に量, 同様の, 同程度, 君は, 否とを, 告白せざる, 報じられて, 変な, 大変です, 夫人が, 女は, 定義する, 宣告した, 家へ, 小侍従, 帰って, 心で, 心を, 思いましたから, 思い同時に, 思い直して, 思うかね, 思うたの, 思うだけ, 思ったのに, 思ったよ, 思ったら, 思つて, 思つては, 思つて居ります, 思つて居る, 思ひながら, 思ふよ, 思ふわ, 思わないか, 思わねば, 思われたので, 思われるのに, 思われるもの, 思われるよう, 思召された, 思惟し, 悟って, 想像され, 感じました, 感じること, 感ずること, 感心し, 我々は, 承認した, 推定された, 支那の, 教えた, 新聞に, 昔の, 村の, 気がついた, 気がついたから, 気がついて, 決められて, 注意し, 浮舟は, 玉藻は, 理解し, 甲斐は, 申し立てた, 申すでは, 申すは, 申す事, 疑って, 発表し, 看て, 睨んで, 知ってから, 知っても, 知られた, 知りながらも, 知れては, 私たちは, 答える, 米友は, 老人は, 考えたよう, 考えました, 考えら, 考えられるが, 考えられること, 考えられると, 考えると, 考えれば, 考へたから, 考へたもの, 考へます, 考へられること, 考へられるであらう, 考へる人, 考へれば, 聞きます, 聽いた, 肯定し, 自ら称し, 自任する, 自分には, 自惚れて, 自然に, 自覚する, 見えその, 見えるお父さん, 見えるな, 見たの, 見なさねば, 見なして, 見られるの, 覚えて, 覚悟し, 解釈され, 言いましたね, 言い得るの, 言う人, 言えるだろう, 言ったので, 言ったよう, 言つては, 言ひます, 言ひ得る, 言ふて, 言へるであらう, 言わざるを, 言われても, 言われよう, 訂正される, 診断した, 評されて, 誌し, 認めたの, 認めたもの, 認めなければ, 認めねば, 認めるの, 説いたの, 説かれる, 説く学者, 説明され, 説明された, 説明を, 誰しも, 誰でも, 謂はれる, 谷村は, 述べたの, 速断し, 非常な, 駿介は

2 [815件 抜粋] あきらめて, あった, あっては, ある, いいあるいは, いいけれど, いいなと, いいのに, いいますが, いい伝えられて, いい得るもの, いうだけは, いうならそれ, いうべきである, いう如きデマ, いえないであろうか, いえると, いけねえ, いたしましても, いったからとて, いつか聴いた, いつた方, いはれた, いはれるかも, いひ傳, いひ得ると, いふならば, いふよりは, いふ訳で, いふ訳でも, いろいろな, いわぬばかりに, いわれたが, いわれるでしょう, いわれると, おせい様, おっしゃいます, おまえは, おもって, おもふ, お側の, お悟り, お感じ, お認め, かう言, かないとかは, かの女, かんがえて, きいたが, こういうよう, こういっ, ここでも, この城, これで, さへも, されるが, されるならば, され又, しそして, したならそこ, したらおそらく, したらすぐ, したら其, したら陸上, してからが, し他, すぐその, すぐそれ, すべえ, すべてが, するから, するならおそらく, するなれば, するは, するやう, する一つ, する考え, する解釈, する論, せられるの, そう云っ, そこから, そのお, そのとき, その日, その部屋, その鯉, それこそ, それも, そんなよう, つきとめたか, つく, つけ加えた, なきとの, なした, なすの, なのった, ひとは, ひどく感心, まあ我, みえるね, みせるため, みんなが, やうに, よかった, よくいわれる, わかったが, アメリカの, ウィリアムは, マルクスは, 一は, 一倍に, 一応は, 一応云っ, 一日中黙っ, 一時は, 一般には, 一途に, 不快に, 不意に, 中の, 丸山は, 主張したい, 久助君は, 之又, 二た, 二人の, 云いその, 云いました, 云いますから, 云い度, 云うけれども, 云うその, 云うのに, 云うは, 云う一事, 云う以外, 云う報告, 云う批評, 云う程, 云えないだろうか, 云えるであろう, 云おうが, 云ったけれど, 云ったそう, 云っただけ, 云ったもの, 云った時, 云つた処で, 云つてゐた, 云つて差支ない, 云つて彼は, 云つて非常に, 云ひました, 云ひ得よう, 云ひ得るなら, 云わなくては, 云われるから, 云われるであろう, 人に, 人間は, 今に, 今更に, 代助, 仮定します, 仮定せよ, 仰しやつ, 仰せに, 仰有るの, 会葬者達は, 伝わると, 何うし, 何かに, 作者は, 信じきって, 信じきつて, 信じその, 信じたので, 信じたり, 信じようと, 信じるから, 信じるやう, 信じる習慣, 信じ私, 信ずるよりか, 信ずる私, 信ぜられる, 倶に, 假定すれ, 先生に, 入道は, 全く同様, 分かりました, 分れば, 切りに, 判ると, 判断し, 判斷し, 割に簡単, 勇太郎の, 卓一は, 却, 叫ぶ, 叫んで, 同じくらいに, 同じこと, 同じ意味, 同一の, 同時にいや, 同時にわれわれ, 同時に一種, 同時に優しい, 同時に小説全体, 同時に心, 同時に文学, 同時に新, 同時に時間的, 同時に極めて建設的, 同時に構成的, 同時に現在, 同時に短所, 同時に神, 同時に自己, 同時に芸術, 同時に開いた, 同時に非常, 同様な, 名乗って, 吹聴した, 告げて, 告白し, 呼号し, 哲学者は, 問えば, 善昌は, 嗤って, 囁いて, 四人の, 困るからね, 土牢の, 在所の, 報ぜられて, 声を, 大抵は, 好いの, 妻が, 孔子は, 存じまして, 存ずるが, 安全に, 定まって, 定義し, 家が, 宿の, 察せられた, 山形か, 山田は, 帝は, 幾度も, 店の, 式部は, 弥兵衛は, 彼も, 彼女の, 彼等を, 御覧に, 必らず, 怒って, 思いこの, 思いついた, 思いましたよ, 思いますと, 思い出して, 思うだから, 思うな, 思うので, 思う者, 思ったし, 思ったそう, 思ったらそれ, 思ってや, 思つた時自分の, 思つてゐます, 思つて先づ不快を, 思はれたので, 思はれるやう, 思ひたかつた, 思ひますと, 思ひますので, 思ふか, 思ふので, 思ふもの, 思ふ時, 思へ, 思へた, 思わせて, 思わないわけ, 思われたが, 思われた程, 思われるあたり, 思われるに, 思召され, 思召した, 思慮いたしました, 恐ろしい早業, 悟ったの, 想像すれ, 意識した, 感じた瞬間, 感ずる, 感心も, 我輩は, 承りましても, 折々支那人, 拙者は, 指して, 排斥し, 推定した, 推察した, 推論し, 揺りあげて, 故郷の, 敬服し, 断じ, 断じてゐる, 断案を, 斷言した, 早合点し, 明瞭に, 時雄は, 期待すべき, 栄蔵は, 極めて明確, 正三は, 正当に, 此病が, 残念に, 母は, 毎日毎日土神は, 気に, 気附いた, 決した場合, 決まって, 決定し, 注意した, 源氏が, 独りで, 理解する, 申した, 申しますので, 申し出て, 申すので, 町へ, 町役人が, 痛感します, 皆が, 盛んに, 直覚した, 看破した, 真面目に, 睨んだ平次, 知らせたら彼ら, 知らなければ, 知ること, 知れ, 石塔を, 秀吉は, 私共の, 空想する, 笑って, 答えられた, 約束し, 結論し得よう, 罵りこう, 習慣上何となく, 老人が, 考えたい, 考えた方, 考えた次第, 考えられる常識, 考えられる時, 考えられる限り, 考えるより, 考える外, 考える理由, 考へずには, 考へたり, 考へねば, 考へました, 考へられたの, 考へられねば, 考へられるので, 考へるが, 考へる野心家, 考へ直して, 聞いただけで, 聞いたとき, 聞いたのに, 聞いても, 聞えたので, 聞きますと, 聞くので, 聞こえた, 肯定する, 胸を, 自他共に, 自信する, 自分が, 自分を, 自称する, 自覚した, 舌を, 菱屋の, 著者は, 蘭沢を, 蚤を, 見えそこ, 見えまする, 見えますわね, 見えるもの, 見きはめ, 見こみを, 見せかけ世間, 見たい, 見なされて, 見ら, 見られた, 見られます, 見るが, 見るや, 見る事, 見る態度, 見る方, 見抜いて, 見込んで, 覚って, 観た, 観るの, 観念した, 解したの, 解すべきである, 解釋した, 言いだした, 言います, 言い出した, 言い切る事, 言い張るの, 言うが, 言うと, 言うんで, 言う者, 言えないこと, 言えるよう, 言おうか, 言ったじゃ, 言ったね, 言った占い者, 言つて好, 言つて居る, 言つて快弁を, 言はれ得る, 言ひたい, 言ふべきである, 言われたこと, 言われては, 言われるが, 言われるの, 言われる時, 記録にも, 訪ねて, 証明した, 評した, 評したが, 話が, 誇りつつ, 誇張し, 認めた上, 認める, 認めること, 認知する, 語つた, 誤認し, 誰の, 誰れ, 論ずるに, 論結した, 論難し, 謂ふ, 身の, 述べ, 連れて, 連れの, 避けて, 長い間, 限らない, 非難し, 面白いん, 頷いた, 首肯される, 馬鹿は

1 [6882件 抜粋] ああそう, あなたも, あらゆる事物, あわてて, いいたいの, いいなさるな, いい作品, いい得ないであろうか, いい花, いうで, いうなら熊本, いうよりか, いえるけれども, いきなり無礼討, いそいそね, いったらその, いつたの, いつもいつも思っ, いつわりいま, いはれる場合, いひまた, いふなら私, いふ語が, いよいよむずかしい, いわれない, いわれる方方, いわれ魚類, うれしかった, おじいさんは, おなかが, おまえ達が, おれの, お妙ちゃん, お気の, お羽織, お述べ, かえって長生き, かないとかよりも, かんがえた, ききましたので, きつと, くまは, こういう断定, こう思った, こう逆説的, このごろ思っ, この弟, この頃本人, こんな事, さうかと思ふ, さらに自分, されギリシア, したい, したらいかに, したらつまらない, したら人間, したら地球, したら昨夕倫敦, したら見逃すこと, した後, しばしば緑雨, しようそして, し低い, し後, じゃけん, すぐ水面下, すっかり信じ, するが, するなら一斎, するなら論理, する地方, する所説, する見方, せられたという, そういう風俗, そう妙子, そこだけは, そのため, その傾向, その娘, その技師, その窓, その運動, それから種々, それら五十名近くの, ただ尾州家, だれかれ, ついには, つけくわえた, とかく放, どうして判りました, どれに, なお認むるかどうか, なしそれ, なし木曾谷諸村, なったらさて, なんだ, ののしるが, はっきり断言, ひどく寒く, ほり, ほり技術, まずこれ, また一人, みえさして, みえ暗い, みずから確かめる, みな一隊に, みれば, もう愛, やはり可哀想, よくそんな, よく血書, より考えられませぬ, わかつた多く, わざ, われと, エッフェル塔尖, ゴドウィン氏は, スエコの, ツイ斯んな, ハアヴエーは, フンガイした, ポアンカレが, ロチスター氏の, 一字一句の, 一旦去り, 一般に認められ, 三吉は, 不安心だ, 世界各, 中国国民党の, 主張せしめた, 予期した, 二人とも, 云いだし安芸, 云い但し, 云い条, 云うた, 云うばかり, 云う以上, 云う喜び, 云う感じ丈, 云う権利, 云う立場, 云う誇り, 云う馬車, 云っただから, 云った人, 云つたと, 云つてすぐ, 云つて居ります, 云つて盛んに, 云つて間違ひない, 云ふか, 云わないもの, 云われはじめた, 些と, 人切庖丁を, 今更思ふ, 付記し, 仰しゃったわね, 仰せられ筑前, 仲人は, 伝えられそれからまた, 伯爵は, 何だか今にも死に, 何十万という, 例外なく, 信じこむよう, 信じたですね, 信じながら, 信じるかも, 信じ宗教, 信ずるそれから, 信ずる者, 信仰し, 偽って, 僧都は, 先頭の, 全然破れる, 共に限られた, 其処に, 冒頭に, 出来るから, 分りその, 判り三好, 判斷せざる, 力の, 勇みを, 医者は, 博士の, 却て, 友ちゃん云い出し, 取って置きの, 受け取つた, 古に, 台詞書を, 各方面, 同じく前者, 同じそれ, 同じ血, 同時にきっと粗末, 同時にたいへん正直, 同時によい, 同時に一般的, 同時に人, 同時に他面社会科学的, 同時に凡庸, 同時に半ば, 同時に同志たち, 同時に国民職域, 同時に天, 同時に実際的道徳教, 同時に小説, 同時に忖度, 同時に惣七, 同時に救治的, 同時に普遍的, 同時に模倣的, 同時に消費, 同時に男, 同時に禅宗, 同時に背景, 同時に西鶴, 同時に迷惑, 同時に頼る, 同然に, 名乗りたかったの, 否でも, 告げられて, 呼ばれないでも, 呼称する, 唱うること, 問合せに, 喝破し, 器械の, 困る, 土佐では, 堅く信じる, 夏の, 夜昼かまわず, 大したもの, 大寺警部は, 天皇みずから人民に, 奏した, 女性の, 妄信し, 姫君たちは, 嬰児の, 存じまする, 安心した, 定義され, 宣伝出来る, 家族たちが, 察せられます, 小人である, 少し答えます, 山田に, 川縁の, 席を, 平気で, 廊下は, 弱くなった, 当てに, 彩描である, 後に板倉, 御同情, 御自分, 心外千万である, 心魂に, 応酬した, 思いあと, 思いそれから, 思いまして, 思いますヨーロッパ, 思い上がって, 思い小次郎, 思い戸, 思い私, 思い込んだ, 思うかい, 思うでしょう, 思うべきであろう, 思う場合, 思う程感心, 思えること, 思ったため, 思ったら根, 思った筈, 思つただけ, 思つた樣子で, 思つてゐ, 思つて見, 思はねば, 思はれるさつき手, 思ひなつかしく尊い, 思ひハネ後大庭, 思ひ自分, 思ふしかし, 思ふ場合, 思へる, 思わっしゃる, 思われたです, 思われるであろうし, 思われる婦人, 思われ来るべき運命, 思意され, 恐れ結合, 悟つて話した, 悲しく思召, 想うかも, 想像しなけれ, 愈, 感じたその, 感じられない, 感ずるならば, 感心させた, 慄然たる, 懐中から, 手に, 批評された, 承わり, 抽斎は, 指摘された, 推考せられ得る, 搜し求め, 故老の, 教えられる, 數へながら, 断じて誤らない, 断り書まで, 断念致しまし, 新聞や, 日名子氏が, 早瀬君は, 明言し, 昼間意識の, 暗示し, 書いた由ラジオ, 有志の, 本人自身は, 杉浦啓一も, 松五郎殿の, 根を, 梶田老人は, 極め込んで, 横田は, 歎かれたであろう, 此辺から, 残念がられる, 毎夜留置場で, 気が付く, 気取ったから, 江戸で, 決定する, 注した, 涙を, 渋江氏の, 溜まらんから, 炬燵の, 無条件で, 煙たがられて, 爽かに, 物語つた, 献言した, 理解さるべきであらう, 田園的である, 申されましてね, 申しましたいま, 申し上げた, 申すのみ, 申上げる, 異口同音に, 痛感し, 百姓を, 監視者が, 直径四寸以上五六寸も, 相馬小次郎は, 真正直に, 矢木矢木と, 知ったら大急ぎ, 知つたかぶりし, 知らないうち, 知るが, 知れたらどんな, 確かに, 示された, 神から, 私などの, 称したこと, 積極的に, 竹束が, 答えかつて, 答え得よう, 納得する, 結論される, 總領が, 美奈子は, 考えいわゆる, 考えたがる単純, 考えた者, 考えもし, 考えられるけれども, 考えられる物体, 考えるからには, 考える事, 考えナポレオン, 考え得がたい, 考え直して, 考へたし, 考へまして, 考へられるが, 考へる人々, 考定し, 聞いた瞬間, 聞かれれば, 聞き及ぶ, 聞くからは, 聴いたが, 胸に, 自ら公言し, 自分も, 自白した, 致しましたら何方, 花どころじゃ, 葉子は, 螺旋です, 褒められたの, 見えところどころ, 見えるネエ, 見え別人, 見え暫く, 見きわめた番頭, 見つもられたこの, 見なされ始め要するに多少, 見ゆるな, 見るならば, 見る所, 見彼, 覚え込んだかの, 覚期すれ, 観客は, 解したところ, 解った以上, 言いある, 言いつたえて, 言い出しました, 言い張るので, 言い或いは, 言い触らすもの, 言うでは, 言う三田, 言う道, 言ったこと, 言ったネ, 言っては, 言つた性の, 言つて一も, 言つて断つた, 言つて誰も, 言へるなら, 言われた時, 言われるん, 言出した, 訊く人, 訴えたからには, 評したの, 話しながら, 認むるものが少く, 認められ, 認めるには, 語ったの, 誤るほど, 説いた者, 説くに, 読者も, 請合い一刻, 論断し, 謂ったな, 謂われるが, 讒した, 責任者が, 賞詞を, 跪きかねるであろうと, 近付けて, 述べシナ, 通俗なりの, 道を, 都留氏ともども, 鉦を, 長官は, 附け加えること, 陳弁した, 難有, 面倒だ, 頷いて, 風流心に, 首相が, 驚嘆し

▼ あること~ (19407, 5.6%)

285 を知っ 212 を知った 189 である 181 を忘れ 160132 がわかった 131 はいう 127 を私 115 を発見 112 がわかる 102 を知る 94 だから 91 が分った, なし, を示し 8877 を意味 76 では 70 です 69 か, は明らか, は確か 68 を示す 67 を理解 65 を証明 63 は疑い, を信じ, を注意 61 を知り 60 を感じ 59 は云う 58 が分る 57 がわかりました 56 は前, は誰 55 が判った, を彼, を知らない 54 は勿論 51 が出来る, に気がついた, を感じた 48 を知つて 47 だが 46 だった, はその, よ, を認め 45 が必要, を知, を自覚 44 になる, に変り, は事実 42 だろう, なの, は云, を知りました 41 だし, だと 40 は私 38 はある 37 が明らか, は, はこの, はよく, は出来ない, は知っ, をよく 36 でしょう, は申す, をお, を見 35 がわかっ 32 であろう 31 を明らか 30 は言うまでもない, もある, をその, を考える, を認める, を説明 28 でも, はすでに, は既に 27 は明白, を免れない 26 ですから, と思う, に氣, を考え, を要求 25 ができる, がわかつた, に気づいた, を信ずる, を思う, を痛感, を知らず 24 がよく, だらう, を主張, を意識, を指摘 23 であった, によつて, に気, はたしか, は明かである, もまた, を必要, を確め 22 が判明, は疑う, をこの, を思い出した, を思え, を悟った

21 [12件] ができない, が分っ, が判る, が多い, だけは確か, でせう, なん, はこれ, は疑, を否定, を確信, を聞い

20 に注意, はすぐ, はもちろん, も知っ, を忘れる, を感ずる, を知らなかった, を知らね, を誰, を述べ

19 がわかります, が分つた, で, ですが, に疑い, を彼女, を感じる, を示した, を記憶, を認めた

18 [11件] がある, がすぐ, ができぬ, が出, が出来ない, であるが, でした, はもう, も忘れ, を想像, を述べた

17 [14件] がわかるであろう, が判, ないこと, なれば, に気がつく, に気づい, に間違い, は何人, は言, は間違い, をはっきり, を吾, を見出した, を言

16 [12件] が知られる, が解る, が証明, であります, なので, に気がつい, も事実, を承知, を明, を深く, を物語っ, を知れ

15 [11件] がその, がはっきり, だろうと, に相違, のよう, の証拠, は否定, は彼, を思い出し, を思っ, を承認

14 [13件] が発見, が私, となる, と思われる, になっ, に間違, は周知, をやめ, を告げ, を告白, を暗示, を知らぬ, を自分

13 [21件] がわかり, が判っ, が明, と思います, に気づく, はできない, は分っ, は爭, は論, もよく, を今, を初めて, を半, を少し, を思へ, を教, を知らなけれ, を確かめた, を聞いた, を話した, を語っ

12 [20件] がお, がハッキリ, が明白, には変り, には疑い, は一目, は一見, は人, は今, は今更, は容易, は当然, は決して, は疑うべく, は直ぐ, は自分, をたしかめた, を予想, を思い, を私たち

11 [24件] がこの, がわかつ, だつた, であらう, に就い, はいふ, はわかっ, は三度, は想像, は明瞭, は確実, は言う, もあり, をここ, を人, を信じた, を平次, を強調, を後, を思いついた, を教え, を欲, を証し, を話し

10 [27件] いうまでも, が一目, が分りました, が判りました, が理解, が知れる, が解った, じゃ, であつ, に満足, はない, は何, も明らか, をわたし, を人々, を今更, を伸子, を御, を忘れない, を思ふ, を思わせる, を疑う, を知らせ, を見た, を言っ, を認めない, を認めなけれ

9 [33件] が出来, だけはたしか, でご, と思っ, に彼, に気がつきました, に気付いた, に私, に違い, の証明, はここ, は今日, は他, は無論, は許されない, も, をすぐ, をはじめて, を信じる, を僕, を妨げない, を希望, を悟る, を感じます, を欲する, を止める, を物語る, を疑, を直覚, を覚悟, を説い, を説いた, 申すまでも

8 [36件] ができた, がら, が不思議, が出来た, が想像, が知られ, が第, であって, でなければ, なり, にある, にもう, に気が付いた, はあります, はお, は出, は前述, は少し, は知つて, もその, も注意, を了解, を力説, を忘れた, を望む, を特に, を疑わなかった, を發見, を知つた, を知らされた, を知らなかつた, を確認, を見せ, を覚った, を証拠立て, を認めざる

7 [56件] が分つ, が推定, が知れた, が確か, ぞ, でこの, ですよ, とその, にかわり, に何, に於, は一般, は僕, は同じ, は否めない, は常に, は後, は慥か, は改めて, は最早, は注意, は確, もあった, もわかる, も亦, も知った, も知らない, も私, をあの, をさとった, をしみじみ, をたしかめ, をわれわれ, を二人, を云, を保証, を君, を強く, を彼ら, を忘, を思わず, を断言, を痛切, を白状, を直感, を知らざるべからず, を経験, を自ら, を見る, を見落し, を見逃す, を誇り, を語る, を説き, を論じ, を銘記

6 [68件] が, が分かる, が判り, が感じられる, が明瞭, が最も, が知られた, が解, が解り, が誰, そしてその, であると, と, と思ふ, には間違い, に少し, に気づき, に気づきました, に気附, はそれ, は争われない, は全く, は大抵, は常識, は恐らく, は日本, は明, は疑えない, は聞い, は認める, は読者, もあれ, もこの, もわかっ, も知つて, をいう, をちゃんと, をまだ, をも知っ, を世間, を信じます, を俺, を充分, を十分, を否む, を告げた, を喜び, を失わない, を察し, を常に, を彼等, を思はせる, を思ひ出した, を標榜, を止め, を注目, を看破, を知らせる, を知り得る, を考えた, を考へる, を見逃し, を認識, を語つて, を読者, を證明, を身, を願っ

5 [102件] かも知れない, が伸子, が分かった, が多, が多かっ, が容易, が察せられる, が望ましい, が次第に, が直ぐ, が確かめられた, が考えられる, が解りました, さ, じゃない, だけはよく, だけは確実, であろうと, でこれ, でその, で私, と信ずる, になった, に注目, に違, はあった, はあつ, はあの, はだれ, はほとんど, はほぼ, はまことに, はまだ, は充分, は分る, は十分, は実に, は広く, は必然, は忘れ, は極めて, は殆ど, は疑問, は稀, は立派, は絶対, は自然, もあります, もたしか, も今, も判った, も話した, やそれ, らしい, をあなた, をあらかじめ, をお前, をお知らせ, をこれ, をご, をご存じ, をそれ, を一言, を今日, を何人, を反省, を喜ぶ, を報じた, を報告, を心, を思わせた, を悟つた, を悲しむ, を想, を想っ, を想起, を感じました, を感知, を感謝, を明示, を望ん, を期待, を正直, を率直, を直ぐ, を確か, を確かめる, を示そう, を納得, を考へた, を聞かない, を肯定, を自, を自白, を自認, を要する, を見て取った, を見出し, を覚え, を証する, を警告, 勿論である

4 [177件] からし, から私, があつ, があり, があります, がいけない, がいよいよ, がだんだん, が出来なかった, が彼, が感じられた, が父, が確認, が納得, が結論, が美奈子, が自分, が自覚, が見られるであろう, が解っ, が解るだろう, だからね, だけは確, だろうが, であ, であったが, でありまして, であるから, でしょうが, とこの, と存じます, と思ひます, ならん, にし, にすぐ, にする, になり, にはほとんど, には相違, にまちがい, によってそれ, によって初めて, に思ひ, に気がつかない, に気がつき, に気付い, に留意, のやう, の自覚, はあまりに, はすべて, はなん, はもはや, はわかる, はわたし, はわれわれ, は一層, は一目瞭然, は一眼, は万人, は争, は人間, は今さら, は免れない, は別に, は夙に, は差支, は彼女, は御存じ, は忘れられ, は我々, は承知, は明かであった, は明かであり, は最初, は望ましい, は注目, は申, は異論, は疑い得ない, は知らない, は知る, は知れ, は私自身, は第, は紛れ, は自明, は言わずもがな, は許され, は認め, は説明, は非常, も分っ, も分った, も必要, も知らず, をいっ, をきい, をさ, をすっかり, をつくづく, をどうして, をほとんど, をほのめかし, をまず, をも彼, をハッキリ, を一応, を予期, を云っ, を仮定, を会得, を佐山君, を勝平, を否認, を告げる, を固く, を報じ, を実証, を容易, を御存じ, を心から, を心得, を忘れず, を思いだしました, を思い出す, を思った, を思ひ, を思わね, を悟, を悟っ, を悟らね, を感ぜず, を感づい, を慮っ, を推定, を教えられた, を教えられる, を既に, を日本, を明白, を明瞭, を暴露, を書いた, を条件, を求め, を源氏, を無視, を申, を疑わない, を直ちに, を知ってる, を知らなく, を知りませんでした, を確かめ, を考えなけれ, を考えね, を考へ, を聞き, を聞く, を見出す, を言い, を言う, を言った, を記し, を証, を証拠立てる, を話す, を誇る, を認めず, を認めました, を語, を語ります, を説く, を駒井, 無いこと, 第三

3 [305件] かもしれない, から, から生ずる, から考える, がありました, があり得る, がすでに, がそれ, がどうしても, がどんなに, がない, がわからない, が一つ, が一層, が一番, が一見, が不幸, が了解, が予想, が今, が出来るであろう, が分かります, が分り, が分るであろう, が大切, が実感, が彼女, が後, が後に, が思われ, が思われる, が悲しく, が感ぜられる, が指摘, が推測, が明かである, が特に, が知れ, が絶対, が解るであろう, が認められ, が認められる, が證明, が非常, さえ知らない, すら知らない, すら知らなかった, そしてそれ, そのこと, だけは疑い, だけれども, だつたの, だという, だとは, だな, だよ, だらうと, であろうが, でございましょう, でしょうね, ですし, ですね, でそういう, でそこ, でそれ, でな, で少し, で自分, といい, となった, などは少し, ならば, にこの, にしよう, にちがい, になります, になるであろう, にはならない, には気, には疑, には誰, にふと, によってこの, によって可能, に同意, に基い, に変わり, に大きな, に始め, に心, に思いついた, に思っ, に気が付きました, に気づかない, に甘んじ, に異議, に目, に言及, に誰, に驚いた, ね, の一つ, の必要, の方, の最も, はあきらか, はうれしい, はさき, はさして, はその後, はちゃんと, はちょうど, はつい, はどうしても, はどこ, はまちがい, はむしろ, はむろん, はわかった, はハッキリ, は一, は一つ, は上, は不可能, は不思議, は世界, は争えない, は事實, は二人, は二度, は以前, は先刻, は出来ず, は判り切っ, は判る, は到底, は半, は右, は否み, は吾, は固, は多く, は察, は少しく, は当時, は彼等, は御, は恋する, は断わる, は明かで, は明かであります, は明かです, は明かな, は昔, は最も, は歴史, は無い, は能, は著しい, は覚悟, は誠に, は間違, は面白い, もあつ, もあり得る, もあろう, もいう, もお, もすぐ, もできる, ももちろん, もわかった, もわかり, も不可能, も分る, も判明, も又, も同じ, も彼, も忘れられ, も意味, も承知, も明瞭, も理解, も知, も知れ, も確か, も私たち, も聞い, も解っ, やその, やら, をあと, をいおう, をいった, をかつて, をかれ, をすでに, をそして, をそのまま, をたしかめました, をたしかめる, をだれ, をつい, をはつきり, をひそか, をみずから, をも感じた, をやがて, をやめる, を一目, を事実, を作者, を信ぜず, を免れず, を全く, を公言, を切望, を前提, を千枝太郎, を告げられ, を夫, を始め, を学んだ, を実感, を宣言, を察, を小坂部, を得ない, を御存知, を徹底, を忘れよう, を思いだした, を思うなら, を悟り, を悟りました, を想え, を想ひだ, を感じさせられる, を感じさせる, を感じないで, を感ぜざる, を感ぜしめる, を我々, を打, を拒む, を改めて, を教えた, を早く, を最も, を最初, を期し, を本質, を気, を洞察, を澹山, を熟知, を特色, を現, を理由, を申し, を皆, を直接, を看取, を知ったなら, を知ったら, を知つたの, を知ら, を知らされ, を知らし, を知らせず, を知り得た, を祈る, を私達, を立証, を第, を米友, を耳, を聞かされ, を聞き出した, を脱, を自慢, を自然, を薫, を見れ, を見出すであろう, を見破った, を覚っ, を観察, を覺, を言つて, を言明, を記した, を許し, を訴え, を証拠, を詳しく, を認めるであろう, を語った, を附記, を陳, を頭, を願, 勿論で, 第二

2 [836件 抜粋] かこれ, かと思う, かも知れません, からその, からで, からも興味, から來, から見, から見る, か受領, か解り, があきらか, があの, がうかがわれた, がかえって, がきわめて, がこれ等, がしみじみ, がすべて, がその後, ができず, がなにごと, がひと目, がむしろ, がわからなかった, がわかるだらう, がわかろう, がヤット, が一般, が世間, が云, が何, が何人, が何故, が免れ, が分かっ, が分かり, が分ります, が分明, が判つた, が判然, が却って, が原因, が夙に, が大きな, が大事, が宗教的, が察せられた, が少なく, が帰結, が必ずしも, が必要条件, が愈々, が我々, が推想, が推論, が既に, が普通, が最大, が次第, が此大学生, が段々, が漸く, が無い, が生じ得る, が目, が直感, が確定, が示され, が示された, が私たち, が立証, が美, が肯かれる, が要請, が見え, が見られる, が解ります, が記録, が認められた, が連想, が重大, しかできない, じゃございません, じゃア, そして有限, そして都合, だけが男, だけはほぼ, だけは兎, だけは分る, だけは本当, だけは知っ, だけは誰, だらうか, であったし, でありますが, であるし, であろうから, でございまして, でございます, でさ, でしょうし, でしょうな, ですけれど, でそう, でないと, で前, で彼, で昔, で誰, とお, とこれ, とそれから, との区別, とはしばしば, とりわけ新しい, と信じ, と同様, と存じまする, と思い, と思った, と思はれる, と想像, と相容れない, なし内閣, などである, などはまったく, などは知らなかった, などをこの, などを力説, などを知らない, など伸子, なれど, にきまった, にその, になけれ, になるだろう, になん, になんだか, にはちがい, には勿論, には異議, には變, には違い, には間違, にやつ, によっても知られる, によって人, によって物, にウンザリ, に世間, に信頼, に努める, に基く, に外, に存する, に御, に怖, に思い至った, に感, に應, に敬服, に気がつかなかった, に気がつくだろう, に気が付かなかった, に気が付くであろう, に気づかず, に気づくであらう, に無駄, に由来, に疑ひ, に着眼, に紛れ, に驚かされる, に驚嘆, の, のほか, の出来る, の効果, の外, の幸福, の幸運, の満足, の矛盾, の自, の認識, はあらかじめ, はあり得ない, はいささか, はうそ, はおのずから, はおれ, はかつて, はかね, はこういう, はさ, はしばしば, はその間, はそんな, はたれ, はできぬ, はどの, はなく, ははつきり, はほん, はぼく, はまれ, はもと, はもとより, はわかつ, はデカルト, は一方, は一致, は不幸, は世間, は之, は予て, は二十年前, は伸子, は余, は例, は例えば, は八五郎, は分った, は分つ, は分明, は判っ, は判った, は古事記, は君, は否まれない, は夢, は大した, は如何, は孝子, は実際, は察せられる, は小学校, は峠路, は已に, は従来, は忘, は思い切っ, は拙者, は推測, は推理, は断じて, は日本人, は明敏, は時々, は曰う, は更に, は東洋, は歴然, は殆, は漠然と, は現実, は理解, は疑ひ, は疑ふべく, は皆, は真に, は知らなかつた, は知らぬ, は知れる, は確認, は私たち, は精神, は結局, は考え, は色々, は認めない, は認めます, は識者, は農業労働者, は近所, は進歩, は重大, は錢形平次, は顔, は駒井, また一日, また自分, もあらう, もあるいは, もいかにも, もしばしば, もたま, もちろんである, もできぬ, もまだ, もみんな, もわかります, も似, も何, も僕, も出来る, も分つ, も否めない, も忘れ果て, も悉く, も明白, も現実, も申さなけれ, も知らなかった, も知ツ, も考えられた, も自覚, も見分ける, も見落せない, も貴様, や其の, や彼女, や雨滴式, をあまり, をあまりに, をいつ, をいふ, をいまさら, をうち, をかね, をこ, をさとらず, をざつと, をしかと, をそう, をた, をたしかに, をちやん, をどう, をどうしても, をどんな, をなんと, をのみ念, をほぼ, をまとも, をまぬがれない, をまるで, をもっ, をもっと, をも云, をも忘れ, をも感じさせる, をも注意, をも知つて, をも考えね, をも認識, をやめない, をやめ得ない, をやる, をよほど, をわし, をわすれ, を一つ, を一度, を一時, を不満, を中心, を予て, を予言, を云い表わす, を云う, を体験, を余, を余儀なく, を信じました, を信用, を先ず, を先生, を免れぬ, を免れません, を公表, を前, を努める, を原則, を口, を叫んだ, を否めない, を囁いた, を回想, を報道, を太田, を失う, を奥さん, を如何, を如実, を学ばなけれ, を実際, を実験, を已める, を常識, を幸福, を当時, を待っ, を得意, を忘れるべきで, を思, を思いつい, を思い知らせ, を思はせ, を思はせた, を思ひ出し, を思わしめる, を思わせます, を思出, を恥しく, を恥ぢる, を悟らない, を想い, を想わせる, を意, を感じず, を感得, を慧眼, を我, を拒んだ, を指し, を指示, を文吾, を断っ, を明し, を是認, を暗黙, を最後, を本質的, を次, を武蔵, を母, を気づい, を気づかれない, を決して, を決定, を牢記, を犇, を現実, を町, を皆さん, を益々, を矢田津世子, を知らしめる, を知らせよう, を知られず, を知りぬい, を知るべきである, を確かめれ, を示さん, を示します, を祈っ, を神, を私自身, を結論, を經驗, を翻訳, を考えない, を考へね, を聞かされた, を聞き知った, を胸, を自身, を血, を表徴, を表明, を裏書き, を要せず, を見せよう, を見て取つた, を見ね, を見のがし, を見付け, を見抜いた, を見物, を観破した, を許さない, を許され, を許す, を誇った, を認められ, を認められる, を認知, を語り得る, を説こう, を論證, を證, を證據, を象徴, を迂, を重大, を附言, を隠し, を隠そう, を非常, を駿介, を驚嘆, 働きよい, 及びこれ, 殊に北上山地, 然し今, 第四, 聞いたのよ

1 [5320件 抜粋] あたかも, いくらか本, かい, かと思うた, かのう, からそう, からもおこっ, から事, から形状製作, から明かであろう, から生じる, から説明, か世, か押入, か犬猫, があたかも, がいかに, がおおよそ, がこうした, がしばらく, がたしかに, ができません, がはじめて, がまさに, がやはり, がわかるだろう, が一そう私, が不釣合, が人間, が何だか, が俺, が其處, が分かったろう, が刹那, が即ち, が告げられ, が堪らない, が大変, が始め, が察しられる, が屡々, が徳, が思はれ, が愈々益々, が慣はし, が推察, が明かにせられ, が最初, が正しく, が気づかれない, が温泉案内, が現われ, が痛感, が盗人たち, が確め, が窺われる, が絶大, が肯かれ, が著しく, が見て取れたであろう, が見当, が訣, が認識, が趣, が閃, が頼もしい, くらいはよく, ぐらい十分, こそ実は, この土地, さえも存じませんでした, さえ全く, さえ知らぬ, しかも思ひ, じゃし, すらもわからない, すら考え, そしてさっそく, そして恋愛, その役目, その鳥井さん, それで埒, だから今度, だけが平衡, だけでも知つて, だけはあきらか, だけはトルコ兵, だけは十分, だけは感じ, だけは疑, だけは間違い, だけを米友, だったが, だとばかり, だやっぱり, だろうな, であったり, でありませうが, であり神, である例へば, でかかる, でしたが, ですそ, でとり立てて, ではじめ, でもとより, で一見, で人, で別に, で天願さん, で常に, で打ち明けて, で毎日其寺, で皆戦場, で自然科学自身, で謀殺, で高級, とが感じられ, とてそれ, となるなり, とは全く, とは相当, とりわけ彼女, とコマ村, と信じかねる, と合点, と天鵞絨, と實證的, と思い込ん, と提唱, と気, と確信, と自ら, と関係, なかりき, なく啻に, なしとの, なし誰, などいろいろ, などが判然, などです, などはお, などは念頭, なども明石, などをすっかり, などを告げ, などを懇切, などを考, など思い, など金魚, なら仕置, なり但し, なんぞはいくら, にうっかり, にかなり, にすこし, についての軽薄, についてもその, について誰, にとつて虚無, にはかわりありません, には僕, には気が付かず, には異論, には限らない, にももう, にも注意, によってこうした, によってのみ彼, によってわが, によって人間, によって哲学者, によって形而上学, によって正に, によって知識, によつて人物, にわし, に二重, に何ら, に力め, に呉服, に妻, に對, に得心, に思います, に思った, に意味, に於い, に気がつかず, に気づかぬ, に決められ, に生甲斐, に移る, に自負, に認める, に違え, に馴れ, のうれし, のみである, のよろし, の何より, の前提, の多い, の得策, の明確, の正体, の発見, の考古的興味, の證據, はあなた, はいい, はいま, はおなじ, はかよう, はこれら諸国, はすなわち, はた, はだいたい, はできないでありましょう, はどうにか, はなんら, はまさに, はみんな天, はよ, はわかりきっ, はカトリック, はテープ録音, はプレハノフ, はラツセル, は一議, は下男, は久世大和守, は争われぬ, は今回, は仏頂寺, は伝説的, は作品, は信仰上, は免れません, は処女, は判りました, は助五郎, は十分の戒心, は博士, は古き, は合理的, は否めなかった, は問屋場, は地形, は多言, は大鳥氏, は女中, は姓氏録, は孰, は家中, は尋ね, は岸本, は干渉好き, は当たり前, は往々, は必定, は恭三, は感謝, は手前, は描きかけ, は文章, は日本紀一書, は明治二十六年, は普門品, は有りうべき, は李蹊翁, は桝, は歴史的, は汽車, は滅多, は特権, は現に, は生花, は疑いません, は発刊趣意書, は真実, は社会科学者, は窓, は結婚, は羊得, は聞いた, は自己, は致し方, は華府会議, は衆評, は見逃され, は言うまでもなかっ, は話, は語らず, は譯文, は近年, は遠目, は錯覺, は隠れなき, は頁, は鶴峰戊申, への苦悩, またその, また現在それ, までを述べました, まで自白, もあり得べく, もうち続いた, もこれ, もそれ, もちろんで, もはやおんな, もよい, も一致, も予め, も使い, も出来ないであろう, も加奈子, も否み, も大理石, も岡山在, も御, も想い知られよう, も教, も本当, も源氏, も疑い, も知るまい, も考えね, も自然, も裏書, も言う, も農家, も驚かぬ, やどんな, やを考え, や医師クラブ, や幸作, や無, や銀河, ゆえ世上, よくくい下る, よりむしろ, らしいが, わ言うまでもない, をありがたく, をいっそう, をうけあいます, をおそれる, をお願い, をきめ, をことに, をさえ気がつかず, をし, をすらすら, をそれ自身, をつつまし, をとりあげ, をなにか, をのみこん, をはなし, をひしひし, をほめる, をまだよく, をみな, をもってその, をも世人, をも感じ, をも疑ふも, をも語っ, をやめなかった, をよろこん, をわたし達, をクレルヴァル, をベエコン, を一歩, を万, を不自然, を予め, を云つて, を今や初めて, を付け加えたい, を伊那, を何と, を俊寛, を信じれ, を偶, を光栄, を共に, を切々, を判決文, を動かすべからざる, を南原杉子, を取りあえず, を吉田, を唱った, を喪失, を地図, を夢にも, を天下, を好ましい, を嬉しく, を守れつ, を家康, を尊台, を已め, を幾分, を引い, を彼女たち, を心がけない, を必ず, を忘れなけれ, を忽ち, を思い出しました, を思はしめる, を思わしめました, を思ツ, を恐れた, を悟らざる, を悲惨, を想定, を感じとらない, を感ずいた, を憶, を承りまし, を探しあて, を掩, を政府, を数右衛門, を断定, を日記, を暗に, を望み, を村長, を検査, を歓ぶ, を残念, を気付, を浮橋, を無, を物語りました, を生活, を男らしく, を疑わず, を発見せり, を直接俳優, を知つて啓蒙, を知らずし, を知らないらしく, を知りすぎ, を知り過ぎる, を研究, を確證, を示唆, を秋山, を立證, を絶対, を老父, を考えました, を考へよ, を聞きませんでした, を聽出, を自嘲, を若い, を表わし, を見つけた, を見ない, を見出せ, を見落した, を覚えず, を観なけれ, を言いました, を言葉, を許さなけれ, を証拠立てた, を誇らしげ, を認めます, を誓約, を説きます, を論ずる, を警察, を貴族, を近ごろ, を述べ立てた, を里人, を闡明, を雪子, を顕わに, を黙っ, 互に他, 即ち日本文化, 及び外面的, 平にここ, 御支配, 故この, 既にいった如くである, 殊に大山岳, 生れながらに, 知るべし思ふに, 美しくきれい

▼ あるから~ (17864, 5.1%)

694 である 276184 して 156 それを 131 です 94 私は 90 これを 87 これは 72 それは 63 だと 52 であった 47 では 39 それが, なの 38 自分の 37 彼は 36 それに, であろう, 私の 34 これも 33 であります 29 ここに, 今の 28 吾, 此の 27 他の 26 仕方が, 彼の 25 そこへ 23 之を, 私が 22 今は 21 人の 20 誰も 18 これで 17 ここで, ここには, さう, そのつもり, だろう, 普通の, 自分が 16 あれを, こ, だった, 一緒に, 私も 15 何か, 彼が, 我々は, 来て, 自分は 14 そこに, その方, その点, だよ, でしょう, 多くの, 大丈夫だ 13 ここでは, これが, これらの, それらの, で, 今度は, 日本の 12 この点, それで, それも, 今から, 従って, 非常に 11 その人, でも, 何の, 何も, 彼らは

10 [12件] この場合, この際, すぐに, それと, ともかくも, 一つの, 之は, 何を, 僕は, 気を, 見て, 面白い

9 いつでも, これに, その意味, であると, 人に, 今日の, 出て

8 [21件] いずれも, じゃ, そこは, その時, その結果, それから, でございます, なんです, ほかの, 何でも, 取って, 右の, 君の, 問題は, 女の, 容易に, 持って, 注意を, 無理も, 現在の, 見に

7 [25件] きょうは, この頃, しかたが, そのうち, そんなこと, だつた, であらう, なんだ, 一般に, 人は, 今日は, 大抵の, 家の, 急に, 斯う, 次の, 此処に, 相当の, 第一, 自然に, 自然の, 行って, 話は, 誰が, 酒を

6 [36件] あとで, かれら, こういうこと, この人, この時, すべての, そこを, その中, その日, だらう, 一種の, 中の, 人々は, 今度の, 僕の, 別に, 前の, 夜の, 子供の, 定めて, 実際の, 實に, 当時の, 彼等の, 彼等は, 我々の, 村の, 来いと, 東京の, 現代の, 男の, 私に, 自分で, 自分を, 誰か, 近所の

5 [61件] あなたも, うつかり, ここは, この, このよう, この上, この書, この機会, この歌, これより, すぐ来, そこには, その場合, その辺, その間に, それには, それまでに, た, だが, だという, ちょいと, であって, であつ, でその, わたしの, われわれは, 不思議は, 之に, 今この, 今夜は, 今後も, 以上の, 余は, 個人の, 多くは, 多少の, 夜に, 少くとも, 少しは, 当然な, 当然の, 彼も, 彼を, 彼女の, 従来の, 心配する, 思い切って, 或る, 新たに, 昔から, 最初は, 本来なら, 歴史の, 略する, 私たちは, 私を, 結婚の, 自分に, 自然と, 茲に, 茲には

4 [122件] あれで, いけないの, いざと, いっしょに, おれは, お前が, お前も, かくの, かれは, ことによる, このこと, この事, この問題, この方面, この種, この辺, これからは, これと, さうし, さすがに, そう云う, そのため, その責任, それだけの, それまで, そんな事, たと, だとも, であ, であるという, であろうと, でした, でしょうが, でせう, どこか, なんでも, なんとかし, むやみに, もしこの, わたしは, われ, 一人で, 一方の, 世間の, 中, 二人で, 二人は, 人を, 人生の, 人間に, 人間の, 今でも, 何かの, 何にも, 何れも, 何事も, 先生が, 冬に, 勝手に, 半七, 可なり, 名を, 單に, 固より, 多数の, 大したもの, 天下の, 如何に, 孔子の, 家へ, 将来の, 少しも, 已むを, 当分は, 彼と, 彼れ, 後の, 心配は, 念の, 慢心し, 手を, 支那の, 敵の, 日本人が, 日本人の, 日本人は, 明日の, 昔は, 是れ, 書いて, 母の, 深くは, 無暗に, 父の, 生きて, 生活の, 當時の, 直ぐに, 相当に, 相手が, 省く, 確に, 簡単に, 素直に, 自から, 自分も, 自己の, 表向きは, 話の, 読者も, 誰でも, 誰に, 誰の, 誰れ, 身を, 近代の, 酒の, 重ねて, 金を, 雨の, 驚いて, 黙って

3 [253件] いけない, いずれは, いはば, いろいろな, うかつな, おそらくこの, おまえも, おもしろい, お前の, お前は, お前を, お茶を, かような, こいつは, ここらの, ここを, このくらいの, このたび, このまま, この意味, この推論, この縁談, この話, これから後, これだけ, これについて, これには, これに対する, これほど, これらは, すべてが, せめて, そいつを, そういう意味, そういわれる, そう簡単, そこで, そこまで, そちらへ, そつと, そのこと, その当時, その心, その時間, その研究, その筋, その通り, その限り, それくらいの, それに対して, それに対する, たいへんな, だといふ, だれも, だろうか, だろうが, ちょっと見, ついでに, であらうと, でありそして, でこの, でこれ, ですよ, でそこ, でなければ, どこへも, どの人も, どんなこと, なにも, なので, にすぎない, まずこれ, よほどの, わしの, わしは, わたくしは, わたしも, われわれが, ッて, ハムムラビ法典に, 一人が, 一応は, 万一にも, 両者の, 並大抵の, 主人の, 事に, 二つの, 二人が, 二人の, 云わば, 亭主は, 人民は, 人間は, 今その, 今では, 今までの, 今後は, 今日では, 今日でも, 今日も, 今頃は, 仔細に, 他から, 他に, 以前の, 何と, 何人かが, 何時でも, 作者が, 作者の, 併せて, 信用し, 信長の, 僕も, 元より, 充分に, 先生の, 先生も, 兎に, 兎も, 兵馬は, 其の間, 其処へ, 刀を, 初めから, 別の, 前に, 助けて, 十分に, 去年の, 参照し, 取りに, 可笑しいひよ, 君も, 呼んで, 商賣, 困る, 土地の, 外へ, 大に, 大切に, 大勢の, 大急ぎで, 天皇は, 女に, 女は, 好きだ, 妙じゃ, 妙な, 始めから, 娘の, 学問の, 安心し, 少しでも, 師の, 帰って, 幸福である, 幾何学が, 店を, 当人の, 当人は, 当人も, 彼に, 彼女が, 待って, 後から, 後に, 必らず, 思うよう, 急いで, 我輩は, 政府が, 教育の, 敢て, 文化の, 新に, 新らしい, 日が, 日本で, 日本に, 明日に, 映画の, 是を, 是非とも, 是非も, 時には, 曲者は, 最初の, 最後に, 本来の, 森の, 極く, 正直に, 此れ, 此を, 此點は, 母は, 気が, 決してお前, 油断が, 況んや, 浮世の, 焼けたの, 犯人は, 略するとして, 異議なく, 白雲は, 相互に, 相当な, 相手は, 真の, 眺望の, 確かな, 確かに, 神を, 私としては, 私に対する, 空間が, 第一回, 第二, 粗末に, 紹介し, 結局は, 結果は, 絶対に, 続いて, 聞きに, 自由に, 致し方が, 船の, 若い者, 西洋人の, 見せて, 見る人, 親の, 訪ねて, 話が, 話して, 話を, 詳しいこと, 誰を, 足を, 跡でも, 迂闊に, 途中で, 遠慮し, 適当な, 金の, 間違ひ, 雨が, 頼んで, 骨の

2 [970件 抜粋] あけて, あちらへ, あとは, あなたの, あの塀, ある人々, いい, いいなあ, いかに不信, いくらか, いけないという, いずれに, いつからでも, いつ死ぬ, いふ迄も, いまの, いらない, いわゆる, おかしくて, おそらくその, おまえに, おまえらの, お暇, お目, お銀様, かりにも, きれいに, こういう所, こういう話, ここでも, ここも, このあたり, このとき, この事業, この和, この変化, この小説, この年, この手紙, この数, この法律, この社会, この解釈, この馬鈴薯, これぐらい, これだけは, これにも, これまた, これ以上の, こんども, こんな事, ご用心, さかりの, しかたなし, しやべ, すぐ来い, せがれの, そういう, そういうもの, そうなる, そう遠く, そこでゆっくり, そしてこの, そのくらい, そのよう, その不足, その人たち, その余, その作者, その内容, その前, その前景気, その原因, その外, その子, その存在, その家, その影響, その応用, その成功, その故, その樹, その死骸, その瞬間, その組織, その街角, その費用, その頃, それについて, それへ, それまでの, それより, それらが, それらを, そんなに書いた, そんな錯覚, たち屑, だそう, だめだ, だ苦しめられる方, ちょっと見た, ちよいと, ついでが, つまりたけく, であり他方, であるまいか, ですね, でもし, で民衆, で高い, どうしてもその, どうする, どうにも仕方, どこでも, どこの, どこへか, どちらに, どれを, なさけない, なにか目さき, なるべく静か, なんとし, なン, ひそかに, まあ我慢, まして源氏, まずその, まだその, むかしの, もう貸し, もしこれ, もしや何, もし結婚, もっともな, やがては, やつて, やめずに, やると, よい書物, よくよく考え, よほどその, わが平野謙, わざわざ遠い, イザコザなし, エレベーターで, カントが, テツさんを, ミイラの, リヽーに, 一人の, 一口に, 一寸来い, 一度見, 一日も, 一時の, 一泊でも, 一般的に, 三人は, 上頤は, 不図, 不自由は, 世を, 世界は, 両方の, 中学校へ, 丸亀夫婦も, 主人に, 之を以て, 乙松の, 予想以上に, 事実の, 事面倒な, 云うまでも, 京都の, 人々が, 人が, 人口の, 人気を, 人間が, 人間としての, 人麿は, 今にも一片, 今もし, 今夜か, 今度も, 今日半日神妙に, 今朝は, 仕事を, 他への, 他国に, 以て, 以後は, 伊助という, 似て, 何が, 何れの, 何心なく, 余程空腹, 作家の, 作者は, 使って, 依然として江戸以来, 俎橋の, 信頼し, 假に, 健康の, 傷み易い, 先ず第, 入浴に, 入院し, 全部が, 八人の, 其が, 其処で, 内部へ, 処女を, 出口の, 判事は, 別に気, 前後に, 前者の, 割合に, 勇を, 勿論その, 午前三時頃から, 午後七八時を, 単純に, 原因が, 参考に, 取り敢えずは, 古の, 史料を, 各方面, 同氏の, 味の, 和尚も, 哲学は, 商売の, 問題には, 喜んで, 国の, 国民の, 國貴, 在外正貨の, 地主は, 地図に, 地方民の, 埒も, 壺穴まで, 外からは, 外の, 多量の, 大丈夫, 大変出世した, 大巻博士も, 大概の, 大衆の, 大阪で, 夫の, 夫は, 夫人は, 奇妙だ, 女王の, 好きな, 如何とも, 妻は, 婦人や, 学問を, 学術上の, 安心する, 定めし雨, 宜いが, 実に話術, 宮の, 家に, 家康には, 家賃も, 容易ならぬ, 實は, 対等の, 将来に, 将校方は, 小供, 小説修業者は, 少くも, 尾崎君も, 左様に, 己が, 己れ, 市中の, 帰りの, 帰れ, 帽子に, 平均を, 平氣, 幾度も, 床の間には, 店に, 引取りに, 当座の, 当時流行の, 形式を, 彼らの, 彼女も, 往復だけでも, 徒らに, 御主人, 心の, 心配しない, 思うに, 急には, 恐れを, 恐ろしく犬, 悲しい, 愛書家が, 慾張つたところで, 成程, 我国の, 我輩の, 手の, 批評家を, 承諾, 折しも欄干越, 択り, 拒む理由, 推せば, 支那では, 政府も, 散る氣, 文章の, 新しい十三年, 新聞社の, 日本では, 日清日露二大, 昌造は, 明日出かける, 昔ながらの, 昔はさこそと, 昼間は, 時を, 時間が, 暗き場所, 暫く学事, 最も徹底, 最後の, 月に, 望氣の, 木綿でも, 本当の, 本質に, 李将仕, 来ても, 松の, 格別おどろく, 楽に, 正しいと, 正確な, 此は, 此処では, 此時只, 此處では, 武家の, 歴史的に, 死骸だけでも, 残して, 殺されたと, 毎晩の, 氏の, 民弥は, 気の, 氣を, 水中に, 汗を, 江戸の, 池の, 決して人, 決して心配, 河野の, 油断を, 法律を以て, 注意せね, 海に, 渡りに, 満更の, 溝口も, 火を, 無理に, 然樣, 煩悶した, 父さんには, 父は, 物に, 物は, 狼狽混乱どうにも, 猶更, 理解は, 用人の, 田園生活なんどは, 當時に, 疑う余地, 登りに, 皆が, 盛上つて痩せた, 相応に, 省略する, 知って, 石が, 破風の, 礼を, 社会人としての, 神様も, 神經は, 秀吉は, 私たちの, 私にとっては, 私達の, 科学の, 種類も, 筆跡も, 米の, 粗略に, 純粋の, 網だ, 縦ひ, 羅生門の, 老年の, 耳を, 腹も, 自分には, 自然その, 自然は, 致し方は, 舞台の, 船員たちとは, 良人の, 芸術は, 若夫婦, 茲では, 著者の, 蒔きさえ, 藩の, 血気の, 行けば, 行儀も, 襷さ, 見ても, 見物の, 親でも, 言語の, 訊くのす, 許して, 試に, 説明は, 読者の, 誰しも, 諸人の, 諸君は, 謙信が, 警察も, 議事の, 貞盛も, 責任は, 費用も, 起きて, 足が, 迂濶, 追っかけて, 逆に, 通行に, 連れて, 遊んで, 道に, 遠い昔, 邪魔と, 酒も, 重複を, 金が, 金貨や, 銀狐の, 錢形の, 開けて, 間違いは, 闇の, 院の, 随分滑稽, 露骨に, 韓大, 頭の, 顔に, 類似の, 食べて, 養子に, 馬を, 馬車追, 驚いた, 驚くこと, 高い足場, 魂が, 鳥の, 黙て

1 [10421件 抜粋] 〇・三三に, あたしの, あの広い, あまり女には, ありがたく痛いなあと, あるいは牽強附会, あれは, いいやい, いかに厳格, いくらお前, いささか未熟, いっそその, いつの世にも, いまで, いよいよ愉快, いわゆる大家, おあたんなさい, おそらくは岡, おっしゃるとおり, およそ如何なる, お人好しの, お前松明を, お座敷おでんと, お清, お話し, かえって比例, かかる順序, かなりの, かりに言葉, きっと所作事, くわしい描写, こういう気持, こうしなけれ, こっちから, このまま引ッ, この三人, この人物, この前, この坂, この寄宿舎, この提案, この束縛, この男, この章, この評判, この間に, こまごまと, これくらゐ, これらも, こんな川柳, さきに, さっき見た, さ此, しばらく戸外, すくなくとも観照上, すこんから, すりしょう, せめて夫, そういう向き, そうかも, そう解釈, そこで同行, そして既に, そのさわやかさ, そのクルミ, その亡きあと, その健全, その半分, その壮観, その対象, その復路, その探索, その時縁側, その比較, その献上物, その真価, その素志, その行き, その論文, その邊, その際, それから推し, それでそう, それで甘草, それよりも, そんなに恐怖, そんな無分別, ただその, たちまちはたとばかりに, たとい貧しい, たぶんそれ, だいたい普通, だろうとか, ちょいとでも, ちょっと言っ, つくり方, つまり東京, であるその, でございますよ, ではと, で小説家, とうてい互いにじゅうぶんあい解する, とても君, とりに, どうしてこんな, どうして外, どうもこまった, どちらか, どんなに語彙, なおさら忍ばね, なかなか盛ん, なほさらである, なるほどもっとも, にわかに別れ, はばかりから, ひとりでに消える, へー行きましょう, ぼくは, まことに困った, まさに金城鉄壁, まして院, まず法理, また怯えよう, まだ至つて日, まるで事情, みんな目を, めぐり逢, もう一度此家, もう少し辛抱, もしも自供, もし新, もちろん一概, もとよりすべて詐欺, もはやその, やはりその, やむを得ずここ, ゆずれぬと, よく場所, よその, より年少, わがバショウ, わざわざかよう, アア我アヤマテリ罪は, アラビア学者からの, オイそれとは, ガタガタうごかす, コウモリの, サラット居士が, ジロリと, チョコレート製には, デンマークを, ハクバなどという, ピタゴラスが, ポオル叔父さんに, メッテルニッヒの, ロンドンに, 一つ試めし, 一六%の, 一夜に, 一寸覗い, 一度筆を, 一應お湯を, 一旦歸つて, 一概に西洋劇, 一網曳く, 一身の, 一馬も, 七色が, 三ツずつ, 三度に, 上は, 下へも, 不安の, 不断の, 世の中を, 世間も, 中は, 丸腰です, 久々で, 九太夫の, 事ここに, 二三日の, 二四へ, 二重に, 互に藩治上, 井戸の, 人びとは, 人目に, 今ここに, 今まで, 今太閤を, 今日ただいま, 今更に, 仏法が, 他座, 以前に, 企業者は, 伯爵としては, 体裁を, 何となく愉快, 何んか, 何年も, 余りな, 余程近く, 來る, 便利です, 信仰を, 俳優と, 倹約を, 備えも, 優先的に, 兇暴期も, 先より, 兎にも, 全く彼, 全然論ずる, 公然彼女, 其の子供, 其の頭脳, 其困難の, 其積りで, 内密に, 冬の, 処士としては, 出来たら又, 出稽古に, 切符売子と, 別と, 別段そんな, 前し, 剛胆であった, 加賀も, 動かぬ証拠, 勢いカナ, 勿論桶, 十万円と, 十四種類だ, 卒業後一年を, 単に登山, 危く見逃す, 原子の, 又ばける, 取手唯一の, 古往今来変りっこない, 台上に, 各戸かならず, 同じ来馬, 同集, 向以來, 吾等兄弟が, 命名の, 唯一つ, 喜びの, 噛まれないよう, 四時頃まで, 図々しくも, 國民は, 地理の, 城が, 塔の, 士農工商各種の, 外出嫌いの, 多分こ, 多年この, 大いに元気, 大そう, 大切な, 大将は, 大氏族, 大阪方も, 天災には, 夫婦に, 女としては, 好きに, 妙だ, 始終印象, 婦人の, 子供たちの, 学問技能で, 學校を, 完全なる, 宝塚は, 実刑を, 客観的精神の, 家内しんとして, 宿に, 寒い地方, 寮へ, 専門的概念が, 小勢では, 小通詞, 少し拝見, 尚更そこ, 層雲くずれ, 岡君と, 川は, 巧く, 市女という, 帰るまえに, 平常は, 年の, 幾何学は, 店の, 建中二年, 引越す, 強力の, 当時に, 当然敵, 役向きの, 往々一つ, 後人が, 従って実科教育, 従軍の, 御指定, 微行で, 心配が, 必ず他言, 忘れるだろうという, 思いきった普請, 思へば, 怪談などを, 恐らく板倉, 恰も溺れん, 惜しい, 愚痴にも, 慎まなければ, 成る程それ, 我我両人も, 或は拳銃, 戸を, 手塚ばかりは, 才気の, 折りから, 拝むため, 捕吏に, 推算する, 支配人も, 政治的実践は, 教授から, 文の, 文筆上の, 斯の, 新来の, 旅行など, 日本には, 日誌にも, 早く帰ろう, 明るく室内, 昔し, 是等の, 昼食と, 時季が, 景時の, 曲線運動には, 最も優秀, 有名な, 朝晩は, 未来へ, 本日は, 李汾は, 東京市中を, 果して保護, 株式の, 案外あきらめ, 植物が, 楽で, 標本に, 次ぎ次ぎと, 正にそれ, 正面切っ, 此手紙が, 此等の, 武功の, 歳末には, 死は, 殉難の, 殺して, 毎々の, 民衆は, 水さえ, 永く置い, 決して之, 決まって, 治る見込, 法規は, 洪水には, 海流が, 混同を, 源兵衛夫婦は, 漢に, 火の玉は, 無性者の, 無論術語, 熊の, 父兄同然で, 物の, 特にご, 犬なんぞは, 猛獣や, 玄蕃允を, 現実的で, 甚だ不法, 生家に, 用心せよ, 男女の, 留守の, 當時黒川即, 癒る, 百個以下は, 皆酔っ, 目白も, 直系, 看板の, 真実ま, 瞑想靜觀を, 知覚は, 破り棄てられた部分, 社会科学は, 神田三河町の, 私には, 租税の, 積分の, 突然な, 競争を, 筆を, 精一杯めかし, 紋也様には, 細かいところ, 経験深い, 統計的に, 綿井が, 繭子夫人の, 群行である, 老婆が, 聖賢の, 職業や, 背丈の, 自ずから風俗, 自己中心といふ, 自然戦争に関する, 自転車は, 舊い, 良人に, 芸者だ, 若し万一に, 英国の, 荷の, 落胆しない, 蔵まで, 處, 衆生に, 行綱の, 表面は, 西が, 要と, 見当だけ, 親子兄弟親朋の, 言うん, 記憶は, 詩を, 誘ったん, 読みながら, 論争する, 警官の, 豊年と, 責任者には, 買わないかとか, 購賣力が, 足場には, 車馬の, 辛棒し, 近年の, 迷ったならだれ, 通して, 連作が, 遅かれ早かれ世, 道中笠の, 遠くに, 避け得ない率直, 酒だけ, 野郎によ, 針は, 錘を, 長兵衛が, 開館日だけについて, 関氏も, 除數の, 随分損, 雄が, 雨水が, 霊魂の, 非番直に, 頂上を, 頼遠, 風説どおりに, 食物及び, 香気を, 驚くべき現象, 鬼光の, 鷹揚と

▼ あるもの~ (10550, 3.0%)

988440332 では 265 である 231 だと 224 ですか 141 です 99 ですから 88 のよう 87 だから 77 だが 51 なの 50 かね 4948 でしょうか 47 でも 43 だという 42 がある, は 41 ですね 40 なり 38 であった 34 だな 33 じゃない, ならば 30 だった, だよ 29 はその 28 だね 26 にし, はただ 2524 ですよ, でなければ 23 であります, であるが, と見える 22 ですが 21 かどう, と信じ, なん 20 だろうか 19 と見, なれば 18 はない 17 であつ, でその, でそれ, はそれ 16 じゃ, でせう, と思っ, はこの, はこれ, よ 15 さ, でない, とする, とすれ, ね, はまた, は何, らしい 14 かな, があった, でしょう, といえ, と思う, もある 13 かい 12 かない, だつた, でした, ですな, とし 11 がこの, が多い, であるから, であること, とした, となる, と見え 10 じゃありません, であろう, と考え, のやう

9 [13件] が, だからね, であって, であらう, でないこと, となった, と云え, と思つて, と思われる, にあらず, に相違, は皆, を発見

8 [13件] かしら, かそれ, か俺, であろうか, でこれ, でございますか, となっ, と思います, と想像, は一つ, は又, は手, を見る

7 [16件] かお, がない, でこの, でないと, とされ, なのね, になる, に違い, のうち, のため, の上, の中, はすでに, は唯, は必ず, もあり

6 [23件] かお前, がその, が彼, じゃございません, であると, であるという, でご, でございますから, ですねえ, とす, とみえる, と仮定, と見なけれ, のご, の一つ, の如く, はまだ, はやはり, は一人, は全く, をし, を持っ, を見

5 [34件] かあの, かお前さん, かそんな, かと云う, か無い, があっ, が何, ぞ, だとは, だろう, であろうと, でございます, ですからね, で私, とみえ, と信ずる, と思った, と思ふ, と私, と考える, と言, と認め, なので, になっ, に響き返した, のほか, の間, はいいました, はことごとく, は他, は恐らく, は誰, もない, を何

4 [54件] かこの, かこれ, かと思った, か知ら, があり, が感じられた, が自分, じゃねえ, たるを, だか, だからな, だし, だそう, だなあ, であったが, であるか, でさえ, ですわ, で第, とない, となり, と同じ, と心得, と思い, と考へ, と見た, と覚悟, ならその, になり, にはその, に非, のこと, の外, はいずれ, はすべて, はそこ, はなかっ, はみんな, はもう, は今, は別, は形, は既に, は水, は決して, は神, は青く, は非常, ばかりで, もあります, やら無い, をよく, を意味, を選ん

3 [108件] あり, かさ, かと一方, かと言う, かなあ, か大, か尻尾, か手紙, か第, か若い, があります, がいつ, がそれ, がそんな, が今日, が他, が即, が少く, が書け, が雷火, だぜ, だなと, だなどと, だらうと, であ, でありません, であるかを, であるに, である事, であろうが, でしてね, ですかい, ですかね, ですかねえ, でそう, でな, でないから, でなくては, とせられ, となつ, とみ, と云, と察し, と思い込ん, と思わず, と期待, と桂次, と確信, と考えた, と考へる, と見えます, と見る, なし, ならん, なりと, なり一端, なり僅か, なること, なるに, なるべし, に, にした, にしたい, にする, に至っ, のすべて, の価値, の数, の方, はいろいろ, はきわめて, はどこ, はみな, はもっと, は何処, は借金, は単なる, は大, は寧ろ, は彼, は悉く, は我, は或, は更に, は未だ, は極めて, は極度, は混沌, は無い, は生活, は私, は立派, は絵, は自分, は茶色, は親, は車, ばかりである, もあれ, をその, をつかむ, をもっ, を今日, を取っ, を持つ, を指し, を求める, を私

2 [453件] かあれ, かいお, かいくら, かお次, かき, かこ, かさあ, かそう, かそういう, かそりゃ, かただ, かだから, かということ, かとすっかり, かとつ, かと云, かと思い, かと思っ, かと怪, かと男役, かと私, かと言つて, かどこ, かねお前, かまったく, かもしれない, かも知れない, かも知れぬ, かよ, から耳, かア, かッ, かトボトボ, か一時, か事, か以後, か僕, か君, か外, か夜ふけ, か大方, か幽霊, か御, か手荒, か文吉, か白痴め, か石, か私, か苦しめる, か親分, か詩, か話, か谷中, か貴様, か酒, か針, か長屋中, か雪駄, か馬鹿, があつ, があるだろう, があろう, がいい, がここ, がさまざま, がした, がすべてリズム, がなく, がはいっ, がやはり, が不意, が世界, が乏しく, が僅か, が外, が多く, が存する, が存在, が少なく, が正, が此權, が沢山, が潜ん, が皆, が目, が見える, が見つかった, が足, が頭, さね, そしては, ぞかし, だお前さん, だけがもつ, だけれど, だけれども, だその, だそれ, だそれでも, だったので, だねえ, だの, だもう, だらう, だらうか, だろうかと, だろうと, だナ, だネ, だ人間, であったから, であったと, であったに, であっても, であり, でありました, でありまた, であり又, であるため, であるならば, であれば, でかねて, でげす, でここ, でこんな, でございますが, でございますね, でございますよ, でしたから, でしたが, でしょうかね, ですからな, ですけれど, ですもの, ですわね, でそういう, でその後, でたとえば, でちょうど, でなくむしろ一見, でなく却って, でね, でねえ, でまた, で一つ, で一町, で一番, で人間, で何, で彼, で此男, で江戸, で決して, で誰, と, ということ, という意味, といえましょう, といっ, といふこと, といへ, といわね, ときめ, とご, としてこれ, としてとりあげね, としてゐた, として一般, として世界, として刻み込まれた, として空間, として見なけれ, としなけれ, とてはただ, となし, とは今, とは全く, とは思えない, とは思はれない, とは思はれなかつた, とは思われない, とほとんど, とも思われません, と云っ, と信じない, と信じられ, と信ぜられ, と信ぜられる, と定, と御, と思, と思い込む, と思え, と思はれる, と思ひ, と思われます, と感じ, と感じた, と成っ, と推察, と推測, と昔, と無い, と睨ん, と知るべし, と考えられ, と考えられる, と考えられるであろう, と腹, と自分, と見なし, と観られた, と解釈, なく而, なぞは遠慮なく, などは遠慮なく, ならこれ, ならそれ, ならなん, なら一度, なら早く, なら翌, なら誰, なりき, なるが, なれ, においてをや, にせよ, にその, にちがい, になつ, になりたい, にはそれ, には光, には勉強家, には大, には橘屋, にや, に候, に就い, に思われ, に悪妻, に手, に抵抗, に相当, に竢, に至つて, に限る, ねえ, のある, のごとき, のほか何, のみならず, の一切, の仕業, の意, の最後, の様, の死骸, の生命, の目, の真理, の顰蹙, はあ, はあの, はいかに, はか, はかく, はかの, はこう, はございません, はす, はすなわち, はそれぞれ, はついに, はどんな, はなかなか, はなく, はなに, はなるほど, はなん, ははやく, はひそか, はほとんど, はよく, はわずか, はバス, は一枚, は一種, は七, は不, は不在, は世界, は事実, は人間, は今日, は仕事, は何一つ, は何物, は依然として, は倒れ, は先方, は全然, は凡て, は出来ない, は勉め, は北, は印度支那, は危険性, は即ち, は同時に, は哲学, は商業主義, は四つ目垣, は地上, は壁, は多く, は多忙, は大抵, は大概, は太く, は学業, は安堵, は家, は小さい, は小さな, は少い, は巧, は常に, は床, は庭, は影, は彼等, は恋, は恐怖, は手足, は持っ, は排他精神, は新しい, は明, は明らか, は普通, は最も, は木下闇, は殆ど, は毒, は永遠, は海, は深い, は清浄, は火斗, は無, は物, は特に, は珍しい, は生命, は生涯, は石油缶, は神教, は立っ, は細長く, は絶対, は絶望, は義理, は職, は肌, は自己自身, は自然, は自由, は自重, は若々しい, は蛇, は血, は西, は見る, は足, は速, は運動, は遠く, は避暑, は金, は雪, は震災, は青い, は静か, は非, は面白い, は頭, は顔, ばかりだ, もあった, もあろう, もまた, もやはり, も同様, も定めなき, も少なかっ, も尠, も罪, やらある, よと内心, よりも得られる, らしかった, をあなた, をあらわし, をある, をことごとく, をこれ, をさ, をそのまま, をつかんだ, をない, をなぜ, をわれら, を一々, を一つ, を一度, を今, を代表, を作っ, を其の, を利用, を十六文, を取りました, を否定, を大, を夫, を少し, を御, を心, を感じ, を感じる, を手, を指, を描く, を求め, を清らか, を生む, を自慢, を自然的, を表現, を見かけます, を見せ, を見た, を見つめ, を読む, を護らね, 亦之, 少なからず, 故, 果して幾人, 甚だ希, 生れながらに

1 [3870件 抜粋] あに戒めざる, いいで, および特別, かあんた, かい鼻かん, かきっと, かしらん私, かそれとも, かって言う, かという人, かという気持, かといふ凡そ, かとしみ, かとは思った, かとんと, かと仰し, かと半分, かと思いなおしました, かと憤慨, かと確, かと自問自答, かと驚く, かなどという理屈, かな此山崎町, かね会議, かのよう, かふん, かもの, からかたづけ, から云う, から現代, かを, かモウ焼け, か主人, か何, か出来心, か四人, か奥様, か尋ね, か幽, か持ち物, か昔, か本物, か殿様, か男, か真面目, か能くも, か藤原, か論, か金, か馬春堂先生, があらわれ, がいかで, がこう, がすぐさま, がたまたま, がなくなれ, がふしぎ, がストーブ, が一人, が二十歳すぎ, が他方他者, が俺, が其の, が出来たら送る, が原本, が在った, が大体, が学務部長, が少ない, が往々, が情夫, が支配, が明, が来た, が殆, が無意識, が生き, が看守等, が経験, が聞きゃ, が芸術品, が要するに, が親類, が近い, が電, が高尚, こそ立派, さ此, じゃないらしい, すなわち充, そしてその, それで充分, たとえば, たらしめるに, だあの, だけが残つて, だけに許される, だけを私, だそして, だったという, だて, だもし, だわい, だ人間業, だ共同, だ百両, であったらそれ, でありこれ, でありますから, であり人間, であり決して, であるとして, である場合, でいくたび, でございました, でございます道徳, でしたらお, ですかよ, ですと, です菰田, でつまり, でないとは, でなかったこと, でなくむしろ, でなく幾代, でのさり, でもともと, でウッド, でモグラ, で上汐, で人間通, で作品, で其の, で卯杖, で同書, で士族, で子供, で屡々, で従って, で情夫ゆえ, で支那古代, で木内氏, で比較的, で滅しない, で王仁, で百年以上, で立っ, で花, で装飾, で運, で間に合わせる, で高見君, というべし, といわざるべからず, とがおのずから, とこ, としたなら, としてきめ, としてながめた, としての短歌, としてもいい, としてやっ, として二元的, として光っ, として取り扱われね, として対象, として幸い, として憧憬, として映じ, として現れる, として眼, として聞いた, として認められ, としよう, とその道, となすべき, とな思ひ, との完全, とはいわれない, とはっきり, とは大差, とは思われなかった, とは社会, とは見えなかった, とばっかり大目, とも思はれない, とよくよく, と一致, と他人, と信じる, と別, と同一, と子, と寸分, と心, と思い誤っ, と思ひます, と恐れ, と感服, と極ります, と無, と疑惑, と知ったら, と考えたい, と考へられる, と見あやまり, と見直した, と解らない, と認定, と賞賛, と首, などがある, などを手あたり, ならうつつ, ならどんな, ならウルフ, なら出直して, なら恐らく, なら百里, なら赤坊, なりこの, なり夢, なるを以て, にあえて, においてその, にさえ特色, にぞくする, についてはともかくぐるり, にて即ち, にとってはそういう, にどんな, になるでせう, にはなおのことそう, には二割, には古い, には恋愛, には楽し, には王さま, には自治もと, には骨, にまで変貌, にやる, にキリシタン, に代, に及ぶ, に対ししばしば, に対して統一, に当っ, に思わせる, に接した, に本当に, に犠牲, に結び付ける, に落ち, に誘う, に金, に魂, のお, のみが持つ, のめかけ, の付き, の写し, の分別, の同情, の如し, の影, の暗示, の條件, の添つて, の発見, の系図, の色, の言, の避け, の鬼, はあるまい, はいつか, はお, はかかる, はくどくど, はこれ一つ, はさびしい, はすでに実に, はすべて財産, はそりゃ, はたった, はだらり, はとても, はなにもかも, ははばかりながら, はまず, はみんなイワン, はみんな贋物, はもろもろ, はわざと, はインディアン, はカ行, はコチコチ, はソファー, はネエヴル, はヘンドリック・ハドソン船長, はリュックサック, は一応, は三造, は不吉, は中間的性質, は事物, は亡び, は今時分ここ, は但, は何事, は俳書, は其幾個, は冷えた, は刑法成典, は北部派, は単に, は反対, は只, は吉野紙, は向き合っ, は周囲, は單, は圖, は墓, は多年生, は大小, は天堂一角, は奸譎, は婦人, は宇佐美, は家族, は寝そべっ, は小間片, は岸近く, は帆, は平板, は幼稚無効, は弱者, は彼女自身, は徳川期, は念入, は恥し, は悲劇的, は慶事, は我が, は批評的実証, は摂津, は敵兵六人, は新, は日本帝国主義軍隊, は映らなかった, は暗く, は本質主義的演技, は松平周防守, は根こそぎ, は概念, は此事彼, は比丘尼小町うんぬん, は永い, は沙漠, は注意, は活坑, は消滅, は滿, は火, は無邪気, は父, は猫, は現実的, は申し出い, は疾く, は皆パリー, は盗ん, は真名文字, は矢張水流れ船動き橋, は社会, は稀, は突け, は第, は紅毛, は終りありで, は縮み上っ, は職業, は脚本, は膝, は自炊, は色, は茂太郎, は蒸気, は虫, は裏口, は見方読方, は調書, は負, は賣れない, は辛い, は通信室, は道徳, は金錢, は銀色, は長い, は陸海軍省記者クラブ式, は霜, は頭部, は騰貴, は黄いろい, ばかりだった, への思慕, へ結びつけ, またこれ, までもみな, もあったろう, もかなり, もはね, も他, も多く, も帰宅, も無い, も見ない, やが, やら介三郎, や自分, よとの弱々しい, よりは社会性, よりわが, よ他, らしいなどと, らしくその, らしく逆, をいただく, をおん身, をすべて価値, をそんなに, をつめ, をと自分, をはじめて, をほしい, をみな手, をもたらした, をや, をコルシカ, を一女性, を並べ出した, を云う, を何とも, を作り出す, を再現, を切実, を十人, を取りのけ, を召集, を味うた気, を売らなけれ, を奪う, を嫁, を尊氏, を建立, を待ち受け, を思い出した, を愛し, を懐, を手早く, を押しつける, を挙, を採, を探り出す, を搬出, を救う, を書い, を案出, を残らず吐きだしたかった, を注入, を焼い, を獲得, を画かない, を真正面, を示し, を竜, を罪, を背い, を舞, を要する, を覗こう, を認める, を誰某, を貸しませ, を蹴ちらす, を追う, を金銀, を霰状雪, 今お城, 入るべからず, 即ち自己, 大教正, 必ず猟, 斯く曰, 然れ, 第三

▼ あるという~ (7261, 2.1%)

794 ことを 532 ことは 384 ことが 257 ような 190 ことに 182 のは 127 ことである 123 のである 111 ことも 99 事を 78 のが 74 ことだ 64 ことで 60 のだ, 事は 54 こと 50 ように 46 ことの 44 ことから 43 ことと 40 ことです, 事が 39 ので 38 風に 35 わけで 34 ことであった, のか 29 ところに, のです, のも 27 事実を 22 のを 21 のであった, ものだ, 事に 20 ことだった, ことには, 点に, 理由で, 話を 19 ことだけは, のだろう, んだ, 噂が, 意味の, 話だ 17 のであります, 事実は 16 ところから, ふうに, んです, 点で, 説が, 風な 15 こととは, ことについて, わけです, 話であった 14 ものです, 一つの, 事も, 意味で, 点を 13 事である, 噂を, 結論に, 話である 12 ことであります, 考えが 11 ことでした, 考えは, 考えを, 説を 10 ことだけ, ことにも, ことや, わけだ, 人が, 点から 9 ことによって, のでしょう, 事実に, 意味では, 意味に, 結論を 8 ことその, ことをも, 意味である, 意味を, 気が, 確信を, 考えから, 考が, 言葉は

7 [12件] ことこそ, ことだけが, ことな, ことまた, のと, もので, もんだ, 事実が, 意味な, 感じを, 私の, 観念を

6 [16件] ことだけを, ことでなけれ, のなら, わけな, 事で, 事実の, 噂は, 噂も, 場合には, 意見を, 点が, 点である, 点において, 結果が, 訳で, 話は

5 [30件] ことさえ, ことじゃ, ことであり, ことまで, そのこと, のだった, のであろう, もの, 事, 事です, 事実である, 人も, 以外に, 噂だった, 彼の, 意味だ, 意味において, 意味は, 感が, 感じが, 理由は, 自覚が, 自覚を, 見地から, 言葉を, 評判が, 説である, 説は, 説も, 通知を

4 [38件] ことこの, ことすら, ことすらも, ことそして, ことでなく, こととの, ことなど, ことなどを, ことについては, こと以外に, ところを, のかい, のかね, のに, ふうな, 事には, 事の, 具合に, 処から, 始末で, 意味です, 感を, 方が, 昔からの, 状態に, 現実の, 現実を, 程度の, 者も, 記事を, 証拠は, 証拠を, 話, 話です, 説に, 説明を, 関係から, 風で

3 [74件] うわさは, ことか, ことからも, ことそれから, ことそれは, ことだけでも, ことだけの, ことであろう, ことほど, こと従って, そういうこと, それだけの, ただそれだけ, たの, のでない, ほかは, ゆえんは, わけである, わけには, 不思議な, 主張は, 主張を, 事から, 事であった, 事と, 事や, 事情は, 事情を, 二重の, 以上に, 例の, 側面から, 処に, 単純な, 印象を, 噂であった, 報知が, 外には, 妙な, 常識は, 平凡な, 思いが, 意味が, 意味での, 意見も, 意識を, 明かな, 明白な, 暗示を, 本質を, 気に, 気も, 深刻な, 理由から, 理由が, 理由だけで, 理由によって, 稀な, 結果に, 考えかたが, 考え方である, 者が, 自信を, 自然の, 見込みが, 観念は, 解釈によって, 訳に, 訳には, 証拠に, 評判であった, 話じゃ, 話も, 面を

2 [180件] うわさが, ぐあいであった, ことかも, ことからの, ことくらい, ことこれである, ことこれは, ことさ, ことさえも, ことそういう, ことただ, ことであっ, ことでございます, ことなどに, ことなら, ことに対して, ことへの, ことよりも, ことをば, こと以上に, こと又, こと及び, この作者, これも, ごくあたりまえ, そうである, た, ところも, のから, のさ, のであっ, のであり, のでした, のでなく, のとで, ふうである, ふうにも, ほかに, ものが, ものだろう, ものである, わけ, わけか, わけさ, わけじゃ, わけであった, わけに, わけは, んじゃ, んだろう, んで, ニュートンの, 一件だ, 一応の, 一種の, 事さえ, 事だけ, 事だけは, 事だけを, 事だつた, 事でした, 事まで, 事実から, 事実その, 事実によって, 事情に, 事情の, 以外には, 伝説も, 位の, 信念は, 信念を, 偏見が, 前に, 動かすこと, 反省が, 口実で, 口実を, 古来の, 喜びと, 噂の, 場合が, 場合である, 場合の, 場所へ, 声を, 外に, 奇妙な, 女を, 始末, 学説を, 密告が, 希望を, 店の, 強い感銘, 強固な, 従来の, 心持を, 思想が, 思想である, 思想と, 思想は, 意味から, 意味であった, 意味であろう, 意味も, 意識の, 意識は, 所に, 日の, 日は, 日本人の, 時この, 時勢に, 普通の, 本質は, 様な, 様子を, 次第だ, 次第で, 気持が, 気持に, 気持を, 流言が, 濡衣を, 点だ, 点です, 点においては, 特徴は, 特殊の, 状態な, 現実が, 現実は, 現象は, 理由を, 理窟に, 理解に, 生存の, 確信が, 確証を, 私有財産制から, 程度であった, 簡単な, 考えかた, 考えで, 考えである, 考えに, 考えも, 考え方が, 自分の, 自明の, 自覚に, 見方は, 見込みを, 規定は, 観念から, 観念に, 観点を, 言い伝えが, 言葉が, 言葉も, 訳だ, 訳です, 証拠には, 話が, 話だった, 話で, 話であります, 話でした, 話な, 説で, 説と, 説明が, 説明な, 論の, 論文が, 重大な, 関係を, 頃に, 風説が

1 [1586件 抜粋] あきらめに, あまりあてに, あんばいには, いとも不思議, うちへ, おふれ, お伝えな, お婆さんが, お極り, お話でした, お返事, かなり淋しい, きりお, くつろぎ云い難い, こつてす, ことおよび, ことくらいは, ことこの大きな, ことこれだけは, ことしかも, ことそこで, ことそれまでは, ことたとえば, ことだけで, ことでありました, こととで, こととには, ことなぞや, ことなどは, ことにおいて, ことにすら, ことにまで, ことまでは, ことよ, ことをのみ, こと一つは, こと丈け, こと信長が, こと或いは, こと日本が, こと狐憑きの, こと生の, こと破戒の, こと自身を, このこと, この人, この屋敷, この種, この言葉, こんな自信, しらせです, すばらしい果物, そういう転落, そこに, その事実, その仮り親, その定義, その心, その時分愛好, その熱い, その築山, その組部屋, その限界, たいへん思い詰め, ただ一つの, たなあ, ためか, つよい主張, でたらめは, ときに, とき世界は, ところです, ところへ, どうもそういう, のかネ, のでなけれ, のよ, ふうで, ふうにばかり, ほかにも, ほか彼は, まごう方, まるで夢, もっと一般的, ものじゃ, ものの, ものサ, もの有難く, やけ半分の, ゆえを, ような云い, ような誤った, よろこびと, わけであり, わけでないなら, わけらしい, アダム, インドの, カントの, クリティシズムの, サインだ, シルレルの, タテマエなら, デマゴギーをも, ドリアンの, パスカルの, ブルジョア的な, ヘンテツも, ホップスの, ラジオの, リアリズム芸術理論を, ロマンティックな, ンなら, 一事だけ, 一事でした, 一事実の, 一切の, 一箇の, 一見平凡, 一軒の, 丈に, 三河岡崎の, 上野の, 不満を, 中宮の, 主導的観念は, 主張だ, 主張に, 主義, 主語的実体の, 乗合馬車の, 予感は, 事そして, 事であろう, 事などを, 事によりも, 事を以て, 事実すらも, 事実とが, 事実をば, 事彼の, 事情が, 事情と, 事情ばかり, 事日本人間に, 二重性格は, 人々も, 人を, 人間の, 今日でも, 仕方においてのみ, 代物な, 以上何と, 以外の, 仮定の, 任務を, 伝えは, 伝説で, 伝説は, 位に, 何等の, 例に, 例証には, 俗信が, 信仰が, 信仰は, 信条な, 偶然な, 僕は, 先入観を, 光の, 全く世の中, 内報も, 凡庸な, 分別も, 切実な, 判断でだけ, 判決が, 刺戟と, 前提が, 前提を, 劉皇叔に, 力強い確信, 努力の, 北見氷子女史の, 半士半, 単純極まる, 印象の, 原則を, 友人に, 反証が, 口実が, 口実の, 古い箪笥, 古礼, 同じ県下, 名ばかりの, 名門の, 向入母屋造, 命題ほど, 咎で, 唯一つの, 啓示を, 噂そいつを, 噂に対して, 回答は, 国においては, 型で, 報せである, 報告が, 報告を, 場合も, 場合物が, 境地を通じて, 声に, 外父系にも, 外観を, 大きに有り, 大作です, 大精神, 大衆との, 天霊様の, 奥の, 女性独特な, 如き多, 妓楼に, 始末な, 姿に, 嫌疑の, 子供が, 安心が, 定義が, 定評の, 実在的な, 実感を, 実証は, 実際は, 客観的な, 宣伝を, 家は, 宿命論めいた, 寸法かい, 尊敬も, 小川川が, 小説への, 居士の, 峻しい, 巌畳な, 巨大な, 師平田鉄胤の, 常識地理でも, 平板な, 幻を, 建前で, 弱身, 当日には, 形而上学的真理を, 彼等の, 待合式の, 御当家, 御異議, 御話, 心境それを, 心持さえ, 心理的な, 快楽の, 思いは, 思想には, 思想を, 性質が, 怪しき一手, 悲壮な, 想像は, 愉快な, 意味からも, 意味でしょう, 意味を以て, 意見が, 意見では, 意見は, 意識それも, 意識によって, 愚鈍な, 感じだった, 感じに, 感情論にも, 感覚そのものが, 慣れあいによって, 我々現代の, 或る, 所以を, 手紙が, 批評が, 批難も, 推定は, 推論を, 教学的教化者の, 教訓を, 文体については, 文句を, 断定での, 新しい事実, 新時代, 方法論的立場である, 方面だけから, 日三人は, 旭川まで, 昔の, 時では, 時代の, 暗示, 更により, 有様だった, 有様選りわける, 末子十二歳の, 本能的な, 村人の, 条件において, 条件をも, 松林である, 核心は, 格言を, 森林の, 構えを, 権利によって, 次第かね, 正にその, 武田家の, 歴史的推移に, 段階論を, 気にも, 気前を, 気持から, 気持と, 池の, 法則が, 洒落でも, 浄土院へ, 淀屋の, 満ちたり, 激しさ, 点そこに, 点だけを, 点など, 点にのみ, 点は, 点一時の, 無人島が, 熱烈な誓い, 物も, 物語であります, 特性を, 犒いだった, 状態は, 猛烈なる, 現代科学の, 現実性とも, 現状の, 理屈から, 理由からも, 理由に, 理由のみ, 理窟にも, 理論は, 生活を, 申入れを, 番頭だ, 畸形な, 疑いを, 痛ましい自白, 発見そして, 白河内の, 盛観であった, 盲腸の, 相図である, 相貌を, 真理, 真理概念を, 眼つきを, 矛盾だ, 矜持が, 知識に, 研究が, 確信と, 確信以外には, 確答を, 社会, 秀吉の, 秘密を, 立て前による, 立場を, 笑話を, 答えに対し, 範囲で, 精進料理の, 素朴な, 経験にも, 結果を, 結論で, 線を, 翼屋の, 考えかたの, 考えと, 考えよりも, 考え方だ, 考個人は, 聖書に, 臆測には, 自信が, 自己意識的である, 自然史的根本テーゼの, 自由通商主義の, 自覚なし, 自覚や, 自覚及び, 自負心が, 興味尽きない, 芸術そのものの, 苦心が, 蓋然性は, 薄っぺらい, 血筋の, 要求が, 見とおし, 見当を, 見方に, 見解では, 見解も, 覚悟だけは, 親しい感情, 観察によって, 観念で, 観念に対して, 観念的な, 解釈に, 解釈を, 言伝えが, 言葉なんか, 記号説が, 訳じゃ, 証人が, 証拠として, 証明に, 証言を, 評を, 評判だった, 評判に, 評判は, 話から, 話などが, 話をね, 認を, 語り伝えを, 誤が, 説, 説との, 説の, 説明に, 諒解その, 論文を, 論旨も, 論者が, 諺なども, 警戒の, 議論も, 豪勢な, 豪奢な, 貴重な, 趣きが, 身分を, 辺鄙であり, 迷信が, 迷信誤解が, 逆説的な, 連鎖の, 道理が, 遥かな, 部落で, 釈尊の, 量的規定を, 鑑定家の, 関係からだけ, 関係である, 関係は, 限りにおいて, 陽気な, 難問が, 非難と, 面でだけの, 面白くない, 顕著な, 類が, 風が, 風にしか, 風潮に, 風説, 馬を, 騒ぎに, 魂は, 鵜飼い

▼ ある~ (6932, 2.0%)

1420718 です 491 だから 379 だよ 370 だが 331 ですか 268 ですよ 181 ですが 131 だろう 124 じゃない 110 だね 85 だな 84 ですから 83 でしょう 79 だからね 75 ですね 73 ですもの 58 だぜ 57 ですって 55 だそう 53 だもの 52 だがね, だけれど 51 ですがね 47 だと 39 だらう 38 でね 37 だけど 35 だからな 33 だぞ 31 ですからね, ですけれど 30 ですの 29 ですけど 27 でしょうか 24 ですつて 23 だし 22 だって 21 だか, ですかい 20 じゃ, だわ 18 だろうと, ですかね 16 でございます, ですぜ 15 だがな, だろうか 12 じゃありません, だつて 11 だけれども, だろうね, ですな 10 じゃねえ, だそれ, でしょうね, ですとさ 9 だなあ, でございますから, ですのよ 8 だとさ 7 だなと, では

6 [12件] だがなあ, だってね, だとよ, だねえ, だろ, である, でしょ, でしょうが, でしょうな, ですってね, ですねえ, ですわ

5 じゃないでしょう, じゃア, だとか, だのに, だッ, でございますよ

4 [18件] か, かね, じゃないです, じゃよ, だからと, だがねえ, だけどね, だこれ, だその, だってさ, だらうね, だろうから, だろうが, だろうな, でございますか, でしょうよ, ですッ, です親分

3 [30件] じゃございません, じや, す, だあの, だえ, だおせんちゃん, だからなあ, だからねえ, ださうです, だだから, だという, だろうけれど, だろうさ, だわね, だ俺, でございましょうか, でございますが, でございますがね, でございますそれ, でしょうと, ですかな, ですかねえ, ですからな, ですけれども, ですし, ですとも, です私, ならその, なら早く, や

2 [68件] じゃあない, じゃあねえか, じゃあるめえし, じゃから, じゃが, じゃな, じゃなくっ, じゃなし, だお, だからさ, だがと, だけどな, だこの, だこんな, ださうだ, ださうだが, だしね, だそれから, だそんな, だっ, だった, だったら僕, だってネ, だとね, だとも, だなどと, だなんて, だに, だまあ, だよと, だらうから, だらうが, だろうどうもそう, だん, だア, だネ, だ今, だ八, だ勇, だ君, だ外, だ大した, だ馬鹿, でございましょう, でしょうかしら, でしょうから, でしょうけれど, ですあの, ですかしら, ですからねえ, ですけどね, ですけどねえ, ですその, ですて, ですと, ですのね, ですよと, です今, でネ, なら, ならあの, ならいい, ならこの, なら云って, なら地上, やが, やったと, やで

1 [380件] かわからない, じゃあ, じゃあありません, じゃあございません, じゃあねえ, じゃあねえかと, じゃありますまい, じゃから何, じゃがな, じゃがね, じゃがみんな, じゃが資本, じゃけ, じゃし, じゃしようが, じゃせ, じゃというの, じゃないだろう, じゃなかろう, じゃなく, じゃの横浜, じゃもの, じゃろうてのう, じゃ無い, じゃ無いです, じゃ追, じやあ, たぜ, だあいつ, だあす, だあんな, だいや, だうち, だおいで, だおまえ, だおまえどこ, だおれ, だお前, だお前達, だからよ, だからネ, だがネ, だけどなあ, だけれ, だこつがね, ださうだけど, ださうで, ださうですが, ださうですぜ, ださうですよ, ださうで嬉しい, ださうで箪笥, だしかも, だすまねえが, だそういう, だそこ, だその間, だそれで, だたとえ, だちょい, だちょっくら駕籠, だちょっと, だっけね, だったな, だったねえ, だったら, だったらその, だったらよほど, だったら私, だったら膝, だったら警察, だったら軸木, だっていいます, だっていう, だっていうじゃあ, だってからさ, だってとうとう, だってねえ, だってねそこ, だってねそれ, だってば, だってわけ, だって云っ, だって気, だつけ, だつたらこれ, だつたら何とも, だつたら僕, だつまり, だといふ, だところで, だとばかりに, だどう, だどうも, だどよ, だなあと, だなぜ, だなとかいう, だなど, だなんぞは, だなんでも, だにと北原ミユキ, だねえなどと, だの, だのにと, だはいさようなら, だはっきり, だはばかりながら, だふざけるなってよ, だべよ, だまにあうよう, だもし, だもん, だやって, だよう, だよく, だよけい, だらうお前, だらうさ, だらうし, だらうそれで, だらうつて, だらうと, だらうな, だらうよ, だらう急がうぜ, だろうかと, だろうからな, だろうけれどね, だろうけれども, だろうことに, だろうこの, だろうそれ, だろうとか, だろうとでも, だろうなあ, だろうなどと, だろうなに, だろうなにそれ, だろうに, だろうよ, だろうネ, だろう勝負ごと, だろう急ごうぜ, だろう本当, だろう構わないから, だろう私, だアハヽヽ, だカンカン, だキャロライン, だナ, だナと, だヘヘヘ, だワ, だ一緒, だ七万両, だ上人, だ二人, だ人間, だ仮に, だ何, だ何で, だ何時, だ俺小樽, だ働くもの, だ先日, だ八百八町, だ其処, だ其様, だ冗談, だ出来, だ勿論, だ可哀そう, だ君ん所, だ吹抜亭, だ圓朝さん, だ報道, だ大丈夫, だ女房, だ家, だ寝ろったら寝ろよ, だ小林さん, だ幾ら社會, だ当分飲み代, だ待ち, だ待って, だ後で, だ後生, だ忘れずに, だ思つて, だ悪あがき, だ憲法, だ或は, だ揉み療治, だ故郷, だ斬られて, だ旦那, だ棟梁, だ此処, だ殊に, だ気合い, だ汝, だ決して, だ注文, だ消極, だ湯豆腐, だ灯, だ男出入, だ目, だ相, だ眠り病, だ矢鱈, だ石, だ約束, だ素的, だ綾, だ蒙昧, だ蟇口, だ親たち, だ角, だ解る, だ誰, だ返答次第, だ遠慮, だ銭形, だ雲霧, だ頭, だ食欲, であります, でございましたわね, でございましてな, でございましょうな, でございますからね, でございますけれど, でございますけれども, でございますこんな, でございますどう, でございますどうか, でございますな, でございますの, でございますまあ, でございますわ, でございます見るたんび, でござんさあ, でござんしてな, でござんしょう, でござんす, でござんすよ, でしょうかね, でしょうし, でしょうどうぞ, でしょうなあ, でしょうねえ, でしょうまだすっかり, でしょうネ, でしょう五時, でしょう御, でしょきっと, でしょそれ, でしょ伊勢正, でしよう, ですあたし, ですあり得るん, ですいや, ですえ, ですお, ですお上, ですかなあ, ですかよ, ですからと, ですからネ, ですかネ, ですがな, ですがなあ, ですがねえ, ですがネ, ですけに, ですけれどもね, ですこの, ですしかし, ですしかも, ですすぐ, ですそこ, ですそこで, ですそして, ですそれ, ですだから, ですちよい, ですてね, ですですから, ですところが, ですどうしても, ですなあ, ですぼく, ですものネエ, ですわけ, ですわね, ですカテリーナ・リヴォーヴナ, ですツ, ですネ, ですヨ, です今日, です例, です僕, です全く, です別れ, です加賀山宏子, です古本屋, です子, です家庭, です小太刀, です待って, です御存じ, です憚りさま, です斯, です柵, です校川さん, です済まねえが, です現, です聽, です落ちると, です貴方, です錢形, でない, でないかと, でねえ, でねえ嫁, で助かった, で困っ, で聞い, ならある, ならいくらでも, ならいって, ならおいら一所, ならおれ, ならお断り, ならこんな, ならさき, ならさっさと, ならそれ, ならちっと, ならちと, ならつて言, ならどうぞ, ならな, ならはつきり云つて, ならもうすこし, ならゆ, なら一辺此方, なら伴, なら何, なら何故, なら初め, なら千恵造, なら君, なら喜惣, なら外, なら夜, なら好い, なら復活語, なら改めて, なら教, なら教えて, なら昼間, なら机, なら私, なら立派, なら第, なら結構, なら話, なら酔, やからなあ, やけに, やけれど, やさかい, やったら出て, やったら知らせたらど, やな, やろな, やわ

▼ あるよう~ (6368, 1.8%)

480 な気 269 に思われる 256182 に見える 161158 である 131 です 130 に思われた 116 だが 87 に思う 86 に思われ 76 なもの 58 ですが 54 になった 50 なこと 49 だった 47 に見えた 46 に思った 39 に私 37 だから 35 な大きな 34 に思っ 32 であるが 30 であった, に思えた 28 に感じた 27 に思われます 25 にこの 23 でも, な 22 な心持, な感じ, な気持, な顔, に思います, に思える, に見え 21 にも思われる 20 なない 19 だと, にお 18 でした 17 ですね 16 だし, だね, でございます, に考え 15 だな, ですから, に思え 14 で, なところ, に思い, に考えられる 13 では, にも思われた, に彼, に見えます 12 だけれども, にし, になりました 11 に感じられた, に自分 10 なの, な事, な男, にそれ, になる

9 [12件] であります, なその, な人, な大, な女, な気持ち, な錯覚, な風, になっ, に思いました, に考えられ, に考える

8 だけれど, な場合, にその, に想像, に感じられ, に感ずる, に感ぜられた, に見受けられる, に覚え

7 [12件] じゃが, でい, ですよ, なので, なまた, な声, な所, な様子, な氣, にも思われ, に人, に感じ

6 [16件] じゃない, だったが, であったが, ですし, なふう, なわけ, な人間, な印象, な家, にさえ見える, に彼女, に感じられる, に書い, に祈っ, に考えられた, に頭

5 [17件] ですな, でその, なと, な場所, な形, な思い, な時, な眼, にこれ, にまた, にみえる, に云った, に僕, に聞い, に見えました, に言っ, に記憶

4 [27件] じゃ, でしたが, な口, な口吻, な気分, な社会, な話, な調子, にあらゆる, にさえ思われる, にしよう, にそして, にと, になり, にも思う, にも思えた, にも思われます, にわたし, に一つ, に何, に又, に感ぜられ, に日本, に此, に考えた, に見, に見せ

3 [75件] でありますが, であるから, でございますが, でございますね, でしたから, ですわ, なあの, なお, なおそろしく, なそういう, なただ, な一種, な他, な口調, な名, な太い, な奴, な小説, な巨人, な巨大, な心地, な思想, な恐ろしい, な恰好, な意味, な感情, な態度, な気イ, な状態, な生活, な私, な空気, な美しい, な表情, な親しみ, な言葉, な訳, な雰囲気, にあなた, にいつも, におもわれる, にここ, にしたい, にただ, には思われない, には見えない, には見えなかった, に世間, に云う, に云っ, に人間, に信ぜられ, に出来, に大きく, に大きな, に夫人, に少し, に常識, に思い込ん, に思ふ, に思われました, に思召, に文学, に最初, に気, に生きる, に男, に私たち, に製作, に見えるであろう, に見なし, に見受けます, に見受けられた, に錯覚, に非常

2 [206件] じゃありません, すだった, だからと, だとか, だなと, だよ, でご, でございました, でござる, でしかし, でしかも, でしたね, ですけれど, ですけれども, でまた, でもあった, で実は, で桃子, で私, なかお, なそれ, なひと, なものの, なよく, ならば, なれど, なれども, なん, な不思議, な事件, な人物, な例, な侍, な単純, な口ぶり, な噂, な外観, な大木, な大男, な天井, な妙, な実に, な小さな, な山, な平和, な幻影, な幻覚, な心, な心もち, な心持ち, な恐ろしく, な想像, な感覚, な振り, な支那, な文句, な日, な有様, な構え, な無い, な町, な目, な研究, な神, な細い, な綺麗, な緑色, な羞恥, な考え, な自分, な誇り, な赤, な赤熱, な返事, な邸宅, な長い, な青い, な青年, な面, な類, な風景, な高い, な黒い, な鼻, にあの, にある, にいう, にいささか, にいっ, にいった, にいわゆる, にうまく, におもえた, にさえ思われた, にした, にする, にそ, にと思っ, にと願う, にどこ, になります, になれ, にね, には思われません, には見えません, にひっそり, にひとり, にまったく, にみえ, にみずから, にも思える, にも思った, にも思われない, にも感じ, にも考え, にも見えた, にも見えます, にも見える, にやはり, によく, によそおい, にわし, にわたしたち, にインド, にキリスト, にスーッ, に世界, に之, に人々, に他, に他人, に信じられ, に光っ, に単に, に取る, に吸い込んだ, に國, に夢, に夫, に存じます, に実は, に宣伝, に家庭, に幾度, に強く, に当時, に彼ら, に心, に快活, に思いこみ, に思いまし, に思えぬ, に思えます, に思わせた, に思われない, に思われ出し, に想われる, に意外, に感じました, に感ぜられる, に成った, に承りました, に拵え, に料理, に旅, に昔, に映画, に望みます, に歯車, に求めよ, に津田, に漠然と, に疑った, に目, に眺められた, に祈ります, に神, に答えた, に純粋, に絶えず, に耳, に聞, に聞え, に聞えた, に聞えますでしょう, に聞える, に自然, に自由, に見うけられる, に見せかけ, に見られた, に覚えた, に言った, に言われ, に話, に誤解, に説く, に貴方がた, に躯つき, に軽く, に輝い, に部屋, に静子, に頬, に顔, ね

1 [1786件 抜粋] おはからい, じゃお, じゃそれ, す, すどう, だお, だけど, だぞ, だったらその, だとして, だヨ, だ深酒, であって, であり, であるからと, でいかん, でげす好い, でございませんか, でしかた, でして, ですがね, ですねえ, でそこ, でどちら, でない一種, でならなかった, でサイ, でバルコニ, で併, で好き, で御座います, で恐縮, で果して, で江戸, で無い, で真に, で自然, で言わば, と此方, なあなた様, なある対象, なあんべ, なえたい, なお嬢様, なかっこう, なきゅうくつ, なこんな, なさりとて, なしっかり, なそれ等, なちょうど, ななつかし, なのよ, なひろい, なべっとり, なまっか, なもちろん, なやや, ならその, なら私, なりっぱ, なアポテオズ, なカフェー, なサラリーマン, なデッカイメガネ, なナマコ, なリット少将, な一人, な一輪差し, な不自然, な中年, な事実, な云い分, な人相, な仕掛, な位置, な何, な例えば, な傾き, な優美, な公園, な具合, な出鱈目, な刹那, な動物的, な医院, な単に, な危殆, な又, な可憐, な含み, な四角, な在, な型, な塩梅, な変てこ, な大き, な天下一品, な奇妙, な好, な始末, な婦人, な宇宙, な家風, な小品風, な尼様, な山径, な巴里, な平たい荒々しい, な幻, な形式上厳密, な得意さ, な心理, な怪しい, な悠々閑々, な意気揚々, な愛撫, な手蹟, な按排, な支払い振り, な日頃, な時代, な暗示, な書物, な村, な柱時計, な棺桶, な構造, な歌, な残酷非道, な気配, な泡, な浴場, な深い, な渚, な源平華やか, な爛漫, な物そのもの, な猛獣, な現象, な甘やかされ大切, な甲冑, な異性, な白い, な白人, な相当, な真黒, な眼差し, な石垣, な秋川夫人, な空, な竹矢来結, な簪, な結局芸術, な絵皿, な線, な罪, な美男子, な翅, な考え方生き方, な背景, な脚高, な自信, な色街, な苦悩, な薔薇, な装置, な親, な言方, な詩, な話ぶり, な読者, な責任, な足どり, な返答, な連中, な遠, な邪推, な金, な鉄, な長い長い, な陰惨, な随分, な面持, な面魂, な響き, な頭脳, な飾棚, な騒ぎだしあげく, な高原地帯, な魅力, な黒ずんだ水面, にあたし, にあつかわれた, にあんな, にいかにも, にいたし, にいろいろ, にいわれ出し, にうぬぼれ, におし, におそろしく, におもえる, にお前たち, にがんこ, にきらきら, にこうして, にこのごろ私, にご, にさえ思いなされる, にさえ感ぜられる, にさも, にしか思えなかった, にしてやらなけれ, にしむける, にすっかり, にすら思えた, にすりへった, にそれぞれ, にそれなら, にぞんざい, にたぶん, にって望ん, につとめなさい, にできてる, にとお, にとのお, にとばかりあの, にとも思った, にと主人筑前, にと児童, にと始め, にと思う, にと次郎, にと祈られます, にと胸, にと願わず, にどんな, になさけな, になりたけ内証, になれなれしく, にはすこしも, にはない, には聞えなかつた, には語られ, にひどい, にふところ, にほか, にほんの, にまたあるいは, にみうけられる, にみせかける, にみる, にもお, にもと, にも世間, にも取られ, にも思われぬ, にも思召, にも感ずる, にも疑われる, にも考えられませんでした, にも見えなかった, にも見ゆる, にも遊戯, にわかっ, にわめい, にイキナリ井戸, にグワラグワラ, にサネカズラ, にスペイン, にセーヌ河, にトタン, にパジャマ, にフワフワ, にブルジョア社会, にモヤモヤ, にレオナルド, にロンドン塔, に一国, に一座, に一歩々々, に一見, に万寿丸, に三十, に上演作, に両, に丸公値上げ, に九郎助, に二人, に云わない, に交際, に人間同志, に今, に仕事, に仮定, に会話, に伝える, に住民, に作, に例えば, に信じたがっ, に個人, に元, に児, に全体, に共軛性, に内容, に再び, に出世, に分りきっ, に利助, に割合, に努力, に勘ぐっ, に化け物屋敷, に北野家, に十二月, に危ぶまれた, に厳重, に取っ, に取り計らえ, に取扱, に受取られる, に口々, に台所, に右門, に同じく, に告げた, に呪われ, に唯一, に囃し立てたらしい, に国, に国際, に地理的, に変換, に夢中, に大根, に大股, に夫婦, に女, に好まし, に嫉, に子供心, に存ぜられます, に孰方, に客観, に家庭内, に寄席, に尊王, に少将, に尾上町時代, に山人, に島崎, に己, に常套語, に幻覚, に庄吉, に当時宿場, に形式的, に彼方此方, に御, に徳川支配地, に心がける, に心理的, に思, に思いこん, に思い案じ, に思えました, に思ったらしい, に思われたく, に思われるであろう, に性欲, に恋, に悪魔, に想われた, に感じさせる, に感じられるで, に憎らし, に我国, に戦争, に打解け, に指導, に探偵物, に推論, に搾り出される, に教えられた, に文化生活, に断言, に昂奮, に明るく, に昼夜, に景気, に曲がった, に書物, に木, に本誌上, に東京, に果実, に極めて, に次第に, に正直, に歩い, に死ん, に殆ど, に毎日自分, に気味悪く, に汗みどろ, に沙汰, に洽く, に深い, に混乱, に滑っちまう, に澄子, に無気味, に無闇, に燈, に物理学的, に特色, に玉, に理解, に生き, に生涯, に申し, に疑われ, に白粉, に真偽, に睨みつけ, に社会全体, に神社, に私自身, に科学成果, に空間, に第, に範疇, に米友, に紀伊水道, に経験, に編輯, に罵りつ, に老, に考えたる, に考えられない, に考えられます, に考え違い, に聞かない, に聞こえ, に肌, に脚下, に自在, に致しましょう, に苔, に茫漠, に落, に蒼白かっ, に蜿蜒, に裏, に見うけられた, に見えまする, に見え出した, に見せかけなく, に見なされ, に見ゆるで, に見受けました, に見受ける, に観念論的, に言いつける, に言いました, に言う, に記者, に誇っ, に認めた, に誤伝, に調整, に論理, に貧乏, に賤, に輪王寺, に近寄っ, に逸りかける, に道徳的行為, に邦楽, に酔っぱらっ, に野槌, に鈴, に長三郎, に附和雷同, に青年, に響いた, に頭脳, に風刺, に首, に駈け出し, に骨格, に鳥類, に鼻, よ, 出しおれど, 御懇篤, 感じられた

▼ ある~ (5991, 1.7%)

388 どうか 203 ないか 140 どうかは 122 どうかを 99 なきかの 63 それは 55 ないかは 54 それを 53 ないかを 5145 知らないが 44 わからない, 否かは 43 ないかの, 否かを 42 否か 38 無いか 33 どうかという 32 私は 29 知らぬが, 知れない 28 それが, なきかに 26 どうかと 24 私には 21 ないかという, 知って 20 ッ, 何う 19 なしの 17 して, どうかも, 分らない 16 である, ないかも 15 そんなこと 14 どうだ, わかりません, 無いかは 13 否かが 12 ないかが, 知ら, 知れないが, 見当が 11 しれない, どうかといふ, 無いかの, 知れぬ 10 これは, 無いかを, 知れたもの 9 そうでなけれ, またその, わからないが, 何の, 分らなかった, 否かという, 無きかの, 知らない 8 あるいはその, そうでない, それも, どうかが, どうかさえ, どうかの, わからなかった, 判らない, 彼は, 知れません

7 [12件] ないかと, ないかに, なしに, 判然しない, 否かに, 否かの, 少しも, 教えて, 知らねえが, 知らん, 知れぬが, 私の

6 しれないが, その点, どうか知りません, なければ, 否かと, 女である, 或ひ, 知らないけれども, 知らなかった, 知れないと

5 [24件] さう, すぐに, そのこと, ただしは, どうかに, なきかを, よくわからない, わかりませんが, 今の, 他の, 何が, 何を, 分からない, 分らないが, 否かによって, 明らかでない, 無いかという, 無しか, 知らと, 知らぬ, 考えて, 自分は, 見て, 解らない

4 [32件] そしてその, それすらも, ちゃんと知っ, であるが, どうか疑, どちらか, どっちか, ない, ないかで, または大, または左方, わからないので, わからぬが, ツ, 不幸である, 何か, 何である, 分りません, 判らないが, 否かも, 如何に, 容易に, 或はその, 無いかも, 知りませんが, 知る由, 知れないの, 知れなかった, 自分で, 自分にも, 解らなかった, 読んで

3 [81件] あるいは何, いずれか, いずれとも, えと言, かれは, これも, これを, しれないと, そういうこと, そしてそれ, その理由, その辺, それでなけれ, それとも, それとも何, それに, だ, ちょっと見当, であって, どうかについて, どうかわかりません, ないかさえ, ないかといふ, なき, なしである, なしという, なんの, またいかなる, または減少, また如何なる, また私, よもや只事, わからないから, わからないの, わからぬ, わからぬと, わかりませんでした, 之を, 人間の, 他殺である, 位は, 何も, 停止的である, 僕には, 分って, 分らないという, 分らないの, 分らなかつた, 分りませんが, 判って, 判らないので, 判らなかった, 又何, 否かについて, 否かには, 女の, 如何か, 子供が, 彼には, 彼らが, 悪いもの, 想像も, 斯う, 明らかで, 明瞭で, 気が, 気の, 無きか, 無きかに, 男は, 皈つたら, 知らないの, 知らんが, 知りませんでした, 知れませんが, 聞いて, 自分の, 見当も, 見當, 誰も, 調べて

2 [259件] あなたは, あるいは少なくとも, あるいは脱走, あるかと, いくら眼, いくら眼を, いって, いまでも, え大層, お前に, かれら, きいて, こういうところ, この点, こら起きろったら起きねえ, これが, これらの, さもなく, しれたもん, しれないの, しれないわ, しれなかったから, しれません, しれん, すれば, そこが, そこの, そこまで, そしていかに, そして左様, そのいずれ, そのどちら, その中, その二つ, その他の, その時, その本質, その根拠, その第, その藝術的素質, その詮議, それさえ, それすら, それともかかる, それともただ, それともほか, それともバール, それとも両者, それとも二つ, それとも他, それとも別に, それとも大衆, それとも無, それとも神そのもの, それについて, それについては, それらの, たずねた, だれにも, だれも, であると, であろう, でなければ, とおも, とき, どうかって, どうかで, どうか知りたい, どうした, どうしてそんな, どこに, どちらが, どれだけ, ないかすら, ないかなど, ないかによって, ないかより, なきのみ, なき薄, なくっちゃ, なしかで, なしで, なしです, なれども, はたまた, はっきりわからなかった, はっきり裁判, ばかな, べつな, まずそれ, またこれ, またされ, またはそれ以下, または極めて, または退歩的, まだよくわからない, まだ娘, まるでわからなかった, まるで分らなかった, やい, よく解る, わかって, わからないけれども, わからないし, わからないと, わからないという, わからないほど, わからん, わかりませんから, わかりも, ア, プロレタリアの, 一切さう, 一度は, 不得意の, 不明に, 乃至は, 之が, 之れ, 二つに, 云って, 五年に, 亨一には, 今は, 今朝の, 仮に戸口, 仮りに, 何うかと, 何うし, 何ぞの, 余には, 余の, 余は, 俺が, 偶然である, 僕は, 全然分からなくなっ, 其とも, 分からないが, 分からぬ, 分らないと, 分らなかったけれど, 分らなかったの, 分らぬが, 分るし, 分る筈, 判らないほど, 判らない祝言, 判りやしません, 判別も, 判然しません, 判然と, 助けて, 勿論わからない, 十三夜で, 即ち時間, 即ち生活物質, 又その, 又はそう, 又はその, 君は, 否かでは, 否かといふ, 否やは, 問われるとも, 堂々たる男子, 大体の, 女づれである, 妹に, 存在に, 実在である, 家の, 平次は, 幸福である, 弱いか, 彼の, 彼女の, 彼等の, 御判り, 御承知, 心配で, 必ず何, 思惟とは, 悪いこと, 慥かに, 或いは少なくとも, 或は, 或は観察者, 探って, 敵である, 日の, 日本人が, 時計の, 未だに折ふし何, 東に, 正確な, 殆ん, 気を, 活動に, 海と, 無いかが, 無いかと, 無いかよりも, 然ら, 物質である, 現である, 當てて, 疑わしい, 直ぐに, 眼前に, 知った, 知らないけれど, 知らないと, 知らなければ, 知らんけれども, 知らん気違, 知りたいもの, 知りませぬが, 知るもの, 知れたもん, 知れないで, 知れないという, 知れないん, 知れなかつた, 知れやしません, 確かには, 確かめてから, 確める, 神の, 私が, 私達奉公人でも, 秋の, 筆者, 等々を, 精神である, 精神は, 考えたこと, 考へたの, 臓腑なき, 自分たちの, 自然は, 若くば, 虚偽の, 見たいもの, 見た上, 見分けること, 解りませんが, 言って, 訣らない, 証拠が, 詳しいこと, 誰の, 豚だ, 近頃は, 遊びごとでは, 金太親分と, 面白いこと, 馬鹿だ, 馬鹿野郎

1 [2554件 抜粋] あいい, あつたら, あなたにも, あの男, あまり自信, あるいはけ, あるいはそれ, あるいはまた分散, あるいはヒステリー的神経症, あるいは他人, あるいは光琳, あるいは夫, あるいは意味, あるいは春曙抄本, あるいは純粋, あるいは訴訟, あると, あるもの, いい当て, いかなる大, いかに巧み, いずれ何, いつどうして, いぬと, いや寧ろ, え何, え馬鹿野郎, おそらくは日本, おれが, お分り, お曾与, お約束, かかる美, かつて見た, きっと区別, きりぎりすである, こういう, このくらい, この丙電車, この命名, この批評, この頃, これには, ございますとも, さあ注げ, さっぱりわかりません, さもなければ同じ, さらずば, さりげなく言う, しなければ, しれないけれども, しれませんよ, すぐわかる, すべてが, ずいぶん広大, そうし, そうでなくする, そこで, そしてそれ等, そして何故, そのぉ, そのゆくえ, その何れ, その員, その実物, その探検, その方, その本部, その比, その独特, その神秘, その身上, その顔, それから何処, それではな, それともその, それともまた人民, それともオプチミスト, それとも一週間, それとも例へば光, それとも具体的, それとも又四郎自身, それとも外, それとも奴, それとも市民階級, それとも悟性, それとも昼間, それとも極度, それとも物質, それとも祖父ヶ岳, それとも落ち着い, それとも銅貨, それには, それらを, そんな事, た, ただし悪魔, たまらない考え, だれが, ちょっと判りかねた, ちょっと調べ, つまりお, てんだ, でなければ女, とても石橋, とにかく春, とんと見当, どういう釉, どうかすら, どうかなどは, どうかやっ, どうか棲める, どうしたら, どうぞし, どうも正直, どう云う, どちらにも, どの点, どんなにおれ, ないかくらいの, ないかでは, ないがしろに, ないで, ない春, なかったら, なきかになつ, なき金, なくも, なしであろう, なぜ忘れる, なにか人, なり大きな, のんびりした, はた原因, はっきりとは, はっきり見て取る, はつきり云ひ, ばの, ひなしや, ほとんど思い, ほんとうに, まさかに悪, またさらに, またどの, またはその, またはより, または一種, または他, または出生一〇〇, または在籍者, または少なくともきわめて, または損失, または正しい, または生産用役, または空, またエコノミスト, また今, また台所, また念, また毎日多く, また生命, まだよく判然, まだ確かめない, まるでけん, みずからもはや, むろんわからない, もうシルヴァー, もしくはあった, もしくは偽り, もしも治右, もちろん判ろう, もとより容易, やっと分った, ようやくわかった, よくわかった, よく分らぬ, よく知らない, よもや異存, わからずに, わからないいや, わからないじゃ, わからないもの, わからない星, わからない道中, わからぬの, わからんそう, わかりませんね, わかりゃしない, わが家には, わたしも, エトラスケールである, グレゴール, シャツである, ッて, ドウカは, ハタの, ピグミーの, ライン河の, 一つとして, 一世紀である, 一切分らなかった, 一向わからなかった, 一向見当, 一寸見當は, 一掴抜い, 一種の, 丁稚奉公の, 三人か, 上野の, 不可能である, 不思議である, 不死は, 不逞の, 中世印度の, 乃ち謂は, 乙である, 事による, 二三間行過ぎ, 二男三男の, 五人六人が, 人は, 人間に, 今から, 今に, 今少しく, 今日誰が, 他人である, 伸子たちが, 何かは, 何でも, 何に, 何んである, 何処に, 何年位までが, 何時と, 余り来なかった, 価値において, 假令ひ, 働く時間, 僧侶である, 先づそれからお話を, 光が, 全く先方, 全体の, 全部よまない, 兵馬も, 其二つ, 写生の, 分からないと, 分からなかった, 分からん位, 分らずに, 分らないけれど, 分らないもの, 分らない樣, 分らぬ, 分らぬ自分, 分りますまい, 分る, 切腹仰せ付けられる, 判らないけれど, 判らない性格, 判らぬからのう, 判るか, 判明しない, 判然らない, 労せずし, 勿論これ, 北に, 十日である, 卑怯者な, 原子は, 又いかに, 又はイデアール主義, 又は外, 又は移り得る, 又は透かし, 又先天的, 又如何, 又渡世, 反動乃至, 口では, 召使共の, 同じ語, 君にも, 否かさ, 否かをも, 否やを, 否靴, 唖娘は, 商業に, 嘘である, 国賊奴, 塗物である, 夏ごろも, 外来の, 多分私自身, 大いに楽しみ, 大抵その, 天皇に, 夫人に対して, 女の子である, 女親である, 如何, 如何様にも, 娘分である, 子供とは, 学問に, 安岡っ, 実は不明, 害が, 寛文六年に, 将た冷やかす, 小判の, 少しこれ, 屈強な, 島津や, 左に, 己には, 平和である, 幻に, 幾週である, 弟子である, 当てて, 役目を, 彼等に, 後退的である, 御一見, 御存じも, 微笑を, 忘れましたが, 思うに, 思想である, 性急に, 悪である, 想像が, 意識的に, 感銘である, 我々りゅうりゅう工夫した, 或いはその, 或いは三藐院自ら, 或いは又支配的, 或いは宇宙, 或いは文学, 或はあった, 或は事實, 或は別, 或は吾, 或は年寄り, 或は極めて, 或は現在, 或は該植物, 或日私, 所有者が, 手前み, 承わって, 拇印なら, 掠奪と, 探偵小説史にも, 改めてここ, 数え切れないほど, 数知れない, 文学の, 既に熟しきった, 日記は, 明らかならぬ, 明確に, 春日さす, 暇つぶしである, 更に判らなくなっ, 書が, 最神, 木米以上の, 本ものに, 本質的でない, 枝が, 桜が, 様子も, 正当である, 此小文学も, 歴史も, 殆ど想像が, 殺された方, 気候が, 永井には, 決して分らぬ, 河原である, 洗錬された, 海の, 測られないこの, 火傷を, 無しでした, 然しそれ, 父が, 物売りである, 犬も, 独自の, 玩具である, 現實的自我, 理解できなかった, 生活が, 男らしくない, 画商の, 疑って, 疑問である, 発見した, 皆他人様の, 直ぐ出ろ, 相手の, 真の, 知っても, 知つ, 知らされちまつた, 知らないとは, 知らなかつたが, 知らんけれど, 知りたい, 知りたかったので, 知るはず, 知れないぞ, 知れないまた, 知れない君たちみんな, 知れぬおのれ, 知れねえうまく, 知れませんから, 知れませんわ, 知れるもの, 知ろうとは, 確かに, 神様は, 私に, 空から, 窓から, 立聞は, 第一我國, 等々の, 篤と見, 粗野である, 紅葉も, 素性を, 罪過である, 老婢の, 考えの, 聞きたいの, 職工的である, 脅かされて, 臣下に対してさえも, 自分に, 自己紹介させ, 自覚できなかつた, 芸術とは, 若し己, 草履の, 薬屋の, 蚊遣の, 行って, 表ばかりの, 西洋人である, 見ずに, 見てくれわしも, 見分けの, 見極めようとは, 覚束ない, 觀念的な, 解らないからね, 解らないよう, 解らなくなつ, 言いかえれば, 言はずし, 言葉の, 訓が, 詩と, 語らなかったけれど, 読みたくなった, 誰が, 調べましょう, 諸王に, 豚肉では, 貴方は, 賢いこと, 起きて, 身を, 近くは, 逃げて, 遂においてけぼり, 過大に, 邪道である, 野辺ハ猶, 金銭に, 銅鉱である, 閑古鳥が, 雛菊の, 非再建, 須らく本, 顔の, 飛加藤の, 馬鹿ツ, 高尚な, 鳥渡は, 鹿の

▼ あるので~ (5180, 1.5%)

87 あつた 65 それを 63 彼は 50 私は 49 あらう 46 あつて 37 せう 27 これは, それが 23 ござります 21 半七 16 そこへ 14 かれは, 自分の 13 それは 12 あらうか, それに 11 これを, わたしは, 僕は 10 私の 9 そこに, 彼女は, 私も 8 ここでは, ここに, そこから 7 わたくしは, 今度は

6 [13件] かれら, きょうは, これも, せうか, わたしも, 今の, 室の, 家の, 彼の, 急に, 父は, 私たちは, 誰も

5 さすがに, して, 二人は, 今でも, 今日は, 先方の, 前の, 自分は, 非常に

4 [29件] こ, この点, これが, これに, これへ, ござりましょう, ござりまする, その名, それから, それで, それと, それ等の, だれも, 一つは, 之は, 之を, 今は, 他の, 何か, 何かの, 余は, 土地の, 大抵は, 察せられる, 彼女の, 母は, 部屋の, 長三郎は, 驚いて

3 [58件] あらうが, いつまでも, いつもの, ここで, ここには, この頃, さすがの, してね, そこの, そこを, そのうち, そのままに, その手, その方, その時, その点, その金, それには, それも, なかろう, なんだろう, ふだんから, よく知っ, よく見る, わかります, わたくしも, 主人の, 二人の, 人間の, 今も, 今年は, 今度の, 今日の, 今朝は, 例の, 出かける, 吾, 声を, 多くの, 夫が, 客の, 幾度と, 当時の, 彼も, 彼らは, 往来の, 思い切って, 日本の, 最初の, 此の, 水の, 江戸の, 注意し, 私としては, 能く, 自分ながら, 行く, 近所の

2 [291件] あつたら, あなたが, あの猿松, あまり深入り, あらうかと, いっそ純, いつか団子坂と, いろいろの, うつかりした, おなじ年ごろ, お妻, お筆, お米, お藤, お豊, お銀, お鶴, ぎょっとし, ここへ, この上, この人, この小路, この歌, この話, この辺, これで, こんどは, こんなところ, こんな時, ござりまし, さう, しよう, すぐに, すべての, せうが, そいつを, そうした実例, そうでなく, そう云う, そのよう, その中止, その人, その家, その後の, その後は, その後も, その後多くの, その忠告, その感慨, その文章, その日, その枕もと, その甕, その話, その間に, その音, その頃, それだけは, それについては, それらの, それらを, それ以来この, そろそろと, そんな事, そんな詮議, だれにも, ちょっと休ん, ともかくも, どうかする, どうかと, どこの, どこへ, どの座敷, なくして, なにかと, びっくりし, へんな, ほかに, ほんとうの, まわり道を, もう血, もて扱つて, ものに, やさしい言葉, よくその, よく人, よんどころなく洋服, わざと林, バーで, ラジオの, リヽーは, リヽーを, 一体この, 一口には, 一同は, 一名を, 一応は, 一旦其方, 一概には, 一秒の, 三人は, 三方四方埓も, 上級生の, 下座敷の, 不思議に, 中の, 主人が, 之に, 事実私が, 二三の, 二人を, 五万の, 交通事故には, 人々は, 人に, 人の, 今では, 今囘, 今夜は, 仕方が, 会を, 佐山君は, 何かと取上げ, 何を, 何人も, 僅に, 働いて, 僕が, 僕の, 兎も, 其處へ, 出て, 出来るだけ, 分る, 別に, 別の, 前へ, 前後の, 努めて, 却て, 叔父は, 口や, 吉次郎は, 名高い, 君に, 和田の, 唯の, 困った, 外から, 外からは, 外は, 多分それ, 夜の, 夢の, 大いにヤル, 大した血, 大抵の, 大騒ぎと, 太陽の, 夫の, 夫も, 失礼致します, 女は, 女房も, 如何な, 娘盛りの, 婿の, 子供たちは, 子供は, 安心した, 実際は, 容易に, 寄ったん, 寒くは, 小さいより江, 尚更あの, 屋敷の, 崔は, 川の, 師団の, 平次は, 平馬の, 庄兵衛は, 店の, 座敷に, 彼が, 彼には, 彼れ, 往けなかった, 御用聞根性を, 心が, 心の, 思うに, 急いで, 急場の, 急病人, 悪いこと, 我々の, 或る, 戸を, 手を, 扨は, 抽象的な, 日の, 明らかである, 明るい, 昔から, 昔は, 春の, 時々客, 時間の, 晩成先生の, 普通に, 普通の, 智能の, 本人の, 村の, 杯を, 東京の, 枝を, 権七は, 樹蔭も, 次郎左衛門が, 歌の, 此が, 気が, 気の, 水を, 沼の, 泥の, 清吉は, 火の, 無論に, 無駄の, 父が, 珍しくも, 用人も, 留まる事, 略するが, 病人は, 目上の, 真の, 眼を, 知って, 祐道は, 私が, 私に, 秋の, 窓の, 笑いました, 第一, 第三者が, 筆を, 紹介する, 終には, 組頭は, 縫い賃が, 總て, 考へ, 自分が, 自分だけかは, 自分も, 自分を, 自然に, 自身出, 若しかしたら, 若し中途, 草木繁茂枝や, 見るから, 親たちも, 評定所の, 試みに, 話の, 話は, 読んで, 誰か, 誰が, 諸人は, 讀者は, 近づいて, 遠慮を, 邪魔に, 金の, 開けて, 閭は, 隣の, 雪の, 風が, 馬に, 驚いた, 高田の

1 [3501件 抜粋] ああいう, あしからず, あての, あの湿地茸, あまり人目, あらうとおも, あらゆる事柄, ある日, あわせて, いかにも心, いくら汽罐場, いそいで, いっそう景色, いつもよりも, いつ見, いやいやながらも, いろいろ考え, うしろから, うれしい, おじさんは, おばあさんの, おれの, お元, お客様は, お母さんに, お父, お花, お金に, かかる驚く可, かたがた気は, かの女房, きみが, ぐうともいえなかった, こういう旧式, こう云っ, こちらへは, このたび, この伯父, この図, この寒, この手紙, この次どこ, この舟, この辛酉新年, こらえて, これから至急, これによって, こんどの, ござんす, さし当り手元に, さては今, しかもいい, しばしば結婚, じきに, すぐ便所, すこぶる危い, すばらしく高い, せうい, せめてあなた, そういう話題, そうなっ, そこが, そこで歯朶, そこへも, そちらへ, その, そのした, そのまま口, その一円, その事情, その元, その動き, その地の利, その子, その市, その彼我, その怒, その才, その時代, その正本, その用意, その第, その若い, その通り, その青い, それから生じた, それでも暖か, それとなく私, それの, それ以來ボルドーは, そんなに隠せ, た, ただに, たとい幽霊, たまった水, だんだん心細, ちょっとうごかし, ちょっと手, ついそこ, つい入り, てっきりそれ, とうとう万生, ところどころに, とても問題, とにかく天使, どうしてだらう, どうも不思議, どこか, どっちも, どんな陰, なおむずかしい, なかなか見つからない, なつかしくある, なまじいに, なんとなく平気, のぶちゃんに, はや退出, ひとまずそこ, びっくりしました, ふとおそろしい, ぶらぶら歩く, ほとんどそれ, ぼくたちの, まあ思い停った, まずお, またかえって, また後刻, まだ坐る, まわりを, みな町家だった, むしろ忙し, むろんすぐに, もう一度朝, もう少し話, もしや急, もし然らずし, やがて後, やっぱり油断, ややこしい, ようやく判断, よく案内, よく見覚え, よんだの, わざと漠然とした, わたくし達の, イギリスの, オーレンカは, クルックスの, シラノの, ソーンダイクに, デカは, ハイヤアを, ビクともしません, プラースマッセナ, ミズゴケの, ロシア政府が, 一つぐらいという, 一口に, 一寸気, 一層厄介, 一方有名, 一時仮の, 一樣では, 一番伝記が, 丁坊の, 七兵衛の, 万が一にも, 三五郎は, 三文目五分筒の, 三河町の, 上宮聖徳法王帝説に, 下の, 下谷芝の, 不意な, 世間が, 中には, 丸山一等兵他, 久兵衛ら四人は, 九州が, 予定を, 二の足踏んだ, 二十三という, 二本買ふ, 五月二十八日の, 人々に, 人びとも, 人足の, 今に, 今より, 今度も, 今日半日と, 仕方なし, 仮に人麿考, 伏見から, 伝承の, 体面上できる, 何とかこの, 何ともわし, 何代替っ, 余り高い, 作家の, 侍も, 係り合うの, 信頼し, 傘や, 元より, 先ず鳥, 光とも, 兎角軽く, 全体と, 八十氏と, 公然と, 共鳴する, 其の時間, 其を, 其名が, 其時の, 其頃まで, 内部で, 冷静な, 分ります, 初めよりも, 別に支度, 削り悪い, 割りに, 力強く返, 勅使の, 勘次郎は, 北原ミユキも, 十二時に, 千里眼事件よりは, 半分は, 即ち料理, 厚木飛行場の, 又し, 反故に, 取り上げに, 口を, 台が, 司法大臣は, 合巻は, 同地方, 名前で, 君にも, 吾輩は, 和尚は, 唖の, 善く売りました, 噛みしむる口, 四輪駆動でない, 國力の, 地球表面の, 堀は, 場所姓名を, 壁に, 夕方から, 外出する, 多く訊い, 多少汗ばむ, 夜ふけに, 夜明の, 大は, 大公爵, 大抵兵営, 大阪の, 夫は, 奉公さきから, 女にも, 女職から, 如何にも尤も, 妻子は, 始めて是, 娘の, 嫉ましいと, 孤児園の, 守田勘弥は, 実はあなた, 実隆にとっては, 客に, 家元には, 密かに, 寧ろ例外, 将来の, 小卓, 小林に, 小銭も, 少しばかりの, 少し過労, 山らしい, 山車も, 巖ちゃんは, 巧みに, 巴里へ, 市長は, 師匠は, 干宝兄弟, 平素から, 年頃も, 幹の, 幾度愛戯を, 度々驚かされる, 廊下は, 引切る, 弥生は, 強い日光, 当時その, 彼らが, 征服出来, 後詰し, 従って記者, 從つてプロレタリヤを, 御迷惑, 徳川時代を通じて, 必ずそうと, 忍んで, 忰は, 思いきった療治, 思わず破顔, 恐らくそこ, 悪くする, 想像し, 愛着にも, 慾ばり屋の, 我々は, 或は, 所謂機密費, 手心の, 手首ばかり, 抽斎一家は, 持て余しましたよ, 振向きざま, 控え目に, 撲殺絞殺いずれが, 放逐され, 教官室で, 敵ながら, 文左衛門を, 断わる理由, 新温泉場, 旅人の, 日劇へ, 日本民族を, 日頃から, 早く行っ, 早速他, 明智さんの, 昔の, 昼の, 時々見たい, 時間が, 暗くて, 暫くやり過ごし, 書き洩らしたこと, 最後に, 有名だ, 朝倉家へ, 木コリには, 末は, 本質的には, 村祭同様に, 来る人, 板は, 果してその, 柿時には, 案内には, 森君は, 楔を, 楽屋は, 橋を, 次の, 正二郎と, 此に, 此年なる, 武助と, 死霊が, 殘務を, 母に, 毎年受ける, 毎月二日十一日と, 気味が悪うございます, 水車小屋の, 江戸中人心恟々と, 決して今, 治っちま, 法王も, 洋装が, 海沿いの, 深く話す, 渠が, 源十郎も, 瀑身は, 炊事に, 無く彼等自身, 焼酎一合と, 燈の, 牡丹の, 犀星の, 独り稽古の, 猛火に, 率直に, 現代において, 甘いと, 生まるる時, 田の神とは, 申譯の, 當分親類の, 白羊とは, 皆無事に, 益々以, 直ぐ其の, 直接科學を, 真向から, 着て, 知りあいの, 石楠は, 祁山へ, 禊ぎには水の, 私などには, 科学的探偵の, 空気は, 立腹と, 第二, 築港にも, 紋作とも, 素直に, 細君を, 結局その, 結果も, 絶対に, 総て省いた, 美しい鳰鳥, 翁の, 考えものだ, 肉体には, 自分, 自戒の, 自然文学の, 自由に, 興味を, 色めき立った刑事連, 芸妓や, 若し将来, 茲には, 莚の, 著名だ, 薄々は, 薬を, 處, 蜀から, 行李を, 表向き五百石内分千五百石客分として, 補足いたします, 要も, 見ようによっては, 見忘れること, 親戚では, 訊いたが, 評議は, 認識を, 読んだら俺, 誰にでも, 諸君も, 警察の, 負けずに, 貴方がたの, 贋紙幣だったら, 趙雲が, 踏み心地, 車から, 輿入れは, 迂闊に, 返事を, 追憶が, 途中まで, 逢引の, 遂騙され, 道も, 遠島に, 都合の, 重臣会議には, 釣好きの, 銀時計と, 鑑て, 門人たちが, 阪急会館で, 陽炎なり, 隠して, 雨も, 霜枯れた葉, 静さん吸っ, 音楽は, 頭から, 顔見知りの, 飛越える, 飲むにも, 馬賊の, 駕屋は, 高価く, 鮓そのものの, 麻布の

▼ ある~ (4009, 1.2%)

604 しても 430 相違ない 289 違いない 192 ちがいない 145 違ひない 77 反して 71 過ぎない 48 すぎない 31 きまって 28 あらずや 25 似たり 24 ちが 21 非ず 20 違いありません 19 あらず 18 相違ありません 17 任せて 16 相違ねえ, 違いなかった 13 まかせて, 過ぎないが 12 あらずして, してからが, 於てを, 過ぎなかった 11 あらざれば, 對し, 於ては, 過ぎぬ 10 しろその, 於て, 相違なく, 過ぎないの, 違げえ, 違ない 9 かかわらずその, せよ, 相違なし 8 ちがいありません, や, 相違なかっ, 相違無い, 違えねえ, 非ざれ 7 したところ, しろ, すぎないの, よれり, 甲斐なき, 至れり, 過ぎないと, 非ずして

6 [12件] かかわらず, すぎずその, ちがいなかった, ちげえ, ちげえねえ, 似たれども, 依って, 外ならない, 拘らずその, 越したこと, 過ぎずして, 違ひなかつた

5 かかわらずそれ, すぎないと, すぎなかった, ちがいなく, よれば, 似て, 因って, 相違なかろ, 至っては, 過ぎなかつた

4 [18件] きまつて, して, しろそれ, しろ自分, すぎません, せよそれ, せよ今, せよ私, つけて, 拘らずこの, 由って, 相異, 相違なかつた, 相違は, 至りしは, 過ぎず, 過ぎないので, 関らず

3 [28件] あのやう, あらず人, お米, かかわらずこの, かかわらず今, こしたこと, しては, しろ今日, しろ彼, せよその, せよないに, つけても, とどまつ, 他ならない, 加へて, 因みて, 外ならぬ, 大晦日と, 枝が, 極つて, 比して, 決って, 異ひない, 至る, 違いなかろ, 違ひ無い, 關らず, 非ずや

2 [114件] あらざるが, あらざるなり, あらざれども, あらずやと, あらずんば, あらねば, おどろきて, かいなき, かかわらずある, かかわらずいつも, かかわらずなお, かかわらずまた, かかわらず当時, かかわらず急, かかわらず私たち, かかわらず観客, きまったもの, きまってる, したって, しろない, しろまだ, しろやはり, しろ兎, しろ女, しろ年齢, しろ男子, しろ簡単, すぎずそして, すぎず真実彼, すぎないから, すぎないけれども, すぎないという, すぎないといふ, すぎないもの, すぎなかつた, せよそれほど, せよそんな, せよやっぱり, せよ一言一行, せよ少く, せよ成金, せよ独身, せよ超, それを, ちがいあるまい, ちがいなかろ, なんの, のせて, ひきかへ, ほかならぬ, みても, 上人皺枯れたる, 争で, 今度は, 任して, 似たれど, 依つて, 先に, 反し一度, 反し彼, 反し歴史学, 哺乳器の, 因る, 因ると, 因んで, 多方源太, 夫れ, 如くは, 存する, 引き替えおれ, 御覽, 応じて, 感服す, 拘らずそれ, 拘らず一, 拘らず之, 拘らず今日, 拘らず嚮, 據る, 注意すべきである, 父の, 狂氣する, 由らずむばあらじ, 由るか, 由る乎, 由れり, 甲斐なく, 疑いない, 相違ございません, 相違なから, 至った, 至つては, 至て, 至ては, 至りしを, 至るは, 至る可, 足らざるを, 身を, 過ぎず永遠, 過ぎないという, 過ぎないのに, 過ぎないよう, 過ぎなかつたが, 過ぎぬの, 違いありませぬ, 違いございませぬ, 違いなく, 違いは, 違げえねえ, 違ひあるまい, 違ひないです, 非ざる, 非す

1 [1103件 抜粋] あっても, あの長い, あまつさえそれ, あらざること, あらざるを, あらざる限, あらすと, あらずげに, あらずと, あらずやとは, あらず伊太利古跡, あらず公明正大, あらず卒然, あらず年, あらず彼等, あらず思想, あらず無き, あらず自ら, あらず趣向, あらず食, あられず出刃, あられぬ思い, あるが, あろうこと, いたせ阿野廉子, いたらせたる功績, いたれば, いまの, おまえは, お気の毒視, かかはらず人物, かかはらず長雨, かかわらずいつのまに, かかわらずかえって, かかわらずこれら, かかわらずさして, かかわらずそういう, かかわらずちょうど, かかわらずとにかく, かかわらずひとり世間, かかわらずもはや, かかわらずカメラ, かかわらず一向, かかわらず一応, かかわらず一種, かかわらず七兵衛, かかわらず世間, かかわらず久しぶり, かかわらず人, かかわらず人物的, かかわらず人間的, かかわらず他, かかわらず何やら, かかわらず作物, かかわらず児童, かかわらず勤労, かかわらず右, かかわらず名手, かかわらず多数人, かかわらず始終, かかわらず子, かかわらず廃せられ子, かかわらず往々, かかわらず従来一郡, かかわらず心理的, かかわらず或, かかわらず放免, かかわらず日本, かかわらず最も, かかわらず本質, かかわらず来訪者, かかわらず歯, かかわらず油絵, かかわらず独り, かかわらず現在, かかわらず生活, かかわらず眞, かかわらず短篇小説, かかわらず研究, かかわらず約, かかわらず自分, かかわらず農民, かかわらず逃げるとは, かかわらず量的, かかわらず非常, かかわらず黒い, きまっておる, きまってるから, きまってるわ, きまつてるもの, くらべて, このよう, この事, この幸, ご歩行, さきの, さるべき人たち六七人, しかもその, したところが, してでも, しろあなた, しろいかに, しろいま, しろお前, しろこれ, しろじつに, しろそこ, しろそれら, しろとまったまま, しろないに, しろひろ子, しろまさしく, しろもし, しろブランカ, しろ一度, しろ中国解放, しろ他, しろ伸子自身, しろ何故, しろ又, しろ引き, しろ惡, しろ戦争反対者, しろ掛金, しろ春雨, しろ本質, しろ洋画, しろ焼酎, しろ猿, しろ生活, しろ矢代, しろ私共, しろ総体, しろ自分たち女性, しろ觀劇的興味, しろ貴女, しろ辛辣, しろ食堂, すきつつ, すぎずいかに, すぎずただ, すぎずヤミ, すぎず即ち, すぎず従って, すぎず砂粒, すぎないが, すぎないし, すぎないだから, すぎないだらう, すぎない数学的真理, すぎなかったの, すぎぬこと, すぎぬ弁, せよあるいは, せよいま, せよかく, せよこう, せよこの, せよその小さな, せよとにかく, せよない, せよまず, せよやがて, せよよし, せよ一生, せよ一般, せよ不完全, せよ事実, せよ今日, せよ仏, せよ僕, せよ共謀, せよ劃然, せよ否, せよ外國, せよ如何に, せよ広大, せよ彼女たち, せよ心理的研究, せよ情, せよ所謂, せよ支離滅裂, せよ早晩, せよ暗い, せよ無い, せよ熱烈, せよ現実的, せよ知らないまま, せよ私自身, せよ結婚, せよ美しい, せよ良人, せよ誰, せよ釈迦, そういない, そのうえあの, その兄弟頭, その挨拶, その父, その肉体, その鴻山, それは, ちがいないだろう, ちがい無い, ちげえねえです, とかく欧人, とどまらず学術そのもの, どうした, なぜおれ, ひきかえて, ふさわしい, ふと今日, ほひ百合, ましたこと, またまた司馬懿仲達, まだ注連, みずから叛乱の, やがておとずれ, やと, よくよくただし, よったもの, よれりアンテノリ, われらのみ, クレマンソウは, ポルジイは, ヨブは, 一致せしむべく, 不思議は, 世を, 中の, 乗じ今度ランギニ, 予は, 二人ともに, 五兵衞は, 井上博士を, 人の, 今人は, 今更ながら, 他ならぬ, 他方においては, 付き源次郎, 付當日の, 任せみだりに, 会す, 似ざりき, 似たるが, 似たるも, 似三池, 似居る, 何かを, 何ぞ汝独り失望教, 何故に, 何故今日, 何故藁人形, 依り団員全部, 依るとも, 依るもの, 係らずその, 係らず崩御後二年一ヶ月, 係らず部分, 先刻転んだ, 其甲斐あら, 出迎への, 到ったかを, 到っては, 加之, 勝る, 原づき, 又候, 及んで, 反しそれ, 反しロココ, 反し亭主, 反し国, 反し技術的精神, 反し毒消し, 反し真, 反し自分, 反し観想, 反し賢婦人, 反し野獣, 反し阪中君, 古来その, 同じく名目抄, 吐いた反吐, 吾, 呪文を, 因りて, 因るか, 土方が, 坤軸をも, 基づく, 堪へず一つ, 墨の, 外ならなかった, 夜の, 大空から, 如かずと, 妻が, 存する故, 定った, 定つて, 実際は, 寺社奉行所へ, 左り, 引かえ, 引きかえ私, 引替えて, 強いは, 当るが, 彼ら親子の, 彼船長の, 従うべきもの, 御覧なさりませ, 心勇み, 快からず, 思ひ及んだから, 恐れ入ったただ, 悪口する, 愚俗は, 感じ猶, 我の, 我れ, 手六本足六本の, 手杯を, 拘はらずあれ, 拘はらずどうしても, 拘はらず吝嗇, 拘はらず欧羅巴, 拘はらず綜合的, 拘はらず芸術態度, 拘はらず言葉, 拘らずあまり, 拘らずさ, 拘らずそれから, 拘らずたより, 拘らずなほ, 拘らずもはや決して, 拘らずドストエフスキー, 拘らず一応, 拘らず一見少し, 拘らず世間, 拘らず今, 拘らず余自身, 拘らず例, 拘らず其南, 拘らず出すと, 拘らず否, 拘らず多く, 拘らず子, 拘らず尚, 拘らず強い, 拘らず御, 拘らず成功, 拘らず政治闘争, 拘らず朝廷, 拘らず法規上, 拘らず狆, 拘らず眞理, 拘らず積雪, 拘らず能登守, 拘らず芝居掛つた, 拘らず軽々しく, 拘らず金融資本独裁, 拘らず隨分贊成者, 拘わらずあまり, 拘わらずこれ, 拘わらずそれら, 拘わらずなお, 拘わらず世間, 拘わらず依然として, 拘わらず古来, 拘わらず此時, 拘わらず直ちに, 拘わらず顔, 拠ったもの, 拠ること, 振り返りて, 據れる, 敵かと, 文明の, 早うお目にかからね, 服せしが, 本づきたる, 本多家の, 果ては, 極っ, 極まって, 止って, 止まって, 止まらず却って, 止まらず絶えず, 止まり其真面目, 止まる, 止らず又, 止る, 此者儀初の, 殿を, 気が, 気がついたので, 気付きたり, 気附たり, 汝は, 決つて居ります, 決まって, 泣けるなり, 無理圧し, 照らすと, 犬という, 猫に, 玉の, 生きながら, 由る, 由るのみ, 留守居の, 當時は, 白布掛けたる, 盡きる, 相応しい最初, 相違ありませんです, 相違ございませぬ, 相違なき, 相違ねエと, 等し, 精神の, 維盛卿も, 縁りて, 縱令いかなる, 而も, 聽くもの, 臨んで, 至ったの, 至つて人や, 至らしめしと, 至らば, 至りしならん, 至りし始末, 至りては, 至るべしとの, 至る其間雪, 與四郎心ならず, 船には, 色の, 苦しみしが, 著座と, 衣袍の, 襟を, 見て, 誘はれて, 諸家の, 貪名, 越前定めし, 足らずしかして, 近江へ, 逢へば, 遇い我東京専門学校, 遇わば, 過ぎざるのみ, 過ぎずと, 過ぎず従って, 過ぎないか, 過ぎないから, 過ぎないこの, 過ぎないで, 過ぎないなぜ, 過ぎない其, 過ぎない場合, 過ぎない従って, 過ぎない間違ったら御, 過ぎなかった処, 過ぎなかつた一つ, 過ぎぬから, 過ぎぬであらう, 過ぎぬところ, 過ぎまい, 過ぎませんよ, 過去は, 違いな, 違いねえ, 違えねえその, 違えねん, 違ねえと, 違ひありませぬ, 違ひねえと, 郎は, 鑑みここ, 鑑み詩, 関はらず, 闇は, 隠そうと, 非され, 非る, 願っては, 駕籠から, 驚きたり, 驚きぬ机, 驚く, 驚く彼, 鰤や, 黄生その

▼ ある~ (3318, 1.0%)

56 それに 16 するから 15 第一 12 またその 8 それを, 私は 7 それが, 彼の, 自分の 6 おまけに, するので, それは, それよりも, 私の 5 そうかと, また, 彼が, 日本の, 立派な, 自分が 4 これに, またこの, 今の, 今日の, 何も, 僕は, 家の, 私も

3 [23件] ここで, これが, これを, そのほか, それから, 今は, 今も, 他の, 又, 夜の, 夜は, 女の, 子供も, 年も, 当人の, 彼は, 或る, 旁, 時と, 時による, 自分も, 途中で, 頭も

2 [140件] あとの, あのほう, あの撥だこ, いろいろの, お駒, こ, ここの, ここを, ことによる, このこと, この歌, これからも, これから小説化, これは, これほど, これまで, こんどは, しかもその, そこへ, そして又夢, その上, その中, その他の, その頃, それから此方, それでなく, それと, それには, それに辰夫, それも, それ以前にも, ただむなしく, ちょっと見当, つまらない, どうした, どちらも, ほかに, ほかの, またそういう, またそれ, またそれほど, また人, また今, また他, また全部, また御, また私, まだ少し酒, もし現代, オモチャでも, 一方には, 一方は, 且つまた, 両親の, 中, 二合も, 人から, 人目も, 人間の, 仕着せや, 他に, 何かの, 信長とは, 入れられん者, 効果の, 又いくら, 又この, 又そういう, 又その, 又それ, 又世間, 又之, 又其所, 又最後, 又歴史的, 又自分, 双眼鏡と, 反対に, 右へ, 同時にそれ, 同時に今日, 君に, 塚原土佐守が, 壁は, 女房を, 実際には, 実際にも, 小屋の, 店には, 後者は, 御本人, 急に, 文学が, 時代も, 暫く会, 本家, 本来辰夫に, 歩くの, 残して, 母が, 母の, 水の, 水も, 海の, 海へ, 滑稽でも, 火輪船の, 父は, 現にその, 現在でも, 男の, 男は, 目は, 真の, 福子も, 私が, 簡単な, 翌る, 腹も, 自分でも, 自分のも, 自分は, 自宅で, 自害を, 自身としても, 舟は, 色は, 辟易し, 近頃また, 遊んで, 道が, 遠縁の, 都会は, 鉄さんは, 長吉は, 門の, 非常に, 飛行機の, 駈けつけて, 髪も

1 [2741件 抜粋] ああいう, あたしたちの, あって, あのヒダ, あの時, あまり礼, あるいは毅然, あるもの, あれは, いい時, いくらでも, いずれは, いつも万燈, いやいや殿, いろいろと, うす汚い, うまく手, おかしいよう, おなかは, おまえにだって, おれたちは, お前さんも, お布施は, お湯の, お節の, お茶菓子, かういふ書物, かたがた又, かたがた紙上で, かつ読者, かのご, きみの, こいつあ, こうすべて, ここに, こちらも, ことには, ことに川村家, ことに遺子おのおの, このまま, この啓蒙, この方面, この辺, これからますます自分, これや, こんな面白い, さうし, さすがの, さんざ苦労, しかも非常, しつかりした目標, じしん得意, すこぶる頼り, せっかちに, そういう事情, そうでない, そうゆっくりし, そう骨折らない, そしてこの小さな, そちたちも, そのうえ横山属, そのやう, その上省略, その他万般の, その前, その塾, その後子供たちの, その政治家, その無我夢中, その確信, その自信, その輪廓, それからまた人, それから猶, それぞれ皆相当な, それにあの, それに亜米利加, それまで, それ故に, そんな心配, たいていは, たしかに莫大, たとえ判った, だるいしという, ちょっとからかわれた, つい先ごろ, つぎはぎの当った, できないこと, とうてい太刀打ち, とても一生, とにかくそこ, どうかする, どうせ私, どの山, ないと, なお将来, なにかで, なんだか変, のみならず彼, ひとつこの, ひどく味, べつに色, ほとんど生き, まあ四, ましてソヴェト, またいちばん, またおれ, またこうしてまだ, またそう, またともすれば清水, またまずい, またジャン, またライヘンバッハ, また一面不気味, また人格, また伯林, また信仰的, また冬, また君たち, また外部, また妙, また山本, また幾通り, また従姉自身, また或, また敗戦者, また書面, また武家, また水天, また父兄, また現代, また福島市松, また自分, また見苦しく, また醜, また青扇, まだうばざくら, まるっきり作りごと, みぞには, むずかしくて, もう少し遡る, もし出来る, もちろん水金, もともと気, やつは, よくそんな, よしんば彼, わからないもの, わけて御, わしも, われとわが身, ウムハゲタ見事に, カントの, キミ子を, コンクリートの, ストリップも, ソウジは, テンヤワンヤです, ヌル湯の, パンなら, プロレタリア作家の, ポオが, マングローブ, ヨーロッパでも, ローマの, 一つは, 一人は, 一同疲れ, 一度そんな, 一晩も, 一般の, 一面今までの, 万事平穏に, 三十人という, 三浦半島の, 上海には, 下駄を, 不破数右衛門は, 世を, 世間さまには, 両刀の, 並んで, 中島福田女史たちの, 丸太ン棒の, 乾菜も, 事実貧富暖寒の, 二人ながら, 二度で, 云は, 亜米利加には, 人力車は, 人民の, 今一つは, 今後は, 仏と, 他には, 仙台の, 伊瀬も, 会場その他の, 伯父も, 体つきが, 何かと思った, 何でも可, 何事であろう, 何寝, 余罪も, 作家らしからぬ, 便器も, 假想的に, 働く男女, 僕も, 元来三家の, 兄弟たちも, 先方は, 兎も, 八田青年が, 共に生き, 内地には, 処置の, 刀剣にも, 列車の, 別に大して面白い, 別嬪も, 剛愎な, 助手が, 勝手は, 北方の, 医者も, 十年も, 千里の, 南方から, 厚い人間味, 去年頃から, 又こまかく, 又そう, 又は鍵繩, 又世にも, 又何, 又労働者, 又姓名, 又後, 又数え, 又本気, 又特殊, 又私, 又蓮, 又非常, 反駁する, 口喧しい神様, 句作を, 同じ乗るなら, 同性愛の, 同時に宝蔵院, 名前は, 君も, 呑牛や, 和算を, 唐天竺にゃ, 商売を, 喫みかけた, 国土を, 在野の, 地震と, 塗り代へで, 売人も, 外に, 多分そこで, 多年の, 夜来れ, 大して気, 大体の, 大木戸には, 大阪の, 天性血を, 太湖の, 失敗で, 女に対しては, 女房も, 妖しい胸, 妾から, 娘の, 子供と, 学者だ, 安福軒が, 実業家の, 実験台の, 家も, 家来では, 宿直の, 寒くも, 寺では, 尊重の, 小中大学に, 小柄な, 小間物屋善兵衛の, 少なくも経験, 居合わせた定, 山を, 岡の, 川田順氏に, 己れ, 帝系からも, 常識の, 平均二十分といふ, 年だって, 幸ひ, 幼兒の, 広く一般大衆, 廊下で, 式部の, 弛む氣, 張浩も, 当つて, 形から, 彼に対する, 彼自身も, 後の, 御両人は, 御存じであろう, 復讎の, 心弱く面会, 必ず同志, 忘れて, 思い切りが, 恐らく大船, 悪性も, 愛情関係を, 成るたけ金, 或ひ, 所労の, 手を, 抱えの, 拿捕され, 探偵小説の, 政治的には, 救われるという, 敵は, 斧の, 新カント学派, 新聞社に, 旅館も, 日数も, 日本人として, 日本民謡の, 早く帰し, 昌造十一歳の, 昔の, 是非帰っ, 時には雨, 時日も, 智慧が, 曲の, 書いたもの, 書道華道茶道料理に, 月の, 木の実も, 木谷も, 本当としても, 本質的に, 材木を, 枕も, 柴田といふ, 案外拙者, 森も, 棺桶を, 権之, 欄間などの, 正義は, 武士の, 歩きさえ, 死後すぐ, 殊に公開, 殊に感想, 殺人は, 毎朝子どもたちが, 気を, 気楽でも, 水車場の, 江戸へ, 沼か, 泣くこと, 洪水に, 浜田君は, 海から, 深さ, 温泉にも, 火の気も, 無い人, 無用に, 焼打ちの, 父が, 片方は, 物分りも, 特に植物, 状箱は, 独り傷まし, 玄関に, 現にもう滝尾, 現代に, 現象學的立場からは, 甚しい, 生活が, 甲斐の, 町は, 留守の, 疊や, 病院の, 白猫が, 百貨店みたいな, 監督だった, 直き, 相手が, 知って, 知識人の, 石油も, 硬い歯, 神棚の, 禰宜さまの, 私たちには, 私達が, 突然な, 笑いたくなること, 第一囘, 箏は, 約束した, 素人ふうに, 結婚後の, 総じて小, 罹災民の, 美術として, 老いすがれ, 老臣を, 耶蘇の, 肉体的訓練という, 胃酸を, 脚もとの, 腰高障子の, 自分からは, 自分を, 興味も, 色紙は, 花月園が, 若い血, 苦悩を, 茶道の, 落着い, 薬を, 虹で, 蠅や, 血色も, 表の, 裏手の, 見上げるばかりの, 親や, 言葉も, 設備の, 話さずに, 読まぬこと, 誰にも, 諸外国, 變な, 貧乏徳利が, 費用も, 赤城山中には, 踊りも, 身分は, 軍人さんの, 輔佐の, 迂濶, 近所でも, 退屈至極な, 通用する, 遊戯の, 道は, 遠くは, 那覇に, 郷土人の, 醜い仕事, 重盛を, 金ばなれ, 銀行の, 鎧や, 長柄や, 閣議に, 降りるには, 随分身勝手, 雨降りの, 電話は, 青くする, 頂から, 頭や, 顔淵の, 飛びこむところ, 馬田も, 駒吉も, 高いと, 高貴な, 鰻でも, 麻疹の, 黙ってるの

▼ あるかも~ (3041, 0.9%)

693 知れない 355 しれない 217 知れないが 198 知れぬ 111 知れぬが 110 しれないが 100 知れません 79 知れないと 65 知れませんが 49 しれないと 47 しれぬ, しれません 34 しれぬが 30 知れぬと 28 知れないから 25 知れん 23 しれないの 22 知れないの 20 わからない 17 知れんが 16 しれぬと 15 しれないから, 知れないという, 知れなかつた 13 知れないけれども 12 知れないけれど 11 しれん, 知れないよ, 知れませぬ 10 知れませぬが 9 しれないけれども, しれないし, しれませんが 8 知れぬという, 知れねえ 7 しれないという, 知らぬが, 知れないし, 知れないね, 知れなかった 6 しれなかった, しれねえ, 知れないので 5 しれないけれど, しれないぜ, しれぬという, しれませんね, しれませんよ, 知れませんから, 知れませんよ 4 しれないしかし, しれないぞ, わかりません, 分らない, 知れないこと, 知れないその, 知れないわ, 知れませんね, 解らない

3 [19件] しれないからね, しれないよう, しれないわ, しれませぬが, しれませんから, しれませんぜ, しれんが, わからないの, わからぬが, 判らないと, 知らないが, 知らなかつた, 知れないからね, 知れないといふ, 知れないな, 知れないよう, 知れねえが, 知れませんけれども, 知れんから

2 [56件] しれずまた, しれないけど, しれないしかして, しれないそういう, しれないね, しれないねえ, しれないので, しれぬの, しれねえが, しれませんからね, しれませんな, しれんと, ちゃんと知っ, はっきりしない, よく御存じ, わからず御家人, わからないが, わからなかった, 判らない傍, 判らぬその, 判りません, 存在を通じて, 忘れて, 知らないで, 知らぬ, 知らんが, 知れず, 知れずそれ, 知れずまた, 知れず死んだあと, 知れないけど, 知れないそんな, 知れないでは, 知れないとか, 知れないとも, 知れないのに, 知れない然し, 知れぬけれども, 知れぬこと, 知れぬの, 知れぬので, 知れぬ闖入者, 知れねえからな, 知れねど, 知れませぬけれども, 知れませんからね, 知れませんけれど, 知れませんし, 知れませんもの, 知れません少し, 知れんがね, 知れんけど, 知れんと, 知れんという, 知んねえ, 解って

1 [306件] あらためて思う, お分り, きいたこと, ここでは, この, しれず, しれずあるいは, しれずこの, しれずこれこれ, しれずそう, しれずそれ, しれずとの, しれず国庫, しれず大事, しれないあの, しれないおまえ, しれないからな, しれないからねえ, しれないがね, しれないけれ共, しれないこと, しれないこの, しれないさ, しれないそう, しれないといったくらいの, しれないといふ, しれないところ, しれないとの, しれないとも, しれないな, しれないなあ, しれないなどと, しれないなどという, しれないのよ, しれないもの, しれないよ, しれない下, しれない事実それ, しれない何れ, しれない全編, しれない単に, しれない地殻, しれない慥か, しれない探検記, しれない書き方, しれない板一枚, しれない私, しれない話して, しれない道具, しれなかったから, しれなかったが, しれなかったの, しれなくってよ, しれぬいずれ, しれぬこと, しれぬぞ, しれぬとして, しれぬな, しれぬゆえ, しれぬゆだんすると, しれねえから, しれねえがね, しれねえという, しれねえなと, しれませぬ, しれませぬのう, しれませんからな, しれませんけど, しれませんけれど, しれませんし, しれませんしかし, しれませんので, しれませんわね, しれません実は, しれんこんな, しれんぞ, しれんだが, しれんとね, しれんなんて, しれんね, しれんので, しれんよ, しン, そのあこがれ, その家族, その歌, それは, つき込んで, またおのずから, また彼, まだ全然わからない, まるで知らなかった, よくわからない, よくわかりませんでした, よく弁え, わかった, わかったもの, わかって, わからずしまいに, わからずどんな, わからずまた, わからず捕えること, わからないからと, わからないと, わからないほど, わからない情勢, わからない杉田屋, わからぬ, わからぬと, わからぬという, わからぬらしい, わからぬ混迷, わからぬ遠, わからねえ, わからねえのに, わからんぞ, わかります, わかりませんからね, わかり得るの, わかるよう, 不可解であった, 不思議だった, 不明である, 不明な, 之で, 今では, 今は, 何である, 余には, 俺たちの, 全く判断, 分らないこのごろ, 分らないと, 分らぬ, 分らぬが, 分らん, 分りません, 分りませんが, 分れへん, 分れへんし, 判らず狭い, 判らない, 判らないそれ, 判らない困ったこと, 判らん, 判りかね幾分, 十分に, 図りがたい, 存じませぬ, 学んだ, 學んだ, 實行し, 小林の, 居, 彼の, 御存じの, 思い出されないの, 想像が, 感じなかった, 承知し, 推定される, 春雨の, 時には, 暫くは, 気がつかずに, 気づかずに, 深く考えられる, 測り難い, 現實, 理解され得るであらう, 知つ, 知つてゐた, 知つてゐるだらう, 知らず, 知らずお, 知らず何, 知らず手紙, 知らず況や, 知らず胃薬, 知らない, 知らない当人, 知らなかったの, 知らなかったローマ, 知らなければ, 知らぬと, 知らねえん, 知らんけれども, 知れえせんね, 知れずあるいは, 知れずこんなに, 知れずその, 知れずたちどころに, 知れずドイツ, 知れず先ず, 知れず夫, 知れず独り, 知れず玄海灘, 知れず要するに, 知れないいはんや, 知れないお前, 知れないからって, 知れないからと, 知れないぐらい, 知れないけだし, 知れないけれ共, 知れないこの, 知れないさ, 知れないぜ, 知れないそれ, 知れないぞと, 知れないた, 知れないただ, 知れないだが, 知れないて, 知れないとの, 知れないとは, 知れないなかっ, 知れないなかつたら向う川岸, 知れないに, 知れないねえ, 知れないねと, 知れないのよ, 知れないもの, 知れないん, 知れないドド, 知れないヘンリイ・ジエームス, 知れない事, 知れない併, 知れない例えば, 知れない可能性, 知れない台座, 知れない当分どこ, 知れない心当り, 知れない敬坊, 知れない氣, 知れない物, 知れない私, 知れない立, 知れない話, 知れなかったの, 知れぬからこそ, 知れぬけれど, 知れぬしかし, 知れぬしかもあるいは, 知れぬその, 知れぬとにかく, 知れぬなどと, 知れぬのみ, 知れぬまた, 知れぬやう, 知れぬス, 知れぬ不足, 知れぬ何, 知れぬ故, 知れぬ気, 知れぬ然し, 知れぬ芭蕉蕪村, 知れぬ貴い, 知れねえぜ, 知れねえと, 知れねえ夜寒むし, 知れま, 知れませぬに, 知れませぬ他, 知れませぬ隨分, 知れませんあの, 知れませんぜ, 知れませんその, 知れませんでしたし, 知れませんですよ, 知れませんと, 知れませんな, 知れませんので, 知れませんまた, 知れませんわね, 知れませんワ, 知れません女, 知れません既に, 知れんさ, 知れんぜ, 知れんぞ, 知れんですなあ, 知れんな, 知れんよ, 知れん叩き, 知れん私, 知んねえでな, 知悉した, 私は, 突き止めること, 聞かずおおよう, 自分で, 見れば, 規定されない, 解さないとは, 解らないだらう, 解らないだろう人, 解らなかったし, 解らん, 計りかねますので, 計りがたい, 訣らない, 詳しくわかっ, 説明し, 調べねば, 酔払ひ

▼ ある~ (2460, 0.7%)

20 が, だから 18 だ, ならば 17 であった, でなければ 16 のよう, はこれ 15 である, の説, は, はその 14 の話 13 だと 11 の心 10 がその, はそれ 9 であつ, なの, は誰 8 だが 7 が来, だった, ではない, にし, のこと, の家, の手

6 [15件] がある, がお, がこの, でした, です, ですから, に言, のため, のところ, のよめる, の子, の顔, はこの, はまた, は私

5 から, が多い, が彼, なれば, の娘, の目, の言葉

4 [26件] からこんな, がいった, がいる, がこんな, がそれ, が生, が私, だつた, であると, でしたから, ですが, でなくては, なので, なのに, なり, なん, に頼まれ, のいう, のする, の前, の周旋, はない, は今, は彼, は自分, は言う

3 [45件] から見たら, があっ, がこういう, が神, が自分, だし, だそう, であったが, であるから, でないと, と結婚, なら誰, にした, にはその, に向かっ, に渡し, の世話, の中, の事, の口, の如く, の気, の眼, の紹介, の耳, の言, の詠める, の面影, はあの, はいう, はいうであろう, はそういう, はただ, はどこ, は二年目, は云, は何, は必ず, は決して, は知っ, もあります, もある, よ, を予想, を見る

2 [162件] うらやましく我, か, からかう, から君, から私, から聞いた, から見れ, があったら, があり, があんな, がかなり, がき, がそう, がたずねた, がまだ, がもう, が云う, が云った, が今, が何, が何故, が先師, が北海道, が嫁, が少ない, が展覧会, が幾人, が晴れ渡った, が書く, が横, が注意, が申しました, が聞い, が見る, が言, が言った, が訪問, が路, だか, だけれども, だったが, だという, だとも, だもの, って, で, であ, であったから, であろうと, でこの, でさ, ですね, でその, でで, でない, ではあった, ではある, ではなかっ, でもどうせ, でも歌人, で何, で信頼, で横浜方面, とない, とは思わなかった, とは見えない, とみえ, とも思はなかつた, と事, と云う, と同じ, と見え, ならすぐ, ならだれ, に, にいはせる, にとっては彼, になる, に云, に共通, に取っ, に句, に注意, に相違, に語った, に違い, に限っ, に非, の, のある, のご, のその, の一生, の不幸, の別荘, の名, の噂, の妻, の実験談, の居ない, の屋敷, の常, の庭, の影, の心安, の所蔵, の招待, の指金, の教, の書いた, の果て, の氣, の生きた, の生活, の生涯, の答え, の肖像, の身の上, の邸, の銀婚式, の間, はある, はいいました, はいかに, はいくら, はこんな, はごく, はだれ, はほとんど, はもつ, は一生, は人, は人間, は他, は初め, は十銭, は友, は幸福, は我, は我国, は早速, は比較的, は氏, は男, は皆, は眼, ばかりでなく, も, もお, もその, らしい, らしく思われた, をし, をとて御, を愛した, を探し, を殺す, を物色, を狼顧○義无, を豫想, 尽くすで, 然ら

1 [1428件 抜粋] あさら, ありや, いさめて, かさ, かという疑問, からの投書, からはいくらでも, からひやかされました, から今日, から嘆かれ, から床の間, から承っ, から申し上げる, から聞い, から見られたら, から貰, から買っ, から頼まれ, か一向に, があざけっ, がありましょう, がいい始めた, がいっ, がおかあさん, がきゅう, がこれ, がそんなに, がたとえた, がどうしても, がなし, がはじめて, がまず, がみずから, がゆりかさん, がアヴァンガルド, がスイッツル, が一, が一家, が一等, が三町, が主人公, が二三人, が云っ, が人間, が他人, が伊勢, が住む, が供, が僅か, が入院, が出なかつた, が君, が地平線, が多, が大, が妻子, が孔明, が審査, が居ない, が山陽, が巡査, が当然, が意識, が持っ, が斉, が旅, が日本画, が書いた, が来ない, が根本的, が橋, が死ん, が沢山, が流, が父, が田沼さん, が町角, が皮革業, が県令, が祇園下, が秋声君, が竹箒, が緑, が自己, が行け, が見かね, が言う, が訊いた, が試し, が諭吉, が買った, が軽く, が避け, が銀行, が非常, けのない, ことさらに, さ, じゃありません, そのため, ぞきたれり, だがね, だけがもらす, だけが集まっ, だけに所蔵, ださうである, だったし, だったの, だったもん, だって思いきっ, だなあ, だよ, だろうという, だ人, であったと, であったならば, であって, でありましたけれども, でありますけれど, であるけれども, であるよう, である自制, であろう, でうっかり, でございましてね, でしょう, ですか, ですもの, でそこ, でつし, でないの, ではなく, でもあった, でもい, でもこんなに, でもなけれ, でも一度, でも全力, でも地下, でも毎日毎日変, でも道中, でわしら, でザト, で今, で和歌, で尊敬, で後に, で息子たち, で新刊, で此場面, で氣, で病気, で聡明, で見た, ということ, といふの, とかともかく, とか大変物, としてあらはれ, としての伊達政宗, として怖, とちがう, とともに御用, との間, とはいまや, とは思う, とは申さず, とは試合, とも見えない, とフローベール, と二とおり, と会う, と信じた, と取り違え, と思っ, と択ぶ, と約束, と言う, と語った, と面会, どす, などはあて付け, などは歌, などを後宮, ならいつ, ならこの, ならそりゃ, ならもっと, なら京都, なら公爵, なら役に立つもの, なら耳, なりと常々京都, なるべし, なんかなん, にあらざれ, にいはれた, にかぎらず, にこんな, にすべて, にたいする愛情, にたんまり, にて欺き, にとってはいながらにして, にとっては一つ, にとっては巷, にとっては衣料, にとって切実, になつ, にはあまり, にはできない, にはべつに, にはやつぱりどこか, には一層, には出, には参考, には好かれない, には屹, には煩瑣, には理解, には空しく, には苦痛, には解り, には遊び, にもあらず, にも少なく, によってこの, によつて, によれ, に今, に伺います, に依っ, に助け, に向っ, に呼ばれた, に女王, に嫌, に対しては傑作, に帰す, に思われ, に愛され, に拾われた, に斯, に来客, に次, に死後, に気, に留められ, に真実, に示さん, に聞い, に聞く, に薫, に見せ, に言いました, に調査, に貰った, に迷惑, に逢, に遇, に酷似, に限る, に面会, に頼ん, に食べさせたい, のいい, のいない, のお, のかう, のし好, のだれ, のなる, のぽ, のみを通す, のもと, のやるべき, のわざ, の一宴會, の云った, の体量, の使, の使命, の倫理学, の公達, の利器, の勝利, の又, の名前, の咄, の問, の執念, の夢, の夫人, の奥様, の好意, の姓, の娘鎌倉若宮僧坊, の宴会, の尊き, の己, の思想, の悲鳴, の感じ, の態度, の所得, の手紙, の抵抗, の数, の書かれた, の書齋, の本, の歌, の気持, の洞察, の狂歌, の病中, の百ヵ日, の研究, の経験, の考, の胸, の脳髄, の舌本, の苗字, の行ひで, の術策, の観察, の言うごとく, の証言, の説く, の貰い子, の足元, の邸宅, の門, の馬丁, の鼻, はあちら, はあるべき, はいいけれ, はいった, はいふ, はええ, はお化け, はかれ, はきっと, はここ, はすでに, はそれでは, はたいへん, はたれなり, はどうも, はないだらう, はひどい, はますます, はみんな, はわたし, はイエス, はコロンバス, はテーブル, はホワイト, は一旦, は不幸, は中途高山植物, は事業, は云ふか, は亡くなった, は今後, は伝来, は何故, は僧侶, は光瑤氏, は全面講和, は六尺, は其東北, は冬, は別段, は北畠親房, は又, は同一量, は向こう, は哲学, は嗤, は地図, は壺井栄さん, は外国, は大, は大抵, は天界, は好き, は婦人労働問題, は孔子, は学部, は寝台, は少ない, は常緑樹, は待ち, は性格, は悲愴, は戀, は扉, は承知致居こと, は抗議, は故人, は教育, は斯うそ, は日本, は春秋, は朗々, は案外, は歎, は此, は死, は水産指導船岩手丸, は洒落, は流し, は温和, は無, は牝馬, は玉, は百頭, は目上, は相手, は石, は社, は神戸行, は稀, は笑ひも, は絶無僅有, は耳, は自己, は若々しい, は蝿, は衣服, は見るべけれ, は言, は言語, は語った, は貨幣, は軽侮, は近ごろ, は違う, は邦原君, は金, は阮甫, は面目, ばかりで, ひどく顔色, への返事, へ渡し, までがそういう, もあらう, もしこれ, もなき, もまた, も其の, も同じ, も尊き, も成仏, も来, も自分, やお, よくこれ, より, より伝聞, より情, より紀念, より見れ, らしいし, らしい書きぶり, らしく思われる, をえらんだ, をこれ, をそれ, をひどく, を乞食, を借り, を力, を呪う, を墓穴, を子供たち, を害する, を御存知, を思っ, を惹きつける, を拾う, を数, を模倣, を特別, を疎外, を知った, を神的, を自分, を見つけよう, を見舞い, を進め, を隠まう, 堪へずし, 当寺, 知れぬ楽しみ, 若くは

▼ あるところ~ (2419, 0.7%)

54 を見る 27 の, のもの 2515 をみる 14 である 1312 です, のこの 10 だが, だと, に一人 9 にひとり 8 だった, のあの, へ出た, へ行っ, を見せ 7 で, にお, の或, まで行く 6 からその, から見る, にはある, には必ず, の私, は, まで来る, をお 5 から, からこの, がある, にある, の人間, へ出, まで, を知っ, を見

4 [11件] であります, なり, におじいさん, にその, の他, はこの, へいっ, までゆく, もある, をよく, を見れ

3 [34件] から判断, から察, から来, から豆腐, がいい, がよく, が面白く, さ, だから, だそう, だという, であった, でその, では, にお爺さん, に人, に心, に歴史, の一切, の例, の古い, の彼, の思惟, の第, の自然, の警察部長, はほとんど, へ, へさらに, へ来, へ来た, へ来る, へ行く, をみれ

2 [146件] からある, からお, からこれ, からし, からみる, から両国橋, から人生, から彼, から推す, から暫く, から生物, から田原, から自然, から色々, から谷川, があった, がお, がこの, がない, が気に入った, が非凡, じゃ, だろう, であるが, でお, でこの, でございます, でした, ですから, ですが, ではない, ではもっと, では何, では全く, では歌, でも足, で何やら, で聞いた, とない, なの, ならどこ, なら廻り, なん, におかあさん, にかわいそう, にきた, にそれ, にてかく, にはきっと, にわが, にデカダンス, にトト, に一疋, に丸山, に大勢, に存在, に宴会, に年, に形, に性質, に我々, に母, に現代人, に生える, に目, に真, に私, に美しい, に習慣, に行っ, に言葉, に躑躅, に金持ち, のかの, のばんくん, のカーテン, の一人, の事實, の吾助, の多く, の大, の天然, の娘, の山, の日常性, の父, の物, の療養所, の真, の破れ, の経書類, の結果, の絶對者, の自分, の芭蕉, の若い, の虚無, の觀念, の道庵先生, の部分, はお, はその, はどこ, はない, は半農半漁, は山, は能登守, へき, へきました, へくる, へそこ, へとかれ, へは更に, へゆく, へドッ, へ一目散, へ來, へ入る, へ再び, へ張り, へ持っ, へ放し, へ案内, へ行き, へ行きます, へ行け, へ行こう, へ行った, までき, まで歩い, まで行っ, まで送っ, もあっ, もあり, も似, をもっ, を子供, を教え, を明らか, を歩い, を汲ん, を示す, を見せた, を見つけ, を誇示, を開い

1 [1582件 抜粋] いかなる不利, かと尋ねる, かも知れません, からかう, からすこし, からそれ, からつけられた, からの美, からは三四町, からは鏡, からみます, からむしろ, からわれわれ囚人, からムッツリ思案, から一斉, から二人, から今, から仏典, から余生, から借り入れた, から入る, から八丁池, から出, から十里四方, から取り戻し, から同族, から四十, から多く, から姿, から少し, から帝位, から後, から悩み, から投身, から斯ん, から時として, から更に, から村民, から死体, から無い, から町奉行以下, から県中, から社会, から紹由, から自然右樣, から葉子, から見, から警察, から通う, から野毛山の下, から養子, があっ, がかう, がすこぶる, がちょっと, がへん, がよかっ, がわかったらしく, が二カ所, が元, が却って, が大好き, が実に, が当時, が新, が演ぜられ, が秋, が競馬, が開かれ, こそまさに, じゃございません, その沼田, だけが瑣末的, だけに世間, だけを読ん, だけを隠し, だって, だろうと, であったり, であらう, であるなと, でいきなり, でかういふ, でざッ, でしょう, ですね, でそのもの, ででん, でな, での心ゆく, ではあろう, ではかの, ではその, ではなかっ, ではみょうに, ではブルジョア婦人雑誌, では三日, では便所, では古い美しい, では地方官庁, では大, では安らか, では從順, では本陣, では浮木, では満潮, では犬神, では相手, では笑泉, では若い, では論議, では飲む, でまず, でもみなさん, でやつ, でフシギ, で一概に, で乗客, で令嬢, で公明正大, で同じ, で墓地, で大学, で妙, で宝石, で川添い, で彼, で御, で或, で暮す, で海, で炎々, で突然, で聞い, で花廼屋, で行き, で言う, で辻, で限られた, で飛込みます, というの, とかつ, とがある, とそう, とを了察, と伸子, と思う, と比べ, と自分たち, なきにし, などは土匪, なども日本固有, など目, なのよ, にあまり, においては四十年前, にお花畑, にきわめて, にこ, にこもっ, にし, にぞうさん, にちい, につれ, にて合, にどっこいしょ, ににはとり, にはあります, にはかならず, にはそれ, にはもはや, には人家, には全く, には彼女, には手, には消息子, には異国人, には金, にまことに, にもっ, にやつ, によって生命, にアクセント, にレーリー, に三人むすこ, に丸髷, に仰き, に住ん, に作家, に値, に出, に出よう, に到着, に千両, に哲學的啓蒙, に坐りたい, に大層, に夫婦, に子供, に寄留, に居, に嵌めこん, に広い, に従う, に必ずしも, に愛, に旅芸妓, に本意, に来た, に横, に毎日, に無理, に獨行道二十一章, に生ずる, に異常, に直ちに, に知識, に空二さん, に納, に老婆, に至っ, に行き, に複雑, に豚, に踊る, に辰吉, に道徳, に限ります, に隠密, に鮨, のあらゆる, のいろいろ, のおとうさん, のかねて, のこの大いなる, のさかな屋, のそして, のそれら, のどろどろ, のぽ, のアラビア・フェリックス, のウェイネモェイネン, のゴルドン君, のジイド, のディルタイ, のフォン, のページ, のヤマユリ, の一, の一種, の三角形, の不断, の主観, の事務員, の五〇号, の交通, の人造人間, の何, の偉人, の全, の凹面鏡, の判決, の北アルプス, の卑近, の印度, の友達, の合成体, の吉近, の名誉心, の味, の喬, の地, の大きな, の大衆, の存在, の学生達, の宝塔, の宮廷, の審査員, の小学校, の山水, の崖, の彼ら, の御, の悪意, の意識, の憎悪, の戸野兵衛, の教育者, の数百枚, の旋風, の日蓮, の旦那さん, の普遍, の最初, の服装, の林蔵, の植民地中国売笑婦, の樹, の毛利氏, の氷河退却時代, の油絵具, の波長, の海岸, の無, の熱情, の物質, の玄関, の生れつき, の田代, の白髭水, の真理, の石垣, の神, の私自身, の竹生島詣で, の簔虫, の素質, の織田信長, の美人, の肉, の腸, の良識, の莫迦, の薬品, の螺旋, の西洋, の豊臣太閤, の資本主義, の赤土, の軍艦淡路, の遠い, の野性的, の鉱毒事件, の間, の雅号, の雪太郎, の青年諸君, の風光明媚, の鬼神谷, はあ, はき, はすなわち, はその間, はたいへん, はの話, はもう, はキャンプ村, は一つ, は両手, は人民, は何処, は充分, は其處, は古風, は噴火口, は大河, は小, は尾州旗本領, は岨づたいに, は往来, は拝田村, は明るかっ, は最早, は波, は物蔭, は皆様, は磐城, は竿, は自然一夜, は見馴れた, は通例東方, は間違ひも, は青竹, ばかりを選ん, へいきついた, へお母さん, へかんきん, へこうして, へさ, へちょっぴり, へでた, へと梅田映画劇場, へなんか, へはこの, へはパパ, へは山, へまで行く, へよばれ, へ一日, へ下り, へ住まわせ, へ先方, へ出る, へ坐る, へ学問, へ届け, へ当ったら, へ後妻, へ押掛け, へ来ました, へ気兼ね, へ父, へ生れ, へ発効後, へ直ぐ, へ綱, へ花札, へ行かう, へ行きなさい, へ行つて其水, へ近づい, へ遠島, へ閉じこめ, へ霊魂, までお, までくる, までたどりつきました, までなんとなく, までの結論, まではつい, までは推進的, までは浮きあがっ, までは行く, までほんとによく, までゆきついた, まで一里, まで以前, まで出, まで出たい, まで後退, まで成長, まで朝勤め, まで来ました, まで登れ, まで練達, まで行, まで読み, まで辷りこむ, まで這い着いた, まで集, もありません, もうなずかれる, もよう, も少し, や, よ, より日本最古, よんで, をおぼえず, をこ, をしっかり, をたった, をてくてく, をのべた, をみつけ, をもっと, を一軒一軒, を二俵, を伝えよう, を切る, を十分, を問う, を女, を察する, を幾日, を御, を感じ, を手, を押す, を指す, を探る, を教えろ, を本流, を正し, を求めな, を沈みきっ, を申しひらきましょう, を発見, を眺め, を知られ, を移り, を考えれ, を自分たち, を見せました, を見よう, を視ます, を詳らか, を諒, を越えれ, を過ぎ, を都, を降り, 常にその, 必ずその, 必ず人民, 思いやりいたわりも, 殊に印形, 迄来, 遠きアリユベイ彼

▼ ある~ (2211, 0.6%)

46 である 30 を知っ 27 だ, だから 25 を知った 23 を発見 18 を忘れ, を私 15 が判明 12 では, を知つて, を証明 11 がわかった, なり 10 は前, は誰, もある 9 がある, は云う, は勿論, は疑い, を, を信じ, を知る 8 がわかる, になる, に気がついた, に氣, は, は事実, は明らか, を知 7 が判った, であらう, です, なれば, もあり, をお, を熟知, を知らない, を示し 6 が分った, だと, だろう, なし, なん, を忘れない, を知り, を示す, を認め

5 [16件] が分る, が明らか, と思う, ない事, に注意, はもちろん, はよく, は君, は後, は申す, は確か, は間違い, を思い出した, を思ひ出した, を感じた, を記憶

4 [19件] が知れる, が考へられる, が訣, だし, と思います, に気が付いた, はある, はいう, は云, は既に, をつくづく, を僕, を希う, を忘れた, を意識, を感じる, を教, を痛感, を見せ

3 [55件] か金, があり, が明, が発見, が胸, さ, じゃあない, であった, でしょう, ですから, で何, なの, ならん, なれど, にも気がついた, に気, に気づい, に相違, に自分, は何人, は少し, は当然, は明白, は疑う, は知っ, は私, は自分, は言う, は言うまでもない, もあつ, もあれ, もお, もまた, も私, をここ, をよく, を主張, を信じる, を否定, を告げ, を思, を思う, を思え, を想像, を意味, を疑わない, を知らず, を確信, を考える, を聞い, を自, を自覚, を言, 無い事, 第二

2 [158件] あり, ある事, か, がその, がわかりました, が人夫, が出来る, が判, が判りました, が多い, が存する, が平家, が後, が必要, が想像, が永久, が直ぐ, が知れた, が自分, が解, これから法師温泉, じゃない, だからと, だが, だった, だらうと, であつ, であるが, であろう, でお, でございますが, でしょうか, でも, と思っ, と思ふ, と思われる, なしと, などは忘れ, などを話した, なので, なるべし, にし, には少し, に依っ, に就, に気がつく, に気がつくだろう, に気付い, に満足, に眺め下した, に間違い, のやう, の外, はこの, はその, はだれ, はまことに, はようやく, は三度, は世, は人, は今更, は否定, は常識, は彼自身, は承知, は明, は明瞭, は曰, は本当, は現代, は甚だ, は疑ふ, は知らない, は確実, は言, は説明, も, もあらう, もあろう, もその, も前, も始め, も珍しく, も知っ, も確め, をこの, をしるせり, をすぐ, をその, をも信じ, をも知っ, をも知った, を今日, を他, を代, を何, を信じたい, を信じ切つ, を信ずる, を僅か, を出立, を君, を始め, を少し, を彼女, を御, を忘れたくない, を忘れる, を思いつい, を思いついた, を思い出し, を思はせる, を思ひ出し, を思ふ, を想はず, を感ずる, を故老, を明, を明らか, を明示, を暗示, を書い, を欲, を注意, を深く, を現実, を疑う, を疾, を発明せり, を相手, を知つたの, を知らなかつた, を知らなけれ, を知らぬ, を知りました, を知れ, を確かめ, を確め, を紹介, を経験, を考え, を考へ, を考へれ, を聞, を自分, を自分達, を要求, を見た, を話した, を認める, を語っ, を説いた, を説き, を誰, を述べよう, を遺憾, を長吉

1 [1013件 抜粋] ある家主, かそれとも, かと恟, かと春衛, かと訝し, かな, かも知れぬ, からその, からも想像, から先日, から推定, から見, か傍眼, か大, か逸, があと, がここ, がすぐ, がだんだん, がない, がまだ, がやつ, がわかっ, がわかつた, がわかります, がわかるだろう, がシミジミ, がヒシヒシ, が一二年, が不安, が事実, が今, が内容, が分っ, が分つ, が分りかけ, が判り, が別, が十分, が君, が大きく, が学問的, が容易, が察せられ, が巧, が往々, が忘れられ, が我々, が明白, が最も, が朝日, が枕草子, が正しい, が沢山, が特に, が理会, が痛ましく, が知られる, が確実, が稲妻, が立派, が考えられ, が覚られる, が解つて, が解り, が解る, が認められ, が起こった, が鍵穴, が閃, が黒物, さえここ, さえ打, さえ知らなかった, じゃある, じや, すら更に, そうしてたった, その事, その大き, その罪悪, その離縁状, だからあなた, だけで, だけは事實, だけは否定, だけは弁, だけは忘れなかった, だけは知っ, だけは確か, だけは認めなけりゃならない, だけを一筆, だけを断っ, だけを知っ, だけを記憶, だったから, だつた, だとでも, だらう, だらう凡そ, だろうから, だろうと, だ南新堀, だ重さんマア心配, ったら驚くほど, であ, であります, であるから, である今, であろうが, でこの, でございましょう併, でしょうし, ですが, でせう, でない其上大佐, でなければ, でもあった, でネパール, で三沢, で云, で今一つ, で其の, で刈り上げ祭り, で又, で大して, で後, で思い出した, で昨夜, で極, で模様, で段々, で理窟, で私, で自分, で解った, で食事, というの, とか, とその, とぞとあり, とてなかなか, となる, との矛盾, とも鏡子, とを見, と信ずる, と兵, と勇み立ち, と存じます, と家, と島中, と思つて, と思ひます, と惟, と書いてない, と申し, と考えました, と考へた, と自分, と鍵穴, ないこと, ながらそれにしても, なしという, などがだいぶ, などについて訳, などは考え, などをそれ, などを考, などを語つて歸, ならじもし, ならむと, なら何, なら男, なれども, に, にすっかり, にちがい, について私, について語る, にて彼, になつた, にはあらざる, にはところどころ, には変り, には気づかなかった, には謂, には非, にまんまと, にも氣, によって世界, によって始めて, による, に依るらしい, に出会っ, に妹娘, に対しては百, に度々, に心づい, に思い及んだ, に思した, に想, に成功, に毫も, に気がつかなかった, に気が付い, に気が付かなかったろう, に気づいた, に気づく, に気付く, に気附, に熱, に私, に違い, のよい, の二つ, の成る, の為, の相違, の結果, の証拠, の證據, はいつ, はいふ, はかう, はざっと, はすぐ, はたしかに, はついに, はとう, はどうにか, はほぼ, はむしろよく, はもはや, はやむを得ない, はよろしゅう, はわざわざ, はアムンゼン, は一度, は一言, は世人, は久しかっ, は争, は争われない, は二人, は京都, は以上説明, は信じ, は免れ, は兼, は分る, は判る, は前御, は前述, は動かし, は即ち, は古今, は否めない, は多年, は天意, は存分, は已む, は彼, は御, は忘れなかつた, は恥しい, は拒み, は数千年, は旧い, は明かだ, は明かなり, は本, は極, は此度神楽坂警察署, は歴史, は気がついた, は澤, は特に, は疑, は疑はれない, は疑わなかった, は皆, は盆がま, は知つて, は確, は素晴らしき, は結局自白, は考えない, は能登屋仁平, は苦, は言うまでもなかろ, は認める, は警察, は辞み, は近代技法, は通例だれ, は金輪際, は間違, またその, まで委しく, まで研究, もすぐ, もゆき子, も一人, も之, も今, も内部, も分り, も呑み込ん, も彼女, も忘れた, も拒み, も明か, も正直, も知, も知り, も確か, も聞かされた, も裕佐, も記憶, も道傍, やその, や只, や尾張, や浅草時代, や重畳, よりその, より考へ, らしいので, をあなた, をいしくも, をいつしか, をかい, をことごとく, をさとられまい, をさほど, をしたい, をしらせ, をしろしめし, をそつくり実行, をちょっと, をどうして, をひし, をまとめ上げ, をもっ, をも知つて, をよろこび, をわからせ, をわれわれ, をハッキリ, を一目, を世界, を主人自ら後, を予期, を云い添える, を今更, を伝聞, を併せ, を僕等, を免れない, を初め, を前, を千世子, を厳然, を同時に, を否認, を唯, を固く, を報じた, を如何, を子供, を察し, を希っ, を幾度, を強い, を彼, を御身, を心細く, を忍ばね, を念, を思いださせ, を思つて, を思はね, を思へ, を思わず, を恃, を悟らず, を悟り得なかった, を惜むの, を想い出した, を感じさせられた, を感づい, を憾み, を承知, を拒まない, を指, を挙ぐる, を探り出しとる, を教え, を教えられ, を敬太郎, を日本人, を明し, を書かね, を本体, を本能的, を残らず云っ, を気付く, を汝隱, を沁, を注目, を滲み込まされます, を熱心, を特に, を申, を疑っ, を痛切, を痛快, を発表, を皆, を直ぐ, を看破られました, を知ってる, を知つたやうに, を知つた私, を知らせず, を知らね, を知らん, を知りたる, を知り及ばない, を知り得なかった, を知り過ぎる, を知れるごとく, を確かめた, を示さう, を示せり, を社会, を秘, を童蒙, を結婚, を絶えず, を考, を考え得なかった, を考へなけれ, を耳, を聞かない, を聞きました, を聞出した, を聴い, を能, を自信, を自白, を若し, を表示, を見, を見て取った, を見なけれ, を見出した, を見受ける, を見落し, を覚え, を覚った, を親, を記者, を許さざるべし, を証拠立て, を話し, を誇, を誇り, を認めた, を認めない, を認め信じ, を認め得ぬ, を語った, を語り, を説かれた, を説明, を読者, を論じた, を識別, を載せ, を述べられた, を過去, を銘記, を附け加えたい, を除く, を非常, を顕, を飲み込み過ぎる, 並びに其聖職, 何となれ, 勿論なれ, 又何, 多し, 大いに現存馬属諸種, 更に又, 決してわが, 疑なか, 疑べからず, 空しからず

▼ ある~ (2087, 0.6%)

3215 はその, は彼 14 はそれ 12 だ, は自分 11 でも 10 である 9 では, はまた 8 か, でなければ, をし 7 は何, は必ず 6 の仕業, はこれ

5 [13件] が, がこの, と見, ならば, なり, なれば, のうち, の方, は一人, は妻子, は幸福, は石, は銃

4 [12件] じゃ, だと, でないと, には誰, のよう, の如く, の心, の眼, はいない, はこの, は一つ, は頭

3 [33件] がその, が見れ, だった, であるが, なき者, なら誰, に對, に最も, に非, の外, の間, はある, はそこ, はだれ, はどこ, はひそか, はみな, はやはり, はよく, は前, は力, は反, は土地, は大, は家, は彼女, は決して, は特に, は私, は縁, は自己, は誰, もない

2 [128件] あり, から代, があつ, がそれ, がそんな, が二人, が先, が出, が基教化, が怪しい, が我々, しかも熱烈, だから, だろう, でございます, ですが, となり, にし, にちがい, には, にはきわめて, には人間, に下る, に向っ, に相違, のすべき, のない, のほか, のやう, の一人, の取る, の如き, の妻, の娘, の為, の生殖, の腹, の言, の説, の集まり, はあまり, はいなかった, はかう, はこう, はここ, はすぐ, はそんな, はた, はただ, はなく, はひとり, はほろび, はもう, はわずか, はクリストフ, は一笑, は不幸, は主方, は云ふか, は互いに, は今, は仕上げ, は元勲, は全く, は刀, は唄い, は堂, は墓, は多少, は好き, は宿屋, は山, は左, は広い, は弓, は形, は後, は悲壮, は手, は才, は支那, は敗れ, は智, は栄達, は槍, は死んだ, は死後自分, は水, は泣き, は涙, は生き, は皆, は皮肉, は盗賊, は眼, は矜恤, は矢庭, は神, は福, は立ち, は竹竿, は紅, は罪, は肉体, は胸, は自然, は色, は親方, は言った, は賞し, は逆立ち, は遠慮なく, は鍵束, は阪井, は電話, は霊, は首, もあり, もある, よ, を, を傷み, を先, を呪うべきで, を愛し, を択ん, を求め, を配合

1 [1430件 抜粋] あらず, あるいは斑紋, かと思った, からする, からはおそらく, から三男, から打ち倒される, から言わせる, か爰, がある, があれ, があわれな, がいる, がお, がこっそり, がしばしば, がそそくさ, がつぶやく, がなぜ, がひとり, がまだ, がやった, がチヤン, が一人, が一致, が中村, が云った, が京都, が住処不定, が側室, が公金, が出来た, が単にかく, が叫んだ, が名人, が多, が夫, が宮廷, が川上, が廷珸, が彼, が手ごわい, が押込夜盗, が斯く, が時々, が暗い, が服従, が柄, が次第に, が死ぬ, が洩らした, が物理学, が猟小屋, が用役, が百円, が知らん顔, が細君, が聖霊, が自由, が迎え, が遠慮, が金, が階下, が馬, さうし, その力, だけで, だけ見た, だったろうぐっと, だなどと, であった, であったら棍棒, であり一つ, であれば, でございますッ, でした, ですら, でないといふ, でなくては, でイタカ, で五浦なに, で家庭, といえ, とお, とききました, として, としてどうして, として他意, として最下族, とそれ, とそれ以下, となさざりし, とのほか, とはやや, とは疑っ, とも思はなかつた, とを區別, と会食, と共に死なれた, と宣, と思った, と思はる, と怨讎, と暗黒, と眺め, と結婚, と行き場所, と見せかけ, と見定め, と讎, ども戦争, ながら爾, などを仮借, など徒刑場, なので, ならこの, ならたしかに, なら否定, なら根, なら私, なら鎌倉, なりとの, なるか, なれ, なんて一人, においては減少, にしました, にち, につき國家, にて水野, にとってはそう, にとっては何, にとっては最も, にとっては無論, にとって堪えられよう, になつ, にのみ伝へ, にはそうやすやす, にはガリラヤ, には別, には参政権, には恥辱, には朱, には疑う, には趣味, には酒, にも尚, にも避難, に即し, に対しての心持, に屡々, に思わしめなけれ, に持たれ, に水, に深い, に皆んな顏, に聞く, に至つて, に見られる, に起てない, の, のお, のごとく, のとらざる, のは正統王朝, のみが知り能う, のみ恩愛, の一度, の不幸さ加減, の享受, の作, の光明, の出, の前祝い, の厳峻, の合力, の命令, の嘲笑, の多く, の姿, の常に, の御, の悪戯, の愛情, の援助, の果て, の炎, の畏, の知悉, の空疎, の筆, の罪, の話計り, の謂, の軽々しく, の関心, の頭, はあおむけ, はありませんでした, はあわただし, はいかにもそう, はいつの間にか, はうしろ, はおらぬ, はかくし, はさ, はしだいに, はすでに, はそう, はそして, はたまたま, はつぎ, はどうも, はなお, はなん, ははなはだしく, はぶらぶら, はまず, はまぬがれ, はみな歎, はもろ手, はやたら, はよごれきった, はわたし, はわれわれ, はアンヴァリード, はギャング, はシャーター, はセイ, はトロイア, はハッチ, はベンチ, はメキシコ, はメートランド, は一つ目, は一時恩, は万能, は三分, は世, は中庸, は丸く, は九条, は二人三人, は五分, は交換価値, は人生, は今にも, は今更, は他, は伝統, は体じゅう, は保養地, は個性, は入, は六十年来, は再び, は冷笑, は分隊, は到底, は労働者, は勝ち名乗り, は勝手次第, は十年, は卓子, は博愛事業, は参議, は口, は古き, は右, は同時に, は吹き倒され, は咳, は善い, は嘗つて, は四竹, は固有, は土盛り, は堕落, は塗, は外側, は夜ビレラ, は大きに, は大本教, は大量, は天命, は天満, は失笑, は奧, は好奇心, は威張る, は孔子, は宅, は実, は実際, は家屋, は封建的, は小作, は小料理屋, は少なく, は山林, は巧, は市長, は平均, は広く, は当初, は彼様, は従来, は必ずや, は怖気, は思ひ過し, は怪しまれ, は悉くそう, は悲恋, は惟士, は意識的, は憂慮わしげ, は憤怒, は我, は戦場, は戸籍簿, は手車, は技術上, は担架, は指, は摧, は支那人, は政治的社会的, は救護班, は敬意, は敵影, は斬り死に, は新た, は日に日に, は早水秀之進, は春日出, は暗い, は書記官長, は最初, は月琴, は本部, は村, は校長, は格別, は楽しく, は横腹, は次, は歌っ, は歌舞伎座主, は武器, は死者, は殴打, は毛脛, は気づい, は氷砂糖, は求むる, は池, は油, は泣き沈み, は流し, は渥美, は満天下魯山人一人, は漁撈, は焚火, は無意識的, は無難, は片手, は物臭太郎, は狒々, は猿, は玉, は生涯到来, は田園, は申し出よ, は町人, は登っ, は百姓, は皆汝ら之, は直ちに, は真面目, は短命, は砕い, は祈った, は科学, は空, は窖, は笑い出した, は筆, は系類, は結果, は絵画, は総理大臣, は繩, は美人, は習慣的, は考えつく, は肌, は脚本, は腰, は自, は自殺, は與, は舷, は艪, は苟も, は苦々しく, は茶器, は蔭, は虫ケラ同様, は行方, は裏口, は見, は見ない, は親, は言います, は診療, は誰か人, は謙信, は貝, は貨幣, は赤, は足, は踏歌, は車, は軽蔑, は近代中国資本主義, は逃げだした, は過分, は遠慮, は都会, は醜悪, は野菜等, は鈴, は鋭利, は鎌, は長い, は門前, は陰険, は雲, は露骨, は静止, は革命的, は風潮, は飢餓, は駕, は高位高官, は鯉口, は鼻風邪, ばかりじゃった, ばかりであった, ばかり数名, へそんな, へわれ, ほど, また成語, までが自ら, もありません, もいない, もまた, も一人, も少なから, も憤慨, も時に, も考え込ん, も集まっ, や客人, や心づく, よくこの, より謙信, をあげ, をこうして, をどうして, をべつ, を例, を初め, を奮起, を得, を思う, を愛する, を憤激, を才子, を捕え, を掴, を残らず, を求むれ, を洗い出す, を焼きつくす, を糾合, を罰す, を職, を見, を見つけだし, を誤っ, を遣す, を選ん, を隠密, 久しく山中, 又高, 多し, 悉くを, 有り之

▼ ある~ (2075, 0.6%)

31 はまた 2822 はその 15 のこと, はそれ 13 は自分 12 にはそれ 10 は彼 9 にはその 7 はお, はこの, はこれ, は又 6 の如き, は人, は彼女, は私, は鳥 5 こんな事, の彼, もある

4 [12件] こんなこと, であった, にはこの, には決して, のごとき, はわが, は二人, は何, は外, は女, は神, 御米

3 [29件] ある場合, ある所, がある, とない, に, には一方, に限っ, の事, はあの, はいかなる, はいつ, はいつも, はすぐ, はてんで, はどこ, はひそか, はまだ, はまるで, は一人, は僕, は大, は家, は心, は急, は海, は眼, は自己, は長い, 知り合

2 [139件] いつもの, お君, かういふこと, かれは, この人, この少女, この方法, この男, さるお, その家, その時, その淋しい, だったので, であつ, である, でさ, なぞは着い, などはとても, などはわざわざ, などは二人, などは家, においてこれ, にその, には, にはある, にはじめて, にはそういう, にはひどく, にはほとんど, にはよく, には人, には人々, には却って, には同じ, には極端, には波, には途中, にもまた, によく, に一方, に初めて, に労賃, に彼, に於, に玩具, に用, に町, に私, のありのす, のほか, の取次, の方, の話, はある, はかの, はこんな, はすなわち, はそう, はただ, はなお, はなるべく, はほとんど, はやや, はよく, はビーヤホール, は一つ, は不器用, は世界, は二つ, は仕官懸命, は他, は何もかもことごとく, は余り, は傷, は先, は全, は全く, は前, は割, は即ち, は口, は右, は型, は夏, は多く, は大地, は夫, は姉, は客間, は山, は常に, は平, は強烈, は形, は彼ら, は必ら, は悪魔, は悲し, は慨世, は手, は改造後, は新しい, は星, は村肝, は桐, は極めて, は次, は消え去せ, は烏, は無, は男, は白金, は目, は真珠, は眼鏡, は磯, は花, は若衆, は葉子, は読書そのもの, は誰, は近所, は部屋全体, は金剛石入り, は隣室, は頭, は風, ふいに, ふと, も庸三, よりも美し, を考える, 助八さん, 子貢, 或る, 正三, 気がついて, 濃茶, 真に家

1 [1434件 抜粋] あたかも彼女, ある一人, ある問題, ある高い, いかなるか, いつも話, おさよ, お微行, お皿, かういふ奇談, かれの, がたつ, が一番味, が来るでしょう, こういうこと, こういう発作, こそ人, このカフェ, この坊さん, この婦人, この木像, この習慣, この連中, この集団的性格, さう, さすがに, しゃれの, すら彼, そういう珊瑚, そっと窺い, そのテント, その会, その城, その女, その幼虫, その役人, その指頭画, その猫, その男, その肩, その訳, その金谷秀, それだけそれ, そんな様子, たまたま逢った, だから, だけゴール直前, だけ使う, だけ来, だけ顔, だった, ちょっとした額, つくづく感じた, でございましたが, です, でないと, でもきまっ, でも一日, でも彼ら, でも此山, で十円, とうとう一人胸, とかに記念, となった, とも違う, と同様, と未だ, と食事, どんなに優しく, なぞはほとんど, なぞは真実, などあまり, などづら, などにこの, などは, などは一軒, などは写真, などは声, などは引き返し, などは最も, などは無, などは詩, などは雨のど, など一人, など急遽, など早くから, など母, ならこんな, なれば, なんざ, にい, において人, におよん, にこれ, にそこ, にでももし, になりまする, にのみ使われるらしく, にのみ独占価格, にのみ論理的, にはいつ, にはこんな, にはそこ, にはたいてい, にはひたすら, にはぼく, にはもし, にはシカチェ, には一四%以下, には一日切り, には三条小鍛冶, には乞食姿, には二三歩前, には今, には全く, には冷たい柔らかい, には削減, には同一, には四磅, には声, には大急ぎ, には太い, には実際必ず, には常に, には当局者, には必, には思い, には悪, には憎らしく, には手代ふう, には新聞, には死ぬ, には法, には浪人姿, には無実, には甘んじ, には百歳, には空間, には競争者, には納税者, には腰, には自分, には荘, には豐臣秀頼, には跨ぐ, には返したい, には遠い, には闘争者, には非常, には馬車, にもこの, にも舞台, にやや, にギャア・ラマ, に一片, に三浦老人, に伺う, に例年, に勢力, に吾, に地獄, に寄る, に当っ, に必要, に愉快, に最も, に殺された, に父, に男子, に素人探偵, に自ら大胆, に興隆, に起り, に返す, に限つて, に食物, のこと長兄, のほか滅多, のポーズ, の和助, の外, の形, の息, の散歩, の演説会, の状態, の相, の義務, の警衛, の響き, はいい, はいつもよく, はうつむき, はおの, はおれ, はお嬢さん, はきびしく, はこな, はご, はさる, はす, はずるい, はそれから, はそんな, はたびたび, はどう, はなぐりこみ, ははっと, はふえありい, はふと, はまったく, はみずから尊者, はもう, はわざわざ, はアウグスティン, はインド, はエクラン一ぱい, はカンボチャ, はゲエテ, はサーカス, はスウィフト, はスパイ, はセーヌ河畔, はツェペリン, はトオラス山, はネパール, はバッハ, はパスカル, はフロイド, はヘーゲル, はマリユス, はワイルド, はヴェルレエヌ, は一弁, は一晩中, は一膳めし, は万有, は三条西家, は三韓, は上流, は中村, は之, は二十一歳, は二階, は五百尺, は些末主義, は人間, は人麿, は仕立物屋, は仲, は伯父, は何もかも, は何箇月, は俗社会, は修験者, は儘, は先是, は八幡宮, は公然, は兵部, は其地, は内弟子, は冷たい, は出陣式, は初日, は剣客, は勿論, は十二三, は単身, は博雅三位, は友達, は口幅, は叱り付けた, は吉野, は同類, は向う見ず, は君真者, は吹き出したくなり, は告発, は呼鈴, は唇, は喬, は嘲る, は固唾, は地下, は坊主小屋, は夕べ, は夜空, は大きな, は天上, は奮っ, は女史, は妾炊事, は娘, は子供, は安逸, は客, は宮樣, は容赦, は密着, は富士, は寝床, は対等以上, は小さく, は少年時代, は山賊, は岩山, は巣父, は左, は巨大, は師匠, は平気, は年老い, は床, は度, は庸三, は強く, は後立山山脈, は心臓, は忿怒, は恐怖, は悲劇的, は想像, は愛, は慟哭, は我, は所轄鑛山監督署長, は抱く, は持っ, は政治家, は数十人, は文学, は旅行, は日向, は早速, は是等, は暗く, は最も, は月島, は木刀, は李白, は松, は根津, は歓声, は正面, は武者小路氏, は殆, は段々, は母親以上, は気取, は水夫長, は沖, は泣い, は泣き叫ぶ, は活人剣, は淵明, は滝, は濕, は煩しく, は熱心, は燐, は父, は牛飲馬食, は狂者, は猛獣, は玲瓏珠, は瑞祥, は用, は町会, は病人, は登子, は百五十石, は相互譲り, は盾, は短く, は砂漠, は祭文語り, は秋, は空想, は立派, は第, は糧, は素養, は絶望, は繩目解, は老人, は聰明, は肯定, は能登守, は臍, は自慢, は興味, は芝, は芸術的, は若き, は草稿, は落附, は蔵, は薄, は虫干, は血, は行願, は西, は西行, は親戚, は説客, は諦め, は貧, は走った, は路, は車, は農商務大臣, は逃げ, は這, は道しるべ, は遠く, は遠眼鏡, は郁次郎, は酣酔, は野菜, は金椎, は鋤, は鏡台, は間牒, は限り, は障子, は雪, は電話口, は静か, は須田, は頭上, は顔, は飛び違っ, は食事, は飾窓, は駝鳥, は高, は高級用心棒, は魯西亞政府, は麻雀, は鼠小僧, ばかり彼女, ひどくはげしい口調, ふとした言葉尻, ふとそれ, ふと一色, ふと太子, ふと考え出し, ほとんど二時間近く, またからから, またパリー, また大勢, また私, まであの, めづらしく, もう大胆, も一度, も富岡, も成るべく, も町, も禍, も青楼, やまた, よりまた, よりも手紙, を宋本, を擇びて, を送った, 久し振, 何となく自分, 作る, 初めて存在, 又は急, 同じ家中, 同じ露西亜生れ, 大きなの, 大滑稽, 小さい妹, 干先生, 当然な, 忽ち関氏五郎, 思さるる用途, 悪右衛門, 新しいコック, 旧藩主, 期さう言, 来たの, 現われ出た一つ, 白さぎ, 突然ちょっと話, 立って, 美しい鐘, 若しそこ, 見たの, 訊ねた, 込み上げる太い, 過って, 酔ったまぎれに, 隣り村, 飛び出して

▼ ある~ (1880, 0.5%)

489 のこと 98 の午後 56 の事 49 の夕方 39 の朝 13 の晩方 10 であった 9 いつもの, だ, である, の午前 7 かれは, だった, の, の暮れ方 6 の新聞 5 たうとう, のこと私, の夕ぐれ, の夜, は山, は私 4 いたち, こんなこと, であったが, の午過ぎ, の夕暮

3 [17件] ある時, その日, であつ, でありました, に, の光, の夕, の夕刻, の日記, の早暁, の昼ごろ, の晩, は, は道綱, ふらりと, も庸三, をつづける

2 [61件] お妃さま, が来た, こういうこと, この老人, こんな話, しみじみと, その, その人, その印象派, その友人, その家, その男, そんな喧嘩, たずねて, たまりかねて, だから, だしぬけに, だつた, だと, ではない, となり, にはかさかさ, にはこの, にはそれ, には此木田訓導, に限られ, のこと和尚, のひるま, のゆう, の会話, の午後私, の午飯, の夕がた, の太田, の宵, の放課後, の日暮, の晝, の晩餐, の暮れ, の暮方, の暴動, の記憶, はこの, はその, は手, は窕子, は風邪, ふいに, ふとしたこと, ふと気, まで日本, もう客, も僕, も銀子, を見定め, 何故か分らない, 大あらし, 小翠, 突然わたし, 隣り町

1 [833件 抜粋] あたらしい背幟, あるとき, ある事件, ある女人, ある宗教家, ある家, ある時東邦人, ある相続, あわてて, いつどこ, いつも外出, いつも幸ちゃん, いつも降りる, いろいろの, うす寒い秋, おかしなこと, おげん, おすぎ, おたか, おとずれて, おひめ, おみつ, およね, お八重, お増, お妃, お妙, お富, お店, お杉, お民, お湯屋, お町, お神, お種, お蔵, かな, からすは, からひょっこり, から今日, から忽然と, かりゅうどが山, かれら, か心, が一週, が数ヶ所, が暮れ, が来る, ぐれ散歩, けっして男, こういう所, こういっ, こう云っ, こう問いつめる, こっそり隣, このでこぼこ, このガス, この前, この大, この女史, この少女, この弁護士, この男, この細君, この路地, この頂上, こんなうわさ, さっぱりと, さぶちゃ, しかも真っ昼間, しぶしぶ雨, しょうねんたんていだんのぽけっと小ぞう, すぐ近, すっかり全快, すなわちこの, そういう丘, そういう話, そっと娘, そのうち五十円, そのころ筑後, そのねこ, その一高, その下宿, その中村, その前日, その古い, その名, その妻, その婦人, その寺, その方, その本陣, その楓, その演出課, その畠, その社, その窓口, その製造元, その途中, その部屋, その雑誌棚, その髪, そんな風, たいへんなめ, ただ一人, だが, だったね, だったらしい, だろう, ちょうど材料, ちょうど長男, ついにイヴリー, つぶれて, つれづれの, であったから, であったらしいこと, であろう, でした, です, でなければ, でもない, で兒童, で午後一時, で片付ける, というの, といっ, とう, とうとうかれ, とうとうそこ, とうとうわたし, とうとう床, とうとう死んだ, とうとう見つかった, とても愉快そう, とは思へ, とよの主人, と変り, と思ひ, どういういきさつ, どうしてもしなく, どうにも癇, どっと寒, なぞ衣物, なつかしい彼女, などこうして, などはすぐ, などはちょうど, などはチュンセ, などは彼, などは彼女, などは病床, などを持たない, など大川, なの, ならミーロ, なんかパンケーキ, なんぞは蜜柑, にこれ, にどこ, にはいつなん時, にはがさ, にはさらに, にはそれら, にはたちまち, にはぼろ, には優しい, には始終, には娘, には是非, には赤飯, には遊び半分, には高い, にもまた, にゃ鶏冠, にわかに漲った, にわたし, にカヤ, に万人, に好い, に学校, に書いた, に氣絶, に水源, に海辺, に燒けた, に生けた, に結びつけよう, に退屈, に違わず戯れ, のある, のお, のこころよく, のことひとり廊下, のことゑこ, のことスマ子女史, のこと下宿, のこと丑松, のこと二人, のこと僕, のこと四五人, のこと土人, のこと太郎, のこと少年, のこと母, のこと熱蒸気, のこと遊び, のこと雑誌, のごご, のさし込, のざんげ, のそれ, のちやう, のひる, のまわり, のもはや, のよく, の一つ, の事三人, の事二人, の事家来衆, の事私, の事窓, の事老女, の事辛抱, の事間, の仁太, の出る, の出来事, の午後そこ, の午後フェリックス, の午後三四郎, の午後不意, の午後何, の午後君, の午後四時ごろ, の午後彼, の午後湯, の午頃, の四時過ぎ, の四時間目, の地震研究所, の場合, の夕方一人, の夕方信州星野温泉, の夕方山内, の夕方折戸, の夕方私, の夕方銀座, の夕暮れ, の夕食後, の夜中, の姿, の專賣局, の小, の帰り, の帰途気まぐれ, の庭, の心持, の手紙, の散歩, の日かげ, の昼ごろ堅吉, の昼すぎ, の昼前, の昼食, の昼飯, の晩がた, の景色, の晴れた, の暮れがた, の最高温度, の朝姉, の朝食, の東京劇場, の松雲, の正午頃男, の正餐, の汗, の深夜二時, の煙草畑, の父, の物, の紐育タイムス紙, の紙面, の義経, の芥川龍之介, の茶呑話, の西瓜切り, の途上, の通り, の運動時間, の遠から, の閑談, の雲, の高座, の鶴彬, はいつも, はけたたましい, はげしい戦, はこういう, はこと, はしきりに, はしみじみ, はただ, はだんだん, はまた, はエトワール, はマン, は何, は凄, は午前, は吉田, は大, は妙, は師, は弟子僧ひとり, は棒, は殆ど一日本尊, は無性に, は百合子, は終日舟, は財貨, は軍事顧問, は門番, は青い, は非常, は髪, ばかりが戦争, ばかり待っ, ひょいとニコル, ひょっこり汽車, ひょっこり珍しい, ひよつこり嘉助, ふいと, ふっとそう思い出したら, ふとした会話, ふとや, ふと前ぶれ, ふと大根おろし, ふと想い出し, ふと指, ふと東海道, ふと考えた, ふと良から, ふらっと例, ぶらりと上原さん, ぶらりと出, また, またそっと, またその, または月々, また両国方面, また四人, また折, また浅草, また病院, また花田, また貴人舶中, また高田ひとり, まだ結婚, まで, まではじっと, まで遊ん, めずらしく牡鹿, めづらしく一人, もお, もまた, もアンポンタン, も人, も劇務, も半蔵, も咲子, も妻, も寛斎, も岸本, も書斎, も有島兄弟, も湯, も私, も笹村, も良人, も道太, やって来て, やはり河内, やや騒々し, やわらかい風, よりも, わが, わざとお仙, わざわざ汽車, をば夢, をアエノコト, を以て作, を待っ, を待て, を想い出した, を正月, を空しく, を送りし, を送れた, を除い, 不図そ, 久しく会, 久しく忘れ, 予て見知り越し, 何気ない顔, 何気なく銃, 其の時間, 冷たいみぞ, 凝つと, 切々と, 又たずね, 又もや神, 古い友達, 古靴, 叫んだの, 同じよう, 同じ泥濘中, 坐って, 大きなかみきりむし, 大きな亀, 大きな倫敦, 大きな鞄, 大きな鯛, 大奥様, 威張って, 実は弟, 寄って, 小ぐまさんが路, 小さな子供, 小さな年ちゃん, 小みどり, 少しゆっくり話したい, 帰って, 強い南風, 後殿, 後甲板, 御史某, 忽然と襲う, 怒って, 思いがけず高等室, 思いがけなく昔, 思いだすの, 思ひあまつて, 急いで, 恐ろしい鬼, 戻って, 探したい本, 新しいしらせ, 早い萩, 暗い空, 暫く席, 某劇場, 某海岸, 案の定書斎, 正坊, 残ったかに, 殺して, 温麦, 片門前, 特に小, 珍しくこの, 白い眼, 眠る森, 知らぬ男, 突然いつもとは, 突然この, 突然に, 突然エム中尉, 突然二階, 突然友吉, 突然喚い, 突然喜どん, 突然彼, 突然気づいた, 突然決意, 突然私, 突然血, 突然見知らぬ, 美しい浮世絵, 若い友人, 若い娘, 若い歴史家, 若い画家, 若い非常, 薄暗らい編輯室, 行ったら彼女, 見たの, 見て, 親しい友人, 言い出した, 訊ねて, 軽い頭痛, 退いて, 連れ立って, 遂に地蔵, 遂に立つ, 阿園, 青い玉, 頼みたい用事

▼ あるといふ~ (1794, 0.5%)

210 ことを 149 ことは 101 ことが 54 やうな 48 ことに 43 ことである 33 のは 29 事は 28 事を 27 ことも 25 風に 21 ことで 20 ことだ 18 のである 16 のが, のだ 15 ことの 14 のか 13 意味で 12 ことと 9 こと, やうに, 事実を 8 事が, 事に, 意味に, 理由で 7 ことだつた, わけで, 風な 6 ことから, ことその, ことだけは, ので, のです, んだ, 事だ, 事で, 感じを 5 ことであります, ことです, ものだ, 事である, 事実は, 人も, 意味を, 気が, 点に

4 [18件] ことな, ことによ, ぢや, ところから, のに, のも, のを, わけだ, 事と, 事も, 事實を, 信念を, 思想は, 意味は, 考へを, 見地から, 話で, 話を

3 ことこの, ことにも, のと, 意味である, 立場を, 結論に, 自覚を, 譯では

2 [65件] くらゐ, ことか, ことすら, ことだけが, ことであり, ことにな, ことには, ことに対して, ことほど, ことまた, ところに, のだつた, ふうに, より大和繪, 一つの, 事すら, 事だつた, 事ぢや, 事の, 事實である, 事情, 刺戟と, 噂も, 噂を, 工合ひ, 彼の, 心持から, 志賀直哉氏の, 思想が, 想像を, 意味だ, 意味です, 意味において, 意味の, 我々の, 方が, 日の, 格言を, 樣な, 気も, 氣が, 洋服や, 点で, 理由だけ, 理由を, 眞理を, 確信が, 程度では, 結論で, 考へ方, 考を, 見方から, 観念が, 記憶を, 証拠さへ, 証拠は, 話だ, 話である, 話です, 話は, 説を, 證據にも, 金の, 風で, 點に

1 [497件] いつも正しく小さな, いは, いはれださうだ, おもむきを, お誂向, かういふ少年, ぐらゐの意味で, ことある, ことからも, ことこれが, ことこれを, ことさ, ことさへ, ことしかも, ことすな, ことそして, ことそれから, ことそれも, ことただ, ことだけ, ことだけしか, ことだけを, ことでありまし, ことでした, こととは, こととも, ことなぜ, ことなども, ことにか, ことにまで, ことに近い, ことのみの, ことばかり, ことまして, ことまで, ことまでも, ことや, ことよりも, ことをば, ことをも, こと二つとも, こと又, こと女子に, こと従つていよいよ, こと従つて文学座は, こと從つてまた, こと從つて神は, こと換言すれ, こと日本人に, こと直好翁は, こと第, こと自己が, こと計り考へ, これらの, さう, しかし私, しきたりから, しよつちゆう畑, そこで, そのこと, その下地, その利子, それでその, それに対して, それ以前の, そんなところ, たつたそれ, たね, ためでは, ときには, ときやはり, ところの, ところまで, とてもお話, のかね, のさ, のだらう, のでした, のでなく, のなら, ひとつの, べら棒な, ほかに, ほかは, ものぞ, ものだつた, ものを, もんです, やうな思はせ, やくざの, ような, より大和絵, わかりきつた説, わけです, わけに, わけにも, んです, アミーバ的発展過程を, イリュウジョンを, ゲーテの, ジイドの, トートロジーの, ハガキが, フロイドの, ユーモア小説が, ルールな, ワグネルの, 一事が, 一事に, 一時だけで, 一札を, 一点に, 一般的な, 一見解は, 一言だけ, 一説なぞを, 一證據を, 一面に, 三谷己の, 上述の, 不安に, 不穏な, 不自由な考へ, 世界の, 世間の, 中, 丸盆の, 主張である, 主張に, 主張は, 主張を, 主義を, 事, 事から, 事さへも, 事だけ, 事だけを, 事とは, 事な, 事には, 事によつ, 事まで, 事よりも, 事以上に, 事実が, 事実と, 事実とを, 事実に対しては, 事實から, 事實が, 事實によつ, 事實の, 事實や, 事第, 事等を, 二人の, 二重性の, 云は, 人は, 他には, 以上には, 以外に, 仮説を, 仲間の, 件も, 伊東氏の, 信仰に, 信仰は, 信号を, 信念が, 信念に, 信念の, 修正論を, 傳説から, 傳説が, 傳説である, 光景が, 全貌を, 共同の, 其の内, 処である, 別荘の, 前の, 前提なし, 前提の, 前提のみにて, 劇場は, 助太刀が, 動かし難い, 単純で, 単純な, 印象が, 印象は, 印象を, 原則から, 原因の, 又ハイネ, 口実は, 口碑の, 古い糊, 古い諺, 合圖には, 命題を, 啓示で, 單純な, 噂だ, 四十男のみだりが, 固太りの, 地質学の, 地面は, 型で, 堅い信念, 報捨の, 場合などに, 場合には, 場合は, 場合を, 墓を, 夕方から, 夢と, 大した佛樣, 大切な, 天気予報に, 女な, 女の, 如き必ずしも, 如く此等, 妄執が, 始末だ, 始末です, 始末突き詰め, 姿を, 存在は, 宇宙の, 定義の, 定義を, 定評が, 実力的な, 実感の, 実感は, 家, 宿屋に, 寸法かい, 封筒の, 小さな庵, 小屋に, 小山や, 小説家の, 小説家志望の, 山道を, 市会議員や, 希望を, 幾日も, 廣, 建前で, 建前を, 弱味から, 形が, 形而上學的眞理を, 彼女の, 心の, 心掛けである, 思ひに, 思想に, 思想を, 性質が, 悲壮な, 意である, 意力さへ, 意味から, 意味が, 意味だらう, 意味でです, 意味では, 意味と, 意味においてのみ, 意味にも, 意味を通じて, 意見が, 意見で, 意見に, 意見は, 意見も, 意見を, 意識ほど, 感じで, 感じの, 感じは, 態度も, 態度を, 或る, 戦ひの, 所以も, 批評を, 指標を, 按摩が, 提言を以て, 攻撃に, 故を, 教は, 教義を, 文句でも, 日本村の, 旧い話, 明確の, 時が, 時代は, 普通の, 最も一般的, 有機的關係である, 木賃宿に, 条件だ, 条件を, 根本的性格においては, 案内状を, 條件に, 極めて不合理, 極めて大, 様な, 様に, 次第だ, 次第だらう, 残酷な, 気合で, 淨土院へ, 演劇の, 点それは, 点である, 点は, 点を, 父親は, 特別な, 特殊性が, 現在である, 現在事實とは, 現実の, 現象である, 理くつを, 理由から, 理由からよりも, 理由には, 理由による, 理由の, 理由は, 理由以外に, 理窟が, 理解を, 理論に対して, 申込みです, 申開きが, 男と, 画家が, 番頭だ, 當り, 疑を, 疑問をも, 痛切な, 真理に対して, 真理は, 真理を, 矛盾です, 矜り, 知識を, 確信世の中の, 私の, 程でも, 程には, 突き放された現実, 立場から, 立言は, 笠間由子を, 精神が, 精神に, 結果に, 結果は, 結論が, 絵画家の, 羊が, 義妹の, 習慣は, 老人とか, 考から, 考で, 考の, 職分を, 肯定を, 自信を, 自分の, 自分を, 自覚矜り, 自負は, 至つて簡單な, 舊い, 花の, 苦しさ, 蔵の, 處に, 衣桁には, 要求は, 要請に, 見かた, 見地に, 見方は, 見易い利害, 見極めを, 見解に, 見解には, 見解を, 見透しが, 規定を, 親類の, 観念から, 観念は, 観念を, 觀念と, 解釈さへ, 言は, 言葉で, 言葉には, 言葉は, 言葉ほど, 記事を, 証拠が, 証拠に, 評判が, 評判で, 評判でも, 評判に, 評判を, 話, 話が, 話しを, 話し等, 話ぢや, 話では, 話な, 誇りから, 誇りが, 認定を, 誤つた印象, 説が, 説それから, 説には, 説は, 説も, 説即ち, 説明を, 證據に, 證明に, 證明にのみ, 證明は, 證明を, 議論である, 議論などは, 議論も, 議論を, 贅澤を, 軍艦を, 輿論を, 辯證法的關係に, 迂散臭い系圖, 迷信が, 追憶を, 通俗の, 速達の, 過つた観念, 道理が, 適確な, 重要な, 鑑定を, 鑑賞癖だけは, 長岡の, 間接の, 阿闍梨の, 障碍を, 非難が, 非難に, 鞄を, 風だ, 風であります, 風である, 風です, 風な思ひ, 風な考へ, 風にしか, 風にばかり, 風流の, 風説が, 馬鹿げた口実, 駅に, 騷ぎで弦月丸出港のみ, 騷ぎ誰いふ, 高槻の, 點から, 點からも, 點において, 點も

▼ あるのに~ (1764, 0.5%)

41 それを 25 それが 19 気が 14 氣が 10 それに, 彼は, 目を 8 今日は, 私は 7 これは, 他の, 對し, 日本の 6 それは, 自分の 5 これを, 彼の, 違ひなかつた 4 どうした, わざわざこんな, 何を, 君の, 自分は, 違ひない

3 [15件] この時, その上, そんなこと, ちがいありません, わざと眼鏡, われわれの, 人の, 今の, 今度の, 今日の, 何うし, 家の, 少しも, 無分別, 自分が

2 [97件] あんまり無愛想, いまだに死んだ, お夏, お艶, かれは, ここでは, ここの, こっちへ, この上, これが, さう, さうし, そう云う, その中, その日, それと, それにも, それによって, たと, どういうもの, どうしてこれ, どうしてその, どれも, なおその, なぜか, なぜ世人, なぜ都会, まあ, またし, まだ続く, ホンの, 一方は, 主人の, 人に, 今に, 今また, 今まで, 今日本の, 今更ながら, 今朝は, 他ならぬ, 他は, 伊作なんか, 何という, 何故に, 信じられぬほど, 俺ンのを, 俺達は, 僕は, 先生の, 反て, 君は, 外ならない, 外の, 外へ, 天来の, 女は, 好んで, 妙に, 実物に, 平気で, 弟の, 強いて, 彼が, 往々に, 後者では, 後者の, 意外にも, 態, 日本では, 日本に, 曲者は, 朝夕の, 欄外には, 此処のは, 殆ん, 殺した奴, 気附い, 気附いた, 水本賀奈女に, 汚穢と, 清松の, 特に全くの, 瑠璃子の, 目が, 眼を, 祝言も, 私たちが, 私達の, 科学の, 緋衣を, 興味が, 計算は, 論は, 達者に, 雪が, 驚異を

1 [1301件 抜粋] ああいう, あとに, あと三人の, あの取り済ました, あの子, あの折, あの時, あの火, あの重, あまりに無邪気, あるもの, あれを, あわてて, あんな事, あんまりおもいやり, あゝ太, いきなり袂龕灯, いち人の, いったん思い立った, いつか彼の, いつまでも, いつも不自由, いつも玄正, いまだに私, いま時分急い, いわないで, うんとごちそう, おくれて, おまえだけ, おまけに, お前に, お母さんだけが, お清, お葉, かういふ時, かうして, かくては, かく詩, かれら, かんじんの, こ, こうして今日, こうも, ここにおいては, こっちは, このやから, この一幀, この二人, この作者, この冷た, この夜, この小僧, この席, この日, この歌, この殊勝, この点, この状態, この甲斐, この石坂家, この自分, この議員, この遊星自身, この青年, これはた, これも, こんどは, こんなこと, こんなに押しかけ, こんな小さい, こんな言葉, さあ射殺, さすがに, さまざまに, しかもこれ, しかもなお彼, しかも記録簿上, すこしも噛んでない, すべて此等は, そいつが, そういう人, そうした心組, そうとわ, そこへ, そちらに, そなたいただきませぬ, そのこと, そのなか, その三人, その二者, その伊勢訛り, その判りきった, その厳しい, その声, その姿態, その席, その時, その本体, その枕, その生命線, その男, その碧空, その細工, その肝心, その行燈, その表情, その道を, その金, その頬, それでもじっと, それでも足りず, それにもう, それよりも, それらの, それ等の, そんな二義的, たいした喪, ただそれ, ただ機械的, ちょんまげつけ, つきつめて, てんで気, とんと悔み, どうしてかう, どうしてこの, どうしてそんなに野獣, どうしてタクシー, どうして人間, どうして師匠, どうして百五十円, どうして集めた, どうも熱, どう筋, どこからか, どちらも, どんなに悦んだ, なお依然として, なお氷, なか, なぜあの, なぜあんなにタクサン, なぜこんど, なぜその, なぜみんな, なぜ救い, なぜ殺した, なにも, なんで山男, ぬかるみの, ひとこと相談する, ひとり, ひどい野郎, ひやりとし, ふしぎな, ほんとにそんな, まさか呉侯, まして今, まして生れつき, またあいら, また例, また新しく, まだデッキ, まだ判らない, まだ根気, むしろびっくり, むしろ驚異, もう一本, もう外, もしベルリオーズ, もつたいないこと, もとに, やっぱり新聞記者, やる気に, ようよう八十点, よくもこんな, よく遊び, わざ, わざと巡査, わざわざ女子, わざわざ自分, わずかな, わたし舟あり, われわれを, イヤ是を, エネルギーの, ギーザに対する, サッサと, シャーロック, チェルマーシニャへ, ドラコーの, ノリトの, バルザックの, ビイルを, ペーパーを, モスクワ行きの, 一二時間前は, 一人息子は, 一体何, 一兵も, 一同氣が, 一向気付かなかった, 一寸眼, 一度戦争, 一日外で, 一種の, 一般世間は, 万位の, 三時少し, 上は, 下の, 下妻の, 不幸に, 不思議に, 不精から, 世間が, 丞相には, 中の, 中身が, 主人は, 之を, 事々に, 二三日来の, 二人共もう, 二十三にも, 二荒山までも, 二階で, 亡くなったお, 人形の, 人生は, 人間社会の, 今が, 今しも, 今では, 今も, 今夜は, 今度という, 今日に, 今言った, 仕事には, 他家から, 他方は, 伊之, 会って, 何う, 何が, 何だか楽, 何ちふ, 何で人間, 何とも好き, 何ぼ, 何んと, 何処から, 何故なん, 何故仕事, 余は, 作以前に, 依然として鶴郡, 偶, 僕も, 先方は, 兎も, 入口で, 八津だけが, 其の著, 其女だけには, 其造らう, 出るたび, 利害も, 前任者へ, 力を, 北山川の, 十銭玉一つきりの, 単に帯, 却ってそういう, 去年春ごろから, 反対に, 口で, 只今此の, 可哀そうに, 司法省あたりの, 同情の, 同校長, 向うへ, 呂布の, 和し奉ること, 喋りながら, 四十がらみの, 地層だの, 坐りがけには, 壮くして, 外から, 外側を, 多くの, 夜の, 夢の, 大東京, 大臣が, 天皇の, 夫が, 奥さんは, 女の子の, 如何せんたまたまその, 始終同じ, 嫌気が, 子供を, 学者や, 守吉の, 実際これからあらゆる, 客の, 宮腰の, 家柄と, 富三郎は, 對立させられ, 小癪な, 少年に, 山の, 屹度いらいらさせる, 岩山に, 左の, 帰途忽ち, 幕府を, 平吉は, 幸内ばかりが, 広くも, 座の, 廂を, 引きかへて, 強いて山, 形は, 彼を, 彼女も, 待てど, 從つた, 御曹子へは, 心の, 心附いた, 応接間には, 思はぬ道伴, 怯懦な, 恰も当る, 悲しかった, 惜しい哉, 愛児を, 愛子は, 憲法だの, 我が内田百間先生, 我ながら, 手前は, 手杵で, 手車用の, 拒否された, 持つて, 探すの, 撰択集の, 支那を, 敏行さんなにが, 敵に, 文字の, 斯かる, 新世帯もち, 旅人は, 既に蟲, 日本は, 日本文や, 日本産は, 映画では, 映画は, 昨日の, 晴天の, 更にこの, 更に人々, 最も親しい, 最近は, 木枯の, 末子が, 本当に田舎者, 村上さんだけが, 東は, 東福寺へ, 松の木へだけは, 枕木夫人の, 柳田平治は, 案外に, 業の, 欺いた自分たち, 此人は, 此処ばかりは, 此日此刻限に, 此黨は, 死んだ後, 死骸の, 殊にこの, 残念した, 母親は, 気づいたの, 気を, 気温が, 氣づかなけれ, 氣の, 水の, 江戸へ, 河内の, 洋服や, 海抜高距は, 深更まで, 滿堂の, 焔が, 熱中し, 父兄は, 片方は, 物語の, 犬の, 独り優が, 玉太郎は, 珍らしからぬ, 現象の, 瓢, 由夫は, 男の, 男子だけが, 當時の, 白井の, 目の, 相手の, 眼が, 着色した, 矢張り一時の, 知らず識ら, 磊落と, 祇園精舎の, 私だけには, 私には, 私達が, 窓から, 第七, 紙幣や, 紫の, 綴りを, 罪の, 美しい許婚, 美食の, 翌文政十一年, 聞きわけ, 肝腎の, 胡麻塩頭と, 自分だけは, 自分には, 自分丈は, 自転車で, 興深く, 花が, 芸術への, 若し外國文, 蒙古, 蕎麥を, 藤吉郎は, 虎吉が, 虚偽と, 行って, 衣ものは, 西坂本の, 親仁が, 試験の, 誰が, 談話の, 貴女の, 起信論では, 身を, 身投げは, 軟派も, 農村の, 近頃は, 造るの, 遅うお, 道は, 違うという, 遠くに, 遺族友人と, 酒とは, 釋詁が, 金峰山の, 銀流しを, 阿部豊後は, 隔てを, 隧道を, 雨なら, 電話機が, 青柳の, 非常に, 音の, 音楽を, 頭脳の, 額を, 顔だけは, 風土気候の, 風邪も, 駒井の, 髮は, 黒川は, 鼻を

▼ あるやう~ (1738, 0.5%)

87 な気 8660 な氣 59 である 50 に思はれる 46 だが 43 に, に思ふ 27 です, に見える 26 に思はれた 21 に思はれ 20 になつ 18 に思 15 ですが 13 なもの, に思へた 12 な, に思つて, に感じた 1110 であるが, では, にその 8 だね, に思はれます, に思へる 7 だな, ですね, な気持, に私, に言 6 なこと, な大きな, にお, にさ, に思ひます, に此, に見え, に見えた 5 だから, だつた, で実は, な氣持, におも, に云, に考へ

4 [20件] だけれど, だし, だと, でございます, でした, なところ, なの, なれど, な事, な家, な心地, な心持, な無い, にこの, にも思はれた, にも思はれる, に日本, に考へられ, に考へられる, に自分

3 [27件] だわ, であつ, であります, ですよ, でも, なさ, なるは, なれば, な場合, な感じ, な生活, な長い, な顏, にする, にてお前, にな, になる, に思つたの, に思へ, に想, に感じられ, に感じられた, に感じられる, に考へられます, に聽, に見えます, に見えよう

2 [52件] でありますが, でしたが, ですから, なそして, なない, なので, な処, な印象, な所, な景色, な本, な此, な満足さ, な種類, な立派, な純潔, な美しい, な自分, な調子, な豐, な遠, な鈍感, な錯覚, な顔, にきつ, にぢ, になり, にも感じられた, によい, に一生懸命, に二人, に人生, に何, に坪田さん, に小池, に少し, に彼女, に彼等, に心, に思つた, に思ひました, に想像, に感じ, に成つた, に我々, に歩い, に気, に無, に猫, に申しました, に聞える, に蟻

1 [600件 抜粋] じや, すである, だありがたい, だった, だとりとめも, だよ, だ云つて, だ僕, だ明朝たばこ銭, だ私, であて, でありますので, であるから, である気分, である而, でございますよ, でしかた, でしかも, ですけれども, ですその, ですとだけ, でせう, でその, でど, でないもの, でないやう, でなければ, ではつきり, でみんな, でもつと, でゐ, でダ, で一つ, で今, で何だか, で僕, で又, で御座いますから, で感傷的, で憤懣, で殊に, で気味が悪い, で無いの, で申すも, で變, なあの, ないかつい, なおなじ, なきはめて, なこの, なしかし, なすこし, なせつない口惜しい, なそんな, なだ, なところが, なところぢ, などところどころ, なひどく, なほこり, なまとまり, なものの, なやつ, なり, なりかねて, なん, なアポテオズ, なプウ, な一人, な一種, な上品, な事件, な二つ, な人間, な仕事, な低い, な体裁, な作品, な傲慢無礼, な優越感, な光, な凸凹, な別, な動物的, な北, な厭, な厭味, な口笛, な古典的, な叮嚀, な味, な品, な嘆きかた, な図, な堅い, な大男, な太い, な奇蹟的出來事, な妙, な始末, な存在, な安堵, な寂し, な對象, な幽, な廢屋, な強迫観念, な形, な影, な心, な怖, な思, な思ひに, な怪し, な恋人どうし, な恰好, な悲劇, な情けない, な感銘, な態度, な慌, な應擧, な手古奈, な指痕, な文句, な文学, な旅館, な日本, な時代, な暗, な未來, な本当の, な条件, な榕樹, な檜, な檜木, な此上, な殆, な気さ, な氣持さ, な氣持ち, な永い, な永遠, な汽船, な沈默, な深い, な清潔, な温泉地, な爐, な爽やか, な状態, な生, な生産, な當, な當然, な発達, な白い, な白芙蓉, な石, な祝福, な童話, な笑顔, な筋書, な素性, な結局藝術, な絶壁, な美事, な考へ方生き方, な聲, な脚炉, な腰掛様, な色, な色事, な薬, な處, な親し, な親しい, な親しみ, な話, な説, な譯, な譯さ, な豊か, な責任, な趣, な趣ふさ, な足, な返事, な邪推, な野外れ, な錆, な錯覚さ, な雑木林, な青, な青い, な静, な靜かさ, な面持, な馬鹿, な高, な鼻, にあたり, にあらせる, にあれ, にあわて, にいかにも, にいとも, にうごい, にかうし, にきちんと, にぐら, にこれ, にしか考へられなかつた, にしたい, にしなけれ, にしめやか, にじ, にじめ, にすら思はれた, にすら考へる, にすら見える, にせん, にそこ, にそれに, にた, にただ, にだ, にだれ, にて白雲点頭, にと, にとりあ, にと何處, にと山, にと思つて見物, にと望んだ, にと期待, にと神, にと衷心, にどこ, になけれ, になりたい, になりました, になります, にはいはれほのめく, にはし, にはじめ, には思はれなく, にふたたび, にぼくら, にぽつねんと, にまじまじ, にみえる, にむくむく, にもある, にも彼, にも思はれます, にも思ふ, にも思へた, にも思へねえ, にも思へる, にも感じられ, にも聞いた, にも見える, にわざと, にわたくし, にアルライ, にプロレタリア精神, にロッパ節, に一面滑稽味, に三日, に両国橋, に亂, に五, に人, に人物, に人間, に今日美術, に他, に低い, に何人, に作, に作家, に信濃, に傍, に働ら, に僕, に先, に全身, に其処, に其頃, に出, に別々, に制約, に努力, に動物, に医者, に十九日後, に半ば, に反り, に反り身, に取, に受取, に古く, に只, に叫んだ, に史記, に右, に各自自分, に名高い, に呉服屋, に哲學史, に唸, に喪家, に因襲, に団七同様, に基礎, に境, に外出, に夢心地, に大きく, に大名, に太宰, に夫人, に娘, に嬉し, に存じます, に安, に宿命, に富岡, に實踐的, に将軍, に小, に小さい, に屹, に岩の上, に幼い, に幾度, に御用聞, に忠興, に思う, に思うた, に思つた与力, に思つた年月, に思はる, に思はれ出した, に思ひ, に思ひこみ, に思ひし, に思ふだらう, に思へなかつた, に思へぬ, に思辨哲學, に急き込ん, に息子, に恵美須町市電車庫, に惡ブローカー, に愛, に愛情, に感じました, に感じられました, に感じ始めました, に感ずる, に感ぜさせた, に慈悲, に我, に我心, に手, に承つ, に折, に抱い, に振舞, に探し, に旅, に暗に, に更に, に書かれ, に書物好き, に有, に東洋的自然, に柚, に柿色, に栄蔵, に横柄, に欲しい, に此句, に此處, に此青年, に死, に民子, に民族的利害, に気味悪く, に洒, に海, に深, に深切, に無けれ, に無理, に熱狂, に物, に物質, に獨斷, に現在, に瑠璃子夫人, に生々, に生活, に田園人, に留り木, に疑つ, に真に, に眼蓋, に石垣, に硝子, に確信, に神, に私たち, に私ども, に私自身, に私達, に空虚, に窃, に窺はる, に笑ツ, に第, に簪, に精進, に紅い, に純, に素子, に罵りつ, に美術国, に老い, に老衰, に考へた, に考へられた, に考へる, に耳許, に聞え, に聞かない, に聯想, に職人, に自ら, に自己本来, に自然, に致し, に華楊, に蓄音機, に装釘美, に裏, に見え始めた, に見かけます, に見せ, に見せかける, に見せる, に見ゆれ, に見上げつ, に見受けます, に見受けられる, に覚えけれ, に覚えた, に親しく, に解い, に言つたの, に言つて, に詩人, に認められ, に誤信, に説い, に調子, に讀者, に足許, に軍官民, に輝い, に追, に過去, に鄭寧, に酒, に重, に重い, に重苦しく, に釣り, に鎌田氏, に長く, に降つ, に雛罌粟, に雨, に雪解, に電燈, に非, に順次, に頭, に頻りに, に顔, に顔立, に願つた人, に首, に駭, に驚い, に黒, やく一時過ぎ, 存ぜられ候

▼ あるけれども~ (1721, 0.5%)

50 それは 20 これは 14 それが 13 それを 12 私は 7 あれは 5 これが, これを, さう, そこには, その中, 併し, 実際は, 彼の, 自分の

4 [11件] これも, しかしこれ, その実, それには, それも, 人間の, 今は, 余の, 余は, 日本の, 私が

3 [18件] この場合, しかしその, しかしそれ, それに, それよりも, それ以上に, 一つには, 之は, 今日に, 今日は, 何か, 何と, 前者は, 少くとも, 昔の, 現在の, 而かも, 非常に

2 [82件] あれから, いかんとも, いずれも, かりにその, こういう具合, ここに, ここの, この事変, この人, この感じ, これほどの, すべての, そうかと, そうで, そこからも, そこに, そのよう, その当時, それだけの, それなら, それにも, まだ前科者, もしそれ, わけても茅舎句集, ケエスの, 一つも, 一人の, 一方に, 一秒さきまで, 不相応な, 両方の, 人の, 今では, 今の, 今年の, 他の, 余り長く, 僕は, 兎に, 其も, 其処には, 内容は, 到達する, 受身の, 同時に野放図, 固有の, 多くは, 大人の, 大体に, 大抵は, 大概は, 天衣無縫の, 女が, 孤独という, 実際の, 幾分か, 彼は, 心持は, 忘れて, 或る, 文化の, 文章の, 日の, 日本では, 日本には, 是れ, 普通の, 最もさしせまつた, 東京では, 根は, 概して鄭重, 概括的に, 目に, 目は, 硝子玉の, 私には, 私の, 立って, 聴いて, 討論を, 誰も, 身を

1 [1298件 抜粋] ああいう, あとには, あなたには, あの新聞, あの時虫, あまり距, ある一種, あれで, あれよりも, いざやつ, いつかまた, いつまでも, いまは, うまくこき, おおいに熟慮, おほか, お前にとっては, お君, お角, かういふこと, かかるもの, かの国, かまわず所信, がっかりし, が君, けっしてその, けれどもそれ, こういう考え方, ここは, この上代, この二人, この句, この國, この女, この忘れ, この恒數, この所説, この時, この歌, この現実, この精神, この計算, この間から, これ, これしも, これほど, これらの, こんなに好い, さうし, さしせまつた現実, さっぱり面, さまで慌しく, さわりに, しかしおおむね, しかしそう, しかしまだ, しかし吾, しかし彼ら, しかし政府, しかし社会, しかし農業技術, しかもその, しかも彼女, しーん, ずっと古い, そういう軽薄さ, そうして無論, そこは, そして外務省, その, そのいずれ, そのうちこみ, そのとき学生, そのまき, その一つ, その不可能, その交通, その個人, その先輩, その半面, その土地, その士族的, その夜, その大要, その家来, その後ある, その心根, その意味, その方面, その材料, その歴史的担当者, その点, その発祥, その目指す, その秀才, その経過, その者等, その苦し, その規模構造, その通り, その間に, その闇, その頭, そは, それだ, それでさえ, それでもその, それでも人民, それでも先生, それでも大抵九時, それでも成長, それと, それと我々, それなら伸子自身, それらの, それ以前においても, そんなキマリ, た, たしかに出生数, ただ国民, たとえばこの, だいたいあの, ちょっと様子, つまりは, でも雄弁, とにかくそこ, とにかく始め佐助, とにかく読者, どうかする, どうも旨く, どう言う, どちらの, どんな娘さん, なお気遣われる, なかなか明日中, なかの, なんとも言えぬ, ひそかに, ひょっとし, ほかの, ほんのお礼, まあ今日, まず英国, またこの, また中世以来, まだそうも, まだ徹底, まだ蒙昧, まだ関山月, むしろ漠然たる, もう一日一日, もしか小, もちろん噂話, やがてまた, やはり伝統的, やはり学者, よく覚え, わたくしたちには, アロハは, カタビラと, キュウシュウ地方には, シュライエルマッハー風の, ソヴェトの, ダージリンで, チャント軍服も, トルストイを, ハッキリ云, ヒマラヤ山を, ビジテリアンたちも, ホド・ヒホドの, ムシャぶりかかる, ラサ府の, リンシーに, ワインガルトナーの, 一つの, 一人称の, 一夕我が, 一寸ピカソ, 一度煮た, 一方主観主義, 一旦それ, 一時代の, 一番狐の, 一般にわれわれ, 一面これを, 一面には, 三四年前戦地に, 上品で, 下の, 不幸な, 世の中の, 世界大戦に, 中には, 丸いだらう, 主義や, 主觀的, 之れ, 乗つた事, 事改めて, 五万の, 亭主が, 人には, 人間が, 今か, 今まで, 今や支那, 今度の, 今日では, 今更ら人の, 他ならぬ, 他面には, 以前のとは, 会読の, 体得は, 何にも, 何らかの形, 何千万年まえ, 何故に, 何青天井いや, 作品での, 作者の, 例えば, 例の, 信玄存する, 倉地の, 假り, 傾聴すべき, 僕には, 僧堂の, 元々小説, 元日に, 充実し, 先ずは, 先づ自己を, 児等の, 全く思い出せない, 兩天皇の, 八年より, 六朝とも, 兵部の, 其の事, 其の拙劣, 其の系統, 其他の, 其傳播は, 其宅が, 其生活の, 其論説を, 冬仕度の, 凝っと, 処女性が, 初期微動は, 判事に, 利根川と, 到底支那, 前後の, 前記の, 劇烈な, 動詞活用の, 化學作用においては, 半ばウソでは, 南北朝頃の, 単なる比喩以上, 単に其頂上, 博覧な, 厳めしい, 又四郎としては, 古え, 右等の, 各自暗がりの, 同じブルジヨア的イデオロギイ, 同意語の, 同時にまた, 同時に個々, 同時代在野, 君が, 吾, 味覚的な, 哲學なる, 唯自然界, 問題の, 嘘から, 国内は, 国法の, 圭一郎は, 地震計の, 士族が, 外から, 外出できる, 夙に京都, 夜の, 夢の, 大きな智的努力, 大体代匠記の, 大友は, 大抵古来, 大衆向き的なわかり, 太夫の, 失敗した, 奥さんは, 女だてらに, 女学校が, 女親の, 姉は, 娼家の, 学問的にも, 宅が, 宝塚に, 実は三年前, 実は法政, 実人生, 実行は, 害を, 寛政暦作製の, 寡婦は, 實際行つて見, 寮に, 小さいあげ, 小枝, 小説家としての, 少し崩れ, 居るべき人々, 己は, 帖面も, 平均し, 平蔵が, 年代を, 店に, 廻して, 引子が, 彼には, 彼女は, 彼等の, 後の, 徹夜する, 必ずしもそれ, 必ずしも精神病者, 忘れられないなつかし, 思い沈め, 思へば, 思想は, 恐らく材料, 恰も無念無想, 悪人の, 意志は, 慈善家としての, 我々から, 我慢が, 我邦の, 戯曲の, 所長の, 才能なんて, 技巧論は, 政府では, 数学の, 文太郎の, 文学と, 文学報国会は, 文章が, 方法として, 日光の, 日本という, 日本光学技術研究所だ, 日本言語学, 明かに, 時々は, 時代を, 景色そのものが, 曲線を, 書き出しの, 最後または, 最近一ヵ月余り周囲の, 朝顔の, 木造二階建の, 未だ肉食, 本当は気持, 本筋の, 机の, 束髪姿には, 東京へ, 東西の, 極めて即, 概していふ, 概して暦術家天文家, 構えた時, 正史の, 此場合に, 殆ど, 氏が, 気品そのものの, 水素原子を, 決してそんな, 決して悪党, 決して神, 法律は, 注意も, 津浪の, 浮気など, 淨土宗の, 瀬戸唐津に, 点である, 然し京都, 然し織田, 熊は, 爾う, 牢固たる, 物語である, 犯罪物語の, 獨逸のは, 現在では, 生存競爭なる, 田沢の, 男優り, 町内は, 當時果して, 病人までも, 白いの, 監禁され, 目立って, 相当手入れ, 真に必死, 眼と, 知的な, 研究に, 社会が, 神楽坂署で, 私たちばかりは, 私共は, 空を, 立入って, 立派に, 第一級性格, 第二線決戦, 米友は, 粗漫, 精神にとって, 紙質も, 紫地が, 結局それが, 結着する, 総体として, 美代子と, 老木を, 而も, 聞き役としては, 肝心の, 腰から, 自供に, 自分には, 自分一己の, 自然そのものは, 自由に, 舶来品には, 色は, 芸術として, 若い盛り, 英雄の, 菅公の, 藩の, 蝦蟇も, 表向き佛教を, 西鶴あたりの, 要するに下, 見当が, 親たちに, 解脱の, 言葉には, 言語の, 記さず, 話し合って, 誠に暗くっ, 課題が, 諸實體, 貧と, 起らぬ, 距離的には, 身体から, 軒並だけを, 近いが, 近来我が国にも, 近頃は, 逆に, 進化學者には, 達者な, 適當な, 釉薬が, 金の, 金襴の, 長くなる, 長篇に, 阪急岡本の, 障子が, 雨という, 雪子ちゃんの, 電車に, 音節が, 食は, 餘所の, 駄作を, 高等動物から

▼ あるかの~ (1633, 0.5%)

727 ように 207 やうに 100 ような 57 やうな 24 ごとく 20 ようである 18 様に 16 如くに 13 ようだった 10 ようにも 9 やうで, 樣に 6 やうだつた 5 よう, ようであった 4 ようで, ようにさえ, 如き印象, 如くである, 如く見える, 樣な 3 如く彼, 如く考えられて, 如く見え

2 [37件] ごとき心持ち, ごとき態度, ごとき観, ごとくだ, ごとく思って, ごとく見える, ごとく見せて, やうだ, やうである, ようだ, 何れか, 問題に, 女が, 女の, 如き態度, 如き観, 如き言草, 如き顏, 如き顔, 如くその, 如くにまで, 如くにも, 如く心得, 如く思う, 如く思惟する, 如く絶えず, 如く考え, 如く考へ, 如く見, 如く見えた, 如く見えます, 如く見せる, 想像も, 推測が, 理由を, 観が, 観を

1 [300件] いい例, うらみが, ごとき印象, ごとき口吻, ごとき姿勢, ごとき定, ごとき心持, ごとき感, ごとき感じ, ごとき自慢, ごとき記事, ごとき語気, ごとき顔, ごとくあとあと, ごとくいう, ごとくいとも, ごとくうそうそ, ごとくおもしろ, ごとくかれら, ごとくけなす, ごとくしきりに, ごとくしげしげと, ごとくしたがってまた, ごとくすうと, ごとくに, ごとくふるまっても, ごとくまったく, ごとくみゆる, ごとくもじもじ, ごとく主人, ごとく主張, ごとく信じこむもの, ごとく信ずるよう, ごとく初鹿野伝右衛門, ごとく動くの, ごとく取り扱われて, ごとく取扱うかが, ごとく取扱われて, ごとく右門, ごとく吹聴, ごとく固執, ごとく崇敬, ごとく平然, ごとく当り, ごとく心, ごとく心得て, ごとく思いなして, ごとく思えたに, ごとく思われるかも, ごとく急き込んだ調子, ごとく感じた, ごとく抱いて, ごとく案じさ, ごとく構えるの, ごとく滝人, ごとく漂って, ごとく眺めようと, ごとく眺められた, ごとく聞いた, ごとく肩, ごとく茫々, ごとく見えて, ごとく見せる術, ごとく見せ力, ごとく見なしいたずらに, ごとく見られるの, ごとく見られるよう, ごとく見傚, ごとく評判, ごとく誤解, ごとく議論, ごとく重々しく, ごとく錯覚, ごとく雪, ごとく響いて, ごとく黙々, どちらかに, やう, やうでありました, やうでした, やうな思ひ, やうにすら, ようです, ような云い, ような己惚れ, ような紛わしい呼び, ようにしか, ようわけも, ようバタバタ, よう青白く, 一つである, 一例として, 三つの, 事實さへも, 二つの, 五ツ紋を, 何れかに, 価値に, 判別さえも, 判別付かず, 判断は, 前日松平伯耆が, 区別が, 区別も, 協議を, 印象を, 名だたるメイフェア彷徨, 君に, 問に, 問題では, 問題に対して, 問題に対する, 問題へ, 問題を, 喜ばしき闘争要素, 地想觀水想觀などの, 大體, 女と, 女といふ, 如き, 如きであつ, 如きもの, 如き云い方, 如き偏見, 如き取扱, 如き口吻, 如き外観, 如き外觀, 如き心地, 如き心持, 如き意見, 如き意識, 如き感, 如き感じ, 如き或, 如き放れ業, 如き文字, 如き様子, 如き演じ振り, 如き熱心さ, 如き自由さ, 如き衣裳, 如き誤解, 如き迷信, 如き錯覚, 如く, 如くさえ, 如くさげすまれるの, 如くぼろく, 如くまた, 如くみなされしかも, 如くみられがち, 如くみられて, 如くも, 如く一部, 如く云, 如く人に, 如く今, 如く何, 如く何処, 如く余念, 如く信じ, 如く信ずる人, 如く信ぜられて, 如く先入的, 如く動き始め一疋, 如く十時, 如く取扱われ甚だしき, 如く吹聽, 如く喚きちらして, 如く大鳥居, 如く市民, 如く平気, 如く広告し, 如く彼等, 如く心, 如く心に, 如く心を, 如く心得る, 如く思, 如く思い詰めた, 如く思い込むこと, 如く思はれた, 如く思はれて, 如く思はれは, 如く思ひこんで, 如く思ひそれ, 如く思ひ做, 如く思わしめる事, 如く思わるるも, 如く思われたり, 如く思われなくては, 如く思われる, 如く思違, 如く怯える, 如く想像せられる, 如く愛撫の, 如く感じた, 如く感じつ, 如く感じ始められる, 如く感ぜざるを, 如く感ぜられた, 如く感心し, 如く懇ろ, 如く或は, 如く振舞う, 如く揺れ, 如く擯斥せられます, 如く方々, 如く曲庇した, 如く次, 如く水面, 如く流行し, 如く演じて, 如く物語るべし, 如く生きれば, 如く用心深く, 如く町, 如く真一文字, 如く神秘的, 如く私, 如く罵つて高尚, 如く考えました, 如く考えられる, 如く考える, 如く考え出したの, 如く考へた, 如く考へられるの, 如く聳え, 如く自然, 如く興味深く, 如く色んな, 如く蔑視され, 如く装って, 如く見えるであろう, 如く見なす思想, 如く見ゆる, 如く見る者, 如く解せずには, 如く認め, 如く語り伝えられる場合, 如く誤って, 如く誤解し, 如く誤解する, 如く誤解もしくは, 如く説く学者, 如く説く者, 如く讒誣, 如く述べ, 如く錯覚し, 如く関心, 如く頂點, 孰れ, 定義さへ, 実例には, 容子で, 富士五百年の, 希望であった, 意味を, 意気込みです, 意氣込みです, 意識何が, 明白な, 明示を, 条件の, 検討に, 楊太真と, 様である, 様にも, 決定である, 犬が, 理由が, 理由である, 理解は, 番頭は, 目標が, 眞の, 真相を, 秘密は, 肌に, 自覚から, 見さ, 見分けが, 見別けが, 見当も, 見極めに, 見透しが, 観である, 觀が, 觀念を, 記事は, 証左であろう, 説明は, 謎を, 近代主義の, 銀の, 鑑別に, 隔年結果という, 類である, 風評であった

▼ あるかを~ (1571, 0.5%)

51 知って 15 考えて 14 知らない 13 私は 12 知った 11 知らなかった, 示して 10 知ること, 見て 8 彼は, 彼女に, 理解する, 知らないの, 語って 7 吾, 明らかに, 決定する, 知るに 6 よく知っ, 判断する, 明かに, 知ろうと, 説明する 5 教えて, 知つた, 知つてゐる, 知るため, 知るには, 知るの, 示すもの, 見た

4 [15件] 了解する, 人々は, 少しも, 想像し, 想像する, 正確に, 物語って, 疑った, 痛切に, 知らないし, 知らねば, 示すこと, 見ようと, 証明する, 説明した

3 [28件] はっきりと, 充分に, 十分に, 尋ねて, 忘れて, 思つた, 悟つた, 想ふ, 我々は, 探究する, 明瞭に, 理解しない, 疑う, 知らうと, 知らずに, 知らないと, 知らないもの, 知らなかつた, 知りました, 知る, 研究する, 示すため, 見よ, 見よう, 見るの, 見れば, 説明し, 誰が

2 [100件] いくらかよく知り始める, お察し, お考え, ここに, これから推理, しみじみと, たしかめようと, われわれは, 不思議に, 互に黙, 今はじめて, 他方いかなる, 伝えて, 僕は, 切実に, 判別する, 判然と, 勘定し, 反省する, 問題に, 学びました, 容易に, 察した, 尋ねた, 尋ねました, 弁ぜんと, 彼の, 彼らは, 心着かざる, 思えば, 悟って, 悟ること, 感じた, 感ぜざるもの, 指示する, 探究しなけれ, 推察する, 教えた, 早く知りたい, 明晰に, 物色し, 物語るもの, 理解し, 理解した, 理解しよう, 理解し得ない, 理解し得る, 疑つた, 痛感する, 発見する, 直接に, 看取する, 眼の, 知らせるため, 知らないで, 知らない人, 知らなかったが, 知られて, 知りたいの, 知りたくて, 知るであらう, 知ると共に, 知るべきだ, 知るもの, 知る事, 知る必要, 知る者, 知れば, 知ろうとして, 知ろうとは, 確めた, 示す一つ, 私に, 私の, 経験し, 経験した, 考えた, 考えると, 考える必要, 考へて, 考察し, 聞いた, 聴衆が, 能く, 見たい気, 見て取った, 見なくては, 見ること, 見分けること, 見定めてからは, 見定めようと, 言い当てさせるの, 訊く, 訊ねるの, 試して, 話して, 説いた, 説いて, 調べて, 述べて

1 [942件 抜粋] あなたは, あらかじめ計算, いいあてるよ, いちいち側の, いっそう完全, いっそう注意深く, いって, いはなければ, いろ, うすうす知っ, おしえられた, おのづか, おれたち自身で, お互いに, お悟り, お目, お知らせなされませ, お話しする, かねて, かわるがわるしゃべりたてました, きいた, ぎりぎりの, このやう, この場合, この手紙, この書物, ご存じなく, さ, さえハッキリ, さすがに, さらに判明, しきりに思い出そう, しらべること, すぐ覚り, すでに知っ, ぜひ知ろう, そして子供達, その時, その都度, それは, たしかめて, たしかめる気, ただちに断定, だに知らずに, ちょっとでも, つきとめかならず, つきとめるしか, つく, つくづく嘆ぜざる, つげること, できるなら統計学的, とうに知っ, どうして追求, にわかに思い出す, はじめ彼は, はっきり見, はつきり見極めたい, ひたすら求め抜く, ほとんど知らなかった, まざ, ますます目立たせる, まず確め, また孤独, まだはつきり, まだハッキリつかむ, まだ御存じ, まるで知らない, もうソロソロ, もう少し見極め, もっとハッキリさせ, もはや知らない, よくよくたしかめたい, よく了解, よく弁, よく承知, よく示すであろう, よほど慎重, わたしに, チャンと, ハッキリ知らなく, ベエコンは, リアライズする, 一々古今, 一人で, 一口や, 一層完全, 一層注意深く, 一度も, 一掬もっ, 一生の, 万人の, 三造は, 不思議にも, 世界の, 並びに農業者, 之で, 乏しい記録, 了解できなかつた, 予め見よう, 事実に, 事実について, 云々する, 云うには, 人々に, 人民は, 今でも, 今云った, 今更ながら, 今更の, 会得し, 体験した, 作品によって, 例を以て, 信じないわけ, 俺は, 先生は, 全く知らない, 全く知らぬ, 公に, 兵馬に, 具に知る, 再び事實, 出來, 分解比較し, 初めて知った, 判定する, 判断しかね, 判断し得べき, 前からも, 力説し, 十分察知する, 十分理解せず, 半七, 占つた事から, 反省し, 取り調べ場合, 名の, 君自身に, 吟味しよう, 吹聴した, 吾等は, 告げて, 告げ留守, 告白し, 周平は, 商量する, 問うた, 問うべきでありことに, 問は, 問わずとも, 問わず殲滅, 問わず結婚, 問わねば, 問題と, 單に, 嘆じ, 国民は, 声で, 夢にも, 大凡そ, 大抵推量, 夫婦の, 如実に, 学んだのみ, 學ばう, 定めます, 実例を, 実際に, 察したけれど, 察して, 察せらる, 實に, 尋ねられた, 少しでも, 幽かながらも, 弁じ出した, 弁別し, 弁別する, 当てる者, 彼が, 彼らに, 彼ら自身も, 彼等は, 御推察, 御覧に, 心遣います, 必ずしも明らか, 忘れしむるところ, 忘れること, 忘却し, 思い出して, 思い知った最初, 思い知ること, 思う, 思うの, 思って, 思ふ時, 思わずに, 思わないわけ, 怪しんだと, 悟り, 悲しい氣持, 想うて, 想わせます, 想像させられ, 想像した, 想像せし, 想像で, 感じて, 感じないでは, 感じる, 感じ取る人, 感じ抵抗, 感ずるの, 感ぜずには, 我々に, 批判し, 承知され, 指点する, 捜す努力, 捜そうと, 探し出すの, 探った, 探り求めたの, 探索し, 推測する, 推論する, 揣摩し, 改めて今, 改めて見よう, 教えようという, 教へ, 數へて, 既に見ぬき, 明に, 明白知らずに, 明確に, 明言出来なく, 映画に, 更に判明, 更に言い添えましょう, 最も好く, 最初から, 會得し, 本当に知っ, 本当に知らなかった, 本能的な, 根本的に, 棚へ, 検べ, 検討されなけれ, 極めて有力, 概観しよう, 構わず私, 次第に明, 歌つて聞かせる, 正しく感知, 母に, 気付かぬらしく装いながら, 決しかねるが, 決めたり, 決めるに, 決めるもの, 決定したい, 決定すべきである, 法則化し, 注意しなけれ, 注意する, 注意深く見分ける, 洞察し得るであらう, 洞察する, 満足の, 源氏は, 漸く知り出し, 熟知する, 片方の, 理解しなかった, 理解し得なくなった, 理解するであらう, 理解せられ, 申上げたい, 疑い得ない次第, 疑ったの, 疑は, 疑わせた, 痛感させられました, 痛感した, 発見いたしました, 発見した, 発見しなけれ, 的確に, 目撃した, 直覚し得た, 省る, 眞面目に, 真面目に, 知ったか, 知ったとき, 知ったならば, 知ったん, 知つたといふ, 知つたのである, 知つた国民が, 知つてゐた, 知つて居れ, 知らうとして, 知らざるべからず, 知らざるほど, 知らざる也, 知らしめた, 知らしめるよう, 知らしめ現在, 知らずなり行くなり, 知らず押して, 知らず自分ら, 知らせて, 知らないから, 知らないくせ, 知らないしかし, 知らないという, 知らないらしかった, 知らない時世, 知らない輩, 知らなかったで, 知らなかったので, 知らなくても, 知らぬの, 知らむと欲, 知りうるだけの, 知りたい, 知りたいと, 知りたかったの, 知りたがった, 知りたく思うであろう, 知りて, 知りは, 知りません, 知りよう, 知り得たの, 知り得るだろうから, 知り拔, 知り盡, 知り難い, 知ると, 知るよりは, 知る手掛かり, 知る由, 知る點, 確かめかねた, 確かめなければ, 確かめようと, 確かめるため, 確かめるの, 確めて, 確めようとして, 確め得なかった, 確証するであろう, 示さうと, 示した, 示してないが, 示すかも, 示すであろう, 示すべく努力, 示す一番かんじん, 示す模型, 神學を, 私共は, 私達は, 究めそれ, 究めようと, 究明する, 穿鑿する, 突き止めました, 突き止める為め, 突留め, 突留めなけれ, 立証する, 精密に, 素早く見, 縷々として, 羊得らも, 義経は, 考えずには, 考えたり, 考えた丈, 考えながら, 考えよ, 考えるさえ, 考えるには, 考え合わせて, 考え更に, 考へさせるの, 考へたの, 考へたり, 考へてをの, 考へる前, 考慮した, 耳を, 聞いてから, 聞きかつ, 聞きだそうと, 聞きも, 聞くため, 聞こうとして, 自らに, 自ら知らなかった, 自分でも, 自分には, 自覚し, 自覚する, 舞い姫, 蔭ながら, 衝いて, 見きわめなければ, 見きわめるため, 見せつけられた, 見せつけられました, 見せて, 見たいと, 見たり, 見て取りまた, 見ないわけ, 見ぬいて, 見ますの, 見るが, 見るには, 見るや, 見る順序, 見出すこと, 見分ること, 見定めねば, 見定める労力, 見届けて, 見抜こうと, 見極めるほどの, 見究めるの, 見逃すこと, 覚った, 覚るの, 観察し, 觀つづけ, 解しない, 解せぬもの, 解決する, 言いあて, 言わず服装, 計算し, 訊いて, 記述し, 訝って, 訴へ, 証拠だ, 証明せん, 試さするという, 試みる, 詳しく説明, 認めさせようと, 認めなければ, 認められるで, 認知する, 語らずとても, 語り生, 語る, 語ろうと, 誤解せられ, 説かない正しき, 説き且つ, 説き静御前, 説明しなけれ, 説明せずし, 説明せなけれ, 読者に, 誰よりも, 調べようと, 調べる必用, 諄々と, 諒解し, 論じかく, 論ずる資格, 諸君が, 諸君は, 證明した, 警告し, 議論し, 貞盛は, 質ねたら, 身に, 述べたが, 述べるの, 逐一調査, 鑑別する, 長篠の, 開いて, 隠し通したの, 露見させ, 音に, 順次に, 顧みそこ, 駿介は, 鬼に

▼ あるかと~ (1564, 0.4%)

124 思うと 91 いうと 56 云ふ 55 思えば 53 いうに 49 思って 44 いえば 29 いふと 27 云うこと 25 思う 24 思ふと 22 思へば 21 思われる 17 考えて 16 いふこと 14 いふに, 云ふと 13 云う事 12 云うと 11 いへば, 申しますと 10 尋ねた, 言えば 9 云へば, 言うと 8 いって, 云えば 7 思うよう, 見れば 6 存じます, 思った, 思ふ, 言ふ 5 おもうと, 云うに, 思います, 思はれるやう, 考へて, 聞いて, 訊いて 4 云ふこ, 尋ねると, 思うほど, 思われた, 思われるほど, 言うこと, 言へば, 訊くと

3 [14件] いう, いふ事, 云ひます, 問へば, 尋ねて, 思いの, 思うが, 思うて, 思うので, 思われるよう, 私は, 考えると, 聞いた, 言いますに

2 [71件] あたりを, いいますと, いうので, きいた, きいて, それ許り, なると, ひそかに, ヨブは, 云いますと, 云うかも, 云うの, 云う点, 云って, 僕は, 吉次郎も, 問うて, 問うと, 問えば, 問ひ返す, 問われるだろう, 問われると, 彼は, 彼等は, 待って, 心配した, 思いのほかに, 思うこと, 思うの, 思ったから, 思ったが, 思はれるほど, 思はれる程, 思ひますと, 思ふの, 思われます, 思われるが, 思われるほどの, 思われる程, 恐察し, 想って, 想像し, 慄然と, 憤慨し, 気を, 申しますに, 申しますると, 申しますれば, 申せば, 目を, 私が, 考えられます, 考える時, 考へた, 考へると, 聞かれても, 聞くと, 聞くん, 聞けば, 自分は, 見たが, 言うの, 言うので, 言って, 言ふと, 訊いた, 訊くの, 訊ねて, 試みに, 調べた限り, 質問を

1 [493件] あらためて目前, いいあると, いいたいほど, いいたくなる, いいますれば, いうが, いうて, いうの, いうのに, いうほど, いつまでも, いひますと, いふから, いふが, いふとき, いふのに, いふ点, いぶかりながらも, いわばつまり, いわゆるやっつけた, いわれると, おっしゃいますか, おっしゃるの, おどろくほど, おもう, おもえば, おもわれ長, お客人, お訊き, お訊ね, お質問, お鈴, きかれた, きかれたらだれ, きかれると, ききましたので, きき蕎麦屋, きく, きくから, きくの, きっぱり断った, ぐちを, そうわたし, そう問う, そう迷わざる, そして自分, その物, それとなく捜し, そればかりを, そんなこと, たずねた, たずねても, たずねられれば, たずねると, たずねるもの, つい鏡, つくづく感じました, とても実地, どなった, どなられましたの, なんだか違った, にらまえても, ひとは, ひとはいふ, びっくりします, ほのかに, まざまざそれ, また同じ, みえるほど, みんなが, みんなに, ややしばらく右門, わかって, わからなく思って, ガンバッて, チベット政府の, ビールを, フランボーが, 一つの, 一同思っ, 一月寺の, 不思議に, 世界の, 世間で, 中姫君, 予期し, 云うて, 云うのに, 云うよう, 云う問題, 云う画幅, 云う自省, 云その, 云ったから, 云ったらたかが, 云ったら私, 云つてヘンリー・ゼームスの, 云ふからある, 云ふと必ずしも, 云ふんだ, 云ふ疑, 云へ, 云われる, 云われると, 互いに論じ合う, 人々は, 人が, 人に, 人生の, 今さらの, 他の, 仰し, 偶に, 僕の, 八節は, 六郎兵衛が, 刀に, 刀を, 助作が, 努力を, 十万の, 千代松は, 半ばあきれ, 半七, 反問される, 反問されるだろう, 反問した, 反問する, 反問するであらう, 反駁する, 受音装置が, 口を, 口惜しく思う, 台所へ, 叱っては, 叱りつけたらブツ, 同じやう, 吟味した, 吾, 問うた, 問うたの, 問うても, 問うの, 問う人, 問え, 問は, 問ひぬ, 問ふた, 問ふと, 問ふなら, 問れ, 問わなければ, 問わば, 問われたなら予, 問われたもの, 問われたら何, 問われるであろう, 問われるならば, 問題が, 喜平も, 喝破した, 嘆息した, 嘯く社会科学者, 声を, 大いに悦ん, 大将の, 夫婦は, 女に, 奴鳴った, 存じて, 存じますが, 存ぜられます, 存ぜられますが, 存ぜられる, 安二郎に, 実はそれ, 実之, 客席の, 尋ねければ, 尋ねたが, 尋ねたそう, 尋ねたの, 尋ねたらある, 尋ねたら記録, 尋ねた彼, 尋ねら, 尋ねられると, 尋ねるので, 尋ね頑として, 尋ね頑としてそう, 岸では, 常吉が, 当時私かに, 彼等シェストーフ的者は, 待ち構えて, 御遠慮, 念の, 怒鳴りながら, 思いながら, 思いの外今別れ, 思いの外誰も, 思いましたから, 思いましてね, 思いますから, 思いますが, 思いますと, 思い元気, 思い廊下, 思い彼ら, 思い自分, 思い返した, 思うくらい, 思うけれども, 思うしかし, 思うのに, 思うばかりの, 思う伝説, 思う位, 思う円周, 思う大岩, 思う岩石, 思う清らか, 思う白い, 思う程, 思う辺, 思えるくらい, 思えるよう, 思える時, 思ったさ, 思ったです, 思ったところ, 思ったらありがたかっ, 思ったバラバラ, 思った消息, 思ってね, 思っては, 思っても, 思つ, 思つた, 思つたら, 思つてそれを, 思つてのこのこ, 思つてよく, 思つてる, 思つて居ります, 思つて慄然たら, 思つて色, 思つて行つて見ます, 思はせられる, 思はせる位, 思はないでは, 思はるる艶, 思はれた, 思はれるの, 思はれる大きい, 思ひながら, 思ひの, 思ひます, 思ひ二三, 思ひ彼, 思ひ返して, 思ふが, 思ふこと, 思ふとねえもが, 思ふよりも, 思ふ位, 思ふ大, 思ふ小さな, 思ふ程, 思ふ見事, 思や, 思わせるほど, 思わるるほどに, 思わるる艶, 思われそれ, 思われたが, 思われた故に, 思われとにかくずいぶん, 思われました, 思われますから, 思われるおそろしく, 思われるくらい, 思われるとしても, 思われるの, 思われるひろ, 思われるほど物, 思われるほど静か, 思われる位, 思われる厚い, 思われる容積, 思われる筋, 思われる赤い, 思われる黒い, 思われ巨大, 思案に, 思案の, 怪しまれる, 怪しまれる程, 怪しみ尋ねた, 怪しんだが, 怪しんでは, 恐れながら実は期待, 恐怖の, 悲しくも, 想い一寸, 想へば, 想われる, 想像せられる, 感じた, 感じました, 感心した, 感心しました, 憤りを, 懇切に, 我は, 或は疑い, 批評家は, 捜したの, 探したが, 探索する, 推察せらる, 撲られた, 散々だった, 数えては, 数え出した事, 日本の, 早口で, 暫く考へる, 有り得べからざるやう, 期待し, 李は, 来て, 気づきその, 浮いて, 清二は, 激しく叱った, 煽動し, 熱心に, 父が, 独言に, 珍しがった, 生きる目標, 用意し, 申されました, 申されましたよろし, 申しますかと, 申しますの, 申すは, 疑いつつ, 疑うくらい, 疑うに, 疑う余地, 疑えば, 疑ったの, 疑つたの, 疑ふ態度, 疑わずには, 疑われる, 疑われるばかり, 疑われるほど, 痛切に, 白石も, 百歩ばかり, 眺め, 眼を, 瞬間それについて, 知ったとき, 知りたいの, 研究する, 究明する, 空に, 終始考へ, 緊張した, 緒方は, 繹ぬる, 考えさせるより, 考えずに, 考えずには, 考えた, 考えたり, 考えては, 考えましても, 考え出したの, 考へますと, 考へも, 考へる様, 考へ出したの, 聞いたらありませんと, 聞いたら彼, 聞いた彼女, 聞いてるん, 聞かれ, 聞かれた, 聞かれたこと, 聞かれると, 聞きました, 聞きましたが, 聞き合わせると, 聞く, 聞くの, 聞くので, 聲を, 胸を, 腕が, 自分の, 自分も, 自分達の, 自問した, 興を, 蔑まれた, 蔑視され, 蚤取, 見えて, 見えるよう, 見える波, 見て, 見まわして, 見まわしました, 見ると, 見定めようと, 見廻したが, 覗いて, 観て, 言いたげに, 言いますと, 言うから, 言うん, 言う事, 言う二つ, 言う点, 言った, 言ったっても, 言ったところ, 言ったら二, 言つても, 言つて了へば, 言はれる, 言ひ得る, 言ひ返し, 言ふこ, 言ふ疑ひ, 言われて, 言われても, 言われると, 訊いたこと, 訊いた事, 訊いた男, 訊かれましたから, 訊く, 訊くところ, 訊くに, 訊ぬる, 訊ねた, 訊ねたの, 訊ねてを, 訊ねられたの, 訊ねられるに, 詮索を, 詮議する, 詰問され, 詰責する, 誇りでも, 認識する, 説明し, 読者に, 読者諸君も, 論ぜられるけれど, 謂へば, 讀者は, 質せば, 質問し, 質問する, 足尾に, 身に, 身動きが, 追求し, 運動を, 過去の, 鎌倉の, 開きなおられると, 開き直, 隣家の, 難じだした, 顧みても, 駁した, 驚いたこと, 驚いたの, 驚かざるを, 驚きに, 驚きました, 驚くこと, 驚くばかり, 驛から

▼ あるわけ~ (1539, 0.4%)

329 では 127 でも 126 です 105 はない 10267 である 45 だが 35 はねえ 32 はありません 25 がない 22 じゃない, ですが 21 ですね, のもの 18 なの 17 でしょう, はございません 15 だから 14 は無い 12 であります, ですから, なん 9 じゃなし, だと, だね 8 もありません, もない, もなく 7 でなし, でもなかつた 6 だった, はなかっ 5 で, ですな 4 さ, じゃねえ, であるが, でその, はなし, はねエ

3 [11件] がありません, じゃありません, じゃア, ですからね, でない, でないから, でなく唯, ね, はなく, は御座いません, もございません

2 [31件] がなく, じゃございません, じや, だけれども, だつた, だよ, だ中味, であった, であったが, であろう, でかく, でしょうが, ですか, ですし, ですもの, ですよ, でただ, でもねえ, で私, なので, なのよ, になります, になる, のものぢ, のもん, の人, はなかつた, は無え, は無かっ, は無し, も無く

1 [137件] か, かとなに, が, がございません, がなかっ, がねえ, が御座いません, が無い, じゃ, じゃあありません, じゃあない, じゃあねえ, じゃある, じゃあるまい, じゃなかろう, じゃなく, じゃ無い, だけれど, だし, だぜ, だだが, だらう, だろう, だろうから, だろうが, だろうつまり, だわ, だわね, だ南風氏, であ, であって, であり, でありそれ, でありまして, でありますが, でありませぬから, でありませんから, であるから, であるしたが, であろうから, でいくら, でいま, でこうして, でこの, でこれ, でございます, でございますが, でござる, でさ, でさえ, でしょうから, でしょうだから, でしょうツイ人間, ですそれ, ですレムブラント, です第, でそこ, でその大きな, でそれ, でたんと, でないからな, でないそれに, でないの, でない彼, でなかったの, でなく, でなくいわば, でなくおだやか, でなくそれ, でなくた, でなくただ, でなくとり立てて, でなくまた, でなくトンネルみたい, でなく一人, でなく不得要領, でなく危険, でなく天気予報, でなく夷蛮, でなく帰すところ, でなく押入, でなく文章自体, でなく木造船, でなく燈籠, でなく言葉, でなく雨戸, でなく鮪, でね, でねえから, でほむべ, でまあ, でもござりませぬ, でもし, で人工的, で人類, で今, で今日, で其, で同じく, で大きな, で実際, で帝大, で彼, で我々, で所謂匿名批評, で技術, で時, で機, で残念, で要するに, で観測, で読書家, とてなかった, と申す, なしすべて, なのね, なれど, にてその, にはいかない, のもんぢ, のわからぬ, はあの, はあるまい, はここ, はそもそも, はないでしょう, はねえだ, はほか, は何, は無, は無く, もうなずかれる, もよく, もわかっ, も無い, よ, 故やはり

▼ ある~ (1456, 0.4%)

42 見て 39 見る 21 知って 19 見ず 18 聞かず, 見れば 16 知らず 1514 見たり, 見るに 12 知りて 10 知らずして 9 予期し, 免かれず 8 要す 7 知らずと, 知るべし, 覚ゆ 6 免れず, 見ても, 認む, 認めて 5 免れぬ, 恐れて, 発見し, 聞かない, 見るべし 4 もつて, 信ぜり, 常と, 知て, 知らずや, 見ざりき, 見る可, 記憶す

3 [34件] いう, おもへ, みる, やりけるに, 喜ぶなり, 察して, 幸いに, 幸ひ, 忘るべからず, 思えば, 思ふ, 思へば, 恨みしが, 発見する, 知らざりしが, 知らざる人, 知らずに, 知らば, 知らん, 知る, 知るもの, 聞いて, 聞かざるは, 聞かずと, 聞かぬ, 聞きて, 要する, 見き, 見た, 見たが, 見ては, 見む, 見るなり, 読んで

2 [105件] あやしめる, いふ, おぼ, かねて, そりに, みて, カワラケと, 了解せり, 予想し, 云ひ, 云ふ, 云へる, 人は, 信じて, 信じ其の, 信じ滔々, 信ず, 信ずるなり, 信ずるもの, 信ず彼, 免かれ, 免れないが, 全く知らず, 口癖に, 告ぐ, 奇として, 待て始めて, 得ず, 得たる即ち, 得んや, 忘る, 忘れて, 忘れては, 思う, 急務と, 怪事と, 恐れたれば, 惜まず, 想ふべし, 意味する, 感じたり, 感ずる, 感ずるは, 感ぜざるを, 探知し, 望みて, 注目し, 異り, 疑は, 知つた, 知らざりき, 知らざる可, 知らない, 知らぬ, 知らぬか, 知られむ, 知らんや, 知りながら, 知りぬ, 知るざる可, 知るとき, 知るに, 知るべく侯, 知るや, 知る者, 確信し, 示し伊藤侯, 示めす, 私は, 立証する, 聞かぬと, 聞き一夕これ, 聞けり, 自信し, 自覚し, 自覺, 致すは, 見ざらむ, 見ざるの, 見ずや, 見つ, 見ない, 見よ, 見るごと, 見ると, 見出した, 視て, 視れば, 覚う, 覚えず, 覚らざるなり, 覚悟し, 覺え, 覺ゆる, 記憶せざる, 許さず, 証するに, 認めざるも, 認めたり, 認めながら, 認め得たり, 認め手, 認識す, 顧慮せざる, 餘り

1 [778件 抜粋] ああはやく, あげつらはず, あはれさち, あらはせる語, いうが, いかなる無学無筆, いかんせん, いなめないつまり, いへり, いへるか, いやが, うるかぎり, えざるを, えざる事, おしなべて, おそれて, おもはず, おもふべし, お知らせし, かねて小耳, かれは, くらはんと, この語, さいは, さいわい隠密, さとった張遼, さりげなく, しらず, しるべし, そちは, その婬獣, それでも身躰, とこ久しく, なにとて忘れ給う, はかれりといふ, ば心の, ふつと, みいひけるは, みしとき, みつ, みなへ, みると, みる其, もて世, もて墨堤, もて足れりと, ゆるし給, よろこばぬなり, りを, アーサー王の, 一沸と, 一覧す, 与へんと, 久原房之助に, 予実例を, 予期し置かざる, 予知し, 予知せりし, 予見し, 云はず, 人には, 仄聞したれ, 今や, 今更に, 付込度々, 以つて下柳原同朋町及新地と, 以ツて, 以官請爾来欧心刻骨其術を, 何, 何かで, 何れも, 何処か, 余りな, 使うて, 保すべからず, 信じなかった, 信じ今, 信ずるゆえ, 信ずる也, 信ずる能, 信ずれば, 信ぜられて, 倖い, 傲慢なる, 儒家の, 免が, 免れざるに, 免れざれども, 免れず大, 免れず読者請, 免れぬであらう, 免れぬ吾人, 免れまい, 全く私, 内は, 出す諫鼓苔, 利あり, 北嶽, 南嶽, 却て, 反對, 取らむとす, 取り合せて, 取るのみ, 口惜くも可恨くも又, 名として, 否み得ない, 吾, 咎め給うな, 問わず一旦, 問わず道, 喜び夏, 喜ぶ, 嘲りたりとの, 国許より, 基として, 堀り返し, 夢に, 大層に, 大罪として, 天変諭し, 奇貨と, 奈何せん, 好しと, 如何せん無用, 如何に, 如意て, 始め同, 嫌って, 嫌ふと, 学理に, 富人求めた, 察しけれ, 察しそれ, 察する, 察せよ, 少くとも, 少しく正し, 尚ぶと, 屑と, 平和主義の, 幸い御身, 弁じて, 引いて, 引き, 弩を, 当然と, 待って, 後ろざまに, 従来記した, 得ざるや, 得たの, 得ないこと, 得ば, 得ました上, 心ざし, 心着きぬ, 忍ぶも, 忘れしめぬ, 忘れず勇士, 忘れたり, 忘れたる者, 忘れはてたり, 忘れ個人, 忘れ日本人, 念ふ, 怖る, 怖れる, 思い出さなかった昔, 思い利得, 思い深く, 思うが, 思って, 思はざるを, 思はず生かされて, 思はれん, 思ひも, 思ひ以, 思ひ出づべし, 思ひ合せても, 思ふこと, 思ふを, 思へるなり, 思出し, 思合せぬ, 怪しまぬ, 怪しみこれ, 怪む人が, 恐るるな, 恐れるの, 恥ぢ故, 悟つた, 悟らざるなり, 悟らしむ, 悟らねば, 悟りて, 悦ぶ我等, 悲しむ, 情なしとは, 想ふべき, 想像し, 想起せざる, 感じ, 感じた人, 感じて, 感じる, 感ず, 感ずること, 慈覚大師が, 慮りこれ, 憂いて, 憂いなるべく, 憂え学術, 憂ひ之, 憐んで, 憾む, 懼る, 我も, 我らは, 承認せしめた, 拝誦すれ, 指したので, 指す, 指點し, 排しもって, 探らんと, 推知すべきである, 攷え, 教へる, 散所, 是非に, 暁らざるならん, 暁り, 書紀に, 望みうべきかと, 望む, 期して, 期すべし知らずや, 期待し, 未だ聞いた, 未だ読まぬ, 朱子の, 根據として, 槍飛ばし, 止めたもの, 止めて, 殺すには, 殺す唯一, 求む, 汝知る, 無駄と, 物語るもの, 獅子獣小さし, 生ざとりの指南, 産す, 田沢と, 異として, 疑はれしとて, 疑わんや, 痛責し, 発見した, 発見するであろう, 發見せらる, 白状だに, 盗んで, 目で, 目撃せりと, 直接または, 看破する, 知ざれば, 知った, 知ったであろう, 知ったの, 知つて之を, 知つて天皇ある, 知つて率て, 知つて諸, 知らざりしか, 知らざるが, 知らざるなり, 知らざるに, 知らざるの, 知らざるも, 知らざるもの, 知らざる鎖国的, 知らしむる者, 知らしめわが, 知らずおのれ, 知らずただ, 知らず儀式, 知らず吾人, 知らず屈原, 知らず己, 知らず政治これ, 知らず林外, 知らず眼前, 知らないか, 知らないが, 知らないもの, 知らない漢学趣味, 知らぬな, 知らぬはず, 知らぬ当時支那, 知らは, 知りいたく, 知りこ, 知りしが, 知りし事, 知りながらも, 知り一七五六年開戦, 知り且つ, 知り得たのみ, 知り思ひがけ, 知り日本贔負, 知り爾来, 知り給, 知り茶臼山, 知り西, 知り遇, 知るか, 知るが, 知ること, 知るとともに, 知れ, 知れど, 知れり, 知れり其方法, 知れるも, 知れる友ら, 知んねえか, 知初めつ, 確認し, 示して, 示し日没, 示すと, 示すに, 示す由, 示唆する, 禁じたるを以て, 福沢翁の, 秘して, 称讃し, 種に, 細やかに, 絵と, 羨んで, 考うれ, 耳に, 聞いたこと, 聞かざるなり, 聞かす且つ, 聞かずこれら, 聞かず寺院, 聞かず彼, 聞かなかったそう, 聞かぬが, 聞き出しつ, 聞き前, 聞き失神, 聞き陳列所, 聞く, 聞くところ, 聞くのみ, 聞けど, 聞て, 臣民知らず, 自覚せざる, 致した, 致せし辛抱, 致せり, 若し日本, 苦しむよりも, 菅原の, 虞れ, 衆の, 衝いて, 西洋の, 要しませんただ, 要するが, 要せず唯, 見, 見これ, 見ざらん, 見しかど, 見しこと, 見し時, 見ずと, 見ずば, 見たりき, 見たりと, 見たれば, 見た事, 見た所, 見つけ介抱, 見つけ親し, 見ぬきて, 見ぬまた, 見ゆ, 見よと, 見ること, 見るとき, 見るべきである, 見るわれ, 見ん, 見んとは, 見一夕, 見付く, 見付けこれ, 見付けガサゴソ, 見兵, 見出したから, 見出しつ, 見出して, 見出し今夜, 見出し解き復して, 見出すこと, 見勉強, 見受け候, 見因, 見席, 見得るから, 見採り来りて, 見申し候, 見給うべきも, 見越して, 覚え, 覚えずされども, 覚えたり, 覚えよしか, 覚ゆる, 覚ゆれば, 覚悟の, 観これ, 覺えず, 覺えた, 覺つた, 覺ふ, 觀る, 解するであらう, 解せぬより, 記えず, 訪は, 許さない, 許すと, 註して, 証明する, 詰るを, 誇りに, 誇るという, 認めかつ, 認めき, 認めさせた, 認めざりき, 認めざるを, 認めしに, 認めずば, 認めつ, 認めぬ, 認めん, 認め一案, 認め古図, 認め得た, 認め得べし, 認め神, 語る, 説いて, 説きしのみ, 説き人間, 説き例えば, 説くもの, 読むと, 読んだが, 調合し, 諫めな, 講ずるついで, 謝する, 識れ, 豫想し, 豫知せりし, 豫見した, 貨として, 貫き霊位, 賞し, 跡の, 軽く持つ, 辨じ, 迫ること, 迷信だ, 通典には, 遣はず, 遺憾と, 邪魔と, 除いては, 陳ぶ, 青龍と, 非難し, 面白がり, 頻りに慚愧, 願へ, 顧みて

▼ ある~ (1374, 0.4%)

186153 はない 93 がない 81 である 67 です 59 だが 37 だと 31 だから 22 はありません, もない 18 ですが 17 なの, はなく 16 のもの 15 はなかつた 14 だった, なのに, はございません 13 であった, は無い 11 なん, もありません 10 は無く, もなく 9 じゃ, だし, ですから 8 だつた, で, もございません 7 だよ, はなかっ 6 でございます, では, はねえ, もなかつた, よ 5 がなかつた, だのに, であつ, であるが, のところ, も御座いません 4 がありません, がなく, じゃない, だな, であったから, ですよ, のない 3 がございません, がなかっ, がねえ, が無い, であったが, であります, でご, なので, はなし

2 [29件] だからと, だけれども, だそれ, だね, だ私, だ見てくれ, であるから, であるし, であるの, でこの, でございますから, でした, ですね, で必ずしも, で慌てて, ないと, なしと, なり, なれど, の, のその, の人, の女形, の彼, の彼女, の格子, は無し, もなかっ, もなし

1 [192件] かということ, があります, がある, がご, がございましょう, がございませぬ, がなし, じや, そう言っ, だからとの, だからね, だけれ, だけれど, だそいつ, だそうして, だそこ, だその, だったから, だったの, だったろうが, だった批評, だった財産, だって, だって云う, だつたの, だという, だところが, だなぜ, だなど, だろう, だろうと, だホレーシオ君, だワ, だ今, だ傍, だ其邊, だ内容的, だ図, だ年齢的, だ待つて, だ感謝, だ搜, だ文句, だ洗いざらい, だ浄衣, だ玉目, だ若し, であ, であったの, であって, でありますのに, であり丁度, であり従って, であり未来, であること, であるこれ, であるのに, である処, である好漢, である真理, でございましたが, ですからね, ですがね, ですがねえ, ですぜ, ですそれ, ですと, ですなけれ, ですわ, ですわたくし, ですわねえ, です例えば, です内地, です志保, です私, でせう, でそいつ, でそうした, でその, でそれ, でないでしょうか, で丁度, で右, で必死, で政治家, で敵, で私, で而, で見當ら, ところが妻, と卑怯者, と心がけ, と思い, と思う, と頷いた, ない, ないし, ないじゃ, ないぢ, ないよ, ないん, なかりしなり, ながら午後十時, なくお前さま, なしお前さま, なし人, なし私, なるに, なれば, にご, になっ, のお, のこと, のこれ, のご, のそこ, のない醜い, ののりと, のわけ, のカギ, のコミユニスム, のダイヤモンド, のポスター, の二つ重ね, の二人, の人々, の何千兩, の佛具, の処, の叔父, の同じ, の地下ケーブル, の地位, の城彈三郎, の客, の年頃, の恥, の想像的人物, の手槍, の日光, の未知, の桐, の洋服, の清らかさ香り, の源氏, の演説會場, の物, の理, の生産力, の男, の私, の箱, の米, の自分, の良人, の英國, の蘭奢待, の街燈, の裾, の評定, の講談, の赤い, の進歩性, の金, の隼人, の雪子, の頭蓋, の黒髪, はありませぬ, はありませんでした, はあり得ない, はございませぬ, はないでしょう, はなかろう, は御座いません, は御座いませんでした, は無, は無え, は無かっ, もあるまい, もござりませぬが, もないだろう, も無, も無い, も無かっ, や, よまだ, よもやあれ, 故幾分, 早々兵, 無い云ふんぢ, 見せませいッ

▼ あるとは~ (1252, 0.4%)

25 限らない 22 思われない 21 云へ 17 云えない 15 いえない, 思って 13 知らなかった 12 思わなかった 10 思えない 9 考えられない, 誰も 8 思わない 7 いうものの, 思えなかった, 思はなかつた, 言へ 6 いえその, いえそれ 5 どういうこと, 何を, 夢にも, 思はない, 思へない, 思へなかつた, 聞いたが

4 [14件] いえ私, どうしても私, 云うこと, 信じて, 信じられない, 少しも, 思はれない, 思われなかった, 気がつかなかった, 知らないから, 私には, 私は, 考えて, 限らないの

3 [31件] いえなかった, いえません, いひながら, いへこの, かぎらない, きまって, 云うものの, 云っても, 云ひ, 信じない, 僕は, 思いましたが, 思うが, 思ったが, 思つた, 思ひも, 思わないか, 思わないかね, 思われぬ, 思われません, 想像し, 想像も, 氣が, 知らないで, 知らなん, 私の, 考えられなかった, 聞いて, 言いながら, 言えない, 言ふ

2 [72件] いうが, いうもの, いえ, いえここ, いえまた, いえ何, いかにし, いっても, いはない, いへそれ, いわない, いわれない, おもわなかった, かねて, これは, どうしても考えられなかった, どうにも合点, よく言われ, 云いながら, 云えよう, 云え少く, 云は, 云ひません, 云ふ, 云われなかったの, 今の, 今日まで, 何うし, 何たる恩寵, 何と, 余が, 信じられなかつた, 信じ難い, 夢にも思わなかった, 思いながらも, 思いませんでした, 思えなかったから, 思えなかったの, 思えなかったん, 思えぬ, 思えませんでした, 思つ, 思つてゐない, 思へないほど, 思われないから, 思われないの, 断定し, 気が, 直ちにその, 知って, 知らなかったよ, 知らなかつた, 知らぬが, 知りながら, 考えない, 考えなかった, 考えられないこと, 考えられないと, 考えられません, 考え得ない, 考へたくないの, 見えないの, 言える, 言っても, 言は, 言ひ, 言わないが, 言われない, 認めない, 誰しも, 限らぬ, 驚いた

1 [708件 抜粋] あえて関する, あまねく伝えられ, いいきれない状態, いいじょう, いい切れないこと, いい得ないであろう, いい得ぬもの, いえあの, いえいまセイ氏, いえこの世, いえこれ, いえさすが, いえしかし, いえそこ, いえだからといって, いえても, いえないが, いえないけれども, いえないだろう, いえない気位, いえぬ, いえふと, いえまだ, いえやはり, いえモラトリアム措置以来, いえ一言, いえ人間そのもの, いえ何とか, いえ国家, いえ天皇, いえ娘, いえ宴席, いえ岡, いえ恋, いえ戦争, いえ旧, いえ欠乏, いえ河, いえ父, いえ独逸国民, いえ生きて, いえ眼前, いえ確か, いえ自分, いえ衣裳類, いえ警察, いえ連絡, いえ魚, いかない, いかなる思し召し, いかなる訳, いったいどういう, いって, いつたいなん, いつの, いはれまい, いひきれないやう, いひ切れない, いひ得ないで, いへいささか, いへこの世, いへしかし, いへた, いへだから, いへなかつたで, いへなほ彼方, いへひとたび, いへ今, いへ個人, いへ唯, いへ所謂, いへ石段, いへ私, いへ諦めが, いわれずただ, いわれないかと, いわんです, うぬぼれて, おかしい, おどろきましたね, おまえは, おもわないの, お思い, お考え, お釈迦様でも, お銀様, かぎらないの, きかなかった, このこと, このとき, この箱, この頃, これまでに, さても, さてもさ, して, すぐには, すぐ思ひついた, その性格, その時, それが, それを, たしかに思えた, たしかに思われる, たとえ弥生, たのもしいな, だれの, ちッ, ついぞ知らん, つきり意識, とてもいえなかった, どういういい, どうしてもいえなかった, どうしても彼, どうしても思えない, どうしても思はれぬ, どうしても思へなかつた, どうしても真に信じられなかった, どうしても考えられない, どうしても考える, どうしても考へられなかつた, どうして判った, どうもそう思えん, どんな哲学宗教, なほさら云はるべきでない, なんとし, にわかには, はなはだ受け取り, ほとんど考えられない, まことに心外千万, まことに絶妙, まさか桔梗, まだどこ, まだ証明, みえないし, みえないと, もちろん考えられない, もっけの幸いです, もはや信じきれなかった, よく聞く, よく言い得, よほど深い, わかって, わたしたちが, オリヴィエは, ガッカリガッカリ, シモンズの, ゼームスが, ヴァージルの, 一に, 一目に, 一體如何なる, 万人ひとしく, 不徳の, 不思議な, 不都合だ, 主張しない, 主張しなかったであろう, 予の, 事重大であった, 云い得ない, 云い得ないの, 云い難い, 云うまい, 云え, 云えず昨今, 云えそうして, 云えその, 云えないだろう, 云えなかっ, 云えなくなるの, 云えなくなる即ち, 云えるという, 云え二十歳そこそこ, 云え全く, 云え大局, 云え孤立無援, 云え殊, 云え治兵衛, 云え物取り同様, 云え確か, 云ったが, 云はれない, 云はれまい, 云ひませぬ, 云ふも, 云へる, 云わねえ, 云われない, 云われないと, 云われないね, 云われないもの, 人間を, 今まで, 伝えなかったばかりか, 何たるここちよき, 何という, 何の, 何事である, 何分にも, 余人なら, 併し, 使いに, 保証できない, 保証出来ない, 信じかねて, 信じたくない, 信じないため, 信じないわ, 信じなかつた, 信じまい, 信じられず又, 信じられず殊に, 信じられないの, 信じられないよう, 信じられなかった, 信ぜない, 信ぜられなかったろう, 僕も, 先生が, 全く初耳, 全く存知, 全く思ひ, 全ての, 全然思いません, 全然考えない, 全然考えられず, 其時知らなかった, 初めわたしは, 初耳だった, 前から, 前に, 勿論子, 十数年前から, 即断しない, 受取れる, 問う要は, 地質学者の, 外国から, 多くの, 夢にも思えなかった, 夢にも思わない, 女房たちの, 如何し, 如何に, 如何にも面白い, 妙な, 存じませんでした, 学士の, 定って, 定り, 実に不思議, 実に依, 実は知らなかった, 実際法則, 容易に, 察しながらも, 實に, 専らの, 尚更言, 屡, 常々雲長からも, 常に思っ, 彼の, 彼も, 彼らも, 心付いて, 心性なお, 必ずしもいえない, 忠利は, 快報です, 思いつくこと, 思いながら, 思いませぬ, 思いません, 思いませんが, 思いませんわ, 思いも, 思い難い, 思うけれど, 思うけれども, 思うね, 思うの, 思えず快く, 思えないが, 思えないと, 思えないという, 思えないね, 思えなかったですが, 思えなかったほどの, 思えませんぜ, 思えませんね, 思えませんわ, 思っても, 思つてゐます, 思はなかつたね, 思はなかつたよ, 思はぬ, 思はぬし, 思はれなかつたが, 思はれぬ凪, 思はれません, 思はれませんが, 思ひません, 思ひませんでした, 思ふ事, 思へた, 思へないし, 思へないそれ, 思へないどこ, 思へないわ, 思へぬ閑静さ, 思わず全然, 思わないが, 思わないしばしば, 思わないな, 思わないの, 思わなかっただろう, 思わなかったと, 思わなかったの, 思わなかったよ, 思わなかった三沢, 思わぬでも, 思わぬ大, 思われず全て, 思われたくないと, 思われないいや, 思われないこと, 思われないし, 思われないでは, 思われないほど, 思われぬでは, 思われぬのに, 思われるが, 思召し, 恐らく彼自身, 恐ろしい私, 想像され, 想像出来ない, 意外まるで, 感じて, 感じない, 感じながらも, 感づかせられた, 感づきながら, 承わっ, 承知し, 推察される, 教えて, 教えられて, 断定されなくなる, 断定できない, 断言し得ないであろう, 斷言が, 斷言できないだらう, 明言しなかった, 昔から, 映るまい, 春木少年は, 普通の, 曲率が, 書いて, 有りがたい, 此間も, 歳子は, 気がついたが, 気がつかなかったと, 気がつかなかろう, 気づかない, 気づくもの, 気づく余裕, 気も, 氣も, 決していいきらない, 決していわれぬ, 決して云, 決して思わない, 決して想像, 決って, 無意味で, 物を, 物象に, 珍らしい, 珍らしか, 甚だ面白い, 申されますまい, 申しますけれども, 申しませぬけれども, 申せつい, 申せ竹井惣左衛門, 異つて, 當の, 真実でない, 知っては, 知つて居た, 知らずそれ, 知らずに, 知らず兄, 知らず軽卒, 知らず部屋, 知らない, 知らなかったから, 知らなかったけれど, 知らなかったね, 知らなかったらしい, 知らなかったろうと, 知らなかった訳, 知らなかつたぞ, 知らなかつたらしい, 知りません, 知りませんでしたし, 知りませんでしたので, 知りませんでしたよ, 知覚される, 確かに, 私が, 私自身は, 私自身も, 空間が, 第五回, 経験の, 絶えず思つて, 罪な, 義雄も, 翌日の, 考えたくない, 考えないで, 考えなくなって, 考えにくい, 考えまいか, 考えられて, 考えられないけれども, 考えられないん, 考えられない場合, 考えられぬ事, 考えられませんでしたそれ, 考えるが, 考へては, 考へも, 考へられないの, 考へられなかつた, 考へられ得ない, 考へること, 考へ得なかつた, 聖書に, 聞いたこと, 聞かないと, 肝腎の, 肯けない, 自分でも, 興味つきぬ, 見えなかった, 見ずその, 見ながらも, 言いたくないの, 言いにくい, 言うまいよ, 言えそれ, 言えないかも, 言えないから, 言えないが, 言えないであろう, 言えないでしょうか, 言えぬ, 言えぬが, 言えまいが, 言えるかも, 言え自分, 言はれ得ない, 言わなかったぜ, 言われたくないため, 言われないので, 言われないネ, 言わんが, 訊きましたが, 証明し得ない, 認めて, 認めませんよ, 認められなくても, 誰が, 誰れ, 諸国の, 豫ね, 責任が, 軍配を, 違った呼吸, 重々知っ, 鈴子は, 限らずその, 限らないから, 限らないこと, 限らないという, 限らないまでも, 限らないよう, 限らなかった, 限らぬの, 限りませんけれども, 順吉には, 駿介には, 魂消やした火

▼ あるそう~ (1128, 0.3%)

201137 です 113 である 97 だが 70 ですが 6131 だから, ですから 21 で, ですよ 20 であるが 16 でございます 15 だね 13 だよ, ですね 11 じゃない 10 じゃ 7 して, でその 6 じゃありません, だし, であります, でございますよ 5 だな, ですな, なが 4 でお, でこれ, では, よ 3 だけれど, だそれ, ですけれども

2 [13件] だけれども, だで, でありますが, でご, でございまして, でございますね, ですし, ですの, ですわね, でそこ, でそれ, で汐, で私

1 [143件] かといっ, かと云っ, かと思う, かと思え, したからとて, じゃがそれ, じゃが子ども, じゃが山伏, じゃこれ, じゃございません, じゃで, じゃ万一, じゃ駒井, すれば, だあれ, だおそらく, だおまえ, だからね, だがと, だがね, だくらいの, だこの, だぜ, だそして, だそれからまた, だそれ等, だった, だと, だところで, だとの, だなと, だはっきり, だやがて, だろう, だろう隆さん, だ中心点, だ今日, だ何, だ咽喉, だ宮内省, だ松山, だ海上, だ私, だ麹町七丁目, であった, であって, であらね, であるいは, であるいはまた, であるから, である鱒魚, でげすな, でございますお客様, でございますから, でございますが, でございますけれど, でございますそれ, でございますどこら, でございますな, でございまする, でござるな, でしょう, ですからなあ, ですからね, ですがね, ですけれど, ですそこ, ですと, ですど, ですなあ, ですねえ, ですもの, です春, です書記課, です此, でたて川筋, でなア, でもしか, でわ, でわざと, でソミン, でチベット, で一人舞, で一方, で丁度四十, で中宮寺, で五六七, で亡くなった有名, で他, で伸子, で何十通り, で例えば, で入手次第お送り, で刎返, で古い, で四, で始終, で御座いますが, で明日, で是, で殺生, で甲, で結構, で老母, で裏手, で誠に, で読んだこと, で辞書, で近ごろ前田慧雲師, で酔って, で馬, なそう, なそんな, なったらたいへん, なったらどんなに, なっては, なつい, なと, なの, なん, なアワレ, な先日大阪, な夜寒, な婦人小児, ね, やけど, よと大きな, れ横, わかって, わたくしも, リボーは, 信じて, 容易く斬れる, 思った怪塔王, 思って, 思わないか, 截然と, 日本の, 普通の, 書いたあと, 本多孫九郎という, 考えます, 言われると

▼ あるため~ (1114, 0.3%)

45 である 19 に, にその 18 にこの 10 にかえって, にそれ, にはその 7 だと, にこれ, には私 6 であろう, ではない, にはそれ, には即ち, に人, に却って, に彼 5 ではなく, に一層, に私 4 か, だ, には, には夫, に必要

3 [14件] だった, なの, にあの, にすべて, にそこ, には何, にほかならない, に今, に他, に多少, に生ずる, に生活, に自分, らしい

2 [77件] あの凄惨, かこの, かまたは, かもしれない, か反感, だとも, であった, であつ, であらう, であるが, であると, であるよりも, であろうか, でしょう, です, でその, ではあるまい, にあるいは, にいよいよ, にこう, にこういう, にこんど, にし, にせっかく, にそういう, にそれら, にそんな, にである, にどんな, になお, になほ, にはそう, にはわれわれ, には十分, には却って, には必ず, には我々, には日本, には節度, にほか, にむしろ, にベク助, に一句, に人々, に人間, に今日, に何, に何となく, に作者, に南, に単なる, に外, に大阪, に専心, に常に, に幸福, に必ずしも, に日本, に最初, に村, に次に, に殆, に殊に, に比較的, に源氏, に父, に現在, に結果, に繊細, に見物人, に親, に誰, に諸君, に警察, に鳥獣, もある, よく用

1 [689件 抜粋] ああいった, あの高い, ある章句, いっそう隠蔽, お登和さん, かあるいは, かいつの間にか, かいや, かえってふだん, かえって恐怖心, かこれ, かそれ, かともおもえる, かとも思われる, かと思つて, かひとしお, かひどく, かまた, かも知れない, か人, か佐渡, か何となく, か内, か品物, か埃, か御新造さん, か昼, か時々, か気候, か治療設備, か特に, か竹皮, か習慣, か蠅, か門衞所, こうなる, しがない, しばしば人, しばしば同じ, じゃございません, そう遣っ, その地名, その存在, その所有者, その禍根, その秘密, その筋, ただ被害者, たれも, だが, だけだろう, だけでなく, だったが, だったの, だつた, だとは, だろう, だろうくどくど, ちょっと変わった, ついそば, ついに一度, であって, でありかかる, であること, であるし, であろうと, でこれ, でしたがって, でそれ, ではありません, ではなかつた, でもあった, でもあらう, でもありましょう, でもある, でもなかっ, で古, で実は, で自分, というよう, とかく後者, とで領民たち, とりわけ新鮮, と存じます, と思われます, と思われる, と発音, と考えなけれ, と解釈, ならん, なり, なりと納涼台, にあたかも, にあっけ, にあまり, にいかほど, にいっそう, にいつごろ, にいつも, にいまだ, にいろいろ, にいわゆる, におじさん, におのずから, にお母さん, にかういつた, にかえつ, にかかる, にこうした, にここ, にことさら, にこれから, にこれ以上, にさまざま, にすぐ, にすっかり, にすでに, にすなわち, にそして, にたくさん, にたたかわなけれ, にだれ, にだんだん, にちがい, につい, についふらふら, につまり, にどう, にどこ, にどんなに, になに, ににわかに, にのみ魅力, にはあまりに, にはいっさい, にはいつも, にはこの, にはそれら, にはた, にはどう, にはどんな, にはばかっ, にはまず, にはヒューマニズム, にはラシュリエ, には一定, には三つ, には人間, には今, には今日, には何でもかでも, には例えば, には価値評価, には倦まずたゆまず, には假説, には全く, には合目的移動, には否, には声調, には太陽系, には媒介, には宇宙, には実は, には少なくともまず, には市場, には当局, には形式主義, には彼, には批評, には技術的, には技術的範疇, には明暸, には時間, には最も, には沈着, には理解自身, には生産要素, には發展, には着眼, には研究成果, には神学, には結局日常生活, には自然, には自然哲学, には藝術, には衣食住, には角そのもの, にひとつ, にひとりでに, にほとんど, にまた, にまたは, にまるで, にもう, にもこの, にも夫, にも文学的, にも時間, にやや, にやり, によく, により必要, によるもの, にわかり, にわたくし, にわれわれ, にイノチ, にサブシ, にテーマ, にドクトル・オブ・フィジックス, にノン, にボツボツ, にモスク, に一, に一九一七年, に一倍, に一方, に一種, に一般, に一首, に万事, に下, に下級水夫, に不信, に世人, に両者, に九州, に予防的妨げ, に事, に二人, に二十九日, に二言目, に京都大学時代, に人口, に人工, に人氣, に今男, に何事, に何人, に価格, に俳優群, に俺, に個人, に健康診断書, に偶然一, に充分, に先づ, に先行, に入口附近, に六, に六波羅, に内奥, に内容, に写し, に冬, に冷酷, に出水, に初恋, に加え得なかった, に劣等感, に労働者, に勢い, に医学, に千三, に単に, に単純, に却っていつも, に却つて, に却つて救, に却つて現代人, に原著者, に収穫, に古今集, に只, に各, に同一, に名目上土地, に味, に命名法, に善い, に国民, に国際的, に地形, に地方的, に地球, に塀越し, に増加資本, に声色, に変化, に夕方, に大, に大いに, に大将, に天国, に天皇, に太陽, に夫婦, に失業, に女体, に好く, に如何, に妻, に姓, に嫌われる, に子ども, に子供, に安川, に定石, に実は, に実証的, に実際, に容易, に小規模, に小説, に少しく, に尚, に山吹, に己, に帝大, に座敷, に庭中, に当人, に彼ら, に彼女ら, に彼等, に後世, に後宮, に復活, に徳川方, に心, に必須, に思ひ, に怪塔王, に悪者達, に惑, に意, に我々, に或, に手入れ, に技術家, に摩擦, に支那人, に政治, に文化社会学, に文藝作品, に断然と, に日射, に日本ライン, に早く, に明治, に明滅, に春風, に是, に時に, に晩年, に普通, に最も, に最後, に朝, に材料, に東洋精神, に枝移り, に案外, に概して, に正, に正二郎, に歩兵, に殆ど, に殘念, に段々, に民子, に永く, に決して, に汽船, に浜松, に淡, に温雅沈着, に潔斎潔斎, に煮え切らない, に特に, に独自, に猜疑, に現代, に生き, に生じた, に生れた, に生糸貿易, に男, に異常, に皆, に盗んだ, に直ちに, に直接間接, に相違, に省略, に看過, に真実, に知らず知らず, に短い, に社会問題, に社会的現実, に私立探偵, に私等, に科学そのもの, に種々, に空しく, に窒素固定, に結婚, に絵, に緑, に縁, に美しい, に肝心, に自他共, に自殺, に船内万事, に花, に若君, に若干, に若葉, に苦しん, に苦悩, に落着き払っ, に藩政, に表わし, に見, に見かねる, に見ない, に証拠立てられる, に話し, に読む, に調べ, に調査, に謀殺, に財産, に貧乏人, に購買者数, に起こる, に趣味, に足, に近来, に通し狂言, に連盟, に過去, に遠慮, に部屋, に重大性, に針小棒大, に鉄びん, に長く, に陰険, に随筆, に雨, に青年, に頭顱, に食えないだ, に騰貴, に魂, に鹿, に黒い, のどこ, のもはや, の下心, の不便不幸, の余儀ない, の可能, の名, の無意識的, の煩い, の由, の苦心, の誠実, の身贔負, ばかりで, ばかりとも思われぬ, やっぱり殆, やはり大きい, よりもむしろ, より深刻, ガンガンと, ドーンドーンと, 一層ものごと, 一層雄大, 主水, 全団, 勿論この, 却って読者, 同じ形, 実はいま, 弱くて, 当の相手, 思いきって, 既に, 歩いても, 深喜, 立つより, 近い雪, 遂には, 随分特志家, 馴れないうち

▼ あるだけ~ (1108, 0.3%)

10480 である 64 だった 44 です 40 だつた 32 であった 28 では 21 なの 13 だと 11 であと, でその 9 だが, で他 8 でそれ 7 でした, でほか, で何 6 であったが, ですよ, なん 5 だったが, ですが, で誰 4 あって, であって, でございます 3 それだけ, でこの, ですね, でそれ以外, なので

2 [44件] あとは, だし, だそう, だつたが, だわかるかね, であ, であります, であるから, であるが, であるし, であろう, でいい, でしかも, でしょう, ですから, でそこ, でそれ以上, でどこ, でなければ, でまるで, で何ん, で其他, で前, で名前, で天井, で庭, で火木土, で自分, で自由, ますます大きな, デッサンの, 伸子は, 何の, 彼の, 心底は, 激しい讃美, 父とは, 私の, 私は, 紅筆を, 終りに, 結び文などは, 綿は, 飲んで

1 [465件] あたりが, あの老成, ある上, ある場合, いきなりの, いっそう引き立っ, いっそう情ない, いっそう目に, いよいよいっそう完全, いよいよしんじつ, いよいよ一層完全, いろいろ女, お孝, お登和嬢, お送りしました, かえってみじめ, かなりの, かれら, くれて, このこと, この海, こんな鼻, さう, さうし, さすがの, さてはこの, さらけださなければ, しかし早苗さん, すなわち初期, そう, そこが, そっくり送っ, そのこころざし, その兄さん, その光輝, その味, その対照, その意見, その相手, その若者たち, その苦痛, その融合, その行李, その間には, それだけかれ, それだけの, それだけジャーナリズム, それだけ一層冷やか, それだけ個々, それだけ兵馬, それだけ動物, それだけ客観的価値, それだけ怖, それだけ意味, それだけ払, それだけ捉, それだけ探偵そのもの, それだけ油断, それだけ犯罪, それだけ甚, それだけ西洋人, それだけ詩人, それだけ谷山家, それは, それも, それを, そんな政治問題, ただ遠く, たべて, たよりを, だから, だその, だったので, だったのに, だったら総監, だった一枚, だった二十一歳, だった昔, だつたの, だつた自分, だという, だといふ, だもし, だもっとも, だよ, だろうが, だろうと, だア, だ公式礼服, だ即ち, だ味, だ嬉しく, だ環境, ぢや, つましい気立て, で, であたしたち, であったから, であったからとも, であなた, であの, であり, でありました, でありますが, であり夫, であるよう, でいくら, でいささか, でいずれ, でいったい, でおおむね, でかねがね, でからだ, できちんと, でここ, でこれ, でこれから, でこんど, でございましたが, でさあ, でしたから, でしたが, でしたので, ですがね, ですこぶる, でぜに, でそこら, でたえま, でとに, でとんと, でどうして, でなく, でなくうしろ, でなくそれ, でなく別に, でなく幕府, でなく後, でなく教養, でなく日本, でなく現に, でなく肉体的, でなく若い, でなく高時, でふと, でぼく, でまことに, でもう, でもうあらかた, でもちろん, でもっとも, でもっぱら, でよく, でわずか, でセカセカ, でチェホフ, でマッチ, でラプンツェル, で一言, で不平, で二, で二人, で今, で今日, で仔細, で何となく, で何ら, で俳句, で充分, で全体, で内, で円天井, で別に, で別に何とも, で千種, で卓抜, で台所, で右, で同氏, で哀れ, で因果モノ, で地元, で壁, で夜気, で大, で大して, で夫婦, で姙娠, で娘, で客間, で家財, で寝るには, で實際, で少し, で尺度そのもの, で山, で崔融, で希望, で平生, で広い, で床, で府中, で庭木, で当人, で形式, で役所, で彼, で御, で或は, で手紙, で手袋, で探偵小説, で文章, で新しい, で方三間, で旅僧, で既に, で昔, で昼, で書斎, で朔郎, で朝, で木, で未亡人, で本人, で果して, で概して, で正味七時間四十分の労働時間中, で決して, で法名, で湯殿, で源泉学校, で無く, で特別奇怪, で狐, で瓦斯, で生徒, で男女, で異色, で皆, で真, で私, で稀, で空挺隊, で等しく, で節子, で結局, で総領息子, で考へ方, で而, で職業, で肝心, で肝腎, で自然自身, で自由自在, で舌, で色彩, で薄暗い, で虎, で蛇, で行ったこと, で行つて, で製造, で要するに, で見晴, で観者, で観音開き, で話されてる問題, で詳しい, で貴様, で赤ん坊, で赫ちゃけた, で過去, で道具, で那処, で配列, で門, で隅, で雪, で面目, で顔面, で香爐, で魂, とって, どうしてあの, どことなく女性的, なおさらつまらなく, ならば, なら三日前, なり, なんで, のもン, はじめの, ぶっぱなせっ, また前, また古い, また捜す, また矢代, みたして, やがて何, やさかい, よい遅い物, よけいに, わしゃそなたが心配で, わたしでも, ニェムツェウィッチを, ハッキリと, ポケットへ, 一そう激しい, 一層それ, 一層危険, 一層味, 一層描い, 一層趣き, 一層鋭く, 一方で, 一般民衆を, 一般読者は, 一面はなはだ, 不自由も, 与へると, 世間を, 之を, 二人の, 二十世紀の, 二間以上の, 二階は, 井桁は, 人生の, 人知れず冷汗, 人間の, 今人々, 住職の, 何かの, 余計に, 余計私, 作劇上の, 使うという, 使って, 信仰及び, 信頼の, 俺にと, 倖せじゃ, 兎も, 全部です, 全部ね, 全部船長室に, 公の, 兵馬は, 内心では, 処女作, 出て, 効果が, 卑下が, 却って, 却って切実, 又句, 哀れにも, 品数を, 品物を, 喰べ, 国内は, 国力は, 外に, 大したこと, 夫人に, 奪って, 妾は, 実情は, 少くも, 尽く平げ, 岸本の, 岸本を, 帽子を, 幾分言葉遣い, 強いわけ, 彼が, 従って選択, 心の, 心中甚だ, 心細くも, 恭介が, 惜しい, 愉快な, 愛惜と, 感動に, 成功とは, 戸惑ひ, 戸締りは, 打つから, 拾い集めて, 揃えて, 撃って, 日の, 時代世話なんでも, 曲者は, 書いて, 未練が, 本店よりは, 東京の, 極めて複雑, 樂しみも, 横浜あたりの, 歌った, 殊に注意, 残念な, 毀誉褒貶の, 洋風が, 燃しちまつて, 牛の, 物の, 珍しい滝, 珍しい瀧, 理窟に, 甚だ気に入らなかつた, 生前の, 生活の, 生甲斐が, 男は, 異って, 疲れかたが, 盥の, 目ぼしい, 直ちにお, 直らないもの, 相当の, 相手を, 省作の, 真情が, 着て, 私たちは, 童謡は, 粗末な, 結果は, 美しさ, 自らの, 自らを, 芸術的な, 若い人々, 若い源氏, 苦しみも, 苦痛が, 落附いた, 行を, 製図の, 襖も, 見えない部分, 見ると, 覚悟においては, 親切を, 言つ, 調子にも, 論理機能として, 負債も, 貧しさ, 質に, 違う, 郵便は, 闘争が, 隣人の, 青鬼の, 頬の, 飲む酔ひ, 魅力が, 魚族の, 鳴る風

▼ あるもん~ (1107, 0.3%)

343180 ですか 4643 だから 38 じゃない 24 ですから 23 かね 18 かい 16 だと, だね 15 じゃねえ, だな, ですね 9 だよ 87 です, ですよ 6 かな, でしょうか, ですかい, ですかね 5 かよ, じゃありません, じゃござんせん, だからね, だなあ, ですからね 4 じゃあない, だろうか, ですな 3 か自分, けえ, じゃけ, だが, でない, なん

2 [20件] かいな, かこの, かそら, かそれ, かなあ, かネ, か僕, か家, じゃねえや, だか, だで, だねえ, でございますから, でしてね, ですかよ, ですなあ, でせう, なの, ね, や

1 [160件] か≫, かああばか, かいさ, かいッ, かい買ひたい, かお, かおい, かお前, かぐずぐず, かこ, かさ, かさあ, かしら, かそれっきり, かそれなら, かそんな, かって君, かつて笑ら, かと, かという, かというお, かというクリストフ, かとこう, かとさっさと, かとんだ, かとツくに, かと彼, かと思いました, かと思う存分, かと思った, かと泣きこん, かと田代, かと私, かと頭, かどう, かなそれ程, かなど, かねパス, かはやくはやく, かぺてん, かぼくら, かイリューシャ, かッ, かネ古, かバッタ, か一ノ組, か一日, か下手, か二日, か人違い, か今, か何, か何ん, か何所, か入口, か初, か去年, か坊主, か大事, か女, か姉ちゃん, か寝耳, か己, か懇意, か旦那, か早速, か来る, か狸, か現に, か用, か空廻り, か笑かしゃあがら, か絶好, か縛る, か職長, か言う, か間, か馬鹿, が多い, が最初, くを, さ, じゃ, じゃあありません, じゃあございません, じゃあるまい, じゃな, じゃのう, じゃァござんせん, じゃァねえ, じゃア, じゃ有りません, じや, だからな, だけど, だぜ, だて, だとは, だどうか, だどんな, だなあと, だわ, だわね, だ僕, だ弓, だ斯, でがす, でここ, でこの, でございますか, でござんすから, でさえ, でして, でしょう, でしょうかな, ですかと, ですかとは, ですからネ, ですが, ですけ, ですとさ, ですねえ, ですの, ですもの, ですよって, ですヨ, でその道, でな, でなあ, でないと, でなけりや, でね, でねえお前, でねえだ, でねえだそんな, でねえだろ, でねえとは, でねえな, では, で他, で俺, で先方, で清川兄弟, で誰, で長く, と見, どすか, どすかな, どすなあ, なあ, ならやりたいの, なら注射つてこと, なら独逸語, もみんなあて, やが, やそう, やったらなんぼ, やったら人, やなあ, やろか

▼ あるばかり~ (1100, 0.3%)

109 では 93 である 9043 だった 41 であった 24 です 23 でなくその 19 でした 15 でなくまた 12 であつ, なの 10 でなく 9 でなく同時に 8 でその, でなく又 7 だと 6 でなくそれ 5 でなく彼, でなし, で他 4 だつた, で, でそれ, でない, でなくこの, でなく私, でほか

3 [13件] だから, でしかも, でその他, でなくそこ, でなくむしろ, でなく他, でなく伸子, でなく後, でなく日本, でなく第, で無く, なので, 今いふ事

2 [38件] じゃ, ぢや, であります, でかの, でこれ, でございます, ですが, でそんな, でどこ, でなくあの, でなくお, でなくかえって, でなくすべて, でなくイギリス, でなく三成, でなく不, でなく今, でなく何, でなく危険, でなく同じ, でなく天下, でなく実に, でなく実際, でなく從來, でなく更に, でなく最も, でなく有害, でなく社会, でなく酒造家, でなく長い, で人, で人影, で何, で外, で徒ら, で旅行者, なんだ, 空色の

1 [413件] おどろいて, これは, これ開墾者の, さすがの, しかもその, そこには, そしてすみ, そのふたり, その三畳敷, その後今一度どうか, その空, それが, それも, ただそれだけ, だい, だからね, だが, だここ, だし, だそう, だその, だったから, だったし, だつたの, だという, だね, だらう, だろう, だ正直, だ腹, だ迷うな, であったので, であったまるで, であの, でありました, であるから, であるそれでも, であると, であるという, であるなるほど, である今日一日, でいずれ, でいっこうに, でお, できわめて, でぐんぐん, でこの, でご, でござろう, でささやか, でさっき, でしまいに, でしょうが, ですから, ですぐ, ですこぶる, ですこれ, です結婚, でそこ, でつづら, でどの, でどんな, でない武人, でなくある, でなくいう注文, でなくいつ何時他, でなくいづれも, でなくいみじい, でなくいよいよ, でなくうっかり, でなくかえって全く, でなくかなり, でなくこちら, でなくこれぞ, でなくすぐれた聡明, でなくそう, でなくそういう, でなくその同じ, でなくそも, でなくそれ以外, でなくそれ自身, でなくつねに, でなくどうか, でなくなん, でなくぼくら日本, でなくますます, でなくむさ苦しく, でなくもし, でなくもと, でなくやがて, でなくよし, でなくより, でなくわ, でなくわが, でなくわけても, でなくわたくし, でなくわたし, でなくわたしら皆, でなくわれわれ後生, でなくカサルス, でなくギリシア, でなくシチェードリン, でなくセミクジラ, でなくヒマラヤ山中, でなくフランス中産階級, でなく一国以上, でなく一家一族, でなく一応, でなく一方, でなく一種心, でなく上層, でなく上演脚本, でなく世にも, でなく世の中, でなく世界文学, でなく両性, でなく中, でなく丸切り, でなく主として, でなく之, でなく九州, でなく乱波, でなく乱脈, でなく乾燥場, でなく事実, でなく事実上淡島屋, でなく云わば, でなく五里霧中, でなく人格的技術, でなく人間的充足上条件, でなく他面事實, でなく伊田, でなく何となく, でなく作家, でなく作者, でなく傾斜, でなく先年, でなく全然, でなく公卿衆, でなく其, でなく円本出版屋, でなく別, でなく前, でなく努力, でなく励まして, でなく卓越, でなく協力者, でなく却, でなく古, でなく古府中, でなく各, でなく名古屋, でなく君, でなく和歌, でなく商人, でなく商魂商策, でなく啻に, でなく四川弓, でなく団体, でなく団欒, でなく困つたこと, でなく壁, でなく外, でなく大いに, でなく大戦, でなく妻籠脇本陣, でなく娘, でなく宇内, でなく実は, でなく客, でなく宮内大臣, でなく家, でなく實, でなく實際, でなく實驗, でなく寧ろ, でなく岩石の, でなく市井, でなく平素世間, でなく幾多, でなく当時, でなく彼女, でなく往々, でなく後者, でなく従来, でなく徳川時代, でなく心理的, でなく念流, でなく恐らく, でなく悪い, でなく愛子, でなく感動, でなく戦術, でなく批評, でなく捕物帳, でなく探偵小説, でなく政務官, でなく教学, でなく文学, でなく文学上, でなく方法, でなく既に, でなく日本新劇, でなく日本海, でなく日本精神, でなく日頃他人, でなく時には, でなく時間的存在そのもの, でなく曲, でなく書中, でなく木曾谷一帯, でなく本人, でなく本当に, でなく村, でなく東京放送局, でなく検察, でなく横浜風, でなく機械, でなく欄外, でなく次, でなく殖林, でなく気, でなく永遠, でなく江戸, でなく法善寺, でなく活きた情勢, でなく満州, でなく演劇自体, でなく演奏, でなく燧石, でなく牡丹, でなく特殊演劇保存, でなく王政復古, でなく現に, でなく現在, でなく生存, でなく生年, でなく生産者, でなく男女青年諸君, でなく発句, でなく直接自分, でなく真理, でなく眼, でなく研究心, でなく社会事業家, でなく社会的現実, でなく神経的, でなく秋田犬, でなく程度, でなく立派, でなく篤胤, でなく簡短, でなく細かく, でなく總, でなく而, でなく肩, でなく胃中, でなく自分, でなく自然科学, でなく芸術本来, でなく若い, でなく英国, でなく藤波, でなく覗き眼鏡, でなく親戚関係, でなく誤謬, でなく諸侯, でなく豪傑, でなく貴紳豪族, でなく贅沢, でなく軍学, でなく農家, でなく農業, でなく農業化学, でなく途中, でなく造山力, でなく野氷, でなく門下, でなく間, でなく阿曽, でなく電車, でなく非常, でなく風雅, でなく馬庭念流, ではじめ, でひっそり, でべつに, でほとんど, でまだ, でむしろ, でややともすると, でアメリカ, でページ, で一向, で不思議, で世, で両側, で人間, で人骨, で今, で何となく, で何様, で何物, で何等, で例, で僕, で内地, で写真, で冷淡, で凡そ, で勉強, で動く物影, で勝手, で半紙, で只今, で喰, で地味, で境界, で壁, で大した, で大抵, で妥協, で学生, で完全, で宛名, で実は, で家人, で家財, で小型自動車一つ, で年号, で広々, で役人, で彼女, で後, で御飯, で怖, で恋人, で成立, で我々, で日常, で日本晴れ, で格別物, で梯子, で権威, で橋, で死亡, で殆, で残念, で毫も, で海水, で滋養分, で火器, で灰色, で焼跡, で狹, で王, で現在, で生きてるもの, で生き物, で生涯, で田地, で町, で病人, で目, で穴, で細君, で而, で舟, で色, で草花, で要領, で誰, で買, で赤, で通り路, で連句, で遠く, で遺骨, で隈, で飾り, で首, もはや自分, ゆかは, よい処, 人影は, 今も, 他に, 何の, 例の, 外の, 夜は, 姿は, 少しも, 平素は, 庭を通して, 快活な, 手を, 抽出も, 最目, 有明の, 板の, 死ねば, 池の, 流星が, 無月の, 煤けて, 船の, 落葉は, 裏を, 西と, 障子の, 靜か, 面白いよりも

▼ あるはず~ (1068, 0.3%)

144 はない 135101 がない 69 です 55 である 34 だが 24 だと 22 だから 18 はありません 16 はなく, もない 15 ですが, なのに 13 だった, であるが 11 がなかっ, なの, はなかっ 10 がありません 9 なん 8 では, のもの 7 じゃ 6 じゃない, だし, であった, はございません 5 だったが, ですから, はねえ, もなかっ, もなく 4 だという, のこの, のところ 3 がねえ, だのに, だよ, であるから

2 [26件] があろう, じゃが, だからね, だそれ, だね, で, であって, であります, であると, であろう, でございます, でした, ですからね, ですよ, にご, のお, のない, の大, の彼, の所, はなし, は無い, もありません, もございません, もなし, よ

1 [178件] がある, がご, がございません, がなかつた, がなかろ, がなく, がなし, この条件, じつは拙者, じゃあない, じゃから, じゃがあれ, じゃがだれ, じゃがどう, じゃがもしか, じゃございません, じゃそれ, じゃ何者, そこで澄江, だお, だからな, だからねえ, だがと, だそいつ, だその, だったから, だったの, だって, だとて, だに, だもし, だよし, だろうに, だわ, だ一つ, だ寝かすと, だ待って, だ才吉, だ老舗, だ船, であったの, でありそうして, でありそして, でありました, であり今日, であり従って, であるし, であるのに, でご, でございますが, でございまする, でございますわたくし, でございます先生, でしたが, でしょう, でしょう兄上さま, ですお前さん, ですけれども, ですしかし, ですね, ですやつら, ですわ, です木村, でぼく, でまた, でまだ, でもともと, で光太郎, で強者, で後者, で野獣, とうけたまわっ, とからかへば沢山, とも云っ, とわし, と光春, と思い, と思われる, と教えた, と最前太守, と称せし, と観, と首, ないけど, ないよ, ないを, なくただ, なので, なのよ, なり, なりと, なれども, なれば, なんで, な折角, にすぐれた, になっ, のいくつ, のしかし, のねえさん, のもん, のオランダ, のゼルビノ, の下, の二つ重ね, の人々, の仏具, の位置, の便り, の元勲級, の兄, の前衛的部分, の古代, の問題, の城中, の城弾三郎, の塀, の大きな, の大学教授輩, の大迫玄蕃, の天野, の夫子, の奏楽, の室, の富山薬業, の市川文吉, の廊, の影, の戸, の文学者, の新しい, の方角, の日本, の明暗, の時刻, の条件, の槍, の民主精神, の源三郎, の無念, の牢人たち, の物の本性, の猿, の玉藻, の理由, の産養, の町, の百姓ら, の百済観音, の能面, の脳髄, の自分, の蟇口, の議員たち, の賊, の車室, の転向, の金, の鉢, の雨戸, の頑丈, の頭, の駕籠, の鳥籠, の黄土, の黒姫, はあるまい, はございますまい, はござりませぬさっそく, はないでしょう, はなかつた, もなかつた, もなけれ, もねえ, や, ゆえ御, よきっと, 多分この

▼ あるとか~ (913, 0.3%)

13 いって 9 云って 8 ないとかいう 7 そんなこと, 云ふ 6 聞いて 5 何んとか, 無いとか, 言って 4 どうとか, 聞いた 3 あるひ, さう, そうでない, 何か, 聞きました, 聞き及んで

2 [45件] あとで, いうて, いずれも, いろいろな, おっしゃって, それから彼, でお, ですぐ, でその, では, でひるから, で下, で夜分, ないとか, なんとかいう, 不愛想, 云うこと, 云うの, 云う話, 伝えられて, 何, 僕の, 分るそれで, 利己主義である, 又は生徒, 姿が, 小人の, 弾性である, 或ひ, 承る, 書いて, 某の, 柔術が, 甚だしいの, 申しますが, 硝子から, 種々の, 維新の, 美とは, 自分が, 花でも, 芸術家である, 評して, 話は, 赤裸である

1 [732件 抜粋] ああいう, ああいつ, あの句, あの木, あるいはその他種々, あるいはまたある程度, あるいはまた昔, あるいは何百号, あるいは先口, あるいは喜び, あるいは城内, あるいは女売子, あるいは従僕, あるいは恋愛, あるいは悲しみ, あるいは文士, あるいは時計屋, あるいは歩きぶり, あるいは死霊, あるいは知恵, あるいは社会問題, あるいは紫, あるいは絶対無, あるいは謙譲, あるいは講演, あるいは長く, あるいは鳩槃陀鬼, あれだけ, いいその, いい得るかと, いう場合, いかにもうまい, いった, いったな, いったふう, いひますから, いや日本, いろいろ教え, いわれて, おせんちやんである, お大名, お紋, かねて聞い, こ, この家, しきりと, したならば, しっとりし, しゃべった, すだく虫, すべてそうした, すべて簡単な, すべて落ちつかぬ, そういうこと, そういう技術上, そうでなけれ, そう云う, そう云った, その他の, その他各々の, その使, その外, その徳川家, その機械, その程度, その肉, それぞれ恩を, それではこの, それらの, そんなうわさ, そんなむなしい, そんな評判, そんな雲, そんな飛報, たいていの, だからナルベク, だから又, でいつも, でお母さん, でそ, でそれ, でそわ, でそんな, でほか, でやむを得ぬ休めと, で一つ, で僕, で八日, で坑内, で外套, で守口, で宿中, で強いて, で彼女自身嫌, で戴宗, で抜群, で此家, で滋養物, で漢字, で町方, で相当, で胎児, で荒巻さん, で諸人, で警察, どうかする, どこか, どこの, どの家, ないとかいふ, なつかしいこと, なんとかかん, なんとか人, なんとか名目, なんとか言っ, ぼくの, または, またはよく, または人口, または他, または勝義自在, または特殊, または長く, また大学, まっ暗だ, まつたくもつて, みだらである, めいめいまちまちに, もっと詳しい, やり出す, やれ大臣, よいふう, よい墨, インドの, ウウム, ザッハリッヒである, シナもしくは, スターリンの, ズボン釣りを, セイセイヤカンの, ハイゼンベルクの, ハンス, パリで, ポエジイである, マドラスである, メリメその, 一樹の, 一等兵曹の, 一視同仁である, 丁度此処, 七分咲きに, 万世橋の, 不敬に, 不満が, 不義の, 不道徳的である, 世が, 世間の, 九州中, 乳のみ, 二三句作っ, 云うかと, 云うが, 云うよう, 云う事, 云う個々, 云う廉, 云う相応, 云う説, 云う風, 云った, 云ったよう, 云つた, 云つた樣な, 云つて宜, 云て, 云ひました, 云ふこ, 云われるの, 井戸という, 京の, 人に, 人の, 人物の, 人間というも, 人間性の, 仄聞する, 仇敵関係に, 今のは, 仏法を, 代議士を, 佐野さんも, 何かしらそう, 何とかいう, 何とかいっ, 何とかその, 何とかどんな, 何とか云う, 何とか云っ, 何とか仰, 何とか出鱈目, 何とか名目, 何とか言っ, 何とか言つて, 何を, 何処の, 使用人たちの, 価値である, 信念とか, 修道院の, 偉大な, 傳へられました, 傷が, 優美な, 入場料が, 八百屋などの, 公明である, 兵糧は, 其の他, 具体的事情に, 内輪事は, 分の, 分泌作用である, 判断が, 制度の, 功之進と, 千百年の, 単なる理想, 又そういう, 又はすぐ, 又はカルカツタ, 又は何, 又は日本精神, 又は永遠的観念, 又もっと古く, 又マルクス主義, 又形而上学, 又認識, 又額, 友だちである, 反動的である, 口が, 口実を, 同じく三枚, 同じく実践的, 名古屋, 名稱, 告げて, 味わいを, 品行方正である, 唐金眼である, 唯そこ, 問屋の, 嘘か, 噂や, 噂を, 国家社会主義を, 国民の, 地である, 地理や, 塵も, 壁の, 大きな開港塲, 大倉は, 大蘇芳年, 天使である, 奇妙である, 女中が, 女中とかいう, 学友会の, 守の, 宗教感情である, 実業家である, 家の, 宿命といふ, 尊いもの, 小さな尻尾, 小説である, 少くとも, 尤もらしく, 岩とか, 工場悪, 己の, 帰った者, 常識が, 平将門の, 平野君フザけたも, 幽霊が, 弟である, 弟妹の, 影響が, 彼以上の, 彼等が, 後ろ姿である, 従八位である, 御城内, 微粒子である, 必ずある, 忠良である, 思い合う男, 思い返しては, 思召したら, 思惟の, 怪しい列車, 息を, 意志の, 愛嬌が, 憐れである, 或いは外国, 或いは時計屋, 或はそれ, 或はぶざま, 或はまた非常, 或はフローベル, 或は何百号, 或は便利, 或は名目, 或は喧嘩, 或は宗教家, 或は屋敷, 或は文部省, 或は非, 或は顏, 或節, 戦時保険である, 手細工である, 手荒く作られる, 推論しよう, 政治家で, 数学が, 文化である, 斯の, 新しい処, 新宿の, 新月麝香木などと, 新橋の, 日本人が, 日清戦争の, 昔の, 星の, 是又, 時代的な, 景色も, 暴ぶ, 更に今日, 書生さんたちが, 月の, 有機作用である, 有用である, 本所の, 本然である, 東京に, 東京郊外の, 格子に, 桓武天皇から, 棄児である, 概して教理, 権力家である, 機智である, 欧米精神である, 正当である, 此の, 此等の, 歸つた者が, 母が, 比叡である, 気の, 気取つて, 法則の, 法律家も, 浮く氣, 浮気者である, 涼しい頭, 深川の, 溝が, 灯の, 灰谷である, 無いとかいふ, 無いとかは, 無意味である, 煙管である, 特殊な, 特色ある, 狩場の, 献納物を, 獨活土筆よめ, 王陽明學派である, 甚だしくなる, 田中喜作氏の, 甲斐性なし, 申されまして, 申したな, 申して, 申しますこと, 申すなら格別, 申すより, 申す芸者, 男性美の, 発電機を, 目が, 省作は, 着物の, 社会に, 社会批評に, 社員が, 私には, 私の, 科学は, 科学的である, 称って, 稲瀬川司天龍黒瀬川大, 空ける氣, 立派な, 第一職業, 等々の, 筋肉が, 箸である, 簡単に, 精神的である, 紫蕨である, 統制経済の, 絵の, 美は, 美男だ, 習俗が, 考えたくなる処, 考えられる場合, 考える立場, 聞いたが, 聞いては, 聞きしが, 聞きましたが, 聞きましたけど, 背に, 臥蠶に, 自分も, 自家用水道の, 自然派の, 舌根が, 芸術の, 芸術的である, 苦みばしつて, 苦痛の, 茶碗が, 菊水である, 菜の, 著名である, 蒲田駅の, 蕨である, 虚偽である, 行きつけない警察, 行燈の, 要素の, 覇気が, 見立てらるべき, 規範である, 言い出した時, 言うけれども, 言ったが, 言ったその, 言った通り一ぺん, 言ってるん, 言つた通り一ぺんの, 言つて佛樣の, 言つて納戸の, 言ふ, 言われるもの, 詩とは, 話した, 責任を, 賭場荒し, 足が, 軍資は, 軽い方, 迦毘羅城である, 述べそして, 透視すなわち, 連続的でない, 違反が, 選挙取締に関する, 醜の, 野蜀葵である, 金儲が, 金持ちだ, 鍋墨に, 開国主義であった, 阿輸迦王, 階級的価値である, 雨である, 非ユークリッド的, 非常に, 鞍馬の, 音楽である, 頑固だ, 頭に, 風雅に, 飛騨へ, 駒形の, 高等の, 鹹気が

▼ あるとき~ (895, 0.3%)

21 は, はその 15 のこと 7 には 6 にはその, はこれ, はまた 5 はそれ 4 こんなこと, はお, はこの, は又, は私 3 すなわち, にはいつも, は二人, は女, は山, は船, は逆, は風, 多計代

2 [45件] お涌, そうさ, そっとその, でさえ, につねに, にはお, にはか, にはわれわれ, には五, はいつも, はお前, はこよなく, はご, はふと, はもちろん, は三人, は仏壇, は何, は借方, は北, は參議院, は吾心, は多く, は大, は彼, は悲しんだ, は数回小回転, は書斎, は水, は満たされ, は火事, は特別, は獣, は生き, は美しい, は自分, は西, は誰, は谷, は貸方, は雨, は駆け足, は魚, は鳥, 過って

1 [671件 抜粋] あるところ, あるば, ある処, ある分, ある商品, ある金持, いさ, いざりが, いつも自分, いてたけど, いとったが, お金持, かっせん, かの女人, かれの, がくる, が來, が来れ, が生理的, きっと買っ, ぐずぐずし, こういうの, こういう散歩, こうの, この, この二つ, この交換者, この哲学者, この娘, この子供, この家, この檻, この法, この理想, この舟, この青い, こんなやう, じゃな, するよう, せめては, そっと山腹, そっと爪立ち, そっと窺っ, そのし, そのよう, その人, その原因, その国, その娘, その家, その星, その松江, その玉村銀一君, その長谷, その雑誌, その騎士, そんなに人々, ただ君, だけすなわち, だけは口, だけ私たち, だった, てはその, であるからこそ, であるという, ではありません, でもこの, でもわたくし自身, というの, ときまっ, とその, とつぜん門内, とは鬼門, と北極付近, と得意, どんな英語, などはまじめ, などは二日間, などは翌朝, などは青い, などは首, など夕暮れ近く, など彼, など朝まだき家族, など真昼, なんかは自分, なんかは針, において極端, にお出で, にこれ, にしか顔, にそういう, にそうした, につけ, になっ, にのみ有意義, にはあたし, にはあなた, にはいさぎよく, にはいつ, にはうっかり, にはこの, にはさ, にはじめて, にはそこ, にはそれ, にはそれら, にはもう, にはわざわざ, にはオーバー, にはテーブル, にはパン, にはレシイナ, には一葉, には三六分の一以下, には云っ, には兄, には出向き, には嘘, には定, には島, には平素, には接待, には旧い, には校庭, には死亡率, には生徒, には穴蔵, には聖林寺, には角帯, には角帶, には頭, には高価, にひろ子, にもまだ, にもピカリ, にユタ, に三浦老人, に与えられる, に伸子, に出し, に初めて, に変り, に多い, に媼, に孝道, に得られる, に成りたつ, に有効, に比較, に煙, に生ずる, に生れた, に私, に結婚, に認められる, に限る, の一さじ, の価格, の光圀, の土, の山火事, の庭土, の戦争, の母, の相手, の脅し, の落胆, の表情, の需要, の顔色, はあなたがた, はありとあらゆる, はいい, はいささか, はえらく, はおかみ, はお姫さま, はお手玉, はお祖父さん, はかくかく, はかさなり合う, はかすか, はきょう, はく, はけわしい, はさびしく, はしみじみ, はしめやか, はすさまじい, はすずめ, はずっと, はそう, はそれでも, はたった, はちりぢ, はつめたく, はとおく, はどうも, はどこ, はない, はぬ, はねたし, ははえ, はひし, はひとかたまり, はふた, はほとんど, はまだ, はまったく, はみすぼらしい, はみな人狐, はもっと, はやせ, はゆるやか, はよかっ, はわが, はわざわざ, はわたしたち自身, はわれわれ一同, はイタリア語, はキザ, はクララ, はコンブ, はトルストイ以上, はバッハ, はパン, はベル, はモノノケ, はルーヴル, はヴァイオリン, は一しょ, は一つ屋根, は一双, は一士分, は一寸, は一文字, は一方, は一般, は一食, は丁寧, は三つ, は下志津原, は世人これ, は両者, は主人, は乞食, は二日, は人事上, は人形, は任意, は住居, は何処, は偶然, は傍聴者, は傲慢, は元気, は兄弟同士, は全く, は八丈島, は八千円, は其成功, は再び, は初夏, は別, は前進, は劇場, は勇ちゃん, は卵がた, は原料, は反対, は商品, は善意, は国, は大きな, は大丸, は大事, は天, は天下, は天下乱, は奈落, は妹, は姉公路卿, は子ども, は子供, は子供ら, は客膳, は宵, は家具, は富, は寒い, は小林君, は小石, は少し, は山上, は岬, は岸の上, は幕府, は年, は年少, は庭, は延ばす, は強度, は後楽園野球場, は後退, は徑, は心, は必ず, は必ず互に, は思われました, は急, は急病, は悠々, は悪魔, は悲しめる, は愛情, は憤怒, は我, は戯れ合っ, は戯場, は手, は打ちこんだ, は持久戦争, は故郷, は方程式, は日々, は日本, は日露談判, は早く, は星, は映画, は時間, は暁, は曲馬団, は月, は朝, は朝寝, は期, は村, は東, は枯れたる, は椅子, は構はず, は構わず明け放し, は此官權, は歩い, は死な, は母, は毎, は気取, は決死隊, は河, は油, は波, は洞穴, は流れ, は涙, は深い, は深夜, は渦巻, は温和, は炭火, は煙草, は熱帯, は牢名主その他, は狭い, は獄, は王妃, は王者, は理解, は生徒, は生徒たち, は生気説, は男女混合, は画業, は異国人, は白き, は白く, は百姓ら, は瞑目, は矢張り客来, は石油ランプ, は磁極, は神崎向こう地, は秋, は笑い, は第, は籬, は緑, は縁台, は罪, は考えられました, は脊, は脱兎, は臨時, は自ら, は自力制裁, は自首, は芝居, は芝生, は英国, は荒波, は蔓橋, は蟻, は血, は要心, は覆面, は諸侯, は貧家, は貴い, は赤き, は踏みかねる, は軽率, は近く, は連絡, は避け, は醤油, は鉱業, は銀座, は銀座通り, は関門, は陰, は隅田川, は雌, は雲, は電子, は青い, は青く, は静か, は頭, は馬, は駅, は鬼神, は黄いろ, は黒き, は黒ずん, は黒ねこ, ふっと角度, ふとおじさん, ふとこの, ふとしたこと, ふと彼, ふらついて, ほんとに自分, また二人, また玄蕃, まった者, もあるだろう, もあれ, もう自分, もそう, もその, もなんと, もわれひとり, も二商品, も厠, も普通, も母, や, よいこころ, よっちゃ, わざと伯母さん, グレゴール, ハア, 他巳吉, 何とか大佐, 例えば害敵, 再びかの, 出して, 初めて一切, 可愛が, 各流, 同町新町, 大きい握り飯, 大津浪, 小さな天使たち, 少し池上, 幼い令息, 心ならずもの, 或る, 戯れて, 故持明院, 来て, 歪んだ修羅, 珍しく人形芝居, 生ずる例, 直に大事, 突然先生, 突然山の上, 聞きました, 腹だちまぎれに, 苦しいとき, 荒れた庭園, 見よと, 見兼ねては, 語りながら, 閃きあって, 降った夕立, 飲み過ぎて, 高い山

▼ ある~ (869, 0.2%)

11 である, を見る 10 のもの 6 がある, へ行っ 5 だ, です, にいたれ, に一人, に出た, へ来る 4 でその, で私, なの, にい, には必ず, の, へ出た, へ来

3 [12件] から察, から推し, で, では路, にある, の事, はない, へ出られる, へ指し, へ行く, を出, を見れ

2 [43件] からこの, があった, があり, があります, がございました, が多い, が私, が面白い, だが, であった, であつ, でありまして, であります, で演説, で開け, と思われる, なしゆゑにはき物, にはかならず, には屹度同情, に玉, に着いた, に置い, のこの, の多く, の富, の材料, の田畑, へ, へ出ました, へ出る, へ向く, へ行つて, へ養子, まで二三十分, まで何里, まで行っ, もある, をさがし, を一日, を丁寧, を捜し, を申, を見

1 [641件 抜粋] あるひ, おめ, かと思ったら, かならず, かも知れない, からお, からさ, からまたすこし, からも隔, から三国峠, から世, から人, から余計, から借りた, から其名, から判断, から動詞, から厳, から又, から大学, から屡, から床屋, から急, から想像, から持っ, から掘り出された, から推せ, から日本橋, から普通, から材料, から横道, から物, から特殊, から米吉, から考, から自分, から見る, から誓約, があつ, がいつ, がえがかれた, がもう, がようやく, がラフオンテーン, が一寸, が先生, が分っ, が分りません, が夫等, が奇妙, が家, が懐しい, が支倉, が明, が標山, が現在, が理解, が老公, が見付からない, こそ世の中, この老人, さんざめく小袖幕, じゃア, すなわち人, すなわち彼等, その火, だから, だけが嶋, だけに実は, だけは削, だった, だと, だな, だよ, だらうか, であったです, であって, であれだつた, であろう, でお礼, でございましたが, でございましょう大木, でございますか, でございますよ, でした, ですが, ですもの, でそんな, でなかったら於菊, でなくては, ではございません, ではとっさ, ではない, ではなかったろう, では世論, では両足, では信心, では反乱, では寒中, では岳雀, では弛緩, では必ず, では技師職工, では持久戦争, では民主的立候補者, では行燈, では見渡す, では輜重車, でばったり, でもあった, でもそういう, でもなしなまめかしい, で一休み, で一杯, で一軒, で三日, で互いに, で京子さん, で修行, で又, で土方, で大きな, で奈良井, で幅, で椎茸, で水, で炊く, で舟, で落合つた時, で見かけた, で階段, で頼まれ, で食事, とかれ, とさ, とされ, とした, とない, とは余程, と云う, と頷かれるであらう, などは五寸, などは前, など氏, なので, ならあたし, ならずしては, なら筆, にあった, にありました, にあるらしい, にお, においてする, にこれ, にし, にちよ, にてはいづ, にてもつねに, にて越後, にね, にはある, にはございます, にはその, にはそんな, にはまるで, にはチベット語, にはマロニエ, には亭, には列, には天祐, には山, には崇高, には愉快, には権利, には欄干, には欧米, には理想, には理窟, には神, には神占, には至る, には芸術, には雪, にもあらず, にもど, にゃ近づかない, によかくまわれ, にシェストーフ的, にスマイリイ, にホイゲンス, に一ぴき, に一寺, に三匹, に並べられ, に乗りこむ, に五つ, に五右衛門, に仮屋, に僕, に同じ, に城, に大きな, に存する, に孤独, に宿りました, に帰っ, に往, に徹夜, に愉し, に或, に打水, に来ました, に桜皮, に楽しむ, に正義, に烏, に王様, に現在, に生まれ, に着きました, に秀吉, に置かれ, に茂つて, に荷, に行かね, に行く, に行っ, に達する, に野営, に音楽会, に順, に鴻山, のある, のその, のふたご, のジョン, のヴィーコンスフィールド, の一つ, の一般的, の一部, の上, の不純, の世界, の二夫, の五万円, の作品, の倭なす神, の其丘, の前, の労働, の古学者歌, の右, の同, の同氏, の地, の地理上, の堯, の墓場, の大きな, の大崎, の天下, の天皇, の夫人, の奥間百歳, の女房, の学生達, の室処光明照耀日光, の小さな, の市場価格, の幸福, の弘文天皇崩御, の弘法大師, の意, の料理人, の新, の早朝, の最も, の木炭, の朱, の正義, の歩卒, の洛陽邊, の湖畔亭, の溌溂, の漁業, の犬, の現実, の理論, の男, の男子漢, の知能, の短歌, の祖父母, の窓, の細長い, の緑, の自己, の英国人, の菓子, の蒙, の見栄, の親, の論語, の連翹, の重盛, の鑛毒事件, の隅, の雪, の霧, は, はあまりに, はすなわち, はそれ, はそれほど, はどこ, はまた, はまたげ, はもう, は今, は以前, は何処, は北, は千里, は南八丁堀, は博物學博物館, は吹きめくられ, は大事, は定めし, は実際, は小事, は左右, は巨鹿城, は幻, は座敷, は庭, は彎曲, は日吉山王, は最後, は朱塗り, は欧州人, は正に, は殊更, は氣有, は海鳴り, は深山, は深林, は町, は直に, は石山, は立山, は自然, は草いきれ, は荒れ果てた, は見えない, は谷間, は足, は里, は高い, は鳥獣, へいった, へでも書き足し, へにぎわい, へは何里位, へは出ない, へは舟, へわざわざ, へゴチャゴチャ, へ一群, へ人, へ今度, へ入る, へ出かけ, へ出たです, へ出よう, へ出入り, へ君, へ奴婢奴僕, へ宿, へ導き殺し, へ帰った, へ往, へ往ん, へ感化力, へ新た, へ日暮, へ来た, へ来ます, へ水, へ着いた, へ着き, へ福知山松平家, へ紙, へ行きたい, へ行きたくなった, へ行け, へ行こう, へ講演, へ走り, へ走る, へ逃げ込ん, へ連れ, へ達する, へ院, へ駈け上がっ, へ駈け寄っ, ほとんど蓑, まである, までで, までは必ず, までは続い, まで伴, まで使い, まで参りまし, まで吹い, まで小, まで帰っ, まで延び, まで来た, まで来られない, まで来る, まで漕ぎ付け, まで登らなけれ, まで窓, まで至る, まで行き着こう, まで行く, まで足, まで送, まで連れ, まで連れ行き, まで進行, もあっ, もあった, もあり, もあります, も此, も知ってる, も見えた, も釋迦如来, よ, よりまた, より主犯, より足利若御料, より鯉, をいふ, をこえ, をと学生, をも熊吉, をよく, をよじ登っ, をよめる, をイヤ山イヤ谷, をグルリ, を一言, を下僕二人, を主張, を判断, を動かない, を夜分, を少し, を形而上學的原理, を御覧, を忖度, を思へ, を想像, を択んだ, を指さし, を探しまわった, を推察, を摘み, を教えろ, を日本中どこ, を水, を源氏, を知っ, を知ってる, を知らざるなり, を窺え, を聞きたい, を見せ, を見せ付け, を見つけました, を見付け, を解, を言, を通っ, を通ったら, を通り, を選ぶ, を選んだ, を選定, を開きました, を附けた, を除く, 即ち道阿弥, 必ずかかる, 必ず仏, 必ず毒蛇, 改めて云う, 迄進行

▼ ある~ (860, 0.2%)

50259 えし 51 えが 20 えよ 15 えと思う 13 えに 11 えから 9 えね 7 えぜ 6 えか, えじゃ 4 えそんな, えと思っ, えのう 3 えかな, えがな, えそれとも, えって, えて, えもの, え誰

2 [12件] えお前, えお喜多, えかと, えからの, えそれ, えで, えという, えと思います, えどんな, え事, え今後, え調べた

1 [104件] えあはははは, えあんまり, えいい, えお役人, えお神樂, えかしら, えかね, えからな, えからね, えかりに, えがの, えがネ, えこと, えしね, えしよ, えし畜生, えし金, えその, えそりゃ, えそれだけ, えそれん, えそれ丈, えたんと, えたア, えちっと, えちょい, えちよい, えてめえ達, えと, えといふ者, えとこう, えとこの, えとさっそく, えとは, えとひと幕, えとホシ, えと云い張っ, えと存じます, えと小兼, えと思, えと思い, えと思い込ん, えと思った, えと思ったら, えと思つて, えと持っ, えと海, えと頭巾, えなあ, えなどと, えなんて, えにな, えにも, えによ, えの, えひょっと, えや, えキチゲ, えチヨイ, えトットットットッ, えナ, え丁度ワイワイ, え主人, え人, え何, え全く, え初会, え十郎ヶ峰あたり, え取次, え土左衛門, え多寡, え天下様, え家, え御神燈冥利, え恐, え惡, え手前, え料理茶屋, え新撰組, え早く, え本人, え此処, え海端, え火, え火鉢, え狐, え狸, え甲州街道, え男, え痛, え直ぐ, え端折つた, え第一, え糞, え草履, え菰, え酒, え顏, え顔, ばるも, へ若達, り, りんす, れば

▼ あるのみ~ (859, 0.2%)

173 である 4627 ならずその 26 です 25 だった 20 ならずまた 19 であった 12 では 9 だつた 7 であつ, ならずこの 5 だが, でその, で他, ならずそれ 4 だと, であって, であるが, でなくまた, ならずこれ, 也 3 だから, であります, ならず又, なり, なりき, なれば

2 [38件] じゃ, だぞ, であるから, であること, でした, でして, ですよ, でなくむしろ, でなく同時に, でなく宗教的, でなく精神, で何, で別に, で畢竟, なの, なので, ならず, ならずあらゆる, ならずそれら, ならず一方, ならず世, ならず人物, ならず侯, ならず全然, ならず彼, ならず意識, ならず日本, ならず時, ならず毎日役所, ならず現在, ならず私, ならず規摸, ならず遥か, ならず非常, なれども, 他に, 而し, 閣下は

1 [350件] ああ造化, かうして, かくあり, げにかく寄しき物, こうして庄吉, この連續, この野, これその, これを, しかして来年, すなわち深く, すなわち神, その原頭, そは, それすら, それは, だすなわち, だすべて, だという, だといふ, だとの, だどう, だらうと, だろう, だ宇宙, だ戦い, だ近藤勇, であ, であったが, でありそれ, でありそれ以外, でありました, であるし, であるそれで, であると, であるという, である其者, である処女, である照女, である生物的世界たる, である苦しめるだけ, であろう, であんなに, でお, でおなじ, でお寺, でこの, でございます, でございまする, でしかも, ですから, ですが, です第, でそう, でそういう, でそこ, でない, でなくこうして, でなくさらに, でなくどことなく, でなくカント, でなく主体的存在, でなく人間, でなく全, でなく彼, でなく後, でなく我々, でなく政治的, でなく智慮才謀, でなく更に, でなく朝廷, でなく本質, でなく父祖四代, でなく真実, でなく花栄, でほか, でまったく, で一, で一方, で一番, で事実, で今夜, で余分, で倫理道徳, で側室, で其の, で其他, で其眷属, で前者, で単に, で嘗て, で大隅, で奇蹟, で實質, で当人, で意味, で扇, で文学, で有時, で期日, で枳園, で檜垣衆, で次, で然, で相手, で真実人間, で神, で精神, で罪人, で詳しい, で誰ひとり, で近代自由思想, で金色燦然, で防戦, で非, ならじモイゼ, ならす其信者, ならずあまつさえ, ならずい, ならずいい, ならずいくら沢山着物, ならずおそらく, ならずかかる, ならずかなり, ならずこういう, ならずこうして, ならずさ, ならずすべて女子, ならずそういう, ならずそこ, ならずその間, ならずそれに, ならずそんな, ならずたしかに, ならずてんで, ならずときには, ならずともすれば, ならずどうも, ならずどこ, ならずなお, ならずむしろ, ならずもう, ならずよく, ならずシェイクスピア, ならずチベット一般, ならずチベット人, ならずハルトマン, ならずバイブル, ならずモスコオ, ならずヤチ, ならず一, ならず一册, ならず一国, ならず一般師団, ならず三時間, ならず上, ならず上述, ならず不具, ならず不可能, ならず世界, ならず事実上, ならず二年後, ならず二笑亭, ならず互に, ならず五十年, ならず亦, ならず人, ならず人心, ならず今川五郎氏親, ならず他国, ならず会話, ならず何, ならず何より, ならず元来, ならず全く, ならず其内部, ならず其北條氏, ならず其租税, ならず其自我, ならず兼ねて, ならず凡て, ならず到るところ清潔, ならず前, ならず割合, ならず勝頼, ならず叡山, ならず古く, ならず同時に, ならず吾, ならず唾, ならず地勢, ならず地方, ならず壮丁, ならず外, ならず外国人, ならず大, ならず天上, ならず夫死, ならず始めて, ならず孫堅, ならず実に, ならず実隆, ならず實際變化, ならず實際重大, ならず将軍, ならず將軍, ならず小枝, ならず小説, ならず山の端川, ならず岩, ならず川, ならず平生予, ならず幽か, ならず弓, ならず引いて, ならず役人, ならず彼等, ならず後, ならず後世, ならず心理的体験, ならず性質, ならず恐らく, ならず悪, ならず情性, ならず或は, ならず所謂, ならず抑, ならず支那, ならず斉信, ならず旋風, ならず日數, ならず明治以後, ならず星, ならず時として, ならず時には, ならず普通, ならず普通名詞, ならず最早, ならず月, ならず有害, ならず未だ, ならず本人自身, ならず本堂, ならず本来私, ならず東京, ならず枢軸国, ならず架空, ならず極めて, ならず樞軸國, ならず欧米各国, ならず此, ならず歴史, ならず活火山, ならず演劇, ならず無意識的, ならず焦点距離, ならず特に, ならず猫, ならず現に, ならず現代日本, ならず生, ならず生きもの, ならず用途, ならず由子, ならず画面, ならず皆仏, ならず知己, ならず社会政策上, ならず神代, ならず私自身, ならず私達, ならず秋田さん, ならず種々, ならず空間的排列様式, ならず立體心理學, ならず竜, ならず簡單, ならず米国, ならず罪深き, ならず聞けば, ならず肖柏, ならず脚色, ならず自分, ならず自分ら, ならず良心, ならず色彩, ならず董仲舒, ならず西, ならず要点以外, ならず触れても, ならず貴族, ならず軍隊, ならず近代思潮, ならず近頃, ならず進んで, ならず難局, ならず風土交通, なりしが, なりとの, なるを, なる広く, な鬼畜, ふだんは, ゆえまず, アウリス解纜に, アリヤンと, インドの, ハッハッハ, 他は, 佛國ある, 其外面に, 其懸隔は, 初めは, 勿論運動, 同化の, 唯だ, 国家を, 國家ある, 堂々たる日本国人, 実に造化, 寿司屋とも, 少しも, 岩礁の, 待つもの來, 從つて運動は, 忍び, 我は, 我斯く, 支那ある, 政治上の, 文学者ある, 有即ち, 来たれ兄弟, 果して, 波斯ある, 源流に, 然かも其國家, 燕王の, 猶多く, 甘さ, 真ある, 真珠と, 自信ある, 英人は, 英國ある, 説明が, 踏む足毎, 門を, 露國ある, 頬に

▼ ある~ (857, 0.2%)

2920 はまた 11 はこの 9 はこれ, は自分 8 は優越的 7 はその, はそれ, はむしろ, は人, は何, は少く, は私 6 はもつ 5 は他 4 は又, は手, は雪

3 [13件] はさう, はそれ以上, は僕, は其, は夜, は夢, は恐らく, は想像, は柱, は概念, は石, は神, は鋸

2 [69件] のこと, はいかなる, はお前, はかの, はすでに, はすべて, ははしる, はゆるやか, は一ヶ月此渓, は一丈余, は中, は云, は人間, は何処, は何等, は千年, は友禅, は名, は君, は喰ば立所, は嗅覺, は団子, は大, は大石, は夫山, は小, は山, は山亀, は川楊, は左様, は幸, は役者, は彼, は御, は意識, は感情, は担持, は最早, は東京, は楊霖竹菴, は母, は水, は焼火, は画幅, は白酒, は笑, は維持, は腕, は自然, は若き, は苦痛, は茶, は蒲, は蛙, は西国, は觸覺, は踏石, は近村, は逆, は遠く, は都合, は都合惡, は酒顛童子, は銭, は雪垂, は青銅, は風, は飮料, は高く

1 [522件 抜粋] の夕方, はあいまい茶屋, はあたつ, はありました, はいふ装飾意図の, はお, はおでん, はお茶, はかうした, はかた, はからかつ, はこの間, はさうである, はさうでない, はすし, はずつと川上, はずつと若い, はそこ, はその他, はそれぞれ三つのち, はそれつ, はそれとなく, はそれほど, はそれら, はそれ以下, はそれ故, はたぶん, はどう, はどこ, はどの, はふかめられるだらう, はぶよぶよ, はほか, はほとんど, はほのか, はみく, はむしろ最も, はむつちり, はもう, はもし, はもったいない, はやまと的, はわが, はわれ, はゴマカシ, はサモス, はズル, はゼム, はホンケガヘリ, はメリケン粉, はレエニン, はレプラ, は一昼夜, は一時間, は一生, は一瞬, は一致, は一語, は七八本, は三, は三井三菱, は三人, は三千代, は三年, は三枚目式, は三畝, は三重, は下谷, は不幸, は不自由, は両, は両国花火, は主任, は乞, は乳, は予期, は二三寸ぐらゐのもので, は二人, は二十年百年, は二時間, は二百五十円位, は二瞬間, は五十年ぐらゐ前, は五千, は五月幟, は交互, は人々, は人以上, は人性, は人民流, は人知れず, は人間愛, は今, は今ごろ, は今日, は他家, は代る代る, は以前さ, は会社, は低く, は低徊, は何十秒, は何故, は作曲, は便所, は俗物, は俳優, は偶然的存在, は像, は入水, は全く, は全然, は兩方, は兩者, は八角, は公卿堂上, は公然, は六人, は其故, は其病気, は内, は冷笑, は凝結, は凡て, は別に, は別人, は前者, は剛勇, は創造, は劇場, は力, は動い, は動物, は勝負師, は十分, は十割, は十年, は十数枚, は十荷, は半襟, は協力者, は単純, は却つて, は却つてふさ, は友達, は反り返る, は取りまぜ, は口, は史實, は史觀, は右, は合格, は同じ, は君候, は君等, は吾世, は吾儕, は哀れ, は哀傷, は唐突, は喧噪, は單, は器械, は四人, は四角形, は団扇絵摺物, は國際關係, は圓, は地主, は地域, は地方, は境地, は声音, は多少, は多忙, は大きな, は大した, は大人, は大急ぎ, は天使, は天平時代, は天明八年京伝, は天領, は天麩羅, は失はれた, は女帝時代, は好み, は姑, は威風, は娘, は嫌惡, は子供, は存在, は完全性, は宗教, は客員, は客觀的技巧, は家庭, は容器, は實現, は寺, は専門, は射る, は小便, は尾久, は屬性, は山手, は巌角, は左, は巧み, は師, は帯, は帰る, は平和, は平坦, は平家, は年, は年頃, は年齡, は幾何, は庖丁, は店先, は廓外市民, は強, は当時横浜, は形, は形相的, は形體, は彼男, は彼自身, は往来, は後退, は徐ろ, は得, は心悸, は心理上, は必死的, は必要, は忘却, は性質, は悦, は悪く, は悲し, は惜しき, は惡魔, は意志, は愛, は愛した, は感覺, は憎しみ, は戀, は戀愛, は成功, は我, は我と, は戰後, は戰爭, は手頸, は抱き, は拳, は掠奪, は支那, は放任, は政どんと, は故人, は敬虔, は敵船, は文化, は文句, は文壇, は文學以外, は文章, は新, は新聞, は日本, は昇りしな, は明, は映, は時に, は景色, は智能的, は暫し, は曖昧, は更に, は最も, は月夜, は月曜日, は木, は木器, は木棺, は本来, は本石町, は杓子形, は杙上住居, は来ない, は根據, は楽屋稲荷町, は樣態, は横山町, は樺, は歌, は武具, は武器, は武州多摩川, は歴史, は歴史的社會的科學, は歸, は民衆娯楽, は民間, は水すまし, は水源, は永久, は江戸, は江都勝景, は沸, は洞院殿, は流, は流水, は流行, は浄化, は浄瑠璃所作事, は海, は深川, は湖邊, は滑らか, は滑稽感, は灘伊丹, は炬燵, は無意識的, は無法者, は片手, は物, は特殊, は現に, は現在, は現在さ, は現実, は琴, は甘んじ, は生来, は生産手段, は産褥, は用, は田舎, は申, は申し, は申合せ村方立, は男子, は町風, は異常, は異病, は病, は白く, は皮, は直ちに, は相撲, は矢, は矢田津世子, は石器, は石器時代, は石室, は石庖丁, は石斧, は石見, は砂, は碇泊, は社会, は社會, は社會的, は神経過敏, は科學, は秘か, は稽古場, は積極的, は空, は窮余, は章魚, は笄髷, は紙鳶, は紫雲龍, は絃, は結構, は絢爛, は絵かき, は絶對ヒユウマニズム, は緑色, は織り物, は羊歯, は美しき, は美事, は義務, は習字, は老爺, は老若, は聞いた, は聴診器, は聽覺, は肩, は腦髓そのもの, は腿一本, は膝, は自己變化, は自立演劇, は興, は色摺板本, は芝浦, は花, は若い, は苦, は草木, は草画家, は萎えし, は葛西善藏, は蔦, は處世, は虚, は表明, は西, は視, は親類ぢ, は言, は訪ね, は詐欺, は詰問, は誤る, は説明, は読者諸君, は諭し, は諸, は警世小説, は豐田さん, は貞室, は貴方等, は貴顕, は資本, は赤く, は起りつ, は起るべし, は趣味, は足, は身, は身構, は躯, は農村, は近く飛びかゝり接戰, は追, は追剥, は遍路, は過去, は道, は遺失, は遺物, は避け得る, は郵便局, は酒, は野心, は金, は金銀, は鈴, は鉄材, は銀行, は銚子, は鏡餅, は鐵器時代, は長い, は閉ぢ, は降る, は院長, は陰險, は陶器, は隅田川, は隱, は集九様の, は難き, は雷, は電, は電気, は電話室, は霜, は霰ふり, は青, は青く, は青楼, は青銅器時代, は面白い, は音, は音楽, は音樂, は風呂, は風致, は風説, は食物, は飾り気, は餘, は馬関, は骨肉, は髪, は鳥居, は鳥居清長, ょッと

▼ ある~ (856, 0.2%)

10 人の, 何ぞや 7 いうまでも 5 これを, 止むを 4 もちろんである, 何か, 勿論の, 薔薇なり 3 いかんと, 人に, 勿論なり, 如何, 明らかに, 此の, 此れ, 言ふ, 面白く候

2 [53件] いわずと, うるさし, これに, だかの, なし, みなこの, もちろんの, もつとも我国, もとより論, 事実である, 二句同一なり, 亦世間, 亦已む, 亦既に公然, 伊藤侯の, 何人も, 余も, 内閣に, 勿論である, 又, 又唯, 吾人の, 唯, 善く伯, 固より, 多く其主我的意思と, 奇なりと, 女の, 実に大平, 当時の, 当然の, 彼の, 必定, 憲法起草者たる, 既に公然の, 既に天下公衆, 是れ, 普通の, 最も新, 木履を, 樂なり, 殆ど一種の, 決して異し, 演壇の, 玉の, 相似たり, 神功皇后が, 私が, 葭町の, 蓋し之, 誤らない事實, 論ずるを, 頗る吾人

1 [670件 抜粋] あきれらア, あしかるまじ, あたかも国民, あたかも花嫁, あたかも面貌, あに奇, あの貧弱, あらじ, あらず思想先づ, あるいはこの, あるが, いいが, いかがでござい, いかに, いつも娘, いづれが, いわゆる偶然, うれし, えやあぶ, おのおの人間, お前も, お考えちがい, かねて, からいで, からいの, げにもと, ここに, この人, この御山, この新富士, この染心, この資本主, この遊技, この道理, これらしい, これ多くは, これ生滅の, しばしば新, しばしば新聞上, すこぶるおもしろい, そのかつて, そのため, その作者, その力, その問答とも, その国民, その妨, その宿, その形式, その暗黒, その永劫, その消息, その猪突, その眼, その種類はじめ, その蟠, その辺, その頭, そも何事, そも天意, たえ難い, ただ士のみ, ただ実行, ただ目を, たてうるほひて, たぶん造船場付, だかに, づがないのだ, づだ, づだと思つても, どうも浦島, なお家, なくアラーニエ, なれた村, なれ座敷, なんたる, はなはだよく, はなはだ奇怪, はなはだ解し, ひとえにこの, ひとたびイリ, ほかに, ほとんどなし, ほぼ前, まじろがずその, またかげ, またなき, また疑うべからざる, また阿, また馬, まちがいなし, まぬがれぬが, まへに, むしろ当然, むろんであっ, めづらしき, もちろんなお, もちろん秀吉, もっともの, もとより言, もはや特に言, やむをえない, よく, よし, わが古来, わが日本, われひとり, われら平民の, アビシニアの, エジプトの, ッと, ヘブリウ語シャプハンを, 一に, 一の, 一寸見る, 一支國の, 一日の, 一行二行も, 一見甚だ大, 一重に, 丁度無, 丈三寸ばかり, 上なり, 上世これを, 不利益と, 不思議だ, 世界の, 中世の, 主に, 予も, 争うべからざる事実, 争われなかった, 事実そのものの, 事実だ, 事実なれ, 云うまでも, 云ふまで, 亦余りに, 亦餘, 人も, 人生の, 人目を, 人間に, 今いと, 今より, 今日すでに, 今朝から, 仏印の, 他に, 件の, 伊太利の, 何が, 何ぞ, 何であらう, 何の, 何故ぞ, 何故である, 何時頃よりの, 余と, 例に, 便利なる, 信長公に, 偏え, 偶然の, 僅, 先を, 先祖の, 免かれぬ, 免る, 免るべからざる, 全くこの, 全くヤソ教, 全く月経, 其の国, 其れ, 再びこゝに歸らんため, 刺せども, 則ち, 前もって知れきっ, 劉表の, 加藤温泉と, 動かすべからざる定説, 勝敗の, 勿論であります, 匍匐ひたる, 十五糎榴弾砲, 半ば偶然のみ, 南瓜を, 卜筮の, 即ち天皇, 即ち戯曲, 即ち此神話, 即ち熱意, 即ち貴族政治, 却つて恁る, 却て, 去ると, 又叱, 又山子規虫, 古い式, 只三年壬辰の, 可笑しいが, 同輩に, 君上に, 君上の, 周防の, 呵責ならぬ, 咲く時, 唯だ, 問はずと, 問わずと, 回祖の, 因果および, 因襲の, 地下に, 地酒が, 埃及の, 壁に, 夏侯淵, 外国に, 多く售, 多し能, 多分この間, 多少の, 夜のみ, 夜を, 大いによし, 大なり小, 大和の, 大貳刑死, 天地の, 天照太神の, 天譴を, 太平の, 奇景なり, 女子お, 女子に, 如何な, 如何などと, 如何にぞ, 姉君で, 嫁の, 子と, 孝行の, 学習院中へ, 宇宙の, 実なり, 実に今, 実に吾人, 実に慨すべきのい, 実に慨嘆, 実に文明国, 実に驚かざる, 実践道徳の, 実際どうだ, 家族中の, 容すべき, 寂びて, 富峰の, 寧ろ頼, 将に, 小田原居住の, 少かりし, 少なくも不, 岩見か, 市の, 帝隠岐島へ, 年頃金眸, 当に, 当りまえじゃが, 当時としても, 当然ながら, 当然なり, 形を, 彩色なき, 往々同義語, 從來學者の, 御幣岳の, 徳川三百年太平の, 必ずその, 必ずまた, 必定か, 必定である, 必定です, 必然と, 必然なり, 必然の, 怪むべし, 恐らく八十餘年, 恐らく馬琴, 恩愛の, 恰も良き, 悉く死し, 惟士のみ, 惨苦筆舌の, 意識あり, 我が子, 我と汝ら, 我ら素人には, 或は一月有餘, 戰鬪の, 戸口の, 挙国一致当面の, 教育の, 敢て, 斉明天皇遣, 方位の, 既に捕手, 日曜朝夕と, 日本に, 日本の, 旧の, 旱魃来り, 明かなり故に, 明である, 明らかである, 明らかなり, 春の, 昨夜の, 昭, 書生上りの, 月の, 月天の, 木の葉が, 木の間岩かけに, 末代までの, 東京にては, 東梅坊の, 林の, 根本書技に, 次の, 欧米また, 此下にて, 此事件からの, 此家と, 此小ヘルモンなるべし, 此理に, 此譯也斯く, 死せるなり, 死にざま, 殿の, 毫も清新体, 毫も清新體, 求めて, 汝が, 汝能く, 決して怪しむ, 決して憂うる, 決して矛盾, 没風流も, 法なき, 注に, 流星の, 流石に, 海の, 滿たせ, 災禍艱難は, 為さざるに, 無用の, 無論なる, 熊に, 燈籠吊れり, 爭ふべからざる, 片手打の, 物の, 物は, 特にこの, 牽強で, 狛犬なり, 独り人間である, 猶お, 猶ほ, 猶宗教学, 珍らし, 現実である, 理想家が, 甚だしい誤り, 甚だ自然, 生者の, 田舎の, 申しわけが, 男の, 町中の, 畏くも, 畢竟東京, 畢竟醜業婦, 當然である, 疑いなかろ, 疑いも, 疑うべからざる事実, 疑ふべからざるなり, 痛かつ, 痛切に, 白髭の, 皆御家の, 皆此宿村, 盖し, 目下の, 真に千古, 真に是, 真心なり, 真面目に, 眼の, 瞭, 矢田彦七宮家よりの, 知れきったこと, 知れきつ, 知力に, 社会の, 祝すべきに, 神に, 神万物に, 神明の, 神泉苑の, 禁ずべきも, 禹が, 秀子で, 稀なり, 種々の, 種実を, 穩和黨の, 竜宮から, 竹の, 第十一板エンサイクロペヂア・ブリタンニカ卷二十二, 箍の, 精神的内容の, 素盞嗚尊の, 繋辭傳の, 美術の, 義母, 老将黄忠, 老齢の, 考ふる, 肉の, 自から, 自然である, 自然の, 至極詰まらぬ, 苦悩大なる, 英国少年ゴルドンで, 葉の, 著者の, 蓋し二十年來, 蓋し脱字, 薔薇の, 虚構と, 蜀の, 蜜柑のみと, 行く行く将軍, 要するに偶然, 見えて, 規を, 言うまでもない, 言うまでもなかろう, 言はば, 言わでもの, 言語道断なりと, 設令迷信にも, 詞に, 誠に嘆しき次第, 誤り也, 誰か, 誰ぞ, 請負師の, 識者の, 谷間に, 豈に, 賞し罪, 足利時代に, 途中さだめし, 造物者に, 遇変不, 過多に, 避暑客を, 都合よき, 野猪勇に, 金森長近と, 釣遊の, 長き因縁, 間違に, 關西にては, 雜司ヶ谷の, 雨の, 雪, 霊人に, 靄ふる, 青竹で, 青銅の, 音に, 音調上には, 顕著の, 風に, 食ふ, 馬の, 馬を, 高きをも, 魏の, 魚の, 鱗蛇に, 齋王が

▼ あるその~ (832, 0.2%)

8 人の 5 ことが, 上に, 中で 4 中の, 女の, 家の, 時に, 男の

3 [12件] ことを, ときは, 一つに, 一つを, 上を, 中に, 中には, 壁を, 声が, 家は, 男は, 顔を

2 [37件] そばに, ために, ま, やうな, ような, 一つで, 一例を, 一幅が, 下へ, 下を, 中から, 人が, 人に, 人への, 前に, 向うに, 国の, 女と, 姿が, 子供の, 家へ, 家を, 差を, 手紙を, 新聞の, 方が, 時は, 根本の, 男が, 男を, 町の, 真中に, 自分が, 荘重な, 葉が, 金を, 青年は

1 [679件 抜粋] あたりを, いざりの, うちに, おなさけ, お役人, お邸, お金入の, かなしみは, かわりに, くせ澤田の, ことだ, ことなら, ころの, しぐさの, しもた屋風の, すっきりした, ためか, ため家中に, ため水が, つい下手, ときこの, ときの, ときも, とき身内に, どちらも, なかの, ばあい, ふたりが, ほかにも, ほかの, まばらな, まわりは, むかし宇陀の, よい酒, よるところ, わけが, カストリ侯爵である, ガラス戸は, キャリフォルニアン号の, コバルトの, ゴム長は, ジャッパンプールという, バーは, ヒステリイ女を, ペンキの, ホテルの, ホテルへ, 一つが, 一つ一つを, 一人と, 一人の, 一人を, 一匹だった, 一室には, 一方を, 一本が, 一軒の, 一面は, 三ツの, 上から, 上こいさんの, 上の, 上へ, 上不思議な, 上健三は, 上老年にも, 下で, 下には, 下の, 不審じゃが, 不得手とは, 不思議な, 世界の, 両者を, 中にも, 中台を, 中央あたりに, 中老人が, 主人に, 主税の, 事を, 事件の, 二つの, 二者の, 二艘の, 井戸端で, 人々の, 人たちは, 人であろう, 人として, 人は, 人影は, 人物という, 人藤中納言これは, 代り心眼を, 仮借なき, 仲間では, 会社の, 伯母たちの, 位置が, 住宅は, 体裁も, 何かに, 余波が, 作を, 作品を, 作者を, 使者舟の, 借家主婆さんに, 借金は, 傍に, 傷に, 傷は, 傷口は, 儘の, 優越なる, 先だ, 光今夜ここへも, 具体だ, 内一つを, 冒頭に, 写真の, 処断を, 出版事業の, 刀の, 別荘に, 別荘は, 割合で, 力に, 勾配の, 北向きの, 医学博士の, 十倍の, 十団子を, 厚志着を, 厳しい面, 友人の, 友達の, 反対側には, 叛乱軍を, 口を, 古井戸, 古家は, 古長持, 台石の, 右の, 各要素, 名刺を, 名前が, 周りが, 周囲は, 味を, 唇は, 嘴の, 四冊は, 四名の, 困難を, 囲りで, 国難も, 國語を, 地の, 垣の, 城主に, 報いか, 場合の, 場合は, 場所に, 境地から, 壁にも, 壬生の, 声に, 声まさか, 外声を, 外手足の, 夜の, 大切な, 大扉, 大木は, 太い枝, 夫人だけを, 女が, 女中は, 女学校から, 好きな, 如く人が, 妻が, 妻の, 妻アントワネッタとの, 娘さんの, 娘も, 婆さんなら, 婦人の, 嫌な, 子に, 子ら見れ, 字の, 字も, 学校の, 安待合, 完全な, 実力の, 実家へ, 実物に, 宮からも, 宴会の, 家だけが, 家にも, 家全体の, 家族は, 容貌物に, 宿屋の, 寺から, 対立感情が, 封筒は, 小吟味方, 居城の, 届書も, 屋敷へ, 屋敷を, 屋根裏部屋の, 山の, 山を, 島は, 川の, 工場の, 巻紙を, 市民の, 市設の, 席に, 常識に, 年増女は, 幸福に対して, 幸福を, 広い矢来, 底を, 店は, 座席からは, 建築事務所へ, 建築物の, 御代は, 御饌津, 復讐か, 心持という, 心持を, 心理状態を, 思いに, 思ひを, 思ひ出, 怪我人の, 恋人の, 愉快さに, 意味で, 意味では, 意味は, 意味を, 意見は, 慈悲深い, 憂苦を, 戦場において, 所長に, 手を, 手助けを, 手紙に, 手腕とは, 技術インテリが, 折門司か, 持物の, 探索をも, 支度は, 政治家の, 教義の, 敷居の, 文句を, 新しいよろこび, 新らしい, 方には, 方は, 方を, 方法は, 日, 日々の, 日に, 日までの, 日光室を, 日敵ある, 日本が, 旦那から, 昔アラビヤ人という, 時おま, 時その, 時の, 時一人が, 時僕は, 時分から, 晩には, 書庫に, 書物の, 最後の, 有限と, 木と, 木の, 本には, 本城を, 本部から, 村への, 条件を, 東京が, 板の, 枝に, 株の, 根を, 根元へ, 梅雪が, 棹の, 横の, 横手の, 横町の, 横顔を, 機会を, 機微に, 次第は, 正体を, 武士は, 歯が, 歴史の, 死んだ爺, 母その, 母の, 毒薬さえ, 気持を, 池野内蔵八が, 泥棒が, 流しが, 流れの, 海棠の, 海鳴, 深淵に, 温泉の, 湖に, 湯殿の, 演劇の, 点だ, 点で, 点は, 点やはり, 為めに, 無駄を, 焼酎が, 燃料は, 版に, 物語を, 犬も, 犬を, 珍しい集り, 現実からこそ, 現象を, 理由までを, 生きて, 生れ故郷へ, 生活を, 産婆さんは, 産婆は, 田代君が, 由来は, 男にたいして, 男への, 男らしい顔付, 町角を, 界隈の, 畠に, 疵である, 癖が, 発掘に, 盃を, 目の, 目を, 相は, 眞中が, 真価が, 眼に, 眼は, 眼付高貴の, 瞳の, 矢の, 短冊を, 石に, 石の, 社会が, 神と, 神言い換える, 福や, 秀驥の, 種の, 空地は, 窓の, 立て札の, 第一, 筆跡も, 算盤を, 箱の, 箱梯子も, 紅の, 経かたに, 結果は, 絵が, 絶念した, 網を, 縁側の, 縁起に, 美しいもの, 群書治要で, 義弟の, 翌日が, 老教授, 者たちを, 肌が, 背戸, 背戸へ, 舷に, 良人が, 良人すら, 芝居は, 花の, 花屋の, 芸術に, 英吉利が, 茶入が, 草の, 莊之助は, 菊池君が, 菰の, 蓋が, 蚊の, 血液を, 行方を, 西光寺と, 視線の, 覚悟の, 言葉つきと, 訳柄が, 証拠には, 話は, 話を, 説に, 読み方は, 調子として, 講演者が, 證據には, 豊富な生きた, 貸家の, 足の, 足音は, 身元不明の, 身辺に, 農を, 辺の, 近くまで, 通りである, 造作も, 道の, 邪魔ものが, 部屋から, 部屋と, 部屋は, 部屋へ, 部落へ, 野生の, 金の, 鐘楼の, 長襦袢の, 長身に, 門を, 限り一切の, 限り之は, 限り此等は, 際彼等が, 隣りへ, 隧道の, 雨その, 電車の, 露地へ, 非難の, 鞍部しか, 音が, 音楽家の, 頃は, 頭です, 頭は, 顔が, 顔だけが, 顔で, 顔には, 顔は, 願いを, 飛躍が, 館では, 高慢税の, 鷹揚な, 麓で, 鼠は

▼ あるけれど~ (809, 0.2%)

17 それは 8 これは 6 それが, それを 4 それも 3 あれで, これも, その時, 今日の, 何う, 僕は, 実際は, 此の, 私の

2 [39件] おふみ, ここの, このホテル, この場合, これが, これに, じつを, そのよう, その言行, それだって, それに, それには, それらは, 二十年後の, 人に, 人生の, 今は, 今度の, 何の, 余は, 健康の, 同じ文字, 四本足では, 婦人だ, 本当の, 東京の, 松の, 機雷は, 濃艶, 病人を, 白いの, 秀子の, 私が, 私を, 竹屋の, 自分の, 自由の, 色が, 面長の

1 [663件 抜粋] あすこに, あそこへ, あっちへ, あとは, あなたの, あなたを, あの子, あの欄干, あの甘い, あまりに刺戟, あまり飲みたくない, ある場合, ある程度までの, あれが, あれには, あれの, あれは, い, いくら寒い, いったい飯綱権現, いまは, いま入っ, いよいよ夫, うわべだけ, おっ母, おなじこと, おまえの, お前のは, お前を, お才さん, お母さんは, お父さんが, かれらはじぶん, きっともう会う, こ, こうした瓶口, ここでは, ここと, こちらの, このまま棄, このよう, このマリア, この先生, この妾, この年, この朝, この豪壮, この賃銀, この館, これで, これなら, こればかりは, これを, こんな大金, こんな本, こんな町なか, ごとごとごとと, さうで, さつ, さは, さみしいとは, さんざん涙, しかしこれ, しかし孤独, しかし日本海, しづかな, すでに副詞, そういう毒, そうする, そう言われ, そこには, そこらは, そなた, そのなか, そのほか, そのソロ, その中, その人, その他には, その代り, その公保, その初め, その囲炉裏, その女, その娯楽, その思索, その性質, その手ほどき, その押し, その教材, その日, その欠点, その猫, その男, その組織, その罵倒, その翌年姉小路中将, その螢狩り, その貧乏, その賢, その隙間, その頃, そは, それぞれに, それだけ苦汁, それでいてなおなんとなく, それでも京子, それでも今, それでも善く, それで十分ぢ, それと, それとても, それにしてもこの, それにも, そればかり, それより, それらの, それ以外の, そんな理由, たいていかれ, たいていは, ただちょっと, ただ気持, たとえば政治, ちゃんと内, つつましや, つまびらかな, つまらない私達, とにかく生活, とにかく緒, ともかく大きな, どうもその, どうも女, どうやら口, どう双方, どこで, どれが, ない方, なおその, なが, なんでも, なんとなくその, はっきりいま, ほんとは, まあこれ, まあ此位, まさしくズンズン, またそうとうに, またまる, また外観上, また始まっ, まだ何, ま公卿日記, みな傍系に, めいめいが, もうそここ, もうその, もうもうとした, もし本人, もっともっと大変, もと末も, もぬけの殻です, やつぱり默つて居る, やつぱり黙つ, やはりそうで, やはり作者, やむを得ず売り払った, よく知っ, わが国では, わたしだ, わたしん, オデッサは, サンドウイッチと, ジェーンの, スメルジャコフにとっては, ターネフ一味も, ドイツマインツを, フランスで, フランスの, ブラームスの, ボル派の, ポチを, 一つ思い当たる, 一人の, 一度死んだ, 一旦私, 一縉紳の, 一面に, 三人乗り込む, 上州の, 下では, 下は, 不断注意ぶ, 与一は, 与八は, 中へ, 中風の, 主人から, 主観的な, 之を, 乳兄弟って, 二ヶ月の, 二人ともに, 二十分といふ, 二度三度戸口に, 二階を, 五月幟が, 人家の, 仄かに, 今から, 今きょうの, 今と, 今の, 今日は, 仲, 伸子は, 体の, 何しろその, 何と云う, 何に, 何を, 何処か, 何方も, 何處か, 余の, 余りよれよれ, 例えば今日, 例によって, 俺の, 個人所有の, 働けば, 僕も, 優しい打ち解けた, 充分の, 充分聞分けられる, 先年自殺した, 先方は, 入口の, 全体の, 全體, 八百長といふ, 共存の, 其だって, 其の意外, 其以後の, 其処は, 其吾妻鏡に, 其規模の, 内気の, 出来ないの, 分らぬ, 初めは, 判らない, 到底京, 前の, 前後の, 割合と, 加工品の, 加賀様の, 勇気を, 北満, 十一時半ごろだった, 十人や, 印刷機といふ, 厩橋城下の, 又佐渡, 又其の, 又急速, 古市は, 同時に光明優婆塞, 君達が, 吹雪にでも, 唯それ, 唯何となく其の, 唯蜀陣営, 問はれたなら, 問題が, 喧嘩は, 噂で, 四寸の, 回を, 地所の, 地球の, 城は, 多くは, 夜叉王屋敷の, 大きなお, 大きな葉, 大して恐ろしい, 大てい, 大抵は, 大熊老人は, 大體, 奥様は, 女は, 姉はちようどその, 姿の, 婆さんの, 嫌いで, 学校の, 実の, 実は, 実はこれ, 実際においては, 実際一家, 実際云つて観念, 家に, 家も, 富士様の, 實業にかけては, 實際は, 封建思想の, 少くとも, 少くも, 少しも, 山郷と, 岩が, 左の, 差当っ, 市之丞殿の, 布引氏の, 帯の, 常連は, 庄吉は, 当時の, 彫塑や, 彼は, 後の, 後世の, 後者の, 御当人, 御自分, 心に, 必ずしもそういった, 恐怖の, 我慢し, 戦争と, 戯曲は, 所詮は, 折角自分, 抜道から, 数学は, 文士なんか, 新撰組に, 方法が, 既刊の, 日本人の, 日満両, 昌造が, 昔は, 昨夜吉三郎さんを, 時々女たち, 時機が, 時空的な, 時間不足の, 普通は, 暗えと, 書いてから, 最古くからあつ, 朝鮮の, 木登りの, 本山荻舟住居の, 本当にどこ, 本所に, 東京大根は, 松尾の, 柳田の, 桔梗様を, 梟は, 概して鬼, 正真正味の, 此も, 此処に, 死んで, 死後には, 残り二帖に, 母さんが, 毎日早くから, 気乗りが, 水道の, 水量は, 江戸から, 決して妻, 決して決してそうでない, 沢山な, 沼の, 泥臭い上, 活きた花, 浜田家の, 清次郎を, 渋団扇を, 湯は, 濠も, 瀞場の, 熱意に, 爵位が, 牛乳よりは, 物好きドコロでは, 物理を, 特別に, 現在まで, 生存者の, 生憎このごろ, 田丸さんの, 男に, 男は, 男色家の, 登山者の, 白根山も, 皆後世の, 相変らず, 相手が, 相馬を, 真面目な, 眼附き, 矢張り實は, 石山詣り, 神様が, 神樣が, 秀哉名人が, 私だけは, 私などには, 私は, 私も, 私達は, 節季は, 純美な, 細いひと, 終結は, 続いて, 署名は, 考えて, 肝心の, 能く, 自分たちとても, 自動車には, 自然な, 船には, 若し思い当り, 若し此ぶらんこ, 茶店や, 菊池は, 華やかな, 落窪物語は, 蚤の, 蛇については, 蜥蜴でも, 行けない, 表情の, 表通りの, 西川との, 西海岸には, 西班牙との, 要するに鶯, 見たくない思ひが, 見慣れて, 訳さなくちゃあ, 試験さへ, 話しながら, 読み終つた後, 誰にも, 誰も, 調理に, 諏訪八ヶ嶽の, 論が, 資本家から, 賢彌, 赤んぼうの, 足が, 身を, 身持は, 農業の, 辻つまが, 道九郎それに, 遠い国, 遠からず, 遠からずし, 遠く榛名の, 金さんは, 鎌倉時代には, 開墾を, 雀右衛門という, 雨の, 非常に, 順序だ, 頑丈な, 顔と, 飜訳技術は, 食べものの, 食べる飯, 飲まないでも, 飲まなかつた飲みたいの, 馬を, 駄目な, 駒井の, 魚類という, 鴨は, 黄楊でも, 黒ご, 黙りこくって

▼ ある場合~ (801, 0.2%)

29 が多い 18 もある 13 にはその 11 には, にはそれ 10 がある 8 が少く, はその 5 である, には彼, に於 4 ならば, にその, は, は別

3 [14件] があり得る, にこの, にはこれ, にはそういう, にはそこ, にはそんな, には云々, には常に, には必ず, には特に, には自分, は勿論, もあろう, を除い

2 [49件] がそれ, がない, がよく, が多かっ, が存在, しかない, とない, と同様, にこれ, にしまし, にそれ, になる, にのみ知性的, にはかえって, にはこの, にはむしろ, には不敏, には労賃, には多少, には大, には実際, には市場, には幾らか, には普通, には有罪, には極度, には水, には決して, には相手, には翻訳, には臆病, には自然, には誇張, には間違, に人, に於い, に限られ, に限る, に際会, のお, のこと, の外, の方, の覚悟, はこれ, はよい, は党派的執着, もあり, も同様

1 [522件 抜粋] ある事柄, ある心, およそ何人たる, かでなけれ, かどう, かれは, か何, か俳優, があっ, がたいへん, がはなはだ, がむしろ, が出, が多, が多き, が多く, が尠, が屡々, が普通, が有り得る, が極めて, が珍しく, が見出される, が認められる, が間々, が非常, ことに五月六月, このよう, この種, さうである, さえある, すぐ勘づく, ぜひなく, そうし, そのうち主人公, その自信, その自然さ, その良人, その質問, その近代的特性, それによ, たとえば英仏相手, だけで, だけに限り, だけ出ます, だけ紳士, だった, だと, であり三つ, であるから, であるが, であるの, でこれ, でさえもその, でさえ依然として, でしかあり得ない, でないこと, でないならば, でなくては, でなければ, ではない, でもなすべき, でもわれわれ, でも動物園, でも岩波氏, でも差支, でも母親, でも病気, で煙, と, とかあるいは, とかまたは, とがそれ, とすれ, とはよほど, ともう, とを含ん, と事, と同一, と思われる, と発見, と過失, と違った, と限らず, などにはやんごとなき, などはこれ, などはなおさら, などはガス, などは仕方, などは言葉, など名物, など彼, なら到底, に, にあっ, にあれ, にいろいろ, においてさえ人, においては他人, においては労賃, においては善人, においては教育, においては清明, においても, において一致, において妻, において幽霊, において彼, における水, におのおの, にこれらすべて, にさえ男女とも, にし, にすなわち, にせよ, にそう, にそなえる, にたまたま, にだけある, にだけそう, についていわなかった, にである, にでも我々, にどなる, になに, になんと, にのみその, にのみ奏すべきで, にのみ精神的拷問, にのみ芸術家, にのみ許, にはあえて, にはあまり, にはあらかじめ, にはい, にはいっそうもっとも, にはおおかた, にはおそらく, にはおよそ, にはか, にはこうした, にはこんな, にはたしかに, にはたった, にはとりわけ, にはどう, にはどうも, にはどこ, にはなるたけ, にははなはだ, にはもうすこし, にはもっとも, にはよく, にはより, にはわし, にはアマチュア, にはハアヴエー, にはマグロアール, にはマリユス, には一層, には一種, には三二年テーゼ, には三年, には不, には之, には乞食, には予, には些, には交換者, には人, には人事, には人口増加, には人間, には他, には他人, には例へば, には俗悪, には元来, には先立ち, には光, には全く, には全体, には其, には其の, には加算, には助け合, には十一貫目以上, には十分警戒, には十日, には取っ, には取捨反省, には右, には同棲, には吾, には命, には和算家, には商品勘定, には国, には國会, には土佐派, には塵, には外部的, には大きな, には天子, には始め, には嫉妬, には子供, には存外, には客観主観, には小麦, には少し, には少なくとも, には屡, には山口自身, には差紙, には己, には弱震, には当人, には形容詞, には彼一人, には心理, には怖, には恐るべく, には恰度, には悲劇的, には憲法, には打っ, には持久戦争, には指紋, には掴みあっ, には敬意, には文明的, には日本人, には日本品, には明, には昔, には時として, には普通人, には更に, には未来, には本領, には正反対, には此, には死んだ, には殆ど, には毒, には比較的, には気, には永遠, には決戦戦争, には浴槽, には渾然, には演出者, には物, には特にそう, には特に益々, には狡猾, には現われ得ない, には現実, には生前, には男, には畏れ, には異性愛, には発音, には登場人物, には盗み, には目, には直ちに, には相当, には眼ざわりにならない, には知らず, には石, には破船, には社会主義, には祇園, には私, には私たち, には立派, には笑い, には筆蹟, には等圧線, には紙数, には紙面, には線路, には縞, には肉体, には自殺, には自然科学者, には至って, には著作者自身, には計算上, には詭弁, には誤解, には負けじ魂, には資本, には赤城神, には輿論, には近ごろ, には途中, には道祖神そのもの, には適切, には量, には長, には間違い, には陰, には非常, には食物, にひとり, にもおこり, にもし, にも必ず, にも採るべき, にも疑はるべき, にも祭, にも許されなけれ, にやはり, によく, によること, にクリストフ, に一寸, に一等, に三六分の一, に不思議, に不意婦人, に仮り, に何故, に作つた, に來歴の, に信号所, に優しい, に助かる, に労働, に勝手, に卑下, に右, に名称, に命がけ以上, に子, に家, に家内, に屡, に当り, に捨て, に探偵, に新来, に於ける, に是非, に最も, に権謀術数, に死, に死屍, に殊に, に泣く, に爲替相場, に生ずべき, に生活, に発生, に知らず, に私, に罷免, に美術的, に臨ん, に自分, に自然, に舞台, に落度, に衝動的吸気, に襲撃, に読者, に論議, に起る, に限り, に限るだろう, に顔, の, のため, のほう, のほか, の効果, の心持ち, の挙動, の独立性, の結果, の邪魔, はあるいは, はある程度, はいっそう, はいよいよ, はこの, はこんな, はすでに, はそれ, はない, はなおさら, はなかなか, はまた, はまだ, はまったく, はもはや, はよろしい, は一人, は一度以上, は一週間, は上演, は人類, は今度, は円滑, は刀, は即ち, は多い, は多かれ少かれ, は多く, は夫婦, は女, は少なから, は戦争, は持っ, は文部省, は旋回運動, は早速, は明かに中, は殺人, は法律, は猶, は益々そう, は祖父母, は稀, は自分, は芸術性, は著者自身, は薩摩, は襖, は親, は討っ, は詮考, は赤い, は身相応, は近県, は随分, ばかりこれ, までは社会, むしろそれ, も, もあった, もあります, もあるだらう, もあるであらう, もあれ, もかなり, もしばしば, もすくなく, もずいぶん, もその, もちろんその, もよそ, も多い, も大変, も存在, も少なく, も常に, も考えられない, も見る, も許されなけれ, や極めて, よりも政府, よりも気楽, わざわざ器物, をごく, をば別, をも研究, を他, を出ない, を向, を吾, を忠告, を指す, を捉えた, を採る, を斥け, を沢山, を注意, を考える, を考へ, を考察, を除け, 住んで, 何故それ, 勿論それ, 多くジャーナリスティック, 小圓太節, 当然文化的自由主義, 殊に外国, 殊に小児, 殊に真, 無戒, 熱しやすい, 特に目立つ, 盗んでも, 若し四字, 避け難い

▼ あるとも~ (778, 0.2%)

27 いえる 14 云える, 思った 13 あるとも, いえよう, 言える 10 いう, 言われる 9 考えられる 7 いえるの, ないとも 6 さ, 云えよう, 源氏は 5 いって, 云はれる, 思って, 書いて, 知らずに

4 [12件] いえるであろう, いふ, 云う, 云うこと, 云って, 云はれよう, 云へ, 思えない, 見られる, 言はれ, 言へ, 言へる

3 [21件] いいあるいは, いい得るであろう, いえるでしょう, いわれて, なしに, 云えるだろう, 云へる, 大ありだ, 思う, 思うが, 思えなかった, 思へない, 思われます, 思われるの, 考えた, 考えられない, 見えねど, 言えるであろう, 言えるの, 言われて, 言われよう

2 [38件] あるいはすべて, あるひ, いいまたは, いうこと, いえます, いへる, いへるが, 云い得る, 云えた, 云えなく, 云われて, 云われる, 云われるの, 伝えられて, 思います, 思えないほど, 思はなかつた, 思はれない, 思わないが, 思われた, 思われる, 気づかなかったくらい, 無いとも, 知らぬ清純さ, 考えたので, 考えられるし, 考えられるの, 考へられる, 見られよう, 見られ得よう, 言う, 言えるだろう, 言って, 言はれた, 言ひ, 言ふ, 言われなくは, 風邪を

1 [411件] あったとも, あの人, あまり顔を, ある筈, あんなもの, いいその, いいないとも, いい得よう, いい得られます, いい得られる, いい得る, いい得るの, いうが, いうし, いうの, いう話, いえない, いえないが, いえなかった, いえましょう, いえようか, いえるが, いえるし, いえるだろう, いえる物理学, いかに判断力, いくらでもある, いった, いはれないで, いはれるであらう, いはれるの, いひその, いひたい, いひ得られるの, いへるかも, いへるであらう, いわなかった, いわれない浜, いわれました, いわれよう, いわれる, いわれるであろう, いわれ微賎, うかがった, おもうが, おもは, おもはれない, おもふ, お悟り, お知り, きかされて, ここは, この犬, これを, ご存じなく, して, せめては, そのため, その欲求, その父, その笑い, その趣味, その連中, それが, それに, それらの, そを, たくさんある, だが今, つかずさりとて, づなをこころみにグイと, とんでもない, どの位, どれほど死人手負い, ない飛び, なき一, なくこう, なによりも, ひそかに, またいえよう, またはアイヌ語, また二十歳がらみ, また思い直され, また拷問, まだ沢山ある, みられるで, わからない, わからぬまま, 一刀とて, 一戦も, 一昨日なんか, 一歩も, 一般から, 一言も, 一鞭の, 万端の, 三度, 両三日中, 中の, 中将は, 乾山である, 事実でない, 云いきれなかった, 云い十人, 云い得ら, 云い或いは, 云い犬伏, 云い科学, 云い足した, 云うから, 云うが, 云うの, 云うべきである, 云えな, 云えない, 云えねえ, 云った, 云つたのである, 云つてゐる, 云つて見たい, 云はれない, 云はれるであらう, 云はれ得よう, 云はれ得る, 云はれ得るであらう, 云ひ, 云ひまた, 云ひ得よう, 云ひ得られる, 云ひ得るであらう, 云ふ, 云へるで, 云わない, 云わねば, 云われよう, 云われようが, 今こ, 今ここへ, 今夜こそは, 他人に, 他言いたすべからず, 仮令人一人, 伝えられた, 何んの, 俺を, 僕は, 優と, 兵たる, 分らないよう, 分らなかったが, 分らぬが, 分らぬ昨今, 刈り入れる者, 判決には, 到底其計, 動物だ, 勝たねば, 又すべて, 又其の, 又強み, 反省し, 向後十年間は, 噂された, 執権どのへは, 報じられて, 大いにある, 大有りである, 大有りです, 大臣は, 定め難い, 定義され得た, 家族さへ, 容赦は, 富岡は, 寺では, 少しも, 幾に, 彼の, 彼等は, 必ずしもその, 必ず松島, 必ず言われるであろう, 思いえませんでした, 思い得なかったが, 思うの, 思えず又, 思えた, 思えたが, 思えないかた, 思えないのに, 思えなかったし, 思えません, 思える, 思ったから, 思ったこと, 思ったので, 思ったもの, 思つた, 思はざるを, 思はないし, 思はれた, 思はれなかつたが, 思はれぬので, 思はれぬほど, 思ふが, 思へないけれど, 思へぬが, 思へば, 思へアハヽヽヽ, 思わず対し, 思わない, 思わない父親, 思わなかったから, 思わぬらしい, 思われず専介, 思われない, 思われないから, 思われないよう, 思われなかった, 思われぬもの, 思われません, 思われるので, 思わん, 思わんし, 思召した, 悟った, 悲しいこと, 悲しんで, 想像が, 想像は, 感じられたので, 承ったけれど, 承りまた, 教えて, 教授は, 数万の, 断言は, 斷言は, 日本料理だって, 普通の, 有益じゃ, 末期に, 村内に, 極言した, 歎かれ, 武州沢井の, 母である, 気がつかなかった, 気づかずそこ, 気づかなかった階段, 水馬さえ, 永久には, 決して敗れぬ, 決して苦痛, 深く鑿, 減ること, 無きに, 無く三日, 無限である, 申します, 申しますが, 申しますの, 申し上げたが, 申せましょう, 留守の, 看られるの, 県道端の, 着物更えて, 知って, 知らずこの, 知らずこれ, 知らずすっかり, 知らずとびとび, 知らずどこ, 知らずナンシー, 知らず口, 知らず御, 知らず此, 知らず死んで, 知らず秦明, 知らない, 知らないの, 知らなかったし, 知らなかった石, 知らなかつた石, 知らぬほど, 知らぬ人, 知られまい好色, 知れない, 知れないが, 知れなかった, 確かには, 示すこと, 私し, 答えません, 結局は, 絶対に, 翡翠が, 老公は, 考えて, 考えられた, 考えられました, 考えられまして, 考えられるから, 考えられるだろう, 考えられるであろう, 考えられ他方, 考えること, 考へざるを, 考へた, 考へて, 考へられない近頃, 考へられる節, 考へられ得るから, 考へられ得るの, 考へること, 聞いた, 聞いて, 聞えて, 聞かされ難攻不落, 聞く, 聞くが, 自然の, 艶に, 若君は, 蜜柑の, 見え, 見えず, 見えなかった, 見えなかつたが, 見えぬ皺, 見えるし, 見えるの, 見られて, 見られなくは, 見られません, 見られるであろう, 見られるの, 見ること, 見做, 見当が, 覺え, 解らないこと, 解らなかった, 解釈が, 言いたくなるくらいの, 言いない, 言いまた, 言い伝えて, 言い切らずに, 言い得る, 言い得るでは, 言い得るもの, 言うこと, 言うの, 言えた左翼, 言えない, 言えない事, 言えなかった, 言えなくも, 言えは, 言えば, 言えます, 言えますね, 言えよう, 言えようか, 言えるが, 言えるであろうし, 言えるでしょう, 言えると, 言えるほど, 言った, 言ったそう, 言はる, 言はれよう, 言ひきれない, 言ひ張れない, 言ひ得るであらう, 言へるであらう, 言わば言われぬ, 言われとにかく, 言われぬ事, 言われようが, 言われようもし, 言われるかも, 言われ名高い, 言われ老けて, 記してない, 診られた, 話して, 話の, 認めないの, 認められぬと, 認められませんし, 誓って, 語られ得るの, 説く, 説明し得る, 誰も, 論じて, 貧弱である, 農夫の, 述べて, 追い着きは, 逆説される, 道誉は, 限らない, 限られまい, 院は, 露知らなかった, 首肯かれる

▼ あるかは~ (727, 0.2%)

15 知らないが 7 分らない, 後に, 知らぬが 6 別として 5 これを, 分らないが, 別問題, 誰も 4 分らなかった, 容易に, 彼にも, 知らない, 私は

3 [15件] それが, わからぬが, わかりません, 不明である, 今の, 判らなかった, 問題では, 固より, 少しも, 彼には, 私には, 私にも, 簡単には, 誰しも, 誰にも

2 [42件] いうまでも, ここに, このもの, こんな些細, そのうち, その顫, それを, ともかくとして, まだよくわからない, まったくわからなかった, もとより知る, わからない, わからないが, 一の, 一緒に, 不明だった, 今後の, 今更説明, 今私には, 以上の, 判然しない, 勿論容易, 吾, 問わないとして, 問題でない, 彼の, 彼女の, 彼等の, 明らかであろう, 明らかでない, 明らかに, 現在からは, 瑠璃子にも, 申すまでも, 知らざれども, 知らないけれども, 知らなかった, 知り難い, 自分でも, 見分けが, 読者の, 誰でも

1 [516件 抜粋] あえてわざわざ問う, あとで, あなたの, あの壁, あの有名, あぶないもの, いかなる生物学者, いつまでも, いまなお, いままで, いろいろな, いろいろの, うかがわれるの, ええところ, おいおい読者, おのずから学問, おのづか, おふさ, およそ推量, お判り, お前には, お帰り, お時, お話が, お話しする, かつてお, かつて僕, かれにも, かれも, ここで, ここでは, このアルカリ分, この一事, この場合, この戦争, この手紙, この業者, この無知, この私, この等級感, これだけの, これでも, さっきも, さっぱり分らない, さっぱり見当, さらに他, しばしば論議, すぐ解つた, すこしも, すこし前, すでにお母さん達, すでにしばしば反覆, すでに蔽う, すでに述べた, すでに重大, すでに顧慮, ぜったいにわからない, ぜひ知っ, そこもとなどには, その全体, その国, その場合場合, その時代, その注意, その説明, それからいくばく, それだけ, それによって, それより, それ故, それ自身に, ぞんじて, ただ歴史, ただ知る, ただ研究, たちどころにわかる, た不幸, だから已に, だれにも, ちょっと想像, ちょっと決しかねる, ちょっと突きとめる, ついに今度, ついに知る, つい今しがた伸子, つきり, つきりと, つひに, とてもあなた, どうか, どうしても岸本, どうしても思, どうでも, どうも僕, どこで, どの国粋哲学, どんな文句, なかなか説明, なかなか重大, はっきりと, はっきりわからない, はっきり言い, はなはだ疑わしかっ, ひとり實踐, まだはっきり分っ, まだはっきり掴めませんでした, まだわからない, まだわからなかった, まだわかりません, まだ十分つまびらか, まだ殆, まだ知らない, まだ話, まったく疑問, みずからよく, みんなちゃんと, めまぐるしくって, もう区別, もちろんわからない, もちろん知る, もとよりわかりません, もとより判り, もはや論外, もらう人, やがて思い知る, やがて触れる, やがて読者, やがて食卓, やっとそれ, やっぱりおわかりにならないでございましょう, やはり貴方, よくわからない, よくわかる, よく分ります, よく分る, よく判っ, よく知らない, わかった, わかって, わからず恋愛, わからないに, わからなかったが, わからぬけれども, わかりませんが, わかるであろう, わざわざ論ずる, わしの, わずかな, わたしと, わたしは, わたし自身にも, インドや, ゲーテについて, ゴマ化さない, ハツキリとは, ベエコンの, ヨハンにも, 一つの, 一も, 一例として, 一八七二年に, 一切の, 一切分からなかった, 一寸理解, 一寸申, 一応保留, 一方の, 一目し, 一目瞭然区別され得る, 一見しない, 上に, 不完全な, 世人の, 世間の, 中尉の, 主としてこの, 之から, 了解された, 了解出来るであろう, 予想外に, 二十三歳の, 云うまでも, 云わずに, 云わないの, 人々が, 人々によって, 人の, 人皆これを, 人間に, 今ここで, 今ここに, 今では, 今に, 今も, 今以, 今後諸, 今日あまねく, 今日でも, 今更ここ, 他の, 他日の, 何とも云え, 何よりも, 何ら関する, 何年と, 何年前かに, 何度も, 何故こんな, 余り明, 作者には, 例の, 依然としてわからない, 信念の, 僕は, 僕らには, 充分には, 先年来すでに, 先生が, 全くそれ, 全く予知, 全く個人, 全く彼, 全く未知, 全く知りません, 其物の, 具体的作品が, 再び之, 凡そ旅, 分って, 分らなかったけれど, 分らなかつた, 分らなかつたけれど, 分らなくとも, 分り切つたこと, 判じ兼ねるが, 判らない, 判らないし, 判らないとしても, 判らなかったが, 判らぬけれど, 判らぬま, 判りよう, 判明しなかつた, 判然と, 別としても, 別に, 前の, 勿論その, 勿論不明, 勿論知っ, 勿論誰, 化粧という, 北畠式部にも, 匪より, 医者の, 十分なる, 十分に, 十分想像し, 単なる所謂, 単に言葉, 単純には, 原文が, 又今, 合理的に, 哈爾賓じ, 唯歴史的意識, 問ふところでない, 問わないの, 問わぬとして, 問詰められても, 問題だ, 問題である, 問題であろう, 問題と, 單に, 困難な, 国民精神文化研究所という, 地面師ならぬ, 外でも, 多くの, 多く読ん, 多分どこ, 多弁を, 大体推定される, 大凡気が, 夫, 失つてみなけれ, 女の, 子供の, 孔明の, 存じませねど, 存ぜぬが, 孤独生活者が, 完全には, 実は事物それ自身, 実は深い, 客す, 容易には, 察しられたが, 察する, 察すること, 察せられるであろうと, 寧ろいわない, 常にこの, 常に容易, 平塚さんも, 彼が, 彼らの, 彼自身にも, 後を, 御当人, 心で, 心付かない, 心理学者の, 必ずしも明らか, 忠作の, 思はなかつた, 恐らく今, 恐らく誰, 想像され, 想像されない, 想像する, 想像に, 愼重の, 我々芸術に, 我田中首相の, 所詮われわれ, 手の, 手もとに, 推量される, 握りの, 改めて分析, 文字自体が, 新聞紙上で, 既に他, 既に前, 既に前章, 日本の, 早速繰返し, 明らかである, 明らかでなかった, 明瞭でない, 明確に, 明言出来ない, 時々喧伝, 暗闇の, 書かないでも, 未だ分からぬ, 未だ判明, 未だ曾, 未亡人自らが, 本文の, 本質的差異を, 松山も, 林首相などに, 森の, 極めて疑わしい, 次に説明, 次に述べる, 次の, 次第に明瞭, 正当には, 正確に, 此所に, 歴史的意識を, 歴然たり, 殆ど推量する, 殆ん, 残念ながら, 気づかないで, 永久に, 江州小谷の, 決して云い得ない, 決定出来ない, 漠然としか, 火を, 無論わからなかった, 燃えて, 父と, 物の, 物を, 物理学で, 物語りが, 特に吟味, 特に彼, 独断の, 猶更問題, 現実乃至, 生憎僕, 申し上げられません, 申し上げること, 疑は, 疑わしくなる, 疑問である, 百足虫の, 直に読める, 相手の, 眉に, 真に文学, 矢島さん自身も, 知らないそんな, 知らないとい, 知らないの, 知らないので, 知らなかったの, 知らぬ, 知らぬけれども, 知らぬとにかく, 知らぬもの, 知らぬ米, 知らねえが, 知らね柄, 知られない, 知らんが, 知らんですがね, 知りませぬけれども, 知りませんけれども, 知り得べき筈, 知るところ, 知るべくも, 知るを, 知る人, 知れぬが, 知ろう筈, 確かに, 確かめがたい, 確と, 私が, 私に, 私の, 私自身には, 科学史家や, 積極的には, 細論せずし, 繰り返して, 繰り返し指摘, 考えられて, 聡明な, 能く, 自らの, 自ら明瞭で, 自分が, 自分で, 自分にも, 自明の, 自身でも, 自身の, 良くは, 草雲の, 見られないよう, 見る人々, 見当が, 見当も, 覚悟し, 解らなかった, 解らなかったが, 解らなかつたが, 解らなかつたけれども, 解らぬが, 解剖によるに, 言へ, 言わなかった, 言を, 訊きただして, 記者も, 訣らぬ, 認識出来ない, 語らなかった, 説明する, 説明を, 読む人, 読者に, 読者諸君とっくに, 誰に, 誰ひとりとして, 誰よりも, 諸君に, 諸君も, 諸賢みずから諸賢の, 諸賢みづか, 識者の, 識者を, 貴下も, 貴方にも, 足音で, 身體によ, 軽々には, 輕, 近日諸君の, 遂に手懸り, 遠眼鏡のみが, 醫者の, 鑑定に, 長らく知る, 門外漢の, 陽子には, 隨分疑問である, 頗る疑問, 驚嘆すべきである, 高氏には

▼ あるかという~ (712, 0.2%)

157 ことを 72 ことは 42 ことが 27 ような 20 ことに, ことも 17 ことについて, 事は 16 ことの 13 ことである, 事を 7 ことについては, 事が, 問題が 6 点に 5 ことで, 事実を 4 ことと, ように, 事に

3 [11件] こと, ことだ, ことです, ことな, ことなど, ことについての, こと即ち, 事も, 問題は, 理由を, 疑問が

2 [23件] ことさえ, ことすらも, ことだった, ことであった, ことでした, ことに関する, ことのみ, ことまで, ことや, ことをも, のが, のだ, ふうに, 事実の, 事実も, 仔細の, 問題も, 問題を, 深刻な, 点について, 点を, 質問が, 風に

1 [170件] あの問題, あらかたの, お尋ね, こといつも, ことかつて, ことから, ことこの, ことさえも, ことそれを, ことだけ, ことだけが, ことだけを, ことだって, ことであります, こととは, こととを, ことなぞは, ことなどについて, ことについても, ことには, ことによって, ことに対する, ことへ, ことまた, ことまでは, ことまでも, こともちろん, こともね, ことよりかも, ことよりも, ことをネ, ことフリーダに対する, ことボールドに, ことポスターやら, こと云いかえれ, こと又, こと等々私は, この二つ, そういうこと, その対象, その程度, たしかな, たら, ちがいだけで, ところに, ところまで, ところまでは, と金です, のでした, のを, ような云わ, わけだ, バーナード・ショウ風の, 一事に, 一例だ, 一例として, 不安で, 事すら, 事その, 事である, 事なぞも, 事などを, 事について, 事についての, 事については, 事に関して, 事実によって, 事実は, 事実への, 二つの, 人々こそ, 人に, 今日から, 仔細は, 典型を, 処に, 劈頭の, 動かしがたい, 区別を, 印象の, 反問が, 反省を, 反駁が, 哲学的議論に, 問いに, 問いよりも, 問いを, 問が, 問題だ, 問題と, 問題に, 問題についての, 問題にも, 問題に対しては, 問題の, 基礎的な, 場所また, 大切な, 存在者を, 実体を, 実例も, 実例をも, 実際の, 容態にて, 察しも, 専門的知識を, 幼稚な, 延胤を, 形に, 憂いの, 批判については, 数学的認識の, 旧に, 根本問題に, 歴史的事実を, 歴史的地理的な, 残して, 段に, 消極的な, 点が, 点だ, 点で, 点です, 点などを, 点については, 点についても, 点は, 点も, 現実の, 現実を, 理由は, 理論的な, 疑いが, 疑いに対しては, 疑が, 疑問の, 疑点が, 相互の, 真剣な, 真相の, 研究は, 社会的条件を, 社会関係に迄, 空間そのものの, 第二, 結論に, 考察を, 臨症上の, 興味が, 見当が, 設問の, 証拠である, 証拠を, 話が, 話を, 課せられた課題, 論争は, 論理的な, 議論が, 議論だ, 議論に, 質問である, 質問に, 質問に対して, 質問を, 重大な, 関係も, 顔つきで, 顔を, 風な

▼ ある~ (676, 0.2%)

24 の前 9 の中 8 の門 7 の娘 6 の窓 5 があった, だ, のこと, の軒下 4 なの, には必ず, の主人, の子供 3 がありました, だと, であつ, に住ん, の主, の二階, の方, へ行っ

2 [40件] からは茶, から良吉, がある, が少い, じゃ, であった, である, でしたが, です, でその, でそれ, ではその, では必ず, で辰井, ならば, に入りました, に向かつ, に奉公, に生れ, に移りし, のよう, の事, の仕事, の内, の嫁, の家庭教師, の棟, の神事, の藁葺屋根, の裏, の離れ, はいい, ばかりだ, へやっ, へ入っ, へ園遊会, へ引っ越し, もあつ, よ, を借り

1 [482件] あり, あるいはまた国家, からあまり, からはじまっ, からへい, から不足, から出, から出る, から女房, から姉, から嫁い, から嫁さん, から差押, から帰っ, から幾島, から脱出, から自分, から電話, から飛出し, があっ, があつ, があり, ががたがた, がくしゃりと, がずらりと, がそう, がどんなに, がない, がなかっ, がやっと, が一手, が一軒, が三カ所, が両側, が並ん, が即ち, が売れる, が多い, が多く, が目, が立てられねえ, が自分, が閾, じゃない, じゃ勤まりません, そこで浪人, だから, だが, だった, だったらそこ, だつたが, だろう, であ, であいにく, であったの, であなた, であの, であり門前, である反対, でいうなら, でお布施, でお雛様遊び, でごく, でしょう後に, ですから, ですからね, ですな, ですよ, でなければ, での生活, では, ではありません, ではお母さん, ではそう, ではそんなに, ではどの, ではない, ではなく, ではブランコ, では乱暴, では二階, では写本, では刑事, では危険, では女房, では子供, では小, では屋根, では息子, では手, では次男息子, では泊, では泊り, では炊事, では無し, では牡蠣, では犬, では犬達, では皆昼, では秩序, では表玄関, では親切, では食卓, では食物, では養蚕, でむごたらしく, でわれら一組, で一人, で一度, で二十年前, で体, で六十九番地, で勉学, で化粧水, で口寄せ, で四五人, で夜, で大きい, で大きく, で子供, で小さい, で捜査, で新聞, で旅籠屋, で昔, で時々, で柄杓, で梅, で浅葱, で玄関, で稻藁, で至極, で蓮池, で話し, という梵語, とおぼしく, としてこの, との関係, とも見えず, と何ん, と家, と教, と見える, と言, なおよろしい, などあつ, などではおかゆ, などでは四人, などは一軒, などもたくさん, なので, ならどこ, なりと親切, なりまたは, なん, なんぞは君, にいる, にお婆さん, にし, について宿り, について泊りました, につれ, にては断じて, にて樹, にて特に, にて草鞋, になる, にはいかにも, にはいった, にはどこ, にはリュクサンブール, には家, には宿泊, には樽野, には通, にひとり住まい, にもある, にもかかわらず, にもぐり込み, にも拘らず, にランプ, に一怪事, に下宿, に人となり, に住んだ, に入, に入っ, に入り, に入る, に匿, に可愛い, に向, に奉公中, に女子, に嫁, に子供, に宿りました, に寄つて寺, に寓居, に小町紅, に帰っ, に幽霊, に強盗, に往, に御, に忍び込んだ, に打ち, に支柱, に来, に残っ, に母, に泊った, に泊りまし, に泊り込み, に火, に生まれ, に生まれた, に生れた, に立ち, に立寄, に美しい, に老人, に自分たち, に至り, に草鞋, に薪木, に行き, に行き着い, に試験所, に赤い, に越し, に這入つ, に遊び, に雇, に頼み, のある, のうち, のお, のお勝手もと, のお婆さん, のお嬢様, のたたずまい, のでせい, のところ, のどれ, のやう, の一室, の一軒, の一間, の三階, の下, の中央, の中庭, の主婦, の乳母, の人々, の人達, の仕, の令嬢, の住人, の側, の入口, の半, の告別式, の四階, の坐, の垣, の垣根, の執事, の塀, の壁, の奥, の奥さん, の奥様, の奧向, の女, の女将, の女房, の如く, の嫁さん, の子弟, の子息, の子息たち, の守護神, の定紋, の富み, の小, の小門, の少い, の屋根, の山, の山羊, の常, の幼児, の店, の店座敷, の座敷, の引っ越し, の後, の息子, の戸, の戸口, の扉, の抱え, の施薬, の旧い, の明り, の格子, の格子戸, の横, の歴史, の殆ど九割, の残っ, の段々, の法会, の洋燈, の煙突, の父, の猫, の白い, の白木蓮, の破れた, の祖先, の稲, の窓ガラス, の立場, の紙屑籠, の老女, の老婆, の背方, の若い, の草屋根, の蔵, の蔵座敷, の表, の角, の話, の軒, の軒先, の近所, の間口, の陰, の風呂, の食堂, の飼猫, の馬飼童, は, はありません, はいかにも, はいくぶん, はこじんまり, はこれ, はございませんでしたろう, はそう, はたいした, はなかろう, はなんと, はみな相当, はわずか, は二軒, は四人, は少ない, は少なかっ, は忌, は旧家, は決して, は目, は真黒, は紅白, は自分, は見た, は遂に, は雑貨店, は頼氏, は高い, ばかりが一軒, ばかりで, ばかりねらつ, へ, へいく, へかえって, へしのびこむ, へつれ, へはいった, へはいる, へはいろう, へは自由, へまいります, へまいる, へやつ, へ一緒, へ人, へ住む, へ何故, へ入れ, へ出入り, へ四人, へ夜遊び, へ嫁, へ小包, へ幸福, へ建前, へ引越し, へ彼女, へ忍び込み, へ恋人, へ恩返し, へ案内, へ盗賊, へ稲刈, へ行ったら, へ買い, へ赴き, へ這入っ, へ連れ, へ頭数, へ養子, またこの間, もあり, もありました, もある, もその, もまだ, も四角, も愛する, も汚し, も畠, やテーブル, や今, や教会, や草原, より結婚, らしいゆとり, をかぎつけ, をこういう, をこしらえる, をこれ, をさがし出しました, をさがそう, をつぎ, をつぎつぎ, をねらった, をのぞけ, をみかえっ, をも必, を下谷池, を五軒, を出, を平次, を建て終せ, を当っ, を得たい, を念, を持たない, を指定, を捜し, を探しあてる, を探す, を狙った, を狙つたの, を當つて, を発見, を目あて, を相続人, を私たち, を立てたい, を襲う, を見, を見くらべ, を見た, を見つけ, を見つけた, を見つけよう, を見つける, を見る, を見直した, を訪い, を訪ね, を訪ねる, を貸, 建ちも, 恋しさ

▼ ある~ (633, 0.2%)

23 の人々 1810 のもの 9 の女 7 のこと, の事柄 6 の人, の人間 5 の動物, の魅力 4 の感情, の感激, の概念化, の満足, の物 3 の人たち, の危険, の反感, の問題, の希望, の愛情, の感動, の戯曲, の言葉

2 [37件] の不正, の事実, の作品, の偏見, の優越, の危惧, の大きな, の女たち, の宗教, の役人, の思想, の感銘, の戦争, の染料, の植物, の特別, の男, の病気, の精神, の精神病, の美, の興味, の芸術, の芸術家, の若い, の虫, の表情, の観客, の観念, の計画, の調子, の運動, の関係, の青年, の音楽, の魂, の鳥類

1 [416件] で我が, には特に, に在, のあきらめ, のいかがわしい, のうつくしい, のきのこ類, のことば, のたよりかた, のつながり, のやさしき, のエクザルテーション, のサークル指導者, のシヨツク, のスリル, のセメント, のデマゴーグ的政治家, のデモンストレーション, のトルストイ主義者, のヒント, のマンネリズム, のメカニズム, の下層社会, の不健全, の不安, の不幸, の不純物, の世話, の予感, の予期, の争闘心理, の些細, の人工霧, の人物, の人間たち, の人間味, の人間的, の人間的魅力, の什器製作, の仏教家, の仕事, の仲介者, の会話, の作家, の作家たち, の作物, の依怙地さ, の催眠薬, の傾向, の優しい, の優越感, の公共的事業, の公理, の典雅さ, の内容, の処刑, の出来事, の分子, の切込み記号, の利害関係, の利益, の前, の劇団, の力, の労働, の効能, の動揺, の動物磁気, の動詞, の勝手, の勢力, の化合物, の化学的装置, の卑俗茶, の協定, の南方, の単純, の印象, の反撥性, の反発, の叙述的, の古代, の古典, の可能性, の各自, の合巻, の合理的, の同感, の吸物, の品物, の唯物論者, の商品, の嗜慾以外, の器具, の器械的刺戟, の困難, の土蜂, の地味, の地質, の型みたい, の堅果, の報告, の場合, の場所, の塩類, の変質者, の外国人, の夜, の夢, の大, の大安売, の大根, の天分, の失望, の奇怪, の女優, の女性, の妙, の姿勢, の威力, の威圧, の娘さんたち, の婦人たち, の嫌悪, の子供, の学問, の学者, の安楽, の完成, の実効, の実践運動がい, の家畜, の密接, の専制政治, の尊敬, の小さな, の小説, の小鳥, の少女, の少数, の屑, の崇拝, の工作物, の工藝, の平和運動, の幼稚, の弁明, の式典, の強み, の強精剤, の当惑ぶり, の形容, の形成, の影響, の役目, の心, の忌むべき, の思い, の思惑, の思想善導家, の思想家たち, の思想材料, の性格, の性質, の恋歌, の恐怖, の恒星, の恥辱, の悲惨, の情事, の情事関係, の情緒, の意見, の意識, の感覚, の慾望, の憧憬, の懐疑主義, の成功, の戦争責任者, の扇子, の手先, の才能, の批評家, の批評家たち, の掣肘, の描法, の摩擦, の放心状態, の教, の散歩, の数字, の文体, の文化, の文化活動, の文句, の文字, の文学, の文学的生命, の文学者たち自身, の文学者ら, の文学者達, の文法, の文章, の断定, の新, の新劇批評家, の新聞, の旅館, の族人, の日本人, の日本民衆, の日本画家, の昆虫, の昆蟲, の映画, の時間的変化, の書斎学者, の書物, の有毒ガス, の本能的, の来客, の柔かい, の格言, の條件, の概念, の様式, の権力, の権威, の樹木, の機才, の機械, の欠点, の歌, の歌曲, の歓喜, の武術, の歯車, の死, の比, の気むづかしさを, の気持, の気質, の気配, の決意, の洗煉意識, の活動家, の混乱, の渓, の漢字, の炎, の無邪気, の焦, の煮物, の物語, の特殊, の独断, の猩々, の獣的, の現代人, の現実, の理想主義的立場, の理解, の理論, の甚だ, の生活断面, の生理現象, の生産, の畫面, の疑問, の疑念, の疑惑, の病, の発作, の白粉, の監獄, の目標, の相似, の真実, の知恵, の知的, の短所, の石, の研究, の破壊, の磊落さ, の社会的富, の社会的階級, の社会革命, の祝詞, の神, の神楽, の祭典, の祭礼, の科学, の科学研究所, の科学者, の科学説, の科目, の秩序, の立場, の粗暴, の精神生活, の精神的快感, の精神障礙, の紅毛人, の素質, の経費, の絵, の絵画, の緊張, の緊張弛緩, の編集方法, の繊細味, の罪, の美し, の美的観念, の義理人情, の羽目, の習性, の老大家, の考え, の考へ, の聡明さ, の職業, の肖像画, の背中当, の能力, の自信, の自慢, の自然法則, の舞台, の芝居みたい, の芸術家ら, の英雄達, の落ちつき, の薬品, の處罰, の虚偽, の蚯蚓, の蛇, の蜘蛛, の行ない, の行政事務, の行為, の衝動, の衝撃, の装飾的, の見当, の規則, の解決, の言語, の詩人, の誇り, の誇張, の語, の読者, の談話, の財貨, の貴人, の資本家, の質問, の起請, の超, の踊り, の躾, の軟膏, の軽蔑, の農民, の退潮, の通り者, の連中, の連想, の連続, の逸話, の遊戯, の過激思想, の道徳, の道徳感, の邪悪, の重荷, の重要, の重要使命, の釣合, の釣針, の鉱物質, の鑑賞, の長屋区域, の随筆, の隙, の集会, の雑誌, の雪, の雰囲気, の青年ら, の革命的宣言, の革新, の音, の頽廃, の類似点, の風, の飲酒常習者, の香, の驚異, の高雅さ, の魅惑, の魚, の鳥, の鳥頭, の鶚, の黄表紙, の齒痒ゆさ, はマルサス, は大, は飼い馴らし, を知っ

▼ ある~ (628, 0.2%)

1312 であった 11 である 8 だと, です 7 だから, だった 6 が, の声 5 がある, が云った, ではない, なん, のよう 4 ではありません, なの, の話

3 [14件] がその, が女, じゃない, だが, であつ, でした, ですから, ですが, ではなかっ, とある, の方, はある, は自分, をかげ

2 [36件] があっ, があった, がありました, がこの, が催眠術, が暗い, さ, だぞ, だったが, だつたが, だよ, であると, でさ, ですもの, でそれ, でなし, ではある, でもなく, で誰, としての誇り, と女, と妻, と結婚, と見, と見え, なり, に, に違い, の人, の妻, の帽子, の手, の聲, の魂, はその, を一人

1 [399件] かい, かと打ち明けた, からの文, から剥いだ, から去られる, から莫大, から電話, か二, があ, があつ, がいきなりこう, がいた, がいつか, がお喋り, がお嬢さん, がかえって, がきっと, がきまって, がさっき, がじろりと, がそう, がそも, がたまたま, がどうか, がぬっと, がひょっこり, がほか, がまた, がやって来まし, がわたし, がアンドリウ・カアネギイ, がクナヴィン, がスコッチ, が一人, が一幅, が一種, が三人, が乗った, が云い寄っ, が今にも, が今度, が僕, が入, が六十, が冷かし半分, が力, が叫び出した, が可, が向, が喚く, が売り, が外套, が妻, が嬉し, が存在, が官金費消罪, が寝, が寺, が小山内, が居るだらう, が山狩, が弾機仕掛, が意味, が態, が慶応大学, が戀故, が擦れ違い, が散, が旅行, が本, が来, が正業, が母堂, が泣く, が無実, が牛, が田畑, が由緒, が祖父, が私, が立っ, が結婚, が縁日, が羽, が腹, が興味, が良人, が芸者, が荒々しく, が行きずり, が路上, が野原, が鉄兜, が鉄道自殺, が長い, が長靴, が頬冠, が頭, が顔, が馬, こそ初めて, さえ大, じゃ, じゃねえ, そういっ, その人, ただし少しく, だからと, だからな, だきっと, だけがまだ, だけにいい, だけにさすが, ださうでその, だそう, だったよ, だったん, だって女, だって話, だつた, だつたよ, だという, だとは, だな, だなぞとは, だッ, で, であったが, であったなら, であるが, でいけない, でいろいろ, でさえ男, でしたから, ですあんなに, ですからね, でその, でそれから, でつまり, でどういう, でなきや, でね, ではあるまい, ではじめて, でもない, でもひとり, でも女, でも居る, でも無く, でよく, でわたくし, で二枚, で京大坂あたり, で今, で仏蘭西語, で先輩, で哲学, で大迫玄蕃, で座員, で強大, で愛嬌者, で村, で楼, で治安判事, で町内, で秋田屋, で背, で若, で誇張, で醉拂, で顕裔門閥, で龜次坊主, といっしょ, といろいろ, とお前, として描い, として目, となっ, との恋愛関係, との関係, とは思わなかった, とは机博士, とみえ, とみれんがましく, とも知っ, と一夜, と一緒, と二十四歳, と云った, と交渉, と大変, と妙, と岡崎, と思い, と思っ, と思ひ, と思われ, と朝鮮, と深い, と睨ん, と知り, と結託, と親しい, と言っ, と駈落ち, なぞはこの, ならイヤ, なら寄越して, なら真, なら誰, なりしが, なりと思ひしか, なれば, にある, にする, にそんな, にたいする深い, にちがい, について, について一種, について小気味よく, について研究, にて片肌, になる, には疑懼, には違い, にもお, にやつ, にビール, に七人, に会う, に候, に向, に嫁いだ, に対手, に對, に思われたい, に恋人, に悪, に懲罰, に燐寸, に聞いた, に聞かせたかった, に落籍され, に話したさうだ, に課せられ, に逢った, に違, の, のうち, のこと, のことば, のごとく, のする, のため, のところ, のはい, のひと, のほう, のもと, のやう, のエゴイズム, の不, の不敵, の仕業, の他殺死体, の作家, の作家たち, の傍, の児, の処, の到底, の友, の友達, の同志, の名前, の告白, の噂, の天賦, の子供, の家, の宿坊, の感情, の手紙, の暴力, の机, の死, の死刑執行, の死骸, の水死人, の父権, の父系制度, の盲目的玩具, の立場, の署名, の肩, の胸部, の芸術家, の荒い, の著書, の行跡, の襟もと, の見世物, の觀念, の言, の誇らしい, の説, の誰か, の足, の逃走, の部類, の長男, の頭, の頼み, の顔, の顔容, の高い, はいいました, はきらい, はこの, はそれ, はたぶん, はためらわず, はない, はひそか, はもう, はやはり, はヒラリ, は一日, は一歩わき, は七十九秒間, は人生, は十二分の酒, は厳重, は味方, は察, は平然と, は年寄り, は彩色, は斯, は本能的, は来る, は清元, は熊, は細かい, は腕組, は通訳, は部下, は鉞, へのつながり, へやる, へ云った, へ筆, も今, も夫, も女, も少から, も見, やない, やはりそれ, や出産, よと力, より, よりやすい, を, をさえ, をつかわしまする, をも振り向かない, をドン, を中心, を北陸, を呪, を呼び寄せ, を咒, を失恋自殺, を失職, を嫌った, を家, を封じる, を尋ね, を待っ, を愛し, を探偵, を推薦, を死, を殺させる, を無理, を発見, を耳, を虫, を見つけた, を見出した, を見込ん, を通して笹村, を選ん, 尋ね来り室, 思ひである, 捨てかねたが, 酔うと

▼ あるには~ (625, 0.2%)

115 あるが 43 ある, 相違ない 42 あったが 32 あつた 23 あるの 20 あった 15 ありますが, ちがいない 14 あっても 13 あるん, 違ひない 12 あるけれど 11 あったの, 違いない 8 あります, あるけれども 7 ありましたが 4 あったん, あると, 相違ありません, 相違なかっ 3 あつたらう, あらず, ありますがね, あるさ

2 [20件] あったけれど, あって, あつて, あらざるか, ありました, ありますけど, ありますけれども, あるけど, あるでせうが, あるね, あるよう, しても, 件の, 余りにも, 相違なかろ, 違いありません, 違ない, 違ひありません, 驚いた, 驚かされる

1 [112件] あったがね, あったって, あったであろうが, あったと, あったよう, あったろうが, あつたらしい, あまりに素人, あまりに長く, あまり美し, あらうが, あらざれども, あらずや, あらずやと, あらず実に, あらず斯く, あらで人々, あらねど, ありだしたが, ありましたけど, ありましたね, ありますけども, ありますけれどね, ありますね, ありますわ, ありやすよ, あるがとは, あるがね, あるけどもさ, あるそう, あるだよ, あるだらうが, あるだろうが, あるだろう我々, あるつていふ返事, あるであらうが, あるであろうが, あるでしょう, あるでしょうが, あるですが, あるとしても, あるな, あるに, あるので, あるべきでしょう, あるもの, あるやう, あるよ, あるらしい, あるわ, あるネ, ある夜, ある男, ある色, あろう, あろうが, あんので, かくなけれ, きまって, この物, しかじ, たえない, たしかにある, ちが, ちがいなかろ, どうしたら, どうにも, むろんある, よいが, ッと, 似で, 何の, 余りにどぎつ, 先づ内面的でなけれ, 半蔀几帳, 単なる自分, 及ばない, 吾輩も, 妨げないとしても, 定って, 心付かざりしなり, 思いのほかだ, 恐縮した, 意外きわまる, 有る, 有るが, 有るの, 止まらない, 止らずして, 汗顔至極さ, 決って, 理由が, 相異, 相違あるまい, 相違な, 私も, 自分ながら, 變り, 貧乏な, 違いございません, 違いなかった, 違いなく, 違い無い, 違ひありますまい, 違ひなかつた, 違ひなから, 間違いない, 非ざる可, 非ず, 非ずして, 驚かされたと, 驚ろいた

▼ あるこの~ (570, 0.2%)

8 種の 6 人は 4 不幸な, 人が, 人の, 国の, 家の 3 ことは, 辺の

2 [27件] ことを, マッチさ, 一事にても, 上なく, 事件の, 二人が, 作品は, 作家の, 俺が, 兄は, 可憐な, 女を, 婦人は, 庭の, 性格は, 意味に, 数葩は, 文章を, 木像は, 村の, 歩いて, 男は, 町の, 町を, 筆者が, 色は, 金を

1 [476件] あいだ通りかかったら, あたりが, あたりは, あたりへ, あたり焼酎のみ, あやまちが, うわさが, おそろしい事業, おばあさんは, おばさんは, おれが, おれも, お医者さん, お寺には, お爺さんが, けだ, たびの, ため今日では, つぎは, ときに, ときもし, ところへ, ところ一句あるべくし, なまけ者の, ひとの, ひと時を, ひどく縁, べらぼうめがと, ほう必ず, ほかに, まどかさは, まん中の, ような, よき日, わしが, わたしに対して, アザラシは, オベリスク社の, キャラコさんが, ギャレリーは, チユウヤの, デマゴギーが, バットは, ピストルを, フランス人は, ホワイト君は, マベ貝の, ロロ, 一ヶ月は, 一事から, 一人の, 一層は, 一座の, 一座は, 一棟の, 一瓶で, 三人とも, 三次元性を, 上に, 不可解に, 不幸なる, 与吉の, 世の中と, 世界に, 世紀を通じての, 中老紳士の, 乞児, 事に対して, 事ばかりは, 事実は, 事実を, 二つの, 二の, 二万余騎の, 二人に, 二人に対して, 二人は, 二組の, 人々が, 人たちに, 人に, 人形である, 人材駒井能登守を, 人跡未踏の, 仏の, 仕事そのものの, 伎楽が, 作品に, 作品展は, 作家を, 作者が, 作者に, 作者独特な, 使は, 侏儒は, 倉庫に, 偃地性の, 傍側道路に, 傾向, 像も, 僕の, 兄さんの, 公私の, 公訴を, 六畳間に, 冷たい川, 分子の, 分裂は, 初版の, 別宅は, 制服を, 前に, 劇団の, 劇場で, 劍山の, 力を, 加賀の, 勿体ないと, 化けもの, 博士の, 博徒は, 友の, 友人の, 反射と, 叔母を, 叔父は, 受信機が, 受難者の, 古塚, 可なり, 号外でございます, 命を, 問いを, 問題は, 嘉門次が, 四冊が, 四種の, 団欒の, 国では, 国に, 国において, 国名が, 国民が, 圓い, 土を, 土地の, 土地独特の, 土性で, 地方だけに, 地方の, 地方を, 地点へ, 地球は, 型の, 場の, 場合には, 場合自分が, 場所に, 境遇を, 外には, 大劇場, 大地の, 大衆を, 大長篇, 大頭, 大鳥居の, 天変地異が, 天才と, 天険あり, 奇妙な, 奇怪な, 女の, 女一人を, 女奴隷の, 妾は, 姫君の, 姿で, 婆さんが, 子が, 子は, 存在にたいして, 孤家な, 孤島に, 宝刀を, 宝石商の, 客平常は, 宮仕えは, 家が, 家で, 家は, 家を, 家屋は, 寒夜, 寒村を, 寮を, 寺へ, 対象なる, 小さい手形, 小わ, 小品は, 小屋は, 小舎の, 小鹿田, 尼僧は, 屋久島は, 屋敷も, 山は, 山も, 山上の, 山地は, 山稜では, 岸沿いの, 峠は, 峠を, 島から, 崩れかけた屋敷, 州軍総長の, 工場は, 己達が, 市と, 年代は, 広大な, 店については, 店の, 店は, 店へ, 庚午丸の, 庫裡に, 弁士にも, 形状の, 役者の, 役邸にも, 御堂御堂の, 微温い, 心がけの, 心を, 思想を, 息子が, 息子は, 態度は, 憐れな, 戸狩村には, 扉を, 手紙も, 手紙を, 抗議と, 指の, 描法の, 故にぼく, 文化意識は, 文句は, 文字の, 文学論集を, 新しい年, 新しさ, 新開の, 方も, 日は, 日常性は, 日本の, 春日野で, 時以来佐助は, 時刻に, 時間に, 普請が, 景観の, 暗号では, 曲の, 書の, 木山の, 本が, 本を, 本筋という, 本願寺領の, 札を, 朱雀の, 朱雀通りの, 村では, 村と, 村へ, 村を, 村一番の, 東の, 栢村の, 株屋が, 森厳で, 植民地へは, 樹は, 橋の, 機械で, 機関庫係員を, 歌などが, 歌なども, 歌を, 正月に, 母なる, 毛越寺へ, 民族を, 氷河遺跡は, 池から, 池を, 決闘を, 沢は, 法律を, 泥水を, 活気が, 流鏑馬へ, 浮世に, 海峡には, 海底都市において, 海豹島には, 深い相違, 温泉場には, 温泉宿へ, 港は, 点で, 点に関しては, 点も, 点を, 無限感は, 煙草盆を, 爺さんの, 物を, 物理学者の, 物語に, 犀川は, 状態で, 狭い小舎, 珍しき友, 瓜を, 生物に, 由来記を, 男の, 町, 畫を, 異色の, 病気の, 病氣の, 白い細い筋, 白人女性の, 目の, 相手に, 眼に, 瞬間において, 石の, 神に, 神奈川の, 神妙な, 神學者においては, 神尾の, 神秘な, 神秘を, 私の, 私を, 秋の, 秘密の, 称呼が, 称呼と, 称呼は, 程度の, 突然の, 窖に, 窟の, 窪みを, 笛を, 笠の, 筆で, 筆者は, 紅巾これこそ, 紙に, 紙は, 紙質は, 細い黄ばんだ, 細君が, 経を, 絵からは, 絵は, 絵図は, 老人が, 老人に, 老人の, 老婆は, 考は, 肉体を, 腹違の, 自然の, 與吉の, 良夜旅の, 色男の, 花に, 花瓶と, 若い作家, 若様を, 茶屋の, 落ち付き振りは, 著者によって, 著者の, 藤原家と, 藤屋の, 藩の, 蘭の, 血液が, 西側の, 西山温泉へ, 見本なんぞは, 言葉が, 言葉の, 試驗には, 詩の, 詩集一冊は, 話には, 誠実さや, 調子で, 談を, 謀ずっと古く, 講座も, 谷窪の, 豚でさえ, 貧乏な, 貴婦人は, 貿易の, 資本主義的特許制度に対して, 資産より, 距り, 身に, 軍人を, 軸は, 辺が, 辺は, 逆の, 通りお, 通りは, 通りを, 連嶺の, 道場を, 部屋は, 酒甕に, 野干, 釜和原まで, 針が, 銃後の, 鋤の, 鐘たしか, 長い北側, 長い土筆, 長崎屋への, 開拓村の, 関係が, 闘いの, 陣地から, 障害は, 雄弁な, 雅器は, 雑誌を, 雨に, 雪田は, 青年の, 静寂は, 頃三田君は, 領土の, 頭を, 顔で, 顔面の, 館にも, 馬鹿阿, 馭者とに, 驚嘆すべき, 骨ばつた胸や, 高原に, 高貴な, 魂の, 鳥の, 鳥は, 黄色一元の, 黄褐色の, 黒旋風を

▼ ある~ (563, 0.2%)

15 だと 14 だ, の声 11 のひと 8 だった, であった, である 7 の顔 6 だが, ではない, のよう 4 であつ, ですが, の年中行事, は魂 3 が, だから, だね, であったから, でこれ, です, なん, の事, の人, の生活

2 [36件] が一人, が二人, が良人, が薄い, で, であること, でした, でしたから, で平次, といったら, としての身, とその, との心理, なの, には相違, のこと, のところ, のよめる, の一生, の仕業, の名, の多い, の生涯, の生血, の眼, の瞳, の足, の部屋, の風情, の髪の毛, はいけません, はそれ, は悪妻, を一日, を愛し, を描く

1 [342件] かと云う, から, から捨てられた, から来た, から男, かわかる, か分らぬ, か知らん, があり, がある, があるです, があれ, がいかに, がいったん, がお前, がござっ, がさぞかし, がそういう, がその, がそれ, がなんと, がよい, がゐる, が一匹, が二階, が今, が侍, が信仰, が其迷い, が出る, が協同作業, が善人, が夜間薬品店, が大声, が天竜川, が妖魅, が存在, が学校用品店, が寝惚け, が屈伏, が恋, が日本人, が桃水, が様子, が沢山, が澤山, が牛, が独逸, が男, が目, が純潔, が自分, が話した, が諜, が買った, こそ一番, さ, さえ見付かれ, じゃありません, じゃぞ, そうして両手, だあれ, だか, だったの, だといふ, だとかで, だどうやら, だな, だよ, だらう, だろうと, だ誰, って誰, であったが, であったそして, であったならば, であります, であるから, であるという, であれば, でいつ, でございました, でしたからね, でしたが, でしてね, ですし, ですぜ, ですもの, でなければ, でね, ではありません, ではなかっ, ではなかろう, ではなく, でほとんど, でもない, でもなけれ, でも事情, でも決して, でも無, でわが, でエポニーヌ, で事情, で品, で夫, で女, で小さな, で松井, で野々宮, と, という, というの, という事, といふもの, としてあまり, としての男, としての重大, として居ずまい, として感服, として映る, とそして, とのなか, とはどうしても, とは受取る, とは思えない, とは認めない, とは間もなく, とも思えなかった, とやらの仔細, とよろしく, と二年, と云う, と出来合っ, と同じ, と媾曳, と存ぜし, と家, と少し, と文通, と正式, と結婚, と見え, と親しく, と言え, と近づき, と通ずる, と過去, と駈落ち, どろぼう, ながらすぐ, などきらい, なら誰, なら逃がさないやう, なら逃がさないよう, なり, なんか, なんかよした, に, にお前さん, にけしからぬ, にございます, にたいする興味, にたのみ, にち, につかまっ, にて繋獄三年, にとりあげられた, になる, になれる, には堪えがたい, には悲哀, には殊にこう, には違い, にふと, にまた, にも見られる, にやった, に取っ, に名誉, に在らずし, に失恋, に子, に対する前, に引っかかった, に心当り, に心當, に恋, に意, に探偵, に深い, に特有, に相違, に移植, に触れた, に贈る, に違い, に関係, に頼ん, のう, のする, のま, のやう, の一身上, の下駄, の世話, の両, の乳, の代, の体, の像, の先生, の写真, の助, の助力, の匂, の友, の口, の名前, の唇, の善事, の墓, の外, の大, の奥, の嬌声, の家, の履物, の幸福, の心, の心臓, の悲鳴, の戸, の所, の所持, の指, の挙動, の擧動, の書き, の棺, の死, の為, の生死, の男, の目, の相, の着るべき, の精神, の美し, の肉体, の股倉, の背中, の胸, の腹, の苦しい, の虚栄, の蛇, の袖, の裁判官, の裲襠, の裸身, の要素, の躯, の鈍感さ, の間, の首, は, はある, はいかん, はいった, はいねえ, はえて, はかえって, はかね, はこんど, はその, はただ, はちがった, はよしや, は一斉, は仕方, は何人, は例, は全く, は別, は天才, は女史, は小さい, は小波, は屋内, は床, は愛人, は挙止, は決して, は皆中将, は結婚, は羞じらい, は自分, は豊満, は近頃, は魂ごい, ばかりであっ, もある, もここ, もし, や以前大阪, や男, よりはよほどよく, よりも僕, を, をいっぺんにうんざり, をかわいそう, をこう, をそこ, をそのまま, をでも, を仕入れ, を勝手, を女房, を寡婦, を弄ん, を彼, を待っ, を思いうかべ, を恋する, を憶, を担い, を捜しましょう, を探し, を接吻, を搜, を美人, を脇船, を見かけた, を見つけよう, を見つけ出す, を起用, を避ける, を雇つて, 又は忌服, 或は男, 新しい詞, 殊に屋敷

▼ ある大きな~ (539, 0.2%)

9 岩の 4 家の, 森の, 石の 3 お城, やしき, 二つの, 木が, 木の, 石を

2 [34件] おかめ人形, ものが, ものだ, もので, 仕事を, 伽藍の, 体を, 使命を, 力に, 土の, 地球が, 声を, 屋敷の, 店へ, 建物が, 手が, 手で, 木の下に, 村に, 椅子に, 活版処には, 活版所には, 海の, 湖畔に, 犬が, 眼で, 胃嚢の, 船に, 花の, 蛇の, 重いもの, 鍋の, 鞄に, 黒子が

1 [432件] いすが, おにぎりが, お屋敷, お皿, お邸, かしの, こぶしを, さかずきで, しんじゅ, すべり台だ, たち木, つぼや, のが, ひのきの, ふたの, ほらあな, まっかな, まるい板ばり, ものです, ものにな, ものも, やつが, ようふくだ, らいおんが, りんご園の, わなを, アパートの, カフェーの, ガラスの, ガラス玉を, キャバレーへ, キャフェへ, サーカスに, シャンデリアが, スパナを, セットで, ゾウが, タンポポみたいな, テーブルに, デパートの, デパートメント・ストアの, ドアが, ドロヤナギや, ネクタイマドロスパイプを, バッタが, ビルでした, ビルディングの, ベッドで, ベルが, ホテルで, マントに, ロオラア・スケエト場の, ロシヤ貿易の, ワラ人形を, 一枚の, 七葉樹が, 三毛猫でした, 不格好な, 丸い馬場, 主体に, 争議の, 事が, 事件を, 事実に, 事業を, 二つ折り版の, 五輪塔形の, 人家を, 人形が, 人形の, 人物が, 会社で, 会社の, 伝染病や, 像が, 円い穴, 円形の, 円筒形の, 円飯台の, 写真を, 凹地であった, 函に, 切石の, 刺, 劇場を, 劇場テアトル・リチィオで, 力を, 力人力では, 化粧鏡の, 卓が, 博物館が, 原因らしい, 収容所で, 口が, 口入, 口眠っ, 古い牡丹, 古城を, 古松が, 台が, 名刺を, 名古屋鰒を, 呉服屋の, 品物なぞを, 唇源一は, 噴水から, 四角い平たい石, 四角な, 圓塚です, 土地会社の, 土蔵の, 圧力が, 地主の, 坂に, 城の, 墓, 墓の, 壁炉が, 壁画が, 士屋敷に, 声で, 壺の, 変化が, 天幕の, 女の, 奴で, 姿見に, 姿見の, 孟宗竹の, 學園の, 実験が, 宮殿に, 家では, 家に, 家は, 家へ, 家も, 家を, 家具商に, 家庭の, 宿の, 宿屋へ, 寄宿舎へ, 寝室で, 寝室縁, 寺に, 寺の, 寺院へ, 小包だった, 尾を, 屋敷が, 屋敷は, 層楼で, 岩が, 岩穴の, 岩蔭に, 岩魚を, 島台を, 巌石を, 工場もさ, 差異が, 市場に, 布団に, 帳簿を, 帽子を, 帽子円い, 店に, 庭の, 庭園の, 建物で, 建物に, 建物の, 張籠の, 悲しみが, 悲哀だ, 悲哀を, 意志が, 慾望の, 懸隔は, 扇で, 扇風機も, 手に, 手のひらで, 手のひらの, 振袖人形縁起棚の, 敷石が, 文字を, 新刊書を, 新聞に, 新造の, 早桶を, 映画劇場の, 映画宣伝の, 時計で, 書店の, 書机に, 書棚に, 書物が, 書物を, 書籍の, 期待をもって, 木です, 木片で, 木箱に, 木造の, 本を, 本家では, 本棚には, 机が, 机の, 杉戸や, 村から, 板の, 板戸の, 枯れた叢, 柱は, 柿の, 柿の木の, 栂が, 栗の, 根無し岩が, 根無し岩も, 椋の木を, 楕円形の, 楠が, 楠を, 業績と, 楽譜出版屋の, 榎の, 榕樹の, 榛の木の, 構えの, 槐の, 樅の, 樗の, 横顔が, 樹が, 樹で, 樹木の, 樽の, 機械に, 正覚坊でした, 死亡の, 死亡率を, 比率を, 毛むくじゃらな, 毬を, 水溜りを, 永遠という, 池の, 汽船の, 沢が, 波が, 波の, 洋館の, 洞窟である, 流行品商の, 浮彫を, 海女村を, 涙の, 深いおけで, 淵の, 湖の, 演芸会社との, 潜水艦である, 瀬戸物火鉢の, 火鉢, 無花果の, 熨斗や, 爐に, 爭議の, 牛であった, 物で, 物であり, 物足りなさ, 犬小屋の, 猪でございました, 獣で, 玉な, 玉を, 瓣の, 瓶の, 男が, 男は, 町であった, 町に, 町へ, 町を, 畳石を, 病院に, 白壁造そこに, 白樺の, 白樺の木へ, 白雲で, 白髪白髭の, 百姓家で, 盆栽師の, 目が, 目だ, 目を, 眼が, 眼にも, 眼の, 瞳を, 石が, 石と, 石碑の, 砂金を, 硯石に, 神学校の, 秀吉を, 私立図書館に, 竈口とか, 笑い声が, 笠を, 箱だ, 箱に, 箱の, 箱時計が, 籠に, 納屋の, 紙屋の, 紛議だつた, 素人屋の, 組織の, 網の, 緑色の, 繁華な, 罎入を, 老爺が, 考古学博物館や, 肉体が, 腹部の, 舟に, 芋が, 花瓶と, 花瓶を, 茶椀まで, 茶館を, 荘園も, 荷物をも, 菌が, 葉の, 葉を, 葡萄の, 葬儀屋の, 蒸汽機械も, 薄暗い塊, 薬局の, 藤は, 虫めがねを, 蚯蚓を, 蛇首が, 蟇口, 衝立には, 表札を, 製粉所を, 製鋼所の, 西洋の, 角卓子が, 谷に, 豚桶を, 貿易会社の, 賽銭箱が, 踏み台か, 躰躯と, 農家の, 邸の, 邸宅の, 部分までは, 部屋だった, 部屋で, 部屋と, 部屋につれ, 部屋へ, 部屋を, 都に, 都会に, 都会の, 都市へ, 配電盤の, 酒場では, 酒場には, 醤油屋の, 金モールの, 金火箸を, 鉄の, 鉢植ゑの, 銀杏の, 銀蠅が, 銀行の, 鍵穴, 鏡が, 鏡だつた, 鏡です, 鏡を, 鐘乳洞にも, 長持の, 門と, 門の, 門構えの, 開き門を, 間口の, 関係を, 防空壕が, 雜煮椀だ, 電子望遠鏡を, 電気蓄音器でも, 需要の, 青桐の, 青縞商の, 面を, 音が, 顔の, 風呂敷日を, 食堂に, 駅に, 驚きに, 高い榎, 髭男が, 鯉の, 鳥籠の, 鹿の, 黒いふろしきづつみを, 黒い封印, 黒い怪物, 黒い箱, 黒子は, 黒瞳が, 鼠だ, 鼻の, 鼻や

▼ ある~ (517, 0.1%)

11 では 10 がいい 7 だと 6 へ歩い 5 がよい, だ 4 ですから, へ行く, へ行っ 3 が宜, が自然, だから, であった, でしょう, へ, へ行った

2 [36件] かい, がずっと, がむしろ, が多い, が正しい, が狸退治, が都合, さ, だからね, だったが, であったから, ですか, ですよ, ですわ, で町内, なの, なん, にあるき出しぬ, にはこっち, のお話, のよう, の岸, の御, の枝, の空, はどんどん, は小雨村, は手, へと歩い, へ一人, へ往, へ急ぐなり, へ方, やない, よそれで, を上

1 [368件] かと問い返した, からたいへん, からやって来, から伺います, から何やら, から出入り, から割るべし, から十歳位, から団子坂上, から平野さん, から幾らか, から蒼白い, があったら, があつ, があんまり, がいつも, がうしろ, がお, がおっしゃいました, がこの, がこんな, がこんなにも, がさらに, がずつと有力, がそれ, がたです, がどれ, がふさわしく, がもう少し, がやり, がよう, がより, がハッキリ, がファッショ, が一層, が上座, が不思議, が仰し, が会社, が使用, が僕, が先, が先人, が区域, が受話機, が可, が君, が多く, が好う, が好き, が好都合, が如何にも, が実際, が尊い, が尤も, が廉, が当時, が御, が数人日つぎ, が新しい, が時間的, が望ましい, が本当, が松篁, が歴史, が気丈夫, が無難, が然, が百人, が皇后, が目録, が種々, が素姓, が見えました, が訪ね, が読者, が諸事, が負け, が贈つ, が軽快, が遙, が適切, が重い, が長持, が随分, じゃござんせん, じゃねえ, すらも殆ど, ぞなもし, だが, だけ夜明け, だった, だったら婦人, だという, だろうが, だわ, で, であったが, であったけれども, であった父宮, であつ, でありそれら, であり東亞, でございませんが, でしたが, でしたろう, でしょうな, ですしかし, ですのね, ですもの, でなくては, でも, でもし, でわれ, で家門, で少女小説, で日, で町, で神がかり, で私, で線, としか思われません, とはお, とは反対, と交際, と御, と推定, と結婚, などとは空, などには黒川能, なのよ, ならなおさら, ならなぜ, なら先刻ご存じ, に, にお願い, にさも, にしたい, にそ, には人, には白い, には皆, には行かない, には隅, には随分, にまじっ, にもせよ, に一心に, に出, に出掛け, に劣等者, に向, に向え, に向け, に向っ, に娘, に導く, に御身, に我, に投票, に数える, に生え, に立っ, に自分, に行き, に行く, に行こう, に走り行く, に足, に近い, に進まう, に進み寄れ, に道, に違い, に降り, に降りました, に限っ, に雲, に靡く, に頭, に頼まれ, に顎, に鳴く, ね, の, のあっち, のうしろ, のうち, のお婆さん, のみささぎをこわしたとなりますと, のガラス, のハンドル, の人, の半身, の句, の呉茱萸, の唐紙, の大きな, の奥, の娘, の室, の家, の山, の建物, の後だて, の手, の明る, の杉, の比較的真に, の玄関, の盲腸, の秘書, の窓, の管, の結び燈臺, の部屋, はあらゆる, はいらっし, はうち, はお, はおられまい, はこの, はそうして, はその, はつい, はどうぞ, はもれなく, はやっぱり, はよく, はドゥミ・リヤール一名ドゥー・ミリヤール, は一歩, は一銭, は丸い, は今, は出し惜, は出来る, は口, は大きい, は大方, は手紙, は本当に, は森, は渡邊殿, は漢土, は窓, は絶対, は茶の間, は蓋, は見はらし, は都合, ばかりだ, ばかりで, ばかりでありました, へいきました, へそらし, へぞ歩みたれ, へといきました, へといった, へとがらした, へとゆきました, へと來, へと向った, へと帰っ, へと渡つて行, へと知らず知らず, へと行, へと足, へと足どり, へと辿っ, へと飛び飛び, へはどう, へはひり, へは来ず, へも飛ん, へ一目散, へ下り, へ人波, へ入っ, へ冒険的, へ出, へ出かけ, へ参った, へ参ります, へ取った, へ向いた, へ向けた, へ向っ, へ味方, へ嫁, へ寄っ, へ小走り, へ帰っ, へ廻っ, へ廻った, へ廻道, へ引っ返し, へ往かせた, へ往く, へ往こう, へ徐ろ, へ急いだ, へ急ぐ, へ慕っ, へ指し, へ振り向いた, へ曲れ, へ歩いた, へ歩きだした, へ湖岸づたいに, へ漕い, へ生涯, へ登つて行, へ白い, へ私, へ立つ, へ繁み, へ腰, へ草鞋, へ行, へ行かなけれ, へ貝十郎, へ走ってる, へ走り出した, へ足, へ跳び込ん, へ車, へ逃げ, へ逆, へ通う, へ通っ, へ運ん, へ隠れ, へ頭, へ飛ん, へ馬, へ馳, もあの, やお, より意味, より貰, よわ, よ若旦那, らしい, らしいの, らしい御, らしく見えて, をあるいは, をお, をその, をたづ, をびっくり, をヘルン, を内, を内側, を出し, を向い, を向かない, を好都合, を我等, を指さした, を指し, を指す, を望ん, を殺し, を眺め, を眺めた, を選っ, 釈き勝れりと

▼ ある~ (511, 0.1%)

9 ないも 7 これを 5 ンです 4 閣下の, 面白く宋 3 これは, もって, よし, ンだ, 之を

2 [35件] これが, これまた, そは, ないもの, また自然, みなこの, みなその, よくこれ, わが国にては, ンか, ンけ, ンじゃ, 一つの, 一二は, 三度迄は, 之れ, 亦樂, 亦此, 今猶, 同じ, 哀れなり, 土佐派は, 天下の, 尚ほ, 恬として, 憚る, 指導其の, 故ら, 敢て, 是れ, 曾て, 清廉潔白の, 然れ, 知るべからず其誤, 自ら識覚せざる

1 [397件] あえて驚く, あらかじめわれわれ, ありと, あるいは猛虎, あるも, いつさい, いぶせし春, いまだにその, いまだ完成, いまだ断じて必定, え上る, おもしろい, お師匠さま, かなしおせ, かの衆兵, くそも, けっしてみずから手, ここには, この一点, この属, この蜥蜴, これいわゆる, これただ, これだ, これに, これには, これにより, これによりて, これみな五行生, これもとより, これもとよりたとえ, これ釜中の, さぐるべからず声, さほどに, すぐ打ち立てる, すさまじいや, そのこれ, そのパレスチナ, その一二例, その一例, その国, その多く, その天然的基礎, その実, その実は, その改革, その教育, その法, その湾曲, その源, その立身, その結局, その視察, その議事これ, その迷惑, その醜, その長, その間全く, その難者, その類似, それは, それまた, そんな事, ただ一国内, ただ農作, ただ音便上, ない, ないじゃ, ないもねえ, なお一生中, なきも, なほ山陽時代の, のらが, はじめてこれ, ひとたびこれ, ひとつの, またこれ, または黒竜江, またまさに, また一時, また僧, また及ぶ, また妙, また度量, また決して, また無理, また規模, みなただ, みるべからず, むだで, むやみに, もえつきという, もとより健全, もはやその, やはり不滅, よい, ようだった, よく群つて, よし反駁, よろしかるべきが, わが封建社会, われは, われわれには, アイルランド人は, バラモン教が, ボスポラス海峡に, ンかな, ンかネ, ンね, 一つも, 一切を, 一時これを, 一花の, 不同意, 不味なる, 不本意なれ, 中央アジアおよび, 主人公の, 主人早世などの, 之に, 乙は, 九の, 予は, 事実であろう, 事情の, 二個の, 亦た止むべからず, 亦妨げなき, 亦害, 亦容易く, 亦尠, 亦怪しむ, 亦甚, 人と, 人なき, 人に, 人力を, 人間の, 人間は, 今しばらく, 今は, 今日なお, 仕事を, 他人の, 以前は, 似た事, 体は, 何ともなき, 何もかも唯末路, 何等の, 余は, 佚字を, 併行の, 俗に, 信ずべき確か, 信ずるに, 充分なる, 先ず其家, 全くこれ, 全く母君, 全く消滅, 全く無根, 全國, 八九分どおりは, 其これを, 其れ, 其了解に, 其事に, 其原始の, 其實道徳の, 其樹立の, 其源を, 凡て此等の, 出づる勿, 刊行企画の, 初より, 前二者, 剛化させる, 劇場を, 劣らざるもの, 勢いその, 勤めの, 医師に, 医者と, 卑野なる, 又それ, 反りて, 反町大膳の, 古來印度, 右は, 右注射使用の, 同じこ, 同一なり, 同人だろう, 同様だ, 同様に, 同然, 吾人は, 呉に, 商業上の, 善人を, 喫驚と, 嗚呼亦, 四五間の, 国民の, 国費を, 在り所, 夢の, 大名は, 大躰, 天女が, 天女の, 奇と, 女中を, 如何なる教則, 妨げず澄みたるは, 妻子と, 孟子が, 完全には, 官を, 官途を, 実はキリスト, 実地に, 寂しきもの, 尊氏が, 少なからず, 尻馬に, 局勢たちまち, 左に, 左の, 帰する, 常に然る, 年を, 年期内に, 年歯の, 幸に, 幼年期の, 庚申の, 弟子の, 彼が, 彼に, 後者の, 後者は, 御加増, 徳教の, 心なき, 心小さき, 心苦しくて, 必ず再び蘇生, 必ず手, 忘れて, 思の, 思ひ出られて, 思ふに, 怪むに足らずと, 恐る, 恩師の, 悪人栄え, 愉悦の, 愛國の, 感服する, 態と之, 懼るべき, 我に, 我国においても, 或一面, 戦場の, 手足を, 掛茶屋ぐらゐのもの也, 控制し, 政治の, 故なし, 教育の, 敢えて怨む, 敵が, 文を, 断然之, 日本国語は, 昭代の, 智に, 曹操が, 曹操の, 望み通りに, 朝夕の, 未だ今日, 未だ文筆, 本当ない, 果して事実, 極めて淡白, 概して麦田, 次第に粗, 此の, 此を, 此令ある, 此等の, 武力に, 殆ん, 殺しては, 毫も怪しむ, 毫も意, 決してこの, 決して偶然, 決して国家, 決して國家, 決して減少, 決して湾, 法は, 深更に, 測り難し, 火に, 無いも, 無きも, 無理が, 無駄なるべく, 父の, 父母の, 牛乳を以て, 牧草を, 独立の, 現状を, 理の, 理同じ, 生老病死の, 男子の, 疲勞知らざる, 病に, 百苦の, 直に噂, 直立せる, 真偽不明, 知らず互いに, 知れないです, 矮屋のみ, 硝子なし, 確かな, 確かに, 社会人事の, 社会情勢の, 社長なり, 神は, 禾は, 私の, 空しからざる, 筋目を, 納言式部の, 統一の, 統治せず, 絶えて, 縁組したる, 罪なき, 羊の, 美女を, 美術宗教哲學道徳の, 聴くべからず, 肖像畫に, 胸中一物の, 能く, 自らその, 自分の, 自家には, 自家の, 自然の, 色なき, 若き男, 若葉なり, 英語の, 茶に, 菅沼の, 蛙の, 西方鹿兒島市附近は, 要するに必然, 詩なく, 詰る所, 誇る心, 誰も, 貿易の, 足場あしき, 跳兎らしい, 軽薄不実の, 近年一向, 返答は, 退きて, 遅くは, 遊女の, 道理なれ, 道理神尾の, 酒と, 針の, 長文を, 門なし, 難しかろう, 雪なく, 雲の, 電気そのものの, 非命の, 面白い, 鯨類か

▼ ある意味~ (506, 0.1%)

39 に於 8 に於ける 7 に於い 6 から言え 4 では, ではやはり, では立派, で非常 3 からいえ, から云っ, で, で人間, においてこの, を認めた

2 [20件] からいう, からし, から云う, であなた, であります, での, ではかえって, ではその, ではまた, ではむしろ, では人間, では同じ, では確か, で小笠原, で私, で科学的, において, において敵, における認識論, を以て彼

1 [372件] からいいまする, からいいますれ, からすれ, からともかく, から云え, から申す, から考える, から自然方則, から見, から言, があった, がこもってる, が出, が多い, が少し, さえも添え, じゃわたし, じゃ不可抗力, じゃ此儘幸福, だ, であ, である程度, でいくら, でいま, でうらやむべき, でえらい, でこの, ですなわち, ですべて偶然的, でずば抜けた, でその, でそれ, でそれら, でたいへん, でたしかに, でとび越えた, でのイデオロギー性, での不信, での光線, での内容主義, での反省, での基礎, での変化, での宗教, での批評, での政治性, での文学, での消極, での独善, での現代図絵, での理解, での科学論, での経済, での親愛感, での記念作, での誇張, での貴族主義, での運動, での量子, での開拓者, での革新, ではいつか, ではいづれ, ではいわゆる, ではこうした, ではこの, ではこれ, ではそう, ではそこ, ではそんな, ではたしかに, ではただ, ではどれ, ではね, ではほんとう, ではまさしく, ではむなしい, ではもつ, ではより, ではわたし, ではオランダ的, ではソヴェト, ではパール, ではロマンティック, では一種, では不幸, では不自由, では世界中, では世界周遊, では主人, では主張, では人生, では人間らしい, では今日, では伝染, では作者, では充分, では処女林, では友人, では味, では器械的, では変化, では失敗, では好都合, では安全率, では実際そう, では少し, では屈従者, では常識, では幸福, では庭園, では必要, では恥知らず, では悪質, では意識的, では感心, では憐れん, では推し, では推古仏, では数学, では文学, では文学そのもの, では旧来, では更に, では有馬頼, では朴訥, では極めて, では権力, では機械, では次郎, では正しい, では没交渉, では油断, では無神論的非合理主義, では生活, では百ジン, では破滅, では突入, では竜, では第, では結構, では自分, では落伍者, では蔑み, では西鶴, では観念的, では解放, では言えない, では誠実, では誰, では近代的, では退屈, では進歩, では醇化, では重宝, では野蛮, では錯覚, では開放的, では陶酔, では隠れ衣, では面白い, では面白く, でひい, でまったく, でもっとも, でインスピレーション, でハッピー, でボオマルシェ, でリアリスティック, でルクレチウス, でヴィルマン氏, で一つ, で三色版, で世界, で云え, で人間性, で今日デカダンティズム流行, で仕事, で代表, で伊良, で俊成, で信吉, で個人的, で偉い, で偏執狂的, で先生, で六朝, で具象そのもの, で分子的混乱系, で勇気, で協力, で却って, で叔父さん, で可, で合理的, で咎めだて, で圧縮, で圧迫, で大き, で好者仲間, で孤立, で学問, で安, で実に, で密接, で対立, で小作人, で当然, で役所, で彼, で急速, で愛そのもの, で戦跡視察, で所謂人間性, で所謂文藝, で指導的, で探偵小説味, で政治的, で新, で新劇, で既成劇壇, で日本文化, で日本洋画界, で最も, で本人, で本望, で森林, で歴史, で死なね, で活動映画, で混乱, で狂, で独自, で狭隘化, で生き, で白蓮さん, で社会主義的, で科学, で競争, で精神運動, で線, で織田家中, で美人, で腹, で自分たち, で舞台, で花, で荷物, で表現, で見惚れ, で親しく, で試す, で話し, で諸兄, で透明人間, で連作, で進出, で重大, で阿部氏, で高木, というもの, として解すべきでしょう, と正反対, においてある, においていかにも, においてかえって, においてこれ, においてすでに, においてそう, においての救, においては, においてはあらゆる, においてはその, においてはそれ, においてはほとんど, においては世, においては全, においては半ば私, においては大変, においては失敗, においては富ん, においては差し支えありますまい, においては征服者中, においては正しい, においては自分, においては表現理解, においてわれわれ, においてジャヴェル, において一つ, において一般, において五六十年前, において伝染病, において全く, において古い, において国家, において大変, において天国, において女性, において好男子, において対立, において彼ら, において彼等, において快い, において成立, において救主出現, において明るい, において甚だ, において甲州, において皆現実, において科学的, において科学者, において第一義, において経済上, において経験, において臆病, において自己, において自得, において解決, において証明, において貴族的, において貴重, において軽率, において陶器, において随分, において非人, において馬鹿気, において魔術文学, におけるお墨付き, における地者稼, における暴力, における武家政治, に極限, のあ, のある, のてらである, のスーパー, のパトロン, の偶像, の同意, の嘆賞, の執拗, の好い, の宣戦布告, の尊敬, の悪, の手毬唄, の純粋さ, の聯想診断, の苦手, の観念性, は, はベルリン, ふかい言葉, までは飲み込めません, もない, もわからない, も考え, をこめ, をなす, をふくませ, をもっ, を含めた, を嗅ぎ出し, を持たせ, を持つた, を探ろう, を知る, を見た, を認めなけれ, を認める, を説明, 深いもの

▼ ある以上~ (501, 0.1%)

8 は, はこの 7 はこれ, はその 5 はそれ 4 は人間, は自分, 或る 3 に, はどこ, は何, は光, は必ず, は誰

2 [23件] そしてこの, そしてそれ, にかれ, のもの, の意味, はいかなる, はこれから, はすべて, はせいぜい, はそして, はまた, は世間的, は今, は如何, は御, は日本, は水, は決して, は神, は私, 全然踊らぬ, 固より, 殺された大尉殿

1 [390件] あくまでも探査, あけようと, あの婆, ある一つ, ある意味, ある程度までは, いかなるたい, いかなる漢字, いかなる謀, いかなる鯛, いちおうは, いつも, いつ出張, いづれも, おそらく彼, おとなしくない, お妙, お葉, かかるもの, かかる概念, かならず互いに親交, かならず噛む, かれに, かれら, こういうもの, こうした, こうした崩壊, こうした相互研究, こっそり町, このこと, このよう, この一台, この事件, この云い表わし, この劇団, この危急, この女らしい, この戦時三位一体制, この時代, この活力, この狭義, この私, この立場, この遺蹟, この願望, こりゃア, これからは, これから先何年交際, さらにまた, さらに広く, すこぶる結構, すでにその, そう, そうある, そうして人, そうな, そうやすやすと, そう一つこと, そう云う, そして最後, そして直観, その, そのわが身, そのイメージ, その上, その中, その主人, その体系, その作物, その孔子, その對象, その性格的短所, その態度, その所作, その節度, その罪, その罪科, その者, その行為, その覚悟如何, その親, その觀念, その記録, その身自体, その鼻, それに一度, そんな制度, ただくそ, たとい将軍家, たとい死体, たとい表沙汰, たとえ当方, たまたま生じたあり, つまりいろいろ, つまり文芸, であると, できないだろうと, とうぜんその, とてもそれ, どうしても探し出さなけれ, どうして日本的, どうせ文章, どうもそのままには, どう狹, どんなにおぼえた, どんなに忌まわしい, どんなに美味しい, どんなに超, どんな南, どんな飜訳, なかなかその, ながめいみ, なぜ妻, なまじいに, なまなかの, なんとか声, なんとでも, にはほとんど何ら, にはわたし自身, には一方, には必ず, には悉く, には自然, にみなさん, に何, に何かしら, に出ない, に反感, に妻君, に思ひ, に悩ましい, に手先, に政治家, に時代, に暑く, に残酷, に深い, に瞑想, に私ら, に苦しい, の仕事, の力, の理由, の船員, はあっ, はあと, はあと二年足らず, はあり, はあるいは, はいかに, はいくら, はいつもいつも, はおそらく, はかよう, はきみ, はこうした, はこの世, はこんな, はそう, はそういう, はそこ, はそれに, はただ, はたとい, はたとえ, はとうてい, はとき, はどうにか, はどんな, はどんなに, はなるべく, はね, はみな, はもう, はもうこ, はやはり, はわたし, はわれわれ, はドコ, はバ氏, はベースボール, は一人, は一生出世, は一種, は一般, は一通り, は世界, は両方, は之, は二分間, は人情, は人類, は今後, は仏教芸術, は仮令, は何と, は何とか, は何らかの, は何處, は余, は依子, は先生, は全然, は共謀, は内容, は写す, は出世, は列国, は別, は到底心から, は勝て, は去年, は同一, は同様, は君, は否, は善い, は喧嘩, は国師岳, は圏, は地面, は城下, は変らない, は多分, は大いに, は大切, は夫婦共稼ぎ, は好悪, は嫁, は子供, は実際, は客観, は客達, は家長, は寧ろ, は工夫, は差し出す, は当然, は形態, は彼ら金持, は従わなく, は心, は成り立つ, は我々土地っ子, は技巧, は押えた, は政治, は断じて, は昔, は本, は本当, は林さん, は樹下石上, は武門, は死ぬる, は無意味, は無論, は物質, は犠牲, は甲, は男, は疾病, は発議者, は目, は相手, は真, は祭り, は秀子, は科学的, は種々, は空間, は第, は精神, は絶対的世界, は自他一様, は自己, は自然派, は若かっ, は行っ, は西洋人風呂, は評家, は誤解, は読者, は誰か, は論理, は貴方, は趣意, は辞退, は関所, は雑誌, は面, は食わなけれ, まだその, むしろその, むつかしい術, もう一度岸本, もはやそれ以上, もはや孤独, やくはらひの, やむをえないこと, やむを得ないこと, やむを得ぬ事実, よい作品, よくもこんなに住み荒らした, よしや, わが歌舞伎劇, わざわざこの, を求められない, 一応は, 主として經學, 之は論理的, 今更この, 今更そうした, 今更僕, 仲よくしましょう, 何でもある, 作られた作品, 先ずこの, 先ず例, 全然現実, 全然約束, 其の社会, 勿論夫, 勿論退屈男, 半七, 半商主義, 却って何, 又優秀, 又夕暮, 各部分, 同じもの, 同じ国土, 唯そのままに, 多少は, 多少捻くれ, 大抵彼等, 如何なる名, 容れなければ, 寧ろ一般, 寧ろ是, 少くとも, 少し説明, 広い意味, 広い範囲, 強いという, 当然そうならざる, 当然な, 当然やるで, 当然至極, 御流儀, 必ず, 必ず憎まれる, 必ず男, 必ず配偶者, 忽ちやられる, 怪しいと, 悪くない, 感じるだろうと, 慣れた名, 憎みあうの, 成るたけ, 打ち直される時期, 捕えた手, 攻める細君, 早仕舞い, 暑いとき, 書かなければ, 最も代表的, 最も廣, 止むを, 決して全智全能, 決して大した, 決して決して云えません, 決して職業, 無論公平無私, 然かも, 現にその, 生き抜くこと, 知らないとは, 考へて, 若い女, 若しこれ, 若し新, 見つけた者, 解けるはず, 言うまでもなかろう, 論ずる所, 負けつづけるの, 非存在, 食わずに

▼ あるからと~ (498, 0.1%)

77 云って 57 いって 23 言って 18 思って 15 いうので 9 いつて 8 いうこと 7 いふので 6 いうの 5 云ふ 4 いうて, 思召し 3 いうだけ, 彼は, 思うと, 源氏は, 申して, 袖を

2 [24件] いうだけの, いうばかり, いうよりも, いっても, いはれて, いふわけ, いふ事, おっしゃって, お思い, 中の, 云うの, 云った, 云つて伊達に, 云つて話好の, 庄司家の, 弁は, 機先を, 渠が, 申しまして, 考えて, 薫は, 言うの, 言つて先生に, 駕籠を

1 [199件] いうだけで, いうよりは, いうわけ, いう気, いつもゆとり, いつも仰しゃいます, いふこと, いふばかり, いふ為め, いろいろすすめた, いろいろ面白い, いわるるまま, おこえ, おたか, お席, お豐, お頼みた, かわいく二条, かわいそうである, こういう次第, ことさらこの, こんなこと, さうしない, しきりに丑松, そうお, そう云う, そう恥, そしてすべて, その心得, それらの, そんなこと, たとえば肝心, とって, どう辯護, なにが, なんとなく今日, まじめな, やっとの, わざ, わざわざ一升, ツイ口を, 一人ぎめの, 一刻も, 不快に, 世界的低, 云い叔母, 云うて, 云うても, 云うので, 云う検事さん, 云う理由, 云えない, 云えないでしょうか, 云った事, 云つ, 云つた事が, 云つてそれを, 云つてただ, 云つても, 云つてもはや, 云つて一同を, 云つて妄りに, 云つて御, 云つて未だ, 云つて沢山の, 云つて然し, 云つて芭蕉の, 云つて行かぬ, 云つて農村本来の, 云はる, 云ひ出す, 云ふんで, 人々に, 仏が, 仰せられ女史, 仰っしゃって, 仰ゃって, 伸子に, 先に, 冷静に, 刑事を, 勧めて, 取り敢えず上意, 受験しましたら, 口の, 同情し, 向うから, 君が, 呼んで, 夕方から, 大いに力, 大姫君, 大将は, 天王寺の, 夫人に, 夫人は, 女に, 女中に, 娘を, 存じまする, 寛大に, 少将は, 居合せた者, 川瀬は, 左大臣は, 引きとめたけれ共, 強談判し, 心にも, 忍耐を, 思いあまり人, 思いいよいよ, 思いすばやく, 思い姫君, 思い少し, 思い左近少将, 思い止まらせて, 思い直した, 思い続け小, 思うこと, 思うて, 思う羞恥心, 思った, 思ったの, 思つて居た, 惟光は, 打消すよう, 持金を, 振り切って, 教えて, 教え諭したので, 断って, 断るの, 断れば, 斷わ, 旅行途中の, 日本人は, 早々に, 明智先生を, 望むところ, 楽しみである, 此も, 母を, 毎日牢屋から, 洋燈を, 現在の, 理由を, 申すの, 申込んで, 私が, 私は, 答えて, 答え職, 約束を, 結論で, 總兵衞を, 考えたから, 考えられる, 聞いたばかりで, 聞いて, 脇の, 自分の, 自身の, 見て, 見合いを, 解釈し, 触れて, 言いもし, 言い添えながら, 言うばかり, 言うより, 言う理由, 言った, 言っても, 言つてそれ故, 言つてわざ, 言つて唯で, 言つて奉行の, 言つて常識を, 言つて強ひ, 言つて拒絶し, 言つて政治の, 言つて歸つて來た, 言つて無心を, 言つて町へ, 言つて直ぐ, 言つて言ひ, 言つて誰も, 言つて飛びこん, 言ひ, 言ふ, 言を, 誘ふので, 謂って, 謂つてとりなし, 逃げて, 釈いた, 預けて, 顔に, 食事の

▼ ある~ (496, 0.1%)

13 のもの 1065 である 4 のこの, へ往, へ連れ, を見る 3 だ, に参りました, の他, の自然

2 [26件] からこの, から私, から見る, が山王山, だが, では, で昨日馬, に於, に至らず, の今日, の存在, の日本, の決定, の特色, の直観, は俳人, へ, へ出た, へ来る, へ行く, もあり, もある, を教, を教え, を見, を通っ

1 [382件] ありき, かね, から, からかなり, からその, からのりと詞, からまあ, から二間梯子, から京, から出た, から同様, から国吉, から夏, から察し, から彫っ, から戦争, から押される, から支那, から旗, から曲っ, から書きかけ, から水, から特別, から猪子先生, から生垣, から縦, から言語, から野菊, から随分, があった, があっちこっち, があり, があります, がある, がいい, がお, がお前たち, がこうした, がこの, がジャーナリズム, がハイデッガー, が可, が小遣, が往々, が急, が解せられる, が身上, さえあるらしい, じゃねえ, ぞと予て, だけれど, だけをゴロ, だと, だよ, だん, であった, であなた, であの, である上, でお, でこの, でご, ですがね, でその, でなか, でなければ, ではございます, ではその, ではやつぱりその必要, では事物, では活動写真, では青草山, では馬, で一休み, で一所, で一箇所, で一般, で主張, で二十三夜, で偶然, で其話, で唯物論, で大きな, で恐ろしい寒い, で旅客, で歴史, で演説, で良い, で論理, で進化論, で鈎, とが之, と三日二夜, なの, なら生, なりといふ, にいっ, にいま, にきのう岩魚, にそれ, にたびたび, にだけ虔譲, にて売り, にて給仕, には他, には伏蔵, には娘たち, には必殿, には柳, には皆行々子, には硝子, には論証, にやがて, に一人, に七郎, に事務員, に光明, に到り, に力, に基い, に実は, に少し, に居る, に常に, に当っ, に思いかけぬ, に悉く, に投錨, に滞在, に点い, に狩野永徳, に至る, に赤ん坊, に赴き, に近き, に野営, に長興寺, に長谷部さん, に集り, のあめ, のあらゆる, のかの, のそして, のその, のほか, のまじ, のやう, のわが国, のイデオロギー, のインテリゲンチャ的職業, のサケ, のジャーナリズム, のハリ, のファシズム, のブルジョア制下, のブルジョア技術家達, のブルジョア社会的新聞紙, のプリミチーブ, のヘーゲル風, のマルクス主義的方法, の一つ, の一種, の一面, の主観, の事実, の云わ, の人間, の人間史的社会, の伝統, の全く, の内容, の制作, の前, の印象派, の又は, の古めかしい, の各種, の合理性, の啓蒙, の回線, の図柄, の天, の夫, の学問, の学問概念自身, の実験, の専門的空間, の建築, の彼等, の従って, の必然性, の性格, の意, の意味, の所謂常識, の抑揚, の指, の掬い切れない, の散髪屋向き, の文化形象, の文化的行動, の文学的, の文芸, の新, の新聞学者, の既成宗教, の日本現在, の時間, の根本的, の概念, の構成派, の歴史学, の江戸三, の河合教授, の海岸, の物, の物理学, の特異, の独占, の独存的概念, の独立, の現実, の生きた, の生産関係, の男女交際会, の画室制作, の画風, の目と, の直接さ, の研究方法, の社会そのもの, の社会的, の社会科学的認識, の神的, の神秘主義, の私, の科学, の科学的世界観, の空間, の空間的, の純粋小説論, の純粋直観, の而, の表現, の観念的, の観念論, の評論家, の諸, の質, の超越, の農業労働, の近代, の運動, の過程, の道義的感触, の邦子, の金, の関取, の非, の飽く, はいま麻生津, はどんな, はな, はない, はみんな地面, はむかし日本武尊, は会話, は印西, は叙述, は噴泉, は四十尺, は固く, は埋まっ, は大概, は威力, は広い, は忽ちに, は暗い, は最も, は深山, は焚火, は稍違つて, は補いました, は解っ, は読者, へいらし, へおとうさん, へきた, へと, へはいつ, へは一里, へは何とも, へぽ, へやって来, へやつ, へ一度, へ乗, へ些, へ今, へ伴, へ入っ, へ坐った, へ庭, へ引返した, へ強, へ往きました, へ往こう, へ懸った, へ戻るだろう, へ掃く, へ来た, へ横合, へ無茶苦茶, へ直観, へ緑翹, へ置い, へ荒物店, へ行かう, へ行きました, へ行けます, へ行つて怪我人, へ訪ねる, へ誘った, へ走る, へ転げ, へ達し, までと長吉, までは, までは度々, までは非常, まで和尚様, まで廻り路, まで往こう, まで徹底, まで来た, まで来る, まで白拍子, まで私たち, まで荷物, まで行, まで行き, まで行く, まで進んだ, も明らか, よ, よりも友染, よりも遥, をいい, をぐるり, をすり抜け, をそれぞれ, をよく, を何度, を問う, を圧した, を思い出し, を択ばなけれ, を探し, を探し出し, を描き出だし, を毎々, を無闇, を熟視, を番頭, を目ざし, を知る, を示す, を見せよう, を見た, を見れ, を見付け, を読ん, を走っ, を避, を開け, を雨, を馬, 出るは, 即ち又, 即ち思想, 又事, 既に奇抜

▼ あるだけに~ (495, 0.1%)

7 私は 3 ここの, 彼の

2 [16件] そこに, そのかげ, その秘密, それが, それに, それを, 他の, 伸子は, 彼を, 書物の, 横からも, 相当の, 自分の, 草花類の, 過ぎない, 非常に

1 [450件] あせって, あなたの, あの歴史, あまり朗らか, あらためて死生, ある程度の, あんまり手数, いくらか, いち早くこの, いっそうかわいがった, いっそう困る, いっそう実証的, いっそう悪強い, いつも火の気, いよい, いよいよその, いよいよそれ, いよいよ好い, いろいろな, お幸, お洒落な, お粂, お雪, お駒, かえってすぐ判るだろう, かえって主人, かえって事実, かえって伸子, かえって始末, かえって必死, かえって科学, かかる現象, かしこまって, かなりに, かなりの, かなり道楽, きっとおもしろい, きょうはことさらそれがにぎやかなのかもしれない, こう云え, ここでは, こっそりと, ことさらすげなく, このモールス翁, この二人, この仕事, この再婚, この実地論, この平凡, この思想政治, この憲法, この打ち, この旧友, この気違, この点, この無邪気, この誤植はちよ, この近所, こらへ, これからの, こればかりは, こんな場合, こんな心持ち, さきに, さながら屠所, さらに大, ずゐぶん, そういう俳優, そういう気, そういう相手, そうした時期, そうしてその, そしてそれ, そのう, その不幸, その中, その人, その人気, その古い, その地位, その外見, その夜, その家中, その性質, その成果, その本城, その機能, その気の毒さ, その気疲労, その狼狽ぶり, その研究, その祖母, その苦しみ, その責任, その酔っ払い, その間に, その頭, それからそれ, それだけに大胆, それだけ実質的, たとえ物売り, だ, だいぶ共産主義, つい言葉, どうかこの, どうもしんみり, どうも一枚, どうやらずんと退屈払い, どこか, どちらかと, どの人の, どの人も, どんな重い, なおさら心しなけれ, なおさら捨場, なおよく, なお寂しい, なほさらよく, なんとし, なんとなく小娘頃, ねちねちした, ねびた嫌味, はるかに, ひとから, ひと息に, ほとんどこれ, ますます彼ら, ますます聴衆, またその道, また人生, また最も, また脱, まだ極度, まだ通じ合う, みな相当の, むしろ人生, むしろ極端, もしやかの, ものいいは, ゆだ, よけい卑屈, わざとらしい見せ掛け, わたしの, わたしも, インド教の, クリストフが, ジャーナリズム化が, セントルイスの, ダイヤモンド仲買人が, トム公は, パリの, 一層あ, 一層ここら, 一層の, 一層不愉快, 一層哀れ, 一層権右衛門, 一層気味悪い, 一層醜く, 一度この, 一往の, 一応承, 一方に, 一旦きめた, 一時に, 一番立場の, 一番重要な, 一般好, 七兵衛の, 三十畳ぐらいは, 不思議である, 中尉の, 之を, 乙若よりは, 争議自身としては, 事件は, 事柄が, 二時間の, 二百年を, 二股侍と, 云うまでも, 人なみな, 人一倍に, 仁兵衛や, 今日の, 伊佐子さんは, 伸子を, 何か, 何から, 何となく寂しい, 何となく淋しい, 何等かの, 余計に, 余計強く, 俺は, 個人の, 偶然に, 傍へ, 僕が, 僕は, 先づこつ, 全く不思議, 全身的な, 其以上の, 其工業に, 冒険心に, 凄味が, 出世も, 分りよく, 刺激不十分に, 前日に, 効果は, 十兵衛は, 半七, 半七ら, 半蔵の, 博愛式の, 却って他, 却って信頼, 却って女子供, 却って消える, 却って私, 却つて主人の, 却つて筆の, 原始的な, 厭さが, 反つて, 取り調べに, 取るには, 口惜しい殘, 可成動き, 吉野朝には, 含んだ凄味, 喜平も, 喧嘩面で, 四五十人も, 困難な, 土地の, 土蔵の, 変な, 外で, 外国から, 外来の, 外見は, 多少なりとも若い, 多少の, 大きな舞台, 大切であり, 大変苦しみが, 大阪方の, 天気の, 天與の, 夫人は, 女の, 好意は, 如才が, 如水の, 妙な, 妙に, 妹の, 娘を, 子の, 子供心にも, 存外に, 家主と, 家族一同, 容易な, 容貌魁偉風采堂々, 富岡は, 寒々と, 寧ろ白面, 寺町の, 小便の, 小六, 少しでも, 尚いけない, 尚さら怖し, 尚更嘘, 屋根の, 山姥も, 差し当りどう, 平助は, 底に, 座は, 庸三は, 弁者にも, 弁護士の, 強て, 彼には, 彼は, 彼女は, 彼等の, 従って官吏社会, 御霊信仰, 心の, 心は, 必要以上に, 忍びない, 忘却しつくし, 思わず眼, 急き込むところ, 性質が, 恐ろしさ, 悪いたくらみ, 悲しいかな, 想像が, 愈々卑俗, 慰めと, 懲らしめる方法, 打込むこと, 持彦は, 挙動は, 捜査の, 探偵小説の, 放って, 政治とは, 教育に, 整然と情理, 新子は, 方々を, 旅館とは, 日が, 昌作には, 春三郎が, 晩年の, 普通の, 最初の, 有名な, 本当の, 来たてには, 東京の, 柿江が, 根強い意趣, 槇原も, 権者である, 止めること, 正覚坊が, 此の, 此時代に, 此處は, 残んの, 段ちがいの, 母としての, 母子は, 民衆は, 気がついても, 気にも, 江戸時代の, 決してできる, 洗煉され, 流れるよう, 浜主の, 深い影響, 温い酒, 無事である, 無謀が, 熱度が, 爪立って, 父の, 父兄の, 物を, 特にもの, 特別の, 狂言全体の, 狭い廊下, 現在の, 理性的で, 理論的な, 甚五郎は, 申訳みたいに, 町役人からも, 界隈の, 異様な, 疋田の, 直接親しみ, 相互関係を, 真面目に, 矢代には, 知意に, 知識社会学が, 碌々たる, 祖先に, 秀吉の, 私たちには, 科学的思想の, 秘密の, 穂積博士の, 競争が, 竹中半兵衛式の, 筋ばかり, 米友としても, 米友は, 結局その, 絵師たちは, 綾衣の, 縮図帖は, 罪の, 美術に, 義兄の, 聞いて, 肩から, 自分では, 自分自身の, 自然かれ, 自転車に, 芝居の, 芭蕉の, 苛れったい, 落ちて, 落つかれぬの, 血ぐさい身装や, 衛兵も, 表面は, 複雑な, 西蔵の, 見える, 見じめ, 見渡したところ色彩, 観客群衆の, 言換へれ, 言葉には, 言葉附が, 記事に, 訣らない, 詳しい説明, 語るのに, 誰も, 諦めも, 變な, 踊りよりも, 踏みやぶるわけ, 軽蔑せず, 近所でも, 逆に, 速水の, 過ぎ去った日, 遠い過去, 野狐の, 金蔵が, 銀子は, 鎌倉に, 開業日が, 随分六, 雲を, 面白い, 面白いこと, 頼もしくも, 食物の, 駒平の, 鬼気ないしは, 魚釣りの

▼ ある~ (485, 0.1%)

7 がある 6 では 5 といえ 4 である, は非常 3 であった, なりける, に引留められ, はその, は一つ, より外, を見, を見る

2 [31件] があった, がその, が一つ, が入っ, が心, だった, であるの, に躓い, に限りこれ, のある, のうち, のほか, のよう, の一切, の影, の性質, の方, の生産, の言, は, は何, は専有, は殆ど, は皆, は長, を了解, を含む, を打ち壊し, を見つけ, を認めた, 干竿

1 [373件] あって, ある事, ある根強い, いうこと, か, かである, かもしれない, から一つ, から目, があらゆる, がありました, があります, がいかに, がかかっ, がこの世, がすべて, がどんな, がなけれ, がひそん, がもつ, がやはり, がジャン, が不信心, が凝視者, が前衛, が加速的, が半, が右, が吭, が多かっ, が大切, が存する, が実に, が対応, が尠, が常に, が常に常に, が平生己, が後退り, が急, が悦ばれるだろう, が採れる, が文士, が棚, が横たわっ, が流れ, が潜ん, が無限量, が物体, が生まれ, が病人, が皆魂, が秘密書類, が虚無, が見えなかっ, が躍っ, が過剰, が遠ざかれ, が遺伝, ぐらいにぼんやり, すら尠い, ぞ何れ名, たとえば烏, だ, だから, だが, だけが殘, だったの, だろうが, であっても, であり従って, であり金, であるが, であるし, でしか, でした, でしたし, です, でも, で一個, で安居院, で泥, で片づけようそれから, で経験, で間, で間に合え, という物すべて, とが同じ, として好意, として存在, として景慕, とでもごまかし, となん, との間, とは何, とも思えない, とを書いた, と交換, と考え, と考えられ, と言っ, などが, などは何一つ, なの, なので, ならうち, ならしばらく, なれば, にしがみつこう, についていう, につつまれ, につまずい, にて心, になりたい, にはそのまま, にはニューイングランド, には七種, には看板, にぶつかった, に作用, に依存, に出会った, に囚, に変じた, に対しある, に対しては大体, に対してもっ, に対すると今井, に対する需要, に心, に愛着, に欲望, に比べ, に求めた, に激, に相違, に結びつけ, に臨む, に象っ, に象つて, に追われ, に響, の, のす, のすみ, のため, のみが専有, のみが産業, のみを生産, のやう, のわかった, のレコード, の三分の二, の中, の主要街路, の事, の価値, の動く, の外, の如き, の巨大さ, の形, の棲む, の様, の死骸, の氣, の流行, の為, の現状, の総体, の莫迦げた有様, の衝突, の装飾, の製作, の速度, の量, の長, の閃き, の間, はいつ, はいつも, はかなり, はきっと, はこの, はすべて価値, はたった今, はといえ, はないでしょう, はなにもかも, はほ, はまったく, はみな, はみんな, はみんなお寺, はもと通り, はよく, は一夜, は両翼, は乾燥紙, は二千五百万年, は云わず, は今, は作家, は使えたら, は個々, は傘, は内心, は前, は同じ, は味わい読まるべきであり, は咀嚼, は圧板, は在銘, は大きい, は大きく, は大事, は実に, は寧, は巻煙草, は愈, は我々, は暇, は有名, は構造上, は歴史的, は汽車, は漆塗, は無, は焼き, は焼け焦げ, は状袋, は珍しい, は皆大声, は皆無, は皮, は皺だらけ, は私, は窓, は筒, は糸杉, は終, は絶対, は締めた, は美しい, は考古学的, は自身, は荒々しい, は見受ける, は貧し, は貧弱, は運搬用, は過去, は長い, は間断, は顕著, は高価, は黄金, は黒く, ばかりだつた, ばかりであった, まで伏せ, もある, もしくはある, もすべて, もそれから, よりもつと, よりも大きく, らしく思われるので, をあそこ, をあてた, をうつした, をお, をさわり始めました, をしい, をしだいに, をしらべる, をその, をそのまま, をなぜ, をのせた, をま, をもっ, をも演つてみたい, をケラー, を一, を一つ一つ, を一日, を伯爵様, を何, を価値以上, を倒さず, を分け, を前, を千里, を収穫, を取っ, を取り, を取る, を呉れた, を埋める, を売, を売っ, を売る, を好まぬ, を威圧, を定か, を己, を形容, を彼, を得ん, を感じさせる, を感ずる, を憎く, を手当り次第, を把握, を拾う, を持ち去っ, を持ち去った, を持っ, を指さした, を捉, を捕える, を捜し, を授け, を掘り, を掘りだす, を探し, を握りしめた, を握りつめ, を暫時固定, を次に, を比較, を求め, を注文, を照そう, を煮た, を特に, を発見, を皆んな, を皆片っぱし, を目, を眺めやった, を眺める, を着させ, を知らず, を確かめたい, を突然, を胸, を自ら必要, を表わす, を表わすべき, を襲う, を見つけた, を詳, を認め, を貰い, を貰っ, を購買, を身, を送る, を選んだ, を遺, を開ける, を鞄, を頭, を食べさせ, を食べたい, 一々に, 分かりの, 及び現象, 呼び醒ます目, 干, 干台

▼ ある人間~ (475, 0.1%)

95 だと, ならば 4 がいる, だよ, のよう, の仕業, の生活

3 [11件] である, です, でなければ, ではない, ではなく, なの, ならでは, なん, になっ, の一人, の姿

2 [42件] がお, がこの, が誰, じゃございません, だが, だけがすべて, だけれど, だった, だつた, だとは, でありません, ですから, ではありません, といふもの, として振舞うべきで, とは見えなかった, と学問, なら後, なんか滅多に, にあり, になりたい, には振り向い, に注意, に違い, のうち, のこと, のする, の世界, の事, の全身, の動き, の口, の存在, の構成, の生命, の皆無, の行動, の間, の顔, はその, を搜, 若い時

1 [319件] かしら, から来る, が, がい, がいなかった, がいるらしい, がいわゆる, がお前, がかき消す, がこんな, がする, がそつ, がそれ, がだ, がどこ, がどんな, がやった, がよし, がわれわれ, がヴェランダ, が井戸, が個人主義的, が全然, が吃り, が同様, が天, が如何, が宇宙間, が岩, が教養, が来た, が此世, が現実, が男, が當然, が皆私, が目, が筋書, が自分, が装飾, が見付, が計画, が過渡期, が金銭上, が間々, さえ一人, さえ見付かれ, しかしそれ, じゃあない, そして最も, その癖, だから, だけに大きな, だけに見事, ださあ, だしきりに, だってなかなか, だつたらどれ, だという, だな, だろうか, であったから, であらう, であり彼, であり社会人, であるからには, であること, であろうと, ですよ, でその, でなきや, でなくては, でならね, ではあるまい, ではございません, ではなかろう, でもなく, でもやはり, でも無, で一日, で先生, で持つ, で清潔, で金目, で錢形平次, とあるべき, というもの, とおもい, としてこの, としてで, とその, となる, とはどうしても, とは云われない, とは何, とは全く, とは徳, とは思えません, とは思へません, とは思われない, とも知っ, と争つて, と云う, と同一, と定める, と深い, と無い, と知っ, と自然, と見えます, と見る, と言, と類似, などの対象, なので, なら, ならこの, ならすぐ, ならだれ, なら口外, なら怒らずに, なら政治, なら日常生活, なら誰, なんているでしょう, にさうされた, にそんな, にとってそれ, にとっては無限, にとって不可能, にとって生き, にとつて, になる, になるべき, になろう, にはかなわねえ, にはできない, には一読, には使えません, には勝てる, には天下, には当てはめ得ない, には訳, には間違つた皮相, に代られた, に催眠術, に其位, に向っ, に害, に対して何, に対する甚だ, に惚れた, に決まった, に無理, に生ま変わっ, に相違, に遇, に遇った, に限っ, の, のあいだ, のある, のかかるべき, のこっ, のこの, のご, のすべき, のすべて, のところ, のみが知る, のもてあそび, のもの, のやう, のカラダ, の一群, の中, の五体, の仮面, の住ん, の作った, の使う, の前, の力, の哀訴的要求, の団結, の團結, の女, の寿命, の屍体, の当然, の役に立つる, の後楯, の心, の思想, の意志, の感想, の慾, の所業, の数, の最小整理形体, の本体, の本当, の本能, の歌, の正し, の気持, の気持ち, の気高い, の為すべき, の物, の皮, の目, の真似, の真実, の社会, の社会生活推移, の私意, の素質, の細胞, の裡, の誇り顔, の足跡, の通有性, の過ち, の道, の道徳, の集まっ, の首肯, の高, はありません, はある, はあんな, はいかなる, はいた, はいつたい, はいない, はいる, はことに, はこの, はこんな, はさ, はそういう, はそこ, はつねに, はどこ, はない, はほとんど, はまだ, は一匹, は世界中, は他, は何等, は偽善的, は僞善的, は冬, は嫌い, は岡, は度胸, は悉く, は憐れん, は戦争, は日記, は最も, は極めて, は殺人, は決して, は病気伝染, は皆, は私, は自分, は親分, は親方, は詩人, は賊将, は頼, ばかりの間, ほど卑劣, ほど幸不幸, までがそう, もある, もいよう, や, や家畜, や特色, よ, よりもえらい, よりもまた, よりも貴い, より遙, を, をいま, をここ, をさがし出し, を代表, を低俗, を作る, を内, を出, を出発点, を北欧, を待ち設ける, を思いうかべたらしく, を憎む, を抜擢, を捜しましょう, を捜す, を救い得る, を書い, を無理, を片っ端, を発見, を腐敗, を見た, を見つけ, を讃, を集め, を驚かせた, 特に女, 若しくは欠点

▼ あるそれ~ (474, 0.1%)

5 だのに, は 3 が為, だから, でゐ, を出し, を見る

2 [29件] が, がこの, がため, が人間, が膝, が自分, であるから, で居, と並ん, と同じ, につけ, に似た, に冷めたい, に反し, はその, はそれ, は人間, は何, は勿論, は外, は新, は日本, は本質的, は江島屋, は鳥さし, をこの, を思え, を自分, 故この

1 [391件] から, からし, から三十二年, から数町, から段々, がある, がいけない, がいずれ, がおのずと, がきょう, がこんど急造, がそう, がたえず, がだ, がつながり連, がどう, がほどなく, がまた, がもう少し, がもどる, がやがて, がよい, がアキコ, がブン廻し, がロマンチック, が一冊, が中古以來代々, が五十日, が他人, が仮定, が似かよった, が何, が何かしら神尾, が例, が全体的, が出版者, が初め, が判らん, が単に, が印象, が又, が反映, が命, が哲学, が唯物論, が問題, が変, が大略五, が家内, が左右, が広島駅, が廓, が待っ, が復讐, が心, が必需品, が愉快, が文学, が最も, が本当, が果して全く, が模範, が歴史的, が汝, が泣く, が洋學年表, が消えたら, が済め, が無限個, が目標, が知らず, が私, が第, が結合, が聞こえない, が茶の湯, が言, が誠に, が買收, が走っ, が近代語, が過ぎ, が電子, が頗る, くらいの怪異, こそ四抱, じゃ, ぞ正しく, だ, だけでも嬉しかっ, だけで一切, だけ単純, だと, であればこそ, でいい, でなくてさえ, でなくとも, でよろしい, で先発, で離れよう, というの, とおなじ, とし, とそっくり, とアナロガス, と全く, と共にこんど, と向かいあっ, に, においてもしくは, にし, にしんしん, にそう, について君, には, にはあらで, にはいささか, には全, には垣, には旅川周馬, には清純, には自分, には逆ら, にも劣らぬ, にも関ら, によって大衆, によって真相, に一念, に一流, に伴, に似, に思ひ附いた, に拠れ, に換, に気がついた, に牝羊, に老人夫婦, に苫, に象牙, のない, の太い, の革命的性質, はある, はいったい, はおそらく, はおもに, はお前さん, はからびた, はがんりき, はこの, はさも, はその後, はそれ自身, はたしかに, はちょうど, はときおり, はなくさなけれ, はほか, はまことに, はむしろ, はやはり, はわれわれみずから, はカレイ港, は一つ, は一層, は一悲惨, は中村吉蔵氏, は主体, は事実, は二十五, は二年あまり, は今日, は他, は他人, は以前, は何かと, は何と, は何とも, は凄い, は動かない, は勿体ない, は博士, は即, は古, は呼吸, は大抵, は大概傍, は奥村土牛氏, は女たち, は女難, は如何なる, は存在, は宜, は実に, は実在, は少なくとも, は山田, は市役所, は帰り, は平常, は年々五十萬圓宛, は年来, は強, は形式, は彼自身, は従来, は心理, は必ずしも, は恥ぢなけれ, は意識内容, は感覚, は批判, は承, は捕物小説, は敬治君, は文化価値, は文字, は断じて, は日常的, は明治, は春, は曼舟氏, は最後, は本当, は東, は構成, は模写的, は歴史性, は歴史的情勢, は氏, は気, は水沢さん, は決して, は浦原嬢, は渠, は無理, は無論, は熱心, は物, は狭量, は理論家, は直, は知性, は硬派, は私, は絵画, は絶対的真理, は翻訳, は自己, は自然, は良い, は裸, は観念的, は貧富, は責任, は鐵車, は間, は難, は雲州, は青地園子, は馬, は高田崇拝, は高雄, は鮎, へ乗り込ん, へ土産, へ紅殻染, へ踏, までに何, までアラビヤ, まで待たね, もその, もただ, もはじめて, もはつきり, も一度, も二人連れ, も八方, も内密, も冬, も品, も四角, も慥, も追って, も鍛冶, よりこの, よりほか, よりも美しい, を, をあなた, をあの, をいかに, をうつ, をうまく, をお, をきみら, をこういう, をこちら, をことごとく, をさらに, をし, をすぐ, をせずし, をその, をつけ, をどこ, をなぜ, をまた, をみんな, をわざ, をアリアーネ, をセッセ, を一疋, を事もなげ, を二人, を今日, を作者, を信じ, を六段, を内心, を切捨て, を制する, を取っ, を取外し, を取立てる, を合せる, を君, を味, を変えよう, を左, を待っ, を思っ, を思へ, を恐れ, を感謝, を手掛り, を承知, を抜い, を持っ, を持つ, を捜し出し, を掘りだし, を掘り取っ, を救っ, を敢, を断わる, を早く, を検討, を横切っ, を注射, を渡る, を炊い, を病床, を発見, を登つて八畳, を眺め, を知らない, を石, を私, を罪, を考え, を考へる, を聞かせ, を聞く, を自他とも, を若し, を見せ, を見附ける, を観るべく出かけられたらしい, を観察, を説い, を誰, を讀, を踰, を通して前, を通り抜ける, を道, を避け, を避けん, を間歇遺伝, を除かずし, を鞍部, を題材, を飜, 故ここ, 故にどちら, 故に会計係, 故に哲學, 故不断, 故盗める, 迄に切符

▼ あるにも~ (462, 0.1%)

13 拘らずその 12 かかわらずその 8 関らず 7 関はらず 6 せよ 5 拘らず, 拘らずそれ 4 かかわらず, かかわらずそれ, かかわらず彼, せよその, せよそれ, 拘らず彼, 関せず 3 かかわらずかく, かかわらずこれ, かかわらずわれわれ, かかわらず私, 係はらず, 拘らずこの

2 [14件] あられぬ思い, かかわらずここ, かかわらずこの, かかわらず多く, かかわらず現に, せよこれ, せよ一ぱい, せよ自分, 拘はらずその, 拘らずここ, 拘らず一向, 拘らず何等, 拘らず却って, 拘らず決して

1 [332件] あらず, あらずして, あらずその, あらず将, あらず消, あらず茅花, あられず据身, あられず片, あられぬため, かかはらず, かかはらず意外, かかはらず浴槽, かかわらずあそこ, かかわらずあの, かかわらずいつも, かかわらずいまだ, かかわらずいまや, かかわらずおそらく, かかわらずおのれ, かかわらずかえって, かかわらずかかる, かかわらずかの, かかわらずこっち, かかわらずすでに, かかわらずそこ, かかわらずその道, かかわらずとかく, かかわらずどうしても, かかわらずなお, かかわらずなぜ, かかわらずなに, かかわらずひどく, かかわらずふとした, かかわらずべつに, かかわらずまだ, かかわらずもしか, かかわらずアメリカ民族, かかわらずコンナ, かかわらずシャスタ, かかわらずソビエト, かかわらずノルウェイ, かかわらずベアトリーチェ, かかわらず一片, かかわらず一種固有, かかわらず一般に, かかわらず上等, かかわらず不幸, かかわらず世人, かかわらず世界, かかわらず世間, かかわらず予, かかわらず二十年来, かかわらず人, かかわらず人々, かかわらず人口, かかわらず今度, かかわらず今日, かかわらず他, かかわらず住持, かかわらず何, かかわらず係官, かかわらず個人自身, かかわらず先, かかわらず友だち, かかわらず叩いて, かかわらず吉田内閣積年, かかわらず吉野山雪中, かかわらず同, かかわらず和算家, かかわらず商店, かかわらず喫茶, かかわらず太平洋, かかわらず奇怪至極, かかわらず女, かかわらず婦人労働者, かかわらず学問, かかわらず学生, かかわらず安田氏, かかわらず完全, かかわらず実は, かかわらず実際, かかわらず専門的批評家, かかわらず少し, かかわらず幸福, かかわらず床, かかわらず座付き, かかわらず当時懐疑的, かかわらず当然, かかわらず彼ら, かかわらず彼自身, かかわらず往々, かかわらず後者, かかわらず数十, かかわらず文芸的作用, かかわらず新, かかわらず日本, かかわらず明治, かかわらず昨今, かかわらず普遍性, かかわらず極度, かかわらず歴史的時間, かかわらず毎月, かかわらず毫も, かかわらず火花, かかわらず烈しい, かかわらず玄内さま, かかわらず現状, かかわらず盛ん, かかわらず盲目, かかわらず神社, かかわらず神社仏閣, かかわらず穀物, かかわらず経済, かかわらず総体, かかわらず胸, かかわらず自らぎごち, かかわらず自ら血気, かかわらず自愛, かかわらず花, かかわらず荒れはてて, かかわらず薄い, かかわらず見て, かかわらず説き難き, かかわらず謙信, かかわらず貧乏, かかわらず近頃こう, かかわらず飢饉, しろ, しろその, しろ世慣れぬ妹, しろ大学, しろ彼ら, しろ政治家, しろ現実, せいいざ, せよか, せよけさ, せよこの, せよすこし, せよそこ, せよそれら, せよとうてい, せよどれ一つ, せよもしも, せよコナン, せよ一概に, せよ今日旧藩士族, せよ何故, せよ兎, せよ全体, せよ吾人, せよ大抵, せよ好き, せよ我々, せよ改正, せよ普通, せよ最初, せよ死, せよ比較, せよ民主的社会, せよ無い, せよ現実的, せよ結局, せよ肴, せよ葉子, せよ進んで, せよ金蔵, せよ頼, それとは, めげずかがりの, よるが, 不拘, 依るらしいと, 係らず其気, 係わらず保険会社, 係わらず忍んで, 因せざる, 在れず歎, 心注か, 拘はらず不安, 拘はらず今日, 拘はらず全く, 拘はらず再会, 拘はらず初め, 拘はらず取り合, 拘はらず在来, 拘はらず思はず今, 拘はらず機運, 拘はらず比較的, 拘はらず甚だ, 拘はらず私, 拘はらず薩摩上布, 拘はらず話しかけようと, 拘らずいつたん, 拘らずかれは, 拘らずきちんと, 拘らずそれ自身, 拘らずどこ, 拘らずどれ, 拘らずふと, 拘らずより, 拘らずわし, 拘らずわれ, 拘らずイワン, 拘らずオランダ人, 拘らずドイツ人, 拘らずベエコン兄弟, 拘らず一定, 拘らず世界宗教, 拘らず両者, 拘らず主義主張, 拘らず二つ, 拘らず于嗟, 拘らず人々, 拘らず今, 拘らず任意, 拘らず何となく, 拘らず何時も, 拘らず余り, 拘らず余輩, 拘らず作者, 拘らず依然として, 拘らず僕, 拘らず元, 拘らず全体, 拘らず共通, 拘らず出掛けて, 拘らず十八, 拘らず千数百カロリー, 拘らず即ち, 拘らず去年, 拘らず又, 拘らず受賞, 拘らず同時に, 拘らず向島, 拘らず君, 拘らず否, 拘らず吾, 拘らず問題そのもの, 拘らず嘘, 拘らず四十, 拘らず女房, 拘らず妙, 拘らず孔伝, 拘らず宗教, 拘らず実在, 拘らず客観性, 拘らず小栗桂三郎, 拘らず弱点, 拘らず当面, 拘らず形式的, 拘らず彼等, 拘らず後世, 拘らず徒ら, 拘らず御馳走, 拘らず意外, 拘らず意識, 拘らず手伝い, 拘らず抽象的, 拘らず敢, 拘らず斉, 拘らず新, 拘らず日常低俗, 拘らず時間そのもの, 拘らず未だ, 拘らず本当は, 拘らず桓公, 拘らず極めて, 拘らず此, 拘らず段階的, 拘らず母子二人, 拘らず法隆寺, 拘らず然し, 拘らず父, 拘らず狐, 拘らず甚だ, 拘らず生活程度, 拘らず盛, 拘らず盛ん, 拘らず直線性, 拘らず眼鏡, 拘らず着々, 拘らず矢張り一種, 拘らず神, 拘らず秋三, 拘らず科学, 拘らず科学的精神, 拘らず稀薄, 拘らず組織的, 拘らず結局, 拘らず結局従来, 拘らず総理大臣, 拘らず線路, 拘らず脚絆, 拘らず舞, 拘らず若菜, 拘らず虚偽論, 拘らず観察, 拘らず論理自身, 拘らず講釈師, 拘らず資本主義自身, 拘らず軍事的, 拘らず閣僚誰一人, 拘らず附近, 拘らず青年, 拘らず頤, 拘らず香, 拘わらずその, 拘わらずとにかく, 拘わらずほぼ, 拘わらずフランス古代劇, 拘わらず不安, 拘わらず人口, 拘わらず今日, 拘わらず分析, 拘わらず取り合う事, 拘わらず大阪方, 拘わらず子, 拘わらず心臓, 拘わらず戦争, 拘わらず未だ, 拘わらず肉, 拘わらず薩摩上布, 拘わらず話しかけようと, 拘わらず趣味, 拘わらず頽廃, 構はず淀橋で, 関わらずこの, 関わらず風, 關らず, 非ず, 驚きそこ

▼ あるとしても~ (461, 0.1%)

39 それは 12 それが 4 それを 3 これを, だ, われわれは, 我々は, 私が, 私は

2 [14件] ここは, この場合, これは, そのため, その人, はたしてこれ, 之を, 人間は, 僕は, 彼の, 彼は, 彼らが, 日本人の, 確かに

1 [360件] あなたほど, あの女, あまりにも, あまりに美しい, あんな山地, いいさ, いかに巧妙, いくらか, いずれその間, いやそれ, おそらく中部地方, おそらく顔色, おとなしいお, およそ神様, お前一人の, お客さまは, かかるもの, かの若党, かれの, けっして人類, けっして彼ら, ここに, このお, この両者, この事実, この事情, この初等教育, この区別, この忙しい, この点, この状態, この鏡, これに, これのみに, これらの, しかしそういう, しかしその, しかしただそれ, しかし半蔵, しかも彼ら, すでにソヴェート・ロシア, すでに家, すでに重臣会議, すべての, せいぜい一晩, そういう生活, そうしたこれ, そうした方, そうは, そこまで, そのこと, そのひと, その不可能, その不法, その二つ, その供給, その又, その同, その地, その場合恩恵, その山茱萸, その方面, その日, その核心, その気質, その片鱗, その用心, その種類, その第三者, その葉形花容, その行き方, その記念, その責任, それぞれ独自の, それだけ, それでももう, それでもやはり, それに, それによっては, それよりも, それらの, そんなところ, そんなにたやすく, だいたいそう言える, ついには, つまり前, ですよ, とても捜し出せやしないでしょう, とにかく我々, とにかく氏, ともかくも, ともかく社会的地位, どうしてそれ, どうしてスリ, どうする, どうにもしかた, どの原作, ないとしても, なおさら少ない, なおそれ, なお竹野君, なぜか, なぜ或, はたしてそんなに頼り, ほとんど真面目, まさに環境, まずまず成功, またそういう, またその, またたやすく, まだ彼, まだ生, まづは洗練, もつと, もとの, もともと戯曲, やむにやまれず押し切っ, ゆくゆくは, わたくしの, われわれが, われわれの, ガス状の, キャメラの, ジグザグの, デカルトの, ポエヂイとしての, マルクス主義文学と, ラジオが, 一つの, 一個だけの, 一寸探し出せない, 一般には, 一面に, 七人の, 七郎左衛門までが, 三万両で, 三人と, 三萬兩で, 下等社会が, 不快な, 不思議でない, 不良少年との, 与えられた一切, 中ノ岳の, 主観主義的心理主義とは, 之から, 之が, 之は, 九代目団十郎を, 予想された, 事実に, 事実上の, 二つを, 二合瓶に, 人の, 人口と, 人間ひとりの, 今の, 今は, 今仮に, 今吾人, 今眼前, 仏教と, 他人には, 伝統と, 何か, 何が, 何に, 何事か, 何分それ, 余りに其数, 余りに惨め, 依然今, 俺の, 俺は, 個人が, 値段は, 健吉くんも, 僕には, 全く人為的, 全く抽象的, 全体として, 全体としての, 公衆道徳を, 其の真相, 其時代の, 其道義的意義が, 内容には, 再び元, 写真では, 凡ゆる, 出発の, 初めから, 初めには, 前者を, 剛い, 勝つ者, 勝敗は, 勢力は, 勢籠つた, 北京路辺の, 十九や, 十九世期の, 半分なり, 博読の, 却つて宗教その, 友さんみた, 双方殆ど区別する, 古く, 各自が, 同じよう, 同一の, 同時にこの, 同時に儒教, 四谷の, 団十郎や, 国民が, 国民全体は, 国民財産の, 変である, 夏の, 多くは, 大きな自然, 大事は, 大体に, 大体文壇の, 大略の, 大體, 妻の, 子供を通して, 宇宙の, 安っぽかろう, 宗教的で, 実情は, 実現する, 実際には, 家を, 寛大は, 少なくともその, 少なくとも今, 少なくとも自然科学, 少数者は, 広義国防という, 弱点は, 彼が, 彼女は, 往く者, 往来で, 後の, 忘れなかった僅少, 快く自分, 思想を, 急いだ効果, 怪しむに, 恐らく一九三六年三月廿四日以前, 悪漢どもの, 慾を, 我々の, 我々も, 或いはそれ, 所詮は, 抑も, 捨てては, 描法の, 敢えて聖人, 数以外の, 文化価値に, 文字が, 断じて詩, 新しき資本主義文学, 日の目を, 日本現代の, 昔の, 最も單純, 未だわが国, 本邦火葬の, 東方まで, 根本には, 機会の, 此の, 此人と, 歴史の, 歴史は, 死骸として, 毎日十八時の, 決してただ, 決して軍用器材, 河内介までが, 法然房が, 炉の, 無意味であろう, 特色が, 猶ほ, 現在私たちの, 現実の, 理論の, 甚しく, 生活資料の, 産という, 田川夫人が, 甲の, 申訳に, 異境に, 疑念を, 発火と, 皆具取鎧う, 目立つという, 直接法規作製に, 相互に, 相当の, 相當, 眼や, 眼前で, 社会は, 秘本と, 稀有な, 突然これ, 笑って, 第二, 終には, 終局的な, 絶対的なる, 続際, 綿井氏が, 老子などは, 老年の, 考えて, 聯想としては, 自分は, 自分自身を, 自己に, 自然的時間の, 自然科学とは, 良寛様の, 芝居の, 藤尾を, 蠶豆を, 記号は, 話すこと, 誤謬と, 誰か, 論理の, 議会機能が, 貝殻の, 足利時代の, 身体および, 軽症者の, 農民達は, 進歩の, 遠慮が, 選擇する, 重武, 重要な, 闇が, 雪影は, 非自発的, 非難し, 頼み込むべき筋合, 食物は, 駿介は

▼ ある~ (460, 0.1%)

10 の家 6 はこの, はその 5 はそれ 4 は今 3 が, の友人, の心, の生活, は, はそんな, は幸福, は私

2 [39件] があの, がこの, がその, がどうして, が怪しい, である, というもの, なども現在語, にふさわしく, にも, のいわゆる, のやう, の仕事, の口, の場合, の姿, の子供, の手, の手紙, の母, の生家, の相手, の眼, の祖母, の部屋, の顔, の食卓, はいつも, はかう感じた, は先ず, は川下, は思ふ, は感泣, は手, は空気, は自分, は酒, は風景, も何

1 [327件] からみれ, がどう, がほね, がゐる, がタイ, がドイツ兵, が不幸, が何, が作る, が先刻, が先年巴里, が党外, が別個, が叱, が少し, が彼等, が後, が怒っ, が政談演説, が時々, が曾, が最初, が東宮, が梶井, が牛, が特に, が私, が縦令, が考え, が酒, が長い, この二人, ごとき者, だ, だが, だけで, だけにいま, ださ, だつた, つひに, であります, でさ, ではある, でも, という人物, としてはなんとか, とてもこの, となつた, とのいきさつ, とは少し, と斯, と母, と滝尾どの, と関係, などには時, なども半, なの, なんかも生来, にこよなき, にすらつくづく, にだけは是非, にだつ, については何, につり合った, にとっては無, にとっては閣下, にとって健全, にとつて, には, にはその, にはそれ, には何, には少し, には彼, には数, には武芸, には決して, には眼頭, には私, には腕, に一切, に不, に会い, に取っ, に向っ, に忍耐, に思ひ, に打ち明けよう, に昔, に是非, に最大, に無理, に特別, に自分, に關, のほか, のジエィン, のトランク, のホント, の一番, の一番嫌ひで, の三八九, の中, の丸裸体, の体, の俳句, の入, の十六, の十四, の卒倒, の原稿, の句, の哲学者たち, の四輪馬車, の土地, の夜具衣類, の大家, の女, の好き, の妹, の妻, の妻子老父, の妻房枝, の娘, の学生生活, の学資, の寓居, の寝台, の屋根, の幼年時代, の弟, の從兄, の心持, の思想, の性情, の恋人木崎初代, の態度, の所, の手袋, の接した, の撮影, の故郷, の敍情詩, の文字, の文章, の方, の日々, の書く, の書斎, の最後, の望ん, の標本, の横暴, の気持ち, の物語, の現住所, の生きるべき, の画風, の番, の目, の知人, の答弁, の結婚, の縮図帖, の義弟, の能くす, の自画自賛, の花園, の著書, の詩, の講義室, の貧乏, の資金, の身體, の釣, の陋屋, の靴, の願, の風体, の首, はいちど闇, はかえって, はかつて, はここ, はこんな, はさう, はしば, はすべて, はそれほど, はそんなふうに, はたいてい, はぢ, はついに, はどうして, はどこ, はばけ, はひたむき, はひどく, はふと, はほん, はまことに, はまた, はまだ, はみじめ, はやつぱり薄, はよき, はよく, はナポリ, はハツ, はラスキン, は一日駅路, は不健康, は主として, は之, は二人, は今夜, は今日, は今更, は今頃, は他日, は何かしら, は俳人, は先づそこで, は入浴好き, は友人, は口, は君, は国元, は外国, は多少, は大, は女の, は好々爺, は娘, は子供, は孤独, は孤立, は完全, は家庭争議, は寂然不動, は寝床, は小さい, は山腹, は巷, は常にそう, は幸, は幼少, は弱らない, は当然, は彼, は彼ら, は彼女, は彼女等, は後悔, は悠々, は憐れ, は成し遂げるべく, は我儘, は或は, は探偵小説, は文字, は日本人, は昨日, は是非, は時又, は曾, は朋友, は此, は歴史, は毎度, は気の毒, は無論, は熊沢氏, は父, は相手, は眠っ, は眠つて, は科白, は立, は答えた, は純真, は絶壁, は自, は自戒自粛, は自炊, は自由, は蚊帳, は諸君, は貧乏, は身, は辷る, は近日, は連絡, は長寿必, は間, は関心, は非人情的, は靴, は頭, への気がね, への評言, へ話, もいよ, もその, もそれ, も一人, も今, も幸, も庵, も愉し, も案外, も樹明君, も立ちどま, も自分, も観せ, をいぶかり, をつかまえ, を不思議そう, を以前, を動機, を待ち焦れ, を承服, を敵, を模, を罪人, を除い, 共に

▼ ある~ (446, 0.1%)

42 では 13 に於 11 である 5 から見れ 4 です 3 からいっ, だと, でも, を座談

2 [18件] から云え, から見, だ, で, でそれ, にある, に注意, に達する, はその, へ来る, までこの, まで急速, まで犠牲, まで直訳, まで私, まで自分, まで象徴性能, を強調

1 [323件] からいえ, からその, からはよい, からは先代文学, からは近年, からは関ヶ原, からも別れる, から云, から必然, から急, から或いは, から推し, から根所以外, から注意, から特に, から自分たち, から言, がある, がいくらか, がうき, がおそらく, がおもしろいとお, がここら, がちょっと, がとんでも, がよい, が僕, が如何, が実は, が少なくとも, が我が, が日本, が明, が自分, が面白い, しかし, しかもこだわった, すぐ自由, そのいずれ, その流れ, だけが奥様, だけが盆祭, だけで, だけで少し, だけは真面目, だけは触れ, だけ一応, だろう, つよめられ深められた, であった, であって, であるが, であると, でいちばん父, でかの, でこれ, でこれ等, でしとやか, でそういう, でだけありがたく, でなければ, でひどく, でまだ, でよ, で一致, で今一人, で停止, で共に, で変らない, で好, で少し, で平野義太郎氏, で彼等, で御, で我々現在の, で日本人, で甚だ, で男の子達, で看破つて, で社会哲学者, で第, で行き, で西洋, で違った, と, とで極めて, となるだろう, と合致, などもその, などもただ, などをも注意, など殊に, など都合十罪, なるほど, においていっしょ, においていっそう, においてこの, においてその, においてそれ, においてのみのこと, においてはこれ, においてはむしろ, においてはフランス, においては主戦論, においては反対, においては同一, においては従前, においては新, においては渠, において一つ, において一様, において一致, において人口, において変わり, において少し, において形勢, において心, において忠興, において明治初年, において欧洲, において父, において現代, において現在, において生活, において男子, において私, において紳士, において藤村子, において超, において趣味, にかけてはかう, については吾人, については沙漠, について会社側, について彼, にで, にはなみ, にも注意, により, に不思議, に傾く, に力, に変り, に多量, に完全, に就, に徹底, に急, に於い, に津田, に特色, に調子, に達した, に間違, に関しては謙遜, に関する興味, に集中, ね, のみが顕著, の中, の機械的誤謬, は, はありがたく, はいつ, はこの, はそこ, はそれ, はそれら, はだれ, はどう, はまだ, はわれわれ, はナイブ, はラジオ, は他方, は先, は前, は劣っ, は却って, は取り, は同じ, は否み, は国民何千万人, は変らない, は御, は或, は斟酌, は横光氏, は注目, は無論, は申し分, は芸術的価値, は言, は誇張, は近代的探偵小説, は高尚, までかえって, までかたは, までしか訣ら, までの一致, までの年功, までの普及性, までの理解, までの発達, まではこの, まではやっと, まではやつ, まではタンテイ, までは好き, までは改作, までは新聞, までは映画, までは歩調, までは確か, までは纏, までは聡明, までは見えるで, までは輝子, までは連用, までは音転, までぴつたりと合つて, まで丈五郎, まで上品さ, まで上達, まで下っ, まで之, まで事実, まで二人, まで二商品相互, まで人生, まで今, まで伝へ, まで伸び, まで似よった, まで作者, まで修業, まで俳句, まで公式的, まで共通, まで写実態度, まで分立, まで分離, まで古, まで叩きあげた, まで同じ, まで四季, まで変わっ, まで完成, まで実際, まで当たってるらしく思われた, まで彼ら, まで拡げ, まで拡張, まで挙げ, まで推理, まで新しい, まで書き分けよう, まで条件, まで正しく, まで歩み寄, まで歩調, まで無視, まで現れ, まで留め, まで発育, まで発達, まで相殺, まで知つて, まで確か, まで範囲, まで絶対, まで観賞, まで訣ら, まで認めなく, まで貴族, まで超脱, まで進行, まで達し, まで重要, まで集成, も分っ, も指摘, も日頃, も甚だよく, も私, やや異なる, や根拠, よりこ, をディクンス, を充分, を先ず, を兵部卿, を冷静, を媒介, を実質的, を御, を恥じ, を捕え, を明らか, を深く, を無視, を理解, を考え, を自覚, を見出し, を見逃すべきで, を語っ, を説明, を述べ, を除け, 及び歴史小説, 多少とも, 斯くの, 時には, 書いて, 甚だ愉快, 甚だ面白い, 迄は満足, 迄内容, 迄成功, 迄許す, 迄進行, 違って

▼ あるとの~ (426, 0.1%)

35 こと 29 ことである 25 ことだ 15 ことであった 14 ことです 9 ことで 8 事である 7 事であった 6 ことを, 理由で 5 ことだった, 事だ, 確信を, 説も 4 事で, 見地から, 説を 3 ことじゃ, ことだつた, ことでした, 事, 事を, 噂を, 意である, 結論に, 説が 2 ことであります, ことに, 判斷に, 創見の, 噂が, 思想は, 意であろう, 推測から, 条件を, 議論が

1 [193件] あきらめに, いわば迷信, うわさは, おことば, おぼしめしから, お告, お教え, ことご, ことしかるべき, ことしめた, ことその, ことそれでは, ことそれを, ことでございました, ことでございまする, ことな, ことなれ, ことゆえ, こと今頃は, こと小高い, こと故, こと近々, マルガリイダの, 一つの, 一ばん奥まった, 一事実だ, 一点に, 一説ただに, 上申書を, 主張であった, 主意である, 予備知識なく, 事いよ, 事が, 事その他日本紀, 事たやすく, 事だつた, 事であら, 事でした, 事です, 事に, 事をも, 事実が, 事實に, 事情が, 事或いは, 事等々の, 人の, 仰せ, 仰せでした, 伝説が, 信仰が, 信仰である, 信仰の, 信念を, 公評であった, 判決を, 医者の, 口吻を, 口実が, 口実を, 口実をも, 古来の, 吉田博士の, 命題を, 噂も, 報, 報せである, 報告は, 奇態なる, 妄説が, 妄説も, 嫌疑から, 学説を, 定評である, 定説を, 宣言は, 専らの, 差ある, 差であっ, 差は, 平子君発見の, 年来の, 強い自負心, 彼の, 御返辞, 思想が, 情報も, 想像は, 意を, 意味かも, 意味に, 意味を, 意強き嘲り, 意義より, 意見であった, 意見を, 感じが, 感なき, 感を, 手紙が, 手蔓を, 揚足取りも, 教文もござります, 教訓も, 新事実, 日本人の, 旧説, 旨を, 条件の, 条件及び, 格言は, 注意で, 流言で, 深い深い思し召, 満足からも, 現代意識を, 理を, 理由から, 理由と, 理由に, 理由を, 理由を以て, 用意の, 申し渡しだ, 相違が, 看板の, 確証を, 社会治安の, 神学思想を以て, 立場は, 答えだ, 答えであった, 答えである, 精神を, 義, 考えにでも, 考えも, 考から, 考へ, 考へが, 考へも, 考も, 自信を, 自覚ある, 自覚から, 自覚が, 自覚であり, 致す所, 蛮風が, 要求又, 見当を, 見方が, 見解は, 見解を, 記事が, 証拠を, 証明に, 証明は, 証明を, 評が, 評判でした, 話その, 話だ, 話だった, 話で, 話である, 話なり, 誇らしげな, 誤解も, 説さえ, 説だ, 説であった, 説である, 説に関し, 説は, 談であった, 論は, 諜報も, 諸国潜行の, 返事であった, 返事です, 迷信が, 通知が, 違いに, 非難が, 非難さえ, 非難を, 風評であった, 風評を, 風説が, 駿介の, 點に

▼ ある人々~ (421, 0.1%)

7 の中 6 はその 5 の心, の間, はそれ 4 はこの, は彼 3 のうち, の生活, は

2 [22件] が, がいう, がこれ, が自分たち, すら時として, にあっ, にとっては涙, にとつて, によつて, のもの, のよう, の内, の各々, の胸, の話, は不当, は五七連節, は今日, は知っ, は私, は自然, は非常

1 [332件] からさ, からはきびしき, からはつかみ, からはひそか, からは前, からは明解, からは歓呼, からは英雄, からコルネイユ師, から受け, から尊敬, から直ぐ, から種々, から認識, から讃め, がいた, がかつて, がこの, がすぐ, がそう, がその, がそれぞれ, がなしてる, がやつ, がパン, がレール, が互いに, が住ん, が十分以上, が和平派, が多かっ, が奢侈ぜいたく, が彼, が必要, が感覚的恋愛, が懦夫, が或は, が此世, が男, が直ぐ後, が相互, が私, が足早, が選ばれた, が遺し, が金, が鏡如様, が隠れ, が食物, こそそれ等, さえ見えた, さては佛教界, じゃ, そういう人たち, だ, だけをあんなに, だけを楽しませる, であった, であったこと, であったにも, であった事, であの, でありおのずから, でありそして, でありみんな, であり他, である, であること, であるだけ, でございますが, でさえ表面上灰色的態度, でした, でなければ, ではない, でも一旦, でも私, で地方町村, で広間, とからできてる, とこの, としては決して, と一緒, と人々, と握手, と既に, と話, などつまり, など個人, ならば, にお, にかぎられ, にきわめて, にし, にすらこの, にするごとく, についてばかり多く, についてもすこし, にとってはそ, にとってはもしも, にとってはもともと, にとっては全く, にとっては創作方法, にとっては塩, にとっては夜, にとり, には, にはおそらく, にはお目にかからなく, にはその, には一體, には余りに, には児戯, には其の, には喜び, には奇, には少し, には快い, には思われる, には意識, には旧聞, には輕ん, には返事, にひろげ, にもあてはまる, にも等しく, によってそれ, によって云われ, によって日頃取沙汰, によって行われね, に介抱, に依っ, に冷汗, に助けられ, に厳密, に取っ, に奉仕, に対して正当, に対する, に對, に悦び, に日本風, に甚大, に禍い, に諷誦, に起こさせる, に頭, のあいだ, のあつまっ, のある, のこと, のため, のつとめ, のみで, の一人, の主張, の主観, の人, の他, の作, の信じ, の公達, の写真, の処, の名, の名前, の多い, の多く, の多数, の夢, の大人, の大部, の奉仕, の如く, の如く芝居, の寒, の小, の年齢感, の影響, の急死, の性格, の想像, の意見, の才能, の折々, の救出, の教化, の日ごろ, の書いた, の書簡, の武運長久, の父, の環境, の生き, の百人中九十九人, の眼, の精神, の署名, の考え, の考える, の考へ, の考慮, の聲, の虐殺, の訓詞, の記憶, の許, の評, の説, の讃嘆, の趣味, の足, の遊び振り, の遺伝, の階級, の随意的能力, の高い, の魂, はある, はいっ, はかれ, はさ, はさすが, はすでに, はすべてかく, はそこ, はそれぞれ, はつい, はついに, はどう, はみな見物人, はめずらしく早く, はもし, はもはや, はやはり, はわれわれアメリカ人, はカンカン, はフランス, は一向に, は七五・四行, は七五調四行, は三・五, は云ふか, は他人, は倒壊, は全く, は全然, は別, は到底, は前者, は力, は勇士, は半時間ごと, は却って, は反感, は名前, は哨兵, は地上, は大勢, は大変, は奥, は完全, は実際, は少し, は彼女, は必然的, は思はず噴きだし, は恋愛, は憂へ, は手当たりしだい, は技巧, は教養, は新, は新聞, は既に, は日本, は死ん, は残らず出かけ, は水っぽい, は沖縄, は洋楽, は海, は皆, は皆正当, は目, は積極的, は紙上, は自分自身, は苦々しく, は草小屋, は著者, は親切, は言うだろう, は誰, は諦め, は貧しい, は貧者, は越前, は足, は進ん, は過ぎ去つた, は重吉, は長い, へ云い送った, へ我が, へ贈りたい, もいる, もえ, もその, もたがい, も祖国, や愛する, よ, よりは却つて, をあんなに, をけなす, をし, をたすけ, を二三間, を入れない, を厳に, を四六時中, を寂し, を対象, を待たね, を捨て, を救護, を殺し, を犠牲, を知っ, を論争, を追いはらった, を遠ざけ

▼ あるじゃ~ (416, 0.1%)

210 ないか 80 ありませんか 34 ないの 22 ねえか 8 ございませんか 7 ござんせんか 6 ないですか 5 アない 4 ないかと, ないかね, なし 3 アねえか 2 あなし, ごわせんか, ねえかよ

1 [23件] ありましねえか, ぃ, ございません, じゃら声, ない, ないあんな, ないかい, ないかという, ないかねえ, なしお, なしなんで, なし人, なし余り, なし要するに, なし野天, ろうがい, アありません, アございません, アなし, ア無, 宜え, 有りませんか, 無いか

▼ ある~ (402, 0.1%)

5 人に, 大名の 4 城の 3 友だちは, 浦の, 金持ちが

2 [33件] かたで, かたの, きまりの, ぬいさんの, 互ひ, 人だ, 仕事できる, 吉の, 君という, 味方の, 味方は, 品は, 夏の, 孃さんが, 屋敷の, 手紙を, 武家様が, 浦は, 父さまの, 琴の, 社の, 神籤を, 粂の, 経の, 膳の, 芳は, 言葉に, 身の上とは, 銀が, 雪が, 顔を, 館の, 鶴が

1 [313件] いちどのの, うたな, うちです, うちの, うちへ, えいに, えいを, かしずきを, かたが, かたはちがった, かたを, かっぱと, かっぱの, かなは, かみさんと, かみさん達を, かめば, きみは, くみさんの, さばきを, さむらいさん, せい様の, それが, ぢさんの, つぎの, つねは, とら婆アを, はまである, はまは, ひるすぎ, ふくが, ふたりに, ふだを, べん, ほくこれ, ほ家, ほ岩, みのの, みやで, ゆうの, ゆみとの, ナツの, 両人様でございます, 久の, 互を, 京さんは, 人, 人々は, 人し, 人で, 人である, 人です, 人と, 人な, 人よし, 仁でなけれ, 今は, 住居の, 体ゆえ仕, 使いが, 侍さんとは, 侍さんに, 侍さんを, 侍だ, 俊なぞは, 光さんは, 光の, 光は, 八重という, 八重は, 公卿さまの, 出入先に, 助けも, 勝という, 勢です, 医者さんだ, 医者さんに, 十夜の, 十夜孫兵衛だ, 千絵に, 千絵の, 千絵様に, 半の, 友だちばかり, 友達に, 名前を, 君さんの, 君さんは, 君の, 君は, 吟は, 味方とは, 味方なり, 味方への, 味方も, 命じ, 咲さんが, 咲の, 品々などは, 品後家とも, 喋舌り, 噺, 噺でした, 地蔵様が, 城です, 城に, 城を, 堀の, 声である, 大名が, 大名屋敷に, 天気は, 天気も, 天狗様の, 天狗様まで, 女中と, 妙の, 妻の, 妻は, 姉様に対して, 姫樣が, 媽さんが, 孃さんの, 孝さんと, 安の, 定は, 小夜は, 尻を, 屋敷が, 屋敷に, 屋敷は, 屋敷へ, 屋敷を, 島は, 帳簿箱へ, 庇に, 延に対して, 弟子には, 役に, 役人だ, 徒士か, 得意さまの, 心よと, 思いに, 恵が, 手つだいの, 手水場の, 手筋じゃ, 手紙と, 文庫の, 料理で, 料理を, 旗下の, 旗本の, 旦那は, 暇は, 月夜の, 机の, 柳の, 桐の, 梅の, 武家さまを, 武家の, 殿様でございましたら, 民もう, 水を, 浚ひ, 浦が, 浦だ, 清という, 源には, 澪と, 濠の, 灯明の, 燈明の, 父様の, 犬に, 猿さんが, 珠だった, 由羅が, 畳奉行の, 白粉が, 白粉を, 百合を, 百姓が, 百姓さんが, 百度ふむ, 皿は, 睦の, 石は, 社も, 社を, 祖父様の, 神さんや, 稲が, 稲荷さまの, 稲荷様が, 稻荷さまの, 稽古とて, 竹と, 箸杉の, 米つぶほどの, 米な, 米は, 米や, 米を, 粂は, 粂や, 粂を, 糸さんの, 糸坊が, 紋の, 納戸の, 絹お, 綱が, 綱の, 綱自身は, 綾さんには, 繁さんという, 習いお, 聞入れ下さるまいか, 聲です, 能の, 艶では, 艶の, 艶も, 芋の, 芝居上手に, 花ば, 茶漬を, 茶碗に, 茶道具の, 菊が, 菊という, 菊といふ, 菰さんであります, 葉の, 蕗を, 蘭に, 蘭の, 蝶が, 蝶という, 蝶に, 血筋の, 裁縫や, 見せすること, 見送りを, 角さんを, 角に, 角を, 言葉です, 言葉を, 詞かなと, 誂え向き, 豆屋かしら, 豊の, 貸元が, 賽銭ふんだくろう, 身の上と, 身の上という, 身代わりで, 通だった, 通では, 通の, 通も, 遊さんは, 遍路婆さんも, 道具を, 遺骨を, 邸で, 邸です, 邸と, 邸の, 邸は, 部屋が, 部屋では, 部屋へ, 酒の, 醫者の, 金持ちから, 金持ちの, 金持の, 銀の, 銀は, 銀様が, 銀様でも, 銀様の, 長屋へ, 開帳が, 閻魔様には, 陣屋では, 雛さまを, 雪という, 雪といふ, 雪は, 静が, 靜が, 靜でした, 顔つきで, 顔は, 顔へ, 風呂へ, 館様目下窮境に, 馬という, 駒ちゃんが, 高と, 高に, 高を, 魚が, 鮒の, 鳥の, 鳥を, 鶴は

▼ あると共に~ (400, 0.1%)

6 他方に 4 他の 3 一方には, 他方では, 自分の

2 [17件] また相当, 一種の, 不道徳である, 出口である, 又一つ, 同時に又, 存在である, 彼等の, 得難い友人, 或る, 新しい技術的目的, 日本の, 機械では, 真に驚くべき, 着るの, 精神であり, 誰の

1 [347件] あの一九二九年, あらゆるリベラリズム, いやに, うか, うしろめたい, お秀, お葉, かなりセンチメンタル, きわめて色彩的, けさの, こういう事情, ことわざでも, この, この一行, この種, この郷, これから吉野, これは, すでに一つ, そうした人々, そこに, そこは, そのため, そのはたらき, その人自身, その人間, その使用, その同じ関係, その推移発展, その有力, その槍, その知られざる, その行動, それが, それと, それは, そればかり, どういう意味, なお至極, なにかの, ぬきさ, ひ, まことに根, また, またあまりに, またここ, またこの, またすべて, また一つ, また一度, また人間, また信仰問題, また偏狭, また同様, また尾瀬, また強い, また恐ろしい, また明治, また最も, また本, また村役場, また比類, また津軽, また深刻, また癩者独特, また蠱惑的, また身, みごとに, みまの, むしろより, よく明かに物, より多く, より美, わが国の, わが退屈男早乙女主水, イデオロギーの, イデオロギー一般の, ジヤアナリズムの, スモーキングルームだ, ソナタ形式の, ハイドンの, マイナスな, ワルターの, 一つの, 一切を, 一定の, 一度こっち, 一方に, 一日の, 一時的な, 一般的な, 一面は, 七瀬にとっても, 三人が, 下情に, 不健康でも, 不忠でも, 世界の, 世界的であり, 世界観の, 両先生, 丹後風土記には, 之が, 之と, 之へ, 之を, 事の, 事業でも, 二つが, 交番所であり, 亦これ, 人に, 人事を, 人間で, 人間として, 人間の, 人類的であり, 今に, 今一つは, 今日此の, 他方それの, 他方どこまでも, 他方同時に, 他面に, 他面においては, 他面之を, 何事をも, 何処か, 何時まで, 余程長く, 作らるべき品, 個人的存在を, 優れた人生批判, 全曲の, 内から, 内にのみ, 内的人間である, 出世作であり, 前述の, 単なる物体, 又やがて, 又イデオロギー, 又イデオロギー形態, 又一世紀, 又主人公, 又同時に特に, 又大きな, 又少し, 又心理, 又明, 又最後, 又虚偽意識, 又規範, 又認識理論上, 叔父の, 古くは, 古語でも, 合理的でなけれ, 同時に他方文化的, 同時に吾, 同時に普通, 同時代人, 名状すべからざる, 否ある, 吸血鬼的の, 哲学にも, 哲学の, 哲学や, 善良なる, 国家主義者である, 国語に対する, 土地で, 多少の, 多感的であらね, 多数以上の, 夜更しが, 大きな歴史, 大伴氏自身に, 大政治家, 大新聞人, 天下に対して, 夫は, 女性である, 好色だった, 妨碍者である, 宇宙全体な, 宗教上の, 実に一つ, 実は今一つ, 客觀である, 宣教の, 家庭に, 家附の, 富の, 専門家ならぬ, 将来我々の, 尋常茶飯の, 對立である, 小説的興味が, 巫女も, 帰納的であり, 幇間でも, 広告宣伝文以外に, 建設者と, 張合の, 当然又自由主義的, 彼自身の, 後の, 従来の, 徳川家に対しては, 心的働きの, 必らず, 必要な, 恐ろしく勿体ない, 悲惨である, 情意的でなけれ, 意味の, 意識より, 態度も, 批評記事の, 教導でなけれ, 散歩道であり, 数学教育の, 文化が, 文学としての, 文學で, 文章が, 斯う, 斯様な, 新しき社会, 新聞が, 新進を, 日つぎの, 日本主義者である, 日本人の, 日本始まつ, 日雇取, 明治の, 時代に, 晩年の, 更に熱心, 曹操の, 最も大切, 最も面白かっ, 最後の, 朝廷の, 未来を, 松村彼自らも, 林崎甚助にとって, 根本弱点で, 極めて意味, 極めて新しい, 権利である, 歌枕は, 歐州大陸の, 此の, 歴史家である, 死に対しても, 歿く, 民族によって, 民謡集である, 永久の, 永遠なる, 波動である, 深慮の, 深遠な, 湧くが, 演出家であり, 演繹的である, 漢以來の, 無限の, 牧への, 物語によって, 特に深甚, 特殊的な, 猿楽の, 現下の, 現代の, 現在の, 現實世界, 生命の, 生物学主義的な, 用意周到な, 田辺哲学の, 町の, 異国も, 登山の, 皇室の, 直ちに又, 直觀的, 真に一視同仁, 真の, 真剣とか, 真面目で, 知らず識ら, 短所でも, 社会の, 社会は, 社会的な, 社会的に, 社会的作家である, 神である, 私にとっては, 私には, 科学的研究方法である, 立派な, 精神の, 精神的にも, 統一で, 絶大の, 老い傾いた, 考えらるる, 聡明でなく, 聡明な, 腹立しかった, 臆病で, 自ら神言を, 自分たちの, 自分自身が, 自衛戦でも, 被告の, 製作の, 誘惑的で, 貴重な, 資本主義の, 質に, 超越的である, 超越的内在である, 身だしなみも, 身に, 軍人な, 農民から, 近年の, 逆に, 遥かに, 部分, 郷里では, 酒の, 関係的であり, 陶器の, 離る, 非常に, 非歴史的, 革新派でなく, 飽迄も, 髪の毛の, 魂の

▼ あるほど~ (398, 0.1%)

9 だった 6 である 4 そこに 3 それが, それを, だ, だから, ですから, 彼は, 私は

2 [22件] さうし, そんな気持, だからね, だし, です, で私, 世の中は, 人に, 俺の, 僕は, 出生の, 厭な, 同様に, 声を, 多くの, 大きいもの, 容易である, 彼が, 彼の, 謂わば, 逆に, 高く遠く

1 [314件] い, いい, いいかと, いいこと, いとしい私, いよいよ算盤, いよいよ馬田, おびただしく正月, お互いに, お前は, お嫁さん, お辞, かえってこの, きく人の, きょうの, こちらで, このまま闇, この世に, この世は, この人, この可能性, この問題, この打撃, この陰影, こりゃ奇絶, これに対する, さうなる, すんだあと, そういう自分自身, そうだ, そしてその, そのすべて, その傾き, その割れ目, その国, その場合, その小説, その差別, その恋, その悩み, その治療的効果, その物, その男, その真理, その眼, その社会, その結果, その統御法, その統計, その追憶, その追求, その連鎖, その遊星, その高, その魂胆, それだけ一層直接的, それだけ排他的精神, それだけ正しい, それだけ用心, それでその, それと, それに, それは, それほど余裕, それほど朝, それほど逆, それほど遊ぶ, たくさんに, だが, だつた, ついその, つくりが, つまらぬこと, であった, であつ, であります, であるから, であろう, でいちど洪水, でいわば, でございます, ですもの, でその, で今, で何, で名高い, で相当, で社会的, どんな接触, なおさらかわいい, なにか隠し, なの, なので, ならあの, なら何でも, なら道節, なり, なん, な広い, な狼狽, な男, な者, のしかかられるもの, のんびりした, ひっかかりやすい, ひどい睡眠不足, ぼくは, ぽつりぽつりと, ますますそういう, ますますそれ, ますますはっきりと, ますます僕, ますます彼, ますます彼女, ますます磨き出される, まず第, また人物, また瞬間的, まだその, むきな, むしろ奥さん, ゆえ以, よき活動, よく出来ます, りっぱな, わたしの, わびしい風景, われわれの, われわれは, コッケイに, コポオに, ディレッタントの, ハクが, ルンペン化の, 一方では, 一緒に, 事なかれ, 事業にとっては, 二者の, 人々の, 人も, 人見知りを, 人間が, 仕事は, 伸子は, 余計に, 作られたもの, 佳い, 俳味が, 俺は, 個人個人の, 倍加期間の, 偉大な, 兩者は, 六郷左京の, 処刑人にと, 前者は, 功徳に, 勇敢であり, 単純な, 厚いし, 原作の, 原文の, 去る時, 反動も, 吾, 哀れな, 国民は, 塵ッ葉一つ出す, 外来語が, 多災多病, 夢も, 大きいの, 大きかつ, 大きく創面, 大きな人物, 大事に, 大徹, 天王寺屋宗及千宗易松井友閑など, 好いと, 好いといふ, 妻の, 妾には, 威張れたの, 実に単調, 富貴な, 小関氏にとって, 帯地を, 幼稚き, 広々と, 強い, 彼ら自身が, 彼女たちは, 徒然の, 徹底した, 心苦しい, 怒りたくなるの, 急な, 怪しげな, 悟りの, 悟性で, 悲しむべきこと, 情熱の, 惰性その, 我も, 手際を, 押し寄せる世界, 散弾を, 数多ある, 敵の, 日ごろ眠らせ, 明らさまに, 明るくて, 昔の, 杉江夫人は, 極端な, 歌心も, 此地方としては, 毅然たる態度, 気が, 汝の, 沢山とれる, 泉の, 津田は, 流れて, 深いの, 深厚博大の, 無智, 無礼の, 無私でなけれ, 無遠慮に, 爾いう, 狩野派とか, 猥本の, 現在の, 生兵法の, 田虫の, 男に, 畏敬され, 異性に対する, 疎筆, 疵や, 症状が, 発達すれ, 発電量は, 益々そうである, 益益家族は, 相手の, 矛盾的自己同一的に, 短かく, 確かに, 禁止されなけれ, 私には, 空々しく品, 粗野な, 精密に, 純潔性を, 累だ, 細緻な, 終戦まで, 結婚の, 結婚まで, 結構だ, 絶対矛盾的自己同一的現在において, 緊密な, 総督府参謀の, 纏まりが, 考えが, 耳が, 肉体は, 肉体的でない, 肌なんか, 胸の, 臆病である, 自分らの, 自虐めいた, 芸術品としての, 苦悩の, 荒田老の, 菊乃さんには, 落ちと, 血書を, 観客は, 言語活動としての, 誇張し, 認識が, 読ませて, 謙遜である, 譜代の, 豹一の, 買ひもせず, 賑ひ充ち, 赤い, 超越的一者に対する, 近代社会の, 退屈であり, 逞しく筆勢, 遠い旅, 遠い昔, 遠方の, 郷土の, 重い, 金属の, 銭が, 鋭く手紙, 長くは, 限りない, 障碍に, 面喰う, 面白い, 韻文的である, 飛騨の, 馬鹿馬鹿しい贅沢, 高い山

▼ ある限り~ (378, 0.1%)

13 に於 116 の力 4 においては私, において私, はこの, は決して, 入りこまぬ事 3 においては神, はだ, 主體

2 [25件] その中, において, においてある, においてあるいは, においていかなる, においてのほか, においては存在, において存在, において理解, において示す, において考察, における私自身, に於ける, のどんな, のもの, の者, はいかに, はその, は何, は彼女, は文学, は私, は認識, 単なる自然力, 決して私

1 [269件] あの女, あらゆる知識中, ある程度の, いかなるヴェール, いつも鼻, うたい続けて, おのずから云わ, おもしろいには, かかる土地, かかる自己抽出, がある, が粉微塵, このとぼけた, このウクローン, この一つ, この合羽, この命令, この困難, この土地, この客人, この己, この諸, この驚き, じゃ, せめて事件, そういう, そうして不可抗, そうそうは, そうなる, そう牧, そして, そして人間, そして態度, そして社会科学, そして自ら訴, そのやう, そのイデオロギー的本質, その一念, その人, その人生, その原理, その周囲, その奉仕, その容器, その底, その形態, その戀愛, その文字, その本質, その現象, その相談, その社会組織, その經理面, その運動, その量, その領分, その風格, たといその, たとえいかなる, だ, つづけて, である, でも例, で判断, というもの, どんなに醜く, ない哀愁, ない圧迫感, なき大空, なくならないもの, なく美しい者, なにか名前, な豪壮, においてあわれな, においてというの, においてのみ主人公, において起る, に於い, の, のがれっこ, のこと, のしかり, のほか, の一切, の享楽, の人々ただ夢, の他, の体系, の兵, の勇気, の叺, の品, の大事, の学校, の山中海辺, の幸福, の思い, の思惟, の思想, の悪, の悪口, の手段, の敷物, の文化, の方法, の歴史肯定, の残った, の湯女, の澤山, の煉瓦, の熱情, の物, の矢, の知力, の空地, の窓, の箭, の精力, の絵葉書, の罪悪, の螢火, の要素, の運動, の酒, の酒瓶, の金銀すべて, の顔, の髮, はありとあらゆる, はいずれ, はお, はお前, はかならず, はきっと, はことごとく, はそれで, はただ, はとうてい, はと注い, はどこ, はどんな, ははじめ, は一人, は一歩もの, は不滅, は作者, は全く, は咎め, は実は, は少し, は山河渓谷, は彼, は後, は微力, は恐らく, は所謂風刺, は新聞, は早, は時々, は暑, は最早, は東軍, は松寿丸, は清濁合せ, は生き, は石巻到着, は節度, は結局献身, は絶対, は続く, は美しく, は自分, は自然, は蜂, は蜻蛉, は要するに, は観音開き, は言, は訓練次第, は逃げ, は這っ, は遁げ, は金輪際船, ひもじさ, まさしく, また国民生活, まだ修行, まだ研究方法, みせたま, やはりそれ, やはり主客一如, やはり千代乃, わけなく頭, ゐるがね, をこころみ, をまざまざ, を尽し, を御, 一方に, 丁度文学作品, 二度と再び立ち戻る, 何らか, 保たねば, 先ずこれ, 入りこまないこと, 全くプラトニズム, 到底巡査, 到底相互, 単なる抽象的概念, 単に変り者, 即ち, 即ち物, 却って試合, 又メーデー, 又親しく相, 困る, 大抵満足, 如何なる暗黒, 如何なる知識, 射返し射, 常に, 常に優良, 常に支配的, 常に起り得る, 度々来, 引つ張つたの, 当然である, 当然の, 必ずしも宗教的神聖味, 必ずそうした, 必ず収穫五分の一, 忘れ難けれ, 思いだして, 恐らくなくならないであろう, 或年頃, 押し出され文字通り水, 掘り穿って, 新短歌, 最も根本的, 極めて大きな, 概していう, 歩いて, 死ぬこと, 決してあなた, 決して不当, 決して活, 決して無益, 消えっこないでしょう, 盛り方, 直ちに不変不動, 相共, 看尽したと, 終生生活, 美しくない, 脅かされたって, 自ずと内, 良いこと, 見て, 見開いた, 言い換えれば, 赦しに, 超俗物的, 超歴史的, 闘わなければ, 際立つた相違, 集めて, 離れっこ, 頑張り通すもの, 飲んで

▼ あるうち~ (375, 0.1%)

6 はまだ 54 は私 3 にその, に一度, の一つ

2 [25件] からの酒, から留守, にこの, に一つ, に下手人, に何, に何となく, に働く, に大事, に帰っ, に番頭, に目的, に目的地, に私, に芸, に見, のこと, の中央, はね, は何, は化かせやし, は外面, は岸, は歩い, は自分

1 [301件] いかに大きく, おえいと, お許, からしきりに, からずいぶん, からたった, からなんど, からは随分, からもう, から一冊, から地方新聞, から娘, から床, から木戸, から流れ出し, から美人, から聖島, から見つけ, から飲み廻っ, がええ, この邊, すなわち五日, その一つ, その各派, ぞほどほどに持て来てたもれ, だけはがまん, だったのに, だね, つまり, であなた, でいま, でこの, です, ですか, ですが, です新しい, でその, でなかつたので, でなければ, でも八ツ橋, でも音, で一番日本, で一行, で今に最もよく, で仕合わせ, で何, で余, で其一口, で十一, で気, で浦上, で物理学, で特別寵愛, で私, で第, ならば, にいつも, におのずから, にかの, にことに, にこの世, にこれ, にさ, にさっさと, にし, にすべて, にせめて, にそういう, にそれ, にでも子供, にといふ, にとつい, にとまた, にとハイヤー二台, にと全員, にと急い, にと早く, にどう, にどうしても, にどうにか, にどこ, にはきっと, にはどんな, にはまた, には千部, には性来モーロー, には着くだらう, には遊び, には間にあわなかった, にひと目, にもう一度, にも何かしら昔, にも信親の, にも市民的, にも感情, にも競漕, にゆく, にゆっくり, によーく改めて, にらくに, にクラシツク, に丈夫, に不幸, に世界中, に中村, に主人, に二たび此処, に五千円, に京, に何ん, に先帝玄徳, に千住, に午餐, に卸, に取り返さなけれ, に召しませ, に向, に喜兵衛殿, に国, に売り払いなさい, に夜なべ, に大方, に妻, に婚儀, に学べ, に安, に家, に宿, に寺泊, に小屋, に帰つて, に帰るべし, に帰宅, に平次, に引きかえした, に思ひ, に急い, に拵, に拵えた, に揉みくちゃ, に描い, に方法, に早, に是非, に書き留め, に月, に村中, に杯事, に林, に栽, に正しく, に殺したく思う, に母, に気がつい, に江戸, に沈んだ, に河内介, に浜松泊り, に灰, に熊笹, に狐塚, に現場, に生埋め, に疲れた, に盃事, に矢走, に神奈川, に穂高, に竜太郎, に紫, に終戦, に自, に自分等, に花, に蒲原氏, に蜘蛛, に血, に行けましょう, に行われ, に見尽す, に言葉, に話, に調べたい, に贄川, に越えきれる, に越せねえ, に退散, に連れ出した, に邸, に野営, に間, に間に合い兼ねた, に間もなく, に降りられ, のいのち, のお, のもの, の一枚, の一番奥, の四つ, の四通め, の宿業, の福の神樣がけ, の第, の門, はあんな, はいい, はいくら, はいつ, はお前, はかれ, はきっと, はこっち, はこの, はせいぜいブラブラ, はその, はそれでも, はたとえ, はとかく, はと卑怯, はどう, はどれ, はぱっと, はまず, はまだしも, はまるで, はみな, はもう, はやめられる, はよも, はミレン, は一心不乱, は一日, は事件, は人, は人間, は令嬢, は信長, は信長公, は俺, は充分, は兎角, は八百八町高まくら, は到底, は努力, は反故, は命, は大丈夫, は大事, は天下, は如何なる, は妙, は始末, は小説, は師, は当然, は忍べぬ, は忘れ, は愛, は手足, は斯ん, は日, は木村, は歩き, は毎日, は汗, は決して, は泊まっ, は浜, は燦々, は牛, は着物, は知る, は私ぢ, は美しく, は華, は蝋燭, は見物, は身, は近所, は迷いぬく, は道場, は里, は開墾, は隨分, は飢えぬ, は魏, は黒板, ひと眼拝観, もある, や, やがて高野街道, よそんな, を目, ァ寄りつき, 上げたかったと, 坐ったまま, 常に語い, 最も業態, 殺すの, 開けた所

▼ ある~ (363, 0.1%)

25 な気 22 である 1912 だが 108 です 6 に見える 5 ですが, なもの 4 だから, になつ, に思う 3 に思はれる, に思われる, に見えた

2 [18件] だけれど, だし, であるが, では, でも, で居, な, な感じ, な無い, にこれ, にする, に思ふ, に思われ, に思われます, に感じた, に感じる, に私, に考へる

1 [194件] が写し, が見られた, だけれども, だつたらお寺, だと, だとだけが, で, であつ, であります, でありますが, であろう, でい, でご, でしたら救護員, でその, でそれ, でない様, で田楽祭り, とも松飾, とも解せられる, ないや, なせまい, なそこ, なですから, なない, なの, なまっ, なみじめ, なれど, なカタカタ, なバネ仕掛け, な一種, な一種不可思議, な三階建, な不思議, な事, な低俗, な力, な単なる, な口振り, な口調, な和洋, な場処, な場合, な声, な妙, な学者達, な役割り, な恐ろしい, な態度, な手紙, な振を, な本屋, な様子, な樹, な気持, な汚い, な深刻, な激情的, な獰猛, な男, な目ざましい, な種々様々, な笑いながらも, な粗末, な紅味, な綺麗, な美, な螺鈿, な言葉, な訣, な話, な身, な錯覚, な長方形, な風, な騒ぎ, な鮮かさ, にあいの手, にあたり前, にあの, にいつ, にうしろめたい, にうす, にうつむい, におずおず, にき, にこの, にこみあげる, にし, にしましょう, にじっと, にその, にためつすがめつながめ, にでも, にとどれ, にと具体的, にと念じ, にと思ふ, にと言, になっ, になった, になる, にひっそり, にぶつくさ, にまう, にみえる, にもつ, にも思われぬ, にノラリクラリ, に一本, に一村, に不思議, に丸ビル, に今一つ, に今日, に他, に伺いました, に例, に君, に四角張つ, に地方的, に天狗, に実は, に小便壺, に当時私, に後に, に徐々に徐々に, に御, に忍び, に思い違えた, に思え, に思えます, に思った, に思つて, に思はせる, に思はれます, に思はれ出した, に思ひます, に思われました, に思われ出した, に恐らくは, に恐縮, に感じ, に感じました, に感じます, に感じられる, に指, に文学, に新しく, に旅, に昼間, に普通五分位, に歌, に此印象, に死ぬ, に海, に淡島, に犬, に獅子以外, に生, に用, に祈っ, に罵っ, に美少年, に考えられる, に考へられ, に考へられる, に聞えました, に芝生, に虚, に虚誕, に血, に見えぬ, に見ごと, に見ゆる, に見られた, に覗きこまれた, に覚えた, に詠む, に誤解, に金, に随伴者, に青く, に鞠躬如, に頭, に魔法使い, の可笑しき, はこれぞまさしく, は以前, は農村, や灯一つ, を眺め, を見事

▼ ある自分~ (360, 0.1%)

16 の家 6 の心 5 の姿, の部屋, は 4 の生活, を感じた 3 の妻, の実家, の室, の手, の身, は今

2 [13件] がこの, に恐れ, のため, の字, の愛, の机, の着物, の胸, の財産, の鼻, はその, を差しおい, を自分

1 [271件] から捨てられた, がある, がいかにも, がいよいよ, がしっかり, がそれ, がそれほど, がちょっと, がまだ, がまだはっきり, がローザ, が一人, が主人, が他, が先, が入れ札, が家, が尊い, が少々, が工事, が帰りがけ, が心, が恨めしい, が斯, が日本, が来, が来た, が深, が無性に, が考へれ, が自由, が誰, が責任, が途絶え, が面, だけの仕事, だけの特別, だけは, だし, だろうと, であれば, ではとても, では手段, という一点, といふもの, としては以後, とたく, とに幾分業, とのつながり, との違い, と分ち, と同じ, と雖, ながらも以前, などの一日, などは僧房, にしつかり, にたいし, にちっとも, にとっては一大事, にとっては七年, にとって不可抗, になろう, には人間, には少し, には怪しむべき, には自己, には過ぎ, によく, に対しての屈辱, に対しては学生達, に対してもはっきり, に対して営利的, に對, に扶持, に据えられた, に金, の, のうち, のおかれ, のからだ, のこと, のこの, のずきずき, のつくった, のところ, のなか, のもの, のやう, のテーブル, のポーズ, の世子綱条, の両親, の事, の人間観, の仮屋, の仲間, の会社, の住居, の体, の個有, の傍, の僑居, の兵隊部屋, の出生, の分身, の別荘, の前, の前途, の勉強部屋, の勧め, の化粧室, の印象, の友達, の名, の名誉, の地位, の夜具, の大, の女房, の好き, の如き, の娘, の子供, の学校, の家作, の小さい, の小さな, の屋敷, の巣, の幸, の庵室, の弓, の弟, の弱い, の役目, の急ぎ足, の性格, の性質, の恋, の恥, の悲壮, の感傷, の態度, の懐, の持ち, の推測, の教室, の方, の旅用, の日常生活, の旧い, の時計, の書斎, の書籍, の未来, の本国, の材料, の母親, の深い, の生れた, の生命, の生家, の用箋, の相好, の知った, の祈祷, の窓, の笑顔, の經驗, の腑甲斐, の芸術, の苦しい, の荷物, の行きつけ, の装束, の見, の見た, の見られる, の観察, の詰所, の責任, の身内, の運命, の道具, の邸, の重責, の間, の陣営, の革巾着, の靴, の頭, の顔, の風格, はいささか, はいつ, はお母さん, はこの, はそういう, はそれ程, はそんな, はたくさん, はまた, はやはり, は乘りつ, は伝統派, は兄さん, は全, は土牛, は女, は平岳, は彼ら, は心, は怪しい, は愛, は数年前, は明け, は本多平八郎, は皆, は興味, は衷心, は豊か, は過分, への同情, への消滅, への痛烈, もいっしょ, もまた, もよく, も堪え, も深く, も結婚, も見え, をいくら, をいやらしく, をきょう, をせめて, をとりもどしたい, をどうしてこう, をふと, をも長い, を不思議, を主人公, を会わせる, を守っ, を強く, を忘れ, を忘れた, を思う, を思わない, を恋し, を恐れた, を意識, を感じる, を感じるよろこび, を憐れむ, を懼, を最も, を発見, を納得, を見, を見出さず, を見出し, を見出した, を見出す, を観察, を試し, を誤った, を警戒, を門, を鞭

▼ ある~ (359, 0.1%)

63 うだ 44 うだが 22 うである 20 うです 14 うして 11 うですよ 8 うだから, うだつた, うぢ, うな 6 うですが 5 うだよ, うで, うですから 4 うだし, うだね 3 ういふ, うした, うですね

2 [14件] いそぐ旅, うすると, うだと, うだな, うであるが, うでお, うでございます, うですがね, うでは, うでまた, う云, すれば, なくて, むらいが

1 [87件] ういつてわたし, ういふうちの, ういふ一貫性, ういふ意味, うさその, うしてさ, うしなけれ, うする, うだいづれどこ, うだからと, うだけど, うだつていはつしやる, うだ何でも, うだ彼, うだ思切橋, うだ蕨, うであ, うであります, うであるけれども, うでこれ, うですからね, うですけれど, うですけれども, うですし, うでそこ, うでその, うでそれ, うでなあ, うでね, うではじめ, うでよ, うで俵屋, うで同氏, うで大抵, うで始終, うで宝塚, うで彼, うで御, うで御座います, うで御座いますよ, うで御座います又, うで殺生, うで父親, うで男, うで自分, うで間もなく, うで面倒, う思つて私, う思ひ, う考へ, おらア近い, おれは, ぎょうだい, けれども決して, この私, これを, こん夜は, しかし失敗談, しずに, それも, だけどあんな, つそく, つそく牧句人, つそく米, つたばを, つぱりした人物, とかいろいろ, のみうろんな, はである, びしいといふよりもかなしい散歩だ, びしいとばかりはいひきれないものが, ぶに, むらい, ような, よりだ, るまたを, アンジョーラ, ア手前の, ア蝋燭が, 俺だって, 兄さんも, 君も, 次は, 生きて, 真誠の, 義経の, 蠅かな

▼ ある~ (351, 0.1%)

2812 であった 11 だった 10 である 9 がした, で云った 7 だと 6 でいった, で言った 4 が聞えた, して, だ, だつた, です, のよう 3 がジョバンニ, でいつ, でこう

2 [21件] が出る, が私, が響いた, じゃ, だが, だとは, でそれ, ではない, で云っ, で清元, で答えた, で言, で言いました, で言う, で返事, なので, のやう, は遠く, や機智, を出した, を聞い

1 [178件] からし, が, がきこえ, がしました, がする, がそこ, がそれ, がつづい, がひびいた, がひびく, がふと, がぶちまけられた, が何, が列車, が呼んだ, が嘲ける如く笑った, が尋ね, が少し, が店, が応, が打った, が次, が洩れ込ん, が消え, が清逸, が湖水, が玄関, が盲人, が立つた, が簾越し, が耳, が聞こえ, が背後, が藤左衛門, が親しい, が言った, が通り過ぎ, が遮った, が静か, が響きました, が風, すなわちがんりき, だぞと, だとさ, だなあ, だなと, であこがれる, であったから, であつ, であらう, でいいました, でいう, でいっ, でお松, でございます, でさとし, でしかも, でした, でし声楽, ですが, ですぐ, でせず, でそう, でたずねた, でどなりつけた, でなんだか, ではある, でふと, でまず, でよびとめた, でズバリ, で二時間前, で云いました, で云う, で云つたの, で人, で会釈, で低く, で制止, で博士, で厳か, で叫ぶ, で叱り付けた, で吹雪, で呼びかけた, で唱っ, で囁かれた, で姉, で彼女, で快活, で愛一郎, で数百メートル, で朗々, で極めて, で盆, で眼光, で突然, で笑っ, で笑つた, で答え, で答えました, で舌, で船長, で若, で蜻蛉, で言っ, で訓練所, で話しつづけた, で語った, で語られる, で述べた, で雌, で静か, で順助, で饒舌, で首, で鷹揚, と, といっしょ, とかそういう, とが両方, とが互に, とともに土間, とともに立ち上った, とは云え, とは似, とは全然, とは知れ, とを君, と云, と思った, と父, などは今, なの, ならぬ声, にていう, にもう一度, にも眼, に僕, に学士, に思った, に祝ぎ, に道中ずれ, の主, の人, の児, の前, の好い, の抑揚, の様, の調子, の響, の響き, はくちびる, はそれ, は底, は昔, は水, は深くひろく, は確か, は電話機, をかけ, をきいた, をひそめ, をもう一度, をもっ, を伝えた, を出し, を出す, を張りあげ, を持つ, を挙げた, を浴せられ, を耳, を聞きたかった, を聞く, を金五郎, 出して

▼ ある~ (333, 0.1%)

12 にその 7 に更に 54 に今 3 に人, に私

2 [23件] にあの, にお, にこの, にこれ, にこんな, にさらに, にそれ, になお, に其の, に博雅, に年, に彼, に御, に日曜日, に殆, に病身, に第, に紅, に醜い, に震災以後東京, に革紐, は安心, は將軍

1 [253件] からかうし, からその, からはだまつて編輯, から下, から筒袖, で例, で女の子, で見, で避姙, にあらゆる, にいろいろ, にお力, にかなり, にここ, にしかも, にすでに, にすわっ, にそういう, にそこ, にそれほど, にそんな, にちょうど, にちょっと, につたうるし, にどうも, には横, にまた, にまだ, にみだりに, にも糧食, によい, によく, にわれわれ, にスチュジオ, にチャルメラ, にプラス, に一人, に一大信仰, に一年, に万一, に三角定木, に下婢, に下宿人, に両, に両国間, に中, に主人, に二册, に互に, に人ッ子, に今や, に今やつと, に今一つ, に今生, に仮り, に住職, に何, に余計, に依然, に侠客肌, に保守, に信州人特有, に俳優狂, に優秀, に先生, に兵糧, に内部, に冬雪, に剰え, に割に, に加工, に動き, に勤勉家, に包んだ, に又, に双方, に取り残し, に古い, に右, に君臣主従, に周囲, に命, に問題, に器械, に国, に土地, に変, に外国, に多情, に大刀老人, に大概, に大臣, に天皇制維持, に夫, に女中, に娵, に子供, に宗, に寛闊, に小さな, に少し, に少女たち, に島, に川上, に巻十三, に年齡, に幼い, に当人, に後, に御厩課, に想像, に我が国, に手間, に拳固, に持っ, に指, に挑みかかった, に数限り, に文献その他, に早稲田関係, に昔, に時間, に月経時, に木乃伊色, に本, に東, に松花江, に柔道, に柳生殿, に根, に桟, に棧, に横, に橋, に機, に殊に, に母親, に毎々, に水, に波長, に津田, に流し, に流行病, に浮気一ツ, に清, に源三郎, に滑, に無神経, に現在, に生まれ付き弓矢, に用紙, に登降, に知識慾, に短, に神授, に秘か, に突如, に競争, に笑, に第三者, に累代, に紺糸, に維新, に義雄, に羽左衛門, に翼, に老い, に老人, に胡坐, に能率, に自分, に花, に苦労性, に英政府, に薩軍, に虫, に衣食住, に袴, に譜代大名一統, に譬喩, に負ける, に貯金, に赤, に路, に身体, に近年, に遊廓, に道, に道中, に達, に邪魔, に郷党, に銀, に銅色, に銚子, に錦繍, に長い, に門, に間, に間違, に関東東北, に雨, に雪國の, に非常, に響き, に頂きで跳ね踊る, に頼長, に駕籠, に骨, に高巌寺, に鶴嘴, に黄, のもの, の階段, はいかで, はそういう, はなん, はもう, はもし, はもはや, はやむを得ない, はわれ, は仏教信者, は伴天連, は何, は六歌仙, は勅撰, は大, は左様, は帝, は必ず, は我, は汝何程, は爭はず金子, は當人出し, は疑, は速, は鳥類, ばかり大, へお客, へ大, へ安里, へ少し, へ暢気そう, へ棺, へ驚いた, まして金, を半分, を吉雄くん, を片側, を風, 下冷泉家, 越す者

▼ ある~ (328, 0.1%)

6 はその, は自分 3 のこと, の姿, はそう, はそれ, は今

2 [19件] が, のす, の人, の国, の女, の家, の小さな, の最も, の母, の父, の胸, の言葉, の部屋, の額, はさ, はニキタ, は月給, は水島, を見上げ

1 [263件] から結果, がこの, がそういう, がどうして, がなぜ, が三年前, が不, が二度目, が他, が代, が何故, が僅, が埒, が家族中, が悪人, が所有, が敢然と, が洋服, が疾風, が皆, が真理, が若し, が苦労人, その儘, その彼, たるもの, だ, だから, だが, だつた, であつ, である, ではあった, という人間, としてはそう, としては無謀, とはいえ, と共に大きな, と接近, と渡辺七兵衛, にいま, にさ, にさえわざと, にはこの, にはちょうど, にはよく, には世界, には何, には同じ, には恩, には渡, には見えない, には鼻持ち, にひき, にみどり, にも出来なかつたらしい, に会釈, に依頼, に勿体ない, に北京繁栄策, に取っ, に向っ, に対してせめて, に対しての順当, に左様, に彼, に支払った, に羨望, に誇りたかった, に返済, に頭, の, のあの大きな, のいこう, のからだ, のがっしり, のするどい, のその, のたま, のやう, のハリダース, の一族, の下宿, の不幸, の人格そのもの, の他, の住まいときたら, の全, の兵力, の出獄, の別荘, の周圍, の場合, の声, の大きな, の奇怪, の奥, の姉, の子, の家族的, の家鴨, の小, の小屋, の崖下, の床几場, の序文, の弟, の心, の心掛け, の恭謙, の息子, の悩み, の意力, の意志, の手, の手紙, の持ち物, の探偵事務所, の探偵小説, の故郷, の方, の旧友, の有名, の柿丘邸, の桐, の歌, の死母, の消息, の潔癖, の父親, の片, の片足, の特長, の生来, の生涯, の疑う, の眼光, の瞳, の知り, の短篇, の祖父, の私室, の耳, の聲, の胸像, の脳, の脳裏, の腦, の見識, の視野, の観念的, の語る, の謙遜, の資本主, の身体, の軍政, の遅い, の遊蕩, の運命, の遺物, の邸, の邸宅, の頭, の顏, の黒い, は, はいささか, はいつの間にか, はかるく, はこう, はこの, はこんな, はしづか, はすでに, はそういう, はそんな, はただ, はだれ, はまた, はよく, はアルバ, はイングランド, はフロックコート, は一応, は不孝者, は世間, は九州炭山坑夫同盟, は他人, は何時も, は何気なく, は何者, は余儀なく, は作品, は元, は単に, は吉宗, は同級, は呻, は変態的, は天, は女, は妻, は実際, は容易, は宿, は寒い, は小鳥, は巨額, は幹太郎, は彼自身, は微笑, は忍び, は愚か, は戦略, は打ち, は掃除番, は描き, は昔, は昼, は更に, は来るべき, は機械体操, は気, は決して, は爛酔漢, は特に, は狂, は献身, は画, は畑, は病気, は眼, は着物, は社会, は私, は綾子, は自ら自分, は自然, は色, は蛇腹, は親しく, は誰, は路ば, は路上, は近代青年, は鋸, は食道楽, は鬘, への敵意, へ向っ, もいま, もそう, もそういう, も自分, れか, れ頼朝, をさし, をながめ, を一つ部屋, を仏国, を半, を救, を見たなら

▼ ある~ (317, 0.1%)

71 のこと 10 の事 5 の夢 3 いつもの, であった, の如き

2 [12件] かの女, だった, であつ, です, なれば, のもの, の出来事, は, は突然, も勝代, わざと澄まし, 集まって

1 [198件] あのひどく, ありきたりの, あること, ある醉, ある駅, あんまり女, あんまり美しい, いつも側, おそく, おそくしかも, おそく太田, おそく武田大佐, おそく豹一, おそく馬, おそるおそるあなた, お君さん, お良, お蓮, お蝶さん, お雪, かの万次郎, かれが, かれは, か暗い, この妾宅, この寺, この小夜, この山, ごくたち, しみじみと, しめし合わせ手, そっと妻, そっと旅館, その主人, その会合, その出版会社, その向こう, その夜, その女優, その妻, その明るい, その村, その牢獄, その町はずれ数丁, その祠, その自動車, その観音様, その頃, だったので, だつた, ついいらだたしく, ついにこの, ついに次, でした, で警鐘, とある安, とうとう本物, とうとう看守, どうしても人, どう魔, などはどこ, などはまま, などはわざわざ, などは自分, など不用心, なんか沢山, に, にも黒犬, に対する恐怖, に彼, に熱海, に聞かされた, の, のある, のうち, のこと私, のごとき, のすさび, のつれづれ, のまだ, のゆめ, のわれ, の世界, の中沢氏, の事豪傑連中, の二更, の会, の八時ごろ, の十二時, の場合, の夜半, の寛ぎ, の応接間, の思いがけぬ, の戌, の戌刻, の明けがた, の明方, の會, の月, の深更, の空, の篝火, の群衆, の聴取, の蛾, の衾, の記憶, の酒宴, の雨, はくらい, はこんな, はその, はそれ, はやわらか, はわれ, は凄, は凄い, は吊り, は喜三郎, は大根膾, は好い, は妹, は宵, は寄席, は往々, は恥, は明け, は月, は木枕, は波, は燃える, は窕子, は芸術倶楽部, は谷, は道綱, は里人, は頻りに, は鴉金屋, ふけてから, ふとロンパン, ふと怖い, ふと眼, ふと私, ふと話, また, またしても, また例, むし暑い晩, もうかれこれ更け, もうどこ, も小夜子, も更け, も更けた, も葉子, も風, や月明, よりその, より奇怪, わけても月, わざと, をえらぶ, を祈る, 余程うっかり, 到頭, 同じ荒川, 大雷雨, 寂しい道, 帰って, 常居, 忽然とし, 思い切って, 怪しい美しい色彩, 怪しい色彩, 恋しい夫, 恐しい暴風雨, 懲りずに, 新しい命婦, 新しい髭, 暑苦しくて, 暗い道, 暗に乗じ, 更けて, 死んだ母, 烈しい風, 眠らずに, 眠られぬまま, 突然この, 突然師, 突然空, 素晴らしい山火事, 逢ったの, 遅くあの, 遅く室, 遅く帰っ, 重兵衛, 阿繊, 飛び起きて

▼ ある~ (315, 0.1%)

76 はその 4 はまだ 3 に, はそれ

2 [27件] と口火燧, にその, にその見知らぬ, にはさまっ, に一方, に内, に夏空, に山の手, に彼, に我等, に板垣伯, に自分, に閣下, はけっして, はこの, はとても, は他, は何処, は僕, は労働, は呼吸, は心配, は朝夕二度, は気, は決して, は神, は遊ん

1 [238件] お綱さん, か, かずかずの, かの征服, から絶えず, か又は, がいちばん自分, がすなわち, が残心, が長い, こそ間接, じっと辛抱, だ, だから, だけ, だけのよう, だけの費用, だけは部落, だけ位, だけ感応作用, だけ点される, だけ煩悶, だそう, ではなかっ, ではなかつた, でもあり, で母御, ということ, としてもお雪ちゃん, どのくらい, どりも, なので, にあすこ, においてこれら, にお玉, にせめて, にそう, にそこ, にそっと, にそれ, にはいかなる, には全力, には死ねない, にま, にも最も, にも木陰, にも江戸城大奥, にルノルマン, にワーテルロー, に七時, に主人, に乞食, に二人, に人間, に伊沢氏, に余, に俥, に元気, に再び, に前後三人, に勝政, に十分承知, に即ち, に善い, に奧, に容赦, に弟, に我輩, に折, に挾ま, に既に, に書籍, に東北, に枕元, に漸, に犯人, に病歿, に発見逮捕, に盲人, に秦, に種々, に竈, に精, に翁, に習慣, に自然, に道具方, に遠き近き, に青春, のしるし, のその, のはしご段, のバッハ, の世の中, の二三間, の出来事, の女, の岳, の彼, の藪医者, の集注, はいかん, はいつ, はおそらく, はおの, はおぼろ, はかなり, はこれ, はこれら, はすなわち, はすべて, はずいぶん, はそ, はそこ, はそれ自身, はとうてい, はどうにも, はどこ, はどちら, はどんな, はなるべく, はなれられなかった, ははなはだわずか, はひようひよう, はぶらぶら, はべつだん, はよし, はよそ, はよろしい, はエントロピー, はオリンポス, は一国, は一生涯, は一眼, は一種, は一緒, は三百, は二人, は今, は仏勤め, は以前, は何, は何時, は作り, は作者, は働け, は内部, は出来, は劇烈, は動かす, は単に, は同じ, は吾, は問題, は嘘, は圏内, は城安全, は外, は天晴れ貧民, は夫婦, は実行, は将来, は小さい, は少く, は彼ら, は必ず, は必ずしも, は怪しき, は或は, は抑圧, は断じて, は暖い, は木の葉, は本書, は来客謝絶, は死, は毎歳帰省, は源氏, は無, は現ずる, は甚だ, は生命, は生産物, は疑い, は白状, は相, は眼, は結婚ほか道, は絵画, は絶対, は続くであろう, は織田勢, は義雄, は考えまい, は職業, は肉体, は自分, は若い, は茂作, は薩長相提携, は虎これ, は血, は行乞, は話, は諸国旅行, は貧しい, は足, は農業者, は這般, は進む, は遠方, は金, は銀五郎, は降参, は静か, は鼠, ばかりである, また朝, もう一度海, もなるべく, もよく, も京都, も心, も心もとなし, も東京, やその, を大きな, を志, を裏木戸, を見せ, を透し, を通り, を通り抜け, を風, 入れかわりいろんな, 始終聖堂, 無政府主義者, 老婦人

▼ ある一つ~ (312, 0.1%)

11 のこと 5 の事, の現象 4 の問題, の土地, の型, の大きな, の工場 3 の作品, の全体, の国, の感情, の方向, の方法, の歌, は天道さま

2 [29件] の, のみすぼらしい, のドア, の世界, の事実, の事柄, の場合, の場所, の場面, の島, の思想, の恐ろしい, の情景, の想念, の時代, の有力, の武器, の段階, の点, の窓, の細胞, の結論, の考え方, の観念, の詩, の語, の諧調, の顔, の黒子

1 [189件] あの客人, ある, だけを取っ, づきの, にこされ, には血, のはっきり, のふろしきづつみを, のほら穴, のまあたらしい, のもの, のよろこびである, のカード, のスペルマトゾーン, のハンドル, のホテル, のレジーム, の下心, の不思議, の不自然, の主義, の事件, の事情, の仕事, の伊太利亜料理店, の作, の信仰, の個別的社会, の停留所, の傾向, の先入, の光景, の入口, の内的, の出来事, の別, の前兆, の努力, の労働大学, の動作, の勝手, の厳粛, の可能性, の名, の名前, の啓示, の地方, の地方公共團体, の地点, の地盤, の坂, の境地, の壊れた, の壺, の変わった, の外科医学上, の天体, の天稟, の太い, の学校, の宇宙系, の宗教, の宝石, の実在, の実際, の室, の對象, の小さな, の小規模, の山村, の岐路, の市井, の希望, の幻影, の広間, の影, の微妙, の心, の心理, の怖, の思想的立場, の想像, の扉, の手, の手紙, の批評, の推定, の政治的勢力, の文明観, の文章, の旧, の晩餐会, の有利, の林檎, の桶, の椅子, の決着, の決著, の河, の深き, の瀟洒, の燐寸, の物, の特殊, の特異, の特色, の狭い, の現実, の理由, の環, の生活, の異常現象, の異様, の目的, の瞬間, の矛盾, の石, の社会成員, の私室, の科目, の種族, の窯場, の端, の精神, の糸, の約束, の組合, の組織, の絵, の綜合雑誌, の群, の群像, の考, の考え, の腕環, の色, の花, の苔, の落ち着き, の行為, の見えない, の見出し, の角度, の記憶, の証拠, の話, の赤ちゃけた, の赤ちやけた, の輝いた, の輝き, の迷執, の通有性, の連隊, の遊星, の運動, の運命, の遠心力, の部屋, の部落, の醜い, の野草, の野薔薇, の金沢, の陣幕, の隅石, の階段, の隕石, の静視法, の靜けさ, の面白い, の香水, の駱駝, の驚くべき, の鳥, はほんとう, は何, は句, は徳本峠, は浙江板, は特別, を取っ, を択, を指した, を無視, を見, 思い切って, 懲らしめの, 或は數個, 振り落されその

▼ あるとして~ (295, 0.1%)

7 ゐる 6 それが, それを 5 ある 3 これに, これを 2 あえてこれ, おかう, おった, 両者を, 乃至は, 何の, 居る, 私の, 立てられねば, 考えて

1 [245件] あきらめて, あなたに, あります, ありますが, あるの, あれだけ, いわゆるチョウリンボウ, おかねば, かえり見ない向き, かたく信じた, かりにもしその, こ, このよう, この二派, この体系, この感覚内容, ごらんおかしい, ごらんなさい, ご批判, さけがちな, さっさと引, さて裸体, さらにその, そういう人, そうして嗅覚説, そのよう, その三分の二以上, その下, その中, その代り, その半鐘, その娘さん, その底, その弱点, その改新, その最も, その次, その理由, その結果詩篇, それから, それから説明, それぞれ目的を, それという, それと無, それならその, それに対し, それは, それらの, ただその, とかく悪口, なお外, にわかに仏米, のけにくい, ひそかに, まさに筑摩県庁あて, また家庭, むしろ取締, ゐられる, ゐるの, アランの, カソリックの, ピカピカに, マルクスの, メンデルは, 一々その, 一世紀後には, 一般から, 一般の, 一足先に, 一蹴した, 三拜九拜し, 三月には, 丸善の, 丸髷紋付姿が, 主張せられ, 之に, 之を, 二点を, 二重に, 些かも, 人々は, 人が, 人民を, 人間の, 今の, 今年, 今日いう, 仲間に, 作者の, 信仰的に, 入道は, 公表された, 共産主義の, 内外から, 冷淡に, 処で, 初めてその, 前者の, 劉玄徳から, 動機は, 北槻大尉らは, 卑下の, 原因まで, 取り扱った, 取扱われて, 口を, 同じ関係, 君は, 吾, 味方の, 喜ばれるの, 嘲弄するだろう, 器底の, 嚴肅に, 堅く断わった, 多くの, 多少の, 大いに努める, 大体一割ぐらい, 大衆を, 大阪の, 姑く, 実際私, 容易に, 尊氏が, 小作株といふ, 居た, 居るの, 山の, 差支無い, 幸いにも, 幽屏, 弁護しよう, 彼を, 得られるの, 御覧, 御覧なさい, 恐れられるに, 慶応側の, 招きの, 拾得しか, 指し示すこと, 捉えられたとき, 排斥した, 排斥する, 支那の, 改めて軍書志, 攻撃を, 放棄した, 斥けて, 斥けられる, 斥けられると, 斬って, 日本政府にたいしては, 昭和八年かの, 是は, 景の, 月々充分の, 朝子に, 期待した, 某代議士, 横光氏によって, 毛利大膳父子および, 民衆の, 注意を, 源氏は, 無智, 然ら, 片附け, 特別に, 現在地球上に, 現在自分たちの, 現実と, 理解される, 生きて, 産児制限の, 疑わず日本, 疑わず涼しい, 痛烈に, 発表する, 直観は, 相場が, 眉を, 看過すべきである, 真にそれ, 社会も, 称めちぎる, 箇々の, 翌朝は, 考えられた, 考えられて, 考えられる, 考へるに, 聴き取るの, 自ら誇示する, 自分は, 芸術家の, 芸術的価値といふ, 若しもその, 英米探偵小説の, 荷風の, 藝術的價値という, 虚偽的な, 被告人相互の, 裏門の, 見すごすこと, 見てからが, 見よう即ち, 見ると, 見れば, 視覚と, 親子三人暮しに, 観念的に, 解せられるに, 解決した, 言語に, 記載され, 記述され, 許しそして, 許容せられる, 話そうと, 認められて, 認められるよう, 語られて, 誹謗され, 論ずる事, 論談甚だ, 講道館は, 讃美され続け, 足りないもの, 軽視する, 輯製二十万や, 辛酉を, 途中長浜の, 通り過ぎようと, 重行の, 陰陽と, 露伴先生は, 非内地雑居論, 非常に, 非難された, 音か, 預けた方, 餅を, 高調される

▼ ある場所~ (276, 0.1%)

4 では一人, で我々 3 だった, です, は 2 がある, にかくし, には外側, に監禁, の周囲, はやはり, は仲, をくわしく, をさがし, を発見

1 [239件] かなそれとも, かもしれない, からわたし, から空気, から聞え, から離れた, があっ, があります, がちがう, がまた, がもっと, がもつ, がわからない, が他, が分った, が原因, が大崎, が小暗い, が尚, が明るく, が村, が正当, が残る, が直ぐ, が知れたなら, が誂向き, が農業, じゃ, だ, だと, で, であちらこちら, であった, であり我々自身, である, であること, であると, であろうか, でかれ, でしくじっ, でその, でのみ栄える, ではからだ, ではずいぶん, では三吋, では五フィート, では善, では四つんばい, では土方, では地震, では娘たち, では実際, では悪, では明瞭, では機械, では溝, では焚火, では真に, では菓子, では輪郭, では長く, では雑誌, でひじょうに, でもあった, でトラック, でトラック隊, で一日, で与えられ, で九・八メートル, で休んだ, で初めて, で古びた, で岸, で建物, で廻転, で枕, で殺害, で渓流, で演芸, で生命, で生命力, で生活, で発し, で私, で腐った, で蒙昧人, で行なわれた, で親方, で起った, で踊る, で非常, というの, といった方, とか人, としても知られ, として単に, とはだいぶ, と何, などは床, なの, なん, にあらわれた, にある, においてこなけれ, においてクレール, において幽霊, におかれる, にくる, にすぎなかった, にちょっとした, につける, にはその, にはどの, にはヨードル, には上等, には哲学, には喰われた, には御, には成るべく, には象, には馬, には鳩, に二つ, に京都府立画学校, に人, に仕掛る, に変え, に寝起き, に帝王, に待たせ, に本当, に止まっ, に生じた, に神社, に私, に移し, に移住, に立ち寄った, に至り, に行け, に見当たりません, に赤, に近く, に遺棄, に集っ, の住民, の入学試験, の斜め反対, の横, の答, の繪圖面, の記録, の近く, はその, はどんな, はほうぼう, はもし, はわし自身, はわれわれ, はカーブ, はシェイクスピア記念館, はシュウェルレ, は一, は宗匠御存じ, は必, は此等, は瀬川君, は着々, は矢張り一窓庵, は空気, は見つからず, は誰, は間近, は露出, へあらわれる, へいきます, へいったら, へご, へさぐりよる, へは, へもお, へ來, へ出た, へ急ぐ, へ持っ, へ来, へ置きまし, へ置く, へ行く, へ行っ, へ隠された, まで登りました, まで運び, もその, もわかったで, も従って, やその, らしくたっぷり, をうらなわせ, をさがしました, をしきりにきょろきょろ, をとんと, をみつけ, を三百フィート四方, を他, を冒涜, を問いただす, を嗅ぎ当てる, を心得, を忘れ, を慥かめた, を手, を抉り取った, を拾っ, を捜し, を掘りかえし, を探しました, を探し出す, を撰び, を教, を教え, を教えた, を教えるべく, を歩い, を殆, を知, を知っ, を知った, を知らせよう, を神葬祭場, を私, を見, を見出す, を記す, を訪れる, を警戒, を足, を這入り, を通知

▼ ある~ (271, 0.1%)

89 のこと 5 だった, の事 3 だつた, であった, の如き 2 いつもの, だったので, でした, に燃えてる, のこと小笠原, は葉, 大学士, 寝て

1 [147件] あの美しく, ある所, いつもよりは, おおいに彼, おそくなり, おそく紀国坂, おそく透, お休, お増, お島, お庄, お父さま, お相手, お糸さん, お絹, お雪, かなりふけ, から私, がらんと客, こう言っ, この北風, この生き, この種, この話, さんざつない, しみじみこういっ, そっと家, そのホテル, その兄, その娘, その小, その広場, その男, そんなにあの, たうとう, たまらなくな, たまりかねて, だ, だいぶ長く, だしぬけに, だったが, だつたので, だと, だな, ついにフォン・ルンムレル大佐, つよい風, であつ, ですからね, でムネ・シユリイ, で元, とうとう彼, とうとう母, とつぜん彼, となります, ながい間, なぞ枕頭, などいっしょ, などはお, などはもう, などは大会堂, などは食事, なんかはワルキューレ, なんかは管弦楽, にあひるさん, にかぎっ, にしか外, には随分, にひとり, にほんとう, にわかに甚兵衛, に俺, に天狗様, に彼女, に父, に病院, に赤い, に遅く, のことお母さん, のこと私, のこと茶音頭, のよう, の事二人, の十時前, の応接間, の時間, の音楽会, はいい, はいつも, はたいてい, はちゃんと, はにわか芸づくし拝見, は余計何だか, は吉田, は寝台, は料亭, は月, は木片, は歌留多, は氷塊, は病院, ばかりがある, ひどく酔っぱらっ, ひょっこり彼女, ひよつこりは, ふっと風, ふとしたこと, ふとひと, ふと例, ふと夢, ぶらぶら散歩, またし, まだ高校, までの金, もう店, もお, もね鼻, もまた, もやっぱり, も二人, も座敷, やってきた杉大門, やはりいつもの, やはり男, わざと家, 出会って, 到頭一人, 古い報知新聞, 坐って, 大きなシヨツク, 嬉しそう, 小さい子, 新しい客, 暗い室, 暗い所, 更けてから, 最も高位, 突然, 行って, 訪ねて, 逢ったとき, 遅くいろり, 遅くなっ, 遅く若い頃博労, 遠い村, 長い相談, 隣りに, 隣りの

▼ ある小さな~ (266, 0.1%)

4 町に, 町の 3 家の, 家へ

2 [16件] いのちの, ボタンを, 妙見島にも, 字を, 家に, 家を, 店を, 戸棚の, 村に, 村の, 池の, 甘酒屋で, 町を, 路を, 部屋で, 部屋へ

1 [220件] いすに, お墓, お宮が, お部屋, そば屋の, つつじや, どんより, なき声が, のぞき窓, アバラ家を, アルコールと, グラスを, サーカス団長を, デッサンを, ノートを, バーへ, ピイク島の, ホテルは, マイクロフォンに, ランプは, レストランの, 一区切だ, 一町民なる, 一軒の, 一部分を, 不満を, 丸い組み合わせ鏡, 二つの, 二階家である, 仏さまを, 仏壇に, 仕事を, 会社の, 住居の, 佛蘭西の, 個人教室, 停車場そこへ, 傷痕に, 像が, 入口へ, 八百屋の, 八等星の, 公園の, 公園めいた, 写真を, 出來事, 出来事が, 切戸が, 切戸の, 口から, 口付が, 古家でした, 古沼, 古道具屋の, 善意小さい, 四角な, 図書館に, 国の, 土間が, 地蔵さまが, 埠頭に, 女の子の, 女の子を, 孤島にも, 家から, 家だ, 宿何となく, 小舎兼見張, 局長に, 島でした, 島な, 島の, 島へ, 島まで, 島を, 市の, 広場みたいな, 庖厨に, 店に, 店の, 建物が, 役所仕事を, 戸を, 所有地へ, 扉を, 手で, 手桶は, 技芸に, 教会に, 教会の, 文化住宅の, 文房具店が, 料亭が, 料理兼牛乳店で, 料理屋へ, 新しい團體, 日本の, 時計の, 暗い中庭, 木戸が, 木造りの, 机の, 村, 村から, 村その, 村で, 村な, 村飲用泉の, 板橋の, 板葺の, 椅子に, 業務を, 橄欖の, 橋の, 橋梁を, 水彩画と, 池に, 沼が, 泉まで, 活版屋の, 流れの, 深い凹, 港だ, 港です, 港へ, 港町に, 湾に, 漁村で, 漁村です, 漁村に, 潜り戸から, 炉に, 爪で, 牧場の, 珈琲店の, 珈琲店へ, 田舎町が, 町, 町だ, 町での, 町工場を, 疑いも, 疵痕を, 病院に, 病院へ, 白木の, 百姓家でした, 眼で, 石の, 石地蔵に, 石橋で, 石油ランプの, 磨かれたよう, 社が, 祠さ, 祠の, 穴であった, 空地に, 空気ぬきの, 窓, 窓からは, 窓の, 窪地へ, 笛で, 箱を, 細い, 経机の, 耳の, 胆嚢から, 花粉の, 茶店へ, 藁家の, 藥瓶と, 藩の, 虫の, 虫眼鏡を, 虫穴を, 袋町の, 覗き窓に, 詩集を, 谷で, 谷間の, 貝や, 路地の, 通りに, 邸へ, 部分を, 部屋が, 部落の, 都会へ, 里程標や, 野草の, 鉄の, 鉤裂き, 銀行の, 銭湯へは, 鋭く光った, 鋼鉄の, 錫の, 鎖と, 門を, 陳列室に, 雑貨店と, 電灯の, 露台が, 青い花, 靨一つも, 革の, 風景画の, 食卓で, 食卓の, 飲み屋ふうの, 駄菓子屋が, 駅に, 駅へ, 髑髏を, 高い明り窓, 鳥かごまでが, 黒子を, 鼻は

▼ ある~ (263, 0.1%)

19 をし 10 だと 7 である 5 だ, だが 3 だった, でした, なの, を見せ 2 が大, だったが, だつた, であった, です, と広い, の上, をした, 甚だ表情

1 [187件] いかにもノン, から細い鋭い, がくる, がしばらく, がたくさん, がだんだん, がのしかかっ, がまず, がみえたら, がみえる, がソッ, が一そう, が一つ, が二つ三つ僕, が今夜, が出, が割合, が帰邸, が心もち, が急, が或, が映り, が歪み, が理由, が真紅, が真赤, が眼, が私, が自分, が見えた, が見る, が静, して, じゃねえ, だきさ, だぜ, だそれ, だそれでは, だぞ, だちが, だちだった, だちの線, だちも, だとか, だとは, だなとは, だの姉, だよく, だらう, だ知った人, であつ, でおそらく, でございます, でじっと, ですか, ですが, ですよ, ではない, ではなかっ, でもしたら, でもなし, で半月, で室内, で対手, で牙, で獅子鼻, で目, で良人, で苦味, で調子, で髪, としなやか, とずんずら, と思い出した, と思っ, と褒める, と見, なので, にかへつて行, にしいて, にしかも, になっ, になった, になる, ににあわない, にはならない, には清らか, にまた, にみえる, にもそれ, によく, にパツチリ, に一ぱい, に似, に似合わず, に内省的, に大胆, に幾つ, に微笑, に接した, に擽った, に移り, に笑, に見えた, に返っ, のひとつ, のよう, の主, の女, の少年, の恐ろしい, の持主, の疲れ, の眉蹙め, の表面, の輪郭, の造作, はいくぶん, はどう, はない, は一体, は今しがた, は四角い, は浅黒い, は澄ん, は立つ, は美術品, は顴骨, は鼻, へぷッ, へ粉白粉, へ酒, もすぐ, もちらほら, も多く, やすんなり, や奥さま, や盛りあがった, よ歪ん, をあらためて, をおどろき, をけろりと, をこちら, をしかめ, をすこし, をそのまま, をちょ, をちらっと, をならべた, をにこり, をにやつかせ, をふり向けた, をぽ, をまとも, をむけ, をゆがめ, をわるびれず, を上, を上気, を下げ, を仰向け, を傾け, を入れた, を前, を化粧, を差出した, を心持右, を性格, を悲し, を押しつけた, を挙げた, を振り, を時々ひくひく, を枕, を柔和, を構わない, を注意, を洗っ, を火照らせ, を見, を見せました, を見つけた, を見る, を見逃すまい, を起し, 付して, 沈んだ厳か

▼ ある言葉~ (255, 0.1%)

7 である 65 だった, をかけ 4 であると 3 だと, であるが, であること, のよう

2 [16件] がそれ, です, ではない, ではなく, で哀願, で純潔, で話しかけよう, となる, にお, に心, の中, は辞書, らしい, をかけた, を発しました, を聞い

1 [184件] あるつぶやき, かと思ふ, かと考えられる, か知らぬ, があまりに, がやさしい, がマンネリズム, が他国, が多い, が女, が実は, が彼, が感情, が正太, が気に入った, が続い, すら妻, だから, だよ, だろう, だろうか, で, であった, であったどういう, であって, であつ, であり人間, であるかを, でいわゆる, でおれ, でしかいい現せない, でした, でしょうか, ですから, でつけつけ, でなおも, でもつ, でも廣岡, でアラビア語, でチクチク, で云, で云っ, で云った, で何, で何かと, で励, で呼びかけよう, で小さく, で応対, で戦争中, で書かれ, で牧, で神曲, で私, で科学者, で表わした, で言った, で話しかけられた, で説明, で関心, で首, といふもの, とは要するに, とを奨励, と云, と思, と笑い, などお, などは発せられない, なので, にごく, についてああ, についてはおそらく, になつ, になる, にはっと, にはワリニャーニ, には一応, には数えなくなった, によれ, に司祭さん, に富ん, に少し, に従え, に従った, に支倉, に相違, に聞える, に霊魂, のみが語るべき, のやう, のやりとり, の上方訛, の上方訛り, の作用, の力, の問題, の方, の深い, の由, の秘密, の行違い, の言い方, の部分, の響き, はあまりに, はこんな, はしかし, はそこ, はまだ, は一言, は一陣, は常に, は平和, は恋, は濁り, は爪牙, は社会, は言葉, は雰囲気, ほど変化, もかれ, も無い, も體, や身振り, をあっちこっち, をある, をかえって, をきいた, をきけ, をさえぎった, をずっと, をなあ, をもっ, をよも, をわざわざ, を一つ, を与え, を与えたかった, を云っ, を使, を使い得る, を使っ, を使つて, を傳, を内海, を出した, を分解, を初めて, を口, を吐い, を吐いた, を喜ばず, を土台, を少し, を平気, を彼女, を忘れ, を思いだした, を思ひ出し, を思ひ出した, を投げかけない, を抜い, を抜き出し, を捜し, を掛け, を掛ける, を擁護, を添えた, を用, を聞, を聞こう, を聴い, を見る, を言い換えれ, を語らせよう, を語らせる, を贈られた, を邦語, を集めた, を頭, を頼み, を食べつけ, 否言葉自体

▼ ある~ (252, 0.1%)

5 唐の 4 新聞の 3 の男, 規模な, 都会の, 都會, 銀杏の 2 さ五寸ばかりの, なる石, 地震が, 坂城の, 建築です, 政党の, 新聞社の, 町人の, 銀杏を

1 [210件] い沼よ, さな, ちょうちんにも, なる原野, なる家族, なる島, なる廣, なる打撃, なる相違, な奴, な株式会社, にある, に排斥, に飲ん, は大沼, ふか数十尾を, わには, ウツケ者バカ, カツラの, カブトムシを, コウモリの, ジョットーを, トカゲ, トカゲでした, トカゲの, トルストイが, トンネルが, ナイフが, ビルディングの, ブリテンの, ペチカの, ラマが, ヴルヴァールが, 一番の, 世界という, 乘佛教が, 事件が, 事件である, 事件を, 事実が, 事業も, 仏閣に, 仕掛に, 伝馬の, 伝馬船二隻小伝馬二隻に, 伽藍を, 作家でも, 傾斜の, 傾斜を, 僧共が, 公孫樹は, 円盤の, 冊子だ, 冷蔵庫, 凧を, 出版者は, 出発すなわち, 劇場で, 劇場に, 劇場の, 勧進大本願の, 化け物と, 化け物は, 卓を, 博物館では, 古墳そこの, 唐神都青龍寺故, 商店の, 商業家などは, 問屋の, 問題は, 問題を, 嘗会, 囲炉裏の, 国立劇場で, 地主が, 地主も, 地震の, 壺取手づき, 変化を, 夕立が, 大名京極丹後守の, 天井常, 太刀を, 太鼓が, 妖術者が, 孔を, 字典の, 學若しくは, 客船が, 宰大, 家庭に, 家族の, 寺であった, 寺院の, 寺院を, 寺院ドオモを, 將は, 將軍に, 小名の, 川縁の, 工業地で, 己貴, 市場であった, 帆船が, 帥府は, 帥府や, 年増に, 廊下へ, 弁当を, 弥勒寺という, 急湍, 怪物すみ, 怪物も, 悪党が, 惡黨が, 扇風機や, 扉を, 政治家としての, 教育家の, 料理店の, 新聞に, 新聞社が, 星雲の, 昼顔が, 時計が, 時計の, 時計も, 机に, 机の, 机壁に, 東京は, 株の, 梭魚で, 森林は, 楯と, 槍を, 樽の, 殿様の, 毛皮外套が, 氷原の, 海原の, 溜池の, 燭台が, 牝だ, 犬星座から, 理想を, 瓦な, 町人が, 画巻も, 異は, 異変が, 百姓が, 盃で, 盆地に, 看板の, 看板一杯に, 睾丸が, 秘密を, 籬の, 絶壁に, 罪人を, 肌ぬぎ, 自然を, 芸術家が, 英博物館を, 英百科事彙を, 英百科全書を, 茶屋で, 荷駄隊, 薬鑵それも, 蘇芳年の, 虎が, 蜥蜴, 蜥蜴だ, 蜻蛉や, 蟇の, 親分であろう, 親分の, 詩人は, 財閥の, 軍勢, 運搬船の, 邸宅の, 部分の, 部分売り物に, 都会に, 酒樽の, 銀行の, 鎌が, 鏡を, 鐘だけは, 長者たちの, 雅の, 雑誌の, 露天掘, 音楽家の, 音響か, 頭株に, 風呂敷の, 食卓に, 香炉が, 馬で, 高原地帯である, 高温の, 鬼を, 魚の, 鯛が, 鴉などは, 鷲を

▼ ある~ (247, 0.1%)

5 から御 4 で, に

2 [13件] から特に, だから, で最も, にあっ, にたった, には掴んだ, にひとり, にもこの, に常に, に特に, の, の一つ, は貴君

1 [208件] から, からかなり, からかばう, からその, から一枚, から人間, から便宜上, から八銭, くらいの部屋, ぐらいな駅, だし, であの大きな, であるが, でいちばん色, でこの, でどれ, でどんな, でもことに, でもこの, でもわけても, でも一番不仕合せ, でも京都, でも大原右之助, でも音, でよりによって最も, で一番, で一番上, で低い, で僅, で勝重, で半蔵ら, で只一台, で名, で尻, で式部, で彼, で探偵小説, で教訓, で景蔵ら, で榎本君ひとり, で泡鳴, で温顔, で源之助, で猿, で神代, で自分, で船旅, で良人, で話す, で金銭, なりとは今日, においてした, にお嬢さん, にかの, にこ, にことに, にさがった, にその, にただ, にて飴屋風情, になくなった, にはそんな, には三角測量標, には何年何月某国, には光一, には幾つ, には或は, には神体代り, には科学, には行けない, にふんぞり返, にもことに, にもっ, にもやはり, にも主観的態度, にも兵部卿, にも小学校, にも帆村探偵, にも最も, にも正月酒, にも眞佛, にも私, にも解け, にわずか, にハアト形, にラクダル, に一寸, に一目父, に上方地方, に世, に乾かし, に今, に何処, に余り, に來, に例, に元, に光源氏物語, に到る, に半, に同じ, に向う, に呼声, に唯一人, に城下, に大和国磯城郡纏向村近傍, に夫, に宿, に小, に己達, に彼等, に従来, に御身, に忍ぶ, に戦争, に所, に数年前トレール博士, に於, に昇, に晋梁以後, に最も, に木寄師, に東条英機建築敷地, に檜山, に次ぎ, に氏, に泉先生, に浪人本田劍之助, に海水, に涙, に潮来, に無, に生徒, に男の子, に白馬, に福永書店, に私, に篠田, に粒立つた, に糸引き, に紫, に紺糸, に自作, に芳香, に若狭, に茲, に落ちた, に覚え, に遊ぼう, に野原, に長門一名, に額, に館, に麦藁帽, のこの, のたつた, のもの, のクマ, の二間, の同盟, の呼鈴, の姪, の本当, の灯, の禪陀迦, の葉, の表紙, の部屋, の酒宴, はまだ真に, は一歩, は何, は其人, は十分, は寺, は決して, は空虚, は虫, は袷, は隠居, へおくれ, へそれぞれ必要, へはいっ, へサッサ, へ口, へ横雲, へ迷, ほどがくびれ, やさかい, やしき, をいよいよ, をわざわざ, を一郎, を大きな, を御, を田中, を蓑, を車, を静か, アの, 一方に, 世紀が, 其の一株去年, 凹みの, 出來, 又川, 打明けて, 臣

▼ あるよりも~ (246, 0.1%)

6 先に 5 以上に 3 むしろ多く, より多く, 結果である

2 [20件] ひとつの, むしろ, むしろその, むしろ文学者, 以上の, 勿論もっと根本的, 奇怪であり, 寧ろ, 寧ろ一つ, 小説的で, 彼が, 彼に, 技術的法則であり, 日本にとっての, 有害でしょう, 混合の, 笑話である, 習慣の, 遙かに, 2である

1 [186件] あなたの, あなた方の, あらかじめ胸, いっそう完全, おのづと感覚的である, この土地, さきに, さらにはるか, すでに卓一, ずっとむずかしい, ずっと小さく, ずっと遠く, そこに, その畫家, それを, ただ下る, ただ訳も, たといその, なお多く, なにか暗, なほ多く, はるかに, ひとりの, ぼんやりとしか, ぽたぽた地上, まず詩人, まず豊麗, まやかしである, むしろはるか西方, むしろブレイン, むしろ一層多く, むしろ以下, むしろ劫罰, むしろ単なる, むしろ哲人, むしろ商業的価値, むしろ学者, むしろ宗教, むしろ平静, むしろ彫刻的, むしろ必然的, むしろ思考上, むしろ我々, むしろ有利, むしろ自分, むしろ苦痛, もっと前, もっと多く, もっと悲しい, もっと条理, より以上, より多く視覺型, アフガニスタンに, ジードに対する, モードに, 一つの, 一切の, 一層の, 一層完全, 一層正確, 一種の, 一般化し, 下の, 不幸でも, 云って, 人という, 人間である, 伊太利人である, 何か, 作者としては, 個性の, 先ず女, 再生的な, 凡そ馬鹿, 凡そ馬鹿馬鹿しい, 出版資本の, 単行本的でなけれ, 却って元来, 却て, 古い掛物, 君を, 咏嘆的だ, 外の, 大きい事件, 大きくも, 好奇的である, 娘子を, 学界の, 実社会の, 実践的である, 家畜の, 實踐的である, 寧ろおの, 寧ろそれ, 寧ろそれ以前, 寧ろジャーナリズム, 寧ろライプニツ, 寧ろ一応当然文献学的, 寧ろ主, 寧ろ哲學者, 寧ろ多く, 寧ろ常識的, 寧ろ幼稚さ, 寧ろ恍惚, 寧ろ文化人, 寧ろ文化的自由主義, 寧ろ文学自身, 寧ろ監置場, 寧ろ第, 寧ろ論理学, 小児と, 幾倍も, 幾分失笑, 広くまた, 彼は, 彼等は, 復讐の, 心の, 心理家であった, 怖しかった, 急速に, 恐らくは民族的傳統, 悪人的に, 感覚的であり, 慰藉で, 我が体, 所有への, 敗北の, 数なき, 数等卓越した, 文子を, 文学愛好者, 暗鬱である, 有害な絞, 有機体説, 東洋的であり, 構成を, 歌の, 死んだギリシャ人, 水が, 演出者としての, 炉辺に, 父親の, 物の, 玩具に, 理知の, 理論的である, 生粹, 直線的な, 真理である, 知られて, 確かに, 神である, 空間存在としての, 立派に, 約一一九, 素子の, 絶えず一つ, 罪悪的な, 美しく見る, 美的である, 考える人, 自分は, 舞台的である, 芸術理論家では, 苦しい勉学, 著者の, 行方遥かに, 行為についての, 衣裳を, 親密でなけれ, 訴えであり, 詩人だ, 誘拐犯人の, 諦観自体が, 赤外線だ, 過去であった, 道徳ないし, 遥かに, 野心的な, 鈍重である, 鎌倉の, 鎖に, 長く保つ, 長く続い, 面白いこと

▼ ある部分~ (231, 0.1%)

4 である 2 で緑, について語る, に人, のみを誇張, はもう, は今, は妙, まで作家たち

1 [211件] から見る, がある, がそこ, がその, がそれぞれ, がゆくりなく, がよく, が公然, が内容的, が到底, が削除, が多い, が敗北, が毛, が氷, が游, が発達, が芸術, が触れられなく, が觸, が諺, すなわち澱粉, すなわち運送商売その他商業上, だ, だけが平原, だけが拡大, だけしか語られ, だけでなく, だけはつ, だけは事実, だけは見, だけを一枚, だけを受けさせられた, だけを抄出, だけを抽, だけを採っ, だけを摘記, だけ薄く, だけ見本, であったよう, でこの, です, では, ではそれ, では互いに, では実現, では行う, とは考え得ない, と武家, と私, においては実によく, においては私, において子供, にしかすぎない, にそれ, については不可能, には全く, には大分盛ん, には読者, にレスパネエ嬢, に不快, に似た, に傷, に動力, に口, に呈色, に少し, に朱, に波, に痛み, に真紅, に緑, に羨望, に蓄積, に触れる, のある, のうち, のよう, の上眼窩弓, の人, の仕事, の修正, の彼女, の描写, の文学語, の方, の期待, の東びと, の渋滞, の発育, の老成, の脱落, の言葉, の語句, は, はいつか, はくさっ, はこうして, はさ, はすでに, はそう, はなに, ははげた, ははるか, はひどく, はより, は丁度, は人, は他, は僅か, は先, は其時, は冷やし, は出生, は判然, は原文, は坂, は壁, は寧ろ, は尺八, は已に, は市街, は彼ら, は心, は性, は性的, は成駒屋, は描写, は改築, は数度, は新築, は既に, は早く, は明らか, は昔, は最近, は未だ, は森, は残らず, は温め, は濃い, は直ちに, は破れ, は神経病的, は芝居, は読ん, は誰, は變つて行つて, は谷, は過去, は道理, は鋼鉄, は鏡, は階級的, は雪, は鮮明, は鳥, へ入っ, まで, までその, までは縁語, までは訣, まで勅撰, まで整理, まで言う, も, も目ざめる, やまた, やジャン, を, をこうして, をさらけ出し, をその, をそのまま, をたのしんだ, をとがめ, をもっ, をよく, をイナカ, を主として, を他, を以下, を余りに, を写す, を削り取る, を協力, を各, を変形, を抵当, を抽, を指し, を撫で, を放任, を書き, を有し, を無, を焼くべし, を犠牲, を生産, を自分, を見ず, を見透し, を解釈, を誦読, を説明, を賭けた, を軽く, を這, を閲読, を除く, を除け

▼ ある~ (230, 0.1%)

25 の夏 20 の秋 14 の春 9 のこと 8 の冬 4 のある, の正月 3 の初夏, の大晦日, の若い, はゆかね 2 その居城, の二月, の大, の新, の暮, の結婚, をとった, 若な, 行暮れた旅人

1 [116件] あの漁村, あの簾, がかなり, この藤江老人, ご自身, その一人, その帰途父, たいそう不景気, たらしめんこと, で史上, とったネコ, とった牡羊, とった牧羊者, とった男, とった看護婦, とった農夫, とつぜん地球, どうした, などはそこ, になつ, には少し, には飢饉, には餓死, に早稲田, に浅間火山裏山, ねでは, のその, のたぶん, のな, のムシボシ, の七月, の三月, の事, の五月, の五月三日, の五月五日, の五月半ばごろ, の住吉祭り, の元日, の元旦, の八月, の冬火事, の冬番人, の出生, の剰余, の十一月下旬, の十二月十九日, の十二月末つ方, の十月, の参謀旅行, の因果, の國寶展, の夏わたし, の夏休み, の夏初め, の夏逗子, の如き, の如月, の始め, の年賀, の春私, の晦日, の晩春, の晩秋, の暑中休暇, の末, の正月下旬, の正月元旦, の流行感冒, の火事, の盆, の真夏, の祭, の祭り, の秋先生, の秋芭蕉, の秋飯豊村, の節句, の経験, の話, の誕生日, の謝肉祭前後, の豊作, の顔見世, の食物豊富, はお, はおされ, はくさ, は二つ三つ, は咲かず, は唐船三, は妹たち, は小切れ, は母, は火事, は災禍, は燈心, は父子三人, は蘭船四, は行燈, まずしい漁師, やっぱり苗, よりに之, よりのガン, よりのメンドリ, よりの声, よりの快活, よりらしい, を經, 丁度花火, 初めて鶯, 多遅摩毛理, 若い中流人ら, 若い大事, 若い小僧, 若い建築美術家

▼ あるだけの~ (228, 0.1%)

11 米を 8 ものを 6 ことだ, 酒を, 金を 4 もので, ものでした, 力を 3 お金を, ことである, もの, 智慧を, 物を

2 [16件] ことで, ことであった, ことであろう, ことの, ものだ, ように, 事で, 人が, 御飯を, 本を, 物で, 物は, 窓を, 米と, 話だ, 財産を

1 [132件] お酒, お銭お前さんに, がらんと, ことだった, そしてあらゆる, ただの, ちがいだった, もちもので, ものだった, ものである, ものでない, ものな, ものは, やうに, ようであった, ようである, ような, ガレージを, コケの, ステッキでも, ソップを, ハンガアに, ビヤ樽の, マッチを, 不毛の, 二人である, 人生の, 人間だ, 会員悉く, 低俗醜悪な, 光を, 力で, 力の, 力も, 原子が, 取巻, 名酒, 員数は, 外米, 女房は, 姿だった, 宇宙なら, 宝石を, 家具を, 容体だった, 寂しい所, 小さな天地, 小さな部落, 小地名, 尺貫法を, 常の, 幾個もの, 店が, 建築を, 弱さ, 弾丸を, 御飯よう炊けた, 思考能力を, 恋の, 悲しみでは, 愛妻の, 愛嬌を, 提灯に, 旗が, 時間で, 智恵を, 書物を, 木造の, 本で, 柳の, 株券公債銀行通帳宝石の, 機械を, 櫻の, 水で, 法師は, 法律を, 涙が, 涙を, 火で, 灯が, 無数の, 焼き肉を, 燭台の, 物置同然の, 物語を, 狭い世界, 狭い甲板, 猪小屋, 現金を, 琴の, 生活を, 生産は, 由緒が, 男の, 界隈だった, 相違である, 相違でした, 石油を, 石膏を, 確乎と, 米, 紙幣を, 経本屋に, 罪を, 羊羮を, 脆さ, 草寺だった, 處罰は, 裸の, 言葉を, 記憶を, 話で, 話である, 貧しい暮らし, 違いであります, 違いな, 酒と, 酒の, 酒は, 酒飲ん, 重い残尿, 金で, 金は, 雪なら, 食物へ, 食物を, 食糧を, 魚を, 麦と, 麦を, 麻繩と, 黄金色眩

▼ あるあの~ (223, 0.1%)

3 場所に 2 あたりは, 丘に, 人が, 人たちは, 人に, 人の, 女の, 小僧は, 粉雪である

1 [202件] いやらしい瘢痕, おうへ, おかみの, おばけガニです, おんぼろ箱自動車であった, お方に, お母さんの, かげの, からしを, きみの, ごてごてと, しめじ蕈が, しめぢ蕈が, じいさんが, すぐれた彫刻家, ときと, ときの, どこか, はにかむやう, はにかむよう, ものすごいゴリラ, やうに, やくざが, シシリイ島の, シャベルによって, ドーブレクを, ベッドは, ポンポンと, 一つの, 一軸, 一軸です, 七尾山も, 不可思議な, 不始末, 不安と, 丘を, 中尉の, 二条河原の, 交番まで, 人だけは, 人と, 人も, 何だか暖, 個展は, 兄弟の, 光った輪, 凍った頭, 刀を, 剥製の, 北方だけ, 卒塔婆の, 単純な, 叔父が, 古井戸, 古石場に, 名代の, 呼吸を, 品を, 唄声, 噂は, 地方を, 坂みちさ, 場所まで, 壁懸け, 壮大な, 変に, 大きな鐘, 大切の, 大木の, 大理石の, 大空だ, 太陽の, 太陽また, 女には, 女子の, 女性の, 姿が, 娘の, 婆では, 定斎屋と, 室の, 寄波の, 寛や, 小さい墓地, 小六正勝, 小童を, 屋根下の, 山なんか, 山を, 川崎屋で, 巨大な, 広島の, 座敷の, 弟の, 弥四郎頭巾の, 心理の, 忘れられたよう, 快闊な, 忽然念起を, 悍婦と, 愛と, 憂いも, 折帖の, 招き行燈へ, 文章の, 新しい黒い門, 旅に, 星, 星影の, 時の, 時は, 時計塔です, 暗い眼差し, 月まどろめる, 木と, 本多孫九郎であった, 柚子に, 柱だ, 桟橋に, 樽です, 歓待という, 氷屋の, 池畔を, 汽車は, 深い怖ろ, 深くなった, 混雑な, 温雅な, 漁師特有の, 激震の, 熱心な, 片っ, 犁と, 犯人の, 瓦屋の, 生活の, 男, 男がと, 男の, 男みたいに, 画家の, 白っぽい腹, 白麻の, 目の, 直覚に, 眼は, 石倉の, 石町の, 空舟は, 立札な, 細い真直, 細い長い針, 細長い板, 絵日傘は, 縞栗鼠私は, 罪深い女, 美しい敦子さま, 美しい青年がた, 美男子の, 職人は, 聾者の, 胆吹山の, 自動車だった, 自動車だつた, 自然な, 花園の, 荒漠たる, 蓊鬱した, 薄雲女院, 虚子の, 虚無的な, 蟷螂の, 蟹口運転手の, 裸体の, 西側の, 見棄てられた古い, 角の, 言うに, 記憶の, 貌麗は, 貧しい漁師たち, 辺の, 通りを, 道化師の, 邊へ, 部屋の, 部屋も, 采を, 野郎を, 金次郎でした, 鉄盤草に, 鍵に, 雪之, 類型ね, 飲んだくれの, 馬である, 高い石段, 高根薔薇は, 高貴さと, 髭薄い, 鳥居峠の, 鹿沼新田の

▼ ある~ (223, 0.1%)

62 では 26 でも 13 である 10 だ, はない 8 じゃない 5 です 4 だが, であります 3 がない, ですね, でないから, なの

2 [13件] けはない, じゃなし, だから, だな, だね, でありまして, でしょう, ですか, でもなかつた, のもの, のもん, もない, もなく

1 [43件] か, がねえ, じゃ, じゃあるまい, じゃなく, じゃねえ, だけれども, だし, だで, だねえ, であつ, でありません, ですが, ですもの, でその, でない, でないお, でないが, でない昔, でなくそれ, でも必要, で全く, で同じ, で彼等, で心強い, で無いから, で農村, なれば, なん, になります, になる, には行かなかった, のものぢ, のわからない, のわからぬ, はござらぬ, はござりませぬ夫ぢ, はそれ, はなかろう, はなし, は無い, もないでしょう, を再

▼ あるこれ~ (222, 0.1%)

5 に反し 3 はまた 2 がすなわち, ならば, はその, はどうも, は前, は水, もまた, もカール, を思う

1 [196件] が, がある, があれ, がお前, がこの, がため, がない, がぼく, が一切経, が世間, が今, が健康地帶, が先生, が即ち, が原始仏教的, が問題, が大, が大かた前, が宛, が建築, が彼, が後に, が意義闡明, が教育家, が昔, が有名, が燃えたら, が真白, が私, が筑前, が胡蝶蘭, こそはいつ, こそ学校時代, こそ心, こそ真に, だけか, だけのこと, だけの諦観, だけはかれ, だよ, であの, ではまったく, では無茶, でも何とか, でも持っ, でやつ, でよい, で喉, で完成後, で当分楽, で見れ, で通った, で里見老, というの, と一対, と同じ, なり, にはなにか, には動物一匹, には梵語, にひき, によって筑紫地方, に反する, に宝蔵院流正統, に就い, に引き換え, に板, に背く, に誘はう, の鰹, は, はうどん, はぜひ, はその頃, はたしかに, はつまり, はまだ, はよろしい, はチアム語, は一息, は万一, は主として, は人, は今, は他, は何, は何等, は作品, は全部三味線糸, は分った, は別, は善惠, は四年前, は国老, は外洋, は大岡氏, は奥, は奥秩父, は定例, は小さな, は少し, は山門, は師, は弟, は後年, は徳川家以前, は恐らく, は戸, は支那, は文化九年, は新しい, は明末, は更め, は植木屋, は水南老人楠正位, は注意, は燒物, は現在, は甚だ, は生, は生まれながら, は生涯, は畢竟, は癩患者, は皆物, は私, は純, は老子, は能, は自ら, は蓋し, は藪鶯, は赤沢岳, は陽気, は露西亜塗, は音楽, は飛行場, は餘談, は鴫沢てる女, は鶏, へ呼べ, ほどの人, ほどの愛情, ほどりっぱ, ほど確, まで二度, まで氏, まで潜ん, もきたい, もはなはだ, もよく, もペシュイ, もラテン語, も不見識千万, も事実, も何, も偶然, も先生, も切腹, も可, も実は, も日本, も比事物, よりほか, より小さい, をくずす, をごまかし, をちょっと, をわざ, をインド人, をスープ皿, を一兩, を今夜, を何とも, を家族, を帯びる, を幸, を思いかれ, を投げる, を持ッてい, を断じて, を旅先, を概念的, を汝, を無事, を片づけろ, を知っ, を私, を美談, を調べる, 亦口碑, 其の長ずる, 即ちナロードニーキ, 又宜しい, 正しく地球, 見な

▼ あるきり~ (217, 0.1%)

36 だった 1810 です 8 だつた 7 であった, でした 6 である, なので 4 だと, なの 3 で, であつ, であと, でその, なん 2 だし, であったが, でそれ, で他, で周囲, よ

1 [84件] だったすなわち, だつたの, だもの, っとした, でいかめしい黒い, でいつのまに, でかつて, でしかもなお, ですから, ですが, でそうして, でそこ, でそして, でその間間, でどうにか, でなにひとつ不審, ではっきり, でひっそり, でべつに, でほか, でまた, でゆったり, でデスク, でトテモ, で三角標石, で不, で両親, で中, で何気なく, で其, で制服, で北米, で古い, で向こう, で四方, で壁, で夏, で天正十五年, で女の子, で寒かっ, で左, で広い, で彼女, で押入, で支那, で杓子, で格別, で楽, で橋, で残り, で浜田, で男, で畑, で皿一つ, で縁側, で自然, で薄暗い, で装飾, で親, で誰, で身體, で近海, で電気, で高, なんて云う, のがらん, のくらい牢屋, のしかし, のまだ, のわびしい, の下足場, の何, の六疊, の小さな, の平凡, の枕, の簡単, の貧乏, の部屋, の門, は變ぢ, まことに夏向き, 中はしーん, 老人気

▼ ある人物~ (215, 0.1%)

6 だと 5 だ, である 3 だった, だつた, にし, の口

2 [13件] ありて, がひとり, だという, であった, であつ, であれば, なの, なり, に扮する, の眼, はない, は必ら, を探す

1 [161件] かということ, か茶道, があった, がある, がいる, がおった, がおる, がそんな, がもしや, がゐない, が一堂, が一度, が五年間, が今どき, が俳優, が出た, が好ん, が容疑者, が庭, が指導者, が派遣, が物, が見世物, が見当らなくなっ, が選ばれなけれ, が集りまし, が養鶏家, だから, だからね, だが, だけで, だけのこと, だったから, だったので, だったらいっそ, だったん, だ友達, であったこと, であります, であること, であると, である丈, であろうか, でい, でこの世, でしかあるまい, でしたよ, でしょうか, です, でなければ, ではありません, ではありませんでした, で台湾高等学校, で名, で噂, で坐り, で当時, で私, で紅葉さん, で話相手, というもの, として劉玄徳, として見える, とする, とぞんじます, とてみだりに, とは思われなかった, とは聞い, とみ, と僕, と思った, と思われた, と推奨, なので, なら狂喜, なり言動, にいたく, にすぎない, にたのまれた, にちがい, について, になり切る, にや緞子, によつて, に出会いました, に出会つたの, に命中, に就い, に自ら扮, に見えなかった, に追い詰められ, に過ぎない, のある, のこと, のごとく, の一人, の一面, の中, の云爲, の住居, の使, の写真, の取るべき, の名, の名前, の国民, の國民, の姿, の存在, の必要, の手, の拇指紋, の描写, の映像, の来歴, の歯, の特徴, の視点, の誘かい, の資格, の魅力, はちと, はサイモン・ブレイスブリッジ氏, は出, は多い, は極めて, も居る, や同, を, をなぜ, をまざまざ, をもと, を創り出す, を取り出した, を思, を思いだします, を思い出された, を想見, を懲らす, を択ぶ, を択ん, を択んだら, を描い, を描く, を登場, を知っ, を組ませ, を芟除, を表裏二様, を被害者, を見た, を見たい, を見る, を見出し, を見張っ, を警戒, を選ん, を集め, を面白く, 例へばハムレット, 出来る限り

▼ ある~ (215, 0.1%)

4 である 3 がこの, の人口

2 [16件] が世界, たらしむることは, でこんな, では人, で出生, で工業機械, における平均寿命, に一人, の人民, の女王さま, の文化, の王妃, の資本, はその, をのっとる, をほろぼす

1 [173件] ある土地, からある, からきた, から他, がありました, がその, がソヴェート, が主として, が卑劣, が商工業, が啻に, が弱った, が技術の, が暴力的原因, が正金, が穀物, が穀物価格, が若干, が雨, たらしむる, だから, だその, だとしか, だろうから, であった, であるから, です, ですから, でだけ栄え, でのみこういう, では, ではなかろう, ではまたは, ではまだ, では予防的妨げ, では人口増加, では出生, では寂, では斬首人, では正道, では生じ得ず, では結婚, で学者, で最も, で第, というもの, という意味, としての人倫的組織, として居る, となる, とほとんど, と争つて, と言, なので, なり, にあった, にいっ, にいる, においてあらゆる, においてはかかる, においてはそう, においてはほとんど, においては他国, においては死亡率, においては表, において一対四, において九クヲタア, において二, において人口, において労働者, において年出生, において抑止, において極めて, において機械, において穀物, において見られる, における五年, における労働, における穀物, における穀物栽培者, における製造業, における食物, にとって一つ, になお, には入らぬ, には到底, には必ず, には甲, によく, に一つ, に伍, に多額, に形, に戦争, に有名, に水晶, に独り者, に王様, に生じた, に生まれた, に異議, に籠絡, に美しい, に金持ち, に非常, のある, のおそろしく, のダンサー, の不作, の人, の仕事, の価格, の労働, の名, の商業人口, の商業階級, の天文学者, の如く, の姿, の密猟船, の市場, の最高, の権謀術数, の歓楽, の正金, の流通貨物, の特殊, の王, の王さま, の王冠, の王城, の王子さま, の王様, の生活資料, の生産物, の田舎, の結婚, の表, の裁判官, の記録簿, の財貨, の資本貯財, の農業状態, の農業生産物, の過去, の選手達, の長者, の革命, はある, はいかにも, はこの, はそれ, はまた, は両, は地震, は多年, は念入, は早晩, は明, は粗末, は絶対, は自国, は随分, への感謝, へ伝播, へ帰る, または教区, やまた, よりある, よりもおそらく, をし, を恋し, を意味

▼ あるかが~ (212, 0.1%)

6 わかる 4 分る, 問題である, 問題と 3 わかって, わかると, 分るであろう, 私には, 第一

2 [17件] わかつて, わかります, わかるであろう, 信一郎には, 分って, 分ると, 分るの, 判るだろう, 判るの, 問題な, 明らかでないなら, 明らかに, 理解される, 知られて, 示される, 解るし, 解るであろう

1 [145件] うかがわれる, ここでは, この点, この際殆, これでも, すぐに, すぐ判つた, すでに判らね, その秋破産, どうしても, なかなかわかり, はっきりと, はっきり判る, ほとんど忘れられなかった, ほぼ想像, ほぼ明らか, まだはつきり, まるでわからなかった, まるで見当, もうハッキリと, もうハツキリ, もう的確, やきを, やっと呉服, ゆき子には, よくわかる, よく分る, よく解つて, よし漠然, わかった, わかったとき, わからう, わからずその, わからないこと, わからないの, わからないらしい, わからなかった, わからなかつたが, わかりかねる, わかりました, わかるが, わかるだろう, わかるでは, わかるの, わかる気, わかろう, イデオロギーの, 一目で, 不思議である, 不明である, 主税にも, 之からの, 何の, 何時でも, 例証されるだろう, 信じられた, 充分に, 充分以上に, 其の場, 分かった, 分からないと, 分かります, 分かる, 分かるであろう, 分つて, 分り兼ねるよう, 分るだろう, 分るであらう, 分るでありましょう, 初めて正当, 判った以上, 判らないでも, 判る, 判るであろう, 判るよう, 判る三, 判ろう, 判明するだろう, 動いて, 十分に, 問題であっ, 問題であろう, 問題に, 大抵わかっ, 容易に, 察しられる, 察せられる, 少しずつ, 少しは, 彼の, 思はれる, 想はれる, 想像される, 想像せられるであらう, 戦争の, 推察された, 日本とは, 明白で, 明瞭でない, 明瞭に, 昔から, 未定な, 次に問題, 段々解っ, 決して分らない, 決められて, 決められない, 決定する, 理解されない, 理解されるであらう, 理解されるであろう, 生命である, 直ぐ判る, 直ちには, 直ちに看取, 直感された, 直覚された, 知られる, 知られるの, 知れよう, 知れる, 私に, 竜之, 聞きたいの, 腑に, 自然と, 見え透いた, 見られたこと, 見出され一切, 解かれるであろう, 解って, 解らないよう, 解らなかった, 解らぬ故, 解るだらう, 解るだろう, 解るだろうと, 解るであらう, 解る筈, 話題である, 説かれて, 誰にも, 誰の, 重大な, 驚かれる

▼ ある~ (212, 0.1%)

11 の名 6 の方 5 の中 4 の人, の角, を歩い 3 である, ではない, へ行っ, を通っ 2 から來, がある, に二人, に出掛け, に買, の料理屋, の方角, へ出た, まで自, や村

1 [146件] かどへとたどっ, からある, からここ, からは遠く, からわたし, から市会議員, から東京, から歸, から田町, から色々, から荒物屋, から迎えた, がいつ, がわからなく, が見え出しました, が走っ, じゃがなあすこ, その地勢, だ, だった, だつたので, だという, であった, であり悪く, でしかも, です, でないの, でなくて, では幹部, でもあり, で今度, で偶然フローラ, で城下, で小役人, で昆虫採集, で機, で沃度, で番地, で私, で興行, で那珂川, で風俗, とこの, とは違つて街道, とをつない, と吉岡家, にあらわれ, にいた, におりました, にすぎぬ, にたいそう, になりました, には一種, には必要, には熔岩, にジヤガイモ・ホテル, に一人, に仏蘭西, に住む, に出, に女中相手, に屋根裏, に招かれ, に新しく, に時々, に比べたら, に産婦人科, に百二十年来営業, に着く, に石油ランプ, に移っ, に落, に行きたかつた, に近かっ, のある, のがく, のその, のほう, のもの, の一席, の一隅, の二階, の人々, の傍, の八百屋, の処, の名物, の呉服屋, の寺, の小唄, の床屋さん, の片側, の真中, の稲見, の繁栄, の距離, の郵便箱, の金貸し, の隅, の風景, はほとんど, はキリシタン武士たち, は概して, へくる, へはまだ, へはゆかれません, へは北上川, へは近村, へも近く, へゆく, へ出向いた, へ到り, へ片づい, へ行き, または村, までは二里, までは少し, まで出, まで同行, まで来, まで来る, まで百マイル近く, まで行く, まで買, まで買い, まで買物, も村, やに因っ, や木立, や都会, をあるきまわっ, を一つ通過, を女中, を廻つて帰, を教えた, を見おろしました, を通つた時, を通つて, を通らるる, を通りました, を通り過ぎよう, を通行, を通過, を離れ, を電車, 高い所

▼ ある部屋~ (211, 0.1%)

8 の前 7 の中 6 の方 4 のドア, の窓 3 へ入っ

2 [12件] からお, だ, だった, でした, とは廊下, に案内, に行っ, に行つて, に違い, の隅, の障子, へ行った

1 [155件] か, から隣り, から飛び出し, がつ, がみんな, がもてる, が一つ, が三つ四つ續, が二つ, が持てる, が舞台, その奥, だったろうか, で, であって, であつ, でありました, です, ですの, でそれ, ではまるで, では何, では気味, でひとり, でむき出し, でよけれ, でサン・ピエトロ, でパトラッシュ, で仲, で休ん, で前川, で夜分, で寝る, で尾崎さん, で書いた, で無風流, で片倉老人, で絵, で訳された, とは道路, にい, にかけこむ, にがんばりつづけました, にただ, につれ, になった, にはある, にはいった, にはいり, にはいる, にはなに, にはベッド, には一つ, には帝国文庫, には御簾, には生れ, には隣室, には高, にまるで, に三人, に五人, に休ませ, に伴, に備, に入っ, に入った, に入り, に入ろう, に出た, に帰りました, に帰る, に往け, に忍び込み, に昇っ, に歸, に無限, に等身大, に範之丞, に行つて彼女, に走りこむ, に通され, のその, のつき, のなか, のひと, の上, の入口, の内, の半分, の向, の向こう側, の幾筋, の床, の引き締つた空氣, の戸, の扉, の斜め向い側, の方角, の机, の殺人事件, の片隅, の石, の硝子窓, の空気ぬき, の襖, の飾り, はそれ, はどんどん, は一番奥, は勝手, は樫, は異, は真暗, は空, へあがっ, へつれ, へとこの, へはいっ, へはいりました, へよっ, へ三吉, へ二度目, へ入, へ入る, へ出よう, へ戻つた, へ案内, へ見える, へ逃げ, へ這入つた, へ通された, へ連れ込まれ, へ障子屏風, へ隠れる, へ飛ん, まで何, まで這っ, もつくつ, も納戸, をあの, をさがし, をたくさん, をひとつ自費, を一つ, を三つ, を去っ, を友だち, を岸本一人, を指さした, を歩い, を約束, を覗き, を通して奥, を通った, を開いた

▼ ある~ (210, 0.1%)

234 がいる, の仕業 3 さ, じゃ, だから, ではない, に相違, はない

2 [15件] がいない, がお, がこしらえた, がち, が出, が橋, だが, だと, だろう, です, でなければ, の不運, は張っ, は自分, ばかりで

1 [131件] か, かそれとも, かも知れない, から搾られ, から氷水, か奉行所, が, があっち, がありません, がある, がからだ, がぐつ, がなけれ, がまじっ, が三, が二三本, が互に, が今, が多い, が威張りちらし, が我が家, が時々, が智慧, が有る, が火, が牧, が益々, が総立ち, が背後, が通る, こそ関東者, じゃありません, じや, だけ商売人, だった, だって事, だよ, だ退治れば, って訳, であつ, であなた, である, であろうと, でこれ, でさして, ですなかなか, ですね, ですよ, でちやう, ではなかっ, では無い, で何, で女, で時折, で流し, で遊所, としてこの, とは思った, と思う, と思っ, と思った, なの, ならかえって, なら俺, なら却つて刄物, なら同情, なら大抵, なん, にこの, には信心, には取, には相違, には紹介, に出くわした, に変, に限, に限っ, の, のよう, の妄想, の為業, はあるまい, はいない, はおらぬ, はかえって, はここ, はずつと高手, はその, はそんな, はなんこ, はツイ, は一人, は一種, は下方, は何ん, は借金, は兎, は力一杯, は北海道, は塾, は夜, は此頃, は無い, は直接法, は相手, は表, は遠慮なく, は金, は鳥類, ばかりだ, ほど体, もしも私, も狡い, よ, らしい, らしいが, をこれ, を一つ, を下す, を五枚, を勧める, を友, を御, を持っ, を探索, を殺す, を消しとる, を突き殺した, を見逃し, を連れ, 故アテ

▼ ある~ (209, 0.1%)

18 だから 16 である 1412 のもの 10 です 9 であるから 7 ですから 6 であります 5 の事 4 いだ, ですが 3 だが, でした 2 であつ, であるが, なので, ならなんで, な老人, のこと

1 [86件] じゃ, それほど外出歩き, だからと, ださうだから, だったそう, だつたら食事, だという, だのにナ, だもの, だよ, であった, でありまして, でありコガワラヒワ, であるけれども, であるされば, であるそれ, であるの, であるツマリ是, でお, できれい, でしたから, ですのに, ですもの, ですわ, でちょっと, でなくちゃ, でね, でキリスト教嫌い, で一日二ガロン半, で中, で他, で何, で大抵, で妾, で実に, で崖, で彼, で悪い, で感じ, で房一, で晝, で本, で本宅, で殊, で殊に, で脅し, で腹, で言わば, で誰, で近所, で随分, で風, で食べ慣れる, で魔, で鯛, なもの, なら, ならい, なら始め, なら始めつから, なら父, なら貴様, なら返つて, な大男, な家, につきたけれ, に候, に思っ, に過ぎない, のさ, のよう, の一つ目入道, の処, の家, の程度, の若者, の高い, の魚, は大抵, は承認, ひ美しい, を授けられ, を知りません, 凝ってるん, 従って, 真にせまっ

▼ ある~ (202, 0.1%)

3 である 2 あたり前なら, であると, にこれ, に名, に戦争, もあっ, 大抵の, 専ら外交当局, 当面の, 軍部が

1 [179件] いったんここ, いづれに, いづれの, うるさくて, お里は, かし, からであろう, か割合, か劇場, か小さい, か水, か父, か男, か道家, くりかえさない, ここに, この意味, この点, この結果, この集, しないこと, しらぬ孤獨, ぜひかえり, そこに, そのかどに, その人間, その儘, その書, その結果, それに, それの, それは, それより, そんな秘めたる, ただお, です, というすさまじい, といわね, と告げ, と思うた, と法螺吹き, どうした, どうぞゆ, なりという, なるたけ都合, に, にあらかじめ, にいかに, にかりに, にこそである, にこそ彼女, にこの, にさ, にさわぐまい, にた, にである, にとめる, になんとも, にめぐりあった, にもつ, にヂュウス, に人, に今一度, に仏, に何人, に入札, に冬季, に孃さま, に射る, に尊い, に小作, に慎み, に憧憬, に我, に斯く, に斯様, に気づかれ, に爰, に特に, に生む, に用いよ, に繪かき, に聖人, に身, に騒ぐまい, のみで, の高貴さ, もあり, もあろう, もし明朝, やらむ, をもっ, を以つて, を以て出家, を以て更迭, を以て認識目的, を以て連累者, カントの, ジコチレス, 一度も, 一方に, 下二句に, 也, 也八五郎の, 人智の, 人間學的見解の, 今に貴い, 今日の, 仮に同等, 僕の, 兩者は, 公平に, 具に, 出来るだけ, 前の, 勢ひ, 卒爾ながら, 危険が, 古人が, 同座させた, 吾, 善きに, 大切に, 奇策に, 好て, 妙に, 宝女と, 家族中に, 寒さ, 少々引用, 幹がっちり, 幾らあ, 廣き, 彼は, 彼女が, 従来人の, 從ひ, 恰も米, 愛は, 或る, 旅慣れぬ, 是に, 是にて, 是は, 是を, 此処には, 死人花と, 決して罪, 漸く意気, 片上伸先生を, 物の, 直接に, 神學的乃至, 素より姑息, 細字である, 組成する, 総べての, 職能の, 自己の, 至急出頭せい, 若し研究, 若し血清, 蓋名くる, 言ひ, 詩と, 詩の, 詩は, 貴方は, 足の, 足を, 辞退した, 速に, 過去の, 陸尺の, 音節を, 頼んで, 顔の, 飽くまでも消滅, 餘儀なく

▼ ある~ (197, 0.1%)

5 の方 4 の名 2 である, にもらわれ, に一人, に行われ, のある, の上, の人, の端, を通り

1 [170件] から出た, から少し, から山道, から桃, から毎日町, から聟, が栓, が見えた, だ, だが, だけ, だつた, だな, つづきであったが, でありました, でかういふ, でございましたらどの, での経験, ではお, ではお産, ではこの, ではそれ, ではホボロダケ, では一致, では克明, では別に, では夜廻り, では女, では尻, では必ず, では最も, では梟, では現に, では畠, では百姓, では遊び地蔵, で休んだ, で作業場, で可愛い, で永く, で灌漑用, で立派, で素敵, で興行, で見た, で馬, と耕地, なぞは全, などでは根神, などでは殆ど全く, などでも何れ, にお, にきまつた, にたどりつい, にたどりつき, について, にて井戸, にて地蔵尊, にて社内, にて神社, にて稲荷社, にはいっ, には八日, には十日, には多く, には急, には許さない, にひとり, にほぼ, に三人, に人, に仲, に何時, に出ます, に到着, に成, に母, に生れた, に着, に着いた, に着く, に祖母, に美しい, に老女, に脊, に茂作, に重吉, に限つて, のしもてに他, のため, のなか, のもの, の上方, の中心部, の人たち, の人物, の共同墓地, の円塔, の冬, の古参訓導, の古沢, の古老, の坂, の大切, の大家, の如き, の娘, の子供, の子供たち, の家, の寄合, の小学校, の少年, の広場, の庄屋組頭, の役場, の径, の惣百姓中, の教会, の村塾, の村長, の水源地, の燈火, の生まれ, の男女青年会, の真ん中, の眺望, の空気, の者ども, の者共, の豪家, の豪農, の農家, の道, の選擧報告, の駐在所, はづれの, ははるか後方, はゴロスケ, は同時に, は特に, へさ, へつきました, へと飛ん, へゆきたい, へ一人, へ二人, へ入った, へ出かけ, へ奉公, へ歩い, へ玖訂瓮, へ着いた, へ立ち退い, または字, までいらっしゃいました, までくる, まで来た, まで送っ, もありました, もあろう, をよく, をラロン, を占領, を拵, を視察, を訪ね, を通りかかった, を通り過ぎ, を過

▼ あるくらい~ (193, 0.1%)

24 だから 20 ですから 19 である 1413 です 8 だった 5 であった 3 なもの 2 だが, だわ, でした, では, なこと, なの, ならその, ならば

1 [71件] おとなしい貸元, お前に, お粂, だし, だそう, だったし, だったと, だのに, だよ, であったならば, であって, であるから, であるが, であること, でいずれ, でございますから, でさあ, でしかも, でしばしば, ですが, ですし, ですわ, でその間, でそれで, でたいした, でなるべく, でよほど, でダイバー, で一面, で世界的, で他, で住んで, で何, で同級, で己, で新子, で湯屋, で盛夏, で鉄材, ならおれ, ならこうして, ならここ, ならどうしても, ならなんで, なら二日, なら僕等, なら初めて, なら即日切腹, なら娘, なら安宅先生, なら専門史家, なら少し, なら当然, なら戸, なら疾うに私, なれば, な思召しなの, な日, な点, ゆえ当然, 京都の, 好意の, 屋号ばかりは, 広い所, 文章上の, 有名な, 気味が悪かった, 満足され, 粗暴で, 近かった, 黒島の

▼ あるごと~ (193, 0.1%)

5 に, にこの, にその 4 にそれ, に必ず, に自分 3 にこれ 2 にお, におおむね, にかねて, にかれ, に一々, に口, に呼び出されるらしい, に我, に武蔵

1 [145件] にあ, にあらぬ, にいちいち, にいつも, にいよいよ, におのれ, にお知らせ, にかならず, にかよう, にくり返された, にぐち, にここ, にさうせね, にしとめ, にすぐ, にそこ, にそそい, にたたっ斬った, にちく, にできる, にどんな, にはかならず, にまことに, にわたし, にジェンナー, にポチ, に一つ, に一ブシェル, に不肖高定, に両手, に主人公, に九兵衛, に九州, に京都, に今, に他, に伊那方面, に何, に修験, に僕, に児太郎, に力, に助, に勉め, に匂わせる, に危惧, に参じ, に口説く, に各, に唱え, に国史, に国民, に墨, に多く, に夥しい, に大, に大官たち, に天下, に夫, に好ん, に宛然われ, に宴, に家臣, に宿境, に宿役人, に小学校, に少し, に山伏, に巨万, に帯, に幸太郎, に幽霊, に座, に彼, に忠利, に忠通, に思い知らなけれ, に思ふ, に怠り, に恐怖, に恩人, に意見, に我々, に手伝い, に手控, に打, に拝領, に探し, に探し廻っ, に改むべき, に政党, に教え, に書, に歓迎会, に江戸見物, に活躍, に流行, に浦賀, に海, に清遊, に父, に生贄, に甲賀組, に直ちに, に直義, に相談, に着物, に破損, に社会科学研究団体, に祈願, に神棚, に神祇仏法, に祭壇, に秀吉, に私, に節義, に絶えず, に練吉, に自分たち, に良い, に色々, に藩論, に西洋, に見られた, に言っ, に言葉, に討たん, に詐, に話し, に語り, に語り聞かせ, に買う, に資本, に身, に述べ, に追い苦しめた, に過去, に郊外, に金鶏, に門人達, に開い, に非難, に食べ, もおも, 恐れつつ

▼ ある~ (190, 0.1%)

43 のこと 6 の事 4 見た 3 であった, でした 2 である, の新聞, ふと眼, もう御飯, 突然久方振り, 若い娘, 起きて

1 [117件] あの人, あほう鳥, ある家, ある時刻, あわただしく眺め, いいました, いきなり北海道, いつもの, いつも供, いつも早く, おきたら外, お町, お茶の湯, お銀, お霜, からやって来, から飲む, かれが, け起きだし, この, この将校, ごめん下さい, そうする, そこで顔, そのかすか, そのすいか, その日, その細君, だった, だったそう, ちょっとの, ついに橋, であつ, で西, といっ, とうとうわたし, に失敗, のかなしき, のバス, の一, の光, の十時過ぎ, の寒い, の新聞記事, の時間, の束の間, の祝福, の緑, の美しい, の記憶, の関門海峡, の食事, はやくの, はやく彼, は大きな, は小雨, は氷華, は目ざめ, は銀行, は陸橋, は霜, は静穏, ひっそりと, ひどい時化, ふっと正気, ふと気, ふと目, ふと私, まだくらい, まだ人, まだ日の出, まだ暗い, まったくとつぜんに, むしろある, も, もうそろそろ剪, も例, らしい橙色, わが寺, 出がけ, 堂々と, 大きな花輪, 子家鴨, 当然わが, 御自分, 思いがけずお, 思いがけなく一羽, 思いがけなく早起き, 思いがけなく横蔵, 新しいネル, 早くお, 早くからこの, 早くから扉, 早くこれ, 早くまたは, 早くやはり, 早く両人, 早く中川一政さん, 早く佐助, 早く帝, 早く平藏, 早く濃い靄, 早く私, 早く空, 早く突然, 早く起き, 涼しい目鼻立ち, 片っぽ, 目ざめて, 突然に, 突然蟻田博士, 若い人, 見たら三尾, 訪れると, 迎えの, 酷く折檻, 驚くべき報知

▼ ある時代~ (185, 0.1%)

7 のある 3 である

2 [12件] ある地方, ある場所, が享, ですから, なの, にはこれ, にはその, に於, に於ける, の, の自分, を支配

1 [151件] おそらくは宝永地震後, からすなわち, から多く四五月, ことに彼, この雰囲気, だ, だった, だつた, だと, だとさえ, だとも, であった, であつ, であの, であります, であるの, であるのみ, です, でそこ, でその, ではない, では極端, でもあった, といふ, となりました, となる, と文学, なり社会, にあった, にあらざれ, にあらゆる, にある, にある誤った, においてすべて, においてそれら, においてはいわば, においては戦争, において急激, において我々, において政治, におけるこうした, にかなりよく, にこそ芸術, にし, にはしわん, にはそれ, にはそれ相当, にはなかっ, にはひつ, にはチユプカグル, には人性, には今, には公認, には大理石, には徳川期, には摂関, には支那風, には文学, には標準語, には物理学, には犀, には画家, には真面目, には美, には美声, には頭, には頻繁, により, に京都, に今, に今日, に価値, に夢想, に存在理由, に対して絶望, に後者, に念仏衆, に急, に映じた, に止つて了つて, に画家達, に相伴う, に空想, に経なけれ, に繁茂, に罪, に芋虫, に若い, に誰, に部分的, に防風林, に飛躍, のお母さん, のこと, のロシア, の人, の人心, の人間, の作者, の傾向, の児童, の劇作家, の占有地名, の君主の, の告白, の女, の学者, の居住地, の当世風, の役割, の彼, の彼自身, の後, の挿話, の文学青年, の方, の方言区域, の村人, の村境, の欧羅巴演劇, の歴史, の洪水, の流行劇作家, の演劇的土壌, の現実, の目, の社会層, の空気, の精神生活全体, の要求, の間, の階級的人間, の風, はどうか, はむしろ, はよい, は力, は学問界, は未だかつて, は此記録, ほど極端, までさ, までさかのぼれ, まで北海道本島, まで生活様式, を刺激, を思い出す, を感じないで, を風靡, 何かという, 又宣長

▼ ある地方~ (181, 0.1%)

3 がその, の小, の方言 2 では, ではこの, ではこれ, の人, の人々, の人民, の呉服屋, の夏時, の小学校

1 [154件] ある時代, ある種類, からは珊瑚珠, からもおすすめ, から一人, から宣布, から御, があります, がひどく, だったに, である, でその他, での呼び名, ではきわめて, ではこうした, ではそれ, では一種, では一般人, では事実, では二日, では伝染性癩病, では先住民族, では出征兵士, では南海, では同様, では家屋, では少な, では山猿, では山男, では恐るべく, では明治二十九年, では桑, では極度, では毎日, では水, では河童, では現在, では産屋, では瘧, では至上, では芝草, では荒廃, では農業, では近隣, では鉄筋コンクリート造り, では青蛙神, では非常, では風, で一会社, で不作, で取り立て, で同じ, で多少, で大, で政治的, で牧牛, で皮膚, で私, で開業, ならその, ならば, にあり, においてこれ, においては私, においてヤク, において実際, について述べ, にてはその, にては大, にては瘧, にて元日, にて山腹, にて節分, にて聴く, にはある, にはほとんど, には多い, には存在, には幾多, には持久戦争, には決戦戦争, には洞穴, には瘠せた, によって時節, によつて, に一人, に五年間公務, に人口減退, に住まっ, に住む, に居つた, に属し, に毎年キリスト受難劇, に英語, に足, に道, に限っ, の, のふし, のダム工事, の一, の一守護, の中学, の人口増加, の伝説, の住民, の倹約, の区裁判所, の名, の国民学校, の壬生, の如き, の寺, の小林区署長, の有志, の樹木, の死亡率, の沼沢地, の海浜, の漁村, の産業, の町, の知事, の神人, の神社, の竪琴, の自然, の言語, の郡立病院, の都市, の酪農経営, の野原, の高等学校, は大根, は山, は養蚕, へ派遣, へ行く, へ行っ, へ鶏, またはある, もある, も男の子, より高く, を旅行, を現在, を称し, を自分, を訪れた, を限っ, 又はある, 又は輸出百合, 及びヴォルガ河, 或は或

▼ ある故に~ (180, 0.1%)

3 我々は 2 それは, それを, ひとびとは死, 人間を, 和歌は, 漂泊である, 私は, 習慣も, 自由に, 言語の

1 [157件] あなたは, あはせ, いかなる読者, いつも幽, かかる研究, かかる選擇, かつて最も優れた, かつは, ここには, ここのみは, ことにこの, この中, この亥, この名, これから新しい, これに, これを, さらに美しく, しぜん, しみじみと, すべて主観的態度と, すべて倫理感を, そこに, そこには, そのあどけない, そのうち, その一方, その仔細, その名, その善良, その形, その形式, その機, その能力, その自然哲学, その静まる, それが, なおさら物識り, なつかしく醜悪, ひそかに, まず捜し, よく実際を, より純一, フロイドの, レアリズムの, 一つの, 一時的に, 一段と貴重, 世界的立場は, 中国では, 主体は, 主観を, 之を, 事に, 人気を, 人間は, 今でも, 今世, 今生が, 代々片目であった, 作り話と, 信じ過ぎると, 倫理的観念, 全く説明, 其林を, 内在的な, 出來, 前の, 前者に, 単に在る, 単に垂訓, 博愛や, 合理性の, 同時にそれ, 名附け, 吾, 吾人が, 單に, 土地に, 変化も, 外から, 妻夫を, 孔子を, 學に, 容易に, 實に, 尊重される, 小説等と, 形式律の, 彼には, 彼の, 彼等に, 彼等の, 彼等は, 後いつ, 心配に, 恋に, 悪しき者, 惠果の, 我々の, 我等は, 或る, 文明史上に, 斯かる, 斯んな, 時間を, 最も精細, 有利だ, 有用な, 未來を, 本来言え, 本質に, 正しかろう, 正しくは, 正面から, 歴史には, 歴史的知識も, 汎く, 汝は, 渡來は, 特にこの, 理解を, 甘美であり, 真理である, 福に, 科学的研究は, 空樽より, 空間上の, 童謠詩人が, 経験の, 絶え間なく, 罪という, 美しく複雑, 自から, 自己区別的な, 自己區別的な, 自然なる, 自然についての, 自覚的である, 芸術と, 行と, 行為に, 表現的な, 西洋文明に, 西洋文明の, 見よ彼等, 言語が, 認識であり, 誤謬も, 読む者, 赤面なし, 軽かつ, 通路を, 進歩の, 過去である, 道徳, 餘り

▼ あるそして~ (179, 0.1%)

8 それは 2 これは, 川柳の, 彼は, 後者の, 或る, 昔の, 私の, 自分の, 虚無は

1 [153件] あいつも, あとで, いろいろの, うるさいこと, お追従, けさは, ここでこそ, この二人, この反, この日, この老爺, この菓子, これまでの, これらは, これを, さびの, さらに, しっぽの, ずつと奥, ずつと奧, そっぽを, そのいくつ, その他の, その俗名, その内面的評価, その円頂閣, その力, その意味, その方, その理由, その笑い, その老, その自然描写, その返辞, それが, それだけでも, それに, それらを, それを, た, だいぶ冷える, とうたう, どこか, なおおのれ, まもなく安, もっと実用的, ものたりない短い手紙, やつれた母, われわれの, アルコールを, アーチの, ゴマには, チェーホフの, 一番速い, 不審そうな, 不思議な, 中形の, 二度目の, 今日は, 何から, 何と, 何にも, 入場は, 労働を, 古めかしい煙管, 史的勢力と, 各方面, 同氏の, 君の, 品川の, 土地借入の, 在来は, 多少の, 大変冷たい, 夫婦の, 奇蹟の, 好ましい偶然, 孤独の, 安宿の, 宗教改革者フスの, 客なる, 帝展に, 幅広い弾奏, 幻滅が, 弓弦が, 強固な, 当人には, 彼女の, 後半は, 徐ろに, 忍をも, 忙しい時, 念の, 思想な, 悪事を, 情愛の, 接続詞のとという, 新一歩, 時として悪魔, 普通の, 最も天才的, 最も独創的, 最後に, 有名な, 板橋一つで, 柔順な, 構図は, 横顔の, 次にまた, 次の, 気の, 氣の, 汝の, 汽車自動車の, 海辺附近の, 温泉には, 灰色の, 無意識の, 物質は, 現在である, 現實的, 理解された, 生死や, 生活の, 田舎の, 白いとげ, 相當, 砲撃され, 福田平八郎氏は, 私を, 窃盗罪に関する, 自分が, 自分たちに, 自分には, 自然の, 芸術家は, 蚯蚓の, 見通しの, 親しい聲, 親達は, 誌し, 誰とも, 賢い人, 鍵が, 長い頂上, 閑静な, 随筆も, 障子の, 電車に, 頭痛が, 飯の, 餅も, 馬鹿げた場合

▼ ある生活~ (177, 0.1%)

13 をし 3 を営む 2 が過去, である, の可能, の断片, をする

1 [151件] うため, から離れさせた, がお前, がきっと, がし, がしたい, ができた, ができる, がない, がほか, がまだ, が他, が営まれ, が国民, が得られよう, が案外, が生み出される, が見いだされね, が都会, すること, だっていう, だと, だろう, であつ, でありしたがって, であること, であると, である之, であろうか, でした, です, ではない, ではなくし, で愛, で条件つき, というの, といふ前書, といふ者, とそぐわない, とアルコール, と云, と他, と自分, と見誤, と金, などといふもの, などとは云, などはできないだろう, なの, ならば, にある, において既に, について覚える, になれ, に價値, に入りたい, に入る, に即し, に大した, に對, に就けない, に当らせる, に心, に歩, に立ち戻る, に迫っ, の, のこと, のできる, の下, の世界, の中, の俤, の内容, の刻々, の力, の心持, の悲劇, の情景, の批評, の日常的アトモスフォール, の条件, の業, の様々, の熱気, の眞ん中, の経験, の美し, の背景, の臭い, の舟, の苦鬪, の試み, の過程, はし, はまだ, はもう, は別種, は商, は真山青果氏, は私, は若い, への誘導, への道, へはいれる, もし, もした, もしたかろう, をうち, をうちたてる, をした, をしたい, をしてた, をしない, をしなけれ, をつ, をつくる, をとり戻さなけれ, をとり戻した, をなさらなく, を人, を働きたい, を出来得ない, を喜ぶ, を営める, を営ん, を好い, を始める, を将来, を必要, を感じさせる, を打算, を持続, を描きだし, を明るみ, を根柢, を欲する, を求め, を求めた, を生きぬきたい, を生活, を築い, を続け, を見出す, を送, を送っ, を送らなけれ, を送ろう, を造る, 省みて, 考えたまた

▼ ある所以~ (173, 0.0%)

28 である 14 だ, なり 5 が之, のもの 4 だと, なの, はここ, を説明 2 でもある, で失敗, なるも, にし, ね, はそれ, は之, を説

1 [75件] かもしらぬ, がここ, が指摘, が明らか, が茲, さ, だが, であった, であり真, であるが, であるとも, であろう, でこれ, でしこう, でしょうか, です, ではない, でもない, で農村, として時代的, となる, ならん, なり故に, なり然, に外, に相当, の, のところ, の凡て, の境, の特色, の理, はいふ, はこの, はそのまま, はつまる, はまず, はカント, は不幸, は何, は何ぞ, は元気, は単に, は形, は描かれた, は更に, は正に, は美術, は遂に, もそうした, もまた, も文芸, を, をはっきり, をはつきり, をば今, を初め, を大, を弁じた, を弁じました, を当時, を悟っ, を改めて, を明, を暁らしめ, を次, を現, を産み出し, を知らしめた, を示した, を組織的, を説い, を説いた, を論証, を述べ

▼ ある~ (172, 0.0%)

7 でありながら 4 なれば 3 いやとても, だから, と自慢, ならば, にて置い

2 [12件] だ, だが, だと, です, でもない, となっ, なのでな, にて我, には更に, のかぎり, の力ためさん, を病院

1 [122件] か, かとそれ, かの女, かろはずみ, が, がそういう, が夢, が奇蹟, が灯火, が知らぬ, が誰, ぞと思へ, ぞと除き, だけにその, だった, で, である以上, でこの, でこんな, でご, でさ, でそれ, でなければ, ではある, ではござらぬ, ではござりませぬ, ではない, ではなかっ, ではなし, でもなかっ, でもアア, でも時々, で公私, で又, で御多忙, で此, で短気, で郵送, というよう, とてそぞろ, となった, とはおもえず, ともなら, と思はず, と肉, なの, なのに, ならん, にあまる, にあらざれ, にて候え, になつ, には, にはあらね, には元, には如何, には悲, には改築, にも, に不, に取っ, に古ぼけた, に忌, に成っ, に成った, に踏み, の, のうえ, のけふひとり, のこ, のこと, のこなし, のさすが, の乳, の何, の処し, の力, の力試めさん, の塩町附近, の寐, の引け目, の心, の我々, の病, の縞, の謬, は, はこの, はやはり, は一日, は何より, は偏に, は吾身, は悲し, は死別, は物外, は紙鳶, ほど人, もおもしろき, も世, も心, をいた, をし, をすり寄せた, をその, をそのまま, をの, をむざ, をもち, をもっ, をも忘れさせ, を売っ, を悲しむ, を気づいた, を独り密か, を眠り, を羞ぢ, を落す, 一層たのもしく, 取って, 憂きに, 振で源次郎

▼ あるかといふ~ (170, 0.0%)

37 ことを 19 ことは 12 ことが 11 ことに 6 ことも 5 ことである, 事を 4 やうな, 事は 3 ことだ 2 ことであり, ことであります, 事が, 問題が

1 [56件] ことこの, ことこれが, ことすら, ことそして, ことで, ことと, ことな, ことなども, ことにおいて, ことについて, ことには, ことにも, ことの, ことまで, ことまでも, ことよりも, さう, それの, のが, のである, 一点に, 事だけは, 事などを, 事実も, 二つの, 例を, 例証を, 前に, 吟味から, 吟味は, 問に, 問ひ, 問題である, 問題に, 場所また, 形を, 徴候の, 機微な, 歴史的地理的な, 気懸りな, 永遠の, 点である, 点を, 特殊具體的な, 甚だ消極的, 當り, 疑ひが, 疑を, 疑問だ, 疑問は, 社会契約と, 考慮の, 興味と, 見方も, 領域の, 點に

▼ ある~ (169, 0.0%)

12 の中 5 の麓 43 である, の奥

2 [11件] がある, で, ではない, のうえ, のよう, の中腹, の峰, の意, の頂上, へ行く, を中心

1 [120件] ある効果, から, から下り, から安質莫尼, か名, があっ, があり, があるでしょう, がその, がひくく, が今, が次第に, が相, が裂けた, が見える, が重なっ, が青く, だが, だして, だった, つ, であった, でえらい, でしょう, ですね, で地図, で山麓, で現に, で金剛山, と, ということ, とも見えん, と効果, と山, なり, なん, につきあ, にては往昔巓, にてふしぎ, にて神話, にのこっ, にはつ, には低く, にサル, に一本, に棲める, に登っ, に登らん, に近づい, に迷うたれ, のあたり, のうつくし, のため, のふもと, のまだ, のまわり, の中途, の前後, の台, の呼吸, の図案化, の姿, の子供達, の家, の宿, の岩, の峡, の形, の径三町, の怒り, の所々, の方, の景観, の水彩画, の沢, の眺め, の絶項, の腹, の谷, の近所, の過半, の間, の雪, の頂, の頂き, の鳥, の鼻, は, はここ, はたのしい, は一面, は両国, は同時に, は夕日, は山林, は極めて, は美保神社, は赤い, へは通じ, へ登り, へ避暑旅行, までがついに, も水, や谷, をあたふた, をご, をながめ, を前, を包んだ, を匝, を好みます, を望ん, を東ヶ丸, を歩き, を眺め, を見, を越え, を踰, 又山, 深きところ

▼ ある~ (168, 0.0%)

21 否や 16 ないか 15 否やは 13 否やを 4 うだつた 2 なしやと, 何の, 侯の, 偶, 否やという, 否やも, 如何に, 彼れ

1 [83件] あれしません, いずれの, いなを, おさしつかえなく, さすが御, さらに父母, しからずや, しれません, すぐ叔父, すりにかわの, ただ法廷, とある夕, どうぢ, ないかね, ないの, なおこれ, なきやの, なぎが, なし, なしなる覺束, なしの, なしや, にござりまする, に就い, みだりにみずから奉行, むにやまれないやくそくを果たす, われこれを, 一日も, 一警部は, 両国の, 予は, 今年なれ, 侃, 倉子が, 先便に, 前日と, 勝手の, 友人明石桜井君一書を, 同志よりは, 否は, 否やおぼつかなく, 否やが, 否やで, 否やなどといった, 否やなどの, 否やに, 否やについては, 否やの, 否やをも, 否や数人が, 否や疑わしい, 否や究めね, 否や等に, 否を, 壇に, 学堂の, 山科宇治も, 常に唖, 憎むべきもの, 拝見な仕りたい, 摂理の, 明である, 智と, 更に小田原, 有らば, 朝夕親しく, 来年ある, 毎に, 水を, 無きや, 然も, 然らざる, 疑いなし, 疑うばかり, 直ちに之, 知られず恙, 知るへ, 素より論, 聞いて, 自分は, 草をも, 行に, 金銭上の

▼ ある~ (167, 0.0%)

19 はない 10 の貨物 6 の職業 4 のもの, の者 3 の人間, の形, の方法, の目的

2 [11件] の事柄, の事業, の人, の原因, の怖い, の手段, の物, の男, の階級, はないだろう, はなく

1 [90件] からとやかく, ない, ないだろう, ないの, には小学, に仕立物, に恋人, に東国, に死んだ, に片隅, に竈, のいくつ, のすべて, のひとつ, のもっと, のアパート, のプロフェッサー, のモーク, のモーゼ, の一幅, の一本, の一等国, の一群, の一見地, の事件, の事情, の人々, の仕事, の代価, の内容, の原料, の品位, の商品, の問屋, の国, の國, の土地, の地方, の地点, の場所, の多く, の大人, の太陽, の女房, の妨げ, の存在, の宗旨, の家族, の寺院, の尺度, の屋敷, の州, の工場, の庄屋問屋, の建物, の彗星, の意味, の指, の新聞, の日, の時, の村, の武器, の洞窟, の点, の無数, の片, の物体系, の特性, の県, の種族, の空間座標, の等しく, の線, の美術品, の自然, の誰か, の課税方法, の諸, の質, の針金, の鉢, の鳥, の鼈甲物, はよし, は何物, は淑女たる, 藩の, 部落の, 鳥の

▼ あるんで~ (166, 0.0%)

21 せう 6 せうね 4 せうか, そいつを 3 せうな 2 げすか, さあ, せうが, 小僧の, 親分, 金六兄哥

1 [116件] ある, あんたは, いっこう気, いつだった, いやに, いよいよガータロ, おす一昨夜私, おめ, がす, がすかい, がすなん, がんし, げしょうへえー, げすがね, げす毎度私, こ, こいつは, こうしては, ここを, こまるの, これから日本橋, ごいす, ごぜえます, しようか, しようね, すい, せうかね, せうがね, せうけれど, せうさ, せうと, せう言, そこへ, そこを, そのわき, その勢力, そりゃ君, それでおっかなく, それと, それに, そんなこと, ただ何ん, ちょっとその, ちょっと宿, ちッ, っさかい, つまりそれ, どうしても一度, どうも世間てい, どうも時々殿様方, どこの, どれを, なおのこと気が, にじの, ふたりかと, まあ息, みんな昔は, みんな用心し, もうすっかり夜, ややこしくて, わっし, イヤだった, エ, ノートに, ブラ下つ, ポツリと, 一寸行つて, 一度行っ, 一度見学, 二三日すれ, 人が, 今の, 今迄, 何かしらと, 何の, 僕は, 僕みたいな, 元気が, 其筋でも, 切符を, 又来ます, 同業者, 和田町田大住なんて, 夜も, 大殿様, 己ア旦那様も, 年頃の, 弁当の, 弱る, 待ってるから, 心配は, 必要に, 思いきって, 息が, 恰度好い, 捜して, 昼から, 書いて, 東京から, 流石だ, 火星人の, 爾後いっさい使っ, 番附に, 私の, 経済は, 腹ん中の, 膽を, 誰か, 誰でも, 都合が, 長い間ぢ, 間に合せもの, 随分苦しんだ, 隨分諸方の, 静御前が, 駕籠は

▼ ある問題~ (164, 0.0%)

17 である 8 なの 4 がある 3 だ, だと, であるが 2 であらう, であるから, ではない, でもある, となつ, となる, も格別, を回避, を提供, を解決

1 [106件] ある事件, からはなれ, がこの, がひそん, がふくまれ, が一筋, が今日, が加わった, が含まれ, が提起, が示唆, が與, そして特に, だからね, だが, だった, だとさえも, だよ, だよく, であったが, であって, でありますが, であり同時に, であるかに, であるかも, であること, であるばかり, であろう, でお礼, でしたが, です, ですが, ですね, ですねえ, ですよ, です元, ではあります, ではある, でもありませぬ, でもし更に, で一座, で久しく, で将軍家, で政治家, で芥川龍之介, としてこの, として取扱, などは暴力的, なので, なるべく候, にし, について考へ, について討議, について諸君, にぶつ, にゆき当った, に対して現, に解義, に触れる, に関してはいかに, の, のうえ, のかた, のほう, のよう, の一つ, の写真, の周り, の所有者, の検討, の解決, はあまり, はその, はたとえ, はどこ, は今日, は吾人, は太陽, は左, は成し遂げる, は第, は素養, は絶対的真理, は自分, は類型, もあるであろう, も人生, をなげた, をぽたり, をもっ, を一心に, を取り上げる, を押し売り, を抽, を持っ, を提げ, を提出, を提起, を検, を決議, を示唆, を見いだします, を解こう, を課した, を論ずる, 何ぞ限

▼ ある一人~ (162, 0.0%)

13 の女 9 の男 6 の女性 5 の人間 4 の人 3 の老人 2 ある, がふと, に限り, の作家, の友人, の若い, の騎士, は

1 [106件] から数え始め, が, がその, がつたえた, が創成, が彼ら, が率先, が言い出しました, が鉄, だけがその, である, では, でも同行者, となつた人, と親しく, なの, ならぬ聲, なれば, に対する恋, に愛, に目隠し, に神明, に頼みたい, のお父さん, のこういう, のこと, のさむ, のため, のだし, のちょッ, のりっぱ, のロシア兵, の仲間, の使, の偉大, の優れた, の優秀, の共産主義者, の勢力家, の博士, の友, の友達, の土人, の執念深い, の夫人, の姉, の姫君, の姿, の娘, の子, の子供, の学生, の学者, の家庭婦人, の寡婦, の巡査, の悪漢, の敵, の旅人, の歌人, の母, の浮, の無名作家, の狩人, の生きた, の生き残っ, の男子, の百姓, の知人, の知識人, の神さま, の美しい, の美しく若い, の美術学生, の老, の老母, の聖者, の荷物, の虚無的, の詩人, の貧しい, の賢い, の足跡, の金髮, の鍛冶屋, の青年, の非常, の饒舌, はおのれ, はその, はそれ, はオジイ, はカフェー, は両手, は何とか, は始終, は小説, は数万人, は数千人, は朝夕, は熱烈, は足, を動かし, を起こし, 或は二人, 生き残って

▼ ある~ (160, 0.0%)

9 である 75 ではない 4 だが, だと, でなくかう言, なん 3 がある, なの, をし

2 [13件] であった, でございます, です, ではな, のひとつ, の中, の蒸し返し, をきいた, をした, をし始めた, を聞いた, を聞かせ, を聴いた

1 [88件] か, かも知れない, があるで黙, がこの, がハズミ, が全然, が見え, さ, じゃ, じゃないだろう, だから, だそう, だった, だな, だによって, だまさか, だよ, だろう, だ主人, だ借金, でありその, であります, であるから, であること, であろう, でおもし, でしょう, です貧乏, でせう, でその, でなくこう, ではなに, でもある, で別に, で多分, で女房, で尠, で幸若舞, で特に, で科学者, で豐後, といへ, とかどん底, とか嘘, として聴衆, と私, などは先づ, などを聞きました, にふかい, に喰いついて行こう, に私, に釣り, のやう, の一つ, の一本, の出来ない, の序, の樣, の種, の筋, は予, は何, は南魚沼郡, は同, は少し, は幼稚, は御, は話し, もきいた, やとぼ, をされた, をしました, をする, をだれ, をべらべら, を一生懸命, を君, を始めた, を思い出さず, を思い出し, を思い出します, を持ち込ん, を聞い, を聞かし, を聞きたい, を聞きました, を読ん, 振で知

▼ ある通り~ (158, 0.0%)

16 である 54 です 3 のもの 2 その一生, だと, に出

1 [124件] いかにも仇ッ, かがやく青空, かまわず広間, がこんな, この国, この城下生れ, この女, この概念, この若い, この頃, この顔, じゃ, そっくりです, その人, その分類, その子孫代, その時浅野, それからでも, だという, だよ, であります, であるが, でいい, ではおお, で奥宮, で好い, で将門, で閑居, とてもハイカラ, となる, どんな泳ぎ, なかなか立派, ならば, なココア, な狐, に, にお, にした, になつ, には紅, にまがっ, にやった, にやつ, にレコード, にロンドン, に一々, に之, に事実, に兄弟一, に其の, に出た, に出ます, に博士, に實行, に彼, に押えどころ, に映, に私ども, に移った, に見える, に誰, に跪い, に闇, のこと, のメニュー, の一時的東京占領, の乙女, の仏頂面, の仰山, の円い, の十人, の天地根元造り, の姿, の形, の扮装, の文字, の本棚, の構造, の比重, の河童, の状態, の珊瑚, の真砂, の神, の紙, の細い, の裏, の要求, の角, の責任, は二町, は家々, へかけ, へ入った, へ出た, へ弟, へ折れ, へ菊人形, ほんとに芍薬, また近い, まで車, をそのまままっすぐ, を云, を行く, を軽く, を通っ, を避け, を院本どおり, 一体国友商会の, 全く正視, 出来るだけの, 単なる俗語, 古くから, 定まった事, 定めて, 幼く且つ, 必ずしも男尊, 急いては, 或る, 直るもん, 程と加減, 第三回目, 読んで, 間もなく私

▼ あるからには~ (157, 0.0%)

2 それを, 私が, 良人の

1 [151件] あたりまえな, いずれ最近, いたしかた, いつかは, いろいろおかしな, おん大将が, お互に, お城, お討死, かならずこの, かようなる殊勝, こっちでも, この二十一歳, この幽霊船, この松琴尼, この林, この箱, この関係, これによって, これによりて, これは, これらの, さがせば, すでに幾分, そこは, そのぐらいの, その中, その人, その法, その王子, その腕, その言動, それは, ただの, ただ投げられた, ときとして, どうしよう, どう繕っ, どこまでも, なんと云っ, ひとにも, まがいなし, まさしくそれ, もうゆめやま, もしかしたら, もちろん二人, もちろん御寝, もろもろの, わが魏王, グリーン, テーマが, ビステキを, 一つの, 一般の, 下手人はうぬ, 中に, 主筋に, 之を, 二つの, 人の, 人間は, 今の, 仕方が, 他の, 何を, 何者かと, 余程の, 作家として, 作業は, 例の, 俺たちの, 先祖は, 全く消え, 六人かかった, 其美し, 別人だろう, 勤めの, 勤労階級の, 勿体なくも, 単に変化, 名門出, 吾, 哲学史の, 多分ジイド, 大統領が, 天下の, 夫は, 女工からも, 宗旨は, 実生活人の, 家の, 家中同様の, 小説の, 少しでも, 帰らない時, 常に全般的, 幕間の, 平等の, 年と共に, 当然二つ, 形は, 後ろ向き, 御心, 必ず一つ, 必ず地球上, 思う存分自分, 急を, 政諸事心やすい, 敵羽柴勢が, 文章は, 文覚の, 明年の, 是非とも, 有りがち, 未練だ, 本堂で, 本来は, 武蔵の, 死んだこと, 殿の, 比治山に, 水の, 池谷医師の, 活計の, 生徒の, 甲乙が, 相当な, 社会的に, 種類の, 立派な, 素人作家といふ, 舞台そのものが, 芸術家は, 虚空に, 蝦夷は, 表現上個人的特異性の, 装飾気なき, 言語の, 読んで, 誰しも, 護謨園が, 躾けに, 近所に, 連絡の, 違いない, 金箱だけは, 門の, 閉じたもの, 除数の, 除數の, 黄金メダルに

▼ あるゆえ~ (156, 0.0%)

8 をもっ 2 にその, にもし, に愛欲

1 [142件] あたかも米, ある目的, いかなる口実, いつ何時, いまだ流行, いわゆる精神科学, おそらく民種改善学, かかる方面, かかる相違, かならず討ちもらす気づかい, かも知れない, かれと, か大, きいて, この兄, この城下, この学説, この点, せっかく充分, ぜひとも力, そのほう, その中, その例, その方, その生存競争, その目的, その者, その香箱, ただ単に, たとえ一種, だという, ちょうどその, つねにこれ, つねに生物学的, である, でご, です, ですが, でなくては, ではなくし, とうてい数学中, とうてい明瞭, とは斎藤, と何, と私たち夫婦, どれほど反対, なるべく速, に, にある, にあるいは, にお, にかしこい, にこう, にことさら, にこの, にすぐ, にすなわち, にそういう, にそして, にそれ, にたいてい, にただ, にである, にできる, になにか, にばけ, にほんに, にまず, にまた, にみんな, にアユ, にサエ, に一日, に不, に世界中, に二個以上, に云云, に仕事, に他, に余, に信じた, に厭世観, に去年, に可, に天草諸島, に容易, に小, に張らなけれ, に彼, に徒食, に必ず, に有益, に木目, に死ん, に法師, に特に, に由子, に町人, に直, に確固たる, に義太夫, に自分, に苦患, に見る, に諸国, に起こっ, に軽, に高低, のまだ, のみに誤れる, の萎縮, ふたたび昔, まずこの, また新た, まるで跡地裏長屋, もしある, もしこれ, もし一人, もし黄色人種, やむをえずある程度, わが勝利, 一方に, 下ざま, 仮に七十年, 先ず名, 分るの, 単に机, 同一団体内, 多少事実, 強いて, 恐る, 新しい地名, 早く戻らね, 早速曳い, 正しい批判, 誤った思想, 速かに, 遅く旅宿, 遣わしたの, 重大事, 長い間, 頼んでも

▼ ある~ (153, 0.0%)

36 ている 15 ていた 974 てゐる 3 ていました, てゆかう 2 たり三, てい, てしまいに, てまた, てもう, て来た, て行く

1 [62件] たり, たりし, ていかに, ていきます, てお, ておい, ておった, ておられた, てかれ, てきた, てくらし, てくる, てここら, てだんだん, てはむずかしい, ては時々, てみたかった, ても, ても彼, ても毬, てやう, てゆきます, てゆけ, てゐます, て一体, て二人, て今, て何, て侍従, て十五年前, て又, て家々, て居つた, て居る, て居るらしかった, て巧み, て帰っ, て折ふし, て探した, て明くる日, て晩年, て死者, て江戸, て漸, て為朝, て美声, て自分たち, て蛙, て裏長屋, て見たい, て見世物, て遊ん, て食べる, て黄色く, な仏法, はいろいろ, はばか, はゆる, は助かっ, は生きる, は縛られた, ハムチヤクチヤをや

▼ ある~ (151, 0.0%)

3319 からず 15 き筈 9 しと 6 きを, き事 5 きこと 2 からずし, きぢ, きなり, きは, きや, く候, けんや

1 [44件] きかに, きだったが, きであったが, きでは, きなれば, きに, きのみ, きの由が, きものであったろう, きものを, きやの, き也, き性質, き所, き文壇, き理由, き處, くかの, くその, くもない, くも無けれ, く一部分, く作者, く全, く将, く將, く思われた尾根, く故意, く止むを, く神話, く詩人, しお, しとの, し古, し因, し此静愛, し然, し父母長者, なり大きな, なり贅沢, 哀さうだ, 成り醜い, 滅性, 然き

▼ ある若い~ (151, 0.0%)

7 女の 6 女が 4 男の 3 人達の, 娘の

2 [11件] のが, 女と, 女に, 妻は, 学者が, 男が, 男は, 画家が, 百姓が, 者が, 音楽批評家は

1 [106件] おかた, お侍, お内儀さん, お嫁さん, はつかね, むすめ, ヒステリーの, ピアニストが, モダーンなお, ロシア人ルオフ・メリコフは, 世間師に, 亭主の, 人々が, 人々の, 人が, 人でした, 人は, 人人らの, 人達は, 人間を, 令嬢の, 作家の, 作家や, 作曲家の, 保母が, 俳優の, 倫理学者の, 公家さんが, 公爵が, 劇作家仲間と, 助任司祭, 助手の, 労働者が, 労農通信員たちよ, 友人が, 友人を, 友達は, 命を, 和一郎夫妻を, 地球物理学者が, 外交官が, 大工の, 夫人に, 女です, 女でも, 女は, 女性が, 女性は, 妓に, 娘が, 娘さんに, 娘も, 娘達の, 婦人として, 婦人の, 婦人も, 婦人を, 婦人達の, 孤君の, 学士と, 学校出の, 役者の, 心は, 教授は, 新聞記者から, 日の, 易の, 昔を, 時代の, 時代共通の, 書生肌の, 會社員に, 未亡人の, 未亡人は, 武士の, 武官教官が, 殿上人に, 母は, 漁夫です, 父の, 独立した, 男あるいは, 男では, 男と, 男女の, 男女青年の, 画学生の, 画家それに, 素人の, 者と, 者には, 臨月の, 芸者が, 薬剤師と, 詩人の, 貴族の, 資本主義を, 身空じゃ, 連中は, 遊冶郎と, 道路工夫などは, 野ガモたちの, 雑誌記者の, 静物画家だ, 音楽家で, 顔を

▼ あるなどと~ (147, 0.0%)

5 云うこと 3 いって 2 いう, 云って, 奇怪な, 思ったこと, 私は, 自分は, 話しながら

1 [125件] いい一, いい父, いうものの, いった, いったが, いっては, いふが, いふならば, いわないで, いわれて, おいいだった, おまえは, お松は, これでは, こんなこと, しきりに我が, そう簡単, その当時喧伝, その面前, そんなこと, そんな馬鹿, そんな馬鹿げた, どうして男たち, どうして考えられよう, どうして諸君, なかなか手, なかなか自然, まるで露西亜, よく噂, わかつたらどんな, 一途に, 三十三間堂の, 世間ばなしまで, 二人は, 云いふらす者, 云い出す盲蛇, 云うが, 云うの, 云う事, 云ったらどう, 云ひ出す, 云ふ, 云われたこと, 云われて, 云われる事, 人の, 人間なら, 仮りにも, 仲, 八月の, 區別し, 口を, 命婦自身が, 唱うるは, 噂せられる, 嚇す, 大姫君, 好い加減な, 妄測する, 威張って, 宮は, 少しも, 思いつれづれ, 思いながら, 思いやりながら, 思い続けて, 思うたこと, 思うの, 思って, 思つて一般の, 思はれて, 思われた, 怨みが, 悦んだり, 批判し, 教ゆれ, 敢て, 書いて, 書くの, 朝刊の, 本気で, 母親は, 皆の, 確言した, 私らは, 称する政党人, 簡単には, 繰返して, 考えて, 考えること, 考へた, 考へたこと, 考へて, 考へては, 考へるの, 聞いたが, 自分の, 自分を, 自身も, 蔭口も, 薫は, 褒められるけれども, 見物し, 触れ散らかし祈祷料, 言い触らしたの, 言うの, 言う当時, 言えば, 言ったり, 言はれ, 言われると, 証言する, 話したもの, 話し聞かせて, 話すこと, 語つた, 説き更に, 説く人, 誹謗する, 論じて, 豪語した, 述べさらに, 過去の, 遠い未来夢, 院は

▼ ある日私~ (147, 0.0%)

3 が御, の家, はいつも, は母

2 [14件] が, がお, がその, が友達, が授業, が見舞, にその, は, はその, は久しぶり, は偶然, は友人, は自分, を訪ね

1 [107件] がいつ, がいつも, がおいおい, がパリ, が休み時間, が会社, が例, が博士, が友人, が城内, が戻っ, が教室, が新聞社, が朝食, が物置, が現場, が縁先, が訪ね, が遊び, が門, が鳥わな, とダンチョン, と弓之進殿, と細君, に向っ, に次, に葉巻, のところ, のわき, の先輩, の前, の友だち, の友達, の名前, の妻, の留守中, の目, の行く, の近隣, の部屋同様, の髪, はあてなき, はあの, はお, はかわいい, はくつろいだ, はこっそり, はこの, はそこで, はどんな, はふと, はまあ, はやはり, はシカゴ, はラサ, は一人, は下, は主人, は五, は何, は作者, は公高, は再び, は司教, は大きな, は大通り, は奇妙, は姉, は学校, は実家, は家, は小作, は山羊, は崖下, は年少, は彼, は心配, は思いきっ, は放課後ひとり教室, は日本橋, は明智小五郎, は最後, は本堂, は林太郎, は注意深く, は活動写真, は猫, は王, は王さま, は町, は神田, は突然, は菊富士ホテル, は表, は見た, は諸戸, は車, は道, は遠見, は金鎚, は錢苔, は阿佐谷, は隣村, は非常, もそこ, もその, をお

▼ あるって~ (144, 0.0%)

8 ことを 6 ことが 3 えの, ことは, のは, わけさ, 云うん, 何が

2 [12件] いいますから, いうんで, いって, えのに, ことさ, わけだ, 云うもん, 聞きましたよ, 言うじゃ, 言うぜ, 言うん, 話だ

1 [88件] ああこれ, あたし云ったでしょう, あなたが, あの茂太郎, いいましたぜ, いいわねえ, いうから, いうが, いうがね, いうじゃ, いうのに, いったけれど, いったね, いってた, えもの, え仲間, おっしゃいます, おっしゃるん, お呼びすれ, お婆さんが, お母さんは, くゎうこくして, ことだ, ことです, ことに, ことまで, こと次郎さんは, しょっちゅう聞かされ, たしかに兄さん, だれか, どの位, どんなことだい, なんだい, ほんと, みんないってる, みんなそう, ものさ, ものだ, もんでございます, やすぜ, わけでした, わけな, んだ, んだい, んでしょう, バルナバスが, ポスターが, 事だ, 云いましたね, 云いますよ, 云うから, 云うこと, 云うし, 云うじゃ, 云うぜ, 云うだけ, 云うの, 云う話, 云えや, 云って, 云われたもの, 何, 口癖に, 寸法さ, 帰途が, 待ってるん, 思うこと, 戸板で, 昔から, 書いて, 朝っぱらから, 本当だろう, 本当な, 楽うし, 皆恐ろし, 私誰よりも, 言いますから, 言いますけれど, 言いますぜ, 言っただけ, 言ったん, 言って, 言伝を, 訳さね, 訳だ, 貴方の, 長吉さんびっくりし, 馬鹿申せ

▼ ある時期~ (144, 0.0%)

9 の間 4 の古代生活 2 が来る, だけ処女, の姿態, の後, は今や

1 [121件] からは確か, がくる, がすんだら, が來, が到来, が同僚, が語序, この錯雑, そのうち, だけは死んだ, だけ神, であった, であったの, とは, などというもの, なの, にあたっ, にあの, にある, において, においてある, においてそれ, においては人, において徴兵検査, におけるその, における京阪語, における独占価格, におこる, にこれら, にすらこれ, になあもし, になれ, には, にはあらゆる, にはきびしい, にはどうしても, にはぼく, にはもっと, にはカトリック, にはプロレタリア作家, には一つ, には他, には何, には余人以上, には児童, には執筆以外, には大きな, には客, には家内, には封建, には少く, には徹底的, には月刊雑誌, には機械説, には神主, には神様, には絵画展覧会, には群集, には若い, には西洋, には記代子, にふと, に一家, に一種族, に与えられた, に人民, に作者, に地球上, に増加, に多, に於, に於い, に真実, に繼ぎ, に自分, に至っ, に見た, に起る, に達し, に達した, に達する, に遭遇, に際して憎, に際会, に魂, の, のこのみ, のひとつ, のプロレタリア作家, の傾向, の印象, の増加, の心, の画中, の詩人, の間我国, はない, は一冊, は互, は君, は多く, まで, まであなた, までさう, までそれ, までのその, までの運命, まではすべて, まではプラス, までは横田, までは邪魔, まで作家, をおい, をとり扱っ, を主, を待っ, を描いた, を考え, を見, を通過, 特に初期

▼ ある仕事~ (143, 0.0%)

7 をし 3 だ, だと, である, をしたい 2 というもの, をさせる, をした, をしなけれ, を爲, を致しました

1 [112件] があり, がある, がすべて, ができ, がなかっ, がまだ, が与えられた, が人々, が出来ない, が出来ます, が待つ, が気, が社会性, が私, が迎, じゃある, じゃない, だから, だけに働き, だったに, だつた, だよ, だらうし, だろうと, つぷり, であった, であったならば, であったわい, であった年頃, であつ, でありましやう, であります, でありますが, であり出世, であるから, であるかを, ですがね, ですよ, でせう, でその, でなあ, でなければ, ではあった, ではない, ではないだらう, でぴっちり, でまぎらした, で面倒, として云いしれぬ, とその, とぞんじ, となるだろう, と思っ, なの, ならば, につく, にとりかかった, には作家, に事える, に何時間, に働い, に役立たしめる, に従, に従事, に打ちこん, に未経験, に没頭, に注意, に目, に相違, のため, のつもり, の事, の人達, はある, はこれから, はできる, はなかっ, は困難, は彼, は持たなかった, は晩, は次, は餘, もあり, もある, や小さな, を, をいっぱい, をさがし, をさせ, をしない, をなし遂げました, をひかえ, をもつ, を一緒, を仕上ぐれば, を企て, を分担, を受け持っ, を始める, を心掛けろ, を持つ, を教, を本当に, を残さず, を残さん, を為し得た, を続け, を自分, を見つけ, を軽視

▼ あるとともに~ (141, 0.0%)

2 それを, たくましい享楽家, 人間の, 哀憐の, 日本大衆の, 非常な

1 [129件] あくまでも不遜, あれ位の, いたって交際家, いつも世界, このソヴェト同盟, この社会, この身心, これを, ごく子供, じつはポリティック, そうした場合自分, そうした異常, そこには, そしてその, その個人性, その半面, どこか, はる子の, またきわめて, またさらに, またその, また優れたる, また十分自由, また厳乎, また外国, また実に, また巌, また巧者, また当為, また徐々, また悟ってるらしく, また悲しく, また有名, また熱烈, また牧師, また祭司, また粗笨, また誘惑, また迷信, また隣人, また雄弁, また非, よい國民, より若き, ソヴェートの, ソヴエートの, 一つの, 一利あり, 一種の, 一般的な, 一面また, 一面野性人でも, 三週間ばかりで, 下なる, 世俗的であり, 世界的である, 京師方にとっても, 人間への, 人間以下で, 今も, 仏蘭西革命を, 他方生を, 他面心理である, 伸びようと, 信念のみ, 全き, 冷然たる, 処女である, 労働組合の, 協同である, 単純なる, 厳しい父親, 又司法権, 又死そのもの, 古参新参の, 史学科の, 君の, 地球遠征軍の, 多くの, 大きくいえ, 大覚寺統の, 奉仕者である, 女性全体の, 完全に, 実践的な, 実践運動者で, 客観である, 宮廷の, 巧妙でも, 巨大なる, 常に一つ, 年長者に対しても, 店員待遇の, 廣く, 弁証論の, 慟哭の, 我々日本人の, 撓みやすく, 支配者によって, 放浪した, 新しい徴候, 新しく勃興, 日本画の, 普遍な, 暗黙な, 最もおもしろい, 最高の, 業務の, 正直である, 母親の, 源氏が, 瀟洒だった, 理性に, 生きて, 生命の, 知識は, 社交界には, 私行的には, 絵の具や, 聴くもの, 自由に, 英雄的で, 読者の, 讃歎である, 跛足で, 過激な, 階級闘争の, 非常に, 黒書院に

▼ ある古い~ (139, 0.0%)

4 建物の 2 のも, 修道院の, 屏風の, 庵室に, 悲哀時代の, 旅籠の, 池の, 西洋館の, 金縁の

1 [117件] うちである, お城, お寺か, お寺で, お寺に, お寺の, こだまする, そぎ葺, ぼろぼろの, ものの, ものは, ものを, らんぷが, オルガンで, カシワの, フランダース派の, ブリキの, 一堂を, 一門に, 三通の, 不思議な, 丘の, 事でございます, 二本の, 人は, 俳句を, 党員で, 円卓子の, 剣の, 勢力や, 印象を, 国語で, 型だ, 型の, 型を, 墓の, 墓石だ, 士族屋敷で, 大きな寺, 大きな建物, 大きな酒屋, 大木では, 奇妙な, 女が, 字書なぞを, 家の, 家を, 家並みの, 家建の, 家柄です, 家竝みの間を, 寺である, 寺に, 寺の, 寺や, 寺院の, 小説を, 屋敷の, 屋敷風の, 山上の, 形で, 手紙は, 手鏡を, 料理屋の, 新聞紙に, 旅館で, 日本の, 曲調, 書物の, 書類を, 木には, 木にも, 本箱からは, 松の, 板看板の, 柱の, 校舎へと, 格言に, 楔形文字で, 榎, 檜を, 歌曲の, 池で, 琉球の, 甕である, 町が, 町に, 町は, 画本の, 石でも, 石碑の, 硝子戸に, 系図を, 純然たる, 絵が, 羽織袴の, 肖像と, 肖像画家が, 肱掛け椅子に, 草花鉢を, 葭簀の, 蒲簾の, 藤の, 虫とり網に, 襖の, 西洋館だった, 詩では, 話では, 講堂は, 資料を, 追憶が, 郷士で, 長袍, 門の, 雛まで, 頭では, 風俗や

▼ ある~ (138, 0.0%)

7 あるよ 3 心配しない 2 おい, それを, つて, もう一人ツイ先刻, 八, 木曾街道も, 隣の

1 [114件] あそこに, あったよ, あったらどう, あつたら, あの新屋, あの樹, あの男, あるから, あるとも, あれでも, あれを, いうあるよ, いかに砕けた, いくらでもある, いつ帰っ, いまに, お前も, お母ちゃんは, お祖父さんが, お雪, こいつは, ここは, ことに酔っ払う, この町, こ顔が, さいわいこの, さは, さを, しかし或は負け, しかも八人, すべての, そう云う, そら郁太郎様, それは, そんなスパルタ, つてそいつに, つてに, つて今度會つてお前から, つて平均百五十円ぐらゐですわ, つまりな, ときに, どうだい, どこが, どら, どれ行っ, な気, な気分, ねえセリョージャ, ぶこちゃん, みんなよくもまあ, よく來, よっちゃ, エイゼンシュテインが, オ, マーサ, 一つ, 一つは, 一度でも, 三輪の, 人間て, 今晩わたしは, 何という, 何と書い, 偏にこの, 僕は, 光と, 動力学と, 千五百円, 君, 君は, 君もっ, 妙案が, 子供達の, 室蘭病院て, 家に, 家を, 察して, 小唄一つだけ, 尚詳しく, 山下町だった, 島村大尉って, 左様じゃ, 年を, 年代的に, 往って, 徳川の, 急には, 手塚学校で, 探して, 新しい歯こぼれ, 時々外, 本当の, 東京堂に, 機は, 此邊で, 死骸を, 灰皿だの, 痩せぎすで, 相当な, 神聖なる, 私の, 自殺を, 花魁さんが, 苦労性と, 荒木は, 蜘蛛の, 袂を, 見て, 親分, 解釈次第では, 誰だって, 貴様位ゐ, 道人様の, 驚くこと

▼ ある婦人~ (138, 0.0%)

3 であった, のため 2 と知り合い

1 [130件] かさては, かでなければ, からどちら, からの伝言, からは, が, があの, がありました, がある, がお産, がかつて, がこういう, がその, がそれ, が乳, が仕損じ, が八ヵ月前, が問題, が団長, が国家, が市街, が広岡浅子女史, が東京, が某, が田舎, が私, が自分, が言つたの, ことに現在, たらしめようと, だが, だけにその, だと, であったという, であつ, でございますから, でござるか, でした, ですし, でないか, でも後家, でも旦那, でクッション, で尊敬, で殊に, で芸術上, とあわよくば, というもの, といっ, といっしょ, として桓温, として照り輝き, との死, と会見, と少女, と心中, と恋, と技術, と言, と語っ, なの, にあらね, にこそよく, にそういう, にたいしては敬虔, にとっては, に不利, に不躾, に出会つた事, に対して異, に対して薄情, に師事, に愛, に物語つて, に甚だしい, に用, に絶縁, に適した, に限られ, のこと, のみが仏蘭西婦人, の作品, の典型, の内所話, の口, の善意, の如き, の妥協的常識, の姿, の客, の屍体, の手, の手記, の文筆活動家たち, の新, の旅, の着る, の社交団体, の美徳, の良人, の部屋, の間, の集り, は, はいう, はなん, はなんと, は彼女自身, は必ずしも, は愛する, は月, は民本主義, は決して, は素足, へ, への好み, また社会批評家, も, も清洲, や無自覚, や科学者, や貧者, をまざまざ, をもっ, を予, を健康, を召しかかえた, を多く, を目, を苦しめた

▼ あるしかし~ (137, 0.0%)

6 それが, それは 3 私は 2 それで, それを, 伊東氏の, 多くの, 密教の, 自分の

1 [110件] ああいう, あの一条, ありうべからざるもの, いったいどんな, いづれも, おしよせおしよせて, こういうこと, こういう意味, このこと, この不思議, この作品, この先, この変貌時代, この手紙, これから後, これに, これは, こんな大きな毛虫, しいてわが, そう憎がり, そこに, そのこと, その中, その事業, その弱, その御, その感動, その猫, その疑い, その約束, そればかり, だらしなかつた, どちらも, まあ私, まだ幸, やさしく慰める, 一昨年の, 一軒が, 世界についての, 二十世紀は, 何となく踏み, 何は, 何よりも, 倭皇と, 光明に, 公平な, 公然とは, 前者は, 印度は, 原に, 可笑しな, 吾輩が, 問題は, 因幡や, 土牛の, 地球の, 地理学で, 大智氏が, 大毎東日との, 奥村氏の, 女の, 察する, 川村曼舟氏は, 庵は, 当節は, 悪い気持, 愚者で, 持主が, 新生活, 新聞は, 普通英国等で, 智者には, 根が, 業報を, 此等は, 気の, 気は, 気分ちっともパッ, 水戸も, 決して悪意, 決定的な, 温ま湯, 無意味, 煎茶よりも, 狹い, 猛毒は, 現在では, 現在の, 當時印度の, 竹は, 綿よりは, 繪畫と, 罪の, 自分が, 自分は, 自己主張も, 自然の, 良書は, 虚空に, 行乞したい, 袖に, 貴殿は, 達筆の, 都新聞という, 鉛筆は, 長唄を, 門の, 雨が, 雨は, 髪を

▼ あるかに~ (135, 0.0%)

12 就いては 7 就いて 4 就いての, 見えた 3 見える

2 [12件] ある, 存する, 存在する, 来る, 注意せられる, 注目しよう, 私は, 考へて, 至っては, 見えること, 違いない, 驚く

1 [81件] あったの, あるの, あるわけ, うかが, お気付きならない, お角さん, さへ, なる, はかに, ふと気がついた, よつて, 依って, 分かれるん, 受取れる, 問題の, 在る, 大切珍重する, 存するの, 從つて現, 心づいて, 思いあたった, 思いあたろう, 思いを, 思い及ぶこと, 思われた, 思われたが, 想い及んで, 感ぜられる, 感ぜられるの, 感づいて, 感動し, 感嘆する, 打たれざるを, 承わりました, 最も注意, 歯が, 気がついて, 気がつかないで, 気がつかぬの, 気がつくであらう, 気がつくの, 気がつく筈, 気づいた, 気づいた後, 気づいて, 気づかなかった, 気付くだろう, 気附くであろう, 氣づいた, 注意した, 注意しよう, 注意する, 注意せられたい, 満足に, 由て, 町の, 目覚めるであろう, 眼を, 窺われ候, 置いた, 考えられるの, 考え及ばなければ, 考え国家道徳, 聞いたですが, 胸を, 見えた宗久, 見える人, 見える彼, 見える茶人, 見て取って, 見ゆるもの, 見立てて, 覚えます, 迷は, 過ぎない, 過ぎないであろう, 過ぎぬ, 關し, 關する, 關はりなく, 驚くと

▼ ある~ (135, 0.0%)

80 やない 30 やありません 3 やア 2 やす, や無い

1 [18件] いさんは, き筋, つとして, や, やありましねえ, やいや, やござらぬ, やすかい, やなく, やなし, やねえか, やらうが, やらうし, やらうと, やらう此四品, やらう誠に, やろ, や無し

▼ ある~ (135, 0.0%)

3 でじっと, で良人, をちら 2 だった, づかいを, に柔和, の丸い, の心持, まぜを, を注いだ, を見せた

1 [110件] が, がぎらぎら, がけだるい, がさしまねいた, がじっと, が大きい, が太守高時, が彼, が暫く, が浮き出し, が異様, が自分, が輝い, さえ見えね, ざししめり, ざしと, ざしを, だけが稍神経質, であった, であつ, でこの, でさまざま, でしげしげと, でじろりと, でちょい, でちょっと, でなかなか, でながめられます, でテーブル, で兄, で半日, で国語, で小池, で山西, で彼, で彼等, で書生, で村田, で様子, で母親, で民弥, で流眄, で男, で痩せた, で睨んだ, で見, で見返しました, で長い, とその, とは十分, と声, と女, なざしを, にだけなお, になっ, には急, にぶつかった, に優しい, に出会った, に変った, に打ち見遣りつ, に見えぬ, に見まし, のさめる, のその, のなか, の上, の中, の所有者, の生きた, の細い, の縁, の色, はほとんど, はむこう, は一層, は下, は並, は更に, もいつも, ももし, や唇元, をあける, をあげ, をある, をお, をし, をした, をじろじろ, をすぐ, をなほ, をはつきり, をもつ, をわたくし, を一層, を一汐, を上眼, を以て次々, を大きく, を慘忍, を挙げ, を李, を移した, を見つめた, を赤く, を輝かし, を通じて想像, 利きの, 少し間延び, 覚し時計

▼ ある~ (133, 0.0%)

4 部屋の 3 卓の, 學校を, 部屋 2 丘の, 枝の, 突起は, 窓の, 箱を, 都会に, 都会へ, 都市の, 駅に

1 [102件] いの, き胸, つぽ, なる自己, べやがありました, べやをあける, テーブルの, ナポレオンの, 事件の, 事件を, 伝馬船の, 侍従にも, 修道院まで, 公園が, 公園へ, 切りに, 初は, 割板の, 劇場, 劇場奏楽珈琲店種々の, 卓な, 卓子の, 君主も, 圓太, 地域に, 堂のみが, 壺の, 婢が, 學教員の, 學校に, 宰相などの, 屏風の, 峡とて, 庭と, 庭に, 徑は, 悪党で, 提灯が, 提灯を, 新聞に, 新聞社の, 旗を, 日枝が, 机に, 机を, 村落が, 枝で, 枝でも, 枝を, 桶に, 桶を, 泥棒, 灌木だ, 火鉢を, 独立国, 猿だ, 瓦塀を, 田巻直次郎の, 窓から, 窓は, 粋な, 粹な, 絨毯が, 絨毯の, 繁華を, 花は, 菓で, 藤次から, 虫の, 虫を, 蛇, 蛇が, 蜂など, 貴族に, 賭博うちの, 趾を, 躯の, 部屋から, 部屋が, 部屋に, 部屋へ, 部落から, 部落で, 都会, 都会で, 都会の, 都市で, 都會へ, 都會サンピール市を, 配電盤の, 鈴は, 鉄工場主の, 銀行の, 雑誌に, 雑誌の, 馬が, 馬車で, 駅だった, 駅の, 騎士が, 驛に, 鬼かなんぞの

▼ ある~ (131, 0.0%)

4 の中, を読ん 3 がある, で読んだ 2 だった, のこと, の表紙

1 [111件] がなく, がみんな大形, がルイ十四世, が国立出版所, が市中, が書きたい, が見たい, が読みたく, だ, だから, だがね, だろうと, でありまして, であるが, であると, でこんな, ですよんで, ではある, ではない, でもどうか, でも建仁三年以後, でも御覧, でも読ん, で一番, で斯ん, で美濃判半截, で近来, で魚野川, とか自分, とが同じ, とは申し, と云え, と書棚, と机, と煖炉, と私, ない本, に, になります, には姉川, には綺麗, に就い, に度々, に手, に書い, の上, の儘, の全体, の原稿, の形, の方, の装幀, の選択, はそういう, はない, はなん, はみんなお前, は上, は中, は何, は始め, は完全, は悉く実際, は漱石, は皆, は読まない, ばかりにやたら, までも出版, もあっ, もあつ, もある, も併せ, も四五冊, や新聞, や由緒, や詩集, をかきました, をかく, をさがし, をぜんぶ, を二, を仔細, を何故, を出し, を出した, を取っ, を取つ, を取り上げ, を受けとった, を壁, を手当り次第, を書く, を知る, を繰り返し, を見い見い, を見廻した, を読んだら, を重ね, を集め, ネルの, 來の, 來自然界の, 即ち中, 富士警察の, 居の, 居宣長の, 當の, 筥の, 行寺という, 項は, 鼈甲の

▼ ある~ (130, 0.0%)

54 に彼 3 にこの, にその 2 にたづねありく, に二人, に人, に必ず, に新聞, に私達

1 [103件] にあらゆる, にいつも, にいましめた, にいやに, にお前, にか, にここ, にさ, にしばしば, にそこ, にちよい, にのこりなく, には大体, には大同一致, によく, にアジア民族, にオヤジ, にカラカラ, に一々, に一段, に一流, に丸岡君, に之, に二人きり, に何時も, に倭寇, に傘張, に僕, に其, に努力, に勧業博覧会及其他, に却, に参拝, に向, に唱, に啾々, に團扇, に大赦, に奈良原少年, に好い, に妾達, に学者, に実習用, に宿, に宿將, に小作争議, に小生, に少し, に就い, に島々, に己, に引照, に当事者, に彼女, に従業員, に心, に思ひ出し, に我國, に打, に支倉, に救, に文書, に方々, に日本, に晩酌, に書き続ける, に村, に東京, に楽しむ, に此能力, に死, に比較的, に気, に水, に泉太, に滅亡, に演説, に独立, に皆, に直し, に知らされ, に祭られる, に私, に私見, に精, に約, に聞い, に自分, に自宅, に自宅の, に菊桐, に著者, に薩摩, に西妙寺, に設, に諸, に諸所, に路, に送り届け, に釈い, に非番, に駿介, 火曜日の

▼ ある事実~ (128, 0.0%)

8 である 2 だ, なら, に直面, を否む, を知っ, を知る

1 [108件] からひき去, から察し, から眼, があろう, がお前, がこの, がわかっ, が余りに, が判明, が当時, が次, が湮滅, が潜ん, が発見, が知れ渡った, が聞きたい, が語っ, だつたの, だと, であるが, であること, であろう, ですが, でなければ, ではない, で自ら興味, とその, とはちがった, とをよくよく, と同じ, と同時に, と暗合, と混じ, と認められる, なの, なり, なん, におし宛て, についてはなにぶん, について大いに, によってその, によってもたくさん, によって宇宙, によって確証, に執しすぎ, に対しわれわれ, に深刻, に現れ, に関するある, に驚きはじめた, のやう, のよう, の一部分, の完全, の記録, の詩的表現, はこの, はさすが, は一部, は世界, は決して, は消, は私たち, もあった, も少なく, も極, や計算, よりも更に, を, をあげ, をその, をどう, をみとめまい, をもっ, をも考えさせる, を丸, を事実, を体験, を叙, を寛先生, を平気, を必要, を思わなけれ, を描写, を明瞭, を最近, を殆ど, を沢山, を注意, を演説者たち, を物語った, を発表, を発見, を目撃, を知った, を知つて, を端的, を考えざる, を考へれ, を自然, を見ます, を証明, を話し, を認めなけれ, を認める, を語つて, を述, を述べた

▼ あるなし~ (123, 0.0%)

13 にかかわらず 6 に拘らず 4 に関係, は別 3 の問題 2 であつ, では, に関

1 [87件] かすなわち, が久我, が全然, ことに平安, この真情, さ, さえもわからない, じゃあ人間, すらわからなくなっ, ただ生長, だがこれ, である, でさべつ, でも尋ねよう, で事実, で分れるの, で見わけること, という, ということ, といふ, とはいえる, と余, と武士, など問題, にか, にかかはらず, にかかわらず笑い, にだけかかっ, につけ, にはかかわり, には思った, にもよる, によってきまる, によつて, によつて解決, に係, に拘はらず, に関ら, に頓着, のかぜ, のウチ, の嘆き, の小, の庭, の畸型児, の米, はこの, はさし当り関与, はすぐ, はともかく, はどうして, は俄, は分らない, は問題, は心眼, は時間, は私, は論外, は運命, ばかりでなく, まで考える, もけっきょくはここにかかって, も打, よりは自分, よりももっと, よりも寧ろ, より湯氣, をさらに, をたずね, を判定, を差, を案じ, を省みる, を考え, を訊い, を調べ, を論じる, 二足四足の, 人世の, 存在は, 彼の, 我は, 死は, 況んや, 腕の, 蛇毒を, 見よ世

▼ あるものの~ (122, 0.0%)

5 如し 4 如く 2 口髭だけは, 如くその, 如く考えられて, 本所以外の, 美しさ

1 [103件] あの口ぶり, あらわれたところ, あれが, いまだに二剣ところ, いやらしい物, かえって実, かかるもの, この端麗, ごとく, ごとくうごめいて, ごとくさながら, ごとくとっぷり, ごとくはなはだ, ごとくグルグル, ごとく主人, ごとく他, ごとく右門, ごとく地, ごとく奥さん, ごとく宣伝, ごとく少し, ごとく居, ごとく巧み, ごとく形, ごとく思い頼むべからざるもの, ごとく思われました, ごとく振舞った, ごとく揺るがします, ごとく橋, ごとく玄心斎, ごとく睦みあって, ごとく睦み合って, ごとく答えた, ごとく綱, ごとく論じて, ごとく鬼哭啾々, ごとし, その意気, その論證, ともかくも, はっきりと, まだ同じ, まだ御, まるで無人, よりどころ, トクガワ氏の, 一貫し, 不思議にも, 世故を, 中味は, 人間らしい希望, 今度大坂に, 伊勢路美濃路甲州方面の, 低きを, 何故なる, 只彼, 大きくなった, 大勢は, 大戦略, 如くただ, 如くひとり合点, 如くモウ一度, 如く主として, 如く報道, 如く思はれた, 如く正造, 如く決して, 如く独立, 如く獨立, 如く結ぼれつ解けつ悲し, 如く聞, 如く解せられては, 如く説く, 如く赤紙, 如く輒, 如く音羽, 如く顫, 如く黙々, 山らしい, 市井を, 幸い震災, 幸ひ, 幾らか棟梁, 恐ろしさ, 手もとには, 既に言明, 明日の, 根が, 正しさ, 生来雅事, 留守であった, 白うゆらい, 私には, 私の, 窓に, 自分ほどの, 行く先の, 詣する所, 読み直しを, 誰かは, 誰一人口を, 迂濶, 雨の

▼ ある日本~ (122, 0.0%)

4 のこと 3 の女 2 にはまだ, のお, の世界, の茶の湯

1 [107件] からは從來, があなた, がアメリカ, が清露兩國, が火山国, だけは全く, であって, である, での切支丹, ではそれ, では又, では唯一, では弘法大師, では相当, でももうそろそろ, においてプロレタリア作家, において労働運動, における文学, にとっては単なる, にとつ, に地震現象, に存在, に対して日本的, に関する記事, に降りた, のもの, のファシスト戦犯, の上野, の中央, の人, の人民, の伝統, の伽藍寺, の作家, の働く, の共産党, の力, の古画, の名士達, の哨艦, の地名, の天皇制ファッシズム, の女性, の婦人, の婦人たち, の婦人科学者, の婦人雑誌, の学者, の家庭, の寺子屋, の封建的, の將棊, の將棊盤, の島々, の市民, の必然, の探偵小説, の放送事業, の政治家, の教授, の敵, の文相, の料理屋, の方, の昆虫採集家, の本, の栗, の植物, の武将, の死命, の漢詩, の現代, の現状, の理学者, の画家, の留学生, の短歌, の社会形態, の紳士, の緞通, の船頭, の裁判官, の詩, の資本家, の農夫, の過去, の陶器, の顔, の風俗, の風俗画, の鬼, は三年前, は地球上, は文学上, は明治維新, へ伸子, へ帰っ, へ帰ろう, まげを, までが石井駐米大使, や支那, や黄金, をよみふけっ, を思いがけない, を考へる, を見離し, 第二

▼ ある美しい~ (120, 0.0%)

5 箱が 3 写真を 2 ものの, ものを, 女の, 手を, 眼で, 着物の, 秋の, 装幀の

1 [96件] おかた, お家流の, お屋敷, やま, バラの, マリヤの, 上まぶたの, 世の中に, 乱れ形に, 人間の, 公園の, 動作に, 口頸筋の, 味の, 国に, 声で, 夜であった, 夜に, 女で, 女中は, 女店員, 娘を, 娘達の, 家庭であった, 寫眞を, 寺院は, 小さな寺, 山の, 岬が, 島に, 崇高な, 嶮しい, 希望が, 平常着の, 庭を, 微笑を, 思想や, 情熱が, 感覚の, 懸巣, 手紙を, 挿絵が, 新造船, 景色であった, 曲コルトー, 村である, 桜子夫人との, 森林の, 歌を, 正面が, 気分や, 沃野である, 浜町河岸の, 海べ, 海岸の, 湖の, 溜塗のが, 滝に, 漆器を, 珠じゃった, 生娘に, 目を, 眼を, 社会生活といふ, 筆蹟よりも, 聲で, 肉声という, 肢体を, 色の, 色彩に, 花に, 花の, 花園を, 草花以上に, 蒔絵の, 虹鱒だった, 蛍籠を, 蝶が, 行者を, 衣服を, 要点の, 記載に, 詩が, 赤色の, 運動の, 部屋に, 部屋へ, 酒注, 金曜日の, 銀の, 面では, 音に, 顔が, 顔だ, 顔と, 黒馬に

▼ ある~ (118, 0.0%)

876 あるぞ, っ 3 ウ, オ 2 かし, たのむよう, 半九郎, 屹度

1 [77件] あいつの, あの乞食, あんな女, いくらでもある, いとうれしき, えある, おらの, おれは, こいつぁ一きり見, ここに, こちの面を, こっちへ, この間台湾の, これは, これ許し, さてこそ, さては秋田犬, さ何者, そちは, それともけ, たった今それ, なし, なしッ, はやまって, ばばを, ほんとに今日おまえ, もう戦がす, わしらはおぬ, ォー, オー, ジタバタすれ, トランクが, 上菓子を, 主水, 九郎判官義経って, 今日其の, 仔種を, 何う, 何か, 俺の, 個人的に, 先生が, 兎や, 共済会へ, 可哀想に, 品物は, 城之, 執拗なる, 安兵衛殿, 尊けれ, 幻滅を, 待たッ, 徒労である, 忘れものが, 敵の, 是其方所持の, 書いて, 橘そちは, 珍趣向が, 畜生め, 粗忽する, 粗相を, 罪と, 聞いたか, 蟇口みたいな, 読んで, 誰が, 證據なき, 財産は, 貴さまは, 賣れ畏, 遁みちは, 面と, 順が, 食べ物も, 馬鹿野郎, 高氏

▼ ある~ (116, 0.0%)

5 だから, である 42 い, であった, なの, なれば, の, のこと, の板敷, の樅, 自分の

1 [84件] あって, あつて早天, あの妙, いい食器, うら寂しさ, きっとどこ, この場合, この抵抗, この点, この男, こんな有様, さ, すると俺, そう簡単, その科学的批判, その魅力, それから惹き出される, それだけ正しい, それだけ精巧, それに印度邊陲, だが, だし, だったから, でありました, であり畑地, であるが, です, でとにも, でも, でもとより, で厶, で名高い, で決して, なので, なり, なりき其内, な大き, な面積, に, に坐ってたもらぬ, に大石, に小石川, に持ち, に申し合せた, に畏怖, に私, に饂飩, の仕事, の得がたい, の木々, の水, の永い, の池, の物, の者, の自然木, の菊, の蝶, の親しみ, の貯蓄, の違, の長い, ますますおとなしい, また心理的, 優れて, 即ちその, 却って, 却って好奇心, 却って彼, 却って結局, 又は教育, 変って, 大きいが, 大きなもの, 少しでも, 幾重にも重り合っ, 強いの, 思い出せない状態, 最も多く, 消へる, 深いの, 白々しく眠たげ, 目覚ましい国民的飛躍, 興味深く思はれた

▼ ある~ (115, 0.0%)

23 の日 13 の夜 9 のこと 6 の夕方 5 の午後 4 の事, の夕, の日盛り 3 の暑い, の朝 2 の初め, の早朝電報, の暮れ方

1 [35件] が来た, この山裾, この町, と感じる, に例, に度々, のあつい, の一日, の午前十時頃, の午後京浜電車, の土用, の夕べ, の夕其処, の夕暮, の夕暮私, の夜ふけ, の夜御飯, の夜私, の帽子, の形体, の日ざかり, の日暮, の日銀座, の時, の晩, の晩休暇, の月, の未明金中米, の涼しい, の雪, の静か, の頃, ふとしたこと, 一寸油断, 太い針金

▼ ある~ (114, 0.0%)

3 に, にこの, の名 2 であつ, である, であろう, とでそれ, にその, に多少, に政界

1 [91件] か, かそれとも, かも知れない, か今, か又は, か殿さま俄, か河, だ, だと, で, であったこと, であらう, でご, でなく冷たい, ではない, ではなかろう, で事実, と実地, と称し, なん, にお, にそういう, にそれ, にそれで, にだんだん, にどうか, にはやく, には自分, にもう一度, に与えられた, に世上, に五, に人々, に人家櫛比, に人目, に伝説, に偃松, に其, に其位置, に其処, に其名, に初めて, に判然, に劒沢, に動物的, に却って, に同じく, に名付けられた, に商人, に外, に夫, に夫人, に夫婦喧嘩, に宗旨争い, に山, に岡目八目, に左, に幾分, に引合わない, に御, に思い直した, に思ひ出される, に我々, に或は, に斯, に棚機祭り, に殆ど, に温かい, に熟語, に特に, に相違, に私, に素直, に考妣一対, に草, に車馬, に道, に雨, に非, に顔面表情, に風, に騎兵, に齢詞, の崇高, もあろう, 何故に, 其の周囲, 大きい落付き, 必ず口, 恰も偽, 特に云々

▼ ある作家~ (113, 0.0%)

5 の一人 3 だと, の言葉 2 だという, である, であること, としてまた, に取, の作品, の悪口, の或

1 [86件] がこの, がこんな, がそう, がただ, がどうして, が二人, が偶, が労働運動, が彼女, が文壇, が新聞社, が書いた, が現実, が自ら冷汗, が誰, が輩出, だったけれども, だ度胸, でしかも, でせう, ではありません, ではない, では無い, で一部, で自分, としての桂華氏, として例外, とは明日, とモラリスト, と作品, と愛された, なら充分, なら誰, に, にある, にたのん, について彼, にとって痛切, には違, によって, によつて, に至嘱, に随筆, のこと, のよう, の人生, の人生態度, の作品全体, の創作方法, の得, の忘れられよう, の悩み, の手, の技術, の持味, の描いた, の玄関, の現実, の絵, の脚本, の芸術活動, はこの, はこれ, はさらに, はその, はどんな, は一つ, は主, は他, は児童, は小説, は日常生活, は日本, は楽しみ, は自分, は自己, は複雑, ばかりが感じ, ばかりが流行っ, ばかりが流行つて, も二三人, をつかまえる, を求め, を発見, を直ちに, を突如

▼ ある~ (113, 0.0%)

8 の上 43 のよう 2 が落ち, の階段, はだまっ, はみんな一度, はもう, は一しょ, は空, を土藏

1 [82件] からは水, から石, が二つ, が二基, が出, が積ん, が筑波井風, が肩, が落ちた, が青く, この溪谷, そして打水, だが, です, でも枯れ枝, で風, という石, などに一度, にかちり, につま, にはなにか, にぶつけ, に刻んだ, に打たれ, に書い, に腰, のこと, のまん中, の一方, の下, の中, の亀, の五輪法界, の井筒, の壇上, の天井, の家, の小橋, の手すり, の柱, の根, の棺, の洗濯盥, の片, の獅子, の盃, の神, の肝臓, の華表, の蔭, の記念碑, の質, の道標, の鉢, の門, の間, の陰, の露台, の額面, の鼎, はかわい, はなかなか, は一たん水, は唯石, は比較的, は重, へ綱, も地面, や沙, をおれ, をごろ, をコジ起しちやつた, を一目, を取っ, を取出す, を叩き付けられた, を夜通し, を抛り込んだ, を担ぎだす, を振り向い, を示し, を祀る

▼ ある土地~ (112, 0.0%)

4 の名 3 であった 2 だから, だと, である

1 [99件] から根, から此土, があっ, がございます, が浮い, だが, だけにまず, だけに残っ, だけに瓦, っての, であつ, であり其處, であるにも, であるらしい, である此無限, である武蔵国, ですからね, でない上, ではある, ではその, ではとっつき, ではない, では凡てこれ, では嫁婿, では布, では第, では蜜, でまた, でも小, でパリ, で下町, で働い, で博士, で小さな, で彼等, で数人, で育つた, で門構え, で馬車, とその, と卑近, なら鍛冶小屋, なりこれ, においては何ら, においては必然的, にかえって, にはいりこん, にも城, に一人, に不思議, に住ん, に固定, に於, に最も, に来合わせた, に穴, に限り, に静か, のこと, のよう, の上, の争い, の地代, の地味地形景観, の地震鯰, の所有者, の者, の草, の言葉, の話, の道場, の長者, は不破郡関ヶ原村山中, は何処, は北方, は如何, は将来, は生産設備, へ娘, へ行った, へ行つて, へ連れ, まで牛, も見られない, や, をしらべた, をばその, をもらっ, をも元始, を分かた, を周旋, を更に, を有利, を椰子, を耕し, を逐う, を通過, 即ちいくら, 淀んだ運河

▼ ある~ (112, 0.0%)

11 の前

2 [11件] がある, である, に立っ, の一部, の方, の横, の看板, の若旦那時代, の飾窓, へ入る, もあります

1 [79件] からあらためはじめた, からボタン, がそう, がそれ, が二軒, が何, が見当らない, だ, だった, だつたので, であった, であるにも, でこの, ですと, ですよ, でその, では, ではこんな, ではなかつた, ではショウウィンドー, では一つ, では堂々たる, では紋, でもこの, でよく, でゴッホ, でタオル, で久慈, で何, で六セント半, で小さい, で彼, で懐中, で手ごろ, で柿右衛門, で行われた, で黄金メダル, と取引, には悪徳, には赤, に小さな, に是非, に限り日頃取引, のまえ, の主人, の奥, の女給, の娘さん, の屋台骨, の床, の日除け, の明るい, の神さん, の老, の腰掛, の軒下, の近く, の鎧扉, の飾り窓, はどこ, は二重, は千客万来, は広告, は私, は質問, は金善, へお, へは決して, へは近, へ通い, まで行きました, もあった, を出し, を勤め, を女, を早く, を横目, を見ない, を覗い

▼ あるなんて~ (109, 0.0%)

4 だれも 3 ことは 2 きみの, はじめて聞いた, 僕には, 妾を, 聞いたこと

1 [92件] いうの, いつか仰っし, いふ奇蹟, いふ莫迦気, いやな, うそじゃ, うそだ, うそっぱちにきまってらあ, うそです, うその, おつか, おもいも, きいたこと, くやしくて, こいつは, ことも, しょうばいしているあたしなんかだって, すこしも, そんなこと, そんな評判, そんな話, だれが, だれにも, つまらない, でたらめだ, どういう仕掛, どうか旦那様, どうもへん, なんという, ふつうには, へんだ, へんです, ほのめかしたくなかつたのでねえ, ほんとにお, まっかな, みっともないです, めずらしいこと, わけの, わしは, エのは, ゼイタクな, チャンチャラおかしい, ルンペン以下とは, 中, 事から, 事は, 云うこと, 云うの, 云って, 云つてる, 今日まで, 仲, 何だかおかしい, 何だろう, 何となし, 信じられませんか, 信じ得られない話, 前代未聞の, 却つて誰も, 吐かしゃあがるんで, 土地の, 変だ, 夢では, 夢にも知るまい, 奇怪な, 思いも, 思うの, 思うもん, 思っちゃ, 思ひも, 想像も, 意外でも, 愛国心は, 折が, 正々堂々と, 滑稽だ, 男の, 疑ぐりやしないぜ, 私信じられない, 秋川氏も, 第一, 考えも, 言つてゐた, 言ふんだ, 誰だって, 誰に, 迚も, 逆宣伝, 途方も, 面白いけれど, 飛んでも, 馬鹿な

▼ あるやつ~ (108, 0.0%)

1054 だが, ですが 3 です 2 だから, ですからね, は二人

1 [76件] かもしれません, がある, がいない, がこれ, が取られる, が古島雛, が呪ってる, が喉, が地球, が手つかずこっち, さといひ, じゃ, だと, だな, だ今度逢, だ家, だ気取った青年, っていえ, で, である, でございますぜ, でさあ, でしたから, ですから, ですな, でつまり, でないと, でなきぁできねえや, でね, ではなかろう, でみな, でわりに, でトレス, でルロイ, で甚だ, で道, とな, と違う, ならだれ, なら奉行所風, なんぞいる, にちがい, に限ります, のお, の仕業, の小屋, はありません, はどこ, はない, はハンケチ, は一人, は中, は口, は古び, は少ない, は笑い, は脾肉, は苦し, は飽くまで, やいくら, よ, をするする, をそっくり, をだまかし, をできるだけ, をやつ, を古, を引つこぬけ, を此船, を直ぐ, を花, を調べ, を貸さう, を賭けよう, を連れ, 出て

▼ あるあたり~ (107, 0.0%)

2 から士族屋敷地, から田町, には霧, の畳, へまでも行きました, を歩い, を随分うろうろ

1 [93件] かあるいは, からまた, から北, から水, から背後, から起る, から鉄道, がいちばん, がそれ, が其口, が土, が土佐, が嵯峨野, が昔, が殊に, が白い, たしかに華やか, であるの, であろう, では浪打際, でふっと, で外相様, で威勢, で此處, で立っ, で結んだ, といい, にあるなり, にその, にぬっと, にはつつじ, には塔中, には水の上, には酸漿提灯, に二千坪, に低い, に住ん, に十二年前, に大きな, に文科大学, に更に, に白白, に至る, に赤い小さい, に通じ, に銭, に顔, の二階, の地面, の小高い, の岸, の文章, の樹木, の渓間, の眺望, の見物人, の長押, の頸, の風物, はどんな, はブランコ, は二, は公園, は北方, は大切, は幾分, は朝, は泥深い, は百舌鳥, は蘆, へかけ, へ幕, へ魔, まであなた方, までは扇頭, まで来る, まで猫蔦, まで行っ, まで行つて, まへ, をあちこち, をきっと, をも波戸場, をわたし, を坂, を拜, を掘る, を明い, を経, を読ん, を通っ, を過ぎ, を遠ざかっ

▼ あるといった~ (107, 0.0%)

20 ような 7 のは, 方が 2 ことは, のである, ふうな, ように, 具合, 具合で, 言葉の

1 [59件] ことばを, ことまでを, ことも, ごとく, そうである, そうです, だろう, でしょう, のだろう, のであります, のであろう, のを, ふうで, ふうに, ほうが, まことに手軽, ものである, フィードレルは, 上での, 事情は, 人が, 人は, 人も, 塩梅で, 如く, 如く私, 始末であった, 家で, 寸法だ, 山に, 工合に, 性の, 性質の, 意味の, 感じだった, 時には, 本質と, 気安さ, 気持で, 満足が, 理由が, 由を, 私の, 精神を, 細君の, 美しいだけ, 自分の, 芭蕉の, 覚えが, 言説が, 調子で, 調子に, 身上だった, 道具立てで, 風だった, 風である, 風な, 風に, 風も

▼ ある~ (107, 0.0%)

3 かある, か奢, さむい位 2 にし, に使う, も彼

1 [92件] うしても, かいい, かがある, かが実際, かが著い, かが見出せるだろう, かだ, かに役立ち, かに応える, かに関係, かのこと, かの上, かの両, かの俵, かの共通, かの制度, かの力, かの反映, かの存在, かの小さい, かの建物, かの感情, かの端, かの紐帯, かの観念, かをシンボル, かを具象的, かを凝視, か不思議, か他, か僕, か半ば非公式, か古道具, か封書, か故, か深刻, か父, か秘密, か精神的, か考へ, か黄ろ, がし, が幸福, が引留める, が面白く, さ怖い, だったか, だって予, でもたしか年, でもない, でも人, でも先輩, でも十, でも早分り, でも白浜, でも高岳親王, というあきれた, というやさし, という石, という透き通った, といっ, といふなつかしい, といふバカ, といふ弱, と沢山, にかの篩, にせよ, にもできない, にも彼, にも言わず, のおそれる, のそれ, のため, のバチルス, の栄誉, の為, の目的, の覚悟, の躊躇, は措い, ぼ兄弟, ぼ年, もかに, もない, も人, も別に, も心配, も舊, をか如來二種, をした, んで君, 喰わぬ態度

▼ ある~ (107, 0.0%)

4 である 3 だ, だが 2 せば, だと, で我々, で説明, の一つ, の小, の絵, は

1 [81件] があった, しだが, しで, じゃから何, だそう, だった, だつたの, でございますし, です, ですから, ですが, ですわたくし, ではない, で前々, で土地, で少し, で星空, で言, で金蔵, とは事情, なの, になっ, によつて一浴一杯, によつて御馳走, のこと, のところ, のアアチ, のピストル, のリンネル, の一味, の一札, の不思議, の井戸, の人, の倒れ, の卵, の品物, の四角い, の地名, の外套, の待網, の御, の戸口, の支配人, の故事, の暗い, の木, の横, の武士, の独乙字, の男, の病氣その他, の白装束, の立枯れ, の細部, の老, の肉体主義式, の肩, の蒲団なぞ, の軽井沢, の辨當屋, の金色, の雷横, の青木綿, の鞄, の高等学校生徒, はあまり, はここ, はこれ, はほとんど, は二吋, は極めて, もあり, も多い, をあげた, をも思ふべし, を引, を残し, を見, を証拠, を集め

▼ ある新聞~ (106, 0.0%)

643 の記事 2 が, ではこれ, による, に眼, の小説, の記者

1 [81件] からは第, から死んだ, から翻訳, から自分, が慈善事業, でそういう, でそれ, では主, で二兒, で彼女, で田中貢太郎氏, で見ました, などはどれ, などは日ごろ, ならもう, にある, にいろいろ, にこう, につぎ, にでも出る, にはその, には千二, には続き物, にひどく, にも書きました, にラジオ, に抱琴, に某, に次, に歳末, に私, に載せ, の一枚, の三面, の上, の下, の人, の創立者, の匿名欄, の取次店, の夕刊, の婦人欄, の学芸部, の懸賞小説, の投書欄, の消息, の特派通信員, の短文欄, の社説, の素人芸術, の綴, の綴り込み, の論説, の附録地図, の青年記者, の音楽批評, はありがたい, はそんな, はなかんずく, はわざわざ, はエドガー・アラン・ポオ, は早月ドクトル, は機敏, は激しく, は警視庁, もある, をごらん, をとり上げた, を俯目, を取っ, を御覧, を怖, を手, を払う, を投げ出した, を習慣的, を見たら, を見る, を見始めた, を読め, を読んだ

▼ ある人たち~ (105, 0.0%)

2 だった, であった, のいう, の間, は記憶, ばかりで

1 [93件] からの記念品, からはマイヤー, からは民藝品, から寄附的, から教えられた, がそれ, がどっと, がひやかす, が侯, が信者, が入れ, が宣伝, が欣, が派手, が生き, が皆良質, が集っ, だったので, だと, であったから, であらね, である, であるが, とともに油断, との交際, とはお, とはおつき合, とは違っ, とも連絡, と仲間, などはそれ, などは昔, なん, にたしかに, にとっては厳粛, にとって女王, にはおそらく, にはその, には一寸, には私, に売れ, に折, に真実, に訊ね, に逢う, のあいだ, のあつまり, のこと, のすべて, のため, のだれ, のなか, の中, の主張, の使われ, の公平, の口, の大, の天職, の気儘, の美, の話, の説く, の議論, の道徳上, はいくら, はいずれ, はおそらく, はかえって, はその, はほとんど, はまして, はみんな, はめった, はグリーンズバラ, はセッセ, はプラットホーム, は一度, は一番, は女房, は恋人, は早く, は皆, は言, は話, は頬, ばかりです, ばかりを選ん, もあらわれ, もいる, らしくない競争, をその, 何だか精力的

▼ ある~ (102, 0.0%)

5 である, の住職 3 の門 2 だそう, でその, の一間, の前, の門前, 行き過ぎし恨

1 [77件] から長左衛門, が世話, が女, だ, だから, だが, だとか, であったろうが, であつ, でありますが, であるが, でご, でそれ, では立ち入り, でも同じく, で唐紙, で地蔵尼, で委しい, で山門, で当時, で彼処, で説教, というの, といふの, とその, と聞け, なの, にあつ, にいた, にし, にはなく, に一樹, に下宿, に住職, に何, に参詣, に来た, に泊っ, に至り, に芋, に這入つた, に間借り, の一室, の二階, の付近, の僧, の台傘, の和尚, の土塀, の境内, の墓地附近, の墓場, の小僧, の座敷, の庫裡, の方, の方角, の本, の柱, の生垣, の白犬勤行, の石段, の裏庭, の通り, の鐘, の鐘楼, は一体, は小, は男僧, より金, をかうし, をみ, を借り受け, を校舍, を通り抜けた, を間違, を間違える

▼ ある~ (102, 0.0%)

3 主人を 2 互だ, 兄弟の, 神籤を, 部屋

1 [91件] かげで, かげ様だ, 両家の, 主人に, 主人の, 主人様の, 主君にたいして, 人で, 仁政然るに, 仰横笛, 佛を, 先祖さまは, 写真を, 処置を, 切り替え手形頂戴金の, 協力を, 取計いの, 口元に, 台場の, 土蔵も, 坂も, 坂越をも, 報酬として, 声を, 大名と, 奉公も, 婦人では, 婦人な, 婦人も, 婦人を, 嬢さんは, 子息さんは, 客さんと, 客とは, 宿所は, 弁明にも, 当人とては, 当家には, 当家の, 性質で, 恩は, 恩を, 恩をも, 意見が, 意見確かに, 慰問を, 手谷の, 承知かも, 挨拶を, 旗本の, 時世である, 様子で, 様子であった, 様子は, 歓待の, 浪人へ, 清談が, 生年二十の, 生活向き, 用地近く, 番所の, 病中は, 病人の, 眼は, 神でも, 神燈の, 禊の, 空より, 簾中様の, 紋は, 老中小笠原佐渡守の, 老母を, 自分たちの, 草鞋を, 葬式の, 薬方の, 裔とも, 説を, 贈り物であった, 身体を以て, 身体即肉体は, 身辺は, 近所だ, 連枝, 道具が, 邊の, 邸の, 鉢と, 鏡を, 陣屋最寄りの, 隠家

▼ ある日彼~ (102, 0.0%)

4 はその 3 はある 2 がその, が学校, が確かめ, に言った, はいつも, はすぐ, は友人, は彼女, は祖父, は突然

1 [75件] からの手紙, が一度, が例, が大陸, が水車小屋, が燈浮標, が見舞い, に云った, に尋ねた, のことば, の不思議, の前, の勉強部屋, の家, の心労, の方, の足もと, はおりおり, はさる, はそこ, はそれ, はちょうど, はついに, はもう, はもうたえ得ない, はアルプス山, はウエスト街, はサア・チャアルス・デエバアス, はモーク, は一匹, は不思議, は二人, は今日, は会話, は低い, は俊三, は停車場, は偶然, は兄, は友, は和助, は国道, は多摩川, は奥座敷, は孔子, は客, は家, は尼, は往来, は忠顕, は思い切っ, は戸棚, は控室, は改めて, は文化学院, は斉広, は昔司教在住, は暮, は杖, は椅子, は法華経, は確か, は自ら, は自分, は若い, は蘭袋, は虱, は諸, は谷中, は途中, は遂に, は雌イヌ, は雲雀, は風邪, をつかまへ

▼ あるより~ (101, 0.0%)

5 以上に 4 外に 2 ほかに, 仕方が, 他に, 他は, 以上は, 外には, 大なる, 推すに, 見れば

1 [74件] かかる場合, かく名づけし, かく呼べり, この此喩出づと, して, それが, どころです, どころを, なにかしっかりした, ひろい人民層, ほかの, ほかは, まだ本, むしろ人類, むしろ小説的構図, もっと強い, 一人の, 一層鮮, 人間的な, 今の, 他なし, 以上な, 以上の, 以來の, 以前に, 以外の, 似た物, 又或は疑, 呼べるギリシア名, 増だ, 外の, 多く廊下, 多分に, 多数の, 大きなもの, 學者往々, 少い比例, 少くとも, 少年時代から, 己が, 常に生理学的存在, 常識を, 平野の, 幸福な, 引き出しつ, 悲しきは, 感情ぶ, 推して, 推論しきたれ, 数日も, 日本の, 早く岩井通保, 早計にも, 時に伏蔵, 望ましいこと, 村役人に, 来て, 深甚な, 父兄茲に, 生ぜしならん, 称えそめしなるべし, 緑川らは, 纐纈城へ, 美しいそして, 翻案した, 考うる, 考ふれ, 起こるに, 起れる俗説, 金剛石が, 面白味を, 馬の, 高き恋愛, 鼠の

▼ ある小さい~ (101, 0.0%)

2 夕顔棚も, 寺の, 無人島へ, 町で

1 [93件] のが, ものを, カギ裂の, コツプに, デレンコフ食料品店へ, ポスターに, ワナ, ヴェランダへ, 作品に, 停車場で, 卓や, 卓子へ, 唇の, 商事會社の, 四角な, 土瓶が, 地蔵さんだろう, 城下町の, 堅果の, 奧の, 娘の, 子の, 孔から, 家で, 家に, 家へ, 家形が, 家形の, 宿屋の, 少女が, 峠を, 島の, 常燈明, 床店で, 建物の, 建物を, 待合で, 探照灯の, 教会に, 教会の, 方の, 旅館に, 星が, 昭夫は, 時から, 本と, 机の, 村落に, 桶は, 橋が, 池の, 流れへ, 浮彫の, 湯わかしの, 無電機, 牛の, 物置小屋は, 珈琲店の, 瓜実顔でございます, 瓜實顏でございます, 田舎町での, 町, 町です, 町の, 痣と, 百貨店へ, 石の, 硝子窓の, 社で, 祠が, 穴を, 窓から, 窓の, 紙片を, 経机を, 聖像を, 花壇で, 葉が, 藁葺の, 虫が, 部分について, 部屋に, 部屋には, 部屋を, 都会へ, 酒場だった, 金歯を, 鑵の, 門標には, 食堂で, 馬頭観音の, 駅を, 魚屋の

▼ ある証拠~ (101, 0.0%)

7 だ, である 5 だと 4 ではない, なの 3 です 2 であった, であると, ではなかろう, を示す

1 [63件] から私, がある, がない, さ, じゃ, じゃないでしょう, だが, だただ, だった, だとは, であ, でありそういう, でありますとさ, であり一家, であり従って, であり最後, であるかの, であるよう, である美人, でござる召し抱えご, でしょうか, でしょうな, ですよ, ではないだろう, でもあった, でもある, という, といえよう, として一切, ともうけとれる, ともなる, と思う, と昔, と見え得る, になる, になるだろう, には, にはそう, にはなります, には古来, には席, には毎日献立, には眼, には西洋人, に彼女自身, に彼等, に数えん, に最近, に相違, に過ぎませんでした, に頗る, のよう, はこれ, はわれわれ凡人, は一つ, は山, らしい, をさがしだし, をどう, を一, を提供, を眼, を見せる

▼ ある作品~ (99, 0.0%)

2 である, を生んだ, を発表

1 [93件] がある, がかきたい, がこの, ができたら送っ, がなかなか, がのる, がチラホラ, が其時代, が出来た, が出来上っ, が多く, が少く, が澤山, が芸術的, が題材的, だった, だと, であ, であって, であらう, であると, です, です其, ではなかろう, で売国奴, で奇怪, で引用, で最も, で高く低い, といふ感じ, として挙げ, となりえた, との間, とは必然性, とまではゆかなく, と思われる, と言つた方, などはことごとく, など面白い, なり, にたいしてただちに, についても各人各様, について今, にとつて, にやや, に商業的価値, に対して批評, に接し, に比べ, に相当, に私, の, のその, のよう, の中, の主人公, の価値, の如き, の容易, の愚劣さ, の構成, の標題, の民主的文学, の気分, はそのまま, は何れ, は作品, は作家, は特定, ほどにこの, も彼等, も若い, や最近, をその, をほめそやし, をシャウフェル, を一本, を人手, を作っ, を出さなかった, を制作, を創作, を創造, を叙述, を描く, を教え, を早く, を書きたい, を書く, を生まなかつた, を生みだす, を示した, を説明

▼ ある~ (98, 0.0%)

5 です 4 でした 3 だが, だと 2 から近頃, が大量, でございました, のお

1 [75件] からじき, か女中, がお, がその, が何しろ, が分つた, が呪い, が囲碁, が父, が知力, が領地, じゃ, だそう, だった, だったから, だったん, だつたん, であった, であったが, であったので, でありました, であると, ですよ, でも何, で多助, で年, で父親, で美しく, で至って, で至つて粗末, といっしょ, として眼, と添寢, と相, と相思, なの, ならその, なら別にそれほど, なん, にあわれ, にすばやく, にそんな, について彼女, になる, に思われた, に恋, のうち, のこえ, の三番目, の中, の店, の手, の時代, の肖像, の躯, はいそぎ足, はきっと, はこう, は利右衛門, は差し上げる, は柴折戸, もいつ, も来た, をいかで, をおく, を一生寡婦, を危険, を好むなら, を対象, を得, を愛した, を物色, を知つて, を親ぐるみ, を誘拐

▼ あるかぎり~ (97, 0.0%)

4 の力, は 2 な矢, の矢, をならべ

1 [83件] あびせかけろ, いかなる外国, いけるところ, いすわって, お案じ, お釜, かかるアンティテージス, けっして神さま, この度, そしておそらくは, そして契約, そして政治, その根本, その狹, その相手, それではまだ, たえず緩慢, つねに, であった, ではただ, では一流, とんで, な王軍, な蓄備, な財富, な酒, においてこの, において反省, に参る, のかがり火, のすばらしい, の工面, の愛情, の日光, の書類, の祭壇, の篝火, の精, の花, の身内, の鎌倉時代, の革紐, はいかで, はすこし, はたとえ, はぼく, は一応, は平家, は彼, は循環小数, は必ず, は忘れ得ないであろう, は殘らん, は永久, は現実, は生き, は荊州, またまた第, やって, やはりこの, やはり宮, をつくした, を以て生き残り, を寄手, 一々聞い, 働こうと, 参るぞ, 吹いて, 守りたい, 射つづけて, 当然そのもの, 必ずともにお, 忘れないだろう, 思ふべきこと, 撃ちまくったの, 撃て, 斯くいう, 時として父, 煩わしいから, 覆され, 見せ給, 見て, 長い留守

▼ ある様子~ (96, 0.0%)

13 です 63 だった, である, ですが 2 だが, で, であった, なので, もなく, をし

1 [56件] がちがう, が彼, が異, が窺われる, が自分, が電話, じゃ, それで玉子酒, だつたが, だな, だもう, だ左右, であっし, であつ, であまり, であまり口, であるが, であんな, でぐず, でご, でじっと, でその, でやっ, でわざと, でサッサ, で何, で先生, で又, で後, で見た, で言っ, ながらも悪, などをながめ, にみえた, に見え, に見えます, はない, はまるで, は巨大, は神明造り, は見える, までが胡乱, もありません, もお, もこの, もなかっ, もわかった, も無い, も見え, も見えません, や殊に, や目つき, を思う, を聞かす, を見せる, を見る

▼ ある青年~ (96, 0.0%)

3 が私, でした 2 がどんな, が僕, であつ, の顔

1 [82件] から手紙, があけすけ, があった, があやまっ, がある, がずっと, がその, が一人, が任地, が何故, が大戦, が婦人, が巴里, が東京, が肺病, が近づい, が順子, だが, だった, だといふだけ, であった, であったが, であったならば, でありましたから, であること, ですから, ではない, で二三度, とが一種, とこうして, としてはそう, と彼, と見, と話, と逢っ, ならば, におりおり集っ, にとって恋愛, に嫌疑, に愛され, に答, のうけた, のしかも, のため, の内的発展, の多, の奮起, の学資, の将来, の小説家, の就職, の悲痛, の手, の旅客, の紳士, の絵, の胸, の良心的, の足, の踏み留まるべき, の道徳品行, の選んだ, はこういう, はここ, はただ, はややもすれば, は単純, は必, は果して, は毎日, は私, へだ, よ, らしいの, をあたら, をいなか, をば特別, をふたり, を愛し, を振り向かせない, を捉え, を良人

▼ ある事件~ (95, 0.0%)

6 のため 3 なり天然 2 が画家, が起こる, が起った, の解決, の調査, を教え, を発見

1 [72件] ある人物, から心, から感じた, から遁, があろう, がおこっ, が一段落, が動機, が始まる, が沢山, が起きた, が起こりました, が起つ, が起りました, さ, だからと, だったもの, だとは, だね, である, であるか, でこれ, でこんな, でしょうけれども, です, で入獄, で大阪, で支那, で朝刊, で知合い, とあっ, として見る, と事件, なりは常に, なん, についてその, につき, によって経験, によって自分, に出, に出遇った, に対して刹那, に対して可能, に当面, に策動, に言及, に蹉跌, の傍聴, の内容, の容疑者, の弁明, の打ち合せ, の捜査, の熟し, の記録, の語り, の鑑定, は大, も似通っ, も当時, やある, やと思いました, をかい, をすっぱり, を一か月, を叙述, を心配, を批評, を片付け, を解決, を話し, を集録

▼ ある彼女~ (94, 0.0%)

2 の傍, の夫, の手, の方, の眼, は, はすっかり

1 [80件] がいつ, がわたし, が佐助, が別, が半, が姫路, が生命, が町角, が貴下, が雨, である, でもあった, と努めて, にとってただ, には思い切れない, に必要, のうち, のさ, のシル, の両, の両親, の兄, の写真, の処, の叔母, の口, の大きな, の女らしい, の字, の幸福, の幻影, の心, の恋人, の意思, の態度, の扇子, の手箱, の故郷, の生家, の生涯, の着換え, の着物, の経営, の自作, の自分, の若い, の衣裳, の足, の過去, の長, の顔, はきっと, はどんなに, はぼっと, はまだ, はカアル, はドレスデン, は万一, は何故, は僕, は叔母, は気楽, は泰三, は澄まし切っ, は私, は袂, は豹一, へ蔡瑁, も今, よりも知らない, より若く, をしみじみ, を乗せた, を人生, を愛する, を私, を苛む, を見, を見つめ, を見ね

▼ あるからこそ~ (92, 0.0%)

4 そこに 2 それぞれの, それは, だと, なの, 伸子は

1 [78件] いきいきと, いわばかつて個人的, お話ししてる, かりそめ, かんじんの, きくん, この一般的, これほど, こんなこと, そうやっ, その一面, その欲求, それが, それに, そんな迷信, だとも, でき得る限り, どうもふ, ほとんど優美, わしらは, わたしは, アカデミーについて, マルクス主義に, 一つと, 一方の, 互に協調, 人生問題などを, 人間に, 今日を, 俳優という, 働く必要, 労働の, 勇気が, 協調し, 単調な, 却って初めてここ, 却って吾, 厳粛でも, 又夫, 句も, 吾人は, 哺育と, 女に, 女の, 妹は, 始めて, 学位の, 実現しよう, 幾何学らしい, 序説以下の, 彼らは, 彼女の, 彼彼女等は, 彼等の, 彼自身駒を, 意味が, 政治に, 日本の, 日本は, 様様に, 樣樣に, 殊に長篇作品, 猶更, 現代文学に, 生じた事情, 社会主義と, 神が, 私も, 立派な, 精神的だの, 聞いて, 自分は, 言われる途中, 読者は, 逃げ出して, 適量の, 食って, 鼠どもも

▼ あるそこ~ (92, 0.0%)

2 のところ, の主人

1 [88件] からの悲喜劇, からは太陽, から下北丸, から山下, から歴史的研究, から滾, がはるか, が尼寺, が引越先, が桂班長, が目, が省作, が科学, が警察, が風呂場, であろう, でかける, では何等, で呼ばわった, で待っ, に, にいる, には何, には何だか, には悟性, には金銀, には高価, にカメラ, にパトス的, に七, に世界観, に佇ん, に作江工兵伍長, に到達, に古い, に問題, に地心, に彼, に感慨, に時代錯誤的, に望月, に柏屋金兵衛, に真, に私, に軽い, の下, の主将鵜殿長照, の二階, の口利き, の土間先, の家, の柴, の細君, の長屋, の障子, の額, の鯛, は取扱い上, は女の子, は如才, は彼, は老松, へ, へいっ, へいつ, へかわず, へその, へでも泊っ, へ下り, へ人間, へ寄っ, へ曲り込んだら, へ案内, へ無遠慮, へ父, へ私, へ脚, へ行く, へ針, へ静か, へ馬, までいつ, までは少なくとも, まで徹したい, もとはいかなる, もとはまだ, を突当っ, を通りぬける

▼ ある~ (90, 0.0%)

6 です 5 である 4 なり, なるが 3 なれば, を聞いた 2 だ, だが, であるが, 然し悲しい

1 [57件] あの界隈, いづれ憲法, かつて実見, がすぐ, が伝えられ, が註せられ, すっかり安心, そうでしょう, そこで, その論旨, だつた, でお, でございますが, でござるが, でとにかく, で御, で露伴先生, と書かれ, と聞いた, なの, にご, につき, にて是非見舞, に候, のわたし, はかね, は八木, は微, もありません, も聞い, をこの, をつけ加え, をどこ, をはしなく, をひそか, を医者, を少し, を御, を承り, を明記, を昔, を書いた, を知りつ, を示し, を聞い, を聞きし, を見, を記さない, を述べた, 同じもの, 同寺, 善く己, 尤も常に, 聞きぬ, 記したの, 記せるを, 述べた

▼ ある~ (89, 0.0%)

6 である 5 です 3 な氣, に見える 2 だから, だが, であるが, に, になつ, に思はれます, に思はれる, に感じ, に覺

1 [54件] だ, だけれど, で, であつ, であるから, でご, でしたら救護員, ですが, ですし, ですね, で然し, との趣き, なし何とも, なので, なもの, なら遠く, なり, な上, な場合, な心持, な心持ち, な本屋, な東, な疑惑, な箪笥, な義雄, な荒れ果てた古, な話, な道, にある, にきく, にその, にて何, には見えなかつた, にも思はる, にも思はれ, にも聞える, に僻ん, に國民, に思, に思はる, に思ふ, に想像, に感ずる, に成し, に我々, に深く, に相聞ゆ, に私, に私自身, に考へる, に記憶, に道標, に野鳥

▼ ある学者~ (88, 0.0%)

4 の説, はそれ 2

1 [78件] から, から出来, から聞いた, がこの, がアメリカ, がクラーク, が一株, が二軒, が人間, が北畠親房, が同じ, が唱え出した, が市井, が日本, が次, が発表, が眉, が記録, が鮎, だから, だった, であった, であったが, であります, であるため, でないゆえ, ではない, と文士, によって書かれた, にノーベル賞, に対して礼遇, に物, に見せ, に語る, の一族, の二三, の国, の報告, の夫人, の如き, の子孫, の家, の巣, の心匠, の新説, の書, の最大多数, の考え, の著書, の言, の試みた, の説くごとく, の説明, の講演, はかく, はこの, はこれ, はまだ, はヤクモソウ一名メハジキ, は一体, は他, は光, は千両, は千五百年以前, は千年, は天井裏, は横浜付近, は現実, は生産, は霙, は霧, や結核治療, を史寮, を御存じ, を必要, を礼讃, を訪ね, 来りて

▼ ある雑誌~ (88, 0.0%)

4 の座談会 3 から頼まれた, の記者 2 で, に何, に書いた, に発表, や新聞

1 [68件] か, から, から小説, がならん, が作家, が沢山, が目, が自分, だの案内書, でも読みたい, で偶然, で懸賞小説, で新潮社, で発表, で見つけ, で読んだ, とその, と二, なぞを貸, に, にある, には一つ, にトーマス, にマクシム・ゴーリキイ, に一文, に円朝, に出す, に出た, に出でた, に君, に寄稿, に採用, に掲載, に書い, に私, に自分, に諸, に載せられ, に載っ, に連載小説, のインターヴュー, のカット, の上, の下, の中, の主催, の依頼, の増刊, の或, の猟奇座談会, の編輯者, の編集, はいづれ, へある, へ歌, へ発表, へ雪国, をひろげる, をみんな, をよみ, をよんだら, をわけ, を受取った, を披, を止める, を見た, を見つ, を開い

▼ あるとかいう~ (87, 0.0%)

11 ような 7 のは 6 ことを 4 ことが, ことは 3 ことでした, ことに 2 噂を, 風に

1 [45件] が父, が自分, ことであった, ことのみを, ことばかり, ごとく従来, じゃありません, なら別だ, のである, のも, ふうに, わけで, ナンセンス以上の, 世界の, 中産階級の, 事を, 二・二六記録が, 人には, 人は, 以上の, 位置の, 判断で, 勝手な, 区別を, 原因から, 名を, 噂, 噂である, 噂です, 小父さん, 恐ろしいベッピン, 意見が, 批難は, 標準には, 河野某を, 点で, 点に, 現象を, 種類の, 観念を, 評価と, 話である, 話も, 謂わば, 風評が

▼ ある~ (85, 0.0%)

6 の中 4 へ往, へ案内 2 であった, なん, に入った, の入口, の戸, へ行っ

1 [59件] から盲人, があった, がすぐ, が彼女, だった, でもう, で何番目, で初めて, で前, で化学実験, で庭, とそれ, との間, と食堂, にはいり, には齢, に入っ, に寝た, に導きました, に届い, に戻る, に通された, のどれ, のドア, の傴僂治療, の前, の夕暮, の大きな, の奥, の奧, の数, の片隅, はことごとく, は十五畳, は十八量, は否, は大, は悉く, は素通りみたい, へ, へと行, へゆきがけ, へ何, へ入る, へ来た, へ来ません, へ行く, へ行った, へ這入つた, へ集まっ, まで往く, をあちこち, をその, を出, を守らせた, を教えました, を臺所, を通っ, を過ぎ

▼ ある~ (85, 0.0%)

3 だ, の匂い, の咲く 2 となり, などの部分, は匂い失せず

1 [70件] が厭, が咲い, が咲き, が生れる, が蠶, が遅れ, だが, だの, だ其程人, である, ですもの, で武蔵野, とが別々, とが気味, と同じ, と水, と雌蕋, なん, にはなん, には好意, には此, にひた, によそ, に加, に基い, に對, のさいた, のちる, のやう, の一もと, の中, の事, の名前, の形, の村, の種類, の窟, の美しい, の聲, の色々, の蘂, の輪, の鉢, の香り, は, はこんなに, はごく, はすこぶる, はその, はたいがい, は五月, は人, は切り捨て, は切り落され, は暫く, は色, は花片, は途方, は長い, は青い, は静か, ばかりです, まで同じ, もあり, やの親戚, や男, を摘ん, を皆, を飾っ, 咲かん

▼ あるせい~ (83, 0.0%)

4 かも知れない 3 でしょう, もあろう 2 か, かそれとも, か西洋種, でその

1 [65件] かあの, かかなり, かきわめて, かここ, かこの, かさしも, かしきりに, かそこら, かその, かところどころ, かひどく, かまた, かまだ, かもう, かもしれない, かも知れません, か一層, か五年越し, か今日, か他人, か兄, か冷たい, か古い, か地唄, か外, か大, か大入満員, か妙, か弁護士, か指全体, か日, か日曜, か昔, か曽, か江戸川, か甚だ, か白い, か眼鏡, か笛, か自分, か自身, か西洋探偵小説, か誰, か貴族, か関口君, か頑固, じゃろうひどい, だ, だった, だと, だろう, だろうどこ, だろうね, だろう夜中, であり矢田さん, であろうか, であろうが, でこいつ, では, と云う, どうの, ぬ, ね, もある, らしくそれ

▼ ある一定~ (83, 0.0%)

5 の時間 3 の, の結果, の距離 2 の値, の地域, の場合, の方向, の期間, の点, の目的, の長

1 [53件] のことりことり, のところ, のもの, のジャンル, のリズム, の与えられた, の事実, の事情, の事柄, の人, の住まい, の個人, の傾向, の具体的, の効果, の動機, の単位, の原因, の場所, の外部, の大, の家以外, の密度, の形, の政治的, の方式, の昔話, の時, の時刻, の時期, の時機, の時間内, の枠, の法則, の率, の現象, の理由, の発源地, の社会生活, の範囲, の約束, の結論, の航路, の行動, の読者, の調子, の農地, の農場, の道徳的, の量, の間隔, の関係, の階級

▼ ある~ (80, 0.0%)

126 です 5 ですが 4 だし, でせう 3 だから, だが, だけど, だよ, ですがね, ですもの 2 だつて, で, でしょう, ですか, でね

1 [21件] じゃない, ださ, だぜ, だと, だね, だのに, だらう, だろうな, だッ, でい, でしょうね, でしよう, ですけど, ですけどねえ, ですって, ですね, ですよ, でその, でみんなそつ, で日本, なら拝んでからに

▼ ある必要~ (80, 0.0%)

24 はない 17 がある 6 もない 3 はなく 2 があっ, があった, があつ, がない, のない

1 [20件] からゴーリキイ, から万葉集, から三五年中, から近い, があり, があります, が見出されるなら, さえもない, なもの, な人間, な手段, な着物, によってまた, のため, の度, の時期, はありません, は別に, は毛頭なく, を認めない

▼ ある~ (80, 0.0%)

3 る小さな 2 る固有性, る大きな, る料理屋, る特別, る種, る者, 銅像を

1 [63件] る, るうらぶれた鳥獣剥製所, るもの, るミツシヨン・スクウル, る一個, る一点, る中心点, る人, る仏, る何等, る兵器, る力, る友人, る国, る宿屋, る寶石, る小ぎれい, る小説, る年長者, る幽冥, る意味, る成算, る料理店, る新聞, る方面, る日, る日曜学校, る星, る時, る東洋学関係, る物, る相場師, る碑石, る社會, る神社, る秋, る納屋, る考え, る記憶, る貪慾, る邸宅, る長者, る音響, カッフェへ, カツフエへ, ホテルの, 一種の, 人は, 友人の, 家の, 年の, 心もちは, 日の, 時牛乳搾, 植物学者が, 欠点に, 気持から, 町の, 神の, 私立の, 秋の, 鉱山の, 高原療養所が

▼ あるまた~ (79, 0.0%)

2 家も

1 [77件] あるところ, いつた虱, おれに対しても, お千絵, お延, これらの, さうし, その順序, それは, た, どんなに注意, はなはだ有益, ふだんの, ぶら, スウャトコルスキイ修道院の, ホフマン物語の, マドレーヌの, 一つの, 一個人という, 一種の, 世間で, 人間的には, 今日も, 健康條件も, 其事を, 円い輪, 凩の, 出来る絵, 同じ宮川茅野雄, 夕立の, 好詩料, 妹が, 姫君の, 実際いかなる, 小供, 崇厳な, 左から, 左伝には, 常陸では, 平凡なる, 彼の, 心から愛され得る, 急場にも, 怪しむに, 成功と, 才も, 新体詩という, 既に初ま, 日本の, 曽呂利新左衛門が, 木の根に, 来たかと, 正月ごとに, 此所を, 死去致した, 水の, 流しから, 浴びなければ, 海岸は, 濁りの, 然様いう, 熊笹や, 皮肉な, 禪宗にも, 禪宗の, 立ち留って, 美くし, 自分が, 蓮華群峰や, 行乞の, 見事な, 適切でも, 郷倉氏の, 階級の, 飲まないまま, 馬春堂の, 駄目である

▼ ある有名~ (79, 0.0%)

2 な, な家, な料理人, な日本

1 [71件] なもの, なる散文, なる権畧家, なる特徴, なソ聯, なデパート, なフランス, なマッチ工場, なモニコ, なレストラン, な事件, な人相見, な仏教, な仏領タヒチ島, な仮説, な作家, な修道院, な僧侶, な医者, な古墳, な外科医, な大, な大変武勇, な天斉廟, な婦人演奏家, な婦人科病院, な宝石商, な実業家, な富豪, な左翼出版屋, な市民, な御用商人, な批評家, な探偵作家, な放蕩者, な政治家, な数学者, な敵, な文句, な断食奨励家, な時計商, な橋, な歌, な歴史詩文, な洋服店, な温泉場, な湖, な漁港, な男甕女甕, な登山中心地, な皮膚科専門, な真珠王, な私立探偵帆村荘六氏, な経済学, な絵, な英彦山, な著述家, な街道, な詩人, な賢人, な軍事学者, な近松門左衛門, な醫者, な銀杏返し, な雑誌社, な革命史実, な音楽家, な首相, な高原療養所, な鹿毛, を一学者

▼ あるまで~ (78, 0.0%)

2 待つて, 待てと, 物蔭から, 知つて居る

1 [70件] お待ちに, お待ちにな, ここから, ここで, ここを, このホテル, この屋敷, この島, この手紙, この辺, これに, こんなこと, しばし大権, しゃべらせれば, そこに, たえず我, だ, であった, であって, である, であるけれど, です, でその, どうかやっ, まずご, よびつづけるの, ジッと, 三河一色村に, 二度とこの, 人と, 何か, 係り合いの, 元船は, 出先大石殿の, 動かないで, 半年待った, 叔父の, 同じ言葉, 多くの, 少しの, 延して, 式を, 待って, 待て, 御相伴, 捜せば, 探したくなりまた, 旅装も, 楽譜出版の, 水夫たちは, 決してこの, 注意する, 浜屋敷の, 物は, 特にその, 独身で, 田村右京太夫方へ, 相待つ, 知つ, 私と, 繋ぎさ, 繭を, 脱線した, 自邸で, 見て, 親は, 誰に, 謹慎し, 身を, 辛抱し

▼ ある~ (78, 0.0%)

6 けで 5 である 4 の力 2 けに胆力, けの力, けは認められる, にそれ丈, に勝平, はそれ程

1 [51件] いいじゃあ, いじらしくいとしいという, けごまかし, けだ, けな, けなん, けにおかしく, けにカッ, けに廣介, けに我身, けに本当, けに非常, けのこんだ, けリユウバンス, け二人, け実に, け弟, け拷問, け日本, け被害者, だ, だけれども, だった, だつた, で, であった, であります, でどこ, で大切, で暗示, で職業其物, なのに, にそこ, にやや, に妹, に家中, に小, に少し, に物, のもの, の声, の字句, の小屋, の役に立っ, の置時計, の金, は掘り, まどはる, むずかしい, もまし, 苦しいと

▼ ある世界~ (78, 0.0%)

3 のこと 2 に於, はそれ, を, をお

1 [67件] かさっぱり, からない, から起る, から閉め出され, がすべて, が三次元, が二個, が共通, が真に, が自己矛盾的, が自己自身, が覗かれる, が酒場, じゃないでしょう, だけのこと, だと, つまり立体, であった, であり事件, であり真, でございましょう, です, ですから, でなく却って, でなければ, で悲哀, としてとにかく, として感じ得る, とは違つた感じ, とをお, にはもっともっと, には左, には純, に反映, に同居せり, に唐突, に引き入れられた, に活躍, に関する知識, に頭, のみが初めて, のもの, の大勢, の如く思われた, の流れ, の諸, は世界, は何, は単に, は第, は絶対, へとうとう, へゆきたい, へ行かれる, もケチ, よ, よりももっと, をあこがれ, をば世界そのもの, をみる, をやすやす, を意味, を知らなかつた, を見出した, を馬, 即ち絶対的場所, 即ち絶対的環境

▼ ある~ (78, 0.0%)

3 だと 2 で, です, に二三度空, をも法衣, を振る

1 [65件] ありこの, がくいこむ, が扉, ごはさ, じゃて, だ, だから, だからね, だが, だわ, であつ, である, でいわれる, でかれ, でこの, ですよ, でのう, でスイスイ, でテーブル, で亜麻色, で千世子, で器用, で打つた, で握手, で桑, で横っ面, で煙草, で私, で空, で近頃, で鎌倉時代, ともなる, と背, なの, につよく, にも摘まれ, に取った, に快く, に触れなかった, のもの, のよう, の動く, の形, は少し, は当てない, は思索家, やその, をかなしむ, をさしのべ, をつけた, をふっ, を取, を取った, を幾度, を引い, を引き抜い, を持った, を持つ, を挙げ, を揉み揉み言っ, を揉ん, を握った, を深く, 当然の, 擦れの

▼ ある理由~ (78, 0.0%)

3 である 2 があり, だと, なの, の一つ, の為, もそこ

1 [63件] からそれ, からな, から一まとめ, から厳, から古語, から学校, から彼女, から永年一般, があっ, があつ, がある, がここ, がご, がそこ, がない, が何, が判った, が彼, が彼女, が無かっ, が自分, が解つた, でもあった, でもあるなら, で僕, で私, などに疑い, には毫も, によってその, によつて, によりある, により否定, のうち, のため, の下, の存する, はあるまい, はいろいろ, はそのもの, はなかっ, はわからない, は不断, は今, は地上, は境遇, は尚更, は期し, は毛頭, は無く, は良い, もあった, もこれ, もなく, もなし, も判明, も恐く, も考へられませう, を云っ, を夙に, を有, を聞い, を説かう, を説明

▼ ある~ (77, 0.0%)

2 だった, を, を廻転, を歩き, を築港

1 [67件] がある, が二條, が技師達, が百メートル, だ, でもない, ながし, にさ, について語る, に出た, に曲った, に沿う, に辿りついた, に迷つて, のつきあたり, の上, の傍, の四つ筋, の感情, の方, の曲り角, の梅, の楽しみ, の脇, はこの, はただ, はひと, は唯, は寂しい, は嶮, は日, は狭い, は真白く, は羊腸, へ三人, へ出ました, も忘れ, や子供, をあるく, をてくてく, をとぼとぼ, をまっすぐ, を上らね, を久保田さん, を取らなけれ, を固執, を夢中, を市内電車, を心得てる, を曲ろう, を東, を歌い, を歩く, を河口, を知り, を行った, を見出し, を走っ, を走る, を通つて, を通学, を運ばなけれ, を避け, を降りね, を青山, を静か, 歩くなんて

▼ ある~ (76, 0.0%)

2 に見れ, の事件, の声

1 [70件] から一途, があつ, がそう, が善惡, が広く, が抜けきれなかった, が美しく, が見え透い, こそ詩人, たのしい, だと, でいる, できく, でどうか, ではその, で御, で進め, というもの, と一方, と寛大, にて家, にて屏風, になっ, になつ, になり, に期待, のこの, のやわらか, の世界, の中, の交通, の修練, の境地, の好, の底, の弾み, の慰め, の投場, の持ちぬしな, の消息, の深い, の激しい, の照り, の状態, の痛み, の皮膚, の表, の裡, の記録, の調子, はいふ, はすぐ, はそうした, は勇気, は持てない, もかろく, も軽く, よ, を型どった, を得よう, を抱い, を抱き老い, を持っ, を汲ん, を理解, を身, を通せた, 愉しくひと, 抱きて, 易い連中

▼ ある白い~ (76, 0.0%)

4 布を 2 の半分, 空間の, 陶製の

1 [66件] お家の, きれで, ものとを, ものを, エプロンを, カアテンは, タイルの, タオル寝, ベツトの, ボオト鮮かな, ライオンの, ランチが, 位牌が, 体を, 光の, 兎が, 卓子の, 単衣, 四角の, 土塀まで, 大きな土蔵, 大理石の, 姿を, 宝石を, 寺だの, 小玉盃を, 小砂利, 巌石連なった, 布で, 布に, 布も, 帽子を, 建物の, 手を, 文字盤が, 斑点が, 板には, 歯を, 毛の, 毛布を, 洗濯物の, 瀬戸物を, 火が, 画布は, 石灰質の, 砂の, 磨り減らした石, 神, 筋が, 紐の, 紙の, 綿には, 繭の, 脂は, 腕章を, 腹を, 花が, 花だ, 花は, 谷間の, 貼り天井, 雲が, 頬に, 顔を, 馬を, 鳥の

▼ ある立派~ (76, 0.0%)

7 なもの 6 な人 4 な紳士 3 な家 2 な丸太, な人間, な仕事, な封筒, な男, な青年, な顔

1 [42件] である春景色, なお, なその, なる原因, なる帛, なナイフ, なホテル, な一人, な兆候, な具足, な原色版陶磁集, な夏帯, な好い, な姿, な婦人, な官員さん, な寺, な帽子屋, な広い, な建物, な彫刻, な心, な把柄, な旦那, な木, な構図, な武士, な殿様ぶり, な民族, な洋食屋, な男子, な画家, な種類, な筥, な納骨堂, な老, な腰掛, な行動者, な言, な道, な銀笛, に憲法

▼ ある~ (75, 0.0%)

21 はない 2 ない, にない, はあるまい

1 [48件] でもない, で大きな, なくそして, ならぬその, にこの, にはその, には別に, には大した, には工場, には木戸一つ, には木綿麻, には梅, には樺太, にもムレ, にも今日, にペン軸, に今, に他, に何とか, に何物, に内側, に單衣, に強い, に欠点, に此, に眼, に竜泉寺町, に精神, に農作物, に逆茂木, に道, に鉄, のベンチ, の人, の女達, の物体, はあり得ない, はないだろう, はなかっ, はなくなるであろう, は二, は人家, は四方, は殆ど苦悶, は真白, は短く, は関東, 平假名文字

▼ ある女性~ (75, 0.0%)

3 であった 2 である, のよう, を訪問

1 [66件] から無情, があっ, がいつも先ず, がとかく, が切なく, が彼, が詩人, が賦与, が迎えられた, じゃない, その物, たること, だけを選び, だと, であります, でした, でしたが, です, とこそ見ゆれ, として奥さん, として男子, と結婚, と見えた, と青年たち, なので, においてはきわめて, においては赤子, にくらべる, にこんな, になるだろう, にのみ特有, には見て取る, に移し, に興味, に見える, のその, のみが知る, のデリケート, の一つ, の伝記, の力, の反省, の品位, の失踪者, の心そのもの, の性, の性格, の感情, の為, の當然, の苦痛, の趣味, の辛苦, の鼻, はちよ, はやはり, は二九・八パーセント, は宜しく, や積極的, を心から, を恋, を愛したい, を文学, を書いた, を絶滅, を考へる

▼ ある子供~ (75, 0.0%)

2 だが, のあと, はその, は二人

1 [67件] がその, がゐる, が十人, が欲しい, が病気, が電車, だからね, だと, っぽい愛くるしい顔, っぽさ, であ, である, であるの, でした, で腹違い, とにいきいき, なん, にはいかにも, には何, に対する私, に就い, に粥, のうち姉, のおもちゃ, のひとり, のよう, の一人, の不名誉, の両親, の事, の図書館, の声, の大衆, の家, の心理, の感情, の教育, の教養, の方, の柔らかい, の母, の生活, の病気, の頭, の顔, はある, はたとえ, はサーベル, は二度目, は天才, は悦び, は憂うつ, への欲望, まである, まで捕える, もある, らしい眞正直さ, らしい策略, をこんな, をそのまま, を傍, を思う存分, を愛し, を舐める, を負, を連れ, を養い取っ

▼ ある~ (75, 0.0%)

8 である 3 だが, は詠みいでられまじく 2 だ, であるが, を彼

1 [55件] がよめる, が一つ, が何となく, だから, で, であったが, でございますと, でその, でも吾等, で意味, で詠雲, という内容, として哀, として選んだ, とそこ, と味い, なり, にてわれら, には母, には舊エッダ, に潤い, に詩, にPR, ぬしの名, のある, のふし, の声, の多く交つた散文, の始め, の心, の数々, の文句, の節, は, は既に, ひぶり, もあっ, もある, もつ子等, も営利, や発句, よりもその, をもなす, をやる, をよん, をわれら, を一首一首, を作らう, を好む, を思い出した, を想い出した, を歌う, を歌った, を歌ってる, を聞い

▼ ある武士~ (75, 0.0%)

3 で, の娘 2 であった, の仕業, は跣足

1 [63件] か, か浪人, が, があり, がこの, が一人, が三十五, が乞食, が五島, が人魚, が今にも, が先陣拔, が印籠, が夜半, が正宗, が洗礼, が落城, だから, だったの, だったので, であったなら薬研, でありどこ, である, ではあった, で子, で小山, で微行, で突然, で貴人, とされた, とみな, と思われた, ならん, なり兎角, に介錯, に伝え, に対す, に恩賞, に眼, の中, の務め, の国, の多く, の末, の果, の果て, の言葉, の隠遁所, はくわえ, はさも, はにわかに, は一人, は怪しんだ, は能弁, は自分, は身体つき, ほど四囲, ほど良, もあっ, よと今, らしく思われる, を介し, を大勢

▼ あるとさえ~ (74, 0.0%)

5 いえる 4 いうこと, 云える 3 思って 2 云うこと, 云われて, 信じて, 思う, 思われます, 考えられて, 言われて

1 [44件] いい得る, いい得るであろう, いえるの, いって, いわれて, されて, ともすれば思う, 主張しなけれ, 云って, 云われるでしょう, 信じるに, 勇気づけられた, 思います, 思い習わして, 思い込むよう, 思えるその, 思わせられないでは, 思われるの, 感じて, 感じます, 教わったもの, 極言された, 源氏は, 申せますでしょう, 申上げたい, 私は, 考えた, 考えて, 考えました, 考えられる, 考えられるあの, 考える, 考えること, 考えるもの, 聞いた, 見れば, 言える, 言った, 言って, 言わるる, 言われるよう, 言明した, 評して, 誤って

▼ あるを以て~ (74, 0.0%)

9 なり 2 今日尚, 兼て, 加賀の, 尊しと, 彼を通じて, 必らずしも, 或は誤り, 政府者の, 貴と

1 [47件] ここに, この二先生, この名, その地下鉄トンネル, なり而, よくこれ, 人これに, 今や自由党, 今や自由黨, 今回は, 他の, 何等不平, 先づ此三派に, 南湖と, 名高きところ, 国司等の, 多少の, 安堵し, 居ま, 山の, 工と, 左に, 新教徒, 日々採る, 早くも, 明治三十五年徳島を, 時として余, 暫時か, 更にその, 有名である, 此れ, 此題目に, 猫の, 町名と, 睡眠の, 矢を, 知ること, 美術を以て, 聊か其次第, 聞ゆ王の, 茲に, 菩薩を, 見れば, 請うて, 采地を, 雙敍と, 飛箭長槍燕王を

▼ ある其の~ (74, 0.0%)

2 中に

1 [72件] うしろへ, ちやん, のちも, ま, ビルデイングの, 一を, 三つとも, 上の, 下に, 中一週の, 二つは, 人に, 仔細は, 他カバラー, 他佛教に, 他布字, 他瑣細な, 像が, 入唐留學の, 利益で, 十七個に, 卓子掛けは, 友染を, 執念の, 外は, 大切な, 女を, 定に, 室で, 室は, 室内を, 宮の, 寺の, 崖には, 巨人の, 後印度の, 従弟が, 教祖は, 方が, 方も, 方を, 時お, 時山三郎は, 時弟子が, 本なら, 横顔は, 正面と, 特徴の, 理由は, 理由を, 生存の, 當時の, 石の, 種類が, 缺乏した, 者に, 舳に, 舷にか, 草稿を, 裏の, 裏は, 言葉も, 託児所の, 話の, 諸国とは, 足の, 軒下に, 通りに, 需要を, 顔と, 顔色の, 高慢税の

▼ ある友人~ (74, 0.0%)

3 の家 2 の宅, の生活

1 [67件] からむつかしい, から浜田弥兵衛, があった, がいった, がもしか, が九日, が十吉, が指導教授, が日本, が東京, が疎開, が私, が自分, が評した, が試み, だ, である, でわたし, とガリレー, と一晩, と云っ, と会食, と僕, と碁, と露西亜, などは私, にあったら, には, にもかれ, に会いたい, に会う, に問い合わせる, に宛て, に持ちだしたら, に會, に着せよう, に連れられ, のある, のうち, のもと, のアトリエ, の劇場, の名誉, の手紙, の才能, の指, の指示, の景蔵, の牧野, の画家, の紹介, の結婚記念, の腕, の趣味, の関係, の驥尾, はこの, はそれ, はそんな, はなぐさめ, はパリ, は国辱中, は彼, は言う, へ特別契約, または仲買人, もあり

▼ ある手紙~ (74, 0.0%)

2 であったが, を出し

1 [70件] か, が出, が少し, が届いた, が最近, が来た, が添っ, が父親, だけがほしい, だった, であった, ですね, でね, でまるで, と一緒, と思はれ, ならおいら, なんぞ焼い, に目, に眼, に自分, ね, のなか, のふた, のもう, の一節, の主, の二三通, の切手, の名宛, の平ら, の文字, の束, の欄外, の用紙, の端, は幸, は来ない, は生まれ, ばかり千通あまり, も白, をいただい, をお, をそれとなく, をひろげ, をポスト, を例, を内, を出した, を取った, を取り出し, を受け取った, を巻き納めた, を思い出した, を持ってる, を整理, を書い, を書いた, を書きたい, を渠, を私, を繰り拡げ, を裁判所, を見, を読みました, を請取つて, を貰つたの, を返し, を送っ, を開いた

▼ ある書物~ (74, 0.0%)

4 の中 2 だが, に卜筮, のおかげ, の表紙, を読んだら

1 [60件] から借用, がある, が吉左衛門, が風, で, では四千年前バビロニア國, で手, で読んだ, というもの, とこの, と云え, に, にしたい, について先生, にはさんだ, にはそれぞれ書入, にはそれぞれ書入れ, には意地, には津軽家, による, に就, に引用, に最も, に沒頭, に載せ, に金, の, のぎつしりつめてある本箱, のなか, の上, の取, の型, の影響, の翻訳, の背文字, の背皮, の頁, はそれ, は他, は何かと, は皆ネパール, もある, や雑誌, を, をあれ, をこんな, をささげる, をひと, をみる, を一冊, を一通り, を処分, を参照, を売, を好むであろう, を始め, を暫らく, を盗み出した, を見つめ, を読ん

▼ ある~ (74, 0.0%)

18 である 10 ではない 9 なの 54 だが 3 はなかつた 2 です, ですが, はない

1 [19件] がない, が知れる, じゃない, だから, だね, であらう, であり同時に, であるが, でた, ではな, で芸能, と, になる, はありません, はなかっ, はなく, はわれ, はわれわれ, もなし

▼ ある今日~ (73, 0.0%)

2 の文学, は, までの民器

1 [67件] この点, その各々, だつて, であるから, ではなく, ではもし, でもあまり人, でも何処, とは魚, どんな恥, なお久しく, ならば, にても南洋, にはじまつた, に吾党, に於, に未来, に至っ, に至つて, ね, のうち, のやう, のアメリカ, のマルクス主義的文芸評論, の上流社会, の世の中, の僧等, の功徳, の国際社会, の境遇, の大, の好漢, の持久戦, の文学的自由主義者, の新, の日本, の植物学者流, の歌人, の永代橋, の生活, の社会, の空気, の茶の湯, の西洋, の認識, の語, の趨勢, の開化, の雑誌ジャーナリズム, の雨中行乞, はいろいろ, はその, は一ばん, は危険, は柿, は樹明君, は満員, は特別, は花, は雪解, は高貴, も役場, も自, 図らずも, 心ならずもと, 早くも, 相当教養

▼ ある~ (73, 0.0%)

2 よく物

1 [71件] いやしむべき, いろ, お前は, したこれから, そうする, その方, その食料品, それと, それは, それを, た孔竅, た若し, スウャトコルスキイ修道院の, 不空三藏, 九州に, 人生は, 公遠, 其の時, 動植物の, 博士の, 印度には, 取られない様, 唐の, 國民の, 売りを, 大師が, 大師入唐に, 好ましいもの, 嫁の, 宜ならず, 小猫, 左衛門が, 左衛門利家は, 布政坊に, 年齢に, 幾多の, 床には, 忍熊王が, 恐らく入唐, 意思には, 我である, 手を, 教訓である, 既に卒業, 日本で, 日本でも, 景淨のみ, 最も面白い, 最後の, 波斯の, 然なく, 獲得された, 發音も, 盧迦溢多は, 眞宗は, 矢と, 空間時間の, 精神界の, 紐育の, 結婚し, 義寧坊の, 萬といふ, 親しい, 論理の, 護符の, 財産にも, 近來米國, 長いの, 風刺という, 食ふこ, 食事の

▼ ある~ (72, 0.0%)

4 だと 3 じゃない, であります 2 だ, だが, ですが, ではない, と申し, の好い

1 [50件] が偽物, が僞物, が平凡, じゃありません, じゃねえ, だから, だそう, であった, でありました, ですからね, でない, ではございません, ではなかつた, と存じまし, と換え, と覚えました, などは一々, などは莫大, なの, なん, にはなっ, に心, に相違, に眼, のある, のまれ, の何ん, の善い, の良い, はこれ, はまさに, は今, は僅か, は必ず, は私, は魚, ばかり私設博物館, をいくつ, をこの, をさがし出し, を何, を僅か金十二兩貸, を御, を指す, を見, を見せ, を選っ, 定めて, 故こうして, 故直八

▼ あるたび~ (71, 0.0%)

4 にそれ 2 にこの, にその, に坐禅三昧

1 [61件] に, にいくら, にいく人, にいちいち, にかならず, にかの, にかれ, にこれしき, にちょい, にどれ, にのぞい, には私, にひどく, にみずから, にわが, に主として, に二三度, に二人, に二年, に人, に以前, に何, に何処, に健三, に友だち, に壁, に天上, に奇妙, に契約書, に害毒, に家, に席, に帳付け, に彼女, に必ず, に性分, に恥, に惜しげ, に戦場, に招かれ, に持参, に教育, に新しい, に模型, に武者修行, に濡らしはじめ, に無言, に甲府, に碁盤, に竹中半兵衛, に苛立つ, に裏, に誦ん, に賞品, に赤飯, に述べ, に道路, に酒, に馭者, に駕籠かき人足, に黄巾賊

▼ あるなと~ (71, 0.0%)

3 思いました 2 いうこと, さとりました, 彼は, 心で, 思った, 思って, 直感した

1 [54件] うなずいた, お伝え申せ, お父上, さとった, すぐ思わせる, とつさに, ぼんやりと, よく見かける, わしは, わたしは, ピンと, ファン・デル・クワアレンは, 予期し, 例の, 却って警察, 大感服, 察せられぬもの, 後を, 心づいたあと, 心付いて, 忠言し, 思う, 思うと, 思ったから, 思ったこと, 思ったら板谷, 思った時, 思っても, 思つてゐた, 思つてゐたら, 思ふと, 悟りましたが, 感じた, 感づきました, 感づき何, 感心し, 感心した, 感附きました, 日疋を, 歩み寄って, 気がついた, 気がついたらまた, 気づいて, 氣が, 直覚した, 私は, 私も, 考える, 考へた, 菊村宮内なんの, 見極めが, 訊く, 野村は, 首肯ずかせる

▼ ある~ (71, 0.0%)

5 の枝 2 の幹, の皮, の箱, は冬

1 [58件] か鎹, が一番, が何本, が時々パチ, だが, だそう, っ葉, であって, でおさえ, でげす, でしかも, となつ, とは思はれぬ, などは曇天, などは葉, なの, には一度, に頭, のかげ, のごとき, のベンチ, の中, の人形, の前, の名, の多い, の實, の戸, の札, の根本, の椀, の標柱, の橋, の段, の燈籠, の箪笥, の股, の蓋, の陰, は一面, は七葉樹, は伐り倒す, は根, は桐, は脊高, や竹, や花, を, をつかまえ, をとつて, を一眼, を伐り倒し, を取り去る, を植え, を植えず, を添える, を用, 高い屋形

▼ ある~ (71, 0.0%)

3 は前 2 か何, に例, の中, の流れる, を飲ん

1 [58件] がある, がじめじめ, がよく, が沸騰, が淡水, が絶えず, が霜柱, だけが動いた, です, で顏, で顔, とある, といふもの, とか酒, と地, には夥しく, にも真心, に足, のない, のひびき, のやう, の入った, の尾村, の川上, の氷っ, の流れ, の涸れた, の深, の男, の青い, の面上, はごく, はともすれば, は丁, は共同, は橋杭, は機会, は熱湯, は自慢, も余っ, も清く, をぐっと, をた, をつか, をふりこぼされる, をわけ, を一人, を傾け, を充分, を得ん, を所, を扱, を覗いた, を透かし, を飲ませる, を飲み, 売りで売子, 汲み場

▼ あるひと~ (70, 0.0%)

2 がヒョコヒョコ東京, たばの, だわ

1 [64件] からとめられ, から云いつけられ, から托された, がいい, がいろいろ, がおりきた, が別荘, が持つ, が百貨店, が金, が高, きっとこの, すらかく, だが, だけが金, だな, でこれ, です, ですから, でその, ではあった, ではなかったろう, との話題, とも思える, と知り合った, と結婚, と話, なのね, ならば, なら誰, なん, になります, にはいちばい太平記, に冷やかされ, に囁かれた, のすこし, のところ, のなさけ, のふところ, の一人, の來歴, の口, の心痛, の怒り, の故郷, の数, の生活意欲, の言葉, の言葉遣い, の身の上, は, はこの, はにかい, は彼女, は新進作家, は知っ, は連れ, びとは, もその, らしく, を小馬鹿, イギリス人いろいろ, トルコ人ある, ロシヤ人ある

▼ あるほう~ (70, 0.0%)

4 がいい 2 へばらばら, へ行こう, へ行った, へ降り

1 [58件] からドーン, から入, がおもしろい, がかえって, がほんと, がむしろ, がよい, がよろしい, が劇的, が勝つ, が含み, が好, が好都合, が強い, が当然, が楽, が無事, が車, が酒場, が頼母, だぜ, だった, だったが, である, でしきりに, でしょうな, です, ですから, で出っぱり加減, で線, に味方, に進み, のあの, の側, の対, の綱, へあるい, へいっしょ, へやってきた, へ上っ, へ下っ, へ下った, へ付く, へ向っ, へ散歩, へ歩きだした, へ歩き出した, へ立ちかけた, へ筏, へ自転車, へ行きかけ, へ行く, へ進ん, へ飛ぶ, をぼんやり, を内側, を取ります, を指し

▼ ある~ (70, 0.0%)

3 だ, である, もない 2 だが, だと, をつけ, を持つ, を見

1 [51件] ある書物, がたくさん, じゃない, だがと, だこれ, だそう, だぞ, だとだけ, だろう, だわねえ, であらう, です, ではある, ではなく, で沖縄, とみえ, なの, にすれ, に相違, に該当, のみというの, の知れた, の飛蝶, は父姓, まえを, もしれない, も知らない, も知れない, も知れぬ, を, をば, を使, を知らぬ, を称, を移した, を言っ, を読ん, 伯楽とも, 力士の, 墨を, 外科医の, 宰相の, 幅な, 捕手の, 探偵青竜王は, 斗うる如くみゆる, 校長であった, 稱として, 稱を, 胡桃だけは, 陶の

▼ ある~ (70, 0.0%)

3 将は 2 大名は, 大将は, 徳中にも, 情念を, 神を

1 [57件] 事実が, 事情が, 作から, 作へと, 作家の, 像の, 先生であり, 制度も, 力と, 動物を, 印象の, 友の, 問題の, 國に, 境内地を, 士察し, 外国の, 外國の, 大名で, 大名にまで, 大家の, 大将を, 太陽が, 学問を, 学校にまで, 将の, 将を, 將の, 属性, 形態の, 愛国団体は, 新聞は, 書を, 本も, 條件から, 洞の, 現象には, 現象を, 球体は, 理想の, 矛盾を, 神われの, 科学に, 罪目録を, 能力, 芸人入れ, 芸術の, 葛瑾を, 藩に, 講中の, 遊星の, 道具は, 都市よりも, 陣の, 階級の, 雑誌評論家ばかり, 音の

▼ あるとでも~ (69, 0.0%)

8 いうの 6 いうよう, 思って 5 云うの 4 言うの 2 いうかの, おっしゃるの, 申しましょうか, 考えて, 言おうか

1 [30件] いうか, いうこと, いう風, いつたやう, いはうか, ぬかすの, ねじ込みたい, 云いたそうな, 云うん, 云える, 云って, 云は, 云へば, 云わねば, 仰しゃるんですかね, 仰有るの, 信じて, 吐かしゃ宜, 思うん, 思ったら神仏, 思っとるの, 書いて, 申しませうか, 申すの, 考えたら大, 考えなければ, 聞けば, 言うかの, 言ったらよい, 評したらよかろ

▼ あるんぢ~ (69, 0.0%)

47 やない 64 やなし 3 やありません, やなく 2 やが 1 やけど, やけに, やろゆうべ, や水

▼ ある~ (69, 0.0%)

3 の世 2 となっ, の生活

1 [62件] あり昔, からか, から四十年, こそ眞宗と云, この点, しも余, でもその, でもとき, でも訪, にし, にもっと, のうち, のやう, の不幸, の人間, の今, の住居, の光景, の場合, の塔, の左中将, の彼, の手紙, の敬太郎, の日本, の正月, の湖南, の社会, の私, の細川家, の良人, の高市郡, は交通, は同じ, は実際, は目のあたり, は米国, は蒼, は貴, は趾, までのこと, までの下宿, までの道徳, まではなはだ, までまだ, まで無, ま幸, も丸, も印度, も熊野, 一軒の, 古堂から, 改めて之, 明日にも, 歸仁の, 死んだ姉, 殘つて居る, 猛然と瑛子, 申した海岸, 縄目を, 自分の, 裏切ること

▼ ある~ (69, 0.0%)

3 の手前, もある 2 が男, に向っ, の送る如き, の顔

1 [55件] からは気狂ひだ, から手紙, から生れた, があった, がかう, がこう, が今度, が今頃, が子, が晩年, が詞, だ, だったので, であるのに, としてかの, としての誇, としてまた, とならん, との間, とも一夜, とよく, とを加え, と妻, と娘, にあいたかった, にさえ知らせない, には三時間毎, には私, によって中断, のかん, の写真, の墓, の妹, の姿, の娘盛り, の存在, の影, の意志, の死, の死体, の死目, の病, の皮膚, の真実, の腰紐, の鏡台, はかたく, はむすこ, はテエプ, は高島田, や妹, や子, を呼び迎えよう, を持った, を訪ね

▼ ある~ (69, 0.0%)

2 と子, の守護, の手文庫, の首, は自分

1 [59件] がしばしば, がどうして, が偉かっ, が同じ, が幾たび, だったが, であったが, であつ, であるため, とし, とその, となる, と争っ, と母, と隔て, にし, に対する従順, に比べ, のこと, のところ, の事, の写真, の勉強室, の友達, の古い, の古書, の声, の大臣, の子, の居間, の座布団, の役人観, の所有地, の手蹟, の敵, の方, の権威, の氏康, の父親, の玄丹, の衣服, の誇り, の轉勤, の近臣, の達雄, の遺物, の遺骸, の金, の顏, はマリオネット, は又, は家, は川越藩秋元家, は短気, めいた好意, も兄, も存生中, を国元, を殺さなけれ

▼ ある~ (69, 0.0%)

2 まで行つて, を過ぎ

1 [65件] からある, からやむを得ず再度, から代々, から全集, から大, が中心也, が今日, が琉球, が箱根山彙中, が谷中村, だがね, であつ, では一切, では石灰, で出, で榮養, で見た, なり, なりと云, にいたれり, にし, にて待ち, には一, には大方, には必ず, に坐し居, に天刑病者, に座, に惣身痩衰, に案内, に當, に登る, に至り, に行つて, に達す, の, のさま, のラアネフスカヤ, の中心, の乳牛, の側, の圖, の意識, は, は人, は即ち, は如何にも, は岡, へと行く, へは屹, へ來, へ飛び, までまた, まで來, をすり拔, を兄哥, を教, を見せ, を見れ, を踰, を通る, を過ぎる, を除き, 打ち覘, 諸隊

▼ あるお方~ (68, 0.0%)

5 のよし 2 がお, のお伴

1 [59件] ありは, からお, から隠れ扶持, から頼まれた, が, があちら, がおいで, がおめおめ, が外, が妾以外, が殺される, が軍人, じゃありません, じゃ此処, だ, だけにお願い, だと, だろうと, でございましたから, でございまして, でござったか, ではございませぬ, で今, とあなた, というの, とはすばしこく, とは夢にも, と心得ます, と思うた, と見, にお, にお話し, に会われない, に失礼, に対して奉行所, に聞きました, に頼まれた, に頼まれまし, ね, のお, のこと, のね, のやう, の仰せ, の側室, の前, の夢, の微行, はわが, は平手様以外, は遠慮なく, ばかりです, も俗, も老い, よりわざわざ, より入り込ませられた, を一両人, を侍婢, を総帥

▼ ある~ (68, 0.0%)

12 がした 11 がし 10 がする 3 の利いた 2 のした, の弱い

1 [28件] があそばされ, がある, がいたします, がされた, がされます, がされる, が晴ればれする, が滅入っ, が致しまし, で二人毒, で半, で親切, のあそばす, の大きな, の強い, の狭い, の確乎, の進まぬ, はする, はせず, もあそばされた, もしました, もする, もそぞろ, をさせる, 支いも, 遣は, 遣ひは

▼ ある~ (68, 0.0%)

57 して

1 [11件] かも信者, かも神, しなほ, し只二十一ヶ條, もそれ, も今, も他, も出場, も厳正, も科学的認識, も英吉利製

▼ あるとおり~ (67, 0.0%)

4 である 2 で, に理解

1 [59件] あの飛行島, いかなる賤, いかにも, いつも知っ, お照, かくして不, こういう話, この原っぱ, この迷信, さ, すぐ江戸, その両方, だ, つい先頃, であろう, で毛髪, で自己催眠的, といっ, ときい, な装い, にお知らせ, にこの, にこれ, にすぐれた, にする, にその, にだからこそ, にとらえられない, にぬた, にひいた, に云いあらわせ, に人間, に伸子, に兄弟いっしょ, に坐っ, に所存, に旧い, に義眼, に見る, に角材, に話した, のこと, の勤労者, の家, の河童, の率直さ, の社会, の諸, の質量, もっとも文学的技術, やさしい呼び, わが江戸川乱歩, をみ, を読ん, 不二見台, 先ず向日葵, 淋しさ, 見て, 誤って

▼ ある~ (67, 0.0%)

4 の様 2 の, の事, の人, の馬込

1 [55件] くして, ない文字, に聖書, のあと, のとき英国, のオウオソ, のケンウッド, のバラモン, の七百萬圓, の仕事, の住者, の僕, の呼吸, の墓所, の夕, の大, の如き死んだ, の家, の小屋, の山の神, の崇高, の市, の思想, の教徒, の新, の書面, の東京, の模型, の正体, の点, の理想的, の男, の碑, の秀子, の空気, の窮鼠, の紙, の絶好, の羅荼, の船, の蒸し, の藥, の言葉, の詫ごと, の貴重, の賦, の邊, の部屋, の重み, の金, の長年婆羅門, の陪審員, の頃, は一見, 暗い深淵

▼ ある瞬間~ (67, 0.0%)

3 の表情 2 には彼, に俺, に彼, に時々

1 [56件] ある瞬間, から市民, から月, がそれ, が一歩一歩, が世, が到頭, が常に, が私, が過ぎ, が過ぎた, その永年, だった, として感じ, に, においてはその, において人, にでも実現, にはいかにも, にはその, にはびく, には事件, には明るく, には暗く, には未来, には見え, には軍隊, にまったく, に与えられたる, に世界, に人々, に伸子, に否定, に宇宙線, に於ける, に美しかっ, に至っ, のこと, の姿, の感覚, の気持ち, の相, はまた, は二十四五, は全く, ひどく陽気, までに読ん, よりも言葉, をとらえ, をふと, をみます, をスケッチ, を境, を択ばざる, を択ばなけれ, 硬くなった

▼ あるによって~ (66, 0.0%)

2 これを, 察せられる, 知られる

1 [60件] お前には, お持ちなされ, このお, このまま, この句, この辺, その作中, その御用, その積り, それに, ちょっとあれ, である, どうか, 世間の, 主人も, 人の, 人口は, 人払いを, 人間は, 今でも, 今夕の, 今日この, 公卿の, 其の強, 初めから, 判ずれば, 取り次ぎいたせ, 可能に, 大孫, 始めて吾, 安堵し, 小屋主の, 当然の, 彼の, 御同行, 我等の, 旧称を, 明かである, 明かでしかも, 明であろう, 明日に, 是非城中へ, 欲しいだけ, 歴史は, 物価の, 犯し難い, 現在鳴子の, 発掘致さ, 知ること, 知識は, 私が, 私は, 絶対に, 苦しからず, 見れば, 証拠が, 謙遜の, 赦免仰せつけられる, 起る, 達磨の

▼ ある~ (66, 0.0%)

3 に彼 2 に学業, に私, に自分

1 [57件] が過ぎ, にいわゆる, にお客さま, にこの, にする, にそこら, にまで制限, にまで関税, によく, にステパン, に一々, に一つ, に一層, に三日前, に何, に内山さん, に卑弥呼, に奉幣使, に威, に岸本, に往来, に必ず, に意見, に次第にいろいろ, に法廷, に流れる, に禮拜, に義務, に起る, に風下, まで, までかなり, までその, までたとえば, まではあたっ, まではある, まではこの, まではやはり, まではわれわれ, までは不可能, までは共通, までは従来, までは熱力, までは甘受, までは確か, までは練習, までは自由, までは言われる, までは透き通っ, までよく, まで一致, まで信じる, まで分類, まで救われうる, まで物質, まで研究, 迄此分化

▼ ある~ (66, 0.0%)

5 の下, の外 4 のところ, の戸 2 の雨戸

1 [46件] からいっぱい, からは一人, からは人, からも煙, からよく, から十六七, から外, から忍び込む, から訪れる, から黄ばんだ, が光つて, だった, ちかく, ちかくき, であった, である, です, では運動シャツ, にて, には長く, にプツ, に向, に陣取っ, のうち, のすき間, のなか, の一つ, の事, の傍, の全部, の内, の前, の半分, の所, の方, の硝子画, の窓枠, の紙, の縁, の間, の高, はしまった, は板, へ眼, もごく, や縁先

▼ ある長い~ (66, 0.0%)

2 烟草盆を, 綱の

1 [62件] じょうぶな, つけ髭を, のは, ひらいた場所, もの, 上衣の, 乱れ髪は, 刀の, 剣を, 劒, 南瓜の, 参道を, 地底の, 大きな川, 大きな板, 安寿, 尾を, 巖窟の, 川である, 布も, 布片は, 廊下でも, 廊下を, 張出窓には, 手袋を, 振袖に, 旗を, 旗竿だった, 時期に, 期間に, 村道に, 梯子を, 棒を, 橋が, 橋の, 河と, 環を, 生えさがり, 留守中国内に, 睫毛が, 矢を, 竹竿を, 竿を, 綱を, 腰掛椅子のみが, 花柱に, 茎を, 通りを, 道中の, 道路に, 部屋を, 金色の, 青竹を, 青草が, 靴足袋を, 頂界線を, 顎も, 顔が, 鬚つき立った, 鰐にな, 黐竿を, 黒の

▼ あるすべて~ (65, 0.0%)

14 のもの 5 の物 4 の人々 2 のこと, の喜び, の物質, の発着所, の者

1 [32件] のきれい, のバー, のランプ, の人間, の他, の偉大, の力強い, の勤労者, の官庁, の強き動物, の思想, の条件, の武器, の法律, の点, の監房, の競争, の紙片, の綱, の縦, の自然的肉体的, の芸術, の観念, の觀念, の詳細, の騒々しい, は, はおれ, はそれら, はもっと, は揺り動かされた, をその

▼ ある事情~ (65, 0.0%)

6 のため, のもと, の下 4 があっ 3 の為 2 からし

1 [38件] からいつ, からその, からでしょう, から単行本, から映画, から殺人罪, から気, から重, から長女, があつ, がそれ, がわかれ, が確か, が起るなら, すなわち父母, でこの, ではこの, で係り, で四国, で断然, で生家, で離縁, と斯, についても正しい, について共同関係, によって会長, によって命, によって実, により, に在る, に通じた, のため古河, は何, もそれぞれどこ, をここ, を明, を考え合わし, を話した

▼ ある即ち~ (65, 0.0%)

3 それが 2 この現象, 世界的世界と, 是なり

1 [56件] ある種類, この新, それは, アとか, パラフレイズは, ロッツェ自身が, ワキと, 世界に対する, 中産階級の, 主体的である, 人を, 今の, 他の, 余が, 克己と, 公孫の, 具体概念的に, 前述の, 博士の, 反作用としての, 外輪山の, 外部の, 天海大僧正の, 天災を, 天竺は, 宇宙それ自身が, 度を, 彼等五年の, 悲哀の, 意識は, 意識的である, 摩擦が, 文学上の, 文科理科西洋で, 新潟県越後国北魚沼郡湯之谷村と, 昼十二時過ぎに, 構成的である, 此教では, 歳入の, 滅亡せる, 潔められたる, 点及び, 生命の, 當時の, 睿宗皇帝の, 神に, 空間が, 空間直観は, 第一, 終止言と, 統覺の, 自然愛の, 自然科學の, 苦惱から, 身体的に, 静物は

▼ ある~ (64, 0.0%)

152 こいつは

1 [47件] あるな, あるなる, いつもながら, おい皆, おらが, きっとそこ, ここに, この上流, この金井一角, こりゃ何だい, これは, その娘さん, その程度, その色, それでは明後日あたり, それも, たしかに, つまりその, つめしゆろだけを, で市村座, ふう, ま温かい奥深い, ま若い, むいと, もっとこっち, ゆめ, よっ, われわれ四将が, アある, アと, 一枚かり, 下がっては, 二重に, 仕事が, 伯父ごとは, 健は, 君御, 女という, 婆さん, 察する, 幹太郎は, 昼までに, 朱点黒星その, 猶予ある, 萬一途中にて, 赤蓼が, 高邁なる

▼ ある特定~ (64, 0.0%)

2 の人物, の取引者, の地方, の場所, の日, の職業, の製造貨物

1 [50件] なもの, な意味, な時期, のもの, のコンディション, のゴミ, の一つ, の一国, の一点, の与えられた, の事がら, の事業, の人, の人々, の俳優, の出費, の収縮, の商工業, の国, の国語, の土地, の場合, の婦人, の學説, の害悪, の家, の少数, の市場, の年, の恒星, の意志決定, の数分間, の文句, の時, の時代, の気象要素, の状況, の環境, の生活, の男, の異性, の神学, の立場, の精神, の規律, の部分, の階級, の集団, の題目, の魚

▼ ある~ (64, 0.0%)

16 の日 8 の夜 5 の末 3 のこと, の朝 2 の宵, の日友人阮, の用, の雑草

1 [21件] このしる, とはいえ, にもなった, に霖雨, のころ, のはじめ, のゆうべ, のクラシック, の一日, の半ば, の夕暮れ, の寒い, の日曜日, の晩方, の渋団扇, の真夜中, の縣會, の色, は夕方, や五月, を待つ

▼ ある~ (64, 0.0%)

8 一の 3 一に, 一は, 二の 2 三の, 二十階選士たちの, 二次の

1 [41件] ○○高射砲隊の, 一てんで, 一ないし, 一問題は, 一報発信者の, 一実に, 一応接室の, 一期の, 一流の, 一瀑の, 一火薬庫が, 一番の, 一種も, 一章すなわち, 一第, 一縁儀が, 一製造期の, 一説と, 一議会が, 一軍との, 一駈, 一騎兵隊は, 三九三と, 三番の, 三紀層の, 二には, 二は, 二葉の, 二表に, 二首は, 二高等學校に, 五には, 五の, 五図は, 五図を, 十の, 十三章, 四の, 四は, 四以下の, 宅が

▼ あるなり~ (63, 0.0%)

2 めしたまは, 余は, 此の, 然れ, 而し, 隠して

1 [51件] ああこの, ある者, かかる処, これを, しかれども, その上, と, と氏, の作家, またこれら, また天宝中巴人太白廟前, コロムウェルありし, シテ見れ, ナポレオン大帝いえるあり, 世の, 之に, 云々, 人類は, 以て, 伏姫の, 何ぞ知らん, 其の威厳, 其の死後, 其の生前, 医師ことごとく, 即ち観, 同様なる, 基督教は, 居るとも, 彼の, 彼は, 彼等が, 往古常憲院さま御代までは, 心づけば, 悲哀懊惱の, 教会あり, 栄達は, 死刑囚悔いに, 殺して, 汝の, 然ら, 畢竟するにインスピレーシヨン, 船は, 蜈蚣蛇を, 衣服は, 西南でなく, 要は千年, 言を, 貧は, 集合的独立を, 食物も

▼ ある~ (63, 0.0%)

2 あるわ, きつと

1 [59件] あたいその, あたしだって, あたし独りで, あのお雪さん, あるわよ, あんたを, いいでしょう, いやね, え, えのう, ここで, そこを, そのあいだ, その下, その店, そりゃあ, つれて, でも考え, でも金歯, どんなにだって, なし, ほんと嫁, まあお, やはりゆう, らい声は, わたし, ッ, 一カ月の, 上に, 上方者だ, 上村には, 世の中には, 九時半ごろが, 二人, 何か, 何んです, 兄さんだの, 利根さんと, 困ってなくったって, 夫婦の, 安心し, 書附け, 末吉や, 栄さんが, 椎の, 民族の, 温和しく, 生活感の, 百円や, 社会だ, 福井から, 私, 腹を, 臆病で, 覚えて, 足に, 重うて, 銀のだの, 香水ぐらい

▼ ある建物~ (63, 0.0%)

5 の中 4 の前 2 の三階

1 [52件] かしらと思われる, から, からすくなくとも, からは人声, から綺麗, がそびえ, が出来ました, が岩山, が眼, が私たち, が立っ, が裏山, が見えた, だろう, であった, であって, ではあるまい, ではいかめしい, と停車区域, などあちこち, に遮られ, のうしろ, のうち, のこと, のすたれる, のその, のところ, のなか, のほう, のほとんど, のまん中, の一室, の位置, の入口, の内部, の壁, の屋上, の屋根, の屋根屋根, の断片, の雨戸, はこれ, は同じ, は沈黙, へ導かれ, へ案内, へ集っ, をまもる, を叔父, を周囲, を指, を買い取った

▼ ある~ (62, 0.0%)

10 の上 2 の裾

1 [50件] からジジたち, が眺められた, が見え, つづきに, ですね, ではるか, といふ風, にかけ登りました, にき, にのぼっ, にはじっと, にはそこ, にはひっきりなしに, にはシカ, には一面茶, には灰色, には競馬, にゆき, に上った, のなぞえ, のふもと, のほう, のもと, の一本松, の中腹, の崖下, の斜面, の松林, の腹, の頂, の頂上, はぼう, はキツネ, は昔, は氷, は海, は雪, へあがっ, へ遊び, も後方, や山, や畑, をなし, をのぼりはじめました, をのぼり始めました, をのぼる, をみつける, を捜し, を降る, 故遂に

▼ ある態度~ (62, 0.0%)

3 を取っ, を示し 2 に辟易

1 [54件] がずばずば, が前提, じゃない, だったが, であった, であり科学, であること, でなく反抗的, ではありませんでした, でゐ, で世相, で呑みおわっ, で坐っ, で夫人, で居た, で従容, で次, で生活, で耳, で遇, で運用, と思い合わせ, と高, なの, におかすべからざる, にもどった, に変っ, に変った, に怒り, に於, の, のいず, のため, の余徳, の側, の彼, の生活者, の確保, はいかにも, はかうし, は私たち, も示さなかった, をくずさない, をひそか, を保っ, を取らん, を強烈, を恋, を持つべきである, を採らせる, を装わね, を見, を見せ, を造つて

▼ ある文字~ (62, 0.0%)

2 であった, は次, を感じ

1 [56件] がだんだん, が何と, が列ねられた, が諸君, さえ文法的, だ, だと, である, でかえって当然, でした, で歴史, といえ, とは判る, なり, にお, についてばかりで, には少し, によってわたし, に点, に目, の意義, の通り正直, はたしかに, はラテン文字, は上, は細い, は英語, は藍丸国, もあざやか, も定か, や内容, をお松, をとっ, をひろい読ん, をひろう, をぼんやり, をみんな, を判読, を手頼り, を拭った, を拾う, を拾っ, を指示, を注意, を用, を用い, を用いしめた, を用いずし, を見, を見かける, を見た, を読み, を読む, を鉄縁, を鐵縁, を音

▼ ある方面~ (62, 0.0%)

3 から見れ 2 に向っ, に知名

1 [55件] からの縁談, から人選, から供給, から梶子, から次第に, から確聞, から言え, から質, から非常, がその, がロスト, が隆起, である種, であろうという, での噂, ではかえって, ではこの, ではりっぱ, では効果, では嫌, では必ずしも, では生れ更つた様, でタケスカナ等, で働い, で農奴, において社会的窒息, にたいして商品, にはそして, には抜かり, には非常, に二三, に向, に向かわしめ, のこと, の仏法僧, の先覚者, の努力, の品, の委託実験, の性質, の手, の研究, の神経, の貴顕, は有識, へ向っ, へ廻わし, へ知らせれ, へ身, をぶらつい, を変え, を彷徨, を抽象, を指します, を騒がせ

▼ ある期間~ (62, 0.0%)

2 が過ぎる

1 [60件] ある程度の, がたて, して, じつとして, その力, その見なれぬ, だけお, だけにある, だけ処女, だけ継続, ではそれ, では一一〇対一〇〇, では一一八, で解かれる, としてゐた, においてピカソ, における商品, については多少, にとび散っ, にはそれ, にはたしかに, には絶対, には風, に亙っ, に亙り, に奨励金, の以前, の休息, の冬眠状態, の前後, の叙述, の生命, の生活, の神, の禁欲生活, の間, はかならず, はそっけ, はつ, はカンジダ, は夜, は必巫女, は文学書, は看護, は立派, は蠅男, は関東地方, は食べる, を必要, を精進潔斎, を約, を経, を経験, を經過, を過ぎ, を過ぎる, を限り, 大きな資本, 生きて, 用いて

▼ ある特別~ (62, 0.0%)

6 の場合 2 な場合, な意味, な感じ, な部分, の状態

1 [46件] なる場合, な事実, な人, な便宜, な学生食堂, な形, な感動, な感情, な政治的社会的, な楽器, な機会, な流儀, な状態, な理由, な生理, な用事, な相手, な科学国, な精神病者, な習慣, な臭気, な表情, な要素, な譯, な長方形, な間隔, な階級人, に恵まれたる, に涙, のハンデキャップ競走, のベッド, の不利益, の事情, の地点, の塩剤, の弾力, の情, の意味, の意義, の感情, の感興, の支持, の沙門, の興味, の親しみ, の關心

▼ ある~ (62, 0.0%)

2 の背中, を想像

1 [58件] ありて, があたかも, がいる, がまっすぐ, がバタ, が止った, が現れる, が軍隊, して, だと, だなんぞと, でお, でさえ逆, でした, とかすべて, になったら, には乗れない, には馬, にも逃げられる, に乗っ, に尋ね到り, に跨がつ, に載せ, のこと, のところ, のぽかぽか, の側, の力, の奇怪, の歌, の水, の男根, の耳, の腹掛, の譚, の顏, の鳴, はあちこち, はそんな, はヘリコン山, は勇ん, は断乎, は走り, は風, は骨格, もある, もおとなしく, らしく, をつかまえよう, を人以上, を使わず, を引き入れ, を成敗, を牽い, を見た, を見る, を見れ, を解い

▼ あるそういう~ (61, 0.0%)

3 ことを 2 ときには, ものを

1 [54件] くふう, ことで, ことばかり, すみにおいて, とき互いに, のであります, ふうに, ものが, 一族の, 事実を, 人間でありまする, 傾向に, 具合に, 写しものの, 几帳面さを, 刻々の, 噂は, 土地は, 奸臣を, 居直りが, 工合です, 店の, 役人の, 彼女織江であった, 微妙で, 悲痛な, 意味だ, 感じが, 憎い俺, 所縁の, 文学が, 文芸は, 本質の, 気配を, 活動性, 煩わしい幾分, 物を, 独身婦人は, 生活感情こそ, 癖の, 矛盾の, 程度よ, 種類の, 空と, 考えが, 者は, 能力が, 虚名が, 話を, 貴重な, 階段や, 風な, 風に, 風の

▼ ある~ (61, 0.0%)

2 に向っ, の雑草, は下品

1 [55件] があっ, がた, がほしい, が下品, だから, ではなかっ, ではなく, で庵, という, に, になっ, には秋, にむかった, に住ん, に向, に向った, に咲い, に蜜蜂, に面し, に面した, のあちこち, のある, のうち, のこと, のほう, の一部, の一隅, の中, の作り, の入口, の小, の小径, の戸口, の所, の持主, の木立ちの, の片隅, の真中, の門口, の間, の隅, はたいした, は丘, は大樹, は案外, へおり, へ出た, へ招かれた, よ, をつくります, をもった, を正面, を竹箒, を見, を隔て

▼ ある~ (61, 0.0%)

2 に就き, の観念, ばかりである

1 [55件] あり, がやつ, がゐる, が投げ上げた, が考へられる, であった故に, であつ, である, であるが, です, ではない, とある, とされ, とない, となる, と契りし, と申す, なの, なので, において事實, には当然, にませ, に属する, に栄光, の一魂, の前, の声, の子, の感傷, の方, の氏子, の発した, の義, の觀念, の詛い, はしかも, はどうしても, は口, は唯一, は彼, は彼等, は最後, は祈祷, への知的愛, みそなはせ, もあの, も人, も仏, よ一日, らしい, をもっ, を何故, を拝む, を讃, 又は道

▼ あるけど~ (60, 0.0%)

3 お金が 2 あんまり小さ, 出しましょうか, 私は

1 [51件] あの人ほんと, あれも, あゝまで, うれしくなる, けっしてわし, この証文, これも, しかしあなた, すべての, そっくりお前みたい, その度, それに, それは, でもそんなに, とてもいい, どんなに努め, ない, はっきりと, ほんとの, まあ気, みんなが, むずかしすぎる, もちろんとなり, やはり南天位, ハッキリ言う, 中味は, 何しろ今日, 何處だい國は, 内容は, 出て, 句としては, 同性の, 姉ちゃん等ほんまは, 帰りたいとは, 平気が, 復員は, 恋人と, 悪人と, 日本剃刀と, 私の, 科を, 継子育ちの, 美佐子が, 衰弱が, 親切な, 誰に, 豆飯や, 重臣共の, 金の, 鋳物屋みたいな, 麹屋が

▼ あるなど~ (60, 0.0%)

2 ぶっきら棒

1 [58件] ああその, いう説, いかにも藤村君, いずれも, いって, いふが, いふ窮屈, いふ考, いろいろの, およそ表, かりそめ, この門内, これを, さまざまな, すでに多少の, その混乱, そもそもその, なかなかよく行きとどい, ひと通りな, もし借手, もとより豫想, やはり多少用い, わかろうわけ, 不思議の, 乱暴な, 云ひ, 云ふ, 人民と, 以てのほかだ, 俚俗の, 其聴いた, 嘉治さんに, 奇麗な, 当時頗る, 思いながらも, 思ひあは, 思ひ合, 思ふに, 思われると, 愚かで, 日本一の, 是だけにても, 気の, 流石に, 滑稽滑稽, 益々よく, 竜も, 経験に, 考えも, 考えるもの, 考へられぬこと, 芸術家の, 苦杯を, 言う人, 話した, 騾の, 驚き他, 魔王でも

▼ ある事柄~ (60, 0.0%)

3 である 2 であると, を私

1 [53件] からは血, が, が事柄, が偶然, が出, が多い, が彼, が生ずるなら, が目前, が見出される, だから, でありました, であり殊に, ではない, ではないでしょう, ではなく, ではなし, で申, としてここ, と云わなけれ, なり, なんかどう, については神経, について簡単, について道徳上卑怯, にのみ囚われない, には自分, に対して恐怖, に思い当りました, に気づいた, に至る, のその, の一つ, の正しい, の話, はあまりに, はいずれ, はどちら, は彼これ, をあまり, をこれ, をやる, を上手, を全部理解, を奨励, を意味, を捉え, を描く, を決する, を自分, を話す, を説き明かし, を調べ始めた

▼ ある高い~ (60, 0.0%)

2 ところへ, トタン塀から, 壁の, 岩の, 崖の, 鼻の

1 [48件] かしの, ただ一人の, ところです, ところに, ものを, カラーで, カラーや, コンクリート塀の, 台が, 土塀も, 土蔵の, 坂を, 塀に, 塔が, 塗塀を, 声で, 天井などが, 家々や, 家が, 山が, 山だ, 山の, 山の上に, 山の下で, 岩壁の, 峰が, 崖が, 嶮しい, 広場に, 建物の, 建築, 所に, 木の, 柱の, 棒を, 椅子が, 樫の, 石垣の, 石垣古い, 石段を, 窓から, 築堤の, 聲で, 胸の, 茅屋根と, 説教台の, 階段を, 階級の

▼ あるよりは~ (59, 0.0%)

3 より多く 2 ない方, むしろより, 遙に

1 [50件] くわしかった, ここに, この不満, さきに, はるかに, まだしも窮屈, むしろその, むしろエツセイ的, むしろ以下, むしろ例証, むしろ原因, むしろ名, むしろ命令, むしろ堂々正攻法, むしろ娘, むしろ技術, むしろ池中に, むしろ社会的, むしろ精神的, むしろ結果, むしろ詭計, むしろ過剰, むしろ階級的利益, もっとりっぱ, やはりはっきり分っ, やはり馬上青春, ロマンチストである, 一層多く, 一粒の, 万人力と, 事に, 以下であるらしい, 伊達の, 僕は, 全体としての, 勿論よろしゅう, 多分に, 實感を, 寧ろ心, 寧ろ知識学, 幸いの, 彼は, 政治家である, 源氏の, 濃厚な, 積極的な, 米友の, 藝術品である, 詩として, 貧しき人

▼ ある~ (59, 0.0%)

2 に葦簾, は最も, を通っ

1 [53件] から吉川経家, から暫く, から秀吉, か後, だつた, でやつ, で主人, で枕, にいかにもよく, にお詫び, にさ, にはキス, にはビフテキ, には気味, には蛇, にま, にも述べた如く, によき, に人間, に列擧, に啓蒙家, に寝床, に幕府, に引用, に既に, に日本国民, に最も, に櫛田神社, に社会主義者, に自分自身, に述べた, に進歩的, に障子, のベンチ, の停留場, の家, の方, の日, の松井須磨子, の牛乳女, の箇條, へパッ, まで来る, まで進ん, をのぼっ, 世紀の, 和泉守を, 岳へ, 徴だ, 徴である, 掛を, 法主から, 滿鐵鑛山課長の

▼ ある地点~ (59, 0.0%)

2 からある, へ向っ

1 [55件] からも黒煙, から京都, から急い, から深い, から見, が彼, だけがとくに, である, でずっと, では一日, では峨々, では車, で一つ, で停り, で北原, で米友, で雪, で高嶺, なりその, にくる, になっ, に一つ, に到達, に於, に朦朧, に歩み, に沈んだ, に発生, に立つ, に達した, の一つ, の頂上, はある, はそう, へ出, へ埋めた, へ来, へ来た, へ来る, へ移動, へ行く, まで, までふたり, まで乗りつけられた, まで搬, まで来た, まで来る, まで臂, まで行きます, まで駆けっこ, より先, をいちいち, を指し, を称した, を踏査

▼ ある~ (59, 0.0%)

2 時代の, 温泉の, 物理学の

1 [53件] むしろの, らしい字句, らしい方, らしい知己, らしい紙, らしい老人, らしい自動電話, らしい鋭敏, シューマン派および, 七が, 世界と, 世界という, 事実に, 事実の, 五左が, 亜細亜ホテルに, 佛の, 作家が, 作家の, 例が, 兵器を, 十郎は, 古今十戒の, 古典派風の, 問の, 夫人も, 夫婦の, 帰朝者の, 平民である, 感覚派なる, 戯曲時代の, 文化団体は, 時期の, 朝廷の, 様式で, 武器を, 泉小太郎は, 温泉い行っ, 燃鉢と, 番附を, 発見が, 皇太后は, 知識を, 称呼が, 竹伸び, 薬師寺まで, 藁の, 貿易路の, 車体は, 開門から, 陰流の, 食品の, 鳥島

▼ ある~ (59, 0.0%)

13 れは 3 れが 2 なり, れ唯

1 [39件] から, からし, が即ち, が政府, が森, が養蟲園, だけの所, だけは最早, だ是, で一萬一千百圓, で此, ならばと, に依, に依る, に就, はどう, は予, は佛, は名, は白餡, は讀者, は鑛毒地, ほどの宝, まで一様, も亦, も何, も別に, も我輩, より取り出し, れ, れで賄, れはなみなみ, れを, れ今日, れ呼召, れ矛盾, れ私, を惣内殿貴方覺, 未だ充たされざる

▼ ある時間~ (59, 0.0%)

2 だから, ではある, のうち

1 [53件] から時間, がくれ, がせまっ, がたちまし, がたった, がたつ, が来る, が目, が経つ, じゃない, だけはやはり, であるから, というもの, といふもの, とはある, とはそもそも, に, になる, には, には探偵, には歩行者, に仕遂げた, に現実, に胸, の後, の性質, の日光, の枠, の程度, の終り, の経過, の記憶, の長短, の間撞突, の間気絶, はきわめて, は特別, は自分ひとり, への変化, まではここ, までは附, までわれわれ, より早く, を愛惜, を時, を汲取屋, を要する, を過ごしたらしく, を過した, を限っ, を除い, 押しても, 置いといたならば

▼ あるまま~ (58, 0.0%)

4 の姿 2 でそれ

1 [52件] いまだに宿題, この歳暮, その意味, その鞘, つい所々筆, である, でここ, でしかも, でそして, ではあるまい, で假令ちよ, で夜具, で終わった, に, にかかれ, にそれぞれ達磨, にぶらぶら, に先例, に取つ, に感じ, に憂くつらくさびしく, に放任, に早々, に活かそう, に理解, に素子, に自分, に色, に色彩, に見くらべ, に買っ, のこと, のにじり口, のもの, の分裂, の労力, の巴, の条件, の歴史, の状態, の生活, の男, の社会各層, の社会生活, の而, の自分, をと序文, を引いた, を打ち明けた, を素直, 思い切り行為, 超自然的

▼ ある二つ~ (58, 0.0%)

2 の大きな, の桃色, の眼, の部屋

1 [50件] が一つ, になる, のもの, のホテル, の世界, の中庭, の事がら, の互に, の人間生活, の半面, の古い, の国, の国家, の場合, の壁画, の宝玉, の室, の容器, の尊き, の小, の屏風, の山, の山巓, の弥勒菩薩像, の柱, の死体, の潜り門, の燭台, の物, の画, の画期的, の目, の直線, の石橋, の石膏型, の石門, の種類, の穴, の窓, の箱, の経済組織, の肩, の要素, の道, の量, の鉄, の錠, の魂, も三つ, 続いた咳

▼ ある~ (58, 0.0%)

20 の日 13 の夜 5 の朝 2 の寒い, の晩

1 [16件] ぞめぐり来ぬ, という詩, にイタリア, に近い, のうち, のこと, の一日, の事, の午, の夜中, の木枯らし, の殊さら, の血, の詩趣, の障子, の面影

▼ ある時私~ (58, 0.0%)

2 はその, はつくづく

1 [54件] がその, がジーッ, がピネロ, が一心に, が乱歩, が何, が呉清源, が昼寝, が某, が訪ね, が電報, が静岡, なら馴染, にお, にソッ, に出遇います, に対, に申します, に聖書, のため, の出した, の友人, の女房, の家, の師匠, の手, の翻訳中, はおかしい, はこう, はこの, はそれ, はそれら, はつとに, はなにか, はめつたに, は先生, は兵さん, は兵隊, は友人, は問いました, は婆さん, は手頃, は本校生, は松, は柳編み, は桜, は母親, は父, は眼前, は突然, は窓, は蔓, は言, や弟子

▼ ある~ (58, 0.0%)

3 に見えない 2 である, で屹, を向け

1 [49件] から見れ, がどんな, が太い, が赫, だと, でひと, で世界, で丸田, で見, で見ない, と見合わせ, に, にいれたい, にそ, にみえない, に偏, に觸, に逸, のさめる, のすごい, のするどい, のパッ, の前, の娯楽, の片方, の真中, の細かい, の肥えた, の辺, の険しい, はうるん, は愛, ぼしい援兵, も見向けず, やむっつり, を, をあげ, をぢ, をまるく, を上, を大きく, を子供, を屹, を楽しませる, を注いだ, を輝かし, を送っ, を閉じ, 附きだよ

▼ あるとしか~ (57, 0.0%)

9 思われない 5 思えなかった 4 思へなかつた 3 見えません 2 感じられない, 私には, 考えられない

1 [30件] 僕には, 思えない, 思えないの, 思えなかったし, 思えなくなって, 思って, 思つてゐなかつた, 思はれない, 思はれなかつた, 思われないの, 思われなかった, 思われなかったの, 思われませんし, 感じられなかったの, 知覚しない, 知覺しない, 考えない, 考えよう, 考えられません, 考えられませんでした, 考へて, 考へられない, 考へられないので, 考へられない人達, 考へられなかつた, 若い彼女, 見えない, 見えなかった, 見られない, 認めて

▼ あるほか~ (57, 0.0%)

2 に望み, はない, はなかなか, は殆

1 [49件] およそ写真, この子, すぐ邪魔, つい今し方, ない, なくそれ, なにもかもむかしどおり, にかなり, にはこの, には本筋, には犬ころ一匹, には画, には道具, にもいろいろ, にもうこ, に全然, に八畳, に内側, に内応, に別, に宗教専門, に島, に新, に最も, に極めて, に黒き, のこと, の何物, の同輩, の少年, の形, の星, の目的, の者, の衆, はいつも, はどこ, はなん, はまず, はライオン, は一銭銅貨, は三名, は何物, は半国, は商家, は新宿, は袖垣, キチンとな, 全く人間

▼ ある二人~ (57, 0.0%)

2 の女性, の死骸, は二

1 [51件] がお, がこう, がここ, が全力, が坐つ, が男, だけで, だけの兄弟, であった, であるかを, で三度, とも活き活き, のい, のもう, の人, の人物, の人間, の兄弟, の友だち, の友人, の司令官, の坊主, の外国人, の大, の娘, の嬰児, の官吏, の少年, の息子, の愛書家, の成員, の教師, の正直, の武士, の死体, の求婚者, の活計向, の者, の身体, の身分, の間柄, の関心, の青年, の顔, はすぐ, はずっと, はどうにか, はハンス, は当初, は明日銃丸, を挙げた

▼ ある先生~ (57, 0.0%)

2 が, であり中学一年, のみを撰ん

1 [51件] から是非, がい, がいた, がそれ, が口, が因辺留, が大金, が恐く, が有, だが, だけにつとめる, だその, だと, だという, だなどと, であつ, というもの, とお, などは特に, について学んだ, につかしめた, にアストン, に向き, に少し, のデモクラチック, の命令, の喜怒, の家, の所, の授業, の理屈, の私宅, の膝下, の言葉, の話された, の講義, の門前, はショボショボ, は一たん顔, は一人, は一面, は専門, は浦和, は誇り顔, は顔, よりの手紙, らしき人, を問題, を暴力, を米友, を見出す

▼ ある特殊~ (57, 0.0%)

3 の物 2 な地方, の人, の原因

1 [48件] なる体臭, なビール, な一面, な人格, な人間, な偉大, な動機, な因子, な地位, な場合, な変化, な好み, な専門, な彼自身, な情緒, な意味, な方法, な方面, な時代, な時節因縁, な条件, な油, な理由, な由縁, な病気, な紳士たち, な運動, な鉱産物, な雰囲気, な音, に尊敬, のもの, の事情, の人間, の内分泌ホルモン, の器官, の地, の場合, の夫, の宗教, の家, の振動, の方面, の時, の機関, の煙草, の状態, の苦悶

▼ あるかい~ (56, 0.0%)

112 は情け, 人聞きの, 八, 十三丁目の, 学生同志ぢや

1 [35件] いつたい, かち奈子ちゃん, かち奈子ちやん, かにある, こう見え, こそこそ隠れ, しゃのしゃちょうさんです, つわりである, という問い, と聞いた, ないかい, の, もしある, や, れいし, ッて, 一度でも, 二十を, 人に, 仙人みたい奴らだ, 何でい, 俺の, 夢にでも, 山も, 怪しからん, 愛子さん字引を, 愛情なんてもの, 我々物自体の, 早坂君は, 畜生じゃ, 笑わせや, 若旦那に, 見っとも, 酒は, 香奠を

▼ ある一種~ (56, 0.0%)

2 の動物, の空気

1 [52件] ことなった殊, となった, の, のうるんだ, のつや, のアルカロイド, のインテリ, のスペクタクル, の不安, の不思議, の不正, の人, の俗臭, の傾向, の名, の哀愁感, の嘲笑, の安定感, の寂し, の小, の弾性, の得意, の怒り, の思い入れ, の怪異, の恐怖, の恐怖心, の意気込み, の意識連続, の暦, の水, の物, の玄関, の生理的, の異様, の病原, の皮肉, の知的不道徳性, の神事, の笑い, の精神病, の細君, の結論, の芸術, の蟻, の誇張, の迷想, の道化味, の邪魔物, の雄弁, の響き, の風味

▼ ある~ (56, 0.0%)

2 は一時, は思わず, は熱心, は茲

1 [48件] が何故, が再び, が監督官, が車, とても必ずしも疑った, と権田, にし, には君, のすべて, の一子, の叔父, の室, の家, の常に, の怪我, の新しい白い, の机, の生れた, の知っ, の神経, の自国, はこの, はその, はダイトクモツコ, は一目, は以前ショッペンハウエル氏, は何, は余り, は先, は咄嗟, は唯, は心底, は感動, は是等, は最早, は梵天, は此老人, は此邊, は猶も, は知人原氏, は秀子, は自分, は英国紳士, は遽しく, は雀躍, は顔形, も単に, を近所

▼ ある~ (56, 0.0%)

3 を読ん 2 で, である, です

1 [47件] がどれほど, がなかなか, が一郎, が三分の二, が女, が明るい, が暗号文, が生まれ, が読めました, が鋭い, だけを例, だぜ, であった, であつ, で書いた, で書かれ, で河野ウメ子, とか理由, と似, にも誤っ, のよめない, の下, の品, の地名, の纔, はことごとく, はこの, ははなはだ, はイギリス, は一時, は余り, は少く, は硬い, へ皆すじ, も特色, や絵, をお, をさつ, を一々, を妾, を拾い読み, を瞶め, を読まし, を読まれ, を読む, を読んだ, を集める

▼ ある~ (56, 0.0%)

2 でした, では当日, では必ず

1 [50件] から僅か, だ, だという, だよ, であって, である, ですが, ですよ, では夜, では餓鬼飯, でデベソ, で持っ, ときたら少く, との義, と知れけりあげ, と言, なの, なので, なんだい, につきました, には大砲, には最近, には杉, に住む, に存する, に新奇, に禁錮, に行われ, に足, のかげ, のがけ, のごとき, のそば, の主我, の南, の向う, の意, の成因, の火山, の生臭い, の耕作地, へおき去り, へつきました, へ夕, へ寄っ, へ旅立つ, へ流れつきました, を対岸, を後, を知っ

▼ ある広い~ (56, 0.0%)

2 腰そうして, 船室である

1 [52件] お庭, ところへ, やしき, 原ッぱや, 台所は, 同情を, 土地を, 地は, 地下室です, 場所に, 大きな家, 実験室の, 客間なんかは, 室だった, 室で, 室でした, 家の, 屋敷の, 広場から, 座敷の, 庭, 庭です, 庭とへ, 庭の, 往来を, 待合室には, 敷地は, 日光室風の, 檻の, 段々の, 河では, 洋館で, 洞くつである, 洞窟が, 湖で, 炉ばた, 田畑を, 畑の, 畳敷の, 石階の, 粗林を, 肩幅を, 芝生へ, 萱原が, 通りにも, 道を, 邸で, 邸宅であった, 部屋でした, 部屋へ, 部屋天じょうはひじょうに, 面積の

▼ ある社会~ (56, 0.0%)

3 の意味 2 の一部分, は変化, は常に

1 [47件] からその, からは不思議, から個人, が民主的条件, であれば, でその, ではある, といえ, としてソヴェト社会, との矛盾, とは優越, と文学, と階級, なかんずくモラヴィア人, なれば, においては右, においては救貧税, における救貧税, になれ, には存外もう, に於, に生き, に生活, のその, のなか, の一部, の下, の中, の事情, の人, の大, の情状, の政治形態, の本質, の消息, の物質的根柢, の生活, の生産機構, の組織, の裏側, は守旧破壊, へ解放, も変えられない, や教養, を写さう, を希望, を意味

▼ ある老人~ (56, 0.0%)

2 だから, であったが, でべらぼう, のよう, の声

1 [46件] からそれ, から来た, から聞いた, があった, がいつか私, がはいっ, が僅か, が坐っ, が漆黒, が社, が若い, が説明, が食道, じゃなあ, だ, だが, だと, である, です, で大, で少々, で折目, で顔つき, とがいた, とのなか, に往き逢った, に教えられ, に液体空気, の半身, の大工, の奇矯, の好み, の無神論者, の趣味, の面, は, はもんぺ, は大きな, は悠々, は機嫌, は静か, ばかりな, へ囁いた, や幼児たち, を殺し, 論じていう

▼ あるだが~ (55, 0.0%)

3 それは

1 [52件] あのちいさい, いざ望みどおり二人, おまえは, かれは, こ, この内紛, じつの, そうで, そうなる, その日, その結果, それによって, それ故に, それ故にこそ, たくさんの, だれも, どこかに, どこにも, ね学生, ひとりである, やはり承知, ペニイの, 五首を, 今日の, 仮にそうでない, 千三が, 単に観念, 厳格な, 同時にそれ, 吾, 大ざっぱに, 夫と, 実際には, 富士男は, 少年の, 平手の, 意識活動の, 才人は, 早水さんその, 欠点が, 油揚げの, 物の本性物そのもの物自体については, 琵琶師と, 私は, 笛の, 肝腎の, 自己弁護する, 茲に, 論理と, 諸君同じ, 身を, 野球は

▼ あるほどの~ (55, 0.0%)

3 ものは, 金を 2 菊投げ入れよ

1 [47件] いろいろな, ことなら, ことを, ものを, もの我が家より, ソロバンとも, 上に, 不評判でも, 世辞いひ, 人々を, 人にも, 人出だったら, 伊達しつくし, 刀は, 品物も, 問題なら, 喜びが, 器具類を, 夜には, 大財産, 好人物である, 娘師の, 小判を, 快感を, 感じしか, 所帯では, 新世代, 旧い豪家, 智力と, 智恵嚢を, 横肥り, 殿上人は, 澄江は, 熱情を, 物は, 男だ, 白骨温泉に, 者でなく, 者の, 者は, 者を, 草も, 身上を, 金と, 青い物, 青年が, 驚くべき新陳代謝

▼ ある~ (55, 0.0%)

5 れから 2 の噂, れ或は

1 [46件] からし, からモー一ツお話, から佛教, から又, から森, がやがて, が持ちたい, が為, といえ, とがただ, としては妻, ならこっち, なら早く, にかしずく, にこゑかけ, になつて, にも拘らず見, に対して彼女たち, のお父さん, の事, の側, の心, の怒り, の指頭, の為, の表情, の財布, の陸象山, は, はしきり, はもとより, は一回, は兎, は全, は全部, は彼, は現実性, は略, は自分自身, や兄, れで兎, れを, を恋, を想い, を疑った, を踰

▼ ある調子~ (55, 0.0%)

4 で, で云った 3 で言った 2 であった, で答えた

1 [40件] が出, が嬰音, だ, だった, である, でいった, でうなずき, でした, でそれ, でたずねた, でつ, でぼく, で云, で云いだした, で云い返した, で叱りつけた, で四ツ五ツ手, で料理, で瀬川, で町, で答, で続けた, で話しかけた, で話し出した, で話し合っ, で語ります, で講談本, で起つ, で迎えた, とか意気, とを突きまぜた, なの, になり, に変った, に返った, はドイツ, をもっ, を失っ, を感じた, を知らず

▼ ある関係~ (55, 0.0%)

2 がある

1 [53件] からいちおう, からお世話, からこれ, からし, からちよいちよい二人, からも一切, からよい, から上京, から伊佐子, から学校側, から東京, から橋本左内, から欧米留学, から生じた, から私, から素子, から羯南氏, から芸人, から行儀見習い, から非常, から馬籠, から駅員, があった, があるいは, があるらしい, ができ, がなく, が考えられる, そんなもの, だから, であるの, でしょう, で商店会社工場, なの, によつて, に陥入った, の下, の家庭, の深い, の畳半畳, への判断, も示唆, をもつ, を吾, を強, を想わせる, を承諾, を拵えた, を持っ, を持った, を明, を簡単, を覚え

▼ あるがと~ (54, 0.0%)

3 云って, 言って 2 云ふ, 思って, 薫は, 言ふ

1 [40件] あるだけ, いって, いつて, いふこと, うとましく思い, お思い, こんなこと, すると, だれも, つくに, ほうも, ぼくは, まづ自己紹介, 不安だった, 云うので, 云う譬, 佐竹の, 作者は, 傍註を, 切出して, 否定の, 夫人は, 思いながら, 思いながらも, 思われた, 思われて, 悲しんだ, 残念にも, 注がれたビール, 物思わしく, 獅子と, 目に, 相談しか, 答えると, 腑に, 自分の, 親王がたも, 解すべきである, 訊いた, 返す返すいぶかしく

▼ ある~ (54, 0.0%)

2 があっ, が私, をもっ

1 [48件] ある嫌悪, から発する, がわたし, が不意, が働い, が感じられる, だった, だと, である, ですね, で引きつけられ, で返した, とど, と地, と智, にいつも, にびっくり, によってかばわれるだろう, に制せ, に向っ, に触れた, の世界, の作用, の偉大, の影響, の注入, の跡, は常に, は当然, を, をじっと, をその, をぢ, をはかっ, をはかつて, をもった, を与えた, を与えられ, を入れ, を加, を得た, を感じない, を持っ, を振ひ起し, を暗黒界, を示し, を自身, を鉄

▼ ある感じ~ (54, 0.0%)

3 が残らず 2 がした, が殘ら, だ, だったから, のする

1 [41件] があった, がある, がつながっ, がない, がはいっ, がみなぎっ, が私, して, だけは出, であった, であつ, でぐるり, でした, でしょう, です, でもつ, で何, で此河, というその, といった, と踊らせよう, なんて僕, にし, にじっと, になります, に負け, のいい, のうち, は死, は浅黒い, をうける, をもっ, を与え, を与えられ, を与える, を保ち, を受けた, を得た, を抑える, を読み切る, を起させた

▼ ある~ (54, 0.0%)

4 の中 2 っ原, です, の花, の葉, や木, や穂, を

1 [36件] がフタリシズカ, が深い, が茂り, が見つ, しげる, だから, であるから, で見かけ, と木, なの, に例えた, に混つて, の上, の名, の生えた, の粘, の茂り, の頂, は伸びたい, は全く, は北緯何度, は少ない, は思想, は白猫, は緑, も木, をわけ, を三品, を以てその, を常用, を採っ, を毟っ, を芟, を見, を食べ, を食べなされ

▼ あるしかも~ (53, 0.0%)

2 その家, それには, それは

1 [47件] あくまでも理想, かかる全, このマスト, この事, この快適, この真先, ずっと大きな, そこだけには, そこに, その事実, その未知, その能力, その首唱者, それが, みな後醍醐の, むなしくこれ徒労, 両者とも, 争う可らざる, 二王の, 人と, 修行し, 力自慢の, 取沈めた声, 吉岡氏の, 唯一回の, 字の, 家来が, 巡査駐在所の, 当夜は, 恐ろしいこと, 愛想の, 春琴は, 暴君の, 有力なる, 朱, 柔かい空線, 正系の, 特にそれ, 猫は, 痛切な, 皆年代順に, 相当凝っ, 相手は, 真新い, 自分より, 血を, 調和した

▼ ある多く~ (53, 0.0%)

2 のもの, の先輩

1 [49件] のこと, のユダヤ人学者, の不意打, の不正, の人, の人物, の例, の兄弟, の兵士たち, の前, の友, の同意語, の地名, の地面, の場所, の婦人, の子城, の寺院, の屋形船, の山村, の影, の恋, の政事家, の数学者, の新, の星, の櫓, の民謠俗歌, の池, の洋画家, の生傷, の綿毛, の美しい, の老女, の船, の芸術, の若き, の註釈書, の話, の誘惑, の読者, の諸, の資料, の障碍物, の顔, の類本, の鳩, 売れなくても, 學べる忍辱

▼ ある姿~ (53, 0.0%)

2 がこの, だ, だった, をし, を眼, を見た

1 [41件] がある, がまだ, が先, が八五郎, が公園, が私ども, が見えなくなっ, だという, であります, である, でないもの, でながめ, で歩い, で野沢義二, として描かれ, と見, なの, にしなけれ, に圧せられる, に於, はその, はなぜ, はわたし, は郷里, をさらに, をした, をすべて, をつくづく, をどう, を以てし, を以て自然科学, を変え, を思い浮ばす, を持つ, を描かう, を描き出される, を描こう, を見, を見せ, を髣髴, 我が目

▼ ある微笑~ (53, 0.0%)

6 を浮べ 4 をうかべ 3 を湛え 2 だった, をうかべた, を洩し, を漂わせ

1 [32件] が用意, が皆, であつ, で睨む, で矢代, と共に小規模, の味, の幾ら, の立像, はもらさない, は彼女, よ, をし, をした, をもっ, をもつた, をもらした, を以つて, を口元, を唇, を泛, を泛べた, を洩した, を浮かべ, を浮べた, を浮べる, を満面, を見せ, を見せた, を送った, を送つた, を顔

▼ ある感情~ (53, 0.0%)

3 が潜在 2 のため

1 [48件] からで, から右, があなた, がうけとれた, がせめて, が彼等, が潛在, が自分, が閃, だと, ですから, ではなくし, というもの, とが流れ, とそれから, と思はれる, にあこがれ, にぼんやり, に殉じ, に純, のへだたり, のみな, の交錯, の動き, の展開, の底, の影, の明動, の波動, の激発, の火, の火花, の符徴, の籠った, の籠つた, の逼迫, の閃き, はおぼろげ, をいだく, をひそか, をもっ, を感受, を持った, を表し居る, を表わす, を賦与, を起こし, 特に憎悪

▼ あるからは~ (52, 0.0%)

1 [52件] ああはいっ, あるいは忠興, うっかりお, お父さんだ, これに, これも, すつぱりと役済み, そりや, そんな簡単, たとえ上長, たとへ, たまには, ちょうど幸い扶持, どうでも, なるほど, なんの, もう敗けた, わたくしに, 一応の, 交際上顔を, 今は, 仲間の, 何んの, 八百万石の, 勝ち呼ばわりは, 喜んで, 奪われた土地, 姉小路様と, 娘と, 嫁として, 対人圏に, 少くとも, 師の, 幕府の, 心丈夫に, 必ず心配無用, 必ず流れ出す, 性慾に, 拙者にも, 最初に, 未来永劫この, 法則に, 父上に, 犬的と, 猶以, 琉球語彙が, 矢代の, 究竟の, 臆病者の, 落合内記だの, 誰に, 輕から

▼ あるぞと~ (52, 0.0%)

4 云って 2 いうので, いわれた, した意味, 触れ出されたの

1 [40件] あごを, いいつつ, いはぬばかりに, いわぬばかりに, そういったよう, また現実, よばは, 云うと, 云う感じ, 云ふ, 云わぬばかり, 云われた, 云わんばかりに, 今さら迫っ, 仰っしゃりますので, 凡夫の, 半九郎, 司馬懿に, 問へば, 囁いた, 堅陣を, 大きなこと, 大人も, 実に有り, 心に, 心の, 思いつつ, 思いました, 思って, 思つてゐる, 早くも, 暗に其許, 深く印象, 船子は, 花を, 覚悟を, 触れ出した, 言つたのである, 言わぬばかりに, 言わんばかり

▼ ある大きい~ (52, 0.0%)

2 マロニエは, 椿の, 炉の, 赤ら顔を

1 [44件] しかしきたない, ものが, やつをね, よこならび, カフェーに, デスクに, ビルの, 唐机の, 声が, 奴をな, 実業家の, 家で, 平安の, 広間は, 廃寺であった, 戸棚が, 文房具店へ, 斧を, 松の木の, 桐の, 桜が, 楠だった, 氷の, 火の粉が, 炉も, 番附が, 眼で, 眼に, 硝子の, 空洞の, 箱を, 美術博物館の, 老職工, 薪割が, 蟒蛇が, 賑やかな, 鉄の, 鉈に, 銀杏に, 長持の, 顎が, 顔を, 食器戸棚, 鯉が

▼ ある~ (52, 0.0%)

3 に於, をし 2 を作り出す

1 [44件] が, がおもしろく, が見なれ, が面白い, その麗美, だと, である, ではなくし, でよく, で今日, で他, で実在, で物, と色, ない形, などは偶然, における戦争, にこなした, にする, になつて, にまで到達, のあの, のある, のうち, のもと, のもの, の揃, の立体, の頭, は後々, は色, も面白い, や模様, をした, をとるであろう, を作る, を作ろう, を取, を取っ, を取り, を整えたる, を石, を示します, を見つけました

▼ ある人達~ (51, 0.0%)

2 だと, に対する片

1 [47件] からうるさい, からは誰, から寄進, が一人, が地, が多い, が大勢集つて祈祷, が次第に, が羨まし, が越し, だから, だけに間もなく, だった, だろう, である, であるの, でした, で互に, と共に慈海, と共に見物席, などだった, にとってもまた, にはそれ, にはクリミヤ半島, の一部, の中, の或, の歩い, の特別出品, の称える, の群, の間, の願い, の魅力, はあなた, はこの, はどうしてこう, はロンドン, は不平, は初め, は必ずしも, は憤激, は皆幕府, は相手, ばかりだつた, を相手, を顰蹙

▼ ある~ (51, 0.0%)

2 が彼, の家, の装置, の養父母

1 [43件] が, がなした, が一日, だから, というプロレタリア作家, との三人, とは, と同じ, にし, にどんな, には初対面, には臍, には見えない, に懸けられた, に文通, のもの, のやう, の仕事, の全く, の名, の如き, の弟子入り, の当来, の性急, の性質, の意見書, の手形, の生家, の絵, の脳髄, の運命, の遺書, はその, はそんな, はどこ, はふと, は女, は着物, は福音, は秋晴, は遠慮, もこの, を棄て

▼ ある~ (51, 0.0%)

3 井戸の, 作品の 2 歌の, 箪笥に

1 [41件] さである, さと, はっぴを, へのアク, 井戸で, 井戸へ, 井戸を, 写本からは, 写本が, 写本を, 卓に, 反古を, 國とは, 壁の, 寫經で, 弓を, 新聞再生を, 時計で, 梁庵主宮坂さんが, 樹が, 歌を, 沼の, 法帖に, 洋服の, 王国ドラヴィデアの, 琴と共に, 知識の, 硯を, 神行基という, 花甚平の, 葛籠を, 襖と, 話にも, 賀庄十郎という, 酒の, 金銀で, 錆びた藥品, 錦襴に, 雜誌を, 駅を, 驛の

▼ ある~ (51, 0.0%)

3 である 2 がある, というべきであろう

1 [44件] がありました, がつぎ, が半ば以上, が少ない, が快い, が生れる, さう, だが, であって, でありまして, でもありません, ということ, というべから, というもの, という間, といっ, といわなけれ, とが往々, としてそれ, としての価値, とその, と背景, などは両, にさしかかる, に比較, に限り字餘, の方, は一つ, は漱石, は蓋し, は蟹, は諸所, へそれから, をもっ, を勝れ, を取る, を拾つて, を摘ま, を書い, を筆太, を繰り返し, を誦した, を読む, を離れ

▼ ある品物~ (51, 0.0%)

2 が今, を持っ

1 [47件] から取り出す, が, がありました, がなん, が一杯, が一番, が二三日, が持てる, だからね, だった, だったの, だつた, でございます, でそれ, でない, ではなく, でもこの, で名, とを照, と言, なん, についても一, にてもお, のかげ, のどれ, の名称, の数, の状況, の目録, はこっそり, はどう, はコロコロ, は北, は大抵, ばかりを陳列, やらそれから, らしい, らしいの, をかけ, をとっくり, をよく, を商っ, を念入り, を指し, を私, を見入つて, を遺した

▼ ある~ (51, 0.0%)

3 であった

1 [48件] かな, がどうして, がものすさび, すら, ぞと胸, だ, だけでも, だった, だったが, だという, だなどと, だよ, だ特に, であつ, でした, でしたが, です, としては親, として送る, とはどちら, とまったく, と云う, と弟, と母, なの, なら大阪, について何, には医者僧侶, に云う, のため, の中, の半蔵, の幸福, の母, の真似, はいない, は外子, は暴れる, は結婚, ばかりで, を, を先立てた, を思い, を愛する, を折檻, を次々, 之助, 争いに

▼ ある深い~ (51, 0.0%)

2 岩の, 感じに, 樹立に

1 [45件] ところへ, 事情が, 井戸について, 井戸の, 光が, 力に, 印象が, 喜びと, 喜びを, 堀が, 声と共に, 安心と, 山の, 山井戸であった, 山間の, 幅の, 微笑そこまで, 心持を, 思想の, 悩みそれについては, 悲哀笑の, 意味が, 意味を, 感動の, 所に, 渇仰に, 煩悶から, 生命の, 皺とは, 眼窩には, 神秘が, 神秘の, 秘密の, 秩序を, 穴です, 竹籔の, 細道ばかりの, 繁みであった, 臆病心, 色合と, 茂みの, 藪にな, 論理と, 雑草の, 雪に

▼ ある目的~ (51, 0.0%)

7 のため 2 があった, が出来, の家, を以て生れた, を実現, を拵ら

1 [32件] が, があっ, があれ, ってどんな, ではなく, でひそか, でPCL, といふやう, とか寓意, とを欠い, と見なし, についての疑問, に向かっ, に向っ, のため危険, の作物, の到達, の貫徹, は人類, をもっ, をもつ, をもつた, を意志, を目指し, を祈願, を立て, を立てる, を遂行, を達しえられる, を達し得られる, を達する, を達せ

▼ あるすなわち~ (50, 0.0%)

2 どこか

1 [48件] いわゆる東洋蘭, すべての, その供給, その北方犀川筋, その地下茎, それは, ねむいのに, もし十名, われらが, エネルギーを, コゼットが, 上の, 不可知的である, 人間とは, 何らの, 元禄年中の, 利用が, 創成された, 労働が, 労働は, 問題は, 土地の, 変体仮名は, 多数の, 学名で, 家族の, 幼い女師匠, 思考の, 改良された, 時間を, 檻車に, 永久の, 漢名の, 理想論あるいは, 理由なく, 疑い肯定し, 相補性原理こそが, 穀物その他の, 英語で, 菖蒲は, 蒸気機関は, 親は, 親爺や, 贖罪を, 農業に, 長さ, 雑然たる順列, 雲切りの

▼ あるだから~ (50, 0.0%)

2 して, それは, 失望の

1 [44件] おとなしくしなく, おれが, こういう下部構造, この画, この非難, それらは, それを, ジャーナリズムは, 両人とも, 中世じゃ, 之は, 今度の, 仕事は, 仲人する, 余りはっきり社会的, 佛は, 全體, 古代印度の, 單純ながらも, 四五年前に, 客を, 己が, 弥之助は, 形式的に, 彼等に, 支那に, 朝一番鶏が, 未だ曽, 梅雨晴れという, 梵語なら, 模写説は, 涙が, 為事の, 父の, 物理的空間の, 獻立書といふ, 私は, 空間は, 羅馬青年の, 自然が, 親族どもは, 雇人たちは, 頼むから, 食慾と

▼ ある~ (50, 0.0%)

4 の隅 3 の方 2 が見える, のほう, の前

1 [37件] があり, が見えました, だの, でかくされ, でとりかこまれ, ならば, にきざまれた, にそいつ, についていました, には低く, のこと, のすき間, のところ, のはずれ, のはめ板, のやう, のよう, の下, の中, の側あたり, の向こう側, の彼方, の戸棚, の所, の根本, の此方, の穴, の落ちた, の落書, の装飾浮彫, の際, は一年, も尋常, も襖, や切っ, を指さした, を見

▼ あるあなた~ (49, 0.0%)

1 [49件] がいきなり, がいよいよ, がこんな, がすでに, がその, がアマーリア, が希望通り, が競争的, が絞首台, という一人, とこうして, と御, ならあなた, にあんな, にお, には詳述, に任せる, に大きな大きな, に手紙, に訴える, に試み, のお, のこ, のところ, のもの, のやう, のよう, のポスター, の吟嘯, の商売, の実家, の小さな, の小学校, の持家, の論文, は, は冷たい, は反対, は奔命, は恐らく, は高名, ばかりでなく, をまず, を子爵, を殺し, を私, を追い出す, 手伝うヨロシイ, 知らんだらうと

▼ あるつもり~ (49, 0.0%)

53 なん, よ 2 か, だが, で, である, です, でも, で半, なの

1 [22件] かい, だから, だからとて, だけれど, だったが, だよ, だ島崎君, であった, でいる, でこの, でしたが, でしたこと, ですが, です事, でひっくり返った, でよ, でゐた, で頼母, なのに, にしましょう, になろう, らしいが

▼ あるなどという~ (49, 0.0%)

10 ことは 4 ことを 2 ことに, のは, 事は, 説も

1 [27件] あの寒暖計, ことが, のも, はずが, ような詰まらぬ, 主張は, 事が, 人が, 人材の, 伝説も, 噂が, 念も, 思いに, 情況も, 権妻を, 永久不変の, 漠然とした, 理由は, 皮相の, 空想を, 穿鑿は, 素振りは, 考えを, 評を, 話は, 説は, 道理は

▼ ある~ (49, 0.0%)

8 に反し 2 に對

1 [39件] からあんな, が中, が今, が千艸屋, が國, が淺, が為め, が秀子, こそが本当, だけで已に, だけは有難い, に依れ, に対して主観, に対して所謂哲学, は一體徳川時代, は今日, は公式, は北海道其他開墾地, は吾, は改めて, は看護婦, は真黒, は麥, も三百年, も鉄, れに, れは, れを, をゼシュイット, を一倍, を一応, を因果的, を支那, を新聞, を理論的, を私, を誘出, を誠實, を願わない

▼ ある小説~ (49, 0.0%)

6 の中 2 といふもの

1 [41件] がその, が生まれるなら, である, でした, では棒, というもの, とを並べ, などを書きちらし, なら小説, なんておれ, になるだろう, にはまだ, にも勿論, に向け, に多く, に妻, に敬意, の初め, の好き, の想, の朗読, の種, の筋, の続, はこの, はどれ, は探偵小説, ばかりを書い, への要求, も拝見, も現在, や戲曲, をかく, を依頼, を思い出し, を思ひ出し, を書い, を書く, を私, を読み, を読ん

▼ ある現象~ (49, 0.0%)

2 だと, であると, です

1 [43件] がある, が数多く, が起っ, が遂に, だ, だという, だろうと, であったかの, である, であろうと, であろうとは, でした, ではない, でわれわれ専門, で食事, といはね, として一つ, として考へ, と云っ, と思はれた, と言わなけれ, なの, なん, にちがい, に対して利害, のみを選びださね, のみ見せ, のよう, の一半, の世界, は必ずしも, または観察, もそれ, も見受けられる, をとらえ, をば學術上, を他, を定, を生起, を目撃せり, を知っ, を示す, を見逃し

▼ ある黒い~ (49, 0.0%)

2 線を, 自動車の

1 [45件] かつらの, かねの, ところは, のと, のは, ひもは, ものは, ものを, イブニングを, サテンの, ビロオドの, ヤカンと, 二つの, 動物が, 卓の, 厚紙表紙の, 土藏造りの, 堆積を, 大きな眼, 小牛, 川が, 布が, 扉を, 毛皮の, 瓶じゃがの, 男に, 眼は, 着物を, 筋と, 箱に, 糸切歯を, 紗の, 羽なみを, 虫の, 鉄の, 鍛冶小屋の, 鐵の, 門が, 門と, 革の, 鞄が, 鞄を, 風呂敷包みを, 髪の毛も, 黒子が

▼ あるくら~ (48, 0.0%)

12 ゐで 7 ゐだ 6 ゐである 3 ゐです 2 ゐだから, ゐだが, ゐですが, ゐの

1 [12件] ゐこれ, ゐだし同業相扶, ゐであるが, ゐでした, ゐですから, ゐですの, ゐなもの, ゐならその, ゐならと, ゐならば, ゐならわし, ゐなん

▼ あるばかりか~ (48, 0.0%)

2 その次男, 渋滞状態の, 花も

1 [42件] いまは, かなり親交, ここまで, じぶん, その勝者, その子, その性格, その本職, そんなに困った, そんなオメサマ, はなしの, ひいては地球人類, まじめな, また熊, ややもすれば事実, よく検, ガマ六と, 一目見た, 不知哉丸母子の, 事件の, 二番との, 亭主の, 今後も, 女の, 山に対して, 座敷の, 彼の, 往来から, 恐水病にでも, 時間的にも, 有害で, 朝鮮文壇では, 此処でも, 沈石田の, 物質文化こそ, 特にその, 知能の, 自分の, 誰も, 非常に, 顔から, 食指と

▼ ある代り~ (48, 0.0%)

4 にまた 2 になんとなく, にむかし

1 [40件] いかなる傑作, その強, に, にけっして, にすべて, にどこ, にどれ, には自ら, にべた一面, にまさに, によい, に一端, に二十歳台, に交通, に他, に何等, に俗間, に全身, に冷淡無情, に危険, に吸引, に奪う, に実際, に寧ろ, に悪い, に書かなけれ, に極めて, に気むずかし, に狭い, に理智的, に理論, に稍, に自分, に迷惑, に道徳的, に都会, に金銭, に頭目, 一度しくじれ, 直ぐ堤下

▼ ある~ (48, 0.0%)

4 です, にはまつ 2 だ, の女, の少し, の男, の男性

1 [30件] ができ, だが, だった, である, で伴蔵, で女らし, で店全体土間, で愛嬌, で押した, で物越し, で親, なの, になります, にはまりこむ, にまで上昇, によって思考, によつて思考, に自分, に限られ, のある, のかみさん, のちょい, のちよい, の五十男, の人々, の小, の普遍的要素, の男前, の練習, を模倣

▼ ある少年~ (48, 0.0%)

4 でした 3 でしたから, ですから 2 が名刺受, が自分, だった, である, のおも, の大きな

1 [26件] が労働, が多い, が怪しん, が親, だから, だつたの, であつ, でありました, であるなら国定忠治, とが留守, として牽き付けられ, なきや, にとってはそういう, には独り, のため, の弁, の眼, はそこ, は両手, は心, は町, は身分, も打ち交じっ, をし, を俥, を左右

▼ ある文句~ (48, 0.0%)

2 だった, なの

1 [44件] か, がありました, がおもしろい, がわかります, が今日, が何事, が引用, が書かれ, が記憶, だ, だけを拾っ, だと, である, で自分, と餘, なん, におそろしい, にかえって, にかじりつい, につまり, にはまり込ん, のまん中, のやう, の下, の切り, は何, は突然, は露佯, も不思議, も読んだろう, よりは行, をそなえた嗄れた, をその, をひろっ, をもじつ, をもっ, を口, を拭き消す, を歌い, を知っ, を繰返し, を読まなく, を読みかえし, を頭

▼ あるやら~ (47, 0.0%)

2 知れぬ

1 [45件] あの果物, この人生, これを, こんなに人気, さっぱりわからない, さつ, そのお, それは, そんな事, だから腑, で, ないじゃやら, ないやら, はたまた, はては自分, または朝飯, まるで分りません, もとより確, わからない, わからなかったほど, 一切無頓着でいた, 一粒種やら, 乱れに, 二重に, 何れを, 分からないの, 分らしめへんね, 分らず握って, 分らないし, 分らんのに, 分りは, 判読の, 勘定も, 又その, 弁えにくかっ, 明瞭とは, 殆ど困却の, 気も, 皆目分らなくなっ, 知れえへん, 見當, 解らず, 足が, 騒ぎです, 鼻が

▼ ある一部~ (46, 0.0%)

11 の人々 2 の人, の日本, の街

1 [29件] だけさう, ではそう, でははっきり, には昔, に小高い, に限られ, のさま, のものたち, のブルジョア, の人たち, の外国人, の婦人, の学者, の學者, の山, の損害, の柄, の森林, の歓心, の特殊世界, の策動家, の紹介者, の連中, の青年ら, へ加えられた, へ秘密, まで蔓延, を抜き, を視察

▼ ある不思議~ (46, 0.0%)

2 な力, な現象, な矛盾, な話

1 [38件] なこと, なにおい, なまた, なもの, な世界, な予感, な冷た, な動いて, な吸引力, な因縁, な図案, な変化, な天, な女, な寒, な形, な悲し, な情緒, な或, な手紙, な梅, な氣持, な無, な物, な生命, な病者, な眼, な神経的, な紐帯, な聲, な電波, な音, な響, な魅力, な魔力, に混乱, の世界, はない

▼ ある会社~ (46, 0.0%)

4 に勤め 2 の重役

1 [40件] からラジウム, が大勢, でせう, で出来る, で相当, との, などでは応接室, につとめ, に勤める, に技手, に相応, のある, の予告篇, の事務所, の会計主任, の低い, の倉庫, の創立, の創立祝賀会, の外国支店長, の守衛長, の宣伝, の建て直し, の株, の監査役, の研究員, の研究室, の社長, の社長さん, の給仕, の鉱山部, の集金係, へくれ, へつとめた, へとそれから, へ入りました, へ勤め, へ直ぐ, をお, を自ら

▼ ある思想~ (46, 0.0%)

2 の持主

1 [44件] ある主義, および道徳, が, がいわゆる, が働い, が全社會, だ, である小説, である形, で珍しい, というの, とかある, として完成, と比較的, によって縛る, に向っ, に形, に拠っ, の形態, の投影, の本質, の節約, の閃, はあった, はある, はその, はその後, は別, は必然的, もあの, もしくは知識, もそれ, も言論, をぐんぐん, をその, を含有, を喚び起す, を幾色, を拙く, を持たなけれ, を生み, を窮極, を表現, 感じたまた

▼ ある新しい~ (46, 0.0%)

2 二階家からは

1 [44件] ことを, ものが, ものと, ナイフや, ネルの, 三本立の, 世界を, 事務を, 作家の, 作家を, 公園へ, 写実家は, 刺戟を, 力や, 動力の, 合理的標準に, 女の, 妖婦が, 実験の, 家が, 宿屋の, 希望に, 建築の, 悪事で, 感興と, 教育法を, 文学の, 有機物が, 材料を, 歌が, 歌劇の, 気運を, 牧草地を, 物象が, 百円紙幣が, 確信に, 社会的意味を, 縁談に, 血が, 運上所, 野菜で, 門口で, 開拓を, 顧客を

▼ ある~ (46, 0.0%)

4 の夜 2 のある, の光, の美しい, の風情, を無事

1 [32件] ある年, いやそれ, がうつくし, がしだいに, がそこ, がとぼけた, が有る, が満ち, だったの, であった, であったこと, であったと, と三十日, と同じく, と覚え, にあこがれ, にはフーフー, のい, のいい, のない, のよい, の光り, の初め, の孤独, の明る, の月給日, の無い, の錦, はいろ, は午前, をな影, を取らう

▼ ある~ (46, 0.0%)

3 の中 2 の影

1 [41件] からは勇ましい, からは朝炊, が大好き, が晴雨計, ぞこ, であったから, であるの, でそっと, で運河, で題目, とはちがう, と岸, と郵便, に乗せられ, に乗込ん, に自分, の一艘, の下, の帆柱, の所, の方, の歩み, の混雑, の甲板, の話, の食事, はあさって, はいつも, はもと, は大き, は流失, は海面, らしいが, をこし, を乗り替へる, を水, を浮かべ, を考え出し, を自, を造る, 黒ずんで

▼ ある人生~ (45, 0.0%)

2 だから, において智慧

1 [41件] がある, が解る, であって, であるからと, でしょう, ですよ, にはそれ, に向け, に專ら共鳴, に導く, に無死, に縁, に貢献, のはかな, の一断面, の事象, の意義, の愛すべく, の旅, の最大幸福, の活力, の重, はそれ, は旅, は送れません, もある, もしくは宇宙, も自然, を, をお送り, をというこころもち, を享楽, を信愛, を味解, を哀しみ, を幾つ, を微細, を思はせる, を棄て, を求める, を生きたい

▼ ある紳士~ (45, 0.0%)

3 とその 2 のよう

1 [40件] ある淑女, から受, がこんな, がその, がイス, がジロリ, がロビー, が何, が帆村, が皆, が美人, が衝突, が鷹揚, だが, だとか, であるが, でかつ, といっしょ, としか誰, となっ, との間, と何, に当てた, のやるべき, の外妾, の家, の泊っ, の邸宅, の顔, はいい, はその, はたしかに, は云った, は其母上, は日本人, も色, らしい男, を求む, を知っ, 高い教養

▼ あるとて~ (44, 0.0%)

3 見か

1 [41件] これを, さっそく評議, その書物, たいへん富三, ひるむな, ふだんは, まえども, まだ年, わざわざの, 不都合の, 其廉を以て, 出て, 十二類の, 厳しいお, 呼ばれ渡辺, 嘆く勿, 大いに怒り, 大判事章房, 大声を, 大食の, 宣傳する, 工兵が, 広くは, 彼女は, 後に, 急いで, 手嚴しい, 排斥せられた, 攻撃され, 故ら, 有りの, 来て, 特に救, 病室へも, 西洋の, 諸方より, 譲らずついに, 贔屓も, 高く売る, 高慢ぶる, 鶏卵を

▼ ある~ (44, 0.0%)

2 そいつの

1 [42件] あたらせて, あの人, あること, あれなら, あれに, あれを, あれ君, おまえは, おれには, これは, こんな野郎, そして約束, それで, それは, だん, どうした, はばかりながら, ほどよく苔むし, まきなども, もうちっとどうか腹, ハンス, 云って, 俺が, 僕も, 君, 君にと, 吾輩は, 塞がってるの, 大胆な, 左大臣などは, 日の, 是は, 景色という, 有難う, 気を, 浦島のを, 狐の, 番頭さん, 確かに, 羽は, 見直したよと, 親分

▼ ある一方~ (44, 0.0%)

2 ではまた, に於

1 [40件] からは探偵小説, が右腕, が鍵, すでに光悦風, その命知らず, だけの現象, でそういう, では又, でレヴュー, でワグナア, で万歳, で知らなく, で私, にかうした, にそこ, にはなあに, にはまた, には又, には在来, には慣れる, には旧来, には機関, には硯友社, に上級生, に世の中, に会, に偏, に帰向, に集合, に食糧事情, の人, の小路, の立ち場, の蒲団, は人物, は業平竹, より見れ, ゐないこそ, をこじ明けた, 各プロレタリア作家

▼ ある~ (44, 0.0%)

2 と思ひけり

1 [42件] から最初, が七十八歳, が名, が居室, が戀人, が見れ, が鰡堀, と, としてはあまりに, と思へ, と思へや, には尻尾, に事実, に日本新劇, に消, に相当, の何人, の国, の堪能, の妻, の手, の温情, の生涯, の話, の議論, の顔, はこの, はつとに, は僕, は冷静, は急, は第, への贈物, もし, もまた, も能, よしつかり, よ今日, よ孤独, よ自ら苦, を中傷, を引張り出し

▼ ある~ (44, 0.0%)

4 の人 2 のこと

1 [38件] からそういう, からのいろ, からの知合, から同志会, から有名, から譬え, し, しは, し三蔵法師, と今, のスポーツ, のヘリオポリス, のラマ, の化粧石鹸, の名高い, の学者, の実感, の市長, の戦争, の新, の新聞記者, の日本, の日本画, の杉野駿介, の無, の物語, の男, の聖僧達, の道場, の韓国時代, の高徳, はここ, は名, は大分つき合, は実質, は投手, は東京, は此処

▼ ある~ (44, 0.0%)

3 の上

1 [41件] あまた, から一字一字, があれ, がおっこち, が入, が珍しく, さえ見, だつた, であった, であって, であります, でそっと, でできた, ではたかず, で和紙, で壁, にのっ, には未だ, に何, に最近手, の下, の巻いた, の幾枚, の皺, の色, の面, は大, は決して, をお, をさし出した, をたとえば, をどけ, をまるめ, を取出し, を喜び, を左手, を持った, を私, を見る, を貰っ, を踏んだ

▼ ある~ (44, 0.0%)

2 の方

1 [42件] からうける, から精出し, があつ, が心配, そのままの, だが, だと, だという, でありながら, である, であるが, で一つ, で見, というもの, として見, とを眺めた, ならどれ, にかけ, になる, にもどう, に画いた, のうち, のよう, の中, の構図, の趣, の道具, はよほど, は好かぬ, は強い, までかい, もよく, も出さなかつた, をかく, をのぞい, をのぞき込む, をみな, を上手, を仕上げ, を依頼, を見せ, を見入りはじめた

▼ ある考え~ (44, 0.0%)

3 がひらめいた, が浮かびました 2 がひらめきました, が浮かん, が浮かんだ, が浮んだ, であります

1 [28件] がうかびました, がうかんだ, がちらついた, がわたし, がジャン・ヴァルジャン, がマリユス, が彼, が最後, が通り抜けた, が電光, が頭, である, とちがった, になっ, に悽然, に支配, に沈み, は尊敬, をその, をのばさせます, をもっ, を思いつきました, を思い浮かべ, を纒めよう, を詳細, を避けよう, 深いしまった, 深い眼差

▼ ある~ (44, 0.0%)

2 の事

1 [42件] がきれれ, がなけれ, が働い, だとか, であった, であつ, でも手紙, で一銭, と銀, に未練, に生涯, のうち, のコップ, の十字架, の棒, の玉, の茶釜, の豹, の輪, の鯱, はどう, はどうせ, はない, は五十両, は五十兩, は借り尽し, は全部お前, は私, は要らん, ばかりさ, もって, も逃げ, をその, をぬすみ出し, を何十枚, を使わせる, を借り, を全部, を用心, を盗まない, を貯めたい, を資本

▼ ある~ (44, 0.0%)

12 の日 7 の降る 4 あがりの 3 の夜 2 の昼

1 [16件] がおとずれ, がおとづれて其処, が降っ, であるその, で軟, にぬれ, のしみ, の夜ひそか, の晩, の晴れ, の物忌み, の騒々し, はすぐ, は世間師, も蕭々, を憎ん

▼ ある~ (44, 0.0%)

4 の強い 3 である 2 が容赦, である風, に身, をし

1 [29件] から防ぐ, が出, が吹い, が海, が軒, さえなき, だった, ではなく, でもない, で宏子, にきらめき, になっ, にみんな話, に撓められ, に満, に濕, のため, のはげしい, の中, の任意, の吹き, の吹きすさぶ, の吹く, はない, はよろしく, は未だ, は語っ, を示す, を称

▼ ある動物~ (43, 0.0%)

2 のよう, の中

1 [39件] がわれわれ, が二本, が地球上, が多い, だという, であるとは, である以上, です, と, と考え, と考えられ, と考へ, なら何とか, にいい, にし, にでもやっ, に傷つけられた, に向っ, に羞恥, に考, のこと, のやう, の一族, の創造, の喉, の手, の正体, の社会, の群集, の苦痛, の進化, の陥穽, の骨, はときどき, は暴力, は蛇, は詐欺, を吸い落す, 又は人間

▼ ある夕方~ (43, 0.0%)

11 のこと 2 だった, の事

1 [28件] お日さま, が来, が来た, このよう, その子, その経過, です, とうとう鷹, などには出なかった, などに一望限り, などは殊に, ならば, にボート, に来, のこと僕たち, のしめやか, の六ツ半, ふと手紙, もうお, もうこの, やや褪せた, よせば, よわよわしい赤い夕日, を思ひ出し, 幼い私, 思いがけなくその, 戻って, 突然グッと

▼ ある方法~ (43, 0.0%)

3 によつて 2 を思いつい

1 [38件] かも知れぬ, がある, だ, である, でそれ, ではある, では階級意識, でひっそり, で作り上げ, で例えば, で僕, で堅持, で毒ガス, で責任, で貴様, として身, について僕, にて一人, によってうまく, によってそこ, によって解義, に相違, のほう, のもと, のよう, の空想, はそんな, は一寸類, は目下, らしいもの, を友達, を執る, を寓, を採る, を採るべきである, を新た, を用い, を立てしめ

▼ ある椅子~ (43, 0.0%)

5 に腰 3 の上 2 などを見れ, へ腰, を引き寄せ, を指した, を探し当て

1 [25件] がいま, が六つ, が数個, と椅子, にかけていくつ, にぐたりと腰, にこしかけました, にすわっ, にどかり, には腰かけ, にもたれた, にドシン, に坐れ, に姫, に私たち, のどれ, の位置, の数, へこっち向, へはすすめ, をすすめた, をひきよせ, を二つ引出し, を勧められ, を示し

▼ ある田舎~ (43, 0.0%)

3 の町 2 の寺

1 [38件] で, であったし, である, にいつの間にか, におじいさん, に一人, に二人, に二郎, に仲, に光治, に同じ, に居酒屋, に虎杖, に起こりたる, に阮, の停車場, の医学専門学校, の妖怪屋敷, の家, の宿, の宿屋, の小さい, の小さな, の山里, の新聞, の景色, の荘司, の荘園, の街道, の豪家, の退役軍人, の飲屋, へいったら, へ帰っ, へ行かね, へ逃がし, よりも却つて市街, を廻っ

▼ ある秘密~ (43, 0.0%)

1 [43件] があっ, が伏在, そういうこと, というの, なささやきが, などは暗号, な事件, な使途, な場所, な方法, な標徴, な盗難事件, のボタン, の井戸, の場所, の家, の小, の工夫, の意味, の断絶, の暴露, の根拠地, の片鱗, の相談, の研究所, の穴, の端緒, の箱, の結社, の話, の部屋, の部屋部屋, をうち, をここ, をさえ夫人, をのぞく, をもっ, を打ち明け, を捜し出そう, を聞き出すべき, を聞出した, を見て取った, を見張っ

▼ あるうえ~ (42, 0.0%)

2 に奇怪

1 [40件] にあまつさえ, におまけ, にけさ, にすぐれた, にとし, になお, にむかし, にもう, に名目, に夜, に寝台, に寺育ち, に得物, に微, に急, に敵, に模倣, に気, に活発, に父, に猿, に真紀子, に着任, に石油, に科学者, に自分, に芸全体, に藩主, に豊川, に賢明, に頭, に風, に養子, はたとえ, はもう二度と, はやがて, は同胞, は浅井, へ子供, 単斜構造

▼ あるくせ~ (42, 0.0%)

43 にお, にそんな 2 になぜ

1 [30件] にあれ, にいや, にこんな, にさもさも, にそして, にそれ, にそれでも, にど, にどうして, にどうもそろそろ, にまた, にまだ, にわづか, にヒヨツト, に一向, に一度, に三千両, に人間, に合戦, に子ども, に彼, に持っ, に探訪, に文章, に残花, に盛り場, に空惚け, に自分, に詰まらねえ, に食気

▼ ある~ (42, 0.0%)

2 のところ, の広間, の方, 唇を, 衣や

1 [32件] からの綱, から家, から踵, でいくら, では, で看護婦, に, にいつも, にころがっ, にちょい, にもぐりこん, に五七, に明らか, に石, に菓子, のほう, の六畳, の婆さん, の室, の床, の紙, ぶくれの, へも行っ, へ印, へ山内竜平, へ床几, へ降る, まで行け, 唇そして, 座敷で, 座敷の, 瞼とを

▼ ある文章~ (42, 0.0%)

2 の中

1 [40件] か何, が今, が嫌われ, が山野一流, が書けた, が書けたらしい, だ, であ, でもない, で妖異, で記し, で語っ, として讀者, なりある, にする, になる, のさ, の一つ, の一つ二つ, の人, の全体, の動き, の約束, の続柄, は中学生, は拙著, は書けない, は漢詩朗吟風, は無垢, は誰, や詩, をそして, をちゃんと, をちよ, をも書いた, を作る, を取添え, を嫌う, を書きたい, を読ん

▼ ある~ (42, 0.0%)

10 の日 3 の夜 2 の一日, の宵, の雨

1 [23件] から秋, とか夏, につき, に秋, に逢, のおとづれをするまれびとは, ののどか, の午後, の午過ぎ, の夕, の夕べ管輅, の夕暮近く, の大気, の日曜日, の晴れた, の朝, の末, の波, の花, の麗らか, も初春, や秋, を冬

▼ ある~ (42, 0.0%)

2 が, を仰ぐ

1 [38件] から突然, が朱色, であった, である, と妻, になった, に桃, に高く, のグラス, のルンペン, の一点, の下, の中, の天體, の荷車, の赤い, の赫, の銚子, の青明, の鳥, はほんのり, は明, は暗い, は親し, ばかり映っ, ばかり雲, へ, へ棚引い, へ真黒, へ羽搏, へ飛んだ, も, もむし, をとびたい, を仰ぎ見る, を指さし, を見上げ, 即空

▼ ある表情~ (42, 0.0%)

3 をした 2 があった, と一緒, と線

1 [33件] があらわれ, があらわれる, が浮かん, が浮ん, が浮んだ, が絶えず, が閃い, だった, だつた, で, できっと, でしかし, で幾度, で微笑ませた, で明らか, で脱, で見覚え, にし, になった, に適し, の型, の急所, の無, の重, はこの, もしくは特徴, をし, をふくんた, を含め, を感じました, を浮かべ, を現, を見せられた

▼ ある~ (42, 0.0%)

2 である, は, らしい, を土台

1 [34件] が精霊, だけに行われた, だそう, で, であるが, であろう, でして, ではあるまい, ではない, でみそぎ, で万葉集以前, で禊ぎをしたしるしの木, で語部, で間違, で魂, として吾人, と考へられ, にたいする句切り, にのみ限られた, に何, に対偶, に行き当る, に違, は同じく, は常に, は発音字, をずっと, をみな死, を冠し, を初, を喚び起す, を玩味, を繰り返し繰り返しし, を語つて

▼ ある~ (41, 0.0%)

3 親分 2 お神さん, そいつは, 無駄は

1 [32件] ああいう, あるぜ, いや弱い, え, え承知, これど, これゃあ驚きだ, すてきに, それ十円だ, どうして二階, わしたちは, ニチヤニチヤした, 一人や, 丸くて, 人の, 何とかうまい, 信さん, 兄哥灯を, 先づあの家の, 八, 口が, 君, 容易には, 浴衣ばかしの, 源さんの, 現にここ, 現に此處, 畜生, 眼八が, 自分で, 赤鉛筆か, 錢形の

▼ あるそこで~ (41, 0.0%)

3 私は

1 [38件] いずれその, まつたくの, 一月に, 二代目荒木伊兵衛氏に, 今度も, 伸子が, 余輩は, 充分に, 兎に, 公園劇場での, 六十何銭かを, 其首に, 午の, 吾人は, 四方八方の, 子供等と, 山野が, 弁当を, 従来の, 意外な, 新聞紙上の, 旗色の, 早速同氏, 東京から, 東洋の, 此の, 此深山を, 残本の, 消防隊の, 男女関係の, 紀元前八年頃に, 自由に, 自衛上全集物を, 船を, 路が, 道中安全の, 鎌倉を, 青木は

▼ ある~ (41, 0.0%)

6 じい 2 じいぞ, じい恋を, ん

1 [29件] ことの, じいに, じいほど, じいほどに, じいほどの, じい仮面の, じい侮辱であった, じい名の, じい幼稚な, じい心が, じい心などは, じい心を, じい恋に, じい情交の, じい所へも, じい振舞いだった, じい熱っぽい, じい自堕落な, じい過失を, づ可も, どが, に敵, に衰, のうら和ぎ, ぼろしに, よなか, るみは, ん字四つ瓣の, 上の

▼ ある赤い~ (41, 0.0%)

2 ジュウタンの, 煉瓦造りの, 脚の

1 [35件] のと, やうな, やつは, 傷痕は, 切符に, 印の, 唇には, 大きな爪, 天鵞絨の, 小さな短冊, 小旗, 屋敷の, 布や, 布を, 提灯の, 斑点が, 旗の, 木の実も, 柱ばかり, 毛氈古い, 水の, 点とが, 煉瓦づくりの, 物や, 着物を, 紐が, 色が, 色に, 色の, 長靴綯総で, 門の, 髪の, 鳥の, 鳥居が, 黒子で

▼ ある~ (41, 0.0%)

2 の瓶

1 [39件] がある, が不味く, が萎えつかれた, でなければ, での二日酔, でもみんな, とこれ, と肴, なぞがそこ, ならと, なん, に即し, に対する執着さ, の一杯, の代り, の出来, の味, の壺, の支度, はひきぬき, は凡そ何升工面, は毒薬, は第, は飮, も安い, も煙草, も飲まない, をあ, を取りあげ, を味, を味つた, を大急ぎ, を独り, を甘, を花, を買っ, を買つて來, を飲まない, を飲まなくなり

▼ ある階級~ (41, 0.0%)

5 の人々 2 のもの, の人

1 [32件] から並以上, が意識, が政治, が租税, すなわち支配階級, であるとも, とまでは行かない, によって導かるる, によって支配, に妥当, に属する, に達した, のちがい, の人間, の別, の区別, の女, の娘, の婦人たち, の普遍, の特性, の自覚的, の解放, の間, は利益, は皆一つ, への反感, をある, をひろく, を引きくるめ, を納得, 即ち卿相僧侶

▼ ある~ (41, 0.0%)

2 に髪, の毛, を心持ち左, を用, を顔中口

1 [31件] あるいは背, が出, が有れ, でもない, と白い, につぶら, のうえ, のするどい, のほう, のわるい, の働き, の内, の刈り, の後ろ, の皮, の皿, の禿げ, の禿げた, の空間, の重た, は返事, へ降りかかる, をそろえる, をなで, を上, を嘉造, を巣, を心もちうしろ, を持ち, を枕, を鄭寧

▼ あるかな~ (40, 0.0%)

5 である 3 だ, ア 2 平次

1 [27件] いかに薄い, おれには, くつちや唯の, このひと, しかの取扱い, じゃさあ, その男, ですよ, どれ, スパルタ擬き, 世上一般また, 人居り, 今宵は, 奥州一国の, 子の, 春罪もつ, 東洋ペン鬼の, 松茸飯に, 水中の, 物の, 玉くしげ二上山の, 由縁なき, 私の, 筏浮け, 背後に, 言や, 面白かりし

▼ あるなどとは~ (40, 0.0%)

2 少しも, 思いも, 思って, 誰も

1 [32件] いって, お知り, その晩一再, そもそも云, ちょっとでも, とうてい信じられなくなっ, どの相手, まるで思わず, もちろん云, もはや人々, ゆめにも, チャンチャラ可笑しく, 主人も, 夢あまたれる, 夢にも思っ, 夢にも思つて, 夢にも思われない, 当りまえ, 彼としては, 彼には, 想像も, 戯れも, 本に, 毛頭思ふ, 毫も思い及ばなかった, 決して思わない, 申しますまい, 知らなかった, 空に, 考えただけでも, 考へられ得ない, 驚くね

▼ ある一軒~ (40, 0.0%)

8 の家 2 の大きな, の小さな

1 [28件] からは三味線, だけ障子, では, にはじめさん, のおもちゃ屋, のお家, のしもた, のみすぼらしい, のカフェ, の人家, の別荘, の呉服屋, の小ぢんまり, の小屋, の広い, の店, の待合, の支那, の料亭, の洋館, の漁師, の薬屋, の農家, の邸宅, の酒屋, の飲食店, の魚, を指し

▼ ある~ (40, 0.0%)

2 はわい

1 [38件] からなら, がいい, が可, こそ如何, その外側, だったから, でしたが, でもお, で使っ, で吾, と外, と思へ, にと取つ, にと心配, にどうして, にも一度, にも手古奈, に一種, に先生, に悔い改め, に採った, に時鳥, に最愛しき者, に風, に鬱ぐ, の面目, はその, はまだ, は下らぬ, は大徳, は女, は建築物, は恒星, は決して, は降参, へ行く, も男, 蒙古

▼ ある寒い~ (40, 0.0%)

6 冬の 5 日の 2 日でなけれ, 晩の

1 [25件] のでかじかん, ほどの冷気, もう秋, ゆふ, 夕方野こえ, 夕暮に, 夜の, 夜孝太郎と, 夜総監の, 日, 日この同じ, 日であった, 日である, 日などは, 日に, 昧暗芝増上寺の, 晩で, 晩でした, 晩私が, 朝からたちの, 朝ちょっとした, 朝の, 朝不, 朝十時ごろに, 雪の

▼ ある日本人~ (40, 0.0%)

2 ならば

1 [38件] が主婦, が人力車, が今日, が手紙, が欧羅巴, が米, が要望, じゃ, でヘニング, というの, として互に, として漬物, と友, にはおも, にはこの, にはめずらしく, に盗まれた, に苦しい, に見, に話したら, のあなた, の一部, の会社, の大, の好奇心, の家, の意見, の方, はあまりに, はどんなに, はまことに, は全, は利己心, は彼, は彼等, は水, も名人, をし

▼ ある~ (40, 0.0%)

65 です 42 だが, である, ですが, ですよ

1 [17件] が人間肉体, だすが, だ主人金兵衞, だ無論, で, であります, でございます, ですと, です三十兩, です南さん, です多分, で今, 不変ズン, 圖の, 変らずの, 當の, 鬩である

▼ ある~ (40, 0.0%)

7 の中 3 の上 2 を手摺

1 [28件] から長い, があります, がどれ, がタシカ, です, ですよ, で有る, に入れ, のこと, のなか, の包, の葉巻, の蓋, はなん, へ並べ, や包み, をあけ, をすっかり, をつんだ, を出しました, を取り出した, を手, を持つ, を焦れった, を置い, を膝, を鼠, 入娘

▼ あるゆえん~ (39, 0.0%)

7 である 6 なり 2 のもの, を考

1 [22件] かもしれぬ, であろうと, にし, の一斑, の神保造酒, はここ, はすでに, はその, はなんぞや, は一, は作品, は国民全体, は実に, は最も, もこれからもっと, もやはり, も明らか, を以て将来支那, を沈着, を証せ, を説明, を陳べ

▼ ある一枚~ (39, 0.0%)

4 の紙 2 の写真, の十円札, の葉

1 [29件] が上, には貝類, には鶴, に不審, のうす, の天井石, の巻紙, の戸, の戸板, の木札, の油画, の油絵, の畳, の白い, の皿, の紙位牌, の紙銭, の絵, の絵ハガキ, の花櫛, の莚, の葉書, の長方形, の雨戸, の鳴門海峡, の黒い, もあり, を僕, 彫なの

▼ ある~ (39, 0.0%)

2 を近頃

1 [37件] が今にも, じゃねえ, だ位負け, だ承知, でありました, である, で先代, で胸, なので, に手, に相違, のおかげ, のこと, のさや, のほう, の小柄, の方, はびく, はもう, は一見, は銘刀, へ手, をつかんだ, を取っ, を取った, を取ろう, を引, を引き抜い, を引拔, を手早く, を拜借, を拝借, を拾い取り, を棒, を眺め, を置き直した, を見

▼ ある博士~ (39, 0.0%)

2 の別荘, の研究室

1 [35件] あるいは僧侶, がある, がショッペンハウエル氏, さえつい, であつ, である, と電話, なの, なのに, にでなけれ, にとっては累々, に調べ, の同伴者, の声, の実験室, の家, の弁護士, の手帳, の樺太旅行談, の生活, の緒言, の診療所, の邸, の鉛筆書き, はうまく, はついに, はアリストテレス, はウント氏, はショッペンハウエル氏, はスピノーザ氏, は何時, は其, は物, は言葉, を訪問

▼ ある同じ~ (39, 0.0%)

3 会社の, 名の 2 年頃の

1 [31件] ものである, ような, 三年の, 二月七日の, 亜鉛葺の, 何ものかとの, 呼び名の, 地区にも, 型の, 城へ, 学校の, 宗教的情操の, 家の, 實在者も, 年ごろの, 建物の, 性質を, 時期に, 果実は, 樹の, 欝憂に, 生産様式が, 病人たちは, 病人達は, 色の, 芸術の, 血潮の, 親王の, 谷中の, 題の, 高価な

▼ ある我々~ (39, 0.0%)

2 が清掃, が競争, の魂, はこの, はそれ

1 [29件] いい年, からすれ, がどうして, が他人, が贖罪, と同席, には豪く, に最大, に驚き, の作家, の家, の心, の目, の知らない, の見逃し, の観衆独特, はかかる, はそれら, はまた, は何, は反対党, は彼, は我々, は最初, は濃い, は生一本, をここ, を此, を無理

▼ ある機会~ (39, 0.0%)

2 をみ

1 [37件] からお, からこの, から私, であつ, で予, に, にこんな, にそれとなく, にたしかめる, にちょっと, には他, には手傷, にアメリカ, に一つ, に人々, に促, に備, に初めて, に前, に取り出し, に妾, に巧, に彼等目, に東京, に東京市中, に突然, に識, に起っ, に遇え, は二人, は効用, をねらっ, を利用, を前, を絶頂, を見, を見つけ

▼ ある~ (39, 0.0%)

4 の黒い 2 の白い, をうかべ

1 [31件] が動い, が陰気, じゃございません, だから, だ爾, とはちがった, と確か, と線, ならぬ山, にさえたとえられ, に執する, のそして, のついた, の及ぶ, の嗜好, の感じ, の白いく, の褪めた, の青い, はみんな, は単なる, は即ち, も柔, も甘, よい枝, をし, をも造られ, を着た, を補おう, を見せ, 黒く丈

▼ あるあれ~ (38, 0.0%)

2 だといふ, を呼べ

1 [34件] か, から五夜, があの, が一番, が悪党, が磯原, さ, じゃァねえ, だ, だけ描い, だった, でございます, では佐助どん, では男, で案外, ともいくらか, と似た, のこと, の主, の使用法, は, はいけない, はいったい, は何だえ, は国内的, は誰様, へ行っ, ほどの夫人, をあげよう, をどうして, を藤堂様, を読まれた, を貰, を運べ

▼ あるいい~ (38, 0.0%)

1 [38件] うちわを, かい, か私, ざまだ, ところです, ところや, ものだった, もので, もの菓子とか, やんまでした, 人だ, 土地だ, 声で, 声の, 子です, 字では, 学者であった, 家が, 心持が, 心持であった, 心持です, 意味での, 方だ, 方で, 方である, 方な, 方は, 日でした, 昆布が, 気持が, 気持で, 目に, 若者な, 計画に, 躰格だ, 音楽家か, 題ね, 齢を

▼ あるだけで~ (38, 0.0%)

3 あつた 2 幟は, 郷里には

1 [31件] あとは, い, おまけに, このさい, そのほか格別変り, その外, どうしても始末, ひげ, 体温器すら, 何んにも, 何人か, 価値を, 別に注意, 加奈江が, 十分可能な, 午後六時ごろまでも, 大部分, 好いと, 屋根も, 差出人の, 幽趣, 恋の, 本来の, 本殿は, 枝道一本ついてない, 沢山です, 深さ, 満足せず, 知られた寂しい, 説明は, 随分寒かっ

▼ ある~ (38, 0.0%)

2 の口

1 [36件] かまたは, が煩うとる, たる, としての情愛, として世間, とはどうしても, と子, にすぎない, に与える, に対してもいま, に話さないで, の傍, の子, の小, の生活, の真佐子, の肉体, の顔, はいま, はおれ, はその, はほとんど, は立派, は躊躇, までが大抵, や妹たち, や子, や子たち, をだ, を下女, を入れ, を呼ぼう, を思ふ, を有し, を置い, を聊か

▼ ある学校~ (38, 0.0%)

2 に通い, の先生, の前

1 [32件] かよく, からゾロゾロ, から一里, から帰っ, がある, がみつかる, でどうしても, では小学校, で式, で道徳, としてのみならず, にはいっ, に寄宿, に就職口, に樹明君, の卒業証, の成績, の教師, の新入生, の校庭, へ入っ, へ出, へ変った, へ寒稽古, へ行くべきであった, へ行こう, へ通っ, まで送っ, もおしまい, を卒業, を受けろ, を退学

▼ ある恐ろしい~ (38, 0.0%)

2 事実に, 事実を, 疑いを, 考えが

1 [30件] ことに, ことを, ものに, ものの, ような, 予感が, 事柄に, 坂に, 場所で, 場所な, 夜であった, 妄想に, 山道で, 幻影に, 形相も, 彼らに, 想像が, 敵が, 沸騰を,