青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あらん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あらう あらう~ ~あらず あらず~ あらぬ~ あらゆる~ ~あらわれ あらわれ~ ~あらわれた ~あらん
あらん~
~あり あり~ ありあり~ ありがたい~ ~ありし ありし~ ~ありまし ありまし~ ~ありました ありました~

「あらん~」 1101, 11ppm, 10168位

▼ あらん限り~ (266, 24.2%)

28 の声 23 の力 6 を尽し 4 の智慧 3 の努力, の媚態, の悲鳴, の聲, は

2 [17件] に, の勇気, の古い, の媚び, の悪名, の手段, の手管, の狂態, の花, の苦労, の言葉, の馬鹿, をしぼつて, を絞っ, 包む社会, 大日本, 延ばして

1 [156件] でささえ, な力, な罵詈, にお, にこれ, にみな一つ, に勉強, に於, に私, のお, のおし, のし, のともし, ののぼせ, のイザコザ, のダイナマイト, のマッチ, のヨタ, の下らない, の今宵, の侮蔑, の冒険, の卑しい恐ろしい, の可愛い, の咆哮, の困苦, の声援, の大きな, の大声, の大音, の太い, の太平楽, の失態, の妖艶さ, の子供たち, の弾丸, の恥, の恩, の悪事, の悪徳, の想像力, の愛情, の愛撫, の感嘆, の感情, の感覚, の憎悪, の憤懣, の手, の投票, の抵抗, の掛声, の新, の星, の智恵, の服, の模様, の樹液, の武者, の死物狂い, の残虐, の毛布, の気力, の沙漠, の注射, の活動, の火薬, の爆竹, の物, の状態, の瞼, の知力, の空想, の空気, の立派, の箭, の精, の細かい, の絶叫, の綺麗, の罵り, の肴, の肺臓, の背丈, の腕力, の苛責, の華麗, の薬, の虐待, の蝉, の衛生, の表情, の観察, の訴え, の謎, の讃辞, の貧乏, の責め折檻, の贅沢, の辛苦, の農夫, の速度, の醜態, の重荷, の金, の陰険, の雨, の骨, の髯, の魅力, はあたかも, はこの, はと存じました, はと戦う, は外面, は奮戰, は尋ねあるい, は改進文明, は自分, は防ぎ, までよく, やスエコ笹, やスヱコ笹, をそそぎかけよう, をつくし, を動員, を尽くさなけれ, を尽す, を最善, を用い尽くさね, を盡, を試みます, を逞しゅうすれ, を馳, 写した, 叫ばれました, 射たまえと, 尽しおれ, 広がって, 引き続き全国, 彩る事, 悶えから, 戦った医者, 押し込んで, 揺り起しましたが, 新局面, 深く遥, 漕ぎまくって, 炊いで, 照ろうと, 燃えるよう, 知って, 祈りたり, 縫うとも, 走っては, 高く叫びました

▼ あらん~ (164, 14.9%)

104 なり 3 して

2 [12件] いえども, すらん, すらんと, するの, 信ず, 兼て, 尋し, 思うのみ, 期する身, 欲し, 欲す, 欲するのみ

1 [123件] あやぶみしが, ある, いうに, いえり, いわぬばかりの, うなずき顔, お呼びと, ございまする, したものの, しつつ, しぬ, しま, する, すること, するその, するとか, するの人, するの士, するの意気, するの風聞, するは, するものの, するを, する人間, する思召, する悪人ども, すれば, す妹, す既に, せしが, せるある, そのご, よみそ, わずかに, 予想する, 予言し, 事の, 云える張玉, 云って, 云に, 云ば, 云ひし, 云ふ, 云ふと, 云れしか, 云事は, 信じ切ったる証書, 其處へ, 冷笑すべし, 同じく毛脛, 喝し, 固く乱れざる, 夜の目も, 存じ仰付, 察して, 待構うれ, 徐ろに, 心得し事, 心気を, 心配し, 思い定めたるに, 思い直し虎, 思う, 思うと, 思うなり, 思うほどの, 思って, 思はる, 思ひ, 思ひ夫婦, 思ふ, 思ふなり, 思ふべからず, 思ふ欲, 思へども, 思われるほど, 思われるよう, 思われる大きな, 思飜せし, 惟い, 想像する, 懼れ, 折々思ひ出だされ, 推察すれ, 推測るれ, 敵は, 最と, 欲するこれ, 欲するなら自分, 欲せり, 欲せん, 氣遣ひし, 獲難き, 用意したる, 申し上げても, 疑ひて, 疑弐, 相沢に, 相澤に, 相談ずる, 相談の, 空頼みを, 笑つても, 考え地下, 臥所を, 草鞋の, 蓬頭突鬢, 装置をも, 見えたとき, 覚りつ篠田, 言った泰平, 記録所を, 認めた, 語りし友, 請い許されて, 豫て, 足を, 雖ども今後十年を, 雖ども俗間にては, 雖ども其不安心は, 雖ども唯, 雖ども苟も, 高手小手は

▼ あらんこと~ (101, 9.2%)

265 を望む 4 を希望 3 を望ん

2 [13件] を以てし, を切に, を切望, を勧告, を志しき, を恐れ, を祈った, を祈る, を神, を請, を請う, を願, を願います

1 [37件] かい, かねてより, が思われ, である, をぞ祈りたる, をのみ思ふ, をのみ憂ふる, を乞, を乞い, を乞う, を予想, を偏に, を冀わざる, を只管希望, を希い, を希う, を恐る, を想え, を慮り, を懇請, を期し, を期する, を期待, を欲する, を為政当局, を祈っ, を祈らう, を私, を要する, を要請, を許し, を誓ひき, を非常, を願い上げます, を願う, を願はず, を願わず

▼ あらんかぎり~ (75, 6.8%)

8 の力 5 の声 2 の難儀, は, りんと, 延ばし四本

1 [54件] あけて, おさえて, ご機嫌, で忠, で船, と掴ん, な埋め樋, に叫んだ, に金屬, の, のあこがれ, の人参, の努力, の勇気, の威嚇, の尽力, の巧舌, の心, の悪戯, の惨苦, の愉悦, の憎しみ, の手段, の敵愾心, の智力, の暴言, の歓待, の気力, の熱情, の男女, の真心, の触覚, の誠実, の贅沢, はふたたび, は胆, をこめ, をしぼりつくし, をその, を出し, を尽くし, を尽し, を明るい, 叫んで, 大きな勇気, 怒鳴ったり, 思はず仮初, 止まずに, 泣きだした, 烈しく撃ちつづけ, 組みついて, 逃げようと, 防ぎ戦って, 高く延ばし

▼ あらん~ (36, 3.3%)

4 である 3

1 [29件] けだし張公, しから, すべては, その人物, ぢや, どころで, ぼくが, わが口, フレデリック大王も, 世界は, 之なく, 事実は, 余は, 其の之, 哀れと, 基督は, 己を, 彼の, 愚考を以て, 我幾年の, 文は, 渇しても, 然れ, 神は, 神も, 罪より, 誰か, 追, 鳥獣かつ

▼ あらん~ (29, 2.6%)

3 なれども 2 なれど

1 [24件] いかに真摯忠実, ぎりのかがやきを悲しむ, ぎりのかゞやきを悲しむ, そは, もし倨傲者, 一波万波を, 且は, 之が, 予は, 今日と, 依て, 元来当, 到底これ, 嗟愼しむべし, 拙筆また, 是れ, 東西古今文明の, 汝まさに, 甚だ妙, 神も, 禅学上悟道の, 能, 蝶影片々たる, 陛下の

▼ あらん~ (23, 2.1%)

3 測りがたし

1 [20件] これまた, しるべからず, そのいまだ, 一さし舞う, 余は, 国民は, 必らず, 惜けれ, 測られざるに, 相鬪, 知らず, 知るべからず, 知れずよし, 知れぬぞ, 終に必ず大, 能く, 計られずと, 計られずとのみ, 計り難し, 量り難し

▼ あらんかと~ (22, 2.0%)

2 自分に

1 [20件] およそ予感, これに, それのみ, それのみを, ちゃんとふだん, 一同配慮する, 也, 便り少なく, 初歩の, 存候, 思い出したので, 思ひて, 思わるるばかり, 思われたり, 想像し, 独り窃に, 用心に, 考えます, 腹も, 覚束なく

▼ あらんには~ (22, 2.0%)

1 [22件] この機会, これを, これ望外の, その勇敢, たとい著者, むかし, 世間の, 予は, 互にこれ, 人に, 伏見の, 其時に, 其黨派として, 君こそは, 大納言殿, 巌石鶏卵を, 明日の, 時頼予は, 武士を, 淑女の, 礼儀を, 祖先累代の

▼ あらん~ (19, 1.7%)

4 ために, ための

1 [11件] ごとし, ためであっ, ためでは, ためなら, わが邦, 仏国は, 唯今申通りの, 地頭家の, 容貌は, 為めなりと, 為めに

▼ あらん~ (16, 1.5%)

2 を, を希望

1 [12件] を伏し, を切望, を厚く, を希, を希う, を怠らざるなり, を期待, を渇望, を祈る, を請, を願う, 堪へ難き

▼ あらん~ (14, 1.3%)

2 恐れて

1 [12件] おも, ば企図せるなり, 察し, 思ひて, 恐る, 恐ると, 恐れこれ, 望みき, 望む, 淺川や, 花の, 願ひ

▼ あらんとは~ (13, 1.2%)

1 [13件] これルイ十五世が, そも又, 云もの, 何か, 信ぜられず, 全く此度, 兼て, 存ぜしなり然, 少しも, 思わざりしに, 思わるれども, 捕物心得の, 豫て

▼ あらんやと~ (12, 1.1%)

2 いえるだろう, 言って 1 いいしごとく吾人, ふとそんな, 一切の, 人は, 力んで, 口には, 大笑, 詠じ靴

▼ あらん~ (8, 0.7%)

1 さらに衆生, つひに, まだ年, 予め期したる, 余の, 如何は, 我がつねに, 我れ

▼ あらんという~ (7, 0.6%)

1 ありさ, ことで, ような, 事も, 顔つきで, 顔色, 顔色ぐッと

▼ あらんとも~ (7, 0.6%)

1 せず樂, 仏心に, 哀れ不びんや, 我が恋, 知らず心尽し, 覚えずあはれ, 覚えずし

▼ あらん~ (7, 0.6%)

1 それさへ, 世を, 久しく傳, 其の本尊, 如かずと, 我も, 能く

▼ あらんなど~ (6, 0.5%)

1 それをのみ, 大方に, 思いつづ, 思ひ候ひき, 浅墓, 言ひ

▼ あらん~ (6, 0.5%)

1 なれば, は仮令, は官私, は必ずしも, は来り学ぶべし, は決して

▼ あらん~ (6, 0.5%)

1 の貴き, は, は一生, を吸, を尽し, を記

▼ あらんこの~ (4, 0.4%)

1 場合においては, 故によく, 身は, 馬鹿者奴らが

▼ あらんとて~ (4, 0.4%)

1 今日委員会の, 我手を, 磯山が, 許しつと

▼ あらん又は~ (4, 0.4%)

2 不徳義に, 中途に

▼ あらんあるいは~ (3, 0.3%)

2 漢書の 1 血気の

▼ あらんその~ (3, 0.3%)

1 主の, 共に同, 眼光は

▼ あらんとには~ (3, 0.3%)

3 金づかひ

▼ あらんとの~ (3, 0.3%)

2 熱心は 1 思ひに

▼ あらんなどと~ (3, 0.3%)

1 一旦は, 徒らに, 穿鑿する

▼ あらんまた~ (3, 0.3%)

1 なんぞ不仁, 如何ぞ, 様々の

▼ あらん~ (3, 0.3%)

1 は作者, は凡俗, は必ず

▼ あらん~ (3, 0.3%)

1 の限, をば指折り, を天

▼ あらん~ (3, 0.3%)

1 もある, れども, 樣存ぜよ

▼ あらんかぎり首~ (2, 0.2%)

2 を延ばし

▼ あらんかく~ (2, 0.2%)

1 あらんと, やあらん

▼ あらんかとの~ (2, 0.2%)

1 事である, 意を

▼ あらんとお~ (2, 0.2%)

1 もふ, もふなり

▼ あらんにより~ (2, 0.2%)

1 指替, 本道外科兩人の

▼ あらんやう~ (2, 0.2%)

1 にも覚, もなけれ

▼ あらんより~ (2, 0.2%)

1 この高, 忽ち消え

▼ あらん~ (2, 0.2%)

1 は余, 迄此方

▼ あらん北条足利時代の~ (2, 0.2%)

2 もあらん

▼ あらん~ (2, 0.2%)

1 みじかし楽しまずして, を土

▼ あらん~ (2, 0.2%)

2 をこそ祈れ

▼ あらん後世~ (2, 0.2%)

1 の俳家いたずら, の俳家徒

▼ あらん~ (2, 0.2%)

1 は彼, れ汝

▼ あらん~ (2, 0.2%)

1 には一臂, の所置

▼ あらん~ (2, 0.2%)

2 が恋

▼ あらん~ (2, 0.2%)

1 か外国, か本国

▼ あらん開闢以來~ (2, 0.2%)

2 を尋ねたら

▼ あらん限り戦争~ (2, 0.2%)

1 の精神, はとうてい

▼ あらん限り誠実~ (2, 0.2%)

2 に互に

▼1* [165件]

あらんあはれ今一度寄手の来る, あらんいずれ明日にも, あらんいと覺束なく心許なき, あらんもひ出, あらんかぎり上の方, あらんかぎり二度の祈祷, あらんかぎり力の及ぶべき, あらんかぎり劫罰を受ける, あらんかぎり反対しなければ, あらんかぎり善行を修め, あらんかぎり声をひくく, あらんかぎり彼は飛行島, あらんかぎり手をのばし, あらんかぎり曲者の手, あらんかぎり火の乾雲丸, あらんかぎり都は焦土, あらんかとてなり, あらんかとは存じまするが, あらんかとも思ひたれば, あらんかのダビテの, あらんくにびとの心, あらんここぞ詰問, あらんこそ後々までも, あらんこと疑いもありませぬ, あらんこれすなわち人たる者, あらんもあらん, あらんさもさうず, あらんしかもその態度, あらんすべもがな, あらんずるとき幻は, あらんその後久しく消息, あらんそれさる事, あらんただ翁びたる声にて, あらんただ人のこれ, あらんたといこれある, あらんちょうどあなたの, あらんとかこれからの, あらんときわれ又汝, あらんとき人みなは生れし, あらんとして爲す, あらんとぞ思ふああ, あらんとねがへば, あらんとのみ言った, あらんとはの嘆あらしめた, あらんなんぞ民を, あらんにも百千道の, あらんすがた, あらんのみとかなかば無意識にも, あらんはかへつて, あらんはなはだしきは相互, あらんほどの自覚に, あらんものは内外, あらんもの位にて意, あらんやという気が, あらんやとして居るが, あらんやとの勢いにて, あらんやは最初より, あらんようなくかえって, あらんよりは十人の, あらんよりはと維茂と, あらんサア返答せよ何, あらん一日母と娘, あらんに着, あらん不如意は人生, あらんの憂き, あらん誠に氣, あらん乎教会は直に, あらん乎文盲人の不便, あらん乎本校の意, あらんんあらん, あらんだ其の, あらん位牌の手前, あらん何で怖気の, あらんの不, あらん來年は給金, あらん便ち以, あらん覚え侍らず三条河原, あらん其方に手懸り, あらんの柄, あらん卒業試驗の優等證, あらん古人の教え, あらん同じ道行返り, あらん吾輩かつもっぱら, あらん咎めやあらん, あらん善きを挙げ, あらん土佐画にやあらん, あらん夜分な星, あらん俎の, あらん妨害もあらん, あらん子たちも持っ, あらん孝慈ならば, あらん守旧家流にも貴ぶべき, あらん宗教の何たる, あらん小松殿の嫡男, あらんや山, あらん幅三尺ばかりなる, あらん平地ありしと, あらんは蜻, あらんとわれ, あらん心地惡しとの, あらん思い出にはいっそ, あらんふに, あらん我が弦月丸が, あらんわろかりと歩, あらんには勝負いかん, あらん文筆を好ま, あらん斷念よと夫婦, あらんかれら, あらん明くやあらん, あらんも所謂過去, あらん時妻子の愛, あらん時徐ろに質問, あらん時敵陣へ紛れ入り, あらん時遊びに来られ, あらん未だ此職に, あらん正体見届けんと, あらん此地もいにしへ, あらん此者共を刧, あらん汝内に稠林, あらんもまた, あらん漕座あまたの舟, あらんの七国, あらん田家の垣, あらん男囚の間, あらんにはいつか自分, あらんの際, あらんの単, あらんき者, あらんを去り, あらんに心配, あらん腰板の上, あらんは散, あらん著者は專心一意, あらん覺束なし, あらんふ恕せよ, あらん諸君アヽ我等は何等, あらんを渡り, あらん近日拝面おわび申す諒せられよ, あらん開港貿易を説く, あらん開闢以来を尋ねたら, あらん限りどこまでもこの, あらん限り世の相, あらん限り事に従わん, あらん限り人の正, あらん限り人文に進歩開展, あらん限り人畜に祟る, あらん限り人間万事数理の外, あらん限り勉強を続け, あらん限り変な顔, あらん限り強情を張った, あらん限り御身のみ心, あらん限り手をつくし, あらん限り搖り起しましたが, あらん限り暴力は正義, あらん限り楢夫をかばひました, あらん限り櫻木大佐の援助, あらん限り災害防止に力むべきである, あらん限り父子の衝突新旧思想, あらん限り社会に発達, あらん限り科学の研究, あらん限り著書飜訳の事, あらん限り読者と共にこの, あらん限り越前の家, あらん骨折損の草臥所得今, あらん鹿皮衣汝に何