青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あな~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あった~ あったら~ あっち~ ~あつ あつ~ あつし~ ~あて あて~ ~あと あと~
あな~
~あなた あなた~ あの~ あはれ~ ~あまり あまり~ ~あまりに あまりに~ ~あら あら~

「あな~」 1060, 10ppm, 10510位

▼ あな~ (117, 11.0%)

11 中に, 中へ 7 外へ 6 中から 4 中には 3 あくほど, おくに, おくへ, ふたを, 中で 2 そとに, なか, むこうに, ような, 中へは, 中を, 口が

1 [49件] あるもの, おかげで, おくでぎらぎら, おくを, しかけが, しかけに, しまり, ずうっと, そとで, そとへ, そばへ, てんじょうが, てんじょうの, てんじょうを, ところへ, なかへ, ふかさ, ふちへ, まがりかどへ, まわりに, まわりの, ようすは, ようすを, ようだ, ように, よだつよう, 下から, 下に, 下へ, 両が, 中です, 中ででも, 入口が, 入口の, 入口へ, 入口まで, 前に, 前を, 向こうの, 外には, 外の, 外を, 天井から, 奥の, 底にでも, 底へ, 拝, 正面の, 話

▼ あな~ (52, 4.9%)

4 あけて 3 かし 2 かし目翳し, かし近田, かし鳴けるさま, 歩いて

1 [37件] あけさせた, あけその, あけたもの, あけても, あけない, あけないが, あけられたり, あける, あけるだろう, いくつか, いつぱいにひろげた, おくの, こしらえて, つくったん, つくって, つくりました, のぞいて, のぞきました, のぞきましたが, ふくらました, ふさぎせんこうてい, ほったの, ほって, ほっても, ほらせたの, ほらせた人, ゆびさして, ゆびさしました, れんこんの, 受け持って, 大きくほりひろげ, 懐中電灯で, 手がけて, 深く大きくし, 見つめて, 貼って, 通ったはず

▼ あな~ (49, 4.6%)

7 やし 6 だまされた 4 やしえ 3 目を 2

1 [27件] いれてつの, うちこまれたとまり木, うちこまれて, かかった穴山梅雪入道, く, こだまし, ころがして, さしこんで, ぞくぞくする, つうじて, とびこんで, とびこんでから, なって, はいったこと, はいったとき, はいろうと, はめこんで, ひびきわたった, や, やの, ゑや, 一と, 入る, 入れられたとき, 気がつくだろうか, 迷い入った羊飼, 運んで

▼ あな~ (46, 4.3%)

6 あいて 2 あいたの, あきました, あるよ, つづいて

1 [32件] あくぞ, あくだろう, あけて, あったの, あって, ある, あるもん, いきどまり, すすむにつれて, ずっとおく, ずっとむこう, ぜんぶうずまってたら, だんだんふかく, できあがって, できました, でて, どんな場所, なければ, ならんで, ぱっと開い, ひらきました, ひろくなっ, ふさがって, ふたつある, ふたつに, ぽっかりと, またどこ, まだそのままに, まっ黒な, みつかりました, 口を, 右と

▼ あなやと~ (41, 3.9%)

4 思う間 2 思うと, 思う間もなく, 思ひしが, 振返れば, 見れば

1 [27件] 叫びて, 叫び物, 叫び男, 叫び給ひき, 叫べり, 叫んで, 呼ぶ女, 心を, 思ううち, 思うま, 思う時, 思ふと, 思ふ時, 我に, 拾ひ, 杖に, 膝に, 膝には, 見て, 見るま, 見る間, 飛び退る遑, 驚いて, 驚きました, 驚き奧の, 驚き膝, 驚く隙

▼ あなから~ (38, 3.6%)

4 ちらけて 2 のぞいて, 水が

1 [30件] あんな音, お互に, お面, しおを, たけしくんの, つめたいおいしい空気, でて, にげたん, はいだして, はいだすと, はい出して, ひげ, わきあがって, シューッと, ジャックが, ネズミが, ビニールの, 一疋, 下の, 出て, 出ると, 同じ姿, 外を, 滝が, 空の, 立ちのぼる殺気, 脳を, 酒の, 鉄人, 顔を

▼ あな~ (33, 3.1%)

2 という間

1 [31件] いま街の, この物, しとどに, その暗き, そは, というま, という思い, とお, となに, なにぞと, また呻吟, また瘧, わが挽歌うた, 今, 僵れんと, 刺櫛珠の, 剣は, 危うくあります, 合讚したてまつる, 否とよ, 大樹の, 妻の, 斧あなや, 春日の, 橘, 渦まきて, 皎刀の, 血は, 身側に, 鐘巻自, 高音の

▼ あな~ (20, 1.9%)

7 はいって 2 かぎを, すすんで 1 いきを, おちないだろうかね, にげるほか, はいだしました, はいったと, はいらなければ, 人差指を, 伏せ網を, 行くん

▼ あな~ (18, 1.7%)

52 のこったと

1 [11件] だい, だが, だよく, だろう, ちや有りやしめえ, ですか, ですかい, ですが, ですな, ですよ, のこった

▼ あなたこ~ (17, 1.6%)

5 なたに 2 なたを 1 なたから, なたで, なたでみすみす, なたで一度, なたで殺刃, なたと, なたへ, なたへと, なた人目, なた姿

▼ あな気持~ (15, 1.4%)

2 になった, になる, に自分 1 がし, がした, で目, で黙っ, になったでしょう, になりました, になります, に襲われ, を感じ

▼ あなあはれ~ (12, 1.1%)

2 かかりの, かのいつくし, この夜, ねもごろ, 白きな 1 その一夜, 赤い円日岬

▼ あな~ (12, 1.1%)

1 [12件] うねうねまがり, きっとお, したなの, ずっとむかし, どこまで, ひじょうにおくぶかく, ろばろし, 地下道で, 掘ったかな, 水底の, 薄ぎたない不精女, 長いん

▼ あなかしこ~ (9, 0.8%)

2 照る日 1 このわたり, だから, といふ言葉, やかしこ, やな, 見て, 近々と拜

▼ あなぐら~ (9, 0.8%)

4 の中 1 の戸, の風窓, へ通じ, を見せろ, 暗い地下

▼ あな~ (8, 0.8%)

1 ええ天氣やつたけ, ものが, んだ, 田圃ぢや, 田圃でも, 立札の, 紙きれの, 青二才どもに

▼ あな~ (7, 0.7%)

5 をし 1 をした, をする

▼ あなたつたら~ (6, 0.6%)

2 ひどいぢ 1 あんなに言, 咳を, 未だ背中, 誰でも

▼ あな~ (6, 0.6%)

1 にもめ, はかへ, はさ, は云ひき, 一人ひき具しつ, 雇ひ

▼ あな~ (6, 0.6%)

2 と泣い 1 と泣かせ, と言った, の歌, ヌルヌルした

▼ あな~ (6, 0.6%)

1 がした, がする, になっ, になる, もする, 衝かし相

▼ あな苦し~ (6, 0.6%)

5 あなたづたづし 1 そこ退き

▼ あなうれし~ (5, 0.5%)

1 とおしいた, とにもかく, と喜ん, や苦し, よろこばしたたかい勝ち

▼ あな~ (5, 0.5%)

21 こいつただごとじゃ, は大学, まはや

▼ あなめあなめ~ (5, 0.5%)

2 と泣い 1 と泣かせ, と言った, の歌

▼ あなやの~ (5, 0.5%)

1 刹那, 声を, 小さい声, 間では, 驚き含羞旋風裸身むざん薄く

▼ あな冷た~ (5, 0.5%)

2 つめたか, 群の 1 唐木の

▼ あな~ (5, 0.5%)

5

▼ あな熱し~ (5, 0.5%)

5 あな苦し

▼ あなお前~ (4, 0.4%)

1 から頂戴, がこの, なんぞから呼び捨て, わざわざ迎え

▼ あなたったら~ (4, 0.4%)

1 まずいじゃ, まるで青年, わたくしども女を, 建築家の

▼ あなひか~ (4, 0.4%)

1 うちか, ことわけ, 日は, 語を

▼ あな~ (4, 0.4%)

2 つたいなし 1 たいなや, なにも

▼ あな心持~ (4, 0.4%)

2 がした 1 で頭, は月日

▼ あな面白~ (4, 0.4%)

1 だなど, と歌, の景色, や

▼ あなあはれあすゆゑ~ (3, 0.3%)

3 に夕暮

▼ あなあはれきのふゆゑ夕暮~ (3, 0.3%)

3 悲し

▼ あなあはれ我~ (3, 0.3%)

2 も見 1 も目

▼ あなあはれ身~ (3, 0.3%)

3 のゆゑ

▼ あなおもしろ~ (3, 0.3%)

1 の交響, の浮世, や

▼ あなしばし~ (3, 0.3%)

1 ちやる, 虫啼きしきる, 闇に

▼ あな~ (3, 0.3%)

1 いやいい, 昏めば, 豊浦の

▼ あなとう~ (3, 0.3%)

21 とー

▼ あななんて~ (3, 0.3%)

2 どこにも 1 云つけが

▼ あな~ (3, 0.3%)

1 である実に, なの, を出し

▼ あな寂寥~ (3, 0.3%)

1 や其の, や吾胸, や寂寥

▼ あな~ (3, 0.3%)

2 や揺 1 むや渓裾紅葉鉾杉の

▼ あな悲し~ (3, 0.3%)

1 あな暗し, わが推し, 白木蓮の

▼ あな笑止~ (3, 0.3%)

1 や, や小兵者, 苦しい言い訳

▼ あな~ (3, 0.3%)

1 だった, なく留まる, もなし

▼ あなあはれここ~ (2, 0.2%)

2 の丘窪

▼ あなあはれ不尽~ (2, 0.2%)

2 の高嶺

▼ あなあはれ人~ (2, 0.2%)

2 のこの世

▼ あなあはれ冬~ (2, 0.2%)

2 の鉾杉

▼ あなあはれ天方伯~ (2, 0.2%)

2 の手中

▼ あなあはれ岡~ (2, 0.2%)

2 の鉾杉

▼ あなあはれ摩訶曼珠沙華出~ (2, 0.2%)

2 で入る

▼ あなあはれ榧~ (2, 0.2%)

2 と栗

▼ あなあはれ欅~ (2, 0.2%)

1 の枯木, の枯木行き

▼ あなあはれ水~ (2, 0.2%)

2 の辺

▼ あなあはれ空~ (2, 0.2%)

2 飛ぶ鳥

▼ あなあはれ老木~ (2, 0.2%)

2 の二木

▼ あなあはれ遠田~ (2, 0.2%)

2 の蛙

▼ あなあはれ雀子~ (2, 0.2%)

2 よとて雀子

▼ あなあはれ雨~ (2, 0.2%)

2 の鉾杉

▼ あなあやし~ (2, 0.2%)

1 か, 紫の

▼ あないたまし~ (2, 0.2%)

2 のな

▼ あない云う~ (2, 0.2%)

1 てくれはる, てはる

▼ あなうたて~ (2, 0.2%)

2 やな

▼ あなうま~ (2, 0.2%)

2 さよと

▼ あなうら悲し~ (2, 0.2%)

2 優まみの

▼ あなおそろし~ (2, 0.2%)

1 と言, の世

▼ あな~ (2, 0.2%)

1 がりが, なしやと

▼ あなかしこ不尽~ (2, 0.2%)

2 の高嶺

▼ あなかしこ小松叢生~ (2, 0.2%)

2 ひ辺

▼ あなかしこ謹~ (2, 0.2%)

2 で附

▼ あなかしこ麻布~ (2, 0.2%)

2 第三聯隊

▼ あなかも~ (2, 0.2%)

1 しれません, 知れない

▼ あなからは~ (2, 0.2%)

1 涙が, 見えません

▼ あなくやし~ (2, 0.2%)

2 われは

▼ あなここ~ (2, 0.2%)

2

▼ あなこと~ (2, 0.2%)

1 は当りまえじゃ, よ

▼ あな~ (2, 0.2%)

1 ょだ匂あ, ょに

▼ あなその~ (2, 0.2%)

1 空に, 貧乏した

▼ あなづら~ (2, 0.2%)

1 ひ, れて

▼ あな~ (2, 0.2%)

1 不審のか, 化けものを

▼ あななあ~ (2, 0.2%)

1 そうだろ, 古賀

▼ あなひとしきり~ (2, 0.2%)

2 飛び連れ

▼ あなわが~ (2, 0.2%)

1 少女, 血にぞ

▼ あなわびし~ (2, 0.2%)

1 うたてくも, 都大路は

▼ あな~ (2, 0.2%)

2 きは

▼ あな三十円~ (2, 0.2%)

2 という大金

▼ あな~ (2, 0.2%)

1 れけむ, れけん声

▼ あな~ (2, 0.2%)

1 煩しと, 疎しの

▼ あな哀れ明日~ (2, 0.2%)

1 もまた, も亦

▼ あな喜ばし~ (2, 0.2%)

2 の祥兆

▼ あな夥し~ (2, 0.2%)

1 の源氏, の雲

▼ あな嬉し~ (2, 0.2%)

1 と言, 霊の

▼ あな~ (2, 0.2%)

1 と懺悔, ふと聖書

▼ あな忌々し~ (2, 0.2%)

2 とく去

▼ あな惜し~ (2, 0.2%)

1 さる良き, や

▼ あな~ (2, 0.2%)

1 と見た, や呼べ

▼ あな我が~ (2, 0.2%)

2 君の

▼ あな映ゆし~ (2, 0.2%)

2 もろもろの

▼ あな暗し~ (2, 0.2%)

1 ものう, 醋の

▼ あな清明け神~ (2, 0.2%)

2 にします

▼ あな清明け神倭磐余彦~ (2, 0.2%)

2 その命

▼ あな~ (2, 0.2%)

2 ぞ點

▼ あな~ (2, 0.2%)

1 とは別れん, は早

▼ あな~ (2, 0.2%)

2 ゆ皇子に

▼ あな空手唇~ (2, 0.2%)

2 乾き

▼ あな美し~ (2, 0.2%)

1 あな潔し, も

▼ あな~ (2, 0.2%)

2 さよと

▼ あな~ (2, 0.2%)

1 のなか, をみつけ

▼ あな~ (2, 0.2%)

2 立てり降るべしや

▼ あな~ (2, 0.2%)

1 は人身, もはかな

▼ あな遠し遠き~ (2, 0.2%)

2 山脈あな高し高き

▼ あな~ (2, 0.2%)

2

▼ あな~ (2, 0.2%)

1 が吹く, に化かされ

▼ あな飛び飛び~ (2, 0.2%)

2 て消え

▼ あな高し高き~ (2, 0.2%)

2 山脈立ちとまり見れ

▼ あな~ (2, 0.2%)

2 の鳥

▼1* [279件]

あなあいにくの鳥, あなあさましや, あなあな玻璃のおびゆる, あなあはれあなあはれいつか雨ふらむ, あなあはれいつか雨ふらむ, あなあはれなにをもとめ, あなあはれまことしろきかも, あなあはれむかしの春, あなあはれよの常, あなあはれ世の常の事, あなあはれ人間闇の海, あなあはれ今朝は一面, あなあはれ日の消え, あなあはれ汝が香, あなあはれ目に霧, あなあはれ鈍や亞米利加神風, あなあぶな妻兒如何にと, あなあやまれと言え, あなありがたとをが, あなあんのこった, あないいかいくれぐれも, あないいうといてん, あないいかげんにしな, あないけんどよただ, あないせエ, あないせる尼僧の, あないっぱいになっ, あないに我が儘, あないぶせ銚子かけ, あないまに出征, あないやいやかかる世, あなぬが, あなうち転ぶ人, あなうつろなるさま, あなうら若きわが影, あなうるさ草, あなうれしうれしかりけり生きのびて, あなをとこ, あな花ちゃんに, あなおいこう見え, あなおいたわしや, あなおしのちゃん, あなおたがいにこう言った気性, あなおぼつかな五月雨の, あなおろかや, あなおん身は何人, あなお雪百姓するなあ, あなかうがうし明け, あなかしこあなうれしとおしいた, あなかしこおのれよろしよ, あなかしこなみだのおく, あなかしこ何の不思議, あなかしこ神にしあらぬ, あなかしこ私などの知らぬ, あなかたじけなあなかたじけな, あなかなし五浦少女草いきれ暑き, あなかはゆ白き, あなかべにえぐられたくぼみの中, あなかま音におどろき, あなかま風の竹, あながぞくと, あなきしきしと, あなぐらでこの初冬, あなぐらと梁と鉤, あなぐらのようなところをずんずんむこう, あなぐらの形に進ん, あなぐらへでも落ちこんだよう, あなぐら部屋へ靴, あなぐりもとむれどもつひに, あなぐれる事に, あなこと僕がする, あなこの辺で, あなごときすの, あなささうだがまあ, あなさびし子らが, あなさやけ今朝は, あなしづか父と母, あなじゃなさそう, あなずる者ぞ, あなせつなさの, あなそりゃあお前女子の左頬, あなそんだが, あなたくぢら見た, あなたつてやつぱり, あなたらしくも無い, あなたん所でお客, あなちぐはぐなおまけ, あなちっとばかり放し, あなぢよだ匂, あなつたものが, あなつたのはその, あなづりして不敵の振舞, あなではあるし, あなでもあれば, あなというのは, あなとばかり声を, あななつかしと昔, あななるほどどうして秋, あなにだってこのうち, あなにでも入りたくなった, あなにもぶつかったん, あなねもごろや, あなのであっしが, あなのよこうな, あなばかりが若し殘, あなひか具せし唯ひとり山路にこそ, あなひしてよと云, あなひだるさや, あなひとね, あなひもじさよ, あなへとにげる, あなへはいこみました, あなましてお前と, あなまずゆるゆるこれを, あなまた玻璃の, あなまだろこしい, あなみたいなこと, あなみにくさかしらを, あなむくむくし, あなめあなめ空地の尾花, あなめづらしや, あなめでたや, あなめ空地の尾花, あなもっと早く来よう, あなもともとウヌ一人の, あなものを見, あなやくなし, あなゆかしロレンゾか, あなゆゆしかも朱, あなゆるせやと唸き, あなよし向うが, あなよというまに, あなぬう, あなりすとたち, あなづらはし東屋, あなわけで指, あなわびしらや戀, あなお喜乃, あなアイヌ語だという, あな一本の足, あな一生懸命に勉強, あな不便の事, あな予感がした, あなも愚か, あな人間に物, あな似つかしき雄, あなが不思議, あな何事のお, あなたりやほととぎす, あな侘し今五年さきに, あな俺あなもともとウヌ一人, あなまし, あな兄弟よ我が, あなじと, あな勘弁しろ勘弁, あな勝ち時代錯誤ではあるまい, あな勿体なしといわぬ, あな匂いが鼻先, あなしろく, あな印象を眼, あなだつけ, あな古鏡往にし世, あなは動かねえ, あな和魂の片身, あな哀し戀の, あな哀れ昨の, あな哀れ今日もまた, あなひ女, あな唐鍬なんざ錢出, あな大丈夫だから, あな大日枝の額, あなの, あな天雲にともなはれ, あなだつた, あなの聟, あな嫉ましと言, あな公自分でも, あな寂し金色に, あな尊しと仰ぎみた, あな己たちはホーキンズ君, あな幽か鬼の子, あな幾夜か経, あなや, あな往きたりやほととぎす, あな心地で皆, あな心地よき火や, あな心持ちがし, あなや, あな思いが胸, あな性質があった, あな恋し嬉しなど云, あな恐怖より, あな息衝かし見ず久に, あな悲し紅き帆きたる, あな悲哉とて, あなましき, あなけ此櫛, あな愛しここは, あな感じの声, あなは死線, あなの深, あなのま, あなや冷たき, あな暫時なれや, あな暮れてもゆく, あな有難や法, あな朽つる肉の香, あななんぞを出さねえで, あな楽し真白なる, あなもあれ, あな気持ちになる, あな氣疎しや, あな水底より浮びくる, あな汚しと, あな涅槃の西, あなへた, あな消えぬともし, あなもて, あな清け小田の, あな清けおもしろ雪よ, あな潔しあな尊し, あな無益なる詞, あな無花果は, あなはし, あななし兒, あな物狂ほし, あなも歩け, あなはや, あな玻璃のおびゆる, あななまと, あな生憎の鳥, あなと唱え, あな忽吐息いで, あな皆さん仙衛ムどん初め今日のお仕置き, あな目つきで睨ん, あな線香で鰯, あなはし, あな羨し世に, あな胡弓彈き, あな舞台に活気, あなはや, あな花びらの, あな落ちんとす光り, あな蒼蠅き人, あな薄っぺらなやつ, あな薄暮の曲, あな藪医者どもに何, あなの報せ, あな蛇足をしひた, あなに三十人, あなのもの, あな見よ青き大月, あな覺束なの, あなかし畫工は, あな許されぬ慧の, あな証人の入っ, あなし, あなをする, あな誇りかの物, あなむべき, あなりたり, あな貴方様はどうして, あな赤き血浴びし, あな赤ちゃけた血が上り, あな足音絶え入り, あなは落つる, あな踈忽吐息いでたり, あな違いだっただけの, あな賢しらを, あな醜くさかしら, あなに不足, あなきに, あな雨上りの後, あな面影の, あな面憎や, あな音色柔らに, あなは爛れ, あな白きわが, あな馬鹿なもん