青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「飮~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~食べる 食べる~ ~食事 食事~ ~食卓 食卓~ ~食堂 食堂~ ~食物 食物~
飮~
~飯 飯~ ~飲み 飲み~ ~飲む 飲む~ ~飲ん 飲ん~ ~飲んだ 飾~

「飮~」 1661, 18ppm, 6372位

▼ 飮~ (302, 18.2%)

5039 でゐた 25 でも 13 では 12 だの 7 でゐ, で居た 6 だが 5 だこと, だ酒, でるの 4 だくれの, だ時 3 でゐました

2 [16件] だあと, だかて, だと, だといふ, だな, だやう, だらどう, だりし, だりする, だり喰, ぢや, でる時, でゐたら, で歩い, で死んだ, で見

1 [85件] じまひ, だお, だおや, だかつ, だかも, だからな, だくれだから, だくれにな, ださうだ, ださうぢ, だつて, だつぺつちけな, だところが, だとは, だとやら, だので, だばかり, だふるさと, だもの, だらいくぶん, だら三田公, だら必ず, だりした, だりとどこほり, だり女, だり寢, だり打つ, だり熱い, だり筆立, だり谷川, だり遊ん, だり雜煮, だり食っ, だん, だビール, だ上, だ事, だ人, だ今夜, だ將, だ明日ぢ, だ時ア他, だ末, だ母, だ牛乳, だ眠り藥, だ者, だ與吉, だ葡萄酒, だ藥, だ證據だらけぢ, だ費用, だ醉, ぢやつた, でい, できたと, できたの, ですつかり潰れて, でないシャンパン, でもいい, でもかめしめへん, でや, でやれ, でるかい, でること, でるし, でるぢ, でる始末, でる後, でる樣子, でゐます, でをる, で別れ, で別れた, で別れたい, で居りました, で歩いた, で行きませう, で見た, で見たい, で見たくなる, で見たる, どくれ, なさいましよ, もしねえで

▼ 飮~ (271, 16.3%)

6 干した, 込めて 5 に行く 4 に來, 乾した, 干して, 給へ 3 さしの, 乾して, 屋の, 食ひ

2 [12件] たまへ, ながら話し, にならない, に行き, に行つて, 合つた, 屋に, 度く, 水と, 盡し, 終へて, 肉を

1 [202件] かたも, かたを, がてら, さしぬ, さへ, そしていちど, そして平, その一盃機嫌, たるにも, たる者, つぶしだ, て, てあら, てかく, ても玉山, て少女, て彼岸, て後, て微, て心, て暫く, て涙せりけり, て渇癒, て猛然と, て罪過, て酒, て酩酊, でどんな, ではない, でもない, で三田, ながら, ながらお, ながらさ, ながらしばらく, ながらそして, ながらのべつ, ながらの話, ながらよもやま話, ながら一時間, ながら之, ながら休ん, ながら僕, ながら唄, ながら大野, ながら女, ながら彼, ながら心ゆく, ながら早, ながら熟, ながら父, ながら碁, ながら見, ながら詰問, ながら話, ながら話す, ながら近所, ながら頬, にいく, にかかった, にかかる, にき, にどやどや, になつて, になる, にはいる, に似合, に家, に母屋, に行, に行かう, に行かん, に行つたの, に飮ん, ぶりが, ぶりは, ほさなき, また身體, まだしばらく停車, まほう, もせず, もの, も食ひも, をし, クロワサンを, パイプも, 一人し, 三時頃雨戸を, 下した, 下したわたし, 且つ眺む, 且つ語り, 且つ食つて, 世界地圖を, 久保も, 乍らまた, 乍ら事件の, 乍ら俺の, 乍ら其邊を, 乍ら水神の, 乍ら稚, 乾さんと, 乾肉を, 交して, 他の, 代でも, 倒しは, 僞善の, 充分に, 助だ, 助です, 又寂靜, 友達が, 友達の, 口でも, 合つてゐる, 合ひ, 土百姓が, 天に, 客の, 室に, 寢ね, 居たり, 屋から, 屋で, 干さ, 干しそれ, 干したばかりの, 干したコツプ, 干し自分, 度い, 度いが今, 度いと, 度いんだ, 廻つて家へ, 廻つて居た, 廻つて自分で, 慈父の, 手の, 握飯を, 損ねて, 放題の, 方は, 方を, 日の, 明かして, 更かした, 次から, 歌へ, 殘し, 殘した, 殘しです, 殘り, 水に, 沈鬱に, 沙魚の, 滋養の, 滓がね, 滓じゃあ, 潰して, 澤田子は, 爺さんの, 物, 物には, 物は, 物を, 獨りで, 盡くす, 盡した, 盡しぬ, 盡せ, 相棒でも, 納めだつたの, 終つた時到頭, 終つた時渠は, 終つた私が, 終日臥床呻吟, 續けた, 續けて, 習ツて, 肱を, 茶碗が, 荒らし喰, 菓子を, 褞袍の, 讀書なども, 足りなくて, 込めたらしく彼, 込めない, 込めば, 込んだ, 逃げも, 逃げ食べ, 遊宴歡語し, 過ごした, 醉ひ, 頭から, 食いさせて, 飮んで, 餘し, 馬を, 魚を

▼ 飮んで~ (209, 12.6%)

13 ゐる 7 來た 6 ゐると 5 ゐるところ 3 ゐるの, 居る 2 あんたが, いらつし, 寢て, 貰ひ, 遲く

1 [162件] あてが, いた, いたが, いなければ, うさを, おしんの, おつき合ひくださらん, おられるじゃ, お勘定, くれたま, さあ來, さつ, さて杯, しまうたは, しまうと, しまはないうち, しまひます, しまひ今, しまひ終, しまふ, しまへば, その擧句バー, それからまたノツシノツシ, それに, た, たのしむには, なるもの, はる, ひどく醉, また庭, もうそれ, やる機械, ゐない時, ゐられるかい, ゐられる場合ぢ, ゐるありさま, ゐるが, ゐるし, ゐるだけの, ゐるといふ, ゐるに, ゐるのに, ゐるやう, ゐるん, ゐる三七郎, ゐる中, ゐる事, ゐる場合以外, ゐる奴等, ゐる宿, ゐる時, ゐる癖, ゐる連中, 一日を, 乘り, 了つてからに, 二晩泊つて十六日の, 二階で, 五十嵐は, 休むん, 何を, 來たんだ, 來て, 來る, 元氣, 内心一の, 別れようぢ, 効きすぎて, 動かないの, 午前と, 印度洋の, 各自に, 夕方飮食物共だつた, 夜更かし, 大に, 夫れ, 好きな, 客に, 寢た, 寢たつ, 寢たら, 寢ちやは, 寢ちや手前の, 少し元, 少し落着, 少し醉, 少年と, 居るから, 居ること, 居るそれ, 居ると, 居る主人, 居る人々, 居る小牛, 居る自分, 居る間, 布團を, 床に, 徐ろに, 御機嫌の, 徹宵徹夜した, 怎するだ, 怒つて, 思ひ切つて, 恐しく突き詰めた顏, 恢復した, 愈々噺, 愉快を, 戴かなけりや, 文學を, 景氣を, 暖を, 歌ふ, 歸宅した, 江戸へ, 源太郎の, 漸く胸, 灸を, 甘い蒸菓子, 男から, 畢つた, 病室へ, 直ぐ休む, 直ぐ例, 眞つ, 眞赤な, 眞赤にな, 私が, 素性の, 脈を, 腋臭を, 腹が, 腹を, 行かない, 行かれよといふは, 行がねと, 見よう, 見ること, 見るん, 見る者さ, 語り合つてゐる, 贅肉が, 赭ら顏を, 酒の, 醉つ, 醉つた, 醉つてゐる, 醉ふた, 食つた, 食つて百萬遍も, 食つて花火が, 食つて騷ぐ會な, 食ふ, 飯に, 飯を, 騷いだ, 騷いで, 騷いでゐる, 騷ぐといふにすぎない, 騷ぐ分には, 騷ぐ抔といふ, 鯣の

▼ 飮~ (95, 5.7%)

3 ないので, る, るが, るの 2 ない, ないの, ない酒, ぬと, ば必ず, や歌, り, ると, るならじか, るを

1 [63件] たからねえ, といふ酒, と云, と加藤, と強, ないから, ないつて事, ないと, ないもの, ないビール, ない丁度, ない人間, ない有, ない私, なかつた, なかつたと, なくなつちやつたん, ぬ, ぬ癖, ばいい, ばきつ, ばこの, ばすぐ, ばとて一合四五錢, ば一升, ば仔細, ば又, ば只, ば味, ば咽, ば幾ら, ば心, ば忽ち, ば惡醉, ば歩き, ば涙, ば癒, ば自他共, ば解り, ば飮む, ば飮むほど心配, へんの, ませぬと, まへん, もしない, や唄, よ, よ何, よ喰, るからと, るしといふ, るだけの, るなら少し, るのにと, るよ, る刹那, る口, る樣, る者, る譯, る酒, 決して細君以外, 無い

▼ 飮~ (83, 5.0%)

9 んと 4 なければ 3 なかつた, ん 2 しむ, ないでも, ないの, なくては, ぬもの, む, んか

1 [50件] さむと, しめて後, せりや, ないせい, ないつて, ないで, ないでは, ないと, ないので, ないのに, ないやう, ないよ, ない酒, ない飮, なかつたかも, なかつたが, なかつたし, なかつたよ, なかつたらう, なかつたらしいよ, なかつたらしい子分, なくたつ, なくちゃ, なくちや, なけり, なけア, なけア飮, ぬ, ぬと, ぬ市子, ねえ, はる藝奴はんだつせ, ばちと, むか海, むとす, むとてめぐり, れるん, れる量, んかて, んかとまで, んかねえ, んこと常の, んとて, んな, んは, んやうな, んよ, ん人は, ん方が, ん時に

▼ 飮ませ~ (37, 2.2%)

2 たり何, てやつ

1 [33件] その上, ていい, ておい, ておけ, てください, てくれ, てなる, てやらう, てゐる, て中食, て呉れ, て呉れぬ, て呉れました, て居た, て懷中, て置いたら, て置きたい, て自分, て見ろ, て貰, て靜, て頂く, にかかった, に連れ, までし, よといふ女, 度いのなら, 或所, 旅行者無事に, 毒食を, 給ふと, 給へ, 自分にも

▼ 飮まう~ (30, 1.8%)

53 ぢや, とする 2 と思ふ, や, よ

1 [13件] かと思ふ, かな, が喰, ぞ, とあ, といふ, といふ氣性, とした, としない, とすれ, と云, と谷ば, 飮まう

▼ 飮~ (29, 1.7%)

2 に適したる, 打つ買

1 [25件] がよい, が他, が善い, が愈々, この代, この時, です, で饒舌, と總, に便宜, に各, に甘く芳しき, に足る, の喜び, は勿論, は近, は過去, ほどに醉, ほど顏色, もいと, 凄い飮, 如く徐々に, 愉しみ, 打つの, 故なるべし

▼ 飮~ (27, 1.6%)

2 下げた, 下げて, 下げました, 下げようと

1 [19件] さげて, やつた, やつて, 下げさせたの, 下げさせて, 下げさせるの, 下げそこねたわけ, 下げたつて, 下げたの, 下げちや勿體, 下げては, 下げてを, 下げなくちや, 下げるつもり, 下げると, 下げるやう, 始める頃, 惠み, 起す

▼ 飮まず~ (25, 1.5%)

1 [25件] い, さバタバタツと, でもいい, で人間, で見張つて, と辭むに, なりぬ, にせつ, に日, に歌, に置いた, や, 動きも, 只一囘ビールを, 嫌ひ, 嫌ひといふ, 煙草も, 稀に, 辛抱強く働いた, 部屋は, 食は, 食はず, 食はずぢや, 食はずに, 食はず不動の

▼ 飮むの~ (21, 1.3%)

2 だ, を待つ, を樂しみ

1 [15件] が一番, が大, であるが, であると, です, ですか, に不自由, は何故, は御, は忘れ, は營業妨害, は精神, も遊ぶ, を樂ん, を見

▼ 飮むこ~ (17, 1.0%)

2 とになつ

1 [15件] とがあります, とが多, とだ, とだけは達者, とです, とについて忠告, とに心がけよう, とは姉, とは暑い, とも惡, とも現在, とを別に, とを愛する, とを缺, とを辭

▼ 飮まし~ (13, 0.8%)

1 [13件] たりなんかし, て, てみろ, てやらない, てやる, て崩浪亭, て追放, とくんな, ながら言葉靜, むる, めし飼養の, よそつちの, 苦い顏

▼ 飮ませる~ (12, 0.7%)

2 のは 1 からと原庭, がい, ぞ, と言つて, のが, やうに, カツフエでも, 家は, 藥の, 赤玉といふ

▼ 飮~ (11, 0.7%)

2 下が, 下がりましたぜ 1 さがつた, 一ぺんに, 下がるか, 下がるだらうと, 下がるぢ, 下つたらう, 下るといふ

▼ 飮ます~ (11, 0.7%)

1 [11件] かと聞きました, から飮むの, ことは, と直ぐ, な, なお前, なと言, のが, のでさ, をえしめん, 時分には

▼ 飮みほ~ (11, 0.7%)

6 して 2 した 1 しぬ, し着物, すべき盃

▼ 飮むか~ (10, 0.6%)

1 くびを縊, と云, な, ね, らで, らと, ら出, ら家の, 寢る, 飮まされるかしました

▼ 飮~ (9, 0.5%)

6 へん 1 下がる景色ぢ, 客として, 客の

▼ 飮まされた~ (7, 0.4%)

1 か眞赤, には飮, に違, のと, もんです, 惡酒の, 酒臭い

▼ 飮みたく~ (7, 0.4%)

2 なつた 1 なつから, なつた時, なつちやつた, なつて, なつて女中さん

▼ 飮むあんた~ (7, 0.4%)

6 が飮む 1 がいつ

▼ 飮まされ~ (6, 0.4%)

1 てかの女, て少し, て死んだ, て眞赤, て醉つて, 杉田も

▼ 飮ませた~ (6, 0.4%)

1 といふ話, らい, んだらう, 後再び, 時にや, 時分から

▼ 飮みし~ (6, 0.4%)

1 が所謂毒, ため, ためマディアンに, ている, とは信ずる, は正午

▼ 飮むと~ (6, 0.4%)

1 しよんぼりと, たいていそんな, 再び槇, 同量, 打つたりなんか, 赤くなる

▼ 飮みたい~ (5, 0.3%)

1 から入れた, がそれ, けど, なア, んでしよう

▼ 飮みつ~ (5, 0.3%)

2 ぶれて 1 づけて, て紳士ぢ, ぶれたこと

▼ 飮む事~ (5, 0.3%)

1 がある, と喰, は, も無く, を禁じ

▼ 飮む者~ (5, 0.3%)

1 なさ, にむか, は銘酊つて, もある, 更にまた

▼ 飮む酒~ (5, 0.3%)

1 である, はうまい, はまつたくうまい, は危險, も一種

▼ 飮用水~ (5, 0.3%)

1 とは見えず, にし, には藪, も此川, を汲むべき

▼ 飮~ (4, 0.2%)

1 てゐた, て滯歐中, て速達, 二十五個月以後は

▼ 飮みと~ (4, 0.2%)

4 いふもの

▼ 飮みなれ~ (4, 0.2%)

21 飮ま, 飮みなれ

▼ 飮むに~ (4, 0.2%)

1 は堪へずし, は日本酒, は更に, もどう

▼ 飮むべ~ (4, 0.2%)

1 かりき, かりけり, きに, し

▼ 飮む方~ (4, 0.2%)

1 がうまい, が悧巧, でへツ, のつき

▼ 飮む時~ (4, 0.2%)

1 が恐らく, に大, に大きな, に面

▼ 飮まされる~ (3, 0.2%)

1 か知れた, ともういつも, の

▼ 飮まざる~ (3, 0.2%)

1 がゆゑ, をえ, を得ない

▼ 飮まして~ (3, 0.2%)

1 やらう, やらう醉, 海ん

▼ 飮ませられ~ (3, 0.2%)

1 て漸く, んの, 暫時その

▼ 飮ませられた~ (3, 0.2%)

1 あげく無理強ひ, と云つて, のだ

▼ 飮みかけ~ (3, 0.2%)

1 てゐた, てゐる, の茶さ

▼ 飮みた~ (3, 0.2%)

1 がつて, けりや, まひて

▼ 飮みのお爺さん~ (3, 0.2%)

1 などとは較べ, の瘤, もまた

▼ 飮みまし~ (3, 0.2%)

2 よか 1 て而

▼ 飮みます~ (3, 0.2%)

1 な, ねえ, ねえあんた

▼ 飮み過ぎた~ (3, 0.2%)

1 のだらう, 半分で, 頭の

▼ 飮むあて~ (3, 0.2%)

3 が飮む

▼ 飮んでしまつた~ (3, 0.2%)

1 のだ, のね, 夢を

▼ 飮干す~ (3, 0.2%)

1 としやん, とやがて, と奪

▼ 飮~ (2, 0.1%)

1 ません, ア大概エ醉ツて

▼ 飮ける~ (2, 0.1%)

1 んや, 女には

▼ 飮って~ (2, 0.1%)

1 らっしゃるところ, 來ました

▼ 飮といふ~ (2, 0.1%)

1 物凄さ, 藥を

▼ 飮~ (2, 0.1%)

1 のお母さん, の阿

▼ 飮まざれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ば酒

▼ 飮ました~ (2, 0.1%)

2 とのなつかしい

▼ 飮まつ~ (2, 0.1%)

1 せえ, せえよお

▼ 飮まね~ (2, 0.1%)

1 えで, えんださ

▼ 飮みい~ (2, 0.1%)

2

▼ 飮みかけた~ (2, 0.1%)

1 時に, 酒の

▼ 飮みつけない~ (2, 0.1%)

1 もんです, 強い酒

▼ 飮みなさい~ (2, 0.1%)

1 と云, よ

▼ 飮みなれへん~ (2, 0.1%)

1 の, のか

▼ 飮みま~ (2, 0.1%)

1 ほ, ほうい

▼ 飮みませう~ (2, 0.1%)

1 と豐, や

▼ 飮みまつ~ (2, 0.1%)

2

▼ 飮み始め~ (2, 0.1%)

1 てからお, てからは案外

▼ 飮み始める~ (2, 0.1%)

1 と何年, と水

▼ 飮み直さう~ (2, 0.1%)

1 か, といふ

▼ 飮み直す~ (2, 0.1%)

1 がい, ときめ

▼ 飮み込める~ (2, 0.1%)

2 やうに

▼ 飮むために眼~ (2, 0.1%)

1 をさまし, を覺

▼ 飮むところを~ (2, 0.1%)

1 見たの, 見なかつたの

▼ 飮むやうに~ (2, 0.1%)

1 快よい, 美味くなけれ

▼ 飮むん~ (2, 0.1%)

1 だよ, です

▼ 飮む丈~ (2, 0.1%)

1 で宜しい, なら水

▼ 飮む前~ (2, 0.1%)

1 に一家, に彼

▼ 飮む外~ (2, 0.1%)

1 に能, は無

▼ 飮む水~ (2, 0.1%)

1 の水, の輕さ

▼ 飮む爲~ (2, 0.1%)

1 だ水, に即ち

▼ 飮む男~ (2, 0.1%)

1 かよ, を卑怯

▼ 飮む買~ (2, 0.1%)

1 ふ打つの三道樂, ふ摶

▼ 飮めん~ (2, 0.1%)

1 のなら, のやつ

▼ 飮めんやう~ (2, 0.1%)

1 な事やつ, な男

▼ 飮~ (2, 0.1%)

1 ないの, ない方

▼ 飮んでから~ (2, 0.1%)

1 殼を, 言つた

▼ 飮馬食~ (2, 0.1%)

1 して, の勢

▼1* [217件]

けりや豪儀, 飮ざるも亦, 飮しげきドイツ人の, 飮すること二十年餘にも, 飮若くは, 飮せし少女なり, 飮だろ正覺坊, 飮ぷり丈や, 飮つくらした事が, 飮つこしてねひどい, 飮つて來ました, 飮これなくし, 飮醉ふかの, 飮口な, 飮碧童だけ, 飮まさずてこの, 飮まさずして御, 飮まされたらしいおとき, 飮まされるかしましたねお, 飮ましめ又別に, 飮ましめ肴せんとて, 飮まする駒の, 飮まずして酒, 飮ませねえのは, 飮ませますと菰, 飮ませませんよ, 飮ませようとする, 飮ませりやそんなに, 飮ませろと, 飮ません事には, 飮まで居るべし, 飮まれてなる, 飮まれたんじや, 飮まれようと思う, 飮まれ馬に食, 飮みあかすことを, 飮みおわっていた, 飮みかけようとした, 飮みぐるしい案内者よ, 飮みすぎたがその, 飮みたいんだ, 飮みたい時に大分, 飮みたい者は車, 飮みたかつたのである, 飮みたがらない牛乳をも, 飮みたくないと仰し, 飮みたる者と, 飮みたれど古人, 飮みつ振りも氣前, 飮みづらさうにし, 飮みというのはどういう, 飮みといふに, 飮みとぎれがちな, 飮みなよ俺, 飮みなさるがいい, 飮みの上磊落で豪傑, 飮みの友達が彼等, 飮みの女房か何, 飮みの父親は月, 飮みの豪傑のため, 飮みはじめた十何年か, 飮みはじめたる一合の, 飮みほすと生活, 飮みましたよ, 飮みましょうアレクセイ・イヴァーノヴィチ, 飮みや藝者買ひを, 飮みんか, 飮み出したのだ, 飮み出したら折角の, 飮み出すといふ騷ぎ, 飮み嗜む爲の, 飮み始めなければい, 飮み干さなくては眞, 飮み干せる瀧口は, 飮み明かさうか, 飮み歩いた折の, 飮み直さなくちやいけ, 飮み直し十二時すぎ, 飮み直したくなつて, 飮み直しましよう, 飮み睡むりそして, 飮み納める事も, 飮み終らぬ中, 飮み足りない位の, 飮み足りなかつたんです, 飮み足りると氣, 飮み込まうとした, 飮み込ませようとする, 飮み込む素人には, 飮み込んでしまふ, 飮み込んでしまつたんだ, 飮み通す筈で, 飮み過ぎさ, 飮み過ぎない樣に, 飮み過ぎらしいのだ, 飮むがいゝ殘つた盃は即座, 飮むが何の藝, 飮むが飮干したら歸, 飮むけれどおや, 飮むその音, 飮むためだがその圖體, 飮むためにそれだけの骨を折る, 飮むための用意の魔法壜, 飮むでゐる間ア眞箇何も彼, 飮むといつでもあんな事を言つて仕方, 飮むといふのではまだ酒, 飮むといふのは福を分つ, 飮むといふよりは酒を愛する, 飮むといふ事は斷, 飮むとうまいのだと一本のビール, 飮むとかいふ傾向を帶びて來, 飮むとかまたはくすりの代りに飮むとかいふ傾向, 飮むとか食ふとか, 飮むときには先づ一番先に家, 飮むとここは茶の間, 飮むとすぐ顏が熱く, 飮むとぢいんと, 飮むとどんなきき目がある, 飮むとなると殆んど, 飮むとパンパンパンパンパンと空, 飮むと云ふの, 飮むと云つてそれを濟, 飮むと十年くらゐづつ, 飮むと姐さんは直ぐ, 飮むと實際氣が晴れる, 飮むと屹度下痢をする, 飮むと彼は首, 飮むと止度が無く, 飮むなつちんだなんてお, 飮むなどといふ約束はわづら, 飮むなどはおよそ滑稽な自殺行爲, 飮むなら貸して, 飮むなら向うの隅, 飮むなれこの癖とやめ, 飮むなんて俺は三年越夢, 飮むにあたりて己の弱き, 飮むにいたるまでに經過せる時間, 飮むにも喉が狹め, 飮むにも隱密と飮む, 飮むのか酒を飮, 飮むのが私にはひどく, 飮むのさ邪魔さねえば, 飮むので一層醉つて, 飮むのですよと彼女, 飮むのでは無い, 飮むのではなくして馬の乳, 飮むので夥か減らし, 飮むのとは味が違, 飮むののうまいのも一に是, 飮むのはいいが飮んで醉, 飮むのはいかぬが少しは, 飮むのはまだしもだがおほ, 飮むのも惡からう, 飮むのも盜人や, 飮むの三道樂に身, 飮むべきものでない, 飮むべぢやなし, 飮むほど心配する, 飮むものかどうか知らないが, 飮むものと極めてゐるらしい, 飮むものも飮まずに, 飮むやうな, 飮むらんやう, 飮むんですがぶりと, 飮むコツプに冷酒, 飮む一杯の水, 飮む人があつ, 飮む位ゐで, 飮む兩刀遣ひだ, 飮む地方の人, 飮む女やいふ, 飮む奴の意地, 飮む折の原則, 飮む時分には他, 飮む時白鷺の一羽, 飮む椰子森は麒麟, 飮む樂しみはない, 飮む樣なもん, 飮む此の三つ, 飮む毎晩四合の酒, 飮む氣は無くなる, 飮む爲めに日頃素, 飮む物も與, 飮む犢子の母, 飮む的の仙人, 飮む筈の三本目, 飮む習慣が有, 飮む者永遠に渇く, 飮む變てこな病人, 飮む賭博をする, 飮む金があれ, 飮む風をし, 飮む飮めば飮むほど心配, 飮めいふから飮, 飮めさうだぜ, 飮めといへり, 飮めども飽かざる, 飮め飮めと強, 飮う, 飮ものには驢, 飮血の道と, 飮らん方ですね, 飮になツ, 飮りましょうかちんと, 飮などは愚, 飮ろうじゃありません, 飮んでしまつてゐた, 飮及び惰眠を, 飮和尚よりは神, 飮振りを眺めました, 飮辛くも支へて, 飮込ませる數分の, 飮込み顏にそこ, 飮込めぬと云つた樣, 飮込んだやうな, 飮食品を貯, 飮馬食會をやつ