青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「鏡~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

録~ 鍋~ 鍬~ ~鍵 鍵~ 鎌~ 鎌倉~ 鎖~ 鎧~ ~鏡
鏡~
~鐘 鐘~ 鐵~ ~長 長~ ~長い 長い~ ~長く 長く~ 長屋~

「鏡~」 6266, 65ppm, 1757位

▼ 鏡~ (1942, 31.0%)

172 前に 138 ように 124 中の 94 中に 63 前で 61 ような 47 中で 36 やうに 32 前へ 28 中を 24 面に 22 前の 20 なかに 17 うちに 16 中から, 中には 15 面を 14 やうな 13 上に, 奥に 11 なかの, なかを 10 おもて, 下から, 前を 8 下に, 裏の, 部屋の 7 ところへ, 中へ, 方へ, 裏から, 裏に, 裏を, 部屋を 6 まえに, 前には, 底に, 面の 5 なかへ, 奥から, 奥で, 裏へ

4 [17件] うちの, ことを, ために, なかで, なかには, ようだ, ようだった, 下の, 前から, 奥の, 影を, 所へ, 様な, 表が, 表に, 間に, 間の

3 [22件] かけらで, ごときもの, ほうへ, まへで, ピントを, 中では, 光を, 印象砂の, 向こうの, 壁に, 方を, 様に, 水銀は, 水銀を, 表から, 部屋が, 部屋に, 部屋は, 部屋へ, 間で, 面から, 顔を

2 [77件] いっぱいに, うちから, かけらの, かけらを, ことなどは, ことは, ごとく, そばに, ついた化粧台, ついた大きな, ついて, ところに, ふちの, ほうを, むこうが, よう, ようで, フチなど, レンズに, レンズを, 上から, 上には, 上の, 上を, 下で, 中央に, 伝説の, 傍に, 傍へ, 傍を, 前まで, 反射する, 反射を, 口が, 向こうには, 国と, 壁を, 外に, 多い部屋, 奥を, 如きは, 如きもの, 如く滑かで, 如く純潔, 姿を, 広間に, 底から, 底には, 度を, 形に, 抽斗から, 方に, 樣に, 横から, 玉の, 玉を, 端に, 縁の, 置いて, 胸に, 表の, 表を, 表面に, 表面を, 装置を, 裏で, 裏には, 裏面に, 裡に, 話を, 賊, 間より, 面が, 面には, 面は, 面へ, 顔は

1 [520件 抜粋] あった場所, あるお, あること, あるところ, ある四畳半, ある場所, ある客間, ある方, ある煖爐, ある部屋, ある間, うえに, うしろに, うしろを, うちでは, うちと, うちには, うちを, うねうねと, おいらんを, おくに, おくに眼玉, おもてから, お餠, かかった部屋, かかって, かけら, かけらが, かけらなどを, かけらは, かけらみたいな, かけらや, かげなら消えうせるの, かげは, かげばかり, かべになっ, かわりに, ぐあいの悪い, ことである, ことについて, ごときありさま, ごときを, ごとき二つ, ごとき地帯, ごとき御, ごとき心, ごとき曇りなく, ごとき荻, ごとき青年, ごとくおのれ, ごとくなるも, ごとくに, ごとくはえて, ごとくひらき他方, ごとくわが身, ごとく光って, ごとく写すこと, ごとく冴えて, ごとく哀しく美しく, ごとく帆船, ごとく明らか, ごとく暗, ごとく果, ごとく瀬, ごとく煌, ごとく現実, ごとく磨かれたる壁, ごとく陽, ごとく鮮, ごとしじや, ごとなり, ごみを, さやけさ, すてられぬかな, せいで, そこに, そとに, その男, そばで, そばへ, そばを, それの, たぐいであろう, たまの, ついた世にも, ついた大理石, ついた戸棚, ついた洗面台, ついた箱入, ついた紙, ついた紫, ついた西洋, ついた西洋風, ついてるスタンド, つり革を, ところで, どこに, どの一面, どれか, ない人間, なかから, なかならぬ, にくらしき, ふちだけが, へんから, ほうが, ほうに, ほうは, まわりを, むき工合で, やう, やうだ, やうで, やうにか, やう天も, ようでも, よそよそしいつめたさ, わが夏姿, わくは, インタアヴァルから, ガラス質が, クロス・ヘアーに, サックは, トリックが, ヤアタに, レンズが, レンズだけが, レンズで, レンズの, レンズは, 一つであった, 一つの, 一方の, 一条を, 一枚一枚に, 一枚板で, 一番大きい, 一面に, 三分の一程の, 三角筒の, 上では, 上は, 上等の, 下での, 下において, 下より, 世界から, 世界で, 世界に, 世界には, 世界は, 両側に, 両面に, 中, 中からは, 中だって, 中でし, 中での, 中と, 中とを, 中なる, 中のが, 中ばかり, 中心に, 丹ちゃんなんかが, 主人も, 事から, 事に, 事は, 事を, 二つの, 人物に, 仕掛けの, 仕業で, 付いた箪笥, 件で, 位置が, 位置により, 位置は, 位置如何に, 作られた時代, 作用と, 作用を, 作者も, 傍の, 傍へより, 像に, 價値は, 光が, 光りこんな, 全体を, 全部明らかで無い, 凡ならず, 処に, 処まで, 出ものを, 別の, 前である, 前での, 前と, 前にも, 前半は, 剥げ間, 割れたの, 力に, 力を, 化粧台を, 北條氏の, 原理で, 反射が, 反射そこら, 反射とで, 反射光を, 取り付けが, 口へ, 史料は, 同一運命, 向いた方, 向う所には, 向かうところ一道, 向こうが, 向ふ, 吾を, 周りに, 周囲には, 四十シリングという, 国に, 国よりも, 在り所, 基と, 壁が, 外なる, 外側へ, 大きさ, 大鏡台, 大鏡台眼蒐, 奇術です, 奥には, 奧に, 奧底には, 好きでない, 如きに, 如き主体, 如き口語, 如き大理石, 如き官能, 如き宵, 如き海, 如き涙, 如き湖, 如き空, 如き蒼海, 如き錦絵, 如くであった, 如くです, 如くなりし歟, 如くに, 如くまわり, 如くもち, 如く両, 如く光るは, 如く唇, 如く坦々, 如く明, 如く月, 如く横たわって, 如く照り返して, 如く物を, 如く磨きたれば, 如く花, 如く輝, 如く輝く盾, 如く透明, 如く靜, 如く馬, 如し, 如しだ, 如し朧月, 如に, 學だらう, 完成者として, 室から, 家, 宿には, 宿まで, 宿より, 対眼レンズから, 専門家という, 少しくらき, 少し手前, 屏風が, 山, 山の, 山は, 工事の, 市といふ, 広間で, 広間を, 底の, 座に, 形は, 形を, 影が, 影と, 影に, 影ほどの, 影よ, 役目を, 後に, 後にでも, 後の, 後ろから, 後ろに, 御影, 御蔭で, 徳なり, 心より, 心を, 応用である, 性質が, 性質及其史料としての, 恐怖と, 恨み, 息吹の, 感じで, 懸つた可, 所作である, 手入れを, 手前も, 持ちぬしたるコスモ, 持主との, 指物の, 数を, 日々を, 明かなるを, 明なる, 明りが, 明記する, 曇りの, 最後の, 本文の, 本文を, 来歴は, 板ゆかも, 枠の, 桐の, 構造やら, 様だ, 模樣を, 樣だ, 樣な, 横に, 機能に, 欠片を, 歌, 歌が, 歌と共に, 正面であります, 比喩などを, 水銀の, 池が, 池の, 池へ, 治承, 洪水です, 海に, 海へ, 深き底, 湖水の, 澄みきって, 無限に, 焦点を, 照り返しを, 物語という, 玉が, 理論が, 生命も, 生硬な, 由来その他の, 由緒を, 男が, 発明, 発明だけ, 発明に, 発見について, 發掘せられた, 白い花, 目を, 睡気, 破れたの, 破壊であり, 破片が, 示す所, 祀りを, 私の, 端から, 筆者が, 筆者は, 筋金が, 筒を, 箱に, 箱の, 紅と, 紅色の, 細孔から, 結果コレラ菌を, 絵や, 編者が, 編者に, 編者此等の, 縁が, 縁だ, 縁に, 缺片を, 群落が, 背後に, 色彩が, 花が, 花園と, 蓋の, 蓋を, 蔭に, 行くえ, 表は, 表面からも, 表面が, 表面だ, 表面で, 表面は, 被いを, 裏, 裏なる, 裏は, 裏側から, 裏絵なんぞに, 裏絵の, 裏絵を, 裡にて, 裡の, 裡を, 製法, 視線を, 視野に, 角を, 記事は, 記載にも, 詮議に, 話, 話は, 話ばかり, 譬喩の, 譬喩は, 象徴する, 貶せられた藥師寺, 賊に, 賊の, 載っかってる台, 輪を, 近くででも, 近くに, 透彫りという, 道の, 部屋から, 部屋で, 部屋では, 部屋という, 部屋とでも, 部屋な, 部屋などは, 部屋には, 重さ, 銘に, 鏡台が, 鏡縁の, 鏡臺これは, 長さ, 間から, 間である, 間として, 間には, 間は, 間へ, 間へと, 間を, 関係と, 限る天地, 陣鐘に, 隅に, 隅の, 青年が, 面, 面一杯に, 額縁めきたる, 顔, 顔こそ, 顔と, 類より, 類を, 魔術, 鼻の

▼ 鏡~ (1184, 18.9%)

53 見て 32 出して 24 かけて 22 見ると 21 覗いて 17 のぞいて 14 持って 13 見ながら 12 取り出して 11 取って 10 見た 9 見るの 8 手に 7 持つて, 見る 6 借りて, 掛けて, 覗くと 5 とり出して, みて, 取出して, 抜いて, 見ても, 見ること 4 光らして, 入れて, 前に, 眺めて, 立てて, 見つめて, 見ては, 見ないよう, 覗きながら, 覗き込んで

3 [21件] かけ長靴, ごらんなさい, とって, のぞきながら, のぞくと, もって, 使って, 光らせながら, 取りに, 吊し, 埋めて, 壁に, 後ろに, 置いて, 見たこと, 見た時, 見ました, 見るたんび, 見るん, 見詰めて, 覗き込んだ

2 [53件] おばあさんに, おろして, お持ちです, かけその, かけたまま, かけたよう, かけた幾分, かたぶけて, かりて, ごらんに, ご覧なさいまし, ちよつと, つるし, なくした私, のぞいてから, のぞきこんで, のぞき込んで, もとの, ゆびさしました, 伏せて, 作らしめタマノオヤ, 光らせて, 出した, 利用し, 取りて, 取り上げて, 執って, 持たせて, 持ち出す面倒, 掛けた勝代, 机の, 照らして, 片よせ, 片手に, 相手に, 眺めながら, 磨いて, 示して, 立て, 立てたる前, 立てた様, 自分の, 見ずに, 見たり, 見るたび, 見るよう, 見る時, 見れば, 見付けて, 覗きが, 覗き込みながら, 貸して, 通りすがりに

1 [667件 抜粋] あけて, あげました, あてなかつた過去数十年, あてながら, あて懐中電灯, いただくよう, いちめん作りあげた, うしろに, おきそこで, おくったか, おくと, かかげ他, かくしました, かけさせ世紀末的, かけそうして, かけた, かけたずんぐり, かけた三十あまり, かけた丸顔, かけた二十歳, かけた住職, かけた学者, かけた学者風, かけた小, かけた小男, かけた志郎, かけた素朴, かけた細面, かけた紳士, かけた蒼白い, かけた貧し, かけた顏, かけてる一寸, かけひげ, かけま, かける様, かけ下, かけ可, かけ直しながら, かけ直すと, かざしますと, かせと, かつぎこませたの, かつぐ先鋒, くれた男, くれと, くれました, こしらえた人, ごらんあそばせ, さしつけて, さしてらすといふ, さしむけられたよう, さし出して, しずかに, したら, して, じっと眺めた, じつと, じろりと見, すっかりこわした, すりへらすかを, ずり上げて, そつと, その顔, たいせつに, たずねる時, たたえて, たたみ櫛匣, たて, ちょいと, ちょっとかえる, つかった消, つき出し, つくるか, つけたさ, つけて, つひに, ていねいに, とうとう染吉, とおして, とった, とりあげて, とりあげ入念, とりて, とりまいて, とり出すと, とれば, どけるが, ながめて, なげうちまた, なげうって, なして, ならべたよう, ぬいて, ぬぐふ, のせた小さな, のぞいた, のぞいたこと, のぞきこみました, のぞきこむよう, のぞきこんだ, のぞき込みそのまま, のぞき込みながら, のぞけば, はずすと, はめこんだもの, はめこんだカップ・ボオド, はめて, はめ込むと共に, はりつめた部屋, ぱちんと閉ぢて, ひからせながら, ひっぱり合って, ひねくり廻して, ひもで, ひらき日ごろ, ふさいで, ふたつ對立させる, ぶちこ, ほうり出したよう, ほどよく据え, ぽろりと, まねて, みかえって, みずに, みたら顔, みつめて, みつめ出すに, みながら, みること, みるの, もちまわったもの, もつて, もて見る如く昏然, やっとこの, ゆりあげながら, よこせ, わざわざ届け, わしの, わたした, キラキラと, ギラギラ光らした, サッと閃, ポケットに, 一つ取り出した, 一つ買っ, 一目見る, 一転し, 一重ね床の間に, 三枚仕立てまし, 上から, 上目で, 下へ, 与えよ, 両手で, 乃公から, 二つ出し, 二つ合せ, 二ツもて, 二組みも, 二重に, 京子は, 今更しみじみと, 仕掛不透明, 作らしめ玉, 作らせ八尺, 作られて, 作りながら, 作り上げる, 作るよう, 使った手品, 使った時, 使つたに, 使ふんだ, 信仰しき, 備えて, 先生常に, 入れた, 入れた大きな, 写して, 凝視する, 出したり, 出しました, 出しライト, 出し櫛, 初める時分, 初め盛衰記や, 割つて, 動かし客席, 十重二十重に, 反対に, 取ったそれ, 取った前後, 取つて, 取らなければ, 取りあげると, 取り上げた船, 取り付け光を, 取り出した, 取り出したの, 取り寄せた, 取り繋, 取り落したの, 取ろうと, 取上げました, 取出した, 取出し涙, 取出せば, 取寄せて, 取落せり, 取附けた馬鹿馬鹿しい, 受けたよう, 受け取ろうと, 口に, 叩き砕いたの, 向うへ, 向けて, 命の, 和魂又は, 器用に, 売って, 売るの, 売ろうと, 外して, 外づせば歴然として, 大事そうに, 大切に, 夫の, 奪い取られたため, 奪うこと, 奪はれた, 奪ひとり, 女の, 妻に, 娘の, 客の, 寄付し, 寄附し, 小屋の, 嵌めその, 嵌めた陶器, 差し上げながら, 差向けつ, 帯の, 延べたとばかり, 弄んで, 引いて, 引きよせた, 引き上げるの, 引っ込めると, 引揚げ, 引揚げた, 張った箱, 張って, 張り詰め豹, 張るなんて, 彼女の, 後に, 得た, 御覧といふ, 御覧なさいませ, 御覧にな, 御覽, 御霊として, 忍ばせて, 急に, 恋愛の, 恐れました, 恐れ水面, 懐に, 懐ろから, 懸け, 懸けたよう, 懸けた外科, 懸けるの, 懸け下, 懸け以下, 我は, 戦車の, 所有する, 手にとって, 手放した私, 手文庫ごと窓外に, 手渡し, 手許に, 手離さう, 打ち壊そうと, 打ち砕くの, 打つこと, 投げたよう, 投げると, 投げ出した, 抜かして, 抜きよったん, 抜き杓柄, 抜くという, 抜く四斗樽, 抜け, 拔い, 拔いた, 拝借し, 拭きその, 拭き拭き一同, 拭って, 持し, 持たせその, 持たせまた, 持たないあいて, 持たない人, 持ちて, 持ち出して, 持ち去ったとは, 持ち来らしめ写し, 持った柳田医師, 持つた氣, 指さして, 振返る, 振返ると, 挾み五紋, 捧げて, 捧げ後, 据えいつも, 据る, 掘出したの, 掛け, 掛け蒲脚絆, 掠めて, 掠りに, 收めて, 敵討ちを, 敷いて, 斥す, 新しい木箱, 早くも, 普通の, 曇らし宗教, 曇らせながら, 曇らせるもの, 朝晩に, 木の, 棺の, 楯に, 極りが, 横に, 横切った, 横目で, 死骸の, 毀して, 毀すという, 添えて, 渡した因縁, 渡しました, 照らさせその, 煽動した, 父に, 片づけて, 片手で, 犠牲に, 現在オリガ・クニッペルは, 用いる, 用ゆる, 用意し, 番頭さんが, 畳の, 発見し, 白木の, 盗み出して, 目標に, 相手ならこん, 眠って, 眺めてから, 眼の, 眼を, 知って, 研いで, 砕き得なかった彼, 磨ぎすましたよう, 磨ぎ出, 磨くこと, 磨く彼, 磨く際, 示されし時乞食僧, 示すに, 私に, 私の, 空に, 突き破って, 突込ん, 窓から, 立って, 立てい, 立てたり, 立てたドクトルみたい, 立てた程度, 立てよ, 立てるが, 立て両足, 立て其前, 立て石鹸, 立掛けて, 結縁の, 絹に, 絹へ, 置いたやう, 置いたよう, 置き並べたよう, 背負って, 胸に, 落して, 著け, 見いだすこと, 見しばらく, 見せて, 見せるの, 見せんよう, 見たくないほどの, 見たとき, 見たの, 見たら鼻頭, 見たわけ, 見た事, 見つけると, 見つめたとき, 見つめ歯科医, 見てると, 見な, 見ない, 見ないやう, 見なかった, 見なくては, 見なすった時, 見に, 見は, 見ましたら私, 見まじ, 見ますと, 見ようと, 見るお, 見るたびごと, 見るとは, 見るほど, 見るや, 見るわい, 見る女, 見る度, 見る訳, 見上げて, 見付けたらば, 見入るやう, 見入る病, 見出しそれ, 見据えつつ, 見描きはじめる, 見直すくら, 視ること我, 覗いた, 覗いたからって, 覗いてから, 覗いては, 覗きこんだ, 覗きちょい, 覗きました, 覗き込む, 覗くたんび, 覗くの, 覗く如く活動写真, 解いて, 評して, 誑かすの, 變形した, 買うと, 買った, 買つて来なけれ, 買つて盛春館の, 買ひ, 贈られたり, 足で, 車に, 近よせ, 透かした目, 透かして, 透しての, 造りて, 造り替えるの, 遠距離に, 選定する, 配列し, 重三, 開いた, 開き鹽瀬, 陽に, 隠した, 隱した, 離さず船橋, 離れず, 離れた時代, 離れ來, 雪山の, 顔の, 高く持ち上げ

▼ 鏡~ (928, 14.8%)

49 向って 35 映して 23 うつして 22 映って 19 顔を 17 うつって 16 自分の 15 向かって 12 写して 9 むかって 8 うつる自分 7 写って, 向つて, 向ひ, 映った自分, 映る自分 6 映ったの 5 なって, 姿を, 手を, 映った, 覗いて 4 うつった自分, うつつた, 似たり, 息を, 映したよう, 映るもの, 映る影, 照し, 照らして

3 [19件] うつつて, うつるおれ自身, うつる姿, それが, なれば, 写った自分, 写る自分, 反射し, 向った, 向ったまま, 向っても, 向つて自分, 向つて髪, 向ふ, 映つて, 映るわが, 照らされて, 私の, 見惚れて

2 [55件] うつしたよう, うつすと, うつった, うつりて, うつり幽か, うつるお, うつる作者, うつる傷, うつる私, かけて, こもるうぐひすのこゑ, して, たしかめて, てらして, みずひき草, むかうと, むかった, むかひて, 不死の, 像を, 僕の, 写したよう, 写った顔, 向いにっと, 向う, 向うと, 向うよう, 向きて, 向つてネクタイ, 向つて化粧, 吹きかけた息, 変わるの, 妓と, 就て, 帯を, 彼女の, 後ろを, 映った影, 映った男, 映った顔, 映ると, 映るの, 映るやう, 映る姿, 映る蒼, 照らした, 目を, 眼を, 窓の, 背中を, 自分達の, 色目を, 見入ったが, 見入って, 金色の

1 [434件] あたったので, あたりて, あまりにはっきりじ, あまりにはつきり, あらずして, ある自分, いたずら書きする, うごく木, うしろの, うつされて, うつした, うつした己, うつしても, うつしながら, うつしました, うつし出されて, うつす, うつすこと, うつすよりも, うつす青落葉, うつったところ, うつったの, うつった呉服屋, うつった小林君, うつった明智さん, うつった時, うつった赤井君, うつった青二, うつつて幾千, うつらない部屋, うつります, うつり伸子, うつり虞美人草, うつる, うつるので, うつるわが, うつるわびし, うつる己, うつる影, うつる彼女, うつる御, うつる様々, うつる殿様, うつる泣顔, うつる青白, うつる面, うつる黒い深い, お覗き, かえった私, かえて, かけたよう, かけるよう, かげのうつる, こすい對しよう, さへ, しかけが, しきり, したり, しても, すかして, すりかえて, すること, するの, せんとて, その霊妙, たとえるならば, だまされたの, ちょっと手, ちらりと映じ写った, ちらりと映った, ちらりと自分, ちらりと見, てらしあわせて, とらえて, とりいつた, なりそう, なる, なると, のこして, のこり伝わって, はくぼくで, はずれまして, はたえまなく, はっきり映る, ぱっと映っ, ひと目でも, ひびの, ひらく花, ふと大きな, ぶつかった時, へばりついてるん, ぼんやり映っ, むかいにっと, むかつたらば, むかつて, むかひ前髪, むかふたび, むかふに, むかふの, むかふ如くかく, むこうて, めいめいの, よせる寵愛, よりて, よると, よろづ代, アリアリと, グルグル巻き, コーリン・ムーアが, チラリと, フロラが, メッキする, メロンが, 一撃を, 一礼した, 一種不思議な, 並んで, 五味の, 代るに, 伊達捷平が, 会って, 似たる世の中, 似て, 何かの, 何も, 何千何百と, 何時の間にか鏡, 例へて, 像と, 先刻橋の, 免じて, 全身が, 全部氣を, 写したり, 写した時, 写した顔, 写しながら, 写し一応, 写し了, 写し出すよう, 写す事, 写す時, 写ったの, 写ったので, 写ったもの, 写った人物, 写った僕, 写った彼, 写つた, 写つた時と, 写つた時の, 写つた正吉の, 写つた瞬間だけは, 写つた自分の, 写つてゐた, 写つてゐる, 写らない影, 写る, 写ること, 写る像, 写る容貌, 写る己, 写る浮世, 写る美しい, 写る背影, 判切りと, 包まれし蟇, 包まれた光, 千鶴子は, 及ばぬけれど, 反映し, 反映する, 取りかこまれた恐怖, 取り包まれた桃色, 取り憑かれて, 可憐一点の, 吐きかけた息, 向いその, 向いて, 向い合って, 向い最近急, 向い直した, 向い若い, 向うたんび, 向うた折, 向う外, 向う姿, 向える, 向えるかは, 向おうと, 向かいながら, 向かった時, 向かった瞬間, 向かひハンカチ, 向ったと, 向ったとき, 向ったところ, 向った処, 向つた, 向つて何時, 向つて大口, 向つて檢査, 向つて眉間, 向つて髮, 向はせ, 向ふと, 向わなければ, 在る自分, 変って, 変つてしまつたお, 夜の, 大野城の, 天皇を, 好奇心を, 媚びて, 学生服だけが, 寫さうと, 寫したやう, 寫して, 寫る, 対うとき, 対して, 対せしめ慚愧苦憂, 対って, 対ひ, 射られて, 對し, 小田の, 居流れて, 帝位を, 当って, 当つて, 影法師を, 後の, 従うと, 心を, 思い浮べて, 思ひこませて, 情けない顔, 愛想の, 憤り上皇, 懇願し, 押しつけて, 拠った, 拠る案内抄, 持札を, 掛て, 接吻する, 攻められ渾身, 於ける映像, 明, 映された, 映されたよう, 映されては, 映した, 映したやう, 映しつ, 映しながら, 映しましても, 映しみて, 映し乍ら, 映し見れば, 映じた組織的戯曲的, 映じて, 映じ出される, 映すこと, 映すだけで, 映すならば, 映すべき姿, 映すよう, 映すよりも, 映す如く九, 映ずること, 映ずる自分, 映ず故に, 映ったあなた, 映ったので, 映ったもの, 映ったよう, 映ったメヅサ, 映った僕, 映った女怪, 映った姿, 映った彼女, 映った片, 映った物, 映ってでも, 映ってる涙, 映つた今, 映つた僕, 映つた兒ども, 映つた自分, 映つた花嫁, 映ふ花, 映らなきや, 映りし姿, 映りて, 映り交わす幾十幾百, 映る, 映るあらゆる, 映るこの, 映るその, 映るひつつめ銀杏, 映るよう, 映る三つ, 映る人間, 映る像, 映る初瀬, 映る剃刀, 映る千人, 映る危険, 映る女, 映る幾面幾色, 映る彼女, 映る御, 映る敵情, 映る汝等, 映る湯沢医師, 映る神経質, 映る私, 映る細々, 映る美しい, 映る自身, 映る良人, 映る色, 映る花子, 映る訳, 映る部屋, 映る銀子, 映る錨, 映る限り, 映る顔, 映れる老婆, 暫くの, 曇りは, 朱を, 業の, 歪められて, 歪んだ己, 殊なる, 気圧されるの, 流眄を, 浪の, 浮くとき, 焦点を, 照したる, 照らされたって, 照らされてるせい, 照らされるよう, 照らし合わせながら, 照らし小判紙, 照りかえされたるいえば, 照り反す, 照反されたる, 現れた時, 現われた女, 現われる女, 疲れた僕, 疲れた自分, 病人に, 直しやがて, 眉老いぬ, 眼ばかり, 確めて, 神の, 神を, 立って, 紐を, 肩の, 背いて, 臨んだ刹那, 自から, 自らの, 自分が, 至つては, 舌を, 舞ふかなた, 色の, 花の, 若き額, 蒼ざめた顔を, 蝋を, 衝突する, 被いを, 被告人の, 西日を, 見, 見えた, 見えた傷痕, 見えて, 見えるか, 見える自分, 見たって, 見て, 見へるん, 見ゆる, 見ゆる一条河原, 見ゆる日數, 見られるの, 見テヰルコチマデガ気ガソハ, 見入りながら, 見入るかの, 見出すより, 見立てたもの, 視入, 親む, 記せりと, 記載し, 謀叛と, 譬えて, 身も, 載つて, 輝らし出される, 近く顔を, 近づいた, 近づいて, 近づけた目, 近寄って, 造り替えられたの, 造り替えられないとも, 過ぎなかったが, 金指環で, 關する, 限って, 陽炎の, 面を, 顎を, 顏が, 顏を, 顔が, 顯はる, 驟也宇久豆久と, 高根日蔭縵皆懐しい, 鶏が

▼ 鏡~ (279, 4.5%)

8 かかって, はめこみに 7 あって 5 ある 4 あった, あつた 3 あれば, おいて, 置いて

2 [17件] ありました, あるの, かけられて, たくさん出ます, 九枚も, 光って, 光つてゐる, 入って, 壁に, 惚れて, 懸かって, 据えられて, 斜めに, 曇って, 現われて, 立って, 答えました

1 [200件] あすこへ, あたえる美化, あったそう, あったの, あったので, あったはず, あったらどうか, あったり, あったわけ, あつて, ありますので, あるから, あるさ, あると, あるという, いつのまにかま, いりそう, いること, うしろに, お爺さま, かかったので, かけられへん, かわいい美人, きらきら光っ, こういった, しかも一つ, すきとおって, そこの, その持ち, その背後, それから, それじゃ, それに, それを, そんなにも, たくさん出る, ついて, つめたくチカチカ, できたので, とりつけて, どうなっ, どこにも, どんな風, ないと, なかった, ならべて, はめこまれて, はめこんで, はめこんであります, ほどよくあしらつて, まばゆく光り出した, みじんに, もって, ものの, ものを, よくわが, 一つしか, 一つつい, 一つほしい, 一つ御酒徳利が, 一つ抛り出された, 一丈ばかり, 一二寸前に, 一人の, 一寸触っ, 一枚だけ, 一枚一枚壁から, 一枚掲げ, 一面のせ, 世に, 並べて, 二つ三つ懸っ, 二つ並ん, 二ツ何年か, 二個乃至, 二面買っ, 五つも, 人を, 今の, 仕掛けて, 余り大き, 作られて, 使って, 光った, 光る, 入れて, 出たの, 出来たの, 前に, 前の, 南の, 単に受動的, 反射し合う, 取りだして, 古びた錫鏡, 吊って, 同時に失くなっ, 向けられたら果して, 咲いて, 埋まって, 埋められて, 壁を, 外面の, 妙に, 宮様の, 容易に, 寂しさ, 島, 崎も, 嵌まって, 嵌めこんで, 嵌め込まれて, 嵌め込んで, 幾枚か, 引揚げられた, 張って, 彼女等の, 御入り用, 怖いん, 悪いため, 懸って, 抜ける, 据えて, 掛けて, 散らかして, 既に追記, 明かに, 暗怪, 曇つて其金を, 曇つて茲に, 書斎に, 本当にある, 本当にこの, 横に, 此條の, 残って, 水道栓の, 池で, 池と, 池の, 池へ, 池まで, 流しの, 浅い床の間, 漱石の, 澄んで, 炎の, 無かった, 無残に, 現れましたが, 畝くっ, 白日の, 盗まれたという, 直角に, 石の, 石垣のかべに, 碎けるか, 磨りますよ, 突き込まれると, 立ったの, 立てかけて, 立てて, 立て掛けて, 筆を, 粉砕し, 置かれて, 置かれる場所, 舗道に, 落ちて, 著しく動く, 蔵せられて, 薄くくらがり, 要る, 見えた, 見えなくなって, 見える, 見たかったらさっさと, 見たかつたらさ, 譬喩にな, 載せて, 連なって, 遠い湖, 部屋の, 銅像鋳造の, 鎌倉時代前半の, 鎌倉時代史の, 鏡立に, 閻魔大王の, 障子の, 離魂病に, 音を, 頗る乏しい, 頭と, 頭の, 風呂場に, 飛んだ, 飾って, 飾りつけて, 餘り, 魔鏡でなく

▼ 鏡~ (209, 3.3%)

3 女の

2 [12件] そこに, 一般に, 店に, 曇りたり, 果して純, 水銀が, 私が, 私の, 答えて, 金粉を, 青銅で, 非常に

1 [182件] あいかわらずしかめっつらし, ありません, あれは, いつもこう答え, いつも曇り, いろいろ不思議, うそらしい, うそを, うつすに, おそらくこの, お敏, かえって正体, けっしてまちがった, こちらから, こなごなに, これらに, これらの, こわしました, ご注意, そうで, そのままに, そのまま左, その凹面鏡, その装, それを, そんな面白い, そんな風, たいてい支那, たしかに最前, ただこの, たった一つ, ちょうど漢, ときどきに, どうも山鳥, ないか, ないから, なんであろう, なんとかいう, ぴかぴかとして, ふしぎであります, ふしぎな, ほとんど發見, ぼくを, まえとおなじ, またも, また錦, まだ作り方, まったく唐, みんなくだい, もちろんその, やはりアイヌ, やはり自分, よけいひどく, よほど古い, わずかに, ジャン・ヴァルジャンと, ストウブを, ドアのよ, ミミ族にとって, ヤマトの, 一枚の, 一枚も, 一面が, 七面の, 万象の, 三本の, 三部より, 世にも美しく, 世界中の, 丸い鋼, 丸形の, 二人の, 今た, 何か, 何かしら性を, 何等の, 何處かの, 作者が, 信長の, 光って, 光線を, 公書類として, 其性質上果して, 冴え渡つた面, 出来るだけ, 前から, 前に, 古井戸, 古墳からは, 可成, 吾に, 四方に, 大きいひびき, 大きなガラス窓, 大切に, 大変だ, 大学を, 女に, 女子の, 妙に, 安宅先生な, 尊いもの, 小さい鏡ぐるみ, 少くも, 左手によって, 己惚の, 帆村の, 常に光っ, 平常どこ, 強烈だ, 当時猶なかなか, 必ずしも平面鏡, 忽ち真, 恒に, 悲哀の, 惟り, 愛らしくも, 捨てしまえ, 支那の, 支那製に, 日光に, 早速岩屋, 明るく室内, 昔の, 昔支那でも, 時平を, 晴れぬ影, 曇って, 曇らない彼, 曇る薫香, 最早疾くの, 朝鮮を, 朦朧と, 楕円形の, 正当な, 正直に, 残って, 残念ながら, 永峯という, 決して用いられない, 沈んで, 海上の, 深くひかった, 湖の, 無きか, 無数の, 然ら, 物事の, 玲瓏として, 用ひ, 由井家の, 皆その, 皆の, 矢張り残っ, 突如ぴかり, 窓の, 窶れを, 等身と, 純粹, 老女二人の, 自然に, 蝶子さんあんたの, 複雜なる, 要るまい, 見えなくなり眼, 見て, 見ぬ方, 見まいと, 見ませんが, 観客の, 豐富なる, 財布などと, 邪魔に, 醜い顔, 鎌倉に, 鏡に, 鏡を, 隅の, 青銅の, 頭だけを, 顏を, 髮の

▼ 鏡~ (167, 2.7%)

7 見て 6 自分の, 見ると 5 あつた, 顔を 3 それを, のぞいて, 覗くと 2 そこに, みて, わが姿, わたしの, 出来て, 彼方を, 眺めると, 見る余裕, 覗いて, 髪を

1 [109件] あつて, あるいは観音, うしろの, おそるおそる研究所, おのが, お前の, お客さんたちの, かちりと, こいつは, この塔, しかもさ, しきりにこっち, そういうこと, そっちを, その一つ一つ, その器体, その時代, ただ波, ちょっくら見物, でも, なんだ, のぞいた人々, のぞいちゃ, のぞかせて, のぞかれるん, のぞけば, はりつめられ天井, みると, もって, よく見ました, ギラギラ月, 一わたり室堂の, 一わたり見渡した, 一寸顔を, 一杯に, 世の中を, 云えば, 云へば, 今どきとうてい, 今まで, 仔細に, 再認識, 写して, 写真にでも, 出来た様々, 前の, 反射させた, 園田さんの, 垂直に, 埋まって, 天を, 天空を, 女の, 山鳥と, 張りつめた部屋, 張りつめた間, 張りつめられその, 張り詰めた室, 張り詰めた小さな, 怪人の, 手に, 時きらわず, 時どきそれ, 望み見た様子, 枠や, 概略は, 様子を, 毎日見, 気取られないよう, 気持の, 水平線三百六十度を, 沼の, 海の, 海底を, 熟視する, 相手の, 眺めたもの, 眺めて, 眺めました, 知って, 私たちは, 空の, 自分で, 薬売りの, 裏面には, 補って, 襟を, 見せつけられたよう, 見せつけられるよう, 見せられてでも, 見たところ, 見たもの, 見たらさぞ, 見た女, 見た所, 見た時自分, 見てても, 見るとか, 見るの, 見るよう, 見るん, 見る姿, 計器の, 貼られ天井, 附近を, 非常に, 頻りに大黒鉱山, 風景写真を, 鼻の

▼ 鏡~ (127, 2.0%)

4 燃え青い 3 なって 2 すみ子の, すれば, なしたらば, レンズの, 睨め競, 首つ

1 [108件] いいますが, いって, いへば, いわれる反射窓, し, しいま, しそ, した時, して, し十月十日, すべし, するため, する事, せんとて, そのかけ, それで, それに, それを, ちがって, とくに云う, なさ, なし同種, なすや, なったと, なづけたの, なる, なるの, にらめツ, まちがえて, カンバスを, パフを, ライタアの, レンズと, 一つの, 云う道具, 云えば, 云ふも, 亡き老婆, 今日の, 写真とを, 剃刀とを, 化粧道具とが, 原物との, 取り換, 同じ作用, 名が, 名づくる, 向い合って, 向い合っては, 向きあいに, 天子の, 宝石の, 宝蛇は, 引き離して, 弧に, 御覧ぜよ, 手鏡だけが, 斜に, 書いて, 望遠鏡とを, 朝陽の, 栂の, 榊と, 歌と, 比べたらてん, 比べて, 氷るなり, 沒交渉に, 洋燈を, 湖は, 灯の, 照りつ, 燈火が, 琅, 申してを, 申します, 申す外題, 画面とから, 盆に, 相談し, 称えて, 称える数千年来, 称しても, 稲穂, 窓の, 窓ん, 箱との, 箱を, 紅皿と, 絵と, 肩に, 舶来の, 蛇の, 蝋燭立を, 見るまで, 見比べて, 運命を, 鏡が, 鏡とを, 鏡台まるで, 雖も, 額田とは, 顔の, 首引を, 鸚鵡が, 鸚鵡と, 鸚鵡二ツの, 麻楮を

▼ 鏡先生~ (70, 1.1%)

2 のこと, の方, の誤解, の転任, の運命, は君

1 [58件] がそれ, が壇, が朝倉先生, が校長, が非常, ではなく, とではどうしてこう, とでも誰, との教室, とはほとんど, と彼, にあやまっ, にあやまる, にあやまるん, にあやまろう, にお, にかかえ出される, についてもそれ, についても校長, には宝鏡先生, に会う, に会わし, に君, に対してこれからどう, に対して不遜, に対する立場, に礼, のせい, のよう, の事件, の事件以来, の出発, の君, の家, の時, の見送り, の言われる, の言葉, の送別式, の顔, はいつも, はまだ, はもう一度, はもはや, はやはり, は今回, は糊気, は退職, も弱い, も見えなかった, をたずねた, を乞食, を思いうかべ, を神経質, を見た, を言い伏せ, を訪ね, ノ送別式

▼ 鏡~ (64, 1.0%)

7 鏡壁に 3 さんに, さんは, 勾玉や 2 太刀が

1 [46件] さんこの, ほの暗い広間, むかしの, ショウ, 一つの, 人形や, 仏壇の, 使わない琥珀, 公卿日記に, 劍などは, 古典太平記では, 古典太平記にも, 吊燭臺, 同じく岩壁, 四角な, 宝石を, 家具から, 平家盛衰記などよりも, 掛物が, 文太郎等の, 望遠鏡を, 木タクには, 東洋の, 榊や, 櫛箱の, 水差しが, 水差しに, 玉を, 白粉や, 真珠を, 空気銃など, 簡単な, 紅を, 紫の, 絵などを, 絹織物が, 美しい皿, 美爪具などが, 薔薇の, 衣服と共に, 衣裳の, 針や, 電蓄や, 鬢盥を, 鸚鵡が, 鸚鵡を

▼ 鏡~ (63, 1.0%)

8 の前 3 が一つ, の上, の抽出 2 の引出し, の抽斗

1 [42件] からお, が六つ七つ備, が置い, が障子, が飾つて, じゆくじゆく音, だの小さな, だの針箱, ですよ, とを要す, と派手, と衣桁, についてゐる, にまで小さい, に凭掛つた, に手入れ, のところ, の傍, の引出, の押斗, の鏡, はハネ, は別に, は天井, へ向つた, もその, も置い, やら八疊, やら種々, やら衣裳箪笥, や化粧道具, や手匣, や死體, や箪笥, を据ゑただけの, を据ゑて, を片づける, を眺め, を置いた, を見た, を見つめた, を車

▼ 鏡~ (58, 0.9%)

49 之助 2 の裏葉入り, や 1 の湯津, の照り, の音, 之助か, 之助様

▼ 鏡祕府論~ (53, 0.8%)

12 の中 7 と云 2 に依つ

1 [32件] があつ, がある, がなかつたなら, が今日殘つて, が殘つて, が無, であります, で今日, で分る, といふもの, と對照, と申します, に依る, に引い, に引いた, に引かれ, に採つ, に關係, の一番終り, の卷一, の四卷目, の序文, の種本, の第, の終り, の重大, は其の, より外, をもう, を作られる, を書かれたらう, を書かれる

▼ 鏡~ (45, 0.7%)

1 [45件] あり, ありますが, あり駅全体, あるん, い, いって, いつと, かなり大きかっ, きこゆ, くもると, この国, ごくうすい, さびし皐月, そなわって, その程度, ないの, なきにし, なしに, みず掻きつけながら, コローム版の, 何ぞい, 六つ手薊を, 加えられこれら, 唐や, 天も, 太陽に, 失せて, 実は無, 尋常の, 手にも, 掘出されたこと, 掻き曇る法師, 暇々に, 曇らされた, 此方へ, 殆ど死に, 段々数を, 水も, 濡れし田植, 無いで, 玉も, 甚だしいもん, 箪笥も, 複式の, 見ずに

▼ 鏡という~ (39, 0.6%)

10 ものを 5 ものが, ものは 3 のは 2 やつは

1 [14件] いでたち, いでたちで, のが, ものに, やつおまけに, りっぱな, 品の, 女が, 女性的な, 宝物が, 産婦人科の, 神々しいお鏡, 表現も, 言葉が

▼ 鏡から~ (34, 0.5%)

6 眼を 3 離れて 2 顏を

1 [23件] そらさずに, とびちったか, はなして, 一度反射させ, 世界中の, 出るもの, 反射し, 反射する, 大量な, 射して, 影を, 水も, 無意識に, 物理的に, 見たとき, 遮断された, 鏡に, 鏡へ, 離して, 離れた身体, 離れ相, 顔を, 飛びのくと

▼ 鏡~ (30, 0.5%)

2 上の, 向って, 顔を

1 [24件] うつして, うつすの, うつるの, うつる眼, お菊, くちばしを, こちらを, ぞろぞろ雑沓, まず映った, 先発し, 写り出したの, 反射又, 向うと, 向かって, 手を, 映した実体, 映した實體, 映して, 映った彼女, 映つた眼, 映る, 映るん, 眼を, 自分の

▼ 鏡には~ (29, 0.5%)

1 [29件] さっと大神, しかめっつら, なるであろう, なんだかわからない, やはり文学者, ヒビが, 世にた, 並木路の, 何かの, 何が, 何も, 写らず, 大きな亀裂, 大小いろいろ, 布が, 曲線や, 書かれて, 気を, 無論こうした, 畳に, 筋向うの, 自分の, 載つて, 逸品が, 部屋の, 随分傑, 隣の, 音が, 香ひ

▼ 鏡~ (20, 0.3%)

2 と, のが, よ

1 [14件] かの話, が, けれどうら, といふ, といふ取沙汰, とか土, とわかる, と思う, な, などといっ, ね, のの, のを, んすの

▼ 鏡太郎~ (19, 0.3%)

1 [19件] がこの, が嘲笑う, だ, って者, でありもう, というの, とそうして, とその, なの, のお, の弟, の案内, の逃げる, はそういう, はどうして, は平次, は用人玉垣三郎兵衛, もお, を見た

▼ 鏡~ (18, 0.3%)

2 などの小説, の小説

1 [14件] が, がこの, が徐々流行児, が評した, でもあるまい, として掬めど, と云, と云う, などの作, のそれ, の崇拝者, の新作, よりは寧ろ, を読み

▼ 鏡~ (16, 0.3%)

3 介が 2 介である, 介は, 介を 1 を明記, 介そのまま, 介の, 介ほか下妻の, 介今夜こそ, 介兄妹から, 介真庭念流の

▼ 鏡では~ (15, 0.2%)

3 ない 2 なく我々 1 あるけれども, あるまいし, ないと, なかった, なくその, なくて, 漸の, 相手の, 自分の, 鶴ヶ岡の

▼ 鏡にも~ (15, 0.2%)

2 等しい

1 [13件] あるので, そのまま映る, オペラバッグにも, キラキラする, 似た眼, 似髯, 何の, 写っては, 友褝の, 映り反して, 生活に, 見える遊女, 載つた

▼ 鏡丹波~ (15, 0.2%)

2 を頭

1 [13件] がやって来, が三羽烏, が無形一刀, が言った, が飛び出し, だ, などが駈け寄っ, の三人, の三剣士, は芝源助町, もどっち, を先頭, を案内

▼ 鏡~ (14, 0.2%)

3 の世界

1 [11件] でもも一人, にうつつ, にはさだめし, に変化, に收め, の人々, の姿, の彼自身, の悪魔, の美女, 看花館

▼ 鏡~ (11, 0.2%)

1 [11件] のため, の当主葉, の若党山岸佐平, の養子, の養子葉, は内藤家, は当, へ入る, へ出掛け, へ飯田, へ養子

▼ 鏡でも~ (10, 0.2%)

2 見るよう 1 あったなら彼, よい意味, 一度光, 天日を, 持って, 明らかな, 横から, 見て

▼ 鏡として~ (10, 0.2%)

1 ますます愛すべき, ペエルの, 作者も, 十月十日の, 実は詩, 特にモスクワ芸術座, 自分の, 見較べざるを, 観察する, 錆ぬ

▼ 鏡によって~ (10, 0.2%)

1 ツツーと, 一挙手一投足を, 今まで, 僅かに, 大写しに, 照らし出された父, 真実の, 綿密な, 自然の, 補い彼

▼ 鏡ばかり~ (10, 0.2%)

3 では 2 覗いて 1 なの, なんだ, 見て, 見ては, 覗いた

▼ 鏡である~ (9, 0.1%)

1 が古鏡, ことは, ことを, という, という事実, といわね, とマルクス, 人は, 河

▼ 鏡王女~ (9, 0.1%)

2 の歌, は鏡王 1 に答え贈った, に賜わった, の作った, の和え奉った, の居る

▼ 鏡立て~ (9, 0.1%)

1 があれ, だの手あたり, などが更紗, に両手, の前, は木目, もたった, よしず, をした

▼ 鏡とか~ (8, 0.1%)

1 そのお歌, そんないかがわしい, オソナエとか, 八花鏡といふ, 尊氏の, 玉葉とかいう, 玩具の, 隨聞私記とかいふ

▼ 鏡とを~ (8, 0.1%)

1 つけて, もって, 並べたるが, 等分に, 貢りき, 貢りました, 適当に, 飾った客間

▼ 鏡~ (8, 0.1%)

2 んだ 1 のでした, のです, ので口, もんです, んでしょう, んです

▼ 鏡~ (8, 0.1%)

7 にかかっ 1 の七面

▼ 鏡~ (8, 0.1%)

1 に其形體, に活動, に海波橘樹, に見る, の影, の自分, の雲雀, は平靜

▼ 鏡にかけて~ (7, 0.1%)

2 見るよう 1 映し取るよう, 睨んで, 見るかの, 見るが, 見るごとく分かる道理

▼ 鏡~ (7, 0.1%)

2 の連等, 坐天照 1 が之, といふもの, の連

▼ 鏡~ (7, 0.1%)

2 を左 1 ではからずも, と云え, なの, のよう, をつくづく

▼ 鏡~ (7, 0.1%)

1 が室, が必要, で写真, で見, を使っ, を色硝子, を透し

▼ 鏡研ぎ~ (7, 0.1%)

1 があるいは, がきた, の側, の武平, 五助の, 庖丁師何の, 馬飼い

▼ 鏡~ (7, 0.1%)

1 が古墳, とに依つ, に於い, の如き, の發達, は至る, を包み

▼ 鏡だの~ (6, 0.1%)

1 いろ, 化學分析だの, 古風な, 大きなはけ, 櫛たとうだ, 蛇だの

▼ 鏡といふ~ (6, 0.1%)

2 ものが 1 ものは, ものを, 形の, 頗る結構

▼ 鏡としての~ (6, 0.1%)

1 トルストイ, レフ・トルストイ, 婦人作家, 婦人作家の, 歴史小説, 結婚家庭そのものの

▼ 鏡なす~ (6, 0.1%)

2 波のか, 白川は 1 わが念, わが見し

▼ 鏡など~ (6, 0.1%)

1 あらはに, かけ銀子, すべての, 入れて, 見ると, 覗こうとも

▼ 鏡などの~ (6, 0.1%)

1 いろいろの, 和書も, 咲き亂れる, 日どりで行く, 発明が, 紅花を

▼ 鏡智流~ (6, 0.1%)

1 と呼び, の戒刀, の手並, の独壇, の達人, の金剛杖

▼ 鏡~ (5, 0.1%)

1 なるほど, 一朶の, 何か, 何んかを, 木彫か

▼ 鏡とが~ (5, 0.1%)

1 あった, どつさり, 備へて, 出るだけ, 発止と

▼ 鏡とは~ (5, 0.1%)

1 何事だ, 即ちこれ, 取り返されたが, 彼が, 行宮を

▼ 鏡とも~ (5, 0.1%)

1 みえる夏, 云うべき為人, 云ふべき, 見える一刀, 見る事

▼ 鏡などが~ (5, 0.1%)

1 あって, おいて, 多い, 更る, 目に

▼ 鏡~ (5, 0.1%)

2 中ニ 1 奩, 宿にて, 裏面

▼ 鏡~ (5, 0.1%)

1 が納まる, の彫刻, の材料, は大きな, 御欄間

▼ 鏡こそは~ (4, 0.1%)

1 これまで, もつぱらわたしの魂, 彼にとっては, 航時機を

▼ 鏡その~ (4, 0.1%)

1 ほかどう, また奧, 一つ, 小部屋

▼ 鏡だけ~ (4, 0.1%)

1 すこしまし, では, で倭名鈔, 買いたいと

▼ 鏡だけが~ (4, 0.1%)

1 ありありと, 室の, 目立つ顔付, 立って

▼ 鏡であり~ (4, 0.1%)

1 またその, 写しである, 反映であり, 弱き者どもを

▼ 鏡です~ (4, 0.1%)

31 と決して

▼ 鏡なる~ (4, 0.1%)

1 ものも, をいふ, 怪しの, 神

▼ 鏡にでも~ (4, 0.1%)

1 うつったよう, 向わなければ, 映して, 見入るよう

▼ 鏡に対して~ (4, 0.1%)

1 一段の, 反射の, 憮然たる, 撫附けいたりけり

▼ 鏡に対する~ (4, 0.1%)

1 御信任, 異常なる, 結果としては, 間は

▼ 鏡よりも~ (4, 0.1%)

1 ずっとひろい, もっと大きく, 光りき, 更に曇り

▼ 鏡太郎氏~ (4, 0.1%)

1 その人, の事, の計, は只今

▼ 鏡~ (4, 0.1%)

1 があるいは, ということ, のやう, の子

▼ 鏡~ (4, 0.1%)

1 に敵, に映じた, に自分, の白睛

▼ 鏡~ (4, 0.1%)

1 いやそれ, お仕度, お察し, 驚かれたであろうな

▼ 鏡~ (4, 0.1%)

1 と耳盥, に据え, の影, を片

▼ 鏡~ (4, 0.1%)

1 あり, の著者, を發見, 蓋し其跡

▼ 鏡調査~ (4, 0.1%)

1 と化學試驗, の結果, を行, を試みた

▼ 鏡かけ~ (3, 0.0%)

1 が動きだし, をおろし, を見

▼ 鏡~ (3, 0.0%)

2 へ見 1 もあら

▼ 鏡~ (3, 0.0%)

2 てその 1 つつ人

▼ 鏡じゃ~ (3, 0.0%)

1 そうな, とてもやり, ないか

▼ 鏡それから~ (3, 0.0%)

1 最後に, 真珠の, 銅の

▼ 鏡だった~ (3, 0.0%)

1 せいか, のか, のに気

▼ 鏡つき~ (3, 0.0%)

1 でない仕事机, の花嫁, の高い

▼ 鏡なぞを~ (3, 0.0%)

1 取り出しそれ, 取り出して, 取出した時

▼ 鏡などに~ (3, 0.0%)

1 おびえきって, 会わねば, 該当する

▼ 鏡などを~ (3, 0.0%)

1 取り出して, 振り舞わして, 捧持し

▼ 鏡なんか~ (3, 0.0%)

1 ずいぶん古くから, 見なくたって, 見んと

▼ 鏡による~ (3, 0.0%)

1 のか, 出産日から, 重複反射の

▼ 鏡ばかりの~ (3, 0.0%)

2 衣裳戸棚剥げ 1 衣裳戸棚だの

▼ 鏡みたい~ (3, 0.0%)

1 だった, だったの, になっ

▼ 鏡やら~ (3, 0.0%)

1 紅皿やら, 銅器陶器の, 鼈甲に

▼ 鏡~ (3, 0.0%)

1 そんなに凝っ, 鏡よ, 鏡よとて

▼ 鏡より~ (3, 0.0%)

1 二倍の, 反射し, 飜身し

▼ 鏡一つ~ (3, 0.0%)

1 のため, の小さな, 買うて

▼ 鏡丹波ら~ (3, 0.0%)

1 が一時, を先頭, ワイワイ騒い

▼ 鏡仕掛け~ (3, 0.0%)

1 で隠顕, とは何事, のトリック

▼ 鏡~ (3, 0.0%)

1 のキャビネット, の戸棚, の洗面台

▼ 鏡~ (3, 0.0%)

2 の王 1 の王一柱

▼ 鏡太郎博士~ (3, 0.0%)

1 がかほど, は君自身, もこの

▼ 鏡太郎君~ (3, 0.0%)

1 で同君, の名著, は遠から

▼ 鏡如様~ (3, 0.0%)

1 のお, の弟君, の権威

▼ 鏡張り~ (3, 0.0%)

1 です, で人, の浴室評判

▼ 鏡心明智流~ (3, 0.0%)

1 でご, の桃井春蔵, を元

▼ 鏡戸棚~ (3, 0.0%)

2 の前 1 を開け

▼ 鏡照子~ (3, 0.0%)

1 の口, の身体, を誘いかかります

▼ 鏡獅子~ (3, 0.0%)

1 の作中, の舞踊, の類

▼ 鏡~ (3, 0.0%)

3 の女

▼ 鏡蒲団~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ 鏡~ (3, 0.0%)

1 をあけ, を開け, 前金具

▼ 鏡越し~ (3, 0.0%)

1 に見, に覗い, に運転手

▼ 鏡魔法~ (3, 0.0%)

1 の理論, も底, を御存じ

▼ 鏡かと~ (2, 0.0%)

1 壁を, 軽蔑する

▼ 鏡さんたち~ (2, 0.0%)

1 がかわい, はおばあさん

▼ 鏡その他~ (2, 0.0%)

1 に執着, を贈つ

▼ 鏡って~ (2, 0.0%)

1 いったいどんな, ものは

▼ 鏡であっ~ (2, 0.0%)

1 て一, て宇宙

▼ 鏡でありまし~ (2, 0.0%)

1 てあの, てその

▼ 鏡でした~ (2, 0.0%)

1 がかべをそこ, が小林君

▼ 鏡でなく~ (2, 0.0%)

1 つても, て常

▼ 鏡でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばなりません, ば針

▼ 鏡とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものに, ものを

▼ 鏡との~ (2, 0.0%)

1 間は, 関係は

▼ 鏡なし~ (2, 0.0%)

1 で手さぐり, には決して

▼ 鏡などで~ (2, 0.0%)

1 心に, 眺めるの

▼ 鏡なりに~ (2, 0.0%)

2 世の中を

▼ 鏡なれ~ (2, 0.0%)

1 にし, はかく

▼ 鏡ぬけ~ (2, 0.0%)

1 よりも陰鬱, ろくろ首の

▼ 鏡また~ (2, 0.0%)

2 草薙の

▼ 鏡まで~ (2, 0.0%)

1 取りつけて, 捨てるの

▼ 鏡やらの~ (2, 0.0%)

2 小さい包み

▼ 鏡よく~ (2, 0.0%)

2 見れば

▼ 鏡ガラス~ (2, 0.0%)

1 でしてね, のちいさな

▼ 鏡一杯~ (2, 0.0%)

2 に溢れ

▼ 鏡一面~ (2, 0.0%)

1 に黄色く, を定綱

▼ 鏡~ (2, 0.0%)

1 のプレパラート, へ縄梯子

▼ 鏡中鬢糸添~ (2, 0.0%)

1 ひにしか, ふ

▼ 鏡作連~ (2, 0.0%)

1 の女, の祖

▼ 鏡~ (2, 0.0%)

1 とか男堂子, とは客

▼ 鏡入れ~ (2, 0.0%)

2 や紙入

▼ 鏡太郎さん~ (2, 0.0%)

1 というあの, 早く逃げ

▼ 鏡女王~ (2, 0.0%)

1 の妹, はもし

▼ 鏡影録~ (2, 0.0%)

1 といふエツセイ, を書い

▼ 鏡忍房~ (2, 0.0%)

1 の墓, は松の木

▼ 鏡~ (2, 0.0%)

1 が垂れ, をはね上げ

▼ 鏡架け~ (2, 0.0%)

1 に掛け, の脇

▼ 鏡~ (2, 0.0%)

1 したる所, すれば

▼ 鏡氏一本お稽古~ (2, 0.0%)

2

▼ 鏡水銀~ (2, 0.0%)

2 のたま

▼ 鏡~ (2, 0.0%)

1 なる旧名, の南辺

▼ 鏡洋燈~ (2, 0.0%)

2 が幾つ

▼ 鏡~ (2, 0.0%)

1 の作平, も時代

▼ 鏡硯陶磁~ (2, 0.0%)

2 の類

▼ 鏡~ (2, 0.0%)

1 だの木挽, 来旧影清

▼ 鏡磨き~ (2, 0.0%)

1 が時々, といふやう

▼ 鏡窓ガラス~ (2, 0.0%)

1 で際立っ, のある

▼ 鏡花会~ (2, 0.0%)

1 にはいっ, をつくっ

▼ 鏡花子~ (2, 0.0%)

2 の筆致

▼ 鏡花式~ (2, 0.0%)

1 の文学分子, みたよう

▼ 鏡花等~ (2, 0.0%)

2 の作中

▼ 鏡~ (2, 0.0%)

1 なども取り寄せ, の祝詞

▼1* [301件]

あまたならべぬ, 鏡ありとや思ふべき, 鏡いっぱいにうつっ, 鏡いろいろの角度, 鏡がかべにはめこみに, 鏡がはひつて, 鏡くもらぬ影も, 鏡ぐるみより大きい, 鏡こそ淋しかりけり, 鏡このあした, 鏡これかとよ, 鏡さえお手, 鏡さては犬の, 鏡さんはゐる, 鏡しかなかった, 鏡じゃあない, 鏡すべてのもの, 鏡するという方法, 鏡そいつを右手, 鏡たらんとし, 鏡たるや光線, 鏡だけは持って, 鏡だけを説く, 鏡だって何も, 鏡だにあらば, 鏡ちゃんだって意気地, 鏡ちゃん駄目だよ, 鏡っていうのいったいだれ, 鏡つていふもの, 鏡りかへ, 鏡であったので当時血気, 鏡でありますれば必ず, 鏡である泣いた顔が, 鏡であれこれ眺める, 鏡ででも見るよう, 鏡でないところは, 鏡で無ければならなかつた, 鏡といへます, 鏡というもおろかである, 鏡とかには異状は, 鏡としか見えないが, 鏡としては余は, 鏡とてはなかった, 鏡とでも相談し, 鏡とともにあり, 鏡とにとまつて, 鏡と共に存在した, 鏡どころじゃない, 鏡なければ何れ思案, 鏡なぞの宝物を, 鏡なぞをも献じました, 鏡などでもあらうか, 鏡などには旅程日時の, 鏡などもやはり此種類, 鏡などよりよほどよく見えます, 鏡ならば教授, 鏡なり国民の, 鏡なりともわが今汝, 鏡なんぞは影さえ, 鏡なんて増鏡の, 鏡にあたって穂先が, 鏡におけるに異なるなかりき, 鏡にかけても直接甚だ, 鏡についてその話, 鏡にてはてなき, 鏡にてと云はれる, 鏡にのみ見て, 鏡により象は, 鏡に対し一乳を, 鏡に当たって反射し, 鏡鏡の, 鏡のぞいてたしかめ, 鏡のみ懸かれる男, 鏡のみが枕頭に, 鏡はもはら我が, 鏡ばりの衣裳戸棚, 鏡びらきの祝儀, 鏡びらき祝儀の試合, 鏡ほどに重寶, 鏡ほどのものは, 鏡または刀の, 鏡までが日本で, 鏡みたような, 鏡めいろいろなこと, 鏡もってっ, 鏡もってるのかしら, 鏡やへ行って, 鏡ゆかしむ夜, 鏡よとて喜びさわぎしその, 鏡らしいものの, 鏡われぞもて, 鏡をかへたんだ, 鏡をも抜いて, 鏡を以てメヅーサを, 鏡を通して天空を, 鏡ん中には片, 鏡イツパイに當面, 鏡コスメチック頭髪ブラッシに衣服ブラシ, 鏡コニャック一瓶小さきコップ数個, 鏡ダラケの部屋, 鏡チングルマ岩梅などが疎ら, 鏡見ルト, 鏡トリックがある, 鏡ニ掛ケテ見ルガ如シ, 鏡ハ數年前吾師既ニコレヲ實驗シ蒸汽船ハ本藩已ニコレヲ模製ス他, 鏡ボンボン時計火鉢玩具ソロバン弓油絵雑誌その他が古ぼけ, 鏡モザイックの手函, 鏡支エタ, 鏡ヲ把テ之ヲ照セハ, 鏡一台の前, 鏡一枚の恩恵, 鏡一葯草其外名も知らぬ, 鏡一銭活動魔法の鏡, 鏡一面倭文二端白眼鴾毛馬一匹白鵠二翼造顔師一人御贄五十舁, 鏡三世界不思議鏡電気屋敷などすべて, 鏡に物, 鏡上方にあり, 鏡下枝には八尺瓊, 鏡不能視之, 鏡中文治以前の小説的記事, 鏡中趣味尤津々たれども, 鏡中雙鸞の圖, 鏡丹波ら以下百に余る, 鏡丹波三人の浪人, 鏡事実の鏡, 鏡二脚の椅子, 鏡互に相映じ, 鏡五尺のかつら, 鏡仕掛であちら, 鏡付きの大きな, 鏡代用の赤い, 鏡体乱歩の, 鏡作氏になつ, 鏡供養も見, 鏡信号を発見, 鏡先生事件を通じて先生, 鏡光照のごとき, 鏡に挾んだ, 鏡れが, 鏡其他のガラス類, 鏡其者のみに就き, 鏡冴ゆなり青落葉, 鏡分析の結果, 鏡剣曲玉のたぐい, 鏡を捧げ持ち, 鏡包まれてる燭台または, 鏡化粧臺用の化粧箱, 鏡化粧道具文房具なども整然と, 鏡である, 鏡及び聖なる水, 鏡取出して咬む, 鏡織物古, 鏡古銅器ヲ観, 鏡合わせて八種, 鏡同様凸凹だらけのもの, 鏡の手紙, 鏡という人, 鏡を見つけ, 鏡は今, 鏡へ見え, 鏡場奪取の光景, 鏡塗扇硯筥一式等をおさめ, 鏡壁板額その他の器具, 鏡大姉とある, 鏡天福元年五月二十七日の条, 鏡太郎これも謹慎中, 鏡太郎千両箱を抱える, 鏡太郎畳の上, 鏡太郎腹でも切らず, 鏡奇術だよ, 鏡に入れ, 鏡女大学女孝経等をもらつた, 鏡嫁入り道具一式を売る, 鏡の基礎, 鏡寛喜二年閏正月廿六日の條, 鏡小春に見る, 鏡岩銀杏などが目, 鏡川原の納涼場, 鏡巻五に太政大臣藤原公相, 鏡庵赤泊町の東光寺, 鏡元二年二月二日条, 鏡式部が才, 鏡弓之進は高遠, 鏡往にし世に, 鏡径八インチか十インチ, 鏡後半の無味乾燥, 鏡御前橘石楠姫石楠イワハゼ珍車岩高蘭立山竜胆蔓苔桃麒麟草猩々袴鷺菅などがあり, 鏡との殉教, 鏡懷劍などは何處, 鏡懸けの友禅模様, 鏡にずんずん, 鏡戸棚テーブル椅子等すべて安物の西洋家具, 鏡所載の各, 鏡にはとらせ, 鏡持てる手は, 鏡掛けがそれ, 鏡撓造らせし手枕を, 鏡影録, 鏡方俊というむずかしい, 鏡方俊願ニ依リ本職, 鏡明らかなれば, 鏡明るき殿堂ならずや, 鏡昨日少年今白頭, 鏡智流刀杖指南役の優婆塞聖護院印可覚明, 鏡智流自在の腕前, 鏡揚波, 鏡未詳撰盖北條家之左右, 鏡などより漁猟, 鏡桶釣竿なぞいう, 鏡椅子硝子窓以下粉砕せざるなく, 鏡すると, 鏡検出法を始め, 鏡を渡った, 鏡櫛笄かもじなど, 鏡欲りするその, 鏡殿葉之助, 鏡氏お早うござる, 鏡氏葉之助, 鏡気ちがいの最, 鏡気取つたクション小綺麗な, 鏡水晶器具ガラス器具皿磁器陶器土器金銀細工物銀の器具, 鏡水晶玉鍋釜庖丁類麦焦しチベットの菓子類, 鏡水桶鬢盥など毎朝, 鏡汚れて像全, 鏡ければ, 鏡清き月夜に, 鏡の水, 鏡湖水月の如し, 鏡無しでつけた, 鏡無限につらなり, 鏡見遠, 鏡照子さん当家の家政婦, 鏡片手にカンテラ, 鏡玉像とかいうよう, 鏡玉剣の権威, 鏡玉千百六十分の一秒まで利く, 鏡玉葉などのわずか, 鏡珍車白山一華などの花, 鏡のアニリン染料, 鏡用切断器の捻子, 鏡用法を唱, 鏡田中矢徳等のごとき, 鏡と称し, 鏡白い花の, 鏡百錬抄醍醐雑事記歴代皇紀そのほか当時, 鏡に説明, 鏡的証明法は遺憾, 鏡眺める機械で, 鏡石鹸スポンジポマードタオル巻煙草葉巻刻み煙草というよう, 鏡研自分達が早, 鏡磨ぎ師は, 鏡磨祭同三日, 鏡磯吉の大, 鏡磯吉綱渡りの勝代, 鏡竜田姫の化粧道具, 鏡筒型鏡の洪水, 鏡の蓋, 鏡箪笥の抽斗, 鏡細君美妙斎の胡蝶, 鏡縁欄間のよう, 鏡羅針儀を借り, 鏡にも, 鏡考中に見えざれ, 鏡臺これは私, 鏡臺二三の女, 鏡花外史が孤影蕭条, 鏡花夫人の愛, 鏡花會の人々, 鏡花泉先生は古今, 鏡花調を凝らし, 鏡花調文学で押し通す, 鏡苔桃などが下草, 鏡またはカガミソウ, 鏡萬物を己, 鏡落窪物語鉢かづき, 鏡蒔絵の図様, 鏡蓋衣裳つづらすべて印のある, 鏡も金奉行, 鏡やカリオストロ, 鏡ひがかかつて, 鏡装置を試みつくし, 鏡の我影, 鏡裡ところきらわず妖舞, 鏡見飽かぬ君に, 鏡に打ちながめつ, 鏡を左手, 鏡遠眼鏡双眼鏡廓大鏡顕微鏡塵除け目金, 鏡部屋にとじこめられたなら, 鏡郷義弘の御, 鏡金銀の珠玉, 鏡鎌倉年代記などの記事, 鏡鑑珠玉その他種々の貴重, 鏡附きの古風, 鏡随分古いもの, 鏡電気屋敷などすべて, 鏡に裂けたる, 鏡面ごしに, 鏡はよけれど, 鏡顕微鏡塵除け目金, 鏡餅搗きでいっさい女, 鏡首座という僧