青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「錢形~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

銅~ ~銭 銭~ 銭形~ ~鋭い 鋭い~ ~鋭く 鋭く~ 錠~ 錢~
錢形~
錦~ 録~ 鍋~ 鍬~ ~鍵 鍵~ 鎌~ 鎌倉~ 鎖~ 鎧~

「錢形~」 2123, 22ppm, 5240位

▼ 錢形~ (1331, 62.7%)

179 親分 77 親分が 72 親分さん 64 親分に 63 平次は, 親分の 51 親分を 37 親分は 35 親分だ 28 親分も 24 平次も 21 親分か 19 平次が, 親分さんに 18 平次と, 親分さんで 16 親分飛んだ 14 親分さんの 12 親分さんが 9 平次に, 親分さんは, 親分さん御, 親分御 8 平次の, 親分さんお, 親分で, 親分と 7 親分さんなら, 親分さんを 6 平次を, 親分お, 親分この, 親分さんだ 5 親分さんも, 親分ださうで, 親分でも, 親分とも, 親分にでも, 親分には, 親分丁度宜, 親分何んか 4 兄さん, 兄哥の, 平次, 平次でした, 親分さんださうで, 親分さん飛んだ, 親分です, 親分よく

3 [13件] この通り, 兄哥, 兄哥が, 兄哥は, 平次です, 平次とも, 親分お待ち申し, 親分さん有難う, 親分ところの, 親分にも, 親分丁度, 親分又, 親分私は

2 [26件] 兄さんが, 兄さんは, 兄哥御, 大變, 平次だ, 平次とか, 平次親分, 平次親分が, 平次親分と, 平次親分の, 待つて, 御苦勞, 親分さんあの, 親分さんちよいと, 親分さんと, 親分さんとやら, 親分さんどうぞ, 親分さん大, 親分ぢや, 親分ばかり, 親分より, 親分大, 親分妙な, 親分待つ, 親分惡い, 親分遠い

1 [232件] お北, お手際, お膝元, お蔭で, お關, か久し振り, か遠い, が來, が持つ, が智惠, この娘, これだけ, これぢや, その手代, そんな甘口, ところに, ところへ, にも似合, に七日, に見, は利助兄哥, また手柄, もう一つ言, もう嗅ぎ出した, もタガ, 下手人は, 今度といふ, 仕込みで, 何にか, 來て, 俺には, 兄さんに, 兄さんの, 兄さん濟みません, 兄さん矢張り來て, 兄哥あの, 兄哥こいつは, 兄哥この, 兄哥なら, 兄哥なら見, 兄哥には, 兄哥にも, 兄哥も, 兄哥もう, 兄哥丁度宜, 兄哥何う, 兄哥大層, 兄哥左孝は, 兄哥斯うなり, 兄哥氣の, 兄哥用事てえ, 兄哥考へる, 到頭嗅ぎ出した, 到頭捕まつた, 前だ, 匕首で, 又逢, 夜の, 大層早い, 大層良い, 子分と, 子分なら, 子分の, 家へ, 平次か, 平次からは, 平次でも, 平次のと, 平次へ, 平次まだ, 平次ガラツ八と, 平次何心なく, 平次土間に, 平次子分の, 平次寮の, 平次幾刻, 平次得意の, 平次捕物にかけては, 平次殿と, 平次與力筆頭笹野新三郎から, 平次親分さん, 平次親分だ, 平次親分も, 引揚げよう, 息は, 手柄だらう, 曲者は, 民五郎が, 羽掻の, 職人の, 若いくせ, 親分あの, 親分いつぞや, 親分おせつ, 親分お仙は, 親分お前さんは, 親分がね, 親分これが, 親分これでも, 親分これは, 親分さ, 親分さすが, 親分さぞ, 親分さへ, 親分さま, 親分さんあつし, 親分さんあんまり, 親分さんいろ, 親分さんか, 親分さんこの, 親分さんこれは, 親分さんこれを, 親分さんこんな, 親分さんさぞ, 親分さんさつきは, 親分さんた, 親分さんぢや, 親分さんでした, 親分さんでしたら, 親分さんです, 親分さんで御座いました, 親分さんで御座います, 親分さんとも, 親分さんとんだ, 親分さんどうか, 親分さんには, 親分さんにも, 親分さんへ, 親分さんよ, 親分さん丁度, 親分さん乘出し, 親分さん九百九十兩盜つた野郎を, 親分さん今日は, 親分さん何んとか, 親分さん入らつ, 親分さん困つた, 親分さん妹が, 親分さん始めて, 親分さん娘が, 親分さん扇屋の, 親分さん檜物町から, 親分さん燕女は, 親分さん番頭は, 親分さん相, 親分さん私は, 親分さん見苦しい, 親分さん遠方を, 親分さん重々無理な, 親分それぢや, 親分た, 親分たつた, 親分だが, 親分だけは, 親分だらう, 親分ちよいと, 親分でなくたつ, 親分では, 親分とで, 親分とは, 親分どうして, 親分どうぞ, 親分な, 親分なら, 親分なんか, 親分にばかり, 親分ね, 親分へ, 親分ま, 親分まア, 親分もう, 親分らし, 親分わざ, 親分エライ, 親分一世一代の, 親分一應も, 親分三輪の, 親分下手人の, 親分下手人は, 親分今度こそは, 親分今度は, 親分伜が, 親分何んとか, 親分何處で, 親分俺には, 親分八五郎親分も, 親分八兄哥もか, 親分助け, 親分匕首の, 親分口紅で, 親分向うから, 親分外に, 親分大した, 親分妹の, 親分姉が, 親分宜, 親分御宿と, 親分恐れ入つた, 親分惡者から, 親分拜みます, 親分新らしい, 親分早速, 親分有難う, 親分樣, 親分樣お, 親分此方から, 親分死骸の, 親分氣の, 親分清次郎は, 親分瓶を, 親分申上げ, 親分申譯が, 親分百助は, 親分皆んな氣の, 親分相, 親分私の, 親分私を, 親分程には, 親分約束の, 親分縛つておくれ, 親分良い, 親分若旦那の, 親分親分は, 親分變な, 親分近頃, 親分遠方で, 親分遲かつ, 親分面目ない, 親分面目次第も, 親分飛ん, 釜吉は, 飛んだ御, 驚いちや

▼ 錢形平次~ (726, 34.2%)

30 と八五郎 25 の家 19 のところ 17 の顏 10 は八五郎 9 の子分 7 は斯, は相 6 と子分 5 です, に取, の前, はその, は斯ん, もさすが 4 ともあらう, の手, の智惠, はこの, はそんな, はガラツ八, もこれ

3 [11件] が乘出, が歸つて來, でさ, とガラツ八, に報告, の聲, の話, はそれ, は何, は到頭, も驚きました

2 [54件] が乘, が來, が來さ, が立つ, が顏, が飛ん, さすがに, でした, と雖, にも初耳, にも豫想外, に引, の働き, の問, の姿, の心, の手柄, の方, の明智, の眼, の繩張内, の言葉, の調べ, の長い, の鼻, はいきなり, はいつも, はさ, はさすが, はまだ, は不意, は全く, は大, は子分, は少し, は日頃, は氣, は氣輕, は漸く, は珍, は粉煙草, は縁側, は驚きました, ほどの者, もこの, もそれ, もまた, も思はず, も思ひ及ばなかつた, も息, も悉く, も滿更, も默, を訪ね

1 [397件] いきなり大塚, から借り, が, がお, がこんなに, がさう, がさぞ, がしかも, がその, がそれ, がそんな, がどんなに, がやつ, がガラツ八, がパツ, がブラリ, が一番先, が一緒, が不意, が中, が中坂下, が保證, が先, が八五郎, が凝, が出かけよう, が出動, が出馬, が動き出す, が呼出されました, が唯一, が多賀屋, が大, が夫婦づれ, が居る, が年, が弓町, が待つ, が後で, が御用, が御輿, が思ひ, が押し, が捕, が握, が斯, が旅, が早く, が死んだ, が活躍, が浪人者, が物, が狹, が盛ん, が眉, が眼, が組み立てた, が腰, が腰繩, が自分, が與力笹野新三郎, が苦い, が蔭, が見込み, が調べ, が門口, が關係, が飛込む, その子分八五郎, だけでした, ですが, では, でも想像, でも手, といふ綽名, といふ荒神樣, とお, とがらつ八, とその, とはよく, とは言, とは貫祿, と名, と小林習之進, と杵太郎, と爭つた練達無比, と聽, と言, と顏, などには指, なら無, にうんと, にさう, にすがりつく, にの, には何より, には外, にも全部, にも息, にも異, にも見, にも讀みきれない, に一句, に似, に命ぜられた, に喰つて, に對, に手, に押, に探索, に擧げられ, に月下, に止め, に水, に注意, に滿身, に現場, に睨まれる, に絡む, に聲, に見付けられ, に見出された, に訴, に追, に逢つて, に重, に附け, に飛込まれ, に默禮, のそれ, のやう, のプラン, のモーシヨン, の一行, の世話, の代り, の住居, の作, の先, の冷たい, の出現, の助け船, の助勢, の助手, の勇ましい, の動き, の勝ち誇つた, の叡智, の右, の名, の埃, の執, の執拗, の外, の庇護者, の忍ぶ, の意見, の感, の感じ, の手掛けた, の指, の捕物, の掌, の掛け合, の探索振り, の文身, の方法, の早い, の明察, の明神下, の智慧, の最初, の望み, の本能, の死鬪, の氣, の氣性, の江戸, の活動, の爲, の片腕, の番頭, の眞, の第六感, の繩張り内, の耳, の袂, の裾, の言, の計らひで, の許婚, の説明, の論告, の負け, の近頃, の逞しい, の頬, の首, の馬鹿念, の馬鹿野郎, の鮮やか, は, はお上, はお玉, はかうし, はさり, はす, はたうとう, はたつた, はぢ, はのつけ, はまさに, はもう一度, はカラカラ, はサツサ, はツルリ, はニヤリニヤリ, は一向, は一歩遲, は一面, は下女, は不精, は世にも, は丹精甲斐, は久し振り, は事もなげ, は二人, は互に, は以ての外, は何ん, は何時, は來客, は侍姿, は兇賊木枯, は全身, は八五郎以下, は八卦, は函嶺, は初夏, は危ふく踏止つて陣, は又, は吾妻屋永左衞門, は呑氣, は唸りました, は嗜み, は場所, は女房, は如何にも, は始めて, は委細構はず續, は嬉し, は封, は尚, は居, は引く, は弱, は後, は後ろ, は後ろ斜め, は御用風, は忠義, は思はず, は思ひ, は手, は手早く, は手輕, は指, は提灯, は改めて, は旗色, は日向, は早春, は昨夜凉, は暫らく, は暫らく考, は朝飯, は格子, は植木鉢, は正月, は死骸, は死體, は殘, は泥, は泳ぐ, は滅法, は無精髯, は煙管, は煙草盆, は相手, は眼, は眼鏡越し, は神田, は穩, は立ち上, は立つ, は立て, は笹野新三郎, は腕, は膝, は膽, は苦い, は落着き拂つて, は裏庭, は身一つ, は近頃, は重三郎, は鎌首, は際限, は隣り, は額, は飛込みました, は驚い, は驚く, まさに膽, もあまり, もう駄目, もこんな, もす, もたいした, もなか, もひどく, もまさに, もよく, もツイ出動, もツイ膝, もハタ, もハツ, も一度, も一應, も何, も口, も唯一, も唸りました, も妙, も宿, も小言, も少し, も年始疲れ, も後, も心細い, も思ひ, も思ひ及ばぬ, も手, も持て, も指, も斯, も暫く, も此判じ物, も此時, も氣, も焦立たしい, も眼, も立ち竦みました, も罠, も腕, も膽, も舌, も苦笑, も豫期, も貧乏, も起き直ります, も飛びました, も首, も驚かない, も驚き, も鬱陶しく, をおびき出せ, をさ, をつれ, をつれ込み, をもう, をハツ, を一番, を仰ぎました, を伏し, を伴つて, を信頼, を前, を動かし, を動かす, を呼び, を弄んだ, を引つ張り出す, を怨みました, を拜ん, を捕, を日本一, を舞臺, を誘ひました, を誘ひ出させた, を誘ひ出し, を辟易, を迎, を追, を靜, を驅, を鼻

▼ 錢形親分~ (9, 0.4%)

2 だ, のところ, の片腕 1 ならわかるだらう, の右, の家

▼ 錢形平次親分~ (6, 0.3%)

1 といふの, といふ荒神樣, に來, に注意, の家, を呼ん

▼ 錢形~ (5, 0.2%)

1 どうした, ゐなきや, 來る, 聽いたら, 見放すほどの

▼ 錢形とか~ (5, 0.2%)

2 何んとか, 平次とか 1 何とか言

▼ 錢形~ (4, 0.2%)

1 氣の, 聽いた, 言ひたいが, 鑑定した

▼ 錢形平次殿~ (3, 0.1%)

2 の御 1 は嬉しい

▼ 錢形~ (2, 0.1%)

1 か何ん, か馬方

▼ 錢形とは~ (2, 0.1%)

1 言は, 言はさん

▼ 錢形~ (2, 0.1%)

1 のやり口, の神速主義

▼ 錢形親分さん~ (2, 0.1%)

1 に逢, のところ

▼1* [26件]

錢形とかいふ岡つ, 錢形とやら平次とやらに, 錢形とやらの親分か, 錢形なんかに荒させるこつちや, 錢形盾を, 錢形には無い荒療治, 錢形にも似氣, 錢形のがさう言や, 錢形のとか何んとか, 錢形ちよいと, 錢形やり込めて, 錢形次兄哥を, 錢形平次一世一代の大, 錢形平次一人手柄で宜, 錢形平次一代のうち, 錢形平次一生に一度, 錢形平次住居の段, 錢形平次何とし, 錢形平次寢亂れた八五郎, 錢形平次御宿と書い, 錢形平次怪奇な事件, 錢形平次泥棒に商, 錢形平次淀橋の叶屋, 錢形平次眞つ直ぐ, 錢形平次遊里へ足, 錢形平次頃合を見