青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「食~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

飛び込ん~ ~飛ぶ 飛ぶ~ ~飛ん 飛ん~ ~飛んだ 飛んだ~ 飛行~ 飛行機~ ~食
食~
食い~ ~食う 食う~ ~食っ 食っ~ ~食った ~食べ 食べ~ ~食べる 食べる~

「食~」 5825, 63ppm, 1816位

▼ 食~ (612, 10.5%)

28 に行く 20 座へ 9 に行った, 物に, 物を 8 違ひ 7 宿へ, 物は 6 に行かう 4 に来, に行き, をし, 意地が, 気の, 物の 3 しんぼうの, 日劇へ, 有楽座, 物が, 物も, 盛りの, 盡くし, 酒を

2 [28件] が立つ, にゆく, に來, に出かける, に来る, の美少女ら, はしない, をした, をする, アイスクリームを, コロンバンで, セリフを, 下が, 付きは, 何を, 塩を, 度いと, 方を, 日劇の, 楽屋で, 殘し, 殘した, 気について, 気も, 物で, 盡される, 込みだ, 込みである

1 [405件] あてし, い, いかに着ん, いきいきと, いつの間にか側, おしるこ屋, おはる, おほせ, かけ持ちし, かつ酔, が好き, この頃, しんぼうが, すき腹に, すぐ又, すしやで, その上鳥, その日, その耶馬渓, その足, それが, それも, それを, たっぷりのみ, たり, だけで, つきが, つなぎの, つみ, てぞ急ぐ, てなれ思ふ, てばん, てもよけれ, ても猶, て八十歳, て口, て味佳, て大いに, て帰る, て此上, て牧場, て神命, て終に, ながら, ながらいろんな, ながらお, ながらきい, ながらこれ, ながらこんな, ながらさ, ながらだまつて, ながらとは少々, ながらヅラ, ながら上流, ながら十一月, ながら奥さん, ながら女中, ながら学校, ながら彼, ながら急, ながら文学論, ながら時計, ながら曉, ながら煖かい家, ながら熱心, ながら生涯, ながら話す, ながら読まう, ながら送別, ながら釣れる, ながら食, ながら飲み, なまじひ, に, にか, にけり, にゆかう, にエーワン, にベーリング地方, に入る, に出かけ, に出た, に出ない, に出よう, に南部僑一郎, に帰る, に平, に来たら, に案内, に町, に行, に行つた其汽車, に鳴瀬, ねむくなった, のあり, の品, の小遣くら, の彼女等, の方, の説, の部, はしたくない, はしません, は止る, ばかりし, ばかり揃つて, ばなしに, まづし, めし二杯, もしくは親子ドンブリ, やうだ, や惡遊び, や賭博, よく語り, をさして, をしなけれ, をる, を断つ, を試みた, を追, アイスクリムソーダを, アイスティで, アコーディオンの, アダリン五錠の, アンマを, ウイ, ウイを, ウイスキー又, コブ茶を, コーヒーのみ, コーヒーのむ, サイダを, サリーで, サンドウィッチコートって, セットへは, ダンスチームの, ツぱぢになるべし, ドライヴ, パオンへ, パッと, ビーコンで, ビールを, ピョン, フランコで, フロリダキチンで, プディングを, ホテルの, ホテルへ, ホワイトホースを, ボビーに, ポンパンを, マスクメロンと, ミルクの, ミルクコーヒーの, メイタク拾っ, 一寸表へ, 一席やっ, 一時三十六分名古屋駅発帰京の, 一時半帰る, 一時近く迄, 三昧堂で, 三時に, 三時半近く迄, 三益だけが, 三里塚迄, 上げだ, 上げに, 下つて, 下つて自分, 且つ唄, 世界の, 中座の, 之より, 乍らも, 乍らやる, 乍ら今度は, 乍ら口で, 乍ら通っ, 乍ら配役, 乍ら食卓の, 九時から, 了へて, 了れ, 事務所へ, 二時近くまで, 五にか, 五十一銭也で, 五千プ程, 五時半東宝グリルで, 五時座へ, 人は, 今夜も, 他いろ, 付き, 以つて獨立の, 休息する, 兄は, 入つた, 入つた一種, 入つて, 入浴し, 入浴する, 六時頃から, 冷紅茶の, 出しを, 初めである, 労れ, 労れたり, 十一時迄, 十二時に, 十二時半に, 十二時半帰る, 十時半に, 千成へ, 午前八時頃から, 又すぐ, 又ダットサン, 又三軒, 又両人, 又二階, 又働いた, 又入浴, 又大西, 又日劇, 又火食, 又盲役者林長之助, 又麻雀, 合せか, 合せだらう, 合せの, 合ふ, 合ふところが, 同じこと, 名古屋劇場へ, 名宝で, 喜多村, 坐り相撲を, 堀井英一を, 夕べに, 夕刻近く, 夜の, 大切に, 夫は, 失礼した, 好い女, 安食堂, 家で, 家へ, 少し休む, 山田伸吉も, 山野楽器店で, 帰宅, 帰宿, 床へ, 床屋を, 度い, 度いものは, 引あげ, 待望の, 心祝ひの, 忙しきもの, 愉快げに, 意地ばかり, 或る, 扶持の, 扶持を, 押切駅へ, 振りやら, 掛けの, 損った, 損って, 損つたのである, 搜し, 放送局から, 放送局へ, 放送局深夜テスト, 放題が, 新橋の, 方だ, 方は, 日劇楽屋へ, 日本服を, 日本米を, 日比谷映画へ, 早く座, 早めに, 旬報の, 明日の, 易い様, 昨夜の, 昼弁当を, 朝寝も, 東発へ, 松その, 梅島と, 橘の, 止めようとして, 殘り, 殺し候, 氣と, 水を, 水上に, 水上雪江に, 清の, 満腹, 満腹苦しい, 演舞場の, 漫才の, 漫談屋へ, 潰しである, 無事に, 焼酎をのみ, 牛肉の, 物, 物あれ, 物さへ, 物だ, 物である, 物でも, 物として, 物とては, 物にも, 物のけふ, 物はい, 物やと, 理髪し, 畢りたる, 盡くして, 盡くす, 盡し, 眼科へ, 穀物を, 笑ひさざめいてゐる旅客たちを, 紅茶のむ, 紅茶コーヒーを, 納豆が, 終つた指は, 終つた時には, 終つた食器は, 終つてお茶を, 終つて又, 給へ, 給へと, 給金は, 縛つて下腹に, 縛つて居りました, 續け, 缺ぐ, 美松食堂て, 腹が, 自分を, 臺所に, 舟和の, 色々と, 若くは, 茶も, 茶を, 荒野の, 菊ずし迄, 虫なども, 血は, 觀音は, 言ひたけれ, 詰め者の, 詰者と, 話は, 豆も, 足つた子供等は, 足らず古い, 身代りにな, 車掌室で, 辛坊で, 込みかたを, 込みを, 近藤書店で, 過ぎの, 道楽飲み, 道樂で, 違つた断面の, 違つてお, 違つてさ, 違つてゐる, 違ひで会へば, 違ふところから, 部屋へ, 酒は, 酔つてワイワイ, 酔ふ, 野球ゲーム五千五百以上入っ, 野鼠兎なども, 金持ちが, 鈴木静一と, 銀ブラし, 銀座裏の, 難て, 青山師範の, 頭で, 食ひ取つ, 食ひ進む, 食後禁を, 飮み, 飽た, 餘す, 鮮血に, 麻雀する

▼ 食~ (499, 8.6%)

28 して 23 うと 20 ぬ顔 10 されて 8 なければ, ぬ, ねば 7 なかつた 6 う, ない, ないの 5 うか, せた 4 ないもの, ぬの

3 [11件] されるの, したこと, しむ, せたり, せを, ないこと, ないぢ, ないで, ないと, なくても, ぬと

2 [26件] うよ, された, されたが, された時, される, したの, す, せたいと, せたの, せたん, せました, せられて, せるため, せるところ, ないやう, なかつたといふ, なかつたやう, なくて, なくては, ぬから, ぬ事, ぬ人, ぬ顏, ぬ顏つき, ねえか, 細いが

1 [266件] あるまい, うかと買, うたあ, うといふ, うとは, うとも, うどんにでも, うどんを, うまいもの, うビール, う飯, う飲まう, こ, こつちから, ごく少なく, さうといふ, さうよ, さない, さなかつた, さなかつたの, されす, されたかと, されたといふ, されたといふだけの, されたな, されたに, されたやう, された話, された身, されても, されました, されゆ, されること, されるん, され何, され常に, さんものは, ざりせば, ざる, ざること無く, ざるものは, ざるを, した, したかね, したと, した激しい, しちや, しつた, してやる, してやること, してやる釜, しむることは, しむる物, しむ日本, しめき, しめし境遇, しめし夏汀, しめたり, しめよ, しめ未だ, しめ躊躇, しよ, し一日気, すか分からない, すが, すすまず怏々, すと, すなんて, すの, すのにか, すべき飯, すべて天禄だ, すやり方, する, すれば, すんです, す事, せ, せしは, せずに, せそれ以外, せたうござんすから, せたが, せたこと, せたつて猫, せたと, せたな, せたなあ, せたので, せた形, せた時, せつ, せてつ, せである, せないの, せないばかりか, せなくて, せなすつた, せねえつて法, せまいとして, せますから, せもの, せやあ, せやあがるの, せやがらあ, せやがる, せられたの, せられたり, せられては, せられる自分ぢ, せるうち, せるうまし, せるとか, せるコンソメ, せる大, せる憲兵, せる東京, せる焼売, せる飯三杯, せろ, せんに, せんの, せ九段上, せ子, せ實, せ楽屋, せ物, せ結局, せ給仕女, せ者, せ自分, せ買, せ酒, たいてい近所, たのしんで, ときの, ないか, ないから, ないからと, ないが, ないくら, ないせゐだ, ないぞ, ないでも, ないな, ないなんて, ないのでね, ないは, ないまでに, ないよ, ないん, ない上, ない之, ない事, ない全く, ない寢込み, ない本, ない炭薪携帯, ない爲, ない畜生, ない種類, ない者, ない虱, ない通しもの, なかった, なかつたが, なかつたら蛙, なかつたり, なかつたん, なかつた事, なかつた時, なかつた處, なきやあ止, なきやなら, なきア, なくつ, なくつたつ, なくつて, なくな, なく思つて, なけぁなほるって, ぬうち, ぬお, ぬか, ぬが, ぬがましだから, ぬがましと, ぬところ, ぬとは, ぬに, ぬので, ぬの界, ぬほか, ぬもの, ぬ二人, ぬ先, ぬ気分, ぬ決心, ぬ者, ぬ西洋人, ぬ覚悟, ねえぢ, ねえでるん, ねえめ, ねば生きられない, ねば餓死, ばやなどの, ふぢ, また格別, まだな, まだ考えない, むずるぞ, むとする者に, むとする者にと, もっと少なく, るる蛤, るる非, るる鼠声, れなかつたか, れること, れるため, れるもの, れるやっぱり, れる事, れる方, れんずるの, 一度ぐらいに, 一羹一菜に, 二円半と, 何にも, 先づ金田の, 出来る快眠, 半蔵に, 固より, 士気の, 奪われ生命, 実際的, 彼とても, 彼の, 御好次第寢, 必らず, 日本人には, 柏の葉で, 次第に細る, 澆ぐがごとく羊食は, 焼くが, 煮え上りたり, 皆で, 眼路の, 米麦一食は, 精密に, 自ら労する, 色を, 葱麺包など, 蔬食を, 解いて, 言語道断であり, 貧しき生活, 足りましょう, 身体の, 野菜のみ, 雑煮それに, 食へる, 食べたくないと, 食堂で, 麥飯を

▼ 食~ (479, 8.2%)

15 求めて 5 して 4 得ること

3 [12件] 与えよ, 乞うと, 乞うもの, 乞ふ, 供し, 取る, 廃し, 得るため, 得んが, 断って, 求めに, 求めると

2 [31件] ごちそうした, した, する, するの, する癖, つかって, とるという, 与えて, 与えること, 乞うて, 乞うの, 乞うので, 乞ひ, 共にし, 共にした, 分ち衣, 取りて, 取れ, 受くる, 受けて, 喫す, 得て, 得るでなし, 求めるの, 済まして, 甘しと, 與へて, 調へ, 足し兵, 需めて, 食む者

1 [357件] あさりてつど, あさりながら, あさる痩せ犬, あたえよ人, あたへよ, えて後, くだされて, こしらえた, こちらで, さけんでも, させると, しそう, したが, したと, したもの, したよう, した食店, すごしたよう, すすめ精薬, すてて, するという, するとか, する様, する機会, たしなむこと何人, たずねたげな, たづねたげな, たべて, つくり出して, つめ水, とったり, とって, ともにする, とると, なさじとの, なほ思ふ, ぬいて, ねだること, はじめる, ひかへるの, ひかへる事, ほしがるだろう, ほどこしを, むさぼり老, もとめるよう, もとめ雌鶏, やるもの, やれば, よく噛む, われに, シーまたは, トラクオトに, 上げましょう, 与うと, 与うれども, 与うれば, 与えざるのみ, 与えずして, 与えた, 与えたが, 与えないこと, 与えよう, 与えよしかる後われら, 与えられた, 与えられた悪人, 与えるため, 与える事, 与える者, 与えんと, 与え三千歳, 与え凍者, 与え妻, 与え子供, 与え布, 与え隣家, 与ふる, 与ふれども, 与へて, 与へよといふ, 与へられるもの, 与へる身, 丹念に, 乞い食訖って, 乞う, 乞うが, 乞うたという, 乞うたの, 乞うため, 乞うという, 乞うを, 乞う所, 乞う方, 乞ひ求めし, 乞わねば, 乞食に, 了りぬ, 争い蠅, 争ふ, 享ける, 作すところ, 作って, 作り共, 作り清僧, 作るの, 使って, 供うる, 供えた, 供えて, 供す, 供する, 供ふ, 供与し, 偸む, 催す転た, 入れよ, 全廃せよ, 全然念頭, 共にしよう, 共にす, 分たんと, 分ち与うると, 分ったら赦そうと, 制して, 割いても, 勧めるのに, 勸むれ, 十分に, 単に賞味, 参れば, 取って, 取つた, 取らずに, 取らせ談話, 取らない精神, 取らねば, 取らんとは, 取り, 取り馴れし, 取ること, 取れやがて, 受く, 受けさて, 受けたまえと, 口に, 台所の, 合して, 吐きて, 君こそ, 啄み赴く處, 喫うたきり何にも, 喫したのち, 喰つた, 喰べながら, 喰らい敵地, 嘲った女等, 嚥下し, 土蔵に, 奢ろうじゃ, 奪い耕夫, 奪って, 奪ひ, 奪わるるも, 奪われた野鳥山禽, 奪われ甲谷, 好むべしいふがま, 姦淫に, 宛て給, 実行する, 少くする, 常にし, 広い食堂, 廢し, 弁ずるひと, 弁ずる者, 弁ぜず, 弁ぜず食するひと, 得ざること, 得ざるもの, 得ずブハワバール市, 得ず寺, 得た, 得たので, 得たれば, 得なかつた虎, 得なければ, 得ぬとき, 得べし, 得やう, 得らるる, 得られないという, 得られぬ場合, 得るという, 得るに, 得るの困難, 得る手段, 得る能わず, 得わが, 得んと, 得飲, 必要と, 忘れ, 忘れ年, 忘れ楽しみ, 思うべきでない, 思ふに, 思ふべし, 恵まれたわけ, 恵まれても, 悠々分ち, 或人々, 投じて, 択ばずでは, 拒みけむ, 拾いに, 持てる者, 捜すん, 探る最中一つ, 控えろ食物, 摂って, 摂らずギョロリ, 摂らなければ, 摂り自他平等利益, 撰ばず, 改めるが, 整え終日, 断たしめ置き王, 断たれては, 断ち夜, 断った, 斷つと, 施すこの, 施すもの, 施す者, 普及せしめたい, 望みたまえと, 望んだすると, 棄て去るごとく, 楽しむという, 欲すれ, 正行と, 求むるごとくにただただ詩を, 求むると, 求むるの, 求むる如く, 求むれども, 求め, 求めた, 求めたので, 求めなければ, 求めようとは, 求める, 求めるすべ, 求めるため, 求める力, 求める外, 求めん, 求めんが, 求めギギンボ, 求め宿, 求め済活, 求め與, 求め衣, 洋食に, 消す尻, 深く考え, 済ませて, 減ずるやう, 漁りながら, 漁るの, 瀉す, 為し易し, 焼こうと, 爭ふ, 王に, 王の, 生産者から, 盗めば, 盛る籠, 直ぐに, 神池の, 算える, 節してること, 粗に, 細くされ, 終えると, 終りて, 給与し, 絶って, 絶つ, 致して, 致してを, 與ふ, 與へ, 與へたり, 與へる, 蔵す処, 衆僧に, 街頭の, 見て, 見付けよ, 覓む, 覓めまた, 覓めんか, 設けた, 設け機, 設け毎, 語るなどは, 説くかぎり食品そのもの, 調え夫, 調へたり, 調へて, 論ずるあんま, 貪らしめよ, 貪る, 貪るの, 貪るやう, 貪るを, 賜い羹, 賜はるに, 足さうといふ, 足す, 足らすと, 路傍に, 送りつらく, 送るにこそ, 進む, 進めなくなったの, 進めると, 進め寵, 運びつつ, 運んだ帰り, 選ばず唯, 選ばず私, 選ばない彼, 重ぬる, 陳列し, 雌猴に, 雨らせよ, 頂戴し, 頒ける, 食い損なう, 食うとるん, 食しすべてチベット風, 食って, 食ひ, 食べる, 食むの, 食らえ, 食わないの, 食わんと, 飲ませて, 飽くまで喰, 養うて, 饗し, 饗せられき, 馳走する, 鼠が

▼ 食~ (467, 8.0%)

16 や食はず 13 のである 12 のが 11 ことが, ことを 10 のを 9 やうに 8 のは 7 のだ, 為に 5 に困る, やうな, 物も 4 ことに, 権利が 3 ごとに, のか, 方が, 物を

2 [36件] うまい, うまし, ことと, ことにな, だけのもの, に事足り, に困, に困らない, に困らぬ, に困るで, に恰も, のです, のと, のも, の敬語, 事が, 事と, 事に, 人も, 人間の, 可き, 喜びを, 所が, 所の, 日が, 時, 時に, 時には, 暇も, 気か, 気が, 氣に, 者は, 腹が, 虫と, 食は

1 [256件] あたりなども, うちに, うまいので, お燗, がい, がこの, が例, が如く, が此, けいこを, けれども衣, ことである, こととに, ことにばかり, ことよりも, これに, たびに, だけが漸く, だけが藝當, だけでもいい, だけのもん, だけの仕送り, だけは儲け, ぢゃ, でせう, どころの, な, なある, なといふ, など, などとは恩, などは君子人, などは昔噺, なんてどうも, な三杯位, な眞桑瓜, な馬鹿野郎, にあせる, にきまつ, にはとり, には一驚, には何処, には十分の時間, には困らぬ, には時間, には餘, にも我知らず涙, にも酒, に事欠い, に似た, に似たる, に及ばず, に反し, に困っ, に困つたつ, に堪ふる, に物, に窮つて身, に美味, に食, に飽く, ねぎは, のかい, のだつた, のぢ, のでどの, ので下宿人, ので無く, のにあいつら, のに何, のに骨, の古語, の慨, の食, はいつ, は故, は殺生, ひと, ひどく寒い, べ, べえ, べぢ, もう馴れ, やうには, やっぱりうまく, やっぱり此処, やつが, や呑まず, よりは一日, よりも飯, よりも馬鹿, わけの, わりにうまし, を好め, を忌み, オコモさんの, カリフラワー次が, スパゲッティ料理で, トマトスープはい, ネタがい, ハコベの, パンを, ビールなども, ブラックエンドホワイトあり, ヨークハムとても, 一方, 下宿人は, 中, 事さ, 事にて, 事にな, 事は, 事や, 事を, 事飲む, 五時新橋演舞場へ, 人, 人が, 人は, 人ばかり, 人ら背も, 人種もを, 人間が, 人間は, 今は, 会, 会で, 元気も, 分には, 分を, 初めは, 前に, 厄介物でしか, 去年と, 可からず, 喜び, 堀井夫妻と, 場合と, 場合との, 奴を, 子より, 容子などは, 寢る, 工夫が, 帰宿一時すぎ, 平凡な, 店でも, 弁当だけ, 彼岸かな, 心配だけは, 心配なし, 所は, 方がい, 方さ, 方は, 時で, 時などは, 時も, 時汝の, 時百姓は, 時立つ, 時間が, 暇つひ, 暑くて, 暖かい御飯, 有様を, 木の, 木よ, 東京の, 柿も, 植物の, 様で, 様に, 樣な, 此の, 此処は, 段にな, 気せず, 気だらう, 気で, 気に, 気には, 気力無, 気持には, 油がい, 為です, 為にばかり, 為の, 為めだ, 為めの, 熱い御飯, 爲である, 爲に, 爲めに, 爲めの, 牝牛お前が, 物が, 物は, 物忘れする, 獅子王見る如く, 田樂が, 男だ, 男の, 癖が, 白ねずみの, 相談を, 真似を, 程に, 積りか, 積りかといふ, 筈の, 米が, 米にゃ, 米味噌代の, 考も, 肺結核ださうだ, 腸詰の, 舟子は, 芋蟲ばかり, 花の, 若し起上つて, 茶碗の, 藷を, 虫も, 蟲の, 血汐の, 裸かな, 話か, 貘でも, 資格が, 辛さ, 迄は帝国ホテル, 遊民か, 道は, 道を, 郡民も, 野性, 間の, 間も, 間柄だ, 附属物が, 隙が, 零落者で, 音である, 音と, 音や, 頃だつた, 風習の, 食が, 飯, 飯の, 駅員の, 魚と, 鮎は, 鳥や, 黒き皮卵

▼ 食つて~ (293, 5.0%)

12 ゐた, ゐる 97 しまつ, ゐると 6 ゐるの, 生きて 5 ゐるところ 4 ゐるから, ゐるやう, 居るの 3 ないん, はならぬ, 居た, 行かなければ

2 [18件] かかる, から夕方, しまつて, も腹, ゐたが, ゐなかつた, ゐます, ゐやがる, ゐるのよ, ゐるもの, ゐる人間, 居るもの, 居るん, 居れば, 行かれたらと, 行けと, 行けるん, 見たが

1 [169件] あるく, いつた, いよいよ冬, いらつし, かかつて, かかられては, かかりたちまち, かかりました, かかるの, かかる妹, かかる激し, からにしよう, から今度, から後, から歸途, から私たち親子三人, か恐ろしい, くれんので, こんな軽い, すてたもの, すてた貝殼, そして寝た, そして抱い, その白い, それで滿腹, そんなに顔色, たまるもの, だけはゆけます, どうにも, ないと, ないの, はゆけます, は成らない, ひどい目, ほとんど全滅, ほとんど無一物, まだたいした, もうまく, もそれ, もふしぎ, ももたれる, もら, も害, も旨く, も法令, も赤く, も飛び込む, も食, も飮ん, やらうと, やらア, ゆけないの, よ町内, るか, ると, るとは, ゐたこと, ゐたし, ゐたと, ゐたとき, ゐたの, ゐたので, ゐた時, ゐた痩侍, ゐた細民, ゐた訳, ゐて, ゐては, ゐない, ゐないこと, ゐない私たち, ゐました, ゐやしない, ゐられるの, ゐられる訳, ゐるくみ子, ゐるけ, ゐるに, ゐるゆき子, ゐるん, ゐるン, ゐる一, ゐる人たち, ゐる千二百萬, ゐる唯一, ゐる太田, ゐる家, ゐる所, ゐる方, ゐる時, ゐる男さ, ゐる留吉, ゐる筈, ゐる雌, ゐる頃, 其の度, 出かけた, 出る程, 別れやう, 叱られては, 呉れ給, 大いにうろ, 如何し, 寝て, 居た露月町, 居つたかといふ, 居ても, 居りました, 居りましても, 居り大きな, 居るうち, 居るから, 居るとか, 居る人間, 居る傍, 居る掛り人, 居る者, 居る自分, 居る若, 往く事, 往けるだけ, 思はず手, 掛るの, 掛るやう, 探し歩いたの, 早く膳, 来た, 来たので, 来なさい, 歩いて, 死んだ, 死んだの, 死んだので, 死んで, 生きるため, 置き乍ら, 育つた少年, 育つて, 行かうと, 行かれるの, 行き給, 行くか, 行くぐらいの, 行くこと, 行くだけの, 行くの, 行く人, 行けさ, 行けて, 行けないからと, 行けないもの, 行けなくなつ, 行けなくならあ, 行けるくら, 行けるけど, 行けるの, 行けるやう, 行けん, 見せるの, 見た, 見てから, 見ても, 見ると, 見る事, 見れば, 通るだけ, 通れる丈, 飛出したが, 騒ぐ会

▼ 食~ (165, 2.8%)

4 ために 2 兄弟だ, 晩餐を, 末々まで, 神を, 自由を, 説を

1 [149件] あと庭の, あるところ, うちの, おふるまい, おめぐみ, お妻, お惣菜, かずかずの, ことなんか, すきに, すすまない子供, すすまぬ病犬, ため, ためとか, ついでに, できる人, もので, やかららに, ような, コースに, ゼニぐらいは, 一度は, 一時間前に, 一種と, 世界については, 世界は, 乏しきを, 二本能以外に, 二欲は, 二者は, 人に, 代表的な, 休憩に, 使ひ, 使命は, 修業いたし, 備なす, 儲を, 制を, 名を, 器を, 外に, 大戸が, 大戸と, 大腕白, 奨励贈答や, 如し, 学者たちから, 実演会を, 実行とかについて, 実行を以て, 宴も, 尚と, 弁当が, 弁当を, 強い児, 影響は, 後には, 徒が, 徒の, 徒隨つて之に, 心理と, 恵位には, 意義方式なども, 慾も, 摂り方, 支度も, 支度を, 教えあり, 料を, 方の, 方は, 日に, 日には, 昔話が, 時, 時にも, 時を, 時をも, 時一口口に, 時崖の, 時間の, 晩餐後お, 最美, 朝飯が, 本義とか, 本義に, 樹として, 比較を, 準備に, 為めに, 焼馬鈴薯, 玉蜀黍の, 現象特に, 甘きは, 生活なり, 用意などは, 癖が, 皿と, 皿へ, 直前に, 短剣を, 研究は, 研究資料として, 祝宴を, 神, 細い人, 給養で, 義と, 膳に, 膳にも, 膳棚に, 自分別に, 蒸しパン, 蒸パンを, 藝は, 行はれた, 行を, 製法に, 観測と, 計, 計という, 計とは, 計も, 話に, 語を, 課題の, 論も, 豪華さに, 貯蔵法など, 買ひ, 資に, 起った後, 足を, 辨当を, 途を, 進まぬ時, 道などは, 道に, 道の, 適否が, 量が, 間の, 関係で, 際わざと, 雅俗を, 雜草からは, 饗応を, 魚給へ

▼ 食~ (158, 2.7%)

7 た, ないの 6 なかつた 5 ぬと 4 たもの, ないから, ないと, ないもの, ない奴, なくな, よう 3 たの, ないし, なくなつ, ぬ 2 ず, ない, ないといふ, ないところ, ないやう, ないん, ない化け者, なくなつた, なくなる, ぬし

1 [73件] いでも, うまいぞ, さうもない, さへ, すべてを, ずに, ず座, ず残念, ず臺輪, そして悪魔, たえなんて, たくなつちや, たら呑氣に, つこない, ないからと, ないぐらゐの不自由, ないけれど, ないすぐ, ないぞ, ないぢ, ないなど, ないので, ないもん, ない公卿, ない十一時過ぎ, ない狸爺的総長, ない男, ない私, ない酒, ない阪急デパート, ない顔, なかった, なかつたのに, なかつたら家庭教師, なかつたら心中, なかつた故, なきや, なく, なくなつたら, なくなつたら困る, なくなりさ, なくなりましてなあ, なくなります, なくなり豪族, なくなると, なくなるやう, なくなる怖, ぬから, ぬからである, ぬといふ, ぬので, ねえから, ねえど, ねえん, はせぬ, ばその, ばなりと, ばみちの, ば人を, ば水を, ば食へん, まいからと, ますか, ません, ませんでした, めえ, り, んから, んと, んや, 人を, 然ら, 馬鹿

▼ 食~ (114, 2.0%)

5 して 2 ありついて, なつた, なると, 充つ, 充てた, 窮すれば, 飢えて

1 [95件] あいたもの, ありついたという, ありついたやう, ありついたら一切, ありつきたいという, あるか, うえた人, きめなくては, くらべて, この蕪, されたとか, したい一食, しましょうか, しようかと, するか, せんが, つきたくて, つくの忙, とぼしい生活, へらしフラフラ, まゐ, 一升くえる, 万銭を, 不安を, 乏しく痩せ, 乏しく結核, 事を, 仕えるため, 代えた, 代えるため, 休み四時, 住に, 余程間, 供える物, 充ち満ちた闖入者, 充ち足りて, 充てた實例, 充てんと, 充て既に, 充て真珠, 充て續, 到るまでも, 呼ぶも, 和むか, 困っての, 困り宿, 堕せず托鉢, 奉るもの, 宛てたり, 就かず, 就き皆平等, 就け, 就けり, 尽きて, 慣れたるによる, 慣れるには, 換えて, 昼の, 望みは, 来た男, 楽しみを, 渇いて, 甘んじその, 移りそれ, 窮し, 窮した, 等しく飽き足り, 腹も, 臨む外来魂, 蕎麦を, 行ふ, 訓練し, 足らず, 足りて, 足りる程度, 迫って, 過ぎません, 適すること, 重きを, 關し, 限りたる, 露命を, 食を, 飢えたから, 飢えたの, 飢えた乞食, 飢えた狼, 飢えた者, 飢え七枚, 飢ゑたる猛, 飮料に, 飽かしむれば, 餓やせ, 饑ゑて却つて人に, 饑ゑるやうなものを出さない

▼ 食はず~ (93, 1.6%)

3 でも, にゐる, に居る 2 とも, に寝, に寢

1 [78件] だ, だから, で, でこうして, です, ですよ, で句, で昨日今日, で溜めた, とも平, と愁, なりぬ, にうめき, にか, にし, にしまつた, にしまふ, にすぐ, にすんだ, にちや, になつ, には居られない, にや居られ, にゐた, に上甲板, に來, に倒れた, に働い, に八五郎, に出, に只, に地, に學校, に居た, に居なけれ, に居れた, に帰る, に急い, に悲歎, に暮し, に此處, に歩いた, に毎晩, に気, に永眠, に泣き, に溜め, に目的地, に神田, に綿, に腹, に苦役, に行く, に酒, に靜かに物, に頻, に飛び出しました, に飛ん, に飽きた, に駈け付けた, のつらい, の儚なき, の汽車, の私, の貧乏, の路頭, やのその, 但香, 呼んでも, 思ふ, 悉く包み, 故に此, 死んで, 況や烏賊, 温かいもの, 着る筈, 長いこと眠つて, 飲まずに

▼ 食つた~ (83, 1.4%)

6 やうな 5 やうに 4 ことが, と云 3 ものだ, よ 2 ことは, ことも, だけな, といふ事, ばかりだ, ものが, 眠くな

1 [44件] か, かい, かしら私, かな, かなと彼, かね, からで, からと云, からね, があれ, がその, がどうも, がね, が北方, が深い, きり何も, ことの, そして僅か, その晩, ために, だけで, だけでよし, だけになか, とあれ, といふ女, とか云, とき小島政二郎が, ところがさ, と言, どんな梨, に違, のであつ, ので黄泉, ほど空々しい, ものだらう, ものである, ものの, ような, わけで, んだ, 為に, 筈だ, 筈は, 黄色い毛糸

▼ 食~ (81, 1.4%)

15 てしまふ 5 たりし, ている 4 たりした, てる 3 たりする, たり酒, てしまはう 2 ていける, ていけれ, ていた, てきた, てみた

1 [29件] たらい, たり塩酸レモナアデ, たり女, たり居眠り, たり着物, たり競争者, たり笑, たり詰らぬ, たり踊, たり飲ん, たんぢや, ちやあかん, ちやつてな, ちや可, ちや馬が, ていけ, ていけねえ, てくれ, てくれる, てみたく, てみよう, てやる, てゆく, て下さいました, て行く, 了ひなさい, 付き合つて一旦, 付き合つて同じ, 大神と

▼ 食~ (78, 1.3%)

10 ている 2 つつふと, て他人, て多く, て帰る, て後, て腹

1 [56件] それより, たり, たり娘, たり昼, たり食慾, て, ていた, ています, ており, ておれ, てからもその, てこの, てこれ, てその, てもッ, てよく, てより, てゐる, て一時, て五体, て人, て又, て口腹, て右渓, て団欒, て大悟, て家, て居らるる, て居る, て床, て怪しまぬ, て敢なく, て日, て昨日, て果たして, て楽しむ, て死んだ, て毎朝, て泥棒, て淫, て生, て田舎風, て留辺志部, て百疾, て穴居苦行, て虫, て見た, て飢, て鬱憤, に来よ, に行く, の飯, 厳父は, 焼売二円が, 物の, 物を

▼ 食ふと~ (62, 1.1%)

6 いふこと 4 云ふ 3 見えて 2 言ふ, 飛び出した儘

1 [45件] あと満腹し, いふ, いふと, いふに, いふよう, いふよりは, いふ人たち, いふ人達, いふ戰慄, いふ様, いふ法は, いふ行, いふ餘裕, おもふ如し, かなす, か幾分, か親戚, こで, ねむくなり, はいへる, は何ぞ, また歩き出した, よさ, 一種の, 不消化でやす, 体の, 何う, 俄かに, 出て, 却つて珍らしがる, 同じ事, 大牛, 屹度赤痢に, 操が, 止むだ, 毒だ, 留公の, 異る, 答へた後間もなく, 脚氣に, 見物に, 言つて家の, 酔ふさうだ, 頭の, 食は

▼ 食~ (55, 0.9%)

3 たれの

1 [52件] ある君, すすまぬ重態, せず一睡, たべないので, たれして, たれを, たれ総身, とらず臣下, とらない勝家, とらなかった, のどへは, ほそり酒, 亦聞き, 余程進む, 先へ, 取らず数日間, 取らず眠っても, 味は, 咽喉へ, 咽喉を, 喉に, 喰は, 天子と, 失わせるよう, 奢侈も, 宿も, 心苦しいから, 忘れたほど, 摂らず, 摂らずに, 断ちければ, 断つよ, 旨く食った, 欲く, 止むを, 水も, 火も, 無く水, 病い, 眠りも, 竭き, 細るばかり, 絶え親しむ人, 足りる筈, 足り懐ろ工合, 通りませんのさ, 進まず奥, 進みません, 進み別段, 進み夜, 進む, 食い慣れない者

▼ 食~ (51, 0.9%)

3 ないと 2 殆ど天, 細って

1 [44件] あろうと, い, すすまなくな, すむ, ちいと, ちっともすすまぬ, ない, ないこうした, なくな, はじまる菜葉, ふだんの, ほとんど天, まことにまずい, もうまるっきり通りますまい, もし間違ひだつた, カロリーが, 入って, 再考究, 出来ません, 午餐でなく, 好きだ, 始まる, 少いから, 恋しくなった, 止ったゆえ若草, 流行し, 流行つてゐる, 済むと, 減り體重, 生れて, 用意され, 発明されよう, 確かに, 私を, 細いねえ, 細いので, 起る, 起るはず, 進まず鰻, 進まない樣子, 進む, 進むから, 進められ山, 金十二銭だ

▼ 食~ (51, 0.9%)

2 治病食, 洋食と

1 [47件] しそうして, した, したる, し劔戟, し岩茸, し次第に, すすめめぐりてとぼしたる火も, すと, する, するお, するか, すること, するとか, する鹿, せし事, せん極光淨天, なし己, なし耳, なし蜜, なす, なった, なる楠, 一日交代に, 云えば, 云ふ, 住との, 半々に, 名づけて, 喪と, 年中六時間の, 所は, 栄養薬を, 激情とは, 生との, 申して, 眠りが, 眠りを, 神嘗と, 称して, 称するもの, 種族保存の, 致しましては, 色との, 衣とを, 酒とを, 骨ばかり, 鹿児島で

▼ 食はれ~ (51, 0.9%)

5 てゐる 4 てしまふ 2 あした, てしまった, て了, む人間に

1 [34件] たり, たりけふも, てし, てしまつ, てしまつた, てしまつたの, てしまつて, てしまひました, てだ, てもいい, てゐた, てゐます, てをります, て一夜, て了つた, て入り, て半日, て家, て寝た, て惜しい, て枯れた, て死ね, て毛, て皆, て糞, て行く, ながらまだ, ながら泊め, 中, 残りの, 玉は, 私は, 米の, 羊毛の

▼ 食へる~ (49, 0.8%)

4 やうに 2 といふ, んだ

1 [41件] お客には, か, かと楽しみ, かと訊ねる, から第, か実験, か鈍痴め肴, がサービス, が故に, しなケトバシでも, その事, ため人類の, ぢや, とのこと, と思つたの, と思つて, と感じたなら, のでみんな, ので満員, は己, ものか, ものぢや, ものなし, ものなら, ものばかり, よ, んだつたら, んでなく, シャボテンまで, 丈は, 人間でなけれ, 代用食として, 夜食渋い, 奴等ぢや, 方だ, 状は, 皿は, 者は, 自信あり, 貧乏は, 間だけは

▼ 食はせる~ (44, 0.8%)

2 といふ, のが, のは, ものは, やうに

1 [34件] からかしら, からには作つて, が出前, こと, ことを, ぞ, ぢや, つもりで, といふユモア小説, といふ好条件, とこが, とこは, ところ等, と斬つ, と言, な, にはこれ, のでい, のでした, のでなか, のでカツレツ, ので材料, より外, 事も, 代りに, 家へ, 店が, 店で, 油揚げは, 激しい言葉, 物惜しく, 蝗を, 訳も, 豊田屋それから

▼ 食した~ (36, 0.6%)

2 ことを, のである, のは, ものである, 事實も

1 [26件] おほみた, お蔭に, ことが, ことに, ことも, ために, とあるの, といふ, のか, ので私, まふ, ものであった, ものに, ものらしい, 上田といふ, 事を, 人は, 人間は, 位で, 冬子さんは, 勘定を, 場合が, 時給仕人持ち来た, 経験が, 罪で, 者の

▼ 食ひつ~ (35, 0.6%)

7 いて 3 かない, かれて 2 いたり, ないで, ぶして

1 [16件] いた, いたといふ, いたの, いたら放さぬこと, いた処, いた最初, かうと, かせるよ, かなかっ, かれたやう, かれたらもはや, かれたら痛から, けども, づけて, なぐ金, ぶしもの

▼ 食ふこ~ (35, 0.6%)

43 とにしよう 2 とによつ, ともある

1 [24件] とこれ, となからむ, となどに憤慨, となどの問題, とにした, との外, との心配, との必要上此処, との方, との趣味, とは僕, とは日本人以上, とは犬, とは驚く, とは鳥獸, ともあります, ともない, とも出来なくなる, とも同, とや散歩, と一日, と五椀, と働く, と見

▼ 食ふも~ (33, 0.6%)

6 のは, のも 5 のが 3 のを 2 のだ

1 [11件] の, のだの, のぢ, のとては, のなし, のなどには, のの, のゆゑ, の曰く傳四曰く奇瓢曰く眞折曰く寅彦曰く四方太曰く虚子曰く漱石, の殆, 夙卒に

▼ 食はせ~ (32, 0.5%)

3 て置く, 者だ 2 てくれ, てくれぬ, てやつ

1 [20件] てあべこべ, てお, てくれた, てくれる, てしまふ, てもら, てもらはう, てやらう, てわたくし, てゐた, てゐる, て乳, て今度, て勝手, て涙, て生, て行かんならん, て見た, て見たい, て遣る

▼ 食~ (29, 0.5%)

3 がない 2 の方, 更に振

1 [22件] が, がある, がなく, がなくなる, が出ません, が無くなっ, が薄く, だけは変らない, と色気, にだけ偏っ, のこと, の強い, の狂人, は回復, ばかり強く, までついた, よりも私, よりも色気, を見せつける, を起さす, 更に不被, 附く時

▼ 食~ (27, 0.5%)

2 はむ人間, ひて, ふなるべし

1 [21件] つたり, ないもの, なかつたし, なきやあ, ぬか, はしめる, はせました, ひ, ふ, ふとよ, ふは, ふ塗籠, ふ貧弱, へ, へだ, へば, へば死す, へる避難民, へツ, やがっ, やがれ

▼ 食ひし~ (24, 0.4%)

3 ばつて

1 [21件] ことは, たりし, てゐる, て一粒, て十二時すぎ, て談笑, にもせよ, ばつた, ばつたま, ばつた儘一言も, ばつた怒りを, ばつた惡相だ, ばつた齒の, ばつてぢ, ばつて此, ばつて泣き顔, やもかし, やも知るべからず, 事有りし, 南ずしで, 身の

▼ 食もの~ (23, 0.4%)

2 屋の

1 [21件] ぐらい正直, さえこの, という形, にがつ, には乱暴, にもだんだん, に殉じ, に毒, のうま, のこと, の中, は簡単, は食っ, ばかり, ばかりの露店, を横, を食っ, ッてね, 屋か, 屋です, 思想に

▼ 食~ (23, 0.4%)

3 になる 2 な, 求食る

1 [16件] しかどはかばかしき, じゃあない, ぢやあない, つつある, ながら出陣, なさりませ, なさりませず, なはるか, にお出で, に下りる, はじめた, よ, 寄りも, 求食りし, 物求食り, 賢いね

▼ 食~ (23, 0.4%)

5 てかかる

1 [18件] たりし, ちま, ちまったって, ちゃいられねえ, ちゃァ, ついて, ていた, ている, ておけ, てかかっ, てかかろう, てもおれ, て左右, て懸った, て生き, て行こう, て飲ん, 附いちゃ

▼ 食~ (23, 0.4%)

3 の習慣 2 の風, の風習

1 [16件] が動機, という彼ら, との関係, の人達, の例, の史實, の嗜好, の回数, の天下, の証, の証痕, の話, の風俗, や首狩り, を無罪, 之食者死人

▼ 食~ (22, 0.4%)

2 あつた

1 [20件] おしまいに, すまして, すませた, たちまち無能, はない, クサリウイ, 一円私には, 両方兼帯の, 九十八まで, 優勝は, 充分だった, 哲学者とは, 完全に, 我慢せね, 押し通すこと, 欲く, 済まして, 結構でございます, 耗す, 間に

▼ 食ひもの~ (22, 0.4%)

3 にする

1 [19件] が不自由, が悪かっ, と女, と女とど, と言, にならない, になりたくない, になる, にはなるまい, にめぐまれたる, に苦労, はどこ, は平凡, は美味かっ, も修善寺, も絶世, も縁, をほんの, を注意

▼ 食人肉~ (20, 0.3%)

15 の風習 2 の風 1 に關, の一材料, の記事

▼ 食~ (20, 0.3%)

2 である, をもかへたら

1 [16件] すこぶる多し, で一人夕食, で簡単, で西洋料理, で計らず, で赤葡萄酒, にゐる, に入った, に居る, のある, の程度, へ二人, へ入っ, らしいもの, を出, を出た

▼ 食~ (20, 0.3%)

3 の頂 2 は何故

1 [15件] が牲, である, であるという, の屍体, の無礼, の目, の腹中, の許, は五穀, は本来ウケ, を撃殺, を祭る, を訪ねさせし, 即ち稲荷, 実に已に死

▼ 食~ (19, 0.3%)

7 の政 4 のまつりごと 1 といふ事, とは召し, とは天皇, と滄海原, の, の祭事, の遠, をまつる

▼ 食ひも~ (18, 0.3%)

42 のや

1 [12件] しないの, せずに, のいろんな, のお, ので一ばん, のの方, のはな, のまで分つ, の少く, の屋, の許, 食ったもの

▼ 食~ (18, 0.3%)

2 を米

1 [16件] かね相, が可, けれども, ともさ, と忽ちに, のかい, のです, のと共に, ほどに小笹一叢茂, ものぢや, ものや, やうにね, んなら, 其の早業, 分ばかり, 物は

▼ 食~ (17, 0.3%)

2 がったん

1 [15件] あ宜, うまし, うまし二切食, がったおかしかっ, がったら骨, がれ, しない, しないもの, しめえ, アがる, 住や, 四食の, 歩行の, 節米料理が, 間食を

▼ 食はん~ (16, 0.3%)

2 したな, と欲する

1 [12件] お桐, かつたけ, しの, でなあ, でも, でもえ, でゐた, で高山, としたるならん, とせし, と欲, のだから

▼ 食ふべき~ (16, 0.3%)

2

1 [14件] かは実際, か一箱, に先, の急, もの, ものを, ビール, 急に, 性質の, 料理までをも, 果お, 物住むべき, 米を, 麦も

▼ 食~ (16, 0.3%)

2 を離れた

1 [14件] が頂戴, は二百四十石, は六百石, は足軽, をうけ, をさがす, を加増, を召, を多く, を彼一人, を舎弟, を食ん, 召し放し, 賜わった上浪人組

▼ 食つたの~ (14, 0.2%)

2 です

1 [12件] が旨, だ, だね, である, はこの, は何, は作話, は林檎, は河豚ぢ, は爺さん, ももう, を少し

▼ 食はれた~ (14, 0.2%)

1 [14件] さうだ, としても氣, のです, のは, やうに, 傷を, 噂を, 塵に, 痕が, 痕で, 石にも, 苹果の, 蛙は, 銅の

▼ 食ひたい~ (14, 0.2%)

1 [14件] といふ気, とは思はなかつた, と思, と思ひ出した, と思ふ, と言, なと暫, なア, のが, のに, ものが, ものは, やうだ, んだ

▼ 食ひつく~ (14, 0.2%)

4 やうに 2 やうな 1 だけで, どころか骨, のです, ものか, 処を, 水気で, 赤兒の, 食ひつく

▼ 食へば~ (13, 0.2%)

1 [13件] おしまひに, 之に, 山氣冷かに, 彼の, 心臓を, 必ず胸, 春に, 机の, 湯水なく, 終日胸苦しき, 苦勞の, 蕎麦湯を, 酒も

▼ 食~ (12, 0.2%)

1 [12件] いかれへん, しまってから, みれば, 三階へ, 以て, 厚く礼, 心地好く遊ん, 散歩に, 肥える, 行かれんよう, 見る気, 非常に

▼ 食ひ入る~ (12, 0.2%)

3 やうに 2 ばかりの眼つき 1 ことである, だけです, ほどに手首, 不安とを, 処へ, 執拗さに, 性分である

▼ 食人鬼~ (11, 0.2%)

4 のよう 1 であった, ではない, として著聞, にさかれた, にすぎなかった, のごとく, のやう

▼ 食仙人~ (11, 0.2%)

1 [11件] が云った, が以前, が見込んだ, というそういう, と仰せられました, と呼ん, と彼女, の声, の独擅場, は月光, を訊ね

▼ 食麺麭~ (11, 0.2%)

1 [11件] と鑵詰, と魔法壜, の切れ, の製法, はどこ, をにちゃにちゃ, をやっ, を擁, を購, を送届け, を食べ

▼ 食つてる~ (10, 0.2%)

2 ね, んだ 1 から此, が今日, だけに話題, のか, のさ, わけぢや

▼ 食はう~ (10, 0.2%)

1 がため呼吸, ぢや, とぬるい, とマーブル, と厚い, と思つて, と梟, と箸, と言つた勢, などとは夢にも

▼ 食はれる~ (10, 0.2%)

1 か, かい, かさ, かといふやう, かに立ち, だけだ, といふむごたらし, やうな, やら, 程沢山

▼ 食付い~ (10, 0.2%)

2 て時々 1 てくる, てやろう, て出た, て手拭, て行かなけれ, て行く, て行った, て行つた事

▼ 食~ (10, 0.2%)

1 があり, とは久米氏, に当たる, の増額, は三千戸, は六百戸, は厳密, を好み, を規定, 何ぞ薄き

▼ 食蜃人~ (10, 0.2%)

2 の首 1 がさっき, と云う, なぞを何で, にいじめられ, の所, の虜, や土蜘蛛, を一

▼ 食~ (10, 0.2%)

2 に縁 1 に就き候え, のあと片付, の事, の方, を備, を備える, を司る, を同じく

▼ 食ひこん~ (9, 0.2%)

4 でゐる 3 でゐた 1 でい, でくる

▼ 食~ (9, 0.2%)

1 がこの, が分らない, が判明, が書いてない, であること, に最も, に箸, を日本化, を次に

▼ 食茱萸~ (9, 0.2%)

2 であるが 1 であるか, でも何れ, なる者, の二種, は前, もまた, をも茱萸

▼ 食~ (9, 0.2%)

1 という虫, と一口, に相違, のこと, の害, の方, の話, はふせげる, をふせぐ

▼ 食として~ (8, 0.1%)

1 ゐるもの, 五穀の, 幻覚の, 焼うどん, 育ち行きつ, 親しみを, 饂飩と, 饅頭登場はい

▼ 食には~ (8, 0.1%)

2 適せぬ 1 なれた野犬, またあたたか, 既に遅く, 白米三合味噌五十目干鰯一升ずつ, 飢え野伏りや敵, 飽きたり

▼ 食人肉風習~ (8, 0.1%)

5 の存在 2 を傳 1 は支那歴代

▼ 食~ (8, 0.1%)

1 が常に, が段々, が独り繁昌, が貴, とは毎日, と申す, の官, の必要

▼ 食~ (8, 0.1%)

1 が待つ, で酒食, になっ, によりかかった, に一列, に向っ, の上, を持っ

▼ 食~ (8, 0.1%)

1 である, なお, には雕物, にもまだ, に器械扇, に至り, に鹽, の礼拝

▼ 食~ (8, 0.1%)

4 の慾 1 にも倦, の二性, の本能, よりも甚

▼ 食~ (8, 0.1%)

2 を半減 1 がやや, が何うに, が少い, にも限り, はざつと米一俵, は自分

▼ 食といふ~ (7, 0.1%)

1 のが, ものは, んで, 事件の, 奴を, 点に, 言葉で

▼ 食とも~ (7, 0.1%)

1 うどんだ, すれば, に肉, に芋, に西洋料理, 夕食とも, 店で

▼ 食ひたく~ (7, 0.1%)

2 なつて 1 て二尺, なつたら, ねえや, 一人で, 無えや

▼ 食へと~ (7, 0.1%)

1 いふこと, いふ時, すゝめる, 云ひ, 云ふ, 教へ, 説教し

▼ 食~ (7, 0.1%)

1 いづれも, がタダ, のあらゆる, のこと, のごとき, の様式, 共に禪家

▼ 食という~ (6, 0.1%)

1 ことが, のは, ものの, ものも, 握飯で, 短刀を

▼ 食なく~ (6, 0.1%)

2 病で 1 住むに, 畑は, 痩せた馬, 着るに

▼ 食ふか~ (6, 0.1%)

1 し芋, といふ事, と思, と聞かれ, の問題, も知れない

▼ 食ふため~ (6, 0.1%)

1 には托鉢, には耕さなけれ, にもその, に人間, に働く, に生き

▼ 食~ (6, 0.1%)

2 に困る 1 で西洋人, に困るだろう, の付く, もしなかった

▼ 食違い~ (6, 0.1%)

1 がある, がこまる, ができる, が出来, が多く, もない

▼ 食~ (6, 0.1%)

1 に茶, の一箇, の四つ五つ, の山, を一つ盜ん, を爪

▼ 食では~ (5, 0.1%)

1 なかつた, なくして, なく破廉恥漢, 満足しなくなった, 漬物でも

▼ 食でも~ (5, 0.1%)

1 さしあげられる小屋, した方, する外, それは, 二食でも

▼ 食なき~ (5, 0.1%)

1 に食, 人々が, 有様であった, 者に, 者や

▼ 食はず飮~ (5, 0.1%)

1 まずで, まずでも, まずで見張, まずに, まず動き

▼ 食ひたくなり~ (5, 0.1%)

1 三直へ, 加茂めへ, 女房と, 小尾悦太郎って, 浅草へ

▼ 食ひ尽し~ (5, 0.1%)

1 たり, てしまつ, てしまへ, て一羽, て仕舞つた

▼ 食ひ込む~ (5, 0.1%)

2 やうに 1 まで構はず, 樣に, 雑誌の

▼ 食ひ込ん~ (5, 0.1%)

2 でゐる 1 で往く, で痛む, で離れぬ

▼ 食ひ込んだ~ (5, 0.1%)

1 ところです, やうな, 暗の, 曲線の, 血の

▼ 食ふところ~ (5, 0.1%)

1 であつ, とかで, に世間師, は今, を彫りぬ

▼ 食~ (5, 0.1%)

2 ど腰 1 ど白鶴, なにー愚図, 有た

▼ 食上人~ (5, 0.1%)

1 に会う, に託し, の力, の木像, の稚拙

▼ 食~ (5, 0.1%)

1 には一時間, に中橋, のビタミン, の休息時間, よりここ

▼ 食~ (5, 0.1%)

1 が並ん, についた, の上, をつなぎ, を占めた

▼ 食辛棒~ (5, 0.1%)

1 だつた, であるが, でその, なの, の泥棒

▼ 食さず~ (4, 0.1%)

4 ともよし

▼ 食~ (4, 0.1%)

1 か, が奈何, ものか, 鮎が

▼ 食だけ~ (4, 0.1%)

1 です, では, で午, 米を

▼ 食つた時~ (4, 0.1%)

2 にもあつ 1 のあそびである, 頻に

▼ 食つて了~ (4, 0.1%)

1 はう, はうぢ, はねば, ひましたよ

▼ 食つて來~ (4, 0.1%)

2 なくちや 1 たとかいふ, た物

▼ 食つて寢~ (4, 0.1%)

1 て大きく, て自由, て飯食つて寢, るん

▼ 食との~ (4, 0.1%)

1 上に, 慣例には, 解釈を, 関係を

▼ 食とを~ (4, 0.1%)

1 いかにし, 口腹に, 工夫し, 貪るだけ

▼ 食はせよう~ (4, 0.1%)

1 かと思ひました, その衣類, とする, とそれ

▼ 食はね~ (4, 0.1%)

3 ど高楊枝 1

▼ 食ひかけ~ (4, 0.1%)

1 ては復, のイナリずし, の晝飯の, の燒芋

▼ 食ひこむ~ (4, 0.1%)

1 やうで, 作家の, 文学に, 自然力の

▼ 食ひしばる~ (4, 0.1%)

1 ため自然に, ところな, やうな, やうに

▼ 食ひしん~ (4, 0.1%)

1 ばう, 坊でも, 坊共の, 棒

▼ 食ひする~ (4, 0.1%)

1 とはあさましい, 一座の, 例によ, 酒六杯

▼ 食ひたけれ~ (4, 0.1%)

3 ば食ふし 1 ば食

▼ 食ひつき~ (4, 0.1%)

1 さうな顔, さうな顔付, 悪く捗らない, 親方堪忍し

▼ 食ひで~ (4, 0.1%)

1 おぢ, はなかつた, もと思へ, 凌いでは

▼ 食ひ終る~ (4, 0.1%)

2 ともう 1 とほつ, と焚火

▼ 食ふか食~ (4, 0.1%)

1 はぬ, はれるか, はれるかといふ, はれるかに

▼ 食へん~ (4, 0.1%)

1 ぞ, のに, やうな, 男ぢや

▼ 食らッ~ (4, 0.1%)

1 たぜ, た道中師, て, て出立

▼ 食~ (4, 0.1%)

2 て行ける 1 たよ, 附いて

▼ 食~ (4, 0.1%)

1 尋ネ, 得ルノ具, 断ッテ死ヌダロウト思ッタ故, 為ス参

▼ 食~ (4, 0.1%)

1 たりで, にかかっ, に入れ, に置か

▼ 食~ (4, 0.1%)

1 にやはり, をお, をふやす, を買わね

▼ 食八銭~ (4, 0.1%)

1 にきりつめ, のうち, の規定, の食事

▼ 食国政~ (4, 0.1%)

1 と云, に関する詞章, の一つ, を行

▼ 食~ (4, 0.1%)

1 ちが, ちしたやう, ちて, ちは

▼ 食焔会~ (4, 0.1%)

1 というもの, などそんな, の消化薬, へいらし

▼ 食~ (4, 0.1%)

1 つく臼, とぐ手, の方掻, もうまし

▼ 食~ (4, 0.1%)

1 ではない, にする, に宛てた, の拝借

▼ 食~ (4, 0.1%)

1 が大切, という事, の事, の大切

▼ 食行様~ (4, 0.1%)

1 が立行, は享保十八年, は御, は江戸

▼ 食詰横町~ (4, 0.1%)

1 というの, に住ん, の生活, を通る

▼ 食詰者~ (4, 0.1%)

1 であるだけに, でしょうよと, です, ばかりでお話

▼ 食~ (4, 0.1%)

1 にその, の満足, をそそる, を舌

▼ 食~ (4, 0.1%)

1 がいる, が大群, にとびつかれる, の餌食

▼ 食鹽注射~ (4, 0.1%)

1 によつて自然, に反, は行, をする

▼ 食しか~ (3, 0.1%)

1 とらないし, やりません, 取って

▼ 食たい~ (3, 0.1%)

1 が此処, が買う, のが

▼ 食~ (3, 0.1%)

1 から, ア, 者で

▼ 食つた事~ (3, 0.1%)

1 あるかね, があ, もある

▼ 食なり~ (3, 0.1%)

1 とあっ, 汝ら剣に, 汝等剣に

▼ 食にも~ (3, 0.1%)

1 分布され, 手を, 窮し

▼ 食はせろ~ (3, 0.1%)

1 といつ, と言っとく, よ飲ませろ

▼ 食~ (3, 0.1%)

1 がりだ, がりだじ, つかり食べて

▼ 食ひち~ (3, 0.1%)

1 がつた感じ, がひで失敗, ぎつてやつても鉈で

▼ 食ひつめ~ (3, 0.1%)

1 てお, てゐた, て金

▼ 食ひとめる~ (3, 0.1%)

1 ことの, のが, のに汗だく

▼ 食ひぬ~ (3, 0.1%)

1 けと見える, 不足も, 友が

▼ 食ひはぐれ~ (3, 0.1%)

1 が少い, てし, はない

▼ 食ひはぐれる~ (3, 0.1%)

3 ことは

▼ 食ひません~ (3, 0.1%)

21 から

▼ 食ひや~ (3, 0.1%)

2 がつて 1 がつたな

▼ 食ひ止める~ (3, 0.1%)

1 ことが, ことは, のが

▼ 食ひ荒した~ (3, 0.1%)

1 味噌汁を, 殘り, 炬燵の

▼ 食ふだ~ (3, 0.1%)

21 で晩

▼ 食ふとい~ (3, 0.1%)

1 つた類の, へり, へるも

▼ 食ふん~ (3, 0.1%)

1 だらうから, です, ですよ

▼ 食ろう~ (3, 0.1%)

1 てあわてたらしい, て腹, という末世

▼ 食一瓢~ (3, 0.1%)

3 の飲

▼ 食人人種~ (3, 0.1%)

1 がたくさん, ではあるまい, の好

▼ 食十三銭~ (3, 0.1%)

1 お酒一本十二銭, でこの, で労働者

▼ 食~ (3, 0.1%)

1 であった, であつ, 多ク

▼ 食~ (3, 0.1%)

1 便な, 談そして, 食

▼ 食~ (3, 0.1%)

1 が厳しく, を守る, を持っ

▼ 食~ (3, 0.1%)

3 寝るところ

▼ 食潰し~ (3, 0.1%)

1 てしまう, の事, の極道

▼ 食用品~ (3, 0.1%)

1 なの, のフキ, をナと呼ぶ

▼ 食~ (3, 0.1%)

1 三群は, 二群は, 四群は

▼ 食~ (3, 0.1%)

1 で畳む, など取, に綺麗

▼ 食調~ (3, 0.1%)

2 の譜 1 の伝授

▼ 食~ (3, 0.1%)

1 から駒, にはそば, も二十何回

▼ 食~ (3, 0.1%)

1 として近江, なれば, をわかち与えられ

▼ 食養生~ (3, 0.1%)

1 は唄う, をなさる, を厳守

▼ 食いぶ~ (2, 0.0%)

1 くれて, に

▼ 食いやがっ~ (2, 0.0%)

1 て, てしっかり

▼ 食がく~ (2, 0.0%)

2 へぬ

▼ 食がにの~ (2, 0.0%)

2 やうに

▼ 食さえ~ (2, 0.0%)

1 叶わぬと, 断って

▼ 食さぬ~ (2, 0.0%)

1 うちに, と骨

▼ 食さむ~ (2, 0.0%)

2 とただ

▼ 食せる~ (2, 0.0%)

1 ものにて, やうな

▼ 食その~ (2, 0.0%)

1 ほかは, 味いたっ

▼ 食だけは~ (2, 0.0%)

1 たしかにこの, 罪が

▼ 食って~ (2, 0.0%)

1 ものは, 帰宅

▼ 食つたつ~ (2, 0.0%)

1 て宜, て少し

▼ 食つたところ~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 食つたら~ (2, 0.0%)

1 俺は, 歸つて呉れ

▼ 食つた切り~ (2, 0.0%)

1 で, で山の手一圓

▼ 食つた穴~ (2, 0.0%)

2 とが白い

▼ 食つた話~ (2, 0.0%)

1 になり, を

▼ 食つち~ (2, 0.0%)

1 まつたな, まへ

▼ 食つちまつ~ (2, 0.0%)

1 て, てそれから

▼ 食つてしまつて~ (2, 0.0%)

1 から皆, も好い

▼ 食つて勢~ (2, 0.0%)

2 よく床

▼ 食つて掛~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 食つて歸~ (2, 0.0%)

1 りに, るだけの

▼ 食つて生活~ (2, 0.0%)

1 して, する徒食者

▼ 食つて行~ (2, 0.0%)

1 つたらよい, つちやつたのさ

▼ 食つて行つて~ (2, 0.0%)

1 しまひ, るかすら

▼ 食つて骨~ (2, 0.0%)

1 の外側, を秘す

▼ 食つとる~ (2, 0.0%)

1 んだ, んです

▼ 食つ付け~ (2, 0.0%)

1 てある, て置く

▼ 食です~ (2, 0.0%)

1 ねへえ, ましてゐた

▼ 食といった~ (2, 0.0%)

1 ところで, 時でも

▼ 食としては~ (2, 0.0%)

1 肝臓野菜食療法を, 至極適当

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 のだ, んだ

▼ 食なかりし~ (2, 0.0%)

2 折にも

▼ 食について~ (2, 0.0%)

1 一くみの, 語る資格

▼ 食にと~ (2, 0.0%)

1 つかん, 食事も

▼ 食はずぢ~ (2, 0.0%)

1 やろくな, や見張り

▼ 食はず嫌~ (2, 0.0%)

1 ひにて, ひみたい

▼ 食はず社~ (2, 0.0%)

2 から退け

▼ 食はば~ (2, 0.0%)

1 平け, 皿までの

▼ 食はれたる~ (2, 0.0%)

1 他の, 殘餘ならん

▼ 食はれぬ~ (2, 0.0%)

1 となれ, やうな

▼ 食ばかり~ (2, 0.0%)

1 で生きて, 食べて

▼ 食ひける~ (2, 0.0%)

1 に思ひつき, は罪失

▼ 食ひこんだ~ (2, 0.0%)

1 が足, 砂利の

▼ 食ひさし~ (2, 0.0%)

1 の茶碗, 有しと

▼ 食ひしんぼ~ (2, 0.0%)

1 と思つて, のひ

▼ 食ひす~ (2, 0.0%)

1 ぎはつゝしむべし, この里人

▼ 食ひたくなけれ~ (2, 0.0%)

2 ば食

▼ 食ひたくなっ~ (2, 0.0%)

1 て名物食堂, て行く

▼ 食ひたる~ (2, 0.0%)

1 は始め, 也

▼ 食ひたれ~ (2, 0.0%)

1 ば土, ば身

▼ 食ひつかぬ~ (2, 0.0%)

1 ところに, 話

▼ 食ひつき損~ (2, 0.0%)

1 った, ったかと

▼ 食ひつめた~ (2, 0.0%)

1 同胞の, 果の

▼ 食ひな~ (2, 0.0%)

1 されと, ので母さん

▼ 食ひなん~ (2, 0.0%)

1 かしよつ, か人聞き

▼ 食ひませ~ (2, 0.0%)

2 んで

▼ 食ひ下がる~ (2, 0.0%)

1 ことを, のです

▼ 食ひ付い~ (2, 0.0%)

1 てしまひ, てやれ

▼ 食ひ付く~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ 食ひ取る~ (2, 0.0%)

1 んだ, んです

▼ 食ひ得た~ (2, 0.0%)

2 後さへ

▼ 食ひ得る~ (2, 0.0%)

2 ことも

▼ 食ひ散らした~ (2, 0.0%)

1 皿を, 跡が

▼ 食ひ欠き~ (2, 0.0%)

2 に行く

▼ 食ひ殺し~ (2, 0.0%)

1 てしまひました, てしまふ

▼ 食ひ荒し~ (2, 0.0%)

1 て斯様探偵, やはきれい

▼ 食ひ足りない~ (2, 0.0%)

1 の何, 者で

▼ 食ひ逃げ~ (2, 0.0%)

1 同様で帰る, 同樣

▼ 食ひ過ぎ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 食ふから~ (2, 0.0%)

1 つまり不, 驚く

▼ 食ふし食~ (2, 0.0%)

2 ひたくなければ

▼ 食ふた~ (2, 0.0%)

1 といふ事, のしみ

▼ 食ふだらう~ (2, 0.0%)

2

▼ 食ふて~ (2, 0.0%)

1 も, 了つて出

▼ 食ふてゐた~ (2, 0.0%)

2 か何ん

▼ 食ふと実に~ (2, 0.0%)

1 うまい, うまし

▼ 食ふなら~ (2, 0.0%)

1 ば, む

▼ 食ふべく~ (2, 0.0%)

1 も無い, 鼎钁も

▼ 食ふまい~ (2, 0.0%)

1 し鼻, と思つて

▼ 食へて~ (2, 0.0%)

1 ゆくの, ゐる以上

▼ 食へては~ (2, 0.0%)

1 ならないといふ, ならぬといふ

▼ 食へね~ (2, 0.0%)

1 えとなり, えんだつて

▼ 食へも~ (2, 0.0%)

1 するが, せずに

▼ 食へや~ (2, 0.0%)

1 しねえ, しねえぢ

▼ 食へよ~ (2, 0.0%)

1 マグソダケ, 交合せよ

▼ 食へるだらう~ (2, 0.0%)

1 かしら定めし, と言

▼ 食られます~ (2, 0.0%)

2 今夜は

▼ 食りです~ (2, 0.0%)

1 かあんな, からなお

▼ 食りません~ (2, 0.0%)

1 か, のです

▼ 食をも~ (2, 0.0%)

1 とらず病的, 惜しむなから

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 ヲ最, 或ハ夏期ニ於テ

▼ 食フ之レ~ (2, 0.0%)

1 ヲ冬筍ト謂ヒ甚ダ美ナリ, ヲ宅蒜

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 美者, 菜也と

▼ 食五十銭~ (2, 0.0%)

1 の弁当, の食料

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 南北市糴, 南北市糴又

▼ 食人刑~ (2, 0.0%)

1 であること, に処し

▼ 食人族~ (2, 0.0%)

1 が不思議, の仮面

▼ 食付けた~ (2, 0.0%)

1 のである, まま静かに

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 する食卓, をし

▼ 食住愛憎~ (2, 0.0%)

1 の主題, の問題

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 が斉王, を殺した

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 を使い, を背後

▼ 食~ (2, 0.0%)

2 を置く

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 に関する考, の上

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 に注げり, の品目

▼ 食坊主~ (2, 0.0%)

1 が手, の鐵鉢

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 だけはする, 半分は

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 がなく, へ列席

▼ 食家風~ (2, 0.0%)

2 の調子

▼ 食尽き~ (2, 0.0%)

1 もはや旬日, 援兵の

▼ 食弱肉~ (2, 0.0%)

1 の半, の小

▼ 食快眠~ (2, 0.0%)

1 うらむらく, のよろし

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 を想え, を揺する

▼ 食時ごと~ (2, 0.0%)

1 にまず, に空

▼ 食残り~ (2, 0.0%)

1 の握飯, の皿

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 だとか, にあたってすでに

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 がさして, ばかり

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 などのほか, のよう

▼ 食炊屋比~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 と耕作牛, に適した

▼ 食物ごしら~ (2, 0.0%)

1 えは, えを

▼ 食現象~ (2, 0.0%)

1 が地球上, は非常

▼ 食盛り~ (2, 0.0%)

1 が毎日, の鶏

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 きた時, きて

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 禁ず, 譲り居相愛

▼ 食~ (2, 0.0%)

2 には狸

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 きた時, くると

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 て公舒, れる時果物

▼ 食終り~ (2, 0.0%)

2 てつぎ

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 であること, の群

▼ 食者流~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ 食虫動物~ (2, 0.0%)

1 の一種, の中

▼ 食貨志~ (2, 0.0%)

1 にもいわゆる, や五行志

▼ 食責め~ (2, 0.0%)

1 にし, の式

▼ 食足らざる~ (2, 0.0%)

1 ときは, に至る

▼ 食附い~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐる

▼ 食雑用~ (2, 0.0%)

2 を払え

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 が速い, の日

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 が乏しい, を失ふ

▼ 食~ (2, 0.0%)

1 の汚物, の貝殼

▼ 食鹽水~ (2, 0.0%)

1 とかいふもの, を入れ

▼1* [766件]

せんの, 食いためて来る, 食いちがッ, 食いっこう平気である, 食うつろが蓮根, 食えと主人に, 食えッて云う, 食二食で, 食かけた朝飯の, 食かと思ひとる者, 食かねない勢で, 食かははつきりしない, 食がりなさるなら下宿を, 食がるような, 食きましたから, 食ふを, 食ぐらいはありつけるだろうと, 食ぐらゐぬかしたところで平気なこと, 食これ等総ては近代的, 食ごとに猪, 食さしけむ越, 食さじされば, 食させ事情を, 食させると当分, 食さる可きが, 食されている, 食された場合が, 食ざれば命, 食したならば其の物, 食してやるのよ, 食しましたが庖丁, 食しんぼう小屋のよう, 食しん坊の同志会, 食し終わって身, 食し終わった後には, 食すすまず血環る, 食すなわち食物が, 食すませることが, 食ずですじかいに, 食せずして饑ゑず, 食せず崩ずるに及び, 食せぬものこそ, 食ぜんへ出し, 食は勇氣, 食そして快眠, 食それも日中, 食それから銀座へ, 食たくなってもか, 食たくなったなア, 食たす骨も, 食たべて六十五銭, 食たりして, 食だけで生きて, 食だの鯛の, 食だらうつてかう, 食ついていなかった, 食つきてその, 食つたうたつた踊つた, 食つたかたちに, 食つたの食はない, 食つたらうね, 食つたら出かけようか, 食つた上に小包, 食つた人に五日間, 食つた其鬼がお前, 食つた冷笑明かに相手, 食つた動物の骨, 食つた古本や蝙蝠傘, 食つた場合にはそれほど, 食つた奴こそ猪肉, 食つた嫌疑を免れない, 食つた子猿の話, 食つた将軍は床, 食つた廣告文だし, 食つた後の樣, 食つた悪魔はとんぼ, 食つた所を想像, 食つた方がよかつ, 食つた日にや溜飮, 食つた時分のこと, 食つた木を啄, 食つた末に女房, 食つた栗山餠といふうる, 食つた栗鼠もばらばら, 食つた樹の実に, 食つた汽車辨當の味, 食つた物が消化, 食つた考へに中, 食つた臆病馬吉といふ男, 食つた處を捕まへる, 食つた蜜柑の事, 食つた言葉は明らか, 食つた酢にし, 食つた重太郎に盛つた, 食つた餅が大仏餅, 食つた驚きから覺め, 食つた髪の毛の一筋, 食つた麺麭を今, 食つついて歩いた, 食つつけて笑つて, 食つていきをつかず, 食つてきたに相違, 食つてきた話満洲, 食つてこれが饅頭, 食つてしまやあがる, 食つてそこいら, 食つてちやあかんぞ, 食つてなほ飽きたらぬ巨獣, 食つてやつと歸朝, 食つてゆつくり話, 食つてんだろ, 食つてコニヤツクを四杯, 食つてンだね, 食つて一人しか中らない, 食つて一人前五フラン以上払はされた, 食つて一時の空腹, 食つて世間話をすれ, 食つて了つたか, 食つて二フラン七十五サンチームであがる, 食つて仕事に行きやれ, 食つて仕舞つた所が後, 食つて仕舞つてゐた, 食つて以來鹿の生, 食つて以来鹿の生, 食つて何を飲まう, 食つて八時過ぎの終列車, 食つて其儘別れたおかみさん, 食つて其皮を畑, 食つて前の馬橇, 食つて十分食慾を充たし得た, 食つて十風のうち, 食つて台にのせた, 食つて呑氣にし, 食つて味が忘れかね, 食つて味噌汁を食, 食つて命を繋い, 食つて咽喉を渇かす, 食つて土瓶の酒, 食つて女買をした, 食つて子供ばかり産ん, 食つて家中マツチを搜, 食つて寝床に入, 食つて居ちや大概の戀, 食つて山籠りすると, 食つて左手から走り出, 食つて帰りに些, 食つて後ろへよろけた, 食つて後蛇と戦ふ, 食つて斯の蓮華寺, 食つて日が西, 食つて木の育つ, 食つて柳に燕, 食つて殼をすてた, 食つて毎日おなじ道, 食つて水を沢山, 食つて水上の兄, 食つて汐風を吸つて, 食つて泣き山をゆりうごかし, 食つて泰平を皷腹, 食つて消化するの, 食つて焼酎をのん, 食つて片腕を斬られた, 食つて牛乳を牛, 食つて由はとばされ, 食つて畢ふ訳, 食つて百萬遍も稱, 食つて直吉が大塚, 食つて素つ頓狂, 食つて絵は締切, 食つて肝に入らしめ, 食つて花火が打ち止んだ, 食つて芸者のする, 食つて落語を聽, 食つて行き女房と姉, 食つて行つてたんだから, 食つて迷子にならぬ, 食つて追放されたが, 食つて酒を飲んだ, 食つて酔つ払つて, 食つて長生するに, 食つて頬が焼けつく, 食つて飮まうと, 食つて騷ぐ會なので, 食つて髪を刈つて, 食つらき世に, 食つ付いてゐた, 食つ附いてゐるう, 食づきましたとて老年, 食づつきまつた配給であつ, 食ても平気だ, 食であったということ, 食であったらしくすなわち朝食, 食であり近ごろは, 食であるシダミ, 食としても万人貴賤都鄙みな愛好する, 食とても量が, 食とは口に, 食ともに不自由なく, 食ながら飛ばして, 食なければ一日, 食なぞを止して, 食など出来るだけ, 食などということが, 食なら一番下等が, 食なんぞが幅を, 食なんぞはしない, 食なんぞを遣っても, 食についてはまるで無知, 食にて候参る, 食にでもありつくの, 食によって真の, 食による大腸加太児という, 食に対する教養の, 食ぬきにしよう, 食えちゃ, 食のみ許すこと, 食はさんぞ, 食はずして死に, 食はずそつとまた, 食はずんば生き, 食はずオムポズでは鰐魚, 食はずガンばる, 食はずパン食にし, 食はずメンデスでは山羊, 食はず不動の状態, 食はず哲を抱い, 食はず嫌ひだつたし, 食はず宿の飯, 食はず水を与ふれ, 食はず生々とした, 食はず私はぢ, 食はず膳も何, 食はず薬もいかで, 食はず風呂にも入らず, 食はず鯰を吐いた, 食はで分けて, 食はでもいい, 食はねど高楊子, 食はへ煙管で, 食はむことを, 食はらせし其の罪, 食はれたせゐでめ, 食はれたつて関やあ, 食はれたら誰だ, 食はれた腹だちか, 食はれないのかと, 食はれやしたがしかし, 食はれやしないものを, 食はんことが有る, 食はんず面構へ, 食はんためなりとお, 食ひあさるの, 食ひあせんで, 食ひあらされたらしい血みどろな, 食ひあらされてるので何, 食ひあらしてゆく, 食ひいるやうに, 食ひかただつた, 食ひかけたのも, 食ひかつ飲んでもこ, 食ひきつたといふ, 食ひきれないので紫色, 食ひきれぬ程の, 食ひくらべどこの, 食ひければ, 食ひさうな気色, 食ひさせてゐる, 食ひしたものだ, 食ひしと伝へら, 食ひしないでも句, 食ひしならんとの, 食ひしばり満身の, 食ひしばるであらうところを, 食ひしめ眼見張り, 食ひしものなれども, 食ひすぎたので飯, 食ひすぎるやうです, 食ひそ友雀, 食ひたさに, 食ひたいドラやきの夢, 食ひたかったが三時, 食ひたき時は, 食ひたくってたまらない, 食ひたくないんだ, 食ひたくなくなるつて云ふ, 食ひたくなるしなあ, 食ひたくねえのだ, 食ひたらずに夜, 食ひたりて私, 食ひちぎられこつちが命からがら, 食ひちらかして行く, 食ひちらされた蟹の, 食ひつきし時は勢, 食ひつくだらうと思つた, 食ひつけてゐる, 食ひつけなかつたのも, 食ひつめものの商人, 食ひつるは, 食ひで仆されて, 食ひで無闇に脹れ, 食ひで評判を取, 食ひとは思はなく, 食ひとめたのだ, 食ひとめ信長の天下, 食ひなどもやつて, 食ひなれれば馨し, 食ひにくつてしまふ, 食ひのこしたるパンの, 食ひのせゐか脂, 食ひはじめたのを, 食ひまはる, 食ひますよ, 食ひませぬから是, 食ひもほまちも出, 食ひも出來ず人垣, 食ひも田や畑, 食ひやぶられてゐた, 食ひやぶられるかも知れません, 食ひよりも淺, 食ひ上げだつてんで, 食ひ亡ぼして行きたい, 食ひ付いた時の, 食ひ付かれちや何うせ, 食ひ付きやしませんか, 食ひ倒されてほんの, 食ひ入ったか, 食ひ入りて血, 食ひ兼ねるやうに, 食ひ凌いで来た, 食ひ分ける舌は, 食ひ切つて助ける, 食ひ切る音は, 食ひ取つておきの, 食ひ取つて行きました, 食ひ始めたり, 食ひ始めると, 食ひ尽すと胃袋, 食ひ帰るとイキナリウンコ, 食ひ引返して九時, 食ひ得ぬ物に, 食ひ慣れたのも, 食ひ戯れの世の中, 食ひ振を見, 食ひ捜して歩い, 食ひ捨てた蛤の, 食ひ損ねたことに, 食ひ散らかしてゐる, 食ひ散らしながら, 食ひ欠いで居らる, 食ひ歩く一時帰宅, 食ひ残したつて誰, 食ひ殺すんだ, 食ひ溜めといふこと, 食ひ溜めなさいなどと言, 食ひ破つて益々, 食ひ破つた穴も, 食ひ破られそのため耳, 食ひ破るやうな, 食ひ続けて居る, 食ひ荒させたことも, 食ひ荒され痛めつけられさんざんである, 食ひ荒らして廻はる学生, 食ひ裂くとも, 食ひ足らなかったことを, 食ひ込ませ乳の, 食ひ込まれて荷, 食ひ込まれた肩から, 食ひ込めなくなつた, 食ひ進むといふ話, 食ひ遊ぶを左官棟梁十二人, 食ひ過ぎたの原因, 食ひ過ぎるからだ, 食ひ過ぎ飲み過ぎ遣ひすぎいづれも, 食ひ飽いてることだらう, 食ひ飽きて居る, 食ひ飽けば即ち, 食ひ骨をしやぶり, 食ふがためのみに, 食ふが如きもので, 食ふけもの, 食ふごとく酒は, 食ふさへ無上, 食ふせいか, 食ふたのは近頃, 食ふためサもちろんだ, 食ふつての, 食ふて寝ておき, 食ふて居れば鐘, 食ふではねえ, 食ふですが食, 食ふときは死者, 食ふところベーブの場合, 食ふところ冬は鍋もの, 食ふとしやうか, 食ふとすぐその製品, 食ふともう夜の, 食ふと次第に建築全体を, 食ふと直ぐに彼の, 食ふなり面白し, 食ふべからざるに, 食ふべからざるものといふ, 食ふべしと聞く, 食ふもくはずも, 食ふより旨く, 食ふらむ, 食ふらんやうに彼, 食ふんだからね, 食ふ睡くなった巣に, 食ぶる飯を, 食へても食へでも, 食へでもねこや, 食へといふやうに, 食へとか芋の, 食へとのたまひ, 食へども我々の, 食へねエので毎日苦んで, 食へのあこがれ, 食へはせずぢ, 食へるかねと相手, 食へる祟り鼻の, 食へれば滅多, 食へん法はない, 食べっちまうとは, 食ぺているとまるで御飯, 食ぺてしまうともう眠くなっ, 食むとすはぢぎれむとす, 食まさんと, 食ますべきものわれに, 食まぜるということ, 食まで一寸一休みの, 食までも貸し与える, 食みたいな支那, 食みな百姓の思い, 食むときはちちはは恋し信濃路, 食もとのご, 食やすみの煙草, 食よりと申す, 食らしい丼物を, 食らつたらしくハツ, 食らつてをります, 食らつて巡査の手, 食らつて掃除をする, 食らつて臍は取りません, 食らひついて, 食らふかは見, 食られてしまいました, 食られない事は, 食られなかったと申します, 食られませんから不消化物, 食られるでせう, 食りしてあちこち, 食りする鶴, 食りすぎる食べるから眠く, 食りたいなぞと, 食りつけてるから田舎料理, 食りなさい喫べ, 食りなされて下さりまし, 食りなら可い, 食り来つかくまで, 食れる程の, 食という事, 食ろちょけ, 食わっせえ, 食わるという, 食わるべきかの問題, 食をなど話しあ, 食をば合せ糠に, 食を以て第一義と, 食イシバッテ殺シテイル, 食イ次第ニシテ一生女郎ハ好キニ買ッテ, 食ウカト聞イタラ好キダト云ウ, 食ウテ寝テ居ロト云ウカラ行ッタガ, 食ウニ味淡甘ナリ, 食エナイ飛バナイ飛行機走ラヌ名馬, 食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 食エン水をこしらえ, 食シカツ薜茘ヲ服セリ, 食シテ鹿域ノ交ニ立却レリ, 食スベシト此モ亦理アルニ, 食スレバ婬ヲ発シ性霊ヲ損ズ, 食ッテ居ルソノ時ニ煙草ハドウダト聞イタラ呑ムガ修行中故ヤメテ居ルト云ウカラ, 食ナク病テ薬ナク老幼ハ溝壑ニ転ジ壮者ハ去テ他国ニ流離セリ, 食菌ニ非, 食パンにさせる, 食ヒシ平等ノ義務, 食ヒ茶来レバ之ヲ飲ミ, 食フベキ土地ヲ有, 食フモ亦佳シ, 食フ日ヲ見, 食フ時一二顆ヲ用テ掌ニ握リ稍温ムレバ則チ柔ク乾果, 食ブチにし, 食ヘバ人ヲシテ長生セシム, 食過ギタノガ, 食ベチャッタンデ梅肉ヲ下, 食ベテ来タライイ, 食ベルノガ下手デスカラ, 食ベレバ朝飯ニハ沢山デアル, 食ベ方デアル, 食ベ終ッテモ颯子ハマダ寝テイル, 食ヤ水ヲ求ム, 食ヲスクナクシテ祈ッタガ, 食一合七勺の飯, 食一時半に公会堂, 食一泊にて八百文, 食一滴の水, 食七錢づつ取られ煙草, 食上人ブレークアルトの歌手, 食上人道場自在庵を訪, 食下って少し, 食下った米公使も, 食不足でひくひく, 食ゆ者ど, 食並びに大嘗祭には, 食中動物の毛, 食主義を採るべく, 食りて, 食二円ということ, 食二日分の量, 食二時十五分頃ホテルを去り, 食二欲という極めて, 食五十具碁手の銭, 食五穀を供え, 食人々種だとて, 食人人種ダイヤル族は噂, 食人國とか海賊島, 食人女とあだ名, 食人男子の去勢, 食人者を呪う, 食人肉人種の子孫, 食人間だ, 食人風俗の存在, 食付いたし吉村さん, 食付き通しで離れない, 食付所なければ, 食の裸形, 食何合何勺ときまっ, 食ノ貝殼, 食余した餌と, 食ふべく令, 食八時すこし過, 食公祿以斯致死即吾分而已, 食具積聚成岡時人取大, 食冷水も其の, 食出して居る, 食出してる手袋を, 食出し全身むくみ上って, 食制度の貴族, 食を計算, 食動物の餌, 食化種さ, 食匙蛇響尾蛇蝮蛇の毒, 食医疾医というもの, 食十一時半眼医者へ, 食十二日に竟, 食十善を念じ, 食十銭よりと書い, 食午時の法食, 食卓越に眺めた, 食の柱側, 食反らして結んだ, 食取らずして戰, 食合せて悪い, 食同じ副食物が, 食同然の節食, 食は応其, 食を下らず, 食問題は春三郎, 食に上, 食噐等に我国, 食四住六の法式, 食四十五銭いただくこと, 食四十銭という, 食国天下をば撫で, 食国波左可延牟物能等可牟, 食の政, 食といふ稀有, 食土一如の信者, 食城外醉吟に好, 食塩水かなにか, 食の詩, 食に減じた, 食奉りし後は, 食をする, 食好みを遊ばす, 食始めたすると弓弦, 食にとって忘れられない, 食をもさせる, 食定まり無きが, 食封八十戸である, 食封八百戸すなわち封戸, 食将来の隆盛, 食少しそれ豈, 食少なく事煩わしく, 食尽きたので彼, 食居等についての注意, 食屍鬼のよう, 食は母, 食幣帛を奉り, 食店多くなりし中, 食となっ, 食当りして, 食当り水当りのため, 食後食堂に残っ, 食又は衣食婦, 食微酔へ転向, 食ある人間, 食心棒ならずとも, 食忌みをし, 食性闘の三つ, 食する, 食ると, 食慣れぬかし, 食手工で修業, 食拾銭よりと書い, 食救生を喚ぶ, 食かし, 食散らかされて堪る, 食断食すること, 食斷ちの外に信心, 食方法ならば, 食日記が登場, 食昼飯を此処, 食時これを放る, 食時便利の外, 食時君渓辺に出よ, 食時扇風を用, 食時毎にタカヂヤスターゼ, 食と鸞輿, 食本能淫慾即是道, 食の上, 食は精進料理, 食楽地獄だ, 食との事, 食の振, 食のまま, 食残しは誰, 食りの, 食気がついてそれから, 食気一方に専念, 食気一点張で女, 食気不振で無理, 食気屋の多い, 食気百パアというところ, 食を与える, 食法師辻冠者等をし, 食なり, 食津大神とま, 食津神とし, 食海物自活乘船南北市糴又南渡一海千餘里, 食済具馬壱疋をた, 食渾然とした, 食溜めなども昔, 食しが, 食るる底, 食烹食味極めて甘美, 食無く加うる, 食と注せ, 食牛育成における仏心, 食を授受, 食献らんとする, 食る時, 食獻らむとする時にその, 食爲氣平, 食に秒, 食甚嗜之甘, 食生菜皆徒跣有屋室父母兄弟臥息異處, 食を増給, 食留めにでもかかる, 食留められている, 食りて, 食療本草で皆茸, 食療法を実施, 食であった乎, 食な味覚, 食的戀愛觀が時代, 食着いていた, 食研究は今後調理, 食神どころでは, 食神牛馬を生じたる, 食に仕奉る, 食を犯し, 食禄二百石八人扶持近習医者の首位, 食禄五百石班中老に列す, 食禄召上げ程度の者, 食禄百五十石を頂戴, 食が一人, 食をする, 食窮めた訳で, 食競立韆鞦令宮嬪笑爲宴樂明皇呼爲半仙戯とある, 食に至る, 食米三斗ずつ内証, 食糞餓鬼の都, 食終らば山, 食縛って正体, 食をする, 食俗殺, 食者死人之事, 食た奴, 食腸寛大にし, 食自由なるもの, 食自由自在なるの権義, 食茶碗小皿等を作り, 食草獣のうち象, 食と毒菌, 食がかぶりつい, 食葷頗見古風不廃, 食と為す, 食を追跡, 食虫珍草ムジナモの写生図, 食虫花を思はせる, 食虫類のある, 食蜃人同様殺して, 食蟻獣濠州のミルメコビウス, 食行脚するの, 食見本が陳列, 食って仮寝, 食詰ものばかりだ, 食詰横町行きだ, 食の演説, 食を獨立, 食足らず体瘁るるを, 食足らず社会のため, 食足りて歓楽, 食足りないような, 食足れば淫, 食辛抱と云い, 食で文字通り, 食進みたっぷり三杯, 食門朝問疾, 食過ぎに送り出した, 食過ぎたせいか, 食過ぎるというの, 食過ぎ腹が凄く, 食ひは, 食邑萬戸を與, 食酔って居ります, 食野菜の事, 食金四十銭でありますけれど, 食にも御免, 食附きで月, 食附けていた, 食青年にも愚かしい, 食にまで運ん, 食頭のやこの, 食類似の不景気, 食食いにく, 食しげきドイツ人, 食飯卓の上, 食飯親に孝行, 食飼案頭不撤姜, 食のまわり, 食養いをし, 食養不足睡眠不足で身心不調, 食養学の上, 食や茅輪潜, 食また尊香, 食を人秣, 食の住家, 食鬼類のため, 食の最後, 食魚類がいる, 食も上等, 食鹽一升の闇値, 食鹽其外土地の者, 食鹽水注射を施し, 食麦三斛六斗米一斛余を引き