青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「進め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

連中~ ~連絡 連絡~ 連続~ 週間~ 進~ 進み~ ~進む 進む~ ~進め
進め~
~進ん 進ん~ ~進んだ 進化~ ~進歩 進歩~ ~進行 進行~ 遁~ ~遂に

「進め~」 1349, 14ppm, 7980位

▼ 進め~ (883, 65.5%)

23 行った 14 いる 12 いった 11 行くと 10 いた 9 いること, いるの, 行く 8 行こう 7 ゆくこと, ゆくと, 来た, 行きました, 行くの 6 行かなければ, 行かねば, 行くこと, 行くばかり, 行つた, 言えば 5 いうと, ゆかねば, ゆく, 行きます, 行けば

4 [15件] いたの, いると, みよう, みると, ゆくの, ゐる, ゐること, ゐるの, 下さい, 来ましたが, 考えて, 行くうち, 行こうと, 見た, 見たいと

3 [14件] いえば, いたが, きた, みたい, ゆけば, ゐた, ゐると, 來た, 来たの, 行かうと, 行きたいと, 行くという, 行ったの, 行つ

2 [55件] いったの, いって, います, いるか, いるところ, いるもの, いわく, おいた, おいでに, おりましたが, この一埒, この鼻, これを, ほしい, ゆくという, ゆくならば, ゆくよう, ゆく方法, 云えば, 云へば, 人間の, 原子核の, 反つて閣下, 妄断する, 居らぬの, 居りました, 当時の, 彼の, 更に看護員, 来たもの, 来たん, 来て, 来ると, 染井の, 次の, 現代の, 白狐龕の, 石原の, 考うれ, 考へました, 自分の, 自分も, 行きますと, 行く事, 行ったもの, 行って, 行つたら, 見ようと, 見る, 見ると, 見れば, 言うと, 言へば, 論ずれば, 雪の

1 [470件] あえて戦わず, あっけに, あとの, あの人, あの熱烈, ある, ある長篇, いいか, いいよう, いかなる必要, いかれた, いきたい, いきます, いく, いくか, いくと, いくん, いく上, いく中, いく難事, いたこと, いたに, いたわけ, いた家康, いた玄徳, いた際, いったもの, いったらいい, いったら千畳敷, いっても, いつしか, いないの, いへば, いました, いましたが, いるうち, いるかも, いるが, いるこういう, いるこの, いるそこ, いるだろうという, いるであろうか, いるという, いるので, いるやに, いるよ, いるらしい, いるん, いる中, いる人, いる前後, いる句, いる専門家, いる彼奴, いる様子, いる海底工事, いる縫物, いる訳, いる間, おかれるも, おきますかね, おくこと, おくつもり, おったところ, おられた, おられるの, おらんの, おりました, おりまするが, おるわけ, お互に, お前さんは, お台場, お松を, かう云, かくの, からだを, かれら, きたが, きたこと, きた今日, くだすって, くる, くるといふ, くるならば, くれた茶, くれと, くれます, くれる, くれるという, くれる人, こういうこと, こういっ, ここに, ここまで, こちらの, この十六句, この国, この聚気, この認識論的立場, この軽視, この重, ごらんなさい, さすがに, さらにこの, しまいました, すぐ信尹, すっと警官, すなわち孔明, すなわち触覚, すべての, その一命, その助手, その原子, その容疑者, その平定, その渾沌, その独立, その観客層, それが, それなら, たった今荷田春満, たまたまゲルマン人, ついに一切衆生, つけ加えた, つと声, なほも, ぴたりと, ふり向くと, ほしいと, まいります, またも登り, まわるの, みずから手を, みた, みたいという, みたらどう, みないと, みました, みましょう, みる, みること, みるの, もつと, もらえる今日, もらひたい, やったが, やろうと, ゆかうとしてを, ゆかせるよう, ゆかなくては, ゆかなければ, ゆきたい心, ゆきましょう, ゆきます, ゆくうち, ゆくか, ゆくが, ゆくそれ, ゆくであろう, ゆくに, ゆくにあたっても, ゆくべきかと, ゆくまた, ゆくより, ゆく二人, ゆく人間, ゆく力, ゆく場合, ゆく計画, ゆく間, ゆこう, ゆこうとも, よいか, ようすを, ゐたの, ゐて, ゐました, ゐる亭主, ゐる人, ゐる村, アソーポス, イオン化作用, オランダの, カールに, ゲルマン人の, ジェルマルスの, バークレイが, ヘンリーと, リアルな, ロシヤの, ローラの, 一刻も, 一思案しなおし, 一旦死んだ, 一躍ただちに, 上総の, 上野へ, 下を, 世界人類の, 世界学界に, 主婦の, 之を, 乙に, 予め科学, 予期した, 事の, 云いますと, 云うたら死, 云った, 云へばさ, 亞弗利加探, 京都奈良の, 人間的主, 今の, 今度は, 仕舞ったの, 他者この, 低い声, 何か, 何に, 作品の, 來て, 便所に, 保は, 候補者と, 僕の, 入城せん, 公益を, 其言辞を, 其謬見の, 具體的消極的と, 内に, 凡ての, 出て, 出で, 前代人民が, 創作の, 動く意味, 南ドイツの, 参りました, 参ります, 参りますうち, 参りますと, 叔父から, 取り出し示す, 口早に, 古代トルコ種族の, 句作されん, 同じく屁, 同じ所, 吾, 哲學は, 問題の, 囁くを, 囂々の, 四時半に, 国体の, 均衡状態においては, 塔でも, 外の, 外交的会議を, 大学の, 大師の, 大戦の, 天下に, 天命の, 天女を以て, 如何に, 妻君に, 娘の, 孔子を, 孝道の, 宇品の, 完全に, 宛城から, 実際の, 宰相の, 家庭の, 将軍家を, 小田刑事が, 少し退つ, 少女の, 居たの, 居ります, 居る, 居るの, 居る要するに, 屋根の, 展開する, 嵐の, 巧みに, 希望に, 幾何学をば, 弁者に, 当然その, 待って, 後その, 御威光, 怨望嫉妬の, 惟光朝臣は, 惡魔の, 我自ら負はんと, 所謂腐儒の, 折合いを, 折節の, 支那人が, 敷居の, 文字の, 新たに, 新六郎に, 新日本主義, 新疆, 日本の, 是が, 是を, 最初に, 最後に, 有らゆる解釋, 服従させる, 本人も, 本邦史上に, 来たか, 来たが, 来たところ, 来たので, 来たよう, 来た事実, 来た今日, 来た土方, 来た範囲, 来られたの, 来られたら何, 来られました, 来る, 来る花房一郎, 東山の, 桟橋にとも, 梅を, 槍も, 止るところ, 歴史的に, 死そのものをも, 殆ん, 永正七年の, 江間氏は, 液化する, 満足する, 満足の, 無事に, 熟, 物理生理あるいは, 王給諌の, 理想を, 生活全面の, 甲斐を, 申しました, 畫の, 疲労甚だしい, 皮肉に, 目無しか, 真に意表, 真理の, 瞳を, 研究を, 神慮を, 神様私は, 私の, 科学上の, 科擧に, 米の, 置いて, 考えると, 考ふる, 考へて, 考へると, 而し, 自分は, 自然を, 自由自在ならしめん, 英の, 虚心平気に, 蜀軍を, 蟇口の, 行かう, 行かない, 行かないと, 行かなくては, 行かれた順序通り, 行かれねば, 行かんと, 行きつつ, 行きましたが, 行くさ, 行くといふ, 行くとき, 行くところ, 行くならば, 行くべきである, 行くべきであるという, 行くもの, 行くやう, 行く一つ, 行く一人, 行く上, 行く中, 行く人, 行く専門的, 行く積り, 行く量子力學, 行けるだろうと, 行けるの, 行ったに, 行ったら何とか, 行った少数, 行った結果, 行った道筋, 行っても, 行つたあの不, 行つた処に, 行つた奧州との, 行つて, 行つてさし支へは, 行つて見る, 行燈の, 裏面ある, 西宮を, 西洋へ, 要求した, 見たの, 見たら心付くこと, 見たん, 見るべし, 見る必要, 観察を, 言葉を, 訊いたもの, 詮義解説比較例証等を, 該法典は, 説かうか, 貰いたいという, 貰ひたい, 貴殿は, 趣味を, 路を, 辰弥は, 近代小説といふ, 追えども, 連続の, 進まざるもの, 遂に平七, 遂に所期, 道徳上に, 達せられる最も, 遣らうと, 金貨と, 鑑賞上における, 陸奥の, 需用の, 頂きますから, 顔色を, 食用鶏として, 首都に, 香と, 馬鹿を, 高い見地, 高遠城を, 魏軍の, 鵬程万里の

▼ 進め~ (162, 12.0%)

23 進むほど 2 われわれの, 事情は, 今でも, 牛は, 私の, 私は, 魏の

1 [125件] いつ真, いよいよ哲学者, いよいよ地球, かえって人間, かえって今, これが, これに, これまた, すぐ顔, すすむ, そうなる, その男, その絶対, それが, ただでも, たちまち細工, だいたいこの, ひょいと五六尺, また客観描写, ままごとは, めぐる双輪, よいと, よいとか, よいの, よかった, よろしいと, アポローン, アレースと, イミテーションと, トクスン・ターサムに, トロイアの, 一層強く, 一方が, 一時間半ほどで, 一歩進む, 七八町に, 三年も, 三歩奥深く, 不平を, 世の中に, 世界中の, 五人の, 今日おのおの, 他方は, 何時でも, 俗塵は, 信濃の, 偶然の, 僕は, 先ず大丈夫, 八溝川の, 凄く胸, 別に, 則ち, 勇猛の, 勿論声, 北は, 十六七なる, 占領直後の, 同じく, 向うから, 向うは, 地球の, 城壁を, 塔の, 変って, 大阪の, 大阪は, 天井の, 女の, 客観写生であり, 害虫を, 幅二尺ばかり, 当然彼, 彼の, 彼等が, 往来の, 心も, 必ずその, 意識に, 感激と, 我が国における, 我が国立憲政治の, 戦争が, 手紙の, 族長退け, 旗鼓の, 日本国民は, 櫻ありや, 次は, 次男三男の, 水くぐるです, 火星人と, 無智, 照らし破るに, 真の, 禍あり, 秀吉や, 穴の, 競争が, 結局自分の, 結局衣食住については, 胃が, 自分に, 自分の, 落葉の, 衆は, 見るからに, 足あとが, 路の, 進み移れば, 進むだけ, 進むに, 進む程, 進む程劇的要素, 進んだだけ, 道あり, 道徳に, 鉄砲で, 鑑賞上の, 関の山という, 闇に, 食物の, 驚嘆に, 黴菌だって

▼ 進めながら~ (22, 1.6%)

3 亥之は

1 [19件] この時, しきりに近く, ところどころに, なおむだ, なにか云おう, ひそかに, よくここ, ニッコリ笑顔, 今日は, 側目も, 実に久々, 巧みに, 彼は, 恐る恐る尋ねた, 暇を, 暫らくし, 次第に私, 次第次第に, 訪ねて

▼ 進め~ (16, 1.2%)

2 なりますと, なれば, 来たの, 来て 1 かかった時, なりました, なるおつもり, 唆か, 変り, 従い庭, 従って, 逆らわなかった

▼ 進め~ (11, 0.8%)

1 [11件] あるかせました, あれば, いわれて, 云はれた, 云われつつ, 令し機, 吼えたのみ, 呼び聲, 市郎は, 度胸を, 張

▼ 進めても~ (10, 0.7%)

1 いっかな香具師, いるの, さし支へは, ゐるけれども, 時計を, 買わない客, 關は, 飲もうとは, 馬は, 黙って

▼ 進めつつ~ (8, 0.6%)

2 ある 1 あった, あるという, あるの, あるよう, ある天下統一, ある罪悪

▼ 進めては~ (7, 0.5%)

1 いけませんぞ, この針金, クルクルと, 娘たちの, 来なかつた, 氣に, 郡山の

▼ 進めその~ (4, 0.3%)

1 同士を, 日の, 理解をも, 解説を

▼ 進めよう~ (4, 0.3%)

2 がない 1 がなくなっ, もない

▼ 進め~ (4, 0.3%)

1 る, るべきもの, るるが, るること

▼ 進めたり~ (3, 0.2%)

1 した, して, しても

▼ 進め~ (3, 0.2%)

1 します, 七月中は, 止まれも

▼ 進めこれ~ (2, 0.1%)

1 がため, へまいれ

▼ 進めてから~ (2, 0.1%)

1 すでに一年, 時計に

▼ 進めてを~ (2, 0.1%)

1 られる方々, りました

▼ 進めという~ (2, 0.1%)

1 命令が, 説も

▼ 進め~ (2, 0.1%)

1 身止まる, 進めど駐

▼ 進め~ (2, 0.1%)

1 進めいざ, 進めという

▼ 進め~ (2, 0.1%)

2 走せよ物陰

▼ 進め二三歩~ (2, 0.1%)

1 返つて, 退って

▼ 進め二歩~ (2, 0.1%)

1 を行き, を進め

▼ 進め白人~ (2, 0.1%)

2 に對

▼ 進め~ (2, 0.1%)

1 ひ, ふと見る

▼1* [190件]

進めいかなる論拠によって, 進めいざ進め, 進めえッ進め, 進め名前を, 進めお前の道, 進めかたとも関係, 進めかつ論理力を, 進めきっと鳰鳥を, 進めこういい出したの, 進めこの少年の, 進めさえすれば, 進めしかも挨拶も, 進めしばらく話を, 進めずして後, 進めそうなもの, 進めそこから自分, 進めためらふ勿, 進めたりという, 進めたりなどする態度, 進めついに大江門を, 進めとはいうたが, 進めどしどし進め, 進めども峯吉の, 進めにくいでな, 進めに従い穢わしい, 進めもとに, 進めその隠匿場所, 進めはじめて日本語で, 進めまず六波羅を, 進めまた動物試驗を, 進めまぶしいほど光り, 進めが爲, 進めむが為に盲人教育, 進めやうがなくなります, 進めやすくし逆, 進めよくなりましょう, 進めわたし達のご, 進めわれ先に, 進め右足から, 進めスウェデンの歴史, 進めダンテの楽園, 進めドイツの電撃作戦, 進めバークリが桜, 進めラフェールパリ間には十個軍団, 進めリビコッコドラギニヤッツォ牙のチリアット, 進めレポートを作成, 進め一億とどろく皇禮砲, 進め一戦に敵, 進め一歩一歩ジリリジリリと主, 進め一面ギリシア文化の後継者, 進め三友は次第に, 進め三番の澪木, 進めの醍醐, 進め上手につい, 進め世界の物理学界, 進めまでを含め, 進め乍らそれにやや, 進め乍ら風呂敷包を手前, 進め了んぬ, 進め二者並行いまだかつて轡, 進め互に連絡を, 進め五十四万石という大藩, 進め交戦十合ほどにし, 進めの智識, 進め人々身みずからその身, 進め今やその第, 進め今日の只今, 進め仏軍の左翼, 進めて男子, 進め伏せなんかとなったら, 進め位詰めにし, 進め佐善氏の仲介, 進めを泣く, 進め信州から碓氷峠, 進め俸禄を加, 進め候事さへ叶, 進め先ず常陸の, 進め入れたりしなり, 進め入江に入り込んだ, 進め兵隊は教練, 進め別働隊をカシガル方向, 進め勢いに乗っ, 進め十時には志田郡, 進め印度人は何, 進め即刻発起人の名, 進め原子の内部, 進め原子核が, 進め去る八日主犯として, 進め去年スワンシーでその, 進め可能性はますます, 進めの拳, 進め右足を進め, 進め各部の事務的, 進め同じ謀叛人に, 進めをのべ, 進め国民全体の納得, 進めを出, 進めはひき籠っ, 進め大手の城際, 進め夫婦互いに丁寧, 進め如何に死した, 進め婦人をし, 進め子どもたち元気を出せ, 進め宗教上より信念, 進めせらる, 進め寿女はまごつく, 進め尾ひれをつけ, 進め左足を進め, 進め帷子の袂, 進め幻境に入る, 進めをし, 進め後に市川門之助と, 進め後進青年達各位のため, 進め徐に莨に, 進め従って和田寧の, 進め御身が二十年, 進め情報を集める, 進め我が文化の, 進め我邦学問の独立, 進めひを, 進めから北京七門, 進めの主力, 進め将軍を, 進め新しい和紙の, 進め旗下三百余騎に射手百人, 進め旧制に従って試験, 進め智力を増し, 進め更に大規模, 進め本格的なお膳立て, 進めの幹, 進め松伏金杉を經, 進め桃湯を飲み, 進め此事遙かに優るべし, 進め武器を揮, 進め残りを少し, 進め汝ら全力を盡, 進め洞門の権右衛門, 進め流血及びもろ, 進め公に対しての, 進め淀川河内の野, 進め渋つて居た姉君, 進め満足を与え, 進め濃い暗雲の, 進め片手で刀, 進め猿臂を伸ばせる, 進め用心深いからな, 進め田財をまし, 進め白鸚鵡は訶陵, 進め百貨店視察のため, 進め眞前に, 進め砲台を築き, 進めとも戦え, 進め神とも戦へ仏, 進め禄卅石を加増, 進め笹尾山の上, 進め節折もし, 進め粟田口から三条橋, 進め納得しなければ, 進め終に其の解決, 進め終日発熱したまま, 進めして, 進め聖ヶ岳と鷹の巣山, 進めを搖, 進め自らも, 進め自分も一つ, 進め自身に一杯毒味, 進め苦痛を重, 進め蛤御門の戦闘, 進め血行を滑らか, 進め見物人の興味, 進め覚醒時において全く, 進め解放の恵み, 進め課題を解き得る, 進め身体を延し, 進め軈て間もなく此処に, 進めを退けん, 進め遂に一人前の, 進め遠くては話, 進め遠慮はいらぬ, 進め酒礼宜しく有っ, 進め鋭い牙を, 進め関東の諸, 進めのある, 進め露国の勢力, 進め革命後の新興勢力, 進め頻りに横浜表へ, 進め飛箭の害, 進めだけはうしろ, 進めを出しぬ, 進める單蹄