青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「隣り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

障子~ ~隠し 隠し~ 隠す~ ~隠れ 隠れ~ 隠居~ ~隣 隣~ ~隣り
隣り~
隣室~ 隨分~ ~隱 隱~ ~雀 雀~ 雁~ 雄~ 集~ ~集っ

「隣り~」 3190, 34ppm, 3394位

▼ 隣り~ (1878, 58.9%)

61 部屋に 31 家の, 部屋へ 26 部屋から, 部屋で 24 部屋の 18 室で 17 室に 13 人に 12 席に 10 室から 9 室の, 庭の, 部屋には 8 室へ, 家に, 寺の, 男は, 自分の 7 人が, 人の, 家へ, 男が, 部屋では, 部屋を 6 お部屋, テエブルに, 人は, 室を, 家から, 男の, 部屋も, 陶器師の

5 [11件] おかみさん, 奥さんが, 女が, 女の, 客は, 家では, 店の, 御主人, 椅子に, 部屋が, 部屋は

4 [15件] おかみさんに, お勇さん, まちの, テエブルの, 家で, 屋根から, 席で, 物干, 町の, 町へ, 畑の, 私の, 部屋, 部屋からは, 間で

3 [40件] お鈴さん, ベッドに, ベッドの, 六畳の, 六疊に, 別莊, 国の, 女に, 奴に, 娘が, 客が, 室では, 室でも, 家が, 家と, 家との, 宿の, 小母さんに, 屋根の, 屋根を, 島へ, 床に, 店へ, 座敷で, 座敷の, 庭から, 庭を, 建具屋の, 御嬢さん, 支那では, 村に, 空家へ, 細君が, 者が, 者に, 者の, 部屋まで, 長四疊, 間の, 隱居の

2 [103件] おれの, お久米, お前の, お妾, お婆さんも, お屋敷, お席, お由寡婦, お申婆, テーブルに, テーブルの, 一室へ, 中間部屋に, 主人と, 主人は, 二階の, 人, 人たちが, 人たちに, 人たちの, 人と, 人も, 人を, 今村井源吉の, 六一五番に, 卓子に, 善コと, 四疊半で, 土蔵の, 地方裁判所の, 外人の, 大きい旅館, 大工の, 夫婦づれの, 夫婦の, 奥さんは, 女を, 女学校でも, 娘と, 娘の, 娘は, 婆さんの, 客の, 客を, 室との, 室には, 室も, 家, 家には, 家は, 寝台には, 寝室に, 小部屋, 小間物屋の, 屋根へ, 山から, 山で, 山へ, 席が, 座敷に, 庭に, 庭へ, 御隠居さん, 按摩の, 料理屋の, 方が, 明さんだった, 木の, 机の, 村から, 村の, 村へ, 桟敷に, 桟敷の, 温泉だ, 煙草屋の, 男とでも, 男に, 男へ, 男を, 畑から, 病室に, 病室へ, 監房に, 監房は, 県の, 秋野といふ, 秋野は, 窓を, 納戸に, 荒物屋の, 親爺も, 谷口金五郎の, 貸家は, 質屋の, 車室へ, 部屋との, 酒屋の, 酒屋森川屋の, 金縁の, 間へ, 騒ぎを, 鬼河原邸の

1 [1011件 抜粋] あいつです, あずま屋という, あばら家から, いつもは, うちへ, おとなしい梅園, お上さんに, お俊, お勝さん, お婆さんが, お婆さん何う, お安さん, お客に, お庭, お方から, お湯で, お神, お竹, お里の, からたち寺の, が答, くせに, ことな, この花さん, しもたやの, その隣り, ところに, と行つた, ひばりさんにも, まだ空いてる, みじかくない, ものも, も引き揚げ, やり方を, わが家の, アイヌ人が, アリシロ区では, カフェへと, ゲルマンスキーも, シナでは, シャフトから, シンガーミシンの, タカヂアスターゼの, テエブルには, トド松の, ドブ板には, ネパールへ, バア・ルームへ, ヒダに, ベットに, ベンチに, ボックスから, マツ子は, ミセスが, ラジオが, ラヂオ, レバノン教会牧師福田錠二氏などが, ヴエランダを, 一室は, 一家族の, 一段高く, 一間で, 万国料理安福軒, 三五郎親分の, 三村家の, 三毛君などは, 三畳から, 三畳の, 三畳間を, 下宿の, 与七, 中央郵便局の, 中村という, 主人からは, 主人に, 主人の, 主人やらが, 主人前の, 乗合客が, 乗客は, 乞食めらが, 乾物屋の, 事が, 二十七八の, 二階で, 二階は, 二階家が, 井戸は, 人々に, 人たちだって, 人って, 人でも, 人には, 人や, 人達, 人達が, 仔蠅の, 伊勢の, 休業中の, 伜の, 伜も, 伜又吉に, 低地には, 住人を, 作蔵さんが, 信濃は, 健ちやんと, 傍若, 元大工町へ, 八サンが, 八番館の, 八畳の, 八畳間に, 八疊に, 六帖で, 六番の, 六畳間から, 六畳間の, 六疊の, 其月堂宗匠に, 内庭が, 別荘に, 別荘へ, 加藤の, 労働者が, 化学者が, 北野という, 区は, 十八室で, 十畳の, 千本樣とは, 千本金之, 千隆寺から, 卓に, 南室で, 博奕打が, 印度の, 友達が, 叙述と, 古板塀, 古道具屋でも, 叩き大工で, 台所では, 合奏が, 合奏も, 同じやう, 同志に, 君ちゃんの, 呼び込みは, 哥薩克が, 唐紙を, 喫茶店から, 四畳で, 四疊半に, 固パン, 國が, 園の, 圖書館に, 土人の, 地主で, 地面を, 坊ちやん, 坑夫を, 垣根に, 垣根を, 城の, 塀の, 境界には, 墓には, 墓場を, 声など, 外に, 多々良村から, 夜具に, 夜鷹蕎麥の, 大きな家, 大吉の, 大地主, 大学生は, 大家に, 大将, 大工が, 大工に, 大工半次の, 大辻の, 大黒屋は, 太田屋で, 夫婦喧嘩も, 奥さんだって, 奥さんに, 奥さんも, 奧さんが, 女の子に, 女ふたり, 女中の, 女学生かえって, 女房に, 女房もつれ, 女達と, 奴は, 奴等が, 姥樣からの, 娘さんです, 娘さんを, 娘です, 娘について, 娘を, 婆さんが, 婆さんといふ, 婆さん此寒, 婦人が, 婦人へ, 子, 子へ, 子供が, 字が, 宏壮な, 実験室から, 客どころじゃ, 客車の, 室にも, 家い逃げ, 家といふ, 家主から, 家族と, 宿直室で, 富蔵は, 寝台から, 寝台に, 寝台を, 寝室の, 寝床に, 寺田さんから, 射的場から, 小さい島, 小さな墓, 小娘と, 小屋が, 小屋の, 小枝, 小間物屋では, 少年に, 居室の, 屋敷に, 屋根裏部屋へと, 山に, 山ノ手線停留場と, 山際っていう, 峰へ, 島へも, 工作室では, 左官屋炭屋も, 布団を, 席には, 席へ, 広大な, 広間にも, 床下には, 床屋とが, 店とのへ, 店を, 庵崎といふ, 廊下の, 建物に, 弘の, 影で, 待合の, 御宸影奉安所, 御殿で, 御面師, 応接部屋で, 怒山, 悪太郎の, 戸の, 所長の, 扉の, 押し迫つた屋根, 採炭場に, 揺椅子には, 撞球室に, 教員室から, 文房具店の, 斑は, 方へ, 旅人は, 旅舎に, 明いた室, 時計が, 暗くし, 書斎へも, 有尾さんという, 朝田屋の, 木へと, 木村時子等が, 本宮山という, 材木屋の, 村でも, 杜の, 東室へ, 杵の, 松下へ, 果物屋で, 枝に, 柳屋の, 柿に, 柿を, 桂庵婆アさんも, 梢を, 森川屋を, 椅子の, 植物園の, 標本室の, 樽野は, 欄間は, 歴史の, 母親の, 水谷さんに, 没風流漢よりも, 油屋の, 泣き声に, 洋風の, 洋館に, 活動小屋から, 浪人者でなき, 浴室の, 深井の, 湖に, 湿気の, 準備室で, 潰家から, 煙草工場の, 爬虫館かで, 父の, 牧夫によって, 物置に, 犬に, 狂女の, 独房から, 独房に, 独身紳士と, 猫に, 猫を, 王子の, 瓦斯燈の, 甚蔵夫婦が, 生木割か, 男から, 町で, 町との, 町まで, 畑などは, 畠の, 畳屋が, 畳屋の, 病室を, 痩せた婦人, 百姓家の, 皆次さんに, 監房の, 相棒の, 県へ, 眞ん中の, 真似を, 矢野名曲堂の, 石垣の, 石山樣と, 礼拝堂の, 神代の, 私が, 秋月さんと, 秋月樣は, 秩父郡か, 稽古が, 穂高岳で, 穴蔵部屋の, 空いて, 空き家が, 空き家の, 空ベッドの, 空地で, 空地には, 空地まで, 空家が, 空家の, 空席へ, 竹倉という, 笑い声で, 箱から, 納戸から, 納戸を, 紙屑屋の, 細君に, 紳士の, 組長さんの, 縄張りへ, 置き忘れたやう, 老人が, 老人にも, 老人は, 老子様は, 者は, 聲までが, 肉類の, 肩の, 能登の, 臙脂色の, 臼の, 良民を, 芝居小屋に, 花屋という, 若い男, 若旦那源次郎も, 茶の間から, 茶店の, 草は, 菓子屋さんへ, 萱野十吉に, 蒲団で, 蓮れ, 薩州家などは, 藩に, 蛸市の, 街道に, 袖を, 被害を, 裏手の, 裕福な, 見晴らしの, 親方御免なさい, 親爺さんは, 言葉との, 診察室には, 話声に, 警察の, 谷五郎が, 谷五郎親分の, 谷口金五郎に, 豪傑じゃ, 貸家一軒母と, 赤い柿, 赤と, 赤城山の, 越中へ, 越後の, 越後獅子に, 越後獅子は, 足利には, 足袋屋の, 車に, 車室で, 軍人に, 辯護士の, 農家から, 通にも, 連中が, 郡から, 部屋い引っ張っ, 部屋でございます, 部屋でも, 部屋という, 部屋につれ, 部屋ぬ, 部屋また上も, 酒匂村が, 野田山から, 金助改めびた公に, 金次は, 金沢村大字富岡に, 錺屋との, 鐵さんで, 鑄掛屋の, 鑄掛屋幸吉の, 長屋が, 長屋二軒が, 門の, 間には, 間も, 隠居が, 隣家へ, 雑居房に, 雜居房に, 雪の, 露路から, 青年から, 青町, 頑丈そうな, 頭は, 頼母子の, 食卓で, 食器室から, 首に, 香取秀眞さんの, 駄菓子屋で, 駒吉が, 騒動を, 高等官用へ, 鳥打帽子の, 鶏を, 黒沼の, 鼎女史と

▼ 隣り~ (440, 13.8%)

28 住んで 21 坐って 7 腰を 6 寝て 5 いて, 立って 4 あって, しました 3 いる人, 並んで, 坐った, 坐つて, 席を

2 [15件] いた薩摩絣, かけて, これも, すわって, なってから, なつて, カフエ・プランタンが, 住んでる人, 寢て, 居ると, 挨拶する, 掛けて, 新しいひとつ, 腰かけて, 自分より

1 [315件] あった, あった矢, あつて, あつてウルサ, あり男女風呂, ある, あるし, あるの, あるので, あるアシュウル期, あるサルン, ある似寄り, ある別, ある土藏, ある地蔵, ある山下氏, ある洋画, ある浴室, ある狭い, ある第, ある細長い, ある繪, ある茂み, ある診察室, ある銘酒屋, ある長細い, いたから, いただよ, いたのに, いたイギリス人, いた人, いた切ふさ, いた十二三, いた将校, いた画家, いた目, いた私, いた老人, いた肥った中年, いた船頭, いた若, いた若い, いた荒畑, いた軽輩達, いた近子, いた阿部医学士, いなかった, いらっしゃるの, いらっしゃる方, いると, いるの, いるカトリック教, いる一人, いる八住, いる同志, いる四十, いる女, いる奴, いる少女, いる田辺侯爵, いる真事, いる細かい, いる自分, うまい建物, おとなしさ, お前たちは, お津賀, かけさせた, かけるもの, しもたや, しらす干, すこしちがった, すんで, そこから, その座, それは, そんなうち, だから彼, だれも, ちょッぴりしかありません, ちらちらする, とてもみじめ, とびぬけた美, どっかりと, ならんで, のった女の子, ぴったりくっつい, ぽかり, まあ狂女, または後, もう一つ, もう一つ潔, やっとかけさせた, やはり床, ゐた, ゐた十二三, ゐて, ゐら, ゐる兵隊, ゐる品, ゐる大名, ゐる女, ゐる李さん, ゐる男, ゐる草色, ゐ合, アウレスキーが, イエス, トモヤという, ネクタイなし, バスも, ピタリと, ユーハイムが, 一人の, 一間, 三十五六の, 上坂という, 下男幹助の, 不思議に, 世帶を, 並ぶ黒ずんだ金属製, 乗ってるとは, 乗り込んだ何, 二人の, 二台あります, 休んで, 低い築地塀, 住みついて, 住みながら, 住み池, 住み郷里馬籠, 住む同国人, 住む問屋九郎兵衛, 住む昔, 住んでも, 住んでる気, 住んでを, 住所が, 何かで, 何とかの, 來られる, 俳人宝井其角が, 俺が, 倒れるまでの, 僕の, 入ったので, 入ってる, 入口の, 冬の, 凭りか, 割り込んだが, 半ズボン, 博奕打が, 即ち私, 古い馴染, 只一粒の, 吉井勇氏彼方に, 名高い詩人, 回向院の, 在った, 地所を, 坐したシワルド, 坐して, 坐ったの, 坐らせて, 坐らせられたの, 坐らせ三度, 坐られるの, 坐りし三十, 坐りながら, 坐ること, 場所割りが, 塀立してる, 大きく胡坐, 大きな厨房煖爐, 大柄な, 天野という, 女学生が, 始まりそれ, 学習院の, 定まると, 客が, 富裕な, 寝たに, 尋ぬる, 小さいお勝手, 小さい曖昧, 小さな, 小ぢんまりと, 小琴, 少林寺といふ, 居た背, 居ましょう, 居るお, 居るらしい, 居る人, 居る博物, 居を, 居残って, 崎田夫人が, 布団を, 席の, 床を, 床屋つきで, 店を, 座った三浦, 座って, 座を, 座席を, 建てられし, 当たるの, 当ること, 恰好な, 懸かって, 或は黒砂糖, 抑えつけて, 掏摸が, 掛けたの, 斯んな, 新しい犬, 明き樽買い, 易占の, 昔ながらの, 更衣室といふ, 本部を, 柔かくて, 横に, 没落を, 泊つて居る, 洗濯屋が, 津軽藩が, 津輕藩が, 浪人者が, 浮いてる男, 澄して, 男が, 疎開し, 発見する, 登富津という, 白い病衣, 眠って, 私の, 空席が, 窓の, 窮屈そうな, 立ったものの, 立つて, 立つてる, 端麗な, 糸織かとも, 紋附を, 細い家並, 続いて, 置いといて, 置かれた, 老子様を, 聞えるから, 聞えると, 聳え立ったJOAK, 肥満した, 育英堂という, 背廣に, 腫物だらけの, 腰かけし印半天, 腰かける人, 腰かけ眼, 膝を, 膳を, 自分の, 芸者が, 若い御, 若い男, 草津といふ, 蕎麦と, 薩摩絣の, 行くの, 行つたのは, 見える, 見ゆるあの, 親ひとり子ひとり, 言葉訛り奇妙なる, 設けられた, 誰が, 譜を, 赤シャツが, 起つた生々しい, 越して, 越知, 輕燒を, 辨次は, 遊んで, 醜い顔, 醜くい, 金持が, 鉄兜を, 鉄管を, 銀色を, 銅鑼が, 長い二つ, 長唄の, 阪東三弥吉という, 陣取って, 陣取つて, 雑居の, 静粛に, 面したところ, 頭の, 頼んで, 饂飩を, 馬上の, 馬田が, 駈け付けて, 髯さえも, 鷄介が, 黒ン坊の

▼ 隣り~ (94, 2.9%)

3 何を 2 恐ろしい深い谷, 老母の

1 [87件] いつも空席, うるさいん, その間自分のを, どんな建て, まだ空家, もうお, もうよそ, ガラスの, ズン, タカヂアスターゼの, ネズミさんの, バジリカである, ピエルミで, ライラックと, ロスチャイルドの, 一元の, 一年生の, 一軒の, 一陽来復の, 中にも, 主婦の, 二軒共女ばかり, 休業中の, 何ん, 兩替組頭の, 八畳の, 北が, 叔父の, 吉原へ, 四国の, 城勤めの, 大きな部屋, 大隅の, 天麩羅屋でした, 娘の, 子供の, 宝珠院という, 宿直の, 小さい下駄屋, 平家ながら, 店員数人を, 当時空家であった, 往来の, 待合だって, 意地惡く, 掲げたけれど, 普通一般の, 木下清七殿, 木地屋である, 未だ人, 沈澱組の, 法衣屋であった, 流石に, 湯殿であった, 炭屋であった, 煙草店建て, 片岡市蔵それより, 玄関の, 畳を, 皮屋であった, 石山一馬殿の, 礼拝堂で, 税官の, 空き家で, 空き家です, 空室で, 空家です, 空家又, 空店です, 竹林寺で, 細川の, 絞首刑で, 芸者屋で, 蔵前の, 藤堂藩の, 衣裳部屋にな, 賑やかに, 質屋と, 近い, 違い棚を, 遠いしねえ, 銀で, 間口一間の, 隣りで, 静かな, 食料品の, 駄菓子屋だ

▼ 隣り~ (88, 2.8%)

4 来て, 遊びに 3 腰を, 行って 2 お前を, はいって, 他の

1 [68件] あたる, いろんな面倒臭い, おねがいし, お悔み, お見え, こっちの, その束, ついたとき, とび込める様, どさり, ふりむけて, もって, ヂツと, ヒデ子ちやんの, 一応の, 人が, 今度は, 伝って, 來る, 入らうと, 内原訓練所の, 出て, 動くと, 参りましたから, 坐った男, 坐つたもの, 坐れとか, 声を, 寝かすこと, 尋ねて, 廻ると, 引き返して, 急いだ, 悪戯を, 押しかけて, 押し掛けて, 挨拶した, 敷いた, 来た気, 気を, 火を, 眼を, 移して, 移つて來た, 空いたなんて, 素晴らしいの, 聞える, 聞えるじゃ, 聞えるやう, 聞えるよう, 腰かけて, 自分が, 行きゃれ, 行くの, 行こう, 行ってるよ, 行つてもう一度, 話して, 越して, 返しに, 迷信の, 逃げて, 這い込んだの, 鉄棒を, 預けて, 飛び込みなすった, 駈けつける, 駈けつけるの

▼ 隣り~ (86, 2.7%)

3 の安吉, の鉄作 2 にもきこえた, の平井明神, の或, の方, へ行く, へ行っ, より

1 [66件] からの帰り径, からやつ, から山, から或, から田崎, から走, である, でございまして, ではか, ではよくよく, ではよろこん, でもいろいろ, でもやっぱり, で暮らし, で造作ア, で黒い, には光明寺, に一人, に大きい, のしかも, のたこさん, のイワン・フョードロ, の一軒, の何兵衛さん, の僧侶さん, の元, の勇作, の大きな, の宇潮, の家, の居酒屋, の山崩れ, の工藤, の平太郎, の榎, の源右衛門, の火事, の生家, の田崎, の畳屋, の祭り, の者, の若い, の茶屋, の誰か, の豪農, の難儀, の養魚場, はなんと, へいく, へお, へすたすた, へそっと, へと行く, へゆく, へ出かけ, へ托鉢, へ縁付く, へ行き着く, まで伝えられた, まで使い, まで毎日托鉢, まで行かなけれ, まで酒買い, まで駈け, より続きけり

▼ 隣り~ (80, 2.5%)

2 料理屋で

1 [78件] あまり隔つて, あること, おしも, この時, この町いちばん, すぐ工場, ないの, ないん, やはり二番目, ダンスホールその, ベルリンから, ロシア系の, ローマ, 事務所よ, 仲裁に, 保守党の, 切り開かれて, 前に, 動く, 勘解由小路小路を, 勧工場, 和泉屋, 土蔵で, 堀越角次郎という, 堺の, 墓地に, 墓地にな, 壺焼, 学校で, 小さい郵便局, 小間物屋であった, 山岸という, 庸太郎それから, 役場で, 日比野という, 明いて, 明樽買いの, 有名な, 松井石根大将の, 武藤大将様の, 殿下の, 気合術診療所よ, 水野の, 永井龍男だつた, 洗出しのく, 派出婦会を, 浅利屋という, 滝床, 無いまして, 牧場で, 牧場であった, 石屋でした, 空いて, 空屋であった, 答えました, 答へ, 米内総理の, 糸問屋の, 絵草紙屋の, 自分の, 舟大工その, 芝居や, 花の, 荒物屋, 荷馬車曳の, 葵たちの, 藤花屋, 見えそこ, 象牙細工一軒おい, 遠山という, 那珂郡です, 酒屋だ, 酒屋の, 金さんの, 長どん, 電話の, 駄菓子屋, 魚屋で

▼ 隣りには~ (61, 1.9%)

4 黒い洋服

1 [57件] いつでも, いない, おあい, お向う, お客様が, これは, たしかに人, また玩具屋, よく肥えた, シャワーの, モデルの, 一人の, 一寸した, 一軒も, 三面の, 与里の, 中年の, 二尺ほど, 五〇キロ直撃で, 人力車夫が, 仲間が, 体裁が, 兄に, 初さんという, 半年前に, 吉川が, 呉服屋の, 団十郎座の, 大工の, 大石練吉が, 天尊廟が, 女が, 如露が, 座らないで, 彼の, 斑らに, 新らしく, 映画を, 最高の, 望月太喜次さんという, 木の実が, 果物店が, 此辺にて, 汁粉屋が, 決まって, 法王ピウス匹世を, 石炭が, 砂絵を, 若い娘, 若くて, 葉子が, 長唄の, 雇い人の, 雇人の, 馬蹄の, 馬車が, 高い塀

▼ 隣り~ (51, 1.6%)

6 に住ん 2 の植木屋

1 [43件] から夫人, でお, でこれ, でもあわて, で良く, との町境, にもありま, に住む, に圍, に良い, に菊一, のお, のしん吉, のウィルメット, の三吉, の三吉さん, の京橋区木挽町五丁目三番地, の倉田屋, の医者, の同, の外科, の指物職人, の有, の登記所, の米問屋, の藤次郎, の裏長屋, の見附, の親, の豊吉, の鍛冶屋, の附き, の食糧品店, はそんな, へとゆく, へ出, へ出かけ, へ出かける, へ急い, へ買い物, まで伝わっ, まで行き, まで見送っ

▼ 隣りから~ (36, 1.1%)

2 隣りへと

1 [34件] おめ, お借りした, そっと出, だった, となりへと, ピアノの, 一向返事, 二階建ての, 分捕った偉大, 口論し, 同じ間, 名主様五人組の, 呼ばれて, 声を, 天作を, 失火し, 如竹が, 射る手, 屋根づたいに伝う, 帰るから, 手が, 日に, 日本人の, 木村が, 本物を, 湯の, 火が, 火事が, 聞えて, 聲を, 言いつかって, 隣りの, 隣りへ, 飛んで

▼ 隣り座敷~ (36, 1.1%)

1 [36件] から不意, から聞えた, で, での遊興, では三味線, で俄, で山木, で洩れ承われ, との間, にい, にいた, には三, には若い, には茶道, に先刻, に安置, に居ります, に居れ, に最も, に泊まり合わせ, に混沌詩社, に飲ん, の商人客, の女学生, の客, の小手, の心中, の方, の物騒がし, へそっと, へ入っ, へ夜中, へ移っ, へ顔, をのぞき, を覗い

▼ 隣り近所~ (26, 0.8%)

1 [26件] とは植込み, にだ, にもかたく, に何人, に大きな, のもの, のツキアイ, の乱調子, の人, の人たち, の人達, の人間, の噂, の小, の有様, の眼, の窓, の義理欠, の葉, の連中, の部屋, へのエチケット, へ入らない, へ気兼ね, へ自慢, や東京市民

▼ 隣り部屋~ (24, 0.8%)

3 から女 2 の前, の様子

1 [17件] から漏れる, から返辞, で, で聽, と境い, には客, に寝泊り, に詰め, の主人, の女房, へはいっ, へ入り込ん, へ声, へ泊まり込んだ, へ通う, を仕切っ, を見

▼ 隣り~ (22, 0.7%)

2 注意する

1 [20件] うかがうと, うちながめた, ふりかえるよう, みると, ゆり起そうと, 二軒買いつぶし, 借りて, 偸み見る, 念入り見た, 愛する愛, 愛せよ, 指さした, 指した, 歩いて, 歩く井上安五郎, 歩兵と, 確めようと, 見て, 見ると, 走って

▼ 隣り合せ~ (21, 0.7%)

2 に住ん, に居

1 [17件] か向い合せ, だったの, だと, にある, にさ, にし, になっ, になった, に伊達, に住む, に坐った, に席, に腰, に腰かけ, の二人, の寒, の生活

▼ 隣り同士~ (21, 0.7%)

2 でもあり

1 [19件] がピタリ, が心安く, でおしゃべり, です, で育つ, で話, とし, とは云っ, なんで, になった, のくせ, のよしみ, の二箇所, の仲, の伊三郎, の女, の好誼, の心安, の義理堅

▼ 隣り~ (13, 0.4%)

1 [13件] いうても, いうと, くっついて, ソックリの, 一つに, 云えば, 云っても, 云つても, 左隣り, 接した肩, 言つても, 話も, 隣りとの

▼ 隣り屋敷~ (13, 0.4%)

2 の者

1 [11件] に西岡鶴, の喬木, の子息, の庭園, の石山一馬父子, の空地, の門前, の高木道之助, へ出し, へ出入り, へ斬り込む

▼ 隣り~ (12, 0.4%)

1 [12件] お向い, お向う, さぞ大, やり出したので, 下も, 同様か, 大丸の, 大体それに, 寢靜まつ, 後ろも, 近いこと, 通りすぎようと

▼ 隣り同志~ (10, 0.3%)

1 が丹前, だという, だわ, で何だか, で結ばれ, どころかあッ, になった, の壁, の親密, の近しい

▼ 隣りとの~ (9, 0.3%)

2 境に, 境の 1 地境に, 境は, 庇合い, 間に, 間の

▼ 隣りにも~ (9, 0.3%)

1 あくその, ぽつりぽつりと, やがて二人連, やつてあつ, 二人づれの, 人家が, 作家が, 同じ部屋, 橙が

▼ 隣り~ (7, 0.2%)

1 住めば, 入牢せる, 坂田郡か, 池田錦橋の, 無雑作, 特に豐沃, 西に

▼ 隣り~ (7, 0.2%)

2 聞いて 1 唄う歌, 泣きわめく声, 育った, 訊いて, 食事を

▼ 隣り部落~ (6, 0.2%)

1 に立派, のひとり, の方, の養狐場, へ移っ, を乗越え

▼ 隣り~ (5, 0.2%)

2 ふ木 1 はせ, はせて, ふ実

▼ 隣り合つて~ (5, 0.2%)

1 かけた時, ゐるといふ, 坐つたの, 坐つて, 建つて

▼ 隣りにでも~ (4, 0.1%)

2 入れて 1 住み合わしたら大抵, 寝なければ

▼ 隣り~ (4, 0.1%)

1 の座敷, の庭, の時計, の窓

▼ 隣りさん~ (3, 0.1%)

1 だ, なン, に少々

▼ 隣りとも~ (3, 0.1%)

1 なつて季節, に東京, 陸軍大佐である

▼ 隣りどうし~ (3, 0.1%)

1 だから, でないばかりか, で声

▼ 隣りまで~ (3, 0.1%)

1 來た, 来て, 聞えた

▼ 隣り~ (3, 0.1%)

1 お出入り, 向い筋から, 親類同士の

▼ 隣り~ (3, 0.1%)

1 といっ, なん, の浮田家

▼ 隣り~ (3, 0.1%)

1 処も, 處へ, 處へまでも

▼ 隣り長屋~ (3, 0.1%)

1 に住ん, の人, の羽目板

▼ 隣りあつ~ (2, 0.1%)

1 てある, て笊

▼ 隣りばかり~ (2, 0.1%)

1 でないと, でなく他

▼ 隣りへと~ (2, 0.1%)

1 それより, 続いて

▼ 隣りへは~ (2, 0.1%)

1 一面の, 早や

▼ 隣り~ (2, 0.1%)

2 ゐら

▼ 隣り合つた~ (2, 0.1%)

2 見すぼらしい小路

▼ 隣り~ (2, 0.1%)

1 にある, の塀

▼ 隣り~ (2, 0.1%)

1 の明, は石神

▼ 隣り~ (2, 0.1%)

1 の隠居, を境

▼ 隣り寺寺~ (2, 0.1%)

2 の古

▼ 隣り桟敷~ (2, 0.1%)

1 にはある, の人々

▼ 隣り~ (2, 0.1%)

1 との間, と隣り

▼ 隣り~ (2, 0.1%)

1 で家人, に男女

▼1* [72件]

隣りあたりの家, 隣りからのやうに, 隣りからは幽かな, 隣りから口を出した, 隣りがめちゃなの, 隣りさ行つて, 隣りざかひの藪際にて用心, 隣りそこで話し込みねたの, 隣りだけでも蕎麦を, 隣りだけに調べ難い, 隣りや何ん, 隣りづきあいでしたの, 隣りとかに夏目という, 隣りとはいえよく, 隣りなき丘, 隣りなんかいろいろな, 隣りのみかど座, 隣りへたのみに行かせた, 隣りへでも行くやう, 隣りへも二階屋の, 隣りべの春もを, 隣りべは日の, 隣りまではひびきますまい, 隣りあなた, 隣り三つの机, 隣り三軒の家々, 隣りもお, 隣り二軒に跨, 隣り交際もいたしません, 隣り何処へでも入りこん, 隣りの襖, 隣り即ち街から, 隣り合つた三つの室, 隣り合つた室の仕切り壁, 隣り合つた寢室へはいつ, 隣り合つた田端の線路わき, 隣り合つた蜜窩の小室, 隣り合つて各々一と間, 隣り合つて國を樹, 隣り合つて稽古を見, 隣り合壁に聞える, 隣り同士仲が良く, 隣りではある, 隣りで有栖川, 隣りを隔て, 隣り大島村からは小山孝八郎, 隣り天井裏から床下, 隣り夾竹桃の花, 隣りが彼, 隣り寄りの小, 隣りといや, 隣りの, 隣り持ちの畑, 隣り植ゑたり田竝びの友, 隣り殿様付きの老女格, 隣り満州に接し, 隣り町角から四軒目, 隣り社会のお, 隣り福原という駅, 隣り竹越君の住む, 隣り綺麗に片付いた, 隣り船長室の真向い, 隣り花時は團子, 隣り茶屋へと出, 隣り西蔵と印度, 隣り誰一人これを餘所, 隣り路地の背中合せ, 隣り近辺へも顔, 隣り道のりでは四里八町, 隣り部屋九号室にも分宿, 隣り部屋今までシン, 隣り部屋彼女の部屋