青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「隣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

際~ ~障子 障子~ ~隠し 隠し~ 隠す~ ~隠れ 隠れ~ 隠居~ ~隣
隣~
~隣り 隣り~ 隣室~ 隨分~ ~隱 隱~ ~雀 雀~ 雁~ 雄~

「隣~」 4760, 51ppm, 2265位

▼ 隣~ (2701, 56.7%)

77 部屋に 67 家の 65 部屋で 53 部屋の 44 部屋へ 43 部屋から 36 室に 24 男は 23 室で 18 家へ 16 室の, 家に 14 家で 13 人に, 室から 12 老人は 11 女が, 室へ, 席に 10 主人の, 人は, 庭の 9 おかみさん, 人の, 国の, 寺の, 男が 8 主人が, 室では, 家から, 部屋には, 部屋を, 間へ 7 女の, 室には, 座敷では, 庭に, 森の, 部屋では, 部屋まで, 間の 6 人が, 小部屋, 男に, 窓から, 部屋

5 [15件] 国から, 室が, 室を, 家は, 家を, 屋根に, 屋根の, 座敷へ, 座敷を, 空家に, 空家の, 荒物屋の, 邸の, 部屋は, 間から

4 [18件] うちの, テーブルで, ベッドに, 伜の, 卓子で, 墓地に, 客は, 家が, 家では, 席の, 広間の, 店の, 座敷に, 座敷には, 座敷は, 庭へ, 梧桐の, 老人が

3 [44件] へやから, ベンチに, 三疊に, 主人に, 人たちが, 人と, 人も, 六畳の, 国へ, 女, 女の子が, 女の子に, 奴は, 娘が, 娘の, 室は, 寝台に, 小娘と, 屋根へ, 席へ, 広間へ, 座敷の, 庭を, 扉を, 方から, 方が, 時計が, 源次郎が, 男と, 男の, 空地に, 空室へ, 細君が, 老人に, 者が, 者に, 自分の, 菓子屋の, 裁縫の, 長屋を, 間で, 間を, 食卓に, 馬貫之の

2 [169件] おじいさんが, お神さん, お秋さん, お雪婆さん, かみさんは, ねこに, ばあさんが, ばあさんと, ばあさんは, へやで, カフェの, シンガーミシンさんが, テーブルでは, テーブルに, テーブルの, ドイツの, ベッシェール夫人の, ボックスに, ミシンの, 三上村の, 三等客車に, 下宿の, 下宿屋に, 下男部屋の, 丑松の, 主人から, 主人は, 二階にも, 二階の, 人, 人にも, 人を, 仕切りに, 兄哥か, 先生が, 六畳に, 六疊に, 別荘の, 卓で, 卓に, 卓子の, 原また, 叔母さんは, 四疊半で, 四疊半に, 国が, 国と, 坊ちゃんが, 塀の, 境に, 壺井夫婦黒島夫婦遊びに, 大納戸, 女と, 女の子は, 女の子を, 女は, 女を, 女房は, 女隠居, 娘に, 婆さんに, 婆さんは, 子に, 子の, 子を, 子供と, 子供の, 子供は, 客が, 客に, 室からは, 室と, 室にも, 家, 家だ, 家との, 家には, 家へでも, 家まで, 家も, 寝室に, 寺も, 小作人の, 小孩, 小間物屋の, 屋敷の, 屋根から, 屋根で, 席が, 席で, 床で, 床屋へ, 店へ, 座席に, 庭からは, 庭が, 庭も, 彼の, 御浪人, 指を, 教室からは, 方に, 方の, 方へ, 時計の, 木深い庭, 本屋で, 村, 栗の, 椅子で, 植木屋の, 植木屋幸右衞門の, 標札屋の, 檻の, 汽車が, 洗濯屋の, 浪人の, 湯を, 父さん, 父親の, 物置へ, 猫の, 猫を, 琴の, 生垣の, 生徒に, 田の, 男も, 男を, 男女の, 町で, 町の, 町へ, 畑が, 畑に, 疊屋の, 監房に, 空地を, 空家から, 竹藪の, 筆屋の, 籐椅子に, 納屋の, 納戸の, 細君, 細君は, 羅刹谷に, 者と, 職工の, 若い女, 製薬会社の, 親切なる, 設楽の, 路地へ, 車井戸の, 部屋が, 部屋との, 酒屋の, 金と, 釣床に, 長屋から, 門を, 間に, 間には, 障子が, 風呂場に, 食卓の, 駄菓子屋に, 鶏が

1 [1308件 抜粋] あいた場所, あの窓, ある銀行家, うす暗い畳敷, おじさんと, おとうさんの, おばあさんに, おばさんか, おばさん物語り, お勝手, お媽さん達, お座敷には, お座敷へ, お松婆アさんでも, お爺さんと, お百姓さん, お稻さんら, お竹さん, お萬, お角さんだつ, お高, かみさんと, が, くりくり頭を, ことは, じいさんと, すみには, それに, つくり, と同じ, のよりは, はあの, は寡婦, は筋, ますで, もう一つ, ものに, ものも, よその, を借り, アトリエと, アパアトに, ウフイツチ邸を, カンヴァス椅子から, ガレージの, サブリ小屋の, スマートな, ヅクボウと, テーブルには, テーブルへ, トンカツに, ハッピの, ベッドで, ペスが, ボックスを, マルグリットに, マルテと, ラディオも, レントゲン撮影室には, ロンサン堡塁の, 一室である, 一番よく, 一間で, 三畳で, 三畳も, 三角山は, 上さんが, 上杉氏から, 下新川の, 下野河内郡, 不動堂蝋燭の, 与八でござんす, 中央の, 主人からは, 主人を, 久吉さんと, 乗客は, 九郎助といふ, 乳牛が, 事も, 事務室へ, 二婦人が, 二疊に, 二軒の, 二階に, 二階家の, 五位が, 井戸が, 井戸掘りの, 亭に, 人々から, 人から, 人たちは, 人にさえも, 人や, 人達が, 今は, 今治藩へ, 仕切りの, 仕立屋駒吉を, 伊賀屋の, 休憩室の, 伜文次郎と, 伯母さんに, 佛間へ, 俗物めもう, 保険会社員が, 備後国では, 先生と, 先生も, 児に対する, 八さんを, 八畳へ, 八疊に, 八百屋の, 六疊, 六疊を, 内儀は, 出番の, 刃物屋の, 別室に, 加納屋甚兵衞の, 労働者の, 勘太郎の, 勝手口へ, 勧工場も, 化粧部屋へ, 北方という, 匝瑳郡にかけて, 十五疊と, 卓では, 卓子へ, 占者の, 厨, 友に, 友達と, 口達者な, 古見に, 台に, 吉雄幸左衛門が, 吊革に, 君よ, 周助とは, 喜久治夫婦を, 喫茶室で, 噂, 四畳半の, 国々と, 国で, 国との, 国まで, 圃には, 土蔵が, 地に, 地所との, 地所も, 地面との, 坊ちゃんなんぞじゃ, 坊ちゃんを, 塒を, 墓地でも, 墓地の, 墓守が, 声は, 声楽家に, 多の, 大きな日本邸宅, 大傳馬, 大将, 大島諸島は, 大工さんは, 大広間の, 大洲藩は, 大豆畑に, 大黒屋の, 天童太郎の, 天野の, 夫人へ, 夫婦や, 奥さんが, 奥ふかい, 女へ, 女中と, 女優養成所にも, 女工までは, 女房だ, 女連の, 奴め馬鈴薯テキと, 妹さんの, 妻を, 娘, 娘だ, 娘を, 婆さんにでも, 媼さんから, 嫁が, 嫗より, 子が, 学問の, 学生が, 宅の, 安西養次という, 宗七を, 実験室へ, 客室の, 室, 室津へ, 家と, 家なんか, 家へと, 家主太七の, 家族にのみ, 宿直の, 寄席で, 富家翁が, 寐床の, 寝室から, 寝室へ, 寝床で, 寮は, 小さい下宿, 小さい座敷, 小さな屋根, 小倉の, 小原町の, 小学校の, 小屋では, 小庭, 小料理屋, 小母さんが, 小説家が, 少佐夫人が, 尾車という, 屋台が, 屋敷と, 屋敷地面を, 山に, 山本郡の, 岡場所で, 島, 島からは, 島には, 巡査が, 巴屋さんと, 巴里一流服装家ベッシェール夫人の, 席から, 干鰯船から, 平家との, 幸右衞門さんの, 広っ, 庄この, 床には, 店からは, 座を, 座敷が, 座敷へは, 庭さきの, 庭では, 庭には, 庭先を, 庵は, 廊下を, 建物, 建築物は, 彼女と共に, 後家の, 御新造さんじゃ, 御神灯を, 御面師, 思惑や, 息子か, 息子の, 息子を, 患者, 慾深, 戸が, 房その, 房へ, 扉が, 手袋店の, 押し入れであるべき, 按摩が, 控への, 支那人の, 教室の, 文字花の, 文集やら, 新入生は, 新十郎様, 新宅へ, 方と, 方は, 日本室で, 旦那等だ, 明間へ, 春月か, 時計屋なども, 智ちやんが, 書院など, 木の実に, 机から, 杉林を, 村が, 村に, 村の, 村まで, 村二つ三つ向うの, 東泉寺の, 松倉至樣, 松枝さんの, 板塀の, 林には, 果物屋の, 柳屋へ, 柿の木裏の, 桜内蔵相は, 桝で, 桝は, 桟橋に, 棟に, 森越しに, 椅子の, 植木屋が, 楽翁なら, 樹の, 檜木さんは, 次男なんぞに, 次男源次郎と, 歯で, 死亡室に, 母の, 民の, 水兵に, 永良部島では, 油切つた彼の, 治療室へ, 洋食屋の, 浪宅, 淀文へ, 渋民村の, 湯へ, 源次を, 漁師の, 火に, 火影を, 煙筒掃除の, 燈の, 爺には, 牢屋に, 物置に, 物音も, 犬に, 猪之, 玄関脇の, 理髪店の, 田を, 男でありまし, 男の子風太郎如何に, 男連と, 町に, 画室で, 畑にまで, 番人と, 疊屋を, 病人の, 病室へ, 癖に, 白孔雀の, 百済をも, 皮膚科の, 相模屋の, 真似を, 矢並樣御先代伊織樣とは, 石山氏の, 社交室にも, 神社境内の, 秋森家の, 穀蔵の, 空き部屋へ, 空地が, 空地には, 空地へ, 空家は, 空屋に, 窓では, 窓の, 竹藪が, 筋は, 箱の, 籠の, 米屋や, 納戸には, 紙から, 細君お, 細君去る, 紺屋の, 編輯長が, 繼娘, 置床の, 翁を, 老人であった, 老人を, 老嫗, 老爺の, 者は, 者らには, 職人は, 腰かけに, 自動車屋の, 舞台に, 舟へ, 船から, 花, 花ちやんが, 若い夫婦, 若旦那丹三郎の, 若者は, 苫舟の, 茂の, 茶の間と, 茶店での, 茶漬屋へ, 荒物屋との, 菓子屋や, 菰の, 蓄音機屋の, 薄暗い部屋, 藁屋根が, 藪も, 蜜垂らし, 街に, 衛生材料置場に, 袖書院であった, 裏庭には, 裏門から, 見える窓, 親玉祭からも, 角屋敷, 話声も, 調整室の, 謡曲は, 谷底へ, 豆腐屋の, 財宝羨む, 貸家, 賢太郎が, 赤椿の, 赤鼻の, 路地に, 車室へ, 軸と, 退職官吏の, 運平親方の, 遠い此, 邸で, 邸を, 部屋からは, 部屋って, 部屋です, 部屋にだって, 部屋へと, 部落では, 部落へ, 鄒七嫂や, 酒屋へ, 野村さん, 金さんが, 金縁眼鏡を, 金魚屋の, 銀冶洞も, 長四疊, 長屋へ, 長者の, 長谷倉甚六郎の, 門口まで, 間という, 間も, 阿爺さん, 陸地の, 隣が, 雇人は, 離れの, 雪が, 露店は, 非常口の, 風呂の, 食堂で, 食堂の, 食物の, 飯能に, 餅菓子屋で, 饅頭屋で, 駄菓子屋の, 騷ぎが, 高台で, 魚屋伝吉の, 鳥巣庵を, 鶏の, 黒い袋, 黒装束が

▼ 隣~ (620, 13.0%)

40 住んで 18 寝て 17 腰を 15 坐って 7 あるの 6 座って 5 並んで 4 坐つて, 寢て, 立って 3 すわって, 来て, 眠って

2 [36件] あった, あって, あり, ある書斎, いた, いて, いる人, かけて, つづる珠, なって, ふかむ菊の, まつそれ, もう一つ, 二つの, 休んで, 住むこと, 何屋が, 同じ様, 坐った, 家を, 宿を, 寐て, 尺八を, 居るの, 居る人, 広い所, 座を, 据つてお, 歩いて, 死が, 空席が, 立つて, 腰かけて, 船長が, 飛ばしても, 食物屋が

1 [419件] あった仮寓, あった桜, あった黄表紙, あつくほうむった, あつた, あつ焼, あの辺, ありながら, ありましたので, ある, あるあなた, あるかも, あるから, あるが, あるしるこ屋, あるので, あるエンゲージド, ある便所, ある兄, ある別, ある剃刀屋, ある古風, ある同名, ある墓地, ある小さな, ある昔, ある札幌農学校, ある片, ある相当, ある穴, ある蝙蝠傘屋, ある豚, ある金巾, ある電信隊, ある青山, いたせい, いたの, いた与次郎, いた人, いた制服, いた大男, いた女教師, いた客, いた小さい, いた山形巡査, いた巡査, いた巡警, いた弓削, いた後藤君, いた朋輩, いた柔道, いた沢村さん, いた烏啼, いた男, いた者, いた風貌, いた髪結床, いやしまい, いる, いるある, いるだろうかと, いるの, いるので, いるはず, いるグロモフ, いるジョンドレット, いる仲間, いる作家, いる前歯, いる吾一, いる和田, いる太宰, いる小ざっぱり, いる昔, いる東君, いる河童, いる男, いる私, いる縞, いる薄汚, いる貴人, いる露柴, うずくまって, うなだれて, おいでに, おばあさんが, お六, お客が, お茂世, かけかばん, かもじ屋さん, かもじ屋さん店, ぐにゃりとして両, こんな耳, ございまする, ごろごろと, して, しては, しゃがんで, し合い代々確執, すわった, すわった男, すわらせた, すわる, すわると, すわるという, すわるハステラー検事, そびゆる第一生命の, たちまち誰か, だれが, てらてらと, できたぞ, どういう人たち, どういふ人, なった何人, なった村, なった荒廃, なった長屋, なつた, なるよう, ねて, ねぼけたよう, ぱっくりあい, ぴったり寄り添っ, もう一つ穴, もてるここち, やうやう一夜, やせぎすな, よいお菓子屋, ようよう一夜, よその, よりついた仲間, ゐた, ゐたつて, ゐたどこ, ゐたダルジン, ゐた其角, ゐた大, ゐた客, ゐた巡警, ゐた舞妓, ゐた花嫁さん, ゐた英吉利人, ゐた農人, ゐるの, ゐるグロモフ, ゐる人, ゐる河童, アメリカの, アメリカ領事館が, カムイ・ヌプリ, ガラスの, コルネイユという, パン屋が, 一つ部屋が, 一家を, 一軒もっ, 一軒格子戸を, 七代家継有章院霊廟とが, 万屋あり, 万年筆屋が, 三年ばかりも, 三田を, 下宿し, 下男幹助の, 世帯を, 世帶を, 両手に, 両面堂と, 並んだベッド, 並んだ三軒, 並んだ豚, 並木病院が, 丸十その, 乗り合わせた人, 二階の, 五六百坪の, 京子の, 人も, 仁王の, 今は, 今まで, 今川焼が, 今迄は, 仏壇屋が, 伝へる, 住まいながら, 住まわせましたが, 住まわれた不, 住みし按摩男, 住み学院, 住み母, 住み親しく, 住むあっしども, 住むお, 住むおじさんおばさん, 住むと, 住むの, 住むよう, 住む家主, 住む武野紹鴎, 住めり, 住んだ, 住んでるもの, 住んでるジョンドレット, 住んでるブリキ屋, 住んでる人, 佐太郎は, 俊夫君の, 俳人芭蕉が, 候, 借家し, 偶然坐, 僅かに, 元来の, 先祖代, 全身血みどろに, 兵主神社といふ, 出て, 出現し, 別に新築, 加十の, 動物の, 勤めて, 十三ばかりの, 十二年以前から, 取って, 可否茶館が, 可愛い娘, 同じくこれ, 同年輩の, 吹聴し, 喜が, 回向院の, 囲って, 在ったもの, 在る土間, 在る広間, 在る製板所, 地所を, 坐ったまま, 坐った仏蘭西, 坐った吉井正太郎, 坐った娘, 坐らせました, 坐らせられた, 坐りこんだ, 坐り込んだもの, 坐ると, 埋まった辻田君, 夕陽が, 多愛, 大きな門, 大一座, 大饗, 女の, 妻籠という, 姉が, 嫁に, 嫁入った, 安芸の, 家が, 寄席が, 寄席の, 寝ころんで, 寝せた, 寢た, 小さな家, 小さな暗い, 小使室が, 小墓石, 小間使の, 居たこと, 居たる母, 居た人, 居た其の, 居た黒地, 居りますが, 居りますソルトレーキ, 居る人達, 居る高瀬君, 居を, 居合せた男, 屋盖形の, 屍体が, 山の手から, 川村三八郎と, 年の, 幽霊助手を, 庄野潤三氏が, 床を, 床屋が, 座ぶとんを, 座席を, 延べて, 建って, 廻して, 当世風の, 彼の, 復一が, 患者が, 悪少年, 悲が, 懸けられたる, 投げやりな, 持つこと, 掛けさせた, 接して, 控えたベエトオフェン, 支倉が, 教会が, 新しい檜垣, 新築された, 新築せられ, 星巌左隣に, 映り冬日, 書生の, 本家と, 来るの, 東橋庵という, 枇杷の, 栗の, 案内した, 桟橋を, 桶屋が, 棲む軽蔑, 楽焼の, 標札屋が, 横たえられた, 横たわって, 気狂いでも, 河井様て, 泊って, 洗濯し, 浦上天主堂が, 源吉と, 焼芋屋, 熱意なる, 猿塚を, 理髪店が, 琴を, 琵琶の, 瓦師が, 田村という, 画家園部香峰が, 病院を, 瘡守稲荷が, 眠った, 着飾った若, 石井柏亭氏千ヶ崎悌六氏が, 砲兵工廠へ, 社会党書記長鈴木茂三郎君の, 神戸あれ, 移す, 移れり, 空地が, 空席を, 立つこと, 立葵の, 竦みたり, 納戸が, 紺紗の, 繋いで, 置いて, 置いての, 美しく着飾った, 美婦, 老人が, 聳える二階建, 聴きて, 聽き, 腰かけた, 腰かけた孫, 腰掛けて, 腰掛けてたら中, 腰掛けるまで, 腰掛ける和助, 自ら社会党と, 興行主が, 蓄音機屋が, 薄い毛, 薄紙一重の, 薬屋が, 蟠踞し, 行つた, 見えるの, 見える東洋, 見つかったもの, 見て, 親たちが, 設けられて, 誰が, 誰を, 豌豆の, 質屋が, 起臥する, 越太夫という, 越太夫といふ, 身なりの, 農家あり, 近いて, 近頃紫御殿, 道場を, 遠い一軒家, 遠く野山, 重な, 長唄の, 間口二間ぐらいの, 障子も, 静かな, 靴の, 風呂屋が, 飴細工屋の, 養へる, 首だけ, 香具師の, 騷ぎのあつたことは知つて居る, 魚河岸が, 鰡八大尽の

▼ 隣~ (128, 2.7%)

8 腰を 3 坐つた, 移して, 行った, 遊びに

2 [16件] いって, 出かけて, 囁いた, 坐って, 声を, 寝た, 帰って, 廻って, 引っ越して, 引越して, 来て, 行こうと, 行って, 見に, 逸らして, 頼んで

1 [76件] いかないのう, いった時, おとずれた, お相宿, かえった, きかせて, すわるの, そんな声, つづいて, はいって, はいりかけたん, わりこませたが, ドブ板を, 並んで, 來て, 入った, 出て, 割込まうとして, 匿いおること, 各々五十キロの, 向けました, 唐人が, 坐っちゃったでしょう, 坐つた子, 塀越しに, 寄って, 寄り添って, 対し義理, 導くと, 小さな木犀, 小さな隠居所, 帰ったもの, 床を, 座った西洋人, 廻つてきた, 往くにも, 往った, 往って, 往来が, 徃來が, 押し入る大胆, 招ばれる, 来た, 来たの, 来た客, 来られつひに, 杯を, 格外な, 横に, 水を, 泊つた, 移って, 移つて来た, 移らうとして, 移る, 縫箔を, 聞こへて, 聲を, 行きたるまま, 行く, 行くから, 行くに, 行けば, 行つて女の, 越した時分, 越して, 近づいた春, 通う路次, 遁げだ, 雛を, 電気治療室でも, 面した方, 音も, 風呂を, 飛びぬ, 飛び移つて

▼ 隣~ (113, 2.4%)

5 何を 3 古刹龍泰寺松山銀座へ, 新築の 2 わたしの, 娘の, 左に, 猶太人, 矢張り祖父時代に, 納戸で

1 [90件] あつて, いったい何者, いつも綺麗, おでん屋です, お葉, こういう人々, この間まで, すでに焼け野, すべて敵ばかり, ちかき縁づたい, ないが, ほとんど小作人同様, エビスサマだ, カバン製造業洋品店玩具問屋煙草店菓子店という, コンピラサマその, タン屋という, モーターボートに, 一橋殿で, 下女の, 中学生左隣は, 丹波屋の, 主の, 久留米藩有馬家南隣は, 二人の, 仕立屋銀次の, 仮面を, 例の, 八百屋であった, 吉倉さんと, 四階建の, 図書館裏は, 地主でありまし, 墓地で, 墓地東隣は, 墓地生きた, 墓場である, 多く小, 大劇場, 大黒屋とて, 夫なし, 女が, 女の子を, 娘お, 子供背負っ, 寛保元年正月十一日に, 島原藩松平主, 廊下を, 我国の, 手品の, 指圧の, 按摩だ, 改築中の, 斎藤貞兵衛と, 枯薄の, 歯科医院であった, 浪人の, 浪人者で, 湯屋前は, 焔硝蔵である, 煙草屋そして, 登勢の, 白し蕎麦, 盲人である, 相当な, 硝子工場で, 私, 私あとは, 私の, 空部屋で, 空間で, 納戸に, 背戸の, 船長室だ, 若い頃彼自身, 茶鋪蝦蟇口製造業ボール筥製造業という, 薬湯, 蝮の, 西川勝之輔という, 西洋草花などを, 農家の, 近い所, 邃き, 銀之助の, 銭湯だった, 長崎屋幸右衞門左は, 開けずの, 間あいが, 雑木林だ, 飴屋の, 鯛焼屋尻尾まで

▼ 隣近所~ (108, 2.3%)

5 の人 3 のこと 2 では妙, で目, の人々, の人たち, の人情, の客, の河童

1 [86件] から二, が耳, でおろす, では切歯, では病人, でまだ, でも分らない, でも分んねえ, でも容赦, でも最早, と, とのつき, との交際, と交際, と変り, にお, にはいづれ, には作者, にまで響, にも無論, にも親しみ, に家居, に対しても, に気付かれない, に男, に立派, に聞える, に蕎麦, に訴, に配給酒, に騒がれ, のうち, のお, のこたァ, のびっしり, のメリケン・ボオイズ, の中庭, の事務所, の二三人, の交際, の人達, の付合, の別, の助勢, の十ケ月, の女たち, の家々, の小母さん方, の店, の恥知らず, の手前, の暇つぶし, の村人, の物音, の猫, の組合, の者, の耳, の誼, の貧乏人, の農夫等, の迷惑, の鶏, はござらぬ, はすべて下職衆, はすべて開放的, はまるで, はみんなそれ, は大, は有, は耻, ばかりで, への申訳, へまでのお, へ挙げ, へ泡, へ言葉, へ赤飯, までも聞え, や出入, や親戚, を呼び集め, を見まわし, を起す, 寝鎮まったけ, 気まずい眼顔

▼ 隣座敷~ (81, 1.7%)

6 の女 3 にいる, に居た 2 のお, の客, の母親, へ出

1 [61件] からお, から俄, から酔払い, から黒子, で, でする, では母, で憚ら, で番頭新造, で盛ん, で私, で聞きまし, で聞く, で胸, で茶, で覗い, で針箱, で面白, にいた, にすすり泣きし, にどんな, には兄夫婦, に入っ, に只一人, に女, に居り, に居りました, に床, に心, に旗一兵, に火鉢, に立派, のお客, の人々, の御新造様, の心中, の時計, の机, の泊り客, の狂態たる, の男, の真中, の縁側, の者, の襖, はひつそり, は武士体, へすい, へまいり, へ入った, へ呼び出し, へ夜中, へ客, へ泊った, へ無法, へ行っ, へ運ぶ, へ陣取っ, まで往ッ, をのぞき, を気

▼ 隣には~ (72, 1.5%)

2 男連が, 自分と, 若い画家, 金色の, 長太郎が

1 [62件] お千, お寺の, けばけばした, さるし, どなたも, ばかに, また二十五疊半, また変, オタツが, スカパン, ドリ, マドロスパイプを, 一人私の, 一本の, 丁度物置蔵, 三好が, 下女の, 人が, 仏像の, 仙十郎の, 別に座蒲団, 勧工場が, 半ば口を, 博士の, 又似寄り, 吉野という, 名高い浮世画師, 声楽家その, 大きな池, 宝来という, 宵に, 寂光院の, 寺に, 小き, 少さいお勝手, 弓の, 懐中電燈の, 新築の, 新聞記者らしい, 日光別坊の, 柳屋の, 正親町三条家が, 比叡山の, 洋食の, 源三郎の, 父の, 狂人を, 番頭の, 白い障子, 私が, 菊屋の, 蚕の, 誰が, 誰の, 貫一が, 醍醐大納言ファルケンボルグと, 鉤鼻で, 開爐に, 馬具や, 鬼の, 魚屋が, 鼻髯を

▼ 隣~ (62, 1.3%)

2 椅子を, 汲んで

1 [58件] あつた, あれは, いった, さ稼業柄, じっと睡っ, なにか喧嘩, やって, よ, オーバーの, スヤスヤ眠る, バタ, ミモロと, 三河国奥殿の, 三河國奧殿の, 事務を, 二人は, 井戸を, 人一人殺される, 何か, 借りるほう, 前後左右墓地を, 博労の, 台湾飴を, 子供が, 寝て, 少しばかり, 息を, 息張って, 悲しそう, 手伝い人たちの, 手塚より, 抽斎の, 操り進む, 明らかに, 是が, 油を, 泣声が, 物を, 物音が, 琴と, 相島が, 眉毛と, 眠るの, 矢張アメリカでも, 砥石へ, 立聴きし, 終事院は, 絵師の, 聞いて, 胡瓜漬売の, 蓄音器が, 蔵でも, 袖口の, 誰やらが, 謡曲が, 起つて, 踊って, 鞄の

▼ 隣~ (61, 1.3%)

1 [61件] あつた, あなたの, ある, お大婆さん, すぐ青巌渡寺, ないから, またしもた, もう珍, よく繁昌, ジャパンタイムス社とか, ハイヤーの, ブリキ職, ポンプ屋さうかと, ラヂオの, 両替屋前が, 仙太郎の, 伊草乙平という, 作右衛門店万荒物から, 作右衛門店萬荒物から, 作右衞門店萬荒物から, 八畳ぐらい, 八畳これが, 公園だ, 出来るもの, 博物館の, 古墳で, 古本屋で, 国際通りに, 墓地では, 墓地に, 子規庵である, 密淫売町の, 密淫賣町の, 寝室に, 彼女で, 待合さんな, 後に他家, 後藤貞行先生の, 悪漢の, 我輩の, 搗屋で, 摘み綿の, 新六郎二人は, 明いて, 松島屋といふ, 機業家な, 洋書翻刻の, 火事と, 独身ものの, 番頭五助と, 矢張空床に, 福田屋という, 私の, 秤り, 空いた富士, 自動車屋だ, 裁縫の, 豆腐屋これが, 鎮座の, 青森県人で, 魚屋の

▼ 隣~ (59, 1.2%)

5 に住ん 3 の方 2 のお

1 [49件] からも本道, から駈け続け, であつ, で細々, にある, にまかりあり, に一戸, に同, に居りまする, に居る, に昨年, の, のお産, の下宿, の和泉屋さん, の喜の字屋, の外科, の夥しい, の大きい, の大津屋, の奥, の婚家先, の安造, の小さい, の小唄, の師匠, の床屋, の徳右衛門, の指物職人, の日雇, の母親, の淋しい, の稽古所, の稽古所入り, の米屋, の者共, の自家, の若い, の裕福, の道尊坊, の酒屋, の風呂, へかけ, へすぐ, へ走らせ, へ麦袋, まできた, 忽ちこれ, 附き合いで十手捕縄

▼ 隣から~ (55, 1.2%)

3 隣へ, 隣へと

1 [49件] きいて, もえ子, もらって, 三人家の, 人が, 今年も, 來ました, 借りた分, 借りて, 初冬へ, 塀を, 壁ご, 大経師以春に, 女の, 始めること, 威張つたやうな, 尻を, 差す行燈, 座敷を, 後方にかけて, 我れ, 手を, 指を, 撃つたこと, 来て, 来ましたがね, 火が, 火事が, 父が, 盗んで, 直ぐ来る, 福島市松は, 移って, 立ち上がって, 筒抜けます, 続く板屋根, 聞こえて, 聲を, 聴え, 薬湯を, 藤次が, 襖を, 貰うた梨, 貰った, 起った, 起て出ると, 遊びに, 隣へも, 隣り誰一人これ

▼ 隣同士~ (35, 0.7%)

1 [35件] おう, おうおうと, が三味線, が知らない, だから, であること, でも全く, で何, で招ん, で町内, で眤懇, で話, というもの, なこと, なせい, になっ, になつて, に住ん, に坐っ, に坐らせ, に棲む, に親ん, のややこしい, のよしみ, の事, の二軒, の人, の家, の生垣, の誼, の賛辞, の部落, は口, ばらばらと, や向

▼ 隣~ (32, 0.7%)

3 愛すべし 2 見ると

1 [27件] かぞえて, さし, さっさと小半町, なす, のぞかせて, 乳房を, 仮の, 圧服する, 愛して, 振り向いて, 振向いて, 捨てず価, 楽しみに, 比するを, 汲取りに, 見た, 見て, 覗きながら, 覗き障子, 覗くわけ, 買う, 逃げ出したに, 透見し, 遠く静か, 選んで, 開けた, 驚かすよう

▼ 隣~ (27, 0.6%)

3 の人, の大工 2 の小さな, の温泉, の烏山

1 [15件] から徴兵, では麦は種, に知辺, の, のお, の九右衛門爺さん, の仙左衛門, の幹部, の廻沢, の者, の船橋, の芝居, の若者等, は堯佐, へ通じる

▼ 隣~ (25, 0.5%)

2 云っても, 考えると, 自分の

1 [19件] いっても, そことの, その頃, なった緑陰, なって, なりに, 一つにな, 二軒つづき, 二軒で, 云うの, 云う可, 云ふも, 地続きの, 宅の, 引離された生存, 我々の, 書しからは, 裏は, 見えたので

▼ 隣部屋~ (21, 0.4%)

2 から聞こえ, で客, に寝

1 [15件] から, から母たち, から泣声, から現われた, で待ち兼ね, で縫物, で聞い, には秘密, に宿る, の人間, へ人, へ入った, へ引返した, へ行き, へ通う

▼ 隣では~ (19, 0.4%)

1 [19件] いつ, これからという, アームストロングの, ドッタンガチャドッタンバタパタという, 一様に, 三尺幅の, 二人の, 人品骨柄天晴黒縮緬の, 仏桑花の, 其木の, 太鼓と, 子供が, 成瀬が, 桑山竹夫が, 王を, 甘ぐり, 自分の, 負傷の, 雨戸を

▼ 隣~ (18, 0.4%)

2 て同じ

1 [16件] ていた, ている, てかなり, てその, てまた, てゐる, て一万石, て互に, て居た, て居る, て松, て檜林, て死す, て起臥, 万太郎山との, 道誉の

▼ 隣~ (18, 0.4%)

2 海兵の

1 [16件] あれば, すずしふり乱, すずしふり亂, みな空家ばかり, よしや世の中, よろし松, 同じよう, 向うも, 向も, 咳入, 旅籠屋その, 旅籠屋一町内の, 独り者の, 玩具あゝ, 筋向いも, 迷惑し

▼ 隣同志~ (18, 0.4%)

2 で話

1 [16件] だ, であった, である, でも八王子, でも話, でよ, で毎日, で話し, で非常, に別れ, に取っ, の人情, の家, の相談, の紺屋, 話しながら

▼ 隣屋敷~ (18, 0.4%)

2 の時

1 [16件] か, からひょいと, というの, との境, に広い, に馬, の冠木門, の凧, の女房たち, の庭, の惣領娘, の方, の沈んだ, の納屋倉, の裏門, まで聞え

▼ 隣との~ (17, 0.4%)

3 間の

1 [14件] さかい目である, しきり, 交渉は, 仕切りには, 区切りの, 地境行抜けの, 境が, 境に, 境の, 境界を, 連絡も, 間に, 関係も, 關係を

▼ 隣~ (13, 0.3%)

1 [13件] でもあり, で猿島郡, との一致, との軋轢, には同族, に寺井, に遊び, のお, の侵入者, の救援, の町, の結城, の阿蘇一族

▼ 隣なる~ (11, 0.2%)

1 [11件] 亭に, 大僧正の, 女の童の, 寺の, 広岡の, 日本をば, 物足らぬ, 猟師之を, 町の, 車は, 間崎君の

▼ 隣~ (11, 0.2%)

1 [11件] すら相関ら, である宮津, と境, に對, のみ, の亀山, の佐竹, の指南番, の泉, の秋元但馬守, の足利

▼ 隣~ (10, 0.2%)

2 も猶 1 からよく, から君, から祝出征, から軒伝い, が直に, が見る, つたのか, よ

▼ 隣~ (9, 0.2%)

1 にある, に誇つた, の中津川, の人, の影響, の縣主私部小室, の舊藩士, の誼, の齊

▼ 隣~ (9, 0.2%)

3 処の 2 處に 1 な汁粉屋, 六ヵ村の, 処に, 処へ

▼ 隣にも~ (8, 0.2%)

1 そのまた, だれも, また隣, 同じやう, 同じよう, 見出せるであろう玩具屋, 貴女継子が, 間ごと間ごとに

▼ 隣より~ (8, 0.2%)

2 失火あり 1 伸来れる, 墓地を, 多かった, 戞, 近いところ, 高かりし

▼ 隣~ (8, 0.2%)

1 から糴, にも及び, のダイジ, の乱, の土地, の変, の空, を接し

▼ 隣宿~ (8, 0.2%)

5 の妻籠 1 から泊まりがけ, で始めます, より帰り

▼ 隣する~ (7, 0.1%)

1 ことを, という意味, のと, はこの, まで, 一軒でありました, 人の

▼ 隣どうし~ (7, 0.1%)

1 であつ, ではあり, で機, に暮らし, の巣, の村, もたれ合っ

▼ 隣とは~ (6, 0.1%)

1 よく往來, 何處です, 壁一重である, 此度は, 甚だ遠く, 異う家

▼ 隣宿妻籠~ (6, 0.1%)

2 の本陣 1 からの二人, から伊那, の方, までの継立て

▼ 隣宿落合~ (6, 0.1%)

1 の宗匠, の稲葉屋, の被害, まで公役, まで到着, まで荷

▼ 隣~ (6, 0.1%)

2 にいる 1 にど, に偶, の凝, の米倉丹後

▼ 隣つて~ (5, 0.1%)

2 居る故 1 お兼, ゐる燒嶽, 住んで

▼ 隣合つて~ (5, 0.1%)

2 住んで 1 ゐたから, ゐたもん, 居つたので

▼ 隣桟敷~ (5, 0.1%)

2 に予て 1 で見た, の緋, へ御

▼ 隣~ (5, 0.1%)

1 であり, の冠木門, の次男源次郎, の湯御所, へ入った

▼ 隣~ (5, 0.1%)

1 に住む, に放生会, の山口村, の者, より買い入るる

▼ 隣長屋~ (5, 0.1%)

1 から苦情, が荷物, にいる, に明店, の物

▼ 隣した~ (4, 0.1%)

1 八疊の, 反映の, 宿直室を, 村

▼ 隣だった~ (4, 0.1%)

1 からやかましくっ, と思う, ので終日拳銃, ので長男

▼ 隣つた幾つ~ (4, 0.1%)

4 かの竪薦

▼ 隣づかり~ (4, 0.1%)

2 の桑畑 1 が皆子供, といふ

▼ 隣でも~ (4, 0.1%)

1 向こうでも, 待ってるよ, 深夜の, 義理だ

▼ 隣へと~ (4, 0.1%)

1 四五軒も, 屋根を, 這い渡って, 駈け伝えて

▼ 隣まで~ (4, 0.1%)

1 やけて, 来て, 火の, 焼けて

▼ 隣交遠計~ (4, 0.1%)

1 だ, と, の四字, の方針

▼ 隣~ (4, 0.1%)

2 の物置 1 はこの, は此邊

▼ 隣~ (4, 0.1%)

1 との境, なる英吉利婦人, の時計, の番人

▼ 隣部落~ (4, 0.1%)

1 から頼んだ, と地境, の地主, の寺

▼ 隣~ (4, 0.1%)

1 に傭われ, に聞え, に違, 新旧識

▼ 隣からは~ (3, 0.1%)

1 毎日毎日この, 軽く笑う, 馭者が

▼ 隣といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, ものも, 言葉が

▼ 隣~ (3, 0.1%)

1 のでぽつぽつ, ので色々, のは

▼ 隣れる~ (3, 0.1%)

1 人酒の, 家に, 金歯とを

▼ 隣~ (3, 0.1%)

1 の誼, はまず, をむすぶ

▼ 隣~ (3, 0.1%)

1 に坐り, の友, はせ

▼ 隣~ (3, 0.1%)

1 になつ, の答, の膝

▼ 隣宿妻籠本陣~ (3, 0.1%)

3 の寿平次

▼ 隣~ (3, 0.1%)

1 の前, の売行き, の方

▼ 隣~ (3, 0.1%)

2 の蟇 1 寒し藁

▼ 隣~ (3, 0.1%)

1 が何, の富貴自在, 亦自

▼ 隣~ (3, 0.1%)

1 の男, の若い, へ帰るやい

▼ 隣さかしき~ (2, 0.0%)

2 町に

▼ 隣すなわち~ (2, 0.0%)

1 ピヤノの, 正親町三条家から

▼ 隣その~ (2, 0.0%)

2 隣と

▼ 隣たる~ (2, 0.0%)

1 に依り, 老人は

▼ 隣つた職員室~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ 隣であった~ (2, 0.0%)

1 から長, のが

▼ 隣にて~ (2, 0.0%)

1 この熟み, 鳴く雛

▼ 隣にでも~ (2, 0.0%)

1 いるだろうかと, ゐるだらうかと

▼ 隣びとらし通り過ぎ~ (2, 0.0%)

2 をり

▼ 隣べは~ (2, 0.0%)

1 日の, 秋いち早し

▼ 隣~ (2, 0.0%)

1 介, 大相七兄爪謁気吾瀬子之

▼ 隣~ (2, 0.0%)

2 の雲水たち

▼ 隣~ (2, 0.0%)

2 夜は

▼ 隣山早~ (2, 0.0%)

2 やも痩せ

▼ 隣~ (2, 0.0%)

1 の小浜, の懐柔

▼ 隣帆亭~ (2, 0.0%)

1 という茶席, の方

▼ 隣~ (2, 0.0%)

1 との間, と隣石

▼ 隣~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の窮措大

▼ 隣近所学校~ (2, 0.0%)

2 でも憎まれ

▼ 隣~ (2, 0.0%)

1 に遊ぶ, の名

▼ 隣~ (2, 0.0%)

1 へ送る, まで電車

▼ 隣~ (2, 0.0%)

1 ことごとく鳴く, の声

▼1* [161件]

ありと読み上げ, 隣ありけり墓二つ, 隣町といふ, 隣からの火貰いという, 隣きんじよのお, 隣ぐらいの値に, 隣さんまあお, 隣ざかいの塀は重なり合った, 隣しなければならない, 隣じゃまたいつも, 隣すむ画師うつくしき, 隣だけに此莫連女の, 隣だったら妾たちの, 隣つた同じ広, 隣つたおもての室, 隣つた二階の隅, 隣つた八疊の横, 隣つた北向きの小さな, 隣つた明倫堂には昔ながら, 隣つた湯殿とだけが無事, 隣つて智恵子が腰, 隣つて智惠子が腰, 隣つて浴場がある, 隣づからの, 隣づき合が, 隣づきあいの悪い, 隣ですがね大名, 隣でぶうー, 隣でやもう一仕事, 隣という洒落らしい, 隣といふも越後山, 隣ながらも捧腹に, 隣なぞにも白粉を, 隣なりし観世物小屋は, 隣なんかとあんまり親しく, 隣にあたる浄音寺の, 隣にかけて居た連れ, 隣にだって一つある, 隣にはからかみ二本, 隣にまで迫つて來て, 隣にゃいないかも, 隣にをるもの, 隣のぼたんへ, 隣はというと, 隣への坂に, 隣へまでの不思議な, 隣へもその調子, 隣べの春もを, 隣また何の, 隣までの大騒ぎと, 隣までも此の, 隣むべきものである, 隣向いの, 隣らしい遣戸の, 隣寝テクレ給エ, 隣ニスワラセピッタリ体, 隣ニ予ソノ隣ニ婆サン運転手ノ隣ニ佐々木ガ乗ル, 隣ニ佐々木サンガ寝テヽクレヽバ何カアッタッテ安心ジャナイカ, 隣ニ婆サン運転手ノ隣ニ佐々木ガ乗ル, 隣ニ掛ケタンダソウデスソシテオ知リ合イト見エテ仲, 隣ニ颯子通路ヲ隔テ, 隣ノベッドニ寝ルノハ夜間ダケデ, 隣ハ浴室デアル, 隣フォン・リンリンゲン夫人の近く, 隣中屋敷は霞関, 隣之の五字は, 隣二番のお, 隣二軒に大, 隣云々の歌, 隣交するを視, 隣交際の女性二人, 隣今川氏の部将, 隣付き合いだが, 隣住む山人が, 隣住居でまた, 隣に及ぶ, 隣六疊の佛間, 隣其の當時の, 隣前前前イロハ長屋のすべて, 隣と競争, 隣区西脇の庄屋萩原氏, 隣医瓢を花活, 隣南隣の国々, 隣合つた青瓜, 隣同士家を持ッ, 隣同志無関係にわめき立てる, 隣と云, 隣国民の多く, 隣国民乙の間, 隣國肥後に大, 隣土地の悪者, 隣の朝原寺, 隣敷で, 隣境いの黒板塀, 隣夜話にある, 隣大名たる葛西左京太夫晴信, 隣太夫天満五丁目の商人阿部長助, 隣太夫茨田軍次白井儀次郎入門す, 隣の策, 隣に往き, 隣宿妻籠脇本陣の扇屋得右衛門, 隣宿美濃の落合, 隣宿美濃落合のお, 隣宿落合あたりにもない, 隣の僧侶, 隣を越え, 隣山同志は立会, 隣島宮古島の有力, 隣のドルドオニュ, 隣の屋根, 隣新宅自画自讃, 隣は奉公人, 隣昔數寄者が建て, 隣は十五年, 隣春四方梅彦がある, 隣村立保といふ, 隣松亭へ行っ, 隣棧敷へかけ込む, 隣横町裏道寂となっ, 隣歩きで全然, 隣比し四層五層の, 隣の酋長, 隣炭山の兄弟達, 隣町あたりで凍, 隣の天竺, 隣界隈の物持, 隣の百姓, 隣の南瓜, 隣と讃嘆, 隣納戸代りに使つて, 隣継母のお, 隣の, 隣羽仁常諸兄御出崎, 隣舎犬別村鶏前川鯉各々先生, 隣舎郎来云賢侯之賜, 隣船寺拝登俊和尚と握手, 隣藩亀山藩へ送った, 隣藩佐竹樣への抑, 隣藩佐竹氏と談合, 隣藩土佐産の名犬, 隣を貫く, 隣へ逃出, 隣西の方, 隣賄いというわけ, 隣路地の背中合せ, 隣自敬, 隣近所一軒毎役にや立たねえだ, 隣近所奴が引越蕎麦, 隣邸筑前国福岡の領主黒田家, 隣郡古市郡には又, 隣郡安定城のほう, 隣郡安藝国豊田郡竹原に遷, 隣郷山口湯舟沢両村, 隣郷津軽の唐糸, 隣里望み見て, 隣間近なり, 隣附き合いになっ, 隣隣前前前イロハ長屋のすべて, 隣隣隣前前前イロハ長屋のすべて, 隣に小勢, 隣の子