青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「隠居~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

隙間~ ~際 際~ ~障子 障子~ ~隠し 隠し~ 隠す~ ~隠れ 隠れ~
隠居~
~隣 隣~ ~隣り 隣り~ 隣室~ 隨分~ ~隱 隱~ ~雀 雀~

「隠居~」 2216, 24ppm, 4855位

▼ 隠居~ (325, 14.7%)

5 身だ, 顔を 4 世話に, 方へ, 身で, 身と 3 ような, ように, 前だ, 声が

2 [13件] お半, ことばを, ことを, そばに, 下屋敷は, 勘十郎も, 喜平は, 囲ひものに, 家を, 方は, 話で, 話を, 身ながら

1 [261件] あとから, あとを, いた跡, いる小さい, いる庭先, うしろから, うしろへ, おばあ, おゆるし, お婆さんが, お守りに, お小言, お届け, お心, お気には, お神さん, お茶飲み, お葬, お身, くれた頭巾, ことか, ことばは, ことも, すすめることば, そういう薄い, そばへ, とき御, ところから, ところからは, ところで, ところに, ところは, ところへ, ほうが, ほうへ, まなむすめ, まるの, もとへ, やさしげ, やるよう, ゆるしを, ようだ, ようで, わきから, わびしさ, エヘラ笑いが, ヒマつぶし希望を, 下野どのが, 不審の, 世話で, 五穴から, 亡くなった主人, 仁三郎の, 代に, 伝右衛門, 住いだった, 依頼状に, 保養と, 働いて, 僕は, 僕を, 儀なら, 内へ, 内職仕事には, 出て, 出を, 前です, 勘十郎は, 勘解由は, 半蔵に, 口の, 口添で, 台詞通り土へ, 同意を, 名が, 噂が, 垢流し, 場所として, 墓の, 声は, 変態的な, 大殿様, 如きは, 妾が, 姿が, 姿だ, 姿に, 婆さんと, 子である, 子供の, 子供を, 宗円様や, 実子犬千代に, 家では, 家に, 家の, 家へ, 家まで, 家伝で, 容体と, 寄席に, 小さい髷, 居間は, 屋敷に, 屋敷へなんぞ, 屍体が, 屍骸が, 山右衛門が, 山右衛門の, 山右衛門は, 帰ったあと, 年寄りと, 店で, 店へ, 庶子にあたる, 後妻なんかに, 御信用, 御召に, 御息女, 御都合, 御霊代を, 心配と, 志が, 志を, 忠一が, 思うよう, 意外きはまる, 所へ, 手から, 手には, 手を, 持物で, 指に, 捌きに, 掻巻き, 政岑は, 方が, 方で, 時の, 期待と, 枕元へ, 機嫌さえ, 機嫌を, 機嫌取, 武士であった, 死として, 死期を, 殿様みたいであった, 気に入ったらしいの, 気の, 沙汰を, 法体だ, 洒落者に, 添合いが家政を, 溜飲に, 激励は, 炬燵へ, 狒々顔が, 生れ故郷から, 生活には, 生活を, 生涯が, 用を, 申すに, 疑いを, 病室へ, 病気が, 病的な, 白い髪, 皺がれ声が, 目から, 直書に, 直造, 相手は, 眼と, 眼は, 着る十徳, 秘蔵の, 笹本金十郎を, 筆として, 筆の, 組合が, 美人が, 老人は, 老婦人, 老爺それと, 考えも, 者に, 肩を, 肱を, 脈を, 腋の下から, 腋の下へ, 臥て, 舅たちに, 茶席普請の, 葬式を, 葬式以来お, 血相が, 血相は, 行衛を, 見識に, 親たちが, 親切に, 言を, 言葉には, 言葉までも, 許まで, 話し振には, 話に, 話は, 誕生日, 諄々たる, 諫めを, 諫争にも, 赧ら顔が, 起原を, 足腰を, 身であった, 身である, 身として, 身とは, 身に, 身の, 身の上だ, 身の上だった, 身の上で, 身の上です, 身を, 身分で, 身分である, 身分です, 身分ながら, 身分に, 身分にでも, 返事を, 通夜の, 遊び場所である, 道楽に, 邪推から, 邸の, 部屋に, 部屋へ, 重く用いる, 金十郎を, 針の, 長い生涯, 門へ, 間には, 集註に, 頑張って, 頻りに盆栽, 頼みに, 顔が, 顔は, 願いを, 風習が, 風習の, 首根っこに, 骨折りで出させて, 髭の

▼ 隠居~ (243, 11.0%)

4 自分の 3 うなずいて 2 しても, 笑いながら, 胸に

1 [230件] いい放っ, いつも在宅, いとど不安心, うめいて, えらい人, おどろいて, おぬ, おまん, おゆう, お増, お志乃, お芳, お銚子, きかない気性, ぎょっとした, くすくす笑い, こう云う, こう云った, こう言う, ことばを, この形勢, この息子, この話, この闇太郎, これで, これに, こんな事, さすがに, さっきから, さても, しばらく黙っ, じっとし, すぐ後, ずんずん先, そういっ, そう前置き, そう言っ, そう頑, そこに, そこへ, そのお婆さん, そのてい, その傍ら, その魚, それからそれ, それが, それに, そんな恐ろしい, たいてい奥, だんだんに, だんだん青ざめ, とても寝つかれません, どうした, どんな女, びっくりしました, ふいに, ふらふらした, また雷親爺, また顔中, まだ不意, まんじりとも, めっきり窶れ, もういい, もうお, もうけろりとし, もう涙, もとより英明, もはやこの世, やっと気, やっぱり自分, よくそれでも, わが居間, わざと見ない, わしを, ウンと, ホッと, 一日ぶん生き返, 一時に, 一服喫いつけ, 七十歳に, 七年ごし, 三つ唇の, 上州と, 不安らしい, 中の, 主膳の, 二人の, 五十を, 京都に, 今日は, 以前に, 伝二郎の, 何か, 何しろ日頃, 倒れて, 僕に, 八十を, 出羽守信順である, 別に美酒一樽, 制した, 制して, 十年近くも, 半町ほど, 半蔵の, 半蔵らを, 又八, 受けて, 古い炬燵板, 呟いた, 回想し, 土平の, 夜が, 大きな声, 大勢に, 大往生, 奇ッ怪千万秀吉は, 女の, 娘を, 安政大獄の, 実に会桑二侯, 家の, 寝床の, 小声に, 小姓一人を, 小松菜の, 少しふらつく, 川窪が, 平素よりも, 幾つで, 幾度か, 床の間の, 店先に, 彼に, 彼女の, 思い出したよう, 思わず大息, 息を, 恰度入浴中とか, 慨歎する, 懺愧と, 成瀬正肥田宮如雲らと, 房さんと, 手ずから神尾, 手を, 投網が, 指を, 挟んだお, 捲き舌, 掴まれたまま, 掻口説いた, 新聞片手に, 暗い水, 木曾の, 木曾谷での, 楽み, 権叔父を, 横を, 款待顔に, 正直に, 武蔵の, 歯ぬけ, 気づいて, 気を, 江戸に, 泪ながらに, 泪を, 満足し, 漢学者で, 炬燵に, 烏帽子を, 物に, 猶も腑, 瑞見, 痰が, 皺首を, 目を, 相変らず, 相変わらず禿頭, 相手に, 相手の, 眼が, 眼くばせ, 石を, 碁石と, 私に, 秘蔵の, 窮, 笑った, 笑ったが, 笑って, 笠を, 精根も, 紀州や, 紙と, 老人に, 老後にでも, 考え込んで, 聾だ, 背の, 腕を, 自ら嘲る, 自分でも, 若い者, 苦みを, 苦笑した, 蚕豆ほどの, 衆が, 親類一同と, 言った, 言って, 言葉を, 評判の, 詞少な, 財布の, 資産の, 足を, 遽に, 部屋の, 郷里に, 采石と, 間もなく卒中, 隠居で, 隠居らしく飲みたい, 離れへ, 雪之, 青ざめた, 額に, 顔も, 飲み過ぎで, 首を

▼ 隠居~ (196, 8.8%)

15 の方 4 を建て 3 にいる, の二階

2 [12件] がある, でお茶, となっ, にあて, に建てた, のよう, の中, の屋根, の縁側, の草庵, の障子, を建てる

1 [147件] から母屋, から通っ, から食事, が確か, だか, だけでたくさん, だけに屋敷, だけに庭全体, だけはそっくり, だそう, だったとか, だの, であった二階座敷, であった由, であって, である, でした, ででもさし, でひと夜, でも泣き寝入り, で今, で大身, で庭道楽, で永く, で沸かした, ということ, というの, といった風, として住, となり, とは井戸, とも思われる, と土蔵, と母屋, など建て, にありし, にお, にか寮, にした, にしよう, にする, にでも建てた, にといっ, にと戻った, になっ, にぬくぬく, には隠居さん, にも行き, に休ん, に住ん, に住んだ, に使っ, に入りぬ, に寝る, に控えさせ, に木, に残った, に滞在, に行き, に行った, に見, に送っ, に這入っ, に這入った, に通された, に集まる, のお, のお客さん, のお手付け, のすぐ, のなか, のやう, のわけ, の一つ, の一室, の世話, の傍, の六帖, の別殿, の土間, の女中, の婆, の室, の庭, の建築, の御, の扉, の炉端, の玄関, の縁, の翁媼二人, の裏, の話, の跡, の跡片付, の階下, はいつもきちんと, はほとんど, は喜平, は次第に, は焼け残っ, へたびたび, へときどき, へもやって来た, へ引, へ忍び込ん, へ戻っ, へ押し掛け, へ押込, へ来た, へ来る, へ移っ, へ行っ, へ隠居, までは, までは見, まで歩こう, まで父, まで立ち退いた, も出来た, らしくうれしかっ, をあけ, をある, をかまえ, をさし, をたずね, をのぞき, をもとめるなら, を三間, を借り, を出, を勧め, を寝室, を建てました, を引き払う, を拵える, を新築, を求め, を窺い, を覗いた, を貸す, を離れた, ノ空想ガコノ柔カイ掌, ヲ作リタイ考デアルガ, ヲ作ルト称シテ, ヲ取, 作る手伝い柱

▼ 隠居~ (166, 7.5%)

2 あって, 出来上, 咳嗽は, 彼の, 言う, 言った

1 [154件] ある, あるこの, あわてると, あんなにわいわい云っ, あんな事, いおうと, いたく考え込ん, いった, いて, いらっしゃいますのでな, いる, いろんな唄, おいでに, おって, お化けを, かついで, きき届けられた日, きき届けられ跡役, こう極めた, ここで, このくらい, こりゃいい, こんな物, さながら口, しぶしぶながら, じりじりし, すでにこの, そうと, そこへ, ついこの間, ついて, できないという, なじみの, にこにこし, スラスラと, セキは, ドウも, ニヤニヤし, モゾモゾと, 一人嫁入り前の, 一人寂しく, 一同を, 一番弱虫である, 下女を, 不服で, 世を, 世話を, 両三日行方, 中を, 五十両で, 亡くなって, 住んだ, 住んで, 何か, 何し, 何といった, 何を, 何事を, 何処かの, 先鋒の, 入りかける所, 六人ばかり, 出して, 出て, 剃刀を, 取引所で, 口を, 可哀そうだ, 可愛がった, 呼んでも, 墾望しよう, 声を, 変り者で, 大変立腹し, 大目玉を, 家へ, 居る, 帰って, 引越し祝いに, 後見に, 従兄の, 心学に, 思うには, 思わず発した, 悟って, 惜気も, 意見に, 愛用し, 戸口から, 承知で, 断乎として, 日ごろ出入り, 日干しに, 来たあと, 来て, 東京に, 椽端近く, 楽しげ, 横槍を, 檜, 死に指物屋, 死んだらとけしからぬ事, 死んだ時, 死んで, 殺したん, 毎日御, 気に入って, 気を, 永眠した, 汲んで, 法然頭に, 波打ち際に, 泣いて, 済みましけ, 焼け死んだ事件, 熊を, 現にその, 生き返つた, 生前に, 疳癪の, 病みついて, 直書を, 神明様の, 私と, 私達の, 笑って, 緋鯉にも, 総督として, 聞いて, 自分ひとりで, 自慢たら, 舟桁に, 苫の, 菊細工を, 蝦の, 見つけまして, 見て, 見送ったお玉, 言い合わせたよう, 買い取ったもの, 身ぶるいし, 身投げを, 追っつけめでたく, 逃げ出したあと, 通りかかりました, 通知し, 金切声を, 鎮ってからも, 門を, 面喰つただけ, 顔を, 風邪を, 養子と, 黒い頭巾

▼ 隠居さん~ (121, 5.5%)

2 が越し, のよう, の分, の家, の御, は

1 [109件] お坐り, かが在っ, からお話, から借り, から受取った, かナ, がああ, がい, がお出で, がまだ, が九十歳以上, が云つた, が今度, が取引, が呼ん, が御, が急病, が有りまし, が来, が病院, が知, が紙袋, この飴チョコ, しばらくお, じゃな, そっくりです, そりゃお気, そりゃ本当, そんなこと, だ, だって覚え, ですか, ですね, とお話, とか床屋, と一緒, と娘, と御の字, と謂, どうもこの, なあおっ, なかなかやる, なんざ歯, なんとかやめさせる, にいただきました, にそう, にちょい, にとっても面白かろ, には分るまい, には打合せ, にやっと, によろしく, に可愛がっ, に叱られる, に急所急所, に是非助太刀, に言っ, のお, のひ, の出, の前, の声, の寝間, の小屋, の所, の石鹸, の許, の顔, の風, はあまり, はここ, はこの, はそう, はその, はゆうべ, は中, は他, は怖い, は書画骨董, は無慾, は続けました, は腎臓, は自分, は非常, ばかりの家, へ, まあこの, もあちら, もう裸, もそれ, もなかなか, も一役, も八十一, も安心, も是非, も淋し, やおかみさん, やがな, や髪結床, ゆっくり召, らしい女, らしく好い, を私, を頼, 御注文, 気に入ったら私, 決してそうじゃ, 眠って, 考えたもの

▼ 隠居~ (106, 4.8%)

9 ていた 4 ている 3 てしまった, て居る, て楽 2 てしまう, て家, て家督, て父, て身軽

1 [74件] てお, ておいでやす, ておられる, ておりまする, てからその, てからでもなかなか, てからもその, てからも先代, てからも連中, てから三年, てから夢酔, てから心, てから忠利, てから楽, てから謙譲, てから香以散人, てくにもと, てこの, てさて, てしまいたい, てしまえ, てしまふ, てそれから, ての名, てますます, てもいい, ても宜, ても家, てより, て一朗, て一生, て七十四歳, て三人, て仕えず, て以来, て何代目, て只, て坊主, て大御所様, て如水軒圓清, て山, て店, て彼, て新, て日本橋, て日野屋, て本願寺, て株, て池, て海老蔵, て終身二人扶持, て罪, て腐, て自分, て花鳥風月, て虎の子, て西洋, て謹慎謝罪, て隅, て青山, て頭, て養子, て骨折らず, めったに外出, 九太夫も, 今は, 半蔵の, 夜窓に, 家督を, 山城河岸の, 市十郎に, 湯島の, 跡目を, 高橋の

▼ 隠居~ (100, 4.5%)

13 して 3 しても, 動かして 2 させるの, したいと, すること, すれば, つかまえて, 殺した, 総督に, 見て, 願って

1 [63件] お遣い下さいまし, きめて, させて, させようと, された後, した, したい, してから, しようという, し長男虎間太郎, すすめられて, する, するという, するには, せいと, せんでも, たずねた, つれて, なさいましても, なさって, なさるお, なすったと, なすって, なだめて, もっと手玉, よく思わない, 乗せた駕籠, 初め社中の, 力まかせに, 助けて, 勧告し, 叩き起した, 命ぜられ同時に, 命ぜられ家禄, 始めとして, 師父と, 強制する, 征討総督に, 待ち受けるものの, 怒らせたわけ, 怨んで, 指して, 望んで, 案内に, 殺したと, 殺したん, 殺した奴ら, 殺して, 殺す気, 殺害し, 申し付けられた, 疑ぐる訳, 相手に, 納得させ, 総督として, 致し私, 致せと, 見やると, 討つという, 許された時, 誰が, 願いでて, 願い出るし

▼ 隠居~ (90, 4.1%)

2 がお, 御不快為

1 [86件] あ御存じ, お一つ, お相手, お言葉, がおすわり, が七度, が大変心配, が少し, が手前勝手, が浅黄綸子, が無法, が用事, が負, こうして日蔭, これからお, ご隠居様, さすがお, そんなこと, たしかこの, でございましてな, で暮らし, として敬, と云う, と同じ, と呼ばるる, と呼ぶ, と小, と崇め, どうかひとつ, どうも申しわけ, などは女, なんかなかなか, にお目にかかりたい, にこの, になっ, にはあの, にも御, に先ず, に対して色々, に御, に遣らなけれ, のお, のお客様, のこと, のよう, の前, の張り裂けた, の御意, の気に入らない, の話, はいちいち, はお, はおっしゃった, はその, はどうしてあんなに, はギロッ, はパタンパタン, は大層, は御, は言った, は遠い, ほんに相, ももう, も亡くなっ, も今度, も小, も御, も若い, よ又, らしい切髪, をつかまへ, を始め, を御, を持っ, を疎々しく, 即ち烈公, 参りましょう, 大旦那, 御不快, 御夫婦, 御寒う, 御心配, 御看病, 御隠居様, 昨卯上刻, 有りも

▼ 隠居さま~ (72, 3.2%)

3 の御 2 ともお, のお, はお

1 [63件] おたずね, お引き, お目, から贈っ, がいられます, がお礼, がさき, がぴったり, が大, が書いた, が申された, さハッキリと, でございました, でしたから, です, といい, とてもお, とは表, とゴツゴツ, と呼ばれます, と感じられる, どうかまあ御機嫌よう, に, にお目にかかり, につれられた, にはまだ, には御, に申, に申し上げます, に買っ, に闇, の, のお供, のこと, のご, のほう, の前, の勢力, の御用, の方, の無言, はああ, はいっ, はいつも, はかよう, はこのごろ, はそれ, はどう, はまだ, は丁寧, は別に, は家, は小さな, は相, は血の道, へ御, まずとっくり, もお, もとんと, やお, やっぱし世の中, をのぞきまいらせ, 御自由

▼ 隠居~ (61, 2.8%)

3 して, 頼んで 2 相談する, 言わせると

1 [51件] いわれたこと, こきおろして, ござりまする, しましたところ, しようと, すぎない, そういっ, そうとられる, そう言う, ちょっと間, つかまって, なった気, なって, なってからも, よく頼みたい, 一部始終の, 云わせるの, 会つてもらひ, 伴われて, 伺って, 似た髯, 出会って, 化かされてるよう, 受け出されて, 同意しおっ, 委して, 居るとか, 差し上げたいもの, 当りちらすの, 恨みを, 成り切って, 招ばれ, 拝謁をと, 支払いました, 教えられて, 渡した五十両, 発見され, 直かに, 至るまで, 行ったらどう, 見比べると, 親んで, 計られて, 討たれちまえ, 訴えるよう, 話しても, 贔屓に, 辞儀を, 返った, 遠慮ある, 高座から

▼ 隠居~ (53, 2.4%)

1 [53件] あらわには, ある, あれば, うしろから, かなり激しく, して, しなかった, その時手拭, どうやら残り惜しい, なかなか片意地, また聾, もうだめ, もう闇太郎, もしお, よほど心配, ゐるのに, 主人も, 云ふ, 五十を, 亡くなったあと, 会釈し, 俺にとっては, 出来ますだ, 刃を, 千八も, 同然だ, 城太郎も, 夏死なした, 外国に対しては, 大中寺へ, 大分年を, 実は張札, 少し御, 年取ったので, 御安心, 御隠居, 思い出したよう, 思っとるの, 持前の, 最早四カ年, 最早居なかった, 東京を, 気軽な, 生前好ん, 神信心だ, 笑い出した外国貿易, 考えて, 舌を, 言った, 追いだせまいと, 鍬を, 隠居, 隣室へ

▼ 隠居~ (44, 2.0%)

2 一緒に, 称して

1 [40件] あっては, いうので, きめられたの, さへ, したらそう, するも, その妻, なつた, ならざるべからざる, なるに, わしを, 一つに, 主人の, 二人で, 云う制度, 云ふ, 仲よく飲ん, 仲直りは, 仲直りを, 八さんとが, 具張氏は, 合わないこと, 同時に出家, 和歌山あたりの, 唄われて, 妾とが, 嫁さんとが, 小僧に, 当主との, 意見の, 書生だけ, 泥棒でも, 玄内とを, 私が, 群集を, 若い主人, 若い女子, 藩主との, 言えば, 言われる時分

▼ 隠居する~ (29, 1.3%)

4 ことに 2 ことを

1 [23件] こと, ことも, ために, ちやうど, ということ, という下心, とわし, と突然, など気振り, にし, にはまだ少し, には早い, に至つて, のには, のも, の風習, ばかりでなく, を許された, 人が, 意の, 数年前から, 日が, 裏二階の

▼ 隠居した~ (24, 1.1%)

2 後も

1 [22件] いちふ, かもう, がなほ満々, が又, が父, くらいの人, とする, と云う, と云つて, のだ, のだろう, のである, のに比べる, アナトオル, 一番, 人が, 前将軍家宣, 小鼓取っ, 父允成が, 男です, 老人などとも, 芭蕉に

▼ 隠居から~ (18, 0.8%)

1 [18件] おみやげに, すぐ来, すでに話, すべてを, 平助の, 彼女の, 御勘気, 思いがけない便り, 招かれて, 教えられたとおり, 斯う, 毎日酒代を, 渡された酒盃, 聞いた話, 聞く処, 貰って, 買いに, 身上話を

▼ 隠居~ (18, 0.8%)

2 あつた

1 [16件] あらっしゃる, いられる身, こっちから, すぐ引返し, そんな風, 始終その, 当主隼人の, 後に, 新湊稲荷の, 昔の, 昔風が, 気儘に, 腰も, 蝦夷や, 通った権式, 遊んで

▼ 隠居~ (18, 0.8%)

1 [18件] がすき, が破れ煤, こそは家, ということ, との間, と母家, などにいた, にひとり佗びしく, に来, のよう, の趣き, はなほ, は別棟, へ押しこめ, へ雇われ, ぼめ, めいた家, を借り

▼ 隠居仕事~ (17, 0.8%)

1 [17件] かも知れない, だと, で二十五円, で候の, としてこれくら, とでもいう, なので, に学校最寄り, に手伝つて, に関代, に食料, のつもり, の一つ, の五円十円説, の寮番, の気楽さ, を勧め

▼ 隠居~ (14, 0.6%)

1 [14件] 大町人, 妹が, 嫁の, 子息と, 尾州の, 房吉に, 病人共が, 細君が, 膏薬だらけの, 若だんなたちを, 若旦那の, 諸士, 越前の, 越前藩主なぞの

▼ 隠居部屋~ (13, 0.6%)

1 [13件] から出, か何, では, で草艸紙, とに三方, と土蔵, にはたしかに, に居る, に来, のわき, の障子, へ招かれる, をつくる

▼ 隠居~ (10, 0.5%)

2 といふ心構え 1 から勤まる, から景物, から無用, なんて言い, のう, のと, はがきの, よ

▼ 隠居でも~ (10, 0.5%)

1 させて, したいと, したいの, したくなつたんぢ, したの, するよう, そんなに大身, なすってねえ, 妾に, 若様でも

▼ 隠居らしい~ (9, 0.4%)

2 人が 1 お人, のが, のとで, 切髪の, 夫婦ものの, 婆さんが, 気楽な

▼ 隠居させ~ (8, 0.4%)

1 たりすれ, ておしまい, て斉彬, て自分, ほかに, 一切の, 斉興を, 諸生組

▼ 隠居という~ (8, 0.4%)

1 ことで, ことに, のに, のは, 印象が, 年では, 所です, 観念が

▼ 隠居には~ (8, 0.4%)

1 まだ早い, 優しくし, 先ず小倉, 妙な, 片づき人, 男が, 随分可愛がられ, 頭が

▼ 隠居しよう~ (6, 0.3%)

2 と思っ 1 かと思う, とした, とせず, なぞとは考え

▼ 隠居~ (6, 0.3%)

2 六から, 六が, 六の

▼ 隠居夫婦~ (6, 0.3%)

1 がよく, が一軒, であった, と主人夫婦, は二十年前, も寄る

▼ 隠居じみた~ (5, 0.2%)

1 ことを, そのかっこう, 娯楽が, 寝言に, 笑いを

▼ 隠居では~ (5, 0.2%)

2 ない 1 ござらぬか, ないが, 受けきれなくなりましたから

▼ 隠居殿~ (5, 0.2%)

1 によろしく, の曲った, の葬礼, へ出向い, を訪ね

▼ 隠居~ (5, 0.2%)

1 を出され, を差出しました, を持っ, を書かせた, を無理

▼ 隠居たち~ (4, 0.2%)

1 がいう, が派手, です, も笑っ

▼ 隠居だって~ (4, 0.2%)

1 きっとこの, 天運が, 怖れるこた, 無理も

▼ 隠居にも~ (4, 0.2%)

1 させられたが, どうかよろしくおっしゃっ, 意外だったらしい, 食わせること

▼ 隠居同様~ (4, 0.2%)

1 ただ名物, な身分, になっ, の身の上

▼ 隠居~ (4, 0.2%)

1 に取り除け, を与え, を取っ, を贈る

▼ 隠居藤屋~ (4, 0.2%)

1 に泊まっ, の二階, の奥, の裏庭

▼ 隠居させる~ (3, 0.1%)

1 ために, などと云, 規定

▼ 隠居さん今日~ (3, 0.1%)

2 はお 1 は松田

▼ 隠居せよ~ (3, 0.1%)

1 と, との謎, と謎

▼ 隠居だった~ (3, 0.1%)

1 が自分, といいます, 西鶴は

▼ 隠居である~ (3, 0.1%)

1 がため, が武家, 祖父の

▼ 隠居です~ (3, 0.1%)

1 かい, ね, わ

▼ 隠居~ (3, 0.1%)

1 んだろう, んです, んや

▼ 隠居信政~ (3, 0.1%)

1 が此年十月七日, は井出氏門次郎, は六十五歳

▼ 隠居~ (3, 0.1%)

1 なの, よりし, を建てよう

▼ 隠居~ (3, 0.1%)

1 をなされぬ, を出された, を受

▼ 隠居平八郎~ (3, 0.1%)

1 が万事, は玉造組与力柴田勘兵衛, 当主格

▼ 隠居生活~ (3, 0.1%)

1 をし, をはじめた, を営ん

▼ 隠居金兵衛~ (3, 0.1%)

1 と一緒, のかわり, も九月

▼ 隠居~ (3, 0.1%)

1 に変装, の老人, の老婆

▼ 隠居~ (2, 0.1%)

1 お金持, 何か

▼ 隠居~ (2, 0.1%)

1 へ彼, まで御

▼ 隠居された~ (2, 0.1%)

1 ということ, 柳生新左衛門尉宗厳が

▼ 隠居さん何~ (2, 0.1%)

2 ですか

▼ 隠居したい~ (2, 0.1%)

1 と思っ, わい

▼ 隠居したる~ (2, 0.1%)

2 歌社会に

▼ 隠居します~ (2, 0.1%)

1 とも, よ

▼ 隠居すれ~ (2, 0.1%)

1 ばたくさん, ば出仕

▼ 隠居せず~ (2, 0.1%)

1 ばなるまい, 立派な

▼ 隠居だの~ (2, 0.1%)

2 瓢を

▼ 隠居との~ (2, 0.1%)

1 どうした, 年齢を

▼ 隠居とは~ (2, 0.1%)

1 兄弟だしね, 申せなにがし

▼ 隠居とも~ (2, 0.1%)

1 ならば, 見える春風和順

▼ 隠居なすっ~ (2, 0.1%)

1 ていらっしゃいました, て在っし

▼ 隠居など~ (2, 0.1%)

1 させられよう, 云うこと

▼ 隠居はん~ (2, 0.1%)

1 と呼ばれ, に祭りこまれ

▼ 隠居ばかり~ (2, 0.1%)

1 だと, なん

▼ 隠居~ (2, 0.1%)

1 もらわれて, よろしく

▼ 隠居ジイサン~ (2, 0.1%)

1 だから, などがやってき

▼ 隠居主義~ (2, 0.1%)

1 でヤマ仏法, と来たら

▼ 隠居~ (2, 0.1%)

1 処也, 譚とくより

▼ 隠居信順~ (2, 0.1%)

1 がこれ, を柳島

▼ 隠居和尚~ (2, 0.1%)

1 が六年, 任せで

▼ 隠居奥様~ (2, 0.1%)

1 から入用, も大層物

▼ 隠居婆さん~ (2, 0.1%)

1 が, と縁遠い

▼ 隠居宗円~ (2, 0.1%)

1 はそう, を中心

▼ 隠居~ (2, 0.1%)

1 の凉, へ戻っ

▼ 隠居山右衛門~ (2, 0.1%)

1 は芝神明前, は金持

▼ 隠居~ (2, 0.1%)

1 で息子, になる

▼ 隠居料三人扶持~ (2, 0.1%)

1 を給せられる, を賜わった

▼ 隠居時代~ (2, 0.1%)

1 からで, の形見

▼ 隠居神原直造~ (2, 0.1%)

1 であつ, は老来

▼ 隠居自身~ (2, 0.1%)

1 の内部, の筆

▼ 隠居致します~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ 隠居船長~ (2, 0.1%)

1 なの, に面識

▼ 隠居~ (2, 0.1%)

1 たるを以て, にせられ

▼ 隠居隠居~ (2, 0.1%)

1 っていう, とわし

▼1* [257件]

隠居あそばされて無念坊, 隠居あそばして石舟斎, 隠居あなたも若気, 隠居いたしても前, 隠居いたみ入りますな, 隠居おさせ申して斉彬公, 隠居おさせ申すのは, 隠居おまえさんがわが子, 隠居かも知れないな, 隠居からは憎まれて, 隠居ぐらいおれが, 隠居ぐらし隠遁生活それこそ庭下駄, 隠居これが出家, 隠居さあはきょう, 隠居さしてえと思う, 隠居さすは早かろ, 隠居させたのは, 隠居させようなどと, 隠居させられてしまう, 隠居させられた時跡を, 隠居させられたら忠直卿の, 隠居させるならさせるがいい, 隠居さまお召しで, 隠居さまがたをお, 隠居さまそなたが, 隠居さまそれにあの, 隠居さまともどもに港, 隠居さま一大事でございます, 隠居さま一芸一能のある, 隠居さま仰せには折角, 隠居さま仲人といふも異な, 隠居さま始め奥方様や和子様方, 隠居さま寸白のお, 隠居さま慶善寺の話, 隠居さま拙者止むに, 隠居さま靴やにお, 隠居さんここには上等, 隠居さんざっくばらんにいっ, 隠居さんたちが買い, 隠居さん一つお買いなすっ, 隠居さん十徳なんか着こんで, 隠居さん夫婦もあった, 隠居さん提灯でも上げ, 隠居さん旦那に祝っ, 隠居さん泣寝入りは人, 隠居さん私の家, 隠居さん絵では見ました, 隠居したくともせん, 隠居したせゐでもあり, 隠居しとる父親の, 隠居しなさるのだろう, 隠居しましてはじめ, 隠居しろと言え, 隠居じゃあちいっとの, 隠居せいとの謎, 隠居せし身にて, 隠居せしめて斉彬, 隠居せぬ時の, 隠居せられて定昭公, 隠居そうひやかしちゃ, 隠居そのお人, 隠居それから女中の, 隠居それらの人達, 隠居や是, 隠居っていうが, 隠居であった手に, 隠居でありたいと思う, 隠居であろうか, 隠居できようと若い, 隠居でございまして私ども子供, 隠居でございますがそこ, 隠居で御座ったの, 隠居とかそういうおおらか, 隠居とかいういけ好かない奴, 隠居とかの人たちの, 隠居とが大勢の, 隠居とても日夜京都に, 隠居とでもいふの, 隠居とともに天空快闊と, 隠居とねんごろに, 隠居と共に櫨陰と, 隠居どじをする, 隠居どんな場合にも, 隠居なさればお, 隠居なされましたのも, 隠居なさろうとそんな, 隠居なぞが世話人株, 隠居なぞとそこで, 隠居などにも仮名文字が, 隠居なみの扱, 隠居なるが曾, 隠居なればけっこう, 隠居なんかしないので, 隠居なんぢやない, 隠居なんておかしいじゃ, 隠居にかけ合つてゐた, 隠居にでもすがりその, 隠居にまで拝むよう, 隠居に対して金兵衛は, 隠居に対してもそれの, 隠居に従って別れて, 隠居のきげんを, 隠居のしもべを見て, 隠居のみでは, 隠居はじめ吉左衛門から佐吉, 隠居はじめ大老と意見, 隠居はじめ感に堪えた, 隠居はの旅先で, 隠居ばかりがにこにこ笑い, 隠居ばかりは永蟄居を, 隠居への考え方を, 隠居を見返し, 隠居やなんかと一諸に, 隠居よりも闇太郎が, 隠居らしく髪を, 隠居らしく出しゃばらないように, 隠居らしく飲みたい酒も, 隠居をも若様をも, 隠居ガマタマタモクロミヲシタカラソノ時モソノ一件ヲ片, 隠居ガ岩瀬権右衛門トイウ男ヲ用人ニ, 隠居シタガ三十七ノ歳ダ, 隠居シタガ後ノ孫一郎ハ十四ダカラ, 隠居シテ江雪ト改メテ剃髪シタソレカラ家来ノコトモミダラニナッテイルカラ家来ニ差図シテ取締方万事口入レシテ, 隠居シロト云ッテ出タカラ孫一郎モ何トモ云ウコトガ出来ズニ隠居シタガ後ノ孫一郎ハ十四ダカラ, 隠居スル前年ダカ吉原ガ焼ケテ諸方ヘ仮, 隠居ダトイッタラ早速ニ虎ガ出テ, 隠居て言え, 隠居ニ娘ヲ抱カセテ男谷ヘヤッテ, 隠居ハ吉原ヘ行ッテモ大丈夫ダトイッタ, 隠居ヲシテ早ク死ンダガマシダ, 隠居ヲシテ息子ガ三ツニナルカラ家督ヲヤリタイトイッタラソレハ悪イ了簡ダ, 隠居ヲダマシテトウトウ兄ノ判, 隠居一人が胸, 隠居一味に彼, 隠居一行の桟敷, 隠居一門の華々しい, 隠居三斎宗立もまだ, 隠居二人で西明寺, 隠居云々の切先, 隠居ばらい, 隠居付きお茶坊主, 隠居令図が八十歳, 隠居付けらる, 隠居仰せつけられその外力, 隠居但馬守儀は江戸表, 隠居住まいにはいっ, 隠居住居らしく前栽, 隠居なの, 隠居は食, 隠居信順以下の家族及家臣, 隠居信順附にせられ, 隠居を経, 隠居に対外, 隠居の箱屋, 隠居制度は亡国, 隠居で六十, 隠居十右衛門から町内, 隠居でも案ずるらしくゆきつ戻りつする, 隠居同然にしとる, 隠居に注がれ, 隠居名古今亭しん生の名, 隠居喜平五十歳を一期, 隠居かれら, 隠居です, 隠居ともなり, 隠居多胡鵺人を先頭, 隠居奇ッ怪千万秀吉はかう, 隠居願含に, 隠居奥方若様女中衆なぞが江戸, 隠居好みのセンサク, 隠居お店, 隠居娘思いなん, 隠居が妹, 隠居婆さん風になっ, 隠居の翁, 隠居孝高入道如水が大阪, 隠居届けを出し, 隠居屋敷での女白浪, 隠居屋敷通用門の潜り, 隠居市長の助力, 隠居座敷の老, 隠居建築費合せて, 隠居得心がゆかれました, 隠居隠居, 隠居思想を植えつけた, 隠居度慎みの, 隠居慎みを命じ, 隠居所なぞへ顔, 隠居所ふうの建物, 隠居所ダケハ奇蹟的ニ火災ヲ免レタノデ, 隠居所ニシテ土地ノ閑静ナノ, 隠居所ニ風呂場ヲ二ツ作ルナンテ無駄ナコッチャアリマセンカ, 隠居所向きの小, 隠居所含月荘のご, 隠居所妾宅にはま, 隠居所略儀はお, 隠居所風呂牛部屋厩窓口裏口等いずれも建方, 隠居扶持月々おこして, 隠居放逐して, 隠居翁と, 隠居料二人扶持を増し, 隠居料五人扶持にせられた, 隠居昼寝をなさる, 隠居暫くでございましたな, 隠居書生などがその, 隠居杉山の伯父, 隠居松向寺殿は申, 隠居様あれは古田さん, 隠居様夜になりまし, 隠居様御機嫌ようと乗, 隠居様御覧下さいまし, 隠居様杯は水薬, 隠居様水戸の老公, 隠居様火が見えます, 隠居や下, 隠居殺しの共謀者, 隠居気取りの引込思案, 隠居永観入道の首, 隠居泣かせの罪, 隠居湯上りの顔, 隠居炬燵から這出した, 隠居為事にと云う, 隠居とした, 隠居父子を木曾, 隠居じゃ, 隠居片方は失礼, 隠居内閣も, 隠居目付で上席三人, 隠居造の, 隠居相手はこちら, 隠居をつぶる, 隠居立ち寄って御覧, 隠居細君と共に豊世, 隠居義理固い炭薪屋, 隠居老人などがらち, 隠居肥前の鍋島閑叟, 隠居の継ぎ, 隠居芸者とはやされ, 隠居蟄居永蟄居差扣えという, 隠居仰付候, 隠居見たような, 隠居謹慎しその, 隠居謹慎六月一日同じく岡田国老, 隠居謹慎兼松三郎は帰国, 隠居と云う, 隠居を除い, 隠居遊ばされたらその後の, 隠居遊ばしてからは世間, 隠居道号を夢梅, 隠居酒屋の亭主, 隠居を全部, 隠居金子翁といふ老人, 隠居長崎奉行の頃, 隠居の柔和, 隠居願いがとおれ, 隠居養子嫁娶の, 隠居龍山公から密か