青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「隙~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~階段 階段~ ~階級 階級~ 随~ ~随分 随分~ ~隔て 隔て~ ~隙
隙~
~隙間 隙間~ ~際 際~ ~障子 障子~ ~隠し 隠し~ 隠す~ ~隠れ

「隙~」 3304, 36ppm, 3272位

▼ 隙~ (775, 23.5%)

145 見て 56 みて 47 狙って 34 うかがって 30 窺って 26 ねらって 9 見ては 7 覘って 6 うか 5 ねらつて, 覗って 4 うかが, うかがっては, 見つけて, 覗ひ 3 くぐって, 与えなかった, 作って, 狙っては, 見せたこと, 見ると, 見付けて, 見出すこと, 計って

2 [26件] ねらっては, みては, 与えて, 与へ, 偸み, 利用し, 待って, 得た, 得たりと, 求めて, 狙つてゐる, 窺うて, 窺つてゐます, 窺ひ, 見すまして, 見せずに, 見せれば, 見つけた, 見はから, 見れば, 見出したか, 見出したの, 見出して, 見計, 見計って, 透して

1 [310件] あけて, あたえずに, あらせず飛びかゝる, うかがいおる, うかがいそっと, うかがいました, うかがい体, うかがい刀, うかがい夕刻, うかがい藩, うかがい近い, うかがう, うかがう敏捷, うかがったり, うかがわせること, おそろしい殺気, お見せ, くくるに, くれない, こしらえた奴, こしらえて, さがす彼, その体, ついと横, つくらないよう, つくりました, つくるやう, つぶして, つめて, とらえて, とらえること, とられて, どう潜った, なくして, なして, なみ, ぬすんで, ねらいあってるという, ねらい脱兎, ねらうあの, ねらうよう, ねらッ, のがさずひそか, まったくお, みせたこと, みせないといふ, みせなかつた, みた, みつけました, みてかの, みると, もしあなた, もたなかった, もたなかったろうと, もたなかったクリストフ, もつて, ものの見事, もらって, もれて, コジに, ドッと, 与えず, 与えずに, 与えず咄嗟, 与えず然し, 与えず病床, 与えず盛重等, 与えたいわば, 与えついに, 与えないから, 与えないの, 与えないほど, 与えないもの, 与えないよう, 与えなかったの, 与えませんでした, 与えられただけ, 与えられました, 与えること, 与えるため, 与へずいきなり, 与へず自分ひとり, 与へて, 与へる, 乗り超えるまでの, 互いに見せ合わず, 伝って, 伺い盗み出したの, 伺うて, 作った, 作っては, 作らせたので, 作らないよう, 作る, 作ると, 作るの, 侵すも, 偸んで, 分けて, 割いて, 合せながら, 命じて, 埋めること, 埋める風, 外さず, 多くもたなかった, 多く拵える, 多く與, 存じて, 左肩へ, 平次は, 待たなければ, 待たれて, 後の, 得ず加, 得たりとばかり, 得なかったが, 得なかったの, 得ました, 得も, 得んが, 心に, 思い浮べようと, 戒め乱, 抜けて, 持たなかつた, 探る餘裕, 放置し, 暴露する, 次第に月, 残して, 求めけるが, 法水に, 洩れて, 洩れる細い, 測りながら, 潜って, 潜つて空寒く, 潜り泉水, 潜るよう, 潰した, 潰して, 潰すため, 狙いこの, 狙いながら, 狙いひた走り, 狙います, 狙い五人, 狙い奪い取った第, 狙い開けた人垣, 狙う, 狙うとか, 狙うには, 狙うの, 狙うべく紙帳, 狙ったの, 狙ったよう, 狙っちゃあ, 狙ってるよう, 狙つて, 狙つての, 狙つては, 狙つてゐた, 狙つてサツと, 狙つて全身の, 狙つて千兩箱を, 狙つて壁の, 狙つて居る, 狙つて床を, 狙つて扉を, 狙つて逸り切つた, 狙つて雌豹の, 狙はれる, 生じたる處, 生じて, 生ずる隙, 生ずれば, 生ぜざりしと, 盗んで, 目懸け, 眼がけて, 睨み合って, 瞬く, 知るもの, 破って, 破るの, 示して, 私達の, 突かれたと, 窃んで, 窺いたまたま, 窺いて, 窺いながら, 窺い例, 窺い危急, 窺い合い国争い, 窺い居室南側裏窓, 窺い歩き廻, 窺い金蔵, 窺う, 窺った, 窺ったもの, 窺ったホテリング, 窺ったロスコー氏, 窺ってるん, 窺つてお, 窺つては, 窺つてゐた, 窺つて中の, 窺つて此方も, 窺つて激しく, 窺つて紳士は, 窺つて體を, 窺ひます, 窺ひ寄る, 緩めて, 縫い増産, 縫うて, 縫って, 縫ひ, 老人は, 考えないでも, 與へて, 行くより, 行儀よく, 見あって, 見せざる其の, 見せた, 見せたが, 見せたらどんな, 見せたら飛かかって, 見せたり, 見せたわけ, 見せた時, 見せて, 見せないため, 見せぬこと, 見せぬ緊張, 見せまいと, 見せまいとして, 見せる, 見せるか, 見せるが, 見せること, 見せると, 見せる女, 見せ山道, 見たか, 見たの, 見たシムソン, 見た上, 見た正木博士, 見ちゃあ, 見ちや, 見つけたかの, 見つけたの, 見つけ出したか, 見てね, 見ぬく素早, 見ましては, 見る, 見るや, 見付けては, 見出さなかったその, 見出さなかつた, 見出しけん巌, 見出したもの, 見出しにくい, 見出し得なかった, 見出す機転, 見出せずして, 見損, 見澄まし殺すの, 見計らい東, 見計らつて, 見計らひ東, 覓めて, 覗いつつ, 覗い折, 覗うてゐる, 覗ってでも, 覗つたる, 覗つてゐる, 覗つて逃げた, 覗つて鸚哥は, 覘いすまし, 覘い合った, 覘う, 覘つて夜逃を, 覘つて居た, 覘ひ始めた, 覘へる, 覘ッては, 観て, 計り彼, 計る心支度, 越えて, 這い出る数億, 通って, 造らうと, 造らそう, 造ろうと, 過ぎるに, 鋭くヂイッ, 鑽って, 降りたり, 隔てて, 食う宵の口, 飽くまで取り, 鵜の

▼ 隙~ (450, 13.6%)

30 なかった 22 ない 16 ありません 9 ないよう 6 あらば, ないの 5 ない程, なしに 4 ありませんでした, ないし, ないほど, なかつた 3 ありませんが, ありやしません, ないくらい, ないまでに, なく, なくその, なく八五郎, 無かった, 無かつ

2 [19件] あったもの, あらなく旅人, あらばと, ありやしない, ございませぬ, ないと, ないので, ない相手, なかつたん, なくて, なくピッタリ, なく唯, なく密着, なく念, ならない道義, ならねえ, なりは, 与えずに, 手紙を

1 [270件] あたえずいっせいに, あったわけ, あらせじと, あらせず, あらせず八方, あらせず摩脱, あらせず神尾, あらせず赫然, あらばこそ, ありえせん, ありは, ありませんからね, ありませんよそ, ありません其処, ありゃあ, ありゃしねえ道庵, ありゃしますまい, ありやしないよ, あるからでも, あるとな, あるまいが, ある男, あれあし, あれかし, あれば, あろうそこ, いと切, いまはいちめんに, ござらねば, ないいづれ, ないいや, ないうち, ないお, ないきつと, ないくらいに, ないこと, ないしっかり, ないその, ないため, ないところ, ないなに, ないばかりか, ないほどに, ないほどの, ないまだ, ないまま, ないもてなし, ないらしく, ないわい, ないん, ないシック, ない上流貴婦人, ない人品, ない人間, ない効果, ない動作, ない厳重, ない合理的解明, ない喬, ない夏服, ない完璧, ない思ひ, ない悠然たる, ない悪い女, ない慾得一点張り, ない有, ない服装, ない構え, ない気合, ない洗練, ない流行ずくめ, ない深い痍, ない深川羽織衆, ない渾然, ない睨み合い, ない筈, ない緊張, ない緊張味, ない舞踏, ない良人, ない装え, ない踊り, ない逞しい緊張, なう流れ, なかつたといふ, なかつたところ, なかつたなんぞと, なかつたの, なかつたので, なかつたもの, なかつた手製, なかつた筈, なかつた翁, なかりしが, なきごとく, なき伊達男ぶり, なき程, なくあてはまっ, なくあんな, なくいつか苦労, なくうなって, なくお, なくこの世, なくする, なくそれ, なくそれッ, なくつと, なくつとまったの, なくとばかりに, なくなった, なくなって, なくなりが, なくなり落付き, なくぴたりぴたり, なくまた, なくコキ, なくピタリ, なくポックリ, なく一人, なく一座七, なく二重三重, なく何, なく余り手, なく俄然, なく俺, なく働きます, なく充実, なく充實, なく切り込ん, なく十六七時間, なく取囲ん, なく合つた時, なく命一つ, なく外道奴, なく完敗, なく左典, なく廊下, なく弛み, なく彼, なく往來, なく後, なく御方, なく忍びやか, なく息, なく抜いた, なく振舞った, なく新潟芸者, なく板屋八十郎, なく枕許, なく歌劇, なく死ん, なく母, なく満員, なく片手, なく直ちに, なく相棒, なく真赤, なく真黒, なく眼, なく石子牢, なく砕け散る光り, なく立ち働く, なく統一的, なく繹如, なく美和子, なく腕, なく腰, なく草履, なく落着, なく見張り続けた, なく親船, なく詰め寄るの, なく話しかけ, なく逃げ出した, なく連れ, なく連続, なく閉し, なく青黛, なく颯と, なく馬鹿野郎, なく駈け出した, なく魂, なく鼬, なさ, なさそう, なし, なしあはれ刄物一つ手, なしとの, ならないという, ならないとは, ならないので, ならないよう, ならない奴, ならぬ, ならぬ世の中, ならぬ者共, ならねえが, ならねえ奴, ならへんわい, ならんよ, なりませんて, なりゃあしねえ, なりゃしない, なりゃしねえ, なりゃしねえどうも, なりゃしませんのでございますよ, なりゃア, なるお方, ねえだひょいと, ねえなあ, みせず追い遣って, もたなかった, もどかしげ, 与えず, 与えずすぐ, 与えず山吹, 与えず後ろ, 与えず我ら, 与えず若い, 与えないで, 与えなかった, 与へ, 何も, 余裕も, 出来ず一旦, 出来ないなあ, 出来ないの, 出来やあ, 出来んよう, 力も, 勇気も, 夜の目も, 戰鬪を, 有らせず, 有らせず演じる名優, 有らば, 未だ持たない, 洒, 無い, 無いけれど, 無いと, 無いの, 無いので, 無いまま, 無い有様, 無く, 無く二人, 無く天下, 無く組み合っ, 無く電, 無さそう, 無し, 無しに, 生じない, 空に, 與へ, 落ちず待ちつ, 見えざりけり, 見えないため, 見えなかった, 見せない, 見せないの, 見せない方, 見せなくなった, 見出せなかった, 計算される, 赦さぬ注意力, 趣味も, 退け目, 須臾も

▼ 隙~ (446, 13.5%)

18 乗じて 7 私は 4 あかして, 逃げて 3 自分の

2 [15件] そつと, まぎれて, やつた, 乘じ, 仕事を, 刺して, 奴の, 婦の, 座敷の, 弦之, 後ろから, 我は, 手を, 目を, 第二

1 [380件] あなたが, あの娘, あの者たち, あらなくに, あんな細工, あッ, いち早く私, うしろから, うしろへ, おでんの, おとなびたること, お前の, お前は, お十夜, お千代, お咲, お坊, お島, お祖母様, お粂殿, お絹, お絹布, お胸, お袖, お鳥, かくれるとか, きらりと, くそ度胸の, ここから, ここの, ここを, こっそり引出, こっそり忍び込ん, この受話器, この露路, これだけの, これも, さっさと走っ, さっと入口, さっと逃げ, しどけない膝小僧, すいとんか, すぐ連れ, するすると, ずらかったの, ずんずん化粧室, せめて夢, そう云っ, そっと抜け出しました, そと, その割れ目, その木の下, その紳士, それも, たぶん小鳥, ちょこちょこと, ちらと, つかむが, つけこむこと, つけこむの, つけこんでは, つけ入って, つけ込むん, どこぞへ, なった, なった茶, なって, なつた, なりました, なるし, なるといふ, はいだして, はじめて刀, びっくりした, ふと思いつい, ふと男, またここ, また主膳, また見, また走った, もう一度番頭, もう二度と兵庫, もぎ取った, やつはけものの, やられた, ガラスに, サッと理髪室, サッと衝立, サーシャが, ジルベールを, ドンドン駈け出し, バスは, ブリッヂから, プリスタフは, ペルリに, ボーナスの, メエルハイムは, ルパンは, ワクーラは, 一方の, 一郎は, 七福神の, 三太刀三人を, 三藏も, 下女は, 下島との, 丑之助から, 世阿弥の, 両腕, 久慈は, 乗じその, 乗じた, 乗じたの, 乗じた仕事, 乗じながら, 乗じようと, 乗じ一, 乗じ厩, 乗ずる呼吸, 乗ぜられるもの, 乗ぜられるやう, 乗ぜんと, 乗り込んだらと, 乘じた, 乘ずる敵軍の, 二人とも, 二千三四百名ばかり, 二品を, 二臺の, 二階から, 他の, 任せ大政翼賛会, 何か, 何の, 何処か, 何処かへ, 何者かが, 何者が, 例の, 候間覺書いた, 停車場前の, 僅かな, 僕は, 光るお, 入りかよ, 入ること, 入るとき, 入れるん, 入ろうと, 全快した, 兵馬は, 其の生, 其處に, 刺された白鷺, 則重の, 前に, 割り込んで, 千代子は, 千曲を, 又も, 反対の, 反撃を, 取ろうと, 古畳, 叫声は, 右の, 司を, 同じよう, 君は, 君よ, 吾輩は, 周囲の, 味噌汁を, 四ツ目屋や, 四郎左衛門は, 国境まで, 在る水分, 城の, 堂島と, 報告書の, 場を, 外へ, 多量の, 夜中ひそかに, 大航空船メーコン号, 天井裏を, 太く脂切つた手, 女に, 妖冶な, 妾の, 姉妹は, 姿を, 娘の, 娘を, 孫伍長は, 孫兵衛は, 宇治の, 宇治へ, 守刀を, 客が, 宮原君が, 家を, 家内は, 密と, 寢酒の, 小供, 尼は, 山陰山陽を, 岡安は, 岡田は, 左右から, 巨漢は, 市九郎が, 市九郎は, 平げて, 平中は, 平次は, 幸子を, 床脇の, 店と, 弘前から, 弥左衛門一太刀右の, 彼の, 彼は, 彼女は, 彼等が, 後の, 徳太郎の, 忍びの, 志摩が, 急いで, 怪物は, 悪いこと, 悪魔は, 懐中から, 戸外へ, 房さり, 手元に, 手早く火, 手早く置手紙, 手繰り戻した金剛杖, 手裏剣を, 投じ冨貴, 拝しまゐ, 拝んでるが, 拳を, 拾ひ讀み, 持てるだけの, 捕虫網を, 摺り拔, 撃ち込め, 敬二郎の, 文吾は, 新九郎は, 於て, 早くも, 早く半身, 明け放した網扉, 是等の, 暮したる事なき身, 曲った大きな, 曲者は, 朝日きらめき, 杖を, 東京を, 松の, 柔弱者の, 森林の, 植木の, 業を, 横合から, 檻を, 歩み寄る, 死が, 残る一本, 殘る, 殴った方, 段取りを, 池田の, 深雪は, 満洲語, 溢れたるが, 濁水は, 煙草を, 爪で, 爰で, 犯人が, 犯罪が, 独りで, 猛然と刎, 獣の, 男は, 皿の, 盗賊は, 目ざす妓, 直させた, 相違なかっ, 礼拝する, 祐堂和尚の, 祝儀づつみの十や, 秦は, 移って, 突っ込んで, 突つ込みます, 立ち上った, 立ち去ろう, 立ち直った沢村さん, 立川は, 笠神博士は, 素早く花, 素早く部屋, 義哉は, 老婆の, 耳を, 脇差を, 腹を, 自分から, 自分で, 致しました事, 艫は, 艮方に, 苫を, 落ちる星, 落ち延びよう, 著入り祟を, 薪の, 藁家から, 藁庖丁の, 藤岡は, 蝋燭の, 血の, 衣服の, 裏通りを, 西洋を, 覆面を, 見て取つて, 話しに, 誰かに, 講義の, 豚吉と, 財産を, 貴島は, 起き上がって, 起き上って, 趙雲は, 足懸り, 跳り入ら, 轡川は, 辛うじて眼, 近きわたりの, 近所で, 逃げんと, 逃げ出さうとは, 逃げ出さなければ, 逃げ失せて, 這ひ出, 這入って, 部下百余人の, 酒池肉林傾け尽くす, 金剛力を, 銀子は, 長駆大, 間違ひ, 関を, 陽に, 階上へ, 随ひたりし, 難なく打ち倒し, 電人, 電柱を, 飛びかかって, 飛びかかるよう, 飛びこめ, 飛び込んで, 食い込んだの, 首領らしい, 馳せ去りぬ, 駈け抜けて, 鶴雄は, 黄金丸は

▼ 隙~ (437, 13.2%)

50 なかった 31 ない 19 あれば 11 ありません 6 ありませんでした, あると 5 あって, ないの, 出来た 4 あった, あつた, ある, あるの, ないん, なかつた, 出來 3 あったの, あらば, できた, ないこと, ないと, ないよう, なかつたの, 無い, 無かった, 無かつ

2 [24件] あったか, あったから, あったと, あったもの, あったらば, あつたら, ありました, あるかと, あるから, あるはず, あるわけ, あろう, ございません, できて, ないから, ないので, ないほど, なくて, なくなります, なその, 出来て, 出来る, 明いて, 有つた

1 [193件] あいた, あいて, あけて, あったとも, あったなら討つ方, あったので, あったはず, あったら, あったらいくらでも, あったらお, あったらその, あったらなぜもっと, あったらツイ鼻, あったら一度, あったら一散, あったら一斉, あったら他, あったら何, あったら切り込もうと, あったら単, あったら墓参旁, あったら密か, あったら山越え, あったら彼, あったら心, あったら懐, あったら斬り込もうと, あったら日本帝国, あったら樽, あったら殺害ッ, あったら眼, あったら自分, あったら落胆, あったら躍り込み主税, あったら近々, あったら銭, あったら飛び込もう, あったら飛び込もうとして, あったん, あっても, あつたらとび下り, あつたら逃げよう, あらあ, あらいとて, あらうとは, あらうとも, ありさえ, ありすぎた, ありませぬ, ありませんから, ありませんで, ありませんもの, ありゃ三本, ありや, ありシックリ, あり過ぎた, あること, あるだろう, あるだろうね, あるもん, あるゆえ, あるよう, あるん, ある故, あろうと, あろうとは, あろうとも, おあり, きそう, ございませんそうこう, ございませんで, ございませんの, ござりませぬ, ちょっとでも, できその, できたから, できたとかいう, できたなら其の, できたの, できること, できるだろう, できるだろうそれ, できると, とれて, ないかの, ないし, ないそして, ないでしょう, ないなら, ないのよ, ないはず, ないばかり, ないほどに, ないもの, ない一字, ない上, ない如く, ない皮, ない身構え, ない間, ない頼まれ, なお小夜さん, なお竹, なかったら, なかったらしい, なかつたから, なかつたと, なかつたよ, なかつたんで, なかなかありませんでした, なくこれ, なくざあつと, なくしかも, なくつて, なくとうとう, なくなつ, なくなるの, なくッ, なく余勢, なく生きる, なく竜, なく素晴らしい手練, なく鞘ごと, なけあ, な口説き, な外, な拔, な文三郎, な爪, な玩弄物, な種々, な藻西太郎, な追究, な逢引, まだ秀吉, みつかるや, もうない, もどかしいよう, わかる, クリストフに, 仄白く, 入る, 出来たそれ, 出来たって, 出来たと, 出来たの, 出来たので, 出来たら読んで, 出来たり, 出来まかり違えば, 出来るそこ, 取れて, 四五寸ほど, 多いと, 多すぎる, 大きくな, 少いなら, 少いの, 惜しいくらい, 明るくなった, 明るくなつた, 有ったから, 有ったら藪, 有ったら逃げようか, 有れば, 来そう, 無いこと, 無いじゃ, 無いと, 無いとか, 無いとは, 無いの, 無い位, 無く客, 無さそう, 生じて, 生じるの, 生活の, 白くなった, 白んで, 自分の, 要りお金, 見えたか, 見えます, 見えると, 見つからないだろう, 見つからなかった, 見つかりましたら御, 見出せたなら囲, 見出せないこと, 見出せなかった, 金港堂の, 鳶に

▼ 隙から~ (209, 6.3%)

4 中を, 射して, 覗いて 3 見て 2 そつと, スルリと, 主客の, 出て, 月光が, 洩れて, 見える限り, 鋸を, 陸の, 顔を

1 [174件] いちめんに, いるかなと, お前さんたちの, お北, かがやく眼膜, かすかな呻き, こわらしい眼, さしこんで, さっき茶を, しばらく覗い, すかして, そっとさし, そっと中, そっと覗い, そっと覗く, その手, その黄昏, そッと, ちょっと窺った, どっと吹き込ん, ながめながら, なよなよと, のぞきこんで, はいれるもの, ほうり込んで, まだ灯影, みな首を, もう吹込み, もくもく入り込ん, キミ子の, キラキラと, スッと, ポタポタと, 一目お, 下を, 中の, 何物が, 僅かに, 光が, 入って, 内の, 内部に, 内陣の, 出し膝行, 出た, 出たという, 半身を, 卑弥呼の, 吹き出す白い, 吹き込む夜風, 垂れて, 型ばかりに, 塚の, 外の, 外へ, 外を, 多與里, 女の, 子供の, 家の, 射し落ちて, 射るよう, 市の, 帽子の, 幽かに, 庭の, 庭へ, 庵室めいた荒れた, 弦之, 弱い燈火, 微かな, 微に, 忍びやかに, 戸外の, 戸外を, 手招きし, 手燭を, 掛声も, 斜に, 斜めに, 斯んな, 日が, 日の, 明かりの, 明けの, 明らかな, 明りが, 春の, 時々白く, 月の, 木の葉の, 板目の, 栞の, 椽の, 楽手たちの, 機械の, 次の間の, 歌声の, 洩るるを, 浅黒い坊主頭, 消えて, 滲み込んだ泥水, 漆の, 漸くこれ, 濛々たる, 火の, 火光が, 火焔の, 煤んだ, 燈火が, 燈火の, 特殊な, 猫女の, 現れた卑弥呼, 現われた, 現われた白い, 眺めて, 眼球を, 睨めて, 砲先を, 破風型の, 私たちは, 私らの, 空を, 空虚な, 窃と, 窓を, 窺いた, 窺いて, 窺うと, 窺って, 糸の, 紅玉を, 納戸の, 紡車に, 紫陽花色の, 繰り出して, 能登守は, 茶室の, 茶室めいた, 蔦が, 薄赤い, 蜥蝪が, 表を, 裏庭へ, 裾に, 見えて, 見える, 見える後, 見える黒い, 見られた, 見ると, 覗いたもの, 覗き見させながら, 覗き込む, 覗くと, 覗く星ども, 路傍に, 身体を, 軒先の, 転び落ち, 這ひ出した, 通りが, 遠い空中, 鋭く雪, 隙の, 障子の, 隣の, 雷が, 電が, 風が, 飛び込んだ雀, 駈け入る馬, 黒い水

▼ 隙~ (113, 3.4%)

5 ないよう 3 ないうち 2 あるの, ないこと, ないところ, ないの, ないもの, ない人間, ない洗練, ない男, 出来たところ, 水道を

1 [85件] あいてから, あったこと, あったところ, あらわれて, あるごと, あるよう, ある削岩壁, ある動作, ある日, ある時, ある様, ある機会, ある袷, ある規定, ある証拠, ある限り, ごとく見せかけて, つくり, できたの, ないお, ないお尋ね, ないきびしさ, ないこの, ないのに, ないほど, ないまとまった, ないやう, ないスマート, ない一人, ない会話, ない体構え, ない傲慢さ, ない兄上, ない名, ない名人, ない商人風, ない声, ない大, ない形, ない心構, ない態度, ない態度風采, ない手配り, ない旅支度, ない昨夜, ない構え, ない様, ない樣, ない物腰, ない生活, ない目, ない眼, ない粋, ない精力的, ない者, ない身構え, ない身装, ない軍装, ない顔, ない風采, ようだ, ように, 乾いた粘土, 出来よう筈は, 取れたるにぞ, 向こう側に, 向こう側を, 壁に, 多い土質, 多さ, 尋ぬべき, 少い文章, 方へ, 時何処か, 時間を, 最も大きい, 来るの, 無きに, 見えないまま, 見えること, 見える性質, 謎を, 閑寂な, 隅々に, 際に

▼ 隙~ (87, 2.6%)

23 をし 11 をした 7 をする 4 を禦いだ 2 をいたした

1 [40件] から計らず, ができる, がもと, くらゐ, される, だけでもこういう, ではあった, で知りました, で羽目, というもの, という武器, といっ, などし, にかんづいた, に来た, に激情, のトム, の一件, の人, の病気, の罪, の道具立て, は何, ばかりし, ほどおもしろい, をいたしました, をいたす, をさせ, をさせました, をしたらしい, をす, をせね, をやめない, を続けた, を致し, を遂げた, を防いだ, 男に, 男の, 鰻なりに

▼ 隙~ (81, 2.5%)

10 ない 8 なかった 4 あつた, なかつた筈 3 なかつた 2 あるまじ道, ないか, ないの, ない筈

1 [44件] あった, あったが, あっても, あの時, ありますよ, ありませんでした, ある, あるし, いくらも, これ以外には, ございませんが, ございませんでした, しばしのみ, たっぷりあらあ, ないが, ないぞ, ないと, ないはず, ないもの, ないやう, ないよ, ないん, なかつたと, ねえもの, ほとんどなかっ, 一度も, 一瞬間も, 万が一にも, 与えなかった, 充分に, 全然なかつた, 十分あるだろう, 堀大主, 多かった, 多かつ, 常にある, 決して見せず, 消えて, 無いの, 無く二人, 無數, 義雄自身には, 見せられねえ, 誘いだ

▼ 隙だらけ~ (46, 1.4%)

3 であった 2 だった, である, になっ, になつ, の気持

1 [33件] だ, だし, だと, だ当り前, であるかの, でございますよ, です, でそこ, でだまっ, で柔らかく, で隙だらけ, といふ気, と思っ, な, なそして, なん, な事, になった, にはなりますまい, に見えた, のところ, のぼんやり者, のよう, の入口, の凡くら相手, の壁, の姿勢, の容器, の店員, の新九郎, の木, の特徴, の発表

▼ 隙さえ~ (43, 1.3%)

28 あれば 2 なかった

1 [13件] あったならその, あらばと, ありゃあ, ないという, なく日置流, なく欄, 与えられなかった一同, 惜しんで, 見えなかった, 見れば, 見出すこと, 見出せば, 見出せるならあべこべ

▼ 隙~ (37, 1.1%)

30 して 1 されたその, された庇, されて, し, したところ, しても, なかった

▼ 隙~ (36, 1.1%)

12 間から 3 を見, 間が

1 [18件] から夕空, から洩れ, から脹れた, を見すまし, 次第出掛けるだろう, 見を, 間からも, 間なく, 間などに, 間には, 間の, 間まで, 間も, 間もなく押し重なっ, 間もなく積み重ねられた, 間もなく見物, 間や, 間を

▼ 隙見し~ (31, 0.9%)

9 ている 7 ていた 2 てみる

1 [13件] たりした, たり夜間樹, ておられた, て中, て了, て何, て居ります, て怖, て放, て来た, て無限, て行く, て見る

▼ 隙~ (27, 0.8%)

3 のだ, 時には

1 [21件] からむとす, のも, のよ小父さま, のを, んだろう, んでしょう, んです, 人間の, 医師と, 折に, 日だった, 時あたしの, 時にさ, 時わたしの, 時間が, 時間にだけ, 時間には, 晩に, 者とは, 青年連中が, 頭脳は

▼ 隙なく~ (27, 0.8%)

1 [27件] お俊, させて, しっかり板, まったく立ち往生, まま微, 並び臥す, 伏まろび候ひし, 働くべきだと, 取り詰めて, 君を, 塗りつぶされて, 宮中に, 建て続い, 引きずられこづき廻わ, 懸れる次, 止めに, 燃焼し, 線路を, 若年寄小笠原左近将監の, 蒼空から, 袖を, 襲撃に, 賑は, 間なく, 附絡い, 降り続いたため, 馴れて

▼ 隙がな~ (22, 0.7%)

2 私を

1 [20件] かの女, ここから, 仰ぎ視て, 何故父, 北上川の, 叩いた方, 向不見, 尺八を, 引っぱり出しに, 弛まなかった, 忘れたこと, 掻き口説いた, 牝の, 私たちに, 私の, 紙片に, 綺麗な, 那須宮城などの, 隠宅を, 隱宅を

▼ 隙より~ (22, 0.7%)

2 真白く細き手

1 [20件] これを, ソッと, 今や見る, 僅に, 入るとき, 内を, 刺すと, 山の, 差覗け, 床下の, 搾りいださ, 絶えず新しく, 続きけり, 美しき目, 見おろせば, 見給, 覗く, 露はせる, 鬼瓦の, 黒金に

▼ 隙~ (19, 0.6%)

4 ていた, て見える 2 てゐる 1 ている, てしまう, てゐた, て來, て光っ, て外, て居た, て居ります, て来た

▼ 隙~ (18, 0.5%)

12 へあれ 1 へあつ, へある, へない, へなかつた, へも見出せなかつた, へ穏

▼ 隙でも~ (13, 0.4%)

1 [13件] あらば, ありますまい, あるといふ, あろうもの, ないかと, 与えれば, 何んで, 剣眼に, 斯う, 窺うの, 窺うよう, 窺ふ, 見つけます

▼ 隙あら~ (11, 0.3%)

1 [11件] はなる, ばここ, ばこそ見物, ばたちまち, ばと狙っ, ばと記代子, ば打っ, ば斬りつけん, ば父, ば荊州, ば返り討ち

▼ 隙~ (11, 0.3%)

1 [11件] からあの, からいつ, からちつ, からとてやはり, から歩行, し信心, し昨日, し普通, し秋子, といっ, と見たら

▼ 隙洩る~ (11, 0.3%)

2 風の 1 光差入る, 光線で, 戸を, 暁の, 曙の, 火影も, 燈火に, 雪風に, 風は

▼ 隙見した~ (11, 0.3%)

1 [11件] ことの, ことも, ことを, そうだ, のだった, のであった, 場所を, 時から, 時と, 継子と, 継母は

▼ 隙なき~ (10, 0.3%)

1 たたか, に乱れ, までにこれ, 吐息に, 構え立ち上がる, 牛車, 状に, 群を, 藤浪の, 道の

▼ 隙かさず~ (9, 0.3%)

1 に, ふた太刀, 俊斎様が, 口を, 哀訴を, 指紋を, 立上っ, 逆手, 露柴の

▼ 隙などは~ (9, 0.3%)

1 なかった, なかつた, なかつた筈, ザラに, 与えも, 決して得られぬ, 無いあの, 無い筈, 無かった

▼ 隙には~ (9, 0.3%)

1 お取次, なる融通, わが家の, 一株の, 爺いさん, 絶えず底, 裏庭の, 語学を, 金魚屋が

▼ 隙~ (8, 0.2%)

2 鳥の 1 保元, 入つた, 奇妙な, 打込むの, 腰を, 陳大夫の

▼ 隙~ (8, 0.2%)

2 猶予が 1 土壌の, 屋根の, 得つる, 戸障子の, 葦簾を, 退屈それを

▼ 隙~ (8, 0.2%)

3 に画布 2 の中 1 にあるいは, に挿入, に正しく

▼ 隙さず~ (7, 0.2%)

1 この不気味, トーストパンの, 一本切込む, 三發まで, 文は, 突て, 門を

▼ 隙つぶし~ (7, 0.2%)

1 といふ外, に来る, に正夫, に漢学, に自動電話, に踊り子, の爲め

▼ 隙見する~ (7, 0.2%)

2 ことが 1 ことも, とをろちの姿, ような, 事に, 習いであった

▼ 隙あり~ (6, 0.2%)

1 て一, とても山, とみえし, と見た, 油断あり, 遷が

▼ 隙~ (6, 0.2%)

1 その千浪, ぶらぶらし, ダンスを, 出來, 笑った, 退屈してる

▼ 隙~ (6, 0.2%)

1 いい得なければ, いっちゃあ, いわなければ, なる, なるから, 云ふ

▼ 隙なんか~ (6, 0.2%)

3 ありやしません 1 あるわけ, ないん, 無かつ

▼ 隙漏る~ (6, 0.2%)

2 風に 1 光に, 冬の, 寒い川風, 燈火さえ

▼ 隙ある~ (5, 0.2%)

1 ごとに, や更に, を見る, 時は, 處打ち

▼ 隙からでも~ (5, 0.2%)

2 投れる 1 まぎれ込んだの, 入りこんで, 小判が

▼ 隙という~ (5, 0.2%)

2 ものが 1 ことは, のは, ものは

▼ 隙にも~ (5, 0.2%)

1 クワツと, 射す, 方様は, 糯米の, 細心を

▼ 隙~ (5, 0.2%)

1 からさしこむ, から陽, から雪, もない, を作った

▼ 隙いた~ (4, 0.1%)

1 のとで, 口に, 窓掛の, 頃を

▼ 隙からど~ (4, 0.1%)

4 つと吹き込ん

▼ 隙からも~ (4, 0.1%)

2 この種 1 抜けなかった, 霧の

▼ 隙~ (4, 0.1%)

1 てうち, て爽, て見る, て離座敷

▼ 隙なし~ (4, 0.1%)

1 と母, に凡そ二夜三日, の攻城法, 暫くあ

▼ 隙もる~ (4, 0.1%)

1 夜風に, 風が, 風の, 風も

▼ 隙をも~ (4, 0.1%)

1 うかがって, 利用しよう, 容れぬ理屈, 趣味をも

▼ 隙無き~ (4, 0.1%)

3 様に 1 に止まらず

▼ 隙あれ~ (3, 0.1%)

1 かしと, ばこ, ば直に

▼ 隙すら~ (3, 0.1%)

2 なかった 1 ないほど

▼ 隙だに~ (3, 0.1%)

2 あらむにはいかでかここにとどまるべき 1 あらば

▼ 隙です~ (3, 0.1%)

2 から 1 からそこ

▼ 隙では~ (3, 0.1%)

1 あったが, ない, 無い

▼ 隙~ (3, 0.1%)

1 があろう, に御, の道楽仕事

▼ 隙~ (3, 0.1%)

3 をした

▼ 隙無く~ (3, 0.1%)

1 叶って, 平安は, 目を

▼ 隙あかり~ (2, 0.1%)

2 つつ菜

▼ 隙からは~ (2, 0.1%)

1 容易には, 青草が

▼ 隙きま~ (2, 0.1%)

1 からうかがう, からそっと

▼ 隙こそ~ (2, 0.1%)

1 あれや, 毒婦の

▼ 隙そう~ (2, 0.1%)

1 だ, な若者ども

▼ 隙だった~ (2, 0.1%)

1 からこそ成功, ことな

▼ 隙だったら~ (2, 0.1%)

1 すぐに, 一寸お目にかかりたい

▼ 隙といふ~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものの

▼ 隙とか~ (2, 0.1%)

1 そういう狭い, 距離とか

▼ 隙なんかは~ (2, 0.1%)

1 ありません, 同情し

▼ 隙を通して~ (2, 0.1%)

1 幾筋と, 斜に

▼ 隙~ (2, 0.1%)

1 狙ッテ出タ積リダッタガワタクシモオ供イタシマスト看護婦ガ見, 鑽チ通透セザル無

▼ 隙吹き吹きた~ (2, 0.1%)

2 まる雪片

▼ 隙潰し~ (2, 0.1%)

1 をした, をしない

▼ 隙行く~ (2, 0.1%)

1 駒に, 駒の

▼ 隙見させ~ (2, 0.1%)

1 てくれ, て貰っ

▼ 隙見しよう~ (2, 0.1%)

1 とした, とするらし

▼1* [94件]

潰さした埋め合わせ, 隙あらんとは, 隙ありしと雖, 隙あるべき此處に, 隙あるべしと答, 隙かさず呼びて笑顏, 隙かさず迷うという意味, 隙かさず追い逃げおくれた, 隙かしつくづくと, 隙かすとピタリ, 隙かせて主人, 隙かせると春, 隙きけん座敷に, 隙きし事なれば, 隙きのない堂々, 隙きりありません, 隙き見するように, 隙けて見える朝, 隙ざえで爺どのもむ, 隙しまでしたの, 隙じゃと知りながらも, 隙すきて物, 隙それがよい, 隙だけを狙って, 隙だったら呼んでき, 隙だって狙ったん, 隙だらけ油断だらけの分際, 隙だれて仕, 隙ってものを, 隙づいえ失礼しました, 隙とによって満すこと, 隙とはこれどう, 隙とも言いたいほどの, 隙とを要するので, 隙つて僕の, 隙どころか件の, 隙どったではない, 隙ないし逃げた, 隙なお饒舌娘から, 隙なかりしかば随, 隙などどこにも, 隙などがあるわけ, 隙などもあったの, 隙ならば御, 隙なんぞはありゃしませんそれで, 隙にか冬至が, 隙にしも人滅ぶ, 隙にという僥倖も, 隙にとばかり内側から, 隙にねすこし西, 隙ばかりが出来るの, 隙ばかりを狙って, 隙ふさげの土用干, 隙へさえ斬込まなかった, 隙また飛びかかる白狼, 隙または峻坂なき, 隙まで邪魔された, 隙もねえッて, 隙もれた裏屋根の, 隙もろうて去ぬ, 隙ゆく月日に, 隙よりは光も, 隙をさえ与えぬつもり, 隙をや見出しけん, 隙を以て其愛児を, 隙自分の, 隙モナクドーアガ開イテ彼女等ガ這入ッテ, 隙モナク簡単ニ予ハ押シ倒サレテ芝生ニ仰向, 隙一ツない槍ブスマ, 隙へけり, 隙与えんように, 隙低い風流な, 隙の死, 隙半兵衛は, 隙多かる板屋残りなく, 隙多き胸に, 隙にその, 隙百城は左手, 隙へ小柄, 隙稼ぎに鑑札, 隙へとズー, 隙を穿つ, 隙へけり, 隙から洩れ, 隙見える沿道, 隙見されたかと思う, 隙見したる眼の, 隙見してやろうと考えました, 隙見せられた美濃, 隙見せんと為, 隙見だから私, 隙見ではじめて知る, 隙見と買喰ひ, 隙間もなく覆い尽されて