青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「随~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

隅~ 隆~ 隊~ 隊長~ 階~ 階下~ ~階段 階段~ ~階級 階級~
随~
~随分 随分~ ~隔て 隔て~ ~隙 隙~ ~隙間 隙間~ ~際 際~

「随~」 1674, 18ppm, 6323位

▼ 随って~ (508, 30.3%)

6 彼の 5 彼は 4 私の, 種々の 3 行った, 雪の

2 [16件] いた, これに, そこに, その男, それが, それは, 一つの, 作品の, 出て, 多様の, 妾の, 巌穴に, 廣介の, 彼らは, 気象も, 眼は

1 [451件] あの, あの恐し, あらゆる祭, あれを, いくと, いた豊後守, いつの間にか主峰, いよいよハッキリと, いるの, いる十人, いろんな母親, いわゆる, おれの, お互, かかる, きて, くっきりと, ここの, このよう, この大商船隊, この岩, この急がしい, この新, この日, この欄内, この点, この病気, これを, こんなこと, ごく親しい, さすがに, すなわち百味, そういう川, そういう概念, そのおぼろげ, そのもっとも, その一つ一つ, その主筆, その人, その作品, その出来る, その危険, その反覆使用, その声, その奇怪, その女, その家柄, その態度, その手腕, その描写, その改良, その教室, その治世, その無力さ, それぞれ幟の, それに, だんだんマルセーユ, ついて, とうとうあなた, どうしてもその, どうも何となく不安, はっきりし, はるばる天竺, ふるえた, ほのかに, ぼんやりと, ますますカストリ, ますます深く, ますます濃く, またさほど, またそれ, また何事, また宮廷, また家伝, また小鳥, また愛し, また或, また浮出し, また短歌四千百七十三首, また身体, まったくこういう, まわって, めざましく技倆, ゆくこと, よい加減, ウィリアム, オースチン夫妻は, シベリヤから, シャーロック, シンガポールに, ゾロゾロ這い出し, テーブルの, ハラハラと, ボーシュレーも, ポールや, ヨーロッパの, ロンドンに, 一度び議論と, 一度地上へ, 一番よく, 一秒また, 丈が, 三階は, 上ると, 下る舟, 世界に, 世間で, 両崖, 中等の, 主任の, 乗るの, 事件の, 二重に, 京都に, 人工雪の, 今でも, 今の, 今までの, 仕事に, 他から, 他の, 他を, 他人の, 以前とは, 会えば, 何か, 何とも, 何よりも, 余程深い, 作品中の, 作家は, 佳句を, 供給し, 信一の, 個人としての, 傘下の, 働いて, 僕が, 僕は, 公然と, 其の死因, 其の顔, 其他の, 其手下に, 其時だけの, 冬子にも, 冴えて, 処刑に, 処理し, 出た, 出でし, 出来ましたもの, 切って, 初袷, 制した戒律, 前に, 前方へ, 前記の, 前進し, 労働問題など, 労力の, 動揺また, 卓子の, 単一階級の, 厳格に, 去った, 又忽ちに, 反対に, 右手には, 各種の, 吉村氏への, 名利に対する, 名残惜しくも, 和名漢名なども, 咲き連って, 商売上武家と, 四方太氏の, 国内戸籍も, 国籍も, 土佐出身の, 土着の, 堤を, 外形も, 多くなった, 夜の, 大小の, 大広間を, 天に, 女の, 妻の, 委しい事情, 子供の, 字面を, 存した, 存外好い, 宗鑑に, 宝を, 実際の, 実際は, 客は, 宮中の, 家長は, 富士の, 対象の, 尊王論の, 小児にまでも, 少しずつ, 少年にとっては, 少年時代から, 尺も, 尾などは, 居る事, 屋根裏も, 山へ, 岩見国吉永, 巨大な, 平凡で, 幾らか安らか, 序で, 度々問題, 庭の, 弁じ大富, 弘前に, 当時の, 影の, 役所の, 彼と, 彼も, 彼女たちの, 彼女と, 彼女に, 彼女の, 彼女は, 彼等が, 彼等の, 彼等は, 彼自身は, 往き南海, 往った, 従来の, 循環論に, 心情の, 心配は, 必ず反芻的, 思想上に, 急に, 恋々と, 恋する者自身, 悄然見送り, 悔除する, 情況が, 感じに, 我も, 我慢し, 我輩の, 或いは歩み, 或は精神病, 戯曲の, 手を, 手洗い所が, 手間どらず何, 批し, 指導的啓蒙的役割を, 掌と, 支那の, 文句や, 文学を, 新しい人物性格, 新に, 旅人の, 既に発表, 日本が, 日本文化は, 早朝から, 明るく陰影, 時間は, 書きとらせた, 月給を, 有意義に, 朝見し, 未来は, 本家の, 杉箸の, 来たが, 来たのに, 来た蒲生源左衛門, 来るとか, 東側に, 松山殺しの, 枯, 根も, 桃の, 桑畑も, 梢は, 梶も, 棚びき流れて, 椿岳の, 槌を, 様々の, 樺太の, 次第, 次第に酒毒, 欧洲アルプスなどで, 此の, 此度は, 歩いた, 歩いたり, 歩き出しました, 歴史的の, 死ぬの, 死者の, 殊に, 段々安心, 段々横着, 殺されるの, 毛が, 気分も, 気品は, 気楽である, 水の, 江戸に, 江戸を, 池の, 河岸に, 沸騰し, 波を, 洋学修業の, 津軽に, 浪人の, 浪費癖は, 海岸を, 消えて, 消て, 深くなった, 混雑極まる, 渡米コロムビア大学に, 温泉に, 焼け残り, 煙突を, 物の, 物価は, 球を, 生ずる所, 甲には, 画けば, 異なると共に, 発達する, 皆な, 相互に, 相場を, 真正面の, 眼の, 眼界は, 睡い時, 矢代の, 矢代は, 矢代も, 矢張り女房と, 短い時間, 石膏の, 社員は, 神託とか, 禽獣草木には, 私は, 私も, 窮乏すれ, 精読し, 紅塵も, 絵の, 考えも, 考現学の, 聊復爾りだ, 肇に, 脇差抜い, 腫れ減ず, 腹が, 腹に, 自ら善悪の, 自分の, 自分も, 自然に, 自由主義の, 自身の, 興味なき, 色を, 芸術についても, 若い婦人, 茲を, 茶などを, 蔵に, 薬も, 蛙は, 蝙蝠岳は, 行き園中, 行くと, 行ったが, 行動した, 行動しなけれ, 街の, 表情も, 裁判所内に, 親愛の, 親父を, 角板の, 言葉も, 読む, 読者に, 誰にも, 議会政治の, 費用は, 賃銀も, 賛を, 走りだした, 起るかと, 車は, 軍功あり, 転移す, 農家も, 近頃の, 這般の, 通親・通具父子が, 遠慮を, 重慶政府と, 金から, 金地の, 金銀吹換に, 銀座方面へ, 長い花びら, 長崎から, 長崎へ, 闇はしりえ, 降れば, 降臨された, 陽の, 階段の, 雄鶏また, 集め蓄えしめたら, 雨が, 雪に関する, 雪害が, 青山の, 非常に, 頁を, 順一は, 飛騨と, 飽くまで科学的, 餅には, 骨格が, 鮎が, 鳴く夜, 麦焦しの

▼ 随~ (417, 24.9%)

36 て来た 27 て行った 22 て行く 19 て往 14 て来る 12 て来 10 て行 8 て行っ 6 てゆく 5 てきた 4 て参りました, て行きました 3 ていた, てくる, て来い

2 [27件] ている, ておとなしく, てく, てこの, てそこ, てその, てはいった, て上った, て入, て内, て出た, て室, て廊下, て廻る, て戸外, て昨日, て格子戸, て歩いた, て狭い, て玄関, て私, て行かれる, て行き, て行つて, て這入った, て金造, て高瀬

1 [187件] いよいよますます大, この木, この風, この黄風島, しばらく歓楽, その階調, それでも雁, だんだんと, て, てあの, ていく, ていました, ていますれ, ていらつ, てお, てき, てこい, てこなかったら, てすぐ, てそういう, てたかけれ, てっ, てでは, てとぼ, てどこ, てなら, てはいっ, てまた, てゐた, て一室, て一緒, て上っ, て上り, て上京, て主要, て二階, て人通り, て今度, て会堂, て兄さん, て入っ, て六七里, て六階, て出, て参った, て参ります, て同じ, て和田峠, て回転, て学校, て小, て小倉, て少年, て居なけれ, て廻っ, て廻った, て弟, て後, て御幸, て復, て怕, て急いだ, て来さす, て来なかった, て来なせ, て来まし, て来ました, て来ません, て来られる, て来るなら往こう, て東京, て校長, て根岸, て歩い, て歩いてる, て歩かね, て歩き, て歩く, て歩行, て法福寺, て物, て瑤池, て田野, て町, て病室, て病院通い, て真言宗, て祭礼, て秦, て笑った, て細い, て継子, て脅迫押込家尻切, て苦労, て茶屋遊び, て蒙, て蛙, て行かう, て行かぬ, て行きかけた, て行きたい, て行くべきで, て行けず, て行ける, て行つた瑠璃子, て表, て裏庭, て観音様, て許宣, て谷, て豊世, て贔顧, て走った, て走ってる, て足拍子, て軈て, て車, て送っ, て遠い, て階子段, て雪, て食堂, て馬籠, ながら我, ぼろぼろに, も早, ろくろ首の, コック場へ, ドンドンド, ナオミは, フランの, 一度は, 両人共に, 乳搾られ, 事に, 二人は, 人により, 人の, 人は, 人より, 今日ばかりは, 他に, 何だか勇, 俗に, 僕は, 分業の, 器械的に, 塚に, 大田に, 大臣を, 官民一体と, 家に, 寡い, 山の, 左大臣の, 敵馬の足筋を, 料亭を, 日を, 梶と, 棺を, 横を, 次にまた, 次第に愛想, 次第次第に, 水蒸気を, 海岸の, 無用の, 熊野に, 物価騰貴し, 独りまた, 王使は, 皆穴, 益々智慧, 睦じかった, 矢代は, 知人の, 私の, 竹林の, 結婚しなけれ, 薄霧, 虎が, 貧に, 遊興税から, 遠慮も, 頭の, 食事場だけとは, 黒毛を

▼ 随~ (49, 2.9%)

2 人に

1 [47件] はやてか, また親友, ゆくの, より強き, 七七日月忌年忌に, 世の中に, 他の, 其人物に対する, 其迹を, 勢い賃金, 又一方, 又種々, 同じからず, 営養分にも, 器械材料の, 執政者の, 多きのみ, 夢を, 奢ること勿, 婦人の, 小説家即ち, 帰宅の, 当新聞, 役人等も, 彼れ, 政界総体の, 来い, 来たまえ, 案外にも, 歓楽あり, 消化力減少し, 満足なる, 狭い田舎, 結婚の, 自ら径庭ある, 自分の, 行きでも, 行く様, 行た, 行ったもの, 西郷内相を, 言葉の, 記る, 誤聞謬伝も, 調査の, 請僧誦仏経, 趣を

▼ 随つて~ (45, 2.7%)

2 居る

1 [43件] ある人物, おいよさん, かへつて私, さうし, その外部, その奇怪, それだけ融通, そんなもの, はつ, は真, よかつ, よろしく御, ゐた, 一層その, 下す者, 入る, 其の人民, 其の在, 其の訳本, 出た, 動く様, 去る, 古い事, 学び後, 年中変らぬ, 成れば, 旧自由党, 最北, 来た侍女, 極めて複雑, 次第に危険, 正整, 歩いた, 歩くの, 漸く切になつ, 生きる為, 益々径, 納めも, 自から, 行くのみ, 軽くなる, 追ひ, 飛ぶの

▼ 随~ (40, 2.4%)

5 の良, の長兵衛 4 の和尚 2 の境内, へ参り

1 [22件] と, にて主人, のあたり, のコーチ礼, の住持, の僧, の墓場, の墓場此方, の崖, の崖縁, の後, の方, の玄関, の良石和尚, の身内, の門, へおくり, へやって来る, へ参詣, へ葬っ, へ行っ, を通り抜けよう

▼ 随~ (35, 2.1%)

1 [35件] その居宅, て, てあはれ世, てこそ, てペエテルブルク, て一室, て互, て倶, て凡夫, て去り, て天皇, て媚, て帰東, て教, て来べき, て物, て行, て貞信, なほ一般に, 人により, 他に, 其の位置, 其の目的, 其物に, 妻の, 或は童児, 更に一層甚だしく, 此傾向は, 漸く其間蹙まり, 用ひ, 礼を, 結婚し, 諸人筋力を, 身体が, 道徳の

▼ 随~ (33, 2.0%)

3 ていた

1 [30件] ていった, てお, てずい, てただちに, て一わたり, て一足, て今日, て囘龍, て壊れた, て帝王, て直ちに, て笏, て行った, て静か, ながらなに, ながらのっしのっし, ながらふたり, ながらゆらりゆらりと, ながら悠揚, ながら悠然, ながら胸, ながら長い, ながら黙っ, ばよい, ば人間, ば少なくとも, ば最も, 交易にて, 叶えと, 新任第

▼ 随~ (28, 1.7%)

1 [28件] がよう, ことである, こと忠犬の, てくれる, てこだはらない, てまた, て又, て彼山, というよう, というわけ, とは非, と概論, の外, ものとか, ものな, よりほか, よりほか仕方, 事が, 二つの, 二機も, 兵五十余人と, 壮佼は, 安けさ, 安静と, 小間使だ, 影に, 見物の, 面々は

▼ 随院長兵衛~ (17, 1.0%)

2 が水野

1 [15件] じゃ酒, だか, と権八, などより危険性, に対照, のごとき, のたぐい, のよう, の三百回忌, の二代目, の劇, の死, の誕生地, の頃, の風呂場

▼ 随聞記~ (15, 0.9%)

5 第二 3 第一, 第四 2 第三, 第五

▼ 随うて~ (14, 0.8%)

1 [14件] 仮りに, 動きやまぬごとく, 喉に, 大樹が, 天分を, 往々宗教, 村へ, 此の, 漢語, 片端より, 発達した, 眼前を, 群を, 隠れ岩には

▼ 随へて~ (13, 0.8%)

1 [13件] あとから, しづ, ゐたほど, 戻つて, 来た, 来る神来臨, 歩み寄る, 殿内を, 池田屋へ, 潜入直ちに, 琉球に, 登場, 百万金も

▼ 随えて~ (11, 0.7%)

1 [11件] おいでに, その中, 出て, 厳然と, 帰る途上, 改札口を, 斉の, 智馬を, 東上する, 臨検した, 道路を

▼ 随~ (9, 0.5%)

1 やうな, 事を, 千万里, 又和漢, 昂然たる, 游魚の, 神判を, 部分は, 風情あり

▼ 随一人~ (8, 0.5%)

1 だ, であった, であります, といわれた, として三十七万石, に相違, の名剣客, を谷崎潤一郎氏

▼ 随~ (7, 0.4%)

1 て丸々, て僻み, て出ん, て大層, て此神経過敏, て父, て物

▼ 随~ (7, 0.4%)

6 寺の 1 寺という

▼ 随~ (7, 0.4%)

1 がつづきました, たるべき者, となす, どもこ, に加, の御撰定, 悉く討死

▼ 随心院~ (7, 0.4%)

2 へまた, へ参り, へ奥方様 1 といふ寺

▼ 随~ (6, 0.4%)

1 ざることあらざれ, た瀬田, り, 仄かなる, 手抄杜韓蘇古詩三巻詩韻含英一部と, 江戸市中を

▼ 随~ (6, 0.4%)

1 にすすめた, の中, の姓名, の礼, は, を睥睨

▼ 随った~ (5, 0.3%)

1 が懐疑そのもの, わけである, 二人の, 弟子達も, 文章という

▼ 随~ (4, 0.2%)

1 え次, つてやかましく, つて唯だ, ひ人

▼ 随つて江戸~ (4, 0.2%)

1 に向, に著い, を発し, を発する

▼ 随~ (4, 0.2%)

1 ましますという, 忘れて, 相扶, 苦にも

▼ 随~ (4, 0.2%)

1 ような, 世渡りこそ, 使いだ, 療養生活を

▼ 随~ (4, 0.2%)

1 ざるため, なかつた, ぬの, ぬを

▼ 随~ (4, 0.2%)

1 が, がそれ, は後, も少し

▼ 随いま~ (3, 0.2%)

1 つらん, つらんと, つり不生

▼ 随い行き~ (3, 0.2%)

1 その土, ついに道, 諸僧騒動

▼ 随うた~ (3, 0.2%)

1 が, 如く亦, 如く尊い

▼ 随えた~ (3, 0.2%)

1 一見剣客, 猟人から, 老職

▼ 随おうと~ (3, 0.2%)

1 して, する彼女, する心

▼ 随~ (3, 0.2%)

2 のだ 1 赭丹は

▼ 随~ (3, 0.2%)

1 て忽ち, て残忍, て現

▼ 随つて彼~ (3, 0.2%)

1 の, のなか, は次第に

▼ 随~ (3, 0.2%)

1 いる流れ木, さア, 行ぐごたんす

▼ 随ふと~ (3, 0.2%)

1 言ふ, 言ふこ, 謂ふ

▼ 随~ (3, 0.2%)

1 ずこの, ず論理, なくては

▼ 随~ (3, 0.2%)

1 てその, て学業, て枝雲

▼ 随~ (3, 0.2%)

1 した総て, するやう, の策

▼ 随~ (3, 0.2%)

1 した筑紫三位, し乃至, し給

▼ 随長兵衛~ (3, 0.2%)

1 が手下, の身内, を小石川白山

▼ 随い行くべき~ (2, 0.1%)

1 ところでない, 若党二人を

▼ 随うの~ (2, 0.1%)

1 はもう, をためらった

▼ 随える~ (2, 0.1%)

1 と不敵, はこれ

▼ 随~ (2, 0.1%)

1 なおも銀座東側, 更に奥まりたる

▼ 随き従っ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 随さん~ (2, 0.1%)

1 に済みません, の話す

▼ 随つて何事~ (2, 0.1%)

1 に就, を為る

▼ 随つて僕~ (2, 0.1%)

1 が実際, もやつ

▼ 随つて切~ (2, 0.1%)

1 ならざる, なり之

▼ 随つて彼等~ (2, 0.1%)

1 の感情, は其等

▼ 随つて斯~ (2, 0.1%)

1 の村, る境地

▼ 随つて正月~ (2, 0.1%)

2 もない

▼ 随つて福山~ (2, 0.1%)

1 に赴いた, を発し

▼ 随つて自分~ (2, 0.1%)

1 の仕事, は

▼ 随つて読書~ (2, 0.1%)

1 に依つ, の味

▼ 随である~ (2, 0.1%)

1 ことは, 神能の

▼ 随はん~ (2, 0.1%)

1 とする, と欲する

▼ 随ひな~ (2, 0.1%)

2 されねば

▼ 随われ~ (2, 0.1%)

1 て出掛け, て静か

▼ 随~ (2, 0.1%)

1 之ニ報ユルニ, 去リ

▼ 随ヒテ~ (2, 0.1%)

2 去リ

▼ 随一人坂田藤十郎~ (2, 0.1%)

1 はよく, は江戸興業

▼ 随~ (2, 0.1%)

2 て日

▼ 随分乗つて~ (2, 0.1%)

1 ゐるで, 遊んでるの

▼ 随分乗気~ (2, 0.1%)

1 になっ, になった

▼ 随~ (2, 0.1%)

1 に動き, を得る

▼ 随~ (2, 0.1%)

1 して, の供四十余名

▼ 随~ (2, 0.1%)

1 という人, と名づけました

▼ 随~ (2, 0.1%)

1 と申す, 放曠

▼ 随縁臨機~ (2, 0.1%)

2 に測り

▼ 随臣たち~ (2, 0.1%)

1 の家々, も清洲

▼1* [256件]

ぃで家さ戻れ, 随いたお延, 随いたい意の, 随いで行た, 随いなされねばならぬ, 随います財産も, 随いゆきぬ常には, 随い下ってそれ, 随い兼ねて番語, 随い出て人, 随い参らせた諸神, 随い引裂いて食, 随い往き隆の, 随い来って復さん, 随い行きし時黒人などが, 随い行くものが, 随い行けと教え, 随い飛べど最後, 随うごとくに変化, 随うた時独り一虎に当り, 随うて起ち泣血し, 随うべき何かが, 随うべくも見えざれ, 随う如く傍を, 随えず長摩納, 随からの合理主義者で, 随きしていた, 随き従い権右衛門の, 随けて二十里ばかりも, 随さん大間知さんそれに私, 随すべき将略と, 随する動作に, 随す可し, 随て揚げ, 随せましても覚悟, 随せ奉りさて寿, 随ってとかいうことで, 随ってはちょうどわが, 随っても心からで, 随てゆく, 随つたものである, 随つてあいつは十年前, 随つてお前の甲羅, 随つてこれは公明正大, 随つてほんたうに, 随つてカトリツクの小学校, 随つてカフエエ情調などといふもの, 随つてノロ勘の朋輩, 随つて一寸普通の人, 随つて一般の銃猟, 随つて上洛した時, 随つて主義も主張, 随つて事実上山県内閣に反対, 随つて二つでも三つ, 随つて京都に赴き, 随つて人の需め, 随つて人生の真実, 随つて人間の記憶, 随つて何日でも議論一つ, 随つて作風のし, 随つて佳句を成す, 随つて供物も沢山, 随つて侯と彼, 随つて其内閣は勉め, 随つて其意味もだ, 随つて其歌の来歴, 随つて動もすれ, 随つて厭味に感ずる, 随つて叡山瞰京の事, 随つて和田さんの此疑, 随つて唯だ政略的関係, 随つて喜怒愛憎の変転, 随つて嘘のない, 随つて囚人仲間の規則上, 随つて国民の閣下, 随つて土崩瓦解の虞, 随つて坂を上つて, 随つて墓を掘り, 随つて夜になる, 随つて大必要あり, 随つて天子以外の者, 随つて奔らんと為る, 随つて婿さんが会社, 随つて寺院の舞踊, 随つて専朝廷の神事, 随つて将門始末に読まれる, 随つて局面展開は独り伊藤侯, 随つて工藤様といへ, 随つて左程豪い, 随つて幅は縮小, 随つて幸若舞には武張つたもの, 随つて当年二十一歳の自分, 随つて形式に於, 随つて彼らの俚野, 随つて必要を感じる, 随つて悔の連続, 随つて悪霊の代表, 随つて感激性を失, 随つて摂政忠平が省みなかつた, 随つて政治家などを毛虫, 随つて文学の理論, 随つて断髪したので, 随つて新なるを, 随つて書き続いだもの, 随つて書斎はまた, 随つて森の獣達, 随つて櫟林に向, 随つて欄杆の上, 随つて此二つの邑落生活, 随つて此新来の客, 随つて此旧城下蒼古の市, 随つて歴史が其上, 随つて残りの百話, 随つて母親達を辛い, 随つて水勢は滝, 随つて水神系の多い, 随つて浮気ご, 随つて焜炉に炭, 随つて熱心到らざるなき, 随つて牧夫としての経験, 随つて物部は外, 随つて現在の芥川氏, 随つて甚俗悪野卑, 随つて用語は雅語, 随つて盗みの罰, 随つて監房も休業, 随つて相応に費用, 随つて真実の句, 随つて眼は糸, 随つて石器時代にも奥羽地方, 随つて私はここ, 随つて立憲政友会に入る, 随つて筑波山上よりは関東, 随つて結婚の自然, 随つて能率といふこと, 随つて腫脹潰瘍等を気道, 随つて自由党にし, 随つて芥川氏の智, 随つて虚無僧の事, 随つて行乞相のよく, 随つて街の疎開, 随つて西洋には美人, 随つて謙遜もない, 随つて貴君御来京, 随つて運命前定説, 随つて適当の代人, 随つて重大なる問題, 随つて金貨を積んだ, 随つて長崎に往つた, 随つて閣下の過失, 随つて鞅掌し其の, 随つて順一は食糧, 随つて顔や手, 随つて食物を捧げ, 随つて首相独裁の内閣制, 随てつなみか, 随ならし, 随はせようとか, 随はむかしこ薔薇の, 随ひたりし翁は, 随ひたるは鬚, 随ひゆくは善悪業等, 随ひ来つた僕に, 随ひ来るのに心, 随ひ来れる油売実は, 随ひ行きし勝千代が, 随ひ起る自由党再興の, 随ひ遊べることありし, 随ふてみな片葉, 随ふなら神武以前の, 随ふまじくか然, 随ふものな, 随へと教へる, 随へるに候, 随また青年では, 随れ行き殺して出, 随わしめその動作嘶声, 随わせていただこう, 随わんことを願う, 随おっ通したがる病, 随ウノ衣食悉ク官ニ仰ゲリ, 随ッテ奸雄一旦ニ休マン, 随て感情, 随テ回転ス如シ日ガ東ニ昇レバ則チ花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, 随テ願訴スレバ随テ之ニ報ユルニ, 随ヒ曝ス可キ物ヲ曝スゾ善ケレ, 随一人だてにさした, 随一人和佐大八郎, 随一人彦四郎貞宗じゃと聞きました, 随一人河内房了海という六尺豊か, 随一人鐘巻自斎殿, 随一番の剣法, 随仗入牙牌当殿報班斉, 随や陸賈, 随山林及樹下或, 随俊雄へ打ち込んだ, 随兵一千騎なり, 随兵十二番までの将兵, 随兵已下去月廿七日の供奉人, 随円形の, 随函録希麟の続, 随分ちがふ, 随分ちやらつぽこ, 随分立籠んだが, 随して, 随即録之, 随に往来, 随問随答欄に弁じたる, 随園先生と呼ん, 随園戯編と題する, 随園詩話を繙い, 随之ヲ, 随に生じ, 随大出喜平青木金次郎西谷田村からは荒井嘉平, 随を添えた, 随になっ, 随市川のかまびすしい, 随心陀羅尼を五万遍, 随応山南泉寺の徒弟, 随ぬる男, 随寺という, 随の涙, 随求塔の前, 随な, 随波逐波時々随縁赴感, 随去, 随温良な家庭, 随空轎而入西邸, 随答欄に弁じたる, 随縁去来だ, 随縁法施したてまつりしに, 随縁赴感それでよろしい, 随縁随喜の心境, 随と共にいた, 随而亡矣然則身死後, 随而滅絶仕候, 随而甚恐入, 随稚子, 随臣たち楯の如く, 随見せられる晴着を, 随でまとまった事, 随談随筆の中, 随の婿, 随の臣下, 随連成阿という, 随載する所, 随長兵衛いつかは懲らし, 随院一まきの町奴, 随院一家が出し, 随院歿後ちょうど四年目, 随院歿落と同時に, 随院濡れ仏の縁起, 随院舟はずっと, 随院長兵衛荒木又右衛門なんどいふ連中, 随願寺の会式, 随直到