青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「階下~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

陸軍~ ~陽 陽~ 陽気~ ~隅 隅~ 隆~ 隊~ 隊長~ 階~
階下~
~階段 階段~ ~階級 階級~ 随~ ~随分 随分~ ~隔て 隔て~ ~隙

「階下~」 2198, 24ppm, 4899位

▼ 階下~ (723, 32.9%)

10 部屋に 9 広間に 8 部屋の 7 一室に, 自分の 6 家主の, 部屋を 5 客間へ, 室の, 方で, 様子を, 部屋で 4 人は, 六疊に, 台所に, 時計が, 茶の間に, 部屋は, 部屋へ, 食堂で

3 [15件] ガラクタの, 六畳, 奥の, 客の, 室で, 室に, 小母さんに, 帳場へ, 広間で, 座敷へ, 方は, 物音に, 神さんが, 窓から, 食堂へ

2 [54件] おじさんな, おばさんが, おばさんに, おばさんは, お神さん, ことが, ほうに, コック室に, 一と, 一室を, 七号に, 両親の, 人を, 人達が, 便所に, 六畳に, 六畳には, 十二畳に, 台所から, 台所の, 四畳半に, 四疊半に, 土間の, 夫婦が, 女主人, 室には, 室を, 小母さんが, 小母さんは, 居間に, 広い部屋, 広間の, 広間へ, 座敷に, 廊下で, 廊下を, 控室で, 教室の, 方に, 旦那さんが, 樣子を, 漬物倉に, 縁側へ, 船室に, 茶の間へ, 諸将, 部屋には, 酒場, 間と, 闇から, 隅の, 雑音の, 食堂に, 騒ぎ

1 [460件] あたくし, ありさま, おかみは, おじさんが, おばさんたち飯食うちょるじゃろか, おばさんと, おばさんも, お上さんの, お勝手, お勝手から, お婆さんが, お婆さんの, お婆さんも, お客さんは, お客を, お客様と, お客様は, お客様達は, お客達の, お才さん, お方へ, お粂, お鯉, こえ闇太郎, ことな, ごたごたする, ささやきを, ざわめかしい物音, ずっと下, どこか, どこかで, どの扉, どの部屋, どよめきは, にも階上の, ひとたちの, ほうへ, ゆで玉子屋, をつかわせ, サロンへ, サロン・バアで, サロン・バアでは, スイッチが, ストオヴに, ストーブの, スモオキング・ルウムに, ダンスホールに, テラスから, バアで, バーの, ピアノが, ポーチで, レストランの, レストランへは, ロダンさんの, ロビイで, ロビーへ, ヴェランダで, ヴエランダで, 一号大, 一室から, 一室の, 一室は, 一室へ, 一帯を, 一方に, 一番奥の, 一番奧の, 七号室で, 七番と, 三人全部である, 三畳その, 三疊に, 上り口へ, 主に, 主人夫婦に, 主婦さんが, 主婦さんに, 主婦さんの, 主婦にまで, 主婦は, 事務室に, 事務室扉を, 事務所に, 二た, 二十人は, 二室に, 二間も, 二階に, 五号室であった, 五番と, 五間程を, 亭主の, 人が, 人と, 人に, 人達は, 仕事場へ, 仲間に, 仲間入りを, 会計へ, 伝六の, 伝声管から, 何処かで, 使用しか, 例の, 便所の, 便所は, 傳六の, 光に, 入口から, 入口が, 入口の, 兩親の, 八畳の, 八疊から, 八疊で, 八疊でした, 八角時計が, 六番から, 六畳で, 六畳という, 六畳は, 六畳へ, 六畳を, 六畳二間を, 六疊お里さんは, 六疊が, 六疊と, 兵も, 内儀さんで, 内儀さんに, 内儀さんを, 内山書房へ, 内海明を, 凉しい, 処から, 刑事と, 初太郎どんの, 初太郎の, 南向, 危險, 厠へ, 叔母さんが, 叔母を, 叢に, 口喧嘩は, 台所では, 台所へ, 台所を, 右桟敷, 周の, 和室に, 唐櫃の, 商売が, 喫茶店ですまし, 嘉治さんかたれ, 四人は, 四畳半で, 四疊半です, 四疊半へ, 図書室の, 土壇で, 土間に, 地に, 地上に, 塀の, 壁には, 声の, 声を, 大サロン, 大勢の, 大半が, 大客間, 大広間, 大広間に, 大広間へ, 大広間を, 大廣間, 大時計六時, 大浴場, 大食堂, 天井より, 奉公人共を, 奥さんて, 奥へ, 奥まった座敷, 奥座敷で, 奥座敷を, 女中さんの, 女房と, 女房の, 女給さんも, 女達が, 妻君は, 婦人達へ, 子を, 子供が, 子供部屋から, 宇之吉さんの, 実験室において, 客室食堂居間だけが, 客間から, 室, 室だけで, 室ででも, 室との, 室へ, 室まで, 家が, 家臣に, 容子に, 宿直室の, 密室が, 密談に, 寝室へ, 小さい酒場, 小女が, 小座敷に, 小母さんから, 小部屋, 居室で, 居間で, 居間の, 居間へ, 工場で, 左右に, 帳場で, 帳場には, 年寄夫婦の, 幾部屋かを, 広い日本間, 広大な看, 広間には, 床の, 床は, 店の, 店先き, 座敷から, 座敷で, 座敷では, 座敷には, 座敷の, 座敷を, 庭さきへ, 庭の, 庭へ, 廊の, 廊下から, 廊下が, 廊下では, 廊下は, 廊下まで, 廊下や, 廊側に, 廣間, 廣間と, 建物と, 彼女の, 待合室で, 待合室に, 御自分, 応接室で, 応接室に, 応接室には, 応接室を, 応接間が, 応接間で, 応接間である, 応接間では, 応接間に, 応接間へ, 情勢を, 惨事を, 應接間へは, 戸を, 戸倉老人を, 扉が, 扉口の, 手術室では, 抱えたちの, 接客室へ, 料理と, 方から, 方が, 方へ, 方へばかり, 日本書や, 日本間に, 日本間の, 明るさ, 時計の, 晩餐会に, 普請を, 暗闇の, 書斎を, 木戸に, 東端で, 板の間に, 板の間の, 板の間へ, 板敷と, 柱時計が, 柱時計の, 格子戸に, 楽器部から, 正面に, 正面の, 歩道に, 死骸の, 母屋の, 母親が, 気配へ, 求婚者だ, 洋室に, 洗面所で, 洗面所へ, 浴室の, 浴室へ, 浴槽開きの, 涼しい木蔭, 火燵で, 灯に, 炉ばた, 炊事場に, 炬燵にあたって, 炬燵には, 炬燵の, 爪楊枝の, 片側に, 物とは, 物音が, 狭い暑苦しい室, 玄関へ, 玄関番が, 玄關座敷へ, 珍らしく, 男に, 画室で, 画室の, 番だ, 畳を, 疑問の, 白い浴室, 白覆面の, 盗賊や, 礼拝堂から, 礼拝堂に, 私の, 私室で, 稽古場へ, 窓の, 窓は, 窓を, 管理人の, 糞壺に, 納戸の, 細君と, 細君に, 縁へ, 縁側から, 縁側で, 縁側に, 縁側の, 縁先にでも, 群衆の, 老人夫婦は, 老婆が, 老婆は, 者が, 者の, 腰掛, 自分等に, 臺所に, 船室から, 芝居を, 若い御寮人, 茶の間で, 茶の間では, 茶箪笥の, 薄暗い部屋, 薬物室を, 衆へと, 表の, 表口ばかり, 袖部屋つき中広間は, 裏で, 裏座敷, 親切そうな, 親爺さんと, 親爺さんも, 角の, 記者諸君に, 話を, 話声は, 話声を, 調査を, 講堂に, 議席も, 貧者, 貸店舗, 路地に, 踊り場で, 車庫の, 輪転機の, 農夫の, 透視室には, 通りに, 通路を, 連中が, 連中と, 連中に, 遊び場を, 部分が, 部屋い通し, 部屋から, 部屋が, 部屋といふ, 部屋も, 部屋部屋で, 部屋部屋は, 酒場で, 酒場とは, 酒場の, 酔漢連の, 重い欅扉, 金箪笥へ, 鉄造さんと, 銀行の, 門口へ, 開き戸から, 間から, 間を, 降り口で, 降り口に, 陳列場へ, 陳列室で, 陳列室を, 隅からも, 隅に, 階段の, 雑沓の, 雑音へ, 離れた座敷, 離座敷を, 離房の, 雨戸を, 電燈には, 電話は, 電話を, 電話口に, 電話室へ, 電話室まで, 静かな, 食堂では, 飲食店へ, 駅の, 騒ぎを, 騷ぎは靜まつた, 鶴雄に

▼ 階下~ (471, 21.4%)

124 降りて 29 下りて 26 おりて 18 降りた 16 行って 12 降りると 8 下りた 6 来て 3 下りると, 去る, 降りました

2 [27件] いって, おりること, おりると, やると, 下りたが, 下りたの, 来ました, 聞えるよう, 落ちた, 行きましたが, 行くと, 行くの, 行こうと, 行った, 行つ, 行つた, 走り降りて, 逃げて, 連れて, 運んで, 降りたり, 降りた時, 降りてから, 降りようと, 降りる, 顔を, 駈け降りて

1 [169件] あげて, あらく消える, いいつけた, いきました, いき朝, いくの, いて, いま行きます, いらっしゃい, いらつし, うつすこと, おいでね, おおり, おりた, おりたこと, おりたり, おりた女, おりゆっくり, おりようと, おりるの, おりるまでに, おりる階段, おろしたるに, おろして, お下り, お銚子, お降り, かけおりて, かけおりメグ, きこえて, つれて, ならやろうと, やった, やって来た, ゆこうと, よんだ, 下げた, 下りかける階子口, 下りたと, 下りてから, 下りまして, 下りようと, 下りること, 下りるすぐ, 下りる時, 下りる頃, 下り舞踏, 休みに, 休んださうです, 入って, 入つた樣子, 出しとき, 出て, 去った, 去つた時, 去ると, 參りませう, 向けて, 呼んで, 嘗めるやう, 墜落しました, 声を, 寄って, 導いて, 引揚げ, 引返して, 影を, 彼の, 往った, 恥かかんようにと, 手探りし, 抜けて, 抜けるの, 持ち出し雨, 文字若, 来たらしくお, 来てまで, 来ると, 来るよう, 案内し, 泊り合せた角屋, 物々しく吉平, 用達しに, 用達しになど, 白湯を, 突き落されました, 立ったあと, 立とうと, 立違います, 総江, 落す事, 落ちた大野田仁左衞門, 行かう, 行かうなどと, 行かず彼, 行き他, 行き子供, 行く, 行く降り口, 行け, 行けば, 行けッ, 行ったぜ, 行ったところ, 行ったとばかし, 行ったらイヤ, 行ってろ階下, 行つたの, 行つた樣子は, 行つてゐなさい, 行つてゐる, 行つて下女の, 行つて云ひつけ, 行つて寢る, 行つて窓の, 走って, 走り同時に, 跳び下りる, 転げ落ちて, 転げ落ちる響, 追いおろすと, 追いやった, 追ひやりました, 退れっ, 逃げ込んだ, 通して, 通ずる階段, 遠慮し, 針の, 降りかけた榮吉, 降りかけました, 降りたさ, 降りたもの, 降りた工夫, 降りた間, 降りとくれよ, 降りないと, 降りなかつたと, 降りなかつたの, 降りましたが, 降りましょう, 降りられるよう, 降りるトリック, 降りる工夫, 降りる時, 降りる機会, 降り内海さん, 降り帝国ホテル, 降り庭, 降り御用商人専用, 降り恐らく, 降り逃げまわったあげく, 降るなり, 響かせるの, 飛んで, 馳け, 馳けて, 駆けおりて, 駆けだして, 駆け降りた, 駆け降りて, 駆下りたが, 駈けおり表, 駈け下りる, 駈け下りるや, 駈け出して, 駈け降りた, 駈け降りる, 黒ずんで

▼ 階下~ (337, 15.3%)

27 降りて 16 下りて 14 おりて 5 おりた 4 おいで 3 住んで, 寢て, 居て, 待たせて, 降りると

2 [14件] おりると, さへ, しよう, ゐると, 下りた, 小さな部屋, 待って, 拝を, 立って, 置いて, 行つて可いものか, 降りた, 響く印刷機械, 顏を

1 [228件] あたつ, あったので, あった浴槽, あって, あっては, ありましたが, ある, あること, ある一群, ある冬, ある四畳半, ある外来患者, ある時, ある茶の間, いたが, いたブラッチ夫人, いた彼, いた愛子, いて, いましたから, いら, いるから, いると, いるの, いるのよ, いるわけ, いるん, いる五人, いる人々, いる前川, いる女達, いる家内, いる推摩居士, いる敵, いる時, いる次兄達, いる老婆, いる者, いる警察, うつし臨終, おりたが, おりたきり, おりたの, おりたらどう, おりました, おりようとは, おりようや, おりるの, おり鏡, おり静か, おろすこと, お茶の, かけおり門, かしげ, すむひとり者, たったまま, たって, ちがいない, つい居る, つくと, つづく階段, できて, とどろき階下, とり入れて, どよめいて, ぬかずいて, ねて, ひかせて, ひかれて, ひきすえて, ひきすえられた吉平, ひざまずいた, ひざまずいて, ひれ伏して, やって, ゆけり, よびよせて, わざわざ下り, ゐたし, ゐた家扶, ゐて, ゐるやう, ゐる妻, ゐる家, ゐる本妻, ゐる次兄達, コトコトと, パトロンが, 一つで, 一つの, 一人で, 一個の, 三畳やら, 下りてん, 下りる, 下りると, 下り物, 並居る諸, 事務所を, 二つ二階には, 人が, 人の, 休み交代, 休んで, 低く屈し, 住むこと, 住む夫婦者, 住む婦人, 何か, 便所を, 別れた兄弟同士, 別れて, 取りに, 口笛の, 向つて, 呼んだの, 在った, 在つた, 在るを, 声を, 大野さんが, 寝て, 寝るから, 寢か, 寢る, 居たこと, 居た學生さん, 居た眼鏡, 居た筈, 居ては, 居ても, 居りました, 居るの, 居る人, 居る人達, 居る富子, 居る時, 居合せた場合, 屍体を, 巣喰った, 干して, 幾つもの室を, 座を, 建物附属の, 引きすえ一応, 引取った, 当って, 彼は, 彼女を, 往って, 待ち構えて, 心の, 悟られると, 投じ復, 拝跪し, 持って, 整列し, 早苗さんたちの, 来て, 来客が, 欲しき, 止めて, 残したまま, 残った与助, 残って, 母を, 泣き伏した, 注意を, 流しと, 湧き出した一箇, 満ちて, 源家の, 潜んで, 煙吹かし, 物音を, 用事が, 用意された, 男が, 留まりぬ, 私と, 移して, 移し晝來, 立たせて, 立ちここ, 立ち叉手, 立籠っ, 置かれて, 美人が, 聞いたとき, 膝まずき, 花田君子の, 蟠ること, 行き先刻, 行けば, 行こうと, 行った時, 行って, 行っといで, 行つた時には, 行つて働かん, 見張りが, 訪れて, 詰めたから, 誰か, 起こるいろいろ, 跪いた一人, 跳び下り, 近いところ, 送りぜひ, 通ずる非常口, 進み剣, 運ばれて, 運ばれ菓子袋, 降られた, 降りたが, 降りたの, 院展の, 集える塵取船, 集まって, 集まるの, 響いた, 響いて, 頭を, 顔を, 食事の, 飼って, 駆け降りやがて, 鳴りひびいたの

▼ 階下~ (145, 6.6%)

3 誰かが 2 お上さんが, お孃さん, 子供の, 急に, 気を, 話して, 遊んで, 食事を

1 [126件] お才さん, お熊, お辻, かたくり, けたたましく電話, さ, さう言つて, ざわざわさわい, しきりに寿江, その時, どかりと, にぶい声, はげしい物音, はちよつと, もてなされて, やすませて, ガタンと, ガヤガヤ云っ, ゴトリと, ピアノを, ブツ, ボンボン時計が, マゴマゴ待つ, ローリイが, 一服や, 七八人で, 両親や, 主婦さんが, 九時を, 二人は, 井谷と, 人々の, 人一人殺される, 今旦那御新造様なぞと, 何か, 何が, 何やら女たち, 何んか, 何時もの, 倉地の, 別の, 加藤伯父上らしき, 勉強中, 又し, 呑み直す支度, 呼んでるやう, 困った顔, 声高に, 売り付けられたん, 大きな人声, 夫婦と, 女の, 女中に, 女達の, 女郎衆の, 宙に, 富岡を, 寝るやう, 寝るよう, 小さい女の子, 小父さんにも, 少しお話, 岩本の, 干物取入れ, 度度何, 彌八, 彼の, 彼女を, 待って, 待つて, 後家さんが, 御化粧最中, 御飯を, 恰度十人いた, 戴きとう存じます, 担いだん, 掛金の, 新聞記者連に, 時計が, 未亡人と, 案じて, 歸つて來た, 死人の, 水を, 添乳を, 熟睡し, 燃えだしたと, 父親の, 父親を, 牛肉を, 男の, 男女が, 皆の, 着更, 破目板, 結構です, 練習曲の, 繁の, 老婢が, 聞える筈, 聞き恍, 舞踏の, 花なども, 薄寒いから, 行われて, 見た客, 見張って, 見知らぬ人, 話し声が, 話を, 話声が, 賑やかな, 赤子の, 足駄の, 車座を, 返すと, 造花屋の, 遅れて, 電話の, 音楽が, 頑張つて何處, 顔を, 風に, 食べなすつたら, 髪を, JOAKが

▼ 階下から~ (132, 6.0%)

9 上って 4 声を, 聞えて 3 あがって, 誰か, 響いて 2 女将, 持って, 洩れて, 男の, 聞こえて, 運んで

1 [94件] お嬢さん大変姿勢が, お膳, きこえて, けた, こう喚い, しのびやか, そっとぬけ, どかどかと, アイスクリームが, ウイスキーを, コツコツと, ラジオ, 一名の, 三村の, 上が, 上がって, 上ッて, 主馬之進の, 二人づれの, 二名の, 二階へ, 二階を, 亭主が, 人が, 伝わって, 兵を, 叔母さんを, 呼ばれて, 呼ばれても, 呼ばわった, 呼び酒, 呼ぶ女将, 呼んだ, 夜具を, 大きな声, 大變, 女中に, 女学生らしい, 女将の, 女給が, 妹の, 嬰児の, 宮門に, 将棋の, 彼を, 怒鳴ると, 怒鳴る聲, 急に, 才次などが, 持運んだり, 数多くの, 暖い, 来た怪塔王, 梯子の, 楼梯を, 残った洋酒, 母と, 母親が, 母親の, 洋燈を, 湧き起る警官隊, 無気味な, 煙草盆を, 猛烈な, 登って, 眺めた通り, 答えた, 箱梯子を, 精一杯に, 給仕の, 聞えたので, 聞える声, 聞える病妻, 聲を, 聴える, 自分の, 茶の, 荷物を, 見た外光, 見上げる事, 這い登って, 連れて, 遠, 閃き出て, 階上から, 階上へ, 階上へは, 階段に, 隣の, 離れて, 順番に, 駈けつけられる, 鳴り渡ります, 黙って

▼ 階下~ (72, 3.3%)

2 芸娼妓の

1 [70件] いつの間にか消灯, いつも濛々, おそらく焦熱地獄, お雪, この二, しずかに, しんとして, すつかり, どの室, ひっそりし, ひどい雨漏り, また非常, まだし, みんな出掛け, シンとして, ラッカー工場で, 一部屋と, 七分通り詰まっ, 七間まで, 三間ほどの, 五十位の, 五室二階は, 京風に, 何だか人声, 便所の, 全部漆喰で, 八室さっき通された, 六疊と, 割れつ返へるやう, 割合に, 労働者の, 十二三の, 十畳の, 半分が, 周夫妻の, 喫茶店に, 土間にな, 外の, 大方雜用, 大騒動, 奥行が, 客間と, 家の, 寂しいや, 小売商店の, 帆布と, 広間で, 弁当や, 数日前に, 既に満員, 明るいゆったり, 昏く, 森と, 母屋と, 物置やら, 玄関とも, 畳も, 直ぐ工場, 破れたなりに, 祖母の, 窓が, 窓も, 美しい座敷, 襖を, 贅沢品を, 部屋の, 銀座の, 陰気に, 隣家の, 電燈だ

▼ 階下では~ (59, 2.7%)

2 まだ起きた, 源助が, 皆な, 裏口の

1 [51件] いろんな不平, その時, ちゃんと先生, べつに小座敷, まだ子供, まだ弟子, みなひれ伏した, ガニマールが, ハイキングに, バタリバタリといふ, ヴァイオリンの, 三人の, 上さんの, 二百人近い, 五人が, 何も, 商賣, 喜多村, 嘉六が, 大きな巾着, 夫の, 女中の, 女中共の, 妻と, 娘達の, 宇礼が, 小女が, 小泥棒共, 席上画が, 庭先の, 後家さんが, 最早疾, 杉枝が, 此町一番だ, 湯島の, 澄子が, 煙草専売局へ, 物凄い衝突, 百合子が, 皆な寝たらしい, 皆身構え, 種夫を, 老人の, 老父母, 良人が, 茶を, 菅子が, 菅子の, 見えないもの, 誰かしら, 酒を

▼ 階下には~ (41, 1.9%)

2 外に

1 [39件] いかにも下町風, お清, その足利家, たったそれ, ちゃんとお召, なお時々, カングリ警部と, キチンと, ヂューヂャという, ルイザの, 一つも, 主人伊兵衞夫婦と, 主人夫婦天井裏には, 五六人の, 他に, 侍衛らしい, 六畳三畳台所と, 内儀さんが, 内弁外弁八座八省の, 冬子は, 大きな古, 小さな化学実験室, 店の, 応援の, 放射線の, 明るい光線, 様々の, 無かった, 物置とも, 理髪店が, 素性の, 細君の, 誰も, 軍隊手袋を, 運動会用具その他古, 金切声が, 降りず新刊, 青い藺草, 馬の

▼ 階下~ (31, 1.4%)

3 覗いて

1 [28件] ぐるぐる一巡, のぞいて, のぞき下ろすよう, 下りて, 使うよう, 借りて, 借りてる, 出て, 味噌や, 子供らと, 寝室に, 怒鳴り廻って, 憚かる, 流行の, 理髪業者に, 繞って, 見おろすと, 見て, 見ると, 見下しながら, 覗きながら, 覗くと, 診察室と, 通じ大地, 通らずに, 通ること, 隔てて, 騷騷しい煮え返る

▼ 階下~ (30, 1.4%)

1 [30件] うどん屋だ, およろしい, ざわめきたち数人の, まだあろう, カフェーに, 三室便利に, 三室普通の, 三間二階が, 二畳四畳半四畳半六畳二階が, 住居で, 何か, 八三二畳階上が, 六畳に, 六畳二つそれに, 呉服の, 四畳半に, 四間前栽も, 完全に, 寝鎮まってから, 小さなバア, 工場で, 浴場に, 理髪屋であった, 発送部で, 終ると, 誰も, 賑って, 食堂兼居室で, 駄菓子屋で, 騒がしくなる

▼ 階下~ (15, 0.7%)

4 二階も 2 階上も 1 おもて, がら空きで, ガラ空きにな, 一杯掛け並べられる, 二階の, 人なき, 人間で, 同じこと, 雨戸が

▼ 階下まで~ (14, 0.6%)

1 [14件] すっかり張らせました, また行く, 崩壞し, 整列し, 敷き詰められた絨氈, 来た, 行きましょう, 行くが, 行って, 走って, 転落し, 降りるの, 響くといふ, 駆けおりた

▼ 階下からは~ (10, 0.5%)

1 とき, 何の, 兄さんが, 想像が, 時どき鈍い, 琴の, 相も, 籠り音, 蓄音機で, 高々と

▼ 階下~ (10, 0.5%)

2 階上とで 1 なつて, 一所に, 同じよう, 同じ場所, 同様に, 同様無, 階上では, 階上と

▼ 階下にも~ (10, 0.5%)

2 ほのかな 1 あった, いろいろな, かなりに, 三人ある, 二つずつくらいは, 二階にも, 明りが, 酒場は

▼ 階下より~ (8, 0.4%)

2 部屋代を 1 ずっといい, 仄に, 前に, 寧ろ階上, 蝋燭の, 見上げて

▼ 階下でも~ (6, 0.3%)

1 さすがに, 内儀さんが, 変に, 多吉夫婦が, 怪しい物音, 起きて

▼ 階下からも~ (4, 0.2%)

1 よく見えました, 主婦が, 人達が, 足音悲鳴呶声罵

▼ 階下とに~ (4, 0.2%)

2 一組づゝゐるだけになつた 1 別れて, 別れ一区切り仕事

▼ 階下とも~ (4, 0.2%)

1 どの部屋, に空屋, 寂として, 部屋は

▼ 階下へも~ (4, 0.2%)

1 一寸見廻りに, 滅多にゃ, 降り行ける所, 離れへも

▼ 階下じゃ~ (2, 0.1%)

1 あの男, 起きて

▼ 階下だけ~ (2, 0.1%)

1 です, 全部建て直し

▼ 階下にあたる~ (2, 0.1%)

1 味噌納屋の, 天井の

▼ 階下にな~ (2, 0.1%)

1 つて居ります, つて長い

▼ 階下への~ (2, 0.1%)

1 ドア, 下り口

▼ 階下までも~ (2, 0.1%)

1 明け渡さねば, 響いて

▼ 階下~ (2, 0.1%)

1 平家建の, 階上は

▼ 階下全体~ (2, 0.1%)

1 が一つ, が工場

▼ 階下座敷~ (2, 0.1%)

1 ちょうど梯子段, の五倍

▼1* [50件]

階下あたりの魔性, 階下行てても, 階下いおろそうと, 階下かの炬燵の, 階下からの合図だ, 階下だったけれども座敷, 階下ですよ親分, 階下での出来ごとの, 階下ではばくちが, 階下とから庭を, 階下とは世界が, 階下なりしや, 階下にかけ降りて, 階下にては母上の, 階下ばかりだもの, 階下ばかりしか入ったこと, 階下へと歩いて, 階下ゆき子の部屋, 階下よりはよほど凌ぎ, 階下よりもまた一層, 階下わかり易い横町の, 階下妻, 階下ニハ一隊ヲ留ムルヲ例トス, 階下中庭に面した, 階下二円席は貸切, 階下二間すべて六疊づつの部屋, 階下全部の室, 階下六室二階五室これに西館, 階下に花, 階下別々に寐, 階下の鴨居, 階下同様大きな硝子壜, 階下四室二階四室で村, 階下地階へと案内, 階下居間の暖炉中, 階下庭園から縁, 階下思い思いの席, 階下悉くの窓, 階下は倉庫, 階下東側の印東, 階下に面した, 階下玄関の大, 階下男生徒は二階, 階下突当りの暗い, 階下窓外の草木, 階下は見えない, 階下遠く地に, 階下階上ともにテイネイ, 階下階段まで避難民, 階下雖不過三間