青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「階~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

陸~ 陸軍~ ~陽 陽~ 陽気~ ~隅 隅~ 隆~ 隊~ 隊長~
階~
階下~ ~階段 階段~ ~階級 階級~ 随~ ~随分 随分~ ~隔て 隔て~

「階~」 15777, 170ppm, 609位

▼ 階~ (4462, 28.3%)

177 窓から 62 窓の, 自分の 50 部屋に 48 一室に 47 部屋へ 45 窓を 39 窓に 35 方へ 32 室に 28 欄干に, 部屋の 25 廊下を 24 上に, 梯子段を 23 窓が 22 階段を 21 一室で, 部屋を 20 書斎に, 書斎へ, 障子を 19 方に, 縁側に, 雨戸を 18 廊下に 17 屋根に, 隅の 16 六畳の 15 下に, 屋根の, 私の 14 奥の, 窓には 13 一室を, 部屋は, 障子が 12 六畳に, 寝室へ, 座敷へ, 方から, 梯子を, 欄干から 11 お部屋, 上から, 廊下へ, 手摺から, 方を, 窓は, 窓へ, 部屋で, 障子に 10 一室へ, 上の, 室で, 寝室に, 廊下の, 書斎で, 正面に, 縁側から, 部屋から 9 一間に, 下の, 小部屋, 居間へ, 机の, 部屋には, 高さ 8 さだ子の, 上には, 四畳半に, 室へ, 寝室で, 手摺の, 物干, 窓, 窓からは, 縁側の

7 [13件] 一つの, 室から, 寝室の, 座敷に, 座敷の, 彼の, 彼女の, 戸を, 方で, 梯子段の, 隅に, 階段の, 食堂で

6 [17件] ある家, 三畳に, 下で, 主人の, 女の, 客の, 室は, 広間に, 戸袋に, 手摺に, 方が, 窓と, 窓にも, 窓まで, 窓際に, 部屋, 雨戸が

5 [26件] てっぺんの, ほうへ, ほうを, ような, 一と, 一間で, 八畳の, 六畳へ, 六疊に, 前へ, 四畳半で, 室の, 室を, 居間に, 屋根裏に, 広間へ, 教室に, 方は, 書斎の, 机に, 欄干へ, 欄干を, 片隅に, 窓も, 間に, 障子の

4 [41件] 一室には, 一間が, 一隅に, 三畳の, 上り口の, 二つの, 八畳と, 八疊は, 六畳を, 右の, 壁に, 室, 室には, 寝床へ, 居間で, 屋根へ, 広座敷, 床が, 床の間に, 床を, 座敷を, 廊下から, 廊下で, 廊下は, 手すりに, 書斎を, 格子の, 欄の, 段を, 灯が, 病室の, 窓で, 窓や, 窓際で, 簾を, 縁の, 部屋が, 部屋にも, 障子は, 静かな, 食堂の

3 [84件] あがり口, ところに, まどの, サン, ドアを, ビルディングの, ヴェランダに, 一室の, 一番奥の, 一間には, 上なる, 上り口へ, 下は, 両側に, 中央に, 二番の, 人は, 住人を, 便所は, 傍に, 前まで, 北の, 北側に, 北側の, 十四号室へ, 十畳の, 南側の, 吉里の, 四畳半を, 大一座, 天井が, 奧の, 客が, 客にも, 客間の, 客間へ, 家の, 寝室には, 寝床の, 小坐, 屋根から, 屋根裏の, 山口さんを, 席に, 広間で, 広間には, 庇に, 床の, 座敷には, 廂から, 建物は, 応接間で, 掃除を, 教室の, 方の, 方まで, 書斎には, 書棚に, 書齋に, 東の, 梯子が, 梯子は, 様子を, 正三, 洋間に, 炬燵に, 父の, 畳の, 石段を, 硝子窓を, 碁席へ, 縁に, 縁側には, 表側の, 角の, 部屋部屋を, 間を, 階子を, 雨戸に, 雨戸は, 露台に, 風通しの, 食堂に, 食堂へ

2 [253件] あがりおり小股, あたりを, ある一室, ある木造, おもて, お母さんの, ことが, すぐ上り口, すぐ下, ところへ, とっつきに, とっつきの, とびら, ほうから, ほうが, ほのめく物, もつとも舞臺, もとへ, アッチックへ, ガラス窓の, クラブで, バルコニーに, バルコニーの, ベッドの, ホールの, 一室が, 一室だった, 一室であった, 一室では, 一部屋を, 一間は, 一間へ, 一隅を, 三人は, 三畳から, 三角の, 上へ, 上まで, 下へ, 両側の, 中央の, 中程に, 事務所の, 二た, 二人の, 二人連れは, 亜字の, 人が, 人に, 人の, 人達は, 伸子の, 何番の, 何課という, 例の, 傾きを, 八畳が, 八疊に, 六十五房は, 六畳, 六畳で, 六畳と, 六疊の, 出窓に, 別室に, 前から, 前に, 十四号, 十四号室で, 十畳間に, 南の, 台所へ, 右から, 向側に, 唐櫃の, 喫茶室へ, 四つの, 四疊半で, 塔が, 壁の, 壁を, 大きな裏側, 大広間の, 大広間へ, 大廊下, 大掃除, 大池の, 天井は, 天井を, 奉公人達の, 奥に, 奥へ, 奥まった座敷, 女は, 女給部屋の, 子供の, 孫三郎の, 客は, 客席の, 客間で, 室が, 室と, 家, 家は, 家も, 家よりも, 家を, 寝台で, 寝室は, 寝室を, 寝間の, 寢室へ, 小さいほう, 小座敷で, 小座敷へ, 小笠原の, 屋根と, 屋根にの, 屋根を, 屋根裏には, 屋根裏部屋へ, 展望台で, 左側に, 左手には, 席でも, 席へ, 干台, 広い座敷, 広間から, 広間の, 広間は, 広間を, 庇が, 庇の, 床に, 床は, 座敷で, 座敷は, 座敷も, 廣い, 廣間へ, 建物が, 建物の, 応接間へ, 或る, 戸が, 戸口へ, 戸締りも, 所まで, 扉の, 扉を, 手すりから, 押入れの, 押入れへ, 教室へ, 方にも, 日あたりの, 旦那, 昇降機の, 書斎へと, 書斎午過ぎは, 東に, 格子が, 梁に, 梯子の, 梯子段から, 梯子段が, 棚に, 様子に, 樣子を, 横に, 欄に, 欄干で, 欄干にも, 欄干の, 正面は, 歪んだ窓, 段梯子を, 気配に, 気配を, 洋室の, 洋間には, 渡り廊下の, 渾天儀の, 源氏香の, 瀟洒した, 火の, 灯の, 灯は, 灯を, 煉瓦建が, 燈と, 燈火が, 父親の, 片隅の, 物置の, 物置へ, 物音が, 画室の, 画室へ, 病室へ, 真下に, 真下の, 硝子窓に, 硝子窓の, 秋田さんの, 秘密の, 窓より, 窓口に, 窓辺に, 窓際には, 窓際へ, 端に, 米吉の, 粗末な, 絹商人, 編集局へ, 縁側からは, 縁側で, 縁側へ, 聳えて, 自室に, 自室へ, 若夫婦, 表部屋, 裏窓から, 見ゆる共立病院, 角に, 講堂へ, 踊り場まで, 踊場へ, 選士が, 部屋へと, 部屋も, 長四畳, 長押から, 長押に, 長椅子がね, 隅から, 隅で, 階子段から, 階子段とへ, 階子段の, 階段から, 階段に, 障子も, 雇人部屋で, 雨戸も, 露台から, 露台へ, 風呂敷包が, 食堂を, 飯田さんを

1 [1703件 抜粋] あがり下り, あたりから, あのがらくた倉庫, あの奥, あの角, あるうち, ある処, ある町家, い, うすぐらい部屋, おそらくはこの, おどり場, お品, お嬢様に, お客さんに, お客様が, お座敷で, お武家衆, お銀様, けい古場へ, ことでしょ, こなたに, この四畳半, この間まで, さだ子さんの, さわぎを, じぶん, すぐ突当り, すみからすみまで, せま苦しい机, その一室, それも, たった一部屋, ちんれつ室へ, つっかけ, てっぺんだった, てんらん会場に, ところを, どこか, どこに, どん底である, はうを, はしご段を, はじ, はりだし式, ひさしすれすれ, ひと間へ, ひろい通路, へやに, ほうにばかり, ほかには, まどからかきの, まわりを, やうな, やっかい者の, ゆれるよう, わきから, わたしの, エトワールへ, カーテンの, ガラス窓が, ゴワゴワする, サンドウィッチの, タバコの, テイブルの, ノミの, バルコニーから, バルコンからは, パッキング, ピアノに, プロフェサー・, ベッドへ, ホオルに, ホール御覧に, ボックスに, マネキンの, メネルーの, ユサユサする, ヴェランダは, 一つ一つでは, 一区画で, 一坪館は, 一室から, 一室へと, 一室苦悶と, 一廊下の, 一方の, 一段に, 一番へ, 一番廣く, 一端に, 一角を, 一部は, 一門を, 一間だった, 一間を, 七番と, 三倍ぐらいの, 三千子の, 三室に, 三番の, 三疊へ, 上あの, 上も, 上り下り箱部屋などでも, 上り端に, 上下も, 上層の, 下でも, 下へと, 下等席を, 下駄を, 両親の, 中央で, 中尉にも, 丸ビルよりも, 主人を, 事を, 事務室へ, 二つに, 二人が, 二人を, 二室きりで, 二室目です, 二級に, 二間つづき, 五一一号室, 五疊の, 人々の, 人だ, 人気の, 今一つの, 仕事部屋から, 伊太利亜人は, 休憩室まで, 位置から, 住人の, 何番か, 便所の, 傍聴席に, 先きの方に, 先生の, 先生景気は, 入口から, 全員に, 八五郎の, 八畳で, 八畳を, 八畳間で, 八疊の, 六畳であった, 六畳一室に, 六畳八畳十畳といふ, 六疊, 六疊を, 共同炊事場へ, 内部が, 冷たい静けさ, 処で, 出窓の, 刑事の, 別館の, 前太い, 創立した, 勉強机でない, 勉強部屋へ, 化物に, 十九号室, 十五畳の, 十四号室との, 十畳くらゐ, 千疋屋で, 半面には, 南側障子を, 南面, 友では, 取っ附きで一体, 取附, 口から, 古い用ダンス, 各自の, 同出, 呉服売場に, 呻り, 喝采を, 喫茶室に, 四号室です, 四室を, 四畳に, 四畳半には, 四畳半一間ある, 四疊半許り, 図書部へ, 地上四階の, 塔の, 増築された, 壁までが, 声を, 夕雛の, 外廊下に, 大きい花魁, 大きな窓越し, 大丸呉服店にも, 大広間で, 大廣間, 大桟敷, 天井である, 天井に, 天井裏に, 天辺の, 奥あたりに, 奥まった豪壮, 奥座敷であった, 奥庭に, 女を, 女房の, 女部屋, 妻の, 妻曾能五十七歳第, 娘の, 婆, 子である, 子供部屋で, 守人が, 宏壮な, 客と, 客へ, 客二人を, 客人は, 客席で, 客蜂須賀家の, 客間は, 室にも, 家が, 家督相続は, 宿直室へ, 富寿にも, 寝室い連れ, 寝室二部屋と, 寝床は, 寝所で, 寢室には, 小さいお, 小さな室, 小デパート, 小室には, 小座敷欄干に, 小邸下, 就中二ツ目の, 居候を, 居間にかけて, 居間兼寝室へ, 屋根づたいに隣の, 屋根廂へ, 屋根裏だ, 屏風越しに, 工合が, 左右の, 帳場に, 広い客座敷, 広間天井を, 庇では, 床の間へ, 店前に, 座敷では, 座敷二つぶちぬいた, 廊下が, 廊下には, 建物で, 建物も, 弁内ドッコイショと, 張り出した出窓, 張出縁を, 彼に, 後方の, 御沙汰は, 応接室, 応接間に, 戸口や, 所も, 手すりには, 手すり間ぢかまで, 手摺だけでも, 手摺り際へ, 手術室へ, 押入から, 押入れを, 摩天ビルが, 放射線室へ, 教員室へ, 文藝春秋社の, 新しい六畳, 新を, 新装社長室へ, 方であった, 方には, 方へと, 旅館は, 日差しの, 旦那あ, 旭亭が, 昇り降りが, 昇降口を, 明かりを, 明り窓の, 明るい窓硝子, 星野の, 時計塔の, 景色は, 暗い寝床, 暗き梯子, 書斎でも, 書斎兼客間に, 書生が, 書齋へ, 最後部, 木山の, 机を, 村役場では, 東向きの, 東洋宝石商会の, 東窓へ, 板の間には, 板張の, 架け出し, 柿の, 格子窓に, 桟敷を, 梯子口から, 棟木には, 椅子から, 椽側で, 楼同心園という, 楽屋へ, 模樣を, 機械室です, 檀一雄が, 櫓の, 櫺子窓から, 欄干からは, 欄干によって, 欄干越しに, 正面の, 武具室の, 段々が, 殺し場などに, 母は, 汚い四畳半, 洋室, 洋間の, 洋食中, 浅い手摺, 清交社へ, 演芸部の, 火鉢から, 灯にも, 灯火を, 無慙な, 焼落ちる, 燈を, 燈火を, 片隅を, 物干しから, 物置から, 特別室に, 特高室の, 狭い方, 狭い病室, 狹い, 生徒たちにも, 甲板に, 番に, 異人さんこないだも, 畳廊下で, 病室で, 病室まで, 病院の, 白鳥会の, 百二十八号室に, 相談所を, 眞下の, 真紀子の, 眼鏡売場で, 研究室に, 硝子戸が, 硝子戸越しに, 神山は, 私に, 秋山宇一の, 稽古を, 稽古場への, 空を, 空間で, 突き当りに, 突出床の, 窓からも, 窓ぎわへ, 窓でも, 窓へは, 窓ガラスに, 窓丈けが広く, 窓塔の, 窓密閉された, 窓框の, 窓越しに, 窓際まで, 端いと, 笑声も, 第一階, 箪笥に, 簷と, 精養軒で, 納戸か, 紙屑の, 紫琴女の, 総監室だけは, 編輯室へ, 縁などに, 縁先の, 缶は, 美人に, 美人画の, 美術室にかけて, 美麗な, 老先生, 肱掛け窓から, 臂かけ, 自室で, 色ガラスの, 花魁で, 菖蒲の, 蒲団に, 薄暗い片隅, 薄汚い部屋, 蚊帳の, 衣裳部屋へ, 表座敷を, 袋戸棚の, 裏の, 裏側の, 裏廊下から, 裏通りの, 裾は, 西の, 西向きの, 西窓が, 西角だ, 見はらしよき, 見物席への, 観覧席でも, 角座敷に, 話が, 話声は, 調に, 諸部屋, 警戒に, 貼札, 踊子部屋へ, 軒先に, 辺かんしゃく起こり, 通路の, 遊歩廊から, 遽しい空気, 部屋からは, 部屋である, 部屋まで, 重量が, 金網に, 鉄筋コンクリートの, 鋼鉄甲板二重船底動揺を, 長女幾勢は, 長持の, 開かれた窓, 間の, 闇の, 降り口へ, 陳列画を, 隅っこで, 隅にぞ, 階子壇の, 階段そこには, 階段へ, 際なる, 障子見え戸見え伯母見えぬるき, 隣室との, 離れへ, 雨戸しめる, 露台からこそ, 青や, 鞄売場は, 頂まで, 頂上に, 食堂でも, 飾りなども, 養父信栄の, 騒ぎを, 騷ぎも手に, 高い所, 高楼あり, 鴨居に

▼ 階~ (2022, 12.8%)

90 上って 40 寝て 33 住んで 23 あがって 21 上った 20 上がって 15 いて 14 寢て 13 あが, あって 11 なって, 下宿し 10 あがった, あった, 上ると, 置いて 9 来て 8 あるの, 上つた, 上る, 居て 7 いた, して, 休んで, 行って 6 ある, いるの, 上つて行つた, 坐って, 持って, 泊って, 間借りし 5 いたの, 一人で, 連れて

4 [19件] ゐて, 上つて來た, 上つて行く, 上ろうと, 住むこと, 出た, 寝ること, 居たの, 帰って, 待って, 案内された, 案内した, 残って, 灯が, 登ると, 行った, 通された, 間借りを, 隠れて

3 [28件] あがると, あったので, あるので, あるん, ある彼, いました, いる, ごろごろし, じっとし, なつて, ねて, のぼって, 上つて見た, 來て, 借りて, 同居した, 向かって, 向って, 寢る, 泊まって, 滞在し, 灯を, 籠って, 落付い, 追ひ上げられ, 避難し, 閉籠って, 駆け上って

2 [129件] あがった客, あがらうと, あがりました, あがる, あつた, あつて, あつまって, ありました, あるその, あるもの, ある自分, いたと, いた筈, います, いること, いるだろう, いる時, いる男, おりて, お休み, くつろぐ, ころがって, した, どうと, なりました, ねころんで, のぼりて, のぼると, ひそんで, ひとりで, みつけた, よりて, ゐると, ゐる筈, ゐれば, 一間しか, 三人で, 上が, 上ったこと, 上つ, 上つて見る, 上るの, 上るや, 上る階段, 上れば, 下りると, 下宿した, 人が, 人を, 人相の, 仰向けに, 何度も, 劃られ, 咳ひびきけり, 坐す, 客が, 寐て, 寝た, 寝っころがって, 寝るの, 寝るよう, 寝転んで, 居た, 居た娘, 居なかつたと, 居ますよ, 居るの, 居る平次, 居る時, 居候し, 居候を, 席を, 度たび彼と, 悪趣味そのもの, 戻って, 戻つて, 押込められて, 招じた, 振り捨てると, 木枕を, 本城を, 校正の, 案内し, 横に, 歯を, 気持の, 泊つてる, 泊つてゐる, 泊めて, 消える足音, 甲走ッ, 登って, 登りました, 登る梯子段, 監禁し, 目を, 私は, 移り住んで, 移ると, 積んだモロモロ, 空室が, 籠居し, 腰を, 臥て, 自分は, 落着いた, 行くと, 行こうと, 誰が, 起居し, 足を, 轉が, 追ひ上げ, 逃げ込んで, 通して, 通じる階段, 通ずる階段, 遊んで, 達した, 部屋を, 開催された, 降りて, 陣取つた, 隱れ, 集めて, 電燈が, 預けて, 飛上っ, 駈け上

1 [1134件 抜粋] あかりの, あがってること, あがりスタジオ, あがり仕事, あがり戸棚, あがるが, あがるより, あがろうと, あげたりなんか, あたって, あったいわゆる, あったし, あったの, あった万年屋, ありとは, ありますが, あるが, あるひろい, ある主人, ある二つ, ある倉庫, ある厭, ある塩田先生, ある室, ある寝室, ある岸本, ある控室, ある明智, ある某, ある洋酒部, ある社, ある窓, ある自分自身, ある舞踏場, ある部屋, ある鉄道ホテル, あんな弟妹, いたお婆さん, いたこと, いたので, いたん, いた中江, いた市蔵, いた耳, いた青年, いって, いっぱいの, いつも上っ, いらしった, いらっしゃいますが, いられるよう, いりよう, いるお, いるが, いるつもり, いるとの, いるよう, いる中尉さん, いる京野等志, いる人たち, いる六, いる外科医, いる婦人, いる時夫, いる白覆面, いる私, いる間, いれば, おいでなさるんでした, おっかさんが, おりそこ, おります, おり廊下, お上り下さい, お住居, お客さまが, お通しし, かかりました, かけこむと, かけた階段, かけ上った, かんきんされ, きて, くすぶって, ぐっすり寝込んだ, この火, こも, こもりながら, さっきの, さへと, しても, しました, じっとしてる, すらりと, すわって, そつと, そぼ降る雨, たった一つ, たどりつきエレベーター, ついて, つくところ, つづく螺旋階段, つれて, とじこめ安心, とどまるつもり, なお燈光, なったところ, なつた, なるはず, のこった三人, のぼること, はいり込んで, ひざを, ひっそくし, ひとりつきり, ひとり住ひ, ひろびろと, ぶら下がりしかも, ぽッ, まだ寝, まろび一枚の, むかいて, もう一間, やすみ出羽, やって来たわけ, やつて, ゆく, ゐた, ゐたん, ゐながら, ゐるお, ゐるの, ゐるやう, ゐる父, ウトウトと, ゴロゴロし, ターネフの, トグロを, ノヴァミルスキーを, ブラブラし, ポッカリ開いた, ランプが, 一と, 一ぱい患者が, 一人寝, 一人法師で, 一同の, 一年あまりを, 一部屋できた, 一階の, 三つ並ん, 三十三歳の, 三畳と, 三階に, 上がったこと, 上がり縮図本, 上がり警察部長, 上がると, 上げて, 上ったが, 上ったり, 上った気勢, 上っちゃ, 上つた一人の, 上つてし, 上つて女中が, 上つて来た, 上らうと, 上りかけましたが, 上りさつき云, 上りは, 上りましたが, 上り一眠りし, 上り座敷, 上り東側, 上り部屋, 上り露台, 上るのに, 上れないもの, 下宿を, 与へた, 並んだ座敷, 主人夫婦の, 乗ってから, 九つ梯子が, 二人の, 二人まず, 二室ある, 二室二階に, 五日間泊め, 五間下に, 今いった, 仕切り沢山, 伝へられたとも, 佇みぬ, 住ってる, 住みながら, 住み込み野菜畑作り, 住むん, 住む桃沢花, 住わせた, 住んだこと, 住んでるシャブラン少佐, 住処を, 作った第, 侵入し, 停り七階, 僕と, 光を, 入つて隱, 入れるわけ, 八人下宿し, 其モルモットの, 出てる感じ, 分って, 加野は, 動き何, 十日あまり泊っ, 南原杉子は, 参って, 及ぶほどの, 収める事, 取り巻かれて, 叫んだ, 合図を, 吉左衛門は, 同居さしてる, 同居し, 向つて, 呈す, 呼んで, 喫茶部を, 四五人の, 四宮理学士が, 在る人物, 在る呉羽嬢, 坐つて, 報じたもの, 売れ残って, 変って, 外に, 大きいテーブル, 大きな張りぬき, 大体ひとり仕事する, 大学生は, 大穴が, 大車輪で, 夫婦で, 奥さんと, 女房と, 好んで起き臥し, 子どもが, 守人を, 客の, 客を, 宿を, 寄宿の, 寐ね, 寛濶な, 寝かされること, 寝ころんだまま, 寝させて, 寝たり, 寝てる方, 寝よう, 寝ると, 寝る我, 寝床を, 寝泊りし, 寝起して, 寝込んで, 寢た, 寢泊りし, 導かれた, 導きました, 尾世川は, 居たため, 居たら書棚, 居た樣子, 居ても, 居ながらでも, 居ました, 居られる処, 居ります, 居るじゃ, 居るね, 居る女房, 居る文科受驗生, 居る私, 居る身, 居を, 居合せた人, 届く, 帰える, 帰りました, 平家は, 広津柳浪と, 床を, 座って, 引かえ, 引き留めて, 引つ込んだばかりの, 引張って, 引越したの, 張りだし窓, 張出しが, 当る三間, 役者紋ぢらし, 待ちしびれ, 得体の, 徳松と, 忍び込み, 忘れて, 意気な, 我等は, 或日宿, 戻るかと, 手掛りが, 手摺を, 扶け, 押しあがって, 押し込められて, 招じ, 持ち運んで, 据えて, 掘り當, 斜めに, 於ける室, 旅泊し, 早寢, 昇って, 昇つて行つた, 昇り来りたる, 昇り父, 昇ろうと, 昼寝し, 暗いランプ, 暮らして, 本が, 朱まみれな, 来た時, 来てるよ, 来客が, 松崎の, 校長の, 案内されました, 次郎兵衛を, 歸つた, 残されすでに, 残ってるか, 残るかたち, 殘つた手代の, 氣の, 治療機械を, 泊ったよ, 泊ってるから, 泊つて居た, 泊りに, 泣き伏したまま, 洋燈を, 浴室の, 満ち霜, 灯りが, 焼物なぞを, 燈がか, 燻ぶつちや居られません, 父と, 片足を, 犇めき上って, 獨り, 現れる, 琢次の, 甲走ツ, 異常な, 発見され, 登つて來た, 登つて行きました, 登つて見ました, 登つて雨戸を, 登り四年以前別後, 登り清太郎, 登るところ, 白痴を, 皆が, 監禁さるる, 目刺を, 県下の, 眠って, 眠れる多, 眼を, 碁石の, 私と, 私一人だった, 移して, 移って, 移らぬ前, 移転し, 稍や, 空いた寝床, 立ち匂い, 立つ, 立つ婦人, 立籠る, 竹本相生太夫を, 籐椅子が, 籠つて居るらしい, 籠城で, 納まって, 絨緞が, 続く, 縛められて, 縛りつけて, 縣下の, 置かれた石膏, 美人が, 考へ, 聲を, 膝を, 臥せって, 臥り, 良い陶器, 花合わせや, 若い男女, 落着い, 蒲団を, 薬屋が, 行かうか, 行くこと, 行こうや, 行ったり, 行つた自分を, 行つて今夜ぢゆう, 西洋風の, 見える弱々しい, 見し人, 見つけるよう, 設けた仮調室, 誘い上げた, 誰か, 貸間あり, 走つて, 起き臥しして, 越して, 車寄せなんか, 転が, 転がって, 迎えた時, 近づいて, 近よらない, 追いあげて, 追い上げられて, 送り同行, 通されても, 通されるという, 通ず, 通つたと, 通つて家の, 通りさも, 遁げ上らん, 運ばれジルノルマン氏, 運ぶの, 達して, 達するまでには, 適当な, 避け諸方, 酒の, 里子を, 鉄人, 鎮安する, 閉じこもり磯貝, 閉じ籠め, 閉ぢ籠つて書い, 閉籠つて人の, 間を, 間借りした, 間借を, 間鴨か, 陣どつて, 陣取り幽霊, 障子を, 集って, 集つてゐる, 集まったもの, 集まって, 雨戸を, 電気が, 電燈を, 預けること, 頬づえついて窓から, 飛び上, 飛上りました, 食卓を, 飴売の, 飾られた, 馳け, 駆け上った, 駆け戻って, 駈け上りました, 駈け上る, 鶴さんが

▼ 階~ (2012, 12.8%)

195 上って 92 あがって 47 上がって 34 行って 29 上ると 25 上った 24 あが 21 あがった 20 来て 16 登って, 連れて 15 あがると, 上つて行つた 14 のぼって, 上つた, 案内した 12 上がった, 上る, 持って 10 上つ, 帰って 9 上が 8 お上り, 昇って, 行った 7 つれて, 上る階段, 持つて, 案内され, 案内し, 行くと 6 上つてし, 上ろうと, 戻って, 登りました, 登ると, 行こうと

5 [14件] あがろうと, あげて, 上つて行く, 下りて, 來た, 床を, 戻ると, 来ると, 案内された, 案内する, 行きました, 越して, 通ずる階段, 通って

4 [13件] かけあがって, 上がると, 上がろうと, 上げて, 上つて来た, 出て, 挨拶に, 昇つた, 移った, 通ふ, 運んで, 降りて, 駈け上って

3 [28件] あがる階段, おりて, どうぞ, ひきあげて, 上ったの, 上る時, 上れと, 上ッて, 來る, 出ると, 寝に, 引返して, 忍んで, 戻った, 昇りました, 来た, 歸つた, 置いて, 行くの, 行こう, 行つて見る, 通じて, 通じる階段, 通ると, 運んだの, 馳け, 駆け上って, 駈上って

2 [94件] あがりましたが, あがれと, あがれば, いって, いらつし, おいで, おいでな, お上ん, お帰り, かけて, かけのぼって, たずねて, とんとんと, のぼった, のぼる, はいって, もって, 一人で, 一緒に, 三階から, 上がるの, 上がるよう, 上ったとき, 上ったり, 上った時, 上つたが, 上つてお出でに, 上つて來た, 上らして, 上りなぜ, 上りました, 上りました時, 上り絵, 上り込んで, 上ること, 上るの, 上れば, 下りる気, 二階から, 去る, 取って返す, 向って, 呼びあげて, 声を, 寝かして, 導く階段, 帰った, 引き返して, 往って, 御案内, 急いだ, 戻つて, 戻つて行, 持たして, 掛けて, 昇ると, 来てから, 梯子が, 水を, 登った, 登つ, 登る時, 登る梯子, 私と, 聲を, 茶を, 行かせる, 行かなかつたの, 行く, 行こうか, 行ったり, 行った時, 行っても, 行つて清太郎と, 行つて見よう, 訪ねて, 辿りつくと, 追つかけ, 通う梯子段, 通された, 通されたが, 通されたの, 通して, 通った, 通る, 連れ込まれました, 連れ込んで, 遊びに, 運びあげた, 顔を, 駆けあがると, 駆け戻ると, 駈けあがって, 駈け上

1 [860件 抜粋] あがったころ, あがったの, あがったまま, あがったらね, あがった以上, あがった骸骨, あがっちゃったの, あがってからも, あがりかけた, あがりたった, あがり三階目, あがり唐紙, あがり洋燈, あがり自分たち, あがるときおかみ, あがる客, あがる木, あがる梯子, あがれ, あがろう, あがろう二階, あげますか, あげられ二枚襲, あばれこんで, あんな立派, いきました, いったの, いっちゃ, いらしつて, うつった伸子, おし上つてこれは, おし上つて今日こそは, おほ, おりたそう, おりたよう, お上げ, お供を, お勝手口, お島, お膳, お通しする, お通り, お通り下さい, お部屋, かえってランプ, かかった床, かくれて, かけあが, かけあがったり, かけあがり, かけた梯子, かけのぼらなかったこと, かけ上, かけ上って, かけ上りました, かってに, かつぎ上げたん, かの男, くっついて, こ, しのびこみました, しまって, そしてペント・ハウス, そっと来, そのまま上り, その階子段, ちょいと, つかつかと, つづく螺旋階段, ときどき遊び, とじこめられの, とじこもりで暮しましょう, とんで, とんとん登つて行つた意味, どっかりと, なぞお, なにか取り, にげ出し, のぼったその, のぼり, のぼりながら, のぼりはじめました, のぼると, のぼる気, のぼる階段, はいりうべき足場, はこばれるあいだ, ばたばたと, ひき上げようと, ぶちあげるきり, またあがっ, まわって, みちびいたの, めしめしと, もち上った, もどった, もどると, やった方, ゆく, ゆくの, ゆるい勾配, わたって, ゐら, エレベータアなどとは, カルヴァルは, テーブルを, トン, ハンモックを, ヒョイと, マキを, 七輪と, 上がったが, 上がったの, 上がらずに, 上がりかたく, 上がる, 上がる足音, 上がる階段, 上げたが, 上げないこと, 上げまして, 上げられた, 上げると, 上ったあと, 上ったこと, 上ったならば, 上ったら名前, 上ったん, 上った来たよう, 上った酒井, 上った頃, 上ってから, 上つたところを, 上つた女中に, 上つた時そこからは, 上つた時今度空いた, 上つてだるまを, 上つてゆき, 上つて了つた, 上つて先生の, 上つて大急ぎで, 上つて小さな, 上つて床を, 上つて来や, 上つて棺前に, 上つて私の, 上つて行かう, 上つて行つて部屋の, 上つて見ましたら, 上つて見る, 上らせた, 上らぬこと, 上られた菓子屋, 上らんとして, 上りかかれ, 上りかけたとき, 上りかけて, 上りすぐ, 上りひそか, 上りましたが, 上りまして, 上りサッサ, 上り今, 上り今日, 上り再び, 上り切つて, 上り坐, 上り女中代り, 上り屏風, 上り御酒, 上り戸, 上り甚蔵, 上り畳, 上り自分, 上り蚊帳, 上り部屋, 上るし, 上るなり, 上るべからず, 上る事, 上る力, 上る唯一つ, 上る奴, 上る楷子段, 上る気持, 上れ, 上れるよう, 上ツて, 上下する, 下りたジュズイ氏, 下り案内, 丸太で, 乗り込みやしょうか, 五十銭会費で, 人質の, 今夜も, 伴ひ, 伺候し, 何か, 何べ, 兄さんたちを, 入いる, 入つた事さ, 入らつし, 入ると, 入る方法, 其男を, 出た, 出向いた, 刀を, 別々です, 動くという, 升って, 南向きの, 収容せられた, 取つて, 合図を, 名古屋行の, 向けた, 向ひました, 君が, 吹き滿, 呼ばれた, 呼び上げられたという, 呼び付けて, 命令を, 四階から, 四階へと, 坐り込んだ後, 夕食を, 大きな釜, 大臼, 姿を, 客を, 寄って, 寝て, 寝る, 寝床しかせ, 寢た, 寢る, 導いたの, 小郷に, 屆いた, 帰ってから, 帰りますと, 帰るから, 帰る事, 帰掛けに, 庇を, 床とり, 引あげた, 引きずり上げた, 引き上げおった, 引き返した, 引っ越したの, 引っ込む場面, 引つ込むと, 引上げる, 引入れて, 引出された, 引取つ, 引取り, 引移った, 引移り, 引込んで, 引返しました, 引返すと, 引返すには, 彼等の, 往ッても, 往復する, 徙った, 御昇り, 心からの, 忍び込んで, 懸上る, 戻つて行つた時, 戻りました, 戻ろうとも, 投げあげた, 折助が, 抛つたんだ, 抱き上げて, 押し上, 押し上げたという, 押し上っては, 押上げたり, 押上げられ, 押上って, 拔ける, 招じあげ, 招ぜられた, 持上げて, 探しに, 新夫婦, 昇った人間, 昇つてし, 昇つて寢て, 昇つて直ぐ, 昇つて行つた, 昇りまして, 昇る廊下口, 昇る梯子, 明りを, 月田一郎扮する, 来いと, 来たところ, 来たらば, 来ません, 来ませんか, 来ること, 来るまでには, 来給え, 来訪された, 案内させた, 案内されました, 案内しました, 案内します, 案内せられる, 梯子を, 樋口の, 横尾, 歸つたさうです, 歸つて晝間の, 歸らう, 残して, 毎日遊びに, 永久に, 浅井も, 消える, 潜んで, 燈火を, 現れた顔, 現わし, 現われた時, 男を, 登った閑枝, 登つたものは, 登つた人は, 登つてあんな, 登つて清太郎さんを, 登つて行きます, 登つて行く, 登つて見ました, 登らんと, 登りかけた平次, 登りたくなかった, 登り切ると, 登り甚蔵, 登り窓, 登るには, 登る十三段, 登る工夫, 登る緩い, 登る階段, 登れるよう, 皆を, 直ぐ様, 直通にな, 着替へに, 知らせろ, 移つた, 移つて少し, 移つて洋食を, 移ります, 積み込まれること, 立てこもって, 立戻, 節子を, 籠城する, 籠城でした, 納まって, 續い, 置いとくよりも, 聞えよがしに, 聽こえる, 自由に, 臼を, 舁ぎ上げられた, 舞台姿の, 落ち着くの, 落着こう, 蚊帳が, 蟇口を, 行かうとして, 行きましたが, 行きましょう, 行きませう, 行きませうか, 行き例, 行き隣りの, 行くのに, 行くもの, 行くらしい階段, 行くんぢ, 行く狭い, 行けと, 行こうとして, 行ったとき, 行ったの, 行ってろ, 行つた, 行つたのも, 行つた娘を, 行つた後で, 行つてお, 行つておやすみ, 行つてハツと, 行つて來る, 行つて其處から, 行つて宜, 行つて廊下の, 行つて暫らく間ごつき, 行つて曹達水に, 行つて窓際の, 行つて見ました, 行つて話し, 行つて話す, 裾を, 誰か, 調べに, 走せ上って, 足早に, 足音荒く, 跳び上る, 躍り上つて, 載つて, 辿りつくの, 返って, 迷ひもせず, 追いあげられて, 追いあげ二人, 追い立てたそう, 追うて, 追って, 追ひ上げ, 逃げあがったが, 逃げのび布団, 逃げもどった, 逃げ上りゃがった, 這いあがった, 這ひ, 通いつづけた, 通された室, 通され部屋部屋, 通した, 通じた階段, 通すと, 通ずる幅, 通ずる梯子段, 通ったこと, 通ふこ, 通らずに, 通るぞ, 逢ひ, 連れあがって, 連れ上げた, 連れ込まれたが, 連れ込む, 逼ひあがつた, 運ばせた, 運び初め, 還つて, 部下の, 閉じ籠った, 降りた私, 降りるのに, 降り二階, 隠れたに, 集まって, 集まると, 雪崩れを, 雪駄を, 顏を, 飛びあがって, 飛び上がり清太郎, 飛んで, 飛上りました, 馳上った, 駆けあが, 駆けつけて, 駆け上, 駆け上がって, 駆け上るそして, 駆け登ろうと, 駆上って, 駈あがって, 駈けあがった, 駈けあがつた, 駈けあがろうと, 駈け上がった, 駈け上ったじゃあ, 駈け上られました, 駈け上りほんま, 駈け昇った, 駈け登つた, 駈上がり, 駈上らせた, 駈下りて, 驅け

▼ 階から~ (957, 6.1%)

97 降りて 55 下りて 19 おりて 10 突き落した, 見て 9 二階へ, 落ちて 8 見ると 7 降りると 6 飛降りて 5 三階へ, 顔を, 首を 4 一階へ, 母屋の, 眺めて, 降りたの, 馳け

3 [12件] 一階まで, 上の, 下へ, 女の, 庇傳ひ, 目薬的な, 聞えて, 見おろすと, 階下へ, 階段を, 飛び降りて, 駈け降りて

2 [47件] お艶, きこえて, 三階までの, 上が, 下して, 下って, 下まで, 下を, 五階まで, 五階までの, 先に, 六階へ, 呼びおろして, 四階へ, 塀を, 塀伝いに, 外に, 大急ぎで, 天降っ, 屋根伝いに, 差して, 庇伝いに, 往来を, 手裏劍を, 招くしかも, 持って, 果物籠を, 槍の, 洩れて, 町の, 聞える, 脱け, 裁縫学校へ, 見あげると, 見下ろして, 見渡せば, 覗いて, 足音が, 遠眼鏡で, 金兵衛は, 降りた後, 降りること, 降りる時, 階下まで, 障子を, 飛び下りて, 飛んで

1 [562件 抜粋] あおむいて, あの變, あの身動き, あるべき筈, いきなり名, うえは, うちの, うら縁, おぜぜを, おちたらしいの, おとし穴, おまえの, おりようと, お勝手も, お勝手や, お姿, お嬢さんが, お民, お清, お鶴, かけおりる音, かやが, きれいに, ぎくしゃくした, こちらを, この様子, この研究所, この草履, この頃連夜, こんな芸当, さういふの, さらに階下, して, じっと隣り, すぐに, すぐ見下ろされる, すらすらと, そっとのぞい, その人, その姿, その様, それを, ただならぬさけび, たばこの, だ, ちらと, であった, ですか, でないと, とびおりるくらいへ, とび出して, とび降りて, ながめたり, なんとも返事, にげる, のがれだそうと, のそ, のぞいたが, のぞくの, ひとめに, ひとりの, ふと瞰下, ほうり出されたよう, ほぼ眼, ぼってりした, まっさ, まるたで, もちよ, もとなる, やがて呼び, やっと下り, よねの, よんで, わずかに, エスカレーターに, カンカン寅, カングリ警部の, ガーリヤの, ギターと, ギンと, コンフェッチーが, タタタタという, トランク柳行李などを, ドシドシ投出す, ドヤドヤドヤと, ドンチャカジャカジャカという, パイプを, パッと, ローリーさんが, 一人の, 一同の, 一度東京, 一足も, 一雪を, 丁度彌太郎, 七八人真っ, 七階の, 七階までの, 三十八九の, 三十歳あまりの, 三四人の, 三階にわたる, 三階の, 三階へと, 三階への, 三階まで, 三階三階から, 上がって, 上だけを, 上な, 上には, 上は, 上へ, 下に, 下の, 下りかけて, 下りたお, 下りようと, 下りる事, 下り靴, 下ろされたの, 下田の, 不忍池, 並木の, 中学出の, 中庭にまで, 主人の, 乗るの, 二つの, 二三人の, 二人ばかり, 二階へと, 二階三階と, 五間とも, 人が, 人に, 人の, 今度は, 今日は, 今里の, 仕事場が, 仰いだ広重, 仰ぎあるいは, 仰ぎ見て, 会津の, 伸上っ, 何うし, 何心なく, 例の, 便所への, 倉島君が, 僅に, 兄が, 先生が, 六甲山も, 六階まで, 其処の, 内儀を, 出たん, 出て, 出ようと, 出発し, 出窓を, 前の, 力の, 加集に, 勝手に, 半七, 取って, 叫んだ, 吉原への, 向かいの, 吹いたらボビー, 吹くよう, 呼び留める声, 哈爾賓の, 唐草銀五郎が, 四万の, 四階そして, 四階の, 四階へと, 四階までの, 土蔵の, 地上へ, 地下の, 地下十階までの, 地下室への, 地下室まで, 地階まで, 城趾へ, 報酬の, 塔を, 墜落した, 声援を, 変に, 外へ, 外を, 夜の, 大きな声, 大勢兵隊が, 大声で, 大柄な, 大火鉢, 大砲は, 大臣と共に, 天下った事, 奇月が, 女が, 女どもが, 女中さんに, 女房が, 妹たちも, 威勢よく, 家根付の, 寄席や, 富士が, 富士春が, 寮の, 射す灯, 小さくそっと, 小さな火, 小娘が, 少年を, 屋上に, 屋外まで, 屋根う, 屋根づたいに姿を, 屋根に, 屋根下まで, 屡々和助, 川を, 川向うへ, 差覗いた, 巴里の, 幕内相撲の, 平土間まで, 幽霊だけを, 幽霊の, 庇を, 庇合へ, 庖丁を, 店二階へは, 座敷に, 座敷牢の, 庭へ, 庭へと, 廻廊の, 引きずり下して, 引出して, 引立てられる時, 彼方の, 往来へ, 徐々と, 御覧なすった, 復た, 懐中鏡で, 我が発行所, 手たたい, 手洗場に, 手燭し, 手紙を, 打つたん, 投げた匕首, 投げると, 投り出し, 抛つたの, 抜けて, 押し込んで, 担ぎおろされて, 担架で, 拙者へ, 捨てる白粉, 撃つたとしか, 斜め眞上に, 斜め真上に, 斜違な, 斯う云い, 新造の, 新顔が, 書生どもは, 替る替る首, 最上階まで, 有明海を, 望まれる, 望まれる裏山, 望んで, 木立の, 本屋の, 来た燈火, 来るか, 栄養不良な, 桑畠の, 梯子段の, 梯子段を, 森を, 樣子を, 歸つた人の, 死骸を, 段段段, 毎朝テクテク歩い, 毛が, 浅田屋の, 浅黄の, 海の, 海を, 消えたところ, 涌子は, 淺黄の, 湧上が, 漏れる長唄, 漏来る, 火の見へ, 火は, 火鉢が, 炬燵を, 無理に, 煙が, 熊野川の, 燈火が, 物干し場に, 犯人が, 狭い階子, 狹い, 玄関の, 玄関へ, 番頭さんが, 異樣, 白井権八の, 白粉の, 監視され, 目薬という, 目薬にも, 眺めたあの, 眺めた夜, 眺められる住吉, 眺る, 眼薬式の, 着手しよう, 祖父に, 祭壇を, 私たちを, 私は, 私を, 秘かに, 秘密の, 空の, 突き出た露台, 突き落されて, 突き落す, 突き落とされて, 突出され, 突然, 突落された, 突落した, 突轉が, 窓下の, 立ち出た, 紅葉した, 素頓興な, 細い階段, 紳二が, 紺青に, 綱を, 聞えること, 聞える父, 聞き覚えの, 聞く度, 聞こえやした, 脱出する, 舞台へ, 舞台を, 舞臺は, 舞踏の, 花々しい太鼓, 芸者の, 若いまだ, 茂七さんの, 茶の間へ, 落ちたの, 落ちた人, 落ちた死体, 落ちた臼, 落ちた豆, 落ち私, 落つこつて, 落としたん, 葉桜の, 薄明るい, 薄霧, 表を, 表側の, 裏二階へ, 裏階段を, 見えた, 見えたと, 見える, 見えるところ, 見えるん, 見える女学生, 見える山々, 見える椎の木, 見える町, 見える町家, 見える線路, 見える黒い, 見おろした表通り, 見おろした黒い, 見おろして, 見つけた, 見へるエリ, 見る小木, 見る湖, 見上げた空, 見下される狭い, 見下す下, 見下ろしたジュセッポ, 見廻りに, 見張りを, 見渡すと, 見送って, 見降して, 見降ろして, 覗いた投機家, 覗くと, 観る, 誰にも, 谷と共に, 走り下りて, 起きて, 足音も, 身を, 身投げした, 転げ落ちたはずみ, 転げ落ちて, 軽い小説, 返事が, 逃げ出したの, 逃げ出して, 逆樣, 逆落しに, 途方に, 通した長い, 通す仕組, 遠く溪, 部屋の, 酔客の, 重い草履, 金切声で, 銀杏返で, 鏡台山を, 閃めく, 降って, 降りあきらめきれずむらむら, 降りかけると, 降りたが, 降りた時, 降りなかつたの, 降りようと, 降りるとき, 降りるところ, 降りる気勢, 降りる跫音, 降る座蒲団, 陽気な, 階段に, 隣りの, 離屋の, 靜かに階子を, 頓狂な, 頭の, 顏を, 顔見合せ, 飛ばした, 飛びおりたよう, 飛びおりたり, 飛びおりて, 飛び出したい, 飛び降りたつて眼, 飛び降りようと, 飛び降りる, 飛び降り自殺, 飛び降り足, 飛ぶやう, 飛んだ学生, 飛下りて, 飛降りた中年, 飛降りた八五郎, 飛降りた時, 飛降りるやう, 飛降り自殺, 駆け下りると, 駆け下りる時, 駈け下り, 駈け下りて, 駈け下りました, 駈け着けて, 駈下りた, 駈降りました, 驅け, 黙つて珈琲

▼ 階~ (935, 5.9%)

13 あつた 12 寝て 8 私は 5 はお, はなく 3 それを, はまだ, ビールを, 人の, 仕事を, 女の, 寢て, 手紙を, 目を, 私を

2 [44件] おしめを, お父さんと, これを, ね, ねころんで, ねる, のべ鏡, はある, はよく, は下, は何, は市内, は由ちゃん, ひとり朝寝を, ぼんやり窓, エレヴェーターを, カルタの, セリフを, 一杯やる, 二人が, 二人は, 五六人の, 何か, 何を, 勉強し, 十五夜の, 広島ペンクラブと, 待つて, 御勉強, 日記を, 書くこと, 此方を, 爆弾に, 男と, 石順の, 私の, 簡素な, 臥て, 自分の, 見たこと, 變な, 開かれた, 降りて, 風に

1 [774件 抜粋] あけて, あても, あなたと, あの娘, あの寒村, ある日, あんまどり, いどまれて, いろいろと, うえに, うしろむきに, うとうと睡つ, おじいさんの, おとなり, およんなさるの, おりて, お京, お会, お呼びだっせ, お妙ちゃん, お寝み, お待ち下さいます, お掃除, お登和さん, お糸, お話なさる, お邪魔, お銀栄太, お駒ちゃん, お鳥, きき覚え, けい古九時すぎ迄か, ことも, この倒錯感, この沼, これが, これ等新派の, こんな椿事, ごろりとし, ごッ, さしむ, させて, しくしく泣い, しばらく暮した, しばらく飲ん, しみじみ昼寝, すき焼を, すべての, する足音, そういった, そこから, そのあつ, そのしぼられた, その六畳, その禿, その話, ただでさえ, だだっ広い人気, ちょっとお辞儀, ちょっと気軽, つまらない日々, とびおりるのはあぶないし, どんな相談, ねもうせん, ね坐っ, は, はありますまい, はいま帆村探偵, はいる, はきのう, はこれ, はさかん, はせっせと, はその, はどの, はない, はのぞく, はまた, はまったく, はキャフェ・テリア, はダンス, は一ドル二ドル, は三味線, は二人, は例, は取っ着き, は各, は同じ, は吟声, は大沢, は実に, は尾沢, は左手, は幽霊, は往来, は感じなかった, は昼間, は木, は次郎, は歩度, は浮腰, は渡邊織江, は灯す, は犬, は田山白雲, は白猫, は砂糖, は稀, は稽古最中, は良吉, は芸妓, は話, は豆腐, は連日賭場, は酒宴, は長靴, は風, ひそひそ話を, ひとりしずかに, ひとり寝転ん, ひらかれたとき, ひらかれると, ぽつんとそういう, またことごとく, まだ唄っ, みな一緒に, みのるに, ものを, やすんだ, やろう, ゆき子が, よいの, よくこの, よくそんな, よく絵, よんだ紅葉, アルバムや, アンデルゼンの, イヤだ, エプロンを, グウグウ午睡を, コトンコトンと, チキンコロッケと, チャランチャラン遣っ, ニャーゴニャーゴ鳴い, ニュースの, ピアノが, ピイピイ泣い, ピラミツド型の, ベルを, マニキン学校卒業の, ミシリと, ミンチン先生が, 一人寝かされた, 一休みしましょう, 一夏を, 一寸誰, 一気に伸び伸びと, 一発の, 一盃の, 一緒に, 万年筆で, 三人何を, 三十分ほど, 三晩ほど, 三鉄輪で, 三高生に, 上田君を, 下の, 不活溌, 久々か, 二三の, 二三度逢った, 二人きりで, 二人だけで, 二十一から, 二通りの, 二階は, 京極と, 人々の, 人形と, 人形をか, 今の, 今度の, 以前の, 休んで, 休憩です, 会ったが, 伸子は, 低い天井, 住んで, 何だか楽器, 何と, 何にも, 何の, 何時までも, 何者やらに, 便る深夜, 停めて, 傍には, 僅, 働いて, 八人芸を, 八橋から, 八百室その, 八監は, 其處から, 其處にも, 冷コーヒー飲みつ, 出る人, 出版元の, 初めて出逢った, 初めて現れた, 刺したの, 前に, 勧工場式の, 十度です, 十月の, 十畳の, 午後を, 半分ほど, 半蔵が, 南原杉子は, 厭な, 又俳優協会, 又寝た, 又盛ん, 友人と, 受けた, 受けた怪我, 叩いて, 合奏を, 吉左衛門は, 同郷の, 吹いて, 呑んで, 呼鈴が, 和英字引を, 喚いた, 嚏してる, 四畳半の, 四間ぐらいの, 囲つた, 型ばかりの, 塚田升田が, 売春させ, 外出着に, 夜どおし壺, 夜中まで, 夜着を, 大いびき, 大して高く, 大っぴらに, 大声で, 大睾丸, 夫に, 夫人は, 女中に, 女中も, 始めて見た, 学校ごっこを, 客を, 寝ころがって, 寝ころんだ, 寝てるので, 寝ながら, 寝床が, 寝泊りし, 将棋を, 小さい体, 小説を, 少しお, 少しづつ, 山平と, 山木と, 己の, 帳合せを, 床に, 床を, 建坪一万一千平方キロメートルの, 弄んで, 弱々しい女, 彼が, 彼は, 往生する, 待って, 御ゆ, 御寝なされ, 御面会, 復た, 徳山に, 忘年会とかいう, 怪談会を, 恰も南畫, 惜しいこと, 感じたと, 感じたよりも, 懇親会を, 懺悔なさりませ, 手に, 手紙などの, 手間取り八五郎, 拭き掃除を, 探しもの, 揮毫を, 数学の, 料理を, 斯んな, 日あたりを, 日なたに, 日向ぼっこ何となく, 日記, 旦那樣の, 昏, 昨夜遅く, 昼寝し, 昼寝してる, 時々無器用, 時折見かける, 暫く, 暫くお待ち, 暮して, 暮すでしょう, 書きつけた大和路礼讃, 書生流に, 月か, 月見を, 木遣の, 本を, 本読み僕は, 机辺を, 来月一日まで, 東照宮の, 松田さんに, 林の, 果敢ない姿, 柔術の, 校正を, 椅子が, 横たえてから, 横に, 止まって, 止まるも, 此處から, 殆ん, 段々近眼, 殺されて, 母上の, 毎晩の, 毎朝寝巻の, 氷嚢を, 汗を, 油を, 治六を, 泊りました, 注文先からの, 津藤が, 浴衣がけの, 海に, 済むの, 渠の, 滅多な, 潮時を, 瀬戸物を, 火事が, 煙草を, 父と, 物質にも, 物音を, 犯人の, 独り坐っ, 猫が, 玩具の, 珈琲を, 田之助を, 甲州の, 畳の, 病んで, 病死した, 病氣の, 発見された, 登り降りする, 皆に, 直々に, 相談事が, 眼を, 瞑想する, 石油箱を, 碁会所を, 神尾主膳と, 私に, 稽古し, 窓から, 窓を, 立つ十一時, 立騒いだ, 籘椅子に, 糺の, 紅に, 納戸の, 紙燭油火蝋燭を, 絵描き山田伸吉に, 絹子は, 総ざら, 縊死し, 義太夫の, 羽織を, 聞いたあの, 聞いたどっと, 聞いて, 膝詰の, 臥たり, 臥床中, 臥転ん, 臺所一切つき, 舞ひ, 良人は, 芝居を, 花引いてる, 荷物ごしらえ, 荷物拵へにか, 落ち合って, 落合ったの, 蒔絵の, 蒲團を, 薔薇を, 藤間光奴という, 虫の, 蜆汁冷豆府どころで, 行われた, 裁縫を, 裸に, 見かけること, 見た時, 見て, 見張って, 親切な, 親戚だけの, 親爺に, 討って, 記すこと, 診察を, 試験し, 話したこと, 話したと, 話しては, 話し声が, 話を, 読んだ何, 読書ピョン, 誰かと, 調べました, 貴方の, 貸間が, 賭博を, 赤ん坊を, 起き上つた気勢, 起ったの, 起臥し, 軍鶏の, 軽いもの, 追従たらたら, 退屈し, 遅くまで, 遇った事, 遊ぶこと, 遊んで, 那波, 那波と, 部屋の, 酒を, 酒をの, 酔いつぶれたの, 酔つてゐた, 里子は, 野菜サンドウィッチを, 鐘の, 長い欠伸, 開いて, 開かれた十五人, 階下の, 階段を, 雨の, 電報の, 電気に, 電話を, 額の, 風が, 風を, 食事ポタアジュチキンパイマカロニ, 飲みはじめて, 飲む牛肉, 飲んでる分, 馬田と, 騒々しい音, 騒いだの, 騒ぎ出したの, 髭を, 鳥の, 鷄二と

▼ 階~ (731, 4.6%)

54 借りて 40 降りて 26 下りて 19 降りた 12 下りた 8 おりて, 下りる, 見上げた, 降りると 6 見上げると, 貸して 5 見せて 4 かりて, 上って, 見上げて, 見上げながら, 踏んで, 間借りし, 限りと 3 下りると, 借りた, 借りること, 自分の, 見て, 見ると, 見上げました, 見上げましたが, 覗いて

2 [34件] たてそ, ちよいと, つくりて, のぼりぬ, のぼるサンタマリヤ, 上がって, 上げた大きい, 上りて, 上ると, 下りるの, 人に, 傳ひ, 占領し, 建て増して, 引き払って, 持つて, 掃除し, 昇って, 昇ると, 栗鼠の, 歩いて, 登って, 登つて行く, 登り中央, 登れば, 私の, 襲ふ, 見に, 訪ねて, 踏みて, 逢いびき, 重ねて, 間借し, 降りる

1 [408件] あおぎました, あがったり, あがって, あがりつめて, あげ其處, あとへ, あらためましたか, あるいて, いくつも, いそいで, いつまで, いろいろと, おりてから, おりる, おり懐中電灯, おり裏玄關, おり魏延, お紋, お貸し, かけて, かけ下りて, かして, かりてるそこ, かりるわけ, くだって, ころげ落ちるよう, こんなに明け放し, さかんに, さがしまわった, さがし当て, さされました, して, しらべ楽屋, じっと見上げ, すっかりつかっ, すっかり装飾, すみからすみ, そうやっ, そっと見上げた, そのひと, そのま, その上, その見合い, たよ, ちょいと, つきぬき階下, つくしたただ, つたつて来た, てらしました, とび降りた, どうしても見棄てね, どんどんあがっ, なし靡く時, なせり, のぞきこむと, のぼって, のぼり, のぼりおりし, のぼりきった室, のぼり大日堂, のぼる時, ひき払って, ふきこむので, ふませた後, ふり仰ぐと, ぶっ通した, ぶらつく時, へだてて, みた, みつけ雨宮紅庵, もったお茶屋, もった座敷, もって, ゆく間, ゆるがすよう, ゆるがす合唱, よくしらべなおせっ, よじ昇ること, わかつ壁, アトリエに, チョイトゴソゴソやって, チラリと, ドン, フィレンツェ市外の, ヴァイオリンを, 一と, 一ト段ふた, 一人が, 一度明け, 一間借り, 三段登る, 上がりきらぬ所, 上がること, 上がるだけ, 上った所, 上つた, 上つたところに, 上つて賽銭箱の, 上りおぼつかなき, 上りつめると, 上り下りし, 上り切ったが, 上るに, 上れば, 下って, 下て, 下らねば, 下り, 下りけり, 下りざま, 下りしなに, 下りたが, 下りたその, 下りたところ, 下りた時, 下りながら, 下りぬ怖, 下りましたから, 下りましたっけ, 下りるとき, 下りる事, 下りる足, 下り来るは, 下り舍人等, 下り舟, 下り蕃使, 下り見れば, 下り馬車, 下ること三四町, 下ると, 下るの, 不便と, 二分し, 二間くらい, 二階を, 云うの, 仕事場に, 仕舞って, 仰ぎました, 仰ぎ奥さん, 仰ぎ視ると, 仰向いて, 会場に, 作つた, 使つてゐる, 借りさせて, 借りたこと, 借りたところが, 借りたの, 借りたんぢ, 借りた六畳一間ぐらし, 借りた家, 借りてるの, 借りに, 借りるぜ, 借りるので, 借りる事, 借り大工, 借り役所, 借り自炊, 僕が, 先に, 出て, 出逢い所, 分け合って, 利用し, 勘弁勘次は, 升る, 厭む人が, 去つて, 去らずお, 取つて迂回, 叱る主, 合せて, 同じ方向, 呼んだ, 四階に, 埋め草, 堰かれて, 壞し, 大聲, 夫妻の, 奏した, 妻君に, 定め七, 客間に, 宿屋に, 居部屋, 山霊の, 平次は, 年内の, 建つると, 建てて, 建てるの, 建て五十八年, 廻すこの, 廻す者, 引取った, 弟と, 当に, 彼に, 待ちかまえて, 徐徐と, 思い出した同居, 恐懼し, 意識し, 成し方今, 我物顔に, 打っこ抜いたそう, 打っと, 押廻し, 拝借し, 持つ中村屋, 指さした, 指さしました, 指して, 指しました, 指差し, 指差し喉の, 指麾いた, 振り仰いだお, 振仰ぐ, 捜した, 捜す, 捻じ取り三たび, 捻ぢ, 掃除しろ, 揺ぶつて, 撰んだので, 攻撃した, 放れて, 教え低, 教場に, 散りざくら, 数年前から, 数段上へ, 整理させ, 昇った, 昇り観測台, 明けさせて, 明けっ放して, 明けて, 明けひろげ, 明渡しましょう, 書斎に, 書齋に, 月三円で, 月三圓で, 有するので, 木魚が, 来る音, 根城として, 案内します, 棄て去つたの, 検べた所に, 止められるぐらいは, 残すこと, 毀つて, 汚すなかれ, 洋食の, 済ましても, 片づけすぐ, 片づけに, 片づけには, 片づける片づけたもの, 片付けながら, 片付ける時, 特異な, 狙つてゐる, 画室に, 画室兼住居に, 登った, 登つた人とは, 登つた鐵檻の, 登つて來て, 登つて始め, 登りくる姥捨山, 登りし人, 登りつくすと, 登りつめた中央, 登り終れるところ, 登るに, 登れり, 目で, 眺めた, 眺めたり, 眺めて, 睨み上げて, 睨み上げながら, 睨めあげて, 瞻めた, 禁じられても, 私が, 私は, 私達に, 積んで, 積重ね穴蔵, 空け渡すよう, 窺き, 策源地と, 綺麗に, 締めて, 締めるから, 編輯室下を, 繪師は, 置いて, 罵つて, 股に, 脱出し, 芝生へ, 若い男, 見あげた, 見あげたり, 見あげて, 見あげると, 見せたが, 見たこと, 見つめるばかり, 見てから, 見ないの, 見ながら, 見なければ, 見よう, 見ようじゃ, 見ようぢ, 見るの, 見るよ, 見る気, 見上げ, 見上げたお初, 見上げたが, 見上げたまま, 見上げたり, 見上げない, 見上げますと, 見上げる, 見回りに, 見挙げて, 見渡すと, 視つめた, 覗きました, 覗きましたが, 覗く, 覗くと, 覘て, 観潮楼, 観潮楼と, 訪れるお次, 訪問した, 誇る高層ビル, 誰か, 買い切ったよう, 貸したら女中, 貸した女, 貸し私, 貸すこと, 賃借りし, 走り出たとっさ, 足溜りに, 跳び下りて, 踏みつつ, 踏み外した後, 踏み幸福, 踏み神あかし, 踏み経たこと, 踏むこと, 踐み, 逃げだし七階, 逃げ出したん, 這うよう, 通らず二階, 造りてなれり, 逢曳き, 重ね, 閉めて, 開け放して, 間借りする, 間借りを, 防範せんと, 降しが, 降って, 降り, 降りかけた, 降りかけた牛若, 降りたが, 降りたの, 降りた二人, 降りた後で, 降りつつ, 降りてと, 降りては, 降りようとして, 降りるに, 降りるやいなや, 降ると, 降るの, 除いて, 隔つる身に, 隔てて, 飛び出して, 飛下りると, 飛廻って, 馳け, 馳せ下り巫女, 駆け降りた, 駆下りる, 駈下り, 鳴らして

▼ 階~ (384, 2.4%)

6 六畳と 3 あいて

2 [12件] これらの, しんと, どうなっ, ひっそりと, 一間しか, 二間に, 八畳と, 天井の, 屋根裏で, 手に, 松林の, 涼し風

1 [351件] あくまで彼, あったが, あとから, あぶないから, あります, あるが, いい心持ち, いうまでも, いきなり硝子, いつ頃, いわゆる, おろか奥へも, お前八角のと, お寒い, かつて翁塚, からっぽです, がら明きであった, ここに, このへや, この一室, この新しい, この芸者, これに, ごく狭い, さながらに, しんとして, すこしゆとり, すっかりベッド, すてがたい, すべて客間らしかった, そのうち, その一室, その頃, そりや, それで, たいへんに, たいへん薄暗い, たださえ, たつた一, ちゃんと煤, てっぺんから, となりの, どうだ, どうだい, どうだつ, どうだろう, どの座敷, なんだしね, ばつと, ぱら, ひどく西日, ぶっ通し, ほてりで寝苦しく, まだ呑め, まだ床, まだ荒壁, まっくら, まっ暗だった, まぶしいほどの, まるで野ツ原, みんなふさが, もう一ト月, もう戸, もう蚊帳, もともと一番底, もともと禁断, やはり暑い, ゆれること, よく勘違い, よしあった, ろくに締り, わたしたちで, エレベータアなどとは, ガラあき, ガラクタの, ガランと, ゴチャゴチャと, ッは, バルコニーの, フェリックス・ヴェール夫妻が, ホテリが, ホテル三階は, ムシ風呂, 一と, 一パイに, 一日陽が, 一番先き, 一監から, 一瞬に, 一種の, 一間切り, 七畳ばかりの, 七疊許の, 三つの, 三十三歳で, 三四片に, 三四間を, 三室に, 三畳と, 三畳の, 三部屋つ, 三階でも, 三階に, 三階は, 三階よりも, 上がり口が, 不便で, 不思議な, 事務室四五階には, 二人の, 二側か, 二十五歳曾能は, 二部屋とも, 二間あつ, 二間で, 二階に, 二階よりも, 五十七歳に, 五十五歳で, 五十八歳に, 五十六歳で, 五色では, 他の, 低く窓, 何となくなつかしい, 何時にも, 余り低く, 修養あり, 倉庫に, 僅か二間, 全く静か, 全体が, 全部で, 全部何時も, 全部明い, 全部雨戸が, 八畳で, 八畳に, 八畳一間, 八畳東と, 八疊一間だけ, 八角形を, 八角柱であり, 六十三歳文中に, 六畳きりで, 六畳に, 六畳ひと間で, 六畳敷ばかりの, 六疊と, 六疊一間で, 兵士どもの, 冢子蘭軒の, 凡一覧の, 出て, 十二畳敷二間で, 十六畳位ゐ, 十月半ばには, 十畳な, 十畳の, 南に, 南陽が, 危いと, 古文孝経を, 吾, 商賣, 喫茶部に, 四室も, 四畳半の, 困ります, 図書室と, 図書記録室の, 地震の, 壁が, 夏は, 夕方から, 大きな銀杏樹, 大変むし暑い, 大小の, 大掃除, 大騒動, 太い梁, 奥までに, 女将お, 女給の, 好位置, 安うございました, 宗家四世の, 客が, 客室である, 客座敷に, 客用に, 寂と, 寛政六年十月二十八日に, 小ぶりな, 小間物屋を, 川に, 常ならぬ, 常賭場, 平家に, 年三十四母曾能は, 幸に, 広いから, 広いのに, 広い座敷, 広い廊下, 広く薄暗かった, 床の間に, 店屋であり, 庭の, 廂の, 廣い, 形ばかり, 後で判った, 後の, 応接室と, 應接室と, 戸が, 戸は, 手摺つきで, 押し合うよう, 散らかりぱなし, 料理店や, 新築した, 新聞紙の, 日が, 日光が, 日本間に, 日本風な, 昇口の, 明けっぱなしで, 明るいよう, 暑くな, 暑過ぎ, 更に最大, 書斎と, 木造で, 未だ許可, 本郷に, 東京風に, 東北が, 東北及び, 東南二室から, 板戸が, 板橋で, 格子に, 格子の, 梅ヶ枝の, 梯子の, 棚浚ひ, 椅子と, 楽隊の, 概してあつい, 横に, 機根上等の, 機根中等の, 此年五十四歳で, 此年五月二十八日を以て, 此時二十三歳で, 武于竜の, 殆ん, 殊に家具, 比較的丈夫, 気の, 水楼の, 洋室が, 混み合, 温雅した, 湯治客の, 火の気も, 火鉢が, 無数の, 煉瓦造で, 父の, 片付いたの, 物置に, 物置兼用の, 物置同, 狭い三畳ひと間, 理論の, 画室にな, 畳でも, 畳敷は, 発行所の, 登記を, 白き木造, 目の, 相中大部屋, 相変らず, 真暗じゃ, 真暗であった, 石で, 石垣という, 碁会所を, 私達が, 空き部屋だ, 空を, 窓が, 窓の, 簡単な, 純然たる, 細い千本格子, 細い長い袋小路, 細君が, 結構に, 総二階, 総柱二百八十本, 縁側なし, 縁起が, 背中合せに, 色の, 芝居帰りの, 芝浦の, 若御, 荒廃した, 荒廃の, 落着か, 蒸風呂です, 薄暗かった, 蚊帳を, 行方不明に, 表ての, 表へ, 襲いか, 西洋まがいの, 見たところ三尺, 見晴し, 誰にも, 變だ, 貴衆両院議員, 貸すと, 貿易促進展覧会の, 賑わって, 足あっ, 運動具を, 達治さん達, 部屋ぜんたいが, 閑寂として, 間貸しを, 陰気だった, 陳列室と, 階を, 階下と, 階下より, 隙間風が, 障子が, 雨戸が, 靜か, 須永の, 養祖父を, 高し, 鼠の

▼ 階~ (312, 2.0%)

27 の家 9 の大きな, の建物 6 である, の家屋 5 の校舎, の洋館 4 だった, になっ, のビルディング 3 であった, であつ, のその, のアパート

2 [23件] かの大, がある, であるが, でその, で一階, で下, の, のささやか, のよう, の一坪館, の下宿屋, の商店, の大, の小さい, の小家, の新しい, の木造, の潰れ, の瀟洒, の空家, の貸家, の長屋, の階上

1 [175件] かのコンクリイト, かのコンクリート, から六階建, があっ, がそれ, が三四軒, が並ん, が外, が多く, が左側, が気に入った, が相, が稍斜め, が立ちかかっ, が見えはじめた, が見えるだ, くらいの大きな, だつて, であったが, であって, でした, では気, でもうかなり, で低い, で入口, で地下室, で屋上, で店口, で建設費, で役場, で日本人, で正面, で池, で海, で甚だ, で私, で私娼, で翼, で部屋, で門, で間口二間足らず, で間数, で風雨, という大, として据えられた, として早, となり, などを見せた, なの, なり, なんてもの, にしたる如く, にて上口, になった, には四つ, に傷み, に制限, に掛行燈, に硝子戸, のいかにも, のお, のお家, のがっちり, のこの辺, のしもた, のたいそう, のちょうど, のとある, のところ, のはまれ, のコンクリート, のシャレエ, のチョコレート色, のテューダー・ハウス, のバンガロー, のレストラン, のロッジ, の一つ, の一棟, の一様, の一軒, の下, の二軒長屋, の二階座敷, の人家, の住宅, の住宅一棟, の俗悪, の倉庫風, の兵舎, の別荘, の古, の古い, の古びた, の国民学校一棟, の多少, の大きい, の大廈高楼, の威風, の宏壮, の宏荘, の家なみ, の家五, の寄宿舎, の小, の小綺麗, の屋根, の広間, の店先二間, の廊下, の方, の旅人宿, の日本家屋, の旧式, の普請, の普通, の木造家屋, の木造洋館, の木造西洋館, の東京百貨店, の校舍, の棟割り長屋, の構, の正面, の此ガクガク, の母屋, の洋風造り, の煉瓦造, の独身アパート, の玄関口, の病室, の病院, の真下, の石造, の社屋, の窓窓, の立派, の簡粗, の組合役所, の美しい, の羽目板, の茅葺き, の茶屋, の葬具屋, の西洋館, の見事, の貸, の赤煉瓦, の邸, の重苦しい, の鉄筋コンクリート, の銅張り, の長く, の閑静, の間口, の隅, の離れ, の離れ家, の離屋, の青楼, は二階建, は低く, は勿論, は平家造り, は真暗, は軽快, まであり, も一つ, も大抵, らしい倉庫, をつくられた, 何とか院樣, 如何にも探偵小説, 或は三階建等, 程の建物

▼ 階子段~ (307, 1.9%)

30 の下 15 の上 7 をのぼっ, を降り 6 を上っ, を下りる 5 の方, の途中 4 の口, を二階 3 に油, のところ, をおり, を上がっ, を上った, を上つて行, を二つ, を踏む, を降りた

2 [20件] から廊下, とへ通, の上り口, の所, の暗い, の欄干, をあがっ, を一二段, を上つて, を上る, を下, を下り, を下りた, を二つづつ, を半分以上, を昇つて, を登つて來, を見上げた, を踏ん, を降りる

1 [151件] からぬっと, からもう, から上, から下, から二階, から半分, から呼ばれ, から声, から少し, から番頭, から私, から突き落し, から落ち, から落ちた, から降り, があっ, があつ, がつい, がむき出し, が前, が十幾つ, が緩く, が途中, だ, だけはけっして, です, ですよ, で息, で行詰っ, とは暗い, とは逆, と向, にかかる, にけたたましい, には一種, にも遠かっ, に取られ, に向い合った, に塗る, に白地, に腰かけ, に蔦, に足, に足踏, に足音, に遊女, に隠れました, のお, のついた, の一つ, の上がり口, の下あたり, の下り口, の下口, の中途, の入口, の大きな, の工合, の構え, の横, の油, の登下り, の裏, の足音, の邊, の降, の降り口, の音, はいま, はお伽話, は一, は一つ, は広い, は東京の, は高く, へか, へ沈み, へ片足, までがありあり, も深い, も風呂場, を, をぎしぎし, をしとやか, をするする, をとんとん, をどしどし, をのぼりかける, をのぼりきっ, をのぼりつめる, をまた, をやっと, をややよろよろ, を一つ, を一度, を一段, を上, を上がる, を上つて來, を上り下り, を上ッ, を下る, を二, を二つづつ飛, を出る, を大手, を威勢, を屹, を手さぐり, を斜, を昇つて來, を昇らねえ, を昇る, を案内, を注意深く, を洋袴, を父, を登っ, を登らせられ, を登り, を登りました, を登る, を眺め, を稲妻, を自分, を薄暗がり, を見上げ, を規律, を視, を踏, を踏みしめ, を踏み外し, を軋ませ, を転げた, を轉, を逃げ, を降りかけた, を降りきった, を静か, を靜, を颯と, を飛下り, を飛降りる, を馳, を駆, を駆け上がる, を駆け下り, を駈けあがった, を駈けおりた, を駈け上っ, を驅

▼ 階~ (248, 1.6%)

11 あって 9 ある 5 空いて, 見えた 3 あるので 2 あいて, あった, その三人, ついて, 吹き飛ばされたりと, 宗家を, 見える

1 [201件] あったころ, あったねえ, あつた, あつて, あてられ家族, あなたの, ありそこ, ありました, ありましたっけ, あるぜ, あるだけ, あると, あるの, あるやう, あるよと, いいわ, いきどまり, いつまでも, いつもあの, ええ, おかしい, およろしい, お女将さん, お書斎, お留守, きれいに, すぐ明きます, すっかり見えた, たまらなくなる, できるくらいに, とり片づけられて, ないから, なかつた, なくな, なく天井, なく相客, なければ, ぬけて, ぬけ落ちたもの, ひどいごみ, ひどく気, ふっとびそう, ぼんやりうかん, みしみしいう, やわな, ゆるく回転, ゆれます, よく見えた, アパートに, オレの, ガラである, キャバレエ, スペシャルな, ネジネジと, レストオランに, レストーランだった, レストーランに, 一寸空いてる, 一旦宗家, 一番よい, 一番乾い, 一番居心地よく, 一部分はっきり, 一間下が, 一間多い, 丁度明い, 三間に, 三間階下は, 並んで, 乱暴に, 事務室さ, 二タ間も, 二側位しか, 二室に, 二室階下が, 二葉亭だ, 二間, 二間ばかり, 二間八疊と, 二間程の, 二階に, 五万五千円, 人を, 仏蘭西風な, 仕事場に, 以前の, 住家であり, 何となくざわめき立っ, 何処よりも, 余り静, 使用され, 倅蘭軒ほど, 倉庫乾燥室ボイラー室に, 倒れるよう, 倒影し, 兄弟子の, 先だってから, 八十六度足らずです, 八畳四畳半三畳だ, 六畳と, 六畳という, 六畳一間に, 六畳一間階下が, 六畳二間階下は, 六畳前に, 出て, 出張って, 出来て, 出来上りどこへ, 別棟に, 博士の, 受けて, 吉左衛門の, 吹きぬけの, 喫茶室に, 四方から, 図書室に, 堕ちて, 墜ちた, 墜ちたん, 墜ちましたな, 女子中学校と, 孤児の, 宿屋な, 寂しい, 寄宿生の, 寄席に, 寒くなった, 寝室です, 寝室に, 屋根の, 崩されれば, 崩壊し, 幼稚園と, 広々として, 建廻され, 弟さんの, 当時の, 彼の, 恐いが, 抜けるほどの, 押入床の間附の, 明いて, 明いてるから, 映画館に, 暑さ, 書斎と, 最も高等, 有って, 本部兼居間兼寝室だ, 横向きに, 正太の, 此人, 武氏に, 残って, 気に入つたといふ, 水蒸気の, 潰れるとか, 熊谷の, 燃えても, 爆破され, 父の, 物置き, 猶健, 留守中に, 眩しくなく, 眼に, 睨まれ四五十分, 碁会所だつた, 福山侯に, 私の, 私一人の, 稽古を, 稽古場壁が, 空いてるもん, 立ち並んで, 篠田の, 続いて, 総工費五万五千円, 職人の, 膝下で, 荷主の, 落っこちるほど, 西洋館にな, 見えて, 見えるの, 視野の, 観潮楼, 講義室, 貸部屋, 赤な, 部屋にな, 重ければ, 開いて, 附いて, 附近の, 青木さんの, 頂上でした, 飲食店に, 高座と, 黒烟り

▼ 階~ (223, 1.4%)

10 を降り 9 の口 8 の下 6 を下り 5 の上, をあがっ 4 の方, をかけ降り 3 のあがり, のよう, の上り口, の中, をのぼっ, を上る

2 [13件] がみりみり, が掛っ, の上がり口, の中段, の中途, をかけ降りた, を一段, を上っ, を下りた, を下りる, を乗る, を登っ, を降りた

1 [128件] ありて, あれば, かけて, かしかるべき, からそっと, から便所, から庇, から登っ, があります, が別に, が壁土, が大, が掛け, が揺, が架る, が私, が遠山, が高く, さして天井裏, ですね, で幇間, として, とであった, とで他, と云っ, にのせた, に倒れかかった, に取着こう, に垂, に彳ん, に急いだ, に打突っ, に留まっ, に袖, に足踏懸, に足音, のあり, のある, のうえ, のかげ, のさながら, の一番上, の上と下, の上下, の下口, の中くら, の中央, の半, の取附き, の夏, の形, の所, の折, の昇降, の様, の横, の横手, の欄干, の欄干際, の段, の踏子, の辺, はある, は取外し, は天井, は梢, へ出る, へ寄った, へ消える, へ逃げあがった, へ遁げ, や女王, をあがった, をあがる, をかけ上った, をかけ上る, をさして, をすっと, をとばし, をのし, をのぼった, をのぼつ, をのぼり, をば突ぱずした, をトントン, を上つて, を下, を下し, を下りかけ, を下り行く, を乘, を二三段, を元気, を取り除けた, を担い, を掛け, を掛けた, を探り当て, を斜, を昇, を昇り懸け, を棟, を横, を登つて灯, を登り切つ, を登ろう, を縋る, を落ちる, を見た, を触っ, を設, を貸せい, を足早, を足蹴, を軽く, を逆落し, を降りよう, を靴, を飛下り, を飛降りた, を駆けおり, を駆下りる, を駈けあがっ, を駈けおり, を駈下りる, を鳴し, 上り来るは, 掛けるよう

▼ 階~ (216, 1.4%)

9 の文学 5 のため 4 のもの 3 である, の人, の人々

2 [11件] があっ, があった, が他, と現在, に何者, に踏みとどまっ, のうち, の事件, の娘たち, の自覚, の間

1 [167件] かとも思はれる, から生まれた, から発しない, があ, がある, が与える, が人人, が採用, が武家時代, が發生, が自分自身, が認められた, が階級一掃, ぐらいある, たる無産者, だけの方言, だという, でありまた, であるから, であると, であるの, で士, という, というもの, という他方, とおもに, とかに公式論的, とかプロレタリア階級, とか搾取, とか有産階級, とか知識階級, とか考えられ, として封建領主, として自然, として自身, とでも見, となさん, との関係, とはなんら, とはよくも, とは全く, と云っ, と為し, と爲, と称せられる, と考える, なる生み, な労働者, において顕著, にとってはあるいは, にのみおもに, によってだんだんに, によってなされた, によって倒される, によって利用, によって如何, によって担われ, によって搾取, によって支払われる, によって生まれる, によって経験, によって自身, によって要するに, により有害, により直接移行, に与えた, に分類, に列せしめた, に寄与, に対してかつて, に対してはこれ, に対しては整理, に対しては無縁, に対してやる, に対してプロレタリア農民, に対して全く, に対して勝利, に対して同情, に対して根こそぎ魅力, に対して漠然と, に対して異, に対して皮肉, に対する熱愛, に居る, に属する, に投じ, に止まらず, に結成, に融合, に行こう, に触れる, に踏みとどまらざる, に重心, に限られ, のごとき, のそれ, のヘゲモニイ, の一人, の世界的勃興, の中, の他, の任意, の体躯, の偏見, の出身, の功績, の労働, の同情者, の名, の問題, の土地, の多分, の存在, の対立, の崩壊, の思想, の打ち, の文芸, の民, の民衆, の没落, の熱愛, の独占的享楽, の生存, の生活, の社会, の第, の肩, の芸術, の要求, の試験, の謂, の賢, の趣味, の身分, の関心, はその, はそれ, は他, は以前, は唯一, は我が, は殊に, ばかりが江戸ッ子, ばかりが知識, ばかりで, ばかりである, への分割, への義心, も決して, より受領, をいうなら, をし, をなした, をバラモン種, を代表, を作る, を取り扱っ, を壓伏, を形, を形成, を成し, を生じ, を示し, を透し, を除い, 即ち赤切符等

▼ 階~ (206, 1.3%)

7 があっ 6 がある 5 の前 4 の屋根 3 があった, である

2 [20件] からは三味線, が一軒, が坂, じゃ, だった, であった, です, で家, で東, で洒落本, といっ, なの, にひき移っ, に挟まれ, の一つ, の方, の格子, の欄干, の玄関, へ行っ

1 [138件] から丁度, から今度, から同じ, から正面, が, があつ, があり, がずっと, がそう, がそんなに, がならん, がよろめき, が一箇月八九十円, が丈, が出来た, が南側, が同じ, が宅, が建てられ, が建築, が往来, が接近, が数軒, が數軒, が本宅, が涼し, が目, が立ち, が立ちならび, が立っ, が見えなかった, が見えましょう, が走る, が雨脚, その二階, だ, だが, だったの, だと, つづきでお, であつ, であるが, でこれ, でさ, でその, では窓, でウォシントン・アーヴィング, でペンキ塗り, で丁度, で上, で二階, で伯母, で堀木, で墓参, で幾間, で我々, で男, で食堂, というもの, と来てる, などで大, なるに, に, にたしか, につける, になぜ, にチラ, に一人気, に仕立てあげた, に住み, に住ん, に住んだ, に加野, に引越し, に引越しかけ, に独身, に移っ, に造られ, に運んだ, に遮られ, ねあの, の, のまわり縁, のよう, の上, の並んでる, の中, の二階, の今, の入口, の内部, の向う, の大, の奧, の広い, の庭, の影, の明り, の燈, の窓, の街衢, の表, の裏側, の見える, の軒下, の遥, の離屋, は, はそのまま, はなか, は三階, は上野, は今, は土嚢, は活動的, は直ぐ, へはいる, へ住む, へ帰つて, へ引越し, へ案内, へ這入る, まず数段, をそのまま, をつない, をはさみ込んだ, を一, を四五軒, を建てた, を心, を押潰, を指さし, を指した, を指し示し, を狹い町, を見, を認め, を青ペンキ

▼ 階には~ (162, 1.0%)

4 窓が 3 僕の, 誰と, 誰も 2 クリストフと, 或る, 明治初年の, 燈火が, 畳が, 看板の

1 [137件] あがれないわね, いくつかの, いつも影, いないので, いなかったの, おやじも, お化けでなく, お寝かし申さない, お紋, お縫, がんじ, この祖父江出羽守, この車井戸, ごく気, さう, すっかり雨戸, すりガラスの, すると, その十四号室, その時, ただ上級, たまたま兄, だれも, どうかする, どことなく粋, どんな人, どんな物, ひとりの, ほかの, まだあかり, まだ他, まだ客, もとより私, ゐないぜ, 一人の, 一対の, 三つの, 三田の, 上ったが, 下枝の, 中学校へ, 主人夫婦の, 人の, 人間は, 今まで, 今晩は, 今村小六という, 他に, 他の, 会議室や, 佐々の, 佐原屋の, 何者が, 使える部屋, 係官一行と, 俺とこ以上に, 八月以来いない, 出窓あり, 刀掛けが, 初めて僕, 前に, 医師舟木さん一家と, 又彼, 只一つ, 四つ部屋が, 四間ばかりの, 土用干ほど, 大きな波, 大病室が, 天産物の, 奇麗な, 女づれの, 姉の, 姪とか, 娘の, 宴会の, 家々の, 富子一人が, 寒い夕方, 小さなサンルーム, 小さな鏡臺, 小座敷も, 小父の, 小諸医会の, 少女と, 岸本独り残った, 座敷先の, 微かに, 必ず女, 手の, 手炙, 時々各種, 桂介夫婦と, 案内されなかった, 植民地砲兵の, 死体は, 殺人の, 水も, 江戸ものには, 油製造に, 泊り客も, 洋服を, 深夜けちな, 演説や, 澁柿を, 澤山の, 無論火, 父親が, 犯人が, 瓦斯の, 番人が, 番頭さんが, 相変らず, 相客も, 相當, 窓は, 立派な, 竜之, 紋七を, 絵の, 縁側が, 腎臓病の, 腰弁階級の, 芳子が, 萬點の, 落付い, 行かないで, 行ったこと, 見晴しの, 誰が, 谷村博士を, 造花の, 遊び人らしい, 鑛物の, 長友先生という, 間が, 附いて

▼ 階~ (137, 0.9%)

4 階下とに 3 三階の, 下の 2 いっても, 三階が, 三階とを, 三階を, 登って, 言つても, 違って, 階下に, 階下の

1 [109件] いっしょに, いふべきか, うちの, おなじ時分, おぼしき方角, きまって, きめた, くまなく, しだいに高く, すっかり戸締り, すべての, そこの, それから, それだけだつた, なく出来, なし階段, なす, なりて, なること, ふたところ, ぺいんとの香と, 一緒に, 一階と, 一階とが, 一階との, 一階とを, 一階の, 三階だけで, 三階とが, 三階とに, 三階との, 三階とは, 三階に, 三階は, 上に, 下で, 下とに, 下とを, 下な, 下に, 下合せ, 九階に, 二階しか, 二階とから, 二階との, 二階に, 二階の, 二階を, 云うの, 云っても, 云ふ, 全く同じ, 其, 別棟だ, 十二階に, 十二階は, 台所とに, 各段, 合図を, 合圖を, 同じく六畳, 向い合って, 向かい合った位置, 向き合つて, 向合う, 呼ばれ浅草公園六区, 四階の, 土藏の, 地階は, 塀を, 墓路との, 奥とが, 巡視を, 幾返, 庭とで, 引き離しては, 成らう, 數へて, 昇って, 時計塔の, 最上階に, 来た, 欄間の, 正面階段を, 歩いては, 比較せる, 決まる, 潰れたボリソフ書店, 申しても, 異なるところ, 私の, 称んで, 窓口に, 薄暗くなりかけた, 裏二階の, 裸婦の, 覚しいあたり, 言って, 謂ツても, 軒とで, 迷路の, 通じて, 降つたり, 階下と, 階下とから, 離屋の, 順に上, 順次に, 駈けあがるの

▼ 階建て~ (118, 0.7%)

11 の家 3 の古い, の大きな, の洋館

2 [12件] かの表, であった, になっ, のビルディング, のホテル, の人家, の家々, の家屋, の建物, の白い, の西洋館, の長屋

1 [74件] が限度, だ, だし, だった, であるため, で三角形, で中庭, で倉, で屋根, で東, で階段, で雪, なので, なり, にし, になり, には提灯, のかし, のくろい, のその, のびく, のもの, のわり, のアパアトメント・ハウス, のデパート, のネオン, の一構え, の三四十人, の二軒長屋, の仕舞家, の住宅, の借家, の古代エジプト, の古校舍, の四角, の壁, の大, の大きい, の室数二十四五, の家並み, の小さい, の小さな, の小家, の小楼, の屋上, の屋根, の山中, の建物越し, の新しい, の日本間, の映画館, の暖炉, の木造, の木造家屋, の板家, の母屋, の焼けビル, の燦然, の相当, の真四角, の立派, の粗末, の紅梅派本部, の細長い, の軽い, の長い, の防火建築, の雨戸, の頑丈, の館, の高い, の高層ビル, はしたがって, を限り

▼ 階まで~ (111, 0.7%)

4 のぼって, 上って 3 おりて 2 ついて, のぼりきると, エレヴェーターで, 上ると, 下りて, 登って, 登るなどとは, 行って

1 [84件] あがったり, ありとあらゆる人工的商品, いきますと, いった時, いろいろな, えっちらおっちら担ぎ上げる, おいでを, おなじわけ, おろして, お越しを, お通り, きこえて, それを, てくてく登った, のぼりつめて, ひびいて, ぶっ通し, もう運ばれ, ゆき着いた時, ゆっくり歩い, よこして, ウロ, 三度往復し, 上がって, 上った, 上つて行つた, 上らなかつたこと, 上りきれないもの, 二人の, 二度往復せね, 何し, 充満した, 入り込んだこと, 内がわ, 出来て, 割れるよう, 十幾つの, 取りに, 嘗めるやう, 坐席, 天井がつつ, 安子を, 小足, 強行し, 息を, 或時, 抜けて, 担ぎ上げて, 持って, 持つて, 昇ったの, 昇つて行く, 昇り京染, 昇降する, 来た, 来て, 来る間, 案内した, 歩いて, 登った, 直行そして, 筒抜けで, 筒拔け, 紅葉山人露伴子美妙斎主人, 総マクリ, 聞えた, 聞こえて, 行かなければ, 行くと, 行くには, 覗いて, 躍り上がった, 輝かす日當, 辿りついた, 追つて行き, 通って, 運ばせた, 運び上げる訳, 運んで, 降りて, 降りると, 階段を, 駈け昇った, 驅上つて武村兵曹に

▼ 階~ (97, 0.6%)

7 下も 4 三階も 3 二階も, 階下も 2 ある大きな, ある階段, 原田の, 墜ちず床, 暑し

1 [70件] あった, あったねえ, あぶなく吹, あり地階, あり女給一同, あり相当立派, あり蔵, ある万屋呉服店, ある各階, ある巣, あれば, こんなかしら, すべての, そこに, その話, それは, どの部屋, なか, なにも, なんにもない, ばく破され, まだ下り切るまい, まっくら, ややまし, われかえる, シンと, 一間位は, 上らねば, 下宿の, 下階も, 九階も, 二間か, 何階も, 信者で, 光線が, 北側の, 十階も, 古い天井, 同じ造り, 四階も, 好いが, 座席が, 忙しげ, 戸を, 散らかって, 昇った所, 昔の, 暑いと, 暑かった, 書物の, 梅雨湿りで, 森閑と, 生徒の, 睫毛に, 石段を, 縁側が, 臺所も, 落ちず床, 裏の, 西の, 西日が, 見えた, 見ましたが, 超満員, 通り越して, 降りるの, 階級を, 離れも, 靴先の, 高い席

▼ 階座敷~ (77, 0.5%)

3 の床の間 2 の八畳

1 [72件] かなんかで, から廊下, から裏, から見る, から隅田川, が内部, が大川, が碁会所, が素義会, であった, である, で二十三夜, で互に, で呑ん, で寝転ん, で岸本, で彼, で春次, で時折樂, で江戸, で熊吉, で遅, とを見くらべ, にいた, にお, に上っ, に出, に寝ころん, に寢, に小次郎, に岸本, に幾日, に打ちつどう, に攻勢, に案内, に欄干, に残し, に父, に立て, に通され, に閉じこもっ, に集め, の下, の夕餐, の手摺, の方, の板戸, の欄干, の歌, の涼しげ, の碁会所, の蒲団, はいつも, はここ, は眺望, は私, は階下座敷, へせり上, へ上っ, へ引き上げられた, へ御, へ戻っ, へ来, へ案内, へ行っ, へ近ごろ, へ通された, へ通した, や障子, を下, を借り, を四間とも

▼ 階への~ (58, 0.4%)

25 階段を 5 階段が, 階段の 3 階段は, 階段へ 2 箱梯子を

1 [15件] ぼつた, ボタンを, 上り口から, 上下は, 御見舞として, 昇り下りに, 梯子が, 梯子段が, 梯子段の, 梯子段は, 梯子段を, 注意を, 階子段から, 階子段は, 階段と

▼ 階~ (58, 0.4%)

2 であるが, に避難

1 [54件] から沈みすぎる, から沈んだ, があっ, があつ, がずらりと, がその, が建, が母屋, が見え, が見えた, が風, その二階, だ, だつた, であった, であったが, であつ, である, です, ですが, でその, でとりかこまれ, で大通り, で格子戸, というもの, などは, に, にお, のあぶなく, のその, の一ツ, の一間, の七八間, の上下, の中, の各室, の大第, の揃った, の新築中, の硝子窓, の窓, の立ち並んだ, の表, の表面, の裏, の角, の軒, へと案内, へ消え, も男気, を借り, を建てる, を買っ, ヲ平屋ニ

▼ 階からは~ (46, 0.3%)

2 甲走ッ, 町の

1 [42件] あか, あやしげ, お勝手, お稽古, しきりに, ぜんぜんなん, ぜんぜん何, その屋根, それこそ, ぼんやりした, ピアノが, 丁度この, 丁度迫らぬ, 三絃や, 人の, 他よりも, 何の, 依然として首, 土蔵の, 坊やの, 寒いのに, 廊下の, 廣い, 方々から, 旦那様の, 早速の, 晋作が, 海が, 溪が, 澄んだ笛, 生憎遠い, 甲走ツ, 盛んに, 石川島の, 紫ばんだ, 細君の, 見えない浴衣, 観音堂や, 軈て面白, 避病院の, 邸の, 高い立木

▼ 階~ (45, 0.3%)

62 が下, つたで, という, んを, 二階だ

1 [29件] あね, かも分らなかった, から, からさ, から不便, から仮装, から平気, から猶, から高い, がこの, がどの, が何, が天井, けれどいい, つたと, つた彼の, てです, てのれん, て瓦, とさ, とばかり思いこん, と少し, と自分, ね, のが, のを, わ, んの, 時計室の

▼ 階三階~ (45, 0.3%)

1 [45件] からは寒い, からコンフェッチー, から四階, ができる, がアパート, が寄宿生, が爆破, が立ち並ん, が高座, が黒, といふ風, とうち, とくま, と幾, と順次, と駈けあがる, にはどんな, にも僧侶, に書生さんたち, に登り切る, のお客様, の事, の内, の廂, の明るい, の梯子, の模樣, の檐, の真鍮, の石造り, の窓, の遠音, はからっぽ, は襲い, へあがる, へと天井, へと登っ, まで来る, をゆく, を押廻, を積重ね, を覘, を限り, 或は四階建, 遂に五階目

▼ 階にも~ (44, 0.3%)

2 わたしと, 三階にも

1 [40件] あるん, いないと, いないらしい, きまりで, たくさん住居が, ひろがって, よく聞える, 一つの, 一家族貧しい, 一組宴会が, 三つずつの, 上って, 人気が, 僧侶の, 四階にもな, 壁間に, 姿の, 客が, 小さな窓, 幾つか, 店の, 手術室にも, 明るく点された, 暴風雨の, 気味の, 海の, 灯りが, 灯りは, 父母の, 物音ひとつしなかつた, 砲兵工廠に, 窓が, 船大工の, 葭戸こそ, 裏にも, 誰か一組客が, 誰も, 遊びに, 鉄の, 階下にも

▼ 階~ (41, 0.3%)

3 に出る 2 にある

1 [36件] から吉原あたり, だの, ですよ, で大勢, で往来, とでもいい, にあの, にともかく, に在る, に寝る, に居た, に巣, に白首, の別, の台所, の室, の建久館, の所, の様, の正, の演芸場, の監房, の矢場, の臺所, の食堂, はつまり, はコンクリイト, へおりた, へハイロ, へ案内, へ落された, より公園, より妾, をあるく, をうろつい, をうろついた

▼ 階造り~ (37, 0.2%)

5 にし 2 になっ, の大きな, の家

1 [26件] あるいは三階造り, です, で一階, で青く, とする, のがっしり, のごとく, の大, の大きい, の宇宙, の宏壯, の建物, の建築, の建築物, の御殿, の石灰, の結構, の西洋館, の離屋, の頂上, は一番上, は二階, をたてました, を挟み, を限り, 其の詞

▼ 階選士~ (34, 0.2%)

4 です 2 がた, として最高, となられた, となられる, となる, なん, になられた, にもなる, の皆, を獲得 1 であ, であって, となられし, と名, と名乗る, になった, になつ, になられし, の名, の名誉

▼ 階~ (31, 0.2%)

2 三階に

1 [29件] その他の, 三階から, 三階には, 三階の, 三階を, 上野の, 下座敷, 二階から, 何かを, 四階へ, 地下室では, 地下室等でも, 塔の, 客間に, 宮戸座の, 屋根へ, 店先には, 押入れへ, 格子も, 桟敷は, 石廊や, 花茨, 裏二階や, 農家の, 階下の, 離れには, 離れ座敷, 髪床の, 髮結床でも

▼ 階借り~ (31, 0.2%)

11 をし 2 の家

1 [18件] から一軒, から満州, しかも階下, てゐる, でその, でも世帯, でノッポ, で引き, に来, に行く, のところ, のもの, の住居, の暮し, の生活, の部屋, をした, をやめ

▼ 階~ (30, 0.2%)

2 六階かの, 四階に, 四階の, 持ちて, 近所の

1 [20件] それとも出窓, 一階かと, 三階か, 三階かの, 三階だ, 三階でした, 上の, 下に, 二十階ぐらい, 二階かという, 二階建ての, 何かで, 偶数だ, 八階建てに, 六階である, 六階の, 四階である, 四階へ, 土間に, 階下かの

▼ 階~ (30, 0.2%)

2 に腰, の露台

1 [26件] かとも覚しき, であつ, ですよ, で大入道, で昇降機, なん, にある, にいた, にうす黒い, には広大, に白金, に隠し, の, の床, の廻廊, の欄干, の登りきった, の窓, の階段, へ上つた, へ上り三十四五, へ登り, までエレベーター, を上切つた, を下りた, を攀ぢ

▼ 階です~ (23, 0.1%)

62 か, ぞ

1 [13件] から, からあと一階, からばか, から外, から水, から湯殿, がこの, ぜ一方, って, の, もの, よ三階, よ大河君

▼ 階より~ (23, 0.1%)

2 灯に, 見おろすに

1 [19件] これを, ましかも, 京作おち, 低い家, 十二尺ほど, 却つて椅子は, 口を, 始つた, 少きこと十一歳, 往来へ, 成る二町, 成る冠位, 桐の, 梶本京作麻縄と, 洩れたらしい連続, 老女の, 見ゆ, 長崎の, 高い

▼ 階調~ (23, 0.1%)

2 をつくっ, をつくり

1 [19件] から破っ, がある, がほの暗い, が破壊, で描き出す, なりがその, に富んだ, のある, のすべて, の中, の研究, はもはや, は偽り, をひっそり, をひつそり, をもっ, を傾聴, を破壊, を見い出したであろう

▼ 階へは~ (22, 0.1%)

1 [22件] あがって, こびあげて, ぜひ佐々木, とうとう上らなかった, もう上らない, もう上らなかった, 上つて見なかつた, 上れないと, 來なかつた, 有明を, 来ないの, 案内しない, 梯子を, 歸らなかつた, 父親に, 登らない, 登れまい, 着いた秀子, 能登守自身の, 行かなかつたらしい, 行きたくないと, 長さんと

▼ 階へと~ (19, 0.1%)

2 階段を

1 [17件] あがって, いった, なって, のぼって, のぼりましたが, のぼるの, ほつた, マツチを, 万べ, 云れ, 天井を, 導くの, 引きあげた, 案内した, 登って, 移された, 駈け上り

▼ 階~ (18, 0.1%)

2 にある, の部屋

1 [14件] から門番, にあがる, にのぼる, に更に, に走る, に香, の上官, の先輩, の四階, の窓, へとのぼりつづけ, へ出る, へ導, へ行け

▼ 階~ (18, 0.1%)

2 からお

1 [16件] から壮士役者, から山行, から書生, から約, から鼠, がかすか, で下, で荵, とは同じ, に案内, の下, の扉, の顔, をふり仰ぎました, を振り仰ぎました, を見上げ

▼ 階にかけ~ (17, 0.1%)

3 上った, 上って 2 あがった, あがって, 上りました 1 あが, あがると, もどり鉄ごうし, 上がりました, 上りながら

▼ 階だて~ (16, 0.1%)

4 の西洋館

1 [12件] なの, に地下室, のこの, のアパート, のコンクリート, の前面, の古い, の塔, の家並, の時計塔, の洋館, の雑貨商

▼ 階~ (16, 0.1%)

1 [16件] からも三階席, からも二階席, からも四階席, からも捲き起った, から無遠慮, で口笛, にいた, に上っ, の一番前列, の中央部, の艶冶, の隅, の風流, の風雅建築, へはいりこんだ, へ入れ

▼ 階でも~ (15, 0.1%)

1 [15件] いくつかの, かりて, それを, 三絃太鼓の, 住みいい, 信仰の, 半階でも, 各専門, 奥二階でも, 好きな, 後ろは, 此の, 死ぬるでは, 美味な, 通る時

▼ 階という~ (15, 0.1%)

5 ものは 3 のは 1 ときボールが, のが, ものだ, やつは, 工合に, 建物で, 高層建物が

▼ 階~ (15, 0.1%)

1 [15件] でお礼, となく, に出, に立っ, に進み出, の来, の梧葉, の牡丹叢, の薔薇, の蝋梅一株, の香草馥郁, の黄菊始, より飜然, 万里といふ, 萬里といふ

▼ 階なる~ (14, 0.1%)

1 [14件] ものを, わが室, わが書斎, ガラス窓の, 一室を, 二龕に, 八畳の, 南の, 密室に, 居間の, 會計部に, 東の, 病室に, 窓の

▼ 階~ (14, 0.1%)

2 の客

1 [12件] には電燈, に満ち満ち, に響き渡っ, に響き渡った, の人気, の止宿人, の者, はいかにも, みしみしと, をひと, を騒がせた, 寝られや

▼ 階からも~ (13, 0.1%)

2 眺めること

1 [11件] いい姿, この晴やか, 一向に川, 一条の, 下の, 京一さんの, 先生の, 確かに, 見た, 起るらしい艶, 階下からも

▼ 階へも~ (13, 0.1%)

1 [13件] たずねて, ラヂオを, 一パイ持っ, 一度上っ, 上つて来, 上れずに, 別な, 戻らないで, 村の, 登らずに, 誰も, 通い銀子, 階下へも

▼ 階までの~ (13, 0.1%)

1 [13件] ぼつて, 一往復に, 五つの, 十二階を, 屋根が, 工場で, 廊下に, 窓は, 窓を, 部屋を, 鉄ば, 間に, 階段を

▼ 階二階~ (13, 0.1%)

1 [13件] としだいに, と其, と數, と昇っ, と正面階段, と降つ, と順に, はいわゆる, はッ, は余り, は賑わっ, へあがれ, よりも三階

▼ 階子口~ (13, 0.1%)

1 [13件] から呼んだ, があい, ですれ違い, でよろけた, で一旦, に行きかかる, に走け, のところ, の両側, の板の間, の襖, へ行き, まで来

▼ 階正面~ (13, 0.1%)

2 の柱, の格子 1 から見た, で上下, のやや, のガラス, の奈々子, の窓, の部屋, の階段, の障子

▼ 階じゅう~ (12, 0.1%)

1 [12件] がゆれる, が大抵, が崩れる, では最も, で誰, に冴え, に私, の者, の部屋, はしんと, をさがし, を揺り動かし

▼ 階にて~ (12, 0.1%)

2 しかも聾 1 丁子圓を, 下男を, 大浮かれ, 畳敷に, 登りし人, 聞く鎌倉, 聴く, 聽く, 腹切相果申候此度は, 自刃に

▼ 階~ (12, 0.1%)

2 の家 1 で引越した, に成つた洗濯船, の下宿屋, の四室, の大, の宿屋, の真四角, の窓硝子, の館, の鼓楼

▼ 階~ (11, 0.1%)

2 のである 1 の, のか, のかね, ので倉庫, ので階段, のには, のよ, んだ, んです

▼ 階以上~ (11, 0.1%)

2 になります 1 のビルディング, の室, の建築, の混雑, の物, の者, はガラン, は使用, を一隊

▼ 階広間~ (11, 0.1%)

2 で広沢八 1 があいた, があいてる, で五月, で校長肝入り, で開かれた, で開かれる, に集まっ, の畳, を予約

▼ 階がり~ (10, 0.1%)

5 をし 1 で部屋, のつもり, の女, の所帯, へ転

▼ 階だった~ (10, 0.1%)

1 からそこ, が席料, けれど下, ことは, し, と思います, のです, のでそれに, わね, んだ

▼ 階住居~ (10, 0.1%)

3 をし 1 でお産, で睦, とし, になる, に成った, の模樣, をなされ

▼ 階~ (10, 0.1%)

2 を下りた 1 に見られなくなった, は瀧, を昇った, を昇る, を登っ, を飛び降り, を飛び降りた, を駆け上っ

▼ 階づくり~ (9, 0.1%)

1 が出来, で其の, のりつぱな家, のカフェー, のバス, の古い, の意気, の納屋, の西洋館

▼ 階五階~ (9, 0.1%)

1 と巡視, と登っ, にし, のてっぺん, の大衆席, の楼, の洋館櫛比, の高, へ押上げ

▼ 階~ (9, 0.1%)

2 で歌 1 が裾, といっ, になっ, にも似た, をつくる, を刻ん, を持つ

▼ 階あたり~ (8, 0.1%)

1 からななめ上, から消, に, に寝かされ, に極めて, の階段, の高, を指した

▼ 階である~ (8, 0.1%)

1 かの如く, から多く, が一間先, が元, が大方, ことは, と彼, 人に

▼ 階とは~ (8, 0.1%)

1 不便だ, 不思議だ, 何らの, 天井や, 檢校別, 比べものに, 階子が, 随分感じ

▼ 階級者~ (8, 0.1%)

1 が人間生活, が取り上げた, でなくとも, として立つ, にも資本王国, の利益, はかかる, はクロポトキン

▼ 階からの~ (7, 0.0%)

2 通し物や 1 上り口へ, 眺望の, 藤枝と, 表と, 階段に

▼ 階しか~ (7, 0.0%)

2 ない 1 ないやう, ないん, ない建物, なく各階, 出て

▼ 階二間~ (7, 0.0%)

1 がホール, である, と離れ, をひと, を一夏, を使った, を借り

▼ 階借りし~ (7, 0.0%)

2 ていた 1 てい, てロシア風, て友子, て破れ三味線一挺, て遠慮気兼ね

▼ 階六階~ (7, 0.0%)

2 まで登る 1 と各, と歩い, と登っ, はエレベータア, へエレベータア

▼ 階桟敷~ (7, 0.0%)

1 でしたら五つ目, には僕等, に上らん, に何時間, に指定席, の坊ちゃん, の頭

▼ 階~ (7, 0.0%)

2 の女 1 のお, のところ, の老爺, は男, も最初

▼ 階~ (7, 0.0%)

2 の洋館, の白堊館 1 が主, の物置小屋, の町続き

▼ 階~ (7, 0.0%)

1 で高く, の一室, の一隅, の肘掛窓, へかえった, へかえって, や土手

▼ 階ある~ (6, 0.0%)

1 から, からこれ, のが, ばかり, んだ, 石段の

▼ 階つき~ (6, 0.0%)

2 のバス 1 の乗合馬車, の妻入り, の翼, の製材所

▼ 階とを~ (6, 0.0%)

1 ぐるぐる, へだてる床, 媒介する, 寄席に, 舞臺に, 通ずる階段

▼ 階などに~ (6, 0.0%)

2 陳べられて 1 籠つてゐる, 籠りがち, 置く筈, 見られる五六月

▼ 階のて~ (6, 0.0%)

3 すりに 1 すりから, すりには, すりを

▼ 階までは~ (6, 0.0%)

1 ふつうの, ハツキリ聞へ, 持って, 木口が, 罹災しました, 聞えない

▼ 階~ (6, 0.0%)

1 上ルト間モナクイイツケタ鮨ヲ, 上ルニハ及ブマイ, 行ケト云ウノデ, 行ッチマヤガレ糞忌マ, 行ッテイテ下サイ, 行ッテオ寝

▼ 階作り~ (6, 0.0%)

1 が出来, が無意味, と門, の前, の家, の宿屋

▼ 階四階~ (6, 0.0%)

1 にし, の上, の室, の煉瓦建, の青, の高楼

▼ 階子壇~ (6, 0.0%)

1 と云, の一番上, の下, をみしみし, を長方形, を駆上がる

▼ 階~ (6, 0.0%)

1 であろう, に立っ, に酔いつぶれる, の角, を下り, 昇りつめると

▼ 階級以外~ (6, 0.0%)

4 の階級者 1 の人々, の階級

▼ 階食堂~ (6, 0.0%)

1 ございます, でその, で天ぷら, にて図らず, の西向き, の食卓

▼ 階かの~ (5, 0.0%)

1 上の, 品等が, 岩の, 所まで, 羽目に

▼ 階だけは~ (5, 0.0%)

1 どうにか住める, 展覧会場に, 明るいね, 未だ賑, 石で

▼ 階だけを~ (5, 0.0%)

1 その客間, 借りて, 建築しよう, 毀して, 禁止する

▼ 階との~ (5, 0.0%)

1 あいだに, 中間の, 人たちだけは, 重味で, 間を

▼ 階とも~ (5, 0.0%)

1 いえるよう, つかぬ屋根, 三階とも, 工人密集し, 御納戸色

▼ 階などが~ (5, 0.0%)

1 あって, 修理され, 斯う, 良かった, 蚕の

▼ 階にでも~ (5, 0.0%)

1 あれば, しまいこんで, 寝転んで, 寢轉んで, 閉じこもって

▼ 階にな~ (5, 0.0%)

1 つた塔が, つてゐ, つて奥村さんが, つて居, つて屋根裏の

▼ 階よりも~ (5, 0.0%)

1 三階と, 二階二階よりも, 出っ張って, 四階は, 狭隘に

▼ 階らしい~ (5, 0.0%)

2 のです 1 ぞと思い直した, ね, の

▼ 階一階~ (5, 0.0%)

2 また一階 1 とすべて, と時計塔, と薄暗く

▼ 階~ (5, 0.0%)

1 おくれて, から十六階位, が無色界, の高, までの瞽官制度

▼ 階全部~ (5, 0.0%)

1 にまたがっ, にまとめた, に毒ガス, をふさぎ, 借りきって

▼ 階廊下~ (5, 0.0%)

1 かでつながっ, が危ない, のベンチ, の欄干, を通りがかり

▼ 階~ (5, 0.0%)

1 が三寸, が書い, でこれ, の塗笠, の空

▼ 階~ (5, 0.0%)

2 の手すり 1 の下, の欄干, の障子

▼ 階からでも~ (4, 0.0%)

1 下を, 眼の, 見えぬこと, 見下ろして

▼ 階じゃ~ (4, 0.0%)

1 ありませんか, ないかな, ないから, 大層お話が

▼ 階だけ~ (4, 0.0%)

1 かりるのね, ですが, らしく上部, 貸して

▼ 階だの~ (4, 0.0%)

1 三階だ, 土蔵の, 海岸の, 濡縁だの

▼ 階であった~ (4, 0.0%)

1 が椅子テーブル式, 出来ごとつづい, 向こう側の, 由

▼ 階での~ (4, 0.0%)

1 事を, 出来事や, 干しもの, 歎息である

▼ 階とて~ (4, 0.0%)

1 人間の, 同じであろう, 新九郎と, 蚊は

▼ 階へでも~ (4, 0.0%)

1 あがって, お熊, 案内し, 行って

▼ 階までが~ (4, 0.0%)

1 すっぽりはいる, 一坪である, 屋根の, 春のや

▼ 階~ (4, 0.0%)

1 アル, 内證, 涼ンデイラッシャイマシタンデ, 端場ノ

▼ 階~ (4, 0.0%)

4 た間

▼ 階八畳~ (4, 0.0%)

1 が借り, と六畳, の机, の青い

▼ 階六疊~ (4, 0.0%)

1 で喉笛, の前, の窓, の部屋

▼ 階十四号室~ (4, 0.0%)

2 の前 1 に現れ, に陣取る

▼ 階建等~ (4, 0.0%)

2 の階下 1 の最, の木造家屋

▼ 階~ (4, 0.0%)

1 に比べ, の単調, を刻ん, を合せ

▼ 階欄干~ (4, 0.0%)

2 からは赤い 1 に寄っ, の真下

▼ 階程に~ (4, 0.0%)

1 あてて, いたアイヌ, なつた, 於ける経済的機構

▼ 階~ (4, 0.0%)

3 の紋 1 ということ

▼ 階級文学~ (4, 0.0%)

1 が提唱, としてどちら, の特質, の理論

▼ 階かに~ (3, 0.0%)

1 ラビ先生の, 小さくなっ, 越した時

▼ 階ぐらいに~ (3, 0.0%)

1 当るだろう, 相当する, 高い

▼ 階~ (3, 0.0%)

1 て上つて, て明, の下

▼ 階だけが~ (3, 0.0%)

1 支那の, 月明の, 洋館作りにな

▼ 階として~ (3, 0.0%)

1 それが, 血統や, 観察する

▼ 階など~ (3, 0.0%)

1 ことにおもしろく, すっかり畳, ないはず

▼ 階などへ~ (3, 0.0%)

1 のぼって, 上が, 上って

▼ 階にの~ (3, 0.0%)

2 ぼつて 1 ぼつた

▼ 階また~ (3, 0.0%)

2 一階五重巍然と 1 階を

▼ 階または~ (3, 0.0%)

1 三階を, 二十階に, 二階造りに

▼ 階もの~ (3, 0.0%)

1 人家が, 破屋の, 階段を

▼ 階下段~ (3, 0.0%)

1 を上がっ, を上っ, を下り

▼ 階二階三階~ (3, 0.0%)

1 といふ風, とうち, と幾

▼ 階作り軒~ (3, 0.0%)

3 には御

▼ 階借りする~ (3, 0.0%)

1 にも前払い, のも, 部屋に

▼ 階六畳~ (3, 0.0%)

1 において裸婦像, の窓, の雇人

▼ 階~ (3, 0.0%)

1 の梯子段, ほど階段, もぶちぬいた

▼ 階建三階建等~ (3, 0.0%)

2 の階下 1 の木造家屋

▼ 階建洋館~ (3, 0.0%)

1 があり, のアパート, の真暗

▼ 階或は~ (3, 0.0%)

1 三階に, 四階建に, 奥座敷と

▼ 階梯子~ (3, 0.0%)

1 の処, も昇れない, を響かせ

▼ 階楽屋~ (3, 0.0%)

21 へ移った

▼ 階~ (3, 0.0%)

2 に附けられ 1 に澤山

▼ 階番頭~ (3, 0.0%)

1 に渡し, の老爺, を驚かせた

▼ 階~ (3, 0.0%)

2 である 1 過程とかいふ

▼ 階程を~ (3, 0.0%)

1 見たつもり, 説き尽されるの, 踏んだ言文一致

▼ 階~ (3, 0.0%)

1 の下, の方, の間

▼ 階高く~ (3, 0.0%)

1 すまひ, 大理石の, 整然と碧赭青

▼ 階あと~ (2, 0.0%)

1 は終点, をかりよう

▼ 階~ (2, 0.0%)

1 おいで, 十

▼ 階い上っ~ (2, 0.0%)

1 て大急ぎ, て寝室

▼ 階かけ~ (2, 0.0%)

2 て紅

▼ 階かで~ (2, 0.0%)

2 下界の

▼ 階がね~ (2, 0.0%)

1 一段低く, 六畳一つで

▼ 階ぐらい~ (2, 0.0%)

1 上の, 高いもの

▼ 階ぐらいから~ (2, 0.0%)

1 地上を, 飛び降りて

▼ 階けい古場~ (2, 0.0%)

1 へ, へ行く

▼ 階ずつに~ (2, 0.0%)

1 また部屋部屋, 分解された

▼ 階それ~ (2, 0.0%)

1 が折れ曲った, が最

▼ 階だけで~ (2, 0.0%)

1 澤山だ, 用を

▼ 階だけでも~ (2, 0.0%)

1 三十幾間か, 百二坪の

▼ 階~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 階でした~ (2, 0.0%)

1 よ, わね

▼ 階ですまし~ (2, 0.0%)

2 ていま

▼ 階では~ (2, 0.0%)

1 ないが, 一人の

▼ 階とが~ (2, 0.0%)

1 アパートとして, 普通の

▼ 階ないし~ (2, 0.0%)

1 五階に, 四階を

▼ 階なぞに~ (2, 0.0%)

1 帽子や, 話し込んで

▼ 階などと~ (2, 0.0%)

1 くらべると, 同じ追想的

▼ 階などは~ (2, 0.0%)

1 この大きい, 天井の

▼ 階などを~ (2, 0.0%)

1 借りて, 間借りし

▼ 階なり~ (2, 0.0%)

1 一階なりを, 床を

▼ 階なんか~ (2, 0.0%)

1 だと, 嫌だ

▼ 階にと~ (2, 0.0%)

1 ぢ籠つ, 言って

▼ 階にばかり~ (2, 0.0%)

1 住んで, 転がって

▼ 階にまで~ (2, 0.0%)

1 昇りつめたとき, 達して

▼ 階のぼりゆく~ (2, 0.0%)

2 とき園の

▼ 階ばかり~ (2, 0.0%)

1 上の, 見て

▼ 階ほどの~ (2, 0.0%)

2 高さ

▼ 階までも~ (2, 0.0%)

1 上ること, 天までも

▼ 階もしくは~ (2, 0.0%)

1 二十階ずつから, 四階五階へ

▼ 階もね~ (2, 0.0%)

2 僕は

▼ 階やの~ (2, 0.0%)

1 わきを, 下座敷

▼ 階よりか~ (2, 0.0%)

1 三階よりか, 海へ

▼ 階よりは~ (2, 0.0%)

1 はるかに, ましであった

▼ 階をば~ (2, 0.0%)

1 引て, 汝に

▼ 階ヨーヨー~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 階一ぱい~ (2, 0.0%)

1 に書生たち, の書籍

▼ 階一室~ (2, 0.0%)

1 で坪数, を独占

▼ 階三室~ (2, 0.0%)

1 が博士, を教場

▼ 階上っ~ (2, 0.0%)

1 てルイ, て若い

▼ 階事務所~ (2, 0.0%)

1 へ, へ行く

▼ 階五重巍然~ (2, 0.0%)

2 と聳えし

▼ 階付き~ (2, 0.0%)

1 にし, の低

▼ 階~ (2, 0.0%)

1 でじん, ひを

▼ 階住い~ (2, 0.0%)

1 や喫茶店, を冷かされた

▼ 階全体~ (2, 0.0%)

1 と蔵, を占める

▼ 階八階~ (2, 0.0%)

1 のアメリカ式, の洗面所

▼ 階半分~ (2, 0.0%)

1 に盛上つて, を仕切りまし

▼ 階受持ち~ (2, 0.0%)

1 の女給七人, の女給八人

▼ 階和音~ (2, 0.0%)

2 でありユウモア

▼ 階四室~ (2, 0.0%)

1 で村, ばかりはことごとく

▼ 階地階~ (2, 0.0%)

1 と三つ, の床屋

▼ 階堂谷~ (2, 0.0%)

1 の穴藏, の窖

▼ 階子下~ (2, 0.0%)

1 の暗い, の物音

▼ 階子段一杯~ (2, 0.0%)

1 に大, の大

▼ 階子段下~ (2, 0.0%)

1 の小間, の玄関

▼ 階屋上~ (2, 0.0%)

1 などをぶらつい, の露台

▼ 階~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 階廊迂曲神秘攸在~ (2, 0.0%)

2 黙披図

▼ 階建の~ (2, 0.0%)

1 もあり, も二階建の

▼ 階廻し~ (2, 0.0%)

1 が参りまし, の手

▼ 階~ (2, 0.0%)

1 をのぼりかけた, を昇つて

▼ 階押入~ (2, 0.0%)

1 の壁, の床

▼ 階~ (2, 0.0%)

1 という仏教, は私

▼ 階梯段~ (2, 0.0%)

1 を降り, を降ります

▼ 階棧敷~ (2, 0.0%)

1 から見物, の二つ目

▼ 階~ (2, 0.0%)

1 の上, は朱

▼ 階~ (2, 0.0%)

1 であり從つて理論的, の旋律

▼ 階程は~ (2, 0.0%)

1 先ず弟子, 芸術的ブローカーとしての

▼ 階稽古場~ (2, 0.0%)

2

▼ 階立て~ (2, 0.0%)

1 のかまえな, を禁じありし

▼ 階~ (2, 0.0%)

1 三蘭軒の, 十号室には

▼ 階筮仕~ (2, 0.0%)

1 の日, の記念会

▼ 階級上~ (2, 0.0%)

1 のやう, のンガクバ

▼ 階級者以外~ (2, 0.0%)

1 の人々, の生活

▼ 階級間~ (2, 0.0%)

1 の反, の氣

▼ 階縁側~ (2, 0.0%)

1 に仕掛けた, の花道

▼ 階遂に~ (2, 0.0%)

1 は床, 五階目かとも

▼ 階選士たち~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 階部屋~ (2, 0.0%)

1 で私, を借り

▼ 階~ (2, 0.0%)

1 の上下, を借ります

▼ 階頂上~ (2, 0.0%)

1 の四方, の大観

▼ 階~ (2, 0.0%)

2 の裏

▼1* [459件]

ありしかして汝等今, 階あります場所は, 階あるいは三階建てな, 階いっぱいに客席, 階いづれも開明東京, 階いや三階あたりに, 階い連れて行きまし, 階神楽だけの, 階おりるとすぐ, 階かぎろひを, 階かしら屋の, 階かとなりの, 階かということを, 階からかやるせなさそう, 階からといって, 階がのつて寫つてた, 階きれいなガラス戸, 階ぎっしり一杯, 階くらい玄關を, 階くらいの高さ, 階ぐらいの高さ, 階ここにも人, 階ごとに階段部, 階へかく, 階さえない位, 階さては六区瓢箪池へ, 階さん御案内, 階し来りて曰く, 階まゐ, 階ずつから成る二町, 階ずまいせんなら, 階そこにあり, 階そしていちばん上の, 階そっくり借りて, 階それでもこよなき天国, 階だっていうじゃ, 階だつたのでそれに, 階だろう降りておい, 階つぎは屋上, 階つくってみた, 階づたいに入った由, 階づつ繰り下げること, 階づゝ音のしない, 階であり一方は, 階であります春, 階でかれは父, 階できツと, 階でききながら伸子, 階できつけていた, 階でございまして私たち, 階でございますよ, 階でしょうよ, 階でずくんでいよう, 階ででもいいから, 階でどしんどしんと, 階でないということ, 階でなさいますのが, 階でへんな真似, 階でやっとったですよ, 階で向い合っていた, 階で寝そべつてゐたい, 階で書きものを, 階で死にたがつて, 階で生れてはじめ, 階で睡むる仕度を, 階で落ちついて絵, 階といふ風に, 階とか六階とかに, 階とかになって, 階とから成って, 階とかを意味し, 階とくらい窓とが, 階とてもいい月見, 階とで稽古し, 階とに建て分けて, 階どの教場からも, 階ながら北向きの, 階なぐさみをし, 階なぞの払き, 階などからはわたしの, 階などで騒々しい音, 階などでは吹かないという, 階なら誰にも, 階なりといふ伴はる, 階なりをすかして, 階なる取附の, 階にあたる大広間で, 階において金阜山人しるす, 階にかけてその正面, 階について語り合って, 階にては例の, 階になんぞ燻つ, 階にもなつて居, 階にや燈火が, 階にわたる陰気なる, 階にをられたので, 階に関する限りでは, 階おわかり, 階はしごのうすき, 階はずーッと長く, 階はたらく女そして, 階はのことよ, 階ばかりの寄席, 階へかへして, 階へともなって, 階へなんぞお上り, 階の青み, 階ほど下に, 階までにおってるからね, 階までを普請の, 階みたいな室, 階みんなまるい鉄, 階めがけて駈け, 階めざしながら矢玉, 階もう掌の, 階をと望んだ私, 階をまで横眼で, 階を通して四間, 階アツイし砂カベ, 階行くの, 階カラ下ヘ投ゲ出シテヤッタガ, 階カラ下リテ消エテナクナレバイヽ筈, 階ガラスに五色ガラス, 階コンクリート建の国営デパートメント, 階コーヒーを沸, 階タイプライターをた, 階ダッタガ生憎好, 階トタンを張った, 階映ズ, 階ニ上ッテイクガ敏子ガ一人デ台所, 階ニ引ッ込ンデイルノカ一向姿, 階バルコンの手すり, 階ピースサロンに, 階ベッドぎらひが熱あるの, 階ヨリ見セタラ, 階レストランデンツーの招待日, 階借リテイタウチニ, 階と間, 階一兩から四十五兩, 階一杯に塞がった, 階一間を占領, 階一階地階と三つ, 階一面軒ごとの緋, 階丁字形定規が動い, 階七階の高い, 階七階あとは終点, 階七階八階の洗面所, 階七階六階と各, 階三十五歳の其妻, 階三十室ばかりかぎ, 階三畳の間, 階三疊の座敷, 階三等もって安し, 階三等茅茨剪らず, 階三部屋で食費, 階三階それが最, 階三階四階の室, 階三階四階つぎは屋上, 階三階四階みんなまるい鉄, 階三階四階五階と登っ, 階三階屋上などをぶらつい, 階三階平行して, 階上がって役, 階上下すること, 階上教授室の南側, 階上野西郷銅像畔また向島堤, 階下りてハンドバッグ, 階下地下と草の根, 階下日本橋浜町蠣殻町辺に白首, 階下真正面に通ずる, 階下辺の私娼, 階下階どの教場, 階中央の広間, 階中央大広間の寄木板張り, 階中掃除させられて, 階九階の食堂, 階事務室に潜ん, 階二つ並べた古い, 階二円のとこ, 階二十五号室の表, 階二十銭である, 階二十階より成る, 階二室貸すといふ, 階二間位を使っ, 階二間四畳六畳家ねじれて, 階二間階下二間すべて六疊づつの部屋, 階二階一階と時計塔, 階二階三階平行して, 階二階二階へあがれ, 階二階人が住ん, 階五十六歳の曾能, 階五室これに西館, 階五階六階と登っ, 階五階白瀬の走る, 階が住ん, 階の小, 階以上四つの落ち場, 階以下を探す, 階以来真名古はいったい, 階会議室へ行き, 階位は種民天といふ種民天, 階を為, 階使わんかって下, 階信恬二世の像, 階倒壊の犠牲, 階の自宅, 階借した小僧の, 階借りしてるンだ, 階借りせしは昭和五年, 階借りであったけれど今度, 階借り居る家は, 階儚き空の, 階入った風呂上っ, 階體が, 階全部前の住友ビル, 階八十度です, 階八畳間に移った, 階六畳間に私, 階六階七階の高い, 階六階五階と巡視, 階其の柱を, 階其処に間もなく, 階出演時代の諸, 階利札室は銃声, 階前面のガラス戸, 階力づよいなかなかユニックな合唱, 階北窓の下, 階十二階は他, 階十六官七十三刻と定められ, 階十四号の寝台, 階十畳の間, 階十疊に八疊, 階半建というやつ, 階南端れの, 階井出門次郎の, 階後の, 階又は土一升に, 階古川一座四階東宝劇団となっ, 階右側に一室, 階各室から階下地階, 階同好寄りつどつて運座を催した, 階同様上がる術, 階同様喫茶場に充て, 階唐櫃に入れ, 階商品券売場まで泳ぎつく, 階四畳半が当座, 階四階つぎは屋上, 階四階みんなまるい鉄, 階四階五階と登っ, 階四階間の上下, 階回しの中年, 階土蔵三棟物置二棟大きな長屋門, 階敷へ, 階だ, 階には蛇の目, 階夜分だけ定, 階升が, 階大広間昼間うっかりして, 階天井より高く, 階女店員とコンパクト, 階好ましい酒器や, 階子めきたるもの, 階子上りたまふ, 階子乗りをした, 階子段一つ隔てた上と下, 階子段上の長, 階子段廊下などに遠い, 階子段思出したら目, 階子段登りなどには不便, 階子的一パイに溢れ, 階安くてうまい, 階定めの段, 階定以後に得た, 階に入る, 階宮菊磨王殿下の設立, 階宴会場へ近藤利兵衛商店, 階家あたりに屋根, 階家以前のま, 階家若葉の梢, 階寒けれや見るみずうみ, 階寺院寺やしき, 階尊い神木わたしの, 階申候, 階居士と云, 階屋仁右衛門話したり, 階屋根の片面, 階屋根裏の大きな, 階巍々として聳抜, 階川君を出, 階左手の褐色, 階席系列に属し, 階平行して, 階にせわしない, 階には固, 階座席へ通じる, 階座敷土蔵の前, 階建ちの洋館, 階建て洋館はおばけ, 階建て産院は細民カード, 階建て長屋だ, 階建七棟の書庫, 階建三階建の木造家屋, 階建下は土間, 階建以上のもの, 階建六階建の宏荘, 階建名物食堂も真暗, 階建四方見開きの塔, 階建家屋に暮し, 階建日本家屋の模型, 階建格子戸見たところ, 階建赤屋根の家, 階建長屋づくりだ, 階の裳, 階神楽だけの, 階御用の方, 階快晴の山々, 階急行のエレベーター, 階惣出はドツ, 階惣出目を皿, 階憲法十七条を定め, 階ぞ踏みのぼる, 階を繰り忘れた, 階手巾が乾し, 階から三月十六日, 階が七つ八つ, 階日当よく廊下, 階昇げあわせて, 階明きたりし, 階落つ朱欄曙色, 階寒き河風, 階は六月, 階暮しでのんき, 階曙町の方, 階木綿類御座います, 階東宝劇団となっ, 階東洋興業株式会社に出頭, 階にもない, 階格子にダラリ, 階桃花取次に開く, 階桟敷一名三十八銭であった, 階桟敷正面桟敷といった, 階梯子段から呶, 階なども気持ち, 階に蒼然, 階楼上で昼飯, 階の階上, 階歌舞伎の幕間余興, 階正面中央の特等席, 階あついの, 階に目立ち, 階段もの鍛錬と変遷, 階永井荷風氏の日和下駄, 階泣いて文, 階洋家具売場附属倉庫内で睡眠, 階洋館で清, 階溜まりに鳩, 階演芸場の出演者, 階に包まれ, 階無しの平屋建, 階父子の家, 階父母は階下, 階物置の片隅, 階狭いから私, 階狭し傍の, 階が狐, 階きため, 階玄関の窓, 階生活にある, 階畫廊には和田三造畫伯, 階登り果てしところに, 階登壇人の続き, 階白瀬の走る, 階的幻想曲と遁走曲ニ短調, 階的意義しか有, 階的曲折を戯演, 階にお辞儀, 階目あたりの端近, 階目空に聳えた, 階目通過中に川上眉山人, 階真下の往来, 階社殿俳句の懸, 階聖堂, 階の作陶展覧会場, 階程があるだろうという, 階程となるの, 階程とも必然的の, 階程の見本として, 階程も古人の, 階空いてま, 階空席あり暑, 階窓硝子をふい, 階簀の子のたたずまい, 階級ぐらゐあるといふ談だが, 階級ブールジョアジーへ権力, 階級下の賤民, 階級中最高の地位, 階級人として発育, 階級勃興当時の文学様式, 階級同士の権力争奪戦, 階級政治的には官僚, 階級文学理論の中, 階級的作品を製造, 階級的論文を発表, 階級自身の意志, 階絹織物銘仙羽二重御座います, 階続きに在る, 階総出の舞台, 階の侶, 階消ガラス, 階若い女の, 階茶碗や盆, 階落ちるよ, 階表側の三室, 階西館で催された, 階見たかい, 階見晴しのい, 階調性はフィルム, 階調構図色彩等の相, 階調等それらを如何, 階赤煉瓦の窓, 階起きて入浴, 階の女, 階をことごとくよく, 階辰野隆君と山田珠樹君, 階へ行く, 階辺りまで降り, 階人が, 階迄は八角形煉瓦造其上の, 階近くへ出御, 階近所の球突塲, 階途端にサイレン, 階通りお神楽, 階造り三階の所, 階造り六百室婢僕五百余人旅客は千人以上差支, 階造り軒には御, 階運動場を使用, 階と言, 階重ねた鉄づくり, 階長屋の一隅, 階長火鉢の前, 階開け放して風, 階陛すべて落ち葉を積み, 階階段の上り端, 階階段納戸などを根氣, 階随一の人気者, 階隠しのそば, 階のお寺, 階れ落ち水際, 階がうすら寒い, 階飛び降りを激励, 階飛降り自殺者が, 階飯びつが乾し, 階の屋上, 階馬車のこと, 階駒込中里の先輩, 階麿, 階高塔の赤煉瓦, 階魚鳥グリルへ行く, 階黄金の梁