青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「隆~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

陰気~ 陳~ 陶器~ 陸~ 陸軍~ ~陽 陽~ 陽気~ ~隅 隅~
隆~
隊~ 隊長~ 階~ 階下~ ~階段 階段~ ~階級 階級~ 随~ ~随分

「隆~」 1071, 12ppm, 9427位

▼ 隆ちゃん~ (140, 13.1%)

2 が出, のお父さん, は, はお父さん, はどこ

1 [130件] からのたより, からも手紙, からエハガキ, からハガキ来, から手紙, から手紙来, があなた, がい, がいろいろ, がこれ, がすっかりよく, がその, がそんな, がとなり, がひどく, がやりました, がゴム長靴, が体, が入営, が出発, が始終, が宇品, が家, が正月, が比治山公園, が真先, が車庫, です, とが急, とでは情感, と同じ, と皆, と訣れました, なん, なんかのこと, にある, にいろいろ, にお, にし, にしろ, にとっては何より, にはあの, にはお, にはもう, には二三日, には肩, には荷造り, には見本, にも送りましょう, にわたし, に一番, に云々, に会いたい, に会いとうございます, に持たせ, に東京, に私たち, に話す, に送っ, に送る, に面会, ねあれ, のこと, のしらふ, のそば, のところ, のはいつも本当に, のよ, のトラック, の写真お送り, の出る, の出立ち, の天性, の宇品出発, の手紙, の方, の献身, の病気, の話, の隊, はああ, はあっち, はいず, はおでき, はどう, はほんに, はもう, はやっぱり, は丁度, は二十一日, は云った, は午前中, は家, は手紙, は横田さん, は浴衣, は現地教育, は目下, は絵, は西洋料理, は赤痢, は非常, へ, へのお, へのたより島田, への袋, への送る, へは支那語, まださっぱりせず, もお母様, もきっと, もこの, もやはりめきめきはっきり, もよろこん, も一週間, も偉い, も入営, も出征, も支那大陸, やお母さん, やその他先日来, やっぱり代筆, より来信, をいじめた, を嫌い, を生み落す, を見送っ, を養子, 又, 行くよう

▼ 隆~ (104, 9.7%)

2 上に, 妻であった

1 [100件] いるあたり, うぬぼれを, ことを, ところへ, はら, ふたりが, ほうへ, もとへ, ような, よさ, トロンと, ピアノの, ワナは, 一千人それに, 一族にも, 三万石加増等には, 三男であった, 上衣の, 上諭に, 下に, 中頃以後に, 事が, 二使は, 仕業かな, 作品, 供養を, 兄弟が, 全家中, 兵動く, 前へ, 口から, 命により, 営に, 器の, 四庫全書の, 四庫全書總目に, 墨や, 妻に, 妻よし, 嫁も, 宴席になど, 家僕の, 寝室へ, 師潰え, 弟同苗与五郎宗春, 思いがけない一言, 悪口を, 悶絶せる, 手で, 手もとから, 手を, 敵, 敵を, 方からは, 方が, 旧に, 時に, 時代に, 末から, 末には, 末の, 末年に, 来り戦わんこと, 歌, 死亡は, 死因が, 母, 母十年前に, 炳文に, 父は, 献寿模様が, 町で, 百三十余年間は, 眼頭に, 瞼を, 祈祷の, 総勢約, 耳は, 自信にも, 血を, 血気は, 表情は, 親だ, 言が, 詩箋を, 誘惑を, 諸帝, 足もとで, 踊りが, 軍に, 軍寒苦に, 辟易も, 邸の, 部屋は, 門に, 面目を, 頃に, 頃西洋との, 顔を, 首級を

▼ 隆~ (75, 7.0%)

3 それを

1 [72件] いい男, いきなり言った, お茶を, かえってあざ笑った, すぐ後, ずんぐり短い, そう言った, その二十, その手, そんな貴子, ちょっとあわてた, つい先ごろ結婚, はっと眼, もううぬぼれ, やはり陽子, わが子の, わざとそれ, わざとソワソワした, 一族の, 久美子の, 余りに侯爵, 例の, 俊成門で, 制して, 前後の, 南に, 南部方面に, 召還されし, 含ませて, 噴き出す代り, 国もとの, 大兵を, 奔り, 定家出生の, 少い時, 川奈ホテルへ, 幸いにも, 広間に, 当惑した, 思ったの, 急に, 悔いません, 挑みかかるよう, 日ごろ上戸, 早口に, 昨夜田村へ, 是の, 時計を, 李文忠の, 歯が, 殺されたに, 温和で, 燕王の, 申すまでも, 矢張り殺された, 確りしてる, 秀吉について, 立って, 章三にとって, 翌る, 耳の, 肌寒い秋雨, 腰を, 自分の, 興冷めした, 若すぎた, 言ったが, 貴子の, 足であり, 辟易し, 長身に, 頷いて

▼ 隆~ (38, 3.5%)

4 の住職 3 から西一町, の境内, の庭 2 の坊主, の若い, へ行く

1 [19件] から帰っ, から持っ, というの, のひだる, の僧, の坊さん, の坊主ども, の坊主共, の境内八葉堂, の山師坊主, の役僧教重, の教重, の鼻, へお, へ乗込んだ, へ実は, へ手, へ行っ, へ通いはじめました

▼ 隆~ (35, 3.3%)

2 殺されたと

1 [33件] こう云った, ささやくよう, そんな偶然, だんだんに, とってかえして, のぼって, トラックで, 万事斡旋し, 五百の, 会津の, 先に, 卒し, 右足に, 大軍功, 子にあたる, 差し伸べた手, 当って, 後から, 愕と, 慶長五年大阪で, 手勢を, 本当の, 物々しい武装, 生れて, 眉を, 矢にあたって, 立って, 胸を, 若すぎた, 薪箱の, 訪い市橋九郎右衛門, 軍衆くし, 部屋の

▼ 隆~ (26, 2.4%)

3 目の, 髯の, 鼻の 2 のが

1 [15件] 人で, 眼の, 立派な, 節々の, 背の, 色白の, 赭ら顏で, 長頤, 靴を, 鳶の, 鼻, 鼻すじから, 鼻は, 鼻不思議そうに, 鼻廣い

▼ 隆~ (25, 2.3%)

1 [25件] して, その血まつり, そんなに好い, たかしと, つれて, とっちめるという, はじめ新, はじめ羽川烏山などの, やっつけて, 二人並ばせ, 使いとして, 吾が堅城, 大将軍と, 待たせて, 殴って, 殺したと, 殺した相手, 殺して, 殺すなんて, 知って, 血祭りに, 討ちもらすな, 討ち取ったら直ちに, 訪ねて, 訪れたダンサー

▼ 隆~ (24, 2.2%)

1 [24件] が二度のみ使, が手ばなし, が指揮, が正成, が言った, とそれぞれ, なども宮同様, のそば, のほう, の一状, の五百騎, の指揮下, の陣所, はしきり, は千早籠城, は声, は彼, は河内等, は法体, は転, や居所不明, を大将, 同隆光, 奉

▼ 隆~ (23, 2.1%)

2 の岡

1 [21件] という一村落, における生活, に住ん, に居住, に派し, に知不足斎叢書, に草廬, に賢人, に鍬, に閑居, の一青年, の孔明, の小高い, の彼, の村落, の草廬, の諸, は山紫水明, へおもむいた, へ立寄っ, へ行く

▼ 隆~ (19, 1.8%)

1 [19件] いって, したアメリカ型, した其風采, した文事, した服装, した装, てっきりだった, 云つた, 其妻との, 友人とが, 定家との, 更めて, 申されて, 申す者, 石倉が, 組んで, 野原へ, 金川門を, 鏡忍との

▼ 隆~ (18, 1.7%)

3 眉秀で夢見る 2 目の, 眉秀で

1 [11件] どこか, ないほほ, 一見凜, 口は, 口もとしまり, 小鼻ばかり, 眉すこし, 眉濃く, 髭濃, 鼻ば, 鼻尖り

▼ 隆~ (17, 1.6%)

1 [17件] それほどまでに, なりすまして, まぎれない若い, わずかに, 会って, 会釈を, 口止めさせる, 命じ兵, 太子太師を, 従いしが, 打明けたの, 曲って, 目隠しを, 紹介された, 至つて旧に, 託して, 許したの

▼ 隆~ (15, 1.4%)

1 [15件] からも会う, がもち前, が何, などが, によつて巧み, に感想, の, のいくつ, の世話, の好み, の病室, の譯, は僕, は学究, を表彰

▼ 隆~ (14, 1.3%)

1 [14件] いたし, これほどまで, その槍玉, その車室, むろんそうだ, 人物だ, 同じよう, 従けや, 来た, 来て, 母親の, 物見の, 貴子の, 貴族の

▼ 隆~ (12, 1.1%)

2 にし 1 なりし, なること, なるに, なるは, なる日, にした, にすべきなり, にする, になっ, になる

▼ 隆~ (12, 1.1%)

2 ぶしの 1 かこッそり, が飛び出さない, くずしが, くずしでも, だけで小, の小唄, の小歌, の節, ぶしだの, をはじめ

▼ 隆少年~ (11, 1.0%)

2 の死 1 が死ん, の事, の四十九日, の家庭教師, の寝室, の隣室, はそれ, は直ぐ, を愛し

▼ 隆~ (10, 0.9%)

1 が意勢, は厚い, は啓吉, は寝床, は心, は指, は新聞紙, は袂, は陽向, を見上げた

▼ 隆~ (10, 0.9%)

2 豺目に 1 といふ形容詞, なるを以ての, の好男子, 公, 公に, 明かに, 眼有光, 龍顏などと

▼ 隆まり~ (9, 0.8%)

2 有り 1 と兩眼, にて界, も有り, を二つ踰, 拡がった鼻, 有り又, 歪められ彼女

▼ 隆~ (9, 0.8%)

2 に伴はしめむとせば 1 するに, と共にカヤツリ紙, の中, の機運, は南部家, を期し, を賛

▼ 隆から~ (8, 0.7%)

2 汽車で 1 このたび, 下関へ, 再び船, 手を, 早馬が, 来た手紙

▼ 隆~ (8, 0.7%)

1 が囘部, の三十三年, の作つた, の擧行, は之, は天祿琳琅書目, は寧波, は此

▼ 隆~ (8, 0.7%)

1 が年, が老, にて候, の寺, の葉書, は二三年前, や天南, 老僧

▼ 隆~ (8, 0.7%)

1 と同じく, に割り当てられ, の三人, の齢, は同じ, は弘前, は後津軽家, を伴

▼ 隆左衛門~ (7, 0.7%)

1 か, が眼, の人々, の邸, はこう, は人々, は少し

▼ 隆火柴公司~ (6, 0.6%)

1 などを順ぐり, のレポ, の工人達, の社員, へ向けられた, も土嚢塁

▼ 隆~ (6, 0.6%)

1 と共に皆一字名, などそれぞれ, の三人, の中, の五人, も相次い

▼ 隆達節~ (6, 0.6%)

1 で歌う, という小唄, にも, の流れ, の考証, を唄っ

▼ 隆升軒信階~ (5, 0.5%)

1 が猶, が膝下, の友, の妻伊沢氏曾能, は此年五月二十八日

▼ 隆博士~ (5, 0.5%)

1 が腹, にもむろん, の言葉, の質問, は面白

▼ 隆~ (5, 0.5%)

21 のもの, の歌, は上人

▼ 隆~ (5, 0.5%)

1 から得た, が死ん, には殊に, に就き, の筆意

▼ 隆寛律師~ (5, 0.5%)

1 が配所, などもその, の処, はどうも, は奧州

▼ 隆~ (5, 0.5%)

1 である, のゐた, は大江門, は長屋, 現れて

▼ 隆~ (5, 0.5%)

1 に当る, の一本一本, の数, を数える, を黒く

▼ 隆~ (5, 0.5%)

1 が横顔, で少し, に引きしめられた, の碧, まことに神々しい

▼ 隆さん~ (4, 0.4%)

1 が入る, が若し, なんかが, に断われ

▼ 隆という~ (4, 0.4%)

1 三十前後の, 人が, 男に, 青年の

▼ 隆には~ (4, 0.4%)

1 いつた, べつに心, 大した魅力, 遥かに

▼ 隆~ (4, 0.4%)

1 が貴国, と山田珠樹君, に一二度稽古, や故人久能木慎治君

▼ 隆~ (4, 0.4%)

1 がこれ, で発行, に潜つて, は赤字

▼ 隆~ (3, 0.3%)

1 に就き, は真黒き, 額の

▼ 隆ちゃんたち~ (3, 0.3%)

1 が戻っ, のれるの, への慰問袋

▼ 隆として~ (3, 0.3%)

1 御出掛, 折目を, 推出すんだ

▼ 隆~ (3, 0.3%)

1 かに我々欧州人, がおり, の九条家御子左家組

▼ 隆~ (3, 0.3%)

1 争フベシ, 殺戮シ放火焼失シ終ンヌ, 比スルニ至ルベシ

▼ 隆~ (3, 0.3%)

1 三十二歳次子吉川元春二十三歳三子隆景二十二歳, 元春隆景などを, 吉川元春など

▼ 隆~ (3, 0.3%)

1 の胸, はまるい, は充血

▼ 隆嘉慶~ (3, 0.3%)

1 にわたって沢山, の時代, の間

▼ 隆~ (3, 0.3%)

1 はき, はどう, はどうして

▼ 隆~ (3, 0.3%)

1 がその, の弟子實成房, は粟田関白五代

▼ 隆恩殿~ (3, 0.3%)

1 に向, の後, の青玉

▼ 隆恩門~ (3, 0.3%)

1 と云う, に我が, の壁上

▼ 隆教授~ (3, 0.3%)

1 の飛躍, も森田草平氏, や森田草平氏

▼ 隆時代~ (3, 0.3%)

1 に天子, の一般, の進士

▼ 隆朝臣~ (3, 0.3%)

1 の長兄, も何とも, をお

▼ 隆~ (3, 0.3%)

1 が関東, を明らか, 仏など

▼ 隆福寺~ (3, 0.3%)

1 で換えた, の古本屋, の書肆行

▼ 隆線模様~ (3, 0.3%)

1 によって被害者, による犯人鑑別, による鑑定

▼ 隆達どの~ (3, 0.3%)

1 も元, をうらやましい, をお

▼ 隆くし~ (2, 0.2%)

1 かも翼孔, て丁字櫂

▼ 隆その~ (2, 0.2%)

1 人, 人な

▼ 隆たち~ (2, 0.2%)

1 は東京, を駅

▼ 隆ちや~ (2, 0.2%)

2 ん見たい

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 買ったあの, 買った七十銭

▼ 隆など~ (2, 0.2%)

1 あらかた到着, 居流れて

▼ 隆なら~ (2, 0.2%)

1 ば多少, 政子の

▼ 隆なる~ (2, 0.2%)

1 こと前後に, 同名二人アイアース

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 うまくいいわけ, 一書を

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 如願法師, 源家長が

▼ 隆以後~ (2, 0.2%)

1 に章學誠, の建立

▼ 隆元年~ (2, 0.2%)

1 に至っ, 即ち西暦千七百三十六年

▼ 隆先生~ (2, 0.2%)

1 の, をぼんやり

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 に対す, を見る

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 に嫁, の室

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 じゃ, と言う

▼ 隆埠頭~ (2, 0.2%)

1 における靴底, の一情景

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 が濁, よな

▼ 隆慶橋~ (2, 0.2%)

2 を渡り

▼ 隆殿板本~ (2, 0.2%)

1 は明, を參照

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 についてちょっと, の雨

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 として高き, と起き上っ

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 が住地, のいる

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 の眞白, の真白

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 と胸部, などは言わば

▼ 隆~ (2, 0.2%)

2 の女

▼ 隆興した~ (2, 0.2%)

1 が太宗, のである

▼ 隆興寺~ (2, 0.2%)

2 へ飛ん

▼ 隆西堂~ (2, 0.2%)

1 が淋しく, どのなどの

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 に上り, の下

▼ 隆資ら~ (2, 0.2%)

1 が運び, とふた

▼ 隆~ (2, 0.2%)

1 から殊に, になつて

▼ 隆鼻手術~ (2, 0.2%)

1 のよう, をうけた

▼1* [185件]

あると同じく, 隆いお婆さんや, 隆いがぞんざいな鼻, 隆いその顔, 隆いといふ事, 隆い痩せて面長, 隆い鼻のところ, 隆い鼻先にずらし, 隆うして口, 隆おかしいぞ, 隆おれの落度, 隆せめて香港程度, 隆く持ち上げた左の, 隆く聳えたち広い, 隆く褪せた唇元に, 隆ぐらいなもの, 隆さんあたしを一人, 隆さんいつ戻るの, 隆さん何うした, 隆さん明日また病院, 隆すべきものあらず, 隆たち兄弟の兵, 隆と, 隆だったら随分ちがい, 隆ちゃんあなたの馬, 隆ちゃんうちは皆男の子たち, 隆ちゃんところはいつぞや, 隆ちゃん五六月頃には渡支, 隆ちゃん入浴しなければ, 隆ちゃん出発の知らせ, 隆ちゃん夕飯代二人分一円もらって, 隆ちゃん富ちゃんにはバンド, 隆ちゃん本はやっぱりすこし, 隆ちゃん案外に早く, 隆ちゃん私とリンさん, 隆ちゃん達は昨夜十二時すぎ室積, 隆ちゃん達ちゃんにいつも, 隆つたに違, 隆ですか台中, 隆でなかったら章三も, 隆とかいったよう, 隆とがこれまた, 隆とをば先に, 隆字象である, 隆などが漸く百首歌, 隆などは妹の, 隆なども家集の, 隆にとっても階下に, 隆にも一首あり, 隆へのいや自分, 隆ゆえ最高にし, 隆よくいわれた, 隆しと伝うる, 隆をもただで, 隆んであつたの, 隆グラスと云う, 隆チヤンとタカチヤン, 隆チヤン一年生のタカチヤン, 隆バケツに入れ, 隆丁亥夏五長洲沈徳潜書す時に年九十有五, 隆中四庫全書提要の成つた時, 隆二人は虹ヶ浜, 隆二十六年のこと, 隆二十年の重, 隆二十年都で小児, 隆五十五年頃までに更に, 隆五年と十年, 隆の下, 隆以前の清朝, 隆れて, 隆元元春御意の通り, 隆兄弟や同苗美作守, 隆先生訳仏人リイル・アダン氏の小話, 隆に, 隆六年嘉興の知府, 隆を徳州, 隆の贈る, 隆苦寒を, 隆凡器にし, 隆出せり等の記事, 隆出帆の船, 隆前田善二郎の妻, 隆助只今はじめてうけたまわった, 隆十枚いただくと, 隆升翁生存之日, 隆升軒信階筮仕の記念会, 隆升軒小字は門次郎, 隆升軒父子の坦率, 隆升軒興安信階居士と云, 隆古等と交, 隆名物の濛雨, 隆嘉慶以後思想の變化, 隆嘉慶年代に於, 隆四十一年に至り, 隆四十二年の上諭, 隆四十六七年までに完成, 隆四家の一人, 隆国三男大納言民部卿皇大皇后宮大夫源俊明, 隆国卿皐月より葉月, 隆國薨後の寛治頃, 隆という本, 隆の, 隆へ行く, 隆大円寺の阿, 隆大蛇に身, 隆がある, 隆学問寺が出来まし, 隆安三年の條, 隆安五年辛丑正月五日の作, 隆の卿, 隆などは犬射, 隆寛幸西等を流罪, 隆寛律師皆それぞれ法然の往生, 隆寺燒亡于時有此災, 隆小字は九江, 隆十余万の, 隆左衛門殿のお, 隆帝一代の大, 隆帝四十七年七月の上諭, 隆帝自ら文淵閣の記, 隆を出し, 隆といい, 隆後江辺に至り, 隆応師との間, 隆恩殿其他いづれも, 隆恩門隆恩殿其他いづれも, 隆愛惜親戚に同じ, 隆慶時代には北支那, 隆老その, 隆支うる能わずして遁, 隆政これに在り, 隆政自ら槍を揮っ, 隆斉清の四代, 隆方面へかけ, 隆曉法印といふ人, 隆業山と云, 隆にも怠り, 隆殿近う, 隆殿板よりも劣り, 隆殿板本汲古閣本等を對照, 隆氏文を善く, 隆火柴の小山, 隆未重梓本, 隆白二僕は宮下, 隆白二十歳田中屋忠兵衛僕吉蔵をした, 隆白吉蔵をした, 隆白小柴の伯父, 隆白忠兵衛を送り, 隆直筑前の原田種直, 隆硝子の大, 隆福寺街にた, 隆福田恆存の, 隆窪川イネ等の由, 隆等みな同様に心, 隆等燕王に見え, 隆が攻, 隆綱等は此処, 隆繁たちの常陸源氏, 隆興しその階級, 隆興すべしと論じ, 隆興吉田富三両博士, 隆興實に前代未聞, 隆興時代となり, 隆の青侍, 隆蘇りてすなわち, 隆西堂五番が秀次, 隆貴子貴子の友達, 隆資日野資朝らの名, 隆資洞院ノ実, 隆資等の共同作戦計画, 隆資花山院師賢烏丸成輔などいずれ, 隆資軍に牽制, 隆迄も探しに, 隆達小唄や平, 隆郭英呉傑等軍六十万を合し, 隆長谷川秀一多賀秀家といったよう, 隆長谷川秀一多賀秀家らの部隊, 隆阿闍梨円玄阿闍梨という顔触れ, 隆ではない, 隆魔山の尼僧, 隆魔山蓮照寺のなか, 隆鼻ハイカラのクリスチヤン, 隆鼻前髪立ち多少, 隆鼻高雅であった, 隆齊清四代の奧方