青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「隅~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

陰~ 陰気~ 陳~ 陶器~ 陸~ 陸軍~ ~陽 陽~ 陽気~ ~隅
隅~
隆~ 隊~ 隊長~ 階~ 階下~ ~階段 階段~ ~階級 階級~ 随~

「隅~」 5819, 63ppm, 1818位

▼ 隅~ (1794, 30.8%)

31 置いて 24 立って 13 あつた, 腰を 11 身を 9 寝て 8 かたまって, 坐って, 小さくなっ, 転がって 7 ある, 残って, 隠れて 6 あって, 倒れて, 片寄せて, 眼を, 立てかけて, 立てて, 頭を 5 こびりついて, 住む奴隷, 小さくな 4 うずくまって, ころがって, 一つの, 寄せて, 息を, 捨てて, 積んで, 行って, 身体を

3 [28件] しゃがんで, じっとし, すわって, ちぢこまって, ふるえて, 一人の, 一軒の, 丸めて, 坐つて, 坐りナイフ, 埋めて, 女の, 寄って, 引つ込んで, 引込んで, 彼の, 据えて, 枝を, 残して, 片附け, 積み重ねて, 縮こまって, 置いた, 自分の, 落ちて, 連れて, 重ねて, 隠して

2 [104件] あった, あつて, あります, あるだけ, ある一枚, ある壺, ある寝台, ある小, ある小さい, ある桶, ある水, いて, いる陳彩, おいて, おけない, くっついて, すわった, ぞっこん惚れ, つっ立って, とりつけて, ひともと, ひとり腰掛け, まるで冷めた, ゐて, 一かたまり, 一脈の, 上から, 並んで, 何処か, 入る, 割據し, 古ぼけた旅人宿, 向って, 咲いた薔薇, 四曲屏風を, 埋ずめ, 大きな鼠穴, 寝ころんで, 寢か, 小さく, 小さく組まれ, 小さく隠れ, 居るヤンキー, 布団を, 床を, 微塵たり, 悄然として, 感じた, 懸けて, 押しつけて, 据ゑた小さい, 掛けて, 整は, 敷いて, 於て, 書かれて, 机を, 来て, 根元から, 横たえて, 横に, 片づけた, 片寄って, 犬の, 異状な, 積まれて, 積み重ねたが, 穴が, 穴を, 空しく読者, 突っ立っ, 突つ立つ, 立たして, 立ち明し, 立った, 立つて, 立てた書割, 立て掛けて, 立派な, 紙屑入の, 網を, 緑いろ, 置くと, 置けない, 置けないところ, 置けないん, 置けぬ, 羽虫か, 臥床が, 行くべからずたそがれ, 設けて, 誰にも, 蹲った, 蹲って, 蹲つてもう, 蹲つて浮かぬ, 転げて, 釜場, 隠しながら, 隱れ, 集まって, 飛びのき両手, 飛んで, 鼠の

1 [1255件 抜粋] ああ云う, あたりて, あったこと, あったので, あった子供, あった燭台, あった用箪笥, あった菖蒲畑, あった藺笠, あの挙動, あらわれる, ありて, あるが, あるべき筈, あるアムステルダム島, あるニェンボ・リーゾン, ある一本, ある二尺, ある便所, ある古, ある四間, ある大人, ある室, ある小机, ある暗, ある机, ある柳行李, ある樽, ある池, ある煖炉, ある物置小屋, ある痩せがれた檜, ある睡蓮, ある空気抜き, ある竪台, ある籐椅子, ある置戸棚, ある自記装置, ある茶道具, ある菊, ある衝立, ある階段, ある風呂敷包, あゝいう, いかさま日本人, いたヨコハマ, いって, いる, いるため, いる一つ, うかんだ, うずくまり考え, うっちゃって, うつ向いて, おかせて, おかれた手箪笥, おき杉村, おけないと, おけない人物, おけない悪戯, おけぬ奴, おけねえの, おしかた, おしやって, おろして, お夏, かがんで, かけたランプ, かたく座っ, かたまった彼ら, かた寄り散つ, か細い文太郎, くすぶって, くっついたよう, くわえて, けろりとし, この女, ころが, ころがる半, こわれかかった七輪, こんもりと, さす日, しかし明日出勤, して, しゃちこ張って, しりぞいて, じっと腕組み, じつと, すくんで, すっかり分離, すわり窓, そこまでは, その地名, その頃日本では, たおれかかって, たくさんの, たてかけて, たまった唾, ちぢこまつて, ちやんと, ちょこなんと胡坐, ついたバター, つきまとって, つっこんで, つつましく控え, つみあげて, つるすか, とぐろを, とりつけられて, なければ, なった楓, なにかの, のこされて, のせました, のべて, ひかえて, ひとりの, ぴったり身, ふくぶくな, ぶらさがつて, ぺたんこに坐り込ん, ほうり出して, ほのかな, ぼんやり立っ, ぽつねんと考え込ん, まいに, まだもう一名, まだ教科書, みちびいた, もう一つドア, もぐりこんだ東一君, もって, やはり竈, ゆきひそか, よせたり, よりかかり両手, わが影, ゐた木綿, ゐる先生, カタの, ガヤガヤたち騒い, グランドピアノが, ゴロリと, ストウブを, タイピストが, デスクが, ハテナ, ピタリと, ボオイから, ポケットウイスキーが, マスクを, ラケットや, 一つ白い, 一匹の, 一坪ほどの, 一夜作りの, 一本細い, 一組の, 七宝細工かと, 三日月形の, 三角に, 並べたり, 丸い金具, 丸く彫り抜いた, 丸太で, 乗せて, 二つ並んだ, 二三の, 二枚折り, 二畳の, 亡父が, 人だかりが, 仕出し屋の, 以前食膳の, 伸子は, 佇って, 佇んだまま, 位し, 低い板, 住居らしい, 何だか人だかり, 何を, 侘しい枯木, 俯伏した, 俳句を, 倚りかかっ, 備えつけて, 僕のと, 入れよと, 入れ蓋, 六畳ばかり, 写生かと, 冷やかに, 凭れて, 出たらめ, 刀気が, 前途の, 十五六ぐらいの, 半熟の, 南瓜が, 古く土, 古本箱や, 古網人なら, 吊るした鸚哥, 名士の, 向ふ, 吹き寄せられたよう, 呼んで, 咲いた菊, 唾を, 囲われて, 固まって, 圖したる, 在った小さい, 在つて, 在る市立音響体操学校, 地下の, 坐った, 坐った親子, 坐りベソ, 垂下る, 埃は, 埋めその, 埋もれて, 塊って, 壁を, 変って, 夜を, 大きい欅, 大きく寫し, 大きな包み, 大きな竈, 大きな鏡台, 大小種々の, 大金が, 奥州に, 好きな, 婀娜な, 子供達の, 安置され, 客間に, 寄せられて, 寄ったところ, 寝ころびながら, 寝そべった, 寝転んだり, 寢かしたま, 小さい四角, 小さい番人, 小さくなつ, 小さく俯, 小さく書い, 小さな字, 小さな桝目, 小さな虫, 小さな釜, 小屋を, 小机, 少さく, 少しづつ, 居た外相夫人, 居た私, 居を, 居据, 山の端の, 島田髷が, 巣くつて, 巨大な, 幕を, 幾本か, 座を, 建って, 建築に, 引っかかって, 引つこんで, 張って, 当っては, 当る赭色, 形ばかりの, 待たして, 微な, 心底惚れ, 忍びより, 忘れられた儘, 息が, 悄ンぼり坐っ, 慄然と, 戻って, 手紙らしい, 投げやりそして, 投げ出した響, 投げ棄て放しに, 投げ遣つて, 投りこんである, 投り出した, 折から, 抱きひとたび, 押しつくねその, 押しつけられて, 押しやりながら, 押し付けられた千種, 押込んであった, 持ちつづけた, 挿し込んである赤い, 捨てられて, 据えた粗雑, 据わること, 据風呂の, 掛った女, 接し兵糧, 控へて, 擲って, 放りやった, 放り込んで, 敷いた, 新聞反古の, 昇降口屋根を, 映って, 暖めて, 書きもの, 書記が, 朦朧と, 朱盆が, 松の, 板切を, 柿の, 桃の, 椅子卓子などを, 横たおし, 横向きの, 次の間へ, 此友人を, 死んだ振り, 殆ん, 残った, 残るだけの, 殘つた未練も, 毋忘国恥と, 母親と, 水を, 永久に, 池と, 油紙を, 注がれて, 洗面台を, 浮べた, 消えるよう, 淋しくぽつり, 添え付けて, 満たされない欠陥, 澱んで, 火の, 無花果が, 焼付を, 煽風機, 燒きつく, 片付けて, 片寄せられて, 物音, 猫の, 玩具を, 現われた, 現われる, 瓦の, 生えた桃, 用水桶が, 畠を, 異様に, 発車の, 白襟の, 真実の, 真鍮張りの, 眠ってる順一, 眠つて居る, 睡って, 瞳の, 石を, 破れた生垣, 磯の, 秀で越前, 秋田から, 積つた塵の, 積み重ねられて, 積重ねて, 突き立つたまま, 窃と, 立たされて, 立ちすくんだ, 立ちます, 立ち現われた一つ, 立ってると, 立つた阪井, 立てまわして, 立掛けて, 章三が, 竹細工の, 糞便用の, 納められて, 紫檀で, 細字で, 絶え入るばかりに, 縫い込んで, 縮こまつて, 置いたまま, 置いたよう, 置いた安楽椅子, 置いた燈明皿, 置かれた小さい, 置かれてる彼, 置きます, 置き菅笠, 置けないって, 置けないのね, 置けないわいと, 置けない伊達者, 置けない皮肉屋, 置けねえや, 置けませんね, 置けん, 置けんのう, 置手紙が, 翼を, 老夫婦, 聞えたので, 聳ッ立ッて, 肩を, 背の, 胡, 胡桃材の, 脱ぎすてられて, 腕を, 腰掛けて, 自分が, 至る迄, 色白な, 茶の, 菰を, 落ちるだろう, 葬られて, 蒔きたる桃, 蒲団を, 蔓って, 薄いしみ, 薪が, 虚無的な, 蝙蝠の, 蠅が, 行き古ぼけた将棋盤, 行っても, 行儀よく, 裏返しに, 見えたが, 見つけ出すと, 見物から, 触れたん, 詰めて, 貼りまぜの, 赤い笠, 起った目, 足代板の, 踞って, 踞まって, 蹲まっ, 蹲り急, 蹴った, 身長の, 車掌用の, 転じたるため, 轉が, 追いつめられた, 追い詰めて, 追い込められて, 追ひ込ん, 送られて, 透りました, 道具箱を, 邪げられ, 酒を, 金箔を, 鉄製らしい, 長い丸い棒, 長火鉢だの, 閑居静養を, 限って, 陶器を, 隠れあるいは, 隱れました, 集つた, 電気蓄音機が, 青磁の, 頭だけ, 顔を, 飛びさ, 飛び散り酒壜, 飾って, 香包を, 高さ五尺位, 麻裏草履が, 黙々と働い, 黙り込んで

▼ 隅~ (1354, 23.3%)

218 方に 89 方へ 71 方で 41 方の 38 方から 19 椅子に 18 ところに, 方を 17 方には 12 ほうに, ほうへ 9 壁に 8 暗いところ 7 ほうで, テーブルに, 机の 6 卓子に, 所へ, 机に 5 テエブルに, 卓子で, 壁の, 方は, 隅まで 4 テーブルで, ドコかに, 処に, 柱に, 洗面器の, 物陰に

3 [15件] ところで, ところへ, ほうから, ような, テーブルへ, 所に, 所を, 方が, 柱の, 桜の, 棚の, 母の, 部屋, 隅の, 障子を

2 [56件] あちら向き, ことを, とこで, ほうの, スイッチを, ソフアに, ベッドの, 一本の, 一角の, 処へ, 別室を, 卓に, 卓子へ, 地で, 壺の, 安楽椅子に, 寂しさ, 小さな卓子, 小さな噴水, 小屏風, 屋根裏より, 席で, 所から, 扉を, 方からなど, 方位の, 暗がりから, 本箱の, 松の, 椅子から, 楓の, 欄干に, 洋傘や, 灯籠に, 炬燵で, 畳の, 白い花, 窓の, 箱の, 築山の, 給仕だ, 老人, 聖像の, 腰かけに, 腰掛けに, 臼の, 蓆の, 薄暗いところ, 薄暗い仏壇, 衣裳戸棚の, 観兵の, 遣戸の, 避難民達, 金網の, 長椅子に, 長椅子へ

1 [539件 抜粋] あずまやの, あたりで, あたりに, あたりを, あとから, あの古池, いぶせき茶, お艶, かなしき女, がたがたベッドに, その所, その男, その藤娘, たたみに, たった一人, つぶれた, とある一室, ところが, ところだけ, ところです, とんでもない, どこかの, どこかを, どぶと, はしらに, はてから, ほうを, ほこりの, まだ解かない, むつかしい仕事, めくれあがって, めくれたモウパッサン, もので, やつが, やつなぞもね, わずかな, アーク燈の, アーク燈み, エミール・バンニング町に, カフェーの, カマスの, カリンの, カンヴァスを, カーテンの, ガラス箱で, クッションに, クリスマスの, ゴミゴミした, シチリンに, シツクイ塗りの, ズッと, ソファに, ソファへ, タイピスト達の, テエブルの, テーブルの, デスクに, ドアに, ハキダメに, パネルの, ピークの, ブロンズを, ベットで, ベッドで, ベッドへ, ベッドを, ベツトに, ベンチが, ベンチで, ベンチに, ボックスへ, マキちゃんが, ラジオ受信機の, レンギョウは, 一二ヶ所しか, 一個との, 一半島たらしめる, 一卓を, 一夜を, 一席から, 一所に, 一方に, 一方を, 一曲輪に, 一枚が, 一枚の, 一枚蒲団に, 一画に, 一番上の, 一脚には, 一角を, 一部が, 一間には, 三個と, 三分の一だけは, 三角戸棚の, 三角棚には, 丘で, 両端を, 中に, 丸い卓子, 丸太の, 乱れ籠を, 事務机に, 二つ峯の, 二三本ちょうど, 二本の, 五つの, 五六尺ばかりの, 井戸端で, 人, 人知れぬ, 仏壇に, 休憩所に, 何処かで, 何処かに, 例の, 侘しい旅愁, 倚子に, 入口から, 八畳が, 公孫樹を, 共同石炭置場へ, 凋れた, 処は, 函の, 前に, 前にも, 割合浅い, 卓で, 卓なる, 卓には, 卓上電話に, 卓子, 卓子それから, 叢の, 口に, 古びたコート, 吊革に, 名が, 味噌桶の, 品物を, 問題の, 四本柱の, 四畳半に, 四阿で, 圓い, 土を, 地においては, 地袋へ, 坊ばっかり, 坐席, 垣根の, 垣根を, 埃だらけの, 埃を, 塵芥穴で, 壁ぎわでは病人が, 壁にも, 壁へ, 壁添い, 壁際で, 壜を, 夏蜜柑の, 外套かけで, 多い室, 大, 大きい欅, 大きい竹籠, 大きなソファ, 大きな柱, 大きな水瓶, 大きな水甕, 大テーブル, 大先生, 大理石柱の, 大箱の, 大金庫, 天井が, 天井に, 天井板が, 天鵞絨の, 太柱と, 夾竹桃の, 奥深くの, 女中の, 学生, 安楽椅子へ, 室から, 室に, 室の, 家の, 家庭人は, 寒紅梅一枝月温く, 寝台と, 寝台に, 寢床に, 寺へ, 小さいボロ布団, 小さい椅子, 小さい衝立, 小さい部屋, 小さなテーブル, 小さな三角形, 小さな丸テーブル, 小さな家, 小さな宿屋, 小さな布団, 小さな戸口, 小さな苔, 小さな銀杏, 小さな黒子, 小壁, 小屋から, 小屋で, 小山でした, 小暗き処, 小椅子, 小母さんの, 小男は, 小箪笥, 小高いところ, 小高い岡, 屋根の, 屏風の, 山みちに, 山茶花の, 川の, 川沿いの, 巣の, 巨大な, 布団に, 布団の, 席であった, 席に, 席を, 常春藤に, 帽子かけに, 幅広い顔, 幕へ, 床の, 床べたに, 床几に, 床几の, 床几へ, 床板に, 床石を, 底から, 座席に, 座敷の, 廊下口の, 御堂の, 心根エ聞け, 思いがけない方向, 戸ダナへ, 戸口の, 戸棚から, 戸棚の, 戸棚へ, 所が, 所で, 所では, 所にしか, 扉に, 手を, 手洗い場だ, 押入の, 抽出から, 指す方, 挨拶に, 捨石の, 据風呂に, 換気用の, 攻め合いに, 敦煌に, 料理竈の, 新しき洞, 方なる, 方において, 方にまで, 方へでも, 方へと, 方角を, 日和には, 日当りの, 日溜りに, 明りで, 暗い処, 暗い影, 暗がりに, 暗がりを, 暗さ, 暗やみへ, 書棚に, 書棚には, 書置を, 有るか, 木屑の, 木戸を, 木立の, 木谷と, 未地, 本箱が, 机を, 朽葉色の, 村まで, 東壁及び, 板が, 板場に, 板敷の, 板椅子から, 枇杷の, 柘榴の, 柱と, 柱上より, 桜や, 棒を, 棚に, 樹幹が, 橘の, 機械体操の, 櫓のうへに, 櫻の, 武蔵野から, 民を, 水道で, 水道栓の, 洗場に, 洗面台の, 洗面器で, 洗面所で, 洗面所の, 浜へ, 湯前村の, 湯沸しの, 火の, 火鉢に, 灰の, 炉ばた, 炉火の, 炉辺の, 炭箱から, 煉瓦の, 煤けた柱, 物干, 物干場には, 物置, 物置の, 物置みたいな, 物置小屋に, 物蔭に, 物音に, 物音を, 犬小屋と, 状差しに, 狭い処, 狭い芝生, 瓦斯煖炉の, 用箪笥を, 田舎に, 甲冑が, 男爵に, 留り木に, 畠を, 畳を, 疊を, 短檠が, 石臼の, 砥石で, 破れて, 破目板, 磯上伴作は, 私の, 穴に, 穴よ, 空室に, 空箱の, 窓に, 窓を, 竹籔の, 竹葉の, 筆洗盤は, 箕を, 箪笥の, 箱は, 籐椅子に, 粗末な, 精米機が, 納屋から, 紐を, 索具などの, 索具等の, 経机によって, 継母の, 老梅, 考えが, 腰かけさ, 腰掛に, 腰羽目の, 自分の, 興奮に, 芝生に, 芭蕉よみが, 花器に, 花鉢に, 苔の, 苦悶した, 英子の, 茂みの, 茶箪笥から, 茶箪笥の, 草叢に, 菊や, 菖蒲の, 萩の, 落ちた床, 薄暗い四疊半, 薄暗い棚, 薄赤い, 薔薇の, 薪置場に, 藪の, 虎王族を, 蚫貝の, 蜘蛛の, 螺鈿の, 衝立の, 衣裳箪笥の, 裏手へ, 補助卓に, 襖の, 覗いて, 親石, 評判が, 調子が, 谷地中という, 足跡の, 路易, 輦宿と, 農家などには, 通俗常識である, 通風孔の, 遊郭は, 部屋で, 部屋に, 部屋にだけ, 部屋の, 部屋へ, 金切り声に, 金庫を, 金魚鉢の, 釜で, 針を, 釣戸棚へ, 鉢の, 銀杏の, 鎧櫃を, 鏡に, 鏡の, 長椅子で, 長椅子の, 間で, 間に, 間の, 間取りが, 闇がりの, 防空壕へ, 陽あたりの, 階子段を, 障子へ, 隣りの, 雑誌を, 雛菊が, 雛菊を, 雨落ちの, 雪洞に, 電気を, 電気ストーブ向うの, 電話の, 電話口な, 青物と, 顔じろりと, 顔と, 風呂敷包みを, 風呂桶へ, 食卓について, 食器棚の, 食器棚は, 飾戸棚が, 餉台に, 駒を, 騎馬装甲へ, 鳥小屋から, 鶏舎の, 鹿角郡あたりでは, 黒く見える, 黒団へ, 黒石に, 黒石を, 龕みたいな

▼ 隅から~ (542, 9.3%)

203 隅まで 28 隅へ 19 隅へと 9 隅までを 5 隅を 4 見て 3 出て, 隅にまで, 隅までに 2 じりじりと, ジロジロと, 手拭に, 持つて, 躍り出るよう, 隅に, 隅までが, 隅までも, 飛び出して

1 [247件] あかの, あても, うかがうと, お前を, かすかに, かの四月, きて, この光景, こんな珍妙, ざるで, じっとおれ, じっと向けた, その境外, その様子, それを, ちょろちょろと, ちろと, つくねるやう, つぶやいた, どっと金属的, にじり出ました, にらむよう, のっそり立ちあがっ, ひょうひょう吹きすさび, ぽたりぽたりと, まだ眼, むくむくあらわれ, ゆく道, よし彼奴, カバンを, ケーベル先生の, コッソリこの, ゴミと, ジロリと, チラチラ樣子, チラチラ見, チラリと, ニヤニヤと, バケツの, パラパラと, ピストルが, ホッホッと, 一つずつ, 一人が, 一冊の, 一匹の, 一方の, 一端に, 一脚の, 三本の, 上眼で, 下に, 下水に, 不安な, 両手を, 中ほど, 中山小六が, 二人の, 二階への, 今にも戻つ, 今行き過ぎよう, 他の, 伸び拡がってる, 低い板塀越し, 何か, 何やら拾, 作りあげひとりでに, 侍が, 僅かに, 六尺棒を, 冷たい赤派, 切り抜いて, 取って, 取出した幼児, 受け取った手ぬぐい, 古鍬, 古雑誌, 叫ぶもの, 右前の, 同じ方向, 君の, 吹き立て, 呟くよう, 呼びかけた, 圓い, 城太郎が, 塵だらけに, 墨江を, 壜詰を, 声が, 声援を, 夕闇の, 外字雑誌を, 大きな声, 大きな柳行李, 大きな茶色, 大和守を, 夫を, 女の, 好感が, 妙な, 婆さんを, 子がにが, 客の, 対角隅へ, 小声で, 小麦の, 少しは, 少し蓮玉庵, 幽かに, 座ブトンが, 延び上った, 引きずり出して, 引っ張り出した, 彫刻用の, 彼の, 彼を, 御辞儀, 忽ち彼, 思いがけない声, 懐疑哲学者の, 手風琴を, 抱え出したの, 押し出した, 押し出すよう, 拝見する, 拾ひあげた, 拾ひました, 持ち出してでも, 持って, 持出し, 持出して, 掘り出した, 掘り起した土, 探し出された, 探し出して, 敏速な, 教壇の, 斧でも, 日本髪に, 早速二人, 書物を, 望遠鏡の, 木札を, 札幌鉄道局の, 枕を, 枯枝を, 栗鼠やら, 桃色フェルトの, 椅子を, 椿の, 極めて長い, 様子を, 此方の, 毛皮の, 水が, 油壺だの, 油壺に, 流れガラス戸棚, 消すこと, 渡って, 湧き上る調子外れ, 湧き起こる生徒, 湯槽の, 火が, 火気の, 灯りが, 灰皿を, 焚きつけに, 煙が, 版木を, 犬歯の, 現わし, 畳の, 発見された, 発見する, 発見せられ, 發見した, 目を, 真赤な光り, 眺めて, 眺めると, 私に, 秋風が, 程なく立っ, 積み重ねた洋書, 空, 突き出した二坪, 突然, 答えた, 箸で, 籐椅子を, 紐の, 紙に, 細く覗いた, 細長い鉄製, 絶えず彼, 練った麻, 縄を, 纜縷布に, 老人が, 自分の, 茶戸棚一つ動かしする, 茶無地の, 菜っ葉の, 菜ツ葉の, 薪を, 藤吉は, 衣類を, 袂の, 袂糞の, 見つけて, 見つけ出して, 見つめて, 見やると, 見ようと, 見知ら無い白い, 覗いて, 許, 赫毛の, 起ったの, 路地へ, 蹌踉け, 身体を, 車の, 軽くきわめて, 進み出た, 郊外の, 酒と, 鈍くお金, 錆び釘, 鍋を, 隅, 隅までの, 隅までは, 隅までより, 隅内臓までも, 隅迄, 階下の, 響いて, 順々に, 順次に, 頓狂な, 顔を, 飛び出したかれ, 高く星, 麦の

▼ 隅~ (313, 5.4%)

8 行って 7 身を 5 眼を 4 歩いて, 置いて 3 あけて, 寄って, 置けま, 逃げて

2 [21件] おいて, かけて, そつと, ケシ飛ん, 一往復し, 入れて, 力一ぱい本を, 引っ張って, 弾く, 当時立ち, 押しやって, 斜めに, 歩くとも, 歩み寄ると, 潜り込んで, 當時立ち, 置いた, 腰を, 自分の, 連れて, 飛んで

1 [231件] あずけて, あてがって, うずくまつ, おいた, おき, おけないね, おけませんのね, おしこんで, おしつけられたやう, おしやった, この日光, ころがして, ころがり出して, ころげ落ちた, ころりと, ごろ, しばりつけると, しまい忘れて, しゃがみこんだ, じかに根, すえた, すぐ投げ捨てられた, すぐ片づけ, すっと引い, その私, それを, つっ立ったり, なだれた, なりと, ねじ込んだ, はいって, はさみ出すと, はねとばされ器械, はみ出して, ばつたり, ひっこんだ山上元, ぶつかりそう, ほうり出した後, まるくなった, やって来ると, ゆるがせました, よろめき後, カラリと, ズズ, テントを, トントコトントコトン, ドサリと, 一つ宛渡された, 一往復した, 一枚の, 丁度動物園, 三脚の, 下げて, 並べて, 乗せて, 五つ揃え, 仕舞ッと, 入った, 入って, 出した, 出たの, 動かしながら, 参れ, 収容された, 向けた, 向って, 呼出されて, 喚声を, 固まって, 圍ひ, 大急ぎで, 大股に, 女の子が, 姿を, 客を, 寄った, 寄つてその, 寄り古参, 密として, 寛がりますと, 寝せつけたうえ, 寝どこ, 対角線を, 小さくなっ, 小さく坐っ, 小さく坐りました, 小さく腰, 小さな小舎, 屋根へ, 屹と, 巻煙草でも, 席を, 帰ったよう, 引いた対角線, 引こんで, 引っぱって, 引張って, 往っ, 往て, 後ろ向きに, 急いで, 愛一郎を, 懸ける事, 戻ると, 手さぐりで, 打ちつけました, 投げすてた, 投げた, 投げつけました, 投げて, 投げ出して, 投げ込まれて, 投りこんでしまつた, 投り出され, 抜け穴が, 押しつけて, 押しやった, 押し合い入り混じり, 押し籠め, 押遣らるる, 担ぎ上げられた, 拾い込んで, 持つて, 指して, 掃き溜められて, 措けない, 日を, 昼顔の, 来て, 根を, 梯子を, 棄て, 横ざまに, 歩いた, 歩き廻る, 歩み出でたの, 歩み寄り腰, 歩を, 気を, 波及せしめたい, 注がれて, 流れわたる時, 浮んで, 消えたか, 消えて, 消えるん, 消し炭で, 渡して, 煙草を, 片付けた座蒲団, 片付ける, 片寄せたイス, 片寄せて, 生きて, 番号を, 目を, 移ったという, 積み上げて, 積み重ねたまま, 突きあたりひっくりかえした, 突き飛ばして, 突込んであった, 立って, 粟幹で, 置いたが, 置いてから, 置きながら, 置けない, 置けない幾つ, 置けるどころ, 膝を, 藏つた, 行かれて, 行きそこ, 行きつ戻りつして, 行きましたが, 行き乾いたの, 行き何, 行くと, 行けば, 行った, 行つて固く, 行つて板壁に, 行つて羽織を, 行つて見, 訪ねて, 走って, 走りこむと, 足近く, 踞った, 蹙められた, 躰を, 転がったもの, 追いつめたの, 追い詰めたの, 追い詰められて, 追い詰め体, 追ひつめ, 追放されなけれ, 退いた, 退いて, 退がった, 退がって, 退きました, 退くニワトリ, 逃げこんで, 逃げた, 逃げる, 逃げ込んで, 連れ行きて, 遠く置いた, 遠ざけて, 金を, 鋭い観察, 長いこと, 隅へ, 隠れたらしい, 集めて, 雑巾の, 音も, 頭を, 飛び退いたお, 飛び退いたが, 飛び退がったまで, 飛ぶよう, 駆り入, 駆り入れると, 駈けこみ藁, 駈けこむと, 駈けて, 鼠の

▼ 隅~ (311, 5.3%)

6 何か 3 それを

2 [11件] 人を, 同僚と, 寝て, 帯を, 本を, 泣いて, 着換, 私の, 腰を, 鉄を, 静かに

1 [280件] あきれながら, あくびを, あたしは, あっあっと, あの白痴, いつのまにか死ん, うとうとと, うどんを, おでんを, お前から, お母, お繁婆さん, お角, かけてるジャズ, きいて, ぐるりと, こっそり肯定, ごそごそと, ささやいて, しきりに鉛筆, しばらくごく低い, しばらくの, しょげ返って, じゃぼじゃぼお湯, すぐ寝ちまった, それぞれ勝手な, それでもどこ, そんな奇態, ただ一人半日も, ぢつと, つくねんと膝, つけられたもの, できたシチョウ, とうとう鼠, とぎれとぎれに, ともすると下げる, なっちゃんが, にやにや眺め, にらんで, ばつたん, ひそひそと, ひとの, ひとりこそこそ, ひとりで, ひとりばつたん, ひと凝固, ひょいと人, ひろ子の, ぴかぴか光っ, ぴちゃぴちゃ舐め終った, ぽつねんと蚊, またとんと, むしろを, よろしゅうごぜえますから, オセロを, カサカサ八ツ手か, カシミールの, クスリと, クレオパトラの, コチコチと, コツコツと, コトコトと, ゴトゴトやっ, ゴトゴト音を, ゴロゴロし, シャツ一貫に, ジッと, チビチビ酒を, ニャーニャーと, バナナを, ビヤー・ホールの, ベルを, ボソボソ二人, ポッチリずつの, マネキンの, ミシンを, ムズムズする, レモネイドを, ワナ, 一つが, 一つの, 一人すぱすぱ, 一寸こう眉, 一本の, 一緒に, 一賤民の, 三人まで, 下稽古の, 不審り, 中国の, 二三の, 二三人が, 二三人の, 二人づれの, 二人の, 二人顔を, 人の, 人知れず三時間, 今宵を, 仕度する, 仲間に, 何だかしきりに食べ, 何やら話し合っ, 何んか, 何時もの, 俗に, 倅の, 傍聴を, 傷に, 元気の, 先刻からこそ, 光つてゐる, 冷めて, 凍える靴, 出会い頭に, 刃物磨ぎ, 別の, 動かぬ参木, 匂つてゐる, 単行本や, 古いラッパつき, 右の, 同じやう, 向うむき, 吠え立てた獰猛, 呑気な, 呟いた, 呟くもの, 周囲を, 嗚咽の, 四人が, 塵埃と, 声を, 夏が, 夕方の, 夢想し, 夢想を, 大きくなりました, 女の, 如何とか, 妻の, 娘たちが, 子供同士頭顱を, 孤独の, 寝るという, 寝る時, 封を, 小さくなっ, 小さくなってる, 小さく冷笑, 小さな幸福, 小声で, 小鳥の, 川上機関大尉は, 平次は, 弁当を, 彼が, 彼を, 彼等街衢から, 待ちながら, 待ち伏せて, 徐かに手を, 念仏を, 思いました, 思い独り笑い, 急に, 恥じて, 感じて, 我慢し, 所詮は, 手を, 手紙か, 持って, 捕まえると, 接待茶を, 撮らしたもの, 数本の, 文庫本を, 暗いところ, 暮すよう, 杉山さんが, 松やは, 樫の, 次の, 母の, 母は, 毒物を, 気づいて, 汚い小者姿, 決心も, 注意し, 洗いものなどを, 涙を, 渠は, 漠然と感じられた, 火打ち石を, 炊事を, 熱い茶, 独り考え込ん, 猫と, 玩具を, 琵琶の, 瓶の, 生長した, 発行される, 目を, 相談する, 相青眼, 眠り時々, 眺めて, 眼を, 着物を, 瞑想にでも, 石盤に, 研屋の, 祖母から, 私が, 私に, 立ち話を, 立話し, 立話を, 笑って, 笑ってる者, 絵を, 縫い物を, 繰り返し繰り返し言ひつ, 耳を, 肩を, 胡麻塩髯の, 脚本書い, 臆病らしく吠えつづけ, 舞う, 芽を, 若い方, 苦々しげに, 茶碗を, 落葉を, 薬を, 藤岡や, 虎に, 虫が, 蚊を, 衣錦還, 袖屏風を, 見たまま, 見つけないこと, 見ては, 視た小さな, 計算を, 試験勉強し, 話し合ったり, 読んだって, 誰かが, 負けた負けたと, 足の, 跫音の, 辛くも朝餉, 退屈を, 遊んで, 部屋中に, 針仕事を, 錣縫いを, 鎖鉢巻鎖帷子真綿入の, 長唄を, 際限も, 雜談し, 震えて, 青年の, 青年は, 静脈注射の, 頂かせる家, 頓狂に, 頭の, 顔を, 飮んで, 馬糞の, 駿太郎が, 麻の, 黙々と洗い物, 鼻の

▼ 隅まで~ (231, 4.0%)

5 歩いて 3 知って, 見て, 読んだ 2 さがして, ものも, 廻って, 手に, 探しても, 自分の, 読んで

1 [203件] かけて, かさなりあいもつれ合いころがりあって, からりと, きちんと整頓, ぎっしりの, ぐるっと見廻す, さぐるお客, さしこんで, しげしげと眺め, しらべたの, しらべ直して, すっかり思い出され, ずいとお, せかせかし, その中, その勢い, たんのうした, つながり合って, とり調べたが, どこが, はいって, ひびきわたった, ひろがって, ふら, まるで薔薇, ゆきとどいて, ゆくと, よく見える, わずかの, われわれ働く, サッサッ音を, シンカンと, スウッと, スチームが, チンマリと, ドドドドーッと, ルンペンである, 一々検, 一々検め, 一つの, 一ところとして, 一どきに鳴り渡る, 一冊ずつ, 一定の, 一寸も, 一斉に, 一粒残らず, 万遍なく, 仔細に, 伝わって, 何回と, 何度と, 俺の, 光り輝きました, 光線が, 六七遍も, 兵隊が, 凡そ人の, 動かないやう, 印度風で, 反射交感させられ, 反応し, 叮嚀に, 同一な, 吹いて, 堪能する, 大阪弁的でありたい, 妻なら, 家の, 射し込んで, 小波も, 尺度を, 広告の, 底気味悪く, 御自慢, 徹宵見廻らせる, 心を, 心得て, 憫らし, 戸棚という, 手の, 押合う, 拡がって, 捜しました, 捜索し, 捜索せられた, 掌上の, 掘り返すし, 探させました, 探したが, 探したけれど, 探して, 探しましたが, 探しましたとて, 探しまわったが, 探しまわっても, 探し廻ったが, 探って, 探燈, 掻きむしられた, 描き盡, 搜しました, 搜索した, 明るい, 明晰に, 明瞭に, 暗く淋しかつ, 木が, 栖子を, 検べて, 横切って, 歩いても, 歩きまわりせいぜい, 死んだよう, 残るくま, 殘るくまなくはびこる, 注意を, 浪と, 浸して, 渾沌に, 満ち渡って, 瀰漫する, 点検し, 焼けました, 煌々と, 片づいて, 片附いた, 物を, 生かすと, 目を, 目をと, 目測でも, 看破し, 看護婦らしかったろう, 睨み廻したが, 知ってる, 知らないという, 知り尽して, 知るの, 知れた方, 研究し, 研究しつくし, 神秘の, 穿鑿する, 純白に, 綺麗に, 緻密な, 美しい愛情, 考えて, 腐敗し, 自分で, 自分に, 草の根を, 荒らした, 蔵の, 藁シブを, 血眼に, 行き屆, 行き届いた細かい, 行き届く, 行き届く自分, 行き本棚, 行き渡って, 行き渡つて, 行って, 行屆きました, 行届いて, 行届きました, 行届く訳, 見えますよ, 見せて, 見まわした, 見わたした, 見下ろせたが, 見届けて, 見廻して, 見渡す事, 覗いたが, 観察した, 語りつくされて, 読まれて, 読み返して, 読むの, 読むやめて, 読む者, 調べさせて, 調べだして, 調べて, 調べはじめましたが, 調べましたが, 調べ廻る, 走り廻っ, 転がって, 迷心の, 逃げて, 鉄屑を, 鋸屑を, 闇の, 闇夜も, 隆と, 音読し, 馬馬馬で, 鳴り響いて

▼ 隅には~ (207, 3.6%)

2 [12件] いって, さんざん煮くたれた, マリヤンの, 一人の, 亜米利加人らしい, 大きな土竈, 小さいピアノ, 彼が, 粗末な, 葛籠などが, 雌の, 顕微鏡こっちには

1 [183件] あの北満, あの時, いつの間に忍, いつもあらゆる, いない利家, おおいなる鍼, おけない, おけないのよ, おせい, おほいな, お化, かの犬, こうろぎの声, こおろぎの, この家, こぼれ生え, こんもり茂った, その室付, ちょんびりも, どっかこう, ふたりの, ふり出されて, またへん, また現在, また蓆, まだまだ一縷, まだコスモス, まだ疑, まったく蛇, やがて和やか, やはりオフィリヤ, やはり白い, アルコオルを, クッションを, ストーブが, ソヴェトにおける, チェロが, ピアノが, ロダンの, ンが, 丈の, 三人の, 上に, 久しき昔, 二三枚の, 二枚折り, 二鉢の, 人々が, 今こう, 作者口述者又は, 僅かばかりの, 元の, 其白い, 再び退屈, 割り竹の, 博士の, 古くから, 古びた上流し, 古ぼけたビクター, 古行李, 向島に, 四十前後の, 多分の, 大きい柘榴, 大きい甕, 大きい石燈籠, 大きい銀杏, 大きな合歓, 大きな山, 大きな蓄音機, 大型写真器紫外線赤外線レントゲンの, 女中らしい見馴れない, 女柄の, 妙にからか, 寝台が, 寝台と, 小さい鉄工場, 小さくなっ, 小さな祠, 小さな箱, 小さな蜘蛛, 小屋から, 布団が, 幾つもの, 広い深い岩穴, 徳利や, 怠け者の, 成熟した, 戦いが, 手控えの, 払子が, 拡げた日傘, 新らしい, 方二寸五分高, 旅の, 既にある, 昼の, 時代の, 書類用の, 木片に, 材木を, 松や, 松明が, 枯草を, 椿と, 椿岳の, 樽に, 機織り機械から, 正太が, 毛布の, 水の, 水を, 油の, 深い凹み, 漆塗りの, 濃い髪, 炭火が, 焼印が, 王子が, 現在の, 琉球朱の, 用が, 番組を, 畳まれた男羽織, 疲れたよう, 疾から, 痩せた蚊, 痩た, 白い梅, 矢倉が, 石臼が, 磨きあげた薬罐, 私の, 秋を, 空いた炭俵, 竃が, 筵を, 粗末に, 紫の, 編輯長の, 置けないと, 置けない手合, 置けない通人, 置けぬ, 置けねえ, 置けねえお話, 置けねえね, 置けんわい, 耶馬渓焼の, 脂に, 脂染たる, 若い男, 茶の, 茶堂が, 薄うく, 薄の, 薄暗い壁, 西洋料理を, 見上げるほど, 護衛の, 赤い袋, 赤ん坊の, 道者の, 金の, 金庫が, 金網を, 釜戸が, 針金細工の, 鉄棒が, 長押と, 雑具が, 青ずんだ, 青竹を, 頭から, 馬小舎も, 骸骨が, 鷹の, 黄いろく萎びた, 黄金の, 黒いヴェヌス, 黒いヴエヌス, 黒塗の, 黒鞘の

▼ 隅~ (184, 3.2%)

8 見つめて 5 見ると 4 指さした, 指した, 連れて 3 睨んで

2 [12件] さぐり当てると, た, 取って, 手に, 指したの, 掘って, 探して, 自分で, 見つめた, 見よ, 見廻して, 通つて

1 [132件] いじくッ, いろいろと, お掘り, かけずりまわったり, かんで, きよろきよ, ぐるっと廻っ, ぐるりと, ごそごそ空しく, さがしても, さぐらせました, さぐると, しばらく拝借, じっと睥ん, じっと見つめた, ただらした, ただらせ, ちょいと, とって, どうしよう, のぞいたため, のぞきこんだ, ひねりあげた和紙, ふるわした, ほじくるその, ほじくるやう, まがるとき, まとめそれ, まわると, みたこと, むしりだした, めくって, ゆがめて, ゆっくりつりあげた, よくごらん, よろこばせたばかり, ホジクルような, 一つの, 一匹で, 一巡した, 中心として, 主座に, 五坪ばかり, 伴れ, 作り終, 借りた平次, 克明に, 切りおとしある, 切り取ったもの, 剥がして, 占め, 去る五尺余, 取つて, 呼んだ, 嗅いで, 回つてもとの, 囲う硝子屏風, 坐ったままひと, 守つてゐた, 守る, 宝探しみたいな, 射抜こうと, 小供, 少し明けた, 座取っ, 引き下げて, 引出して, 彼は, 御新造に, 感じとるには, 抓んで, 折りて, 折りながら, 抜けて, 押しつけた, 持ち毬, 指したわ, 指して, 指し示した, 挙げて, 捜しまわるという, 掘り出した, 掠めた, 掠めて, 探り忠実, 掻いた, 攫んで, 支えて, 救いようの, 整理したら, 曲げて, 曲って, 楊子で, 止めたピン, 無理に, 照せり, 照らすばかり, 眺めつつ, 睥んで, 睨み上げながら, 睨めながら, 知り得て, 硝子屏風で, 示して, 紐に, 緩慢に, 行く時, 見た, 見つけ出すの, 見つめる, 見て, 見に, 見廻した, 見残しても, 見込んだ形, 視詰めて, 覗き縁, 貫いて, 走る, 走る鼠, 踊り廻っ, 追つて, 這ひ, 連出して, 選んだ, 選んで, 重ね合せたもの, 金で, 陣取って, 隠すよう, 離れた, 馳け

▼ 隅~ (65, 1.1%)

3 それを 2 ほっと息, 山嘴が

1 [58件] あるに, お隅, この三人, この亭主, この家, こんな話, すこし先, すこし息, そういうこと, そっと奥, またパッチ尻, もう薄暗く, ピクピクと, 一生懸命で, 一鵬斎芳藤画く, 万更でもね, 下座敷, 二階の, 人にも, 何だえ惣次郎, 何処へか, 凜と, 十八の, 半蔵が, 危険だ, 唯無事, 土間へ, 外の, 女の, 平素から, 幾らふさい, 彼方に, 我がつり, 押入れカーテン, 拠ない, 掻巻を, 料理場の, 日ごろの, 日の, 枕を, 正直という, 武勇な, 沈着いた, 泣く前みたい, 海岸を, 漆黒の, 無地の, 無量な, 玄関や, 男爵に, 自分の, 言った, 貞心な, 返り討, 隣地面の, 離縁状を, 霜月の, 驚いて

▼ 隅~ (56, 1.0%)

2 それを, 曲つ, 残って

1 [50件] あって, いったん引き受けた, いつか薄く, いない処, その時, のこって, はっきりわかっ, ぴくぴくと, へんに, ほの, まるで近く, やや上, やや脹れてる, わっと, ガヤガヤする, キラリと, 一人奥で, 一番好きであった, 三寸ばかり, 上へ, 交遊庵という, 先へ, 先生に, 出て, 出来る, 別府東が, 妙な, 家を, 少し白く, 山扁の, 平たく緊張, 心配し, 来たか, 来ません其の, 松島で, 枯れた梔子, 極めて静か, 死んで, 死んでは, 炊事場に, 禿げあがって, 私には, 答えた時, 紙に, 縦に, 薄暗かった, 裏返るよう, 躓づきました, 送って, 馬小屋風に

▼ 隅つこ~ (52, 0.9%)

7 に小さく 2 に額

1 [43件] から鼠, か誰, で, での自分勝手, で一人, にある, にある煽, にう, にうずく, にうち, にかたま, にし, にも載つた, にゐる, にコソコソ, に俯向, に俵, に坐りつ, に奴, に小さい, に居た, に座つて, に引込ん, に投, に押しこめられた, に泣き, に私, に置いた, に脚, に蜜柑箱, に見出しました, に親父, に蹲んでゐた, に身, に金ぴか, に隱, へ丸め, へ投, へ移し, を指さした, を見詰め, を鶏, 一と

▼ 隅にも~ (43, 0.7%)

2 一人や, 理性の

1 [39件] あって, あり得る, あるから, おいて, おいてない, おいては, きょうが, これに, ころがって, ごろごろと, その意, ちやんと, ちょいちょい本, どんなつまらな, ない, 不幸な, 人の, 入れては, 出して, 吹いて, 土饅頭を, 塵ほども, 天水桶と, 失くなって, 巣が, 忘られた, 持たない時代, 持って, 新井田氏にも, 残って, 残つては, 火鉢の, 真ん中にも, 眼と, 置いて, 行き渡った最もよく, 見ること, 転がって, 重太郎の

▼ 隅では~ (30, 0.5%)

2 ペチヤ

1 [28件] あったが, あの痩, おいお酌, かならずひそか, これも, ごとごとと, たばこの, ひそひそと, まあそんな, まさかそうでも, また気がね, ギラギラと, ペンが, 一組将棋盤を, 二つの, 二同胞の, 佐々が, 尊敬さえ, 微に, 新田先生が, 桜の, 狂ひ, 痩せた姙婦, 絶えず平次, 蚊が, 鉄を, 騎手の, 鳩が

▼ 隅ッこ~ (30, 0.5%)

2

1 [28件] から何十, でいつのまに, でもいい, でブウブウ, で凝, で晩, で気, で立ち停った, で鉄屑, にある, にい, にいる, にいれ, にころがっ, にそのまま, にちょこ, にでも隠れる, にほこり, に腰かけた, に荷物, に行き, に銀杏返し, に駄目, へひ, へひっこむ, へ出し, へ坐っ, へ記入

▼ 隅~ (23, 0.4%)

14 この方 2 この椅子 1 この, このを, この一人, この一番, この小さな畑, この男, この青く

▼ 隅でも~ (23, 0.4%)

2 裏手の

1 [21件] いいから, かまいませんからと, かまわないん, こちらの, ないかと, よいの, よい外, ケサバナという, トランクの, 何でも, 宜いのでございます, 容易に, 寺男の, 彼の, 掃き落とさない, 探せば, 損ずれば, 政治教育が, 物置でも, 銃を, 靴の

▼ 隅~ (21, 0.4%)

1 [21件] いっても, その下, ひろがって, ラクガル湖の, 云う女, 云ふ, 仰有, 八蔵とは, 定むるや, 思ったの, 戦って, 斎藤下野らしい, 此方の, 深くなりました, 申しまして, 申すは, 申す婦人, 称したが, 背に, 隅とに, 障子と

▼ 隅へと~ (21, 0.4%)

6 歩いて 4 急いで 2 潜みぬ 1 うろつき歩いたの, ひびくの, 二三回往復した, 傳は, 漂泊し, 濶歩する, 訪ねて, 部屋を, 鼻の

▼ 隅さん~ (19, 0.3%)

2 本当に御

1 [17件] が此, が麹屋, で恐入りました無, と呼び, どうか御, に尚更, の方, はそんな, は堅い, まア何ん, まア待っ, も嘸, も旦那様, を一寸, を連れ, 必ず御, 本当に旦那

▼ 隅~ (19, 0.3%)

1 [19件] あっちこっちに, ちょっ, また蜘蛛, テーブルの, 寝室の, 庭の, 暗い小径, 本箱の, 段々の, 母家と, 汚れた板の間, 物置の, 琉球に, 石段を, 竹藪の, 納屋に, 縁側の, 菜園の, 龕に

▼ 隅ずみ~ (18, 0.3%)

1 [18件] からこの, から寄せ集めた, には得体, には磁器製, には藪蚊, には雲母, にまで及んだ, に埃, の鐸, まではっきり, までも押しよせた, までゆきわたった, まで入念, まで力, まで拡がっ, まで細かい, まで隈, を歩いた

▼ 隅にでも~ (13, 0.2%)

1 [13件] あるもの, お寐, かくれて, 一人寝る, 一夜の, 埋めて, 寝かして, 居残ること, 御厄介, 泊めて, 隠して, 隠れて, 隱し

▼ 隅~ (13, 0.2%)

1 [13件] あるもの, こざっぱりと, こなたを, なく落, 勝手の, 変わった, 大切に, 安田が, 弓を, 按摩を, 母も, 甲州へ, 遣りたくない

▼ 隅までを~ (10, 0.2%)

1 さぐり直す表情, 反覆細読し, 愛する男, 春の, 森と, 残りなく, 活, 照らし棺桶, 知つてゐる, 鋭い正確さ

▼ 隅などに~ (9, 0.2%)

2 幾人かの 1 あの色, あるもの, 咲くべきであらう, 祀って, 突っ立っ, 豌豆の, 集まって

▼ 隅にまで~ (9, 0.2%)

1 これを, すがりついて, 分るの, 宣伝しつくす, 宣傳しつくす, 影響し, 浸透する, 漲って, 隠れて

▼ 隅へは~ (9, 0.2%)

1 おけない, おけませんや, たりと, ッと, 置けないくらい, 置けないぜ, 置けないん, 置けなく成ったよ, 置けねえぞ

▼ 隅ッコ~ (9, 0.2%)

1 だの, で野郎等二人, といい, にマダ三馬, にモウ一つ仕事部屋, に二人差, に二人差向い, に机, の暗い

▼ 隅~ (8, 0.1%)

1 さは, なんか穴, 中央かに, 何かに, 何所かで, 妙な, 戸棚かに, 是は

▼ 隅なる~ (8, 0.1%)

1 ものに, 宮森に, 方に, 書架の, 煤を, 石像に, 蚊帳の, 釣棚の

▼ 隅までも~ (8, 0.1%)

1 さがした, ゆうべ鍵を, 事細かに, 拡つた, 捜索された, 眼を通して, 能く, 這ひよつ

▼ 隅ツこ~ (8, 0.1%)

2 に居, へ流れ 1 でもい, に兩足, に小さく, に抛出した

▼ 隅~ (8, 0.1%)

1 が不, に只今, のまえ, の御, は繊細, も結構, を返討, 情ない事

▼ 隅からでも~ (7, 0.1%)

4 互に相手 1 引きずり出して, 引摺り出し, 相手の

▼ 隅からは~ (7, 0.1%)

1 すっかり夜, すみ切った虫, なれて, 半蔵の, 右手の, 桃色の, 禰寝大和守という

▼ 隅っ子~ (7, 0.1%)

1 から師父ブラウン, に長屋, の卓, の卓子, の方, の柱, の特別

▼ 隅つこで~ (7, 0.1%)

1 ショゲてね, 好奇の, 小さくな, 少年雑誌を, 指を, 膝小節を, 身體を

▼ 隅ッ子~ (7, 0.1%)

1 に小さく, に荷物, に龍子, のクッション, の方, の衣類棚, 見ろじゃ

▼ 隅~ (7, 0.1%)

2 の上 1 からハート形, の人形, の和蘭, の枕時計, へ立っ

▼ 隅へでも~ (6, 0.1%)

1 お置きくださる, 埋めて, 移せないかなあ, 置いて, 見えると, 隠れようと

▼ 隅~ (6, 0.1%)

1 こさ, このとる, この人目, この押入れ, この掘立て小屋みたい, この暗い

▼ 隅~ (6, 0.1%)

3 この方 2 この燈光 1 この

▼ 隅~ (6, 0.1%)

1 から校書殿, に倚, に当っ, の円座, へ斬りこんだ, を負っ

▼ 隅なく~ (5, 0.1%)

1 あさり散し, 捜したが, 探したん, 粉碎し, 顯はと

▼ 隅において~ (5, 0.1%)

1 ある, あるトランク, ある小説新聞, その友, みたり

▼ 隅~ (5, 0.1%)

4 新左 1 へ商い

▼ 隅からも~ (4, 0.1%)

1 うめきや, 出るはず, 拾つて來る, 認められる

▼ 隅でございます~ (4, 0.1%)

1 が一寸, が只今私, 能く, 貴公知らな

▼ 隅より~ (4, 0.1%)

1 ころがり出でて, 出づる事, 半ば壊れ, 古びたる半

▼ 隅~ (3, 0.1%)

1 さちょこっと, に置い, に脚

▼ 隅です~ (3, 0.1%)

1 が佐々砲弾君, ね, よ

▼ 隅などで~ (3, 0.1%)

1 平気で, 泣いて, 見た実景

▼ 隅などには~ (3, 0.1%)

2 たくさんの 1 埃が

▼ 隅によって~ (3, 0.1%)

1 いた幾野捜査課長, ボンヤリと, 低い椅子

▼ 隅までが~ (3, 0.1%)

1 豊かに, 雨明りで, 静かで

▼ 隅までに~ (3, 0.1%)

1 彫刻を, 行き渡つて, 響きわたったの

▼ 隅~ (3, 0.1%)

1 だった, の船, を大将

▼ 隅~ (3, 0.1%)

1 に仕え, に立ち寄っ, のやしき

▼ 隅あたり~ (2, 0.0%)

1 に古めかしい, へざっと

▼ 隅~ (2, 0.0%)

1 玄関の, 豊が

▼ 隅かしこ~ (2, 0.0%)

2 の隅

▼ 隅さん私~ (2, 0.0%)

1 が少し, は御免

▼ 隅~ (2, 0.0%)

1 しわが, ッかり

▼ 隅~ (2, 0.0%)

1 がさだめし, のに

▼ 隅だけ~ (2, 0.0%)

1 はずして, 朗かな

▼ 隅だけが~ (2, 0.0%)

1 なにかの, 出て

▼ 隅という~ (2, 0.0%)

1 のは, 農政家が

▼ 隅とは~ (2, 0.0%)

1 何処の, 違ったところ

▼ 隅なりと~ (2, 0.0%)

1 お場所, 借りて

▼ 隅にと~ (2, 0.0%)

1 いはぬばかりの, まつて

▼ 隅ばかり~ (2, 0.0%)

1 では, 沿ふ

▼ 隅までは~ (2, 0.0%)

1 少なくとも四間半, 見きれるもの

▼ 隅カラ隅マ~ (2, 0.0%)

2 デ見

▼ 隅~ (2, 0.0%)

2 デ見

▼ 隅下水~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 隅~ (2, 0.0%)

1 池之, 門曰

▼ 隅井戸~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ 隅~ (2, 0.0%)

1 となっ, の四角型

▼ 隅到る~ (2, 0.0%)

2 ところに

▼ 隅~ (2, 0.0%)

1 とある, を大隅命

▼ 隅~ (2, 0.0%)

1 に隠れ, を天日栖宮

▼ 隅座敷~ (2, 0.0%)

1 の窓, の隈

▼ 隅建物~ (2, 0.0%)

2 の蔭

▼ 隅~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 隅~ (2, 0.0%)

1 でコツコツ, と周縁

▼ 隅青山さん~ (2, 0.0%)

1 が今度, は十年ぶり

▼1* [175件]

あるいは凹んだところが, 隅い置けんなあ, 隅およそ礫川の, 隅おれは青山さん, 隅からか支倉が, 隅からすみまで描き出され, 隅からの感じは, 隅からよだれが, 隅こから扁平たい, 隅こちらの陰, 隅こっちの隅, 隅この小さな石橋の, 隅ごとに眞心一つ, 隅さんあなたの前, 隅さんそれはね此, 隅さんようございます, 隅さん今晩は, 隅さん去年の秋大生郷, 隅さん旦那をば何者, 隅さん本当なら生涯嘘, 隅さん此処なア母様ア江戸, 隅さん相変らず美しゅう, 隅さん貴方が恩人, 隅さん貴方御酒を飲, 隅しかも士馬少なく, 隅すみに水, 隅ずつどんどん順に, 隅そこの柱, 隅その高い上部, 隅それからどう, 隅だが貴様には, 隅だけはいつまでも, 隅だけを動かして, 隅だったのです, 隅だろうが天下, 隅つこでじつと書物, 隅つこで居睡りをし, 隅であるチュウベツを, 隅でううんと唸り出した, 隅でなくとも大奥以外, 隅といふ農政家が, 隅とか出来るだけ, 隅とが繁みの, 隅とこつちの隅に, 隅としてそこを, 隅とに飛んで, 隅との中間なり, 隅ともその話, 隅と共に心配する, 隅つて生地の, 隅なき明るさに, 隅なぞよりは反, 隅なぞにそれ等の, 隅などがあった, 隅などの甲州に, 隅などへ一寸探せ, 隅などを見廻しました, 隅なら掘ろうと思え, 隅なり又は庭, 隅なりへ姿を, 隅なんかで寝るん, 隅においてはおかないであろう, 隅においても出来るから, 隅におけるもんかね, 隅にか自分の, 隅にかけてカスミ網が, 隅にくツつい, 隅にぞ押しこめられける, 隅にだけ鼠いろし, 隅につつ立つて, 隅にてペン握りしめた, 隅にばっかりかがんで, 隅にべいらべ, 隅にまでも存在する, 隅にゃ荒れたが, 隅にをけない余興, 隅のみだれ箱, 隅はと見ると, 隅ばかりを大事に, 隅へかなぐり棄てて, 隅への奉公口の, 隅へまでいって, 隅へもつみあげる, 隅ほじりなので事実以上, 隅ほどそこは, 隅までのルンペン的芸術至上主義的偏向を, 隅までより倍も, 隅よりに池が, 隅の目, 隅らしいことを, 隅ところに, 隅カラ俺ハ遙ルカナ雲ヲ測, 隅クイーンズランド州なり, 隅ケンウッドの森, 隅ツコに机, 隅ツ子の端ツコ, 隅ニ澆浩シ維新以降漸次ソノ繁昌, 隅ピアノの傍, 隅ン処を突き破っ, 隅・日の三国, 隅一粒の南京豆, 隅三尺の小, 隅三州北設楽の山村, 隅聞禮義是以稽留境内不, 隅のもの, 隅二ところ見廻したり, 隅仇打のお話, 隅今日ちょっと千々岩, 隅以上のあわて, 隅以前医師の邸, 隅かえ, 隅健彦博士や京大, 隅淀川の, 隅共に半蔵には, 隅内臓までも一つ, 隅利根郡に接し, 隅前祝いだ卿, 隅場末の地, 隅の蔭, 隅塵塚の傍, 隅にむかっ, 隅大台所講堂などのあちこち, 隅太夫は壺坂, 隅夫人は三たび眉, 隅小屋で見, 隅屋新左衛門などいちいち, 隅屋臺を横, 隅屏風の陰, 隅崎君からもそこ, 隅州向島湧出せりとあり, 隅布川という町, 隅座敷そこの窓, 隅廊下のあちこち, 隅手前名主の手, 隅折上に鐘樓, 隅の三国, 隅曇りたる色硝子の, 隅地と, 隅本さんという内, 隅の花, 隅とすれすれ, 隅此世の隅, 隅母子に伝える, 隅手に, 隅が切っ, 隅の蔭, 隅田丸発着して, 隅田治部と云者, 隅田藤内左衛門でふたり, 隅番傘を出し, 隅に死刑, 隅竿かけわたし, 隅築山のかげ, 隅絨毯の下, 隅置床の上, 隅自分は縁側, 隅草鞋虫の隅, 隅葺きさんという, 隅蒲團のつまれた, 隅虹梁はりっぱ, 隅蟋蟀の隅, 隅血泡を吹い, 隅見山といった, 隅角部を過ぎる, 隅貴様はなにか, 隅越後境の非常, 隅知つ, 隅近くではあった, 隅返し人と中, 隅の田舎道, 隅の火鉢, 隅階段の下, 隅随処四方角皆三十四になる, 隅青山摩利支天大太神楽興行, 隅青虫の隅