青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「陽~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~陣 陣~ ~陰 陰~ 陰気~ 陳~ 陶器~ 陸~ 陸軍~ ~陽
陽~
陽気~ ~隅 隅~ 隆~ 隊~ 隊長~ 階~ 階下~ ~階段 階段~

「陽~」 4564, 49ppm, 2356位

▼ 陽~ (1032, 22.6%)

69 光が 42 光を 41 あるうち, 目を 23 光の 21 中に 16 目も 15 光に 13 下に, 光は 10 下で, 光も 87 光りを 6 光と, 光りが, 高いうち 5 あたって, 下を, 高くなる 4 さして, ひかりが, 下の, 中で, 光さえ, 光りの, 射して 3 おもて, さす方, なかに, 中へ, 中を, 光で, 内丹, 妓の, 目が, 色を

2 [52件] あたるところ, あたる処, いろの, かげが, かげりつつ, さんさんと, つよさ, のぼる頃, まだ残る, めも, ものを, ように, よく当る, 一杯に, 下へ, 令を, 会で, 会は, 傍へ, 光だ, 光りは, 前に, 地に, 地を, 城は, 城外に, 孫氏が, 射さぬ所, 射した空, 工合で, 当らないジメジメ, 当るうち, 戦いに, 明るさ, 明るみぎりは, 暮るる, 暮れるまで, 橿若葉, 照って, 照つた山の上の, 照る日, 獣なり, 當らない, 白塔と, 目に, 直射を, 眼に, 眼を, 落ちるの, 虹また, 衰えた薄日, 鳳雛

1 [508件 抜粋] あかるい水面, あがらない, あた, あたたかい海, あたたかさ, あたためを, あたったこと, あたった白い, あたつ, あたらないところ, あたらない下町, あたらない寒い, あたらぬ屋根裏, あたりたる, あたる向, あたる囲炉裏, あたる墓, あたる山吹, あたる方, あたる縁側, あたる道, あたる階段, あたる障子, あったかさ, あった所, ありがたさ, ある中, ある内, ある方, ある昼, ある脚, いっぱいに, いろが, いろや, うごきが, うすくあたっ, うつろう縁, かがやく道, かぎろひの, かげった冷た, かげった美しい, かげに, かげるらしほそり木, かげを, かつと, かんかん射しこん, か遠く, ぎらぎら反射, この閑けさよ, ごとき人, さしあたるたまたま, さしかかっ, さしかけた天気, さしこむ壁, さしこむ広縁, さしこんで, さしそめ, さしとおす欅, さすほう, さす六疊, さす大気, さす庭, さす日, さす暖, さる医家, さる富豪, しじまの, しづけさよ, じりじり照りつける, すぢ, そうした容, そばに, たかいうち, たかい時分, たのみずくなに冬, ちらちらが, てりつける暑い, と, ところ陰の, とどかない室, ない屋根, なかへ, なかを, なごりによって, におい, においが, ぬくとさ, ぬくみ, ぬくもりで, のぼるにつれて, ひかりに, ひかりの, ひかりは, ひかり桜にも, ほうが, ほうこそ, ほうは, ほうへ, まだ高い, めが, もとに, ものだってね, ものでなく, もんだってね, やうな, やうに, ような, よくあたり, よくあたる, よく射した, よく射す, よく当たる, カンカン照る, ギラギラし, クロパトキン将軍の, 一っ, 一ぱいさしてゐる大路を, 一パイに, 一部将祖承訓に, 一里手前で, 三, 三郡だけを, 三郡は, 下, 下から, 下である, 下でも, 下土手の, 世家として, 中から, 中でも, 中の, 中ばに, 中天の, 中間の, 丹道は, 乱も, 乱軍中に, 二城を, 二種ある, 交わり分桃の, 人であった, 人びとよ, 人張翼字は, 人王という, 人陳巌という, 仁王門で, 今日の, 付近に, 令, 会, 会が, 会に, 会の, 会へ, 会や, 位置で, 使いは, 保育に, 停車場へ, 傾いた空, 傾く頃, 光から, 光こうこう, 光こほしき, 光さへ, 光とが, 光とともに, 光なんか, 光ばかりは, 光や, 光やや, 光りだけ, 光りで見るまでは, 光りと, 光りに, 光りにじゅく, 光り具合, 光地上に, 光微風の, 光線が, 光線射干の, 入りが, 入りまでには, 入りを, 入るの, 入る中, 入る隙間, 具合が, 冷たい朝まだき, 出か, 出ないうち, 出ぬ中, 出る頃, 刎ね, 初なる, 劉表張繍を, 力は, 加減に, 匂う草, 北には, 南方に, 南門外に, 占領が, 占領は, 原を, 反射によって, 反射の, 反映を, 合戦に, 名は, 名士, 名士の, 名士は, 名士また, 名士みなご, 名望家で, 名残時雨も, 名殘, 呂蒙, 周囲に, 地には, 城には, 城へ, 城を, 城内へ, 城内まで, 城市の, 城市は, 城門は, 場合は, 場合よく, 堺に, 塔この, 大街, 大軍を, 太守であった, 太守周魴は, 太守王植の, 太守王植は, 如く聴く者, 妙薬として, 姿が, 字を, 孟宗, 学界で, 家々の, 家では, 家へ, 射し, 射したデッキ, 射した天気, 射した朝, 射した板塀, 射した畳, 射してる内, 射し具合, 射し込む土間, 射す廊下, 射す気づかひは, 射す葭簀垣今朝, 射す道理, 届かない薄紫, 山地で, 山河は, 山獣あり, 差した白い, 巷に, 市が, 市街から, 府廨から, 廟という, 廟前に, 弓七尺五寸叢重, 弱よわしい夕方, 張嘉という, 強さ, 当たって, 当たる側, 当たる縁, 当って, 当らないそして, 当らない暗い, 当らない穴ぐら, 当らねえ朝, 当ること, 当るところ, 当る具合, 当る時, 形や, 影だった, 影は, 影を, 心を, 思想を, 恵みを, 戦に, 戦には, 戦ひで, 戦争は, 戦場から, 戦場へ, 手前で, 撰に, 支店を, 攻撃戦が, 攻略の, 斑が, 斑を, 斑点と, 斑点は, 斜光を, 方へ, 方面には, 日向へ, 日本宿よりは, 早く暮れ, 昇りきらぬま, 明り消, 明るいうち, 明るい折, 明るい縁, 明るい驛, 明るく當, 昔を, 映えて, 映す下, 映りらし, 映光, 春の, 時代において, 時代即ち, 晴れ間には, 暖い, 暖かさ, 暮までに, 暮れぬうち, 暮れるの, 暮れる前, 書牘を, 朱爾旦は, 村里を, 杜甫が, 東, 某大家, 柔かさ, 格子の, 楡の, 樹芳草萋, 死ぬの, 残って, 残る御, 民政監察官として, 沈まぬうち, 沈みかけるの, 沈むちょっと, 沈むの, 没するの, 淡彩, 渡り月は, 渦巻の, 温くもり, 温みの, 滅びて, 漏れる正月, 激戦で, 烈しい光, 照らふらし, 照りかえし, 照りつけるところ, 照りつける日本風, 照りつける街, 照りで, 照り白し, 照ると, 照る側, 照る庭, 照る庭さき, 照る愉快, 照る方, 照る時, 照る白い, 照る通り, 熱を, 燦然たる, 物音の, 獄舎掃かれ, 甍灼爛と, 生れ廖化と, 當つてる, 當らね, 當る, 白塔である, 白塔公園辺の, 百姓は, 目うれしく, 目さえ, 目の, 目よみ, 目人の, 目知らず, 目薄き, 目見ず, 直射も, 眩めき, 眩ゆい, 矢が, 神にて, 秋, 空を, 空紅に, 箭, 箭が, 精なる, 精気を, 終焉及其歿後の, 縞が, 縞を, 美肴に, 翳った寒, 翳った道, 翳って, 肌ざわりはそれこそ, 色, 色が, 色な, 色に, 色の, 色は, 色までが, 色も, 荘麗なる, 落ちかけた頃, 落ちたの, 落ちた後, 落ちた日, 落ちないうち, 落ちぬうち, 落ちるも, 落ちる頃, 著書, 蔭に, 蕨手に, 薔薇いろ, 街を, 街上に, 西二十里の, 西漢水の, 西郊に, 西郊へ, 説では, 説も, 豊かに, 赤いその, 赤蜻蛉に, 踊る庭, 軍師高坂弾正である, 輝いて, 輝く日, 輝やき, 退り行く古, 這ひ寄る, 通い路の, 道が, 道は, 道を, 遠い味噌蔵, 遠く射す, 郊外であった, 部に, 酒徒草中に, 野においては, 金色の, 金銀崗に, 釣瓶落しを, 錯綜, 長けるの, 長坂坡で, 長坂橋で, 闌なる, 陣でも, 隈に, 雫が, 電気が, 電気を, 青いうつくしいあいだ, 青を, 面に, 面の, 面を, 顔も, 顔を, 風鈴の, 駅に, 高い森, 高い秋, 高きも, 高くなっ, 高くならない, 高さ

▼ 陽~ (864, 18.9%)

30 射して 15 あたって 12 さして, 当って 11 落ちて, 高くなる 10 暮れて, 照って 7 さしこんで, 高くな 6 かげって, 沈んで, 落ちると 5 かんかん照っ, 一パイに, 射し込んで, 西に 4 あたつ, カッと, 傾いて, 暮れると, 照りつけて, 西の, 高くなっ

3 [23件] あがると, かんかんと, こぼれて, さした, 入って, 射しこんで, 射した, 射しました, 庭に, 当たって, 当つて, 当らない, 当る, 斜めに, 暮れかかる, 暮れかけ, 洩れて, 流しへ, 海に, 窓から, 落ちかけて, 降って, 高く昇る

2 [37件] うっすらと, かんかん照りつけ, さしてゐた, さしてゐる, さっと落ち, その上, におって, のぼって, のぼる, のぼると, ぱっと明るく, ぽかぽかと, カンカンと, カンカン当たっ, ホカ, 一杯に, 上がった, 射しかける午, 影を, 斜に, 明るく射し, 映した, 暮れかけた, 暮れた, 洩れ始め島, 漸くかげり始めた, 照ったり, 照るし, 石垣の, 翳って, 赤, 輝き始める, 陰って, 陰ると, 静かに, 高い, 高いのに

1 [530件 抜粋] あかあかと, あかるくあたっ, あがった, あがって, あがりゃそう, あがれば, あたたかくそよ風, あたたかくガラス戸越し, あたつてる, あたらぬ深山, あたり銀, あたる, あたると, あたるなり, あたるよう, あたる夏草, あった, あなたの, あらゆる神仙外道, ありました, ある, あるから, あるにも, ある時刻, ある道, いつかこつそり, うららかに, おちたと, おちる, おちると, おちるまでと, おち丁度, かがやかしい青田, かくれると, かげったよう, かげつたせゐか, かげつて, かげる, かげると, かげるとともに, かげる頃, かたむきかけたの, かなたへ, からんと, かれら, かん, かんかん当たっ, かんかん焦りつける, かんかん照りつける, きら, きらきらし, きらきらと, きらきら射し, ぎらぎらし, ぎらぎらと, ぎらぎら此, この一克者, こぼれた, こぼれるの, さ, ささない, ささんので, さしかけて, さしかけエッフェル塔, さしかけ濠, さしこむし, さしこんだ, さしたの, さしつつ, さしてきた, さしてぽかぽか暖, さしても, さして來, さして来た, さして水蒸気, さして湯, さして眩しかっ, さしどちら, さしのぼる, さしはじめると, さし始めたと, さし昇った, さし込んだ, さす, さすと, させば, さんさんと, しみの, しみる水, しめきった障子, しらしら, じいっと照りつけ, すっかり翳っ, すっかり西, すでに沈みかけ, すッ, そこだけを, その外廓, その影, そよいで, それに, たかいので, たかくなる, たちまち傾き, たまって, だいぶ傾いた, だんだん暖か, ちかちかし, ちらちらと, とっぷりと, とどかないで, とろりと, どことなく立, どの顔, どんよりと, ななめに, なんどりと, ぬくい, のぼりはじめて, のぼるにつれて, のぼるを, のぼる頃, のろりのろり淀んだ海面, はいる, ひとつ炎ゆる, ひどく明るく静まりかえっ, ふかく沈ん, ふっと影, ふりかがやい, ふり注いで, ふわふわと, ほかほかし, ほかり, ほの, またふっと, また降っ, まとも, まともに, まばゆげ, まぶしいからさ, まぶしいん, まぶしげ, もうすっかり傾いた, もう全く暮れ, もう射し, もう暮れ, もれて, もれはじめ嵐, やがてむらさき, やや高く, ゆらゆらと, ようやく高く, よく当たらない, らんとして, カンと, カンカンあたっ, カンカンに, カンカン当っ, カーツと, キラキラ輝い, キンキラと, グン, センチメンタリズムを, チラチラし, ツインコタから, テラスの, フラツシユする, 一層眩しく, 一年あまりも, 一杯さし込ん, 一杯射し, 一筋射し, 一筋黄金色に, 万兵衛, 万遍なく, 三竿に, 上りません霜, 上るもの, 上野の, 中庭に, 中空に, 二つの, 二人に, 二人の, 五年十年の, 仰げるか, 何時の間にか掠れ, 傾いたの, 傾きかけたのう, 傾きかけて, 傾きかけてから, 光って, 入ったか, 入ったの, 入つた, 入つたの, 入つて, 入りかけたので, 入ると, 入るので, 其処に, 円く浮び出した, 出た, 出たの, 出たので, 出たばかり, 出て, 出てから, 出てからは, 出ると, 出れば, 初夏の, 動いて, 十六歳で, 半さし, 半身を, 南欧桜の, 反対の, 取れた, 古畳, 和やかに, 咽っぽい, 地面に, 坤竜丸の, 塀ご, 夏草の, 大分動いた, 大地に, 始まったでナ, 富士の, 対岸の, 射さず周囲, 射さない, 射さないし, 射しこむきり, 射したところ, 射したばかり, 射したやう, 射したり, 射しはじめた, 射します, 射し始め晴々, 射すもの, 小径に, 展望台の, 山路を, 峰の, 差しこんで, 差し入り雀の, 差込ん, 平和な, 広い裾野, 庇から, 庭木いっぱいに, 建物を, 強いので, 強くあたっ, 強すぎる, 当った, 当った場合, 当らないだろうな, 当らなかったらまるっきり, 当り冬, 当るか, 当るよう, 影って, 彼と, 後書を, 惜しみなく降り注ぐ, 斜めから, 斜めだ, 日ましに, 旧神仙思想, 旱魃つづき, 昇った, 昇ったか, 昇りかけたの, 昇り人声, 昇ると, 昇るまで, 昇るもの, 明るかった, 明るくあ, 明るく差し, 明る過ぎる, 昏く, 映えた色彩, 映えて, 映しこむばかり, 映して, 映すと, 映り込んで, 暖かそう, 暮れかかっ, 暮れたの, 暮れたら通う者, 暮れちまうから, 暮れても, 暮れましたし, 暮れようと, 暮れる, 暮れるからのう, 暮れるの, 暮れるのに, 暮れるほど, 暮れるまでに, 暮れる途端, 暮れれば, 木々の, 桃の, 桃色に, 梅の, 極くまばら, 樹林の, 櫺子の, 次第に暮れ, 歓喜と, 歡喜と, 気が, 水溜りに, 汗を, 沈まずぎらぎら, 沈みかけた, 沈みきるの, 沈みきれば, 沈み雲, 沈む所, 沈めば, 沈んだり, 沈んでも, 没したばかり, 没すれば, 河の, 河原の, 治郎吉の, 海面をも, 淡れ, 深々と, 深くさして, 深く部屋, 渓のむ, 渓川の, 溢れて, 滑らかに, 漲って, 漲つて, 漸く衰え, 濃緑の, 点々として, 無いとて, 煌めいて, 照った, 照っても, 照つて來ました, 照つて来ました, 照つて草の, 照らして, 照らないと, 照りだしたの, 照りだした照ると, 照りはえた, 照りはじめた, 照りはじめ空, 照りました, 照り亘り, 照り出した, 照り出したの, 照り出したので, 照り出して, 照り明るく, 照り映えて, 照り秋, 照り輝いて, 照る, 照るけれど, 照るごと, 照るなか, 熔けそう, 燃えて, 燒け, 爽やかな, 物象を, 生き物の, 生ひ, 町の, 畳に, 當つて少し, 當つて暖まる, 當つて高い, 當らな, 疊いつ, 疎くて, 白く一面, 白く映えた, 白く雲, 皮膚の, 直射し, 真っ紅, 真上から, 眩しいほど, 眩しくキラ, 眼ぶしく, 破れ障子の, 硝子戸から, 磨硝子を, 窓いっぱいを, 笑って, 紫色の, 緩やかに, 縞に, 美濃の, 翳ったの, 翳り小鳥, 翳り沖, 翳るごと, 翳ッて, 耀や, 聳える高山, 肩を, 芽ぶく木々, 草に, 落ち, 落ちかかると, 落ちかけた, 落ちこもうと, 落ちたし, 落ちた薄暮, 落ちてから, 落ちるぜ, 落ちるそよ風, 落ちる頃, 落ち切っては, 落ち切りましたか, 落ち月, 蒼黝い, 蔭って, 薄々と, 薄れると, 薄赤く, 藤の, 虹色に, 血みたいに, 西へ, 見えた, 見える, 解けかけて, 護謨林の, 赤い光, 赤い花弁, 赤味を, 路地の, 跳ね返って, 輝いたかの, 輝きだすと, 輝き青空, 輝き靜寂, 輝けば, 辞し去りがたい, 近づく謎, 遙かに, 遠慮なく照りつけ, 遺つて, 部屋いっぱいに, 部屋の, 重い疱瘡, 針を, 針葉樹を, 銀を, 銀箔の, 長閑に, 門口に, 降り灑, 陰ってるのね, 陰ってる時, 陰るよう, 隈なく, 雲に, 雲間から, 霞に, 露八の, 頭から, 高いけに, 高いし, 高いと, 高いな, 高いよう, 高い筈, 高かったなら, 高くあがった, 高くなった, 高くの, 高くのぼっ, 高く昇ってるらしい, 高く昇つ, 高く空, 鮮に, 黄金の, 黒, 黒塀に, 鼻の

▼ 陽~ (564, 12.4%)

15 焦けて 14 照らされて 13 光って 11 焦け 9 焼けて, 輝いて 7 あてて, 映えて, 輝きながら 5 かがやいて, すかして 4 して, やけて 3 きらめいて, やけた顔, 乾いて, 照され, 照りつけられて, 透けて

2 [26件] うち羽ぶき, きらきらと, きらめきながら, さらされて, さらして, なって, やけては, 伏して, 光った, 光つてゐる, 入れども, 反映し, 向けて, 当って, 当てて, 手を, 晒して, 染まりながら, 浴し, 灼かれて, 灼けた砂, 蒸されて, 輝いた坂道, 透かして, 透して, 陰に

1 [384件] あたって, あたらない, あたらまく, あたると, あつめて, あて, あてた, あてる, あらそいながら, あり, ある呂曠, あを, いなくては, いる玄徳, うすい影, うつとり, お千絵様, お松を, お祭り騒ぎし, かがやいた磯, かがやきぬ, かがやく大刀, かがやく海, かざした, かざして, かなりあつ, きらきらし, きらきら光つて, きらめいた, きらめかせて, きらめく五穀, きらめく偃月, きらめく鏃, きれいに, けむる鮮血, げに, ここを, これを, さまざまの, さらさなければ, さらしては, さらすの, しみ, すべる, そのこと, その事情, その胸, その鋒鋩, そよぐとき, それらの, それを, た, たぎって, ちかちかと, つやつやし, なりして, なり小, なり色, ぬくとまりながら, ぬくもった山並, ぬくもった松, はえる紅葉, ひらめかして, ひるがえるとき明らか, ほされ一晩土, まが, まざ, まぶしく光っ, まぶしげ, みち芙蓉, むき出された小さい, むんむんと, やかれ, やけたたたみの, やけたな, やけたインバネス, やけた侘し, やけた労働係, やけた大男, やけた幅, やけた植民地, やけた男らしい, やけた皮膚, やけた監視員, やけた縞, やけた船腹, やけた鏡, やけぬよう, やけ足, やぶれ果てた後, よく禿げた, ギラギラと, クワツと, ハインリヒの, 一人なり, 七色に, 主張し, 之に, 之を, 乾きかけて, 乾したらいい, 乾して, 今なお, 今日は, 会った氷, 会って, 会わないで, 会わない幽, 元日の, 光ったと, 光ってる, 光つて頬に, 光らせああ, 光りながら, 光り風, 光る新鮮, 光る歯, 光る湖水, 光る灰, 光る逞, 入った, 入り味方, 六波羅の, 冷たく光っ, 出たとも, 出て, 助けた者, 助けて, 動揺を, 勵まし, 半顔, 反つた, 反射し, 反射した, 反抗の, 取りて, 向う時, 向かって, 向きて, 向ひ, 向ふ, 周を, 咲いたよう, 圍まれて, 圍んだ, 土木治水費中堤防修築費と, 在任の, 夏の, 大きな蠅, 大切なあっこお, 子と, 家の, 小蓼, 就く, 屈服し, 屈託げなる, 属しゆえに, 帰って, 干からびて, 干して, 干しながら, 干すやう, 庇い立てでも, 庇って, 庇護せられし, 引きずり出して, 引ッ繰り返ってる, 当たって, 当った由紀子, 当てると, 当らないからか, 当らなかったせい, 当りたくなるほど, 当り初秋, 当るため, 当ると, 当ろうという, 当面し, 影も, 往って, 従いて, 必要な, 忠孝を, 思う, 思ひみるべし, 恨み悲むめり, 悪を, 惨敗し, 感化を, 憂て, 憩いそれから, 我が子, 折るの, 抵り, 指を, 推輓し, 描いて, 揺れる, 揺れる遠景, 敗れたりとは, 斥けて, 明るく光る, 明る瞼さし寄せ, 映えたり, 映えては, 映えながら, 映えると, 映えるの, 映える赤光, 映ゆる山緑, 春の, 晒させて, 晒された二分板, 晒されて, 晒した毛, 晒した赤茶けた野菜, 晒らされ, 晒らし, 曝されたの, 曝されて, 染んだ畳, 栗の, 正木先生と, 歯が, 気を, 汝が, 汝の, 汝を, 泣き心, 注意した, 流れて, 淡く色づいた, 清貧を, 温められた枯草, 溶けさうに, 溶けたやう, 溶けた屋根, 潜渓に, 濡れて, 灼けたさっき, 灼けたスポーティ, 灼けた素肌, 灼けた顔, 灼けて, 焙らせて, 焦きながら, 焦げた肉, 焦げて, 焼けたまっ黒, 焼けたよう, 焼けたん, 焼けた厚司一枚, 焼けた多く, 焼けた手, 焼けた眉間, 焼けた純朴, 焼けた顔, 焼けても, 焼けぬ白絹, 焼けるわけ, 煌めく水面, 煙って, 照され出し, 照らされた, 照らされた山, 照らされ密林, 照らされ薄光, 照らして, 照らし自分, 照られを, 照りつけられると, 照り付けられて, 煽られて, 燃えルウェンゾリ, 燃え汗, 燦々する, 燦い, 燦めい, 燦めいた, 父に, 物言へ, 現わす, 琥珀いろ, 瑪瑙色に, 當つたら, 當らない蒼白い, 疎いため, 疎く降り, 発言せざる, 白く小さく光っ, 白袴黒紋付羽織の, 益々抑制, 相呼応, 真っ黒に, 真ッ向う, 眩めかしい砂利道, 眩めく, 眼を, 着くと, 祈念する, 神の, 秀吉の, 秦を, 移した, 立つ梅, 縒れる川波, 美しく照らし出され, 翅を, 耄け, 聞こえて, 背なかを, 背を, 膨れて, 至り, 至り仁川行, 至り廖平, 至る, 色々様々, 色彩られ, 艶めい, 蒸された枯草, 蒸れて, 蔽うて, 薫じた顏, 行きあざむいて, 行こう, 褪せて, 解け出したよう, 負けて, 貧人の, 貶められ陰, 赤く染められ, 赫けて, 起して, 起った乱賊, 跳び跳びてを, 軍を, 転ずる微, 輝いた, 輝いた姿, 輝かして, 輝かせキョロキョロ四辺, 輝かせ無数, 輝きまた, 輝き四方一面天地, 輝き左側, 輝き笑まふ女の童瞼, 輝き赤く長い, 輝くの, 輝く見るからに, 返す洋灯, 迷う烏, 逆い, 逆らって, 透いた桜, 透かしては, 透きと, 透きました, 透したり, 透しりたり, 逢わぬ影, 遊び大, 遊藝を, 遠いので, 遠い夏向き, 遼東を, 避けましょう, 還ったが, 酔つ, 鎧の, 長ん, 閃めいた, 開いて, 陸奥や, 霽れあがる, 青い苔, 面を, 顔を, 飴色の, 骨折る事, 魂という, 鹿毛の, 黄白の, 龍攘虎搏の

▼ 陽~ (385, 8.4%)

7 西に 6 落ちて 4 急に 3 あたつ, 既に西, 沈まぬ, 沈んで, 照って, 縁側に, 高い, 高くなる

2 [25件] うらうらと, おちて, かげって, さんさんと, とうに暮れ, とっぷりと, びっくりし, まだ高い, もう西, よほど西, ウラウラと, カンカンと, 封生と, 射して, 射せどいぶせき, 彼の, 後ろへ, 既に高く, 暖かかった, 暮れかけ, 暮れて, 沈みかけて, 燦々と, 織れど, 高いし

1 [294件] あた, あたたかく根戸川, あまりに平和, いつか傾い, いつか烈しい, いつか西山に, いつか黄昏そめ, いつのまにか暮れん, いま最も, いよいよ高く, うすずきかけて, おち軍民すべて曹操, おどろいて, お河童の, かがやかず樽柿, かげろうと, かなり高い, かんかんと, かんかん頂, きょうも, こ, こういう外道, この不思議, この女, この時, さざ波の, さし昇っ, さびし久しくも, さらさらと, さんさんとして, すつかり傾いたせゐ, すでに三竿, すでに斜め, すでに暮れ, すでに笛吹川, すでに高く, ずんずん暮れ, そこで, その中腹あたり, その女, その家, その後から, その晩祠, その親類, それを, たかい真昼, たかく冬, たちまち暗く, だんだん西, ちょうど中天, つよく反射, とぼとぼ朽葉, どうしていい, どうして道, ないが, にがかつ, のぼらない七ツ, はげしくて, ふらふらと, まさに沈もう, まさに申, まさに高し, また脳膜, また雨雲, まだ出ません, まだ午, まだ存分, まだ庭さき, まだ昇らず, まだ高う, まだ高かっ, まぶしいほど, みるみるうち, もうかなり, もうよほど高く, もう丘, もう中天, もう傾きかけ, もう翳らう, もう舂きかけ, もう落ち尽し, もう見えなかった, もう高く, やがてとっぷり暮れ, ゆらゆら地平線, ようやく朝雲, よく当っ, キンキラと, スーッと, ポカ, 一ひろほども, 一パイに, 三竿すでに, 不安だ, 不思議で, 不規則な, 丘の, 中天に, 主人の, 今, 他に, 体を, 何処に, 何時か, 侍女に, 依然として天地, 倦怠の, 傾き春めく天地, 入江や, 全く暮れ, 凶年だった, 初夏の, 勉めて, 北へ, 午に, 午刻を, 午前の, 午後に, 午後の, 半島の, 叢り立つて, 向うの, 呆れて, 四辺に, 土間の, 地上に, 地平線に, 墜ちたの, 夏めき人, 夜に, 大きく赤く西, 大分かたむい, 大分西に, 大急ぎで, 大都会, 奥行の, 女と, 実にも, 富士見町の, 寒し観音寺山, 寝室の, 封生も, 射さね散り霧ら, 小座敷の, 少し傾い, 少し昼, 山に, 島山に, 川波を, 巳の, 平和すぎる, 平次の, 平野の, 座敷の, 廊下一パイに, 強く照り, 強く若葉, 当って, 当らないよ, 往くまいと, 後に, 復た, 心配そうな, 怪しい壑, 恐ろしかった, 恥か, 意地惡く, 意識が, 掌の, 播州の, 散らばって, 新野を, 既に暮れ, 日が, 日に, 明るく暖, 明神樣の, 映したでは, 昼に, 暖かいし, 暖かく光善寺, 暖かく背中, 暮かけ, 暮れかかる, 暮れても, 暮れんと, 書堂の, 朝霧を, 木蔭や, 杉林の, 桟道を, 次第に長けます, 次第に高く, 殆ど椰子林に, 殆ん, 気おくれ, 永久に, 汗ばむほど, 沈み多宝塔, 没して, 流石に, 海水に, 清水の, 温暖に, 滋雨の, 滑らないよう, 澄みきり彼方, 澄み切った青い, 澄み彼我, 激しくぎらぎら, 炎ゆる, 烈々中天に, 無心に, 照らないさ, 照らぬの, 照り, 照りながら, 照り申す, 照り麦, 照る, 照る京, 熱く風, 爛々と, 牀に, 狐色に, 独りに, 猛烈に, 王弼以前の, 琥珀色に, 申分なく, 畑地一面に, 疱瘡の, 登, 真直に, 矜り, 短いでのう, 稲佐山に, 紅い霞, 緋の, 縁から, 縁側から, 翳って, 自分の, 舂きも, 落ちかけて, 落ちんとして, 薄し, 薄暗くなっ, 蛇菰科の, 見えず, 見ずに, 見る間, 言った, 豊かなる, 赤, 起きあがった, 起きあがって, 起ちながら, 輝いて, 遅々と傾きかけ, 遠いからなあ, 遠いなあ, 遠く山間, 郵便受の, 野末に, 野馬あるいは, 釣瓶落し, 長けて, 長けます, 陰って, 随い, 霧に, 青し, 驚いた, 高々と, 高いちょい, 高いゆえ, 高い塀, 高うご, 高うても, 高かった, 高くな, 高くなっ, 高くなった, 高くなつた, 高くなりかけ, 高く今日, 高く狭い中庭, 高く銀, 高まりかけ六波羅, 高臺, 魂に, 鮮かに, 麓より

▼ 陽~ (324, 7.1%)

43 浴びて 35 受けて 15 うけて 8 浴びながら 6 あびて 5 仰いだ, 仰いで, 背に, 遮って 4 除けて, 魂と 3 あびながら, さへ, まともに, 享けて

2 [14件] うけ, まへに, 一パイに, 一杯に, 刎ね, 反射し, 吸うて, 守って, 浴びた石, 照返す, 真正面に, 見ると, 豊かに, 避けながら

1 [149件] あたま, あてる, あびとんぼ, あび屋上, いっぱいに, いっぱい浴び, いつぱい, うかべて, うけた繁華, うけた障子, うけつつ, うけてても, かくすよう, かざして, かすめた, かすめて, さえぎる縁, さしてたっ, すかして, そがひに, ただ見, てりかへ, なお念, ながめて, のんで, はねて, ふり仰いだ, ほかほか浴び, まつ糸瓜, われより, 一杯含ん, 一葉一葉の, 中心と, 中心として, 享樂し, 仰いだ頃, 仰ぎながら, 仰ぎ偉, 仰ぐと, 仰ぐやう, 余りにまぶしく, 全山, 全身に, 内懐に, 出発し, 刃疵の, 剪つて錢形平次を, 割って, 区別し, 半身に, 南縁に, 去ってから, 受けたそこ, 受けた半面, 受けた温かい, 受けた顏, 受けてたけど, 受けながら, 受けます, 受けるかと, 受けること, 受けると, 受け動くたび, 受け東, 右に, 含んで, 吸う苔, 吸って, 吸つて冱え, 吸ふ, 喪った路, 奪い取れ, 孕んだ帆船, 存分に, 守らせた, 寫して, 射返して, 幸いに, 後ろに, 念う, 悪しき者, 感じて, 手庇で, 抱く沖氣以, 招き來, 拝し, 收めた, 救わせた, 斜面に, 楽しみながら, 横顔に, 正面に, 殺させたの, 浴びし裏, 浴びたり, 浴びた丘, 浴びた芝生, 浴びよ, 浴びること, 浴びをれば飛行機通る, 浴び帆, 浴び温泉, 浴び落葉, 満々と, 満面に, 溶かした水, 漉して, 漢訳した, 潜め月, 濾すと, 濾す雲, 火の, 燿, 目ざして, 眺めて, 突いて, 立つとき, 縫って, 肩さきに, 背後に, 膝に, 落した夕靄, 藺笠と, 衝き楚関, 見ず夜陰, 見たこと, 見たほど, 見て, 見る, 見るまでは, 見るよりも, 負って, 負ひ, 越えて, 追つて, 追つて干物, 逃げて, 透かし楓, 透して, 連れて, 遮つて, 遮られて, 遮る樹木, 避けつつ, 避けること, 銀や, 除け, 除けながら, 馬上に

▼ 陽~ (131, 2.9%)

4 で明けつ放し 3 だ, です, ですね, な調子 2 が惡, だと, でお, でした, ですぜ, な聲, にお, にしませう, になりました, のせゐだよ

1 [95件] がよ, が二三日續, が昨日, が良い, さうなところが, さうなの, だが, だつた, だつたの, ちが, であ, であつ, でお侠, でこれから, でございます, でないので, では無, でガラガラ, で世の中, で仇, で少々, で新造, で江戸, で浮き浮き, で溌剌, で滑稽的, で無, で男, で色, で話好き, で贅澤, なお天氣, なお萬さん, なそれ, なの, なもん, な人, な人々, な座敷, な庭, な性分, な性質, な方, な旦那, な景氣, な歌, な町, な當てこすり, な笑, な群, な言, な酒盛り, な顏, におもしろく, にし, につくる, になつ, になつて, になつて歸つて來, にならう, になりつ, になりなさい, にはし, にも, にも拘はらず, に下, に向, に成つて, に暮らし, に櫻, に笑, に笑つて, に見せる, に話し, に送り出し, に進められた, に郡内, のせゐか, のせゐだね, のせゐぢ, のせゐで, のせゐでありませうそれ, の加減, の増し, の好い, の旺ん, の町, の良い, は惡, は日毎, は良い, も申分, を好み, を撒き散らします, を高めよう

▼ 陽~ (99, 2.2%)

4 西に 3 うらうらと, 暮れて 2 まだ高い, 大分高く, 射して, 落ちて

1 [81件] あたたかに, あたって, ある, ある吸込みも, いちに, うららかに, かげらしむ, かたむいたひよろ, くれて, ころあいに, ささない寂光, ささぬ裏庭, すっかり沈んだ, そ, そぼそぼと, たかい申, ちょうど中天, とっぷり暮れた, どッぷりと暮れ, まだ高し, まばゆくて, やがて疲れ, やぶれずという, やや西, ギラギラと, 七刻近くに, 上るに, 中天の, 中天を, 久しぶり, 傾きかけて, 八刻頃だ, 夕ずく頃城内城中には, 夕めいた, 大分傾い, 大草原, 射さぬほど, 山の, 山蔭, 幽かな, 心細くうすずく, 急に, 感じぬらしくじっと, 斜め, 既に落ち, 早目に, 昇りかけました, 昇る, 晦い, 晦く, 暗いほど, 暗くなり, 暮れかかる, 暮れはじめた夕闇, 暮れますゆえ, 曇るかと, 此處までは, 没して, 消えた, 消えました, 漸く蔭, 照って, 照り濛々, 舂き何となく, 落ちかけて, 落ちぬま, 虹色に, 西山に, 見られなかった, 覗かないので, 負けては, 雲の, 高々な, 高うござれ, 高かった, 高かろう, 高くなっ, 高くなった, 高くなろう, 高く昇っ, 高く責任者

▼ 陽なた~ (37, 0.8%)

3 の竹 2 くさいほうれん草

1 [32件] くさくて, でゆっくり, で洗い物, で贅肉, にさらし, に屯, に手, に曝し, に毛氈, に沢山, に腰かけた, に蹲っ, に遊ん, に闇, のにおい, の丘, の切れ端, の彼, の沈黙, の縁, の翳る, へ伸びよう, へ出た, へ出る, へ根, ほどな違い, を歩く, を知らない, 竹, 臭いよう, 臭くと, 臭く塩

▼ 陽~ (32, 0.7%)

2 のゆえ, の供, の顔

1 [26件] が乗っ, が孔子, が結局己, じゃない, そっくりと, そっくりに, だ, だと, だとは, ではない, と, というの, という野心家, といふ詰らぬ, と間違え, にあんな, にちがい, に深い, のところ, の人となり, の恣, の身内, は, もずいぶん, を悪, 高辛氏

▼ 陽あたり~ (31, 0.7%)

6 のいい 5 のよい 3 の悪い 2 のわるい

1 [15件] がいい, がよい, が現れ, だった, で頬づえをして, の他, の好い, の好き家, はよく, へ出る, へ歩き出せ, もよい, よきも, よく育ちやがった, を感じ

▼ 陽~ (31, 0.7%)

2 なって

1 [29件] あってな, いえば, ここに, す, なつて, 一緒に, 与に, 僕の, 反対に, 号した, 名乗り男髪, 命名せらるべき, 土の, 時に許され, 江水ひとつを, 河風を, 溶け合った海原, 溶け合つた海原が, 漣だ, 申候三歳の, 磬打ち, 種々般, 言い天, 遊び短慮せず, 陰の, 陽とが, 雨とを, 雪との, 鳥の

▼ 陽~ (27, 0.6%)

2 の家, の留守, 微子

1 [21件] からの贈物, がいった, がどんな, が先師, が孔子, としては孔子, に出遇われた, に敬礼, の動静, の諸, の馬車, はいった, はここ, はこれ, はそう, はそこ, は先師, は座, は目ざとく, は魯, も言葉

▼ 陽当り~ (24, 0.5%)

6 のいい 2 のよい, のわるい, の良い

1 [12件] がい, がわるい, がわるく, で雪, に果樹園, の好い, の悪い, の縁, の関係, へ出る, よく余念, よく風

▼ 陽~ (23, 0.5%)

1 [23件] である事, という人, という代官, との間十町, におもむい, には世, には魏, に移した, のうしろ, の内, の太守徐栄, の守備, へすすめた, へたて籠っ, へ向っ, へ逃げ帰っ, を出, を囲み, を墜, を奪っ, を発し, を突破, を陥没

▼ 陽~ (22, 0.5%)

2 行って

1 [20件] かざす麗人二十二, 七時半頃着い, 入城する, 出かけて, 出て, 出陣すべく, 向わせ三男袁尚, 帰って, 帰るやいな, 干したやう, 急いだ, 戻って, 攻め寄せる日, 着いたとき, 突入させ, 突入した, 行くよりは, 赴かせた, 送って, 陣を

▼ 陽かげ~ (21, 0.5%)

1 [21件] がおどっ, がところどころ, になり, になりかけた, にひそんだ, に入っ, のせい, の一等, の世, の世渡り, の丘, の底, の御, の悩み, の部屋, の静寂, は涼しい, は益々, をつくり, を遮り, 干しに

▼ 陽~ (20, 0.4%)

10 まりの 4 まりに, まりを 2 まりで

▼ 陽~ (20, 0.4%)

4 の中

1 [16件] がさんらん, が射し, が山襞, が碧, に映え, に翅, に翻した, のうち, の円筒, の満ち溢れ, の煙り, をうけ, を一杯, を浴びた, を見ず, を蹴散らし

▼ 陽~ (20, 0.4%)

1 [20件] がさし込ん, がそそい, が傾い, が早, であった, とそれ, にかすか, に従つて, に気がつき, に驚い, の傾く, の慌しい, の早い, は西, もまたたく, をいそい, を仰いだ, を斜め, を見せ, を長谷川

▼ 陽から~ (16, 0.4%)

1 [16件] ああいう, いそいで, はじまって, 勝ちに, 十里の, 孟浩然といふ, 少し引返し高山越え, 来ようが, 樊川地方に, 池州へ, 漢川方面に, 漢津へ, 薪を, 起り天下を, 追い落されて, 首山堡の

▼ 陽さん~ (16, 0.4%)

2 の言

1 [14件] が印南, が抄出, が昇りかけてた, が流れる, でございますね, に聞け, の云, の書, の考証, は其二種, は別に, は寛斎漫稿, は此誤字, は祖父米庵

▼ 陽~ (16, 0.4%)

2 にかくれ, に蕨, に隠れ 1 であったの, で御座るぞ, にワラビ, に薇, に隠れた, に隠れない, に隱, のふもと, の薇, 又河

▼ 陽イオン~ (15, 0.3%)

1 [15件] がその, が多かっ, が多く, が大気中, が興奮的, が陰イオン, とは反対, と負, になる, の影響, の方, はその, はそれ, を与え, を与えた

▼ 陽~ (15, 0.3%)

2 が強い, に照らされ, の下, の光り 1 が東, と米, に照らされた, のやる, ばかりを見, ばかり見, を睨ん

▼ 陽~ (15, 0.3%)

1 [15件] から揚子江, にあつめ, に貯蔵, に近い, の入口, の周瑜, の東南方, の水面, の軍船, へ急がせた, へ来, をわたり, を中心, を望み, を立っ

▼ 陽~ (15, 0.3%)

2 の大小

1 [13件] だから, だと, と一しょ, と尻, に, に酷, をなぶる, を以て大, を供える, を失い, を失っ, を書き, を露出

▼ 陽~ (14, 0.3%)

2

1 [12件] だ, にあ, にある, に居つた, に於, に来, に留まる, に移つた, は空僧院, へ以上三, へ寄っ, へ寄り

▼ 陽やけ~ (13, 0.3%)

3 した顔 2 のした 1 がし, したの, したコトエ, した女, した軍人, した黒い, で茶褐, で黒く

▼ 陽さま~ (12, 0.3%)

1 [12件] がきょう, がてりつける, がキラキラ, が出る, が嫌い, が当っ, が東, にあたれ, に当らない, をみ, を恐がる, 落ちて

▼ 陽あし~ (11, 0.2%)

1 [11件] が刻々, と往来, の早い, の高い, は辰, も蜩, を仰ぎ, を感じ, を探し, を浴び, を見

▼ 陽には~ (11, 0.2%)

1 [11件] その不行儀, まぶしき眼, わが夏侯尚, 優しかった, 克はじと, 十王殿という, 尊崇し, 我を, 温められるもの, 磊落らしく見え, 趙範零陵には

▼ 陽~ (11, 0.2%)

2 を満身 1 が, が壁面, が容器, が翳っ, が落ちる, が遠ざかっ, のなか, の位置, を避け

▼ 陽差し~ (11, 0.2%)

1 [11件] が強く, が煙る, が真, が背後, が軒, が障子, にうつら, に溶けこん, をウツラウツラ, を眩しい, を眺め

▼ 陽溜り~ (10, 0.2%)

2 には蛙 1 でせっせと, で座蒲団, にとぐろ, になつて, に煙草盆, に躑踞, の辻, へ講談

▼ 陽~ (10, 0.2%)

2 が馬 1 が日本, という大学者, と好い, は, はだしぬけ, は気, は百姓, は馬

▼ 陽~ (9, 0.2%)

2 女が 1 シンと, 乾しながら, 夏は, 大敗を, 感じた事, 梅の, 照明させ

▼ 陽にも~ (9, 0.2%)

1 どんな事, なくては, ゆるは, 強いと, 潮にも, 焼け弁口, 長くいられなかった, 陽平にも, 隠す所

▼ 陽~ (9, 0.2%)

1 がその, がひどく, が夜半, が日本刀, に劣らぬ, の, のいわゆる, の日本刀, をし

▼ 陽~ (9, 0.2%)

1 で腰, に出した, に干し, に梅, に目, に背, へ出, 葵の, 葵は

▼ 陽~ (8, 0.2%)

2 と陰像 1 あるいは陰像, などといくぶん, に類似, のみ現われる, の場合, はかなり

▼ 陽陥落~ (8, 0.2%)

3 の後 2 の公報, の報知 1 の日

▼ 陽ざかり~ (7, 0.2%)

1 だ, で石, の入道雲, の庭, の日向葵, の未, はやや

▼ 陽~ (7, 0.2%)

2 に登った 1 でございました, なんかへ時々, のある, の時, は眺望絶佳

▼ 陽当たり~ (7, 0.2%)

2 のいい 1 がいい, がよく, に向い, の悪い, の雪

▼ 陽電氣~ (7, 0.2%)

1 と惑星, の大, の差別, の雲塊, を帶, を帶びた球内, を帶びてその質量

▼ 陽とが~ (6, 0.1%)

2 あった 1 あって, ある, 二重に, 巨大な

▼ 陽まで~ (6, 0.1%)

1 引揚げ, 引退がった, 来て, 行けば, 逃げのびて, 進出し

▼ 陽~ (6, 0.1%)

1 でも南陽丸, に乗じ, に乗った, に相, の甲板, は浦口

▼ 陽~ (6, 0.1%)

2 の階 1 というの, にて食事, の詩, の風景

▼ 陽~ (6, 0.1%)

1 とこれ, に入る, の一部, の質量, の陽帶電, はあらかじめ

▼ 陽~ (6, 0.1%)

3 りが, りの

▼ 陽~ (6, 0.1%)

1 だ, というの, といふの, などそれ, の話, はこれ

▼ 陽~ (6, 0.1%)

1 がこんな, が室内, が躍り染め, と斑点, にも起こった, に調子

▼ 陽~ (6, 0.1%)

2 の花 1 に汚れた, の草, は幾つ, もなく

▼ 陽~ (5, 0.1%)

1 に生じ, に馬酔木, の人, は陰, を好む

▼ 陽核子~ (5, 0.1%)

2 及び中性子 1 とから成っ, とが互いに, とを結合

▼ 陽氣さ~ (5, 0.1%)

1 がいつ, でも救, もなかつた, を取り戻した, を失つて身

▼ 陽~ (5, 0.1%)

3 けのした 1 けこそし, けのし

▼ 陽照り~ (5, 0.1%)

2 のはげしい, の八月 1 つづきで

▼ 陽球内~ (5, 0.1%)

1 に入, に存在, に電子, の電子, の電氣密度

▼ 陽瑪諾~ (5, 0.1%)

1 の, の同, の天啓三年説, の所傳, は洋名

▼ 陽~ (5, 0.1%)

2 といふん 1 は陰, を蔵, を藏

▼ 陽~ (5, 0.1%)

5

▼ 陽では~ (4, 0.1%)

1 あったし, ないと, 寺院や, 温は

▼ 陽という~ (4, 0.1%)

1 ものが, 威めしい, 者が, 部落まで

▼ 陽はに~ (4, 0.1%)

1 上向いて, 云ひし, 目に, 鳳輦の

▼ 陽~ (4, 0.1%)

3 けして 1 宛城方面へ

▼ 陽~ (4, 0.1%)

1 この句, の早朝, の長短句, 必ず誤

▼ 陽公主~ (4, 0.1%)

1 にぴったり, の面上, の髪, は梁

▼ 陽城公~ (4, 0.1%)

1 が申し上げ, が詔, の徳, は考え

▼ 陽女学校~ (4, 0.1%)

2 の教頭 1 さ, は一斉

▼ 陽~ (4, 0.1%)

1 が茜色, になっ, のみで, へ日かげ

▼ 陽~ (4, 0.1%)

1 がわが, ではない, なれども, に参加

▼ 陽方面~ (4, 0.1%)

1 から急報, の砲声, の賊, へ遁走

▼ 陽~ (4, 0.1%)

3 の氣 1 そのままな

▼ 陽氣ぢ~ (4, 0.1%)

2 やありません, やない

▼ 陽焼け~ (4, 0.1%)

2 のした 1 がとれ, て赤い

▼ 陽焼けした~ (4, 0.1%)

1 大きな顔, 豊かな, 顔に, 顔や

▼ 陽~ (4, 0.1%)

1 と華, の妃, 其の寵姫, 誅せられて

▼ 陽盛り~ (4, 0.1%)

1 に鏡板, のその頃, のもと, の空

▼ 陽~ (4, 0.1%)

2 という書物 1 などの類, によりまする

▼ 陽鎮撫隊~ (4, 0.1%)

1 で大名格, の構成, は総崩れ, をつくり

▼ 陽~ (4, 0.1%)

1 に辿りついた, の詩中, までは先生, を仰ぐ

▼ 陽附近~ (4, 0.1%)

1 にし, に位し, に至る, の田舍

▼ 陽除け~ (4, 0.1%)

1 が引い, のよう, の頬冠, 小屋から

▼ 陽~ (4, 0.1%)

1 が代っ, でジメジメ, と陽, は何時

▼ 陽ちゃん~ (3, 0.1%)

1 がい, たら, もいよいよ

▼ 陽なたぼ~ (3, 0.1%)

2 ッこし 1 ッこを

▼ 陽なたぼっこ~ (3, 0.1%)

2 をし 1 が出来る

▼ 陽にあたって~ (3, 0.1%)

2 青葉の 1 来た鬢

▼ 陽よけの~ (3, 0.1%)

1 上にも, 工夫が, 笠を

▼ 陽~ (3, 0.1%)

1 洞, 洞という, 終

▼ 陽占領~ (3, 0.1%)

2 の祭り 1 の喜ばしい

▼ 陽~ (3, 0.1%)

2 の春 1 新布令

▼ 陽城外~ (3, 0.1%)

1 から漢江, の劉, の劉家

▼ 陽~ (3, 0.1%)

1 で山々, のクッキリ, を浴び

▼ 陽攻撃~ (3, 0.1%)

1 が始, の前, は始まった

▼ 陽~ (3, 0.1%)

1 かによつて, ださうで柳原封疆, の柳

▼ 陽~ (3, 0.1%)

1 に散るなる, の北, の水

▼ 陽~ (3, 0.1%)

1 が這つて, は疊, を惜しむ

▼ 陽軍鑑~ (3, 0.1%)

1 の一冊, や武功雑記, を楯

▼ 陽郊外~ (3, 0.1%)

1 から出, に来, の隆中

▼ 陽陵坡~ (3, 0.1%)

1 にはすでに, の魏軍, まで出陣

▼ 陽あたらず~ (2, 0.0%)

1 の岩壁, の沢

▼ 陽その他~ (2, 0.0%)

2 の城内

▼ 陽だけが~ (2, 0.0%)

1 カッと, 煦

▼ 陽である~ (2, 0.0%)

1 が移動, と考へた

▼ 陽です~ (2, 0.0%)

1 が, よ私

▼ 陽との~ (2, 0.0%)

1 二つの, 姿に

▼ 陽と共に~ (2, 0.0%)

1 牢獄の, 高くなり

▼ 陽なたで~ (2, 0.0%)

1 小猫, 居眠りを

▼ 陽などの~ (2, 0.0%)

1 城市と, 粗雑な

▼ 陽へも~ (2, 0.0%)

1 人を, 行った

▼ 陽ホテル~ (2, 0.0%)

1 で記者団, へ送

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 に曝された, に燦

▼ 陽以前~ (2, 0.0%)

1 の中国古代思想, 即ち春秋戦国

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 が昨夜遊び, が昨日遊び

▼ 陽公之~ (2, 0.0%)

2 を嘲り

▼ 陽公梅宛陵王文恭~ (2, 0.0%)

2 の集

▼ 陽名士~ (2, 0.0%)

1 なる知識階級, のひとり

▼ 陽~ (2, 0.0%)

2 の祖先

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 の公館, の官宅

▼ 陽城中~ (2, 0.0%)

1 でまだ, には関羽

▼ 陽城内~ (2, 0.0%)

2 へしばしば

▼ 陽城頭夜~ (2, 0.0%)

1 はふけ, は更け

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 城の, 昌の

▼ 陽~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 陽攻撃戦~ (2, 0.0%)

1 が始まった, の最中

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 という, を具え

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 攻撃を, 縣

▼ 陽時計~ (2, 0.0%)

1 の陰, を睨ん

▼ 陽朔三年~ (2, 0.0%)

1 で同じく, より永始二年

▼ 陽様相手~ (2, 0.0%)

1 に商売, に行動

▼ 陽歳時記~ (2, 0.0%)

1 による, 及び京都雜志皆之

▼ 陽殿~ (2, 0.0%)

1 に紅葉, に納め

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 とか新聞社関係, の貴族院

▼ 陽氣菊~ (2, 0.0%)

2 の井

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 と名づけた, の記

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 である, に当たり

▼ 陽焦けがし~ (2, 0.0%)

1 て乞食, て居る

▼ 陽焦けし~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 と地熱, に蒸された

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 が抑, を半分

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 を以て表わし, を兼具

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 に仕へる, を設け

▼ 陽~ (2, 0.0%)

2 に受け

▼ 陽~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 は曾先生, を司法官

▼ 陽虎様~ (2, 0.0%)

1 がこの間, の方

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 山の, 山へ

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 し, しあなあはれ

▼ 陽遠く~ (2, 0.0%)

1 なまめきて, なりにけり

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 に廖, の東南

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 の城中, へ家

▼ 陽門外~ (2, 0.0%)

1 の混雑, の雑踏

▼ 陽~ (2, 0.0%)

2 を出

▼ 陽関三畳~ (2, 0.0%)

1 の詞, をやります

▼ 陽~ (2, 0.0%)

2 の黒眼鏡

▼ 陽~ (2, 0.0%)

1 という下宿屋, の前

▼1* [212件]

あしあれに見える, 陽あり幽微, 陽ッぱいに, 陽うららかな宇都宮街道, 陽富は, 陽鮮紅燦々と, 陽からも早馬が, 陽がずつと南空に, 陽さえ潰滅すれ, 陽さしつつ, 陽ざらし七日七晩きゅうめい, 陽そのほか諸所において, 陽だけにひそまり返って, 陽だの奉天だ, 陽だまりは山霊, 陽ゃんきっとまいっていてよって, 陽ちゃんなにを食べ, 陽ちやまは, 陽ちやんはそれぢ, 陽つてところだ, 陽であって丹, 陽であったが高い, 陽でしたから大丈夫, 陽といつてもまるで, 陽といふ先生が, 陽とか官渡とかの, 陽とともに何故かこの, 陽とをよけているの, 陽なたで笑いながらこっち, 陽なれば北, 陽なんかどこからも, 陽において小林に, 陽にでもあたって, 陽のけ寒き下坂鹿歩りき, 陽つかりかんかん, 陽ばかりになって, 陽への成長を, 陽みな凶終するよう, 陽もろく陥落し, 陽よけ眼鏡を, 陽より数百年も, 陽よりは八百年も, 陽よりも早く片づく, 陽をめぐって街, 陽をよけながらジイッと, 陽アタリテ暑シ, 陽てそんな, 陽非ザレバ晞ズ, 陽プラトン社から月刊, 陽ボッコをし, 陽以テ字トナス, 陽一杯トラクターの上, 陽一杯古岡の庭, 陽三十六湾春色を装っ, 陽三月の天, 陽丸蕪湖から九江, 陽主月主日主四時主の八, 陽を損じ, 陽五鈴遺響, 陽とか云っ, 陽人士のあいだ, 陽今日再相会, 陽以南の土地, 陽以後もなお, 陽以後五代の頃, 陽を天體, 陽公夷陵に謫, 陽具渺少故外面半截, 陽出づる雲の大海, 陽列天の作, 陽南郡の三要地, 陽南郡三ヵ所の城, 陽博士が私費, 陽占領奥軍大奮闘, 陽占領日軍奮闘の石版画, 陽同契五行相類凡そ三巻, 陽呉市などから較べれ, 陽器瑠璃の杯瓶子, 陽回天あたりよりも一段と, 陽国神社の木下闇, 陽城外すべて緑楊の村, 陽城太守の徐栄, 陽城奪取に馳せ向った, 陽から虚声, 陽大会戦の舞台, 陽大師破戒無慚, 陽子爵が政府委員, 陽守亮が敗滅, 陽寺陰城とでもいう, 陽尊者一物不将来, 陽小野節二家の説, 陽卿蘇長公の, 陽真王, 陽屈指の大家, 陽山一帯の風光, 陽山寺山門の仁王尊, 陽崔宗之蘇晋張旭賀知章焦遂, 陽の狐, 陽の役, 陽市中からも撤退, 陽帯電場磁場の影響, 陽帶電と接觸, 陽平野の西北, 陽に狼乳溝, 陽が長川, 陽延昭ここに屯爰, 陽に出, 陽当の一番良, 陽徳軒の宗, 陽から美作, 陽な所, 陽慶慶年七十餘と記し, 陽へ来た, 陽振り袖に持ち添えた, 陽揚相通ぜしめしもの, 陽揚腸場楊湯など陽韻, 陽攻陷の際八月二十六日, 陽を尚, 陽斎豊国という名高い, 陽新聞の余白, 陽新野のもの, 陽の赫燿たる, 陽に際して雨, 陽暮れ方, 陽暮れ時紀久子が二階, 陽は陰, 陽をとおし, 陽来福の新, 陽林梢ニアリ落霞飛鳧垂柳疎松, 陽根中心説をも紹介, 陽根本位論も心熱, 陽の匂, 陽の将, 陽や小, 陽が其, 陽武陵と取っ, 陽殿裏第一人, 陽氣さうに唄を合, 陽氣違ひの, 陽送朱二, 陽泉侯劉豹治中従事楊洪昭文博士伊籍学士尹黙その, 陽流軍学にそれぞれ秘法, 陽滞陣中に充分, 陽灼けた顔に, 陽焦けした顔を, 陽したひと, 陽焼けた皮膚に, 陽爻横長の矩形一つ, 陽物崇拝とか歓喜仏, 陽物翹然口に近き, 陽物鬼の拳, 陽して, 陽発したものの如くであった, 陽発するの機微, 陽發快活の光景, 陽な色彩, 陽相火で火化, 陽知春制して, 陽知春一人のみ命, 陽神シヴァであり偉大, 陽神社や満, 陽氣まぐれな, 陽一浅間山, 陽箱根全山, 陽精涸渇した男, 陽約束の八月十五日, 陽録, 陽自動車を見, 陽臭いなおし酒を, 陽の出身, 陽の態, 陽花植物を己, 陽荊州の三城, 陽荊州地方へぼつぼつ, 陽に循つて警立, 陽に頬杖, 陽見ればやちだ, 陽貨篇にも現われ, 陽としては不安, 陽起石とか狗背, 陽の戦ひ, 陽遂に守りなく, 陽のよう, 陽を萎, 陽卷に, 陽遠し早や時雨れ, 陽都人といふ, 陽に淫し, 陽酸棗の三方面, 陽の剣, 陽量子は水素原子, 陽鉄嶺湯崗子等に農場試験地, 陽鎮撫が防禦陣地, 陽鎮撫隊長近藤勇だ, 陽門詩に於, 陽には既に, 陽造らる, 陽陥落万々歳というにわか仕立て, 陽陰一対の電気, 陽陰電気が単独, 陽までその, 陽雑爼に次い, 陽雜編より引, 陽にかくれ, 陽電荷を有つて, 陽霞亭天放等, 陽に属する, 陽に下りた, 陽駝鳥は寒し, 陽高ければ海, 陽魚屋の八兵衛, 陽麗姫庭園を歩