青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「陳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~限らない ~限り 限り~ ~限る 院~ ~陣 陣~ ~陰 陰~ 陰気~
陳~
陶器~ 陸~ 陸軍~ ~陽 陽~ 陽気~ ~隅 隅~ 隆~ 隊~

「陳~」 1903, 21ppm, 5600位

▼ 陳~ (278, 14.6%)

105 曰ふ 27 いふ 4 て, てアキリュウス, て彼 3 たり, て先, て剛勇, て各々, て影 2 てヘクト, て先頭, て其馬, て勵, て大, て老, て脚, て身, 合ふ, 彼に

1 [99件] しかしてその, それでも先方, てお, ておのおの, てすぐれたる, てすべて打明, てその, てももう, てもろ, ても天命, ても是, ても書付, ても最早, ても盗られた, ても遁, ても遁れん処, てアイア, てアキリュウス二人, てアキリュウス双, てアテーネー彼, てイーリス, てネストール, て以, て先立て, て先鋒, て兵車, て其家臣オートメドーン, て其父, て其胸, て其脚, て剛強, て功名, て勇猛, て原上, て友軍, て同胞, て哀號, て圓, て坐, て城門, て堤, て夢, て天上, て將軍, て屍體, て左手, て恐るべき, て愛友, て戰場, て敵將, て敵軍, て殺戮, て決然, て燦爛, て猛然と, て疾風, て神聖, て神速, て立, て端嚴, て笏揮, て統率, て胸中, て腕揮, て腰, て荒れ, て衆人, て衆軍, て誇らへり, て賞, て近寄り, て進み行く, て金髮, て銀鋲, て鋭利, て鐵床, て陣中, て集會, て需めし, て靈, て頭領, て馬上, て驅, て鮮血, て鼓動, ないな, アカイア軍の, トレーポレモス更に, トロイア軍を, ヘクト, 了へ, 了り, 兵車と, 漸く來意, 終へ, 衆の, 見よ, 贊する, 黄金の

▼ 陳~ (162, 8.5%)

6 言った 4 笑って 3 そこで 2 もう丸薬, わるいやつ, ハッと, 女の, 後に, 急に, 訊いた

1 [135件] あとから, あまりの, いつまで, いよいよ立腹, おそろしくなった, こう心, この便衣隊, こまって, さっきから, じろりと僕ら二人, すぐ言いつけ, せきこんで, そう云う, そこでまたこれ, そこの, その問答, その度, その庭, その戸, その故, その時家, その馭卒, それから, それでも断念, それを, そんなにカンタン, ただじっと, たちまち感激, ためらいためらい入って, ちやうど, ちょうど丸薬, とうとうその, とび出て, なにかてきぱきと, にこにこし, ふと何, ほとんど呻く, ほとんど無表情, ほとんど破裂, また訊いた, まだ可笑し, まだ心配, まっ暗な, やはり歩き, わなわな顫, ネオン, 下役の, 人通りに, 仰天し, 何を, 元来剛猛, 出て, 力を, 北へ, 卓子に, 受話器を, 呉の, 咄嗟に, 問わなかった, 喜んで, 嘆息した, 囁いた, 地べたに, 声を, 大いに驚いた, 大事を, 大帝の, 太い眉, 女を, 姓名を, 寡言に, 寧波へ, 寺だ, 小銭を, 幸いに, 引鉄を, 律義一方の, 従僕と, 心が, 思いも, 思わず塀, 恐れと, 悄々帰っ, 悦んで, 懼れ, 戸の, 手を, 手前の, 持って, 掌を, 敏捷に, 早速に, 時々旅行, 書斎に, 枝に, 梁に, 梁の, 椅子から, 欺いて, 歎息し, 正しく椅子, 毎日賓客を, 気の毒に, 泣き出しそう, 灰皿に, 独逸から, 疲労と, 直ぐに, 直立不動の, 眼を, 瞬間です, 礼を, 私たちの, 繰りかえした, 翌年の, 翌日詩を, 胸を, 自分が, 自分の, 興ざめて, 色を, 花苑の, 荒れはてた寂しい, 蒋介石の, 複雑な, 親しげ, 言いました, 赦されるの, 足を, 身ぶるいを, 辞し去った, 重々しく頷い, 際どい息, 麦藁帽の, 麦酒を

▼ 陳~ (141, 7.4%)

43 であった, はその, は彼 2 か, の兵, の顔, はこう

1 [120件] かおれ, か早い, が, がいった, がいとど, がおる, がせきたてる, がそば, がどうして, がまた, が付き従っ, が剣, が唐突, が曹豹, が答え, が落着き, が詰所, が頭, こんな雑兵, っ, であったが, である, では, という人, という無名, という男, という者, と曹操, と高順, にこの, にはそれ, にはまた, には油断, に会い, に出会った, に問う, に城, に相談, に誅刀, のいった, のす, のよう, の一存, の二人, の今日, の前身, の声, の如き, の手, の答え, の老母, の考え, の説, の諫め, の軍隊, の道徳観, の部下, の顔つき, はいい直し, はかつて, はさあ, はさすが, はすこし, はなお, はにわかに, ははなはだ, はふかく, はもう, は信じた, は冷ややか, は冷笑, は剣, は声, は官, は小首, は弓, は意外, は愕然, は折れる, は旅装, は檄文, は歯ぎしり, は死, は献策, は異, は眼, は突っこん, は立った, は笑った, は胸, は腹, は謀士, は近頃, は迷った, は退いた, は部下, は面, は顔, は馬, へも事, へ計った, もここ, もやがて, も万策, も口, も安心, も弓, も決して, も辞, も近頃, や臧覇, を冷然, を助けたい, を呼び, を呼びだし, を呼びとめ, を成敗, を酒, を重く, 悔いて

▼ 陳~ (89, 4.7%)

7 の屍骸 3 の心臓, は僕, は怪老人 2 の左胸部, の手, は, はこの, はそれ

1 [63件] が出帆, が肩, が船橋, じゃない, です, というボーイ, との友情, と縮毛, と話し, には感傷, にもこれから, に言っ, に訊ねた, の奇計, の左肩, の所, の眠っ, の答え, の背後, の讐, の顔, はおもわず, はこんな, はそれで, はと見る, はよろよろ, はベッド, は上海, は不安, は中, は余り, は勇躍一番, は大西路, は奇抜, は寂しげ, は微笑んだ, は息, は我, は昂然, は機関士, は流暢, は眼, は確信, は船長室, は落着, は虫の息, は警戒, は逸早く, は隙, は顔, もあっさり, もびっくり, もゆうべ, も二人, も旨く, も泣き, も絶望, も観念, も雀躍, を一緒, を射殺, を尊い, を抱いた

▼ 陳~ (80, 4.2%)

3 前に 2 あたま, 方へ, 邸内で, 霊公が, 顔には

1 [67件] まわりに, やうな, ような, 一言が, 一言を, 両人から, 代謝なく, 令嬢の, 側へ, 傍へ, 入り口に, 司城たる, 司敗が, 告発によって, 唇を, 国から, 国と, 国に, 国は, 国を, 國から, 声が, 声は, 大夫御, 奴は, 妻が, 家では, 家は, 家へ, 寝室の, 尻馬に, 居間へ, 幼な, 庭で, 庭内へ, 後姿を, 心には, 心臓を, 手から, 手で, 手を, 故を以て, 方を, 時に, 朝に, 来たこと, 来た時, 横暴も, 武帝が, 武帝に, 玄機を, 眼の, 神経には, 美文を, 耳には, 船で, 言葉に, 訴状を, 詞は, 語気には, 邸から, 邸じゃ, 邸内の, 都に, 霊公と, 額へ, 顔色を

▼ 陳~ (58, 3.0%)

2 であった, のふたり, の父子, はその, は宵闇, は曹操

1 [46件] が剣, が口, が声高, が引入れ, が彼, であり囚人, と同, と談合, などが代表, などという旧臣, にせかれ, には伏波将軍, に下, に対策, のす, の人間, の功, の姿, の虚言, は, はいちはやく, はかたく, はそう, はその後, はそれ, はなお, ははるか曹操, はもう, はわざと, はわれ, は使い, は先, は内心, は家, は悪びれず, は暗夜, は盞, は見届ける, は諫め, は質子, は鏃, も加わっ, を広陵, を私邸, を蕭関, を軍師

▼ 陳大夫~ (41, 2.2%)

1 [41件] がいるだろう, がやがて, が俺, が玄徳, と共に城, と陳登父子, にその, に守られ, のさわやか, のす, の名声, の息子陳登, の方策ひとつ, の舌鋒, の邸, はいう, はいない, はからから, はすぐ, はその, はどう, はまた, は天, は山, は平然と, は心, は早, は望んだ, は次に, は残っ, は澄ました, は相, は私邸, は羊, は若い, は長閑, は韓暹, も声, をお, を中心, を信用

▼ 陳~ (40, 2.1%)

3 はそれ 2

1 [35件] があげ, がいきなり, がもう, が一番, が云いました, が亡くなった, が入京, が又, が地所, が支那式黄竜, が疎ら, が私, だお, であって, でした, と並ん, にお, に十万円, に立っ, のうしろ, ののろし, の先祖, の邸内, はしきりに, はすっかり, は二人, は云いました, は小さな, は嵐, は私, は笑いころげ, は英語, は貴殿, ももう, 有齊

▼ 陳さん~ (39, 2.0%)

1 [39件] があたふた, がお, がコニャック, がポケット, が売ろう, が大笑い, が朱房, が肥躯, それにもう, ってとても, ですか, では, とが世間話, と知り合った, にお, に会い, に僕ら, のいらっしゃる, のこと, のタロコ亭, のハメ手, の下, の家, の生家, の紹介, の話, はすっかり, はその, はそれ, はビール, は且つ, は前, は感嘆, は手帳, は最大, は茫漠, や老, を召しつれました, 赤い火

▼ 陳慧君~ (37, 1.9%)

3 の許 2 のところ

1 [32件] がどうしても, が一座, が出るらしい, が太沽, だけが女, と二人, と方福山, と歌, にあるらしい, に伴われ, に勧めました, に呼びかけ, のもと, の上海行き, の声, の存在, の方, の自由, の養女, はいった, はすぐ, はその, はどう, はもう, は微笑ん, は心, は急, は相当, は秋雲, は育て, は頭, も出るらしい

▼ 陳~ (35, 1.8%)

4 外で 2 この丸薬

1 [29件] あたえる, さっきから, そう云う, ほとんど虚日, まだ帰っ, トロッコの, 不意に, 佇んで, 入って, 加十を, 呼び込まれた, 外出する, 帰って, 帰らぬうち, 戻って, 払暁に, 旅行を, 日比谷公園の, 朱房の, 来ると, 歩み板を, 江戸へ, 猫撫で声で, 緑翹の, 緑翹を, 背後から, 話を, 長安に, 黒服の

▼ 陳東海~ (32, 1.7%)

3 だと 2 の仮

1 [27件] がかよう, がまじッ, が朱房, が殺した, が飛, だったと, だときッぱりと, と申す, なる者, に匕首, に双生児, に殺された, に殺される, の双生児, の姿, の宅, の居間, の所為, はお, はこの, は何, は宝暦, は浙江県寧波, は無罪, は確か, は誰, を釈放

▼ 陳留王~ (26, 1.4%)

2 をもっ

1 [24件] こそは学, であった, でいらっしゃいます, という者, といわれ, とは河原, のふたり, の即位推戴, の威風, の後, の車馬, はあくまで, はさけんだ, はそれ, はまだしっかり, はわりあい, は夢, も, も生れ, をし, を乗せ, を位, を御, を立て

▼ 陳~ (25, 1.3%)

3 在って 2 向って, 行く途中

1 [18件] いた時, おいでの, にやにや笑いかけ, 亙りそれら, 何か, 兵を, 出る渡船, 喫わした, 囁いた, 教えた者, 殺されて, 渡す三百元, 王の, 留まること三年, 行き再び, 行き蔡, 頼んだ, 頼んで

▼ 陳和卿~ (24, 1.3%)

1 [24件] が来た, が総, が鎌倉へま, では不安, といふの, といふ人物, と同類くら, にはまた, には唐船, に対してもいささか, のいやしい, のお話, のやう, の噂, の泣く泣く, の言行, の設計, はすでに, はその後, は造船, もこれ, もなかなか, も公暁, も寄る

▼ 陳~ (23, 1.2%)

2 である, の曲, を脱する

1 [17件] なる政権分配論, なる政權分配論, な事実, な思想, な正札付き, な語, な趣向, な題材, に堕ちず, に陥らず, の故, の眞理, の語, の譏り, を極めた, を脱する能わざるべし, を脱せん

▼ 陳~ (23, 1.2%)

2 であった

1 [21件] と寸分, のよう, の妻, の家, の心, はこの, はしかし, はたった, はまだ, はまるで, は壁際, は安, は彼以外, は彼等夫婦, は房子, は机, は獲物, は部屋, は静, も床, を眺めた

▼ 陳~ (21, 1.1%)

4 東は 3 東が, 東と, 東に 2 孫の, 東の 1 孫は, 東だったらしい, 東も, 東を

▼ 陳独秀~ (20, 1.1%)

1 [20件] がいま, が呉松路通インタナショナル理髪館, が彫像, が汕頭, が稲妻, が船着場, とビクトリア, のコムミュン騒動, の乗った, の健康, の悲壮, の率いた, の革命的遺産, は, はとる, はモスコー, は空虚, は自分, は虹, は阿片

▼ 陳~ (17, 0.9%)

2 一緒に, 蔡との

1 [13件] お種, 云ふ, 公主は, 友達同士の, 山崎に, 山崎は, 従僕は, 景とは, 結婚した, 緑翹との, 落ち合う約束, 蔡の, 鬼とは

▼ 陳~ (17, 0.9%)

2 の一城, の城

1 [13件] から斜谷, となるであろう, に達した, の人地, の人異物, の北阪, の守将, の小城, の谷, の道, は陥ち, を守りおる, を脱し

▼ 陳~ (17, 0.9%)

2 と魏延

1 [15件] いまだ生き, がこれ, がなお, が敵, と夏侯尚, に罪, の四, の部下, はこれ, は山, は魏延, も敵, をよく, を救うべく, を背後

▼ 陳~ (16, 0.8%)

2 聞て

1 [14件] ここへ, もてなした, 伐ち楚, 伴れ, 呼んで, 平げて, 援ける, 救った, 案内し, 滅ぼし武帝, 疑った, 見て, 討破って, 迎える度

▼ 陳~ (15, 0.8%)

2 は自分

1 [13件] が伯魚, にはそれで, のわくわく, の腹, はいい, はそう, はほっと, はまた, は伯魚, は字, は満足, も伯魚, 退きて

▼ 陳~ (15, 0.8%)

6 文の 2 文が, 文と 1 は夫婦, 文は, 昂の, 昂は, 禽が

▼ 陳~ (14, 0.7%)

1 [14件] が使い, が或, が書, という人, と申す, について山, はいま南征, はさっそく, はすばやく, はなんら, は自分, は袁紹, を上座, を使い

▼ 陳士成~ (13, 0.7%)

1 [13件] が県, だと, に向っ, の全身, の名, はいらいら, はかつて, はつねづね, はまだ, はまだいろいろ, は汗みずく, は獅子, を閉じ

▼ 陳~ (13, 0.7%)

1 [13件] が帰っ, という者, といずれ, と称し, に呼びかけ, の二将, の馬, はあざ笑っ, は何, は四千騎, は逃げ出し, は野鼠, をかえって

▼ 陳~ (13, 0.7%)

2 と潘璋

1 [11件] が云った, が呉陣, が適任, だった, と, と周瑜, の下, はそう, は召抱えた, は討たれ, も身軽

▼ 陳~ (13, 0.7%)

1 [13件] という老爺, と聞い, にも老後, のいう, の意見書, は, はまた, は強く, は息, は答え, は老齢, も徐州城下, をそこ

▼ 陳長財~ (13, 0.7%)

1 [13件] がまだ, だった, だと, にどう, のかげ, の報告, の手元, の話, は冷かす, は射撃, は振り, は現在, を使っ

▼ 陳~ (12, 0.6%)

2 て御 1 たるも, て, てさらに, てほとんど, て之, て学問的体裁, て形容, て荘重, 栄螺の, 瑪瑙の

▼ 陳~ (12, 0.6%)

2 六神丸も 1 さっきおれと, さつきおれと, その交際, ほとほと持て余し, 今さら悔, 学生服を, 怒って, 承知しました, 火あぶり, 迂濶

▼ 陳倉道~ (12, 0.6%)

1 [12件] にある, のほう, の北, の口, の嶮, の王, の隘路, へいそいだ, へ兵糧, へ出, へ向っ, を進ん

▼ 陳~ (11, 0.6%)

1 [11件] からも数万, とはごく, に出入, のドーベルマン, の信頼, の夫人, の奥様, の女, の姻戚, の子供, の玄関

▼ 陳施寧~ (11, 0.6%)

2 と云う 1 が全く, が罪人, として見れ, と云い, と呼ぶ, と見込, なり今, の家, 殺されしは

▼ 陳根頑~ (9, 0.5%)

1 から重大, という第三国人, との間, と記し, は全然, は椅子, は調理場, も, や孫伍風

▼ 陳秀梅~ (9, 0.5%)

1 でありまして, という者, と女中, に寄, の名前, はその, はただ, は席, は急

▼ 陳~ (8, 0.4%)

1 が果して, の, の史, の編纂, の評, の誤謬, はもと, は孔明

▼ 陳~ (8, 0.4%)

2 の太守張 1 にもいなかった, の典韋, の張, へ奔, へ馳せのぼった, を中心

▼ 陳珪父子~ (7, 0.4%)

1 のな, の功労, の者, の首, をご, を城中, を睨めつけた

▼ 陳~ (7, 0.4%)

21 がまた, が帯び, に急場, は城, もやむなく

▼ 陳~ (6, 0.3%)

1 などの輩, の二将, の手, は顔, も討たれた, を逃がす

▼ 陳~ (6, 0.3%)

1 という者, と隣りあわせ, の両, の面, の首, は物すごい

▼ 陳藏器~ (6, 0.3%)

41 がその, が俑

▼ 陳から~ (5, 0.3%)

2 今朝噴水の 1 そうらしい, 今朝この, 家の

▼ 陳外郎~ (5, 0.3%)

1 から和韻, で実隆, と交際, なる者, にほかならぬ

▼ 陳~ (5, 0.3%)

2 五が, 五は 1 五に

▼ 陳~ (5, 0.3%)

3 の野 1 の厄, の野参照

▼ 陳~ (4, 0.2%)

1 て, ておく, て以, 聚めて

▼ 陳という~ (4, 0.2%)

1 のか, ものが, 中華人の, 星が

▼ 陳倉城~ (4, 0.2%)

1 に近づき, の守将, の搦手, へ援

▼ 陳~ (4, 0.2%)

1 贇, 贇という, 贇は, 龍は

▼ 陳~ (4, 0.2%)

1 の乱, の人, の民, を滅ぼした

▼ 陳~ (4, 0.2%)

1 といふ豪傑, とか班超, は他, は遠く

▼ 陳父子~ (4, 0.2%)

1 に対して, の罪, はあれきり城, は慴伏

▼ 陳~ (4, 0.2%)

1 がすなわち, を奉っ, を奉った, を聽

▼ 陳登父子~ (4, 0.2%)

1 がぼつぼつ, の働き, の謀, を寵用

▼ 陳~ (4, 0.2%)

1 と海苔, にする, に焼, や大黄

▼ 陳辯書~ (4, 0.2%)

1 あるのみ, とごらん, と同一, の後

▼ 陳~ (3, 0.2%)

1 ば愚娘儀, ば昨冬以来, ば本校儀

▼ 陳大人~ (3, 0.2%)

1 が押えた, によ, はビール

▼ 陳大夫父子~ (3, 0.2%)

1 と気脈, はその, を近づけ

▼ 陳宮臧覇~ (3, 0.2%)

1 に会見, の二大将, は顔

▼ 陳~ (3, 0.2%)

1 はあわて, は岸, を追って

▼ 陳応鮑龍~ (3, 0.2%)

1 のふたり, のよう, を呼ん

▼ 陳~ (3, 0.2%)

1 に寄せる, は十日, は鞠問

▼ 陳烱明~ (3, 0.2%)

1 の保護, の謀叛, は何

▼ 陳~ (3, 0.2%)

1 と名乗る, 委員さん私は, 長老は

▼ 陳~ (3, 0.2%)

1 などを主として, などを呼ん, の司空

▼ 陳蔵器~ (3, 0.2%)

2 という学者 1 の説

▼ 陳~ (3, 0.2%)

1 には耳, の如何, を見る

▼ 陳~ (3, 0.2%)

2 の袁 1 の謝鯤

▼ 陳けれ~ (2, 0.1%)

1 ば君, ば我

▼ 陳じた~ (2, 0.1%)

1 ところでは, もので

▼ 陳じたれ~ (2, 0.1%)

1 ばこ, 我に

▼ 陳じ得ず~ (2, 0.1%)

1 低頭し, 何等の

▼ 陳じ終り~ (2, 0.1%)

1 て坐, て野猪

▼ 陳じ終れ~ (2, 0.1%)

1 ばおの, ば其聲

▼ 陳せん~ (2, 0.1%)

1 とす, にまず

▼ 陳~ (2, 0.1%)

1 にも及ばず, に及ん

▼ 陳両氏~ (2, 0.1%)

2 との三時間

▼ 陳勝呉廣~ (2, 0.1%)

1 のやう, も云っ

▼ 陳司空~ (2, 0.1%)

1 が死ん, と違っ

▼ 陳大夫陳登~ (2, 0.1%)

2 の父子

▼ 陳大夫陳登父子~ (2, 0.1%)

1 の働き, の謀

▼ 陳套語~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 陳~ (2, 0.1%)

1 も少く, を捜した

▼ 陳宝祠~ (2, 0.1%)

1 であった, へは金

▼ 陳宮そち~ (2, 0.1%)

1 はこの, はどう

▼ 陳山茶~ (2, 0.1%)

1 が金花, は痛み

▼ 陳~ (2, 0.1%)

1 という者, の妻

▼ 陳~ (2, 0.1%)

1 という男, といふ男

▼ 陳敬仲~ (2, 0.1%)

1 が始め, といふ人

▼ 陳~ (2, 0.1%)

1 の率, を斬り

▼ 陳文子~ (2, 0.1%)

1 などを評し, は馬十乗

▼ 陳歩楽~ (2, 0.1%)

1 だけは, という者

▼ 陳源さん~ (2, 0.1%)

1 と云, を通訳

▼ 陳独秀等~ (2, 0.1%)

1 の参加, の赤色テロリズム

▼ 陳珪老人~ (2, 0.1%)

1 の子息陳登, はその

▼ 陳~ (2, 0.1%)

1 がその, の飮馬長城窟行

▼ 陳秀梅さん~ (2, 0.1%)

1 に対する感恩, の前

▼ 陳程が~ (2, 0.1%)

1 憎まれ口を, 顔を

▼ 陳程という~ (2, 0.1%)

1 男が, 者だ

▼ 陳~ (2, 0.1%)

1 などの諸, は沂都路

▼ 陳老人~ (2, 0.1%)

1 に与うる, は今

▼ 陳~ (2, 0.1%)

1 予てより, 総選挙

▼ 陳調元~ (2, 0.1%)

1 の優勢, の第

▼ 陳~ (2, 0.1%)

1 での様子, へ乗りこん

▼ 陳金起~ (2, 0.1%)

1 と言える, 少も

▼ 陳~ (2, 0.1%)

1 などという大将, の一軍

▼ 陳~ (2, 0.1%)

1 が諷刺, はいかにも

▼ 陳顧遠~ (2, 0.1%)

1 の著書, 中國古代婚姻史

▼1* [226件]

狹い, 陳いか腐りか, 陳いんだから, 陳い夢に囚, 陳い普通道徳にほかならない, 陳い纏はりから朗らか, 陳い習慣の抜殻, 陳い陳い普通道徳にほかならない, 陳打破り其声百雷, 陳お前は自動車, 陳かの研究を, 陳斯ずるを, 陳く腐れた漢説が, 陳けも為しを, 陳さんあなた何であたし, 陳さん何かかん違いをしてる, 陳したるが如くなれ, 陳じたるもの, 陳じたるごとくわが国は, 陳じぬ然れ, 陳じぬこなたには槍, 陳じ泣くともあるは, 陳じ終れる勇將の, 陳すれば多く, 陳す之を行, 陳む, 陳その妻子に, 陳だったのである, 陳だってそうさ, 陳見ようと, 陳ですけんで是非, 陳といふのか, 陳との間において, 陳とは余り人に, 陳などの風とを, 陳なるも然, 陳にとっては一層堪え, 陳には聞えなかった, 陳ねたから始皇, 陳ねた事のある, 陳ねた奇薬の名, 陳ねられ糸房, 陳ねられたれど満枝, 陳ねるので会衆, 陳よりは年効の, 陳シテ傾刻十余紙ヲ尽ス, 陳亢伯魚に問い, 陳交代するの, 陳を右軍, 陳亨劉貞をし, 陳亨安の為, 陳が所謂挙世伝播頼家脚都門一様字渾肥, 陳仁錫の, 陳今度はいろいろ, 陳の師, 陳令嬢の美し, 陳令陳令の師, 陳以外誰も貰おう, 陳仲子くたびれは, 陳仲挙がまだ, 陳の代, 陳という人, 陳侯周の臣, 陳倉城外にある, 陳倉峡口の洞門, 陳億旺牧野醇梅沢照司尾崎三郎は色々, 陳先生てえ, 陳遊は, 陳の子, 陳勝呉広のみ, 陳勝爼辺に大語, 陳参観料を収入, 陳玄俊玄心紹尹玄立玄立法橋玄川寛政六年六月二十日法橋, 陳君君もうんと, 陳と致す, 陳和卿参著す是東大寺, 陳啓修社會學では余天休, 陳壽ガ東ヲ南ト, 陳変更するに, 陳大夫老人は末席, 陳なる貧人, 陳太夫御叔, 陳夫人の腹, 陳奮翰の四角張りたる, 陳の家, 陳嬉牛金などは鳩首, 陳は無類, 陳守規は何, 陳と名, 陳宮これを釈, 陳宮ッ忘るるな, 陳宮先に錯, 陳宮字を公台, 陳寧児と名, 陳の祠, 陳するから, 陳延傑の, 陳廸刑部尚書暴昭礼部侍郎黄観蘇州知府姚善翰林修譚王叔英翰林王艮淅江按察使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 陳式杜瓊などの四将二万騎, 陳式虜となりし, 陳弼教は幼, 陳を撃破, 陳性善彭与明は死し, 陳が君, 陳がその, 陳惟賢も或は, 陳惟賢引僕見先生, 陳慧君将来特異な才能, 陳慧君自身の生活, 陳成子がその, 陳政氏なども是, 陳教授という人, 陳敬済品花宝鑑の谿十一, 陳文王真韓貴李斌等を失い, 陳の野, 陳施寧商業の都合, 陳昌たちを呼ん, 陳昌胤の百中傷寒論, 陳明允であった, 陳は長崎, 陳を副, 陳暉平安等に命じ, 陳暉平安馬溥徐真孫晟王貴等皆執えら, 陳暉平安馬溥徐真等の上, 陳暉河を渡り, 陳暉等と力, 陳を作つたの, 陳曹操の不仁, 陳杞世家の末, 陳東原中國婦女生活史, 陳果夫の特務隊, 陳栄会等なるべし, 陳根頑孫伍風のあらまし, 陳根頑氏と協議, 陳椿榮の註, 陳楚二国を擾, 陳樹藩が叛旗, 陳武丁奉などの, 陳武以下の四将, 陳武呂蒙などという, 陳武字を子烈, 陳武徐盛董襲なんどの雄, 陳武潘璋のごときで, 陳武蒋欽の二将, 陳毅君などは態, 陳氏祖廟富豪墓所等を一巡, 陳氏義興山中に家む, 陳氏錦織義弘氏が主として, 陳などがこの, 陳淑型という夫人, 陳済棠と李宗仁, 陳渉世家等であ, 陳渉張角終に天下, 陳の, 陳在前, 陳煥章といふ人, 陳爾さんに近づき, 陳状役に選ばれ, 陳独秀貴方はライオン, 陳獨秀が雑誌, 陳といふ, 陳珪陳登のふたり, 陳琳經學の包咸, 陳が燕, 陳生それを見, 陳生らは血眼, 陳由義が父, 陳申云候御方防凶徒事武州令見知給, 陳申云須彼寺之無道, 陳疏せんとする, 陳登其許はわれ, 陳登城を出, 陳登馬を飛ばし, 陳白沙曰前輩, 陳皇后という, 陳皮茯苓の三味, 陳と論じた, 陳相続いている, 陳矯陳群などを主として, 陳祥道薛季宣等の説, 陳秀峰と自ら, 陳秀梅一家に味方, 陳秋雲と呼ばれる, 陳程に叱られて, 陳程の首は, 陳程はわれわれにとっては, 陳立てて故意, 陳立夫などの熱烈, 陳立夫陳果夫の特務隊, 陳紀梁剛の四大将, 陳紛漢紛のゴモクタ芸術, 陳群字を文長, 陳者今年三月七日当村百姓与作後家篠, 陳者倅音取柚, 陳者先日御来村, 陳者客歳六月該場開業之砌, 陳者小生も一月, 陳者小生今般時代の流行, 陳者関帝御返却, 陳者頃日伊沢辞安の事蹟新聞紙, 陳興亞の, 陳蔡大夫の妨害, 陳蔵器曰く兎の肉, 陳蔵器説に風狸, 陳のやう, 陳褒別業に隠居, 陳觀吾の言, 陳する詞, 陳ならなおさら, 陳なる者, 陳賢寫意のそれ, 陳軫斉を救う, 陳辯これ力めた擧句, 陳辯亦此の意義, 陳に命じ, 陳を失った, 陳のごとき, 陳那菩薩には難, 陳間斎亦云, 陳闌雷薄などの輩, 陳嬌を, 陳震先生でしょう, 陳風墓門の章, 陳香泉の序, 陳にあり, 陳龍川諸葛孔明論