青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「陰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~限っ 限っ~ ~限らない ~限り 限り~ ~限る 院~ ~陣 陣~ ~陰
陰~
陰気~ 陳~ 陶器~ 陸~ 陸軍~ ~陽 陽~ 陽気~ ~隅 隅~

「陰~」 3357, 36ppm, 3218位

▼ 陰~ (954, 28.4%)

45 陽に 43 なって 31 身を 24 かくれて 22 こもって, 隠れて 11 なり日向 10 立って 8 あって, 籠って 6 して, 佇んで 5 かくれた, 入って, 潜んで, 隱れ 4 いて, こもった声, こもつて, なった, なり陽, 呼んで, 隠れた, 響いて 3 こもったこと, これを, たたずんで, なつて, ひそんで, 姿を, 隠されて

2 [30件] ある, かくれた路地, かくれました, たたずみながら, なったところ, なった所, なつたり, ねて, ひたと身, ぽつねんと膝, 一人の, 之れ, 伏せて, 何か, 動いて, 坐って, 外套の, 大勢の, 尾崎氏を, 廻りて, 悩まねば, 消えて, 目くばせ, 立寄ると, 籠ります, 腰を, 集るよう, 韜晦する, 顔を, 鳴りを

1 [585件 抜粋] あった, あっては, あの人, あらずここ, あらわだった, ありありと, あるが, あること, あるばかり, ある国, ある実体, ある小屋, ある椅子, ある真実, いた, いたため, いたので, いたるまで, いた女中, いつまでも, いつも規矩男, いるムルタック, いる幾十人, いる森蘭丸, いる田代さん, いる者, いる誰, うずくまり居眠り, うつ向いて, うなずき合いました, お立ちに, お連れ, かかると, かき坐り言, かき坐り言默しをり子ら, かくして, かくまって, かくれたと, かくれた名, かくれてばかり, かくれてを, かくれる, かくれるの, かくれるよう, かくれ人形, かくれ去るまで, かくれ得る, かすかに, かたまって, からまりながら, かわいらしい赤いお, くっついて, くもりて, こちらの, この女, こもったうす, こもったひびきだけ, こもったふくみ声, こもったよう, こもった事, こもった人物, こもった低音, こもった太鼓, こもった底力, こもった影, こもった思わせぶり, こもった笑い, こもった絶叫, こもった鈍い, こもった響き, こもった鳴き声, こもった鳴り方, こもつた啖呵, こもつた声, こもるわけ, こもる叫び声, こもる含み, これかと, こんな面妖, さける見て, さびしそうにひとりですわっているのを, さまざまの, しいたげられて, した, しばらくたたずん, しひたげられて, しゃがんで, しょんぼりとたたずんでいた千萩, しょんぼり坐っ, しょんぼり立っ, しろそこ, じっとしゃがみこん, すご味は, すわって, すわってるあの, そうしたペトロン, そっと身, その情, その爪牙, その舟, それらしい, それを, そんな事, ちゃんと用意, ちょっと身, ちらと, ちらりと見えた, てんとを, とる, ながく靡く, なったよう, なったり, なった一間幅, なった寂しい, なった山, なった時分, なった榻, なった濡縁, なった薄暗い, なってるし, なつかしいうつり香, なりしため, なりながら, なりひな, なり凹凸, なり日南, なり繊細, なるから, なるところ, なるほど, なる木, ねころんだ, はいりました, ひきずりこんだ, ひそと, ひそみわがまま, ひそみ唯, ひそんだ, ひとつの, ぴたり息づえ, ぴったり貼り付い, ふくんだ声, ふと余, へたへたと, へばりついて, ぼんやり蹲, また一般, まつくろな, まわった心配事, まわって, みえると, むくみきった絶望, むくろ, ゆっくり御み, よりて, わが世, ゐると, カゴを, チラチラと, ナイフの, ハイカラの, メクラの, ルノーの, 一々指し, 一人で, 一人物も, 一時間ばかり, 一時間も, 一筋の, 一軒の, 三人身体を, 三四軒野の, 下る瓜, 不平を, 主税と, 之を, 井戸が, 人の, 人を, 人影が, 今煙, 以下の, 仲よく集まった, 休んで, 似たる, 佇む, 体を, 何かを, 作られたドラーゲ公爵家同様, 依る吾人, 俯せて, 偏つて流る, 入った, 入ったの, 入つたの, 入つて, 入るとい, 入るより, 全身を, 内の, 冷笑し, 凄い程, 出合ったこと, 切歯を, 前妻の, 前途の, 功利を, 加多は, 助力した, 北風を, 千早の, 千草さんが, 半ば身を, 厭ひ憎める, 反抗する, 否応なく, 呆れぬ, 告訴の, 呑まれて, 呼んでは, 喜んで, 嗚呼顔, 嘲笑へ, 四五人の, 回って, 団長市川菊之助の, 園亭あり, 在りて, 在るなり, 坐せるもの, 坐つた, 坐つて, 坐らせた, 埋めて, 埋もれたあの, 埋もれた西洞院, 埋れた文化, 墨染し, 大きく潤い, 女が, 女の, 妻の, 始終恩人, 婆さんが, 子供の, 実は度胸, 宮と, 家あり, 家が, 家数二十には, 寄せながら, 寄りかたまって, 寄るので, 寝ころばって, 寢て, 實際的な, 小さくかくれ, 小さなテーブル, 小さな白い, 小娘が, 小間使の, 居た勘次, 居ては, 居住する, 屈み込む, 屈強な, 属しゆえに, 崩れた築地, 市女笠を, 帚など, 帰したの, 常に隠見, 幼な, 幼ない, 店を, 座を, 廻ると, 廻るの, 引きこもって, 引っ込んでるん, 弟の, 強靱なる, 当って, 当ると, 当るところ, 彫刻の, 彼等を, 待ちうけて, 待って, 復り, 怪む貫一, 怯えながら, 悩まされた自分, 悲しく明滅, 感じたとしても, 憩ひける, 憩んでござる, 懼を, 成りませる神, 我愚を, 或る, 戻ったつもり, 手を, 押しかくそうと, 押し垂りき, 招いたが, 持って, 捨て, 捨てて, 掩はれ, 撤去し, 数段の, 新聞紙に, 日向に, 映って, 曝して, 曳いて, 書したもの, 望みたり, 朝の, 木の, 末の, 朽ち去った, 枕せる, 林檎畑が, 柱へ, 桐の, 椴松や, 楽み待つなる, 横に, 横付けに, 欠点を, 歌ふか, 止まって, 死という, 残して, 母の, 汽車が, 沈みかけます, 没して, 沿って, 泊って, 泣いたること, 泣きくれて, 泥沼に, 浮ぶ, 消えた, 消して, 消残つて, 深く沈んだ, 添つて表道へ, 清麻呂を, 潛むより仕方が, 潜み伏兵, 潜み込む, 潜む作者, 潤んで, 澄渡つた湖を, 濡れ色, 瀬戸火鉢を, 無事に, 無事を, 無数に, 煙の, 燈台の, 燕子花の, 燦然と, 爆弾を, 独り祈り, 琴の, 生えてる侘しい, 生ふる, 用い慣れた寄木, 畳んで, 痣蟹が, 白いもの, 白い団扇, 白く蹲踞ん, 目に, 目を, 真っ赤な, 眼界一杯に, 着々と, 石みたいに, 石井を, 神世のに, 秦に, 移りとまっ, 突っ立った, 立つて, 立つと, 立つ四阿, 笹やら, 箇人主義の, 箒など, 簇, 籠った, 籠ったその, 籠つた, 籠つた地獄の, 籠つた聲なんか, 籠つてボーンと, 籠つて斯う, 籠りました, 籠るかと, 練絹へ, 繋がれて, 罩った, 罪の, 置き先, 置け, 置けば, 置こうと, 羨まれる妾, 聚まつ, 肯定の, 胸の, 脅えて, 腕を, 腕拱みし, 腕組みを, 腹這いに, 膿瘍を, 自分の, 舌を, 舟を, 船を, 草を, 草紙を, 落ちた, 葉藏の, 蒲団が, 蒲団を, 蔽われて, 薬を, 行きたいと, 行つてそこで, 行われて, 表町の, 見えた, 見えます二階家, 見えるでは, 見える客, 見える少し, 見し, 見ゆる菓子盆, 解け残った雪, 誘い出すと, 誰かが, 誰の, 谷中村買収の, 豆粒の, 貉が, 貌た, 赭き, 走る一条, 蹲つた, 蹲つてツルゲエニエフの, 蹲り成往き, 身体を, 軍と, 軍事探偵を, 近付いた, 退場, 避けて, 避難民の, 鈍くブスブス, 門走る, 随い出, 隠されつつ, 隠して, 隠すよう, 隠そうとでも, 隠るるを, 隠れた事, 隠れた夫, 隠れてから, 隠れひそか, 隠れましたが, 隠れようとも, 隠れるの, 隠れ人, 隠れ息, 隣の, 隱れる, 集ひ, 集まろうと, 集合し, 雪は, 雪子が, 震え戦くお, 霧が, 響けば, 頷きぬ, 顔た, 顔たくひすむ, 顔引入れ, 餉した, 麥生り, 黒すぐりの

▼ 陰~ (252, 7.5%)

4 形を, 方へ 3 ものだ, 多い部屋, 方から, 方に, 者に

2 [17件] この谷底, ごとき場所, ところに, 一語に, 中に, 人物が, 大きい楢, 小屋に, 形で, 方は, 月夜空は, 濡色の, 犬の, 神なり, 藪の, 行潦さくらの, 黒鶫

1 [195件] あたりの, あらわれすなわち, ある人間, ある低い, ある四月, ある生活, ある眼, ある辱, うちから, うわさは, おどろが, きたない藁屋, くす, くすくすなら, くぼんだ優し, ことは, さしたこと, すぐ近く, できた両, ところまで, ない笑顔, ない鋭く物, ひとすぢ, ひとを, ふかい, ほうに, ほうの, ものであった, ような, ように, ベランダで, ボックスから, 一面が, 三尺の, 上に, 下に, 両極として, 事件としては, 人として, 人びと, 人手と, 人物だ, 令を, 低いベンチ, 何人なる, 作者だけ, 例の, 働きが, 処と, 出来るまで, 初の, 劉生が, 力が, 力と, 動き, 取沙汰は, 名にて, 喩に, 嘲笑で, 噂しますまい, 四畳半で, 地表である, 士人葛君その, 声, 声の, 多い庇, 多い襞, 夜に, 夢に, 天気漫歩する, 好意から, 如く光, 守りぞ, 寧輯という, 小さな停車場, 小家, 底から, 形する, 後援を, 必ず伴, 怪しの, 意, 愛情よりも, 感じられない哄笑, 所に, 所の, 所は, 敵である, 文字を, 方より, 旅館へ, 映すあたり, 景色が, 暑気百二十度以上に, 暗い掛茶屋, 暗い路, 暗きに, 暗にこそ, 暗闇に, 月ささぬ, 月までが, 机に, 林の, 栖鶴軒が, 極みである, 極秘と, 様に, 樣な, 横すくい, 横道から, 此日の, 殺気に, 毛なき, 毛三筋当て, 氣を, 水屋には, 水車小屋にだけは, 水際に, 汚ない, 法を, 活躍, 流れを, 淡菫色, 深い森, 深い秘密, 深みの, 淺い, 清しき宿求めえな, 清水と, 港に, 湯殿へ, 演出者は, 濡れた声, 特等席へ, 猿精狐怪古家荒房の, 男に, 白い王城, 相と, 相伝三巻の, 石を, 祈り, 神サマそして, 秀蓮尼の, 秘密の, 穴に, 空に, 空間に, 精気を, 縁台の, 縁台を, 肱掛椅子に, 臥床へ, 臺所では, 色, 色に, 蘆の, 虐殺も, 袖は, 裔孫の, 親方, 角張った額, 言葉から, 記が, 話は, 誰かが, 謬忌が, 谷川に, 路へと, 路を, 逝き易き, 連続だった, 遊動円木に, 道は, 道を, 郊外で, 部分には, 部落は, 部落を, 野天の, 門末に, 間に, 防空壕に, 陰で, 陰の, 隙から, 雪消にな, 雷電の, 電気と, 霊は, 青ぐろいとこなどで, 青渦, 面の, 韮を, 骨折りは, 鳴り物では

▼ 陰から~ (242, 7.2%)

10 出て 5 顔を 4 姿を 3 恐る, 現われて, 走り出て 2 ムラムラと, 一人の, 彼を, 現われた, 現われたの, 見て

1 [202件] あらわれた, いつて, いつも本田, うかが, うかがいうかがい今度, おどり出て, おはつさん, お祈りし, お篠, お高祖頭巾, かの女, からかってさえ, けたたましい若い女, こっそり覗い, これを, こッちの様子を, ずいと出た, そっと女, そっと病人, そっと覗い, そっと隙, そつと, その時, それに, たちまち鳴り起った, だんだん此方, ちょろちょろと, ちょろりと, ちよろちよろと, ちらりと容易, つと姿, とび出して, にらんだところ, ぬっとのぞいた, のそのそと, ひっぱり出した, ひとりで, ひとりの, びゅんびゅん弾, ぷうんと女, ほほえみ掛ける者, まさ子の, またしても, またも同じ, もっと進ん, やさしい唄, やる筈, よろりと, りすが, オルタの, キッピイが, ギイッギイッと, ジッと, スルスルと, ソッと, ヌーッと, ピラと, マッチを, 三段の, 上半身を, 下の, 下を, 不意に, 二度も, 五匁玉を, 人影が, 低くは, 何かが, 何物か, 僕の, 入って, 前へ, 前菜の, 匍いだした, 口々に, 台所へ, 同時に無数, 向うを, 呆ん, 嘉十は, 嘉十はちよつと, 嘱目し, 声が, 声だけを, 奔進し, 女が, 女の, 子供の, 小石を, 小鬼, 少し青ざめた, 川舟の, 幸子が, 彪, 往来へ, 心配そうな, 忽然とし, 思いがけなくも, 思い思いに, 急に, 恐る恐る頭, 戸外を, 房毛を, 所きらわず出, 手際よく, 提琴の, 改札の, 数人の, 旺なる, 明るい笑顔, 昨日も, 時々こちら, 時々力, 木曾川の, 李, 来るの, 梯子を, 楽師が, 様子を, 此の, 武蔵は, 沖を, 洩れた, 激しい男, 無数の, 燕が, 物の, 狐らしい, 現れた花, 現れて, 現れる, 現われたが, 現われ出た, 男が, 男の, 白い浴衣, 白い美しい手, 目を, 真白な, 眼ばかり, 眼を, 瞽女の, 祈り殺すより, 秀頼の, 立って, 立出でた, 笑顏で, 絵を, 緋の, 縁先へ, 縫殿介も, 群衆の, 老人の, 肩を, 自身番の, 色づいた實, 色めく浅黄, 草地を, 蜂が, 蝙蝠の, 見え隠れに, 見つめられそれで, 見ると, 見守つて, 覗いたうち, 覗いた衰弱, 覗いて, 覗く血, 覗く黒味勝ち, 謹んで, 走り出して, 躍って, 透通る霞, 這って, 這出した, 進み出たが, 遠ざかつて遙, 釣竿を, 長大な, 閃っと, 陰へ, 陰へと, 陰を, 陽に, 雲を, 須永の, 頬被の, 顋鬚の, 顔だけ, 颯と白い, 飛びだした, 飛び上がって, 飛び出しそう, 飛び出した, 飛び出して, 首を, 馬に, 馬の, 駈け出したの, 高城が, 鷺足を, 鼓を

▼ 陰~ (220, 6.6%)

5 聞いて 4 泣いて 3 あつた

2 [16件] ひとり余りの, 不平を, 不意に, 何か, 何を, 先生が, 待って, 心配し, 悪魔と, 私の, 糸を, 聴いて, 親の, 評して, 読んで, 赤い舌

1 [176件] あなたが, あなたの, あらう, あるいはまとも, いうという, いう者, いつぱいに風, いろいろ噂, お前さんを, お話を, かれこれ言わず, きいて, こせこせ生意気な, こそこそし, こそこそしない, こそこそやり, こそこそ相談, こそこそ負ける, このよう, こぼして, さびしい花, さびしく笑顔, すこしでも, する, するそうして, そういう話, その体, それを, たえず眼, とっくりお話, どうどうと, どれほど私, どんなこと, なあにと, ながめて, なめさせられたの, ののしって, ひそひそと, ひっそりと, ほめて, みえなかったが, もって, よろこび陰, わたしは, キラキラ光っ, コオロギが, ジメジメし, パチリパチリ碁を, ビカビカ輝らせ, ブツクサ云ってる, ヤキモキ気を, 一人鼻歌を, 一面に, 下島空谷馬鹿親爺と, 不心得を, 主人の, 云ってるもの, 京都を, 付き添いの, 仰しやつ, 休みも, 休んで, 休息し, 会って, 俺は, 偵察させた, 僅かの, 働いたか, 働く者, 先刻から, 光秀を, 冷や汗を, 冷笑を, 利益する, 割合暖か, 助ける女, 努めること, 勤めよく, 却て, 取るとも, 台詞を, 合図の, 合爾合姫は, 同役が, 向うを, 呟くこと, 和一郎を, 囀って, 囲まれたそして, 声が, 多くの, 夢想してる, 女流詩人が, 始終の, 姿は, 子守相手に, 宗易は, 実に苦しい, 小細工を, 幼児の, 引飲けながら, 微笑しつづけ, 心配する, 怒ったというくらい, 怪しい咳, 恋人の, 息を, 悪い事, 悪く云う, 悪く言う, 悪口の, 意気込んだほどの, 或人, 手回りの, 批評の, 抜毛の, 拳を, 敵兵の, 日吉は, 日向ぼっこを, 暗くなった, 暫し泣き, 暫時雨を, 楽しみに, 止って, 止まったが, 気の, 気流も, 沈んで, 清音を, 源女殿の, 煙草を, 燭に, 献策し, 田中卓と, 画ばかり, 白い歯, 白い花, 盛んに, 相当力を, 眉を, 真黒な, 碇泊した, 祖父と, 私に, 私を, 私達は, 突然それ, 立ち聞きした, 笑はれ, 笑ふ, 綺麗な, 綻を, 耳を, 聞きながら, 聞き耳を, 背中を, 腰を, 自分の, 色仕掛けで, 苦しい思い, 茶筅の, 虫気も, 見張りを, 言う言葉, 誰知らずの, 金子を, 鍋の, 長い黒髪, 露営した, 露営する, 顔は, 風も, 高時を, 魔法を, 鳴いて

▼ 陰~ (179, 5.3%)

10 な顔 6 なもの, な影, な気分 5 な表情 4 な日, な空気 3 なの, な感じ, な色, な顔付, になり 2 した長雨, なる囚房, な夜, な彼, な没表情, にした, になっ, に曇っ, に曇った

1 [105件] がある, がたれさがった, たへ, だが, だった, だったが, だったの, だったもの, であ, であまり, であるという, ですね, でそして, でなくなると, で何だか, で悲し, で荒々しく, といえ, として哀れげ, として深山, と不幸, と沈痛, な, なこの, などん, なる堆積, なる影, な一日, な不愉快, な事柄, な二階, な佗, な倫敦, な元気, な冬, な刺々し, な効果, な反感, な反映, な口, な圧し, な妄念, な姿, な家, な家屋, な少年, な屋敷, な工場, な日和, な日陰, な晴々, な暗い, な曇り日, な殻, な気持, な沈みがち, な清閑荘, な生活, な監房, な眉, な眼, な眼付, な石廊, な空, な空模様, な空間, な絶望感, な考え, な色調, な茶色, な薄暗がり, な蝋燭, な調子, な路地裏, な輪郭, な退屈, な部屋, な金色, な闇, な隘路, な雪空, な雲, な霖雨, な音, な顏, な鬼気, にされた, にしおれ返っ, になる, にふるび, に光っ, に命令, に唖, に少し, に浮き立たせ, に照らし, に爆笑, に立, に答えた, に考, に顔, に黝, の度, や不幸, 暗憺

▼ 陰~ (151, 4.5%)

5 作って 3 なして, 縫って 2 もって, 入りて, 出て, 帯びて, 撞いて, 歩いて, 画いた, 魄と

1 [124件] うけて, えらんだ縫い方, おとすよう, かくして行方, くぐるよう, くっきりつけ, こしらえて, しずかに, すかして, それからそれ, それは, ついて, つくって, つくつて, つくり薄い, つけて, つけませんでした, とおると, ときあかしましょうか, なげたの, なすまでに, のがれバー, ひそませて, ひとりで, ひろげて, まといながら, まぬかれること, みつめて, もつて, もつ苦悩, オカイと, 上へ, 以ちまし, 仰いだ, 伝い女, 作った処, 作る, 作るの, 六七人ずつ, 凝然と, 出たとたん, 出た目, 出ないまえから, 出発し, 分けつ, 南方に, 去らなかつた, 多く重ね, 夢中で走った, 失ふ國, 失ふ國氣, 奪はる, 好む傾向, 学びそれから, 宿した, 宿して, 宿すこと, 少しばかり, 山の, 帯び窓, 弾ね, 往く夜盗, 忍びに, 成して, 投ぐるを, 投げた, 投げて, 投ずるやう, 招かざる能はず, 拾い拾い小さな, 振りかえって, 探して, 探しながら, 搖めかした, 散歩し, 敷き, 斥した, 曲った途端, 曳き始める, 書斎の, 検めて, 歩いた偉人, 殆ん, 残すとも, 求めて, 湛えそう, 漂は, 漂わせながら, 潜めて, 濃くし, 為すもの, 盗み出して, 眉目に, 祓ひ捨て, 綴って, 縫うて, 繞る, 脱け, 落した, 落した井戸端, 落して, 落すで, 落として, 蔽い渤海, 見た和人, 見つけて, 見附けた心持, 覗き込んだ, 身に, 辿って, 通る時, 造る, 選んで, 酔っ払って, 野宿の, 陰湿に, 離れそこ, 離れて, 露せ, 露わ, 額から, 顕して, 食わず, 食わぬばかり

▼ 陰~ (143, 4.3%)

5 になり 4 にし 3 な部屋, な顏, にする

2 [11件] である, なところ, な寢臺, な男, な雨, になつ, に考, に見え, のはなし, らしい何, らしう

1 [103件] からすくめられる, くさいの, くさいヒポコンデリー患者, くさいホオル, くさい低, くさい聲, くさい青年, くさい頭髮, だつた梅雨, だとか, で, であ, であつ, である而, でいけない, でした, です, ですが, でなく, ではあつ, ではある, でもなく, で不, で何時, で俗惡, で凄い, で出る, で妙, で孤獨, で家族, で性根, で無表情, で聞いた, で靜, なお縫さん, なこと, なさつき, なじめ, なほどの, なりき, な一夜, な不, な人, な人間, な先入主, な區域, な少し, な師範學校, な心, な悶えを, な感じ, な所, な日, な晝, な暗い, な曇りの, な曉, な曙光, な枯野, な氣持, な水音, な淋しい, な濕, な物寂しい, な畑, な稻荷, な空氣, な納戸, な色, な誠實, な讀經, な運命, な階下, な靜まり, な音響, な風景, な餘韻, にさせた, にて薄, になっ, になつて, にほそぼそ, に怒つた, に思はれる, に感じ, に成りました, に成る, に拵, に滅入, に考えこんだ, に茂つた山梔子, に見える, に響い, に響く, の方, らしい氣, らしき生れ, 臭いこと, 臭いところ, 臭い感じ, 臭い有, 臭い男, 臭く靜まり

▼ 陰~ (86, 2.6%)

5 廻って 4 身を 2 姿を, 来て, 沈んで, 退却し, 隠れた, 隠れたが, 隠れて

1 [63件] いって, かくれたきり姿, かくれて, かくれふたたび, かくれましたよ, かくれ顔, きた時, しゃがんで, すいすいと, つなぎおく, はいって, はいりましょう, ひしゃげた煙管, ひッくり, また変, まはる, まわって, ゆきましたら聞くとも, マヌエラが, 下りて, 二つの, 伴いどうか, 体を, 倚った, 入って, 入る, 入れて, 危ふく沈没し, 回りながら, 回れば, 射つて, 射手を, 小さく隠れ, 幼児を, 廻っちゃ, 廻っては, 廻つて抱きついた, 廻ると, 往って, 搬んだ, 晩に, 来た, 移るであろう, 腰を, 膝を, 落ちて, 行き水, 行って, 見つけた者, 誘った, 走り込みピッタリ, 蹲んで, 追い込んで, 這いこんで, 運びきれないほど, 遠退いた, 隠して, 隠れこんだ, 隠れたの, 隠れる時, 隠れ去る, 顔を, 飛出して

▼ 陰には~ (65, 1.9%)

2 いって, 拆雷居り

1 [61件] あさ, ありありと, いろいろな, お花, この作者, さかんな, すこぶる士気, すでに緑, それだけへこんだ, それ相当の, たこが, なるが, まるでこれ, もっとたくさん, やはりこいつ, 一疋や, 三益愛子と, 上から, 二人が, 何事かが, 例の, 俺一人ぐらいの, 優しい艶, 到底彼女, 勝頼以下旗本の, 勿論藤原百川ら, 千世の, 厚化粧を, 友人, 叢竹, 口に, 国の, 圧迫した, 大黒頭巾を, 実に, 小さな汗, 己自ら更に, 常に黒い, 愁いに, 意外な, 我を, 批評家らしい, 敗者たる, 敵が, 最早す, 杉の, 椚林などの, 槍の, 槍ナギナタの, 残雪が, 浮いて, 浮き上って, 熊の, 男達が, 眠るべからず軍隊, 社会の, 船頭の, 蓋し曙覧, 陣十郎が, 雪なお, 風に

▼ 陰~ (62, 1.8%)

3 ない 2 あった, 揺れた

1 [55件] あるから, あるとか, あるの, いつもより, いよいよ眼, うごいた, かすかなる, かすめるよう, さした, さして, さしてき, さして來, さして居ります, さして眉, さらに濃く, すこしもない, その姿, ちと憂慮, つくと, つくられ夏なお, ないの, なかつた, なんと濃く, ふと私, よどんで, 代って, 出来て, 宿った, 宿って, 宿るの, 尖るつて質, 差して, 往来を, 後ろの, 心に, 抱いてるよう, 次第に濃く, 淡く見えた, 深まって, 湧いて, 漂って, 濃くつい, 濃くなっ, 現れるの, 盛んに, 籠って, 紫から, 紫午後は, 絆は, 翳した, 至るところ, 薄り, 過ぎったの, 避雷柱の, 都会近くに

▼ 陰~ (54, 1.6%)

5 なりに 4 陽とが 3 陽と 2 なって, 姫を, 日向の, 陽との

1 [34件] いえば, いよいよ明らか, し地, なつて, なり日向, なり流れ, なり流れとなつて書き, なり真っ黒, なり陽, なるが, ひとしくそもそも, 一生懸命に, 云ひ, 号し, 日向が, 日向との, 日表に, 明るみに, 橋の, 死の, 無性な, 申すもの, 男根とを, 線, 線とを, 聞いて, 言い冬, 身を, 関五郎とが, 陽なた, 陽に, 陽の, 陽を, 雪の

▼ 陰では~ (43, 1.3%)

2 いざ知らず, 心配し, 皆な

1 [37件] あった, いって, いつまで, こう呼ん, こっそり綽名, しきりにロベエル・コンシャアル, ちゃんと道, ないか, のべつごそごそ, やはり怠け, バカだ, 三四人の, 亭主が, 先生の, 公方の, 公然に, 噂を, 女の子や, 彼を, 悪口を, 政府を, 散々当局者を, 母が, 氏の, 汚れたどろどろ, 爪の, 男と, 異説を, 符牒で, 色々の, 褒めて, 言ふも, 誰ひとり阿古十郎などと, 鍔の, 非常に, 非難する, 鶴子の

▼ 陰~ (43, 1.3%)

6 な空氣 4 な感じ 2 です, なもの, な氣持, に見える

1 [25件] たる修羅, たる風物, でした, で不, で偏執狂, といふほどのもの, なこと, なその, なる哀愁, なる思, な不愉快, な合唱, な土藏, な家, な屈辱, な幽怪, な忍從, な情景, な殘酷, な身なり, な部屋, の夜もすがら, の極度, の水, の泉

▼ 陰~ (39, 1.2%)

8 とした 2 の気, の氣

1 [27件] たるに際し, たる声, たる夜色, たる大砲, たる建物, たる樹立ち, たる白ビソ, たる風, とし, として大空, として宏大, として寂しかっ, として沈む, として物, として物寂しく, として眠, として肌, として薄暗い, と寂しい, と寂れ, なる喬木林, なる灯, な何, の下, の気床下, の気肌, 凄幽の

▼ 陰~ (32, 1.0%)

2 あり巨, もてども, 夜に, 夜にて, 裾の

1 [22件] いよいよ暗く, ことごとく残雪, さ青, そこから, 何時でも, 少しも, 常に柱, 暗くあまねく, 暗くも, 暗く寒い地理, 暗しなど, 次第に深く, 深い瑠璃色, 湿地で, 濃い, 玉門として, 至極の, 薄らとして, 見えなかった, 闇が, 陰惨として, 高低を

▼ 陰~ (30, 0.9%)

3 の足音 2 の顔, は山の芋

1 [23件] がついに, が健在, その人, ではない, でも吾輩, とすれ, の予期, の影, の御蔭, の眼, はいよいよ, はしばらく, はそんな, はちょっと, はめり安, は今や, は勝手, は小脇, は毛布, は細君, は背, も人相, を瞥見

▼ 陰~ (24, 0.7%)

2 渦巻の

1 [22件] ところどころに, 一刀流の, 剣塀の, 大きい昼, 家の, 崩れた建物, 州の, 庭の, 曠野の, 木の下に, 村の, 森の, 椿の, 池の, 泉の, 畑に, 竈の, 粟畠の, 裏山の, 近くの, 鈍く稲妻, 黒

▼ 陰~ (24, 0.7%)

1 [24件] がこの, たるところ, たる地下道, たる方三尺の, だの, として空, と匍, なひだ, な下水道, な中世ヨーロッパ, な夜, な山, な教育, な時期, な洞窟, な深い, な深淵, な空間, な馬, のうち, の中, の國, の地域, 深刻そうした

▼ 陰~ (23, 0.7%)

2 うれしき, 光も, 木の

1 [17件] ありません, あり日向, ある陽, この仲間, てこの, ない一面, ない岩壁, なく瘠せ衰え, なし, 大玄関, 好い, 歩いて, 線も, 落ちて, 見られなかった, 雨雫で, 雪の

▼ 陰イオン~ (17, 0.5%)

2 が沈静的

1 [15件] が喘息, が多い, が多かっ, が多く, とがある, と陽イオン, になる, の供給, の多い, の影響, の曲線, は人体, より多く, を与えた, を呼吸

▼ 陰~ (17, 0.5%)

1 [17件] ではあった, にせよ, に固, に達し, の上泉伊勢守, の剣術, の剣道指南役, の印可, の古勢, の奥秘, の正統, の疋田浮月斎, の秘し, の秘歌, の鷲毛落, をつかい, を創始

▼ 陰~ (17, 0.5%)

1 [17件] だの狡猾, である, でね, といひ, とは限らなく, なある, なるは, なる徒, な他人, な惡事, な氣, にし, に緻密, の策謀, らしい大, をば拒斥, 短氣

▼ 陰でも~ (13, 0.4%)

2 或は其処, 或は其處 1 ありますと, その顔, ないかと, ほめてらつし, 其の身, 決して申しません, 見つけようと, 退治る, 面前でも

▼ 陰より~ (13, 0.4%)

2 機に

1 [11件] その色, 伏し拝みて, 何とも, 大なる, 御船を, 現はれ, 現われしは, 甍を, 諸声, 走せ出ずるあるのみ, 驀地に

▼ 陰~ (13, 0.4%)

1 [13件] ではささやか, と呼び, にとどめられた, に踏み留まっ, の位置, の使用, の玄関, はただならぬ, は二階建, へ引, を使いたい, を引挙げ, を買入れた

▼ 陰にな~ (12, 0.4%)

4 つてこ 1 つた部は, つて容易に, つて寝, つて居た, つて暗い, つて空ばかりが, つて花から, みむか

▼ 陰にも~ (12, 0.4%)

2 陽にも 1 あれからは, さすがに, 一人いる, 人影あっ, 平張, 微妙な, 瞳を, 英国兵が, 言ひ知れぬ, 雑兵は

▼ 陰~ (11, 0.3%)

1 [11件] と木額, にはどの, に坐っ, の上, の役人, の池, の表, は上泉伊勢守先生, は城内, へ客, へ招かれた

▼ 陰~ (11, 0.3%)

1 [11件] たる何, たる悪人, たる木立, として暗い, と鼓膜, な土蔵, な気分, な鳥, にし, のもの, の気

▼ 陰~ (10, 0.3%)

2 たる勢力 1 たる一大敵国, たる御, として一つ, と頭, 地を, 政界を, 相似たる, 鉱業家と

▼ 陰~ (9, 0.3%)

1 からでも吹い, と死, なる門, に繋がる, に迷, のよう, のスチュクス別れ來, の中, の聖母

▼ 陰なる~ (8, 0.2%)

1 が故に, こそよけれ, ものにて, 一双の, 大敗将の, 廃村田万里の, 朱葉の, 醜い感情

▼ 陰~ (8, 0.2%)

2 に会わせ 1 なんぞと, に会おう, に会っ, に手, のお, の家

▼ 陰~ (8, 0.2%)

3 の間 2 に人, のうち 1 に心髄

▼ 陰~ (8, 0.2%)

1 とする, などを知る, に因ん, に象る, の窟, を作り示す, を尾, を語る

▼ 陰~ (7, 0.2%)

1 なもの, なる男女関係, な愛, な暗躍, な瞑想, のうち, の犯罪

▼ 陰~ (7, 0.2%)

1 した皮肉, して, と焦躁, な児, な質, の男, 強く立

▼ 陰欝さ~ (7, 0.2%)

1 が観取されないだろう, とを増し, と前述, に閉ざされた, に驚いた, をその, をより

▼ 陰~ (7, 0.2%)

1 たる海, たる闇, なる鎖, な力, な安らかさ, な影, の中

▼ 陰~ (6, 0.2%)

1 からそれで, が土左衛門, が死ぬ, ということ, と云, よ

▼ 陰つて~ (6, 0.2%)

1 ゐた, ゐた春, ゐた空, ゐる, 居ました僕, 見て

▼ 陰まで~ (6, 0.2%)

2 行きました 1 やっと駆け, 平和でおられる, 来たり, 走れ

▼ 陰~ (6, 0.2%)

51 晴の

▼ 陰などに~ (5, 0.1%)

1 いて, 目の, 給仕や, 遊んで, 顔を

▼ 陰~ (5, 0.1%)

1 が露顕, は摘発, ひいては古代, をも外, を告げ

▼ 陰~ (5, 0.1%)

1 とが交互, とを一瞬時, のおのおの, の場合, を佩びて

▼ 陰~ (5, 0.1%)

1 などを持ち出す, に引き付け説く, の傍, は平生, を明

▼ 陰~ (5, 0.1%)

1 の垂れた, の垂れたる, もその, を探っ, 破ると

▼ 陰~ (5, 0.1%)

1 ができる, が従うであろう, が来, も後, を生ぜしめ

▼ 陰~ (5, 0.1%)

2 にした 1 にし, の渋柿, の臭

▼ 陰~ (5, 0.1%)

1 したガス, して, な叢, な會話, の

▼ 陰~ (5, 0.1%)

1 ができる, に蛇入り, を出せし, を見せ, を見れ

▼ 陰電氣~ (5, 0.1%)

1 とを或, と陽電氣, を帶, を帶びているので陽球, を帶びてゐることは確か

▼ 陰~ (5, 0.1%)

1 がある, がそよそよ, が吹く, を巻い, 常に廻り

▼ 陰との~ (4, 0.1%)

1 深みへ, 興味つきない, 観念的な, 錯綜直線と

▼ 陰~ (4, 0.1%)

1 のです, のでよく, ので新子, 面持で

▼ 陰など~ (4, 0.1%)

1 もう問題, 思い思いに, 言うが, 鼠は

▼ 陰へと~ (4, 0.1%)

1 お急ぎ, 夜歩きを, 逃ぐるが, 逸はやく

▼ 陰~ (4, 0.1%)

2 の山 1 に獣, の北

▼ 陰忍老獪~ (4, 0.1%)

4 にし

▼ 陰~ (4, 0.1%)

2 な空気, の気

▼ 陰~ (4, 0.1%)

1 され白熱, して, しながら, するの

▼ 陰あたり~ (3, 0.1%)

1 からおさめる, から夜, が火の粉

▼ 陰つた~ (3, 0.1%)

2 やうな 1 暖かい夜

▼ 陰での~ (3, 0.1%)

1 噂に, 尽力で, 言葉も

▼ 陰とか~ (3, 0.1%)

1 廊下の, 柱の, 田園の

▼ 陰にこそ~ (3, 0.1%)

1 咲きまさりけれ, 咲益りけり, 紅紫とりどりの

▼ 陰~ (3, 0.1%)

1 候筆硯いよいよ, 神也, 興

▼ 陰~ (3, 0.1%)

1 に独り, の如し, を摘発

▼ 陰~ (3, 0.1%)

1 の方, 貴須王, 貴首王

▼ 陰~ (3, 0.1%)

1 まで追撃, を越え来る, を過ぎ

▼ 陰~ (3, 0.1%)

3 の陰

▼ 陰~ (3, 0.1%)

1 から一疋, にたぶらかす, の

▼ 陰~ (3, 0.1%)

1 である, ではあった, を教え

▼ 陰~ (3, 0.1%)

1 に引き, の中, の際

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 戸袋の, 水か

▼ 陰からは~ (2, 0.1%)

1 伊織の, 枯草を

▼ 陰からも~ (2, 0.1%)

1 三頭五頭と, 征矢の

▼ 陰たる~ (2, 0.1%)

1 色が, 鬼気の

▼ 陰だの~ (2, 0.1%)

1 一刀流だ, 暗だ

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 たり, たり照

▼ 陰であったら~ (2, 0.1%)

1 いよいよ予防注射, 百倍ので

▼ 陰とを~ (2, 0.1%)

1 くつきり照しわける, 借させ給

▼ 陰などでは~ (2, 0.1%)

2 抜身を

▼ 陰などには~ (2, 0.1%)

1 汚い天刑病者, 身に

▼ 陰にぞ~ (2, 0.1%)

1 ありける, 住める

▼ 陰ふかい~ (2, 0.1%)

1 すずや, 地べたから

▼ 陰やら~ (2, 0.1%)

1 木の, 橋の

▼ 陰われ~ (2, 0.1%)

2 は生れけり

▼ 陰を以て~ (2, 0.1%)

1 これに, すると

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 に指し, を衝き

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 でもよおされた, へ行きゃ

▼ 陰伏的~ (2, 0.1%)

1 に含まれ, に含む

▼ 陰光富不思議~ (2, 0.1%)

2 及ぶべしやは

▼ 陰午後~ (2, 0.1%)

2 は晴れ

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 が某時, より遠く

▼ 陰園味~ (2, 0.1%)

1 と題名, も雲東

▼ 陰地方最高~ (2, 0.1%)

2 の巫女

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 な天氣, 夜

▼ 陰帶電~ (2, 0.1%)

1 はどの, は陽球

▼ 陰慘さ~ (2, 0.1%)

1 がこれ, この重

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 の醜, を見せ

▼ 陰暗き~ (2, 0.1%)

2 伊吹の

▼ 陰月光色~ (2, 0.1%)

2 の芝生

▼ 陰極まり~ (2, 0.1%)

1 て陽, 一陽生じ

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 なる悲む可, の気

▼ 陰比事~ (2, 0.1%)

1 といった比事物, は井原西鶴

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 では作者, にすぎない

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 せしむとあるからトルーフル, の藥

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 と沂水県, をすぐる

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 が人目, 之機

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 が巣, というもの

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 に添う, を離れない

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 の思想, の邪悪

▼ 陰~ (2, 0.1%)

2 客の

▼ 陰險さ~ (2, 0.1%)

1 とによって村, をほのめかします

▼ 陰~ (2, 0.1%)

1 の暗, を駆り

▼1* [242件]

あつて闇, 陰あり陽あり, 陰あるところ必ず, 陰いまだ相見ぬ, 陰い廻ってその, 陰およそ兵を, 陰かくさで, 陰かに新宮に, 陰からか得体の, 陰がはすかひ, 陰きわまりて陽, 陰くして薨, 陰こんなところに, 陰ごとに, 陰処に, 陰たとえば鴎外森林太郎かれ, 陰だけは真ッ, 陰や迷惑, 陰つくる程枝しげり, 陰つた座敷の奥, 陰暗雲蔽掩し, 陰であれよし星空, 陰でこそかれこれ茶, 陰でしてゐる, 陰ですよ, 陰でなく面と, 陰でばかり悪口を, 陰でぶツぶツ, 陰といった日陰の, 陰といふものの, 陰とかにかくして, 陰とから成る一種妙, 陰として緑色の, 陰とは誰か, 陰どころさへも知りき, 陰なき時あり, 陰などからヤアと, 陰などでよく鳴く, 陰などといふと, 陰などは濃くたちこめた, 陰などをのぞき廻って, 陰なら私は, 陰なり男が, 陰なりと言うも, 陰なりなど言う理窟, 陰なれば春, 陰なんかに隠れて, 陰においてこの女, 陰にかくる, 陰にかの両個の, 陰にさえじつはこの, 陰にて他に, 陰に対しては相手は, 陰のみは暗い, 陰のみを鼠跳梁し, 陰ふかき醜の土竜, 陰へでも寝ること, 陰へまはつて, 陰へんに闇, 陰ぼうよ, 陰またはその毒, 陰までもすっきりと, 陰やに黄ろい, 陰やらを気ぜわしく鳴き, 陰よき芭蕉, 陰をも投げない, 陰イオン発生装置をつける, 陰ナガラ祷リタイト思ウ, 陰ナラザルニ何ノ雨ゾ, 陰時々小雨, 陰一対の電気, 陰一晴を知らせ, 陰一河の流れ, 陰一軒家のあるじ, 陰主陽主月主日主四時主の八, 陰京都の使者, 陰以外めったに下り, 陰ふ, 陰住居して, 陰侯呉高を永平, 陰侯呉高都督都指揮盛庸潘忠楊松顧成徐凱李文陳暉平安等に命じ, 陰小車, 陰傾きてはや, 陰を地體, 陰入り口柱の陰, 陰な夜, 陰出しよく寝たる, 陰皮と, 陰勝つを恐る, 陰せしめて, 陰北方は初, 陰を逞しく, 陰厄今年又逢此虫食, 陰去る十六日仙洞秋十首の, 陰呉楚間説盤古氏夫妻陰陽之始也, 陰呼渡図一幀巣兆樗良蜀山素檗乙二等の自, 陰和田平太胤長陸奥国岩瀬郡に配流, 陰を押しひろげ, 陰唇裏に花心, 陰嚢女は乳, 陰嚢水腫の手術, 陰をなした, 陰圧発生機と酸素供給器, 陰とでもいう, 陰天名残りなく晴れ, 陰よけん, 陰陶, 陰看梅, 陰の陰, 陰な無人, 陰寅刻大地震, 陰将軍家大将に任, 陰山庄右衛門の, 陰山庄左衛門の, 陰山陽向のそなえ, 陰岩陰からそれ, 陰崇拝が不思議, 陰な目と目, 陰の切戸, 陰は上古史, 陰後晴であつ, 陰御所の造営, 陰忍自重四年の間, 陰思い思いな所, 陰惨きはまり, 陰慘ぢやない, 陰慘雲冷たく風, 陰ではあった, 陰のない, 陰拙者が若い, 陰は陽, 陰日光をとざし, 陰日南ある牡丹, 陰明門におとづれ, 陰時常ならずして, 陰暗く岩を, 陰暗く涼しさは, 陰に非, 陰と云っ, 陰木立の根本, 陰な感じ, 陰森さにおどろかされる, 陰森幽邃な別天地, 陰森竹多く其事, 陰か陽樹, 陰欝そのものといつた, 陰欝井戸の水, 陰欝天然の沈痛, 陰欝孤独な性格, 陰欝悲慘にし, 陰欝気に云った, 陰欝身のま, 陰武二郡を取っ, 陰の気, 陰に, 陰気令蒸溽呉中梅雨, 陰氣さや滅, 陰氣ものに仕立, 陰氣臭かつた, 陰氣陽氣を説き, 陰といい, 陰のほとり, 陰洪繊の線, 陰流相伝の書, 陰深き木立ちあり, 陰澁さそれが外, 陰映架頭書, 陰濕漸くに霽れて, 陰灌木の陰, 陰灯陰と身, 陰衰態, 陰無くなりゆくを見, 陰無音と音楽, 陰爻陽爻を半分, 陰申剋将軍家俄かに御, 陰に相, 陰白き四角の, 陰である, 陰盈尺の地, 陰相たるに止まり, 陰相顕著故これ, 陰淅瀝松聲繞夢魂, 陰による, 陰に仕へる, 陰神専属の神人, 陰神歳刑神歳破神, 陰神陽神を設け, 陰祭りと否応なしに, 陰祭り神田明神が本, 陰を訐, 陰に日色, 陰筑前は晴, 陰筑後左衛門尉朝重義盛の近隣, 陰翳ったが日, 陰聴きをし, 陰ナ男ト女, 陰腸二極の学説, 陰に込ん, 陰の閃, 陰草屋藁屋の趣, 陰莖勃起は滑稽, 陰蔽方法だからな, 陰の中, 陰見させている, 陰解褐の事, 陰の行ずり, 陰辨慶に限つて, 陰に霊狸香, 陰道二十六卷があつ, 陰道小松をわけ, 陰酉刻快霽, 陰なるは, 陰な影, 陰量子は電子, 陰銀河の絶間, 陰長嘯絶妙前聯及之, 陰闇貪欲な力, 陰附けばか黝, 陰陣営の東西, 陰の連続, 陰陰陰の連続, 陰の二種, 陰陽電子の異なる, 陰陽電気四対からできあがっ, 陰險悖戻の, 陰險極まる方法, 陰雨露にも打たれぬ, 陰電氣間の斥力, 陰霽常なきこの, 陰として風雨, 陰な答え, 陰しそして, 陰する故, 陰顕砲台であること, 陰である, 陰の名, 陰の魔法, 陰高い崖に, 陰鬱拔きの, 陰鬼みたいなもの, 陰麗華には離れじ, 陰き雲片