青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「陣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

降る~ 限~ ~限っ 限っ~ ~限らない ~限り 限り~ ~限る 院~ ~陣
陣~
~陰 陰~ 陰気~ 陳~ 陶器~ 陸~ 陸軍~ ~陽 陽~ 陽気~

「陣~」 4007, 43ppm, 2683位

▼ 陣~ (640, 16.0%)

53 風が 9 突風が 7 旋風が, 風の 6 中に 5 風と, 風を 4 兵馬が, 折には, 涼風が, 風と共に 3 つむじ風が, 中で, 兵が, 姿を, 強風が, 方へ, 突風と共に, 薫風を, 風に, 黒風が

2 [31件] まんなかに, ように, 一人が, 中から, 中を, 余暇を, 傍に, 前後には, 南風が, 合戦の, 外へ, 寄手は, 山風が, 怪風, 敵が, 時は, 注意で, 浪宅で, 浪宅の, 涼風を, 狂風に, 疾風の, 竜巻が, 端に, 話を, 足軽と, 迅き, 長屋に, 風, 風とともに, 風は

1 [440件] あいだに, あいだを, あとに, あなたこなた, あらしの, ありさま, うごきはと, うごきや, うしろへ, うちでも, うち三ヵ所まで, うち陶山勢の, うら, お暇, お蔭で, くずれが, くずれを, ごとき縦隊, ごとき観, ごとくうねうね, ご軍勢, さきがけを, さきに, さわぐすき, すきを, すさまじい風, その中, その風, た, つかれ旅, ときと, ときまで, とき元老柴田勝家が, ところだった, とばり, なかでも, なかの, はげしい風, はやて, ほうへ, ほとりに, ほとりの, ままで, ままでは, まま三井寺の, まま延津へ, まん中に, もなか, ようすを, わきに, スタッフな, スタッフの, 一人しかも, 一帖は, 一方に, 一段落を, 一角, 一角を, 一部生門へ, 三人は, 三年後寛永十七年の, 三羽ガラスが, 上空六千メートルの, 下には, 下へ, 不利を, 不安な, 中, 中へ, 中われらは, 中アキルリウスの, 中パトロクロスは, 中堅を, 中央に, 中央は, 中宮に, 中川瀬兵衛清秀は, 中枢を, 中核と, 主人として, 主将を, 乾児の, 争いは, 事を, 人, 人々の, 人々は, 人影が, 令を, 仮屋は, 伏兵あっ, 伏兵は, 価値は, 側へ, 側面を, 偵察の, 偽装を, 傍へ, 備えに, 備えは, 備だ, 催促に, 儀お, 儀従来の, 兇風砂を, 先へ, 先を, 先頭に, 兵の, 兵を, 兵法を, 内から, 内には, 内へ, 冷り, 冷風と共に, 冷風を, 凄風, 凉風が, 凉風と共に, 凝結を, 刄風が, 前に, 前には, 前の, 前を, 前座を, 前衛は, 前面に, 剣林だ, 劉封は, 勉強ぶりも, 北風に, 千旗万旗は, 半ば太閤も, 危険に, 原因である, 原因に, 口から, 合戦には, 吉門を, 名は, 周圍に, 呵責の, 和が, 四門を, 囲いを, 図が, 坂を, 埃風が, 場と, 場を, 場合に, 境界線の, 壘壁及び, 変化自在の, 外, 外へと, 外へは, 多勢は, 夜だった, 夜などは, 夜嵐が, 夜嵐の, 大将は, 大将松田太郎左衛門に, 大将黄祖は, 大活動, 大評議, 天風に, 太刀風を, 如きもの, 媾和には, 媾和の, 守りが, 寄手の, 寒さ, 対立そのものに, 対立を, 将兵は, 将士に, 将士は, 小姓馬廻りまで, 山寨であった, 山嵐が, 山嵐を, 山風に, 岸について, 嵐が, 工夫に, 左右の, 巧者であっ, 布き方, 幕に, 幕は, 幕を, 幕舎に, 幕舎には, 廃止を, 弓の, 強力な, 強風に, 強風天の, 当初大阪方が, 当年で, 後ろを, 後を, 後方に, 徒然に, 得右衛門と, 得右衛門なぞは, 御労苦, 心ぐみで, 心の, 心組みで, 心胆を, 思いきった実験, 思うよう, 怪風に, 怪風を, 惨敗を, 意味はと, 意味を, 態を, 戦局は, 扇屋の, 扇屋得右衛門から, 手下だ, 手下の, 手柄が, 扶翼に, 折その, 折に, 折の, 折ふと, 振りかざす提灯, 援軍が, 敵の, 敵兵は, 文献は, 新手も, 新田又五郎常, 方を, 旋風に, 旋風の, 旋風を, 旋風新しき, 旌旗, 旌旗を, 星座を, 春風が, 時から, 時などは, 時に, 時南部利直の, 時城を, 時幸村の, 時戰に, 時抜群の, 時無論, 晝の, 暴風に, 曠野へ, 最高の, 木下秀吉が, 本部は, 松風が, 架けた浮橋, 株まで, 桝田屋へ, 構えは, 様に, 横などで, 櫻咲雪の, 武族へ, 殺気が, 殺気である, 殺気と, 民衆の, 決意を, 油断を, 法その, 法を, 法螺貝緋ぶさ, 流動は, 涙は, 涼風よ, 済んだ時, 渓風驀然として, 渦巻風が, 潮風は, 激戦地であった, 火も, 火気が, 炭酸瓦斯と, 烈風あなやと, 烈風が, 烈風に, 烈風は, 焔, 無気味な, 煙と, 煙を, 熱気が, 物語から, 狂風が, 用意は, 甲冑には, 異風途端に, 疲れを, 疾風が, 疾風に, 盛俊だの, 目を, 相接した, 真中に, 真只中を, 砂けむりが, 神技, 秀吉と, 秀吉公の, 秋風が, 秋風を, 移動も, 空気に, 突風, 突風の, 突風を, 窶れと, 立て直しも, 立て直しやうは, 竜巻に, 竜巻の, 端から, 第一出動, 第一歩だ, 節敵前へ, 約ある, 終局を, 組織者治安維持法の, 経理は, 経験から, 線を, 編成とか, 編成について, 繁みへ, 織田家の, 罠に, 者として, 聯合を, 肌寒い秋, 背後を, 腥さ, 腹背から, 自由な, 船手が, 苦吟に, 苦戦も, 草ぼこり, 薫風と, 薫風と共に, 薫風の, 虚実を, 血祭り, 衆も, 行事も, 行賞として, 衝突, 表彰日だ, 袋に, 西風が, 計を, 計略に, 記憶が, 話をさえ, 諸将, 警戒線に, 赤白い, 起った年, 起った時, 起る前, 轅門へ, 近所へ, 進航前方を, 遠火の, 選手とばかり, 遺蹟には, 配置を, 野分が, 野風呂へ, 鉄砲組を, 門出幸先よし, 開戦の, 間に, 間には, 間を, 降兵, 隊伍と, 隙間風が, 隙間風を, 難攻, 雨雲みたいに, 霧が, 面々も, 頃から, 頃からめつ, 顏を, 風さえ, 風であった, 風でも, 風なき, 風なく, 風にも, 風によ, 風によって, 風の音に, 風も, 風もろとも, 風吹い, 風木立ちを, 風来たりて, 風枝を, 風雲とともに, 風雷天地を, 風頭上を, 風鳴り, 颶風が, 颶風は, 首将である, 駈引き, 騎兵の, 騎兵部隊が, 騎馬武者が, 鬱気ばらし, 鬱気を, 黄塵が, 黄風を, 黒い風, 黒気が, 黒風は

▼ 陣~ (636, 15.9%)

25 布いて 11 張って 9 払って 8 しいて, 布いた 6 張った, 敷いて 5 作って 4 しいた, なして, 脱して

3 [18件] さして, して, つくって, もって, 取って, 展開し, 布き, 引払って, 張つた, 敷いた, 構えて, 突破し, 突破する, 立て直して, 見て, 訪ひ, 退いて, 離れて

2 [37件] しいてゐる, すえて, とった, とって, とります, ひいて, ひらいて, めがけて, めぐらして, 伏せて, 作した, 作った, 備えて, 去って, 取る, 固めて, 夜襲した, 布いたの, 布く, 布け, 引いて, 張り, 押し進めた, 敷いたが, 敷くと, 敷くほど, 構えた, 構へ, 破りて, 移した, 移して, 立てた, 策して, 訪ねて, 退いた, 進めて, 配して

1 [418件] うかがわせた, うけたまわり二番陣, うつし箕作その他, おつとめ遊ばした, おゆるし下さるなら, お加えある, お構えなさい, お移し, お訪ね下された, かこむ布川, かため直して, かまえた筈, かまえて, かまえるか, かまえ一戦いつ, かまえ当時, きめこんで, くずさず夜, くずした小姓組, くずして, くふう, くりだすの, くんで, こしら, さげた, さしていう, さして仰せある, さして鬣美, しいて筑摩, しかせたの, しかれて, しき武田伊豆守, しくつもり, しくの, しけば, した, しながら, すぐ城外, すすめた次, すすめて, すすめるが, すすめ四月近く, すてて, すること, そっとうかがった, そなえ楠木, そのま, そろえて, たすけ正義, たてた, ちじめ, つくり淡, つくり頬, つくると, つらねて, でた木, とおくへ, とおって, とったと, とった武田信玄, とった池田軍, とどめると, とらしめて, とりて, とり朝, とり自ら敗北, とると, とるやう, とる處, とれ, ながめたとき, ながめて, ながめると, ながめわたし, なすこと, なす白刃, ならし一旦, にわかに後ろ, のこして, はったの, はりその, はるも, ひきいて, ひきはらい広陵, ひき払, まちがえたか, まぢかに, まんまる, ゆるめないで, わかち一せい, シックリと, ジッと, 一歩退い, 七十里ほど, 中へ, 乱して, 乱すには, 乱そうと, 二十里外へ, 仰せつけられますよう, 余人に, 作し, 作つて坐り, 作つて黒い, 作らしてなあ, 作り尊氏, 作り最も, 作り鬣, 作る, 使者等は, 借りて, 借り顔良, 八卦の, 凝然と, 出すの, 出て, 出で, 出でて, 出ようと, 分って, 列し, 列ねて, 劃したが, 動かさなかった, 勤めさすが, 十里ばかり, 占む, 去った, 双璧する, 取った, 取った日, 取つて押, 取らせた, 取らん, 取り, 取りその, 取りそれからまた, 取りながら, 取り唇, 取り夜明け, 取り明朝此方, 取り此方, 取ると, 取る明, 取ッ, 名のっ, 命じた, 営み直した, 固め必ず, 城中に, 堅うし, 堅くし, 堅めて, 堅め唐菱の, 奇襲し, 奇襲した, 奪取した, 守って, 宕渠寨と, 定めて, 対岸に, 小手招いた, 展い, 展き, 展開した, 展開せん, 山腹の, 山陽道に, 崩して, 左右に, 布いたという, 布いたもう, 布いたらしく見える彼女, 布いた上, 布いた様, 布かざるに, 布かれたその, 布きならべそれ, 布きます, 布き一部, 布き迎恩門, 布き随所, 布くという, 布くならば, 布くに, 布くの, 布く形, 布く橋, 布く遑, 布く頃, 布け世界, 常備に, 広げて, 引いたよ, 引いた正成, 引き, 引きはらうと, 引き京都, 引くにあたり, 引く所存, 引払い宮津, 張った以上, 張ってる我一座, 張つてる, 張つてゐる, 張つて居る, 張つて通路を, 張つて鍋鑄掛を, 張らなくては, 張られるの, 張りここ, 張りは, 張りました, 張りわれわれ, 張り三万, 張り八州, 張り地方, 張り堂々, 張り悠々, 張り我艦隊, 張り敵, 張り黄忠, 張る, 張るにも, 張るので, 張るの間, 張る事, 張る天幕, 張る誰, 張れるは, 強いて, 強化した, 御覧の, 思いくらべて, 急に, 憂慮せしめ, 扇なりに, 払い山崎, 払い左, 払う気色, 承わる, 押しすすめ弩弓, 押した, 押し進めて, 拂って, 拂つて姿を, 持ち入るに, 按じて, 振り返ると, 捨てたは, 捨てむらがる敵軍, 捨て一戦, 据え使者, 据へ, 採りその, 措いて, 描きました, 描写し, 撤したので, 撤した光秀, 撤して, 撤し京都, 撤し川中島, 撤し方向, 撤するとき, 擁して, 擣い, 支離滅裂に, 攻めようという, 整えて, 整へ, 敵に, 敵の, 敵中に, 敷いたかい, 敷いたと, 敷いた場所, 敷いての, 敷いてるの, 敷かなければ, 敷きなど, 敷きなどと, 敷きました, 敷きまして, 敷きやがて, 敷き京都, 敷き青海流水泳, 敷く, 新たに, 旋回し, 日本の, 更え, 望む, 望んだが, 構えたの, 構えた事, 構えみずから手兵数十騎, 構える必要, 構えろ, 構え塞頭高らか, 構え旗旛整, 横ざまに, 横に, 毎日見, 決意し, 流して, 消して, 混乱させ, 潜って, 焚き掃, 無二無三に, 焦, 片寄せて, 犒ひ, 畳んで, 百尺の, 目ざして, 睨めまわして, 矢の, 石浜, 砲撃し, 破られ数多, 破りたく思って, 破りたり, 破り得べき, 破り得るもの, 破れしかる後, 移しそして, 移したと, 移したの, 移しだしました, 移してからも, 移そう, 突き崩し戎語, 突出し, 立ち出でて, 立てて, 立てなおして, 立てるの, 立て直しました, 立て直します, 立て直すと, 立て直すの, 立て直そうと, 立て銃床, 組みほぐしつ糸, 組みましょう, 組むの, 組んで, 経て, 結び敵, 総動員し, 編成した, 縦横刺撃し, 置く歩兵隊, 習わんこと, 脱しそち, 脱しよう, 脱走し, 脱走できる, 自分の, 船上に, 蒙頭寨, 蕩石寨と, 衝かむとするに, 襲わん, 見ず輙, 見その, 見てから, 見ぬ者, 見るなり, 見るに, 見わたすと, 見守った, 見廻って, 覗きに, 覚悟し, 覚悟の, 解き各, 訪れた, 訪れたの, 訪れて, 訪わせ, 訪問した, 設くる, 試みたかの, 誇らしげに, 踏みちらし勢い, 蹴やぶり谷中, 転じて, 返して, 返しもちろん, 返し山崎, 退きなさい, 退き今夜, 退き去った, 退く, 退くなど, 退くの, 退けと御, 退けよう, 逃げるよう, 進めた, 進めた九州, 進め戰, 進め旗下三百余騎, 進め笹尾山, 過ぎ, 過ぐ, 遠く退いた, 遺憾なく, 開いて, 防ぎ止めて, 防ぐ, 隔たること, 頑丈に, 馬で, 驚かせたの

▼ 陣十郎~ (380, 9.5%)

9 であった 7 のため, の刀 6 という男, の姿, の情婦 5 の後 43 が, とかいう悪, の声, はそう, は刀

2 [18件] か否, が云った, と主, と澄江, と連立っ, の, の寵女, の方, の横, の足, はあやうく, はこう, はまた, は先, は澄江, は自分, をお, を目

1 [279件] かそう, から勝, から遁, がこの, がこれ, がしゃがみ込んだ, がそう, がその, がどこ, が一緒, が云いだした, が人波, が今, が今や一層, が以前, が刺す, が勝ち, が同じ, が姿, が寝, が居ない, が払った, が抜身, が森, が澄江, が父庄右衛門, が独言, が立ち戻り, が老人, が自身, が蒼白い, が行く, が負傷, が走っ, が身, が途端, が駈け, じゃ, その人, その陣十郎, だし, だという, って奴, であったか, であるから, でござる, でその, でもなく, とあっ, という壮年武士, という悪鬼, という武士, という若い, とお, とかいうお, とかいう浪人者, とが駕籠, としても見受けた, とであった, とな, との関係, とはいい, とはじめて, とはもう, とも勿論, と一緒, と主水, と主水さん, と二人, と太刀打ち, と寝泊り, と比較, と申す, と立ち合った, に, におお, にとっては重大, にとっては関心, にはやはり, には合点, には情婦, には物足らず, には解らなかった, にもハッキリ, によってそういう, によって後, によって明かされた, に主, に云われ, に似, に似た, に助けられました, に向かっ, に味方, に対して優しく, に対し拙者従来確執, に巡り逢い, に抜身, に捕らえられたら, に目付け, に相違, に脅迫, に見付けられ, に討たれました, に討たれるであろう, に誘き出され, に誘き出された, に誘惑, に近寄っ, に逢い, に邪魔, のそういう, のその, の側, の兇刃, の兇暴性, の前, の剣技, の剣法, の口, の右, の咽喉, の唇, の容態, の居る, の師匠, の影口, の心, の心持, の恋女, の息, の感じた, の懇願, の払った, の本心, の本性, の横恋慕, の横手, の消息, の現在, の眼, の胴巻, の脳裡, の腕前, の行方, の行衛結局, の親分, の言葉, の身, の部屋, の間, の頬, の額, はくどく, はこの, はさすが, はすぐ, はそっち, はその, はそれ, はどう, はどこ, はなお, ははじめて, はよろめい, はグングン, はソロッ, はムラムラ, は不意, は主, は二人, は二間, は云った, は仰天, は何, は先生, は動かなかった, は受け, は可愛, は右, は吐き出す, は呟いた, は呼ばわった, は囁いた, は地, は執念, は声, は嫌い, は寄食, は小声, は居りまする, は弁三, は引っ込ん, は心, は思うであろう, は思った, は悠々, は惨, は感, は感傷的, は憎, は憔悴, は振り冠, は振り返った, は数歩, は既に, は柄, は歩い, は歩いた, は気絶, は沈黙, は無数, は猪, は甲源一刀流上段, は疑わし, は眠られなかった, は知っ, は立ち上った, は立ち上り, は立木, は義父, は胆, は見失っ, は見返し, は言葉通り, は誠, は負傷, は賭場, は走り出した, は躊躇, は追っかけた, は逃げ, は酔っ, は陣十郎, は音吉, は鷺, は黙々, へケシカケ, へ打っ, へ明かさない, へ背, へ背中, もただ者, も今, も例, も敵, も朗, も物, も猫, も納めた, も編笠, も行く, も行くでござんしょう, も触れなかった, も走り走り, も進退, を, を何で, を切っ, を引っ, を敵, を狩り立てた, を睨んだ, を襲った, を見, を見忘れ, を見詰めた, を認めた, を追いかけた, を追い詰め, を追い追い, を追っ, を追って, を陣十郎, 切ったの, 来い澄江, 目掛けて, 躍り上って, 逃げるとは

▼ 陣~ (290, 7.2%)

6 あって, なって 3 臨んで

2 [11件] 分れて, 參加した, 引き返す, 於て, 来た, 毛利と, 立って, 立てるに, 行く, 赴きて, 送り約

1 [253件] あったこと, あった彼, あった折, あった玄徳, あらせられた間, あらたまるなど, ありし時, あり願わくは, ある, あるかを, ある呉, ある孔明, ある張飛, ある火薬, ある秀吉, ある秀吉公, ある秀吉様, ある荊州兵, いた, いたが, いたこと, いたの, いた松田, いた者, いて, いなかった, いる福島市松, おかれて, およばん, おりましたが, おん病を, かえって虚無, かくして, くずれまた, こっちへ, このごろ山伏体の, ござりまする, さし向けるか, さだめしお, さとられて, しびれを, すぐあらわれるものにござります, そんなにぞ, たおれるより, ただ歩哨, つくまでは, つけ, つづけ, とるとは, ならねば, なる, なると, なるとて, のぞみはからず旧知鬼小島弥太郎, はげしく馳せ, ひきかえて, ひどい混乱, まじる人, まとめて, やぶれて, わかれての, わかれること, わかれ八面, わけて, イーリス使し, メネラオス行ける, 一士隊長として, 一当て, 一道の, 三斎公に従って, 二友の, 亙れば, 亡げて, 人丸左陣たしか, 介して, 似て, 何か, 來り着き, 倦ませひとたび, 倦まぬため, 倦みながら, 倦み功名, 倦み飽いて, 倦むまいとして, 倦んで, 偉大の, 備えながら, 備へ, 兇報が, 入った, 入り來, 入る, 入るの, 兵站の, 切って, 列し, 加えよう, 加はりました, 加はる義盛時兼の, 加わったと, 加わったの, 加わった合戦, 加わりその, 加わり宇都宮, 加わるため, 勇士の, 参候する, 参加した, 参加する, 参加せよ, 参加の, 収まり篝火, 各所から, 向って, 向つて, 君いかに, 君臨し, 告げて, 呼び迎え, 呼んで, 和田五郎正隆同苗助, 和議を, 四五丁の, 囲繞された, 在るお互い疑心暗鬼, 在る義尚将軍, 在る者, 声な, 大任を, 大坂落城の, 大将軍, 天照皇太神を, 妙を, 安らかに, 寄り集まりたえず, 対した, 帰ると, 平素仕え, 引かれて, 引き歸, 弟の, 当る一勢, 急ぎて, 急ぎ行く, 恐を, 意気も, 戻った, 戻ると, 投ぜんとして, 拔群の, 持ち出す畢生, 持ち去るか, 指図し, 捕まりきのう, 控えて, 控えては, 揺すり立てて, 搬びさり, 搬び去るべく, 攻めかかる, 攻め入った, 新宮城主堀内に従って, 曳き來, 最も欠けた, 来って, 来て, 来り一方, 松平家の, 欠けること, 歯の, 歸り, 歸る, 残って, 殘り, 気がねを, 泊ること, 泣き咆, 洩れてはと, 派遣を, 済北の, 満ちて, 火煙を, 熟せる, 猛烈な, 献ぜん, 献上申せ, 甘寧, 疫癘湧かしめぬ, 相会, 相起り, 真夏が, 着いた魏延, 着きむき直, 着く, 着くと, 突入し, 突如退陣, 立つとまで, 続いて, 続くであろう, 総帥と, 練りに, 置くこと, 置けば, 翻弄され, 聞えた, 聞こえるよう, 臨みて, 臨むや, 荒ぶや, 蒲生氏郷, 行き, 行き会い直義, 行き徹宵, 行き汝, 見物され, 赤橋の, 赴き, 辟易し, 迎えられれば, 迎え取れば, 近づく者, 迫って, 追ひつめ, 退き休ら, 退く, 退けば, 退屈させ, 送って, 送る, 送れり, 送皈, 進みて, 進むべき道, 達したの, 遣は, 還る, 重点を, 関羽の, 限って, 陣を, 雄たけびや, 集むべ, 雷が, 飛びかかったの, 飛びかゝつたのです, 食事の, 飽く迄君, 馳けだした, 駈けぬけた馬上, 駈け向おうと, 驅る, 驕慢の

▼ 陣~ (189, 4.7%)

4 内職の 2 こんな調子, そんな事, ニヤリと, 京の, 唖の, 女下駄で, 日頃の, 落着い

1 [169件] あけがた, ありと, いかが, いかに信玄, いろめき立った, おそろしい数, こうわかれ, ここでも, この個所, この宗茂, この有村, これより, これを, すすまずしりぞかずジッ, すでにそこ, ずっと散らかっ, その卒伍, その法螺, その男, そんなバカ, たしかに孔明, たしかに手薄, ただ手, ちょうど火, ついに突破, つづかない, ともかく夏, ひしひしと, ひそかに, ひそと, ふたたび一糸, ふたたび合戦, まさに潰滅状態, またたく間に, また此方, まるでお通夜, まるで兵法, みな戦気立ッて, もう四分五裂, もう関, もちろん, ものものしく殺気だっ, もはや到底耐えきれない, やがて将門, やごと, ややあっ, ゆるさぬ, よろこばしい, グイと, サッと顔色, サツと, ジリッと, ニコリとも, ポンと, 一夜に, 三方からも, 不要だ, 中川瀬兵衛第, 丸尾六兵衞殺しの, 丸屋六兵衛殺しの, 九条方面の, 二つに, 五段に, 今三枚橋と, 何か, 依然難, 俺にとっては, 傷の, 元気よく, 冷やかに, 凄き兵燹, 加賀白山へは, 動かなかった, 北岸に, 危ない, 厳重だ, 去年とは, 召使いの, 叱, 叱咤します, 吉川広家が, 唖然と, 地形狭く, 堅く樋橋, 塁壁堅固の, 夜どおし篝, 夜明けがた和気郡片上の, 大口を, 大垣に, 容易に, 小枝, 引いたが, 張ったものの, 強くて, 徐々に彼, 徳川殿に, 心で, 心の, 応仁の, 思わずその, 思わず立ち止まった, 思慮深く, 怪しんで, 悠々と, 慇懃に, 手を, 拍子抜けが, 放置され, 旗本でも, 日当たりの, 曹操の, 最初から, 未だ嘗て見ない, 松田太郎左衛門で, 次の, 殿, 水底に, 池田勝入, 深入りに, 湿った土, 潔く云った, 濕つた土の, 烈しい戦争, 焦げついたそう, 生湿り, 生濕, 痛快そうに, 白い草原, 真面目顔を, 眼を, 秀吉の, 突破を, 立ち上がると, 立体的だ, 絶好な, 義貞の, 耳を, 肩を, 自ら襟を, 若いだけに, 苦しまぎれに, 苦笑する, 茂山から, 落ちなく布きて, 行く先々, 西に, 見ぬな, 解けて, 訊き返した, 許, 退きて, 逆に, 逢坂山を, 進み出る人影, 遠くに, 部下の, 鉄砲に, 開かれた, 間も, 陣自体を, 隆景旗下八千の, 霜の, 静かに, 頓狂に, 顔を, 飯盛山に, 駿河の, 驚きも, 鼓を

▼ 陣~ (183, 4.6%)

8 使いを 6 行って 5 帰って 3 むかって, 投じて, 来て 2 おもむいた, お奔, それを, やった, 使者を, 都から, 降った

1 [141件] あがりましたところ, うつされて, おいても, お使い, お出かけに, お引揚げ, お手伝いに, かかったところ, かくれこんだ, かけつけて, くりだすとき, こっそり帰っ, たどり着いた早打ち, たどり着いて, ちらとでも, つかわされた, つきますまでには, のめり込んで, ひかれて, ひきあげて, ひきとって, まいって, まぎれこみ手, まぎれ入った, もちこんで, もどったら郭淮, 一つの, 一令だに, 一斉に, 一群の, 上げおって, 下って, 与えて, 事の, 令を, 使いした, 使いした帰り, 使いし確, 入っちゃ, 入つて來, 入り坊主, 内通されれ, 出かけた, 出向いて, 単身駈け入る, 参じる理由, 参って, 参加し, 参加した, 反間の, 召されては, 向って, 売りに, 夜襲を, 夜討ちを, 大きな戟, 大襲, 届いたかと, 差向けられて, 帰った, 帰らねば, 帰ると, 廻して, 引き返した, 引取りまいた, 引返したの, 当って, 後方から, 急いだ, 急を, 急使と, 急使の, 急使を, 急兵, 急報した, 承知で, 投降すべし, 押出す, 押寄せると, 押掛ける, 招き入れる策, 招待した, 持込んで, 攻め入り給え, 早速指上, 来た, 来ると, 林勝正を, 案内いたします, 殺到し, 火を, 無事に, 父に, 物見に, 献じて, 申しわたして, 真田左衛門佐か, 秘命を, 突入し, 突進し, 立ち寄ったの, 立戻った, 臨ませ, 臨まないか, 臨んだ, 臨んで, 行き, 行き彼, 襲せた, 詐りの, 誘い鉄砲が, 賣りに, 走り, 走りこんで, 転じたの, 返して, 迫った, 迫りかけた, 迫る猛, 退いた, 退がらせて, 退く途中, 送り自分, 送り返した, 逃げて, 逃げ帰りすぐ, 逆さに, 遊びに, 邪魔を, 降りそそいだ, 降を, 隠れかけた, 静, 飛んで, 馳せたの, 馳せ帰って, 駆け込んで, 駈け込み斬り死, 駈け込む, 駈け込んで, 驀然攻勢に

▼ 陣~ (101, 2.5%)

14 のうち 11 の外 5 のすそ 3 を払っ 2 の上, の中, を出

1 [62件] から顔, がしきりに, がめぐらし, がキリリ, が山上, が廻し, が張り繞ら, が本堂, が樹間, が見える, が負けました, といふ人, とおっつかっつ, とで区切りあっ, と比べ, などが掛か, に似, に射し, に籠, のうしろ, のすき, のほう, の一端, の事, の割れ目, の如き, の敵, の紐, の蔭, の袖, の裡, の裾, の西側, の路地, の辺, の面影, は一瞬, は冬木立, は小柳, は白い, へかくれた, へそれ, もここ, ももと, も張り繞, や寝小屋, や小野川, をお, をはらいあげ, をむすん, をもる, を上げ, を刎, を吹き捲くり, を巡っ, を張り, を払い, を揚げ, を繞, を透す, を造つて, を野邊

▼ 陣~ (94, 2.3%)

22 ていた, ている 2 ておる, てそこ, て居た, 水も

1 [42件] ここで, しばし兵馬, てい, ていたら, ておられた, ておられます, てこの, てしかも, てすでに, てなぜ, ては利, てまいらぬ, てやれ, て固く, て家康, て平, て引揚げ, て思うさま, て旬日, て本軍, て秀吉, て西大寺, て転戦, どこに, 全軍, 兵八千を, 劉璋の, 夜明けと共に, 孔明の, 密に, 左水沢には, 師直は, 手はじめに, 栗原山には, 毛利勝永は, 津田信春村上清国らの, 洲股城を, 縄生には, 義昭は, 螺鼓銅鉦を, 長蛇捲, 食糧にも

▼ 陣~ (79, 2.0%)

11 の中 43 と舟, に, の, の外 2 と水師, に立ち, よりし

1 [46件] から幾多, さして進み行き, と, とその, と戰船, と船, と駿馬, においてかつて, において一晝夜立ち續, におけるソクラテス, にかなた使節, にたちわかれまし, に一たび彼, に一たび汝, に並, に兵加, に分れまし, に分裂, に友もろ, に彼ら, に或は, に抱込み, に持ち去ら, に於, に着き, に衆人, に行く, に運び去れ, のうちさ, のかた, のさま, の先輩たち, の前, の奧, の對立, の廣, の歩哨, の耀ける, の霜, へゆく, をあと, をたて直さう, を別れゆき, を區別, を犯し得ず, 並びに黒船

▼ 陣~ (70, 1.7%)

2 命令者でした, 終つて京都に

1 [66件] あった, あったからこそ, あったこと, ある, いやに, えが, きゅうに, ぐるりと, これに, できか, ともなわぬうち, ひかえ交通守護軍, ヒタヒタと, 五間前方に, 今日ここまで, 俄然運動, 出張し, 出来上ると, 加茂川の, 十三段の, 千駄木を, 反対に, 同じく一列, 地を, 大口開け, 奥行きの, 妙に, 定められた, 展開された, 崩れ美作, 嵐の, 布かれようなどと, 帰って, 幾組も, 床の間の, 張られたと, 必要だった, 意外に, 揃い卒業後, 搖れ動き電燈, 敗れんか, 敵へ, 敷かれた, 敷かれて, 明らかに, 最悪な, 歸つて來た, 死相を, 湖を, 犇, 登場し, 真っ黒に, 瞬間気を, 矢ごろの, 破れまいと, 終り己, 組織され, 網を, 自壊作用を, 訊き返した, 起ったので, 起るの, 迫り合った時, 逃げくずれて, 酒井忠次の, 間を

▼ 陣~ (60, 1.5%)

3 申す者 2 お銀, なった, なって, なり三ヶ月, なれば, 云うの, 人丸左陣とは, 傾城小銀とは

1 [41件] いいすべて先手, いえば, いえ戦ぎ立たずに, おっしゃるは, きき主人羽柴筑前守様, きめこんで, さらに崖, しここ, となえて, なっては, なっても, なり日夜敵, なり血槍, なると, ねずみの, 云うが, 人丸左陣とが, 仰せらるる, 先に, 同日の, 吹來つて今しも, 呼びわけて, 変えはやき, 妻女山の上に, 小銀, 後ノ, 次第次第に, 満州に, 申して, 申し茶椀, 石井山の, 称えすき, 聞き合力, 肚を, 自分でも, 西国陣とに, 観る, 言つて街道筋に, 貝の, 陸營とより, 順々に

▼ 陣~ (59, 1.5%)

4 のつ 3 の柄 2 をぬい, をふりかぶった, を雪中

1 [46件] がさ, がその, がなくなっ, がひらめいた, が一振り, が戞, せんせん, だの具足, で払った, とともに彼, と懐剣, に代え, に火, の下, の鐺あたり, の鞘, はもう, は伊那丸, は折れる, は犬山城, は電光, へ手, や半弓, をきらめかせ, をぬきはらった, をはらい落とし, をひきぬい, をひきぬき, をひろいとる, をふりかざし, をふりかぶりふりかぶり, をギラリ, を一揮, を受けられる, を受け取っ, を帯びた, を抜い, を抜いた, を抜き払い, を振り, を握っ, を横ざま, を立てた, を肩, を脇差, を舞わせ

▼ 陣~ (47, 1.2%)

5 に出 4 へ出 2 公用の

1 [36件] だった, で, でわざと, において快く, にさらす, にその, にやっ, に出ず, に向い, に国土, に当りましょう, に来, に現われる, に秀吉, に立っ, に舌長, に迫った, に銃列, に馬, の事, の井楼, の兵, の大樹, の戰, の言, へあらわれた, へはのさばり出たる, へひた押し, へまかりこし, へ呼びつけられた, へ搏, へ迫っ, より囃し, 依然として不, 近く三日にわたって, 馬頻りに

▼ 陣~ (46, 1.1%)

1 [46件] あやういと, いきおい遠く, いまは, ここから, これには, しかり鎌倉, そのままむなしく, その後から, それに, なくなるよ, なく狼狽, なんとなく動揺, ほとんど何, まさにここ, みえて, みだれた時, みな引い, 三陣も, 丸山教の, 互いにすぐ目前, 叡山の, 太刀を, 山門には, 抛って, 敷き終る折, 次第に増し, 毎日の, 気が, 水を, 無視し, 疲労を, 眉に, 真っ黒な, 真顔と, 破り続いて, 秀吉の, 突貫し, 終って, 総くずれだ, 耐うる, 蜀の, 見たいま, 谷間の, 賊とは, 蹴やぶられ黄昏, 驚いた

▼ 陣から~ (44, 1.1%)

4 帰って 2 駈けつけて

1 [38件] こちらの, この口, して, すっかり出きっ, ずっとお世話, そっと本営, そっと駈け抜け, もう追手, 世を, 二人の, 凱旋し, 出られなくなって, 同道し, 外して, 大阪へ, 小手を, 差向けられて, 帰された者, 引っかえした, 彼女の, 後退し, 急派し, 援けたから, 救い出しに, 派せられた検使舟, 玄徳は, 生捕っ, 異様な, 立ちのぼる篝, 約三千, 美しい鞍, 踵を, 蹴とばされたこんがら, 退き鉦, 那須与一の, 除け者に, 離脱させ, 馳け

▼ 陣~ (32, 0.8%)

4 へ出 2 に出

1 [26件] からこの, で曹操, にあっ, にいなないた, におびただしい, には白天地, に佇ん, に立ち, に賑やか, の丘, の矢たけびな, の馬上, の馬匹, の鼓, は急, へ向っ, へ放された, へ放し, へ日時計, へ発し, へ突きだした, へ追い返された, へ逍遥, へ駈け出した, ものどか, を耕し

▼ 陣~ (24, 0.6%)

1 [24件] あつた, つぶさにその, 会って, 囲んで, 地主に, 失って, 小声で, 年寄役を, 彼を, 忍剣の, 戦死し, 攻めて, 検非違使が, 泊った, 燒け, 病死する, 矢石の, 知った, 知ったの, 神君は, 種々な, 金鼓を, 関白が, 陣鉦陣太鼓が

▼ 陣には~ (24, 0.6%)

2 長政が

1 [22件] いたの, かならず信玄自身, これら亡命変を, せぬご, せむかふて大功, それが, もはや一粒, 一つも, 一尾の, 不快であった, 俺が, 元気が, 八つの, 動揺の, 叡山の, 寄手の, 幕府から, 張, 総軍, 誰が, 諸角豊後どの, 長政は

▼ 陣~ (20, 0.5%)

2 の忙し, を急

1 [16件] お暇, で幕僚, には景勝, にまぎれ, にも出, にも耐え得べし, に次ぐ, に追われ, のお, のため, の士, の妨げ, の席, はいっこう, も多かろ, を怠っ

▼ 陣~ (20, 0.5%)

2 を以て戦わん

1 [18件] ありと, が生まれた, くずさず一鼓六足, くらべ, ですよ, で氏郷雄毅深沈, とこまか, とは, にある, にげんわく, によってうごく, のある, の工夫, の節, もなく, を厳重, を弘め, を評し

▼ 陣した~ (18, 0.4%)

2 ときは, のは

1 [14件] かに思われる, きり戦機が, ことでも, のである, のも, ものでございましょう, ものの京, 一角では, 仮粧坂方面, 初めに, 千人の, 時維盛忠度の, 王平後詰し, 雨ヶ岳の

▼ 陣小屋~ (17, 0.4%)

1 [17件] がどう, が一, で朝茶, として米, にかくれ, のうち, の内, の周囲, の外, の奥, の羽目板, の軒, の雑器, へ入った, へ繋ぐ, も馬つなぎ, を構え

▼ 陣触れ~ (17, 0.4%)

2 の貝

1 [15件] が, がございます, が出た, だぞ, でござるぞ, でもあるらしい, といい, など仰せ出, もあの, をうけた, をせいっ, を七兵衛, を命じ, を発し, 何事で

▼ 陣~ (16, 0.4%)

1 [16件] とし, とする, とみえ, にわせられ, のうしろ, のかたわら, の便宜, の間, は彼, へお, へもどっ, へ出る, へ腰, をきめ, をすすめ, をとっ

▼ 陣払い~ (16, 0.4%)

1 [16件] とは, にたいして不満, のほど伏し, の支度, の時刻, の終る, はゆうべ, を, をそこで, をふれ出し, を始め, を準備, を触れ出した, を開始, ザックリのぶかく, 仰せ出され

▼ 陣輿~ (15, 0.4%)

1 [15件] が着いた, だったが, との両方, と馬, には飼えん, に乗っ, の上, の中, の側, は彼, は舟, を停めさせた, を担わせ, を案出, を製ら

▼ 陣~ (14, 0.3%)

3 の中 2 が密生 1 が深い, と白檜, の原, の密叢, の方, の生えた, や矮少, を押分けなけれ, 長い石楠

▼ 陣~ (14, 0.3%)

3 の音

1 [11件] あるべし, がしずか, がなった, が旺ん, と思われる, の法螺貝, の紐, は裃, をとり落とす, を高く, 吹き

▼ 陣さして~ (13, 0.3%)

1 [13件] プリアモス王を, 使者として, 歸るべく, 立ち歸, 行かんずる, 行かんため, 行き呼べ勇猛, 訪ひ, 走らしめ更に, 退くべしと, 退けり, 逃げ走り哨兵團, 進ましむ

▼ 陣まで~ (13, 0.3%)

2 豊臣家を

1 [11件] お遣わしあそばした, ご足労, 使を, 出張し, 奔れ, 来た, 突きくずされた, 走るあいだ, 輸送し, 送って, 馬を

▼ 陣~ (13, 0.3%)

2 の高原, を通っ 1 と和田, と重なった, の地上, の堰, の搦手, の音, の鼻, へかかる, へ帰っ

▼ 陣太刀~ (12, 0.3%)

1 [12件] が具足, ではない, にすれ, に出来, のよそおい, の両刀, の緒, の音, を佩い, を撫し, を横たえ, を高々

▼ 陣~ (12, 0.3%)

1 [12件] から呂虔, にあっ, において獲得, につづく, に伴っ, に帰っ, に残された, の山, の往来, へひきだし, へ馬, をさし招いた

▼ 陣~ (12, 0.3%)

1 [12件] っ, などはもとより, のひびき, の乱打, の音, は山, や太鼓, や押し太鼓, や矢, をたたき, を持ちだし, を鳴らす

▼ 陣する~ (11, 0.3%)

1 [11件] と聞き, に反し, は, 小牧山の, 山に, 所おのずから, 所から, 秀吉の, 者は, 者大金藤八郎木村隼人佑重, 高

▼ 陣でも~ (11, 0.3%)

1 [11件] そのままに, つくれぬこと, ときどき物見, 孟達から, 実は兵糧, 家康を, 彼こそは, 新鋭の, 滝川左近の, 見るよう, 騒動した

▼ 陣より~ (10, 0.2%)

1 お暇, し, し彼, なが, われを, 一時に, 出で, 紅頬の, 遮りて, 鬼小島弥太郎という

▼ 陣~ (10, 0.2%)

1 である, ときめく凄まじ, のとどろき, や陣鐘, を打たせ, を打ち, を打ち鳴らし, を鳴らさせる, を鳴らし, 堂々斜谷

▼ 陣~ (9, 0.2%)

1 から出た, がある, が望まれた, にその, の前, へ引き揚げよう, をひい, を越え, 長きに

▼ 陣では~ (8, 0.2%)

1 ございませぬか, ない, 保輔の, 多くの, 心身ともに, 老臣が, 虱も, 防ぎきれないから

▼ 陣~ (8, 0.2%)

1 がなけれ, が民部, こそただ, とでもいう, はいかに, もうもう, もこの, をはるか

▼ 陣馬ヶ原~ (8, 0.2%)

1 でおそろしい, で討ち, で返, にいた, のお花畑, の山々, の高原, を馳

▼ 陣~ (7, 0.2%)

2 を持っ 1 がへんぽん, であった, をひそめ, を祠, を見る

▼ 陣からも~ (6, 0.1%)

1 たちまちこれ, また火, オーイと, 小早川隆景からも, 漕ぎ出した, 炎々たる

▼ 陣ぞろい~ (6, 0.1%)

1 いたして, した武田, だ, には及ばぬ, に富岳, のま

▼ 陣にも~ (6, 0.1%)

2 茶道宗匠を 1 そうした由, 同例, 木獣の, 自ら整

▼ 陣備え~ (6, 0.1%)

1 がおこなわれ, がもう, である, とはこれ, とは思われない, もあった

▼ 陣~ (6, 0.1%)

1 から述べ, と, のあと, を, をながめ, を張った

▼ 陣幕の内~ (6, 0.1%)

1 から転び, が明るく, に入れ, へどやどや, へ入っ, を訪う

▼ 陣座羽織~ (6, 0.1%)

2 の軽装 1 が幾通り, に腹巻, の肩, をぬぎ

▼ 陣廻り~ (6, 0.1%)

1 にはもとより, に出る, に歩い, の途中, をし, を欠かさなかった

▼ 陣~ (5, 0.1%)

1 それは, ならず敗れ味方, 斜に, 程の, 見て

▼ 陣~ (5, 0.1%)

1 しなあ, その中心, とか名, と星, よ

▼ 陣という~ (5, 0.1%)

2 のは 1 ものは, 人物であった, 浪人者で

▼ 陣三陣~ (5, 0.1%)

1 とさらに, とも奥行, のくずれ, の騎兵部隊, また遊軍

▼ 陣~ (5, 0.1%)

1 いたし候, されたの, し祖父若狭, の将士張玉等, 遊ばされ候時

▼ 陣~ (5, 0.1%)

2 をし 1 な申し, の身分, をゆるされ

▼ 陣~ (5, 0.1%)

1 があれ, だの濡らし, の類, まできれい, をつくり

▼ 陣太刀づくり~ (5, 0.1%)

2 の脇差 1 のまま, の坤竜丸, の大小

▼ 陣州屋~ (5, 0.1%)

1 と議論, の隣り, はだしぬけ, は自分, をたしなめ

▼ 陣~ (5, 0.1%)

1 一の, 三陣が, 二陣と, 四陣, 四陣と

▼ 陣~ (5, 0.1%)

1 とアカイア, に留る, に速, に遠から, の中

▼ 陣街道~ (5, 0.1%)

1 の方, の首塚, は鬼哭啾々, を三千人, を真直ぐ

▼ 陣風斎~ (5, 0.1%)

1 から一師一弟, から八方巻雲, という人, に愛され, は浪宅

▼ 陣とは~ (4, 0.1%)

1 いろいろ思案, なった, 四方を, 変通自在を

▼ 陣とも~ (4, 0.1%)

1 一倍怠る, 云われまい, 奥行は, 見立て何しろ

▼ 陣へも~ (4, 0.1%)

1 さしあげて, 取りかかって, 強く吹い, 自分もろともに

▼ 陣~ (4, 0.1%)

1 が彼, として従い, はやがて, をさしつかわすであろう

▼ 陣十郎さん~ (4, 0.1%)

1 あぶなかった, に主, ばかりが男, へも誰

▼ 陣十郎殿~ (4, 0.1%)

1 とが巡り合い, に対し敵対, に捕らえられたら, の女房

▼ 陣太刀作り~ (4, 0.1%)

1 が普通, で鞘, の乾雲丸, の脇差

▼ 陣払いし~ (4, 0.1%)

1 てそこ, て国許, て本国, て立つ

▼ 陣~ (4, 0.1%)

1 の仕度, の時丁野若狭守, ばかりでなく, 然るべし

▼ 陣構え~ (4, 0.1%)

1 した, の崩れた, をいいつけた, をし

▼ 陣營中~ (4, 0.1%)

1 で最も, にイドメネー, に懊惱, に横

▼ 陣立ち~ (4, 0.1%)

1 したと, はあの, はさして, 御大儀

▼ 陣~ (4, 0.1%)

1 とは備え立て, には似る, をし, を知る

▼ 陣さん~ (3, 0.1%)

2 を呼ん 1 計られたね

▼ 陣との~ (3, 0.1%)

1 割りあてを, 競走は, 駈け合せ

▼ 陣~ (3, 0.1%)

1 つて蝋燭を, つて親しく, つと起つ

▼ 陣において~ (3, 0.1%)

1 これは, 父子とも, 阿部弥七郎なる

▼ 陣について~ (3, 0.1%)

1 のべつ戦士, 来い, 歩き暮れて

▼ 陣~ (3, 0.1%)

1 何処に, 海べの, 関个原の

▼ 陣~ (3, 0.1%)

1 にあらわす, には一抹, に天意

▼ 陣~ (3, 0.1%)

1 として公卿, として変, の高森上野

▼ 陣借りし~ (3, 0.1%)

1 ていざ, て戦っ, て真人間

▼ 陣刀一閃~ (3, 0.1%)

2 のもと 1 又八

▼ 陣十郎様~ (3, 0.1%)

1 か, という武士, のお

▼ 陣四陣~ (3, 0.1%)

1 になっ, のご, までを突きくずし

▼ 陣幕久五郎~ (3, 0.1%)

1 が小柳平助, が技, の負

▼ 陣座し~ (3, 0.1%)

1 て, ていた, て蔡瑁以下

▼ 陣替え~ (3, 0.1%)

1 が行われた, に編成, ねがわしく御

▼ 陣~ (3, 0.1%)

3 をうごかし

▼ 陣~ (3, 0.1%)

1 して, のまま, を構え

▼ 陣この~ (2, 0.0%)

1 意味だけは, 軍勢を

▼ 陣さえ~ (2, 0.0%)

1 ひとたまり, 見事それと

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 とある, と古書

▼ 陣その~ (2, 0.0%)

1 変格の, 逃げ口には

▼ 陣だの~ (2, 0.0%)

2 その年

▼ 陣であっ~ (2, 0.0%)

1 て活陣, て越後

▼ 陣であり~ (2, 0.0%)

1 みずからの, 日本中の

▼ 陣といった~ (2, 0.0%)

1 のは, ような

▼ 陣として~ (2, 0.0%)

1 有名である, 源扶隆たち兄弟の

▼ 陣とでも~ (2, 0.0%)

1 いうの, 言いそう

▼ 陣なく~ (2, 0.0%)

1 んば, 帰るに

▼ 陣などを~ (2, 0.0%)

1 日本に, 順を

▼ 陣における~ (2, 0.0%)

1 兄の, 真田父子の

▼ 陣にでも~ (2, 0.0%)

2 お入り

▼ 陣によって~ (2, 0.0%)

1 安閑たり, 考案され

▼ 陣ぶれ~ (2, 0.0%)

1 をした, 夜に

▼ 陣へは~ (2, 0.0%)

1 苦しくなった, 蘆塚忠兵衛大江の

▼ 陣また~ (2, 0.0%)

1 一陣蹈鞴の, 遊軍それぞれの

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 がもし, の精神

▼ 陣を以て~ (2, 0.0%)

1 催促され, 待たれる理由

▼ 陣一方~ (2, 0.0%)

2 の旗

▼ 陣二陣~ (2, 0.0%)

1 と先, 吹き去る

▼ 陣借し~ (2, 0.0%)

1 て働い, て参加

▼ 陣借り~ (2, 0.0%)

1 の武者修行者, 者が

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 へをした, も身構

▼ 陣十郎め~ (2, 0.0%)

1 は, を討とう討とう

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 の奇門, やに窒息

▼ 陣坐する~ (2, 0.0%)

1 すぐ附近, ところだ

▼ 陣夜嵐~ (2, 0.0%)

2 が空

▼ 陣太刀乾雲丸~ (2, 0.0%)

1 とその, は鍔

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 にも役せられた, にも用いられ

▼ 陣~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 陣左辺右辺~ (2, 0.0%)

1 のとり, のとり扱い

▼ 陣左邊右邊~ (2, 0.0%)

2 のとり

▼ 陣布令~ (2, 0.0%)

1 がある, は洛中

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 で顔, に思い

▼ 陣戎庭~ (2, 0.0%)

1 であった, であったこと

▼ 陣押し~ (2, 0.0%)

1 だけで, によって接戦

▼ 陣揃い~ (2, 0.0%)

1 だ, を触れろ

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 で剣法講話, の寸暇

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 ふ, へ

▼ 陣殿~ (2, 0.0%)

1 とな, わざわざの

▼ 陣~ (2, 0.0%)

2 落ちて

▼ 陣用意~ (2, 0.0%)

1 をととのえ, を触れさせ

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 な気持, に淀川

▼ 陣破落戸仲間~ (2, 0.0%)

2 に遣る

▼ 陣立て~ (2, 0.0%)

1 たり萱草, てこし

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 があった, の姓名

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 のこと, の角笛

▼ 陣装い~ (2, 0.0%)

1 であり町, はひと目

▼ 陣見廻り~ (2, 0.0%)

1 かと考えたらしい, などに来る

▼ 陣見舞~ (2, 0.0%)

1 に来, に酒肴

▼ 陣見舞い~ (2, 0.0%)

1 におもむき, を

▼ 陣讀み~ (2, 0.0%)

1 などと, は一

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 ふんで, を雲

▼ 陣近く~ (2, 0.0%)

1 斬入って, 追ひ詰め

▼ 陣鉦陣太鼓~ (2, 0.0%)

1 が鳴る, の音

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 の柵, 遜董襲

▼ 陣~ (2, 0.0%)

2 暗し五丈原

▼ 陣~ (2, 0.0%)

1 の掃, を孕む

▼ 陣馬ヶ~ (2, 0.0%)

1 原いちめん, 原お花畑

▼1* [347件]

あたりに女, 陣あゆみでピタッ, 陣あらせられるがよろしい, 陣あらそいになる, 陣あり三陣ありである, 陣あるはずの, 陣あッとばかりに驚いた, 陣いかに退くべきや, 陣お見舞に, 陣かけ離れて奮戦, 陣かとも疑われるこの, 陣がまへ, 陣こそ悲愴だった, 陣さ駒, 陣さし逃げて, 陣させてある, 陣さっと為吉の, 陣された宗良親王へも, 陣さ信玄流です, 陣しばらく返辞を, 陣しびれを切らす, 陣戦評定を, 陣じゃよろしく頼む, 陣すなわち私奴に, 陣せし所双方の, 陣せよ軍中紅き, 陣せられるところにのみ, 陣せるをヨシュア上帝, 陣たしかこんな名, 陣たちまち虚蒼に, 陣だけでなくべつに, 陣だけでも遊女が, 陣だけは一糸みだれず戦った, 陣だてをする, 陣ってとこね, 陣つくり立ち乍ら力こめつ, 陣であったのだ, 陣であるから板小屋一ツ, 陣できぬお味方, 陣といふ浪人者で, 陣とが木の間を, 陣とだに云えば, 陣とに遠く別れ, 陣とをそうした観点, 陣と共に豊家は, 陣どっと起って, 陣どんなものか, 陣ながら千寿王にも, 陣なきゆえ楠木は, 陣などにいきて, 陣などは恐らくここ, 陣ならば鯨幕, 陣にかけては名人であった, 陣にたいして厚くねぎらい, 陣にて表裏異, 陣にとっても一番ちかい, 陣に対して大いなる弧, 陣に関するものだった, 陣ねばり強い戦闘力到底, 陣のみにおいては戦にも, 陣はやてがかけ降り, 陣ばかりか近くの, 陣ひき分けになった, 陣ぶれしておけ, 陣への発向を, 陣んと, 陣ッさか, 陣まき起こってとっさ, 陣までを突きくずして, 陣みんな立派な大, 陣めがけ馳け, 陣もう三名が, 陣やすみという触れ太鼓, 陣やや鈍角を, 陣よりは貫禄においても, 陣よろしき地勢まで, 陣をという願いに対しては, 陣をば張つて居る, 陣をも駆け通り, 陣を通じて三千七百五十級の, 陣シ千葉上総甲信武相ノ諸, 陣劈イテ, 陣一挙の力, 陣一旗のうごき, 陣一陣濁流を渡る, 陣一齊に震らし, 陣の陣, 陣三人の抜き合い, 陣三十里往いて, 陣三陣驀しぐら, 陣上下挙つて将門を拝, 陣くずれざるもの, 陣中川清秀の一隊, 陣節之, 陣之間敵味方閧死軍兵皆令入仏道也, 陣之間敵味方鬨死軍兵皆令入仏道也, 陣二人の体, 陣二百人ほどは尊氏, 陣二陣三の陣, 陣二陣三陣の騎兵部隊, 陣二陣以下織田家の援軍, 陣人馬の影, 陣は共に, 陣を発し, 陣以下織田家の援軍, 陣以來祖先傳來の浪人, 陣以後すぐ戦争準備, 陣以後二十年とは経っ, 陣以来兇賊狩のきびしい, 陣休みだから, 陣は一瞬, 陣佐左衛門は火煙, 陣備え変るが早い, 陣の兵糧, 陣全体の性格, 陣具陣絵図にいたる, 陣の陣, 陣刀づくりの大, 陣刀薙刀など思い, 陣刀長やかに, 陣初めてこの時一喝, 陣がぴしと, 陣前小笠原殿の陣, 陣前後には幸村, 陣割りもまたず, 陣と平川右金吾, 陣務戦場の不自由, 陣勝つか, 陣勢堅固に立て, 陣勢畏怖の念, 陣北斗は雲, 陣十三段の備え立て, 陣十郎め心が変わった, 陣十郎剣鬼の本性, 陣十郎我等兄妹を見忘れ, 陣十郎林蔵殿を生かし, 陣十郎様おいでなさりませ, 陣十郎気分はどう, 陣十郎物をも云わず, 陣十郎独得の, 陣卒必らずしも勇士, 陣即ち横に, 陣一陣と, 陣取れる一群の, 陣取上にまことに, 陣名簿往復公文書の写し, 陣ひいづく行く, 陣到る毎, 陣吹いて来た, 陣吹き去る風, 陣吹き出でて船, 陣吹出で腰元, 陣問屋庄屋組頭の廃止, 陣喜田博士の如き, 陣のおぼえ, 陣圏内であろうから, 陣地区にわたる広範囲, 陣をめぐって朝廷, 陣をつくり, 陣が落成, 陣深くへ, 陣がある, 陣場さん知ってるやろ女学校時分, 陣変えしなければならなくなった, 陣外出で, 陣夜更けをすさぶ, 陣を結んだ, 陣夢寂たる裡, 陣鼓の, 陣大和口にて後藤又兵衛出張, 陣大野木大和守などの兵, 陣太刀づくり靖光の鍛, 陣太刀二口を抱えた, 陣太刀作り平糸まきの古刀, 陣太刀作り赤銅の柄, 陣太刀侍の大小, 陣太刀半弓袖搦み鉢ワリ鉄棒六尺棒ありとあらゆる得物, 陣太刀赤銅の柄, 陣太刀長やかに, 陣太史慈呂蒙第, 陣夫銭その他の課役, 陣は一読, 陣宮津の家中, 陣寄せを押しあう, 陣寄せ状態は容易, 陣寿の, 陣にそい, 陣岡田総督手文礼出張被仰, 陣島原の乱, 陣崩れに終る, 陣巌石の城攻, 陣州屋丈六という金持ち, 陣帳風暗く夜, 陣幕土俵入並五人掛り有之, 陣幕外に立っ, 陣座する柳堂の, 陣庭広場までひき立てた, 陣強化のため, 陣を南, 陣も勤め, 陣に乱れ, 陣必勝の布陣, 陣急ぎに急い, 陣惣八覚書という写本, 陣感心致した, 陣戎庭之が為, 陣のかなめ, 陣払いしたに過ぎない, 陣払いするに当っ, 陣拵えとちっとも, 陣指して馳, 陣掛りして, 陣数千の兵, 陣の襲撃, 陣敵軍あへ, 陣でも大将自身出馬, 陣日誌によれ, 陣走り, 陣時代の屋敷跡, 陣更に一段の, 陣替あらば必ず, 陣替ありて一息つぎ, 陣替えしましたか行く先, 陣服料金三両宛被成下, 陣曳きの, 陣木村小隼人, 陣本庄隊三陣村上隊また新発田隊, 陣杉原隊のあたり, 陣村上隊また新発田隊, 陣柴田伊賀守の勢, 陣の木戸, 陣の梢, 陣をはじめ様ざま, 陣を小脇, 陣から攻めかかる, 陣を揚げさせ, 陣より打開, 陣殿我らが主君義明公, 陣殿松風は某, 陣殿浮雲いところ, 陣殿貴殿のお, 陣に吹雪, 陣のごとく流れ込みぬ, 陣沒者大將小笠原定頼, 陣法勝負などの場合, 陣法螺吹立てるよう, 陣浮田秀家殿の陣, 陣潰え中軍は, 陣濁流を渡る, 陣は北, 陣焦燥の色, 陣營あとにし, 陣營内に於, 陣營左右に見渡し, 陣營救ふべく, 陣營直接相互に對立, 陣特に強い風, 陣犯す其時未だ, 陣独眼火をふい, 陣生活をし, 陣用具はすべてそれ小太郎山, 陣直々の御, 陣直後奥州の辺土, 陣を観る, 陣破れ二陣潰え, 陣磯野丹波守は勇猛無双, 陣のごとく, 陣礼儀をし, 陣福島市松のところ, 陣福島正則殿の陣, 陣移しの名, 陣に近き, 陣竹の藪を掻き分け, 陣竹七竈白花石楠などが主, 陣簿からのぞかれ, 陣を抜かれ, 陣を一新, 陣細川忠興二陣に蒲生氏郷, 陣組みを新た, 陣絵図にいたる, 陣指揮の, 陣の稽古, 陣練兵船の櫓稽古, 陣羽柴次丸秀勝, 陣が見込み, 陣翌日同郡萩, 陣聯珠となっ, 陣けされたもの, 陣自体を寸断, 陣も要る, 陣草鞋を脱ぎすて, 陣の関興軍, 陣蜂須賀彦右衛門殿の陣, 陣の音色, 陣を追, 陣衆三里ほどづゝにげ候衆, 陣装束で参内, 陣装燦爛馬ハ長大ニシテ悍気高ク海外ヨリ得タル新兵器ト火薬ナドノ物智ニ長ケ武者立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, 陣西のほう, 陣見まわりでもきた, 陣見るようで, 陣見場にあった, 陣へわっ, 陣に及び, 陣触れとるものも, 陣計りは温かい, 陣ひ來, 陣諸家指物図に鍋島光茂, 陣護衛の約束どおり千五百, 陣豊臣氏滅亡の元和元年, 陣貝吹の山伏, 陣貝陣鉦などはもとより, 陣赤田信濃守四陣大野木大和守などの兵, 陣蹈鞴のよう, 陣に染む, 陣近く其動靜を探らしむ, 陣逃走する者, 陣造るとき, 陣過ぎて走り出, 陣酒井右近の陣, 陣金鼓喊声をつつん, 陣鉄砲隊第二陣長柄隊, 陣鉦法螺の貝, 陣鉦法螺貝の音, 陣鉦陣鉦っ, 陣長柄隊というふう, 陣開戦以来秀吉の功, 陣関ヶ原役前の時人, 陣關ヶ原役前の時人, 陣附屬の問屋場, 陣隠れ杉の見世物位, 陣の幾春秋, 陣風斎先生が瀕死, 陣の丘, 陣を傾げざる, 陣馬ヶ峰などである, 陣馬和田熊倉生藤, 陣駆けつけてくる, 陣駕籠を用い, 陣しぐら, 陣の知れたる, 陣高宮三河守三陣赤田信濃守四陣大野木大和守などの兵, 陣黒田官兵衛殿の陣, 陣黒雲を捲い, 陣鼓一声白斑な悍馬, 陣鼓戦鉦など一時, 陣鼓鑼声は完全