青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「院~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~降りた ~降る 降る~ 限~ ~限っ 限っ~ ~限らない ~限り 限り~ ~限る
院~
~陣 陣~ ~陰 陰~ 陰気~ 陳~ 陶器~ 陸~ 陸軍~ ~陽

「院~」 6329, 68ppm, 1655位

▼ 院~ (2067, 32.7%)

12 お心, 方へ 10 境内に, 門を 8 ために, 帝は 7 ような 6 お目, お言葉, 大伽藍, 庭に, 御所へ, 御遺言

5 [18件] お墓, ほうへ, 上座の, 並木に, 中に, 中の, 前に, 北の, 夕の, 婢女が, 庭を, 御心, 御愛情, 晨朝の, 良石和尚, 鐘が, 陛下が, 香殿

4 [20件] お席, お庭, お顔, ことを, ほうで, 前を, 地に, 境内で, 大銀杏, 御代の, 御所に, 御所の, 御所を, 御様子, 御病気, 故郷二上山の, 槍の, 細々と, 裏の, 西の

3 [38件] お悲しみ, 一室で, 世話に, 仕事の, 制服を, 前の, 前へ, 前まで, 原の, 名を, 后の, 和尚に, 和尚は, 境内へ, 境内を, 大臣の, 女三の, 客殿に, 広場を, 庭へ, 御在世中, 御手もと, 御時, 御物が, 御物の, 御趣味, 悪口を, 教師に, 方は, 横の, 花の, 花散, 近くに, 門に, 門前に, 陛下は, 館に, 館へ

2 [144件] あること, ある団体, うちへ, おそば, お供を, お側近う, お内, お姿, お客さんである, お庭拝見, お沙汰, お耳, お言い, お話を, なかに, ほうに, ほうを, ほとりに, ように, 一室から, 一室に, 一席を, 一間に, 下知に, 下郎に, 並木へ, 中で, 中は, 中へ, 丸屋根の, 二の舞で, 仕事は, 会員であり, 住持が, 住持は, 住職に, 住職は, 來迎圖に, 侍従の, 僧を, 八十の, 公費患者であり, 内に, 前あたり, 助手に, 品位を, 四十の, 塀へ, 墓に, 墓地の, 墓場の, 墓場へ, 壁に, 外を, 夫人が, 夫人は, 夫人を, 奥へ, 奥様の, 女子部に, 女御が, 女房に, 女王に, 女王の, 如きは, 姫君が, 家に, 対の, 屋根は, 展覧会に, 帝の, 庫裡の, 庭と, 庭の, 庭は, 待詔で, 後宮へ, 御ため, 御使, 御好み, 御婿, 御寵愛, 御座が, 御座に, 御感情, 御所で, 御所は, 御所への, 御文書, 御機嫌, 御牛, 御製と, 御製に, 思召し, 戦さ守る, 方から, 方が, 方で, 方に, 方よ, 易者に, 時の, 望みを, 本堂に, 来迎図に, 槍仕, 樹下美人図との, 櫻が, 歩み, 演壇で, 状態に, 玉英一合成恩寺殿, 生活を, 相撲の, 紅梅の, 紅葉の, 老政治家, 者は, 茶所に, 表門に, 表門を, 裏に, 裏門から, 西は, 議場の, 議席から, 議席に, 近くの, 近臣に, 近臣の, 鐘, 長兵衛なんかも, 門は, 門下に, 門前で, 門前へ, 闘将として, 阿弥陀二十五菩薩来迎像の, 阿弥陀十体像に, 阿彌陀二十五菩薩來迎像の, 阿彌陀十體像に, 預かり役, 館の, 高等科を

1 [1392件 抜粋] あたりで, あたりより, あとを, あるじ上, うちから, おいでに, おんむす, お仕打ち, お側近く仕える, お召し, お坊さま, お姫様に, お居間, お座へ, お慈悲, お振舞, お服類, お歌である, お気持ち, お絵, お膝, お行方, お覚え, お語り, お雪ちゃんを, かくれ部屋, がきやいやい, ことについては, この御, こまやかだった, ごみごみし, ご門, さくら狂人の, せまい病室, そばに, ためじつに, とき袴羽織で, なくなったの, は, は一段と, は塗り物, ひとりでした, ほうからも, ほうの, ほか作者は, みまかり給, やうな, コーチ礼として, ベッドで, ベルナール・ベネディクト修道女らは, ミナミへ, 一半を, 一員に, 一庵の, 一部は, 一間で, 七堂伽藍は, 三大, 上である, 下とに, 不思議な, 並木吉祥閣の, 中央に, 中学部で, 中宮遵子の, 丸屋根を, 主僧, 九尺柄の, 事を, 事務長元副, 二上皇の, 二代様も, 二代目胤舜どのは, 二本銀杏が, 五重塔とは, 人から, 人を, 人間の, 今井博士の, 仙洞に, 仰せにより, 仲間の, 伏魔殿を, 会員や, 低い丸屋根, 住持と, 住持の, 住職で, 住職唯我教信と, 作物が, 侍女であった, 侍従と, 侍者寿王冠者の, 保姆小, 信者の, 個性を, 傍に, 僧が, 僧と, 僧房へ, 僧朝舜の, 僧正良快, 先代の, 先生にとっても, 光厳を, 光彩は, 入道高田又兵衛と, 八つが, 共同墓地に, 内から, 内には, 内や, 内玄関に, 円屋根を, 冷水を, 処である, 出張店を, 判事としては, 別当は, 別当瑞蓮寺という, 前から, 前庭の, 創立とは, 力を, 勅使, 勅額を, 勤操僧正像等は, 北, 北の方として, 北面の, 医者とにゃ, 卒業生に, 印物を, 原には, 収容力不足, 古参事務官であった, 古画新, 召集を, 号を, 同人に, 同僚松本愛重博士などと, 名は, 名園ある, 名義特に, 名誉議員に, 向ふ, 味の, 和尚を, 唖者の, 喝食は, 嗜人草を, 嘱託に, 四天王などの, 四天王や, 囲壁に, 土塀の, 在庫高は, 址なども, 坂を, 坊守さんが, 執事澄印, 基を, 堂衆だ, 堤を, 報告中に, 場所より, 塔頭から, 境内から, 境内の, 境内数時間僕は, 墓原で, 墓地であります, 墓地は, 墓場此方は, 墓所に, 外に, 多くの, 大室で, 大梵鐘, 大硯, 大臣は, 大茶会, 大路を, 天下り式結成とは, 天海じゃ, 太子像や, 夫人の, 奏覧に, 奥様に, 女の, 女一の, 女児や, 女学部, 女御の, 女御様などの, 女房らの, 女王が, 女王は, 女王様から, 好みは, 如き大, 姉は, 委員審査員として, 姫様の, 子, 子供が, 子供を, 子供達が, 存立に, 学者達に, 學生でありました, 學術部の, 安然大和尚が, 定慶さん, 宝蔵に, 室内を, 宮への, 家老の, 寂しい御, 密使公朝が, 寝床を, 審理は, 寵臣であった, 寺内に, 寿宴の, 尊号を, 小僧の, 小松智光尼から, 小道から, 尚侍は, 尺八は, 居室の, 屋根には, 展覧する, 展覧会でも, 展覧会を, 山内を, 崖に, 崩御の, 左大臣の, 帝が, 席に, 年報に, 庁の, 広場へ, 床に, 座主へ, 庫裡と, 庫裡へ, 庭で, 庭や, 庸山の, 廊の, 廟は, 建物へ, 建設は, 当直医パアシイ・ブラウンの, 役人軍人の, 後宮に, 後房なる, 後閣哀禽の, 御一子, 御不運, 御代だ, 御代は, 御像, 御前にて, 御勘気, 御在世当時, 御在位当時, 御外戚, 御姿, 御子として, 御宇久安三年の, 御寵姫, 御弟子, 御後, 御性質, 御悩御, 御意志, 御所からも, 御所には, 御所より, 御歌合, 御殿へ, 御注意, 御物, 御物中に, 御目, 御美貌, 御考え, 御菩提, 御製の, 御親切, 御負担, 御車, 御遊に, 御門前から, 御霊は, 御飾馬, 徴士にまで, 性格, 恩恵である, 惣墓の, 愛は, 感じだ, 憐れな, 戸を, 所化道心様と, 所謂不良少年少女も, 手を, 承久元年, 拝観には, 持たれた太, 掛り員が, 措画経営は, 改革問題の, 整頓された, 料理場と, 新女御, 新進教授であった, 方へと, 方丈さんどう, 旅館に, 日時計の, 日観に, 昇殿を, 時でも, 時代よりも, 曝凉は, 書記官長で, 曾て, 最後の, 會員とも, 有様で, 朝の, 木位に, 末寺を, 本堂正面が, 来迎院の, 東稲荷町の, 松並木に, 板橋本院に, 案内僧は, 桜を, 森だった, 森に, 森ソワアニの, 検査官の, 槍が, 槍など, 槍柳生流の, 槍術一刀流の, 横へと, 樹下美人図や, 檀家たる, 櫓太鼓が, 歡心を, 正語蔵の, 武士に, 武者所の, 殿上へも, 母后が, 気魄は, 水仕を, 池の, 法印, 法印定宗らが, 法廷に, 法皇御, 湯水の, 激戦の, 火も, 火之, 炎の, 熊野御幸の, 牡丹の, 物怪の, 犠牲である, 玄関に, 玉清観へ, 甍や, 生徒や, 生活に, 男女は, 画工たちに, 番兵小屋で, 番所へ, 病人たちに, 皇后が, 皇子の, 皇子邦良親王が, 目的である, 相撲か, 看護婦長, 看護手を, 碩学たちの, 祭りの, 秋山教授らの, 空地浅草寺附近などの, 窮状を, 競いから, 第三, 管槍よ, 納所は, 組織の, 経営には, 絵画は, 縁さきには, 總會か, 美人も, 義捐な, 義観の, 者で, 聖覚法印二尊院の, 肥後阿闍梨皇円は, 脇を, 舎人に, 良石和尚よりの, 花筒に, 苑を, 茶店へ, 草花の, 菊地武夫男が, 蓮見, 薬局が, 藥局が, 行くべき歌風, 行幸は, 行祐どのに, 表へ, 裏地へ, 裏山で, 裏庭へ, 補助を, 西油小路の, 見るところ, 覚禅房胤栄は, 角だった, 角力の, 言を, 記載とが, 訪問, 設立である, 設立大本営設置の, 設置に, 証明を, 話が, 話を, 諸像, 警固は, 議会を, 議員である, 議員中に, 谷を, 貞応嘉禄年間四条院の, 貴族的な, 賀筵は, 赤い屋根, 身内に, 辻, 辻よ, 近所だつた, 近臣で, 近衆たち, 道へ, 道心坊と, 邸と, 重い扉, 野天行に, 鐘遠くに, 長い御堂, 長兵衛という, 長老が, 長老世話人と, 門かな, 門とが, 門前から, 門前を, 門衛が, 開山崇傳の, 閣下に, 閻王は, 陛下も, 院別当であり, 院宣などは, 院長たり, 陰鬱に, 階段を, 隣に, 雀どころじゃ, 雑仕女義朝の, 離れ座敷, 雰囲気も, 電話を, 頃までは, 食卓を, 首領で, 高築土, 鹿垣へまでは

▼ 院~ (612, 9.7%)

21 お思い 17 お言い 11 御自身 6 則ち, 思召した, 言って 5 山田寺の, 御覧に, 村からは, 非常に 4 こうお 3 お心, して, 仰せられた, 実に寂, 微笑を, 思召し, 手に

2 [20件] おいでに, おながめ, お思われ, お愛し, お笑いに, お覚え, こう仰せられた, すぐに, 不幸に, 女三の, 宮が, 宮の, 宮重七五郎方に, 實に, 対の, 御歎息, 愛を, 東宮の, 若宮を, 雪の

1 [460件] あそばされたの, あそばしたよう, あるの, いかに彼, いっさいの, いっそうこの, いったいなん, いつと, いつに, いろいろな, いろは假名四十七道しるべの, うらやましく思召, うらやましく拝見, うれしくお, うれしくも, うれしく思召, おあやぶみ, おおぜ, おさせに, おさとし, おとりに, おもしろい設計, およりかかりに, お出かけに, お加減, お取り, お寄り, お寝み, お尋ねに, お帰り, お弾き, お思いつき, お恥じ, お恨み, お悟り, お悩ましい, お悲しみ, お惑い, お慰め, お折らせ, お捉え, お歌い, お歎, お気の毒, お泣き, お疑い, お考え, お聞き, お見せ, お見つけ, お許しに, お語り, お選び, お驚き, こ, ここで, ことに新古今風, この世を, この嗜人草, この姫宮, この寺, この小野田, この心持ち, この方, この時驚歎, この点, この邸, こまごまと, これである, これには, これにも, これを, こんなこと, ごりっぱ, させて, さっそく作曲法, さむざむしい, された, しばらく曽遊, すぐもうころ, すぐ道路, すでに崩御, すべての, ずっと宮, そういうところ, そこから, そこで, そのうち, そのこと, そのころ, そのまま仕度, そのまま縁, そのまま通るらしい, その後形を, その持ち前, その方, その結果, その苗裔, その表面, その迂, その風流, そばの, それと, それを, ただお, たとえよう, つとめて, つまらない, どう思召す, どちらでしょう, どのよう, どの御殿, どれほど, どんなにお, なさいませんよ, なさらなかったの, なだめかねて, なるの, にっこりし, はっとお, へらへら平兵衛, ほとんど素通り, ほんのもう, まして苦しい, まして限り, また, またその, まだこうした, まだ暗い, まだ生れ, まだ若い, まだ遠い, まれに, みずからお, みずから計画に, もう次, もとの, もとよりの, もと北院, やはりこの, よほどな, わが子の, わたくしの, ウィリアムソンと, カラカラと, バラックである, バラツクである, ペテルスブルグの, 一国の, 一國の, 一般の, 七十を, 七十七で, 七十三に, 七十二で, 七十六で, 三日前から, 上に, 上の, 下に, 中仙道を, 中宮の, 中宮を, 亀山天皇を, 事もなげに, 事も無げに, 二三年前新築せられ, 二十三で, 二条の, 云つた, 人から, 人に, 人前ばかり, 人殺し道場でござる, 人類に, 今ぞ, 今でも, 今まで, 今旧境内, 今農学校, 他の, 仰せられませんでした, 体面も, 何の, 何事か, 何事も, 例の, 優秀なる, 元堅, 入道の, 全く別, 全体が, 公使らの, 六十一で, 六十三歳に, 六十二歳に, 六十歳に, 其本来の, 冗談を, 几帳の, 几帳を, 前にも, 十二歳の, 十五歳であった, 千九百三年仏国政府より, 即比佐子, 又ころ, 反対で, 受け取って, 口に, 古いもの, 古風な, 史上の, 哀れに, 嘉し給うた, 回顧あそばされ, 固より, 国賊じゃよ, 地下人の, 地方教育官庁を, 墓地を, 増上寺の, 外出の, 多分この, 夜通し思い続け, 夢の, 大将に, 天台竹林院派の, 太平賊の, 夫人の, 夫人へ, 女二の, 女房へ, 女王の, 好感を, 姫君の, 姫君へ, 姫宮の, 姿も, 学職方は, 安心を, 定家の, 宝蔵院流と, 実際そうした, 実際悲しみ, 宮を, 宮内省の, 寂しかった, 寂寞として, 寂然として, 寝殿へ, 寧太, 寺とは, 将軍を, 小高い丘, 少しうれい, 尼宮に, 尼宮の, 尼寺の, 居室の, 山代の, 崩御に, 帰って, 帰ろうと, 常に書い, 平中が, 幽邃森嚴である, 幾勢が, 座中の, 庭に, 建物の, 彼の, 後に, 後西天皇, 御不安, 御両妻, 御位, 御前へ, 御同意, 御子の, 御安心, 御心, 御心配, 御忠告, 御恋愛, 御所付きの, 御期待, 御注意, 御満足, 御規模, 御遠慮, 御髪を, 微笑し, 微行で, 心ある, 心に, 心苦しくお, 心苦しくて, 必ず御, 忍んで, 思い出して, 思い比べて, 思召された, 恐れて, 恐ろしく思召, 恨めしいお, 悪夢の, 悲しがっ, 悲しくばかり, 愛情を, 感激し, 感謝し, 憐れに, 憤怒された, 我が子綱吉, 或る, 所々に, 批評を, 抽斎が, 抽斎の, 教えて, 文化の, 新事実, 新坊, 新婦の, 既にカナール, 日の, 日を, 日本探, 早くお, 早くから政宗と懇親, 早く氓びて, 早速これ, 明けても, 明石夫人へ, 昔の, 昔を, 暢気に, 暮らして, 有信の, 末寺じゃから, 本能寺変の, 本邸でなく, 朱雀院をも, 来し方の, 杯を, 東宮を, 栄えて, 森道が, 楽器の, 権三の, 櫛の, 次の, 歌の, 歌人でも, 歎き続け, 正倫, 正寧, 正治二年に, 此より, 歴代の, 歴代天子の, 残念がっ, 残念な, 残念に, 気持ちよくは, 河内介が, 法皇だけ, 泣く女房たち, 涙ぐんで, 涙を, 深く法然, 深川から, 源侍従を, 源侍従をも, 溜池より, 火を, 熊手を, 物怪の, 物足らず思召された, 特に真槍, 狭い低い二階建て, 猶溜池, 珍しい出産, 珍しい曲, 珍しくお, 珍しく口, 琴太政大臣は, 當山の, 病人の, 盟主として, 真心から, 瞠目し, 石の, 砂丘の, 祕書省と, 私が, 私の, 移り変わること, 竹林の, 笑いながら, 第二, 第二皇子, 糸魚川藩主松平日向守直, 紫の, 細川家代々の, 終日病床に, 綱吉を, 縁へ, 美男で, 聖武天皇の, 膝を, 自らの, 自室の, 芝の, 若君を, 苦しくお, 苦痛に, 落第した, 葉藏の, 藍渓元, 蘭軒の, 虫を, 蚊帳の, 西行の, 見えぬもの, 見て, 見とがめに, 見舞いの, 親たちが, 解釈された, 言い尽くせぬほどの, 言葉などを, 言葉を, 訪ねようと, 設備の, 誇りを, 語を, 赤土砂礫の, 趣味の, 身に, 近かった, 追懐あそばし, 退出した, 遂に一度, 遺言に, 避けようと, 重い学問, 鎌倉の, 長々と, 開け銭はなし手, 開廷され, 閑静な, 関白を, 陣貝吹の, 隠れた秘密, 雑魚だ, 頽れ, 驚いて, 鶏の

▼ 院~ (517, 8.2%)

8 於て 6 於ける硬派 5 現れた尊者 4 住んで, 唯一つ飼つて 3 あって, おいでに, とどまって, 入院し, 属して, 提出し, 於いて, 行って

2 [37件] ありと, ある, いた, いた頃, いて, いるの, お別れ, お宿, お移し, して, よく似, 仕えて, 入って, 入ると, 入れむとせしに, 入學, 入院, 列し, 副議長, 収容された, 否決せらる, 姿を, 就て, 居る知人, 指を, 於ける華族, 於ても, 案内され, 残って, 火を, 籍を, 葬られて, 詰めて, 迎えて, 送られて, 通られて, 難を

1 [392件] あったその間ヒンズー人, あつたらしい, あつて, あらわれお預け, あらわれて, ありければ, ありまして, あるが, あるよう, あるん, ある光忠どの, ある宰相家, ある広岡氏, ある染織物, ある箜篌, ある義猫, ある高尾, いたお雪ちゃん, いたが, いたこと, いたとき, いたの, いた帝室技芸員, いた時, いた時分, いなければ, いらっしゃるの, いる, いること, いる人たち, いる姉弟, いる常陸, いる老人, おあり, おおかたは, おかれては, おかれましても, おちつかれただちに, おは, おられたから, おられるらしい, おりましたが, おること, おれる訳, お仕え, お名前, かくれて, かよう中門, このこと, こもって, こもり夜, こもること, さしかかられた頃, したところ, しだれ桜六抱半の, しろ類似アカデミー, すぐ入院, すぐ近い, ぜひしなけれ, その後は, その笑い声, それぞれ一夜を, ちょっと手助け, つく, つれられて, とどまる質, とりて, どんな者, なって, なつて, ならっての, なりつづいて, なる前, はいり汝, はじまつた事, はめつたに, まかりける時, まかりて, まつる, やはり聖徳太子作, やられたか, やりは, ゆきました, よくお, わかれたの, ゐたと, ゐた苦し, ゐるの, 一人の, 一夜を, 三の宮の, 三十の, 三日を, 上げる, 上皇の, 不空羂索あり, 与えて, 九年棲めり, 今なお, 今なほ, 仕える者, 仕へたの, 代わって, 会おうそう, 伝える多く, 伴れ来た, 似た組織, 住した, 住んだ, 住んだの, 何か, 作って, 作曲学を, 侍く, 侍し, 侘住居の, 信州善光寺如来の, 備えて, 働いて, 僧都が, 兒が, 入ったので, 入った人, 入っても, 入られた建禮門院, 入りまた, 入り児玉氏, 入るし, 入る人, 入れたいが, 入れたり, 入れて, 入れられて, 入れること, 入れる文学者たち, 入学させ, 入学させる, 入学し, 入道の, 入院した, 入院中で, 全校學生の, 六年ばかり, 具体的活動を, 再審を, 冷え冷えと, 出入りし, 出老中, 劣らない, 勤めたり, 勤めて, 参って, 参りましたが, 参るべく帝国ホテル, 参集する, 収め稍, 収容する, 収容せられ, 古画幅, 召されて, 召使われ, 吊された青蛙, 同情申し上げ, 向い後方, 向かって, 向ひ, 君臣の, 咲き満ちて, 唐三彩風の, 唯一つ, 回付され, 埋めた, 埋葬された, 報告し, 報告する, 報告せられ, 声明の, 夜通し語り, 夢窓国師を, 失望し尽くした, 奉じて, 奉仕する, 奏したの, 如くもの, 始まつた事, 委託する, 子飼いと, 存する實物, 学ばんと, 宮が, 宮仕えし, 宿られ沢山歌, 宿りて, 宿借いたし, 宿泊し, 宿直と, 寄付し, 寄宿し, 寄附される, 寄附の, 密集し, 寝ない夜, 寵姫が, 封じられて, 専任に, 居た事, 居られるの, 居るうち, 居るの, 居る頃, 属しては, 属し奈良坂の, 属し後者, 属する死亡, 席が, 帰し得ること, 帰った, 帰って, 幸し, 幽閉され, 広清, 式場としての, 引きとり村医高橋金六, 引っかかりゃ, 当たるもの, 当てられて, 往きて, 往き滝, 往つた, 往来で, 後醍醐天皇御, 御同情, 御宿陣が, 御後嗣, 御納骨, 御陵衛士隊屯所という, 愛されること, 戻り着くと, 抑付けられたき, 指さし教えたと, 捨子が, 接する処明地, 接近し, 提出された, 提出した, 改む, 故人の, 斎藤越後守は, 斷髮, 於かせられては, 於ける個人, 於ける居士, 於ける津村氏, 於ける潛勢力, 於ける潜勢力, 於ける純, 於ける芭蕉忌, 於ける言葉, 於ける質問通り, 於る, 旅装を, 日輪寺という, 書き直させた, 有名な, 来て, 来てから, 案内した, 桜を, 模した, 止らず近, 止らず近来政党, 此鳥の, 死し西周, 殘つてゐる, 殺到し, 比べて, 比べると, 泊って, 泊つた人の, 泊つて夜半まで, 注ぎ込むと, 洋画の, 浄土と, 添って, 渡辺さんを, 渡邊さんを, 源氏の, 滞在中の, 火の, 燭を, 献じたと, 現れた時, 田地を, 申し上げて, 留守居らの, 異例の, 相違ござらぬ, 着いた源氏, 移しました, 移し元小, 移った, 移った翌年, 移つて始めて, 移りわずか, 稲実屋一宇を, 突き当って, 立つ, 立寄りて, 籠つて島から, 籠居し, 納めて, 続いて, 置いて, 置かれたかとも, 置かれたところ, 置かれて, 美しい尼さん, 至りし日雨, 至り石州, 落ち込んだの, 著, 葦原金次郎つひ, 葬つた人々, 葬らしめ太刀, 葬られた, 葬られたが, 葬られた人, 蔵する所, 蟄居し, 行い地内, 行き祇園, 行こうと, 行ったこと, 見え宝蔵院, 親しくお, 訴訟する, 詣って, 詣でたりけり, 詣でて, 詣る, 謹慎中である, 谷崎潤一郎が, 谷干城を, 赴いた心理, 起りし事実, 転任し, 転地する, 近い大路, 近接した, 送って, 送らるべきか, 送られた, 送られたが, 送られなければ, 送られも, 送りて, 送りながら, 送り都下, 送れば, 逃げ込んだが, 逃げ込んだと, 通しました, 通って, 通つて居た, 通ひ, 通夜を, 連れて, 連れられて, 連れる廊道, 道場を, 遣は, 遺棄され, 避難し, 避雷針を, 里見氏の, 重きを, 長と, 限ったこと, 隱る, 集りたる上, 集りました, 集積され, 雑仕として, 非常に, 面会したい, 預けて, 飼われるよう, 飾りつけが, 養われて, 香たてまつる, 馴れ親しみ次に, 魂の

▼ 院~ (335, 5.3%)

7 帰って, 行って 6 来て 5 連れて 4 まいった 3 いって, おはいり, お帰り, 伺候し, 伺候した, 出て, 参った, 帰った, 着いた

2 [21件] おいでに, お移りに, また東, 伴れ, 出かけて, 参り雑兵劫掠, 奥方様と, 往つた, 従って, 御入, 持って, 来た, 来たの, 着くと, 移された, 移って, 行幸が, 資財を, 送られて, 通って, 馳け

1 [237件] あの日, あらましの, ある女性, いそぐ道すがら, おくりこっそり, お伺い, お入れ, お出入り, お廻り, お知らせを, お移し, お置き申し, お託, お詣り, お話しし, お話しする, お迎えに, お通し申しあげ, お頼み, このまま, さえも, じかに導い, すすみ二夫人, その旨, たどりついて, つかわされた, つれて, とくにまた, どこの, なんかやらない, にわかに御幸, はいって, はいりそこ, はいること, まいって, まいり襖, また戻る, まわるの, もどって, やって, やって来ると, やらないで, やらなければ, やられつちま, やるつもり, やると, やるの, やる考え, やろうと, ゆかなければ, ゆくの, ゆく路, ゆく道, 上がって, 上がること, 云った, 今夜に, 伎翁の, 伴わせて, 伺うの, 伺おうと, 伺った, 伺って, 侍女として, 入った者, 入って, 入らせおは, 入られ叡山, 入ること, 入れおいたあの, 入嫁, 入学する, 入院させ, 入院する, 兵部卿の, 出かけたが, 出るなり, 出入りし, 出張の, 出頭した, 参って, 参られること, 参り主人, 参り玄関, 参ろう, 参ッて, 参詣し, 参詣を, 収めたという, 収容される, 召された, 向かった薫, 呼び寄せようかと, 回付する, 埋め今, 奉った衣服類, 奉りし馬, 奉ること, 奏聞せよ, 好意を, 姫君を, 学問の, 宮が, 宿り木の, 寄って, 寄ること, 寄ろう, 寄付された, 寄附し, 寄附した, 専任と, 導かれた, 届けて, 差し上げたが, 差し向けて, 帰ってから, 帰っても, 帰られたそう, 帰り着いた, 帰れとばかり, 度々融通, 引かれて, 引きうつる, 引き取って, 引上げよう, 往かずば, 往って, 御報告, 御相談, 御説明的, 急ぎ行かん, 戻り黄昏, 招ばれ, 提出する, 放火し, 斎宮を, 新たな, 明日の, 曲がる角, 来たこと, 来てから, 来てからは, 来なければ, 来るという, 来る前, 杯を, 案内した, 歌を, 歩いて, 残りの, 殿上人が, 気安くおいで, 泊められたが, 済まないという, 渡してから, 渡すの, 渡すほう, 源氏に, 漱石を, 潜幸された, 申して, 申し上げた, 申し上げたついで, 申し上げようと, 病女王を, 盆詣りした, 着いたとたん, 着いたの, 着いた一行, 着くまで, 研究に, 移ってから, 移ってからも, 納めたか, 経などを, 絵を, 繃帯し, 聞え上げられました, 聞きに, 腹を, 自首し, 舞い手, 葬って, 葬るの, 行きさえ, 行き着いた, 行くか, 行くと, 行く停車場, 行く樣, 行く道, 行こうと, 行ったかえり心斎橋筋, 行ったの, 行った時, 行つた, 行つたが, 訪ねて, 詣る途中, 試合に, 贈れる懐紙, 身を, 車を, 転住した, 転地した, 迎えたの, 迎えて, 迎えようそれ, 迎えられてから, 迎えるの, 近づくうち, 追い払うこと, 退出おさせ, 退出した, 送った, 送られたの, 送られては, 送られる迄, 逆流し, 這入つた, 這入つて, 這入り庭, 通されたと, 通されて, 通せ, 通ふ, 通られました, 通わして, 遊びに, 運ばせて, 達した時, 遣わしました, 長逗留, 電話を, 駆けつけた, 駆けて, 駈けて

▼ 院~ (282, 4.5%)

8 おいでに 6 お言い 4 ある, お崩れ, お聞き, こうお 3 御覧に, 非常に

2 [15件] あった, あって, お弾き, どうお, どうした, はいって, 三年忌には, 宮の, 帰って, 御寺, 御自身, 特別に, 藩閥に, 見て, 閣下の

1 [216件] あちらにばかり, あっさり解散, あったの, あつて, ありとなり, あります, あり地方, あること, あるという, あるの, あるのみ, いう, いたずらッ児の, いろいろの, おかくれ, おとめに, おはいり, おめでたい年, お一人, お亡, お勧め, お召しか, お座敷へ, お引き受けに, お思い, お恨めしく, お愛し, お扱い, お持ち, お教え, お求め, お盆を, お言い出し, お読ませ, かわられたの, きいた, こういった, こうおっしゃいました, こう冗談, こちらへ, このこと, この報告, この女, この子, この御, この若い, これに, これほどにも, こんなふう, ごたい, ざわめいて, すでに営, そうした考え, その奥, その故障, その方, その海岸, その発見者, その表面, それぞれ土塀を, できましたけれど, とめて, どれだけ, どんなにその, ながめて, なくっても, ひどくきたない, へりの, まがりなりにも成立, またその, まだ御, まだ東宮, より多く, ペレニウスの, 一時にも, 一杯に, 上皇の, 上達部や, 世捨て人の, 二三日この, 二条為遠, 云った, 今日の, 仰せられたこと, 仰せられたの, 仰せられる祈祷, 仰っしゃったようにもしこのゆうぐれが春, 仲人した, 伏見院と, 何だか知らない, 何の, 何度も, 八十の, 八十一歳を以て, 六条の, 其鋭い, 出て, 出家の, 出来たから, 出来て, 出来ると, 出来上って, 出来女, 出来顔ぶれ, 北山に, 反帝展派, 吉野朝の, 呼んで, 堂舎を, 声を, 大将を, 女王の, 始終御, 姫宮を, 官許の, 宛てがわれて, 寂しが, 寂しがっ, 寄って, 対の, 寿山室に, 尋ねた, 尋ねると, 山の寺へ, 崩御された, 常にこちら, 年金を, 幼児に, 延暦寺末であった, 建つて, 建立された, 建築も, 後鳥羽天皇の, 御仏事, 御位, 御大病, 御子の, 御実子同然, 御寄託, 御寵愛, 御後援者, 御心痛, 御生命, 御譲位, 御辞退, 御遁世, 忍んで, 忘れがたく, 快楽室に, 怯えたよう, 戌年生まれだ, 手ぜまに, 持てゐるといふ, 推薦する, 握り潰され復旧案, 支那全土を通じて, 改造され, 新勅撰的標準, 新坊, 日蓮宗の, 早くお, 早速正治二年, 昔この, 晩年に, 暫時対の, 最もお, 最後まで, 望んで, 本場所と, 杯を, 東宮で, 果してこの, 柏木に対して, 栄誉ある, 概して大衆作家, 歎息を, 火災に, 点を, 為家に, 無言で, 熊野へ, 牢破りを, 王者としての, 目に, 私を, 絵に, 繰り返しの, 美々しく落成, 肩を, 腰元たちと, 自分の, 自分は, 至尊風の, 良経と, 草庵だ, 行く末を, 衣を, 襲って, 西行を, 見捨てて, 解散し, 言葉を, 設けられてから, 設備した, 読んで, 譲位に, 辞去した, 野原にでも, 開けてからも, 院政を, 随分気に入っ, 隠岐へ, 隣の, 類焼し, 養老院に, 養育料を

▼ 院~ (213, 3.4%)

5 出て 4 経営し 3 たずねて, 出た, 卒業し, 菩提所に

2 [14件] あてて, して, はじめとして, 一周し, 中心として, 中心に, 出た甲斐, 出ること, 創立した, 見に, 見舞った, 訪うた, 訪ねて, 駒止め橋を

1 [164件] おとずれた私, おもいだして, お思い, お思い出し, お恨み, お恨みし, お恨みした, お恨み申し上げる, お恨めしく, お気の毒, お見舞い, かまえて, ぐわらぐわら帰っ, そ, たずねるの, たずね大原, とり囲んだ松林, どんなに不幸, はじめその, はじめ奉り, はたして公納堂, めざして, サラマンカに, 一望の, 一炬に, 世の, 世話し, 中央に, 丸山の, 人々の, 今朝立つ, 会場に, 作って, 作りました, 信じさせ桂昌院, 修し日光山, 僕達一行が, 出たはず, 出たばかりの, 出た同窓, 出でて, 出る英国公使, 出る英国公使パアクス, 初め女中たちが, 初め柳沢吉保の, 創設し, 包む森, 匡済せ, 匡濟せ, 十分たくさんに, 卒業した, 単なるお寺, 去ること, 叩いたの, 可笑しさ, 司るシムモンス博士, 向けて, 囲んで, 始め並み居る, 宿と, 宿舎と, 審議す, 寺の, 尊んで, 尊敬し, 座敷へ, 建って, 建て, 建てたこと, 建てる手数, 建てろ一つ, 建て成年, 建立し, 建立した, 建立の, 建設する, 往って, 御尊敬, 御案内, 御立ち, 御覧に, 忌みきらったからの, 忍び出られ鞍馬, 恨めしくお, 悲しむ心, 愛して, 拵らえ, 捨てて, 新築し, 明渡し, 書いて, 根拠として, 桔梗の, 構へ, 標準として, 正久, 殺したばかりか, 溜池に, 無断で, 物悲しくおさせする, 目ざして, 目のあたり見, 睥睨し, 破るため, 祭った神社, 秀麿と, 私は, 突然に, 立ち去るであろう, 立てて, 経由した, 維持す, 背景と, 興して, 舍き, 落第し, 襲い是, 見た, 見て, 見る, 見るため, 見る為, 見学しろ, 見物し, 見物したい, 見物する, 見物に, 見舞わない日, 訪いしが, 訪うごと, 訪ねた, 訪ねたの, 訪はう, 訪ひ, 訪れたからには, 訪れた者, 訪れる磯貝浪江, 設けて, 設け疲, 設立し, 設立する, 設置する, 調べた, 警戒し, 起こし棄児, 跡に, 辞したこと, 辭した, 退出した, 退院し, 逃がしたこと, 逃げ出したとか, 通り抜けようと, 通過す, 過ぎり壁上, 選ぶこと, 開いて, 開くも, 開業する, 関ヶ原の, 隠岐へ, 頂点と, 頌して, 顧みた

▼ 院~ (144, 2.3%)

12 おあり 2 すること, 死んで, 藩閥政府と

1 [126件] あつた, いう, いやそん, お取計らい, お開帳, この催し, この鳥, こもり続けようと, これは, ござります, させたいと, さつ, された演説, じかに言葉, たべた, できた, でも, なしに, のぞいた時の, ひと修行, やや下がりかけた, ようやく公判, スパージョンの, ハイ同勢七人賑やかな, パアマネントを, マニキュアばかり, 世を, 井戸に, 井谷から, 今大, 休んで, 会員候補氏名が, 伺いましたが, 何と, 何億万円の, 保育される, 信雄の, 催された時, 先生が, 冬を, 决めて, 初めて居士, 初演された, 印刷に, 危篤状態だ, 双方会見の, 収容者の, 受けつけられるか, 同級だった, 否決し, 味噌を, 和算史調査の, 四十八夜の, 四十八日の, 四十日ばかり, 大乗戒を, 夭折する, 女の, 嫁入り衣裳の, 寄り合いでも, 審議未了, 山楽の, 弘法大師筆と, 待つと, 御休息, 御酒を, 接待に, 握り潰された, 撞いたので, 撞く鐘, 暮して, 暮らし専ら, 暮れかける, 更にもうすこし辿れ, 枢密議員たちに, 枯れるよう, 某議員, 歌を, 武蔵が, 死ぬよ, 死んぢまつ, 死児を, 江の島の, 浄土の, 消費される, 源氏が, 演説しよう, 病歿した, 皇太后の, 目に, 終って, 結ったらしく大きく, 絶命する, 聞いて, 聞けば, 育った, 育った娘ジャーシャ, 育てられた子供, 育てられて, 自刃した, 自分の, 艶名を, 茉莉と, 荼, 行なわせたく思うの, 訊ねたであろうが, 講演を, 谷さんと, 賀の, 踏歌の, 通過した, 連歌の, 遊び暮らした, 遊ぶこと, 選挙干渉難詰の, 遺骸を, 鉱毒演説会が, 鉱毒演説会を, 開いた閣老, 開始した, 院は, 類別や, 食べた瓜漬, 養われて, 高砂を, 鶴の

▼ 院~ (140, 2.2%)

6 云ふ 3 云う寺, 云ふも 2 いって, いふが, お別れ, ごいっしょ, 云うの, 書いたもの, 称した

1 [114件] いいし頃, いいますがね, いい学者, いう, いうと, いうに, いうのに, いえば, いふ, いふに, いふ所を, いへば, こ, した, したの, したる由, した訳, して, すぐ柵, その少女, その表彰, その頃, たずねれば, なし加納, なって, なれば, よい対照, 一寸八分の観世音菩薩と, 三代の, 並んで, 中宮は, 云うこと, 云う寺坊, 云ったもの, 云って, 云っても, 云つた, 云ひ, 云われて, 互ひ, 僧正坊の, 六条院は, 協議を, 号した, 号し宝永八年四月, 号する一宇, 同じく全く其跡, 同じよう, 名くる, 名づけしめ給, 名乗る老翁, 名付玉ふたといふ, 呼ばれ仙台, 呼びオペラ, 呼んだ, 大局に, 大師流に, 天下に, 女王様が, 実朝, 崇源院を, 市井の, 平家の, 平相国清盛, 往来ある, 御兄弟, 御典医名, 悲田院に, 感化院とは, 慈善病院が, 慈善病院を, 折り合いの, 改めたと, 改稱した, 救護所が, 新院の, 書いた陶製, 来て, 柳生, 梅屋敷の, 橘千蔭との, 申されるお寺様, 申しますか, 申し皆, 申す, 申すお寺, 申す所, 申せし, 申せば, 相並び, 称されて, 称して, 称し前掲, 称し実家池鯉鮒家, 稱へて, 紛らわしい名, 聞けば, 自身を, 荒野の, 衆議院と, 裁判の, 覚王院を, 覺ゆれ, 言って, 言へば, 言亡父が, 記して, 議政府とにおいて, 讀まれたり, 道一筋の, 違って, 青島の, 非常に, 高倉との

▼ 院~ (88, 1.4%)

4 御意なされ 3 のお, の御, の時代 2 でいらっしゃいます, にも御, の御意, の御用達, へお, へ申し上げ

1 [63件] お二かた, お代替り, お果てなされ, から大殿, から拝領, から聞い, がお, が仰し, が御, その頃, というお, とが庭, と云う, と云っ, と仰せられまし, などは慶喜, に, にお前, にはおん, には御機嫌, にも一かた, の, のおん住居, のおん言葉, のお供, の仰せ, の仰せられ, の侍医, の側仕え, の前, はさ, はまた, はよろ, は一度, は三斎様与一郎様, は又, は右, は四月, は孔子, は少, は少し, は御, は御返事, は梅, は至って, は霜, は非常, へお詫び, へもお願い, へ御, へ献上, も, もまた, よ, をお, をおん渡し候, 又御意, 御三十五日, 御四十九日, 御幼名, 御病中出精相勤候, 御自身, 御逝去

▼ 院から~ (76, 1.2%)

2 出て, 運んで, 集められ数百哩

1 [70件] あった仰せ, お引き受けを, お譲られ, かどわかされようと, くだって, ここの, すこし行く, どうしてこの, どんどん出る, プーシキン賞を, ラディオの, 一高帝大と, 三月堂へ, 仰いで, 伝わった物, 入山され, 出る雑誌, 分離し, 参りましたと, 受け取ったと, 古輿, 召喚された, 回して, 回送された, 大審院まで, 奉ったの, 宇乃を, 宮本新八が, 寂光院あたりには, 密かに, 屋形の, 山越しし, 帰って, 引き返して, 御使い, 御懇切に, 御招待, 御補助, 恩賜賞ならびに, 戻って, 手紙で, 授賞された, 撰集の, 救って, 文科大学に, 早くまいる, 来た子ども, 来るペピイ, 東にあたる, 武者床を, 毎月十フランずつ, 派遣せられ, 源氏は, 申せば, 発する趣き, 移転させた, 種を, 窃に, 自分は, 至って, 貰った薬, 貰って, 農家の, 退出した, 送り来った, 逃げ出した狂躁性, 進行検査が, 金牌が, 集まつ, 飛びだした女達

▼ 院~ (73, 1.2%)

2 お悲しみ, 一ときに

1 [69件] あまりお, いつしか水藩, おかわいがり, お困り, お念じ, お泣き, お礼の, お聞き, このお, この勝負, この聖, すっかり看板, その仏間, その昔, そんなに御, ますます清艶, またそちら, またその, また六条院, また悪女, また義満, もう長く, よく何, 一家族で, 世尊寺風の, 久ぶりに, 互いにただ, 仰せに, 兵部卿の, 出来た, 同じ方角, 回想し, 大変だった, 大将が, 太后も, 女中たちも, 女御に, 女王も, 妻としては, 始終御覧, 少し顔, 崩御に, 常に恋しく, 後伏見院も, 御心痛, 御息所も, 御承知, 御機嫌を, 御病気, 御自身, 御覧に, 微笑を, 時々扇, 暮れゆけば, 本堂一つ残つた, 本堂一つ殘つた, 死ねば, 涙ぐんで, 相手に, 竜王院も, 紀州家の, 肉親の, 肝心の, 自分という, 至極無造作, 著作権審査会も, 身に, 通過しまし, 過去に

▼ 院という~ (67, 1.1%)

8 のは 4 寺の 3 寺が 2 お寺の, お寺を, ものが, 寺に, 寺を, 文字が

1 [40件] お寺に, かたちで, のが, のである, のに, のへ, もの, ものの, ものを, やつは, ような, 一室が, 下馬評が, 修験者は, 修験道の, 別荘の, 名が, 名は, 坊の, 堂宇が, 学校は, 学校を, 寺は, 寺へ, 山法師が, 廃院に, 役所を, 御方が, 念仏道場を, 所に, 所は, 特別な, 真言寺が, 立派な, 者を, 藪の, 貴族の, 辛辣な, 門札も, 陽明学派の

▼ 院議員~ (50, 0.8%)

2 が貴族院, であつ, となり, なり人, になっ, になった, に勅選, のお子さん, ノ互選資格

1 [32件] が, が日比谷, が脇, さ, だったし, であった, であったが, でありまた, という当時, として吾, となっ, なんて澄まし込ん, に, になる, にもなられ, に対して余, に對, に推挙, に撰, のパリパリ, の兄, の兄様, の愛娘, の晩餐会, の有志, の氣焔, の滝口吉良, の資格, の邸, をなさっ, をやめ, 正四位

▼ 院には~ (49, 0.8%)

1 [49件] いるの, いる事, およそ似つかしからぬ, この時, こんな醜, さうし, どこの, なかなかお, はいること, 三島選手が, 人の, 今度新しい, 位牌も, 何人もの, 八代家重の, 前後三度きました, 十二代家慶十四代家茂同, 哀れに, 土御門天皇が, 墓地なき, 多くの, 大将だけが, 大黄鼬の, 夫人たちを, 学問の, 宇多天皇と, 寺蔵の, 常に生死, 或は学識, 或は學識, 擂粉木を, 救世観音を, 旗本風情に, 月代の, 歌人は, 毎週の, 浦里時次郎の, 澤山の, 狸が, 生前恒性親王という, 皇子の, 私たちの, 美しい尼さん, 義元を, 謀叛の, 近隣は, 金満家の, 門構も, 高僧および

▼ 院~ (37, 0.6%)

2 育児院の

1 [35件] 三月堂の, 三月堂は, 三芳野天神へも, 二月堂にでも, 刑務所などに, 原田積善会服部報公会等の, 大善院の, 大善院側でも, 大学などには, 失脚公卿に, 女中共を, 宗教法案の, 寄宿学校の, 小柳生, 延暦寺, 慈善病院を, 慈善的施設の, 慈善的施設は, 慶応の, 我国の, 或る, 本願寺の, 浄土院の, 産科院や, 瘋癲院などへは, 百万遍真言宗の, 竜王院で, 竜王院を, 腰元共は, 著作権審査会と, 衆議院でも, 託児所へ, 青島の, 順徳天皇に, 養育院に

▼ 院~ (37, 0.6%)

13 実世 3 実夏 2 公賢の, 実世卿

1 [17件] 中納言公重は, 住職ニ面会直, 僧正賢俊と, 公賢, 大納言の, 大納言公重, 宮弾正, 建立以来専ラ近隣ト闘争シ弓矢ヲ, 御宇治承, 御領, 朝ヲ, 法印宗信で, 第二皇子以仁親王, 賢俊も, 辻番カラ棒ヲ, 階段ヲ, 雀蒙

▼ 院殿~ (37, 0.6%)

3 の御代 2 といった吉宗公, の位牌, は甲冑刀剣弓鎗, へかの, よりも出格

1 [24件] が大権坊, この上, という偉, と申しあげた, と称する, と言, のおん弟, のため, の前, の坂, の坂下, の御, の御内使, の方, の時代, の治世, もこの, をお送り, を傍, 元活瑞仙, 同肥後守光, 大相国一品, 幽斎藤孝公, 本如瑞仙

▼ 院では~ (32, 0.5%)

2 ない, 石榴の

1 [28件] あっても, その言葉尻, なくして, なくて, ひどく駭, ハガキ二十五銭封書五十銭に, ハガキ二十五銭封書五十銭の, パーマネント・ウェーブの, ラプラスに, 主客の, 僧が, 先生たちが, 入れては, 全体にわたっての, 同じ長屋住ひで味噌醤油, 夏の, 姫宮の, 審議未了と, 次の, 毎早朝一山, 池田駅高島駅等附近の, 源氏を, 皇后陛下が, 秀吉以下堀尾茂助の, 英国一流の, 薬を, 試合を, 院の

▼ 院~ (27, 0.4%)

53 口伝, 在位の, 集 2 自身の, 自身は 1 一人の, 医師方子息, 參詣結縁の, 実記などに, 時勅を, 自撰で, 自身すらも, 自身にも, 自身による

▼ 院~ (18, 0.3%)

2 には藩閥

1 [16件] なるフラミニア, にも世間, に盛名, に祭るべし, のお, の千本, の反, の專横振り, の御用, の者, の諸, へ史局, へ神牌, や民衆, をも洛中, 第幾株

▼ 院会員~ (18, 0.3%)

2 が初度, に推された

1 [14件] それから, で一代, としての小説家上司小剣, として最も, となった, と書い, なんてべらぼう, になれなかった, にはなれず, にも銀行, に推挙, の名, の栄職, や直木賞

▼ 院~ (18, 0.3%)

2 の列

1 [16件] が何, が手, が槍, が行った, と共に般若野, と戦い, に謝ろう, のたくさん, の不戦的態度, の中, の前, の十数名, の槍, の話, は十人以上, へ柳生家

▼ 院にも~ (17, 0.3%)

1 [17件] あなたの, ある, ある時, いたが, まさる寂光院, 七年の, 伺って, 何處にも, 入学できる, 出たが, 出入りし, 勘坊っていう, 定家卿にも, 常備軍が, 度々勅請, 行った, 里見氏の

▼ 院まで~ (17, 0.3%)

1 [17件] ありて, いって, たどって, 乗せて, 出かけ一緡, 参る, 幾室かの, 戻らぬうち, 戻ろう, 曠野の, 火に, 知らせて, 落ちて, 行くの, 行って, 走り続けられるはず, 駈け戻って

▼ 院左膳~ (17, 0.3%)

2 の娘

1 [15件] であった, というお方, と申す, と鳰鳥, の実, の軍勢, はお側, はさすが, は絶叫, は謀反, もその, も謀反, を大将, を始め, を総

▼ 院長兵衛~ (17, 0.3%)

2 が水野

1 [15件] じゃ酒, だか, と権八, などより危険性, に対照, のごとき, のたぐい, のよう, の三百回忌, の二代目, の劇, の死, の誕生地, の頃, の風呂場

▼ 院さま~ (16, 0.3%)

1 [16件] がたいそう, とか云いました, とは和宮さま, と天璋院さま, と家慶公, にお, のお, のおん, のお召, のお腹, の前, の御所, の愁訴, はおん顔, は三浦, は始終

▼ 院~ (16, 0.3%)

1 [16件] で下車, で砂田屋, にてもこの, の坊主軍鶏, の小学校, の往来, の樹下闇, の猿飴, の自宅, の魚屋, へ出, へ廻っ, へ来かかる, まで行く, まで行っ, 内府の

▼ 院~ (16, 0.3%)

7 の槍 1 といっ, などと持て囃し, のだから, の二代目, の大, の秘奥, の鎗術, よりも三井寺, を編出した

▼ 院といふ~ (15, 0.2%)

2 寺が, 寺の

1 [11件] のに, のは, ものへ, 一頃通りで, 宿坊を, 寺あり, 寺に, 水に, 皇室の, 紀州公方, 藏書の

▼ 院~ (14, 0.2%)

4 一の 2 一流の 1 一回公判調書に, 一回公判調書記載と, 一部論文集, 三世の, 三号大, 二十五回展の, 五の, 十五回展に

▼ 院~ (13, 0.2%)

4 で御 2 でも孰ら, の工事 1 がまだ, と云, なら他, の電車, を使っ

▼ 院でも~ (12, 0.2%)

1 [12件] これに, そのとおり, やはりそうした, 不賛成な, 仕事を, 前例の, 半分は, 大損す, 実にうるさい, 引き取つて, 申して, 病院でも

▼ 院へは~ (12, 0.2%)

1 [12件] いる横, おいでに, まいって, もう幾月, よくもおいで, 右大臣家の, 在原氏, 寄宿を, 帰らなかった, 帰りません, 業病の, 藤原氏の

▼ 院~ (12, 0.2%)

2 をさせる 1 のため, のほう, の問題, の帰り道, をする, を問題, を断念, を済ませ, を躊躇, を阻止

▼ 院とは~ (11, 0.2%)

1 [11件] きいて, どこに, 交渉浅く, 今は, 全く別, 同系の, 垣を, 対岸的の, 最も自分, 異った, 違った男

▼ 院~ (11, 0.2%)

2 へ出 1 から見える, で中井さん, で乱暴, には見る, に横, に見, の柵, へ出る, へ近づい

▼ 院~ (10, 0.2%)

1 から, ての, と, とかに見られる, とか廃兵院, と今, と思う, と気, な, のという

▼ 院より~ (10, 0.2%)

1 やがて六波羅, ポルタデルポ, 伏見院までは, 出版した, 南寄りに, 後醍醐院まで, 御気色あらむを, 竹井検察官が, 西陣の, 賜わった馬

▼ 院ヶ原~ (10, 0.2%)

1 で巡り会った, と云う, にある, のかこい, の野仏, へ入っ, へ足, まで飛ん, を帰る, を走り抜け

▼ 院~ (10, 0.2%)

1 がいる, が匿, となり, になった, のお, の南円和尚, の役目, の者, へ問い合せた, をし

▼ 院境内~ (10, 0.2%)

1 にオサルサマ, の世界, の仮, の墓地, の小屋がけ, の庭, の池辺, の源光院, へすばらしい, まで両国橋

▼ 院議長~ (9, 0.1%)

42 たりし, たり西園寺侯 1 という

▼ 院~ (8, 0.1%)

3 荘の 1 御末也云々, 所有, 荘は, 荘之, 選挙人と

▼ 院~ (8, 0.1%)

1 だが, というもの, というよう, や文化勲章, をもらっ, をもらった, を貰った, を贈呈

▼ 院~ (7, 0.1%)

1 どの道我が, バベルの塔の, 古い寺院等, 廃院の, 犬か, 監獄へ, 虎の

▼ 院での~ (7, 0.1%)

1 ことです, できごと, 反乱, 振舞いそれ, 退きよう, 送別会の, 馬場筋と

▼ 院との~ (7, 0.1%)

1 なかに, 前なる, 大奥における, 御父子, 新婚生活が, 間に, 間柄が

▼ 院において~ (7, 0.1%)

1 その得意, それが, 万年の, 右の, 寝床と, 彼の, 授業を

▼ 院生活~ (7, 0.1%)

1 が始まる, など夢にも, に余生, に起った, の描写, も彼女, を尊氏

▼ 院隆光~ (7, 0.1%)

1 こそは許し, だったから, とは怪しき, にとっては大いに, のごとき, の言語道断, を盲信

▼ 院からの~ (6, 0.1%)

1 お召が, お贈り物, たいしたお, 仰せが, 御挨拶, 御消息

▼ 院とか~ (6, 0.1%)

1 その辺り, 云う, 感化院とか, 某庵, 称うる, 銀閣寺とか

▼ 院とも~ (6, 0.1%)

1 お別れ, 云ふべき, 呼ぶ, 坊とも, 奈古谷寺とも, 見るべき中教院

▼ 院にて~ (6, 0.1%)

1 主人の, 人払いの, 再び調査, 割腹す, 荼, 観

▼ 院御所~ (6, 0.1%)

1 にお, に北面, の夜襲, へ無謀, を守護, を御

▼ 院~ (6, 0.1%)

2 に収められ 1 にも四号, にも載せ, に有, に無い

▼ 院門前~ (6, 0.1%)

2 に住む 1 で俗, にて鬻げる, の大通, より競馬場

▼ 院あたり~ (5, 0.1%)

1 で十銭, にはまだ, の景色, の権限, の蹤

▼ 院からも~ (5, 0.1%)

1 お世話を, お道具類, よく御, 宮中からも, 派手な

▼ 院などへ~ (5, 0.1%)

1 やられるよりは, 入れるの, 収容します, 寄贈し, 移って

▼ 院なる~ (5, 0.1%)

1 兄の, 御墓, 稻葉宙方の, 者に, 馬楽地蔵に

▼ 院に対して~ (5, 0.1%)

1 こういう誘い, やましいこと, 増上寺を, 恥ぢるべきだ, 肩の

▼ 院へでも~ (5, 0.1%)

1 お入れ申した, はいれば, 寄つて行きま, 寄附する, 送られて

▼ 院への~ (5, 0.1%)

2 御遠慮 1 来訪者は, 道西の京の, 遺贈を

▼ 院へも~ (5, 0.1%)

1 お出入り, 入らないで, 勧学院へも, 帰らないで, 皆で

▼ 院~ (5, 0.1%)

1 でもうすうす, の姦, の計画, は槍, へひとり

▼ 院僧都~ (5, 0.1%)

4 が毎日 1 の弟子

▼ 院~ (5, 0.1%)

1 でも同様, と呼ばれた, と地続き, は文亀四年, 諸太夫樫田阿波守

▼ 院御物~ (5, 0.1%)

2 と万葉集 1 でも見られる, に於, の有名

▼ 院~ (5, 0.1%)

1 の富田渓仙氏, の方々, の日本画, の畫家, の道場

▼ 院~ (5, 0.1%)

1 が熱烈, の家, の義挙, へ寄付, を巡見せり

▼ 院管弦団~ (5, 0.1%)

2 を指揮 1 で入っ, の以外, の入れた

▼ 院総裁~ (5, 0.1%)

1 となり, になった, の中村是公氏, の言明, を訪ね

▼ 院行き~ (5, 0.1%)

2 の一件 1 が幸福, の前, を承知

▼ 院関係~ (5, 0.1%)

1 の友人, の叙述, の家庭, の家柄, の諸

▼ 院~ (4, 0.1%)

2 一人の 1 庭の, 藤の

▼ 院さん~ (4, 0.1%)

1 で沸かして, で淨瑠璃, どす, どすか

▼ 院~ (4, 0.1%)

1 そうにござります, のだ, のである, ので経文

▼ 院のみ~ (4, 0.1%)

1 ぎりにわれ立てば, 世の, 志に, 燈の

▼ 院らしい~ (4, 0.1%)

1 ふうだった, ものが, 一房だった, 建物を

▼ 院をも~ (4, 0.1%)

1 いくたびとなく招待, 合せて, 御招待, 通過した

▼ 院事件~ (4, 0.1%)

1 の手懸り, の説明, はまだ, は全く

▼ 院~ (4, 0.1%)

1 が歩み寄つた, になつて, になつて自分, の列

▼ 院化はん~ (4, 0.1%)

2 も時たま, も来な

▼ 院展覧会~ (4, 0.1%)

1 で同人経川槇雄作, に意外, を一覧, を両分

▼ 院御室~ (4, 0.1%)

3 御集 1

▼ 院文書~ (4, 0.1%)

1 として残っ, に往々, の中, 続修後集

▼ 院殿坂~ (4, 0.1%)

2 をひたぶる 1 に鳴く, を捜し

▼ 院看護婦~ (4, 0.1%)

1 であって, の二人, の例, の姿

▼ 院あり~ (3, 0.0%)

1 て全国, と伝うる, 伺夜鶏あり

▼ 院および~ (3, 0.0%)

1 女子学習院の, 慈恵病院を, 肖柏等であった

▼ 院そのもの~ (3, 0.0%)

1 の性質, は名, は宮殿

▼ 院であった~ (3, 0.0%)

1 から若宮, とのこと, と想う

▼ 院である~ (3, 0.0%)

1 がこ, ことを, 某院へ

▼ 院です~ (3, 0.0%)

21 がと押し売り

▼ 院とかいう~ (3, 0.0%)

1 ものが, 展覧会が, 髯を

▼ 院などという~ (3, 0.0%)

1 ものは, 不自然な, 御位

▼ 院における~ (3, 0.0%)

1 本法改正案の, 死亡が, 驚くべき死亡率

▼ 院にでも~ (3, 0.0%)

1 やったらいい, 入れられたかも, 入院し

▼ 院へと~ (3, 0.0%)

1 入道の, 帰った, 帰って

▼ 院また~ (3, 0.0%)

1 みかどの随身大臣たち眼も, 楽春院と, 黄檗宗支所並明寺などが

▼ 院~ (3, 0.0%)

1 廢止シテ審議院ヲ, 置キ衆議院ノ, 訪問

▼ 院乃至~ (3, 0.0%)

1 帝展, 床屋の, 施浴の

▼ 院付き~ (3, 0.0%)

1 の人々, の役人, の高官

▼ 院代様~ (3, 0.0%)

1 にさき, にまで成り上がろう, 御言いつけにござります

▼ 院代玄長~ (3, 0.0%)

1 が消え, と申す, にかかる

▼ 院~ (3, 0.0%)

2 宗が 1 宗宮部善祥坊福原直高浅野長政諸人が

▼ 院公賢~ (3, 0.0%)

1 の日記, は其の, へ要請

▼ 院別当~ (3, 0.0%)

1 でありその, となっ, などを頭

▼ 院~ (3, 0.0%)

1 へ来た, までやってくる, 一ぱいの

▼ 院~ (3, 0.0%)

1 などがそれぞれ任命, の上奏, の任命

▼ 院~ (3, 0.0%)

1 書記官杉亨二郎, 涅槃経一軸が, 火口よりも

▼ 院宗繁~ (3, 0.0%)

1 という侍, にあずけ, の噂

▼ 院寺社雑事記~ (3, 0.0%)

1 には応仁, には見え, を見ます

▼ 院志願~ (3, 0.0%)

2 を一念発起 1 という悲痛

▼ 院所属~ (3, 0.0%)

1 としての使役以外, の五ヶ所唱門, の警吏兼雑役夫

▼ 院~ (3, 0.0%)

1 をそんな, を以て叙位官職, を義経

▼ 院時代~ (3, 0.0%)

1 に絵画協会, に見る, の教え子

▼ 院殿様~ (3, 0.0%)

1 から拝領, すなわち前, の忘れ形見

▼ 院泰雲~ (3, 0.0%)

1 が七三郎, が唸り出した, という者

▼ 院通り~ (3, 0.0%)

1 から百人町, でした, の伊吹屋

▼ 院からは~ (2, 0.0%)

1 たびたびその, 毎日の

▼ 院これ~ (2, 0.0%)

1 は婆さま, も真言宗

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 行くべ, 行って

▼ 院さては~ (2, 0.0%)

1 深更まで, 近世の

▼ 院その他~ (2, 0.0%)

1 が当時, へ運搬

▼ 院それ~ (2, 0.0%)

1 を左, を法印

▼ 院だの~ (2, 0.0%)

1 施療院だ, 釋迦堂だの

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 あれだすやろな, いの

▼ 院であっ~ (2, 0.0%)

1 てみれ, ても私

▼ 院とが~ (2, 0.0%)

1 対立し, 意外に

▼ 院として~ (2, 0.0%)

1 大いに援助, 載せて

▼ 院としては~ (2, 0.0%)

1 小石川養生所と, 御辞退

▼ 院とて~ (2, 0.0%)

1 いと古代じみ, 建築が

▼ 院とでも~ (2, 0.0%)

1 なったらそこ, 題を

▼ 院とに~ (2, 0.0%)

1 接し下, 通ず

▼ 院ともども一日~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 院どの~ (2, 0.0%)

1 いちばんすえの, 御存生

▼ 院などで~ (2, 0.0%)

1 するの, 私は

▼ 院などの~ (2, 0.0%)

1 廂や, 沿革を

▼ 院などは~ (2, 0.0%)

1 どこまで, ゆらい鼠賊

▼ 院について~ (2, 0.0%)

1 曲がるの, 述べなくては

▼ 院にまで~ (2, 0.0%)

1 まわされたが, 連れて

▼ 院ほど~ (2, 0.0%)

1 情熱家では, 本質的に

▼ 院までは~ (2, 0.0%)

1 とうてい行けない, 信實の

▼ 院までも~ (2, 0.0%)

1 帰って, 御息所との

▼ 院よりは~ (2, 0.0%)

1 少なくとも二, 若いの

▼ 院よりも~ (2, 0.0%)

2 一層賤劣

▼ 院わき~ (2, 0.0%)

1 の一流割烹店, へかけ

▼ 院上陵~ (2, 0.0%)

1 に詣, の阪道

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 に走つた, まで送っ

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 二庵等の, 求甚解居士という

▼ 院云々~ (2, 0.0%)

1 に反対, もその頃

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 はその, を改革

▼ 院佐々木次郎大和淡路~ (2, 0.0%)

1 の三名, の変装

▼ 院作り~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ 院全体~ (2, 0.0%)

1 が柊, への死亡通知

▼ 院八十~ (2, 0.0%)

1 であつ, の賀

▼ 院内閣~ (2, 0.0%)

2 でもが出来る

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 のジャン, の學校教師

▼ 院出身~ (2, 0.0%)

1 で学校, で武者所

▼ 院判事~ (2, 0.0%)

1 の尾佐竹君, はかく

▼ 院~ (2, 0.0%)

2 は岡崎

▼ 院厳島御幸記~ (2, 0.0%)

1 などにさえさ, の筆者

▼ 院及び~ (2, 0.0%)

1 それに, 天海僧正に

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 安長吉田快, 本部の

▼ 院同人~ (2, 0.0%)

1 の多数, の山村耕花氏

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 実日相信女, 遠日量信女

▼ 院姉小路~ (2, 0.0%)

1 に住む, に住ん

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 教院あるいは, 議官等ニ歴任シ或

▼ 院崩御~ (2, 0.0%)

1 の地, の後

▼ 院左膳殿~ (2, 0.0%)

1 の実, の甥

▼ 院幹事~ (2, 0.0%)

1 の細川, の職

▼ 院幹事等~ (2, 0.0%)

2 の諸

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 が建造, の方

▼ 院建立~ (2, 0.0%)

1 と信長, と故

▼ 院当局~ (2, 0.0%)

1 の言, はこれ

▼ 院御蔵~ (2, 0.0%)

1 の樹下美人, の玉箒

▼ 院悲歎~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 院所蔵~ (2, 0.0%)

1 と覚え, の

▼ 院教授紀平正美博士~ (2, 0.0%)

1 による, はヘーゲル

▼ 院新院~ (2, 0.0%)

1 のお, の御所

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 と分れ, の人

▼ 院日記~ (2, 0.0%)

1 という本, の筆者

▼ 院日野殿東~ (2, 0.0%)

2 は花山院殿

▼ 院検事局~ (2, 0.0%)

1 に出頭, まで取り

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 の御, はその

▼ 院殿冷泉中納言猪熊殿~ (2, 0.0%)

2 など夥しい

▼ 院殿存じ~ (2, 0.0%)

2 寄らざる御

▼ 院殿御~ (2, 0.0%)

2 笑いなされ先

▼ 院殿跡~ (2, 0.0%)

2 にあった

▼ 院法印~ (2, 0.0%)

1 のすめる, 本康宗達法眼

▼ 院法皇~ (2, 0.0%)

1 の御, はこの

▼ 院湖月貞輝大姉~ (2, 0.0%)

1 である, と云

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 という, の味

▼ 院漬け~ (2, 0.0%)

2 の茶漬け

▼ 院火口~ (2, 0.0%)

1 にへばりつい, の西壁

▼ 院玄以~ (2, 0.0%)

1 に命じ, に書

▼ 院界隈~ (2, 0.0%)

1 でちょっと, の古代裂

▼ 院眞作~ (2, 0.0%)

2 の山越し圖

▼ 院真作~ (2, 0.0%)

2 の山越し図

▼ 院神道集~ (2, 0.0%)

1 である, には諏訪明神

▼ 院等本寺~ (2, 0.0%)

2 に断らずし

▼ 院粛徳玄俊居士信卿瑞仙弟京水父~ (2, 0.0%)

2

▼ 院絵姿~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 院線電車~ (2, 0.0%)

1 で来るだろう, の万世橋

▼ 院義観~ (2, 0.0%)

1 というの, に参らされ

▼ 院義観僧都~ (2, 0.0%)

1 あるのみ, がある

▼ 院胤栄~ (2, 0.0%)

1 には解る, はかれ

▼ 院花園院~ (2, 0.0%)

1 と御, の二上皇

▼ 院蔭凉軒~ (2, 0.0%)

2 の跡

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 でございますよ, の横堀

▼ 院設立~ (2, 0.0%)

1 となっ, の資金

▼ 院議員ら~ (2, 0.0%)

1 の髯, は

▼ 院議員三十七名~ (2, 0.0%)

2 と連署

▼ 院議員勲二等~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 院議員達~ (2, 0.0%)

1 と当時, の風姿

▼ 院議長伊藤博文~ (2, 0.0%)

2 が偶

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 の三寶ヶ辻, の土橋

▼ 院門跡~ (2, 0.0%)

1 ともある, のみの付属

▼ 院~ (2, 0.0%)

2 の弁護士

▼ 院~ (2, 0.0%)

1 といったもの, といった家構え

▼ 院養老院~ (2, 0.0%)

1 などへ収容, に当たる

▼ 院養育院養老院~ (2, 0.0%)

1 などへ収容, に当たる

▼1* [569件]

あるいは教導職を, 院いうたらあんたどんな, 院いたずらに更け, 院いちめんの襖, 院うらの山岡, 院くずれとは些か, 院くずれだと思った, 院くらいの戒名は, 院ここはまるで, 院こそは声明の, 院て上奏, 院したことは, 院じゃない, 院すなわち今の, 院するので怪しい, 院その他我国には恥しい, 院その他菌のある, 院それから南へ, 院たいして可い, 院だけでも死亡率は, 院だけにあれば, 院だったというただ, 院だつたか附属, 院だろうと思われる, 院づくりして, 院てとこの二階広間, 院でありましたころは, 院であろう若葉の, 院でだけ私は, 院ででも昼間は, 院でなく岡本の, 院といへる金比羅神社, 院といふもの居住す, 院とかの会員だ, 院とかへ行って, 院とには何等かの, 院とやらの坊主一人で, 院と共に朝鮮三大, 院などあらう筈, 院などが駿府に, 院などにいた時, 院などによって虚名と, 院などへは入れ兼ねる場合, 院などへもほんの時々, 院などを朱の, 院ならば自分, 院ならびに公子らを, 院なり六条院なりへ, 院なんかで, 院においてと同じよう, 院においては発する糞尿, 院にかけて歴代の, 院についての説明書を, 院にても中村氏同様の, 院にとつては, 院にとって多くの, 院になつてから, 院になんか入ったん, 院にばかりおいでに, 院に対する一般の, 院のうへはともすれば, 院のずつと下の, 院のというものが, 院のみごころをなぐさめ, 院のみに限らず千葉山, 院ばかりでは, 院ひとりでは万寿, 院へさえ私は, 院へだけはやらないで, 院みたいなもの, 院むかしを思ひやり, 院めいた無趣味な, 院めざまあ見さらせ, 院よりの帰途馬車の, 院をけふぞ, 院をばさらに御, 院をめぐって彼の, 院を通じてすぐれた者, 院カ真如堂アタリヘ埋メテ貰イタイ, 院ガ原へでも捨て, 院ゴマを磨り出した, 院て言つたつけ, 院トナルト散歩ノツイデニ立チ寄ルニハ遠過, 院ナラ今デハ街, 院ニソノ画有リ山水人物法ヲ海北氏ニ習フ, 院ニ代ヘ朝鮮鐵道南滿鐵道等, 院ニ栽植ス枝葉扶疎清陰地ニ満チテ殊ニ愛悦スベシ, 院ハ一囘ヲ限リトシテ衆議院, 院散歩ニ行クンデ, 院・後伏見院はすでに, 院・等に於ける, 院一まきの町奴, 院一人に逢った, 院一人其を掘りこまれる, 院一切の男女, 院一味の輩以外, 院一家が出し, 院一棟とその, 院一派でなくては, 院一流の槍, 院一致の意見, 院七代家継公のとき, 院七十であつ, 院七十一であつ, 院七十九であつ, 院七十五であつ, 院七十八であつ, 院七十四であつ, 院七足といわれる, 院七面山から山づたひに駿河路, 院七面山あたりにも啼い, 院両手を腰, 院中上下消魂云々, 院中二三の学者, 院中学校長テンデリング改訂, 院中彼の右, 院中納言とも枇杷中納言, 院中院南院の三, 院丸太町下る処, 院乘譽依心連戒居士と法諡, 院二つの政廟, 院二代目の胤舜, 院二十にて遷, 院二十人扶持きじはし, 院二十代三十代を過された, 院二百表元矢, 院交響管弦団をコッポラ, 院亭廻廊控えの間, 院の吉水神社, 院仍有此作寺在上高野水, 院仏像等を得, 院の弁護士, 院仙洞を中心, 院代さんにことわっ, 院代玄長五万石の寺格, 院以下の作物, 院伊佐野の局, 院伊東が牛耳, 院会員ギュスタフ・ダンピエールと文部参事官ポール, 院会員会計検査院長勅選議員子爵という肩書, 院住僧玄秀の時, 院体派の芸術, 院体風の花鳥図, 院の槍, 院使のお, 院使さまがお, 院使公家参向当日お使い, 院使饗応の間, 院供養の折大赦, 院心十七歳の, 院俗吏は出入り, 院信西為義妓王妓女と仏御前, 院信隆卿にも過, 院修明門院同じく御, 院僧正がエタ, 院僧正公胤の門弟, 院僧正増田右衛門尉長盛石田治部少輔三成, 院児たちは氏, 院を形成, 院入り志願の怠け者, 院入り祝賀会が時節柄問題, 院六十七であつ, 院六十九であつ, 院六十八であつ, 院六十六であつ, 院其の他の, 院内中がこの, 院内外に同志, 院再築の時植付, 院冷月居尼とし, 院出品の, 院出身者の同い年, 院刑事第四部公開法廷, 院初代の槍法, 院判例集や法律編査館, 院別当瑞蓮寺へ行っ, 院も復興, 院制度の生れ, 院前田玄以法師が或, 院前等に卸売見世, 院議長江藤新平の, 院創立の資金, 院創立者であり江木刑法, 院勝延行者の四人, 院北面の武者, 院協会総裁として養老協会総裁, 院卵塔場辺りへ白衣, 院参議金尚会氏という京城, 院參事院諸官, 院參道へあらたまる, 院口伝と称する, 院古門前南禅寺あたりの豆腐, 院台雲五公居士と号す, 院右府公敦のご, 院各派の代表, 院同じく御授戒, 院同人展への出品, 院同人展出品の, 院同様時代の文学態度, 院の宮, 院いう君, 院呑草居士といふ位牌, 院和尚あり鎌倉瑞泉寺, 院問題が世間, 院四天王や三月堂, 院四条を後妻, 院地内火之見, 院の山腹, 院坊舎にいたる, 院基子の侍女, 院堂宇も尽く, 院堯恭法親王の侍読, 院報告に十歳, 院増田右衛門尉石田治部少輔下知, 院大仏などへ行っ, 院大仏東福寺等を見物, 院大僧正御房, 院大和淡路守の三人, 院大安寺その他の永徳, 院大榎下の桔梗屋安兵衛てん, 院大門その他の堂宇, 院天忠となる, 院太極殿それからずつと疏水, 院の墓所, 院女三の宮, 院女性では永福門院, 院女院様現在国務をお, 院妙乗日進大姉である, 院妙月大姉としてある, 院妙眞日實信女文化十二年乙亥正月十七日と書し, 院委員会はラジウム不足, 院委員長の椅子, 院委員長エモット氏の名, 院嬌鶯鳴哈哈, 院の中, 院を避けたらしい, 院学士アンリイ・バタイユの新作, 院学士マウリス・ドンネエ氏が文豪, 院学術研究会議日本学術振興会などの長老組織, 院宅方来居へ乗り込んだ, 院を知っ, 院宗仙寺へ御, 院宗繁みたいな腰抜け武士, 院官衙を建て増し, 院宝性寺安穏寺北のは, 院宝泉院の雪岑, 院実隆の享禄辛卯, 院客殿は風, 院室等の名称, 院宮内省等に対して申理, 院宮北は新, 院宮社寺権門勢家の荘園, 院家煕は元, 院家院室等の名称, 院宸影は又, 院宸撰説とでも言うべき, 院宸記による, 院宿ならほか, 院寄合御医師奥詰, 院寄宿舎か何, 院寄留の青嵐居士, 院富翁大徳清居士と口, 院の傍, 院専属の五ヶ所唱門, 院専属唱門の住所, 院尋尊の, 院尋尊僧正の述懐, 院小町の容子, 院不可也, 院尭孝はつねに, 院で腹臣, 院岱翁良椿居士と云, 院じ諸公, 院嵯峨清涼寺坂本来迎寺所蔵のもの, 院左右が海, 院左膳様と花村様, 院左衛門督信隆卿妾の境遇, 院羽御厩や, 院常照寺で白壁, 院の四字, 院年中行事四月十六日の条, 院幾勢は五十九, 院を開い, 院庁下文を申し, 院座主の許し, 院のたぐい, 院廃兵院という下馬評, 院廉子へお, 院建設趣意書同絵葉書, 院は蓮政寺, 院役人の私宅, 院後醍醐院の二代, 院得夢定見大姉池田全安妻, 院御悩の事, 院御撰を伝へる, 院御陵もあり, 院徹宗玄旨の法名, 院性譽一鎚自聞居士は明和六年四月二十四日, 院息子とその, 院悲田院など彼ら, 院感化院孤児院慈善会出獄者保護会安価食物供給所無銭宿泊所労働者養老金貧困者慰問其他種々の救済法, 院慈善会出獄者保護会安価食物供給所無銭宿泊所労働者養老金貧困者慰問其他種々の救済法, 院慈善演劇を催し, 院態写生画のこうした, 院所労劇帳にも見え, 院所藏の後白河院宸影, 院手掻志津長船もの, 院承り代理として, 院拝覧にゆく, 院拝観に赴く, 院崩後仍称之, 院教會堂で嚴肅, 院敬徳明慧大姉明治四年十一月三日森立之妻, 院文書大宝二戸籍による, 院文書大宝養老の戸籍, 院文書造石山院所労劇帳にも見え, 院斉穆元信居士明治四年未六月三日, 院門前通りから, 院新報第四巻, 院方広寺に行く, 院施薬院があつ, 院昇殿を聴, 院明治慶応に教え, 院昔風に武者隠し, 院春応道円居士元禄四年辛未五月十八日, 院是参貞如大姉と云, 院晝猶暗, 院晩餐の鐘, 院晩饗の鐘, 院曲直瀬先生七十代山本恭庭, 院書記官島地氏は仏教, 院書記官江木氏は帝, 院書記官辻氏は文部省書記官, 院書院の障子匍, 院會員並びに大, 院會員國畫會總帥の梅原龍三郎畫伯, 院會館で國際學術會議, 院本式な姿, 院本殿内に安置, 院本物演劇などから来た, 院村正が切る, 院村正水も溜まらず斬つ, 院の院, 院東亜研究所などの大, 院東京専門学校あり仏法, 院東宮の殿上役人, 院松高院の二堂, 院枢密院などいつ, 院案内ニテ八十里山吉ヶ平迄供奉, 院検事長に宛て, 院様おん物語にそれ, 院様モ何ト云ウ孝行ナ嫁女ダロウト, 院様モ止観院様モ何ト云ウ孝行ナ嫁女ダロウト, 院様何とやらん, 院様傍より御覧, 院様其他の墓参等, 院様愚老を側近くお呼び, 院様日頃より慈悲, 院様為御遺物金二百疋被成下候趣, 院様雪の如き, 院権僧正の葬式, 院権大納言典侍いわゆる贈, 院横町の待合, 院樹下美人図に見られる, 院櫛田医師の所, 院歌合せなど, 院岫因公大, 院此邊の史蹟保存, 院此間予可儲肴等持参令取居, 院武門旧勢力, 院歿後ちょうど四年目, 院歿落と同時に, 院殿さまの御霊屋, 院殿一周忌の法事, 院殿以来の忠勤, 院殿信誉自然現成大姉, 院殿卒去遊ばされ次いで, 院殿台雲宗伍大居士, 院殿大相居士ト号ス則チ文ハ宮ノ御, 院殿寄のとある, 院殿従五位下前朝散太夫なんとかの, 院殿御卒去の砌, 院殿御尊讐吉良上野介殿討取るべき志これ, 院殿御弟君中務少輔殿立孝公, 院殿月桂凉心英誉清熏大禅定尼秀吉此の後室, 院殿栄翁如証大居士, 院殿浄如貞松大姉は直, 院殿瓊山妙瑩大禅尼と云, 院殿瘠鶴大居士, 院殿縁峰貞操大姉は錦橋, 院殿華屋宗玉大姉はその, 院殿道詮徳明劉府君之墓, 院殿霧渓瑞翁大居士, 院殿黄鶴大居士安永五年辰正月, 院沈沈として草, 院を枉ぐ, 院法印千九百石きじはし, 院法印多紀安良法眼である, 院法印奥御医師, 院法印父安長奥御医師, 院法印竹内渭川院法印本康宗達法眼, 院法師と称せられた, 院法皇東宮みきさき女房たち, 院法誉東雲居士墓は下谷区入谷町静蓮寺, 院と読める, 院派その他関直彦君末松謙澄君等が発議者, 院派僧の印可, 院流七十三手のうち, 院流小太刀は卜伝流, 院流槍の開祖, 院流正統が伝わっ, 院淨譽玄清居士である, 院阿妙浄善大姉三回忌仏事献立控, 院清芳光桂大姉である, 院清頓の下, 院然妙, 院源信の晩年, 院潤壌貞温大姉と云, 院潮騒ひくし春, 院濡れ仏の縁起, 院僧有月明, 院無縁寺の門前, 院無量光院などを朱, 院照誉東成信士という, 院玄以僧正中村式部少輔一氏, 院玄朔紹巴法眼荒木安志木下大膳亮等であったが, 院瑞策に賜わった, 院瓊林晃珠禅尼である, 院産院託児所を設けなけれ, 院の酒壺, 院田中兵部大輔きびしく番, 院の石, 院瘤寺裏の横地, 院療病院悲田院など彼ら, 院皇后が保護者, 院盲唖院皇后が保護者, 院直属の五箇所唱門, 院相誉迎月大姉と云う, 院真宗の両, 院石占寺の万体地蔵様, 院研究会すら宣言及綱領, 院研究會すら宣言及綱領, 院礼讃はいいかげん, 院社人よりこれ, 院祇園社と謂う, 院神主は樹下民部, 院秀忠公からご, 院秀成が, 院秀誉覚真政達居士, 院称往院天岳院左右が海, 院稲荷にも吾等, 院稲荷神社へ参拝, 院りなき, 院等三人の尼, 院管弦団のは, 院管弦楽団を推すべきであろう, 院の墨画あたり, 院細川幽斎公のため, 院細川越中守金森法印有馬法印佐竹備後守其他五六人の大名達, 院経営者の一家, 院経由で送っ, 院經營の計, 院総裁ビレル氏が同じ, 院総裁後藤新平はそれ, 院総裁談としてわが国, 院総長はそれ, 院総門の奥, 院緑峰である, 院義徳良元居士, 院聖護院の昼鐘, 院聖護院出でて, 院聖護院勧修寺あたりの寺, 院肥後阿闍梨皇円の許, 院の貝塚, 院腹の中では舌, 院臨時館の設立, 院舎親王寮議政廟の宏大, 院はずっと, 院良忠をみ, 院の増上寺, 院花橘日松信士である, 院落夜沈々と云, 院落玉砌に移し, 院蒙塵前の最終, 院蒼波浸, 院蔵するところの, 院蔵永禄十年の奥書, 院薫誉智才信士という, 院薬師ヶ岳ヘ下, 院藤室の僧房, 院は忘れた, 院眠りて, 院衆おれたちは人殺し, 院衆法力を以て祈り, 院行学院の僧房, 院衣一ぬぎたり, 院西へ入る, 院西光寺奥の院南郷庵であります, 院西光寺等には枝垂桜, 院見学は御免, 院記近衛准后政家といふ人, 院訪問をし, 院試作展に大智氏, 院誓威大姉瑞泉寺所蔵の畫像, 院官, 院議員たちのほう, 院議員ドショーモンが来, 院議員加藤某の媒酌, 院議員大橋新太郎という人, 院議員子爵加藤俊明氏の夫人, 院議員子爵大河内正敏氏については個人的, 院議員小暮英三郎衆議院議員中島祐八荒井啓五郎木暮武太夫田中正造栃木県会議員関口忠太郎群馬県会議員荒川音三郎ほか六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 院議員小笠原某が別室, 院議員有資格者は一県, 院議員本間千代吉高橋ドリコノ博士元アルゼンチン公使内山岩太郎ら, 院議員枢密院顧問官久礼伯爵の三女ノブ子, 院議員柳原義光氏の妹, 院議員水野錬太郎氏の次, 院議員百余名は連署, 院議員虚無伯と呼ぶ, 院譲誉礼仕政義居士, 院讃岐の知行, 院の萱堂, 院谷中天王寺音羽護国寺三田功運寺渋谷渋谷寺の五ヶ寺, 院貞芳と云, 院貧窮の孤独, 院貴族の立派, 院賞メンデンホール賞東宮記念賞朝日賞などがある, 院賞東宮記念賞などをうけた, 院路三寶ヶ辻に彳, 院躬ら其を知り過ぎ, 院輔仁会において述, 院ヲドライブスルコトニ決メル, 院追懐は如浄, 院造営時代はかよう, 院道屋外空居士か, 院道意日深信士, 院道灌山に至る, 院道盛と号, 院遷幸の後, 院部長と記憶, 院釈恭篤居士である, 院遠日妙信士, 院量外保寿大姉という戒名, 院金閣寺いつかその辺り, 院金閣寺そこから離れた, 院金閣寺拝見がいや, 院鈴法寺の衰えたる, 院錦小路の松年先生, 院之助殿, 院鎖鞦韆と云, 院長兵衛荒木又右衛門なんどいふ連中, 院長長谷川喬君が, 院をとぢ, 院門人森養竹である, 院門前町の金貸, 院開闢と書いた, 院附属の授産場, 院附近の温泉, 院隆光めを亡き, 院震災時分命からがらで, 院似無, 院から後鳥羽院, 院頓譽淨圓居士である, 院の地, 院領七条お土居以南, 院領三畝三歩の地, 院飯田氏の名, 院鳳凰楼九龍池などの林泉