青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「這入る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~途 途~ ~途中 途中~ 途方~ 途端~ 這~ ~這入っ 這入っ~ ~這入る
這入る~
~通 通~ ~通う 通う~ ~通し 通し~ ~通じ 通じ~ ~通ずる 通ずる~

「這入る~」 1101, 11ppm, 9537位

▼ 這入る~ (409, 37.1%)

6 彼は, 急に 4 すぐに, 直ぐに 3 そこには, 目が, 私は, 負けるが

2 [21件] さすがに, する, すると, そのま, 上り口は, 今度は, 先生は, 其処に, 向つて凹字形, 女は, 威勢の, 客間で, 帳場の, 彼女は, 必ず何, 日高の, 玄関に, 玄関の, 足の, 足場の, 雪が

1 [335件] あちこちの, いうと, いうなら話, いかにもがい, いかぬ, いかんから, いきなり怒鳴った, いきなり提灯, いつ死ぬ, うまい具合, おかみが, お前の, お柳, お民, お父さんは, お町, きっといい, きっと何, きつく戸, きまつて, けんけんがくがくの, ここは, この家, これが, これも, ごろごろ寝, さっきの, した所, すぐ, すぐから, すぐそう云っ, すぐの, すぐ寝台, すぐ棚, すぐ紹介, すつかり戸締り, すでに新しい, するぜ, ずっと広く, そう云う, そこい, そこに, そこは, そこへも, そのままごろりと寝ころんだ, そのままに, そのまま鎮まった, それから後, それが, それは, それらの, それ程細心, たちまちぐっすり寝入っ, ちょうど去年, なか子は, なると, なるほど会員組織, ほっと一息安心, またしまった, またその, また更め, また腰きり水, また門, まだ物, まだ醉, まっすぐに, まづ石段, まるで二階下, まるで冬, もう, もうそれ, もう雪, やられるん, わが家の, わたしは, アトを, イキナリ人形を, イヨイヨ騒ぎが, コスモスの, チエ子が, ドスンドスンと, ピアノだの, ポケットから, ロップは, 一と, 一丁目二丁目で, 一切の, 一層深く, 一杯に, 一番奥の, 一直線に, 一種不快な, 三十四五の, 三畳敷の, 下は, 不規則な, 並列した, 中央の, 丸い石, 乗合の, 二人は, 二畳で, 云うこと, 云へば, 人の, 人間が, 仄暗かつ, 今日では, 仔細らしく, 仕かけて, 伊代は, 休んだ煽風器, 何時もの, 使部たちの, 先ず一わたり室, 先に, 全く同一, 八百栄, 其所は, 内は, 凄じいもの, 切明けの, 初めて先刻, 初めは, 別に看板, 別世界の, 前の, 副院長, 動きが, 北側の, 半丁, 卓子の, 博士は, 叔母は, 古い木造建て, 台所の, 右の, 右も, 右手は, 同時にそんな, 同時に丁度隠れ簑, 同時に三味, 同時に世間, 同時に心臓, 同時に未亡人, 同時に立派, 同時に若林博士, 同時に著しく, 同時に見貫い, 向うに, 向うの, 向ひ, 喉が, 四人連れの, 四囲の, 土を, 地盤が, 埠頭は, 壁一パイの, 夕刊が, 多寡を, 夜業し, 大概の, 大門大江戸の, 天井から, 天気の, 奥坐, 女の子達は, 女中が, 女中の, 好い気持ち, 妓夫が, 姿を, 婢, 完全に, 室内の, 宮が, 寒むげな唇, 寝て, 寝床には, 寝椅子, 寺男の, 小僧は, 小泉丹博士が, 少年も, 居間兼台所と, 山と, 山吹が, 山岳の, 山田は, 岡村君は, 左側に, 左右が, 己の, 幕府の, 幸子が, 幾晩も, 広い廊下, 廊下で, 延板の, 彼が, 彼の, 後の, 御影の, 御本人様どこ, 必何か, 忽ちにし, 思って, 思つてゐた, 思ふ, 思われるくらい, 恭一と, 息づまりが, 悪い烟草, 憂鬱な, 戸を, 扉に, 手拭で, 捕まったん, 掃除の, 推測に, 断言した, 日本人が, 旦那が, 早速馴れた, 暗の, 暫く明けた, 書生が, 有名な, 木の間に, 未だ寝, 本道の, 松木は, 松茸の, 枕邊の, 格子戸作にな, 正面の, 此の, 武器を, 武松は, 殆ど同時に只一刀, 気が, 洋服も, 洋灯が, 深夜の, 瀁田に, 炬燵から, 父と, 独特な, 玄關の, 由々しき問題, 白檜の, 皆が, 皆は, 直ぐにお, 直ぐに憲兵司令, 直ぐに黄色い, 直ぐ催眠剤, 直ぐ其処, 直ぐ友人, 直ぐ大きな, 直ぐ目が, 直ぐ突当り, 相手は, 眞直に, 真暗だ, 真暗な, 真白な, 真直な, 眼が, 祖母は, 神主が, 私たちは, 突き当りが, 立つたまま, 立上りながら, 立派な, 粗末な, 精舎は, 絲屑や, 絹の, 義雄が, 翁は, 考へた, 考へたか, 考へたから, 考へたと, 考へた事, 聞きましたが, 肝心の, 自分達は, 若いに, 虫に, 蜘蛛の, 装束の, 見張台, 親戚や, 観音堂が, 言うてを, 言つた, 言ふ, 誠に静, 誰でも, 論争し, 謙一を, 警察より, 赤前垂の, 路は, 躯じゅう青や, 車中の, 軍治は, 轟然たる, 追羽子の, 退廷した, 這入つた人, 邪慳に, 部屋には, 部屋は, 酒を, 間もなく吾輩, 間もなく茶, 隣室に, 雇人だけが, 雑誌を, 雨戸の, 霞に, 非常に, 顔を, 首は, 馬が, 馬車追い, 駅の, 騒がず若衆髷, 鳥居に, 鼠色の

▼ 這入る~ (101, 9.2%)

6 である, です 5 だ, だから 3 だと, だとさ, では, を見た 2 であった, は不思議, を突き止めた, を見, を見る

1 [57件] か, かと思っ, かと怪しみ, かな, かも知れません, がいや, がきまり, が何故か, が厭, が四時頃, が好い, が明日中, が習, が面倒, さえ面倒, じゃア, だからと, だが, だけれど, だそう, だもう, だ清らか, でありますから, であるが, でした, ですから, ですな, です心配, と二つ, と既に, なら早く, には屋根, は, はごく, はそれ, はなお, は三度目, は勿論, は即, は嫌, は平気, は梶, は面倒, まで見, もこおうございます, も仕方, も余り運動, やて, をやめ, を呉羽嬢, を忘れました, を指し, を眺め, を見ました, を躊躇, を順路, んで

▼ 這入ること~ (72, 6.5%)

5 が出来た 4 は出来ない 3 が出来る 2 にした, になった, によって一日, の出, の出来ぬ, を意味

1 [48件] からくる, がある, が出, が出来, が出来ず, が出来なかつた, が出来ぬ, が出来ません, が出来ませんでした, が多かっ, が好き, が生命, ぐらい許し, である, で院内, になつ, になりました, になる, によって世界観, によって初めて, に決心, の出来ない, の出来る, はあつ, はかの, はせず, はむずかしい, は人間, は出来ず, は出来る, は別途, は廃め, は考えられなかった, も出来た, も出来ない, も殆ど, も許されない, やそこ, をその, をやめ, を幾分, を思い出そう, を薦めた, を許さない, を許されなかった, を許し, を諱ん, を赦され

▼ 這入る~ (28, 2.5%)

2 が出来ない

1 [26件] が出来, が出来ず, が出来まい, が出来ました, である, で此間, にしよう, になった, に対しての呪, に手筈, の出来, の出来ない, はない, は厳禁, は殆, は相成らぬ, もあり, も作物, も出, も出来ず, も出来ない, も出来ねえ, も困難, も得せず, を斥す, を許され

▼ 這入る~ (24, 2.2%)

1 [24件] からあの, から下, であった, でも最初建築, にお, にすっかり, には制帽, には変装, には黒雲, に大騒ぎ, に家事上, に打つ, に湯具, に締め換, に見, に限っ, の保証人, は, は敬礼, は背中, は非常, ほどいや, も僕, 其の傷痕

▼ 這入る~ (23, 2.1%)

1 [23件] にお客, にどちら, には何, にふっ, にふつ, に一寸, に一度, に今, に加納鉄哉氏, に古, に婚禮, に庭, に池, に発見, に私, に窺った, に立ち留まった, に自家, に色々, に行李, に部屋, に隣, らしい千鶴子

▼ 這入るよう~ (20, 1.8%)

3 なもの, な事 2

1 [12件] であるが, なという, な店, な無, な砂, な積, になっ, になった, になりました, に故意, に法廷, に物質的思想

▼ 這入るところ~ (16, 1.5%)

6 ではない 1 がない, が見られる, だつた, ですから, で彼等, なぞは御, に柿, へ出くわしたさうです, をよ, を突きとめたい

▼ 這入るもの~ (16, 1.5%)

1 [16件] かおれ, が無い, が砂, じゃなく, であるの, ですか, でない, では, で大丈夫四合, で無い, のほか, はある, はここ, やら又, を甲野さん, を考えなく

▼ 這入るので~ (13, 1.2%)

3 あつた 2 左へ 1 しかたなし, なおさらしつ, 世間の, 之を, 人の, 余程手間, 女湯という, 自分の

▼ 這入る~ (13, 1.2%)

8 否や 2 否やすぐ, 否や三千代の 1 呪縛された

▼ 這入るから~ (10, 0.9%)

1 いいじゃ, して, である, 一つ持っ, 世話アし, 付いて, 侍も, 悪いや, 通人と, 鳥打帽と

▼ 這入る~ (10, 0.9%)

2 否や 1 あの少, いい, さ縛れ, そうでない, 好い, 宜い, 宜いじゃ, 第一

▼ 這入る~ (10, 0.9%)

2 だから 1 かね, だ, だか, だからね, だね, だッ, ですか, や

▼ 這入る~ (9, 0.8%)

1 え今, それとも神秘的, 分らず何, 如何なる種類, 知らないの, 知らん此, 自殺する, 這入らないかは, 隠れて

▼ 這入る~ (9, 0.8%)

3 忽ち廊下 1 しても, ちがいない, 及ばぬ様, 及んで, 極つて, 違なかろ

▼ 這入るとき~ (8, 0.7%)

1 に水兵, に焚く, に置いた吸い, に訊ねた, はこれ, はどうしても, よりは数等, 第一

▼ 這入るなり~ (8, 0.7%)

1 このへんてこ, ヤッと, 幾らかの, 彼は, 無言で, 真紀子の, 突然久慈, 進みも

▼ 這入るやう~ (8, 0.7%)

1 ですが, な事, な小さな, な気兼, な頓間, な風呂, にする, に居間

▼ 這入る~ (8, 0.7%)

2 遣は 1 がしない, がしなかった, になつた, にならず, にならない, もしない

▼ 這入る~ (8, 0.7%)

2 である 1 がある, が澤山, とがあつ, の気, はだ, は此習慣

▼ 這入るまで~ (6, 0.5%)

1 奥さんを, 引籠つて居る, 後廻しと, 掌や, 旦那は, 藤尾の

▼ 這入る~ (6, 0.5%)

1 が最近, であろうと, のけはい, の過半, は一時, もない

▼ 這入る~ (6, 0.5%)

1 か出, がある, であつ, ではない, の口, は狭い

▼ 這入るほどの~ (5, 0.5%)

3 者で 1 大きな瓶, 資格は

▼ 這入る~ (5, 0.5%)

1 がある, が愚, が有る, です, と来た

▼ 這入る~ (5, 0.5%)

2 の外 1 がした, をきく, を聞いた

▼ 這入るという~ (4, 0.4%)

1 ことが, 意味では, 点が, 風に

▼ 這入るのに~ (4, 0.4%)

1 バラスト, 少々薄気味, 火鉢を, 都合の

▼ 這入る~ (4, 0.4%)

3 一寸法師と 1 まったく不思議

▼ 這入るまでは~ (4, 0.4%)

2 脱稿を 1 云われぬこと, 自分こそ

▼ 這入るわけ~ (4, 0.4%)

1 だ, であるが, です, には参らん

▼ 這入る必要~ (4, 0.4%)

2 はない 1 が出, もなく

▼ 這入る~ (4, 0.4%)

2 になつ 1 になれない, もなかつた

▼ 這入るかと~ (3, 0.3%)

1 思うくらい, 思えば, 詰問したら

▼ 這入るつもり~ (3, 0.3%)

1 だ, だか, で例

▼ 這入るにも~ (3, 0.3%)

1 いきな, 出るにも, 空色の

▼ 這入る余地~ (3, 0.3%)

2 はどこ 1 がない

▼ 這入る~ (3, 0.3%)

2 から追い 1 を跟けた

▼ 這入る~ (3, 0.3%)

1 がまし, の考, も愚

▼ 這入る準備~ (3, 0.3%)

1 のため, までした, をした

▼ 這入る~ (3, 0.3%)

1 だから, にいかない, になる

▼ 這入るだけ~ (2, 0.2%)

1 ですが, 口の

▼ 這入るとは~ (2, 0.2%)

1 お人柄, 決して唯事

▼ 這入るとも~ (2, 0.2%)

1 油を, 片の

▼ 這入ると共に~ (2, 0.2%)

1 先々月西森が, 各人の

▼ 這入るどころか~ (2, 0.2%)

1 一目見る, 一眼見る

▼ 這入るなと~ (2, 0.2%)

1 云ない, 仰っしゃいましたが

▼ 這入るなんて~ (2, 0.2%)

1 しやれて, 妾は

▼ 這入るには~ (2, 0.2%)

1 あれあすこ, 試験を

▼ 這入るばかり~ (2, 0.2%)

1 だから, ですから

▼ 這入る~ (2, 0.2%)

1 見て, 見ると

▼ 這入るんで~ (2, 0.2%)

1 そこで車, 御在

▼ 這入る~ (2, 0.2%)

1 と云, を蔵

▼ 這入る~ (2, 0.2%)

1 だけで九萬八千八百八十人, は群馬栃木茨城埼玉四縣

▼ 這入る~ (2, 0.2%)

1 ではあるまい, なれば

▼ 這入る~ (2, 0.2%)

1 に余, に考え出す

▼ 這入る手前~ (2, 0.2%)

1 の丘, の最後

▼ 這入る時間~ (2, 0.2%)

1 が惜しかっ, に相違

▼ 這入る~ (2, 0.2%)

1 まで日, を入れ替える

▼ 這入る~ (2, 0.2%)

1 には一通り, の用意

▼ 這入る~ (2, 0.2%)

1 の円い, の穴

▼ 這入る見込~ (2, 0.2%)

2 がある

▼1* [151件]

這入るあのお練り, 這入るかによって百日の, 這入るかも知れません, 這入るからと向うを, 這入るがいなや, 這入るくらいのところだ, 這入るけれども私と, 這入るここから左折, 這入ることさへ避ける, 這入ること好きですか, 這入るこの稲田の, 這入るあんたがたは, 這入るじゃが然, 這入るすぐその跡, 這入るすべての外国人, 這入るそうだが, 這入るそして其処に, 這入るそれが動機, 這入るために私, 這入るだけであとは, 這入るだけの穴だ, 這入るえとこう, 這入るというは此の, 這入るといふ事, 這入るとか男の, 這入るとしてもお園, 這入るなとは主人に, 這入るなどという事を, 這入るなどは感心しません, 這入るについて愛嬌が, 這入るにつれて恐怖に, 這入るにやなど呑気な, 這入るに際して陸軍は, 這入るはずの奥さん, 這入るばかりになった処, 這入るふりをし, 這入るほかなく実証的研究, 這入るほど鎖の, 這入るほどに小さくその, 這入るまだ四五間の, 這入るまでに幾度か, 這入るまでには大方全部, 這入るまでの一ヶ年に, 這入るもっとも簡便な, 這入るもの他の二筋, 這入るもんだがね, 這入るより仕方が, 這入るカフェだって白粉, 這入るだから, 這入る一カ月前とかに徴兵検査, 這入る一ヶ月前とかに徴兵檢査, 這入る久慈の後, 這入る乏しい光線が, 這入る五六間手間になっ, 這入る人間が立ち入る, 這入るの草刈ども, 這入る仕切りの小門, 這入るであるから, 這入る低くても透る, 這入るはなかつた, 這入る入口の岬, 這入る六畳の間, 這入るゆる車輪, 這入る凡てのもの, 這入る処ぢやア, 這入る分量の方, 這入る勇気はありませんでした, 這入る勘定であること, 這入る千束町の通り, 這入る印刷物を検閲, 這入るであった, 這入る古いおけさ, 這入る坑夫は万事, 這入る場合カフェーの中, 這入る女給よりも刺身, 這入る学校のよう, 這入る宗助は御, 這入る家の子なので, 這入る小さい小屋が, 這入る小さな瓢箪を, 這入る小石川橋の袂, 這入る小袋にもの, 這入るの心, 這入る広間に舞台, 這入るの大胆さ, 這入る身体といふ, 這入る御膳が出る, 這入る患者は政治家, 這入る感じでここ, 這入る憐れな生物, 這入る文化現象の社会的説明, 這入る方法がない, 這入るが一種, 這入る時いつでも東京府庁, 這入る時外の戸, 這入る時女湯の方, 這入る智識こそ本当, 這入るもなく, 這入る最も目立った要素, 這入る木の葉が石, 這入るに茲, 這入る様二尺許り位置, 這入る様子を見, 這入る機会は極めて, 這入る機関がある, 這入る此処が廿年前, 這入るに笑声, 這入る気色だから, 這入る氣遣はない, 這入る河水も少く, 這入る浄化したところ, 這入る為めにはどんなに, 這入る爆薬は大変, 這入る用意をし, 這入る病室は五号, 這入るがある, 這入る真似しただア, 這入る瞬間までも笑ましき, 這入る程度にまで露骨, 這入る程鼻の孔, 這入る積りであったが, 這入るの筒, 這入るはない, 這入るへはいつも, 這入る約束がある, 這入る組織になっ, 這入る聯隊は城, 這入るに灰色, 這入る蚊帳を覗く, 這入る計画を立てた, 這入る資格がなくなっ, 這入るは重い, 這入るから男, 這入る迄は俺も, 這入る途中二三日前からの雨, 這入る途端門口に待ち設け, 這入るがない, 這入る都合だと, 這入るに税, 這入るを借ろう, 這入るがかんかん, 這入る間甘蔗畑や果樹園, 這入る閭門であると, 這入る隔離病室が三棟, 這入る隙間もない, 這入る隠居所を建てました, 這入るの中, 這入る韻感の刺戟, 這入るから富子, 這入るが固定, 這入るがある