青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「限~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

附け~ 附近~ 降~ ~降っ 降っ~ ~降り 降り~ ~降りた ~降る 降る~
限~
~限っ 限っ~ ~限らない ~限り 限り~ ~限る 院~ ~陣 陣~ ~陰

「限~」 1206, 13ppm, 8457位

▼ 限つて~ (205, 17.0%)

6 ゐない 4 ゐる 3 あること, はゐない, ゐた, ゐること, 何となくひそか, 居る 2 あまりひと, は, はゐません, よくそんな, 出て, 富みと, 少しも, 腥きもの

1 [161件] あの裂く, あの酒, あるからには, あるし, いへば, えてそんな, えらく自分, おかあ, おちぶれること, お坊ちや, お月樣, このうた, このを, この事実, この名, この鬱屈, さういふ策謀, さうくどく, さうしよう, さうでない, さて実際, しかく疊次, じよう, すらすら書けた, すること, その以後, その心配, そんなこと, そんなだらう, そんなに不精, そんな了簡, そんな事, そんな恥, そんな興味, そんな馬鹿, たつた一言, だよ, であり神, とは思ふ, どうかし, どうしてさう, どうしてそんな, どうしても叔父, どうしても私, ない, の名, の御, の話, はあの, はいない, はきつ, はこれ, はさ, はその, はそれ, はそんな, はと思ふ, はならぬ, は七世, は不思議, は乃公, は其様, は妙, は彼, は持たなかつた, は誰, は間違, まさか日本, また頭, また馬鹿, まつたく同じ, みても, もの, もらひたいといふ, やられる, より来る, ゐたや, ゐた世間, ゐて, ゐないから, ゐましたが, ゐるの, ゐるので, ゐるやう, ゐる訳, ゐる訳ぢ, 万一都合, 乏しきを, 仮に芝居, 何とも言, 何故また, 使うた物, 優しい言葉, 光りを, 全くその, 出ないの, 出るので, 出時, 到底まだ寝, 到底想像, 前錢, 古い文法様式, 可愛い子供, 各新聞, 啼く鳥, 大寢坊, 始めて合理的, 居つたわけ, 居て, 居ないで, 居なかつた, 居らないで, 居ります, 居るの, 居る相, 居れど, 当てはまらないやう, 急いで, 悪い筈, 或る, 新注, 新鳥越, 最も惡辣, 有る世界唯一, 来て, 決して壮烈, 決して恐ろしい, 決まつた時刻, 温かい態度, 点ぜられた葉茶屋, 特にその, 特に憂鬱, 生きたもの, 申す中, 疑らないの, 真新しい流行, 立ち並んで, 立つた喬木, 立つて, 第一, 純造, 縛りたいと, 考へるならば, 考へる考, 聳えた嶮, 聳え立つたこの, 若いお, 若い娘, 荒し廻る, 見やう, 解け殘つた霜, 許されること, 許される資格, 説くの, 貪るやう, 起き出さないので, 起つたこと, 辛いの, 達し得る心境, 遣つて, 離れて

▼ 限つた~ (99, 8.2%)

48 ことで 9 わけで 7 ことぢや 6 もので 5 ことは 3 ものである 2 ことか, ことでない

1 [17件] からである, から当時, がその他, ことじ, ことだ, ことである, ことでなく, ことと, ことも, といふの, はなし, ものさ, ものだ, ものぢ, ものです, ものでない, 現政府

▼ 限~ (97, 8.0%)

3 事に 2 可完全化性, 問題では, 増加に対する, 延長に関する, 生命ある, 菊池君が

1 [82件] あらゆる事物, あらゆる善良, お話で御座る, くせに, すること, ないもの, ない月日, ない未来, なかに, ものには, やさしき顏, ダンテの, 一人です, 一人として, 上總屋には, 事を, 交錯を, 人が, 作品は, 俵屋の, 処には, 制限を, 力を, 助力を, 十分間を, 命なめり, 喜を, 四年喰っ, 土産が, 地主の, 大町人, 女舞を, 如くなれど, 娘と, 安さ樂, 家具を, 富源より, 底に, 役に立って, 御家人の, 息子だ, 悲哀を, 情, 振舞あらせ, 支那労働者は, 支配人に, 時間と, 最大限という, 服装は, 朧だ, 榮華を, 注文を, 涙と, 淺田屋にも, 漸く逼, 物をば, 生気を, 生活は, 甲州屋萬兵衞は, 白妙は, 相續者, 祝に, 空間を, 箭の, 箱入り娘お, 経費で, 苦悶を, 草原に, 萬三郎なら, 藤屋の, 訂正を, 貴き血統, 越後屋の, 身上を, 身代が, 連鎖に, 部門は, 金貸しと, 金銀を, 隱居所とは, 需要は, 面積で

▼ 限~ (51, 4.2%)

1 [51件] あり得ません, これを, ござるまいが, その人小兒, その採る, ないの, なんの, ねえが, われも, 一つとして, 一生続かなけれ, 下宿に, 二度とおんなじ, 休居候ても, 其ままに, 写本や, 南に, 受取れない, 唱へ, 大なる, 夫の, 如何に, 存分に, 宜しく令, 平凡極まる, 引力といふ, 彼等の, 復抄せぬ, 心霊の, 我々も, 掩って, 敢て, 旗山の, 最期の, 本文に, 樹も, 此の, 沒理想の, 渋江氏の, 減けて, 無い窮, 爭はう, 究め知りたいもの, 能わざるの, 自分だけが, 蔭口やら, 身を, 遣るも, 里恵は, 魔道の, 鴎外即ち

▼ 限~ (49, 4.1%)

5 なると 4 なつた 2 あらず, あらずとして, して, なれば, 打ち遣つたやう, 鵜の

1 [28件] あらざれど, あらずさ, あり得る事柄, しないと, すること, ぴつたり神あげ, みつもつたら, 割かれると, 呼べば, 増大し得ない, 大きいと, 大きくする, 始まれり, 完全化し得る, 延ばすこと, 延長する, 弾指転, 御出帆, 思われて, 打ち遣ったよう, 木戸を, 縛せらる, 考えて, 至りぬ, 見積っても, 達した瞬間, 長くなる, 非ず

▼ 限~ (44, 3.6%)

6 尽して 2 つけて

1 [36件] ここで, したの, たて一滴, つけたから, つけられて, わたくしは, フトのり越えた, 互に奮, 加へて, 反復する, 取らんと, 吸ひ取らん, 失う, 定め俘夷, 尽したもの, 尽したれど, 尽した遊蕩生活, 尽す, 届かせて, 我頭に, 標準として, 盡し, 知らず, 知らず譬へば, 破り棄てぬれど, 破ること能, 窮めて, 竭し, 見せて, 見せるの, 見む, 言えば, 言ひしか, 記え, 超え己, 載せたる無

▼ 限~ (31, 2.6%)

12 寿限無 6 五劫の 2 五光の, 五光摺りきれず 1 かりき, がきた, がウオー, が一番, と名づけ, はそこ, は露西亜, も人間, 之此上

▼ 限~ (23, 1.9%)

4 あつた 2 何の, 東京を, 水汲にも, 荷馬車は

1 [11件] 不覚国へは, 他に, 何処にも, 又しばらく, 大地主, 帰るくれえな事, 昔馴染と, 此処まで, 留りっこねえ訳, 締切ります此, 間に合わせて

▼ 限なき~ (23, 1.9%)

1 [23件] が故に, の用, ミステリーを, 不幸なりき, 不幸なるべし, 不幸を, 力を, 危さの, 寂寞を, 幸な, 心の, 懐旧の, 懷舊の, 振動の, 時間を, 書を, 永劫よりも, 發展過程に, 色に, 苦惱を, 苦痛を, 蜉蝣が, 詩趣ある

▼ 限つた事~ (19, 1.6%)

8 ではない 2 でなかつた 1 である, であること, でないから, ではなく, でもない, で無く, はありますまい, はない, はなから

▼ 限ある~ (15, 1.2%)

2 権を

1 [13件] ため一首のみを, に由る, の人, の能力, を知ら, を語る, 士族の, 戦塲に, 戦塲にて, 時間の, 物質的の, 現の, 財を以て

▼ 限~ (15, 1.2%)

2 言はれた

1 [13件] おもへ, し以後, し南, し短き, するの規定, すれば, 云って, 堅實とを, 思入りたる, 想像する, 慌て騒ぐ事, 見ゆる汝, 言は

▼ 限~ (14, 1.2%)

1 [14件] ありまして, あります, ある, あるらしく里, ある今, ある良法, すむと, ない, ないから, ないもの, ねえぞ, 剃刀の, 御改革, 正誤表に

▼ 限~ (14, 1.2%)

2 知らず大いなる

1 [12件] あらじお, あらぬもの, ない, ないが, ない材木, ない狐火, ない罪人たち, 御座いませぬから, 無い星, 知らず長く, 知らぬ, 知らぬ海

▼ 限なく~ (12, 1.0%)

2 広大に 1 ともとった, ともとつ, 人知らぬ, 口から, 水上から, 盡きる, 窮り, 續い, 群って, 觀點を

▼ 限つた譯~ (10, 0.8%)

4 ではない 3 でない 1 けでもなかつた, でなく周時代, ではなく

▼ 限~ (10, 0.8%)

1 こんなに遣られた, 其様な, 別段に, 居ます是, 平気で, 悪い根性, 斯様事が, 日本国中の, 日本国中粒選の, 粗暴な

▼ 限無く~ (7, 0.6%)

1 てその, 嬌き, 惑ひゐ, 手に, 浮かんで, 艶なり, 駭けるなり

▼ 限~ (7, 0.6%)

2 の子供 1 が山の手, でも何, として第, と成った, らしい造作

▼ 限~ (6, 0.5%)

2 と思ふ 1 か何ん, が, とか主張, と大きな

▼ 限~ (6, 0.5%)

1 たこと, て, ていない, ておりません, てそう, て悪事

▼ 限つてそれ~ (5, 0.4%)

1 がどんなに, が一つ, なん, は全く, は相州さま

▼ 限つて自分~ (5, 0.4%)

1 から生, で與吉, の居た, の抽象, の班

▼ 限~ (5, 0.4%)

2 のだ 1 の, のかい, 夢の

▼ 限ころ~ (4, 0.3%)

4 なんかなぜ

▼ 限~ (4, 0.3%)

2 ちやゐない 1 ておく, てくれる

▼ 限でも~ (4, 0.3%)

1 ないの, みすみす濡衣, 希望が, 柳桜を

▼ 限あり~ (3, 0.2%)

1 て犬, と信ずる, 兵船の

▼ 限つたの~ (3, 0.2%)

1 が田舎, には十分理由, は推定

▼ 限つて何~ (3, 0.2%)

1 うして, か不思議, といふ煮

▼ 限つて彼~ (3, 0.2%)

1 が正座, は枕元, は甚

▼ 限つて言~ (3, 0.2%)

1 ふべき語, ふ語, へば譬へば

▼ 限なれ~ (3, 0.2%)

1 どかく強, どもアヌンチヤタ, ばとめ

▼ 限~ (3, 0.2%)

1 て何ん, て合せ, て国自慢

▼ 限~ (3, 0.2%)

1 唯努メテ北人固有, 第一条及ビ, 諸獣屠殺場

▼ 限無き~ (3, 0.2%)

1 思を, 發展の, 身とは

▼ 限しか~ (2, 0.2%)

1 来ねえお客, 逗留しない

▼ 限それなり~ (2, 0.2%)

2 に二人

▼ 限つた事ぢ~ (2, 0.2%)

2 やない

▼ 限つた訣~ (2, 0.2%)

2 ではない

▼ 限つた訳~ (2, 0.2%)

1 ではなく, はない

▼ 限つてお前~ (2, 0.2%)

2 は邪慳

▼ 限つて一度~ (2, 0.2%)

1 おきたら取返し, は女

▼ 限つて不思議~ (2, 0.2%)

1 と苛, に雷

▼ 限つて何時~ (2, 0.2%)

2 迄待つ

▼ 限つて使~ (2, 0.2%)

1 つたもの, はせようと

▼ 限つて女~ (2, 0.2%)

2 の様子

▼ 限つて妻~ (2, 0.2%)

1 があれ, に一任

▼ 限つて姿~ (2, 0.2%)

1 を現した, を隱

▼ 限つて川向~ (2, 0.2%)

1 の一区域, の一區域

▼ 限つて彼女~ (2, 0.2%)

1 は, はあの

▼ 限つて涙~ (2, 0.2%)

2 が出ない

▼ 限つて私~ (2, 0.2%)

1 の議論, はこの

▼ 限つて色~ (2, 0.2%)

2 が黒い

▼ 限つて言つて~ (2, 0.2%)

1 も, も宣命

▼ 限つて誰~ (2, 0.2%)

1 も救, れよりも

▼ 限つて革命~ (2, 0.2%)

2 や廢立

▼ 限である~ (2, 0.2%)

1 がそこ, というの

▼ 限という~ (2, 0.2%)

1 言葉で, 言葉を

▼ 限なる~ (2, 0.2%)

1 を思ひ, 可し

▼ 限にては~ (2, 0.2%)

1 その筋, 無底

▼ 限にな~ (2, 0.2%)

2 つて居た

▼ 限まだ~ (2, 0.2%)

1 帰らないん, 歸らない

▼ 限ゐた~ (2, 0.2%)

2 時直接訊い

▼ 限を以て~ (2, 0.2%)

2 すれば

▼ 限介抱~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 限地的~ (2, 0.2%)

2 のもの

▼ 限建鵜草葺~ (2, 0.2%)

2 不合

▼ 限建鵜葺草葺合~ (2, 0.2%)

2 へず

▼ 限散歩~ (2, 0.2%)

2 する約束

▼ 限有り~ (2, 0.2%)

1 て渠, 天意は

▼ 限無い~ (2, 0.2%)

1 というの, 誇を

▼ 限知識正真忠心善意善行之者~ (2, 0.2%)

2 被災害事者決

▼1* [321件]

あなたはそれ, 限あらせむと欲す, 限あらせじと欲, 限あるだろうがよくそんなに, 限ぎって変物である頑固, 限ぎりなき心のみだれ, 限然れ, 限した欧洲の, 限じゃ淋しいし張合, 限もろともに, 限や淋しい, 限つきで総長, 限つけるとまた, 限つたさうな, 限つたわけのもの, 限つたわけぢやあるまい, 限つた事情ではない, 限つた伝承である事, 限つた名から日常, 限つた問題でなく私達, 限つた女でも欲しけれ, 限つた感情か其, 限つた楽舞が夏, 限つた樣にし, 限つた特色である, 限つた玉座の様, 限つた現象ではない, 限つた町名ではなく, 限つた行事の延長, 限つた話です, 限つた風習ではありませぬ, 限つてあれは馬鹿, 限つていふいやでいや, 限つてお嬢さん娘さんきいちやんみ, 限つてこれはもう, 限つてしまつてた, 限つてそないな, 限つてちよいと好い, 限つてぢいにこの, 限つてなにがし, 限つてふらんす其外, 限つてるんだ, 限つてわが国の人々, 限つてアッハッハ左様ですか, 限つてアマチユアが集まつ, 限つてカフヱ邊りでしだらなく, 限つてガサツな総, 限つてドストイフスキーなんて解つて, 限つてフッツリ忘れて, 限つてホテル兼料理屋その代りパンパン, 限つてボーデン湖に注ぐ, 限つてマニ教を含まぬ, 限つてマロン即ち, 限つて一人で渡る, 限つて七月一杯の昆布採集, 限つて三十銭となつ, 限つて三百人女房を持つ, 限つて三百兩も持出させた, 限つて不快を感じる, 限つて世評を気, 限つて中味が浅く薄く, 限つて二人が遣ふ, 限つて云へば少く, 限つて人にムリ, 限つて人並みの, 限つて今のやう, 限つて以前あつた, 限つて仮面かぶり, 限つて住民との不用意, 限つて何とか難かしい古い, 限つて何人にも解り, 限つて何等かの新, 限つて余り書物など読まう, 限つて余裕ある心, 限つて余計に咳, 限つて作為せば, 限つて來客を出, 限つて偏狭なる道徳的先入, 限つて兄の方, 限つて光子の言葉, 限つて兎一疋にも出会, 限つて公私混同といふこと, 限つて六フラン取る事, 限つて共演しろその後, 限つて其賤民の方, 限つて内国製は出来なかつた, 限つて凡そ人に成, 限つて出入りして, 限つて出羽の方, 限つて分別のなくなる, 限つて利用する事, 限つて剣は長い, 限つて勉強なんで, 限つて北には高縄山, 限つて北方支那に移り, 限つて南支那に移轉, 限つて原町の家, 限つて口の端, 限つて口先きばかり, 限つて只今はたま, 限つて君を付け, 限つて吾人の測度, 限つて周圍の景氣, 限つて喰ふ事, 限つて変な処, 限つて外形的に大, 限つて天の羽衣, 限つて天上還住, 限つて夫の歳男, 限つて女車掌の品定め, 限つて妙に薄暗く, 限つて妾をかく, 限つて子供を負う, 限つて子弟が自然主家, 限つて官立の学校, 限つて実行にうつる, 限つて家々を女, 限つて家族の手, 限つて容隱を認める, 限つて實によく, 限つて尊敬なんて言葉, 限つて小判を猫, 限つて小花さんを私, 限つて小豆粒大の油蟲, 限つて小鼓は頭取, 限つて嶮しく聳え立つた鳳來寺山, 限つて巣窟から出, 限つて左樣なこと, 限つて市内にもの乞, 限つて平気に先生, 限つて幹が温, 限つて急に寢, 限つて悪辣がつて小細工, 限つて托鉢生活を免, 限つて承認すると, 限つて押込みます今晩あたり, 限つて拝礼を受ける, 限つて支那に道徳無し, 限つて故郷へのクリスマス, 限つて施餓鬼のやう, 限つて日本語の練習, 限つて早寝だなと, 限つて時男さんの方, 限つて晶子さんでなければ, 限つて有升から銅貨, 限つて有數の惡文家, 限つて桑原氏は研究, 限つて横溢して, 限つて此処で斯, 限つて殆ど間斷なく熟睡, 限つて残つた為, 限つて気が咎めた, 限つて永代橋お台場, 限つて洋服代をち, 限つて洗骨せぬ地方, 限つて流れを止めた, 限つて深夜の闇, 限つて深間へ行つて, 限つて滝は無性に, 限つて無闇とお, 限つて煙草をふかす, 限つて熊井熊五郎が出動, 限つて爲る氣遣, 限つて特別に阿, 限つて特殊な黒眼鏡, 限つて猟師の真似, 限つて玉を用, 限つて用があつ, 限つて男つ振り, 限つて異常な美しい, 限つて白面だと, 限つて皆んなはつ, 限つて目と鼻, 限つて直接行動を贊, 限つて相手がそれ, 限つて真剣な恋, 限つて真実の愛, 限つて神の資格, 限つて神棚の下, 限つて禪など云, 限つて私一人で渡つて, 限つて突つくか, 限つて笑ろうたの, 限つて総理大臣の気焔, 限つて美術音樂によつて起さる, 限つて老母が早, 限つて胸の中, 限つて胸騒ぎが致しまし, 限つて能辯になる, 限つて自暴自棄の穴, 限つて與へられた議, 限つて船頭を歸, 限つて萬次郎は店, 限つて葛籠の中, 限つて蓄妾の攻撃, 限つて見張りするので, 限つて訓育も智育, 限つて詔と稱, 限つて請暇を認められ, 限つて貧乏人で御, 限つて辻斬はない, 限つて迎へ奉る, 限つて近頃はもつ, 限つて返事もし, 限つて遊びに出, 限つて違つてゐる, 限つて酒がいる, 限つて酔はせる, 限つて酔ひでもする, 限つて釣り師の見えぬ, 限つて除外例を認め, 限つて隋以前に見, 限つて隼人種族と云, 限つて離れへ居坐つた, 限つて雨脚が見えた, 限つて鶏でも飼, 限つて鼻息の荒い, 限でないが兎, 限ではつい近頃, 限といふ言葉が, 限とかさう云ふ, 限とかとは非常に, 限としてそれより, 限ないのである, 限なう心を, 限なく嬉しく逢へ, 限なく嬉しくなつかしく思ふ, 限なく尊いエリシオンの, 限なく恐ろしくおもふが, 限なしとみな人申候, 限なるべし力の, 限においてはそういう入会地, 限にぞある, 限にてやめ可, 限にでもならうと, 限にということだ, 限により大である, 限はのみくらし明日の, 限または無限と, 限らしまた山道, 限わがなさん, 限わけても現金を, 限ッタコトハアリマセン日蓮宗デモ結構デスッテ云ッテマシタガネ, 限ラズ何ノ注射デモ, 限ラズ何デモイヽカラ颯子ヲ使ッテ下サイヨ何デモサセマスヨ, 限ラズ枝ニモ幹ニモ生ゼリ而シテ其全ク一種ノ寄生植物ニシテ年, 限ラズ誰デモアンナ風ニ内股デ歩イタ, 限ラズ近頃ノ助, 限ラルルガ爲メニ被告ノ平常, 限ラレタルノミナラズ淺薄極マル哲學ニ立脚シタルガ, 限ラレテイタノデアッテ情事ニ必要ノナイトコロハ絶対ニ見セテクレナカッタ, 限リタレドモコノ信神渡航者ノ一行ニハ, 限リテ町村住宅地ヲ除外セル所以ハ, 限リデハ恐ラクソンナ, 限リトシテ衆議院ノ決議, 限リナキヲ見ルベシ, 限リニ非ザル也, 限リノ手段ヲ取, 限リハ妻ニ於テ一家ノ生活, 限リマセンオ歳ヲ召スト誰方モ喉ガ, 限リモナイ移リ変リヲ経験シタモノヨト自ラ驚カザルヲ得ナイ, 限リモナク優秀ニ見エル, 限リ國家ノ至上權ニ於テ國家, 限リ声ヲ低, 限リ小路ヲ引テカノスヘヲ下, 限リ永代米年ニ参百俵宛貢納シ人夫労役ノ要, 限リ銀行省ノ預金ニ不安ナシ, 限ルッテ仰ッシャッテタワネ, 限一ヵ月なのよ, 限一時間以上を経過, 限一時間程度で横浜, 限不完全なる人智, 限郡中所所算所取前神子くし之, 限た月, 限井筒屋豊三郎その外, 限助の, 限伊丹屋駒次郎の嫁, 限にも云わず, 限何篇の小説, 限公司等の大, 限に於, 限に見える, 限劃しようとしても三月七日, 限劃することは, 限だ大海, 限も知り, 限壱割五歩之利足, 限女房お豊, 限如何なつたの, 限季法あり養殖法, 限宇宙の間, 限幽霊は出, 限建鵜葦草葺合へず, 限引込んで仕舞, 限必ず太郎冠者の, 限必要だと, 限を尽し, 限が気, 限智恵子は真面目, 限智惠子は眞面目, 限有るものであり, 限朝鮮沿海に関する問題, 限村越峰右衞門の家, 限東ハ槙山之奥ボウジノ峠カギリ, 限有る可ら, 限澄み透りて水面, 限の海, 限疑ひて躬, 限知られず思ひ乱れんよりここ, 限知られぬ涙に, 限石川屋權右衞門の一人娘, 限者船の燈, 限芥子粒ほどの大, 限越後屋佐兵衞の跡, 限なるカムパニア, 限配せすると八五郎, 限をかへたん, 限長崎屋の土藏, 限降矢木鯉吉の建造, 限ひ込めなくなつ, 限駈けて行く