青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「降り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

附~ ~附い 附い~ ~附け 附け~ 附近~ 降~ ~降っ 降っ~ ~降り
降り~
~降りた ~降る 降る~ 限~ ~限っ 限っ~ ~限らない ~限り 限り~ ~限る

「降り~」 6110, 66ppm, 1728位

▼ 降り~ (4394, 71.9%)

303 行った 214 来た 176 来て 116 行つた 83 いった 66 行くと 65 きた 62 行く, 行って 55 来る 52 いた 46 来たの 45 来ると, 行きました 35 來た 34 来るの 30 きて 26 くる 25 いって, 見ると 24 くると 23 みると, ゆく 21 しまった, 來る, 行くの 20 ゆくと 19 来い 15 来ました, 行ったが 14 きたの 13 おいで, しまつ, 來て 12 いる, きました, くるの, 來ました 11 ゆきました 10 来たが, 行ったの 9 いつた, ゆくの, ゐた 8 いて, いらっしゃい, 来るよう, 行こうと 7 自分の 6 いったが, いつて, しまったの, しまひました, そこの, ゐる, 下の, 往った, 来る時

5 [18件] いたの, おいでに, きたが, しまいました, そこから, みた, 來い, 例の, 彼の, 来たので, 来た時, 来た若い, 来ない, 来られた, 行きながら, 行きます, 行つ, 見て

4 [17件] しまって, しまッた, それから, 下さい, 來ます, 店の, 徒歩で, 来たところ, 来たもの, 来なかった, 来るん, 来る様子, 行くよう, 行く道, 行ったあと, 行った時, 見た

3 [45件] いきました, いく, いくと, いったの, いました, いらつし, くること, くるところ, くるもの, みれば, ゆきましたが, 今度は, 出て, 家の, 宿屋の, 手綱を, 来そう, 来たお, 来たまでの, 来たり, 来ても, 来ないと, 来なかつた, 来ながら, 来よう, 来ようと, 来ようとは, 来ること, 来るので, 来る人, 来る蟻達, 来る跫音, 来る黒い, 水を, 私は, 草履を, 行きましたが, 行くこと, 行くん, 行けば, 行ったという, 行った後, 表へ, 見よう, 見ようか

2 [177件] あの娘, あるビヤー, いたが, いったあと, いつたが, いらしって, いるところ, いるの, いるらしく草履, きさえ, きたあの, きたかの, きたところ, きた時, きた者, くるが, くるにつれて, くるよう, くる一群, くる足音, くれという, こない, こなかったの, こぬと, しまう, しまうと, しまうの, しまったので, しまったもの, しまったら汗, その辺, なんの, まどの, みて, みやう, みようかしら, やるが, ゆきますと, ゆき爺, ゆくから, ゆくこと, ゆく彼等, ゆく時, ゆく様子, ゐるの, バスに, ビールを, ブリキの, ルウヴル宮に, 下から, 下さいと, 下駄を, 丘に, 二三日まえ, 二人は, 二里の, 交番で, 仕事を, 他の, 何の, 來なかつた, 來られる, 其所で, 其處から, 其雁を, 再び門柱, 半里, 参りました, 反対側の, 呉れ旦那, 土間に, 地上に, 奥へ, 奥坐, 寒暖計を, 實に, 居ました, 川を, 帰った, 床の, 座敷へ, 庭に, 廊下を, 彼は, 彼を, 彼方の, 往来へ, 念入りに, 思ひ, 慇懃に, 手を, 押しながら, 暗い町, 来いと, 来いよ, 来うっ, 来たとき, 来たばかりの, 来たよう, 来た老, 来ては, 来ないので, 来なければ, 来ぬ, 来ましたが, 来まして, 来ます, 来ますと, 来られました, 来られると, 来るが, 来るもの, 来るらしい, 来る一人, 来る二人, 来る前, 来る夫, 来る女, 来る灰, 来る者, 来る足音, 来れば, 横手の, 歩いて, 片手を, 物あはれなる, 独りで, 狭い廊下, 玄関へ, 現れて, 町の, 畠道を, 着物を, 砧を, 硝子戸を, 礼を, 神田の, 私の, 秋野と共に, 税関へ, 紅葉の, 縁の, 行かなければ, 行きすぐ, 行きましてん, 行きますと, 行き南海高島屋地階, 行くその, 行くもの, 行く勝彦, 行く彼, 行く者, 行く足音, 行く青年, 行けるらしい階段, 行ったこと, 行ったところ, 行ったふり, 行ったもの, 行ったよう, 行っても, 見る, 許されない事, 貴女と, 跣足で, 近づいて, 遊んで, 道の, 道頓堀へ, 部屋へ, 長い廊下, 雨戸を, 飛んで, 餌を, 馬の, 馬を, 黒門市場を

1 [1728件 抜粋] あげるはず, あたしの, あてど, あなたの, あの骸骨め, あるき出す人, いいん, いかなかった, いくにつれて, いそう, いたこと, いたのに, いた一人, いた馬丁, いったので, いった様子, いづくとも, いません, いらしたで, いらっしゃいませ, いらっしゃらない, いるので, いるらしいの, いるらしくも, いる造りもの, うまさ, おくん, お便所, お出でッて, お勢, お櫓下, お節の, かの手紙, きそう, きたその, きたまえ, きたよう, きた七十幾歳, きた僕, きた口笛, きた少女, きた徳川家, きた武蔵, きた花村, きた釈尊, きながら, きますと, き給, くだされりゃこんな, くるといふ, くるまた, くるやう, くる勢い, くる土牛, くる小さな, くる時, くる深紅, くる神人, くる蜘蛛, くれたが, くれば, こいって, こうやっ, ここを, こっそりと, こなかったんで, この女童, こまかく説明, こようと, これも, さがしさ, しかも私たち, しばし全, しばらく道, しまい神, しまうのよ, しまえ富さん, しまったよ, しまった舞台, しまつては, しまふので, すぐ五, すぐ近い, ずっと歩き出す, そこからは, そこで富岡, そこら中を, そつと, そのふもと, そのテント, その円弧, その壁, その手, その時, その渚, その窮極, その鋏, そばの, それから雨, そろそろ青みがかっ, ちょうど夜, つかつかと, どこかへ, なぜご, のち先生は, ひと休みした, ひろ子は, ふたりが, ぼんやり, まことにどうにも, またてく, また登り直し, まだ倒れ, まん中の, みたいところ, みたいなどと, みませう, みる, みる事, めえりましたら, もう一度挨拶, もとの, もらおう, やがて奥秩父, やる氣, ゆかず明神ヶ岳, ゆきかけた, ゆきながら, ゆきマリーナ, ゆき明日, ゆき終り, ゆくとき, ゆくもの, ゆく兵, ゆく利家, ゆく幾何学, ゆく柔かい, ゆく虫, ゆく長い, ゆく黒影, わたくしは, ゐき, ゐぬ靜, ゐるやう, ゐる海底, カケスの, シャン・ド・マルスを, ズーと, タチバナ屋の, ノッソリ食卓の, パリからの, プラットフォームを, ホールで, ロジャー氏の, 一ぷくしたかった, 一休みする, 一度暗く, 一方へ, 一歩進む, 一軒の, 三保の松原に, 三方から, 三町ばかり, 上の, 下さいツ, 下郎の, 不忍, 中庭門から, 乾ききつ, 了つた, 二十人余りの, 互いに眼, 井, 人々の, 人の, 今は, 仕舞つた, 仰いで, 仲百人の, 休息する, 会ひ, 何か, 何やらまごつい, 何思った, 來ない, 働いて, 先へ, 入って, 入場しよう, 全軍堵列, 其の利用, 内には, 再び二階, 冷静なる, 出口までも, 切通しの, 別れるまで, 前後不覚に, 加藤図書を, 勝手もとへ, 北口約, 十六丈の, 千日前へ, 南側の, 参りまして, 參りました, 又登らなき, 取つた柿, 古藤に, 同じ横丁, 向うの, 呉服屋の, 四五日も, 困って, 土手の, 地下鐵で, 坂をの, 堀の, 塵取を, 外に, 外套を, 夜中自動車で, 大きなデパート, 大公園, 大和へ, 大急ぎで, 大陸へ, 姉さん, 姿勢を, 子酉川の, 官舎へ, 家来たちと共に, 富士を, 寒し, 寺の, 小さな自分, 小舎の, 少しばかり, 居るの, 山々の, 山岸の, 岩に, 岸本は, 川端へ, 左手で, 巷へ, 帯を, 帳場の, 平次の, 広小路の, 店から, 庭の, 建物を, 彼が, 往きそこ, 往た, 待ちうけ, 後は, 御座らっしたよう, 御覧に, 応接間の, 態, 戎橋筋を, 或る, 戸袋の, 手摺りに, 折からの, 携帯品預, 改め言へ, 数日宮中に, 文藝春秋社へ, 新鮮な, 日影も, 日蔭は, 時の, 暫時木陰で, 更らに, 木戸まで, 本田さんが, 村落の, 来い何ん, 来かかり血走ったぼく, 来たあなた, 来たこと, 来たところが, 来たはず, 来たもう, 来たらすぐ, 来たらわき, 来たわけ, 来たスガメ, 来た仙太, 来た保, 来た公卿風, 来た南側, 来た天使, 来た小林, 来た崖, 来た戸波博士, 来た新, 来た時機, 来た正成, 来た父, 来た病気, 来た穴, 来た綱, 来た良子, 来た藤塚さん, 来た躑躅山, 来た道, 来た階段, 来ないこと, 来ないの, 来ない余り, 来なさったや, 来は, 来ません, 来やして, 来られたの, 来られた殿下, 来られる, 来られる時, 来るお父さん, 来るだろうと, 来るとも, 来るなり, 来るまでの, 来る人々, 来る奴, 来る寿平次, 来る村, 来る男たち, 来る筈, 来る蟻共, 来る赤襷, 来る電車, 来る鳥, 東洋新報の, 枝折戸を, 校門の, 桃山国府両, 梨畠へ, 楊奉の, 槍を, 横町の, 次の, 正季を, 歩かなきア, 歩き出した人, 歩道の, 比較的に, 水でも, 水冷えきら, 汀の, 汲んで, 河原の, 油幕の, 法然に, 泥の, 浮山を, 海まで, 淋しく笑った, 渋谷区まで, 港を, 湯に, 湯殿へ, 溜息を, 濡れ拭布で, 無理に, 父の, 玄関から, 玄関の, 生垣を, 用便し, 甲冑の, 畔道に, 痩ツぽ, 目的の, 相向った, 眺めて, 眼鏡を, 石炭貯蔵場まで, 砂原へ, 禅宗の, 私一人で, 空には, 窓から, 竈の, 立て, 竜胆の, 筈ち懲らさ, 築地の, 細長い一筋町, 繰りかえさねば, 群がって, 考えながら, 胸を, 自分だけの, 舞い遊ぶ庭, 船着場の, 花床を, 落ち行こうほどに, 蓑吉が, 薔薇の, 藪八は, 蜻蛉を, 行かしてから, 行かないこと, 行かぬこと, 行かれる, 行きそしてまた, 行きながらも, 行きましょうか, 行きやがて, 行き次郎, 行き莚, 行くお, 行くだらうと, 行くには, 行くばかり, 行くんで, 行く一本, 行く人人, 行く兄, 行く姿, 行く延胤, 行く森, 行く石, 行く筈, 行く途中, 行く雪子, 行けるよう, 行こうという, 行ったおふくろ, 行ったとき, 行ったらいろんな, 行ったん, 行った事, 行った夫人, 行った武蔵, 行った笹村, 行った過去, 行ってから, 行つたのも, 行つた階子段の, 行つてゐます, 行つて待つ, 行つて驚いた, 街燈の, 袋小路の, 裏口の, 裸足の, 西竹へ, 見しに, 見たところ, 見ました, 見ませうか, 見やう, 見る頃, 見物者に, 話を, 谷あいを, 貧弱な, 買い物を, 路地の, 踏台に, 車の, 車座の, 軒先の, 迎えなければ, 近侍の, 逃げるなんて, 途中で, 遂に手紙, 道に, 遠野から, 都の, 采女が, 野良の, 金沢の, 銀杏の, 長椅子の, 闇の, 陣刀を, 集まって, 電車を, 靜かに一杯やらう, 音の, 頼母たちと, 風なき, 風呂場へ, 食ひ, 飯ば, 首塚で, 馬繋ぎの, 駆けて, 駕籠賃は, 鮠を, 鵠沼へ, 鹿之

▼ 降り~ (89, 1.5%)

10 なって 7 けり 4 なった 3 なってから, なつた, なりそう, 客の, 降って 2 けり朝, なると, なるの

1 [47件] かかると, ご苦労な話さ, ざあと頽れ落ち, どうした, なった雨, なつて, なられて, なりそのまま, なりましたね, なりますと, なりません, なりませんから, なるとき位, なるもの, なる前, なる時, なろうと, ふりかかる雨, もどるけれども, ゃあなりっこなし案じはねえ, ゃなるめ, ウンザリし, 今ぞ, 出かけるの, 出られるもの, 成るん, 掛るから, 最も適し, 疲れ果て両手, 疾走する, 突き放すの, 素足に, 裾が, 見えなくな, 軽く肱, 開いた乙種, 降った, 降つて了, 降つて來, 降る, 降ること, 降る事, 降る白昼, 降る雨, 降る雪, 降れど, 風が

▼ 降り~ (86, 1.4%)

4 の所 3 にある, の方 2 が見え, のところ, の石段

1 [70件] からさらに, から一挺車, から下, から右, から囲炉裡側, から声, がありましょう, があります, が丁度, が見つかる, であること, でなく降り立つた場所, で例, で利長, で十五歳, で十吉, で宿, で振り返った, で漁夫, にあたる方角, にある乾き切った, にかかりました, にかかろう, にそれ, にまで来た, に向いました, に小さな, に待ちかまえ, に忍び寄り, に押し合っ, に梯子, に正面, に炭焼小屋, に立たせ, に見える, に貼られた, のあった, のまっ, の上, の交番, の処, の右側, の唐紙, の横, の畳戸, の突き当り, の設けられ, の辺, の階子段, はない, は一つ, は小高い, は石逕, へむかっ, へブラ, へ出る, へ向っ, へ歩み出した, へ突進, へ走っ, へ駈けつけた, まで出, まで歩い, まで見送, まで走り, を偸むようにして, を教, を案内, を鍵, 大きく開け

▼ 降り~ (74, 1.2%)

8 中を 7 雨の 3 方は 2 中で, 人が, 日の, 雨に

1 [48件] お客人, お方お, かたは, ないよう, ない停留場, なかを, 中へ, 人の, 今日も, 列車が, 午後であった, 夜ふけの, 夜中にも, 大雨にな, 天女だ, 宴遊戯を, 山崎街道も, 工事場の, 座敷に, 強い場合, 方が, 日でした, 日に, 時いがで, 歩道に, 泥濘を, 混雑, 滝の, 滝の下の, 滝を, 漠々と, 激しい駱駝, 煙を, 祝いという, 窓の, 絵でも, 群衆に, 街路から, 街路の, 表へ, 記憶の, 邪魔だ, 降りつづく時, 雑音が, 難所を, 雨が, 雨でした, 音を

▼ 降りそう~ (68, 1.1%)

6 になっ 4 だから 3 だ, な日 2 でした, ですから, な寒い, な気配, な雲, になる, もありません

1 [38件] じゃな, だからな, だった, だったので, だと, で, である, でございます, ですよ, でないので, でなかなか, では, な, なお, なけは, なこの, なので, なハッ, な古びよう, な変, な夜更け, な天気, な心持, な時分, な曇った寒い, な様子, な気勢, な真似, な空, な空合, な空模様, にある, になった, にもない, に見え, に見えた, ね, もない

▼ 降りたり~ (61, 1.0%)

17 して 3 した, 乗ったり 2 しないところ, しないもの, するので

1 [32件] いつまでも, したが, したの, しつつ, しないでも, しました, するお客, すること, するし, するとき, するには, するの, する太郎, する姿, する客, する所, する旅客, すれば, そんなこと, でいっぺんに, で私, まるで廿日鼠, よじ登ったり, 上ったり, 上つ, 中庭を, 二階の, 出来るん, 登ったり, 私の, 端から, 駆け昇ったり

▼ 降りながら~ (56, 0.9%)

2 叫んだ, 急に, 美しい眸

1 [50件] あんな文字, いった, しばらくぼく, そこに, その紙きれ, その黄塵万丈, ためらうよう, つづいて, なにげなしに, ふとまた, ふ物, まもなく相, やはりあたり, イワン・フョードロ, サンパンと, ヤーホーと, 下を, 伸子は, 何氣なく, 元来どこ, 呟いた, 囁き合って, 声を, 夜に, 平次の, 弘は, 彼は, 彼女は, 得意げな, 念入りに, 思った, 手を, 数えると, 正面を, 物見の, 独りで, 生れて, 矢代に, 秀吉は, 考えて, 背後から, 腹をよ, 膨れ出した山腹, 苦苦しさ一杯, 葛岡は, 親分が, 言ったその, 言葉を, 訳を, 青い顏

▼ 降りてから~ (49, 0.8%)

2 あの田舎道, 三十間も, 竿なんぞ, 階段を

1 [41件] あちこちを, あの路, いそいだこと, いつにも, そういう真紀子, もうずっと前方, もう病葉, 一里の, 三四回つづけ, 二人で, 二時間も, 二時間以内の, 二時間内の, 儀杖兵づきで, 公園の, 十五分も, 千鶴子は, 地図を, 小さな家, 屏風浦付近の, 山の, 岸本と, 彼は, 手擦れ, 早速こわごわ封, 暗い道, 梅林の, 歌手たちが, 歩き出したの, 矢田と, 石ころの, 禅林寺まで, 萬, 藤屋氏の, 見当を, 話すわ, 身体を, 里の, 長い狭い廊下, 間もなく千鳥ヶ浜, 頂上へ

▼ 降りても~ (31, 0.5%)

2 人力車一台も, 降りても

1 [27件] いい, いいから, いつも一合, くれない, この停車場, そこに, まだ東野, よし少し, よろしい, 二度や, 別段馬車, 半兵衛重治の, 又登る, 只淋しい, 変化が, 好い, 市人の, 必ず来べし, 来ないこと, 来なかった, 来るで, 殺されるもの, 然し佐多, 知れたもの, 羊腸として, 行く, 途は

▼ 降り~ (28, 0.5%)

2 ぐれまいと, せぬか, ぢめて

1 [22件] ありませぬ, しないだろうか, しなかったな, しなかったの, すまいけれど, せぬかの, せんいや, どうで, ひどくなっ, もう痕かた, よいが, スキーを, 一と, 何よりの, 余り便利, 御在, 早いぞ, 案外楽, 益激しく, 赤ん坊の, 階段や, 馬の

▼ 降り~ (27, 0.4%)

7 うな 4 うで, へすれ 2 うもないので 1 うだんな, うだ今日, うだ降つて, うである, うでした, うですから, うでなか, うなお, うも, した

▼ 降り~ (27, 0.4%)

3 つ, て, る

1 [18件] し其母むかし, し岩屋道, たらばと, たりし如き, てウーリュンポス, てヘーレー何, てペーレーデース・アキリュウス, て哭き, て大海, ぬ, ぬれば, よやよ, るは, るを, る神女, る雪, れば, れるなり

▼ 降りては~ (23, 0.4%)

2 いけません, やつれ醜き

1 [19件] いけませんぞ, それを, とても忙しく, また高く, みたが, やみ歇み, 何かを, 來なかつた, 倏ち, 帰って, 昇る, 来ない, 来ないだろう, 来ない代り, 水に, 生徒を, 融くる, 農鳥より, 風の

▼ 降り~ (23, 0.4%)

1 [23件] しない, しないかと, しない一人, しない天気, しなかった, しねえ, しません, せず, せずじめじめ, せず黙祷, せまいかな, ないよう, ふらずも, 少くなっ, 少くなったらしく, 少ないので, 少なく多く, 平凡な, 有りますまいか, 有りますまいけれども, 有るまいが, 激しかつ, 降ったり

▼ 降り~ (22, 0.4%)

3 一気にこの 2 して, 一氣に

1 [15件] しりつつ, するの, ちょっと作りました, ついて, やる巫女, ゆるくせよ, 加へ, 変えたので, 待ち構, 毎日の, 演る, 避けて, 願います, 願ひます, 食って

▼ 降り~ (21, 0.3%)

2 強いので

1 [19件] あるだけ, いやに, えらかった, やってきた時, やむと, 不便な, 亜鉛屋根にあたる, 余り激しい, 出来ないと, 出来るよう, 前よりも, 山から, 強いと, 強いもん, 強かつ, 強くなっ, 昼過て, 降りつづくと, 隨分困りました

▼ 降り~ (21, 0.3%)

2 になつ, になる, に勢

1 [15件] だったらしくその, だつた, でその, にとりかかった, になった, になり, に差しかかった, に踏入, の出口, は峻, は馬, へかかった, ももう, を急いだ, を悠々

▼ 降り~ (19, 0.3%)

2 あつたらしい

1 [17件] お臺所町, こざいまし, ござります, すっかり体, ロケは, 七曲りは, 丸木橋が, 休むそれでも, 十分には, 尾根伝いの, 明かるく, 来, 東京の, 根雪に, 江戸中洪水騷ぎをやつたぢやないか, 皆こわい, 退屈で

▼ 降り~ (19, 0.3%)

5 いて 2 いた

1 [12件] いた春, いた梅雨, いた火事後, いた火山灰, いた雨, いてを, きて, く, くこと二日三日, く雨, けてゐる, ける

▼ 降り~ (18, 0.3%)

2 をし

1 [16件] があっ, がある, がだんだん, が少なかっ, が非常, だ, だけ考へ, で, であった, であったが, で実に, に愛着, の場合, は尋常, は私, までが違っ

▼ 降り~ (18, 0.3%)

3 いでいた, いでくる 2 いだ 1 いで, いでいて, いでいる, いでいる広やか, いでるせい, いでる静寂, いでゐるホテル, いで彼方, いで物, がれた

▼ 降り~ (15, 0.2%)

5 に見た 2 を急い 1 からわかれ, にか, に迷ってる, の凹凸, も決して, を塞がれ, を熟練工, を考へる

▼ 降りつつ~ (14, 0.2%)

2 ある場合

1 [12件] あはれなる, ありしを, ある, あるの, ある恐ろしい, ある日本アルプス, ある雨, 夜に, 彼は, 日は, 見る下, 重みで

▼ 降り~ (14, 0.2%)

2 も吹いた

1 [12件] が吹い, が吹くだろう, が枝, が鳴, と吹きまくる, にしぶき, の吹く, は平原, は雑草, は黒く, も出, も吹く

▼ 降りその~ (11, 0.2%)

2 さし出でた 1 うちの, 上に, 外にも, 実を, 巨大な, 日の, 時も, 萌黄いろから, 袖を

▼ 降りやう~ (11, 0.2%)

3 とする 2 とした 1 としない, としなかつたら, とせず, と言, になつ, を

▼ 降り~ (10, 0.2%)

2 なれば 1 おして更に今夜, なりその, ほした, ほして, ほすもの, 云は, 農神上りの, 青光り

▼ 降り籠め~ (9, 0.1%)

4 られて 1 ている, てゐた, られた鬱陶し, られれば, られ今朝

▼ 降りさうに~ (8, 0.1%)

5 もない 1 なつた, も思へなかつた, 見えた空

▼ 降りまた~ (8, 0.1%)

2 登って 1 か, この勤祥, とび上って, 地下鐵で, 廊を, 蒸發し

▼ 降り昇り~ (8, 0.1%)

2 して 1 する, すること二里余り, するだけ, する程, という日, とも一里余

▼ 降り~ (8, 0.1%)

1 いだ, いでいた, いでいる, いでそれ, いでゐるので, いでゐる光りを, がう, がれた

▼ 降り~ (8, 0.1%)

2 を彫りたい, を彫る 1 その二匹, でも彫る, を彫っ, を彫らせ

▼ 降り~ (7, 0.1%)

1 がらな, がらんけに, がれだ, みな殺し, アがる, ア熟んでしまつ, 嵐が

▼ 降り~ (6, 0.1%)

2 かつてゐる 1 かつた, かつてゐました, かつて来ました, かつて渓

▼ 降りかた~ (6, 0.1%)

1 がまた, でかえって, でした, でもなかつた, をした, をしない

▼ 降りさえ~ (6, 0.1%)

3 しなければ 2 すれば 1 すると

▼ 降りしきつて~ (6, 0.1%)

3 ゐた 1 ゐたつけ, ゐて, ゐましたが

▼ 降りそこ~ (6, 0.1%)

1 から第, には足, に寝そべっ, に待っ, に本当, まで出かけ

▼ 降りでは~ (6, 0.1%)

1 あるけれど, あるし, どうなる, なかった, 事に, 仕方が

▼ 降りにな~ (6, 0.1%)

1 つた行乞は, つた頸す, つてしかも, つて大きな, つて旅愁しきり, つて来た

▼ 降りやがて~ (6, 0.1%)

2 また大きな 1 南面の, 芸当が, 赤ちゃんを, 鈴鹿峠の

▼ 降り~ (5, 0.1%)

5 て又

▼ 降りたて~ (5, 0.1%)

4 の雪 1 の真白

▼ 降りてからも~ (5, 0.1%)

1 一里近く歩かなけれ, 弟達の, 心当りの, 沈黙が, 私達は

▼ 降りよう~ (5, 0.1%)

1 ではござらぬ, としてまた, はない, も例年, をこころみ

▼ 降り~ (5, 0.1%)

1 でてこ, でぬ, でぬ入相の鐘, でむさ, で夜

▼ 降り~ (4, 0.1%)

1 から大丈夫, な, 斯んな, 雷鳴さへ

▼ 降りちゃ~ (4, 0.1%)

2 不可ん 1 いかん中, 困るな

▼ 降り~ (4, 0.1%)

1 かかりながら, さしか, 切れると, 来て

▼ 降り~ (4, 0.1%)

3 にあ 1 にあたって漲り激つ

▼ 降り~ (4, 0.1%)

1 であった, としては躊躇, なん, をした

▼ 降り立て~ (4, 0.1%)

2 の雪位 1 のもの, の雪

▼ 降り~ (4, 0.1%)

1 が悪い, で有ろう, ならば, をぐんぐん

▼ 降り~ (4, 0.1%)

1 には霧, を横切っ, を越え, を駈け

▼ 降りじゃ~ (3, 0.0%)

1 いくら鍵惣, アどうも, 犬っ

▼ 降り~ (3, 0.0%)

1 だ, ぼる雨, 散らま

▼ 降りそして~ (3, 0.0%)

1 こんなに陸地, 争って, 居住区に

▼ 降りそれから~ (3, 0.0%)

1 今度東方に, 少しずつ, 市電で

▼ 降りそ紅~ (3, 0.0%)

2 ににほへる 1 に匂

▼ 降りてからの~ (3, 0.0%)

1 まる一年, 帰り途, 道が

▼ 降りてと~ (3, 0.0%)

2 見ると 1 たいへん遠い

▼ 降りでも~ (3, 0.0%)

1 ある, すると, なかった

▼ 降り~ (3, 0.0%)

1 づみ, の, ので扈従

▼ 降りには~ (3, 0.0%)

1 正しく一瀉千里, 泥土に, 龍の

▼ 降りはじめ~ (3, 0.0%)

1 に感ずる, のよう, の頃

▼ 降り一方~ (3, 0.0%)

1 になる, は縁先, へかかっ

▼ 降り~ (3, 0.0%)

1 うして, か憑かれた, も忘れ

▼ 降り~ (3, 0.0%)

1 からも湧い, から湧く, に立ち

▼ 降り~ (3, 0.0%)

1 しぬ, った, つた

▼ 降り~ (3, 0.0%)

3 女郎

▼ 降り手綱~ (3, 0.0%)

1 を引っぱっ, を扈従, を武者

▼ 降り灑い~ (3, 0.0%)

3 でゐた

▼ 降り~ (3, 0.0%)

2 すと 1 せば

▼ 降り~ (3, 0.0%)

1 の仙台, の指先, は一年半

▼ 降り~ (3, 0.0%)

1 ふとて, ふを, へるクリスト

▼ 降り自分~ (3, 0.0%)

1 の居間, の衣類箱, は中将軍師

▼ 降り~ (3, 0.0%)

1 が積つて, が積もる, が降る

▼ 降りあそばした~ (2, 0.0%)

1 こととて, んです

▼ 降りあと~ (2, 0.0%)

1 からは泣く, の二人

▼ 降りいつも~ (2, 0.0%)

1 のやう, 往来の

▼ 降りがけ~ (2, 0.0%)

1 に梨枝子, に青年

▼ 降りさうな~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 静かな

▼ 降りざま~ (2, 0.0%)

2 にその

▼ 降りしな~ (2, 0.0%)

2 に径

▼ 降りそめし~ (2, 0.0%)

1 が昼, より片岡

▼ 降りそれ~ (2, 0.0%)

1 からすぐ, をスリコギ

▼ 降りたつ~ (2, 0.0%)

2

▼ 降りたりと~ (2, 0.0%)

1 云い或は, 自ら拾い上げ

▼ 降りつづい~ (2, 0.0%)

1 ては汽船, て廿九日

▼ 降りてからは~ (2, 0.0%)

1 概ね女中部屋, 若者たちが

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 おしだった, おしであった

▼ 降りながらも~ (2, 0.0%)

1 ぼくらは, 夾雑物の

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 んな, ッせ

▼ 降りやむ~ (2, 0.0%)

1 ころには, 星明かり

▼ 降りスタスタ~ (2, 0.0%)

2 くぐり戸

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 れる時彼等, れる者

▼ 降り下り~ (2, 0.0%)

1 大地震動と, 降りあおる雪

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 る雪, る雪驪あした

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 れて, れるやう

▼ 降り仕度~ (2, 0.0%)

1 をし, をし始めた

▼ 降り~ (2, 0.0%)

2 つてゐる

▼ 降り初めて~ (2, 0.0%)

1 いた, ゐた

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の何となくじめじめ

▼ 降り埠頭~ (2, 0.0%)

1 の方, を出る

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 の前, の土用以外

▼ 降り大地~ (2, 0.0%)

1 にひざまずき, の上

▼ 降り始め~ (2, 0.0%)

1 の瞬間, よりも降雪

▼ 降り~ (2, 0.0%)

2 の庇

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 に出, の戸

▼ 降り廊下~ (2, 0.0%)

1 から菊人形, へ出

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 に清朝, 甲板に

▼ 降り徒歩~ (2, 0.0%)

1 にて末吉, の兵

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 ひは, 期間を

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 るあらし, るる港

▼ 降り木戸~ (2, 0.0%)

1 をあけ, を開け

▼ 降り木枯~ (2, 0.0%)

2 荒れて

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 の方, の道

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 たった始祖男女, つて花を

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 の末端, の端

▼ 降り~ (2, 0.0%)

2 を渡り

▼ 降り止んだ~ (2, 0.0%)

1 ばかりの寒風, 池の

▼ 降り残し~ (2, 0.0%)

2 てや光堂

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 から風, へ入った

▼ 降り灑ぎ人通り~ (2, 0.0%)

2 は密

▼ 降り灑ぎ藪~ (2, 0.0%)

1 の向, の向う

▼ 降り無言~ (2, 0.0%)

1 で鶏小屋, のまま岸辺

▼ 降り~ (2, 0.0%)

2 はいよいよ

▼ 降り狐火~ (2, 0.0%)

1 燃えむ, 燃えむ冬

▼ 降り玄関~ (2, 0.0%)

1 から門, に立ちはだかり

▼ 降り積つた雪~ (2, 0.0%)

1 が溶け, の中

▼ 降り積つて~ (2, 0.0%)

1 来た, 見る見るうち

▼ 降り積ッたま~ (2, 0.0%)

1 までまた, までまだ

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 で丸い, といえる

▼ 降り群集~ (2, 0.0%)

1 を押返し, を推分

▼ 降り裏口~ (2, 0.0%)

1 から外, から闇

▼ 降り~ (2, 0.0%)

2 を呑み

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 の音波, の頂上

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 にそっと, を右

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 と化し, もあたれ

▼ 降り雪狼ども~ (2, 0.0%)

1 はずうっ, はずうつ

▼ 降り~ (2, 0.0%)

1 の口, の轡

▼1* [503件]

降りあの大松の, 降りあらましの見当, 降りあるいは鎌倉の, 降りあんばいを見るべく, 降りいきなり店頭に, 降りいつまでも沢山, 降りいまだ雪の, 降りいよいよ冬籠り, 降りいろいろと現界, 降りいんぎんに礼, 降り竹の, 降りおばさんの手, 降りおまけに寒かっ, 降りかっぽれのうしろから, 降りかつ消えては, 降りからかいて, 降りがけ教習室をとおりぬけたら, 降りがちな天候, 降りきたるを理想, 降りきつた右手, 降りぎわに烈しい, 降りくだつてそこに菜の花, 降りくらし今朝も雨戸, 降りぐちで暮れ, 降りける雨は, 降りければひとしお, 降りけんもほろろに駈け寄っ, 降りここより二十五丁, 降りこの身に, 降りこめらァれ, 降りこれに対して田の神昇り, 降りごろごろ石の, 降りさうだつたな, 降りさて人參を, 降りさらに馬車を, 降りあーっと, 降りざま玄関に出た, 降りしかしがらきの, 降りしづかに壇, 降りすぐに瀬戸引, 降りすこし乗って, 降りずぶ濡れになっ, 降りせつせと, 降りせまい構内を, 降りそくなったの, 降りそっと来て, 降りそのうち東風までも, 降りその後すべて他の動物, 降りその間も冷雨, 降りそめにけり, 降りそれからまた平地を, 降りそれだけよけいに, 降りそ吉隠の猪養, 降りそ家もあらなく, 降りそ桜花まだ見ぬ, 降りたちまち止って, 降りたりのエレベーター病にとり, 降りたりは自分には, 降りだいまるで川, 降りだけが気に, 降りだらだら坂の, 降りつつもこちらは, 降りつまばかなしかるらむ, 降りつむ雪とに, 降りつるに四日間, 降りづめで夜になっ, 降りてか行きかく, 降りてなだれる人渦, 降りての後に, 降りてやみぬ, 降りてやらア, 降りてわびしかりけれどもおして歸郷す, 降りであることは, 降りでしたね, 降りですね, 降りでなくすさまじい響, 降りとも御下り, 降りどうすること, 降りどころじゃない, 降りどの種類が, 降りなかなか寒くなっ, 降りなどして, 降りなべてひたすら光らうとのみ, 降りなむ裝束せし, 降りなりしかど椎, 降りにも注意を, 降りに際しては之に, 降りのこのこと彼女, 降りはるか高松城の西, 降りふらふらと歩い, 降りみぞれが, 降りみな黙々として, 降りもう満員, 降りもしくは中間の, 降りやんだ後なら, 降りゆゑに飛び, 降りウェルギリウスに請, 降りカチーンカチーンと鳴る, 降りカムズがあがる, 降りクリカネ村を過ぎ, 降りコートに打つちやり放し, 降りスクネ橋を渡っ, 降りセムシの危, 降りダチュラの花, 降りチングで喧嘩, 降りデングリ返しを打った, 降りドッとこなけれ, 降りバケツに水, 降りヒョコヒョコと彼, 降りフォーゲル一家のもと, 降りマヌースのそば, 降りマルダイヴ群島の上, 降りレストランへ這入った, 降り一人の霊媒, 降り一度帰洛しました, 降り一行はすぐ, 降り一路浦添の道, 降り一軒しかない, 降り一銭銅貨の大き, 降り七月の末, 降り万民は太平, 降り三人でかえった, 降り三条では橋, 降りの方, 降り下ろされてきた, 降り下手のガラス戸, 降りへ上れ, 降り久しく北国の, 降り九時ちょッと廻った, 降り九段へ出, 降り事済みけるとぞ, 降り二三百人の野武士, 降り二停留所を歩き, 降り二十何町か入った, 降り二十分くらい歩く, 降り二十分ぐらゐ歩くと, 降り二寸ほど積, 降り二月末の曇雲, 降り二者半球を異に, 降り二里を足, 降り二階からさらに, 降り五人だけになっ, 降り五智の海, 降り交通によく, 降り京極の知合い, 降り人垣を押分け, 降り人手不足で沢山, 降り今度は諸所, 降りの汽車, 降りて今, 降り伏見屋の表, 降り何処からか女, 降り何度になったら, 降り侘しい一日で, 降り便所の前, 降り倉庫のあたり, 降り停留場前のバラック, 降り偶然再会したよう, 降り先づ観音崎の一周, 降り先刻から待受け, 降り光禄勲徐自為, 降り入口の奥, 降り八人目だかに, 降り八月三日の夕方, 降り兵士らはそれ, 降り其の後ろの, 降り其処から更に, 降り其脚を, 降り其附近の今帰仁, 降り具合が仕上げ, 降り内海さんをメッタ刺し, 降り冷ややかな山風, 降りで降り, 降り出づるにみな, 降り出づるに薄ら淋しくなり, 降り出らる, 降りを引っ提げ, 降り列車の時刻, 降り刻限は午前二時, 降り前後左右に深い, 降り加減になっ, 降り加茂川の東岸, 降り助手たちが彼, 降りで山登り, 降り勾配に走っ, 降り北軍の艦船江上, 降り十九日にははや, 降り十五里あり, 降り午後からははれる, 降り里ばかり, 降り半ば後をふりかえる, 降り半四郎師匠が変化, 降りの間, 降り南朝の旗, 降り厳しい河風が, 降り双眼鏡を取っ, 降り口近くまで歩い, 降りへ折れ, 降り同じ様に, 降り同一の進化, 降り同年六月ヴェルチェルリに於, 降り周囲は甚だ, 降り四五の人, 降り国王ならびに諸, 降り国立銀行の建物, 降りを抜け, 降り圓タクを拾つた, 降り地上の火, 降り地上一フィート近く積った, 降り地下室の化粧室, 降り地蔵院より西陣, 降り城兵が鉄砲, 降り埠桟にたたずん, 降りのよう, 降り塩梅では大雪, 降り境内の舞樂殿, 降り落つ, 降りにポタポタ, 降り多摩川の長い, 降りにはいる, 降り夜すがら降った, 降り夜明て見れ, 降り夜空は晴れわたった, 降り大きく降って, 降り大抵の時交番, 降り天幕の入口, 降りしく且つ, 降りに人, 降り子供達にも降った, 降りに對, 降り官軍の将校田島敬蔵, 降りまでの横丁, 降り容易に下, 降り宿を駅夫, 降りさが, 降り寒い陰気な, 降り寒風が吹き込み, 降り尊氏や義詮, 降り小屋の外, 降り小暗い田舎道を, 降り小止みたる, 降り小路に入っ, 降り小銃は火蓋, 降り小雨にけむる, 降り尾張知多へ落ち, 降り尾野路ノ浜, 降り合わす馬車, 降りの方, 降り山上の困憊, 降り山田さんのところ, 降り山門を抜けた, 降り山間の大子駅, 降りを下, 降り崖崩れの場所, 降りが荒んだ, 降りの上, 降り川島村へ出, 降り川治温泉で鬼怒川, 降り工合である, 降りの愛好者, 降り市中は大騒ぎ, 降り市民たちは家, 降り市電の通り, 降り帝国ホテルの帳場, 降りをあげ, 降りらしい, 降り広場の方, 降り床さへ沾, 降り床几を取りよせ, 降り弁天様の境内, 降りになっ, 降り役場の滝口孝氏, 降りに飛びつき, 降り彼方の嶺, 降り彼等に巻き込まれ, 降り従者の一部, 降り御殿場から富士, 降り御用商人専用の裏階段, 降り恐らく水を, 降り愛玩の雲雀, 降り懐中電灯で一人一人顔, 降り戎橋筋を北, 降り或は斜め或は, 降りに閂, 降り所内の見物, 降りの中, 降り折竹らをみる, 降り按排も一般的, 降り挙句で日向, 降り改めて表階段, 降り故人を偲ぶ, 降り教員室へ戻つ, 降り散々歩いた, 降りかむ時, 降り斯くの如く, 降り新しい位牌に, 降り新宮へ一泊, 降り早立ちは駄目, 降り昇り三里ばかりの急坂, 降り明石の大蔵谷, 降り春日へそして, 降りとすれ, 降り晝食をすます, 降りるる時, 降り暗むなかを, 降り暗号室に入っ, 降り最後だからと, 降り月光や雨, 降り朝夕アンゼラスの鐘, 降り木星と水星, 降り木立ちの下を吹き払う, 降り本部に赤坂離宮, 降り本郷から来る, 降り本館を出, 降り板石の広, 降り栄介が続い, 降り根賀地に相良, 降り梅屋の裏座敷, 降り梨丸も下, 降り植木鉢などい, 降り楊参政の軍, 降りを左, 降り槙三と別れた, 降りきこえて, 降りなん, 降りになれ, 降りの下, 降り次いで富樫政親等諸, 降り次に春代が, 降り次第に暗くなる, 降り欲しいとのぞんだ, 降りまない, 降り止むのを, 降りの家, 降り此地で復活, 降りを脱, 降り残りが此, 降り殺生小屋附近しか登れなかった, 降り母上に本代, 降りが凍った, 降り水門口の小舟, 降り汀づたいに噴水の傍, 降り江戸はもちろん, 降りのほとり, 降り沈むにいたる, 降り脱石, 降りとなつ, 降り河原の上, 降りの泥深い, 降り洒ぎ風は花, 降り洪水が降り, 降り海岸沿いにどんな, 降りの氷る, 降り添ふたのであらう, 降り清朝定鼎, 降り渋つて二人限になれ, 降りを越え, 降り渡し船に乗らん, 降りの上, 降り滝村と砧村, 降りきて, 降り潜水夫が二人, 降り澁つて二人限になれ, 降りいだ, 降り濃い霧は, 降り濺ぎその下, 降り濺ぐなまあたたかい小春日和, 降り濺ぐような晴々とした, 降り濺ぐように一面に落ち, 降り濺ぐ暴圧の弾丸, 降り濺ぐ月の光り, 降り灑ぎ僕は何, 降り灑ぎ円タクの, 降り灑ぐように鳴い, 降り灑ぐを覺えき, 降り灑ぐ夜の光景, 降り灑ぐ音峰から流れ落ち, 降り炬燵には火, 降り烈しい風が, 降り焼け跡をぬけ, 降り燦爛の武具ひかる, 降りして, 降り照りで, 降りふばかり, 降り狂つた雪のあと, 降りうと, 降り田畑の作物, 降りを脱い, 降りに向かっ, 降り畠中道を家路, 降り番地を頼り, 降り病床近くへつれ, 降りがつい, 降り目前逃げゆける, 降り相当の時間, 降り眞中に雪, 降り砂原を駈け馴れ, 降り砥沢口から樋橋, 降り硫気はいよいよ, 降り祇園では桜, 降りより得たる, 降り神聖のイリオン, 降りの実る, 降りのが, 降り積つた緑の夜, 降り積みテープの切れ, 降り積み昼すぎには腰, 降り積む音が, 降り積んだ二階の, 降り窓枠を足がかり, 降りの火ッ気, 降りにしらじら, 降りへて明るい, 降り繽紛として舞う, 降り續けたので往來, 降り罩めている, 降りを休め, 降り聖なるイリオンに, 降りの主, 降り胆吹神社に参詣, 降り背後に廻っ, 降りの骨, 降り自分あとから行く, 降り自分たちの運命, 降り舞台の奥, 降りを具え, 降り舟形をした, 降りの発着所, 降り色代うやうやしげに, 降り若葉爽やかな村道, 降り茶屋の前, 降り茶碗が飛び, 降り荷物をそこ, 降り莊園の中, 降り落ち宛かも硫黄, 降り著く島で, 降りかに打つ, 降り薬屋へよった, 降り藤吉郎と善性坊, 降り虎母子を抱き, 降り虫声わびて, 降り行かんと企てた, 降りを過ぎ, 降り街道を横切, 降り西村別荘に行っ, 降り西蔵高原の山々, 降りもゐなく, 降り談話室より短剣, 降り諸所の火焔, 降り起伏する氷, 降り足らぬ雨雲が, 降り路ばたの, 降りに乗る, 降り車寄せに控え, 降り車軸の似し, 降り軽く地上を, 降り辺りの落葉, 降り近くの洋品店, 降り途中階段を踏みはずし, 降り通しで部屋, 降り通したせつかくの, 降り通路は極めて, 降り運転手に心, 降り道端には草藤, 降り遠くのほう, 降り遠方へ出稼ぎ, 降り遠雷ひ, 降り都合に依, 降り金木犀が匂い, 降り金色にさし, 降り金閣寺では松, 降り長良川の河原, 降り間もなく雪が, 降り陰鬱な空気, 降り階段を駈け上っ, 降りの空地, 降り電信柱も枕木, 降り電話で順子, 降り電車の停留場, 降りの飛ぶ, 降り青葉をかすめる, 降り音楽きこえ霊香四方, 降りて姿, 降り食堂に入っ, 降り香木薫じ会者, 降り香港公園で椰子類其他, 降りをよび寄せ, 降り駕籠のわき, 降り駱駝を降り, 降りの前, 降りを捕えたちさる, 降り魚屋の角, 降り鳥居先生の論文, 降りの台, 降り鹿の鳴く, 降り鹿島の神, 降り黄昏がこめ, 降りけむりの, 降り黒い木が, 降り黒焼屋の前, 降り黒煙が強い, 降り黒田村を経, 降り龍土町の近藤氏