青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「降~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~關係 關係~ ~阿 阿~ 附~ ~附い 附い~ ~附け 附け~ 附近~
降~
~降っ 降っ~ ~降り 降り~ ~降りた ~降る 降る~ 限~ ~限っ 限っ~

「降~」 1020, 11ppm, 9830位

▼ 降つて~ (250, 24.5%)

50 ゐた 25 来た 12 居た 9 も照つて 8 ゐて 43 も槍, ゐます, 降つて

2 [12件] はつもる, は止み, も風, ゐたが, ゐたの, ゐた日, ゐません, 居たの, 来たと, 来たので, 来たやう, 来ました

1 [109件] からのこと, たので, たのよ, ても, はことし, はやむ, はゐなかつた, はゐる, は僕, は元禄, は居ない, は晴れる, は洗濯人, は為, は霽, ばかし居た, ばかし居つ, もあわて, もい, もこ, もその, もぬれない, もよい, もらひたい, も三千人, も乃至, も低, も傘, も僕, も其殻片, も其筋, も吹い, も困らない, も大丈夫, も少, も帰らなけれ, も往來, も来る, も枯れる, も正午, も火事, も灰, も行く, も西風, も迚, も降, も降らぬでもさうです, も雪, よろし何もかも, わいたやう, ゐたかしら, ゐたから, ゐたけれども, ゐたと, ゐたとき, ゐたので, ゐたもの, ゐたり, ゐたん, ゐた奥, ゐた山, ゐた梅雨, ゐては, ゐても, ゐました, ゐますよ, ゐませんでしたが, をつた, をる, 困りま, 寒かつ, 寒さ, 居たが, 居ても, 居ます, 居りましたから, 晴れいや, 晴れたと, 暗い昼間, 来たとき駕籠夫, 来たよ, 来たん, 来た事, 来た土地, 来た天使, 来た小雨, 来た或, 来た時誰, 来た水, 来た降つて, 来た雨, 来はじめた, 来ましたわ, 来られる山車, 来りや, 沸いた事, 淋しい時, 湧いた, 湧いたやう, 湧いた事, 湧いた歴史知識, 湧いて, 積んで, 薄い小さいテント, 薄ら寒い, 通る間, 降つたあと, 降つたの, 鬱陶しい気持

▼ 降つて來~ (70, 6.9%)

164 たので, るやう 3 る, ると, るの 2 い, やがる, るらしい影, る樣

1 [29件] さうな暗い空合, さうな暗影, さうな氣, さうな秋, さうな空模樣, さうな音樂, たかと, たが, たと, たとか, たところが, たな, たの, たやう, たらどう, た事, た人, た夕立, た天若日子, た醉ツ拂ひだ, た雨, てまた, て天若日子, て急, て視界, ました, ましてな, る光, れば

▼ 降~ (52, 5.1%)

5 乞うて 2 乞うた, 乞う者, 容れて

1 [41件] いれたが, お勧めする, さけんで, すすめさせた, すすめた, すること, その門, ちかうの, ゆるすとも, 乞い, 乞いながら, 乞い国を, 乞い神功皇后様師を, 乞うしか, 乞うたもの, 乞うと, 乞うとは, 乞うなど, 乞うなれば, 乞うの, 乞うもの, 乞うや, 乞えるもの, 乞わしむ, 便く, 勧めた, 勧めた事, 勧める, 容れること, 容れ伴って, 容れ重き位置, 容れ韓, 泣き呼, 申し入れた重大, 申し出た, 示しかねて, 言ふらしい, 誓わせて, 誓ッて, 請い万乗, 首位と

▼ 降~ (50, 4.9%)

3 となっ, に出た, に出る 2 を容れ

1 [39件] あつかいされて, があった, がおる, がやつ, が幾人, ではない, として名乗り出た, として曹操, として終日, として行く, として訪れた, となる, と見, と見られる, になった, にはえ, に出, に出まし, に参りてましまし, の一群, の一隊, の中, の主従, の作法, の成敗, の群れ, の蔡仲, は容れ, も今, も出なかった, も多かっ, や落人, をひきつれ, を収める, を受け容れる, を合わせ, を見よう, を送りこむ, を都督

▼ 降~ (30, 2.9%)

1 [30件] であろうと, として正成, とその, となっ, とはいえ, にむく, に上賓, に李緒, に質問, に降伏条件, のうち, のことば, の子, の張燕, の待遇, へ上賓, やら時, を見る, 前波吉継を, 宇喜多直家を, 山路将監正国が, 広武君, 張, 房寛を, 李陵は, 梁緒を, 清秀に, 郭循という, 顧成坐, 鹿之

▼ 降~ (28, 2.7%)

3 中を 2 あた, 中へ

1 [21件] あとの, なかを, アブレも, 中で, 嘆願を, 後に, 徒即, 日が, 日を, 時には, 景色に, 滝です, 滝の, 滝へ, 滝壺まで, 瀧の, 瀧へと, 誓文を, 闇暗に, 雨だった, 麗は

▼ 降~ (28, 2.7%)

2 に紺暖簾

1 [26件] あり, からつづい, から伸子, がありまし, がある, でぐるり, で廊下, とも思しき, なり, につけた, に出た, に始め鎌足, に沿い, に秀調控, に跫音, の大きな, の床, の方, の辺, はない, へ, まで足早, より誂, を塞い, を左, を扼し

▼ 降~ (26, 2.5%)

3 なって 2 なつた, なりました様子

1 [19件] なった, なったが, なった外廊下, なった様, なりそう, なりましょうよ, なる, なるから, なるの, なるまで, 変りました, 成ったが, 成つた, 荒物屋の, 降つて, 降り出した, 降り出して, 随従した, 雨が

▼ 降つた~ (25, 2.5%)

6 降つた 2 でせう

1 [17件] ありがたい雨, かう降つて, からだ, しかし昨日, だけの雨水, です, とある, とする, どしや, ばかしならつる, めづらしいどしやぶりだ, もの, 初時雨, 忘れ雪, 漏つた, 程朝, 降る降る

▼ 降~ (25, 2.5%)

6 して 2 した

1 [17件] しかけて, したらえ, したり, しない, しましたと, しや, する, するなんて, だすやろ兜, だ眞平, なら投げた方, に潔く, はしない, をしろ, をする, を勸め, を潔く

▼ 降~ (22, 2.2%)

4 した 3 して, すると

1 [12件] されて, したとき, したの, したらどう, したる態度, するとき, するの, するエンゼツ, のとき, を命じます, を追いかけ, を送れり

▼ 降~ (19, 1.9%)

5 の駿河屋 2 の新道

1 [12件] と呼ばれ, に住ん, に桜井屋, の宮川, の店, の磯屋, の空, の背負商い, は下駄, は小舟町三丁目, へまわっ, まで送っ

▼ 降~ (16, 1.6%)

1 [16件] が尋ねる, が置い, が語り出した, とまず, と同行, と申します, の挨拶, の方, の話, は六番, は同国生まれ, は手, は片桐, は遠慮なく, も鉄砲, を帯

▼ 降~ (13, 1.3%)

2 てわいた, て湧く, て通ッ 1 たよう, た剣, ていた, てるよう, て来た, て湧いた, て湧きました

▼ 降つて行~ (12, 1.2%)

12 つた

▼ 降~ (12, 1.2%)

3 来て 1 みるわ, 全城, 明治十一年発行の, 明治時代に, 暮に, 来たよう, 臥る, 行く峠, 行く石段

▼ 降~ (11, 1.1%)

1 [11件] として出る, となり, とまた, と俄, には充分, の扱い, はことごとく, をくわえた, を加え, を収め, を収容

▼ 降~ (11, 1.1%)

2 った雪 1 ったの, ったよう, った上, った場合, った田畠, るかと, ると, る雪, る霰

▼ 降神術~ (9, 0.9%)

2 の中 1 であり或は, とか幽霊研究, とか申します, と名, に関する文献, の問題, も囈語

▼ 降つたの~ (7, 0.7%)

21 が七月六日, だ瑠璃子, でございませう, と薄寒い, は偶然

▼ 降つた雨~ (7, 0.7%)

1 が上つて, でひどい, の名残, の四分の一, はやがて, は地上, も今朝

▼ 降使~ (6, 0.6%)

1 として秀吉, へいった, をつかわす, を出し, を立て, を遣っ

▼ 降蔵ら~ (6, 0.6%)

1 は本正, までその, まで九つ時ごろ, まで駕籠, もにわかに, を待っ

▼ 降~ (5, 0.5%)

1 きりう, 乞わぬ, 女性美一は, 容れられた, 活溌で

▼ 降~ (5, 0.5%)

2 の令 1 が令せられた, に逢い, に遭っ

▼ 降霊術~ (5, 0.5%)

1 と云う, のよう, の七ツ道具, やにたよっ, らしい

▼ 降~ (4, 0.4%)

1 すれば, なったが, なりましたので, なれるころ

▼ 降~ (4, 0.4%)

1 が二三人, が天, と呼ん, は驚い

▼ 降揚句~ (4, 0.4%)

1 でビショ, のこの, の日, の筍

▼ 降籠め~ (4, 0.4%)

1 られた, られた出前, られて, られると

▼ 降~ (3, 0.3%)

1 つづいて, 強く成りました, 開始され

▼ 降人ども~ (3, 0.3%)

1 にはわけ, はそれぞれ, 生かし飼うとも

▼ 降~ (3, 0.3%)

1 のため, を恐るる, を防禦

▼ 降靈祭~ (3, 0.3%)

1 に近くなつ, の當日, の祝ひ

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 で無ければ, 雪降

▼ 降つた事~ (2, 0.2%)

2 であらう

▼ 降つた後~ (2, 0.2%)

1 ですが, のよく

▼ 降つた日~ (2, 0.2%)

1 はどうにも, も僕

▼ 降つてピシヤピシヤ~ (2, 0.2%)

2 と水

▼ 降つて居~ (2, 0.2%)

1 はせぬ, よ

▼ 降つて行つて~ (2, 0.2%)

1 お治めなされる, ゐる峽間

▼ 降ても~ (2, 0.2%)

1 年中一日も, 雪が

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 些とは, 有りますまいから

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 ては何, て來

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 の後, ノ大

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 との爭鬪, は南部

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 の唐鞍, の守護神

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 千八百八十三年米国聖書会社明治十六年日本横浜印行, 的に

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 が兵, の秋

▼ 降矢木算哲博士~ (2, 0.2%)

1 がはたして, の神秘的

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 あり, を求める

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 いたり, いて

▼ 降蔵同様~ (2, 0.2%)

1 に人足, に追放

▼ 降谷内匠~ (2, 0.2%)

1 が板行, の書上

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 としては最良, を求める

▼ 降~ (2, 0.2%)

1 は疑, は那處

▼ 降階廊迂曲神秘攸在~ (2, 0.2%)

2 黙披図

▼1* [196件]

る穴, 降さむ状は, 降たての雪, 降つたこれで水, 降つた井戸がいつ, 降つた今日も時々, 降つた十分な水, 降つた南由布院北由布院この湯, 降つた川の水, 降つた様に凍, 降つた様式は由来, 降つた樣子が無い, 降つた水の半分, 降つた熱が又, 降つた蕭かな雨, 降つた行列が橋, 降つた語つきに固い, 降つた電燈の光, 降つておいでになつて, 降つてげだごと, 降つてカラツとあがる, 降つて三世瑞仙直温, 降つて上田市や丸子, 降つて世間の騷ぎ, 降つて了へばいい, 降つて于吉に授け, 降つて南宋の世, 降つて參りました, 降つて合羽まで透した, 降つて嘉慶に至つて, 降つて地固る, 降つて夜会を催さう, 降つて天保年間には兵粮丸, 降つて天地が静か, 降つて天明四年に至り, 降つて夫に風さ, 降つて宋時代に至つて, 降つて尼の様, 降つて嵩山正直の父信重, 降つて幕末期になる, 降つて怒田へ登る, 降つて戰國時代となる, 降つて整理して, 降つて明代になる, 降つて春秋戰國の交, 降つて春秋時代になる, 降つて春雨の情趣, 降つて景行天皇成務天皇また神功皇后, 降つて曇つて暖かいす, 降つて朝鮮時代すなは, 降つて来でもした, 降つて東の方, 降つて桃から生れた, 降つて桃畑の多い, 降つて樂みで, 降つて此処は降らない, 降つて歯の附いた, 降つて氷が結ん, 降つて河原だけでも濡らし, 降つて漢時代邊りまでは, 降つて町端れの, 降つて白玉の山, 降つて秋の水, 降つて積ること數寸, 降つて終つた, 降つて網代と多賀, 降つて蜜柑畑を越え, 降つて行つた頃である, 降つて街道に達する, 降つて西暦十四世紀になる, 降つて路易十五世及十六世の治世, 降つて里の方, 降つて野山が眞白, 降つて鉦を鳴, 降つて錦橋の高祖父信重, 降つて雷が鳴る, 降つて霜に燒けたやう, 降つて音の聞, 降つて額の汗, 降つて風模様なので, 降つて馬に乘, 降つて馬券が買, 降つて鬼涙沼の傍ら, 降つるが見, 降ては梶原源太景季の, 降あつた, 降でも私の, 降になつた様だ, 降には劒術を, 降にも用捨なく, 降一度掃, 降行く路, 降への用心これも, 降れば, 降る, 降サレ門跡北之方年寄共如何アルベキヤ否ヤノ儀権門ヲ恐, 降或ハ粉ニ雑ヘテ衣書ニ蔵メ蠹, 降シテヰルノデ危険ノ憂, 降シテ嶺南ニ流レテ新州, 降故ニ薫ト曰ヒ, 降ッたか地より沸いた, 降ッテだんなのキゲンワロシ, 降ラセ或ハ火, 降リテ来テ予, 降リテ行ッテ飯ヲ食ッテ行ケト引キ留メタ, 降ルニ当テ之, 降ルニ由ルト言フガ如ク人事ニテ言ヘバ家屋ノ美麗ナルハ其家富ムト云フ源因ニ由リ, 降ル学校欠席十二時までねる, 降ヲ乞ウテ速刻, 降ヲ乞ヒ戰爭忽チ終結ヲ告ケタルコトヲ是レ米軍, 降世斎節にはいる, 降である, 降人となり毛利の軍門, 降人トナリ甲州中府スデニ定マル, 降人同然の位置, 降人扱いの辱, 降付天之香山, 降使宇野卯右衛門が長治以下, 降りたれば, 降兵三十万領民のうち, 降が辛, 降其身不辱其志, 降典折民爲刑推爲三后而皐陶不與, 降又撃, 降の件, 降卒何十萬が皆, 降卒數十萬を坑, 降のこと, 降壇せんとする, 降将たちの処分, 降降幾度, 降の類, 降の, 降を偃, 降幾度か雨, 降を表するごとく, 降播農殖百穀三公咸有功於民故后有立, 降昇場から幅二尺ぐらゐの階梯, 降降, 降来る雪に, 降からばちや, 降果てお勢, 降のとき, 降んで其夜, 降った面, 降沈亜硫酸瓦斯の脱硫等, 降ふ袖, 降いでいた, 降濺ぐ日に一つまみ, 降濺ぐ雨に煙る, 降の奧, 降灑いでゐ, 降爲覇君子病之時之所, 降の時間, 降雨庶物群生咸得其所, 降町煙管屋の村田屋彦八, 降に破局, 降す安し, 降の怪, 降が堆積, 降砂降灰の災害, 降神会式魔術で真実, 降神式あたりまではまだどう, 降神行事に次, 降神術方面では口寄せ術, 降神術等ノ技術者ガ, 降神話を信ぜん, 降福式あること, 降積つたのが掻下, 降積つた上に小さな, 降積つた大竹藪を弓形, 降積つて居る, 降積りたる雹, 降は, 降がない, 降をも日向以来, 降自殺防止のため, 降しはじめた, 降茲大喪, 降だの, 降を偽造, 降を読む, 降諸家に暇乞, 降は, 降る雨, 降だ, 降の誤写, 降間木につぐんだ, 降間木ももと降, 降間木村の地, 降間木沼とかいふ沼, 降霊会でも開き給え, 降霊術其他の心霊上, 降あるのみ, 降靈節の祝祭, 降の折れる