青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「附近~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

關~ ~關係 關係~ ~阿 阿~ 附~ ~附い 附い~ ~附け 附け~
附近~
降~ ~降っ 降っ~ ~降り 降り~ ~降りた ~降る 降る~ 限~ ~限っ

「附近~」 3305, 36ppm, 3271位

▼ 附近~ (1187, 35.9%)

76 地理を, 林の, 町の 5 土地を, 地勢を, 山の 4 人々は, 人は, 山を, 山野を, 村の

3 [19件] 人達は, 地に, 地を, 安宿に, 山, 山々の, 山で, 山中に, 山林を, 敵を, 木立の, 村では, 様子が, 様子を, 海面に, 町, 者が, 谷を, 農家へ

2 [72件] どこかの, ホテルに, ロッチデイル教区においては, 主婦たちが, 井水は, 交番から, 人に, 人びとが, 人家は, 住民に, 住民の, 医院に, 古墳から, 史蹟を, 土が, 土を, 土地は, 地が, 地名を, 地図を, 地理や, 多くの, 家々では, 家の, 家へ, 家を, 山々は, 山なら, 山は, 山や, 山上に, 山谷の, 山道を, 岩は, 崖の, 平原に, 或る, 攻略を, 敵の, 景色を, 村人は, 林で, 林へ, 森林は, 模様を, 民家の, 海で, 海に, 海中に, 湯屋に, 町との, 町に, 町は, 町へ, 病院に, 百姓たちが, 積雪量は, 空閑の, 者に, 者は, 者も, 藁屋根の, 見取図を, 評判に, 農家から, 農家で, 農民が, 農民で, 部落の, 開け方, 風光を, 高原を

1 [926件 抜粋] あらゆる漁村, ある人, ある酒問屋, おかた, お媽さん, すべての, たすけに, とある人家, ながめはよ, はなしなどを, ものが, ものは, ように, アザナギス族は, アルザス料理を, カッフェーに, キャンザス市へ, コウセンは, コンミュニストが, ジャングルは, デッキ, バアの, ブルガリヤなどから, ブンツェルウッツに, ボルネオバリという, マーケットから, レストオランで, ヴィクトリヤの, 一二軒の, 一屋に, 一言坂で, 一軒の, 七千六百町と, 三五劇団は, 三渓で, 上空から, 下宿の, 下賤, 不知哉川の, 丘が, 丘や, 丘陵の, 並木路を, 丸木である, 丸沼及大尻沼を, 乘客たちが, 乞食連中の, 予備知識を, 二つの, 二水イスメノスと, 井戸へでも, 交番の, 交通遮断線の, 人々が, 人々によって, 人々も, 人が, 人たちは, 人だかりの, 人なら, 人の, 人びとは, 人家が, 人家を, 人心は, 人情風俗を, 今帰仁にも, 仕出し屋から, 伊東真鶴石橋山また, 会戦と, 位置からで, 低い砂丘, 住宅とも, 住民が, 住民にとっては, 住民一同を, 余りに景色, 例を, 侍長屋や, 俚言を, 偃松を, 光景には, 全教区, 兵員からの, 内海では, 写真館の, 出の, 刑部にて, 別墅なり, 別荘は, 労働状態を, 医師が, 医師や, 医者は, 十余県には, 南方, 印度の, 原野である, 口碑に, 古城の, 史蹟, 合戦で, 同志約, 名にて, 名勝で, 名所を, 名所旧跡を, 呉兵を, 和納という, 商人で, 噂と, 土は, 土民であった, 土民や, 地のや, 地下に, 地価が, 地名です, 地図, 地図が, 地図と, 地域な, 地形についても, 地形並に, 地所を, 地方に, 地方の, 地理に, 地理織田軍の, 地貌は, 城主を, 墓から, 墨屋敷の, 壁や, 壮い, 外廓だけが, 大きな桐, 大富豪, 大正池や, 大泉に, 大雷, 天神山に, 女と, 女学校の, 如きは, 娘娘廟の, 娼家の, 子供たちは, 子供の, 子供達に, 学事の, 安カフェー, 安養寺に, 宏荘な, 官軍の, 家に, 家並の, 家庭の, 宿に, 宿屋だ, 宿屋に, 宿屋合宿所並に, 密林へ, 寒村が, 寺から, 寺院それから, 寺院に, 小さい公園, 小さな, 小さな滝, 小さな範圍, 小学校へ, 小學校, 小川から, 小賊, 小都市, 尾根の, 尾根を, 屋根屋根の, 山々谷, 山から, 山には, 山へ, 山中からは, 山中を, 山地から, 山地においても, 山容水色と, 山岳に, 山東省西南部一帶の, 山林は, 山田山という, 山稜は, 山脈の, 山芝の, 山賊を, 山里の, 山陰や, 岩窟に, 岬だろう, 峯, 峰や, 島と, 島の, 川にも, 川小屋から, 工場地帯も, 工業地帯を, 幕舎に, 平原, 平地に, 平家史料やら, 幾つかの, 広い稲田, 広場に, 床, 店から, 店頭メチャメチャ, 廃屋の, 建物に, 建物を, 廻船問屋の, 往來で, 志賀島から, 情勢は, 或田舎, 戦, 戦の, 戦闘と, 捜査を, 探検を, 支塁鳶ヶ巣山の, 散歩に, 敵へ, 敵塁を, 料理屋から, 料理屋の, 斥候に, 新しい噴泉井戸, 新市街, 新庄村より, 新開地的な, 旅に, 旗亭へ, 旧知行所, 春であった, 時計商の, 景勝と, 景色は, 最も危険, 望小山, 木々までば, 木は, 木樵百姓などを, 木石を, 木蔭で, 木賃へ, 材木置場の, 村からは, 村などに, 村へ, 村むらは, 村人にも, 村民たちも, 村落に, 村落まで, 村里に, 村里を, 松の木や, 松林の, 林から, 林とに, 林中に, 林野巡視の, 枯芝は, 某氏宅から, 桃林なほ花を, 桑園を, 桑畑の, 森で, 森の, 森や, 森耕地小川までを, 森蔭まで, 植物の, 植物を, 横あいから, 樹の, 樹木によって, 武人どもが, 歯車や, 民家から, 民家で, 民家には, 民家は, 民家を, 氣象を, 汚い老媼, 沖合に, 河は, 河原に, 河筋に, 沼沢地に, 泰山に, 浅薄な, 浜から, 浮浪者が, 海上で, 海口を, 海岸に, 海岸を, 海岸線など, 海底の, 海辺から, 海面は, 海面まで, 深い松原, 清冽な, 温泉が, 温泉場に, 港湾の, 湖へ, 溝へ, 漁師が, 漁師共が, 漁村には, 漁民たちが, 漁船まで, 漂流物は, 潮の, 激戦の, 烏喚び, 烟霞の, 焼けビルを, 爾薩体, 版画屋を, 牧師ヰルキンソンが, 物産の, 犬が, 狭間だの, 猪追い, 獨か, 玄蕃盛政の, 産に, 田圃に, 田圃の, 田圃中には, 田川で, 田畑数町歩一面に, 田舎から, 田舎で, 田舎に, 田野を, 男女が, 町かたに, 町から, 町人が, 町家は, 畑の, 畑や, 畑を, 略地図である, 異風景, 白砂真, 百姓たちは, 百姓どもは, 百姓の, 百姓らは, 百姓家からでも, 百姓家を, 目星しい, 眺望はよ, 石と, 砂の, 神社から, 神社に, 神社の, 祠官僧侶が, 私設鉄道の, 穴の, 空地へ, 空屋に, 空気中の, 空閑地に, 竜神山にも, 笠置寺とか, 笹木邸の, 築土, 糠塚で, 素人の, 絵図など, 線路で, 線路破かいされた, 繁華な, 羅漢堂に, 老人の, 老婆に, 者ばかり, 者を, 耕作や, 腕白連を, 自動車で, 自動車道路の, 自然が, 自身番へ, 舟も, 花崗岩塊に, 若侍たち, 若衆連を, 草むらなどには, 荒凉たる, 落葉松林に, 葦に, 薪倉だの, 藪へ, 虚空院鈴法寺の, 蟹清水北外山宇田津の, 街燈が, 被害民は, 裏町を, 要地は, 要所々々は, 見学を, 見張, 親たちは, 話ごえ, 話を, 調査を, 諸城, 諸岳, 諸梅園, 警備の, 警戒を, 谷へ, 豪族を, 負傷者に, 貧民窟の, 越後の, 足跡よりも, 路面には, 身の丈ほどの, 農夫たちを, 農家であろう, 農家でも, 農家に, 農家へでも, 農家を, 農村から, 農村の, 農村一帯から, 農業会の, 農民は, 近代工場の, 通, 遊廓や, 道で, 道路の, 選手でも, 邸から, 邸宅で, 郡村の, 部落から, 部落を, 部落民が, 都合よき, 酒場に, 醫者を, 里人から, 野, 野の, 野原へ, 野菜畑の, 鉄橋風景である, 銀行へ, 長屋女房の, 開けなかつた昔, 開発の, 闇が, 陸兵との, 隅田川において, 離れ家に, 雪庇は, 電話で, 露出物や, 露地を, 露路で, 青年団などが, 音響を, 風景は, 風速と, 風速とを, 飛行場を, 馬の, 駅では, 騒ぎは, 高台, 高山性地貌と, 高峰すら, 鬼怒川から, 黄紅朱樺の

▼ 附近~ (626, 18.9%)

14 於て 8 住んで 4 散在し, 立って, 落ちて 3 あり, して, まだ熊, 来ると, 限られて

2 [26件] あつた, ありと, あるが, あるの, ある町, あれば, うろついて, 上陸し, 上陸した, 人が, 人の, 似て, 出没する, 姿を, 家を, 散らばって, 来て, 草原や, 行くと, 逃げあつまって, 適当な, 野営し, 降下し, 陣を, 集まって, 鮎が

1 [525件 抜粋] あたる, あちこち立っ, あった, あったそう, あった事, あった二十一人, あった所司代邸, あった絨氈, あつて鴨長明, あの葬儀用, ありて, あり水, ある, あるある, あるといふ, あるもの, あるよう, あるアヨロ, あるダンシング・ホール, あるマダム・レムブルク, ある人家, ある僧院, ある兵, ある南山, ある友隊, ある古, ある古典書, ある可, ある同じ, ある地震研究所, ある夜間薬品店, ある村落, ある漢代頃, ある炭塊, ある玄関, ある白馬アサツキ, ある脇屋義助, ある諸山, ある貸, ある金塊市場, ある雁切, ある黒山, いいホテル, いたと, いたね, いたので, いたるや, いたルンペンども, いた人達, いた信者達, いた内応組, いた将校達, いた斎藤内蔵助利三, いた水上艦艇, いた警官たち, いた間, いた鶏, いは, いるから, いると, いるとの, いるに, いるの, いるよう, いる人びと, うよ, おいて, おもむいて, おりたの, おりましたので, かかる化石, かぎって, かぎらずやがて, かくまわれて, かつては, かなり多量, かなり広い, こっそり塹壕, このピストル, この一家, これに, こんな人跡, さしかかった時, しこたま散らかっ, すてられて, その頃女, それの, それらしい, そんな大瀑, たくさんの, たって, たんぼが, ちらばって, ちらほらしはじめた, つけた, ときどき人, とらえそこ, ない, むかしの, もう一つ顕著, もう七十歳, もし米軍上陸以前, やって来た, よくある, わずかの, ゐたもうすこし, ゐた頃, ゐて, ウラニウムなどの, カムイオペッカウシ, ケリオンといふ, コークス工場が, サウツオラといふ, サルセと, シッカリした, ナガリールーという, ホンモノの, ボツボツ農家, 一つの, 一つ突起し, 一ヶ所套靴の, 一人の, 一夏暮した, 一番多くいる, 一部の, 三, 三光節なる, 上宮太子創建と, 上陸する, 下宿する, 二人と, 二十余りも, 二箇所ある, 二銭銅貨大の, 亙る山腹, 人家は, 人家も, 人家らしい, 他の, 仮寓した, 伏して, 似たところ, 似よった名, 位し玄菟郡, 住って, 住まいを, 住ませお, 住みながら, 住み唐寺, 住み往来, 住む, 住むもの, 住むソマリー, 住む人, 住む小作共, 住む川合玉堂翁, 住む怪しげ, 住む美術家, 住む長兄黄一郎親子, 住めるより, 住居致す, 何かの, 余り家が, 作られるん, 來る, 例の, 俳徊し, 停泊し, 傷あとに, 僅か許, 充血とか, 兵馬を, 冬は, 出て, 出で, 出でて, 出る, 出没し, 出雲を, 初めて雪, 別莊, 到ると, 到れば, 到着いたし, 到着し, 到着した, 匹敵する, 医師らしい, 印せられおる数多, 卵塔型の, 叛軍迫る, 古寺の, 合宿し, 合流した, 同名の, 名代の, 名物その, 向い集中前進, 向つたのである, 周囲が, 商店を, 四人の, 国太郎が, 土地を, 土蜂の巣の, 在つた, 在り, 在る, 在るを, 在る大, 在る過去, 地獄沢という, 地震あり, 地震續發し, 坊主が, 埋伏した, 外に, 多いと, 多い岩壁, 多い景勝, 多くの, 多く取れた, 多く雪, 夜を, 夜中徘徊する, 夥しゅう見えた, 大きな火柱, 大建築, 大抵図書館, 大槍, 大男が, 大食を, 奇妙な, 嫁いで, 存在する, 守屋という, 定住の, 家も, 家らしい, 寄り集まって, 寺が, 小さいけれども, 小さい城, 小さい病院, 小さい赤電球, 小屋を, 少しの, 少しばかり, 居た豪族, 居った犬, 居ると, 居るよう, 居る事, 居住し, 居合せた四五人, 居合せた農夫, 居合わせた人々, 屍体の, 屯し, 山小屋に, 岩石は, 崛起せしめた, 平家の, 幾つと, 幾日か, 広い芝生, 底無の, 店を, 引返した, 張りこんで, 当って, 彷徨うて, 彼を, 待って, 徘徊し, 御陵が, 必ず住ん, 怪しき浮游物, 恐いギャング, 恐ろしい吸血鬼, 恐竜の, 或る, 戦争が, 戰死す, 戸締を, 所せましとおい, 手頃な, 投下される, 拙者が, 持たないの, 持ちそこ, 描いて, 放火し, 教会の, 散かって, 散在する, 敦盛蕎麦や, 数人の, 数人を, 数名の, 敷きその, 断続し, 斯んな, 新画, 於けるあらゆる, 於けるソ連戦闘機, 於けるマッセナ, 於ける大, 於ける日本海軍, 於ける椈, 於る, 日本人の, 景致を, 最も多い, 有名な, 未開の, 松風堂といふ, 極く, 槍沢の, 横たわる千古, 樵夫の, 橄欖の, 止った, 止まり僻地, 止まり王, 死体運搬によって, 残って, 残雪が, 殘つてゐる, 殘れる, 比類の, 氤, 水たまりが, 水は, 水浸しに, 氷河湖の, 求めながら, 汚ない, 沈んだ船, 河が, 治したれば, 注ぐ河, 洞穴が, 渓流の, 温泉の, 温泉も, 湯の, 源頼朝の, 滞留中と, 漂着した, 潜み今, 潮の, 澤山の, 火傷が, 火災の, 無数の, 熊窪, 燃えやすい, 爆彈が, 片仮名で, 牛王院平の, 獅子などの, 珍らしく, 現れるモモンガー, 現われました, 生れたの, 生れ無垢, 産する, 田部嘉七といふ, 男の, 畑も, 發見せられ, 白い岩, 的確と, 盃を, 盛んに, 目立たぬよう, 真白な, 眼に, 着くと, 矢が, 矢来ビルディングなる, 石を, 石杭で, 石田屋敷という, 神戸と, 禿頭病者の, 私は, 移るには, 移住し, 移動した, 穢多村あり, 窯が, 立ち並んで, 立ち廻った形跡, 立つて, 立廻っ, 立聴き, 終って, 網を, 續發したる, 置いては, 耶蘇の, 聞こえた, 肩を, 胴体を, 自分たちが, 至りそこ, 至り北, 至る直径, 至る直径三里, 至る金峰, 至る間, 至る陸上, 至る頃, 芥川龍之介氏の, 花栗の, 若い女, 若干の, 若松屋, 荒れまわって, 落して, 落ちたばかり, 葉迷爾といふ, 薄く引っ, 薩州を, 藤田嗣治君夫妻と, 蝟集する, 血染の, 血液の, 行つてジゴマの, 行はれ, 行われる諺, 西郷頼母のや, 西面し, 見えたので, 見えて, 見えは, 見えると, 見つけた住居, 見つけて, 見張って, 見当らない, 託遊する, 設けた要塞, 設けられて, 誰も, 買いもとめたささやか, 足を, 足場を, 身を, 送った上, 逃れて, 通信兵は, 遊びに, 遊んだの, 道場を, 達しその, 達するに, 達するの, 達するまで, 達する為, 達する路, 選定されるらしい, 遺つて, 都人士が, 野営した, 野営する, 野宿した, 銀山が, 銃器を, 鍬を, 門を, 降下する, 限って, 陣した, 陣取って, 陣取りたり, 陣地を, 陸軍の, 陸軍飛行機学校機関銃隊騎兵連隊重砲隊などが, 隙間なく, 隠れて, 集って, 集中せられ, 集結中なりし, 露営を, 露国の, 青城山という, 青篠, 静かな, 颱風が, 駐在所が, 駐屯し, 駒草が, 高い山, 高い建物, 高麗村という, 黒く塗った, 鼠多く

▼ 附近~ (221, 6.7%)

2 あつた, ゴロゴロし, 三人が, 休んだ時, 溺死した, 漁れた鮎, 演習が, 濠に

1 [205件] あれに, いうもみじ, いえば, いちばん大きな, いろいろ買い, お見かけ, ここには, さきに, すこしばかり, すこぶる高い, すませ六時半前, すら足利期, そだった人, それと, それとなく聞い, それを, たびたび彼, つかまったが, とった標品, なんとも解しかねる, はや, ふたたび物すごく, ふた手, また敵, まだ足, ままごとを, みな戦死し, もう一人, もって, よく下役, よく見かける, よく見掛けた, わたしの, コリイ種の, ダウンに, ダウンの, トウデ, ベツクリンの, ボーイ三千夫少年を, ミズハカリドリという, 一二度激しい, 一仕事為た, 一修験者が, 一本かたむけ, 一番凉しい, 一網打尽に, 一緒に, 三つくらいの, 三尺近い, 主水, 事件が, 人から, 人力車夫が, 仕事を, 会津の, 便乗の, 働いて, 先生で, 先頭に, 全滅した, 六時の, 六月に, 兵糧を, 冬を, 出会いが, 列車から, 利根川に, 南アルプスの, 又し, 右の, 名立たる, 呉の, 呉一郎の, 味酒村と, 問うても, 四国では, 墜落した, 変事が, 夏口, 夏道に, 夕立あがり, 大勢の, 大敗北, 大旋廻, 大樋, 大波に, 夫婦連れの, 小學校, 尾根が, 川床へ, 巡視中の, 巨岩に, 幾つかの, 待ちあわせて, 待合は, 後醍醐の, 御国の, 戦ったこと, 戦死し, 戦残した, 投網を, 拾い集めて, 捕へられて, 捕獲される, 捜し続けて, 採ったの, 採食, 探り合いの, 支那職工達が, 散々に, 敵の, 斬り死, 新しい遊星, 新介, 日本軍の, 昔の, 是非とも, 昼食を, 最も早く, 最上川に, 最期を, 本を, 檢査せられる, 止つた事を, 正面に, 死骸を, 殺された後家さん, 殺害された, 毎日昼と, 氏の, 江戸川では, 沈んだ筈, 沖仲仕たちは, 浅間山を, 海牛の, 湯河原中佐や, 火の手が, 無心に, 焼かれ主, 片目の, 狐を, 王子の, 異様な, 発掘した, 発見される, 発見した, 發見されました, 百貫山や, 皆に, 盗難に, 盛んに, 眉目の, 知人が, 穢い小家, 突如闇, 突如騎兵, 突然銃声, 立派な, 竜之, 約一千, 線路の, 聞合せ, 肺炎に, 自動車から, 自動車を, 自殺された, 自祝, 若い女, 若い村, 菫を, 蒐集した, 虫が, 行き倒れ, 行われたもの, 衰弱の, 西と, 見かけたという, 見かける角兵衛獅子, 見た富士山, 見失い失望, 觀察した, 討ち取った夥しい, 評判の, 警戒警報午後二時半頃上野駅に, 起こるん, 軍用軽気球の, 追いついた, 遊んで, 道の, 遭遇し, 遭遇戦と, 避暑地として, 野伏の, 野営される, 野営し, 野宿する, 鉄道自殺を, 集め得ら, 雨に, 電車に, 露営した, 韃靼の, 香魚が, 高麗鶯の, 鱸が

▼ 附近~ (214, 6.5%)

6 歩いて 5 うろついて 3 上下し, 散歩し, 書いて, 航行し, 見廻して

2 [15件] うろ, ぶらついて, 二三時間も, 席捲し, 往来し, 択んで, 捜索し, 探して, 探しても, 流る, 物色する, 見まわした, 通過し, 過ぎると, 除いては

1 [158件] うろついたり, えらんで, お通り, かためて, かり立てた結果札付き, くまなくさがしまわりましたが, さがしまわって, さがすこと, さしていうた, さまよって, しらべる仕事, じっと眺め, じろ, すぎやがて, すこし紹介, なにかの, のぞいて, ひらひらと, ぶらつきましたが, ぶらぶら歩い, ぼんやり歩い, まわると, もう一度搜, よく知っ, アチコチと, カーキ色の, ブラ, ブラブラ彷徨, ブラリ, 一度踏んだ, 一日じゅう濡れ歩い, 一日遊ん, 三条ダルミと, 中心と, 中心として, 中心としての, 中心に, 丹念に, 乗って, 乗り廻して, 乗掛馬, 二人で, 何回と, 写生し, 前進中詳細なる, 午後八時に, 占領せしめ, 受持った石子刑事, 君に, 尋ねて, 巡って, 巡り陣, 巡航中でありました, 広く探す, 床几場と, 廻って, 引掻き廻すよう, 彷徨き始めました, 往来しなかった, 徘徊させ, 徘徊し, 徘徊せし, 心あてに, 念入りに, 思うまま, 指して, 指で, 捜して, 捜しまわったが, 捜索した, 掘つて, 掠め岡山, 探した, 探し求めたが, 探すと, 探ったこと, 探セ, 掻きながら, 揃ひ, 描いたもの, 描いた写生画, 搜し, 支那の, 改めて見る, 散々に, 散歩した, 散策され, 旅した, 日の, 昼間の, 最も観望, 最高点として, 未だ彷徨, 本陣と, 案内する, 検べて, 歩いた時, 歩くと, 歩む, 歩行する, 流るる狩野川, 流れるテイ河, 流れる豐岡川, 流れフィレンツェ, 渉獵し, 火攻めに, 焼きたて, 燐寸の, 物色し, 物色した, 狂い歩いて, 目がけて, 砦造りに, 突破し, 老の, 舞いまわって, 舞台に, 航海中の, 航行中であった, 行乞する, 行乞壱時間, 見て, 見まわしても, 見まわりましたが, 見やりながら, 見る櫓柱, 見回すと, 見廻り警戒, 見舞って, 訊きまわって, 詮索し, 調べたそう, 調査の, 警備し, 警戒し, 跋渉し, 踏査した, 追われた弥次馬たち, 通った者, 通った足跡丈けが, 通った頃, 通つて空と, 通りかかった人々, 通りかかった時分, 通りかかるの, 通りホワイト, 通り千八百七米, 通ると, 通るの, 通る人, 通る旅人, 通る時, 過ぎて, 重に, 関西線で, 限り偶, 除けば, 順序なく

▼ 附近には~ (163, 4.9%)

2 さまざまな, 人間の, 唯だ, 雑多な, 鮎が, 鳥の

1 [151件] あの, ここを, すでにその, その頃, そんなもの, たくさん知り合いが, ない, なお高, また必ず, まだバラック, まだ老人達, まるで蟻, もう登山, もちろん白菜, よいエゾニュウ, ゐない, アカシアの, ゴチソウサンゴト信州でも, サルオガセを, ソヴェト第, チヴオリへ, パオトル・フェタン・ゴエといふ, ヒトダマという, ビール瓶の, ユダヤ人の, ローマンケーヴと, ワナを, ヴィスグラッドナジ・モロスブダフォックなんかと, 一ノ瀬二ノ瀬という, 一向仇討, 一寸した, 一族家臣らのや, 一日の, 一棟の, 両方とも, 二千米を, 五会という, 井戸が, 人の, 今朝までの, 住居も, 何の, 何処も, 余りに史蹟, 倉と, 倒れ重, 充分さぐり, 其類まれ也, 内蔵助の, 労働者が, 匐い出す, 十姉妹や, 又楊, 古墳が, 古画や, 右に, 吉野櫻と, 同じやう, 同じ三等船客, 同じ花, 同患者, 名木の, 名高い小布施, 四つの, 堂塔伽藍の, 変った読みくせ, 夏は, 多勢の, 大きいの, 大きな堂閣, 大桜草, 大雨の, 大願成就など, 如何にも軽快, 始終有名, 宇喜多秀家の, 宿堂房山という, 寄りつけない, 少く離れた, 山羊の, 岡が, 岩石が, 岩高蘭苔桃蔓苔桃が, 幼稚園の, 広い空地, 庭見, 弁慶の, 弘く行われ, 弘法大師の, 弥次馬兼援兵が, 感冒よりも, 戦場ヶ原や, 所々に, 手の, 敗残兵が, 日本三美林の, 昔ながらの, 時たま外濠線, 景教の, 有名な, 棲んで, 楠が, 歩哨も, 毛氈苔が, 水が, 沢山お, 沢山の, 沼地が, 法律学校や, 清朝の, 漢代高句麗時代金遼時代等の, 火吹竹を, 火山脈が, 特殊な, 瓢箪屋が, 疎林が, 直径二三尺の, 相当大きな, 石割梅の, 砕けた検圧計, 私一人しか, 立派な, 竹藪が, 第一, 羚羊は, 至るところ, 芝居の, 落ちて, 落葉松が, 薬屋が, 藩士の, 血滴一つない, 衣裳部屋支度部屋, 見窄, 誰も, 誰一人姿は, 諸種の, 豊かな, 象の, 貝塚が, 足場に, 辨慶蟹が, 道, 野生の, 釣船網船その他の, 開くべき新田, 雪が, 音楽と, 養蚕用の, 鹿の, 鹿沢温泉とか

▼ 附近~ (159, 4.8%)

2 毎日賑やかで

1 [157件] ああし, あやめも, いつもの, おびただしい血, お厩者, この怒, この派, この頃櫻, これまでと, しずまりかえって, すつかり, そこに, その中心, それらの, ただ一面, たちまち停電, とてもいい, どこまでも, どっちを, なおさらであった, ひっそりと, ぼくの, まだ雪, まるで白昼, もうその, もう大分活況, やはりブナ, やはり雪, やわらかだった, スキーに, 一年中が, 一種異様な, 一面に, 一面の, 三吉も, 下宿屋が, 不思議と, 丘陵上の, 久我畷に, 二尺許の, 五万分一の, 五里四方位どこを, 人家も, 以前にも, 伐採された, 余りに狭い, 例の, 偃松の, 偃松らしく思われた, 元来が, 光明, 全く雪崩, 全滅じゃ, 其中心に, 到る処, 勿論東京市中, 十七日に, 千代町方向から, 千枚岩質粘板岩や, 午後十一時に, 南向きの, 危険だ, 原生林が, 厳重に, 古來, 古来数限りなく, 名所が, 唐沢岳の, 国分煙草の, 土塁や, 地図と, 場末らしい, 変って, 夏でも, 外國人が, 大きな古墳, 大小の, 大木が, 大理石の, 大白檜の, 大阪の, 好景, 娼家の, 少し明, 屍体を, 山の手の, 岩ばかり, 川といふ, 広々と, 広漠たる, 当時平家色の, 御阪山脈, 急に, 急激なる, 恐らく白馬連山, 惜しいかな, 戦場の, 所謂角帽の, 数メートルという, 旧時松, 昔から, 昨日降った, 時宗で, 晩霜が, 更に明, 最もよく鯛漁, 最も峡勢, 最近の, 最近即ち, 木を, 木立も, 東沢側は, 栂の, 格別他の, 森が, 椈楢檜などの, 極めて淋しい, 概して曹達地, 概して東側, 殊に昔風, 水楢橡椈などの, 河幅の, 沼と, 淡路全, 深い地割れ, 濛気に, 無事でありました, 無論の, 煉瓦やら, 父を, 独国海軍の, 現在小作権といふ, 発電所入口や, 相当ひどい, 相當水深, 石灰岩らしかった, 秀吉の, 積雪七尺くらい, 線が, 自分の, 自然の, 至るところ, 葭や, 蛤が, 谷合ひ, 谷幅も, 賑か, 随分風, 雪の, 静かであった, 風が, 騒然となり, 高山と, 高時の, 黒山の, 黒部峡谷の, 黒部川の

▼ 附近から~ (104, 3.1%)

2 スキーを, 上流に, 出て, 去つて, 尾根伝いに, 拾って, 雪が, 高架線の

1 [88件] あの島, さまざまな, ずっと離れた, であつ, どんどん避難, ならこの, 一斉に, 一気に押し寄せ, 下の, 二里弱の, 五銖銭が, 伊勢崎境に, 伊吹麝香草深山茴香大葉黄菫高根薔薇姫石楠四葉塩竈高根撫子深山沙参白根人参真, 信州北国にかけて, 僕が, 兇器の, 先これも, 出るムラサキ, 出る舟形石, 出土した, 初めて西, 劒の, 動いて, 北方の, 千石堀積善寺浜城などにわたって, 南にも, 右に, 右の, 土佐堀へ, 場末も, 塩沢村に, 夜あけの, 大して遠く, 大川時次郎が, 大部隊, 大頽, 失火が, 奥の, 妙義を, 始めること, 姿を, 子酉川の, 小県, 山中湖畔にかけての, 川下の, 左側全部が, 当時廃止され, 急に, 攪乱し, 数百体の, 日本海岸は, 明るい町, 暗くなりだし, 望見し, 望見した, 木の葉は, 東微, 東海道山陽道九州その他海に, 枯れ枝を, 森川町の, 武蔵野電車の, 疏水伝いに, 発せられて, 登るの, 白峰の, 真額一文字に, 眺めて, 花崗岩は, 芳三を, 蟹江へ, 西望する, 見た冬山, 見た富士, 角館の, 赤谷, 起つて, 起り越中, 逃げおくれた, 遠望した, 関八州へ, 陸上を, 雁の, 雁坂峠に, 雪は, 頂上に, 須磨明石を, 黄金を, 鼓を

▼ 附近では~ (84, 2.5%)

2 家根瓦を

1 [82件] あえてどこ, あったが, いや, えの, お茶盆, こうほ, この海, これが, さうし, ついぞ見かけた, どうやら旨く, なくそこ, またシロモチ, まだ飲む, まるで林, もう見られません, よくこれ, オキャクサンヤッコ信州諏訪地方で, クジッケァとも, クソスズメという, コトハジメ・コトオサメなどと, ツクシンボと, テロロが, トンガラシドリコ日光の, ビールと, マンガと, ミミダレグサ磐城相馬郡では, ヤクビョウバナまたは, 一年中が, 三月の, 丘と, 丹後守に, 事成り, 人が, 人間の, 何か, 入間郡の, 午前中に, 単に吉川, 右岸の, 品川沖道隆杭の, 土地でも, 女が, 定時風で, 山田楠井津村, 岩から, 左と, 平均気温が, 年平均氣温が, 広く知られ, 弘法大師と, 晩に, 曾て, 梟の, 毎年二月五日に, 水温が, 江戸弁を, 泣く児, 深山薄, 湿度と, 物見隊の, 猪銀之丞中村中根小塩お, 猫もらい, 珍しかつ, 現在でも, 番茶を, 白地の, 目立って, 真冬の, 秋から, 秩父側は, 第一等, 行商人に, 見かけたこと, 赤塚村の, 銃劒を, 雀の, 雪が, 青い鳶尾, 食糧品は, 馬の脚も, 鯊か

▼ 附近~ (63, 1.9%)

4 来ると 2 出た

1 [57件] かけての, かけては, きた頃, くると, さしかかった頃, つくまでは, とって, はこんで, ひそんで, まぎれ込んだこと, もぐり込んだに, ゆくゐたゐた今, ドカン, 一人の, 上陸し, 乱波を, 人数一万二千余を, 住みたいと, 俄に, 入り込んで, 公儀から, 公儀で, 出たもの, 出て, 出られたよう, 出張って, 単身で, 参列する, 向いて, 多数の, 夜の, 女神が, 居住する, 山の, 往つ, 戻る, 押し寄せ夜, 新たに, 新築を, 早咲きの, 漂着した, 火を, 産衣の, 用足しの, 移って, 移り住んで, 立ち廻って, 第三回, 舞いあつまって, 行って, 越したばかり, 近寄ろうもの, 送りとどけて, 通ずる光線, 集まって, 集合し, 飛び火し

▼ 附近まで~ (52, 1.6%)

2 下って, 入りこんで, 出て

1 [46件] あの女, かかって, きた, くるあいだ, つづいて, とぼとぼ歩い, のがれて, わずか四時間, ドライヴ, 一面の, 下げると, 入って, 出掛けて, 帰って, 帰られた, 強く射し, 往復した, 探られたもの, 数十里の, 望まれる, 来かかった時, 来たと, 来たところ, 来たの, 来たので, 来た時, 来ると, 歸來せらるる, 水を, 水馬で, 泣き止まなかったの, 海であった, 漂って, 盛に, 移動した, 行くと, 行ったこと, 詳細に, 軍が, 追いかけて, 送って, 進んでは, 進出した, 進出する, 進出せる, 進撃し

▼ 附近一帯~ (50, 1.5%)

1 [50件] から戸塚落合, が俄, が全部丸潰れ, が幇, が沸騰, でさかん, と共にのびのび, には陰々, にもう, にザラザラ, に亙っ, に人, に何, に出動, に塹, に恐慌, に石, の交通, の住民, の原野, の噂, の地勢, の地名, の変化発展, の大, の家並, の屋根, の山, の市有開墾地, の広大, の杉林, の民家, の水涸れ, の海上, の田圃, の町, の町村, の第, の荒地, はお祭騒ぎ, は今川領, は戦争, は水浸し, は炎々, は軒並み, は開け, をたち, をもあまり, を調査, を警備

▼ 附近にも~ (33, 1.0%)

1 [33件] あり, ある, あるし, そういうこと, それらしい, なかった, コタンカ, フクラと, 一つ調馬場が, 一種の, 何者の, 六名の, 北海道にも, 及んだけれど, 古くからの, 宮の, 少しは, 幾つか, 幾つも, 弾が, 戦の, 数ヶ所も, 昨日見た, 更に人家無し, 珍しくない, 番所を, 當時陸羽聯絡の, 百騎二百騎ぐらいな, 芒が, 起るだらうと, 近頃の, 陶器原料に, 随所行く

▼ 附近~ (28, 0.8%)

2 光景に

1 [26件] その一例, その圧力, むらさき色に, やけたの, スキー場に, 人々や, 今なお, 今日の, 以前よりは, 原の, 坊主山と, 後に, 悪臭の, 戦場に, 晴れて, 最も悪場, 最も穩, 最も罷業, 村の, 止めに, 水量が, 灰色に, 燃えだしたので, 稍や, 見えないから, 金屬を

▼ 附近~ (14, 0.4%)

1 [14件] あれば, いうだけで, いったら四谷見附, するは, 八ヶ岳に, 其上流二十町許り, 同じやう, 地形が, 奥上州方面とを, 定め城中, 思われるあたり, 決った, 異つて学者, 考定せ

▼ 附近~ (14, 0.4%)

1 [14件] この公園, その他抒情的風景の, 信州などの, 出雲の, 壇ノ浦あたりには, 安房の, 寺町の, 市の, 木更津附近にも, 港場には, 石の, 蜂ヶ峰へも, 道すじには, 鶴長項黄土岩附近の

▼ 附近より~ (14, 0.4%)

1 [14件] これを, したこと, して, 上野駅附近にわたる, 亞弗利加の, 來り, 南に, 又東, 後立山, 東京の, 東長崎驛附近までの, 筑後に, 角度少しく, 送り出して

▼ 附近~ (13, 0.4%)

1 [13件] この条件, すぐ下, すつか, ずっと変っ, ひどかったらしく, また少し, 今日は, 元は, 同様であったらしい, 大丈夫だ, 栂林で, 直にさうなるであらう, 蓑が

▼ 附近にて~ (12, 0.4%)

1 [12件] アレッツオなる, カエサルの, カエサル大いに, ブレンタ川に, マルクス・アントニウスを, ローンに, 忽然消滅に, 捕はる, 日本の, 昼食, 貴下等の, 造る沼

▼ 附近~ (10, 0.3%)

1 が, がそう, そうで, という, というの, とかいった, とか石器時代, と生活, と聞い, よ

▼ 附近でも~ (10, 0.3%)

1 この日本橋, この鳥前生, さんざんに, そういい, まだ何となく新開地, もつとも眺望, よいから, トンボグサ石川県にも, 人は, 宮淵の

▼ 附近である~ (7, 0.2%)

1 があの, が野本, ことは, という, とすれ, もとよりこれぞといふ, 神社の

▼ 附近なる~ (6, 0.2%)

1 その墓, アンデスなり, 一小村に, 氷蝕湖カトリンに, 聖マリア・ポムポーザの, 裏屋の

▼ 附近において~ (6, 0.2%)

1 一人の, 収容した, 彼奴らを, 東南遠くの, 發達した, 線路の

▼ 附近にまで~ (5, 0.2%)

1 きて, 上って, 南下し, 探査を, 狄掛なる

▼ 附近までは~ (5, 0.2%)

1 すでに上陸, 到達する, 既に前年, 確に, 駒草採りも

▼ 附近からは~ (4, 0.1%)

1 さしもの, 嶄岩の, 段丘が, 蜜柑レモン橄欖の

▼ 附近にては~ (4, 0.1%)

1 ともかくも, 厚さ二寸, 厚さ五分, 著しき地割

▼ 附近~ (3, 0.1%)

1 大暗礁, 底に, 鳥羽か

▼ 附近だけ~ (3, 0.1%)

1 それが, であって, でなく新宿

▼ 附近での~ (3, 0.1%)

1 連絡でなかったら, 高山の, 鳥渡した

▼ 附近とを~ (3, 0.1%)

1 中爆弾, 取って, 見くらべながら

▼ 附近へは~ (3, 0.1%)

1 幕あきの, 立ち入って, 絶対に

▼ 附近住民~ (3, 0.1%)

1 に多大, の信仰, をし

▼ 附近及び~ (3, 0.1%)

1 エディンバラ, 十一月下旬に, 浦野館村一帯の

▼ 附近藤相模守~ (3, 0.1%)

1 がもうすこし, が咳払い, をはじめ

▼ 附近しか~ (2, 0.1%)

1 ない事, 登れなかったと

▼ 附近だろう~ (2, 0.1%)

1 という説, とせられ

▼ 附近であった~ (2, 0.1%)

1 ことは, ようである

▼ 附近であったろう~ (2, 0.1%)

1 と思う, と想像

▼ 附近であろう~ (2, 0.1%)

1 と思う, 一と

▼ 附近という~ (2, 0.1%)

1 ことが, 題目からは

▼ 附近とか~ (2, 0.1%)

1 云われても, 又は大

▼ 附近とで~ (2, 0.1%)

1 十四万人の, 激しく行われ

▼ 附近などで~ (2, 0.1%)

1 オリカケバナやはり, 芒の

▼ 附近なら~ (2, 0.1%)

1 といふ, 年がら年中氷

▼ 附近にしか~ (2, 0.1%)

1 ないと, ゐないこと

▼ 附近にでも~ (2, 0.1%)

1 あると, ある村

▼ 附近にわたる~ (2, 0.1%)

1 幾ヵ所もの, 間に

▼ 附近ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなくもつと, でなく一体

▼ 附近までの~ (2, 0.1%)

1 間に, 間にて

▼ 附近~ (2, 0.1%)

1 北北東ニ向, 厳重監視シ可及的

▼ 附近一帶~ (2, 0.1%)

1 の主, の村

▼ 附近全体~ (2, 0.1%)

1 がそう, に高い

▼ 附近唯一~ (2, 0.1%)

1 の外国人, の良港

▼ 附近村落~ (2, 0.1%)

1 の平常生活, を同化

▼ 附近油川村~ (2, 0.1%)

1 に淹留, の陣中

▼ 附近~ (2, 0.1%)

2 一の

▼ 附近藤相模守茂郷~ (2, 0.1%)

1 がそこ, は七十七歳

▼1* [127件]

附近あちこちを濡れ歩く, 附近あの海から, 附近いったい屈まって, 附近かとばかり思つてゐた, 附近からずつと此方まで, 附近すでに浅井方の, 附近すなわち小仏峠を, 附近すべてに支那人, 附近ずいぶんと隈, 附近そこから谷, 附近その一師団は, 附近それから高相方, 附近ただいま精査中なる, 附近だけが鐵の, 附近だけで百数十名の, 附近だけでも数え切れない程, 附近だけに止って, 附近だけはもう水, 附近であったならどこでも, 附近であり都留郷は, 附近でありますと農鳥岳, 附近であるらしいからもう, 附近でしか生きられない, 附近でないとみえる, 附近でもより多く手, 附近とは聞いて, 附近と共に私の, 附近なお史蹟仏跡は, 附近などには蕭条たる, 附近などにもつい近ごろ, 附近などの野天で, 附近なりしかば是等の, 附近においては南は, 附近にかけて一種の, 附近にさえ雪庇と, 附近についていろいろと, 附近になぞおりません, 附近のみ僅かに, 附近のやしきでは, 附近ほんたうに寺, 附近また椿坂にまで, 附近までも持つて, 附近よりは川を, 附近よりも数, 附近らしいのである, 附近をとひとりぎめしていたのである, 附近アールバッハの小, 附近カムプシーちゅう所, 附近カーテルラタンのスーフロウ館, 附近シンジュク附近とを中, 附近ダアエントグラスミヤ等に遊ん, 附近ニハ貴艇, 附近ニ陣地ヲ占領スベシ, 附近フラグレイアの野, 附近の高山, 附近一万五千の住民, 附近一帯二百五十人ほどの者, 附近一帯曠大な土地, 附近一帶赤土にて樹木, 附近一昨年の秋南, 附近一町の所, 附近一面が燒野原, 附近七八カットやった, 附近三平峠の下, 附近棚温泉浅間一帯の, 附近事務室に残留, 附近二十余軒の住民, 附近二十碼四方の叢, 附近二町許の間, 附近二百マイル以内に外国人, 附近人馬喧騒物々しき有様, 附近伊皿子二本榎猿町白金辺を持場, 附近何処を探し, 附近例えば白馬尻の, 附近穂高一帯の, 附近しと, 附近口笛のプレイバック二カット, 附近吉野山京都というスケジュール, 附近否首里城中にあった, 附近吾妻村下羽田植野村舟津川という道順, 附近四ツ五ツの砦, 附近四郡の守り, 附近地方の周圍, 附近を登る, 附近大宮表へは馬場美濃守信房先鋒, 附近山林伐木の中止, 附近山櫻の見るべき, 附近岩崎山のとりで, 附近川原にて道明らか, 附近川口から僅か, 附近幕府の軍艦安宅丸, 附近下屋敷所在, 附近散歩小川でふん, 附近数哩の原野, 附近数百を焼いた, 附近料理茶屋の入口, 附近新しい工場が, 附近明治神宮あたりの地, 附近時候は旧暦, 附近景勝遊覽のため, 附近暫く浪や, 附近更に進んで, 附近有本という処, 附近村落今市余吾坂口辺りを放火, 附近柳田表へは内藤修理昌豊, 附近沿海に海老類, 附近法華寺界隈手掻小路と合戦, 附近海上に一艘, 附近温泉の湧出, 附近特に伊勢を, 附近のよう, 附近福島駒ヶ嶽山麓あのあたり, 附近天下の, 附近積雪量五尺くらい, 附近竜田山の一部, 附近三里の, 附近航行の他, 附近芭蕉の句碑, 附近若しくは東武電車の, 附近虫取撫子の盛り, 附近辺りのし歩いて, 附近迄に限られて, 附近迄はまだ紅葉, 附近近来の発展, 附近通行の際, 附近郊外在住の民衆, 附近雪渓の尽く