青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「阿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

関東~ 閣下~ ~闇 闇~ 闘争~ ~關 關~ ~關係 關係~ ~阿
阿~
附~ ~附い 附い~ ~附け 附け~ 附近~ 降~ ~降っ 降っ~ ~降り

「阿~」 3959, 43ppm, 2719位

▼ 阿母さん~ (566, 14.3%)

10 阿母さん 98 の方 6 は私 5 といふ人 4 から, が, のよう, の顏

3 [12件] が出, が悪い, と一緒, の世話, の事, の前, の名, の病気, はその, はどう, はもう, は非常

2 [44件] がいなくなった, が云っ, が心配, が死んだら, が簪, が那, さえ好い, さようなら, との関係, と一所, と兄, と連れ立っ, に生き写し, に知らせる, に言, に言告, のお, のやう, の口, の声, の顔, はさも, はすぐ, はそんな, はどこ, はまだ, は一寸, は今, は何, は例, は内, は御, は手, は日, は自分, ももう, も御, も酷い, や, やお玉さん, や兄さん, や姉さん, や番頭, を殺した

1 [388件] うれしい事ネエ, お宅, お早う, お葉, からお前, から伝わった, から大事, から好く, から聞いた, から聴い, から訊いた, から貰つた手紙, があけ, があれ, があん, がいらっしゃる, がいろいろ, がお, がきのう, がくれなく, がさう, がさっき, がそ, がたいへん, がどうも, がびっくり, がまア, がよく, が不承知, が二階, が云つて, が亡くなつた, が今日, が今落ち, が何, が余所, が俺, が先, が刀, が助け, が占領, が唯, が在る, が大, が大病, が天麩羅, が家, が帰り, が干した, が彼様, が御, が急, が怨めしい, が恋しく, が折々, が新しく, が是非釜次郎, が木村, が東京好き, が死になさる, が死ん, が水, が淋し, が父, が玄関, が留守, が眼, が立っ, が背後, が茶の間, が裸体, が見えない, が見た, が誘ふ, が貢さん, が起, が阿, こそ田舎, こんな事, しつかり頼みますぜ, じゃねえ, そうお, そんなこと, そんなに御, そんなぼんやり, たつた一人, だから, だけには物, だってそう, だって偶, だって木曽, だつて, だつて一処, だと, だよ, だよい, てば, です, ですか, ですね, でほんとう, とあたし, というの, という人, とおばさん, として忘, とたつた, とでかり, とでその, とでも話した, とは違っ, ともその, と中間, と二人高座, と云う, と呼ばれ, と呼ぶ, と声, と番頭さん, と純, と言つて, と貴方, どうです, なの, ならお前, なんかと一緒, なんかに被, なんか如何, なんか通れない, にうるさがられる, におとなしく, におなり, にさう, にそう, にたのん, にでも泪, になっ, になつ, にねだっ, にはこんな, には内緒, には喜ばれなかった, には貫一さん, には黙, にばかり心配, にもよろしく, にも勝つた, にも口, にも話した, にも迷惑, にも逢つて, にやる, に一寸用, に不自由, に会, に似た, に似た見得, に余計, に厭, に叱られた, に天国, に妙, に寄, に度々, に手伝つて, に払う, に教, に會ひと, に来ない, に止められ, に相談, に知れる, に祟った, に立ち勝つ, に聞い, に聴い, に舐め, に見, に見附けられない, に話し, に話したら, に貰う, に貰たん, に逢っ, に連れられ, に頼んだ, ね阿母さん私, の, のいう, のいふ, のお父さん, のお里, のする, のもの, のモデル婆さん, の乳汁可味, の云, の仇, の入, の処, の勝手, の墓, の奥様, の安否, の家, の寂しい, の寝言, の影響, の御, の恩, の悪口, の惡口, の手, の手隙, の智慧, の様, の機嫌, の気, の為方, の病気ツ, の病氣ツ, の穿きなさる, の竹代夫人, の考へ, の耳たぶ, の腹の中, の臆病, の莞爾, の薬代, の言, の記念, の話, の説, の身, の身体, の部屋, の間, の雪子さん, の頭, はお前, はこういう, はこんな, はさすが, はじき, はそわそわ, はそんなに, はたちまち, はまア, はやらない, はゆうべ彼, はクヽヽヽヽ, は一体, は丈夫ぢ, は中, は今一枚洗つて, は体, は何故あんなに, は余程, は傍, は先月, は八幡様, は出かけた, は加減, は嘘, は嫌い, は安心, は実に, は平気, は年寄, は引き取る, は彼, は得, は心配, は忌, は忽ちに, は愛子, は未だ, は桃枝, は案じ, は案外, は此処, は歯, は死ん, は死んだ, は火, は無茶, は煙草店, は物, は生き, は田舎, は病身, は白子屋, は知, は知つて, は知らない, は縫物, は能, は花聟, は萌黄, は読書, は誰, は貴女, は遅い, は酸乳, は阿, は雅さん, は雪江さん, は髪, は髪の毛, は鬼ばば, は鬼ばばあと, は黙っ, ばかりです, への面あて, までが, まで私, みた様, もああ, もあまり, もお変り, もお揃いで, もお祖母さん, もきっと, もここ, もさう, もそう, もそれ, もそんな, もね先刻, もふだん, もまあ, もまんじりと, もゆっくり, も一旦, も不思議, も不断, も伴, も先代, も其の, も奥, も姉さん, も居ない, も待つ, も心配, も怜いし, も急い, も承知, も早め, も有, も来月, も正直, も流石, も疲れ, も笑つて, も結婚前, も行くなら行っ, も裾模様, も遅い, やと思う, やの莞爾, や何, や叔母さん達, や妾, や姉さんたち, や嫂さん, や父様, よくまあ, よんで, をそんなに, を呼ん, を思っ, を恨ませる, を無理, を苦しめた, を見る, を起し, 任せに, 勿体ない悪く取る, 寝て, 帰って, 済まないけれど, 申し兼ねますが, 知ってるかい, 程恐い, 行って, 見て, 遅れて, 阿父さん

▼ 阿~ (271, 6.8%)

6 の方 4 のこと, の奴 3 だつて, と二人, のところ, の顔, はもう, は何

2 [17件] か, が余り, しられの, と仲, と私, のお, のやう, の家, の御, は, は眉, や女房, を呼べ, を相手, 白い烏, 許して, 阿父

1 [205件] おいここ, かしら, かふ, から口, から少年, か居, が, がいくら, がこれ, がしつかりし, がそう, がそれ, がそんな, がそんなに, がつい, がで, がとても, がやつ, が一人, が今, が今川焼三銭買つて, が兄貴, が入っ, が出, が大事, が嫌がる, が孫, が居ない, が御, が恋しく, が懸念, が持つ, が振袖, が未, が来なけれ, が来る, が死, が死んだ, が浅黄ちりめん, が異様, が納得, が衝, が言, が謝, が賢夫人, が迎, が郷里, が齢, しられ, しられ其他, だけが見物人, だけで, だけはお前, だって覚え, だと, だのガラ姦男, だの此方, だケヤエ, ちゃんさきいてんべえか, でございますか, ですよ, でもあれ, でも皆, で未だ, といっしょ, といふもの, とに地獄, との間, とは仲, とは仲良く, とは趣味, とも岡村清親, と一処, と一緒, と俺, と周子, と女房, と盃, と細君, と義坊, と話し, と離れ, と飛んだ, などが何と, などに来, などは危険, なん, なんかど, にさ, にだ, にだけは未だに, にだつた, にでも会っ, にでも訴, にどんな, には居るだろう, にも上手, にも内証, に世話, に会, に似, に別れました, に反抗心, に好き, に棄てられ, に紹介, に話し, に逆, に逆ら, に電話, に頭, に黙つ, のため, のよう, の云, の代り, の來, の俤, の兄貴, の君, の味方, の墓参, の姉ダテ二十歳, の実家, の居, の悪口, の意地悪, の様子, の気嫌, の注射, の片見, の留守, の胎内, の若い, の見舞, の言葉, の記念, の間借り, の顔つき, の鼻, はお, はそれ, はと見る, はどこ, はな偉, はな貴様, はひとり涙, はやる, は一寸, は五年, は何処, は俺, は偽善者, は兎, は千葉県あたり, は厳しく, は反対, は声, は好き, は少し, は屹度大切, は心配, は断言, は横抱, は疳癪, は痩我慢, は米塩, は精根, は薙刀, は行火, は表, は赤ん坊, は近所, は間男, は阿, は随分, ばかりじゃない, まで締めこん, もさう, もさんざん, もひとつ, もまあ, も一緒, も別, も挨拶半, も攪乱, も来る, も然, や周子たち, や此児, や清親, よ榎本氏, をさんざん, を一人, を世間, を主人, を呼ん, を懐, を抱い, を気の毒, を罵しらせる, を責める, を養つて, 似ぢ, 喜んで

▼ 阿父さん~ (267, 6.7%)

12 や阿 65 のお, も阿 4 阿母さん 3 と一処, と一緒, の方, は何

2 [17件] お光, が大, が帰っ, が承知, という人, とは打つ, に, に話, のこと, の事, の云う, の博士, の肚, はこの, は死んだ, は近所, も貰った

1 [189件] かお, からも叔父さん, から十分, から叱られる, がお, がこれこれ, がそう, がよく, がアメリカ, がポチ, が一所, が丁度, が不思議, が亡, が何, が何歳, が入, が又, が国会開設, が夜毎, が居る, が帰, が帰つて, が彼奴, が斯ん, が早く, が昔, が晃兄さん, が暗い, が木やりくず, が死ぬ, が洋服, が生き, が生き返った, が皆, が自分, が謡, が那如, が釘附, が長い, こういったんだ, さぞ困ってるだろう, だ, だから, だつて, だつて心ぢ, だつて承知, だつて現在, だと, てえ, てば, てば何だ, であつ, とは全, とは違, とやらがある, と云, と俺, と僕, と冬子さん, と喧嘩, と萬朝, どうか, どうかお, にきつ, にそつくり, にでも会つて貰つて, には効力, には死なれ, にも, にも能う言う, にも頼ん, にも頼んどいた, に会, に会つて, に似, に催促, に叱られ, に問, に善く, に手紙, に毎晩お前, に気の毒, に済まない, に訊い, に話す, のお古, のところ, のやう, のよう, の一周忌, の云, の伝法, の傍, の前, の口真似, の古, の名, の営業, の姿, の子, の家業, の小, の屍体, の師匠, の席, の度胸, の心持, の怒る, の意久地, の所作, の様子, の為る, の癖, の知り, の祖母, の訳, の身, の身の上, の達, はああ, はあの, はあれ, はあんた, はしきたり, はどう, はどうも, はシナ人, は一寸, は二十二三, は云, は些, は京, は何と, は何処, は何故, は先, は内心ガツカリ, は内証, は十, は大丈夫, は好く, は小田原, は帰っ, は帰った, は忌, は怒つ, は斯, は最早, は未だ, は死ん, は気, は湯槽, は煮, は知, は空, は立派, は芸者, は西洋料理, は鉄線模様, まで侮辱, もああ, もいる, もこれ, もこんな, もさうだ, もやつぱり貫一さん, も今, も仲, も伺う, も到頭, も大抵, も急, も故障, も皆お前, も能, も間, やり切れないで, や僕, や兄さん, や祖父さん, を, を便り, を踏付, 何だつて花, 度々言, 阿母, 阿母さん二人, 阿父さん

▼ 阿~ (245, 6.2%)

13 の手紙 9 の墓 7 さんの 6 の妹 5 の姪, は姪 4 の五郎作 3 が, が水戸家, さんが, の母

2 [13件] がこれ, が怪我, の, の位牌, の同僚, の庭, の晩年, の父, の生涯, の祖先, の連歌師, の鑑定, は天民

1 [158件] がいかなる, がため, が七十, が七十七歳, が三十幾歳, が上, が八十, が出家, が剃, が十二代, が同じ講釋, が名, が名倉, が四十五歳, が夫婦づれ, が夫婦連れ, が姪, が將, が幸, が手, が托鉢, が文章, が曇, が源氏物語, が火事, が物事, が縫, が聞い, が自筆, が苦しん, が蒔繪師, が道, が飛び出さない, さんまで, たる所で, だ, だと, である, です, でちよい, と, といふの, といふ京都風, となり, と來, と其親戚, と同じく, と水戸家, と笑っ, と親し, と誠範, と谷, には子, に交, に先だつ, に先つて歿, に名倉, に問う, に家人株, に斯, に書かれた, に縁故, に請う, に讀經, のお, のこの, のため, のコルレスポンダンス, の七十七, の事, の事蹟, の假名文, の傳, の兄, の剃, の勤行, の単一, の噂, の壽, の奇行, の姪一人, の家, の師家, の弟子, の手, の手向, の托鉢, の文, の方, の書いた, の滑稽, の生活, の省略, の石, の筆跡, の終焉, の經歴, の著, の辭世, の露地, の高く, はかう, はこちら, はそれ, は一部, は二十八歳, は伊澤氏, は兩腕, は六十七歳, は其年, は再び, は刀自, は又, は單, は嘉永元年八月二十九日, は執筆日輪寺内壽, は岡崎町, は微, は怪我, は托鉢, は數歩, は文政十年七月, は時宗, は本, は此等, は此袱紗, は水戸侯, は焉馬, は甥, は眞面目, は社會一般, は能書, は若し, は菓子店, は西村氏, は連歌仲間, は里村昌逸, は高貴, もこれ, を家, を小父, を請, 一人の, 俗名五郎作文政五年壬午十月於淺草日輪寺出家, 光悦と, 光悦とか, 光悦は, 南無, 去後, 張りか, 次が, 爲客こ, 研究の, 研究上に, 自身が, 號は, 號を, 造玄関から

▼ 阿~ (222, 5.6%)

5 は仁科六郎 4 は南原杉子 3 がかわいそう, のこと, の部分, はあなた 2 がみじめ, が南原杉子, とあなた, と仁科六郎, の愛, はピアノ, は何, 私は

1 [185件] いつか結婚しない, お前は, お前よく, かわいそうな阿, かわいそうに, があんなに, がいたましい, がここ, がさせた, がしきりに, がまだ, がまぶしい, がピアノ, が一たん, が一番最初, が一番記憶, が不安, が全面的, が喋る, が宿っ, が居る, が弾く, が彼女, が抹殺, が指, が泣い, が泣きはじめた, が浮ん, が浮んだ, が涙, が私, が笑っ, が身体, ごめんなさい, じっとし, すまない, だけど蓬莱建介, って自分, です, といふ大, とか迦葉, とのよろこび, との愛, とは呼ばない, と云っ, と僕, と南原杉子, と呼ん, と結婚, どうして結婚, なの, にうなずかせた, にすまない, について何一つ, にはっきり, には嫉妬心, に云いきかせはじめた, に云っ, に命じた, に恋, に抵抗, に済まない, に電話, のいう, のおごそか, のすべて, のにおい, のもの, のよ, の世界, の二尊者, の云う, の作曲, の口, の幸福, の悩み, の感覚, の正体, の熱愛, の片鱗, の申出, の純潔, の線, の肩, の脳裡, の行先, の言葉, の音, の頬, の香水, はあわれです, はいつも, はいや, はこう, はしかけ, はしばらく, はせめる, はにくむ, はにっこり, ははっと, ははやく, はひたむき, はひとみ, はまだ, はまっすぐ, はみじめ, はみち, はもう, はウィスキー, は二度, は今, は今日, は仮面, は作曲, は土曜日, は大きく, は始め, は幸せ, は彼, は心配, は恋する, は懇願, は既に, は生き, は笑った, は答えた, は答えなかった, は絶望, は罪, は蓬莱和子, は蓬莱女史, は蓬莱建介, は蓬莱氏, は言葉, は走っ, は追いはらわれ, は酔っ, は阿, は静か, は頬, また問う, もうしばらく私, もかく, もよく, も又, も悪, ゆるして, をいじめてる, をその間, を傍観, を常に, を平然, を従え, を思い浮べ, を愛し, を抹殺, を煙, を理解, を眺める, を葬っ, ピアノ弾く, 一体何, 今日は, 今日斯うし, 仏に, 僕が, 僕こそ, 僕は, 僕達は, 又問, 尊者が, 尊者さえ, 尊者やら, 恋の, 是なりと, 有難う僕, 泣かないで, 素晴しい, 迦葉の, 陀から, 陀が, 陀に, 陀は, 陀を, 黙って

▼ 阿~ (142, 3.6%)

133 じゃあねえか, ですよ 2 が此處, が義理はり, さ, だか, だよ, だ神妙, っちょ, つ子, で, なんぞに惚れられ

1 [103件] あ, あおれ, あんまり図, あ今ごろ, があつし, があるだ, がいや, がお世話, がかい, が下手人, が二人, が出, が噛, が心變, が殺された, が消え, が稲荷様, が蛇, が誰, が錢形, こりゃア, じゃねえ, じゃア, そんなこと, だから, だがな, だぞ, だな, だなあ, だの, だのくたばれだ, だのコン畜生, だの狸, だ夕飯, だ惣吉此処, だ打つぞ, だ櫛, だ此間なんざおつかこた, っ, っ児, つ子め, でもなく, で力, で澤山, とは失礼, とは怪しから, とは敵同志, と言い, どうも助けられな, なんざ, なんで, に勝手, に氣, に泣かず, に熱く, に男, に相違, に眼, に負け, に逃げられた, に違い, に飛付い, に魅入られた, の仕業, の咽喉笛, の喉, の顔, の首, はあつし, はいくら, はおれ, はてっきり, はどこ, は二年越言, は人形喰ひだ, は全く, は兵二郎, は夜目, は瓶, は薹, は踊り, までがそれ, もお, もづう, も太, も有る, やい注いで, をあやめ, をおびき出し, をふん縛っ, を小言, を擧げよう, を救主, を殺し, を殺した, を殺しました, を殺し損ねた, を殺す, を締め手, を脅かし, を誘拐, 太え, 放せ

▼ 阿~ (130, 3.3%)

3 が出, のよう 2 があの, が生き, のこと, の声, の方

1 [114件] い秘さんと, から本陣問屋庄屋, から送っ, が, がなかっ, がね大臣, が云う, が云った, が何, が俳諧, が喋舌, が大変, が天理教, が始め, が宗七, が帰れ, が心酔, が戯談, が持っ, が昔, が狂, が病気, が見えまし, が賀川さん, が遙, が附, ぐらいにはなれるだろう, だ, だが, でしたらもっとよく, で背, と兄さん, と歓迎, と相談, と言え, と言つて, どのお, どのだから, どの阿, なぞに言わせる, なぞも非常, にし, にソックリ, に亡くなられ, に任せ, に取られた, に堅く, に対するとき, に知れた, に言, に話した, に話したら, に逢う, に逢っ, に違, のもの, のよ, の前, の口占, の好き, の宅, の家, の心持ち, の悪口, の所, の手, の手紙, の書いた, の書院, の生きてる, の葬式, の蔵書, の言う, の話, の轍, の辰さん, の頭, の額, はいかにも, はこういう, はことし, はそう, はそんな, はもとより, はやかまし, は亡児, は体格, は嗅覚, は師範学校, は年寄, は知っとる, は西洋菓子, も, もああ, もこんな, もさぞ, ももう, もネ, も久しぶり, も亡くなりました, も君, も外国, も安心, も親切, も間に合わなかった, も阿, を呼寄せ, を持たなかった, を持っ, を持った, を見給え, を責め, 阿母, 阿爺

▼ 阿~ (84, 2.1%)

3 のやう 2 とよば, は俺, や阿

1 [75件] からいふ, がある, がいつぞや, がそう, が亡くなつた, が使い, が健在, が店, が待ち, が手紙, が書家樵石先生, が苔盛園, が阿, っつぁん, つぁん, つぁんというのはその真実, つぁんや, つあんその, つあんは, つつあん, でも阿, とです, と出, と英語, と阿, などにもよく, なんぞは慈愛, にした, には分らない, に對, に話し, のため, のよう, の一団, の一方, の上, の事, の亡くな, の外国友達, の大事, の御, の心懐, の悪影響, の想, の方, の服, の横ツ頬, の行衛, の許, は, はあの, はそれら, はほっと, は女, は小野さん, は屈指, は彼, は思はず, は此, は篠田さん, は西瓜畑, は貧しき, は道具立て, は震え, ほら此様, も何, も彼方, も敷く, も来る, も表情, をとら, を井上さん, を思出, を憎む, を見兼ね

▼ 阿闍利さま~ (75, 1.9%)

4 のお 3 はその, は童子 2 にお, はいつも, はわたくし, は唯

1 [57件] がこの, がその, が世にも, が村, が炉, ご機嫌, とはまるで, に一大事, に物語っ, のあの, のうしろ, のお話, のかたわら, のそういう, の優し, の姿, の悪相, の気, の清い, の童子, の笈, はああ, はいつお帰り, はお笑い, はこの, はこんど越中, はそういう, はそんな, はどうして, はもう, はわたし, は何, は八月, は別に何とも, は去る, は喜ん, は夜, は山, は常に, は急, は悲しみ, は日, は月, は朝晩, は村, は炉, は申されました, は秋, は立っ, は谷川, は重く, もこれから, をおろそか, を信じ, を思いうかべました, を憎む, を見詰め

▼ 阿~ (65, 1.6%)

3 が尼 2 が棺, の葬式, はただ, は飛び立ち

1 [54件] がこの, がため, が両, が再縁, が友皆, が問い, が寡居, が心, が感謝, が望まん, が死, が縊れたる, が里方, が頬, とともに昼ごろ, と呼べる, と寝たる, には夫婦, に向い, に告げ, に語り聞かせ, のごとく死なん, のみなりき, の両親, の喜び, の家, の忌中五十日間, の耳, の顔, の飯, はあまり, はあわただしく, はいかなる, はいず, はまた, は一人, は今, は再び, は呼びぬ, は村, は法事, は熊本城, は言うべき, は長々, も今, も太, を呼び回し, を喜ばしめ, を引き取らん, を慰むる, を見れ, を訪いたる, を訪う, 情なきこと

▼ 阿~ (51, 1.3%)

4 は嫂 2 のこと, はいった, は朝

1 [41件] がいっ, がいった, がきっと, が人, が旧約, が来た, が身じまい, だろうと, であった, というの, と対質, に似, に出, に新婦, に逢う, の言薬, はきっと, はそこ, は一羽, は二言三言, は仕方, は固く, は土, は坐っ, は婢, は強い, は微か, は承知, は矜, は確か, は笑う, は笑っ, をなぐさめ, をひどく可愛, をやる, を促した, を呼び, を徳, を止め, を自分, を見

▼ 阿~ (50, 1.3%)

5 丸の 3 丸が 2 の身, 丸と, 丸を

1 [36件] がこの, が城中, が来る, さま, さまか, さまとやらは, と久米内, どのは, どのも, どの見つかった, にも会わず, の体, の声, の姿, の従者久米内, の敏捷さ, の気くばり, の眸, は事もなげ, は初めて, は去り行く, は急, は泣き, は竹, は足音, も育ったらしい, を帰したら, を都, 丸, 丸さまを, 丸との, 丸とは, 丸は, 丸も, 丸や, 君を

▼ 阿~ (45, 1.1%)

5 の父親 2 のこと, の家, はその

1 [34件] がやれ, が出, が坐る, が水月寺, が綺麗, が言った, だよ, であった, という女, と結婚, と誓い, に拝謁, に結婚, に随, の名, の室, の帰っ, の所, の身辺, の車, は, はそこ, はそれ, はとうとう, はひどく, はますます, はよく, は入っ, は孫, は急い, は悲しん, は車, も孫, を親しく

▼ 阿爺さん~ (43, 1.1%)

2 とも言いたい, 阿爺さん

1 [39件] から見る, が, が天狗, が正気, が毎日, が着よう, が突然, が貴方, が鍛, こりゃ五分刈, だつて, ですから, と昔, なぞは君, にお, に克, に助けられ, に叱られる, に御馳走, に言われ, のよう, の亡くなる, の十八番, の娘, の面白い, は, はもう, は割合, は平素, は後, は是非新築中, は米国, は綸, も, もちった, も噂, らしい話, をし, 起きて

▼ 阿~ (40, 1.0%)

2 そこの, そんな話, はたと足, われと, 主人の, 単調な, 実に感じた, 彼の, 心を, 自分の

1 [20件] うなずいたが, さう, そう思い定める, その後で, どこに, ほっと口, ほつと, わしの, 元より, 十蟹の, 大勢と, 思う, 思ふ, 文晃の, 水の, 磐である, 絵筆を, 詩僧であった, 陰気なあり, 高の

▼ 阿~ (39, 1.0%)

2 ひそかに, 原に, 地で, 方にも

1 [31件] あき巣へ, こゑにして賜はれ, こゑの, トランスバアルに, 一角に, 亭以下四十余宇焼亡す, 住所は, 再来, 剣を, 国境に, 土人が, 地から, 天野四郎は, 奴隷制に, 如きも, 子三郎頼隆の, 字が, 字の, 山々は, 山に, 山は, 忠死も, 方が, 母は, 海の, 片田舎に, 狩猟談に, 行業に, 西の, 諸鉱地, 身寄りへ

▼ 阿~ (39, 1.0%)

2 はその

1 [37件] が天性白痴, だけは安らか, という女, に薬, のあ, のほか, の姿, の相手, の阿呆め, は, はあの, はあわて, はこうして, はこの, はこれ, はそんな, は丹後守何某, は夜ふけ, は娘, は子供, は急, は次郎さん, は歌, は猪熊, は窓, は罪, は胎児, は鼻, めが, め窓の, もいる, もかれこれ, もこれから, をあの, を手ごめ, を顧みる, 自身も

▼ 阿父様~ (39, 1.0%)

2 と兄さん, にお

1 [35件] お帰んなさい, からお話, がおっしゃる, がそんな, がガナツシユ, が御存じ, が然, この人怜悧者, この瓶, では有りません, とお, と云う, と呼ぶ, にこの, にも阿, に一番, に取っ, に叱られます, に御覧, に林中, に申しあげかねる, に願えます, に願っ, のお, の代, の仰し, の傍, の御返事, は御苦労, は鈴木, も兄さん, も私, をここ, を持つ, を養

▼ 阿能十~ (36, 0.9%)

2 はもう

1 [34件] あれ見ねえ, か, がこの, が板囲い, が苫, だった, だの三平, といい, などもいずれ, なら知らぬこと, にいわせれ, には従兄, には武家息子, に会ったら, のさす, のほか, のよう, の前, の語った, はあわて, はいつ, はおかし, はぐっと, はここ, はまだ, は初め, は手, は櫓声, は銀子, は頬被り, は高い, もやがて, や大亀, や赤螺三平

▼ 阿~ (32, 0.8%)

7 の君 2 の体, を抱い

1 [21件] が泣きだした, と称した, などの守護, にとってこれ, に代っ, のからだ, の抱かれ, の薄命, の行方, の身, はよく, は時に, は無心, は途中, も奪, をいず, をふところ, をも連れ, を取返し, を救った, を甲

▼ 阿弗利加~ (31, 0.8%)

1 [31件] から巴里, から送られ, とは言, などは全く, にもゲルマン民族, に孤立, に居る, に於ける, に至る, のケエプ・タウン, のスウヴア, の内地, の内陸, の原地人, の和蘭岬, の喜望峰, の奥地, の或, の暗黒地帯, の東岸, の殖民地, の沙漠, の薬種, の黒奴, へ探険, へ渡る, を初め印度, を廻っ, を沙漠, を経, を除い

▼ 阿~ (30, 0.8%)

2 はいった

1 [28件] だ, であった, に似, に嫁入り仕度, に逢った, のたより, の美しい, はかすか, はひとり, は三郎, は両親, は人, は寡言, は悲し, は懼, は泣いた, は老婆, は自分, は謝, もいなかった, もそれ, ももう, をうたがいだした, を可愛, を思いだした, を思う, を愛した, を結婚

▼ 阿~ (29, 0.7%)

4 良気 2 摺れた噪ぎ方, 摺れた調子, 摺れ女

1 [19件] がお座敷, が他, が台所, が寝酒, が茶, でも早寝, に云った, に決して, の寝酒, は, も続い, 摺れた様子, 摺れだって, 摺れで, 摺れでも, 摺れに, 摺れには, 摺れの, 摺れめ

▼ 阿~ (27, 0.7%)

2 [13件] が十七, が貰, こう言, に向, の事, の問, の顏, はこれ, はさめ, はわつと, は振, は胸, は頭

1 は紙入れ

▼ 阿~ (24, 0.6%)

2 は思わず

1 [22件] である, というの, なりと答, の姿, の稚, の評判, はじっと, はハッ, は人, は其評判, は口, は声, は斯, は歩い, は歩き出した, は総身ゾッ, は背後, は茶, は菩提, は身, は首, も負けず

▼ 阿~ (22, 0.6%)

32

1 [17件] いくらでも哮えろ, お蝶, がッ, が逃がした, この阿, だ, だなあ, っちょ, におふくろ面, に未練, のそば, の成敗, はおぬしを, は今, は泣き声, もある, よなんで

▼ 阿~ (21, 0.5%)

1 [21件] がこっち, がそれ, が王龍, が農奴, とが赤貧, とはちがった, にやり, のよう, の体, の全, の姿, の生涯, は依然として, は全面的, は本当はああ, は自分, をやった, を作り, を描く, 若, 若処

▼ 阿~ (20, 0.5%)

3 の小, 福を 2 の君, 福の, 福人形が, 都比賣 1 の鵜養たち, 福が, 福も, 福や, 福人形は, 福人形を

▼ 阿星右~ (20, 0.5%)

13 太五郎 5 太五郎様 2 太五郎さん

▼ 阿~ (19, 0.5%)

2 の死骸

1 [17件] が大変, が帰っ, が帰った, が酌, と連れ立ち, の三人, は, はそれ, はどう, はどうも, はどんな, はまだ, は上, は着物, は表, は顔, も見かえる

▼ 阿~ (18, 0.5%)

542 やあ 1 か阿, ですよ, とお呼び, のからだ, は何, や泣い, よ

▼ 阿~ (17, 0.4%)

1 [17件] か, が, がイヤ, が中, でもそう, とふたり, と大亀, のあれ, のウラ, は, はこの, はさっそく, はそッ気, はまた, は四ツ, は見つからない, や大

▼ 阿~ (16, 0.4%)

2 を仆

1 [14件] がうんと, が醜し, という当の, という高弟, のまわり, のよう, の憤怒, の技, の抛り出した, の無念, はぴくと顔, は横, は老, は舞う

▼ 阿母アはん~ (15, 0.4%)

2 が怒りはるよつて, に一寸銀場, に知れます, よろしおま, 好いとこ 1 と四人, に内, に内証, は倹約人, は儉約人

▼ 阿耨達池~ (15, 0.4%)

2 の神話

1 [13件] があっ, であると, であるという, といい, とカイラス雪峰, に三たび宿住, に影, に見る, の傍, の東南方, も巡らざる, やすべて葱嶺, を巡っ

▼ 阿~ (15, 0.4%)

3 の怨霊 2 の姿, の顔 1 だけ殺し, であった, と心中, に斬りつけた, の投身, の死体, の自殺, の間

▼ 阿~ (14, 0.4%)

1 [14件] が古事記, が誦む所, が誦め, が讀む, でありこれ, という奉仕, に仰せ下され, に勅語, に命じ, に對, に授けた, の誦, は成書, をし

▼ 阿魔女~ (14, 0.4%)

2 も阿

1 [12件] が何, が女房, だ, だから, だそれ, だ親, でも何, で少し, は屋敷者, は私, も罰, を煽がせられよう

▼ 阿~ (13, 0.3%)

2 半兵衛の

1 [11件] いった, そして作品, 云ひかけた, 出会ってる角, 口を, 應へ, 東阿, 治部大輔と, 申し上げる事, 署し, 鱒井の

▼ 阿比留君~ (13, 0.3%)

1 [13件] が, がよく, が歸つて, が話, で白い, と一, に出合, に別れ, のその, のま, の話, は阿, をつかまへ

▼ 阿能十蔵~ (13, 0.3%)

1 [13件] から明るみ, であった, なども次々, にもいえる, にもその, のいい出しである, の吟味中, の姿, の方, の調べ, はかねてからうすうす, はその, も申し

▼ 阿~ (13, 0.3%)

1 [13件] が十七, が貰, に向, の事, の問, の顔, はこれ, はさめざめ, はわつと, は振, は紙入れ, は胸, は頭

▼ 阿闍利~ (13, 0.3%)

1 [13件] がいた, こそ大徳, に会っ, の世話, の肩, はすこし, はもうとくに, はわし, は亡くなっ, は生き, は童子, よ何, よ迷う

▼ 阿~ (13, 0.3%)

1 [13件] が忠節, が語る, が赤心, こそ屈竟, といふ鼠, と呼び, なりけるが, に気, の死骸, は再生, は潸然, は苦しき, もその

▼ 阿~ (12, 0.3%)

1 [12件] には一片, の声, の類, はいや, はまだ, は丸一日, は何, は子供, は彼女, は手, は横合い, は酒碗

▼ 阿~ (12, 0.3%)

1 [12件] か, が霞亭, と云う, にそっくり, に何, の子, は其, は口, もどうやら, 何ぞ必ずしも涙潸々, 浅阿, 阿弟我相知

▼ 阿州屋敷~ (12, 0.3%)

1 [12件] から出張った, から助太刀, という, というの, にも隠し, に住ん, の動静, の女松男松, の廻し者, の役人, の者, へそれとなく

▼ 阿~ (11, 0.3%)

1 [11件] とつて, のこして, 入ったの, 入って, 向い, 向かう, 向って, 帰す, 産したが, 示した, 託して

▼ 阿夜子~ (11, 0.3%)

2 の顔 1 が息, と佐々村村一, の美しい, はどんな, は二杯, は人, は到頭, は黙っ, を責めさいなみました

▼ 阿曾麻呂~ (11, 0.3%)

1 [11件] が大宰府, が神教, が道鏡, と清麻呂姉弟, に向けた, の多, の奏言, の捧持, は一年, は道鏡, も清麻呂

▼ 阿~ (11, 0.3%)

2 であった 1 が人, が来, といいます, に似, の来る, はいった, はその, は客, は窓

▼ 阿会喃~ (10, 0.3%)

2 と董荼奴 1 には, のふたり, のよう, の陣, へ呼びだし, も, を取りかこみ, を第

▼ 阿母様~ (10, 0.3%)

1 が遇, にも誰, のお, の処, の女優, の心, の肖像, の身, の鶴江様, もブラブラ

▼ 阿那律~ (10, 0.3%)

1 すでに阿羅漢, すなわち入り, すなわち前, すなわち閉目正坐, その妻子, と同行, に従き, に語り, 言う姉妹, 踊りて

▼ 阿~ (9, 0.2%)

2 使に 1 伴って, 切り取りそうして, 加えて, 打って, 攻め, 自滅させた, 駆逐する

▼ 阿~ (9, 0.2%)

2 な女, めいて 1 っぽくて, なのに, な声, な姿, めいたた

▼ 阿婆摺~ (9, 0.2%)

2 と一緒, と謂 1 でお, で男, になつ, のよう, を活動力

▼ 阿星右太五郎~ (9, 0.2%)

4 の家 2 の内儀 1 でもなけれ, の述懐, の述懷

▼ 阿~ (8, 0.2%)

5 の面 2 の方 1 とか天ぷら

▼ 阿二羅教~ (8, 0.2%)

1 について悪い, のこと, のハッピ, の信者, の客引き, の宣伝, の本部, を見学

▼ 阿多多~ (8, 0.2%)

5 羅山の 3 羅山

▼ 阿~ (8, 0.2%)

3 の如く 2 なる姫 1 の, のごと, へ

▼ 阿~ (8, 0.2%)

1 であつ, のからだ, の葬儀, は僕, は唇, は拒まなかつた, は楚々たる, 阿耶

▼ 阿香さん~ (8, 0.2%)

21 が俄, が自分, の死んだ, は死ん, もそんなに, もよく

▼ 阿~ (7, 0.2%)

3 の別 2 の大野, の野

▼ 阿耨多羅三藐三菩提~ (7, 0.2%)

2 の仏たち, を得た 1 ということ, の仏たちわ, の佛たち

▼ 阿~ (7, 0.2%)

51 になつ, の母音

▼ 阿~ (6, 0.2%)

2 の風 1 であるのみ, の俗儒, の和学者風, の最

▼ 阿~ (6, 0.2%)

1 などに對, などを捕え, の如く, の有, の精神, を説法

▼ 阿夫利山~ (6, 0.2%)

1 が突兀, であり話題, でございますよ, です, など, の木太刀

▼ 阿~ (6, 0.2%)

1 といいます, とは段違い, と呼ばれた, の身, はすごすご, は双

▼ 阿摩和利~ (6, 0.2%)

1 に備, の居城勝連, の聲譽, は彼自身, を主人公, を將

▼ 阿~ (6, 0.2%)

21 古宇陀の, 爾波那閇, 留信に, 留信君來訪

▼ 阿~ (6, 0.2%)

1 が言った, この辺, のお袋, の家, は後ろ, は跳ね上っ

▼ 阿羅本~ (6, 0.2%)

2 の爲 1 が景教, といふ者, の爲め, や景淨

▼ 阿~ (6, 0.2%)

1 が感傷的, したる, し模倣, せざる有れば, である, でそうして

▼ 阿~ (5, 0.1%)

1 その取扱い, 上に, 住所相模の, 太守の, 逗留し

▼ 阿~ (5, 0.1%)

2 この冬 1 なかる可, 出て, 応も

▼ 阿兄さん~ (5, 0.1%)

1 のところ, は不二雄さん, は嬉し, は陸軍中尉, もわざわざ

▼ 阿先生~ (5, 0.1%)

31 はどう, を呼び戻し

▼ 阿斯訶備比~ (5, 0.1%)

2 古遲, 古遲神 1 古遅神

▼ 阿星源~ (5, 0.1%)

5 之丞

▼ 阿~ (5, 0.1%)

2 の史等 1 の史, 岐王仁の, 支

▼ 阿米利加~ (5, 0.1%)

1 にも前, に五年, に五年行つて, に居る, に禁酒令

▼ 阿~ (5, 0.1%)

3 の臣 1 の点, 喜ばしや

▼ 阿~ (5, 0.1%)

2 の鵜養 1 の鵜飼, 南無無弥仏, 無阿弥

▼ 阿~ (5, 0.1%)

1 が合図, と三人, はその, はと見れ, は答えよう

▼ 阿という~ (4, 0.1%)

1 ものが, 二人の, 人で, 者が

▼ 阿剌比亜~ (4, 0.1%)

1 なるや, の沙漠, の記録, の香水

▼ 阿夜子夫人~ (4, 0.1%)

1 には夥しい, の異常, の異常嗜好, は椅子

▼ 阿~ (4, 0.1%)

1 が乳, に頼み置きたき, の児, も知り

▼ 阿~ (4, 0.1%)

1 が嶋, に参らせん, に離れ, 島民部を

▼ 阿~ (4, 0.1%)

2 の國, の埃

▼ 阿~ (4, 0.1%)

2 の連等 1 のたましづめ即, の鎮魂式

▼ 阿~ (4, 0.1%)

2 の方 1 が毎日園亭, は年

▼ 阿母さま~ (4, 0.1%)

1 ですか, はうしろ, も承服, も私

▼ 阿~ (4, 0.1%)

1 が可憐そう, が訊問, にやっ, のこと

▼ 阿胡根~ (4, 0.1%)

4 の浦

▼ 阿能局~ (4, 0.1%)

2 なる女性 1 の運ん, は信長

▼ 阿里山~ (4, 0.1%)

2 の紅檜 1 で神木, の神木

▼ 阿~ (4, 0.1%)

1 がね貢さん, とはお, と密通, の悪事

▼ 阿閉淡路守~ (4, 0.1%)

1 の浪人兵, はそこ, は斬られ, も同じ

▼ 阿陀仏~ (4, 0.1%)

1 だ, である, へい, 無阿弥

▼ 阿麻仁~ (4, 0.1%)

1 もどうも, をやっ, を二合, を少し

▼ 阿どの~ (3, 0.1%)

1 から其許, とお, へも無

▼ 阿二羅~ (3, 0.1%)

3 大夫人

▼ 阿~ (3, 0.1%)

1 くむに, と称, の他人

▼ 阿具沼~ (3, 0.1%)

2 という沼 1 といふ

▼ 阿含経~ (3, 0.1%)

1 の中, の文句, を手写

▼ 阿夜訶志~ (3, 0.1%)

3 古泥

▼ 阿~ (3, 0.1%)

1 して, するとか, と諂佞

▼ 阿~ (3, 0.1%)

1 を得, を指し, ノ玉顔

▼ 阿~ (3, 0.1%)

3 の君

▼ 阿弗利加産~ (3, 0.1%)

1 の, のストロファンツス草, の虫

▼ 阿性房~ (3, 0.1%)

1 が知っ, を呼ん, を引き連れ

▼ 阿星右太五郎樣~ (3, 0.1%)

1 が格子, の一人息子, はもう

▼ 阿~ (3, 0.1%)

1 あるいは阿, ときめ, に違い

▼ 阿母さん何~ (3, 0.1%)

21 か遣っ

▼ 阿母さん私~ (3, 0.1%)

1 が買う, はそれ, は疾

▼ 阿母はん~ (3, 0.1%)

1 が喜び, と妓ども二人, に聞い

▼ 阿母志良礼~ (3, 0.1%)

1 の下, は首里三平等, を置いた

▼ 阿母樣~ (3, 0.1%)

1 が, の肖像, の處

▼ 阿~ (3, 0.1%)

3 が池

▼ 阿父さま~ (3, 0.1%)

1 が御, なら今, は平素言つてら

▼ 阿~ (3, 0.1%)

1 加里性水溶液にて, 多奪, 泰山脈の

▼ 阿耶美都比~ (3, 0.1%)

3 賣の

▼ 阿育王~ (3, 0.1%)

1 の建てた, の時代, の遺跡

▼ 阿~ (3, 0.1%)

3 の局

▼ 阿藝那~ (3, 0.1%)

2 の臣等 1 の臣

▼ 阿~ (3, 0.1%)

1 かもしれない, とすべき, に違い

▼ 阿遲志貴高日子根の神~ (3, 0.1%)

1 いたく怒りていはく, ぞ, 到まして

▼ 阿~ (3, 0.1%)

1 の恩, も, も阿

▼ 阿闍世王~ (3, 0.1%)

1 が百斛, の供えた, より日々五百釜

▼ 阿闥婆吠陀~ (3, 0.1%)

1 の中, の成立, は其の

▼ 阿~ (3, 0.1%)

1 利加の, 利加初入, 利加土人

▼ 阿魔め~ (3, 0.1%)

1 え, がすっかり, と果

▼ 阿魯台~ (3, 0.1%)

1 を親, を親征, 反す

▼ 阿さん~ (2, 0.1%)

1 と鱒井さん, は

▼ 阿として~ (2, 0.1%)

2 目算に

▼ 阿と共に~ (2, 0.1%)

1 小舟を, 討死した

▼ 阿ライン~ (2, 0.1%)

1 といわず, なども今日

▼ 阿二羅教発祥~ (2, 0.1%)

1 の目, の縁起

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 の中, の奥

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 の碑, は一子

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 の絵, をし

▼ 阿剌比亜波斯皆魔法~ (2, 0.1%)

2 の問屋

▼ 阿加流比~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣といふ

▼ 阿合馬~ (2, 0.1%)

1 がある, の如き

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 と蹲, 恐ろしい何

▼ 阿~ (2, 0.1%)

2 に不埒

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 が笑, 阿甥書生等

▼ 阿娜女~ (2, 0.1%)

1 が姿, はいつの間に

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 は就中活溌, を助け

▼ 阿岐豆野~ (2, 0.1%)

1 という野, といふ

▼ 阿心庵是仏~ (2, 0.1%)

1 がある, が谷中三河屋

▼ 阿応理恵~ (2, 0.1%)

1 は実力, は独身

▼ 阿応理恵按司~ (2, 0.1%)

1 などの神職, を最高

▼ 阿拉伯父~ (2, 0.1%)

2 の経典

▼ 阿拉米~ (2, 0.1%)

1 多街, 多街尽辺

▼ 阿旦葉~ (2, 0.1%)

1 でラッパ, の葉づれにまじり

▼ 阿星さん~ (2, 0.1%)

2 は傘

▼ 阿曾倉監物~ (2, 0.1%)

1 はまことに, 立ちあがって

▼ 阿梨耶~ (2, 0.1%)

1 と謂, なるに

▼ 阿梨耶識~ (2, 0.1%)

1 という分ち手, と申す

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 の如き, 精藁

▼ 阿殿~ (2, 0.1%)

1 なりし, の仇

▼ 阿母さんあなた~ (2, 0.1%)

1 に歌, は大変

▼ 阿母さんとこ~ (2, 0.1%)

1 へ寄っ, へ行く

▼ 阿母さんわし~ (2, 0.1%)

1 は仲買人, は裁判所長

▼ 阿母さん何かしら手~ (2, 0.1%)

2 に持つた

▼ 阿母アはん今夜泊つて行き~ (2, 0.1%)

2 なはると

▼ 阿母一人~ (2, 0.1%)

1 かかえて, で昔物語

▼ 阿母系統~ (2, 0.1%)

1 か, かな

▼ 阿比良比~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣に

▼ 阿毘古等~ (2, 0.1%)

1 が祖, の祖先

▼ 阿毘達磨~ (2, 0.1%)

1 大毘婆沙論, 大毘婆沙論一八一

▼ 阿父さんあなた~ (2, 0.1%)

1 のお蔭, もあなた

▼ 阿父樣~ (2, 0.1%)

1 お歸, が然

▼ 阿禮比~ (2, 0.1%)

2 賣の

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 の努力, 羽前

▼ 阿紀野~ (2, 0.1%)

1 へ出る, へ遊猟

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 ヲ呼ビ, 阿家

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 のお話, もよほど

▼ 阿芙蓉~ (2, 0.1%)

1 の産地, の萎え

▼ 阿菩大神~ (2, 0.1%)

1 がそれ, になる

▼ 阿蘭人~ (2, 0.1%)

1 の伝, も心安く

▼ 阿蘭船~ (2, 0.1%)

1 なる黒奴, も長崎

▼ 阿説示~ (2, 0.1%)

1 から思いがけなく, というお

▼ 阿讃山脈~ (2, 0.1%)

1 の根, へでも入ろうもの

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 の王, の王三柱

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 と申す, 申すには

▼ 阿貝知~ (2, 0.1%)

2 の三腹

▼ 阿輸迦王~ (2, 0.1%)

1 の事, の弟

▼ 阿~ (2, 0.1%)

2 須枳高日子命

▼ 阿那迩夜志愛袁登~ (2, 0.1%)

1 古袁, 賣袁

▼ 阿~ (2, 0.1%)

1 とある, の与党

▼ 阿閉貞明~ (2, 0.1%)

1 の陣地, の隊

▼ 阿關さん面目~ (2, 0.1%)

2 も無い

▼ 阿頼耶識~ (2, 0.1%)

1 も理解, を檢めよう

▼ 阿~ (2, 0.1%)

2 の野

▼ 阿騎野~ (2, 0.1%)

1 にも映っ, にやどった

▼ 阿魔ッ子~ (2, 0.1%)

1 じゃァねえ, を生かし

▼ 阿鶴さん~ (2, 0.1%)

1 と連呼, 阿鶴さん

▼ 阿麻比~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣に

▼1* [408件]

いねというの, 阿から寄港した, 阿じゃ着物を, 阿つて曲文を弄する, 阿といふ望氣の, 阿との角を, 阿にとって全くの, 阿向け曲阿方面, 阿南阿, 阿が阿, 阿万村の大, 阿上人がいた, 阿之比奇能夜麻古要, 阿亀さんがわらっ, 阿二羅サマという新興宗教, 阿五将だ, 阿介比とあり, 阿仙建碑の事, 阿仙春信の錦絵, 阿仙泣すな, 阿仙薬園に働く, 阿伊智とあり, 阿会喃董荼奴の輩, 阿伽桶で涎, 阿伽陀薬というの, 阿佛尼の旅行, 阿備そこへ気, 阿入道武時以下の一族, 阿入道菊池武時の首, 阿を打つ, 阿の宮殿, 阿刀某と云, 阿刀田第二高等學校長, 阿利襪樹の根, 阿利那礼河の返り, 阿刺吉か又, 阿刺比亜にも之あり, 阿剌吉のみ魂, 阿剌比亜夜話の魔法, 阿之佐也加爾在, 阿加流姫の神, 阿加流媛という神さま, 阿加流比売と申す, 阿は行かず, 阿勒騰塔格の大, 阿勢さんに, 阿十二カ国に満ちみち, 阿南阿仏陀南阿陀, 阿参堂まで飛ばし, 阿阿, 阿吉牛堡に駐, 阿含小乗律などがそれ, 阿含等初期の経典, 阿含経典の最も, 阿含華厳の哲学, 阿和尚辨阿上人崇徹礎念證阿向阿, 阿が走る, 阿哥さんが無造作, 阿哥溥儁を立てん, 阿といらえ, 阿が病気, 阿園内の花, 阿堵中の味, 阿夏品を誦しはじめた, 阿多古の神山, 阿夜子介抱して, 阿太村がある, 阿夫利の山, 阿夫利山大権現大天狗小天狗, 阿夫利神社神璽の印, 阿奥沼と云う, 阿女お前のほう, 阿女なにをする, 阿女めあんな所, 阿女らみて, 阿奴駄致等四竜王地中を守護, 阿如来と両手, 阿妙浄善大姉三回忌仏事献立控の廿四日十二人前, 阿姥明神社とも云, 阿と一しょ, 阿姪書生など三階総出, 阿の苦情, 阿娜ッぽい声, 阿娜気た気分, 阿娜者だったが, 阿婆これを知ってる, 阿婆ずれ女に郵便局長, 阿婆ハ阿翁, 阿婆何処かで急須, 阿婆羅気や島, 阿婆良也と訓, 阿婆良気島に果し, 阿のほんもと, 阿嬌所属ノ一隊, 阿学徒の心, 阿學徒の心, 阿とはなれない, 阿活けて, 阿と名乗っ, 阿尊道といふ僧, 阿小島三郎左衛門等は納屋衆, 阿屋まりて右玉室, 阿の二士, 阿岸主計が利家, 阿巌どのに対してはなんとも, 阿巌坊の大, 阿巌無駄じゃよ, 阿州家ヨリ御差止メ有, 阿州普化宗院派僧の印可, 阿州美馬順三江戸湊長安遠州戸塚靜海, 阿州麻殖郡にも同, 阿度女は海人, 阿度部の磯良, 阿弗利加ダアバンの港, 阿弗利加人やホツテントツト人, 阿弗利加内地や原始的, 阿弗利加大陸の探検, 阿の智, 阿房を, 阿念御身一本春日殿と手合せ, 阿性房等の人々, 阿應理惠按司の勾玉, 阿成人の後, 阿戦争は持久戦争, 阿摩和利劇を見, 阿摩美久を始祖, 阿摩美久みずからが儀来河内, 阿摩美久天上へ昇り五穀, 阿支良介之, 阿斗二夫人を始め, 阿斗公子です, 阿日坊隆寂などは犬射, 阿といふ浪人者, 阿星半七郎といふ大, 阿曇のはたま, 阿曇比羅夫時代に既に, 阿の小人, 阿曼亞丁等の諸, 阿ノ宮, 阿曾倉監物二三人の下役, 阿曾倉監物手をあげ, 阿曾名越大仏佐介金沢塩田などの諸, 阿曾大仏長崎佐介など北条遺臣中, 阿曾布だの, 阿曾弾正少弼, 阿曾弾正二階堂道蘊などもうすうす, 阿曾弾正大仏貞直淡河右京亮二階堂道蘊ほか十二大将が一つ陣幕, 阿曾金沢大仏淡河二階堂道蘊などはみな北条歴々, 阿曾長崎らの諸, 阿曾長崎大仏二階堂の諸, 阿利神社に, 阿の水, 阿枷桶をさしおく, 阿宜我者, 阿の如く, 阿檀葉の草履, 阿此留信が遊び, 阿母さあんお客様, 阿母さんあれは何だい, 阿母さんあんたは医者, 阿母さんお金を下さい, 阿母さんこればかりは堪忍, 阿母さんそりや阿, 阿母さんたちはどうせ, 阿母さんだつて決して, 阿母さんぢやない, 阿母さんどなたかお客様, 阿母さんわたくしのよう, 阿母さんアレなぞと菓子皿, 阿母さんソツクリで在, 阿母さん一つどうです, 阿母さん一つ手を拍, 阿母さん一人の時分, 阿母さん二人なら一生安楽, 阿母さん只今私居ない間, 阿母さん可いわ, 阿母さん始め皆さんへ伝え, 阿母さん宅でいらっしゃいました, 阿母さん安心して, 阿母さん工合わるがってるから, 阿母さん当地の裁判所, 阿母さん恥をかかせやしません, 阿母さん支度はすぐ, 阿母さん明日夕方かそれとも, 阿母さん明日妾芝居へ行つて, 阿母さん昨日校長さんが君, 阿母さん晃兄さんが帰つたの, 阿母さん柿はあゝ, 阿母さん次第さ, 阿母さん欺しちゃ, 阿母さん此様な犬, 阿母さん独りぎりになるわけだねこの頃ぢア, 阿母さん私お茶屋などへ行っ, 阿母さん私ゃ本当のこと, 阿母さん系統なわけ, 阿母さん良さんにお, 阿母さん蚊が居ます, 阿母さん酒を飮むの, 阿母さん門の中, 阿母さん間があんな, 阿母ちゃんがお, 阿母アはお前, 阿母一番鶏が鳴きました, 阿母世間態や人前, 阿母余り心配なさらぬが, 阿母俺の着, 阿母先生が御, 阿母兼さんから消息, 阿母加那志につぐ, 阿母嘉那志である, 阿母志良礼・首里大阿母志良礼, 阿母慈愛館からお, 阿母様狷介なんかも兄貴, 阿母樣狷介なんかも兄貴, 阿母私はこんな, 阿母老健にし, 阿母自身が知つて, 阿母達見たいに意地, 阿字多利思比孤號阿輩, 阿比良媛という方, 阿毘地獄に生まれた, 阿毘遮魯迦法によって忿怒, 阿氏奥島の作った, 阿治佐波毘賣に娶ひ, 阿治志貴高日子根の神は忿, 阿浮呵那是名僧伽婆尸沙也法師曰但取義味, 阿渡白波は動めど, 阿が若し, 阿烈苦奈児と戦っ, 阿父ぁんもうそれ, 阿父さんあれは正, 阿父さんこれ拗り立て, 阿父さんそつくりの顔, 阿父さんだつたら気, 阿父さんのを出し, 阿父さんツて一体, 阿父さん一人でたくさん, 阿父さん何処へ行, 阿父さん僕また龜, 阿父さん同様の商売, 阿父さん圓太郎をそっくりそのまま, 阿父さん始阿母さん, 阿父さん家の身上, 阿父さん彼自身より十歳, 阿父さん後生だから, 阿父さん手をお, 阿父さん斯う云, 阿父さん気に懸けない, 阿父さん治郎氏のこと, 阿父ちゃん御商売, 阿父め確に俺, 阿父め遉に吃驚, 阿父ツさん子だつたから, 阿父様これ誰方なの, 阿父様なんですなん, 阿父様モー少しお待ち, 阿父様不思議と云え, 阿父様何か珍しい, 阿父様先日お話しになつ, 阿父様玉村侯爵のお, 阿父様私は最う, 阿爺これでわしたち, 阿爺さんのは強い, 阿爺さん叡山の総長, 阿爺さん堪忍して, 阿爺さん後生ですから, 阿爺たちはこんな, 阿爺どのはどうやら, 阿爺何でも一本橋, 阿爺儂ァ此縞, 阿爺兄は兄, 阿爺叡山の坊主, 阿爺相応だろう, 阿爺親切にし, 阿牟伽やる圖, 阿がある, 阿の金剛石, 阿阿姪, 阿甥書生等の眼, 阿留加里をもて, 阿百拉の全曲, 阿の渓流, 阿盆江畔満山春詠月吟花且養神又有, 阿眞教及び同じく, 阿真木定観貴志湯浅党などが前後, 阿また吉利, 阿祁尼に奉, 阿禰陀にかぶり, 阿と書い, 阿といいまし, 阿索洛身を現, 阿本優遇, 阿羅世伊止宇眼に萎えた, 阿羅世伊止宇苧環の花, 阿羅岐の蘇, 阿羅憾がある, 阿羅迦槃陀といい, 阿羅魚鰈が見る見る, 阿耆多翅舎欽婆羅という, 阿耨多羅とは無上, 阿耨達池三宿住金剛宝土四年回異書多半出三蔵, 阿耶美の伊理毘賣, 阿育大王とおっしゃる, 阿育石柱刻文の拓本, 阿胡根浦の珠, 阿胡行宮云々とある, 阿能この間てめえが背負いこん, 阿能さんもう品切れ, 阿能たちはあそこ, 阿能十こと阿能十蔵, 阿能十ひとりだけである, 阿能十三平大亀と三つ, 阿能十蔵赤螺三平などの予審ぶり, 阿能大亀三平などは夜, 阿能静かにしろ, 阿能静山は朱子学派, 阿に匂, 阿英さんはなぜ, 阿菊さんの末段, 阿菊物語を世に, 阿の大神, 阿蘭医術兼学致候とも不, 阿蘭達の生活, 阿の浦, 阿覚大師と称す, 阿覩羅よ此, 阿の二書, 阿誰貞節凜として秋霜, 阿謨迦毘盧遮那摩訶菩怛羅摩尼鉢曇摩忸婆羅波羅波利多耶, 阿讃伊の三ヵ国, 阿豆麻といふなり, 阿と言える, 阿の如き, 阿踰闍国王に嫁, 阿身陀樣に背負, 阿輩臺從數百人設儀仗鳴鼓角來迎, 阿輸柯ト名ク大論ニ無憂華樹ト翻ヘス, 阿迦佗樹が感覺, 阿那嗚呼の白物, 阿那律これに答える, 阿那律先に容貌好き, 阿那律失明の談, 阿那律妙法を説き, 阿那律寡婦に語り, 阿那律尊者の伝, 阿那律暮にかの村, 阿那感謝し, 阿那有難や感謝, 阿那爾比彌布利比, 阿邪訶に坐せる, 阿という, 阿里台南の極み, 阿里奇さえ小石一つ, 阿里山蕃人は神話, 阿里道子のえり子, 阿銀さん姉さんッてはッ, 阿銀小銀のあと, 阿閉勢か京極, 阿閉淡路の手勢, 阿閉貞明明智茂朝などの兵力, 阿閉間人臣というの, 阿関こう言ふと父, 阿汲むと, 阿闍世王これを奪わん, 阿闍利さま童子はきっと, 阿闍利暁印が記録略, 阿闍黎の論じた如く, 阿陀仏弥無阿弥陀, 阿陀南弥南無弥仏, 阿附主義でない坊さん, 阿附朋比し遂に, 阿陪川放晴, 阿離溝埋屎戸, 阿難新しく誕生した阿, 阿との二人, 阿霞君は昔, 阿の乙女, 阿香十七八歳印刷工場の女工, 阿香彩童子といふ戒名, 阿駒怎麼にせし, 阿骨打に歸服, 阿魔あいつにこの間, 阿魔すつかり喜んで, 阿魔ちょは番小屋, 阿魔っ子から, 阿魔ひとりのいきさつ, 阿魔めおれの行く, 阿魔め悪戯をさせ, 阿魔アこれエ打てねえ奴, 阿魔ッチョだぞ, 阿魔ッ子風情に目, 阿魔ツ俺をだます, 阿魔ツ唯は置く, 阿魔一言もある, 阿魔以前からあっし, 阿魔何をするだ, 阿魔俺の見つ, 阿魔女めが, 阿魔生意気に人好, 阿魔知事の娘, 阿魔覚悟がある, 阿魯台遁れて, 阿魯国一名唖魯西南の海中, 阿麻別と謂, 阿麻和利は沖縄, 阿麼事を僕, 阿麼手際よい殺害振り, 阿黨射返彼箭歟云