青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「關~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~関係 関係~ ~関心 関心~ 関東~ 閣下~ ~闇 闇~ 闘争~ ~關
關~
~關係 關係~ ~阿 阿~ 附~ ~附い 附い~ ~附け 附け~ 附近~

「關~」 2609, 28ppm, 4157位

▼ 關する~ (823, 31.5%)

13 ものを 12 ことは 11 ことが 8 ことを, もので, 一切の 7 ものは, 種々の, 記事は 6 ことで, 意見を, 智識を 5 ことである, ものである, 事を, 知識を, 議論は 4 ことであります, 事は, 條文を, 研究は, 考は, 記事を, 講演を

3 [18件] もののみを, 事實が, 二つの, 古碑, 問題は, 問題を, 彼の, 支那人の, 本が, 知識は, 研究の, 私の, 興味が, 著作多し, 著述を, 論文を, 諸現象, 講演の

2 [50件] こと, ことであり, ことに, ものが, ものと, ダンテの, テーゼ, フランス批評に, 一記憶, 事である, 事情の, 傳説が, 博物館の, 品物を, 多くの, 左の, 徹底した, 我邦最, 批評を, 文學を, 文献が, 文獻を, 方面の, 智識は, 智識も, 書籍を, 極めて重大, 注意を, 理想は, 疑惑を, 眞相を, 知識である, 知識の, 秩序において, 考へ, 考察の, 色々の, 著書が, 著書も, 記事が, 記事の, 記載は, 評論を, 論文は, 諸論文, 議論も, 議論を, 豫言の, 部分及び, 體系的知識によって

1 [517件 抜粋] あなたの, あらゆる智慧, あらゆる條件, あらゆる疑問, いろいろの, いろんな説明, お話を, かぎりその, かぎりヘマは, かぎり誰も, からと云つてほうつて, かれ, か關, が彼, ことあらん, ことだけでも, ことだけに, ことだけは, ことでで, ことなど, ことなども, ことなどを, ことなら, ことなれ, ことによ, ことまで, ことやら, こと即ち, こと及び, こと極めて, これらの, さまざまな, ところだらう, ところでない, ところなら, とばかり手段, と思つた, と言つて, など思つて, にした, のんきな, ほんの漠然たる感想, もの, ものたる, ものであり, ものの, ものばかり, ものも, もの也, もの五枚の, やうな, やや詳細, や頗る, わが國最近, アヅマ川も, アリストテレスの, エッセイの, カイン物語, クニッツァの, コムプトン, パーヴェル・パーヴロヴィチの, プラトンの, プログラムに, ベール, ボオドレエルの, ロゴスの, 一つの, 一件は, 一文を, 一材料たるのみ, 一番昔し, 一般の, 一般的の, 一説として, 三つの, 三聯は, 上諭である, 上諭を, 不平を, 丹念な, 九州説よりも, 事, 事が, 事だつた, 事など, 事の, 事實の, 事實のみ, 事實や, 事實を, 事實調査の, 事柄にを, 事柄を, 事權利に, 事舟楫及び, 事蹟なり, 事蹟を, 事項の, 二三の, 交渉を, 今少しく, 他の, 他は, 件が, 住民たちの, 値を, 傳來と, 傳來の, 傳説でも, 傳説は, 傳説を, 傳説亦, 元代, 先人の, 先進學者の, 入木抄, 全般の, 全體, 公羊傳の, 凖備をも, 凡ての, 分子なり, 切でも, 判斷としては, 前以, 前後不一致を, 勅語を, 勇の, 北清事件を, 十分の, 協議會を, 印の, 印象記である, 原理である, 原理を, 口碑傳説, 古よりの, 古代法律, 古文書の, 句の, 史料で, 各般の, 君の, 吾, 吾妻鏡の, 呉服屋さんの, 告白を, 命題は, 品物だけを, 哲學上倫理上の, 唯物論の, 唯物論のかの, 唯物論的學説は, 問ひ, 問を, 問答を, 問題が, 問題である, 問題も, 單行の, 器械圖解などを, 囚法第, 國史家の, 國際法に, 圖書は, 地方人の, 報告である, 報告の, 報告論文等を, 場合であります, 場合には, 外に, 多數, 多量に, 大きな類書册府, 大事件, 大問題, 大會, 大統領親翰を, 大體, 大體論, 始末を, 委細の, 委細は, 嫌疑を, 學問, 學問または, 學問を, 學術的研究は, 宇宙論的問題に, 宇宙論的自然哲學的考察に, 定義の, 密約締結せられ, 寛喜二年の, 實在, 實用的の, 實驗結果から, 實驗結果とを, 小論文を, 少許, 州の, 幾多の, 弟と, 彼女の, 彼等の, 從來の, 御勅語, 御趣意, 御達, 微義, 徳目を, 心持を, 必要な, 忌は, 思想から, 思想に, 思想において, 思想の, 思想は, 思想を, 怠慢の, 恐怖を, 恩人故に, 意義ある, 意見としては, 感想の, 感想を, 慣例を, 我々の, 或野心, 所を, 手紙やら, 手紙を, 批評は, 批評よりも, 拓本の, 措置に, 支那にも, 支那語の, 政治といふ, 文學が, 文書が, 文書などを, 文樣として, 文獻は, 新しき解説, 新知識, 新説である, 方法さへも, 方面に, 昔の, 智識と, 智識なりと, 智識はか, 智識慾の, 書を, 書物が, 書物では, 書物を, 書状と, 書類が, 最も古い, 最も基本的, 最初の, 有力な, 本から, 本といふ, 本などを, 本を, 本末を, 本草學的の, 材料が, 某の, 根本の, 根本的自, 條にのみ, 條參照, 條文には, 概念は, 標本が, 機械類を, 權威としては, 次の, 正しい知見, 歴史の, 歴史的判斷に, 氏の, 法則で, 法律, 法律で, 法律の, 洞察を, 淫祠を, 混迷を, 測定で, 漠然たる直, 漢洋の, 無邪氣, 熱心な, 爭は, 爭ひ, 爭論が, 物が, 物語から, 物語二篇, 特別裁判の, 特色あるかれ, 犯罪でも, 犯罪の, 現象よりも, 理論では, 理論なら, 理論も, 理論を, 理論即ち, 用意や, 用意を, 異説は, 異説を, 疑問は, 疑問を, 疑惑の, 登記事項すらも, 盜法第, 目録が, 目録としては, 目録學としては, 相異なつた, 省察は, 知見を, 研究, 研究なり, 研究に, 研究も, 研究や, 研究を, 研究即ち, 研究及び, 研究古鏡に, 研究等は, 祕密の, 神, 神の, 神話が, 祭の, 禁忌の, 禁條は, 私案, 私見を, 科學の, 科學は, 種々芳しから, 立派な, 第二, 簡短なる, 精細な, 系譜類が, 紀行その他の, 紀行類が, 細かな, 絶對的斷案は, 經文呪, 經書も, 經濟組織殊に, 經驗が, 總論である, 總論と, 義時の, 翻譯が, 考が, 考へが, 考へと, 考へは, 考へも, 考へを, 考古學に, 考察は, 考證を, 者が, 者でなく, 肝腎な, 自分の, 至急な, 至言も, 興味は, 舊記, 若干の, 著書や, 著書を, 著者五卷あり, 著者自身の, 著述は, 著述も, 著述や, 蘭書の, 處分を, 被告事件に, 西學凡と, 見地なり, 見聞の, 見解の, 規則であり, 規則と, 言葉こそ, 言辭と, 記事から, 記事といふ, 記事も, 記事初めて, 記事尠から, 記事東京朝日に, 記事等も, 記憶を, 記述が, 記録が, 記録に, 記録も, 記録を, 訴訟だった, 評傳, 評傳を, 評判を, 評論が, 評論は, 評論や, 詩人の, 話だ, 話を, 話題などは, 説が, 説は, 説話が, 説話を, 調査見聞感想を, 談話や, 論である, 論文である, 論文に, 論文も, 論爭は, 論説を, 論辨は, 諸々の, 諸事に, 諸君の, 諸問題, 諸學科, 諸理論, 諸種の, 諸篇, 諸説を, 謎が, 講演が, 警戒を, 議論が, 議論で, 議論の, 變動と, 豫備知識を, 豫言は, 貴重な, 資料ばかりを, 資料を, 賊法第, 質問あり, 質問には, 輕い, 近代の, 返事とが, 返事とともに, 述作としては, 迷信が, 迷信を, 逸事, 逸話の, 逸話は, 運命に, 道佛二教の, 部分それに, 部分で, 部分である, 部分は, 郵便物に, 野史が, 量子論の, 金錢もしくは, 長崎耶蘇會出版の, 限りあなたは, 限りに, 限りは, 限りルリの, 限り個々の, 限り幕府は, 限り恐る, 限り敢て, 限り見過し, 陳辯の, 隨筆が, 非難を, 點に

▼ 關~ (334, 12.8%)

10 ては 4 ては何等, て何等, て居る 3 て, てゐる

2 [18件] てかれ, てさ, てその, てはセメド, ては本書, ては私, てひと, ても同じ, て主, て云, て新しい, て星氏, て注意, て深い, て漱石, て私, て第, 次の

1 [270件] そのモデル, つつ他, てあつた, ている, てかく, てごく, てしばしば, てすでに, てそれら, てである, てのみ, てのみなさるる, てのみならず, ての傳説, ての必要, ての意見, てはこの, てはその, てはそれ, てはそんな, てはた, てはただ, てはとくに, てはとつさ, てはわたし, てはアヴレ, てはシャヴァンヌ, ては一, ては一四節以下參看, ては一昨日, ては下方, ては世界的, ては九州, ては予, ては人間的, ては余將, ては八節以下參看, ては公, ては其倫理, ては再び, ては初, ては南宋, ては口碑, ては古代, ては史上傳, ては史家, ては各々, ては吾妻鏡, ては和田氏, ては唐書藝文志, ては國民, ては墨家, ては多大, ては大, ては大略的, ては家々, ては少し, ては尚更, ては已に, ては常に, ては幾ら, ては彼ら, ては後, ては從來何等權威, ては從來史家, ては懷徳堂, ては我, ては拙稿, ては拙著, ては指導, ては敍述, ては文明, ては方以智, ては日本人, ては日本人中, ては時として, ては景行紀, ては曲りなり, ては未だ, ては本書八節, ては東ドイツ, ては東西おの, ては毫も, ては確實, ては神, ては義時, ては見解區, ては證據, ては赦し, ては農商百工, ては通常行, ては適用, ては長慶天皇, ては閣下初め, ては隨分, ては頗る, ては頼長, ては餘, ては驚くべく, てばかりでなく, てます, ても, てもそれ, てもない, てもプラトン, ても世間, ても其の, ても同, ても吾, ても吾妻鏡, ても富永, ても寡聞, ても建長三年十二月廿二日, ても彼, ても技術, ても支那人, ても理解, ても眞理, ても知識, ても等しく, ても藝術, ても輕, ても造詣, てわが, てゐるであらう, てゴッス氏, てスワデシ, てダンテ, てメール社長, てロセッティ, て一寸, て一層, て世俗, て二つ, て云つて, て今, て何, て使者, て偶然, て全く, て全然, て出, て十二分の注意, て又, て取扱, て古, て古今, て可, て吉田, て商, て地方長官, て坪谷水哉君, て多く, て失脚, て妥當, て學者, て容易, て尤も, て己, て廣汎, て彼, て往々, て得意滿面, て徳川時代, て必要, て思索, て思辨, て意見, て成すべき, て成立, て或, て或は, て折衝, て持つ, て支那在住, て文部當局, て既に, て日記, て更に, て最も, て最大, て月令, て有する, て有名, て極めて, て概括的, て歴史上種々, て歴史教育, て歴史的, て歸納法, て死, て氣, て泣ける, て活動, て深切, て清朝, て漢代, て無知, て熟考, て爭, て用, て眞, て研究, て神, て禹貢, て精しい, て絶對的, て纖芥, て義盛, て義雄, て考へた, て考へなかつた, て考へる, て與, て行, て見はれ, て覺悟, て言, て註, て誰一人陰口, て論理的, て論議, て論述, て議論, て起した, て近, て近頃, て述べ, て述べた, て述べた如く, て金錢, て間違, て餘程智識, また地, ファリナータ, プロレタリヤの, ヴィテルポに, 一千六百八十年に, 一説には, 世上往々, 乃至それ, 以上述へ, 何らの, 儒者, 兩親の, 内外學者の, 同人萬里君の, 多くの, 如何樣な, 師の, 常務豐田喜一郎氏は, 干支閏月等の, 復讐を, 掲載したる, 日本在, 歐米新聞の, 淨一二・一〇三, 生年月日は, 直接の, 考察を, 著述若しくは, 註釋者曰ダンテは, 詔し, 越中國皇祖皇太, 辯護士は, 遠藤道會議員は, 重大な, 院長は, 頗る兒戲, 類書その他古の

▼ 關~ (278, 10.7%)

6 がらす, 方へ 3 山で, 戸を, 障子を

2 [22件] 上に, 事なれ, 側の, 前に, 問へば, 家の, 小部屋, 山だ, 山親子三人口おも, 方が, 格子の, 次の間の, 濱路の, 濱路は, 眼の, 美しさ, 許婚の, 説明を, 間で, 障子が, 響の, 顏を

1 [213件] あなたも, あらゆる可, あれば, うちに, おり口まで, がらす唐戸, くぐり戸, ところで, ところに, ところへ, とざしは, ないバンヂャル, なかで, ほの暗い軒燈, やうな, タタキに, ドアは, 一つで, 一つ一つに, 一人息子で, 一端に, 三和土の, 三疊に, 三疊の, 上の, 上り口が, 上り口に, 下に, 不十分な, 中で, 事を, 二疊には, 人氣の, 人間くらゐ, 仕事を, 住民が, 作用を, 作用大に, 倉掃除夫港灣の, 側に, 先は, 具備し, 兼元の, 出口や, 分は, 初七日, 制約である, 前の, 前へ, 前煌々の, 動きなどに, 卯, 古といふ, 味噌汁の, 呼鈴を, 唯一の, 困惑する, 團體客百二十人が, 土間に, 址と, 址に, 壞敗とを, 大に, 大編制, 如く世に, 姿を, 嫁入りを, 字を, 宏大さに, 客體面に, 家に, 家へ, 容體が, 容體を, 寢て, 實質即ち, 小萬, 居る部屋, 山それも, 山だつた, 山でした, 山な, 山の, 峻拒に, 幽靈, 底光りの, 廊下から, 廣い, 廣間には, 建て付け, 張札を, 強化と, 強部, 役人も, 態度の, 憚りも, 成績といふ, 戸が, 戸の, 戸は, 所で, 所に, 扉から, 扉を, 手か, 折釘には, 振は, 摺りがらす入りの, 擴張は, 改造を, 敷臺へ, 方で, 方に, 方は, 方も, 方角に, 明るい姿, 春祭りは, 朝飯が, 杉山いづれ, 東に, 板敷に, 板敷にど, 格子に, 格子戸の, 格子戸を, 桁や, 椀にも, 構へだの, 横には, 檢査證や, 欄間に, 次ぎに, 次の, 次の間へ, 次第に, 死んだ後, 死體の, 死體を, 沓脱, 沓脱の, 活動を, 活溌なる, 混亂に, 淺ましい, 港に, 港にて, 港の, 港を, 濱路と, 煩ひ, 状差しには, 町長小西君と, 發達によ, 發達の, 發達は, 直ぐ右, 石炭焚き, 砲撃を, 破裂する, 突當り, 突破は, 立て寄せた, 糸を, 紀念たるを, 紊亂を, 紫も, 細工だ, 緊密化は, 考察だけで, 聲でした, 胸の, 脇に, 脇には, 脇の, 膝の, 苦勞も, 行方は, 表情も, 袖を, 襖が, 襟髮を, 親の, 親父の, 言ふ, 言葉は, 許婚で, 話は, 調べ二度手形の, 豐富な, 跡舊りし, 路守に, 身の上を, 軒へ, 遊歴を, 運用に, 運用を, 運行に, 運轉が, 部屋に, 門を, 開いてた障子, 間から, 間に, 間を, 階段は, 障子と, 雲睡ぶるべく, 音を, 音市民諸君うるさし, 響が, 響ハッタと, 驛で

▼ 關~ (162, 6.2%)

6 離れて 2 入ると, 出た, 出たが, 出でん, 如何に, 有するもの, 開けて

1 [142件] あがると, いま少し, おびき出し目黒, さらひ, して, そこそこに, その基礎, たちどころに廢止, たど, たどること, なし其理, なすもの, はいると, よこせと, 一人置い, 一緒に, 上つて行きます, 上ると, 上るなり, 介抱し, 保つが, 保つこと, 保つの, 保つは, 偏頗無く, 側に, 克服し, 入りて, 凌ぎ疑惑, 凡て閉ぢまるで, 出かけて, 出たと, 出たの, 出た智惠子, 出て, 出で, 出でて, 出ようと, 出ると, 分析する, 切拔け, 利用し, 利用する, 刷新する, 前に, 前提する, 助けるつもり, 動かすには, 危ふくし, 取つたと, 取付け長押, 可能ならしめる, 含んで, 呼び出したところ, 固めて, 國家の, 垂水村に, 基點として, 奪ひ返す, 嫁にと, 完全に, 張りながら, 從つて生産關係を, 必要の, 急速に, 怨んで, 手籠同, 打切つて自由獨立なる, 打建てる, 持たない娘達, 持ち横手, 持つた圓, 振りもぎる樣, 据ゑず父上なく, 据ゑたのは銅八の, 据ゑて富樫左衞門尉見たい, 据ゑられしが爲めのみに, 据ゑりや辨慶が, 掛けて, 換へる, 握つて, 擁する時, 支配する, 改造する, 斷ち, 斷ち切る, 明確なる, 有して, 有し從つて死者, 構へて, 殺さうと, 殺しかけた晩, 毎日出, 永田町の, 求めつつ, 決定する, 洞見する, 濱路として, 無斷, 燒き殺さう, 現は, 生じた, 疑ふ者, 發見しない, 眺めて, 示すもの, 突いて, 突破し得る, 立てるの, 結びつける, 絶えず進歩, 縛つてつまらない, 考へる, 荒廢し, 見ただけ, 見ただけでも, 見ること, 見ると, 見るやう, 見染めた, 覗いて, 解明し, 設けること, 設定する, 許して, 註文した, 認識によ, 誘ひ出しました, 説いたもの, 説くこと, 越え關東, 越す, 踰え, 踰える, 蹴飛ばすやう, 辭したる, 透過した, 通ると, 通過する, 過ぎようとして, 過大に, 離脱する

▼ 關~ (146, 5.6%)

10 出て 5 立つて 4 於て 3 對し 2 おろしければ, 向つて左, 無體, 立つたの

1 [116件] あつた, あるが, あること, いそぐを, かかるあたり, ころがしてあつ, さる名高き, して, せかせかあ, その差押, つツ, どこか, なげ出したなりど, なつて, ふうの, へた張つた勇吉, まは, むかひて, よりて, わかる道理, 上つて居つた, 上る時, 人が, 人の, 來る, 俥が, 入りながら, 入ると, 入れて, 公表する, 出た時, 出で, 出でしめそれ, 出ると, 出逢, 別れて, 刻めりといふ, 匹敵し得る, 取つて, 取次に, 同樣孝道網, 名刺を, 呼出すから, 夢中な, 寄つた, 就て, 居たが, 居た時, 差し掛る, 廣い, 待つて, 怪我は, 惚れて, 戻るか, 据ゑられる美し, 据ゑる細工に, 掛つてを, 斷絶を, 机を, 案内を, 横づけ, 樹て, 此鳴物が, 歸つた, 物を, 現はれた, 百合の, 眼を, 立たせて, 立ちはだかるの, 立ち得るの, 立つた, 立つたま, 立つであらう, 立つを, 立つ人, 立つ者, 立てた立派, 立は, 立脚する, 置かれた時春三郎, 脱がれて, 至る, 至るに, 舁ぎ据えた, 行つて一つ大, 袖を, 見えた, 見えなかつた, 見えわたし, 見られて, 解いて, 言はせる, 誰も, 變じた, 賦し, 赤い紙, 踞つて, 轉げました, 近いこ, 近い三疊, 送り出した圭一郎, 送り出しながら, 逆上て, 連互し, 運んだ, 達した犯人, 達する, 適用した, 避けたといふ, 隣つたおもて, 隣つた職員室の, 面會御猶, 響いた, 頑張つて, 高き婢女

▼ 關~ (132, 5.1%)

3 さすがに

2 [15件] これまでの, さう, たうとう, つてゐる, ない, なくな, りて, 何を, 小褄少し, 振かへ, 斯う, 泊つて行つて宜, 立派な, 胸を, 頭の

1 [99件] ありませんが, うなづきます, お由良, しんと, すつかり, そこでも, その中, その時, それを, それ自らによ, つた金だ, つねにただ, どうなるでせう, どんなである, ないから, ないと, ないの, ますます緊密, まだ戻りません, もう觀念しきつた姿, る學問, ヘーゲルでは, 一切の, 三つあつ, 上より, 中心の, 主としてこの, 二十一搗き, 二十五の, 五左衞門の, 今の, 今度は, 佐久間町の, 何かと考へれ, 何んと, 助かつて, 北向で, 十四日の, 古肖, 同じこと, 吾, 因果的より, 國際聯合の, 嬉しいね, 存續する, 張物板で, 後から, 從つて客觀的自然は, 心の, 必死と, 思はず勘兵衞, 悲しさ, 成立つの, 我々の, 手當も, 持前の, 斑らな, 既に封建社會, 暫らく氣拔けの, 本當, 柳河より, 案外素直, 棟梁乙松の, 正直者で, 武家出の, 死んでも, 死骸を, 洗濯物と, 消えて, 消えも, 漸く氣, 濡れた肩, 煙に, 申してを, 白状し, 眞つ, 秘密なる, 米屋の, 紙入れより, 結局絶えず, 美しい顏, 胸が, 膳越しに, 自分を, 舊に, 茶の間への, 血染の, 行燈を, 設置され, 運轉し, 重々しく閉ざした, 錆びて, 長安の, 開け放されて, 間違ひもなく, 陸奧に, 集中され, 雪五郎との, 顫へ

▼ 關~ (67, 2.6%)

2 一と, 十七の, 原の, 貰ひ, 騷ぎ出した

1 [57件] おろ, どうかした, なくては, なほ殘留する, まだ整備, まだ驚き, 伊豫の, 伜の, 何程關脇が, 來て, 六疊の, 具つてゐない, 出て, 出來, 原陣で, 去年の, 同じ町内, 含まれる故, 姿を, 存する, 存在する, 寢て, 實在, 川へ, 幾重にもあつ, 店へ, 形作られること, 徹底的に, 忽ち又, 成立する, 手討に, 最もよく備, 未だ分化, 横た, 死んだの, 殆ど全く藩閥, 生と, 畢竟辯證法, 發達し, 目に, 眞理として, 終極及び, 維持される, 自分の, 自然に, 臭いなと, 襲はれた, 言ひます, 言ふんだ, 貧乏徳利の, 里子の, 開いて, 開け放しに, 除き得ぬ限り, 預かる能, 頗る荒廢, 騷ぐほどの變つた

▼ 關~ (43, 1.6%)

4 お吉 3 言ふ 2 一緒に

1 [34件] あつて, お勝手を, お玉が, お玉にからか, お玉は, した, である, なすこと, なりやがて, なり演戲場, なる, なること, 二人一緒に, 云つて嚴しく, 伊之助は, 來た, 勘兵衞を, 口を, 同一性とを, 向ふ, 對照とを, 幾松の, 幾松は, 息子番附の, 田舍風な, 申します, 自稱, 見たの, 言はれ, 言ひました, 言ひ交した, 言ふ化石の, 註す, 連絡を

▼ 關した~ (40, 1.5%)

3 ことで, もので 2 ことは, ものが, ものであります, 事で, 事を, 記事が

1 [22件] ことが, こととばかり, すべての, ものでありまし, ものである, ものは, ものを, ゴシップを, 事で御座います, 事實を, 傳承, 學問に, 材料は, 標本圖だらう, 流聞そ, 物だけを, 物忌みが, 種々の, 記事を, 話は, 調査が, 議論は

▼ 關~ (33, 1.3%)

3 出て 2 來た

1 [28件] ほうり込んで, んまで, 上る, 乘り付けた, 入つたの, 入つて來, 入るなり, 出た, 出るか, 出ると, 向つた, 差しか, 廻つて貰ふんだ, 急いだので, 投り込む, 拔け, 掛ると, 現は, 瓢箪を, 着くと, 立ち寄つて, 行くと, 行くまで, 逃げた, 通りや, 通拔けられる, 酒に, 飛び出すやう

▼ 關~ (32, 1.2%)

5 あつた 2 靴を

1 [25件] おいで, おとづれる聲が, ニキタに, 人の, 仁義を, 國民の, 大きい聲, 差押へ, 感じた空氣, 授業よりも, 掛け合, 柔術劍術一と, 毛皮の, 泳がされて, 燒芋だつた, 父子の, 睨み合ふ, 睨み競べを, 私たち友達が, 私の, 美しと, 芥川夫人に, 薙刀を, 起つた, 魚の

▼ 關から~ (31, 1.2%)

4 出て

1 [27件] お歸, して, 上つて行く, 上ると, 入つて來, 入らなくちや恰好, 入れ, 出た, 四十八間とか, 外を, 大方二日路の, 廊下を, 案内する, 無遠慮に, 産れる, 疊を, 病室へ, 直ぐ書齋の, 細長い廂風, 續き, 聲を, 臺所まで, 裏へ, 西へ, 追ひ返され, 通すん, 飛び出し匐

▼ 關さん~ (21, 0.8%)

2 が可哀想, の方

1 [17件] か, が, がこちら, がゐ, が見えない, この男, といふお, にちよい, には馬道, の鏡臺, はこ, はひどく, はまだ, は今年三十五, は又, は弱, は萎れ返

▼ 關まで~ (20, 0.8%)

2 出て

1 [18件] お伴を, ついて行くの, 來た, 來る, 取つたといふ, 取つたといふだけに, 殺されました, 筒拔け, 聞えるので, 船で, 行く途中, 行つた, 見送つた, 見送つて行, 送つて來, 通帳を, 運べないよ, 飛び出して

▼ 關において~ (17, 0.7%)

3 又それ

1 [14件] 外界の, 成立つと, 把握する, 歴史は, 永遠性の, 活動が, 眞に, 立たねば, 立ちそれ, 立つ, 自己を, 見られる時, 觀られる, 述べられたから

▼ 關~ (17, 0.7%)

2 ず之

1 [15件] うと, ずこの, ず人間離れ, ず強, ず彼自身, ず恥かし乍ら自白, ず此, ず此一行, ず江湖, ず猶, ず碁, ず私, ず自己, ず魏志, ないさ

▼ 關ヶ原~ (17, 0.7%)

4 の役 2 の一戰

1 [11件] から逃げ散, といふ言葉, と思ふ, の功, の戰, の戰塵, へ出た, までの十七年間, をやつ, を契機, を通り過ぎ

▼ 關~ (16, 0.6%)

2 はじめて胸

1 [14件] たうとう, なくその, もる人, 來ました, 可哀想ぢや, 君に, 唐都長安から, 家の, 少しづつ, 居間も, 廣く, 強ひ, 明白なる, 縁側へ

▼ 關~ (16, 0.6%)

5 合ひ 2 の無い, もない 1 がなく, しを包み, なきこと, のない, もありません, もなく, 合ひなんかには

▼ 關八州~ (16, 0.6%)

1 [16件] であつ, と同じ, の中, の土地, の山々, の山野, の者, の荒地開墾御用係, の野, の開墾, は人間, は寸眸, は日, を見わたし, を開墾, 古戰録

▼ 關はる~ (15, 0.6%)

4 ことだ

1 [11件] から斷つて, ことで, ところの, ものでない, やうな, をみ, 事だけに, 事で, 事なれ, 危機一髮の, 危險に

▼ 關はり~ (13, 0.5%)

3 のない 2 なくそれ 1 そして單, なき問題, のあり, のある, もない, も御座いません, 分析的である, 從つて何等か

▼ 關として~ (11, 0.4%)

1 [11件] のみ生が, 主體, 働くこと, 山房論文を, 成立たねば, 成立つが, 成立つ限り文化的生, 歸化人の, 表現される, 頗る有効, 馳驅し

▼ 關には~ (11, 0.4%)

1 [11件] いつた, どの家, まだ妻, 人氣が, 召使たちが, 大きい鈴, 洋燈の, 澁い, 腰掛けたの, 薄暗い灯, 非ず

▼ 關東大地震~ (11, 0.4%)

5 に於 1 によつて腰, に際し熱海, の際, は主要震動, は非, 或は安政元年十一月四日

▼ 關せざる~ (10, 0.4%)

2 ことを 1 ことの, は勿論, は彼, もの, もの多し, も猶, 事は, 者を

▼ 關~ (10, 0.4%)

2 安達の, 關やと 1 しないぢ, 破風や, 秩序は, 秩序を, 運輸の, 電氣や

▼ 關~ (8, 0.3%)

21 が版元, つたのか, つたのさ, つた勇太郎だ, つた相です, と教

▼ 關せず~ (7, 0.3%)

1 優游自適其の, 史料利用の, 彼の, 漢人は, 碁の, 社會機構とも, 議會の

▼ 關心事~ (7, 0.3%)

1 である死, である永遠性, として民族, とする, となつ, に屬, の一つ

▼ 關といふ~ (6, 0.2%)

2 のは 1 ところは, のが, ものが, 説も

▼ 關はらず~ (6, 0.2%)

1 いつか毛唐となど, 乘客の, 強ひ, 葛洪の, 虚榮の, 通俗の

▼ 關たる~ (5, 0.2%)

1 に過ぎざる, 事を, 東京新聞主筆として, 淺間山, 自然

▼ 關はず~ (5, 0.2%)

1 こんな調子, に入らう, に出かける, に吸いこむ, に田植

▼ 關そのもの~ (4, 0.2%)

1 が根源的, は主, は客體的存在, も聯關

▼ 關にな~ (4, 0.2%)

1 つた文字花や, つてゐ, つて外見を, つて見

▼ 關にも~ (4, 0.2%)

1 今は, 夥しい人間, 裏口にも, 通し兼ねるので

▼ 關意味聯關~ (4, 0.2%)

2 を離れ 1 が實, において成立つ

▼ 關母子~ (4, 0.2%)

1 でございませう, に逢, のところ, は砂糖酒

▼ 關あり~ (3, 0.1%)

1 おん身仲裁の, 一は, 地を

▼ 關からも~ (3, 0.1%)

1 縁側の, 裏庭からも, 雨戸からも

▼ 關さき~ (3, 0.1%)

1 で斷, へ出た, まで行

▼ 關させ~ (3, 0.1%)

1 つつ先づ時, て來, て説明

▼ 關とを~ (3, 0.1%)

2 與へる 1 理解する

▼ 關によ~ (3, 0.1%)

1 つてのみ, つて搬ばれた, つて規則附けられ

▼ 關より~ (3, 0.1%)

1 して, 救ふも, 絹足袋を

▼ 關~ (3, 0.1%)

1 ことぢや, ことを, 大事時頼不肖ながら

▼ 關わき~ (3, 0.1%)

2 の二疊 1 の茶の間

▼ 關~ (3, 0.1%)

1 原低地, 原前後, 原合戰

▼ 關新聞~ (3, 0.1%)

1 が出る, で猛烈, を起し

▼ 關~ (2, 0.1%)

2 何だ

▼ 關からは~ (2, 0.1%)

1 いつて, 上られませんよ

▼ 關こう~ (2, 0.1%)

2 言ふと

▼ 關さうで~ (2, 0.1%)

2 は無い

▼ 關さん面目~ (2, 0.1%)

2 も無い

▼ 關~ (2, 0.1%)

1 と見れ, と雖

▼ 關~ (2, 0.1%)

1 ば, むや

▼ 關せぬ~ (2, 0.1%)

1 かは別, 部分の

▼ 關その~ (2, 0.1%)

1 歸趨その, 顏を

▼ 關だけで~ (2, 0.1%)

1 挨拶を, 滿足し

▼ 關では~ (2, 0.1%)

2 なからう

▼ 關とは~ (2, 0.1%)

1 之を, 禪寺の

▼ 關なし~ (2, 0.1%)

1 には叶, に晦迷

▼ 關における~ (2, 0.1%)

1 他者性として, 自己實現であり

▼ 關にでも~ (2, 0.1%)

1 まはさ, 据ゑられたといふのか

▼ 關はわ~ (2, 0.1%)

2 つと泣い

▼ 關への~ (2, 0.1%)

1 戸と, 戸は

▼ 關までを~ (2, 0.1%)

2 入れて

▼ 關やと~ (2, 0.1%)

2 下へも

▼ 關よりも~ (2, 0.1%)

1 呼出し奴, 窓よりも

▼ 關を通じて~ (2, 0.1%)

1 自己を, 間接に

▼ 關ヶ原以後~ (2, 0.1%)

1 に於い, の彼

▼ 關~ (2, 0.1%)

1 なもの, な關係

▼ 關鐵之助~ (2, 0.1%)

1 が撃つ, や大

▼1* [122件]

あたりまで行つた, 關着, 關吉とともに, 關かること少けれ, 關かる如きもので, 關くらゐ私, 關くらいのところに, 關これは恐怖, 關これらの意味, 關しないで居た, 關しましては多く, 關すべての發展, 關する如き字句を, 關する捕法第, 關する有らゆる本を, 關する疑團も, 關する疑ひ諸聖父, 關すればなり, 關せし一團なり, 關せしめられることによ, 關せす趣向の, 關せずして彼, 關せる部分は, 關その他の手續, 關だけは通り越して, 關だつたことは, 關ちやくれない, 關つた事ではあるまい, 關つた六ヶ敷問題は差し當つて念頭, 關つた話は元, 關つてやらうと, 關であって, 關であるから一般, 關での荷積みその, 關とか言ふ, 關とかいふ實際の, 關としてのみ顯は, 關との連絡船に, 關とも言ふ, 關なき凡ての, 關なくして, 關などと密接を, 關などにも當時としては, 關などの海島にて, 關などはどんなに可愛, 關などを殺すもの, 關なるものが, 關にて候, 關にとほつた廊下, 關はず一應江島屋の裏手, 關はず富を爲す, 關はず春から秋, 關はず男さへ見れ, 關はへだつとも, 關はらぬが大勇, 關はること愚, 關はるのに反し, 關はんものですから, 關ひませんから一杯, 關事は, 關へと導かれるであらう, 關へは女房の, 關へも現れた, 關ほど經界として, 關までは他に, 關もうよからう, 關らずして汎, 關らむ社殿は極, 關り兼ねない恐ろしい目, 關る疑が濃厚, 關を以て利益交換の, 關スルトハ自ラ別ナリ, 關スル事ハ君ノ不, 關スル研究ノ結果ハ廣ク人類學, 關スル著述頗ル多シ千九百四年東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生, 關セズト言フニハ非レドモ, 關セズ只機會ニ投ジ自然ニ發動スル者ナル所ニ才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, 關ちふ相撲知つて, 關ハ日本内地ノ改造ニ經驗, 關ヘーゲルの場合, 關以テシテ土着人ニ當ラシメザル所以ハ主權本來, 關ヲシテ土地資本財産ノ調査徴集ニ當ラシム, 關ヲスラ私人ノ私有タラシメテ, 關ヶ原役前の時人, 關一人を節, 關三郎氏の書かれた, 關下り逃る, 關中尉になり, 關今お前の父親, 關代りの縁側, 關以上に江戸中, 關先生の家, 關八州心ある者, 關の關, 關即ち肉と, 關及び鳴りわたる柱廊, 關向う柳原一番の良い, 關奧座敷二階などは天井, 關守る兵卒は, 關室積あたりに當, 關室見學を許し, 關少尉が三人, 關師匠の文字花, 關座敷へ降り, 關強くして, 關心して居りましたが, 關或は海外貿易を, 關時代を想像, 關更にはそれ, 關の方, 關東大地震東京大火災, 關東大坂の開戰, 關極めて完全なれ, 關江戸三度と稱, 關無き從つて意味無き, 關紀行などに照らし, 關組織運動等は是, 關芝居はもう, 關行きの汽車, 關親子が一番, 關附近にも當時陸羽聯絡, 關を容れざる