青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「送り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

迷惑~ ~追う 追う~ 追って~ 退い~ ~退屈 退屈~ ~送っ 送っ~ ~送った
送り~
~送る 送る~ ~逃げ 逃げ~ ~逃げた 逃げた~ ~逃げる 逃げる~ ~逆 逆~

「送り~」 1284, 13ppm, 8302位

▼ 送り~ (132, 10.3%)

12 来て 9 出て 8 来た 5 行った 4 出た 3 来たの, 行って 2 わざわざこんな, 來た, 出ると, 行く, 行くと, 行ったの

1 [76件] かかった, かかる新年, きましょう, してやろうと, つづいた, つづいて, でた女中たち, なったが, なったとか, なった七人, なって, なりました, なるの, ゆきましょう, ゆくかと, ゆくの, 一升ビンを, 九時半すぎ家を, 來て, 停車場へ, 処決し, 出かけて, 出たお, 出たおし, 出たので, 出た十七, 出た姿, 出た帰り, 出た私, 出た雛妓, 出ました, 出ます, 出ること, 墓の, 宿預けに, 帰って, 新橋へ, 来たが, 来たのに, 来た二人, 来た二十七, 来た人達, 来た時, 来た書生さんたち, 来てた川口三郎, 来ないか, 来ない初子, 来なかったという, 用いたらしい紅い, 用うる, 皆と, 立たしめたり, 立たねば, 立った, 立ったと, 立った姉娘, 立った小姓, 行くの, 行くので, 行こうかと, 行ったこと, 行ったら丁度, 行った帰り, 行った旧師宮川寛斎, 行った時, 行った駅前, 行つてまだ, 行つてゐた, 行つて夜の, 行つて来なけれ, 送られる神, 降りた, 降りて, 雪崩れ, 面白い逢う, 馴れましたから

▼ 送り~ (93, 7.2%)

4 役人に 3 提燈いま流行らね 2 神事が, 車夫にまで

1 [82件] お供を, ことで, さいには, さまざまな, すんだ直後, その日, ような, ように, オタカベすなわち, 一行は, 七人を, 上自分出獄まで, 乱舞をも, 五月八日を, 人々の, 人に, 任に, 八月六日の, 公儀御, 兵を, 前後大塔, 同心も, 囚人を, 外は, 大筒の, 女が, 女中が, 女中ソツと, 客を, 宣告と, 宵を, 小役人と, 少年悉く, 帰りと, 常識暦法が, 広場, 式が, 式を, 役人がよ, 御わざ, 感覚を, 折合いによって, 提灯に, 日, 日とか, 日に, 日には, 日の, 旧六月晦, 柩を, 様な, 武者たちが, 流刑人だ, 灯とも, 灯は, 為め熊頭を, 燭灯百千は, 病人を, 相談を, 練達者として, 罪人に, 罪科である, 翌日には, 者を, 船積みと, 色の, 若い衆がな, 荷造りを, 行事, 行事と, 行事を, 行列その他は, 起原, 踊りの, 踏歌類似の, 遣繰仕事, 鉄ぐるま, 門火の, 風習などと, 饗宴を, 駕籠で, 龍駕を

▼ 送りながら~ (82, 6.4%)

4 一緒に 2 叫ぶ, 表へ

1 [74件] あの暗い, いい加減に, いっそう打ち明けた, いつの心も, このだだ, この作者, そうきいた, そう言っ, その力, その地位, それでいて悟りきれず, ただ何, なお荊州, なんとかし, また筆, もう一散, よくも格別, わずかな, わびて, カストリ雑誌なぞに, カ氏や, マリー・アントワネット自身は, 一しょに, 三吉は, 上機嫌だった, 両の, 二十幾日の, 云い知れぬ迷い, 云った, 今この, 今日見える, 何百万の, 勝ち誇った彼, 半蔵は, 呂布が, 夜の, 小女を, 帰り途に, 彼は, 急に, 拙い智慧, 文三が, 新しい時代, 時々こんな, 未だに現, 未曾有の, 柳小路の, 歩いて, 浩は, 独身生活を, 猶側, 町に, 盛りこぼれそう, 目に, 真実には, 神楽坂まで, 空の, 立つて, 老人の, 而も, 自刃も, 街まで, 見るとも, 訊いた, 話しかけた, 警備を, 賢い人間, 遂に胃袋, 郷里の, 青年達の, 静に, 面を, 食堂へ, 飯尾さんは

▼ 送り~ (61, 4.8%)

1 [61件] お艶, ここそこに, ここに, ここへ, し, そそくさと, その子, もらわんか, やれよとて, ゆく, われを, 一層の, 一秒の, 今回の, 以前の, 何の, 供養す, 停車場に, 分娩を, 別れ市, 到りませと, 千束にも, 哀訴致さしむ, 四谷に, 大いに激励, 大に, 実行に, 帰る, 広島に, 延暦寺を, 彼に, 得させん, 得させんとお, 思ひ知りたる今, 慰むる中, 我額我唇に, 数日滞在, 文三が, 本船に, 泰時を, 漁夫の, 漸くミシシッピー号, 烏森の, 終りを, 船中に, 花近き, 荼毘一片の, 西湖を, 言さく, 辯證の, 迎えを, 過差殊, 遣るべしとて, 還り到りて, 郭門を, 野は, 門に, 開墾を, 響け暮, 頼朝の, 麹町区隼町まで

▼ 送り~ (52, 4.0%)

12 して 3 いたしました 2 する事, 致しました

1 [33件] いいつけたの, いたし後, かけて, くれて, した, したので, した帰りがけ, した風習, しようと, し日本, すべきもの, すまして, すませたという, すませた夜, すませた後, すること, するため, する後先, する神, なして, もって, イエは, 兼ねて, 取り扱って, 営むべきであった, 済ました時, 済まして, 済ませましたが, 為ること, 簡単に, 致して, 致すやら, 行うた

▼ 送り~ (31, 2.4%)

5 へし, へてゐる 2 へた, へてゐた, へに麓, へをし

1 [13件] ひを, へいたす, へした, へする, へながらも咲いた, へなぞ, へに大臣, へに対して何とか, へられし, へること, へを受ける, へ火, をした

▼ 送りその~ (25, 1.9%)

1 [25件] ほか定家卿色紙形一枚を, ほゆる声, まさに妻, 一半を, 九年においては, 人物が, 体は, 光りで見ると, 報償として, 年ごろに, 手応えで, 書面を, 死去後ドイツ皇帝づき, 留学生たちが, 百姓苅り終る, 瞬間は, 笛を, 翌年本当の, 翌日私は, 良人の, 裁可を, 評価を, 足跡は, 返書を, 采地へ

▼ 送り~ (23, 1.8%)

3 言ふ 2 いって, なる, 称して

1 [14件] ありて, いうべきもの, たいした相違, ちがうの, なった, なったとき, なったので, なって, 云う小さな, 名づけて, 呼んで, 獄門の, 祓除との, 言うの

▼ 送り~ (19, 1.5%)

1 [19件] したの, しなかつたし, しょうが, すみ加茂, すんでから, せず呉羽, それでその, 内葬の, 内証にて, 同様に, 既に三十五日, 済ませて, 済ませてから, 滞りなく, 無論ありません, 目前な, 行かず坐り, 行く先すこぶる, 見ず七

▼ 送りつつ~ (15, 1.2%)

3 ある

1 [12件] あるか, あるの, ある如きこと, しかも騒, ただ生死, たとい花そのもの, 出づる, 悠揚として, 木の葉落葉に, 満足し, 行く行く一番町, 馳けて

▼ 送り~ (12, 0.9%)

1 [12件] すんでから, てらお雪ちゃん, てら仙臺行き, てら家, てら湯, てら神戸, てら管制, てら買物, できたであろうがなどと, 六ヶしか, 多いかと, 近い頃

▼ 送り~ (12, 0.9%)

2 けて來, けられた 1 けて貰, けて貰つた, けよう, けられたん, けられること, ける六千兩, ける役, け參ら

▼ 送りそして~ (11, 0.9%)

2 そこで 1 おまえを, かなり正確, イングランドの, ポルトガル財貨を, 他方において, 我が国の, 短尺, 私が, 類似の

▼ 送りまた~ (11, 0.9%)

1 [11件] お互いに, こちらからも, その場, 中學時代, 元の, 宗祇が, 王立協会の, 百金を, 自分の, 蔡仲蔡和などに, 迎えた

▼ 送り~ (7, 0.5%)

1 いと重々しゅう, ずッ, せう, 出雲の, 帰宅, 座へ, 最も青森

▼ 送り~ (7, 0.5%)

1 いづれも, しねえが, どうなる, どんなにつれづれかと, 二つ目又は, 止んで, 死んで

▼ 送り~ (7, 0.5%)

1 いといっ, いと思います, いので, い方, えと, えと思えまし, えと思っ

▼ 送り~ (7, 0.5%)

1 が順に, たりとも, などを継ぎ送る, の御, の継立て, はどう, は尾州藩

▼ 送り~ (6, 0.5%)

4 日かげと 1 我が國, 麻雀惨敗す

▼ 送り~ (6, 0.5%)

1 だつたか, であつ, に直, をなさる, を受け取ります, を受け取り下さいまし

▼ 送り自分~ (6, 0.5%)

1 が出, でも気, の死, は妻子, は独身生活, も来年

▼ 送りよう~ (5, 0.4%)

2 がない, の無い 1 もねえ

▼ 送り~ (5, 0.4%)

1 り, りて, り候, り北米, り名

▼ 送り~ (5, 0.4%)

1 ひしこそ, ひぬ, ひ畢ん, ふて候, へる檳榔

▼ 送りお父さん~ (4, 0.3%)

4 がかなしい

▼ 送り~ (4, 0.3%)

1 えしてやれ, へすこと, へすため, 忌日の

▼ 送りする~ (4, 0.3%)

1 ようお, ような, 手筈でした, 行列

▼ 送りながらも~ (4, 0.3%)

1 なお多少, 半蔵は, 心の, 文學者に

▼ 送り~ (4, 0.3%)

4 ゐら

▼ 送り人形~ (4, 0.3%)

1 であるの, の正統, の草人形, は後

▼ 送り~ (4, 0.3%)

1 なお残喘, の女, はもう互に, は姑

▼ 送り~ (4, 0.3%)

1 でたる一人, でながら, で余所目, で汝

▼ 送り~ (4, 0.3%)

2 を迎 1 を迎え, を送る

▼ 送り~ (4, 0.3%)

1 が就職口, が犯人, の地, を死

▼ 送り~ (4, 0.3%)

1 とが汚い, と送らるる, の資格, もぞろぞろ

▼ 送り~ (4, 0.3%)

2 も静栄さん 1 のところ, は最も

▼ 送りあと~ (3, 0.2%)

1 どんな嵐, の千圓, は気

▼ 送りかえし~ (3, 0.2%)

2 て来た 1 てもらった

▼ 送りさらに~ (3, 0.2%)

1 京都本山まで, 大作を, 炎暑を

▼ 送り~ (3, 0.2%)

1 つつ名, てみます, ながら吉祥寺

▼ 送りした~ (3, 0.2%)

1 んです, 時は, 車は

▼ 送りそうして~ (3, 0.2%)

1 お顔, 中華民国婦人を, 私も

▼ 送りたま~ (3, 0.2%)

2 ひて 1 はむとも

▼ 送りたり~ (3, 0.2%)

2 しに 1 十二通に対する

▼ 送りたりとて~ (3, 0.2%)

1 何ごとの, 何事のを, 完全に

▼ 送りでござん~ (3, 0.2%)

3 すといふ

▼ 送りという~ (3, 0.2%)

1 のは, ものを, 位だ

▼ 送りにも~ (3, 0.2%)

1 かけて, 来ない名宝, 行き帰朝

▼ 送り仮名~ (3, 0.2%)

1 などの使, なんかに就い, の当

▼ 送り~ (3, 0.2%)

2 が勉強 1 は砂町

▼ 送り~ (3, 0.2%)

1 は虎, を明かし, を迎

▼ 送り~ (3, 0.2%)

1 という山, はその, へ這入

▼ 送り~ (3, 0.2%)

1 と人間, に照, を見る

▼ 送り~ (3, 0.2%)

1 だの, でわかる, を仕

▼ 送り~ (3, 0.2%)

1 上げる場合, 上げろ, 上げ置き侯共

▼ 送り~ (3, 0.2%)

2 その爪弾き 1 を迎

▼ 送りあるいは~ (2, 0.2%)

1 跡始末を, 養性の

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 もては, 綱は

▼ 送りかへ~ (2, 0.2%)

1 した時, して

▼ 送りこれ~ (2, 0.2%)

1 で探偵小説家, をその

▼ 送りさえ~ (2, 0.2%)

2 すれば

▼ 送りさき~ (2, 0.2%)

1 が限定, は彼女たち

▼ 送りすぐ~ (2, 0.2%)

1 つぎの, また五十余年

▼ 送りそこで~ (2, 0.2%)

1 糸車に, 酸化作用を

▼ 送りその後~ (2, 0.2%)

1 の様子, は伜

▼ 送りだけでも~ (2, 0.2%)

1 この神聖家族, したいと

▼ 送りつつも~ (2, 0.2%)

1 我々は, 福田の

▼ 送りである~ (2, 0.2%)

1 がその, ホームで

▼ 送りとも~ (2, 0.2%)

1 呼んで, 聞こえあるいは

▼ 送りながらに~ (2, 0.2%)

2 自分の

▼ 送りにでも~ (2, 0.2%)

1 なったと, なって

▼ 送りまげて~ (2, 0.2%)

2 上洛し

▼ 送りまつり~ (2, 0.2%)

1 てやがて, て覆

▼ 送りもう~ (2, 0.2%)

1 一と, 喧嘩は

▼ 送りもの~ (2, 0.2%)

1 として進上, を差上げます

▼ 送りやう~ (2, 0.2%)

1 もなく, もねえ

▼ 送りやっと~ (2, 0.2%)

1 二十日の, 正常に

▼ 送りわが~ (2, 0.2%)

1 まこと, 劇作生活の

▼ 送りキリシタン~ (2, 0.2%)

1 との連絡, をやめる

▼ 送り世子~ (2, 0.2%)

1 に諭し, をし

▼ 送り乍ら~ (2, 0.2%)

1 帰る, 悠々と

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 に從, のついで

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 の一分派, の家財

▼ 送り他方~ (2, 0.2%)

1 において例, に呼気

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 を待ち, を迎え

▼ 送り出版~ (2, 0.2%)

1 して, のこと

▼ 送り十九歳~ (2, 0.2%)

1 になった, になつ

▼ 送り子規~ (2, 0.2%)

1 がそれ, がまた

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 される自動車, しぬ

▼ 送り役人~ (2, 0.2%)

1 がつい, と七人

▼ 送り彼ら~ (2, 0.2%)

1 の唯一, はその

▼ 送り彼女~ (2, 0.2%)

1 が滿, とのあいだ

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 から後, は町医

▼ 送り我情~ (2, 0.2%)

1 のまま, は彼

▼ 送り或は~ (2, 0.2%)

1 発狂し, 道士の

▼ 送り折葉~ (2, 0.2%)

2 にまさる

▼ 送り救援~ (2, 0.2%)

1 を乞, を求めた

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 を迎, 戦略を

▼ 送り明日~ (2, 0.2%)

1 の朝ブレフスキュ島, 少しまとめ

▼ 送り~ (2, 0.2%)

2 を迎

▼ 送り来った~ (2, 0.2%)

1 ことすら, ことも

▼ 送り残り~ (2, 0.2%)

1 はパリー, を自分

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 なる人, に読ん

▼ 送り澆季~ (2, 0.2%)

2 の今日

▼ 送り~ (2, 0.2%)

2 を叩いた

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 をすでに, を飛ばし

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 に托し, の審判

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 二夜からの, 二日は

▼ 送り~ (2, 0.2%)

2 をまもる

▼ 送り言葉~ (2, 0.2%)

1 のあいさつ, を後

▼ 送り~ (2, 0.2%)

1 であっち, を契約

▼ 送り送り~ (2, 0.2%)

1 した, て千束

▼ 送り遂に~ (2, 0.2%)

2 北海道移住を

▼1* [422件]

送りあくる日山田さん夫婦を見送る, 送りあけぼのの光, 送りあたかもその歓, 送りあたたかい握手を, 送りあなたがそれ, 送りあらためて鑿岩機の, 送りある日死に面し, 送りいまは愛宕, 送りいよいよ興じ合って, 送りおまえらを大きく, 送りお陰様でハイドン, 送りかえって来る, 送りかくして科学的の, 送りかたがた出かけました, 送りかたがた京都見物をする, 送りかたがた外へ出, 送りかたがた猪之松, 送りかたがた舟を乗り回そう, 送りかたがた銀座まではじめて, 送りかつ扶養の, 送りがちに見うけられます, 送りきしがお, 送りくださいませいつも待っ, 送りこの冬を, 送りさすがの女, 送りさせてしんぜよう, 送りしかの人の, 送りしたしく京風の, 送りしもひとりこれ, 送りじっと何かを, 送りぜひ太守が, 送りそうな人間, 送りそのうえ寺の, 送りそのまま泊ること, 送りその他岸本が知っ, 送りそれを六百ヴォルト, 送りそれからウイスキーの, 送りそれらの用事, 送りそれ等の署名, 送りたいていは道楽, 送りただただ訪い来る佐太郎, 送りたまえ今こそわが, 送りたまたま志を, 送りだけで家に, 送りつつとぼとぼと歩きだしました, 送りつらくのみ, 送りてかなしかり, 送りては迎えした, 送りても見んさめ, 送りであって藁, 送りではだめだ, 送りでも済ませてから, 送りといったのは, 送りといふのは, 送りとは普通認め, 送りどうか助けて, 送りどこかへ出かける, 送りどんな死にかた, 送りなおかつ四十一歳で, 送りなさいますのは, 送りなぞした, 送りなどして, 送りなどに似て, 送りなどにもこういう囃し, 送りなどを話して, 送りなんてえもの, 送りにあたって獄中から, 送りにくいので無慙, 送りにだけ行つて試みに, 送りに対して用いられると, 送りはなはだ変則に, 送りばいと云っ, 送りひとまず戦況を, 送りほどなく定家卿, 送りまずまず縁談も, 送りまたは成人に, 送りまたはなお内々に, 送りまだ夕方迄, 送りまっすぐ帰宅, 送りまで立てられたの, 送りめぼしい品は, 送りもっとよくもっと, 送り遺族の, 送りやがて自身も, 送りやっとホッとする, 送りやられた時から, 送りようやく良縁定まり, 送りりつあること, 送りろくに学校へも, 送りわが身を人魚, 送りアルブケルケの有害, 送りカッスタはポルトガル, 送りキッスまでした, 送りギリシア帝は特に, 送りサインを求め, 送りサークルをこしらえ, 送りストーブから燃料ガス, 送りネパール文の方, 送りハイヤで伊豆山, 送りフェルナンデスが側, 送りベルリンの柏村, 送りマリユスはそれ, 送りモルモットの苦悩, 送りヤジローの弟, 送りを別れた, 送り一々試験し, 送り一二七二年に死, 送り一五七〇年にはすでに, 送り一八三一年十一月二十四日にその, 送り一夜を迎える, 送り一時間一時間に実, 送り一柱二晶に解釈, 送り一週間に四キロ, 送り丁原に叛, 送り七月十三日の朝, 送り万太郎は向う, 送り三字送りは二つ目, 送り三宅先生矢代先生御夫妻, 送り三方同時に起つ, 送り三時ごろやつと田端, 送り三月になる, 送り三枚橋に到り, 送り三番目の由良子, 送り三重鳥部野一片の烟, 送り且つその抗議書, 送り久しぶりにまた, 送り乍らその間に旅行案内, 送り乍ら夜の道, 送り乍ら森氏を訪れる, 送り九州の三成党, 送り九日の朝, 送り二月が過ぎ, 送り五名に達した, 送り交通費きるもの, 送りにまもられ, 送り人足を出し, 送り今に保存し, 送り今日と暮らす, 送り仏勤めをし, 送り代償としてその, 送りに楽, 送り何だか眼の, 送り何月何日軍議をさだめ, 送り信玄と結び, 送り信義を示すなら, 送り俳優に俳優たる, 送りに付, 送り候ときは男女, 送り候共一切受申間敷幼年之者など何心, 送り候処内々武藤, 送り候書状ハ養子清次郎を論じ, 送り候条よしなにお, 送り候道にて備後箱, 送り倭賊を擒, 送り僊人隠士の踪跡沓渺, 送り僧侶来たりて読経, 送り先ず事は, 送り六三歳で死んだ, 送り寄る處, 送り其の筋から, 送り其処にて氷, 送り内地農業の見込み, 送り冬春両度の山の神祭, 送り出たまへば奥様, 送り出だし本意なげに, 送り出獄後は北海道, 送り別杯さめやらぬまま, 送りに預つた, 送り加減がなかなか, 送り勇士としての教育, 送りして, 送り十二時半晩翠軒へ, 送り十月二十三日建築会館に於, 送り千曲川の辺, 送り午前中東京堂へ本, 送り南北相呼応して, 送りい一歩, 送り受けをし, 送り受信者は其符號, 送り只今筒袖のねまき, 送り右舷左舷の景色, 送りつた, 送り同じように, 送り同心は蠣店, 送り同心もろとも箱根, 送り同胞を送った, 送り同行の師榛軒, 送りひが, 送り向えを気持, 送り四人まで殺し, 送り四谷見附に至り, 送り四郎一派に助力, 送り国王孟獲に, 送り地理風俗を研究, 送り塵埃見えず咸陽橋, 送りに薩南, 送り夕べに越将, 送り夕方着物を受け取る, 送りより見覚めさせ, 送り大学はこんな, 送り大師詣とか, 送り奥方からもまた, 送り如何に明師, 送り如水弾正の嬌慢, 送り学名を得た, 送り学生が帰っ, 送り宛名をわざと, 送り宣諭使は, 送りのこと, 送り家康の都合, 送り家運ますます繁昌, 送り南に, 送り小泉丹羽仁五郎舟木重信兼常清佐等四十名の発起人, 送り小酒井さんが大正末期, 送り居候然し強, 送り屆けたんですか, 送り屆けた上で私, 送り屆けた序に近所, 送り屆けた後ち自分等, 送りけられた, 送り屋根から通り, 送り岐阜城へ迎え入れた, 送りでとれた, 送り崖頭に至れ, 送り川村と西山, 送り巴里の圖書館, 送り帰らせて下さる, 送り帰省しては, 送り常に音問し, 送り幕賓の永年, 送り平蔵谷を後, 送り当今の複雑怪奇, 送り当時の英主細川忠利, 送り往還通り宿に相, 送り従って全財産, 送り従来余り知られて, 送り御機嫌伺いをするでしょう, 送り御用部屋へおさまる, 送り復命を待った, 送り速度廻転装置と, 送り心くだくる荒磯, 送り心中は従前, 送り必ず太守自身堂より, 送り悪人ジョアンの策動, 送り悪米をもっ, 送り愉快に満ちた, 送り愚兄ニハ小弟より手紙, 送り慈善の行爲多, 送り慶びの表, 送り所司代板倉勝重と協力, 送り手以外にだ, 送り手紙も出しました, 送り持統時代の文武帝, 送り接客の用, 送り提燈とともに土地, 送り援軍の募集, 送り摂関家の何たる, 送り故旧の援助, 送りを伝えるべき, 送り教師派遣を懇請, 送りて瞬き, 送り敬君を停車場, 送りを書い, 送り文学だの音楽, 送り文彦さんがそれ, 送り新春を迎, 送り方等勤向悉く, 送りというおもしろい, 送り日当ぼっこを, 送り日暮から所有, 送り早くも梅雨上り, 送り早速と浴室, 送り易々と引上げ, 送りが訪れる, 送り時にはけろりと, 送り時には伴れだち, 送り暗い入口に, 送り曰く美にし, 送り朝夕聖母マリヤに対する礼拝, 送り問題も, 送り村重誕生祝いの夜, 送り来りてそっと, 送り来りし新夫婦, 送り東京の大学, 送り東映本社へ平尾, 送り東西呼応して, 送り松竹座へ六時, 送りを迎え, 送り栄さんと風, 送りおだやかに, 送りしく生, 送り橋本幸三郎が金, 送り機織の業, 送り正月といっ, 送り此地に来れる, 送り武器を与え, 送り死後救ひを, 送り殊に庄司署長石子刑事あたりへ, 送り毛利をし, 送り氷水に手拭, 送り江戸の薩摩屋敷, 送り汽車が更ら, 送り法廷に立たせる, 送り洗礼式を受け, 送り洛陽の市街, 送り流血せしむる, 送り深川へ上げ, 送りやく築地, 送り濠州のどこ, 送り報酬にて, 送り無理にでも一時, 送りして, 送り牧塲の資本, 送り玄関前へ内閣総理大臣推薦, 送りへ, 送り田吾作はオラとこ, 送り田植稲刈はもちろん, 送り申し候, 送り申した次第です, 送り申す厳粛な, 送り申すべく候, 送り申そうかと考えました, 送り申候間御そふだん, 送りは下, 送り百円ぐらいを立作者, 送り百合殿ノ小, 送り皇室中心主義を主張, 送り皇帝の前, 送り眞面目に修養, 送りにしよう, 送り社會へ戻, 送りの一つ, 送り祭りの食物, 送り私刑を行なわん, 送りを迎える, 送り秋気船窓に入る, 送り窓おとづるゝ初時雨, 送り立派な侍, 送りにささげ, 送り筒井はその, 送り籠め鎮定させること, 送りが熔けた, 送り糸荷を我が, 送り糾明するに, 送り紅葉がくれ, 送り紛らわしいものも, 送り経済上のこと, 送り絞首台上に欣々然, 送り継友を刺殺, 送りけてゐた, 送り置侯故自ら, 送り美術学校の助教授, 送り翌日の午後, 送り翌朝は人力車一台, 送り老年に至っ, 送り肉親達と又特に, 送り肥料を田野, 送り脳細胞をマッサージ, 送り膃肭獣計算櫓看視所, 送り自分事務所に行った, 送り自由な貿易, 送り自身も後詰, 送り興行をさせた, 送りがもう, 送り船中粛然として声, 送り花村方からは家臣, 送り芸術家としても決して, 送り莫大な軍資, 送り菊畑のところ, 送り落合宿の年寄役, 送り蔵幾は旬日, 送り西北の風, 送り西洋は東洋, 送り解剖に付し, 送り評議の始末, 送り詰らうと思つたの, 送り説教や祭式, 送り調査の必要, 送り諸般の準備, 送りの行方, 送り貧賤なる者, 送り越し候もの, 送りをやすめ, 送り軽少な器械, 送りを頼ん, 送り退屈し切った麦, 送り送らるる男と, 送り讀み耶馬臺, 送り越して, 送り道鏡に憤り, 送りけてやった, 送り遠い西方の, 送り遠地に隠れ, 送り遣られた哀れな, 送り遼西の胡夷勢十万, 送り還されるという話, 送り還してくれた, 送り郵便局からかえって, 送り都下の警官, 送り都門大衆の中, 送りを飲み, 送りに裝身具, 送りをした, 送りを得, 送り長崎奉行の手, 送り間もなく品切れと, 送り関心事は肉体, 送り雑文でよせ, 送り難いことと, 送りを啓くに, 送りは俄, 送り風呂にも行かず, 送り飛章して, 送り食糧の補給, 送り飢餓に迫った, 送り駄句り屋子爵岡部法相, 送りまた警固, 送りにし, 送り高松氏大瀧氏より電話, 送り魂祭り年忌仏事の入用二両余, 送りではそれ, 送り麻酔させた上